JP2003034167A - Infant auxiliary device - Google Patents

Infant auxiliary device

Info

Publication number
JP2003034167A
JP2003034167A JP2001222497A JP2001222497A JP2003034167A JP 2003034167 A JP2003034167 A JP 2003034167A JP 2001222497 A JP2001222497 A JP 2001222497A JP 2001222497 A JP2001222497 A JP 2001222497A JP 2003034167 A JP2003034167 A JP 2003034167A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
infant
air
characterized
fan
seat
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001222497A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Kentaro Kobayashi
Koichi Yoshioka
浩一 吉岡
健太郎 小林
Original Assignee
Matsushita Electric Works Ltd
松下電工株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an infant auxiliary device attachable to and detachable from an automotive seat and capable of giving a comfortable air-conditioning state to an infant while ensuring the freedom in the mounting position or mounting direction to the automotive seat. SOLUTION: This infant auxiliary device is used fixedly to a seat in order to serve as a seat belt in the boarding of the infant. This device comprises a seat 1 for seating the infant, and the seat 1 comprises air outlet ports 6, a blowing fan 9, an intake port 7 for sucking air by the fan 9, and a blowing passage 8 for guiding the air sucked by the fan 9 through the intake port 7 to the air outlet ports 6.

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、幼児を乗車させる際に座席ベルトに代わる機能を果たすために座席に固定して使用される幼児用補助装置に関するものである。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] [Technical Field of the Invention The present invention relates to infant assisting device used in fixed seats to serve in place of the seat belt when to ride the infant it is. 【0002】 【従来の技術】従来、特開平5−277020号公報(以下、従来技術1という)には、自動車のシート位置の変化に対応することが可能な加熱および冷却の空調機能を有する自動車用シートが提案されている。 [0004] Conventionally, JP-A-5-277020 discloses (hereinafter, prior referred art 1), the motor vehicle having an air conditioning function of which can correspond to a change in the seat position of a motor vehicle heating and cooling use sheet has been proposed. また、特開平10−276859号公報(以下、従来技術2という)には、座り心地が良好で、空調効果が高く、しかも、消費電力を抑えた空調機能を有する自動車用シートが提案されている。 Further, JP-A-10-276859 discloses (hereinafter, prior referred art 2), the seating comfort is good, air-conditioning effect is high and, automotive seat having an air conditioning function with reduced power consumption have been proposed . 【0003】 【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記の従来技術1,2のいずれの場合も、自動車の車体に固定された自動車用シートを対象としており、そのため、空調機能を果たすためのエアの吸気孔がシートの下部に設置されるとともに、排気孔が車体に接続された構成となっている。 [0003] The present invention is, however, in either case of the above prior art 1 and 2, directed to a vehicle seat fixed to a vehicle body of an automobile, therefore, to fulfill the air conditioning function with air inlet openings are disposed in the lower part of the seat, the exhaust hole is in the connected configuration to the vehicle body. 【0004】ところが、幼児を乗車させる際に、座席ベルトに代わる機能を果たすために座席に固定して使用される幼児用補助装置については、自動車用シートの上に着脱可能に載置する必要があるため、従来技術1,2の自動車用シートのように、空調機能を車体に直接に連結固定した構成を採用することができない。 [0004] However, when to ride the infant, the infant assisting device used in fixed seats to serve in place of the seat belt, must be placed detachably onto the automobile seat some reason, as in the automobile seat of the prior art 1 can not be adopted directly connecting fixed constituting the air conditioning function to the vehicle body. また、寒暖の状態を言葉で表現できない上、自力で空調調節操作を行えないような乳幼児の場合には、シートから身体を浮かせて寒暖を調節することもできないため、従来のような空調機能では過冷却、過加熱になるなど、安全性の面で不十分である。 In addition, on that can not be expressed in words the state of the cold and warm, in the case of infants, such as not to perform the air conditioning adjustment operation on their own, since you can not also be used to adjust the heat and cold to float the body from the sheet, in the conventional such as air conditioning function supercooling and become overheated, it is insufficient in terms of safety. 【0005】本発明は、上記の事情に鑑みてなされたもので、幼児用補助装置において、自動車用シートに対して着脱可能であるとともに、自動車用シートへの取り付け位置や取り付け方向の自由度を確保しつつ、幼児に快適な空調状態を与えることを第1の目的とし、さらに、 [0005] The present invention has been made in view of the above circumstances, the infant aid, together detachable from the vehicle seat, the mounting position and mounting direction freedom to automotive seat while ensuring, to give a comfortable air-conditioned state in infants with a first object, further,
過冷却や過加熱の発生を確実に防止することを第2の目的とする。 To reliably prevent the occurrence of supercooling and overheating a second object. 【0006】 【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するために、本発明では、幼児を乗車させる際に、座席ベルトに代わる機能を果たすために座席に固定して使用される幼児用補助装置において、次の構成を採用している。 [0006] To achieve the above object, according to an aspect of, the present invention, infants when to ride the infant, is used to secure the seat to serve in place of the seat belt in use the auxiliary device, adopts the following configuration. 【0007】すなわち、請求項1記載の発明では、幼児が着座する座席シートを有し、この座席シートにはエア吹出孔が形成される一方、送風用のファンと、このファンによりエアが吸入される吸気孔と、この吸気孔を介してファンで吸い込まれたエアを前記エア吹出孔へ導く送風路とを備えていることを特徴としている。 Namely, in the first aspect of the present invention has a seat that infant is seated, while the air outlet hole is formed in the seat, and a fan for blowing air is sucked by the fan an intake hole that is characterized by comprising a blowing path of the air sucked by the fan leads to the air outlet hole through the air intake holes. これにより、自動車用シートに対して着脱可能であるとともに、 Thus, with detachable from the vehicle seat,
自動車用シートへの取り付け位置や取り付け方向の自由度を確保しつつ、幼児に快適な空調状態を与えることが可能になる。 While securing the mounting position and mounting direction freedom of automotive seat, it is possible to provide a comfortable air conditioning state in infants. 【0008】請求項2記載の発明では、請求項1記載の発明の構成において、前記座席シートの背もたれ部は、 [0008] In the present invention of claim 2, wherein, in the configuration of the invention recited in claim 1, the backrest of the seat is
溝付きのシート形成材の上にエア吹出孔を有する緩衝材を接合してなり、前記シート形成材と緩衝材とで囲まれた前記溝内が前記送風路として構成されていることを特徴としている。 Is characterized in that it joined the cushioning material having an air outlet hole over the grooved sheet forming material, said sheet-forming material and the groove surrounded by the cushioning member is configured as the air passage there. これにより、エア吹出孔や送風路の成形が容易になるとともに、構成部品を削減することができる。 Thus, together with the molding of the air outlet hole and air passage is facilitated, it is possible to reduce the component. 【0009】請求項3記載の発明では、請求項1または請求項2に記載の発明の構成において、前記吸気孔は、 [0009] In the present invention of claim 3, wherein, in the constitution of the invention described in claim 1 or claim 2, wherein the suction holes are
座席シートの下部の前後および左右の少なくとも2つの面に形成されていることを特徴としている。 It is characterized in that it is formed in at least two faces of the front and rear and left and right under the seat. これにより、幼児用補助装置の設置方向や車内に置いた荷物などによって一方の吸気孔が塞がれても、残りの吸気孔からエアを吸い込むことができ、幼児用補助装置の設置位置の自由度を確保することができる。 Accordingly, even if one of the intake hole is blocked by luggage placed in the installation direction and car infant aid can suck air from the remaining suction holes, freedom of installation position of the infant aid it is possible to ensure a degree. 【0010】請求項4記載の発明では、請求項1ないし請求項3のいずれかに記載の発明の構成において、前記送風路の途中には着脱式の保冷材が設けられていることを特徴としている。 [0010] In the present invention of claim 4, wherein, as characterized by the configuration of the invention according to any one of claims 1 to 3, in the middle of the air passage is provided with a detachable cold material there. これにより、保冷材でエア吹出孔から噴出されるエアの温度を下げることができるため、空調性能が向上する。 Accordingly, it is possible to lower the temperature of the air ejected from the air outlet hole in cold insulating material, thereby improving the air conditioning performance. 【0011】請求項5記載の発明では、請求項1ないし請求項3のいずれかに記載の発明の構成において、ペルチェ素子を有するペルチェモジュールを備え、前記送風路は前記ペルチェモジュールの熱交換部を通過して前記エア吹出孔に連通されていることを特徴としている。 [0011] In a fifth aspect of the present invention, in the configuration of the invention according to any one of claims 1 to 3, comprising a Peltier module having a Peltier element, the air passage is a heat exchange portion of the Peltier module It is characterized in that through being communicated with the air outlet hole. これにより、エア吹出孔から噴出されるエアの温度の調整幅が広くなり、さらに空調性能が向上する。 Accordingly, the adjustment range for the temperature of the air ejected from the air outlet hole is enlarged, further air conditioning performance is improved. 【0012】請求項6記載の発明では、請求項5記載の発明の構成において、前記送風路が断熱材で覆われていることを特徴としている。 [0012] In the present invention of claim 6, wherein, in the configuration of the invention of claim 5, wherein the air passage is characterized in that it is covered with a heat insulating material. これにより、空調性能を維持するとともに、省エネルギ化が図れる。 Thus, while maintaining the air-conditioning performance, thereby saving energy reduction. 【0013】請求項7記載の発明では、請求項5または請求項6に記載の発明の構成において、前記送風路に対して、前記吸気孔からペルチェモジュールの熱交換部を通過して外部に開口する排気路が並設されていることを特徴としている。 [0013] In the present invention of claim 7, wherein the opening in the structure of the invention according to claim 5 or claim 6, with respect to the airflow path, to the outside through the heat exchange portion of the Peltier module from the intake hole exhaust path which is characterized by being juxtaposed. これにより、ペルチェモジュールの熱交換部で発生する熱を十分に放熱できるので、空調性能を高めることができる。 Thus, since the heat generated in the heat exchange portion of the Peltier module can be sufficiently radiated, it is possible to enhance the air conditioning performance. 【0014】請求項8記載の発明では、請求項7記載の発明の構成において、前記排気路は、座席シートの背もたれ部の上部に開口されていることを特徴としている。 [0014] In the invention of claim 8, in the configuration of the invention of claim 7, wherein said exhaust path is characterized in that it is open to the top of the backrest of the seat.
これにより、車内に置いた荷物などによって排気孔が塞がれることがないため、ペルチェモジュールの熱交換部で発生する熱を十分に放熱でき、また、本人および周囲に着席する人に不快感を与えることもない。 Thus, since there is no possibility that the exhaust hole is closed by luggage placed in the vehicle, the heat generated in the heat exchange portion of the Peltier module can be sufficiently radiated, and discomfort to the person to be seated person and around nor give. 【0015】請求項9記載の発明では、請求項7または請求項8に記載の発明の構成において、前記ファンは、 [0015] In the invention of claim 9, wherein, in the constitution of the invention according to claim 7 or claim 8, wherein the fan,
送風路および排気路に対してそれぞれ個別に配置されていることを特徴としている。 It is characterized by being disposed individually with respect to air passage and an exhaust passage. これにより、温調や送風の各運転モードに適応した送風を行うことが可能になり、 This makes it possible to perform the blowing adapted to each operating mode of the temperature control and blow,
適切な空調状態を維持することができる。 It is possible to maintain an appropriate air-conditioning state. 【0016】請求項10記載の発明では、請求項7または請求項8に記載の発明の構成において、前記送風路および排気路のエア吸込側の端部と前記吸気孔の間には、 [0016] In the invention of claim 10, wherein, in the constitution of the invention according to claim 7 or 8, between the air passage and the exhaust passage air suction side of the end portion and the suction holes of the
前記ファンが配置されるとともに、前記送風路と排気路との風量割合を調整するダンパが設けられていることを特徴としている。 The fan with is located, a damper for adjusting the air volume ratio between the air passage and the exhaust passage is characterized by being provided. これにより、単一のファンを設けた場合にも、ダンパによって送風路と排気路の風量を調節することで、温調、送風、停止の各運転モードに適応した空調を行うことが可能になる。 Thus, even if provided with a single fan, by adjusting the air volume of the air passage and the exhaust passage by the damper, temperature control, blowing, it is possible to perform air conditioning adapted to each operation mode stop . 【0017】請求項11記載の発明では、請求項5ないし請求項10のいずれかに記載の発明の構成において、 [0017] In the invention of claim 11, wherein, in the configuration of the invention according to any one of claims 5 to 10,
運転モードを設定する運転モード設定手段と、この運転モード設定手段のモード設定に応じて前記ペルチェモジュールとファンの駆動や停止を行う運転制御手段とを備えることを特徴としている。 And operation mode setting means for setting the operation mode, is characterized by comprising a driving control means for driving and stopping of the Peltier module and the fan in accordance with the mode setting of the operation mode setting means. これにより、温調、送風等の各運転モードに応じてファンあるはペルチェモジュールが駆動あるいは停止されるので、各運転モードに適応した空調を行えるとともに、消費電力を低減することが可能になる。 Thus, temperature control, since the fan is in accordance with each operation mode of the blower such as a Peltier module is driven or stopped, with allows the air conditioning adapted to each operation mode, it is possible to reduce power consumption. 【0018】請求項12記載の発明では、請求項5ないし請求項11のいずれかに記載の発明の構成において、 [0018] In the present invention of claim 12, wherein, in the configuration of the invention according to any one of claims 5 to 11,
前記座席シートのエア吹出孔の近傍には温度センサが配置される一方、前記温度センサの検出出力と設定温度との偏差に基づいて前記ペルチェモジュールへの通電量を制御する温度制御手段を備えていることを特徴としている。 While a temperature sensor is arranged in the vicinity of the air outlet hole of the seat, provided with a temperature control means for controlling the energization amount to the Peltier module on the basis of the deviation between the set temperature and the detected output of the temperature sensor It is characterized in that there. これにより、過冷却や過加熱の発生を確実に防止して快適な空調状態を維持できるとともに、電力消費量を低減することが可能になる。 Thus, it is possible to maintain a comfortable air conditioning state is reliably prevent the occurrence of supercooling and overheating, it is possible to reduce power consumption. 【0019】請求項13記載の発明では、請求項12記載の発明の構成において、前記温度制御手段は、前記温度センサの検出出力が設定温度に達したときに前記ペルチェモジュールへの通電を停止するように構成されていることを特徴としている。 [0019] In the invention of claim 13, wherein, in the constitution of the invention according to claim 12, wherein said temperature control means stops the power supply to the Peltier modules when the detected output of the temperature sensor has reached the set temperature It is characterized by being configured to. これにより、無駄な電力消費を一層低減することができる。 Thus, it is possible to further reduce the wasteful power consumption. 【0020】請求項14記載の発明では、請求項13記載の発明の構成において、前記温度制御手段は、前記ペルチェモジュールへの通電を停止する場合には、これに合わせて前記ファンへの通電も停止するものであることを特徴としている。 [0020] In the invention of claim 14, wherein, in the constitution of the invention according to claim 13, wherein said temperature control means, when stopping the energization of the Peltier module is also energization of the fan in conformity with this it is characterized in that the stop. これにより、さらに一層無駄な電力消費を抑えることができる。 As a result, it is possible to further suppress the more wasteful power consumption. 【0021】請求項15記載の発明では、請求項1ないし請求項14のいずれかに記載の発明の構成において、 [0021] In the present invention of claim 15, wherein, in the configuration of the invention according to any one of claims 1 to 14,
自動車に搭載されている直流電源の接続用端子に電気的に接続する電源コードを備えることを特徴としている。 Is characterized in that the connection terminal of the DC voltage source that is mounted on a motor vehicle equipped with a power cord electrically connected.
これにより、幼児用補助装置には、内蔵のバッテリが不要となり、自動車の直流電源からの電力を受けてファン等を動作させることが可能になる。 Thereby, the infant aid, internal battery is not required, it is possible to operate the fan or the like by receiving electric power from the DC power supply of the motor vehicle. 【0022】請求項16記載の発明では、請求項15に記載の発明の構成において、前記電源コードの長さを調節する長さ調節機構を備えることを特徴としている。 [0022] In the invention of claim 16, wherein, in the constitution of the invention according to claim 15, and further comprising a length adjustment mechanism for adjusting the length of the cord. これにより、電源コードの引き出し長さを調節することで、自動車の直流電源の接続用端子までの距離が異なる車種に対しても対応することが可能になる。 Thus, by adjusting the extraction length of the power cord, and it becomes possible corresponding relative distances are different models to connection terminals of the DC power supply of the motor vehicle. 【0023】請求項17記載の発明では、請求項5または請求項6に記載の発明の構成において、前記ペルチェモジュールの発熱側で生じる熱を水冷する水冷機構を備えることを特徴としている。 [0023] In the invention of claim 17, in the configuration of the invention according to claim 5 or claim 6, characterized in that it comprises a water-cooling mechanism for water-cooling heat generated in the heating side of the Peltier module. これにより、ペルチェモジュールの発熱側で生じる熱を十分に放熱できるので、ペルチェモジュールの冷却能力が向上する。 Thus, since the heat generated in the exothermic side of the Peltier module can be sufficiently radiated, thereby improving the cooling capability of the Peltier module. 【0024】請求項18記載の発明では、請求項5ないし請求項17のいずれかに記載の発明の構成において、 [0024] In the present invention of claim 18, wherein, in the configuration of the invention according to any one of claims 5 to 17,
前記ペルチェモジュールの吸熱側で生じる結露を集水する結露水貯留タンクが設けられていることを特徴としている。 It is characterized in that condensation water storage tank for collecting the condensation produced by the heat absorption side of the Peltier module is provided. これにより、ペルチェモジュールの吸熱側で生じる結露は結露水貯留タンクに集水されるので、外部に漏れて自動車シートを濡らす恐れがなくなり、一定量溜まれば容易に廃却することができる。 Thus, since the dew condensation generated in the heat absorption side of the Peltier module is collecting the condensed water storage tank, there is no possibility to wet the car seat leaks to the outside, can be easily discarded if a certain amount Tamale. 【0025】請求項19記載の発明では、請求項18記載の発明の構成において、結露水貯留タンク内に吸水材が配置されていることを特徴としている。 [0025] In the invention of claim 19, wherein, in the constitution of the invention according to claim 18, wherein it is characterized in that the water absorbing material is disposed in the condensed water storage tank. これにより、 As a result,
自動車の揺れによって結露水貯留タンク内の水が外部に漏れるのを防止することができる。 Water condensation water storage tank by shaking of the automobile can be prevented from leaking to the outside. 【0026】 【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態について、図面を参照して詳細に説明する。 [0026] BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, embodiments of the present invention, with reference to the accompanying drawings. [実施の形態1]図1は本発明の実施の形態1における幼児用補助装置の縦断面図である。 First Embodiment FIG. 1 is a longitudinal sectional view of the infant assisting device according to the first embodiment of the present invention. この実施の形態の幼児用補助装置は、幼児が着座する座席シート1を備える。 Infant assist device of this embodiment includes a seat 1 infant is seated. この座席シート1は、図示しないが幼児の身体を固定するシートベルトが取り付けられるとともに、本体2 The seat 1, as well as not shown is attached seat belt to secure the infant's body, the main body 2
と、この本体2が取り付けられた本体取付台3とを備えている。 When, and a main body mount 3 the body 2 is mounted. 【0027】そして、本体2はウレタンフォームなどで成形されたパッドを表皮で覆ってなるもので、着座部2 [0027] Then, the main body 2 by way of the pads molded with urethane foam becomes covered with skin, the seat (2)
aと背もたれ部2bとを有し、背もたれ部2bの前方側には多数のエア吹出孔6が形成されている。 And a a a backrest portion 2b, a large number of air outlet holes 6 are formed on the front side of the backrest portion 2b. 本体取付台3には、その底部に載置プレート4が固定されている。 The body mount 3, mounting plate 4 is fixed to the bottom thereof.
また、本体取付台3の前端には、吸気孔7が形成され、 Further, the front end of the body mount 3, the intake hole 7 is formed,
この吸気孔7とエア吹出孔6との間が金属や樹脂などでできた送風路8を介して連通されている。 It is communicated through the air flow passage 8 between could be like a metal or a resin with the intake hole 7 and the air outlet hole 6. そして、送風路8の本体取付台3の内部に位置する部分に送風用のファン9が配置されている。 Then, air blowing fan 9 is disposed in a portion located inside the main body mount 3 blowing path 8. 【0028】これにより、ファン9を回転することによりエアが吸気孔7から吸い込まれて送風路8によってエア吹出孔6へ導かれてここから吹き出される。 [0028] Thus, the air by rotating a fan 9 is blown out from here led to the air outlet hole 6 by blowing path 8 is sucked from the suction holes 7. そして、 And,
座席シート1に幼児が着座している場合には、エア吹出孔6から吹き出されたエアは幼児の腰部や背部に吹き付けられる。 If the infant is seated in the seat 1, the air blown out from the air outlet hole 6 is blown against the infant's waist or back. この幼児用補助装置は、自動車の車体に固定されるものではなく、自動車用シートに対して着脱可能であるので、自動車用シートへの取り付け位置や取り付け方向の自由度を確保することができる。 The infant aid is not intended to be fixed to a vehicle body of an automobile, because it is detachable from the vehicle seat, it is possible to ensure the mounting position and mounting direction freedom to automotive seat. そして、この幼児用補助装置を構成する座席シート1の背もたれ部2 The backrest 2 of the seat 1 which constitute the infant aid
bに設けたエア吹出孔6からエアが吹き出されるので、 Since the air is blown out from the air outlet hole 6 provided in the b,
幼児に快適な空調状態を与えることが可能になる。 It is possible to give a comfortable air conditioning state to the infant. なお、この実施の形態1では、座席シート1の本体2の背もたれ部2bにエア吹出孔6を設けているが、これに加えて着座部2aにエア吹出孔6を設けることも可能である。 In accordance with this embodiment 1, is provided with the air outlet hole 6 to the back portion 2b of the body 2 of the seat 1, it is also possible to provide an air outlet hole 6 to the seating unit 2a in addition to this. 【0029】[実施の形態2]図2は本発明の実施の形態2における幼児用補助装置の縦断面図、図3はこの実施の形態2における要部を拡大して示す斜視図であり、 [0029] [Embodiment 2] FIG 2 is a longitudinal sectional view of the infant assisting device according to a second embodiment of the present invention, FIG. 3 is a perspective view showing an enlarged main portion of the second embodiment,
図1に示した実施の形態1と対応する構成部分には同一の符号を付す。 The same reference numerals to Embodiment 1 and the corresponding components of the embodiment shown in FIG. この実施の形態2における幼児用補助装置の特徴は、座席シート1の背もたれ部2bにおいて、 Features infant assisting apparatus in the second embodiment, in the seat back portion 2b of the seat 1,
シート形成材としてのウレタンフォーム製のパッド12 Urethane foam of the pad as a sheet-forming material 12
に複数の溝12aが互いに平行して形成されている。 A plurality of grooves 12a are formed in parallel to each other. そして、このパッド12の上にエア吹出孔6が形成されたゴム製の緩衝材13が接合されている。 The rubber cushioning material 13 the air outlet hole 6 is formed on the pad 12 is bonded. また、送風路8 In addition, the airflow path 8
の端部には、先広がり状のフード14が接続され、このフード14がパッド12の端部に接合されている。 The end, flared-shaped hood 14 is connected, the hood 14 is joined to the end portion of the pad 12. その他の構成は、図1に示した実施の形態1の場合と同様であるから、ここでは詳しい説明は省略する。 Other configurations are the same as in the case of the first embodiment shown in FIG. 1, detailed description will be omitted. 【0030】この実施の形態2の構成において、ファン9を回転することによりエアが吸気孔7から吸い込まれて送風路8からフード14を介してパッド12の溝12 [0030] In the configuration of the second embodiment, the groove 12 from the air passage 8 is sucked air from the intake hole 7 by rotating the fan 9 through the hood 14 pad 12
a内を通りエア吹出孔6から吹き出される。 It is blown out in the a from the street air outlet hole 6. したがって、この実施の形態2では、パッド12と緩衝材13とで囲まれた溝12a内が送風路8の一部として構成されていることになる。 Therefore, in the second embodiment, so that the pad 12 and the buffer material 13 and enclosed by the groove 12a is configured as part of the airflow path 8. このような構成を採用することにより、パッド12に直接に多数のエア吹出孔6を形成する場合に比べて、座席シート1の成形が容易になる。 By adopting such a configuration, as compared with the case of directly forming a plurality of air outlet holes 6 in the pad 12, thereby facilitating the molding of the seat 1. 【0031】[実施の形態3]図4は本発明の実施の形態3における幼児用補助装置の縦断面図であり、図1に示した実施の形態1と対応する構成部分には同一の符号を付す。 [0031] [Embodiment 3] FIG. 4 is a longitudinal sectional view of the infant auxiliary device in the third embodiment of the present invention, the same reference numerals to the corresponding components as in the first embodiment shown in FIG. 1 the subjecting. この実施の形態3における幼児用補助装置の特徴は、送風用のファン9に隣接して着脱式の保冷材15 Features infant assisting apparatus in the third embodiment, cold insulating material 15 detachable adjacent the fan 9 for blowing
が設けられていることである。 It is that are provided. この保冷材15は本体取付台3の側面に設けた図示しない開閉式の開口部を通じて容易に着脱できるよう配置されている。 The cold insulating material 15 is arranged to be easily removable through the opening of the openable (not shown) provided on the side of the body mount 3. その他の構成は、図1に示した実施の形態1の場合と同様であるから、ここでは詳しい説明は省略する。 Other configurations are the same as in the case of the first embodiment shown in FIG. 1, detailed description will be omitted. 【0032】この実施の形態3の構成において、ファン9を回転することによりエアが吸気孔7から吸い込まれて送風路8によってエア吹出孔6へ導かれてここから吹き出される。 [0032] In the configuration of the third embodiment, the air by rotating a fan 9 is blown out from here led to the air outlet hole 6 by blowing path 8 is sucked from the suction holes 7. その場合、保冷材15によって送風路8を通ってエア吹出孔6から噴出されるエアの温度を下げることができるため、空調性能が向上する。 In that case, it is possible to lower the temperature of the air ejected from the air outlet hole 6 through the air passage 8 by cold insulating material 15, thereby improving the air conditioning performance. 【0033】なお、この実施の形態3では、保冷材15 [0033] In the third embodiment, cold insulating material 15
をファン9に近接して設置しているが、保冷材15の設置箇所は、このような位置に限定されるものではない。 While being installed close to the fan 9, the installation location of the cold insulating material 15 is not limited to such a position.
保冷材15を送風路8のエア吹出孔6に近接した位置に取り付ける程、エア吹出孔6から噴出されるエアの温度を下げる効果が大きくなる。 As attaching the cold material 15 at a position close to the air outlet hole 6 of the air passage 8, the effect is increased to lower the temperature of the air ejected from the air outlet hole 6. また、保冷材15が接触している送風路8の部分は、金属製の箇所であることが好ましい。 The portion of the air passage 8 which cold insulator 15 is in contact is preferably made of metal points. 金属製の部分は熱伝導性が高く、保冷材15の効果をより向上させることができる。 Metal parts have high thermal conductivity, it is possible to further improve the effect of the cold insulating material 15. また、保冷材15 In addition, cold material 15
は、送風路8の全周囲に巻き付ける方が冷却効果が高くなって好ましいが、送風路8の一部に保冷材15が接触する形態であってもよい。 Is better to wind the entire circumference of the air passage 8 is preferably higher cooling effect, cold insulator 15 to a portion of the air passage 8 may be in the form of contact. 【0034】[実施の形態4]図5は本発明の実施の形態4における幼児用補助装置の縦断面図であり、図1に示した実施の形態1と対応する構成部分には同一の符号を付す。 [0034] [Embodiment 4] FIG. 5 is a longitudinal sectional view of the infant assisting device in the fourth embodiment of the present invention, the same reference numerals to the corresponding components as in the first embodiment shown in FIG. 1 the subjecting. この実施の形態4における幼児用補助装置は、 Infant assist device in the fourth embodiment,
ペルチェモジュール19が設けられている。 Peltier module 19 is provided. このペルチェモジュール19は、通電によりペルチェ効果によって吸発熱するペルチェ素子部19aと、このペルチェ素子部19aに接合された熱交換部である一対のフィン19 The Peltier module 19 includes a Peltier element portion 19a for intake heat by the Peltier effect by energization, a pair of fins 19 is a heat exchanging portion which is joined to the Peltier element 19a
b,19cとからなる。 b, consisting of 19c. そして、この実施の形態4では、ペルチェ素子部19は、電流の極性を切り換えることで、これに応じて各フィン19b,19cに接合した部分が吸熱側と発熱側とに切り換わるようになっている。 Then, in the fourth embodiment, the Peltier element 19, by switching the polarity of the current, the fins 19b in response to this, the junction portion to 19c so as to switch to the heat-absorbing-side heat-generating side there. なお、ペルチェモジュール19の吸熱能力としては、10W以上のものが好ましい。 As the heat absorption capacity of the Peltier module 19, preferably not less than 10 W. また、送風路8は、 In addition, the air passage 8,
ペルチェモジュール19の一方のフィン19bを通過してエア吹出孔6に連通されている。 It is communicated with the air outlet hole 6 through one of the fins 19b of the Peltier module 19. さらにこの実施の形態4では、上記の送風路8に加えて、本体取付台3に排気路20が形成されている。 Further in the fourth embodiment, in addition to the blowing path 8, an exhaust passage 20 is formed in the body mount 3. この排気路20は、吸気孔7からペルチェモジュール19の他方のフィン19cを通過して排気孔21から外部に開口している。 The exhaust path 20 is opened from the exhaust hole 21 to the outside from the suction hole 7 through the other fins 19c of the Peltier module 19. その他の構成は、図1に示した実施の形態1の場合と同様であるから、ここでは詳しい説明は省略する。 Other configurations are the same as in the case of the first embodiment shown in FIG. 1, detailed description will be omitted. 【0035】この実施の形態4の構成において、ファン9を回転することによりエアが吸気孔7から吸い込まれて送風路8を介してエア吹出孔6へ導かれてここから吹き出される。 [0035] In the configuration of the fourth embodiment, the air by rotating a fan 9 is blown out from here led to the air outlet hole 6 via the air flow passage 8 is sucked from the suction holes 7. その場合、ペルチェモジュール19のペルチェ素子部19aにおいて、一方のフィン19bに接合した部分を吸熱あるいは発熱させることで、送風路8を通ってエア吹出孔6から噴出されるエアの温度を自由に調節することができる。 In this case, the Peltier element portion 19a of the Peltier module 19, a portion joined to one of the fin 19b be to endothermic or exothermic, freely adjust the temperature of the air ejected from the air outlet hole 6 through the air passage 8 can do. したがって、エアの温度の調整幅が広くなり、さらに空調性能が向上する。 Accordingly, the adjustment width of the air temperature becomes wider, more air-conditioning performance is improved. また、ペルチェモジュール19のペルチェ素子部19aにおいて、 Further, the Peltier element portion 19a of the Peltier module 19,
一方のフィン19bに接合した部分が吸熱するときには、他方フィン19cに接合した部分は発熱するようになる。 When joined to one of the fin 19b portion is endothermic, the portion joined to the other fin 19c will generate heat. このとき、この他方のフィン19cにはファン9 At this time, this other fin 19c fan 9
から送風されてくるエアが排気路20を通じて流れるため、他方のフィン19cに生じる熱を十分に放熱することができ、空調性能を高めることができる。 Since the air flows coming blown is through an exhaust passage 20 from the can sufficiently radiate the heat generated in the other fin 19c, it is possible to enhance the air conditioning performance. 【0036】[実施の形態5]図6は本発明の実施の形態5における幼児用補助装置の縦断面図であり、図5に示した実施の形態4と対応する構成部分には同一の符号を付す。 [0036] Figure 6 [Embodiment 5] is a longitudinal sectional view of the infant auxiliary device in the fifth embodiment of the present invention, the same reference numerals to the corresponding components in the fourth embodiment shown in FIG. 5 the subjecting. この実施の形態5における幼児用補助装置は、 Infant assist device in the fifth embodiment,
本体取付台3の前後の位置にそれぞれ吸気孔7a,7b Each air inlet 7a to the position of the front and rear of the body mount 3, 7b
が形成されている。 There has been formed. そして、各吸気孔7a,7bは、送風路8と排気路20のエア吸込側の各一端に連通しており、また、送風路8および排気路21のエア吸込側の端部の前段位置に、単一のファン9が配置されている。 Then, each of the intake holes 7a, 7b communicates with the respective one end of the air suction side of the air passage 8 and the exhaust passage 20, also in front position of the end of the air suction side of the air passage 8 and the exhaust passage 21 , single fan 9 is disposed. さらに、この実施の形態5では、座席シート1の背もたれ部2bの上部に排気孔21が設けられ、この排気孔21 Furthermore, in the fifth embodiment, the upper exhaust hole 21 of the back portion 2b of the seat 1 is provided, the exhaust hole 21
に排気路20の他端側が接続されている。 The other end side of the exhaust passage 20 is connected to. その他の構成は、図5に示した実施の形態5の場合と基本的に同じであるので、ここでは詳しい説明は省略する。 Other configurations are basically the same as those of the fifth embodiment shown in FIG. 5, a detailed description thereof will be omitted. 【0037】この実施の形態5の構成において、幼児用補助装置の設置方向や車内に置いた荷物などによって一方の吸気孔たとえば7bが塞がれても、残りの吸気孔7 [0037] In the configuration of the fifth embodiment, even when one of the intake hole for example 7b are closed by luggage placed in the installation direction and car infant aid, the remaining suction holes 7
aからエアを吸い込むことができ、幼児用補助装置の設置位置の自由度を確保することができる。 Can suck air from a, it is possible to secure the degree of freedom of the installation position of the infant aid. また、排気路20は座席シート1の背もたれ部2bの上部に設けた排気孔21に開口しているので、車内に置いた荷物などによって排気孔21が塞がれることがない。 The exhaust passage 20 is so open to the exhaust hole 21 provided in an upper portion of the back rest portion 2b of the seat 1, there is no possibility that the exhaust hole 21 is closed by luggage placed in the car. このため、ペルチェモジュール19のたとえば一方のフィン19cで生じた熱を十分に放熱することができ、その際には、本人や周囲に着席する人に不快感を与えることもないので都合がよい。 Therefore, the Peltier module 19 for example the heat generated in one of the fin 19c can be sufficiently radiated, At this time, it is convenient because it is no discomfort to person seated person and the surroundings. なお、この実施の形態5では、吸気孔7 Incidentally, in the fifth embodiment, the intake holes 7
a,7bを座席シート1のの下部の前後に形成しているが、座席シート1の左右の位置に形成してもよく、さらに前後左右の各位置に形成することも可能である。 a, but forms a 7b before and after the bottom of the seat 1 may be formed on the positions of the left and right seat 1, it is also possible to form further respective positions of the left and right front and rear. 【0038】[実施の形態6]図7は本発明の実施の形態6における幼児用補助装置の縦断面図であり、図6に示した実施の形態5と対応する構成部分には同一の符号を付す。 [0038] Figure 7 [Embodiment 6] is a longitudinal sectional view of the infant auxiliary device in the sixth embodiment of the present invention, the same reference numerals to the corresponding components of the fifth embodiment shown in FIG. 6 the subjecting. この実施の形態6における幼児用補助装置の特徴は、送風路8が断熱材22で覆われていることである。 Features infant assisting apparatus in the sixth embodiment is that the airflow path 8 is covered with a heat insulating material 22. その他の構成は、図6に示した実施の形態5の場合と基本的に同じであるので、ここでは詳しい説明は省略する。 Other configurations are basically the same as those of the fifth embodiment shown in FIG. 6, a detailed description thereof will be omitted. 【0039】この実施の形態6において、送風路8を断熱材22で覆うことによって、温度調節されたエアを送風する際に、送風路8から外部への熱の流出や外部から送風路8への熱の流入を防止することができるため、空調性能を良好に維持することができるとともに、省エネルギ化が図れる。 [0039] In the sixth embodiment, by covering the airflow path 8 with a heat insulating material 22, when the blowing temperature-controlled air from the outlet and outside of the heat from the air passage 8 to outside the air flow passage 8 it is possible to prevent the inflow of heat, it is possible to maintain the air-conditioning performance satisfactorily, thereby saving energy reduction. 【0040】[実施の形態7]図8は本発明の実施の形態7における幼児用補助装置を示す構成図であり、図7 [0040] [Embodiment 7] FIG. 8 is a block diagram showing an infant auxiliary device according to a seventh embodiment of the present invention, FIG. 7
に示した実施の形態6と対応する構成部分には同一の符号を付す。 The same reference numerals are assigned to the corresponding components as in the sixth embodiment shown in. この実施の形態7の幼児用補助装置は、図7 Infant assist device according to the seventh embodiment, FIG. 7
に示した実施の形態6の幼児用補助装置の構成を備えるとともに、これらの構成に加えて、運転モードを設定する運転モード設定手段としての運転モード設定部25、 Provided with a configuration of the infant aid of the sixth embodiment shown in, in addition to these configurations, operation mode setting unit 25 of the operation mode setting means for setting the operation mode,
この運転モード設定部25のモード設定に応じてペルチェモジュール19のペルチェ素子部19aに電力を供給する電力供給部26、およびファン9に電力を供給する電力供給部27をそれぞれ制御してペルチェ素子部19 Power supply unit 26 supplies electric power to the Peltier element portion 19a of the Peltier module 19 in accordance with the mode setting of the operation mode setting unit 25, and the Peltier element power supply unit 27 supplies power to the fan 9 respectively controlled to 19
aとファン9の駆動や停止を行う運転制御手段としての制御部28が設けられている。 Control unit 28 as an operation control means for driving and stopping of a and the fan 9 is provided. なお、運転モード設定部25としては、モード設定スイッチなどで構成され、また、制御部28はマイクロコンピュータなどで構成されている。 As the operation mode setting unit 25, is constituted by a mode setting switch, also, the control unit 28 is constituted by a microcomputer. その他の構成は、図7に示した実施の形態6の場合と基本的に同じであるので、ここでは詳しい説明は省略する。 Other configurations are basically the same as those of the sixth embodiment shown in FIG. 7, a detailed description thereof will be omitted. 【0041】この実施の形態7において、運転モード設定部25により設定される運転モードに応じた制御部2 [0041] In the seventh embodiment, the control unit according to the operating mode set by the operation mode setting unit 25 2
8の制御動作について、図9に示すフローチャートを参照して説明する。 The control operation of the 8 will be described with reference to the flowchart shown in FIG. まず、制御部28は、運転モード設定部25の設定が運転停止モードか否かを判断し(ステップ1)、運転停止モードが設定されている場合には、電力供給部26からペルチェ素子部19aへの通電を停止するとともに、電力供給部27からファン9への通電も停止する(ステップ2)。 First, the control unit 28 determines setting of the operation mode setting unit 25 whether the operation stop mode (step 1), when the operation stop mode is set, the Peltier element portion 19a from the power supply unit 26 It stops the energization to also de-energized from the power supply unit 27 to the fan 9 (step 2). 一方、ステップ1で、運転モード設定部25の設定が運転停止モードでない場合には、制御部28は、運転モード設定部25の設定が送風モードか否かを判断する(ステップ3)。 On the other hand, in step 1, when setting the operation mode setting unit 25 is not in shutdown mode, the control unit 28, the setting of the operation mode setting unit 25 determines whether the blowing mode (step 3). 送風モードが設定されている場合には、電力供給部26からペルチェ素子部19aへの通電を停止するとともに、電力供給部27からファン9への通電は継続する(ステップ4)。 If the blowing mode is set, stops the energization from the power supply unit 26 to the Peltier element portion 19a, energization from the power supply unit 27 to the fan 9 continues (Step 4).
これにより、ファン9からの送風が温調されることなく送風路8を介してエア吹出孔6から吹き出される。 Thus, the air from the fan 9 is blown out from the air outlet hole 6 via the airflow path 8 without being temperature control. また、ステップ3で運転モード設定部25の設定が送風モードでない場合には、温調モードであるから、電力供給部26からペルチェ素子部19aへ通電するともに、電力供給部27からファン9へも通電する(ステップ5)。 Further, in the case setting the operation mode setting unit 25 is not in the blowing mode Step 3, since it is temperature control mode, both the current from the power supply unit 26 to the Peltier element 19a, from the power supply unit 27 to the fan 9 is energized (step 5). その場合、冷房モードか暖房モードかによってペルチェ素子部19aに加える電流の極性も設定される。 In that case, also set the polarity of the current applied by either cooling mode or heating mode to the Peltier element 19a.
これにより、ファン9からの送風がペルチェモジュール19で温調されて送風路8を介してエア吹出孔6から吹き出される。 Thus, the air from the fan 9 is blown out from the air outlet hole 6 via the air flow passage 8 is temperature control Peltier module 19. 【0042】このように、この実施の形態7では、温調、送風等の各運転モードに応じてファン9あるはペルチェモジュール19の駆動や停止をするので、各運転モードに適応した空調を行えるとともに、消費電力を低減することが可能になる。 [0042] Thus, in this Embodiment 7, temperature control, since the fan 9 is to drive and stop of the Peltier module 19 in accordance with each operation mode of the blower, etc., can perform air conditioning adapted to each operating mode together, it is possible to reduce power consumption. なお、この実施の形態7では、 In the seventh embodiment,
図7に示した実施の形態6の幼児用補助装置と同じ構成を基本としているが、図6に示した実施の形態5の構成を備えた幼児用補助装置に対しても適用可能である。 Although a base of the same configuration as infant assist device of the sixth embodiment shown in FIG. 7, it is also applicable to infant assist device having the configuration of the fifth embodiment shown in FIG. 【0043】[実施の形態8]図10は本発明の実施の形態8における幼児用補助装置を示す構成図であり、図8に示した実施の形態7と対応する構成部分には同一の符号を付す。 [0043] Figure 10 [Embodiment 8] is a block diagram showing the infant auxiliary device according to the eighth embodiment of the present invention, the same reference numerals to components corresponding to the seventh embodiment shown in FIG. 8 the subjecting. この実施の形態8の幼児用補助装置は、図8に示した実施の形態7の幼児用補助装置の構成を備えるとともに、これらの構成に加えて、座席シート1のエア吹出孔6の近傍に温度センサ29が配置されている。 Infant support apparatus according to the eighth embodiment is provided with a configuration of the infant assist device of the seventh embodiment shown in FIG. 8, in addition to these configurations, in the vicinity of the air outlet hole 6 of the seat 1 temperature sensor 29 is disposed.
また、所望の空調温度を設定する温度設定部30が設けられている。 The temperature setting unit 30 for setting a desired air conditioning temperature is provided. さらに、制御部28は、ペルチェ素子部1 Further, the control unit 28, the Peltier element 1
9aとファン9の通電制御を行うとともに、温度センサ29の検出出力と温度設定部30で設定された設定温度との偏差に基づいてペルチェモジュール19のペルチェ素子部19aへの通電量を制御する温度制御手段としての機能を有している。 9a and performs energization control of the fan 9, the temperature for controlling the amount of current supplied to the Peltier element portion 19a of the Peltier module 19 on the basis of the deviation between the set point temperature set by the detection output and the temperature setting unit 30 of the temperature sensor 29 and it has a function as a control means. その他の構成は、図8に示した実施の形態7の場合と基本的に同じであるので、ここでは詳しい説明は省略する。 Other configurations are basically the same as those of the seventh embodiment shown in FIG. 8, a detailed description thereof will be omitted. 【0044】この実施の形態8において、運転モード設定部25により冷房モードが設定された場合の制御部2 [0044] In the eighth embodiment, when the cooling mode is set by the operation mode setting unit 25 control unit 2
8の温度制御動作について、図11示すフローチャートを参照して説明する。 Temperature control operation of 8 will be described with reference to the flowchart shown FIG. まず、制御部28は、電力供給部27を制御してファン9への通電を開始する(ステップ11)。 First, the control unit 28 starts energizing the fan 9 controls the power supply unit 27 (step 11). 次に、温度設定部30の設定温度Tsを取り込む(ステップ12)。 Then, loading the preset temperature Ts of the temperature setting unit 30 (step 12). 引き続いて、温度センサ29で検出される温度Taを取り込む(ステップ13)。 Subsequently, taking the temperature Ta detected by the temperature sensor 29 (step 13). そして、設定温度Tsと検出温度Taとを比較する(ステップ14)。 Then, comparing the set temperature Ts and the detected temperature Ta (step 14). 両温度Ts,Taが一致していない場合、制御部28は、両温度Ts,Taの偏差に基づいてペルチェモジュール19のペルチェ素子部19aへの通電量をたとえばPID(比例積分微分)制御する(ステップ1 Both temperature Ts, if the Ta does not match, the control unit 28, both the temperature Ts, the Peltier module 19 of the power supply amount, for example PID to the Peltier element portion 19a (proportional-integral-derivative) control based on the deviation Ta ( step 1
5)。 5). これにより、ペルチェ素子部19aの冷却能力が調整される。 Thus, the cooling capacity of the Peltier element 19a is adjusted. そして、ステップ14で両温度Ts,Ta Then, both at step 14 the temperature Ts, Ta
が一致したときには、ペルチェ素子部19aへの通電を停止する(ステップ16)。 There When they match, it stops the power supply to the Peltier element portion 19a (Step 16). なお、このときファン9への通電は継続される。 At this time the energization of the fan 9 is continued. 【0045】このように、この実施の形態8では、制御部28がペルチェモジュール19に対して温度制御を行うので、過冷却や過加熱の発生を確実に防止して空調性を向上させることができる。 [0045] Thus, in the eighth embodiment, the control unit 28 performs temperature control for the Peltier module 19, to improve the conditioning properties to reliably prevent the occurrence of supercooling and overheating it can. また、強制冷却を行う場合において、検出温度Taが設定温度Tsに一致する頃には自動車の車内温度も快適な温度に達していると想定されるため、検出温度Taが設定温度Tsに一致したときには、ペルチェモジュール19への通電を停止して送風だけにしても快適性が損なわれることがない。 Further, in the case of forced cooling, since is assumed that inside temperature of a motor vehicle even reach a comfortable temperature by the time the detected temperature Ta is equal to the set temperature Ts, the detection temperature Ta matches the set temperature Ts sometimes, it is not impaired comfort even when only then blowing stops energizing the Peltier module 19. そして、 And,
ペルチェモジュール19への通電を幼児用補助装置の使用開始した一定期間に限定することで、無駄な電力消費を低減することができる。 By limiting the current supply to the Peltier modules 19 in a predetermined period of use has started infant aid, it is possible to reduce wasteful power consumption. なお、この実施の形態8では、ペルチェモジュール19への通電を停止してもファン9への通電は継続するようにしているが、ペルチェモジュール19への通電を停止したときには、同時にファン9への通電も停止して無駄な電力消費を低減するようにすることも可能である。 In the eighth embodiment, although the energization of the energization of the Peltier module 19 to the fan 9 is also stopped so that continues, when stopping the current supply to the Peltier module 19, simultaneously to the fan 9 energization also is also possible to reduce wasteful power consumption stopped. さらに、この実施の形態8では、運転モード設定部25により冷房モードを設定した場合の動作について説明したが、暖房モードが設定され場合の動作も基本的に同じである。 Furthermore, in the eighth embodiment has described the operation of setting the cooling mode by the operation mode setting unit 25, the operation when the heating mode is set is also basically the same. 【0046】[実施の形態9]図12は本発明の実施の形態8における幼児用補助装置の縦断面図、図13は同装置の全体構成図であり、図10に示した実施の形態8 [0046] [Embodiment 9] FIG 12 is a longitudinal sectional view of the infant assisting device according to the eighth embodiment of the present invention, FIG 13 is an overall block diagram of the apparatus, the embodiment shown in FIG. 10 8
と対応する構成部分には同一の符号を付す。 The corresponding components and the same reference numerals. この実施の形態9の幼児用補助装置の特徴は、送風路8および排気路20に対してそれぞれ個別にファン9a,9bが配置されている。 Features of infant assist device ninth embodiment are each independently fan 9a against air passage 8 and the exhaust passage 20, 9b are arranged. そして、送風路8側のファン9aは冷却用、排気路20側のファン9bは排熱用として設定されている。 The air passage 8 side of the fan 9a is cooling, the fan 9b of the exhaust path 20 side is set for the heat removal. また、各ファン9a,9bを駆動するための電力供給部27a,27bが設けられている。 The power supply unit 27a for driving each fan 9a, a 9b, 27b are provided. また、制御部28は各電力供給部26,27a,27bを個別に制御するように構成されている。 The control unit 28 is configured to control the power supply unit 26,27A, and 27b individually. さらに、この実施の形態9の場合、制御部28は、送風路8側のフィン19bに接合した部分が吸熱側、排気路20側のフィン19cに接する部分が発熱側となるように、ペルチェ素子部19 Furthermore, in the case of the ninth embodiment, the control unit 28, as part of the junction portion to the fins 19b of the air passage 8 side comes into contact with the heat absorbing side, the exhaust path 20 side fins 19c becomes exothermic side, the Peltier element part 19
に流れる電流の極性を設定している。 It has set the polarity of the current flowing in. その他の構成は、 Other configurations,
図10に示した実施の形態8の場合と同様であるから、 Because it is similar to the case of Embodiment 8 shown in FIG. 10,
ここでは詳しい説明は省略する。 Here is a detailed description thereof will be omitted. 【0047】この実施の形態9において、運転モード設定部25により冷却モードが設定された場合の制御部2 [0047] In the ninth embodiment, when the cooling mode is set by the operating mode setting unit 25 control unit 2
8における温度制御動作について、図14に示すフローチャートを参照して説明する。 Temperature control operation in 8 will be described with reference to the flowchart shown in FIG. 14. まず、制御部28は、一方の電力供給部27aを制御して冷却用のファン9aへの通電を開始する(ステップ21)。 First, the control unit 28 controls one of the power supply unit 27a starts energization of the cooling fans 9a (step 21). 次に、温度設定部30の設定温度Tsを取り込む(ステップ22)。 Then, loading the preset temperature Ts of the temperature setting unit 30 (step 22). 引き続いて、温度センサ29で検出される温度Taを取り込む(ステップ23)。 Subsequently, taking the temperature Ta detected by the temperature sensor 29 (step 23). そして、設定温度Tsと検出温度Taとを比較する(ステップ24)。 Then, comparing the set temperature Ts and the detected temperature Ta (step 24). 両温度Ts,Ta Both temperature Ts, Ta
が一致していない場合、制御部28は、両温度Ts,T If but do not match, the control unit 28, both the temperature Ts, T
aの偏差に基づいてペルチェモジュール19のペルチェ素子部19aへの通電量をたとえばPID(比例積分微分)制御する(ステップ25)。 Energization amount, for example PID to the Peltier element portion 19a of the Peltier module 19 based on a deviation (proportional-integral-derivative) control (step 25). この場合、制御部28 In this case, the control unit 28
は、ペルチェ素子部19aに流れる電流の極性を設定することにより、送風路8側のフィン19bに接合した部分が吸熱側となるように設定する。 By setting the polarity of the current flowing through the Peltier element portion 19a, the joined portion to the fins 19b of the air passage 8 side is set to be the heat absorption side. この制御により、ペルチェ素子部19aの冷却能力が調整される。 This control cooling capacity of the Peltier element 19a is adjusted. 続いて、 continue,
他方の電力供給部27bを制御して排熱用のファン9b Fan 9b for discharging heat by controlling the other power supply unit 27b
への通電を開始し(ステップ26)、他方のフィン19 Starts the power distribution to (step 26), the other of the fin 19
cで生じる熱を排気路20介して外部に排気する。 The heat generated by c is exhausted to the outside through the exhaust passage 20. その後、ステップ23に戻る。 After that, the process returns to step 23. 時間経過により、ステップ2 With time, step 2
4で両温度Ts,Taが一致したときには、ペルチェ素子部19aへの通電を停止し(ステップ27)、さらに、排熱用のファン9bへの通電も停止する。 Both temperature Ts at 4, when the Ta match, stops the power supply to the Peltier element portion 19a (step 27), further also stops power supply to the fan 9b for heat removal. また、運転モード設定部25により送風モードが設定された場合、制御部28は、ペルチェモジュール19への通電を停止するとともに、排熱用のファン9bの通電を停止し、冷却用のファン9aのみを運転させるようにする。 Also, if the blowing mode by the operating mode setting unit 25 is set, the control unit 28 stops the energization of the Peltier module 19, the energization is stopped fan 9b for heat removal, only fan 9a for cooling the so as to operation. 【0048】このように、この実施の形態9では、ペルチェモジュール19への通電を停止しているにもかかわらず、排熱用のファン9bが継続して運転されて電力が無駄に消費されるのを防ぐことができる。 [0048] Thus, in the ninth embodiment, despite the stop energization of the Peltier module 19, a fan 9b is operated continuously power for waste heat is wasted it is possible to prevent the. 【0049】[実施の形態10]図15は本発明の実施の形態10における幼児用補助装置の構成図であり、図10に示した実施の形態8に対応する構成部分には同一の符号を付す。 [0049] [Embodiment 10] Figure 15 is a block diagram of infant assist device according to the tenth embodiment of the present invention, the same reference numerals to components corresponding to the embodiment 8 shown in FIG. 10 subjecting. この実施の形態10の幼児用補助装置は、送風路8および排気路20のエア吸込側の端部と吸気孔7の間に単一のファン9が配置されるとともに、送風路8と排気路20との風量割合を調整するダンパ33 Infant assist device in the form 10 of this embodiment, with a single fan 9 is disposed between the air intake end of the air passage 8 and the exhaust passage 20 air inlet 7, the exhaust passage and air passage 8 damper 33 for adjusting the air volume ratio of 20
が設けられている。 It is provided. また、このダンパ33を駆動するダンパ駆動部34を有しており、このバンパ駆動部34が制御部28によって制御されるようになっている。 Also has a damper driver 34 for driving the damper 33, the bumper driving unit 34 is adapted to be controlled by the control unit 28. その他の構成は、図10に示した実施の形態8のものと基本的に同じであるので、ここでは詳しい説明は省略する。 The other configuration is basically the same as those of the embodiment 8 shown in FIG. 10, a detailed description thereof will be omitted. 【0050】制御部28は、ペルチェモジュール19を使用する冷房モードあるいは暖房モードの場合には、送風路8と排気路20の双方に同程度の風量が送られる中立位置を保つようにダンパ駆動部34を制御してダンパ33の開度を調整する。 The control unit 28, when the cooling mode or the heating mode using the Peltier module 19, air passage 8 and the damper driver as air volume comparable to both the exhaust passage 20 is maintained a neutral position to be sent 34 controlled by the adjusting the opening of the damper 33. 一方、ペルチェモジュール19 On the other hand, the Peltier module 19
を使用しない送風モードの場合には、制御部28は、ダンパ33が排気路20を閉鎖する位置になるようにダンパ駆動部34を制御する。 In the case of the air blowing mode is not used, the control unit 28, the damper 33 controls the damper driving unit 34 so that the position to close the exhaust passage 20. このため、ファン9で送風されるエアは全て送風路8側に流入するようになる。 Therefore, air that is blown by the fan 9 is as flows into all side air passage 8. 【0051】このように、この実施の形態10は、単一のファン9を設けた場合にも、ダンパ33によって送風路8と排気路20の風量を調節することで、温調や送風の各運転モードに適応した空調を行うことが可能になる。 [0051] Thus, the tenth embodiment, even in the case of providing the single fan 9, by adjusting the air volume of the air passage 8 and the exhaust passage 20 by the damper 33, the temperature control and blow it becomes possible to perform air conditioning adapted to the operation mode. 【0052】[実施の形態11]図16は本発明の実施の形態11における幼児用補助装置の構成図であり、図15に示した実施の形態10に対応する構成部分には同一の符号を付す。 [0052] Figure 16 [Embodiment 11] is a block diagram of infant assisting device according to Embodiment 11 of the present invention, the same reference numerals to components corresponding to the embodiment 10 shown in FIG. 15 subjecting. この実施の形態11の幼児用補助装置の特徴は、自動車に搭載されている直流電源35の接続用端子に電気的に接続する電源コード36が設けられていることである。 Features of infant assist device of this embodiment 11 is that the power cord 36 for electrically connecting the connection terminal of the DC power supply 35 mounted on an automobile is provided. その他の構成は、図15に示した実施の形態10と基本的に同じであるので、ここでは詳しい説明は省略する。 The other configuration is basically the same as embodiment 10 shown in FIG. 15, a detailed description thereof will be omitted. 【0053】この実施の形態11の幼児用補助装置において、電源コード36を介して自動車用の直流電源35 [0053] In infant assist device Embodiment 11, the DC power source 35 for motor vehicles via a power cord 36
に接続すれば、その直流電源35から電力供給を受けることができるため、幼児用補助装置にバッテリを内蔵しておく必要がなくなり、装置全体の重量を軽減することができる。 Be connected to, it is possible to receive power supply from the DC power source 35, it is not necessary to built a battery infant aid, it is possible to reduce the weight of the entire device. また、自動車の運転時は、直流電源35から電源コード36を介して電力を受けるので、使用途中でバッテリの充電量が少なくなってペルチェモジュール1 Further, during operation of the vehicle, since through the power cord 36 from the DC power supply 35 receives power, the Peltier module 1 in the middle used becomes small charge amount of the battery
9やファン9等の動作が停止するおそれがなく、また、 There is no possibility that operations such as 9 or a fan 9 is stopped, also,
バッテリを充電する煩雑さからも解放される。 Is released from the complicated to charge the battery. その場合、電源コード36は、幼児用補助装置から取り外せることができるようなコネクタ構造としておくことが好ましい。 In that case, the power cord 36, it is preferable to the connector structure can be removed from the infant aid. 電源を使用しないときには、電源コード36が邪魔になるので、電源コード36を装置から取り外して別の所に収納することができる。 When not using the power, the power supply cord 36 is in the way, can be housed elsewhere and remove the power cord 36 from the device. さらに、装置を運搬する際に、電源コード36に身体の一部を引っかけて転ぶなどの危険を回避することができる。 Furthermore, it is possible to avoid the time of carrying the device, the power cord 36 the risk of such fall by hooking a part of the body. あるいは、電源コード36の長さを調節する長さ調節機構を備えるようにしてもよい。 Alternatively, it may be provided with a length adjusting mechanism for adjusting the length of the power cord 36. この場合の長さ調節機構としては巻き取り式のものやバネの力を利用して巻き取る方式のものが採用できる。 As the length adjustment mechanism when it is employed as a method of winding by the power of those and spring retractable. このような長さ調節機構を設けておくと、電源コード36の引き出し長さを調節することができ、自動車の直流電源35の接続用端子までの距離が異なる車種に対しても対応することが可能になる。 It is preferable to form a such length adjustment mechanism, it is possible to adjust the drawer length of the power cord 36, that the distance to the connection terminal of the DC power supply 35 of the vehicle corresponding even for different vehicle types possible to become. 【0054】なお、この実施の形態11では、図15に示した実施の形態10の幼児用補助装置と同じ構成を基本としているが、本発明はこれに限らず、実施の形態1 [0054] In Embodiment 11, although a base of the same configuration as the infant assist device of the embodiment 10 shown in FIG. 15, the present invention is not limited to this, the embodiments 1
〜9の構成を備えた幼児用補助装置に対しても適用可能である。 Is also applicable to infant assisting apparatus having a to 9 configuration. 【0055】[実施の形態13]図17は本発明の実施の形態13における幼児用補助装置を示す縦断面図であり、図7に示した実施の形態6と対応する構成部分には同一の符号を付す。 [0055] [Embodiment 13] Figure 17 is a longitudinal sectional view showing the infant auxiliary device in Embodiment 13 of the present invention, any component parts corresponding to the sixth embodiment shown in FIG. 7 the same reference numeral. この実施の形態13における幼児用補助装置は、ペルチェ素子部19aの吸熱側が送風路8 Infant assisting apparatus in the thirteenth embodiment, the heat absorbing side of the Peltier element 19a is blowing path 8
側のフィン19bに接合し、発熱側が他方のフィン19 Bonded to the side of the fin 19b, the heat generation side and the other fins 19
cに接合するように、ペルチェ素子部19aに流れる電流の極性が設定されている。 So as to come into contact with the c, the polarity of the current flowing through the Peltier element portion 19a is set. また、送風路8には専用のファン9が設けられている。 Further, a dedicated fan 9 is provided in the air passage 8. さらに、ペルチェ素子部1 Furthermore, the Peltier element 1
9aの発熱側に接合されるフィン19cで生じる熱を水冷する水冷機構38が設けられている。 Water cooling system 38 for water-cooling the heat generated by the fins 19c to be joined to the heating side of the 9a is provided. すなわち、この水冷機構38は、フィン19cを通過する循環水路39 That is, the water-cooling mechanism 38, water circulation passage 39 passing through the fins 19c
を備える。 Equipped with a. この循環水路39は、その途中の本体取付部3の位置に循環用のポンプ40が設置され、また、座席シート1の背もたれ部2bの位置には放熱用のフィン付きマニホールド41が設けられている。 The water circulation passage 39, the middle of the pump 40 for circulation to the position of the body mounting portion 3 is installed, also finned manifold 41 for heat dissipation on the position of the backrest portion 2b of the seat 1 is provided . その他の構成は、図7に示した実施の形態6の場合と基本的に同じであるので、ここでは詳しい説明は省略する。 Other configurations are basically the same as those of the sixth embodiment shown in FIG. 7, a detailed description thereof will be omitted. 【0056】吸気孔7a,7bからファン9により吸い込まれたエアは、ペルチェモジュール19の冷却側のフィン19bを通る際に冷やされた後、送風路8を通ってエア吹出孔6ら吹き出される。 [0056] Air sucked by the intake hole 7a, from 7b fan 9, after being cooled as it passes through the cooling side of the fin 19b of the Peltier module 19, blown air outlet hole 6 et through the air passage 8 . 一方、ペルチェ素子部1 On the other hand, the Peltier element 1
9aの発熱側に接合されるフィン19cで生じる熱は、 Heat generated by the fins 19c to be joined to the heating side of the 9a is
ポンプ40により循環される水によって冷却される。 It is cooled by water circulated by the pump 40. このフィン19cを通った水は、マニホールド41で冷却された後、再びポンプ40に戻される。 The water passing through the fins 19c is cooled by the manifold 41, and returned to the pump 40 again. 【0057】このように、この実施の形態13では、ペルチェ素子部19の発熱側に接合されるフィン19cで生じる熱は水によって冷却される。 [0057] Thus, in the thirteenth embodiment, the heat generated by the fins 19c to be joined to the heating side of the Peltier element 19 is cooled by water. 水冷の方が空冷の場合よりも冷却能力が大きいので、ペルチェモジュール1 Since towards water cooling has a larger cooling capacity than that of air cooling, Peltier module 1
9の冷却能力が高まり、空調性能が向上する。 9 of the cooling capacity is increased, thereby improving the air conditioning performance. なお、水冷機構38は、この実施の形態13の構成のものに限らず、実施の形態1〜12の構成を備えた幼児用補助装置に対しても設置することが可能である。 Incidentally, the water cooling mechanism 38 is not limited to the configuration of this embodiment 13, it is also possible to placed against infant assist device having the configuration according to twelfth embodiment. 【0058】[実施の形態14]図18は、本発明の実施の形態14における幼児用補助装置の断面図であり、 [0058] [Embodiment 14] FIG. 18 is a sectional view of the infant assist device in the embodiment 14 of the present invention,
図7に示した実施の形態6に対応する部分には同一の符号を付す。 The portion corresponding to the sixth embodiment shown in FIG. 7 are denoted by the same reference numerals. この実施の形態18における幼児用補助装置は、ペルチェ素子部19aの吸熱側が送風路8側のフィン19bに接合し、発熱側が他方のフィン19cに接合するように、ペルチェ素子部19aに流れる電流の極性が設定されている。 Infant assisting device in this embodiment 18, the heat absorbing side of the Peltier element 19a is joined to the fins 19b of the air passage 8 side, so that the heat generation side is bonded to the other fin 19c, a current flowing through the Peltier element portion 19a polarity is set. そして、ペルチェ素子部19aの吸熱側に接合されたフィン19bが、発熱側に接合されたフィン19cよりも低位になるようにその位置が予め設定されている。 The fins 19b joined to the heat absorbing side of the Peltier element 19a is, its position so that the lower is preset than fins 19c which is joined to the heating side. そして、ペルチェ素子部19aの吸熱側に接合されたフィン19bに生じる結露を集水する結露水貯留タンク43が設けられている。 The condensed water storage tank 43 to the water collecting is provided a condensation occurring fins 19b joined to the heat absorbing side of the Peltier element portion 19a. この結露水貯留タンク43は、本体取付台3の側面に設けた図示しない開閉式の開口部を通じて容易に着脱できるよう配置されている。 The condensed water storage tank 43 is arranged to be easily removable through the opening of the openable (not shown) provided on the side of the body mount 3. なお、結露水貯留タンク43の近傍に透明窓を設けて外部から貯留水量を確認できるようにしておけば、 Incidentally, if allowed to be sure reservoir water from the outside by providing a transparent window in the vicinity of the dew condensation water storage tank 43,
結露水貯留タンク43を取り出さなくても結露水の廃却時期を容易に確認できるため都合がよい。 The condensed water storage tank 43 is convenient for readily ascertainable waste 却時 life of condensed water without removed. その他の構成は、図1に示した実施の形態1の場合と同様であるから、ここでは詳しい説明は省略する。 Other configurations are the same as in the case of the first embodiment shown in FIG. 1, detailed description will be omitted. 【0059】この実施の形態14において、ペルチェ素子部19aの吸熱側に接合されたフィン19bに生じる結露は、結露水貯留タンク43に集水されるので、外部に漏れて自動車シートを濡らす恐れがなくなり、一定量溜まれば容易に廃却することができる。 [0059] In the fourteenth embodiment, dew condensation occurring fins 19b joined to the heat absorbing side of the Peltier element 19a is because it is collecting the condensed water storage tank 43, possibly wetting the vehicle seat leaks to the outside Whilst it is possible to easily discarding if a certain amount Tamale. なお、結露水貯留タンク43は、この実施の形態14の構成のものに限らず、実施の形態1〜13の構成を備えた幼児用補助装置に対しても設置することが可能である。 Note that condensed water storage tank 43 is not limited to the configuration of the fourteenth embodiment, it is also possible to placed against infant assist device having the configuration of the embodiment 1-13. 【0060】[実施の形態15]図19は、本発明の実施の形態15における幼児用補助装置の縦断面図であり、図18に示した実施の形態14に対応する部分には同一の符号を付す。 [0060] Figure 19 [Embodiment 15] is a longitudinal sectional view of the infant auxiliary device in a fifteenth embodiment of the present invention, same reference numerals corresponding to Embodiment 14 shown in FIG. 18 the subjecting. この実施の形態15の特徴は、結露水貯留タンク43内にたとえばウレタン製のスポンジなどの吸水材44が配置されていることである。 Features of this embodiment 15 is that the water absorbing material 44 such as, for example, made of urethane sponge condensation water storage tank 43 is disposed. その他の構成は、図18に示した実施の形態14のものと基本的に同じであるから、ここでは詳しい説明は省略する。 Other structure is the basically the same as embodiment 14 shown in FIG. 18, detailed description will be omitted. 【0061】この実施の形態15において、ペルチェ素子部19の吸熱側に接合されたフィン19bに生じる結露は集水されて結露水貯留タンク43に導かれて内部に配置した吸水材44によって吸収される。 [0061] In this embodiment 15, condensation occurring in the fin 19b joined to the heat absorbing side of the Peltier element 19 is absorbed by the water absorbing member 44 disposed therein is led to dew condensation water storage tank 43 is the water collecting that. そのため、結露水貯留タンク43内に結露水が多量に溜まっても、自動車の揺れによって音が発生することがなく、しかも、 Therefore, even if accumulated in large amount condensed water in the condensed water storage tank 43, without the sound produced by vibration of an automobile, moreover,
車体が激しく揺れた場合にも結露水貯留タンク43内の水が外部に漏れるのを防止することができる。 Water in the condensed water storage tank 43 even when the vehicle body shook vigorously can be prevented from leaking to the outside. 吸水材4 The water-absorbing material 4
4に十分に吸水された場合には、吸水材44を取り出して乾燥させることで、再利用することができる。 When it is fully absorbed by the 4, drying removed the water absorbing member 44 can be reused. また、 Also,
予備の吸水材44を準備しておけば、効率よく使用することができる。 If to prepare the water absorbing member 44 of the preliminary it can be used efficiently. さらに、排気路22を分岐して吸水材4 Further, the water absorbing member 4 is branched exhaust passage 22
4に温風が当たる構成にしておけば、吸水材44が吸水するとともに、これを乾燥させることが可能になり、吸水材44の交換頻度を少なくすることができる。 If in the warm air hits configuration 4, together with the water absorbing material 44 absorbs water, which makes it possible to dry, it can be reduced frequency of replacement of the water absorbent material 44. 【0062】 【発明の効果】本発明の幼児用補助装置にあっては、次の効果が得られる。 [0062] In the infant aid of the present invention, the following effects can be obtained. 請求項1記載の発明では、自動車用シートに対して着脱可能であるとともに、自動車用シートへの取り付け位置や取り付け方向の自由度を確保しつつ、幼児に快適な空調状態を与えることが可能になる。 In the first aspect of the present invention, together with detachable from the vehicle seat, while securing the mounting position and mounting direction freedom of automotive seat, to be capable of providing a comfortable air conditioning state in infants Become. 【0063】請求項2記載の発明では、請求項1記載の発明の効果に加えて、シート形成材と緩衝材とで囲まれた溝内が送風路として構成されているので、エア吹出孔や送風路の成形が容易になるとともに、構成部品を削減することができる。 [0063] In the present invention of claim 2, wherein, in addition to the effect of the first aspect, since the groove surrounded by the sheet forming material and the cushioning material is configured as air passage, Ya air outlet hole together forming the air passage is facilitated, it is possible to reduce the component. 【0064】請求項3記載の発明では、請求項1または請求項2に記載の発明の効果に加えて、吸気孔は、座席シートの下部の前後および左右の少なくとも2つの面に形成されているので、幼児用補助装置の設置方向や車内に置いた荷物などによって一方の吸気孔が塞がれても、 [0064] In a third aspect of the present invention, in addition to the effect of the invention according to claim 1 or claim 2, the intake hole is formed in at least two faces of the front and rear and right and left under the seat because, even if one of the intake hole is blocked by luggage placed in the installation direction and car infant assist device,
残りの吸気孔からエアを吸い込むことができ、幼児用補助装置の設置位置の自由度を確保することができる。 Can suck air from the remaining suction holes, it is possible to secure the degree of freedom of the installation position of the infant aid. 【0065】請求項4記載の発明では、請求項1ないし請求項3のいずれかに記載の発明の効果に加えて、送風路の途中には着脱式の保冷材が設けられているので、この保冷材でエア吹出孔から噴出されるエアの温度を下げることができ、空調性能が向上する。 [0065] In the invention of claim 4, wherein, in addition to the effect of the invention according to any one of claims 1 to 3, the cold material detachably attached to the middle of the air passage is type is provided, this can be lowered air temperature ejected from the air outlet hole in cold insulating material, thereby improving the air conditioning performance. 【0066】請求項5記載の発明では、請求項1ないし請求項3のいずれかに記載の発明の効果に加えて、送風路はペルチェモジュールの熱交換部を通過してエア吹出孔に連通されているので、このペルチェモジュールによってエア吹出孔から噴出されるエアの温度を広い範囲で調節することが可能になり、さらに空調性能が向上する。 [0066] In the invention of claim 5, wherein, in addition to the effect of the invention according to any one of claims 1 to 3, air flow passage is communicated with the air outlet hole through the heat exchange portion of the Peltier module since it is, the Peltier module by it is possible to adjust a wide range of temperature of the air ejected from the air outlet hole, further air conditioning performance is improved. 【0067】請求項6記載の発明では、請求項5に記載の発明の効果に加えて、送風路が断熱材で覆われているので冷気や暖気が外部に流出することなくエア吹出孔に導かれるため、空調性能を高めることができるとともに、省エネルギ化を図ることが可能になる。 [0067] In the present invention of claim 6, wherein, in addition to the effect of the invention according to claim 5, guide the air outlet hole without because air passage is covered with a heat insulating material to cold air and warm air flows out to the outside since the withers, it is possible to increase the air-conditioning performance, it becomes possible to achieve energy saving. 【0068】請求項7記載の発明では、請求項5または請求項6に記載の発明の効果に加えて、前記送風路に対して排気路が並設されているので、ペルチェモジュールの熱交換部で発生する熱を十分に放熱することができ、 [0068] In the present invention of claim 7, wherein, in addition to the effect of the invention according to claim 5 or claim 6, the exhaust passage to the air passage is arranged, the heat exchange portion of the Peltier module in can be sufficiently dissipating heat generated,
空調性能を高めることができる。 It is possible to enhance the air conditioning performance. 【0069】請求項8記載の発明では、請求項7記載の発明の効果に加えて、排気路は、座席シートの背もたれ部の上部に開口されているので、車内に置いた荷物などによって排気孔が塞がれることがない。 [0069] In the invention of claim 8, in addition to the effect of the invention of claim 7, wherein the exhaust passage, because it is open to the top of the backrest of the seat, the exhaust hole by luggage placed in the car there is no be blocked. このため、ペルチェモジュールの熱交換部で発生する熱を十分に放熱でき、また、本人および周囲に着席する人に不快感を与えることもない。 Therefore, the heat generated in the heat exchange portion of the Peltier module can be sufficiently radiated, and it is no discomfort to person seated person and the surroundings. 【0070】請求項9記載の発明では、請求項7または請求項8に記載の発明の効果に加えて、ファンは、送風路および排気路に対してそれぞれ個別に配置されているので、温調モードでは両通路のファンを同時に運転し、 [0070] In the invention of claim 9, wherein, in addition to the effect of the invention according to claim 7 or claim 8, since the fan is positioned individually relative to air passage and an exhaust passage, temperature control at the same time driving a fan of both the passage in the mode,
送風モードでは、排気路のファンを停止させるなど、温調や送風の各運転モードに適応した送風を行うことが可能になり、適切な空調状態を維持することができる。 The air blowing mode, such as to stop the fan in the exhaust passage, it becomes possible to perform the blowing adapted to each operating mode of the temperature control and blow, it is possible to maintain an appropriate air-conditioning state. 【0071】請求項10記載の発明では、請求項7または請求項8に記載の発明の構成において、前記送風路および排気路のエア吸込側の端部と前記吸気孔の間には、 [0071] In the invention of claim 10, wherein, in the constitution of the invention according to claim 7 or 8, between the air passage and the exhaust passage air suction side of the end portion and the suction holes of the
前記ファンが配置されるとともに、前記送風路と排気路との風量割合を調整するダンパが設けられていることを特徴としている。 The fan with is located, a damper for adjusting the air volume ratio between the air passage and the exhaust passage is characterized by being provided. これにより、単一のファンを設けた場合にも、ダンパによって送風路と排気路の風量を調節することで、温調、送風、停止の各運転モードに適応した空調を行うことが可能になる。 Thus, even if provided with a single fan, by adjusting the air volume of the air passage and the exhaust passage by the damper, temperature control, blowing, it is possible to perform air conditioning adapted to each operation mode stop . 【0072】請求項11記載の発明では、請求項5ないし請求項10のいずれかに記載の発明の効果に加えて、 [0072] In the present invention of claim 11, wherein, in addition to the effect of the invention according to any of claims 5 to 10,
運転モード設定手段による運転モードの設定に応じて運転制御手段がペルチェモジュールやファンの駆動や停止をするので、各運転モードに適応した空調を行えるとともに、消費電力を低減することが可能になる。 Since the operation control means for driving and stopping of the Peltier module and the fan depending on the setting of the operation mode by the operation mode setting means, together with enabling the air conditioning adapted to each operation mode, it is possible to reduce power consumption. 【0073】請求項12記載の発明では、請求項5ないし請求項11のいずれかに記載の発明の効果に加えて、 [0073] In the present invention of claim 12, wherein, in addition to the effect of the invention according to any of claims 5 to 11,
温度センサの検出出力に基づいて温度制御手段がペルチェモジュールへの通電量を制御するので、過冷却や過加熱の発生を確実に防止して快適な空調状態が維持できるとともに、電力消費量を低減することが可能になる。 The temperature control means controls the amount of current supplied to the Peltier module on the basis of the detection output of the temperature sensor, together with a comfortable air-conditioned state reliably prevent the occurrence of supercooling and overheating can be maintained, reduce power consumption it becomes possible to. 【0074】請求項13記載の発明では、請求項12記載の発明の効果に加えて、温度制御手段は、温度センサの検出出力が設定温度に達したときにペルチェモジュールへの通電を停止するので、無駄な電力消費を一層低減することができる。 [0074] In the invention of claim 13, wherein, in addition to the effect of the invention of claim 12 wherein the temperature control means, so to stop the energization of the Peltier module when the detected output of the temperature sensor has reached the set temperature , it is possible to further reduce unnecessary power consumption. 【0075】請求項14記載の発明では、請求項13記載の発明の効果に加えて、温度制御手段は、ペルチェモジュールへの通電の停止に合わせてファンへの通電も停止するので、さらに一層無駄な電力消費を抑えることができる。 [0075] In the invention of claim 14, wherein, in addition to the effect of the invention according to claim 13, the temperature control unit also stops the energization of the fan in accordance with the stop of the energization of the Peltier module, even more waste it is possible to suppress a power consumption. 【0076】請求項15記載の発明では、請求項1ないし請求項14のいずれかに記載の発明の効果に加えて、 [0076] In the present invention of claim 15, wherein, in addition to the effect of the invention according to any one of claims 1 to 14,
電源コードを用いて自動車に搭載されている直流電源の接続用端子に電気的に接続することができるため、幼児用補助装置には、内蔵のバッテリが不要となり、自動車の直流電源からの電力を受けてファン等を動作させることが可能になる。 It is possible to electrically connect the connection terminal of the DC power source mounted on an automobile with the power cord, the infant aid, internal battery is not required, the power from the DC power supply of the motor vehicle receiving becomes possible to operate the fan or the like. 【0077】請求項16記載の発明では、請求項15に記載の発明の効果に加えて、長さ調節機構によって電源コードの長さを調節できるので、自動車の直流電源の接続用端子までの距離が異なる車種に対しても自動車の直流電源からの電力供給を受けることができるようになる。 [0077] In the invention of claim 16, wherein, in addition to the effect of the invention according to claim 15, it is possible to adjust the length of the power cord by the length adjustment mechanism, the distance to the connection terminal of the DC power supply of the motor vehicle it becomes possible to receive power supply from the DC power supply of the motor vehicle even for different models. 【0078】請求項17記載の発明では、請求項5または請求項6に記載の発明の効果に加えて、ペルチェモジュールの発熱側で生じる熱を水冷機構で水冷するので、 [0078] In the invention of claim 17, in addition to the effect of the invention according to claim 5 or claim 6, since the water cooling heat generated by the heating side of the Peltier module in a water cooling mechanism,
ペルチェモジュールの発熱側で生じる熱を十分に放熱することができ、ペルチェモジュールの冷却能力が向上する。 The heat generated by the heating side of the Peltier module can be sufficiently radiated, thereby improving the cooling capability of the Peltier module. 【0079】請求項18記載の発明では、請求項5ないし請求項17のいずれかに記載の発明の効果に加えて、 [0079] In the present invention of claim 18, wherein, in addition to the effect of the invention according to any of claims 5 to 17,
ペルチェモジュールの吸熱側で生じる結露を結露水貯留タンクに集水することができるため、結露水が外部に漏れて自動車シートを濡らす恐れがなくなり、一定量溜まれば容易に廃却することができる。 It is possible to collecting condensation generated in the heat absorbing side of the Peltier module to the dew condensation water storage tank, there is no possibility that dew condensation water wets the car seat leaks to the outside, can be easily discarded if a certain amount Tamale . 【0080】請求項19記載の発明では、請求項18記載の発明の効果に加えて、結露水貯留タンク内に吸水材が配置されているので、自動車の揺れによって結露水貯留タンク内の水が外部に漏れるのを防止することができる。 [0080] In the present invention of claim 19, wherein, in addition to the effect of the invention according to claim 18, since the water absorbing member to the dew condensation water storage tank is placed, the water in the condensed water storage tank by shaking of the automobile it can be prevented from leaking outside.

【図面の簡単な説明】 【図1】本発明の実施の形態1における幼児用補助装置の縦断面図である。 It is a longitudinal sectional view of the infant assisting apparatus in the first embodiment of the BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS [Figure 1] present invention. 【図2】本発明の実施の形態2における幼児用補助装置の縦断面図である。 Is a longitudinal sectional view of the infant assisting device according to a second embodiment of the invention; FIG. 【図3】本発明の実施の形態2における要部を拡大して示す斜視図である。 3 is a perspective view showing an enlarged main portion of a second embodiment of the present invention. 【図4】本発明の実施の形態3における幼児用補助装置の縦断面図である。 It is a longitudinal sectional view of the infant auxiliary device in the third embodiment of the present invention; FIG. 【図5】本発明の実施の形態4における幼児用補助装置の縦断面図である。 5 is a longitudinal sectional view of infant assisting device in the fourth embodiment of the present invention. 【図6】本発明の実施の形態5における幼児用補助装置の縦断面図である。 6 is a longitudinal sectional view of the infant auxiliary device in the fifth embodiment of the present invention. 【図7】本発明の実施の形態6における幼児用補助装置の縦断面図である。 7 is a longitudinal sectional view of the infant auxiliary device in the sixth embodiment of the present invention. 【図8】本発明の実施の形態7における幼児用補助装置の全体を示す構成図である。 8 is a block diagram showing the overall infant assisting device according to a seventh embodiment of the present invention. 【図9】本発明の実施の形態7における温度制御動作の説明に供するフローチャートである。 9 is a flowchart for explaining a temperature control operation in the seventh embodiment of the present invention. 【図10】本発明の実施の形態8における幼児用補助装置の全体を示す構成図である。 It is a block diagram showing the overall infant assisting device according to the eighth embodiment of the invention; FIG. 【図11】本発明の実施の形態8における温度制御動作の説明に供するフローチャートである。 11 is a flowchart for explaining a temperature control operation in the eighth embodiment of the present invention. 【図12】本発明の実施の形態8における幼児用補助装置の縦断面図である。 Is a longitudinal sectional view of the infant assisting apparatus according to the embodiment 8 of the present invention; FIG. 【図13】本発明の実施の形態8における幼児用補助装置の全体を示す構成図である。 13 is a block diagram showing the overall infant assisting device according to the eighth embodiment of the present invention. 【図14】本発明の実施の形態9における温度制御動作の説明に供するフローチャートである。 14 is a flowchart for explaining a temperature control operation according to the ninth embodiment of the present invention. 【図15】本発明の実施の形態10における幼児用補助装置の全体を示す構成図である。 Is a block diagram showing the overall infant assist device according to the tenth embodiment of the present invention; FIG. 【図16】本発明の実施の形態11における幼児用補助装置の全体を示す構成図である。 16 is a block diagram showing the overall infant assisting device according to Embodiment 11 of the present invention. 【図17】本発明の実施の形態13における幼児用補助装置の縦断面図である。 17 is a longitudinal sectional view of infant assist device in the embodiment 13 of the present invention. 【図18】本発明の実施の形態14における幼児用補助装置の縦断面図である。 18 is a longitudinal sectional view of the infant auxiliary device in Embodiment 14 of the present invention. 【図19】本発明の実施の形態15における幼児用補助装置の縦断面図である。 19 is a longitudinal sectional view of the infant auxiliary device in a fifteenth embodiment of the present invention. 【符号の説明】 1 座席シート2 本体2a 背もたれ部6 エア吹出孔7,7a,7b 吸気孔8 送風路9,9a,9b ファン12 パッド(シート形成材) 13 緩衝材15 保冷材19 ペルチェモジュール19a ペルチェ素子部19b,19c フィン20 排気路21 排気孔22 断熱材25 運転モード設定部28 制御部(運転制御手段、温度制御手段) 29 温度センサ30 温度設定部33 ダンパ36 電源コード38 水冷機構43 結露水貯留タンク44 吸水材 [Reference Numerals] 1 seat 2 body 2a backrest 6 air outlet hole 7, 7a, 7b intake holes 8 air passage 9, 9a, 9b fan 12 pad (sheet forming material) 13 buffer material 15 cold insulating material 19 Peltier modules 19a Peltier element portion 19b, 19c fin 20 exhaust path 21 exhaust hole 22 heat insulating material 25 operation mode setting unit 28 control unit (operation control means, temperature control means) 29 temperature sensor 30 temperature setting unit 33 damper 36 power cord 38 water cooling system 43 condensing water storage tank 44 water-absorbing material

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 7識別記号 FI テーマコート゛(参考) B60H 1/32 621 B60H 1/32 621G 1/34 651 1/34 651A B60N 2/44 B60N 2/44 Fターム(参考) 3B084 JA03 JF02 JF03 JF04 JG02 JG06 3B087 CE07 DE01 DE09 3L011 BV01 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (51) Int.Cl. 7 identification mark FI theme Court Bu (reference) B60H 1/32 621 B60H 1/32 621G 1/34 651 1/34 651A B60N 2/44 B60N 2/44 F term (reference) 3B084 JA03 JF02 JF03 JF04 JG02 JG06 3B087 CE07 DE01 DE09 3L011 BV01

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 幼児を乗車させる際に座席ベルトに代わる機能を果たすために座席に固定して使用される幼児用補助装置において、 幼児が着座する座席シートを有し、この座席シートにはエア吹出孔が形成される一方、送風用のファンと、このファンによりエアが吸入される吸気孔と、この吸気孔を介してファンで吸い込まれたエアを前記エア吹出孔へ導く送風路とを備えていることを特徴とする幼児用補助装置。 In infants auxiliary devices used in fixed seats to serve in place of the seat belt when to ride the Patent Claims 1] infant has a seat in which the infant is seated, while air outlet hole in the seat is formed, and a fan for blowing the air inlet the air is sucked by the fan, the air sucked by the fan through the air intake holes into the air outlet hole infant assisting apparatus characterized by and a blast path for guiding. 【請求項2】 前記座席シートの背もたれ部は、溝付きのシート形成材の上にエア吹出孔を有する緩衝材を接合してなり、前記シート形成材と緩衝材とで囲まれた前記溝内が前記送風路として構成されていることを特徴とする請求項1に記載の幼児用補助装置。 2. A backrest of the seat is made by bonding a cushioning material having an air outlet hole over the grooved sheet forming material, wherein the sheet form material and the buffer material and enclosed by said groove infant aid of claim 1, but characterized in that it is configured as the blowing passage. 【請求項3】 前記吸気孔は、座席シートの下部の前後および左右の少なくとも2つの面に形成されていることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の幼児用補助装置。 Wherein the air inlet is infant aid of claim 1 or claim 2, characterized in that formed on at least two sides of the front and rear and left and right under the seat. 【請求項4】 前記送風路の途中には着脱式の保冷材が設けられていることを特徴とする請求項1ないし請求項3のいずれかに記載の幼児用補助装置。 4. The infant support apparatus according to any one of claims 1 to 3, characterized in that the cold material in the middle of the removable of the air passage is provided. 【請求項5】 ペルチェ素子を有するペルチェモジュールを備え、前記送風路は、ペルチェモジュールの熱交換部を通過して前記エア吹出孔に連通されていることを特徴とする請求項1ないし請求項3のいずれかに記載の幼児用補助装置。 It provided 5. A Peltier module with Peltier elements, the blowing path, claims 1 to 3, characterized in that through the heat exchange portion of the Peltier module is communicated with the air outlet hole infant assisting device according to any one of the. 【請求項6】 前記送風路が断熱材で覆われていることを特徴とする請求項5に記載の幼児用補助装置。 6. The infant aid of claim 5, wherein the airflow path is covered with a heat insulating material. 【請求項7】 前記送風路に対して、前記吸気孔からペルチェモジュールの熱交換部を通過して外部に開口する排気路が並設されていることを特徴とする請求項5または請求項6に記載の幼児用補助装置。 7. For the blowing path, claim 5 or claim exhaust passage that opens to the outside through the heat exchange portion of the Peltier module from the intake hole, characterized in that it is arranged 6 infant auxiliary device according to. 【請求項8】 前記排気路は、座席シートの背もたれ部の上部に開口されていることを特徴とする請求項7記載の幼児用補助装置。 Wherein said exhaust passage, infant assist device according to claim 7, characterized in that it is open to the top of the backrest of the seat. 【請求項9】 前記ファンは、送風路および排気路に対してそれぞれ個別に配置されていることを特徴とする請求項7または請求項8に記載の幼児用補助装置。 Wherein said fan, infant aid of claim 7 or claim 8, characterized in that it is arranged individually with respect to air passage and an exhaust passage. 【請求項10】 前記送風路および排気路のエア吸込側の端部と前記吸気孔との間には、前記ファンが配置されるとともに、前記送風路と排気路との風量割合を調整するダンパが設けられていることを特徴とする請求項7または請求項8に記載の幼児用補助装置。 Between the wherein said air passage and the air suction end of the exhaust passage and the intake hole, together with the fan is arranged to adjust the flow proportions between the air passage and the exhaust passage damper infant aid of claim 7 or claim 8, characterized in that is provided. 【請求項11】 運転モードを設定する運転モード設定手段と、この運転モード設定手段のモード設定に応じて前記ペルチェモジュールとファンの駆動や停止を行う運転制御手段とを備えることを特徴とする請求項5ないし請求項10のいずれかに記載の幼児用補助装置。 11. A driving mode setting means for setting the operation mode, wherein characterized in that it comprises a driving control means for driving and stopping of the Peltier module and the fan in accordance with the mode setting of the operation mode setting means infant support apparatus according to any one of claim 5 through claim 10. 【請求項12】 前記座席シートのエア吹出孔の近傍には温度センサが配置される一方、前記温度センサの検出出力と設定温度との偏差に基づいて前記ペルチェモジュールへの通電量を制御する温度制御手段を備えていることを特徴とする請求項5ないし請求項11のいずれかに記載の幼児用補助装置。 12. While the temperature sensor in the vicinity of the air outlet hole of said seat is arranged, the temperature for controlling the energization amount to the Peltier module on the basis of a deviation between the detected output and the set temperature of the temperature sensor infant support apparatus according to any one of claims 5 to 11, characterized in that it comprises a control means. 【請求項13】 前記温度制御手段は、前記温度センサの検出出力が設定温度に達したときに前記ペルチェモジュールへの通電を停止するように構成されていることを特徴とする請求項12に記載の幼児用補助装置。 Wherein said temperature control means according to claim 12, characterized in that it is configured to stop the energization of the Peltier module when the detected output of the temperature sensor has reached the set temperature infant auxiliary equipment. 【請求項14】 前記温度制御手段は、前記ペルチェモジュールへの通電を停止する場合には、これに合わせて前記ファンへの通電も停止するものであることを特徴とする請求項13に記載の幼児用補助装置。 14. The method of claim 13, wherein the temperature control means of claim 13 when stopping the energization of the Peltier module is characterized in that current supply to the fan in conformity with this, is to stop infant auxiliary equipment. 【請求項15】 自動車に搭載されている直流電源の接続用端子に電気的に接続する電源コードを備えることを特徴とする請求項1ないし請求項14のいずれかに記載の幼児用補助装置。 15. infant assisting device according to any one of claims 1 to 14, characterized in that it comprises a power cord electrically connected to the connection terminal of the DC power source mounted on an automobile. 【請求項16】 前記電源コードの長さを調節する長さ調節機構を備えることを特徴とする請求項15に記載の幼児用補助装置。 16. infant aid of claim 15, characterized in that it comprises a length adjustment mechanism for adjusting the length of the cord. 【請求項17】 前記ペルチェモジュールの発熱側で生じる熱を水冷する水冷機構を備えることを特徴とする請求項5または請求項6に記載の幼児用補助装置。 17. infant aid of claim 5 or claim 6, characterized in that it comprises a water-cooling mechanism for water-cooling heat generated in the heating side of the Peltier module. 【請求項18】 前記ペルチェモジュールの吸熱側で生じる結露を集水する結露水貯留タンクが設けられていることを特徴とする請求項5ないし請求項17のいずれかに記載の幼児用補助装置。 18. infant assisting apparatus according to any of claims 5 to 17, characterized in that condensation water storage tank for collecting the condensation produced by the heat absorption side of the Peltier module is provided. 【請求項19】 結露水貯留タンク内に吸水材が配置されていることを特徴とする請求項18に記載の幼児用補助装置。 19. infant aid of claim 18, wherein the water absorbing member is disposed in the condensed water storage tank.
JP2001222497A 2001-07-24 2001-07-24 Infant auxiliary device Pending JP2003034167A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001222497A JP2003034167A (en) 2001-07-24 2001-07-24 Infant auxiliary device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001222497A JP2003034167A (en) 2001-07-24 2001-07-24 Infant auxiliary device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003034167A true true JP2003034167A (en) 2003-02-04

Family

ID=19055970

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001222497A Pending JP2003034167A (en) 2001-07-24 2001-07-24 Infant auxiliary device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003034167A (en)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007085683A (en) * 2005-09-26 2007-04-05 Hitachi Industrial Equipment Systems Co Ltd Air cleaning device and air cleaning system using the same
JP2007240046A (en) * 2006-03-07 2007-09-20 Denso Corp Air conditioner
JP2009240507A (en) * 2008-03-31 2009-10-22 Honda Motor Co Ltd Temperature control seat
JP2010006174A (en) * 2008-06-25 2010-01-14 Denso Corp Vehicular seat
JP2011230529A (en) * 2010-04-23 2011-11-17 Denso Corp Vehicular air conditioning control system for infant and vehicle equipped with the system
US8176741B2 (en) 2007-01-11 2012-05-15 Denso Corporation Local air conditioning system for vehicle and method of controlling local air conditioning unit
KR101565107B1 (en) 2015-07-27 2015-11-02 주식회사 쁘레베베 Safety Car Seat for Infant Having Cooling And Heating Function
WO2016157733A1 (en) * 2015-03-31 2016-10-06 ソニー株式会社 Light source device and temperature control method

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007085683A (en) * 2005-09-26 2007-04-05 Hitachi Industrial Equipment Systems Co Ltd Air cleaning device and air cleaning system using the same
JP4699846B2 (en) * 2005-09-26 2011-06-15 株式会社日立産機システム Air cleaning device and an air cleaning system using the same
JP2007240046A (en) * 2006-03-07 2007-09-20 Denso Corp Air conditioner
US7832214B2 (en) 2006-03-07 2010-11-16 Denso Corporation Air-conditioning device
US8176741B2 (en) 2007-01-11 2012-05-15 Denso Corporation Local air conditioning system for vehicle and method of controlling local air conditioning unit
JP4499167B2 (en) * 2008-03-31 2010-07-07 本田技研工業株式会社 Temperature control sheet
JP2009240507A (en) * 2008-03-31 2009-10-22 Honda Motor Co Ltd Temperature control seat
JP2010006174A (en) * 2008-06-25 2010-01-14 Denso Corp Vehicular seat
JP2011230529A (en) * 2010-04-23 2011-11-17 Denso Corp Vehicular air conditioning control system for infant and vehicle equipped with the system
WO2016157733A1 (en) * 2015-03-31 2016-10-06 ソニー株式会社 Light source device and temperature control method
KR101565107B1 (en) 2015-07-27 2015-11-02 주식회사 쁘레베베 Safety Car Seat for Infant Having Cooling And Heating Function

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6988770B2 (en) Arrangement and method for providing an air flow within an upholstered seat
US20050011692A1 (en) Vehicular electrical equipment unit heating and cooling system and hybrid vehicle
US6094927A (en) Cooling structure an electric vehicle
US5626021A (en) Variable temperature seat climate control system
US6315069B1 (en) Positioning structure of a battery cooling duct for a vehicle
US20090280395A1 (en) Battery Thermal System for Vehicle
US20070089442A1 (en) Temperature control system for a vehicle battery
US20090071178A1 (en) Vehicle HVAC and Battery Thermal Management
US20050200166A1 (en) Vehicle seat with cooling/heating device
US7828050B2 (en) Vehicle seat air-conditioner and vehicle temperature controller
US20080139102A1 (en) Battery Pack and HVAC Air Handling and Controls
US7635040B2 (en) Cooling system for battery unit and motor control unit of hybrid vehicle
US20060254284A1 (en) Seat air conditioning unit
JP2004001683A (en) Cooling structure of automobile battery, automobile battery system, and automobile
US20070000255A1 (en) Autonomous air-conditioning module intended particularly for the thermal treatment of an area of a vehicle cabin
JP2006335244A (en) Power supply device for vehicle
US20100187211A1 (en) Vehicle cabin heating system
JP2008062875A (en) Battery cooling system for vehicle
JP2012044813A (en) Vehicle power supply
JP2002231321A (en) Battery-cooling device for vehicle
JP2003079003A (en) High-voltage electric cooling device for vehicle
JP2003300419A (en) Battery mounting structure for vehicle
JP2006076398A (en) Seat heating/cooling device
JP2003299551A (en) Air-conditioned seat unit
JP2008092696A (en) Electric vehicle and vehicle charging system

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050512

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20071005

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20071016

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071119

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20080226