JP2008144175A - Functional coloring material dispersion - Google Patents

Functional coloring material dispersion Download PDF

Info

Publication number
JP2008144175A
JP2008144175A JP2007320982A JP2007320982A JP2008144175A JP 2008144175 A JP2008144175 A JP 2008144175A JP 2007320982 A JP2007320982 A JP 2007320982A JP 2007320982 A JP2007320982 A JP 2007320982A JP 2008144175 A JP2008144175 A JP 2008144175A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
pigment
dispersion
ink
compound
compounds
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Abandoned
Application number
JP2007320982A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Ryozo Akiyama
Toru Gokochi
Masashi Hiroki
Mitsuru Ishibashi
Yukiko Kawakami
Hiroshi Kiyomoto
Kazuhiko Otsu
和彦 大津
由紀子 川上
正士 廣木
透 後河内
博史 清本
充 石橋
良造 秋山
Original Assignee
Toshiba Tec Corp
東芝テック株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a functional coloring material dispersion having little viscosity change and stable components without dispersion deterioration such as pigment aggregation, which in particular can be used suitably as an inkjet ink for on demand printing. <P>SOLUTION: The functional coloring material dispersion comprises a dispersion medium, a metal oxide as a functional coloring material containing barium or titanium having an average particle diameter of not larger than 300 nm, a polymer dispersant containing a first resin dispersant and a second resin dispersant, and an ionic compound. The amount of the functional coloring material is 2-60% of the weight of the dispersion medium. The amount of the first resin dispersing agent is 1-30% of the amount of the functional coloring material. The second resin dispersant is a resin having a basic terminal, and the amount is 2-3% of the amount of the functional coloring material. The amount of the ionic compound is 0.01-40% of the total amount of the dispersion medium. <P>COPYRIGHT: (C)2008,JPO&INPIT

Description

本発明は、機能性色材分散体に係り、特に、インクジェットの吐出安定性に優れるインクジェットインクが得られる機能性色材分散体に関する。 The present invention relates to a functional colorant dispersion, in particular, relates to functional colorant dispersion inkjet ink excellent in ejection stability of the ink jet is obtained.

従来から、地域広告や企業内配布資料、大型ポスターのように或る程度の部数を必要とする印刷物の製造には、版を利用した印刷機が用いられてきた。 From traditional, local advertising and corporate handouts, in the production of printed material that require a number of copies of a certain extent as large posters, printing machine which uses a version has been used. 近年、こうした従来の印刷機に代わり、多様化するニーズに迅速に対応でき、しかも、在庫を圧縮することが可能なオンデマンド印刷機が利用されつつある。 Recently, these instead of the conventional printing machine, can respond quickly to the diverse needs, moreover, it can be on-demand printing machine to compress the stock is being utilized. そのようなオンデマンド印刷機としては、トナーや液体トナーを用いた電子写真印刷機や、高速で高画質の印刷が可能なインクジェットプリンタが期待されている。 Such on-demand printer, and electrophotographic printing machine using the toner or liquid toner, high speed can be high quality printing ink jet printer is expected.

オンデマンド印刷機は、版を利用した印刷機と同様に、顔料と有機溶剤とを含んだ溶剤系インクや溶剤系液体トナーを使用することが知られている。 On-demand printing machine, similar to the printer using the printing plate, it is known to use a solvent-based inks and solvent-based liquid toner containing a pigment and an organic solvent. この技術では、ある程度の部数を印刷した場合に、無視できない量の有機溶剤が揮発することとなる。 In this technique, when printed some copies, the organic solvent in an amount that can not be ignored so that the volatilized. そのため、揮発した有機溶剤による雰囲気汚染の問題があり、厳重な排気設備や溶剤回収機構を設けなければならない。 Therefore, there is a problem of atmosphere pollution by organic solvent which is volatile, it must be provided strict exhaust facilities and solvent recovery mechanism.

一方、インクジェットプリンタでは、溶剤系インクは、被印刷面に吐出するまで閉鎖系で取り扱うことができる。 On the other hand, in the ink jet printer, solvent-based inks, can be handled in a closed system until discharged onto the print surface. しかも、インクに無駄が少ないため、比較的安全な溶剤を選択したり、適切な排気対策を施すことにより、雰囲気汚染の問題を軽減することができる。 Moreover, since there is less wasted ink, to select a relatively safe solvents, by applying appropriate exhaust measures, it is possible to reduce the problems of atmospheric pollution.

さらに、感光性インクジェットインクおよびそれを用いたインクジェットプリンタシステムが注目され始めている。 Furthermore, inkjet printers system using photosensitive inkjet ink and that it is beginning to be noted. 感光性インクとしては、例えば、ラジカル重合性モノマーと光重合開始剤と顔料とを含有したものが代表的であり(例えば、特許文献1および特許文献2参照)、被印刷面に吐出した感光性インクを速やかに光硬化させる。 The photosensitive ink, for example, those containing a pigment radical polymerizable monomer and a photopolymerization initiator are representative (e.g., see Patent Document 1 and Patent Document 2), a photosensitive discharged print surface ink quickly to photocuring. また、カチオン重合性モノマーと光カチオン発生剤と顔料とを含有した光重合性の感光性インクも提案されている(例えば、特許文献3、4、5、6、7参照)。 Moreover, photopolymerizable photosensitive ink containing a cationic polymerizable monomer and a photo-cation generator and a pigment has been proposed (e.g., see Patent Document 3,4,5,6,7). 光照射によって、インク層を瞬時に非流動化することができるので、安全でかつ高品質の印刷物を得ることができる。 By light irradiation, it is possible to non-fluidize the ink layer instantly, it is possible to obtain a safe and high-quality prints.

こうした速乾印刷用途に用いられるインクジェット記録装置は、通常、高速化のために、印字ヘッドを線状に配列し、印字面に対して1パスで印刷されることから、吐出上のエラーは、印刷面の線状の印刷不良(抜け)となってしまう。 Ink jet recording apparatus used in this quick-drying printing applications, typically for speed, arranging print head linearly, from being printed in one pass with respect to the print surface, errors on ejection, becomes linear printing failure of the printing surface (missing). したがって、このようなエラーを極力ゼロにすることが不可欠である。 Therefore, it is essential to such an error as much as possible zero. すなわち、このような使途のインクには、非常に高い印字精度や吐出安定性を達成するための材料の安定性が要求されている。 That is, the ink of such Shito, stability of the material in order to achieve very high printing accuracy and ejection stability is required.

上述したカチオン重合型のインクは、ラジカル重合型インクの密着性を高めるため、および酸素に起因した硬化阻害の理由による低感度化などを改良するために提案されてきており、今後、需要が増大すると考えられる。 The ink of the cation polymerization type described above, in order to improve the adhesion of the radical polymerization type ink, and oxygen have been proposed in order to improve and low sensitivity due to reasons caused by the curing inhibition in the future, demand for increased Then conceivable. しかしながら、これらのインクは、反応性が高いため本質的にその粘度等の物性変化が大きく不安定である。 However, these inks, change in physical properties such as essentially its viscosity due to high reactivity is significantly unstable. これは、何らかの要因(例えば熱など)で活性種がいったん発生するとなかなか失活しにくく、インクの暗反応が多いことに起因している。 This is some cause (for example, heat, etc.) easily difficult and degrade active species once produced in, and due to the dark reaction of the ink is large.

また、さらに近年の研究では、これらのインクを安定化するためには、インクの状態をマクロだけでなく、ミクロにも安定化させる必要があることがわかってきている。 In still recent studies, in order to stabilize these inks, but the state of the ink only macros, it has been found that it is necessary to stabilize even microscopically. 例えば一般にインクは、粒子径が小さいほど、また分散安定性が高いほど、印字エラーは少なくなる。 For example general ink, as the small particle size, also the higher the dispersion stability, printing error is reduced. カチオン重合型のようなインクをはじめ、イオン性物質(重合開始剤や界面活性剤など)が含まれるインクは、コロイド分散系における塩析と類似した作用により、一般に経時的に凝集を引き起こしやすい。 Including ink as a cationic polymerization ink containing the ionic substance (a polymerization initiator and a surfactant) by the action similar to salting in colloidal dispersion, generally prone over time aggregation. このため、保存安定性に劣るという問題があった。 For this reason, there has been a problem of poor storage stability. 成分が反応して粘性、表面張力、弾性力等が変化すると、インクの飛翔形状の乱れ、印字再現性の減少、最悪の場合には吐出不良、インクつまりといった致命的状態に陥りやすいため、この問題は極めて深刻であった。 When components react viscosity, surface tension, elastic force, etc. changes, disturbance of the flying form of the ink, a decrease in printing reproducibility, since prone to fatal conditions such ejection failure, the ink that is, in the worst case, this problem was extremely serious.
特開平8−62841号公報 JP 8-62841 discloses 特開2001−272529号公報 JP 2001-272529 JP 特公平2−47510号公報(EUP−0071345−A2) Kokoku 2-47510 discloses (EUP-0071345-A2) 特開平9−183928号公報 JP-9-183928 discloses 特開2001−220526号公報 JP 2001-220526 JP 特開2000−44857号公報 JP 2000-44857 JP 特開平10−250052号公報 JP 10-250052 discloses

本発明は、粘度変化が小さく、成分安定で、顔料凝集など分散劣化の問題が少なく、特に、オンデマンドプリント用インクジェットインクに好適に用いられる機能性色材分散体を提供することを目的とする。 The present invention has a small viscosity change, a component stable, less problems dispersion degradation such as pigment agglomeration, in particular, an object of the invention to provide a functional colorant dispersion suitably used for inkjet ink for on-demand printing .

本発明の一態様にかかる機能性色材分散体は、分散媒と、 Functional colorant dispersion according to one aspect of the present invention, a dispersion medium,
平均粒子径300nm以下のバリウムまたはチタンを含む金属酸化物の機能性色材と、 A functional colorant of metal oxides including the following barium or titanium average particle diameter 300 nm,
第一の樹脂分散剤および第二の樹脂分散剤を含む高分子分散剤と、 A polymeric dispersant comprising a first resinous dispersing agent and the second resinous dispersing agent,
イオン性化合物とを含有し、 It contains an ionic compound,
前記機能性色材の量は、前記分散媒の重量の2%以上60%以下であり、 The amount of the functional colorant is 60% or less than 2% of the weight of the dispersion medium,
前記第一の樹脂分散剤の量は、前記機能性色材重量に対して1%以上30%以下であり、 The amount of the first resinous dispersing agent is less than 30% 1% relative to the functional colorant by weight,
前記第二の樹脂分散剤は塩基性末端を有する樹脂であり、その量が、前記機能性色材の重量に対して2%以上30%以下であり、 The second resinous dispersing agent is a resin having a basic terminal, its amount is not more than 30% more than 2% by weight of the functional colorant,
前記イオン性化合物の量は全分散媒量の重量の0.01%以上40%以下であることを特徴とする。 The amount of the ionic compound may be equal to 40% or less than 0.01% by weight of the total dispersing medium weight.

本発明によれば、粘度変化が小さく、成分安定で、顔料凝集など分散劣化の問題が少なく、特に、オンデマンドプリント用インクジェットインクに好適に用いられる機能性色材分散体が提供される。 According to the present invention, the viscosity change is small, a component stable, less problems dispersion degradation such as pigment agglomeration, in particular, functional colorant dispersion suitably used for inkjet ink for on-demand printing is provided.

以下、本発明の実施形態を説明する。 Hereinafter, an embodiment of the present invention.

本発明の実施形態にかかる機能性色材分散体は、粉体が、特定の高分子分散剤によって、イオン性化合物を含む分散媒に分散されてなるものである。 Functional colorant dispersion according to the embodiment of the present invention, powder, depending on the particular polymer dispersant are those formed by dispersing in a dispersion medium containing an ionic compound. 本発明の実施形態にかかる顔料分散体もまた、特定の高分子分散剤によって、顔料が同様の分散媒に分散されている。 The pigment dispersion according to an embodiment of the present invention is also the particular polymer dispersant, the pigment is dispersed in the same dispersion medium.

本発明の実施形態にかかる機能性色材分散体に含有される粉体としては、要求される光学的な発色・着色機能を有するものであれば特に限定されず、任意のものを用いることができる。 The powder contained in such a functional colorant dispersion to an embodiment of the present invention, as long as it has the required optical coloring and coloring function is not particularly limited, the use of any of it can. また、顔料は、発色・着色性に加えて、磁性、蛍光性、導電性、あるいは誘電性等のような他の性質をさらに示すものであってもよい。 Further, pigments, in addition to the coloring and tinting, magnetism, fluorescence, conductivity, or other properties may further indicate a like dielectric or the like. この場合には、画像に様々な機能を付与することができる。 In this case, it is possible to impart various functions to the image. さらに、耐熱性や物理的強度を向上させ得る粉体を加えることもできる。 Furthermore, it is also possible to add a powder capable of improving the heat resistance and physical strength.

蛍光性を示す粉体としては、無機蛍光体および有機蛍光体の何れを使用してもよい。 The powder that exhibits fluorescence, may use any of the inorganic phosphor and an organic phosphor. 無機蛍光体の材料としては、例えば、MgWO 4 、CaWO 4 、(Ca,Zn)(PO 42 :Ti + 、Ba 227 :Ti、BaSi 25 :Pb 2+ 、Sr 227 :Sn 2+ 、SrFB 23.5 :Eu 2+ 、MgAl 1627 :Eu 2+ 、タングステン酸塩、イオウ酸塩のような無機酸塩類を挙げることができる。 As for the inorganic fluorescence materials, for example, MgWO 4, CaWO 4, ( Ca, Zn) (PO 4) 2: Ti +, Ba 2 P 2 O 7: Ti, BaSi 2 O 5: Pb 2+, Sr 2 P 2 O 7: Sn 2+, SrFB 2 O 3.5: Eu 2+, MgAl 16 O 27: Eu 2+, tungstate, may be mentioned inorganic acid salts such as sulfur salts. また、有機蛍光体の材料としては、例えば、アクリジンオレンジ、アミノアクリジン、キナクリン、アニリノナフタレンスルホン酸誘導体、アンスロイルオキシステアリン酸、オーラミンO、クロロテトラサイクリン、メロシアニン、1,1'−ジヘキシル−2,2'−オキサカルボシアニンのようなシアニン系色素、ダンシルスルホアミド、ダンシルコリン、ダンシルガラクシド、ダンシルトリジン、ダンシルクロリドのようなダンシルクロライド誘導体、ジフェニルヘキサトリエン、エオシン、ε−アデノシン、エチジウムブロミド、フルオレセイン、フォーマイシン、4−ベンゾイルアミド−4'−アミノスチルベン−2,2'−スルホン酸、β−ナフチル3リン酸、オキソノール色素、パリナリン酸誘導体、ペリレン、N−フェニルナフチ The material of the organic fluorescent substance, for example, acridine orange, amino acridine, quinacrine, anilinonaphthalene sulfonate derivatives, anthroyl oxystearic acid, auramine O, chlorotetracycline, merocyanine, 1,1'-dihexyl -2, 2'oxacarbocyanine dyes, dansyl sulfonamide, such as cyanine, Danshirukorin, dansyl galactopyranoside Sid, Dan silt lysine, dansyl chloride derivatives such as dansyl chloride, diphenyl hexatriene, eosin, .epsilon. adenosine, ethidium bromide, fluorescein , foamycine, 4-benzoylamide-4'-diaminostilbene-2,2'-sulfonic acid, beta-naphthyl 3-phosphate, oxonol dyes, parinaric acid derivatives, perylene, N- Fenirunafuchi アミン、ピレン、サフラニンO、フルオレスカミン、フルオレセインイソシアネート、7−クロロニトロベンゾ−2−オキサ−1,3−ジアゾル、ダンシルアジリジン、5−(ヨードアセトアミドエチル)アミノナフタレン−1−スルホン酸、5−ヨードアセトアミドフルオレセイン、N−(1−アニリノナフチル4)マレイミド、N−(7−ジメチル−4−メチルクマニル)マレイミド、N−(3−ピレン)マレイミド、エオシン−5−ヨードアセトアミド、フルオレセインマーキュリーアセテート、2−(4'−(2”−ヨードアセトアミド))アミノナフタレン−6−スルホン酸、エオシン、ローダミン誘導体、有機EL色素、有機ELポリマーや結晶、およびデンドリマー等を挙げることができる。 Amine, pyrene, safranine O, fluorescamine, fluorescein isocyanate, 7-chloro-nitrobenzoyl-2-oxa-1,3-Jiazoru, dansyl aziridine, 5- (iodoacetamide ethyl) aminonaphthalene-1-sulfonic acid, 5- iodoacetamide fluorescein, N-(1-Anirinonafuchiru 4) maleimide, N-(7- dimethyl-4 Mechirukumaniru) maleimide, N-(3- pyrene) maleimide, eosin-5-iodoacetamide, fluorescein mercury acetate, 2 - (4 '- (2 "- iodoacetamide)) amino-6-sulfonic acid, eosin, may be mentioned rhodamine derivative, an organic EL-dye, organic EL polymer and crystal, and dendrimers.

インク層の耐熱性や物理的強度を向上させ得る粉体としては、例えば、アルミニウムやシリコンの酸化物もしくは窒化物、フィラー、およびシリコンカーバイドなどを挙げることができる。 The powder can improve the heat resistance and physical strength of ink layer, examples thereof include oxides or nitrides of aluminum and silicon, filler and silicon carbide and the like. また、インク層に導電性を付与するために、導電性炭素顔料、カーボン繊維、銅、銀、アンチモン、貴金属類などの粉体やナノ微粒子を添加してもよい。 In order to impart conductivity to the ink layer, a conductive carbon pigment, carbon fiber, copper, silver, antimony, powder and nanoparticles such as precious metals may be added. 酸化鉄や強磁性粉は磁性の付与に適しており、高誘電率なタンタル、チタン等の金属酸化粉なども配合することができる。 Iron oxide and ferromagnetic powder is suitable for application of magnetic, may be blended such as high dielectric constant of tantalum, metal oxide powder such as titanium.

さらに、天然クレイ、鉛白や亜鉛華や炭酸マグネシウムなどの金属炭酸化物、バリウムやチタンなどの金属酸化物のような粉体も機能性色材として有用である。 Further useful natural clay, metal carbonates such as white lead and zinc white and magnesium carbonate, as a powder also functional colorant, such as metal oxides such as barium and titanium.
粉体の全分散媒に対する含有量は、2重量%以上60重量%以下である。 Content relative to the total dispersing medium of the powder is 60 wt% or less than 2% by weight. 粉体の含有量が2重量%未満の場合には、機能性付与効果が不十分となり、60重量%を越えると分散体の安定性が極端に低下する。 When the content of the powder is less than 2 wt%, the functional imparting effect becomes insufficient, it is extremely lowered stability of the dispersion and exceeds 60 wt%.

上述した粉体の平均粒径は、インクジェット吐出可能で、機能発現可能な限り小さいことが望ましい。 The average particle size of the above powder, can inkjet discharge, it is desirable as far as possible functional expression small. こうした粉体の粒径は、少なくともインクジェットインクを吐出するノズルの開口径の1/3以下であり、より好ましくは1/10程度である。 The particle size of such powders is 1/3 or less of the opening diameter of the nozzle for discharging at least the ink-jet ink, more preferably about 1/10. なお、このサイズは典型的には10μm以下であり、好ましくは5μm以下である。 Note that this size is typically no 10μm or less, preferably 5μm or less. 印刷用インクジェットインクとして好適な粉体の平均粒子径は、0.3μm以下の大きさであり、通常は数nm〜0.2μmの間の平均粒子径を有する。 The average particle size of suitable powders as printing ink jet inks are less in size 0.3 [mu] m, typically have an average particle size of between several Nm~0.2Myuemu.

一方、本発明の実施形態にかかる顔料分散体は、基本的には、あらゆる顔料を用いて効果を得ることができるが、なかでも青色系顔料、ブラック系顔料、および黄色系顔料において好適である。 On the other hand, the pigment dispersion according to an embodiment of the present invention basically can be obtained an effect using any pigment, it is preferable among others blue pigments, black pigments, and the yellow pigment . こうした顔料粒子の平均粒子径は、一般的に200nm以下である。 The average particle size of such pigment particles is typically 200nm or less.

青色系顔料としては、例えばコバルトブルーのような金属酸化物顔料、フタロシアニン系顔料、ブロンズ粉末、および亜鉛粉末のような金属粉末からなる顔料を例示することができる。 The blue pigment can be exemplified for example, metal oxide pigments such as cobalt blue, phthalocyanine pigments, bronze powder, and a pigment consisting of a metal powder such as zinc powder. また、フタロシアニンブルーのようなフタロシアニン顔料、インダトロンブルーのようなスレン顔料や有機系顔料を使用することもできる。 In addition, phthalocyanine pigments such as phthalocyanine blue, the Sleng pigments and organic pigments such as indanthrone blue can also be used.

より詳細には、シアンインクで使用可能な顔料としては、例えば、C. More specifically, as for the pigments that can be employed in a cyan ink, for example, C. I. I. Pigment Blue 15、C. Pigment Blue 15, C. I. I. Pigment Blue 15:3、C. Pigment Blue 15: 3, C. I. I. Pigment Blue 15−15:2、C. Pigment Blue 15-15: 2, C. I. I. Pigment Blue 15:3−15:4、Pigment Blue 15:5、C. Pigment Blue 15: 3-15: 4, Pigment Blue 15: 5, C. I. I. Pigment Blue 15:34、C. Pigment Blue 15: 34, C. I. I. Pigment Blue 16、C. Pigment Blue 16, C. I. I. Pigment Blue 17、C. Pigment Blue 17, C. I. I. Pigment Blue 20、C. Pigment Blue 20, C. I. I. Pigment Blue 22、C. Pigment Blue 22, C. I. I. Pigment Blue 25、C. Pigment Blue 25, C. I. I. Pigment Blue 45、C. Pigment Blue 45, C. I. I. Pigment Blue 60、C. Pigment Blue 60, C. I. I. Pigment Blue 1、C. Pigment Blue 1, C. I. I. Pigment Blue 2、C. Pigment Blue 2, C. I. I. Pigment Blue 3、C. Pigment Blue 3, C. I. I. Acid Blue 45、C. Acid Blue 45, C. I. I. Vat Blue 4、およびC. Vat Blue 4, and C. I. I. Vat Blue 60等が挙げられる。 Vat Blue 60 and the like. 特にこれらのシアン顔料の中でも、酸に対する色劣化が少ないフタロシアニン系顔料が望ましい。 Among these cyan pigments, phthalocyanine pigments are less color degradation to acid is desirable. さらに、分散安定性や着色性の観点からは、Pigment Blue 15:3が最も望ましい。 Further, from the viewpoint of dispersion stability and coloring property, Pigment Blue 15: 3 is most preferable.

また、色彩を調整するために、顔料の補助成分として染料を添加することもできる。 Further, in order to adjust the color, it is also possible to incorporate dyes as an auxiliary component of pigment. 例えば、アゾイック染料、硫化(建材)染料、分散染料、蛍光増白剤、油溶染料のような、酸性、塩基性が低く、溶媒に対して溶解性の高い染料が通常用いられる。 For example, azoic dyes, sulfur (building materials) dye, disperse dye, fluorescent brightening agent, such as solvent dye, acidic, basic low, dyes highly soluble is usually used with respect to the solvent. なかでもアゾ系、トリアリールメタン系、アントラキノン系、アジン系などの油溶染料が好適に用いられる。 Among these azo, triarylmethane, anthraquinone, solvent dye, such as azine is preferably used. 例えば、C. For example, C. I. I. Solvent Blue−2、11、12、25、35など、Diresin Blue−J、A、K、Nなど、Orient Oil Blue−IIN、#603など、およびSumiplast Blue BGなどを挙げることができる。 Such as Solvent Blue-2,11,12,25,35, Diresin Blue-J, A, K, N, etc., Orient Oil Blue-IIN, such as # 603, and Sumiplast and the like Blue BG.

上述した顔料(および染料)は吸光性、彩度、色感などを高めるために、単独で、あるいは2種以上の混合物として使用することができる。 Above pigments (and dyes) light absorbing, saturation, in order to enhance and color sense, may be used alone or as a mixture of two or more thereof.

青色系顔料は、分散媒の重量の2%以上30%以下の量で配合される。 Blue pigment is formulated in an amount of 30% or less than 2% of the weight of the dispersion medium. 2重量%未満の場合には、その後の加工で、色材とした際に充分な色濃度を確保することができず、一方、30重量%を越えると安定性が低下する。 If it is less than 2 wt%, in subsequent processing, it can not ensure sufficient color density upon the colorant, while the stability decreases exceeds 30 wt%. 好ましくは、青色系顔料の含有量は、分散媒の重量の3%以上27%以下の範囲である。 Preferably, the content of the blue pigment is 27% or less than 3% by weight of the dispersion medium.

ブラック系顔料としては、例えば、カーボンブラック、カーボンリファインド、およびカーボンナノチューブのような炭素系顔料、鉄黒、チタンブラック、および酸化鉄のような金属酸化物顔料が挙げられる。 The black pigments include carbon black, carbon based pigments such as carbon Refined, and carbon nanotubes, iron black, titanium black, and metal oxide pigments such as iron oxide. 具体的には、黒インクとして好適に使用できるのは、カーボンブラック系顔料であって、例えば、コロンビア社製のRaven 5750、Raven 5250、Raven 5000、raven 3500、Raven 1255、Raven 700、キャボット社製のRegal 400R、Regal 330R、Regal 660R、Mogul L、Monarch 700、Monarch 800、Monarch 880、Monarch900、Monarch1000、Monarch 1100、Monarch1300、Monarch1400、三菱化学社製のNo. Specifically, can be suitably used as a black ink is a carbon black pigment, for example, Columbia Co. Raven 5750, Raven 5250, Raven 5000, raven 3500, Raven 1255, Raven 700, manufactured by Cabot Corporation the Regal 400R, Regal 330R, Regal 660R, Mogul L, Monarch 700, Monarch 800, Monarch 880, Monarch900, Monarch1000, Monarch 1100, Monarch1300, Monarch1400, Mitsubishi Chemical Corporation No. 2300、No. 2300, No. 900、MCF88、No. 900, MCF88, No. 33、No. 33, No. 40、No. 40, No. 45、No. 45, No. 52、MA7、MA8、MA100、No. 52, MA7, MA8, MA100, No. 2200B、デグッサ社製のColor Black FW1、Color Black FW2、Color Black FW2V、Color Black FW18、Color Black FW200、Color Black S150、Color Black S160、Color Black S170、Printex 35、Printex U、Printex V、Printex 140U、Special Black 6、Special Black 5、Special Black 4A、Special Black 4、およびSpecial Black 250などのような顔料を挙げることができる。 2200B, manufactured by Degussa of Color Black FW1, Color Black FW2, Color Black FW2V, Color Black FW18, Color Black FW200, Color Black S150, Color Black S160, Color Black S170, Printex 35, Printex U, Printex V, Printex 140U, Special Black 6, Special Black 5, Special Black 4A, and pigment, such as Special Black 4, and Special Black 250.

ブラック系顔料は、分散媒の重量の2%以上30%以下の量で配合される。 Black pigments are blended in an amount of 30% or less than 2% of the weight of the dispersion medium. 2重量%未満の場合には、その後の加工で、色材とした際に充分な色濃度を確保することができず、一方、30重量%を越えると安定性が低下する。 If it is less than 2 wt%, in subsequent processing, it can not ensure sufficient color density upon the colorant, while the stability decreases exceeds 30 wt%. 好ましくは、黒色系顔料の含有量は、分散媒の重量の3%以上27%以下の範囲である。 Preferably, the content of the black pigment is 27% or less than 3% by weight of the dispersion medium. また、色彩を調整するために、シアン系顔料の場合と同様に補助成分として染料を添加してもよい。 Further, in order to adjust the color, dye may be added as an auxiliary component as in the case of cyan pigment.

黄色系顔料としては、例えば、アゾ顔料(アゾレーキ、不溶性アゾ顔料、縮合アゾ顔料、ベンズイミダゾロン系モノアゾ顔料などを含む。)、多環式顔料(ペリノン顔料、イソインドリノン顔料、イソインドリン顔料、キノフタロン顔料など)、および金属錯体顔料などのような有機系顔料を使用することもできる。 The yellow pigments include azo pigments (azo lakes, including insoluble azo pigments, condensed azo pigments, and benzimidazolone monoazo pigment.), Polycyclic pigments (perinone pigments, isoindolinone pigments, isoindoline pigments, quinophthalone pigments, etc.), and organic pigments such as metal complex pigments may be used.

イエローインクで使用可能な顔料としては、例えば、C. As for the pigments that can be employed in a yellow ink, for example, C. I. I. Yellow 128、C. Yellow 128, C. I. I. Pigment Yellow 129、C. Pigment Yellow 129, C. I. I. Pigment Yellow 151、C. Pigment Yellow 151, C. I. I. Pigment Yellow 154、C. Pigment Yellow 154, C. I. I. Pigment Yellow 1、C. Pigment Yellow 1, C. I. I. Pigment Yellow 2、C. Pigment Yellow 2, C. I. I. Pigment Yellow 3、C. Pigment Yellow 3, C. I. I. Pigment Yellow 12、C. Pigment Yellow 12, C. I. I. Pigment Yellow 13、C. Pigment Yellow 13, C. I. I. Pigment Yellow 14C、C. Pigment Yellow 14C, C. I. I. Pigment Yellow 16、C. Pigment Yellow 16, C. I. I. Pigment Yellow 17、C. Pigment Yellow 17, C. I. I. Pigment Yellow 73、C. Pigment Yellow 73, C. I. I. Pigment Yellow 74、C. Pigment Yellow 74, C. I. I. Pigment Yellow 75、C. Pigment Yellow 75, C. I. I. Pigment Yellow 83、C. Pigment Yellow 83, C. I. I. Pigment Yellow 93、C. Pigment Yellow 93, C. I. I. Pigment Yellow95、C. Pigment Yellow95, C. I. I. Pigment Yellow97、C. Pigment Yellow97, C. I. I. Pigment Yellow 98、C. Pigment Yellow 98, C. I. I. Pigment Yellow 114、C. Pigment Yellow 114, C. I. I. Pigment Yellow 139、C. Pigment Yellow 139, C. I. I. Pigment Yellow 180、およびC. Pigment Yellow 180, and C. I. I. Pigment Yellow 150等が挙げられる。 Pigment Yellow 150, and the like. 特にこれらの黄色系顔料の中でも、ニッケルアゾ系顔料あるいはイソインドリン顔料が望ましく、なかでも分散安定性の優れたPigment Yellow 150やPigment Yellow 139が望ましい。 Among these yellow pigments, nickel azo-based pigments or isoindoline pigments is desirable, Pigment Yellow 0.99 and Pigment Yellow 139 having excellent inter alia the dispersion stability is desired.

色彩を調整するために、シアン系顔料の場合と同様に補助成分として染料を添加してもよい。 In order to adjust the color, dye may be added as an auxiliary component as in the case of cyan pigment. 例えば、C. For example, C. I. I. Slovent Yellow−2、6、14、15、16、19、21、33,56,61,80など、Diaresin Yellow−A、F、GRNなどを挙げることができる。 Such Slovent Yellow-2,6,14,15,16,19,21,33,56,61,80, mention may be made of Diaresin Yellow-A, F, GRN and the like. また、マゼンタインクでは、上述した顔料ほど効果は大きくないものの、ゲル状凝集物の生成が押さえられる効果があり、キナクリドン系顔料等が好適に使用できる。 Further, the magenta ink, although the effect is not as large as the pigment as described above, has the effect of generating a gel-like aggregates is pressed, quinacridone pigments or the like can be suitably used.

上述した顔料(および染料)は吸光性、彩度、色感などを高めるために、単独で、あるいは2種以上の混合物として使用することができる。 Above pigments (and dyes) light absorbing, saturation, in order to enhance and color sense, may be used alone or as a mixture of two or more thereof.

黄色系顔料は、分散媒の重量の2%以上30%以下の量で配合される。 Yellow pigments are blended in an amount of 30% or less than 2% of the weight of the dispersion medium. 2重量%未満の場合には、その後の加工で、色材とした際に充分な色濃度を確保することができず、一方、30重量%を越えると安定性が低下する。 If it is less than 2 wt%, in subsequent processing, it can not ensure sufficient color density upon the colorant, while the stability decreases exceeds 30 wt%. 好ましくは、黄色系顔料の含有量は、分散媒の重量の3%以上27%以下の範囲である。 Preferably, the content of the yellow pigment is 27% or less than 3% by weight of the dispersion medium.

上述したような粉体または顔料を、所定の量で分散媒中に均一に分散させるために、本発明の実施形態にかかる分散体においては、第1および第2の樹脂分散剤を含む高分子分散剤が配合される。 Powder or pigment as described above, in order to uniformly disperse in the dispersion medium at a predetermined amount, the dispersion according to the embodiment of the present invention, polymers comprising a first and a second resinous dispersing agent dispersing agent is blended.
第1の樹脂分散剤は、例えば顔料粒子の表面に吸着または結合し、凝集の障壁となって顔料粒子同士の凝集を妨げる。 First resinous dispersing agent, for example, adsorbed or bound to the surface of the pigment particles and prevents aggregation of the pigment particles become a barrier to flocculation. こうした顔料は、第1の樹脂分散剤に被覆された被覆顔料ということができる。 Such pigments can be said to be coated pigment coated on the first resin dispersing agent. さらに、第1の樹脂分散剤は、分散媒への親和力を高めて、顔料粒子が沈降するのを抑制するといった作用も有する。 Further, the first resin dispersing agent, to enhance the affinity to the dispersion medium also has effects such as suppressing the pigment particles settle. 基本的には、分散媒に対する親和性が良好で、顔料同士の凝集を阻止する立体的分離性を有する任意の樹脂を、第1の樹脂分散剤として使用することができる。 Basically, a good affinity to the dispersion medium, any of the resin having a steric isolation to prevent aggregation of the pigment together, can be used as the first resinous dispersing agent. 例えば、ビニル系ポリマーおよびコポリマー、アクリル系ポリマーおよびコポリマー、ポリエステル、ポリアミド、ポリイミド、ポリウレタン、アミノ系ポリマー、含珪素ポリマー、含硫黄ポリマー、含フッ素ポリマー、およびエポキシ樹脂等から選択される一種以上を主成分とするものが挙げられる。 For example, vinyl polymers and copolymers, acrylic polymers and copolymers, polyesters, polyamides, polyimides, polyurethanes, amino-based polymer, silicon-containing polymer, sulfur-containing polymers, fluorine-containing polymer, and one or more selected from epoxy resin mainly It includes those whose components.

分散剤として作用するために、こうしたポリマーにおいては、ポリマー末端は、顔料に対する結合性や親和力を有することが好ましい。 To act as a dispersing agent, in such polymers, the polymer terminal is preferably capable of binding or affinity to the pigment. すなわち、一方のポリマー主鎖は、溶剤への親和性、さらには、他の顔料粒子との再凝縮を阻害する物理的斥力または静電的斥力を備えていることが望まれる。 That is, one of the polymer main chain, affinity to solvents, and further, it is desired that has a physical repulsive force or electrostatic repulsive force inhibits recondensed with other pigment particles. 例えば、分散媒と同等の(±5MPa 1/2程度)溶解度パラメ−ターを有し、分子量数百〜数万、重合度10〜200程度であって、摂氏10℃以上200℃以下のTgを有するポリマーが好ましい。 For example, the dispersion medium equivalent (about ± 5 MPa 1/2) solubility parameter - has a coater, molecular weight several hundreds to several tens of thousands of, a polymerization degree of 10 to 200, a Tg of less than or equal Celsius 10 ° C. or higher 200 ° C. polymers having preferred. さらに、比較的強い化学結合(共有結合、静電力等)を他の末端に有することによって、顔料に対する親和力が大きなポリマーが望ましい。 Furthermore, relatively strong chemical bond (covalent bond, electrostatic force, etc.) by having the other end, affinity for the pigment is larger polymer desired. 通常、2種ないし数種のモノマーの共重合体とすることによって、このような複合機能を付与することができる。 Usually, by the copolymer of two or to several monomers, it can impart such a composite function. かかるポリマーとしては、ブロック共重合体も好適に用いることができる。 Such polymers may be suitably used a block copolymer.

上述したようなポリマーの末端は、必ずしも単一である必要はないが、一般にグラフト共重合した先端部や、櫛形ポリマーの先端部などに導入されうる。 End of the polymer as described above may not necessarily be a single, common tip or grafted copolymer in can be introduced into such tip of the comb polymer. こうしたポリマーは、結合が強固であるうえに、顔料同士の再凝集を抑制する立体障害を形成しやすい。 Such polymers, on top bonds are strong, easy to form a suppressing steric hindrance reaggregation of the pigment together.

このようなポリマーを合成するためのモノマーとしては、例えば、スチレンおよび置換スチレン、(メタ)アクリル酸エステル類、(メタ)アクリル酸、(メタ)アクリル酸アミド類、マレイン酸、マレイン酸無水物、マレイン酸エステル、イタコン酸およびそのエステル化合物、ヒドロキシスチレンおよびその水素原子置換誘導体などが挙げられる。 The monomer for synthesizing such polymers, e.g., styrene and substituted styrenes, (meth) acrylic acid esters, (meth) acrylic acid, (meth) acrylic acid amides, maleic acid, maleic anhydride, maleic acid esters, itaconic acid and ester compounds, such as hydroxystyrene and hydrogen atom-substituted derivatives. また、長鎖のアルキルや、ポリエーテル、ポリカーボネート、ポリエステル鎖などをエステル側鎖に有するモノマーは、前述の櫛型ポリマーを形成するうえで有利である。 Further, monomers having alkyl and long-chain polyethers, polycarbonates, and polyester chain ester side chain is advantageous in forming a comb polymer described above.

また、ポリマーとしては、次のものを用いることもできる。 Further, the polymer may be used the following ones. 例えば、poly(oxyphthaloyloxymethylene-1,4-phenylenemethylene)、poly(1,4-cyclohexylenedimethylene succinate)のようなジヒドロキシ化合物とジカルボン酸との脱水縮合によるポリエステル化合物;アジピン酸とヘキサメチレンジアミンのようなジアミンとジカルボン酸との縮合によって得られるポリアミド類;ε−カプロラクタムのような環状ラクトンの開環によって得られるポリアミド類;ピロメリット酸などのテトラカルボン酸と脂肪族ジアミンとが縮合してなるポリアミド類のうち比較的Tgの低いポリマー;イソフォロンジシアネートなどの脂肪族ジイソシアネートとジヒドロキシ化合物とが反応したポリウレタン系樹脂;ポリビニルピリジン系化合物;ポリジメチルシロキサンおよびそのラダー形ポリマー;ポリビニルアルコールやビニルエーテル化合物; For example, poly (oxyphthaloyloxymethylene-1,4-phenylenemethylene), poly (1,4-cyclohexylenedimethylene succinate) polyester compound by dehydration condensation of a dihydroxy compound and dicarboxylic acid such as; diamines and dicarboxylic such as adipic acid and hexamethylenediamine polyamides obtained by condensation of an acid; polyamides obtained by ring opening of cyclic lactones such as ε- caprolactam; comparison of polyamides and tetracarboxylic acids and aliphatic diamine is condensed such pyromellitic low polymer having specific Tg, polyvinyl pyridine compound; isophorone dicyanate polyurethane resin and aliphatic diisocyanates and dihydroxy compound is reacted such polydimethylsiloxane and ladder polymers; polyvinyl alcohol and vinyl ether compound; よび比較的リジッドな骨格を有するオキシラン化合物が重合したポリエーテル系重合体などである。 And relatively rigid polyether oxirane compounds are polymerized with backbone polymers and the like.

これらのポリマーの末端は、アミノ基やリン酸基などの顔料に対して親和力のある官能基を有する化合物でキャップされていることが好ましい。 Ends of these polymers are preferably capped with a compound having a functional group which affinity to pigments such as amino group or phosphoric acid group. この場合には、顔料粒子表面への吸着性がよりいっそう向上する。 In this case, the adsorption to the pigment particle surface is further improved.

さらに、重合性基および両親媒性を有する重合性界面活性剤と、架橋性モノマーおよび/または単官能モノマーとを重合させて得られる高分子化合物もまた、第1の樹脂分散剤として好ましく用いられる。 Further, a polymerizable surfactant having a polymerizable group and an amphiphilic polymer compound obtained by polymerizing a crosslinkable monomer and / or monofunctional monomer is also preferably used as the first resinous dispersing agent . 重合性界面活性剤における重合性基としては、不飽和炭化水素基が好ましく、例えば、ビニル基、アリル基、アクリロイル基、メタクリロイル基、プロペニル基、ビニリデン基、およびビニレン基などが挙げられる。 The polymerizable group of the polymerizable surfactant, an unsaturated hydrocarbon group is preferable, for example, vinyl group, an allyl group, an acryloyl group, a methacryloyl group, a propenyl group, a vinylidene group, and the like vinylene group. これらは、単独でも2種以上を組み合わせて用いてもよい。 These may be used in combination of two or more kinds in combination. 重合性界面活性剤における親水性基は、分散媒に応じて選択することができる。 Hydrophilic group of the polymerizable surfactant may be selected depending on the dispersion medium. 分散媒が水系の場合には、スルホン基、スルホン酸基、カルボキシル基、カルボニル基、ヒドロキシル基およびこれらの塩等の一種以上が好ましく用いられる。 When the dispersion medium is water-based, a sulfone group, a sulfonic acid group, a carboxyl group, a carbonyl group, one or more of a hydroxyl group, and salts thereof are preferably used. 一方、分散媒が油性の場合には、カルボキシル基やそのエステル、ラクトン系化合物、カルボニル基、およびヒドロキシル基などが挙げられる。 On the other hand, when the dispersion medium is oily, a carboxyl group or an ester thereof, lactone compound, carbonyl group, and the like hydroxyl group.

顔料の分散安定性を高めるために、顔料の表面修飾を行なっても構わない。 To enhance the dispersion stability of the pigment, it may be subjected to surface modification of pigments. これは、第1の樹脂分散剤と顔料粒子との結合性を高める目的で行なわれる。 This is done for the purpose of increasing the bonding between the first resinous dispersing agent and the pigment particles. 例えば、代表的な分散剤末端であるアミノ基との結合が強いカルボキシル基や、スルホン酸基を顔料粒子の表面に部分的に形成した場合には、顔料の分散安定性を飛躍的に高めることが可能となる。 For example, typical binding or strong carboxyl group of the amino group is a dispersing agent terminal, when partially formed on the surface of the pigment particles sulfonic acid groups, dramatically increase that dispersion stability of the pigment it is possible. 例えば、適切な酸化剤で顔料粒子の表面を酸化することによって、こうした官能基で顔料表面を修飾することができる。 For example, by oxidizing the surface of the pigment particles in a suitable oxidizing agent, it is possible to modify the pigment surface in such functional groups. あるいは、顔料粒子にスルホン化剤などを作用させるといった手法を採用してもよい。 Alternatively, it may be employed a technique such as the action of such sulfonating agent to the pigment particles. 使用し得るスルホン化剤としては、例えば、硫酸、発煙硫酸、SO 2 、SO 3単独もしくはおよびハロゲン化スルフォン酸などの誘導体が挙げられる。 The sulfonating agents which may be used, for example, sulfuric acid, fuming sulfuric acid, derivatives of such SO 2, SO 3 alone or and halogenated sulfonic acids. さらには、希土類との触媒の組み合わせ、スルフォン酸基を有するオルガノメタリックあるいはビニル化合物などの反応性に富む化合物などをスルホン化剤として用いてもよい。 Furthermore, the combination of the catalyst with rare earth may be used include compounds rich in reactivity, such as organo metallic or vinyl compound having a sulfonic acid group as a sulfonating agent. またさらに、ハロゲン化処理が施された顔料粒子に、ソジウムサルファイドのような塩を作用させるStrecker's Reactionなども、顔料粒子の表面修飾に好適に用いることができる。 Furthermore, the pigment particles halogenation process is performed, even such Strecker's Reaction to the action of salts such as sodium sulfide, can be suitably used for the surface modification of the pigment particles.

一方、顔料に対して物理的吸着力の高いスルホン修飾顔料(シナジスト)を、その顔料表面に吸着させた場合も、同様の表面修飾効果が得られることがある。 On the other hand, sulfone modified pigment having high physical adsorption force (synergist) based on the pigment, even when adsorbed to the pigment surface, may be similar surface modification effect can be obtained. 通常、スルホン化剤で表面が直接修飾された表面修飾顔料は、シナジストよりも顔料とスルホン酸基との結合力に優れ、分散安定性が良好であり好適である。 Usually, directly modified surface-modified pigment surface with a sulfonating agent, excellent in bonding strength between the pigment and sulfonic acid group than synergist is suitable has good dispersion stability. しかしながら、合成の容易さやコストの面からシナジストを用いても、その安定性が維持できていれば問題がない。 However, even with synergist ease and cost of the surface of the composite, it is long as there is no problem can be maintained its stability.

さらに強力な表面修飾を達成するには、上述した樹脂分散剤と顔料との共有結合形成に加えて、マイクロカプセル化処理などを施すことがより好ましい。 To achieve a stronger surface modification, in addition to covalent bond formation with the above-mentioned resin dispersant and pigment, it is more preferably subjected to such microencapsulation process. マイクロカプセル化顔料は、公知の手法により製造することができる。 Microencapsulated pigment can be manufactured by a known method. 例えば、相分離法(コアセルベーション)、液中乾燥法(界面沈殿法)、スプレードライング法、パンコーティング法、液中硬化被覆法、界面重合法、in situ法、および超音波法等を、特に制限されずに用いることができる。 For example, phase separation method (coacervation), a submerged drying method (interfacial precipitation method), a spray drying method, a pan coating method, curing coating method in liquid, interfacial polymerization, in situ method, and an ultrasonic method or the like, it can be used without particular limitation. より具体的には、特開平9−151342号公報に記載されているアニオン性マイクロカプセル化顔料の製法や、特開平10−316909号公報に記載されている方法を採用することができる。 More specifically, it is possible to employ method or anionic microencapsulated pigment which is described in JP-A-9-151342, a method described in JP-A-10-316909.

なお、官能基による修飾率は、例えば修飾元素が硫黄原子やリンなどを含む場合、EDXなどの表面分光分析法などによって直接的に測定可能であり、対象となる元素含有量が顔料の表面組成の0.1%程度以上であることが望まれる。 Incidentally, the modification ratio by functional groups, for example, if the modified elements including sulfur and phosphorus are directly measurable by such surface spectroscopy such as EDX, surface composition of the pigment content of element in question it is desirable for at least about 0.1%. ただし、修飾率が大きすぎる場合には、顔料の酸性度が強くなりすぎて分散媒と反応し、凝集や増粘が加速されるおそれがあるため、最大でも30%程度にとどめておくことが好ましい。 However, when the modification ratio is too high, the acidity of pigment becomes too strong to react with the dispersion medium, since the aggregation or thickening is likely to be accelerated, be left kept to about 30% at most preferable. EDXなどにより求めにくいカルボン酸や、樹脂による被覆率などの修飾率は、吸着法などにより定量した表面積と、滴定法などから見積もった修飾基の数、あるいは顔料が分解しない程度までの熱重量分析(TG)等から概算することが可能である。 Hard and carboxylic acids obtained by such EDX, the modification ratio, such as coverage by resin, the surface area was determined by such adsorption, thermogravimetric analysis to the extent the number of modifying groups estimated from such titration, or the pigment does not decompose it is possible to estimate from (TG) and the like.

第1の樹脂分散剤の添加量は、粉体重量に対して1%以上30%以下である。 The addition amount of the first resinous dispersing agent is less than 30% 1% relative to the weight of the powder. 顔料分散体の場合、第1の樹脂分散剤の添加量は顔料の種類に応じて異なる。 For the pigment dispersion, the addition amount of the first resinous dispersing agent varies depending on the type of pigment. 例えば、黄色系顔料分散体であれば、顔料重量に対して10%以上60%以下の割合で添加し、青色系顔料分散体およびブラック系顔料分散体の場合には、第1の樹脂分散剤の添加量は、顔料重量に対して10%以上30%以下である。 For example, if the yellow pigment dispersion, was added in a proportion of 60% or less than 10% relative to the pigment weight, in the case of blue pigment dispersion and a black pigment dispersion, first resinous dispersing agent the amount of addition is 30% or less than 10% relative to the pigment weight. 機能性色材分散体および顔料分散体のいずれの場合も、第1の樹脂分散剤の添加量が少なすぎる場合には、十分な効果を得るのが困難となる。 For both functional colorant dispersion and the pigment dispersion, if the addition amount of the first resinous dispersing agent is too small, it may become difficult to obtain a sufficient effect. 一方、第1の樹脂分散剤の添加量が多すぎる場合には、インクジェット用分散体としての粘度が著しく上昇したり、分散体の安定性が低下して再凝集を生じやすくなる。 On the other hand, if the addition amount of the first resinous dispersing agent is too large, significantly or increase the viscosity of the inkjet dispersion stability of the dispersion is likely to occur reagglomeration reduced.

適切な範囲の添加量で第1の樹脂分散剤を用いることによって、樹脂被覆された顔料が製造される。 By using the first resinous dispersing agent with the addition of a suitable range, pigments resin coating is produced.
こうして得られた樹脂被覆顔料を、第2の樹脂分散剤を用いて分散媒に分散させ、さらにイオン性化合物を添加することによって、本発明の実施形態にかかる安定な分散体を得ることができる。 The resin-coated pigment thus obtained, are dispersed in a dispersion medium using a second resinous dispersing agent, by further adding an ionic compound, it is possible to obtain a stable dispersion according to the embodiment of the present invention .

第2の樹脂分散剤は、アミノ基などの塩基性基を末端に有する樹脂であり、上述した第1の樹脂分散剤に対してある程度の親和力を有することが好ましい。 Second resinous dispersing agent is a resin having a basic group such as amino group at the end, it is preferable to have some affinity for the first resinous dispersing agent described above. 第2の樹脂分散剤としては、後述するイオン性化合物の吸着あるいは相互作用によって、顔料粒子とそれをとりまく第1の樹脂分散剤との全体にわたって、斥力などの分散安定性を発生できるものがより望ましい。 The second resinous dispersing agent, by adsorption or interaction described later ionic compounds, throughout the first resin dispersing agent surrounding it and pigment particles, more those that can generate the dispersion stability of such repulsive desirable.

こうした条件を備えた第2の樹脂分散剤としては、前述の第1の樹脂分散剤との組み合わせにより一概に規定できないが、通常、アミノ末端を有するポリオレフィン、アミノ末端を有するポリエステル、およびアミノ末端を有するエポキシ樹脂などが挙げられる。 The second resinous dispersing agent having such a condition, can not generally be defined by the combination of the first resinous dispersing agent described above, usually, a polyolefin with an amino-terminal, polyester with an amino-terminal, and amino-terminal and epoxy resins having. より詳細には、数平均分子量が500〜50,000の片末端にカルボキシル基を有する線状ポリマーと、二級アミノ基を1個有する有機アミノ化合物とを反応させて得られるアミン価が5〜200mgKOH/gで数平均分子量が1,000〜100,000の範囲にあるポリエポキシ化合物が挙げられる。 More specifically, the number and linear polymer having an average molecular weight having a carboxyl group at one end of 500 to 50,000, an amine value obtained by reacting an organic amino compound having one secondary amino group is 5 the number average molecular weight in the 200 mg KOH / g can be cited polyepoxy compound in the range of 1,000 to 100,000. また、遊離のカルボキシル基を有するポリエステルとアミドとの共縮合物、遊離のカルボキシル基を有するポリアミドとアミドとの共縮合物(ポリエステルアミド)、およびエステルとアミドとの共縮合物(ポリエステルアミド)の3種の化合物の中から選ばれる1種以上の化合物を、ポリアリルアミンと反応させて得られるポリアリルアミン誘導体を用いることもできる。 Further, cocondensates of polyester amide having a free carboxyl group, cocondensates (polyester amide) of the free polyamide and the amide having a carboxyl group, and ester and amide cocondensates of (polyester amide) one or more compounds selected from the three compounds may be used polyallylamine derivative obtainable by reacting polyallylamine.

さらに、次のような化合物も挙げられる。 Furthermore, the following compounds may be mentioned. 数平均分子量が500〜50000の片末端にカルボキシル基を有する化合物と、2級アミノ基を1個有する化合物とを反応させて得られるアミン価が5〜200mgKOH/g、数平均分子量が1000〜100000の範囲にあるアミノ基を有するポリエステル系高分子;3級アミノ基および/または塩基性を示す含窒素複素環を有するアクリルポリマーとポリエステルとを反応させて得られるアミン価が10〜200mgKOH/g、数平均分子量1000〜100000の範囲であるアミノ基を有するポリエステル系高分子などである。 The number and compounds having an average molecular weight having a carboxyl group at one end of 500 to 50,000, secondary amino groups and having one compound and an amine value obtained by reacting the 5 to 200 mgKOH / g, number average molecular weight from 1,000 to 100,000 polyester polymer having an amino group in the range of; tertiary amino group and / or amine value obtained by reacting an acrylic polymer and a polyester having a nitrogen-containing heterocycle showing basicity is 10 to 200 / g, polyester polymer having an amino group is in the range of number average molecular weight 1,000 to 100,000, and the like.

ポリエポキシ化合物としては、例えば、エチレングリコールジグリシジルエーテル、ポリエチレングリコールジグリシジルエーテル、プロピレングリコールジグリシジルエーテル、ポリプロピレングリコールジグリシジルエーテル、ネオペンチルグリコールジグリシジルエーテル、1,6−ヘキサンジオールジグリシジルエーテル、グリセロールポリグリシジルエーテル、トリメチロールプロパンポリグリシジルエーテル、ジグリセロールポリグリシジルエーテル、ポリグリセロールポリグリシジルエーテル、ソルビトールポリグリシジルエーテルなどのポリグリシジルエーテル化合物などが挙げられる。 The polyepoxy compounds include ethylene glycol diglycidyl ether, polyethylene glycol diglycidyl ether, propylene glycol diglycidyl ether, polypropylene glycol diglycidyl ether, neopentyl glycol diglycidyl ether, 1,6-hexanediol diglycidyl ether, glycerol polyglycidyl ether, trimethylolpropane polyglycidyl ether, diglycerol polyglycidyl ether, polyglycerol polyglycidyl ether, polyglycidyl ether compounds such as sorbitol polyglycidyl ether. さらに、グリシジル(メタ)アクリレートとそれ以外の重合性ビニル単量体との共重合により得られるグリシジルエステル基含有アクリルポリマー等が挙げられる。 Furthermore, glycidyl (meth) acrylate and other polymerizable vinyl monomer and a glycidyl ester group-containing acrylic polymer obtained by copolymerization of the like. この場合、重合性ビニル単量体としては、メチルメタクリレート、およびスチレン等を用いることができる。 In this case, the polymerizable vinyl monomer can be used methyl methacrylate, and styrene.

第2の樹脂分散剤の添加量は、粉体重量の2%以上30%以下に規定される。 The addition amount of the second resinous dispersing agent is defined to 30% or less than 2% of the powder weight. この範囲を逸脱した場合には、安定した分散状態で適切な粘度の機能性色材分散体を得ることができない。 If deviating from this range, it is impossible to obtain a functional colorant dispersion suitable viscosity in a stable dispersion state. 具体的には、第2の樹脂分散剤の含有量が少ない場合には分散安定性が著しく損なわれ、一方、第2の樹脂分散剤が多すぎる場合には、分散体が粘稠になって、特にインクジェット用途では吐出安定性が損なわれる。 Specifically, it is significantly impaired the dispersion stability when a small content of the second resinous dispersing agent, whereas, if the second resinous dispersing agent is too large, the dispersion becomes viscous , particularly the ejection stability is impaired in ink jet applications. 樹脂重量のより好ましい範囲は、顔料や粉体の種類によって若干の違いが生じることがある。 A more preferred range of resin weight, there may be a slight difference may occur depending on the type of pigment or powder. 例えば、青色系顔料およびブラック系顔料の場合には、顔料重量に対して5%以上30%以下、より好ましくは10%以上20%以下である。 For example, in the case of a blue pigment and a black pigment is preferably 30% 5% or more of the pigment weight or less, more preferably 20% or less than 10%. 黄色系顔料の場合には、顔料重量に対して1%以上30%以下である。 In the case of yellow pigment is less than 30% 1% relative to the pigment weight. 顔料分散体の場合も、機能性色材分散体の場合と同様、第2の樹脂分散剤が少なすぎると分散安定性が著しく損なわれる。 In the case of the pigment dispersion, as in the case of functional colorant dispersion, the dispersion stability is significantly impaired and the second resinous dispersing agent is too small. 一方、第2の樹脂分散剤が多すぎる場合には、分散体が粘稠になって吐出安定性が損なわれる。 On the other hand, if the second resinous dispersing agent is too large, dispersion ejection stability is impaired become viscous.

本発明の実施形態にかかる分散体には、さらに、イオン性化合物が含有される。 The dispersion according to the embodiment of the present invention, further, the ionic compound is contained. 例えば、多価の塩を含むイオン性化合物は、コロイド分散系を不安定化させる(塩析や凝集)作用を有する。 For example, an ionic compound containing a polyvalent salt, destabilize colloidal dispersion system (salting-out or coagulation) has the effect. こうした多価の塩を含むイオン性化合物を、上述した第1の樹脂分散剤で被覆された顔料に直接添加した場合には、顔料粒子の分散安定性が著しく低下する。 An ionic compound containing such a polyvalent salt, when added directly to the pigment coated with the first resin dispersing agent described above, the dispersion stability of the pigment particles is significantly reduced. これに対して、本発明の実施形態にかかる顔料分散体においては、第1の樹脂分散剤に加えて第2の樹脂分散剤が含有されているので、イオン性化合物は、この第2の樹脂分散剤と作用する。 In contrast, in the pigment dispersion according to an embodiment of the present invention, since the second resinous dispersing agent in addition to the first resinous dispersing agent is contained, the ionic compound, the second resin acting as a dispersing agent. その結果、顔料表面に安定な電荷を発生せしめて、安定な分散体となることができる。 As a result, by which the stable charge the surface of the pigment can be a stable dispersion.

かかるイオン性化合物としては、インクの安定化や、増粘剤、液だれ防止剤、消泡剤などに用いることのできる次のような化合物が挙げられる。 Such ionic compounds, stabilization or ink, thickening agents, anti-drip agent, the following compounds which can be used for the antifoaming agent. 具体的には、金属塩、炭酸塩などの有機溶剤可溶性塩や有機塩類、界面活性剤や分散助剤としての金属石鹸など有機−無機塩類、有機電解質等に代表されるアルキルアンモニウムなどのアンモニウム化合物と、フルオロホウ酸アニオン、ヘキサフルオロアンチモン酸アニオン、ヘキサフルオロヒ素酸アニオン、トリフルオロメタンスルホネートアニオン、パラトルエンスルホネートアニオン、過塩素酸アニオン、ハロゲンアニオン、スルフォン酸アニオン含有化合物、カルボン酸アニオン含有化合物等からなる有機溶剤可溶性アンモニウム塩等のなかから選択された塩類などである。 Specifically, a metal salt, an organic solvent-soluble salts and organic salts such as carbonates, organic and metal soaps as a surfactant or dispersing aid - inorganic salts, ammonium compounds such as alkyl ammonium typified by an organic electrolyte, etc. If, fluoroboric acid anion, hexafluoroantimonate anion, hexafluoroarsenate periodate anion, trifluoromethanesulfonate anion, paratoluene sulfonate anion, a perchlorate anion, halogen anion, sulfonic acid anion-containing compound consists of a carboxylic acid anion containing compounds such as selected salts from among such organic solvent-soluble ammonium salts and the like.

機能性色材分散体を製造する場合には、イオン性化合物は、分散媒の全重量の0.01%以上40%以下の割合で含有され、顔料分散体の場合には、イオン性化合物は、分散媒の全重量の0.01%以上20%以下の割合で含有される。 When producing a functional colorant dispersion, the ionic compound is contained in an amount of 0.01% to 40% or less of the total weight of the dispersion medium, in the case of the pigment dispersion, the ionic compound It is contained in an amount of 0.01% or more than 20% of the total weight of the dispersion medium. より好ましくは1%以上20%以下である。 More preferably 1% to 20%. いずれの場合も、イオン性化合物の含有量が少なすぎる場合には、その効果を十分に発揮することができない。 In either case, if the content of the ionic compound is too small, it is impossible to sufficiently exert its effect. 一方、イオン性化合物の含有量が多すぎる場合には、分散体の安定性が悪化して再凝集を生じやすくなる。 On the other hand, if the content of the ionic compound is too high, stability of the dispersion is likely to occur reagglomeration deteriorated.

本発明の実施形態にかかる分散体は、光硬化型液体インクに適用され、このインクにおいては、光照射により酸を発生する光酸発生剤として、オニウム塩化合物が好適に用いられる。 Dispersions according to the embodiment of the present invention is applied to the photocurable liquid ink, in the ink, as a photo acid generator which generates an acid by light irradiation, an onium salt compound is preferably used. オニウム塩化合物は代表的な有機塩のため、分散体におけるイオン性化合物として好適に用いることができる。 Onium salt compounds for representative organic salts, can be suitably used as an ionic compound in the dispersion.

使用し得るオニウム塩としては、例えば、フルオロホウ酸アニオン、ヘキサフルオロアンチモン酸アニオン、ヘキサフルオロヒ素酸アニオン、トリフルオロメタンスルホネートアニオン、パラトルエンスルホネートアニオン、およびパラニトロトルエンスルホネートアニオン、ハロゲン系アニオン、スルフォン酸系アニオン、カルボン酸系アニオン、硫酸アニオンを対イオンとするジアゾニウム塩、ホスホニウム塩、スルホニウム塩、およびイオドニウム塩などを挙げることができる。 The onium salts may be used, for example, fluoroboric acid anion, hexafluoroantimonate anion, hexafluoroarsenate periodate anion, trifluoromethanesulfonate anion, paratoluene sulfonate anion, and p-nitrotoluene sulfonate anion, halogen-based anion, sulfonic acid anion include carboxylic acid anionic, diazonium salt to the counterion sulfate anions, phosphonium salts, sulfonium salts, and iodonium salts and the like. なかでも、色材の安定性と環境配慮の観点から、アニオン種はボロン、アンチモン、ヒ素などを含まないものが望ましく、なかでもフルオロホウ酸アニオンが最も望ましい。 Among them, from the viewpoint of stability and environmental considerations colorant, anionic species is boron, antimony, desirably containing no such as arsenic, among others fluoroboric acid anion is most preferable.

かかるオニウム塩化合物のより具体的な例としては、例えば、下記化学式で表わされる化合物が挙げられる。 More specific examples of such onium salt compounds, for example, compounds represented by the following chemical formula.

市販のオニウム塩化合物としては、例えば、みどり化学社製MPI−103(CAS.NO.(87709−41−9))、みどり化学社製BDS−105(CAS.NO.(145612−66−4))、みどり化学社製NDS−103(CAS.NO.(110098−97−0))、みどり化学社製MDS−203(CAS.NO.(127855−15−5))、みどり化学社製DTS−102(CAS.NO.(75482−18−7))、みどり化学社製DTS−103(CAS.NO.(71449−78−0))、みどり化学社製MDS−103(CAS.NO.(127279−74−7))、みどり化学社製MDS−105(CAS.NO.(116808−67−4))、みどり化学社製MDS−205(CAS.N Commercially available onium salt compounds, for example, Midori Kagaku Co., Ltd. MPI-103 (CAS.NO. (87709-41-9)), Midori Kagaku Co., Ltd. BDS-105 (CAS.NO. (145612-66-4) Midori Kagaku Co., Ltd.), NDS-103 (CAS.NO. (110098-97-0)), Midori Kagaku Co., Ltd. MDS-203 (CAS.NO. (127855-15-5)), Midori Kagaku Co., Ltd. DTS- 102 (CAS.NO. (75482-18-7)), Midori Kagaku Co., Ltd. DTS-103 (CAS.NO. (71449-78-0)), Midori Kagaku Co. MDS-103 (CAS.NO. (127279 -74-7) Midori Kagaku Co., Ltd.), MDS-105 (CAS.NO. (116808-67-4)), Midori Kagaku Co., Ltd. MDS-205 (CAS.N .(81416−37−7))、みどり化学社製BMS−105(CAS.NO.(149934−68−9))、みどり化学社製TMS−105(CAS.NO.(127820−38−6))、ダイセルUCB社製UVACURE1591、1590、ダウケミカル社製UVI-6992や6976、ランバーティ社ESACURE−1064、およびチバガイギー社のIRGACURE250などを挙げることができる。 . (81416-37-7) Midori Kagaku Co., Ltd.), BMS-105 (CAS.NO. (149934-68-9)), Midori Kagaku Co., Ltd. TMS-105 (CAS.NO. (127820-38-6) ), Daicel UCB Co., Ltd. UVACURE1591,1590, Dow Chemical Co., Ltd. UVI-6992 and 6976, can be cited lumbar tee, Inc. ESACURE-1064, and Ciba-Geigy of IRGACURE250 and the like.

上述したオニウム塩のなかでも、スルフォニウム塩やイオドニウム塩は、安定性に優れている。 Among the above onium salts, sulfonium salts and iodonium salt are more excellent in stability. しかしながら、その製造過程に起因して、通常、不可避に1価の塩(1価のカチオンと1個のアニオンとの塩)と、75%程度まで2価以上の塩(例えば2価のカチオンと2個のアニオンとの塩)との混合物が含まれることが知られている。 However, due to the production process, usually, unavoidable monovalent salt (a monovalent cation salt of one anion), and divalent or more salts up to about 75% (e.g., divalent cations that contain a mixture of salts) of the two anions is known. 一般的には、市販品もこうした混合物の状態であり、特にスルフォニウム塩では、この傾向が顕著である。 In general, the state of the commercial products be such mixtures, in particular sulfonium salts, this tendency is remarkable. 多価の塩がインク中に含有されると、感光波長が長波長側にシフトして、一般に高感度となることが知られている。 If multivalent salt is contained in the ink, the photosensitive wavelength is shifted to the long wavelength side, that a high sensitivity is generally known. こうした利点を確保するために、2価以上の塩が意図的に混入される場合もある。 To take advantage of this merit, there if divalent or higher salt is intentionally mixed well. 例えば、ダイセルUCB社製UVACURE1591、1590、ダウケミカル社製UVI−6992や6976、ランバーティ社ESACURE−1064等などの市販品がそれらに該当する。 For example, Daicel UCB Co. UVACURE1591,1590, Dow Chemical Co. UVI-6992 and 6976, commercial products such as lumber tee Co. ESACURE-1064 or the like corresponding to them. しかしながら多価の塩は、特に微小粒子を必要とするインクジェット顔料分散体の凝集安定性に大きく影響を及ぼす。 However multivalent salt, especially affects greatly the flocculation stability of the inkjet pigment dispersion in need of fine particles. 具体的には、多価の塩は、顔料粒子と分散剤との間に弱い結合を生じさせて、ゲルまたは凝集体を引き起こすといった欠点も有する。 Specifically, multivalent salt has been caused a weak bond between the pigment particle dispersant also disadvantage causes gel or aggregates. このため、通常、これら多価の塩の存在を極力抑えることが、顔料粒子の分散安定性およびインクジェットの吐出性能の向上に繋がる。 Therefore, usually, it is possible to suppress the presence of polyvalent salts as much as possible, leading to improvement of the dispersion stability and ink jet ejection characteristics of the pigment particles.

多価のオニウム塩の含有率は、通常、全オニウム塩総量の20重量部以下であることが望ましい。 Content of multivalent onium salt is generally desirably not more than 20 parts by weight of the total onium salt total. 多価のオニウム塩の含有率は、より好ましくは5重量部以下であり、含まれないことが最も好ましい。 Content of multivalent onium salt, more preferably not more than 5 parts by weight, and most preferably not contained.

上述したオニウム塩化合物の中でも、カラー顔料の凝集安定性に格段に優れることから、アリールスルフォニウムのフルオロフォスフェート塩、あるいはアリールイオドニウムのフルオロフォスフェート塩が望ましい。 Among the aforementioned onium salts it may, because of their excellent remarkably in flocculation stability of the color pigment, fluorophosphate salt of aryl sulfonium or fluorophosphate salt of aryl iodonium, is desirable. また、1価のオニウム塩であっても、分散剤が不足した場合には、分散剤である末端アミン樹脂を経時的に徐々に置換する作用を有する。 Even a monovalent onium salt, when the dispersant is insufficient, having a gradually over time action to replace the terminal amine resin is a dispersant. そのため、オニウム塩は、顔料表面と分散剤末端との結合部分に極力近づきにくい構造をとることが望ましい。 Therefore, onium salts, it is desirable to take the utmost inaccessible structure coupling portion of the pigment surface and the terminal of dispersant. 比較的大きな置換基を構造内に有するオニウム塩化合物を用いることによって、これが可能となる。 By using the onium salt compound having in its structure a relatively large substituent group, this is possible. さらに、顔料表面へのイオン吸着が立体障害により低減されるために、オニウム塩中のベンゼン環は、炭素数1以上20以下の有機基を有することが好ましい。 Further, in the ion adsorption to the pigment surface is reduced by steric hindrance, the benzene ring in the onium salt preferably has a 1 to 20 organic group having a carbon number. ベンゼン環の50モル%以上が、炭素数4以上20以下の有機基を有することがより好ましい。 50 mol% or more benzene rings, and more preferably has a number 4 to 20 of the organic group having a carbon. この場合には、分散安定性に加えて、光反応時の空気中への分解物の飛散が抑制されるために安全性が高められる。 In this case, in addition to the dispersion stability, safety is enhanced to scattering of decomposition products during photoreaction to air is suppressed. かかる化合物は、溶媒に対する溶解性が高くなるため、インク中での塩の析出といった現象も抑えることができる。 Such compounds, the solubility to a solvent becomes higher, it can be suppressed phenomenon salt precipitation in the ink. ひいては、吐出不良の原因となりやすい数ミクロンサイズの粒子生成も低減され、大変望ましいものとなる。 Thus, particle generation of prone several micron size causing ejection failure is also reduced, becomes very desirable.

1価のオニウム塩が用いられると、その感光波長が短波長側にシフトするため、感度が低下する傾向がある。 When a monovalent onium salt is used, since the photosensitive wavelength shifts to the short wavelength side tends sensitivity is reduced. VI元素である硫黄や酸素を複素環内や連結基として有する芳香族置換基が構造内に含まれると、こうした不都合を回避することができるため望ましいものとなる。 When aromatic substituent containing a sulfur or oxygen is VI element as a heterocyclic inside or linking group is contained in the structure, it becomes desirable since it is possible to avoid such inconvenience.

さらに、下記一般式(1)または(2)に示されるように、比較的大きな有機基を構造内に含むオニウム塩の場合には、溶解安定性が高く、分散安定性も良好であるという利点を有する。 Further, as represented by the following general formula (1) or (2), the advantage that in the case of the onium salts include relatively large organic group in its structure, solubility high stability, it is also good dispersion stability having.

ここで、A -はフルオロフォスフェートアニオンである。 Here, A - is a fluorophosphate anion. 1 、R 2 、およびR 3の少なくとも1つは炭素数4乃至20の有機基であり、残りは水素原子を含む炭素数1乃至20の有機基である。 At least one of R 1, R 2, and R 3 is an organic group having 4 to 20 carbon atoms, the remainder being an organic group having 1 to 20 carbon atoms containing a hydrogen atom. 4は、2価の芳香族置換基あるいはVI原子を構造内に含む2価の芳香族置換基を示す。 R 4 represents a divalent aromatic substituent containing a divalent aromatic substituent or VI atom therein.

1ないしR 3として導入され得る有機基としては、例えば、プロピル基、ブチル基、ヘキシル基、ヘプチル基、オクチル基、ノニル基、デカニル基などの炭素数4乃至20のアルキル基、プロピルオキシ基、ブチルオキシ基、ヘキシルオキシ基、ヘプチルオキシ基、オクチルオキシ基、ノニルオキシ基、デカニルオキシ基などの炭素数4乃至20のアルキルオキシ基、およびエチレングリコールが脱水縮合したポリエチレンオキシド骨格を有する炭素数4乃至20の置換基)等が挙げられる。 Examples of the organic group R 1 to be introduced as R 3, for example, propyl group, butyl group, hexyl group, heptyl group, octyl group, nonyl group, an alkyl group having a carbon number of 4 to 20, such as decanyl group, a propyloxy group , butyloxy group, hexyloxy group, heptyloxy group, octyloxy group, nonyloxy group, an alkyloxy group having a carbon number of 4 to 20, such as Dekaniruokishi groups, and 4 to 20 carbon atoms having a polyethylene oxide backbone ethylene glycol dehydration condensation It includes substituents) and the like.

また、R 4として導入され得る2価の芳香族置換基としては、例えば、フェニレンやビフェニレンなどのフェニレンを有する基;フェニレンサルファイド、フェニレンジサルファイドなどのフェニレンサルファイド骨格を有する基;ベンゾチオフェニレン、チオフェニレン、ビチオフェニレン基などのチオフェン骨格を有する基;およびフラニレン、ベンゾフラニレンなどのフラン骨格を有する基等が挙げられる。 The divalent aromatic substituent which may be introduced as R 4, for example, phenylene or group having a phenylene such as biphenylene; polyphenylene sulfide, phenylene sulfide group having phenylene sulfide skeleton such; benzothiophenyl phenylene, thio phenylene, groups having a thiophene skeleton such as bithiophenylene group; and furanylene, include a group having a furan skeleton such benzofuranylene.

上述したオニウム塩は、光反応の過程で、有害なベンゼンなどの副生成物の生成が抑制されることも知られている。 Onium salts described above, in the course of the photoreaction, it is also known that formation of by-products such as harmful benzene is suppressed. こうしたオニウム塩を含有する分散体を、インクジェットインクとして用いることで、環境面・安全面の効果が高く望ましいものとなりうる。 A dispersion containing these onium salts, the use as an inkjet ink, can be assumed high desirable effect of environmental and safety.

上述したような粉体または顔料、第1および第2の樹脂分散剤を含む高分子分散剤、およびイオン性化合物が、分散媒中に含有されて、本発明の実施形態にかかる分散体が得られる。 Powder or pigment such as described above, a polymer dispersing agent containing a first and second resinous dispersing agent, and an ionic compound, is contained in the dispersion medium, dispersion obtained according to the embodiment of the present invention It is. こうした分散体をインクジェットインク溶媒で希釈し、添加剤等を添加して、インクジェットインクを調製することができる。 Such dispersion was diluted with an inkjet ink solvent, with the addition of additives and the like, can be prepared inkjet inks. 分散体を調製するための分散媒は、インクジェットインクを調製するための溶媒と同一であることが望ましい。 Dispersion medium for preparing the dispersion is desirably the same as the solvent for preparing the ink jet ink. 場合によっては、分散体の分散媒として低沸点溶剤等を用い、インクジェットインクを調整するための溶媒を加えた後、低沸点分散媒を除去してもよい。 In some cases, using a low-boiling solvent, etc. as a dispersion medium of the dispersion, after the addition of solvent to adjust the inkjet ink may be removed low boiling dispersant. インクジェットインク溶媒は、一般の油性インク溶媒や、ラジカル重合系インク溶媒であっても構わないが、カチオン重合系(化学増幅型)溶媒であるとき、光酸発生剤とイオン性化合物とが兼用されるので望ましいものとなる。 The inkjet ink solvent is generally in or oil-based ink solvent, but may be a radical polymerization ink solvents, when a cationic polymerization (chemical amplification) solvent, a photoacid generator and an ionic compound are combined It becomes desirable than that.

なお、ここでいう「インクジェットインク」とは常温で流動性を有するインクを意味する。 Incidentally, it means ink having fluidity at ordinary temperature to as "inkjet ink" as referred to herein. 具体的には、25℃における粘度が50cp(=mPa・s)、より好ましくは30mPa・sec以下であるインクであり、インクジェット用途に用いられる。 Specifically, 50 cp viscosity at 25 ℃ (= mPa · s), more preferably the ink is not more than 30 mPa · sec, used in ink jet applications. また、インクジェットのヘッドが温調可能な場合、ヘッドの温調温度におけるインクの粘度が5乃至20mPa・secの範囲にあるインクがより望ましい。 Further, when the ink-jet head capable temperature control, ink viscosity of the ink at the controlled temperature of the head is in the range of 5 to 20 mPa · sec is more preferable.

以下においては、基本的には分散体の分散媒について説明するが、インクジェットインク用の溶媒としての説明も記載する。 Hereinafter, basically will be described dispersion medium of the dispersion, it is also described described as a solvent for inkjet ink. 本発明の実施形態における分散媒としては、光硬化型カチオンインクジェットインクで用いられる酸の存在下で重合する化合物が最も好適であるが、他の光硬化型インクジェットインクや、一般の油性インクジェットインクとして用いられる溶剤、ソリッドインクジェットインクや、インク加工の中間工程で用いられる多くの有機溶剤(中間溶剤)を用いても、顔料粒子が安定に分散した好適な分散体が得られる。 As the dispersion medium in an embodiment of the present invention, although the compound is polymerized in the presence of an acid used in the photocurable cationic inkjet inks are most preferred, and other light curable inkjet ink, as a general oil-based ink-jet ink solvent used, and solid inkjet ink, even using a number of organic solvents used in the intermediate step of the ink processing (intermediate solvent), suitable dispersion pigment particles are dispersed stably obtain. こうした分散体を用いて調製された油性インクは、吐出エラーが少ないため望ましいものとなる。 Oil-based ink prepared by using such dispersion becomes desirable for the discharge error is small. 中間溶剤としては、例えば、メチルエチルケトン、アセトン、およびキシレンのような低沸点有機溶剤が挙げられる。 The intermediate solvent, such as methyl ethyl ketone, acetone, and low-boiling organic solvent such as xylene and the like. 油性インク用溶剤としては、ある程度の有機塩化合物に対する溶解性を有し、ヘッドの温調温度(通常は35〜60℃)におけるインクの粘度が5〜20mPa・secの範囲にあるインクが望ましい。 As the solvent for oil ink has a solubility in certain organic salt compounds, the ink viscosity of the ink at the controlled temperature (usually 35 to 60 ° C.) of the head is in the range of 5 to 20 mPa · sec is desirable. ソリッドインクジェットインクにおいては、ある程度の有機塩化合物に対する溶解性を有し、50℃以下で100mPa・s以下程度の流動性を有していることが望ましい。 Solid In the inkjet ink has a solubility in certain organic salt compound, it is desirable to have a fluid to the extent below 100 mPa · s at 50 ° C. or less.

そのような化合物としては、比較的大きな炭素数を有する1価または多価アルコールやそのエステル/エーテル化化合物、ポリ(エチレングリコール)のようなエチレングリコールやプロピレングリコールの付加体のような末端アルコールを有するポリエーテル化合物、比較的大きな炭素数を有する脂肪族化合物や、乳酸エステルなどのエステル類が挙げられる。 Such compounds include monohydric or polyhydric alcohols and their esters / ethers compound having a relatively large number of carbon atoms, the terminal alcohol such as adduct of ethylene glycol or propylene glycol, such as poly (ethylene glycol) polyether compounds having, or larger aliphatic compounds having carbon numbers include esters such as lactic acid esters.

より具体的には、デカノール、ドデカノール、オレイルアルコール、ステアロイルアルコール、ヘキサデカノール、エイコサノール)、多価アルコール(例えば、エチレングリコール、アルコール、ジエチレングリコール(DEG)、トリエチレングリコール、プロピレングリコール、テトラエチレングリコール、ポリエチレングリコール、グリセロール、2−メチル−2,4−ペンタンジオール、2−エチル−2−ヒドロキシメチル−1,3−プロパンジオール(EHMP)、1,5−ペンタンジオール、1,2−ヘキサンジオール、1,2,6−ヘキサントリオール、およびチオグリコール)、アルキレングリコールから誘導される低級アルキルのモノエーテルまたはジエーテル(例えば、エチレングリコールのモノメチルエーテルまた More specifically, decanol, dodecanol, oleyl alcohol, stearoyl alcohol, hexadecanol, eicosanol), polyhydric alcohols (e.g., ethylene glycol, alcohol, diethylene glycol (DEG), triethylene glycol, propylene glycol, tetraethylene glycol, polyethylene glycol, glycerol, 2-methyl-2,4-pentanediol, 2-ethyl-2-hydroxymethyl-1,3-propanediol (EHMP), 1,5-pentanediol, 1,2-hexanediol, 1 , 2,6-hexane triol, and thioglycol), lower alkyl mono- or di-ethers derived from alkylene glycols (e.g., monomethyl ether of ethylene glycol also モノエチルエーテル、ジエチレングリコールのモノメチルエーテルまたはモノエチルエーテル、プロピレングリコールのモノメチルエーテルまたはモノエチルエーテル、トリエチレングリコールのモノメチルエーテルまたはモノエチルエーテル、ジエチレングリコールのジメチルエーテルまたはジエチルエーテル、ポリエチレングリコールのモノブチルエーテル(PEGMBE)、およびジエチレングリコールのモノブチルエーテル(DEGMBE))、窒素含有化合物(例えば、尿素、2−ピロリジノン、N−メチル−2−ピロリジノン、および1,3−ジメチル−2−イミダゾリジノン)、および硫黄含有化合物(例えば、ジメチルスルホキシドおよびテトラメチレンスルホン)などが挙げられる。 Monoethyl ether, diethylene glycol monomethyl ether or monoethyl ether, monomethyl ether or monoethyl ether of propylene glycol, monomethyl ether or monoethyl ether of triethylene glycol, diethylene glycol dimethyl ether or diethyl ether, monobutyl ether of polyethylene glycol (PEGMBE), and diethylene glycol monobutyl ether (DEGMBE)), nitrogen-containing compounds (e.g., urea, 2-pyrrolidinone, N- methyl-2-pyrrolidinone, and 1,3-dimethyl-2-imidazolidinone), and sulfur-containing compounds (e.g. , dimethyl sulfoxide and tetramethylene sulfone) and the like.

パラィン系炭化水素溶媒としては、オクタン、ノナン、デカン、ドデカン等のノルマルパラフィン系炭化水素;イソオクタン、イソデカン、イソドデカン等のイソパラフィン系炭化水素;シクロヘキサン、シクロオクタン、シクロデカン、デカリン等のシクロパラフィン系炭化水素などが挙げられる。 The Parain hydrocarbon solvent, octane, nonane, decane, normal paraffinic hydrocarbons such as dodecane; isooctane, isododecane, isoparaffinic hydrocarbons such as isododecane; cyclohexane, cyclooctane, cyclodecane, cycloparaffinic hydrocarbons decalin and the like. 市販製品としては、例えば、アイソパーE、アイソパーG、アイソパーH、アイソパーL、アイソパーM、エクソールD130、エクソールD140(以上、いずれもエクソン化学社製)、シェルゾール(シェルオイル社製)、ソルトロール(フィリップス石油社製)、ベガゾール(モービル石油社製)、IPソルベンド2835(出光石油化学社製)、モレスコホワイトP−40、モレスコホワイトP−55(以上、いずれも松村石油研究所社製)、流動パラフィンNo. Commercially available products, for example, Isopar E, Isopar G, Isopar H, Isopar L, Isopar M, Exxsol D130, Exxsol D140 (or, all manufactured by Exxon Chemical Co.), Shellsol (made by Shell Oil Co.), salt rolls ( Phillips petroleum Co., Ltd.), Begazoru (made by Mobil oil Co.), IP Sorubendo 2835 (manufactured by Idemitsu Petrochemical Co., Ltd.), Moresco White P-40, Moresco White P-55 (or more, all of which are manufactured by Matsumura oil Research Corp.) , liquid paraffin No. 40−S、および流動パラフィンNo. 40-S, and liquid paraffin No. 55−S(以上、いずれも中央化成社製)等を挙げることができる。 55-S (above all are Chuo Kasei Co., Ltd.) and the like.

溶剤系インクには、上述のうち比較的沸点の低いものが用いられ、油性インクには揮発性の低い沸点が200℃以上のものが好適に用いられる。 The solvent-based ink is relatively low in boiling point is used among the above, the oil-based ink is preferably used boiling low volatility is above 200 ° C.. ソリッドインクジェットインクにおいては、上述した化合物のうち、常温での流動性が極端に小さなものを使用することができる。 In solid inkjet ink, among the compounds described above, it can fluidity at ordinary temperature is extremely use small.

インクが適用される印字媒体によっては、以下のような浸透系溶剤や、高い揮発性を有する溶剤をさらに添加してもよい。 Some print medium to which ink is applied, penetrating solvents and as follows, may be further added a solvent having a high volatility. 例えば、低分子アルコール(例えば、メチルアルコール、エチルアルコール、n−プロピルアルコール、イソプロピルアルコール、n−ブチルアルコール、s−ブチルアルコール、t−ブチルアルコール、イソブチルアルコール、フルフリルアルコール、およびテトラヒドロフルフリルアルコール)、ケトンまたはケトアルコール(例えば、アセトン、メチルエチルケトン、およびジアセトンアルコール)、エーテル(例えば、テトラヒドロフランおよびジオキサン)、およびエステル(例えば、乳酸エチル、炭酸エチレン、および炭酸プロピレン)などである。 For example, low molecular weight alcohols (e.g., methyl alcohol, ethyl alcohol, n- propyl alcohol, isopropyl alcohol, n- butyl alcohol, s- butyl alcohol, t- butyl alcohol, isobutyl alcohol, furfuryl alcohol, and tetrahydrofurfuryl alcohol) ketones or keto alcohols (e.g., acetone, methyl ethyl ketone, and diacetone alcohol), ethers (e.g., tetrahydrofuran and dioxane), and esters (e.g., ethyl lactate, ethylene carbonate and propylene carbonate) and the like. こうした溶剤は、溶剤系インクの場合にも、添加することができる。 Such solvents are in each case solvent based inks, it can be added.

上述したように、構成成分のうち光酸発生剤とイオン性化合物とが兼用できるため、本発明の実施形態における分散媒としては、酸の存在下で重合する化合物が最も好ましい。 As described above, because among photoacid generator components and the ionic compound can be also used as the dispersing medium in an embodiment of the present invention, a compound which is polymerizable in the presence of an acid are most preferred. かかる化合物を用いた場合には、高い感光性や高い密着性を付与した印字物を製造することができる。 When using such compounds, it is possible to produce a printed product which impart high photosensitivity and high adhesion. そのため分散媒は、こうした特性を有する重合性化合物から実質的になるものであってもよい。 Therefore dispersion medium may consist essentially of a polymerizable compound having such characteristics. 「分散媒は重合性化合物から実質的になる」ことは、「分散媒が重合性化合物のみからなる」ことと、「重合性化合物と不可避的に混入した微量の不純物とからなる」こととを包含する。 "Dispersion medium consisting essentially of a polymerizable compound" that includes the "dispersion medium consisting of only a polymerizable compound", "consisting of a polymerizable compound and unavoidably contaminated with trace impurities" that the It encompasses. また、「不可避的に混入した微量の不純物」は、全分散媒中に最大で10重量%以下の濃度で存在することができる。 Further, "unavoidably contaminated with trace impurities" can be present in a concentration of up to 10% by weight or less in the total dispersion medium. 好ましくは、通常5重量%以下である。 Preferably, it is usually 5 wt% or less. 不純物の濃度が10重量%を越えると、実質的に残りの分散媒が空気中に飛散して、安全性が低下するおそれがある。 When the concentration of impurities exceeds 10 wt%, substantially the rest of the dispersion medium are scattered in the air, safety may be reduced. また、硬化物の内部に残存して、硬化性能が低下するおそれがある。 Also, remaining in the interior of a cured product, curing performance may be deteriorated.

酸の存在下で重合する重合性化合物は、単独で50℃以下で100mPa・s以下程度の流動性を有していることが望ましい。 Polymerizable compound is polymerized in the presence of an acid, it is desirable to have a singly degree 100 mPa · s or less at 50 ° C. or less flowability. そのような化合物としては、エポキシ基、オキセタン基、オキソラン基などのような環状エーテル基を有する分子量1000以下の化合物、上述した置換基を側鎖に有するアクリルまたはビニル化合物、カーボネート系化合物、低分子量のメラミン化合物、ビニルエーテル類やビニルカルバゾール類、スチレン誘導体、アルファ−メチルスチレン誘導体、ビニルアルコールとアクリル、メタクリルなどのエステル化合物をはじめとするビニルアルコールエステル類など、カチオン重合可能なビニル結合を有するモノマー類を併せて使用することが挙げられる。 Such compounds, epoxy group, oxetane group, molecular weight of 1,000 or less of the compound having a cyclic ether group such as oxolane group, acrylic or vinyl compounds having a substituent described above in a side chain, carbonate-based compound, a low molecular weight melamine compounds, vinyl ethers and vinyl carbazoles, styrene derivatives, alpha - methyl styrene derivatives, vinyl alcohol and acrylic, and vinyl alcohol esters including esters compounds such as methacrylic, monomers having a cationically polymerizable vinyl bond the combined and include the use.

本発明の実施形態にかかる機能性色材分散体および顔料分散体は、いかなる粘度であってもかまわない。 Functional colorant dispersion according to the embodiment of the present invention and pigment dispersion may be any viscosity. 特にインクジェット用途へ適用するためには、ヘッドの温調温度におけるインクの粘度が5乃至20mPa・secの範囲になるまで希釈して使用可能な現実的な粘度として、25℃における粘度が数百mPa・s以下であることが望まれる。 Especially for application to ink jet applications, as a practical viscosity can be used by diluting to a viscosity of the ink is in the range of 5 to 20 mPa · sec at the controlled temperature of the head, the number a viscosity at 25 ° C. hundred mPa - it is desirable s or less.

本発明の実施形態においては、分散媒はいかなる粘度であってもかまわない。 In embodiments of the present invention, the dispersion medium may be any viscosity. 特に低粘度であることが重要なインクジェット用途へ適用するために、混合物であっても、25℃における粘度が300mPa・s以下であり、1気圧で150℃以上の沸点を有する化合物が望ましい。 In particular, in order to be a low viscosity is applied to critical inkjet applications, be a mixture, not more than a viscosity of 300 mPa · s at 25 ° C., a compound having a boiling point of 0.99 ° C. or higher at 1 atm is preferable. 分散媒の粘度の上限を規定したことによって、顔料粒子の分散性が向上するとともに十分な流動性を付与することができる。 By defining the upper limit of the viscosity of the dispersion medium, it is possible to impart sufficient fluidity is improved and the dispersibility of the pigment particles. また、沸点の下限を規定したことによって、分散体に含有される有害な揮発性分を極力低減することが可能となる。 Moreover, by defining the lower limit of the boiling point, it is possible to minimized adverse volatile content contained in the dispersion. 分散媒の粘度が300mPa・secを越えると、分散体の安定性が劣化するとともに特にインクジェットインクとして加工する場合、正常なインク吐出が困難になる。 When the viscosity of the dispersion medium exceeds 300 mPa · sec, when processing a particular ink-jet ink with deteriorate the stability of the dispersion, the normal ink discharge becomes difficult.

酸の存在下で重合する重合性化合物が脂肪族骨格や脂環式骨格を有する場合には、上述した他の成分とともに用いると、露光時のインクジェットインクの透明度が高められて、硬化後のインク層に適切な熱可塑性や再溶解性を付与することができる。 When the polymerizable compound is polymerized in the presence of an acid having an aliphatic skeleton or an alicyclic skeleton, the use together with other components described above, is increased the transparency of the inkjet ink during exposure, the cured ink it is possible to impart a suitable thermoplastic and re-soluble in the layer. そのため、感度、定着性、転写性、およびメンテナンス性といった性能が向上する。 Therefore, sensitivity, fixing property, transferring property, and improves performance such maintenance. 特に、重合性化合物が脂環式骨格を有するエポキシ化合物である場合には、反応性に加えて、ある程度の高沸点と低粘度とを両立させることができる。 In particular, when the polymerizable compound is an epoxy compound having an alicyclic skeleton, in addition to reactivity, it is possible to achieve both a certain degree of high boiling point and low viscosity.

酸重合性化合物がエポキシ化合物の場合には、例えば、炭素数1ないし15程度の2価の脂肪族骨格または脂環式骨格を有する炭化水素基の少なくとも一方の末端に、エポキシ基あるいは脂環式エポキシ基を有する化合物を挙げることができる。 Acid in the case of the polymerizable compound is an epoxy compound, for example, at least one of the ends of the hydrocarbon group having a divalent aliphatic skeleton or an alicyclic skeleton of about 15 to 1 carbon atoms, an epoxy group or an alicyclic It includes a compound having an epoxy group. また、脂肪族鎖または脂環式骨格を一部に有する2価の基の少なくとも一方の末端に、エポキシ基あるいは脂環式エポキシ基を有する化合物も用いることができる。 Further, at least one end of the divalent group having a portion aliphatic chain or alicyclic skeleton, a compound having an epoxy group or alicyclic epoxy group can also be used.

こうした条件を備えたエポキシ化合物は、溶媒中に少なくとも40重量%の濃度で含有されていれば、その効果を発揮することができる。 Epoxy compounds having such a condition, if it is contained in a concentration of at least 40 wt% in the solvent, it is possible to exert their effects. なお、エポキシ化合物のみで溶媒を構成する場合には、その含有量は液体インク全体に対して30重量%以上であることが好ましく、40重量%以上であることがより好ましい。 When forming a solvent only in the epoxy compound, the content thereof is preferably at least 30 wt% based on the entire liquid ink, and more preferably 40 wt% or more. 30重量%未満の場合には、ノズルつまりが生じたるおそれがある。 If it is less than 30% by weight, nozzle clogging is likely upcoming occur.

上述したような分子骨格に導入されるエポキシ基の数に特に制限はないが、硬化後のインク層に可撓性や再溶解性を付与するには、多くとも2乃至3程度の価数とすることが望ましい。 There is no particular limit to the number of epoxy group to be introduced into the molecular skeleton as described above, to impart flexibility and re-soluble in the ink layer after curing, a valence of 2 to about 3 at most it is desirable to. そのようなエポキシ化合物としては、例えば、以下の一般式(3)または(4)で表わされる化合物を挙げることができる。 Such epoxy compounds, for example, a compound represented by the following general formula (3) or (4).

上記一般式(3)、(4)において、R 21 、R 22およびR 23は、それぞれエポキシ基または脂環式骨格を有するエポキシ基を示し、A 21およびA 22は官能基を示している。 The general formula (3), in (4), R 21, R 22 and R 23 are each an epoxy group having an epoxy group or an alicyclic skeleton, A 21 and A 22 represents a functional group.

一般式(3)または(4)で表わされる化合物の粘度は、通常、1mPa・sec乃至300mPa・sec程度である。 The viscosity of the general formula (3) or (4) a compound represented by is usually, 1 mPa · sec to about 300 mPa · sec.
前記一般式(3)または(4)で表わされるエポキシ化合物は、下記一般式(5)で表わされるエポキシ化合物とともに用いてもよい。 An epoxy compound represented by the general formula (3) or (4) may be used with an epoxy compound represented by the following general formula (5). 下記一般式(5)に示すエポキシ化合物は、通常、粘度が20mPa・sec乃至1000mPa・sec程度の高粘度化合物である。 Epoxy compound represented by the following general formula (5) is a generally high viscosity compound viscosity of about 20 mPa · sec to 1000 mPa · sec. したがって、この化合物の使用は、硬化後のインク層に可撓性、あるいは到達硬度などを付与するのに有効である。 Therefore, use of this compound is effective in providing flexibility, or the like reach hardness ink layer after the curing.

上記一般式(5)において、R 24およびR 25は、それぞれエポキシ基または脂環式骨格を有するエポキシ基を示し、A 23はアルキレン基および/または脂環式骨格を少なくとも有するk+1価の官能基(kは自然数)を示している。 In the general formula (5), R 24 and R 25 are each an epoxy group having an epoxy group or an alicyclic skeleton, A 23 is k + 1 valent functional group having at least alkylene group and / or an alicyclic skeleton (k is a natural number) shows.

例えば、液体インク100重量部に対して、低粘度(15mPa・sec以下)のエポキシ化合物を40重量部乃至90重量部、高粘度エポキシ(15mPa・sec以上)の化合物を10重量部乃至50重量部の割合で配合した場合、吐出に必要な最低限の流動性(50℃で20mPa・sec以下の粘度)を実現するうえで有利である。 For example, the liquid ink 100 parts by weight, low viscosity 40 parts by weight to 90 parts by weight of epoxy compound (15 mPa · sec or less), the high viscosity epoxy (15 mPa · sec or more) compound 10 parts by weight to 50 parts by weight when compounded in a proportion of, it is advantageous in realizing minimum fluidity (viscosity below 20 mPa · sec at 50 ° C.) required for discharge. 特に、低粘度エポキシ化合物と高粘度化合物との重量比を、ほぼ1:1乃至10:1とすることが好ましい。 In particular, the weight ratio of the low-viscosity epoxy compound and the high-viscosity compound, approximately 1: 1 to 10: it is preferably 1. これによって、吐出に適切な粘度、光硬化性、熱可塑性、および再溶解性という特性を全て備えた液体インクが得られる。 Thus, suitable viscosity to the discharge, photocurable, thermoplastic, and re-solubility of all the property that with a liquid ink is obtained.

少量であれば、比較的分子量が高く、例えば常温で固体のような粘性が高い化合物が、分散媒中に含有されて分散媒の一部を構成してもよい。 If small amounts, relatively low molecular weight is high, for example, viscous compounds such as solid at room temperature may constitute a part of the dispersion medium is contained in the dispersion medium. こうした成分を含有することによって、硬化後のインク層の可撓性や顔料の分散性を高めることが可能となる。 By containing such components, it is possible to increase the flexibility and pigment dispersibility of the ink layer after the curing. さらに価数の大きな反応性の高い化合物を用いた場合には、硬化物の硬度や溶媒耐性が高められる。 When further using the large highly reactive compounds valences, hardness and solvent resistance of the cured product is enhanced. そのような化合物としては、例えば、長鎖アルキレン基などによって結合されたエポキシ基、オキセタン基、オキソラン基などのような環状エーテル基を有する分子量5000以下の化合物;上述した置換基を側鎖に有するアクリルまたはビニル化合物;カーボネート系化合物;低分子量のメラニン化合物;ビニルエーテル類やビニルカルバゾール類、スチレン誘導体、アルファ−メチルスチレン誘導体、ビニルアルコールとアクリル、メタクリルなどとのエステル化合物をはじめとするビニルアルコールエステル類など;カチオン重合可能なビニル結合を有するモノマーおよびそのモノマー1種以上が重合したオリゴマーが挙げられる。 Such compounds include, for example, epoxy groups linked by such long chain alkylene group, an oxetane group, a molecular weight of 5000 or less of compounds having cyclic ether groups such as oxolane group; having a substituent described above in a side chain acrylic or vinyl compounds; carbonate-based compounds; low molecular weight melanin compounds; vinyl ethers and vinyl carbazoles, styrene derivatives, alpha - methyl styrene derivatives, vinyl alcohol and acrylic, vinyl alcohol esters, including ester compounds of methacrylic etc.; cationically polymerizable or more monomers and one the monomer having a vinyl bond include oligomers obtained by polymerizing.

また、分散媒には、上述した化合物に加えて、ビニルアルコールの単独もしくは共重合体;カゼイン、セルロースのように酸反応性・脱水縮合性のOH基、COOH基、アセタール基等を有する分子量5000以下の樹脂;同じく分子量5000以下のポリカーボネート樹脂;ポリアミック酸、ポリアミノ酸もしくはアクリル酸と側鎖に酸重合性二重結合を有するビニル化合物との共重合体;ビニルアルコールと側鎖に酸重合性二重結合を有するビニル化合物との共重合体;およびメチロール化されたメラミン化合物、末端ヒドロキシル基を有するポリマー(エステルオリゴマ−)などからなる群から選択される化合物が、さらに含有されていてもよい。 Further, the dispersion medium, in addition to the compounds described above, alone or a copolymer of vinyl alcohol; casein, acid-reactive and dehydration condensation OH groups of compatibility as cellulose, COOH group, molecular weight having an acetal group 5000 the following resins; also molecular weight of 5000 or less of a polycarbonate resin; acid vinyl alcohol and a side chain polymerizable two; polyamic acid, a copolymer of vinyl compound having an acid polymerizable double bond on polyamino acid or acrylic acid with a side chain copolymers of vinyl compounds having a double bond; and methylolated melamine compounds, polymers having terminal hydroxyl groups (ester oligomer -) compound selected from the group consisting of such, may be further contained.

特に、次のような特定の組成のインクジェットインクを調製する場合には、溶媒の少なくとも50重量部は、常温常圧で20mPa・s以下の粘度、摂氏150℃以上の沸点を有する脂環式骨格および/または脂肪族骨格を有する酸重合性化合物であることが好ましい。 In particular, when preparing an ink-jet ink of a particular composition, such as: at least 50 parts by weight of solvent, 20 mPa · s or less in viscosity at room temperature and atmospheric pressure, alicyclic skeleton having a boiling point above centigrade 0.99 ° C. and / or is preferably acid-polymerizable compound having an aliphatic skeleton. 具体的には、インク中の光酸発生剤の含有量が、酸の存在下で重合する溶媒100重量部に対して1重量部以上10重量部以下であり、色成分として顔料が用いられる場合である。 Specifically, if the content of the photoacid generator in the ink, no more than 10 parts by weight or more and 1 part by weight per 100 parts by weight of a solvent which is polymerizable in the presence of an acid, a pigment is used as a color component it is. この場合、脂肪族骨格および/または脂環式骨格の炭素原子の一部は、酸化されたり、酸素に置換されていてもよい。 In this case, a part of carbon atoms in the aliphatic skeleton and / or an alicyclic skeleton, or is oxidized, may be replaced by oxygen.

すでに説明したように、脂環式骨格および/または脂肪族骨格を有する酸重合性化合物の分子骨格に導入されるエポキシ基の数は特に制限されないが、硬化後のインク層に可撓性や再溶解性を付与するには、2乃至3程度の価数とすることが望ましい。 As already explained, the number of epoxy group to be introduced into the molecular skeleton of the acid-polymerizable compound having an alicyclic skeleton and / or aliphatic skeleton is not particularly limited, flexible and re-ink layer after curing to impart solubility, it is desirable that the valence of about 2 to 3. 通常、これらは、粘度が1mPa・sないし30mPa・s程度である低粘度の化合物と同等かそれ以上の粘度を有する化合物の混合体である。 Usually, they are a mixture of compounds which viscosity has equal or viscosity and a compound of low viscosity is about 30 mPa · s to not 1 mPa · s. ただし、低粘度化合物が過剰に含有されると、インクジェットの吐出が乱れたり、揮発性が増大するおそれがあるので、その含有量の上限は90重量%にとどめることが望まれる。 However, the low viscosity compound is contained excessively, or disturbed jet discharge, since volatility is likely to increase, the upper limit of its content is desirably kept to 90 wt%.

一方、安全性の観点からは、脂肪族エポキシ化合物の場合、炭素数が多く、分子量が高い方が変異原性が低いため望ましく、変異原性の比較的低い脂環式骨格を有するエポキシ化合物を中心に用いることが望ましい。 On the other hand, from the viewpoint of safety, in the case of aliphatic epoxy compounds, many carbon atoms, for better high molecular weight is low mutagenicity desirably, the epoxy compound having mutagenicity relatively low alicyclic skeleton it is preferable to use the center.

脂環式エポキシ化合物としては、例えば、リモネン(ジ)オキサイド、オキサビシクロヘプタン、αピネンオキサイド、(3,4'−エポキシシクロヘキサン)メチル3,4−エポキシシクロヘキサンカルボキシレート、4−ビニルシクロヘキセン−1,2エポキサイドなどおよびその置換化合物が挙げられる。 As the alicyclic epoxy compound, for example, limonene (di) oxide, oxabicycloheptane, alpha-pinene oxide, (3,4'-epoxycyclohexane) methyl 3,4-epoxycyclohexane carboxylate, 4-vinylcyclohexene-1, etc. and their substituted compounds 2 epoxide are exemplified. 脂肪族骨格を有するエポキシ化合物としては、炭素数2以上の脂肪族骨格に、1以上のグリシジルエーテル基を有する化合物などが挙げられる。 The epoxy compound having an aliphatic skeleton, the number 2 or more aliphatic backbone carbon, and the like compounds having one or more glycidyl ether groups. 例えば、ネオペンチルグリコールジグリシジルエーテル、エチレングリコールジグリシジジルエーテル、グリセロールジ(トリ)グリシジルエーテル、1,6−ヘキサンジオールジグリシジルエーテル、およびデカングリシジルエーテルなどである。 For example, neopentyl glycol diglycidyl ether, ethylene glycol diglycidyl Zizi ether, glycerol di (tri) glycidyl ether, and the like 1,6-hexanediol diglycidyl ether, and decane glycidyl ether. また、水添ビスフェノールAや、ノボラック、およびビフェノールのグリシジルエーテル化化合物なども挙げられる。 Moreover, and hydrogenated bisphenol A, novolak, and glycidyl ethers of compounds of biphenol, such as may also be used. こうした化合物は一般に粘度が高いため、より低粘度のエポキシ化合物と併用することが望まれる。 Since these compounds are generally viscosity high, it is desired in combination with lower viscosity epoxy compound.

より具体的には、商品名として、ダイセル化学社製のセロキサイド2021、セロキサイド2021A、セロキサイド2021P、セロキサイド2081、セロキサイド2000、セロキサイド3000に例示される脂環式エポキシ、エポキシ基を有する(メタ)アクリレート化合物であるサイクロマーA200、サイクロマーM100、MGMAのようなメチルグリシジル基を有するメタクリレート、低分子エポキシ化合物であるグリシドール、β−メチルエピコロルヒドリン、α−ピネンオキサイド、C12〜C14のα−オレフィンモノエポキシド、C16〜C18のα−オレフィンモノエポキシド、ダイマックS−300Kのようなエポキシ化大豆油、ダイマックL−500のようなエポキシ化亜麻仁油、エポリードGT301、およ More specifically, the trade name, manufactured by Daicel Chemical Industries of CELLOXIDE 2021, CELLOXIDE 2021A, Celloxide 2021P, Celloxide 2081, Celloxide 2000, alicyclic epoxy illustrated in CELLOXIDE 3000, having an epoxy group (meth) acrylate compound Cyclomer A200 is, methacrylate having methylglycidyl group such as Cyclomer M100, MGMA, a low molecular epoxy compound glycidol, beta-methyl-epi Korol epichlorohydrin, alpha-pinene oxide, C12 -C14 of alpha-olefin mono epoxides, C16 -C18 of α- olefin monoepoxide, epoxidized soybean oil such as Daimakku S-300K, epoxidized linseed oil such as Daimakku L-500, Epolead GT301, Oyo エポリードGT401のような多官能エポキシなどを挙げることができる。 Or the like can be mentioned a multifunctional epoxy such as Epolead GT401.

さらに、サイラキュア(米国ダウケミカル社製、脂環式エポキシ化合物)や、水素添加し且つ脂肪族化した低分子フェノール化合物の水酸基末端をエポキシを有する基で置換した化合物、エチレングリコールやグリセリン、ネオペンチルアルコールやヘキサンジオール、トリメチロールプロパンなどの多価脂肪族アルコール/脂環アルコールなどのグリシジルエーテル化合物、ヘキサヒドロフタル酸のグリシジルエステル、および水添芳香族の多価カルボン酸のグリシジルエステルなどを使用することができる。 Furthermore, CYRACURE (Dow Chemical Co., alicyclic epoxy compound) and a compound of the terminal hydroxyl group of the low molecular weight phenol compound was replaced by a group having epoxy was added and aliphatic hydrocarbons, ethylene glycol and glycerine, neopentyl alcohol or hexanediol, use glycidyl ether compounds of polyhydric aliphatic alcohol / alicyclic alcohol such as trimethylol propane, glycidyl esters of hexahydrophthalic acid, and the like polyglycidyl esters of carboxylic acids of hydrogenated aromatic be able to.

また、画像の耐薬品性などを向上させるために、高耐候性および高Tgを有する透明液状エポキシ樹脂等を添加してもよい。 Further, in order to improve the chemical resistance of the image, it may be added to the transparent liquid epoxy resins having a high weather resistance and high Tg. こうした樹脂としては、例えば、ダイセル化学社製エポリードPB3600、PB3600Mなどのエポキシ化ポリブタジエン、EHPE3150、EHPE3150CEなどが挙げられる。 As such resins, for example, Daicel Chemical Industries, Ltd. Epolead PB3600, epoxidized polybutadiene such as PB3600M, EHPE3150, etc. EHPE3150CE the like. あるいは、これらに加え、ラクトン変性脂環エポキシ樹脂を併用しても構わない。 Alternatively, in addition to these, it may be used in combination with the lactone modified alicyclic epoxy resin. 例えば、ダイセル社製プラクセルGL61、GL62、G101、G102、G105、G401、G402、およびG403Xなどである。 For example, Daicel Co. PLACCEL GL61, GL62, G101, G102, G105, G401, G402, and G403X the like.

なかでも、セロキサイド2000、セロキサイド3000、α−ピネンオキサイド、エチレングリコールやグリセリン、ネオペンチルアルコールやヘキサンジオールのアルコールをグリシジルエーテルに変性した化合物は、粘度および揮発性の観点から望ましい。 Among them, Celloxide 2000, Celloxide 3000, alpha-pinene oxide, ethylene glycol and glycerine, compound the alcohol neopentyl alcohol or hexanediol denatured glycidyl ether, from the viewpoint of viscosity and volatility. 特に、天然物を出発原料としたリモネンジオキサイド(製品名:セロキサイド3000)やα−ピネンオキサイド、は、粘度や反応性の観点で望ましいものとなる。 In particular, limonene dioxide in which the natural product starting material (product name: Celloxide 3000) and α- pinene oxide, is a desirable in terms of viscosity and reactivity.

なお、印刷物に要求される特性は、その用途に応じて異なる。 Incidentally, characteristics required for the printed material will vary depending on the application. 例えば、印刷物を缶やペットボトルの外装や油性材料からなる容器の外装などに使用する場合には、印字画像は溶剤耐性や高い密着性を有することが要求される。 For example, when used like exterior container made prints from the exterior and oily materials cans and bottles, the printed image is required to have solvent resistance and high adhesion. そのような場合には、脂環式エポキシ化合物および脂肪族エポキシ化合物に加えて、前述のようにフェノール性水酸基を有する化合物、例えばビスフェノールAのグリシジルエーテル化合物や、フェノールノボラックやポリヒドロキシスチレンをはじめとするフェノール系オリゴマーのグリシジルエーテル化合物や、スチレンオキサイドのような一般の芳香族エポキシ化合物を適量添加することができる。 In such a case, in addition to the alicyclic epoxy compound and aliphatic epoxy compound, a compound having a phenolic hydroxyl group as described above, and for example, glycidyl ether compounds of bisphenol A, O and including phenol novolac and polyhydroxystyrene and glycidyl ether compounds of phenolic oligomer, a general aromatic epoxy compounds such as styrene oxide may be added in an appropriate amount.

さらに、例えば数十m毎分という高速な印字と同時に、溶剤への耐性も要求される場合には、酸で重合する溶媒として、オキセタン化合物を使用することによりこれを達成することができる。 Further, simultaneously with the high-speed printing of, for example, several tens m per minute, if the resistance to solvents is also required, as a solvent for polymerization with an acid, this can be achieved by the use of an oxetane compound. しかしながら、芳香族オキセタン化合物が溶媒の主成分として用いられると、インクジェットインクの粘度が著しく上昇してしまう。 However, when the aromatic oxetane compound is used as the main component of the solvent, the viscosity of the inkjet ink is significantly increased. これを避けるために、脂肪族または脂環式のオキセタン化合物を添加することが望ましい。 To avoid this, it is desirable to add an aliphatic or alicyclic oxetane compound. かかるオキセタンは、その脂肪族鎖または脂環構造内の一部にエーテル結合を含有した(ポリ)アルキレンオキシドやオキソラン構造であっても構わない。 Such oxetane, may be a part of the aliphatic chain or the alicyclic structure containing an ether bond (poly) alkylene oxide or oxolane structure. 粘度適性を考慮すると、芳香族オキセタン化合物の含有量は、0〜40重量部の範囲であることが好ましい。 In view of the viscosity suitability, the content of the aromatic oxetane compound is preferably in the range of 0 to 40 parts by weight.

ただし、印刷物にさらに溶解性の高い溶剤への耐性を要求される場合は、上述した範囲を越えて、芳香族オキセタン化合物の含有量を増加することができる。 However, if required the resistance to further highly soluble solvents to printed matter, beyond the range mentioned above, it is possible to increase the content of the aromatic oxetane compound. その場合には、粘度の上昇が引き起こされるため、低粘度エポキシ化合物や、アクリル側鎖にオキセタンを有する化合物、ビニルエーテル化合物のような低粘度化合物を組み合わせて用いることが望ましい。 In this case, since the increase in viscosity is caused, low viscosity epoxy compound and a compound having an oxetane acrylic side chains, it is desirable to use a combination of low viscosity compounds such as vinyl ether compounds.

2価以上の脂肪族または脂環式オキセタン化合物としては、例えば、(ジ[1−エチル(3−オキセタニル)]メチルエーテル、3−エチル−3−(2−エチルヘキシロキシメチル)オキセタン、[(1−エチル−3−オキセタニル)メトキシ]シクロヘキサン、ビス[(1−エチル−3−オキセタニル)メトキシ]シクロヘキサンや、ビス[(1−エチル−3−オキセタニル)メトキシ]ノルボルナンなどの脂環に1以上のオキセタン含有基が導入された化合物が挙げられる。また、エチレングリコールやプロピレンゴリコール、ネオペンチルアルコールなどの脂肪族多価アルコールに、3−エチル−3−ヒドロキシメチルオキセタンのようなオキセタン含有アルコールを脱水縮合させたエーテル化合物なども用いることができる。 The aliphatic bivalent or higher or alicyclic oxetane compounds, for example, (di [1-ethyl (3-oxetanyl)] methyl ether, 3-ethyl-3- (2-ethylhexyloxymethyl) oxetane, [( 1-ethyl-3-oxetanyl) methoxy] cyclohexane, bis [(1-ethyl-3-oxetanyl) methoxy] cyclohexane or bis [(1-ethyl-3-oxetanyl) methoxy] norbornane like alicyclic to one or more of compound oxetane-containing group introduced therein. Further, dehydrated ethylene glycol, propylene rubber recall, the aliphatic polyhydric alcohol such as neopentyl alcohol, an oxetane-containing alcohol such as 3-ethyl-3-hydroxymethyl oxetane such as condensed with ether compound can also be used.

芳香族骨格を含むオキセタン化合物としては、例えば、1,4−ビス((1−エチル−3オキセタニル)メトキシ)ベンゼン、1,3−ビス((1−エチル−3オキセタニル)メトキシ)ベンゼン、4,4'−ビス((3−エチル−3オキセタニル)メトキシ)ビフェニル、およびフェノールノボラックオキセタン類が挙げられる。 The oxetane compounds comprising an aromatic skeleton include 1,4-bis ((1-ethyl-3-oxetanyl) methoxy) benzene, 1,3-bis ((1-ethyl-3-oxetanyl) methoxy) benzene, 4, 4'-bis ((3-ethyl-3-oxetanyl) methoxy) biphenyl and phenol novolac oxetane compounds, and the like.

これらの化合物のなかでも、粘度が低いため[1−エチル(3−オキセタニル)]メチルエーテルが好適に用いられる。 Among these compounds, due to the low viscosity [1-ethyl (3-oxetanyl)] methyl ether is preferably used. オキセタン基を側鎖に有するアクリル化合物またはメタクリル化合物などを用いた場合も、粘度の上昇を抑えられるのに加えて、オキセタン化合物と同様の硬化加速効果を得ることができる。 Even when using acrylic compounds or methacrylic compounds having oxetane group on a side chain, it can be added to suppress the increase in viscosity, obtaining the same curing acceleration effect and an oxetane compound.

硬化速度の向上や印字画像の溶剤耐性に加えて、さらなる粘度の低下と硬化硬度の向上が要求される場合には、同様に下記一般式(6)で表わされるビニルエーテル化合物をインクジェットインク中に配合することが好ましい。 In addition to the solvent resistance improved and printing images of curing rate, in the case where improvement of decreased curing hardness of further viscosity is required, similarly compounded vinyl ether compound represented by the following general formula (6) in the inkjet ink it is preferable to. かかるビニルエーテル化合物は、単独または組み合わせて用いることができる。 Such vinyl ether compounds may be used singly or in combination.

上記一般式(6)中、R 13は少なくともひとつはビニルエーテル骨格を有する基であり、ビニルエーテル基、水酸基から選択される置換基を示す。 In the general formula (6), R 13 is a group having at least one vinyl skeleton shows a vinyl ether group, a substituent selected from a hydroxyl group. 14は脂環式骨格あるいは環状エーテル化合物、テルペノイド骨格または芳香族骨格から選択されるp+1価の基であり、pは0を含む正の整数である。 R 14 is an alicyclic skeleton or a cyclic ether compound, a (p + 1) -valent group selected from the terpenoid skeleton or aromatic skeleton, p is a positive integer including zero.

一般に、脂肪族グリコール誘導体やシクロヘキサンジメタノールなどのメチレン基に結合したビニルエーテル化合物は、通常よく知られている。 In general, vinyl ether compounds bound to methylene group of aliphatic glycol derivatives or of cyclohexane dimethanol are generally known well. このようなビニルエーテル化合物の重合反応は、顔料によって顕著に阻害され、かつ、比較的粘度も高いため、これまでインク成分として配合することが難しかった。 The polymerization reaction of such vinyl ether compounds may be markedly inhibited by pigments, and, for a relatively viscosity is high, it is difficult to blend as an ink component to this. 前記一般式(6)で表わされるビニルエーテル化合物においては、脂環式骨格、環状エーテル化合物、テルペノイド骨格あるいは芳香族骨格に、少なくとも1つのビニルエーテル基が直接結合しており、顔料と同時に含有されても硬化性能に優れる。 In vinyl ether compound represented by the general formula (6) is an alicyclic skeleton, cyclic ether compound, a terpenoid skeleton or an aromatic skeleton, and at least one vinyl ether group is directly bonded, be contained at the same time as the pigment excellent curing performance.

かかるビニルエーテル化合物は、前述のエポキシ化合物や、オキセタン化合物と組み合わせて使用することができる。 Such vinyl ether compounds, and the aforementioned epoxy compounds may be used in combination with the oxetane compound. あるいは、溶媒としての酸重合性化合物の全量を、このビニルエーテル化合物で構成してもよい。 Alternatively, the entire amount of the acid-polymerizable compound as a solvent, may be constituted by the vinyl ether compound.

前記一般式(6)において(p+1)価の有機基R 14としては、例えば、ベンゼン環やナフタレン環、ビフェニル環を含む(p+1)価の基、シクロアルカン骨格や、ノルボルナン骨格、アダマンタン骨格、トリシクロデンカン骨格、テトラシクロドデカン骨格、テルペノイド骨格、および、コレステロール骨格などの橋かけ脂環化合物から誘導される(p+1)価の基などが挙げられる。 As the general formula (6) (p + 1) -valent organic group R 14, for example, a benzene ring or a naphthalene ring, including biphenyl ring (p + 1) -valent group, or cycloalkane skeleton, norbornane skeleton, adamantane skeleton, tri Shikurodenkan skeleton, tetracyclododecane skeleton, terpenoid skeleton, and, like bridged derived from alicyclic compounds (p + 1) -valent group such as cholesterol skeleton.

より具体的には、シクロヘキサン(ポリ)オール、ノルボルナン(ポリ)オール、トリシクロデカン(ポリ)オール、アダマンタン(ポリ)オール、ベンゼン(ポリ)オール、ナフタレン(ポリ)オール、アントラセン(ポリ)オール、ビフェニル(ポリ)オールなどの脂環ポリオールやフェノール誘導体おける水酸基の水素原子が、ビニル基に置換された化合物などが挙げられる。 More specifically, cyclohexane (poly) ol, norbornane (poly) ol, tricyclodecane (poly) ol, adamantane (poly) ol, benzene (poly) ol, naphthalene (poly) ol, anthracene (poly) ol, biphenyl (poly) cycloaliphatic polyol or phenol derivatives definitive hydroxyl hydrogen atoms such as ol, and the like compounds substituted vinyl group. また、ポリビニルフェノールやフェノールノボラックなどのポリフェノール化合物における水酸基の水素原子が、ビニル基に置換された化合物などを用いることもできる。 The hydrogen atom of the hydroxyl group in the polyphenol compound such as polyvinyl phenol or phenol novolac, or the like can also be used compounds substituted vinyl group. 上述したような化合物は、水酸基の一部が残留していても、あるいは、脂環式骨格の一部のメチレン原子がケトン基やラクトン、酸素原子などに酸化あるいは置換されていても問題ない。 Compounds as described above, even if a portion of the hydroxyl groups remain, or some methylene atoms ketone group and lactone alicyclic skeleton, be oxidized or substituted, such as an oxygen atom no problem. こうした場合には、揮発性が低減するため望ましいものとなる。 In such cases, a desirable because volatility is reduced.

特に、シクロヘキシルモノビニルエーテル化合物は揮発性に富むため、シクロヘキシルモノビニルエーテル化合物が用いられる場合は、シクロヘキサン環は少なくともシクロヘキサノン環等に酸化されていることが望ましい。 In particular, cyclohexyl monovinyl ether compound for rich volatile, if cyclohexyl monovinyl ether compound is to be used, the cyclohexane ring is desirably are oxidized to at least cyclohexanone ring.

かかる化合物のなかでも、ビニルエーテル構造を含む置換基を有する環状エーテル化合物がより好ましい。 Among these compounds, cyclic ether compounds having a substituent containing a vinyl ether structure is more preferable. 硬化性や安全性の面では、酸素原子を含む5員環骨格を含み、橋かけ構造やスピロ構造を同時に有する環状エーテル骨格が最も好適である。 In terms of curability and safety, including a 5-membered ring structure containing an oxygen atom, a cyclic ether skeleton is most preferred to have simultaneously a bridged structure or spiro structure. こうしたビニルエーテル化合物は、相当するアルコール化合物と酢酸ビニルやプロペニルエーテルのようなビニルエーテル源を出発原料として、例えば、塩化イリジウムのような触媒を用いてアルコールをビニルエーテルに置換するような方法(J.Am.Chem.Soc.Vol124,No8,1590−1591(2002))を用いて、好適に合成することができる。 Such vinyl ether compounds as vinyl source starting materials such as the corresponding alcohol compound and vinyl acetate and propenyl ether, for example, methods such as replacing the alcohol ether with a catalyst such as iridium chloride (J. Am Chem.Soc.Vol124, can use the No8,1590-1591 (2002)), suitably synthesized.

また、上述した化合物のなかでも、テルペノイド骨格やノルボルナン骨格のような天然に多く存在する骨格を有するエポキシ化合物、オキセタン化合物、ビニルエーテル化合物は、コストの面で良好である。 Further, among the compounds described above, an epoxy compound having a skeleton abundant in natural, such as terpenoid skeleton or norbornane skeleton, oxetane compounds, vinyl ether compounds are excellent in terms of cost.

本発明の実施形態にかかる分散体を調製するための分散媒としては、一般油性インク溶剤やカチオン重合性溶剤のほか、ラジカル重合性溶剤を用いることもできる。 As the dispersion medium for preparing the dispersion according to the embodiment of the present invention, the general oil-based ink solvent and cationic polymerizable solvent addition, it is also possible to use a radically polymerizable solvent. ラジカル重合性溶剤は、光ラジカル発生剤を配合して、光硬化型インクジェットインクの溶媒として適用することもできる。 Radical polymerizable solvent, by incorporating a photoradical generator may be applied as a solvent for the photo-curable inkjet ink.

ラジカル重合性溶媒としては、例えば、一般に知られているモノ〜ポリオールのアクリルまたはメタクリルエステル化合物などが挙げられる。 As the radical polymerizable solvent, such as an acrylic or methacrylic ester compound of a mono-polyols generally known. モノアクリレートとしては安全性が高いため、テルペノイド骨格をエステル側鎖に有するアクリレートまたはメタクリレート化合物が好適に用いられる。 It has high safety as a monoacrylate, an acrylate or methacrylate compound having terpenoid skeleton ester side chain is preferably used. 例えば特開平08−82925号公報に開示されたようなアクリル系化合物が、モノマーとして好適に用いられる。 For example acrylic compounds as disclosed in JP-A-08-82925 are preferably used as a monomer. 例えば、ミルセン,カレン,オシメン,ピネン,リモネン,カンフェン,テルピノレン,トリシクレン,テルピネン,フェンチェン,フェランドレン,シルベストレン,サビネン,ジペンテン、ボルネン、イソプレゴール、またはカルボンなどの不飽和結合を有するテルペンの2重結合をエポキシ化し、アクリル酸またはメタクリル酸を付加させたエステル化合物が挙げられる。 For example, myrcene, carene, ocimene, pinene, limonene, camphene, terpinolene, tricyclene, terpinene, Fen Chen, phellandrene, Silvestre Ren, sabinene, dipentene, bornene, double terpene having an unsaturated bond such isopulegol or carboxylic, combining the epoxidized include ester compound obtained by adding acrylic acid or methacrylic acid. あるいは、シトロネロール,ピノカンフェオール,ゲラニオール,フェンチルアルコール,ネロール,ボルネオール,イソボルネオール、リナロール,メントール,テルピネオール,ツイルアルコール,シトロネラール,ヨノン,イロン,シネロール,シトラール,ピノール,シクロシトラール,カルボメントン,アスカリドール,サフラナール,ピペリトール、メンテンモノオール、ジヒドロカルボン、カルベオール、スクラレオール,マノール,ヒノキオール,フェルギノール,トタロール,スギオール、ファルネソール,パチュリアルコール,ネロリドール,カロトール,カジノール,ランセオール,オイデスモール、またはフィトールなどのテルペン由来アルコールとアクリル酸またはメタクリル酸とのエステル化合物を用いてもよ Alternatively, citronellol, Pinot cans Fe-ol, geraniol, Fen chill alcohol, nerol, borneol, iso borneol, linalool, menthol, terpineol, twill alcohol, citronellal, ionone, irone, Shineroru, citral, Pinole, cyclocitral, Karubomenton, Askari Doll, Safranal, piperitol, Menten monool, dihydrocarvone, carveol, sclareol, Manor, hinokiol, ferruginol, totarol, Sugioru, farnesol, patchouli alcohol, nerolidol, Karotoru, Kajinoru, Ranseoru, terpenes such Come small or phytol, It is used ester compound derived from an alcohol and acrylic acid or methacrylic acid . これに加えて、密着性などの改善のためにアルキルアクリレート、ヒドロキシエチルアクリレート、脂環エポキシを側鎖に有するアクリレートなどの一般のアクリレートやメタクリレート化合物を例示することができる。 In addition, the alkyl acrylate in order to improve such adherence, hydroxyethyl acrylate, an alicyclic epoxy can be exemplified typically acrylates or methacrylate compounds such as acrylate having in the side chain.

また、上述したモノマーの反応性を高めるために、多官能アクリレート類も用いることができる。 In order to enhance the reactivity of the aforementioned monomers, polyfunctional acrylates also can be used. 例えば、多価アルコール化合物のポリアクリレート化合物、多価芳香族アルコールのポリアクリレート化合物、多価脂環アルコールのポリアクリレート化合物、および置換基を有するスチレン系化合物などが挙げられる。 For example, polyacrylate compounds of polyhydric alcohol compounds, polyacrylate compounds of polyhydric aromatic alcohols, polyhydric polyacrylate compounds of alicyclic alcohols, and styrene compounds having a substituent. かかるモノマーとして、例えばエチレングリコール、ポリエチレングリコール、プロピレングリコール、グリセリン、ネオペンチルアルコール、トリメチロールプロパンやペンタエリスト−ル、ビニルアルコール系オリゴマーなどのジ〜ポリアクリレート化合物、ウレタンアクリレート系化合物、フェノールやクレゾール、ナフトール、ビスフェノール、およびそれらのノボラック系縮合化合物やビニルフェノール系オリゴマーのジ〜ポリアクリレート化合物など、およびそれらが水添された、シクロヘキサン、水添ビスフェノール、デカヒドロナフタレン脂環や、テルペン系脂環、ジシクロペンタンやトリシクロデカン系脂環のジ〜ポリヒドロキシ化合物のジ〜ポリアクリレート化合物などが例示される。 As such monomers, for example ethylene glycol, polyethylene glycol, propylene glycol, glycerin, neopentyl alcohol, trimethylol propane and pentaerythritol et list - le, di-polyacrylate compounds such as vinyl alcohol oligomers, urethane acrylate-based compound, a phenol or cresol , naphthol, bisphenol, and the like di-polyacrylate compounds thereof novolak condensation compound and a vinyl phenolic oligomers, and they are hydrogenated, cyclohexane, hydrogenated bisphenol, and decahydronaphthalene alicyclic, terpenic alicyclic , di-polyacrylate compounds of di- ~ polyhydroxy compounds dicyclopentane and tricyclodecane-based alicyclic, or the like is exemplified. こうした化合物のアクリレート部位を、ビニルエーテルを含む基に置換した化合物もまた、好適に用いることができる。 The acrylate portion of these compounds, the compound was replaced by a group containing a vinyl ether can also be suitably used.

2価以上のアクリレートの具体的な化合物としては、以下のものが挙げられる。 Specific compounds of divalent or more acrylates include the following. 例えば、1,4−ブタンジオールジアクリレート、1,6−ヘキサンジオールジアクリレート、1,9−ノナンジオールジアクリレート、2−n−ブチル−2−エチル−1,3−プロパンジオールジアクリレート、ジプロピレングリコールジアクリレート、トリプロピレングリコールジアクリレート、テトラエチレングリコールジアクリレート、トリエチレングリコールジアクリレート、3−メチル−1,5−ペンタンジオールジアクリレート、2−メチル−1,8−オクタンジオールアクリレートと1,9−ノナンジオールジアクリレート混合物、ジメチロールトリシクロデカンジアクリレート、ヒドロキシピバリン酸ネオペンチルグリコールジアクリレート、ポリテトラメチレングリコールジアクリレート、トリメチロールプロパントリ For example, 1,4-butanediol diacrylate, 1,6-hexanediol diacrylate, 1,9-nonanediol diacrylate, 2-n-butyl-2-ethyl-1,3-propanediol diacrylate, dipropylene glycol diacrylate, tripropylene glycol diacrylate, tetraethylene glycol diacrylate, triethylene glycol diacrylate, 3-methyl-1,5-pentanediol diacrylate, and 2-methyl-1,8-octanediol diacrylate 1,9 - nonanediol diacrylate mixture dimethylol tricyclodecane diacrylate, hydroxypivalic acid neopentyl glycol diacrylate, polytetramethylene glycol diacrylate, trimethylolpropane tri クリレート、ペンタエリスリトールトリアクリレート、ペンタエリスリトールトリアクリレート、トリメチロールプロパンEO付加物トリアクリレート、EO変性トリメチロールプロパントリアクリレート、カプロラクトン変性トリメチロールプロパントリアクリレート、グリセリンPO付加トリアクリレート、グリセリンプロポキシトリアクリレート、トリスアクリロイルオキシエチルフォスフェート、ペンタエリスリトールテトラアクリレート、ペンタエリスリトールエトキシテトラアクリレート、ポリエチレングリコールジアクリレート、およびウレタンアクリレート類などである。 Acrylate, pentaerythritol triacrylate, pentaerythritol triacrylate, trimethylolpropane EO adduct triacrylate, EO modified trimethylolpropane triacrylate, caprolactone modified trimethylolpropane triacrylate, glycerin PO-added triacrylate, glycerol propoxy triacrylate, tris acryloyl oxyethyl phosphate, pentaerythritol tetraacrylate, pentaerythritol tetraacrylate, and the like polyethylene glycol diacrylate, and urethane acrylates.

さらに、商品名として大阪有機化学工業(株)のV#195、V#230、V#260、V#265、V#310HP、V#335HP、V#295、V#300、V#360、V#GPT、V#3PA、V#400、ダイセルUCB社のHDODA、DPGDA、TPGDA、PEG300DA、PEG400DA、Ebecryl11、IRR214、TMPTA、PETIA、Ebecryl160、Ebecryl2047、OTA480,Ebecryl53、Ebecryl40、共栄社化学(株)のライトアクリレート1.6HX−A、ライトアクリレート1.9ND−A、ライトアクリレートBEPG−A、ライトアクリレート3EG−A、ライトアクリレート4EG−A、ライトアクリレート9EG−A、ライトアクリレ Further, V # 195 of Osaka Organic Chemical Industry under the trade name (Corporation), V # 230, V # 260, V # 265, V # 310HP, V # 335HP, V # 295, V # 300, V # 360, V # GPT, V # 3PA, V # 400, manufactured by Daicel UCB's HDODA, DPGDA, TPGDA, PEG300DA, PEG400DA, Ebecryl11, IRR214, TMPTA, PETIA, Ebecryl160, Ebecryl2047, OTA480, Ebecryl53, Ebecryl40, Kyoeisha light of chemical Co., Ltd. acrylate 1.6HX-A, light acrylate 1.9ND-A, light acrylate BEPG-A, light acrylate 3EG-A, light acrylate 4EG-A, light acrylate 9EG-A, Raitoakurire ト14EG−A、ライトアクリレートNP−A、ライトアクリレートMPD−A、ライトアクリレートMOD−A、ライトアクリレートDCP−A、ライトアクリレートHPP−A、ライトアクリレートPTMGA−250、ライトアクリレートTMP−A、ライトアクリレートPE−3A、ライトアクリレートTMP−3EO−A、ライトアクリレートTMP−6EO−A、およびライトアクリレートPE−4Aなどが例示される。 Preparative 14EG-A, Light Acrylate NP-A, Light Acrylate MPD-A, Light Acrylate MOD-A, Light Acrylate DCP-A, Light Acrylate HPP-A, Light Acrylate PTMGA-250, Light Acrylate TMP-A, Light Acrylate PE -3A, light acrylate TMP-3EO-A, light acrylate TMP-6EO-A, and the like light acrylate PE-4A is illustrated.

上述した化合物に加えて、オレフィン構造を置換基に有する化合物をラジカル重合性化合物として用いることもできる。 In addition to the compounds described above, a compound having an olefin structure in substituent can be used as the radically polymerizable compound. 一般に、オレフィンを構造内に有する脂肪族系化合物は、重合性に乏しく、5員環などの歪みの高い環構造を有するオレフィン骨格やスチレン骨格を置換基として有する場合に、特に好適に用いられる。 In general, aliphatic compounds having olefinic in structure, poor polymerizability, if having as a substituent an olefin skeleton or styrene skeleton having a strain highly cyclic structure such as 5-membered ring, particularly preferably used. 例えば、上述した一連のアルコールとマレイン酸やノルボルネン骨格を有するモノマー化合物や、スチレンやヒドロキシスチレンの一部の水素原子がテルペノイド骨格など、他の脂肪族系炭化水素を有する置換基に変換されたモノマーなどが望ましい。 For example, the monomer or monomer compounds having a series of alcohols with maleic acid or norbornene skeleton, which has been described above, the part of the hydrogen atoms of styrene and hydroxystyrene such as terpenoid skeleton, which is converted into a substituent having a different aliphatic hydrocarbon such as is desirable.

上述したようなラジカル重合性化合物が溶剤として用いられる場合には、インクジェットインク中には、光ラジカル発生剤がさらに含有されることが望ましい。 When the radically polymerizable compound as described above is used as the solvent, is in the inkjet ink, it is desirable that a photo-radical generating agent is further contained. 光ラジカル発生剤としては、例えば、商品名イルガキュアーやダロキュア(長瀬産業)で知られるミヒラーケトンやベンゾフェノンのような光ラジカル重合開始剤を用いることができる。 As the photo-radical generating agent, for example, it can be used photo-radical polymerization initiator such as Michler's ketone and benzophenone, known under the trade names Irgacure and Darocur (Nagase). より具体的には、例えば、ベンゾフェノン、アセトフェノン誘導体、例えばα−ヒドロキシ−もしくは、α−アミノセトフェノン、4−アロイル−1,3−ジオキソラン、ベンジルケタール、2,2−ジエトキシアセトフェノン、p−ジメチルアミノアセトフェン、p−ジメチルアミノプロピオフェノン、ベンゾフェノン、2−クロロベンゾフェノン、pp'−ジクロロベンゾフェン、pp'−ビスジエチルアミノベンゾフェノン、ミヒラーケトン、ベンジル、ベンゾイン、ベンジルジメチルケタール、テトラメチルチウラムモノサルファイド、チオキサンソン、2−クロロチオキサンソン、2−メチルチオキサンソン、アゾビスイソブチロニトリル、ベンゾインパーオキサイド、ジ−tert−ブチルパーオキサイド、1−ヒドロキシシクロヘ More specifically, for example, benzophenone, acetophenone derivatives, for example alpha-hydroxy - or, alpha-amino Seth phenone, 4-aroyl-1,3-dioxolane, benzyl ketals, 2,2-diethoxyacetophenone, p- dimethyl aminoacetophenone Fen, p- dimethylamino propiophenone, benzophenone, 2-chloro benzophenone, Pp'- dichlorobenzoyl Fen, Pp'- bisdiethylaminobenzophenone, Michler's ketone, benzyl, benzoin, benzyl dimethyl ketal, tetramethylthiuram monosulfide, thioxanthone , 2-chloro thioxanthone, 2-methyl thioxanthone, azobisisobutyronitrile, benzoin peroxide, di -tert- butyl peroxide, 1-hydroxycyclopentyl f シルフェニルケトン、2−ヒドロキシ−2−メチル−1−フェニル−1−オン、1−(4−イソプロピルフェニル)−2−ヒドロキシ−2−メチルプロパン−1−オン、メチルベンゾイルフォーメート、ゾインイソプロピルエーテル、ベンゾインメチルエーテル、ベンゾインエチルエーテル、ベンエーテル、ベンゾインイソブチルエーテル、ベンゾインn−ブチルエーテル、ベンゾインn−プロピルなどのベンゾインアルキルエ−テルやエステル、1−ヒドロキシ−シクロヘキシル−フェニル−ケトン、2−ベンジル−2−ジメチルアミノ−1−(4−モルフォリノフェニル)−ブタノン−1、1−ヒドロキシ−シクロヘキシル−フェニル−ケトン、2,2−ジメトキシ−1,2−ジフェニルエタン−1−オン、ビス(η 5 −2,4−シクロ Sill phenyl ketone, 2-hydroxy-2-methyl-1-phenyl-1-one, 1- (4-isopropylphenyl) -2-hydroxy-2-methylpropan-1-one, methyl benzoyl formate, zo in isopropyl ether or ester, 1-hydroxy - - ether, benzoin methyl ether, benzoin ethyl ether, Ben ether, benzoin alkyl error such as benzoin isobutyl ether, benzoin n- butyl ether, benzoin n- propyl cyclohexyl - phenyl - ketone, 2-benzyl - 2-dimethylamino-1- (4-morpholinophenyl) - butanone-1,1-hydroxy - cyclohexyl - phenyl - ketone, 2,2-dimethoxy-1,2-bis (eta 5 2,4-cyclo ペンタジエン−1−イル)−ビス(2,6−ジフルオロ−3−(1H−ピロール−1−イル)−フェニル)チタニウム、ビス(2,4,6−トリメチルベンゾイル)−フェニルフォスフィンオキサイド、2−メチル−1[4−(メチルチオ)フェニル]−2−モリフォリノプロパン−1−オン、2−ヒドロキシ−2−メチル−1−フェニル−プロパン−1−オン(ダロキュア1173)、ビス(2,6−ジメトキシベンゾイル)−2,4,4−トリメチル−ペンチルフォスフィンオキサイド、1−[4−(2−ヒドロキシエトキシ)−フェニル]−2−ヒドロキシ−2−メチル−1−プロパン−1−オンモノアシルホスフィンオキシド、ビスアシルホスフィンオキシドまたはチタノセン、フルオレセン、アントラキノン、チオキサントンまた Pentadiene-1-yl) - bis (2,6-difluoro-3-(1H-pyrrol-1-yl) - phenyl) titanium, bis (2,4,6-trimethylbenzoyl) - phenyl phosphine oxide, 2- methyl-1 [4- (methylthio) phenyl] -2-morpholinopropan-1-one, 2-hydroxy-2-methyl-1-phenyl - propane-1-one (Darocure 1173), bis (2,6 - dimethoxybenzoyl) -2,4,4-trimethyl - pentyl phosphine oxide, 1- [4- (2-hydroxyethoxy) - phenyl] -2-hydroxy-2-methyl-1-Onmonoashiru phosphine oxides, bisacylphosphine oxides or titanocene, fluorescein, anthraquinone, thioxanthone also キサントン、ロフィンダイマー、トリハロメチル化合物またはジハロメチル化合物、活性エステル化合物、および有機ホウ素化合物などが挙げられる。 Xanthone, lophine dimer, trihalomethyl compound or dihalomethyl compound, activated ester compound, and an organic boron compound, and the like.

具体的な商品名としては、例えば、チバガイギー社のIRGACURE379、IRGACURE127、IRGACURE369、およびIRGACURE907などが挙げられる。 Specific trade names, for example, Ciba Geigy IRGACURE379, IRGACURE127, IRGACURE369, and IRGACURE907 the like. これらの化合物に加えて、ジエタノールアミン類などの重合促進添加剤を含有させてもかまわない。 In addition to these compounds, it may also be a polymerization accelerator additive such as diethanolamines.

本発明の実施形態にかかる分散体は、上述したような溶媒で希釈し、必要に応じてさらに光酸発生剤や光ラジカル発生剤のような光重合開始剤、添加剤等を添加して、インクジェットインクを調製することができる。 Dispersions according to the embodiment of the present invention is diluted with a solvent as described above, photopolymerization initiators such as more photoacid generator or photo-radical generator, if necessary with the addition of additives, inkjet ink can be prepared.

光酸発生剤としては、すでに説明したオニウム塩を用いることができる。 As the photoacid generator, it is possible to use an onium salt already described. インクジェットインク中における光酸発生剤の含有量は、使用する光酸発生剤の酸発生効率や顔料の含有量などに応じて設定することができる。 The content of the photoacid generator in the ink jet inks can be set depending on the content of the acid generating efficiency and pigments of the photoacid generator to be used. 感光性の観点から、光酸発生剤は、インクジェット中の酸で重合する全溶媒に100重量部に対して、通常、2重量部乃至10重量部、好ましくは2重量部乃至8重量部、より好ましくは2重量部乃至6重量部の割合で添加される。 From the viewpoint of photosensitivity, photoacid generator, with respect to 100 parts by weight total solvent to polymerize in acid in ink jet, usually 2 parts by weight to 10 parts by weight, preferably 2 parts to 8 parts by weight, more preferably added in an amount of 2 parts by weight to 6 parts by weight.

特に、増感剤を同時に配合した場合には、光酸発生剤の添加量を1重量部乃至4重量部程度に低減することができる。 In particular, when simultaneously blended sensitizer can reduce the amount of the photoacid generator to about 1 part by weight to 4 parts by weight. これによって、配管およびヘッド部材といった金属部材の腐食も低減されるため、より望ましいものとなる。 Thus, since corrosion is also reduced metal member such as piping and head members, the more desirable. また、光ラジカル発生剤を同時に含む場合、光ラジカル発生に対する増感作用も同時に付与できる場合が多い。 Also, if it contains photo-radical generator simultaneously, often sensitizing action against a photoradical generator may be imparted simultaneously. 増感色素としては、例えば、アクリジン化合物、ベンゾフラビン類、ペリレン類、アントラセン類、チオキサントン化合物類、およびレーザ色素類などを挙げることができる。 The sensitizing dyes, e.g., acridine compounds, benzoflavin, perylenes, anthracenes, may be mentioned thioxanthone compounds, and laser dyes. なかでも、ジヒドロキシアントラセンの水素原子を有機基で置換した化合物やチオキサントン誘導体などは含有されて効果が高いため望ましいものとなる。 Among them, such compounds and thioxanthone derivatives substituted with an organic group in which a hydrogen atom of the dihydroxy anthracene becomes desirable for highly effective are contained. 増感色素の添加量は、光重合開始剤に対して、通常20重量%乃至100重量%であり、より好ましくは30重量%乃至60重量%である。 The addition amount of the sensitizing dye, with respect to the photopolymerization initiator is generally 20% to 100% by weight, more preferably 30 wt% to 60 wt%.

インクジェットインク中における溶媒100重量部に対する光重合開始剤の割合が1重量部未満の場合には、インクジェットインクの感度が低下する。 If the proportion of the photopolymerization initiator is less than 1 part by weight with respect to 100 parts by weight solvent in the inkjet inks, the sensitivity of the inkjet ink is reduced. 一方、10重量部を越えると、分散の劣化や溶剤の暗重合のためインクの経時間的増粘が激しくなって、塗膜性や光硬化後のインク膜の硬度が低下する場合がある。 On the other hand, if it exceeds 10 parts by weight, dispersion of the deterioration over time increase of the ink for the dark polymerization viscosity becomes severely solvent, hardness of the coating film property and the ink film after photocuring may be lowered. また、記録装置の配管やヘッド部材の腐食が生じることもある。 Also, sometimes the corrosion of the piping or head member of the recording apparatus occurs.

光酸発生剤として、比較的強力な他の酸を発生する非極性光酸発生剤を同時に配合することもできる。 As the photoacid generator, a nonpolar photo-acid generator which generates a relatively strong other acid may be simultaneously blended. このような化合物としては、スルフォニル化合物、スルフォネート化合物、スルファミド化合物、有機ハロゲン化合物のいずれからか選択される光酸発生剤が望ましい。 Such compounds, sulfonyl compounds, sulfonate compounds, sulfamide compounds, photoacid generator or selected from one of the organic halogen compound is desired. なかでも、強力なフルオロメタンスルフォン酸や、塩酸、臭素酸を発生するような化合物が、かかる光酸発生剤として望ましい。 Among them, and strong trifluoromethane sulfonic acid, hydrochloric acid, compounds which generate an bromate, desirable as such photoacid generator.

具体的には、非極性光酸発生剤としては、N−ヒドロキシナフタルイミドのトリフルオロメタンスルフォン酸イミドのようなスルファミド化合物、ハロゲン化トリアジン化合物などの有機ハロゲン化化合物などが挙げられる。 Specifically, as the nonpolar photo-acid generating agent, sulfamide compound such as trifluoromethane sulfonic acid imides of N- hydroxynaphthalimide, and an organic halide compounds such as triazine halide compound. 例えば、溶媒100重量部に対して、オニウム塩化合物0.3乃至2重量部、非極性光酸発生剤2乃至10重量部の割合で配合されることが好ましい。 For example, with respect to 100 parts by weight of the solvent, the onium salt compound 0.3 to 2 parts by weight, it is preferably added in an amount of nonpolar photo-acid generating agent 2 to 10 parts by weight.

本発明の実施形態にかかる分散体を用いたインクジェットインクは、インクジェット記録に適用することができる。 Inkjet ink using a dispersion according to an embodiment of the present invention can be applied to an inkjet recording. 油性インクの場合、記録媒体は主に吸収媒体であり、この吸収媒体に残り像を形成し、そのまま印刷物として用いられる。 For oil-based ink, the recording medium is mainly absorbed medium, the remaining image is formed on the absorbing medium, it is used as it is as a printed matter. また、乾燥性を有する溶媒を用いた場合には、溶媒は蒸発して記録媒体上にインク層が形成される。 In the case of using a solvent having drying property, solvent ink layer is formed on the recording medium by evaporation.

感光性インクジェットインクの場合、得られたインク層に光を照射すると、光重合開始剤からラジカルまたは酸が発生し、これらは重合性化合物の連鎖反応の開始剤や架橋反応の触媒として機能する。 For photosensitive inkjet ink, when irradiated with light obtained ink layer, a radical or an acid is generated from the photopolymerization initiator, it functions as a catalyst initiator or a crosslinking reaction of the chain reaction of the polymerizable compound. 感光性インクジェットインクにおいては、上述した重合性化合物が溶媒の少なくとも一部として使用され、典型的には、溶媒のほぼ全量が重合性化合物で構成される。 In the photosensitive inkjet ink, the polymerizable compound described above is used as at least a part of the solvent, typically, almost all is composed of the polymerizable compound solvents. 溶媒全体に対する重合性化合物の割合が十分に高ければ、印刷時に有機溶剤が揮発することは殆どない。 Shows sufficient proportion of the polymerizable compound to the whole solvent, the organic solvent is hardly volatilized during printing. したがって、有機溶剤の揮発に起因した雰囲気汚染の問題を防止することができ、排気設備や溶剤回収機構などが不要となる。 Therefore, it is possible to prevent the problem of atmospheric pollution caused by volatilization of organic solvents, such as exhaust equipment and solvent recovery mechanism is not required.

また、後者の化学増幅型インクで発生した酸は、インク層内を拡散して触媒として機能する。 The latter of the acid generated in the chemically amplified ink acts as a catalyst to diffuse the ink layer. 酸の拡散および酸を触媒とした架橋反応は、加熱することにより加速することができ、この架橋反応はラジカル重合とは異なって、酸素の存在によって阻害されることがない。 The crosslinking reaction was catalyzed diffusion and acid acid can be accelerated by heating, the crosslinking reaction is different from the radical polymerization, not to be inhibited by the presence of oxygen. そのため、1つの光子で複数の架橋反応を生じさせることが可能であり、高い感度が得られる。 Therefore, it is possible to produce a plurality of cross-linking reaction in one photon, high sensitivity can be obtained. しかも、インク層の深部や吸収性の記録媒体内部でも、架橋反応は速やかに進行することから、得られるインク層は、ラジカル重合系の場合と比較して密着性にも格段に優れる。 Moreover, even in a recording medium inside the deep and absorption of the ink layer, the crosslinking reaction since proceeds rapidly, the resulting ink layer is also excellent remarkably in adhesion as compared with the case of radical polymerization system.

したがって、このようなインクジェットインクを用いると、被印刷面にインクを吐出した後に光照射および若干の加熱を行なうことによって、インク層を速やかに非流動化することができる。 Therefore, the use of such an ink jet inks, by performing light irradiation and some heating after eject the ink onto a printing surface, it can be rapidly non-fluidized ink layer. すなわち、大規模な露光システムを必要とすることなく、高品質な印刷物が得られる。 In other words, without the need for extensive exposure system, high-quality prints can be obtained. なお、得られる非流動性の膜は熱可塑性(熱による再流動性であって、性質持続時間は短時間であってもかまわない)を示すものであることが望ましい。 Incidentally, the non-flowable film obtained (A re-flowing due to heat, the nature duration was in may be as short) thermoplastic is desirably shows the.

また、このようなインクジェットインクでは、ラジカル重合を利用するインクジェットインクとは異なり、皮膚刺激や臭気が大きなラジカル重合性モノマーを使用する必要がない。 Further, in such an inkjet ink, unlike the ink-jet ink utilizing radical polymerization, it is not necessary to skin irritation and odor that the use of a higher radical polymerizable monomer. そのため、本実施形態にかかる分散体を用いたインクジェットインクは、取り扱いが容易である。 Therefore, the ink-jet ink using a dispersion according to the present embodiment is easy to handle.

このように、化学増幅型インクは、有機溶剤を使用する必要がなく、且つインク層を速やかに非流動化することが可能である。 Thus, a chemical amplification type ink can be necessary to use an organic solvent without and rapidly non-fluidized ink layer. その結果、性質が異なる様々な被印刷面に対して、滲みなどを殆ど生じることなく容易に画像を定着させることができる。 As a result, it is possible on the nature different various printing surface, to easily fix the image without almost like bleeding occurs. しかも、インク層の乾燥に伴なう被印刷面の劣化を生じ難い。 Moreover, hardly occurs deterioration of accompanying printing surface to dry the ink layer. さらに、本実施形態に係る分散体を用いたインクジェットインクは、色成分としての顔料を高濃度で含有することができるので、鮮明であり且つ耐候性に優れた印刷パターンを形成することができる。 Furthermore, the inkjet ink using a dispersion according to this embodiment, since the pigment as a color component can be contained in a high concentration, it is possible to form excellent print pattern vivid and and weather resistance.

本発明の実施形態にかかる分散体を用いたインクジェットインクのうち、化学増幅型インクは、基本的には加熱を必要とする感光性インクであるため、安全性や臭気の観点からインクの揮発性は低いことが望まれる。 Of the ink-jet ink using such a dispersion embodiment of the present invention, the chemically amplified type ink, since basically the photosensitive ink which requires heating, volatilization of the ink from the viewpoint of safety and odor low it is desired. 具体的には、露光後、かつ80℃における揮発速度が、0.2mg/cm 2・min以下であることが望ましい。 Specifically, after the exposure, and the evaporation rate at 80 ° C., is desirably less 0.2mg / cm 2 · min. ここでの揮発量は、例えば開口面積10cm 2の容器を加熱した場合、毎分あたりの揮発量(mg)を示す。 Here volatilization amount of, for example, in the case of heating the container opening area 10 cm 2, shows a volatilization amount per minute (mg). この値は、容器の開口に依存するが、通常、直径6cmのシャーレに4gのインクを収容して常圧下、加熱した際の値と定義している。 This value is dependent on the opening of the container, usually defined normal pressure accommodating the ink 4g petri dish having a diameter of 6 cm, a value upon heating. この範囲を逸脱した組成のインクは、加熱時の揮発速度が大きすぎて安全性が損なわれるとともに、臭気の問題が著しいものとなる。 The ink compositions that deviate from this range, the volatilization rate of the time of heating is too large with safety hazard, becomes odor problem is significant. 一方、揮発性が著しく乏しい、例えば0.00001mg/cm 2・min以下のインクでは、通常は粘度が高くなってインクジェット吐出が困難である場合が多い。 On the other hand, volatility significantly poor, for example in 0.00001mg / cm 2 · min or less ink, usually is often difficult to jet discharge becomes high viscosity.

すでに説明したように、本発明の実施形態にかかる分散体を用いたインクジェットインクは、ヘッドの温度において、5乃至20mPa・sec、常温において少なくとも50mPa・sec、より好ましくは30mPa・secの流動性を有していることが望まれる。 As already described, the ink-jet ink using a dispersion according to an embodiment of the present invention, in the temperature of the head, 5 to 20 mPa · sec, at least 50 mPa · sec at normal temperature, more preferably a flowability of 30 mPa · sec it has is desired. こうした流動性を確保するため、n種の酸重合性化合物が混合して含有される場合には、下記数式(1)式で表わされるη tが3(mPa・s)以上30(mPa・s)以下であることが好ましく、ヘッドの温度において5(mPa・s)以上20(mPa・s)以下の範囲内の組成であることがより望ましい。 To ensure such fluidity, when the acid-polymerizable compound of n species is contained in admixture is represented by the following equation (1) eta t is 3 (mPa · s) or more 30 (mPa · s ) is preferably less, more preferably, to the composition in the range of 5 (hereinafter mPa · s) or more 20 (mPa · s) at a temperature of the head.

χ 1 ,χ 2 ,χ 3 ,・・・,χ nは、各成分の重量組成比率であり、η 1 ,η 2 ,η 3・・・,η nは、各成分単独の常温常圧での粘度である。 χ 1, χ 2, χ 3 , ···, it is chi n, the weight composition ratio of each component, η 1, η 2, η 3 ···, η n is a normal temperature and pressure of each component alone it is the viscosity of the.
この範囲を逸脱すると、インクの吐出が著しく困難になるか、吐出の乱れによる像の乱れが生じやすい。 If outside this range, or discharge of the ink becomes very difficult, disturbance of an image is likely to occur due to disturbance of discharge.

本発明の実施形態にかかる分散体を用いたインクジェットインクは、光を照射することにより硬化させて、インク層を形成する。 Inkjet ink using a dispersion according to an embodiment of the present invention is cured by irradiation with light, to form an ink layer. 硬化後のインク層が十分な熱可塑性や再溶解性を有している場合には、液体インクを像担持体上に吐出してインク層を形成した後、このインク層を記録媒体上に転写することができる。 When the ink layer after curing has sufficient thermoplastic and re-solubility after forming an ink layer by ejecting liquid ink onto an image bearing member, transferring the ink layer onto a recording medium can do. すなわち、インクジェットインクを像担持体上に吐出してインク層を形成し、このインク層に光照射および加熱を行なうことによって硬化させる。 That is, by ejecting the inkjet ink onto the image carrier to form an ink layer is cured by performing light irradiation and heating the ink layer. さらに、このインク層に記録媒体を接触させた状態で圧力、あるいは圧力と熱とを加えることによって、再流動化または可塑化させて、記録媒体上へ転写することができる。 Further, by applying the pressure or pressure and heat, in a state of contacting the recording medium in the ink layer, thereby re-fluidized or plasticized, it can be transferred onto a recording medium.

また、インクジェットインクを記録媒体上に直接吐出した場合には、記録媒体上に形成したインク層に光照射および加熱を行なうことによって、硬化または予備硬化させる。 Further, when discharging directly onto a recording medium an ink-jet ink, by performing light irradiation and heating the ink layer formed on the recording medium is cured or pre-cured. さらに、このインク層に熱を加えることによって本硬化させて記録媒体上に定着させることも可能である。 Further, it is possible to fix on the recording medium by the cured by applying heat to the ink layer.

本発明の実施形態にかかる分散体を用いたインクジェットインクは、インクジェット吐出の安定性が高いことが望まれるが、一般に、経時的粘度増加が高い傾向にあり、長期間にわたって性能を維持できない場合がある。 Inkjet ink using a dispersion according to embodiments of the present invention, it is highly stable inkjet ejection is desired, generally, over time the viscosity increase is in the high tendency may not be maintained performance over a long period of time is there. こうした場合には、塩基性化合物および塩基性を発現する化合物の少なくとも一方を、粘度安定化剤としてさらに配合することが望ましい。 In such a case, at least one of the basic compound and a compound expressing basicity, it is desirable to further formulated as a viscosity stabilizer. 塩基性化合物は、記録装置のインクジェットヘッド内部や、インク配管の金属部分の酸からの腐食を著しく低減させる効果も同時に有する。 Basic compound, and internal inkjet head of the recording apparatus, the effect of significantly reducing the corrosion from the acid of the metal portion of the ink pipe also has at the same time. このため、塩基性化合物は、本発明の実施形態にかかる分散体を用いたインクジェットインク全般に添加することが好ましい。 Therefore, the basic compound is preferably added to the inkjet ink in general using a dispersion according to the embodiment of the present invention.

塩基性化合物としては、上述したような酸重合性化合物に溶解可能な任意の無機塩基および有機塩基を使用することができるが、溶解性を考慮すると有機塩基がより望ましい。 The basic compound can be used any inorganic and organic bases which are soluble in acid-polymerizable compound as described above, consider the solubility and an organic base is more preferable. 有機塩基としては、例えば、アンモニアやアンモニウム化合物、置換または非置換アルキルアミン、置換または非置換の芳香族アミン、ピリジン、ピリミジン、およびイミダゾールなどのヘテロ環骨格を有する有機アミンが挙げられる。 The organic base, for example, ammonia or ammonium compounds, substituted or unsubstituted alkylamine, substituted or unsubstituted aromatic amine, pyridine, pyrimidine, and organic amines having a heterocyclic skeleton such imidazole. より具体的には、n−ヘキシルアミン、ドデシルアミン、アニリン、ジメチルアニリン、ジフェニルアミン、トリフェニルアミン、ジアザビシクロオクタン、ジアザビシクロウンデカン、3−フェニルピリジン、4−フェニルピリジン、ルチジン、2,6−ジ−t−ブチルピリジン、4−メチルベンゼンスルホニルヒドラジド、4,4'−オキシビス(ベンゼンスルホニルヒドラジド)、および1,3−ベンゼンジスルホニルヒドラジドのようなスルホニルヒドラジドなどが挙げられる。 More specifically, n- hexylamine, dodecylamine, aniline, dimethylaniline, diphenylamine, triphenylamine, diazabicyclooctane, diazabicycloundecane, 3-phenyl pyridine, 4-phenylpyridine, lutidine, 2,6 - di -t- butyl pyridine, 4-methyl benzene sulfonyl hydrazide, 4,4'-oxybis (benzenesulfonyl hydrazide), and the like sulfonyl hydrazide, such as 1,3-benzenedicarboxylic sulfonyl hydrazide and the like.

塩基性化合物としては、アンモニウム化合物を用いることもできる。 The basic compound may be used ammonium compounds. 好ましいアンモニウム化合物としては、第四級アンモニウム塩が挙げられる。 Preferred ammonium compounds, quaternary ammonium salts. 例えば、アンモニウム原子の置換基として、メチル、エチル、プロピル、イソプロピル、ブチル、ドデシル、フェニル、ベンジルなどであり、対イオンが水酸イオン、 - ORであって(Rは炭素数1乃至4のアルキル基)、 - OCOR'(R'はアルキル、アリール、アルキルアリール)、OCOO - 、OSOO -で表わされるアニオンが好ましく用いられる。 For example, as a substituent of the ammonium atom, methyl, a ethyl, propyl, isopropyl, butyl, dodecyl, phenyl, benzyl, etc., the counterion is hydroxide ion, - a OR (R is an alkyl of 1 to 4 carbon atoms group), - OCOR '(R' is alkyl, aryl, alkylaryl), OCOO -, OSOO - anion represented by is preferably used. 特に好ましくは、水酸化テトラメチルアンモニウム、および水酸化テトラブチルアンモニウム塩などが挙げられる。 Particularly preferable example tetramethyl ammonium hydroxide and tetrabutyl ammonium hydroxide salt, is. これらの塩基性化合物は、単独であるいは2種以上の混合物として用いることができる。 These basic compounds may be used alone or in combination of two or more.

イミダゾールなどの極めて強力な塩基性化合物が配合された場合には、例えば逆に経時重合を生じたり、あるいは光酸発生剤の分解などの副反応を生じやすくなるおそれがある。 If the very strong basic compounds such as imidazole is blended, for example or occur with time polymerization Conversely, or may become prone to side reactions such as decomposition of the photoacid generator. 一方、塩基性の低すぎる化合物では、添加による粘度安定化の効果を十分に得ることが困難になる。 On the other hand, in the compound of basicity is too low, it becomes difficult to obtain the effect of the viscosity stabilization by adding sufficient. 例えば、好適な水溶液の状態での温度25℃における塩基解離定数pKbが4以上の塩基性化合物が望ましく、pKbが11を越える化合物では殆ど効果がみられない。 For example, it is desirable base dissociation constant pKb of 4 or more of the basic compound at a temperature 25 ° C. in a suitable aqueous solution state, pKb little effect not seen with the compound and less than 11. そのような条件を満たす化合物としては、例えば、ピリジン誘導体、アニリン誘導体、アミノナフタレン誘導体、その他の含窒素ヘテロ環化合物およびその誘導体が好適である。 Such satisfying compounds, for example, pyridine derivatives, aniline derivatives, aminonaphthalene derivatives, other nitrogen-containing heterocyclic compounds and the derivatives thereof.

ピリジン誘導体としては、例えば、2−フルオロピリジン、3−フルオロピリジン、2−クロロピリジン、3−クロロピリジン、3−フェニルピリジン、2−ベンジルピリジン、2−ホルミルピリジン、2−(2′−ピリジル)ピリジン、3−アセチルピリジン、2−ブロモピリジン、3−ブロモピリジン、2−ヨードピリジン、3−ヨードピリジン、および2,6−ジ−tert−ブチルピリジン等を挙げることができる。 The pyridine derivatives, for example, 2-fluoropyridine, 3-fluoropyridine, 2-chloropyridine, 3-chloropyridine, 3-phenylpyridine, 2-benzyl pyridine, 2-formylpyridine, 2- (2'-pyridyl) pyridine, 3-acetylpyridine, 2-bromopyridine, 3-bromopyridine, 2-iodopyridine, mention may be made of 3-iodopyridine, and 2,6-di -tert- butyl pyridine.

アニリン誘導体としては、例えば、アニリン、4−(p−アミノベンゾイル)アニリン、4−ベンジルアニリン、4−クロロ−N,N−ジメチルアニリン、3−5−ジブロモアニリン、2,4−ジクロロアニリン、N,N−ジメチルアニリン、N,N−ジメチル−3−ニトロアニリン、N−エチルアニリン、2−フルオロアニリン、3−フルオロアニリン、4−フルオロアニリン、2−ヨードアニリン、N−メチルアニリン、4−メチルチオアニリン、2−ブロモアニリン、3−ブロモアニリン、4−ブロモアニリン、4−ブロモ−N,N−ジメチルアニリン、2−クロロアニリン、3−クロロアニリン、4−クロロアニリン、3−クロロ−N,N−ジメチルアニリン、3−ニトロアニリン、4−ニトロアニリン、2−メトキシアニリン、3 As the aniline derivatives, for example, aniline, 4- (p-aminobenzoyl) aniline, 4-benzyl aniline, 4-chloro -N, N-dimethylaniline, 3-5-dibromoaniline, 2,4-dichloroaniline, N , N- dimethylaniline, N, N- dimethyl-3-nitroaniline, N- ethylaniline, 2-fluoroaniline, 3-fluoroaniline, 4-fluoroaniline, 2-iodoaniline, N- methylaniline, 4-methylthio aniline, 2-bromoaniline, 3-bromoaniline, 4-bromoaniline, 4-bromo -N, N-dimethylaniline, 2-chloroaniline, 3-chloroaniline, 4-chloroaniline, 3-chloro -N, N - dimethylaniline, 3-nitroaniline, 4-nitroaniline, 2-methoxyaniline, 3 メトキシアニリン、ジフェニルアミン、2−ビフェニルアミン、o−トルイジン、m−トルイジン、p−トルイジン、3,3′−ジアミノジフェニルスルホン、4,4′−ジアミノジフェニルスルホン、および4,4′−ビス(4−アミノフェノキシ)ジフェニルスルホン等を挙げることができる。 Methoxyaniline, diphenylamine, 2-biphenylamine, o- toluidine, m- toluidine, p- toluidine, 3,3'-diaminodiphenyl sulfone, 4,4'-diaminodiphenyl sulfone, and 4,4'-bis (4- aminophenoxy) diphenyl sulfone, and the like.

アミノナフタレン誘導体としては、例えば、1−アミノ−6−ヒドロキシナフタレン、1−ナフチルアミン、2−ナフチルアミン、ジエチルアミノナフタレン、および、N−メチル−1−ナフチルアミン等を挙げることができる。 The amino naphthalene derivatives, for example, 1-amino-6-hydroxynaphthalene, 1-naphthylamine, 2-naphthylamine, diethylamino naphthalene and can include N- methyl-1-naphthylamine.

その他の窒素ヘテロ環化合物およびその誘導体としては、例えば、シノリン、3−アセチルピペリジン、ピラジン、2−メチルピラジン、メチルアミノピラジン、ピリダジン、2−アミノピリミジン、2−アミノ−4,6−ジメチルピリミジン、2−アミノ−5−ニトロピリミジン、2,4,6−トリアミノ−1,3,5−トリアジン、ピロール、ピラゾール、1−メチルピラゾール、1,2,4−トリアゾール、インダゾール、ベンゾトリアゾール、キナゾリン、キノリン、3−アミノキノリン、3−ブロモキノリン、8−カルボキシキノリン、3−ヒドロキシキノリン、6−メトキシキノリン、5−メチルキノリン、キノキサリン、チアゾール、2−アミノチアゾール、3,4−ジアザインドール、プリン、8−アザプリン、インドール Other nitrogen heterocyclic compounds and derivatives thereof, for example, cinnoline, 3-acetyl piperidine, pyrazine, 2-methylpyrazine, methylamino pyrazine, pyridazine, 2-aminopyrimidine, 2-amino-4,6-dimethyl pyrimidine, 2-amino-5-nitropyrimidine, 2,4,6-triamino-1,3,5-triazine, pyrrole, pyrazole, 1-methylpyrazole, 1,2,4-triazole, indazole, benzotriazole, quinazoline, quinoline , 3-aminoquinoline, 3-bromoquinoline, 8-carboxy quinoline, 3-hydroxyquinoline, 6-methoxyquinoline, 5-methylquinoline, quinoxaline, thiazole, 2-aminothiazole, 3,4-diazaindole, purine, 8 azapurine, indole およびインドリジン等を挙げることができる。 And it can be exemplified India such as lysine.

これらの中でも、塩基性化合物がアニリン誘導体である場合には、粘度安定性、揮発性、塩基性、さらに低副反応性の点で特に望ましいものとなる。 Among these, when the basic compound is an aniline derivative, viscosity stability, volatility, basicity, a particularly desirable further in view of the low secondary reactive.
ただし、アニリン化合物は、塩基性が低いために、一般に化合物自体が塩基性を有しているオキセタン化合物との組み合わせでは望ましくない。 However, the aniline compound, due to the low basicity, undesirable in combination with the oxetane compound generally compound itself has a basic. オキセタン化合物としては、より塩基性の高い化合物が望ましく、例えば25℃でのpKbが7以下3以上の化合物である。 The oxetane compound is more highly basic compound is preferred, for example pKb of 7 or less 3 more compounds at 25 ° C.. より具体的には、脂肪族骨格を有するアミンや脂環骨格を有するアミンのような塩基性化合物を、好適に用いることができる。 More specifically, a basic compound such as an amine having an amine or alicyclic skeleton having an aliphatic skeleton, can be suitably used.

また、上述したような塩基性化合物がアニオンと塩を形成し、しかもアニオンの酸性度が低い場合には、化合物自体が弱い塩基としての作用があるので同様に用いることができる。 Further, when a basic compound as described above to form an anion and salt, yet low acidity of the anion can be used as well because there is action as a weak base compound itself.

本発明の実施形態にかかる分散体を用いたインクジェットインクは、基本的には露光後加熱を必要とすることから、上述したような塩基性化合物もまた、その揮発性は極力低いことが望ましい。 Inkjet inks using such dispersion to the embodiment of the present invention, since basically that require post-exposure heating, a basic compound such as described above also, its volatility is as low as possible it is desirable. 具体的には、塩基性化合物の沸点は常温で150℃以上、より好ましくは180℃以上であることが望ましい。 Specifically, the boiling point of the basic compound at ordinary temperature 0.99 ° C. or higher, more preferably at 180 ° C. or higher.

塩基性化合物あるいは塩基性を発現する化合物の配合量は、光酸発生剤の総モル量に対して、30モル%以下1モル%以上の割合とすることが望ましい。 The amount of the basic compound or a basic compound that express, based on the total molar amount of the photoacid generator, is preferably 1 mol% or more ratio of 30 mol% or less. より好ましくは、光酸発生剤の総モル数に対して15モル%以下2モル%以上である。 More preferably 15 mol% or less 2 mol% or more relative to the total number of moles of the photoacid generator. こうした化合物の配合量が多すぎる場合には感度が著しく低下し、少なすぎる場合には粘度の安定化効果を十分に得られないおそれがある。 If the amount of these compounds is too high sensitivity is significantly reduced, if too little may not be sufficiently obtained a stabilizing effect of viscosity.

光または放射線の照射により分解される感光性塩基性化合物を用いた場合には、塩基添加に伴なう感度の低下を低減することができるため、望ましいものとなる。 When using the photosensitive basic compounds which are decomposed by irradiation with light or radiation, it is possible to reduce the deterioration of the accompanying sensitivity to base addition, it becomes desirable.
感光性塩基性化合物としては、スルホニウム化合物あるいはヨードニウム化合物を好適に用いることができる。 The photosensitive basic compound, can be suitably used sulfonium compounds or iodonium compounds. スルホニウム化合物としては、例えば、下記一般式(SS1)、(SS2)、(SS3)、(SS4)で示される化合物が例示される。 The sulfonium compounds, for example, the following formula (SS1), (SS2), (SS3), is exemplified a compound represented by (SS4).

(式中、R 31 、R 32 、およびR 33は、それぞれアルキル基、アリール基、ヘテロアリール基、あるいはアルキル基、アルキルアリール基、ハロゲン原子、アルコキシ基、フェノキシ基、チオフェノール基、フェニルスルホニル基またはフェニルスルフェニル基により置換されたアリール基であり、Yは、CH 2 、OまたはSである。R 34 、R 35 、R 36 、およびR 37は、おのおのアルキル基、アルコキシ基、またはハロゲン原子であり、X1 -は、塩基性陰イオンを表わす。) (Wherein, R 31, R 32, and R 33 are each an alkyl group, an aryl group, a heteroaryl group or an alkyl group, an alkyl aryl group, a halogen atom, an alkoxy group, a phenoxy group, thiophenol group, phenylsulfonyl group or an aryl group substituted by a phenyl sulfenyl group, Y is CH 2, O or S .R 34, R 35, R 36, and R 37 are each an alkyl group, an alkoxy group or a halogen atom, in and, X1 - represents a basic anion).
31 、R 32 、およびR 33としては、好ましくは、メチル基、エチル基、プロピル基、イソプロピル基、ブチル基、フェニル基、ビフェニル基、トリル基、キシリル基、クロロフェニル基、ブロモフェニル基、メトキシフェニル基、エトキシフェニル基、プロピルオキシフェニル基、ブチルオキシフェニル基、tert−ブチルオキシフェニル基、フェノキシフェニル基、チオフェノキシフェニル基、フェノキシフェニル基、チオフェノキシフェニル基、およびフェニルスルホニルフェニル基が挙げられる。 R 31, R 32, and as R 33 is preferably a methyl group, an ethyl group, a propyl group, an isopropyl group, a butyl group, a phenyl group, a biphenyl group, a tolyl group, a xylyl group, chlorophenyl group, bromophenyl group, methoxy phenyl group, ethoxyphenyl group, propyloxyphenyl group, butyloxyphenyl group, tert- butyl oxyphenyl group, a phenoxyphenyl group, thio phenoxyphenyl group, a phenoxyphenyl group, and thio phenoxyphenyl group, and phenylsulfonyl the phenyl group .

34 、R 35 、R 36 、およびR 37としては、好ましくはアルキル基、メトキシ基、エトキシ基、塩素原子または臭素原子が挙げられる。 R 34, R 35, R 36 , and as R 37 is preferably an alkyl group, a methoxy group, an ethoxy group, a chlorine atom or a bromine atom.

X1 -としては、水酸イオン、 - OR(RはC1〜C4のアルキル基)、 - OCOR'(R'はアルキル基、アリール基またはアルキルアリール基)、OCOO - 、OSOO -で表わされるアニオンが挙げられる。 X1 - The, hydroxyl ion, - OR (alkyl group R is C1~C4), - OCOR '(R ' is an alkyl group, an aryl group or an alkyl aryl group), OCOO -, OSOO - anion represented by the and the like.

ヨードニウム化合物としては、下記一般式(IS1)、(IS2)、(IS3)、(IS4)で示される化合物が好ましい。 The iodonium compound represented by the following general formula (IS1), (IS2), (IS3), preferably compounds represented by (IS4).

上記一般式中、R 38 、R 39は、おのおのアルキル基、アリール基、ヘテロアリール基、あるいはアルキル基、アリール基、ハロゲン原子、アルコキシ基、フェノキシ基、チオフェノール基、フェニルスルホニル基またはフェニルスルフェニル基によりモノ、ジまたはトリ置換されたアリール基である。 In the general formula, R 38, R 39 are each an alkyl group, an aryl group, a heteroaryl group or an alkyl group, an aryl group, a halogen atom, an alkoxy group, a phenoxy group, thiophenol group, phenylsulfonyl group or a phenyl sulphenyl mono by a group, a di- or tri-substituted aryl groups. YはCH 2 、OまたはSであり、R 40 、R 41 、R 42 、R 43は、おのおのアルキル基、アルコキシ基またはハロゲン原子であり、nは5または6であり、X2 -は、塩基性陰イオンである。 Y is CH 2, O or S, R 40, R 41, R 42, R 43 are each an alkyl group, an alkoxy group or a halogen atom, n is 5 or 6, X2 - is a basic it is an anion.

38 、R 39としては、好ましくは、メチル基、エチル基、プロピル基、イソプロピル基、ブチル基、フェニル基、ビフェニル基、トリル基、キシリル基、クロロフェニル基、ブロモフェニル基、メトキシフェニル基、エトキシフェニル基、プロピルオキシフェニル基、ブチルオキシフェニル基、tert−ブチルオキシフェニル基、フェノキシフェニル基、チオフェノキシフェニル基、フェノキシフェニル基、チオフェノキシフェニル基、およびフェニルスルホニルフェニル基が挙げられる。 The R 38, R 39, preferably, a methyl group, an ethyl group, a propyl group, an isopropyl group, a butyl group, a phenyl group, a biphenyl group, a tolyl group, a xylyl group, chlorophenyl group, bromophenyl group, a methoxyphenyl group, an ethoxy phenyl group, propyloxy phenyl group, butyloxyphenyl group, tert- butyl oxyphenyl group, a phenoxyphenyl group, thio phenoxyphenyl group, a phenoxyphenyl group, thio phenoxyphenyl group, and a phenylsulfonyl phenyl group.

40 、R 41 、R 42 、およびR 43としては、好ましくはアルキル基、メトキシ基、エトキシ基、塩素原子または臭素原子が挙げられる。 R 40, R 41, R 42 , and as R 43 is preferably an alkyl group, a methoxy group, an ethoxy group, a chlorine atom or a bromine atom.

X2 -としては、好ましくは水酸イオン、 - ORはC1〜C4アルキル基本、 - OCOR'(R'はアルキル基、アリール基、アルキルアリール基)、OCOO - 、OSOO -で表わされるアニオンが挙げられる。 X2 - as preferably hydroxyl ion, - OR is C1~C4 alkyl base, - OCOR '(R' is an alkyl group, an aryl group, alkylaryl group), OCOO -, OSOO - include anions represented by .

スルホニウム化合物、ヨードニウム化合物として特に好ましいものとしては、例えば、トリフェニルスルフォニウムアセテート、水酸化トリフェニルスルホニウム、トリフェニルスルホニウムフェノレート、水酸化トリス−(4−メチルフェニル)スルホニウム、トリス−(4−メチルフェニル)スルホニウムアセテート、トリス−(4−メチルフェニル)スルホニウムフェノレート、水酸化ジフェニルヨードニウム、ジフェニルヨードニウムアセテート、ジフェニルヨードニウムフェノレート、水酸化ビス−(4−t−ブチルフェニル)ヨードニウム、ビス−(4−t−ブチルフェニル)ヨードニウムアセテート、ビス−(4−t−ブチルフェニル)ヨードニウムフェノレート、チオフェニル置換されたトリフェニルスルフォニウムアセテ Sulfonium compounds, those particularly preferred as iodonium compounds, for example, triphenylsulfonium acetate, triphenylsulfonium hydroxide, triphenylsulfonium phenolate, hydroxide tris - (4-methylphenyl) sulfonium, tris - (4-methyl phenyl) sulfonium acetate, tris - (4-methylphenyl) sulfonium phenolate, diphenyliodonium hydroxide, diphenyliodonium acetate, diphenyliodonium phenolate, hydroxide bis - (4-t-butylphenyl) iodonium, bis - (4- t-butylphenyl) iodonium acetate, bis - (4-t-butylphenyl) iodonium phenolate, triphenylsulfonium a cetearyl which is thiophenyl substituted ト、およびチオフェニル置換されたトリフェニルスルフォニウムヒドロキサイドなどが挙げられる。 DOO, and triphenyl sulfonium hydroxide and the like, which is thiophenyl substituted.

上述した塩基性化合物に加えて、他の塩基性化合物を添加することもできる。 In addition to the basic compounds described above, it may be added to other basic compounds. また、感度、保存安定性の点で良好な結果を得るには、光酸発生剤および塩基性化合物がいずれもスルホニウム系化合物やヨードニウム系化合物のように、同種の化合物であることが好ましい。 Also, the sensitivity, in order to obtain good results in terms of storage stability, such as the photoacid generator and basic compound either sulfonium compounds and iodonium compounds, is preferably a compound of the same type.

あるいは、本来は塩基性でない化合物が、経時的に分解して塩基性化合物が生成される場合も、徐々に発生される酸を中和することができるため望ましいものとなる。 Alternatively, a compound originally not basic, even if the basic compound degraded over time is generated, becomes desirable because it is possible to neutralize the acid gradually generated. このような化合物としては、熱により塩基を発生する化合物が使用可能であり、例えば、NBC−101(商品名:みどり化学株式会社製)、およびα,α−ジメチル−3,5−ジメトキシベンジルカルバメートなどのカルバメート化合物などが挙げられる。 Such compounds are available compound that generates a base by heat, e.g., NBC-101 (trade name by Midori Kagaku Co., Ltd.), and alpha, alpha-dimethyl-3,5-dimethoxybenzyl carbamate like carbamate compounds such as.

さらに、本発明の実施形態に係る分散体を用いたインクジェットインクには、表面張力等を調整するために、少量のノニオン系またはイオン系界面活性剤や帯電剤のような低分子添加剤を添加することができる。 Further, in the inkjet ink using a dispersion according to embodiments of the present invention, in order to adjust the surface tension or the like, adding a low molecular additives such as a small amount of nonionic or ionic surfactants and charge agent can do. 低分子添加剤としてカチオン系添加剤を使用する場合には、酸性度がカルボン酸より低い化合物を選択することが望ましい。 When using a cationic based additive as a low molecular additive, it is desirable that the acidity selects a lower carboxylic acid compound. カチオン系添加剤のなかには、インクの硬化暗反応を促進するものもあるからである。 Some cationic additive is because while others promote the curing dark reaction of ink. また、強い塩基性を有する低分子添加剤や色素なども、インクの感度を低下させるのみならず、同様に硬化暗反応を促進することがある。 Also, such low molecular additives and dye having a strong basicity, not only reduces the sensitivity of the ink, but also promote the curing dark reaction as well. こうした不都合を避けるため、低分子添加剤は中性に近いものやノニオン系が望ましい。 To avoid such inconvenience, a low molecular additive close to neutral or nonionic desirable.

被印刷面が強い塩基性である場合、本発明の実施形態にかかる分散体を用いたインクジェットインクは、例えば、前述のラジカル重合性化合物をさらに配合することによって、その影響を低減することができる。 If the print surface is strongly basic, inkjet ink using a dispersion according to embodiments of the present invention, for example, by further blending a radical polymerizable compound described above, it is possible to reduce the influence . これは、顔料や被印刷面が酸によって影響を受け易い場合にも、適用できる。 This pigment or printing surface in each case easily affected by acid can be applied. ラジカル重合性化合物としては、例えば、アクリルまたはメタクリル系モノマー、スチレン系モノマー、それらのビニル系の重合性基を複数有する化合物などを挙げることができる。 As the radically polymerizable compound, for example, acrylic or methacrylic monomers, styrene monomer, a compound having a plurality of these vinyl polymerizable group and the like. また、ビニルエーテル系化合物を含有する場合、アクリル系モノマーと組み合わせるか、さらに単独でもラジカル重合できる。 Also, when containing a vinyl ether compound, or combined with acrylic monomers, radical polymerization even more alone. 同様に、ダイセル化学製CEL2000、エポキシシクロヘキシル(メタ)アクリレート、グリシジルメタクリレート、ビニルアルコール誘導体とアクリル、メタクリルなどのエステル化合物のように、カチオン重合性とラジカル重合性との双方の特性を有する化合物をさらに添加した場合には、ラジカル重合性およびカチオン重合性の利点が得られる。 Similarly, Daicel Chemical Industries CEL2000, epoxycyclohexyl (meth) acrylate, glycidyl methacrylate, vinyl alcohol derivatives and acrylic, as ester compounds such as methacrylic, further a compound having the properties of both the cationically polymerizable and radically polymerizable when added, the radical polymerizable and cationic polymerizable advantages. この場合、前述の商品名イルガキュアで知られるミヒラーケトンやベンゾフェノンのような光ラジカル重合開始剤、およびビスアジドのような光架橋型ラジカル発生剤を同時に含有させることができる。 In this case, it is possible to incorporate a photo-radical polymerization initiator such as Michler's ketone and benzophenone, known under the trade name Irgacure described above, and a photocrosslinking radical generating agent such as bisazide simultaneously. こうした手法は、硬化後のインク層により高い耐薬品性を付与させたい場合にも適用することができる。 Such an approach can also be applied when it is desired to impart high chemical resistance by the ink layer after the curing.

本実施形態に係る分散体を用いたインクジェットインクは、通常、水または有機溶剤のような揮発成分を極力含まないように調製することが望まれる。 Inkjet ink using a dispersion according to this embodiment is generally desirable to prepare as not contained as little as possible volatile components such as water or an organic solvent. しかしながら、前述の一般の有機溶剤のなかから、例えば、メチルエチルケトン、プロピレングリコール系溶媒、乳酸エチル、キシレン、水などのように原材料の調製時に使用する有機溶剤や湿気などは、微量であれば不可避的に混入していてもよい。 However, from among the aforementioned organic solvents in general, for example, methyl ethyl ketone, propylene glycol-based solvents, ethyl lactate, xylene, organic solvents and moisture for use in the preparation of raw materials, such as water, unavoidable if small amount it may be mixed in. また、例えば、排気機構や溶媒回収機構を設けた場合には、所望の印刷物を得る目的などで、少量の有機溶媒を含有させてもよい。 Further, for example, in the case of providing the exhaust mechanism or a solvent recovery mechanism, object or the like to obtain the desired printed material, it may contain small amounts of organic solvents. この場合、安全性の観点からは、水、アルコール類、アイソパーやテルペンのような成分を使用することが望ましい。 In this case, from the viewpoint of safety, water, alcohols, it is desirable to use components such as Isopar or terpenes.

本実施形態に係る分散体を用いたインクジェットインクのうち、像形成能力を化学増幅機構に依存しているものは、露光によって光酸発生剤から酸が発生し、この酸が加熱によって拡散して架橋反応もしくは分解反応の触媒として機能する。 Of the ink-jet ink using a dispersion according to this embodiment, which relies an imaging capability chemical amplification mechanism, acid is generated from the photoacid generator by exposure, this acid is diffused by heat functions as a catalyst for the crosslinking reaction or decomposition reaction. このため、このインクジェットインクでは、著しい塩基性イオンの存在は感度低下の要因となる。 Therefore, in this ink-jet ink, the presence of significant basic ion becomes a factor of desensitization. したがって、液体インクの調製過程はもちろん、構成成分のそれぞれの製造過程でも大量の塩基性イオンが混入しないよう留意することが望ましい。 Therefore, preparation process of the liquid ink, of course, it is desirable to note that is not mixed large amounts of a basic ion in each manufacturing process of components.

次に、図面を参照して、上述したようなインクジェットインクが用いられる記録装置のうち、化学増幅型インクに使用できる加熱機構のついた印字方法および記録方法を説明する。 Next, with reference to the drawings, in the recording apparatus inkjet ink as described above is used will be described printing method and a recording method with a heating mechanism that can be used for chemically amplified ink.

図1は、上述したようなインクジェットインクを用いて記録を行なうための典型的な記録装置の概略的に示す図である。 Figure 1 is a diagram schematically showing a typical recording apparatus for performing recording using an ink jet ink as described above. 図示するインクジェット記録装置1は、記録媒体2を搬送する搬送機構3を備えている。 An ink jet recording apparatus 1 shown includes a transport mechanism 3 for transporting the recording medium 2. 搬送機構3の移動方向に沿って上流側から下流側には、インクジェット式の記録ヘッド4、光源5、および加熱機構6としてのヒーターが順次配置されている。 From upstream to downstream in the movement direction of the transport mechanism 3, an ink jet recording head 4, a heater serving as a light source 5 and the heating mechanism 6, they are sequentially arranged.

記録媒体(あるいは、被印刷物)2は、印刷可能な媒体であれば特に限定されるものではない。 Recording medium (or the substrate) 2 is not limited in particular as long as the printable medium. 記録媒体2としては、例えば、紙、OHPシート、樹脂フィルム、不織布、多孔質膜、プラスチック板、回路基板、および金属基板などを使用することができる。 The recording medium 2, for example, paper, OHP sheet, a resin film, nonwoven fabric, porous membrane, a plastic plate, the use of such circuit board and the metal substrate.

搬送機構3は、例えば、記録媒体2が記録ヘッド4、光源5、およびヒーター6の正面を順次通過するように媒体2を搬送する。 Conveying mechanism 3, for example, the recording medium 2 is a recording head 4, the light source 5, and conveys the medium 2 to pass successively through the front of the heater 6. ここでは、搬送機構3は、記録媒体2を、図中、右側から左側へ向けて搬送する。 Here, the transport mechanism 3, the recording medium 2 is conveyed from right to left. 搬送機構3は、例えば、記録媒体2を移動させるベルトおよび/またはローラと、それを駆動する駆動機構とによって構成することができる。 Conveying mechanism 3, for example, it can be configured with a belt and / or roller for transferring the recording medium 2, and a drive mechanism for driving it by. また、搬送機構3には、記録媒体2の移動を補助するガイド部材などをさらに設けてもよい。 Further, the conveying mechanism 3 may further be provided such as a guide member for assisting the transfer of the recording medium 2.

記録ヘッド4は、画像信号に対応して記録媒体2上にインクジェットインクを吐出して、インク層を形成する。 Recording head 4, in response to an image signal by ejecting the inkjet ink onto the recording medium 2, to form an ink layer. 記録ヘッド4としては、例えば、キャリッジに搭載されたシリアル走査型ヘッドや、記録媒体2の幅以上の幅を有するライン走査型ヘッドを使用することができる。 The recording head 4, for example, can be used and a serial scanning type head mounted on the carriage, the line scanning type head having a width larger than that of the recording medium 2. 高速印刷の観点では、通常、後者のほうが前者に比べて有利である。 In terms of high-speed printing, it is usually better in the latter advantage over the former. 記録ヘッド4からインクジェットインクを吐出する方法には、特に制限はない。 A method of ejecting the inkjet ink from the recording head 4 is not particularly limited. 例えば、発熱体の熱により発生する蒸気の圧力を利用してインク滴を飛翔させることができる。 For example, it is possible to fly the ink droplets by utilizing the pressure of the steam generated by the heat of the heating element. あるいは、圧電素子によって発生する機械的な圧力パルスを利用して、インク滴を飛翔させてもよい。 Alternatively, by utilizing a mechanical pressure pulse generated by a piezoelectric element, it may be flying ink droplets.

光源5は、記録媒体2上のインク層に光を照射して、インク層中に酸を発生させる。 Light source 5 irradiates light to the ink layer on the recording medium 2, an acid is produced in the ink layer. 光源5としては、例えば、低、中、高圧水銀ランプのような水銀ランプ、タングステンランプ、アーク灯、エキシマランプ、エキシマレーザ、半導体レーザ、YAGレーザ、レーザと非線形光学結晶とを組み合わせたレーザシステム、高周波誘起紫外線発生装置、電子線照射装置、X線照射装置などを使用することができる。 As the light source 5, for example, low, medium, mercury lamps, such as high-pressure mercury lamp, a tungsten lamp, an arc lamp, excimer lamp, excimer lasers, semiconductor lasers, YAG lasers, laser system which combines a laser and a nonlinear optical crystal, RF induced ultraviolet generator, an electron beam irradiation device, and the like can be used X-ray irradiator. これらのなかでも、システムを簡便化できることから、高周波誘起紫外線発生装置、高・低圧水銀ランプや半導体レーザなどを使用することが望ましい。 Among these, because it can simplify the system, high frequency induction ultraviolet generating apparatus, it is desirable to use as high-pressure mercury lamp or a semiconductor laser. 光源5には、必要に応じて集光用ミラーや走引光学系を設けてもよい。 The light source 5 may be provided with a mirror or a run 引光 science system for focusing light as needed.

加熱機構6としてのヒーターは、記録媒体2上のインク層を加熱して、酸を触媒とした架橋反応を促進する。 Heater as a heating mechanism 6 heats the ink layer on the recording medium 2, to promote the crosslinking reaction of the acid with the catalyst. 具体的には、ヒーターとしては、例えば、赤外ランプ、発熱体を内蔵したローラ(熱ローラ)、温風または熱風を吹き出すブロワなどを使用することができる。 Specifically, the heater, for example, may be used an infrared lamp, roller with a built-in heating element (heat roller), and a blower for blowing warm air or hot air.

こうした装置1を用いて、例えば以下のような方法により記録媒体に印刷を行なうことができる。 Using such apparatus 1 can perform printing on a recording medium by the following method.
まず、搬送機構3により記録媒体2を、図中、右側から左側へ向けて搬送する。 First, the recording medium 2 by the transfer mechanism 3, in the figure, is transferred from the right side to the left. 記録媒体2の搬送速度は、例えば、0.1m/min乃至数100m/minの範囲内とすることができる。 Conveying speed of the recording medium 2, for example, be in the range of 0.1 m / min to several 100 m / min.

記録媒体2が記録ヘッド4の正面まで搬送されると、記録ヘッド4は画像信号に対応して、上述のインクジェットインクを吐出する。 When the recording medium 2 is conveyed to the front of the recording head 4, the recording head 4 in response to the image signal, ejects ink jet ink described above. これにより、記録媒体2上に所定のインク層(図示せず)が形成される。 Thus, predetermined ink layer on the recording medium 2 (not shown) is formed.

インク層を有する記録媒体2は、光源5の正面へ搬送される。 Recording medium 2 having the ink layer is transferred to the front of the light source 5. 記録媒体2が光源5の正面を通過する際、光源5は記録媒体2上に形成されたインク層に向けて光を照射して、インク層中に酸を発生させる。 When the recording medium 2 passes through a location in front of the light source 5, the light source 5 irradiates light toward the ink layer formed on the recording medium 2, an acid is produced in the ink layer. なお、インク層表面の位置における照射光強度は、使用する光源の波長などに応じて異なるが、通常、数mW/cm 2乃至1KW/cm 2の範囲内とすることができる。 The irradiation light intensity at the position of the ink layer surface, varies depending on the wavelength of the light source used, typically, may be in the range of several mW / cm 2 to 1 KW / cm 2. インク層への露光量は、インクジェットインクの感度や被印刷面の移動速度(記録媒体2の搬送速度)などに応じて、適宜設定することができる。 Exposure to the ink layer, depending on the moving speed of the sensitivity and the printing surface of the inkjet ink (conveyance speed of the recording medium 2) can be set as appropriate.

続いて、記録媒体2は、ヒーター6内あるいはその近傍へ搬送される。 Then, the recording medium 2 is conveyed inside the heater 6 or the vicinity thereof. 記録媒体2がヒーター6内あるいはその近傍を通過する際、ヒーター6は記録媒体2上に形成されたインク層を加熱して、インク層中での架橋反応を促進する。 When the recording medium 2 passes through or near the heater 6, the heater 6 to heat the ink layer formed on the recording medium 2, to promote the crosslinking reaction in the ink layer. なお、図1に示す装置1においては、通常、ヒーター6による加熱時間は数秒乃至数10秒程度と比較的短い。 Note that, in the apparatus 1 shown in FIG. 1, usually, the heating time by the heater 6 is relatively short and several seconds to several ten seconds or so. したがって、ヒーター6によりインク層の硬化をほぼ完全に進行させる場合は、最高到達温度が例えば200℃程度以下、望ましくは60℃乃至200℃あるいは80℃乃至180℃程度の比較的高い温度となるように加熱を行なう。 Thus, if allowed to proceed substantially completely cured ink layer by the heater 6, the maximum temperature, for example, about 200 ° C. or less, so that preferably a relatively high temperature of about 60 ° C. to 200 ° C. or 80 ° C. to 180 ° C. carry out the heating to.

その後、記録媒体2は図示しないストッカー(あるいは容器)内へと搬送される。 Thereafter, the recording medium 2 is conveyed to the stocker (not shown) (or container) within. こうして、印刷が完了する。 In this way, the printing is completed.
インク層を加熱するための加熱機構は、図1に示したように光源の下流に配置されたヒーター6に限定されるものではない。 Heating mechanism for heating the ink layer is not limited to the heater 6 arranged downstream of the light source as shown in FIG. 例えば、インク層への露光の際、被印刷面を損なわない程度に光源5を記録媒体2に近づけることによって、光源5を熱源としても利用することができる。 For example, upon exposure to the ink layer, by approximating the light source 5 to the recording medium 2 to an extent of not impairing the printing surface, it can also be utilized light source 5 as a heat source. コールドミラーのような除熱機構を光源に設けないことによって、同様に光源を熱源として利用してもよい。 By not providing a heat removal mechanism, such as a cold mirror in the light source, it may be used similarly to the light source as a heat source. 数百ワットの高出力バルブの場合には、冷却機構を同時に有しているので、その排熱機構の一部を変更して、意図的にその熱を紙面に還元する機構を設ければよい。 In the case of several hundred watts high power valve, since a cooling mechanism simultaneously to change some of its heat removal mechanism may be provided intentionally mechanism for reducing the heat to the paper . これによって、光源から発生する熱によって、インク層を加熱することができる。 Thus, the heat generated from the light source, it is possible to heat the ink layer.

例えば、光源を冷却した気流を紙面や搬送/保持機構内に再導入して、加熱に用いる機構を有する百w以上の出力の光源が該当する。 For example, the airflow that has cooled the light source and re-introduced into the paper and the conveying / holding the mechanism, one hundred w or more outputs of the light source having a mechanism for use in heating corresponds. 光源の熱の還元による記録媒体の到達温度は、上述したヒーターによる加熱と同程度の効果が得られる温度とすればよい。 Ultimate temperature of the recording medium by thermal reduction of the light source may be a temperature at which effective as heating and by the heater described above is obtained. 好ましい温度は、加熱時間に依存するが、通常少なくとも60℃以上、より好ましくは80℃から100℃である。 The preferred temperature depends on the heating time, usually at least 60 ° C. or higher, more preferably 100 ° C. from 80 ° C.. また、露光速度が数m/秒と高速な場合には、瞬間的に加熱されるために180℃程度の高温としてもよい。 Further, when the exposure speed is several m / sec and a high speed may be a high temperature of about 180 ° C. in order to be instantaneously heated.

光源5として、例えば可視光に加えて赤外光を発生し得るものを使用した場合には、光照射と同時に加熱を行なうことができる。 As the light source 5, for example, when, in addition to visible light was used as it can generate infrared light it may be carried out at the same time heating and light irradiation. この場合には、硬化を促進させることができるので好ましい。 In this case it is preferable since it is possible to accelerate the cure.

インク層に光を照射すると、光源5から発生する熱によってインク層が加熱されるため、加熱機構は、ヒーター6のように必ずしも独立した部材として設ける必要はない。 When irradiating light to the ink layer, the ink layer is heated by heat generated from the light source 5, heating mechanism need not be provided as necessarily independent members as heater 6. しかしながら、光源5からの熱のみで常温で放置してインク層を完全に硬化させるには長時間を要する。 However, in order left to completely cure the ink layer at normal temperature only by the heat from the light source 5 takes a long time. したがって、常温放置は、完全硬化までに充分に長い時間を確保できる用途に適用することが望まれる。 Thus, left at room temperature, it is desired to apply to the application can be ensured sufficiently long time to complete curing. 例えば、翌日に配布される新聞公告のような印刷物は、硬化までに要する時間を一昼夜程度と長く確保することができるので、常温放置でも完全硬化させることができる。 For example, the printed matter such as newspaper publication to be distributed to the next day, so the time required for curing can be secured as long as about one day, it is possible to fully cure even at room temperature standing.

このような記録方法とインクにより形成された画像は、印字品質のみならず、硬化性能も高く、硬度、密着性、耐光性、および安全性の全てにおいて優れたものとなり得る。 Such recording method and the ink image formed by the, not print quality only, curing performance is high, hardness, adhesion, can be made excellent in all of light resistance, and safety. 硬化後の印字は、有害物の輻射がほとんどないことに加えて、露光中の重量減においても、10%以内に抑えられる。 Printing after curing, in addition to that there is little radiation harmful substances, also in weight loss during exposure is suppressed within 10%. このため、印刷雰囲気の飛散物も極力低減されて、望ましいものとなる。 Therefore, scattering of the printing atmosphere be minimized, it becomes desirable.

先に説明したように、上述したようなインクジェットインクで使用される顔料は、発色・着色性に加えて、磁性、蛍光性、導電性、誘電性、および電磁波発熱性等のような他の性質をさらに示すものであってもよい。 As described above, the pigment used in the inkjet ink as described above, in addition to the coloring and tinting, magnetic, other properties, such as fluorescence, conductivity, dielectric property, and electromagnetic heat generation, etc. it may further indicate a. そのような顔料を含有したインクジェットインクを使用した場合、様々な機能を印刷物に付与することが可能である。 When using the ink jet ink containing such pigment, it is possible to impart various functions to the printed matter. 以下、その例を幾つか示す。 Below, it shows some of the examples.

最初に、磁性を有する顔料を含有するインクジェットインクについて説明する。 First, a description will be given of an inkjet ink containing a pigment having magnetic.
まず、顔料として磁性を有する粉体を含有したインクジェットインクを調製する。 First, prepare the inkjet ink containing a powder having magnetic as the pigment. このインクジェットインクは、基本的には、すでに説明したものと同様の方法により調製することができる。 The ink-jet ink is basically can be prepared by methods analogous to those already described. すなわち、顔料を磁性粉に変更する以外は同様の方法により分散体を作製し、これを希釈してインクジェットインクが得られる。 That is, except for changing the pigment in the magnetic powder to prepare a dispersion in the same manner, the inkjet ink is obtained by diluting this. 磁性粉としては、例えば、鉄、コバルト、ニッケル、およびそれらの合金や酸化物などを用いることができる。 As the magnetic powder, for example, may be used iron, cobalt, nickel, and alloys thereof or oxides.

次に、このインクジェットインクを記録媒体上に吐出してバーコードパターンのようなパターンを描く。 Next, draw a pattern such as a bar code pattern by ejecting the ink-jet ink onto a recording medium. インク吐出後、速やかにインク層に紫外線のような光を照射する。 After ink ejection, immediately irradiated with light such as ultraviolet light to the ink layer. この際の照射量は、インクジェットインクにおける顔料の含有量やその感光性などに応じて設定することができ、通常は数百mJ乃至千数百mJ程度である。 Dose at this time can be set depending on the content and its photosensitive pigment in the inkjet ink, is usually a few hundred mJ to thousand several hundred mJ about. 光照射直後の状態でもインク層の粘着性や流動性は失われるが、ストッカー内で常温乃至60℃に維持することによって、インク層を完全に硬化させることができる。 While tackiness and fluidity of the ink layer even immediately after the light irradiation state is lost, by maintaining at room temperature to 60 ° C. in a stocker, it is possible to completely cure the ink layer. このようにして硬化したインク層は磁性を有しているため、磁気ヘッドなどの磁性検出機構により、画像情報以外の二次情報を読み取ることが可能となる。 Because this way the ink layer and cured has a magnetism, a magnetic detection mechanism such as a magnetic head, it is possible to read the secondary information other than image information.

次に、導電性顔料を含有したインクジェットインクについて説明する。 It will now be described an inkjet ink containing a conductive pigment.
まず、顔料として導電性を有する粉体を含有したインクジェットインクを調製する。 First, prepare the inkjet ink containing a powder having conductivity as a pigment. このインクジェットインクを調製するには、導電性顔料を含有する分散体を作製する。 To prepare the inkjet ink, to produce a dispersion containing conductive pigment. 導電性顔料としては、例えば、銀、金、銅、アルミニウム、炭素、ニッケル、鉄、コバルト、鉛、錫、アンチモン、それらの任意の組み合わせの合金粉末、およびそれらと有機物との複合体などが挙げられる。 The conductive pigment, for example, include silver, gold, copper, aluminum, carbon, nickel, iron, cobalt, lead, tin, antimony, any combination thereof of the alloy powder, and complexes thereof with organic substances such as It is. すなわち、こうした導電性顔料を用いる以外は、前述と同様の方法により、導電性顔料を含むインクジェットインクを作製することができる。 That is, except for the use of these conductive pigments can be manufactured inkjet ink comprising a method similar to that described above, the conductive pigment. 最終的に得られるインク層中の樹脂含有量を低減して導電性を高める目的で、インクジェットインク中の重合性化合物の含有量を低減するとともに、インクジェットインクに有機溶剤を添加してもよい。 In order to increase the conductivity by reducing the resin content of the ink layer in the finally obtained, while reducing the content of the polymerizable compound of the inkjet ink may be added an organic solvent in the inkjet ink.

得られたインクジェットインクを絶縁基板のような記録媒体上に吐出して、線パターンのようなパターンを描く。 Inkjet ink resulting by ejecting onto a recording medium such as an insulating substrate, draw a pattern, such as a line pattern. インク吐出後、速やかにインク層に紫外線のような光を照射する。 After ink ejection, immediately irradiated with light such as ultraviolet light to the ink layer. この際の照射量は、インクジェットインク中における顔料の含有量やその感光性などに応じて設定することができ、通常は数百mJ乃至千数百mJ程度である。 Dose at this time, depending on the content and its photosensitive pigment can be set in the ink-jet inks, typically a few hundred mJ to thousand several hundred mJ about. 光照射直後の状態でもインク層の粘着性や流動性は失われるが、ストッカー内で常温乃至60℃に維持することにより、インク層を完全に硬化させることができる。 While tackiness and fluidity of the ink layer even immediately after the light irradiation state is lost, by maintaining at room temperature to 60 ° C. in a stocker, it is possible to completely cure the ink layer. また、インク層に熱および圧力を加えると、導電性はよりいっそう高められる。 Further, the addition of heat and pressure to the ink layer, the conductivity is further enhanced. さらに、導電性顔料として比較的低融点の合金粉末を使用した場合には、その流動温度までインク層を加熱して導電パターンを得ることもできる。 Furthermore, when using a relatively low melting point of the alloy powder as a conductive pigments can also be obtained a conductive pattern by heating the ink layer to its flow temperature. こうして得られる印刷パターンは導電性を有しているため、回路パターンや抵抗パターンとして使用することが可能である。 Print pattern thus obtained since it has an electrical conductivity, can be used as a circuit pattern or the resistor pattern.

さらに、バリウム鉛、ビスマス、イリジウム、ルテニウム、タンタル、白金、チタン、ストロンチウム、クロムなどの合金やその酸化物、セラミック粉末のような誘電体粉末を顔料として含有したインクジェットインクを使用した場合には、キャパシタやインダクタの誘電体層を形成することも可能である。 Furthermore, when using the inkjet ink containing barium lead, bismuth, iridium, ruthenium, tantalum, platinum, titanium, strontium, alloys and their oxides, such as chromium, a dielectric powder, such as ceramic powders as pigments, it is also possible to form a dielectric layer of a capacitor and an inductor. この場合、パターン形成後に焼成することによって、その特性を向上させることができる場合がある。 In this case, by firing after pattern formation, it may be possible to improve its properties. また、酸化チタン粉末のように光触媒機能や殺菌能力を有する顔料を含有したインクジェットインクを使用した場合、そのような機能を有する印刷パターンを形成することも可能である。 Also, when using an ink jet ink containing a pigment having a photocatalytic function and sterilizing effect as titanium oxide powder, it is possible to form a print pattern having such a function. 電磁波発熱性粉体としては、例えば電磁波発熱性セラミックスやシリコン樹脂が例示される。 The electromagnetic exothermic powder, for example, an electromagnetic wave heating ceramics or silicon resin. これらは、電磁波を照射して、印字部分を選択的に加熱するなどの用途に用いることができる。 These are irradiated with electromagnetic waves, it can be used in applications such as to selectively heat the printed portion. かかる粉体は、上述したようなインクジェットインク全般の電磁波加熱性を向上することに用いることが可能である。 Such powders may be used to improve the electromagnetic heating of the inkjet ink in general as described above.

さらに、こうしたインクを用いて、重ね印刷や比較的厚みのある印刷パターンを形成することも可能となる。 Moreover, using such ink, it is possible to form a print pattern of overprinting and relatively thick. すなわち、記録媒体の所定の領域内でインクジェットインクの吐出と、それにより得られるインク層の硬化とを複数回繰り返すことによって、印刷の部分訂正や触覚的な画像認識が可能な浮き上がり部分を有する画像、例えば点字のようなハンデキャップ者向けの印刷パターン、等高線に対応して厚さを変化させた地形図のような印刷パターン、さらには数10μm以上の厚さを有するデバイスの一部などを形成することも可能である。 That is, an image having a discharge of the ink-jet ink in a predetermined area of ​​the recording medium, by repeating a plurality of times and curing of the resulting ink layer thereby, a partial correction and tactile image recognition capable lifted portions of the print , for example, a print pattern such as a topographic map with a printing pattern of handicap for people, changing the thickness corresponding to the contour lines as Braille, further forms and some of the devices that have a thickness of several 10μm it is also possible to.

以下、具体例を示して本発明の実施形態を詳細に説明する。 Hereinafter, the embodiments of the present invention will be described in detail with reference to specific examples.
青色系顔料、ブラック系顔料、およびイエロー系顔料を用いて、種々の顔料分散体を製造した。 Using blue pigment, black pigment, and a yellow pigment, was prepared and various pigment dispersions.

青色系顔料分散体は、顔料としてPigment Blue 15:3を用いて、以下に説明する3種類の手法により製造した。 Blue pigment dispersion, Pigment Blue 15 as a pigment: 3 was used to prepared by three different methods described below.

(C−1) (C-1)
Pigment Blue 15:3 100g、バナジウムアセチルアセトナート[V(acac)3]0.1モルの混合液を、クロロホルム中、超音波分散ヘッド(日本精機製)で処理しつつ60℃で4時間攪拌した。 Pigment Blue 15: 3 100g, vanadium acetylacetonate [V (acac) 3] 0.1 mol mixture in chloroform, and stirred for 4 hours at being processed, 60 ° C. in an ultrasonic dispersion head (manufactured by Nippon Seiki) . この際の雰囲気は、二酸化硫黄(SO 2 )(0.5atm=50.5kPa)および酸素(0.5atm=50.5kPa)とし、ヘッドの条件は、24KHz、300Wとした。 Atmosphere at this time, the sulfur dioxide (SO 2) (0.5atm = 50.5kPa ) and oxygen (0.5atm = 50.5kPa), conditions of the head are 24 KHz, was set to 300 W. 反応液を水洗した後、クロロホルムを分別した。 The reaction mixture was washed with water, and fractionated with chloroform.

減圧下でクロロホルムを除去して表面修飾シアン顔料を得、これを減圧乾燥した。 To obtain a surface-modified cyan pigment and the chloroform removed under reduced pressure, and vacuum dried. 元素分析により同定したスルホン酸修飾率は、EDX元素分析法により1.8%と推測された。 Acid modification ratio was identified by elemental analysis, was estimated to be 1.8% by EDX elemental analysis. また、IR吸収の3200cm -1付近にブロードな吸収が現われ、同時に表面に水酸基が発生していることが確認された。 Further, broad absorption appears near 3200 cm -1 of the IR absorption, it was confirmed that the hydroxyl group is generated on the surface at the same time.

上述の方法を、他の数種類の市販のフタロシアニン系顔料にも適用したところ、同様にスルホン酸基で修飾されたフタロシアニンが得られた。 The method described above, was applied to other several commercial phthalocyanine pigment, modified phthalocyanine was obtained in the same manner as sulfonic acid groups.

得られた表面修飾フタロシアニン60gを1500gの純水中に加え、30分撹拌してスラリーを得た。 Was added and the resulting surface-modified phthalocyanine 60g pure water 1500 g, to obtain a slurry was stirred for 30 minutes. 一方、第1の樹脂分散剤としてのエポキシ樹脂(ダイセル化学社製エポリード)をトルエンに溶解して、トルエン溶液を調製した。 On the other hand, an epoxy resin as the first resin dispersing agent (manufactured by Daicel Chemical Industries Epolead) was dissolved in toluene to prepare a toluene solution. このトルエン溶液60gを、前述のスラリーに少量ずつ添加して、攪拌した。 The toluene solution 60 g, was added portionwise to a slurry of the aforementioned, followed by stirring. 水に分散していたフタロシアニンは、トルエン側に徐々に移行したので、これを分別して、スプレードライ乾燥した。 Phthalocyanine was dispersed in the water, since the gradual transition in toluene side, and separated which was spray-dried dry. その後、オゾン処理により表面に再凝集防止処理を施し、これをカプセル化シアン顔料とした。 Then subjected to reaggregation-preventing treatment on the surface by the ozone treatment, which was used as encapsulated cyan pigment. この顔料をTEM(透過型電子顕微鏡)により観測したところ、顔料の表面にエポキシ樹脂によるカプセル状の膜が形成されていることが確認された。 The pigment was observed by TEM (transmission electron microscope), it was confirmed that the capsule-shaped film by epoxy resin to the surface of the pigment are formed.

次に、使用するエポキシ樹脂の量を変化させて、第1の樹脂分散剤の含有量を調整した。 Next, by changing the amount of the epoxy resin to be used to adjust the content of the first resin dispersing agent. さらに0.1ミリのジルコニアビーズとビーズミル(シンマルエンタープライゼス社)を用いて、周測8m/sec、予備分散媒としてのメチルエチルケトン(MEK)に再分散させて、分散体前駆体を得た。 Further with 0.1 mm zirconia beads and a bead mill (Shinmaru Enterprises Co.), the peripheral measuring 8m / sec, redispersed in methyl ethyl ketone (MEK) as a pre-dispersion medium to obtain a dispersion precursor.

それぞれの分散体前駆体に対し、本分散媒としての溶剤を等量添加した。 For each dispersion precursor, the solvent as the dispersion medium was added in equal amounts. これを1時間攪拌した後、50℃50mmHgで攪拌しつつ1時間加熱し、さらに5mmHgで3時間加熱してMEKを除去した。 This was stirred for 1 hour, and heated for 1 hour with stirring at 50 ° C. 50 mmHg, to remove the MEK was heated for a further 3 hours at 5 mmHg. 同様にして、下記表1に示すような種々の顔料分散体を製造した。 Similarly, to produce various pigment dispersions as shown in Table 1 below. 本分散媒としては、C3000:セロキサイド3000(リモネンジオキサイド:ダイセル化学)、SR−NPG(ネオペンチルグリコールジグリシジルエーテル:阪本薬品工業)、DVE−3(トリエチレングリコールジビニルエーテル、ISPジャパン)、OXT−221([1−エチル(3−オキセタニル)]メチルエーテル:東亞合成(株)、乳酸エチル、ONB−DVE(2個のビニルエーテル含有基を有するオキサノルボルナン化合物:ダイセル化学工業(株)より入手)、IBA(イソボルニルアクリレート、アルドリッチ)のいずれかを用いた。 As this dispersion medium, C3000: Celloxide 3000 (limonene dioxide: Daicel Chemical), SR-NPG (neopentyl glycol diglycidyl ether: Sakamoto Yakuhin Kogyo), DVE-3 (triethylene glycol divinyl ether, ISP Japan), OXT -221 ([1-ethyl (3-oxetanyl)] methyl ether: Toagosei Co., ethyl lactate, ONB-DVE (oxanorbornanediyl compound having two vinyl ether-containing groups: Daicel chemical Industries, available from KK) , with either IBA (isobornyl acrylate, Aldrich).
なお、溶剤を変換せずメチルエチルケトンをそのまま用いたものもある。 Incidentally, some of which was used as it methylethylketone without converting the solvent.

(C−2) (C-2)
Pigment Blue 15:3と、第1の樹脂分散剤としての末端アミノ基を有するポリエステル樹脂(アビシア社:ソルスパース32000)、ポリエステル樹脂に対して1/10量のシナジスト(アビシア社、ソルスパース5000)とを、予備分散媒としてのMEKに添加した。 And 3, a polyester resin having a terminal amino group of the first resinous dispersing agent: Pigment Blue 15 (manufactured by Avecia Solsperse 32000), 1/10 volume of synergists (Avecia Inc., Solsperse 5000) with respect to the polyester resin and , they were added to the MEK as a pre-dispersion medium. 得られた混合物に、ホモジェナイザーで予備分散処理を施した。 To the resulting mixture was subjected to a preliminary dispersion treatment by a homogenizer. その後、0.1ミリのジルコニアビーズとビーズミル(シンマルエンタープライゼス社)で周測8m/sec、2時間循環処理して、表面被覆顔料のMEK溶液(分散体前駆体)を得た。 Thereafter, 0.1 mm zirconia beads and a bead mill (Shinmaru Enterprises Corporation) at a peripheral measuring 8m / sec, 2 hours circulation treatment to obtain a surface-coated pigment of the MEK solution (dispersion precursor). 顔料に対する第1の樹脂分散剤の比率を変更する以外は同様にして、種々のMEK溶液を調製した。 Except for changing the ratio of the first resinous dispersing agent to the pigment in the same manner, they were prepared a variety of MEK solution.

この分散体前駆体を乾燥し、TEM(透過型電子顕微鏡)を用いて観測したところ、顔料の表面にポリエステル樹脂からなる膜が形成されていることが確認された。 This dispersion precursor was dried, was observed using a TEM (transmission electron microscope), it was confirmed that the film made of polyester resin on the surface of the pigment are formed. 一部のポリエステル樹脂が、顔料表面に吸着せず残留していることがわかったが、正確な樹脂被覆量は、次のように同定した。 Some of the polyester resin has been found to be remaining not adsorb to the pigment surface, precise resin coating amount was identified as follows. すなわち、遠心分離−デカンテーション、超音波(24KHz 300W)による再分散を繰り返した。 That is, centrifugation - decantation was repeated redispersion by ultrasound (24 KHz 300 W). その結果、余剰樹脂が洗い落とされた顔料分散体が作製された。 As a result, the pigment dispersion excess resin has been washed off is produced. この分散体中の顔料を熱分析(TG)することにより正確な樹脂被覆量を同定して、下記表1中に記した。 To identify the exact resin coating amount by the pigment in the dispersion to thermal analysis (TG), it noted in Table 1 below.

それぞれの分散体前駆体に対し、本分散媒としての溶剤を等量添加した。 For each dispersion precursor, the solvent as the dispersion medium was added in equal amounts. これを1時間攪拌した後、50℃50mmHgで攪拌しつつ1時間加熱し、さらに5mmHgで3時間加熱してMEKを除去した。 This was stirred for 1 hour, and heated for 1 hour with stirring at 50 ° C. 50 mmHg, to remove the MEK was heated for a further 3 hours at 5 mmHg. このようにして、下記表1に示すような種々の顔料分散体を製造した。 Thus, to produce a variety of pigment dispersions as shown in Table 1 below.

(C−3) (C-3)
Permajet Blue B2G(クラリアント社)をMEKに添加し、ホモジェナイザーで予備分散処理を施した。 It was added Permajet Blue B2G the (Clariant) in MEK, was subjected to a preliminary dispersion treatment in a homogenizer. その後、0.1ミリのジルコニアビーズとビーズミルで周測8m/sec、2時間循環処理して、表面被覆顔料のMEK溶液(分散体前駆体)を得た。 Thereafter, to give 0.1 mm zirconia beads and circumferential measuring 8m / sec, 2 hours circulation treatment to the bead mill, the surface-coated pigment of the MEK solution (dispersion precursor).

この分散体前駆体を乾燥し、TEM(透過型電子顕微鏡)を用いて観測したところ、顔料の表面に塩化ビニル/酢酸ビニル共重合体からなる膜が形成されていることが確認された。 This dispersion precursor was dried, was observed using a TEM (transmission electron microscope), it was confirmed that films made on the surface of the pigment from vinyl chloride / vinyl acetate copolymer are formed. 一部の樹脂(共重合体)は、顔料表面から脱離していることがわかったが、正確な樹脂被覆量は、次のように同定した。 Some of the resin (the copolymer) has been found to be desorbed from the pigment surface, precise resin coating amount was identified as follows. すなわち、遠心分離−デカンテーション、超音波(24KHz 300W)による再分散を繰り返した。 That is, centrifugation - decantation was repeated redispersion by ultrasound (24 KHz 300 W). その結果、余剰樹脂が洗い落とされた顔料分散体が作製された。 As a result, the pigment dispersion excess resin has been washed off is produced. この分散体中の顔料を熱分析法(TG)することにより正確な樹脂被覆量を同定して、下記表1中に記した。 To identify the exact resin coating amount by the pigment in the dispersion to a thermal analysis method (TG), it noted in Table 1 below.

それぞれの分散体前駆体に対し、本分散媒としての溶剤を等量添加した。 For each dispersion precursor, the solvent as the dispersion medium was added in equal amounts. これを1時間攪拌した後、50℃50mmHgで攪拌しつつ1時間加熱し、さらに5mmHgで3時間加熱してMEKを除去した。 This was stirred for 1 hour, and heated for 1 hour with stirring at 50 ° C. 50 mmHg, to remove the MEK was heated for a further 3 hours at 5 mmHg. このようにして、下記表1に示すような種々の顔料分散体を製造した。 Thus, to produce a variety of pigment dispersions as shown in Table 1 below.

ブラック系顔料分散体は、顔料としてSpecial Black 250(デグッサ社:カーボンブラック)を用いて、以下の手法により製造した。 Black pigment dispersion, Special Black 250 (Degussa: carbon black) as a pigment was used to prepared by the following procedure.
Special Black 250(デグッサ社:カーボンブラック)と、第1の樹脂分散剤としての末端アミノ基を有するポリエステル樹脂(アビシア社:ソルスパース32000)と、このポリエステル樹脂に対して1/10量のシナジスト(アビシア社、ソルスパース5000)とを、顔料に対してさまざまな分散剤樹脂比率で予備分散媒としてのMEKに添加し、ホモジェナイザーで予備分散処理を施した。 Special Black 250 (Degussa: carbon black) and a polyester resin (manufactured by Avecia Solsperse 32000) having a terminal amino group of the first resinous dispersing agent, a 1/10 volume with respect to the polyester resin a synergist (Avecia company, Solsperse 5000) and were added to MEK as the pre-dispersion medium in a variety of dispersant resin ratio to the pigment, subjected to a preliminary dispersion treatment by a homogenizer. その後、0.1ミリのジルコニアビーズおよびビーズミル(シンマルエンタープライゼス社)を用い、周測8m/secで2時間循環処理して、表面被覆顔料のMEK溶液(分散体前駆体)を得た。 Then, using a 0.1 mm zirconia beads and a bead mill (Shinmaru Enterprises Corp.), and 2 hours circulation treatment with the circumferential measuring 8m / sec, to obtain a surface coating pigment MEK solution (dispersion precursor). 顔料に対する第1の樹脂分散剤の比率を変更する以外は同様にして、種々のMEK溶液を調製した。 Except for changing the ratio of the first resinous dispersing agent to the pigment in the same manner, they were prepared a variety of MEK solution.

この分散体前駆体を乾燥し、TEM(透過型電子顕微鏡)を用いて観測したところ、顔料の表面にポリエステル樹脂からなる膜が形成されていることが確認された。 This dispersion precursor was dried, was observed using a TEM (transmission electron microscope), it was confirmed that the film made of polyester resin on the surface of the pigment are formed. 一部のポリエステル樹脂が、顔料表面に吸着せず残留していることがわかったが、正確な樹脂被覆量は、次のように同定した。 Some of the polyester resin has been found to be remaining not adsorb to the pigment surface, precise resin coating amount was identified as follows. すなわち、遠心分離−デカンテーション、超音波(24KHz 300W)による再分散を繰り返した。 That is, centrifugation - decantation was repeated redispersion by ultrasound (24 KHz 300 W). その結果、余剰樹脂が洗い落とされた顔料分散体が作製された。 As a result, the pigment dispersion excess resin has been washed off is produced. この分散体中の顔料を熱分析(TG)することにより正確な樹脂被覆量を同定して、下記表2中に記した。 To identify the exact resin coating amount by the pigment in the dispersion to thermal analysis (TG), it noted in Table 2 below.

それぞれの分散体前駆体に対し、本分散媒としての溶剤を等量添加した。 For each dispersion precursor, the solvent as the dispersion medium was added in equal amounts. これを1時間攪拌した後、50℃50mmHgで攪拌しつつ1時間加熱し、さらに5mmHgで3時間加熱してMEKを除去した。 This was stirred for 1 hour, and heated for 1 hour with stirring at 50 ° C. 50 mmHg, to remove the MEK was heated for a further 3 hours at 5 mmHg. このようにして、下記表2に示すような種々の顔料分散体を製造した。 Thus, to produce a variety of pigment dispersions as shown in Table 2 below. 本分散媒としては、C3000:セロキサイド3000(リモネンジオキサイド:ダイセル化学)、SR−NPG(ネオペンチルグリコールジグリシジルエーテル:阪本薬品工業)、OXT−221([1−エチル(3−オキセタニル)]メチルエーテル:東亞合成(株))、乳酸エチル、DVE−3(トリエチレングリコールジビニルエーテル、ISPジャパン社)、ONB−DVE(2個のビニルエーテル含有基を有するオキサノルボルナン化合物:ダイセル化学工業(株)より入手)、ISB−DVE(イソソルビトールのジビニルエーテル:ダイセル化学工業(株)より入手)、IBA(イソボルニルアクリレート、アルドリッチ)のいずれかを用いた。 As this dispersion medium, C3000: Celloxide 3000 (limonene dioxide: Daicel Chemical), SR-NPG (neopentyl glycol diglycidyl ether: Sakamoto Yakuhin Kogyo), OXT-221 ([1- ethyl (3-oxetanyl)] methyl ether: Toagosei Co.), ethyl lactate, DVE-3 (triethylene glycol divinyl ether, ISP Japan Ltd.), ONB-DVE (oxanorbornanediyl compound having two vinyl ether-containing groups: Daicel chemical Industries, Ltd. from available), ISB-DVE (divinyl ethers of isosorbitol: Daicel Chemical Industries, Ltd. obtained from), with either IBA (isobornyl acrylate, Aldrich).

なお、溶剤を変換せずメチルエチルケトンをそのまま用いたものもある。 Incidentally, some of which was used as it methylethylketone without converting the solvent.

黄色系顔料分散体は、Pigment Yellow 150(クラリアント製)、Pigment Yellow 139(クラリアント製:Graphtol Yellow H2R)、およびPigment Yellow 180(クラリアント製:Toner Yellow HG)のいずれかを用いて、以下に説明する2種類の手法により製造した。 Yellow pigment dispersion, Pigment Yellow 0.99 (Clariant), Pigment Yellow 139 (manufactured by Clariant: Graphtol Yellow H2R), and Pigment Yellow 180 (manufactured by Clariant: Toner Yellow HG) using either, will be described below It was produced by two kinds of methods.

(Y−1) (Y-1)
まず、Pigment Yellow 150(クラリアント製)、Pigment Yellow 139(クラリアント製:Graphtol Yellow H2R)、およびPigment Yellow 180(クラリアント製:Toner Yellow HG)を用意した。 First, Pigment Yellow 150 (Clariant), Pigment Yellow 139 (manufactured by Clariant: Graphtol Yellow H2R), and Pigment Yellow 180 (manufactured by Clariant: Toner Yellow HG) was prepared. 次に、第1の樹脂分散剤としての末端アミノ基を有するポリエステル樹脂(アビシア社:ソルスパース32000)と、このポリエステル樹脂に対して1/10量のシナジスト(アビシア社、ソルスパース22000)とを、予備分散媒としてのMEKに添加し、ホモジェナイザーで予備分散処理を施した。 Next, a polyester resin (manufactured by Avecia Solsperse 32000) having a terminal amino group of the first resinous dispersing agent, one-tenth the amount of synergist (Avecia Inc., Solsperse 22000) to this polyester resin and a preliminary It was added to the MEK as a dispersion medium was subjected to a preliminary dispersion treatment by a homogenizer. その後、0.1ミリのジルコニアビーズおよびビーズミル(シンマルエンタープライゼス社)を用い、周測8m/secで2時間循環処理して、表面被覆顔料のMEK溶液(分散体前駆体)を得た。 Then, using a 0.1 mm zirconia beads and a bead mill (Shinmaru Enterprises Corp.), and 2 hours circulation treatment with the circumferential measuring 8m / sec, to obtain a surface coating pigment MEK solution (dispersion precursor). 顔料に対する第1の樹脂分散剤の比率を変更する以外は同様の手法により、種々のMEK溶液を調製した。 In the same manner except for changing the ratio of the first resinous dispersing agent to the pigment to prepare a variety of MEK solution.

この分散体前駆体を乾燥し、TEM(透過型電子顕微鏡)を用いて観測したところ、顔料の表面にポリエステル樹脂からなる膜が形成されていることが確認された。 This dispersion precursor was dried, was observed using a TEM (transmission electron microscope), it was confirmed that the film made of polyester resin on the surface of the pigment are formed. 一部のポリエステル樹脂が、顔料表面に吸着せず残留していることがわかったが、正確な樹脂被覆量は、次のように同定した。 Some of the polyester resin has been found to be remaining not adsorb to the pigment surface, precise resin coating amount was identified as follows. すなわち、遠心分離−デカンテーション、超音波(24KHz 300W)による再分散を繰り返した。 That is, centrifugation - decantation was repeated redispersion by ultrasound (24 KHz 300 W). その結果、余剰樹脂が洗い落とされた顔料分散体が作製された。 As a result, the pigment dispersion excess resin has been washed off is produced. この分散体中の顔料を熱分析(TG)することにより正確な樹脂被覆量を同定し、下記表中に記した。 The pigment in the dispersion to identify the exact resin coverage by thermal analysis (TG), noted in the table below.

それぞれの分散体前駆体に対し、本分散媒としての溶剤を等量添加した。 For each dispersion precursor, the solvent as the dispersion medium was added in equal amounts. これを1時間攪拌した後、50℃50mmHgで攪拌しつつ1時間加熱し、さらに5mmHgで3時間加熱してMEKを除去した。 This was stirred for 1 hour, and heated for 1 hour with stirring at 50 ° C. 50 mmHg, to remove the MEK was heated for a further 3 hours at 5 mmHg. このようにして、下記表に示すような種々の顔料分散体を製造した。 Thus, to produce a variety of pigment dispersions as shown in the following Table. 本分散媒としては、C3000:セロキサイド3000(リモネンジオキサイド:ダイセル化学)、SR−NPG(ネオペンチルグリコールジグリシジルエーテル:阪本薬品工業)、OXT−221([1−エチル(3−オキセタニル)]メチルエーテル:東亞合成(株))、乳酸エチル、DVE−3(トリエチレングリコールジビニルエーテル、ISPジャパン社)、ONB−DVE(2個のビニルエーテル含有基を有するオキサノルボルナン化合物:ダイセル化学工業(株)より入手)、IBA(イソボルニルアクリレート、アルドリッチ)のいずれかを用いた。 As this dispersion medium, C3000: Celloxide 3000 (limonene dioxide: Daicel Chemical), SR-NPG (neopentyl glycol diglycidyl ether: Sakamoto Yakuhin Kogyo), OXT-221 ([1- ethyl (3-oxetanyl)] methyl ether: Toagosei Co.), ethyl lactate, DVE-3 (triethylene glycol divinyl ether, ISP Japan Ltd.), ONB-DVE (oxanorbornanediyl compound having two vinyl ether-containing groups: Daicel chemical Industries, Ltd. from available), with either IBA (isobornyl acrylate, Aldrich).
なお、溶剤を変換せずメチルエチルケトンをそのまま用いたものもある。 Incidentally, some of which was used as it methylethylketone without converting the solvent.

(Y−2) (Y-2)
Permajet Yellow HG(クラリアント製)をMEKに添加し、ホモジェナイザーで予備分散処理を施した。 Permajet added Yellow HG (manufactured by Clariant) in MEK, was subjected to preliminary dispersion treatment by a homogenizer. その後、0.1ミリのジルコニアビーズおよびビーズミルを用い、周測8m/secで2時間循環処理して、表面被覆顔料のMEK溶液(分散体前駆体)を得た。 Then, using a 0.1 mm zirconia beads and a bead mill, and 2 hours circulation treatment with the circumferential measuring 8m / sec, to obtain a surface coating pigment MEK solution (dispersion precursor).

この分散体前駆体を乾燥しTEM(透過型電子顕微鏡)を用いて観測したところ、顔料の表面には、塩化ビニル/酢酸ビニル共重合体からなる膜が形成されていることが確認された。 Was observed the dispersion precursor using dried TEM (transmission electron microscope), the surface of the pigment, the film made of vinyl chloride / vinyl acetate copolymer is formed has been confirmed. このとき、一部の樹脂は顔料表面から脱離していることが観測されたため、遠心分離−デカンテーション、超音波(24KHz 300W)による再分散を繰り返した。 At this time, part of the resin since it has been observed that desorbed from the pigment surface, centrifugation - repeated decantation, the redispersion by ultrasound (24 KHz 300 W). その結果、余剰樹脂が洗い落とされ、3種類の樹脂被覆量の分散前駆体が得られた。 As a result, the excess resin is washed off, dispersed precursor of three resin coating amount is obtained. この分散前駆体について、熱分析法(TG)によって求めたそれぞれの樹脂の被覆量も、下記表中に記した。 This dispersion precursor, the coating weight of each resin was determined by thermal analysis (TG) were also noted in the table below.

それぞれの分散体前駆体に対し、本分散媒としての溶剤を等量添加した。 For each dispersion precursor, the solvent as the dispersion medium was added in equal amounts. これを1時間攪拌した後、50℃50mmHgで攪拌しつつ1時間加熱し、さらに5mmHgで3時間加熱してMEKを除去した。 This was stirred for 1 hour, and heated for 1 hour with stirring at 50 ° C. 50 mmHg, to remove the MEK was heated for a further 3 hours at 5 mmHg. このようにして、下記表に示すような種々の黄色系顔料分散体を製造した。 Thus, to produce a variety of yellow pigment dispersions as shown in the following Table.

上述したように調製された顔料分散体に対して、第2の樹脂分散剤としてDAあるいはDBを添加した。 The pigment dispersions prepared as described above was added to DA or DB as the second resinous dispersing agent. 分散剤DAは、アミン価が45である芳香族ポリエステルをアミン末端に結合させたポリアリルアミン化合物であり、分散剤DBは、アミン価が38である脂肪族ポリエステルをアミン末端に結合させたポリアリルアミン化合物である。 Dispersing agents DA are polyallylamine compound the amine value and the aromatic polyester is 45 coupled to the amine-terminated, dispersants DB is polyallylamine obtained by attaching the aliphatic polyester amine value of 38 to amine-terminated it is a compound. さらに、分散媒に対して2.5重量%の割合でイオン性化合物を添加した。 Furthermore, the addition of ionic compound in a proportion of 2.5 wt% with respect to the dispersion medium. 分散体中のイオン性化合物の濃度が1重量%未満の場合には、その効果が小さかったが、1乃至10重量%の範囲で良好な安定を示している。 When the concentration of the ionic compound in the dispersion is less than 1% by weight, although the effect was small, indicating good stability in the range of 1 to 10 wt%. このため、本実施例では2.5乃至3.5重量%の濃度でイオン性化合物を配合した。 Therefore, by blending an ionic compound in a concentration of 2.5 to 3.5 wt% in this embodiment. ここで用いたイオン性化合物は、下記に示す化合物(C1)乃至(C4)、または(C5)(テトラブチルアンモニウムヘキサフルオロホスフェート)である。 Ionic compound used here is a compound represented by the following (C1) to (C4), or (C5) (tetrabutylammonium hexafluorophosphate).

その後、分散ヘッド(日本精機製:24KHz、600W)で、冷却しながら40℃以下の温度で1時間再分散し、再分散/分散安定化を行なった。 Thereafter, the dispersion head (manufactured by Nihon Seiki: 24 KHz, 600W), the 1 hour redispersed while cooling 40 ° C. temperature below were subjected to re-dispersion / dispersion stabilizer.
TEMの結果、添加した第2の樹脂分散剤は、90%以上の割合で第1の樹脂分散剤とともに顔料に吸着していることが観測された。 Result of the TEM, the second resinous dispersing agent was added, it was observed that adsorbed on the pigment with the first resinous dispersing agent at a ratio of 90% or more. 正確な樹脂被覆量は、次のように同定した。 The exact resin coating amount was identified as follows. まず、遠心分離−デカンテーション、超音波(24KHz 300W)による再分散を繰り返すことによって、余剰樹脂の洗い落とされた顔料分散体を作製した。 First, centrifugation - decantation, by repeating the redispersion by ultrasound (24 KHz 300 W), to prepare a pigment dispersion that was washed out with excess resin. この分散体の顔料を熱分析(TG)することにより正確な樹脂被覆量を同定して、下記表5乃至8中に記した。 To identify the exact resin coating amount by the pigment of the dispersion is a thermal analysis (TG), it noted in Table 5-8. それぞれの顔料について、第2の樹脂分散剤を配合せずに比較例(Rf)の分散体を調製した。 For each pigment, to prepare a dispersion of Comparative Example (Rf) without blending a second resinous dispersing agent. 表5および表6には、青色系顔料分散体およびブラック系顔料分散体をそれぞれ示し、表7および8には、黄色系顔料分散体を示した。 Table 5 and Table 6 show a blue pigment dispersion and a black pigment dispersion, respectively, in Table 7 and 8, showing the yellow pigment dispersion.

上記表5乃至8中、第2の樹脂分散剤の含有量は顔料重量に対する%であり、イオン性化合物の含有量は全溶剤量に対する重量%を示す。 Among the above Table 5-8, the content of the second resinous dispersing agent is a percentage of the pigment weight, the content of the ionic compound exhibits a weight% relative to the total amount of solvent.

表5乃至8に示した顔料分散体を、それぞれ65℃10日間放置して加速試験を行なった後、顔料粒子の粒子径(d 1 )を調べた。 Table 5 or pigment dispersions shown in 8, after performing the left to the accelerated test, respectively 65 ° C. 10 days to examine the particle size of the pigment particles (d 1). 希釈後の粒子径を、HPPS測定器(マルバーン社製)により測定して求めたZ平均粒子径であり、熱加速試験後の粒子径は、65℃10日間保管後の熱加速試験後の粒子径である。 The particle size after dilution, a Z average particle diameter determined by measuring the HPPS measuring apparatus (Malvern Co.), the particle size after heat acceleration test, after heat acceleration test after storage 65 ° C. 10 days particles is the diameter.
初期の粒子径(d 0 )からの粒子径の増加率(S A )により、次のように分散安定性を評価した。 The rate of increase in particle diameter from the initial diameter (d 0) (S A) , was evaluated the dispersion stability as follows.

(加速試験後) S A =((d 1 −d 0 )/d 0 (After accelerated test) S A = ((d 1 -d 0) / d 0)
A:S A <1.05 A: S A <1.05
B:1.05≦S A <1.3 B: 1.05 ≦ S A <1.3
C:S A ≧1.3 C: S A ≧ 1.3
得られた結果を、下記表9乃至表12にまとめる。 The results obtained are summarized in the following Table 9 to Table 12. 表9および表10には、青色系顔料分散体およびブラック系顔料分散体の結果をそれぞれ示し、表11および12には、黄色系顔料分散体の結果を示した。 Table 9 and Table 10 shows the results of the blue pigment dispersion and a black pigment dispersion, respectively, in Tables 11 and 12 showed the results of a yellow pigment dispersion.

上記表9乃至12に示されるように、いずれの顔料の場合も、第2の樹脂分散剤が含有されない比較例の分散体は、顔料の分散安定性が劣っている。 As shown in Table 9 to 12, in any case of a pigment, dispersion of Comparative Example in which the second resinous dispersing agent is not contained, have poor dispersion stability of the pigment.

上記表5乃至8に示した分散体のうちから数種を選択し、さらに、第2の樹脂分散剤の添加量を変化させた。 Select several from among the dispersions shown in Table 5 to 8, further changing the addition amount of the second resinous dispersing agent. その組成を、下記表13乃至16にまとめる。 Its composition are summarized in the following Table 13 to 16. 表13および表14には、青色系顔料分散体およびブラック系顔料分散体をそれぞれ示し、表15および16には、黄色系顔料分散体を示した。 Table 13 and Table 14 show the blue pigment dispersion and black pigment dispersions, respectively, Table 15 and 16, it showed a yellow pigment dispersion.

各分散体の安定性を上述と同様の手法により評価し、その結果を、下記表17乃至20にまとめる。 The stability of each dispersion was evaluated by the same way as described above, and the results are summarized in the following Table 17 to 20. 表17および表18には、青色系顔料分散体およびブラック系顔料分散体の結果をそれぞれ示し、表19および20には、黄色系顔料分散体の結果を示した。 Table 17 and Table 18 shows the results of the blue pigment dispersion and a black pigment dispersion, respectively, in Tables 19 and 20 showed the results of a yellow pigment dispersion.

上記表17乃至20に示されるように、基本的には、いずれの顔料の場合も、B以上の安定性を有している。 As shown in Table 17 to 20, basically, in any case of pigments, and has a more stable B.

表5乃至8,13乃至16に示した分散体からいくつか用いて、下記表21乃至23に示す処方によりインクジェットインクを調製した。 Table 5 or with some from the dispersion shown in 8,13 to 16, and the ink-jet ink was prepared according to the formulation shown in Table 21 to 23. 下記表21、22、および23には、青色系顔料分散体、ブラック系顔料分散体、および黄色系顔料分散体を用いたインクをそれぞれ示した。 The following Table 21, and 23 showed a blue pigment dispersion, black pigment dispersion, and yellow pigment dispersion ink using respectively.

下記表中、分散媒2として配合したOXT−221は、先述のオキセタン化合物(ジ[1−エチル(3−オキセタニル)]メチルエーテル:商品名:東亞合成製OXT221)であり,DVE−3はビニルエーテル化合物(トリエチレングリコールジビニルエーテル、ISPジャパン社)、C2021Pはエポキシ化合物(ダイセル化学社、セロキサイド2021P)、TMPTAはトリメチロールプロパントリアクリレート(アルドリッチ、5%のイルガキュア365(チバガイギー)を含む)、ELは乳酸エチルを示す。 In the following table, OXT221 formulated as a dispersion medium 2, the foregoing oxetane compound (di [1-ethyl (3-oxetanyl)] methyl ether: trade name: manufactured by Toagosei Co. OXT221) a and, DVE-3 vinyl ether compound (triethylene glycol divinyl ether, ISP Japan Ltd.), C2021P epoxy compound (Daicel chemical Industries, Celloxide 2021P), TMPTA (including Aldrich, 5% Irgacure 365 (Ciba-Geigy)) trimethylolpropane triacrylate, EL is show ethyl lactate. また、イオン性化合物または光酸発生剤としては、分散体と同様なものを用いて、表中の全溶媒に対する濃度になるように調整した。 As the ionic compound or photoacid generator, with those similar to the dispersion was adjusted to a concentration to total solvent in the table.

さらに、表5,6,および8に記載した比較例の分散体を用いて、比較例のインクジェットインク(LL−Rf)を調製した。 Further, by using the dispersion of Comparative Example described in Tables 5, 6, and 8 were prepared inkjet inks (LL-Rf) of the comparative example.

表22中の光酸発生剤量には、増感剤として添加されたジブトキシアントラセンも含まれており、この増感剤は、光酸発生剤の30重量%の量で用いた。 The photoacid generator content in Table 22, dibutoxyanthracene added as a sensitizer is also included, the sensitizer was used in an amount of 30 wt% of the photoacid generator.

次に、図1に示したインクジェット記録装置1を用いて、各インクジェットインクの性能試験を行なった。 Next, using an ink jet recording apparatus 1 shown in FIG. 1 to perform performance test of each inkjet ink.
表21乃至23に示す処方で調製されたインクジェットインクは、1ミクロンのメンブランフィルターで濾過して準備した。 Table 21 to inkjet inks prepared by the formulations shown in 23 was prepared and filtered through a membrane filter of 1 micron. 記録媒体2としては通常の光沢紙を使用し、光源5としては出力230Wの超高圧水銀ランプを用いて、露光量は500mJ/cm 2とした(ただし、LL−C5、LL−B5、およびLL−Y5は光を照射しなかった)。 Using conventional glossy paper as the recording medium 2 as the light source 5 using ultra-high pressure mercury lamp of output 230 W, exposure amount was 500 mJ / cm 2 (provided that, LL-C5, LL-B5, and LL -Y5 did not irradiated with light). また、記録ヘッドの4温度は45℃に保ち、加熱機構6としては、出力600Wの赤外セラミックヒーターを用いた。 Also, 4 temperature of the recording head is maintained at 45 ° C., the heating mechanism 6, using infrared ceramic heater output 600W.

形成されたインク層の鉛筆硬度、印字安定性、溶剤耐性、および印字画質を以下のように評価した。 Pencil hardness of the formed ink layer, printing stability, solvent resistance, and print quality were evaluated as follows.
印字安定性は、24時間あたりの吐出エラー頻度(回数)で示した。 Printing stability was expressed by the discharge error frequency per 24 hours (times).
溶剤耐性は、水、エタノール、およびアセトンの3種類の溶剤に対する耐性を調べて、次のように評価した。 Solvent resistance, water examines ethanol, and resistance to three of the solvent acetone was evaluated as follows. 水のみに耐性を有するものは“1”とし、水およびエタノールに耐性を有するものを“2”とした。 Those resistant only to water a "1", those resistant to water and ethanol was "2". 水、エタノールおよびアセトン全てに耐性があるものは、“3”とした。 Water, ethanol, and those resistant to all acetone was "3".
画像品質は目視により判断して、問題があるものについてその状況を記した。 Image quality was determined visually, describing the situation for some problems. なお、画像の若干の乱れ(ミス・ディレクション・ショットなど)が若干観測されるが、詳細に調べないとミスショットに気づかないレベルは“良好”とし、エラーショットが全く観測されないものは“優秀”とした。 Incidentally, (such as Miss Direction shot) slight image disturbance but is observed slightly, unless scrutinized level unaware missed shot is a "good", that an error shot is not at all observed "Excellent" and the. ミスディレクション・ショットが目立つが、印字の判読に支障のないレベルであれば、“可”とした。 Although conspicuous misdirection shot, if the level does not interfere with interpretation of print, was a "possible".

得られた結果を、各インクの加速試験評価とともに、下記表24乃至26にまとめる。 The results obtained, together with the acceleration test evaluation of each ink are summarized in the following Table 24 to 26. 下記表24には、青色インクについての結果を示す。 The following Table 24 shows the results for blue ink. なお、ELを溶剤とするものは硬化性のインクではないので、硬度や溶剤耐性は未測定とした。 Since not a curable ink which the EL and solvent, hardness and solvent resistance was not measured.

上記表24に示されるように、実施例の青色インクは、いずれも加速試験や印字が安定しており、得られる画像の画質も優秀である。 As shown in Table 24, the blue ink of Example are all have accelerated test and printing stability, the quality of the obtained image is also excellent. 一方、比較例のインクは、粒子径が増加して吐出安定性に欠けており、また、画質も若干のミスディレクションが観測される平凡なものであることがわかる。 On the other hand, the ink of the comparative example, it can be seen that lacks discharge stability increases the particle size, also, the image quality is also commonplace for some misdirection is observed.
以上の結果から、青色系顔料は、分散媒の全重量に対して2重量部以上30重量部以下の割合で含有されていると、色彩および分散安定性が良好であることがわかる。 From the above results, the blue pigment, when being contained in an amount of less than 30 parts by weight or more and 2 parts by weight relative to the total weight of the dispersion medium, it can be seen that color and dispersion stability is good. また、第1の樹脂分散剤の最適な樹脂量は10%以上30%以下であり、第2の樹脂分散剤の添加量は顔料重量に対して5%以上30%以下であることがわかる。 Further, the optimum resin amount of the first resinous dispersing agent is less than 30% 10%, the amount of the second resinous dispersing agent is found to be 30% or less than 5% relative to the pigment weight. 樹脂分散剤の含有量が少なすぎる場合には色感や分散安定性が悪く、一方、多すぎる場合には粘度や分散安定性などの問題が大きくなる。 If the content of the resin dispersant is too low color sense and dispersion stability is poor, whereas, large problems such as viscosity and dispersion stability when too much.

下記表25には、ブラックインクについての結果を示す。 The following Table 25 shows the results for the black ink.

上記表25に示されるように、実施例のブラックインクは、いずれも加速試験や印字が安定しており、得られる画像の画質も優秀である。 As shown in Table 25, the black ink of the embodiment, both are accelerated test and printing stability, the quality of the obtained image is also excellent. 一方、比較例のインクは、粒子径が増加して吐出安定性に欠けており、また、画質も若干のミスディレクションが観測される平凡なものであることがわかる。 On the other hand, the ink of the comparative example, it can be seen that lacks discharge stability increases the particle size, also, the image quality is also commonplace for some misdirection is observed.
以上の結果から、ブラック系顔料は、分散媒の全重量に対して2重量部以上30重量部以下の割合で含有されていると、色彩および分散安定性が良好であることがわかる。 From the above results, the black pigment, when being contained in an amount of less than 30 parts by weight or more and 2 parts by weight relative to the total weight of the dispersion medium, it can be seen that color and dispersion stability is good. また、第1の樹脂分散剤の最適な樹脂量は10%以上30%以下であり、第2の樹脂分散剤の添加量は、顔料重量に対して5%以上30%以下であることがわかる。 Further, the optimum resin amount of the first resinous dispersing agent is less than 30% 10%, the amount of the second resinous dispersing agent is found to be 30% or less than 5% relative to the pigment weight . 樹脂分散剤の含有量が少なすぎる場合には色感や分散安定性が悪く、一方、多すぎる場合には粘度や分散安定性などの問題が大きくなる。 If the content of the resin dispersant is too low color sense and dispersion stability is poor, whereas, large problems such as viscosity and dispersion stability when too much.

下記表26には、イエローインクについての結果を示す。 In the following Table 26 shows the results for the yellow ink.

上記表26に示されるように、実施例のイエローインクは、いずれも加速試験や印字が安定しており、得られる画像の画質も優秀である。 As shown in Table 26, the yellow ink of example, both have accelerated test and printing stability, the quality of the obtained image is also excellent. 一方、比較例のインクは、吐出安定性に欠けており、また、画質も若干のミスディレクションが観測される平凡なものであることがわかる。 On the other hand, the ink of the comparative example, lacks the ejection stability, also it can be seen that the image quality is also commonplace for some misdirection is observed.
以上の結果から、黄色系顔料は、分散媒の全重量に対して2重量部以上30重量部以下の割合で含有されていると、色彩および分散安定性が良好であることがわかる。 From the above results, the yellow pigment, when being contained in an amount of less than 30 parts by weight or more and 2 parts by weight relative to the total weight of the dispersion medium, it can be seen that color and dispersion stability is good. また、第1の樹脂分散剤の最適な樹脂量は10%以上60%以下であり、第2の樹脂分散剤の添加量は、顔料重量に対して1%以上30%以下であることがわかる。 Further, the optimum resin amount of the first resinous dispersing agent is 60% or less than 10%, the addition amount of the second resinous dispersing agent is found to be 30% or less 1% or more based on the pigment weight . 樹脂分散剤の含有量が少なすぎる場合には色感や分散安定性が悪く、一方、多すぎる場合には粘度や分散安定性などの問題が大きくなる。 If the content of the resin dispersant is too low color sense and dispersion stability is poor, whereas, large problems such as viscosity and dispersion stability when too much.

なお、いずれの顔料の場合も、第2の樹脂分散剤を用いずに顔料を分散媒に直接分散させてなる比較例のインクジェットインクでは、加速試験により増粒することが確認された。 Even if any of the pigment, the inkjet inks of the comparative example formed by dispersing directly the pigment in the dispersion medium without using a second resinous dispersing agent, to Zotsubu is confirmed by an acceleration test. その結果、吐出におけるエラー回数も、実施例のインクより1桁近く多くなることが確認された。 As a result, the error count at the discharge also, it was confirmed that many 1 order of magnitude than the inks of Examples.

次に、粘度の異なる分散媒を用いて数種の分散体を製造し、分散媒として用いられる溶媒の粘度の影響を調べた。 Next, to produce several of the dispersion using a different dispersant viscosity was examined the influence of viscosity of the solvent used as a dispersion medium. 溶媒としては、SR−NPG、SR−16H(1,6−ヘキサンジオールジグリシジルエーテル:阪本薬品工業)、SR−TPG(トリプロピレングリコールジグリシジルエーテル:阪本薬品工業)、SR−4PG(ポリプロピレングリコールジグリシジルエーテル:阪本薬品工業)、およびSR−8EGS(ポリエチレングリコールジグリシジルエーテル:阪本薬品工業)を用意した。 As the solvent, SR-NPG, SR-16H (1,6- hexanediol diglycidyl ether: Sakamoto Yakuhin Kogyo), SR-TPG (tripropylene glycol diglycidyl ether: Sakamoto Yakuhin Kogyo), SR-4PG (polypropylene glycol di glycidyl ether: Sakamoto Yakuhin Kogyo), and SR-8EGS (polyethylene glycol diglycidyl ether: Sakamoto Yakuhin Kogyo) were prepared. これらの分散媒は、いずれも1気圧における沸点が150℃以上である。 These dispersion media is a boiling point of 0.99 ° C. or higher in any one atmosphere.

顔料としてはPigment Yellow 139を用い、その濃度は全溶媒重量に対して25%とした。 As the pigment used Pigment Yellow 139, its concentration was 25% of the total solvent weight. また、分散剤樹脂含有量は、顔料重量に対して20%とした以外は、前述のI-Y1(25)15s-bの場合と同様の手法により、5種類の黄色系顔料分散体を作製した。 Further, the dispersant resin content, except that the 20% pigment by weight is in the same manner as in the above-mentioned I-Y1 (25) 15s-b, producing a five yellow pigment dispersion did.

得られた顔料分散体に対して、第2の樹脂分散剤としてのDAおよびイオン性化合物としての(C2)を加えて、顔料分散体を調製した。 The obtained pigment dispersion, in addition as a DA and an ionic compound as the second resinous dispersing agent (C2), to prepare a pigment dispersion. DAの含有量は20%とし、(C2)の含有量は、溶媒に対して3.75重量%とした。 The content of the DA is set to 20%, the content of (C2) was 3.75% by weight to the solvent. 最後に、希釈用溶媒(分散媒2)としてC3000を加えて、インクジェットインクを作製した。 Finally, the addition of C3000 as a diluting solvent (dispersion medium 2) were prepared inkjet ink. インクは、インク中の顔料濃度を4%とし、分散媒1と分散媒2の比率は重量比で1:1とした。 Ink, and 4% pigment concentration in the ink, the ratio of the dispersion medium 1 and the dispersion medium 2 is a weight ratio of 1: 1.

得られた顔料分散体およびインクの粘度を、E型粘度計(東機産業製)により測定し、分散媒の粘度とともに下記表27に示す。 The viscosity of the resulting pigment dispersion and the ink was measured by E-type viscometer (manufactured by Toki Sangyo), shown in the following Table 27 together with the viscosity of the dispersion medium. また、各インクジェットインクを用いて、図1に示したインクジェット記録装置により性能試験を行ない、インクの印字安定性および画像品質を評価した。 Further, using each of the inkjet inks, subjected to performance tests by an ink jet recording apparatus shown in FIG. 1, to evaluate the printing stability and image quality of the ink. 得られた結果を、下記表27に併記した。 The results obtained are also shown in Table 27.

上記表27の結果から、粘度が30mPa・s(25℃)以下の分散媒を用いたインクは、印字安定性および印字画像が優れていることがわかった。 From the results of Table 27, the ink viscosity was used 30mPa · s (25 ℃) or less of the dispersion medium were found to have excellent printing stability and printed images. また、30mPa・sを越える粘度の分散媒を用いて作製したインクは、吐出エラーの頻度が多くなり、また、画質においてもミスディレクションが観測されるものであった。 The ink prepared using the dispersion medium viscosity exceeding 30 mPa · s, the frequency of the discharge error is increased, also, it was those misdirection is observed also in quality. これより、顔料分散体に用いる分散媒としては、粘度30mPa・sec以下の分散媒がより好適に用いられることがわかる。 From this, as the dispersion medium used in the pigment dispersion, it is understood that the following dispersion medium viscosity 30 mPa · sec is more preferably used.

本発明の実施形態にかかるインクジェットインクを用いるインクジェット記録装置の概略図。 Schematic view of an ink jet recording apparatus using the ink jet ink according to the embodiments of the present invention.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1…インクジェット記録装置; 2…記録媒体; 3…搬送機構 4…インクジェット式記録ヘッド; 5…光源; 6…加熱機構。 1 ... ink jet recording apparatus; 2 ... recording medium; 3 ... transporting mechanism 4 ... ink jet recording head; 5 ... source; 6 ... heating mechanism.

Claims (1)

  1. 分散媒と、 And a dispersion medium,
    平均粒子径300nm以下のバリウムまたはチタンを含む金属酸化物の機能性色材と、 A functional colorant of metal oxides including the following barium or titanium average particle diameter 300 nm,
    第一の樹脂分散剤および第二の樹脂分散剤を含む高分子分散剤と、 A polymeric dispersant comprising a first resinous dispersing agent and the second resinous dispersing agent,
    イオン性化合物とを含有し、 It contains an ionic compound,
    前記機能性色材の量は、前記分散媒の重量の2%以上60%以下であり、 The amount of the functional colorant is 60% or less than 2% of the weight of the dispersion medium,
    前記第一の樹脂分散剤の量は、前記機能性色材重量に対して1%以上30%以下であり、 The amount of the first resinous dispersing agent is less than 30% 1% relative to the functional colorant by weight,
    前記第二の樹脂分散剤は塩基性末端を有する樹脂であり、その量が、前記機能性色材の重量に対して2%以上30%以下であり、 The second resinous dispersing agent is a resin having a basic terminal, its amount is not more than 30% more than 2% by weight of the functional colorant,
    前記イオン性化合物の量は全分散媒量の重量の0.01%以上40%以下であることを特徴とする機能性色材分散体。 The ionic amount of compound functional colorant dispersion, wherein 40% or less than 0.01% by weight of the total dispersing medium weight.
JP2007320982A 2007-12-12 2007-12-12 Functional coloring material dispersion Abandoned JP2008144175A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007320982A JP2008144175A (en) 2007-12-12 2007-12-12 Functional coloring material dispersion

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007320982A JP2008144175A (en) 2007-12-12 2007-12-12 Functional coloring material dispersion

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005049127 Division

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2008144175A true true JP2008144175A (en) 2008-06-26

Family

ID=39604675

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007320982A Abandoned JP2008144175A (en) 2007-12-12 2007-12-12 Functional coloring material dispersion

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2008144175A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009298956A (en) * 2008-06-16 2009-12-24 Konica Minolta Ij Technologies Inc Active ray-curable ink and method of manufacturing the same
JP2012184404A (en) * 2011-02-16 2012-09-27 Fujifilm Corp Inkjet ink composition and method for producing the same, and inkjet recording method

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11323143A (en) * 1998-05-12 1999-11-26 Mitsubishi Chemical Corp Light-screening photosensitive resin composition and color filter prepared therefrom
JPH11323144A (en) * 1998-05-12 1999-11-26 Mitsubishi Chemical Corp Light-screening photosensitive resin composition and color filter prepared therefrom
JP2001106938A (en) * 1999-10-06 2001-04-17 Mikuni Color Ltd Carbon black dispersion for resist for forming black matrix
JP2002188025A (en) * 2000-10-10 2002-07-05 Toyo Ink Mfg Co Ltd Actinic energy ray-curable ink-jet ink
JP2004002668A (en) * 2002-04-24 2004-01-08 Toshiba Corp Liquid ink and printer
JP2004131589A (en) * 2002-10-10 2004-04-30 Konica Minolta Holdings Inc Ultraviolet-curing ink-jet composition, method for producing the same and method for forming image

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11323143A (en) * 1998-05-12 1999-11-26 Mitsubishi Chemical Corp Light-screening photosensitive resin composition and color filter prepared therefrom
JPH11323144A (en) * 1998-05-12 1999-11-26 Mitsubishi Chemical Corp Light-screening photosensitive resin composition and color filter prepared therefrom
JP2001106938A (en) * 1999-10-06 2001-04-17 Mikuni Color Ltd Carbon black dispersion for resist for forming black matrix
JP2002188025A (en) * 2000-10-10 2002-07-05 Toyo Ink Mfg Co Ltd Actinic energy ray-curable ink-jet ink
JP2004002668A (en) * 2002-04-24 2004-01-08 Toshiba Corp Liquid ink and printer
JP2004131589A (en) * 2002-10-10 2004-04-30 Konica Minolta Holdings Inc Ultraviolet-curing ink-jet composition, method for producing the same and method for forming image

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009298956A (en) * 2008-06-16 2009-12-24 Konica Minolta Ij Technologies Inc Active ray-curable ink and method of manufacturing the same
JP2012184404A (en) * 2011-02-16 2012-09-27 Fujifilm Corp Inkjet ink composition and method for producing the same, and inkjet recording method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5641346A (en) Ink jet ink compositions and recording processes
US6959986B2 (en) Liquid ink and recording apparatus
US5275646A (en) Ink composition
US20020077385A1 (en) Ink jet recording method and ink set therefor
US20090208651A1 (en) Photocurable ink composition and inkjet recording method
US20080180503A1 (en) Ink set for inkjet recording and inkjet recording method
US20060004116A1 (en) Active energy ray curable aqueous ink composition, and inkjet recording method, ink cartridge, recording unit, and inkjet recording apparatus using the same
US20050288384A1 (en) Active energy ray curable aqueous ink, and ink-jet recording process, ink cartridge, recording unit and ink-jet recording apparatus using the same
EP0465039A1 (en) Ink composition
JP2006137183A (en) Inkjet recording method and ink composition set
JP2006206875A (en) Ink composition
JP2005126507A (en) Ink for inkjet and inkjet recording method using the same
JP2005255821A (en) Activated light-curable type inkjet ink and inkjet recording method using the same
JP2003321628A (en) Ultraviolet-curable cyan ink composition for inkjet recording
JP2000186242A (en) Ink, ink jet recording method using same, and photopolymerization initiator
JP2005307198A (en) Active energy ray-curable aqueous ink and inkjet recording method, ink cartridge, recording unit, and inkjet recording apparatus using the same
JP2004051881A (en) Ink composition for inkjet recording and image-forming method
US20090286001A1 (en) Active-energy radiation-polymerizable substance, active-energy radiation-curable liquid composition, active-energy radiation-curable ink, ink jet recording method, ink cartridge, recording unit, and ink jet recording apparatus
JP2009173712A (en) Photocurable composition, photocurable ink composition, method for producing photocured product and inkjet recording method
US20090303304A1 (en) Radiation-curable ink composition, recording method, recorded matter, ink set, ink cartridge for ink jet recording, ink jet recording apparatus, radiation detection method, and management method
JP2006274029A (en) Ultraviolet-curable type ink composition
JP2005126508A (en) Inkjet ink and inkjet recording method
EP1806387A1 (en) Photocurable ink composition and photocurable ink set
JP2002225415A (en) Ink jet printing method, printing equipment and printed matter formed thereby
JP2003306622A (en) Active ray-curable ink, method for producing the same and method for forming image using the ink

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110118

A762 Written abandonment of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A762

Effective date: 20110316