JP2002162967A - Communication terminal device and termination sound reproducing method - Google Patents

Communication terminal device and termination sound reproducing method

Info

Publication number
JP2002162967A
JP2002162967A JP2000360259A JP2000360259A JP2002162967A JP 2002162967 A JP2002162967 A JP 2002162967A JP 2000360259 A JP2000360259 A JP 2000360259A JP 2000360259 A JP2000360259 A JP 2000360259A JP 2002162967 A JP2002162967 A JP 2002162967A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sound
plurality
name
communication terminal
names
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2000360259A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hiroshi Shirakawa
浩 白川
Original Assignee
Sony Corp
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sony Corp, ソニー株式会社 filed Critical Sony Corp
Priority to JP2000360259A priority Critical patent/JP2002162967A/en
Publication of JP2002162967A publication Critical patent/JP2002162967A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To easily change a termination sound pattern by callers and to make the termination sound musically natural.
SOLUTION: A portable telephone is equipped with a sound source 12 and a sounder 13 for outputting a sound to the outside, a ROM 6 which holds a scale table TB1 wherein numerals and multiple kinds of timbres are made to correspond to each other, and a termination phrase synthesis part 32 which converts the telephone number of a caller of termination into multiple sound names according to the scale table TB1, allocates the sound names within a specific number of measures according to a rhythm table TB2 held in the ROM 6, and repeatedly reproduce the specific number of measures where the sound name is allocated as a unit to output them as a termination sound by the sounder 13.
COPYRIGHT: (C)2002,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、着信時に着信音を出力する通信端末装置及びそのような通信端末装置が着信音を出力するための着信音再生方法に関し、詳しくは、携帯型の電話装置の適用に好適な通信端末装置及び着信音再生方法に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention relates to a ring tone reproduction method for a communication terminal apparatus and such a communication terminal device outputs a ring tone and outputs a ring tone when a call, particularly, portable telephone device regarding suitable communication terminal apparatus and ringtone reproducing method applied.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来より、携帯電話等では、他の携帯電話への着信の区別や発信者の区別をするために、着信パターンを変化させることができるようになっている。 Conventionally, in a portable telephone or the like, in order to distinguish distinction and caller incoming call to another mobile phone, and is capable of changing the incoming pattern. 着信パターンを変化させることとしては、着信音或いは着信メロディ(いわゆる着メロ、以下、単に着信音という場合も含む。)の再生パターンを変化させることや、着信表示用のLED(Light Emitting Diode)の発光パターンを変化させることが挙げられる。 As changing the incoming pattern, ringtone or ringtone (so-called ringtones, hereinafter simply contain. Referred ringtone) or changing the reproduction pattern of light emission of LED for incoming display (Light Emitting Diode) It includes changing the pattern. 例えば、このような着信パターンを特定の電話番号に対応させて設定することにより、受信者は、電話に出ることなく発信者を特定することができるようになる。 For example, by setting in correspondence of such incoming pattern to a specific phone number, the recipient will be able to identify the caller without having to leave the phone. これにより、例えば、 As a result, for example,
着信音により、折り畳み型の携帯電話においては開く前に発信者を知ることができ、或いはバック等に携帯電話をしまった状態で発信者を知ることができる。 The ring tone, folding type of can know the caller before you open in a mobile phone, or it is possible to know the caller in a state in which the shut a mobile phone to the back or the like.

【0003】このようなことから、着信パターンの種類を多くすることが発信者の特定を容易にするので、着信パターンの設定手法について種々の提案がなされている。 [0003] For this reason, since increasing the number of types of incoming pattern facilitates the specific originator, various proposals have been made for the method of setting the incoming patterns.

【0004】例えば、携帯電話には、予め複数種類の着信パターンを内蔵しているものがある。 [0004] For example, in mobile phones, there is one that incorporates a previously plurality of types of incoming patterns. 例えば、着信音のパターンや着信表示用のLEDの発光パターンについて複数種類内蔵しているものがあり、それらがユーザーにより選択可能とされている。 For example, while others have more than one type built for LED light emission pattern for the pattern and incoming call indicator ringtone, they are made selectable by the user.

【0005】また、携帯電話には、ユーザーがキーを操作して、オリジナルのメロディーを着信音として入力することができるものもある。 [0005] In addition, the mobile phone, the user operates the key, some of which it is possible to input the original melody as a ringtone. この場合、ユーザーは、本を見ながらキー操作によりメロディーを入力する。 In this case, the user inputs a melody by a key operation while looking at the book. また、このような機能により、ユーザーは、自作の曲を着メロとして入力することができるので、着信時には、発信者を特定することの他に、再生されるメロディーを楽しむことができるようになる。 Also, such a function, the user can be input songs own as ringtones, when receiving a call, in addition to identifying the caller, it is possible to enjoy a melody to be played.

【0006】さらに、携帯電話には、ユーザーがいわゆるインターネット等から着メロをダウンロードして取得することができるものもある。 [0006] In addition, the mobile phone, there are also things that the user can get to download the ringtones from the so-called Internet or the like.

【0007】 [0007]

【発明が解決しようとする課題】ところで、上述したように着信パターンの設定手法が種々提案されているが、 [SUMMARY OF THE INVENTION Incidentally, the configuration method of the incoming pattern as described above have been proposed,
設定に手間がかかる等の種々の問題がある。 Setting There are various problems such as time-consuming to.

【0008】すなわち、内蔵している着信パターンを設定する機能の場合には、予め電話番号と対応付けするといったような所定の設定操作がユーザーに要求される。 Namely, when the function of setting the incoming patterns are built, predetermined setting operation, such as that associated with pre telephone number is requested to the user.
さらに、このような着信パターンが内蔵されている場合には、設定可能とされるパターンにも制限がある。 Furthermore, if such an incoming pattern is built in, there is a limitation on the pattern that is configurable.

【0009】また、キー操作によりメロディーを入力する場合には、音楽的な知識を有するユーザーは別として、その入力が思うようにできない場合がある。 [0009] In addition, in the case of entering the melody by a key operation, as another user with the musical knowledge, there is a case that can not be so that the input think. また、 Also,
ダウンロードにより着信音を取得する場合には、課金され、金がかかってしまう。 If you get a ringing tone by downloading, be charged, it takes money.

【0010】さらに、自作でメロディーを入力する場合には、音源が多音化してきた場合には、UI(ユーザーインターフェース)も複雑になり、入力に手間がかかる。 [0010] In addition, in the case of entering the melody in your own, if the sound source has been polyphonic reduction is, UI becomes a (user interface) is also complicated, takes time to input. これでは、入力機能の使用をユーザーが敬遠する原因になる。 This consists of the use of the input function to cause the user avoided. さらに、そのような複雑なUIは、設計面においても、時間と労力が必要になる。 Moreover, such complex UI, even in the design surface, will require time and effort.

【0011】そこで、本発明は、上述の実情に鑑みてなされたものであり、発信者毎に着信音パターンを容易に変化させることができるとともに、そのような着信音が音楽的にも自然なものである通信端末装置及び着信音再生方法を提供することを目的としている。 [0011] The present invention has been made in view of the circumstances described above, with the ringtone pattern for each caller can be easily changed, such ringtone is also natural to musical and its object is to provide a communication terminal apparatus and ringtone reproducing method is intended.

【0012】 [0012]

【課題を解決するための手段】本発明に係る通信端末装置は、上述の課題を解決するために、情報を構成する要素と複数種類の音名との対応付けが保持されている記憶手段と、記憶手段が保持する対応付けに基づいて、着信した発信者の固有の情報を複数の音名に変換し、この複数の音名を所定数の小節内に割り当てる音名変換手段と、音名変換手段において音名が割り当てられた所定数の小節を単位として繰り返して再生して音出力手段により着信音として出力する着信音出力手段とを備える。 Communication terminal device according to the present invention SUMMARY OF THE INVENTION In order to solve the above problems, a storage unit association between elements and a plurality of types of pitch names which constitute the information is retained , based on the association of the storage means holds, converts the specific information incoming callers to a plurality of sound names, sound names converting means for assigning the plurality of pitch name in a predetermined number of the measure, the pitch name and a ringtone output unit configured to output a ringtone by the sound outputting means to play repeatedly a predetermined number of measures the sound name is assigned in the conversion means as a unit.

【0013】このような構成を備えた通信端末装置は、 [0013] communication terminal apparatus having such a structure,
情報を構成する要素と複数種類の音名との対応付けが記憶手段に保持されており、この対応付けに基づいて、着信した発信者の固有の情報を複数の音名に変換し、この複数の音名を所定数の小節内に音名変換手段により割り当て、着信音出力手段により、音名変換手段において音名が割り当てられた所定数の小節を単位として繰り返して再生して音出力手段にて着信音として出力する。 Association between elements and a plurality of types of pitch names which constitute the information is held in the storage means, on the basis of this correspondence, converts the specific information incoming callers to a plurality of pitch names, the plurality the pitch name converting means into a predetermined number within the measure the pitch names of the assignment, the ringtone output unit, a predetermined number of measures the sound name is assigned in the note name converting means to the sound output unit to play repeatedly as a unit and outputs it as a ringtone Te.

【0014】これにより、通信端末装置は、発信者の固有の情報により得た音名を、所定数の小節に割り当てて、その割り当てた所定数の小節を単位として繰り返し再生した着信音を出力する。 [0014] Thus, the communication terminal apparatus, a sound name obtained by the intrinsic information of the caller, by assigning a predetermined number of measures, and outputs the ring tone played repeatedly its assigned predetermined number of measures as a unit .

【0015】また、本発明に係る着信音再生方法は、上述の課題を解決するために、情報を構成する要素と複数種類の音名との対応付けに基づいて、着信した発信者の固有の情報を複数の音名に変換する変換工程と、変換工程にて変換された複数の音名を所定数の小節内に割り当てる割当て工程と、割当て工程にて音名が割り当てられた所定数の小節を単位として繰り返して再生して音出力手段により着信音として出力する着信音出力工程とを有する。 Further, ringtone reproducing method according to the present invention, in order to solve the problems described above, based on the association between elements and a plurality of types of pitch names which constitute the information, caller-specific of that arrived conversion process and the allocation step for allocating a plurality of pitch names converted by the conversion step to a predetermined number of the bars, a predetermined number of the assigned pitch names in assignment process measure of converting the information into a plurality of pitch names the reproduced repeatedly as a unit and a ringtone output step of outputting as a ringtone by sound output means.

【0016】これにより、着信音再生方法は、発信者の固有の情報により得た音名を、所定数の小節に割り当てて、その割り当てた所定数の小節を単位として繰り返し再生した着信音を出力する。 [0016] Thus, the ring tone reproduction method, a pitch name obtained by the intrinsic information of the caller, by assigning a predetermined number of measures, the allocation is repeated reproduced outputs a ring tone a predetermined number of bars as a unit to.

【0017】 [0017]

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態について図面を用いて詳細に説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, will be described in detail with reference to the drawings showing preferred embodiments of the present invention. この実施の形態は、本発明を、携帯型の電話装置であるいわゆる携帯電話に適用したものである。 In this embodiment, the present invention is applied to a so-called portable telephone is a portable telephone device.

【0018】携帯電話は、図1に示すように、アンテナ1、送受信切換部2、送信部3、受信部4、信号処理部20、RAM(Random Access Memory)5、ROM(Re The mobile phone, as shown in FIG. 1, an antenna 1, transmission and reception switching unit 2, transmission unit 3, reception unit 4, signal processing unit 20, RAM (Random Access Memory) 5, ROM (Re
ad Only Memory)6、表示部7、アンプ8,9、マイク10、レシバー11、音源12、サウンダー13及び操作部14を備えている。 ad Only Memory) 6, a display unit 7, an amplifier 8 and 9, a microphone 10, Reshiba 11, tone generator 12, a sounder 13 and the operation unit 14.

【0019】ここで、信号処理部20については、DS [0019] Here, the signal processing unit 20, DS
P(Digital Signal Processor)21、コーデック22 P (Digital Signal Processor) 21, codec 22
及びCPU23を備えている。 And a CPU23. また、CPU23については、図2に示すように、電話番号抽出部31及び着信フレーズ合成部32を備えている。 As for the CPU 23, as shown in FIG. 2, and a telephone number extraction unit 31 and the incoming phrase synthesizer 32. また、ROM6は、 In addition, the ROM6,
音階テーブルTB1及びリズムテーブルTB1を備えている。 It is equipped with a scale table TB1 and rhythm table TB1.

【0020】このような携帯電話の構成において、音源12及びサウンダー13は、音を外部出力する音出力手段として機能し、ROM6は、情報を構成する要素とされる数字と複数種類の音名との対応付けが保持されている記憶手段として機能し、着信フレーズ合成部32は、 [0020] In such a configuration of the mobile phone, the sound source 12 and the sounder 13, the sound acts as a sound output means for externally outputting, ROM 6, the numbers and a plurality of types of sound names are elements constituting the information and the association functions as a storage unit that is held, the incoming phrases synthesizing unit 32,
ROM6が保持する対応付けに基づいて、着信した発信者の固有の情報としての電話番号を複数の音名に変換し、この複数の音名を所定数の小節内に割り当てる音名変換手段としての機能及び音名変換手段としての機能において音名が割り当てられた所定数の小節を単位として繰り返して再生して上述の音出力手段により着信音として出力する着信音出力手段としての機能を有している。 ROM6 based on correspondence held by, the telephone number of a specific information incoming callers more into a note name, as a sound name conversion means for assigning the plurality of pitch name in a predetermined number within the measure function and repeatedly playing as a unit of a predetermined number of measures the sound name is assigned in function of the pitch name converting means has a function as a ringtone output unit configured to output a ringtone by the above-described sound output means there.

【0021】このように構成されている携帯電話について、先ず、発信元或いは呼出し元としての発呼動作及び受信側としての着信動作を説明する。 [0021] The mobile phone is configured in this manner, first, describing the incoming operation for the calling operation and the receiving side as a source or a caller. 先ず、携帯電話の発呼動作について説明する。 First, a description will be given of calling the operation of the mobile phone.

【0022】通話を行う場合、発信時には、相手先の電話番号の入力か、RAM5に登録されている電話番号を呼び出すための操作部14のキー操作がユーザーによってなされる。 [0022] When making a call, at the time of transmission is, whether the input of the other party's phone number, key operation of the operation unit 14 for calling a phone number that has been registered in RAM5 is made by the user. ここで、ユーザーによってなされるキー操作は、例えば、短縮ダイヤル番号又はダイヤル番号のキー操作である。 Here, the key operation made by the user, for example, a key operation of the speed-dial number, or dial number. CPU30は、このキー操作に応じて送信部5及び送受信切換部2を介して、アンテナ1から発信要求或いは接続要求を発信し、回線に接続する。 CPU30 via the transmitting section 5 and the transmission and reception switching unit 2 in response to this key operation, transmits an outgoing request or connection request from the antenna 1 is connected to the line.

【0023】また、着信時には、CPU30は、アンテナ1、送受信切換部2及び受信部4を介して着呼信号を受信すると、サウンダー13によって着信音を鳴動させる。 Further, when receiving a call, the CPU 30 includes an antenna 1 receives the incoming call signal via the transmitting and receiving switching unit 2 and the receiving unit 4, thereby sounding the ring tone by the sounder 13. 具体的には、CPU30は、音源12を制御して、 Specifically, CPU30 controls the sound source 12,
所定の着信音を後段のサウンダー13から出力する。 Outputs a predetermined ringtone from the subsequent sounder 13. さらにこのとき、CPU30は、表示部7への着信表示も行う。 In this case further, CPU 30 also performs call displayed on the display section 7. 例えば、表示部7に表示される着信表示については、発信者の氏名や電話番号等である。 For example, for the incoming display displayed on the display unit 7 is a like caller's name and phone number. ここで、着信音については、本発明により実現される要部であり、後で詳述する。 Here, ringtones are main portion which is realized by the present invention will be described in detail later.

【0024】このようにしてサウンダー13から出力された着信音を聞いたユーザーは、操作部14により着信応答操作をする。 The user hearing the ring tone output from the sounder 13 in this way, the incoming call response operation by the operation unit 14. 例えば、着信応答操作は、所定のボタンが操作されることによりなされる。 For example, incoming call response operation is made by a predetermined button is operated. そして、このような着信応答操作がなされるまで、CPU30は、サウンダー13から継続して着信音を出力する。 Until such incoming response operation is performed, CPU 30 outputs the ringtone continuously from the sounder 13.

【0025】着信応答操作がなされた場合、CPU30 [0025] If the incoming call response operation is performed, CPU30
は、送信部3、送受信切換部2及びアンテナ1からの着呼信号を発信し、回線を接続する。 The transmission unit 3, transmits an incoming call signal from the transmission and reception switching unit 2 and the antenna 1, the line is connected.

【0026】回線が接続された後は、携帯電話を構成する各部は、回線切断操作が行われるまで通話可能状態を維持するように動作する。 [0026] After the line is connected, each unit constituting the mobile phone operates to maintain the call state until the line disconnection operation is performed. 通話状態において、携帯電話の各部は次のように動作する。 In the call state, each part of the mobile phone operates as follows.

【0027】通話内容を発信する場合は、携帯電話は次のように動作する。 [0027] If you want to place a call content, mobile phone operates in the following manner. マイク10から音声が入力され、マイク10から出力された音声信号は、アンプ8にて増幅される。 Voice input from the microphone 10, the audio signal outputted from the microphone 10 is amplified by the amplifier 8. アンプ8にて増幅された音声信号は、コーデック22において符号化されて、CPU30によって制御されるDSP21においてデジタルデータ処理がなされ、送信部3、送受信切換部2及びアンテナ1を介して回線上に送信される。 Audio signal amplified by the amplifier 8 is encoded in the codec 22, sent in DSP21 controlled by CPU30 digital data processing is performed, the transmission unit 3, via the transmission and reception switching unit 2 and the antenna 1 on the line It is.

【0028】一方、相手からの通話内容を受信する場合には、携帯電話は次のように動作する。 [0028] On the other hand, in the case of receiving a call content from the other party, the mobile phone will operate in the following manner. アンテナ1、送受信切換部2及び受信部4を介して入力されて相手からの通話データは、CPU30にて制御されるDSP21 Antenna 1, the call data from the transmission and reception switching unit 2, and is input via the reception section 4 partner is controlled by CPU 30 DSP 21
においてデジタルデータ処理がなされ、コーデック22 Digital data processing is performed in the codec 22
にて音声信号として復号される。 It is decoded as an audio signal at. コーデック22にて復号された音声信号は、アンプ9にて増幅されて音声としてレシーバ11から出力される。 Audio signal decoded by the codec 22, is amplified by the amplifier 9 is outputted from the receiver 11 as a voice.

【0029】以上のように携帯電話は発呼動作及び着信動作をする。 [0029] The mobile phone as described above to the calling operation and receiving operation. 次に、本発明により実現される着信音の生成について説明する。 Next, discussion will be made on generation of the ringing tones that are realized by the present invention.

【0030】CPU30は、図2に示すように、電話番号抽出部31及び着信フレーズ合成部32を備えており、電話番号抽出部31は、着信時に、受信部4から出力される情報から発信者の電話番号を抽出する。 The CPU30, as shown in FIG. 2, includes the telephone number extractor 31 and the incoming phrase synthesizer 32, the telephone number extractor unit 31, when the incoming caller from the information output from the receiving unit 4 to extract the phone number. 着信フレーズ合成部32では、電話番号抽出部31により抽出された電話番号に基づいて、着信音として出力されるメロディー(いわゆる着メロ)を生成する。 The called phrase synthesizer 32, based on the telephone number extracted by the telephone number extraction unit 31 generates a melody (so-called ringtone) output as a ringtone.

【0031】この着信フレーズ合成部32は、メロディアスなものとして、電話番号に基づいた着信音用のメロディーを生成する。 [0031] The incoming phrase synthesis section 32, as the melody of Us, to generate the melody for incoming sound that is based on the phone number. 具体的には、着信フレーズ合成部3 Specifically, the incoming phrases synthesis section 3
2は、ROM6に記憶されている音楽素材に基づいてメロディーを生成する。 2 generates a melody based on the music material stored in the ROM 6.

【0032】人間が任意の音名の配列、すなわち音階をメロディアスに聞くことができる条件としては、音の配列(音階)及び音の長さ(リズム)の2つが必要になると言える。 The human sequence of any of the sound name, that is, as the conditions that can be heard the scale melodious, two sequences of sound (musical scale) and length of the sound (rhythm) said to be required. ROM6には、そのような最低限の条件を満たすメロディーを生成するための音楽素材の情報としてのテーブルが用意されている。 The ROM 6, a table as information of music material for producing such minimal satisfy melodies are prepared.

【0033】具体的には、ROM6は、図2に示すように、音階テーブルTB1及びリズムテーブルTB2を備えており、音階テーブルTB1には、数字と音名とが対応されて登録されており、リズムテーブルTB2には、 [0033] Specifically, ROM 6, as shown in FIG. 2, has a scale table TB1 and rhythm table TB2, on the scale table TB1, and the number and pitch name is registered is correspondence, the rhythm table TB2,
リズムが登録されている。 Rhythm has been registered. この音階テーブルTB1及びリズムテーブルTB2は、音楽素材の情報源を構成する。 The scale table TB1 and rhythm table TB2 constitutes a source of music material. 先ず、音階テーブルTB1について詳細に説明する。 First, it will be described in detail scale table TB1.

【0034】音階テーブルTB1は、数字を音階として表現するためのテーブルであり、すなわち数字と音名とが対応されているテーブルである。 The scale table TB1 is a table to represent the number as a musical scale, that is, a table in which the numbers and note names are corresponding. そして、実際には、 And, in fact,
音階テーブルTB1は、数字と音名との対応付け(或いは組合せ)のパターンが異なる複数種類のテーブルとして用意されている。 Scale table TB1, the pattern of correspondence between numbers and tone name (or a combination) are prepared as different kinds of tables. そして、このように数字と音名との対応付けが異なるパターンのテーブルは、選択可能とされており、その選択は、自動的或いはユーザーの手動によって選択可能とされている。 Then, the table of correspondence is different pattern of thus number and pitch names are be selected, the selection is a selectable by automatic or manual user. 以下、音階テーブルTB Below, the scale table TB
1において採用している数字と音名の対応付けについて具体的に説明する。 It will be specifically described the association of numbers and note name has been adopted in 1.

【0035】音階テーブルTB1としては、音楽的なスケール(音階)を使用して、数字と音名とを対応させる。 [0035] As the scale table TB1, using the musical scale (scale), to correspond to the numbers and note name. ここで、音階とは、音程をある一定の規則的な順序に並べたものをいう。 Here, the scale refers to those arranged in a predetermined regular order with the pitch. そして、異なるスケールを使用して、数字と音名とが対応付けさせて、複数のテーブルを用意している。 Then, using a different scale, let me correlated the numbers and note name, has been preparing a plurality of tables. 以下に、種々のスケールにより形成される数字と音名とのテーブルの例について説明する。 Hereinafter, an example of the table of numbers and tone name defined by a variety of scales. 例えば、メジャースケールに基づいて、下記の表に示すように数字と音名とが対応付けされたテーブルを用意している。 For example, based on the major scale, and preparing a table of the numbers and pitch name is associated as shown in the table below. ここでは、1,2,・・・,8,9,0の数字に対して、1度から10度のハ長調で音名を対応付けする。 Here, 1, 2, ..., with respect to the numbers of 8,9,0, it is associated with a sound name in C major of 10 degrees from one degree.
すなわち、1,2,・・・,8,9,0の数字に対して規則的に音名を対応付けする。 In other words, 1, 2, ..., be associated with the regular sound name for the numbers of 8,9,0.

【0036】 [0036]

【表1】 [Table 1]

【0037】このメジャースケールによる音階は、なじみ深い音階であるので、このメジャースケールに基づいて対応付けされた数字と音名とを使用した場合、任意の数列の組合せとして構成される音名の組合せは、メロディー的に不協とはならない。 The scale of this major scale, because it is familiar scale, if you use the numbers and note names that are associated with each other on the basis of the major scale, the combination of the composed sound name as a combination of any of the sequence is not a melody to non-cooperation.

【0038】また、1,2,・・・,8,9,0の数字に対して不規則に音名を対応付けするスケールを使用してテーブルを構成することもできる。 [0038] In addition, 1, 2,..., It is also possible to configure a table using a scale that associated with irregular sound name for the numbers of 8,9,0. そのようなスケールとしては、5音階よりなるいわゆるペンタトニックスケールがある。 Such scale is the so-called pentatonic scale consisting 5 scale. ペンタトニックスケールは、所定の音名を除くことによって実現されるスケールと言える。 Pentatonic scale, it can be said that the scale to be achieved by removing a predetermined sound names.

【0039】ペンタトニックスケールを使用することにより、5音階よりなる音名を1,2,・・・8,9,0 [0039] By using the pentatonic scale, 1, 2, a sound name consisting of 5 scale, ... 8,9,0
の数字に対応付けすることができ、これにより、1〜0 It can be associated with a number, this way, 1-0
の音階に2オクターブの帯域を持たせることが可能になる。 It is possible to have a band of 2 octaves of the scale. このようなペンタトニックスケールに基づいて対応付けされた数字と音名とを使用した場合、任意の数列の組合せとして構成される音名の組合せは、比較的自然に聞こえるメロディーを構成する。 Such pentatonic when using the name associated digits and sound based on the scale, the combination of the configured note name as a combination of any of the sequence constitutes the melody sounds relatively natural.

【0040】例えば、ペンタトニックスケールとしては、ブルーノートペンタトニックスケール、いわゆる沖縄音階のスケール或いは中国風の音階のスケールが挙げられる。 [0040] For example, as the pentatonic scale, Blue Note pentatonic scale, the scale of the scale of the scale or the Chinese style of the so-called Okinawa scale and the like.

【0041】ブルーノートペンタトニックスケールに基づいた数字と音名との対応付けは下記の表のようになる。 The association of the Blue Note Pentatonic numbers and sound name based on the scale is as shown in the table below.

【0042】 [0042]

【表2】 [Table 2]

【0043】例えば、この表示に示す例は、Cのブルーノートによるものである。 [0043] For example, the example shown in the display is due to blue notes C. このようなブルーノートペンタトニックスケールに基づいた場合、任意の数列の組合せとして構成される音名の組合せは、ブルースがかった渋みのあるフレーズを奏でるメロディーになる。 If it based on such Blue Note pentatonic scale, the combination of the composed sound name as a combination of any of the sequence is composed of the melody played by a phrase with a blues-tinged astringent.

【0044】また、いわゆる沖縄音階のスケールに基づいた数字と音名との対応付けは下記の表のようになる。 [0044] In addition, the association between the number and sound name based on the scale of the so-called Okinawa scale is as shown in the table below.

【0045】 [0045]

【表3】 [Table 3]

【0046】このような沖縄音階のスケールに基づいた場合、任意の数列の組合せとして構成される音名の組合せは、沖縄音楽風のフレーズを奏でるメロディーになる。 [0046] In the case based on the scale of such Okinawa scale, the combination of the composed sound name as a combination of any of the sequence is composed of the melody played by the phrase of Okinawan music style.

【0047】また、中国風の音階のスケールに基づいた数字と音名との対応付けは下記の表のようになる。 [0047] In addition, the association between the number and sound name based on the scale of the scale of the Chinese style is as shown in the table below.

【0048】 [0048]

【表4】 [Table 4]

【0049】このような中国風の音階のスケールに基づいた場合、任意の数列の組合せとして構成される音名の組合せは、中国音楽風のフレーズを奏でるメロディーになる。 [0049] In the case based on the scale of such Chinese-style scale, the combination of the composed sound name as a combination of any of the sequence, the melody played by the phrase of Chinese music style.

【0050】また、近年、携帯電話には、和音として着メロが出力される機能を有するものもある。 [0050] In addition, in recent years, in mobile phones, some of which has a function of ringtones is output as a chord. 例えば、そのような携帯電話では、着信音用の音源を和音対応とすることによって、和音とされた着メロの出力を実現している。 For example, in such a mobile phone, by the sound source for incoming sound and chord corresponding, they realize an output of ringtones is a chord.

【0051】例えば、本発明の実施の形態では、コードルート(和音の根音)とするメジャーコードを数字に割り当てたテーブルも用意し、これにより、着信音を和音演奏することを可能としている。 [0051] For example, in the embodiment of the present invention, also prepared a table assigning a major chord to the figures of the chord root (root of a chord), thereby, it is made possible to play chords ringtone.

【0052】また、このような和音を数字に割り当てるような場合において、コードタイプを、マイナーコード、7thコードにすることもできる。 [0052] In the case that allocates such chord numbers, code type, may also be a minor chord, 7th code. これにより、和音の響きに変化を与えることが可能になり、和音の趣を変えることができるようになる。 Thus, it is possible that changes the sound of the chord, it is possible to change the flavor of the chords.

【0053】また、このように数字に和音を割り当てる場合でも、上述したよう数種類のスケールから選べるようにできることは言うまでもない。 [0053] Also, even when assigning chord numbers in this way, it is needless to say that as choose from several types of scale as described above.

【0054】以上のように、音階テーブルTB1は、種々のスケールに基づいて数字と音名とが対応付けされた複数種類のテーブルとして構成されている。 [0054] As described above, the scale table TB1 is a number and pitch name on the basis of the various scales are configured as a plurality of types of tables that are associated. 次に、リズムテーブルTB2について詳細に説明する。 Next, the rhythm table TB2 will be described in detail.

【0055】リズムテーブルTB2は、リズムパターンを規定するテーブルである。 [0055] rhythm table TB2 is a table that defines the rhythm pattern.

【0056】例えば、一般には、上述したように数字と音名とを対応付けし、着信した電話番号についてそのような対応付けに基づいて変換して得られる複数の音名(以下、音名列という。)をそのまま等速度で再生することが考えられる。 [0056] For example, in general, and associates the number and pitch name as described above, a plurality of pitch names obtained by converting, based on such correspondence for incoming telephone number (hereinafter, pitch name column that.) to play can be considered as it is at a constant speed. しかし、これでは、再生されるメロディーは、単調になり、また4拍子等音楽的に切りの良い拍子にならない。 However, this is a melody to be reproduced, becomes monotonous, also not a 4 beat, etc. musically good off beat.

【0057】リズムテーブルTB2は、そのように再生されることをなくし、電話番号を変換して得た複数の音名列を音楽的に再生するようにしている。 [0057] rhythm table TB2 eliminates the be played as such, so that reproducing a plurality of sound Name column obtained by converting the telephone number musically. すなわち、リズムテーブルTB2は、音名列を音楽的に発音させるためのリズムのルールを規定するものである。 In other words, the rhythm table TB2 is intended to define the rhythm of the rules for sounding the note name column musically. ここで、上述の再生が等速度としては、音符的に同じ長さの再生等が挙げられる。 Here, the constant velocity is above reproduction include notes to play like the same length.

【0058】リズムのルールとして、例えば、4/4拍子を基本ビートとして採用している。 [0058] as the rhythm of the rules, for example, we have adopted a 4/4 time signature as the basic beat. そして、4/4拍子の場合、最低4小節単位の区切りは必要であることから、10桁或いは11桁或いは将来的には12桁も考えられるが、そのような桁数の電話番号により音名列が生成されることを前提とすれば、1フレーズの小節単位としては、1小節、2小節或いは4小節が候補になる。 When the 4/4 time signature, since a minimum of 4 delimited measure units are required, 10-digit or 11-digit or is in the future conceivable 12 digits, pitch names by such digits of a telephone number assuming that the sequence is generated, as the measure units of one phrase, one measure, two measures or four bars become candidates. これにより、実際の場面においては、このような1小節、 Thus, the actual situation, such one measure,
2小節或いは4小節が単位とされた1フレーズが、着信応答操作がなされるまで繰り返し再生されるようになる。 One phrase two bars or four bars is a unit, repeatedly made to be played to incoming call response operation is performed.

【0059】そして、このリズムテーブルTB2は、複数種類のリズムテーブルによって構成されている。 [0059] Then, the rhythm table TB2 is constituted by a plurality of types of rhythm table. すなわち、リズムテーブルTB2は、種々のリズムパターンをリズムテーブルとして用意している。 That is, the rhythm table TB2 are prepared various rhythm patterns as rhythm table. 以下に、用意するリズムテーブルの具体例について説明する。 Hereinafter, a specific example of the rhythm table to be prepared.

【0060】例えば、電話番号に基づいて得た音名列を2小節を1フレーズとして割り当てたリズムテーブルを用意している。 [0060] for example, it has prepared a rhythm table you assign the sound Name column obtained on the basis of the phone number as the one phrase the two measures.

【0061】この場合において、現行の携帯電話の電話番号のように、電話番号の桁数が10桁のときには、図3中(A)に示すような1フレーズのリズムテーブルを用意する。 [0061] In this case, as the telephone number of the current mobile phone, when the number of digits of the telephone number is 10 digits, providing a one phrase rhythm table as shown in FIG. 3 (A). この図3中(A)に示すように、電話番号の桁数が10桁のときには、10個の8分音符と6個の8 As shown in in FIG. 3 (A), when the number of digits of the telephone number is 10 digits, notes and six 10 8 min 8
分休符とを使用して、それらを適宜配置して、2小節で基本ビートの4/4拍子を満たしているリズムテーブルを用意する。 Using the divided rests, by arranging them as appropriate, to prepare a rhythm table meets the 4/4 basic beat two bars.

【0062】8分音符を使用した場合には、2小節内1 [0062] in the case of using a 8 minutes note, two bars within 1
6個の8分音符を入れることが可能になるが、現行の携帯電話の電話番号のように、10桁であることを前提として、そのような桁数の電話番号に基づいて得た音名列を8分音符とした場合には、8分音符として6個分が余ってしまうので、8分休符を使用して2小節内において基本ビートの4/4拍子を満たすようにしている。 Although it is possible to put six of eighth notes, as in the phone number of the current mobile phone, on the assumption that it is a 10-digit, sound name obtained on the basis of such number of digits of the phone number when columns and eighth notes, so would surplus six minutes as eighth notes, and to meet the 4/4 of the basic beat in the two bars using 8 minutes rest.

【0063】また、電話番号の桁数が11桁のときには、図3中(B)に示すような1フレーズのリズムテーブルを用意する。 [0063] Further, when the number of digits of the telephone number is 11 digits, providing a one phrase rhythm table as shown in FIG. 3 (B). この図3中(B)に示すように、電話番号の桁数が11桁のときには、11個の8分音符と5 As shown in in FIG. 3 (B), when the number of digits of the telephone number is 11 digits, and eleven eighth note 5
個の8分休符とを使用して、それらを適宜配置して、2 Using a number of 8 minutes rest, by arranging them appropriately, 2
小節で基本ビートの4/4拍子を満たしているリズムテーブルを用意する。 To prepare a rhythm table that meets the 4/4 time signature of the basic beat in the bar.

【0064】また、電話番号の桁数が12桁のときには、図3中(C)に示すような1フレーズのリズムテーブルを用意する。 [0064] Further, when the number of digits of the telephone number is 12 digits, providing a one phrase rhythm table as shown in FIG. 3 (C). この図3中(C)に示すように、電話番号の桁数が12桁のときには、12個の8分音符と4 This, as shown in FIG. 3 (C), when the number of digits of the telephone number is 12 digits, and twelve eighth note 4
個の8分休符とを使用して、それらを適宜配置して、2 Using a number of 8 minutes rest, by arranging them appropriately, 2
小節で基本ビートの4/4拍子を満たしているリズムテーブルを用意する。 To prepare a rhythm table that meets the 4/4 time signature of the basic beat in the bar. 図3中(C)に示す例では、電話番号が12桁の場合には、3個の8分音符と1個の8分休符とを一組(2拍子)として、それの組が4組とされたリズムテーブルとしている。 In the example shown in FIG. 3 (C), if the phone number is 12 digits, and three 8-note and one-eighth rest as a set (2 meter), its set of 4 It is a set with rhythm table.

【0065】例えば、現行の電話番号は10桁若しくは11桁であるのが、これに限定されることなく他の桁数についてもリズムテーブルを用意しておく。 [0065] For example, the current telephone number is 10 digits or 11 digits, are prepared the rhythm table for the other digits is not limited to this. 具体的には、上述したように、現行で使用されていない電話番号の桁数が12桁分である場合に対応したリズムテーブルを用意しておく。 Specifically, as described above, it is prepared rhythm table corresponding to the case the number of digits of the phone number that is not used in the current is 12 orders of magnitude. これにより、将来において桁数が増えた場合についても、十分対応が図られるようになる。 Thus, the case where increased digits in the future also, resulting in a sufficiently correspond is achieved.

【0066】以上のように、リズムテーブルTB2の具体例として挙げることができる。 [0066] As described above, can be cited as a specific example of the rhythm table TB2. しかし、これに限定されないことはいうまでもない。 However, of course, not limited thereto.

【0067】例えば、上述の例では、数字に割り付ける音符として8分音符を挙げて説明したが、8分音符を使用することに限定されるものではなく、他の音符、例えば、付点8分音符、16分音符、4分音符、付点4分音符等に数字を割り付けることもできる。 [0067] For example, in the example described above, has been described by way of eighth notes as the notes to be assigned to numbers, is not limited to the use of eighth notes, other notes, for example, 8 minutes point with notes, sixteenth notes, can also be assigned a number to a quarter note, a dotted quarter note, and the like. この場合、所定数の小節(例えば上述したように2小節)に配置し、その配置によっても当該小節内において音楽的に完結するようになされることは言うまでもない。 In this case, it arranged in a predetermined number of measures (e.g., two measures, as described above), it is needless to say that is adapted to musically completed within the measure by this arrangement. このように、使用する音符を任意とすることにより、さまざまなリズムのリズムテーブルを用意することができる。 Thus, by the note to be used with any, it can be prepared rhythm tables of different rhythms. 例えば、4 For example, 4
分音符を使用した12桁の電話番号用のリズムテーブルは、図4に示すようになる。 12-digit rhythm table for telephone number using diaeresis is as shown in FIG.

【0068】また、上述したようなさまざまなリズムテーブルは、携帯電話に予め用意されていることも考えられるが、ユーザーが生成したものとして登録されたものであっても良い。 [0068] Furthermore, various rhythms table as described above, it is considered to have been prepared in advance in the mobile phone, or may be registered as user-generated. 例えば、ユーザーによってリズムテーブルが生成される場合において、ユーザーによって設定可能なリズムテーブルの部分としては、1フレーズの小節数、使用する音符、小節内への音符の配列等が挙げられる。 For example, in the case where the rhythm table by the user is generated, as a part of the rhythm table settable by the user, one phrase number of measures, the note to be used, arranged such notes into the bar and the like.

【0069】また、上述の例では、2小節を単位として1フレーズをなすような場合について説明した。 [0069] In the above example case has been described as forming one phrase of two measures as a unit. しかし、これに限定されるものではなく、フレーズの異なる小節を組み合わせて、1フレーズのリズムテーブルを構成することもできる。 However, the present invention is not limited thereto, a combination of different measures of phrase, it is also possible to configure one phrase rhythm table. 具体的には、図5に示すように、 Specifically, as shown in FIG. 5,
2小節を単位として異なるフレーズA,Bを2つ組み合わせて、4小節単位とする1フレーズのリズムテーブルとする。 Different phrase A two bars as a unit, by combining two B, and one phrase rhythm table to 4 bars. これにより、1フレーズ(4小節内)に電話番号により得た異なるフレーズが複数格納されるようになる。 Thus, as different phrases obtained by phone number one phrase (4 bars) it is more stored. このような原理に基づけば、繰り返しの単位とされる1フレーズの構成する所定数の小節内に電話番号の桁数の倍数の音符を配置したリズムテーブルとすることができる。 Based on this principle, it is possible to rhythm table arranged notes a multiple of the number of digits of the telephone number to a predetermined number of the bars constituting one phrase that is a unit of repetition.

【0070】以上のように、リズムテーブルTB2は、 [0070] As described above, the rhythm table TB2 is,
携帯電話の桁数、各種音符等の組合せとして、種々用意されている。 Mobile phone number of digits, as a combination of various notes, have been variously prepared.

【0071】ROM6には、上述したような音階テーブルTB1及びリズムテーブルTB2が格納されている。 [0071] the ROM6, the scale table TB1 and rhythm table TB2 as described above is stored.
着信音フレーズ合成部32では、このようにROM6に格納されている音階テーブルTB1及びリズムテーブルTB2の設定内容に応じて、着信音の1フレーズを生成する。 In ringtone phrase synthesizer 32, thus depending on the setting of the scale table TB1 and rhythm table TB2 stored in the ROM 6, to generate a one phrase ringtone. 具体的には、着信音フレーズ合成部32は、次のようにして、所望の音楽テーブルTB1及びリズムテーブルTB2に基づいて、着信音の1フレーズを生成する。 Specifically, ringtone phrase synthesis unit 32, as follows, based on the desired music table TB1 and rhythm table TB2, and generates a phrase ringtone.

【0072】ここで、電話番号の変換に使用する音階テーブルTB1及びリズムテーブルTB2の設定については、少なくとも当該電話番号を変換する直前までには予めなされている必要があるが、例えば、その設定については、自動的になされるようにしても良く、ユーザーによって設定されるようにしても良い。 [0072] Here, the setting of the scale table TB1 and rhythm table TB2 used to convert the telephone number, although the time immediately before converting at least the telephone number needs to be made in advance, for example, for the set may also be done automatically, it may be set by the user.

【0073】例えば、設定を自動的に行う例としては、 [0073] For example, as an example to automatically configure the settings,
ある規則に基づいて設定したり、ランダムで設定したりすることが挙げられる。 Or set based on a certain rule, and or to set random. 例えば、曜日や時間等によって設定を替えていくようにするようにである。 For example, it is to be so will place a set day of the week and time, or the like. また、リズムテーブルは、携帯電話の桁数が設定要件とされていることから、着信した電話番号の桁数に応じてその時々に適宜自動的に設定するようにしても良い。 Also, the rhythm table, since the number of mobile telephone digit is the set requirements may be set from time to time as appropriate automatically in accordance with the number of digits of the incoming telephone number. 一方、ユーザーにより設定を行う例としては、操作部14の操作により設定すること等が挙げられる。 On the other hand, as an example for setting the user, and the like may be set by operating the operation unit 14.

【0074】そして、このように設定された設定情報については、RAM5等の記憶手段に記憶しておいて、C [0074] Then, the thus configured setting information stored in a storage means such as RAM 5, C
PU30は、着信の際に、その記憶手段に記憶されている設定情報を読み出して、その設定情報に基づいて音階テーブルTB1及びリズムテーブルTB2を選択する。 PU30, when the incoming, reads the setting information stored in the storage means, for selecting the scale table TB1 and rhythm table TB2 on the basis of the setting information.
そして、CPU30は、選択した音階テーブルTB1及びリズムテーブルTB2に基づいて電話番号から着信音として使用する1フレーズを生成する。 Then, CPU 30 generates a phrase to be used as a ringtone from the telephone number on the basis of the scale table TB1 and rhythm table TB2 selected.

【0075】以上のように予め設定された音階テーブルTB1及びリズムテーブルTB2に基づいて、着信音フレーズ合成部32は1フレーズを生成する。 [0075] above on the basis of preset scale tables TB1 and rhythm table TB2, ringtone phrase combining unit 32 generates a phrase.

【0076】例えば、音階テーブルTB1として、数字にメジャースケールが割り当てられたテーブルを使用し、リズムテーブルTB2として、電話番号の11桁の桁数に対応されたテーブルを使用する場合には、図3中(B)に示すリズムパターンを1フレーズとして生成され、その具体例として、図6に示すような1フレーズが挙げられる。 [0076] For example, as the scale table TB1, using the numeric major scale is assigned to the table, as the rhythm table TB2, in the case of using a table which is corresponding to 11-digit number of digits of the telephone number, 3 the generated rhythm pattern shown in (B) as a phrase, and specific examples thereof include one phrase as shown in FIG.

【0077】この図6に示す1フレーズは、電話番号が [0077] 1 phrase shown in FIG. 6, the telephone number is
090-1234-5678の場合であり、ミ(2)、レ(2)、ミ(2)、8分休符、ド(1)、レ(1)、ミ(1)、8 Is a case of 090-1234-5678, Mi (2), Les (2), Mi (2), 8 minutes rest, de (1), Les (1), Mi (1), 8
分休符、ファ(1)、ソ(1)、ラ(1)、8分休符、 Minute rest, file (1), the Soviet Union (1), La (1), 8 minutes rest,
シ(1)、ド(2)、8分休符、8分休符とからなる音階音とされている。 Shi (1), de (2), 8 minutes rest, there is a chromatic note consisting of 8 minutes rest. なお、図中、ド(1)、レ(1)、 In the figure, de (1), Le (1),
ミ(1)、・・・は、単に「ド」、「レ」、「ミ」、・ Mi (1),... It is, simply "do", "re", "mi", -
・・として記し、ド(2)、レ(2)、ミ(2)、は、 Noted as ..., de (2), Les (2), Mi (2), is,
「ど」、「れ」、「み」と記している。 "Etc.", "will", wrote a "body". これは、図8中におけるステップS5の記述においても同様である。 This also applies to the description of the step S5 in the FIG.

【0078】そして、着信フレーズ合成部32は、このように生成した1フレーズを、音源12に出力する。 [0078] Then, the incoming phrases synthesizing unit 32, one phrase generated in this manner is output to the tone generator 12. 音源12は、入力された1フレーズに基づいて、サウンダー13から着信音として音出力する。 Tone generator 12, based on one phrase input and sound output as ringtones from sounder 13. そして、CPU3 Then, CPU3
0は、着信応答操作があるまで、着信フレーズ合成部3 0 until there is an incoming call response operation, the incoming phrases synthesis section 3
2から1フレーズを単位として繰り返して出力し、これにより携帯電話においては、ユーザーが着信応答操作をしたり、或いはいわゆる留守番電話機能に切り替わるまで、繰り返しのメロディーからなる着信音が出力されるようになる。 From 2 one phrase is output repeating units, in which the mobile phone, so that users or the incoming call response operation or until switched to a so-called voice mail ringtone comprising repeating the melody is output Become.

【0079】以上のように、携帯電話は、発信者の電話番号に応じて自動的にメロディー生成して着信音として出力している。 [0079] As described above, the mobile phone, are output as automatically melody generate and ring tone according to the telephone number of the caller. すなわち、携帯電話は、発信者の電話番号を音名に変換し、そして得た音名列を所定数の小節内に自動的に割り当て、1フレーズのメロディーを生成する。 That is, the portable telephone, the telephone number of the caller into a note name, and automatically assigns the note name column into a predetermined number of the measures obtained, generating a melody of one phrase. そして、携帯電話は、そのようなメロディーを着信応答操作がなされるまで、繰り返して再生している。 The mobile phone is, until such melody incoming response operation is performed, is being played repeatedly.

【0080】通常は、そのように着信応答操作がなされるまで、所定数の小節を1フレーズとされて繰り返し再生されることになることから、着信音がメロディアスなものとして再生されるようになる。 [0080] Typically, up so incoming call response operation is performed, since it is to be repeatedly reproduced is the one phrase a predetermined number of bars, as ring tone is reproduced as melodious Become.

【0081】このように携帯電話は、従来のように、電話番号に応じて着信音を予め設定しておくといった面倒な操作を要することなく、電話番号に応じて自動的に決定したメロディー着信音を鳴動させることができ、しかも、そのように自動的に生成されたメロディーが常にメロディアスなものとなっている。 [0081] In this way a mobile phone, as is traditional, without requiring a troublesome operation such as previously set the ring tone according to the telephone number, melody ringtone was automatically determined in accordance with the telephone number can be made to sound the, moreover, melodies so has been automatically generated has always been a melodic thing.

【0082】また、携帯電話は、電話番号に応じて自動的に着信音を決定しているので、オリジナル着信音のための記憶手段を備える必要もない。 [0082] Also, mobile phones, since the determined automatically ringtone in accordance with the telephone number, there is no need to provide a storage means for the original ringtone.

【0083】また、電話番号に応じた着信音の最初は、 [0083] In addition, the first ring tone according to the telephone number,
必ず局番を示すものとなるので、ユーザーは、それを聞くだけで、少なくとも携帯電話(現在では、例えば「09 Since always the ones that show the station number, user, just listen to it, at least in the mobile phone (currently, for example, "09
0」)か、PHS端末(現在では、例えば「070」)か、 0 ") or, or PHS terminal (currently, for example," 070 "),
家庭用電話(例えば、東京地域であれば「03」)か、公衆電話、番号非通知によるものかの区別がつくようになる。 Home phone (for example, Tokyo if the region "03") or, public telephone, so get is one of distinction due to the number non-notification.

【0084】また、このような携帯電話によれば、絶対音感がある人は、着信音を聞くだけで着信している着信音を聞き分けて、電話番号を知ることも可能になる。 [0084] In addition, according to such a portable phone, people who have absolute pitch is tame a ringtone that is coming in only hear the ring tone, become possible to know the phone number.

【0085】また、頻繁にかかってくる電話番号であれば、絶対音感のない人であっても、着信音がメロディアスであることから、そのメロディーを容易に覚えることができるようになる。 [0085] Also, if the phone number that comes suffering from frequent, even without perfect pitch person, consists of a ringtone is a melodious, to be able to remember the melody easily. これにより、絶対音感のないユーザーであっても、例えば、携帯電話の表示部をみる前に、発信者を知ることができるようになる。 As a result, even without perfect pitch user, for example, prior to viewing the display unit of the mobile phone, it will be able to know the caller.

【0086】以上のように、携帯電話は、種々の効果を有している。 [0086] As described above, the mobile phone has various effects. なお、本発明が適用される携帯電話は、上述の実施の形態に限定されるものではない。 The mobile phone to which the present invention is applied is not limited to the embodiments described above. 例えば、必ずしも発信先の電話の電話番号が着信時に通知されるとは限らない。 For example, not necessarily phone number of the destination of the telephone is notified when a call arrives. すなわち、現行のシステムでは、公衆電話や発信者が自己の電話側で電話番号を非通知設定しているような場合には通知されない。 That is, in the current systems, a public telephone and caller is not notified when such are non notification setting a phone number in its phone side.

【0087】携帯電話は、このような場合に対応して、 [0087] mobile phone, in response to such cases,
公衆電話や非通知設定により発信されている着信に対して適当な電話番号(例えば、使用されないであろう電話番号)を割り当てておく。 By assigning an appropriate telephone number (e.g., will not be used telephone number) to the incoming call is originated by the public telephone and non notification setting.

【0088】番号の割当てについては、具体的には、公衆電話からの着信に対して111-1111-1111といった番号を割り当て、また、非通知設定による着信に対して000- [0088] The assignment of numbers is specifically assigned a number such 111-1111-1111 for incoming from the public telephone, also for incoming by non notification setting 000-
0000-0000を割り当てておく。 It has been assigned the 0000-0000. これにより、発信者の電話番号が通知されないような場合においても、メロディアスな着信音によりその着信を知ることができるようになる。 Thus, when the caller's telephone number as not notified, it is possible to know the incoming call by melodious ringing tone. なお、このような割当てについては、携帯電話が自動的に行ったり、ユーザーによって事前に任意の電話番号によってできるようにする。 It should be noted that, for such assignment, and go mobile phone to automatically, to be able to advance by any of the telephone number by the user.

【0089】図7には、このような機能を有する携帯電話における一連の処理を示している。 [0089] Figure 7 shows a series of processing in the cellular phone having such a function. CPU30は、ステップ1において着信があると、ステップS2において、電話番号抽出部31により、受信部4から着信のあった電話番号の情報を抽出する。 CPU30, when there is an incoming call in step 1, in step S2, the telephone number extractor 31 extracts information of the telephone numbers that were from the receiver 4 of the incoming.

【0090】ここで、CPU30は、番号非通知とされている場合には、ステップS3において、111-111-1111 [0090] Here, CPU 30, when there is a number non-notification, in step S3, 111-111-1111
の番号を割り当て、公衆電話である場合には、ステップS4において、000-000-0000の番号を割り当てる。 Assignment of numbers, when a public telephone, in step S4, assigning a number of 000-000-0000.

【0091】そして、CPU30は、ステップS5において、音階テーブルTB1に基づいて、電話番号に応じた音名列を取得して、そのように取得して音名列を、リズムテーブルTB2に基づいて、1フレーズを構成する所定数の小節(例えば、2小節)に割り当てる。 [0091] Then, CPU30, in step S5, based on the scale table TB1, to get the sound Name column according to the telephone number, such sound Name column to get to the, on the basis of the rhythm table TB2, a predetermined number of bars constituting the single phrase (e.g., 2 bars) to assign to. このとき、余った部分が休符にされる。 In this case, excess portion is in the rest.

【0092】続いて、CPU30は、ステップS6において、このようにして生成されて1フレーズに基づいて、音源12を制御して、サウンダー13から着信音として出力する。 [0092] Then, CPU 30 at step S6, based on one phrase is generated in this manner, by controlling the tone generator 12, and outputs from the sounder 13 as ringtones. また、CPU30は、表示部7に発信者の電話番号を表示する。 In addition, CPU30 displays the telephone number of the caller on the display unit 7.

【0093】CPU30は、ステップS7において、ユーザーが電話に出たか、すなわち着信応答操作がされたか否かを判別して、着信応答操作がなされるまで、電話番号に基づいて生成した1フレーズを繰り返し再生する。 [0093] CPU30, in step S7, whether the user has answered the phone, i.e. to determine whether or not a call response operation is until incoming call response operation is performed repeatedly one phrase generated based on the telephone number Reproduce.

【0094】そして、着信応答操作がなされた場合には、CPU30は、ステップS8において、鳴動を停止させるとともに、通話開始のための処理を開始する。 [0094] When the incoming call response operation is performed, the CPU 30, at step S8, to stop the sounding starts processing for a call start.

【0095】携帯電話は、非通知設定や公衆電話からの発信があった際には、以上のような一連の処理を実行している。 [0095] mobile phone, when there is a call from non notification setting and public telephones, through a series of processing as described above.

【0096】また、携帯電話には、出力するメロディーに対してエコーのような効果を付ける機能をもたせることもできる。 [0096] In addition, the mobile phone, it is also possible to have a function to give the effect such as echo to the melody to be output. メロディーの出力形態が和音対応とされている場合についても同様である。 The same applies to the case where the output mode of the melody is a chord corresponding.

【0097】また、携帯電話は、出力するメロディーに輪唱効果を出すような機能をもたせることもできる。 [0097] In addition, the mobile phone, it is also possible to have a function, such as issuing a troll effect to the melody to be output. この場合、携帯電話は、例えば、独立して音を発生する発音体を複数備え、各発音体から1フレーズを、所定間隔ずらして出力するようにする。 In this case, mobile phone, for example, a plurality of sounding members to generate a sound independently, one phrase from the sounding body, so as to output shifted by a predetermined distance. 例えば、携帯電話が第1 For example, a mobile phone is the first
乃至第4の発音体として4個の発音体を備えた場合を例に挙げて説明する。 Or it will be described as an example the case with four sounding body as the fourth sounding body.

【0098】携帯電話は、図8に示すように、第1の発音体にて1フレーズの最初からの発音を開始させ、そしてその第1の発音体にて次の8分音符が発音するタイミングで第2の発音体にて第1の発音体と同じ1フレーズの最初からの発音を開始する。 [0098] mobile phone, as shown in FIG. 8, to initiate the sound from the first phrase in the first sounding body, and Could the eighth note of the next timing at its first sounding body in starting the sound from the first same phrase as the first sound producing in the second sound producing. そして、同様に、第3及び第4の発音体を、それぞれ8分音符ずつずれた間隔で、発音を開始させる。 Then, similarly, the third and fourth sound producing, at intervals shifted by an eighth note, respectively, to initiate sound. そして、携帯電話は、このようにしてなされる第1乃至第4の発音体からの出力を、ユーザーによる着信応答操作がなされるまで繰り返して実行する。 The mobile phone, the output from the first to fourth sounding body made in this manner, repeatedly executed until incoming call response operation by the user is performed. ただし、繰り返す場合には、各発音体にて、発音を開始するための待ち時間を入れないようにする。 However, in the case of repeating, at each sounding body, so as not to put the waiting time to start the pronunciation.

【0099】携帯電話は、このような第1乃至第4の発音体を備えることにより、一つの旋律でエコーのような効果と同時に新しい和音としての着信音を出力することができるようになる。 [0099] mobile phone, by providing such a first to fourth sounding body, it is possible to output the ringtone as an effect at the same time new chords like echoes in one melody. また、遅らせるタイミングを4分音符、2分音符等とすることで、輪唱のような効果も得ることができるようになる。 Further, quarter note timing delaying, by a half note or the like, it becomes possible to obtain an effect such as trolling.

【0100】また、携帯電話には、上述したように出力される着信音について、演奏速度或いは再生速度を設定する機能を持たせることもできる。 [0100] Further, the mobile phone, the ringing tone that is output as described above, may have the function of setting a play speed or playback speed. 例えば、設定については、携帯電話が何らかの情報に基づいて自動的に行ったり、ユーザーによってなされたりする。 For example, for setting the mobile phone automatically and go based on some information, or made by the user.

【0101】また、上述の実施の形態では、電話番号をメロディーに変換するための音階テーブルを用意しておくことについて説明したが、上述したように音名を電話番号の各数字に対応させることに限定されるものではない。 [0102] Further, in the above embodiment, it has been described that are prepared the scale table for converting the telephone number into melody, thereby corresponding to each digit of the sound name the telephone number as described above the present invention is not limited to. 例えば、携帯電話の各テンキーに、当該キーが操作された際に出力される種々の音名を、上述したような種々のスケールに基づいて対応付けさせることもできる。 For example, each ten-key of the mobile phone, various sound names to be outputted when the key is operated, it is also possible to make correspondence based on various scales as described above.
すなわち、携帯電話において、12個の各キーのそれぞれに、キートーンの変わりに、当該キーが操作された際に出力する音名を、所定のスケールに基づいて割り当てる。 That is, the cellular phone is assigned to each of the 12 individual keys, instead of the key tone, a note name to be output when the key is operated, based on a predetermined scale.

【0102】携帯電話にこのような機能を持たせることにより、携帯電話は、キー操作によってそれに対応した音名を出力する簡易キーボードとしても使えるようになる。 [0102] By providing such a function in a mobile phone, mobile phone, also be able to use as a simple keyboard to output the sound name that corresponds to it by the key operation. よって、上述したような5音階のペンタトニックスケール(例えば、ブルーノートや沖縄音階等)を各キーに割り当てれば、携帯電話のキーを操作して、ブルース風或いは沖縄風のメロディーを弾くことができるようになる。 Therefore, the pentatonic scale of 5 scale, such as those described above (for example, the Blue Note and Okinawa scale, etc.) be assigned to each key, by operating the keys of the mobile phone, it is possible to play the blues style or melody of the Okinawa-style so as to.

【0103】また、上述の実施の形態では、本発明を携帯電話に適用した場合について説明した。 [0103] Further, in the above embodiment, a case was described in which the present invention is applied to a cellular phone. しかし、これに限定されるものではなく、例えば、着信を着信音により知らせる通信機器、例えば、家庭用の電話装置やPH However, the present invention is not limited thereto, for example, the communication device informs the ring tone for incoming, for example, telephone equipment and PH household
S端末にも本発明を適用することができる。 To S terminal can be applied to the present invention.

【0104】また、上述の実施の形態では、発信元のユーザー固有の情報として電話番号を挙げて説明した。 [0104] Further, in the above embodiment was described using a telephone number as user-specific information source. しかし、これに限定されるものではなく、例えば、ユーザーの名前等であってもよい。 However, the present invention is not limited thereto, for example, be a user name or the like. ユーザー固有の情報が名前である場合には、例えば、次のようにして着信音を生成する。 If user-specific information is the name, for example, to generate a ring tone as follows.

【0105】携帯電話は、一般的な機能として、着信時に発信者名を表示部に表示する機能を有している。 [0105] mobile phone, as a general function, has a function to be displayed on the display unit of the caller's name when receiving a call. これは、電話番号とその電話番号の使用者名を対応させて予め携帯電話に登録しておくことにより、着信時に、通知された電話番号に基づいて、対応する使用者名を表示部に表示する機能である。 This display by registering in advance the mobile phone in correspondence with the user name of the telephone number and the telephone number, time of the call, based on the notified telephone number, on the display unit of the corresponding user name it is a function that. 本発明が適用されて携帯電話は、このような機能を利用して、着信時に通知された電話番号から特定された使用者名に基づいて、着信音を生成する。 Mobile phone present invention is applied, by utilizing such a feature, based on the user name that is specified from the notified telephone number when a call arrives, to generate a ring tone. 例えば、アルファベットとして登録されている使用者名を利用し、その名前に応じたアルファベットから音名列を得る。 For example, using a user name that is registered as the alphabet, get a sound Name column from the alphabet that corresponds to the name. この場合、アルファベットと音名とを対応付けさせたテーブルを予め用意しておいて、そのテーブルを用いて、アルファベットを対応される音名に変換して、音名列を得る。 In this case, in advance by preparing a table which gave correspondence between alphabetic and sound names in advance, using the table, and converts the sound names corresponding alphabet to obtain a sound name column. そして、そのようにして得た音名列を、所定数の小節にそれら音名を割り当てる。 Then, such a note name column thus obtained, assign them note name in a predetermined number of measures. これにより、発信者の固有の情報とされる使用者名に応じて着信音を生成することができるようになる。 Thus, it becomes possible to generate a ring tone according to the user name that is unique information of the caller.

【0106】 [0106]

【発明の効果】本発明に係る通信端末装置は、情報を構成する要素と複数種類の音名との対応付けが保持されている記憶手段と、記憶手段が保持する対応付けに基づいて、着信した発信者の固有の情報を複数の音名に変換し、この複数の音名を所定数の小節内に割り当てる音名変換手段と、音名変換手段において音名が割り当てられた所定数の小節を単位として繰り返して再生して音出力手段により着信音として出力する着信音出力手段とを備えることにより、情報を構成する要素と複数種類の音名との対応付けが記憶手段に保持されており、この対応付けに基づいて、着信した発信者の固有の情報を複数の音名に変換し、この複数の音名を所定数の小節内に音名変換手段により割り当て、着信音出力手段により、音名変換手段において音名 Communication terminal device according to the present invention includes a storage unit for associating the element with a plurality of types of pitch names which constitute the information is held, on the basis of the correspondence of storage means for holding incoming the specific information of the caller into a plurality of pitch names, measures a predetermined number of pitch name assigned in the note name converting means for assigning the plurality of pitch name in a predetermined number of the measure, the pitch name converting means by providing a ringtone output unit configured to output a ringtone by sound output means reproduces by repeating units, correspondence between elements and a plurality of types of pitch names which constitute the information is held in the storage means based on this correspondence, converts the specific information incoming callers to a plurality of pitch names assigned by the sound name conversion means the plurality of pitch name in a predetermined number of the bars, the ringtone output unit, sound name in sound name conversion means 割り当てられた所定数の小節を単位として繰り返して再生して音出力手段にて着信音として出力することができる。 Assigned a predetermined number of measures can be outputted as a ringtone in the repeating sound reproduced by outputting means as a unit.

【0107】これにより、通信端末装置は、発信者の固有の情報により得た音名を、所定数の小節に自動的に割り当てて、その割り当てた所定数の小節を単位として繰り返し再生した着信音を出力することができ、発信者毎に着信音パターンを容易に変化させることができるとともに、音楽的にも自然な着信音としての出力ができるようになる。 [0107] Thus, the communication terminal apparatus, a sound name obtained by the intrinsic information of the caller, automatically assigns a predetermined number of measures, ringtones played repeatedly its assigned predetermined number of measures as a unit can be output, along with the ringtone pattern can be easily changed for each caller, also allow the output of a natural ringtone musically.

【0108】また、本発明に係る着信音再生方法は、情報を構成する要素と複数種類の音名との対応付けに基づいて、着信した発信者の固有の情報を複数の音名に変換する変換工程と、変換工程にて変換された複数の音名を所定数の小節内に割り当てる割当て工程と、割当て工程にて音名が割り当てられた所定数の小節を単位として繰り返して再生して音出力手段により着信音として出力する着信音出力工程とを有することにより、発信者の固有の情報により得た音名を、所定数の小節に割り当てて、 [0108] Also, ringtone reproducing method according to the present invention, based on the correspondence between the elements and the plurality of types of pitch names which constitute the information, converting the specific information incoming callers to a plurality of pitch names conversion process and, converting the assignment step of assigning a predetermined number within the measure plurality of sounds names converted by step, the sound is reproduced repeatedly a predetermined number of measures the sound name is assigned by the assignment process units by having the ring tone output step of outputting as a ringtone by the output means, a sound name obtained by the intrinsic information of the caller, by assigning a predetermined number of measures,
その割り当てた所定数の小節を単位として繰り返し再生した着信音を出力することができる。 It is possible to output the ringtone repeatedly play the assigned predetermined number of bars as a unit.

【0109】これにより、着信音再生方法は、発信者毎に着信音パターンを容易に変化させることができるとともに、音楽的にも自然な着信音としての出力ができるようになる。 [0109] Thus, the ring tone reproduction method with a ringtone pattern can be easily changed for each caller, also allow the output of a natural ringtone musically.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の実施の形態の携帯電話の構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing a structure in the form of a mobile phone of the present invention.

【図2】上述の携帯電話の要部とされる着信音を生成する部分の構成を示す図である。 2 is a diagram showing a structure of a portion generating a ring tone which is main part of the above-mentioned mobile phone.

【図3】8分音符からなるリズムテーブルを説明するために使用した図である。 It is a diagram used for FIG. 3 illustrating a rhythm table of eighth notes.

【図4】4分音符からなるリズムテーブルを説明するために使用した図である。 4 is a diagram used to describe the rhythm table of quarter note.

【図5】異なるフレーズの組合せからなるリズムテーブルを説明するために使用した図である。 5 is a diagram used to describe the rhythm table of combinations of different phrases.

【図6】電話番号が音階テーブルとリズムテーブルに基づいて変換されて生成された1フレーズを示す図である。 6 is a diagram showing a phrase telephone number is generated is converted based on the scale table and rhythm table.

【図7】携帯電話の有する一機能の一連の処理を示すフローチャートである。 7 is a flowchart showing a series of processes one function of the mobile phone.

【図8】輪唱効果のある着信音を生成する場合の説明に使用した図である。 8 is a diagram used for explaining a case of generating a ring tone with a trolling effect.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

6 ROM、30 CPU、31 電話番号抽出部、3 6 ROM, 30 CPU, 31 a telephone number extractor, 3
2 着信フレーズ合成部、TB1 音階テーブル、TB 2 Incoming phrase synthesis unit, TB1 scale table, TB
2 リズムテーブル 2 rhythm table

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 7識別記号 FI テーマコート゛(参考) H04M 1/57 H04B 7/26 109L ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (51) Int.Cl. 7 identification mark FI theme Court Bu (reference) H04M 1/57 H04B 7/26 109L

Claims (11)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 音を外部出力する音出力手段と、 情報を構成する要素と複数種類の音名との対応付けが保持されている記憶手段と、 上記記憶手段が保持する対応付けに基づいて、着信した発信者の固有の情報を複数の音名に変換し、この複数の音名を所定数の小節内に割り当てる音名変換手段と、 上記音名変換手段において音名が割り当てられた上記所定数の小節を単位として繰り返して再生して上記音出力手段により着信音として出力する着信音出力手段とを備えたことを特徴とする通信端末装置。 And sound output means for a 1. A sound to an external output, and storage means for associating the element with a plurality of types of pitch names which constitute the information is held, on the basis of the correspondence to the storage means holds converts the specific information incoming callers to a plurality of sound names, sound names converting means for assigning the plurality of pitch name in a predetermined number of the measure, the pitch names in the note name converting means is assigned the communication terminal apparatus is characterized in that a ringtone output unit configured to output a ringtone by said sound output means to play repeatedly a predetermined number of bars as a unit.
  2. 【請求項2】 上記所定数の小節の単位が1フレーズとされていることを特徴とする請求項1記載の通信端末装置。 2. A communication terminal apparatus according to claim 1, wherein the unit of the predetermined number of measures is the one phrase.
  3. 【請求項3】 上記情報を構成する要素が、数字とされており、 上記音名変換手段は、着信した発信者の上記固有の情報である電話番号を複数の音名に変換することを特徴とする請求項1記載の通信端末装置。 Wherein elements constituting the information are the number, the pitch name conversion means, characterized by converting the telephone number which is the specific information of the incoming callers to a plurality of pitch names communication terminal device according to claim 1,.
  4. 【請求項4】 音名を所定数の小節内に割り当てるテーブルを桁数の異なる電話番号に応じて複数種類備えており、 上記複数種類のテーブルが記憶される記憶手段を備えていることを特徴とする請求項3記載の通信端末装置。 4. comprises a plurality of types in accordance with the table to assign pitch name of a predetermined number within the measure of the number of digits of different telephone numbers, characterized in that it comprises a storage means for said plurality of types of tables are stored communication terminal device according to claim 3,.
  5. 【請求項5】 上記対応付けが、情報を構成する要素に対して不規則に音名を対応付けしているものであることを特徴とする請求項1記載の通信端末装置。 Wherein said association is, the communication terminal apparatus according to claim 1, characterized in that that association irregularly pitch names for elements constituting the information.
  6. 【請求項6】 1,2,・・・,8,9,0の各数字に、少なくとも2オクターブ分の音階を対応付けることを特徴とする請求項3記載の通信端末装置。 6. 1, 2, each digit of 8,9,0, communication terminal apparatus according to claim 3, wherein associating the scale of at least 2 octaves.
  7. 【請求項7】 所定の音名を省くことで、少なくとも2 7. By omitting a predetermined sound names, at least 2
    オクターブ分の音階を割り当てることを特徴とする請求項6記載の通信端末装置。 Communication terminal device according to claim 6, wherein the assigning the scale of octaves.
  8. 【請求項8】 上記対応付けがペンタトニックスケールに基づいてなされていることを特徴とする請求項7記載の通信端末装置。 8. The correspondence communication terminal apparatus according to claim 7, characterized in that it is made based on the pentatonic scale.
  9. 【請求項9】 上記記憶手段は、情報を構成する要素と複数種類の音名との対応付けを複数種類有しており、 上記音名変換手段は、一の上記対応付けに基づいて、着信した発信者の固有の情報を複数の音名に変換することを特徴とする請求項1記載の通信端末装置。 9. The storage means has plural kinds of correspondence between elements and a plurality of types of pitch names which constitute the information, the note name conversion means, in accordance with one of the correspondence, incoming communication terminal device according to claim 1, wherein the conversion was specific information caller has a plurality of pitch names.
  10. 【請求項10】 上記複数種類の対応付けの内の一の対応付けを外部操作に応じて選択する選択手段をさらに備えており、 上記音名変換手段は、上記選択手段が選択した一の上記対応付けに基づいて、着信した発信者の固有の情報を複数の音名に変換することを特徴とする請求項9記載の通信端末装置。 10. The plurality of types of one of the association mapping further comprises selection means for selecting in response to an external operation, and the note name converting means, one above the selection means selects based on the association, the communication terminal apparatus according to claim 9, wherein converting the specific information incoming callers to a plurality of pitch names.
  11. 【請求項11】 情報を構成する要素と複数種類の音名との対応付けに基づいて、着信した発信者の固有の情報を複数の音名に変換する変換工程と、 上記変換工程にて変換された複数の音名を所定数の小節内に割り当てる割当て工程と、 上記割当て工程にて音名が割り当てられた上記所定数の小節を単位として繰り返して再生して上記音出力手段により着信音として出力する着信音出力工程とを有していることを特徴とする着信音再生方法。 11. Based on the correspondence between the elements and the plurality of types of pitch names which constitute the information, a conversion step of converting specific information incoming callers to a plurality of pitch names, converted by the conversion step an allocation step for allocating a plurality of pitch names which are a predetermined number of the bars, to play repeatedly the predetermined number of measures the sound name is assigned by the assignment process in units as a ringtone by said sound output means ringtone reproducing method characterized in that it has a ringtone output step of outputting.
JP2000360259A 2000-11-27 2000-11-27 Communication terminal device and termination sound reproducing method Withdrawn JP2002162967A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000360259A JP2002162967A (en) 2000-11-27 2000-11-27 Communication terminal device and termination sound reproducing method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000360259A JP2002162967A (en) 2000-11-27 2000-11-27 Communication terminal device and termination sound reproducing method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002162967A true JP2002162967A (en) 2002-06-07

Family

ID=18831888

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000360259A Withdrawn JP2002162967A (en) 2000-11-27 2000-11-27 Communication terminal device and termination sound reproducing method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002162967A (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2003081572A1 (en) * 2002-03-25 2003-10-02 Yoshihiko Sano Representation generation method, representation generation device, and representation generation system
JP2005352425A (en) * 2004-06-14 2005-12-22 Yoshihiko Sano Music production method, its apparatus and its system
JP2009020323A (en) * 2007-07-12 2009-01-29 Nec Soft Ltd Automatic music composition device, automatic music composition method and program
JP2016064092A (en) * 2014-09-26 2016-04-28 株式会社サンセイアールアンドディ Game machine

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2003081572A1 (en) * 2002-03-25 2003-10-02 Yoshihiko Sano Representation generation method, representation generation device, and representation generation system
JPWO2003081572A1 (en) * 2002-03-25 2005-08-11 芳彦 佐野 Expression generation method, expression generation apparatus, expression generation system
US7272539B2 (en) 2002-03-25 2007-09-18 Yoshihiko Sano Representation generation method, representation generation device, and representation generation system
JP4625638B2 (en) * 2002-03-25 2011-02-02 芳彦 佐野 Expression generation method, expression generation apparatus, expression generation system
JP2005352425A (en) * 2004-06-14 2005-12-22 Yoshihiko Sano Music production method, its apparatus and its system
JP4545493B2 (en) * 2004-06-14 2010-09-15 芳彦 佐野 Music generation method, apparatus and system
JP2009020323A (en) * 2007-07-12 2009-01-29 Nec Soft Ltd Automatic music composition device, automatic music composition method and program
JP4506998B2 (en) * 2007-07-12 2010-07-21 Necソフト株式会社 Automatic composition apparatus, automatic composition method and program
JP2016064092A (en) * 2014-09-26 2016-04-28 株式会社サンセイアールアンドディ Game machine

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN1166157C (en) Telephone set
US6597928B2 (en) Portable telephone maraca which produces musical tones in synchronization of the swings and vibration of the user
JP3620409B2 (en) Mobile communication terminal device
US7020497B2 (en) Programming multiple ringing tones of a terminal
JP2010028865A (en) Intelligent ringtones
US7058428B2 (en) Portable phone equipped with composing function
FI102711B (en) Phone ringtone definition
EP0933917B1 (en) Cellular phone with voice-programmed ringing melody
US6928306B2 (en) Portable mobile unit
CN100559459C (en) Device and method for reproducing speech as music simultaneously
CN1227642C (en) Portable telephone and music reproducing method
CA2023789C (en) Apparatus and method for encoding telephone ringing signals
KR100660751B1 (en) Log-Based Ringtones
KR100469215B1 (en) Telephone terminal
ES2273730T3 (en) Apparatus and intuitive navigation procedure by a keyboard with audio feedback for a wireless communication device.
US4720848A (en) Communication system with voice announcement means
EP1206871B1 (en) Telephone terminal apparatus and communication method
CN1462537A (en) Mobile terminal device
CN1134996C (en) Telephone apparatus
JPH11501473A (en) Telephone having a calling party dependent ringing signal
US7602901B1 (en) System and method for providing calling-party identification and/or calling-party or called-party ringback services
KR20020079969A (en) Telephone terminal
KR20020074503A (en) Portable telephone and music reproducing method
US7272539B2 (en) Representation generation method, representation generation device, and representation generation system
JP2001077931A (en) Telephone terminal

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20080205