JP2010110893A - Mold for injection molding - Google Patents

Mold for injection molding Download PDF

Info

Publication number
JP2010110893A
JP2010110893A JP2008282710A JP2008282710A JP2010110893A JP 2010110893 A JP2010110893 A JP 2010110893A JP 2008282710 A JP2008282710 A JP 2008282710A JP 2008282710 A JP2008282710 A JP 2008282710A JP 2010110893 A JP2010110893 A JP 2010110893A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mold
slide core
plate
fixed
core plate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2008282710A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Masatoshi Kakimoto
昌寿 柿本
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Olympus Corp
Original Assignee
Olympus Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Olympus Corp filed Critical Olympus Corp
Priority to JP2008282710A priority Critical patent/JP2010110893A/en
Publication of JP2010110893A publication Critical patent/JP2010110893A/en
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To prevent a molding from remaining in a fixed mold when a mold for injection molding is opened. <P>SOLUTION: The mold 10 for injection molding has an angular pin 34 in which one end is fixed to a movable template 26 and the other end is free and which extends slantingly in the mold opening direction, an inclined hole 37 into which the angular pin 34 is inserted, a slide core 35 which forms part of a cavity 36, a slide core plate 25 which supports the slide core 35 movably perpendicularly to the mold opening direction, and a slide core plate moving mechanism 29 which moves the slide core plate 25 in the mold opening direction. <P>COPYRIGHT: (C)2010,JPO&INPIT

Description

本発明は、アンダーカット部を有する成形品を成形する射出成形用金型に関する。   The present invention relates to an injection mold for molding a molded product having an undercut portion.

射出成形用金型において、成形品を成形する際は、固定側金型よりも可動側金型のほうが離型抵抗が大きくなるようにキャビティの配置等を設定し、型開き時に可動側金型から成形品を離型させるようにしている。   In the mold for injection molding, when molding a molded product, set the cavity placement etc. so that the mold release resistance of the movable side mold is larger than the fixed side mold, and the movable side mold when opening the mold The molded product is released from the mold.

しかし、実際に成形してみると、固定側金型のほうが離型抵抗が大きくなってしまい、固定側金型から成形品を離型することができず、成形できないという問題が発生することがある。   However, when actually molded, the fixed side mold has a larger mold release resistance, and the molded product cannot be released from the fixed side mold, which may cause a problem that molding cannot be performed. is there.

このような場合には、例えば、図16及び図17に示すように、固定側金型111と可動側金型112との間に成形された成形品143を型開き時に可動側金型112に残すために、Z型のエジェクトピン141を用いていた。このZ型のエジェクトピン141には切り欠き溝141aが形成されていて、この切り欠き溝141aが成形品143に食い込んで成形品143は確実に可動側金型112に残る。しかし、これでは成形品143の形状が設計通りにできなかったり、また、2次加工の必要が生じていた。   In such a case, for example, as shown in FIGS. 16 and 17, a molded product 143 formed between the fixed mold 111 and the movable mold 112 is used as the movable mold 112 when the mold is opened. In order to leave it, a Z-type eject pin 141 was used. The Z-shaped eject pin 141 is formed with a notch groove 141 a. The notch groove 141 a bites into the molded product 143, and the molded product 143 is reliably left in the movable mold 112. However, in this case, the shape of the molded product 143 cannot be achieved as designed, or the secondary processing is required.

これに対し、例えば特許文献1には、型開き時に成形品を固定側金型から離型するための入れ子と、この入れ子を可動側金型方向に付勢する付勢手段を備えた技術が開示されている。   On the other hand, for example, Patent Document 1 discloses a technique that includes a nesting for releasing a molded product from a fixed mold when the mold is opened, and an urging unit that urges the nesting toward the movable mold. It is disclosed.

これにより、型開き時に成形品のアンダーカット部が切り取られることもなく、成形品を確実に可動側金型に残すことができるというものである。
特開2004−1360号公報
Accordingly, the undercut portion of the molded product is not cut off when the mold is opened, and the molded product can be reliably left in the movable mold.
JP 2004-1360 A

しかしながら、特許文献1によると、型開きの途中で入れ子から成形品の離型が行われるが、この入れ子が固定側金型に引っ掛かったり、又は付勢手段の不具合によってスムーズに離型することができないというおそれがあった。   However, according to Patent Document 1, the molded product is released from the insert in the middle of mold opening. However, the insert may be caught by the fixed mold or may be released smoothly due to a failure of the biasing means. There was a fear that it could not be done.

本発明は斯かる課題を解決するためになされたもので、型開き時に成形品が固定側金型に残るのを確実に防止することのできる射出成形用金型を提供することを目的とする。   The present invention has been made to solve such a problem, and an object of the present invention is to provide an injection mold that can reliably prevent a molded product from remaining in a fixed mold when the mold is opened. .

本発明は、
射出成形用金型において、
一端を可動側型板に固定され他端が自由端で型開き方向に対し傾斜状に延びるアンギュラピンと、
当該アンギュラピンを挿入する孔を有し、キャビティの一部を形成するスライドコアと、
当該スライドコアを型開き方向に直交する方向に移動可能に支持するスライドコアプレートと、
当該スライドコアプレートを型開き方向に移動させるスライドコアプレート移動機構と、を有することを特徴とする。
The present invention
In the mold for injection molding,
An angular pin having one end fixed to the movable side mold plate and the other end extending in a slanting manner with respect to the mold opening direction at the free end;
A slide core having a hole for inserting the angular pin and forming a part of the cavity;
A slide core plate that supports the slide core so as to be movable in a direction perpendicular to the mold opening direction;
A slide core plate moving mechanism for moving the slide core plate in the mold opening direction.

また、本発明は、上記の射出成形用金型において、
前記スライドコアプレート移動機構は、
型開き方向に移動するエジェクタプレートに装着され、前記スライドコアプレートを型開き方向に移動させるスライドコアプレート移動ピンを有することを特徴とする。
Further, the present invention provides the above injection mold,
The slide core plate moving mechanism is
It has a slide core plate moving pin that is mounted on an ejector plate that moves in the mold opening direction and moves the slide core plate in the mold opening direction.

また、本発明は、上記の射出成形用金型において、
型開き方向に移動するエジェクタプレートと固定側型板との型開き量を制限するスライドコアプレート移動制限機構をさらに有することを特徴とする。
Further, the present invention provides the above injection mold,
It further has a slide core plate movement restriction mechanism that restricts the amount of mold opening between the ejector plate that moves in the mold opening direction and the fixed side mold plate.

また、本発明は、上記の射出成形用金型において、
前記スライドコアプレートは、
前記スライドコアを支持している面と同一面で前記キャビティの一部を形成していることを特徴とする。
Further, the present invention provides the above injection mold,
The slide core plate is
A part of the cavity is formed on the same surface as the surface supporting the slide core.

本発明によれば、型開き時に成形品が固定側金型に残るのを確実に防止することができる。そして、可動側金型に残った成形品を確実に離型することができる。   According to the present invention, it is possible to reliably prevent the molded product from remaining in the fixed mold when the mold is opened. And the molded product remaining in the movable mold can be reliably released.

以下、図面に基づき本発明の実施の形態を説明する。
[第1の実施の形態]
図1は、第1の実施の形態の射出成形用金型の断面図である。
Hereinafter, embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings.
[First Embodiment]
FIG. 1 is a cross-sectional view of an injection mold according to the first embodiment.

射出成形用金型10は、第1のパーティングライン(PL)を挟んで対向配置された固定側金型11と可動側金型12とを有している。
可動側金型12は固定側金型11に対し、離型方向(図1の左右方向)に移動可能に配置されている。
The injection mold 10 includes a fixed mold 11 and a movable mold 12 that are arranged to face each other across a first parting line (PL 1 ).
The movable mold 12 is arranged so as to be movable in the mold release direction (left and right direction in FIG. 1) with respect to the fixed mold 11.

固定側金型11は、固定側型板13、この固定側型板13と第2のパーティングライン(PL)を挟んで密接配置されたランナストリッパプレート14、及びこのランナストリッパプレート14に密接配置された固定側取付板15を有している。 The fixed-side mold 11 is in close contact with the fixed-side mold plate 13, the runner stripper plate 14 disposed in close contact with the fixed-side mold plate 13 and the second parting line (PL 2 ), and the runner stripper plate 14. The fixed side mounting plate 15 is disposed.

また、ランナストリッパプレート14と固定側型板13の側面部には、夫々突片16、突片18が設けられている。ランナストリッパプレート14の突片16には、離型方向に沿って固定側型板引っ張りリンク17が延設されている。この固定側型板引っ張りリンク17は、固定側型板13の突片18に摺動自在に嵌挿されている。固定側型板引っ張りリンク17の自由端側には抜け止め用の頭部19が形成されている。   Further, a projecting piece 16 and a projecting piece 18 are provided on the side surfaces of the runner stripper plate 14 and the fixed-side template 13 respectively. On the projecting piece 16 of the runner stripper plate 14, a fixed-side template pulling link 17 is extended along the mold release direction. The fixed-side template pulling link 17 is slidably inserted into the projecting piece 18 of the fixed-side template 13. On the free end side of the fixed-side template pulling link 17, a head 19 for retaining is formed.

この固定側型板引っ張りリンク17は、固定側型板13の型開き時のストローク限を決定する役目をなしている。すなわち、後述する図3に示すように、離型時には固定側型板13も可動側金型12とともに離型方向に移動するが、この固定側型板13は移動途中で固定側型板引っ張りリンク17の頭部19に引っ掛かり、その位置で停止する。   The fixed-side template pulling link 17 serves to determine a stroke limit when the fixed-side template 13 is opened. That is, as shown in FIG. 3 to be described later, the fixed-side template 13 also moves in the releasing direction together with the movable-side mold 12 at the time of releasing, but the fixed-side template 13 is moved in the middle of the fixed-side template pulling link. 17 is caught on the head 19 and stops at that position.

固定側取付板15とランナストリッパプレート14の中央部(型中心軸側)には、中央スプルー20が貫通形成されている。固定側型板13には、第1のパーティングライン(PL)に面する側の中央に開口部23とこれに連通する逃げ空間24が形成されている。 A central sprue 20 is formed through the central portion (on the mold center axis side) of the fixed side mounting plate 15 and the runner stripper plate 14. The fixed-side template 13 has an opening 23 and a relief space 24 communicating with the opening 23 at the center on the side facing the first parting line (PL 1 ).

また、この固定側型板13には、中央スプルー20に連通するランナ21が型開き方向
に直交する方向に形成されている。さらに、このランナ21を介して2つの分岐スプルー22が型開き方向と略平行に形成されている。これら各スプルー20,22とランナ21によって、樹脂注入路が形成されている。
In addition, a runner 21 communicating with the central sprue 20 is formed on the fixed side template 13 in a direction orthogonal to the mold opening direction. Further, two branch sprues 22 are formed substantially parallel to the mold opening direction via the runner 21. The sprue 20 and 22 and the runner 21 form a resin injection path.

可動側金型12は、固定側型板13と第1のパーティングライン(PL)を挟んで密接配置されたスライドコアプレート25、このスライドコアプレート25に密接された可動側型板26、この可動側型板26に密接されたスペーサブロック27、及びこのスペーサブロック27に密接された可動側取付板28を有している。 The movable side mold 12 includes a slide core plate 25 which is disposed in close contact with the fixed side mold plate 13 and the first parting line (PL 1 ), a movable side mold plate 26 which is in close contact with the slide core plate 25, A spacer block 27 is in close contact with the movable side mold plate 26, and a movable side mounting plate 28 is in close contact with the spacer block 27.

可動側型板26の型中心部には、可動側入れ子33が一体的に固定され、その周辺部には、一端を可動側型板26に固定され他端が自由端で型開き方向に対し傾斜状に延びるアンギュラピン34が固定されている。   A movable side insert 33 is integrally fixed to the center of the mold of the movable side mold plate 26, and one end is fixed to the movable side mold plate 26 and the other end is a free end with respect to the mold opening direction. An angular pin 34 extending in an inclined manner is fixed.

さらに、スライドコアプレート25には、第1のパーティングライン(PL)を通過してスライドコア35が型開き方向に直交する方向に摺動可能に密接配置されている。このスライドコア35は、スライドコアプレート25上を型開き方向に直交する方向に移動可能に不図示のガイドレールによって規制されている。 Further, the slide core 35 is closely disposed on the slide core plate 25 so as to be slidable in a direction orthogonal to the mold opening direction through the first parting line (PL 1 ). The slide core 35 is regulated by a guide rail (not shown) so as to be movable on the slide core plate 25 in a direction orthogonal to the mold opening direction.

このスライドコア35の型中心部には、型開き方向に貫通する貫通孔30と、この貫通孔30に連通し型開き方向に直交する方向(図1の下方)に突出するアンダーカット形成空間31とが形成されている。そして、型締め時に貫通孔30に可動側入れ子33が挿入されてキャビティ36が形成される。このキャビティ36は、底面36a及び側面36bを有する有底筒部と、アンダーカット形成空間31とを有している。   At the center of the mold of the slide core 35, there are a through hole 30 penetrating in the mold opening direction, and an undercut forming space 31 communicating with the through hole 30 and projecting in a direction perpendicular to the mold opening direction (downward in FIG. 1). And are formed. Then, the movable side insert 33 is inserted into the through-hole 30 during mold clamping to form the cavity 36. The cavity 36 includes a bottomed cylindrical portion having a bottom surface 36 a and a side surface 36 b and an undercut forming space 31.

こうして、スライドコア35は、キャビティ36の一部の側面36bとアンダーカット形成空間31を構成している。
なお、本実施形態では、アンダーカット形成空間31が型開き方向に直交する方向の一方(図1の下方)に突出している場合について説明したが、これに限らない。例えば、アンダーカット形成空間31が型開き方向に直交する方向の両方(図1の上方及び下方)に突出していてもよい。
Thus, the slide core 35 forms a part of the side surface 36 b of the cavity 36 and the undercut forming space 31.
In addition, although this embodiment demonstrated the case where the undercut formation space 31 protruded to one side (downward of FIG. 1) orthogonal to the mold opening direction, it is not restricted to this. For example, the undercut formation space 31 may protrude in both directions (upward and downward in FIG. 1) perpendicular to the mold opening direction.

また、スライドコア35には、アンギュラピン34を挿入する傾斜孔37が形成されている。アンギュラピン34は、この傾斜孔37を貫通して逃げ空間24にまで延びている。   Further, the slide core 35 is formed with an inclined hole 37 into which the angular pin 34 is inserted. The angular pin 34 extends through the inclined hole 37 to the escape space 24.

さらに、スペーサブロック27の内側には、スライドコアプレート移動機構29が設けられている。このスライドコアプレート移動機構29は、エジェクタプレート上39、エジェクタプレート下40、エジェクタピン41、及びスライドコアプレート移動ピン42を有している。エジェクタピン41は、型の中央でエジェクタプレート上39及びエジェクタプレート下40に挟持されるように配置され、また、スライドコアプレート移動ピン42は型の周囲に配置されている。   Further, a slide core plate moving mechanism 29 is provided inside the spacer block 27. The slide core plate moving mechanism 29 includes an ejector plate upper 39, an ejector plate lower 40, an ejector pin 41, and a slide core plate moving pin 42. The ejector pin 41 is disposed so as to be sandwiched between the upper ejector plate 39 and the lower ejector plate 40 at the center of the mold, and the slide core plate moving pin 42 is disposed around the mold.

次に、作用について説明する。
(手順1)
図2において、金型を閉じた状態で、中央スプルー20からキャビティ36に樹脂38が充填される。また、充填された樹脂38に対し所定の圧力で保圧状態が維持される。その後、固定側金型11と可動側金型12とは所定温度にまで冷却される。これにより、キャビティ36内の樹脂38が固化する。
(手順2)
次に、図3に示すように、不図示の型締めユニットの型開き動作により、可動側金型1
2及び固定側型板13がランナストリッパプレート14に対し第2のパーティングライン(PL)を境界として型開き方向に開かれる。これにより、固定側型板13とランナストリッパプレート14とが離間する。
Next, the operation will be described.
(Procedure 1)
In FIG. 2, the resin 38 is filled from the central sprue 20 into the cavity 36 with the mold closed. Further, the pressure holding state is maintained at a predetermined pressure with respect to the filled resin 38. Thereafter, the fixed mold 11 and the movable mold 12 are cooled to a predetermined temperature. Thereby, the resin 38 in the cavity 36 is solidified.
(Procedure 2)
Next, as shown in FIG. 3, the movable-side mold 1 is opened by a mold opening operation of a mold clamping unit (not shown).
2 and the stationary side template 13 are opened in the mold opening direction with the second parting line (PL 2 ) as a boundary with respect to the runner stripper plate 14. Thereby, the stationary side template 13 and the runner stripper plate 14 are separated from each other.

このときの、固定側型板13とランナストリッパプレート14との離間距離は、固定側型板引っ張りリンク17の長さで規制される。同時に、中央スプルー20、ランナ21、及び分岐スプルー22の部分で固化した流路部樹脂44がピンゲートの部分で引きちぎられる。
(手順3)
次に、図4に示すように、さらなる型開きにより、固定側型板引っ張りリンク17の作用により、固定側型板13とランナストリッパプレート14との間隔はそれ以上は開かない。
At this time, the separation distance between the fixed-side template 13 and the runner stripper plate 14 is regulated by the length of the fixed-side template pulling link 17. At the same time, the flow path resin 44 solidified at the central sprue 20, the runner 21, and the branch sprue 22 is torn off at the pin gate.
(Procedure 3)
Next, as shown in FIG. 4, due to the further mold opening, the fixed side mold plate pulling link 17 causes the gap between the fixed side mold plate 13 and the runner stripper plate 14 not to be opened any further.

その後、固定側型板13とスライドコアプレート25とが第1のパーティングライン(PL)を境界として型開き方向に開かれる。このとき、アンギュラピン34に支持されたスライドコア35はスライドコアプレート25に密接された状態を保つ。 Thereafter, the fixed-side mold plate 13 and the slide core plate 25 are opened in the mold opening direction with the first parting line (PL 1 ) as a boundary. At this time, the slide core 35 supported by the angular pin 34 is kept in close contact with the slide core plate 25.

また、成形品43の周囲の大部分が可動側入れ子33とスライドコア35に接しているため、固定側金型11から成形品43を確実に離型することができる。
(手順4)
次に、図5に示すように、エジェクタプレート上39及びエジェクタプレート下40を固定側金型11側(図5の左方向)に突出移動させて、スライドコアプレート移動ピン42を同方向に突き出す。これにより、スライドコアプレート25が可動側型板26から離れる。このとき、スライドコア35がアンギュラピン34に沿って、型軸中心から離れるように型開き方向に直交する方向に移動する。この場合、スライドコア35は不図示のガイドレールに規制されながらスライド移動する。
Further, since most of the periphery of the molded product 43 is in contact with the movable side insert 33 and the slide core 35, the molded product 43 can be reliably released from the fixed side mold 11.
(Procedure 4)
Next, as shown in FIG. 5, the upper ejector plate 39 and the lower ejector plate 40 are projected and moved toward the fixed mold 11 (leftward in FIG. 5), and the slide core plate moving pin 42 is projected in the same direction. . Thereby, the slide core plate 25 is separated from the movable side mold plate 26. At this time, the slide core 35 moves along the angular pin 34 in a direction perpendicular to the mold opening direction so as to be away from the mold axis center. In this case, the slide core 35 slides while being regulated by a guide rail (not shown).

また、スライドコア35が型開き方向に直交する方向に移動することで、成形品43(アンダーカット部を含む)がスライドコア35から離型される。同時に、エジェクタピン41の突き出しにより、成形品43は可動側入れ子33からも離型される。   Further, the molded product 43 (including the undercut portion) is released from the slide core 35 by moving the slide core 35 in a direction orthogonal to the mold opening direction. At the same time, the molded product 43 is released from the movable side insert 33 by the ejection of the ejector pin 41.

本実施形態によれば、アンギュラピン34と、このアンギュラピン34を挿入する傾斜孔37を有し、アンダーカット形成空間31を含むキャビティ36の一部を形成するスライドコア35と、このスライドコア35を型開き方向に直交する方向に移動可能に支持するスライドコアプレート25と、このスライドコアプレート25を型開き方向に移動させるスライドコアプレート移動機構29とを有するので、型開き時に成形品43が固定側金型11に残るのを確実に防止することができる。   According to the present embodiment, the angular pin 34, the inclined core 37 into which the angular pin 34 is inserted, the slide core 35 that forms part of the cavity 36 including the undercut forming space 31, and the slide core 35. The slide core plate 25 is movably supported in a direction perpendicular to the mold opening direction, and the slide core plate moving mechanism 29 is configured to move the slide core plate 25 in the mold opening direction. It is possible to reliably prevent the fixed side mold 11 from remaining.

そして、可動側金型12に残った成形品43をエジェクタピン41で突き出して、確実に離型することができる。
また、本実施形態では、スライドコアプレート移動機構29が、エジェクタプレート上39及びエジェクタプレート下40に装着され、スライドコアプレート25を型開き方向に移動させるスライドコアプレート移動ピン42を有するので、不図示の型締めユニットのエジェクタ機構を用いることができ、射出成形用金型10の構造を簡略化することができる。
[第2の実施の形態]
図6は、第2の実施の形態の射出成形用金型の断面図である。なお、第1の実施の形態と同一又は相当する部材には同一の符号を付して説明する。
Then, the molded product 43 remaining in the movable mold 12 can be ejected by the ejector pin 41 and reliably released.
In this embodiment, the slide core plate moving mechanism 29 is mounted on the upper ejector plate 39 and the lower ejector plate 40 and has the slide core plate moving pin 42 for moving the slide core plate 25 in the mold opening direction. The ejector mechanism of the illustrated mold clamping unit can be used, and the structure of the injection mold 10 can be simplified.
[Second Embodiment]
FIG. 6 is a cross-sectional view of an injection mold according to the second embodiment. In addition, the same code | symbol is attached | subjected and demonstrated to the member which is the same as that of 1st Embodiment, or corresponds.

本実施形態では、固定側型板13とスライドコアプレート25の側面部に、夫々突片4
7、突片48が設けられ、固定側型板13の突片47から、離型方向に沿ってスライドコアプレート移動制限機構としてのスライドコアプレート引っ張りリンク46を延設したものである。
In the present embodiment, the projecting pieces 4 are respectively formed on the side surface portions of the fixed-side template 13 and the slide core plate 25.
7, a projecting piece 48 is provided, and a slide core plate pulling link 46 as a slide core plate movement restricting mechanism is extended from the projecting piece 47 of the fixed-side template 13 along the releasing direction.

このスライドコアプレート引っ張りリンク46は、スライドコアプレート25の突片48に摺動自在に嵌挿されている。スライドコアプレート引っ張りリンク46の自由端側には抜け止め用の頭部49が形成されている。   The slide core plate pulling link 46 is slidably inserted into the projecting piece 48 of the slide core plate 25. On the free end side of the slide core plate pulling link 46, a head 49 for retaining is formed.

また、本実施形態では、スライドコアプレート移動ピン42をスライドコアプレート25に一体的に固定する。その他の構成は第1の実施の形態と同様である。
次に、作用について説明する。
(手順1)
図7において、金型を閉じた状態で、中央スプルー20からキャビティ36に樹脂を充填し、その後、所定の圧力で保圧状態を維持する。その後、固定側金型11と可動側金型12とを所定温度にまで冷却する。これにより、キャビティ36内の樹脂が固化して成形品43が成形される。
(手順2)
次に、図8に示すように、不図示の型締めユニットの型開き動作により、固定側型板13とランナストリッパプレート14とが第2のパーティングライン(PL)を境界として型開き方向に開かれる。このときの、固定側型板13とランナストリッパプレート14との離間距離は、固定側型板引っ張りリンク17の長さで規制される。同時に、中央スプルー20、ランナ21、及び分岐スプルー22の部分で固化した流路部樹脂44がピンゲートの部分で引きちぎられて取出され、除去される。
(手順3)
さらなる型開きにより、図9に示すように、固定側型板13とランナストリッパプレート14との間は、固定側型板引っ張りリンク17の作用により、それ以上は開かない。
In this embodiment, the slide core plate moving pin 42 is integrally fixed to the slide core plate 25. Other configurations are the same as those of the first embodiment.
Next, the operation will be described.
(Procedure 1)
In FIG. 7, with the mold closed, the cavity 36 is filled with resin from the central sprue 20, and then the pressure holding state is maintained at a predetermined pressure. Thereafter, the fixed mold 11 and the movable mold 12 are cooled to a predetermined temperature. Thereby, the resin in the cavity 36 is solidified and the molded product 43 is molded.
(Procedure 2)
Next, as shown in FIG. 8, by the mold opening operation of a mold clamping unit (not shown), the stationary side mold plate 13 and the runner stripper plate 14 are in the mold opening direction with the second parting line (PL 2 ) as a boundary. To be opened. At this time, the separation distance between the fixed-side template 13 and the runner stripper plate 14 is regulated by the length of the fixed-side template pulling link 17. At the same time, the flow path resin 44 solidified at the central sprue 20, the runner 21, and the branch sprue 22 is torn off at the pin gate portion and taken out and removed.
(Procedure 3)
By further mold opening, as shown in FIG. 9, the fixed side mold plate 13 and the runner stripper plate 14 are not further opened by the action of the fixed side template pulling link 17.

次いで、固定側型板13とスライドコアプレート25とが第1のパーティングライン(PL)を境界として開かれる。このとき、アンギュラピン34に支持されたスライドコア35はスライドコアプレート25に密接された状態で型開きされる。 Next, the fixed-side template 13 and the slide core plate 25 are opened with the first parting line (PL 1 ) as a boundary. At this time, the slide core 35 supported by the angular pin 34 is opened while being in close contact with the slide core plate 25.

また、成形品43は大部分が可動側入れ子33とスライドコア35に接している。このため、成形品43は固定側金型11に残ることなく、確実に離型されることができる。
なお、以上の(手順1)〜(手順3)は、第1の実施の形態と同様である。
(手順4)
次いで、図10に示すように、さらに金型を開くことにより、スライドコアプレート引っ張りリンク46により、固定側型板13とスライドコアプレート25との間の開き量が規制されて止まる。そして、さらにその後は、スライドコアプレート25と可動側型板26との間が開く。これにより、スライドコアプレート移動ピン42の突出量に相当する量だけ、スライドコアプレート25が型開き方向に可動側型板26から離れる。
Most of the molded product 43 is in contact with the movable side insert 33 and the slide core 35. For this reason, the molded product 43 can be reliably released without remaining in the fixed mold 11.
The above (Procedure 1) to (Procedure 3) are the same as those in the first embodiment.
(Procedure 4)
Next, as shown in FIG. 10, when the mold is further opened, the opening amount between the fixed side mold plate 13 and the slide core plate 25 is restricted by the slide core plate pulling link 46 and stopped. After that, the space between the slide core plate 25 and the movable side mold plate 26 opens. As a result, the slide core plate 25 is separated from the movable mold plate 26 in the mold opening direction by an amount corresponding to the protruding amount of the slide core plate moving pin 42.

このときに、アンギュラピン34に沿ってスライドコア35が不図示のガイドレールに規制されつつ、型開き方向に直交する方向に移動する。このときに、スライドコアプレート25に固定されたスライドコアプレート移動ピン42により、エジェクタプレート上39及びエジェクタプレート下40が型開き方向に前進し(図の左方へ)、成形品43は可動側入れ子33から離型される。   At this time, the slide core 35 moves along the angular pin 34 in a direction orthogonal to the mold opening direction while being regulated by a guide rail (not shown). At this time, the slide core plate moving pin 42 fixed to the slide core plate 25 advances the ejector plate upper 39 and the ejector plate lower 40 in the mold opening direction (to the left in the figure), and the molded product 43 is moved to the movable side. The mold is released from the nest 33.

本実施形態によれば、成形品43を可動側金型12から確実に離型することができる。すなわち、エジェクタプレート上39及びエジェクタプレート下40と固定側型板13との型開き量を制限するスライドコアプレート引っ張りリンク46を有するので、成形品4
3を可動側金型12から確実に離型することができる。
According to this embodiment, the molded product 43 can be reliably released from the movable mold 12. That is, since it has the slide core plate tension link 46 which restricts the mold opening amount of the ejector plate upper 39 and the ejector plate lower 40 and the fixed side mold plate 13, the molded product 4
3 can be reliably released from the movable mold 12.

また、本実施形態によれば、型開き工程の中で成形品43の可動側金型12からの離型が行えるため、成形品の突き出し工程を短縮することができる。
[第3の実施の形態]
図11は、第3の実施の形態の射出成形用金型の断面図である。なお、第1の実施の形態と同一又は相当する部材には同一の符号を付して説明する。
Moreover, according to this embodiment, since the molded product 43 can be released from the movable mold 12 in the mold opening process, the molded product ejection process can be shortened.
[Third Embodiment]
FIG. 11 is a cross-sectional view of an injection mold according to the third embodiment. In addition, the same code | symbol is attached | subjected and demonstrated to the member which is the same as that of 1st Embodiment, or corresponds.

本実施形態では、スライドコアプレート25は、スライドコア35を支持している面と同一面25aでキャビティ36の一部を形成している点に特徴を有している。すなわち、スライドコアプレート25は、スライドコア35を型開き方向に直交する方向に移動可能に支持しており、さらに型中央部において、スライドコア35を支持している面と同一面25aでキャビティ36の一部を形成している。また、本実施形態ではエジェクタピン41は不要である。   In the present embodiment, the slide core plate 25 is characterized in that a part of the cavity 36 is formed on the same surface 25 a as the surface supporting the slide core 35. That is, the slide core plate 25 supports the slide core 35 so as to be movable in a direction orthogonal to the mold opening direction, and further, the cavity 36 is formed on the same surface 25a as the surface supporting the slide core 35 at the center of the mold. Form a part of In the present embodiment, the ejector pin 41 is not necessary.

次に、作用について説明する。
(手順1)
図12において、金型を閉じた状態で、中央スプルー20からキャビティ36に樹脂を充填し、その後、所定の圧力で保圧状態を維持する。その後、固定側金型11と可動側金型12とを所定温度にまで冷却する。これにより、キャビティ36内の樹脂が固化して成形品43が成形される。
(手順2)
次に、図13に示すように、不図示の型締めユニットの型開き動作により、固定側型板13とランナストリッパプレート14とが第2のパーティングライン(PL)を境界として型開き方向に開かれる。このときの、固定側型板13とランナストリッパプレート14との離間距離は、固定側型板引っ張りリンク17の長さで規制される。同時に、中央スプルー20、ランナ21、及び分岐スプルー22の部分で固化した流路部樹脂44がピンゲートの部分で引きちぎられて取出され、除去される。
Next, the operation will be described.
(Procedure 1)
In FIG. 12, with the mold closed, the cavity 36 is filled with resin from the central sprue 20, and then the pressure holding state is maintained at a predetermined pressure. Thereafter, the fixed mold 11 and the movable mold 12 are cooled to a predetermined temperature. Thereby, the resin in the cavity 36 is solidified and the molded product 43 is molded.
(Procedure 2)
Next, as shown in FIG. 13, by the mold opening operation of the mold clamping unit (not shown), the fixed side mold plate 13 and the runner stripper plate 14 are in the mold opening direction with the second parting line (PL 2 ) as a boundary. To be opened. At this time, the separation distance between the fixed-side template 13 and the runner stripper plate 14 is regulated by the length of the fixed-side template pulling link 17. At the same time, the flow path resin 44 solidified at the central sprue 20, the runner 21, and the branch sprue 22 is torn off at the pin gate portion and taken out and removed.

なお、以上の(手順1)及び(手順2)は、第1の実施の形態と同様である。
(手順3)
次いで、さらなる型開きにより、図14に示すように、固定側型板引っ張りリンク17の作用により、固定側型板13とランナストリッパプレート14との間は、それ以上は開かない。
The above (Procedure 1) and (Procedure 2) are the same as those in the first embodiment.
(Procedure 3)
Next, as shown in FIG. 14, no further opening between the fixed side mold plate 13 and the runner stripper plate 14 due to the action of the fixed side mold plate pulling link 17 due to further mold opening.

その後、固定側型板13とスライドコアプレート25とが第1のパーティングライン(PL)を境界として開かれる。このとき、成形品43は大部分が可動側入れ子33とスライドコア35に接しているため、固定側金型11に残ることなく確実に離型されることができる。
(手順4)
次いで、図15に示すように、不図示の型締めユニットのエジェクタロッドを前進(図の左方へ)させることにより、エジェクタプレート上39及びエジェクタプレート下40を押す。このことにより、スライドコアプレート移動ピン42に突き出されるかたちでスライドコアプレート25が型開き方向に移動して可動側型板26から離れる。
Thereafter, the fixed-side template 13 and the slide core plate 25 are opened with the first parting line (PL 1 ) as a boundary. At this time, since most of the molded product 43 is in contact with the movable side insert 33 and the slide core 35, the molded product 43 can be reliably released without remaining in the fixed side mold 11.
(Procedure 4)
Next, as shown in FIG. 15, the ejector rod of the mold clamping unit (not shown) is moved forward (to the left in the figure) to push the ejector plate upper 39 and the ejector plate lower 40. As a result, the slide core plate 25 is moved in the mold opening direction in a manner protruding from the slide core plate moving pin 42 and is separated from the movable side mold plate 26.

このときに、スライドコア35はアンギュラピン34に沿って不図示のガイドレールに規制されつつ、型開き方向に直交する方向に移動する。この場合、キャビティ36の一部がスライドコアプレート25の面25aで形成されているため、この面25aで成形品43を保持しながら、スライドコアプレート25が突出されて、スライドコア35を成形品43から離脱させることができる。同時に、成形品43は可動側入れ子33から離型され
る。
At this time, the slide core 35 moves in a direction orthogonal to the mold opening direction while being regulated by a guide rail (not shown) along the angular pin 34. In this case, since a part of the cavity 36 is formed by the surface 25a of the slide core plate 25, the slide core plate 25 is protruded while the molded product 43 is held by the surface 25a, so that the slide core 35 is molded. 43 can be removed. At the same time, the molded product 43 is released from the movable side insert 33.

本実施形態によれば、第1の実施の形態と同様に、成形品43は固定側金型11に残ることなく可動側金型12から確実に離型されることができる。
また、本実施形態によれば、可動側金型12からの成形品43の離型をスライドコアプレート25によって行うことができるので、エジェクタピン41での突き出しが不要となる。このため、エジェクタ跡が残らない成形品43を得ることができる。
According to the present embodiment, as in the first embodiment, the molded product 43 can be reliably released from the movable mold 12 without remaining in the fixed mold 11.
In addition, according to the present embodiment, the molded product 43 can be released from the movable mold 12 by the slide core plate 25, so that the ejector pin 41 does not need to be ejected. For this reason, the molded product 43 in which an ejector trace does not remain can be obtained.

第1の実施の形態の射出成形用金型の断面図である。It is sectional drawing of the metal mold | die for injection molding of 1st Embodiment. 同上の離型工程を示す図である。It is a figure which shows a mold release process same as the above. 同上の離型工程を示す図である。It is a figure which shows a mold release process same as the above. 同上の離型工程を示す図である。It is a figure which shows a mold release process same as the above. 同上の離型工程を示す図である。It is a figure which shows a mold release process same as the above. 第2の実施の形態の射出成形用金型の断面図である。It is sectional drawing of the metal mold | die for injection molding of 2nd Embodiment. 同上の離型工程を示す図である。It is a figure which shows a mold release process same as the above. 同上の離型工程を示す図である。It is a figure which shows a mold release process same as the above. 同上の離型工程を示す図である。It is a figure which shows a mold release process same as the above. 同上の離型工程を示す図である。It is a figure which shows a mold release process same as the above. 第3の実施の形態の射出成形用金型の断面図である。It is sectional drawing of the metal mold | die for injection molding of 3rd Embodiment. 同上の離型工程を示す図である。It is a figure which shows a mold release process same as the above. 同上の離型工程を示す図である。It is a figure which shows a mold release process same as the above. 同上の離型工程を示す図である。It is a figure which shows a mold release process same as the above. 同上の離型工程を示す図である。It is a figure which shows a mold release process same as the above. 従来の射出成形用金型の断面図である。It is sectional drawing of the conventional injection mold. 同上のエジェクトピンの断面図である。It is sectional drawing of an eject pin same as the above.

符号の説明Explanation of symbols

10 射出成形用金型
11 固定側金型
12 可動側金型
13 固定側型板
14 ランナストリッパプレート
15 固定側取付板
16 突片
17 固定側型板引っ張りリンク
18 突片
19 頭部
20 中央スプルー
21 ランナ
22 分岐スプルー
23 開口部
24 逃げ空間
25 スライドコアプレート
25a 面
26 可動側型板
27 スペーサブロック
28 可動側取付板
29 スライドコアプレート移動機構
30 貫通孔
31 アンダーカット形成空間
33 可動側入れ子
34 アンギュラピン
35 スライドコア
36 キャビティ
36a 底面
36b 側面
37 傾斜孔
38 樹脂
39 エジェクタプレート上
40 エジェクタプレート下
41 エジェクタピン
42 スライドコアプレート移動ピン
43 成形品
44 流路部樹脂
46 スライドコアプレート引っ張りリンク
47 突片
48 突片
49 頭部
DESCRIPTION OF SYMBOLS 10 Injection mold 11 Fixed side mold 12 Movable side mold 13 Fixed side mold plate 14 Ranna stripper plate 15 Fixed side mounting plate 16 Projection piece 17 Fixed side mold plate tension link 18 Projection piece 19 Head 20 Central sprue 21 Runner 22 Branch sprue 23 Opening 24 Escape space 25 Slide core plate 25a Surface 26 Movable side mold plate 27 Spacer block 28 Movable side mounting plate 29 Slide core plate moving mechanism 30 Through hole 31 Undercut formation space 33 Movable side nest 34 Angular pin 35 Slide core 36 Cavity 36a Bottom surface 36b Side surface 37 Inclined hole 38 Resin 39 Upper ejector plate 40 Ejector plate lower 41 Ejector pin 42 Slide core plate moving pin 43 Molded product 44 Flow path section resin 46 Slide core plate pulling link 47 Projection piece 8 projecting pieces 49 head

Claims (4)

射出成形用金型において、
一端を可動側型板に固定され他端が自由端で型開き方向に対し傾斜状に延びるアンギュラピンと、
当該アンギュラピンを挿入する孔を有し、キャビティの一部を形成するスライドコアと、
当該スライドコアを型開き方向に直交する方向に移動可能に支持するスライドコアプレートと、
当該スライドコアプレートを型開き方向に移動させるスライドコアプレート移動機構と、を有する
ことを特徴とする射出成形用金型。
In the mold for injection molding,
An angular pin having one end fixed to the movable side mold plate and the other end extending in a slanting manner with respect to the mold opening direction at the free end;
A slide core having a hole for inserting the angular pin and forming a part of the cavity;
A slide core plate that supports the slide core so as to be movable in a direction perpendicular to the mold opening direction;
An injection mold, comprising: a slide core plate moving mechanism that moves the slide core plate in a mold opening direction.
前記スライドコアプレート移動機構は、
型開き方向に移動するエジェクタプレートに装着され、前記スライドコアプレートを型開き方向に移動させるスライドコアプレート移動ピンを有する
ことを特徴とする請求項1に記載の射出成形用金型。
The slide core plate moving mechanism is
The injection mold according to claim 1, further comprising a slide core plate moving pin that is mounted on an ejector plate that moves in a mold opening direction and moves the slide core plate in a mold opening direction.
型開き方向に移動するエジェクタプレートと固定側型板との型開き量を制限するスライドコアプレート移動制限機構をさらに有する
ことを特徴とする請求項1に記載の射出成形用金型。
The injection mold according to claim 1, further comprising a slide core plate movement restriction mechanism for restricting a mold opening amount between the ejector plate moving in the mold opening direction and the fixed side mold plate.
前記スライドコアプレートは、
前記スライドコアを支持している面と同一面で前記キャビティの一部を形成している
ことを特徴とする請求項1に記載の射出成形用金型。
The slide core plate is
The mold for injection molding according to claim 1, wherein a part of the cavity is formed on the same surface as the surface supporting the slide core.
JP2008282710A 2008-11-04 2008-11-04 Mold for injection molding Withdrawn JP2010110893A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008282710A JP2010110893A (en) 2008-11-04 2008-11-04 Mold for injection molding

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008282710A JP2010110893A (en) 2008-11-04 2008-11-04 Mold for injection molding

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2010110893A true JP2010110893A (en) 2010-05-20

Family

ID=42299870

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008282710A Withdrawn JP2010110893A (en) 2008-11-04 2008-11-04 Mold for injection molding

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2010110893A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102601935A (en) * 2011-12-16 2012-07-25 景智电子股份有限公司 Die device

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102601935A (en) * 2011-12-16 2012-07-25 景智电子股份有限公司 Die device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2005262781A (en) Slide opening structure of injection molding die
JP2013193396A (en) Injection molding die
CN109986047B (en) Die casting device
JP4830084B2 (en) Injection mold
JP2010110893A (en) Mold for injection molding
JP2007331248A (en) Injection mold
JP2006326995A (en) Mechanism for controlling opening of injection molding mold
JP6000134B2 (en) Mold injection mold
JP5242343B2 (en) Injection mold
JP6462136B2 (en) Parting lock device and injection mold using it
JP2001212851A (en) Injection mold
JP6132927B2 (en) Mold for molding and manufacturing method of molded product
JP2007223212A (en) Mold assembly
JP2007301811A (en) Plastic molding mold
JP2003311791A (en) Injection mold
JP6699138B2 (en) Resin mold
US11400629B2 (en) Injection molding die
JP6137232B2 (en) Injection mold
US20200171726A1 (en) Injection molding die
KR20100000255U (en) Holding device of insert material for mold assembly
JP2005246770A (en) Injection mold
JP2006027229A (en) Shaping apparatus
JP2005178358A (en) Mold assembly for injection molding
JP2007216594A (en) Member for regulating interval between plate members, and pin gate type mold equipped it
JP2008105336A (en) Stacking mold for injection molding

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20120110