JP2002099625A - サプリメント調合宅配システム - Google Patents

サプリメント調合宅配システム

Info

Publication number
JP2002099625A
JP2002099625A JP2000291123A JP2000291123A JP2002099625A JP 2002099625 A JP2002099625 A JP 2002099625A JP 2000291123 A JP2000291123 A JP 2000291123A JP 2000291123 A JP2000291123 A JP 2000291123A JP 2002099625 A JP2002099625 A JP 2002099625A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
supplement
individual
database
supplements
health
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000291123A
Other languages
English (en)
Inventor
Kiyotoshi Yoshii
清敏 吉井
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Xaxon R & D Corp
Original Assignee
Xaxon R & D Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Xaxon R & D Corp filed Critical Xaxon R & D Corp
Priority to JP2000291123A priority Critical patent/JP2002099625A/ja
Publication of JP2002099625A publication Critical patent/JP2002099625A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】個人の健康状態に応じたサプリメント等の適用
量を、継続的に確実に摂取する方法を提供する。 【解決手段】本発明における第1の形態は、個人の会員
IDと当該個人の健康状態を表すデータ(以下、「健康
パラメータ」という)とをテーブルにしたデータベース
Aと、健康パラメータごとに関連するサプリメント等の
品目とその影響度をテーブルにしたデータベースBを備
え、当該データベースA,Bに基づき当該個人の最適な
サプリメント等の適用量を算出する手段を備え、前記手
段により算出されたサプリメント等の所要量を宅配また
は郵送により当該個人宅等へ届けることを特徴とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】
【0002】本発明は、個人の健康状態に応じてサプリ
メント等を調合し宅配または郵送するためのシステムに
関する。
【0003】
【従来の技術】
【0004】本発明でいうところのサプリメント等とし
ては、医薬品、医薬部外品、ビタミンないしはミネラル
を含む栄養剤の類、栄養素やカロリー等を調整した健康
食品、および高カルシウムなどの特徴をもったミネラル
飲料水などを含むものとする。
【0005】これらのサプリメント等は、従来、店頭で
販売されたり、通信販売等で顧客の選択、注文に応じて
販売されたりと利用者個人(以下、当該個人という)側
が選択し購入、利用することがほとんどである。
【0006】一方で、医師の処方が必要なものに付いて
は、医師の処方に応じて、必要な成分や栄養素を含んだ
サプリメント等を調合して処方することもある。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】従来の方法では、医師の処方が必要でない
各種サプリメント等については、当該個人が自身で各種
サプリメント等を取捨選択および量を加減して摂取して
いたが、この場合、健康状態を主観的に判断して不要な
栄養素を摂取したり、必要な(不足の)栄養素であるの
に十分に摂取できないことが多い。
【0009】また、これらのサプリメント等は毎日適量
ずつ、継続して長期間に渡り摂取するのが適切である
が、継続して摂取するのはなかなか難しく途中で中断、
挫折してしまう場合が少なくない。
【0010】本発明では、これらの課題を解決すること
を目的とする。
【0011】
【発明を解決するための手段】
【0012】本発明における第1の形態は、個人の識別
子(以下会員IDという)と当該個人の健康状態を表す
データ(以下、「健康パラメータ」という)とをテーブ
ル(表)にしたデータベースAと、健康パラメータごと
に関連する医薬品、医薬部外品、栄養補助食品(以上を
総称して「サプリメント等」という)の品目とその影響
度をテーブルにしたデータベースBを備え、当該データ
ベースA,Bに基づき当該個人の最適なサプリメント等
の適用量を算出する手段を備えることを特徴とする。
【0013】本発明における第2の形態は、前記ののサ
プリメント等について、標準的な人が所定の期間内にち
ょうど摂取するに要するだけの品目ならびに量をテーブ
ル化して登録し、当該テーブル内の登録データを順次適
用していくことによって一定の期間を経たときに標準的
な人に対するサプリメント等の所要量がちょうど摂取さ
れるようにしたデータベースCからなることを特徴とす
る。
【0014】
【発明の実施の形態】
【0015】まず、本発明の第1の実施形態について述
べる。
【0016】各個人には唯一無二の文字列からなる会員
ID(識別子)を発行し、データベースにおける検索キ
ーとして用いる。(図1には実施例を含む模式図を示
す)
【0017】データベースA(11)には、会員IDで
識別される個人データとともに、当該個人の健康パラメ
ータ(実例を実施例に示す)をテーブル(表)化して記
憶手段に記憶する。
【0018】データベースB(12)には、前記の健康
状態を表すパラメータごとにテーブルが存在し、当該パ
ラメータの数値に対する最適な、少なくとも一つのサプ
リメントの種類と当該サプリメントの最適所要量を記憶
手段13に記憶する。
【0019】前記の最適所要量は、標準体重男性、標準
体重女性、および年齢別にそれぞれ記録され、ないしは
算出されるようにし、データベースAに記憶された当該
会員IDの個人の最新体重数値、および年齢に基づいて
補正計算されるようにする。
【0020】以上のようにして算出されたサプリメント
の最適量を、一つのパッケージに詰め、データベースA
に登録された当該会員IDの住所地に宅配便または郵送
にて出荷する。
【0021】前記の出荷は、毎日、あるいは週に1回、
ないしは月に1回など定期的に行なうようにしても良
い。
【0022】また、前記の出荷1回につき、複数回分を
まとめて出荷しても良い。
【0023】データベースAの情報は、随時あるいは定
期的に、当該個人の健康診断(人間ドック等も含む)等
の検査、自己申告などにより最新のデータに更新され
る。
【0024】前記の更新は、入力手段を用いて検査結果
を入力する方法と、検査装置の出力データを記録媒体な
いしは通信回線を経由して取り込む方法、または当該個
人の自己申告に基づいて入力手段により入力する方法に
よる。
【0025】本発明の第2の実施形態では、医療統計デ
ータに基づき、標準的な、ないしは年齢別の、サプリメ
ント等の標準所要量を所定の期間に分散してテーブル化
し(図3のデータベースCに例示する)、本テーブルの
項目を毎日順番に適用し、所定品目のサプリメントの所
定量を郵送または宅配にて当該個人に適用する。
【0026】このようにして所定の期間が経過すると、
当該個人には前記のテーブルに記載したサプリメントが
一巡することとなる。
【0027】
【実施例】
【0028】以下、本発明の実施の態様を例をあげて説
明するが、本発明は以下の記載及び例示によって何ら制
限されるものではない。
【0029】会員IDがABC001である男性「甲」
を想定し、その健康パラメータの一例をデータベースA
に登録した状態を図1に示す。
【0030】データベースAの内容は、毎月1回行なわ
れる定期健康診断ならびに自己申告により更新される。
【0031】データベースBには、データベースAに登
録された各健康パラメータごとにテーブルを擁し、それ
ぞれのテーブルには図2に示すような適当なサプリメン
ト等の品目とその適用量が標準男性(年齢35歳の全国
平均体重の男性)ならびに標準女性(年齢35歳の全国
平均体重の女性)について統計データに基づく最適な適
用量が年齢別のテーブルとして登録されている。
【0032】データベースAによれば、甲の喫煙量は+
++であるので、データベースBの当該テーブルに基づ
き、標準体重男性のビタミンC適用量は2000ミリグ
ラムとなる。
【0033】また、甲の体重は80キログラムであり、
当該年齢の標準体重が65キログラムであるとすると、
一例として、甲へのビタミンCの適用量は比例換算で2
000×(80÷65)=2462ミリグラムと算出さ
れる。
【0034】同様にして健康パラメータごとに計算式を
定め、各パラメータごとの適用量を算出する。
【0035】このようにして算出された1週間分のサプ
リメント等を1日分ずつ袋詰にし、当該個人に宅配によ
り配送する。
【0036】当該個人は、宅配されたサプリメント等を
1日1袋ずつ開封して摂取する。
【0037】
【発明の効果】
【0038】本発明における第1の実施形態によれば、
当該個人の健康状態に応じたサプリメント等の適用量を
毎日摂取できるようになり、サプリメント等を確実に所
定量だけ摂取できるようになる。
【0039】本発明における第2の実施形態によれば、
標準的なサプリメント等の摂取量を、毎日の必要量に分
散して所定の期間内に摂取できるようになり、長期的に
見てバランスの取れた栄養状態を保つことが出来る。
【0040】
【図面の簡単な説明】
【図1】データベースAの一例を示した模式図である。
【図2】データベースBの一例を示した模式図である。
【図3】データベースCの一例を示した模式図である。
【符号の説明】
11 データベースA 12 データベースB 13 データベースC

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】個人の識別子(以下会員IDという)と当
    該個人の健康状態を表すデータ(以下、「健康パラメー
    タ」という)とをテーブル(表)にしたデータベースA
    と、健康パラメータごとに関連する医薬品、医薬部外
    品、栄養補助食品(以上を総称して「サプリメント等」
    という)の品目とその影響度をテーブルにしたデータベ
    ースBを備え、当該データベースA,Bに基づき当該個
    人の最適なサプリメント等の適用量を算出する手段を備
    えることを特徴とするサプリメント調合システム。
  2. 【請求項2】請求項1のサプリメント等について、標準
    的な人が所定の期間内にちょうど摂取するに要するだけ
    の品目ならびに量をテーブル化して登録し、当該テーブ
    ル内の登録データを順次適用していくことによって一定
    の期間を経たときに標準的な人に対するサプリメント等
    の所要量がちょうど摂取されるようにしたデータベース
    Cからなるサプリメント調合システム。
  3. 【請求項3】請求項1ないしは2に記載のサプリメント
    調合システムにより調合されたサプリメント等を、当該
    個人の所望する住所地に宅配ないしは郵送する手段を備
    えたシステム。
  4. 【請求項4】請求項1に記載の個人のそれぞれについ
    て、一定期間ごとに健康診断(人間ドック等も含む)を
    行った結果を前記のデータベースAに入力する手段と、
    その入力に応じてサプリメント等の必要量を再計算する
    手段を備えたシステム。
JP2000291123A 2000-09-25 2000-09-25 サプリメント調合宅配システム Pending JP2002099625A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000291123A JP2002099625A (ja) 2000-09-25 2000-09-25 サプリメント調合宅配システム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000291123A JP2002099625A (ja) 2000-09-25 2000-09-25 サプリメント調合宅配システム

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002099625A true JP2002099625A (ja) 2002-04-05

Family

ID=18774254

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000291123A Pending JP2002099625A (ja) 2000-09-25 2000-09-25 サプリメント調合宅配システム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002099625A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012533799A (ja) * 2009-07-15 2012-12-27 ファーマバイト ダイレクト エルエルシー 個人用の1日分の栄養補助食品のパッケージを提供するシステムおよび方法
JP6019262B1 (ja) * 2016-05-16 2016-11-02 ドリコス株式会社 サプリメント配合支援方法、サプリメント供給システム、およびサプリメント供給装置
JP2017208062A (ja) * 2016-10-03 2017-11-24 ドリコス株式会社 サプリメント配合支援方法、サプリメント供給システム、およびサプリメント供給装置
JP2017221752A (ja) * 2012-10-30 2017-12-21 アリビオ, インコーポレーテッド 個人別カスタマイズ型栄養剤調剤装置
JP7349759B1 (ja) 2022-10-26 2023-09-25 株式会社レッドビジョン プログラム、方法、情報処理装置

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012533799A (ja) * 2009-07-15 2012-12-27 ファーマバイト ダイレクト エルエルシー 個人用の1日分の栄養補助食品のパッケージを提供するシステムおよび方法
JP2017221752A (ja) * 2012-10-30 2017-12-21 アリビオ, インコーポレーテッド 個人別カスタマイズ型栄養剤調剤装置
JP6019262B1 (ja) * 2016-05-16 2016-11-02 ドリコス株式会社 サプリメント配合支援方法、サプリメント供給システム、およびサプリメント供給装置
JP2017207819A (ja) * 2016-05-16 2017-11-24 ドリコス株式会社 サプリメント配合支援方法、サプリメント供給システム、およびサプリメント供給装置
JP2017208062A (ja) * 2016-10-03 2017-11-24 ドリコス株式会社 サプリメント配合支援方法、サプリメント供給システム、およびサプリメント供給装置
JP7349759B1 (ja) 2022-10-26 2023-09-25 株式会社レッドビジョン プログラム、方法、情報処理装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Dewey et al. Update on technical issues concerning complementary feeding of young children in developing countries and implications for intervention programs
Dwyer et al. Dietary supplements in weight reduction
Morley et al. Nutritional issues in nursing home care
US7457685B2 (en) Preparing for individualized dosage forms of medicaments
Apple Vitamania: vitamins in American culture
Daly et al. Protein substitutes in PKU; their historical evolution
Henderson Nutrition and malnutrition in the elderly nursing home patient
Maisonneuve et al. Parenteral nutrition practices in hospital pharmacies in Switzerland, France, and Belgium
JP2002099625A (ja) サプリメント調合宅配システム
Thorlton et al. Energy drinks: implications for the breastfeeding mother
Driscoll et al. Calculating aluminum content in total parenteral nutrition admixtures
US20090018865A1 (en) Earnest custom calibration system delivering dietary supplements
Cadwell Defining breastfeeding in research
Borum Supplements: questions to ask to reduce confusion
Morgan Dietary supplements and medical foods for osteopenia and osteoporosis
MINGHETTI et al. The situation of OTC drugs in Italy compared to the other EU states
Pardoe Tube feeding syndrome revisited
Furlong et al. Search for the most complete multivitamin
Mackie et al. A spoonful of sugar-free helps caries levels go down
Hascoët et al. Microbiota and Human Milk Oligosaccharides in Premature Infants
PAULING et al. Linus Pauling before Congress
Colson et al. 8.4 Dietary Supplements
Barton et al. Managing people on sip feeds in the community
Jones The Protection of Child Health is the Protection of the Nation
Campbell et al. Choosing wisely: Complementary medicines