JP2006514177A - Fiber structure and how to create containing cellulosic fibers and synthetic fibers - Google Patents

Fiber structure and how to create containing cellulosic fibers and synthetic fibers Download PDF

Info

Publication number
JP2006514177A
JP2006514177A JP2005518485A JP2005518485A JP2006514177A JP 2006514177 A JP2006514177 A JP 2006514177A JP 2005518485 A JP2005518485 A JP 2005518485A JP 2005518485 A JP2005518485 A JP 2005518485A JP 2006514177 A JP2006514177 A JP 2006514177A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
fibers
fiber
synthetic fibers
synthetic
cellulosic fibers
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2005518485A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
トロクハン,ポール,デニス
ファン,ディーン,バン
ポラット,オスマン
ロレンツ,ティモシー,ジュード
Original Assignee
ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Classifications

    • DTEXTILES; PAPER
    • D21PAPER-MAKING; PRODUCTION OF CELLULOSE
    • D21FPAPER-MAKING MACHINES; METHODS OF PRODUCING PAPER THEREON
    • D21F11/00Processes for making continuous lengths of paper, or of cardboard, or of wet web for fibre board production, on paper-making machines
    • D21F11/14Making cellulose wadding, filter or blotting paper
    • DTEXTILES; PAPER
    • D21PAPER-MAKING; PRODUCTION OF CELLULOSE
    • D21FPAPER-MAKING MACHINES; METHODS OF PRODUCING PAPER THEREON
    • D21F11/00Processes for making continuous lengths of paper, or of cardboard, or of wet web for fibre board production, on paper-making machines
    • D21F11/006Making patterned paper
    • DTEXTILES; PAPER
    • D21PAPER-MAKING; PRODUCTION OF CELLULOSE
    • D21HPULP COMPOSITIONS; PREPARATION THEREOF NOT COVERED BY SUBCLASSES D21C OR D21D; IMPREGNATING OR COATING OF PAPER; TREATMENT OF FINISHED PAPER NOT COVERED BY CLASS B31 OR SUBCLASS D21G; PAPER NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • D21H27/00Special paper not otherwise provided for, e.g. made by multi-step processes
    • D21H27/30Multi-ply
    • D21H27/38Multi-ply at least one of the sheets having a fibrous composition differing from that of other sheets
    • DTEXTILES; PAPER
    • D21PAPER-MAKING; PRODUCTION OF CELLULOSE
    • D21HPULP COMPOSITIONS; PREPARATION THEREOF NOT COVERED BY SUBCLASSES D21C OR D21D; IMPREGNATING OR COATING OF PAPER; TREATMENT OF FINISHED PAPER NOT COVERED BY CLASS B31 OR SUBCLASS D21G; PAPER NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • D21H13/00Pulp or paper, comprising synthetic cellulose or non-cellulose fibres or web-forming material
    • D21H13/10Organic non-cellulose fibres
    • D21H13/20Organic non-cellulose fibres from macromolecular compounds obtained otherwise than by reactions only involving carbon-to-carbon unsaturated bonds
    • D21H13/24Polyesters
    • DTEXTILES; PAPER
    • D21PAPER-MAKING; PRODUCTION OF CELLULOSE
    • D21HPULP COMPOSITIONS; PREPARATION THEREOF NOT COVERED BY SUBCLASSES D21C OR D21D; IMPREGNATING OR COATING OF PAPER; TREATMENT OF FINISHED PAPER NOT COVERED BY CLASS B31 OR SUBCLASS D21G; PAPER NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • D21H15/00Pulp or paper, comprising fibres or web-forming material characterised by features other than their chemical constitution
    • D21H15/02Pulp or paper, comprising fibres or web-forming material characterised by features other than their chemical constitution characterised by configuration
    • D21H15/10Composite fibres

Abstract

少なくとも2つの層を有する一体繊維構造体(100)であって、構造体の少なくとも1つの層が長セルロース繊維(103)を含み、少なくとも1つの層が短セルロース繊維(102)及び合成繊維(101)の混合物(104)を含む一体繊維構造体と、その繊維構造体を作成する方法。 An integral fibrous structure (100) having at least two layers, comprising at least one layer long cellulose fibers of the structure (103), at least one layer short cellulosic fibers (102) and synthetic fibers (101 how to create an integral fibrous structure, the fiber structure containing the mixture (104) of).

Description

本発明は、セルロース繊維と合成繊維を組み合わせて含む繊維構造体、及びその作成方法に関するものであり、より具体的には、合成繊維と混合された短セルロース繊維を含む少なくとも1つの層と長セルロース繊維を優勢的に含む少なくとも1つの層とを有する繊維構造体に関する。 The invention, fibrous structures comprising a combination of cellulosic fibers and synthetic fibers, and relates its creation method, more specifically, at least one layer and long cellulose containing short cellulose fibers mixed with synthetic fibers fibrous structure having at least one layer comprising fibers predominantly related.

紙ウェブなどの繊維構造体は、当技術分野において周知であり、今日、紙タオル、トイレットペーパー、フェイシャルティシュ、ナプキン、ウェットタオルなど用に普通に使用されている。 Fiber structure, such as paper webs, are well known in the art, today, paper towels, toilet paper, facial tissue, napkins, are commonly used to use, such as a wet towel. 典型的なティシュペーパーは、ほとんどの場合セルロース繊維から、優勢的には木材系からなる。 A typical facial tissue, from most of the case cellulose fibers, in the predominantly consisting of wood-based. セルロース繊維の種類は広範囲であるにもかかわらず、そのような繊維は、一般に乾燥弾性率が高く、また直径が相対的に大きいので、その曲げ剛性が幾つかの用途に所望より大きくなることがある。 Despite the type of cellulose fibers is widespread, such fibers are generally high dry modulus, and because a relatively larger diameter, that the bending stiffness is greater than desired for some applications is there. 更に、セルロース繊維は、乾燥時に相対的に高い剛性を有して製品の柔軟性に悪影響を及ぼすことがあり、湿潤時に低い剛性を有して得られる製品の吸収性を低下させることがある。 Furthermore, cellulosic fibers may adversely affect the flexibility of the product has a relatively high stiffness when dry, which may reduce the absorbency of the products obtained have a low stiffness when wet.

ウェブを形成するために、典型的な使い捨て紙製品中の繊維は、化学反応によって相互に結合されており、その結合は、セルロース分子のヒドロキシル基間に自然に生じる水素結合だけであることが多い。 To form the web, the fibers in typical disposable paper products, chemical reactions are coupled to each other by, the binding of which often only hydrogen bonding that occurs naturally between the hydroxyl groups of the cellulose molecule . より大きな一時的又は永久的な湿潤強度を望む場合には、増強添加物を使用することができる。 If desired larger temporary or permanent wet strength can be used enhancing additives. これらの添加物は通常、セルロースと共有結合反応するか、又は既存の水素結合の周りに保護的な分子被膜を形成するかのいずれかによって作用する。 These additives typically work by either forming protective molecular films around the or covalent reaction with the cellulose, or existing hydrogen bonds. しかしながら、添加物は、相対的に堅い及び非弾性的な結合も作り出して、製品の柔軟及び吸収特性に悪影響を及ぼすことがある。 However, the additive is relatively stiff and non-flexible connecting can produce, which may adversely affect the flexibility and absorption properties of the product.

セルロース繊維と共に合成繊維を使用することによって、先に説明した限界の幾つかを乗り越えるのを助けることができる。 By using synthetic fibers with cellulosic fibers, it can help overcome some of the limitations described above. 合成ポリマーは、非常に小さな繊維を含む広範囲の直径を有する繊維に形成可能である。 Synthetic polymers can be formed into fibers having a wide range of diameters, including very small fibers. 更に、合成繊維は、セルロース繊維より低い弾性率となるように形成可能である。 In addition, synthetic fibers may be formed to be lower than the cellulose fibers modulus. したがって、合成繊維は、非常に低い曲げ剛性を有するように作成可能であり、これによって良好な製品の柔軟性が助長される。 Thus, synthetic fibers, which can produce to have a very low bending stiffness, whereby the flexibility of good products is promoted. 更に、合成繊維の機能的断面を、微小工作(micro-engineered)することができる。 Furthermore, the functional section of the synthetic fibers can be micro-engineered (micro-engineered). 合成繊維は濡れた時に弾性率を維持するようにも設計可能であるので、そのような繊維で作成されたウェブは、吸収作業中にぺしゃんこになるのに対して抵抗性があることがある。 Since the synthetic fibers can be also designed to maintain the elastic modulus when wet, web is created with such fibers, there may be resistance to become squashed during the absorption process. 更に、合成繊維を使用すると、ウェブの形成及び/又はその均一性の促進を助けることができる。 Furthermore, the use of synthetic fibers, it is possible to aid in the formation and / or uniformity of the promotion of the web. それ故に、ティッシュ製品において熱結合された合成繊維を使用することにより、(柔軟性及び湿潤強度に関しては良好である)水抵抗性の高強度結合により接合された(柔軟性に関しては良好である)高可撓性繊維の強固な網状構造が生じる。 Therefore, by the use of heat bonded synthetic fibers in tissue products, (is good with respect to softness and wet strength) are joined by high-strength bond of water resistance (the better with respect to flexibility) strong network of highly flexible fibers occurs. しかしながら、合成繊維は、セルロース繊維と比較すると相対的に高価であり得る。 However, synthetic fibers may be relatively expensive when compared to the cellulose fibers. したがって、繊維が提供する望ましい効果を得るのに必要な量の合成繊維だけを含むことが望ましい。 Therefore, it is desirable to include only synthetic fibers in an amount necessary to obtain the desired effect of the fibers is provided. 短セルロース繊維を合成繊維と混合すると、合成繊維の分散促進を助けることができ、従って、ウェブ中に短セルロース繊維が混合されていない場合よりも数少ない(又は少量の)合成繊維が必要とされながら、合成繊維の効果の多くを個々に又は相互に組み合わさって提供可能であることを、我々は見出した。 When the short cellulose fibers mixed with synthetic fibers, can help dispersion enhancing synthetic fibers, therefore, while being required few (or a small amount of) synthetic fibers than if the short cellulosic fibers in the web is not mixed , that it is possible to provide I individually or mutually combined many of the effects of synthetic fibers, we have found.

したがって、セルロース繊維及び合成繊維を組み合わせて含む改善された繊維構造体と、そのような繊維構造体を作成するための方法とを提供することが有利である。 Thus, a fibrous structure which is improved in combination with cellulose fibers and synthetic fibers, it is advantageous to provide a method for making such fiber structure. 得られるウェブのある所望の部分内に集中された合成繊維を有する製品と、そのような繊維のそのような非ランダム配置を可能にする方法とを提供することも有利である。 A product with synthetic fibers that are focused within a desired portion of the resulting web, it is also advantageous to provide a method that allows for such non-random arrangement of such fibers. 少なくとも1つの層内に配置された短セルロース繊維及び合成繊維と、1つ以上の別の層内に優勢的に配置されたより長い繊維とを含む製品、並びにその製品の作成方法を有することも有利である。 At least one short cellulosic fibers and synthetic fibers arranged in layers, products containing a long fiber than is predominantly disposed on one or more other layers within, as well as to have a method of creating the product advantageous it is.

従来技術に関する問題点に対処するために、構造体の少なくとも1つの層が長セルロース繊維を含み、少なくとも1つの層が短セルロース繊維と合成繊維の混合物を含む、少なくとも2つの層を有する一体繊維構造体を、我々は発明した。 To address the prior art relating to problems, including at least one layer long cellulose fibers of the structure, at least one layer comprises a mixture of short cellulosic fibers synthetic fibers, integral fibrous structure having at least two layers the body, we invented.

更に、我々は、繊維構造体を作成する方法を発明しており、その方法は:合成繊維と短セルロース繊維との混合物を含む1つ以上の層を形成するように、合成繊維と短セルロース繊維との混合物を形成部材上に供給する工程;長セルロース繊維段階を優勢的に含む1つ以上の層を形成するように、合成繊維と短セルロース繊維との混合物の上に複数の長セルロース繊維を供給する工程;並びに合成繊維と短セルロース繊維との混合物を含む1つ以上の層と長セルロース繊維を優勢的に含む1つ以上の層とを含む、一体繊維構造体を形成する工程とを含む。 Furthermore, it is invented a method of making a fibrous structure, the method: to form one or more layers comprising a mixture of synthetic fibers and short cellulosic fibers, synthetic fibers and short cellulosic fibers a plurality of long cellulosic fibers onto to form one or more layers predominantly containing long cellulose fibers stage, mixtures of synthetic fibers and short cellulosic fibers; the mixture feeding on members of the feeding step; and a and synthetic fibers and one or more layers predominantly comprising one or more layers and the long cellulosic fibers comprising a mixture of short cellulosic fibers, and forming an integral fibrous structure .

本明細書で使用する時、次の用語は、次に示す意味を有する。 As used herein, the following terms have the following meanings.

「平均セルロース繊維幅」は、ジョージア州ナルコス(Narcoss,GA)のメトソオートメーションカヤニ社(Metso Automation Kajaani Ltd.)から入手可能なカヤニファイバーラボ(Kajaani FiberLab)設備により測定される時の、セルロース繊維の平均繊維幅である。 "The average cellulose fiber width", when it is measured Georgia Narcos (Narcoss, GA) by meth Soviet automation Kaya two, Inc. Kaya available from (Metso Automation Kajaani Ltd.) two fiber lab (Kajaani FiberLab) equipment, cellulose it is the average fiber width of the fiber.

「平均合成繊維直径」は、次の式から導出される合成繊維の平均繊維直径である:平均合成繊維直径=平方根(質量デニール×K/密度)、ここで質量デニールとは繊維のデニールの質量部分(グラム)のみ(例えば、3デニールの繊維は3g/9000mであるが、その繊維の質量デニールは3g)であり、K=141.5である。 "Average synthetic fiber diameter" is the average fiber diameter of the synthetic fiber derived from the following equation: average synthetic fiber diameter = square root (weight denier × K / density), the mass of the denier of the fibers to herein as mass Denier parts (grams) alone (e.g., 3 denier fibers is a 3 g / 9000 m, the mass denier of the fiber is 3g) is a K = 141.5. 定数K=141.5は、円筒形繊維用である。 Constant K = 141.5 is for cylindrical fibers. 非円筒形繊維の場合は、異なる定数K 1が、繊維の非円筒形断面積を使用して再計算されなければならない。 For non-cylindrical fibers, different constants K 1 has to be recalculated using the non-cylindrical cross-sectional area of the fiber. このようにして、繊維直径は、マイクロメートルの単位を有する。 In this way, the fiber diameter has units of microns.

「繊維粗度」は、TAPPI方法T234cm−02で示されるような、100m当りミリグラムとして表示される繊維の単位長さ当りの重量として定義される。 "Fiber roughness", such as indicated by TAPPI method T234cm-02, is defined as the weight per unit length of fibers that appear as 100m per milligram.

「共接合繊維」は、少なくとも部分的にそれぞれ個々の繊維特性を保持したまま、溶融、接着、包装、化学的若しくは機械的結合により互いに融着又は接着された、ないしは別の方法で共に接合された2つ以上の繊維を意味する。 "Co-bonding fiber", while maintaining at least partially the respective individual fiber characteristics, melting, bonding, packaging, together joined by chemical or are fused or bonded to each other by mechanical coupling, or otherwise It means two or more of the fibers.

「繊維長比」とは、以降の実施例において説明されるような、カヤニファイバーラボ(Kajaani FiberLab)設備を使用して測定される、長さ加重平均繊維長(L L )に関するTAPPI T271om−02パラグラフ8.2で示される方法により測定される、異なる繊維種類の長さ加重平均繊維長の比である。 The "fiber length ratio", as described in the following examples are measured using the Kaya two FiberLabs (Kajaani FiberLab) equipment, the length weighted average fiber length (L L) about the TAPPI T271om- 02 is measured by the method shown in paragraph 8.2, the ratio of the different fiber types of length weighted average fiber length.

「長セルロース性繊維」又は「長セルロース繊維」は、一般に針葉樹源からの繊維であって、平らで真っ直ぐな形状で測定する時、約2mmを超える最長寸法長さを有する。 "Long cellulosic fibers" or "long cellulosic fibers" generally a fiber from softwood sources, when measured in a flat and straight shape, with the longest dimension length greater than about 2 mm. 長セルロース繊維の非限定的な例は、マツ、トウヒ、モミ、シーダーの木類から得ることができる。 Non-limiting examples of the long cellulosic fibers may be obtained pine, spruce, fir, from trees such Cedar.

「PTP係数」は、以下の実施例において更に詳細に説明するように、平均セルロース幅に対する平均合成繊維直径の比である。 "PTP factor", as described in further detail in the following examples is the ratio of the average synthetic fiber diameter to the average cellulosic width. 理論に束縛されるものではないが、PTP係数は、合成繊維とセルロース繊維の間の機能的な結合を形成する傾向に関係すると考えられている。 Without being bound by theory, PTP factor is believed to be related to the tendency to form a functional linkage between the synthetic fibers and cellulosic fibers. この好都合な結合傾向は、合成繊維と短セルロース繊維の混合物内で合成繊維をより均一に分布させる結果として生じ得る。 The favorable binding tendency, may result to more uniform distribution of synthetic fibers in a mixture of synthetic fibers and short cellulosic fibers.

「再分配」は、本発明の単一繊維構造内に含まれる複数の繊維の少なくとも一部が、それらの当初のウェブ内位置、状態、及び/又は形状を、少なくとも部分的に溶融、移動、収縮、及び/又は他の方法で変化させることを意味する。 "Redistribution" at least a portion of the plurality of fibers contained in a single fiber structure of the present invention, their original web in position, state, and / or shape, at least partially melt, move, contraction, and means to vary / or other methods.

「短セルロース性繊維」又は「短セルロース繊維」は、通常は広葉樹から来る繊維であって、平らで真っ直ぐな形状で測定する時、約2mm未満の最長寸法長さを有する。 "Short cellulosic fibers" or "short cellulosic fibers" typically have a fiber that comes from hardwood, when measured in a flat and straight shape, with the longest dimension length of less than about 2 mm. ある例では、短セルロース繊維は、約1mm未満の長さのことがある。 In one example, the short cellulose fibers may less than about 1mm in length. 短セルロース繊維の非限定的な例は、ユーカリノキ、アカシア、及びカエデの木類から得ることができる。 Non-limiting examples of the short cellulose fibers may be obtained eucalyptus, acacia, and maple trees such.

「単一繊維構造体」は、複数のセルロース繊維及び合成繊維を含む構成であり、これらの繊維は中で絡み合って又は他の方法で結合して、幾つかの所定の微視的な形状特性、物理的特性、及び外観特性を有するシート製品を形成する。 "Single fibrous structure" is an arrangement comprising a plurality of cellulosic fibers and synthetic fibers, these fibers are bonded at intertwined or otherwise in several predetermined microscopic shape characteristics to form a sheet product having physical properties and appearance properties. セルロース及び/又は合成繊維であっても、単一繊維構造体内で積層又は異なる配置であってもよい。 Even cellulose and / or synthetic fibers, or may be a laminated or different arrangements of a single fiber structure.

本発明の繊維構造体は、多数の異なる形体をとることができるが、一般に、セルロース繊維と混合された合成繊維を有する少なくとも1つの層と、セルロース繊維を含む少なくとも1つの隣接層とを含む。 Fiber structure of the present invention can take many different forms, in general, it comprises at least one layer with synthetic fibers mixed with cellulosic fibers, and at least one adjacent layer comprising cellulose fibers. より具体的には、本発明の一実施形態では、繊維構造体は、本明細書で説明するように、短セルロース繊維と混合された合成繊維を含む1つ以上の層を含むことができる。 More specifically, in one embodiment of the present invention, the fibrous structure, as described herein, may include one or more layers including synthetic fibers mixed with short cellulose fibers. 合成繊維/短セルロース繊維の混合物は、異なる繊維が概ねランダムに及び層全体にわたって分散されているという点で比較的均質であってもよく、あるいは、合成繊維及び/又はセルロース繊維が概ね非ランダムに配置されているようなふうにより構造的であってもよい。 Mixture of synthetic fiber / short cellulosic fibers, different fibers generally be a relatively homogeneous in that it is distributed throughout the random Oyobi layer, or synthetic fibers and / or cellulose fibers generally non-randomly it may be structural by sealing as being arranged. 更に、混合したセルロース繊維及び合成繊維の1つ以上の層は、ウェブ作成中又は後で何かのタイプの操作で形成される又はそれにかけられて、混合した合成繊維及びセルロース繊維の予め定められたパターン又は他の非ランダムなパターンの層(単数又は複数)を提供してもよい。 Additionally, one or more layers of mixed cellulose fibers and synthetic fibers, or be subjected to it are formed in the type of operation of something creating web or later, predetermined mixing synthetic fibers and cellulose fibers pattern or other may provide a layer of non-random pattern (s).

繊維構造体は、種々の繊維種類を含むことができる。 Fibrous structure may include a variety of fiber types. 例えば、その構造体は、広葉樹源、針葉樹源、又は他の非木材植物からの繊維など、天然に生じる繊維を含むことができる。 For example, the structure is hardwood sources, softwood sources, or the like fibers from other non-wood plants, it may include fibers occurring naturally. 好適な天然繊維の非限定的な例は、表1で確認される。 Non-limiting examples of suitable natural fibers are identified in Table 1. 植物からの天然繊維の他の供給源として、アルバーディン(albardine)、エスパルト、麦、稲、コーン、サトウキビ、パピルス、黄麻、ヨシ、サビア(sabia)、ラフィア、竹、サイダル(sidal)、ケナフ、アバカ、サンヘンプ、木綿、大麻、亜麻、及びラミーなどが挙げられるが、これらに限定されない。 Other sources of natural fibers from plants, Albertine Din (albardine), esparto, wheat, rice, corn, sugar cane, papyrus, jute, Yoshi, Sabia (Sabia), raffia, bamboo, Saidaru (sidal), kenaf, abaca, Sanhenpu, cotton, hemp, flax, and the like ramie include, but are not limited to. 更に他の天然繊維として、ダウン、羽毛、絹などの他の天然非植物源からの繊維も含まれることがある。 Still other natural fibers, down, feathers, which may also be included fibers from other natural non-plant sources such as silk. 天然繊維は、望ましい特性を提供するために機械的又は化学的に処理又は他の方法で変性されてもよく、又は自然界に見出し得る形体に概ね類似の形体であってもよい。 Natural fibers may be generally similar configuration may be modified by mechanical or chemical treatment or other methods, or features that may be found in nature in order to provide desirable characteristics. 本明細書に記述される開発に関しては、天然繊維の機械的及び/又は化学的操作によって、天然繊維と考えられる範疇からこれらが除外されることはない。 For the development as described herein, by mechanical and / or chemical manipulation of natural fibers, does not from the scope considered natural fibers these are excluded.

繊維構造体はまた、いずれかの好適な合成繊維を含むことができる。 Fibrous structure may also include any suitable synthetic fibers. 合成繊維は、例えば、ポリオレフィン類、ポリエステル類、ポリアミド類、ポリヒドロキシアルカノエート類、多糖類、及びいずれかのこれらの組み合わせからなる群から選択される、いずれかの材料とすることができる。 Synthetic fibers, such as polyolefins, polyesters, polyamides, polyhydroxyalkanoates, polysaccharides, and are selected from any of the group consisting of, may be any material. より具体的には、合成繊維の材料は、ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリ(エチレンテレフタレート)、ポリ(ブチレンテレフタレート)、ポリ(1,4−シクロへキシレンジメチレンテレフタレート)、イソフタル酸コポリマー類、エチレングリコールコポリマー類、ポリカプロラクトン、ポリ(ヒドロキシエーテルエステル)、ポリ(ヒドロキシエーテルアミド)、ポリエステルアミド、ポリ(乳酸)、ポリヒドロキシブチラート、デンプン、セルロース、グリコーゲン、及びこれらのいずれかの組み合わせからなる群から選択されることができる。 More specifically, the material of the synthetic fiber include polypropylene, polyethylene, poly (ethylene terephthalate), poly (butylene terephthalate), poly (xylylene terephthalate 1,4-cyclohexylene), isophthalic acid copolymers, ethylene glycol copolymers s selection, polycaprolactone, poly (hydroxy ether ester), poly (hydroxy ether amide), polyester amides, poly (lactic acid), polyhydroxybutyrate, starch, cellulose, glycogen, and combinations of any of these it is the can. 更に、合成繊維は、単一構成成分(すなわち、単一の合成材料又は繊維全体を組み立てる混合物)、二構成成分(すなわち、繊維は領域群に分割され、領域群は2つの異なる合成材料又はその混合物を含む)、又は多構成成分繊維(すなわち、繊維は領域群に分割され、領域群は2つ以上の異なる合成材料又はその混合物を含む)、又はそれらのいずれかの組み合わせとすることができる。 Furthermore, synthetic fibers, single component (i.e., a mixture of assembling the entire single synthetic material or fibers), bicomponent (i.e., the fibers are divided into area groups, the area group two different synthetic materials or including mixtures), or multi-component fibers (i.e., fibers are divided into area groups, the area group can be two or more different synthetic comprises a material or mixtures thereof), or any combination thereof . また、合成繊維のいずれか又は全ては、繊維のいずれかの所望の特性を変化させるために、本発明のプロセスの前、その間、又は後で処理されてもよい。 Further, any or all of the synthetic fibers, in order to change any of the desired properties of the fibers, prior to the process of the present invention may be processed during, or after. 例えば、ある実施形態では、合成繊維は、より親水性、より湿潤性などにするために、抄紙プロセスの前又はその間に処理することが望ましい。 For example, in some embodiments, the synthetic fibers are more hydrophilic, in order to like more wettable, it is desirable to treat before or during the papermaking process.

本発明のある実施形態では、所望の特性を準備するために、繊維の特定の組み合わせを有するのが望ましいことがある。 In certain embodiments of the present invention, in order to prepare the desired characteristics, it may be desirable to have a specific combination of fibers. 例えば、ある長さ、幅、繊維粗度、又は他の特性の繊維を、ある層群内に組み合わせて、又は互いに分離して有するのが望ましいことがある。 For example, a length, width, degree of fiber roughness, or other fiber properties, in combination with a layer in the group, or desirable that have separated from each other. 繊維は、個々に、ある種の所望の特性を有することができる。 Fibers, individually, may have certain desired properties. 例えば、長セルロース繊維は、上に示される定義に一致するいずれかの所望の特性を有することができる。 For example, the long cellulosic fibers can have any desired characteristics that match the definitions given above. ある実施形態では、長セルロース繊維は、平均セルロース繊維幅が約50μm未満、約40μm未満、約30μm未満、約25μm未満であるか、又は平均セルロース繊維幅が約10〜約50μmの範囲内に入るのが望ましいことがある。 In certain embodiments, the long cellulose fibers have an average cellulosic fiber width of less than about 50 [mu] m, fall below about 40 [mu] m, less than about 30 [mu] m, in the range or less than about 25 [mu] m, or average cellulosic fiber width of about 10 to about 50 [mu] m there is it is desirable. 更に、短セルロース繊維は、平均セルロース繊維幅が約25μm未満、約20μm未満、約18μm未満であるか、又は平均セルロース繊維幅が約8〜約25μmの範囲内に入るのが望ましいことがある。 Furthermore, the short cellulose fibers have an average cellulosic fiber width of less than about 25 [mu] m, less than about 20 [mu] m, or less than about 18 [mu] m, or average cellulosic fiber width is sometimes desirable to fall within a range of from about 8 to about 25 [mu] m. 合成繊維に関しては、例えば、平均繊維直径が約10μm超過の、約15μm超過の、約25μm超過の、約30μm超過の、又は平均合成繊維直径が約10〜約50μmの範囲内に入るような、ある種の特性を有するのが望ましいことがある。 With respect to synthetic fibers, for example, an average fiber diameter of about 10μm excess of about 15μm excess of about 25μm excess, such as about 30μm excess, or an average synthetic fiber diameter falling within the range of about 10 to about 50 [mu] m, it may have a certain properties are desired.

また、1つ以上の層内の繊維は、1つ以上の層内の特定繊維が互いに関して特定の範囲内の繊維長比すなわち本明細書で定義したPTP係数を有するように、混合されるのが望ましいことがある。 The fiber in one or more layers, so as to have a PTP factor that certain fibers as defined fiber length ratio or the specification within a specific range with respect to one another in one or more layers, being mixed it may be desirable. ある実施形態では、混合層105内の短セルロース繊維102に対する合成繊維101の繊維長比は、約1を超える、約1.25を超える、約1.5を超える、又は約2を超えるが、いかなる上側又は下側限界もその範囲内に入る約1〜約20に広がる範囲のような、繊維長比についての他の最低限界も考慮されている。 In certain embodiments, the fiber length ratio of the synthetic fibers 101 to the short cellulosic fibers 102 in the mixing layer 105 is greater than about 1, greater than about 1.25, greater than about 1.5, or about 2 to more than but, any upper or lower limit, such as in the range extending from about 1 to about 20 falling within the range, other lowest limit for the fiber length ratio is considered. ある実施形態では、混合層105はまた、PTP係数が約0.75超過、約1超過、約1.25超過、約1.5超過、又は約2超過が望ましいことがあるが、いかなる上側又は下側限界もその範囲内に入る約0.75〜約10に広がる範囲のような、PTP係数についての他の最低限界も考慮されている。 In some embodiments, the mixed layer 105 may also, PTP factor of about 0.75 exceeded about 1 exceeded about 1.25 excess, about 1.5 excess, or about 2 is sometimes exceeded is desired, any upper or lower limit, such as the range extending from about 0.75 to about 10 falling within the range, are also considered other lowest limit for PTP factor. 混合層はまた、繊維粗度値が約50未満mg/100m、約40未満mg/100m、約30未満mg/100m、又は約25未満mg/100mであるのが望ましいことがあるが、約5mg/100m〜約75mg/100mに広がる範囲のような、繊維粗度についての他の最高限界も考慮されている。 Mixed layer also fiber roughness value of less than about 50 mg / 100 m, less than about 40 mg / 100 m, less than about 30 mg / 100 m, or about it is that is preferably a less than 25 mg / 100 m, about 5mg / 100M~ like that ranges from about 75 mg / 100 m, even other best limit for degree of fiber roughness is considered.

以下の実施例において見ることができるように、本発明は、驚くべき特性を有するウェブ及びウェブの形成方法を提供する。 As can be seen in the following examples, the present invention provides a method of forming a web and the web having surprising properties. 例えば、本発明の繊維構造体は、単独又は組み合わさって、例えば柔軟性、より良い及び/又はより均一な地合、及び湿潤破裂の領域において、現在入手可能なウェブを上回る効果を提供することができ、得られるウェブで同一特性を得るのに必要なセルロース繊維のリファイニングが減少するので、生産速度の増大による製造効果を提供することができる。 For example, the fibrous structure of the present invention, alone or in combination, for example flexibility, better and / or more uniform texture, and in the region of the wet burst, providing the effect over the currently available web it can be, since the reduced refining cellulosic fibers necessary to obtain the same properties in the resulting web, it is possible to provide a manufacturing effect by increasing the production rate.

実施例1で説明されるように、NSK及びユーカリ繊維を含む2プライ紙ウェブが作成される。 As described in Example 1, the two-ply paper web containing NSK and Eucalyptus fibers is created. 得られたウェブは、約374gの湿潤破裂強度を有する。 The resulting web has a wet burst strength of about 374g. 実施例2では、2プライ紙ウェブが、実施例1と同一方法であるが、ユーカリ繊維の10重量%を合成2構成成分ポリエステル繊維(3mm長)10重量%で置き換えて作成される。 In Example 2, 2-ply paper web, is a first embodiment in the same way, it is prepared by replacing 10% by weight of eucalyptus fibers synthetic bicomponent polyester fibers (3mm length) at 10% by weight. 合成/ユーカリ混合物は、繊維長比4.2、PTP係数1.2、及び繊維粗度値11.0mg/100mを有する。 Synthesis / Eucalyptus mixture has a fiber length ratio 4.2, PTP factor of 1.2, and a degree of fiber roughness value 11.0 mg / 100 m. 実施例2で得られる繊維構造体は、約484gの湿潤破裂強度を有し、これは、実施例1で作成される典型的な製品の湿潤破裂強度より高い。 Fiber structure obtained in Example 2 has a wet burst strength of about 484 g, which is higher than the wet burst strength of typical products made in Example 1. 実施例3では、2プライ紙ウェブが、実施例1と同一方法であるが、ユーカリ繊維の5重量%を合成2構成成分ポリエステル繊維(6mm長)5重量%で置き換えて作成される。 In Example 3, 2-ply paper web, is a first embodiment in the same way, are prepared by replacing the 5 weight percent eucalyptus fibers synthetic bicomponent polyester fibers (6mm length) with 5 wt%. 合成/ユーカリ混合物は、繊維長比8.4、PTP係数1.2、及び繊維粗度値11.6mg/100mを有する。 Synthesis / Eucalyptus mixture has a fiber length ratio 8.4, PTP factor of 1.2, and a degree of fiber roughness value 11.6 mg / 100 m. 実施例3で得られる繊維構造体は、更により少ない重量の合成繊維であるが、約472gの湿潤破裂強度を有し、これは、実施例1の製品の湿潤破裂強度より依然はるかに高い。 Fiber structure obtained in Example 3 is a further less than the weight of synthetic fibers, has a wet burst strength of about 472 g, this is still much higher than the wet burst strength of the product of Example 1. したがって、本発明の構造及びその構造を作成する方法は、短セルロース繊維と混合された小さな重量パーセントの合成繊維の使用で、ウェブの湿潤破裂を強化する驚くべき手段を提供するのを見ることができる。 Therefore, how to create a structure and the structure of the present invention is the use of a small weight percent of synthetic fibers mixed with short cellulose fibers, be seen to provide a means surprising to enhance the wet burst of the web it can. もちろん、これらの実施例は本発明の効果の唯一の例と考えるべきではなく、他の実施例が考えられるものであり、そのような他の実施例は本明細書の教示に基づいて当業者により容易になされ得ることを理解すべきである。 Of course, these examples should not be considered the only example of the effect of the present invention, which other embodiments are conceivable, such other embodiments based on the teachings herein one skilled in the art it should be understood that can be readily made by. 更に、いかなるそのような追加又は変更例も、たとえその特定の効果又は特性が本明細書において詳細に説明されていなくても、本発明の範囲内とするものである。 Furthermore, any such addition or modification example is also though that particular effects or properties even if they are not described in detail herein, is intended to be within the scope of this invention.

繊維構造体100を作成する本発明のプロセスは、一般的には、複数の短セルロース繊維102に混合されて1つ以上の層に配置された複数の合成繊維101を有するウェブを形成する点から説明される。 The process of the present invention to create a fiber structure 100 is generally in terms of forming a web having a plurality of synthetic fibers 101 that are arranged to be mixed into a plurality of short cellulosic fibers 102 to one or more layers It is described. その構造体はまた、一般的には、より長い繊維を通常は長セルロース繊維103を含む1つ以上の層を含む。 Its structure also generally, usually longer fibers comprising one or more layers containing the long cellulosic fibers 103. 一実施形態では、合成繊維101及び短セルロース繊維102を含む混合層105は、少なくとも部分的に概ね非ランダムなパターンで配置されるように形成することができる。 In one embodiment, the mixed layer 105 including synthetic fibers 101 and short cellulosic fibers 102 may be formed so as to be arranged at least partially in a generally non-random pattern. 長繊維103の層106は、通常は(例えば図9に示されるように)概ねランダムに配置されるが、そのような層106は、パターン化されても、又は他の方法で非ランダムに配置されてもよい。 Layer 106 of the long fibers 103 is usually randomly arranged substantially (eg, as shown in FIG. 9), such layers 106, be patterned or arranged in a non-random in other ways it may be. 本発明の方法及び装置は、概ね非ランダムパターンで配置された複数の長セルロース繊維103と、共に混合されて層105内に(例えば図9Aに示されるように)概ねランダムに配置された複数の合成繊維101及び短セルロース繊維102とを有するウェブを形成することにも好適である。 The method and apparatus of the present invention, generally a plurality of long cellulosic fibers 103 which are arranged in a non-random pattern, are both mixed with the layer 105 (as shown for example in Figure 9A) a plurality of which are generally randomly arranged it is also suitable to form a web having a synthetic fibers 101 and short cellulosic fibers 102.

合成繊維101と短セルロース繊維102の混合物104が非ランダムに配置される実施形態においては、その方法は、合成繊維101と短セルロース繊維102の混合物を形成部材上に供給して、合成繊維101と短セルロース繊維102の混合物104が少なくとも部分的に所定の領域すなわち溝内へ配置されるようにする工程と、合成繊維と短セルロース繊維102の混合物104の上に複数の長セルロース繊維103を概ねランダムに準備する工程と、ランダムに配置されたセルロース繊維及び非ランダムに配置された合成繊維/短セルロース繊維の混合物104を含む一体繊維構造体を形成する工程とを含むことができる。 In embodiments where a mixture 104 of synthetic fibers 101 and short cellulosic fibers 102 are disposed in a nonrandom, the method includes a synthetic fiber 101 mixture is fed onto a forming member of the short cellulosic fibers 102, the synthetic fibers 101 generally random and step, a plurality of long cellulosic fibers 103 on the mixture 104 of synthetic fibers and short cellulosic fibers 102 to make the mixture 104 of short cellulosic fibers 102 are disposed to at least partially a predetermined area or the groove may include a step of preparing, and forming an integral fibrous structure comprising a mixture 104 of synthetic fibers / short cellulosic fibers disposed cellulosic fibers and non-randomly placed randomly.

合成繊維101と短セルロース繊維102の混合物104が概ねランダムに配置されて、長セルロース繊維103が非ランダムに配置される実施形態においては、その方法は、複数の長セルロース繊維を形成部材上に供給して、長セルロース繊維103が少なくとも部分的に形成部材の所定の領域すなわち溝内へ配置されるようにする工程と、長セルロース繊維103の上に短セルロース繊維102と合成繊維101の混合物をランダムに準備する工程と、非ランダムに配置された長セルロース繊維103及びランダムに配置された合成繊維/短セルロース繊維の混合物104を含む一体繊維構造体を形成する工程とを含むことができる。 Synthetic fibers 101 and the mixture 104 of short cellulosic fibers 102 are disposed generally randomly, in embodiments where the long cellulosic fibers 103 are disposed in a nonrandom, the method, supplying a plurality of long cellulosic fibers onto the forming member to, random and steps, a mixture of short cellulosic fibers 102 and synthetic fibers 101 on the long cellulosic fibers 103 to allow the long cellulosic fibers 103 are disposed to at least partially forming member in a predetermined area or the groove may include a step of preparing, and forming an integral fibrous structure comprising a mixture 104 of non-randomly arranged long cellulosic fibers 103 and randomly arranged synthetic fiber / short cellulosic fibers.

図1には、本発明の連続プロセスの代表的な一実施形態が示され、繊維の水性スラリー11が、ヘッドボックス12から形成部材13上に堆積されて、初期ウェブ10を形成する。 1 shows a representative embodiment of a continuous process of the present invention is shown, the fibers of aqueous slurry 11 is deposited on forming member 13 from the headbox 12 to form the embryonic web 10. (しかしながら、これは、本発明のウェブのために使用可能な、追加若しくはより少ない工程を伴う類似方法又はエアレイイングなどの異なる方法を含む、無数の方法の1つに過ぎない。更に、本発明の方法は、ウェブを作成するためのこれら又は他の既知の方法の1つ以上の組み合わせを含むことができる。)この特定の実施形態では、形成部材13は、ロール13a、13b、及び13cにより支持されて、これらの回りを矢印Aの方向へ連続的に走行する。 (However, this is usable for the present invention the web comprises a method such as different analogous methods or air laying with additional or fewer steps, only one of myriad ways. Further, the present invention method support can include one or more combinations of these or other known methods for creating web.) in this particular embodiment, forming member 13, rolls 13a, 13b, and by 13c is continuously traveling these around the direction of arrow a. スラリー11は、いかなる数の異なる繊維種類を含んでもよく、また複数層で堆積されてもよい。 The slurry 11 may include a different fiber types of any number, and may be deposited in multiple layers. 一実施形態では、スラリー11は、本明細書で説明したような、合成繊維101と短セルロース繊維102の混合物104を含む、少なくとも1つの層を含む。 In one embodiment, the slurry 11, as described herein, including synthetic fibers 101 A mixture 104 of short cellulosic fibers 102, it comprises at least one layer. 更に加えて、スラリー11は、本明細書で説明したような、長セルロース繊維103の1つ以上の層も含むことができる。 In addition, the slurry 11, as described herein, may also include one or more layers of long cellulosic fibers 103. 短セルロース繊維102と合成繊維101の混合物104が非ランダムパターンに形成されるのが望ましい場合、混合物104は、混合物104の少なくとも一部が形成部材13内に存在する(例えば図7、図8に示されるような)溝53などの所定の領域へ向かうように、長セルロース繊維103の堆積の前に形成部材13上に堆積されてもよい。 If the mixture 104 of short cellulosic fibers 102 and synthetic fibers 101 are formed in a non-random pattern is desired, mixtures 104 is at least partially present in forming member 13 (e.g., FIG. 7 of the mixture 104, in FIG. 8 as directed to a predetermined area, such as a) the groove 53 as shown, it may be deposited on forming member 13 prior to the deposition of the long cellulosic fibers 103. ある実施形態では、2つ以上のヘッドボックス12が使用可能であり、及び/又は混合物104が形成部材13上に堆積され、次に異なる形成部材に移送されて、そこで次に、混合物104上に長セルロース繊維103が堆積されてもよい。 In some embodiments, more than one headbox 12 is available and, and / or mixtures 104 is deposited over forming member 13, are transported to the next different forming member, where then, over the mixture 104 long cellulosic fibers 103 may be deposited.

本発明の一実施形態では、合成繊維101と短セルロース繊維102の混合物104は、少なくとも合成繊維104が形成部材13の溝53の中へ優勢的に配置されるように供給される。 In one embodiment of the present invention, a mixture 104 of synthetic fibers 101 and short cellulosic fibers 102 is supplied to at least the synthetic fibers 104 are predominantly arranged into the groove 53 of the forming member 13. すなわち、合成繊維101の半分を超える、ウェブ10が形成される時に、溝53内に配置される。 In other words, more than half of the synthetic fibers 101, when the web 10 is formed, is disposed in the groove 53. ある実施形態では、合成繊維101の少なくとも約60%、約75%、約80%、又は実質的に全てが、ウェブ10が形成される時に、溝53内に配置されることが望ましい。 In some embodiments, at least about 60% synthetic fibers 101, about 75%, about 80%, or substantially all, when the web 10 is formed, is preferably disposed in the groove 53. 更に加えて、得られる製品のウェブ100は、あるパーセントの合成繊維101を1つ以上の層内に配置されて含むことが望ましい。 In addition, the web 100 of the resulting product preferably includes disposed synthetic fibers 101 of one percent in one or more layers. 例えば、最初に又は形成部材13の最も近くに配置された繊維により形成された層は、約50%を超える、約60%を超える、又は約75%を超える合成繊維101の濃度を有することが望ましい。 For example, the first or layer formed by closest to arranged fibers forming member 13 is greater than about 50%, have a concentration of the synthetic fibers 101 greater than about 60%, or greater than about 75% desirable. あるいは、そのような層は、合成繊維101と短セルロース繊維102の混合物104の殆ど、全て、又はあるパーセントを有することが望ましい。 Alternatively, such a layer is a synthetic fiber 101 most of the mixture 104 of short cellulosic fibers 102, all or it is desirable to have a certain percentage. (ウェブ製品層内の特定種類の繊維のパーセントを測定するのに好適な方法が、米国特許第5,178,729号(ブルースジェンダ(Bruce Janda)、1993年1月12日発行)にて開示されている。)更に、ある実施形態では、長セルロース繊維103は、合成繊維101と短セルロース繊維102の混合物104に隣接する少なくとも1つの層に優勢的に配置されるように供給されることが望ましい。 (Suitable methods for determining the percentage of a particular type of fiber web products layer is, US Patent No. 5,178,729 (Bruce Gender (Bruce Janda), disclosed in issued Jan. 12, 1993) has been is.) in addition, in some embodiments, the long cellulosic fibers 103 to be supplied to be predominantly located in at least one layer adjacent to the synthetic fibers 101 in a mixture 104 of short cellulosic fibers 102 desirable. 別の実施形態では、長セルロース繊維103の少なくともあるパーセント、例えば約55%を超える、約60%を超える、又は約75%を超える、ウェブ100の少なくとも1つの層内に配置されることが望ましい。 In another embodiment, at least some percent of the length cellulose fibers 103, for example, greater than about 55%, greater than about 60%, or greater than about 75%, is preferably disposed in at least one layer of the web 100 . 通常、長セルロース繊維103の少なくとも1つの層は、概ねランダムに配置される。 Usually, at least one layer of the long cellulosic fibers 103 are disposed generally randomly. したがって、得られるウェブ100は、概ねランダムに分配された長セルロース繊維103(例えば図9及び図10)の1つ以上の層に結合された、非ランダムパターンの合成繊維101及び/又は合成繊維101と短セルロース繊維102の混合物104を備えることができる。 Thus, the web 100 obtained is generally randomly coupled to one or more layers of long cellulosic fibers distributed 103 (e.g., FIG. 9 and FIG. 10), the synthetic fibers 101 and / or synthetic fibers non-random pattern 101 it can be a comprising a mixture 104 of short cellulosic fibers 102. 更に、異なる坪量のマイクロ領域を有する繊維構造体が形成可能である。 Furthermore, it is possible fiber structure having micro regions of different basis weight formation.

形成部材13は、いかなる好適な構造であってもよく、また通常は少なくとも部分的に流体透過性である。 Forming member 13 can be any suitable structure, also usually at least partially fluid-permeable. 例えば、形成部材13は、例えば図2〜図6に示されるように、複数の流体透過性区域54と複数の流体不透過性区域55とを有することができる。 For example, member 13, as shown for example in FIGS. 2-6 can have a plurality of fluid-permeable areas 54 and a plurality of fluid-impermeable areas 55. 流体透過性区域又は開口54は、ウェブ側51から裏側52まで形成部材13の厚さHを貫いて延びることができる。 Fluid-permeable areas or apertures 54 may extend through the thickness H of the forming member 13 from the web side 51 to the back side 52. ある実施形態では、開口を有する流体透過性区域54の幾つかは、米国特許第5,972,813号(ポラト(Polat)ら、1999年10月26日発行)に記載されているように、「ブラインド」、すなわち「閉じられて」いてもよい。 In some embodiments, several fluid-permeable areas 54 having an opening, U.S. Patent No. 5,972,813 (Porato (Polat) et al, issued Oct. 26, 1999), as described in, "blind", ie can have "closed in". 流体透過性区域54は、開いていようと、ブラインドすなわち閉じられていようと、溝53を形成し、この中へ繊維が向かうことができる。 Fluid-permeable areas 54, no matter open, no matter the blind that is closed, it is possible to form the groove 53, the fiber is directed into this. 複数の流体透過性区域54と複数の流体不透過性区域55の少なくとも1つは通常、成型部材50全体にわたってパターンを形成する。 At least one of the plurality of fluid-permeable areas 54 and a plurality of fluid-impermeable areas 55 typically forms a pattern throughout the molding member 50. そのようなパターンは、ランダムパターン又は非ランダムパターンを含むことができ、実質的に連続(例えば図2)、実質的に半連続(例えば図4)、分離性(例えば図5)、又はいずれかのこれらの組み合わせとすることができる。 Such patterns may include random patterns or non-random pattern, a substantially continuous (e.g., FIG. 2), substantially semi-continuous (e.g., Fig. 4), discrete (e.g. FIG. 5), or any it can be a combination thereof.

形成部材13は、いかなる好適な厚さHを有してもよく、実際に、厚さHは、所望により形成部材13全体にわたって変化して作成可能である。 Forming member 13 may have any suitable thickness H, actually, the thickness H can be prepared by changing over the desired formation member 13. 更に、溝53は、いかなる形状又は異なる形状の組み合わせであってもよく、またいかなる深さDを有してもよく、深さDは、形成部材13全体にわたって変化可能である。 Furthermore, the groove 53 may be a combination of any shape or different shapes, also may have any depth D, depth D, forming member 13 can vary throughout. 溝53はまた、いかなる所望の容積をも有することができる。 Groove 53 may also have any desired volume. 溝53の深さD及び容積は、合成繊維101及び/又は短セルロース繊維102の所望の濃度が溝53内で確実となるのを助けるために、望むように変化可能である。 The depth D and volume of groove 53 is to aid the desired concentration of synthetic fibers 101 and / or short cellulosic fibers 102 that become securely in the groove 53, can vary as desired. ある実施形態では、溝53の深さDは、約254μm未満、又は約127μm未満であることが望ましい。 In certain embodiments, the depth D of the grooves 53 is less than about 254 micrometers, or desirably less than about 127 [mu] m. 更に、形成部材13上に堆積される合成繊維101及び/又は短セルロース繊維102の量は、合成繊維101及び/又は短セルロース繊維102の所望の比又はパーセントが特定の深さD又は容積の溝53内に確実に配置されるように、変化可能である。 Furthermore, the amount of synthetic fibers 101 and / or short cellulosic fibers 102 are deposited on the forming member 13, a groove of a desired ratio or percent specific depth D or volume of synthetic fibers 101 and / or short cellulosic fibers 102 as is reliably positioned within 53, it can vary. 例えば、ある実施形態では、ウェブ作成プロセス中に長セルロース繊維103が溝53内に実質上に配置されないように、溝53を実質的に満たすのに充分な合成繊維101又は合成繊維101と短セルロース繊維102の混合物104を供給することが望ましい。 For example, in certain embodiments, the long cellulosic fibers 103 in the web creation process so as not to be disposed substantially in the groove 53, a sufficient synthetic fibers 101 and synthetic fibers 101 to fill the groove 53 substantially short cellulose it is desirable to provide a mixture 104 of the fiber 102. 別の実施形態では、少なくとも一部の長セルロース繊維103も溝53の中へ向かうことができるように、溝53の一部を満たすのに充分なだけの合成繊維101及び/又は短セルロース繊維102を供給することが望ましい。 In another embodiment, at least a portion of the long cellulosic fibers 103 so that it can go into the groove 53, the synthetic fibers 101 and / or short cellulosic fibers sufficient to fill only part of trench 53 102 it is desirable to supply.

幾つかの代表的な形成部材13は、流体透過性の補強要素70とこれから延びて複数の溝53を形成するパターン又は枠組60とを含む、図2〜図8に示されるような構造を有することができる。 Some exemplary forming member 13, extends therefrom with fluid-permeable reinforcing element 70 and a pattern or framework 60 to form a plurality of grooves 53, having the structure as shown in FIGS. 2-8 be able to. 図5及び図6に示されるような一実施形態では、形成部材13は、補強要素70に結合された又はこれと一体になった、複数の分離性突出部61を有することができる。 In one embodiment as shown in FIGS. 5 and 6, forming member 13 is now coupled or integrally with the reinforcing element 70 may have a plurality of discrete protrusions 61. 補強要素70は、一般に、一体性、安定性、及び耐久性を提供又は促進するように働く。 Reinforcing element 70 is generally serves to provide or facilitate integrity, stability, and durability. 補強要素70は、流体透過性又は部分的に流体透過性とすることができ、様々な実施形態及び織りパターンを有することができ、また様々な材料、例えば複数の織り合わせ糸(ジャガードタイプ及び類似織りパターンを含む)、フェルト、プラスチック若しくは他の合成材料、網、複数の穴を有するプレート、又はいずれかのこれらの組み合わせなどを含むことができる。 Reinforcing element 70 may be a fluid permeable or partially fluid-permeable, may have a variety of embodiments and weave patterns, also various materials, for example, a plurality of interwoven yarns (Jacquard type and similar weave including patterns) can comprise felt, plastic or other synthetic material, mesh, plates having a plurality of holes, or any combinations thereof, and the like. 好適な補強要素70の例が、米国特許第5,496,624号(ステルジェス(Stelljes)ら、1996年3月5日発行)、第5,500,277号(トロクハン(Trokhan)ら、1996年3月19日発行)、及び第5,566,724号(トロクハン(Trokhan)ら、1996年10月22日発行)に記載されている。 Examples of suitable reinforcing elements 70, No. 5,496,624 (Suterujesu (Stelljes) et al, issued March 5, 1996), No. 5,500,277 (Torokuhan (Trokhan) et al, 1996 March 19 issue), and No. 5,566,724 (Torokuhan (Trokhan) et al, issued Oct. 22, 1996). 別の方法としては、ジャガードタイプの織成などを含む補強要素70を用いることができる。 Alternatively, it is possible to use a reinforcing element 70, including Jacquard-type weaving. ベルトの例は、米国特許第5,429,686号(チウ(Chiu)ら、1995年7月4日発行)、第5,672,248号(ウェント(Wendt)ら、1997年9月30日発行)、第5,746,887号(ウェント(Wendt)ら、1998年5月5日発行)、及び第6,017,417号(ウェント(Wendt)ら、2000年1月25日発行)に見出すことができる。 Examples of belts, U.S. Patent No. 5,429,686 (Chiu (Chiu) et al., Issued Jul. 4, 1995), No. 5,672,248 (Wendt (Wendt) et al., September 30, 1997 issue), No. 5,746,887 (Wendt (Wendt), et al., on May 5, 1998 issue), and No. 6,017,417 (Wendt (Wendt), et al., issued Jan. 25, 2000) it can be found. 更に、ジャガード織りパターンの様々なデザインが、形成部材13として使用可能である。 Further, various designs of the Jacquard weave pattern can be used as the forming member 13.

代表的で好適な枠組要素60及び枠組60を補強要素70に適用する方法が、例えば米国特許第4,514,345号(ジョンソン(Johnson)、1985年4月30日発行)、第4,528,239号(トロクハン(Trokhann)、1985年7月9日発行)、第4,529,480号(トロクハン(Trokhann)、1985年7月16日発行)、第4,637,859号(トロクハン(Trokhann)、1987年1月20日発行)、第5,334,289号(トロクハン(Trokhann)、1994年8月2日発行)、第5,500,277号(トロクハン(Trokhann)ら、1996年3月19日発行)、第5,514,523号(トロクハン(Trokhann)ら、1996年5月7日発行)、第5,628,876号(エイヤース(Ayers)ら、1997年5月13日発行) How to apply a representative and preferred framework members 60 and framework 60 to the reinforcing element 70 is, for example, U.S. Pat. No. 4,514,345 (Johnson (Johnson), issued Apr. 30, 1985), the 4,528 , 239 No. (Torokuhan (Trokhann), issued Jul. 9, 1985), No. 4,529,480 (Torokuhan (Trokhann), issued Jul. 16, 1985), No. 4,637,859 (Torokuhan ( Trokhann), issued Jan. 20, 1987), No. 5,334,289 (Torokuhan (Trokhann), issued Aug. 2, 1994), No. 5,500,277 (Torokuhan (Trokhann) et al., 1996 March 19 issue), No. 5,514,523 (Torokuhan (Trokhann) et al., issued May 7, 1996), No. 5,628,876 (Eiyasu (Ayers), et al., May 13, 1997 Issue) 第5,804,036号(ファン(Phan)ら、1998年9月8日発行)、第5,906,710号(トロクハン(Trokhann)、1999年5月25日発行)、第6,039,839号(トロクハン(Trokhann)ら、2000年3月21日発行)、第6,110,324号(トロクハン(Trokhann)ら、2000年8月29日発行)、第6,117,270号(トロクハン(Trokhann)、2000年9月12日発行)、第6,171,447B1号(トロクハン(Trokhann)、2001年1月9日発行)、及び第6,193,847B1号(トロクハン(Trokhann)、2001年2月27日発行)により教示される。 No. 5,804,036 (fan (Phan) et al., Issued September 8, 1998), No. 5,906,710 (Torokuhan (Trokhann), issued May 25, 1999), the first 6,039, 839 (Torokuhan (Trokhann) et al., issued March 21, 2000), No. 6,110,324 (Torokuhan (Trokhann) et al., issued Aug. 29, 2000), No. 6,117,270 (Torokuhan (Trokhann), issued Sep. 12, 2000), No. 6,171,447B1 (Torokuhan (Trokhann), issued Jan. 9, 2001), and No. 6,193,847B1 (Torokuhan (Trokhann), 2001 taught by the year February 27 issue). 更に、図6に示すように、枠組60は、枠組要素60を貫いて延びる1つ又は開口又は穴58を含むことができる。 Furthermore, as shown in FIG. 6, the framework 60 may include one or aperture or hole 58 extending through the framework elements 60. そのような穴58は、溝53とは異なっており、並びにこれを使用することにより、スラリー若しくはウェブからの脱水を助ける、及び/又は枠組60上に堆積された繊維が溝53の中へ完全に移動するのを防止する助けをすることができる。 Such holes 58 is different from the groove 53, as well as by the use of this helps dehydration of the slurry or web, and / or fully fibers deposited on the framework 60 into the groove 53 the movement can help to prevent the.

あるいは、形成部材13は、合成繊維101及び/又は短セルロース繊維102がその中へ向くことができる溝53の幾つかのパターンを含めて繊維を受け取るのに好適ないずれか他の構造を含んでもよく、これには、すき網、複合ベルト、及び/又はフェルトなどが挙げられるが、これらに限定されない。 Alternatively, forming member 13, the synthetic fibers 101 and / or short cellulosic fibers 102 also include any other structure suitable for receiving the fibers, including several patterns of grooves 53 that can be directed into the well, This includes wire cloth, composite belts, and / or a felt and the like, without limitation. いずれの場合も、そのパターン又は枠組60は、上記のように分離性又は実質的に分離性であってもよく、連続的又は実質的に連続的であってもよく、あるいは半連続的又は実質的に半連続的であってもよい。 In either case, the pattern or framework 60 may be a discrete or substantially discrete, as above, may be continuous or substantially continuous, or semi-continuous or substantially to may be a semi-continuous. 本発明の方法と共に使用するのに一般に好適なある種の代表的な形成部材13は、米国特許第5,245,025号、第5,277,761号、第5,443,691号、第5,503,715号、第5,527,428号、第5,534,326号、第5,614,061号、及び第5,654,076号に記載される形成部材を含む。 Typical forming member 13 of generally suitable kind for use with the method of the present invention, U.S. Patent No. 5,245,025, No. 5,277,761, No. 5,443,691, No. No. 5,503,715, No. 5,527,428, including Nos 5,534,326, No. 5,614,061, and forming member as described in No. 5,654,076.

形成部材13がプレスフェルトを含む場合、米国特許第5,580,423号(アンプルスキー(Ampulski)ら、1996年12月3日発行)、第5,609,725号(ファン(Phan)、1997年3月11日発行)、第5,629,052号(トロクハン(Trokhan)ら、1997年5月13日発行)、第5,637,194号(アンプルスキー(Ampulski)ら、1997年6月10日発行)、第5,674,663号(マクファーランド(McFarland)ら、1997年10月7日発行)、第5,693,187号(アンプルスキー(Ampulski)ら、1997年12月2日発行)、第5,709,775号(トロクハン(Trokhan)ら、1998年1月20日発行)、第5,776,307号(アンプルスキー(Ampulski)ら、1998年7月7日発行)、第5 When forming member 13 includes a press felt, U.S. Patent No. 5,580,423 (ampoule ski (Ampulski) et al., Issued Dec. 3, 1996), No. 5,609,725 (Fan (Phan), 1997 issued March 11, 2011 year), No. 5,629,052 (Torokuhan (Trokhan), et al., issued May 13, 1997), No. 5,637,194 (ampoule skiing (Ampulski) et al., June 1997 10 days issued), No. 5,674,663 (McFarland (McFarland), et al., issued Oct. 7, 1997), No. 5,693,187 (ampoule skiing (Ampulski) et al., 1997 December 2, day issue), No. 5,709,775 (Torokuhan (Trokhan), et al., issued Jan. 20, 1998), No. 5,776,307 (ampoule skiing (Ampulski) et al., issued Jul. 7, 1998) , fifth 795,440号(アンプルスキー(Ampulski)ら、1998年8月18日発行)、第5,814,190号(ファン(Phan)、1998年9月29日発行)、第5,817,377号(トロクハン(Trokhan)ら、1998年10月6日発行)、第5,846,379号(アンプルスキー(Ampulski)ら、1998年12月8日発行)、第5,855,739号(アンプルスキー(Ampulski)ら、1999年1月5日発行)、及び第5,861,082号(アンプルスキー(Ampulski)ら、1999年1月19日発行)などの教示により作成することができる。 No. 795,440 (ampoule skiing (Ampulski) et al., Issued Aug. 18, 1998), No. 5,814,190 (fan (Phan), issued Sep. 29, 1998), No. 5,817,377 (Torokuhan (Trokhan), et al., issued Oct. 6, 1998), No. 5,846,379 (ampoule skiing (Ampulski) et al., issued Dec. 8, 1998), No. 5,855,739 (ampoule skiing (Ampulski) et al., can be created in accordance with the teachings of such issued Jan. 5, 1999), and No. 5,861,082 (ampoule skiing (Ampulski) et al., issued Jan. 19, 1999). 代替実施形態では、形成部材13は、米国特許第5,569,358号(キャメロン(Cameron)、1996年10月29日発行)の教示又はいずれか他の好適な構造によりプレスフェルトとして実施可能である。 In an alternative embodiment, forming member 13, U.S. Patent No. 5,569,358 (Cameron (Cameron), issued Oct. 29, 1996) the teachings or any other suitable structure can be implemented as a press felt is there. 形成部材13として使用するのに好適な他の構造は、任意の成型部材50に関連して以降において説明される。 Other structure suitable for use as a forming member 13 will be described in the following in connection with any of the molded member 50.

形成部材13の下側に配置された真空装置14などの真空機器を使用して、形成部材13上に配置されたスラリーに流体差圧をかけて、初期ウェブ10の少なくとも部分脱水を促進することができる。 Using a vacuum device such as a vacuum device 14 arranged on the lower side of the forming member 13, by applying a fluid pressure differential disposed on the forming member 13 slurry, to promote at least partial dehydration of the embryonic web 10 can. この流体差圧は、所望の繊維が、例えば合成繊維101と短セルロース繊維102の混合物104が、形成部材13の溝53の中へ向かうのも助けることができる。 The fluid pressure differential is desired fibers, for example, synthetic fibers 101 mixture 104 of short cellulosic fibers 102, also it can help to go into the groove 53 of the forming member 13. ウェブ10の脱水及び/又は繊維が形成部材13の溝53の中へ向かうのを助けるために、真空装置14に加えて又はその代替として、他の既知の方法を使用してもよい。 To help dehydration and / or fibers of the web 10 is directed into the groove 53 of the forming member 13, in addition to or an alternative to the vacuum device 14 may use other known methods.

望む場合には、形成部材13上に形成された初期ウェブ10は、形成部材13からフェルト又は成型部材などの他の構造体へ移送可能である。 If desired, the embryonic web 10 formed on forming member 13 can be transferred from the forming member 13 to the other structures such as felt or molding member. 成型部材は、構造的な要素であって、初期ウェブの支持体として、並びに繊維構造体に所望の微視的形状を形成又は「成型」するための形成ユニットとして使用可能である。 Molding member is a structural element, as a support of the initial web, and the fibrous structure may be used as a forming unit for forming or "molding" the desired microscopic shape. 成型部材は、上部に生成される構造体に微視的な三次元パターンを付与する能力を有するいかなる構成要素を含んでもよく、この成型部材は、固定板、ベルト、(ジャガードタイプなどの織布パターンを含む)織布、バンド、ロールを具備する単層構造体及び多層構造体を制限なく包含する。 Molding member may comprise any element that has the ability to impart microscopic three-dimensional pattern to the structure being produced thereon, the molding member, fixed plate, belt, (woven, such as Jacquard type including pattern) woven band, including without limitation single-layer structure and multilayer structure comprising a roll.

図1に示される代表的な実施形態では、成型部材50は流体透過性であり、真空シュー15が、形成部材13上に配置された初期ウェブ10を引き離して成型部材50に付着させるのに充分な真空圧をかける。 In the exemplary embodiment shown in FIG. 1, the molding member 50 is fluid permeable, sufficient to vacuum shoe 15 causes by far the embryonic web 10 disposed on the forming member 13 is attached to the molding member 50 multiplied by a vacuum pressure. 図1の成型部材50は、ロール50a、50b、50c、及び50dにより支持されて、これらの回りを矢印Bの方向へ走行するベルトを含む。 Molding member 50 of FIG. 1, a roll 50a, 50b, 50c, and is supported by 50d, includes a belt running these around the direction of the arrow B. 成型部材50は、ウェブに接触する側151と、このウェブに接触する側151に対向する裏側152とを有する。 Molding member 50 includes a side 151 that contacts the web, and a back side 152 opposite the side 151 in contact with the web.

成型部材50は、いかなる好適な形態をもとることができ、いかなる好適な材料でも作成可能である。 Molding member 50 may take any suitable form, it can be created in any suitable material. 成型部材50は、いかなる構造を含んでもよく、形成部材13に関連して本明細書で説明した方法のいずれかによって作成されてもよいが、成型部材50は、そのような構造及び方法に限定されない。 Molding member 50 may include any structure, but may be created by any of the methods described herein in connection with forming member 13, the molding member 50 is limited to such structures and methods not. 例えば、成型部材50は、例えば図13、図14に示されるような、補強要素170に結合された樹脂枠組160を含む。 For example, the molding member 50 includes a 13, as shown in FIG. 14, the resin framework 160 that is coupled to the reinforcing element 170, for example. 更に、様々なデザインのジャガード織パターンが、成型部材50、及び/又は圧縮表面210として使用可能である。 Furthermore, the jacquard patterns of various designs can be used as the molding member 50 and / or compression surfaces 210,. 望む場合には、成型部材50は、プレスフェルトであってもこれを含んでもよい。 If desired, the molding member 50 may include also a press felt. 本発明と共に使用するのに好適なプレスフェルトには、形成部材13に関連して本明細書で説明したものが含まれるが、これらに限定されない。 Suitable press felts for use with the present invention include, but are those described herein in connection with forming member 13 is not limited thereto.

ある実施形態では、成型部材50は、例えば図13、図14に示されるように、複数の流体透過性区域154と複数の流体不透過性区域155とを有することができる。 In certain embodiments, the molding member 50, for example 13, as shown in FIG. 14, may have a plurality of fluid-permeable areas 154 and a plurality of fluid-impermeable areas 155. 流体透過性区域又は開口154は、ウェブ側151から裏側152まで成型部材50の厚さH1を貫いて延びる。 Fluid-permeable areas or apertures 154 extend through the thickness H1 of the molding member 50 from the web side 151 to the back side 152. 形成部材13に関連して上記したように、成型部材の厚さH1は、いかなる所望の厚さにもすることができる。 As described above in connection with the forming member 13, the thickness H1 of the molding member can be in any desired thickness. 更に、溝153の深さD1及び容積は、望むように変化可能である。 Further, the depth D1 and volume of the groove 153 can be varied as desired. 更に、開口を含む流体透過性区域154の1つ以上は、形成部材13に関連して上述のように、「ブラインド」すなわち「閉じられて」いてもよい。 Additionally, one or more fluid-permeable areas 154 including the opening, as described above in connection with the forming member 13, can have a "blind" or "closed and". 複数の流体透過性区域154及び複数の流体不透過性区域155の少なくとも1つは通常、成型部材50の全体にわたって非ランダム反復パターンを形成する。 At least one of the plurality of fluid-permeable areas 154 and a plurality of fluid-impermeable areas 155 are typically forms a non-random repeating pattern throughout the molding member 50. そのようなパターンは、ランダムパターン又は非ランダムパターンを含むことができ、また実質的に連続的、実質的に半連続的、分離性、又はこれらのいずれかの組み合わせを含むことができる。 Such patterns may include random patterns or non-random pattern, also substantially continuous, substantially semi-continuous, discrete, or a combination of any of these. 成型部材50中の開口154と位置が一致する補強要素170の部分は、単一繊維性構造体100の作成プロセス中に成型部材50の流体透過性区域に撓み込む繊維に対して支持を提供することができる。 Portion of the reinforcing element 170 opening 154 and the position in the molded member 50 are coincident, to provide support to the fiber Komu deflect fluid-permeable areas of the molding member 50 during the process of creating a single fibrous structure 100 be able to. 補強要素は、作成中のウェブの繊維が成型部材50を通り抜けるのを防ぐ助けをすることができ、これにより、得られる構造体100中にピンホールが発生するのを低減する。 Stiffening element, webs of fibers being created can help to prevent the passing through the molding member 50, thereby pinholes in the resulting structure 100 is reduced from occurring. 別の実施形態では、成型部材50は、米国特許第6,576,090号(トロクハン(Trokhan)ら、2003年6月10日発行)により教示されるように、複数のベース部分から延びる複数の懸垂部分を含むことができる。 In another embodiment, the molding member 50, U.S. Patent No. 6,576,090 (Torokuhan (Trokhan), et al., Issued Jun. 10, 2003) as taught by, a plurality of extending a plurality of the base portion it can include a suspension part.

初期ウェブ10が成型部材50のウェブに接触する側151上に配置されると、ウェブ10は、好ましくは、少なくとも部分的に、成型部材50の三次元パターンに適合する。 When the embryonic web 10 is disposed on the side 151 in contact with the web of the molding member 50, the web 10 is preferably at least partially conforms to the three-dimensional pattern of the molding member 50. 更に、初期ウェブ10のセルロース繊維及び/又は合成繊維を成型部材50の三次元パターンに適合させて、成型ウェブ(図1では「20」として示されている)となるようにする、又はそれを促すべく、様々な手段を利用することができる。 Further, cellulose fibers and / or synthetic fibers of the initial web 10 be adapted to the three-dimensional pattern of the molding member 50, so that the molded web (in FIG. 1 are shown as "20"), or it to encourage, it is possible to use a variety of means. (本明細書では、参照番号「10」と「20」、並びに用語「初期ウェブ」と「成型ウェブ」は互換的に使用可能であることを理解すべきである。)1つの方法は、複数の繊維に流体圧力差を付与することを含む。 (In this specification, reference numbers "10", "20", and the term "embryonic web" and "molded web" it should be understood that can be used interchangeably.) One method is more the fiber comprises applying a fluid pressure differential. 例えば、図1に示すように、成型部材50の裏側152に配置された真空装置16及び/又は17を、成型部材50、及びひいては上部に配置された複数の繊維に真空圧を印加するために配置することができる。 For example, as shown in FIG. 1, a vacuum device 16 and / or 17 disposed on the back side 152 of the molding member 50, the molding member 50, and to apply a vacuum pressure to the plurality of fibers thus disposed thereon it can be arranged. 真空装置16及び17それぞれの真空圧により生じた流体圧力差ΔP1及び/又はΔP2の影響の下、初期ウェブ10の一部は、成型部材50の溝153内に偏向され、その三次元パターンに適合し得る。 Under the influence of fluid pressure differential ΔP1 and / or ΔP2 caused by the respective vacuum pressure vacuum apparatus 16 and 17, a portion of the embryonic web 10 are deflected into the groove 153 of the molding member 50, adapted to the three-dimensional pattern It can be.

初期ウェブ10の一部を成型部材50の溝153内に偏向することにより、成型部材50の溝153内に形成される結果として生じたピロー150の密度を成型ウェブ20の残部の密度に比べて低下させることができる。 By deflecting a portion of the embryonic web 10 into the groove 153 of the molding member 50, as compared to the density of the pillows 150 produced as a result of being formed in the groove 153 of the molding member 50 to the density of the remainder of the molded web 20 it can be lowered. 開口内に撓まない領域168は、後に、例えば図1に示される乾燥ドラム200の表面210とロール50cの間に形成される加圧ニップ内などの、加圧表面218と成型部材50の間で(図11)ウェブ20が型押しされることにより、圧痕が付けられてもよい。 Region 168 does not flex into the opening after the, such as a pressure nip formed between the surface 210 and the roll 50c of the drying drum 200 is indicated, for example, in Figure 1, during the pressing surface 218 and the molding member 50 in by (11) the web 20 is embossed, or may be given a dent. 圧痕形成される場合、領域168の密度は、ピロー150の密度に対して更により大きいことがある。 When imprinted, the density of the region 168 may greater than relative density of the pillows 150. 複数のピロー150は、対称的なピロー、非対照的なピロー、又はこれらの組み合わせを含み得る。 A plurality of pillows 150 may comprise symmetrical pillows, asymmetrical pillows, or a combination thereof.

マイクロ領域の異なる高さは、深さ又は高さが異なる三次元パターンを有する成型部材50によって形成することもできる。 Different heights of the micro area can be depth or height is formed by molding member 50 having different three-dimensional patterns. 異なる深さ/高さを有するこのような三次元パターンは、成型部材50の予め選択された一部をやすりにかけ、それらの高さを低くすることによって作成することができる。 Such three-dimensional patterns having different depths / heights, a preselected portion of the molded member 50 over the rasp can be created by lowering their height. 別の方法としては、深さ/高さが異なる凹部/凸部を有する三次元マスクを使用して、異なる高さを有する対応する枠組160を形成することができる。 Alternatively, it is possible to depth / height using three-dimensional mask having a different concave / convex portions to form the corresponding framework 160 having different heights. 高さが異なる表面を形成する他の従来技法もまた、上述の用途に使用することができる。 Other conventional techniques which height to form a different surface can also be used in the applications mentioned above. 成型部材を形成するために本明細書で説明した技法は、形成部材13の形成にも適用可能であることを理解すべきである。 Techniques described herein to form a molding member, it should be understood that in the formation of the forming member 13 is applicable.

ある実施形態では、本発明の繊維構造体100を作成時に短縮させるのが望ましいことがある。 In certain embodiments, the fibrous structure 100 it may be desirable to shorten the creation of this invention. 例えば、成型部材50は、形成部材13の線速度より遅い線速度を有するように構成してもよい。 For example, the molding member 50 may be configured to have a slower linear speed than the linear speed of the forming member 13. 形成部材13から成型部材50への移送点におけるそのような速度差を使用して、「微小収縮」を達成することができる。 Using such speed difference at the transfer point to the molding member 50 from the forming member 13, it is possible to achieve a "micro-shrinkage". 米国特許第4,440,597号に、湿式微小収縮の詳細な一例が記載されている。 U.S. Patent No. 4,440,597, a detailed example of the wet fine shrinkage is described. そのような湿潤マイクロ収縮は、低繊維濃度を有するウェブを任意の第一部材(例えば、有孔フォーミング部材など)から、第一部材よりも遅い速度で動く任意の第二部材(例えば、目の荒い織布など)へと移送することを含むことができる。 Such wetting micro shrinkage, any of the first member a web having a low fiber concentration (e.g., perforated forming member, etc.) from any of the second member which moves at a slower speed than the first member (e.g., eye it can include the transfer to the rough woven fabrics, etc.). 第一の部材と第二の部材の間の速度差は、繊維構造体100の所望の最終特性に従って変化可能である。 Speed ​​difference between the first and second members may be changed according to the desired final properties of the fibrous structure 100. 微小収縮を達成するための方法を記載する他の特許には、例えば米国特許第5,830,321号、第6,361,654号、及び第6,171,442号が含まれる。 Other patents which describe methods for achieving small shrinkage include, for example, U.S. Patent No. 5,830,321, No. 6,361,654, and No. 6,171,442.

繊維構造体100は、追加的に又は代替として、形成された後及び/又は実質的に乾燥した後で短縮されてもよい。 Fibrous structure 100 may additionally or alternatively, may be shortened after after and / or substantially dry formed. 例えば、短縮は、例えば図1に示すように乾燥ドラム200の表面210などの剛直表面から構造体100をクレーピングすることによって達成することができる。 For example, shortening can be achieved by creping the structure 100, for example, from rigid surface such as surface 210 of the drying drum 200, as shown in FIG. この及び他の形態のクレーピングは、当技術分野において既知である。 Creping of this and other forms are known in the art. 米国特許第4,919,756号(ソーダイ(Sawdai)、1992年4月24日発行)に、ウェブをクレーピングするのに好適な1つの方法が記載されている。 U.S. Patent No. 4,919,756 (Sodai (Sawdai), issued Apr. 24, 1992), the one preferred way to creping the web are described. もちろん、クレープのない(例えばクレープ加工されない)及び/又は他の方法で短縮された繊維構造体100は、クレープはないが他の方法で短縮された繊維構造体100であるとして、本発明の範囲内と意図されている。 Of course, the crepe without (eg not creped) and / or other fibrous structure 100 that is shorter in the method, the crepe is not is a fibrous structure 100 that is shorter in other ways, the scope of the present invention It is intended and the inner.

ある実施形態では、合成繊維101の少なくとも一部は、少なくとも部分的に溶融又は軟化されるのが好ましいことがある。 In certain embodiments, at least a portion of the synthetic fibers 101 may be at least partly melted or softened preferred. 合成繊維が少なくとも部分的に溶融又は軟化されると、それらは、短セルロース繊維102であれ、長セルロース繊維103であれ、又は他の合成繊維101であれ、隣接する繊維と共接合可能になることがある。 When the synthetic fiber is at least partially melt or soften, they, whether short cellulosic fibers 102, it is the long cellulosic fibers 103, or any other synthetic fibers 101, it becomes possible with the fibers adjacent co bonding there is. 繊維の共接合は、機械的な共接合及び化学的な共接合を含むことができる。 Co-bonding of the fibers can comprise mechanical co-joining and chemical co-joining. 化学的な共接合は、少なくとも2つの隣接する繊維が、個々の共接合繊維のアイデンティティが共接合区域にて実質的に失われるように分子レベルで共に接合される時に起こる。 Chemical co-joining at least two adjacent fibers occurs when the identity of the individual co-joined fibers are joined together at the molecular level as substantial loss in co-joined area. 繊維の機械的な共接合は、1つの繊維が隣接する繊維の形状に単に適合する時に起こり、共接合繊維間に化学反応はない。 Mechanical co-joining of fibers can simply occur during conforms to the shape of fibers one fiber are adjacent, there is no chemical reaction between the co-joined fibers. 図12は、機械的共接合の一実施形態を示し、繊維111は、隣接する合成繊維112により物理的に取り込まれている。 Figure 12 shows an embodiment of a mechanical co-joining, the fibers 111 are incorporated in physically by synthetic fibers 112 adjacent. 繊維111は合成繊維又はセルロース繊維であり得る。 Fiber 111 can be a synthetic fiber or cellulose fiber. 図12に示す例において、合成繊維112は、コア112a及びシース、又はシェル、112bを含む2成分構造体を含み、コア112aの溶融温度は、シース112bの溶融温度よりも大きく、故に、加熱すると、シース112bのみが溶融し、一方コア112aはその完全性を保持する。 In the example shown in FIG. 12, the synthetic fiber 112 comprises a core 112a and a sheath, or shell, a two-component structure comprising 112b, melting temperature of the core 112a is greater than the melting temperature of the sheath 112b, therefore, when heated only the sheath 112b melts, while the core 112a retains its integrity. しかしながら、異なるタイプの二構成成分繊維及び/又は三を超える構成成分を含む多構成成分繊維が、単一構成成分繊維が可能であるように、本発明において使用可能であることを理解すべきである。 However, multi-component fibers include different types of bicomponent fibers and / or components exceeding three is, so as to be a single component fibers, it should be understood that it is usable in the present invention is there.

ある実施形態では、ウェブ100が形成された後で、ウェブ100内の合成繊維101の少なくとも一部を再分配するのが望ましいことがある。 In some embodiments, after the web 100 has been formed, it may be desirable to redistribute at least a portion of the synthetic fibers 101 in the web 100. そのような再分配は、ウェブ100が成型部材50上に配置されている間に、又はプロセス中の異なる時及び/又は場所で、生じることができる。 Such redistribution, while the web 100 is disposed on the molding member 50, or at different times and / or locations in the process, can occur. 例えば、加熱装置90、乾燥表面210、及び/又は乾燥ドラムのフード(例えば、ヤンキーの乾燥フード80など)を使用して、形成された後のウェブ100を加熱し、合成繊維101の少なくとも一部を再分配することができる。 For example, the heating device 90, the hood of the drying surface 210, and / or drying drum (e.g., drying hood 80 etc. Yankee) was used to heat the web 100 after it is formed, at least a portion of the synthetic fibers 101 it is possible to redistribute. 理論に束縛されるものではないが、合成繊維101は、充分に高い温度を掛けられた後で、2つの現象の内の少なくとも1つの影響の下で、移動することができると考えられている。 Without being bound by theory, the synthetic fibers 101 are sufficiently after being multiplied by the high temperature, under the influence of at least one of the two phenomena are believed to be capable of moving . 合成繊維101を溶融するのに充分な程温度が高い場合、結果として生じる液体ポリマーは、表面張力に起因して自らの表面積/質量を最小にし、あまり熱の影響を受けない繊維部分の端部で球体のような形状を形成する傾向を有する。 If the temperature enough to melt the synthetic fiber 101 is high, the liquid polymer the resulting, and their surface area / mass to a minimum due to surface tension, the end of the fiber portion which is not affected by too much heat in having a tendency to form a shape like a sphere. 一方、温度が溶融点よりも低い場合、残留応力が高い繊維は、応力が繊維の縮み又はコイル化により緩和される点まで軟化する。 On the other hand, if the temperature is lower than the melting point, fibers residual stress is high, softens to the point where the stress is relieved by shrinking or coiling of the fiber. これは、ポリマー分子が典型的には非線形にコイル化した状態でいることを好むために起こると考えられている。 This polymer molecules typically believed to occur because prefer to have a state which is coiled in a non-linear. それらの製造中に非常に延伸され、次いで冷却された繊維は、準安定性形状に延伸されたポリマー分子から成る。 A very stretched during their manufacture, then it cooled fiber consists of a polymer molecule which is stretched metastable shape. その後の加熱により、繊維は、自由エネルギーが最小のコイル化状態に戻る。 Subsequent heating, the fibers, the free energy is returned to the minimum coil state.

再分配は、いずれの番号の工程で達成されてもよい。 Redistribution may be accomplished in any number of steps. 例えば、合成繊維101は、繊維ウェブ100が成型部材50上に配置されている間に、例えばウェブ100のピロー部を通して熱ガスを吹かされ、その結果、合成繊維101が第一のパターンにより再分配されることにより、最初の再分配を受けることができる。 For example, the synthetic fibers 101, while the fiber web 100 is disposed on the molding member 50, for example Fukasa hot gas through pillowed web 100, as a result, the synthetic fibers 101 are redistributed by the first pattern by being, you can receive the first redistribution. 次いで、ウェブ100を別の成型部材50に移送することができ、合成繊維101は第二のパターンに従って更に再分配され得る。 Then, it is possible to transport the web 100 to another molding member 50, the synthetic fibers 101 can be further redistributed according to a second pattern.

ウェブ100における合成繊維101の加熱は、成型部材50の流体透過性区域154に対応する複数のマイクロ領域を加熱することにより達成され得る。 Heating of the synthetic fibers 101 in the web 100 may be accomplished by heating the plurality of micro-regions corresponding to the fluid-permeable areas 154 of the molding member 50. 例えば、加熱装置90からの熱ガスは、ウェブ100を通って押入され得る。 For example, hot gases from the heating device 90 can be forced through the web 100. 熱エネルギー源として、プレドライヤーも使用可能である。 As thermal energy source, pre-dryers can also be used. いずれの場合にも、プロセスに応じて、熱ガスの流れの方向を、図1に示す方向に対して反転することができ、故に熱ガスは成型部材50を通ってウェブを貫通する。 In either case, depending on the process, the direction of the hot gas flow can be reversed to the direction shown in FIG. 1, therefore the hot gas penetrates the web through the molding member 50. 次いで、成型部材50の流体透過性区域154に配置されるウェブのピロー部分150は、主に熱ガスによって影響される。 Then, the web of pillow portion 150 disposed in the fluid-permeable areas 154 of the molding member 50 is influenced primarily by the hot gas. ウェブ100の残部は、成型部材50により熱ガスから遮蔽される。 Remainder of the web 100 is shielded from the hot gas by the molding member 50. その結果、合成繊維101は、ウェブ10のピロー部分150で優勢的に軟化又は溶融する。 As a result, the synthetic fibers 101 predominantly softened or melted by the pillow portion 150 of the web 10. 更に、この領域は、合成繊維101の溶融又は軟化に起因する繊維の共接合が最も生じやすい場所である。 In addition, this region is co-joining of fibers caused by melting or softening of the synthetic fibers 101 is most likely to occur where.

合成繊維101の再分配は繊維101の幾つかの少なくとも一部の上を熱ガスが通過することにより影響を受けたものとして上記では説明したが、繊維101を加熱するためのいかなる好適な手段も実施することができる。 Although redistribution of the synthetic fibers 101 in the above described over at least some of some of the fibers 101 as affected by the passing hot gas, any suitable means for heating the fiber 101 it can be carried out. 例えば、熱流体、並びにマイクロ波、無線波、超音波エネルギー、レーザー又は他の光エネルギー、加熱ベルト又はロール、熱ピン、磁気エネルギー、又はこれら若しくは加熱のための他の既知の手段のいずれかの組み合わせを使用してもよい。 For example, thermal fluid, as well as microwave, radio waves, ultrasonic energy, laser or other light energy, the heating belt or roll, the thermal pin, magnetic energy, or any other known means for these or heating the combination may also be used. 更に、合成繊維101の再分配は一般的に繊維101を加熱することにより影響を受けたものとして言及したが、再分配はまた、ウェブ10の一部を冷却することの結果として生じてもよい。 Furthermore, although the redistribution of the synthetic fibers 101 mentioned as being generally affected by heating the fibers 101, redistribution may also occur as a result of cooling the portion of the web 10 . 加熱の場合と同様に、合成繊維101の冷却は、繊維101の形状変化及び/又はウェブの残りに関してそれ自体の方向替えを引き起し得る。 As in the case of heating, cooling of the synthetic fibers 101 may cause the direction sort itself for the remaining shape change and / or web of fibers 101. 更にまた、合成繊維は、再分配物質との反応に起因して再分配されてもよい。 Furthermore, the synthetic fibers may be redistributed due to the reaction with the redistribution material. 例えば、合成繊維101は、合成繊維101を軟化又は他の方法で操作して、ウェブ10内のその形状、向き、又は位置に何らかの変化の影響を及ぼすような化学組成物の対象となってもよい。 For example, the synthetic fibers 101, the synthetic fiber 101 is operated at the softening or otherwise, the shape of the web 10, the direction, or be the subject of chemical compositions that affect any change in the position good. 更にまた、再分配は、機械的手段及び/又は磁気、静電気などの他の手段により影響されることが可能である。 Furthermore, redistribution, is capable of being influenced mechanical means and / or magnetic, by other means such as static electricity. それ故に、本明細書に記述するような合成繊維101の再分配は、合成繊維101の熱再分配だけに限定されると考えるべきではなく、むしろウェブ10内の合成繊維101のいずれかの部分を再分配(例えば、形状、向き、又は位置の変更)するための全ての既知の手段を包含すると考えるべきである。 Therefore, redistribution of the synthetic fibers 101 as described herein should not be considered as limited only to thermal redistribution of the synthetic fibers 101, but rather any portion of the synthetic fibers 101 of the web 10 redistribution (e.g., shape, orientation, or location changes) a it should be considered to encompass all known means for.

合成繊維101が本明細書で説明される方法及び手段により再分配されてもよいが、ウェブを生産するプロセスは、長セルロース繊維103及び/又は短セルロース繊維102の分配が合成繊維101を再分配するために使用される手段により著しい影響を及ぼされないように選定可能である。 Synthetic fibers 101 may be redistributed by the methods and means described herein, but the process for producing the web redistributes distribution synthetic fibers 101 of the long cellulosic fibers 103 and / or short cellulosic fibers 102 It can be selected so as not to significantly affect the means used to. したがって、結果として得られる繊維構造体100は、再分配されていてもいなくても、繊維構造体全体にわたってランダムに分配された複数の長セルロース繊維103と、非ランダムパターンで分配された複数の合成繊維101とを含むことができる。 Therefore, the fiber structure 100 resulting, may not be redistributed, and a plurality of long cellulosic fibers 103 randomly distributed throughout the fibrous structure, a plurality of synthetic distributed in a non-random pattern It may include a fiber 101. 図10は、繊維構造体100の一実施形態を示しており、そこでは、長セルロース繊維103が構造体全体にわたってランダムに分配され、合成繊維101と短セルロース繊維102の混合物104が非ランダム繰返しパターンで分配されている。 Figure 10 shows one embodiment of a fibrous structure 100, where the long cellulosic fibers 103 are randomly distributed throughout the structure, the synthetic fiber 101 mixture 104 of short cellulosic fibers 102 are non-random repeating pattern It is in are distributed.

本発明のウェブの作成方法はまた、他のいずれかの所望の工程を含んでもよい。 Web creating method of the present invention may also include any other desired process. 例えば、その方法は、ウェブをロール上に巻き取る、ウェブをカレンダー加工する、ウェブをエンボス加工する、ウェブに穿孔する、ウェブに印刷する、及び/又はウェブを1つ以上の他のウェブ又は材料に接合して多プライ構造体を形成するなどの、コンバーティング工程を含んでもよい。 For example, the method to wind the web onto a roll, calendering a web, the web embossing, perforating the web, to print on the web, and / or one or more other web a web or material such as to form a bonded multi-ply structure may include a converting step. エンボス加工を記載する幾つかの代表的特許には、米国特許第3,414,459号、第3,556,907号、第5,294,475号、及び第6,030,690号が含まれる。 Contained in some typical Patents describing embossing, U.S. Patent No. 3,414,459, No. 3,556,907, No. 5,294,475, and No. 6,030,690 It is. 更に加えて、その方法は、軟化、強化、及び/又は他の処理を製品の表面に又はウェブの形成時に加えるなどの、ウェブの特性に追加又は増強する1つ以上の工程を含んでもよい。 In addition, the method, softening, reinforcing, and / or other processing, such as adding on the surface of the product or during web formation may include one or more steps to add or enhance the properties of the web. 更に、ウェブは、例えば、米国特許第3,879,257号又は他のもので説明されるような、ラテックスなどを備えてもよい。 Furthermore, the web, for example, as described in those U.S. Patent No. 3,879,257, or other, such as may comprise a latex.

本発明の繊維構造体100を用いて様々な製品を作成することができる。 It is possible to create a variety of products with a fibrous structure 100 of the present invention. 例えば、結果として生じた製品は、空気、油及び水用フィルタ;掃除機用フィルタ;炉用フィルタ;フェイスマスク;コーヒーフィルタ、ティー又はコーヒーバッグ;断熱材及び遮音材;おむつ、女性用パッド及び失禁物品などの一回使用型衛生製品用の不織布;微小繊維又は通気性布地のような吸水性及び着用の柔軟性のための織物布地;粉塵の回収及び除去のための静電的に帯電した構造ウェブ;補強材、及び包装紙、筆記用紙、新聞印刷用紙、ダンボールのような硬質紙用ウェブ、及びトイレットペーパー、紙タオル、ナプキン及びフェイシャルティッシュなどの紙のティッシュ等級用ウェブ;外科用カーテン、創傷包帯、包帯及び皮膚貼付剤のような医療用途での使用を見出し得る。 For example, the resulting product, air, oil and water filters; filter cleaner; furnace filters; face masks; coffee filters, tea or coffee bags; thermal insulator and sound insulation materials; diapers, feminine pads and incontinence electrostatically charged structures for collecting and removing dust; woven fabrics for flexibility of the water-absorbing and wear such as microfiber or breathable fabrics; nonwoven for single use type sanitary products, such as articles web; reinforcing material, and wrapping paper, writing paper, newsprint, for hard paper such as corrugated cardboard web, and toilet paper, paper towels, web for tissue grades of paper, such as napkins and facial tissue; surgical drapes, wound bandages, may find use in medical applications such as bandages and skin patches. 繊維構造体100はまた、特定用途のための臭い吸収剤、シロアリ忌避剤、殺虫剤、殺鼠剤などを包含してもよい。 Fibrous structure 100 also includes odor absorbers for a particular application, termite repellents, insecticides, etc. may include a rodenticide. 得られた製品は、水及び油を吸収することができ、並びに油若しくは水こぼれの清掃、又は農業若しくは園芸の用途のための制御された水保持及び放出に用途を見出すことができる。 The resulting product can absorb water and oil, as well as oil or water spill clean, or may find use in a controlled water retention and release for agricultural or horticultural applications.

(非限定的な実施例) (Non-limiting example)
(実施例1) (Example 1)
パイロット規模の長網抄紙機が、本実施例で使用される。 A pilot scale Fourdrinier paper machine, used in this embodiment. NSKの3重量%水性スラリーが、従来型リパルパー内で作成される。 3 wt% aqueous slurry of NSK is created in a conventional re-pulper. NSKスラリーは、軽くリファイニングされて、永久湿潤強度樹脂(すなわち、デラウェア州ウィルミングトン(Wilmington,Del.)のハーキュレス社(Hercules incorporated)により市販されるカイメン(Kymene)557LX)の2%溶液が、乾燥繊維の1重量%の率でNSK紙料管に添加される。 NSK slurry is lightly refined, permanent wet strength resin (i.e., Delaware Wilmington (Wilmington, Del. Sponges (Kymene) 557LX marketed by Hercules (Hercules Incorporated)) of) a 2% solution of It is added to the NSK stock pipe at a 1 wt% of the rate of dry fibers. カイメン(Kymene)557LXのNSKへの吸着は、インラインミキサーにより強められる。 Sponges (Kymene) adsorption 557LX into NSK is enhanced by in-line mixer. カルボキシメチルセルロース(CMC)の1%溶液が、乾燥繊維の0.2重量%の率でインラインミキサーの後に添加され、繊維基材の乾燥強度を上昇させる。 1% solution of carboxymethyl cellulose (CMC), is added after the in-line mixer at 0.2% by weight of the rate of dry fibers increases the dry strength of the fibrous substrate. ユーカリ繊維の3重量%水性スラリーが、従来型リパルパー内で作成される。 3 wt% aqueous slurry of Eucalyptus fibers is created in a conventional re-pulper.

NSK完成紙料及びユーカリ繊維は、ヘッドボックス内で層状にされて、異なる層として長網上に堆積され、初期ウェブを形成する。 NSK furnish and eucalyptus fibers are layered in the head box, it is deposited on a foraminous as different layers, to form the embryonic web. 脱水が、長網を通して生じ、デフレクター及びバキュームボックスにより補助される。 Dehydration occurs through Fourdrinier, is assisted by a deflector and vacuum boxes. 長網は、モノフィラメントをセンチメートル当り機械方向に33本及び機械横方向に30本それぞれ有する(インチ当り84及び77本)、5シェッド(shed)サティン織りの構成である。 Fourdrinier monofilaments 33 present in centimeters per machine direction and cross machine direction having 30 lines each (inches per 84 and present 77), a 5 shed (shed) Satin weave configuration. 初期湿潤ウェブは、長網から移送点において約22%の繊維濃度で感光性ポリマーファブリックへ移送され、感光性ポリマーファブリックは、6.45cm 2 (平方インチ)当り150のリニアー・アイダホ(Linear Idaho)セル、20%のナックル面積、及び0.432mm(17ミル)の感光性ポリマー深さを有する。 The initial wet web is transferred to the photosensitive polymer fabric fiber consistency of about 22% at the transfer point from the Fourdrinier, photopolymer fabric, 6.45 cm 2 Linear Idaho (square inch) per 0.99 (Linear Idaho) cell, a photosensitive polymer depth of the knuckle area of ​​20%, and 0.432 mm (17 mils). ウェブが約28%の繊維濃度になるまで、真空の助けによる排水により、更なる脱水が達成される。 Until the web is fiber concentration of about 28% by draining with the aid of a vacuum, a further dehydration is accomplished. パターン付けされたウェブは、約65重量%の繊維濃度まで通風により前乾燥される。 A patterned web is pre-dried by air to a fiber consistency of about 65% by weight. ウェブは、次に、ポリビニルアルコール(PVA)の0.25%水溶液を含むスプレーされたクレーピング接着剤で、ヤンキードライヤーの表面に接着される。 Web is then in a sprayed creping adhesive comprising 0.25% aqueous solution of polyvinyl alcohol (PVA), it is adhered to the surface of a Yankee dryer. 繊維濃度は、ドクターブレードでウェブをドライクレーピングするまでに、推定96%に上昇される。 Fiber concentration, a web with a doctor blade until the dry creping, is raised to an estimated 96%. ドクターブレードは、約25度のベベル角を有し、及び約81度の衝撃角を形成するようにヤンキードライヤーに関して配置され、ヤンキードライヤーは、毎分約183m(約600fpm(毎分フィート))で運転される。 Doctor blade is positioned with respect to the Yankee dryer to form a has a bevel angle of about 25 degrees and about 81 degrees impact angle, Yankee dryer, per minute about 183m (about 600Fpm (min ft)) It is operated. 乾燥ウェブは、毎分171m(560fpm)の速度でロールに形成される。 Drying the web is formed into roll at a rate of 171m (560fpm).

2プライのウェブが、PVA接着剤の使用で共にラミネート及びエンボス加工されることにより、紙タオル製品に形成される。 Of 2-ply webs, by being laminated together and embossed with the use of PVA glue, it is formed on the paper towel products. その紙タオルは、約40g/m 2の坪量を有し、ノーザーン針葉樹クラフト70重量%とユーカリ30重量%の組成を含む。 The paper towel has a basis weight of about 40 g / m 2, including the composition of the Northern softwood kraft 70% and Eucalyptus 30% by weight. 得られた紙タオルは、約374グラムのエージング後湿潤破裂を有する。 The resulting paper towel has a wet burst after aging about 374 grams.

(実施例2) (Example 2)
紙タオルが、実施例1と類似方法によるが、ユーカリの10重量%を3mmの合成2構成成分ポリエステル繊維10重量%で置き換えて、作成される。 Paper towels, depending on method similar to Example 1, a 10 wt% eucalyptus replaced by synthetic bicomponent polyester fibers 10% by weight of 3 mm, is prepared. 合成/ユーカリ混合物は、繊維長比4.2、PTP係数1.2、及び繊維粗度値11.0mg/100mを有する。 Synthesis / Eucalyptus mixture has a fiber length ratio 4.2, PTP factor of 1.2, and a degree of fiber roughness value 11.0 mg / 100 m. 繊維長比、PTP係数、及び繊維粗度値は、以下の試験方法の節に示されるカヤニ(Kajaani)法により決定される。 Fiber length ratio, PTP factor, and fiber roughness values ​​are determined by Kayani (Kajaani) method shown in section following test methods. 紙タオルは、約40g/m 2の坪量を有し、並びに1つの層に70重量%のノーザーン針葉樹クラフトと、他方の層に20重量%のユーカリ及び10重量%の3mm長さ合成繊維の混合物とを含む。 Paper towel is from about had a basis weight of 40 g / m 2, and the one layer of 70% by weight Northern softwood kraft, 20 percent by weight to the other layers of eucalyptus and 10% by weight of 3mm length synthetic fibers and a mixture. 得られた紙タオルは、約484グラムのエージング後湿潤破裂を有する。 The resulting paper towel has a wet burst after aging about 484 grams.

(実施例3) (Example 3)
紙タオルが、実施例1と類似方法によるが、ユーカリの5重量%を6mmの合成2構成成分ポリエステル繊維5重量%で置き換えて、作成される。 Paper towels, depending on method similar to Example 1, 5% by weight of eucalyptus replaced by synthetic bicomponent polyester fibers 5 wt% of 6 mm, is created. 合成/ユーカリ混合物は、以下の試験方法の節に示されるように及び実施例2の説明のように測定される、繊維長比8.4、PTP係数1.2、及び繊維粗度値11.6mg/100mを有する。 Synthesis / Eucalyptus mixture is measured as the and Example 2 described as shown in the section following test methods, the fiber length ratio 8.4, PTP factor of 1.2 and degree of fiber roughness value 11,. with a 6mg / 100m. 紙タオルは、約40g/m 2の坪量を有し、並びに1つの層に70重量%のノーザーン針葉樹クラフトと、他方の層に25重量%のユーカリ及び5重量%の6mm長さ合成繊維の混合物とを含む。 Paper towel has a basis weight of about 40 g / m 2, and the one layer 70% by weight of Northern softwood kraft, 25 percent by weight to the other layers of eucalyptus and 5% by weight of 6mm length synthetic fibers and a mixture. 得られた紙タオルは、約472グラムのエージング後湿潤破裂を有する。 The resulting paper towel has a wet burst after aging about 472 grams.

(試験方法) (Test method)
(カヤニ(Kajaani)法) (Kayani (Kajaani) method)
セルロース繊維の長さ加重平均繊維長及びセルロース/合成繊維混合物の繊維粗度は、カヤニ(Kajaani)ファイバーラボ(FiberLab)繊維分析器で決定される。 Degree of fiber roughness of length weighted average fiber length and cellulose / synthetic fiber mixture of cellulose fibers is determined by Kayani (Kajaani) FiberLabs (FiberLab) fiber analyzer. 分析器は、報告範囲を0mm〜7.6mmに設定し、長さが0.08mm未満の繊維は繊維長及び繊維粗度の計算から除外されるようにプロファイルを設定して、製造者推奨により操作される。 Analyzer sets the reported range in 0Mm~7.6Mm, fiber is less than 0.08mm length by setting the profile to be excluded from the calculation of fiber length and fiber roughness, the manufacturer recommends It is operated. この大きさの粒子が計算から除外されるのは、これらが主として非繊維性の断片からなり、本発明が向けられる用途に対して機能的でないと考えられるからである。 The particles of this size are excluded from the calculation is that they consist predominantly non-fibrous fragments, it is considered that not functional for the uses to which the present invention is directed.

正確な試料重量がカヤニ(Kajaani)ファイバーラボ(FiberLab)計器へ確実に入れられるように、試料準備には注意を払わなければならない。 As the exact weight of the sample is securely placed to Kayani (Kajaani) Fiber Lab (FiberLab) instrument, care must be taken in sample preparation. 試料準備の受容可能な方法は、次の工程を有する。 Acceptable method of sample preparation, has the following steps.

1)試料の湿分含量を決定し、次に分析用試料を計量する。 1) Determine the moisture content of the sample, then measuring the sample for analysis. 短広葉樹繊維に対する目標試料重量は、0.02〜0.04グラムであり、普通長さの針葉樹繊維に対しては、0.15〜0.30グラムである。 Target sample weight to the short hardwood fibers is from 0.02 to 0.04 g, for the usual length of softwood fibers, from 0.15 to 0.30 g. 試料は、繊維粗度分析については+/−0.1ミリグラムの精度で計量されなければならない。 Samples for the fiber roughness analysis must be weighed +/- 0.1 mg accuracy.

2)手動離解器に温水を約150ml満たして乾燥試料を加え、試料が完全に離解されるまで、すなわち繊維束又は結束が試料中に残らなくなるまで、離解器の撹拌器を上下に移動させることにより、乾燥試料を離解する。 2) Manual macerating device about 150ml meets dried samples hot water was added to until the sample is completely macerated, that is, until the fiber bundle or bundled can not remain in the sample, moving the agitator of the macerating unit vertically Accordingly, defibrating the dried sample. しかしながら、必要な離解時間の超過及び繊維の過度に荒い取扱いは、繊維を破壊しないために、避けるべきである。 However, excessively rough handling of excess and fiber required disaggregation time, in order not to destroy the fibers, should be avoided.

3)手動離解器内のパルプスラリーを2000mlメスフラスコへ移して、2000ml線まで水道水を満たす。 3) the pulp slurry in a manual macerating unit transferred to 2000ml volumetric flask, satisfies the tap water to 2000ml line. よく混合して、均一を達成する。 It may be mixed to achieve a uniform. 繊維粗度試料に対する希釈精度は、+/−4mlでなければならない。 Diluted accuracy for fibers roughness sample, + / - must be 4 ml.

4)試料の濃度を決定し、次の式を使用して必要な試料の量を計算する:試料の量=(目標濃度×2000)/(プロセス濃度)、ここで広葉樹に対する目標濃度は0.005〜0.010%であり、針葉樹に対しては0.015〜0.025%である。 4) determining the concentration of the sample, using the following equation to calculate the amount of sample required: amount = (target concentration × 2000) / sample (Process density), the target concentration for here broadleaf 0. a 005 to 0.010%, with respect to the softwood is from 0.015 to 0.025%.

5)試料量を2000mlメスフラスコに加え、2000ml線まで水道水を満たして、よく混合する。 5) In addition to 2000ml volumetric flask a sample amount, and filled with tap water to 2000ml lines, mix well.

6)先端開口部が少なくとも2mmのピペットを使用して試料スラリーの50mlアリコートを採り、そのアリコートをカヤニ(Kajaani)の試料容器の中へ入れる。 6) distal opening using at least 2mm pipette take 50ml aliquot of the sample slurry, placing the aliquot into the sample container Kayani (Kajaani).

7)繊維粗度分析の場合、次の式を使用して、50mlアリコート中に存在する総試料重量を計算する:50mlアリコート中の繊維重量(mg/50ml)=(50ml/2000ml)×(計量された繊維の乾燥重量、mg) 7) If the degree of fiber roughness analysis, using the following equation to calculate the total sample weight present in 50ml aliquots: fiber weight (mg / 50ml in 50ml aliquots) = (50ml / 2000ml) × (Weighing dry weight of the fiber, mg)
8)試料容器をカヤニ(Kajaani)の試料ユニットの中に置いて、分析を開始する。 8) Place the sample container in the sample unit of Kayani (Kajaani), starts the analysis.

9)カヤニ(Kajaani)ファイバーラボ(FiberLab)設備は、長さ加重平均繊維長をミリメートルで、平均セルロース繊維幅をマイクロメートルで、及び繊維粗度をミリグラム/メートルで、自動的に報告する。 9) Kayani (Kajaani) FiberLabs (FiberLab) equipment, in millimeters the length weighted average fiber length, an average cellulosic fiber width in micrometers, and the degree of fiber roughness in milligrams / meter are reported automatically. カヤニ(Kajaani)ファイバーラボ(FiberLab)設備は、重み付け無しの繊維長メートル当りミリグラムの単位(mg/m)で粗さを報告する。 Kayani (Kajaani) FiberLabs (FiberLab) equipment reports the roughness fiber length meter per milligram of the unit without weighting (mg / m). この値は、100を掛算されて、上の繊維粗度の定義で示されたように、100メートル当りミリグラムの単位で繊維粗度を得る。 This value, 100 is multiplied by, as shown in the definition of fiber roughness of above, obtaining a degree of fiber roughness in units of 100 meters per milligram. パルプの繊維粗度は、混合物から取った3つの繊維試料の3つの繊維粗度測定値の平均である。 Degree of fiber roughness of the pulp is an average of three fiber roughness measurements of three fiber specimens taken from the mixture.

(エージング後湿潤破裂) (After aging wet burst)
湿潤破裂は、ペンシルバニア州フィラデルフィア(10960 Dutton Road,Philadelphia,Pa.19154)のスイングアルバート・インストルメント社(Thwing-Albert Instrument Co.)から入手される、2000グラムロードセルを備えたスイングアルバート破裂試験機カタログ番号177を使用して決定される。 Wet rupture, Philadelphia, PA (10960 Dutton Road, Philadelphia, Pa.19154) swing Albert Instruments Inc. (Thwing-Albert Instrument Co.) is obtained from, swing Albert burst test machine equipped with a 2000 g load cell It is determined using the catalog number 177. 試料は、約22.8±1.1℃(73°+/−2°F)の温度及び約50%+/−2%相対湿度に空調された室内に少なくとも約24時間置かれる。 Samples about 22.8 ± 1.1 ℃ (73 ° +/- 2 ° F) temperature and about 50% + / in - are placed at least about 24 hours in a room that is conditioned to 2% relative humidity. 紙は、105℃のオーブン内で約5分間エージングされる。 Paper, is aged for about 5 minutes in an oven at 105 ° C.. ペーパーカッターを使用して、約11.4cm(4.5インチ)幅(CD)×30.48cm(12インチ)長さ(MD)の8枚の試験用細長片を切断する。 Use paper cutter, for cutting about 11.4 cm (4.5 inch) wide (CD) × 30.48cm (12 inches) long eight test strip of (MD). それぞれの細長片を、蒸留水で濡らして、試料保持具の下側リングの上にワイヤ面を上に向けて置いて、試料が下側リングの開口部を完全に覆い、試料の少量が下側リングの外径を越えて延びるようにする。 Each strip and wetted with distilled water, the wire surface on the lower ring of the sample holder at facing upward, completely covers the opening of the lower ring specimen, under a small amount of sample to extend beyond the outer diameter of the side ring. 試料細長片が下側リング上に適切に置かれたのち、上側リングが空気圧保持具と共に降下されて、試料が上側リングと下側リングの間に保持される。 After the sample strip has been properly placed on the lower ring, the upper ring is lowered with a pneumatic holding device, the sample is held between the upper ring and the lower ring. 下側リングの開口部の直径は、約8.9cm(3.5インチ)である。 The diameter of the opening of the lower ring is approximately 8.9 cm (3.5 inches). プランジャーは、約1.5cm(0.6インチ)の直径を有する。 The plunger has a diameter of about 1.5cm (0.6 inches). 試験器が活性化されると、プランジャーが、約12.7cm/分(毎分5インチ)の速度で上昇して、紙を破裂する。 When the tester is activated, plunger, increasing at a rate of about 12.7 cm / minute (min 5 inches), to rupture the paper. 試験器は、試料が破裂した時に、湿潤破裂強度値をグラム直接で提供する。 Tester, when the sample was ruptured, provides a wet burst strength values ​​in grams directly. 8枚の試料細長片に対して得られた試験結果を平均して、紙試料の湿潤破裂値をグラム単位で記録する。 By averaging the test results obtained for eight samples strip, it records the wet burst value of the paper sample in grams.

本発明のプロセスの実施形態の概略的な側面図。 Schematic side view of an embodiment of the process of the present invention. 実質的に連続的な枠組を有する形成部材の実施形態の概略的な平面図。 Schematic plan view of an embodiment of a forming member having a substantially continuous framework. 代表的な形成部材を表示する断面図。 Sectional view for displaying a representative member. 実質的に半連続的な枠組を有する形成部材の実施形態の概略的な平面図。 Schematic plan view of an embodiment of a substantially forming member having a semi-continuous framework. 分離性パターンの枠組を有する形成部材の実施形態の概略的な平面図。 Schematic plan view of an embodiment of a forming member having a framework of the separation pattern. 代表的な形成部材を表示する断面図。 Sectional view for displaying a representative member. 形成部材内に形成された溝の中へ分配された代表的な合成繊維を示す概略的な断面図。 Schematic cross-sectional view showing a typical synthetic fibers distributed into the formed form a member groove. 本発明の単一繊維構造体を示す断面図であり、セルロース繊維が合成繊維を含む形成部材上にランダムに分配されている。 Is a sectional view showing a single fibrous structure of the present invention, the cellulosic fibers are distributed randomly on the forming member comprising a synthetic fiber. 本発明の単一繊維構造体の断面図であり、セルロース繊維が概ねランダムに分配されており、合成繊維が概ね非ランダムに分配されている。 Is a cross-sectional view of a single fiber structure of the present invention are generally distributed randomly cellulose fibers, synthetic fibers are generally distributed non-randomly. 本発明の単一繊維構造体の断面図であり、合成繊維が概ねランダムに分配されており、セルロース繊維が概ね非ランダムに分配されている。 Is a cross-sectional view of a single fiber structure of the present invention, the synthetic fibers are generally being randomly distributed, it is distributed in a generally non-random cellulose fibers. 本発明の一体繊維構造体の実施形態の概略的な平面図。 Schematic plan view of an embodiment of an integral fibrous structure of the present invention. 圧縮表面と成型部材の間の本発明の一体繊維構造体の概略的な断面図。 Schematic cross-sectional view of an integral fibrous structure of the present invention between the compression surface molding member. 別の繊維と共接合された2構成成分合成繊維の概略的な断面図。 Schematic cross-sectional view of another fiber co bonded bicomponent synthetic fibers. 実質的に連続的なパターンの枠組を有する成型部材の実施形態の概略的な平面図。 Schematic plan view of an embodiment of the molding member having a framework substantially continuous pattern. 図13の線14−14に沿って見る概略的な断面図。 Schematic cross-sectional view seen along line 14-14 in FIG. 13. 一体繊維構造体の断面図であり、合成繊維及び短セルロース繊維が1つの層内に配置され、長セルロース繊維が隣接層内に配置されている。 Integral is a sectional view of the fiber structure, synthetic fibers and short cellulosic fibers is disposed in one layer, long cellulosic fibers is disposed in adjacent layers.

Claims (20)

  1. 少なくとも2つの層を含む繊維構造体であって、前記繊維構造体の前記層の少なくとも1つが、長セルロース繊維を含み、且つ前記層の少なくとも1つが、短セルロース繊維と合成繊維との混合物を含み、好ましくは前記合成繊維の少なくとも一部が前記短セルロース繊維の少なくとも一部に接合している、繊維構造体。 A fibrous structure comprising at least two layers, wherein at least one of the layers of the fiber structure comprises a length of cellulose fibers, and at least one of said layers comprises a mixture of short cellulosic fibers and synthetic fibers , preferably at least a portion of said synthetic fibers is bonded to at least a portion of the short cellulose fibers, the fiber structure.
  2. 前記短セルロース繊維と合成繊維との混合物が、1超過の繊維長比を有し、好ましくは1〜20の間の繊維長比を有する、請求項1に記載の繊維構造体。 The mixture of short cellulosic fibers and synthetic fibers, having a 1 excess fiber length ratio preferably have a fiber length ratio between 1 to 20, the fiber structure of claim 1.
  3. 前記短セルロース繊維と合成繊維との混合物が、0.75超過のPTP係数を有する、請求項1又は2のいずれか1項に記載の繊維構造体。 The mixture of short cellulosic fibers and synthetic fibers has a PTP factor of 0.75 exceeded, fibrous structure according to any one of claims 1 or 2.
  4. 前記短セルロース繊維が、2mm未満の長さ加重平均繊維長を有し、好ましくは前記短セルロース繊維が、1mm未満の長さ加重平均繊維長と18マイクロメートル未満の平均セルロース繊維幅とを有する、請求項1〜3のいずれか1項に記載の繊維構造体。 The short cellulose fibers having a length weighted average fiber length of less than 2 mm, preferably the short cellulose fibers have an average cellulosic fiber width of less than 1mm length weighted average fiber length and 18 micrometers, fibrous structure according to any one of claims 1 to 3.
  5. 前記合成繊維が、2mm超過の長さ加重平均繊維長と15マイクロメートル超過の平均合成繊維直径とを有する、請求項1〜4のいずれか1項に記載の繊維構造体。 The synthetic fibers have an average synthetic fiber diameter of 2mm excess length weighted average fiber length and 15 micrometers exceeded, fibrous structure according to any one of claims 1 to 4.
  6. 前記長セルロース繊維が、2mm超過の長さ加重平均繊維長と50マイクロメートル未満の平均セルロース繊維幅とを有する、請求項1〜5のいずれか1項に記載の繊維構造体。 The long cellulose fibers have an average cellulosic fiber width of less than 2mm excess length weighted average fiber length and 50 micrometers, fiber structure according to any one of claims 1 to 5.
  7. 前記短セルロース繊維と合成繊維との混合物が、50未満mg/100m、好ましくは25未満mg/100m、の繊維粗度値を有する、請求項1〜6のいずれか1項に記載の繊維構造体。 The mixture of short cellulosic fibers and synthetic fibers, less than 50 mg / 100 m, and preferably has a mg / 100 m, a fiber roughness value less than 25, the fiber structure according to any one of claims 1 to 6 .
  8. 前記一体繊維構造体が、クレープ加工される、クレープ加工されない、又はエンボス加工される、請求項1〜7のいずれか1項に記載の繊維構造体。 The integrated fibrous structure is creped, not creped or embossed, fibrous structure according to any one of claims 1 to 7.
  9. 前記繊維構造体が、別個の繊維構造体と組み合わされて、多プライ物品を形成する、請求項1〜8のいずれか1項に記載の繊維構造体。 The fibrous structure is combined with a separate fiber structure to form a multi-ply article, fibrous structure according to any one of claims 1-8.
  10. 前記一体繊維構造体の少なくとも一部の上に配置されたラテックスを含む、請求項1〜9のいずれか1項に記載の繊維構造体。 Comprising said latex disposed on at least a portion of the integral fibrous structure, fibrous structure according to any one of claims 1-9.
  11. 合成繊維と短セルロース繊維との混合物を含む1つ以上の層を形成するように、前記合成繊維と短セルロース繊維との混合物を形成部材上に供給する工程と、前記形成部材が好ましくは溝のパターンを有し、且つ前記合成繊維の少なくとも一部が前記溝内に配置され、 To form one or more layers comprising a mixture of synthetic fibers and short cellulosic fibers, wherein the synthetic fibers and providing a mixture of short cellulosic fibers onto forming member, said forming member preferably groove of has a pattern, which and at least a portion of the synthetic fibers located in the groove,
    長セルロース繊維を優勢的に含む1つ以上の層を形成するように、前記合成繊維と短セルロース繊維との混合物の上に複数の長セルロース繊維を供給する工程と、 To form one or more layers predominantly containing long cellulose fibers, and supplying a plurality of long cellulosic fibers onto the mixture of the synthetic fibers and short cellulosic fibers,
    前記合成繊維と短セルロース繊維との混合物を含む前記1つ以上の層と長セルロース繊維を優勢的に含む1つ以上の層とを含む一体繊維構造体を形成する工程と、を含む繊維構造体の製造方法。 Fibrous structure and forming an integral fibrous structure comprising said one or more layers and one or more layers predominantly containing long cellulosic fibers comprising a mixture of the synthetic fibers and short cellulosic fibers the method of production.
  12. 合成繊維と短セルロース繊維との混合物を含む第一の水性スラリーを準備する工程と、 Preparing a first aqueous slurry containing a mixture of synthetic fibers and short cellulosic fibers,
    複数の長セルロース繊維を含む第二の水性スラリーを準備する工程と、 Preparing a second aqueous slurry containing a plurality of long cellulosic fibers,
    前記第一と第二の水性スラリーを、溝のパターンを有する流体透過性の形成部材の上に堆積させる工程と、 Said first and second aqueous slurry, depositing onto the fluid permeable forming member having a pattern of grooves,
    前記堆積された第一と第二の水性スラリーを部分的に脱水して繊維ウェブを形成する工程と、前記繊維ウェブが、前記繊維ウェブの少なくとも1つの層の全体にわたってランダムに分配された前記複数の長セルロース繊維と、少なくとも部分的に非ランダムに溝内に分配された前記合成繊維と短セルロース繊維との混合物とを含み、 Forming a first and second aqueous slurries of partially dehydrated to fibrous webs that are said depositing, said fibrous web, said plurality that are randomly distributed throughout at least one layer of the fibrous web wherein between the long cellulose fibers, and a mixture of the synthetic fibers and short cellulosic fibers distributed to at least partially the inner groove in the non-random,
    成型部材上に配置された前記繊維ウェブに流体差圧を付与することにより前記繊維ウェブを前記溝のパターンによって成型する工程と、ここで前記成型部材上に配置された前記繊維ウェブが、前記成型部材の複数の流体透過性区域に対応する第一の複数のマイクロ領域と、前記成型部材の複数の流体不透過性区域に対応する第二の複数のマイクロ領域とを含み、 Wherein the step of molding the fibrous web by the pattern of the groove, said fibrous web herein disposed on the molding member, the molding by applying differential fluid pressure arranged the fiber web on the molding member includes a first plurality of micro-regions corresponding to a plurality of fluid-permeable areas of the member, and a second plurality of micro-regions corresponding to the plurality of fluid-impermeable areas of the molding member,
    前記繊維ウェブを前記成型部材から乾燥表面へ移送する工程と、 A step of transferring the fibrous web from the molding member to a drying surface,
    前記合成繊維と短セルロース繊維との混合物が予め定められたパターンで配置され、且つ前記複数の長セルロース繊維が前記繊維構造体の少なくとも1つの層の全体にわたって概ねランダムに分配されたままである、前記一体繊維構造体を形成する工程と、を含む一体繊維構造体の製造方法。 The mixtures of synthetic fibers and short cellulosic fibers is disposed in a predetermined pattern, is and remains the plurality of long cellulosic fibers are generally randomly distributed throughout at least one layer of the fibrous structure, wherein method of manufacturing integral fibrous structure comprising the steps of forming an integral fibrous structure, a.
  13. 前記合成繊維と短セルロース繊維との混合物が、1超過の繊維長比を有し、好ましくは前記合成繊維と短セルロース繊維との混合物が、1〜20の間の繊維長比を有する、請求項11及び12のいずれか1項に記載の製造方法。 The mixtures of synthetic fibers and short cellulosic fibers has a 1 excess fiber length ratio, preferably a mixture of the synthetic fibers and short cellulosic fibers have a fiber length ratio between 1 to 20, claim the process according to any one of 11 and 12.
  14. 前記合成繊維と短セルロース繊維との混合物が、50未満mg/100mの繊維粗度値を有する、請求項11〜13のいずれか1項に記載の製造方法。 The mixtures of synthetic fibers and short cellulosic fibers have a fiber roughness value of less than 50 mg / 100 m, method according to any one of claims 11 to 13.
  15. 好ましくは前記合成繊維の一部の少なくとも一部を加熱又は冷却することにより、前記合成繊維の少なくとも一部を再分配する工程を含む、請求項11〜14のいずれか1項に記載の製造方法。 Preferably by heating or cooling at least part of a portion of the synthetic fibers, comprising the step of redistributing at least some of the synthetic fibers, the production method according to any one of claims 11 to 14 .
  16. 前記繊維構造体を形成部材と乾燥表面の間で型押しして、前記繊維構造体の一部を濃密化する工程を含む、請求項11〜15のいずれか1項に記載の製造方法。 Said embossed between fibrous structures forming member and the drying surface, comprising the step of densification of the portion of the fibrous structure, the manufacturing method according to any one of claims 11 to 15.
  17. 前記形成部材が第一の速度で移動しており、且つ前記製造方法が: And wherein the forming member is moved at a first speed, and the manufacturing method:
    前記第一の速度より遅い第二の速度である第二の部材を準備する工程と、 Preparing a second member which is the slower than the first speed the second speed,
    前記初期ウェブを前記形成部材から前記第二の部材へ移送して、前記初期ウェブを微小収縮させる工程と、を含む、請求項11〜16のいずれか1項に記載の製造方法。 And transferring the embryonic web from the forming member to the second member, and a step in which the embryonic web is slightly contracted, the production method according to any one of claims 11 to 16.
  18. 前記一体繊維構造体が、クレープ加工される、クレープ加工されない、又はエンボス加工される、請求項11〜17のいずれか1項に記載の製造方法。 The integrated fibrous structure is creped, not creped or embossed, the production method according to any one of claims 11 to 17.
  19. 前記一体繊維構造体の少なくとも1つの表面の少なくとも一部にラテックスを供給する工程を含む、請求項11〜18のいずれか1項に記載の製造方法。 At least one comprising providing a latex to at least a portion of the surface, the production method according to any one of claims 11 to 18 of the integrated fibrous structure.
  20. 前記複数の長セルロース繊維が供給される前に、前記合成繊維と短セルロース繊維との混合物が前記形成部材上に供給される、請求項11〜19のいずれか1項に記載の製造方法。 Before the plurality of long cellulosic fibers is provided, wherein the mixture of synthetic fibers and short cellulosic fibers is fed onto the forming member, the manufacturing method according to any one of claims 11 to 19.

JP2005518485A 2003-02-06 2004-02-04 Fiber structure and how to create containing cellulosic fibers and synthetic fibers Pending JP2006514177A (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US10360021 US7067038B2 (en) 2003-02-06 2003-02-06 Process for making unitary fibrous structure comprising randomly distributed cellulosic fibers and non-randomly distributed synthetic fibers
US10360038 US7052580B2 (en) 2003-02-06 2003-02-06 Unitary fibrous structure comprising cellulosic and synthetic fibers
US10740261 US20040157524A1 (en) 2003-02-06 2003-12-18 Fibrous structure comprising cellulosic and synthetic fibers
US10740260 US7354502B2 (en) 2003-02-06 2003-12-18 Method for making a fibrous structure comprising cellulosic and synthetic fibers
PCT/US2004/003341 WO2004072372A1 (en) 2003-02-06 2004-02-04 Fibrous structure comprising cellulosic and synthetic fibers and method for making the same

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2006514177A true true JP2006514177A (en) 2006-04-27

Family

ID=32872959

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005518485A Pending JP2006514177A (en) 2003-02-06 2004-02-04 Fiber structure and how to create containing cellulosic fibers and synthetic fibers

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP1590532B1 (en)
JP (1) JP2006514177A (en)
CA (1) CA2514604C (en)
WO (1) WO2004072372A1 (en)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7067038B2 (en) * 2003-02-06 2006-06-27 The Procter & Gamble Company Process for making unitary fibrous structure comprising randomly distributed cellulosic fibers and non-randomly distributed synthetic fibers
US20040157524A1 (en) * 2003-02-06 2004-08-12 The Procter & Gamble Company Fibrous structure comprising cellulosic and synthetic fibers
US20080023169A1 (en) 2006-07-14 2008-01-31 Fernandes Lippi A Forming fabric with extended surface
US8034463B2 (en) * 2009-07-30 2011-10-11 The Procter & Gamble Company Fibrous structures

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4486268A (en) * 1981-05-04 1984-12-04 Kimberly-Clark Corporation Air/water hybrid former
WO1995017548A1 (en) * 1993-12-20 1995-06-29 The Procter & Gamble Company Wet pressed paper web and method of making the same
US6241850B1 (en) * 1999-06-16 2001-06-05 The Procter & Gamble Company Soft tissue product exhibiting improved lint resistance and process for making
US6607635B2 (en) * 2000-05-12 2003-08-19 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Process for increasing the softness of base webs and products made therefrom
US6861380B2 (en) * 2002-11-06 2005-03-01 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Tissue products having reduced lint and slough

Also Published As

Publication number Publication date Type
WO2004072372A1 (en) 2004-08-26 application
CA2514604A1 (en) 2004-08-26 application
CA2514604C (en) 2009-12-01 grant
EP1590532A1 (en) 2005-11-02 application
EP1590532B1 (en) 2011-05-25 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4158594A (en) Bonded, differentially creped, fibrous webs and method and apparatus for making same
US7494563B2 (en) Fabric creped absorbent sheet with variable local basis weight
US5137600A (en) Hydraulically needled nonwoven pulp fiber web
US8540846B2 (en) Belt-creped, variable local basis weight multi-ply sheet with cellulose microfiber prepared with perforated polymeric belt
US6210528B1 (en) Process of making web-creped imprinted paper
US4208459A (en) Bonded, differentially creped, fibrous webs and method and apparatus for making same
US7939168B2 (en) Fibrous structures
US7687140B2 (en) Fibrous structures
US7811665B2 (en) Embossed fibrous structures
US8066849B2 (en) Absorbent sheet prepared with papermaking fiber and synthetic fiber exhibiting improved wet strength
US7067038B2 (en) Process for making unitary fibrous structure comprising randomly distributed cellulosic fibers and non-randomly distributed synthetic fibers
US20030121627A1 (en) Tissue products having reduced lint and slough
US7585392B2 (en) Method of producing absorbent sheet with increased wet/dry CD tensile ratio
EP0616074A1 (en) Paper sheet or towel and method of making same
US5087324A (en) Paper towels having bulky inner layer
US20040154768A1 (en) Unitary fibrous structure comprising cellulosic and synthetic fibers and process for making same
US20060070712A1 (en) Absorbent articles comprising thermoplastic resin pretreated fibers
US6861380B2 (en) Tissue products having reduced lint and slough
US8025966B2 (en) Fibrous structures
US20020112830A1 (en) Process for increasing the softness of base webs and products made therefrom
US7972474B2 (en) Tissue products having enhanced cross-machine directional properties
US6896767B2 (en) Embossed tissue product with improved bulk properties
US20090218057A1 (en) Embossed fibrous structures
US20120152475A1 (en) Method Of Making A Belt-Creped Absorbent Cellulosic Sheet
US6149769A (en) Soft tissue having temporary wet strength

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Effective date: 20080623

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080722

A02 Decision of refusal

Effective date: 20081216

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02