New! View global litigation for patent families

JP2007503516A - Composition comprising a dispersing agent, and microcapsules containing an active substance and a stabilizer - Google Patents

Composition comprising a dispersing agent, and microcapsules containing an active substance and a stabilizer

Info

Publication number
JP2007503516A
JP2007503516A JP2006524965A JP2006524965A JP2007503516A JP 2007503516 A JP2007503516 A JP 2007503516A JP 2006524965 A JP2006524965 A JP 2006524965A JP 2006524965 A JP2006524965 A JP 2006524965A JP 2007503516 A JP2007503516 A JP 2007503516A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2006524965A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP4641307B2 (en )
Inventor
アロンゾ,マリオ
エリック カイサー,カール
スコット コブ,ダニエル
デニス シャーリー,ミシェル
ロバート セッティ,ジョナサン
マリー リードヌール,クリスティーン
リュー,ツァイユ
浩孝 内山
Original Assignee
ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L9/00Disinfection, sterilisation or deodorisation of air
    • A61L9/01Deodorant compositions
    • A61L9/012Deodorant compositions characterised by being in a special form, e.g. gels, emulsions
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L9/00Disinfection, sterilisation or deodorisation of air
    • A61L9/015Disinfection, sterilisation or deodorisation of air using gaseous or vaporous substances, e.g. ozone
    • A61L9/04Disinfection, sterilisation or deodorisation of air using gaseous or vaporous substances, e.g. ozone using substances evaporated in the air without heating
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C11ANIMAL AND VEGETABLE OILS, FATS, FATTY SUBSTANCES AND WAXES; FATTY ACIDS THEREFROM; DETERGENTS; CANDLES
    • C11DDETERGENT COMPOSITIONS; USE OF SINGLE SUBSTANCES AS DETERGENTS; SOAP OR SOAP-MAKING; RESIN SOAPS; RECOVERY OF GLYCEROL
    • C11D17/00Detergent materials characterised by their shape or physical properties
    • C11D17/0039Coated compositions or coated components in the compositions, (micro)capsules
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C11ANIMAL AND VEGETABLE OILS, FATS, FATTY SUBSTANCES AND WAXES; FATTY ACIDS THEREFROM; DETERGENTS; CANDLES
    • C11DDETERGENT COMPOSITIONS; USE OF SINGLE SUBSTANCES AS DETERGENTS; SOAP OR SOAP-MAKING; RESIN SOAPS; RECOVERY OF GLYCEROL
    • C11D3/00Other compounding ingredients of detergent compositions covered in group C11D1/00
    • C11D3/48Medical, disinfecting agents, disinfecting, antibacterial, germicidal or antimicrobial compositions
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C11ANIMAL AND VEGETABLE OILS, FATS, FATTY SUBSTANCES AND WAXES; FATTY ACIDS THEREFROM; DETERGENTS; CANDLES
    • C11DDETERGENT COMPOSITIONS; USE OF SINGLE SUBSTANCES AS DETERGENTS; SOAP OR SOAP-MAKING; RESIN SOAPS; RECOVERY OF GLYCEROL
    • C11D3/00Other compounding ingredients of detergent compositions covered in group C11D1/00
    • C11D3/50Perfumes
    • C11D3/502Protected perfumes
    • C11D3/505Protected perfumes encapsulated or adsorbed on a carrier, e.g. zeolite or clay
    • DTEXTILES; PAPER
    • D06TREATMENT OF TEXTILES OR THE LIKE; LAUNDERING; FLEXIBLE MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • D06MTREATMENT, NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE IN CLASS D06, OF FIBRES, THREADS, YARNS, FABRICS, FEATHERS, OR FIBROUS GOODS MADE FROM SUCH MATERIALS
    • D06M13/00Treating fibres, threads, yarns, fabrics or fibrous goods made from such materials, with non-macromolecular organic compounds; Such treatment combined with mechanical treatment
    • D06M13/10Treating fibres, threads, yarns, fabrics or fibrous goods made from such materials, with non-macromolecular organic compounds; Such treatment combined with mechanical treatment with compounds containing oxygen
    • D06M13/12Aldehydes; Ketones
    • D06M13/127Mono-aldehydes, e.g. formaldehyde; Monoketones
    • DTEXTILES; PAPER
    • D06TREATMENT OF TEXTILES OR THE LIKE; LAUNDERING; FLEXIBLE MATERIALS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • D06MTREATMENT, NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE IN CLASS D06, OF FIBRES, THREADS, YARNS, FABRICS, FEATHERS, OR FIBROUS GOODS MADE FROM SUCH MATERIALS
    • D06M23/00Treatment of fibres, threads, yarns, fabrics or fibrous goods made from such materials, characterised by the process
    • D06M23/12Processes in which the treating agent is incorporated in microcapsules
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10STECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10S514/00Drug, bio-affecting and body treating compositions
    • Y10S514/964Sustained or differential release type

Abstract

活性物質の制御放出を提供するための組成物は、分散剤と、活性物質及び安定剤を含有するマイクロカプセルとを含む。 Compositions for providing controlled release of the active agent comprises a dispersing agent, and microcapsules containing an active material and stabilizer. 組成物は、この組成物で処理される表面に悪影響を与えることを避けるために、分散剤及び/又はマイクロカプセルを相対的に低濃度で含有する。 Composition, in order to avoid adversely affecting the surface being treated with this composition contains a relatively low concentration of a dispersant and / or microcapsules. 活性物質は、好ましくは香料であり、組成物は、本組成物が任意の臭気抑制剤を更に含む場合、悪臭を制御すると共に、制御放出される香りを提供する。 Active substance is preferably a perfume, composition, if the composition further comprises an optional odor control agent controls the malodor and provides a scent that is controlled release. 安定剤は、マイクロカプセルの安定性を改善する。 Stabilizer provides improved stability of the microcapsules. 表面上に活性物質の制御放出を提供する方法は、表面を、分散剤と、活性物質及び安定剤を含有するマイクロカプセルとを含有する組成物と接触させる工程を含む。 Method for providing controlled release of the active material on the surface comprises a surface, a dispersant, a step of contacting with a composition containing microcapsules containing an active substance and a stabilizer.

Description

本発明は、表面を取り囲む環境に活性物質、好ましくは香料の香りの制御放出を提供するための、カーペット、布地などの家財表面を含む表面に適用できる組成物に関する。 The present invention, the active substances to the environment surrounding the surface, preferably to provide a controlled release of fragrance of the perfume, carpets, relates to compositions which can be applied to surfaces, including household goods surfaces such as fabrics.

布地リフレッシャー製品は、今日の消費材市場の人気製品になった。 Fabric refresher products have become a popular product of the consumer goods market of today. このような製品は、典型的には、表面から悪臭を減らす又は取り除くために布地のような表面に噴霧される液体組成物を含む。 Such products typically include a liquid composition which is sprayed onto the surface, such as fabric in order to remove or reduce malodor from surfaces. これらの製品のうちのいくつかは、香料を組成物に組み込むことによって快い香りを提供することもできる。 Some of these products can also provide a pleasing scent by incorporation of perfume into the composition. しかし、このような製品は、典型的には、香料の香りのような活性物質の制御放出を提供することができない。 However, such products typically can not provide a controlled release of active substances such as perfume scent.

他の製品は快い芳香を与えるにすぎず、悪臭を減らすか又は取り除くようには作用しない。 Other products merely provide a pleasant fragrance, it does not act like or reduce malodor or removed. このような製品は、その代わりに悪臭より強い香りを与えることによって悪臭を覆い隠すために、香料の強い香りを利用している。 Such products, in order to cover the stench by giving a strong smell from the stench instead, are using strong perfume scent. JP−03−173,565(「JP'565」)は、香料がマイクロカプセルに入れられた内包(encased)香料スプレー組成物を開示している。 JP-03-173,565 ( "JP'565"), the perfume is disclosed containing encased in microcapsules (encased) perfume spray composition. スプレー組成物は、好ましくは、噴射剤を利用するエアゾール式組成物である。 Spray compositions are preferably aerosol composition utilizing a propellant. 香料内包マイクロカプセルは衣類、カーペット、ネクタイなどに付着し、そして芳香は除々に放出されるか、又は摩擦のような圧力によって放出される。 Perfume-containing microcapsules garments, carpets, attached such as to tie and aroma is released or is released gradually, or by pressure such as friction. JP'565のスプレー組成物は、好ましい芳香を提供するが、処理される表面に悪い影響を与え得る相対的に高濃度のマイクロカプセル及び/又は結合剤を含有している。 Spray compositions JP'565, while providing a pleasant fragrance, contains microcapsules and / or binder relatively high concentration it may adversely affect the surface being treated.

JP−11−246383(「JP'383」)は、同様に、水性結合剤と混合された精油を含有するマイクロカプセルのスラリーから製造された組成物を開示している。 JP-11-246383 ( "JP'383") similarly discloses a composition made from a slurry of microcapsules containing essential oils mixed with an aqueous binder. 組成物は、ベッドシーツのような繊維に適用されることができ、例えば人が眠っている時に動くとマイクロカプセルから芳香が放出され得る。 The composition can be applied to fibers such as bed sheets and aromatic from movement when the microcapsules when, for example, a person is sleeping can be released. しかし、JP'565のスプレー組成物と同様に、JP'383の組成物は好ましい芳香を提供するが、処理される表面に悪い影響を与え得る相対的に高濃度のマイクロカプセル及び/又は結合剤を含有している。 However, as with the spray compositions of JP'565, the composition of the JP'383 is preferred provides a fragrance, microcapsules relatively high concentration that may adversely affect the surface to be treated and / or binding agent It contains a.

米国特許第4,520,142号(「US'142」)は、エアゾールアプリケータから基材に適用される、香料のようなマイクロカプセルに封入された液体を開示している。 U.S. Patent No. 4,520,142 ( "US'142") is applied to the substrate from an aerosol applicator, discloses a liquid sealed in a microcapsule, such as perfumes. US'142のエアゾール組成物は、液体を含有するマイクロカプセル、高分子結合剤、その高分子結合剤のための溶媒、及びエアゾール噴射剤を含有する。 Aerosol compositions US'142, the microcapsules containing a liquid, a polymeric binder, a solvent for the polymeric binder, and containing an aerosol propellant. しかし、US'142のエアゾール組成物は、液体物質の制御放出を提供するが、この組成物は、処理される表面に悪い影響を与え得る相対的に高濃度のマイクロカプセル及び/又は結合剤を含有している。 However, the aerosol composition of US'142, while providing a controlled release of liquid materials, the composition, the microcapsules of the relatively high concentrations that can adversely affect the surface to be treated and / or binder It contains.

マイクロカプセルは多くの種類の製品に使用されるが、時間が経つとマイクロカプセルの安定性は問題となり得る。 Microcapsules are used in many types of products, stability over time and the microcapsules can be problematic. 水及び/又は揮発性物質を含有する溶液中では、マイクロカプセルは、時間が経つと崩壊又は破裂し、マイクロカプセル内の活性物質を早期に放出させることがあり得る。 The solution containing water and / or volatile substances, microcapsules, collapse or rupture over time, it may be possible to release the active substance in the microcapsules at an early stage. これらの損失は、多くの場合に製品の効果を低減することになり、満足できる結果を達成するために増量した製品を用いることが必要となる。 These losses will reduce the effect of the product often it becomes necessary to use a product that was increased in order to achieve satisfactory results. マイクロカプセルからの活性物質の不注意な放出により、活性物質は、有効に送達されない。 The inadvertent release of the active substance from the microcapsules, the active substance is not effectively delivered.

従って、処理された表面に悪影響を与えることなく、表面を取り囲む環境に活性物質、好ましくは香料の香りの制御放出を提供することができる組成物を提供する必要性が存在する。 Therefore, without adversely affecting the treated surface, the active substances to the environment surrounding the surface, preferably there is a need to provide a composition capable of providing a controlled release of fragrance of the perfume. 活性物質の制御放出を提供することができ、組成物で処理される表面上の微生物を殺すことができる組成物を提供する必要性も存在する。 Can provide controlled release of the active substance, there is also a need to provide a composition that can kill microorganisms on the surface to be treated with the composition. 時間が経っても安定しているマイクロカプセルを含有する組成物を形成することの更なる必要性も存在する。 There is also a further need for forming a composition containing the microcapsules is stable over time. 本発明は、これらの以前には満たされていない必要性に対処するものである。 The present invention, in these previously is to address the unmet need.

本発明は、分散剤と、活性物質、安定剤及び/又は任意の臭気抑制剤(本明細書では、「封入された臭気抑制剤」と呼ばれてもよい)を含有するマイクロカプセルと、水性キャリアとを含む組成物(非エアゾール及びエアゾール)に関する。 The present invention includes a dispersing agent, the active agent (herein may be referred to as "encapsulated odor control agent") stabilizers and / or optional odor control agent and microcapsules containing an aqueous composition comprising a carrier about (non-aerosol and aerosol). 理論に束縛されるものではないが、安定剤は、水及び/又は揮発性物質がマイクロカプセル内の割れ目及び欠陥から入り込むのを防ぐことにより、マイクロカプセルを安定化すると考えられている。 Without being bound by theory, stabilizers, water and / or volatile substances by preventing entering from cracks and defects in the microcapsule, are believed to stabilize the microcapsules. 組成物は、好ましくは、処理された表面に悪影響を与えることを避けるため、相対的に低濃度の分散剤及び/又はマイクロカプセルを含有する。 Composition, preferably, to avoid adversely affecting the treated surface, they contain relatively low concentrations of dispersant and / or microcapsules. 組成物は、表面上に又はその表面を取り囲む環境に活性物質の制御放出を提供するために、布地のような表面に適用できる。 Composition in order to provide a controlled release of the active substance in the environment surrounding the surface on or its surface can be applied to surfaces such as fabrics. 活性物質は好ましくは香料である。 Active agent is preferably perfume. 安定剤は好ましくはミリスチン酸イソプロピルである。 Stabilizer is preferably isopropyl myristate. 組成物は、制御放出される香りを提供することができる。 The composition can provide a scent to be controlled release.

本発明は、分散剤と、活性物質、抗菌活性物質及び安定剤を含有するマイクロカプセルと、水性キャリアとを含む抗菌組成物に更に関する。 The present invention includes a dispersing agent, active agent, and microcapsules containing an antimicrobial active substances and stabilizers, further relates to an antimicrobial composition comprising an aqueous carrier.

本発明は、表面を組成物と接触させる工程を含むこれらの組成物を使用する方法に更に関する。 The present invention further relates to methods of using these compositions comprising the step of contacting the surface with the composition.
本発明は、分散剤と、活性物質及び安定剤を含有するマイクロカプセルとを含む組成物を製造する方法に更に関する。 The present invention further relates to a process for preparing a dispersant, a composition comprising a microcapsule containing an active substance and a stabilizer.
本発明は、表面上及び/又はその表面を囲む環境に活性物質の制御放出を提供するための、分散剤と、活性物質及び安定剤を含有するマイクロカプセルとを含む組成物の使用に更に関する。 The present invention is to provide a controlled release of the active substance in the environment surrounding the surface and / or on its surface, a dispersant, further relates to the use of a composition comprising a microcapsule containing an active substance and a stabilizer .

本明細書で引用される全ての文献は、その関連部分において本明細書に参考として組み込まれ、いずれの文献の引用も、それが本発明に関連する先行技術であるとの容認として解釈されるべきではない。 All documents cited herein are incorporated by reference herein in relevant part, the citation of any document is construed as an admission that it is prior art with respect to the present invention It should not be.

本明細書の全体を通して示されるあらゆる最大数値限定は、それより小さいあらゆる数値限定を、そのようなより小さい数値限定が本明細書に明確に記載されているかのように含むことを理解すべきである。 Every maximum numerical limitation given throughout this specification will include smaller every numerical limitation, it should be understood to include as if such lower numerical limitations were expressly written herein is there. 本明細書の全体を通して示されるあらゆる最小数値限定は、それより大きいあらゆる数値限定を、そのような大きい数値限定が本明細書に明確に記載されているかのように含む。 Every minimum numerical limitation given throughout this specification includes every higher numerical limitation, as if such higher numerical limitations were expressly written herein. 本明細書の全体を通して示されるあらゆる数値範囲は、そのようなより広い数値範囲内に入るそれよりも狭いあらゆる数値範囲を、そのようなより狭い数値範囲が全て本明細書に明確に記載されているかのように含む。 Every numerical range represented throughout this specification will include every narrower numerical range that falls within such broader numerical range, narrower numerical ranges such is all expressly written herein including as dolphin.

他に指定がない限り、本明細書の明細、実施例、及び請求の範囲における全ての部分、比率、及び百分率は重量に基づき、全ての数値限定は、当該技術分野において許容される通常の程度の精度で使用される。 Unless otherwise specified, percentages herein, examples, and all parts in the claims, ratios and percentages are by weight, all numerical limits are normal degree of acceptable in the art It is used in the accuracy.

本発明の組成物は、活性物質、安定剤、及び/又は任意の臭気抑制剤(これは、本明細書で「封入された臭気抑制剤」と呼ばれてもよい)を含有するマイクロカプセル、分散剤、並びに水性キャリアを含む。 The compositions of the present invention, the active substance, stabilizer, and / or any odor control agent (which may be referred to as "encapsulated odor control agent" herein) microcapsules containing, dispersing agent, and an aqueous carrier. 本組成物はまた、臭気抑制剤、溶媒、エアゾール噴射剤、界面活性剤、遊離香料、抗菌活性物質/防腐剤、しわ抑制剤などのような多種多様な更なる任意成分を含むことができる。 The composition may also include odor control agents, solvents, aerosol propellants, surfactants, free perfume, antimicrobial actives / preservatives, a wide variety of additional optional ingredients such as wrinkle inhibitors. 本明細書の組成物には、非エアゾールとエアゾールとの両方の組成物が挙げられる。 The compositions herein, the compositions of both the non-aerosol and aerosol and the like. 組成物は、活性物質及び/又は任意の臭気抑制剤の制御放出を提供するために使用できる。 Compositions can be used to provide controlled release of the active agent and / or any of the odor control agent. 活性物質が香料である場合、本組成物は制御放出される香りを提供する。 If the active substance is a perfume, the present compositions provide a scent to be controlled release.

活性物質及び安定剤は完全に封入されている必要はないことを理解すべきである(すなわち、いくつかの実施形態では部分的に封入されていてもよい)。 Active substances and stabilizers should be understood that it is not required to be fully encapsulated (i.e., may be partially encapsulated in some embodiments). このことは、封入された臭気抑制剤を含有するマイクロカプセルについても同じである。 The same is true for the microcapsules containing encapsulated odor control agent.

本明細書に記載される組成物の非限定的数の実施形態がある。 There are non-limiting number of embodiments of the compositions described herein. これらの実施形態には、同じマイクロカプセルのうちの少なくともいくつかが、活性物質、安定剤及び任意の臭気抑制剤をその中に含有するような実施形態が挙げられるが、これらに限定されない。 These embodiments, at least some of the same microcapsules, the active substances, but embodiments as stabilizers and optional odor control agent therein include, but are not limited to. 他の実施形態において、組成物は活性物質及び安定剤を含有するマイクロカプセルと、任意の臭気抑制剤及び安定剤を含有する異なるマイクロカプセルとの一群を含んでいてもよい。 In other embodiments, the composition may comprise microcapsules containing an active substance and a stabilizer, a group of different microcapsules containing any odor control agents and stabilizers. 組成物は、異なる種類のシェル又はコーティング材をもつマイクロカプセルを含んでいてもよい。 The composition may contain microcapsules with different types of shells or coating materials. 加えて、いくつかの実施形態では、封入された臭気抑制剤と、マイクロカプセルの外側にある臭気抑制剤は、同じ臭気抑制剤であってもよい。 In addition, in some embodiments, the encapsulated odor control agent, odor control agent outside of the microcapsules may be the same odor control agent. 他の実施形態において、それらは異なる臭気抑制剤であってもよい。 In other embodiments, they may be different odor control agents.

本組成物は、好ましくは、この組成物で処理される表面に悪影響を与えることを避けるために、マイクロカプセル及び/又は分散剤を相対的に低濃度で含む。 The compositions are preferably, in order to avoid adversely affecting the surface being treated with this composition, comprising a relatively low concentration of microcapsules and / or dispersing agents. 例えば、組成物が多すぎる量のマイクロカプセル及び/又は分散剤を含有する場合、この組成物で処理される表面上に望ましくない、目に見える残留物が残るという、この組成物がもつ潜在的な問題が起こり得る。 For example, when containing a microcapsule and / or dispersing agent in an amount composition is too high, undesirable on the surface to be treated with the composition, that residues remain visible, potential that the composition has such a problem may occur. 更に、表面が布地であり、組成物が多すぎる量の分散剤を有する場合、組成物は、布地の感触が望ましくなく硬くなる及び/又は手触りの柔らかさが失われることの原因となり得る。 Further, the surface is fabric, if having a dispersing agent in an amount composition is too high, the composition may feel of the fabric becomes stiff undesirable and / or softness to the touch can be a cause of lost.

(マイクロカプセル) (Micro capsules)
本組成物は、活性物質、安定剤、及び任意の臭気抑制剤を含有するマイクロカプセルを含む。 The composition comprises the active substance, stabilizers, and the microcapsules contain any odor control agent. マイクロカプセルは、マイクロカプセル中に含有されている活性物質、安定剤及び任意の臭気抑制剤の制御放出を提供する。 Microcapsules, the active substances contained in the microcapsules provides a controlled release of stabilizers and optional odor control agent. 本発明の組成物におけるマイクロカプセルは、その中に活性物質、安定剤及び/若しくは任意の臭気抑制剤を含有する破裂性のカプセル、又はその中に封入されている活性物質、安定剤及び/若しくは任意の臭気抑制剤が浸透するのを制御できるカプセルであることができる。 Microcapsules in the compositions of the present invention, the active substance therein, rupture of the capsules containing the stabilizer and / or any odor control agent, or the active substance is enclosed therein, stabilizers and / or can any odor control agent is a capsule which can be controlled from penetrating. マイクロカプセルの破裂強度は、破裂することなく取り扱い及び噴霧に耐えることができるが、組成物で処理される表面の全体に摩擦力が適用されることによって破断する範囲内であるべきである。 Burst strength of microcapsules, it can withstand handling and spraying without rupturing, should be in the range of fracture by the friction force is applied to the entire surface to be treated with the composition.

マイクロカプセルのシェルは、多種多様な物質から製造できる。 Shell of the microcapsules can be made from a wide variety of materials. このような材料は典型的には高分子であり、本組成物の化学マトリックスに可溶化しないように設計される。 Such materials are typically polymeric and are designed not to solubilize the chemical matrix of the present compositions. 本明細書のマイクロカプセルのシェルを製造するのに好適な物質の非限定例には、ウレアホルムアルデヒド類、メラミンホルムアルデヒド類、フェノールホルムアルデヒド類、ゼラチン、ポリ(ビニルアルコール)、ポリ(ビニルピロリドン)、ポリアクリレート類、ポリアミド類、ポリウレタン、ポリメタクリレート類、ポリエポキシド類、酢酸セルロース、硝酸セルロース、酢酸酪酸セルロース、エチルセルロースポリエステル、ポリクロロトリフルオロエチレン(例えば、KEL−F)、酢酸エチル//酢酸ビニル、サラン(saran)、ポリスチレン、ゼイン(zein)、パラフィンろう、動物性ろう、植物性ろう、微結晶ろう、ポリエチレンろうなどが挙げられる。 Nonlimiting examples of suitable materials for producing the shell of the microcapsules herein include urea-formaldehydes, melamine formaldehydes, phenol formaldehydes, gelatin, poly (vinyl alcohol), poly (vinyl pyrrolidone), poly acrylates, polyamides, polyurethanes, polymethacrylates, polyepoxides, cellulose acetate, cellulose nitrate, cellulose acetate butyrate, ethyl cellulose polyester, polychlorotrifluoroethylene (e.g., KEL-F), ethyl acetate // vinyl acetate, saran ( saran), polystyrene, zein (zein), paraffin waxes, animal waxes, vegetable waxes, microcrystalline waxes, polyethylene waxes and the like. 好ましいマイクロカプセルシェル物質には、ポリ(オキシメチレン尿素)、ポリ(オキシメチレンメラミン)、ゼラチン、ポリウレタン、及びこれらの混合物が挙げられる。 Preferred microcapsule shell materials include poly (oxymethylene urea), poly (oxymethylene melamine), gelatin, polyurethane, and mixtures thereof. 他の好適なマイクロカプセルシェル物質は、例えば米国特許第2,800,458号;同第3,159,585号;同第3,516,846号;同第3,533,958号;同第3,697,437号;同第3,888,689号;同第3,996,156号;同第3,965,033号;同第4,010,038号;同第4,016,098号;同第4,087,376号;同第5,591,146号;英国特許2,006,709及び同2,062,570;並びにベニタ(Benita)、シモン(Simon)(編)、マイクロカプセル化:方法及び産業用途(MICROENCAPSULATION:METHODS AND INDUSTRIAL APPLICATIONS)(マーセル・デッカー社(Marcel Dekker,Inc.)、1996年)に開示されている。 Other suitable microcapsule shell materials are for instance U.S. Pat. No. 2,800,458; the No. 3,159,585; the No. 3,516,846; the No. 3,533,958; the first No. 3,697,437; the No. 3,888,689; the No. 3,996,156; the No. 3,965,033; the No. 4,010,038; the first 4,016,098 Nos; the Nos 4,087,376; the No. 5,591,146; British Patent 2,006,709 and the 2,062,570; and Benita (Benita), Simon (Simon) (eds.), micro encapsulation: methods and industrial applications (MICROENCAPSULATION: mETHODS aND iNDUSTRIAL aPPLICATIONS) (. Marcel Dekker (Marcel Dekker, Inc), 1996 years) have been disclosed.

マイクロカプセルのサイズは、本発明の実施によるマイクロカプセルの有用性の点において重要であり得る。 The size of the microcapsules can be important in terms of utility of microcapsules according to the practice of the present invention. 一般にマイクロカプセルは、約0.001〜約1,000ミクロン、好ましくは約1〜約500ミクロン、より好ましくは約10〜約100ミクロン、更により好ましくは約20〜約85ミクロンの平均直径を有する。 Generally the microcapsules is from about 0.001 to about 1,000 microns, preferably from about 1 to about 500 microns, more preferably from about 10 to about 100 microns, even more preferably having an average diameter of about 20 to about 85 microns . これらの寸法は、本発明の実施の際にカプセルの適用を制御する能力において重要な役割を果たすことができる。 These dimensions can play an important role in the ability to control the application of capsules in the practice of the present invention. 任意の条件下でのカプセルサイズの最も広い範囲は、約0.001〜約1,000ミクロンであり、より容易に噴霧されるサイズ限度は、約20〜約85ミクロンである。 Broadest range of capsule size under any conditions is about 0.001 to about 1,000 microns, the size limit is more easily spraying is from about 20 to about 85 microns.

一般に本組成物は、多種多様な濃度でマイクロカプセルを含むことができる。 Generally the composition may comprise microcapsules with a wide variety of concentrations. マイクロカプセルは、典型的には、組成物の約0.001重量%〜約99.9重量%、好ましくは約0.005重量%〜約50重量%、より好ましくは約0.01重量%〜約20重量%の濃度で本組成物中に含まれる。 Microcapsules are typically from about 0.001% to about 99.9% by weight of the composition, preferably from about 0.005% to about 50 wt%, more preferably from about 0.01% to It included in the composition at a concentration of about 20 wt%. 組成物が、布地のような表面に噴霧される水性液体組成物(特に非エアゾール組成物)である場合、組成物は、好ましくは組成物の約1重量%未満、好ましくは約0.9重量%未満、より好ましくは約0.5重量%未満、更により好ましくは約0.2重量%未満のマイクロカプセルを含む。 When the composition is an aqueous liquid composition to be sprayed on surfaces such as fabrics (especially non-aerosol compositions), the compositions are preferably less than about 1% by weight of the composition, preferably from about 0.9 weight %, more preferably less than about 0.5 wt%, even more preferably from microcapsules of less than about 0.2 wt%. マイクロカプセルの濃度が高すぎると、組成物は処理される表面に目に見える残留物を残す可能性がある。 When the concentration of the microcapsules is too high, the composition may leave a visible residue on the surface being treated. 加えて、表面が布地であり、マイクロカプセルの濃度が高すぎると、布地の外観を変えてしまう可能性がある。 In addition, the surface is fabric, the concentration of microcapsules is too high, there is a possibility that alter the appearance of the fabric. 更に、活性物質が香料であり、マイクロカプセルの濃度が高すぎると、噴霧力がいくらかのマイクロカプセルを破裂させる傾向にあるため、製品が表面に噴霧される時の最初の香料の「バースト」が消費者にとって不快である可能性がある。 Furthermore, an active substance is perfume, the concentration of the microcapsules is too high, since there is a tendency that the spray force to rupture some of the microcapsules, the first fragrance when the product is sprayed onto the surface is "burst" there is likely to be uncomfortable for the consumer.

当該技術分野において既知の様々な方法が、本明細書のマイクロカプセルを製造するために使用できる。 A variety of methods known in the art can be used to produce microcapsules of the present specification. マイクロカプセルを製造する方法の例は、米国特許第2,800,458号;同第3,159,585号;同第3,516,846号;同第3,516,941号;同第3,533,958号;同第3,697,437号;同第3,778,383号;同第3,888,689号;同第3,965,033号;同第3,996,156号;同第4,010,038号;同第4,016,098号;同第4,087,376号;同第4,089,802号;同第4,100,103号;同第4,251,386号;同第4,269,729号;同第4,303,548号;同第4,460,722号;及び同第4,610,927号;英国特許1,156,725;同1,483,542;同2,041,319及び同2,048,206、並 Examples of a method of manufacturing the microcapsules, U.S. Patent No. 2,800,458; the No. 3,159,585; the No. 3,516,846; the No. 3,516,941; the third , No. 533,958; the same No. 3,697,437; the No. 3,778,383; the No. 3,888,689; the No. 3,965,033; the No. 3,996,156 ; the Nos 4,010,038; the No. 4,016,098; the No. 4,087,376; the No. 4,089,802; the No. 4,100,103; the fourth, No. 251,386; the same No. 4,269,729; the No. 4,303,548; the No. 4,460,722; and the No. 4,610,927; British Patent 1,156,725; the 1,483,542; 2,041,319 the same and the same 2,048,206, parallel にベニタ(Benita)、シモン(Simon)(編)、マイクロカプセル化:方法及び産業用途(MICROENCAPSULATION:METHODS AND INDUSTRIAL APPLICATIONS) (マーセル・デッカー(Marcel Dekker,Inc.)、1996年)に記載されている。 In Benita (Benita), Simon (Simon) (ed.), Microencapsulation: methods and industrial applications (MICROENCAPSULATION: METHODS AND INDUSTRIAL APPLICATIONS) (. Marcel Dekker (Marcel Dekker, Inc), 1996 years) have been described in .

(活性物質) (Active substance)
活性物質は、本組成物で処理される表面に又はその表面を取り囲む環境に制御放出様式で送達されることが望まれる多種多様な物質であることができる。 Active agent can be delivered in a controlled release manner to the surface to be treated with the present compositions or into the environment surrounding the surface is a wide variety of materials that are desired. 活性物質の非限定例には、香料、着香料、殺真菌剤、光沢剤、静電気防止剤、しわ抑制剤、柔軟仕上げ剤、硬質表面洗浄剤、スキン及び/又はヘアコンディショニング剤、抗菌活性物質、UV保護剤、昆虫忌避剤、動物/害虫忌避剤、難燃剤などが挙げられる。 Non-limiting examples of active substances, fragrances, flavoring agents, fungicide, brighteners, antistatic agents, wrinkle inhibitors, fabric softeners, hard surface cleaners, skin and / or hair conditioning agents, antimicrobial actives, UV protection agents, insect repellants, animal / vermin repellants, and the like flame retardants.

好ましい実施形態において活性物質は香料であり、この場合、香料を含有するマイクロカプセルは、処理される表面に又はその表面を取り囲む環境に制御放出される香りを提供する。 Active substance in a preferred embodiment is a perfume, in this case, microcapsules containing perfume provide a fragrance controlled release the surface to be processed or to the environment surrounding the surface. この場合、香料は、精油、植物抽出物、合成香料物質などのような、当該技術分野において既知の多数の香料原料から構成されることができる。 In this case, the perfume, essential oils, plant extracts, such as synthetic perfume materials, can be composed of a number of known perfume raw materials in the art.

一般に、活性物質は、マイクロカプセル全体の約1重量%〜約99重量%、好ましくは約10重量%〜約95重量%、より好ましくは約30重量%〜約90重量%の濃度でマイクロカプセル中に含有される。 In general, the active substance is about 1 wt% to about 99% by weight of the total microcapsule, preferably from about 10% to about 95 wt%, more preferably the microcapsules at a concentration of about 30 wt% to about 90 wt% It is contained in the. マイクロカプセル全体の重量は、マイクロカプセルのシェル重量と、マイクロカプセル内の物質の重量とを含む。 Weight of the total microcapsule includes a shell weight of the microcapsule, and the weight of material in the microcapsule. 封入された臭気抑制剤は、存在する場合、同じ濃度範囲でマイクロカプセルに含有されてもよい。 Encapsulated odor control agent, if present, may be contained in microcapsules in the same concentration range. 当然のことながら、活性物質と臭気抑制剤の両方が同じのマイクロカプセルに含有される場合、これら構成成分の全体の割合は、決して100%を超えない。 Of course, if both the active substance and odor control agent is contained in the same microcapsule, the total percentage of these components are never exceed 100%.

本組成物に使用されるのに好適な活性物質、好ましくは香料を含有するマイクロカプセルは、例えば、米国特許第3,888,689号;同第4,520,142号;同第5,126,061号;及び同第5,591,146号に詳細に記載されている。 Suitable active materials for use in the present compositions, the microcapsules preferably contain perfume, for example, U.S. Patent No. 3,888,689; the No. 4,520,142; the first 5,126 , 061; which is described in detail in, and the No. 5,591,146.

(安定剤) (Stabilizer)
安定剤は、マイクロカプセルに更なる安定性を与える多種多様な物質であることができる。 Stabilizer may be a wide variety of materials that provide additional stability to the microcapsules. 理想的な安定剤は、それらが使用される量においてほとんど又は全く臭いがない。 An ideal stabilizer has little or no odor in the amounts they are used. 本発明で使用できる安定剤の例には、ミリスチン酸イソプロピル、フタル酸ジエチル、クエン酸トリエチル、鉱油、シリコーンオイル、ジエチルプロピルアセテート、ベンジルフェニルアセテート(acteate)、シトロネリルフェニルアセテート、ベンジルイソオイゲノール、ジフェニルオキシド、γ−ドデカラクトン、フタル酸ジブチル、ミリスチン酸メチル、ミリスチン酸エチル、パルミチン酸エチル、サリチル酸ベンジル、安息香酸ベンジル、フェイル(pheyl)エチルフェニルアセテート、ゲラニルフェニルアセテート(aceate)、ケイ皮酸ベンジル、エチレンブラシレート、アンブレトン(ambretone)、ガラクソリド、トナリド、エキサルトリド、ハバノリド(habanolide)、イソアミルラウレート、セドリルアセテート、ヘキシルケイ皮アルデ Examples of stabilizers that can be used in the present invention include isopropyl myristate, diethyl phthalate, triethyl citrate, mineral oil, silicone oil, diethyl propyl acetate, benzyl phenylacetate (acteate), citronellyl phenylacetate, benzyl isoeugenol, diphenyl oxide, .gamma.-dodecalactone, dibutyl phthalate, methyl myristate, ethyl myristate, ethyl palmitate, benzyl salicylate, benzyl benzoate, fail (pheyl) ethyl phenylacetate, geranyl phenylacetate (aceate), benzyl cinnamate, ethylene brassylate, Anbureton (ambretone), Garakusorido, tonalid, Ekisarutorido, Habanorido (habanolide), isoamyl laurate, cedryl acetate, Hekishirukei skin aldehyde ド、パチョリアルコール、δ−グアイエン、δ−カジネン、C 10以上のアルコール類、ダウアノール(Dowanol)(登録商標)、ジプロピレンミリステート及びトリプロピレンミリステート、アイソパー(登録商標)、オレンジテルペン類並びにこれらの混合物が挙げられるが、これらに限定されない。 De, patchouli alcohol, .delta. Guaien, .delta. cadinene, C 10 or higher alcohols, Dowanol (Dowanol) (registered trademark), dipropylene myristate and tripropylene myristate, Isopar (R), orange terpenes and their They include mixtures of, but not limited thereto. 特に好ましいものは、ミリスチン酸イソプロピルである。 Particularly preferred is isopropyl myristate.

一般に、安定剤は、マイクロカプセル全体の約1重量%〜約99重量%、好ましくは約10重量%〜約95重量%、より好ましくは約30重量%〜約70重量%でマイクロカプセル中に含有される。 In general, the stabilizer, about 1 wt% to about 99% by weight of the total microcapsule, containing preferably about 10 wt% to about 95% by weight, in the microcapsules more preferably about 30 wt% to about 70 wt% It is. マイクロカプセル全体の重量は、マイクロカプセルのシェル重量と、マイクロカプセル内の物質の重量とを含む。 Weight of the total microcapsule includes a shell weight of the microcapsule, and the weight of material in the microcapsule.

(マイクロカプセルの安定性) (Stability of the microcapsules)
安定剤は、マイクロカプセルの安定性を増大させるために、活性物質と共に添加される。 Stabilizers, in order to increase the stability of the microcapsules, is added together with the active substance. 安定剤をマイクロカプセルに加えることにより、マイクロカプセルは、時間が経過してもより多くの活性物質を保持する。 By adding a stabilizer to the microcapsules, the microcapsules over time hold more active substances. マイクロカプセルの安定性は、マイクロカプセルの内容物のコバット数の関数として測定できることが判明している。 Stability of the microcapsules, it has been found that can be measured as Kobatto number of functions of the contents of the microcapsules. マイクロカプセルの内容物のコバット数は、化学てんびんを用いて試料を計量して100mLのメスフラスコ中に入れて、メタノールで容量に希釈することにより測定される。 Kobatto number of the contents of the microcapsules, placed in a volumetric flask 100mL to meter the sample using an analytical balance, as measured by diluting to a volume with methanol. 次に試料は、ガスクロマトグラフバイアル瓶の中に入れられ、DB−5((5%フェニル)−メチルポリシロキサンコーティング)(内径0.25mm、膜厚1μm、長さ30m)カラムを使用する6890ガスクロマトグラフが実施される。 The samples are placed in a gas chromatograph vial, DB-5 ((5% phenyl) - methyl polysiloxane coating) (inner diameter 0.25 mm, film thickness 1 [mu] m, length 30 m) using a column 6890 Gasukuroma chromatograph is carried out. 試料は、下記の条件に付される: The sample is subjected to the following conditions:

面積率記録は、水素炎イオン化検出器(FID)データを使用して生成され、重量平均(average weighted)コバット数は、マイクロカプセルの内容物で計算される。 Area ratio recording is generated using flame ionization detector (FID) data, the weight average (average weighted) Kobatto number is calculated by the contents of the microcapsules. コバット数は、最初に、以下の方程式を使用して活性物質及び安定剤構成成分のそれぞれに計算される: Kobatto number is first using the following equation calculating the respective active substance and stabilizer components:
コバット指数=(((logRT x −logRT y )/(logRT z −logRT y ))×100)+(N y ×100) Kobatto Index = (((logRT x -logRT y ) / (logRT z -logRT y)) × 100) + (N y × 100)
RT x =当該のピークの保持時間 RT y =当該のピーク前の炭化水素の保持時間 RT z =当該のピーク後の炭化水素の保持時間 N y =当該のピーク前の炭化水素の炭素の数 The number of RT x = of the hydrocarbon prior to peak at a retention time of N y = the hydrocarbon retention time RT y = the peak before the retention time of the hydrocarbon RT z = after the peak of the peak carbon

個別の活性物質及び安定剤構成成分のそれぞれのコバット数を計算した後、重量コバット数は、当該構成成分の面積率を計算済みのコバット数と掛けて計算される。 After calculating the respective Kobatto number of individual active substances and stabilizers components, weight Kobatto number is calculated by multiplying the area ratio of the components and precalculated Kobatto number. 次にそれぞれの構成成分の重量コバット数を合計し、活性物質及び安定剤のそれぞれの重量平均コバット数を得る。 Then the sum of the weight Kobatto number of each component to obtain the respective weight average Kobatto number of active substances and stabilizers. コバット数を決定する手順の更なる記載は、「クロマトグラフ保持指数−有機化合物同定の助け(Chromatographic Retention Indices - An Aid to Identification of Organic Compounds)」、ベラ・パカコーバ(Vera Pacakova)及びラディスレイ・フェルトル(Ladislay Feltl)、エリス・ホーワード・リミテッド(Ellis Horward Limited)、ニューヨーク、199頁に見られる。 A further description of the procedure for determining the Kobatto number, "chromatographic retention index - the aid of organic compounds identified (Chromatographic Retention Indices - An Aid to Identification of Organic Compounds)", Vera Pakakoba (Vera Pacakova) and Radisurei-Ferutoru ( Ladislay Feltl), Ellis Howado Limited (Ellis Horward Limited), New York, found in 199 pages.

一般に、マイクロカプセル内の安定剤と活性物質との組み合わせは、約1325を超える、好ましくは約1375を超える、より好ましくは約1400を超える、更により好ましくは約1450を超える重量平均コバット数を有する。 In general, the combination of the stabilizer and the active substance in the microcapsules is greater than about 1325, preferably greater than about 1375, more preferably greater than about 1400, even more preferably a weight average Kobatto number greater than about 1450 .

(分散剤) (Dispersant)
本組成物は分散剤を更に含む。 The composition further comprises a dispersing agent. 分散剤は、マイクロカプセルが溶液から離れるのを防ぐように組成物内にマイクロカプセルを懸濁させるために重要であり得る。 Dispersant can be important to suspend the microcapsules in the composition to prevent the microcapsules are separated from the solution. 従って分散剤は、安定である組成物を達成するのに重要であり得る。 Thus the dispersant may be important to achieve a stable composition.

本組成物がスプレーディスペンサーから噴霧されるように設計される場合、マイクロカプセル粒子に十分な懸濁を提供するが、同時に細かい霧として容易に噴霧され得るような濃度及び種類の分散剤を選択することが重要であり得る。 When the composition is designed to be sprayed from a spray dispenser, provides a sufficient suspending the microcapsule particles, to select the concentration and type of dispersants as may be readily sprayed as a fine mist at the same time it may be important. いくつかの分散剤は粒子を懸濁することができるが、細かい霧として容易に噴霧できない程高い粘度を有する組成物が得られる。 Some dispersants are capable of suspending particles, the composition having a high viscosity that it can not be readily sprayed as a fine mist is obtained.

この点に関して、分散剤の濃度及び種類は、好ましくは非ニュートン粘度特性をもたらすように選択される。 In this regard, the concentration and type of dispersants are preferably selected to result in a non-Newtonian viscosity property. 従って、得られる悪臭抑制組成物は、好ましくは、1秒-1及び10秒-1の剪断速度における粘度差が少なくとも約0.0001Pa. Thus, the malodor control composition obtained preferably has a viscosity difference at a shear rate of 1 sec -1 and 10 sec -1 of at least about 0.0001 Pa. s、(0.1センチポアズ)、好ましくは少なくとも約0.0005Pa. s, (0.1 centipoise), preferably at least about 0.0005Pa. s(0.5センチポアズ)、より好ましくは少なくとも約0.001Pa. s (0.5 centipoise), more preferably at least about 0.001 Pa. s(1センチポアズ)である。 A s (1 centipoise). この点に関して、本明細書の組成物は、好ましくはずり減粘である。 In this regard, the compositions herein are preferably shear thinning. 得られる組成物は、その中に粒子(例えばマイクロカプセル)を適切に懸濁させることができるが、同時にスプレーディスペンサーから容易に噴霧可能である。 The resulting composition, the particles therein (e.g. microcapsules) can be appropriately suspended a readily sprayable at the same time from a spray dispenser.

本明細書で好ましい分散剤は、弱いゲル形成マトリックスを有し、その中で高分子又は非高分子成分が互いに相互作用して、水素及び/又は疎水性結合を形成する、ずり減粘組成物を提供する。 Preferred dispersants herein are weak has a gel-forming matrix, polymeric or non-polymeric components therein are with each other to form hydrogen and / or hydrophobic bond, shear thinning composition I will provide a. 分子上のいくつかの官能基は、組成物中の粒子の凝固を防止できる静電反発力を有する。 Some functional groups on the molecules have electrostatic repulsive forces that can prevent coagulation of the particles in the composition. 本明細書の好ましい分散剤から得られる弱く形成されたゲルマトリックスは、組成物マトリックスにおいてミクロンサイズの粒子、例えばマイクロカプセルを懸濁させることができる。 Preferred gel matrix which is weakly formed resulting from dispersants herein can be suspended micron-sized particles, e.g. microcapsules in the composition matrix.

存在する場合、分散剤は、典型的には、組成物の約0.001重量%〜約10重量%、好ましくは約0.005重量%〜約5重量%、より好ましくは約0.01重量%〜約1重量%の濃度で含まれる。 When present, a dispersant is typically from about 0.001% to about 10% by weight of the composition, preferably from about 0.005% to about 5 wt%, more preferably from about 0.01 weight in a concentration of% to about 1 wt%. 本組成物の粘度を相対的に低く保つことが望ましい場合、例えば組成物が表面(例えば布地)にスプレーディスペンサーを介して噴霧される場合、分散剤は、好ましくは、組成物の約1重量%未満、より好ましくは約0.9重量%未満、更により好ましくは約0.8重量%未満の濃度で含まれる。 If keeping the viscosity of the composition relatively low desired, for example when the composition is sprayed through the spray dispenser to the surface (e.g. fabric), dispersing agent, preferably from about 1% by weight of the composition more preferably less than about 0.9 wt%, even more preferably in a concentration of less than about 0.8 wt%. 分散剤の濃度が高すぎると、組成物は処理された表面に目に見える残留物を残す可能性がある。 When the concentration of the dispersant is too high, the composition may leave a visible residue on the treated surface. 組成物が布地に噴霧され、分散剤の濃度が高すぎる場合、組成物は布地の感触又は柔軟性を望ましくないものに変える可能性がある。 Composition is sprayed onto fabric, when the concentration of the dispersant is too high, the composition may alter the undesirable feel or softness of the fabric.

本明細書の分散剤は、ペクチン、アルギネート、アラビノガラクタン、カラギーナン、ジェランガム、キサンタム(xanthum)ガム、グアーガム、アクリレート/アクリルポリマー類、水膨潤性粘土類、燻蒸シリカ類、アクリレート/アミノアクリレートコポリマー類及びこれらの混合物のような物質から選択できる。 Dispersing agent herein are pectin, alginate, arabinogalactan, carrageenan, gellan gum, Kisantamu (xanthum) gum, guar gum, acrylate / acrylic polymers, water-swellable clays, fumed silica, acrylate / aminoacrylate copolymers and it can be selected from materials such as mixtures thereof. 本明細書の好ましい分散剤には、アクリレート/アクリルポリマー類、ジェランガム、燻蒸シリカ類、アクリレート/アミノアクリレートコポリマー類、水膨潤性粘土類及びこれらの混合物から成る群から選択されるものが挙げられる。 Preferred dispersants herein are acrylate / acrylic polymers, gellan gum, fumed silica, acrylate / aminoacrylate copolymers, include those selected from the group consisting of water-swellable clays and mixtures thereof.

アクリレート/アクリルポリマー類には、アクリルエマルションターポリマー類が挙げられる。 The acrylate / acrylic polymers include acrylic emulsion terpolymers. このような種類の分散剤は、典型的には、アルカリ活性化されている。 These types of dispersants are typically are alkali activated. 好適なアルカリ活性化アクリレート/アクリルポリマー類は、米国特許第5,990,233号及び同第5,840,789号で詳細に記載されている。 Suitable alkali activated acrylate / acrylic polymers are described in detail in U.S. Patent No. 5,990,233 No. and the second 5,840,789. このようなアルカリ活性化アクリレート/アクリルポリマー分散剤は、商標名アルコガム(ALCOGUM)(登録商標)SLシリーズでアルコ・ケミカル(Alco Chemical)から入手可能である。 Such alkali activated acrylate / acrylic polymer dispersants are available from the trade name Arukogamu (ALCOGUM) Arco Chemical (R) SL series (Alco Chemical).

ジェランガムは、シュードモナセロディア(Pseudomonaselodea)ATCC31461の発酵によって調製されるヘテロ多糖である。 Gellan gum is a heteropolysaccharide prepared by fermentation of pseudomonate That raise Rhodia (Pseudomonaselodea) ATCC31461. ジェランガムは、ケルコゲル(KELCOGEL)(登録商標)、ケルコゲル(登録商標)LT100、ケルコゲル(登録商標)AFT、ケルコゲル(登録商標)AF、ケルコゲル(登録商標)PC及びケルコゲル(登録商標)Fを含む種々の名称でCPケルコUS社(CP Kelco US,Inc.)から入手可能である。 Gellan gum, Kelcogel (KELCOGEL) (registered trademark), Kelcogel (R) LT100, Kelcogel (R) AFT, Kelcogel (R) AF, Kelcogel (R) PC and Kelcogel (R) of various including F name in the CP Kelco US, Inc. (CP Kelco US, Inc.) is available from. ジェランガムを調製する方法は、米国特許第4,326,052号(カング(Kang)ら、1982年4月20日発行);米国特許第4,326,053号(カングら、1982年4月20日発行);米国特許第4,377,636号(カングら、1983年3月22日発行);及び米国特許第4,385,123号(カングら、1983年5月24日発行)で記載されている。 Methods of preparing gellan gum, U.S. Patent No. 4,326,052 (Kang (Kang) et al., Issued Apr. 20, 1982); U.S. Pat. No. 4,326,053 (Kangra, April 1982 20 day issued); U.S. Pat. No. 4,377,636 (Kangra, March 22, 1983 published); described in and U.S. Pat. No. 4,385,123 (Kangra, issued May 24, 1983) It is.

燻蒸シリカ類は、水素−酸素炉での四塩化ケイ素の燃焼によって製造されるシリカのコロイド形態である。 Fumigation silicas, hydrogen - is a colloidal form of silica made by combustion of silicon tetrachloride in an oxygen furnace. 燻蒸シリカ類は、二酸化ケイ素の化学名で知られている。 Fumed silica compounds are known by the chemical name of silicon dioxide. 本組成物に好適な燻蒸シリカ類は、商標名アエロジル(AEROSIL)(登録商標)でデグサ社(Degussa AG)から入手可能である。 Preferred fumed silica compounds in the present compositions are available from the trade name Aerosil (AEROSIL) (registered trademark) with Degussa (Degussa AG). 好ましい燻蒸シリカは、アエロジル(AEROSIL)(登録商標)200(デグサ社(Degussa AG)から入手可能)であり、これは、約200m 2 /gの比表面積を有する親水性の燻蒸シリカである。 Preferred fumed silica is Aerosil (AEROSIL) (registered trademark) 200 (available from Degussa (Degussa AG)), which is a hydrophilic fumed silica having a specific surface area of about 200m 2 / g.

アクリレート/アミノアクリレートコポリマー類は、典型的には、アミン官能性アクリルポリマーのレオロジー変性剤の水性分散剤である。 Acrylate / aminoacrylate copolymers are typically an aqueous dispersion of rheology modifiers of amine functional acrylic polymer. この種類の分散剤は、典型的にはアルカリ活性化されている本明細書上記のアクリレート/アクリルポリマー分散液と比べて、典型的には酸活性化されている。 This type of dispersant is typically compared to herein above acrylate / acrylic polymer dispersions are alkaline activated, typically it is acid-activated. アクリレート/アミノアクリレートコポリマー類は、商標名アルコガム(ALCOGUM)(登録商標)L−500シリーズでアルコ・ケミカル(Alco Chemical)から入手可能である。 Acrylate / aminoacrylate copolymers are available from the trade name Arukogamu (ALCOGUM) (registered trademark) L-500 series Arco Chemical (Alco Chemical). 好ましいアクリレート/アミノアクリレートコポリマー類は、アルコガム(ALCOGUM)(登録商標)L−511及びアルコガム(登録商標)L−520であり、それはアルコ・ケミカル(Alco Chemical)から入手可能なアミン官能性アクリルポリマー類の水性分散剤である。 Preferred acrylate / aminoacrylate copolymers are Arukogamu (ALCOGUM) (registered trademark) L-511 and Arukogamu (R) and L-520, it Arco Chemical amine functional acrylic polymers available from (Alco Chemical) it is an aqueous dispersion agent.

水膨潤性粘土類には、ヘクトライト類及び合成層状シリケート類が挙げられる。 The water-swellable clays, hectorites and synthetic layered silicates and the like. 合成層状シリケート類は、商標名ラポナイト(LAPONITE)(登録商標)でサザン・クレイ・プロダクツ社(Southern Clay Products,Inc.)から入手可能である。 Synthetic layered silicates are available from the trade name Laponite (LAPONITE) (registered trademark) by Southern Clay Products, Inc. (Southern Clay Products, Inc.). これらの合成層状シリケート類は、層状含水ケイ酸マグネシウム類であり、ここでリチウム、ナトリウム、カリウムのような好適な一価イオン及び/又は空位によって部分的に置換されているマグネシウムイオンは、酸素及び/又はヒドロキシルイオンに八面体配位し、それらのうちのいくつかはフッ素イオンで置換されてもよく、中央八面体シートを形成し、この八面体シートは、酸素に四面体配位したケイ素イオンの2つの四面体シート間に挟まれている。 These synthetic layered silicates are layered hydrous magnesium silicates, wherein the lithium, sodium, suitable monovalent ions and / or magnesium ions are partially replaced by vacancy, such as potassium, oxygen and / or octahedral coordinated to the hydroxyl ions, some of which may be substituted by fluorine ions, forming the central octahedral sheet, the octahedral sheet, oxygen, silicon and tetrahedral coordination in ion It is sandwiched between two tetrahedral sheets. 好ましい合成層状シリケート類には、サザン・クレイ・プロダクツ社(Southern Clay Products,Inc.)から入手可能なラポナイト(LAPONITE)(登録商標)RD及びラポナイト(登録商標)RDSが挙げられる。 Preferred synthetic layered silicates, Southern Clay Products, Inc. (Southern Clay Products, Inc.) Include possible Laponite (LAPONITE) (R) RD and Laponite (R) RDS available from. ヘクトライト類は、商標名ベントン(BENTONE)(登録商標)でレオックス社(Rheox,Inc.)から入手可能である。 Hectorites are available from Rheox under the trade name Benton (BENTONE) (registered trademark) (Rheox, Inc.). これらのヘクトライト類は、アミンを用いるカチオン交換系においてベントナイトを反応させることにより調製される。 These hectorites are prepared by reacting bentonite in a cation exchange system with an amine. 好ましいヘクトライト類には、レオックス社(Rheox,Inc.)から入手可能なベントン(BENTONE)(登録商標)LT及びベントン(BENTONE)(登録商標)ADが挙げられる。 Preferred hectorites, Rheox (Rheox, Inc.) Benton available from (BENTONE) (TM) LT, and Benton (BENTONE) (registered trademark) AD and the like.

(水性キャリア) (Aqueous carrier)
本発明の水性キャリアは水を含む。 The aqueous carrier of the present invention comprises water. 使用される水は、蒸留されているか、脱イオン化されているか、又は水道水であることもできる。 The water used is either distilled or is deionized, or can be a tap water. 水はマイクロカプセルの液体キャリアとして作用するだけではなく、表面が処理される時、臭気抑制剤と、布地のような無生物表面上の悪臭分子のような、表面上の任意の好ましくない分子との反応の促進もする。 Water not only serves as the liquid carrier for the microcapsules, when the surface is processed, and the odor control agents, such as malodorous molecules on inanimate surfaces such as fabric, with any unwanted molecules on surfaces also promotion of the reaction. 悪臭に汚染された表面が水溶液により処理される場合、いくつかの極性で低分子量の有機アミン、酸、及びメルカプタンにより生成された好ましくない悪臭分子の強度は、低減することが判明している。 Strength when several polar low molecular weight organic amines, acids, and unfavorable malodorous molecules generated by mercaptan malodorous contaminated surfaces are treated with an aqueous solution has been found to be reduced. 水は、極性で低分子量のこれらの有機分子を可溶化し、蒸気圧を低下させ、それによってその臭気強度を低減させると考えられている。 Water solubilization of these organic molecules of a low molecular weight polar reduces the vapor pressure, it is believed that by the reducing the odor intensity.

本組成物中の水性キャリアの濃度は、組成物の用途に応じて変わることができる。 The concentration of the aqueous carrier of the present composition may vary depending on the application of the composition. 一般に本組成物の水性キャリアの濃度は、約0.1%〜約99.9%であることができる。 The concentration of the aqueous carrier of the general the composition may be from about 0.1% to about 99.9%. 手動又は非手動で操作されるスプレーディスペンサーから噴霧されるように設計された組成物において、水性キャリアの濃度は、好ましくは高く、例えば組成物の少なくとも約80重量%、好ましくは少なくとも約85重量%、より好ましくは少なくとも約90重量%、更により好ましくは少なくとも約95重量%の濃度である。 In compositions designed to be sprayed from manually or non-manually spray dispenser is operated, the concentration of the aqueous carrier is preferably high, for example at least about 80% by weight of the composition, preferably at least about 85 wt% , more preferably at least about 90 wt%, even more preferably at a concentration of at least about 95 wt%.

(任意成分) (Optional component)
本組成物は、更に、臭気抑制剤、溶媒、エアゾール噴射剤、界面活性剤、遊離香料、防腐剤/抗菌活性物質、しわ抑制剤などのような、多種多様な任意成分を含むことができる。 The composition further odor control agents, solvents, aerosol propellants, surfactants, free perfume, such as preservatives / antimicrobial actives, wrinkle inhibitors, can include a wide variety of optional ingredients.

(臭気抑制剤) (Odor control agent)
本組成物は、任意ではあるが好ましくは、悪臭制御組成物の約0.001重量%〜約99.99重量%、好ましくは、約0.002重量%〜約99.9重量%、より好ましくは、約0.005重量%〜約99%の濃度で1つ以上の臭気抑制剤を更に含む。 The composition, but not least, preferably optionally, from about 0.001% to about 99.99% by weight of the malodor control composition, preferably from about 0.002% to about 99.9 wt%, more preferably further comprises one or more odor control agent in a concentration of about 0.005% to about 99%. 組成物が、布地のような表面に噴霧される水性液体組成物(特に非エアゾール組成物)である場合、組成物は、好ましくは、組成物の約20重量%未満、好ましくは約10重量%未満、より好ましくは約5重量%未満の臭気抑制剤を含む。 When the composition is an aqueous liquid composition to be sprayed on surfaces such as fabrics (especially non-aerosol compositions), the compositions are preferably less than about 20% by weight of the composition, preferably from about 10 wt% less, more preferably less than about 5% by weight of odor control agent. 臭気抑制剤は、本組成物で処理される表面又は対象物から悪臭を減らすか又は取り除くことに役立つ。 Odor control agent helps to eliminate or reduce malodor from a surface or object is treated with the composition. 臭気抑制剤は、好ましくは、非錯体化型のシクロデキストリン;臭気遮断剤;反応性アルデヒド類;フラバノイド類;ゼオライト類;活性炭;及びこれらの混合物から成る群から選択される。 Odor control agent is preferably, uncomplexed cyclodextrin; is selected from the group consisting of and mixtures thereof; odor blockers; reactive aldehydes; flavanoids; zeolites; activated carbon. 臭気抑制剤を含む本明細書の組成物は、組成物で処理される表面から悪臭を減らすか又は取り除く方法において使用できる。 The compositions of the present specification, including the odor control agents may be used in the methods or removing reduce malodor from a surface to be treated with the composition.

(非錯体化型のシクロデキストリン) (Cyclodextrin uncomplexed)
本明細書で使用する時、用語「非錯体化型のシクロデキストリン」には、6〜12個のグルコース単位を含有する非置換シクロデキストリン、特にα−シクロデキストリン、β−シクロデキストリン、γ−シクロデキストリン及び/若しくはそれらの誘導体、並びに/又はこれらの混合物のような、非錯体化型形態の既知のシクロデキストリンが挙げられる。 As used herein, the term "cyclodextrin uncomplexed" is unsubstituted cyclodextrins containing from 6 to 12 glucose units, especially α- cyclodextrin, beta-cyclodextrin, .gamma. cyclo dextrin and / or their derivatives, and / or as mixtures thereof, known cyclodextrin uncomplexed forms and the like. α−シクロデキストリンは、ドーナツ形状の環の形に配置された、6個のグルコース単位から成り、β−シクロデキストリンは7個のグルコース単位から成り、γ−シクロデキストリンは8個のグルコース単位から成る。 α- cyclodextrin, arranged in the form of a donut-shaped ring consists of six glucose units, beta-cyclodextrin consists of seven glucose units, .gamma.-cyclodextrin consists of eight glucose units . グルコース単位の特有の結合及び構造は、シクロデキストリンに、内部に特有の体積の空洞のある硬質で円錐状の分子構造を与える。 Binding and structure of specific glucose unit, the cyclodextrin, providing a conical molecular structure with a rigid with the cavity of the specific volume in the interior. 各内部空洞の「内張り」は水素原子及びグリコシド架橋する酸素原子によって形成され、従ってこの表面は、かなり疎水性である。 "Lining" of each internal cavity is formed by hydrogen atoms and oxygen atoms glycoside crosslinking, therefore this surface is fairly hydrophobic. 空洞の独特の形状及び物理化学的特性は、シクロデキストリン分子が、空洞に収まることができる有機分子又は有機分子の一部分を吸収すること(それと共に包接錯体を形成すること)を可能にしている。 Unique shape and physical-chemical properties of the cavity, the cyclodextrin molecule, which enables it to absorb a portion of the organic molecule or organic molecule can fit into the cavity (to form an inclusion complex with it) . 多数の悪臭分子及び香料分子を含む、臭いのある多数の分子が空洞に収まることができる。 Includes a number of malodorous molecules and perfume molecules, a number of molecules of smell can fit into the cavity. 従って、シクロデキストリン、特に異なった大きさの空洞を持つシクロデキストリンの混合物は、反応性の官能基を含有していてもいなくてもよい発香性有機物質の広域スペクトルにより生じる臭いを抑制するのに用いることができる。 Therefore, cyclodextrins, especially mixtures of cyclodextrins with cavities of different sizes, of suppressing the odor caused by a broad spectrum of reactivity of good odoriferous organic substances or may not contain functional groups it can be used for. シクロデキストリンと臭いのある分子との錯体化は水の存在下で急速に起きる。 Complexation with molecules of cyclodextrin odor rapidly occurs in the presence of water. しかし、錯体形成の程度は、吸収される分子の極性にも左右される。 However, the extent of the complex formation also depends on the polarity of the molecules is absorbed. 水溶液中では、親水性の強い分子(極めて水溶性であるもの)は、仮にそうであるとしても部分的に吸収されるにすぎない。 In aqueous solution, (which is very water soluble) high molecular hydrophilic it is only partially absorbed even if the case. 従って、いくつかの極めて低分子量の有機アミン及び酸が表面に低濃度で存在する場合、シクロデキストリンはそれらとは効果的に錯体を形成しない。 Accordingly, some very low molecular weight organic amines and acids when present in low concentrations on a surface, cyclodextrin does not form effectively complexes with them.

溶液が表面に適用された時にシクロデキストリンが様々な臭いの分子を吸収できるように、本発明の脱臭組成物中のシクロデキストリン内の空洞が、溶液中にある間は本質的には満たされていないまま(シクロデキストリンが非錯体化のまま)であるべきである。 Solution to absorb the molecules of cyclodextrin various odor when applied to the surface, the cavity in the cyclodextrin deodorant compositions of the present invention, while in solution have essentially been met not remain (cyclodextrin remains uncomplexed) should be at. 誘導体化されていない(通常の)β−シクロデキストリンは、室温での使用条件下で約1.85%(100gの水中に約1.85g)の溶解限度までの濃度で存在することができる。 Underivatized (normal) beta-cyclodextrin can be present at concentrations up to the solubility limit (about 1.85g of water 100g) about 1.85% in the use conditions at room temperature.

好ましくは、本発明で使用されるシクロデキストリンは、α−シクロデキストリン及び/若しくはそれらの誘導体、γ−シクロデキストリン及び/若しくはそれらの誘導体、誘導体化されたβ−シクロデキストリン、並びに/又はこれらの混合物のように、極めて水溶性である。 Preferably, the cyclodextrin used in the present invention, alpha-cyclodextrin and / or their derivatives, .gamma.-cyclodextrin and / or derivatives thereof, derivatised β- cyclodextrin, and / or mixtures thereof as in, it is extremely water soluble. シクロデキストリン誘導体は、主に、いくつかのOH基がOR基に変換された分子から成る。 Cyclodextrin derivatives, mainly composed of molecules which some OH groups are converted to OR groups. シクロデキストリン誘導体には、例えば、Rがメチル基又はエチル基であるメチル化シクロデキストリン類及びエチル化シクロデキストリン類のような短鎖アルキル基を有するもの;Rが−CH 2 −CH(OH)−CH 3又は- CH 2 CH 2 −OH基であるヒドロキシプロピルシクロデキストリン類及び/又はヒドロキシエチルシクロデキストリン類のようなヒドロキシアルキル置換基を有するもの;マルトース結合シクロデキストリン類のような分枝状シクロデキストリン類;Rが、低いpHにおいてカチオン性であるCH 2 −CH(OH)−CH 2 −N(CH 32である2−ヒドロキシ−3−(ジメチルアミノ)プロピルエーテルを含有するもののようなカチオン性シクロデキストリン類;第四級アンモニウム、例えば、RがCH 2 −C The cyclodextrin derivatives, for example, those having a short-chain alkyl groups such as R are methylated cyclodextrins is a methyl group or an ethyl group, and ethylated cyclodextrins; R is -CH 2 -CH (OH) - CH 3 or - CH 2 CH 2 -OH hydroxypropyl cyclodextrins are groups and / or those having a hydroxyalkyl substituents such as hydroxyethyl cyclodextrins; branched cyclodextrin such as maltose binding cyclodextrins s; R is a cation such as those containing 2-hydroxy-3- (dimethylamino) propyl ether is low is cationic at pH CH 2 -CH (OH) -CH 2 -N (CH 3) 2 sex cyclodextrins; quaternary ammonium, eg, R is CH 2 -C (OH)−CH 2 −N + (CH 33 Cl -である2−ヒドロキシ−3−(トリメチルアンモニオ)プロピルエーテルクロリド基;カルボキシメチルシクロデキストリン類、シクロデキストリンサルフェート類及びシクロデキストリンサクシニレート類のようなアニオン性シクロデキストリン類;カルボキシメチル/第四級アンモニウムシクロデキストリン類のような両性シクロデキストリン類;少なくとも1つのグルコピラノース単位が3−6−無水−シクロマルト構造を有するシクロデキストリン類、例えば、モノ−3−6−無水シクロデキストリンであって、「シクロデキストリンの最小化学修飾に伴う最適な性能(Optimal Performances with Minimal chemical Modification of Cyclodextrins)」(F.ジエダイニ−ピラルド(Diedaini-Pilard)及びB.パーリ (OH) -CH 2 -N + ( CH 3) 3 Cl - in which 2-hydroxy-3- (trimethylammonio) propyl ether chloride groups, carboxymethyl cyclodextrins, cyclodextrin sulfates, and cyclodextrin succinyl rate anionic cyclodextrins such as classes; amphoteric cyclodextrins such as carboxymethyl / quaternary ammonium cyclodextrins; at least one glucopyranose unit 3-6- anhydride - cyclodextrins having Shikuromaruto structure, e.g. , a mono -3-6- anhydrous cyclodextrin, "optimal performance (optimal performances with minimal chemical modification of cyclodextrins) with a minimum chemical modification of cyclodextrins" (F Jiedaini -. Pirarudo (Diedaini-Pilard) and B . Pali ー(Perly)、第7回国際シクロデキストリンシンポジウム要約集(The 7th International Cyclodextrin Symposium Abstracts)、1994年4月、49頁に開示されたもの、並びにこれらの混合物が挙げられる。その他のシクロデキストリン誘導体は、米国特許第3,426,011号(パーマータ(Parmerter)ら、1969年2月4日発行);同第3,453,257号;同第3,453,258号;同第3,453,259号;及び同第3,453,260号(全てパーマータら、全て1969年7月1日発行);同第3,459,731号(グラメラ(Gramera)ら、1969年8月5日発行);同第3,553,191号(パーマータら、1971年1月5日発行);同第3,565,887号(パーマータら、1971年2月23日発行);同第4,53 Chromatography (Perly), 7th International Cyclodextrin Symposium abstracts (The 7th International Cyclodextrin Symposium Abstracts), 4 March 1994, those disclosed in page 49, as well. Other cyclodextrin derivatives mixtures thereof are , US Patent No. 3,426,011 (Pamata (Parmerter) et al., issued Feb. 4, 1969); the first 3,453,257 No.; the No. 3,453,258 Patent; the first 3,453, 259 No.; and ibid. No. 3,453,260 (all Pamata et al, all issued Jul. 1, 1969); Nos 3,459,731 (Guramera (Gramera) et al., issued Aug. 5, 1969) ; the same No. 3,553,191 (Pamata et al., January 5, 1971 issue); the same No. 3,565,887 (Pamata et al., issued Feb. 23, 1971); the first 4,53 ,152号(セトリ(Szejtli)ら、1985年8月13日発行);同第4,616,008号(ヒライ(Hirai)ら、1986年10月7日発行);同第4,678,598号(オギノ(Ogino)ら、1987年7月7日発行);同第4,638,058号(ブランツ(Brandt)ら、1987年1月20日発行);並びに同第4,746,734号(ツチヤマ(Tsuchiyama)ら、1988年5月24日発行)で開示されている。 , 152 No. (Setori (Szejtli) et al, issued Aug. 13, 1985); the No. 4,616,008 (Hirai (Hirai) et al., Issued Oct. 7, 1986); the second 4,678,598 No. (Ogino (Ogino), et al., issued Jul. 7, 1987); the same No. 4,638,058 (Brandt (Brandt), et al., issued Jan. 20, 1987); and the same. No. 4,746,734 (Tsuchiyama (Tsuchiyama) et al., issued May 24, 1988) it has been disclosed in. 本明細書に好適な更なるシクロデキストリン誘導体には、V. A further cyclodextrin derivatives suitable herein include, V. T. T. D'サウザ('Souza)及びK. D 'Sauza (' Souza) and K. B. B. リップコウィッツ(Lipkowitz)、ケミカルレビュー:シクロデキストリン(CHEMICAL REVIEWS:CYLCODEXTRINS)、第98巻、No. Lip co Witz (Lipkowitz), Chemical Review: cyclodextrin (CHEMICAL REVIEWS: CYLCODEXTRINS), 98 vol, No. 5(アメリカ化学会(American Chemical Society)、7月/8月、1998年)に開示されているものが挙げられる。 5 (American Chemical Society (American Chemical Society), 7 May / August, 1998) include those disclosed in.

極めて水溶性のシクロデキストリン類は、室温で100mLの水に少なくとも約10g、好ましくは100mLの水に少なくとも約20g、より好ましくは室温で100mLの水に少なくとも約25gの水溶解度を有するものである。 Extremely water-soluble cyclodextrins are those having at least about 10 g, preferably at least about 20g, more preferably at least about water solubility of 25g of water 100mL water at room temperature of 100mL to 100mL of water at room temperature. 可溶化された非錯体化型のシクロデキストリン類の利用可能性が、効果的且つ効率的な臭気制御性能に必須である。 The availability of uncomplexed cyclodextrins solubilized is essential for effective and efficient odor control performance. 可溶化された水溶性シクロデキストリンは、表面、特にカーペット表面に付着されると非水溶性シクロデキストリンよりも効率的な臭気抑制性能を示すことができる。 Solubilized, water-soluble cyclodextrin, the surface can exhibit an efficient odor control performance than non-water-soluble cyclodextrin is particularly attached to the carpet surface.

本明細書での使用に好適な好ましい水溶性シクロデキストリン誘導体の例は、ヒドロキシプロピルα−シクロデキストリン、メチル化α−シクロデキストリン、メチル化β−シクロデキストリン、ヒドロキシエチルβ−シクロデキストリン、及びヒドロキシプロピルβ−シクロデキストリンである。 Examples of suitable preferred water-soluble cyclodextrin derivatives for use herein are hydroxypropyl α- cyclodextrin, methylated α- cyclodextrin, methylated β- cyclodextrin, hydroxyethyl β- cyclodextrin, and hydroxypropyl it is a β- cyclodextrin. ヒドロキシアルキルシクロデキストリン誘導体は、好ましくは約1〜約14、より好ましくは約1.5〜約7の置換度を有し、その際、シクロデキストリン1つ当りのOR基の総数が、置換度として定義される。 Hydroxyalkyl cyclodextrin derivatives preferably from about 1 to about 14, more preferably about 1.5 to about 7 degrees of substitution, where the total number of cyclodextrin per one of the OR group is, as the degree of substitution It is defined. メチル化シクロデキストリン誘導体は、典型的には、約1〜約18、好ましくは約3〜約16の置換度を有する。 Methylated cyclodextrin derivative is typically from about 1 to about 18, preferably from about 3 to about 16 degree of substitution. 既知のメチル化β−シクロデキストリンは、一般にDIMEBとして知られているヘプタキス−2,6−ジ−O−メチル−β−シクロデキストリンであり、この中の各グルコース単位は約2個のメチル基を有し、置換度は約14である。 Known methylated β- cyclodextrin, generally a heptakis-2,6-di -O- methyl -β- cyclodextrin known as DIMEB, each glucose unit in the approximately two methyl groups a degree of substitution of about 14. より市販されている、好ましいメチル化β−シクロデキストリンは、通常は約12.6の、異なった置換度を有する、無作為にメチル化されたβ−シクロデキストリンであり、一般にRAMEBとして知られている。 Are more commercially available, preferably methylated β- cyclodextrin, usually has about 12.6, different degrees of substitution, a β- cyclodextrin methylated randomly, commonly known as RAMEB there. DIMEBは、好ましい界面活性剤の表面活性にRAMEBよりも大きく影響するので、RAMEBの方がDIMEBよりも好ましい。 DIMEB Since the impact greater than RAMEB the surface activity of the preferred surfactants, towards RAMEB is more preferred than DIMEB. 好ましいシクロデキストリン類は、例えば、セレスターUSA社(Cerestar USA, Inc.)及びワッカー・ケミカルズ(USA)社(Wacker Chemicals(USA),Inc.)から入手可能である。 Preferred cyclodextrins are, for example, Cerestar USA, Inc. (Cerestar USA, Inc.) and Wacker Chemicals (USA), Inc. (Wacker Chemicals (USA), Inc.) Is available from.

シクロデキストリン類の混合物を使用することも好ましい。 It is also preferred to use a mixture of cyclodextrins. そのような混合物は、更に幅広い範囲の分子サイズを有する更に幅広い範囲の発香性分子と錯体化することによって更に幅広く臭気を吸収する。 Such mixtures may further additionally absorbs broadly odors by further odoriferous molecules complexed with a wide range with a molecular size of wide range. 好ましくは、シクロデキストリンの少なくとも一部分は、α−シクロデキストリン及びその誘導体、γ−シクロデキストリン及びその誘導体、並びに/又は誘導体化されたβ−シクロデキストリンであり、より好ましくは、α−シクロデキストリン又はα−シクロデキストリン誘導体と誘導体化されたβ−シクロデキストリンとの混合物であり、更により好ましくは、誘導体化されたα−シクロデキストリンと誘導体化されたβ−シクロデキストリンとの混合物であり、最も好ましくは、ヒドロキシプロピルα−シクロデキストリンとヒドロキシプロピルβ−シクロデキストリンとの混合物、及び/又はメチル化α−シクロデキストリンとメチル化β−シクロデキストリンとの混合物である。 Preferably, at least a portion of the cyclodextrins is alpha-cyclodextrin and its derivatives, a γ- cyclodextrin and derivatives thereof, and / or derivatized β- cyclodextrin, more preferably, alpha-cyclodextrin or α - a mixture of cyclodextrin derivatives and derivatized β- cyclodextrin, even more preferably, a mixture of derivatized α- cyclodextrin derivatized β- cyclodextrin, most preferably a hydroxypropyl α- mixture of cyclodextrin and hydroxypropyl β- cyclodextrin, and / or a mixture of methylated α- cyclodextrin methylated β- cyclodextrin.

シクロデキストリンは、特に水性組成物中にある場合には、特定の微生物の最適な繁殖地であることができるため、以下に記載するような水溶性防腐剤を含むことが好ましく、それは微生物の成長を阻害及び/又は調節し、水溶性シクロデキストリンを含有する水性の臭気吸収溶液の保存安定性を増大させるのに有効である。 Cyclodextrin, especially when in aqueous compositions, it is possible an optimal breeding ground for certain microorganisms, preferably including a water-soluble preservative, as described below, it microbial growth inhibition and / or modulate, it is effective to increase the storage stability of the odor absorbing solution of aqueous containing a water-soluble cyclodextrin.

(臭気遮断剤) (Odor blockers)
「臭気遮断剤」は、悪臭の影響を軽減するための任意の臭気抑制剤として使用できる。 "Odor blockers" can be used as an optional odor control agent to mitigate the effects of malodors. 有効であるために、臭気遮断剤は普通は常に存在しなければならない。 To be effective, the odor blockers normally must always be present. 臭気源がなくなる前に臭気遮断剤が蒸発すれば、臭気はあまり抑制されない。 If the odor blocker evaporates before the odor source is removed, the odor is not so suppressed. また臭気遮断剤は、香料のような望ましい臭いを遮断して審美性に悪影響を及ぼす傾向があり得る。 The odor blockers may have a tendency to adversely affect the aesthetics by blocking desirable odors like perfumes.

本組成物の臭気抑制剤として好適な臭気遮断剤の非限定例には、4−シクロヘキシル−4−メチル−2−ペンタノン、4−エチルシクロヘキシルメチルケトン、4−イソプロピルシクロヘキシルメチルケトン、シクロヘキシルメチルケトン、3−メチルシクロヘキシルメチルケトン、4−tert. Nonlimiting examples of suitable odor blockers as odor control agents of the present compositions, 4-cyclohexyl-4-methyl-2-pentanone, 4-ethylcyclohexyl methyl ketone, 4-isopropyl-cyclohexyl methyl ketone, cyclohexyl methyl ketone, 3-methylcyclohexyl methyl ketone, 4-tert. −ブチルシクロヘキシルメチルケトン、2−メチル−4−tert. - butylcyclohexyl methyl ketone, 2-methyl -4-tert. ブチルシクロヘキシルメチルケトン、2−メチル−5−イソプロピルシクロヘキシルメチルケトン、4−メチルシクロヘキシルイソプロピルケトン、4−メチルシクロヘキシルsec. Butylcyclohexyl methyl ketone, 2-methyl-5-isopropyl-cyclohexyl methyl ketone, 4-methylcyclohexyl isopropyl ketone, 4-methylcyclohexyl sec. ブチルケトン、4−メチルシクロヘキシルイソブチルケトン、2,4−ジメチルシクロヘキシルメチルケトン、2,3−ジメチルシクロヘキシルメチルケトン、2,2−ジメチルシクロヘキシルメチルケトン、3,3−ジメチルシクロヘキシルメチルケトン、4,4−ジメチルシクロヘキシルメチルケトン、3,3,5−トリメチルシクロヘキシルメチルケトン、2,2,6−トリメチルシクロヘキシルメチルケトン、1−シクロヘキシル−1−エチルホルメート、1−シクロヘキシル−1−エチルアセテート、1−シクロヘキシル−1−エチルプロピオネート、1−シクロヘキシル−1−エチルイソブチレート、1−シクロヘキシル−1−エチルn−ブチレート、1−シクロヘキシル−1プロピルアセテート、1−シクロヘキシル−1−プ Ketone, 4-methylcyclohexyl isobutyl ketone, 2,4-dimethylcyclohexyl methyl ketone, 2,3-dimethylcyclohexyl methyl ketone, 2,2-dimethylcyclohexyl methyl ketone, 3,3-dimethylcyclohexyl methyl ketone, 4,4-dimethyl cyclohexyl methyl ketone, 3,3,5-trimethylcyclohexyl methyl ketone, 2,2,6-trimethylcyclohexyl methyl ketone, 1-cyclohexyl-1-ethyl formate, 1-cyclohexyl-1-ethyl acetate, 1-cyclohexyl -1 - ethyl propionate, 1-cyclohexyl-1-ethyl isobutyrate, 1-cyclohexyl-1-ethyl n- butyrate, 1-cyclohexyl -1-propyl acetate, 1-cyclohexyl-1-flop ピルn−ブチレート、1−シクロヘキシル−2−メチル−1−プロピルアセテート、2−シクロヘキシル−2−プロピルアセテート、2−シクロヘキシル−2−プロピルプロピオネート、2−シクロヘキシル−2−プロピルイソブチレート、2−シクロヘキシル−2−プロピルn−ブチレート、5,5−ジメチル−1,3−シクロヘキサンジオン(ジメドン)、2,2−ジメチル−1,3−ジオキサン−4,6−ジオン(メルドラム酸)、スピロ−[4.5]−6,10−ジオキサ−7,9−ジオキソデカン、スピロ−[5.5]−1,5−ジオキサ−2,4−ジオキソウンデカン、2,2−ヒドロキシメチル−1,3−ジオキサン−4,6−ジオン及び1,3−シクロヘキサジオンが挙げられる。 Pills n- butyrate, 1-cyclohexyl-2-methyl-1-propyl acetate, 2-cyclohexyl-2-propyl acetate, 2-cyclohexyl-2-propyl propionate, 2-cyclohexyl-2-propyl isobutyrate, 2 - cyclohexyl-2-propyl n- butyrate, 5,5-dimethyl-1,3-cyclohexanedione (dimedone), 2,2-dimethyl-1,3-dioxane-4,6-dione (Meldrum's acid), spiro - [4.5] 6,10-dioxa-7,9 Jiokisodekan, spiro - [5.5] -1,5-dioxa-2,4-oxo undecane, 2,2-hydroxymethyl-1,3 - dioxane-4,6-dione and 1,3-cyclohexadione. 臭気遮断剤は、米国特許第4,009,253号;同第4,187,251号;同第4,719,105号;同第5,441,727号;及び同第5,861,371号でより詳細に開示されている。 Odor blockers, U.S. Patent No. 4,009,253; the No. 4,187,251; the No. 4,719,105; the No. 5,441,727; and the second 5,861,371 It is disclosed in more detail in Patent.

(反応性アルデヒド類) (Reactive aldehydes)
任意の臭気抑制剤として、悪臭の影響を軽減するために反応性アルデヒド類を臭気抑制剤として使用できる。 As an optional odor control agent, reactive aldehydes in order to reduce the effect of malodor can be used as odor control agents. 好適な反応性アルデヒド類の非限定例には、クラスIアルデヒド類、クラスIIアルデヒド類及びこれらの混合物が挙げられる。 Non-limiting examples of suitable reactive aldehydes, Class I aldehydes, Class II aldehydes, and mixtures thereof. クラスIアルデヒド類の非限定例には、アニスアルデヒド、o−アリルバニリン、ベンズアルデヒド、クミンアルデヒド、エチル−オーベピン、エチルバニリン、ヘリオトロピン、トリルアルデヒド及びバニリンが挙げられる。 Non-limiting examples of Class I aldehydes, anisaldehyde, o- allyl-vanillin, benzaldehyde, cuminaldehyde, ethyl - Obepin, ethyl vanillin, heliotropin, tolyl aldehyde, and vanillin. クラスIIアルデヒドの非限定例には、3−(4'−tert.ブチルフェニル)プロパナール、2−メチル−3−(4'tert.ブチルフェニル)プロパナール、2−メチル−3−(4'−イソプロピルフェニル)プロパナール、2,2−ジメチル−3−(4−エチルフェニル)プロパナール、ケイ皮アルデヒド、α−アミルシンナミックアルデヒド及びα−ヘキシルシンナミックアルデヒドが挙げられる。 Non-limiting examples of Class II aldehydes, 3- (4'tert. Butylphenyl) propanal, 2-methyl-3- (4'Tert. Butylphenyl) propanal, 2-methyl-3- (4 ' - isopropylphenyl) propanal, 2,2-dimethyl-3- (4-ethylphenyl) propanal, cinnamic aldehyde, alpha-amyl cinnamic aldehyde and alpha-hexyl cinnamic aldehyde and the like. これらの反応性アルデヒド類は、米国特許第5,676,163号でより詳細に記載されている。 These reactive aldehydes are described in more detail in U.S. Pat. No. 5,676,163.

使用される場合、反応性アルデヒド類は、少なくとも2つのアルデヒド類の組み合わせを含むことができ、一方のアルデヒドは、非環式脂肪族アルデヒド類、非テルペン系脂肪族アルデヒド類、非テルペン系脂環式アルデヒド類、テルペン系アルデヒド類、芳香族基で置換された脂肪族アルデヒド類及び二官能性アルデヒド類から選択され;第2のアルデヒド類は、芳香族環と結合したアルデヒド官能基に対して不飽和αを有するアルデヒド類及びアルデヒド基が芳香族環上にあるアルデヒド類から選択される。 When used, reactive aldehydes can comprise a combination of at least two aldehydes, one aldehyde, acyclic aliphatic aldehydes, non-terpenic aliphatic aldehydes, non-terpenic alicyclic wherein aldehydes, terpene aldehydes, selected from aliphatic aldehydes substituted by an aromatic group and bifunctional aldehydes; second aldehydes for aldehyde functional groups attached to an aromatic ring not aldehydes and aldehyde group having a saturated α are selected from aldehydes on an aromatic ring. この少なくとも2つのアルデヒド類の組み合わせは、PCT国際特許出願公開WO00/49120でより詳細に記載されている。 This combination of at least two aldehydes is described in more detail in PCT International Patent Application Publication WO00 / 49.12 thousand.

本明細書で使用する時、用語「反応性アルデヒド類」は、(i)アルデヒドとアルコールとの反応生成物、(ii)ケトンとアルコールとの反応生成物、又は(iii)アルデヒドと同じアルデヒドとの又は異なるアルデヒドとの反応生成物である脱臭物質を更に包含する。 As used herein, the term "reactive aldehydes" is the same aldehyde (i) the reaction product of an aldehyde with an alcohol, the reaction product of (ii) a ketone and an alcohol, or (iii) an aldehyde further encompasses deodorizing materials is the reaction product of the or different aldehydes. このような脱臭物質は、(a)アルデヒドとカルビノールとの反応によって生成されるアセタール若しくはヘミアセタール;(b)ケトンとカルビノールとの反応によって生成されるケタール若しくはヘミケタール;(c)環状トリアセタール若しくは少なくとも2つのアルデヒドの混合環状トリアセタール、又はこれらのアセタール類、ヘミアセタール類、ケタール類、ヘミケタール類若しくは環状トリアセタール類のいずれかの混合物であることができる。 Such deodorizing materials, (a) aldehyde and acetal or hemiacetal produced by reaction of a carbinol; ketal or hemiketal produced by the reaction of (b) ketone and carbinol; (c) cyclic triacetals or a mixed cyclic triacetals of at least two aldehydes, or their acetals, hemiacetals, ketals, can be a mixture of any of the hemiketal compounds or cyclic tri acetals. これらの脱臭香料物質は、PCT国際特許出願公開WO01/07095でより詳細に記載されている。 These deodorizing perfume materials are described in greater detail in PCT International Patent Application Publication WO01 / 07 095.

(フラバノイド類) (Flavanoids)
フラバノイド類も臭気抑制剤として使用できる。 Flavanoids can be used as odor control agents. フラバノイド類は、C 6・C 3・C 6フラバン骨格に基づく化合物である。 Flavanoids are compounds based on C 6 · C 3 · C 6 flavan skeleton. フラバノイド類は、典型的な精油中に見つけることができる。 Flavanoids can be found in typical essential oils. このような油には、ヒマラヤスギ、ニホンイトスギ、ユーカリノキ、ニホンアカマツ、タンポポ、クマザサ及びフウロ草のような針葉樹及び草花から乾留によって抽出される精油が挙げられ、α−ピネン、β−ピネン、ミルセン、フェンコン及びカンフェンのようなテルペン系物質を含有することができる。 Such oil, cedar, Nihon cypress, eucalyptus, Nihon Akamatsu, dandelion, include essential oils extracted by dry distillation from conifers and flowers such as kumazasa and Fuuro grass, alpha-pinene, beta-pinene, myrcene it can contain a terpene-based material such as fenchone and camphene. また茶葉からの抽出物も挙げられる。 Further also include extracts from tea leaves. このような物質の記載は、JP02284997及びJP04030855で見つけることができる (金属塩) Description of such materials can be found in JP02284997 and JP04030855 (metal salt)
本発明の臭気抑制剤は、悪臭抑制効果のために金属塩を含むことができる。 Odor control agents of the present invention may include a metal salt for malodor suppression. 金属塩類は、銅塩、亜鉛塩及びこれらの混合物から成る群から選択される。 Metal salts is selected from the group consisting of copper salts, zinc salts and mixtures thereof.

好ましい亜鉛塩は悪臭抑制能力を有する。 Preferred zinc salts have a malodor control abilities. 米国特許第4,325,939号及び同第4,469,674号に開示されているように、亜鉛は、悪臭を改善するその能力のために最も頻繁に用いられており、例えばうがい薬製品に用いられている。 As disclosed in U.S. Patent No. 4,325,939 No. and the second 4,469,674, zinc is most frequently used because of its ability to improve the malodor, for example, a mouthwash product It has been used to. 塩化亜鉛のような高度にイオン化され、且つ可溶性の亜鉛塩は、最良の亜鉛イオン源を提供する。 Is highly ionized, such as zinc chloride, and zinc salts of soluble, it provides the best source of zinc ion. 好ましい亜鉛塩は、ホウ酸亜鉛、カプリル酸亜鉛、塩化亜鉛、リシノール酸亜鉛、硫酸亜鉛七水和物、ウンデシレン酸亜鉛及びこれらの混合物から成る群から選択される。 Preferred zinc salts are zinc borate, zinc caprylate, zinc chloride, zinc ricinoleate, is selected from the group consisting of zinc sulfate heptahydrate, zinc undecylenate, and mixtures thereof.

好ましくは、金属塩は、水溶性亜鉛塩、銅塩、又はこれらの混合物であり、より好ましくは亜鉛塩、特にZnCl 2である。 Preferably the metal salts are water-soluble zinc salt, a copper salt, or a mixture thereof, more preferably zinc salts, especially ZnCl 2. これらの塩は、好ましくは、主にアミン及びイオウ含有化合物を吸収するために臭気抑制剤として本発明に存在する。 These salts are preferably, primarily in the present invention as an odor inhibitor in order to absorb amine and sulfur-containing compounds. 低分子量のイオウ含有物質、例えば硫化物及びメルカプタン類は多くの種類の悪臭、例えば食物の臭い(ニンニク、タマネギ)、体/汗の臭い、口臭などの構成成分である。 Sulfur-containing material of low molecular weight, e.g., sulfide and mercaptans many types of malodors, e.g., food odors (garlic, onion), body / perspiration odor, a component such as halitosis. 低分子量のアミンも、また、多くの悪臭、例えば食物の臭い、体臭、尿などの構成成分である。 It amines low molecular weight, also many malodorous, a component of e.g. food odors, body odors, urine, etc..

使用される場合、亜鉛塩は、式R−(O−CH 2 −CH 2x −O−CH 2 COO -を有するアニオン性界面活性剤と組み合わせることができ、式中、Rは、脂肪族アルコール置換基又はアルキルアリール置換基であり、Xは、少なくとも2である。 When used, the zinc salt of the formula R- (O-CH 2 -CH 2 ) x -O-CH 2 COO - can be combined with anionic surfactants having the formula, R represents an aliphatic an alcohol substituent or an alkylaryl substituent, X is at least 2. このようなアニオン性界面活性剤は、亜鉛塩の制御放出剤として作用して、組成物の悪臭抑制特性を改善できる。 Such anionic surfactants may act as a controlled release agent for the zinc salts can improve the malodor control properties of the composition. 亜鉛塩とアニオン性界面活性剤とのこの組み合わせは、米国特許第6,358,469号でより詳細に記載されている。 This combination of zinc salts and anionic surfactant is described in greater detail in U.S. Patent No. 6,358,469.

使用される場合、亜鉛塩は、組成物の悪臭抑制特性を改善するために炭酸塩及び/又は重炭酸塩と組み合わされることもできる。 When used, the zinc salt can also be combined with carbonate and / or bicarbonate to improve the malodor control properties of the composition. 亜鉛塩が炭酸塩及び/又は重炭酸塩と組み合わされる場合、組成物は、好ましくは、1個を超える−(P=O)−基を有するリン酸塩及び1個を超える酸官能性を有する有機酸から選択される安定化アニオンを更に含む。 If the zinc salt is combined with carbonate and / or bicarbonate, the composition is preferably greater than one - (P = O) - with a phosphate and one more than acid functionality having a group further comprising a stabilizing anion selected from organic acids. この亜鉛塩、炭酸塩及び/又は重炭酸塩の組み合わせ、並びに安定化アニオンは、米国特許第6,015,547号でより詳細に記載されている。 This combination of zinc salts, carbonate and / or bicarbonate, and stabilizing anions is described in more detail in U.S. Pat. No. 6,015,547.

銅塩はいくらかの悪臭抑制能力を有する。 Copper salts have some malodor control abilities. 銅塩及び亜鉛塩を含む、アシルアセトンの少なくとも僅かに水溶性の塩を含む使い捨ての物品を処理するための脱臭組成物を開示している米国特許第3,172,817号(レウポルド(Leupold)ら)を参照のこと。 Including copper salts and zinc salts, U.S. Patent No. 3,172,817, which discloses deodorizing compositions for treating an article of disposable comprising at least slightly water-soluble salts of acyl acetone (Reuporudo (Leupold) et al.) see.

金属塩が臭気抑制剤として本発明の組成物に添加される場合、それらは、典型的には、組成物の約0.001重量から飽和塩溶液をもたらす有効量まで、好ましくは約0.002重量%〜約25重量%、より好ましくは約0.003重量%〜約8重量%、なおより好ましくは約0.1重量%〜約5重量%の濃度で存在する。 When a metal salt is added to the composition of the present invention as an odor inhibitor, they, typically, to an effective amount to provide a saturated salt solution of from about 0.001 weight of the composition, preferably from about 0.002 wt% to about 25 wt%, more preferably from about 0.003% to about 8 wt%, still more preferably from about 0.1% to about 5 wt%.

(ゼオライト類) (Zeolites)
本明細書の臭気抑制剤は、ゼオライト類であることもできる。 Odor control agents herein can also be zeolites. 好ましい部類のゼオライト類は、「中間体」シリケート/アルミネートゼオライト類として特徴付けられる。 Zeolites preferred class is characterized as "intermediate" silicate / aluminate zeolites. 中間体ゼオライト類は、約10未満のSiO 2 /AlO 2モル比によって特徴付けられる。 Intermediate zeolites are characterized by SiO 2 / AlO 2 molar ratios of less than about 10. 好ましくは、SiO 2 /AlO 2のモル比は約2〜約10の範囲である。 Preferably, the molar ratio of SiO 2 / AlO 2 ranges from about 2 to about 10. この中間体ゼオライト類は「ハイ(high)」ゼオライト類よりも有利であり得る。 This intermediate zeolites may be advantageous than "high (high)" zeolites. この中間体ゼオライト類は、アミン型の臭いに、より高い親和性を有し、より大きい表面積を有しているために臭いの吸収に関して重量効率が良く、ハイゼオライト類よりも耐湿性があり、水中で臭いの吸収容量をより多く維持する。 This intermediate zeolites, the smell of the amine type, has a higher affinity, good weight efficiency with respect to absorption of odors because they have a larger surface area, there is a moisture resistance than the high zeolites, to more maintain the absorption capacity of the smell in the water. 本明細書に用いるのに好適な、多種多様な中間体ゼオライト類は、PQ社(PQ Corporation)より入手可能なバルフォー(Valfor)(登録商標)CP301−68、バルフォー(登録商標)300−63、バルフォー(登録商標)CP300−35、及びバルフォー(登録商標)CP300−56として、並びにコンテカ(Conteka)よりゼオライトのCBV100(登録商標)シリーズとして市販されている。 Suitable for use herein, a wide variety of intermediate zeolites, PQ Corporation (PQ Corporation), available from Balfour (Valfor) (registered trademark) CP301-68, Balfour (registered trademark) 300-63, Balfour (R) CP300-35, and as Balfour (R) CP300-56, and Konteka (Conteka) than zeolite CBV100 (R) commercially available as series.

ユニオンカーバイド社(Union Carbide Corporation)及びUOPより入手可能な商標名アブセンツ(Abscents)(商標登録)及びスメルライト(Smellrite)(商標登録)で市販されるゼオライト物質も好ましい。 Union Carbide Corporation (Union Carbide Corporation) and zeolite materials marketed under available from tradename Abusentsu (ABSCENTS) (registered trademark) and Smelting write (Smellrite) (registered trademark) UOP are also preferred. このような物質は、イオウを含有する臭い、例えばチオール類、メルカプタン類の抑制に関して中間体ゼオライトよりも好ましい。 Such materials, odor containing sulfur, for example thiols are preferred over the intermediate zeolites regards controlling mercaptans.

表面に噴霧される組成物に臭気抑制剤としてゼオライト類が使用される場合、ゼオライト物質は、好ましくは約10ミクロン未満の粒径を有し、組成物の約1重量%未満の濃度で組成物中に存在する。 If zeolites are used in the compositions to be sprayed on the surface as odor control agents, zeolite material preferably has a particle size of less than about 10 microns, the composition at a concentration of less than about 1% by weight of the composition present in the.

(活性炭) (Activated carbon)
活性炭は、本組成物に組み込むのに好適なもう1つの臭気抑制剤である。 Activated carbon is another odor control agents suitable for incorporation in the present compositions. 本発明に用いるのに好適な炭素物質は、有機分子のための吸収剤として及び/又は空気清浄の目的のために、商習慣で周知の物質である。 Suitable carbon materials for use in the present invention, for the purpose of absorbing agent and / or as air purification for organic molecules are well known materials in commercial practice. 多くの場合、このような炭素物質は、「活性」炭("activated"carbon)又は「活性」木炭("activated"charcoal)と呼ばれる。 Often, such carbon material is referred to as "active" carbon ( "activated" carbon) or "activity" charcoal ( "activated" charcoal). このような炭素は、カルゴンタイプ(Calgon-Type)CPG(登録商標);タイプ(Type)PCB(登録商標));タイプSGL(登録商標);タイプCAL(登録商標);及びタイプOL(登録商標)のような商標名で商業的供給源から入手可能である。 Such carbon is Calgon Type (Calgon-Type) CPG (R); Type (Type) PCB (TM)); Type SGL (R); Type CAL (R); and Type OL (R under the trade names such as) which is available from commercial sources.

表面に噴霧される組成物に臭気抑制剤として活性炭が使用される場合、活性炭は、好ましくは約10ミクロン未満の粒径を有し、組成物の約1重量%未満の濃度で組成物中に存在する。 If the activated carbon is used in the composition to be sprayed on the surface as odor control agents, activated carbon, preferably have a particle size of less than about 10 microns, in the composition at a concentration of less than about 1% by weight of the composition It exists.

臭気抑制剤として本明細書に記載される任意の物質が、本明細書に記載される別の構成成分としても分類される可能性がある場合、本明細書の目的のために、このような物質は臭気抑制剤として分類される。 If any of the materials described herein as an odor inhibitor, which may also be classified as a separate component as described herein, for purposes of this specification, like this substance is classified as an odor inhibitor.

(溶媒) (solvent)
本組成物は、任意の溶媒を更に含むことができる。 The composition can further comprise optional solvents. 溶媒は、溶媒を含有していない組成物に比べて、表面に適用された後により素早く乾燥する組成物を提供するのに役立つことができる。 The solvent can serve as compared to compositions containing no solvent, to provide a quick drying composition later applied to the surface. 表面に適用した後に素早く乾燥する組成物が望まれる場合、本組成物は、好ましくは更に溶媒を含む。 If quick drying composition is desired after application to a surface, the composition preferably further comprises a solvent. 本明細書の好適な溶媒には、一価及び多価アルコール類が挙げられる。 Suitable solvents herein include monohydric and polyhydric alcohols. 本組成物において溶媒として有用な一価アルコール類には、エタノール、n−プロパノール、イソプロパノール、これらの混合物などが挙げられる。 Useful monohydric alcohols as solvents in the present composition include ethanol, n- propanol, isopropanol, and mixtures thereof. 本組成物において溶媒として有用な多価アルコール類には、エチレングリコール、ジエチレングリコール、トリエチレングリコール、プロピレングリコール、ジプロピレングリコール、グリセリンのようなグリコール類、これらの混合物などが挙げられる。 Polyhydric alcohols useful as solvents in the present composition include ethylene glycol, diethylene glycol, triethylene glycol, propylene glycol, dipropylene glycol, glycols, such as glycerine, mixtures thereof and the like. 他の好適な溶媒には、水混和性エーテル類、水混和性グリコールエーテル類、及びプロピレングリコールモノメチルエーテルアセテートが挙げられる。 Other suitable solvents include water-miscible ethers, water miscible glycol ethers, and propylene glycol monomethyl ether acetate. 水混和性エーテル類の非限定例には、ジエチレングリコールジエチルエーテル、ジエチレングリコールジメチルエーテル、プロピレングリコールジメチルエーテル及びこれらの混合物が挙げられる。 Non-limiting examples of water-miscible ethers include diethylene glycol diethyl ether, diethylene glycol dimethyl ether, propylene glycol dimethyl ether and mixtures thereof. 水混和性グリコールエーテル類の非限定例には、プロピレングリコールモノメチルエーテル、プロピレングリコールモノエチルエーテル、プロピレングリコールモノプロピルエーテル、プロピレングリコールモノブチルエーテル、エチレングリコールモノブチルエーテル、ジプロピレングリコールモノメチルエーテル、ジエチレングリコールモノブチルエーテル及びこれらの混合物が挙げられる。 Non-limiting examples of water-miscible glycol ethers include propylene glycol monomethyl ether, propylene glycol monoethyl ether, propylene glycol monopropyl ether, propylene glycol monobutyl ether, ethylene glycol monobutyl ether, dipropylene glycol monomethyl ether, and diethylene glycol monobutyl ether and mixtures thereof.

存在する場合、溶媒の本組成物中での濃度は、一般に約0.1%〜約99.9%、好ましくは約0.5%〜約99%、より好ましくは約1%〜約90%である。 When present, the concentration in the composition in a solvent is generally from about 0.1% to about 99.9%, preferably from about 0.5% to about 99%, more preferably from about 1% to about 90% it is. 組成物がスプレー組成物(特に非エアゾール)である場合、アルコールの濃度は、好ましくは組成物の約35重量%未満、より好ましくは約20重量%未満、更により好ましくは約10重量%未満である。 When the composition is a spray composition (particularly non-aerosol), the concentration of alcohol is preferably less than about 35% by weight of the composition, more preferably less than about 20 wt%, even more preferably less than about 10 wt% is there.

(エアゾール噴射剤) (Aerosol propellants)
本組成物がエアゾールスプレー組成物の形態である場合、組成物はエアゾール噴射剤を更に含む。 If the composition is in the form of an aerosol spray composition, the compositions further comprise an aerosol propellant. 本明細書のエアゾール組成物に好適なエアゾール噴射剤の非限定例には、ブタン、イソブタン及びプロパンのような脂肪族炭化水素類;クロロジフルオロメタンのような低分子量ハロゲン化炭化水素類(好ましくは塩素化及び/又はフッ素化炭化水素);二酸化炭素のような溶解し得る気体;窒素ガス;圧縮空気;当該技術分野において周知の他の物質が挙げられる。 Nonlimiting examples of suitable aerosol propellants for aerosol compositions herein, butane, aliphatic hydrocarbons such as isobutane and propane; low molecular weight halogenated hydrocarbons such as chlorodifluoromethane (preferably chlorinated and / or fluorinated hydrocarbons); nitrogen gas; compressed air; gas may dissolve such as carbon dioxide other materials well known in the art and the like.

存在する場合、エアゾール噴射剤は、典型的には、組成物の約2重量%〜約60重量%、好ましくは約3重量%〜約50重量%の濃度で本組成物中に組み込まれる。 When present, aerosol propellants are typically from about 2 wt% to about 60% by weight of the composition, preferably incorporated in the composition at a concentration of about 3% to about 50 wt%.
本組成物に組み込むのに特に好適なエアゾール噴射剤は、米国特許第4,520,142号で詳細に記載されている。 Particularly preferred aerosol propellants for incorporation in the present compositions are described in detail in U.S. Pat. No. 4,520,142.

(界面活性剤) (Surfactant)
本組成物が処理される表面を「濡らす」能力を改善するために(すなわち、表面全体にわたって広がる組成物の能力を改善するために)、組成物は、好ましくは任意の界面活性剤を更に含む。 To improve the "wet" ability of the surface to which the present composition is processed (i.e., in order to improve the ability of the composition to spread across the surface), the compositions preferably further comprise any surfactant . 好ましくは、組成物は、組成物の約0.001重量%〜約90重量%、好ましくは約0.01重量%〜約80重量%、より好ましくは約0.05重量%〜約70重量%の濃度で界面活性剤又は界面活性剤の混合物を含む。 Preferably, the composition comprises from about 0.001% to about 90% by weight of the composition, preferably from about 0.01% to about 80 wt%, more preferably from about 0.05% to about 70 wt% in concentrations comprising mixtures of surfactants or surfactant. 組成物がスプレーディスペンサーを介して表面に噴霧されることが意図される場合、組成物は、好ましくは、組成物の約5重量%未満、好ましくは約3重量%未満、より好ましくは約1重量%未満の濃度で任意の界面活性剤を含む。 If the composition is intended to be sprayed onto the surface via a spray dispenser, the composition is preferably less than about 5% by weight of the composition, preferably less than about 3 wt%, more preferably about 1 weight at a concentration of less than% including any surfactant.

界面活性剤は、洗剤分野において一般に周知である。 Surfactants are generally well-known in the detergent art. 本発明の組成物に好適な界面活性剤には、アニオン性、非イオン性、カチオン性、両性、双極性及び上記種類の混合物が挙げられる。 Suitable surfactants in the compositions of the present invention, anionic, nonionic, cationic, amphoteric, and mixtures of zwitterionic and above type.
好ましい界面活性剤は、米国特許出願公開US2002/0011584A1で詳細に記載されている。 Preferred surfactants are described in detail in U.S. Patent Application Publication US2002 / 0011584A1.

(アニオン性界面活性剤) (Anionic surfactant)
アニオン性界面活性剤は、本組成物に所望により組み込まれることができる。 Anionic surfactants can be incorporated as desired into the composition. アニオン性界面活性剤の部類のうち多くの好適な非限定例は、界面活性剤及び界面現象(Surfactants and Interfacial Phenomena)、第2版、ミルトンJ. Many suitable nonlimiting examples of classes of anionic surfactants, surfactant and interfacial phenomena (Surfactants and Interfacial Phenomena), 2nd Edition, Milton J. ローゼン(Milton J.Rosen)、1989年、ジョン・ワイリー・アンド・サンズ社(John Wiley & Sons,Inc.)、7頁〜16頁で見つけることができる。 Rosen (Milton J.Rosen), 1989 years, John Wiley & Sons, Inc. (John Wiley & Sons, Inc.), Can be found in 7 pages to 16 pages. 追加の好適なアニオン性界面活性剤の非限定例は、「界面活性剤ハンドブック(Handbook of Surfactants)」、M. Non-limiting examples of additional suitable anionic surfactants are, "Surfactant Handbook (Handbook of Surfactants)", M. R. R. ポーター(MRPorter)、1991年、ブラッキー・アンド・サン社(Blackie & Son Ltd)、54頁〜115頁、及びその参考文献において見つけることができる。 Porter (MRPorter), 1991 years, can be found Blackie And Son (Blackie & Son Ltd), 54 pp. 115, and in the references.

構造的に、好適なアニオン性界面活性剤は、少なくとも1つの疎水部分及び少なくとも1つの親水性部分を含有する。 Structurally, suitable anionic surfactants contain at least one hydrophobic moiety and at least one hydrophilic moiety. 界面活性剤は、複数の疎水性部分及び/又は複数の親水性部分を含有できるが、好ましくは約2個以下の疎水性の部分及び約3個以下の親水性部分を含有する。 Surfactants include, but are a plurality of hydrophobic moieties and / or multiple hydrophilic moieties can contain, preferably from about 2 or less hydrophobic moieties and more than about three hydrophilic moiety. 疎水性部分は、典型的には、アルキル基として又はアルキルアリール基としてのいずれかの炭化水素で構成される。 The hydrophobic moiety is typically comprised of either hydrocarbons as the alkyl group or alkylaryl group. アルキル基は、典型的には、約6〜約22個の炭素を、好ましくは約10〜約18個の炭素を、より好ましくは約12〜約16個の炭素を含有し;アリール基は、典型的には、約4〜約6個の炭素を含有するアルキル基を含有する。 Alkyl groups typically from about 6 to about 22 carbons, preferably from about 10 to about 18 carbons, more preferably contains from about 12 to about 16 carbons; aryl groups, typically contains an alkyl group containing from about 4 to about 6 carbons. アルキル基はそれぞれ分枝状又は直鎖であることができ、飽和又は不飽和のいずれかである。 Alkyl group can be are each branched or straight-chain, either saturated or unsaturated. 典型的なアリール基はベンゼンである。 A typical aryl group is benzene. アニオン性界面活性剤のための典型的な親水性基のいくつかには、−CO 2 - 、−OSO 3 - 、−SO 3 - 、−(OR 1x −CO 2 - 、−(OR 1x −OSO 3 - 、−(OR 1x −SO 3 -が挙げられるが、これらに限定されず、式中、xは約10未満、好ましくは約5未満である。 Some typical hydrophilic groups for anionic surfactants, -CO 2 -, -OSO 3 - , -SO 3 -, - (OR 1) x -CO 2 -, - (OR 1 ) x -OSO 3 -, - ( OR 1) x -SO 3 - although include, but are not limited to, wherein, x is less than about 10, preferably less than about 5. 好適な界面活性剤のいくつかの非限定例には、ステパノール(Stepanol(登録商標))WAC、バイオソフト(Biosoft(登録商標))40(ステパン社(Stepan Co.)、イリノイ州ノースフィールド(Northfield))が挙げられる。 Some non-limiting examples of suitable surfactants, Sutepanoru (Stepanol (R)) WAC, Biosoft (Biosoft (R)) 40 (Stepan Co. (Stepan Co.), Northfield, IL (Northfield )), and the like.

アニオン性界面活性剤は、また、動物系油又は植物系油を硫酸化するか又はスルホン化することにより生成できる。 Anionic surfactants are also animal-based oils or plant oils can be generated by either or sulfonated sulfating. このような種類の界面活性剤の例には、フリーダム・ケミカル社(Freedom Chemical Co.)(ノースカロライナ州シャーロット(Charlotte))(BFグッドリッチ(Goodrich)所有)より入手可能である硫酸化されたキャノーラ油及び硫酸化されたヒマシ油(フリーダム(Freedom)SCO−75)が挙げられる。 Examples of these types of surfactants, Freedom Chemical Co. (Freedom Chemical Co.) (Charlotte, NC (Charlotte)) (BF Goodrich (Goodrich) owned) canola sulfated available from oil and sulfated castor oil (Freedom (Freedom) SCO-75) are mentioned.

好適なアニオン性界面活性剤の非限定例には、C 8 〜C 22アルキル脂肪酸の塩;C 10 〜C 14アルキルベンゼンスルホネート;C 10 〜C 22アルケンスルホネート;C 10 〜C 22アルキルエーテルスルホネート;C 10 〜C 22アルキルサルフェート;C 4 〜C 10ジアルキルスルホサクシネート;C 10 〜C 22アシルメチオネート;アルキルジフェニルオキシドスルホネート;アルキルナフタレンスルホネート;2−アセタミドヘキサデカンスルホネート;アルキルグリセリルエーテルスルホネート;及びN−アルキル置換サクシネートが挙げられる。 Non-limiting examples of suitable anionic surfactants, C 8 -C 22 salts of alkyl fatty acids; C 10 -C 14 alkyl benzene sulfonates; C 10 -C 22 alkene sulfonates; C 10 -C 22 alkyl ether sulfonate; C 10 -C 22 alkyl sulphates; C 4 -C 10 dialkyl sulfosuccinates; C 10 -C 22 acyl methionyl sulfonates, alkyl diphenyloxide sulfonates, alkyl naphthalene sulfonate; 2-acetamide-hexadecane sulfonate; alkyl glyceryl ether sulfonates; and N- alkyl-substituted succinate can be mentioned. 有機イオウ反応生成物の水溶性アルキルベンゼンスルホネート塩であるアニオン性界面活性剤は、米国特許第2,220,099号及び同第2,477,383号に記載されている。 A water-soluble alkylbenzene sulfonate salts of organic sulfur reaction products anionic surfactants are described in U.S. Patent 2,220,099 No. and the 2,477,383. とりわけ価値があるのは、アルキル基の平均炭素原子数が約11〜13個の線状直鎖アルキルベンゼンスルホネートであり、C 11 〜C 13 LASと略される。 Especially is located worth, the average number of carbon atoms in the alkyl group is about 11 to 13 amino linear straight chain alkylbenzene sulfonates, abbreviated as C 11 ~C 13 LAS. 他のアニオン性界面活性剤は、米国特許第6,358,469号に記載されており、これは本組成物が炭酸塩及び/又は重炭酸塩と組み合わせて亜鉛塩を含む場合に好ましい。 Other anionic surfactants are described in U.S. Pat. No. 6,358,469, which is preferred if it contains zinc salt composition is in combination with carbonate and / or bicarbonate.

本組成物が非錯体化型シクロデキストリンを臭気抑制剤として含む場合、アニオン性界面活性剤は、好ましくは、シクロデキストリン適合性であり、それは界面活性剤がシクロデキストリンと錯体を形成する傾向がないことを意味する。 If the composition comprises uncomplexed cyclodextrin as an odor control agent, an anionic surfactant, preferably a cyclodextrin compatible, it has no tendency to surfactant to form cyclodextrin complexes it means that. シクロデキストリン適合性のアニオン界面活性剤の非限定例は、アルキルジフェニルオキシドジスルホネートであり、次の一般式を有する: Nonlimiting examples of cyclodextrin-compatible anionic surfactants are the alkyl diphenyl oxide disulfonate, having the general formula:

式中、Rはアルキル基である。 Wherein, R is an alkyl group. この種類の界面活性剤の例は、商標名ダウファックス(Dowfax)(登録商標)でダウ・ケミカル社(Dow Chemical Company)から入手でき、ここでRは直鎖又は分枝状C 6 〜C 16アルキル基である。 Examples of this type of surfactant, trade name Dow available from the fax (Dowfax) (R) Dow Chemical Company (Dow Chemical Company), wherein R is a linear or branched C 6 -C 16 is an alkyl group. これらのシクロデキストリン適合性アニオン性界面活性剤の例は、ダウファックス(Dowfax)3B2であり、Rはほぼ直鎖C 10基である。 Examples of these cyclodextrin-compatible anionic surfactant is Dowfax (Dowfax) 3B2, R is approximately linear C 10 radical.

(非イオン性界面活性剤) (Nonionic surfactant)
本組成物は、所望により非イオン性界面活性剤を含むことができ、これは本組成物において好ましい界面活性剤である。 The composition optionally can include a nonionic surfactant, which is a preferred surfactant in the present compositions. 好適な非イオン性界面活性剤の非限定例には、アルキルエトキシル化界面活性剤、ブロックコポリマー界面活性剤、ヒマシ油界面活性剤、ソルビタンエステル界面活性剤、ポリエトキシル化脂肪族アルコール界面活性剤、グリセロールモノ脂肪酸エステル界面活性剤、ポリエチレングリコール脂肪酸エステル界面活性剤、及びこれらの混合物が挙げられる。 Non-limiting examples of suitable nonionic surfactants include alkyl ethoxylated surfactants, block copolymer surfactants, castor oil surfactants, sorbitan ester surfactants, polyethoxylated fatty alcohol surfactants, glycerol mono-fatty acid ester surfactants, polyethylene glycol fatty acid ester surfactants, and mixtures thereof. これらの非イオン性界面活性剤は、米国特許出願公開US2002/0011584A1でより詳細に記載されている。 These nonionic surfactants are described in more detail in U.S. Patent Application Publication US2002 / 0011584A1.

アルキルエトキシル化界面活性剤及びヒマシ油界面活性剤は、好ましい非イオン性界面活性剤である。 Alkyl ethoxylated surfactants and castor oil surfactants are preferred nonionic surfactants. ヒマシ油界面活性剤には、ポリオキシエチレンヒマシ油エーテル又はポリオキシエチレン硬化ヒマシ油エーテルが含まれ、これらは部分的に又は完全に水素添加されている。 The castor oil surfactants, polyoxyethylene castor oil ethers or polyoxyethylene hardened castor oil ethers are included, which are partially or fully hydrogenated. 好ましい硬化ヒマシ油界面活性剤は、商標名HCO40及びHCO60でニッコー(Nikko)から、並びに商標名クレムフォー(Cremphor)(商標)RH40、RH60及びCO60でBASFから市販されている。 Preferred hydrogenated castor oil surfactants are commercially available from BASF from Nikko (Nikko) under the trade name HCO40 and HCO 60, and under the trade name Klemm Four (Cremphor) (TM) RH40, RH 60 and CO60.

(カチオン性界面活性剤) (Cationic surfactant)
カチオン性界面活性剤も本組成物に組み込むことができる。 Cationic surfactants can also be incorporated in the present compositions. 布地に噴霧される水性組成物に使用する場合、カチオン性界面活性剤は、布地の繊維間に組成物が浸透する能力を改善でき、これは、悪臭を減らす及び/又は布地のしわ外観を減らすという点においてより良好な性能をもたらすことができる。 When used in aqueous compositions to be sprayed on fabrics, cationic surfactants may improve the ability of the composition to penetrate between the fibers of the fabric, which reduces wrinkles appearance of reducing malodor and / or fabric it can lead to better performance in terms of. またカチオン性界面活性剤は、本組成物で処理される布地を柔軟にすることに有用であり得る。 The cationic surfactant may be useful to softening the fabrics treated with the compositions.

好適なカチオン性界面活性剤には多種多様な第四級化合物が挙げられる。 Suitable cationic surfactants include a wide variety of quaternary compounds. 好ましいカチオン性界面活性剤は、ジエステル第四級アンモニウム化合物(「DEQA」)である。 Preferred cationic surfactants are diester quaternary ammonium compounds ( "DEQA"). これら及びその他の好ましい第四級化合物は、米国特許出願公開US2002/0011584A1で詳細に記載されている。 These and other preferred quaternary compounds are described in detail in U.S. Patent Application Publication US2002 / 0011584A1.

カチオン性界面活性剤が抗菌活性物質又は防腐剤のいずれかとして作用する場合、本発明の目的のために、以下に記載されるような抗菌活性物質剤/防腐剤として分類される。 If cationic surfactant acts as either an antimicrobial active or preservative, for purposes of the present invention is classified as an antimicrobial active substance agents / preservatives such as described below.

(両性界面活性剤) (Amphoteric surfactants)
両性界面活性剤も本組成物に使用できる。 Amphoteric surfactants can also be used in the present compositions. 両性イオン(ampholytic)界面活性剤とも呼ばれる両性(amphoteric)界面活性剤は、第二級若しくは第三級アミンの脂肪族誘導体、又は複素環式第二級及び第三級アミンの脂肪族誘導体として広く定義されてもよく、その脂肪族ラジカルは直鎖又は分枝状であることができ、脂肪族置換基のうちの1つは約8〜約18個の炭素原子を含有し、少なくとも1つは、アニオン水溶性基、例えばカルボキシ、サルフェート又はスルホネートを含有する。 Amphoteric also called zwitterionic (ampholytic) surfactants (amphoteric) surfactants are widely as secondary or aliphatic derivatives of tertiary amines or aliphatic derivatives of heterocyclic secondary and tertiary amines, It may be defined, in which the aliphatic radicals can be straight or branched, one of the aliphatic substituents contains from about 8 to about 18 carbon atoms, at least one contains anionic water-solubilizing group, e.g. carboxy, sulphate or sulphonate. 好適な両性界面活性剤の例は、米国特許第3,929,678号の第19欄18〜35行で見つけることができる。 Examples of suitable amphoteric surfactants can be found in Chapter 19 column 18-35 lines of U.S. Patent No. 3,929,678.

(双極性界面活性剤) (Zwitterionic surfactant)
本組成物は、所望により双極性界面活性剤を含むことができる。 The composition can optionally include zwitterionic surfactants. 双極性界面活性剤は、第二級及び第三級アミンの誘導体、複素環式第二級及び第三級アミンの誘導体、又は第四級アンモニウム、第四級ホスホニウム若しくは第三級スルホニウム化合物の誘導体として広く記載されてもよい。 Zwitterionic surfactants can be broadly described as derivatives of secondary and tertiary amines, derivatives of heterocyclic secondary and tertiary amines, or quaternary ammonium, quaternary phosphonium or derivatives tertiary sulfonium compounds it may be broadly described as.

(遊離香料) (Free perfume)
本発明の安定した水性組成物は、好ましくは任意成分として遊離香料を含む。 Stable aqueous compositions of the present invention preferably comprise free perfume as an optional ingredient. 本明細書で使用する時、用語「遊離香料」は、組成物中にはあるが、マイクロカプセル内には含有されない香料を意味する。 As used herein, the term "free perfume", albeit in a composition, refers to perfume that is not contained in the microcapsules. 遊離香料は、本発明の安定した水性組成物で処理される表面に爽やかな印象を与えるために本組成物には望ましい。 Free perfume is a stable present compositions to provide a fresh impression on the surface to be treated with the aqueous compositions of the present invention is desirable. 布地、特に衣類に爽やかな印象を与えることは重要であるので、遊離香料は、布地を処理する組成物には特に望ましい。 Fabrics, particularly to provide a fresh impression on the garments is important, free perfume is particularly desirable for compositions that processed fabrics. 組成物を、例えば布地、装飾表面、又はカーペットに噴霧することによって組成物が表面に適用される場合、遊離香料は、香料の香りの素早い「バースト」を提供するのに望ましいことがあり得る。 If the composition, for example a fabric, the composition by spraying decorative surface or carpet is applied to the surface, free perfume can sometimes desirable to provide a rapid of perfume scent "burst".

本組成物に組み込まれるのに好適な香料物質は、例えば米国特許第5,939,060号(トリン(Trinh)ら、1999年8月17日発行)の第2欄38行〜第7欄53行に開示されている。 Suitable perfume materials for incorporation in the present compositions, for example, U.S. Pat. No. 5,939,060 (Trinh (Trinh) et al, issued Aug. 17, 1999) col. 2 line 38 to column 7 53 It has been disclosed in a row.

遊離香料が本発明の安定した水性組成物に含まれる場合、これは多種多様な濃度で含まれ得る。 If free perfume is included in the stable, aqueous compositions of the present invention, which may be included in a wide variety of concentrations. 遊離香料は、典型的には、組成物の約0.0001重量%〜約10重量%、好ましくは約0.001重量%〜約7重量%、より好ましくは約0.01重量%〜約5重量%の濃度である。 Free perfume is typically from about 0.0001% to about 10% by weight of the composition, preferably from about 0.001% to about 7 wt%, more preferably from about 0.01% to about 5 it is the concentration of weight%.

(抗菌活性物質/防腐剤) (Antimicrobial actives / preservatives)
本組成物は、所望により抗菌活性物質/防腐剤を更に含むことができる。 The composition can optionally further comprise an antimicrobial actives / preservatives. 以上で議論されたように、抗菌活性物質は、本組成物のマイクロカプセルに含有される活性物質を構成することができる。 As discussed above, the antimicrobial actives can constitute the active substance contained in the microcapsules of the present compositions. 加えて又は別の方法として、本組成物は遊離した抗菌活性物質/防腐剤を含むことができ、これは、本組成物のマイクロカプセル内には含有されない抗菌活性物質/防腐剤を意味する。 In addition or alternative, the composition can contain antimicrobial actives / preservatives liberated, this means antimicrobial actives / preservatives that are not contained in the microcapsules of the present compositions.

本組成物に組み込まれるのに好適な抗菌活性物質/防腐剤には、多くの第四級化合物、ビグアニド化合物、及び抗菌能を有するその他の抗菌活性物質が挙げられる。 Suitable antimicrobial actives / preservatives for incorporation in the present compositions, many quaternary compounds, biguanide compounds, and other antimicrobial actives are mentioned to have antimicrobial ability. これらの物質は、組成物自体で微生物の成長を阻害する(すなわち、防腐剤として作用する)及び/又は本組成物で処理される表面の微生物を殺す(すなわち、抗菌活性物質として作用する)有効量で本組成物に組み込まれることができる。 These substances prevent the growth of microorganisms in the compositions themselves (i.e., acting as a preservative) kill microorganisms on the surface to be treated by and / or the composition (i.e., act as an antimicrobial active substance) effective it can be incorporated into the composition in an amount.

本明細書に好適な抗菌活性物質/防腐剤には、第四級化合物、ビグアニド化合物、及びそれらの混合物が挙げられる。 Suitable antimicrobial actives / preservatives herein include quaternary compounds, biguanide compounds, and mixtures thereof. 第四級化合物の非限定例には、市販されているバルクアット(Barquat)(登録商標)(ロンザ(Lonza)より入手可能)、マクアット(Maquat)(登録商標)(メーソン(Mason)より入手可能)、バリクアット(Variquat)(登録商標)(ウィトコ/シェレックス(Witco/Sherex)より入手可能)、及びハイアミン(Hyamine)(登録商標)(ロンザより入手可能)のような塩化ベンザルコニウム類及び/又は置換塩化ベンザルコニウム類;ロンザのバーダック(Bardac)(登録商標)製品のようなジ(C 6 〜C 14 )アルキルジ短鎖(C 14アルキル及び/又はヒドロキシアルキル(hydroxyalkl))第四級;ダウ(Dow)より入手可能なダウィサイド(Dowicide)(登録商標)及びダウィシル(Dowicil)(登録商標)のようなN−(3−クロロアリル)ヘキサミニウムク Non-limiting examples of quaternary compounds, (available from Lonza (Lonza)) Bulk at commercially available (Barquat) (registered trademark), Makuatto (Maquat) (R) (available from Mason (Mason) ), Barikuatto (VARIQUAT) (R) (Witco / Sherex (Witco / Sherex) available from), and Hyamine (Hyamine) (R) (benzalkonium chloride, such as Lonza available from) and / or substituted benzalkonium chloride like; Lonza of Badakku (Bardac) (R) di (C 6 -C 14) such as the product alkyl di short chain (C 1 ~ 4 alkyl and / or hydroxyalkyl (Hydroxyalkl)) fourth grade; Dow (Dow) available from Dawisaido (Dowicide) (R) and Dowicil (Dowicil) such N- (3- chloroallyl) as (R) Hekisaminiumuku ロリド;ローム・アンド・ハ−ス(Rohm & Haas)からのハイアミン(Hyamine)(登録商標)のような塩化ベンゼトニウム;ローム・アンド・ハ−スより供給されているハイアミン(Hyamine)(登録商標)10Xに代表される塩化メチルベンゼトニウム、メレルラボズ(Merrell Labs)より入手可能なセパコール(Cepacol)クロリドのような塩化セチルピリジニウム;並びにジエステル第四級アンモニウム化合物が挙げられる。 Rorido; Rohm & Ha - Hyamine from the scan (Rohm & Haas) (Hyamine) benzethonium chloride such as (registered trademark); Rohm & Ha - Hyamine that are supplied from the scan (Hyamine) (registered trademark) chloride methyl benzethonium represented by 10X, Mererurabozu (Merrell Labs) cetylpyridinium chloride such as available Sepakoru (Cepacol) chloride from; and diester quaternary ammonium compounds. 好ましいジアルキル第四級化合物の例は、ジデシルジメチルアンモニウムクロリド(バーダック(Bardac)(登録商標)22)、及びジオクチルジメチルアンモニウムクロリド(バーダック(Bardac)(登録商標)2050)のようなジ(C 8 〜C 12 )ジアルキルジメチルアンモニウムクロリドである。 Examples of preferred dialkyl quaternary compounds are didecyl dimethyl ammonium chloride (Badakku (Bardac) (R) 22), and di as dioctyl dimethyl ammonium chloride (Badakku (Bardac) (registered trademark) 2050) (C 8 -C 12) dialkyl dimethyl ammonium chloride. 本明細書のカチオン性防腐剤及び/又は抗菌剤として有用な第四級化合物は、好ましくは、ジアルキルジメチルアンモニウムクロリド類、アルキルジメチルベンジルアンモニウムクロリド類、ジアルキルメチルベンジルアンモニウムクロリド類及びこれらの混合物から成る群から選択される。 Quaternary compounds useful as cationic preservatives and / or antimicrobial agents herein are preferably comprised of a dialkyl dimethyl ammonium chlorides, alkyl dimethyl benzyl ammonium chlorides, dialkyl methyl benzyl ammonium chloride, and mixtures thereof It is selected from the group. 本明細書に有用な他の好ましいカチオン性抗菌活性物質には、ジイソブチルフェノキシエトキシエチルジメチルベンジルアンモニウムクロリド(ローム・アンド・ハース(Rohm & Haas)から商標名ハイアミン(Hyamine)(登録商標)1622として市販されている)及び(メチル)ジイソブチルフェノキシエトキシエチルジメチルベンジルアンモニウムクロリド(すなわち、メチルベンゼトニウムクロリド)が挙げられる。 Other preferred cationic antimicrobial actives useful herein is commercially available, as diisobutyl phenoxy ethoxy ethyl dimethyl benzyl ammonium chloride (Rohm and Haas (Rohm & Haas) from the trade name Hyamine (Hyamine) (registered trademark) 1622 has been has) and (methyl) diisobutyl phenoxyethoxyethyl dimethyl benzyl ammonium chloride (i.e., methyl benzethonium chloride) and the like.

ビグアニド化合物の非限定例には、クロルヘキシジンとして一般に知られている1,1'−ヘキサメチレンビス(5−(p−クロロフェニル)ビグアニド)、及びポリ(ヘキサメチレンビグアニド)塩酸塩を含む、コスモシ(Cosmoci)(登録商標)CQ(登録商標)、バントシル(Vantocil)(登録商標)IBが挙げられる。 Non-limiting examples of biguanide compounds, commonly known as chlorhexidine 1,1'-hexamethylene-bis (5-(p-chlorophenyl) biguanide), and poly (hexamethylene biguanide) including hydrochloride, Kosumoshi (Cosmoci ) (R) CQ (R), Vantocil (VANTOCIL) (R) IB can be mentioned. 他の有用な抗菌活性物質にはビス−ビグアニドアルカンが挙げられる。 Other useful antimicrobial actives bis - biguanide alkanes. 上記の使用可能な水溶性塩は、塩化物、臭化物、硫酸塩、メチルスルホネート及びエチルスルホネートのようなアルキルスルホネート類、p−メチルフェニルスルホネ−ト類のようなフェニルスルホネート類、硝酸塩、酢酸塩、グルコン酸塩などである。 Water-soluble salts which can be used in the above are chlorides, bromides, sulfates, alkyl sulfonates such as methyl sulfonate and ethyl sulfonate, p- methylphenyl sulfonates - phenyl sulfonates such as preparative acids, nitrates, acetates , and the like gluconate.

他の好適な抗菌活性物質の非限定例には、ピリチオン(特に亜鉛錯体(ZPT))、オクトピロックス(Octopirox)(登録商標)、ジメチルジメチロールヒダントイン(グリダント(Glydant)(登録商標))、亜硫酸ナトリウム、亜硫酸水素ナトリウム、イミダゾリジニル尿素(ガーマル(Germall)115(登録商標))、ジアゾリジニル尿素(ガーマルII(登録商標))、ベンジルアルコール、2−ブロモ−2−ニトロプロパン−1,3−ジオール(ブロノポール(Bronopol)(登録商標))、ホルマリン(ホルムアルデヒド)、ヨードプロペニルブチルカルバメート(ポリフェーズ(Polyphase)P100(登録商標))、クロロアセトアミド、メタンアミン、メチルジブロモニトリルグルタロニトリル(1,2−ジブロモ−2,4−ジシアノブタ Non-limiting examples of other suitable antimicrobial actives, pyrithione (in particular zinc complex (ZPT)), Octopirox (Octopirox) (registered trademark), dimethyl dimethylol hydantoin (glidant (Glydant) (registered trademark)), sodium sulfite, sodium bisulfite, imidazolidinyl urea (Gamaru (Germall) 115 (R)), diazolidinyl urea (Gamaru II (registered trademark)), benzyl alcohol, 2-bromo-2-nitropropane-1,3-diol ( bronopol (bronopol) (R)), formalin (formaldehyde), iodo propenyl butyl carbamate (polyphase (polyphase) P100 (TM)), chloroacetamide, methanamine, methyl dibromo nitrile glutaronitrile (1,2-dibromo - 2,4 Jishianobuta ン又はテクタマー(Tektamer)(登録商標))、グルタルアルデヒド、5−ブロモ−5−ニトロ−1,3−ジオキサン(ブロニドックス(Bronidox)(登録商標))、フェネチルアルコール、o−フェニルフェノール/ナトリウムo−フェニルフェノール、ヒドロキシメチルグリシネートナトリウム(スットサイド(Suttocide)A(登録商標))、ポリメトキシ二環式オキサゾリジン(ヌオセプト(Nuosept)C(登録商標))、ジメトキサン、チメルサール(Thimersal)、ジクロロベンジルアルコール、カプタン、クロロフェネネシン(Chlorphenenesin)、ジクロロフェン、クロルブタノール(Chlorbutanol)、グリセリルラウレート、ハロゲン化ジフェニルエーテル、2,4,4'−トリクロロ−2'−ヒドロキシ−ジフェニルエーテル(トリクロサン(Triclosan) Emissions or Tekutama (Tektamer) (R)), glutaraldehyde, 5-bromo-5-nitro-1,3-dioxane (Buronidokkusu (Bronidox) (R)), phenethyl alcohol, o- phenylphenol / sodium o- phenylphenol, hydroxymethyl glycinate sodium (Suttosaido (Suttocide) A (R)), polymethoxy bicyclic oxazolidine (Nuoseputo (Nuosept) C (R)), dimethoxane, Chimerusaru (Thimersal), dichlorobenzyl alcohol, captan, chlorophenethylcarbamoyl Nene Shin (Chlorphenenesin), dichlorophen, chlorbutanol (chlorbutanol), glyceryl laurate, halogenated diphenyl ether, 2,4,4'-trichloro-2'-hydroxy - diphenyl ether (triclosan (triclosan) (登録商標)又はTCS)、2,2'−ジヒドロキシ−5,5'ジブロモ−ジフェニルエーテル、フェノール性化合物(米国特許第6,190,674号に記載)、パラ−クロロ−メタ−キシレノール(PCMX)、クロロチモール、フェノキシエタノール、フェノキシイソプロパノール、5−クロロ−2−ヒドロキシジフェニルメタン、レゾルシノール及びその誘導体(米国特許第6,190,674号に記載)、5−クロロ2,4−ジヒドロキシジフェニルメタン、4'−クロロ2,4−ジヒドロキシジフェニルメタン、5−ブロモ2,4−ジヒドロキシジフェニルメタン、4'−ブロモ2,4−ジヒドロキシジフェニルメタン、ビスフェノール性化合物(米国特許第6,190,674号に記載)、パラベン類(米国特許第6,190,67 (R) or TCS), 2,2'-dihydroxy-5,5 'dibromo - diphenyl ether, phenolic compounds (described in U.S. Pat. No. 6,190,674), para - chloro - meta - xylenol (PCMX) , chlorothymol, phenoxyethanol, phenoxy isopropanol, 5-chloro-2-hydroxy-diphenyl methane, (described in U.S. Pat. No. 6,190,674) resorcinol and its derivatives, 5-chloro-2,4-dihydroxy-diphenylmethane, 4'-chloro 2,4-dihydroxy-diphenylmethane, bromo 2,4-dihydroxy-diphenylmethane, 4'-bromo-2,4-dihydroxydiphenyl methane, bisphenolic compounds (described in U.S. Pat. No. 6,190,674), parabens (U.S. Pat. No. 6,190,67 4号に記載)、ハロゲン化カルボアニリド類(米国特許第6,190,674号に記載)、並びにこれらの混合物が挙げられる。 Described in No. 4), halogenated carbanilides compounds (described in U.S. Pat. No. 6,190,674), and mixtures thereof.

本発明の組成物に存在する場合、抗菌活性物質は、組成物で処理される表面の微生物を殺す有効量で含まれ、典型的には、組成物の約0.001重量%〜約20重量%、好ましくは約0.01重量%〜約10重量%、より好ましくは約0.05重量%〜約5重量%の濃度である。 When present in the compositions of the present invention, the antimicrobial actives are contained in an effective amount to kill microorganisms on the surface to be treated with the composition, typically from about 0.001% to about 20 weight of the composition %, preferably from about 0.01% to about 10 wt%, more preferably from about 0.05% to about 5 wt%.

(しわ抑制剤) (Wrinkle inhibitor)
本組成物は所望によりしわ抑制剤を更に含むことができ、このしわ抑制剤は、本組成物で処理される表面、特に布地にしわが形成するのを防止する及び/又は抑制するのに役立つ。 The composition may further comprise a wrinkle inhibitor optionally, the wrinkle inhibitors, surface to be treated with the present compositions, useful especially for wrinkles is prevented from forming and / or inhibiting the fabric. 本明細書に有用なしわ抑制剤には、繊維潤滑剤、形状保持ポリマー、親水性可塑剤、リチウム塩、及びこれらの混合物が挙げられる。 Wrinkle inhibitors useful herein include fiber lubricant, shape retention polymer, hydrophilic plasticizer, lithium salt, and mixtures thereof. このようなしわ抑制剤は、米国特許第6,001,343号(トリン(Trinh)ら、1999年12月14日発行)で詳細に記載されている。 Such wrinkle inhibitors, U.S. Patent No. 6,001,343 (Trinh (Trinh) et al., Issued Dec. 14, 1999) have been described in detail. 活性物質を含有するマイクロカプセルを含む本発明の基礎組成物として、特に衣類をコンディショニングするためのキャビネット型装置又はバッグ型装置で使用できる組成物として好適であり得るしわ抑制組成物は、また、同時係属中の米国特許出願番号09/674,224(ハベッシュ(Hubesch)ら、1998年4月27日出願(PCT国際公開特許WO99/55950(1999年11月4日公開)に関連));及び同時係属中の米国特許出願番号09/673,600(ウー(Woo)ら、1998年4月27日出願(PCT国際公開特許WO99/55816(1999年11月4日公開)に関連)に開示されている。 As base composition of the present invention comprising microcapsules containing an active substance, wrinkle inhibiting composition may be suitable as a composition which can be used in a cabinet-type apparatus or bag-type apparatus, particularly for conditioning garments, also co US patent application Ser. No. 09 / 674,224 pending (Habesshu (Hubesch) et al., related to the April 27, 1998, filed (PCT International Publication No. WO99 / ​​55950 (published November 4, 1999))); and simultaneous et al., US patent application Ser. No. 09 / 673,600 pending (Wu (Woo), is disclosed in the related) on April 27, 1998, filed (PCT International Publication No. WO99 / ​​55816 (published November 4, 1999) there.
他の追加の任意成分が、本組成物に含まれ得る。 Optional ingredients other additional can be included in the present compositions. 追加の任意成分の非限定例には、光沢剤、着色剤などが挙げられる。 Non-limiting examples of additional optional ingredients, brighteners, colorants and the like.

本組成物は、典型的には、約2〜約10、好ましくは約3.5〜約9.5、より好ましくは約4〜約9のpHを有する。 The composition is typically from about 2 to about 10, preferably from about 3.5 to about 9.5, more preferably pH of from about 4 to about 9. 組成物に含まれる物質に応じて、組成物のpHを酸性又はアルカリ性に調整することが望ましいことがあり得る。 Depending on the substance contained in the composition, it may be desirable to adjust the pH of the composition to the acidic or alkaline. 例えば組成物が酸活性化分散剤(例えば、アルコガム(ALCOGUM)(登録商標)L−511のようなアクリレート/アミノアクリレートコポリマー類)を含有する場合、組成物は、好ましくは、約8未満、好ましくは約7.5未満、より好ましくは約7未満のpHを有する。 For example, the composition is an acid activated dispersant (e.g., Arukogamu (ALCOGUM) (acrylate / aminoacrylate copolymers such as R) L-511) when containing, composition, preferably less than about 8, preferably less than about 7.5, more preferably having a pH of less than about 7. 一方、例えば組成物がアルカリ活性化分散剤(例えば、アルコガム(ALCOGUM)(登録商標)SL−70のようなアクリレート/アクリルポリマー類)を含有する場合、組成物は、好ましくは、約4を超える、好ましくは約5を超える、より好ましくは約5.5を超えるpHを有する。 On the other hand, for example when the composition contains an alkali activated dispersant (e.g., Arukogamu (ALCOGUM) (acrylate / acrylic polymers such as TM) SL-70), the composition is preferably greater than about 4 , preferably greater than about 5, more preferably having a pH above about 5.5.

本発明の組成物は、水性液体(例えば、米国特許第6,146,621号に記載されているもののような布地リフレッシャー)、エアゾール(米国特許第4,520,142号に記載されているようなもの)、ゲル(例えば、米国特許第5,384,061号に記載されているもののような自動食器洗いゲル)、ペースト(例えば、米国特許第4,701,319号に記載されているもののような練り歯磨き)、ローション(例えば、米国特許第5,968,258号に記載されているもののようなスキンローション)、粉末洗剤顆粒(例えば、米国特許第5,338,476号に記載されているもののような洗濯洗剤組成物)、シャンプー/コンディショナー(米国特許第6,221,817号に記載されているようなもの)、棒状セッケ The compositions of the present invention, aqueous liquids (e.g. fabric refreshers such as those described in U.S. Pat. No. 6,146,621), as described by aerosol (U.S. Patent No. 4,520,142 things), gels (e.g., U.S. Pat dishwasher gels such as those described in No. 5,384,061), pastes (e.g., as those described in U.S. Patent No. 4,701,319 toothpaste), lotions (e.g., U.S. Pat skin lotions such as those described in No. 5,968,258), powder detergent granules (e.g., described in U.S. Patent No. 5,338,476 laundry detergent compositions such as ones), shampoo / conditioners (such as those described in U.S. Pat. No. 6,221,817), rod-like five regent houses (米国特許第5,254,281号に記載されているようなもの)などの形態であることができる。 (Such as those described in U.S. Pat. No. 5,254,281) can be in the form of such. 組成物は、また、柔軟仕上げ剤ドライヤーシート(例えば、米国特許第4,808,086号を参照のこと)、家庭用ドライクリーニングプロセスのためのプレモイストシート(例えば、米国特許第5,630,848号を参照のこと)、プレモイストクリーニング拭き取り用品(例えば、米国特許第6,183,763号を参照のこと)、乾燥ごみ掃除シート(例えば、米国特許第5,525,397号を参照のこと);及びおむつ(例えば、米国特許第6,319,239号を参照のこと)のような基材に組み込まれることができる。 The composition may also, fabric softener dryer sheets (see, eg, US Pat. No. 4,808,086), pre moist sheets for household dry-cleaning process (e.g., U.S. Patent No. 5,630, see No. 848), the pre-moist cleaning wipes (see, e.g., U.S. Pat. No. 6,183,763), dry dust cleaning sheet (e.g., see U.S. Pat. No. 5,525,397 it); and the diaper (e.g., may be incorporated U.S. Pat. No. 6,319,239 to a substrate, such as a see). 組成物は、また、プラグイン型のエアフレッシュナー(米国特許第5,976,503号に記載されているようなもの)に組み込まれることができる。 The composition may also be incorporated into air fresheners of the plug-type (U.S. such as those described in Patent No. 5,976,503). 好ましくは、本組成物は水性液体であり、特に相対的に多量の水を含むものである。 Preferably, the composition is an aqueous liquid, is particularly containing relatively large amounts of water.

本発明の好ましい方法は、本発明の安定した水性組成物で表面、好ましくは布地を処理することに関し、表面を安定した水性組成物と接触させる工程を含む。 A preferred method of the present invention, the surface in a stable aqueous composition of the present invention, preferably relates to the treatment of fabrics, comprising contacting a stable aqueous composition of the surface. 本明細書で使用する時、用語「布地」は、種々の布地、並びに布地及び/又は繊維で構成された物品を包含することを意味し、衣類、カーテン、ドレープ、装飾家具、カーペット、ベッドリネン、バスリネン、テーブルクロス、寝袋、テント、車のインテリア(例えば、車用カーペット、布製車シート)などが挙げられるが、これらに限定されない。 As used herein, the term "fabric" is meant to encompass various fabrics, as well as fabrics and / or articles made of a fiber, clothing, curtains, drapes, decorative furniture, carpets, bed linen , bath linens, tablecloths, sleeping bags, tents, car interior (e.g., car carpet, fabric car seat) and the like, but not limited to. 該方法は、より詳細には、表面、特に布地の悪臭感を低減させる、及び/又は布地のしわ外観を低減させることに関する。 The method is more particularly a surface, in particular to reduce the malodor feeling of the fabric, and / or reducing wrinkles appearance of the fabric. 表面は、好ましくは、スプレーディスペンサーを介して本発明の希釈水性組成物を表面に噴霧すること、又は本発明の濃縮組成物を、例えば典型的な洗濯プロセスの洗浄及び/若しくはすすぎサイクルに加えることのいずれかにより処理される。 Surface, it preferably added by spraying on the surface of the dilute aqueous compositions of the present invention via a spray dispenser, or a concentrate composition of the present invention, for example, in a typical cleaning and / or rinse cycle of the laundering process It is processed by any of the.

本明細書の好ましい方法は、悪臭感を有する表面(好ましくは布地)の悪臭感を低減させる方法を含み、この方法は、表面を、以上で記載した安定した水性組成物と接触させる工程を含む。 A preferred method herein includes a method of reducing malodor feeling of the surface (preferably fabrics) having a sense of malodorous, the method comprising the step of the surface is contacted with a stable aqueous composition described above .
本明細書の悪臭感を低減させるための組成物は、分配、例えば水性溶液を分配手段、好ましくはスプレーディスペンサーに配置し、所望の表面又は物品に有効量を噴霧することによって使用できる。 Composition for reducing malodor sense herein, distribution, for example an aqueous solution dispensing means, preferably located in a spray dispenser, may be used by spraying an effective amount to the desired surface or article. 本明細書で定義される有効量とは、人間の嗅覚によって認識されない程度にまで臭気を吸収するのに十分な量であるが、前記物品又は表面上を液体で水浸しにするか又は水溜りを作り出すほどではなく、その結果乾燥した場合に容易に識別可能な目に見える沈着がない量を意味する。 An effective amount as defined herein, is a quantity sufficient to absorb odor to the extent that is not recognized by human olfaction, whether or puddle the article or on the surface to drench liquid rather than as produce, it means an amount no deposits appear easily identifiable eye when the result dried. 分配は、スプレー装置、ローラ、パッドなどを使用することにより達成できる。 Distribution can be achieved by using a spray device, a roller, a pad, and the like. 臭気抑制において、本明細書で定義される有効量とは、感知された臭気の目覚ましい減少をもたらすために、好ましくは人間の嗅覚により認識できない程度にまで臭気を吸収するのに十分な量を意味する。 In odor control, an effective amount as defined herein, in order to bring remarkable decrease of the sensed odor, means an amount sufficient to absorb odor to the extent that preferably can not be recognized by the human olfactory to.

本発明は、家財表面上の悪臭を減らすための有効量の組成物を噴霧する方法を包含する。 The present invention encompasses the method of spraying an effective amount of the composition for reducing malodor onto household surfaces. 好ましくは、前記家財表面は、調理台、キャビネット、壁、床、浴室表面及び台所表面から成る群から選択される。 Preferably, the household surfaces, countertops, cabinets, walls, floors, is selected from the group consisting of bathroom surfaces and kitchen surfaces.

追加の方法には、例えば水性液体組成物をスチームアイロンに加え、次いでスチームアイロンを布地のアイロン掛けに使用することが挙げられる。 Additional methods, for example, addition of the aqueous liquid composition to a steam iron, then is the use of the steam iron to ironing the fabric. 別の方法には、布地をリフレッシュするための装置(PCT国際公開特許WO02/14594に記載されるようなもの)に水性液体組成物を加えることが挙げられる。 Another method, (as described in PCT International Publication No. WO02 / 14594) device for refreshing fabrics include the addition of an aqueous liquid composition.

本組成物がしわ抑制剤を含む場合、布地のしわを抑制する方法は、同時係属中の米国特許出願公開US2002/0011584A1で詳細に記載されているように、本発明に包含される。 When the composition comprises a wrinkle inhibitor, a method of suppressing wrinkling of the fabric, as described in detail in U.S. Patent Application Publication US2002 / 0011584A1 copending, it is encompassed by the present invention.

本発明の組成物は、当該技術分野において周知の多種多様なパッケージに包装されることができる。 The compositions of the present invention can be in the art are packaged in well known a wide variety of packages. 本組成物が水性液体組成物である場合、組成物は、好ましくはスプレーディスペンサーに包装される。 When the composition is an aqueous liquid composition, the composition is preferably packaged in a spray dispenser. 好適なスプレーディスペンサーは、手動で操作されるか又は非手動で操作されることができる(例えば、電池式のディスペンサー)。 Suitable spray dispensers can be operated or non-manually operated manually (e.g., battery operated dispenser). 好適なスプレーディスペンサーは、米国特許第6,284,231号で詳細に記載されている。 Suitable spray dispensers are described in detail in U.S. Pat. No. 6,284,231. エアゾール組成物が作られる場合、それらは、典型的には、米国特許第3,436,772号及び同第3,600,325号に記載されるもののようなエアゾールスプレーディスペンサーに包装される。 If the aerosol composition is made, they are typically packaged in an aerosol spray dispenser, such as those described in U.S. Patent No. 3,436,772 No. and the second 3,600,325. 他の好適なスプレーディスペンサーは、米国特許第4,082,223号;同第4,161,288号;同第4,434,917号;同第4,819,835号;及び同第5,303,867号でより詳細に記載されている。 Other suitable spray dispensers, U.S. Patent No. 4,082,223; the No. 4,161,288; the No. 4,434,917; the No. 4,819,835; and the fifth, It is described in more detail in Patent 303,867.

本発明の組成物は、泡を生成するような方法で送達できる。 The compositions of the present invention can be delivered in such a way as to produce a foam. 本発明の泡は液体中のガスのいかなる分散をも含む。 Foam of the present invention include any dispersion of gas in liquid. 発泡界面活性剤は、典型的には発泡を促進するのに使用される。 Foaming surfactant is typically used to promote foaming. これらの発泡界面活性剤には、好ましくはアルキルが直鎖である高級アルキルベンゼンスルホネート類;N−高級アシルサルコシド類;α−オレフィンスルホネート類;パラフィンスルホネート類;高級脂肪族アシルタウリド類及びイセチオネート類;高級脂肪酸モノグリセリドサルフェート類及びスルホネート類;とりわけナトリウム、カリウム及びトリエタノールアミン塩としてのタローアルコールサルフェート、ココヤシ油モノグリセリドサルフェート及びn−ドデシルベンゼンスルホネートが挙げられるが、これらに限定されない。 These foaming surfactants, higher alkyl benzene sulphonates are preferably alkyl linear; N- luxury sarcosides like; alpha-olefin sulfonates; paraffin sulfonates; higher fatty taurides acids and isethionates; higher fatty acid monoglyceride sulfates and sulfonates; especially sodium, tallow alcohol sulfates as potassium and triethanolamine salts, including but coconut oil monoglyceride sulfates and n- dodecyl benzene sulfonate, and the like. 通常、アニオン性界面活性物質は、ほぼ平衡した親水性−脂肪親和性比を有し、高級アルキル又はアシルは、炭素原子10〜20個、好ましくは炭素原子12〜18個のものである。 Usually, the anionic surfactant is substantially balanced hydrophilic - have lipophilic ratio, higher alkyl or acyl, 10 to 20 carbon atoms, and preferably from 12 to 18 carbon atoms. 発泡組成物を形成する代表的な方法は、米国特許第6,482,783号(ルイス(Lewis)ら)で概説されている。 Representative methods of forming a foam composition is outlined in U.S. Pat. No. 6,482,783 (Lewis (Lewis) et al).

本明細書の安定した水性組成物(特に濃縮組成物)は、瓶、特に計量用キャップ(measuring closure)を備える瓶に包装されることもできる。 Stable aqueous compositions herein (especially concentrated compositions), bottles, may be packaged in a bottle, particularly of a metered cap (Measuring closure). 計量用キャップは、特に、典型的な洗濯プロセスで処理される布地を含有する洗浄及び/又はすすぎ溶液に濃縮組成物を分配する時に、適切な量の組成物を分配する都合のよい手段を提供する。 Metering cap, particularly when dispensing a typical laundering process and processed by containing fabric cleaning and / or rinsing solution concentrate composition, provide a convenient means for distributing the appropriate amount of the composition to. 瓶は、また、好ましくは、組成物がより容易に、そしてあまり汚すことなく分配されることを可能にする液だれ防止口(drain-back spout)を備える。 Bottles, also preferably comprises a composition more easily, and anti-drip opening which enables it to be distributed without soiling less (drain-back spout). 好適な瓶の非限定例は、米国特許第4,666,065号(オーレン(Ohren)、1987年5月19日発行);米国特許第4,696,416号(ムッケンフ(Muckenfuhs)ら、1987年9月29日発行));及び米国特許第4,981,239号(キャッペル(Cappel)ら、1991年1月1日発行)で詳細に記載されている。 Non-limiting examples of suitable bottles are described in U.S. Patent No. 4,666,065 (Oren (Ohren), issued May 19, 1987); U.S. Pat. No. 4,696,416 (Mukkenfu (Muckenfuhs) et al., 1987 year 29 September issue)); and U.S. Pat. No. 4,981,239 (Cappel (Cappel) et al, are described in detail in issued Jan. 1, 1991).

本組成物は、組成物を構成する成分を一緒に混合することによって製造される。 The composition is prepared by mixing the components constituting the composition together. 本発明の組成物を製造する好ましい方法が以下の実施例XVで記載される。 A preferred process for preparing the composition of the present invention are described in the following Examples XV.

以下は本発明の非限定的な例である。 The following are non-limiting examples of the present invention.

上の実施例1〜8の各組成物において、それぞれの組成物のpHは、必要に応じて水酸化ナトリウム又は塩酸を用いて3〜11に調整される。 In each composition of Examples 1-8 above, pH of each composition is adjusted to 3-11 using sodium hydroxide or hydrochloric acid as needed. 上の実施例1〜8のそれぞれのマイクロカプセルは、マイクロカプセルの総量の約0.001重量%〜約99.9重量%の、香料、着香料、殺真菌剤、光沢剤、静電気防止剤、しわ抑制剤、柔軟仕上げ剤、硬質表面洗浄剤、スキン及び/又はヘアコンディショニング剤、抗菌活性物質、UV保護剤、昆虫忌避剤、動物/害虫忌避剤、難燃剤、臭気抑制剤並びにこれらの混合物から成る群から選択される活性物質を含有する。 Each of the microcapsules of Examples 1-8 above, from about 0.001% to about 99.9% by weight of the total microcapsule, fragrances, flavoring agents, fungicide, brighteners, antistatic agents, wrinkle inhibitors, fabric softeners, hard surface cleaners, skin and / or hair conditioning agents, antimicrobial actives, UV protection agents, insect repellants, animal / vermin repellants, flame retardants, odor control agents and mixtures thereof containing an active substance selected from the group consisting of.

(実施例9) (Example 9)
実施例1の組成物の1kgバッチが次のように製造される。 1kg batches of the composition of Example 1 is manufactured as follows. 4リットルのビーカー中で組成物の成分をブレンドするために混合機が使用される。 Mixer is used to blend the ingredients of the composition in a 4 liter beaker. 混合機は10.16cm(4”)のピッチブレードを有し、混合機の混合速度は26rad/秒(250RPM)に設定される。次の成分が4リットルのビーカーに順番に加えられる:834.78gの水;32.50gのエタノール;1.00gのシルウェット(Silwet)(登録商標)L−7600;0.50gの遊離香料;1.50gの、50重量%の香料及び50重量%のミリスチン酸イソプロピルを含有するマイクロカプセル;並びに1.89gのポリアクリル酸。これらの成分は5分間混合される。次に27.50gのヒドロキシプロピルβ−シクロデキストリンがビーカーに加えられる。別の400ミリリットルのビーカー中で、水及びジェランガムを含有するプレミックスが製造される。混合機は2.54cm(1”)のピッチ Mixer has a pitch blade 10.16cm (4 "), mixing speed of the mixer is following ingredients is set to 26Rad / sec (250 RPM) are then added successively to the 4 liter beaker:. 834. water 78 g; ethanol 32.50 g; 1.00 g of Silwet (Silwet) (R) L-7600; free perfume of 0.50 g; of 1.50 g, of 50% by weight of fragrance and 50% by weight myristic . microcapsules containing isopropyl;.. polyacrylate these components and 1.89g are mixed for 5 minutes then hydroxypropyl β- cyclodextrin 27.50g is added to the beaker another of 400 ml in a beaker, a premix containing water and gellan gum is produced. mixer pitch 2.54 cm (1 ") レードを有し、混合機の混合速度は104.7rad/秒(1000RPM)である。 Has a blade, mixing speed of the mixer is 104.7Rad / sec (1000 RPM). 次の成分が400ミリリットルのビーカーに順番に加えられる:99.7gの水及び0.3gのジェランガム。 The following ingredients are added sequentially to a beaker of 400 ml: 99.7 g of water and gellan gum 0.3 g. プレミックスは75℃に加熱され、より大きいバッチに加えられて0.03%ジェランガム組成物を製造する。 Premix is ​​heated to 75 ° C., to produce a 0.03% gellan gum composition is added to a larger batch. 0.33gのカトン(Kathon)(登録商標)が保存のために添加される。 0.33g of Kathon (Kathon) (registered trademark) is added for storage. これらの成分は10分間混合される。 These ingredients are mixed for 10 minutes. 得られる組成物は約7のpHを有する。 The resulting composition has a pH of about 7.

本発明の特定の実施形態を例示し説明したが、本発明の精神及び範囲から逸脱することなくその他の様々な変更及び修正を実施できることが、当業者には明白であろう。 While particular embodiments of the present invention have been illustrated and described, may be implemented various other changes and modifications can be made without departing from the spirit and scope of the present invention will be apparent to those skilled in the art. 従って、本発明の範囲内にあるそのような全ての変更及び修正を、添付の特許請求の範囲で扱うものとする。 Accordingly, all such changes and modifications that are within the scope of the present invention, is intended to cover in the appended claims.

Claims (10)

  1. 活性物質の制御放出を提供するための組成物であって: A composition for providing controlled release of the active substance:
    (a)前記活性物質及び安定剤を含有するマイクロカプセル、 (A) microcapsules containing the active substance and a stabilizer,
    (b)分散剤;並びに (c)所望により、水性キャリアを含む、組成物。 (B) dispersing agents; by and (c) optionally, an aqueous carrier, the composition.
  2. 前記マイクロカプセルが、ウレアホルムアルデヒド類、メラミンホルムアルデヒド類、フェノールホルムアルデヒド類、ゼラチン、ポリ(ビニルアルコール)、ポリ(ビニルピロリドン)、ポリアクリレート類、ポリアミド類、ポリウレタン、ポリメタクリレート類、ポリエポキシド類、酢酸セルロース、硝酸セルロース、酢酸酪酸セルロース、エチルセルロースポリエステル、ポリクロロトリフルオロエチレン、酢酸エチル/酢酸ビニル、サラン(saran)、ポリスチレン、ゼイン(zein)、パラフィンろう、動物性ろう、植物性ろう、微結晶ろう、ポリエチレンろう及びこれらの混合物から成る群から選択される物質を含む、請求項1に記載の組成物。 The microcapsules, urea formaldehydes, melamine formaldehydes, phenol formaldehydes, gelatin, poly (vinyl alcohol), poly (vinyl pyrrolidone), polyacrylates, polyamides, polyurethanes, polymethacrylates, polyepoxides, cellulose acetate, cellulose nitrate, cellulose acetate butyrate, ethyl cellulose polyester, polychlorotrifluoroethylene, ethyl / vinyl acetate acetate, saran (saran), polystyrene, zein (zein), paraffin waxes, animal waxes, vegetable waxes, microcrystalline waxes, polyethylene It comprises a material selected from waxes and mixtures thereof the composition of claim 1.
  3. 前記活性物質が、香料、着香料、殺真菌剤、光沢剤、静電気防止剤、しわ抑制剤、柔軟仕上げ剤、硬質表面洗浄剤、スキン及び/又はヘアコンディショニング剤、抗菌活性物質、UV保護剤、昆虫忌避剤、動物/害虫忌避剤、難燃剤並びにこれらの混合物から成る群から選択される、請求項1又は2に記載の組成物。 The active substance, perfumes, flavoring agents, fungicide, brighteners, antistatic agents, wrinkle inhibitors, fabric softeners, hard surface cleaners, skin and / or hair conditioning agents, antimicrobial actives, UV protection agents, insect repellents, animal / pest repellent is selected from the group consisting of flame retardants, and mixtures thereof a composition according to claim 1 or 2.
  4. 前記安定剤が、ミリスチン酸イソプロピル、フタル酸ジエチル、クエン酸トリエチル、鉱油、シリコーンオイル、ジエチルプロピルアセテート(acteate)、ベンジルフェニルアセテート、シトロネリルフェニルアセテート、ベンジルイソオイゲノール、ジフェニルオキシド、γ−ドデカラクトン、フタル酸ジブチル、ミリスチン酸メチル、ミリスチン酸エチル、パルミチン酸エチル、サリチル酸ベンジル、安息香酸ベンジル、フェイル(pheyl)エチルフェニルアセテート、ゲラニルフェニルアセテート(aceate)、ケイ皮酸ベンジル、エチレンブラシレート、アンブレトン(ambretone)、ガラクソリド、トナリド、エキサルトリド、ハバノリド(habanolide)、イソアミルラウレート、セドリルアセテート、ヘキシルケイ皮アルデヒド、パチョリアルコ The stabilizer, isopropyl myristate, diethyl phthalate, triethyl citrate, mineral oil, silicone oil, diethyl propyl acetate (acteate), benzyl phenylacetate, citronellyl phenylacetate, benzyl isoeugenol, diphenyl oxide, .gamma.-dodecalactone, dibutyl phthalate, methyl myristate, ethyl myristate, ethyl palmitate, benzyl salicylate, benzyl benzoate, fail (pheyl) ethyl phenylacetate, geranyl phenylacetate (aceate), benzyl cinnamate, ethylene brassylate, Anbureton (Ambretone ), Garakusorido, tonalid, Ekisarutorido, Habanorido (Habanolide), isoamyl laurate, cedryl acetate, Hekishirukei skin aldehydes, patchouli alcohol ル、δ−グアイエン、δ−カジネン、C 10以上のアルコール類、ダウアノール(Dowanol)(登録商標)、ジプロピレンミリステート及びトリプロピレンミリステート、アイソパー(登録商標)、オレンジテルペン類並びにこれらの混合物から成る群から選択される、請求項1〜3のいずれか一項に記載の組成物。 Le, .delta. Guaien, .delta. cadinene, C 10 or higher alcohols, Dowanol (Dowanol) (registered trademark), dipropylene myristate and tripropylene myristate, Isopar (R), orange terpenes and mixtures thereof made is selected from the group a composition according to any one of claims 1 to 3.
  5. 前記活性物質及び前記安定剤が、約1325を超える、合わせた重量平均コバット数を有する、請求項1〜4のいずれか一項に記載の組成物。 The active substance and the stabilizer is greater than about 1325, combined with a weight average Kobatto number, composition according to any one of claims 1-4.
  6. 前記分散剤が、ペクチン、アルギネート、アラビノガラクタン、カラギーナン、ジェランガム、キサンタムガム(xanthum gum)、グアーガム、アクリレート/アクリルポリマー類、水膨潤性粘土類、燻蒸シリカ類、アクリレート/アミノアクリレートコポリマー類及びこれらの混合物から成る群から選択される、請求項1〜5のいずれか一項に記載の組成物。 The dispersing agent is pectin, alginate, arabinogalactan, carrageenan, gellan gum, Kisantamugamu (xanthum gum), guar gum, acrylate / acrylic polymers, water-swellable clays, fumed silica, acrylate / aminoacrylate copolymers and their the mixture is selected from the group consisting of a composition according to any one of claims 1 to 5.
  7. 前記組成物が、前記マイクロカプセルに含有されていない遊離香料を更に含む、請求項1〜6のいずれか一項に記載の組成物。 Wherein the composition, the micro further include capsules free perfume that is not contained in the composition according to any one of claims 1 to 6.
  8. 前記組成物が、前記組成物で処理される表面で微生物を殺す有効量の抗菌活性物質を更に含み、前記抗菌活性物質が前記マイクロカプセルに含有されていない、請求項1〜7のいずれか一項に記載の組成物。 Wherein the composition further comprises an effective amount of antimicrobial active to kill microorganisms on the surface to be treated with the composition, the antimicrobial active substance is not contained in the microcapsules, any one of the preceding claims the composition according to claim.
  9. 前記組成物が臭気抑制剤を更に含む、請求項1〜8のいずれか一項に記載の組成物。 Wherein the composition further comprises an odor control agent composition according to any one of claims 1-8.
  10. 表面上に活性物質の制御放出を提供する方法であって、前記表面を請求項1〜9のいずれか一項に記載の組成物と接触させる工程を含む、方法。 A method for providing controlled release of the active material on the surface, comprising contacting a composition according to the surface in any one of claims 1-9, method.
JP2006524965A 2003-09-11 2004-09-10 Composition comprising a dispersing agent, and microcapsules containing an active substance and a stabilizer Active JP4641307B2 (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US50214403 true 2003-09-11 2003-09-11
PCT/US2004/029816 WO2005025626A3 (en) 2003-09-11 2004-09-10 Compositions comprising a dispersant and microcapsules containing an active material and a stabilizer

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007503516A true true JP2007503516A (en) 2007-02-22
JP4641307B2 JP4641307B2 (en) 2011-03-02

Family

ID=34312359

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006524965A Active JP4641307B2 (en) 2003-09-11 2004-09-10 Composition comprising a dispersing agent, and microcapsules containing an active substance and a stabilizer

Country Status (6)

Country Link
US (1) US7226607B2 (en)
EP (1) EP1663323A2 (en)
JP (1) JP4641307B2 (en)
KR (1) KR100870260B1 (en)
CA (1) CA2538932C (en)
WO (1) WO2005025626A3 (en)

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007297563A (en) * 2006-05-08 2007-11-15 Kao Corp Liquid cleaning composition
JP2008537028A (en) * 2005-04-22 2008-09-11 ウニベルシダージ ド ミーニョUniversidade Do Minho Microcapsules and methods of use thereof having a reactive functional group bonded to the fiber
JP2009537693A (en) * 2006-05-23 2009-10-29 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー Perfume delivery system for consumer products
JP2010514955A (en) * 2007-01-04 2010-05-06 コグニス・アイピー・マネージメント・ゲゼルシャフト・ミット・ベシュレンクテル・ハフツングCognis IP Management GmbH The use of foam aqueous emulsion for the recovery of textile products
JP2010522778A (en) * 2006-11-22 2010-07-08 アップルトン ペーパーズ インコーポレイテッドAppleton Papers Incorporated Benefit agent containing delivery particles
JP2010275303A (en) * 2009-04-30 2010-12-09 Japan Enviro Chemicals Ltd Microcapsular formulation and method for producing the same
JP2012516371A (en) * 2009-01-29 2012-07-19 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー Inclusion bodies
JP2013521044A (en) * 2010-03-05 2013-06-10 アンティバック ラボラトリーズ ピーティーイー エルティーディー Air disinfection, odor removal formulation
JP2015163710A (en) * 2010-04-28 2015-09-10 ザ プロクター アンド ギャンブルカンパニー Delivering particle
JP2015180733A (en) * 2010-04-28 2015-10-15 ザ プロクター アンド ギャンブルカンパニー Delivery particles
JP2015187272A (en) * 2010-04-28 2015-10-29 ザ プロクター アンド ギャンブルカンパニー Delivery particle
WO2017010473A1 (en) * 2015-07-14 2017-01-19 花王株式会社 Detergent composition for hard surfaces
JP2017517611A (en) * 2014-06-30 2017-06-29 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー Laundry detergent composition

Families Citing this family (45)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20030216488A1 (en) * 2002-04-18 2003-11-20 The Procter & Gamble Company Compositions comprising a dispersant and microcapsules containing an active material
CA2609516A1 (en) * 2005-05-31 2006-12-07 The Procter And Gamble Company Cleaning wipe comprising microcapsules, a kit and a method of use thereof
US8846154B2 (en) 2005-06-07 2014-09-30 S.C. Johnson & Son, Inc. Carpet décor and setting solution compositions
US7776108B2 (en) 2005-06-07 2010-08-17 S.C. Johnson & Son, Inc. Composition for application to a surface
US7727289B2 (en) 2005-06-07 2010-06-01 S.C. Johnson & Son, Inc. Composition for application to a surface
US8557758B2 (en) 2005-06-07 2013-10-15 S.C. Johnson & Son, Inc. Devices for applying a colorant to a surface
US20070277849A1 (en) * 2006-06-06 2007-12-06 Shah Ketan N Method of neutralizing a stain on a surface
US7423002B2 (en) * 2005-06-07 2008-09-09 S.C. Johnson & Son, Inc. Method of neutralizing a stain on a surface
GB0518451D0 (en) 2005-09-09 2005-10-19 Unilever Plc Fabric conditioning composition
CA2625959A1 (en) * 2005-09-27 2007-04-05 The Procter & Gamble Company Microcapsule and method of producing same
US8138106B2 (en) 2005-09-30 2012-03-20 Rayonier Trs Holdings Inc. Cellulosic fibers with odor control characteristics
US7261742B2 (en) 2005-10-13 2007-08-28 S.C. Johnson & Son, Inc. Method of deodorizing a textile
US7407922B2 (en) * 2005-10-13 2008-08-05 S.C. Johnson & Son, Inc. Deodorizing compositions
JP4712666B2 (en) * 2005-10-14 2011-06-29 花王株式会社 Fiber treatment agent composition
DE102005056967A1 (en) * 2005-11-30 2007-05-31 Cognis Ip Management Gmbh Procedure for finishing textiles comprises applying an aqueous microcapsule dispersion containing water, microcapsule, polymeric dispersing agent and anionic wetting agent, by spraying
US7307053B2 (en) * 2005-12-20 2007-12-11 S.C. Johnson & Son, Inc. Combination air sanitizer, soft surface deodorizer/sanitizer and hard surface disinfectant
US7262159B2 (en) * 2005-12-20 2007-08-28 S.C. Johnson & Son, Inc. Odor elimination composition for use on soft surfaces
US8022026B2 (en) * 2005-12-20 2011-09-20 S.C. Johnson & Son, Inc. Odor elimination composition comprising triethylene glycol for use on soft surfaces
US20070191256A1 (en) * 2006-02-10 2007-08-16 Fossum Renae D Fabric care compositions comprising formaldehyde scavengers
US8158108B2 (en) * 2006-06-28 2012-04-17 S.C. Johnson & Son, Inc. VOC-free compressed gas aerosol compositions
US8313718B2 (en) * 2006-12-13 2012-11-20 Dow Global Technologies Llc Method and composition for removal of mercaptans from gas streams
WO2008085382A1 (en) * 2006-12-28 2008-07-17 Turtle Wax, Inc. Sprayable wash-and-wax composition
US20080216387A1 (en) * 2007-03-09 2008-09-11 John Peters Microencapsulated animal trap bait for electronic traps
US20080216385A1 (en) * 2007-03-09 2008-09-11 John Peters Microencapsulated animal trap bait for escape-proof repeating animal traps
GB0709781D0 (en) * 2007-05-22 2007-06-27 Unichema Chemie Bv Composition and method
EP2157968B1 (en) 2007-06-11 2017-01-18 Encapsys, Llc Benefit agent containing delivery particle
US8061269B2 (en) 2008-05-14 2011-11-22 S.C. Johnson & Son, Inc. Multilayer stencils for applying a design to a surface
US8178078B2 (en) * 2008-06-13 2012-05-15 S.C. Johnson & Son, Inc. Compositions containing a solvated active agent suitable for dispensing as a compressed gas aerosol
US8778867B2 (en) * 2008-12-18 2014-07-15 Firmenich Sa Microcapsules and uses thereof
US9592168B2 (en) * 2009-06-18 2017-03-14 The Procter & Gamble Company Absorbent articles comprising an odour control system
ES2450760T3 (en) * 2009-06-18 2014-03-25 The Procter & Gamble Company absorbent articles comprising a control system odor
EP2461788B1 (en) 2009-08-06 2016-05-04 Unilever PLC Fragrance-containing compositions
US9186642B2 (en) 2010-04-28 2015-11-17 The Procter & Gamble Company Delivery particle
US8287841B2 (en) 2010-06-18 2012-10-16 S.C. Johnson & Son, Inc. Aerosol odor eliminating compositions containing alkylene glycol(s)
US9314003B2 (en) * 2011-01-04 2016-04-19 Kathy MORRIS Malodor neutralizers in biodegradable substrates
WO2012138690A3 (en) 2011-04-07 2013-01-10 The Procter & Gamble Company Conditioner compositions with increased deposition of polyacrylate microcapsules
JP6283607B2 (en) 2011-04-07 2018-02-21 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー Personal cleansing composition polyacrylate microcapsules deposited is increased
CN103458858B (en) 2011-04-07 2016-04-27 宝洁公司 Deposited with enhanced polyacrylate microcapsules shampoo composition
US8871705B2 (en) 2012-01-31 2014-10-28 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Long-lasting fragrance delivery system
CN102657156B (en) * 2012-04-13 2013-08-28 西南林业大学 Preparation of beta-cyclodextrin sustained-release microcapsule of forestry insect repellant (E)-2-hexenal and determination method
JP5749215B2 (en) * 2012-04-27 2015-07-15 グローブライド株式会社 A fishing reel
JP5850465B2 (en) * 2013-03-29 2016-02-03 株式会社ソフト99コーポレーション Perfume microcapsules containing aromatic deodorant
US9771478B2 (en) 2013-07-12 2017-09-26 Autonomic Materials, Inc. Dispersion of microcapsules for self-healing applications
FR3025211B1 (en) * 2014-08-29 2016-08-26 Ipc permanent disinfectant composition integrating microcapsules
US9353333B1 (en) 2014-12-18 2016-05-31 AS Innovations LLC Laundry additive and drum treatment

Citations (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH08506991A (en) * 1993-02-22 1996-07-30 クエスト・インターナショナル・ビー・ブイ Moisture resistant composition
JPH09505562A (en) * 1993-10-01 1997-06-03 アール.ピー.シェーラー コーポレイション The methods and compositions that provide fragrance in portions
JPH11504994A (en) * 1996-02-26 1999-05-11 ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー Fabric softener compositions with improved environmental impact
JP2000159661A (en) * 1998-12-02 2000-06-13 Lion Corp Sustained release microcapsule-containing aqueous composition
JP2002327192A (en) * 2001-03-23 2002-11-15 Haarmann & Reimer Gmbh Use of fatty acid lower alkyl ester as wet additive
JP2002363007A (en) * 2001-04-04 2002-12-18 Sumitomo Chem Co Ltd Noxious arthropod controlling agent
JP2003504490A (en) * 1999-07-09 2003-02-04 ビーエーエスエフ アクチェンゲゼルシャフト Microcapsule formulations and detergents and cleaners containing microcapsules
JP2003113392A (en) * 2001-10-04 2003-04-18 Kiyomitsu Kawasaki Perfuming/deodorizing composition and perfuming/ deodorizing agent for human body containing the perfuming/deodorizing composition
JP2003524689A (en) * 2000-01-05 2003-08-19 ビーエーエスエフ アクチェンゲゼルシャフト Microcapsule preparations and detergents and cleaners containing microcapsules
JP2003526687A (en) * 2000-03-17 2003-09-09 バイエル アクチェンゲゼルシャフト Microcapsule suspension
JP2004526827A (en) * 2001-02-14 2004-09-02 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー Automatic dishwashing compositions comprising a blooming perfume and base masking component
JP2005502402A (en) * 2001-09-12 2005-01-27 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー Method for reducing the drying time of laundered fabrics

Family Cites Families (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3947571A (en) * 1974-05-06 1976-03-30 Lanvin-Charles Of The Ritz, Inc. Lipstick containing microencapsulated oils
US4326053A (en) 1978-12-04 1982-04-20 Merck & Co., Inc. Polysaccharide S-60 and bacterial fermentation process for its preparation
US4326052A (en) 1978-12-04 1982-04-20 Merck & Co., Inc. Deacetylated polysaccharide S-60
US4385123A (en) 1979-06-08 1983-05-24 Merck & Co., Inc. Deacetylated polysaccharide S-60
US4377636A (en) 1979-06-08 1983-03-22 Merck & Co., Inc. Polysaccharide S-60 and bacterial fermentation process for its preparation
DE3164261D1 (en) * 1980-03-05 1984-07-26 Ici Plc Stabilised compositions containing behaviour modifying compounds
US4520142A (en) * 1984-02-17 1985-05-28 Minnesota Mining And Manufacturing Company Aerosol application of encapsulated materials
US4946624A (en) * 1989-02-27 1990-08-07 The Procter & Gamble Company Microcapsules containing hydrophobic liquid core
JPH03173565A (en) 1989-11-30 1991-07-26 Kanzaki Paper Mfg Co Ltd Atomizer containing perfume
JPH0693570A (en) 1992-07-31 1994-04-05 Matsui Shikiso Kagaku Kogyosho:Kk Method for sticking perfume and perfume-releasing fiber product
FR2746261B1 (en) 1996-03-19 1998-05-07 Virbac Sa An insecticidal composition and method of preparing
US5990233A (en) 1996-08-16 1999-11-23 National Starch And Chemical Investment Holding Corporation Rheology modifiers for use in aqueous compositions
US5861144A (en) * 1997-06-09 1999-01-19 The Procter & Gamble Company Perfumed compositions for reducing body odors and excess moisture
JPH11246383A (en) 1998-02-27 1999-09-14 Hashiguchi Hajime Essential oil liquid which can be sprayed or applied
JP2000096443A (en) 1998-09-25 2000-04-04 Toray Ind Inc Textile fabric and its production
US6855681B1 (en) * 1999-02-02 2005-02-15 Quest International B.V. Detergent composition
DE60123389T2 (en) 2000-02-14 2007-08-02 The Procter & Gamble Company, Cincinnati Stable, aqueous compositions for treatment of surfaces, especially fabrics
EP1167618A1 (en) 2000-06-20 2002-01-02 Primacare S.A. Textile auxiliary
WO2003057128A3 (en) * 2001-12-11 2003-12-18 Panayiotis P Constantinides Lipid particles and suspensions and uses thereof
US20030216488A1 (en) * 2002-04-18 2003-11-20 The Procter & Gamble Company Compositions comprising a dispersant and microcapsules containing an active material

Patent Citations (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH08506991A (en) * 1993-02-22 1996-07-30 クエスト・インターナショナル・ビー・ブイ Moisture resistant composition
JPH09505562A (en) * 1993-10-01 1997-06-03 アール.ピー.シェーラー コーポレイション The methods and compositions that provide fragrance in portions
JPH11504994A (en) * 1996-02-26 1999-05-11 ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー Fabric softener compositions with improved environmental impact
JP2000159661A (en) * 1998-12-02 2000-06-13 Lion Corp Sustained release microcapsule-containing aqueous composition
JP2003504490A (en) * 1999-07-09 2003-02-04 ビーエーエスエフ アクチェンゲゼルシャフト Microcapsule formulations and detergents and cleaners containing microcapsules
JP2003524689A (en) * 2000-01-05 2003-08-19 ビーエーエスエフ アクチェンゲゼルシャフト Microcapsule preparations and detergents and cleaners containing microcapsules
JP2003526687A (en) * 2000-03-17 2003-09-09 バイエル アクチェンゲゼルシャフト Microcapsule suspension
JP2004526827A (en) * 2001-02-14 2004-09-02 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー Automatic dishwashing compositions comprising a blooming perfume and base masking component
JP2002327192A (en) * 2001-03-23 2002-11-15 Haarmann & Reimer Gmbh Use of fatty acid lower alkyl ester as wet additive
JP2002363007A (en) * 2001-04-04 2002-12-18 Sumitomo Chem Co Ltd Noxious arthropod controlling agent
JP2005502402A (en) * 2001-09-12 2005-01-27 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー Method for reducing the drying time of laundered fabrics
JP2003113392A (en) * 2001-10-04 2003-04-18 Kiyomitsu Kawasaki Perfuming/deodorizing composition and perfuming/ deodorizing agent for human body containing the perfuming/deodorizing composition

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008537028A (en) * 2005-04-22 2008-09-11 ウニベルシダージ ド ミーニョUniversidade Do Minho Microcapsules and methods of use thereof having a reactive functional group bonded to the fiber
JP2007297563A (en) * 2006-05-08 2007-11-15 Kao Corp Liquid cleaning composition
JP2009537693A (en) * 2006-05-23 2009-10-29 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー Perfume delivery system for consumer products
JP2010522778A (en) * 2006-11-22 2010-07-08 アップルトン ペーパーズ インコーポレイテッドAppleton Papers Incorporated Benefit agent containing delivery particles
JP2010514955A (en) * 2007-01-04 2010-05-06 コグニス・アイピー・マネージメント・ゲゼルシャフト・ミット・ベシュレンクテル・ハフツングCognis IP Management GmbH The use of foam aqueous emulsion for the recovery of textile products
JP2012516371A (en) * 2009-01-29 2012-07-19 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー Inclusion bodies
JP2010275303A (en) * 2009-04-30 2010-12-09 Japan Enviro Chemicals Ltd Microcapsular formulation and method for producing the same
JP2013521044A (en) * 2010-03-05 2013-06-10 アンティバック ラボラトリーズ ピーティーイー エルティーディー Air disinfection, odor removal formulation
JP2015163710A (en) * 2010-04-28 2015-09-10 ザ プロクター アンド ギャンブルカンパニー Delivering particle
JP2015180733A (en) * 2010-04-28 2015-10-15 ザ プロクター アンド ギャンブルカンパニー Delivery particles
JP2015187272A (en) * 2010-04-28 2015-10-29 ザ プロクター アンド ギャンブルカンパニー Delivery particle
JP2017517611A (en) * 2014-06-30 2017-06-29 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー Laundry detergent composition
WO2017010473A1 (en) * 2015-07-14 2017-01-19 花王株式会社 Detergent composition for hard surfaces

Also Published As

Publication number Publication date Type
WO2005025626A2 (en) 2005-03-24 application
CA2538932A1 (en) 2005-03-24 application
KR20060083416A (en) 2006-07-20 application
WO2005025626A3 (en) 2005-07-21 application
CA2538932C (en) 2009-11-17 grant
US20050089540A1 (en) 2005-04-28 application
US7226607B2 (en) 2007-06-05 grant
KR100870260B1 (en) 2008-11-25 grant
EP1663323A2 (en) 2006-06-07 application
JP4641307B2 (en) 2011-03-02 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5336665A (en) Perfume particles
US5139687A (en) Non-destructive carriers for cyclodextrin complexes
US5246611A (en) Non-destructive carriers for cyclodextrin complexes
US20070275866A1 (en) Perfume delivery systems for consumer goods
US20030036489A1 (en) Consumable composition comprising perfumed particles and article containing the same
US20050124530A1 (en) Fragrance compositions
US5384186A (en) Non-destructive carriers for cyclodextrin complexes
US6740631B2 (en) Multi component controlled delivery system for fabric care products
US6495058B1 (en) Aqueous wrinkle control compositions dispensed using optimal spray patterns
US20080131695A1 (en) Functionalized substrates comprising perfume microcapsules cross reference to related applications
US6100233A (en) Odor control compositions comprising β-ketoester pro-fragrances
US20080215023A1 (en) Compositions and/or articles comprising cyclodextrin complexing material
US20070065394A1 (en) Compositions effective in altering the perception of malodor
US5997759A (en) Uncomplexed cyclodextrin compositions for odor control
US5968404A (en) Uncomplexed cyclodextrin compositions for odor and wrinkle control
US6001343A (en) Uncomplexed cyclodextrin compositions for odor and wrinkle control
US20090038083A1 (en) Compositions for treating fabric
US20020115581A1 (en) Compositions and methods for odor and fungal control in ballistic fabric and other protective garments
US20070270327A1 (en) Dryer-added fabric care articles imparting fabric feel benefits
US6284231B1 (en) Uncomplexed cyclodextrin compositions for odor control
US20030035748A1 (en) Uncomplexed cyclodextrin compositions for odor and wrinkle control
US6660713B2 (en) Hydrophobic nanozeolites for malodor control
US5534165A (en) Fabric treating composition containing beta-cyclodextrin and essentially free of perfume
US5942217A (en) Uncomplexed cyclodextrin compositions for odor control
US6106738A (en) Uncomplexed cyclodextrin compositions for odor control

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090803

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100209

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20100510

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20100517

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100603

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100629

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20100929

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20101006

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101028

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20101124

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20101126

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131210

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250