JP2003518010A - Self-adhesive sheet-like device which is suitable preformed topical application - Google Patents

Self-adhesive sheet-like device which is suitable preformed topical application

Info

Publication number
JP2003518010A
JP2003518010A JP2001508262A JP2001508262A JP2003518010A JP 2003518010 A JP2003518010 A JP 2003518010A JP 2001508262 A JP2001508262 A JP 2001508262A JP 2001508262 A JP2001508262 A JP 2001508262A JP 2003518010 A JP2003518010 A JP 2003518010A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
agents
skin
commercially available
acid
polysaccharide
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2001508262A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ユージーン カイト,ケネス
ミファヌィ ジェンキンス,デリス
エンデル デックナー,ジョージ
Original Assignee
ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US9915203 priority Critical
Priority to PCT/US2000/009693 priority patent/WO2001002479A1/en
Priority to US0009693 priority
Priority to US9915203 priority
Application filed by ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー filed Critical ザ、プロクター、エンド、ギャンブル、カンパニー
Priority to PCT/US2000/018106 priority patent/WO2001002478A1/en
Publication of JP2003518010A publication Critical patent/JP2003518010A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILET PREPARATIONS
    • A61Q19/00Preparations for care of the skin
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/02Cosmetics or similar toilet preparations characterised by special physical form
    • A61K8/0208Tissues; Wipes; Patches
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/72Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic macromolecular compounds
    • A61K8/73Polysaccharides
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/72Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic macromolecular compounds
    • A61K8/73Polysaccharides
    • A61K8/737Galactomannans, e.g. guar; Derivatives thereof
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toilet preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition
    • A61K8/72Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic macromolecular compounds
    • A61K8/81Cosmetics or similar toilet preparations characterised by the composition containing organic macromolecular compounds obtained by reactions involving only carbon-to-carbon unsaturated bonds
    • A61K8/817Compositions of homopolymers or copolymers of compounds having one or more unsaturated aliphatic radicals, each having only one carbon-to-carbon double bond, and at least one being terminated by a single or double bond to nitrogen or by a heterocyclic ring containing nitrogen; Compositions or derivatives of such polymers, e.g. vinylimidazol, vinylcaprolactame, allylamines (Polyquaternium 6)
    • A61K8/8176Homopolymers of N-vinyl-pyrrolidones. Compositions of derivatives of such polymers
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/70Web, sheet or filament bases ; Films; Fibres of the matrix type containing drug
    • A61K9/7007Drug-containing films, membranes or sheets
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08LCOMPOSITIONS OF MACROMOLECULAR COMPOUNDS
    • C08L5/00Compositions of polysaccharides or of their derivatives not provided for in groups C08L1/00 or C08L3/00
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K2800/00Properties of cosmetic compositions or active ingredients thereof or formulation aids used therein and process related aspects
    • A61K2800/40Chemical, physico-chemical or functional or structural properties of particular ingredients
    • A61K2800/59Mixtures
    • A61K2800/594Mixtures of polymers

Abstract

(57)【要約】 予め成形された、シート状装置であって、(a)下記(i)、(ii)、(iii)から構成される多糖類混合物を10%未満;(i)紅藻多糖類;(ii)ガラクトマンナン、グルコマンナン、及びその誘導体又はこれらの混合物から選択されるマンノースを含有する多糖類;(iii)発酵多糖類、又はその誘導体;及び(b)約30%〜約99.5%の水;を含んでなるとともに、上記装置は全多糖類の10%未満を含む。 (57) Abstract: pre-molded, a sheet-like device, (a) below (i), (ii), less than 10% composed of polysaccharide mixture (iii); (i) red algae polysaccharides; (ii) galactomannan, glucomannan, and polysaccharides containing mannose selected from derivatives or mixtures thereof; (iii) fermentation polysaccharides, or derivatives thereof; and (b) from about 30% to about 99.5% of water; together comprising, the device comprises less than 10% of the total polysaccharides. 本発明の予め成形されたシート状装置は局所適用に好適であり、及び所望の量のシネレシス及び/又は強度又は柔軟性のような機械的特性の改善、並びに優れた加湿、水和、冷却性を示す。 Preformed sheet device of the present invention is suitable for topical application, and the desired improvement of mechanical properties such as the amount of syneresis and / or strength or flexibility, humidified with excellent alignment, hydration, cooling performance It is shown. 更に本発明の装置は扱いやすく、目立たず、そして適用した時に対象領域の外形に合致する。 Further apparatus is easy to handle of the present invention is not conspicuous, and matches the contour of the target region when the applied.

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 (技術分野) 本発明は新しい、予め成形されたシート状装置及びその組成物に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] Technical Field The present invention new, a sheet-like device and its composition was preformed. 特に、本発明は水性多糖類混合物を含む自己粘着性装置に関するものであり、本発明は局所適用に好適であり、そして所望の量のシネレシス及び/又は強度又は柔軟性といった機械的特性が改善されているとともに、優れた加湿性、水和性、及び冷却性を示す。 In particular, the present invention relates to self-adhesive device comprising an aqueous polysaccharide mixture, the present invention is suitable for topical application, and mechanical properties are improved, such as the desired amount of syneresis and / or strength or flexibility together and exhibit excellent moisturizing, hydrating and cooling properties. 更に、本発明の装置は扱い易く、目立たず、そして適用した時対象となる表面の外形と合致する。 Furthermore, the apparatus of the present invention is easy to handle, not conspicuous, and matches the contour of the surface of interest when the applied. 所望の特性は、多糖類混合物の化学組成及びレオロジー特性を選択することにより得ることができる。 Desired characteristics can be obtained by selecting the chemical composition and rheological characteristics of the polysaccharide mixture. 【0002】 (発明の背景) クリーム、ジェル又はローションなどの使用によって皮膚、毛髪又は爪に有益な薬剤を送達するための方法は、従来多数存在する。 BACKGROUND OF THE INVENTION cream, a method for delivering a beneficial agent to the skin, hair or nails by use of such gel or lotion, there are many prior art. これらの形態は適用するのに必ずしも便利ではなく、また有益な薬剤をある領域へ制御して放出するものでもなく、又、外的環境要因のために適用領域に対して、目的とする薬効を送達するのに有効でもない。 These forms are not always convenient to apply, and without even one controlled release to the region of the beneficial agent, also with respect to the application area for the external environmental factors, the efficacy of interest nor effective to deliver. 更に、いくつかの有益な薬剤はこれらの前述の製品形態において安定ではなく、その結果化学的及び物理的に安定な組成物を配合するのが困難となる。 Furthermore, some of the beneficial agent is not stable in product forms of these aforementioned to formulate result chemically and physically stable composition becomes difficult. 【0003】 クリーム及びローションなどと結びついた上述の不都合を克服するために、貼付剤又はその他の皮膚の手入れのため装置を使用する利便性が当該分野で認識されている。 [0003] In order to overcome the cream and the aforementioned disadvantages associated with such a lotion, convenience of using the device for the care of the patch or other skin is recognized in the art. 多様な化粧用貼付剤又は装置が市販されており、又、ビタミン、抗ニキビ剤、加湿剤などのようなスキンケア活性物質を送達するために有用であると説明されている。 For various cosmetic patch or devices are commercially available, also vitamins, anti-acne agents, are described as being useful for delivering skin care actives, such as wetting agents. また貼付剤及び装置は文献にも記載されており、そして、薬物の経皮投与用の有用な手段として医療分野の市場にも参入している。 The adhesive patch and apparatus are also described in the literature and are entered in the medical field the market as a useful means for the transdermal administration of drugs. しかし、これらの貼付剤又は装置の多くは、それらの物理的製品形態において欠点を有しているため、消費者又は使用者が使用中に不快な特性に気付くこととなる。 However, many of these patches or devices, because it has a disadvantage in their physical product forms, consumers or users is to notice unpleasant characteristics during use. 例えば、1つの実施態様であるEP−A−392,845には、皮膚にその場での成形を要する、ゲル貼付剤の製造方法が記載されているが、適用するには繁雑である。 For example, in one embodiment a is EP-A-392,845, requires the molding in situ on the skin, but the manufacturing method of the gel patch is described, is complicated to apply. EP−B−309,309には、貼付剤を水和及び皮膚に付着させるように皮膚を湿潤又は貼付剤を湿潤させることが必要な乾式貼付剤について記載している。 The EP-B-309,309, describes a dry patch need be a patch wet wetting or patch the skin so as to adhere to the hydration and skin. 反対に、その他の貼付剤又は装置は、湿油しすぎたり、べとべとするので、そのような貼付剤又は装置を含むゲル化剤は固体ゲル構造を形成しない可能性があり、その結果取り扱いにくく、また、皮膚に適用しにくいものとなる。 Conversely, the other patch or device, or too Shimeabura, because sticky, such patches or gelling agents including equipment may not form a solid gel structure, difficult to handle as a result, also, it becomes difficult to apply to the skin. 【0004】 いくつかの貼付剤又は装置は余りに乾いており、また柔軟性に欠けているため、適用しようとする表面の外形に十分適合しない。 [0004] Some of the patch or device is too dry, also because it is inflexible and does not adequately conform to the contour of the surface to be applied. 或いは、強く粘着して装着及び除去に、きつさ及び不快感がある貼付剤又は装置もあり、そして多くの貼付剤は有益な薬剤を有効に放出し、浸透し得ない。 Alternatively, strongly adhesive to the mounting and removal, also patch or device has tightness and discomfort, and many of the patch effectively release the beneficial agent, not penetrate. 【0005】 多糖類組成物はそれ自身粘着性貼付剤又は装置に用いられることが知られている。 [0005] Polysaccharides compositions are known to be used on its own adhesive patch or device. 例えば、EP−A−682938、国際公開特許WO96/25923、E For example, EP-A-682938, International Patent Publication No. WO96 / 25923, E
P−A−750905、国際公開特許WO98/17263、EP−A−850 P-A-750905, International Patent Publication No. WO98 / 17263, EP-A-850
649、EP−A−674913及び国際公開特許WO84/02466は、粘着性貼付剤又は装置に有用とされる様々な多糖類について開示している。 649, EP-A-674913 and WO patent WO84 / 02466 discloses a variety of polysaccharides are useful in adhesive patch or device. 更に、 In addition,
上述の文書に記載された粘着性貼付剤又は装置の多くは任意に化粧又は治療用活性物質を含む。 Many self-adhesive patch or device according to the above document includes an optionally cosmetic or therapeutic active substances. 【0006】 GB1,341,999は液相、火傷治療剤及び相当量のゲル形成剤を含む火傷の治療に好適なゲル状媒質について開示している。 [0006] GB1,341,999 is liquid phase, discloses preferred gel medium in the treatment of burns including gel-forming agent burns therapeutic agent and considerable amounts. ゲル状媒質は柔軟性があり、そして本質的に乾いた、連続性の非粘着性表面及び体に合致するように可塑性を有するものとして記載されている。 Gelled medium is flexible, and dry essentially been described as having a plasticity to meet the non-adhesive surface and the body of continuity. 好ましいゲル形成剤はキサンタン及びイナゴマメガムの組み合わせとして開示されている。 Preferred gel-forming agents are disclosed as a combination of xanthan and locust bean gum. またアガロース、水及び硝酸銀を含む火傷治療消毒パッドの実施例についても開示している。 The agarose discloses also an embodiment of the burn treatment disinfection pad comprising water and nitrate. ここでは、ゲル状媒質中の少量のシネレシスが火傷治療物質で表面を湿潤するのに役立ち、及び人体から上記媒質を除去しやすくする点について検討している。 Here, it helps small syneresis in the gel-like medium to wet the surface with a burn treatment agent and are considering the points to facilitate removing the medium from the human body. 【0007】 JP−B2−2761936は水溶性溶媒と組み合わせたキサンタンガム及びイナゴマメガムを含む水性シート状パック剤について開示している。 [0007] JP-B2-2761936 discloses the aqueous sheet pack agent comprising xanthan gum and locust bean gum in combination with a water-soluble solvent. その発明のシート状パック剤は、高温での極めて優れた形状保持特性を有し、保湿感を提供し、及び皮膚への高い加湿効果を有するとして開示されている。 Sheet pack agent of the invention has a very excellent shape retention properties at high temperatures, to provide a sense of moisturizing, and have been disclosed as having high humidification effect on the skin. 実施例においてそのパック剤は更に皮膚美容成分を0.1%含み得ることが開示されている。 The pack agent in the examples it is disclosed that may further comprise 0.1% skin cosmetic ingredients. 【0008】 EP−A−161681は、多糖類及び多価アルコールの水溶液を含むゲルプレートについて開示している。 [0008] EP-A-161681 discloses a gel plate comprising an aqueous solution of polysaccharides and polyhydric alcohols. その中でゲルプレートに好ましい多糖類としてはカラゲナン及びガラクトマンナンのブレンド又はカラゲナン単独が記載されている。 It describes a blend or carrageenan alone carrageenan and galactomannan Preferred polysaccharides gel plates therein. その組成物は、任意に皮膚刺激剤、消炎剤、鎮痛剤及び抗生物質のような薬用成分を含んでもよい。 Its composition optionally skin irritant, anti-inflammatory agents may include medicinal ingredients such as analgesics and antibiotics. そのゲルプレートは透明又は目立たないもので、爽快感及び十分な粘着性を有し、並びに十分な弾性、伸縮性、及び強度を有すると開示されている。 The gel plate which does not transparent or inconspicuous, has a refreshing feeling and a sufficient adhesiveness, and sufficient elasticity, it is disclosed as having stretchability, and strength. 【0009】 国際公開特許WO97/17944は、可溶性アルギン酸塩(0.1〜5%) [0009] International Patent Publication No. WO97 / 17944 is a soluble alginate (0.1% to 5%)
、寒天(0.01〜0.5%)、ペクチン(0.01〜0.5%)、キサンタンガム(0.05〜1%)と、残部としての水含有する多糖類の調和のとれた混合物から成るゲル物質で構成される化粧品製剤について開示している。 , Agar (0.01-0.5%), pectin (0.01-0.5%), xanthan gum and (0.05 to 1%), balanced mixtures of harmony polysaccharide containing balance water It discloses cosmetic preparations consisting of a gel material consisting of. ゲル物質は任意に水溶性又は水分散性活性成分によって富化される。 Gel material is enriched by any water-soluble or water-dispersible active ingredients. ゲル物質は、取り扱いやすく、また皮膚表面によく適合すると開示されている構造ゲルを形成するように製造され得る。 Gel material may be prepared as easy to handle, also to form a structure gels disclosed and well suited to the skin surface. 【0010】 国際公開特許WO90/14110は、キサンタンガム単独、又はキサンタンガムとイナゴマメガムの組み合わせといった水不溶性アルギン酸塩及び懸濁剤を含む所望の大きさ、形状及び厚みの自立性スクラブ、パッド又はウエハーの形状を取り得る医薬品について開示している。 [0010] International Publication No. WO90 / 14110 are xanthan gum alone or xanthan gum and a desired size such as a combination of locust bean gum comprising a water-insoluble alginate and suspending agents, freestanding scrubbing the shape and thickness of the pad or wafer shape It discloses drugs that can take. またゲラン(Gellan)ガムは更に有用な懸濁剤として開示されている。 The gellan (Gellan) gum are disclosed as a further useful suspending agents. 製品中の懸濁剤もまたゲル化剤として作用し得る。 Suspending agents in the product can act also as a gelling agent. 製品は任意に抗炎症剤又は消毒剤、ヨードを含み得る。 Product optionally anti-inflammatory agent or disinfectant agents, iodine. スラブ又はウエハーの形状を持つ製品は、柔軟性があってもよく、また露出するか、ガーゼで覆われるかしたゲルで、総合外科用品を形成するため、プラスチックで裏打ちされてもよい。 Products with the shape of the slab or wafer, there may be flexibility and either exposed at or gel covered with gauze, to form a comprehensive surgical articles may be lined with plastic. ゲル製品は、皮膚の病変又は創傷からの滲出液を吸収する作用を持つアルギン酸塩と結合してカルシウム源を含み得る。 Gel products may include calcium source in combination with alginic acid salt having a function of absorbing exudate from lesions or wounds in the skin. この製品はまた、皮膚のその位置につけたままにして週に1回又は2回までの割合で交換してもよい。 This product may also be exchanged at a rate of up to once or twice a week to remain attached at that position in the skin. 【0011】 JP−A−5492618は、基剤としてのアルギン酸塩ゲルと架橋した水性カルシウムイオン、消炎剤及び鎮痛剤作用を有する物質及び水を含む湿潤パップについて開示している。 [0011] JP-A-5492618 discloses a wet cataplasm containing substance and water with an alginate gel crosslinked with an aqueous calcium ion, anti-inflammatory agents and analgesics act as base. 実施例5ではイナゴマメガム、コンニャク粉末、3%アルギン酸ナトリウム溶液、リン酸カルシウム一水和物源及びスチレン−ブタジエンコポリマーラテックスの混合物を含む湿潤パップについて開示している。 In Example 5 locust bean gum, konjac powder, 3% sodium alginate solution, the calcium phosphate monohydrate source and styrene - discloses wet cataplasm comprising a mixture of butadiene copolymer latex. 上記文献では、水溶性ポリマーの添加がパップの形状保持力を上昇させ、及びイナゴマメガム及びコンニャクマンナン、又はカラゲナン単独の添加により高弾性ゲルが得られることを示している。 In the literature, it indicates that the addition of the water-soluble polymer increases the shape retention of the cataplasms, and locust bean gum and konjac mannan, or highly elastic gel with the addition of carrageenan alone are obtained. しかし、コンニャク及びイナゴマメガムのような水溶性ポリマーを、とりわけ湿潤パップに添加することは水の放出を妨げるものとして示している。 However, the addition of water-soluble polymers such as konjac and locust bean gum, inter alia wetting Papp is shown as prevents release of water. 更に、上記発明の湿潤パップのゲルを含有する基剤は水を放出しにくいことを示している。 Furthermore, base containing wet Pap gel of the invention shows that hardly release water. 【0012】 化粧品及び医療分野からの貼付剤及び装置は、多糖類ゲルにより所望の物理的及び使用中の特性に達する点で進歩を示したが、彼らは本発明の特定の水性多糖類混合物を含む装置、すなわち、改善された機械的特性を有する、及び/又は、 [0012] Cosmetic and patches and device from the medical field, showed progress in that reaching the desired physical and properties during use by a polysaccharide gel, they certain aqueous polysaccharide mixture according to the invention including apparatus, i.e., having improved mechanical properties, and / or,
自己粘着性貼付剤又は装置を供給するためのシネレシスの所望量の明示、そして多糖類マトリックス中に含まれる、有益な薬剤や水のように、使用中の水和、加湿や取り扱いの便利さを与える成分を有効に放出する、そのような装置を示唆していない。 Desired amount of explicit syneresis for supplying self-adhesive patch or device, and are included in the polysaccharide matrix, as the beneficial agent and water, hydration during use, the convenience of humidification and handling effectively releases the component that gives, does not suggest such a device. 【0013】 驚くべきことに、紅藻多糖類;マンノースを含有する多糖類又はその混合物; [0013] Surprisingly, red seaweed polysaccharide; polysaccharides or mixtures thereof containing mannose;
及び発酵多糖類又はその誘導体から成る10%未満の水性多糖類混合物が使用中の優れた特性、改善されたシネレシス、及び/又は機械的特性を持つ予め成形されたシート状装置を提供することが見出された。 And fermentation polysaccharides or superior properties of the aqueous polysaccharide mixture of less than 10% is in use consisting of a derivative thereof, an improved syneresis, and / or to provide a sheet-like device that is preformed with mechanical properties It was found. 上述の水性多糖類混合物を含む装置は自立性があり、皮膚、毛髪又は爪の外形に合致する高度の柔軟性を有するシート状装置は薄く、しかも扱いやすく、そして対象とする表面に適用しやすい高い強度の構造を形成する。 The device comprising the above-described aqueous polysaccharide mixture may self-supporting, skin, thin sheet-like device with a high degree of flexibility to conform to the outer shape of the hair or the nails, yet easy to handle, and easily applied to the surface of interest forming a structure of high strength. 水性多糖類混合物は更に、所望の量のシネレシスを有する予め成形されたシート状装置を提供するように選択される。 Furthermore the aqueous polysaccharide mixture are selected to provide a sheet-like device which is preformed having a syneresis desired amount. 【0014】 (発明の要旨) 本発明は予め成形された、シート状装置に関するものであり、 (a)下記(i)、(ii)(iii)から構成される多糖類混合物を10%未満; (i)紅藻多糖類; (ii)ガラクトマンナン、グルコマンナン、及びその誘導体又はそれらの混合物から選択されるマンノースを含有する多糖類; (iii)発酵多糖類又はその誘導体;及び(b)約30%から約99.5%の水; を含んでなるとともに、上記装置は全多糖類の10%未満を含む。 [0014] SUMMARY OF THE INVENTION The present invention has been preformed, relates sheet device, (a) below (i), less than 10% composed of polysaccharide mixture (ii) (iii); (i) red algae polysaccharide; (ii) galactomannan, glucomannan, and polysaccharides containing mannose selected from derivatives or mixtures thereof; (iii) fermentation polysaccharides or derivatives thereof; and (b) about water 30% to about 99.5%; with comprising, the device comprises less than 10% of the total polysaccharides. 【0015】 本発明の予め成形されたシート状装置は所望の量のシネレシスを示すとともに、局所適用に際して目立たなさ、取扱い易さ、適合性、水和性、加湿性及び冷却性という点において優れた使用特性を提供する。 [0015] with the preformed sheet device of the present invention showing the syneresis the desired amount, of such conspicuous upon topical application, ease of handling, compatibility, wettable, excellent in terms of moisturizing property and cooling property It provides for the use characteristics. 更に、本発明の予め成形されたシート状装置は優れた機械的特性を有し、また相当高い弾性及び柔軟性を有する薄い水性多糖類混合物から高い強度の構造を形成する。 Additionally, pre-shaped sheet-like device of the present invention have excellent mechanical properties, also to form a structure of high strength from the corresponding high elasticity and thin aqueous polysaccharide mixture having flexibility. 【0016】 本発明の第2の側面は、予め成形されたシート状装置を皮膚、被毛又は爪に適用することを含む化粧用手入れ法を提供することである。 A second aspect of the present invention is that the sheet-like device that is preformed skin provides cosmetic care method comprising applying to the hair or nails. 【0017】 本発明の第3の側面は、水を含む予め成形されたシート状装置の強度、シネレシス又は柔軟性の改善のために、 (i)紅藻多糖類; (ii)ガラクトマンナン、グルコマンナン及びその誘導体又は物から選択されるマンノースを含有する多糖類、及び; (iii)発酵多糖類又はその誘導体;から成る多糖類混合物の使用を提供することである。 [0017] A third aspect of the present invention, the intensity of pre-formed sheet-like device containing water, for improved syneresis or flexibility, (i) red algae polysaccharide; (ii) galactomannan, gluco it is to provide the use of a polysaccharide mixture consisting of; mannan, and polysaccharides, and having a mannose selected from a derivative or thing; (iii) fermentation polysaccharides or derivatives thereof. 【0018】 (発明の詳細な説明) 本発明の予め成形されたシート状装置は、特定の多糖類混合物を水並びに下に示したような様々な任意成分とともに含む。 The pre-formed sheet-like device DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION The present invention, together with various optional ingredients, such as certain polysaccharides mixture shown below as well as water. 全ての濃度及び比率は、特に指示がない限り装置の総組成物の重量による。 All concentrations and ratios are by weight of the particular total composition of the apparatus unless otherwise indicated. 装置の付属物として基材が用いられる時は、装置の組成物の総重量は基材の重量を包含しないで計算する。 When the substrate is used as an adjunct devices, the total weight of the composition of the device is calculated without encompass the weight of the substrate. 【0019】 本明細書で使用する時、「予め成形された」という用語は、そのように記載された本装置が所定の厚み、形状及び大きさを有する製品形態に製造されており、 [0019] As used herein, the term "preformed" is produced in product forms such the apparatus has been described having a predetermined thickness, shape and size,
その際指で包装から取り出して対象となる表面上に置くか又はゆったりと覆ってよいことを意味し、その製品形態で広げる、擦る又は被覆する必要はない。 Means that the time may cover or leisurely placed on the surface of interest removed from the packaging with a finger, the product spread in the form, there is no need to rub or coating. 【0020】 本明細書で使用する時、「シート状装置」という用語は、記載された本装置が平面又は非平面の形状を有する化粧又は医療用のための貼付剤又はマスクを意味し、ここで貼付剤とは連続した一層、二層、又は多層の板状のシートで、手入れされる皮膚、毛髪、又は爪の特定領域によって予め決定された形状をしており、 [0020] As used herein, the term "sheet-like device" is listed the apparatus means a patch or mask for cosmetic or medical has the shape of a planar or non-planar, wherein in more continuous the patch, bilayer, or multilayer plate-like sheet, and then the skin is clean, the hair, or a predetermined shape by a particular region of the nail,
そして、マスクとは眼、鼻、又は口のための開口部を有する顔面領域を覆う非連続性の一層、二層、又は多層の板状のシートである。 Then, the mask eye, nose, or cover the facial area with an opening for the mouth discontinuities of more, two layers or a multilayer plate of the seat. 【0021】 本明細書で使用する時、「シネレシス」という用語は、それによりゲルが静置下液体の滲出を伴って収縮する工程を意味する。 [0021] As used herein, the term "syneresis" is thereby meant the process of gel shrinks with exudation still standing liquid. 理論によって制限されるものではないが、ゲル組成物は組成物中の他の成分と結合又はカプセル化する3次元マトリックスを形成すると考えられている。 Without being limited by theory, the gel composition is believed to form a three-dimensional matrix that binds or encapsulates the other components in the composition. シネレシスは、初期均一系の凝集性ゲル相と液体への自然分離にかかわると考えられている。 Syneresis is believed to be involved in the natural separation of the initial homogeneous cohesive gel phase and liquid. 滲出液は溶液であってその組成はもとのゲルに含まれる組成に依存する。 Exudate its composition a solution depends on the composition contained in the original gel. 本発明の装置が対象に適用された場合、該装置は水又は有益な薬剤のようなゲルマトリックス内で結合した成分を対象領域に放出し、そして対象領域に浸透するようにその容量のいくらかを失う。 If the device of the present invention is applied to a subject, the device emits a moiety attached by a gel matrix, such as water or beneficial agent to the subject area, and some of its capacity to penetrate the target area lose. 【0022】 本明細書で使用する時「多糖類」という用語は、天然由来又は合成的に製造された単糖類単位の直鎖又は分枝鎖ポリマーを意味し、これは低濃度(ドライベース)で水中に分散されると膨張して水性相をゲル化する。 The term "polysaccharide" as used herein, means a straight or branched chain polymers of natural origin or synthetically produced monosaccharide units, which is a low concentration (dry basis) in gelling the aqueous phase was expanded to be dispersed in water. 【0023】 本明細書で使用する時「非閉塞性の」という用語は、そのように記載された予め成形されたシート状装置が皮膚、毛髪又は爪の表面を通して空気及び水分の通過を基本的に遮断しないことを意味する。 The term "non-occlusive" as used herein is basically the passage of air and moisture such sheet-like device which is preformed as described in the skin, through the surface of the hair, or nails which means that you do not cut off. 予め成形された本シート状装置は皮膚、毛髪又は爪に対する局所適用に好適である。 It preformed the sheet-like device is suitable for topical application the skin, to the hair or nails. 【0024】 多糖類混合物 本明細書に記載された予め成形されたシート状装置の必須成分としては、本装置は特定の多糖類混合物を含む。 [0024] as an essential component of the polysaccharide mixture preformed sheet device described herein, the device includes a specific polysaccharide mixture. 【0025】 本発明の多糖類混合物は自立性のある自己粘着性シート状装置を形成する。 The polysaccharide mixtures of the present invention forms a self-adhesive sheet-like device with a self-supporting. 装置を更に完全なものとするため、任意に閉塞性又は非閉塞性の裏打ち材料(しばしば「基材」として表される)を本装置の付属物として用いてもよい。 To the equipment more perfect, it may be used optionally occlusive or non-occlusive backing material (often expressed as "substrate") as an adjunct to the device. 予め成形されたシート状装置に更なる強度を付与するために、一価又は多化塩のようなゲル強化剤として作用する物質を多糖類混合物中に混合してもよい。 In order to impart additional strength to the pre-shaped sheet-like device, the substance which acts as a gel strengthening agent, such as mono or polyvalent salts may be mixed polysaccharide mixture. 一価又は多化塩に好適な陽イオンは、カリウム、ナトリウム、アンモニウム、亜鉛、アルミニウム、カルシウム及びマグネシウムイオン又はその混合物から選択され得る。 Suitable cations mono or polyvalent salts, potassium, sodium, ammonium, zinc, aluminum, may be selected from calcium and magnesium ions, or mixtures thereof. 上述の陽イオンと対になる好適な陰イオンは、塩化物、クエン酸塩、硫酸塩、炭酸塩、ホウ酸塩及びリン酸塩陰イオン又はその混合物から選択され得る。 Suitable anions comprising a cation and a pair of above, chloride, citrate, sulfate, carbonate, may be selected from the salts of boric acid and phosphoric anions or mixtures thereof. 【0026】 水と組み合わせた多糖類の特定のブレンドが所望の美容及び使用特性を有するゲルを形成することが明らかになった。 The particular blend of polysaccharides in combination with water was found to be formed a gel having a desired cosmetic and application properties. 更に本発明の混合物の多糖類は、予め成形されたシート状装置の物理特性を修飾するために様々なパーセント又は比率で一緒に組み合わされてもよい。 Further polysaccharides of the mixtures according to the invention may be combined together in various percentages or proportions in order to modify the physical properties of the pre-formed sheet-like device. 本明細書の多糖類混合物は水性の予め成形されたシート状装置のシネレシス又は柔軟性や強度のような機械的特性の改善を提供する。 Polysaccharide mixtures herein offer improved mechanical properties such as syneresis or flexibility and strength of the sheet-shaped device that is preformed aqueous. 好ましい実施態様においては、本発明の多糖類混合物は予め成形されたシート状装置の柔軟性、強度及びシネレシスを改善する。 In a preferred embodiment, the flexibility of the polysaccharide mixture preformed sheet device of the present invention, to improve the strength and syneresis. 【0027】 本発明の予め成形されたシート状装置は10%未満の総多糖類を含む。 The pre-formed sheet-like device of the present invention includes a total polysaccharide less than 10%. 一般に、本発明の予め成形されたシート状装置は、多糖類混合物を乾燥重量で好ましくは10%未満、より好ましくは5%未満、及び特に3%未満、及び好ましくは0 In general, pre-formed sheet-like device of the present invention, preferably the polysaccharide mixture on a dry weight less than 10%, more preferably less than 5%, and especially less than 3%, and preferably 0
. 5%より多く、より好ましくは0.7%より多く含む。 More than 5%, more preferably more than 0.7%. 【0028】 本明細書の装置の多糖類混合物は、(i)紅藻多糖類、(ii)ガラクトマンナン、グルコマンナン及びその誘導体又はそれらの混合物から選択されるマンノースを含有する多糖類;及び(iii)発酵多糖類又はその誘導体から成る。 The polysaccharide mixtures devices herein, (i) red algae, polysaccharides containing mannose selected from (ii) galactomannan, glucomannan and derivatives thereof or mixtures thereof; and ( iii) consists of the fermentation polysaccharide or derivative thereof. 【0029】 紅藻多糖類:紅藻多糖類として分類される多糖類はロードフィシアエ(Rhodop [0029] The red algae polysaccharide: red algae polysaccharides that are classified as polysaccharides Rodofishiae (Rhodop
hyceae)綱に属する海生植物種から分離される。 hyceae) is separated from the marine plant species belonging to the rope. 紅藻多糖類は水性ゲルに機械的強度を提供する。 Red seaweed polysaccharides provide mechanical strength to an aqueous gel. 本発明に用いるのに好適な紅藻多糖類としては、業界では様々なゲリディウム(Gelidium)植物種又は近縁の紅藻類由来の(CTFA)名称「 Suitable red seaweed polysaccharides for use in the present invention, various Geridiumu in the industry (Gelidium) plant species or closely related red algae derived (CTFA) designation "
アガーアガーフレーク(agar agar flake)として知られている寒天[TICゴム(TIC Gums、米国、メリーランド州、ベルカンプ(Belcamp))から「アガーアガー100(Agar Agar 100)」又は「アガーアガー150(Agar Agar 150) Agar agar flakes (agar agar flake) as known agar [TIC rubber (TIC Gums, the United States, Maryland, Bergkamp (Belcamp)) from the "agar-agar 100 (Agar Agar 100)" or "agar-agar 150 (Agar Agar 150 )
」として、又はグミックスインターナショナル社(Gumix International Inc.、 As ", or grayed mix International, Inc. (Gumix International Inc.,
米国、ニュージャージー州フォート・リー(Fort Lee)から「アガーアガーK− The United States, "agar-agar from New Jersey Fort Lee (Fort Lee) K-
100(Agar Agar K-100)」として市販];「シー・プラーク(Sea Plaque、 Commercially available as 100 (Agar Agar K-100) "];" Sea plaque (Sea Plaque,
登録商標)」としてFMC(米国、ペンシルバニア州、フィラデルフィア)から、及び「アガロースタイプ1−b(Agarose Type 1-b)」としてシグマ・アルドリッチ社(Sigma - Aldrich Co. Ltd.、英国、プール(Poole))から市販されているアガロース;ギガルチナセアエ(Gigartinaceae)又はソリエリアセアエ(Solieriaceae)科の様々な種類から得られる水抽出物であるラムダ−、イオタ−、及びカッパ−分画を含むカラゲナン[業界では(CTFA)名称コンドラス(chondrus)として知られており、「ゲルカリン(Gelcarin、登録商標)LA」 Registered trademark) "as FMC (USA, Pennsylvania, Philadelphia from Philadelphia), and" Agarose Type 1-b (Agarose Type 1-b) "as the Sigma-Aldrich (Sigma - Aldrich Co. Ltd., United Kingdom, pool ( Poole) agarose are commercially available from); Gigaruchinaseae (Gigartinaceae) or Sorieriaseae (lambda is water extract obtained from various kinds of Solieriaceae) family -, iota - and kappa - a carrageenan containing fractions [industry ( CTFA) has been known as the name Chondrus (chondrus), "Gerukarin (Gelcarin, registered trademark) LA"
、「シーカム(Seakem、登録商標)3/LCM」、又は「ビスカリン(Viscarin , "Shikamu (Seakem, registered trademark) 3 / LCM", or "Bisukarin (Viscarin
、登録商標)XLV」として全てFMC(米国、ペンシルバニア州、フィラデルフィア)から市販];及びゴムテクノロジー社(Gum Technology Corporation、 All the trademark) XLV "FMC (USA, Pennsylvania, Philadelphia) available from]; and rubber Technologies (Gum Technology Corporation,
米国、アリゾナ州、ツーソン(Tucson))及びコンチネンタルコロイド社(Cont The United States, Arizona, Tucson (Tucson)) and Continental colloid, Inc. (Cont
inental Colloids Inc.、米国、イリノイ州、シカゴ)から市販されているフルセララン(furcellaran)又はこれらの混合物が挙げられる。 inental Colloids Inc., USA, Chicago, IL) is commercially available from furcellaran (Furcellaran) or mixtures thereof. 好ましくは、本明細書に用いられる紅藻多糖類は寒天、アガロース、カッパ−カラゲナン及びフルセララン又はその混合物から選択される。 Preferably, red seaweed polysaccharides for use herein agar, agarose, kappa - is selected from carrageenan and furcellaran or mixtures thereof. より好ましくは、本明細書に用いられる紅藻多糖類は寒天及びアガロース又はその混合物から選択される。 More preferably, red seaweed polysaccharide for use herein is selected from agar and agarose, or mixtures thereof. 【0030】 既に示したように、カラゲナンは化学的に均一な製品ではないが、3,6−無水ガラクトース残基として存在するガラクト−ピラノース残基部分に比例する硫酸ガラクタンの製品群を含む。 [0030] As already indicated, carrageenan is not a chemically uniform products, galacto present as 3,6-anhydride galactose residues - including products of sulfuric galactans proportional to pyranose residue portion. カラゲナンのある分画は、それらの構造に関して化学的に定義され、ギリシャ文字によって示される紅藻類抽出物から分離されることができる。 Fractions of carrageenan is chemically defined with respect to their structure, it can be separated from red algae extracts which are indicated by Greek letters. ラムダ−、イオタ−、及びカッパ−カラゲナンのみが工業的に重要である。 Lambda -, iota - and kappa - only carrageenan is industrially important. これらの異なった特性は、主として無水ガラクトース及び硫酸エステル基の含量の差の点から説明できる。 These different characteristics can be explained mainly in terms of differences in the content of anhydrous galactose and sulfate group. 更に、硫酸基の存在は陰イオン多糖類としてのカラゲナンの特性が水系中の陽イオンの存在によって変性し得ると結論づけられる。 Furthermore, the presence of sulfate groups is concluded that the characteristics of carrageenan as anionic polysaccharides may be modified by the presence of cations in the aqueous system. したがってカッパ−カラゲナンのゲル化特性はカリウムイオンにより非常に影響され、またイオタ−カラゲナンのゲル化特性はカルシウムイオンにより非常に影響される。 Thus kappa - gelling properties of carrageenan are greatly influenced by potassium ions and iota - gelling properties of carrageenan are greatly influenced by calcium ions. 【0031】 一方、寒天、無水ガラクトース含量が高い電気的に中性のガラクタンは陽イオンの添加とは無関係にゲル化する。 On the other hand, agar, galactan of high electrically neutral anhydrous galactose content is independent gelling the addition of cations. カッパ−カラゲナンは最も高い無水ガラクトース含量及びカラゲナンの中で最も低い硫酸塩含量を有し、その結果最も強いゲル形成特性を有する。 Kappa - carrageenan has the lowest sulfate content among the highest anhydrous galactose content and carrageenan, with the result the strongest gel forming properties. 【0032】 ガラクトマンナン:ガラクトマンナンは、レグミノサエ(Leguminosae)の非常に多くの種子の内乳細胞にある植物貯蔵多糖類である。 The galactomannan: galactomannan is very plant storage polysaccharides in the endosperm cell number of seeds Reguminosae (Leguminosae). 集合的な用語「ガラクトマンナン」は、ガラクトース及びマンノース残基で作られる全ての多糖類を含む。 Collective term "galactomannan" comprises all polysaccharides which are made of galactose and mannose residues. ガラクトマンナンは(1→4)−結合β−D−マンノピラノシル(mannopyr Galactomannan (1 → 4) - bound β-D- mannopyranosyl (mannopyr
anosyl)単位の線状主鎖を含むようにマンノースを含有する多糖類である。 A polysaccharide containing mannose to include linear backbone Anosyl) units. これらの環に対して∝−(1,6)−グルコシド結合によりガラクトピラノース残基として分離される分枝が付く。 For these rings α- (1,6) - branches are attached to be separated as galactopyranose residues by glucosidic bonds. ガラクトマンナンは更にその他の糖残基も少量含んでもよい。 Galactomannan may further comprise small amounts other sugar residues. 本明細書に用いるのに好適なガラクトマンナンは、フェヌグリークゴム(fenugreek gum);アルファルファ;クローバー;例えば業界では(CT Suitable galactomannans for use herein are fenugreek gum (Fenugreek gum); Alfalfa; clover; for example in the industry (CT
FA)名称イナゴマメ(carob bean)ゴムとして知られており、「シーガルL( FA) is known as the name carob (carob bean) rubber, "Seagull L (
Seagul L)」としてFMC(米国、ペンシルバニア州、フィラデルフィア)から市販されているイナゴマメガム;スターライト・プロダクツ(Starlight Produc Seagul L) "as FMC (USA, Pennsylvania, locust bean gum are commercially available from Philadelphia); Starlight Products (Starlight produc
ts、フランス、ルーアン(Rouen))又はブンゲ・フーヅ(Bunge Foods、米国、 ts, France, Rouen (Rouen)) or Bunge Foods (Bunge Foods, the United States,
ジョージア州、アトランタ)から市販されているタラゴム(tara gum);サイアモプシス・テトラゴノロブス(Cyamopsis tetragonolobus)の基底内乳(ground Georgia, tara gum (tara gum commercially available from Atlanta)); Saiamopushisu-Tetoragonorobusu (Cyamopsis tetragonolobus) basal endosperm of (ground
endosperm)由来であり、「バートナイトV7E(Burtonite V7E)」としてT endosperm) is derived from, T as "Bad Night V7E (Burtonite V7E)"
ICゴム(TIC Gums、米国、メリーランド州、ベルカンプ(Belcamp))から、 IC rubber (TIC Gums, the United States, Maryland, Bergkamp (Belcamp)) from,
「ジャガーC(Jaguar C)」としてローヌ・プーラン(Rhone-Poulenc、米国、 Rhone-Poulenc as "Jaguar C (Jaguar C)" (Rhone-Poulenc, the United States,
ジョージア州、マリエッタ(Marietta))から、又は「スーパーコール(Superc Georgia, from Marietta (Marietta)), or "super call (Superc
ol)」としてアクアロン(Aqualon、米国、デラウエア州、ウィルミングトン(W ol) "as Aqualon (Aqualon, USA, Delaware, Wilmington (W
ilmington))から市販されているグアーガム;及びスターライト・プロダクツ(Starlight Products、フランス、ルーアン(Rouen))から市販されているカッシアガム、又はその混合物である。 Guar gum which is commercially available from Ilmington)); and Starlight Products (Starlight Products, France, available from Rouen (Rouen)) cassia, or mixtures thereof. 好ましくは、本明細書で用いられるガラクトマンナンは、平均して1〜約5のマンノシル単位ごとに1個の(1→6)−結合−∝−D−ガラクトピラノシル(galactopyranosyl)単位で置換され、グアーガム、イナゴマメガム、及びカッシアガム、又はそれらの混合物から選択される。 Preferably, the galactomannans for use herein have an average of from 1 to about 5 1 per mannosyl units (1 → 6) - substituted with a bond-.alpha.-D-galactopyranosyl (galactopyranosyl) Unit is chosen guar gum, locust bean gum, and cassia gum, or mixtures thereof. 【0033】 グルコマンナン:グルコマンナンは本質的にβ(1→4)−結合グルコース及びマンノース残基の線状主鎖を含むマンノースを含有する多糖類である。 [0033] Glucomannan: Glucomannan essentially β (1 → 4) - is a polysaccharide containing mannose containing linear backbone of linked glucose and mannose residues. 多糖類主鎖中のマンノース又はグルコース残基のC−6部分はアセチル基で置換されてもよい。 Mannose or C-6 portion of the glucose residue in the polysaccharide backbone may be substituted with an acetyl group. アセチル基は通常6糖残基〜20糖残基あたりに1つみられる。 Acetyl groups is 1 sin per normal 6 sugar residues 20 sugar residues. 本明細書で用いるのに好適なグルコマンナン又はその誘導体のマンノースとグルコースの比は約0.2〜約3である。 Mannose and glucose ratio of suitable glucomannan or a derivative thereof for use herein is from about 0.2 to about 3. 本明細書で用いるのに好ましいグルコマンナンとしては、コンニャクマンナン[アモルフォファラス(Amorphophallus)コンニャク植物(エレファント・ヤム(elephant yam)の塊茎根を破砕して作った粉末の総称、商標「ニュートリコール(Nutricol、登録商標)コンニャク粉末」としてFMC(米国、ペンシルバニア州、フィラデルフィア)から市販されている]; Preferred glucomannan for use herein, generic term of powder made by crushing tubers roots of konjak mannan [A Morpho FARA scan (Amorphophallus) konjac plant (elephant yam (elephant yam), trademark "Newt Recall ( Nutricol, R) FMC as konjac powder "(USA, Pennsylvania, commercially available from Philadelphia)];
及び脱アセチル化されたコンニャクマンナン;又はそれらの混合物が挙げられる。 And deacetylated konjac mannan; or mixtures thereof. 【0034】 発酵多糖類又はその誘導体:発酵多糖類は、炭素及び窒素源、緩衝剤及び微量成分を含有する培地中で微生物の発酵により商業的に製造されている多糖類である。 [0034] Fermentation polysaccharides or derivatives thereof: Fermentation polysaccharides, carbon and nitrogen sources are polysaccharides which are commercially produced by fermentation of a microorganism in a medium containing a buffer and trace elements. 本発明に用いるのに好適な発酵多糖類又はその誘導体としては、業界では( Suitable fermentation polysaccharides or derivatives thereof for use in the present invention, in the industry (
CTFA)名称ゴムゲラン(gum gellan)として知られているゲランガム(gell CTFA) gellan gum, which is known as the name Gomugeran (gum gellan) (gell
an gum)[炭水化物とシュードモナス・エロデア(Pseudomonas elodea)の純培養発酵により製造される高分子量ヘテロ多糖類ガム、「ケルコゲル(Kelcogel) an, gum) [high molecular weight hetero polysaccharide gum produced by a pure culture fermentation of a carbohydrate and Pseudomonas elodea (Pseudomonas elodea), "Kelcogel (Kelcogel)
」としてケルコ(Kelco、米国、カリフォルニア州、サンディエゴ)から市販されている];炭水化物とキサントモナス・カンペストリス(Xanthomonas campes Kelco as "(Kelco, USA, California, San Diego) is commercially available from]; carbohydrates and Xanthomonas campestris (Xanthomonas Campes
tris)の純培養発酵により製造される高分子量ヘテロ多糖類ガムであるキサンタンガム[業界では(CTFA)名称キサンタンとして知られており、例えば、「 The xanthan gum [industry is a high molecular weight hetero polysaccharide gum produced by a pure culture fermentation of tris) known as (CTFA) name xanthan, for example, "
ケルトロールCG1000/BT/F/GM/RD/SF/T/TF(Keltrol Celtic roll CG1000 / BT / F / GM / RD / SF / T / TF (Keltrol
CG 1000/BT/F/GM/RD/SF/T/TF)」として全てカルゴン(Calgon、米国ペンシルバニア州、ピッツバーグ)より市販、又は「ケルザン(Kelzan)」としてケルコ( CG 1000 / BT / F / GM / RD / SF / T / TF) all as "Calgon (Calgon, Pennsylvania, USA, Pittsburgh) commercially available from, or as a" Kelzan (Kelzan) "Kelco (
Kelco、米国、カリフォルニア州、サンディエゴ)から市販];納豆ゴム;プルラン(pullulan);ラムサンゴム(rhamsan gum);カードラン(curdlan);サクシノグリカン(succinoglycan);ウェランゴム(welan gum);デキストラン[「セファデックスG−25(Sephadex G-25)」としてファルマシア・ファイン・ケミカル(Pharmacia Fine Chemicals、米国、ニュージャージー州、ピスカタウェイ(Piscataway))から市販]及びその誘導体;及びスクレロチウムゴム[「アミゲル(Amigel)」としてアルバン・ミューラー・インターナショナル( Kelco, USA, California, commercially available from San Diego)]; natto rubber; pullulan (pullulan); rhamsan gum (rhamsan gum); curdlan (curdlan); succinoglycan (succinoglycan); welan gum (welan gum); dextran [ "Sepharose Sephadex G-25 (Sephadex G-25) "as Pharmacia Fine Chemicals (Pharmacia Fine Chemicals, USA, Piscataway, NJ (Piscataway)) from commercially available] and derivatives thereof; and sclerotium gum [" Amigeru (Amigel) Alban Muller International as "(
Alban Muller International、フランス、モントレール(Montreil))より市販]又はそれらの混合物が挙げられる。 Alban Muller International, France, and is commercially available], or a mixture thereof from Montreuil (Montreil)). 本明細書の多糖類混合物に用いるのに好ましい発酵多糖類又はその誘導体は、キサンタンガム及びゲランガム、又はそれらの混合物から選択される。 Preferred fermentation polysaccharides or derivatives thereof for use in the polysaccharide mixtures herein are selected from xanthan gum and gellan gum, or mixtures thereof. より好ましくは、発酵多糖類又はその誘導体はキサンタンガムである。 More preferably, the fermentation polysaccharide or derivative thereof is xanthan gum. 【0035】 発酵多糖類がゲランガムの場合、多糖類混合物中のゲランガムの量を変化させることにより、本発明のシート状装置により示されるシネレシスが変化し得るということが本発明者により明らかになった。 [0035] When fermented polysaccharide is gellan gum, by varying the amount of gellan gum polysaccharide mixture, syneresis indicated by the sheet-like device of the present invention that may change revealed by the present inventors . 紅藻多糖類を含むシート状装置にゲランガムを添加することは、一般的に、凝集性ゲル相から滲出する液体の量を減ずる。 Adding gellan gum to a sheet-like device comprising a red seaweed polysaccharide, generally, reduces the amount of liquid exuded from the cohesive gel phase. 【0036】 多糖類混合物が発酵多糖類としてキサンタンガムを含む場合、キサンタンガムとマンノースを含有する多糖類の間に相乗的相互作用が形成される。 [0036] If the polysaccharide mixture comprises xanthan gum as a fermentation polysaccharides, synergistic interactions between the polysaccharides containing xanthan gum and mannose are formed. 相乗的相互作用は水性ゲルの弾性を変化させる結果となるが、その相互作用は紅藻多糖類によりゲルに供給される機械的強度を不当に障害はしない。 The synergistic interaction becomes a result of changing the elasticity of the aqueous gel, the interaction is not unreasonable impaired the mechanical strength to be supplied to the gel by red algae polysaccharide. 予め成形されたシート状装置のシネレシス及び機械的特性の改善を提供するという観点から見れば、好ましくは、キサンタンガムとマンノースを含有する多糖類の比率は約2:1〜約1:4である。 From the point of view of providing an improved syneresis and mechanical properties of the pre-formed sheet-like device, preferably, the polysaccharide ratio containing xanthan gum and mannose of about 2: 1 to about 1: 4. 【0037】 好ましい実施態様においては、多糖類混合物はガラクトマンナン及びグルコマンナン又はその誘導体の混合物であるマンノースを含有する多糖類を含む。 In a preferred embodiment, the polysaccharide mixture comprises a polysaccharide containing mannose which is a mixture of galactomannan and glucomannan or a derivative thereof. 【0038】 グルコマンナン及び/又はガラクトマンナンを含む多糖類混合物中では、多糖類含有マンノースは紅藻多糖類を補足すると考えられている。 [0038] In the polysaccharide mixture containing glucomannan and / or galactomannan polysaccharide containing mannose it is believed to supplement the red algae polysaccharide. この相乗作用は多糖類間の相互作用により上昇すると考えられている。 This synergistic effect is thought to be increased by the interaction between the polysaccharides. 紅藻多糖類は二重らせん構造を形成するが、グルコマンナン及びガラクトマンナンはポリマー主鎖上に比較的置換されない領域を有する。 Red seaweed polysaccharide to form a double helix structure, glucomannan and galactomannan has a region that is not relatively substituted on the polymer backbone. このようなポリマー主鎖上の比較的置換されない領域は、紅藻多糖類のらせんと相互に作用し、及び本発明の予め成形されたシート状装置の機械的強度及び柔軟性に寄与する。 Relatively unsubstituted regions on such polymer main chain, interact with red algae polysaccharide helix, and contributes to the mechanical strength and flexibility of the preformed sheet according to the present invention. 【0039】 全てのゲルはある程度のシネレシス(本明細書で前に定義したような)を行なう。 [0039] All gels perform some syneresis (as previously defined herein). シネレシスは対象領域に有益な薬剤を送達するための機構を提供する。 Syneresis provides a mechanism for delivering a beneficial agent to the target area. 凝集性ゲル相の表面上に滲出する液相は容易に拡散するのに役立ち、装置の装着時間を短縮しやすくする。 Liquid exuded on the surface of the cohesive gel phase serves to readily diffuse, to facilitate shortening the mounting time of the device. 本発明の予め成形されたシート状装置は、望ましくは中程度の量のシネレシスを示し、及び好ましくは本明細書の装置は触ると湿っている。 Preformed sheet device of the present invention desirably shows the syneresis of the amount of medium, and preferably are wet and devices herein touch. 中程度の量のシネレシスは、多糖類混合物を含む装置の高度に望ましい特性であることが本発明者によって見出された。 Syneresis of moderate amounts, it is highly desirable characteristic of a device comprising a polysaccharide mixture has been found by the present inventors. というのはゲル化された装置の表面上に滲出する液体が対象表面に接着しやすくなり、従ってゲル化した形態に上塗りする追加接着剤又は接着剤をコーティングした基材のどちらかの必要性をなくすためである。 The liquid exuded on the surface of the gelled system tends to adhere to the target surface because, therefore either need for additional adhesive or adhesive coated substrate overcoated to form gelled This is because to eliminate. 比較すると、ゲル化された装置があまりに小さいシネレシスを示すとしたら、その装置は領域を湿潤させたとしても、その対象領域に十分な粘着性を提供しそうになく、一方、過剰な量のシネレシスは効果的ではなく、又魅力のない製品となる。 By comparison, if we gelled device indicates too small syneresis, even the device is wetted area, unlikely to provide sufficient tack to the target region, while the excessive amount of syneresis effective and not, also becomes unattractive products. 【0040】 予め成形されたシート状装置のシネレシス及び機械的特性の改善を提供するという観点から見れば、好ましくは、多糖類混合物中の紅藻多糖類とマンノースを含有する多糖類の比率は約20:1〜約1:5、及びより好ましくは約7:1〜 [0040] From the viewpoint of providing improved pre syneresis of formed sheet-like device and mechanical properties, preferably, the polysaccharide ratio containing red algae polysaccharide mannose polysaccharide mixture about 20: 1 to about 1: 5, and more preferably from about 7: 1
約1:2である。 About 1: 2. 【0041】 水 本発明の予め成形されたシート状装置の更なる必須成分は水である。 [0041] A further essential component of the pre-formed sheet-like device of the water present invention is water. 本発明の予め成形されたシート状装置の総水含量は装置の重量の約30%〜約99.5% The total water content of the pre-formed sheet-like device of the present invention is about the weight of the apparatus 30% to about 99.5%
、好ましくは約40%〜約95%、より好ましくは約50%〜約85%である。 , Preferably from about 40% to about 95%, more preferably from about 50% to about 85%. 【0042】 基材 本発明の好ましい実施態様において、本明細書の予め成形されたシート状装置は基材を含む。 In a preferred embodiment of the substrate present invention, preformed sheet devices herein comprises a substrate. 基材は、閉塞性又は非閉塞性のシートであり完全なものとするために付け加えられ、そして装置を支持する。 The substrate is added in order to be complete is occlusive or non-occlusive sheet and supporting the device. 【0043】 好ましくは基材は非閉塞性である。 [0043] Preferably, the substrate is a non-occlusive. 液状水性多糖類混合物はコーティングされても、又は基材表面上に成形してもよい。 Also liquid, aqueous polysaccharide mixture is coated, or may be formed on the substrate surface. 【0044】 多種多様な物質が基材として用いられている。 [0044] A wide variety of materials have been used as a base material. 以下の特質、(i)使用時の十分な湿潤強度、(ii)十分な柔軟性、(iii)十分なかさばり及び多孔性、(iv Following characteristics, (i) sufficient wet strength for use, (ii) sufficient flexibility, (iii) sufficient loft and porosity, (iv
)十分な厚み、(v)多糖類ゲル混合物が基材中に拡散又は浸潤し得るように十分な親水性、(vi)薄い層に裂けることを防ぐ多糖類混合物との十分な適合性、 ) Sufficient thickness, (v) polysaccharide gel mixture is sufficiently hydrophilic so as to diffuse or infiltrate into the substrate, sufficient compatibility with the polysaccharide mixture to prevent tearing (vi) a thin layer,
(vii)十分な透明性又は半透明性、及び(viii)適当な大きさ、が所望される。 (Vii) sufficient transparency or translucency, and (viii) suitable size, is desired. 【0045】 上記の規準に適合する好適な基材の例としては織物及び不織材料;有孔成形熱可塑性フィルム、成形フィルム、有孔プラスチックフィルム、及び油圧成形熱可塑性フィルムのようなポリマーシート;天然スポンジ;合成スポンジ;ポリマーメッシュスポンジ;紙基材;ポリマー多孔質発泡体;コラーゲンシート;ポリマースクリムが挙げられるがこれに限定されるものではない。 Polymer sheets such as perforated molded thermoplastic films, formed films, apertured plastic films, and hydroformed thermoplastic films; [0045] The woven and nonwoven materials Examples of suitable substrates fits the criteria; natural sponge, synthetic sponge, polymeric mesh sponge; paper substrate; polymer porous foams; collagen sheet; does not but polymer scrim can be mentioned as being limited thereto. 本明細書に用いるのに好ましい基材は、経済的且つ多様な材料に利用しやすいことから紙基材、不織材料及び成形フィルム、特に孔あき成形フィルムである。 Preferred substrates for use herein are paper substrate since the easy to use economical and diverse materials, nonwoven materials and formed film, in particular apertured formed film. 【0046】 不織布とは、方向性のある又はでたらめに向いた繊維が摩擦及び/又は凝集及び/又は凝着によって結合した、製造シート、ウェブ、マット、パッド又は詰め物材を意味する。 [0046] The nonwoven, directionless some or haphazardly oriented fibers are bonded by friction, and / or aggregation and / or adhesion, manufacturing sheet means a web, mat, pad or padding materials. このような材料は通常、織られた、編んだ、房飾りをつけた、 Such materials are usually, woven, knitted, wearing a fringed,
接合用の織糸又は単繊維を一部含んで縫い合わせた、又は湿潤状態から挽いてフェルトにした製品(付加的に針で縫っているにせよ縫っていないにせよ)は除外される。 The yarn or monofilament for joining sewn partially include, or grind the wet state (whether not sew Whether are sewn by additionally needle) products in the felt is excluded. 不織材料は不揃いの繊維層とカードで梳いた繊維層の組み合わせから成ることができる。 The nonwoven material may be comprised of a combination of fiber layers carded by irregular fibrous layer and the card. その繊維は天然由来でも合成されたものでも構わない。 The fibers may be those in naturally occurring and synthesized. 更に、 In addition,
それらは繊維又は連続した単繊維であるか又はその場で形成されてもよい。 They may be formed at or in situ is a fiber or continuous filaments. 【0047】 不織材料は天然及び合成の多様な繊維を含んでよい。 The nonwoven material may include a variety of fibers, both natural and synthetic. 天然とは繊維が植物、動物、昆虫又は植物、動物及び昆虫の副産物に由来することを意味する。 Natural and means that the fibers derived from plants, animals, insects or plants, the by-products of animal and insect. 合成とは、繊維が主に様々な人工材料から、又ははるかに変化した天然材料から得られるものを意味する。 Synthesis and the fiber means those derived primarily from various man-made materials or from a much altered natural materials. 従来の基礎となる出発物質は通常、任意の一般の合成又は天然の織物長の繊維又はその混合物を含む繊維状の織物である。 The starting material which is a conventional foundation is usually woven fibrous including any common synthetic or natural textile-length fibers, or mixtures thereof. 【0048】 本発明に有用な天然繊維は、絹繊維、羊毛繊維、ラクダ被毛繊維のようなケラチン繊維及び、木材パルプ繊維、綿繊維、麻繊維、黄麻繊維、亜麻繊維、及びこれらの混合物を包含するセルロース繊維である。 [0048] Natural fibers useful in the present invention, keratin fibers and silky fibers, wool fibers, camel hair coat fibers, wood pulp fibers, cotton fibers, hemp fibers, jute fibers, flax fibers, and mixtures thereof It encompasses a cellulose fiber. 【0049】 本発明に有用な合成繊維としては、アセテート繊維、アクリル繊維、セルロースエステル繊維、アクリル系繊維、ポリアミド繊維、ポリエステル繊維、ポリオレフィン繊維、ポリビニルアルコール繊維、レーヨン繊維、ポリウレタンフォーム、及びこれらの混合物が挙げられる。 [0049] Useful synthetic fibers in the present invention, acetate fibers, acrylic fibers, cellulose ester fibers, acrylic fibers, polyamide fibers, polyester fibers, polyolefin fibers, polyvinyl alcohol fibers, rayon fibers, polyurethane foam, and mixtures thereof and the like. このような合成繊維及びそれらから製造されるその他の好適な繊維及び不織材料のいくつかの具体例が国際公開特許WO Such synthetic fibers and some specific examples are International Patent Publication WO other suitable fibers and the nonwoven materials prepared therefrom
98/18444(参考として本明細書に組入れる)に記載されており、及び、 98/18444 are described in (incorporated herein by reference), and,
アクリラン、クレスラン及びアクリロニトリル系繊維、オーロンのようなアクリル製品;セルロースアセテート、アーネル及びアシーレ(acele)のようなセルロースエステル繊維;及びナイロン(例えばナイロン6、ナイロン66、ナイロン610)のようなポリアミドが挙げられる。 Mentioned and nylon (such as nylon 6, nylon 66, nylon 610) polyamides such as is; Akuriran, Kuresuran and acrylonitrile fiber, acrylic products, such as orlon; cellulose acetate, cellulose ester fibers such as Arnel and Ashire (Acele) It is. 【0050】 不織材料の製造方法は当該分野で周知であり、及び通常国際公開特許WO98 The manufacturing method of the nonwoven materials are well known in the art, and usually International Publication No. WO98
/18444に記載されており、これは参考として本明細書に組み入れる。 / 18444 are described in, which is incorporated herein by reference. 本発明においては不織層は湿式からみ合わせ、乾式絡み合わせ、熱的に結合する又は熱結合及びこれらの行程の組み合せを包含する様々な工程により製造されることができる。 Nonwoven layer in the present invention is combined viewed from the wet, dry entanglement combined, thermally coupled to, or thermal bonding and these stroke combinations can be produced by a variety of processes including. 更に本発明の基材は、単層又は複層で構成することが可能である。 Further substrate of the present invention may be constructed of a single layer or multiple layers. 更に、複層の基材ではフィルムやその他の非繊維性の素材を含めることができる。 Furthermore, the base material of the multi-layer may include a film or other non-fibrous materials. 【0051】 本発明に有用な合成繊維製の不織材料はまた、多種多様な販売源から得ることができる。 [0051] Useful synthetic fibers of the nonwoven material to the present invention can also be obtained from a wide variety of sales sources. 本明細書で有用な好適な不織層材料の例は国際公開特許WO98/1 Examples of suitable nonwoven layer materials useful herein include International Publication No. WO98 / 1
8444に記載されており、HEF40−047[約50%のレーヨン及び50 8444 are described in, HEF40-047 [about 50% rayon and 50
%のポリエステル含有有孔湿式からみ合わせ材料、坪量約51g/m 2 (gsm)、ベラテック社(Veratec, Inc.、マサチューセッツ州ワルポール(Walpole))より市販];ノボネット(Novonet、登録商標)149−616[約100%ポリプロピレン含有熱結合格子模様付き材料、及び坪量約60gsm、ベラテック社(マサチューセッツ州ワルポール)より市販];及びHEFナブテックス(HEF Nubt % Of a polyester containing combined viewed from perforated wet material, basis weight of about 51g / m 2 (gsm), Beratekku Inc. (Veratec, Inc., Massachusetts Waruporu (Walpole)) commercially available from]; Nobonetto (Novonet, registered trademark) 149- 616 [about 100% polypropylene-containing thermally bonded grid patterned material, and basis weight of about 60 gsm, available from Beratekku Inc. (MA Waruporu)]; and HEF NAVTEX (HEF Nubt
ex、登録商標)149−801[約100%ポリエステル含有ネップのある有孔湿式からみ合わせ材料、及び坪量約84gsm、ベラテック社(マサチューセッツ州ワルポール)より市販]が挙げられる。 ex, R) 149-801 [about 100% polyester containing viewed combined material from the perforated wet with NEP, and basis weight of about 84Gsm, commercially available from Beratekku Inc. (MA Waruporu)] and the like. 【0052】 天然材料製の紙基材は、最も一般的には繊維の液状懸濁液から極細ワイヤースクリーンから成形されるウェブ又はシートから成る。 [0052] Natural materials made of paper substrates are most commonly made from a web or sheet is formed of ultrafine wire screen from a liquid suspension of the fibers. C. C. A. A. ハンペル(C.A. Hampel (C.A.
Hampel)の「化学百科事典(The Encyclopedia of Chemistry)」第3版、19 Of Hampel) "Encyclopedia of Chemical (The Encyclopedia of Chemistry)" Third Edition, 19
73年、793〜795頁(1973年)、「アメリカーナ百科事典(The Ency 1973, pp. 793-795 (1973), "Americana Encyclopedia (The Ency
clopedia Americana)」第21巻376〜383頁(1984年)、及びG. clopedia Americana) "Vol. 21, pp. 376-383 (1984), and G. A
. スムーク(G.A. Smook)の「パルプと紙の技術ハンドブック(Handbook of Sumuku (G.A. Smook) of "pulp and paper technology Handbook (Handbook of
Pulp and Paper Technologies)」パルプ製紙工業技術協会(Technical Associa Pulp and Paper Technologies) "Pulp and Paper Industry Technical Association (Technical Associa
tion for the Pulp and Paper Industry)(1986年)、これらは全て参考として本明細書に組み入れ、参照する。 tion for the Pulp and Paper Industry) (1986 years), which are all incorporated herein by reference, the reference. 本発明に有用な天然材料製の紙基材は多種多様な販売源から得ることができる。 The paper substrate made of natural materials useful in the present invention can be obtained from a wide variety of sales sources. 本明細書で有用な、好適な市販紙基材としてはキンバリー・クラーク社(Kimberley-Clark Corp.、米国ジョージア州ロズウェル(Roswell))より市販「キムワイプ(Kimwipes)EX−L」;ジェームズ・リバー(James River、ウィスコンシン州グリーンベイ))より市販されているエアテックス(Airtex、登録商標)(秤量約85gsmを有する打出した風成セルロース性層);及びウォーキソフトU. Useful herein, suitable commercially available paper base as the Kimberly-Clark Corporation (Kimberley-Clark Corp., GA, USA Roswell (Roswell)) commercially available from "Kimwipe (Kimwipes) EX-L"; James River ( james River, commercially available from Green Bay, WI)) Airtex (Airtex, R) (launch was eolian cellulosic layer having a basis weight of about 85 gsm); and Woki soft U. S. S. A. A. (Walkisoft USA、ノースカロライナ州マウントホーリー(Mount Holly)より市販されているウォーキソフト(Walkisoft、登録商標)[秤量約90gsmを有する打出し風成セルロース]が挙げられる。 【0053】 或いは、本基材にはポリマーシート材料も可能である。例としては孔あき成形熱可塑性フィルム、成形フィルム、孔あき成形フィルム、有孔プラスチックフィルム及び油圧成形熱可塑性フィルムが挙げられるがこれに限定されるものではない。ポリマーシート材料は特許文献に十分に記載された方法によって製造され得る。例えば、ミュレーン及びスミス(Mullane and Smith)のUS−A−4,3 (Walkisoft USA, Woki software (Walkisoft commercially available from North Carolina Mount Holly (Mount Holly), R) and the [launch aeolian cellulose having a basis weight of about 90 gsm]. [0053] Alternatively, the present substrate the polymeric sheet material is possible. example apertured formed thermoplastic film as, formed films, apertured formed films, apertured plastic films, and hydroformed thermoplastic films are exemplified but not limited thereto. polymeric sheet materials can be prepared by methods well described in the patent literature. for example, US-a-4,3 of Myuren and Smith (Mullane and Smith)
24,246号(1982年4月13日発行)に記載されている工程によると、 According to the process described in JP 24,246 (issued Apr. 13, 1982),
0.0038cmの厚みのポリエチレンフィルムのような熱可塑性材料の試料が成形される又は鋳造される温度であり、またその材料の融点より低い温度である軟化点より高い温度で加熱する。 The temperature sample of the thermoplastic material such as polyethylene film having a thickness of 0.0038cm is to be or casting, also heated at a temperature higher than the softening point at a temperature below the melting point of the material. その後、加熱された熱可塑性材料シートの形状を加熱された成形スクリーンと接触させる。 Then contacted with forming screen which has been heated the heated thermoplastic material sheet shape. 成形スクリーンは好ましくは、所望の孔径、模様、配置を有する有孔のワイヤーメッシュスクリーンである。 Forming screen is preferably a wire mesh screen perforated with the desired pore size, pattern and configuration. 加熱したフィルムを成形スクリーンに伸ばして形をつけるため真空にする。 The heated film stretched in forming screen to vacuum for attaching the shape. フィルムはそれにより所望の模様及び孔径でこのスクリーンに成形される。 The film thereby formed into the screen in the desired pattern and pore diameter. 一方、真空は依然フィルムに適用され、熱い空気の噴出がフィルム上を通過する。 Meanwhile, the vacuum is still applied to the film, the ejection of the hot air passes over the film. 熱い空気の噴射が成形スクリーンの孔の模様及び大きさでフィルムに穿孔する。 Hot air injection is perforated in the film seemed and size of the forming screen hole. ミュレーン( Myuren (
Mullane)の特許の方法で製造される液体透過性シートは簡便に「成形フィルム」として表される。 Liquid permeable sheet produced by patent method Mullane) is conveniently represented as "formed films". このようなシート材料はまた、フィルム上を通過する水の噴射を用いた同様の工程の方法を用いても作り得る。 Such sheet material may also make even using methods similar process using injection of water passing over the film. このような材料は一般的には「水成形フィルム」と表される。 Such materials are generally expressed as "water formed film." そのような材料の更なる例はカーロ(Curro) Further examples of such materials Caro (Curro)
のUS−A−4,609,518号(1986年9月2日発行)に記載されており、全て参考としてこのまま本明細書に組み入れる。 Of US-A-4,609,518 Patent it is described in (issued September 2, 1986), incorporated into this state herein as all reference. 【0054】 本明細書で有用なもう1つの成形フィルム基材は孔あき成形フィルム[弾性のある3次元ウェブで繊維様外観及び触感を示し、液体不浸透性可塑性材料を含み、前記ウェブは多数の孔(孔は多数の交差する繊維様要素により定義される)を有し、ラーデル及びトンプソン(Radel and Thompson)のUS−A−4,342 [0054] Another molded film substrate useful herein indicates fibers like appearance and feel with apertured formed films [a resilient three-dimensional web, comprises a liquid impervious plastic material, said web is a number holes (holes is as defined by the fiber-like elements that multiple intersecting) has, Raderu and Thompson (Radel and Thompson) of US-a-4,342
,314(1982年8月3日発行、参考として本明細書に組み入れる)に記載されているような]である。 , 314 (issued Aug. 3, 1982, incorporated herein by reference) is such] as described. US−A−4,342,314に記載されたシート材料はポリエチレン、ポリプロピレン、PVCのような疎水性プラスチックを用いて製造することができ、及び生理用品などのような吸収剤製品に用いられていることは周知である。 Sheet materials described in US-A-4,342,314 polyethylene, polypropylene, can be prepared using hydrophobic plastics such as PVC, and is used in absorbent products such as catamenial it is well known that there. そのような材料の例は上記の特許に記載された成形フィルムであり、及びプロクターアンドギャンブルカンパニー(Procter and Gamble C Examples of such materials are formed film described in the above patents, and Procter & Gamble Company (Procter and Gamble C
ompany)から「ドライ・ウィーブ(DRI-WEAVE)」として衛生ナプキンで市販されている。 It is commercially available under the sanitary napkin from the ompany) as a "dry-weave (DRI-WEAVE)". 加えて、そのような材料はそれらの疎水性を減少させるために処理を施された表面となり得る。 In addition, such materials can be a handle decorated surfaces to reduce their hydrophobicity. 【0055】 或いは、基材はEP−A−702550及び国際公開特許WO98/1844 [0055] Alternatively, the substrate is EP-A-702550 and International Patent Publication No. WO98 / 1844
4(全てこのまま参考として本明細書に組み入れる)記載されたようなポリマーメッシュスポンジが可能である。 4 (all incorporated herein by reference as it is) polymer mesh sponge as described are possible. 【0056】 基材はまたデス・マライス(DesMarais)のUS−A−5,260,345( [0056] The substrate is also US-A-5,260,345 of Death Marais (DesMarais) (
1993年11月9日発行)及びコロマン(Koroman)のUS−A−4,394 November 9, 1993 issue) and Koloman (Koroman) US-A-4,394
,930(1983年7月26日発行)に記載されているようなポリマー多孔質発泡体であってもよく、参考として本明細書に組み入れる。 , 930 may be a polymeric porous foam as described in (published Jul. 26, 1983), incorporated herein by reference. ポリマー発泡体は一般的に比較的モノマーを含まないガス又は比較的モノマーを含まない液体が重合可能なモノマー含有液体中に泡として分散した時、その後その泡周囲のモノマー含有液体中の重合可能なモノマーと重合する構造として特徴付けられる。 When polymer foam commonly free liquid gas or relatively monomer relatively free of monomers are dispersed as bubbles in a monomer-containing liquid which can be polymerized, a subsequent polymerizable monomer-containing liquid in the foam surrounding It characterized as structures of polymerizing a monomer. 結果としてできた重合分散は、セル(固体重合材料を含むセルの境界又は壁)の集合体である多孔質固体化構造の形をとることができる。 As a result possible polymerization dispersion cell may take the form of a porous solidified structure which is an aggregate of (a boundary or wall of a cell containing a solid polymeric material). セルはそれ自身、重合に先立って液体分散中に「泡」を形成した比較的モノマーを含まないガス又は比較的モノマーを含まない液体を含有する。 Cell contains itself, prior to the polymerization does not contain gas or relatively monomer not containing relatively monomer to form a "bubble" in a liquid dispersion liquid. 具体的に言うと、表面親水性及び液体保持特性を有する軟らかい、柔軟性のあるミクロ孔質(開放又は閉鎖セル)発泡体材料は特にこの適用に好適である。 Specifically, soft having surface hydrophilicity and liquid retention properties, a flexible microporous (open or closed cell) foam materials are particularly suitable for this application. ポリマー発泡体材料の例は、油中水型エマルションの特定の型を重合することによって製造されるものがある。 Examples of polymeric foam materials are those prepared by polymerizing a particular type of water-in-oil emulsion. そのようなエマルションは、比較的少量の重合可能なモノマー含有油相及び比較的多めの量の比較的モノマーを含まない水相から形成される。 Such emulsion is formed from the aqueous phase without the relatively monomer relatively small amount of a polymerizable monomer-containing oil phase and a relatively generous amounts. 比較的モノマーを含まない非連続性の「内部」水相は、したがって連続性の重合可能モノマー含有油相により囲まれた分散した「泡」を形成する。 Relatively non-continuity of the "internal" aqueous phase monomer not including, therefore forms a "bubble" dispersed surrounded by the continuous polymerizable monomers containing oil phase. 続いて起こる連続油相中のモノマーの重合が多泡性の発泡体構造を形成する。 Following polymerization of the monomers in the continuous oil phase which occurs to form a-cellular foam structure. 重合により形成された発泡体構造中に保持された水性の液体は、発泡体を圧迫及び/又は乾燥することにより除去できる。 Liquid aqueous held in the foam structure formed by polymerization can be removed by squeezing the foam and / or drying. この種類の重合エマルションは一般に当該分野で高内相エマルジョン又は「HIPE」発泡体として知られている。 This type of polymerization emulsions are generally in the art known as high internal phase emulsion or "HIPE" foam. 【0057】 ポリマー多孔質発泡体(本明細書の油中水型エマルションから製造される発泡体を包含する)は、セル壁又は境界(即ちセル窓)がポリマー材料で充填されるか又は受け入れるかする度合いによって、性質上比較的閉鎖されたセル又は開放されたセルになり得る。 [0057] or a polymer porous foams (including foams prepared from water-in-oil emulsion of the present specification), the or accept the cell walls or boundaries (i.e. cell windows) are filled with a polymeric material the degree to which, may be relatively closed cell or open cell nature. 本発明に有用なポリマー多孔質発泡体は、発泡体の各セルのほとんどの部分がセル壁のポリマー材料により互いに完全には分離されない、比較的開放されたセルであるものである。 Useful polymeric porous foams to the present invention is not separated completely from each other by polymeric material of most of the cell walls of the cells of the foam are those which are relatively open cell. したがって、そのような実質的に開放されたセルの発泡体構造内のセルは、発泡体構造内で1つのセルから別のセルへ液体を容易に移動させるのに十分な大きさであるセル内開口部又は「窓」を有する。 Thus, cells of the foam structure of such substantially open cell, the foam structure within in a large enough cell from one cell to easily move the liquid to another cell opening or having a "window". 【0058】 本明細書で有用な種類の実質的に開放したセル構造においては、発泡体は通常複数の互いに連結した3次元的に分枝状のウェブにより特定される各セルを伴なう網目状の性質を有する。 [0058] In the present specification in a useful class of substantially open cell structure, the foam entails mesh normally each cell specified by a plurality of three-dimensionally branched webs connected to each other with the Jo of nature. 開放セル発泡体構造の分枝状ウェブを構築するストランドポリマー材料は「方杖(strut)」として表すことができる。 Strand polymeric materials to construct the branched webs of the open-cell foam structure can be represented as "Hotsue (strut)". 開放セルであることに加えて、好ましくは、本明細書で有用なポリマー多孔質発泡体は性質上親水性である。 In addition to being open-celled, preferably, useful polymeric porous foams herein are hydrophilic in nature. 【0059】 本明細書のポリマー多孔質発泡体は多糖類ゲル混合物が拡散して基材に浸潤するように十分親水性でなければならず、及び薄層が剥がれるのを防ぐために多糖類混合物と十分な適合性がなくてはならない。 [0059] Polymer porous foams herein must be sufficiently hydrophilic so as polysaccharide gel mixture infiltrate to substrate diffusion, and polysaccharide mixture to prevent the thin layer from peeling off there must be sufficient compatibility. 本明細書でこれまでに記載したようなポリマー多孔質発泡体はおむつ、生理用品、及び失禁用品のような様々な液体を取り扱う品物に用いるために設計されているが、このような種類の材料は本発明中の基材として有用である。 Polymer porous foams as described heretofore in this specification diapers, catamenial, and are designed for use in goods handling various liquids such as incontinence products, these types of materials are useful as substrates in the present invention. 【0060】 もう1つの例としては、好適な多孔質基材材料はフリーズドライ製法を用いる薄い、柔軟性のある多孔質コラーゲンシートの形成からも作られる。 [0060] As another example, a suitable porous substrate material thin using freeze-drying process, are also made from the formation of a porous collagen sheet having flexibility. この工程は多孔質発泡体の内部構造を有するコラーゲン材料のシートを作成する。 This process creates a sheet of collagen material having an internal structure of the porous foam. このような材料は強く、柔軟性があり、多糖類ゲルと高度な適合性があり、及び本発明の基材として適当な十分な透明性又は半透明性を有する。 Such materials are strong, flexible and has a high degree of compatibility and polysaccharide gel, and an appropriate sufficient transparency or translucency as the base material of the present invention. 本明細書で有用な、好適な市販のコラーゲンシートの例としては、ビューティ・アッティカ社(Beaute A Useful herein, as an example of a suitable commercially available collagen sheets, beauty Attic, Inc. (Beaute A
ttica, Inc.、米国ワシントン州レッドモンド(Redmond))より市販されている「コラーゲンファイバーマスク(Collagen Fiber Mask)」;ルミネッセンス(L ttica, Inc., Washington, USA Redmond (Redmond)) are commercially available from "collagen fiber mask (Collagen Fiber Mask)"; luminescence (L
uminescence、米国ミネソタ州メープルプレーン(Maple Plain))から市販されている「プロフェッショナルコラーゲンマスク(Professional Collagen Masks uminescence, Minnesota Maple Plain (Maple Plain) "professional collagen mask which is commercially available from) (Professional Collagen Masks
)」;ファイブスターフォーミュレイター社(Five Star Formulators, Inc.、 ) "; Five Star formulations Rei ter, Inc. (Five Star Formulators, Inc.,
米国カリフォルニア州パロ・アルト(Palo Alto))から市販されている「ピュアソリューブルコラーゲンリフティングマスク(Pure Soluble Collagen Liftin California, USA Palo Alto are commercially available from (Palo Alto)) "Pure solubles Le collagen lifting mask (Pure Soluble Collagen Liftin
g Masque)」;及びメイブルック社(Maybrook Inc.、米国マサチューセッツ州ローレンス(Lawrence))から市販されている「ピュアコラーゲンマスク(Pure g Masque) "; and Maybrook Inc. (Maybrook Inc., Massachusetts, USA Lawrence (Lawrence)) are commercially available from the" Pure collagen mask (Pure
Collagen Masks)」が挙げられる。 Collagen Masks) "and the like. 【0061】 基材はトゥチル(Tuthill)、イーゼル(Yeazell)及びジラードット(Girard [0061] The substrate Tuchiru (Tuthill), easel (Yeazell) and Jiradotto (Girard
ot)のUS−A−5,715,561(1998年2月10日発行、参考として本明細書に組み入れる)に記載されているようなポリマースクリム(成型された網目)もまた可能性がある。 US-A-5,715,561 (issued February 10, 1998 ot), polymeric scrim (molded mesh as described in incorporated) herein by reference) is also likely . ポリマースクリムは管状であってもよく、及びこのようなポリマースクリム特性は得られる構造(結節間距離、分子連鎖長及び反復単位平均重量)の物理的次元によって表されることができる。 Polymer scrim may be a tubular, and such polymers scrim characteristics can be represented by the physical dimensions of the resulting structure (nodal distance, molecular chain length, and repeating units average weight). 管状スクリム材料はダイアモンド形、四角形、五角形又はその他の形状のメッシュ開口部を持つことができ、及び、低密度ポリエチレンのような様々な強い柔軟性のあるポリマーから作成することができる。 The tubular scrim material is diamond-shaped, square, it can have a mesh opening of pentagonal, or other shapes, and may be made from a variety of strong a flexible polymer such as low density polyethylene. 例えば、ダイアモンドメッシュスクリムは二重反転する打ち抜き型の頭部(それぞれ各打ち抜き型の端に位置する複数の押し出し成型開口部を有する)を用いて押し出す工程により作られるプラスチック網目である。 For example, diamond mesh scrim is a plastic mesh made by extruding using a cutting die head for a counter-rotating (with a plurality of extrusion opening located at the end of each cutting die, respectively). 打ち抜き型頭部の二重反転は単繊維又はストランド押し出して管状にすることの、縦方向の角度でニ方向に分けて押し出す原因となる。 Counter-rotating the cutting die head of that the tubular extruded monofilaments or strands, causing extruding divided into two directions in the longitudinal direction of the angle. ストランドは結節を形成するように定期的に交差する。 Strands periodically intersect to form a knot. 二つのストランド方向は典型的には、ストランドがそれぞれの角で結節でダイアモンド模様を形成するように互いに鋭角をなす。 The two strands direction is typically at an acute angle to one another so as strands to form a diamond pattern with nodules in each corner. リビングストン(Livingston)のUS−A−3,957,565にはこの工程についてより詳細に記載されている。 The US-A-3,957,565 Livingston (Livingston) is described in more detail this process. これらのポリマースクリム(成型された網目)はパーソナルクレンジング用品として設計されたものであるが、このような種類のスクリムは本発明中の基材として用いることができる。 These polymers scrim (molded mesh) is, which is designed as a personal cleansing article, this kind of scrim can be used as the substrate in the present invention. 【0062】 基材は多種多様な形状及び形(平面パッド、厚いパッド、薄いシートを包含し、表面積が約0.25平方cm 2 〜約1,000cm 2の範囲の大きさを有する)に作ることができる。 [0062] The substrate made in a wide variety of shapes and forms (planar pad, thick pads, includes a thin sheet, having a size in the range surface area of about 0.25 square cm 2 ~ about 1,000 cm 2) be able to. 正確な大きさ及び形は所望の使用法及び製品の性質による。 The exact size and shape due to the nature of the desired uses and products. 特に便利なのはユーザーの顔、首、手、足及びその他の体の部分に快適に及び簡単に合うように設計できる形である。 Particularly useful is in the form that can be designed user's face, neck, hands, as comfortable and fit easily in the portion of the foot and other body. これらの形は四角形、円形、三角形、長方形、卵形又は「ピックル(pickle)形」、「蝶形」、「月形」、「半円形」、「ドーナツ形」又はその他として表されることのできるような形の複合体であるその他の形をとることができる。 These forms square, circular, triangular, rectangular, oval or "pickle (pickle) form", "butterfly", "moon", "semi-circular", of being expressed as a "donut" or other a complex shape that allows it can take other forms. 【0063】 本発明の基材は2つ又はそれ以上の層を含むことができ、各層はそれぞれ異なった織り目を有することができる。 [0063] substrate of the present invention may include two or more layers, each layer may have a respective different weave. 異なった織り目は、異なった素材の組合せ、 Different texture is, different material combinations,
又は異なった製造工程又はその組み合わせによって作ることができる。 Or different manufacturing processes or may be made by a combination thereof. 更に、別々の層を持つ基材は、別々の色に加工することができ、それによってユーザーは表面をうまく区別することができる。 Furthermore, the substrate having separate layers can be processed in different colors, whereby the user can successfully distinguish surface. 【0064】 有益な薬剤 本発明の更に好ましい実施態様において、本明細書の予め成形されたシート状装置は安全且つ有効な量の1つ又はそれ以上の有益な薬剤を含む。 [0064] In a further preferred embodiment of the beneficial agent present invention, preformed sheet devices herein include one or more beneficial agents in a safe and effective amount. 【0065】 本明細書で用いる時、「安全で且つ有効な量」という用語は、手当てされるべき状態を変えるのに非常に十分な、又は所望の皮膚、毛髪、又は爪に薬効を送達するには十分な量であり、なお且つ重篤な副作用を回避するのに十分低く、健全な医学的判定の範囲内で利点に対する危険性の合理的な割合で有益な薬剤の量を意味する。 [0065] As used herein, the term "safe and effective amount", very sufficient to change the state to be treatment, or desired skin, delivering hair, or efficacy in nail is a sufficient amount should be noted and severe side effects low enough to avoid refers to the amount of beneficial agent at a reasonable percentage of the risk to benefit within the scope of sound medical judgment on. 有益な薬剤の安全且つ有効な量は具体的な薬剤、薬剤の経皮、又は毛髪及び/又は爪内部に又は表面への浸透能、ユーザーの年齢、ユーザーの健康状態、及びユーザーの皮膚、毛髪又は爪の状態及びその他の要因によって変化することになる。 Beneficial agent safe and effective amount of the particular agent, the agent transdermal, or infiltration into the hair and / or nails inside or surface, the user's age, the user's health condition, and the user's skin, hair or it will vary depending on the condition and other factors of the nail. 【0066】 有益な薬剤には製剤上許容可能な塩が包含され、「製剤上許容可能な塩」とは毒性、刺激性、非適合性、不安定性、アレルギー反応を起こすことなしに人の組織と接触して用いるのに好適な一般的に用いられている何らかの塩を意味する。 [0066] The beneficial agent is included a formulation acceptable salts, toxic and "formulation acceptable salt", irritation, incompatibility, instability, human tissue without causing allergic reactions It means any salt that is used suitable generally for use in contact with. 【0067】 通常、本発明の予め成形されたシート状装置は少なくとも1つの有益な薬剤又はその混合物を装置の重量の約0.01%〜約40%、好ましくは約0.05% [0067] Normally, pre-formed sheet-like device is a least one beneficial agent, or about 0.01% to about 40% of the weight of the apparatus and the mixture of the present invention, preferably from about 0.05%
〜約30%、最も好ましくは約0.1%〜約20%含む。 To about 30%, most preferably from about 0.1% to about 20%. 【0068】 本明細書で有用な有益な薬剤はその治療的利点又はその要求される作用様式によって分類される。 [0068] Beneficial agents useful herein are categorized by their therapeutic benefit or their required mode of action. しかしながら、本明細書で有用な有益な薬剤は、ある場合には治療上の複数の利点を提供し、又は複数の作用形態で作用することを理解すべきである。 However, beneficial agent useful herein is to provide a plurality of therapeutic benefit in some cases, or it should be understood that to act by multiple modes of action. それゆえ、本明細書での分類は便宜上のことであって、有益な薬剤を特定の適用又は列記された適用に限定しようとするものではない。 Therefore, classifications herein are for convenience only thing, not intended to be limited to the beneficial agent was identified application or listed applications. 以下の有益な薬剤が本発明の予め成形されたシート状装置に有用である。 The following beneficial agent are useful for pre-formed sheet-like device of the present invention. 【0069】 抗ニキビ剤:抗ニキビ剤は尋常性挫瘡(毛包脂腺毛嚢の慢性疾患)の治療及び防止に効果を示すことができる。 [0069] Anti-acne agents: anti-acne agents can show effects in the treatment and prevention of acne vulgaris (chronic diseases pilosebaceous follicle). この状態は毛包脂腺装置の炎症、それによって起こる病変(丘疹、膿疱、嚢胞、面皰及び重度の瘢痕が包含され得る)にかかわる。 This state is involved in inflammation of the pilosebaceous unit, thereby occurring lesions (papules, pustules, cysts, acne and severe scarring may be included). コリネバクテリウム・アクネ(Corynebacterium acnes)及びスタフィロコッカス・エピデルミス(Staphylococcus epidermis)の細菌が膿内容物として通常存在する。 Corynebacterium acne (Corynebacterium acnes) and Staphylococcus epidermis (Staphylococcus epidermis) of bacteria normally present as pus contents. 有用な抗ニキビ剤の例としては国際公開特許WO98/18444 International Patent Publication Examples of useful anti-acne agents WO98 / 18444
に記載された角質溶解剤が挙げられる。 Keratolytic agents described in. 更に有用な活性物質としては、レチノイン酸(例えばシス及び/又はトランス)及びその誘導体(例えばエステル)のようなレチノイド;レチノール及びそのエステル(例えばプロピオン酸レチニル、 Further useful active substances, retinoid such as retinoic acid (e.g., cis and / or trans) and its derivatives (e.g. esters); retinol and its esters (e.g. retinyl propionate,
酢酸レチニル);アビエチン酸、アダパレン(adapalene)、タザロテン(tazar Retinyl acetate); abietic acid, adapalene (Adapalene), tazarotene (Tazar
otene)、アラントイン、アロエ抽出物、アビエチン酸及びその塩、アセビオール(ASEBIOL、ラボラトリーズ・セロバイオロジックス(Laboratories Serobiol Otene), allantoin, aloe extract, abietic acid and its salts, andromeda ol (ASEBIOL, Laboratories, Cerro Biologics (Laboratories Serobiol
ogiques、ニュージャージー州ソマービル(Somerville))より市販)、アザレイン酸(azaleic acid)、バーベリー抽出物、ベアベリー抽出物、ベラムカンダ・カイネンシス(belamcanda chinensis)、ベンゾキノリノン、過酸化ベンゾイル、ベルベリン、バイオデルミン(BIODERMINE、セデルマ(Sederma、ニューヨーク州ブルックリン)より市販)、バイオフラボノイド類、ビサボロール、s− Ogiques, commercially available from Somerville, NJ (Somerville))), azalein acid (azaleic acid), Burbury extract, bearberry extract, Belamcanda Kainenshisu (belamcanda chinensis), benzoquinolinone, benzoyl peroxide, berberine, Bio del Min (BIODERMINE, Sederuma (Sederma, Brooklyn, NY) commercially available from), bioflavonoids, bisabolol, s-
カルボキシメチルシステイン、ニンジン抽出物、カサン油(cassin oil)、クローブ抽出物、シトラール、シトロネラール、クリマゾール(climazole)、コンプリテックMBAC−OS(COMPLETECH MBAC-OS、ライポ(Lipo、ニュージャージー州パターソン(Paterson)より市販)、クレモゲンM82(CREMOGEN M82、 Carboxymethyl cysteine, carrot extract, adding oil (Cassin oil), clove extract, citral, citronellal, Kurimazoru (climazole), completion Tech MBAC-OS (COMPLETECH MBAC-OS, Raipo (Lipo, from NJ Paterson (Paterson) commercially available), Kuremogen M82 (CREMOGEN M82,
ドラゴコ(Dragoco、ニュージャージー州トトワ(Totowa))より市販)、キュウリ抽出物、デヒドロ酢酸及びその塩、デヒドロエピアンドロステロン及びその硫酸塩誘導体、ジクロロフェニルイミダゾールジオキソラン、d、l−バリン及びそのエステル、dmdmヒダントイン、エリスロマイシン、エスシノール(es Doragoko (Dragoco, NJ Totowa (Totowa)) commercially available from), cucumber extract, dehydroacetic acid and its salts, dehydroepiandrosterone and its sulfate derivatives, dichlorophenyl imidazole dioxolane, d, l-valine and esters thereof, DMDM ​​hydantoin , erythromycin, escinol (es
cinol)、エチルヘキシルモノグリセリルエーテル、エチル2−ヒドロキシウンデカン酸塩、ファルネソール、酢酸ファルネシル、ゲラニオール、ゲラニルゲラニオール、グラビリジン(glabridin)、グルコン酸、グルコノラクトン、モノカプリン酸グリセリル、グリコール酸、ブドウ種子抽出物、ググ(gugu)脂質、 Cinol), ethylhexyl monoglyceryl ether, ethyl 2-hydroxy-undecane acid, farnesol, farnesyl acetate, geraniol, geranyl geraniol, Gurabirijin (glabridin), gluconic acid, gluconolactone, monocaprate glyceryl, glycolic acid, grape seed extract , googled (gugu) lipid,
ヘデラゲニン(HEDERAGENIN、マルゼン(Maruzen、ニュージャージー州モーリスタウン(Morristown))より市販)、ヘスペリチン(hesperitin)、ヒノキトール(hinokitol)、ホップ抽出物、水素添加ロジン、10−ヒドロキシデカン酸、イヒチオール、インターロイキン−1α拮抗物質、カピラリン(KAPILARINE、 Hederagenin (HEDERAGENIN, Maruzen (Maruzen, NJ Morristown (Morristown)) commercially available from), hesperitin (Hesperitin), cypress Torr (Hinokitol), hop extract, hydrogenated rosin, 10-hydroxy decanoic acid, ichthyol, interleukin - 1α antagonist, Kapirarin (KAPILARINE,
グリーンテック(Greentech、フランスサン・ビジレ(Saint Beauzire))より市販)、ケトコナゾール、乳酸、レモングラス油、ロコカルコンLR15(LOCH Green Tech commercially available from (Greentech, France San Bijire (Saint Beauzire))), ketoconazole, lactic acid, lemon grass oil, Rokokarukon LR15 (LOCH
OCHALCONE LR15、マルゼン(Maruzen、ニュージャージー州モーリスタウン(Mor OCHALCONE LR15, Maruzen (Maruzen, New Jersey Morristown (Mor
ristown))より市販)、リノール酸、リパサイドC8CO(LIPACIDE C8CO、セピック(Seppic、フランス、パリ)より市販)、ロバスタチン、4−メトキシサリチル酸、メトロニダゾール、ミノサイクリン、ムクロッシ(mukurossi)、ニーム種子油、ニコチン酸アミド、ニコチン酸及びそのエステル、ナイシン(nisi Ristown)) commercially available from), linoleic acid, Ripasaido C8CO (LIPACIDE C8CO, Seppic (Seppic, France, available from Paris)), lovastatin, 4-methoxy salicylic acid, metronidazole, minocycline, Mukurosshi (Mukurossi), neem seed oil, nicotinic acid amide, nicotinic acid and its esters, nisin (nisi
n)、パンテノール、1−ペンタデカノール、ペオニア(peonia)抽出物、ペパーミント抽出物、フェラデンドロン(phelladendron)抽出物、2−フェニル− n), panthenol, 1-pentadecanol, Peonia (Peonia) extract, peppermint extract, Blow dendron (phelladendron) extract, 2-phenyl -
ベンゾチオフェン誘導体、フロレチン(phloretin)、フロロガイン(PHLOROGIN Benzothiophene derivative, phloretin (phloretin), Furorogain (PHLOROGIN
E、セクマ(Secma、フランス、ポントロー(Pontrieux)より市販)、ホスファチジルコリン、タンパク質分解酵素、ケルセチン、紫檀抽出物、ローズマリー抽出物、ルチン、セージ抽出物、サリシン、サリチル酸、セリン、タツナミソウ抽出物、シバーヘグネー(siber hegner)抽出物、シベリアユキノシタ抽出物、シリコール(silicol)、ラウリル硫酸ナトリウム、ナトリウムスルホアセトアミド、ソフォーラエキストラクト(SOPHORA EXTRACT、マルゼン(Maruzen、ニュージャージー州モーリスタウン(Morristown))より市販)、ソルビン酸、イオウ、サンダー・バティ(sunder vati)抽出物、ギョリュウバイ油、テトラヒドロアビエチン酸、トレオニン、タイム抽出物、チオキソロン(tioxolone)、トコフェロール及びそのエステル、6−ウンデシレン酸トレ E, Sekuma (Secma, France, Pontoro (Pontrieux) commercially available from), phosphatidylcholine, a proteolytic enzyme, quercetin, red sandalwood extract, rosemary extract, rutin, sage extract, salicin, salicylic acid, serine, skullcap extracts, Shibahegune (siber Hegner) extract, Siberian saxifrage extract, Shirikoru (silicol), sodium lauryl sulfate, sodium sulfo acetamide, Seo forums extract (Sophora eXTRACT, Maruzen (Maruzen, commercially available from New Jersey Morristown (Morristown))), sorbic acid, sulfur, Thunder Batty (sunder vati) extract, Leptospermum scoparium oil, tetrahydroabietic acid, threonine, thyme extract, thioxolone (tioxolone), tocopherol and its esters, 6-undecylenic acid Torre ロース、3−トリデセン−2−オール、トリクロサン、トロポロン(tropolone)、ユニトリエノールT27(UNITRIENOL T27、ユニケム(Unichem、イリノイ州シカゴ)より市販) Loin, 3 tridecene-2-ol, triclosan, tropolone (Tropolone), Uni tri enol T27 (UNITRIENOL T27, Yunikemu (Unichem, commercially available from Chicago, IL))
、ビタミンD 3及びその類縁体、ホワイトタイム油、ヤナギ樹皮抽出物、ウォゴニン(wogonin)、イランイラン油、グリセリン酸亜鉛、亜鉛リノレエート、酸化亜鉛、ジンクピリチオン、硫酸亜鉛、双極性界面活性剤(例えば、セチルジメチルベタイン)及びこれらの混合物が挙げられる。 , Vitamin D 3 and analogs thereof, white thyme oil, willow bark extract, wogonin (Wogonin), ylang ylang oil, zinc glycerate, zinc linoleate, zinc oxide, zinc pyrithione, zinc sulfate, zwitterionic surfactants (e.g., cetyl dimethyl betaine) and mixtures thereof. 【0070】 非ステロイド系抗炎症剤(NSAIDS):本明細書に用いるのに好適なNS [0070] Non-steroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDS): Suitable NS for use herein
AIDS及びそれらのエステルの例は国際公開特許WO98/18444に記載してあり、これは参考として本明細書に組み入れる。 Examples of AIDS and their esters has indicated in International Publication No. WO98 / 18444, which is incorporated herein by reference. 非ステロイド系抗炎症薬( Non-steroidal anti-inflammatory drugs (
NSAIDS)の更なる例としてはフルフェナム酸;パンテノール及びそのエーテル及びエステル誘導体、例えば、パンテノールエチルエーテル、三酢酸パンテニル;パントテン酸及びその塩及びエステル誘導体、特にパントテン酸カルシウム;アロエベラ、ビサボロール、アラントイン及びカンゾウ(グリチルリチア・ Flufenamic acid Further examples of NSAIDS); panthenol and ether and ester derivatives, for example, panthenol ethyl ether, triacetate Panteniru; pantothenic acid and its salts and ester derivatives, especially calcium pantothenate; aloe vera, bisabolol, allantoin and licorice (Gurichirurichia -
グラブラ(Glycyrrhiza glabra)属/種の植物)族の化合物(グリチルレチン酸、グリチルリチン酸及びその誘導体(例えば、グリチルリチン酸アンモニウムのような塩及びグリチルレチン酸ステアリルのようなエステル)が挙げられる)が挙げられるがこれに限定されない。 Glabra (Glycyrrhiza glabra) genus / species plants) group of the compound (glycyrrhetinic acid, glycyrrhizic acid and its derivatives (e.g., esters as salts such as ammonium glycyrrhizinate and glycyrrhetinic acid stearyl) and the like) but can be cited but it is not limited to this. 【0071】 局所麻酔薬:本明細書に用いるのに好適な局所麻酔薬の例はベンゾカイン及びブピバカインである。 [0071] Local anesthetics: Examples of suitable topical anesthetic for use herein are benzocaine and bupivacaine. 更に好適な例は国際公開特許WO98/18444に記載されており、参考として本明細書に組み入れる。 Further suitable examples are described in International Publication No. WO98 / 18444, incorporated herein by reference. 【0072】 人工日焼け剤及び促進剤:人工日焼け剤は皮膚中のメラニンを増加することにより、又は皮膚中のメラニン増加の出現を作り出すことにより自然の日焼けをシミュレートするのを助けることができる。 [0072] artificial tanning agents and accelerators: artificial tanning agents by increasing the melanin in the skin, or can help to simulate the natural tanning by creating the appearance of increased melanin in the skin. 人工日焼け剤及び促進剤の例としてはチロシン酸グルコース及びアセチルチロシン、ブラジリン、カフェイン、コーヒー抽出物、DNA分画、イソブチルメチルキサンチン、メチルキサンチン、フォトタン(PHOTOTAN、ラボラトリー・セロバイオロジック(Laboratoires Serobio Tyrosinate glucose and acetyl tyrosine Examples of artificial tanning agents and accelerators, brazilin, caffeine, coffee extracts, DNA fractionation, isobutyl methyl xanthine, methyl xanthine, photo Tan (PHOTOTAN, Laboratory Cerro biologics (Laboratoires Serobio
logiques、ニュージャージー州ソマービル(Somerville))より市販)、プロスタグランジン、茶抽出物、テオフィリン、ユニペルタンP2002(UNIPERTAN logiques, commercially available from Somerville, NJ (Somerville))), prostaglandins, tea extract, theophylline, Yuniperutan P2002 (UNIPERTAN
P2002、ユニケム(Unichem、イリノイ州シカゴ)より市販)及びユニペルタンP P2002, Yunikemu (Unichem, Chicago, IL) commercially available from) and Yuniperutan P
27(UNIPERTAN P27、ユニケム(Unichem、イリノイ州シカゴ)より市販);及びこれらの混合物が挙げられるがこれに限定されない。 27 (UNIPERTAN P27, Yunikemu (Unichem, commercially available from Chicago, IL)); and mixtures thereof without limitation thereto. 本明細書で更に有用な人工日焼け剤は国際公開特許WO98/18444に記載されている。 Further useful artificial tanning agents herein are described in International Publication No. WO98 / 18444. 【0073】 消毒剤:本明細書に用いるのに好適な消毒剤の例としてはアルコール、安息香酸、ソルビン酸及びこれらの混合物が挙げられる。 [0073] Disinfectants: Examples of suitable disinfectants for use herein are alcohols, benzoic acid, sorbic acid and mixtures thereof. 【0074】 抗微生物剤及び抗カビ剤:抗微生物及び抗カビ剤は細菌及び真菌の増殖及び成長を防止するのに効果を示すことができる。 [0074] Antimicrobial and antifungal agents: anti-microbial and anti-fungal agents can show an effect in preventing the proliferation and growth of bacteria and fungi. 抗微生物及び抗カビ剤の例としてはケトコナゾール、シクロピロックス、過酸化ベンゾイル、テトラサイクリン、アゼライン酸及びその誘導体、酢酸エチル、アラントラクトン、イソアラントラクトン、アルカンナ抽出物(アラニニン(alaninin))、アニス、ウサギギク抽出物(酢酸ヘレナリン(helenalin acetate)及び11,13ジヒドロヘレナリン(dihydrohelenalin))、メンマ抽出物(フロロ・ルシノール含有抽出物)、バーベリー抽出物(塩酸ベルベリン)、ベイスウィート(bay sweet)抽出物、ヤマモモ樹皮抽出物(ミリシトリン(myricitrin))、塩化ベンザルコニウム、塩化ベンゼトニウム、安息香酸及びその塩、ベンゾイン、ベンジルアルコール、ブレストアザミ(blessed thistle)、ブレティラ・チュバー(bletilla tuber) Ketoconazole Examples of antimicrobial and antifungal agents, ciclopirox, benzoyl peroxide, tetracycline, azelaic acid and its derivatives, ethyl acetate, Alan preparative lactones, iso Alan preparative lactones, Arukan'na extract (Araninin (alaninin)), anise, arnica extract (acetate helenalin (helenalin acetate) and 11,13-dihydro Helena phosphorus (Dihydrohelenalin)), bamboo shoots extract (fluoroalkyl-lucinol containing extracts), Barberie extract (berberine hydrochloride), Bay Sweet (bay sweet) extract, bayberry bark extract (myricitrin (myricitrin)), benzalkonium chloride, benzethonium chloride, benzoic acid and its salts, benzoin, benzyl alcohol, Brest thistle (blessed thistle), Buretira-tuber (bletilla tuber)
、アカネグサ、ボアドローズ油、ゴボウ、ブチルパラベン、杜松油、CAE(味の素、ニュージャージー州テアネック(Teaneck)より市販)、カエプト油、カングズー(cangzhu)、ヒメウイキョウ油、カスカリラ樹皮(商品名エッセンシャルオイル(ESSENTIAL OIL)として販売)、シダーリーフ(cedarleaf)油、カミツレ、チャパラル、クロロフェネシン、クロルキシレノール、シナモン油、シトロネラ油、丁子油、デヒドロ酢酸及びその塩、ディル種子油、ダウィシル20 , Akanegusa, bois de rose oil, burdock, butyl paraben, cade, CAE (Ajinomoto, commercially available from New Jersey Teanekku (Teaneck)), Kaeputo oil, Kanguzu (cangzhu), caraway oil, cascarilla bark (trade name essential oil (ESSENTIAL OIL ) sold), cedar leaf (Cedarleaf) oil, chamomile, chaparral, chlorophenesin, chloroxylenol, cinnamon oil, citronella oil, clove oil, dehydroacetic acid and its salts, dill seed oil, Dowicil 20
0(DOWICIL 200、ダウ・ケミカル(Dow Chemical、ミシガン州ミッドランド(M 0 (DOWICIL 200, Dow Chemical (Dow Chemical, Midland, Michigan (M
idland)より市販)、エキナセア(echinacea)、エレノリン酸(elenolic acid Commercially available from idland)), echinacea (echinacea), Erenorin acid (elenolic acid
)、イカリソウ、エチルパラベン、FO−TI、ガルバヌム、ガーデンワレモコウ、ガーモール115(GERMALL 115)及びガーモールII(GERMALL II)(I ), Epimedium, ethylparaben, FO-TI, galbanum, garden burnet, Gamoru 115 (GERMALL 115) and Gamoru II (GERMALL II) (I
SPサットンラボ(ISP-Sutton Labs、ニュージャージー州ワイン(Wayne))より市販)、ジャーマンカミツレ油、ジャイアントノットウィード(giant knotwe SP Sattonrabo commercially available from (ISP-Sutton Labs, wine, New Jersey (Wayne))), German chamomile oil, giant knot weed (giant knotwe
ed)、グリダント(GLYDANT、ロンザ(Lonza、ニュージャージー州フェアローン(Fairlawn))より市販)、グリダントプラス(GLYDANT PLUS、ロンザ(ニュージャージー州フェアローン)より市販)、グレープフルーツ種子油、ジイセチオン酸ヘキサミジン、ヒノキチオール、蜂蜜、スイカズラ花、ホップ、永久花、ヨードプロピルブチルカルバマイド(IODOPROPYNL BUTYL CARBAMIDE、ロンザ(ニュージャージー州フェアローン)より市販)、イソブチルパラベン、イソプロピルパラベン、JMアクティケア(JM ACTICARE、ミクロバイアルシステムインターナショナル(Microbial Systems International、英国ノッティンガム)より市販)、ネズの実、カトンCG(KATHON CG、ロームアンドハース(Rohm and Ha ed), glidants (GLYDANT, Lonza (Lonza, Fair Lawn, NJ (Fairlawn)) commercially available from), commercially available from Gris setup plus (GLYDANT PLUS, Lonza (Fair Lawn, NJ)), grapefruit seed oil, diisethionate hexamidine, hinokitiol , honey, honeysuckle flower, hop, permanent flowers, (commercially available from IODOPROPYNL bUTYL CARBAMIDE, Lonza (Fair Lawn, NJ)) iodopropyl carbamate amide, isobutyl paraben, isopropyl paraben, JM Akti Care (JM ACTICARE, micro vial systems International ( Microbial Systems International, commercially available from Nottingham, UK)), the fruit of juniper, Kathon CG (KATHON CG, Rohm and Haas (Rohm and Ha
as、米国ペンシルバニア州フィラデルフィア)より市販)、ラブダナム、ラベンダー、セイヨウヤマハッカ油、レモングラス、メチルパラベン、ミント、梅、マスタード、ミルラ、ニーム種子油、オルソフェニルフェノール、オリーブリーフエキストラクト(OLIVE LEAF EXTRACT、バイオ・ボタニカ(Bio Botanica、ニューヨーク州フープージュ(Hauppauge))より市販)、パセリ、パチョリ油、ボタン根、フェノニップ(PHENONIP、ナイパ・ラボ(Nipa Labs、デラウェア州ウィルミントン(Wilmington))より市販)、フィトスフィンゴシン、松葉油(pi as, commercially available from Philadelphia, PA)), labdanum, lavender, horse Yamahakka oil, lemongrass, methylparaben, mint, plum, mustard, myrrh, neem seed oil, ortho-phenylphenol, olive leaf extract (OLIVE LEAF EXTRACT, Bio-Botanica (Bio Botanica, New York Fupuju (Hauppauge)) commercially available from), parsley, patchouli oil, buttons roots, Phenonip (PHENONIP, Naipa lab (Nipa labs, Wilmington, Delaware (Wilmington)) commercially available from), Phyto sphingosine, pine needle oil (pi
ne needle oil)、プランサーバティブ(PLANSERVATIVE、カンポリサーチ(Camp ne needle oil), plan server Restorative (PLANSERVATIVE, Campo Research (Camp
o Research、シンガポール、ラッフル・クァイ(Raffles Quay))より市販)、 o Research, Singapore, raffle-Kuai (Raffles Quay)) commercially available from),
プロピルパラベン、スベリヒユ、キライラ(quillaira)、ダイオウ、ニオイテンジクアオイ油、ローズマリー、セージ、サリチル酸、サッサフラス、セイボリー、四川ラビッジ(sichuan lovage)、メタ亜硫酸水素ナトリウム、亜硫酸ナトリウム、ソフォライアンス(SOPHOLIANCE、ソライアンス(Soliance、フランスカンピーニュ(Compiegne))より市販)、ソルビン酸及びその塩、スフィンゴシン、ステビア、蘇合香、タンニン酸、茶、ギョリュウバイ油(カエプト油)、 Propyl paraben, purslane, Kiraira (Quillaira), rhubarb, odor pelargonium oil, rosemary, sage, salicylic, sassafras, savory, Sichuan Rabijji (sichuan lovage), sodium metabisulfite, sodium sulfite, Seo follower Alliance (SOPHOLIANCE, Soraiansu ( Soliance, commercially available from France Kanpi New (Compiegne))), sorbic acid and its salts, sphingosine, stevia, styrax balsam, tannic acid, tea, Leptospermum scoparium oil (Kaeputo oil),
タイム、トリクロサン、トリクロカルバン、トロポロン(tropolone)、テルペンチン、ウンベリフェロン(umbelliferone)(抗カビ)、及びユッカ又はこれらの混合物が挙げられるがこれに限定されるものではない。 Time, triclosan, triclocarban, tropolone (Tropolone), turpentine, umbelliferone (umbelliferone) (antifungal), and does not but Yucca or mixtures thereof is limited. 本明細書で有用な抗微生物及び抗カビ剤の更なる例は国際公開特許WO98/18444に記載されている。 Further examples of antimicrobial and antifungal agents useful herein are described in International Publication No. WO98 / 18444. 【0075】 皮膚鎮静剤:皮膚鎮静剤は皮膚の炎症の防止又は治療に効果を示すことができる。 [0075] Skin soothing agents: Skin soothing agents can show an effect in preventing or treating inflammation of the skin. 鎮静剤は本発明の皮膚の外観上の利点を増強し、例えば、そのような薬剤はより均一で許容可能な皮膚のきめ及び色調に寄与する。 Sedatives enhances the benefits of appearance of the skin of the present invention, e.g., such agents contribute to the texture and color of an acceptable skin more uniform. 皮膚鎮静剤の例としてはアブシンチウム、アカシア、アエスシン(aescin)、セイヨウイソノキ抽出物、 Examples of skin soothing agents Abushinchiumu, acacia, aescin (aescin), western Isonoki extract,
アラントイン、アロエ、APT(センターケム(Centerchem、コネチカット州スタンフォード(Stamford))より市販)、ウサギギク、レンゲソウ、レンゲソウ根抽出物、アズレン、バイカリンSR15(BAICALIN SR 15、バーネットプロダクト社(Barnet Products Dist.、ニュージャージー州イングルウッド(Englewo Allantoin, aloe, APT (commercially available from Center Chem (Centerchem, Stamford, CT (Stamford))), arnica, Rengesou, Rengesou root extract, azulene, baicalin SR15 (BAICALIN SR 15, Burnett Product Inc. (Barnet Products Dist., New Jersey state Inglewood (Englewo
od))より市販)、バイカルタツナミソウ、バイズー(baizhu)、カナダバルサム、蜜蜂花粉(bee pollen)、バイオフィテックス(BIOPHYTEX、ラボラトリー・セロバイオロジック(Laboratories Serobiologiques、ニュージャージー州ソマービル)より市販)、ビサボロール、コホッシュ(サラシナショウマ属多年草)、コホッシュ(サラシナショウマ属多年草)抽出物、コホッシュ(ルイヨウボタン)、コホッシュ(ルイヨウボタン)抽出物、ヒヨドリバナ、ルリチシャ、ルリチシャ油、ルリチシャ種子油、ブロメライン、キンセンカ、キンセンカ抽出物、カナディアンウィロウバークエキストラクト(CANADIAN WILLOWBARK EXTRACT od)) commercially available from), by Carta tsunami Saw, Baizu (baizhu), commercially available from Canada balsam, bee pollen (bee pollen), bio-Fi Tex (BIOPHYTEX, Laboratory Cerro Bio-logic (Laboratories Serobiologiques, Somerville, NJ)), bisabolol, cohosh (Cimicifuga perennial), cohosh (Cimicifuga perennial) extract, cohosh (Louis iodine button), cohosh (Louis iodine button) extract, Eupatorium, borage, borage oil, borage seed oil, bromelain, calendula, calendula extract, Canadian Willow bark extract (CANADIAN WILLOWBARK eXTRACT
、フィトケム(Fytokem)より市販、キャンデリアワックス、カンジュー(cangz , Commercially available from Fitokemu (Fytokem), candelilla wax, Kanju (cangz
hu)、キャノーラフィトステロール、トウガラシ、カルボキシペプチダーゼ、セロリ種子、セロリ茎抽出物、センタウリウム(CENTAURIUM、セデルマ(Sederma hu), canola phytosterols, capsicum, carboxypeptidase, celery seed, celery stem extract, Sentauriumu (CENTAURIUM, Sederuma (Sederma
、ニューヨーク州ブルックリン)より市販)、セントーリ(centaury)抽出物、 , Commercially available from Brooklyn, NY)), Sentori (centaury) extract,
カマズレン(chamazulene)、カミツレ、カミツレ抽出物、チャパラル(chaparr Chamazulene (chamazulene), chamomile, chamomile extract, Chaparral (chaparr
al)、イタリア・ニンジンボク、イタリア・ニンジンボク抽出物、ハコベ、チコリ根、チコリ根抽出物、チラータ(chirata)、カイシャオ(chishao)、コロディアルオートミール(collodial oatmeal)、コンフリー、コンフリー抽出物、 al), Italy-castus, Italy-castus extract, chickweed, chicory root, chicory root extract, Chirata (chirata), Kaishao (chishao), roller Diar oatmeal (collodial oatmeal), comfrey, comfrey extract ,
クロミストCMグルカン(CROMIST CM GLUCAN、クローダ(Croda、ニュージャージー州パーシッパニー(Parsippany))より市販)、ダリュートサイド(daruto Kuromisuto CM-glucan (CROMIST CM GLUCAN, Croda (Croda, commercially available from Parsippany, NJ (Parsippany))), da lute side (daruto
side)、デヒュリアン・アンゲリカ(dehurian angelica)、デビルズクロウ(D side), Dehyurian-angelica (dehurian angelica), Devil's Claw (D
EVIL'S CLAW、MMP、ニュージャージー州プレーンフィールド)より市販)、 EVIL'S CLAW, MMP, commercially available from New Jersey Plainfield)),
ニ価金属(マグネシウム、ストロンチウム、マンガンのような)、ドッグラス( Divalent metal (magnesium, strontium, such as manganese), Doggurasu (
doggrass)、ミズキ、エアシェイブ(EASHAVE、ペンタファーム(Pentapharm、 doggrass), Mizuki, Easheibu (EASHAVE, penta farm (Pentapharm,
スイス、バーゼル(Basel))より市販)、エリューセロ(eleuthero)、エルヒビン(ELHIBIN、ペンタファーム(スイス、バーゼル))より市販)、エンテリン2(ENTELINE 2、セクマ(Secma、フランス、ポントリュー(Pontrieux))より市販)、マオウ、イカリソウ、エスキュロサイド(esculoside)、マツヨイグサ、コゴメグサ、エキストラクトLE−100(EXTRACT LE-100、サイノ・ライオン(Sino Lion、ニューヨーク州世界貿易センター)より市販)、ファンフェン(fangfeng)、ナツシロギク、フィシン、レンギョウ果、ガノデルマ(ganode Basel, Switzerland (Basel)) commercially available from) Eryusero (Eleuthero), Eruhibin (ELHIBIN, commercially available from Pentapharm (Basel, Switzerland))), Enterin 2 (ENTELINE 2, Sekuma (Secma, France, from Pontlieue (Pontrieux)) commercially available), ephedra, Epimedium, Esukyurosaido commercially available from (esculoside), evening primrose, Kogomegusa, extract LE-100 (eXTRACT LE-100, Saino Lion (Sino Lion, New York world trade Center)), fan Fen (fangfeng ), feverfew, ficin, forsythia fruit, Ganoderma (ganode
rma)、ガオベン(gaoben)、ガツリンA(GATULINE A、ガッテフォッセ(Gatte rma), Gaoben (gaoben), Gatsurin A (GATULINE A, Gattefosse (Gatte
fosse、フランス、サン・プリースト(Saint Priest))より市販)、ゲンチアナ根、ゲルマニウム抽出物、ギンコウ・ビルボア(gingko bilboa)、イチョウ、ヤクヨウニンジン抽出物、ヒドラスチス、ヤギ抽出物、ゴツ・コーラ(gotu k fosse, France, commercially available from Saint-Priest (Saint Priest))), gentian root, germanium extract, ginkgo Biruboa (gingko bilboa), ginkgo, ginseng extract, goldenseal, goat extract, Gotsu-Cola (gotu k
ola)、グレープフルーツ抽出物、グアイアクノキ油、グッガル抽出物、ヘレナリン(helenalin)エステル、ツマクレナイノキ、スイカズラ花、ニガハッカ抽出物、セイヨウトチノキ、トクサ、フッザン(huzhang)、オトギリソウ、イヒチオール、永久花、トコン、ジュズダマ、ナツメ、コーラノキ抽出物、ラナクリス28(LANACHRYS 28、ラナテック(Lana Tech、フランス、パリ)より市販) ola), grapefruit extract, Guaiakunoki oil, Guggaru extract, helenalin (helenalin) ester, Tsumakurenainoki, honeysuckle flower, Horehound extract, horse chestnut, horsetail, Fuzzan (huzhang), hypericum, ichthyol, permanent flowers, ipecac, Job's tears, jujube, kola extract, Ranakurisu 28 (LANACHRYS 28, Ranatekku (Lana Tech, France, available from Paris))
、レモン油、ライアンキオ(lianqiao)、カンゾウ根、リガスティカム(ligust , Lemon oil, Raiankio (lianqiao), licorice root, Rigasutikamu (ligust
icum)、モクセイ科ボタノキ属植物、ラビッジ根、ヘチマ、ニクズク花、マグノリア(magnolia)花、マンジスチャ(manjistha)抽出物、マーガスピディン(m icum), Oleaceae Botanoki plant of the genus, Rabijji roots, loofah, nutmeg flower, magnolia (magnolia) flower, Manjisucha (manjistha) extract, margarine spin Din (m
argaspidin)、マトリシン(matricin)、マイクロアットIRC(MICROAT IRC argaspidin), Matorishin (matricin), micro at IRC (MICROAT IRC
、ナーチュア(Nurture、モンタナ州、ミズーラ(Missoula))より市販)、ミント、ヤドリギ、モデュレン(MODULENE、セポルガ(Seporga、フランス、ソフィア・アンティポリス(Sophia Antipolis))より市販)、緑豆抽出物、ムスク、オートムギ抽出物、オレンジ、パンテノール、パパイン、ボタン樹皮、ボタン根、フィトプレノリン(PHYTOPLENOLIN、バイオ・ボタニカ(Bio Botanica、ニューヨーク州ハッポージ(Hauppauge))より市販)、プレレゲン(PREREGEN、 , Nachua (Nurture, Montana, Missoula (Missoula)) commercially available from), mint, mistletoe, commercially available from Modeyuren (MODULENE, Seporuga (Seporga, France, Sophia Antipolis (Sophia Antipolis))), mung bean extract, musk, oat extract, orange, panthenol, papain, button bark, buttons roots, Fitopurenorin (PHYTOPLENOLIN, Bio-Botanica (Bio Botanica, commercially available from New York Happoji (Hauppauge))), Pureregen (PREREGEN,
ペンタファーム(スイス、バーゼル))より市販)、スベリヒユ、クエンチT( Pentapharm (Basel, Switzerland) commercially available from)), purslane, quenched T (
QUENCH T、センターケム(Centerchem、コネチカット州スタンフォード(Stamfo QUENCH T, center Chem (Centerchem, Stamford, CT (Stamfo
rd))より市販)、キライラ(quillaia)、ランタナ、リーマニア(rehmannia Commercially available from rd))), Kiraira (quillaia), Lantana, Lee Mania (rehmannia
)、ダイオウ、ローズマリー、ローズマリー酸(rosmarinic acid)、ローヤルゼリー、ヘンルーダ、ルチン、ビャクダン、サンキ(sanqi)、サルサパリラ、 ), Rhubarb, rosemary, rosemary acid (rosmarinic acid), royal jelly, rue, rutin, sandalwood, Sanki (sanqi), sarsaparilla,
ノコギリパルメット、センシライン(SENSILINE、シラブ(Silab、フランス、ブリベ(Brive))より市販)、シーゲスベッキア(SIEGESBECKIA、セデルマ(Sed Saw palmetto, Sensi line (SENSILINE, Shirabu (Silab, France, commercially available from Buribe (Brive))), Sea Guess Vecchia (SIEGESBECKIA, Sederuma (Sed
erma、ニューヨーク州ブルックリン)より市販)、グリチルレチン酸ステアリル、スティミューテックス(STIMUTEX、、ペンタファーム(スイス、バーゼル)より市販)、蘇合香、レンタカンバ油、クルマバソウ、マンジュギク、茶抽出物、 erma, commercially available from Brooklyn, NY)), commercially available from glycyrrhetinic acid stearyl, stay mutex (STIMUTEX ,, penta farm (Basel, Switzerland)), styrax balsam, Rentakanba oil, woodruff, Tagetes, tea extract,
タイム抽出物、タイエンチ(tienchi)ヤクヨウニンジン、トコフェロール、酢酸トコフェリル、トリクロサン、ウコン、ウリメイ(urimei)、ウルソール酸、 Thyme extract, Taienchi (tienchi) ginseng, tocopherol, tocopheryl acetate, triclosan, turmeric, Urimei (urimei), ursolic acid,
ストローブマツ樹皮、ウィッチヘーゼル、ザイニイ(xinyi)、セイヨウノコギリソウ、酵母抽出物、ユッカ及びこれらの混合物が挙げられるがこれに限定されない。 Pinus strobus bark, witch hazel, Zainii (Xinyi), yarrow, yeast extract, but Yucca and mixtures thereof without limitation thereto. 【0076】 日焼け止め剤:本明細書で有用な、好適な日焼け止め剤の例は、国際公開特許WO98/18444に記載されており、参考として本明細書に組み入れる。 [0076] Sunscreens: Examples herein and useful, the preferred sunscreen agents are described in International Publication No. WO98 / 18444, incorporated herein by reference. 本明細書で有用な日焼け止め剤の更なる例としては、p−メトキシケイ皮酸ジエタノールアミン、ジオキシベンゾン、エチルジヒドロキシプロピルPABA、アミノ安息香酸,グリセリル、ローサム(lawsome)及びジヒドロキシアセトン、アントラニル酸メンチル、アントラニル酸メチル、オクチルジメチルPABA、赤色石油、スリソベンゾン(sulisobenzone)、サリチル酸トリエタノールアミン、及びこれらの混合物が挙げられる。 Further examples of useful sunscreens herein, p- methoxycinnamic acid diethanolamine, dioxybenzone, ethyl dihydroxypropyl PABA, aminobenzoic acid, glyceryl Rosamu (lawsome) and dihydroxyacetone, menthyl anthranilate, methyl anthranilate, octyl dimethyl PABA, red oil, sulisobenzone (sulisobenzone), triethanolamine salicylate, and mixtures thereof. 【0077】 皮膚バリア修復補助剤:皮膚バリア修復補助剤とは、表皮の天然の水分バリア機能を修復又は補給するのを助けることができるスキンケア補助剤である。 [0077] Skin barrier repair aids: The skin barrier repair aids, a skin care adjuvants can help to repair or replenish natural moisture barrier function of the epidermis. 皮膚バリア修復補助剤の好適な例としては、ブラジカステロール、カフェイン、カンペステロール、キャノーラ由来ステロール、セラマックス(CERAMAX、クエスト(Quest、イギリス、アッシュフォード(Ashford))より市販)、セラミド2( Suitable examples of skin barrier repair aids, brassicasterol roll, caffeine, campesterol, canola-derived sterols, Sera Max (CERAMAX, commercially available from Quest (Quest, United Kingdom, Ashford (Ashford))), ceramide 2 (
CERAMIDE 2、セデルマ(Sederma、ニューヨーク州ブルックリン)より市販)、 CERAMIDE 2, commercially available from Sederuma (Sederma, Brooklyn, NY)),
セラミドHO3TM(CERAMIDE HO3TM、セデルマ(ニューヨーク州ブルックリン)より市販)、セラミドII(CERAMIDE II、クエスト(イギリス、アッシュフォード)より市販)、セラミドIII(CERAMIDE III、クエスト(イギリス、アッシュフォード)より市販)、セラミドIIIB(CERAMIDE IIIB、コスモフェーム(Cosmoferm、オランダ、デルフト(Delft)より市販)、セラミドIS37 Ceramide HO3TM (CERAMIDE HO3TM, commercially available from Sederuma (Brooklyn, NY)), ceramide II (CERAMIDE II, commercially available from Quest (United Kingdom, Ashford)), ceramide III (CERAMIDE III, Quest (United Kingdom, commercially available from Ashford)), ceramide IIIB (cERAMIDE IIIB, Cosmo Fame (Cosmoferm, Netherlands, commercially available from Delft (Delft)), ceramide IS37
73(CERAMIDE IS 3773、ラボラトリー・セロバイオロジック(Laboratories S 73 (CERAMIDE IS 3773, Laboratory Cerro Bio-logic (Laboratories S
erobiologiques、ニュージャージー州ソマービル(Somerville))より市販)、 erobiologiques, commercially available from Somerville, NJ (Somerville))),
セラミノール(CERAMINOL、アイノコスム(Inocosm、フランス、シャトニー・マラブリー(Chatenay Malabry))より市販)、セラゾール(CERASOL、ペンタファーム(Pentapharm、スイス、バーゼル(Basel))より市販)、セファリップ(CEPHALIP、ペンタファーム(スイス、バーゼル)より市販)、コレステロール、ヒドロキシステアリン酸コレステロール、イソステアリン酸コレステロール、 Seraminoru (CERAMINOL, commercially available from Ainokosumu (Inocosm, France, Shatoni-Maraburi (Chatenay Malabry))), Serazoru (CERASOL, penta farm (Pentapharm, Switzerland, commercially available from Basel (Basel))), Sefarippu (CEPHALIP, penta farm (Switzerland , commercially available from Basel)), cholesterol, hydroxystearic acid cholesterol, cholesterol isostearate,
7−デヒドロコレステロール、デルマテインBRC(DERMATEIN BRC、ホーメル(Hormel、ミネソタ州オースティン(Austin))より市販)、ダーマテインGS 7-dehydrocholesterol, Derumatein BRC (DERMATEIN BRC, Hormel (Hormel, commercially available from Minnesota Austin (Austin))), Damatein GS
L(DERMATEIN GSL、ホーメル(ミネソタ州オースティン)より市販)、エルデュウCL301(ELDEW CL 301、味の素、ニュージャージー州テアネック(Tean L (DERMATEIN GSL, commercially available from Hormel (Austin, Minnesota)), Eldew CL301 (ELDEW CL 301, Ajinomoto, New Jersey Teanekku (Tean
eck))より市販)、エルデュウPS203(ELDEW PS 203、味の素、ニュージャージー州テアネック)より市販)、フィトロブロサイド(FITROBROSIDE、ペンタファーム(スイス、バーゼル)より市販)、ジェネロール122(GENEROL 12 eck)) commercially available from), Eldew PS203 (ELDEW PS 203, Ajinomoto, commercially available from New Jersey Teanekku)), Phyto Lovro side (FITROBROSIDE, commercially available from Pentapharm (Basel, Switzerland)), Gene roll 122 (GENEROL 12
2、ヘンケル(Henkel、ニュージャージー州ホボケン(Hoboken))より市販)、 2, Henkel commercially available from (Henkel, New Jersey Hoboken (Hoboken))),
グリセリルセリンアミド、乳酸、ラクトマイド(LACTOMIDE、ペンタファーム( Glyceryl serine amide, lactate, Rakutomaido (LACTOMIDE, Pentapharm (
スイス、バーゼル)より市販)、ラノリン、ラノリンアルコール、ラノステロール、ラウリル酸n−ラウリルグルカミド、リポ酸、n−アセチルシステイン、セリン、n−アセチル−L−セリン、n−メチル−L−セリン、NETステロール−ISO(NET STEROL-ISO 、バーネット・プロダクツ(Barnet Products、ニュージャージ州イングルウッド(Englewood))より市販)、ニコチン酸アミド、 Switzerland, available from Basel)), lanolin, lanolin alcohol, lanosterol, lauric acid n- lauryl glucamide, lipoic acid, n- acetylcysteine, serine, n- acetyl -L- serine, n- methyl -L- serine, NET sterol -ISO (NET sTEROL-ISO, Burnett Products (Barnet Products, commercially available from New jersey Englewood (Englewood))), nicotinic acid amide,
ニコチン酸及びそのエステル、ニコチニルアルコール、パルミチン酸、パンテノール、パンテチン(panthetine)、ホスホジエステラーゼ阻害物質、PHYTO Nicotinic acid and its esters, nicotinyl alcohol, palmitic acid, panthenol, pantethine (panthetine), phosphodiesterase inhibitors, Phyto
/CER(PHYTO/CER、インテルゲン(Intergen、ニューヨーク州パーカスター(Purchaser))より市販)、フィトグリコールリピドミレーエキストラクト(P / CER (PHYTO / CER, Intel Gen (Intergen, commercially available from New York Hoodie Star (Purchaser))), Phyto glycol Lipid Millet extract (P
HYTOGLYCOLIPID MILLET EXTRACT、バーネット・プロダクツ販売代理店(Barnet HYTOGLYCOLIPID MILLET EXTRACT, Barnett Products distributor (Barnet
Products Distributer、ニュージャージ州イングルウッド)より市販)、フィトスフィンゴシン(PHYTOSPHINGOSINE、ギスト・ブロケイド(Gist Brocades、ペンシルバニア州キングオブプルッシア(King of Prussia))より市販)、センドフィラグリン(PSENDOFILAGGRIN、ブルックスインダストリー(Brooks Indust Products Distributer, commercially available from New Jersey Englewood)), phytosphingosine (PHYTOSPHINGOSINE, Gist-Burokeido (Gist Brocades, Pennsylvania King of Puru' Shea (King of Prussia) commercially available from)), send filaggrin (PSENDOFILAGGRIN, Brooks Industry (Brooks Indust
ries、ニュージャージー州サウスプレーンフィールド(South Plainfield))より市販)、クエストマイドH(QUESTAMIDE H、クエスト(イギリス、アッシュフォード)より市販)、セリン、スチグマステロール、シトステロール、スチグマスタノール、大豆由来ステロール、スフィンゴシン、s−ラクトイルグルタチオン、ステアリン酸、スーパーステロールエステル(SUPER STEROL ESTERS、クローダ(Croda、ニュージャージー州パーシッパニー(Parsippany))より市販) ries, commercially available from New Jersey, South Plainfield (South Plainfield))), commercially available from Quest amide H (QUESTAMIDE H, Quest (United Kingdom, Ashford)), serine, stigmasterol, sitosterol, stigmastanol, soybean-derived sterols, sphingosine, s- lactoylglutathione, stearate, Super sterol ester (SUPER sterol eSTERS, Croda (Croda, commercially available from Parsippany, NJ (Parsippany)))
、チオクト酸、THSCセラミドオイル(THSC CERAMIDE OIL、カンポ・リサーチ(Campo Research、シンガポール、ラッフル・クァイ(Raffles Quay))より市販)、トリメチルグリシン、ニコチン酸トコフェリル、ビタミンD3及びその類縁体又は誘導体、及びY2(Y2、オーシャン・ファーマソイティカル(Ocean (Commercially available from THSC CERAMIDE OIL, Campo Research (Campo Research, Singapore, raffle-Kuai (Raffles Quay))) thioctic acid, THSC ceramide oil, trimethylglycine, nicotinate tocopheryl, vitamin D3 and its analogs or derivatives and, Y2 (Y2, Ocean Pharma Soi Pharmaceuticals (Ocean
Pharmaceutical)又はそれらの混合物が挙げられる。 Pharmaceutical) or mixtures thereof. 【0078】 抗しわ及び抗皮膚萎縮活性物質:抗しわ及び抗皮膚萎縮活性物質は、上皮及び/又は真皮層を補充する又は若返らせるのに効果を示すことができる。 [0078] Anti-wrinkle and anti-skin atrophy actives: Anti-wrinkle and anti-skin atrophy actives can indicate an effect to cause to or rejuvenating replenish epithelial and / or dermal layer. このような活性物質は通常、落屑の自然な行程を促進する又は維持する、及び/又は皮膚マトリックス成分(例えば、コラーゲン及びグリコサミノグリカン)を構築することによりこのようなスキンケアの所望の利点を提供する。 Such active substances are normally or maintain promotes natural process of desquamation and / or skin matrix components (e.g., collagen and glycosaminoglycans) of the desired benefits of such a skin care by building provide. 抗しわ及び抗皮膚萎縮活性物質の例としては、ニコチン酸及びそのエステル、ニコチニルアルコール、エストロゲン、及びエストロゲン化合物又はそれらの混合物が挙げられるがこれに限定されるものではない。 Examples of anti-wrinkle and anti-skin atrophy actives, not to nicotinic acid and its esters, nicotinyl alcohol, estrogens, and estrogen compounds or mixtures thereof are not limited thereto. 本明細書で有用な更に好適な抗しわ及び抗皮膚萎縮活性物質は国際公開特許WO98/18444に記載されている。 Further suitable anti-wrinkle and anti-skin atrophy actives useful herein are described in International Publication No. WO98 / 18444. 【0079】 皮膚修復活性物質:皮膚修復活性物質は上皮及び/又は真皮層の修復に効果を示すことができる。 [0079] skin repair actives: skin repair actives can show an effect on restoration of the epithelium and / or dermal layer. 皮膚修復活性物質の例としてはアクテイン27(actein 27 Examples of skin repair actives Akutein 27 (actein 27
)−デオキシアクテインシーマイシフゴサイド(deoxyactein cimicifugoside) ) - deoxy Akti Inn Cima Issy Fugo side (deoxyactein cimicifugoside)
(シーマイゴサイド(cimigoside)、アダパレン(adapalene)、タザロテン(t (Sea lost side (cimigoside), adapalene (adapalene), tazarotene (t
azarotene)、アデメチオニン(ademethionine)、アデノシン、アレトリス(al azarotene), Ade methionine (ademethionine), adenosine, Aretorisu (al
etris)抽出物、アロエ由来レクチン(lectin)、3−アミノプロピルニ水素リン酸塩、アマドリン(AMADORINE、バーネット・プロダクツ(Barnet Products、 Etris) extract, aloe derived lectins (lectin), 3- aminopropyl dihydrogen phosphate, Amadorin (Amadorine®, Burnett Products (Barnet Products,
ニュージャージ州イングルウッド(Englewood))より市販)、アニス抽出物、 Commercially available from New Jersey Englewood (Englewood))), anise extract,
アオサイン(AOSINE、セクマ(Secma、フランス、ポントリュー(Pontrieux)) Aosain (AOSINE, Sekuma (Secma, France, Pontlieue (Pontrieux))
より市販)、アミノ安息香酸アルギニン、ASCIII(ASC III、E.メルック(E. Merck、ドイツ、ダルムシュタット(Darmstadt))より市販)、アスコルビン酸、パルミチン酸アスコルビル、アジアン酸(asiatic acid)、アジアタイコサイド(asiaticosides)、アーラモールGEO(ARLAMOL GEO、ICI、デラウェア州ウィルミングトン(Wilmington)より市販)、アザレイン酸(azalei More commercially available), amino acid arginine, ASCIII (ASC III, E. Merukku (E. Merck, Darmstadt, Germany (Darmstadt)) commercially available from), ascorbic acid, ascorbyl palmitate, Asian acid (asiatic acid), Asian Tyco side (asiaticosides), Ara Mall GEO (ARLAMOL GEO, ICI, commercially available from Delaware Wilmington (Wilmington)), azalein acid (azalei
c acid)、安息香酸誘導体、ベルトレッティア(bertholletia)抽出物、ベツリン酸、バイオカニンA(BIOCHANIN A)、バイオペプチドCL(BIOPEPTIDE CL、 c acid), benzoic acid derivatives, belt Retti A (Bertholletia) extract, betulinic acid, Baiokanin A (BIOCHANIN A), Biopeptide CL (Biopeptide CL,
セデルマ(Sederma、ニューヨーク州ブルックリンより市販)、バイオペプチドEL(BIOPEPTIDE EL、セデルマ(ニューヨーク州ブルックリンより市販)、ビオチン、クロイチゴ樹皮抽出物、ヒオウギ抽出物、サラシナショウマ属多年草抽出物、ルイヨウボタン抽出物、ベツリン酸ブタノイル、カテコールアミン、カルコン、イタリア・ニンジンボク抽出物、シス−レチノイン酸、クエン酸エステル、クローバー抽出物、コエンザイムQ10(ユビキノン)、クーメストロール( Sederuma (Sederma, commercially available from Brooklyn, NY), Biopeptide EL (Biopeptide EL, Sederuma (commercially available from Brooklyn, NY), biotin, blackberry bark extract, blackberry lily extract, Cimicifuga perennial extract, Louis iodide button extract betulinic acid butanoyl, catecholamines, chalcones, Italy castus extract, cis - retinoic acid, citric acid esters, clover extract, coenzyme Q10 (ubiquinone), Ku female trawl (
coumestrol)、CPCペプチド(CPC PEPTIDE、バーネット・プロダクツ(ニュージャージ州イングルウッド)より市販)、ダイドゼイン(daidzein)、ダン・ coumestrol), CPC peptide commercially available from (CPC PEPTIDE, Burnett Products (New Jersey Englewood)), daidzein (daidzein), Dan
グイ(dang gui)抽出物、ダルトサイド(darutoside)、デブロモ・ラウリンテロール(debromo laurinterol)、1−デカノイル−グリセロ−ホスホン酸、デヒドロコレステロール、デヒドロジクレオソール、デヒドロジオイゲノール、デヒドロエピアンドロステロン、デルモレクチン(DERMOLECTINE、セデルマ(ニューヨーク州ブルックリン)より市販)、デヒドロアスコリビン酸、硫酸デヒドロエピアンドロステロン、ジアネトール、2,4−ジヒドロキシ安息香酸、ジオスゲニン(diosgenin)、アスコルビルリン酸二ナトリウム、ドデカンニ酸、エダーリン(EDERLINE、セポルガ(Seporga、フランス、ソフィア・アンチポリス(S Gui (dang gui) extract, Darutosaido (darutoside), Deburomo-Raurinteroru (debromo laurinterol), 1- decanoyl - glycero - phosphonic acid, dehydrocholesterol, dehydro Logistics creosol, dehydro LOGIS eugenol, dehydroepiandrosterone, Epidermophyton lectin (DERMOLECTINE, commercially available from Sederuma (Brooklyn, NY)), dehydroepiandrosterone Ascoli bottles acid, dehydroepiandrosterone sulfate, Jianetoru, 2,4-dihydroxybenzoic acid, diosgenin (diosgenin), ascorbyl phosphate disodium, dodecanedioic acid, Edarin ( EDERLINE, Seporuga (Seporga, France, Sophia Antipolis (S
ophia Antipolis))より市販)、エレセリルSH(ELESERYL SH、、ラボラトリー・セロバイオロジック(Laboratories Serobiologiques、ニュージャージー州ソマービル)より市販)、エンドヌクレイン(ENDONUCLEINE、ラボラトリー・セロバイオロジック(Laboratories Serobiologiques、ニュージャージー州ソマービル)より市販)、エクオール(equol)、エルゴステロール、エリオジクチオール、エストロゲン及びその誘導体、エトシン(ethocyn)、エイスロビン酸(e ophia Antipolis)) commercially available from), commercially available from Ereseriru SH (ELESERYL SH ,, Laboratory Cerro Bio-logic (Laboratories Serobiologiques, Somerville, NJ)), endonuclease Crane (ENDONUCLEINE, Laboratory Cerro Bio-logic (Laboratories Serobiologiques, Somerville, NJ ) commercially available from), equol (equol), ergosterol, eriodictyol, estrogen and derivatives thereof, Etoshin (Ethocyn), Eisurobin acid (e
ythrobic acid)、ファルネソール、酢酸ファルネシル、フェンネル抽出物、フィブラスチル(FIBRASTIL、セデルマ(ニューヨーク州ブルックリン)より市販)、ファイブロシティミュリンS及びP(FIBROSTIMULINES S AND P、セデルマ(ニューヨーク州ブルックリン)より市販)、ファーモゲンIS8445(FIRM Ythrobic acid), farnesol, farnesyl acetate, fennel extract, Fiburasuchiru available from (FIBRASTIL, Sederuma (Brooklyn, NY)), Five b City Myu phosphorus S and P, commercially available from (FIBROSTIMULINES S the AND P, Sederuma (Brooklyn, NY)), Famogen IS8445 (FIRM
OGEN IS 8445、ラボラトリー・セロバイオロジック(ニュージャージー州ソマービル)より市販)、フラボノイド(特に非置換型フラバノンのようなフラバノン及び非置換型カルコン及びモノヒドロキシ及びジヒドロキシカルコンのようなカルコン)、ホルモノネチン(formononetin)、レンギョウ果抽出物、没食子酸エステル、γ−アミノ酪酸、ガツリンRC(GATULINE RC、ガトルフォッセ(Gattl Ogen IS 8445, Laboratory Cerro biologic commercially available from (Somerville, NJ)), flavonoids (especially unsubstituted flavanone and unsubstituted chalcones and chalcone such as monohydroxy and dihydroxy chalcone, such as flavanone), formononetin (formononetin) , Forsythia fruit extract, gallic acid ester, .gamma.-aminobutyric acid, Gatsurin RC (GATULINE RC, Gatorufosse (Gattl
efosse、フランス、サン・プリースト(Saint Priest))より市販)、ゲニステイン(genistein)、ゲニスタイン(genisteine)、ゲニスチン酸(genistic ac efosse, France, commercially available from Saint-Priest (Saint Priest))), genistein (genistein), genistein (genisteine), genistin acid (genistic ac
id)、ゲンチシル(gentisyl)アルコール、ギンコウ・ビルボア(gingko bilbo id), Genchishiru (gentisyl) alcohol, ginkgo Biruboa (gingko bilbo
a)抽出物、ヤクヨウニンジン抽出物、ギンセノサイド(ginsenoside)、RO、 a) extract, ginseng extract, Ginsenosaido (ginsenoside), RO,
6〜1 、R 6〜2 、R 6〜3 、R C 、R D 、R E 、R F 、R F〜2 、R G〜1 、R G〜2、グルコピラノシル−l−アスコルビン酸塩、グルタチオン及びそのエステル、グリシテイン(glycitein)、エプチロキシ4サリチル酸(eptyloxy 4 salicylic acid R 6~1, R 6~2, R 6~3 , R C, R D, R E, R F, R F~2, R G~1, R G~2, glucopyranosyl -l- ascorbate, glutathione and its esters, glycitein (glycitein), Epuchirokishi 4 salicylate (eptyloxy 4 salicylic acid
)、ヘスペリチン(hesperitin)、ヘキサヒドロカーカミン(hexahydro curcum ), Hesperitin (hesperitin), hexahydrophthalic car Comin (hexahydro curcum
in)、HMG−コエンザイムA還元酵素阻害物質(HMG-Coenzyme A Reductase I in), HMG- coenzyme A reductase inhibitors (HMG-Coenzyme A Reductase I
nhibitors)、ホップ抽出物、11ヒドロキシウンデカン酸、10ヒドロキシデカン酸、25−ヒドロキシコレステロール、イソファボンSG10(ISOFAVONE Nhibitors), hop extract, 11-hydroxy undecanoic acid, 10-hydroxy decanoic acid, 25-hydroxycholesterol, Isofabon SG10 (ISOFAVONE
SG 10バーネット・プロダクツ(ニュージャージ州イングルウッド)より市販) SG 10 Barnett Products available from (New Jersey Englewood))
、カイネチン、L−2−oオキソ−サイアゾリジン−4−カルボン酸エステル、 , Kinetin, L-2-o-oxo - Saiazorijin-4-carboxylic acid ester,
乳酸脱水素酵素阻害物質、1−ラウリル−リゾ−ホスファチジルコリン、レクチン、リコカルコンLR15(LICHOCHALCONE LR15、マルゼン(Maruzen、ニュージャージー州モーリスタウン(Morristown))より市販)、カンゾウ抽出物、リポ酸、ルミステロール、ルテオリン、アスコルビン酸リン酸マグネシウム、メラトニン、メリビオース、メタロプロテイナーゼ(metalloproteinase)阻害物質、メソプレン、メソプレン酸、4−メトキシサリチル酸、メバロン酸、MPCコンプレックス(MPC COMPLEX、CLR、ドイツ、ベルリン)より市販)、N−アセチルシステイン、N−メチルセリン、N−メチルタウリン、N,N 1 −ビス( Lactate dehydrogenase inhibitors, 1-lauryl - lyso - phosphatidylcholine, lectins, licochalcone LR15 (LICHOCHALCONE LR15, Maruzen (Maruzen, commercially available from New Jersey Morristown (Morristown))), licorice extract, lipoic acid, lumisterol, luteolin , magnesium ascorbyl phosphate, melatonin, melibiose, metalloproteinases (metalloproteinase) inhibitor, methoprene, methoprene acid, 4-methoxy salicylic acid, mevalonic acid, MPC complex (MPC cOMPLEX, CLR, Berlin, Germany) commercially available from), N- acetylcysteine, N- methyl serine, N- methyl taurine, N, N 1 - bis (
ラクチル)システアミン、ナリンゲニン(naringenin)、ネオチオゴゲニン(ne Lactyl) cysteamine, naringenin (naringenin), Neochiogogenin (ne
otigogenin)、5−オクタノイルサリチル酸、O−デスメチルアンゴイエンシン(O- desmethylangoiensin)、オレイン酸、パンテテイン、フェニルアラニン、 otigogenin), 5- octanoyl salicylic acid, O- desmethyl Ango Yen Shin (O- desmethylangoiensin), oleic acid, pantetheine, phenylalanine,
フォトアネトン(photoanethone)、フィチン酸及びその塩、ピペリジン、胎盤抽出物、プラテンセイン(pratensein)、プレグネノロン、酢酸プレグネノロン、コハク酸プレグネノロン、プレマリン、キライン酸(quillaic acid)、ラロキシフェン(raloxifene)、リペアファクター1(REPAIR FACTOR 1、セデルマ(ニューヨーク州ブルックリン)より市販)、リペアファクターSPC(REPAIR Photo Aneton (photoanethone), phytic acid and its salts, piperidine, placenta extract, platen Thane (pratensein), pregnenolone acetate pregnenolone, pregnenolone succinate, Premarin, Kirain acid (quillaic acid), raloxifene (raloxifene), Repair Factor 1 (rEPAIR fACTOR 1, commercially available from Sederuma (Brooklyn, NY)), repair factor SPC (rEPAIR
FACTOR SPC、セデルマ(ニューヨーク州ブルックリン)より市販)、レチナール、レチン酸エステル(C 2 〜C 20アルコールのエステル)、レチノール、酢酸レチニル、レチニルグルクロネート、レチニルリノレエート、パルミチン酸レチニル、プロピオン酸レチニル、リバイタリンBT(REVITALIN BT、ペンタファーム(Pentapharm、スイス、バーゼル(Basel))より市販)、s−カルボキシメチルシステイン、サリチル酸、シーナミンFP(SEANAMINE FP、ラボラトリー・ FACTOR SPC, commercially available from Sederuma (Brooklyn, NY)), retinal, retinoic acid ester (C 2 -C 20 alcohol ester), retinol, retinyl acetate, retinyl glucuronide sulfonates, retinyl linoleate, retinyl palmitate, propionate retinyl, Ribaitarin BT (REVITALIN BT, Pentapharm (Pentapharm, Switzerland, available from Basel (Basel))), s- carboxymethyl cysteine, salicylate, Shinamin FP (SEANAMINE FP, Laboratory
セロバイオロジック(ニュージャージー州ソマービル)より市販)、リン酸アスコルビルナトリウム、大豆抽出物、膵抽出物、タキステロール、タウリン、タザロテン(tazarotene)、サイムレン(thymulen)、胸腺抽出物、甲状腺ホルモン、チゴゲニン(tigogenin)、トコフェリル−レチノエート、トキシフォリン(t Commercially available from Cerro biologics (Somerville, NJ)), sodium ascorbyl phosphate, soy extract, pancreatic extract, tachysterol, taurine, tazarotene (Tazarotene), Saimuren (Thymulen), thymus extract, thyroid hormone, tigogenin (Tigogenin ), tocopheryl - retinoate, Tokishiforin (t
oxifolin)、トランスレチン酸、トラウマチン酸(traumatic acid)、クエン酸三コリン、トリフォサイド(trifoside)、ウラシル誘導体、ウルソール酸、ビタミンD 3及びその類縁体、ビタミンK、バイテックス(vitex)抽出物、ヤム抽出物、ヤモゲニン(yamogenin)及びゼアチン、又はこれらの混合物が挙げられるがこれに限定されるものではない。 Oxifolin), trans retinoic acid, traumatic acid (traumatic acid), citric acid three choline, triforine side (trifoside), uracil derivatives, ursolic acid, vitamin D 3 and its analogs, vitamin K, Vitex (Vitex) extract , yam extract, yamogenin (yamogenin) and zeatin, or mixtures thereof are exemplified but not limited thereto. 【0080】 脂質:好適な脂質の例としては、セチルリシノレエート、ヒドロステアリン酸コレステロール、イソステアリン酸コレステロール、クレメロール(CREMEROL、 [0080] Lipid: Examples of suitable lipids include cetyl ricinoleate, hydro monostearate cholesterol, cholesterol isostearate, Kuremeroru (CREMEROL,
アマーコール(Amerchol、ニュージャージー州エジソン(Edison))より市販) Amakoru (Amerchol, Edison, New Jersey (Edison)) commercially available from)
、エルデュウC1301(ELDEW C1301、味の素、ニュージャージー州テアネック(Teaneck))より市販)、ラノリン、モデュラン(MODULAN、アマーコール( , Eldew C1301 commercially available from (ELDEW C1301, Ajinomoto, New Jersey Teanekku (Teaneck))), lanolin, Modeyuran (MODULAN, Amakoru (
ニュージャージー州エジソンより市販)、オーラン(OHLAN、アマーコール(ニュージャージー州エジソン)より市販)、ワセリン、フィタントリオール及びスーパーステロールエステル(SUPER STEROL ESTERS、クローダ(Croda、ニュージャージー州パーシッパニー(Parsippany))より市販)、又はこれらの混合物が挙げられる。 Commercially available from Edison, New Jersey), Orlan commercially available from (OHLAN, Amakoru (Edison, NJ)), petrolatum, phytantriol and Super sterol ester commercially available from (SUPER Sterol ESTERS, Croda (Croda, Parsippany, NJ (Parsippany))), or mixtures thereof. 【0081】 皮膚ライトニング剤:皮膚ライトニング剤は皮膚のメラニンの量を実質的に減少させる、又はその他の機構によりそのような効果を提供することができる。 [0081] Skin lightening agents: Skin lightening agents can provide such effects by substantially reducing, or other mechanism the amount of melanin in the skin. 本明細書に用いるのに好適な皮膚ライトニング剤はEP−A−758,882及びEP−A−748,307に記載されており、量特許とも参考として本明細書に組みいれる。 Suitable skin lightening agents for use herein are described in EP-A-758,882 and EP-A-748,307, both amounts patents incorporated herein by reference. 皮膚ライトニング剤の更なる例としてはアダパレン(adapalene) Further examples of skin lightening agents is adapalene (adapalene)
、アロエ抽出物、アミノチロシン、乳酸アンモニウム、アネトール誘導体、リンゴ抽出物、アルブチン、アスコルビン酸、パルミチン酸アスコルビル、アゼライン酸、タケ抽出物、クマコケモモ抽出物、ブレティラ・チュバー(bletilla tub , Aloe extract, aminotyrosine, ammonium lactate, anethole derivatives, apple extract, arbutin, ascorbic acid, ascorbyl palmitate, azelaic acid, bamboo extract, bearberry extract, Buretira-tuber (bletilla tub
er)、ミシマサイコ抽出物、ワレモコウ抽出物、バーネットパウダー(BURNET P er), Bupleurum extract, burnet extract, Burnett powder (BURNET P
OWDER、バーネット・プロダクツ(Barnet Products、ニュージャージ州イングルウッド(Englewood))より市販)、ブチルヒドロキシアニソール、ブチルヒドロキシトルエン、チュアンキション(chuanxiong)、ダン・グイ(dang-gui)、 OWDER, Barnett products commercially available from (Barnet Products, New Jersey Englewood (Englewood))), butyl hydroxy anisole, butyl hydroxy toluene, Chuan key Deployment (chuanxiong), Dan Gui (dang-gui),
デオキシアルブチン、1,3−ジフェニルプロパン誘導体、2,5ジヒドロキシ安息香酸及びその誘導体、2−(4−アセトキシフェニル)−1,3−ジタン、 Deoxyarbutin, 1,3 diphenyl propane derivatives, 2, 5 dihydroxybenzoic acid and its derivatives, 2- (4-acetoxyphenyl) -1,3 Zidane,
(2-(4-acetoxyphenyl)-1,3 dithane)2−(4−ヒドロキシフェニル)−1 (2- (4-acetoxyphenyl) -1,3 dithane) 2- (4- hydroxyphenyl) -1
,3ジタン(2-(4-hydroxyphenyl)-1,3 dithane)、エラグ酸、エスシノール(escinol)、エストラゴール誘導体、エスクロサイド(esculoside)、エスクレチン、フェードアウト(FADEOUT、ペンタファーム(Pentapharm、スイス、バーゼル(Basel))より市販)、ファンファン(fangfeng)、フェンネル抽出物、没食子酸及びその誘導体、ガノデルマ(ganoderma)抽出物、ガオベン(gaobe , 3 Zidane (2- (4-hydroxyphenyl) -1,3 dithane), ellagic acid, escinol (escinol), estragole derivatives, the escrow side (esculoside), esculetin, fade out (FadeOut, Pentapharm (Pentapharm, Basel, Switzerland available from (Basel))), fan (fangfeng), fennel extract, gallic acid and its derivatives, Ganoderma (ganoderma) extract, Gaoben (Gaobe
n)、ガツリンホワイトニング(GATULINE WHITENING、ガッテフォッセ(Gattefo n), Gatsu phosphorus whitening (GATULINE WHITENING, Gattefosse (Gattefo
sse、フランス、サン・プリースト(Saint Priest))より市販)、ゲニスチン酸(genistic acid)及びその誘導体、ゲンチシル(gentisyl)アルコール、グラブリジン(glabridin)及びその誘導体、gluco pyranosyl-l-アスコルビン酸、グルコン酸、グルコサミン、グリコール酸、グリチルリチン酸、緑茶抽出物、 sse, France, available from Saint-Priest (Saint Priest))), genistin acid (genistic acid) and its derivatives, Genchishiru (gentisyl) alcohol, glabridin (glabridin) and its derivatives, gluco pyranosyl-l- ascorbic acid, gluconic acid , glucosamine, glycolic acid, glycyrrhizic acid, green tea extract,
4−ヒドロキシ−5−メチル−3[2h]−フラノン、ヒドロキニーネ、4−ヒドロキシアニソール及びその誘導体、4−ヒドロキシ安息香酸誘導体、ヒドロキシカプリル酸、アスコルビン酸イノシトール、コウジ酸、乳酸、レモン抽出物、 4-hydroxy-5-methyl -3 [2h] - furanone, hydro quinine, 4-hydroxyanisole and its derivatives, 4-hydroxybenzoic acid derivatives, hydroxycaprylic acid, ascorbic acid inositol, kojic acid, lactic acid, lemon extract,
カンゾウ抽出物、リコライスP−TH(LICORICE P-TH、バーネット・プロダクツ(ニュージャージ州イングルウッド)より市販)、リノール酸、アスコルビン酸リン酸マグネシウム、メルフェード(MELFADE、ペンタファーム(スイス、バーゼル)より市販)、メルホワイト(MELAWHITE、ペンタファーム(スイス、バーゼルより市販)、モルス・アルバ(morus alba)抽出物、クワ根抽出物、ニコチン酸アミド、ニコチン酸及びそのエステル、ニコチニルアルコール、5−オクタノイルサリチル酸、パセリ抽出物、フェリナス・リンテウス(phellinus lint Licorice extract, Rikoraisu P-TH (commercially available from LICORICE P-TH, Barnett Products (New Jersey Englewood)), linoleic acid, magnesium ascorbic acid phosphate, Mel fade (MELFADE, from Pentapharm (Basel, Switzerland) commercially available), Mel White (MELAWHITE, Pentapharm (Switzerland, commercially available from Basel), Morusu alba (morus alba) extract, mulberry root extract, nicotinamide, nicotinic acid and its esters, nicotinyl alcohol, 5- octa Noirusarichiru acid, parsley extract, Ferinasu-Rinteusu (phellinus lint
eus)抽出物、胎盤抽出物、ピロガロール誘導体、レチン酸、レチノール、レチニルエステル(酢酸塩、プロピオン酸塩、パルミチン酸塩、リノレエート)、2 eus) extract, placental extract, pyrogallol derivatives, retinoic acid, retinol, retinyl esters (acetate, propionate, palmitate, linoleate), 2
,4レゾルシノール誘導体、3,5レゾルシノール誘導体、バラ果抽出物、ルシノール(rucinol)、サリチル酸、ソン・イ(song-yi)抽出物、ソフォラパウダー(SOPHORA POWDER、バーネット・プロダクツ(ニュージャージ州イングルウッド)より市販)、4−チオレゾレイン(4-thioresorein)、3,4,5トリヒドロキシベンジル誘導体、トラネキサム酸、TYROSLAT10,11(availa , 4 resorcinol derivatives, 3,5 resorcinol derivatives, rose fruit extract, lucinol (rucinol), salicylic acid, Sung Lee (song-yi) extract, Sophora powder (SOPHORA POWDER, Burnett Products (New Jersey Englewood) more commercially available), 4 Chiorezorein (4-thioresorein), 3,4,5-trihydroxy-benzyl derivatives, tranexamic acid, TYROSLAT10,11 (availa
ble from Fytokem),ビタミンD 3及びその類縁体、酵母抽出物又はその混合物が挙げられる。 ble from Fytokem), vitamin D 3 and its analogs, yeast extract or mixtures thereof. 【0082】 皮脂阻害物質:皮脂阻害物質は皮脂腺の皮脂の産生を減少させることができる。 [0082] Sebum Inhibitors: Sebum inhibitors can decrease the production of sebum of the sebaceous glands. 好適な皮脂阻害物質の例としては、塩酸アルミニウム、アセビオール(ASEBIO Examples of suitable sebum inhibitors, Aluminum hydrochloride, andromeda ol (ASEBIO
L、ラボラトリー・セロバイオロジック(Laboratories Serobiologiques、ニュージャージー州ソマービル)より市販)、バイオダーミン(BIODERMINE、セデルマ(Sederma、ニューヨーク州ブルックリン)より市販)、クライマゾール(cli L, commercially available from Laboratory Cerro biologics (Laboratories Serobiologiques, Somerville, NJ)), commercially available from Baiodamin (BIODERMINE, Sederuma (Sederma, Brooklyn, NY)), Kuraima tetrazole (cli
mbazole)、コンプリテックMBAC−OS(COMPLETECH MBAC-OS、ライポ(Lip mbazole), completion Tech MBAC-OS (COMPLETECH MBAC-OS, Raipo (Lip
o、ニュージャージー州パターソン(Paterson)より市販)、副腎皮質ホルモン、キュウリ抽出物、デヒドロ酢酸及びその塩、ジクロロフェニルイミダゾールジオキソラン、ケトコナゾール、リコカルコンLR15(LICHOCHALCONE LR15、マルゼン(Maruzen)より市販)、ニコチン酸アミド、ニコチン酸及びそのエステル、ニコチニルアルコール、フロレチン(phloretin)、フロロガイン(PHLOROG o, commercially available from New Jersey Paterson (Paterson)), corticosteroids, cucumber extract, commercially available from dehydroacetic acid and its salts, dichlorophenyl imidazole dioxolane, ketoconazole, licochalcone LR15 (LICHOCHALCONE LR15, Maruzen (Maruzen)), nicotinic acid amide, nicotinic acid and its esters, nicotinyl alcohol, phloretin (phloretin), Furorogain (PHLOROG
INE、セクマ(Secma、フランス、ポントロー(Pontrieux)より市販)、ピリドキシン及びその誘導体、s−カルボキシルメチルシステイン、セピコントロールAS(SEPICONTROL AS)、スピロノラクトン、チオキソロン(tioxolone)、トコフェロール、ユニトリエノールT27(UNITRIENOL T27、ユニケム(Unichem INE, Sekuma (Secma, France, available from Pontoro (Pontrieux)), pyridoxine and its derivatives, s- carboxylmethyl cysteine, Sepi Control AS (SEPICONTROL AS), spironolactone, thioxolone (tioxolone), tocopherol, Uni tri enol T27 (UNITRIENOL T27, Yunikemu (Unichem
、イリノイ州シカゴ)より市販)及びジンシドン(ZINCIDONE、UCIB、ニュージャージー州クリフトン(Clifton))より市販、又はこれらの混合物が挙げられる。 , Chicago, IL) from commercially available) and Jinshidon (ZINCIDONE, UCIB, commercially available from Clifton, NJ (Clifton)), or mixtures thereof. 【0083】 皮脂刺激物質:皮脂刺激物質は皮脂腺による皮脂の産生を増加することができる。 [0083] sebum stimulators: sebum stimulators can increase the production of sebum by the sebaceous glands. 皮脂刺激物質の例としてはブリイオノール酸(bryonolic acid)、コンプリテックMBAC−DS(COMPLETECH MBAC-DS、ライポ(Lipo、ニュージャージー州パターソン(Paterson)より市販)、デヒドロエピアンドロステロン(DHE Buriionoru acid Examples of sebum stimulators (bryonolic acid), commercially available from completion Tech MBAC-DS (COMPLETECH MBAC-DS, Raipo (Lipo, Patterson NJ (Paterson)), dehydroepiandrosterone (DHE
Aとしても知られている)、オリザノール及びこれらの混合物が挙げられるがこれに限定されない。 Also known as A), oryzanol and mixtures thereof without limitation thereto. 【0084】 皮膚感覚剤:本明細書に用いるのに好適な皮膚感覚剤の例としては、樟脳、チモール、1−メンソール及びその誘導体、ユーカリ、カルボキシアミドのような冷感を付与する薬剤、;メンタンエーテル及びメンタンエステル;及びカイエンヌチンキ剤、カイエンヌ抽出物、カイエンヌ粉末、ノナン酸バニリルアミド、ニコチン酸誘導体(ベンジルニコチネート、メチルニコチネート、フェニルニコチネート)、カプサイシン、オランダガラシ(nasturtium officinale)抽出物、 [0084] Skin sensation agents: Examples of suitable skin sensates for use herein include camphor, thymol, 1-menthol and derivatives thereof, eucalyptus, agents for imparting cooling sensation, such as carboxamide; menthane ethers and menthane esters; and cayenne tincture, cayenne extract, cayenne powder, vanillylamide nonanoate, nicotinic acid derivatives (benzyl nicotinate, methyl nicotinate, phenyl nicotinate), capsaicin, watercress (Nasturtium officinale) extract,
サンショウ(Zanthoxylum piperitum)抽出物及びショウガ抽出物のような温感を付与する薬剤、又はこれらの混合物が挙げられるがこれに限定されない。 Japanese pepper (Zanthoxylum piperitum) extract and agents imparting warmth like ginger extract, or mixtures thereof without limitation thereto. 【0085】 プロテアーゼ阻害物質:プロテアーゼ阻害物質はタンパク分解、即ちタンパク質をより小さいペプチド分画及びアミノ酸に分断する行程を阻害する化合物である。 [0085] Protease inhibitors: Protease inhibitors are proteolytic, i.e. compounds which inhibit the step of dividing the proteins into smaller peptide fractions and amino acids. 好適なプロテアーゼ阻害物質の例としてはAEコンプレックス(AE COMPLE AE Complex Examples of suitable protease inhibitors (AE comple
X、バーネット・プロダクツ(Barnet Products、ニュージャージ州イングルウッド(Englewood))より市販)、ALE(ALE、ラボラトリー・セポージア(Labo X, commercially available from Barnet Products (Barnet Products, New Jersey Englewood (Englewood))), ALE (ALE, Laboratory Sepojia (Labo
ratoires Seporgia、フランス、ソフィア・アンチポリス(Sophia Antipolis) ratoires Seporgia, France, Sophia Antipolis (Sophia Antipolis)
)より市販)、アリシン、アオサイン(AOSAINE、セクマ(Secma、フランス、ポントロー(Pontrieux)より市販)、アプロチニン(APROTININ、ペンタファームAG(Pentapharm AG、スイス、バーゼル(Basel))より市販)、ビンロウジュ・カテキュー抽出物、ブルーアルガエエキストラクト(BLUE ALGAE EXTRACT、コラボレイティブ・ラボ社(Collaborative Labs Inc.、ニューヨーク州イーストセタクケット(East Setauket))より市販)、センタウリウム(CENTAURIUM、 ) Commercially available from), allicin, Aosain (AOSAINE, Sekuma (Secma, France, Pontoro (Pontrieux) commercially available from), aprotinin commercially available (APROTININ, Pentapharm AG (Pentapharm AG, Basel, Switzerland (Basel)) than), areca, catechu extract, Blue Alga et extract (BLUE ALGAE eXTRACT, collaborative Labs (collaborative Labs Inc., commercially available from East Se Taku packets, New York (East Setauket))), Sentauriumu (CENTAURIUM,
セデルマ(Sederma、ニューヨーク州ブルックリン)より市販)、CMST(バイオエティカ社(Bioetica Inc.、メーン州ポートランド(Portland))より市販)、デルモプロテクチン(DERMOPROTECTINE、セデルマ(ニューヨーク州ブルックリン)より市販)、ジサコサイドHF60(DISACOSIDE HF 60、バーネット・プロダクツ(ニュージャージ州イングルウッド)より市販)、エルヒビン(EL Sederuma (Sederma, Brooklyn, NY) commercially available from), commercially available from CMST (Bio Etika, Inc. (Bioetica Inc., Maine Portland (Portland)) commercially available from), Epidermophyton Calprotectin (DERMOPROTECTINE, Sederuma (Brooklyn, NY)), Jisakosaido HF60 (DISACOSIDE HF 60, commercially available from Barnet Products (New jersey Englewood)), Eruhibin (EL
HIBIN、ペンタファームAG(スイス、バーゼル)より市販)、フルイドアウトコロイド(FLUID OUT COLLOID、ベジテック(Vegetech、カリフォルニア州グレンデール(Glendale))より市販)、ハイポタウリン(HYPOTAURINE、総合製薬(Sogo Pharmaceutical Co. Ltd、東京都千代田区)、 インサイトヘザー(IN C HIBIN, commercially available from Pentapharm AG (Basel, Switzerland)), Fluid out colloid (FLUID OUT COLLOID, Bejitekku (Vegetech, Glendale, CA (Glendale)) commercially available from), hypo taurine (HYPOTAURINE, comprehensive pharmaceutical (Sogo Pharmaceutical Co. Ltd, Chiyoda-ku, tokyo), Insight Heather (iN C
YTE HEATHER、コラボレイティブ・ラボ社(ニューヨーク州イーストセタクケット)より市販)、ミクロメロール(MICROMEROL、コラボレイティブ・ラボ社(ニューヨーク州イーストセタクケット)より市販)、ペファブロックSP(PEFABL YTE HEATHER, commercially available from Collaborative Labs (East Se Taku packet, NY)), commercially available from micro main roll (MICROMEROL, Collaborative Labs (East Se Taku packet, NY)), Pefabloc SP (PEFABL
OC SP、ペンタファームAG(スイス、バーゼル)より市販)、セピコントロールAS(SEPICONTROL AS、セピック(Seppic、フランス、パリ)より市販)、シーゲスベッキア(SIEGESBECKIA、セデルマ(ニューヨーク州ブルックリン)より市販)、ソフォライン(SOPHORINE、バーネット・プロダクツ(ニュージャージ州イングルウッド)より市販)、チオタイン(THIOTAINE、バーネット・プロダクツ(ニュージャージ州イングルウッド)より市販)、及びこれらの混合物が挙げられる。 OC SP, Pentapharm AG (Basel, Switzerland) commercially available from), Sepi control AS (SEPICONTROL AS, Sepik (Seppic, France, Paris) commercially available from), commercially available from Sea Guess Vecchia (SIEGESBECKIA, Sederuma (Brooklyn, NY)), Soforain (SOPHORINE, commercially available from Barnet Products (NJ Englewood)) (commercially available from THIOTAINE, Barnett Products (NJ Englewood)) Chiotain, and mixtures thereof. 【0086】 皮膚引き締め剤:皮膚引き締め剤の例としてはバイオケアSA(BIOCARE SA、 [0086] Skin tightening agents: Examples of skin tightening agents Biocare SA (BIOCARE SA,
アマーコール(Amerchol、ニュージャージー州エジソン(Edison))より市販) Amakoru (Amerchol, Edison, New Jersey (Edison)) commercially available from)
、卵アルブミン、フレキサン130(FLEXAN 130、ナショナルスターチ(Nation , Egg albumin, Furekisan 130 (FLEXAN 130, National Starch (Nation
al Starch、ニュージャージー州ブリッジウォーター(Bridgewater))より市販、ガツリンリフティング(GATULINE LIFTING、、ガッテフォッセ(Gattefosse、 al Starch, commercially available from Bridgewater, New Jersey (Bridgewater)), Gatsu phosphorus lifting (GATULINE LIFTING ,, Gattefosse (Gattefosse,
フランス、サン・プリースト(Saint Priest))より市販)、ペントケアHP( France, commercially available from Saint-Priest (Saint Priest))), Pentokea HP (
PENTACARE HP、ペンタファームAG(Pentapharm AG、スイス、バーゼル(Basel PENTACARE HP, Pentapharm AG (Pentapharm AG, Basel, Switzerland (Basel
))より市販)、ベゲセリル(VEGESERYL、ラボラトリー・セロバイオロジック(Laboratories Serobiologiques、ニュージャージー州ソマービル)より市販) )) Commercially available from), Begeseriru (VEGESERYL, commercially available from Laboratory Cerro Bio-logic (Laboratories Serobiologiques, Somerville, NJ))
、及びこれらの混合物が挙げられるがこれに限定されない。 , And mixtures thereof without limitation thereto. 【0087】 かゆみ止め成分:かゆみ止め成分の例としてはスティミュ・テックス(STIMU- [0087] anti-itch ingredients: Examples of anti-itch ingredients Sutimyu-Tex (STIMU-
TEX、ペンタファームAG(Pentapharm AG、スイス、バーゼル(Basel))より市販)、タカナール(TAKANAL、池田販売代理店(Ikeda-Distributor、日本、東京)より市販)、イヒチオール(ICHTHYOL、インターナショナルソーシングディストリビューター(International Sourcing-Distributor、ニュージャージー州アッパーサドルリバー(Upper Saddle River))より市販)、オキシジェネイティッドグリセリルトリエステル(OXYGENATED GLYCERYL TRIESTERS、ラボラトリー・セポージア(Laboratoires Seporgia、フランス、ソフィア・アンチポリス(Sophia Antipolis))より市販)、及びこれらの混合物が挙げられるがこれに限定されない。 TEX, Pentapharm AG commercially available from (Pentapharm AG, Basel, Switzerland (Basel))), Takanaru (TAKANAL, Ikeda distributor (Ikeda-Distributor, Japan, Tokyo) commercially available from), Ichthyol (ICHTHYOL, International Sourcing distributor ( International Sourcing-Distributor, upper saddle River, NJ commercially available from (upper saddle River))), oxy Gene Lee Incorporated glyceryl tri-ester (OXYGENATED gLYCERYL tRIESTERS, Laboratory Sepojia (Laboratoires Seporgia, France, Sophia Antipolis (Sophia Antipolis)) more commercially available), and mixtures thereof without limitation thereto. 【0088】 発毛阻害剤:発毛阻害剤に好適な例としては17β−エストラジオール、アダマンチグアニジン(adamantyguanidines)、アダマンチルアミジン(adamantyla [0088] Hair growth inhibitors: Suitable example hair growth inhibitors 17β- estradiol, adamantylcarbamoyl guanidine (adamantyguanidines), adamantyl amidine (Adamantyla
midines)、アデニロコハク酸合成酵素阻害物質、抗血管ステロイド、アスパラギン酸塩トランスカルバミラーゼ阻害物質、ベタメタゾンバレレート、ビサボロール、銅イオン、ウコン抽出物、シクロオキシゲナーゼ阻害物質、システイン経路阻害物質、デヒドロ酢酸、デヒドロエピアンドロステロン、ジオピロス・リーク(diopyros leak)抽出物、上皮成長因子、エピガロカテキン、必須脂肪酸、 Midines), adenylosuccinic acid synthase inhibitors, anti-vascular steroids, aspartate trans carba mirror peptidase inhibitors, betamethasone valerate, bisabolol, copper ions, turmeric extract, cyclooxygenase inhibitors, cysteine ​​pathway inhibitors, dehydroacetic acid, Dehidoroepi androsterone, Jiopirosu leak (diopyros leak) extract, epidermal growth factor, epigallocatechin, essential fatty acids,
マツヨイグサ油、γ−グルタミルトランスペプチダーゼ阻害物質、ショウガ油、 Evening primrose oil, .gamma. Guru Tamil trans peptidase inhibitors, ginger oil,
糖代謝阻害物質、グルタミン代謝阻害物質、グルタチオン、緑茶抽出物、ヘパリン、カピラン(KAPILANNE、インターナショナルソーシングディストリビューター(International Sourcing-Distributor、ニュージャージー州アッパーサドルリバー(Upper Saddle River))より市販)、L,5ジアミノペンタン酸、L− Sugar metabolism inhibitors, glutamine metabolism inhibitors, glutathione, green tea extract, heparin, (commercially available from KAPILANNE, International Sourcing distributor (International Sourcing-Distributor, Upper Saddle River, NJ (Upper Saddle River))) Kapiran, L, 5 diamino pentanoic acid, L-
アスパラギン合成酵素阻害物質、リノール酸、リポキシゲナーゼ阻害物質、ロンガ(longa)抽出物、ニ塩酸ミモシナミン、ミモシン、酸化窒素合成酵素阻害物質、非ステロイド系抗炎症剤、オルニチンデカルボキシラーゼ阻害物質、オルニチンアミノトランスフェラーゼ阻害物質、パンテノール、フォレチュア(phorhe Asparagine synthetase inhibitors, linoleic acid, lipoxygenase inhibitors, longa (longa) extract, dihydrochloride Mimoshinamin, mimosine, nitric oxide synthase inhibitors, non-steroidal anti-inflammatory agents, ornithine decarboxylase inhibitors, ornithine amino transferase inhibitors substance, panthenol, Forechua (phorhe
tur)、ホスホジエステラーゼ阻害物質、プレイオネ抽出物、プロテインキナーゼC阻害物質、5−α−還元酵素阻害物質、スルフヒドリル反応性化合物、チオキソロン(tioxolone)、トランスホーミング増殖因子β1、尿素、亜鉛イオン及びこれらの混合物が挙げられるがこれに限定されない。 tur), phosphodiesterase inhibitors, Pureione extracts, protein kinase C inhibitors, 5-alpha-reductase inhibitors, sulfhydryl reactive compounds, thioxolone (tioxolone), transforming growth factor .beta.1, urea, zinc ions and mixtures thereof Although but it is not limited thereto. 【0089】 5−α還元酵素阻害物質:5−α還元酵素阻害物質の例としてはクローブ55 [0089] 5-α reductase inhibitors: cloves 55 as an example of a 5-α reductase inhibitors
(CLOVE 55、バーネット・プロダクツ(Barnet Products、ニュージャージ州イングルウッド(Englewood))より市販)、エチニルエストラジオール、ゲニステイン(genisteine)、ゲニスチン、リコカルコンLR−15(Licochalcone L (CLOVE 55, Burnett Products (Barnet Products, commercially available from New Jersey Englewood (Englewood))), ethinyl estradiol, genistein (genisteine), genistin, licochalcone LR-15 (Licochalcone L
R-15)、ノコギリパルメット抽出物、ソフォーラエキストラクト(SOPHORA EXTR R-15), saw palmetto extract, Seo forums extract (Sophora EXTR
ACT、マルゼン(Maruzen、ニュージャージー州モーリスタウン(Morristown)) ACT, Maruzen (Maruzen, New Jersey Morristown (Morristown))
より市販)、ジンシドン(ZINCIDONE、UCIB、ニュージャージー州クリフトン(Clifton))より市販、及びこれらの混合物が挙げられるがこれに限定されない。 More commercially available), Jinshidon commercially available from (ZINCIDONE, UCIB, Clifton, NJ (Clifton)), and mixtures thereof without limitation thereto. 【0090】 剥離酵素増強剤:これらの薬剤は内因性剥離酵素の活性を高める。 [0090] Peeling Enzyme enhancers: These agents enhance the activity of endogenous peeling enzyme. 剥離酵素増強剤の例としてはN−メチルセリン、セリン、トリメチルグリシン及びこれらの混合物が挙げられるがこれに限定されない。 Examples of release enzyme enhancers N- methyl serine, serine, and trimethyl glycine and mixtures thereof without limitation thereto. 【0091】 抗グリケーション剤:抗グリケーション剤は糖のコラーゲンの架橋の誘導を妨げる。 [0091] anti-glycation agents: anti-glycation agents prevent the induction of cross-linking of collagen of sugar. 好適な抗グリケーション剤の例としてはアマドリン(AMADORINE、バーネット・プロダクツ(Barnet Products、ニュージャージ州イングルウッド(Engle Examples of suitable anti-glycation agent Amadorin (AMADORINE, Burnett Products (Barnet Products, New Jersey Englewood (Engle
wood))より市販)が挙げられる。 Commercially available from wood))), and the like. 【0092】 本明細書で有用な有益な薬剤の好ましい例としてはサリチル酸、ニコチン酸アミド、パンテノール、トコフェリルニコチネート、過酸化ベンゾイル、3−ヒドロキシ安息香酸、フラボノイド(例えば、フラバノン、カルコン)、ファルネソール、フィタントリオール、グリコール酸、乳酸、4−ヒドロキシ安息香酸、アセチルサリチル酸、2−ヒドロキシブタン酸、2−ヒドロキシペンタン酸、2− [0092] Salicylic acid is a preferred example of useful beneficial agents herein, nicotinamide, panthenol, tocopheryl nicotinate, benzoyl peroxide, 3-hydroxy benzoic acid, flavonoids (e.g., flavanone, chalcone), farnesol, phytantriol, glycolic acid, lactic acid, 4-hydroxybenzoic acid, acetylsalicylic acid, 2-hydroxybutanoic acid, 2-hydroxy pentanoic acid, 2-
ヒドロキシヘキサン酸、シス−レチノイン酸、トランス−レチノイン酸、レチノール、レチニルエステル(例えば、プロピオン酸レチニル、)、フィチン酸、N Hydroxy hexanoic acid, cis - retinoic acid, trans - retinoic acid, retinol, retinyl esters (e.g., retinyl propionate), phytic acid, N
−アセチル−L−システイン、リポ酸、トコフェロール及びそのエステル(例えば、酢酸トコフェリル)、アゼライン酸、アラキドン酸、テトラサイクリン、イブプロフェン、ナプロキセン、ケトプロフェン、ヒドロコルチゾン、アセトアミノフェン、レゾルシノール、フェノキシエタノール、フェノキシプロパノール、 - acetyl -L- cysteine, lipoic acid, tocopherol and its esters (e.g., tocopheryl acetate), azelaic acid, arachidonic acid, tetracycline, ibuprofen, naproxen, ketoprofen, hydrocortisone, acetaminophen, resorcinol, phenoxyethanol, phenoxy propanol,
フェノキシイソプロパノール、2,4,4'−トリクロロ−2'−ヒドロキシジフェニルエーテル、3,4,4'−トリクロロカルバニリド、オクトピロックス、塩酸リドカイン、クロトリマゾール、ミコナゾール、ケトコナゾール、硫酸ネオマイシン、テオフィリン、及びこれらの混合物から成る群から選択されるものが挙げられる。 Phenoxyisopropanol, 2,4,4'-trichloro-2'-hydroxydiphenyl ether, 3,4,4'-trichlorocarbanilide, octopirox, lidocaine hydrochloride, clotrimazole, miconazole, ketoconazole, neomycin sulfate, theophylline, and include those selected from the group consisting of mixtures. ニコチン酸アミド、パンテノール、グリコール酸、乳酸、サリチル酸、アセチルサリチル酸、2−ヒドロキシブタン酸、2−ヒドロキシペンタン酸、2−ヒドロキシヘキサン酸、レチノール及びそのエステル、トコフェロール及びそのエステル及びこれらの混合物から成る群から選択されるものがより好ましい。 Nicotinamide, panthenol, glycolic acid, and lactic acid, salicylic acid, acetylsalicylic acid, 2-hydroxybutanoic acid, 2-hydroxy-pentanoic acid, 2-hydroxy hexanoic acid, retinol and its esters, tocopherol and its esters, and mixtures thereof those selected from the group is more preferable. 【0093】 皮膚、毛髪又は爪の化粧品的手入れ法に関しては、有益な薬剤は好ましくは抗しわ及び抗皮膚萎縮剤、抗ニキビ剤、人工日焼け剤及び促進剤、皮膚修復活性物質、皮膚バリア修復補助剤、皮膚ライトニング剤、皮膚感覚剤、皮膚鎮静剤、脂質、皮脂阻害物質、皮脂刺激物質、日焼け止め剤、プロテアーゼ阻害物質、皮膚引き締め剤、かゆみ止め成分及び剥離酵素増強剤、又はこれらの混合物から選択される。 [0093] Skin, for cosmetic care method for hair or nails, the beneficial agent preferably an anti-wrinkle and anti-skin atrophy agents, anti-acne agents, artificial tanning agents and accelerators, skin repair actives, skin barrier repair auxiliary agents, skin lightening agents, skin feel agents, skin soothing agents, lipids, sebum inhibitors, sebum stimulators, sunscreening agents, protease inhibitors, skin tightening agents, anti-itch ingredients and release enzyme enhancers, or mixtures thereof It is selected. 【0094】 保湿剤 好ましい予め成形されたシート状装置は少なくとも1つの保湿剤を含む。 [0094] Humectants Preferred preformed sheet-like device comprises at least one humectant. 保湿剤は可塑性効果を持たせるため、そして対象表面に適用された時の予め成形されたシート状装置の加湿特性を増加させるために加えることができる。 The humectant may be added to increase the humidification characteristics of the pre-formed sheet-like device when for imparting plasticity effects, and applied to the target surface. ヘキシレングリコールのようなある種の保湿剤もまた本発明の予め成形されたシート状装置の抗微生物的特性及び特質に寄与し得る。 Certain humectants, such as hexylene glycol may also contribute to the antimicrobial properties and characteristics of previously formed sheet-like device of the present invention. 更に、理論によって限定されることは望まないが、本発明の予め成形されたシート状装置に保湿剤を組み入れることは過激な温度条件下においても分解されにくいように装置の安定性を高めると考えられている。 Moreover, considered While not wishing to be limited by theory, increasing the stability of the device as less likely to be degraded even in the extreme temperature conditions to pre-incorporate humectant formed sheet-like device of the present invention It is. 【0095】 通常、本発明の予め成形されたシート状装置は保湿剤を重量で約1.0%〜約45%、好ましくは約5%〜約40%、より好ましくは約10%〜約30%含む。 [0095] Normally, from about 1.0% to about 45% pre-formed sheet-like unit a humectant by weight of the present invention, preferably from about 5% to about 40%, more preferably from about 10% to about 30 % including. 【0096】 本発明に用いるのに好適な保湿剤はWO98/22085、国際公開特許WO [0096] Suitable humectants for use in the present invention is WO98 / 22085, International Publication No. WO
98/18444及び国際公開特許WO97/01326に記載されており、これらは全て参考として本明細書に組み入れる。 98/18444 and are described in International Publication No. WO97 / 01326, which are incorporated herein all reference. 更に好適な保湿剤としては、プロリン及びアスパラギン酸アルギニンのようなアミノ酸及びその誘導体、1,3− Further suitable humectants, proline and amino acids and derivatives thereof such as aspartic acid-arginine, 1,3
ブチレングリコール、プロピレングリコール及び水及びコディウム・トメントサム(codium tomentosum)抽出物、コラーゲンアミノ酸又はペプチド、クレアチニン、ジグリセロール、バイオサッカライドガム−1、グルカミン酸塩、グルクロン酸塩、グルタミン酸塩、グリセリン(例えばグリセレス(glycereth)20 Butylene glycol, propylene glycol and water and Kodiumu-Tomentosamu (codium tomentosum) extract, collagen amino acids or peptides, creatinine, diglycerol, bio gums -1, glucamine salt, glucuronate, glutamate, glycerine (e.g. glycereth ( glycereth) 20
)のポリエチレングリコールエーテル、グリセリン、グリセロールモノプロポキシレート(monopropoxylate)、グリコーゲン、ヘキシレングリコール、蜂蜜、 Polyethylene glycol ethers of), glycerin, glycerol propoxylate (Monopropoxylate), glycogen, hexylene glycol, honey,
及びそれらの抽出物又は誘導体、水素添加デンプン加水分解産物、加水分解ムコ多糖、イノシトール、ケラチンアミノ酸、ラレックスA−200(LAREX A-200 And extracts or derivatives thereof, hydrogenated starch hydrolyzate, hydrolyzed mucopolysaccharides, inositol, keratin amino acids, Rarekkusu A-200 (LAREX A-200
、ラレックス(Larex)より市販)、グリコサミノグリカン、メトキシPEG1 , Commercially available from Rarekkusu (Larex)), glycosaminoglycans, methoxy PEG1
0、メチルグルセス(gluceth)−10及び−20(両者ともアマーコール(Ame 0, gluceth (gluceth) -10 and -20 (both Amakoru (Ame
rchol、ニュージャージー州エジソン(Edison))より市販)、メチルグルコース、3−メチル−1,3−ブタンジオール、N−アセチルグルコサミン塩、パンテノール、ポリエチレングリコール及びその誘導体(PEG15ブタンジオール、PEG4、PEG5ペンタエリシトール(pentaerythitol,)、PEG6、P Rchol, commercially available from Edison, NJ (Edison))), methyl glucose, 3-methyl-1,3-butanediol, N- acetylglucosamine salt, panthenol, polyethylene glycol and derivatives thereof (PEG15-butanediol, PEG4, PEG 5 pentaerythritol Erishitoru (pentaerythitol,), PEG6, P
EG8、PEG9)、ペンタエリシトール(pentaerythitol,)、1,2ペンタンジオール、PPG−1グリセリルエーテル、PPG−9、2−ピロリドン−5 EG8, PEG9), pentaerythritol Shi Torr (pentaerythitol,), 1,2-pentanediol, PPG-1 glyceryl ether, PPG-9,2- pyrrolidone -5
−カルボン酸及びその塩グリセリルpca、糖イソメレート、シーケア(SEACARE、 - carboxylic acids and their salts, glyceryl pca, sugar isomerate, Shikea (SEACARE,
セクマ(Secma)より市販)、セルシン、シルクアミノ酸、アセチルヒアルロン酸ナトリウム、ヒアルロン酸ナトリウム、ポリアスパラギン酸ナトリウム、ポリグルタミン酸ナトリウム、ソルベス(sorbeth)20、ソルベス6、糖及び糖アルコール及びグルコース、マンノース及びポリグリセロールのようなそれらの誘導体、ソルビトール、トレハロース、トリグリセロール、トリメチルプロパン、 Sekuma (Secma) commercially available from), selsyn, silk amino acids, sodium acetyl hyaluronate, sodium hyaluronate, sodium polyaspartate, sodium polyglutamate, sorbeth (Sorbeth) 20, sorbeth 6, sugars and sugar alcohols and glucose, mannose and poly their derivatives such as glycerol, sorbitol, trehalose, triglycerol, trimethylolpropane,
トリ(ヒドロキシメチル)アミノメタン塩及び酵母抽出物、又はそれらの混合物が挙げられる。 Tri (hydroxymethyl) aminomethane salt and yeast extract, or mixtures thereof. 【0097】 好ましくは、本明細書に用いる保湿剤はグリセリン、ブチレングリコール、ヘキシレングリコール、パンテノール及びポリエチレングリコール及びそれらの誘導体、又はそれらの混合物から選択される。 [0097] Preferably, the humectant used herein is glycerine, butylene glycol, hexylene glycol, are selected from panthenol and polyethylene glycol and derivatives thereof, or mixtures thereof. 【0098】 乳化剤/界面活性剤 本発明の予め成形されたシート状装置はまた任意に1つ又はそれ以上の界面活性剤及び/又は乳化剤を含むことができる。 [0098] can contain emulsifying agents / surfactants one or more surfactants and / or emulsifiers preformed sheet device also any invention. 乳化剤及び/又は界面活性剤は、通常、非連続相が連続相内に分散、懸濁するのを助ける。 Emulsifiers and / or surfactant, generally a non-continuous phase dispersed in the continuous phase, aid in suspension. また、界面活性剤は、製品が皮膚の洗浄を目的とするのであれば有用となり得る。 Further, surfactants, products may be useful as long as an object of cleaning the skin. 便宜のため、これ以降乳化剤は「界面活性剤」という用語で表されるものとし、したがって「界面活性剤」は乳化剤として、又はその他の皮膚洗浄のような界面活性剤としての目的のために使用される表面活性化剤を表すために用いるものとする。 For convenience, hereafter emulsifiers shall be represented by the term "surfactant", hence the "surfactant" emulsifiers, or used for purposes of the surfactants, such as other skin cleansing It shall be used to represent the surface active agent to be. 選択された界面活性剤が物理的及び化学的に組成物の必須成分に適合し、望ましい特性を提供するのであれば、既知の又は従来の界面活性剤を組成物に使用できる。 Selected surfactants are compatible with the essential components of the physical and chemical composition, as long as to provide desirable properties, known or conventional surfactants can be used in the compositions. 好適な界面活性剤としては、シリコーン材料、非シリコーン材料及びこれらの混合物が挙げられる。 Suitable surfactants include silicone materials, non-silicone materials, and mixtures thereof. 【0099】 本発明の組成物は、好ましくは界面活性剤又は界面活性剤の混合物を約0.0 [0099] The compositions of the present invention, preferably from about mixtures of surfactants or surfactant 0.0
1%〜約15%含む。 Including 1% to about 15%. 選択される正確な界面活性剤又は界面活性剤混合物は、組成物及びその他の存在する構成成分のpHによって異なることになる。 The exact surfactant or surfactant mixture chosen will differ depending on the pH of the components present in the composition and other. 【0100】 好ましい界面活性剤は非イオン性である。 [0100] Preferred surfactants are nonionic. 本明細書で有用な非イオン界面活性剤にはアルキレンオキシドと脂肪酸の縮合生成物(即ち、脂肪酸のアルキレンオキシドエステル)がある。 Nonionic surfactants useful herein are the condensation products of an alkylene oxide with fatty acids (ie alkylene oxide esters of fatty acids). このような材料は一般式RCO(X) n OHを有し、 Such materials have the general formula RCO (X) n OH,
式中RはC 10〜30のアルキル基、Xは−OCH 2 CH 2 −(即ち、エチレングリコール又はオキシドに由来する)又は−OCH 2 CHCH 3 −(即ち、sプロピレングリコール又はオキシドに由来する)であり、及びnは約6〜約200の整数である。 Alkyl group wherein R is C 10 to 30, X is -OCH 2 CH 2 - (i.e., derived from ethylene glycol or oxide) or -OCH 2 CHCH 3 - (i.e., derived from s propylene glycol or oxide) , and the and n is from about 6 to about 200 integer. その他の非イオン界面活性剤はアルキレンオキシドと2モルの脂肪酸との縮合生成物(即ち、脂肪酸のアルキレンオキシドジエステル)である。 Other nonionic surfactants are the condensation products of alkylene oxides with 2 moles of fatty acids (ie alkylene oxide diesters of fatty acids). このような材料は一般式RCO(X) n OOCRを有し、式中RはC 10〜30のアルキル基、Xは−OCH 2 CH 2 −(即ち、エチレングリコール又はオキシドに由来する) Such materials have the general formula RCO (X) n OOCR, alkyl group wherein R is C 10 to 30, X is -OCH 2 CH 2 - (i.e., derived from ethylene glycol or oxide)
又は−OCH 2 CHCH 3 −(即ち、プロピレングリコール又はオキシドに由来する)であり、及びnは約6〜約100の整数である。 Or -OCH 2 CHCH 3 - (i.e. derived from propylene glycol or oxide), and and n is from about 6 to about 100 integer. その他の非イオン界面活性剤はアルキレンオキシドと脂肪族アルコールとの縮合生成物(即ち、脂肪族アルコールのアルキレンオキシドエーテル)である。 Other nonionic surfactants are the condensation products of aliphatic alcohols with an alkylene oxide (i.e., alkylene oxide ethers of fatty alcohols). このような材料は一般式R(X Such materials have the general formula R (X
n OR を有し、式中RはC 10〜30の脂肪族基であり、Xは−OCH 2 CH 2 −( ) N has an OR, wherein R is an aliphatic radical of C 10 to 30, X is -OCH 2 CH 2 - (
即ち、エチレングリコール又はオキシドに由来する)又は−OCH 2 CHCH 3 That is, derived from ethylene glycol or oxide) or -OCH 2 CHCH 3 -
(即ち、プロピレングリコール又はオキシドに由来する)であり、及びnは約6 (I.e., derived from propylene glycol or oxide), and and n is from about 6
〜約100の整数であり、及びR はH又はC10〜30の脂肪族基であり、例としてはPEG40水素添加ヒマシ油(商品名「クレモフォアRH40(Cremop To about an 100 integer, and R is an aliphatic group of H or C10-30, PEG40 hydrogenated castor oil as an example (trade name "Cremophor RH40 (Cremop
hor RH 40)」としてBASF(米国ニュージャージー州パーシパニー(Parsipp BASF as hor RH 40) "(the United States Parsippany, NJ (Parsipp
any))より市販);PEG60水素添加ヒマシ油(商品名「クレモフォアRH any)) than the commercially available); PEG60 hydrogenated castor oil (trade name "Cremophor RH
60(Cremophor RH 60)」としてBASF(米国ニュージャージー州パーシパニー)より市販);イソセテス−20(isoceteth-20)、商品名「アーラソルブ200(Arlasolve 200)」としてICI(米国マサチューセッツ州ウィルミングトン(Wilmington)より市販);及びオレス−20(oleth-20)(商品名「ボルポN20(Volpo N20)」(クローダケミカル社(Croda Chemicals Ltd.、イギリス、ノースハンバーサイド(North Humberside)、グール(Goole)より市販)が挙げられる。更にその他の非イオン界面活性剤は脂肪酸及び脂肪族アルコール両者のアルキレンオキシドの縮合生成物[即ち、ポリアルキレンオキシド部分は一端を脂肪酸でエステル化され、及び別の一端を脂肪族アルコールでエーテル化される(即ち、エーテル結合で結合する)]である。このよう 60 BASF as (Cremophor RH 60) "commercially available from (the United States Parsippany, NJ)); isoceteth -20 (isoceteth-20), trade name" Arasorubu 200 (Arlasolve 200) "ICI (Massachusetts, USA Wilmington (Wilmington) more commercially available); and oleth -20 (oleth-20) (trade name "Borupo N20 (Volpo N20)" (Croda Chemical Company (Croda Chemicals Ltd., United Kingdom, North Humberside (North Humberside), commercially available from Goole (Goole) ) and the like. still other nonionic surfactants are fatty acids and fatty alcohols both the condensation products of alkylene oxides [ie wherein the polyalkylene oxide portion is esterified at one end with a fatty acid, and fatty another end are etherified with an alcohol (i.e., binds an ether bond) is a. Thus な材料は一般式FCO(X) n OR を有し、式中R及びR はC 10〜30のアルキル基であり、 Materials have the general formula FCO (X) n OR a, wherein R and R is an alkyl group of C 10 to 30,
Sは−OCH 2 CH 2 (即ち、エチレングリコール又はオキシドに由来する)又は−OCH 2 CHCH 3 −(プロピレングリコール又はオキシドに由来する)であり、及びnは約6〜約100の整数であり、例としてはセテス−6、セテス−10 S is -OCH 2 CH 2 (i.e. derived from ethylene glycol or oxide) or -OCH 2 CHCH 3 - a (derived from propylene glycol or oxide), and n is from about 6 to about 100 integers, ceteth -6 examples, ceteth-10
、セテス−12、セテアレス−6、セテアレス−10、セテアレス−12、ステアレス−6、ステアレス−10、ステアレス−12、PEG−6ステアレート、 , Ceteth-12, ceteareth-6, ceteareth-10, ceteareth-12, steareth-6, steareth-10, steareth -12, PEG-6 stearate,
PEG−10ステアレート、PEG−100ステアレート、PEG−12ステアレート、PEG−20グリセリルステアレート、PEG−80グリセリルタローエート、PEG−10グリセリルステアレート、PEG−30グリセリルココエート、PEG−80グリセリルココエート、PEG−200グリセリルタローエート、PEG−8ジラウレート、PEG−10ジステアレート、及びこれらの混合物が挙げられる。 PEG-10 stearate, PEG-100 stearate, PEG-12 stearate, PEG-20 glyceryl stearate, PEG-80 glyceryl tallowate, PEG-10 glyceryl stearate, PEG-30 glyceryl cocoate, PEG-80 glyceryl cocoate, PEG -200 glyceryl tallowate, PEG-8 dilaurate, PEG-10 distearate, and mixtures thereof. 【0101】 本明細書で有用なその他の非イオン界面活性剤は国際公開特許WO98/18 [0102] Other nonionic surfactants useful herein include International Publication No. WO98 / 18
444(参考として本明細書に組み入れる)に更に詳細に記載されているアルキルグルコシド及びアルキルポリグルコシドである。 444 alkyl glucosides and alkyl polyglucosides are described in more detail in (incorporated herein by reference). 【0102】 その他の有用な非イオン界面活性剤としては更にポリヒドロキシ脂肪酸アミド界面活性剤が挙げられ、これは国際公開特許WO98/04241により詳細に記載されている。 [0102] Other useful examples of nonionic surfactants include addition polyhydroxy fatty acid amide surfactants, which are described in more detail in International Publication No. WO98 / 04,241. 【0103】 本明細書に用いるのに好適なその他の非イオン界面活性剤としては、糖エステル及びポリエステル、アルコキシル化糖エステル及びポリエステル、C 1 〜C 30 [0103] Other nonionic surfactants suitable for use herein include sugar esters and polyesters, alkoxylated sugar esters and polyesters, C 1 -C 30
の脂肪族アルコールのC 1 〜C 30の脂肪酸エステル、C 1 〜C 30の脂肪族アルコールのC 1 〜C 30の脂肪酸エステルのアルコキシル化誘導体、C1〜C30の脂肪族アルコールのアルコキシル化エーテル、C 1 〜C 30の脂肪酸のポリグリセリルエステル、多価アルコールのC 1 〜C 30のエステル、多価アルコールのC 1 〜C 30のエーテル、アルキルリン酸塩、ポリオキシアルキレン脂肪エーテルリン酸塩、 Fatty acid esters of C 1 -C 30 aliphatic alcohols, alkoxylated derivatives of C 1 -C 30 fatty acid esters of aliphatic alcohols of C 1 -C 30, aliphatic alkoxylated ethers of alcohols of C1-C30, C polyglyceryl esters of 1 -C 30 fatty acid, esters of C 1 -C 30 polyhydric alcohols, ethers of C 1 -C 30 polyhydric alcohols, alkyl phosphates, polyoxyalkylene fatty ether phosphates,
脂肪酸アミド、ラクチレート(lactylates)及びこれらの混合物が挙げられる。 Fatty acid amides, lactylate (lactylates) and mixtures thereof.
これらの非シリコーン含有界面活性剤の例としては、ポリソルベート20、ポリエチレングリコール5大豆ステロール、ステアレス−20、セテアレス−20、 Examples of these non-silicone containing surfactants, polysorbate 20, polyethylene glycol 5 soya sterol, Steareth-20, Ceteareth-20,
PPG−2メチルグルコースエーテルジステアレート、ポリソルベート80;ポリソルベート60、商品名「トゥイーン60(Tween 60)」、ICI(米国マサチューセッツ州ウィルミングトン(Wilmington)より市販;グリセリルステアレート、ソルビタンモノラウレート、ポリオキシエチレン4ラウリルエーテルステアリン酸ナトリウム、ポリグリセリル−4イソステアレート、ラウリン酸ヘキシル、PPG−2メチルグルコースエーテルジステアレート及びこれらの混合物が挙げられる。 【0104】 好ましい非イオン界面活性剤にはセテアレス−12、スクロースココエート、 PPG-2 methyl glucose ether distearate, polysorbate 80; polysorbate 60, trade name "Tween 60 (Tween 60)", ICI (commercially available from the United States Massachusetts Wilmington (Wilmington); glyceryl stearate, sorbitan monolaurate, polyoxyethylene 4 lauryl ether sodium stearate, polyglyceryl-4 isostearate, the hexyl laurate, PPG-2 methyl glucose ether distearate, and mixtures thereof. [0104] preferred nonionic surfactants ceteareth -12, sucrose cocoate,
ステアレス−100、ポリソルベート60、PEG−60水素添加ヒマシ油、イソセテス−20、オレス−20、PEG−100ステアレート、及びこれらの混合物から成る群から選択されるものがある。 Steareth-100, polysorbate 60, PEG-60 hydrogenated castor oil, isoceteth-20, oleth-20, PEG-100 stearate, and those selected from the group consisting of mixtures. 【0105】 本明細書で用いるその他の好適な乳化剤はポリオキシプロピレン、脂肪族アルコールのポリオキシエチレンエーテルである。 [0105] Other suitable emulsifiers used herein is a polyoxypropylene, polyoxyethylene ethers of aliphatic alcohols. このような材料は一般式R(CH Such materials have the general formula R (CH 2 CHCH 3 O) x −(CH 2 CH 2 O) y −Hを有し、式中RはOC 10 〜C 30のアルキル基又はC 10 〜C 30のアルキル基であり、xは1〜20の平均値を有し、yは1〜30の平均値を有し、例としてはPPG−6−デシルテトラデセス−30( 2 CHCH 3 O) x - has a (CH 2 CH 2 O) y -H, wherein R is an alkyl group of the alkyl group or C 10 -C 30 of OC 10 ~C 30, x is from 1 to 20 of an average value, y has an average value of 1 to 30, PPG-6- decyltetradeceth -30 examples (
PPG-6-Decyltetradeceth-30)、商品名「ペン4630(Pen 4630)」としてニッコー・ケミカル社(Nikko Chemicals Co. Ltd.、日本、東京)より市販;PP PPG-6-Decyltetradeceth-30), the trade name of "pen 4630 (Pen 4630)" as Nikko Chemicals Co., Ltd. (Nikko Chemicals Co. Ltd., Tokyo, Japan) commercially available from; PP
G−6−デシルテトラデセス−20(PPG-6-Decyltetradeceth-20)、商品名「 G-6- decyltetradeceth -20 (PPG-6-Decyltetradeceth-20), the trade name of "
ペン4620(Pen 4620)」としてニッコー・ケミカル社(日本、東京)より市販;及びPPG−5−セテス−20、商品名「プロセチルAWS(Procetyl AWS Pen 4620 (Pen 4620) "as Nikko Chemicals Co., Ltd. (Tokyo, Japan) commercially available from; and PPG-5- ceteth-20, trade name" Purosechiru AWS (Procetyl AWS
)」としてクローダ・ケミカル社(Croda Chemicals Ltd.、イギリス、ノースハンバーサイド(North Humberside)、グール(Goole))が挙げられる。 ) "As Croda Chemical Company (Croda Chemicals Ltd., United Kingdom, North Humberside (North Humberside), Goole (Goole)), and the like. 【0106】 本明細書で有用な別の乳化剤は、国際公開特許WO98/22085(参考として本明細書に組み入れる)に更に詳細に記載されているようなソルビタン又はソルビトール脂肪酸エステル及びスクロース脂肪酸エステルの混合物をもとにした脂肪酸エステルブレンドである。 [0106] useful herein other emulsifiers are a mixture of sorbitan or sorbitol fatty acid ester and sucrose fatty acid esters such as are described in more detail in International Publication No. WO98 / 22085 (incorporated herein by reference) which is a fatty acid ester blend that is based on. 【0107】 ここで有用な親水性界面活性剤としては、代替的に又は付加的に当業種で知られているような広い種類の陽イオン系、陰イオン系、双極性及び両性界面活性剤のいずれも挙げられる。 [0107] Here, as the hydrophilic surfactants useful, alternatively or broad additionally as is known in the industry type of cationic, anionic, zwitterionic and amphoteric surfactants both may also be mentioned. 例えば、「マッカーチェオンズ・デタージェンツ・エンド・エマルジファイアーズ(McCutcheon's, Detergents and Emulsifiers」、北アメリカ版(1986年)アルレッド・パブリッシング・コーポレーション(Al For example, "Makkah over Choi Onzu-deterministic Regents-end et Maruji Fires (McCutcheon's, Detergents and Emulsifiers", North American edition (1986) Arureddo Publishing Corporation (Al
lured Publishing Corporation)出版:シオッティ(Ciotti)のUS−A−5, lured Publishing Corporation) Publisher: US-A-5 of Shiotti (Ciotti),
011,681(1991年4月30日発行);ディクソン(Dixon)のUS− 011,681 (issued Apr. 30, 1991); Dixon (Dixon) US-
A−4,421,769(1983年12月20日発行);及びUS−A−3, A-4,421,769 (issued Dec. 20, 1983); and US-A-3,
755,560(1973年8月28日発行);(これらの4つの参考文献は全てこのまま参考として本明細書に組み入れる)を参照されたい。 755,560 (issued Aug. 28, 1973); see (all these four references are incorporated herein by reference as it is). 【0108】 多種多様な陽イオン界面活性剤が本明細書で有用である。 [0108] A wide variety of cationic surfactants are useful herein. 本明細書で用いるのに好適な陽イオン界面活性剤は国際公開特許WO98/18444に開示されている。 Suitable cationic surfactants for use herein are disclosed in International Publication No. WO98 / 18444. 【0109】 多種多様な陰イオン系界面活性剤もここでは有用である。 [0109] A wide variety of anionic surfactants are also useful herein. 例えば、ローリン( For example, Lauryn (
Laughlin)のUS−A−3,929,678(1975年12月30日発行、参考として全てこのまま本明細書に組み入れる)を参照されたい。 US-A-3,929,678 (issued December 30, 1975 of Laughlin), see all this remains incorporated herein) as a reference. 代表的な陰イオン系界面活性剤としては、アルコイルイセチオン酸塩(例えば、C 12 〜C 30 、アルキル及びアルキルエーテル硫酸塩及びこれらの塩、アルキル及びアルキルエーテルリン酸塩及びこれらの塩、脂肪酸のアルキルメチルタウレート(例えば、C Representative anionic surface active agent, alcohol isethionate salt (e.g., C 12 -C 30, alkyl and alkyl ether sulfates and salts thereof, alkyl and alkyl ether phosphates and salts thereof, fatty acid alkyl methyl taurates (eg, C 12 〜C 30 )、及び石けん(例えば、アルカリ金属塩、例えばナトリウム又はカリウム塩))が挙げられる。 12 -C 30), and soaps (e.g., alkali metal salts such as sodium or potassium salt)) and the like. 【0110】 両性及び双極イオン性界面活性剤もまた本明細書で有用である。 [0110] Amphoteric and zwitterionic surfactants are also useful herein. 本発明の組成物で使用できる両性および双性界面活性剤の例は、脂肪族基が直鎖又は分枝であることができ、脂肪族置換基の1つが約8〜約22個の炭素原子を有し(好ましくはC 8 〜C 18 )且つ1つが陰イオン水溶化基、例えば、カルボキシ、スルホネート、サルフェート、ホスフェート、又はホスホネートを含有する脂肪族第二級および第三級アミンの誘導体と広く記載されるものである。 Examples of amphoteric and zwitterionic surfactants which can be used in the compositions of the present invention may be an aliphatic group is a straight or branched, 1 Tsugayaku 8 to about 22 carbon atoms of the aliphatic substituents the a (preferably C 8 -C 18) and 1 contains an anionic water solubilising groups, for example, carboxy, sulfonate, sulfate, phosphate, or an aliphatic derivatives of secondary and tertiary amines containing phosphonate wide it is those described. 例としては、アルキルイミノアセテート、及びイミノジアルカノエート類及びアミノアルカノエート類、イミダゾリニウム及びアンモニウム誘導体である。 Examples are alkyl imino acetates, and iminodialkanoates acids and amino alkanoate such, imidazolinium and ammonium derivatives. 他の好適な両性及び双極性界面活性剤は、ベタイン、スルタイン類、ヒドロキシスルタイン、アルキルサルコシン酸(例えば、C 12 〜C 30 )及びアルカノイルサルコシン酸から成る群から選択されるものである。 Other suitable amphoteric and zwitterionic surfactants include betaines, sultaines, hydroxy sultaine, alkyl sarcosinate (e.g., C 12 -C 30) are those selected from the group consisting of and alkanoyl sarcosinates. 【0111】 本発明の予め成形されたシート状装置は任意に乳化剤又は界面活性剤含有シリコーンを含有する。 [0111] pre-formed sheet-like device of the present invention optionally contains an emulsifier or surfactant-containing silicone. 本明細書では多種多様なシリコーン乳化剤が有用である。 A wide variety of silicone emulsifiers are useful herein. このようなシリコーン乳化剤は一般に、有機的に修飾されたオルガノポリシロキサンであり、シリコーン界面活性剤としても当業者に知られている。 Such silicone emulsifiers are typically a organically modified organopolysiloxanes, also known to those skilled in the art as silicone surfactants. 有用なシリコーン乳化剤としてはジメチコーンコポリオールが挙げられる。 Useful silicone emulsifiers include dimethicone copolyols. このような物質は、例えば、ポリエチレンオキシド鎖、ポリプロピレンオキシド鎖、このような側鎖の混合物及びエチレンオキシド及びプロピレンオキシドの両方に由来する部分を含有するポリエーテル鎖のようなポリエーテル側鎖を含有するように修飾されたポリジメチルシロキサンである。 Such substances are, for example, polyethylene oxide chains, polypropylene oxide chains, containing polyether side chains such as polyether chains containing moieties derived from both mixtures and ethylene oxide and propylene oxide such side chains it is a modified polydimethylsiloxane as. その他の例では、アルキル修飾したジメチコーンコポリオール、すなわち、C 2 〜C 30ペンダント側鎖を含有する化合物が挙げられる。 In other instances, dimethicone copolyol and alkyl-modified, i.e., compounds which contain C 2 -C 30 pendant side chains. 更にその他に有用なジメチコーンコポリオールには、様々な陽イオン、陰イオン、両性イオン、及び双イオン性ペンダント部分を持つような物質が挙げられる。 Further useful dimethicone copolyols other, various cationic, anionic, zwitterionic, and materials such as having a zwitterionic pendant moieties. 【0112】 油性コンディショニング剤 本発明はまた任意に油性コンディショニング剤を含むことができる。 [0112] Oily Conditioning Agents The present invention also may optionally contain oily conditioning agent. 油性コンディショニング剤として有用なコンディショニング剤の例としては、鉱物油、ワセリン、C7〜40の分枝鎖炭化水素、C1〜C30のカルボン酸のC1〜C3 Examples of conditioning agents useful as oil conditioning agents, mineral oil, petrolatum, branched chain hydrocarbons C7~40, carboxylic acid C1-C30 C1 to C3
0のアルコールエステル、C2〜C30のジカルボン酸のC1〜C30のアルコールエステル、C1〜C30のカルボン酸のモノグリセリド、C1〜C30のカルボン酸のジグリセリド、C1〜C30のカルボン酸のトリグリセリド、C1〜 0 alcohol esters of alcohol esters of C1-C30 dicarboxylic acids C2 to C30, monoglyceride of a carboxylic acid of C1-C30, diglycerides of carboxylic acids of C1-C30, triglycerides of carboxylic acids of C1-C30, C1 to
C30のカルボン酸エチレングリコールモノエステル、C1〜C30のカルボン酸のエチレングリコールジエステル、C1〜C30のカルボン酸のプロピレングリコールモノエステル、C1〜C30のカルボン酸のプロピレングリコールジエステル、C1〜C30のカルボン酸モノエステル及び糖のポリエステル、ポリジアルキルシロキサン類、ポリジアリルシロキサン類、ポリジアルカリルシロキサン類、シリコーンゴム(例えば、3〜9個のケイ素原子を有するジメチコノール、シクロメチコン)、植物油、水素添加植物油、ポリプロピレングリコールC4 C30 carboxylic acids, ethylene glycol monoesters of ethylene glycol diesters of carboxylic acids of C1-C30, propylene glycol monoesters of carboxylic acids of C1-C30, propylene glycol diester of a carboxylic acid of C1-C30, monocarboxylic acid C1-C30 polyester esters and sugars, polydialkylsiloxanes, polydiallyl siloxanes, polydiene alkaryl siloxanes, silicone rubber (e.g., dimethiconol having 3-9 silicon atoms, cyclomethicone), vegetable oils, hydrogenated vegetable oils, polypropylene glycol C4
〜C20のアルキルエーテル、ジC8〜C30アルキルエーテル、及びこれらの混合物が挙げられる。 Alkyl ether -C20, di C8~C30 alkyl ethers, and mixtures thereof. 【0113】 このような薬剤は国際公開特許WO98/18444に更に詳細に記載されており、これは参考として本明細書に組み入れる。 [0113] Such agents are described in further detail in International Publication No. WO98 / 18444, which is incorporated herein by reference. 【0114】 増粘ポリマー 本発明の予め成形されたシート状装置は、増粘ポリマーを重量で好ましくは約0.01%〜約5%、より好ましくは約0.05%〜約3%、及び最も好ましくは約0.1%〜約2%含む。 [0114] pre-formed sheet-like device of the thickening polymers present invention, from about 0.01% to about 5%, preferably a thickening polymer, by weight, more preferably from about 0.05% to about 3%, and most preferably from about 0.1% to about 2%. 【0115】 増粘ポリマーは前記ゲルの特性を修飾するために本明細書に記載された多糖類混合物と組み合わせてもよい。 [0115] Thickening polymers may be combined with the polysaccharide mixture described herein to modify the properties of the gel. 増粘ポリマーは化学的又は物理的に架橋しても、 Thickening polymer be chemically or physically crosslinked,
又は多糖類混合物それ自体に用いられてもよい。 Or it may be used in the polysaccharide mixture itself. 【0116】 本明細書で有用な、好適な増粘ポリマーとしてはポリビニルピロリドン、ポリ−2−エチル−2−オキサゾリン、ポリビニルアルコール、ポリエチレンオキシド、ポリビニルエーテル、ポリビニルエーテル及びポリビニルピロリドン及びその誘導体のコポリマー、メチルビニルエーテル及び無水マレイン酸、エチレン及び無水マレイン酸のコポリマー;アクリル酸系ポリマー又はポリアクリル酸のようなその誘導体;ポリエチレングリコールモノメタクリレート、ポリジメチルアクリルアミド、ポリアクリル酸アンモニウム及びポリアクリル酸ナトリウムのようなポリアクリル酸塩;及びアクリルアミド及びN,N 1 −メチレンビスアクリルアミド及びポリアクリルアミドのコポリマー;及びポリアクリルアミドが挙げられる。 [0116] Useful herein, polyvinylpyrrolidone Suitable thickening polymers, poly-2-ethyl-2-oxazoline, polyvinyl alcohol, polyethylene oxide, polyvinyl ether, copolymers of polyvinyl ethers and polyvinyl pyrrolidone and derivatives thereof, such as polyethylene glycol monomethacrylate, poly-dimethylacrylamide, ammonium polyacrylate and sodium polyacrylate; derivatives thereof such as acrylic acid polymer or polyacrylic acid; methyl vinyl ether and maleic anhydride, copolymers of ethylene and maleic anhydride polyacrylates; and acrylamide and N, N 1 - copolymer of methylene bis acrylamide and polyacrylamide; include and polyacrylamides. 【0117】 追加多糖類 本発明の予め成形されたシート状装置はまた、追加多糖類を含むことができる。 [0117] Additional polysaccharide preformed sheet device of the present invention can also include additional polysaccharide. 本明細書で上述したように、本発明のシート状装置は10%未満の総多糖類( As described herein above, the sheet-shaped device of less than 10% total polysaccharides of the present invention (
乾燥重量で)を含有する。 Containing dry weight). 追加多糖類は、存在する場合、装置を成す多糖類の総乾燥重量に寄与する。 Add polysaccharide, when present, contribute to the total dry weight of the polysaccharide forming the device. 【0118】 好適な追加多糖類としては、アルギン、アルギン酸、アルギン酸塩(カルシウム、カリウム、アルミニウム又はナトリウムのような塩)及びアルギン酸プロピレングリコールのような褐藻多糖類の塩;キトサン及びヒドロキシプロピルキトサン及び誘導体のような海生無脊椎動物の抽出物;デンプン又はその誘導体;ペクチン及びアラビアン(arabian)のような天然果実抽出物;カラヤゴム、トラガカントゴム、アラビアゴム、タマリンドゴム、及びガッティ(ghatty)ゴムのような天然植物滲出物;及びセラックゴム、ダンマーゴム、コーパルゴム及びロジンゴムのような樹脂ゴム;又はこれらの混合物が挙げられる。 [0118] Suitable additional polysaccharides, algin, alginic acid, alginates (calcium, potassium, salts such as aluminum or sodium) and brown algae polysaccharide salt such as propylene glycol alginate; chitosan and hydroxypropyl chitosan and derivatives such as karaya, gum tragacanth, gum arabic, tamarind gum, and Gatti (ghatty) rubber; marine invertebrate extracts such as; starch or derivatives thereof; natural fruit extracts such as pectins and Arabian (arabian) natural plant exudates; and Serakkugomu, Danmagomu, resins rubbers such as Koparugomu and Rojingomu; include or mixtures thereof. 【0119】 本明細書で有用な追加多糖類の更に好適な例は、国際公開特許WO97/28 [0119] Further preferred examples of useful additional polysaccharides herein, International Publication No. WO97 / 28
785に記載されているようなセルロース及びその誘導体であり、これは参考として本明細書に組み入れる。 785 is cellulose and its derivatives as described in, which is incorporated herein by reference. 【0120】 光散乱剤 本発明の装置はまた、つや消し又は光散乱剤、特に有機又はナイロン−12粉末、シリコーンエラストマー粉末(例えばジメチコーン/ビニルジメチコーン架橋ポリマー)及びポリアルキルシルセスキオキサン(polyalkylsilsesquioxane [0120] Also the device of the light scattering agent present invention, matte or light scattering agents, in particular organic or nylon-12 powder, silicone elastomer powder (e.g. dimethicone / vinyl dimethicone cross polymer) and polyalkyl silsesquioxane (Polyalkylsilsesquioxane
)粉末(GEシリコーン(GE Silicones)のトスパール(Tospearl、登録商標) ) Powder Tospearl of (GE Silicone (GE Silicones) (Tospearl, R)
145Aのような)のようなオルガノシロキサン微粒子を含むことができる。 It may include organosiloxane particles as such) as 145A. 【0121】 その他の任意成分 本発明の組成物は多種多様なその他の任意成分を含むことができる。 [0121] The composition of the other optional ingredients present invention can comprise a wide variety of other optional components. このような追加成分は製薬上許容できるものである。 Such additional ingredients are those capable pharmaceutically acceptable. CTFA化粧品成分ハンドブック( CTFA Cosmetic Ingredient Handbook (
CTFA Cosmetic Ingredient Handbook):第2版(1992年)(これは参考として全てこのまま本明細書に組み入れる)は化粧品業界で一般的に用いられており、本発明の組成物に用いるのに好適である多種多様な化粧品及び薬品成分が記載されているが、これに限定されるものではない。 CTFA Cosmetic Ingredient Handbook): Second Edition (1992) (which is incorporated as it is herein all reference) is commonly used in the cosmetic industry, it is suitable for use in the compositions of the present invention a wide variety of cosmetic and pharmaceutical ingredients have been described, but is not limited thereto. 成分の機能的クラスの例はこの参考文献の537頁に記載されているがこれに限定されるものではない。 Examples of functional classes of ingredients are not are described as being limited thereto page 537 of this reference. このような及びその他の機能的なクラスの例としては、研磨剤、吸収剤、抗生物質、 Examples of such and other functional classes include: abrasives, absorbents, antibiotics,
抗圧塗り剤、抗ふけ剤、制汗剤、酸化防止剤、ビタミン、生物学的添加物、漂白剤、漂白活性化剤、光沢剤、充填剤、緩衝剤、キレート化剤、化学的添加物、着色剤、化粧品、クレンザー、化粧用収れん剤、化粧用殺生物剤、変性剤、歯科用手入れ剤、防臭剤、剥離活性物質、脱毛剤、薬用収れん剤、染料、染料変性剤、 Anti 圧塗 Ri agents, antidandruff agents, antiperspirants, anti-oxidants, vitamins, biological additives, bleaching agents, bleach activators, brighteners, fillers, buffering agents, chelating agents, chemical additives , colorants, cosmetics, cleansers, cosmetic astringents, cosmetic biocides, denaturants, dental care agents, deodorant agents, release active substance, depilatories, medicinal astringents, dyes, dye modifiers,
酵素、外用鎮痛剤、香料、皮膜形成剤、芳香成分、昆虫忌避剤、カビ駆除剤、不透明化剤、酸化染料、酸化剤、害虫抑制成分、pH調整剤、pH緩衝剤、薬用活性物質、可塑剤、防腐剤、ラジカルスカベンジャー、皮膚、毛髪又は爪漂白剤、 Enzymes, external analgesics, fragrance, film formers, fragrance components, insect repellents, mold repellents, opacifiers, dye oxidation, an oxidizing agent, pest control ingredients, pH adjusting agents, pH buffering agents, medicinal actives, plasticizers agents, preservatives, radical scavengers, skin, hair or nails bleaching agent,
皮膚、毛髪又は爪浸透増強剤、安定剤、表面コンディショナー、還元剤、温度降下剤、及び温熱発生剤が挙げられる。 Skin, hair or nails penetration enhancers, stabilizers, surface conditioners, reducing agents, temperature lowering agents, and heat generating agents. 【0122】 また、着色剤、精油及び皮膚回復剤のような美容成分も本明細書で有用である。 [0122] Furthermore, cosmetic ingredients such as colorants, essential oils and skin recovery agents are also useful herein. 【0123】 本明細書のその他の任意材料として顔料が挙げられる。 [0123] pigments Other optional materials herein. 本発明の組成物への使用に好適な顔料は、有機及び/又は無機である。 Pigments suitable for use in the compositions of the present invention is an organic and / or inorganic. 更に顔料という用語には、つや消し仕上げ剤、及び更に光散乱剤のような低色調性又は低光沢性物質も含まれる。 More term pigments, matte finishing agents, and also includes further low color or low gloss materials, such as light scattering agent. 好適な顔料の例は、酸化鉄、アシグルタメート酸化鉄、二酸化チタン、ウルトラマリンブルー、D&C染料、カルミン、及びそれらの混合物である。 Examples of suitable pigments are iron oxides, reed glutamate iron oxides, titanium dioxide, ultramarine blue, D & C dyes, carmine, and mixtures thereof. 組成物の種類に応じて、顔料の混合物が通常使用されるとおりに使用される。 Depending on the type of composition, a mixture of pigments are used as commonly used. 【0124】 本明細書のシート状装置のpHは好ましくは約3〜約9、より好ましくは約4 [0124] The pH of sheet devices herein preferably about 3 to about 9, more preferably about 4
〜約8である。 - is about 8. 【0125】 本発明の予め成形されたシート状装置は、所望の対象領域に合致するように適合させた大きさ及び形の貼付剤又はマスクである。 [0125] pre-formed sheet-like device of the present invention is the size and shape patch or mask that is adapted to conform to a desired target area. 正確な大きさ及び形は意図する使用法及び製品の特性によることになる。 The exact size and shape will be due to the characteristics of usage and product intended. 本明細書の予め成形されたシート状装置は、爪又はキューティクル、毛髪又は頭皮、人間の顔又はその一部、足、手、腕、脚、又は人間の胴体の局所適用に好適である。 Preformed sheet devices herein, nails or cuticles, the hair or scalp, a human face or part thereof, is suitable feet, hands, arms, for topical application to the body of the leg or human. 本明細書の装置は、例えば、四角形、円形、長方形、卵形、又は「半円形」、「ドーナツ」、で記載される形の複合である、その他の形であってよい。 Devices herein, for example, square, circular, rectangular, oval, or "semi-circular", a "donut", in the forms described composite may be in other forms. 顔面に適合するように作られた装置の表面積は、0.25cm 2 〜約500cm 2 、好ましくは約1cm 2 〜約400cm 2の範囲である。 The surface area of made device to fit the facial, 0.25 cm 2 ~ about 500 cm 2, preferably in the range of about 1 cm 2 ~ about 400 cm 2. 本明細書の装置は約0.5mm〜約20mm、好ましくは約1mm〜約5mm Devices herein about 0.5mm~ about 20 mm, preferably about 1mm~ about 5mm
の厚みを有する。 Having a thickness. 【0126】 本発明の予め成形されたシート状装置はまた、ハンドウェア、フットウェア又はボディラップの形態に作成及び使用してよい。 [0126] pre-formed sheet-like device of the present invention also includes handwear, it may be created and used in the form of footwear or body wrap. 一般的に、ハンドウェアには手又はそのいずれかの部分用の手袋が含まれ、及びフットウェアには足又はそのいずれかの部分用の靴下が含まれる。 In general, the handwear include gloves hand or any portion thereof, and the footwear includes socks for feet or any portion thereof. 本明細書で使用する時、「手袋」という用語は「ミトン」を包含して意味する。 As used herein, the term "glove" is meant to encompass the "mittens". 好ましくは、ハンドウェアは中央部分、中央部分とつながる一指から四指までの入る部分、中央部分とつながる親指の入る部分、手のひら側及びその反対の背側から成る手袋体部から成る。 Preferably, handwear the central portion, where it enters the up four fingers from one finger to connect with the central part, where it enters the thumb to connect with the central portion, consisting of the glove body formed of a palm side and the back side of the opposite. 好ましくは、フットウェアは閉鎖端及び開放端を有する筒状の脚部分を形成する靴下体部から成る。 Preferably, footwear consists sock body forming a cylindrical leg portion having a closed end and an open end. 本発明装置はボディラップの形態にも作成及び使用してもよい。 The present invention apparatus may be created and used in the form of a body wrap. ボディラップは長軸を有する体のいずれかの部分の周りを半径方向に覆われる。 Body wraps are covered around any part of the body having a major axis in the radial direction. その末端部はお互いに連結してもよいし、又はその長さは部分的にのみ覆うように短くてもよい。 Its end piece may be linked to each other, or the length may be shortened to cover only partially. どちらの場合もラップは体の部分の形に対して非常に優れた快適さを示さなくてはならない。 It must be shown very good comfort to the shape of the part of even wrap the body in both cases. 典型的には、そのような体の部分としてはユーザーの背中、 Typically, the user's back as part of such a body,
上腕、前腕、上腿、脚、首及び胴体である。 Upper arm, forearm, thigh, leg, a neck and torso. 【0127】 装置の適用後、装置は対象領域に約3時間、好ましくは約1時間、より好ましくは15分未満そのままにしてよい。 [0127] After application of the apparatus, the apparatus for about 3 hours to the subject area, preferably about 1 hour, more preferably leave the less than 15 minutes. その後、予め成形されたシート状装置は1 Thereafter, the sheet-like device that is preformed 1
枚で全て除去することができる。 It can be all removed by the sheet. 【0128】 そこに含有される有益な薬剤(又は有益な薬剤類)により、本発明の予め成形されたシート状装置は、以下の使用法の少なくとも1つを有してよい:本装置が適用された標的領域の、皮膚、毛髪又は爪の水和;微細な線及びしわの平滑化; [0128] The beneficial agent contained therein (or beneficial agent such), pre-formed sheet-like device of the present invention may have at least one of the following uses: the device is applied It has been the target area, the skin, hydration of the hair, or nails; smoothing fine lines and wrinkles;
化粧品的なにきびの治療;皮膚の引き締め;強化;軟化;剥脱;皮膚の色調及び/又はきめの改善及び/又は均一化;皮膚、毛髪、又は爪のライトニング;皮膚又は毛髪のコンディショニング;日焼け;毛孔の出現の低減;分泌の吸収又は抑制;皮膚、毛髪又は爪、筋肉、にきび又は疼痛の防止及び/又は鎮静;腫れ及び/又はくまの低減;創傷治癒の促進;皮膚の温め、リフレッシュ、又は冷却;炎症の緩和;顔色を明るくする;うっ血の緩和;腫れの軽減;皮膚科学的状態の治療;クッション作用;清浄化;芳香の効果;細菌又は微生物の成長の減少;治癒;昆虫忌避;望まない毛、汚れ、又はメークアップの除去;及び対象領域の着色又は漂白。 Tightening of the skin; treatment cosmetics acne reinforcement; softening; exfoliation; skin tone and / or texture improvement and / or homogenizing; skin, hair, or nail lightening; of the skin or hair conditioning; sunburn; pilaris reduction of occurrence; absorption of secretion or inhibition; skin, hair or nails, muscles, prevention of acne or pain and / or sedation; swelling and / or bear reduction; promoting wound healing; warming the skin, refresh, or cooling ; inflammation relaxation; to brighten the complexion; congestion relief; swelling reduction; reduction in bacterial or microbial growth; cushioning; cleaning; fragrance effect treatment of dermatological conditions healing; insect repellent; not wishing hair, dirt, or the removal of make-up; and coloring or bleaching the target area. 好ましくは、本明細書の予め成形されたシート状装置は皮膚、毛髪又は爪の水和、微細な線及びしわの平滑化、皮膚の色調及び/又はきめの改善及び/又は均一化に用いる。 Preferably, it preformed sheet devices herein skin, hydration of the hair or nails, smoothing fine lines and wrinkles, use in color and / or texture improvement and / or uniformity of the skin. 【0129】 方法滲出物放出検査 本発明の予め成形されたシート状装置のシネレシスの量は、装置を含む多糖類ゲル混合物で滲出物放出検査により測定する。 [0129] The amount of syneresis of preformed sheet device methods exudates emission studies present invention is measured by exudates emission studies polysaccharide gel mixture containing device. 【0130】 本明細書に示されたゲルからの滲出物の放出のデータは以下の方法により作成した。 [0130] Data of the release of exudates from the specification to the indicated gels were prepared by the following method. 目的のゲルの製剤は以下のように製造する。 Formulations object of gel is prepared as follows. 液体が熱い(>80℃)間に、9g(+/−0.1g)を直径91mmの浅い容器(例えばファルコン(Falcon During the liquid is hot (> 80 ℃), 9g (+/- 0.1g) of the shallow diameter 91mm container (e.g. Falcon (Falcon
)−1029ペトリ皿の蓋)に注ぐ。 ) -1029 poured into a petri dish of the lid). この容器を蒸発による損失を抑えるために密閉する。 The container is sealed in order to suppress the loss due to evaporation. ゲルを動かさずに室温まで冷却しながら固形化させる。 It is solidified while cooling to room temperature without moving the gel. ゲルを測定まで室温で一晩静置する。 The gel allowed to stand overnight at room temperature until measurement. カバーを外し、試料の入った容器の空容器の重量を差し引く(+/−0.005g)。 Remove the cover, subtracting the weight of the empty container vessel containing the sample (+/- 0.005 g). 3枚の濾紙(9.0cm、ワットマン(Whatman)− 3 sheets of filter paper (9.0cm, Whatman (Whatman) -
114、湿潤強さ有り)を平らなゲル表面に積み重ねる。 114, there is wet strength) the stack on a flat surface of the gel. 直径9.0cmの底部が平らな200gの錘をゲル表面に密着させて濾紙上に置く。 The bottom flat weight of 200g diameter 9.0cm by close contact with the gel surface placed on the filter paper. 1分後、錘を取り除き、濾紙を静かにゲルから剥す。 After 1 minute, remove the weight, peel off from quietly gel filter paper. 濾紙はゲルの表面に明らかにつやのない状態を付与しているべきで、これにより濾紙による十分な接触が確認される。 Filter paper should have granted clearly the absence of gloss on the surface of the gel, this sufficient contact by the filter paper is confirmed by. 試料を再秤量し、その差により消失量を計算する。 Samples were reweighed to calculate the loss amount by the difference. これは上述の直径9cmのゲルで放出した滲出物のg数として記録する。 This recorded as g number exudates released by the gel of the aforementioned diameter 9cm. 【0131】 ゲル圧縮裂開検査 本発明の予め成形されたシート状装置の機械的特性をゲルの圧縮破損により測定する。 [0131] The mechanical properties of the pre-formed sheet-like device of gel compression dehiscence inspection present invention is measured by compression failure of the gel. 目的のパラメーターはゲル強度(円柱に成形したゲルを裂開するのに要する圧縮力により測定)及びゲル柔軟性(裂開時のゲル圧縮の度合いにより測定)である。 Object parameters are gel strength and gel softness (measured by the compression force required to tear the gel was formed into cylindrical) (measured by the degree of gel compression at rupture). 検査方法のより詳細な説明を以下に示す。 A more detailed description of the test method below. 【0132】 圧縮破損試験はステーブルマイクロシステム(Stable Micro Systems:SMS) [0132] compression failure test is stable micro system (Stable Micro Systems: SMS)
テクスチュアアナライザー(Texture Analyser:TA)[型番TA−XT2i、ステーブルマイクロシステム社(Stable Micro Systems Ltd、英国、サリー(Surr Texture analyzer (Texture Analyser: TA) [Model No. TA-XT2i, Stable Micro Systems, Inc. (Stable Micro Systems Ltd, United Kingdom, Surrey (Surr
ey)、ゴダルミング(Godalming))より市販]を用いて実施した。 ey), it was performed using a commercially available] from Godalming (Godalming)). 本システムはウィンドウズ98で稼動するSMSのテクスチュアエキスパートエクシード( The present system of SMS running on Windows 98 texture expert Exceed (
SMS's Texture Expert Exceed)ソフトウェア(バージョン2.03)により制御されている。 Is controlled by the SMS's Texture Expert Exceed) software (version 2.03). 直径100mmのアルミニウム圧縮プレート(P−100プローブ)を50kgのロードセルにつける。 Attaching aluminum compression plate having a diameter 100mm to (P-100 probe) to the load cell of 50 kg. これはTAプローブキャリア(TA Probe Car This is TA probe carriers (TA Probe Car
rier)に据え付けられており、その垂直に動く伸長アームはコンピューターで制御されている。 And mounted to RIER), extension arms are controlled by the computer to move to the vertical. 【0133】 検査試料を作成するために、目的のゲル製剤を下記のように製造する。 [0133] To create a test sample, to produce a gel formulation purposes as follows. 正確な固体円筒形(直径26mm、深さ12mm)のゲルディスクを流し型中で形成する。 The exact solid cylinder (diameter 26 mm, depth 12 mm) to form a gel disc in flow type in.
試料の入った流し型は保管中蒸発しないように密閉する。 Containing flowed type of sample is sealed to prevent evaporation during storage. このようなゲルディスクを室温で一晩おく。 Keep overnight at room temperature such gels disk. 各ゲルディスクを検査の直前に流し型から取り出し、欠陥がないかを眼で検査する。 Removed from the flow-type immediately before the inspection of each gel disk, to check whether there is a defect in the eye. 欠陥(例えば空泡の混入)のあるゲルディスクは、そのような欠陥は測定する機械的特性に強い影響を与える可能性があるので全て廃棄する。 Gel disc having a defect (e.g., incorporation of air bubbles) discards all because such defects can impact the mechanical properties measured. その後欠陥のないゲルディスクをP−100圧縮プレート下、中央に置く。 Then place the defect-free gel disks under P-100 compression plate, in the center. 【0134】 テクスチュアエキスパートエクシードソフトウェアを力/圧縮モードで準備する。 [0134] To prepare texture expert Exceed software with force / compression mode. 圧縮プレートを開始高度12.0mmにセットしておく。 Previously set compression plate to start altitude 12.0 mm. 下降率を0.8mm/ The decrease rate 0.8mm /
秒、総移動距離を10.8mm(即ちゲルディスクがもとの高さの90%まで圧縮された時に測定が停止する)に合わせる。 Sec, matching the total distance to 10.8 mm (i.e. gel disc is measured when compressed to 90% of the original height stops). データは200pps(回数/秒)で圧縮プレートの力及び位置ごとに自動的に収集される。 Data is automatically collected every force and position of the compression plate 200 pps (number / sec). ソフトウェアは最大力に達した圧縮プレートの位置に印をつけるように予め合わせられている。 Software is aligned in advance to mark the position of the compression plate reaches the maximum force. 最大力が裂開強度、即ちゲルディスクを裂開するのに要した力である。 Maximum force is the force required to tear tearing strength, i.e. gel disc. もとの開始高度からゲルが裂開する位置までのプレートの移動距離がゲルの変形の量を表す。 Moving distance of the plate from the original starting altitude to a position at which the gel dehiscence represents the amount of deformation of the gel. 裂開時の最大力を試料間で平均(典型的には5回繰り返す)し、ニュートンで記録する。 The average maximum force during parting between sample (typically repeated 5 times), is recorded in Newtons. 【0135】 ゲル裂開位置での単軸変形(圧縮)をもとの成形された高さのパーセントで表す。 [0135] expressed as a percentage of the uniaxial deformation (compression) the height is the original molded gel cleavage position. 即ち、 【0136】 %圧縮=[最大力でのプレート移動距離(mmで測定)/12mm(もとの成型された試料の高さ)]×100 【0137】 10.8mmストロークの最後(即ち、90%圧縮)までにゲルの裂開が起こらない場合は、そのゲルはこの検査条件下での「非裂開」として分類する。 That is, [0136]% compression = [(measured in mm) plates travel at maximum force / 12 mm (height of the original molded sample)] × 100 [0137] last 10.8mm stroke (i.e., If up to 90% compression) does not occur dehiscence gel, the gel is classified as a "non-dehiscence" in this test conditions. 【0138】 本発明を次の実施例により説明する。 [0138] The invention is illustrated by the following examples. 【0139】 【表1】 [0139] [Table 1] 【0140】 1. [0140] 1. ケルガム(Kelgum、商標)はキサンタンガムとイナゴマメガムの1:1混合物であり、ケルコ(Kelco、米国カリフォルニア州サンディエゴ)より供給される。 Kerugamu (Kelgum, TM) 1 of xanthan gum and locust bean gum: 1 mixture, is supplied from the Kelco (Kelco, San Diego, CA). 2. 2. 「キムワイプEX−L(Kimwipes EX-L)」はキンバリー・クラーク社(Kim "Kimwipe EX-L (Kimwipes EX-L)" is Kimberly-Clark Corporation (Kim
berley-Clark Corp.、米国ジョージア州ローズウェル(Roswell))より市販されている。 berley-Clark Corp., which is commercially available from Georgia, USA Roswell (Roswell)). 3. 3. 「コラーゲンファイバーマスク(Collagen Fiber Mask)」はビューティ・ "Collagen fiber mask (Collagen Fiber Mask)" is Beauty
アッティカ社(Beaute Attica, Inc.、米国ワシントン州レッドモンド(Redmond Attica, Inc. (Beaute Attica, Inc., Washington, USA Redmond (Redmond
))より市販されている。 )) Are commercially available from. 【0141】 多糖類ガムは均一な分散性(これは多糖類を非溶媒、例えば多価アルコールに前以って分散することにより容易にすることができる)を形成するように水と混合し、及び全ての追加成分を加える。 [0141] gum is uniform dispersibility (which can be facilitated by distributing I previously polysaccharide in a non-solvent, such as polyhydric alcohol) is mixed with water to form a and adding any additional components. 多糖類ガムを十分に水和するように、混合物がゲル化する点より高い第1温度(約90℃)まで混合物を攪拌しながら加熱する。 Polysaccharide gums to fully hydrated, the mixture is heated with stirring the mixture to a first temperature higher than the point of gelation (about 90 ° C.). その後液状ゲルを好適な形の流し型に注入させる。 Is then injected liquid gel into the sink type suitable form. 好ましくは、液状ゲルは射出成型により取出される。 Preferably, the liquid gel is taken out by injection molding. これにより、ゲルを切断することにより誘導される可能性のあるいかなる欠陥も排除し、及び装置の強固さを改善する。 Thus, any defects that may be induced by cutting the gel also eliminated, and to improve the robustness of the device. 射出成型はまた厚み及びその他の構造的特質の範囲を変えながら装置を容易に成形させる。 Injection molding also be easily molded device while changing the range of the thickness and other structural characteristics. 或いは、液状ゲルをシートの形にする。 Alternatively, the liquid gel in the form of a sheet. その後、ゲル構造を構築させるために、液状ゲルを第1温度より低い、又は混合物がゲル化する点より低い(例えば、 Thereafter, in order to construct a gel structure, the liquid gel lower than the first temperature, or a mixture is lower than the point of gelation (e.g.,
室温)第2温度まで冷却する。 Room temperature) is cooled to a second temperature. その後装置を流し型より取り出すか、又はゲルシートを適当な形をした貼付剤に切断してもよい。 Or taken out from subsequently flowing device type, or gel sheet may be cut into patches which was an appropriate form. 本明細書の装置はその後、保存中の装置の乾燥を最小限にするために水蒸気浸透性の低い材料の容器に入れる。 Devices herein are then placed in a container of a material having low water vapor permeability to minimize drying of the device during storage.
本明細書の装置に好適な容器としては袋又は密封トレイが挙げられる。 Suitable containers in the apparatus of the present specification include a bag or sealed trays. 装置を袋に入れる場合は、使用まで保護されているのが好ましい。 When placing the device in a bag it is preferably is protected until use. この保護はプラスチックフィルムのような剥離可能な裏打ち(リリース・ライナー)により与えることができ、装置に容易な剥離性を提供する。 This protection can be provided by a peelable backing such as a plastic film (release liner), to provide easy release properties to the device. 【0142】 基材を用いる場合(実施例1、4、及び6)、ゲルを注入する前に好適な形の流し型の中に置いてもよいし、又は冷却段階中に液状ゲルの表面に置いてもよい。 [0142] When using a substrate (Examples 1, 4, and 6), may be placed in a sink type suitable form before injecting the gel, or on the surface of the liquid gel during the cooling phase it may be placed. 【0143】 いくつかの組成物では、金属イオン(例えば、Ca 2+ 、K + )が装置のゲル強度を高めるために処方(実施例3及び4)に包含されている。 [0143] In some compositions, metal ions (e.g., Ca 2+, K +) is included in the formulation (Examples 3 and 4) in order to increase the gel strength of the device. この場合、金属イオンは水溶液の形で添加し、そして混合物へ最後に添加して攪拌下水和液状ゲルに混ぜ込む。 In this case, the metal ions are added in the form of an aqueous solution, and Komu mixed with stirring sewage sum liquid gel was added last to the mixture. 【0144】 上記の方法は何らかの追加成分の状態により必要に応じて変更しても構わない。 [0144] The above method may be changed as required by the state of some additional components. 例えば、非水性成分が存在する場合、液状ゲルは非水性成分の分散を確実にするために型に入れる又は形をつける直前に均一化してもよい。 For example, if the non-aqueous components are present, the liquid gel may be homogenized just before putting the mold placed or shape to ensure dispersion of the non-aqueous component. 同様に、熱感受性成分を混合する場合、その処方はゴムの水和段階後に適当な温度(その成分による)まで冷却し、その後熱感受性成分をこの段階で添加する。 Similarly, when mixing heat-sensitive components, the formulation is cooled to a suitable temperature (due to the component) after hydration stage of the rubber, and then adding the heat sensitive ingredients at this stage. 【0145】 液状ゲルは、液体中に分散した空気泡を除去するために脱気(例えば、真空にすることにより)してもよい。 [0145] Liquid gel degassed to remove air bubbles dispersed in a liquid (e.g., by a vacuum) may be. この脱気段階は、行なうのであれば、液状ゲルを取出す直前の最終段階とする。 The degassing step, if performed, the final step immediately prior to taking out the liquid gel. 【0146】 上記のように、予め成形したシート状装置は所望の量のシネレシス、強度又は柔軟性を有する。 [0146] As described above, the preformed sheet-like device having a desired amount of syneresis, strength or flexibility.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 7識別記号 FI テーマコート゛(参考) A61F 13/10 A61F 13/10 A 13/14 13/14 Z A61K 7/043 A61K 7/043 9/70 405 9/70 405 45/00 45/00 47/36 47/36 A61L 15/58 C08J 5/18 CEP C08J 5/18 CEP C08L 5:00 // C08L 5:00 A61L 15/06 (81)指定国 EP(AT,BE,CH,CY, DE,DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,I T,LU,MC,NL,PT,SE),OA(BF,BJ ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GW,ML, MR,NE,SN,TD,TG),AP(GH,GM,K E,LS,MW,MZ,SD,SL,SZ,TZ,UG ,ZW),EA(A ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (51) Int.Cl. 7 identification mark FI theme Court Bu (reference) A61F 13/10 A61F 13/10 a 13/14 13/14 Z A61K 7/043 A61K 7/043 9/70 405 9/70 405 45/00 45/00 47/36 47/36 A61L 15/58 C08J 5/18 CEP C08J 5/18 CEP C08L 5:00 // C08L 5:00 A61L 15/06 (81) designated States EP (AT, BE, CH, CY, DE, DK, ES, FI, FR, GB, GR, IE, I T, LU, MC, NL, PT, SE), OA (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG), AP (GH, GM, K E, LS, MW, MZ, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZW) , EA (A ,AZ,BY,KG,KZ,MD, RU,TJ,TM),AE,AL,AM,AT,AU, AZ,BA,BB,BG,BR,BY,CA,CH,C N,CR,CU,CZ,DE,DK,DM,EE,ES ,FI,GB,GD,GE,GH,GM,HR,HU, ID,IL,IN,IS,JP,KE,KG,KP,K R,KZ,LC,LK,LR,LS,LT,LU,LV ,MA,MD,MG,MK,MN,MW,MX,NO, NZ,PL,PT,RO,RU,SD,SE,SG,S I,SK,SL,TJ,TM,TR,TT,TZ,UA ,UG,US,UZ,VN,YU,ZA,ZW (72)発明者 デックナー,ジョージ エンデル アメリカ合衆国オハイオ州、シンシナチ、 テネジャー、ヒルス、ドライブ 10572 (72)発明者 ジェンキンス,デ , AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM), AE, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BY, CA, CH, C N, CR, CU , CZ, DE, DK, DM, EE, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KP, K R, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, MA, MD, MG, MK, MN, MW, MX, NO, NZ, PL, PT, RO, RU, SD, SE, SG, S I, SK , SL, TJ, TM, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VN, YU, ZA, ZW (72) inventor Dekkuna, George Enderu United States, Ohio, Cincinnati, Teneja, Hirusu, drive 10572 ( 72) inventor Jenkins, de ス ミファヌィ イギリス国、サリー、ティダブリュ2、09 エヌキュー、イーガム、メナー、ウェイ 41 (72)発明者 カイト,ケネス ユージーン アメリカ合衆国オハイオ州、レバノン、レ ンクロフト、コート 571 Fターム(参考) 4C076 AA09 AA74 BB31 CC04 CC05 CC09 CC18 CC29 EE01A EE30P FF35 FF68 4C081 AA03 AA12 CA291 CD011 CD012 CE02 DA02 4C083 AB342 AC122 AC152 AC432 AC442 AC482 AC532 AC642 AC852 AD072 AD162 AD211 AD212 AD352 AD662 CC02 CC28 CC31 DD12 DD41 EE05 FF01 4C084 AA19 MA02 MA05 MA32 MA63 NA05 NA10 NA14 ZA891 ZB111 ZC201 4F071 AA08 AH19 BB05 BC01 Scan Mifanui UK, Surrey, tea AW 2,09 Enukyu, Igamu, Menor, the way 41 (72) inventor kite, Kenneth Eugene United States, Ohio, Lebanon, Les Nkurofuto, coat 571 F-term (reference) 4C076 AA09 AA74 BB31 CC04 CC05 CC09 CC18 CC29 EE01A EE30P FF35 FF68 4C081 AA03 AA12 CA291 CD011 CD012 CE02 DA02 4C083 AB342 AC122 AC152 AC432 AC442 AC482 AC532 AC642 AC852 AD072 AD162 AD211 AD212 AD352 AD662 CC02 CC28 CC31 DD12 DD41 EE05 FF01 4C084 AA19 MA02 MA05 MA32 MA63 NA05 NA10 NA14 ZA891 ZB111 ZC201 4F071 AA08 AH19 BB05 BC01

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 予め成形されたシート状装置であって、 (a)下記(i)、(ii)、(iii)から構成される多糖類混合物を10%未満; (i)紅藻多糖類; (ii)ガラクトマンナン、グルコマンナン、及びその誘導体又はこれらの混合物から選択されるマンノースを含有する多糖類; (iii)発酵多糖類、又はその誘導体;及び(b)約30%から約99.5%の水; を含んでなるとともに、前記装置は全多糖類の10%未満を含む、予め成形されたシート状装置。 Patent Claims: 1. A pre-formed sheet-like device, (a) below (i), (ii), the polysaccharide mixture less than 10% composed of (iii); ( i) red algae polysaccharide; (ii) galactomannan, glucomannan, and polysaccharides containing mannose selected from derivatives or mixtures thereof; (iii) fermentation polysaccharides, or derivatives thereof; and (b) about water 30% to about 99.5%; with comprising, the device comprises less than 10% of the total polysaccharides, preformed sheet device. 【請求項2】 前記紅藻多糖類が寒天、アガロース、カッパ−カラゲナン及びフルセララン(furcellaran)又はそれらの混合物から選択される請求項1に記載の予め成形されたシート状装置。 Wherein said red algae polysaccharide is agar, agarose, kappa - carrageenan and furcellaran (furcellaran) or pre-shaped sheet according to claim 1 which is selected from mixtures thereof. 【請求項3】 前記紅藻多糖類が寒天及びアガロース又はそれらの混合物から選択される請求項1または2に記載の予め成形されたシート状装置。 3. A preformed sheet according to claim 1 or 2 wherein the red algae polysaccharide is selected from agar and agarose, or mixtures thereof. 【請求項4】 前記ガラクトマンナンがイナゴマメガム、グアーガム及びカッシアガム、又はそれらの混合物から選択される請求項1〜3のいずれか1項に記載の予め成形されたシート状装置。 Wherein said galactomannan locust bean gum, guar gum and cassia gum, or pre-formed sheet-like device according to any one of claims 1 to 3, mixtures thereof. 【請求項5】 前記グルコマンナンがコンニャクマンナン及び脱アセチル化コンニャクマンナン、又はそれらの混合物から選択される請求項1〜4のいずれか1項に記載の予め成形されたシート状装置。 Wherein said glucomannan konjac mannan and deacetylation konjac mannan, or pre-formed sheet-like device according to any one of claims 1 to 4, mixtures thereof. 【請求項6】 前記発酵多糖類又はそれらの誘導体がキサンタンガム及びゲランガム(gellangum)、又はそれらの混合物から選択される請求項1〜5のいずれか1項に記載の予め成形されたシート状装置。 Wherein said fermentation polysaccharide or derivative thereof is xanthan gum and gellan gum (gellangum), or pre-formed sheet-like unit according to claim 1 which is selected from mixtures thereof. 【請求項7】 前記多糖類混合物を5%未満含む請求項1〜6のいずれか1 7. claim 1 comprising less than the polysaccharide mixture 5% 1
    項に記載の予め成形されたシート状装置。 Preformed sheet according to claim. 【請求項8】 前記紅藻多糖類とマンノースを含有する多糖類の比率が20 8. The ratio of the polysaccharide containing the red algae polysaccharide and mannose 20
    :1〜約1:5である請求項1〜7のいずれか1項に記載の予め成形されたシート状装置。 : 1 to about 1: 5 is pre-shaped sheet-like device according to any one of claims 1 to 7. 【請求項9】 前記紅藻多糖類とマンノースを含有する多糖類の比率が7: 9. proportion of polysaccharide containing the red algae polysaccharide and mannose 7:
    1〜約1:2である請求項1〜8のいずれか1項に記載の予め成形されたシート状装置。 1 to about 1: preformed sheet according to 2 in any one of claims 1-8 is. 【請求項10】 抗しわ及び抗皮膚萎縮活性物質、抗ニキビ剤、人工日焼け剤及び促進剤、皮膚修復活性物質、皮膚バリア修復補助剤、皮膚ライトニング剤、皮膚感覚剤、皮膚鎮静剤、抗微生物及び抗カビ剤、脂質、皮脂阻害物質、皮脂刺激物質、日焼け止め剤、消毒剤、局所麻酔薬、ステロイド、非ステロイド系抗炎症剤、プロテアーゼ阻害物質、皮膚引き締め剤、かゆみ止め成分、発毛阻害剤、5−α還元酵素阻害物質、抗グリケーション剤、及び剥離酵素増強剤、又はそれらの混合物から選択される有益な薬剤を更に含む請求項1〜9のいずれか1項に記載の予め成形されたシート状装置。 10. anti-wrinkle and anti-skin atrophy actives, anti-acne agents, artificial tanning agents and accelerators, skin repair actives, skin barrier repair aids, skin lightening agents, skin feel agents, skin soothing agents, anti-microbial and antifungal agents, lipid, sebum inhibitors, sebum stimulators, sunscreening agents, disinfectants, local anesthetics, steroids, non-steroidal anti-inflammatory agents, protease inhibitors, skin tightening agents, anti-itch ingredients, hair growth inhibition agent, 5-alpha reductase inhibitors, anti-glycation agents, and release enzyme enhancers, or preformed according to any one of claims 1 to 9, from mixtures thereof, further comprising a beneficial agent that is selected sheets like device. 【請求項11】 抗しわ及び抗皮膚萎縮活性物質、抗ニキビ剤、人工日焼け剤及び促進剤、皮膚修復活性物質、皮膚バリア修復補助剤、皮膚ライトニング剤、皮膚感覚剤、皮膚鎮静剤、抗微生物及び抗カビ剤、脂質、皮脂阻害物質、皮脂刺激物質、日焼け止め剤、プロテアーゼ阻害物質、皮膚引き締め剤、かゆみ止め成分、及び剥離酵素増強剤、又はそれらの混合物から選択される有益な薬剤を更に含む請求項1〜9のいずれか1項に記載の予め成形されたシート状装置。 11. anti-wrinkle and anti-skin atrophy actives, anti-acne agents, artificial tanning agents and accelerators, skin repair actives, skin barrier repair aids, skin lightening agents, skin feel agents, skin soothing agents, anti-microbial and antifungal agents, lipid, sebum inhibitors, sebum stimulators, sunscreening agents, protease inhibitors, skin tightening agents, anti-itch ingredients, and release enzyme enhancers, or even a beneficial agent mixtures thereof preformed sheet according to any one of claims 1-9, including. 【請求項12】 基材を更に含む請求項1〜11のいずれか1項に記載の予め成形されたシート状装置。 12. A preformed sheet according to any one of claims 1 to 11 comprising a substrate further. 【請求項13】 少なくとも1つの保湿剤を更に含む請求項1〜12のいずれか1項に記載の予め成形されたシート状装置。 13. At least one pre-formed sheet-like device according to any one of claims 1 to 12, humectant further comprises a. 【請求項14】 爪又はキューティクル、毛髪又は頭皮、人間の顔又はその部分、足、腕、脚、又は人間の胴体に合致するように適合した大きさおよび形を有するマスク又は貼付剤の形態の請求項1〜13のいずれか1項に記載の予め成形されたシート状装置。 14. nails or cuticles, the hair or scalp, a human face or part thereof, legs, arms, legs, or the human form of a mask or patch having a size and shape adapted to match the fuselage preformed sheet according to any one of claims 1 to 13. 【請求項15】 皮膚、毛髪、又は爪に請求項1〜9、11、12、13、 15. skin, hair, or claim to the nail 1~9,11,12,13,
    又は14に記載の予め成形されたシート状装置を適用することを含む化粧手入れ法。 Or cosmetic care method which comprises applying a sheet-like device which is preformed according to 14. 【請求項16】 水を含む予め成形されたシート状装置の強度、シネレシス又は柔軟性の改善のための、 (i)紅藻多糖類; (ii)ガラクトマンナン、グルコマンナン及びその誘導体又はそれらの混合物から選択されるマンノースを含有する多糖類;及び; (iii)発酵多糖類又はその誘導体;から成る多糖類混合物の使用。 16. The intensity of the pre-formed sheet-like device containing water, for the improvement of syneresis or flexibility, (i) red algae polysaccharide; (ii) galactomannan, glucomannan and derivatives thereof or their use of the polysaccharide mixture consisting of; and;; (iii) fermentation polysaccharides or derivatives thereof polysaccharide containing mannose selected from the mixture. 【請求項17】 ハンドウェア;フットウェア;及びボディラップから成る群から選択される形態の請求項1〜13のいずれか1項に記載の予め成形されたシート状装置。 17. handwear; footwear; and preformed sheet according to any one of claims 1 to 13 in a form selected from the group consisting of body wraps.
JP2001508262A 1999-07-06 2000-06-30 Self-adhesive sheet-like device which is suitable preformed topical application Withdrawn JP2003518010A (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US9915203 1999-07-06
PCT/US2000/009693 WO2001002479A1 (en) 1999-07-06 2000-04-12 Pre-formed, self-adhesive sheet devices suitable for topical application
US0009693 2000-04-12
US9915203 2000-04-12
PCT/US2000/018106 WO2001002478A1 (en) 1999-07-06 2000-06-30 Pre-formed, self-adhesive sheet devices suitable for topical application

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003518010A true JP2003518010A (en) 2003-06-03

Family

ID=26680194

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001508262A Withdrawn JP2003518010A (en) 1999-07-06 2000-06-30 Self-adhesive sheet-like device which is suitable preformed topical application

Country Status (5)

Country Link
EP (1) EP1200519A1 (en)
JP (1) JP2003518010A (en)
AU (1) AU5782500A (en)
MX (1) MXPA02000272A (en)
WO (1) WO2001002478A1 (en)

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002087993A (en) * 2000-07-13 2002-03-27 Shiseido Co Ltd Gel composition for external use
WO2005105060A1 (en) * 2004-04-28 2005-11-10 Hisamitsu Pharmaceutical Co., Inc. Plaster
JP2006028100A (en) * 2004-07-16 2006-02-02 Pola Chem Ind Inc External preparation for skin having antiinflammatory activity
US7037514B1 (en) 1998-12-03 2006-05-02 Kao Corporation Sheet cosmetics
WO2007034736A1 (en) * 2005-09-20 2007-03-29 Hisamitsu Pharmaceutical Co., Inc. Adhesive skin patch
WO2007072723A1 (en) * 2005-12-19 2007-06-28 P & Pf Co., Ltd. Filmy compositions
JP2007526209A (en) * 2003-04-14 2007-09-13 エフ エム シー コーポレーションFmc Corporation Uniform and thermoreversible low viscosity poly-mannan film transfer systems
JP2007528390A (en) * 2004-03-11 2007-10-11 株式會社アモーレパシフィック Cosmetic composition having a paste-like yoghurt dosage form
JP2008524135A (en) * 2004-12-17 2008-07-10 コティ プレスティゲ ランカスター グループ ゲーエムベーハー Cosmetics to preserve the tan
JP2011521740A (en) * 2008-05-30 2011-07-28 ケーシーアイ ライセンシング インコーポレイテッド Transparent vacuum medical supplies and systems

Families Citing this family (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6159491A (en) * 1999-02-12 2000-12-12 Biovector Technologies, Inc. Prolonged release bioadhesive vaginal gel dosage form
US6756051B1 (en) * 2000-11-15 2004-06-29 Li-Lan H. Chen Bioadhesive, closed-cell foam film, sustained release, delivery devices and methods of making and using same
GB2384705B (en) * 2002-01-07 2006-09-27 Alan Abraham Levy Cosmetic and related compositions
DE10260872B4 (en) 2002-12-23 2013-09-26 Beiersdorf Ag Use of the gel-forming polymer, water, alcohol and seaweed extract for adjusting elasticity and adhesion self-adhesive cosmetic polymer matrices
US7993654B2 (en) 2002-12-23 2011-08-09 Beiersdorf Ag Self-adhesive polymer matrix containing sea algae extract
CA2552607C (en) * 2004-01-07 2012-04-17 E-L Management Corporation Cosmetic composition and method for retarding hair growth
US7452547B2 (en) 2004-03-31 2008-11-18 Johnson&Johnson Consumer Co., Inc. Product for treating the skin comprising a polyamine microcapsule wall and a skin lightening agent
US20130115320A1 (en) 2007-03-30 2013-05-09 Dynova Laboratories, Inc. Therapeutic agent for intranasal administration and method of making and using same
JP5791227B2 (en) 2007-08-06 2015-10-07 大塚製薬株式会社 Gel composition for external application containing an adenine compound
US8673354B2 (en) 2007-11-05 2014-03-18 Technion Research And Development Foundation Ltd. Adhesives and methods of applying the same
FR2940049B1 (en) * 2008-12-23 2012-11-16 Oreal flexible article for nails with a polymeric layer comprising a natural latex
US9676696B2 (en) 2009-01-29 2017-06-13 The Procter & Gamble Company Regulation of mammalian keratinous tissue using skin and/or hair care actives
CN102497890B (en) 2009-06-01 2014-08-27 特克尼雍技术研究与发展基金会有限公司 Sealants, manufacturing thereof, and applications thereof
WO2015158841A1 (en) * 2014-04-17 2015-10-22 Grasl Jürgen Patch, set of patches, method and use for medical or cosmetic treatment

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3700451A (en) * 1970-04-06 1972-10-24 Itek Corp Gelable and gelled compositions
JPS59162847A (en) * 1983-03-04 1984-09-13 San Ei Chem Ind Ltd Preparation of gel material
DE3335593C2 (en) * 1983-09-30 1989-10-19 Diamalt Ag, 8000 Muenchen, De
EP0161681A3 (en) * 1984-05-17 1987-04-29 Mitsubishi Acetate Co., Ltd. Gel plate and process for preparing same
JPS6328380A (en) * 1986-07-23 1988-02-06 Unie Koroido Kk Sheet form food
JPS63301805A (en) * 1987-05-30 1988-12-08 Asahi Shokuhin Kogyo Kk Production of thin film pack for cosmetic use
GB2219803A (en) * 1988-06-20 1989-12-20 Merck & Co Inc Gellan/K-carrageenan/mannan blends
JP2985019B2 (en) * 1991-03-07 1999-11-29 株式会社コーセー The oil-in-water emulsified cosmetic

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7037514B1 (en) 1998-12-03 2006-05-02 Kao Corporation Sheet cosmetics
JP2002087993A (en) * 2000-07-13 2002-03-27 Shiseido Co Ltd Gel composition for external use
JP2007526209A (en) * 2003-04-14 2007-09-13 エフ エム シー コーポレーションFmc Corporation Uniform and thermoreversible low viscosity poly-mannan film transfer systems
JP2007528390A (en) * 2004-03-11 2007-10-11 株式會社アモーレパシフィック Cosmetic composition having a paste-like yoghurt dosage form
WO2005105060A1 (en) * 2004-04-28 2005-11-10 Hisamitsu Pharmaceutical Co., Inc. Plaster
JP2006028100A (en) * 2004-07-16 2006-02-02 Pola Chem Ind Inc External preparation for skin having antiinflammatory activity
JP2008524135A (en) * 2004-12-17 2008-07-10 コティ プレスティゲ ランカスター グループ ゲーエムベーハー Cosmetics to preserve the tan
WO2007034736A1 (en) * 2005-09-20 2007-03-29 Hisamitsu Pharmaceutical Co., Inc. Adhesive skin patch
JP4990150B2 (en) * 2005-09-20 2012-08-01 久光製薬株式会社 Patch
JP2007169346A (en) * 2005-12-19 2007-07-05 P & P F:Kk Film composition
WO2007072723A1 (en) * 2005-12-19 2007-06-28 P & Pf Co., Ltd. Filmy compositions
US8668923B2 (en) 2005-12-19 2014-03-11 P & Pf Co., Ltd. Filmy compositions
JP2011521740A (en) * 2008-05-30 2011-07-28 ケーシーアイ ライセンシング インコーポレイテッド Transparent vacuum medical supplies and systems

Also Published As

Publication number Publication date
AU5782500A (en) 2001-01-22
WO2001002478A1 (en) 2001-01-11
MXPA02000272A (en) 2002-06-21
EP1200519A1 (en) 2002-05-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA2351925C (en) Cleansing compositions
US6358516B1 (en) One-step system for cleansing, conditioning, and treating the skin
US6419935B1 (en) Cosmetic skin treatment method and cleansing treatment patch
KR100518698B1 (en) A Carbon Dioxide Containing Viscous Cosmetic Composition
US4670185A (en) Aqueous vesicle dispersion having surface charge
EP0750905B1 (en) Patch comprising water soluble adhesive sheet
US6524594B1 (en) Foaming oil gel compositions
KR101781814B1 (en) Cosmetic and external skin preparation, and medical instrument
US20020077256A1 (en) Novel detergent compositions with enhanced depositing, conditioning and softness capabilities
US20020034489A1 (en) Personal care formulations
KR100604402B1 (en) Topical compositions for regulating the oily/shiny appearance of skin
US20080152894A1 (en) Treated substrates having improved delivery of impregnated ingredients
AU2004299123B2 (en) Oral and personal care compositions and methods
DE69808790T3 (en) Skin cleansing and conditioning article for skin and hair
JP2885815B2 (en) Medicated cleansing pad
US20060198800A1 (en) Skin care compositions including hexapeptide complexes and methods of their manufacture
US7527806B2 (en) Personal care article with distinct active zone
KR101311051B1 (en) Appliance for delivering a composition
JP2005535614A (en) The topical cosmetic composition
US20100254961A1 (en) Water-soluble electrospun sheet
CA2446106A1 (en) System for delivering cosmetics and pharmaceuticals
US20070259029A1 (en) Water-dispersible patch containing an active agent for dermal delivery
CN100475189C (en) Cosmetics composition, preparing method and use thereof
JP2005503335A (en) Skin care compositions containing a sugar amine
CZ2001489A3 (en) Cosmetic preparation

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20070904