JP2003090361A - Auxiliary machine driving device - Google Patents

Auxiliary machine driving device

Info

Publication number
JP2003090361A
JP2003090361A JP2001283028A JP2001283028A JP2003090361A JP 2003090361 A JP2003090361 A JP 2003090361A JP 2001283028 A JP2001283028 A JP 2001283028A JP 2001283028 A JP2001283028 A JP 2001283028A JP 2003090361 A JP2003090361 A JP 2003090361A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
crankshaft
way clutch
engine
electromagnetic clutch
clutch
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001283028A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Shuji Nagano
周二 永野
Kojiro Kuramochi
耕治郎 倉持
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Toyota Motor Corp
Original Assignee
Toyota Motor Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toyota Motor Corp filed Critical Toyota Motor Corp
Priority to JP2001283028A priority Critical patent/JP2003090361A/en
Publication of JP2003090361A publication Critical patent/JP2003090361A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an auxiliary machine driving device capable of starting an engine without using an electric motor for starting and capable of reducing electric power consumption. SOLUTION: This auxiliary machine driving device drives a motor generator 16 and mechanically connected auxiliary machine 15 against a crank pulley 14 provided on a crankshaft 12 of the engine 11. An electromagnetic clutch 53 and a one-way clutch 54 free to transmit only driving power of the engine 11 are provided between the crankshaft 12 and the crank pulley 14 on this auxiliary machine driving device. Rotation of the crankshaft 12 is transmitted to the crank pulley 14 through the one-way clutch 54 even when the electromagnetic clutch 53 is cut off in the middle of driving the engine 11 on this auxiliary machine driving device.

Description

【発明の詳細な説明】Detailed Description of the Invention

【0001】[0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、例えばエンジンの
運転中には、そのエンジンの動力により補機を駆動し、
エンジンの運転停止中にはモータジェネレータを電動機
として作動させ補機を駆動するようにした補機駆動装置
に関するものである。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention drives an auxiliary machine by the power of the engine during operation of the engine,
The present invention relates to an accessory drive device in which a motor generator is operated as an electric motor to drive an accessory while the engine is stopped.

【0002】[0002]

【従来の技術】車両において、パワーステアリング用ポ
ンプ、エアコン用コンプレッサ等の各種補機を駆動する
ための装置が種々提案されている。例えば、特開平8−
14145号公報では、電動機及び発電機として機能す
るモータジェネレータがエンジンに搭載されている。こ
れらの補機及びモータジェネレータは、伝動ベルト等に
よりクランクプーリに機械的に連結されている。また、
クランク軸及びクランクプーリ間で動力を伝達・遮断す
る電磁クラッチが、それらのクランク軸及びクランクプ
ーリ間に設けられている。
2. Description of the Related Art In a vehicle, various devices for driving various auxiliary equipment such as a power steering pump and an air conditioner compressor have been proposed. For example, Japanese Patent Laid-Open No. 8-
In Japanese Patent No. 14145, a motor generator that functions as an electric motor and a generator is mounted on an engine. These accessories and motor generator are mechanically connected to a crank pulley by a transmission belt or the like. Also,
An electromagnetic clutch that transmits and cuts off power between the crank shaft and the crank pulley is provided between the crank shaft and the crank pulley.

【0003】この補機駆動装置によると、エンジンの運
転中には電磁クラッチが接続され、クランク軸の回転が
電磁クラッチ、クランクプーリ、伝動ベルト等を介して
補機及びモータジェネレータに伝達される。この伝達に
より補機が作動するとともに、モータジェネレータが発
電機として作動する。発電された電力はバッテリに蓄電
される。エンジンの停止中には電磁クラッチが切断され
る。このときには、バッテリからの電力供給によりモー
タジェネレータが電動機として作動する。この回転は伝
動ベルト等を介して補機に伝達され、同補機が駆動され
る。エンジンの再始動に際しては電磁クラッチが接続さ
れる。モータジェネレータが電動機として作動し、その
回転が伝動ベルト等を介してクランクプーリに伝達さ
れ、クランク軸が強制的に回転(クランキング)され、
エンジンが始動される。
According to this accessory drive device, an electromagnetic clutch is connected while the engine is in operation, and the rotation of the crankshaft is transmitted to the accessory and the motor generator via the electromagnetic clutch, the crank pulley, the transmission belt and the like. By this transmission, the auxiliary machine operates and the motor generator operates as a generator. The generated power is stored in the battery. The electromagnetic clutch is disengaged while the engine is stopped. At this time, the motor generator operates as an electric motor by the power supply from the battery. This rotation is transmitted to the auxiliary machine via a transmission belt or the like, and the auxiliary machine is driven. The electromagnetic clutch is engaged when the engine is restarted. The motor generator operates as an electric motor, the rotation of which is transmitted to the crank pulley via a transmission belt or the like, and the crank shaft is forcibly rotated (cranking),
The engine is started.

【0004】また、特開平9−76775号公報では、
上記特開平8−14145号公報とは異なり、クランク
軸とクランクプーリとの間に、クランク軸からクランク
プーリへのみ回転を伝達するワンウェイクラッチが設け
られている。この補機駆動装置によると、エンジンの運
転中には、クランク軸の回転がワンウェイクラッチ、ク
ランクプーリ、伝動ベルト等を介して補機及びモータジ
ェネレータに伝達される。この伝達により補機が駆動さ
れるとともに、モータジェネレータが発電機として作動
し、発電された電力がバッテリに蓄電される。エンジン
の停止中には、バッテリからの電力供給によりモータジ
ェネレータが電動機として作動し、その回転が伝動ベル
ト等を介して補機に伝達され、同補機が駆動される。こ
のときワンウェイクラッチは空転する。
Further, in Japanese Patent Laid-Open No. 9-76775,
Different from JP-A-8-14145, a one-way clutch that transmits rotation only from the crank shaft to the crank pulley is provided between the crank shaft and the crank pulley. According to this accessory drive device, the rotation of the crankshaft is transmitted to the accessory and the motor generator via the one-way clutch, the crank pulley, the transmission belt, etc. while the engine is operating. This transmission drives the auxiliary machine, the motor generator operates as a generator, and the generated electric power is stored in the battery. While the engine is stopped, the motor generator operates as an electric motor by the electric power supplied from the battery, the rotation of which is transmitted to the auxiliary machine via the transmission belt or the like to drive the auxiliary machine. At this time, the one-way clutch idles.

【0005】[0005]

【発明が解決しようとする課題】ところが、前述した特
開平8−14145号公報に記載された技術では、電磁
クラッチの電磁コイルに対し、エンジンの停止中を除
き、ほとんど常時にわたって通電されるため、電力消費
量が多いという問題がある。また、特開平9−7677
5号公報に記載された技術では、電磁クラッチを用いて
いないため、上述した問題は起らない。しかし、クラン
クプーリ(モータジェネレータ)からクランク軸へは動
力を伝達することができないため、モータジェネレータ
によってエンジンを始動させることができない。従っ
て、始動用の電動機を別途設ける必要がある。
However, in the technique described in the above-mentioned Japanese Patent Laid-Open No. 8-14145, the electromagnetic coil of the electromagnetic clutch is energized almost all the time except when the engine is stopped. There is a problem of high power consumption. In addition, JP-A-9-7677
The technique described in Japanese Patent Publication No. 5 does not use the electromagnetic clutch, so the above-mentioned problem does not occur. However, since power cannot be transmitted from the crank pulley (motor generator) to the crankshaft, the engine cannot be started by the motor generator. Therefore, it is necessary to separately provide a starting electric motor.

【0006】本発明はこのような実情に鑑みてなされた
ものであって、その目的は、始動用の電動機を用いるこ
となくエンジンを始動させることができ、しかも電力消
費を少なくすることのできる補機駆動装置を提供するこ
とにある。
The present invention has been made in view of the above circumstances, and an object thereof is to supplement an engine capable of starting an engine without using a starting electric motor and reducing power consumption. An object is to provide a machine drive device.

【0007】[0007]

【課題を解決するための手段】以下、上記目的を達成す
るための手段及びその作用効果について記載する。請求
項1に記載の発明では、エンジンのクランク軸に断続可
能である回転体に対し、電動機及び発電機として機能す
るモータジェネレータとともに機械的に連結された補機
を駆動する補機駆動装置において、前記クランク軸及び
前記回転体間で動力を伝達及び遮断する電磁クラッチ
と、前記クランク軸及び前記回転体間で一方向のみ動力
を伝達するワンウェイクラッチとを前記クランク軸及び
前記回転体間に介装している。
[Means for Solving the Problems] Means for achieving the above-mentioned objects and their effects will be described below. In the invention according to claim 1, in an accessory drive device for driving an accessory mechanically connected to a rotating body that can be intermittently connected to a crankshaft of an engine, together with a motor generator functioning as an electric motor and a generator, An electromagnetic clutch for transmitting and disconnecting power between the crankshaft and the rotating body, and a one-way clutch for transmitting power between the crankshaft and the rotating body in only one direction are interposed between the crankshaft and the rotating body. is doing.

【0008】また、請求項2に記載の発明では、請求項
1に記載の発明において、前記ワンウェイクラッチは前
記クランク軸から前記回転体への回転のみを伝達するも
のであるとする。
Further, in the invention described in claim 2, in the invention described in claim 1, it is assumed that the one-way clutch transmits only rotation from the crankshaft to the rotating body.

【0009】上記請求項1又は2に記載の発明の構成に
よれば、電磁クラッチ及びワンウェイクラッチにより、
クランク軸及び回転体間で動力が伝達及び遮断される。
電磁クラッチが接続された状態で、ワンウェイクラッチ
の動力伝達方向と、実際の動力伝達方向とが一致した場
合、その動力は電磁クラッチ及びワンウェイクラッチの
両方によって伝達される。両方向が一致しない場合、前
記動力は電磁クラッチのみによって伝達される。
According to the structure of the invention described in claim 1 or 2, the electromagnetic clutch and the one-way clutch are used.
Power is transmitted and cut off between the crankshaft and the rotating body.
When the power transmission direction of the one-way clutch and the actual power transmission direction match with the electromagnetic clutch connected, the power is transmitted by both the electromagnetic clutch and the one-way clutch. If the two directions do not match, the power is transmitted only by the electromagnetic clutch.

【0010】また、電磁クラッチが切断された状態で、
ワンウェイクラッチの動力伝達方向と、実際の動力伝達
方向とが一致した場合、その動力はワンウェイクラッチ
のみによって伝達される。両方向が一致しない場合、前
記動力は伝達されない。
Also, with the electromagnetic clutch disengaged,
When the power transmission direction of the one-way clutch matches the actual power transmission direction, the power is transmitted only by the one-way clutch. If the two directions do not match, the power is not transmitted.

【0011】従って、例えば請求項2に記載の発明のよ
うに、ワンウェイクラッチが、クランク軸から回転体へ
の回転のみを伝達するものであれば、そのワンウェイク
ラッチは、エンジンの運転にともなうクランク軸の回転
を回転体には伝達する。しかし、その逆に回転体からク
ランク軸へは回転を伝達しない。このため、エンジンの
運転中に電磁クラッチが切断されても、クランク軸の回
転がワンウェイクラッチを介して回転体に伝達される。
この回転体の回転が、補機及びモータジェネレータにそ
れぞれ伝達される。この伝達により補機が駆動されると
ともに、モータジェネレータが発電機として作動する。
そして、前記のように電磁クラッチが切断されれば、そ
の分、通電にともない電磁クラッチによって消費される
電力を低減することができる。
Therefore, if the one-way clutch transmits only the rotation from the crank shaft to the rotating body, as in the second aspect of the invention, the one-way clutch is a crank shaft that accompanies the operation of the engine. Is transmitted to the rotating body. However, on the contrary, the rotation is not transmitted from the rotating body to the crankshaft. Therefore, even if the electromagnetic clutch is disengaged during operation of the engine, the rotation of the crankshaft is transmitted to the rotating body via the one-way clutch.
The rotation of the rotating body is transmitted to the auxiliary machine and the motor generator, respectively. This transmission drives the auxiliary machine and the motor generator operates as a generator.
If the electromagnetic clutch is disengaged as described above, the power consumed by the electromagnetic clutch due to energization can be reduced accordingly.

【0012】また、エンジンの停止中に電磁クラッチが
切断されれば、この電磁クラッチによっては回転体の回
転がクランク軸に伝達されない。このときには、ワンウ
ェイクラッチがフリー状態となるため、回転体が空転す
る。モータジェネレータの回転は回転体を通じて補機に
伝達され、同補機が駆動される。
If the electromagnetic clutch is disengaged while the engine is stopped, the electromagnetic clutch will not transmit the rotation of the rotating body to the crankshaft. At this time, the one-way clutch is in the free state, so that the rotating body spins. The rotation of the motor generator is transmitted to the auxiliary machine through the rotating body, and the auxiliary machine is driven.

【0013】そして、エンジンの始動に際し電磁クラッ
チが接続されれば、ワンウェイクラッチがフリー状態で
あるものの、電磁クラッチによって回転体の回転がクラ
ンク軸に伝達される。従って、モータジェネレータを電
動機として作動させることにより、始動用の電動機を用
いなくてもクランク軸を強制的に回転駆動させてエンジ
ンを始動させることができる。
When the electromagnetic clutch is engaged when the engine is started, the one-way clutch is in the free state, but the electromagnetic clutch transmits the rotation of the rotating body to the crankshaft. Therefore, by operating the motor generator as an electric motor, the crankshaft can be forcibly rotationally driven to start the engine without using a starting electric motor.

【0014】請求項3に記載の発明では、請求項2に記
載の発明において、前記電磁クラッチは、所定条件が成
立した場合にのみ接続されるとする。上記の構成によれ
ば、所定条件が成立すると電磁クラッチが接続される。
このとき、ワンウェイクラッチが正常に作動していれ
ば、ワンウェイクラッチ及び電磁クラッチの両方によっ
て、クランク軸の回転が回転体に伝達されるため、全体
の伝達トルク容量が増加する。また、前記所定条件成立
時にワンウェイクラッチが正常に作動していなくても、
電磁クラッチによってクランク軸の回転が回転体に伝達
される。このように、ワンウェイクラッチの正常・異常
のいずれであっても、補機駆動装置の信頼性が向上す
る。
According to a third aspect of the invention, in the second aspect of the invention, the electromagnetic clutch is connected only when a predetermined condition is satisfied. According to the above configuration, the electromagnetic clutch is connected when the predetermined condition is satisfied.
At this time, if the one-way clutch is operating normally, the rotation of the crankshaft is transmitted to the rotating body by both the one-way clutch and the electromagnetic clutch, so that the overall transmission torque capacity increases. In addition, even if the one-way clutch is not operating normally when the predetermined condition is satisfied,
The rotation of the crankshaft is transmitted to the rotating body by the electromagnetic clutch. In this way, the reliability of the accessory drive device is improved regardless of whether the one-way clutch is normal or abnormal.

【0015】請求項4に記載の発明では、請求項3に記
載の発明において、前記電磁クラッチは、前記ワンウェ
イクラッチの故障時に前記所定条件が成立したとして接
続されるとする。
According to a fourth aspect of the invention, in the third aspect of the invention, it is assumed that the electromagnetic clutch is connected assuming that the predetermined condition is satisfied when the one-way clutch fails.

【0016】上記の構成によれば、エンジンの運転中に
おいて、万が一ワンウェイクラッチが故障によりスリッ
プしても、所定条件が成立するため電磁クラッチが強制
的に接続されることとなり、クランク軸の回転が回転体
に伝達される。このため、補機の駆動及びモータジェネ
レータの発電を支障なく継続することができる。
According to the above construction, even if the one-way clutch slips due to a failure during engine operation, the electromagnetic clutch is forcibly connected because the predetermined condition is satisfied, and the crankshaft rotates. It is transmitted to the rotating body. Therefore, the drive of the auxiliary machine and the power generation of the motor generator can be continued without any trouble.

【0017】請求項5に記載の発明では、請求項3に記
載の発明において、前記電磁クラッチは、前記エンジン
が所定の運転状態になった場合に前記所定条件が成立し
たとして接続されるとする。ここで、所定の運転状態と
しては、例えば、補機を駆動するためにクランク軸に大
きなトルクが加わった場合が挙げられる。また、クラン
ク軸の回転速度が、そのクランク軸の回転にともなう曲
げ振動やねじり振動が大きくなる回転域に入った場合も
挙げられる。
According to a fifth aspect of the present invention, in the third aspect of the invention, the electromagnetic clutch is connected assuming that the predetermined condition is satisfied when the engine is in a predetermined operating state. . Here, the predetermined operating state may be, for example, a case where a large torque is applied to the crankshaft to drive the auxiliary machine. In addition, the case where the rotation speed of the crankshaft enters a rotation range in which bending vibration and torsional vibration accompanying the rotation of the crankshaft become large may be mentioned.

【0018】上記の構成によれば、エンジンが上述した
ような所定の運転状態となった場合、所定条件が成立す
るため電磁クラッチが接続されることとなり、ワンウェ
イクラッチ及び電磁クラッチの両方がクランク軸の回転
を回転体に伝達して、全体の伝達トルク容量が増加す
る。このため、例えば前記のように大きなトルクが加わ
っても、ワンウェイクラッチのみによって動力を伝達す
る場合に比べ、より確実に動力を伝達することが可能と
なる。
According to the above construction, when the engine is in the predetermined operating state as described above, the predetermined condition is satisfied, so that the electromagnetic clutch is connected and both the one-way clutch and the electromagnetic clutch are connected to the crankshaft. Is transmitted to the rotating body to increase the overall transmission torque capacity. Therefore, for example, even if a large torque is applied as described above, it is possible to more reliably transmit the power as compared with the case where the power is transmitted only by the one-way clutch.

【0019】また、例えばクランク軸の回転にともなう
曲げ振動やねじり振動を吸収するためにクランク軸や回
転体にダンパゴムを付加したものにあっては、ワンウェ
イクラッチのみによって動力を伝達する場合、一方向に
しか動力が伝達されない。このため、上記回転域で振動
を吸収しきれないおそれがある。しかし、クランク軸の
回転速度が前記回転域に入ることを前記所定の運転状態
とすれば、電磁クラッチが接続される。双方向からの動
力伝達が可能となるため、ダンパゴムに振動吸収作用を
十分に発揮させることができる。
Further, for example, in the case where a damper rubber is added to the crankshaft and the rotating body in order to absorb the bending vibration and the torsional vibration due to the rotation of the crankshaft, when the power is transmitted only by the one-way clutch, the unidirectional clutch is used. Only the power is transmitted. Therefore, there is a possibility that the vibration cannot be completely absorbed in the rotation range. However, if the predetermined operating state is set when the rotational speed of the crankshaft enters the rotation range, the electromagnetic clutch is connected. Since the power can be transmitted in both directions, the damper rubber can sufficiently exert the vibration absorbing action.

【0020】請求項6に記載の発明では、請求項1〜5
のいずれか1つに記載の発明において、前記回転体、前
記電磁クラッチ及び前記ワンウェイクラッチは前記クラ
ンク軸上に設けられているとする。
According to the invention of claim 6, the inventions of claims 1 to 5
In any one of the inventions described above, it is assumed that the rotating body, the electromagnetic clutch, and the one-way clutch are provided on the crankshaft.

【0021】ここで、エンジン、補機及びモータジェネ
レータ間で動力を伝達及び遮断するという観点からは、
回転体、電磁クラッチ及びワンウェイクラッチは動力伝
達経路の任意の箇所に配置されればよい。従って、クラ
ンク軸上のクランクプーリ等とは別に回転体を設け、ま
た、電磁クラッチ及びワンウェイクラッチをクランク軸
とは別の箇所に配置することも考えられる。この場合、
回転体、電磁クラッチ及びワンウェイクラッチの占める
スペースが大きくなり、また、配置する箇所によって
は、他の部品と干渉するおそれがある。
Here, from the viewpoint of transmitting and cutting off power between the engine, the auxiliary machine and the motor generator,
The rotating body, the electromagnetic clutch, and the one-way clutch may be arranged at arbitrary points in the power transmission path. Therefore, it is conceivable to provide a rotating body separately from the crank pulley and the like on the crankshaft, and dispose the electromagnetic clutch and the one-way clutch at a position different from the crankshaft. in this case,
The space occupied by the rotating body, the electromagnetic clutch, and the one-way clutch becomes large, and there is a risk of interfering with other parts depending on the location.

【0022】これに対し、請求項6に記載の発明のよう
に、同軸(クランク軸)上に設けられた回転体、電磁ク
ラッチ及びワンウェイクラッチの占めるスペースは小さ
い。その結果、前述した他の部品との干渉を解消でき
る。
On the other hand, as in the sixth aspect of the invention, the space occupied by the rotating body, the electromagnetic clutch and the one-way clutch provided on the same axis (crankshaft) is small. As a result, it is possible to eliminate the interference with other components described above.

【0023】請求項7に記載の発明では、請求項6に記
載の発明において、前記電磁クラッチは、前記回転体に
固定され、かつ前記クランク軸に回転可能に支持された
ロータを備え、前記クランク軸に取付けられたアーマチ
ャを電磁力で前記ロータに吸着させることにより、前記
クランク軸及び前記回転体間で動力を伝達するものであ
り、前記ワンウェイクラッチは、前記ロータ及び前記ク
ランク軸間に配置されているとする。
According to a seventh aspect of the invention, in the invention according to the sixth aspect, the electromagnetic clutch includes a rotor fixed to the rotating body and rotatably supported by the crankshaft. An armature attached to a shaft is attracted to the rotor by an electromagnetic force to transmit power between the crankshaft and the rotating body, and the one-way clutch is arranged between the rotor and the crankshaft. Suppose

【0024】上記の構成によれば、電磁クラッチにおい
て、アーマチャが電磁力により吸引されてロータに吸着
すると、クランク軸、アーマチャ及びロータが一体とな
る。ここで、ロータには回転体が取付けられている。こ
のため、クランク軸及び回転体間での動力伝達が可能と
なる。一方、前記電磁力が消失すると、アーマチャがロ
ータから離間し、これらアーマチャ及びロータ間、ひい
ては前記クランク軸及び回転体間の動力伝達が遮断され
る。
According to the above construction, in the electromagnetic clutch, when the armature is attracted by the electromagnetic force and attracted to the rotor, the crankshaft, the armature and the rotor are integrated. Here, a rotor is attached to the rotor. Therefore, power can be transmitted between the crankshaft and the rotating body. On the other hand, when the electromagnetic force disappears, the armature separates from the rotor, and the power transmission between the armature and the rotor, and thus between the crankshaft and the rotating body, is cut off.

【0025】ところで、ロータをクランク軸に回転可能
に支持する軸受の存在により、同ロータとクランク軸と
の間に空間が生ずる場合がある。この空間を利用し、ワ
ンウェイクラッチの構成部品をロータ及びクランク軸間
に配置すれば、この構成部品のスペースを新たに確保し
なくてすみ、補機駆動装置の小型化を図ることができ
る。
By the way, due to the existence of the bearing that rotatably supports the rotor on the crankshaft, a space may be created between the rotor and the crankshaft. By utilizing this space and arranging the component parts of the one-way clutch between the rotor and the crankshaft, it is not necessary to newly secure a space for these component parts, and the size of the accessory drive device can be reduced.

【0026】請求項8に記載の発明では、請求項7に記
載の発明において、前記ワンウェイクラッチは、前記ク
ランク軸及び前記ロータのいずれか一方をインナレース
とし、他方をアウタレースとして構成されており、さら
に、前記ワンウェイクラッチは、前記クランク軸から前
記ロータへのみ動力を伝達する係合部材を備えるとす
る。
According to an eighth aspect of the present invention, in the seventh aspect, the one-way clutch is configured such that one of the crankshaft and the rotor is an inner race and the other is an outer race. Further, the one-way clutch includes an engagement member that transmits power only from the crankshaft to the rotor.

【0027】上記の構成によれば、クランク軸及びロー
タのいずれか一方が、ワンウェイクラッチのインナレー
スとして機能し、他方がアウタレースとして機能する。
そして、ワンウェイクラッチでは、クランク軸の回転が
係合部材を介してロータに伝達される。その逆方向(ロ
ータからクランク軸側)へは回転が伝達されない。
According to the above structure, one of the crankshaft and the rotor functions as the inner race of the one-way clutch, and the other functions as the outer race.
In the one-way clutch, the rotation of the crankshaft is transmitted to the rotor via the engaging member. Rotation is not transmitted in the opposite direction (from the rotor to the crankshaft side).

【0028】このようにクランク軸及びロータのいずれ
か一方が、ワンウェイクラッチのインナレースを兼ね、
他方がアウタレースを兼ねる。このため、インナレース
及びアウタレースを別部材によって構成した場合に比
べ、補機駆動装置の構成部品が少なくてすみ、同補機駆
動装置全体の小型化を図ることができる。
As described above, one of the crankshaft and the rotor also serves as the inner race of the one-way clutch,
The other also serves as the outer race. Therefore, as compared with the case where the inner race and the outer race are configured by separate members, the number of components of the accessory drive device can be reduced, and the size of the entire accessory drive device can be reduced.

【0029】[0029]

【発明の実施の形態】以下、本発明の補機駆動装置を、
アイドリングストップ機能を有する車両に具体化した一
実施形態について、図1及び図2に従って説明する。ア
イドリングストップ機能とは、例えば車両走行中におけ
る信号待ちといった一時的な車両停止時にエンジンの運
転を停止させ、運転者の始動要求に応じてエンジンの運
転を再開させる機能のことである。なお、本実施形態で
は、エンジンの通常の運転停止・開始と区別するため
に、アイドリングストップ制御中のエンジンの運転停止
を「自動停止」といい、運転再開を「自動始動」という
ものとする。
BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION The accessory drive system of the present invention will now be described.
One embodiment embodied in a vehicle having an idling stop function will be described with reference to FIGS. 1 and 2. The idling stop function is a function of stopping the operation of the engine when the vehicle is temporarily stopped, such as waiting for a signal while the vehicle is traveling, and restarting the operation of the engine in response to a driver's start request. In the present embodiment, in order to distinguish it from normal engine stop / start, the engine stop during idling stop control is called “automatic stop”, and the operation restart is called “automatic start”.

【0030】図1に示すように、車両には、走行中には
駆動され、停車中には停止されるエンジン11が搭載さ
れている。エンジン11には出力軸としてクランク軸1
2が設けられており、このクランク軸12の一方(図1
の右方)の端部にトランスミッション13が接続されて
いる。トランスミッション13において変速が行われた
後の回転は、図示しない駆動輪に伝達される。また、ク
ランク軸12の他方(図1の左方)の端部外周には、回
転体としてクランクプーリ14が装着されている。クラ
ンクプーリ14は、動力伝達について、クランク軸12
に対し断続可能である。すなわち、クランクプーリ14
はクランク軸12との間で動力を伝達する状態(接続状
態)と、その動力伝達を遮断する状態とを採り、それら
の状態を切替え可能である。
As shown in FIG. 1, the vehicle is equipped with an engine 11 that is driven while the vehicle is running and stopped when the vehicle is stopped. The engine 11 has a crankshaft 1 as an output shaft.
2 is provided, and one of the crankshafts 12 (see FIG.
The transmission 13 is connected to the end portion (on the right side of). The rotation after the gear shift is performed in the transmission 13 is transmitted to drive wheels (not shown). A crank pulley 14 is mounted as a rotating body on the outer periphery of the other end (the left side in FIG. 1) of the crankshaft 12. The crank pulley 14 transmits the power to the crankshaft 12
It is possible to intermittently. That is, the crank pulley 14
Can be switched between a state in which power is transmitted to the crankshaft 12 (a connected state) and a state in which the power transmission is cut off, and these states can be switched.

【0031】エンジン11の周囲には、補機15及びモ
ータジェネレータ(以下「MG」という)16が配置さ
れている。補機15としては、例えば、パワーステアリ
ング用ポンプ、エアコン用コンプレッサ、エンジンオイ
ルポンプ、エンジンウォータポンプ等が挙げられる。補
機15がエアコン用コンプレッサの場合、その動力入力
軸17には、電磁クラッチ18を介してプーリ19が装
着されている。
An auxiliary machine 15 and a motor generator (hereinafter referred to as “MG”) 16 are arranged around the engine 11. Examples of the auxiliary machine 15 include a power steering pump, an air conditioner compressor, an engine oil pump, an engine water pump, and the like. When the accessory 15 is an air conditioner compressor, a pulley 19 is attached to the power input shaft 17 via an electromagnetic clutch 18.

【0032】MG16は、エンジン11を自動始動させ
る場合、及び自動停止中に補機15を駆動する場合に電
動機として作動する。また、MG16は、エンジン11
の運転中には、そのエンジン11によって駆動されて発
電するオルタネータ(発電機)として作動する。MG1
6の入出力軸21にはプーリ22が装着されている。そ
して、両プーリ19,22及びクランクプーリ14に
は、Vベルト、Vリブベルト等の伝動ベルト23が掛渡
されている。この伝動ベルト23により、クランク軸1
2から補機15への動力伝達と、MG16から補機15
への動力伝達と、クランク軸12及びMG16間での動
力伝達とがそれぞれ可能である。
The MG 16 operates as an electric motor when the engine 11 is automatically started and when the auxiliary machine 15 is driven during automatic stop. Further, the MG 16 is the engine 11
During the operation of, it operates as an alternator (generator) that is driven by the engine 11 to generate electricity. MG1
A pulley 22 is attached to the input / output shaft 21 of 6. A transmission belt 23 such as a V-belt or a V-ribbed belt is wound around the pulleys 19 and 22 and the crank pulley 14. With this transmission belt 23, the crankshaft 1
2 from the power transmission to the accessory 15 and the MG 16 to the accessory 15
To the crankshaft 12 and between the MG 16 and the MG 16.

【0033】MG16には、インバータ24を介して高
電圧バッテリ25が接続されている。インバータ24は
スイッチング動作により、高電圧バッテリ25からMG
16への電気エネルギの供給を可変にして、MG16の
回転速度を可変にする。また、インバータ24は、前記
スイッチング動作により、MG16で発電された電力を
高電圧バッテリ25に供給する。高電圧バッテリ25は
専らMG16を駆動するための電源として用いられ、M
G16が発電機として作動しているときには、発電され
た電力を蓄電する。高電圧バッテリ25には、コンバー
タの一種であるDC/DCコンバータ26を介して低電
圧バッテリ27が接続されている。低電圧バッテリ27
は、前記各種補機15や、後述するコントローラ59等
を駆動するための電源として用いられている。DC/D
Cコンバータ26は、高電圧バッテリ25の電圧を降圧
して低電圧バッテリ27に充電する。
A high voltage battery 25 is connected to the MG 16 via an inverter 24. The inverter 24 switches from the high voltage battery 25 to the MG by the switching operation.
The electric energy supply to 16 is made variable, and the rotation speed of the MG 16 is made variable. Further, the inverter 24 supplies the electric power generated by the MG 16 to the high voltage battery 25 by the switching operation. The high-voltage battery 25 is used exclusively as a power source for driving the MG 16,
When G16 is operating as a generator, the generated electric power is stored. A low voltage battery 27 is connected to the high voltage battery 25 via a DC / DC converter 26 which is a kind of converter. Low voltage battery 27
Is used as a power source for driving the various auxiliaries 15 and a controller 59 described later. DC / D
The C converter 26 steps down the voltage of the high voltage battery 25 and charges the low voltage battery 27.

【0034】前述したクランク軸12とクランクプーリ
14との間には、それらの間で動力を伝達及び遮断する
ために、電磁クラッチ53及びワンウェイクラッチ54
が設けられている。それぞれのクラッチについて説明す
ると、図2に示すように、エンジン11のシリンダブロ
ック31には、リテーナ32がボルト(図示略)等によ
って固定されている。クランク軸12の端部は、リテー
ナ32を貫通した状態で、シリンダブロック31の外部
に突出している。クランク軸12の端部外周にはハブ3
3が被せられ、図示しない半月キー等により動力伝達可
能に構成されている。すなわち、ハブ33が半月キー等
によりクランク軸12に対し相対回転不能に係止されて
いる。ハブ33とリテーナ32との間には、芯出し用の
ベアリング34が介装されている。
An electromagnetic clutch 53 and a one-way clutch 54 are provided between the crankshaft 12 and the crank pulley 14 in order to transmit and cut off power between them.
Is provided. Each clutch will be described. As shown in FIG. 2, a retainer 32 is fixed to a cylinder block 31 of the engine 11 by bolts (not shown) or the like. An end portion of the crankshaft 12 projects to the outside of the cylinder block 31 while penetrating the retainer 32. A hub 3 is provided on the outer periphery of the end of the crankshaft 12.
3 is covered, and the power can be transmitted by a half-moon key or the like (not shown). That is, the hub 33 is locked by the half-moon key or the like so as not to rotate relative to the crankshaft 12. A bearing 34 for centering is provided between the hub 33 and the retainer 32.

【0035】ハブ33の端面には、板ばね35、ダンパ
プレート36等が重ねられた状態で配置されている、そ
して、これらのダンパプレート36、板ばね35、ハブ
33等は、ボルト37等によってクランク軸12に一体
回転可能に締結されている。ダンパプレート36には、
ダンパゴム38を介してウエイト39が取付けられてお
り、これらのダンパゴム38及びウエイト39によっ
て、クランク軸12の回転にともなう曲げ振動を低減す
るようにしている。板ばね35において、ダンパプレー
ト36とは反対側の面には、高透磁率材料からなるアー
マチャ41がビス(図示略)等によって取付けられてい
る。このアーマチャ41は、板ばね35によりダンパプ
レート36側へ付勢され、通常は後述する回転ヨーク4
3から若干離間している。
A leaf spring 35, a damper plate 36, and the like are arranged on the end surface of the hub 33 in a stacked state, and the damper plate 36, the leaf spring 35, the hub 33, and the like are attached by bolts 37 and the like. It is fastened integrally to the crankshaft 12 so as to be rotatable. The damper plate 36 has
A weight 39 is attached via a damper rubber 38, and the damper rubber 38 and the weight 39 reduce the bending vibration caused by the rotation of the crankshaft 12. On the surface of the leaf spring 35 opposite to the damper plate 36, an armature 41 made of a high magnetic permeability material is attached by screws (not shown) or the like. The armature 41 is urged toward the damper plate 36 side by the leaf spring 35, and normally the rotating yoke 4 described later is used.
Some distance from 3.

【0036】リテーナ32及びアーマチャ41間におい
てハブ33の外周には、高透磁率材料からなり、かつ環
状溝42を有する回転ヨーク43がロータとして配置さ
れている。回転ヨーク43とハブ33との間には、図示
しないオイルシールによりグリースを密封した一対のベ
アリング44,45が、互いに軸方向(図2の左右方
向)に離間した状態で介装されている。そして、回転ヨ
ーク43は、両ベアリング44,45によってハブ3
3、ひいてはクランク軸12に相対回転可能に支持され
ている。回転ヨーク43においてアーマチャ41側の面
には、その摩擦力を高めるためにライニング(摩擦材)
40が接合されている。一方、クランクプーリ14内に
は内筒47が配置され、両者14,47にダンパゴム4
6が加硫接着されている。そして、この内筒47内に前
記回転ヨーク43が圧入されている。
A rotary yoke 43 made of a high magnetic permeability material and having an annular groove 42 is arranged as a rotor on the outer periphery of the hub 33 between the retainer 32 and the armature 41. Between the rotary yoke 43 and the hub 33, a pair of bearings 44 and 45 in which grease is sealed by an oil seal (not shown) are interposed in a state of being separated from each other in the axial direction (left and right direction in FIG. 2). Then, the rotary yoke 43 is attached to the hub 3 by the bearings 44 and 45.
3, and consequently, is supported by the crankshaft 12 so as to be relatively rotatable. On the surface of the rotating yoke 43 on the side of the armature 41, a lining (friction material) is provided to increase the frictional force.
40 is joined. On the other hand, an inner cylinder 47 is arranged in the crank pulley 14, and the damper rubber 4 is attached to both of them.
6 is vulcanized and adhered. The rotary yoke 43 is press-fitted into the inner cylinder 47.

【0037】また、リテーナ32において、前記環状溝
42に対応する箇所には、固定ヨーク48がステータと
して取付けられている。この固定ヨーク48は、環状溝
42に対し、その壁面からわずかに離間した状態で入り
込んでいる。固定ヨーク48内には、電磁コイル49が
樹脂モールド51等によって固定されている。なお、図
2中の52は、固定ヨーク48に取付けられ、かつ電磁
コイル49に接続された端子である。
Further, in the retainer 32, a fixed yoke 48 is attached as a stator at a position corresponding to the annular groove 42. The fixed yoke 48 enters the annular groove 42 in a state of being slightly separated from the wall surface thereof. An electromagnetic coil 49 is fixed in the fixed yoke 48 by a resin mold 51 or the like. In addition, reference numeral 52 in FIG. 2 denotes a terminal attached to the fixed yoke 48 and connected to the electromagnetic coil 49.

【0038】そして、前述した固定ヨーク48、電磁コ
イル49等によって電磁石が構成されている。さらに、
この電磁石と、回転ヨーク43、板ばね35、アーマチ
ャ41等とによって電磁クラッチ53が構成されてい
る。この電磁クラッチ53では、電磁コイル49への通
電により、固定ヨーク48、回転ヨーク43、アーマチ
ャ41等を経路とする磁路が形成される。この形成によ
り、アーマチャ41が板ばね35に抗して吸引されて回
転ヨーク43に吸着する。ダンパゴム46等を介して回
転ヨーク43に取付けられたクランクプーリ14が、ア
ーマチャ41、ハブ33、クランク軸12等と一体とな
って回転する。すなわち、電磁クラッチ53が接続され
て、クランク軸12及びクランクプーリ14間で動力が
伝達される。このとき、ダンパゴム46及びクランクプ
ーリ14は、クランク軸12の回転にともなうねじり振
動を吸収し、アーマチャ41と回転ヨーク43との間で
滑りが発生するのを抑制する一方、不快な振動も吸収す
る。
The fixed yoke 48, the electromagnetic coil 49, and the like described above constitute an electromagnet. further,
The electromagnet, the rotary yoke 43, the leaf spring 35, the armature 41, and the like constitute an electromagnetic clutch 53. In the electromagnetic clutch 53, a magnetic path having the fixed yoke 48, the rotary yoke 43, the armature 41, etc. as a path is formed by energizing the electromagnetic coil 49. By this formation, the armature 41 is attracted against the leaf spring 35 and attracted to the rotary yoke 43. The crank pulley 14 attached to the rotary yoke 43 via the damper rubber 46 and the like rotates integrally with the armature 41, the hub 33, the crank shaft 12, and the like. That is, the electromagnetic clutch 53 is connected and power is transmitted between the crankshaft 12 and the crank pulley 14. At this time, the damper rubber 46 and the crank pulley 14 absorb the torsional vibration caused by the rotation of the crankshaft 12 and suppress the occurrence of slippage between the armature 41 and the rotary yoke 43, while absorbing the uncomfortable vibration. .

【0039】前記回転は伝動ベルト23、プーリ19等
を介して動力入力軸17に伝達され、補機15が駆動さ
れる。また、前記回転は伝動ベルト23、プーリ22等
を介してMG16に伝達される。これとは逆に電磁コイ
ル49への通電が停止されると、前記吸引力が消失し、
板ばね35によってアーマチャ41が回転ヨーク43か
ら引き離され、前記動力伝達が遮断される。
The rotation is transmitted to the power input shaft 17 via the transmission belt 23, the pulley 19, etc., and the accessory 15 is driven. Further, the rotation is transmitted to the MG 16 via the transmission belt 23, the pulley 22 and the like. On the contrary, when the power supply to the electromagnetic coil 49 is stopped, the attraction force disappears,
The armature 41 is separated from the rotary yoke 43 by the leaf spring 35, and the power transmission is cut off.

【0040】また、クランク軸12とクランクプーリ1
4との間には、前述した電磁クラッチ53に対し並列に
ワンウェイクラッチ54が設けられている。ワンウェイ
クラッチ54としては、例えばスプラグ式、ローラ式、
さらにエンゲージ式等と呼ばれる一般的なものを用いる
ことができる。いずれのタイプでも、ワンウェイクラッ
チ54は、インナレース、アウタレース及び係合部材5
5を備えている。インナレースは前述したハブ33によ
って構成され、アウタレースは回転ヨーク43の内周側
部分43aによって構成されている。
Further, the crankshaft 12 and the crank pulley 1
4, a one-way clutch 54 is provided in parallel with the electromagnetic clutch 53 described above. As the one-way clutch 54, for example, a sprag type, a roller type,
Further, a general one called an engagement type can be used. In either type, the one-way clutch 54 includes the inner race, the outer race, and the engaging member 5.
It is equipped with 5. The inner race is constituted by the hub 33 described above, and the outer race is constituted by the inner peripheral side portion 43a of the rotary yoke 43.

【0041】係合部材55は、アウタレース及びインナ
レース間において、前記両ベアリング44,45間に配
置され、潤滑用のグリースが封入されている。係合部材
55は、エンジン11の運転にともなってクランク軸1
2が回転する場合、インナレース及びアウタレースに噛
み合ってロック状態となり、クランク軸12からクラン
クプーリ14に回転を伝達する。また、係合部材55
は、エンジンが停止しクランクプーリ14側から回転さ
せられる場合は、インナレース及びアウタレースに噛み
合わなくなってフリー状態となり、クランクプーリ14
からクランク軸12へ回転を伝達しない。
The engaging member 55 is arranged between the bearings 44 and 45 between the outer race and the inner race and filled with grease for lubrication. The engagement member 55 is connected to the crankshaft 1 along with the operation of the engine 11.
When 2 rotates, it meshes with the inner race and the outer race to be locked, and the rotation is transmitted from the crankshaft 12 to the crank pulley 14. Also, the engaging member 55
When the engine is stopped and is rotated from the crank pulley 14 side, the crank ring will not engage with the inner race and the outer race and will be in a free state.
Does not transmit rotation from the crankshaft to the crankshaft 12.

【0042】なお、エンジン11には、クランク軸12
に連結された始動用リングギヤ(図示略)が配置されて
いる。このリングギヤの近傍には、図1に示すように、
低電圧バッテリ27からの電力供給を受けて作動するス
タータ56が設けられている。スタータ56は、始動用
リングギヤ(図示略)を回転させてエンジン11を始動
させる。
The engine 11 has a crankshaft 12
A starting ring gear (not shown) connected to the is arranged. In the vicinity of this ring gear, as shown in FIG.
A starter 56 that operates by receiving power supply from the low voltage battery 27 is provided. The starter 56 rotates a start ring gear (not shown) to start the engine 11.

【0043】さらに車両には、各種センサ57からの信
号に基づき電磁クラッチ53の断続制御、インバータ2
4のスイッチング制御等を行うコントローラ59が設け
られている。コントローラ59は、例えば車両の停車中
に、燃費向上等を目的としてエンジン11の運転を自動
停止(アイドリングストップ)させる場合には、電磁ク
ラッチ53に切断信号を出力する。電磁クラッチ53で
は、この信号に応じて電磁コイル49への通電が停止さ
れ、固定ヨーク48、回転ヨーク43、アーマチャ41
等を経路とする磁路が消失し、板ばね35によってアー
マチャ41が回転ヨーク43から引き離される。このよ
うにして電磁クラッチ53が切断され、クランクプーリ
14とクランク軸12とが動力非伝達状態となる。
Further, in the vehicle, on / off control of the electromagnetic clutch 53 based on signals from various sensors 57, the inverter 2
4 is provided with a controller 59 for performing switching control and the like. The controller 59 outputs a disconnection signal to the electromagnetic clutch 53 when the operation of the engine 11 is automatically stopped (idling stop) for the purpose of improving fuel efficiency, for example, while the vehicle is stopped. In the electromagnetic clutch 53, the energization of the electromagnetic coil 49 is stopped in response to this signal, and the fixed yoke 48, the rotating yoke 43, and the armature 41.
The magnetic path having the above path as a path disappears, and the armature 41 is separated from the rotary yoke 43 by the leaf spring 35. In this way, the electromagnetic clutch 53 is disengaged, and the crank pulley 14 and the crank shaft 12 are in the power non-transmitting state.

【0044】一方、前記自動停止中には、コントローラ
59は、補機15の負荷等が考慮されたトルクでMG1
6の入出力軸21が回転するように、インバータ24に
対してスイッチング信号を出力する。この信号に応じた
インバータ24の通電制御により、高電圧バッテリ25
からMG16に電力が供給され、同MG16が電動機と
して作動する。入出力軸21の回転は、プーリ22、伝
動ベルト23、プーリ19等を通じて動力入力軸17に
伝達され、補機15が駆動される。この際、ワンウェイ
クラッチ54はフリー状態となっているため、クランク
プーリ14はクランク軸12上を空回りする。MG16
はクランク軸12を駆動する必要がなく、その分、MG
16にかかる負荷が軽減される。
On the other hand, during the automatic stop, the controller 59 controls the MG1 with a torque in consideration of the load of the auxiliary machine 15 and the like.
A switching signal is output to the inverter 24 so that the input / output shaft 21 of 6 rotates. By controlling the energization of the inverter 24 according to this signal, the high voltage battery 25
The MG16 supplies electric power to the MG16, and the MG16 operates as an electric motor. The rotation of the input / output shaft 21 is transmitted to the power input shaft 17 through the pulley 22, the transmission belt 23, the pulley 19, etc., and the accessory 15 is driven. At this time, since the one-way clutch 54 is in the free state, the crank pulley 14 idles on the crank shaft 12. MG16
Does not need to drive the crankshaft 12, and the MG
The load on 16 is reduced.

【0045】前記自動停止状態からエンジン11を自動
始動させる場合には、コントローラ59は電磁クラッチ
53を接続させるための信号を出力する。この信号に応
じた電磁コイル49への通電により、固定ヨーク48、
回転ヨーク43及びアーマチャ41を経路とする磁路が
形成される。アーマチャ41が、板ばね35に抗して吸
引されて回転ヨーク43に吸着し、電磁クラッチ53が
接続される。この状態でMG16を前記と同様にして電
動機として作動させると、その入出力軸21の回転がプ
ーリ22、伝動ベルト23、クランクプーリ14等を介
してクランク軸12に伝達される。MG16からエンジ
ン11の始動に十分なトルクが伝達され、クランク軸1
2が強制回転(クランキング)されて、エンジン11が
自動始動される。この際、プーリ19も回転するため、
同時に補機15も駆動される。なお、エンジン始動時の
負荷を最小限とするために、電磁クラッチ18を開放す
るようにしてもよい。
When the engine 11 is automatically started from the automatic stop state, the controller 59 outputs a signal for connecting the electromagnetic clutch 53. By energizing the electromagnetic coil 49 according to this signal, the fixed yoke 48,
A magnetic path is formed with the rotary yoke 43 and the armature 41 as routes. The armature 41 is attracted against the leaf spring 35 and attracted to the rotary yoke 43, and the electromagnetic clutch 53 is connected. When the MG 16 is operated as an electric motor in this state in the same manner as described above, the rotation of the input / output shaft 21 is transmitted to the crankshaft 12 via the pulley 22, the transmission belt 23, the crank pulley 14 and the like. A torque sufficient for starting the engine 11 is transmitted from the MG 16 and the crankshaft 1
2 is forcedly rotated (cranking), and the engine 11 is automatically started. At this time, since the pulley 19 also rotates,
At the same time, the auxiliary machine 15 is also driven. The electromagnetic clutch 18 may be opened in order to minimize the load when the engine is started.

【0046】車両走行時等のエンジン運転中には、コン
トローラ59は所定条件が成立しているかどうかを判断
する。例えば、ワンウェイクラッチ54が故障、すなわ
ちスリップしているかどうかを次のようにして監視す
る。クランク軸12の回転速度をNeとし、MG16の
回転速度をNmgとし、プーリ比をipとし、次式
(1)に基づき故障の状況を判断する。プーリ比ip
は、クランクプーリ14の径と、MG16のプーリ22
の径との比である。
During engine operation such as when the vehicle is traveling, the controller 59 determines whether or not a predetermined condition is satisfied. For example, whether or not the one-way clutch 54 has failed, that is, slips, is monitored as follows. The rotation speed of the crankshaft 12 is Ne, the rotation speed of the MG 16 is Nmg, the pulley ratio is ip, and the failure status is determined based on the following equation (1). Pulley ratio ip
Is the diameter of the crank pulley 14 and the pulley 22 of the MG16.
It is the ratio to the diameter of.

【0047】Ne>Nmg/ip ……(1) 上記(1)が成立している場合には、ワンウェイクラッ
チ54が故障していると判定し、成立していない場合に
は正常であると判定する。
Ne> Nmg / ip (1) If the above (1) is established, it is determined that the one-way clutch 54 is out of order, and if not, it is normal. To do.

【0048】なお、上記式(1)に代えて、下記式
(2)に基づきワンウェイクラッチ54の状況を判断し
てもよい。式(2)中、Srはスリップ率である。 Sr≧(Ne−Nmg/ip)/Ne ……(2) 上記式(2)が成立している場合には、ワンウェイクラ
ッチ54が故障していると判定し、成立していない場合
には正常であると判定する。
The condition of the one-way clutch 54 may be determined based on the following equation (2) instead of the above equation (1). In the formula (2), Sr is a slip ratio. Sr ≧ (Ne−Nmg / ip) / Ne (2) If the above equation (2) is established, it is determined that the one-way clutch 54 is out of order, and if not, it is normal. It is determined that

【0049】そして、ワンウェイクラッチ54が正常で
あると判定した場合には、電磁クラッチ53に切断信号
を出力する。電磁クラッチ53では、前記信号に応じて
電磁コイル49への通電が停止されて磁路が消失し、板
ばね35によってアーマチャ41が回転ヨーク43から
引き離される。このようにして電磁クラッチ53が切断
されても、クランク軸12の回転が、ロック状態のワン
ウェイクラッチ54を介してクランクプーリ14に伝達
される。クランクプーリ14の回転は、伝動ベルト23
を介してプーリ19,22にそれぞれ伝達される。これ
らの伝達により動力入力軸17が回転し、補機15が駆
動される。また、入出力軸21が回転し、MG16が発
電機として作動する。MG16で発電された電力は、高
電圧バッテリ25に供給され、そこで蓄電される。
When it is determined that the one-way clutch 54 is normal, a disconnection signal is output to the electromagnetic clutch 53. In the electromagnetic clutch 53, the energization of the electromagnetic coil 49 is stopped in response to the signal, the magnetic path disappears, and the plate spring 35 separates the armature 41 from the rotating yoke 43. Even if the electromagnetic clutch 53 is disengaged in this way, the rotation of the crankshaft 12 is transmitted to the crank pulley 14 via the one-way clutch 54 in the locked state. The rotation of the crank pulley 14 is caused by the transmission belt 23.
Is transmitted to the pulleys 19 and 22 via the. By these transmissions, the power input shaft 17 rotates, and the accessory 15 is driven. Further, the input / output shaft 21 rotates and the MG 16 operates as a generator. The electric power generated by the MG 16 is supplied to the high voltage battery 25 and is stored therein.

【0050】また、ワンウェイクラッチ54が故障であ
ると判定した場合には、コントローラ59は電磁クラッ
チ53に接続信号を出力する。この信号に応じて電磁コ
イル49に通電されて磁路が形成され、アーマチャ41
が板ばね35に抗して吸引され回転ヨーク43に吸着す
る。この吸着により電磁クラッチ53が接続され、エン
ジン11の駆動力が、アーマチャ41、回転ヨーク4
3、ダンパゴム46等を介してクランクプーリ14に伝
達される。そして、このクランクプーリ14の回転は、
伝動ベルト23を介してプーリ19,22に伝達され
る。この伝達により、前記正常時と同様にして補機15
の動力入力軸17とMG16の入出力軸21とがそれぞ
れ回転する。
If it is determined that the one-way clutch 54 is out of order, the controller 59 outputs a connection signal to the electromagnetic clutch 53. According to this signal, the electromagnetic coil 49 is energized to form a magnetic path, and the armature 41
Is attracted against the leaf spring 35 and attracted to the rotary yoke 43. The electromagnetic clutch 53 is connected by this adsorption, and the driving force of the engine 11 is applied to the armature 41 and the rotary yoke 4.
3, transmitted to the crank pulley 14 via the damper rubber 46 and the like. The rotation of the crank pulley 14 is
It is transmitted to the pulleys 19 and 22 via the transmission belt 23. By this transmission, the auxiliary device 15 is operated in the same manner as in the normal time.
The power input shaft 17 and the input / output shaft 21 of the MG 16 rotate respectively.

【0051】以上詳述した本実施形態によれば、以下の
効果が得られる。 (1)クランク軸12とクランクプーリ14との間に、
電磁クラッチ53と、エンジン11の駆動力のみを伝達
可能であるワンウェイクラッチ54とを設けている。こ
のワンウェイクラッチ54は、クランク軸12からクラ
ンクプーリ14へは回転を伝達するが、その逆方向には
回転を伝達しない。
According to this embodiment described in detail above, the following effects can be obtained. (1) Between the crank shaft 12 and the crank pulley 14,
An electromagnetic clutch 53 and a one-way clutch 54 capable of transmitting only the driving force of the engine 11 are provided. The one-way clutch 54 transmits rotation from the crankshaft 12 to the crank pulley 14, but does not transmit rotation in the opposite direction.

【0052】このため、エンジン11の運転中にはワン
ウェイクラッチ54が正常である限り電磁クラッチ53
が切断されるが、クランク軸12の回転がワンウェイク
ラッチ54を介してクランクプーリ14に伝達される。
そして、このクランクプーリ14の回転が、伝動ベルト
23、プーリ19等を介して動力入力軸17に伝達さ
れ、補機15が駆動される。また、前記クランクプーリ
14の回転が、伝動ベルト23、プーリ22等を介して
入出力軸21に伝達されるため、MG16を発電機とし
て作動させることが可能である。従って、クランク軸と
クランクプーリとの間に電磁クラッチのみを設けた従来
技術(特開平8−14145号公報)とは異なり、電磁
クラッチ18を切断する分、通電にともない電磁クラッ
チ18によって消費される電力を低減することができ
る。
Therefore, as long as the one-way clutch 54 is normal while the engine 11 is operating, the electromagnetic clutch 53
However, the rotation of the crankshaft 12 is transmitted to the crank pulley 14 via the one-way clutch 54.
Then, the rotation of the crank pulley 14 is transmitted to the power input shaft 17 via the transmission belt 23, the pulley 19, etc., and the accessory 15 is driven. Further, since the rotation of the crank pulley 14 is transmitted to the input / output shaft 21 via the transmission belt 23, the pulley 22, etc., the MG 16 can be operated as a generator. Therefore, unlike the prior art (Japanese Patent Laid-Open No. 8-14145) in which only the electromagnetic clutch is provided between the crankshaft and the crank pulley, the electromagnetic clutch 18 is dissipated by the energization as the electromagnetic clutch 18 is disconnected. The power can be reduced.

【0053】(2)エンジン11の自動停止中に電磁ク
ラッチ53を切断すると、この電磁クラッチ53によっ
てはクランクプーリ14からクランク軸12に回転が伝
達されない。また、この伝達方向は、ワンウェイクラッ
チ54の動力伝達方向とは逆方向、すなわち、動力伝達
を遮断する方向である。このため、クランクプーリ14
がクランク軸12上を空転し、MG16の回転は、プー
リ22、伝動ベルト23、プーリ19等を介して補機1
5に伝達される。このため、エンジン11の自動停止中
であっても補機15を駆動することができる。
(2) If the electromagnetic clutch 53 is disengaged during the automatic stop of the engine 11, the electromagnetic clutch 53 does not transmit the rotation from the crank pulley 14 to the crankshaft 12. Further, this transmission direction is the opposite direction to the power transmission direction of the one-way clutch 54, that is, the direction in which the power transmission is interrupted. Therefore, the crank pulley 14
Idles on the crankshaft 12, and the MG 16 rotates via the pulley 22, the transmission belt 23, the pulley 19, etc.
5 is transmitted. Therefore, the auxiliary machine 15 can be driven even when the engine 11 is automatically stopped.

【0054】(3)エンジン11の自動停止中に、MG
16を電動機として作動させるとともに電磁クラッチ5
3を接続させると、ワンウェイクラッチ54がフリー状
態となるものの、電磁クラッチ53によってクランクプ
ーリ14の回転がクランク軸12に伝達される。このた
め、クランク軸とクランクプーリとの間にワンウェイク
ラッチのみを設けた従来技術(特開平9−76775号
公報)とは異なり、始動用の電動機を用いなくても、ク
ランク軸12を強制的に回転駆動させてエンジン11を
自動始動させることができる。
(3) When the engine 11 is automatically stopped, MG
16 as an electric motor and the electromagnetic clutch 5
When 3 is connected, the one-way clutch 54 becomes free, but the rotation of the crank pulley 14 is transmitted to the crankshaft 12 by the electromagnetic clutch 53. Therefore, unlike the prior art (Japanese Patent Laid-Open No. 9-76775) in which only a one-way clutch is provided between the crank shaft and the crank pulley, the crank shaft 12 is forcibly forced without using a starting motor. The engine 11 can be automatically started by rotating and driving.

【0055】(4)エンジン11の運転中において、万
が一ワンウェイクラッチ54が故障によりスリップする
と、このワンウェイクラッチ54によってはクランク軸
12の回転がクランクプーリ14、ひいては補機15や
MG16に適切に伝達されなくなるおそれがある。
(4) If the one-way clutch 54 slips due to a failure while the engine 11 is operating, the rotation of the crankshaft 12 is appropriately transmitted to the crank pulley 14, and by extension, the auxiliary machine 15 and the MG 16 by the one-way clutch 54. It may run out.

【0056】これに対し、本実施形態では、ワンウェイ
クラッチ54の故障時に所定条件が成立したとして電磁
クラッチ53を強制的に接続するようにしている。この
電磁クラッチ53の接続により、クランク軸12の回転
をクランクプーリ14に伝達することができる。補機1
5の駆動及びMG16の発電動作を支障なく継続するこ
とができ、補機駆動装置の信頼性が向上する。
On the other hand, in this embodiment, when the one-way clutch 54 fails, the electromagnetic clutch 53 is forcibly connected because the predetermined condition is satisfied. By connecting the electromagnetic clutch 53, the rotation of the crankshaft 12 can be transmitted to the crank pulley 14. Auxiliary machine 1
5 and the power generation operation of MG 16 can be continued without hindrance, and the reliability of the accessory drive device is improved.

【0057】(5)エンジン11の運転中には、ワンウ
ェイクラッチ54が正常に作動している限り、電磁コイ
ル49への通電が停止されて電磁クラッチ53が切断さ
れる。その分、電磁クラッチ53に要求される伝達トル
ク容量が少なくなって、同容量に余裕ができ、小型化
(コンパクト化)や軽量化を図ることができる。また、
このときには電磁コイル49への通電を停止し続けるた
め、通常は電磁クラッチ53の切断・接続のタイミング
をセンサ等からの信号に応じて制御する必要がない。エ
ンジン始動時のみ電磁クラッチ53を接続するだけでよ
く、ON−OFF等複雑な制御が不要である。このた
め、コントローラ59の制御内容を簡素化できる。
(5) While the engine 11 is operating, as long as the one-way clutch 54 is operating normally, the energization of the electromagnetic coil 49 is stopped and the electromagnetic clutch 53 is disengaged. As a result, the transmission torque capacity required for the electromagnetic clutch 53 is reduced, so that the capacity can be afforded, and the size (compact) and the weight can be reduced. Also,
At this time, since the energization of the electromagnetic coil 49 is continuously stopped, it is not usually necessary to control the disconnection / connection timing of the electromagnetic clutch 53 according to a signal from a sensor or the like. It is sufficient to connect the electromagnetic clutch 53 only when the engine is started, and complicated control such as ON-OFF is unnecessary. Therefore, the control content of the controller 59 can be simplified.

【0058】(6)ハブ33をワンウェイクラッチ54
のインナレースとして用い、回転ヨーク43の内周側部
分43aをアウタレースとして用いている。このように
電磁クラッチ53の一部の部品がワンウェイクラッチの
部品を兼ねている。このため、インナレース及びアウタ
レースを別部材によって構成した場合に比べて、補機駆
動装置の構成部品が少なくてすみ、同補機駆動装置を小
型に構成することができる。
(6) One-way clutch 54 for hub 33
And the inner peripheral side portion 43a of the rotary yoke 43 is used as an outer race. In this way, some parts of the electromagnetic clutch 53 also serve as one-way clutch parts. Therefore, as compared with the case where the inner race and the outer race are configured by separate members, the number of components of the accessory drive device can be reduced, and the accessory drive device can be downsized.

【0059】(7)電磁クラッチ53において、一対の
ベアリング44,45間の空間を利用し、ここにワンウ
ェイクラッチ54の一構成部品である係合部材55を配
置している。このため、係合部材55のスペースを新た
に確保しなくてすみ、前述した(6)とも相まって、補
機駆動装置の小型化を一層図ることができる。
(7) In the electromagnetic clutch 53, the space between the pair of bearings 44 and 45 is utilized, and the engaging member 55, which is a component of the one-way clutch 54, is disposed here. For this reason, it is not necessary to newly secure a space for the engaging member 55, and in combination with (6) described above, it is possible to further reduce the size of the accessory drive device.

【0060】(8)エンジン11、補機15及びMG1
6間で動力を伝達及び遮断するという観点からは、回転
体、電磁クラッチ53及びワンウェイクラッチ54は動
力伝達経路の任意の箇所に配置されればよい。従って、
クランクプーリ14とは別に回転体を設け、また、電磁
クラッチ53及びワンウェイクラッチ54をクランク軸
12とは別の箇所に配置することも考えられる。この場
合、回転体、電磁クラッチ53及びワンウェイクラッチ
54の占めるスペースが大きくなり、また、配置する箇
所によっては、他の部品と干渉するおそれがある。
(8) Engine 11, auxiliary machine 15 and MG1
From the viewpoint of transmitting and shutting off power between the six, the rotating body, the electromagnetic clutch 53, and the one-way clutch 54 may be arranged at arbitrary positions in the power transmission path. Therefore,
It is also conceivable to provide a rotating body separately from the crank pulley 14 and dispose the electromagnetic clutch 53 and the one-way clutch 54 at a position different from the crankshaft 12. In this case, the space occupied by the rotating body, the electromagnetic clutch 53, and the one-way clutch 54 becomes large, and there is a risk of interfering with other parts depending on the location.

【0061】これに対し、本実施形態では、クランク軸
12上に設けられたクランクプーリ14を回転体とし、
両者12,14間に、電磁クラッチ53及びワンウェイ
クラッチ54を介装している。すなわち、電磁クラッチ
53及びワンウェイクラッチ54を同軸(クランク軸1
2)上に設けている。このため、クランクプーリ14、
電磁クラッチ53及びワンウェイクラッチ54の占める
スペースが小さくてすみ、前述した他の部品との干渉を
解消できる。
On the other hand, in the present embodiment, the crank pulley 14 provided on the crank shaft 12 is used as a rotating body,
An electromagnetic clutch 53 and a one-way clutch 54 are interposed between the both 12 and 14. That is, the electromagnetic clutch 53 and the one-way clutch 54 are coaxial (crankshaft 1
2) It is provided above. Therefore, the crank pulley 14,
The space occupied by the electromagnetic clutch 53 and the one-way clutch 54 is small, and the interference with other components described above can be eliminated.

【0062】(9)補機駆動装置の設計に際しては、ワ
ンウェイクラッチ54をアーマチャ41の反エンジン側
に配置することも考えられるが、このようにすると、補
機駆動装置がクランク軸12の軸方向に長くなる不具合
をともなう。これに対し、本実施形態ではワンウェイク
ラッチ54の各構成部品を電磁クラッチ53のアーマチ
ャ41よりもエンジン11寄りの箇所に配置している。
このため、前述したような軸方向に長くなる不具合を解
消できる。
(9) When designing the accessory drive device, it is conceivable to dispose the one-way clutch 54 on the side of the armature 41 opposite to the engine. It is accompanied by the problem of becoming long. On the other hand, in the present embodiment, each component of the one-way clutch 54 is arranged at a position closer to the engine 11 than the armature 41 of the electromagnetic clutch 53.
Therefore, it is possible to solve the problem that the axial length is increased as described above.

【0063】なお、本発明は次に示す別の実施形態に具
体化することができる。 ・前記実施形態では、ワンウェイクラッチ54が故障し
ている場合に、所定条件が成立していると判定して電磁
クラッチ53を接続させるようにした。この所定条件と
しては、それ以外にも、「エンジン11が所定の運転状
態になること」としてもよい。ここで、所定の運転状態
としては、例えば、補機15を駆動するためにクランク
軸12に大きなトルクが加わった場合が挙げられる。こ
の場合に、所定条件が成立しているとして電磁クラッチ
53を接続すれば、ワンウェイクラッチ54及び電磁ク
ラッチ53の両方が、クランク軸12の回転をクランク
プーリ14に伝達することとなり、伝達トルク容量が増
加する。従って、上記のように大きなトルクが加わって
も、ワンウェイクラッチ54のみによって、クランク軸
12の回転をクランクプーリ14に伝達する場合に比
べ、より確実に動力を伝達することが可能となる。
The present invention can be embodied in another embodiment shown below. In the above embodiment, when the one-way clutch 54 is out of order, it is determined that the predetermined condition is satisfied, and the electromagnetic clutch 53 is connected. Other than this, the predetermined condition may be "the engine 11 is in a predetermined operating state". Here, as the predetermined operating state, for example, there is a case where a large torque is applied to the crankshaft 12 to drive the auxiliary machine 15. In this case, if the electromagnetic clutch 53 is connected assuming that the predetermined condition is satisfied, both the one-way clutch 54 and the electromagnetic clutch 53 will transmit the rotation of the crankshaft 12 to the crank pulley 14, and the transmission torque capacity will be increased. To increase. Therefore, even if a large torque is applied as described above, the power can be transmitted more reliably than when the rotation of the crankshaft 12 is transmitted to the crank pulley 14 only by the one-way clutch 54.

【0064】また、一般にエンジン回転速度が高くなる
につれて、クランク軸12の回転にともなう曲げ振動や
ねじり振動が増大する傾向が見られる。そこで、クラン
ク軸12の回転速度(エンジン回転速度)が、前記曲げ
振動やねじり振動が大きくなる回転域(高回転域)を前
記所定の運転状態とすることもできる。
Further, generally, as the engine speed increases, the bending vibration and the torsional vibration associated with the rotation of the crankshaft 12 tend to increase. Therefore, the rotation speed of the crankshaft 12 (engine rotation speed) can be set to the predetermined operating state in a rotation range (high rotation range) where the bending vibration and the torsional vibration increase.

【0065】ここで、前記実施形態では、曲げ振動やね
じり振動を吸収するためにクランク軸12や回転体(ク
ランクプーリ14)にダンパゴム38,46を設けてい
る。このような構成にあっては、ワンウェイクラッチ5
4のみによって回転を伝達する場合、一方向にしか動力
が伝達されないため、上記回転域で振動を吸収しきれな
いおそれがある。しかし、クランク軸12の回転速度が
前記回転域に入ることを前記所定の運転状態とすれば、
所定条件成立に応じて電磁クラッチ53が接続される。
双方向からの動力伝達が可能となるため、ダンパゴム3
8,46に振動吸収作用を十分に発揮させることができ
る。この点においても、補機駆動装置の信頼性が向上す
る。
In the above embodiment, damper rubbers 38 and 46 are provided on the crankshaft 12 and the rotating body (crank pulley 14) in order to absorb bending vibration and torsional vibration. In such a configuration, the one-way clutch 5
When the rotation is transmitted only by 4, the power is transmitted only in one direction, so there is a possibility that the vibration cannot be completely absorbed in the rotation range. However, if the rotation speed of the crankshaft 12 is within the rotation range as the predetermined operating state,
The electromagnetic clutch 53 is connected according to the satisfaction of a predetermined condition.
Since the power can be transmitted in both directions, the damper rubber 3
The vibration absorbing effect can be sufficiently exerted on the parts 8 and 46. Also in this respect, the reliability of the accessory drive device is improved.

【0066】なお、上記のように所定条件が成立した場
合に電磁クラッチ53を接続したとしても、エンジン停
止中を除きほとんど常時にわたって接続する従来技術
(特開平8−14145号公報)に比べやはり通電時間
が短くなる。従って、電磁クラッチ18による消費電力
低減の点で上記従来技術よりも優れている。
Even if the electromagnetic clutch 53 is engaged when the predetermined condition is satisfied as described above, the energization is still present as compared with the conventional technique (Japanese Patent Laid-Open No. 14145/1996) which is almost always engaged except when the engine is stopped. The time gets shorter. Therefore, the electromagnetic clutch 18 is superior to the above-described conventional technique in reducing power consumption.

【0067】・冷間時等には、潤滑油の粘度が高く、こ
の潤滑油がクランク軸12を回転させる際の抵抗とな
る。この場合には、MG16に加え、スタータ56も作
動させてエンジン11を自動始動させるようにしてもよ
い。このようにすれば、MG16のみを用いた場合より
も確実にエンジン11を自動始動させることができる。
When the engine is cold, the viscosity of the lubricating oil is high, and this lubricating oil becomes a resistance when the crankshaft 12 is rotated. In this case, the engine 11 may be automatically started by operating the starter 56 in addition to the MG 16. In this way, the engine 11 can be automatically started more reliably than when only the MG 16 is used.

【0068】・前記実施形態とは逆に、ハブ33をワン
ウェイクラッチ54におけるアウタレースとして機能さ
せ、回転ヨーク43をインナレースとして機能させるよ
うにしてもよい。
In contrast to the above embodiment, the hub 33 may function as the outer race of the one-way clutch 54 and the rotary yoke 43 may function as the inner race.

【0069】この場合、図3に示すように、回転ヨーク
43の内周側部分にボス部61を設けることにより、そ
の回転ヨーク43において前記環状溝42とは別に環状
溝62を形成する。回転ヨーク43のボス部61を、芯
出し用のベアリング34により固定ヨーク48に回転可
能に支持する。また、ハブ33の外周部分に環状の支持
部64を設け、この支持部64を前記環状溝62内に挿
入する。支持部64を一対のベアリング44,45によ
りボス部61に回転可能に支持する。そして、ボス部6
1をインナレースとし、支持部64をアウタレースとす
る。ボス部61及び支持部64間において、両ベアリン
グ44,45間に係合部材55を配置する。これらのボ
ス部61、支持部64及び係合部材55によってワンウ
ェイクラッチ54を構成する。なお、図3では、前記実
施形態(図2)と同様の部材については同一の符号が付
されている。このように変更しても、前記実施形態と同
様の作用及び効果を奏する。
In this case, as shown in FIG. 3, by providing a boss portion 61 on the inner peripheral side portion of the rotary yoke 43, an annular groove 62 is formed in the rotary yoke 43 separately from the annular groove 42. The boss 61 of the rotary yoke 43 is rotatably supported by the fixed yoke 48 by the bearing 34 for centering. Further, an annular supporting portion 64 is provided on the outer peripheral portion of the hub 33, and the supporting portion 64 is inserted into the annular groove 62. The support portion 64 is rotatably supported by the boss portion 61 by the pair of bearings 44 and 45. And the boss 6
1 is an inner race and the support portion 64 is an outer race. An engagement member 55 is arranged between the bearings 44 and 45 between the boss portion 61 and the support portion 64. The one-way clutch 54 is configured by the boss portion 61, the support portion 64, and the engagement member 55. In FIG. 3, the same members as those in the above-described embodiment (FIG. 2) are designated by the same reference numerals. Even with such a change, the same operation and effect as those of the above-described embodiment can be obtained.

【0070】要は、ワンウェイクラッチ54は、クラン
ク軸12(ハブ33)及びロータ(回転ヨーク43)の
いずれか一方をインナレースとし、他方をアウタレース
として構成され、さらに、それらの間に動力伝達用係合
部材55を備えるものであればよい。
In short, the one-way clutch 54 is configured such that one of the crankshaft 12 (hub 33) and the rotor (rotating yoke 43) is an inner race, and the other is an outer race. What has an engaging member 55 may be used.

【0071】・回転体として、クランクプーリ14に代
えてスプロケットをクランク軸12に装着してもよい。
この場合には、プーリ19,22に代えてスプロケット
を動力入力軸17及び入出力軸21にそれぞれ装着す
る。そして、伝動ベルト23に代えてチェーンをこれら
のスプロケットに掛渡す。また、クランクプーリ14及
びプーリ19,22に代えてギヤを用い、これらを互い
に噛み合わせてもよい。要は、MG16及び補機15が
回転体に機械的に連結される構成であればよい。
As a rotating body, a sprocket may be attached to the crankshaft 12 instead of the crank pulley 14.
In this case, instead of the pulleys 19 and 22, sprockets are attached to the power input shaft 17 and the input / output shaft 21, respectively. Then, instead of the transmission belt 23, a chain is hung on these sprockets. Further, instead of the crank pulley 14 and the pulleys 19 and 22, gears may be used and these may be meshed with each other. The point is that the MG 16 and the accessory 15 may be mechanically connected to the rotating body.

【0072】・回転体は必ずしもクランク軸12上にな
くてもよく、例えば、クランク軸12とは別の軸上に設
けられてもよい。
The rotating body does not necessarily have to be on the crankshaft 12, and may be provided on a shaft other than the crankshaft 12, for example.

【図面の簡単な説明】[Brief description of drawings]

【図1】本発明の補機駆動装置の一実施形態についてそ
の構成を示す略図。
FIG. 1 is a schematic diagram showing the configuration of an embodiment of an accessory drive system of the present invention.

【図2】電磁クラッチ及びワンウェイクラッチの部分断
面図。
FIG. 2 is a partial sectional view of an electromagnetic clutch and a one-way clutch.

【図3】電磁クラッチ及びワンウェイクラッチの別の実
施形態を示す部分断面図。
FIG. 3 is a partial cross-sectional view showing another embodiment of the electromagnetic clutch and the one-way clutch.

【符号の説明】[Explanation of symbols]

11…エンジン、12…クランク軸、14…クランクプ
ーリ(回転体)、15…補機、16…MG、41…アー
マチャ、43…回転ヨーク(ロータ)、53…電磁クラ
ッチ、54…ワンウェイクラッチ、55…係合部材。
11 ... Engine, 12 ... Crank shaft, 14 ... Crank pulley (rotating body), 15 ... Auxiliary machine, 16 ... MG, 41 ... Armature, 43 ... Rotating yoke (rotor), 53 ... Electromagnetic clutch, 54 ... One-way clutch, 55 ... Engagement member.

フロントページの続き Fターム(参考) 3J031 BA08 BA19 CA03 3J057 AA01 BB03 GA11 GB02 GB40 GE01 HH01 JJ10 Continued front page    F-term (reference) 3J031 BA08 BA19 CA03                 3J057 AA01 BB03 GA11 GB02 GB40                       GE01 HH01 JJ10

Claims (8)

【特許請求の範囲】[Claims] 【請求項1】エンジンのクランク軸に断続可能である回
転体に対し、電動機及び発電機として機能するモータジ
ェネレータとともに機械的に連結された補機を駆動する
補機駆動装置において、 前記クランク軸及び前記回転体間で動力を伝達及び遮断
する電磁クラッチと、前記クランク軸及び前記回転体間
で一方向のみ動力を伝達するワンウェイクラッチとを前
記クランク軸及び前記回転体間に介装したことを特徴と
する補機駆動装置。
1. An auxiliary machine drive device for driving an auxiliary machine, which is mechanically connected to a rotating body that can be intermittently connected to a crankshaft of an engine, together with a motor generator functioning as an electric motor and a generator. An electromagnetic clutch for transmitting and disconnecting power between the rotating bodies and a one-way clutch for transmitting power only in one direction between the crankshaft and the rotating body are interposed between the crankshaft and the rotating body. Auxiliary equipment drive device.
【請求項2】前記ワンウェイクラッチは前記クランク軸
から前記回転体への回転のみを伝達するものである請求
項1に記載の補機駆動装置。
2. The accessory drive system according to claim 1, wherein the one-way clutch transmits only rotation from the crankshaft to the rotating body.
【請求項3】前記電磁クラッチは、所定条件が成立した
場合にのみ接続される請求項2に記載の補機駆動装置。
3. The accessory drive system according to claim 2, wherein the electromagnetic clutch is connected only when a predetermined condition is satisfied.
【請求項4】前記電磁クラッチは、前記ワンウェイクラ
ッチの故障時に前記所定条件が成立したとして接続され
る請求項3に記載の補機駆動装置。
4. The accessory drive system according to claim 3, wherein the electromagnetic clutch is connected when the predetermined condition is satisfied when the one-way clutch fails.
【請求項5】前記電磁クラッチは、前記エンジンが所定
の運転状態になった場合に前記所定条件が成立したとし
て接続される請求項3に記載の補機駆動装置。
5. The accessory drive system according to claim 3, wherein the electromagnetic clutch is connected when the predetermined condition is satisfied when the engine is in a predetermined operating state.
【請求項6】前記回転体、前記電磁クラッチ及び前記ワ
ンウェイクラッチは前記クランク軸上に設けられている
請求項1〜5のいずれか1つに記載の補機駆動装置。
6. The accessory drive device according to claim 1, wherein the rotating body, the electromagnetic clutch, and the one-way clutch are provided on the crankshaft.
【請求項7】前記電磁クラッチは、前記回転体に固定さ
れ、かつ前記クランク軸に回転可能に支持されたロータ
を備え、前記クランク軸に取付けられたアーマチャを電
磁力で前記ロータに吸着させることにより、前記クラン
ク軸及び前記回転体間で動力を伝達するものであり、前
記ワンウェイクラッチは、前記ロータ及び前記クランク
軸間に配置されている請求項6に記載の補機駆動装置。
7. The electromagnetic clutch includes a rotor fixed to the rotating body and rotatably supported by the crankshaft, and an armature attached to the crankshaft is attracted to the rotor by electromagnetic force. 7. The accessory drive system according to claim 6, wherein the one-way clutch is arranged between the rotor and the crankshaft, and the power is transmitted between the crankshaft and the rotary body.
【請求項8】前記ワンウェイクラッチは、前記クランク
軸及び前記ロータのいずれか一方をインナレースとし、
他方をアウタレースとして構成されており、さらに、前
記ワンウェイクラッチは、前記クランク軸から前記ロー
タへのみ動力を伝達する係合部材を備える請求項7に記
載の補機駆動装置。
8. The one-way clutch has one of the crankshaft and the rotor as an inner race,
The accessory drive device according to claim 7, wherein the other one is configured as an outer race, and further, the one-way clutch includes an engagement member that transmits power only from the crankshaft to the rotor.
JP2001283028A 2001-09-18 2001-09-18 Auxiliary machine driving device Pending JP2003090361A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001283028A JP2003090361A (en) 2001-09-18 2001-09-18 Auxiliary machine driving device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001283028A JP2003090361A (en) 2001-09-18 2001-09-18 Auxiliary machine driving device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003090361A true JP2003090361A (en) 2003-03-28

Family

ID=19106587

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001283028A Pending JP2003090361A (en) 2001-09-18 2001-09-18 Auxiliary machine driving device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003090361A (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008031937A (en) * 2006-07-28 2008-02-14 Yanmar Co Ltd Auxiliary machine driving device
JP2009019626A (en) * 2007-07-12 2009-01-29 Ford Global Technologies Llc System and method for supplying power to accessory component for vehicle
WO2012000468A1 (en) * 2010-06-29 2012-01-05 Schaeffler Technologies Gmbh & Co. Kg Crankshaft pulley
JP2013071630A (en) * 2011-09-28 2013-04-22 Daihatsu Motor Co Ltd Reliever for firm-fixing of electromagnetic clutch
JP2014125136A (en) * 2012-12-27 2014-07-07 Daihatsu Motor Co Ltd Structure of driving source of vehicle
JP2014125137A (en) * 2012-12-27 2014-07-07 Daihatsu Motor Co Ltd Structure of driving source of vehicle

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008031937A (en) * 2006-07-28 2008-02-14 Yanmar Co Ltd Auxiliary machine driving device
JP2009019626A (en) * 2007-07-12 2009-01-29 Ford Global Technologies Llc System and method for supplying power to accessory component for vehicle
WO2012000468A1 (en) * 2010-06-29 2012-01-05 Schaeffler Technologies Gmbh & Co. Kg Crankshaft pulley
JP2013071630A (en) * 2011-09-28 2013-04-22 Daihatsu Motor Co Ltd Reliever for firm-fixing of electromagnetic clutch
JP2014125136A (en) * 2012-12-27 2014-07-07 Daihatsu Motor Co Ltd Structure of driving source of vehicle
JP2014125137A (en) * 2012-12-27 2014-07-07 Daihatsu Motor Co Ltd Structure of driving source of vehicle

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1369279B1 (en) Power transmission control device for a vehicle
US8166945B2 (en) Starter and accessory drive system and method for hybrid drive vehicles
US8454463B2 (en) Engine powered device having accessory drive and reversing motor for selectively starting engine and powering accessory drive
RU2335839C2 (en) Two-speed transmission and belt drive system
US7448972B2 (en) System for transmitting motion between the shaft of an internal combustion engine of a motor vehicle and a group of auxiliary devices
US8808124B2 (en) Belt alternator starter systems for hybrid vehicles
RU2329420C1 (en) Two-stage belt transmission system
JP5039774B2 (en) Variable ratio belt transmission system
KR20080110867A (en) One-way isolator for high torque devices
JP2009500571A (en) Overrunning decoupler with locking mechanism
US20100056312A1 (en) Power unit
JPH11147424A (en) Vehicle driving system
KR20190019399A (en) Damper pulley for vehicle
JP2008101586A (en) Electric generating device for vehicle
JP2004245316A (en) Rotation transmission mechanism
JP4045633B2 (en) Auxiliary drive system using starter motor
JP2003090361A (en) Auxiliary machine driving device
JP3826258B2 (en) Engine starter
JP2002276401A (en) Device for starting automobile engine and driving auxiliary machine
JP3590600B2 (en) Vehicle transmission
JP3853707B2 (en) Vehicle transmission
JP4206675B2 (en) Vehicle transmission
JP2003343403A (en) Vehicular driving device
JP3853706B2 (en) Vehicle transmission
JP2004360507A (en) Engine starting device