JP2010053034A - 多数ゴブ型i.s.ガラス器具形成マシーン - Google Patents

多数ゴブ型i.s.ガラス器具形成マシーン Download PDF

Info

Publication number
JP2010053034A
JP2010053034A JP2009277190A JP2009277190A JP2010053034A JP 2010053034 A JP2010053034 A JP 2010053034A JP 2009277190 A JP2009277190 A JP 2009277190A JP 2009277190 A JP2009277190 A JP 2009277190A JP 2010053034 A JP2010053034 A JP 2010053034A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mold
forming machine
glassware forming
separate
plenum chamber
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Ceased
Application number
JP2009277190A
Other languages
English (en)
Inventor
Willi Meyer
ウィーリー・メイヤー
Thomas Muller
トーマス・ミューラー
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Emhart Glass SA
Original Assignee
Emhart Glass SA
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=32990348&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JP2010053034(A) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Application filed by Emhart Glass SA filed Critical Emhart Glass SA
Publication of JP2010053034A publication Critical patent/JP2010053034A/ja
Ceased legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C03GLASS; MINERAL OR SLAG WOOL
    • C03BMANUFACTURE, SHAPING, OR SUPPLEMENTARY PROCESSES
    • C03B9/00Blowing glass; Production of hollow glass articles
    • C03B9/30Details of blowing glass; Use of materials for the moulds
    • C03B9/38Means for cooling, heating, or insulating glass-blowing machines or for cooling the glass moulded by the machine
    • C03B9/3875Details thereof relating to the side-wall, body or main part of the moulds

Abstract

【課題】ブランク型半体の各々の個々の制御を可能にする本発明による多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーンの提供。
【解決手段】本発明による多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーンが開示されている。型半体(10,12)は、同型半体の各々のための別個のプレナムチェインバ(39)を含んでいる下方吊り手アセンブリによって底部に支持されている。各プレナムチェインバは、分離されており且つ調整可能な流量制御装置を含んでいるそれ自体の空気供給装置(74)を有している。これは、型冷却プロセスの完全な制御を提供する。
【選択図】図1

Description

本発明は、多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーンに関する。
公知のI.S.形式のマシーンにおけるプレス及びブロー方法によるガラス容器の製造においては、ガラスのゴブ(塊)が、マシーンのブランクステーションにおいて成形型機構によって支持されている2つの型部材又は半体を含んでいるブランク又はパリソン型に供給される。成形型機構の型部材は閉じて成形キャビティを形成することができる。成形キャビティ内のガラスは、成形キャビティ内へと上方へ動くプランジャによって押され、ガラスの下方部分は、成形型のくびれたリング内へ押し込まれ、必要とされる形状のパリソンにされる。次いで、プランジャが引き抜かれ、パリソンがくびれたリングによってブランクステーションから搬送され、ブロー成形ステーションへと運ばれ、そこで必要とされる形状にブロー成形される。ブロー及びブロー方法においては、ガラスのゴブがパリソン型に供給され、次いで、ブロー成形されて必要とされる形状のパリソンにされる。成形されたパリソンは、くびれたリングによって、再びブランクステーションから取り出されてブロー成形ステーションへと運ばれる。
パリソン型は冷却することが必要であり、この冷却は、一般的には、型部材に、同型部材の下方端面から上方端面まで軸線方向に貫通して延びている冷却通路を設けることによってなされる。一般的には、スペース上の理由から、冷却空気は、これらの冷却通路の上端に供給され、型部材内を下方へ通過せしめられるが、これは、ブランク成形型機構へのアクセスを妨げる。
現在採用されているI.S.マシーンにおいては、ダブル(双)ゴブ型のマシーンにおける2つのブランク型に適用される冷却は、2つのブランク型間で区別が生じない。2つのブランク型は熱くなる程度が異なり、その結果、ブロー成形型に供給される2つのパリソンは互いに同じ温度状態ではないので、上記の区別が生じないことは、実際には、不満足な容器の形成につながり得て不利である。
英国特許第2151608号は、ダブルゴブ型ISマシーンのブランクステーションにおいてブランク型部材を冷却するための構造を記載しており、このマシーンにおいては、空気が、2つの隣接するブランク型部材の上方部分に配置されたプレナムチェインバに供給され、空気は、同プレナムチェインバから、2つのブランク型部材を貫通して軸線方向に延びている冷却通路の上方端部へとほぼ均一な圧力で供給される。特に、軸線方向の冷却通路に供給される空気の圧力の均一性は、空気の冷却作用の計算を可能にするので、この構造は作動が良好であったが、1つのプレナムチェインバが各ブランク型の1つの型部材に供給するので、2つの型の冷却間に区別を生じさせることが不可能である(特許文献1参照)。
米国特許第4388099号は、ダブルゴブ型ISマシーンのブランクステーションにおいてブランク型部材を冷却するための構造を記載しており、この構造においては、空気は、一連のスロットル弁を介して、各々が2つのブランク型部材を貫通して部分的には斜めに且つ部分的には軸線方向に延びている多数のクランク状に曲げられた冷却通路のいくつかに空気を供給する構造とされている多数のチャンバに供給される。スロットル弁の調整によって予測不可能に空気の流れが変化せしめられるばかりでなく、このようなクランク状に曲げられた通路内の空気の流れが不規則でもあり、冷却装置の好結果は、種々のスロットル弁がこの目的のために調整されていることに依存するので、この構造における空気の冷却作用は容易に計算できない(特許文献2参照)。
英国特許第2151608号 米国特許第4388099号
従って、本発明の目的は、ブランク型半体の各々の個々の制御を可能にする多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーンを提供することである。
本発明による多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーンは、
当該マシーンの各々のブランクステーションに設けられ且つ開放位置と閉塞位置との間を選択的に移動可能な対向する一対の型保持部材を備えており、当該マシーンのテーブル上に取り付けられている型開閉機構であり、前記型保持部材は、複数の型半体を支持するための上方型支持部材及び下方型支持部材を備え、前記複数の型半体の各々は、当該型半体の半円形水平底面と連通している垂直方向に伸長している冷却空気通路を備えている、前記型開閉機構と、
前記下方型支持部材によって支持されている各型半体のための別個の空気プレナムチェインバであり、当該別個の空気プレナムチェインバの各々が、前記支持されている型半体の前記垂直方向に伸長している冷却空気通路と連通するようになされた一連の上方を向いている開口部を備えており、前記下方型支持部材内に設けられた当該別個の空気プレナムチェインバの各々が、前記別個の空気プレナムチェインバの底面に配置されている別個の入口を備えている、前記別個の空気プレナムチェインバと、
対応する別個の空気プレナムチェインバに供給される冷却空気を制御する別個の独立に調整可能な空気流量制御装置であり、各々が前記テーブルの下に取り付けられており且つ当該テーブルの頂面からアクセス可能な出口を備えている、前記別個の独立に調整可能な空気流量制御装置と、
対応する複数の可撓性の空気供給管であり、各々が、前記独立に調整可能な空気流量制御装置のうちの一つの出口から前記対応する別個の空気プレナムチェインバの入口へと冷却空気を供給するために、前記独立に調整可能な空気流量制御装置のうちの一つの出口から、前記別個の空気プレナムチェインバのうちの対応するものにおける入口へと伸長している前記対応する複数の可撓性の空気供給管と、を含んでいる。
図1は、ダブルゴブ型ガラス器具成形マシーンのブランクステーションにおける成形型機構であって、いくつかの部品が省略されており、当該機構内に一対の型半体を備えた機構を示している、斜視図である。 図2は、図1に類似しているが、成形型機構を他方の側から見た斜視図である。 図3は、空気チャンバ部材の上方部材の斜視図である。 図4は、空気チャンバ部材の下方部材の斜視図である。
多数ゴブ型ガラス器具形成マシーン、特に、ダブルゴブ型マシーンは、マシーンのブランクステーションにおいてマシーンのテーブル3上に取り付けられた成形型機構(図1及び2)を含んでいる。成形型機構は、マシーン内に固定された枢支軸2と、枢支軸2に取り付けられた2つのブランク型(一方のブランク8のみが図1において開口状態で示されている)を支持するようになされた2つの型アーム4、6とを含んでいる。ブランク型8は、形状が概して円筒形であり、各々が型部材の下方端面16、18から上方端面20、22まで型部材を貫通して軸線方向に延びている真っ直ぐな冷却通路14を有している2つの型部材を含んでいる。型部材が定位置にあるときに、下方端面16、18は、型部材の下方端部の外側面の周りに延びている凹部17、19と境を接し、冷却通路14は、凹部17、19内へと開いていることが理解できる。ここに開示されている機構は、2つのブランク型すなわち4つの型部材を有するようになされており、型部材は全て、成形型機構内に型部材を保持するための手段と同様に、互いに類似していることが理解されるであろう。開閉機構は、ダブルゴブ構造として図示されているけれども、単一ゴブ構造とすることもダブルゴブ構造とすることもできる。
型アーム4は、ほぼ垂直な支持ロッド23上に、上方型支持部材24と、同上方型支持部材24の型アーム4に対する高さを決定するスペーサ26とを支持している。上方型支持部材24は、2つの湾曲した隆起部28を含んでおり、そのうちの1つだけを図1において見ることが出来る。この部材上の対応するフック又は湾曲した隆起部30は、型が定位置にあるときに、湾曲した隆起部の後方に配置されるであろう。支持部材24に固定されているブロック32は、型部材10を支持部材24上の定位置に正しく配置するために、型部材10内の対応する穴(型部材12上で符号34によって示されている)と係合する。
型アーム4はまた、ロッド23上に、下方型支持部材36と、同下方型支持部材36の型アーム4に対する高さを決定する下方型支持部材36とアーム4との間のスペーサ38とを支持している。下方型支持部材36は、支持された型半体のための空気プレナムチェインバ39を画成しており且つ冷却用空気を支持された型半体に供給するばかりでなく、型部材の下方端部を垂直方向に配置する役目をも果たす。空気プレナムチェインバ39は、上方部材46と下方部材50とを含んでおり、これらは、上方部材46内の穴52及び下方部材50内の穴54を貫通するボルト58によって相互に結合されている。下方部材50は、凹んでいて、2つの空気入口60及び62を含んでいる。入口60は凹部64へとつながっており、入口62は、壁68によって凹部64から分離されている凹部66内につながっている。2つの部材46及び50は、相互に結合されると、2つのプレナムチェインバの入口は、チャンバへの出口から十分に隔置されていて、実質的に均一な圧力が出口に提供される。上方部材46は、支持されている型の側壁に近接しているべきである2つの概して半円形の垂直面40を含んでいる。これらの垂直面40は、2つの支持面42に隣接している。支持面42は、平らで且つ平面図がほぼ半円形であり、一連の湾曲した開口部44が形成されている。これらの開口部は、型部材の冷却通路に対応するようになされている凹部64及び66によって形成されたプレナムチェインバへと開口している。すなわち、型部材10の通路14は端面16へと開口している。プレナムチェインバ39は凹部17内へと入り込んでおり、底面又は下方端面16は水平支持面42と係合しており、垂直面40は型部材の外周と係合している。開口部44は、型部材内の冷却通路の下方端部と連通するように位置決めされている。この型は、型の底部において垂直方向に支持されており、この底部において、型の水平底面16は、下方支持部材の上方部材46の水平支持面上に載置されている。
上方部材46は、下方部材50内の対応する開口部72に合致する開口部70を有しており、支持ロッド23が、プレナムチェインバ39をスペーサ38に対して支持するために開口部70及び72の中を貫通している。各プレナムチェインバへの入口60、62は、可撓性の空気供給管74によって、空気制御シリンダ76に接続されている。もう一つ別の空気制御シリンダ76(明確には示されていない)もまた、マニホルド78を支持しており、マニホルド78もまた、パリソン形成機構(輪郭が示されているだけである)のくびれリング機構82上に冷却空気を導くくびれリング冷却ヘッド80に接続されている。
本発明による機構は、型の冷却中に改良された制御を提供する。独立に調整可能な空気制御シリンダ76(制御シリンダは設定可能な弁を有している)は、くびれリング冷却装置及びプレナムチェインバの各々への冷却空気の供給を独立に制御する。
各空気制御シリンダは、設定可能な弁(手動によるか電子的に作動させることができる)を有し、従って、各制御弁は、独立に調整可能である。
2 枢支軸、
3 テーブル、
4、6 型アーム、
8 ブランク型、
10、12 型部材、
14 通路、
16、18 下方端面、
17、19 凹部、
20、22 上方端面、
23 支持ロッド、
24 上方型支持部材、
26 スペーサ、
28、30 隆起部、
32 ブロック、
36 下方支持部材、
38 スペーサ、
39 空気プレナムチェインバ、
40 垂直面、
42 支持面、
44 開口部、
46 上方部材、
50 下方部材、
52、54 穴、
58 ボルト、
60、62 空気入口、
64 凹部、
68 壁、
70、72 開口部、
74 空気供給管、
76 空気制御シリンダ、
78 マニホルド、
80 くびれリング冷却ヘッド

Claims (7)

  1. 多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーンであって、
    当該マシーンの各々のブランクステーションに設けられ且つ開放位置と閉塞位置との間を選択的に移動可能な対向した一対の型保持部材を備えており且つ当該マシーンのテーブル上に取り付けられている型開閉機構であり、前記型保持部材は、複数の型半体を支持するための上方型支持部材及び下方型支持部材を備え、前記複数の型半体の各々は、当該型半体の半円形水平底面と連通している垂直方向に伸長している冷却空気通路を備えている、前記型開閉機構と、
    前記下方型支持部材によって支持されている各型半体のための別個の空気プレナムチェインバであり、当該別個の空気プレナムチェインバの各々は、前記支持されている型半体の前記垂直方向に伸長している冷却空気通路と連通するようになされた一連の上方を向いている開口部を備えており、前記下方型支持部材内に設けられた当該別個の空気プレナムチェインバの各々は、前記別個の空気プレナムチェインバの底面に配置されている別個の入口を備えている、前記別個の空気プレナムチェインバと、
    対応する別個の空気プレナムチェインバに供給される冷却空気を制御する別個の独立に調整可能な空気流量制御装置であり、各々が前記テーブルの下に取り付けられており且つ当該テーブルの頂面からアクセス可能な出口を備えている、前記別個の独立に調整可能な空気流量制御装置と、
    対応する複数の可撓性の空気供給管であり、各々が、前記独立に調整可能な空気流量制御装置のうちの一つの出口から前記対応する別個の空気プレナムチェインバの入口へと冷却空気を供給するために、前記独立に調整可能な空気流量制御装置のうちの一つの出口から、前記別個の空気プレナムチェインバのうちの対応する空気プレナムチェインバの入口へと伸長している前記対応する複数の可撓性の空気供給管と、を含む多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーン。
  2. 請求項1に記載の多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーンであって、
    前記独立に調整可能な空気流量制御装置が空気制御シリンダを備えている、ことを特徴とする多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーン。
  3. 請求項2に記載の多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーンであって、
    前記下方型支持部材が上方部材及び下方部材を更に備えており、前記別個の空気プレナムチェインバが前記上方部材と前記下方部材との間に形成されている、ことを特徴とする多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーン。
  4. 請求項1に記載の多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーンであって、
    前記型保持部材の各々が2つの型半体を支持している、ことを特徴とする多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーン。
  5. 請求項1に記載の多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーンであって、
    前記独立に調整可能な空気流量制御装置の各々が手動によって設定可能な制御弁を備えている、ことを特徴とする多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーン。
  6. 請求項1に記載の多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーンであって、
    前記独立に調整可能な空気流量制御装置の各々が電子的に設定可能な弁を備えている、ことを特徴とする多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーン。
  7. 請求項1に記載の多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーンであって、
    当該マシーンのくびれリング機構上に冷却空気を直接導く一対の対向したくびれリング冷却ヘッドであり、各々が前記テーブルの頂面上に取り付けられた別個のくびれリングマニホルドを備えている前記一対の対向したくびれリング冷却ヘッドと、
    対応する別個のくびれリングマニホルドに供給される冷却空気を制御するための付加的な独立に調整可能な空気流量制御装置であり、前記テーブルの下に取り付けられている付加的な独立に調整可能な空気流量制御装置と、を更に備えていることを特徴とする多数ゴブ型I.S.ガラス器具形成マシーン。
JP2009277190A 2003-04-28 2009-12-07 多数ゴブ型i.s.ガラス器具形成マシーン Ceased JP2010053034A (ja)

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US10/424,449 US7134301B2 (en) 2003-04-28 2003-04-28 Mold support mechanism for an I.S. machine

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004125280A Division JP4447954B2 (ja) 2003-04-28 2004-04-21 I.s.マシーンのための成形型支持機構

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2010053034A true JP2010053034A (ja) 2010-03-11

Family

ID=32990348

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004125280A Expired - Fee Related JP4447954B2 (ja) 2003-04-28 2004-04-21 I.s.マシーンのための成形型支持機構
JP2009277190A Ceased JP2010053034A (ja) 2003-04-28 2009-12-07 多数ゴブ型i.s.ガラス器具形成マシーン

Family Applications Before (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004125280A Expired - Fee Related JP4447954B2 (ja) 2003-04-28 2004-04-21 I.s.マシーンのための成形型支持機構

Country Status (5)

Country Link
US (1) US7134301B2 (ja)
EP (1) EP1473281B1 (ja)
JP (2) JP4447954B2 (ja)
DE (1) DE602004018704D1 (ja)
ES (1) ES2320547T3 (ja)

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE102004040338B4 (de) * 2004-08-20 2007-12-06 Gps Glasproduktions-Service Gmbh Kühlvorrichtung für Fertigformhälften einer Glasmaschine
CA2629693C (en) * 2005-11-25 2014-08-19 Gerresheimer Glas Gmbh Apparatus for finish cooling for a container glass machine
US8127573B2 (en) * 2006-04-04 2012-03-06 Emhart Glass S.A. Mold cooling system for I.S. machine
US7845193B2 (en) * 2007-05-16 2010-12-07 Owens-Backway Glass Container Inc Apparatus for opening and closing molds in a glassware forming machine
DE102009014168B4 (de) * 2009-03-20 2012-01-12 Gps Glasproduktions-Service Gmbh Vorformstation einer IS-Glasmaschine
CN101659514B (zh) * 2009-09-18 2011-10-12 安徽德力日用玻璃股份有限公司 异型玻璃器皿吹泡机
WO2011040318A1 (ja) * 2009-09-30 2011-04-07 日本山村硝子株式会社 ガラス製品成形機
US8316670B2 (en) 2010-04-21 2012-11-27 Owens-Brockway Glass Container Inc. Glassware mold cooling air supply
US9145322B2 (en) 2012-10-19 2015-09-29 Emhart Glass S.A. Bi-axial cooling system and method

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS57129829A (en) * 1980-10-25 1982-08-12 Heye Hermann Fluid distribution device
JPS59199536A (ja) * 1983-04-16 1984-11-12 ヘルマン・ハイエ ガラス成形工具用冷却装置
EP0425182A1 (en) * 1989-10-23 1991-05-02 United Technologies Motor Systems, Inc. Electric motor
JPH03228833A (ja) * 1989-10-27 1991-10-09 Toyo Glass Co Ltd ガラス容器成形機の粗型冷却装置
US5364437A (en) * 1993-03-10 1994-11-15 I.M.T.E.C. Enterprises, Inc. Glassware forming machine with spring-biased plenum

Family Cites Families (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3586491A (en) * 1969-04-23 1971-06-22 Owens Illinois Inc Mold cooling apparatus for glass forming machine
US4009018A (en) * 1975-07-07 1977-02-22 Emhart Industries, Inc. Glassware forming machine of the I. S. type with in-line mold motion
IN160666B (ja) * 1982-09-03 1987-07-25 Emhart Ind
US4690703A (en) * 1986-04-18 1987-09-01 Emhart Industries, Inc. Mold cooling arrangement for use in a glassware forming machine
USRE34048E (en) * 1986-05-05 1992-09-01 I.M.T.E.C. Enterprises, Inc. Cooling system for a glassware forming machine
JPS6311528A (ja) * 1986-07-01 1988-01-19 Ebara Corp モ−ルド冷却風量制御方法
IT1210779B (it) * 1987-06-02 1989-09-20 Bottero Spa Complesso di stampi per unamacchina formatrice di articoli di vetro a funzionamento ciclico
DE3837335A1 (de) * 1988-11-03 1990-05-10 Ruhrglas Gmbh Vorrichtung zum kuehlen der form oder der formen einer is- oder ris-maschine zur herstellung von hohlglasartikeln
US4983203A (en) * 1990-01-17 1991-01-08 American National Can Company Cooling device for glass container forming machine
DE4118682C1 (ja) * 1991-06-07 1992-06-04 Fa. Hermann Heye, 3063 Obernkirchen, De
US5330551A (en) * 1992-12-02 1994-07-19 I.M.T.E.C. Enterprises, Inc. Glassware forming machine with cooling system
US5358542A (en) * 1992-12-09 1994-10-25 American National Can Company Glass container forming machine including neck ring mold cooling
GB9404488D0 (en) * 1994-03-09 1994-04-20 Emhart Glass Mach Invest Mould mechanism
US5766299A (en) * 1996-11-04 1998-06-16 Miller; Ronald P. Mold for shaping glass
DE10020431B4 (de) * 2000-04-26 2005-03-10 Gps Glasprod Serv Gmbh Kühlvorrichtung für eine mit einer Mündungsform versehene Vorform einer IS-Glasmaschine

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS57129829A (en) * 1980-10-25 1982-08-12 Heye Hermann Fluid distribution device
JPS59199536A (ja) * 1983-04-16 1984-11-12 ヘルマン・ハイエ ガラス成形工具用冷却装置
EP0425182A1 (en) * 1989-10-23 1991-05-02 United Technologies Motor Systems, Inc. Electric motor
JPH03228833A (ja) * 1989-10-27 1991-10-09 Toyo Glass Co Ltd ガラス容器成形機の粗型冷却装置
US5364437A (en) * 1993-03-10 1994-11-15 I.M.T.E.C. Enterprises, Inc. Glassware forming machine with spring-biased plenum

Also Published As

Publication number Publication date
JP2004323350A (ja) 2004-11-18
ES2320547T3 (es) 2009-05-25
EP1473281A3 (en) 2005-01-26
US7134301B2 (en) 2006-11-14
EP1473281B1 (en) 2008-12-31
EP1473281A2 (en) 2004-11-03
US20040211220A1 (en) 2004-10-28
DE602004018704D1 (de) 2009-02-12
JP4447954B2 (ja) 2010-04-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2010053034A (ja) 多数ゴブ型i.s.ガラス器具形成マシーン
US8127573B2 (en) Mold cooling system for I.S. machine
US4783212A (en) Mould arrangement for use in a cyclicly operating glassware forming machine
JP6843142B2 (ja) ガラス製品成形機用の金型冷却方法及びシステム
US4701202A (en) Moulding apparatus for glassware forming machine
EP2722315A2 (en) Bi-axial cooling system and method
JP4372949B2 (ja) I.s.機械の真空圧機構
JP4205626B2 (ja) I.s.機用鋳型支持機構

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20091207

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110422

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110426

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120420

A045 Written measure of dismissal of application [lapsed due to lack of payment]

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A045

Effective date: 20120824