JP2009291535A - Repeating clip treatment instrument - Google Patents

Repeating clip treatment instrument Download PDF

Info

Publication number
JP2009291535A
JP2009291535A JP2008150653A JP2008150653A JP2009291535A JP 2009291535 A JP2009291535 A JP 2009291535A JP 2008150653 A JP2008150653 A JP 2008150653A JP 2008150653 A JP2008150653 A JP 2008150653A JP 2009291535 A JP2009291535 A JP 2009291535A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sheath
clip
wire
portion
operation
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Ceased
Application number
JP2008150653A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takayuki Iida
Masafuku Sai
勝福 崔
孝之 飯田
Original Assignee
Fujifilm Corp
富士フイルム株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujifilm Corp, 富士フイルム株式会社 filed Critical Fujifilm Corp
Priority to JP2008150653A priority Critical patent/JP2009291535A/en
Publication of JP2009291535A publication Critical patent/JP2009291535A/en
Application status is Ceased legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a repeating clip treatment instrument which performs continuous clip treatment and is prevented from malfunctioning. <P>SOLUTION: The repeating clip treatment instrument includes: a sheath; a plurality of clips arranged in the state of being connected to the distal end of the sheath; an operation wire inserted into the sheath and connected at the distal end to the last clip; and an operation part connected to the proximal end of the sheath and the proximal end of the operation wire. The repeating clip treatment instrument is provided with a sheath moving mechanism for moving back the sheath by a first prescribed length each, a wire moving mechanism for pulling the operation wire for the second prescribed length and returning it to the original position, and an interlocking mechanism for locking the sheath moving mechanism so as to be inoperable and unlocking the sheath moving mechanism accompanying the wire pulling operation of the wire moving mechanism. <P>COPYRIGHT: (C)2010,JPO&INPIT

Description

本発明は、生体内等において止血や傷口の閉塞等に用いられる内視鏡用クリップ処置具に関し、特に、複数のクリップを連発して使用できる連発式のクリップ処置具に関する。 The present invention relates to an endoscopic clipping device used for clogging of hemostasis and wound in vivo. In particular, clipping device relating volley type that can be used in a string of multiple clips.

内視鏡用クリップ処置具は、生体内に挿入した内視鏡の先端からクリップを突出させて、出血部や病変組織除去後の処置部をクリップで摘み、止血や傷口の閉塞を行うために用いられる。 Endoscopic clipping device is a clip from the distal end of the endoscope inserted into a living body is protruded, the treatment section after bleeding part or a lesion tissue removal knob clips, in order to perform the occlusion of hemostasis and wound used. 従来用いられている内視鏡用クリップは、操作ワイヤの先端に1つのクリップが取り外し可能に取り付けられたもので、一回のクリップ処置を行うごとにシース全体を内視鏡から引き出し、次のクリップをセットして再び内視鏡内に挿入し、次のクリッピングを行うという煩瑣な作業が必要となっている。 Clip for an endoscope which has been used conventionally, in which one clip is removably attached to the distal end of the operation wire, pulled out from the endoscope entire sheath each performing a single clipping, the following set the clip is inserted into the endoscope again, it has become a necessary cumbersome task of performing the following clipping.

これに対し、連続的なクリッピング処置を可能にする内視鏡用クリップ装置が提案されている。 In contrast, the endoscopic clip device allowing continuous clipping treatments have been proposed. 例えば、特許文献1には、複数のクリップを直列に連結して、シースの先端に配置し、操作ワイヤによって複数のクリップをシースの先端から順次押し出して使用する内視鏡用クリップ装置が記載されている。 For example, Patent Document 1, by connecting a plurality of clips in series, disposed at the distal end of the sheath, it is described an endoscopic clip applying device that sequentially extruded using a plurality of clips from the distal end of the sheath by an operation wire ing. このクリップ装置では、1つのクリップの先端をシースの先端から押し出した後、そのクリップを目標患部に押し付けて、操作ワイヤによって牽引操作してクリップを締め環で締めることで、目標患部を挟み付ける。 The clip device, after extruding one clip of the tip from the distal end of the sheath, is pressed against the clip to the target diseased part, by tightening with tightening clips towing operated by an operating wire ring, pinching the target diseased part. その後、操作ワイヤを再び先端側へ押し込み操作して、締め付けたクリップをシースの先端から完全に押し出すとともに、次のクリップの先端を突出させる。 Then, by operating push the operating wire again distally, with completely push the clip fastening from the distal end of the sheath to protrude the tip of the next clip.

特開2007−275296号公報 JP 2007-275296 JP

特許文献1のようなクリップ装置では、クリップの使用のタイミングにより操作ワイヤの押し引き動作を間違えずに行う必要がある。 The clip device as described in Patent Document 1, it is necessary to perform the timing of use of the clip without wrong pushing and pulling operation of the operation wire. もしも押し引きの手順を間違えると、締め付けをする前にクリップをシースから離脱させてしまうといった失敗が起こり得る。 Wrong if push and pull of the procedure, failure such as would not disengage the clip from the sheath can occur prior to the tightening. そのため、術者はクリップ装置の操作手順に高い注意を払わねばならず、負担が大きい。 Therefore, the operator is not must pay high attention to the operation procedure of the clip device, a large burden.

本発明の目的は、上記従来技術の問題点を解消し、連続的なクリップ処置が可能であって、誤操作を防止することができる連発式クリップ処置具提供することにある。 An object of the present invention, the eliminating the prior art problems, a possible continuous clipping is to provide multiple clip treatment instrument erroneous operation can be prevented.

上記課題を解決するために、本発明は、シースと、前記シース先端部に連結状態で配置された複数のクリップと、前記シース内を挿通し、先端が最後尾の前記クリップに接続された操作ワイヤと、前記シースの基端および前記操作ワイヤの基端に接続された操作部とを備える連発式クリップ処置具であって、 In order to solve the above problems, the present invention provides the sheath with a plurality of clips arranged in coupled state to the sheath tip, inserted through the said sheath, operating tip is connected to said clip end a wire, a multiple clip treatment instrument comprising said sheath proximal and the operating wire proximal end connected to the operation unit,
前記操作部が、前記シースを第1所定長さずつ後退させるシース移動機構と、前記操作ワイヤを第2所定長さだけ牽引した後、元の位置に戻すワイヤ移動機構と、前記シース移動機構を動作不可能にロックするとともに、前記ワイヤ移動機構のワイヤ牽引動作に伴って前記シース移動機構のロックを解除する、インターロック機構とを有する連発式クリップ処置具を提供する。 The operation unit, and a sheath moving mechanism for retracting the sheath by a first predetermined length, after pulling the operating wire by a second predetermined length, and the wire moving mechanism to return to the original position, the sheath moving mechanism operation impossible with lock, said along with the wire pulling operation of the wire moving mechanism to unlock said sheath moving mechanism, provides a multiple clip treatment instrument and a interlocking mechanism.

ここで、前記インターロック機構は、前記シース移動機構の動作を妨げるロック位置に配置され、かつ、前記操作ワイヤに接続されたリンク部材と、前記ワイヤ移動機構によって前記操作ワイヤが前記第2所定長さ牽引されたときに、前記ロック位置からロック解除位置に移動した前記リンク部材の一部と係合して前記リンク部材を保持し、前記シース移動機構のロック解除状態を維持する保持部材とを有するのが好ましい。 Here, the interlock mechanism, the disposed in the locked position that prevents the operation of the sheath moving mechanism, and a link member connected to the operating wire, wherein the second predetermined length is the operating wire by the wire moving mechanism when it is towed, and a holding member in which the part from the locked position of the link member has moved to the unlocked position engages to hold said link member maintains the unlocked state of the sheath moving mechanism It preferred to have.

また、前記インターロック機構は、さらに、前記ワイヤ移動機構によって前記操作ワイヤが前記第2所定長さ牽引されたときに、操作者に感知可能な音または振動を発する報知部を有するのが好ましい。 Further, the interlock mechanism further, when the operation wire by the wire moving mechanism is towing the second predetermined length, preferably has a notification unit that emits sensible sound or vibration to the operator.

また、前記報知部は、前記ワイヤ移動機構のレバーが前記第2所定長さに対応する長さだけ移動したことを検知して音または振動を発するものであるのが好ましい。 Further, the notification unit is preferably a lever of the wire moving mechanism is one that emits a detection to sound or vibration that it has moved by a length corresponding to the second predetermined length.

本発明によれば、連続的なクリップ処置が可能なクリップ処置具において、誤操作を防止することができる。 According to the present invention can be in a continuous clipping capable clipping device to prevent erroneous operation. また、本発明の一態様によれば、上記に加え、術者へ締め付け完了を知らせて安心感を与えることができる。 According to a further aspect of the present invention, in addition to the above, it informs the completion tightening the operator can give a sense of security.

本発明に係る連発式クリップ処置具を、添付の図面に示す好適実施例に基づいて以下に詳細に説明する。 The multiple clip applicator procedure according to the present invention will be described below in detail with reference to the preferred embodiments shown in the accompanying drawings.

図1(A)および(B)は、本発明の連発式クリップ処置具の一実施形態を示す模式的断面図であり、図1(B)は、図1(A)と90度異なる角度から見た図である。 Figure 1 (A) and (B) is a schematic cross-sectional view showing an embodiment of a multiple clip treatment tool of the present invention, FIG. 1 (B), FIG. 1 (A) and from 90 degrees different angles it is a view seen.
図1に示すクリップ処置具10は、クリップを連続して使用できる連発式のクリップ処置具であり、複数のクリップ12(12A、12B、12C、12D、12E)と、最後尾のクリップ12Eに接続されたダミークリップ18と、接続部材19を介してダミークリップに接続された操作ワイヤ20と、隣り合うクリップ12の係合部を覆ってクリップ12の連結状態を維持する連結リング14(14A、14B、14C、14D、14E)とを有し、これらがシース16内に嵌入されている。 Clipping device 10 illustrated in FIG. 1 is a volley-type clipping device which can be used continuously clip, connected to the plurality of clips 12 (12A, 12B, 12C, 12D, 12E) and, at the end of the clip 12E and the dummy clip 18, which is, connected to the operation wire 20 connected to the dummy clip via a member 19, connected over the engagement portions of adjacent clips 12 to maintain the connected state of the clip 12 ring 14 (14A, 14B , 14C, 14D, 14E) and has, they are fitted into the sheath 16. 図1(A)および(B)は、先頭のクリップ12Aによるクリップ処置動作開始直前の初期状態を示している。 Figure 1 (A) and (B) shows an initial state of the clipping operation immediately before the start by the foremost clip 12A.

1つのクリップ12と1つの連結リング14は、1つの内視鏡用止血クリップ体を構成し、クリップ処置具10は、この止血クリップ体が長尺なシース16の先端内部に複数装填されたものである。 One clip 12 and one connection ring 14, intended to form one endoscopic hemostatic clip body, the clipping device 10, which the hemostatic clip body is more loaded in the tip inside the elongated sheath 16 it is. 連続する止血クリップ体の終端は、ダミークリップ18に噛み合い結合し、操作ワイヤ20は、シース16の基端部まで延びて、後述する操作部につながっている。 Terminating successive hemostatic clip body meshes bonded to the dummy clip 18, the operating wire 20 may extend to the proximal end of the sheath 16, is connected to the operation unit to be described later. 操作部から操作ワイヤ20を所定の長さだけ牽引し、ダミークリップ18を一方向に所定長さ移動させることで、一連のクリップ12が同量だけ移動し、先頭のクリップ12がそれを保持する連結リング14によって締め付けられて、先頭のクリップ12による止血やマーキング等のためのクリップ処置(クリッピング)が行われる。 The operating wire 20 from the operation unit to lead by a predetermined length, a dummy clip 18 by moving a predetermined length in one direction, a series of clips 12 are moved by the same amount, the head of the clip 12 to hold it fastened by a connecting ring 14, clipping for such hemostasis or marking by the foremost clip 12 (clipping) is carried out. 先頭のクリップ12によるクリップ処置が完了した後、シース16を操作部側へ所定の長さだけ引くことで、次のクリップ12が使用可能な状態(スタンバイ状態)となり、続けてクリップ処置を行うことができる。 After clipping by the foremost clip 12 is completed, by pulling the sheath 16 to the operation unit side by a predetermined length, the next clip 12 is available for use (standby state), to perform the clipping continued can.

図1(A)および(B)は、先頭のクリップ12Aがシース16の先端から突出した状態の図としてあるが、クリップ12等をシース16へ装填するときは、後述する図7(A)に示すように、先頭のクリップ12Aがシース16の内部に完全に納まった状態でセットされる。 Figure 1 (A) and (B) is the foremost clip 12A is a diagram of state of protruding from the distal end of the sheath 16, when loading the clip 12 or the like to the sheath 16, in FIG. 7 (A) to be described later as shown, the foremost clip 12A is set in a state in which accommodated completely within the sheath 16. また、図1ではクリップ12を5つとし、5連発式のクリップ処置具としてあるが、クリップ12の数は、2つ以上いくつであってもよい。 Further, FIG. 1, the clip 12 to 5 Tsutoshi, although the clipping device of 5 barrage type, the number of clips 12 may be any number more than one.

図2は、クリップ12の斜視図である。 Figure 2 is a perspective view of the clip 12. クリップ12は、爪部22に対して180度ターンしたターン部24を有するクローズクリップである。 Clip 12 is a closed clip having a turned portion 24 which is 180 degree turn with respect to the claw portion 22. すなわち、クリップ12は、一枚の長細い板を180度湾曲させて閉塞端を作った後、その両片を交差させ、かつ、2つの開放端に、端部が対向するように屈曲させて爪部22,22を形成した形状をしている。 That is, the clip 12 is, after making a single elongated plate by 180 degrees curved so with closed end, the crossed both pieces, and the two open ends, the ends are bent so as to face It has a shape to form the claw portions 22. この交差部26を境にして、開放端側が腕部28,28であり、閉塞端側がターン部24である。 And the crossing portion 26 as a boundary, the open end side is arms 28, closed end side is turned portion 24. 腕部28,28の中央部分には、部分的に広幅とされた凸部30,30が形成されている。 The central portion of the arms 28, convex portions 30, 30 which are partially wide are formed. クリップ12には、生体適合性のある金属を用いることができ、例えば、ばね用ステンレス鋼であるSUS631を用いることができる。 The clip 12 can be a metal with biocompatibility, for example, it can be used SUS631 stainless steel spring.

クリップ12は、その交差部26に嵌められた連結リング14の先端部分(後述する締付部40)が、腕部28,28を押圧しながら爪部22,22の方へ向かって所定量移動することにより、その腕部28,28および爪部22,22が閉じ、爪部22,22において所定の嵌合力、例えば0.62Nを発揮する。 Clip 12 has its front end portion of the fitted connection ring 14 to the intersection 26 (tightening portion 40 to be described later), a predetermined amount of movement towards the direction of the claw portions 22 while pressing the arms 28 by its arms 28 and the claw portions 22 are closed, the claw portions 22 in a given fitting force, for example, exhibit 0.62N. クリップ12の凸部30のすぐ下の部分には、エッジ部分に微小な凹凸31が形成されており、この微小凹凸31が、連結リング14の後述する締付部40と噛みあって、あるいは締付部40との間の摩擦力を高めて、締付部40によるクリップ12の締め付け状態を維持する。 Immediately the lower part of the protrusion 30 of the clip 12 are minute irregularities 31 in the edge portion is formed, and the minute irregularities 31 and each other chewing a clamping portion 40 described later of the connection ring 14 or clamping, by increasing the frictional force between the biasing portion 40, maintaining the tightening state of the clip 12 by the clamping portion 40.

爪部22,22は、対象部を確実に摘むために、V字のオス型とメス型に形成されている。 Claw portions 22 and 22, in order to pluck target portion reliably, it is formed on the male and female V-shape. また、図2に示すように、クリップ12の腕部28は、交差部26から凸部30に掛けて徐々に幅が広くなっている。 Further, as shown in FIG. 2, the arms 28 of the clip 12, width gradually over the convex portion 30 is wider from intersection 26.

凸部30は、連結リング14の先端側の開口および基端側の開口の、凸部30が当接する部分よりも広い幅とされている。 Convex portion 30, the distal opening and the proximal end opening of the connection ring 14, the projecting portion 30 there is a wider than portion abutting. したがって、クリップ12の凸部30以外の部分は、連結リング14の内部に侵入できるが、凸部30は、連結リング14の先端側からも基端側からも、その内部に侵入できない。 Therefore, portions other than the convex portion 30 of the clip 12, can enter the interior of the connection ring 14, the convex portion 30, from the proximal side from the distal end of the connection ring 14, it can not enter therein.

図1(A)および(B)に示すように、第1クリップ12Aと第2クリップ12Bは、第2クリップ12Bの爪部22が第1クリップ12Aのターン部24に係合して閉じた状態で連結リング14Aに保持されることで、連結状態とされる。 As shown in FIG. 1 (A) and (B) state, the first clip 12A and the second clip 12B is the claw portion 22 of the second clip 12B is closed engages with the turned portion 24 of the first clip 12A in that held in the connection ring 14A, it is in a coupling state. 図1(A)に示すように、第2クリップ12Bの爪部22,22は、第1クリップ12Aのターン部24に直交方向に噛みあって結合し、第1クリップ12Aと第2クリップ12Bは、90度異なる向きで連結される。 As shown in FIG. 1 (A), the claw portions 22 of the second clip 12B, each other chewing orthogonally to the turned portion 24 of the first clip 12A are attached, the first clip 12A and the second clip 12B is , they are connected by a 90-degree different orientations. 同様に、以下の各クリップ12C、12D、12Eは、90度ずつ交互に向きを変えて連結される。 Similarly, following the clips 12C, 12D, 12E are connected in different directions alternately by 90 degrees.

連結リング14は、2つのクリップ12,12の係合部を覆って連結状態を維持しつつ、シース16に進退可能に嵌入されている。 The connection ring 14, while maintaining the coupled state covering the engaging portion of the two clips 12, 12 are movably fitted into the sheath 16. すなわち、連結リング14は、外径がシース16の内径とほぼ等しく、クリップ12の移動に伴ってシース16内をスムーズに進退移動することができる。 That is, the connection ring 14 may be an outer diameter substantially equal to the inner diameter of the sheath 16, smoothly moves forward and backward within the sheath 16 with the movement of the clip 12. 図3(A)〜(C)に、連結リング14の概略構成を示す。 Figure 3 (A) ~ (C), shows a schematic configuration of a connection ring 14. 図3(A)は、連結リング14の正面図、図3(B)は断面図、図3(C)は、底面図である。 3 (A) is a front view of the connection ring 14, FIG. 3 (B) cross-sectional view, FIG. 3 (C) is a bottom view.

連結リング14は、締付部40と保持部42とから成る。 The connection ring 14 is comprised of a clamping unit 40 holding portion 42. 連結リング14は、樹脂製の保持部42の先端に、金属製の締付部40を固定し、2部材で一体構造とされている。 The connection ring 14, the tip of the resin of the holding portion 42, the clamping portion 40 of metal is fixed, it is an integral structure with two members. 樹脂製の保持部42が連結状態の維持およびクリップの連結リング内での保持を担当し、金属製の締付部40がクリップの締め付けを担当する。 Holder 42 made of resin is responsible for the retention in the connection ring of maintenance and clips connected state, with a metal clamping portion 40 is responsible for tightening the clip. なお、連結リング14は、締付部40および保持部42の両機能を発揮できれば、1部材で形成してもよい。 The connecting ring 14, if exert both the functions of the tightening portion 40 and the holding portion 42 may be formed by one member.

締付部40は、連結リング14の先端側に取り付けられた金属製の円筒状(リング状)の部品であり、クリップ12の交差部26近傍の幅よりも大きく、凸部30の幅よりも小さい内径の穴が形成されている。 Clamping section 40 is a part of the connection ring 14 of the front end side attached metal cylindrical (ring-shaped), larger than cross section 26 near the width of the clip 12, than the width of the convex portion 30 the inner diameter hole of are formed smaller. したがって、締付部40は、保持するクリップ12の交差部26の近傍を移動することができるが、凸部30を超えて先端側へは抜けられない。 Thus, clamping section 40 can be moved in the vicinity of the intersection 26 of the clip 12 for holding, not missing exceed projections 30 distally. すなわち凸部30が、クリップ12に対して前進する連結リング14の移動限界を決めるストッパーとして機能する。 That protrusion 30 functions as a stopper which determines the movement limit of the connection ring 14 advancing with respect to the clip 12.

締付部40は、クリップ12の交差部26の近傍の所定位置にセットされる。 Tightening portion 40 is set to a predetermined position in the vicinity of the intersection 26 of the clip 12. 締付部40は、その初期位置から、クリップ12の腕部28が幅広になる、交差部26から凸部30の側へ移動することで、拡開しているクリップ12の両方の腕部28,28を閉じさせて固定する締め付け機能を有している。 Clamping portion 40 from its initial position, the arm portions 28 of the clip 12 is wide, by moving from the crossing portion 26 toward the projections 30, both the arm portions 28 of the clip 12 are flared has a fastening function for fixing to close 28. 締付部40には、生体適合性のある金属が用いられ、例えばステンレス鋼SUS304を用いることができる。 The clamping portion 40, metal is used with a biocompatible, can be used, for example stainless steel SUS304. 締付部40を金属製としたことで、金属製のクリップ12に対して締付力となる摩擦力を発揮させることができる。 The clamping portion 40 that was made of metal, it is possible to exert a frictional force as the clamping force against the metal clip 12.

保持部42は、樹脂成形された概略円筒状(リング状)の部品である。 Holding unit 42 is a part of the resin molded substantially cylindrical (ring-shaped). 保持部42は、先のクリップ12を保持する第1領域32と、先のクリップに連結した状態で次のクリップ12を保持する連結保持領域である第2領域34とを有している。 Holding unit 42 includes a first region 32 for holding a preceding clip 12, and a second region 34 is a connection holding area in a state of being connected to the previous clip to hold the next clip 12.

第1領域32には、クリップ12のターン部24を収容可能な、締付部40の穴よりも大きな円形の穴が形成されている。 The first region 32, capable of accommodating the turned portion 24 of the clip 12, a large circular hole is formed than the hole of the tightening portion 40. 第1領域32の先端部の外面には、締付部40を嵌めるための段付き部が形成されており、締付部40と保持部42とは、シース16に装填された状態およびクリッピング操作時において外れない程度の締まり嵌めで嵌め合わされている。 The outer surface of the distal end portion of the first region 32, a stepped portion for fitting the tightening portion 40 is formed, the holding portion 42 and the clamping portion 40, the state and clipping operations loaded into the sheath 16 It is fitted with an interference fit to the extent that does not come off at the time. また、第1領域32は、連結リング14本体の軸に対してスカート状に傾斜して広がるスカート部38を有している。 The first region 32 has a skirt portion 38 extending inclined skirt with respect to the axis of the connection ring 14 main body.

スカート部38は、先端側、すなわち図3における上方の付け根が保持部42の本体につながっており、下方の広がり部分が、本体から一部切り離されて、半径方向に広がったり閉じたりするようになっている。 Skirt portion 38, the distal end side, that is, above the base in Figure 3 is connected to the body of the holding portion 42, diverging portion of the downward, disconnected part from the body, to or close radially extending going on. スカート部38は、クリップ12の牽引方向、すなわち図3の上下方向において同じ位置に、180度離れた2箇所に形成されている。 Skirt portion 38, pulling direction of the clip 12, i.e. at the same position in the vertical direction in FIG. 3, are formed at two positions 180 degrees apart.

スカート部38,38は、外力が付与されない自然状態では、図3(A)に示すように、スカート状に広がる。 Skirt 38 is in a natural state in which no external force is applied, as shown in FIG. 3 (A), it expands like a skirt. このとき、保持部42の第1領域32の内部は、図3(B)に示すように、円柱状の空間となっている。 At this time, the interior of the first region 32 of the holding portion 42, as shown in FIG. 3 (B), has a cylindrical space. 一方、連結リング14がシース16内へ装填されるときは、例えば、図1(B)の2つめの連結リング14Bに示すように、スカート部38が内側に押し込まれて内部空間へ入り込み、スカート部38の内周側の部分が、第1領域32に保持されるクリップ12Bのターン部24の側面(エッジ部)を押圧して、クリップ12Bが連結リング14B内で回転方向および進退方向に移動しないように保持する。 On the other hand, when the connection ring 14 is loaded into the sheath 16, for example, as shown in the second of the connection ring 14B of FIG. 1 (B), it enters into the internal space the skirt portion 38 is pushed inward, the skirt the inner peripheral side of the portion of the part 38, moves the side surface of the turned portion 24 of the clip 12B retained by the first region 32 (edge ​​portion) by pressing the clip 12B is in the rotational direction and the forward and backward direction within the connection ring 14B It is held so as not to. なお、スカート部38が、第2領域34に保持されるクリップ、すなわち後ろ側のクリップを押圧して保持するようにしてもよい。 Incidentally, the skirt portion 38, a clip retained in the second region 34, i.e., may be held by pressing the clip rear.

スカート部38,38は、図1(A)の1つめの連結リング14Aに示すように、シース16の先端から抜け出ると同時に、それ自体の弾性によって開き、クリップ12Aの保持を解除するとともに、シース16の内径よりも広幅となって、連結リング14Aのシース16内への後退を阻止する。 Skirt portions 38, as shown in the first one of the connection ring 14A of FIG. 1 (A), and at the same time exits from the distal end of the sheath 16, opened by its own elasticity, with releasing the retaining clip 12A, the sheath 16 becomes wider than the inner diameter of, preventing retraction into the sheath 16 of the connection ring 14A. この状態で操作ワイヤ20が引かれ、クリップ12Aが後退することで、連結リング14Aがクリップ12Aに対して相対的に前進し、クリップ12Aを締め付ける。 This state operation wire 20 is pulled, that the clip 12A retreats, the connection ring 14A is relatively advanced with respect to the clip 12A, clamp the clip 12A.

したがって、スカート部38は、シース16の内部では内側へ閉じることができ、シース16の先端から出て外力から解放されるとスカート状に広がるように、弾性を有していることが必要である。 Therefore, the skirt portion 38, the interior of the sheath 16 can be closed inwardly, when released from the external force out of the distal end of the sheath 16 so as to spread like a skirt, it is necessary to have elasticity . それとともに、スカート部38は、シース16の内部でクリップ12を保持できる剛性と、シース16の先端でクリップ12の締付力の反力に耐える剛性とを有していることも必要である。 At the same time, the skirt portion 38 is also required to have a rigidity to hold the clip 12 within the sheath 16, and rigidity to withstand the reaction force of the clamping force of the clip 12 at the distal end of the sheath 16.

これらの観点から、保持部42には、生体適合性があり、かつ、スカート部38に要求される弾性および剛性を満たす材料が用いられる。 From these viewpoints, the holding portion 42 are biocompatible, and materials are used to satisfy the elasticity and rigidity required of the skirt portion 38. また、その形状は、スカート部38に要求される弾性および剛性を満たすように定められる。 The shape is determined so as to satisfy the elasticity and rigidity required of the skirt portion 38. このような保持部42の材料としては、例えば、PPSU(ポリフェニルサルホン、polyphenylsulfone)を用いることができる。 As a material for the holding portion 42, for example, it can be used PPSU (polyphenyl sulfone, polyphenylsulfone). 製造の容易さから、保持部42は、一体成形されるのが好ましい。 Ease of manufacture, the holding portion 42 is preferably integrally molded.

第2領域34は、第1領域32の基端側に設けられており、第1領域32に保持されるクリップ12に係合する次のクリップ12を、その爪部22,22が先のクリップ12のターン部24の閉塞端(尾部)を挟んで閉じた状態で保持する。 The second region 34 is provided at the base end side of the first region 32, the next clip 12 which engages the clip 12 retained by the first region 32, the claw portions 22 are previous clip held in a closed state across the closed end of the turn portions 24 of the 12 (tail).

第2領域34は、領域長さとして、クリップ12に対して初期位置にセットされた締付部40が、クリップ12の締め付けを完了するまでに要する移動長さと、ほぼ等しい長さを有している。 The second region 34 as a region length, clamping section 40 which is set in an initial position relative to the clip 12, has a length of travel required to complete the clamping of the clip 12, the length approximately equal to there. すなわち、連結リング14の第2領域34は、クリップ12が連結リング14に対して相対的に後退して締め付けられていく間、その内部に保持する2つのクリップ12,12の連結を保持して、後ろのクリップ12の牽引力が先端のクリップ12へ伝達されるようにするとともに、締め付けが完了したときには、2つのクリップ12,12の係合部が第2領域34から外れることにより、そのクリップ12,12の連結を解除する。 That is, the second region 34 of the connection ring 14 while the clip 12 is gradually tightened by relatively retracted relative to the coupling ring 14, holds the coupling of the two clips 12 for holding therein , together with the traction behind the clip 12 is to be transmitted to the distal clip 12, when the tightening is completed, the engagement portion of the two clips 12, 12 is disengaged from the second region 34, the clip 12 , to release the 12 consolidated of.

第2領域34には、図3(C)に示すように、第1領域32の基端側部分と同じ内径の穴43が形成され、さらに、その対向する2箇所に、溝(凹部)43aが形成されている。 In the second region 34, as shown in FIG. 3 (C), the holes 43 of the same inner diameter as the proximal portion of the first region 32 is formed, further, the two positions that face, grooves (recesses) 43a There has been formed. 溝43a,43aは、第2領域34に保持されるクリップ12の腕部28,28を、爪部22,22が閉じた状態で収容可能である。 Grooves 43a, 43a is the arms 28 of the clip 12 retained by the second region 34, can be housed in a state where the claw portions 22 are closed. また、第2領域34には、図3(A)〜(C)に示すように、その基端から切り込むスリット44が2箇所に形成されている。 The second region 34, as shown in FIG. 3 (A) ~ (C), a slit 44 cut from its proximal end is formed in two places.

溝43a,43aは、第2領域34に保持されるクリップ12の爪部22の開閉方向(図3中、左右方向)の2箇所に設けられている。 Grooves 43a, 43a is (in FIG. 3, the left-right direction) the opening and closing direction of the pawl portion 22 of the clip 12 retained by the second region 34 are provided in two places. 第2領域34に保持されるクリップ12の腕部28,28の板面は、溝43a,43aの内壁に当接する。 Plate surfaces of the arms 28 of the clip 12 retained in the second region 34 abuts the inner wall of the groove 43a, 43a. 溝43aの幅(開口幅)は、クリップ12の腕部28の最大幅よりわずかに大きく、一方の溝43aの壁面から他方の溝43aの壁面までの距離は、クリップ12の2つの爪部22,22の長さ(拡開方向の長さ)を足し合わせた長さにほぼ等しい。 The width of the groove 43a (opening width) is slightly greater than the maximum width of the arm portion 28 of the clip 12, the distance from the wall surface of one groove 43a to the wall surface of the other groove 43a has two claw portions of the clip 12 22 , approximately equal to the length obtained by adding the length of 22 (the length of the expansion direction). また、溝43aの幅は、腕部28に形成された凸部30の幅よりは小さい。 The width of the groove 43a is smaller than the width of the convex portion 30 formed on the arm portion 28. したがって、第2領域34に保持されるクリップ12の凸部30は、溝43aに進入できない。 Accordingly, the convex portion 30 of the clip 12 retained by the second region 34 can not enter the grooves 43a.

なお、両溝43a,43aの壁面から壁面までの距離は、先のクリップ12のターン部24と、次のクリップ12の爪部22,22との係合が外れない寸法にすればよく、2つの爪部22,22の長さと、ターン部24の爪部22,22が係合する部分の幅とを足し合わせた長さよりも短くすればよい。 The distance between both grooves 43a, from the wall surface of 43a to the wall surface includes a turned portion 24 of the preceding clip 12 may be dimensioned to engage does not come off of the claw portions 22 of the next clip 12, 2 One of the length of the claw portions 22, the claw portions 22 of the turn portion 24 may be shorter than the length obtained by adding a width of the portion to be engaged. 例えば、第2領域34に保持されるクリップ12の爪部22,22は、少し重なった状態となっていてもよいし、爪部22,22の間にわずかな隙間がある状態で、先のクリップ12との連結が維持されるようにしてもよい。 For example, the claw portions 22 of the clip 12 retained by the second region 34 may be made slightly overlapping state, in a state where there is a slight gap between the claw portions 22, ahead of may be connected to the clip 12 is maintained.

2つのクリップ12,12の係合部は、第2領域34の、第1領域32との境目に近接する部分に保持される。 The engagement portion of the two clips 12 and 12, the second region 34, is held in a portion close to the boundary between the first region 32. 先のクリップ12(例えば、図1(B)の連結リング14Bにおけるクリップ12B)は、シース16の内部においては、ターン部24が第1領域32の閉じたスカート部38によって保持されているので、進退移動および回転移動が抑えられている。 Preceding clip 12 (e.g., the clip 12B in the connection ring 14B of FIG. 1 (B)), in the interior of the sheath 16, since the turned portion 24 is held by the skirt portion 38 closed in the first region 32, forward and backward movement and rotational movement are suppressed. また、先のクリップ12に係合する次のクリップ12(例えば、図1(B)の連結リング14Bにおけるクリップ12C)は、第2領域34の溝43aによって先のクリップと90度異なる方向に保持されることにより、回転移動が抑えられ、進退移動が抑えられた先のクリップに係合することにより、進退移動が抑えられている。 Also, the next clip 12 which engages the tip of the clip 12 (e.g., a clip 12C in the connection ring 14B of FIG. 1 (B)) is held in a preceding clip and 90 ° from the direction by the groove 43a of the second region 34 by being, rotational movement is restrained by engaging the clip to which the forward and backward movement is suppressed, the movement is suppressed retractable. すなわち、前後のクリップの係合部は、遊びが非常に小さい状態で、連結リング14によって保持される。 That is, the engaging portions of the front and rear clip, with very little play state is maintained by the connection ring 14.

スリット44は、スカート部38,38から90度ずれた2箇所に、第2領域34の上端よりも浅い位置まで形成されている。 Slits 44 in two positions deviated from the skirt portions 38 90 degrees, and is formed to a shallower position than the upper end of the second region 34. 言い換えれば、スリット44は、第2領域34に保持されるクリップ12の拡開方向から90度ずれた位置に設けられている。 In other words, the slit 44 is provided in the 90 ° shifted position from the diverging direction of the clip 12 retained by the second region 34.

スリット44を設けることにより、連結リング14のフレキシブル性を向上させることができ、クリップ処置具10は、曲率の小さい湾曲部を通過することができる。 By providing the slit 44, it is possible to improve the flexibility of the connection ring 14, the clipping device 10 can pass through a small bend curvature. また、スリットを設けることにより、連結リング14の裾(基端部)が一部めくれるようになるため、シース16へのクリップ12の装填前に前後のクリップ12,12を連結させる際に、連結リング14の裾をめくることで容易に連結させることができるという利点もある。 Further, by providing the slit, since the hem of the connection ring 14 (base end portion) comes to Mekureru part, when linking the front and rear clips 12 before loading of the clip 12 into the sheath 16, connected there is an advantage that can be easily connected by turning the skirt of the ring 14.

スリット44の深さは、スカート部38よりも浅い位置までとされており、連結リング14の強度が大幅に低下するのが防止されている。 The depth of the slit 44 is up to a position shallower than the skirt portion 38, the strength of the connection ring 14 is prevented from greatly reduced. また、スリット44の深さは、第1領域32に保持されるクリップ12の後端の位置、すなわちクリップ12,12の係合位置よりも浅い位置までとされており、シース16に装填される前の連結クリップユニットにおいても、連結リング14の第2領域34におけるクリップ12の保持を保つことができる。 The depth of the slit 44 is loaded into the first position of the rear end of the clip 12 retained in the region 32, that is, it is up to a position shallower than the engagement position of the clip 12, 12, the sheath 16 even before the connection clip unit, it is possible to maintain the retention of the clip 12 in the second region 34 of the connection ring 14.

図1に示すように、第1クリップ12Aのターン部24に第2クリップ12Bの爪部22,22が係合し、その係合部を連結リング14Aが保持する。 As shown in FIG. 1, the claw portions 22 of the second clip 12B are engaged with the turned portion 24 of the first clip 12A, the engaging portion connection ring 14A is held. 連結リング14A(その第2領域34)の内壁によって、第2クリップ12Bの爪部22,22は閉じた状態に保持されている。 By the inner wall of the connection ring 14A (second region 34 thereof), the claw portions 22 of the second clip 12B are retained in the closed state. それにより、第1クリップ12Aと第2クリップ12Bの連結状態が維持される。 Thereby, the connected state of the first clip 12A and the second clip 12B is maintained. 同様に、第2クリップ12Bと第3クリップ12Cとの連結状態は、連結リング14Bによって、第3クリップ12Cと第4クリップ12Dとの連結状態は、連結リング14Cによって、第4クリップ12Dと第5クリップ12Eとの連結状態は、連結リング14Dによって、第5クリップ12Eとダミークリップ18との連結状態は、連結リング14Eによって維持される。 Similarly, connection state between the second clip 12B and the third clip 12C is maintained by the connection ring 14B, the connected state between the third clip 12C and the fourth clip 12D is maintained by the connection ring 14C, and the fourth clip 12D 5 connection state of the clip 12E is maintained by the connection ring 14D, connection state between the fifth clip 12E and the dummy clip 18 is maintained by the connection ring 14E.

最後尾のクリップ12Eには、クリップ処置には用いられないダミークリップ18が係合している。 The rearmost clip 12E, a dummy clip 18, which is not used for clipping is engaged. ダミークリップ18は、先端部に、クリップ12の交差部26から開放端側半分の部分と類似の形状をしたバネ性を持つ部分を有しており、爪部を閉じた状態でクリップ12Eのターン部に係合し、爪部を開くとクリップ12Eを開放する。 The dummy clip 18, the distal end portion, the crossing portion 26 of the clip 12 has a portion having a portion with a spring property in which the shape similar to the open end side half turn of the clip 12E is closed claws engaged in part, to open the clip 12E When you open the claw portion. ダミークリップ18の基端部には接続部材19があり、この接続部材19に操作ワイヤ20が接続されている。 The base end portion of the dummy clip 18 has a connecting member 19, the operating wire 20 is connected to the connecting member 19.

図4は、接続部材19の後端および操作ワイヤ20の先端の概略構成を示す斜視図である。 Figure 4 is a perspective view showing a schematic configuration of a distal end of the rear end and the operating wire 20 of the connecting member 19. 同図に示すように、接続部材19は、板状の部材であり、後端部に、操作ワイヤ20の先端部材の形状に対応する形状の穴19aが形成されている。 As shown in the drawing, the connecting member 19 is a plate-like member, the rear end portion, a hole 19a having a shape corresponding to the shape of the tip member of the operating wire 20 is formed. 一方、操作ワイヤ20の先端には、平板状で矢印型の先端部材が取り付けられている。 On the other hand, the distal end of the operating wire 20, the arrow-shaped tip member which is shaped like a flat plate is attached.

操作ワイヤ20の先端部材は、先端側に向けられた三角形の三角部20aと、軸部20bとを有している。 Tip of the operation wire 20 has a triangular portion 20a of the triangular directed distally, and a shaft portion 20b. 操作ワイヤ20の先端部材が接続部材19の板面側から穴19aに挿入されることで、接続部材19の後端部には、三角部20aの全部と、軸部20bの先端側の一部が、それに対応する形状の穴19aに嵌め込まれる。 By tip of the operation wire 20 is inserted into the hole 19a from the plate face of the connecting member 19, the rear end portion of the connecting member 19, and all of the triangular portion 20a, a portion of the distal end side of the shaft portion 20b There are fitted into a hole 19a having a shape corresponding thereto. 三角部20aの後端側の広がった部分は、軸部20bに対応する穴19aの部分よりも幅が広く、接続部材19に操作ワイヤ20の先端部材を嵌めた状態では、操作ワイヤ20は、引っ張っただけでは接続部材19から外れない構成とされている。 Rear end broadened portion of the triangular portion 20a is wider than the portion of the hole 19a corresponding to the shaft portion 20b, in a state in which fitted the tip of the operation wire 20 to the connecting member 19, the operating wire 20, just pulled is configured without departing from the connecting member 19. 接続部材19と操作ワイヤ20との接続部は、接続状態を保ったままで、クリップ12を締め付けるための牽引力を伝達する。 Connection of the connecting member 19 and the operating wire 20, while maintaining the connected state to transmit the traction force for tightening the clips 12.

接続部材19と操作ワイヤ20を接続するときや外すときは、操作者が、操作ワイヤ20の先端部材を、接続部材19の後端部分に対して図4中上下方向にずらして、穴19aに嵌め、または、穴19aから外せばよい。 When Ya removing when connecting the connecting member 19 and the operating wire 20, the operator, the tip member of the operating wire 20, is shifted in the 4 vertically with respect to the rear end portion of the connecting member 19, the holes 19a fit, or may by removing from the hole 19a.

なお、接続部材19の穴19aと操作ワイヤ20の先端部材との嵌め合いをきつくすることや、接続部材19の穴19aに、操作ワイヤ20の三角部20aの抜け止めを設けることにより、回転などによって接続部材19と操作ワイヤ20とが外れないような構成とするのが好ましい。 Incidentally, and to tightly fit the holes 19a of the connecting member 19 and the distal end member of the operating wire 20, the hole 19a of the connecting member 19, by providing the stopper of the triangular portion 20a of the operating wire 20, rotation etc. preferably the connecting member 19 and the operating wire 20 and the like does not come off arrangement by. また、接続部材19(ダミークリップ18の後端部)と操作ワイヤ20の先端は、着脱可能であり、かつ、操作ワイヤ20の進退移動によっては外れない構成となっていればよく、上記以外の構成としてもよい。 The tip of the connecting member 19 (the rear end portion of the dummy clip 18) and the operating wire 20 is detachably and may be constituted to not deviate by advance and retreat of the operation wire 20, other than the above it may be configured.

シース16は、例えば、金属ワイヤを密着巻きした可撓性のコイルシースである。 The sheath 16 is, for example, a coil sheath of flexible and tightly wound metal wire. シース16の内径は、先のクリップ12のターン部24と、次のクリップ12の爪部22,22との係合が解除される寸法とされている。 The inner diameter of the sheath 16 includes a turned portion 24 of the preceding clip 12, is sized to the engagement of the claw portions 22 of the next clip 12 is released. すなわち、シース16の内径は、2つの爪部22,22の長さと、ターン部24の爪部22,22が係合する部分の幅とを足し合わせた長さよりも大きい。 That is, the inner diameter of the sheath 16, the length of the two claw portions 22, larger than the claw portions 22 is the combined length plus the width of the portion that engages the turned portion 24.

操作ワイヤ20およびシース16の基端は、操作部に取り付けられている。 The proximal end of the operating wire 20 and the sheath 16 is attached to the operation section. 図5(A)は、操作部の概略構成を示す部分断面図である。 5 (A) is a partial sectional view showing a schematic configuration of the operation unit. また、図5(A)〜(C)および図6(A)〜(C)は、操作部50の、クリップ処置操作における各段階の状態を示している。 Further, FIG. 5 (A) ~ (C) and FIG. 6 (A) ~ (C), the operating unit 50, indicating the state of each stage in the clipping operation. 図5および図6において、左側がクリップ12に接続する先端側、右側が後端側(または基端側)である。 5 and 6, the distal end side of the left side is connected to the clip 12, a right rear end (or base side). なお、以下の説明では、先端側を前、後端側を後ろともいう。 In the following description refers to the distal end side front, also behind the rear side.

まず、図5(A)を参照して、操作部50の概略構成について説明する。 First, referring to FIG. 5 (A), described a schematic configuration of the operation unit 50.
操作部50は、ワイヤおよびシースの移動方向に長い筒状のケース52の内部に、ワイヤ移動機構54と、シース移動機構56と、インターロック機構58とを有している。 Operation unit 50 includes, in a long cylindrical case 52 in the moving direction of the wire and sheath, the wire moving mechanism 54, and the sheath moving mechanism 56, and a interlocking mechanism 58. 操作部50によって、操作ワイヤ20の牽引によるクリップ処置操作、および、シース16の牽引によるクリップ準備操作が行われる。 By the operation unit 50, the clipping operation by pulling the operating wire 20, and the clip preparation operation is performed by pulling the sheath 16.

ケース52の先端には支持リング82が取り付けられており、シース16は、支持リング82に支持されてケース52の内部に導入されている。 The distal end of the casing 52 and the support ring 82 is attached, the sheath 16 is introduced is supported by a support ring 82 inside the case 52. シース16の後端は、シース移動機構56に保持され、操作ワイヤ20の後端は、ワイヤ移動機構54に保持される。 The rear end of the sheath 16 is held in the sheath moving mechanism 56, the rear end of the operating wire 20 is held to the wire moving mechanism 54.

ワイヤ移動機構54は、操作ワイヤ20の基端が接続されたレバー60と、レバー60をクリップ12の前進方向に付勢するスプリング62と、レバー60の前方および後方の移動限界を定める規制板64aおよび64bと、規制板64a,64bの位置を調整してレバー60の移動長さ(ストローク)を調整するストローク調整部66a,66bと、レバー60が後方の移動限界まで移動したことを検知して音および振動を発する報知部65とを有している。 Wire moving mechanism 54 includes a lever 60 having a base end is connected to the operating wire 20, a spring 62 for urging the lever 60 in the forward direction of the clip 12, the regulating plate 64a defining a forward and backward movement limit of the lever 60 and and 64b, regulating plate 64a, and a stroke adjusting unit 66a, 66b for adjusting length of travel of the lever 60 to adjust the position of 64b (stroke), detects that the lever 60 is moved to move the limit of rearward and a notification unit 65 that emits sound and vibration.

レバー60は、ケース52の内部において、前後方向(操作部50の軸方向)に移動可能に保持されている。 Lever 60, in the interior of the case 52, and is movably held in the longitudinal direction (axial direction of the operation unit 50). レバー60は、図5中下側が開放された略コの字状の部品であり、内周側の前後の壁が、ケース52に設けられた貫通窓59(図5ではその位置を破線で示す。)に現れている。 Lever 60 is shaped parts substantially U which is lower in Fig. 5 is open, the front and rear walls of the inner peripheral side, showing a through window 59 (in FIG. 5 that position provided in the case 52 by a broken line has appeared in.). 操作者(術者)は、貫通窓59のレバー60に指を掛けて、レバー60を前方または後方へ移動させることができる。 Operator (operator), turn the lever 60 of the through window 59, it is possible to move the lever 60 forward or backward.

レバー60の先端には、クリップ12を牽引するための操作ワイヤ20の基端が固定されている。 The distal end of the lever 60, the proximal end of the operating wire 20 for pulling the clip 12 is fixed. 操作ワイヤ20は、クリップ12が接続された側から後述する位置決めシャフト68の内部を通過して、レバー60に到達している。 Operation wire 20 passes through the inside of the positioning shaft 68 the clip 12 will be described later from the connected side, has reached the lever 60. レバー60を前方または後方に引くと、操作ワイヤ20がレバー60に連動して前方または後方に移動し、操作ワイヤ20の先端のクリップ列が同様に移動する。 When the clutch lever 60 forward or backward, the operating wire 20 moves forward or backward in conjunction with the lever 60, clip train distal end of the operating wire 20 moves as well.

スプリング62は、レバー60の後端とケース52の内壁との間に取り付けられている。 Spring 62 is attached between the rear end and the inner wall of the case 52 of the lever 60. スプリング62は、レバー60が後方へ引かれることによって圧縮され、レバー60を引く力が解除されると、反発力によってレバー60を前方へ押し戻す。 Spring 62 is compressed by the lever 60 is pulled rearward, a force pulling the lever 60 is released, push the lever 60 forward by the repulsive force. それにより、レバー60は元の位置(ホームポジション)へ戻る。 As a result, the lever 60 is returned to the original position (home position). このように、レバー60は、ホームポジションから後方への移動限界までの一定量を往復移動できる。 Thus, the lever 60 can reciprocate a predetermined amount of up movement limit rearward from the home position. なお、図5(A)では、スプリング62をコイルスプリングとして示しているが、スプリング62は、レバー60を前方へ付勢できればよく、板ばねやその他の弾性体を用いても良い。 Incidentally, in FIG. 5 (A), but shows the spring 62 as a coil spring, spring 62, need only urge the lever 60 forward, may be a plate spring or other elastic member.

レバー60の後方への移動限界は、規制板64bによって規定される。 Movement limit rearward of the lever 60 is defined by the regulating plate 64b. すなわち、レバー60の後端が規制板64bに当接する位置が、レバー60の後方への移動限界である。 That is, the position where the rear end of the lever 60 abuts against the regulating plate 64b is a movement limit of the rearward lever 60. レバー60のホームポジションから規制板64bに当たるまでの移動量は、クリップ12を連結リング14によって締め付けるための操作ワイヤ20の牽引量(第2所定長さ)に等しい。 Movement amount from the home position of the lever 60 to strike the regulating plate 64b is equal to the pulling amount of the operating wire 20 for tightening the clip 12 by a connecting ring 14 (second predetermined length). なお、クリップ処置における操作ワイヤ20の牽引量は、例えば3.1mmなどの非常に小さい量なので、操作部50における確かな操作感覚を与えるために、操作ワイヤ20の牽引量とレバー60の操作量との間に、操作ワイヤ20の牽引量の変倍機構を設けて、レバー60の移動量を、操作ワイヤ20の移動量の所定倍としてもよい。 Incidentally, pulling amount of the operating wire 20 in the clipping has, for example, a very small amount, such as 3.1 mm, to give a solid operation feeling in the operation unit 50, the operation amount of pulling amount and the lever 60 of the operation wire 20 between, provided the zooming mechanism of the pulling amount of the operating wire 20, the amount of movement of the lever 60, may be a predetermined multiple of the amount of movement of the operating wire 20.

操作者が貫通窓59に指を挿入してレバー60を引くことで、レバー60が後方へ移動すると、レバー60の先端に取り付けられた操作ワイヤ20も同様に移動して、操作ワイヤ20の先端が後方へ移動する。 Operator by pulling the lever 60 by inserting fingers in the through window 59, the lever 60 is moved rearward, move as well the operation wire 20 which is attached to the distal end of the lever 60, the operating wire 20 tip but to move to the rear. また、レバー60を引く力が解除されてレバー60が元の位置に戻ると、操作ワイヤ20も同様に移動して、その先端が元の位置に戻る。 Further, when the force is released the lever 60 pulling the lever 60 is returned to its original position, the operating wire 20 also moves similarly, the leading end returns to the original position.

レバー60は、また、シース16の先端から先頭のクリップ12および連結リング14を突出させる際に、その突出量を微調整するために、前方へも移動可能とされている。 Lever 60 also when projecting the foremost clip 12 and the connection ring 14 from the distal end of the sheath 16, in order to finely adjust the amount of projection, there is a possible move forward. レバー60の前方への移動限界は、規制板64aによって規定され、レバー60の先端が規制板64aに当接する位置が、レバー60の移動限界となる。 Movement limit forward of the lever 60 is defined by the regulation plate 64a, the position where the tip of the lever 60 abuts against the regulating plate 64a is a movement limit of the lever 60. 規制板64aは、後方の規制板64bよりは短い間隔を置いて配置されている。 Regulating plate 64a is spaced a short interval from the rear regulating plate 64b.

クリップ処置具10は、内視鏡の鉗子チャンネルに挿通された後、シース16を基端側に所定の長さだけ引いて、先頭のクリップ12Aおよび連結リング14Aをシース16から突出させるが、このとき、シース16の湾曲等の影響により、シース16とクリップ12A等との位置関係がわずかにずれて、所定長さだけシース16を引いても、連結リング14Aのスカート部38が開かない場合が考えられる。 Clipping device 10, after being inserted through the forceps channel of the endoscope, the sheath 16 by pulling proximally by a predetermined length, but to project the foremost clip 12A and the connection ring 14A from the sheath 16, this when, due to the influence of the bending or the like of the sheath 16, the positional relationship between the sheath 16 and the clip 12A and the like are slightly shifted, even by pulling only the sheath 16 a predetermined length, when the skirt portion 38 of the connection ring 14A is not opened Conceivable. そのような場合に、レバー60を前方へもわずかに移動可能とし、レバー60を前方へ移動させて操作ワイヤ20をわずかに前進させることで、クリップ12Aおよびそれに続くクリップ列を前進させ、それと一緒に、クリップ列に嵌っている連結リング14A等も前進させて、連結リング14Aをスカート部38が開くまでシース16から押し出すことができる。 In such a case, the lever 60 and also slightly moved forward, by slightly advancing the operation wire 20 by moving the lever 60 forward, to advance the clip 12A and the clip train subsequent thereto together , the connection ring 14A or the like is fitted to the clip train also moved forward, it is possible to push the connection ring 14A from the sheath 16 to the skirt portion 38 is opened.

クリップ12A〜12Eおよびダミークリップ18と、連結リング14A〜14Eとの間には、閉じたスカート部38の内側部分によるクリップ12への押圧力、および、クリップ12の腕部28が広がろうとするバネ力による連結リング14への押圧力が働いている。 A clip 12A~12E and the dummy clip 18, between the connection rings 14A through 14E, the pressing force to the clip 12 by the closed inner part of the skirt portion 38, and the arm portion 28 of the clip 12 is going to spread pressing force applied to the coupling ring 14 by the spring force is working. さらに、クリップ12B〜12Eの凸部30が連結リング14A〜14Dの基端に当接している。 Further, the convex portion 30 of the clip 12B~12E is in contact with the proximal end of the connection ring 14A-14D. そのため、操作ワイヤ20を押すことで、クリップ12A〜12Eと連結リング14A〜14Eとを、ほぼ一体的に移動させることができる。 Therefore, by pressing the operation wire 20, the clip 12A~12E and a connecting ring 14A through 14E, it can be moved substantially integrally.

レバー60を前方へ押した後、操作者がレバー60から指を離すことで、レバー60はスプリング62に引っ張られてホームポジションに戻るが、一端スカート部38が開いた連結リング14Aは、シース16の先端に留まって、後退しない。 After pressing the lever 60 forward, by the operator releases the finger from the lever 60, the lever 60 is returned to its home position by being pulled by the spring 62, the connection ring 14A having one end skirt portion 38 is opened, the sheath 16 remains of the tip, not retreat. また、レバー60が戻ることで操作ワイヤ20が戻り、クリップ12A等もわずかに後方へ戻り、連結リング14Aに対して後退するが、クリップ12Aの開きが大きく狭まるほどの移動量ではないので、クリップ12Aの使用に問題は無い。 Moreover, the operating wire 20 returns by the lever 60 returns slightly returns to the rear of the clip 12A and the like, will be retracted relative to the connection ring 14A, is not a movement amount of about opening of the clip 12A is narrowed significantly, clip 12A problem with the use of the no.

ストローク調整部66a,66bは、ケース52またはケース52に固定された部材と、規制板64a,64bとの間に配置されており、その一部がケース52の外部に突出して、操作者によって操作可能とされている。 Stroke adjusting unit 66a, 66b includes a member fixed to the case 52 or the case 52, the regulating plate 64a, is arranged between 64b, partially protruded out of the case 52, operated by an operator It is possible. 例えば、ストローク調整部66a,66bは、回転式のつまみの一部をケース52の外部に突出させたものであり、操作者がそのつまみを回した量に応じて、規制板64a,64bを移動させる。 For example, the stroke adjusting unit 66a, 66b, which has protruded part of the knob of the rotary to the outside of the case 52, moves according to the amount the operator turned the knob, regulating plate 64a, and 64b make.

本実施形態においては、規制板64bが報知部65としても機能する。 In the present embodiment, the regulating plate 64b also functions as a notification unit 65. 規制板64bは、薄い金属片であり、レバー60の方向へ凸になるようにたわんだ形状で保持されている。 Regulating plate 64b is a thin piece of metal, is held in a shape bent to a convex shape in the direction of the lever 60. レバー60の後方の規制板64bに対応する位置には、凸部60aが設けられており、レバー60が引かれて後方へ移動することで、凸部60aが規制板64bに当接し、その圧力で、規制板64bが凸形状から凹形状に変形する。 The position corresponding to the rear regulating plate 64b of the lever 60, and the convex portion 60a is provided, by moving rearward retraction of the lever 60, the convex portion 60a comes into contact with the regulating plate 64b, the pressure in regulation plate 64b is deformed into a concave shape from a convex shape. レバー60が規制板64bから離れると、規制板64bは凹形状から凸形状に復元する。 When the lever 60 moves away from the regulating plate 64b, the regulating plate 64b is restored from the concave shape to a convex shape. また、規制板64bは、凸形状から凹形状に変形するときに、クリック音に似た音と振動を発する。 Further, the regulating plate 64b, when deformed into a concave shape from a convex shape to emit sound and vibration similar to clicks.

このように、報知部65は、レバー60がその後方の移動限界を決める規制板64bに突き当たったことに対応して、すなわち、レバー60によって操作ワイヤ20がクリップ処置操作のための所定長さ(第2所定長さ)だけ牽引されたことを検出して、クリック音のような音と振動を発する。 Thus, the notification unit 65, in response to the lever 60 is abutted against the regulating plate 64b which determines the movement limit of its rearward, i.e., a predetermined length for the operating wire 20 by the lever 60 is clipping operation ( by detecting that was driven by a second predetermined length), it emits a sound and vibration, such as click sound.
なお、報知部65は、音および振動のいずれか一方を、操作者に感知可能なレベルで発するものを用いてもよい。 Incidentally, the notification unit 65, one of sound and vibration, may be used as it emits at appreciable levels on the operator.

このクリック音または振動により、操作者が、操作ワイヤ20が所定長さだけ引かれたこと、すなわちクリップ12の所定量の牽引が完了したことを知ることができる。 This clicking sound or vibration, the operator, the operation wire 20 is pulled by a predetermined length, that is, to know that a predetermined amount of pulling of the clip 12 is completed.

内視鏡用クリップ処置具10は、その全長が約2mなどの長尺なものであり、その先端におけるクリップ12の締め付けが完了したことを、基端の操作部50で感じ取ることが困難であるという傾向を持っている。 Endoscopic clipping device 10 is intended elongated such that the total length of about 2m, that tightening of the clip 12 at the tip is complete, it is difficult to feel the operation unit 50 of the proximal end I have a tendency. 特に、本実施形態のクリップ処置具10は、クリップ12の凸部30の直下に形成された微小凸部に、連結リング14の締付部40が到達し、金属性の両部材が噛み合って、その間の摩擦が高まることで、締め付け完了となる。 In particular, clipping device 10 of the present embodiment, the minute projections formed immediately below the projections 30 of the clip 12 reaches the clamping portion 40 of the connection ring 14, meshes metal of both members, by increasing the meantime of friction, the tightening is completed. そのため、従来の単発式のクリップ処置具で知られている、クリップ後端部分等が破断して締め付けを完了させるものに比べると、締め付け完了時の衝撃が小さい。 Therefore, it is known in the prior single type clipping device, when the clip rear portion or the like is compared to that to complete the tightening broken, a small impact when tightening completion. これは、クリップ12の動作としては好ましいが、操作者が受ける感覚(締め付けが終わったという確信)は、比較的弱い。 This (confidence that fastening has been completed) is preferable as the operation of the clip 12, the operator feeling experienced relatively weak. これに対し、報知部65によって、クリップ12の締め付け完了時に音または振動を発生させることで、操作者がクリップ12の締め付け完了を確信でき、操作者に安心感を与えることができる。 In contrast, the notification unit 65, by generating a sound or vibration at the time of the clip 12 clamping completion, the operator can be confident tightening completion of the clip 12, it is possible to give a sense of security to the operator.

報知部65の別の例として、レバー60以外の部分で、操作ワイヤ20の移動量を測定し、クリップ処置に必要な所定量だけ移動したことを検出するようにしてもよい。 As another example of the notification unit 65, at a portion other than the lever 60, to measure the amount of movement of the operating wire 20, it may be detected that it has moved by a predetermined amount necessary for clipping.

シース移動機構56は、位置決めシャフト68と、位置決めシャフト68の窪み70に係合する爪78を上下させるボタン76とを有している。 Sheath moving mechanism 56 includes a positioning shaft 68, and a button 76 for up and down the pawl 78 to engage the recesses 70 of the positioning shaft 68. 位置決めシャフト68は、中空の角柱または円柱状の部材であり、ケース52の内部において前後方向(軸方向)にスライド移動可能に支持されている。 Positioning shaft 68 is a hollow prismatic or cylindrical member, and is slidably supported in the longitudinal direction (axial direction) in the interior of the case 52.

位置決めシャフト68の表面には、軸方向に一定の間隔Lで複数の窪み(凹部)70が形成されている。 On the surface of the positioning shaft 68 has a plurality of recesses in the axial direction at regular intervals L (recess) 70 is formed. この間隔Lは、シース16の先端において、クリップ処置に用いたクリップ12の次のクリップ12を突出させるためにシース16を引く量(第1所定長さ)に等しい。 The distance L is, at the tip of the sheath 16 is equal to the amount (first predetermined length) pulling the sheath 16 in order to project the next clip 12 of the clip 12 used for clipping manipulation. 各窪み70の間には、案内溝が形成されており、窪み70に係合する爪78がスムーズに次の窪み70に移動できるようにされている。 Between each recess 70, the guide grooves are formed, the pawl 78 engages the recess 70 is to be moved smoothly to the next recess 70. 窪み70は、クリップ12の連発数に対応する数以上が設けられている。 Recess 70 is more than the number are provided corresponding to the barrage number of clips 12. 図5の例では、6つの窪み70が設けられており、5連発のクリップに対応可能である。 In the example of FIG. 5, is provided with six recesses 70, it can correspond to the clips 5 barrage.

また、位置決めシャフト68には、スライダー72が取り付けられている。 Furthermore, the positioning shaft 68, a slider 72 is attached. スライダー72は、ケース52の開口80から外部へ出ており、操作者がスライダー72を前後方向に操作して、位置決めシャフト68を同方向に移動させることができる。 Slider 72 is out of the opening 80 of the case 52 to the outside, the operator can operate the slider 72 in the longitudinal direction, to move the positioning shaft 68 in the same direction.

位置決めシャフト68の先端には、シース保持リング74が取り付けられている。 The distal end of the positioning shaft 68, sheath retaining ring 74 is mounted. シース保持リング74は、シース16の後端部外周を固定的に保持する。 Sheath retaining ring 74 holds the outer periphery of a rear end of the sheath 16 fixedly. したがって、位置決めシャフト68が移動すると、シース16も同様に移動する。 Therefore, the positioning shaft 68 moves, the sheath 16 also moves similarly. 位置決めシャフト68の中空部分には、シース16の後端から延びる操作ワイヤ20が通っている。 The hollow portion of the alignment shaft 68, the operating wire 20 extending from the rear end of the sheath 16 is passed through.

位置決めシャフト68には、軸方向に位置決めシャフト68を割るように空隙が設けられており、この空隙にインターロック機構58が配置されている。 The positioning shaft 68 has gap is provided so as to axially divide the alignment shaft 68, the interlock mechanism 58 is disposed in this gap. この空隙は、窪み70とは重ならない軸線上に、位置決めシャフト68の軸方向の移動範囲において、インターロック機構58が位置する範囲にわたって設けられている。 The voids on the depression 70 axes not overlapping with, the moving range of the axial direction of the positioning shaft 68, the interlocking mechanism 58 is provided over a range of positions.

ボタン76は、ケース52の外部に突出しており、爪78につながっている。 Button 76 protrudes out of the case 52, is connected to the pawl 78. 爪78は、位置決めシャフト68に押し付ける方向に付勢されており、位置決めシャフト68の窪み70に引っ掛かって、位置決めシャフト68の移動を止めている。 Pawl 78 is urged in a direction of pressing the positioning shaft 68, caught by the recess 70 of the positioning shaft 68 has stopped moving the positioning shaft 68.

ボタン76が押されると、爪78が持ち上がって窪み70から乗り上げ、スライダー72が軸方向に移動可能となる。 When the button 76 is pressed, rides from 70 depression lifted claw 78, the slider 72 is movable in the axial direction. ボタン76から手を離してスライダー72を移動させると、爪76が次の窪み70に引っ掛かった時点でスライダー72の移動が止められる。 When the hand is released to move the slider 72 from the button 76, the pawl 76 is moved in the slider 72 is stopped at the time when caught by the next recess 70. したがって、位置決めシャフト68およびシース保持リング74と、シース保持リング74に保持されるシース16は、窪み70の間隔を1ストロークとして、その1ストロークの長さL(第1所定長さ)ずつ移動する。 Accordingly, the positioning shaft 68 and sheath retaining ring 74, the sheath 16 is held in a sheath retaining ring 74, as one stroke spacing recess 70, moves by the length of the one stroke L (first predetermined length) . このLは、例えば15.5mmである。 This L is, for example, 15.5 mm.

インターロック機構58は、シース移動機構56によるシース16の移動操作をロックするとともに、ワイヤ移動機構54による操作ワイヤ20の牽引操作に伴ってシース移動機構56のロックを解除する。 Interlock mechanism 58 is configured to lock the moving operation of the sheath 16 by the sheath moving mechanism 56 to unlock the sheath moving mechanism 56 with the pulling operation of the operating wire 20 by the wire moving mechanism 54.

クリップ処置具10では、操作部50においてシース16と操作ワイヤ20とを進退操作することにより、クリップ準備と止血等のクリップ処置とが行われる。 In the clipping device 10, by advancing and retracting operation of the sheath 16 and the operation wire 20 in the operation unit 50, the clip and preparation and clipping hemostasis or the like is performed. 上述のように、シース16と操作ワイヤ20とは、独立に動く構成とされている。 As mentioned above, the sheath 16 and the operating wire 20, and is configured to move independently. クリップ処置に際しては、まず、使用するクリップ12をシース16から突出させ、かつ、連結リング14のスカート部38を広げた状態とするクリップ準備を行い、その後、生体を把持する止血操作等のクリップ処置を行う。 In clipping, first, the clip 12 to be used to protrude from the sheath 16, and performs a clip ready to be unfolded skirt portion 38 of the connection ring 14, then clipping a hemostatic operation or the like for gripping a living body I do. 準備操作と止血操作は交互に行われるが、シース16と操作ワイヤ20とは各々独立に動くので、クリップ12の準備が済んでいるのにもかかわらず、再度準備操作を行うこともできてしまう。 While preparing operation and hemostasis operation are performed alternately, since each moving independently of the sheath 16 and the operating wire 20, despite been finished ready clip 12, you can also perform preparatory operation again . その場合には生体内でクリップ12が脱落してしまう可能性もある。 In which case the clip 12 there is a possibility that falls off in vivo.

そこで、操作部50には、ワイヤ移動機構54とシース移動機構56との互いの操作にインターロック機構58を設けている。 Therefore, the operation unit 50 is provided an interlock mechanism 58 on each other operation of the wire moving mechanism 54 and the sheath moving mechanism 56. すなわち、インターロック機構58は、一度シース移動機構56を操作したら、ワイヤ移動機構54を操作しない限り、続けてシース移動機構56を操作することができないように規制する。 In other words, the interlock mechanism 58, once you manipulate the sheath moving mechanism 56, unless the manipulating wire moving mechanism 54, regulations so that it can not operate the sheath moving mechanism 56 in succession. これにより、シース16を続けて2度引くという誤操作を防止することができる。 Thus, it is possible to prevent an erroneous operation of pulling twice continue sheath 16.

インターロック機構58は、リンク機構(リンク部材)86と、リンク機構86の一端に接続するリセットボタン84と、リンク機構86の他端に係合可能な保持部材90とを有している。 Interlock mechanism 58 includes a link mechanism (link member) 86, and a reset button 84 connected to one end of the link mechanism 86, the engageable with the holding member 90 to the other end of the link mechanism 86. リンク機構86および保持部材90は、上述の、位置決めシャフト68の軸方向に設けられた空隙内に配置されている。 Linkage 86 and the holding member 90, described above, is disposed in the gap provided in the axial direction of the positioning shaft 68.

リンク機構86は、支点87でケース52の所定位置に回動可能に支持されている。 Linkage 86 is pivotally supported at a predetermined position of the case 52 at a fulcrum 87. リンク機構86の図中上端は、ボタン76の下方に位置し、リンク機構86の回動によって、ボタン76の押下を妨げたり(ロック)、押下可能にしたり(ロック解除)する。 Drawing the upper end of the link mechanism 86 is positioned below the button 76, the rotation of the link mechanism 86 to impede the depression of the button 76 (locked), or the user can press to (unlocked). リンク機構86の図中下端部には、保持部材90の凹部に係合可能な突起88が設けられており、リンク機構86の回動によって保持部材90に係合し、または保持部材90から外れる。 The lower end in the drawing part of the link mechanism 86, which can engage projections 88 are provided in the recess of the holding member 90 engages with the holding member 90 by the rotation of the link mechanism 86, or out of the holding member 90 .

リンク機構86の一部は、リセットボタン84に回動可能に接続している。 Some of the link mechanism 86 is connected rotatably to the reset button 84. リセットボタン84は、ボタン部分がケース52の外部に突出し、図中下端部分がリンク機構86に接続している。 Reset button 84, the button portion protrudes outside the case 52, the lower end portion in the drawing is connected to the link mechanism 86. リンク機構86がボタン76をロックしているときに、リセットボタン84が押し込まれることで、リセットボタン84がリンク機構86を回動させ、ボタン76のロックを解除することができる。 When the link mechanism 86 is locked on the button 76, when the reset button 84 is pressed, it is possible to reset button 84 is a link mechanism 86 is rotated to unlock the button 76. 逆に、リセットボタン84が引き上げられることで、リンク機構86の上端をボタン76の下方に位置させ、ボタン76をロックすることができる。 Conversely, when the reset button 84 is pulled up, to position the upper end of the link mechanism 86 under the buttons 76, it is possible to lock the button 76.

リンク機構86は、位置決めシャフト68の内部で操作ワイヤ20に接続されている。 Linkage 86 is connected to the operating wire 20 within the alignment shaft 68. したがって、ワイヤ移動機構54によって操作ワイヤ20が牽引されると、リンク機構86が操作ワイヤ20に引っ張られて支点87を軸に回転移動する。 Therefore, when the operation wire 20 is pulled by the wire moving mechanism 54, the link mechanism 86 is rotated to move pulled and the fulcrum 87 to the shaft on the operation wire 20. リンク機構86がボタン76をロックしているときに、操作ワイヤ20が牽引されると、リンク機構86が回転移動して、リンク機構86によるボタン76のロックが解除される。 When the link mechanism 86 is locked on the button 76, the operating wire 20 is pulled, the link mechanism 86 is rotated and moved, the locking button 76 by the link mechanism 86 is released. また、操作ワイヤ20がクリップ処置のための所定長さ(第2所定長さ)だけ牽引されることで、リンク機構86の突起88が保持部材90に係合する。 In addition, the operation wire 20 is pulled by a predetermined length (second predetermined length) for clipping, projection 88 of the link mechanism 86 are engaged with the holding member 90. 保持部材90には、突起88が係合する凹部が形成されており、突起88は、その凹部に引っ掛かることで保持される。 The holding member 90 is formed with a recess which the projection 88 is engaged, the protrusion 88 is held by being caught in the concave portion. それにより、ボタン76のロック解除状態が維持される。 As a result, the unlocked state of the button 76 is maintained.

突起88および保持部材90(その凹部)の形状は、保持部材90の凹部に突起88が係合し、かつ外力によって係合状態から外れるものであれば、各種の形態を用いることができる。 Shape of the projection 88 and the holding member 90 (the recess), the projection 88 engages the recess of the holding member 90, and as long as it deviates from the engaged state by an external force, it is possible to use various forms.

次に、図5(A)〜(C)および図6(A)〜(C)を参照して、操作部50の作用を説明するとともに、図7を参照して、連発式のクリップ処置具10の全体の作用について説明する。 Next, referring to FIG. 5 (A) ~ (C) and FIG. 6 (A) ~ (C), together with a description will be given of the operation of the operation unit 50, with reference to FIG. 7, volley-type clipping device the overall effect of the 10 will be described. 図7(A)〜(E)は、クリップ処置具10のクリップ処置動作時における段階的な状態を示す部分断面図である。 Figure 7 (A) ~ (E) is a partial sectional view showing a gradual state during clipping operation of the clipping device 10.

まず、図7(A)に示すように、シース16にクリップ12A〜12Eおよび連結リング14A〜14Eからなる5つの止血クリップ体(以下単にクリップ体という。)が装填された後、シース16が内視鏡の鉗子チャンネルに挿入される。 First, FIG. 7 (A), the after five hemostatic clip body formed from the clip 12A~12E and the connection rings 14A through 14E (hereinafter referred to simply as the clip body.) Is loaded into the sheath 16, the inner sheath 16 It is inserted into the forceps channel of the endoscope. 図示例では、図7(A)に示すように、クリップ12Aの先端がシース16の先端にほぼ一致している。 In the illustrated example, as shown in FIG. 7 (A), the tip of the clip 12A is substantially matched to the distal end of the sheath 16.

先頭のクリップ12Aは、シース16の内壁によって閉じた状態に保持される。 The foremost clip 12A is held in closed by the inner wall of the sheath 16. 各連結リング14A〜14Eは、その締付部40がクリップ12A〜12Eの交差部26の近傍の初期位置に来るように嵌め込まれている。 Each coupling ring 14A~14E, the tightening portion 40 is fitted to come into the initial position in the vicinity of the intersection 26 of the clip 12A to 12E. このとき、クリップ12B〜12Eの凸部30の上端が、それぞれ、連結リング14A〜14Dの直下に位置する。 At this time, the upper end of the projections 30 of the clip 12B~12E are respectively positioned directly below the connection rings 14A-14D.

このとき、操作部50では、図5(A)に示すように、リンク機構86がボタン76の下面に当接し、ボタン76が押下できないようにロックされている。 At this time, the operation unit 50, as shown in FIG. 5 (A), contact the link mechanism 86 to the lower surface of the button 76, the button 76 is locked so as not to be pressed.

シース16の先端が、生体内に挿入された内視鏡の挿入部の先端まで到達し、内視鏡先端から突出すると、操作部50において、シース16を後退させる操作が行われる。 The forward end of the sheath 16, reaches the distal end of the insertion portion of an endoscope inserted into a living body and protruding from the endoscope tip, the operation unit 50, an operation of retracting the sheath 16 is performed. まず、図5(B)に示すように、リセットボタン84を押すことで、リンク機構86をボタン76の下部から外し、ボタン76を押し下げ可能な状態とする(ロック解除)。 First, as shown in FIG. 5 (B), by pressing the reset button 84, disconnect the link mechanism 86 from the lower portion of the button 76, a ready depressing the button 76 (unlock).

リンク機構86を移動させることで、リンク機構86に接続された操作ワイヤ20がわずかに後方に移動する。 By moving the link mechanism 86, moves backwards slightly operating wire 20 connected to the link mechanism 86. これにより、リンク機構86から先端までの操作ワイヤ20は、後方へわずかに移動し、クリップ12A〜12Eがシース16の中でわずかに後退する。 Thus, the operation wire 20 from the link mechanism 86 to the tip slightly moves backward, the clip 12A~12E is slightly retracted in the sheath 16. また、リンク機構86とレバー60との間では、操作ワイヤ20にわずかにたるみが生じる。 Further, between the linkage 86 and the lever 60 is slightly slack occurs in the operating wire 20.

次いで、同図に示すように、リセットボタン84を押した状態のまま、ボタン76を押して、シース移動機構56を手元側(図5において右側)に移動させる。 Then, as shown in the figure, in the state in which pressing the reset button 84, button 76, moving the sheath moving mechanism 56 to the proximal side (right side in FIG. 5). 爪78が窪み70から乗り上がったら、ボタン76を押す手を離して、スライダー72を後方へスライド移動させる。 After riding from the nail 78 is recess 70, release the hand to press the button 76, sliding the slider 72 to the rear. 位置決めシャフト68は、爪78が次の窪み70に引っ掛かる位置まで、所定長さLだけ軸方向基端側に移動し、次の窪み70に引っ掛かった時点で停止する。 Positioning shaft 68, the pawl 78 to the position caught by the next recess 70, and moved in the axial direction base end side by a predetermined length L, a stopped when caught in the next recess 70. 爪78が次の窪み70に係合すると、図5(C)に示すように、ボタン76は元の位置に戻る。 The pawl 78 engages the next recess 70, as shown in FIG. 5 (C), the button 76 returns to its original position.

このシース移動操作のとき、リンク機構86がボタン76に押された状態で留まっており、あるいは、リンク機構86の突起88が保持部材90に保持されており、リンク機構86の操作ワイヤ20との接続位置は一定である。 When the sheath moving operation, and remains in a state of the link mechanism 86 is pressed to the button 76, or the projection 88 of the link mechanism 86 is held by the holding member 90, the operating wire 20 of the link mechanism 86 connection position is constant. そのため、操作ワイヤ20は移動せず、したがって、操作ワイヤ20に接続されたクリップ12A〜12Eおよびダミークリップ18等は軸方向には移動せず、シース16のみが操作部側に引かれる。 Therefore, the operation wire 20 is not moved, therefore, the operation wire 20 connected to the clip 12A~12E and the dummy clip 18 and the like does not move in the axial direction, only the sheath 16 is pulled in the operation unit side.

次に、操作部50において、図5(C)に示すように、リセットボタン84を引き上げて、リセット解除を行う。 Next, the operation unit 50, as shown in FIG. 5 (C), by pulling the reset button 84, a reset release. リセットボタン84を引き上げることにより、リンク機構86が回転移動して元の位置に戻り、操作ワイヤ20も、リンク機構86より前方ではわずかに前進し、リンク機構86とレバー60との間のたるみは解消されて、元の図5(A)の状態に戻る。 By pulling the reset button 84 returns to its original position the link mechanism 86 is rotated and moved, the operating wire 20 is also slightly forward in front of the link mechanism 86, the slack between the link mechanism 86 and the lever 60 is eliminated, it returns to the original state of FIG. 5 (a).

これらの操作により、図7(A)の状態から、操作ワイヤ20に対してシース16が所定長さLだけ引かれて、図7(B)に示すように、先頭のクリップ12Aが突出して、自己のバネ力によって爪部22,22が拡開し、さらに連結リング14Aのスカート部38,38が開くところまで突出する。 These operations, from the state of FIG. 7 (A), the sheath 16 is pulled by a predetermined length L with respect to the operation wire 20, as shown in FIG. 7 (B), the foremost clip 12A protrudes, claw portions 22 is expanded by its own spring force, to project to the point where further skirt portion 38 of the connection ring 14A are opened. これにより、1発目のクリップ12Aが使用可能な状態となる。 Thus, one shot th clip 12A becomes usable state. なお、図7(B)では、連結リング14Aのスカート部38は紙面垂直方向にあるため、図に表れていない。 In FIG. 7 (B), the skirt portion 38 of the connection ring 14A is due to the direction perpendicular to the paper surface, it does not appear in FIG.

クリップ12Aとクリップ12Bの結合部は、連結リング14Aのスカート部38の直下に位置しているため、図7(B)の状態のとき、クリップ12Bの先端が、シース16の先端にほぼ一致している。 Binding portion of the clip 12A and the clip 12B is because it is located directly below the skirt portions 38 of the connection ring 14A, the state of FIG. 7 (B), the tip of the clip 12B is substantially coincident with the distal end of the sheath 16 ing.

シース16を引くとき、シース16とシース16に嵌入されている連結リング14A〜14Eとの間に摩擦力が働く。 When pulling the sheath 16, the frictional force between the coupling ring 14A~14E being fitted into the sheath 16 and the sheath 16 acts. しかし、連結リング14A〜14Eとクリップ12A〜12Eとの間には、閉じたスカート部38の内側部分によるクリップ12の押圧力、および、後ろ側のクリップ12の爪部22が開こうとするバネ力による連結リング14(その第2領域34、図3参照。)の内壁面への押圧力が働いている。 However, between the connection rings 14A~14E and clips 12A to 12E, the pressing force of the clip 12 by the closed inner part of the skirt portion 38, and, the claw portion 22 of the rear side of the clip 12 attempts to open the spring connected by a force ring 14 (its second region 34, see Figure 3.) is working pressing force to the inner wall of. さらに、クリップ12B〜12Eの凸部30が連結リング14A〜14Dの基端に当接し、連結リング14の穴43(図3参照)には進入できない。 Further, the convex portion 30 of the clip 12B~12E abuts the proximal end of the connection ring 14A-14D, can not enter the hole 43 of the connection ring 14 (see FIG. 3). そのため、シース16を引いても連結リング14A〜14Eは不要に移動することがない。 Therefore, the connection rings 14A~14E be subtracted sheath 16 will not be moved unnecessarily. したがって、連結リング14A〜14Eは、それぞれ、クリップ12A〜12Eを保持した状態を維持することができる。 Thus, the connection rings 14A~14E, respectively, can be maintained while retaining the clips 12A to 12E.

シース16の湾曲等の要因により、クリップ12Aおよび連結リング14Aがシース16の先頭から潜り込んでいた場合など、シース16を所定量引いても、連結リング14Aが十分に突出せず、スカート部38,38が開かない場合には、操作部50のレバー60をわずかに前方に押すことで、操作ワイヤ20をわずかに押し出して、連結リング14Aをスカート部38,38が開く位置まで突出させるように、微調整する。 The factors of the bending or the like of the sheath 16, such as when the clip 12A and the connection ring 14A is not sunk from the top of the sheath 16, also pulling the sheath 16 a predetermined amount, the connection ring 14A is not sufficiently projected, the skirt portion 38, 38 if does not open, by pressing forward lever 60 of the operation portion 50 slightly, slightly extruded operating wire 20, the connection ring 14A so as to protrude to a position where the skirt portion 38 is opened, to fine-tune.

なお、リンク機構86は操作ワイヤ20に接続されているが、操作ワイヤ20を押す操作では、引く操作とはリンク機構86の回動の方向が異なり、リンク機構86の突起88は保持部材90には係合しないので、後述するインターロックの解除は行われない。 Although the link mechanism 86 is connected to the operating wire 20, the operation of pushing the operation wire 20, pulled different directions of rotation of the link mechanism 86 and operation projection 88 of the link mechanism 86 to the holding member 90 because does not engage, not be used to cancel the interlock, which will be described later.

上述したように、操作部50では、図5(C)において、シース16を所定長さLだけ移動させた後、リセットボタン84を引き上げてリンク機構86のリセット解除を行う。 As described above, the operation unit 50, in FIG. 5 (C), the after moving the sheath 16 by a predetermined length L, a resetting release of the link mechanism 86 by pulling the reset button 84. このリセット解除を行うと、操作ワイヤ20の牽引操作によって、リンク機構86が移動して保持部材90で保持された状態にならない限り、ボタン76は押下できず、したがってシース16を引くことができない。 Doing this reset cancellation, the pulling operation of the operating wire 20, as long as the link mechanism 86 is not a state of being held by the holding member 90 moves, the button 76 can not be drawn can not be depressed, thus the sheath 16. このようにして、ボタン76およびスライダー72によるシース16の移動がインターロックされる。 In this way, the movement of the sheath 16 by the button 76 and the slider 72 are interlocked. これにより、クリップ処置前に続けて2度シース16を引くという誤操作を防止でき、未使用のクリップ12がシース16から落ちるのを防ぐことができる。 Thus, following the front clipping prevents erroneous operation of pulling twice sheath 16, unused clip 12 can be prevented from falling from the sheath 16.

また、連結クリップの初回時の作業、すなわち先頭のクリップ12Aをシース16の先端にセットする時だけ、リセットボタン84を押しながら、または押してからという作業を必要とすることにより、その後のクリップ処置動作前に、リセットボタン84を引き上げてリセット解除を行うことを、作業者(術者)に促すことができる。 Also, working time of the first joining clip, i.e. the foremost clip 12A only when set to the tip of the sheath 16, while pressing the reset button 84, or by requiring work of the press, then the clipping operation before, to make a reset release by pulling up on the reset button 84, it is possible to prompt the operator (the operator).

次に、図7(B)の状態のクリップ処置具10を移動させて、拡開したクリップ12Aの爪部22,22をクリップ処置したい部位に押し付けて、操作部50のレバー60を引くことにより、操作ワイヤ20を所定量引っ張る。 Then, by moving the state clipping device 10 in FIG. 7 (B), the against the site to be the claw portions 22 of the diverged clip 12A and clipping, by pulling the lever 60 of the operation portion 50 , pulling the operating wire 20 a predetermined amount. 操作ワイヤ20を引くことで、ダミークリップ18から順に係合している全クリップ12A〜12Eが、一様に引っ張られる。 By pulling the operating wire 20, all the clips 12A~12E from the dummy clip 18 is engaged with the order are pulled evenly.

このとき、図7(B)および(C)の状態では、シース16の先端に出た連結リング14Aは、スカート部38が開いており、スカート部38によるクリップ12Aの押圧保持は解除されている。 In this case, in the state shown in FIG. 7 (B) and (C), the connection ring 14A exiting the tip of the sheath 16, the skirt portion 38 is open, pressing retaining clip 12A by the skirt portion 38 is released . また、連結リング14Aは、スカート部38がシース16先端で開いていることにより、シース16内への後退が阻止されている。 Further, the connection ring 14A, by the skirt portion 38 is open at the forward end of the sheath 16, retracted into the sheath 16 is prevented. そのため、図7(C)に示すように、先頭のクリップ12Aは連結リング14Aに対して後退する。 Therefore, as shown in FIG. 7 (C), the foremost clip 12A retreats with respect to the connection ring 14A. 連結リング14Aの先端、すなわち締付部40が、クリップ12Aの凸部30の直下まで押し込まれることにより、連結リング14Aによるクリップ12Aの締め付けが完了する。 Tip of the connection ring 14A, i.e. the clamping portion 40, by being pushed up directly below the projections 30 of the clip 12A, the clamping of the clip 12A by the connection ring 14A is completed.

それと同時に、クリップ12Aと次のクリップ12Bとの係合部が連結リング14Aの後端から抜け出る。 At the same time, the engaging portion between the clip 12A and the next clip 12B comes out of the rear end of the connection ring 14A. クリップ12Aとクリップ12Bの係合部が連結リング14Aから外れると、クリップ12Bのバネ力によって腕部28がシース16の内壁に当たるまで拡開し、爪部22,22の間がクリップ12Aのターン部24の幅よりも広く開いて、クリップ12Aとクリップ12Bとの連結が解除される。 When the engagement portion between the clip 12A and the clip 12B comes off from the connection ring 14A, the arm portion 28 is expanded until it hits the inner wall of the sheath 16 by the spring force of the clip 12B, between the claw portions 22, 22 of the clip 12A turn portions open wider than the width of the 24, the connection between the clip 12A and the clip 12B is canceled. それにより、クリップ12Aおよび連結リング14Aは、シース16から離脱可能となり、クリップ12Aおよび連結リング14Aによるクリップ処置が完了する。 Thereby, the clip 12A and the connection ring 14A is made a detachable from the sheath 16, the clipping is completed by the clip 12A and the connection ring 14A.

一方、後続のクリップ12B〜12Eは、スカート部38が閉じた連結リング14B〜14Eによって、連結リング14B〜14Eに対して回転方向および進退方向に移動しないように保持されている。 On the other hand, the subsequent clips 12B~12E is maintained by the connection ring 14B to 14E that the skirt portion 38 is closed, is held so as not to move in the rotational direction and the forward and backward direction with respect to the connection ring 14B to 14E. さらに、クリップ12B〜12Eに係合するクリップ12C〜12Eの爪部22およびダミークリップ18の爪部の広がろうとする力(付勢力)によって、爪部22が連結リング14B〜14Eの第2領域34(図3参照)の内壁に押し付けられており、クリップ12B〜12Eと連結リング14B〜14Eとの間の摩擦力が高まっている。 Furthermore, the force trying to spread the claw portion of the claw of the clip 12C~12E portion 22 and the dummy clip 18 which engages the clip 12 b to 12 e (biasing force), a second region of the claw portion 22 connecting ring 14B~14E 34 is pressed against the inner wall (see FIG. 3), it has increased frictional force between the clip 12B~12E and coupling ring 14B~14E is. そのため、連結リング14B〜14Eは、クリップ14B〜14Eの移動とともに移動する。 Therefore, the connection rings 14B to 14E move with the movement of the clips 14B to 14E.

すなわち、先頭クリップ12Aおよびそれを保持する連結リング14A以外のクリップ12B〜12Eと連結リング14B〜14Eは、操作ワイヤ20を操作することで、シース16に対して一体的に進退移動し、クリップ14B〜14Eおよびダミークリップ18の連結状態は、連結リング14B〜14Eによって維持される。 That is, the top clip 12A and the connection ring 14B~14E the coupling ring other than 14A clip 12B~12E to hold it, by operating the operation wire 20, advance and retreat integrally with respect to the sheath 16, the clip 14B connection state ~14E and the dummy clip 18 is maintained by the connection ring 14B to 14E.

操作部50において、レバー60を引く量は、規制板64bおよびストローク調整部66bによって定められている。 The operation unit 50, the amount of the clutch lever 60 is determined by the regulating plate 64b and the stroke adjustment unit 66b. レバー60の凸部60aが規制板64bに当接すると、報知部65である規制板64bが変形することにより、クリック音のような音と振動を発生させる。 When the convex portion 60a of the lever 60 abuts against the regulating plate 64b, by regulating plate 64b is notification unit 65 is deformed, thereby generating vibration and sound like a click sound.

また、レバー60を引くことにより、操作ワイヤ20が引っ張られると、図6(A)に示すように、操作ワイヤ20に接続するリンク機構86が支点87を軸に回転移動し、下端の突起88が保持部材90に係合して保持される。 Further, by pulling the lever 60, the operation when wire 20 is pulled, as shown in FIG. 6 (A), and rotational movement link mechanism 86 connected to the operation wire 20 is a fulcrum 87 to the shaft, the projections of the lower end 88 There is held engaged with the holding member 90. また、リンク機構86が回転移動することにより、ボタン76の下方に押下できる部分の隙間が確保される。 Also, by the link mechanism 86 rotates moving, the gap portion can be pressed below the button 76 is secured. すなわち、レバー60による操作ワイヤ20の牽引操作により、シース移動機構56に対するインターロックが解除される。 That is, by pulling operation of the operating wire 20 by the lever 60, the interlock for the sheath moving mechanism 56 is released.

図6(B)に示すように、操作ワイヤ20は、操作部50のレバー60を付勢するスプリング62により、一定量引いた後、すぐにその一定量だけ戻るようになっている。 As shown in FIG. 6 (B), the operation wire 20, by a spring 62 which urges the lever 60 of the operation unit 50, after subtracting a predetermined amount, so that immediately return by its predetermined amount. しかし、リンク機構86の突起88が保持部材90に保持されることにより、操作ワイヤ20のリンク機構86との接続位置が固定されているため、操作ワイヤ20は、レバー60とリンク機構86との間で上記一定量分たるむ。 However, since the projection 88 of the link mechanism 86 is held by the holding member 90, since the connecting position between the link mechanism 86 of the operating wire 20 is fixed, the operating wire 20, the lever 60 and the link mechanism 86 sag above a certain amount in between. 一方、リンク機構86から先では、レバー60を引いたときの位置が維持され、先端のクリップ12Bは、図7(D)に示すように、シース16の先端よりも下がった位置となっている。 On the other hand, in the above link mechanism 86, is maintained position when pulling the lever 60, the clip 12B in the tip, as shown in FIG. 7 (D), has a down position than the tip of the sheath 16 .

この状態のまま、図6(C)に示すように、ボタン76を押下して、爪78を窪み70から外し、スライダー72を後方へスライド移動させて、爪78が3番目の窪み70に係合する位置まで位置決めシャフト68を移動させる。 In this state, as shown in FIG. 6 (C), by pressing the button 76, removed from the recess of the pawl 78 70, engaging the slider 72 is slid rearward, pawl 78 is in the third recess 70 to a position where the focus is moved to position the shaft 68. 爪78が3番目の窪み70に係合して、ボタン76が上がったら、図5(C)に示して説明したように、リセットボタン84を引き上げて、シース移動機構56の操作にインターロックを掛ける。 Engages pawl 78 into the third recess 70, if the up button 76, as shown and described in FIG. 5 (C), by pulling the reset button 84, an interlock with the operation of the sheath moving mechanism 56 multiply.

上記の操作により、シース16の先端では、図7(E)の状態となる。 The above operation, the distal end of the sheath 16, the state of FIG. 7 (E). すなわち、位置決めシャフト68を移動させたことにより、シース16が所定長Lだけ下がる。 That is, by moving the positioning shaft 68 drops sheath 16 by a predetermined length L. また、リセットボタン84を引き上げたことにより、レバー60とリンク機構86との間の操作ワイヤ20のたるみ分だけ操作ワイヤ20が前進して、クリップ12B以下のクリップ列の位置が、操作ワイヤ20を引く前の図7(B)の位置まで戻る。 Also, by pulling the reset button 84, and sagging amount corresponding operating wire 20 moves forward of the operating wire 20 between the lever 60 and the link mechanism 86, the position of the clip 12B following clip column, the operating wire 20 back to the position before shown in FIG. 7 (B) pulling.

その後、上述のクリップ12Aのときと同様に、操作部50を操作して、クリップ処置を行う。 Thereafter, as in the case described above of the clip 12A, by operating the operation unit 50, performs clipping. 上記の操作を繰り返すことにより、シース16に装填されたクリップ12の数だけ連続して、クリップ処置を行うことができる。 By repeating the above operations, the number of clips 12 loaded in the sheath 16 in succession, it is possible to perform clipping.

次に、クリップ処置具10の操作部50における、インターロック機構の更に好ましい形態について説明する。 Then, in the operation unit 50 of the clipping device 10, the further preferred embodiment of the interlock mechanism will be described.
上述の実施形態では、図5(C)に示して説明したように、リセットボタン84の押下または操作ワイヤ20の牽引によってリンク機構86を回転移動させ、ボタン76のロックを解除した後、リセットボタン84を引き上げることによって、再度ボタン76をロックする構成としたが、本実施形態では、ボタン76と連動して自動的にボタン76にロックを掛ける構成のロック機構を用いる。 In the above embodiment, as shown and described in FIG. 5 (C), it is rotated moving the link mechanism 86 by pulling the pressing or operating wire 20 of the reset button 84, after unlocking button 76, a reset button by raising the 84, a configuration for locking the button 76 again, in this embodiment, a configuration of a locking mechanism to lock automatically button 76 in conjunction with buttons 76.

図8は、操作部50におけるインターロック機構58Aの部分を主として示す模式図である。 Figure 8 is a schematic diagram showing mainly a part of the interlocking mechanism 58A at the operation unit 50. なお、以下では図8の上下方向を、各部材およびその移動方向の上下と呼ぶ。 Incidentally, the vertical direction in FIG. 8 in the following, referred to as upper and lower members and their direction of movement.
インターロック機構58Aは、上述の例のインターロック機構58に加え、ロック機構として、リンク棒92と、リンク棒92の下端に一端が接続された可動片94と、可動片94の他端と保持部材90の下端とをつなぐワイヤ96とを有している。 Interlock mechanism 58A includes, in addition to the interlocking mechanism 58 in the above example, the holding as a locking mechanism, the link rod 92, the movable piece 94 having one end connected to the lower end of the link rod 92, the other end of the movable piece 94 and a wire 96 connecting the lower end of the member 90. また、保持部材90は、支点90aにおいて回動可能に支持されており、可動片94は、支点94aで回動可能に支持されている。 The holding member 90 is rotatably supported at the fulcrum 90a, the movable piece 94 is rotatably supported at a fulcrum 94a.

さらに、リセットボタン84は、ボタン部分とケース52の外面との間にセットされたバネ98によって上方へ付勢されており、それにより、リンク機構86が、ロック解除状態からロック状態へ戻るように、図8において時計回りに移動する方向に付勢されている。 Further, the reset button 84 is biased upward by a spring 98 which is set between the outer surface of the button portion and the case 52, whereby, as the link mechanism 86, returning from the unlocked state to the locked state It is biased in a direction to move clockwise in FIG. 8. リンク機構86は、外力が働かないときはボタン76のロック位置に移動する。 Linkage 86, when an external force does not work to move to the locked position of the button 76. なお、リンク機構86の付勢手段としては、リンク機構86の一部を直接付勢する手段等、他の手段を用いてもよい。 As the biasing means of the link mechanism 86, means and the like to directly urge the part of the link mechanism 86, other means may be used. 上述したように、リンク機構86は、接続部86aにおいて操作ワイヤ20と接続している。 As described above, the link mechanism 86 is connected to the operation wire 20 at the connection portion 86a.

リンク棒92は、ボタン76の下面(内側の面)に当接する位置から伸び、ボタン76の上下動に伴って上下動する。 Link rod 92 extends from a position abutting the lower surface of the button 76 (the plane of the inside), moves up and down along with the vertical movement of the button 76. リンク棒92は、ボタン76に接続されていてもよいし、ボタン76に向かって付勢され、ボタン76の動きに追従するようにされていてもよい。 Linking rod 92 may be connected to the button 76 is urged toward the button 76 may be adapted to follow the movement of the button 76. 可動片94およびワイヤ96は、リンク棒92の下端と、保持部材90の下端とを連絡しており、リンク棒92、可動片94、ワイヤ96、および保持部材90が、順に、接続部93,95,97で、それぞれ回動自在に接続されている。 Movable piece 94 and the wire 96, and the lower end of the link rod 92 is in communication with the lower end of the holding member 90, the link rod 92, the movable piece 94, the wire 96 and the holding member 90, is, in turn, the connecting portion 93, in 95 and 97 are respectively rotatably connected.

図8において、破線は、ボタン76が押されていないときの状態を示し、実線は、ボタン76が押されたときの状態を示す。 8, the broken line shows a state in which the button 76 is not depressed, the solid line shows a state where the button 76 is pressed. ボタン76のロックが解除されている状態、すなわち、リンク機構86の突起88が保持部材90に係合している状態で、ボタン76が押下されてリンク棒92が下方へ移動すると、接続部93で接続している可動片94の一端が下方へ移動するとともに、可動片94が支点94aを中心として図中反時計回りに回転することで、可動片94のワイヤ96に接続された側の端部(接続部95)が上方へ移動する。 The lock button 76 is released, i.e., in a state where the projection 88 of the link mechanism 86 is engaged with the holding member 90, the button 76 is pressed the link rod 92 moves downward, the connecting portion 93 one end of the movable piece 94 connected to move downwards in, that the movable piece 94 rotates in counterclockwise in the figure about the fulcrum 94a, a side end connected to the wire 96 of the movable piece 94 part (connecting portion 95) is moved upward. それにより、ワイヤ96が保持部材90の下端(接続部97)をリンク棒92の側へ引き寄せる。 Thereby, the wire 96 pulls the lower end of the holding member 90 (connection portion 97) to the side of the link rod 92. 引き寄せられた保持部材90は、支点90aを中心として、図中時計回りに回転するので、保持部材90の凹部90bがリンク機構86の突起88から離れる方向へ移動し、保持部材90とリンク機構86との結合(係合)が解除される。 Attracted holding member 90 about the fulcrum 90a, so rotates clockwise in the figure, the recess 90b of the holding member 90 is moved away from the projection 88 of the link mechanism 86, the holding member 90 and the link mechanism 86 coupling (engagement) is released with.

本実施形態では、リンク機構86が支点87を中心に時計回りに移動するように付勢されているので、リンク機構86と保持部材90との係合が解除されると、リンク機構86は時計回りに回転して、上端がリンク機構86の下に位置するロック位置に戻ろうとする。 In the present embodiment, since the link mechanism 86 is biased to move in a clockwise direction about the fulcrum 87, the engagement of the link mechanism 86 and the holding member 90 is released, the link mechanism 86 is clockwise rotated about the upper end attempts to return to the locked position located below the linkage mechanism 86. しかし、ボタン76は既に押し下げられた状態にあるので、リンク機構86はボタン76の下へ移動できず、ボタン76はロックされない。 However, since the button 76 is in the already depressed state, the link mechanism 86 can not be moved to the bottom of the button 76, the button 76 is not locked. リンク機構86の押下が解除されて元の位置に戻ると、リンク機構86がボタン76の下に移動して、ボタン76がロックされる。 When depression of the link mechanism 86 is released back to the original position, the link mechanism 86 is moved below the button 76, the button 76 is locked.

また、ボタン76が元の位置に戻ることにより、リンク棒92が上方へ移動し、可動片94が図中時計回りに移動し、ワイヤ96が保持部材90の下端部をリンク棒92から離れる方向へ押す。 The direction by which the button 76 returns to its original position, moves the linking rod 92 upward, the movable piece 94 is moved in the clockwise Figure, wire 96 leaves the lower end portion of the holding member 90 from linking rod 92 press to. それにより、保持部材90が図中半時計回りに回転して元の位置に戻る。 Thereby, the holding member 90 is returned to its original position by rotating in FIG middle clockwise.

このように、本実施形態では、ボタン76を押下することで、自動的に、リンク機構86と保持部材90との係合を解除させるとともに、リンク機構86によるボタン76のロックを掛けることができる。 Thus, in the present embodiment, by pressing the button 76, automatically, with to release the engagement between the link mechanism 86 and the holding member 90, it is possible to lock the button 76 by the link mechanism 86 . さらに、本実施形態は、上記実施形態の図5(C)のリセットボタン84を引き上げる操作がなくなる以外は、上記実施形態と同様の操作が行われ、上記と同様の作用効果を得ることができる。 Further, the present embodiment, except that the operation of pulling the reset button 84 shown in FIG. 5 (C) of the above embodiment is eliminated, the above-described embodiment the same operation is performed, it is possible to obtain the same effects as described above .

なお、図8の例では、リンク棒92と可動片94とを接続部93で接続する形態としたが、リンク棒92が可動片94の一端を押す構成とし、可動片94に、リンク棒92に押される方向と反対方向に付勢する、付勢手段を設ける形態としてもよい。 In the example of FIG. 8, although the configuration for connecting the link rod 92 and the movable piece 94 at the connection portion 93, a configuration in which link rod 92 pushes one end of the movable piece 94, the movable piece 94, the linking rod 92 urges the opposite direction in the direction pushed, it may be in the form of providing the biasing means. この形態によっても、可動片94をリンク棒92の移動に追従させて移動させることができる。 Also in this embodiment, it can be moved so as to follow the movable piece 94 to move the link rod 92.

上記の各例では、先頭のクリップ12Aの先端が、シース16の先端にほぼ一致するように位置決めされて装填されることとしたが、先頭のクリップ12Aは、シース16の先端から所定量引っ込んだ位置にセットするようにしてもよい。 In each example above, the tip of the foremost clip 12A is, it is assumed that is loaded is positioned so as to coincide substantially to the distal end of the sheath 16, the foremost clip 12A is retracted a predetermined amount from the distal end of the sheath 16 it may be set in position. この場合には、操作部50の1番目の窪み70と2番目の窪み70との間隔を、シース16の先端から、シース16に装填された2番目のクリップ12Bの先端までの長さに合わせて変更すればよい。 In this case, the distance between the first recess 70 and second recess 70 of the operation unit 50, from the distal end of the sheath 16, according to the length to the tip of the second clip 12B loaded in the sheath 16 it may be changed Te.

また、上記では、好ましい例として、連結リングによってクリップの連結が保持される形態について説明したが、本発明は、連結リングを用いずに、90度ずつ交互に向きを変えて直接連結したクリップを用いるクリップ処置具にも適用できる。 Further, in the above, preferred examples have been described the configuration connecting the clip is retained by the connection ring, the present invention is, without using the connection ring, a clip directly linked in different directions alternately by 90 degrees It can be applied to the clipping device is used.

また、上記の各例ではクリップ12を90度ずつ向きを変えて連結するものとしているが、本発明はこれには限定されない。 In each example above it is assumed that the connection clip 12 to change the orientation by 90 degrees, but the invention is not limited thereto. 例えば、爪部22,22とターン部24との間の部分で90度だけ捻った形状のクリップを使用し、連続するクリップを同じ向きで連結するようにしてもよい。 For example, using a clip portion at 90 ° only twisted shape between the claw portions 22 and the turned portion 24, may be clips that are consecutive in the same direction.

また、ターン部を有するクローズクリップを用いることで、ターン部を押圧して腕部に拡開するバネ力(付勢力)を与えることができる点で好ましいが、本発明は、ターン部を有さないオープンクリップ(U字状のクリップ)を用いるものに適用することもできる。 Further, by using a closed clip having a turned portion, but preferably in that it can provide a spring force expanding the arm portion by pressing the turn portion (biasing force), the present invention may have a turn portion It can be applied to those using no open clips (U-shaped clip).

以上、本発明に係る連発式クリップ処置具について詳細に説明したが、本発明は上記の実施例に限定されず、本発明の主旨を逸脱しない範囲において、種々の改良や変更をしてもよいのはもちろんである。 Having described in detail multiple clip procedure according to the present invention, the present invention is not limited to the above embodiments without departing from the scope and spirit of the present invention may be various modifications and changes the is a matter of course. また、本発明の連発式クリップ処置具は、軟性鏡のほか、硬性鏡にも用いることができる。 Also, multiple clip treatment tool of the present invention, in addition to the flexible endoscope can also be used for rigid endoscope.

(A)および(B)は、本発明の連発式クリップ処置具の一実施形態を示す部分断面図である。 (A) and (B) is a partial sectional view showing an embodiment of a multiple clip treatment tool of the present invention. クリップの斜視図である。 It is a perspective view of the clip. (A)〜(C)は、連結リングの一例を示す図であり、(A)は正面図、(B)は断面図、(C)は底面図である。 (A) ~ (C) is a diagram showing an example of the connection ring, (A) is a front view, (B) is a sectional view, (C) is a bottom view. 接続部材の後端および操作ワイヤの先端の概略構成を示す斜視図である。 It is a perspective view showing a schematic configuration of a distal end of the rear end and the operating wire of the connecting member. (A)〜(C)は、操作部の概略構成と作用を示す部分断面図である。 (A) ~ (C) is a partial sectional view showing a schematic configuration and operation of the operation unit. (A)〜(C)は、操作部の概略構成と作用を示す部分断面図である。 (A) ~ (C) is a partial sectional view showing a schematic configuration and operation of the operation unit. (A)〜(E)は、図1の連発式クリップ処置具のクリップ処置操作における段階的な状態を示す部分断面図である。 (A) ~ (E) is a partial sectional view showing a stepwise condition in clipping operations of multiple clip treatment tool FIG. インターロック機構の他の実施形態を示す模式図である。 It is a schematic view showing another embodiment of the interlock mechanism.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10 クリップ処置具 12 クリップ 14 連結リング 16 シース 18 ダミークリップ 19 接続部材 19a 穴 19b 面 20 操作ワイヤ 20a 三角部 20b 軸部 20c 面 22 爪部 24 ターン部 26 交差部 28 腕部 30 凸部 32 第1領域 34 第2領域(連結保持領域) 10 clipping device 12 clips 14 coupling ring 16 sheath 18 dummy clip 19 connecting member 19a hole 19b face 20 operating wire 20a trigone 20b shaft portion 20c face 22 claw portion 24 turn portion 26 intersecting portion 28 arm portion 30 projecting portion 32 first region 34 second region (connection holding area)
38 スカート部 40 締付部 42 保持部 43 穴 43a 溝 44 スリット 50 操作部 52 ケース 54 ワイヤ移動機構 56 シース移動機構 58 インターロック機構 59 貫通窓 60 レバー 60a 凸部 62 スプリング 64a、64b 規制板 65 報知部 66a、66b ストローク調整部 68 位置決めシャフト 70 窪み(凹部) 38 skirt portion 40 clamping portion 42 holding portion 43 hole 43a groove 44 slit 50 operating unit 52 casing 54 wire moving mechanism 56 sheath moving mechanism 58 interlock mechanism 59 through window 60 lever 60a projecting portions 62 spring 64a, 64b regulating plate 65 notification part 66a, 66b stroke adjusting unit 68 positioning shaft 70 indentation (recess)
72 スライダー 74 シース保持リング 76 ボタン 78 爪 80 開口 82 支持リング 84 リセットボタン 85 接続部 86 リンク機構 87 支点 88 突起 90 保持部材 92 リンク棒 94 可動片 96 ワイヤ 98 バネ 72 the slider 74 sheath retaining ring 76 button 78 pawl 80 opening 82 a support ring 84 reset button 85 connected portion 86 link mechanism 87 pivot 88 projecting 90 holding member 92 linking rod 94 movable piece 96 wire 98 spring

Claims (4)

  1. シースと、前記シース先端部に連結状態で配置された複数のクリップと、前記シース内を挿通し、先端が最後尾の前記クリップに接続された操作ワイヤと、前記シースの基端および前記操作ワイヤの基端に接続された操作部とを備える連発式クリップ処置具であって、 Sheath and a plurality of clips arranged in coupled state to the sheath tip, inserted through the said sheath, an operation wire tip is connected to said clip end, a proximal end and said operating wire of the sheath a multiple clip treatment instrument of and a connected operation section to the proximal end,
    前記操作部が、 The operation unit,
    前記シースを第1所定長さずつ後退させるシース移動機構と、 A sheath moving mechanism for retracting the sheath by a first predetermined length,
    前記操作ワイヤを第2所定長さだけ牽引した後、元の位置に戻すワイヤ移動機構と、 After pulling the operating wire by a second predetermined length, and the wire moving mechanism to return to its original position,
    前記シース移動機構を動作不可能にロックするとともに、前記ワイヤ移動機構のワイヤ牽引動作に伴って前記シース移動機構のロックを解除する、インターロック機構とを有する連発式クリップ処置具。 With locking impossible operation the sheath moving mechanism, wherein with the wire pulling operation of the wire moving mechanism to unlock said sheath moving mechanism, multiple clip treatment instrument and a interlocking mechanism.
  2. 前記インターロック機構は、 Said interlock mechanism,
    前記シース移動機構の動作を妨げるロック位置に配置され、かつ、前記操作ワイヤに接続されたリンク部材と、 Is disposed in the locked position to prevent the operation of the sheath moving mechanism, and a link member connected to the operating wire,
    前記ワイヤ移動機構によって前記操作ワイヤが前記第2所定長さ牽引されたときに、前記ロック位置からロック解除位置に移動した前記リンク部材の一部と係合して前記リンク部材を保持し、前記シース移動機構のロック解除状態を維持する保持部材とを有する請求項1に記載の連発式クリップ処置具。 When the operating wire is pulled the second predetermined length by the wire moving mechanism, retaining the link member portion engaged with said link member has moved to the unlocked position from the locked position, the multiple clip treatment instrument according to claim 1 and a holding member for maintaining the unlocked state of the sheath moving mechanism.
  3. 前記インターロック機構は、さらに、前記ワイヤ移動機構によって前記操作ワイヤが前記第2所定長さ牽引されたときに、操作者に感知可能な音または振動を発する報知部を有する請求項1または2に記載の連発式クリップ処置具。 It said interlock mechanism further, when the operating wire is pulled the second predetermined length by the wire moving mechanism, to claim 1 or 2 having a notification unit that emits sensible sound or vibration to the operator multiple clip treatment instrument described.
  4. 前記報知部は、前記ワイヤ移動機構のレバーが前記第2所定長さに対応する長さだけ移動したことを検知して音または振動を発するものである請求項3に記載の連発式クリップ処置具。 The notification unit, multiple clip treatment instrument according to claim 3 lever of the wire moving mechanism is one that emits a detection to sound or vibration that it has moved by a length corresponding to the second predetermined length .
JP2008150653A 2008-06-09 2008-06-09 Repeating clip treatment instrument Ceased JP2009291535A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008150653A JP2009291535A (en) 2008-06-09 2008-06-09 Repeating clip treatment instrument

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008150653A JP2009291535A (en) 2008-06-09 2008-06-09 Repeating clip treatment instrument

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2009291535A true JP2009291535A (en) 2009-12-17

Family

ID=41540269

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008150653A Ceased JP2009291535A (en) 2008-06-09 2008-06-09 Repeating clip treatment instrument

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2009291535A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9707005B2 (en) 2014-02-14 2017-07-18 Ethicon Llc Lockout mechanisms for surgical devices

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0177703U (en) * 1987-11-13 1989-05-25
JP2002272751A (en) * 2001-03-14 2002-09-24 Olympus Optical Co Ltd Clip device for biomedical tissue
JP2006187391A (en) * 2005-01-05 2006-07-20 Pentax Corp Clip device for endoscope
JP2007098076A (en) * 2005-10-03 2007-04-19 River Seiko:Kk Operation section of clip device for endoscope
JP2008526376A (en) * 2005-01-11 2008-07-24 ボストン サイエンティフィック サイムド, インコーポレイテッド Multi-clip deployment device for hemostasis

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0177703U (en) * 1987-11-13 1989-05-25
JP2002272751A (en) * 2001-03-14 2002-09-24 Olympus Optical Co Ltd Clip device for biomedical tissue
JP2006187391A (en) * 2005-01-05 2006-07-20 Pentax Corp Clip device for endoscope
JP2008526376A (en) * 2005-01-11 2008-07-24 ボストン サイエンティフィック サイムド, インコーポレイテッド Multi-clip deployment device for hemostasis
JP2007098076A (en) * 2005-10-03 2007-04-19 River Seiko:Kk Operation section of clip device for endoscope

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9707005B2 (en) 2014-02-14 2017-07-18 Ethicon Llc Lockout mechanisms for surgical devices

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101233999B1 (en) Multi-stroke mechanism with automatic end of stroke retraction
CA2543466C (en) Surgical clip advancement mechanism
EP1952769B1 (en) Surgical instrument with replaceable loading unit
AU2011299170B2 (en) Surgical stapling head assembly with firing lockout for a surgical stapler
CA2427986C (en) Stapler for endoscopes
EP1755461B1 (en) Suture passing device
JP4257029B2 (en) Surgical stapling apparatus
CA2543120C (en) Force limiting mechanism for medical instrument
US9655617B2 (en) Surgical instrument
US7225963B2 (en) Surgical stapling apparatus with locking mechanism
EP1677684B1 (en) Surgical stapling device with independent tip rotation
JP4671439B2 (en) Endoscopic suturing system
CA2559770C (en) Clip applier configured to prevent clip fallout
EP1520522B1 (en) Surgical stapling instrument having multistroke firing incorporating a traction-biased ratcheting mechanism
US5312024A (en) Surgical anastomosis stapling instrument with flexible support shaft and anvil adjusting mechanism
CA2560139C (en) Clip advancer mechanism with alignment features
AU2006201349B2 (en) Surgical clip advancement and alignment mechanism
JP5579976B2 (en) Articulating joints for surgical instruments
ES2337842T3 (en) Gripping jaw mechanism.
EP2263564B1 (en) Surgical stapling instrument incorporating a multi-stroke firing mechanism and a rotary manual retraction system
US8702729B2 (en) Placing multiple sutures
CN103458809B (en) A surgical instrument having a lockable articulating end effector
US8789741B2 (en) Surgical instrument with trigger assembly for generating multiple actuation motions
AU2006201316B2 (en) Surgical clip applier methods
ES2621503T3 (en) Surgical fastener applicator

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110118

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120927

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20121002

A045 Written measure of dismissal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A045

Effective date: 20130226