JP2001522631A - Method and system for treating the occlusion of a body lumen - Google Patents

Method and system for treating the occlusion of a body lumen

Info

Publication number
JP2001522631A
JP2001522631A JP2000520060A JP2000520060A JP2001522631A JP 2001522631 A JP2001522631 A JP 2001522631A JP 2000520060 A JP2000520060 A JP 2000520060A JP 2000520060 A JP2000520060 A JP 2000520060A JP 2001522631 A JP2001522631 A JP 2001522631A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
step
guide
lumen
guide wire
portion
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2000520060A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ロナルド ジー. ウイリアムズ,
デイビッド ジェイ. クピーキ,
ジェイムズ ディー. パスファーロ,
グレッグ アール. パターソン,
キャシー エム. マー,
Original Assignee
プロリフィックス メディカル, インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US08/966,001 priority Critical patent/US6156046A/en
Priority to US60/081,631 priority
Priority to US8163198P priority
Priority to US8161498P priority
Priority to US08/966,001 priority
Priority to US60/081,614 priority
Application filed by プロリフィックス メディカル, インコーポレイテッド filed Critical プロリフィックス メディカル, インコーポレイテッド
Priority to PCT/US1998/023832 priority patent/WO1999023958A1/en
Publication of JP2001522631A publication Critical patent/JP2001522631A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/32Surgical cutting instruments
    • A61B17/3205Excision instruments
    • A61B17/3207Atherectomy devices working by cutting or abrading; Similar devices specially adapted for non-vascular obstructions
    • A61B17/320758Atherectomy devices working by cutting or abrading; Similar devices specially adapted for non-vascular obstructions with a rotating cutting instrument, e.g. motor driven
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/22Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for
    • A61B17/221Gripping devices in the form of loops or baskets for gripping calculi or similar types of obstructions
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B50/00Containers, covers, furniture or holders specially adapted for surgical or diagnostic appliances or instruments, e.g. sterile covers
    • A61B50/30Containers specially adapted for packaging, protecting, dispensing, collecting or disposing of surgical or diagnostic appliances or instruments
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B2017/00681Aspects not otherwise provided for
    • A61B2017/00685Archimedes screw
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B2017/00831Material properties
    • A61B2017/00867Material properties shape memory effect
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/22Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for
    • A61B2017/22038Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for with a guide wire
    • A61B2017/22042Details of the tip of the guide wire
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/22Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for
    • A61B17/221Gripping devices in the form of loops or baskets for gripping calculi or similar types of obstructions
    • A61B2017/2217Gripping devices in the form of loops or baskets for gripping calculi or similar types of obstructions single wire changing shape to a gripping configuration
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B50/00Containers, covers, furniture or holders specially adapted for surgical or diagnostic appliances or instruments, e.g. sterile covers
    • A61B50/30Containers specially adapted for packaging, protecting, dispensing, collecting or disposing of surgical or diagnostic appliances or instruments
    • A61B2050/314Flexible bags or pouches
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M25/00Catheters; Hollow probes
    • A61M25/01Introducing, guiding, advancing, emplacing or holding catheters
    • A61M25/09Guide wires
    • A61M2025/09058Basic structures of guide wires
    • A61M2025/09083Basic structures of guide wires having a coil around a core
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M25/00Catheters; Hollow probes
    • A61M25/01Introducing, guiding, advancing, emplacing or holding catheters
    • A61M25/09Guide wires

Abstract

(57)【要約】 カテーテル(32)、カテーテル(32)の管腔(50)を通って長手方向に伸長しているトルク部材(52)、トルク部材(52)の遠位末端に固定された除去機構(54)、および除去機構(54)の管腔を通って伸長する案内部分(200)を備えたガイドワイヤ(46)を有するシステムが提供されている。 (57) Abstract: The catheter (32), secured to the distal end of the catheter torque member (52) which extends longitudinally through the lumen (50) of (32), a torque member (52) removing mechanism (54), and a system having a guide wire having a guide portion (200) (46) extending through the lumen of the removing mechanism (54) is provided. 案内部分(200)は、曲線状輪郭を規定しており、これは、直径方向で、除去機構(54)の寸法よりも大きい。 Guiding portion (200) defines a curved contour, which has a diameter direction is greater than the size of the removing mechanism (54). ガイドワイヤ(46)の案内部分(200)は、この閉塞物質の通路の内側に配置されるように適合され、曲線状経路が提供されて、これに沿って、この閉塞物質の通路の内側で、除去機構(54)が前進できて、閉塞物質を分離し取り除く。 Guide portion of the guide wire (46) (200) is adapted to be positioned inside the path of the plugging agent, the curved path is provided, along which, on the inside of the passage of the plugging agent , made advancement removing mechanism (54) is removed to separate the occlusion material. このシステムを使用する方法、ガイドワイヤ(46)および灌流ワイヤシステムを製造する方法もまた、開示されている。 How to use this system, a method for producing a guide wire (46) and perfusion wire system is also disclosed.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 (発明の背景) (発明の分野) 本発明は、一般に、身体管腔(例えば、血管)から閉塞物質を治療して取り除く装置および方法に関する。 [0001] BACKGROUND OF THE INVENTION Field of the Invention The present invention relates generally to a body lumen (e.g., blood vessels) to an apparatus and method removed by treating occlusive material from. 特に、本発明は、案内したアテローム切除術用の装置および方法に関する。 In particular, the present invention relates to an apparatus and method for atherectomy in the guidance.

【0002】 (従来技術の説明) 血管から狭窄または閉塞物質を取り除くために、また、血管に十分な血流を快復させるために、多数の方法および装置が現在利用可能である。 [0002] To remove the (prior art description) vascular stenosis or occlusion material, also in order to recovery the sufficient blood flow to the vessel, a number of methods and devices are currently available. 1つの一般的な処置には、経皮経腔的血管形成術(PTA)として知られており、ここで、その遠位末端で拡張バルーンを備え付けたカテーテルが、狭窄部位の血管に配置される。 A single common procedure, known as percutaneous transluminal angioplasty (PTA), where a catheter equipped with a dilatation balloon at its distal end is disposed vascular stenosis site . このバルーンは、狭窄の向こうの領域へと十分な血流を回復させるために、 The balloon, in order to restore adequate blood flow to the other side of the region of the constriction,
次いで、膨張されて、血管を拡張する。 Then it is inflated to dilate the vessel.

【0003】 PTAは、しばしば、効果的であるものの、一定の限界がある。 [0003] PTA is often, although it is effective, there is a certain limit. 例えば、PT For example, PT
Aは、血管中の閉塞物質がバルーンを閉塞物質の内側に配置できるのに十分に大きな開口部を有する場合にのみ、効果的であり得る。 A only if the plugging agent in a vessel having a large opening sufficiently to be disposed a balloon on the inside of the plugging agent can be effective. 血管がほぼ完全に閉塞している場合、カテーテルのバルーンを閉塞物質の内側に配置することは、困難(もし、不可能でないなら)である。 If the vessel is almost completely closed, placing the balloon catheter inside the plugging agent is difficult (if if not impossible). さらに、PTAは、以下の複数の処置中および処置後の問題がある:急激な閉鎖、弾性的な跳ね返り、および再狭窄。 Furthermore, PTA may have multiple treatment during and after treatment issues following: rapid closure, elastic recoil, and restenosis. 急激な閉鎖とは、初期治療の時間内での血管の急速な再閉塞である。 The rapid closure is a rapid re-occlusion of the vessel in the initial treatment time. 急激な閉鎖は、急速な血栓形成(これは、PTA処置に由来の血管の傷害に応答して、起こる)から生じ得る。 Abrupt closure, rapid thrombus formation (which, in response to injury of a blood vessel from the PTA treatment takes place) may result from. 弾性的な跳ね返りとは、拡張された血管がその処置前直径に近づく弾性回復である。 The elastic recoil is an elastic recovery dilated vessel approaches its pretreatment diameter. 再狭窄とは、初期の明らかに成功したPTA処置に続いて何週間または何ヶ月にわたって、血管が再び狭まることである。 And restenosis, over following the initial of the apparently successful PTA treatment for weeks or months, the vessel is that again narrowed. 再狭窄は、全てのPT Restenosis is, all of PT
A患者の50%までで起こり、平滑筋細胞の増殖および移動および再構築から生じる。 Occur in up to 50% A patient, results from proliferation and migration and reconstruction of smooth muscle cells.

【0004】 これらの限界を克服するために、種々のカテーテルおよび手法が提案されており、これらは、血管の管腔壁から閉塞物質を分離して取り除くために、除去機構を使用する。 To overcome these limitations, have been proposed various catheters and techniques, which are, in order to remove separates the occluding material from the lumen wall of the vessel, using a removal mechanism. 例えば、回転アテローム切除術用装置(例えば、San Dieg For example, apparatus for rotating atherectomy (e.g., San DIEG
o, CaliforniaのInterventional Technol o, California of Interventional Technol
ogiesにより製造されたTransluminal Extraction Produced by ogies Transluminal Extraction
CatheterおよびBellevue, WashingtonのBos Catheter and Bellevue, Washington of Bos
ton Scientificにより製造されたRotablator)は、回転除去機構に頼っており、これは、ほぼ完全に閉塞された血管を通って、軸方向に前進できる。 Rotablator) produced by ton Scientific may rely on rotating removal mechanism, which passes through the blood vessel that is almost completely closed, it can be axially advanced. これらの機構は、しかしながら、所定の寸法(例えば、所定の外径)でのみ入手できる。 These mechanisms, however, available only in a predetermined size (e.g., predetermined outer diameter). 結果として、これらの除去機構は、この除去機構の寸法に近い管腔寸法を有する血管で使用するとき、最も効果的である。 As a result, these removal mechanisms as used vessels with close tube 腔寸 method dimensions of the removal mechanism is most effective. これらの除去機構は、直径の小さい血管で使用するのが困難であり、また、これらの除去機構の寸法よりも大きい管腔寸法を有する血管から閉塞物質を除去するには、効果が少ない。 These removal mechanisms are difficult to use in small vessels diameter, also to remove occlusive material from a blood vessel with a large tube 腔寸 method than the dimensions of these removal mechanisms, is less effective. 管腔寸法、閉塞物質の寸法および範囲、ならびに閉塞物質の位置は、異なる患者について、広く変わるので、このことは、重大な限界である。 Tube 腔寸 method, the size and scope of the plugging agent, and the position of the plugging agent, for different patients, so vary widely, this is a serious limitation.

【0005】 この問題を検討するために、現在利用できる多くの装置(例えば、Santa [0005] To address this problem, many devices currently available (e.g., Santa
Clara,CaliforniaのGuidant Corporatio Clara, California of Guidant Corporatio
nにより製造されたSimpson Atherocath(登録商標)アテローム切除術用カテーテル、およびUtzenstorf,Switzerlan Produced by n Simpson Atherocath (TM) atherectomy catheters, and Utzenstorf, Switzerlan
dのSherine Medにより製造されたRedha−Cut)は、それぞれ、偏心的に移動できる除去機構または放射状に膨張できる除去機構を備え付けている。 d Redha-Cut) manufactured by Sherine Med of, respectively, equipped with a removal mechanism that can expand in removing mechanism or radial movable eccentrically. これらの除去機構は、鞘または送達カテーテルの内側で崩壊状態または圧縮状態で血管に導入され、次いで、閉塞物質の部位にて、放射状に膨張されるかまたは偏心的に移動されて(例えば、バルーンにより偏心的に移動されて)、 These removal mechanisms are introduced into a blood vessel inside the sheath or delivery catheter collapsed state or a compressed state, then, at the site of the occlusion material, are moved or eccentrically is radially expanded (e.g., a balloon is moved eccentrically by)
閉塞物質を分離し取り除く。 Occlusion material was separated remove. 残念なことに、血管の狭窄または閉塞領域において、ある領域では、他の領域よりも多くの閉塞物質が形成され得るので、閉塞物質の蓄積および形成は、滅多に一貫していない。 Unfortunately, the stenosis or occluded regions of blood vessels, in certain areas, since more than other areas of the occluding material may be formed, the accumulation and formation of occlusive material, not rarely consistent. この放射状膨張可能除去機構は、 This radial expansion possible removal mechanism,
典型的には、始めから終わりまで、同じ放射距離で膨張されるので、この除去機構は、全ての放射方向にて、ほぼ同じ割合で物質を除去し、閉塞物質の大きな蓄積がある位置では、閉塞物質の全てを取り除くには、効果的ではない場合がある。 Typically, from start to finish, since it is expanded in the same radial distance, the removal mechanism, in all radial directions, in substantially the same proportion in removing material, large storage is the position of the occlusive material, to remove all of the blocking agent, it may not be effective. もし、この処置が、全ての物質を除去するまで継続されるなら、この除去機構は、閉塞物質の蓄積が少ない位置にある血管を損傷し得る。 If this treatment, if is continued until the removal of all materials, the removal mechanism may damage the blood vessels in the position storage with little plugging agent.

【0006】 対照的に、この偏心移動可能除去機構は、閉塞物質の非対称的な蓄積を除去できるが、その切断窓を閉塞物質(これは、狭窄の長さに沿って、種々の分離した位置にあり得る)の方へ向けるという医師の能力に頼っている。 [0006] In contrast, the eccentric movable removing mechanism is capable of removing the asymmetric accumulation of occlusive material, the cutting window occlusive material (which is along the length of the constriction, various discrete locations It relies on the ability of the physician that possible) directed towards to. さらに、それらは、非対称的な様式で物質を取り除くので、その膨張、配向および使用の際に、 Moreover, they are so removes the material in an asymmetric manner, during its expansion, orientation and use,
よく注意していないと、方向指示アテローム切除術用装置は、血管の管腔壁を傷つけ得る(例えば、成形ワイヤ複数バー(multi−burr)Rotati If not well aware, the direction indication atherectomy device may damage the luminal wall of a blood vessel (e.g., the forming wire plurality bar (multi-burr) Rotati
onal Ablation Device、米国特許第5,584,843号、およびAbrasive Drive Shaft Device for onal Ablation Device, US Patent No. 5,584,843, and Abrasive Drive Shaft Device for
Directional Rotation Atherectomy、米国特許第5,360,432号)。 Directional Rotation Atherectomy, US Pat. No. 5,360,432). それゆえ、放射状膨張可能除去機構も偏心移動可能除去機構も、いずれも、管腔および閉塞物質の特定の性質に十分に効果的に適合できない。 Hence, radial expandable removing mechanism also eccentric movement removing mechanism also, both, can not be sufficiently effectively adapted to the specific nature of the lumen and occlusive material.

【0007】 この装置の正しい寸法決定、閉塞物質の性質および寸法、および閉塞物質の位置に関連した問題は、再狭窄した血管のステント取付領域を治療するとき、さらに拡大する。 [0007] correct dimensioning of the device, the nature and dimensions of the plugging agent, and problems associated with the position of the plugging agent is when treating stent mounting region of the re-stenosed vessel, to further expand. 上記の急激な閉鎖、弾性的な跳ね返り、および再狭窄の問題を検討するために、治療部位にある血管の内側に血管ステントを移植することに続いて、PTA処置がなされている。 Abrupt closure of the above, in order to study the elastic recoil, and problem of restenosis, following transplanting vascular stent inside the blood vessels to the treatment site, PTA treatment have been made. これらのステントは、薄壁状の足場であり、これは、治療部位で膨張されて、血管の管腔壁に対する機械的な支持体して作用し、 These stents are thin-walled scaffold, which is inflated at the treatment site, acting by mechanical support body for the tube wall of the vessel,
それにより、弾性的な跳ね返りを防止する。 Thereby preventing elastic recoil. このステントは、血管を狭くすることに対する再構築の寄与を減らすものの、依然として、血管のステント取付領域にて、再狭窄が頻繁に起こる。 The stent, although reducing the contribution of the reconstruction for narrowing the vessel, still at stent mounting region of the vessel, restenosis frequently occurs. これは、殆どのステントが、開放格子を包含し、 This is, most of the stent, includes an open lattice,
この格子の支持要素間の割れ目にて、細胞増殖(これは、しばしば、過形成と呼ばれる)が起こり得るからである。 At cleft between the support elements of the grid, cell proliferation (which is often referred to as hyperplasia) because it can occur. 結果として、このステントは、過形成および再狭窄に対する障壁を形成するのではなく、血栓および組織の蓄積した塊内に包埋され得、治療部位は、再度、再狭窄される。 As a result, the stent, rather than forming a barrier to hyperplasia and restenosis, resulting embedded in the thrombus and tissue accumulated in mass, the treatment site, again, is restenosis. 閉塞したステントの治療は、初期閉塞の治療に関して上で述べた難点の全てに直面し、また、過形成閉塞物質の除去中にて、このステントの損傷を回避する必要があることにより、さらに複雑となる。 Treatment of obstructive stent is faced with all difficulties mentioned above with respect to the treatment of early obstruction, also at during removal of hyperplasia plugging agent, the necessity to avoid damage of the stent, more complex to become.

【0008】 それゆえ、血管から閉塞物質を治療して取り除くための改良方法および装置が必要とされている。 [0008] It therefore is a need for an improved method and apparatus for removing and treating obstructive material from blood vessels. 特に、ほぼ完全に閉塞した血管から物質を取り除くことができる装置および方法、一定範囲の寸法を有する血管を治療できる装置および方法、および処置過程にて、特定の血管寸法および管腔形状に適合できる装置および方法を提供することが望まれている。 In particular, the apparatus and method capable of removing material from the almost completely occluded vessel, devices and methods can treat vascular having dimensions of a range, and in the course of treatment, can be adapted to particular vessel dimensions and tube 腔形 shape it would be desirable to provide an apparatus and method. さらに、本発明の装置および方法は、移植したステントを飲み込む閉塞物質を取り除く際に使用するのに効果的であるべきである。 Furthermore, the apparatus and method of the present invention should be effective for use in removing occlusive material swallow implanted stent. 望ましくは、本発明の装置および方法は、実行が簡単であり、受容できる程度のリスクしか患者に与えず、また、バルーン血管形成術および他の従来の血管内治療に精通している医師により、容易に実施される。 Desirably, the apparatus and method of the present invention, the execution is simple, the risk enough to receive only given to patients, also, by the physician to balloon angioplasty and be familiar with other conventional endovascular, It is easily implemented. これらの目的の少なくとも一部は、下記の本発明の実施態様より、達成される。 At least some of these objectives, from the embodiments of the present invention described below are achieved.

【0009】 (発明の要旨) 本発明によるシステムは、カテーテル、トルク部材、除去機構およびガイドワイヤを包含し、このトルク部材は、このカテーテルの管腔を通って縦方向に伸長しており、この除去機構は、このトルク部材の遠位末端に固定されており、このガイドワイヤは、案内部分を有し、この案内部分は、輪郭を規定しており、この輪郭は、直径方向で、この除去機構の寸法よりも大きい。 [0009] system according to the invention (Summary of the invention), a catheter, includes a torque member, removing mechanism and the guide wire, the torque member is extended longitudinally through the lumen of the catheter, the removing mechanism is fixed to the distal end of the torque member, the guide wire has a guide portion, the guide portion is defined contour, this contour has a diameter direction, the removed larger than the size of the mechanism. このガイドワイヤの案内部分は、閉塞物質の通路の内側に配置されるように適合されており、そして曲線状経路を提供し、この曲線状経路に沿って、この除去機構は、閉塞物質の通路の内側で前進して、閉塞物質を分離し取り除くことができる。 Guiding portion of the guide wire is adapted to be positioned inside the passageway of the occlusive material, and provides a curved path, along this curved path, the removal mechanism, passage of plugging agent moving forward on the inside, it can be removed to separate the occlusion material.

【0010】 本発明のシステムでは、このトルク部材は、通常、駆動装置(例えば、携帯型装置)により、回転駆動される。 [0010] In the system of the present invention, the torque member, usually by the drive unit (e.g., a portable device), is driven to rotate. この駆動装置は、モーターを収容しており、これは、このトルク部材の近位末端を回転して、それにより、この除去機構を回転させる。 The driving device accommodates a motor, which rotates the proximal end of the torque member, thereby rotating the removal mechanism. この除去機構は、任意の回転アテローム切除術用装置(例えば、回転可能螺旋状カッター、回転可能改良Forstnerカッター、回転式切断バー( The removal mechanism, any rotational atherectomy device (e.g., rotatable spiral cutter, rotatably improved Forstner cutters, rotary cutting bars (
burr)、回転可能切断窓付きのハウジングを有するサイドカッター、または身体管腔の壁から閉塞物質を分離して取り除くのに使用できる任意の他の類似の装置)であり得る。 burr), may be any other similar device) that can be used for side cutter having a housing with a rotatable cutting window or from the wall of the body lumen, remove and separate the occlusive material. このカテーテルに対するこのトルク部材および除去機構の軸方向運動を防止しつつ、この除去機構およびトルク部材を回転させるために、通常、ベアリングアセンブリが設けられる。 While preventing axial movement of the torque member and the removing mechanism for the catheter, for rotating the removing mechanism and the torque member, usually bearing assembly is provided.

【0011】 本発明のシステムは、さらに、運搬機構を包含し得、これは、分離した閉塞物質を収集レザバ(これは、このカテーテルの遠位末端に連結されている)に運搬するのに、使用される。 [0011] The system of this invention may further include a transport mechanism, which, collection reservoir the separated occlusive material (which in this is coupled to the distal end of the catheter) to be transported to, used. この運搬機構は、「スクリューポンプ」配置(例えば、 This transport mechanism is, "screw pump" arrangement (for example,
このカテーテルの管腔内にて、このトルク部材上の外部コイル)の形状で、設けられ得る。 At the lumen of the catheter, in the form of an external coil) on the torque member may be provided. それに代えてまたはそれに加えて、この運搬機構は、その管腔を通って物質を引き戻すために、このカテーテルの近位末端に接続された真空源を包含し得る。 In addition Alternatively or in, the transport mechanism in order to pull back the material through the lumen can include a vacuum source connected to the proximal end of the catheter. それに代えてまたはそれに加えて、この運搬機構は、複数のプロペラまたは羽根を包含し得る。 Alternatively or in addition, the transport mechanism may include a plurality of propellers or vanes.

【0012】 本発明の非限定的な1局面によれば、このガイドワイヤの案内部分は、それを配置した血管の管腔壁に対して放射状に外向きの力を加えるような形状にされる。 According to one non-limiting aspect of the invention, the guide portion of the guide wire is shaped to apply a force radially outward against the vessel lumen wall arranged it . 1実施態様では、このガイドワイヤの案内部分は、三次元螺旋形状を有し、これは、この除去機構が閉塞物質を分離し取り除くことができるように、管腔壁のこの除去機構が閉塞物質を分離し取り除くことができるように、この除去機構を、管腔壁の狭窄部分の閉塞物質と並置させる。 In one embodiment, the guide portion of the guide wire has a three-dimensional spiral shape, which, as can be the removal mechanism removes separates occluding material, the removal mechanism is occlusive material of the tube wall as can be removed by separating, the removal mechanism, is juxtaposed with occlusive material of constriction of the lumen wall. このガイドワイヤの案内部分は、 Guide portion of the guide wire,
このトルク部材の管腔内にある間、略直線形状である。 During in the lumen of the torque member, a substantially linear shape. このガイドワイヤは、略直線状近位部分および略直線状遠位部分を備え付けることができ、この近位部分は、この案内部分から近位に伸長しており、また、この遠位部分は、この案内部分から遠位に伸長しており、このガイドワイヤの遠位および近位部分は、同じ縦軸に沿って、伸長している。 The guide wire can be equipped with substantially straight proximal portion and a generally straight distal portion, the proximal portion is extended proximally from the guide portion, and the distal portion, and it extends distally from the guide portion, a distal and a proximal portion of the guide wire, along the same longitudinal axis and extends.

【0013】 本発明の方法は、所望の直径の通路が得られるまで、閉塞物質中に、一連の直径方向で大きな通路を作製する。 The method of the present invention, until the passage of the desired diameter is obtained, in occluding material, to produce a large passage in a series in the diameter direction. 除去機構は、ガイドワイヤの案内部分の上を前進して、閉塞物質を分離し取り除いて、閉塞物質中に曲線状チャンネルまたは溝部を作製できる。 Removing mechanism is advanced over the guide portion of the guide wire, removed to separate the occluding material, a curved channel or groove can be made in the plugging agent. この除去機構は、繰り返し前進され、そして閉塞物質の通路内でのこのガイドワイヤの案内部分の任意の定期的な軸方向並進運動と共に、この案内部分から部分的に引き出され得る。 The removal mechanism is repeatedly advanced, and with any regular axial translational movement of the guide portion of the guide wire in the passage of the occlusive material may be partially withdrawn from the guide portion. 閉塞物質の連続的な合流チャンネルをそのように取り除くことにより、初期通路よりも直径方向で大きな第二通路が作製される。 By eliminating a continuous confluence channel plugging agent as such, a large second passage is produced in the diametrical direction than the initial path.

【0014】 必要に応じて、この除去を高めるために、このガイドワイヤの案内部分の幅または直径は、大きくできる。 [0014] Optionally, in order to enhance this removal, the width or diameter of the guide portion of the guide wire can be increased. 例えば、既存のガイドワイヤは、直径方向で大きな案内部分を有する他のガイドワイヤと交換できる。 For example, the existing guidewire can be exchanged for another guidewire having a large guiding part diameter direction. あるいは、形状記憶合金ガイドワイヤが加熱(または冷却)されるか、そうでなければ、エネルギーを加えて、さらに他の形状変化を起こすことができる。 Or the shape memory alloy guidewire is heated (or cooled), otherwise adding energy can further cause other shape change. この除去機構は、次いで、新しいガイドワイヤのさらに大きな案内部分の上を前進して、第二通路よりも直径方向で大きな第三通路が作製される。 The removal mechanism is then advanced over the larger guide portion of the new guidewire, a large third passage is produced in the diametrical direction than the second passage. この工程は、所望の直径を有する通路が得られるまで、漸次大きな通路を作製するために、繰り返すことができる。 This process, until passage having a desired diameter can be obtained, can be gradual in order to produce a large passage is repeated.

【0015】 本発明の装置の特定の局面では、この装置は、カテーテルおよびガイドワイヤを包含する。 [0015] In a particular aspect of the apparatus of the present invention, the apparatus includes a catheter and a guide wire. このカテーテルは、カテーテル本体を包含し、これは、近位末端、 The catheter includes a catheter body, which is the proximal end,
遠位末端、およびそこを通る管腔を有する。 Having a distal end and a lumen therethrough. このカテーテル本体の遠位末端には、除去機構が配置され、これは、身体管腔から物質を切除して切除した物質をこのカテーテルの管腔に向けるように、配列されている。 At the distal end of the catheter body, removal mechanism is an arrangement, which, as direct excised material was excised material from the body lumen into the lumen of the catheter are arranged. この除去機構は、曲線経路に追随するが、これは、通常、少なくとも1個の切断ガイドを包含し、これは、その刃を物質へと前方に前進させることにより、そしてこの物質の2個の部分間で明確な分離を形成することにより、この物質を切除する。 The removal mechanism is to follow a curved path, which usually includes at least one cutting guide, which is by advancing forward the blade into material and two of this material by forming a clear separation between portions, to ablate the material. このような切断機構は、本発明の他の局面で使用され得る型の研磨面を包含しない。 Such cutting mechanism does not include a polishing surface of the mold which may be used in other aspects of the present invention. このガイドワイヤは、曲線状経路(特に、螺旋状経路)を規定し、ここで、このカテーテル本体は、このガイドワイヤの上を前進して、この切断機構をこのような曲線状経路へと反らすことができる。 The guide wire defines a curvilinear path (in particular, helical path), wherein the catheter body is advanced over the guide wire, deflect the cutting mechanism into such a curved path be able to. 好ましくは、このような切断機構は、その遠位末端にて、このカテーテル本体の幅の1.2倍以下の幅を有し、好ましくは、該遠位末端に等しいかまたはそれより小さい直径である。 Preferably, such cutting mechanism at its distal end, has a 1.2 times or less the width of the catheter body, preferably, equal to or smaller diameter than the distal end is there. さらに好ましくは、この切断刃は、螺旋状刃または刃アセンブリを包含し、これは、このカテーテルの管腔内に配置されたトルク部材の遠位末端に装着されている。 More preferably, the cutting blade encompasses a helical blade or blades assembly, which is attached to the distal end of the torque member disposed within the lumen of the catheter. この螺旋状刃は、好ましくは、その遠位末端で、このカテーテル本体の直径以下の直径を有する。 The helical blade, preferably at its distal end, having a diameter of less than or equal to the diameter of the catheter body. 代表的で好ましい螺旋状刃アセンブリは、一対の刃を有し、これらは、二重螺旋として配列され、その遠位末端の方へ直径を小さくしてテーパを付けられている。 Representative and preferred helical blade assembly has a pair of blades, they are arranged as a double helix, it is tapered to reduce the diameter towards its distal end.

【0016】 本発明の装置のさらに他の局面では、システムは、カテーテルおよびガイドワイヤを包含し、ここで、このガイドワイヤは、すぐ上で記述したものと同じであり得る。 [0016] In yet another aspect of the apparatus of the present invention, the system includes a catheter and a guide wire, wherein the guide wire may be the same as those described immediately above. このカテーテルは、カテーテル本体を包含し、これは、近位末端、遠位末端、およびそこを通る管腔を有する。 The catheter includes a catheter body, which has a proximal end, a distal end, and a lumen therethrough. このカテーテル本体の遠位末端には、螺旋状刃が配置されており、このカテーテルは、好ましくは、トルク部材を包含し、これは、このカテーテル本体の管腔内に配置されている。 This distal end of the catheter body, the helical blades are arranged, the catheter preferably includes any torque member, which is disposed within the lumen of the catheter body. この螺旋状刃は、好ましくは、すぐ上で記述した構造を有する。 The spiral blade preferably has a description structure immediately above.

【0017】 本発明の装置のさらに他の局面では、アテローム切除術用カテーテルは、カテーテル本体、トルク部材、および螺旋状刃を包含する。 [0017] In yet another aspect of the apparatus of the present invention include, atherectomy catheter, the catheter body, the torque member, and a helical blade. 本明細書中で使用する「 "As used herein
アテローム切除術」との用語は、アテローム(これから、この名称が由来している)の除去だけでなく、血管形成術および/またはステント取付に続いた過形成物質の除去を意味する。 The term atherectomy "is atheroma (from now, this name is derived) as well removal means removal of a hyperplastic material followed angioplasty and / or stent mounted. このカテーテル本体は、近位末端、遠位末端、およびそこを通る管腔を有する。 The catheter body has a proximal end, a distal end, and a lumen therethrough. このトルク部材はまた、近位末端、遠位末端、およびそこを通る管腔を有し、また、このトルク部材は、このカテーテル本体管腔に回転可能に配置されている。 The torque member also has a proximal end, a distal end, and a lumen therethrough, and the torque member is rotatably disposed in the catheter body lumen. 環状管腔は、このトルク部材の外面と、このカテーテル本体管腔の内面との間で規定されており、そして螺旋状刃アセンブリは、このトルク部材の遠位末端に装着されている。 Annular lumen and the outer surface of the torque member are defined between the inner surface of the catheter body lumen, and a spiral blade assembly is attached to the distal end of the torque member. この螺旋状刃アセンブリは、その遠位方向でテーパを付けられており、そしてこのカテーテル本体の環状管腔に開いた内部を有する、少なくとも1個の螺旋状刃を有する。 The spiral blade assembly, has been tapered at its distal direction and has an open interior to the annular lumen of the catheter body, having at least one spiral blade. このようにして、この螺旋状刃は、閉塞物質を通って前進してその物質を切除でき、それを、収集および必要に応じて廃棄用の環状管腔へと向けることができる。 In this way, the helical blade is advanced through the occluding material can ablate the material, it can be directed into the annular lumen for disposal according to collect and necessary. 好ましくは、この螺旋状刃アセンブリは、少なくとも2個の螺旋状刃を包含し、これらは、二重螺旋として(すなわち、互いに対して平行に)、配置されている。 Preferably, the helical blade assembly includes at least two spiral blades, which are, as a double helix is ​​(i.e., parallel to the each other), arranged. なおさらに好ましい局面では、このトルク部材の少なくとも1つの遠位部分には、螺旋状ネジが形成され得る。 In an even more preferred aspect, at least one of the distal portion of the torque member, a spiral screw may be formed. このようにして、このトルク部材が回転するにつれて、この螺旋状ネジは、「アルキメデス」スクリューポンプとして作用して、切除した物質の除去を促進できる。 Thus, as the torque member is rotated, the helical thread is to act as "Archimedes' screw pump, the removal of the excised material can be accelerated. 通常、このアテローム切除術用カテーテルは、さらに、ポートまたは他の手段を包含し、これは、その単独でまたはこの螺旋状スクリューポンプ、ポンプ羽根、または他の機構と組み合わせて、この環状管腔を通って切除物質を取り除く真空を適用するために、この環状管腔と流体連絡している。 Usually, the atherectomy catheter further encompasses a port or other means, which is its alone or the helical screw pump, in combination with pump vanes or other mechanism, the annular lumen through to apply a vacuum to remove the cut material, and communicates the annular lumen in fluid.

【0018】 本発明の方法の特定の局面では、身体管腔にある閉塞物質の領域は、この閉塞物質領域内に少なくとも1個の曲線部を有するガイドワイヤを配置することにより、治療される。 [0018] In a particular aspect of the method of the present invention, the region of occlusive material in the body lumen, by arranging a guide wire having at least one curved portion to the plugging agent region to be treated. このガイドワイヤの曲線部は、閉塞物質内の領域の周辺部と弾力的に噛み合い、そして切断刃は、該管腔を拡大するために、この管腔から閉塞物質を切除するように、このガイドワイヤの上を前進される。 Curved portion of the guide wire, the peripheral portion and resiliently meshing area in the occlusive material, and the cutting blade, in order to enlarge the lumen, so as to ablate the occlusive material from the lumen, the guide It is advanced over the wire. 好ましくは、このガイドワイヤは、初期には、直線形状で、この領域へと前進される。 Preferably, the guide wire is initially in a straight line shape, is advanced into this area. その後、この直線状ガイドワイヤは、少なくとも1個の曲線部を有する幾何学的配置を呈するようにするかまたは誘導される。 Thereafter, the linear guide wire is derived or to assume a geometry having at least one curved portion. 例えば、このガイドワイヤは、このガイドワイヤを螺旋形状にする相転移を誘導するように、加熱され得る。 For example, the guide wire, so as to induce a phase transition of the guide wire in a spiral shape, can be heated. 好ましくは、このガイドワイヤは、カテーテル、鞘または他の束縛体内にて束縛され、そして標的部位にて解放されて、身体管腔内での非束縛または部分束縛直径を保証する。 Preferably, the guide wire, catheter, is constrained by a sheath or other restraint body, and is released at the target site, to ensure unconstrained or partially constrained diameter in the body lumen.
さらに好ましくは、この切断刃を前進させることは、このガイドワイヤの上で軸方向に前進させつつ、螺旋状刃を回転することを包含する。 More preferably, it is advancing the cutting blade, while advancing in the axial direction on the guide wire, including rotating the helical blade. この方法は、さらに、この螺旋状刃内の内部容量から、切除した物質を収集すること、および収集した物質を、この身体管腔から取り除くことを包含する。 The method further includes the internal volume of the spiral inner cutter, to collect ablated material, and the collected material to be removed from the body lumen.

【0019】 本発明の方法の他の特定の局面では、身体管腔内の閉塞物質の領域は、この領域を通ってガイドワイヤを導入することにより、治療される。 [0019] In another specific aspect of the method of the present invention, the region of occlusive material within a body lumen by introducing a guidewire through this area is treated. このガイドワイヤは、次いで、このガイドワイヤに少なくとも1個の曲線部を誘導するように、加熱される。 The guide wire is then to induce at least one curved portion in the guide wire is heated. 除去機構(例えば、切断刃)は、次いで、このガイドワイヤの上を前進され、また、この曲線部は、この除去機構が前進するにつれて、この領域の周辺部に対して、この除去機構を噛み合わせるかまたはそらせる。 Removing mechanism (e.g., cutting blade) is then advanced over the guide wire, also, the curved portion, as the removal mechanism is advanced, relative to the periphery of this area, chewing the removal mechanism fit or deflect. 通常、このガイドワイヤは、形状記憶合金である。 Usually, the guide wire is a shape memory alloy. あるいは、このガイドワイヤは、熱記憶合金であり、この場合、この加熱工程は、マルテンサイト相からオーステナイト相への相転移を誘導し、ここで、このオーステナイト相は、曲線形状を有する。 Alternatively, the guide wire is a heat memory alloy, in this case, the heating process induces a phase transition from the martensite phase to the austenite phase, wherein the austenite phase has a curved shape. さらに好ましくは、この曲線部は、螺旋である。 More preferably, the curved section is helical. この除去機構を前進させることは、 Advancing the removal mechanism,
一般に、切断刃を回転させることを包含し、さらに通常には、ここで、この切断刃は、テーパを付けた螺旋状切断刃または刃アセンブリである。 In general, it encompasses rotating the cutting blade, and more usually, wherein the cutting blade is a helical cutting blade or blade assembly tapers.

【0020】 本発明の方法のさらに他の局面では、過形成物質は、動脈のステント取付領域内に螺旋状ガイドワイヤを配置することにより、動脈内のステントの内部から取り除かれ得る。 [0020] In yet another aspect of the method of the present invention, hyperplasia material, by arranging the spiral guide wire stent mounting region of the artery, it may be removed from the interior of the stent in the artery. 除去機構は、上記機構のいずれかであり得るが、次いで、このガイドワイヤの上を前進されて、過形成物質に螺旋状チャンネルを作製する。 Removing mechanism may be any of the above mechanisms, but then is advanced over the guide wire to produce a helical channel hyperplasia material. この除去機構は、このステントの少なくとも一部をこのステントの管腔内の実質的に全ての過形成物質に露出させるのに十分な多くの回数で、この除去機構は、このガイドワイヤ上で繰り返し前進される。 The removal mechanism is at least a portion of the stent in substantially more times sufficient to expose all of the over-forming substance the lumen of the stent, the removal mechanism is repeated on the guide wire It is advanced. このガイドワイヤを配置することは、このステント取付領域に直線状ガイドワイヤを前進させること、その後、例えば、 This guide the wire to place the advancing the linear guide wire to the stent mounting region, then, for example,
このガイドワイヤを加熱して相転移を誘導することにより、その中で螺旋状の幾何学的配置を誘導することを包含する。 By inducing heated to the phase transition of this guide wire, including inducing a spiral geometry therein. この除去機構を前進させることは、通常、切断刃を回転すること、さらに通常には、テーパー付き遠位端を有する螺旋状切断刃を回転することを包含する。 It is advanced the removal mechanism is normally rotating the cutting blade, and more typically involves rotating the helical cutting blade having a tapered distal end. この除去工程は、このステント内から過形成物質を実質的に完全に除去するために、通常、少なくとも2回、好ましくは、少なくとも3回、さらに好ましくは、少なくとも4回、しばしば、少なくとも8回、時には、少なくとも12回、20回程度またはそれ以上、繰り返される。 This removal process, in order to substantially completely remove hyperplasia material from the inside stent, typically at least twice, preferably at least 3 times, more preferably at least 4 times, often at least 8 times, sometimes, at least 12 times, 20 times or more to process it are repeated.

【0021】 放射状に膨張可能な案内部分を有するワイヤを製造する方法は、心線を心棒の回りに包む工程;この心線をこの心棒の周りで固定する工程;この心棒アセンブリを、300℃と800℃の間の温度まで加熱する工程;この加熱を停止する工程;この心棒アセンブリを室温まで冷却する工程;およびこの心棒からこの心線を取り外す工程を包含する。 The method for producing a wire having an inflatable guide part radially, the step wrap cord around the mandrel; step for fixing the core wire around the mandrel; the mandrel assembly, and 300 ° C. step stop heating; heating to step to a temperature between 800 ° C. including and from the mandrel step of removing the core wire; step for cooling the mandrel assembly to room temperature.

【0022】 この方法は、好ましくは、450〜550℃の操作温度で行われる。 [0022] The method is preferably carried out at the operating temperature of 450 to 550 ° C.. もし、この心棒アセンブリが、従来のオーブンで加熱されるなら、その保温時間は、大体、5分間である。 If the mandrel assembly is, if heated in a conventional oven, the holding time is, generally, it is 5 minutes. この心線は、この形状設定を保持するのに十分な温度である必要があるにすぎない。 This cord is only needs to be a temperature sufficient to retain this shape setting. この心棒または心線の質量を増加させるには、長い保温時間が必要であり得る。 To increase the mass of this mandrel or core wire, may require longer incubation time. 「フラッシュ」加熱工程を使用して、この方法を促進することが可能であり、ここで、この心棒アセンブリは、溶融塩ポットまたは流動浴に1〜2分間浸けられる。 Using "flash" heating step, it is possible to facilitate this process, wherein the mandrel assembly is immersed for 1-2 minutes in a molten salt pot or flow bath.

【0023】 形状設定では、この心線は、この心棒の周りで引っ張って包むこと、およびこの心線は、この形状設定中にて、弛緩または滑りをさせないようにすることが重要である。 [0023] In shape setting, the cord is wrapping pulled around this mandrel, and the core wire is at during the shape setting, it is important not to relaxation or slip. この心線を適当な位置で固定するための手段が必要であり、この手段は、極めて厳格な公差でこの心棒に嵌る機械的要素(例えば、スリーブ)、この心棒を適当な位置で保持するためのクランプまたはネジ、あるいはこの心棒を張力下で保つトルク装置であり得る。 Means for securing the core wire at a suitable location is required, this means, mechanical elements to fit the mandrel in a very strict tolerances (e.g., sleeves), for holding the mandrel at an appropriate position It may clamp or screws, or the mandrel by a torque device to keep under tension. 非機械的手段、例えば、一時的溶接、耐熱性接着剤または当業者により理解されている他の手段は、使用され得る。 Non-mechanical means, for example, temporary welding, other means have been understood by the heat-resistant adhesive or those skilled in the art can be used.

【0024】 心棒は、放射状に膨張可能な案内部分を有する心線を形状設定するために、使用される。 The mandrel is a core wire having an inflatable guiding portion radially to form set, is used. この心棒は、温度安定性核、および少なくとも1個のネジ山を包含し、このネジ山は、間隔を開けたネジ谷を有し、このネジ谷は、ワイヤを機械的に受容でき、ここで、該心棒は、少なくとも1個の保持装置を有し、この保持装置は、該間隔を開けたネジ谷内に該心線を固定するため、および該ワイヤが滑るかまたは移動するのを防止するためにある。 The mandrel includes a temperature stability nucleus, and at least one thread, the thread has a thread groove spaced, the thread root is a wire mechanically be acceptable, where , said cardiac rod has at least one holding device, the holding device for securing the core wire to the screw Yachi drilled the interval, and in order to prevent or moving the wire slips It is in.

【0025】 この心棒は、一般に、0.5mmと20mmの間の均一な谷径を有するが、また、不均一な谷径も有し得る。 [0025] The mandrel, generally have a uniform root diameter of between 0.5mm and 20 mm, may also have non-uniform root diameter. この心棒はまた、直線状幾何学的配置を有し、その幾何学的配置は、その長軸に沿っている。 The mandrel also has a linear geometry, the geometry is along its long axis. この直線状幾何学的配置は、この直線状幾何学的配置に沿った交差部材形状の組合せと共に、規則的形状および不規則的形状であり得る。 The linear geometry, together with the combination of the cross member shaped along this straight line geometry may be a regular shape and an irregular shape.

【0026】 この心棒のピッチは、0.001インチと0.5インチの間である。 [0026] The pitch of the mandrel is between 0.001 inch and 0.5 inches. しかしながら、好ましいピッチは、1mm〜3mmである。 However, the preferred pitch is 1 mm to 3 mm. この心棒は、中空または中実であり得るが、上記形状設定のために、温度安定性材料(例えば、少し挙げれば、ステンレス鋼、黄銅、チタンおよびセラミック材料)であるべきである。 The mandrel is may be hollow or solid, for the shape setting temperature stable material (e.g., to name a little, stainless steel, brass, titanium and ceramic materials) should be. この心線が適当な形状設定を得るためには、この心線は、ある種の保持装置により、 To this core wire to obtain a suitable shape configuration, this cord is a certain holding device,
適当な位置で固定されなければならない。 It must be fixed at an appropriate position. これは、その末端へと下にロックするためのネジ、全ての部品を適当な位置にしつつこの心棒および心線に堅く嵌るチューブ、非機械的手段(例えば、ハンダ付け、接着または化学的結合)であり得る。 This screw for locking down to its end, all components appropriate this mandrel while the position and cord stiff fit tube, non-mechanical means (e.g., soldering, adhesive bonding or chemical bonding) It can be in.

【0027】 この心棒は、どのような形状パラメータでも、この心線に与える。 [0027] The mandrel is, in any shape parameters, give to the heart line. この心棒の谷径は、この案内部分の内径に一致している。 Root diameter of the mandrel coincides with the inner diameter of the guide portion. この案内部分の外径は、この心棒の谷径に使用する心線の直径の2倍を加えたものに等しい。 The outer diameter of the guide portion, plus the twice the diameter of the core wire used in the core diameter of the mandrel. もし、この案内部分を心線に取り付けるなら、この案内部分の内径は、この心棒の谷径からこのコイルワイヤの直径の2倍を引いて、この心棒とコイルワイヤとの間の距離(もし、 If, if mounting the guide part the core wire, the inner diameter of the guide part, by subtracting the twice the diameter of the coil wire from the root diameter of the mandrel, the distance between the mandrel and the coil wire (if
あれば)の2倍を引いた値である。 Is a value obtained by subtracting the two times of any).

【0028】 (特定の実施態様の説明) 以下の詳細な説明は、本発明を実施する現在考慮された最高の様式である。 [0028] Detailed (description specific embodiments) The following description is the best manner that is currently considered to practice the present invention. この説明は、限定的な意味でとるべきではなく、単に、本発明の実施態様の一般的原理を例示する目的のためにある。 This description is not to be taken in a limiting sense, simply, it is for the purpose of illustrating the general principles of embodiments of the present invention. 本発明の範囲は、添付した特許請求の範囲で最もよく規定される。 The scope of the invention is best defined by the appended claims. ある場合には、周知の装置、要素、部品、機構および方法の詳細な説明は、不要な詳細で本発明の説明を不明瞭にしないように、省略する。 In some cases, well-known devices, elements, components, and a detailed description mechanisms and methods, so as not to obscure the description of the present invention with unnecessary detail omitted.

【0029】 本発明は、動物または人間の血管または他の身体管腔から閉塞物質を治療し取り除く際に使用する装置および方法を提供する。 [0029] The present invention provides an apparatus and method for use in removing treating occluding material from an animal or a human blood vessel or other body lumen. このシステムは、除去機構を提供し、これは、トルク部材の遠位末端で固定されている。 This system provides a removal mechanism, which is fixed at the distal end of the torque member. このトルク部材は、カテーテルを通って伸長しており、このカテーテルは、血管の内側にある閉塞物質の部位に、この除去機構を運び送達するのに使用され、この部位では、この除去機構は、閉塞部材を分離し除去するために、作動される。 The torque member is extended through the catheter, the catheter, to the site of occlusive material inside the vessel, is used to deliver carry this removal mechanism, in this site, the removal mechanism, to remove separating closing member is actuated. ガイドワイヤは、制御した様式で、閉塞物質の位置に沿って、この除去機構を案内して、閉塞物質の一部を分離し取り除くのに、使用される。 Guidewire, in a controlled manner, along the position of the occlusive material, to guide the removal mechanism, for removing and separating a portion of the occluding material, is used. 特に、このガイドワイヤは、螺旋状遠位案内部分を備え付けており、これは、管腔壁に沿って、この除去機構を案内して、閉塞物質を分離し除去する。 In particular, the guide wire is equipped with a helical distal guide section, which, along the tube wall, to guide the removal mechanism to remove and separate the occlusive material. このガイドワイヤの螺旋状部分は、非束縛直径を有し、これは、この除去機構の外径または寸法よりも大きい。 Helical portion of the guide wire has a unconstrained diameter, which is larger than the outer diameter or dimension of the removal mechanism. 展開したガイドワイヤの上をこの除去機構が通過すると、閉塞物質の1層が取り除かれて、直径方向で、閉塞物質にて、さらに大きな通路を生じる。 When the top of the expanded guidewire this removal mechanism passes, one layer is removed occlusion material in the diametrical direction, in occlusive material, produces a larger passage. このガイドワイヤの螺旋状案内部分は、寸法が大きくされるか、および/またはさらに大きな螺旋状直径を有するガイドワイヤと交換されて、追加層の閉塞物質が取り除かれ、閉塞物質に、 Spiral guide portion of the guide wire, or the dimensions are large, and / or is further replaced with a guidewire having a larger spiral diameter, clogging material of the additional layer is removed, the occlusive material,
直径方向でさらに大きな通路が設けられる。 A large passage is provided further with a diameter direction.

【0030】 本明細書中で使用する「閉塞物質」との用語は、管腔を占有して管腔の正常な機能を妨げる妨害物を表わす増殖性または異常性の組織または物質を意味する。 The term "occlusive agent" as used herein refers to a proliferative or abnormalities of tissue or material represents obstructions that interfere with the normal function of the lumen occupying the lumen.
「閉塞物質」には、血栓、塞栓アテローム、平滑筋細胞過形成および他の増殖性または異常性の組織のような物質を挙げることができるが、これらの限定されない。 The "closure material", thrombus, embolus atheroma, but can include materials such as smooth muscle cell hyperplasia and other proliferative or abnormality tissue, but are not these limitations.

【0031】 本明細書中で使用する「超弾性」との用語は、相当な変形後に負荷を除くとその初期形状に戻ることができる物質(通常、金属合金)の性質を意味する。 The term "superelasticity", as used herein, except for the load after substantial deformation material can return to its initial shape (typically, metal alloy) means the properties of. 超弾性合金は、可塑的に変形されることなく、通常のバネ材料よりも10倍まで、歪むことができる。 Superelastic alloy, without being plastically deformed, up to 10 times than the normal spring material, can be distorted. それが示す超弾性は、異常に大きく、応力で誘導した相変換( Superelastic to which it is abnormally large, the phase change induced by stress (
すなわち、オーステナイトからマルテンサイトまたは応力で誘導したマルテンサイト)により、引き起こされる。 That is, the martensite) induced martensite or stress from austenite caused.

【0032】 本明細書中で使用される「弾性」および「弾力的」との用語は、負荷を取り除いた後、材料がその初期形状に戻る性質を意味する。 The term "elastic" and "resilient" as used herein, after removal of the load, means a property that the material returns to its initial shape. 殆どの材料の弾性は、比較的に低い歪み度で起こる塑性変形に限定される。 Elasticity of most materials is limited to plastic deformation which occurs at relatively low strain rate. 一部の材料(例えば、バネステンレス鋼)は、本発明の範囲内で、少なくとも一部の用途に十分な弾性を有する。 Some of the material (e.g., spring stainless steel), within the scope of the present invention has a sufficient elasticity in at least some applications.

【0033】 本明細書中で使用される「形状記憶材料」とは、特定の温度範囲内および/またはそれより高い温度(すなわち、As−Af)に加熱した後、初期形状(これは、この材料の製作中に「設定」され得る)に戻る材料(通常、金属合金)を意味する。 [0033] a "shape-memory material" as used herein, after heating to a specific temperature range and / or higher temperatures (i.e., As-Af), the initial shape (this is the during the fabrication of the material back to the can be "set") material (usually, it means a metal alloy). もし、オーステナイト状態のワイヤの直線状断片を特定温度範囲内および/またはそれより低い温度(すなわち、Ms−Mf)に冷却してマルテンサイトを形成するなら、それは、直線状のままである。 If, within a certain temperature range the linear fragment in the austenitic state wire and / or lower temperatures (i.e., Ms-Mf) if cooled to form martensite it remains straight. もし、対になったマルテンサイトを曲げることにより変形するなら、それは、変形マルテンサイトに転化される。 If if is deformed by bending martensite paired, it is converted to deformed martensite. 加熱すると、オーステナイトに戻る変形が起こり、このワイヤは、再度、直線状となる。 Upon heating, occur deformed back to austenite, the wire again becomes linear.

【0034】 一部の材料(例えば、ある種のニッケルチタン合金(例えば、Nitinol [0034] Some of the materials (e.g., certain nickel-titanium alloy (e.g., Nitinol
(登録商標)))は、超弾性および形状記憶特性の両方を示し、それゆえ、以下でさらに詳細に記述するように、本発明の1つより多い局面に従って、使用され得る。 (R))) showed both superelastic and shape memory properties, thus, as described in more detail below, according to more than one aspect of the present invention, may be used.

【0035】 図1、1Aおよび2は、本発明によるシステム30を図示している。 FIG. 1,1A and 2 illustrate a system 30 according to the present invention. システム30は、カテーテル32を包含し、これは、可撓性細長カテーテル本体34を有し、これは、近位末端36および遠位末端38を有し、そこを通って縦方向に伸長している少なくとも1個の管腔50を規定している。 System 30 includes a catheter 32, which has a flexible elongate catheter body 34, which has a proximal end 36 and distal end 38, and extends longitudinally therethrough defining at least one lumen 50 are. カテーテル32は、近位コネクタアセンブリ40を経由して、携帯型装置42および収集レザバ44に操作可能に連結されている。 The catheter 32, through the proximal connector assembly 40 is operably coupled to the portable device 42 and collection reservoir 44. 携帯型装置42は、除去機構54を回転させるためのモーターを包含し、これは、カテーテル32の遠位末端38に設けられて、これ以下でさらに詳細に記述するように、閉塞物質を取り除き、そして抜き取る。 The portable device 42 includes a motor for rotating the removing mechanism 54, which is provided at the distal end 38 of catheter 32, which as described in more detail below, remove occlusive material, and withdrawn. 収集レザバ44は、血管から取り除かれ抜き取られた閉塞物質を集める。 Collection reservoir 44 collects occluding material withdrawn is removed from the vessel. ガイドワイヤ46は、以下でさらにより完全に詳細に記述するように、カテーテル32を通って伸長し、それと共に使用される。 The guidewire 46, as further more fully described in detail below, extends through the catheter 32 is used in conjunction with it.

【0036】 図2および3を参照すると、カテーテル32のカテーテル本体34は、好ましくは、可撓性ポリマー材料から構成され、これは、生体適合性であり、なじれ耐性があり、潤滑性である。 Referring to FIGS. 2 and 3, the catheter body 34 of catheter 32 is preferably formed of a flexible polymeric material, which is biocompatible, it has Najire resistance, are lubricious . 望ましいポリマー材料には、ポリエチレン、ポリウレタン、ポリアミド、フルオロポリマーなどを挙げることができる。 Desirable polymer materials, polyethylene, polyurethane, polyamide, and the like fluoropolymers. 可撓性カテーテル本体34は、好ましくは、細長チューブの形状であり、そこを通って縦方向に、1本の管腔50が伸長している。 Flexible catheter body 34 is preferably in the form of elongated tubes, longitudinally therethrough, one lumen 50 is extended. 必要に応じて、カテーテル本体34は、複数の編組、螺旋体、軸方向フィラメントなどで強化され得るが、代表的な実施態様は、このような強化がない。 If necessary, the catheter body 34, a plurality of braided, spiral, but may be enhanced such as by axially filaments, exemplary embodiment, there is no such enhancements. このチューブはまた、1種より多いポリマー材料の複合材料および混合物から構成され得る。 The tube may also be constructed from composite materials and mixtures of more than one polymeric material. カテーテル本体34の管腔50を通って、近位末端64を有する細長トルク部材52が縦方向に伸長しており(図7 Through the lumen 50 of the catheter body 34, which extends the elongate torque member 52 having a proximal end 64 in the vertical direction (FIG. 7
を参照)、これは、携帯型装置42から除去機構54(これは、その遠位末端に固定されている)へと回転運動を移すために、携帯型装置42と接続可能である。 See), which is portable device 42 from the removing mechanism 54 (which, in order to transfer the rotational movement to its being fixed to the distal end), can be connected to the portable device 42.

【0037】 (1.トルク部材52) トルク部材52は、図4でさらに詳細に図示されている。 [0037] (1 torque member 52) the torque member 52 is shown in more detail in FIG. トルク部材52は、 Torque member 52,
3層の逆巻きワイヤを包含し、これらは、同心円状コイルを形成する。 It encompasses counter-wound wire of three layers, which form a concentric coils. これらの3個のコイル層は、内部コイル56、中間コイル58および外部コイル60を包含し、これらの全ては、共に固定されている。 These three coil layer, inner coil 56 encompasses the intermediate coil 58 and outer coil 60, all of which are secured together. 図4で図示された実施態様では、 In the embodiment illustrated in Figure 4,
内部コイル56は、螺旋方向で、反時計回りに巻き付けられており、これは、中間コイル58の時計回りの螺旋巻き方向とは反対である。 Inner coil 56 is a helical direction, is wound counterclockwise, which is opposite to the clockwise spiral winding direction of the intermediate coil 58. 内部コイル56は、中空ガイドワイヤ管腔62を規定している。 Inner coil 56 defines a hollow guidewire lumen 62. 内部コイル56および中間コイル58 Inner coil 56 and intermediate coil 58
は、トルクを伝達するために、共に作動する。 In order to transmit torque, to operate together. 中間コイル58の近位末端64は、図7で示し以下でさらに詳細に記述するように、携帯型装置42に回転可能に接続されている。 The proximal end 64 of intermediate coil 58, as described in more detail below shown in FIG. 7, is rotatably connected to the portable device 42. 中間コイル58を時計回りに回転するとき、それは、その時計回りの巻き付け方向のために、直径方向で、小さくなろうとする。 When rotating the intermediate coil 58 clockwise, which, because of its clockwise winding direction, in radial direction, is to become smaller. 同時に、反対巻き内部コイル56は、再度、その反時計回りの巻き付け方向のために、直径方向で、大きくなろうとする。 At the same time, the opposite wound inner coil 56 is again due to its counterclockwise winding direction, in radial direction, is to become larger. これにより、内部および中間コイル56、58の間で、回転的な噛み合いが生じ、これは、コイル56および58を共にロックして、信頼できるトルク伝達部材が作製される。 Thus, between the inner and intermediate coils 56, 58, resulting rotational meshing, but this is to lock both coils 56 and 58, reliable torque transmission member is produced. 内部および中間コイル56、58の間でのこの噛み合いは、トルク伝達部材を提供し、これは、トルク部材52に、 This engagement is between the inner and intermediate coils 56, 58 provides a torque transmission member, which is the torque member 52,
患者の血管系の蛇行した経路を操縦するのに十分な可撓性を残しつつ、優れたねじれ剛性を示す。 While leaving sufficient flexibility to maneuver the tortuous path of the vasculature of a patient, it exhibits excellent torsional rigidity.

【0038】 内部および中間コイル56および58は、糸状配置(filar group The inner and intermediate coils 56 and 58, thread arrangement (filar group
ings)で設けられている。 It is provided in the ings). 図4は、内部および中間コイル56および58のための四重糸状(quadrafilar)コイル構成(すなわち、4本のワイヤが共に巻き付けられている)を図示しているが、その用途の要件に依存して、 Figure 4 is a quadruple thread (Quadrafilar) coil arrangement for internal and intermediate coil 56 and 58 (i.e., four wires together are wound) are illustrated and depending on the requirements of the application Te,
任意数のワイヤを共に巻き付けた糸状配置もまた選択できる。 Filamentous arranged wound together any number of wires can also be selected. この点では、糸状配置におけるワイヤ数の決定は、3つの基本的な要件を均衡させることに基づいている。 In this regard, the determination of the number of wires in a filamentous arrangement is based on balancing the three basic requirements. 第一の要件は、1群中の所定数のワイヤに付随した固有の可撓性に関する。 The first requirement relates to inherent flexibility accompanying the predetermined number of wires in a group. 一般に、もし、各糸状群において、少ない数のワイヤが設けられていると、 In general, if each thread group, when a small number of wires are provided,
可撓性の高いトルク部材52が得られる。 Highly flexible torque member 52 is obtained. 第二の要件は、トルク部材52の長さに沿った所望の巻き付けの全数に関する。 The second requirement for the desired winding of all along the length of the torque member 52. 例えば、同じ長さの一重糸状トルク部材52とは対照的に、四重糸状物を製造するには、巻き数が少なくてすむ(このことは、製造時間が少ないことを意味する)。 For example, in contrast to the single thread torque member 52 of the same length, to produce a quadruple thread comprises, number fewer winding (this fact, means that less production time). 第三の要件は、ねじったときのエネルギー保存に関する。 The third requirement, related to energy saving when twisted. 1配置のワイヤが少ないと、このトルク部材の長さに沿って、より大きな回転エネルギーが保存される。 When one arrangement of the wire is small, along the length of the torque member, the rotational energy is stored larger. 言い換えれば、「巻き込み」( In other words, "entrainment" (
入力側から見ると)または「鞭打ち」(出力側から見ると)と呼ばれる現象があり、これは、その遠位末端が追随し始めるまでに、近位末端において、より多くの回転が必要となる。 There is a phenomenon called when viewed from the input side) or "whiplash" (when viewed from the output side), which, until its distal end begins to follow, at the proximal end, it is necessary to more rotation . 一般に、トルク部材を設計するとき、その出力(すなわち、遠位回転性能)が、入力(すなわち、近位回転性能)と密接に追随することが望ましい。 In general, when designing the torque member, the output (i.e., distal rotation performance), the input (i.e., proximal rotation performance) and close it is desirable to follow. 1配置中のワイヤが多くなるほど、この遠位末端がこの近位末端に追随するまでに、必要なねじれ性前負荷が少なくなる。 About one wire during deployment increases, the distal end until the follow this proximal end, requires less torsion of preload.

【0039】 内部および中間コイル56および58は、同一または異なる螺旋角および間隔を有し得る。 The inner and intermediate coils 56 and 58 may have the same or different helix angles and spacing. 内部および中間コイル56および58に使用される螺旋角は、その縦軸に対して、およそ5度〜85度の範囲であり得、その用途のトルク必要条件および患者の血管系の蛇行性のトルク必要条件に基づいて、選択できる。 Helix angle used for internal and intermediate coil 56 and 58, relative to its longitudinal axis, can range from about 5 degrees to 85 degrees, tortuous torque of the torque requirement and the patient's vascular system of the application based on the requirements, it can be selected. コイル56と58との間の間隔は、0から糸状配置の幅までの範囲であり得、また、この用途の必要条件に基づいて、選択できる。 Spacing between the coils 56 and 58 can range from 0 to the width of the thread arrangement, also, based on the requirements of the application, it can be selected. 内部および中間コイル56および5 Internal and intermediate coil 56 and 5
8のための螺旋角および間隔はまた、「巻き込み」現象に関連しており、それに寄与する。 Helix angle and interval for 8 also has been associated with the "entrainment" phenomenon, it contributes to it. 例えば、もし、この螺旋角が急であるなら、より堅い糸状配置を得るのが容易である。 For example, if, if the helix angle is steep, it is easy to obtain a stiffer thread arrangement. 追加要件もまた、存在している。 Additional requirements are also present. 例えば、急な螺旋角は、より多くのワイヤを使用する必要があり、より大きな巻き込みを必要とし、さらに可撓性のトルク部材52を達成する。 For example, steep helix angle, it is necessary to use more wire, and requires a greater winding, further to achieve a flexible torque member 52. 逆に、浅い螺旋角は、より少ないワイヤを使用する必要があるにすぎず、より少ない巻き込みしか必要としない。 Conversely, the shallow helix angles, only it is necessary to use less wire only requires entrainment less. 浅い角度を得るためには、「糸状群リボン」が、平坦に置かれるのではなしに、「ねじる」 To obtain a shallow angle, "thread group ribbon" is, without of being lie flat, "twisting"
必要があるので、浅い螺旋角はまた、所定のトルク部材52中にて、さらに放射状の空間を占有する。 Since it is necessary, shallow helix angles also at during a predetermined torque member 52 further occupy radial space.

【0040】 外部コイル60は、このトルク伝達に寄与することに依存しているのではなく、除去機構54から分離され取り除かれた閉塞物質を、カテーテル32の管腔5 The outer coil 60, rather than rely on to contribute to the torque transmission, the occluding material that has been removed is separated from the removing mechanism 54, the lumen 5 of the catheter 32
0に沿って、最終的に、患者の身体の外側で、収集レザバ44へと運搬するために、運搬機構54の一部として使用される。 0 along, finally, outside the patient's body, in order to transport to the collection reservoir 44, it is used as part of the transport mechanism 54. 分離され取り除かれた閉塞物質を患者の身体の外側に運搬することは、以下、「抜き取り」と呼ぶ。 To carry separate the removed plugging agent outside the patient's body, hereinafter referred to as "sampling". 管腔50の外部コイル60および内面66は、一緒になって運搬装置を形成する。 Outer coil 60 and inner surface 66 of the lumen 50 forms a conveyor together. 有効な運搬装置を機能するために、管腔50の直径は、内面66を外部コイル60の最外面に密接に近接するように、選択される。 In order to function valid transporter, the diameter of the lumen 50, as close proximity to the inner surface 66 on the outermost surface of the outer coil 60, it is selected. 外部コイル60は、中間コイル58の巻き付け方向とは反対の巻き付け方向で、中間コイル58の上に巻き付けられる。 External coil 60, the winding direction of the intermediate coil 58 in the opposite winding direction, is wound on the intermediate coils 58. 外部コイル60は、大体同じ方向で巻き付けられ、内部コイル56と同じ角度範囲でさえ、巻き付けることができる。 Outer coil 60 is wound approximately in the same direction, even at the same angular range as the inner coil 56 may be wrapped. 外部コイル60は、外部コイル60にある隣接巻き付け物の間の間隔69を有する螺旋形溝68を形成するような間隔にされる。 Outer coil 60 is the distance so as to form a spiral groove 68 with a spacing 69 between adjacent wrapped product that is external to coil 60. 間隔69は、その長さが全体にわたって均一であり、それが螺旋環(そこを通って、流体(例えば、生理食塩水、血液、リンゲル液など)および切除した閉塞物質が、無制限の様式で、通過できる)を形成するように、選択される。 Interval 69 is uniform throughout its length, through which the helical ring (wherein, the fluid (e.g., saline, blood, Ringer's solution) and excised occlusive material, in unlimited fashion, passing as to form a can), it is selected. 特に、間隔69は、分離され取り除かれた最大組織断片の寸法が螺旋形溝68を通って妨害されずに移動するように、選択される。 In particular, spacing 69, the dimensions of the maximum tissue fragments removed the separated to move unhindered through the spiral grooves 68, is selected. カテーテル管腔50の外部コイル60および内面66を配列および配置すると、アルキメデス型の「バネポンプ」 When sequence and place the outer coil 60 and inner surface 66 of the catheter lumen 50, the Archimedes type "Baneponpu"
が作製される。 There are produced. この「スクリューポンプ」配列の使用により、外部吸引の必要性をなくすことができるが、この「スクリューポンプ」の組織抜き取り機能を補足し高めるために、外部に接続した吸引装置(以下で描写する)が使用できる。 The use of this "screw pump" sequence, can eliminate the need for external suction, to enhance and complement the tissue sampling function of this "screw pump" (depicted below) suction apparatus connected to an external There can be used.

【0041】 内部、中間および外部コイル56、58、60の巻き取り方向は、時計回り回転をするように図示されている。 The inner winding direction of the intermediate and outer coils 56, 58 and 60 is illustrated as the clockwise rotation. もし、トルク部材52の反時計回り回転が望ましいなら、内部、中間および外部コイル56,58,60用の巻き付け方向は、 If, if counter-clockwise rotation of the torque member 52 is desired, the internal, the winding direction of the intermediate and outer coils 56, 58, 60,
逆にすべきである。 It should be the reverse.

【0042】 内部、中間および外部コイル56、58、60は、適当なワイヤ材料(例えば、ステンレス鋼、および生体適合性でねじれ耐性の他の金属)から形成できる。 The inner, intermediate and outer coils 56, 58 and 60 may be formed from a suitable wire material (e.g., stainless steel, and other metals kink resistance biocompatible).
さらに、これらのコイル56、58および60は、円形またはリボン様の断面を有し得る。 Furthermore, the coils 56, 58 and 60 can have a circular or ribbon-like cross-section. 図4Bは、改良した形状を示し、この場合、ワイヤ60は、一連の間隔を置いて配置された羽根61で置き換えられて、管腔50の内側で液体をポンプ上げする。 Figure 4B shows an improved shape, in this case, the wire 60 is replaced by the blade 61 disposed at a series of intervals to pump up the liquid inside the lumen 50. 羽根61は、トルク部材52に固定して装着され、そしてトルク部材52を回転可能に噛み合わせたとき、流体が身体からポンプ出しされるように、定められる。 Blade 61 is fixedly attached to the torque member 52, and when engaged with the torque member 52 rotatably, such that fluid is out pump from the body is determined. セル(この場所で、ワイヤ60は、所定長さを移動して、セル分離器としての羽根61により、分離される)を作製することにより、ワイヤ60 Cells (in this place, the wire 60 is moved a predetermined length, the blades 61 of the cell separator, and are separated) by making the wire 60
および羽根61を組み合わせて使用することが可能となる。 And it is possible to use a combination of blade 61. 該セルは、羽根61 The cell is, wings 61
間の距離63により、規定される。 The distance 63 between, are defined.

【0043】 3層のコイル56、58、60をポリマージャケット70(図4Aを参照)に入れるのが有益であり得、これは、コイル56、58、60を共に固定するのに供される。 [0043] The coil 56, 58, 60 of the three layers is beneficial to add to the polymer jacket 70 (see FIG. 4A) obtained, which is subjected to secure the coil 56, 58 and 60 together. ポリマージャケット70は、多数のアプローチのうちの1つを用いて適用され得る。 Polymer jacket 70 may be applied using one of a number of approaches. 例えば、ポリマージャケット70は、熱可塑性スリーブの形状をとることができ、これは、コイル56、58、60の回りで融けて、それらの割れ目を満たし、ガイドワイヤ管腔62と運搬装置との間で、外部コイル60および内面66により規定される障壁を作製する。 For example, the polymer jacket 70 may take the shape of the thermoplastic sleeve, which melts around the coils 56, 58, 60, meet these crevices between the transporter and the guide wire lumen 62 in, making the barrier defined by the outer coil 60 and inner surface 66. あるいは、ポリマージャケット7 Alternatively, the polymer jacket 7
0は、形状記憶特性を有する熱可塑性または熱硬化性スリーブ(例えば、架橋ポリオレフィン、ポリエステル、フルオロポリマーなど)であり得、これらは、三重コイル56、58、60アセンブリの上へと収縮される。 0, obtained a thermoplastic or thermosetting sleeves having shape memory characteristics (e.g., cross-linked polyolefins, polyesters, such as fluoropolymers), they are contracted and onto triple coil 56, 58, 60 assembly. さらに他の代替法として、ポリマージャケット70は、熱硬化物(例えば、ポリイミド)であり得、 As yet another alternative, the polymer jacket 70, thermosets (e.g., polyimide) are obtained,
これは、浸漬、鋳造、噴霧、刷毛塗りまたは他の類似の方法により、適用される。 This dipping, casting, spraying, by the method of brushing or other similar, is applied. トルク部材52が小さな寸法および輪郭を備えていなければならない用途では、他の薄い熱可塑性ジャケット(例えば、パリレン)は、トルク部材52に真空蒸着して、ポリマージャケット70として使用できる。 In applications where the torque member 52 must have a small size and contour, other thin thermoplastic jacket (e.g., parylene) is vacuum deposited torque member 52, it can be used as the polymer jacket 70.

【0044】 外部コイル60は、別個のワイヤとして供給する必要はない。 The external coil 60 need not be supplied as a separate wire. 例えば、上記の方法およびポリマー材料のいずれかを用いて、内部コイルおよび中間コイル56 For example, using any of the methods described above and the polymeric material, the inner coil and the intermediate coil 56
、58を入れることも可能であり、次いで、外部コイル60は、ポリマー材料を選択的に取り除いて螺旋形状の外部コイル60を形成することにより、形成できる。 , It is also possible to put 58, then the outer coil 60, by forming the outer coil 60 helically shaped polymeric material selectively removed by, it can be formed. このポリマー材料の選択的な除去は、任意の公知方法(例えば、旋盤で雄ネジを切ること)を使用することにより、達成できる。 Selective removal of the polymer material, by using any known method (for example, turning off the male thread on a lathe), can be achieved.

【0045】 (2.除去機構54およびベアリングアセンブリ100) 除去機構54は、トルク部材52の遠位末端72に固定されている。 [0045] (2 removal mechanism 54 and the bearing assembly 100) removing mechanism 54 is fixed to the distal end 72 of the torque member 52. 除去機構54は、血管または他の身体管腔の管腔壁から閉塞物質を切除するのに、使用される。 Removing mechanism 54 for ablating occlusive material from the tube wall of a blood vessel or other body lumen, it is used. 切除は、切断、せん断、芯抜き、掻き取りまたは他の公知方法により、達成できる。 Ablation, cutting, shearing, coring, by scraping or other known methods, can be achieved. 除去機構54の機能は、血管の管腔壁から閉塞物質を除去することであり、その結果、この閉塞物質は、次いで、患者の血管系から取り除かれ抜き取ることができる。 Function of removing mechanism 54 is to remove the occluding material from the lumen wall of the vessel such that the plugging agent can then be withdrawn removed from the patient's vasculature.

【0046】 除去機構54の1実施態様は、図2および3で図示される。 [0046] One embodiment of the removing mechanism 54 is illustrated in FIGS. 2 and 3. 図2および3の除去機構54は、回転可能な螺旋状カッターである。 Removing mechanism 54 of FIGS. 2 and 3 are rotatable spiral cutter. 螺旋状カッター54は、複数の反時計回り螺旋ターン74を有し、これらは、それを通って縦方向で伸長している管腔を規定し、それに沿って縦方向に伸長している側面をせん断する。 Spiral cutter 54 has a plurality of counter-clockwise spiral turns 74, they define a lumen that extends in the longitudinal direction therethrough, a side surface which extends longitudinally along it shear to. 螺旋ターン74は、近位切削端76を有し、これは、螺旋状カッター54の時計回り回転中にて、閉塞物質を切断するのに適合される。 Helical turn 74 has a proximal cutting end 76, which is at during clockwise rotation of the spiral cutter 54 is adapted to cut the occluding material. 言い換えれば、近位切削端7 In other words, the proximal cutting end 7
6は、カッター54が時計回りに回転するとき、事実上、その先導端となる。 6, when the cutter 54 is rotated clockwise, the fact, that leading edge. 螺旋ターン74の数は、所望の切断の平滑性および組織を取り除く「攻撃性」に依存する。 The number of spiral turns 74, depends on the "aggression" to remove the smoothness and organization of the desired cutting. この点では、「攻撃性」とは、除去機構54と閉塞物質との噛み合いの程度として、定義される。 In this regard, the "aggressiveness", as the degree of engagement between the removing mechanism 54 and the closing material are defined. 例えば、螺旋ターン74の数を少なくしつつ、同じ軸方向長さにわたる螺旋ターン74の数を増やすと、さらに攻撃的な切断が得られる。 For example, while reducing the number of spiral turns 74, increasing the number of spiral turns 74 over the same axial length, resulting more aggressive cutting. もし、螺旋状カッター54が反時計回りで回転するなら、螺旋ターン74は、反対方向(すなわち、この場合、時計回り)で螺旋形とすべきである。 If, if spiral cutter 54 is rotated counterclockwise, the spiral turns 74, opposite direction (i.e., in this case, clockwise) should be helical with.

【0047】 螺旋状カッター54は、以下のようにして、トルク部材52の遠位端72に固定される。 The helical cutter 54, as follows, are secured to the distal end 72 of the torque member 52. 図3〜4を参照すると、中間および外部コイル58および60の遠位部分の長さは、内部コイル56の遠位長84を露出するために、外周点82まで皮を剥がれるかまたは刈り込まれる。 Referring to FIGS. 3-4, the length of the distal portion of the intermediate and outer coils 58 and 60, to expose the distal length 84 of the inner coil 56, skinned or pruned to the outer point 82. これは、図3および4で図示されており、 This is illustrated in Figures 3 and 4,
この場合、中間および外部コイル58および60は、その近位末端から、外周8 In this case, the intermediate and outer coils 58 and 60, from its proximal end, the outer periphery 8
2により規定される最遠位伸長部へと伸長しているように、示されている。 As has been extended to the distal-most extension portion defined by 2, it is shown. 中間および外部コイル58および60の最遠位末端86および88が、それぞれ、次いで、取り付けられ、引き続いて、(例えば、溶接、ハンダ付け、蝋付けまたは接着により)固定されて、中間および外部コイル58および60が解けるのを防止する。 Distal-most end 86 and 88 of the intermediate and outer coils 58 and 60, respectively, then attached, and subsequently, (e.g., welding, soldering, by brazing or adhesive) is fixed, intermediate and outer coils 58 and to prevent the 60 unraveling. 螺旋状カッター54は、次いで、内部コイル56が螺旋状カッター54 Spiral cutter 54, then, the inner coil 56 is spirally cutter 54
の管腔の内側で受容されるように、内部コイル56の露出した遠位長84の上を滑り、そして螺旋状カッター54の近位末端90は、蝋付け、ハンダ付け、溶接、接着剤結合、または任意の他の従来の方法により、それぞれ、中間および外部コイル58および60の遠位末端86および88に固定される。 As received inside the lumen, sliding over the distal length 84 of the exposed inner coil 56 and the proximal end 90 of the spiral cutter 54, brazing, soldering, welding, adhesive bonding or by any other conventional method, respectively, it is secured to a distal end 86 and 88 of the intermediate and outer coils 58 and 60. 螺旋状カッター54の遠位末端92もまた、上記方法の1つを使用して、内部コイル56の遠位先端94から僅かに近位の位置で、内部コイル56の外面に固定される。 The distal end 92 of the helical cutter 54 may also use one of the above methods, at a position slightly proximal from the distal tip 94 of the inner coil 56 is fixed to the outer surface of the inner coil 56. 内部コイル56の外面に沿って、螺旋ターン74の内面を固定することもまた、可能である。 Along the outer surface of the inner coil 56, it is also possible to fix the inner surface of the helical turn 74. 螺旋ターン74間で規定された螺旋形溝96は、外部コイル60の螺旋形溝68と連絡して、取り除いたまたは切断した閉塞物質を、外部コイル60および内面66により規定された運搬装置に送達する。 Helical groove 96 defined between the spiral turns 74, in communication with the helical groove 68 of the outer coil 60, delivering occlusive substances which or cut removed, the conveying device which is defined by the outer coil 60 and inner surface 66 to.

【0048】 トルク部材52は、カテーテル32の管腔50の内側に配置されており、そこを通って縦方向に伸長し、内部コイル56の露出した遠位長84のほとんどが、 The torque member 52 is disposed inside the lumen 50 of the catheter 32, extending longitudinally therethrough, most distal length 84 that is exposed inside the coil 56,
カテーテル32の遠位末端38から遠位にそしてその外側に伸長している。 And extends and on the outer side distal from the distal end 38 of catheter 32. 従って、螺旋状カッター54もまた、部分的に、カテーテル本体34の外側に伸長している。 Therefore, spiral cutter 54 is also, in part, extends to the outside of the catheter body 34. トルク部材52および除去機構54を同時に回転させつつ、カテーテル本体34の遠位末端38での一定軸方向位置で、トルク部材52の遠位末端72 While rotating the torque member 52 and the removing mechanism 54 at the same time, at a fixed axial position at the distal end 38 of the catheter body 34, the distal end 72 of the torque member 52
、およびそこで固定した除去機構54を固定するために、ベアリングアセンブリ100が設けられる。 , And to secure the removal mechanism 54 fixed therein, a bearing assembly 100 is provided.

【0049】 今ここで、図2および5〜6を参照すると、ベアリングアセンブリ100は、 [0049] Now Referring now to FIGS. 2 and 5-6, the bearing assembly 100,
弾力性スナップリング102およびその上に横たわるシェル104を包含する。 Including resilient snap ring 102 and shell 104 lying thereon.
スナップリング102は、図3および5で最もよく図示されており、そして円筒形本体106を有し、円筒形本体106の内面110の周りに、内部リブ108 Snap ring 102 is best shown with in FIG. 3 and 5, and has a cylindrical body 106, around the inner surface 110 of the cylindrical body 106, internal ribs 108
が伸長している。 There has been an extension. 1個の縦方向スリット112は、リング102が圧縮または放射状に膨張できるように、円筒形本体106に沿って設けることができる。 One longitudinal slit 112 may be ring 102 to allow expansion and compression, or radially, provided along the cylindrical body 106. リブ108は、螺旋状カッター54の近位末端90近くに設けられた外周溝部114 Rib 108, an outer peripheral groove 114 provided on the proximal end 90 near the spiral cutter 54
の内側に嵌るように、適合されている。 As fit the inside, it is adapted. スナップリング102は、好ましくは、 Snap ring 102 is preferably
ステンレス鋼または他の弾力性合金から製造されており、そして好ましくは、生体適合性であり、弾性または塑性変形から生じる疲労に対して、良好な抵抗を与える。 Are made of stainless steel or other resilient alloy, and preferably are biocompatible, with respect to fatigue resulting from elastic or plastic deformation, provide good resistance.

【0050】 シェル104は、図3および6で最もよく図示されており、そして略円筒形本体120を有し、これは、環状遠位リップ122を有し、これは、放射状に内向きに伸長して、円筒形本体120の遠位開口部124を狭くする。 The shell 104 is best illustrated in Figures 3 and 6, and has a substantially cylindrical body 120, which has an annular distal lip 122, which is extended radially inward and, to narrow the distal opening 124 of the cylindrical body 120. 傾斜路126 Ramp 126
は、円筒形本体120の近位末端から伸長しており、そして放射状に内向きに傾斜して、円筒形有刺部分128を形成し、これは、円筒形本体120の直径よりも小さい直径を有する。 It is extended from the proximal end of the cylindrical body 120, and is inclined radially inward, form a cylindrical barbed portion 128, which is a smaller diameter than the diameter of the cylindrical body 120 a. 複数の棘130は、円筒形有刺部分128の外面132 A plurality of barbs 130, outer surface 132 of the cylindrical barbed portion 128
に設けられている。 It is provided to. シェル104は、好ましくは、ステンレス鋼または他の弾力性合金から製造されており、好ましくは、生体適合性である。 Shell 104, preferably, it is made of stainless steel or other resilient alloy, preferably, biocompatible.

【0051】 ベアリングアセンブリ100を組み立てるためには、スナップリング102は、まず、螺旋状カッター54の近位末端90に固定され、そしてスナップリング102をシェル104の内側に嵌める前に、シェル104が、カテーテル32の遠位末端38に固定される。 [0051] To assemble the bearing assembly 100, a snap ring 102 is first secured to the proximal end 90 of the spiral cutter 54, and before fitting the snap ring 102 on the inside of the shell 104, the shell 104, It is fixed to the distal end 38 of catheter 32.

【0052】 具体的には、トルク部材52、および螺旋状カッター54の近位末端90は、 [0052] Specifically, the proximal end 90 of the torque member 52, and the spiral cutter 54,
まず、外周リブ108が外周溝部114の内側に嵌るか据え付けられるまで、スナップリング102の円筒形本体106の管腔に滑り込まれる。 First, the outer peripheral rib 108 until is mounted or fitted on the inner side of the outer peripheral groove 114, is slid into the lumen of the cylindrical body 106 of the snap ring 102. スリット112 Slit 112
により得られる円筒形本体106の弾力性により、本体106は伸展でき、螺旋状カッター54の近位末端90は、溝部114がリブ108を受容するまで、そこの間でそのリブ108の上を通ることが可能となる。 The resiliency of the cylindrical body 106 which is obtained by, the body 106 may be extended, the proximal end 90 of the spiral cutter 54, until the groove 114 to receive the ribs 108, to pass over the ribs 108 between which it is possible.

【0053】 同時に、シェル104の有刺部分128は、カテーテル本体34の遠位末端3 [0053] Simultaneously, barbed portion 128 of the shell 104, the distal end 3 of the catheter body 34
8で、管腔50の内側を滑る。 At 8, slide the inside of the lumen 50. 棘130は、カテーテル本体34の内面66と噛み合って、確実な棘−ホース(barb−hose)型接続を形成する。 Barb 130 is meshed with the inner surface 66 of the catheter body 34, reliable spine - forming a hose (barb-hose) type connection. カテーテル本体34の遠位先端は、それが傾斜路126(これは、有刺部分128に沿ったカテーテル本体34の遠位前進の限界を定めるストップとして、作用する) The distal tip of the catheter body 34, it ramps 126 (which, as a stop delimiting the distal advancement of the catheter body 34 along the barbed portion 128, acts)
に達するまで、有刺部分128の外面132の上を滑ることができる。 Reach, it can slide over the outer surface 132 of the barbed portion 128. さらに、 further,
シェル104の円筒形本体120の外面134は、好ましくは、カテーテル本体34の外面136と整列されて、シェル104とカテーテル32との間で、滑らかな移行が得られる。 The outer surface 134 of the cylindrical body 120 of the shell 104 is preferably aligned with the outer surface 136 of the catheter body 34, between the shell 104 and the catheter 32, a smooth transition is obtained.

【0054】 この時点で、シェル104の遠位リップ122は、スナップリング102の上を滑る。 [0054] At this point, the distal lip 122 of the shell 104, slide over the snap ring 102. 円筒形本体120の遠位開口部124は、その通常の弛緩状態では、スナップリング102の円筒形本体106の直径よりも小さい直径を有するので、 Distal opening 124 of the cylindrical body 120, in its normal relaxed state, because it has a smaller diameter than the diameter of the cylindrical body 106 of the snap ring 102,
円筒形本体106は、遠位リップ122がその上を通過できるように、放射状に圧縮する必要がある。 Cylindrical body 106, such that the distal lip 122 can pass over it, it is necessary to compress radially. 縦方向スリット112は、その構造を曲げることなしに円筒形本体106を放射状に圧縮できるように、弾力性を与える。 Longitudinal slit 112, the cylindrical body 106 without bending the structure so that it can be radially compressed to provide elasticity. 一旦、遠位先端122が、スナップリング102の全円筒形本体106の上を通過すると、スナップリング102の弾力性により、円筒形本体106は、その通常の弛緩状態へと跳ね戻り、この状態では、それは、遠位リップ122と傾斜路126との間で、シェル104の内側に据え付けられ、確実な締まり嵌めを作る。 Once the distal tip 122 and passes over the entire cylindrical body 106 of the snap ring 102, the elasticity of the snap ring 102, cylindrical body 106 returns bounce into its normal relaxed state, in this state it is between the distal lip 122 and ramp 126, mounted on the inside of the shell 104, making a reliable interference fit.

【0055】 あるいは、ベアリングアセンブリ100は、まず、上記様式で、シェル104 [0055] Alternatively, the bearing assembly 100, first, in the manner described above, the shell 104
の内側でスナップリング102を滑らせることにより、組み立てることができる。 Of by sliding the snap ring 102 with the inner it can be assembled. シェル104は、次いで、カテーテル32の遠位末端38に固定され、螺旋状カッター54は、上記方法を用いて、スナップリング102に固定される。 Shell 104 is then secured to the distal end 38 of the catheter 32, the helical cutter 54 may be made of any of the above methods is fixed to the snap ring 102.

【0056】 ベアリングアセンブリ100は、2つの機能を果たす。 [0056] bearing assembly 100, serves two functions. 第一に、遠位リップ1 First, the distal lip 1
22および傾斜路126は、共に、シェル104の内側のスナップリング102 22 and ramp 126 are both inside the snap ring of the shell 104 102
からなるスラストベアリング用のスラスト限局を与える。 Give a thrust localized for the thrust bearing made of. 第二に、スナップリング102(これは、螺旋状カッター54および内部コイル56に確実に連結されている)とシェル104(これは、カテーテル本体34に確実に連結されている)との間の相互作用は、滑らかな回転式ベアリング面を与える。 Second, the snap ring 102 (which is, spiral cutter 54 and is securely connected to the inner coil 56) mutually between the shell 104 (which is positively connected to the catheter body 34) action, provide a smooth rotary bearing surface. このようにして、遠位リップ122と傾斜路126との間で、シェル104の内側でのスナップリング102の締まり嵌めにより、カテーテル本体34に対して、螺旋状カッター54および内部コイル56の位置ずれを防止しつつ、リブ108と溝部114 In this way, between the distal lip 122 and the inclined path 126, the interference fit of the snap ring 102 on the inside of the shell 104, with respect to the catheter body 34, the positional deviation of the spiral cutter 54 and the inner coil 56 while preventing the rib 108 and the groove 114
との間の回転式噛み合いにより、螺旋状カッター54が内部コイル56と共に回転できるようになる。 The meshing rotary between the helical cutter 54 will be able to rotate with the inner coil 56. シェル104とスナップリング102との間の界面および相互作用により、トルク部材52および螺旋状カッター54を回転したとき、カテーテル本体34が回転しないようにできる。 The interface and interaction between the shell 104 and the snap ring 102, when the rotation of the torque member 52 and the spiral cutter 54, can as the catheter body 34 does not rotate.

【0057】 (3.近位コネクタアセンブリ40、携帯型装置42および収集レザバ44 [0057] (3 proximal connector assembly 40, the portable device 42 and collection reservoir 44
) 今ここで、図1および7を参照すると、システム30の近位コネクタアセンブリ40は、前部および後部を規定している細長剛性体150を有する。 ) Now now to FIG. 1 and 7, the proximal connector assembly 40 of the system 30 has an elongated rigid body 150 defining the front and rear. この剛性体の前部152は、カテーテル本体34の近位末端36に堅く接続されている。 Front 152 of the rigid body is rigidly connected to the proximal end 36 of the catheter body 34.
前部152の近位末端は、剛性体150の後部154の遠位末端に接続されている。 The proximal end of the front 152 is connected to the distal end of the rear 154 of the rigid body 150. 前部152および後部154を通って、管腔または通路156が縦方向に伸長しており、これは、携帯型装置42の内側に設けられた回転子シャフト158 Through the front 152 and rear 154, a lumen or passage 156 has extending longitudinally, which is a rotor shaft 158 ​​provided inside the portable device 42
の内側の中空管腔と連絡している。 It is in communication with the inside of the hollow lumen. トルク部材52は、通路156を通って伸長して、回転子シャフト158の管腔の内側に固定される。 Torque member 52 extends through the passage 156, is fixed to the inside of the lumen of the rotor shaft 158. 近位コネクタアセンブリ40の剛性体は、サイドアーム160を有し、これは、チューブ162を経由して、収集レザバ44に接続されている。 Rigid body of the proximal connector assembly 40 has a side arm 160, which, via the tube 162, and is connected to the collection reservoir 44. 後部154には、動的シール164が設けられ、これは、通路156を通って携帯型装置42に入る流体流れを防止するために、また、全ての閉塞物質および流体(例えば、血液)がサイドアーム1 The rear 154, the dynamic seal 164 is provided, which, in order to prevent the fluid flow entering the portable device 42 through the passage 156, and all of occlusive material and a fluid (e.g., blood) is a side arm 1
60および収集レザバ44へと反らされることを保証するために、トルク部材5 To ensure that the diverted to 60 and collection reservoir 44, the torque member 5
4の回りのシールとして作用する。 It acts as 4 around the seal. 動的シール164は、エラストマー材料(合成材料(例えば、シリコーン)または天然に生じる材料(例えば、天然ゴム)のいずれか)のOリングまたは穿孔ガスケットの形状で、実施できる。 Dynamic seal 164 is an elastomeric material (synthetic material (e.g., silicone) or naturally occurring materials (e.g., one of natural rubber)) in the form of O-ring or perforated gasket, it can be carried out. 近位コネクタアセンブリ40を携帯型装置42の前部165に接続するために、後部154 To connect the proximal connector assembly 40 to the front 165 of the portable device 42, rear 154
には、通常のオス−メスルアーフィッティング163もまた、設けられる。 The normal male - female luer fitting 163 is also provided.

【0058】 携帯型装置42は、ハウジング166を有し、これは、モーター168および電池170を収容する。 [0058] The portable device 42 includes a housing 166, which houses the motor 168 and battery 170. 電池170は、リード線172を介して、モーター16 Battery 170, via lead 172, motor 16
8に電気エネルギーを供給する。 8 for supplying electrical energy to. 制御スイッチ174は、モーター168の操作を制御するために、それぞれ、類似のリード線175および176により、モーター168および電池170と連結されている。 Control switch 174 for controlling the operation of the motor 168, respectively, by analogous leads 175 and 176, is coupled with a motor 168 and a battery 170. モーター168は、シャフト1 Motor 168, the shaft 1
78を有し、これは、第一駆動ギア180を運び、これは、第二ギア182と回転可能に噛み合って、第二ギア182を回転可能に駆動する。 It has 78, which carries the first driving gear 180, which is meshed rotatably with the second gear 182, rotatably drives the second gear 182. 第二ギア182は、第一駆動ギア180の回転により第二ギア182が回転子シャフト158を回転するように、回転子シャフト158上で運ばれ、それにより、そこに保持されたトルク部材52を回転する。 The second gear 182, as the second gear 182 by the rotation of the first driving gear 180 rotates the rotor shaft 158, is carried on the rotor shaft 158, thereby, the torque member 52 which is held therein Rotate. 第一の複数の回転子シャフトベアリング184は、回転子シャフト158の回転を容易にするために、設けられており、また、第二の複数のギアベアリング186は、ギア180および182の回転を容易にするために、設けられている。 A first plurality of rotor shaft bearing 184, in order to facilitate the rotation of the rotor shaft 158 ​​is provided, also, a second plurality of gear bearings 186, facilitate rotation of the gear 180 and 182 to is provided. ガイドワイヤ46の近位末端は、携帯型装置42の内側のトルク部材52の近位末端64から、開口部188(これは、ハウジング166の近位末端に設けられている)を通って、携帯型装置42を出て伸長し、 Guide the proximal end of the wire 46 from the proximal end 64 of the inner torque member 52 of the portable device 42, opening 188 (which is provided in the proximal end of the housing 166) through a mobile extending out of the mold apparatus 42,
それにより、以下でさらに詳細に記述するように、外科医がガイドワイヤの交換を実施できるようになり、また、ガイドワイヤ46を操作できるようになる。 Thereby, as described in more detail below, the surgeon is able to implement the exchange of guidewires, also, it becomes possible to operate the guide wire 46.

【0059】 収集レザバ44は、セラミックまたはポリマー容器であり、これは、外科医がレザバ44の満タン容量を視覚的に確認できるように、透明である。 [0059] collection reservoir 44 is a ceramic or polymer containers, which, as the surgeon can visually confirm the full capacity of the reservoir 44, is transparent. 第一の通常のオス−メスルアーフィッティング167は、チューブ162を収集レザバ44 First normal male - female luer fitting 167, collection reservoir 44 the tube 162
に接続する。 To connect to. 管腔50の外部コイル60および内面66により規定される運搬機構は、閉塞物質を、カテーテル34の遠位末端38から、近位コネクタアセンブリ40の後部154へと運搬させ、この場所で、この閉塞物質は、動的シール1 Transport mechanism defined by the outer coil 60 and inner surface 66 of the lumen 50, the occluding material from the distal end 38 of catheter 34, is transported to the rear 154 of the proximal connector assembly 40, in this location, the occlusion materials, dynamic seal 1
64により、「スクリューポンプ」の作用によって、収集レザバ44へと反らされる。 By 64, by the action of a "screw pump", it is deflected into the collection reservoir 44.

【0060】 カテーテル管腔50の外部コイル60および内面66により規定された「スクリューポンプ」は、血管から分離した全ての閉塞物質を完全に取り除くのに十分であり得るとしても、閉塞物質を治療する血管領域に吸引を与えることも可能である。 [0060] defined by the outer coil 60 and inner surface 66 of the catheter lumen 50 "screw pump" also as may be sufficient to completely remove all of the blocking material separated from the blood vessel, to treat occlusive material it is also possible to provide suction to the blood vessel region. これは、収集レザバ44に、第二の通常のオス−メスフィッティング19 This is the collection reservoir 44, a second normal male - female fitting 19
0(これは、ポンプチューブ194を介して、真空ポンプ192に接続されている)を備え付けることにより、達成できる。 0 (which, through the pump tube 194, connected are a vacuum pump 192) by equipping the can be achieved. このような吸引は、切除した閉塞物質の抜き取りを向上させる。 Such suction improves the extraction of the excised occlusive material.

【0061】 (4.ガイドワイヤ46) カテーテル32は、好ましくは、ワイヤ上様式で操作するように、設計されている。 [0061] (4 guidewire 46) catheter 32 is preferably to operate at wire on fashion, it is designed. カテーテル32は、カテーテル32および除去機構54の外径と同じサイズの初期パイロット管腔を形成するために、通常のガイドワイヤと共に使用できる。 The catheter 32, in order to form an initial pilot lumen of the same size as the outer diameter of the catheter 32 and the removing mechanism 54, can be used with conventional guidewires. 通常のガイドワイヤは、次いで、本発明のガイドワイヤ46と交換できる。 Usually the guide wire can then be replaced with a guidewire 46 of the present invention.

【0062】 図8は、本発明のシステム30と共に使用できるガイドワイヤ46の1実施態様を例示している。 [0062] Figure 8 illustrates one embodiment of a guide wire 46 that may be used with system 30 of the present invention. ガイドワイヤ46は、好ましくは、閉塞した血管管腔を通って形作った一連の導管を作製できるように、閉塞物質を分離し取り除くために、 The guidewire 46 is preferably, as a series of conduits shaping through the occluded vessel lumen can be made, in order to remove separating occlusive material,
閉塞物質の位置およびそれに沿って、制御した様式で、除去機構54を案内できる形状を備えている。 Position of the occlusive material and along which, in controlled manner, and a shape capable of guiding the removing mechanism 54. この閉塞を通って作製された通路は、直径方向で、除去機構54およびカテーテル32の外径よりも大きい。 Passages made through the obstruction, in radial direction, greater than the outer diameter of the removing mechanism 54 and catheter 32.

【0063】 図8、8Aおよび8Cを参照すると、ガイドワイヤ46は、一般に、その遠位末端202に隣接した螺旋状遠位案内部分200を備え付けている。 [0063] With reference to FIGS. 8,8A and 8C, the guide wire 46 is generally equipped with a helical distal guide portion 200 adjacent its distal end 202. 図8Aで示すように、螺旋状遠位案内部分200は、管腔壁の形状に近い三次元形状を有する。 As shown in Figure 8A, the helical distal guide portion 200 has a three-dimensional shape similar to the shape of the lumen wall. ガイドワイヤ46の遠位末端202は、一般に、直線状であり、好ましくは、非外傷性遠位先端206を有する。 The distal end 202 of the guide wire 46 is generally straight, preferably has an atraumatic distal tip 206. ガイドワイヤ46の残り(特に、近位部分204)は、一般に、通常のガイドワイヤと同様に、直線状である。 The remaining guide wire 46 (in particular, the proximal portion 204) is generally similar to the conventional guidewires, is straight. 遠位部分2 The distal portion 2
02および近位部分204は、軸方向で、互いに同一平面上にあり、好ましくは、互いに関して同軸である。 02 and a proximal portion 204, in the axial direction, are on the same plane, preferably, coaxial with respect to one another. 言い換えれば、遠位部分202および近位部分20 In other words, the distal portion 202 and proximal portion 20
4は、同じ縦軸に沿って、配向されている。 4, along the same longitudinal axis, it is oriented. さらに、遠位部分202および近位部分204は、案内部分200に関して同心性であり、また、偏心性であり得る。 Additionally, distal portion 202 and proximal portion 204 are concentric with respect to the guide portion 200, also it is a eccentric. 案内部分200の近位および遠位先端、または全螺旋状部分は、好ましくは、 Proximal and distal tip of the guiding portion 200 or the entire helical portion, is preferably
案内部分200が、蛍光透視中に、はっきりと見ることができる程度の十分な放射線不透過性を備えている。 Guiding portion 200 is, during fluoroscopy, have sufficient radiopacity to the extent that can be clearly seen. この放射線不透過性は、図8Cで示すように、放射線不透過性ワイヤ201の使用により、備え付けることができ、これは、白金または金合金または他の放射線不透過性ワイヤから製造でき、そして核199の回りに巻き付けられて、案内部分200の螺旋ターンを形成する。 The radiopaque, as shown in Figure 8C, by the use of radiopaque wire 201, can be equipped, which can be prepared from platinum or gold alloy or other radiopaque wire, and nuclear 199 wound around to form a helix-turn of the guide portion 200.

【0064】 ガイドワイヤ46は、除去機構54を治療する血管の内部管腔壁と接触させるために、その上で運ばれるカテーテル32および除去機構54が螺旋状案内部分200の螺旋形状に追随することを意図している。 [0064] The guidewire 46, for contact with the interior lumen wall of a blood vessel for treating removing mechanism 54, the catheter 32 and removal mechanism 54 carried thereon follows the helical shape of the helical guide portion 200 It is intended. 螺旋状案内部分200に沿ってカテーテル32および除去機構54を連続的に通過させて、ガイドワイヤ46 The catheter 32 and removing mechanism 54 along the helical guide portion 200 continuously passed, the guide wire 46
を連続的に軸方向に並進運動した後、血管の管腔にて通路が形成されるが、その直径は、一般に、螺旋状ガイドワイヤ200の直径と、除去機構54により取り出された閉塞物質の切断、剪断またはスライスの深さの2倍との合計に等しい。 After continuously translate axially, although passages in the vessel lumen is formed, the diameter of which generally helical guide and the diameter of the wire 200, the occlusive material taken out by removing mechanism 54 cutting, equal to the sum of twice the depth of the shear or slice.

【0065】 ガイドワイヤ46の核199(特に、その案内部分200)は、好ましくは、 [0065] Guide nucleus 199 of the wire 46 (in particular, the guide portion 200) is preferably,
その材料の弾性限界内の範囲にわたって作動する組成、処理レジメン、形状および寸法の材料を使用して、形成される。 Composition operate over a range within the elastic limit of the material, treatment regimen, using the materials shapes and dimensions, it is formed. 具体的には、案内部分200に使用される材料は、好ましくは、降伏応力の下方境界と、この材料(特に、完全な回復が依然として達成できる十分に広い範囲の変形(例えば、およそ8%まで)を有する材料)の弾性限界の上方境界により規定される範囲内で、作動する。 Specifically, materials used for the guide portion 200 preferably includes a lower boundary of the yield stress, until the material (in particular, deformation of the sufficiently wide range of full recovery is still achievable (e.g., approximately 8% ) within a range defined by the upper boundary of the elastic limit of the material) with operates. 本明細書中で使用される「降伏応力」とは、有限歪みがまず観察できる応力レベルを意味する。 The "yield stress" as used herein, refers to the stress level a finite distortion can be first observed. 「応力」は、物体を歪ませるか変形する傾向にある適用力または力システムとして、定義できる。 "Stress" is the application force or force system tends to deform or distort the object, can be defined. 「歪み」は、応力により生じた変形として、定義できる。 "Distortion" is, as the deformation caused by stress, can be defined. 本明細書中で使用される「弾性限界」とは、永久的な変形、すなわち、塑性変形が起こる応力レベルを意味する。 By "elastic limit" as used herein, permanent deformation, ie, a stress level of the plastic deformation takes place.

【0066】 それゆえ、その材料の降伏応力および弾性限界内で作動する材料を備えた案内部分200は、事実上、略管状またはダクト様の通路の内部開放空間(特に、真円筒形から実質的に非円筒形の管腔空間までで変わる管腔形状)に適用できる予備成形形状を有する。 [0066] Therefore, the guide portion 200 having a material operating in the yield stress and the elastic limit of the material is virtually interior open space generally tubular or duct-like passageway (particularly substantially from the true cylindrical having a preformed shape which can be applied to the tube 腔形 shape) vary up between non-cylindrical luminal space to. このような案内部分200は、それをトルク部材52のガイドワイヤ管腔62に通すために、(塑性的ではなく)弾性的に変形でき、また、狭窄または管腔の通路の内側で、その全形状を回復できる。 Such guide portion 200, in order to pass it into the guide wire lumen 62 of the torque member 52, can be deformed elastically (plastically and not), also inside the passageway constriction or lumen, the entire shape can be recovered.

【0067】 結果として、螺旋状案内部分200のピッチ(すなわち、波長)および螺旋状直径HD(すなわち、振幅)は、好ましくは、狭窄または身体管腔内の通路の変化する幾何学的配置に動的に適合できる。 [0067] As a result, the pitch of the helical guide portion 200 (i.e., wavelength) and a spiral diameter HD (i.e., amplitude) are preferably dynamic in geometry that varies passages stenosis or body lumen It can be relevant. 例えば、ピッチ:直径比は、好ましくは、0.1:1〜5:1の範囲であり、1実施態様では、1:1である。 For example, pitch diameter ratio is preferably 0.1: 1 to 5: 1, and in one embodiment 1: 1. この螺旋状部分のピッチおよび螺旋状直径HDは、好ましくは、閉塞物質の容量が減るにつれて、変えられる。 Pitch and the helical diameter HD of the helical portion is preferably as volume of occlusive material is reduced, it is changed. 具体的には、閉塞物質の容量が最も大きくなるとき(すなわち、閉塞物質を通る通路が最も小さくなるとき)、このピッチは開き、そして螺旋状直径HDは小さくなる。 Specifically, when the capacity of the plugging agent is maximized (i.e., when the passage through the occlusive material is smallest), open the pitch and helical diameter HD is small. 閉塞物質の容量が減るにつれて、このピッチは、好ましくは、詰まり、そしてこの螺旋状直径HDは大きくなる。 As the capacity of the plugging agent is reduced, the pitch is preferably, jam, and the helical diameter HD increases.

【0068】 さらに、螺旋状案内部分200の螺旋の最大直径HDは、好ましくは、それが治療用に展開している身体管腔に等しいかまたはそれよりも僅かに大きくなるように、選択されるが、以下で説明するように、使用する操作の形態に依存して、 [0068] Further, the maximum diameter HD of the spiral of the spiral guide portion 200 is preferably such that it is slightly larger than or equal to a body lumen which is developed for the treatment, selected but, as described below, depending on the form of operation to be used,
直径を変えることができる。 It is possible to change the diameter. 螺旋状案内部分200の螺旋角もまた、除去機構5 Helix angle of the spiral-shaped guide portion 200 also, removal mechanism 5
4が案内部分200を横断するにつれて、除去機構54の剛性長が螺旋状案内部分200の螺旋ターンを弾性的に変形することに対して最小の影響があるように、選択される。 As 4 traverses the guide portion 200, the rigidity length of removal mechanism 54 is such that there is minimal effect spiral turns of the spiral guide portion 200 with respect to elastic deformation, is selected. 螺旋状案内部分200の全長HLは、好ましくは、横断する閉塞物質の長さよりも僅かに長く選択される。 Full length HL of the helical guide portion 200 are preferably selected slightly longer than the length of the plugging agent to cross.

【0069】 案内部分200に使用できる材料の一例には、ニッケル−チタン(NiTi) [0069] One example of a material which can be used in the guide portion 200, nickel - titanium (NiTi)
のような形状記憶合金がある。 There is a shape memory alloy such as. NiTiは、超弾性を示し、また、通常のステンレス鋼よりも高い可撓性を示すので、螺旋状案内部分200のガイドワイヤ管腔62を通る挿入が容易になる。 NiTi shows a superelastic, also exhibits a higher flexibility than the usual stainless steel, inserted through the guide wire lumen 62 of the helical guide portion 200 is facilitated. NiTiは、治療する身体管腔にさらに容易に一致させることにより、既に取り除いた螺旋状導管に隣接して、さらに正確な軸方向配置を可能にする。 NiTi is, by more easily conform to the body lumen to be treated, adjacent already removed spiral conduit, to enable more accurate axial placement.

【0070】 超弾性金属合金(NiTiを含めて)の例には、本発明のガイドワイヤ46の核199を形成するように使用できるが、米国特許第4,665,906号で詳細に記述されている。 Examples of [0070] superelastic metal alloy (including NiTi), which can be used to form the core 199 of the guidewire 46 of the present invention, are described in detail in U.S. Patent No. 4,665,906 ing. 米国特許第4,665,906号の開示内容は、本発明のガイドワイヤ46の案内部分200を操作する温度範囲内で超弾性てある特定の金属合金の組成、特性、化学的性質および挙動を記述している限り、本明細書中で参考として援用されており、その超弾性金属合金の一部および全部は、ガイドワイヤ46の案内部分200の核199を形成するのに、使用可能であり得る。 The disclosure of U.S. Patent No. 4,665,906, the composition of the particular metal alloy within a temperature range for operating the guide portion 200 of the guidewire 46 of the present invention is Te superelastic properties, the chemical nature and behavior as long as described, are incorporated herein by reference, a part and all of its super-elastic metal alloy, to form the core 199 of the guide portion 200 of the guide wire 46, it may be used obtain.

【0071】 NiTiをガイドワイヤ200の案内部分200の核199を形成するのに使用するとき、ガイドワイヤ46の螺旋状案内部分200は、その最大螺旋直径を有するその初期螺旋形状で、提供される。 [0071] When using the NiTi to form a nucleus 199 of the guide portion 200 of the guide wire 200, the spiral guide portion 200 of the guide wire 46 is in its initial helical shape having the maximum spiral diameter, it is provided . ガイドワイヤ46は、次いで、ガイドワイヤ管腔62を通って容易に挿入できるように、略直線形状に機械的に変形される。 The guidewire 46 is then to be easily inserted through the guide wire lumen 62 is mechanically deformed in a substantially linear shape. ガイドワイヤ46を、以下で記述の方法に従って、使用する血管に挿入した後、螺旋状案内部分200は、その最大螺旋直径または変化螺旋直径のいずれかで、その初期螺旋形状に戻される。 The guide wire 46 according to the method described below, after insertion into a blood vessel to be used, the spiral guide portion 200, either in its maximum spiral diameter or change the helix diameter is returned to its initial helical shape. 使用する操作様式に依存して、これは、螺旋状案内部分200を熱的に誘導してその螺旋形状(その最大直径または変化螺旋直径のいずれか)に戻すことにより、またはこの略直線形態で、螺旋状案内部分200を保持する力を解放することにより、達成できる。 Depending on the mode of operation used, which is a spiral guide portion 200 by with a thermally induced back to its helical shape (either its maximum diameter or change spiral diameter), or the substantially linear form , by releasing the force holding the helical guide portion 200 can be achieved.

【0072】 NiTiから製造された核を少なくとも有する螺旋状案内部分200は、以下の様式で、使用できる:超弾性、比例的制御なしの束縛回復、および比例的制御を伴う束縛回復。 [0072] spiral guide portion 200 having at least a core made from NiTi is in the following manner may be used: superelastic binding recovery without proportional control, and binding recovery with proportional control. これらの用語は、今ここで、定義する。 These terms are, here and now, to define.

【0073】 「超弾性」との用語は、実質的な変形後に負荷を除くと、ある合金がその初期形状に戻る性質を意味する。 [0073] The term "superelastic", excluding the load after substantial deformation is meant the property of certain alloy returns to its initial shape. NiTiのような超弾性合金は、組成変形なしに、 Superelastic alloy such as NiTi, without plastic deformation,
通常のバネ材料よりも10倍も歪むことができる。 It can also distort be 10 times higher than normal spring material. ガイドワイヤ46に関して、 Respect guidewire 46,
「超弾性」様式とは、NiTi核螺旋状案内部分200であって、初期螺旋形状を有し、略直線形状で保持するときに変形し、そして略直線形状で保持する力から解放されるとその初期螺旋形状にもどる部分を意味する。 A "super-elastic" style, a NiTi core spiral guide portion 200 has an initial helical shape, deformed when held in a substantially linear shape, and when released from the force for holding a substantially straight shape It means a portion back to its initial spiral shape.

【0074】 「束縛回復」とは、管腔通路の直径に等しいかそれより大きな最大直径を有するNiTi核螺旋状案内部分200(ここで、それは、その最大螺旋直径で、その初期螺旋形状に戻るとき、展開される)を意味する。 [0074] "bound Recovery" and is a NiTi nuclear spiral guide portion 200 (here, having a larger maximum diameter than or equal to the diameter of the vessel passageway, it is at its maximum spiral diameter returns to its initial helical shape when, it means to) deployment. 再度、この管腔経路は、 Again, this tube 腔経 path,
閉塞物質を通って作製される通路であり得る。 It may be a passage made through the occlusive material. 言い換えれば、螺旋状案内部分2 In other words, the spiral-shaped guide part 2
00は、それが、その初期螺旋形状を「回復する」とき、この管腔通路と接触するという点で、「束縛」される。 00, it is, when the "recovering" its initial helical shape, in that contact with the vessel passageway, are "bound".

【0075】 「比例的制御」とは、螺旋状案内部分200が、この直線形状からその最大の全螺旋直径へと連続して(over continuum)比例的に前進するように誘導されるように、螺旋状案内部分200の初期螺旋形状が比例的に制御されることを意味する。 [0075] A "proportional control", as the spiral guide portion 200 is induced to move forward to (-over-records continuum) proportionally continuously from the straight configuration to its maximum total helix diameter, It means that the initial spiral shape of the spiral guide section 200 is proportionally controlled.

【0076】 比例的制御は、螺旋状案内部分200に加えた熱エネルギーの量を滴定することにより、達成できる。 [0076] proportional control, by titrating the amount of heat energy added to the spiral guide portion 200 can be achieved. 例えば、熱は、螺旋状案内部分200を生理学的に不活性な流体(例えば、生理食塩水、リンゲル液など)に浸けることにより、螺旋状案内部分200に加えることができるが、この流体は、そこを通ってカテーテル32が導入される案内カテーテル(図示せず)を経由して、導入される。 For example, heat, the spiral guide portion 200 physiologically inert fluid (e.g., saline, Ringer's solution) by dipping in, can be added to the spiral guide portion 200, the fluid, which via the guide catheter the catheter 32 is introduced (not shown) through, is introduced. あるいは、熱は、その近位末端204にガイドワイヤ46を通って電流を通すことにより、螺旋状案内部分200に加えることができる。 Alternatively, heat by passing a current through the guide wire 46 at its proximal end 204, can be added to the spiral guide portion 200. これは、1本または2本のリード線を螺旋状案内部分200に装着することにより、達成できる。 This can be achieved by attaching one or two leads spiral guide portion 200 can be achieved. 例えば、図8Bを参照すると、リード対203は、熱源(例えば、抵抗加熱器RH)に接続されている。 For example, referring to FIG 8B, the lead pair 203 is connected to a heat source (e.g., a resistive heater RH). リード対203は、遠位リード取付具205および近位リード取付具207を有し、これらは、それぞれ、螺旋状案内部分200の遠位および近位先端に設けられている。 Lead pair 203 has a distal lead fitting 205 and a proximal lead fitting 207, which, respectively, are provided on the distal and proximal tip of the helical guide portion 200.

【0077】 さらに、エネルギー滴定中にて、適当な電気回路への閉鎖ループフィードバックのために、螺旋状案内部分200と一体化してまたはその付近に、温度センサ(例えば、熱電対またはサーミスタ)を設けることができる。 [0077] Furthermore, in in energy titration, for closed-loop feedback to appropriate electrical circuitry, integrated with the spiral guide portion 200 or near, providing a temperature sensor (e.g., thermocouple or thermistor) be able to. 1つの可能な配列には、遠位温度センサ208および近位温度センサ209を、それぞれ、螺旋状案内部分200の遠位および近位先端に配置することがある(図8Bを参照)。 In one possible arrangement, the distal temperature sensor 208 and a proximal temperature sensor 209, respectively, is to be located at the distal and proximal tip of the helical guide portion 200 (see FIG. 8B).
各温度センサは、熱電対またはサーミスタのいずれかであり得る。 Each temperature sensor can be either a thermocouple or a thermistor. 遠位温度センサ208は、第一リード対211を経由して、第一熱電対またはサーミスタの検温回路に連結でき、また、近位温度センサ209は、第二リード対213を経由して、第二熱電対またはサーミスタの検温回路に連結される。 The distal temperature sensor 208 via the first lead pair 211, can be connected to a temperature measuring circuit of the first thermocouple or thermistor, also a proximal temperature sensor 209, via a second lead pair 213, the It is connected to the temperature measuring circuit of the two-thermocouple or thermistor. 温度感知要素20 Temperature sensing elements 20
8、209は、螺旋状案内部分200の螺旋にわたる温度勾配を測定する。 8,209 measures the temperature gradient across the spiral of the spiral guide portion 200. この温度感知配置方法は、0.014インチまたは他の通常サイズのガイドワイヤ直径内で利用可能な空間を利用し、測定した温度は、正確に、螺旋状案内部分20 The temperature sensing arrangement method utilizes the available space within the guide wire diameter 0.014 inches or other normal size, measured temperatures, precisely, the spiral guide portion 20
0の螺旋直径との相変換相関に相当している。 0 corresponds to a phase change correlation with helix diameter. 比例的制御は、これ以下の本発明の方法の説明でさらに明らかになるように、この方法に必要なガイドワイヤ46 Proportional control, which as become more apparent in the following description of the method of the present invention, the guide wire 46 necessary for this method
の数を少なくする。 To reduce the number of.

【0078】 上記ガイドワイヤ核199として使用されるNiTiワイヤのいずれか(すなわち、超弾性、比例的制御なしの束縛回復、および比例的制御を伴う束縛回復) [0078] one of NiTi wires used as the guide wire core 199 (i.e., super elastic, binding recovery without proportional control, and binding recovery with a proportional control)
は、市場で入手でき、例えば、Menlo Park,CaliforniaのRaychem Corp. Are available in the market, for example, Menlo Park, Raychem Corp. of California から得ることができる。 It can be obtained from.

【0079】 ガイドワイヤ46の螺旋状案内部分200は、一般に、テーパを付けた形状または段差を付けた形状、またはテーパおよび段差の両方を付けた形状を有するように、改良できる。 [0079] spiral guide portion 200 of the guide wire 46 is generally so as to have a shape with both shape with a shape or stepped tapers or tapered and stepped, can be improved. 例えば、螺旋状案内部分200は、その螺旋直径がその近位先端から遠位先端へと減るように、この近位先端から遠位先端へとテーパを付けことができる。 For example, the helical guide portion 200, as reduced its helical diameter to the distal tip from the proximal tip may taper to the distal tip from the proximal tip. この螺旋はまた、案内部分200のある別個の位置で、段差を付けることができる。 The helix also in a separate position with the guide portion 200 may be given a stepped. さらに、ガイドワイヤ46の螺旋状案内部分200は、均一な形状の螺旋として図示されているものの、これらの螺旋を、螺旋長HLにわたって互いに不均一となるような様式で、設けることも可能である。 Moreover, the spiral guide portion 200 of the guide wire 46, but is shown as a spiral of uniform shape, these spirals, in such a way becomes uneven to each other across the spiral length HL, may be provided .

【0080】 さらに別の代替法として、案内部分200は、螺旋形状で設ける必要はない。 [0080] As yet another alternative, the guide portion 200 is not necessary to provide a spiral shape.
図8Dを参照すると、案内部分200aは、三次元空間で、多角形形状を有する。 Referring to FIG. 8D, the guide portion 200a is a three-dimensional space has a polygonal shape.

【0081】 さらに他の代替法として、ガイドワイヤ46の遠位末端では、間隔を開けた様式で、複数の案内部分200を設けることができる。 [0081] As yet another alternative, the distal end of the guidewire 46, in a manner spaced may be provided with a plurality of guide portions 200. 例えば、2個の間隔を開けた案内部分200があれば、間隔を開けて移植したステントの位置にて、再狭窄が起こった身体管腔を治療する際に、有益となる。 For example, if a guide portion 200 opened the two intervals, at the position of the stent implanted at intervals, in treating a body lumen restenosis has occurred, be beneficial.

【0082】 この曲線状の三次元輪郭は、縦方向寸法および半径方向寸法を有し、この縦方向寸法は、この半径方向寸法と逆比例して、大きくできる。 [0082] three-dimensional contour of the curved has a longitudinal dimension and a radial dimension, this longitudinal dimension, the radial dimension and inversely, can be increased. この曲線状の三次元輪郭は、この案内部分に0.02lbf(0.0045N)と2.0lbf(0 The curved three-dimensional contour, 2.0lbf (0 and 0.02lbf (0.0045N) to the guide portion
. 45N)の間の引張り力(これは、インストロン型引張り強度試験設備により、測定される)を加えたとき、この半径方向寸法がこのガイドワイヤの近位末端と同じ直径に近づくように、軸方向に伸長できる。 Tensile force between 45N) (This is the Instron tensile strength testing equipment, when adding is measured), as the radial dimension approaches the same diameter as the proximal end of the guide wire, shaft It can be extended in the direction. この引張り力は、典型的には、この案内部分の上を前進されるカテーテルにより、発生される。 The tensile force is typically by means of a catheter to be advanced over the guide part, is generated. この案内部分は、複数の半径方向寸法へと反復して膨張および収縮できる。 The guide portion may expand and contract repeatedly into a plurality of radial dimension. これらの膨張および収縮は、機械的、熱的または弾性的なエネルギーにより、発生できる。 These expansion and contraction, mechanical, thermal or acoustic energy can be generated.

【0083】 この引張り試験用の試験方法論は、以下を包含する:第一に、放射状に膨張可能な案内部分を備えたワイヤは、0.016インチの内径のガラス製チューブを通って、引っ張られる。 [0083] Test Methodology for the tensile test, encompassing the following: First, the wire having an inflatable guiding portion radially through the glass tube with an inner diameter 0.016 inches, pulled . この放射状に膨張可能な案内部分が、このガラス製チューブ中で完全に伸張されると、この放射状に膨張可能な案内部分の始点と終点との間の距離が測定される。 The inflatable guiding portion radially, when fully extended in this in a glass tube, the distance between the start and end points of the inflatable guide part to the radially is measured. このワイヤは、次いで、(一般に、このワイヤを僅かに引き出すことにより、またはこのガラス製チューブを、印を付ける点で切断することにより)、それらの点で、印を付けられる。 The wire is then (typically, by drawing the wire slightly, or the glass tube, by cutting with a point mark), in those points, are marked. 次いで、このワイヤは、このガラス製チューブから引き出され、そして曲線状の三次元輪郭に弛緩し戻される。 Then, this wire is drawn from the glass tube, and relaxes the curved three-dimensional contour are returned. 次いで、これらの弛緩点の間の距離が測定される。 Then, the distance between these relaxation point is measured. このワイヤは、次いで、1 The wire is then 1
0ポンドの負荷セルと共に、インストロン型引張り強度試験機に取り付けられ、 With 0 lbs load cell, mounted in an Instron tensile strength tester,
そこで、このインストロン型引張り強度試験のクランプは、このワイヤ上で先に印を付けた点で、装着される。 Therefore, clamps of this Instron Tensile strength test, a point marked earlier on the wire is attached. そのジョーは、これらの印を付けた点の間の弛緩距離と同じ長さで、間隔を開けた配置されており、この引張り距離は、このワイヤの測定距離(これは、このガラス製チューブからこの緩和距離を引いた距離である)に設定される。 Its jaw has the same length as the relaxation distance between points marked with these signs are arranged spaced, the pulling distance is measured distance of the wire (which, from this glass tube the relaxation length is the distance obtained by subtracting the) is set to. このワイヤは、次いで、ゆっくりと(約2.54cm/分)引き出され、このガラス製チューブの伸長部に近づいてこのワイヤを引っ張るのに必要な力が測定される。 The wire is then withdrawn slowly (about 2.54 cm / min), the required force is measured to pull the wire approaches the extension of the glass tube. 現在、この試験は、操作中にこのワイヤに加える力を計る好ましい実施態様を相当している。 Currently, this test is equivalent to the preferred embodiment to measure the force applied during operation in the wire. これらの結果を歪め得る直交整列の問題点を回避するように、注意しなければならない。 As to avoid the problems of these orthogonal alignment that may distort the results, care must be taken.

【0084】 (4.ガイドワイヤ46を製造する際に使用するための心棒) 図8Eは、本発明の案内部分200を製造するための心棒を図示している。 [0084] (4 mandrel for use in making the guide wire 46) Figure 8E illustrates a mandrel for producing a guide portion 200 of the present invention. 図8Eは、ガイドワイヤ46を受容するためのチャンネル8004を有する心棒8 Figure 8E, the mandrel 8 having a channel 8004 for receiving the guide wire 46
000を示す。 Shows the 000. 心棒8000は、ガイドワイヤ46を受容するための近位レセプタクル8012、およびガイドワイヤ46を心棒8000に固定するための手段を有する。 Mandrel 8000 has a means for securing the proximal receptacle 8012 for receiving the guide wire 46, and the guide wire 46 to the mandrel 8000. ガイドワイヤ46の遠位部分は、レセプタクル8012を通ってネジを切ることにより、形成される。 The distal portion of the guidewire 46, by cutting the thread through the receptacle 8012, is formed. 図8Fは、心棒8000の回りで包んだガイドワイヤ46を示し、その遠位および近位末端は、レセプタクル8008および8 Figure 8F shows a wrapped guidewire 46 around the mandrel 8000, its distal and proximal ends, the receptacle 8008 and 8
012を通って、適当にネジが切られている。 Through the 012, which is suitably a screw cut. 図8Gは、全心棒アセンブリ80 Figure 8G is a full mandrel assembly 80
50を示し、これは、ガイドワイヤ46を熱硬化するために、300℃と800 Showed 50, this is a guide wire 46 in order to heat cure, 300 ° C. and 800
℃の間で加熱される。 ℃ is heated between. ガイドワイヤ46は、このワイヤを適当な位置でロックするための装置(例えば、ネジ8016)により、固定される。 Guide wire 46, the device for locking the wire at a suitable position (for example, screws 8016), is fixed. ガイドワイヤ46 The guidewire 46
がこの温度硬化段階中に滑り落ちるのを防止する任意のロッキング手段が付けられる。 There are marked with any locking means for preventing sliding off during this temperature curing stage. 図8Hは、この形状設定後のガイドワイヤ200の最終形状を示す。 Figure 8H shows the final shape of the guide wire 200 after the shape setting. 心棒上の小さい方の寸法間の周期8055は、案内部分200にある螺旋巻き805 Period 8055 between the smaller dimensions of the mandrel, the spiral winding in the guide portion 200 805
5'間の距離に一致していることに注目せよ。 5 'case noted that the match to the distance between.

【0085】 (5.代替的な除去機構) 図9A〜9Dでは、多数の代替的な除去機構54が図示されている。 [0085] In (5 alternative removal mechanism) FIG. 9A-9D, a number of alternative removal mechanism 54 is illustrated. 図9Aは、螺旋状カッター54aが浅い螺旋角を有するのに対して、螺旋状カッター54 9A is a spiral-shaped cutter 54a have a shallow helix angle, spiral cutter 54
が急な螺旋角を有すること以外は、図2および3で図示した螺旋状カッター54 Spiral cutter 54 but having steep helix angle, illustrated in FIGS. 2 and 3
と類似している。 It is similar to the. 結果として、螺旋状カッター54aは、より少ない螺旋ターン74aを有する。 As a result, a spiral cutter 54a has fewer spiral turns 74a. 螺旋ターン74aは、同様に、近位切端76aを有し、これは、螺旋カッター54aの反時計回りの回転中にて、閉塞物質を切断するように、 Helical turns 74a likewise has a proximal incisal 76a, which is at during counter-clockwise rotation of the spiral cutter 54a, so as to cut the occluding material,
適合される。 It is adapted. もし、螺旋カッター54aを反時計回りに回転するなら、螺旋ターン74aは、反対方向に巻き付ける必要がある。 If, if rotating the helical cutter 54a counterclockwise, the spiral turns 74a, it is necessary to wind in the opposite direction. 螺旋カッター54aは、上記と同じ方法に従って、内部コイル56の露出した遠位長84に固定される。 Spiral cutter 54a according to the same manner as described above, is secured to the distal length 84 of the exposed inner coil 56. ベアリングアセンブリ(例えば、上記ベアリングアセンブリ100)もまた、好ましくは、カテーテル本体34と螺旋状カッター54aとの間の接続部で、設けられる。 Bearing assembly (e.g., the bearing assembly 100) also preferably, at the connection between the catheter body 34 and the spiral cutter 54a, it is provided.

【0086】 図9Bは、Forstnerカッター230を図示しており、これは、閉塞物質を通る通路の芯を抜くのに使用できる。 [0086] Figure 9B is shown a Forstner cutter 230, which can be used to pull the core passage through the occlusive material. Forstnerカッター230は、 Forstner cutter 230,
円筒形シャフト232により規定されており、これには、その遠位末端にて、幅広環状芯抜き刃または切端234が設けられている。 It is defined by a cylindrical shaft 232, which includes, at its distal end, the wide annular core punching blade or incisal 234 is provided. 複数の掻き取り面236は、芯抜き刃234により芯を抜かれた閉塞物質を粉砕するために、約180度離れて、配置されている。 A plurality of scraping surfaces 236, to break the occluding material pulled the core by coring blade 234, approximately 180 degrees apart, are arranged. カッター230は、内部コイル56の遠位末端72を円筒形シャフト232の中空管腔を通って滑らせることにより、そして円筒形シャフト232の近位末端238を、それぞれ、中間および外部コイル58および6 Cutter 230 by sliding the distal end 72 of the inner coil 56 through the hollow lumen of the cylindrical shaft 232 and the proximal end 238 of the cylindrical shaft 232, respectively, the intermediate and outer coils 58 and 6
0の遠位末端86および88に固定することにより、トルク部材52の内部コイル56に接続される。 By fixing the distal end 86 and 88 of 0, it is connected to the inner coil 56 of the torque member 52. 螺旋ターン240は、カッター230から、カテーテル本体34の外部コイル60および内面66により規定された運搬装置への閉塞物質の運搬を容易にするために、円筒形シャフト232の近位末端238で設けられる。 Helical turns 240 from the cutter 230, in order to facilitate the transport of the closure material into defined conveyor by the outer coil 60 and inner surface 66 of the catheter body 34, is provided at the proximal end 238 of the cylindrical shaft 232 . カッター230は、カッターハウジング242の内側に収容されており、これは、近位円筒形部分246(その内側で、カッター230が収容されている) Cutter 230 is accommodated inside the cutter housing 242, which is proximal cylindrical portion 246 (at the inner side, the cutter 230 is accommodated)
およびテーパー付き遠位部分248を有するテーパー付き円筒体の形状で、設けられている。 And in the form of tapered cylindrical body having a tapered distal portion 248 is provided. 近位円筒形部分246の近位末端は、接着剤結合、棘−ホース接続247(図9Bを参照)、または他の類似の固着手段により、カテーテル本体3 The proximal end of the proximal cylindrical portion 246, adhesive bonding, spines - the hose connection 247 (see FIG. 9B), or other similar fixing means, the catheter body 3
4の遠位末端38に固着されているか、または遠位円筒形部分246は、一体品で、カテーテル本体34に備え付けることができる。 4 if they are secured to the distal end 38 or distal cylindrical portion 246, it can be equipped with one piece, the catheter body 34. 側面窓250は、近位円筒形部分246とテーパー付き遠位部分248との間で設けられており、そこを通って、環状芯抜き刃234の一部は、閉塞物質を切断するように伸長している。 Side window 250 is provided between the proximal cylindrical portion 246 and tapered distal portion 248, through which a portion of the annular core punching blade 234, extended to cut occlusive material doing.
カッターハウジング242は、カッター230と共には回転しない、使用中には、カッター230が回転されて、取り出された閉塞物質は、側面窓250を通って受容され、円筒形シャフト232の螺旋ターン240および外部コイル60の螺旋ターンにより規定された螺旋形溝を通って、運搬される。 Cutter housing 242 does not rotate together with the cutter 230, during use, the cutter 230 is rotated, the occlusive material that has been removed, is received through the side window 250, the helical turns 240 and external cylindrical shaft 232 through a defined helical groove causing the helical turns of the coil 60 is conveyed. ベアリングアセンブリ251もまた、好ましくは、トルク部材52の遠位末端72とカッターハウジング242の遠位テーパー付き部分248との間の界面で、設けられている。 Bearing assembly 251 also preferably, at the interface between the distal tapered portion 248 of the distal end 72 and the cutter housing 242 of the torque member 52, it is provided.

【0087】 図9Cは、回転式カッター260を図示しており、これは、少量の閉塞物質を取り除くのに使用できる。 [0087] FIG. 9C is shown a rotary cutter 260, which can be used to remove a small amount of occlusive material. 回転式カッター260は、その遠位末端に球形回転式バー(burr)264を設けた円筒形シャフト262を有する。 Rotary cutter 260 has a cylindrical shaft 262 having a spherical rotary bar (burr) 264 at its distal end. バー264は、閉塞物質を取り出すために、バー264の表面に、複数の外周螺旋形溝刃26 Bar 264, in order to take out occluding material, the surface of the bar 264, a plurality of outer peripheral helical Mizoha 26
6が設けられている。 6 is provided. カッター260は、内部コイル56の遠位末端72を円筒形シャフト262の中空管腔を通って滑らせることにより、そして円筒形シャフト262の近位末端268を、それぞれ、中間および外部コイル58および60 Cutter 260 by sliding the distal end 72 of the inner coil 56 through the hollow lumen of the cylindrical shaft 262 and the proximal end 268 of the cylindrical shaft 262, respectively, the intermediate and outer coils 58 and 60
の遠位末端86および88に固定することにより、トルク部材52の内部コイル56に接続される。 By fixing the distal end 86 and 88, it is connected to the inner coil 56 of the torque member 52. カッター260は、2部分カッターハウジングの外周側面窓276で、そこを通って、設けられている。 Cutter 260, outer peripheral side window 276 of a two-part cutter housing, through which are provided. このカッターハウジングは、近位円筒形部分272(これは、これは、棘−ホース接続、接着剤結合または他の類似の固着手段により、カテーテル本体34の遠位末端38に固着されている)、およびテーパー付き遠位部分274(これは、溶接、ハンダ付けまたは他の類似の固着手段により、トルク部材52の遠位末端72に固着されている)を有する。 The cutter housing, a proximal cylindrical portion 272 (which, it is spines - hose connection, by adhesive bonding or other similar fastening means, is secured to the distal end 38 of the catheter body 34), and tapered distal portion 274 (which is welded by soldering or other similar fixing means, fixing is to a distal end 72 of the torque member 52) having a.
使用中には、遠位テーパー付き部分274は、バー264と共に回転して、取り出された閉塞物質は、「スクリューポンプ」の使用により吸引されるか、または少量の閉塞物質しか取り出され除去されないので、患者の血流を通って脱出できるか、いずれかであり得る。 During use, the distal tapered portion 274 is rotated together with the bar 264, the occlusive material that has been removed or is sucked by use of a "screw pump", or because a small amount of occlusive material not only retrieved removed or can escape through the patient's bloodstream can be any. ベアリングアセンブリ(例えば、上記ベアリングアセンブリ100)もまた、好ましくは、カテーテル本体34と回転式カッター2 Bearing assembly (e.g., the bearing assembly 100) also preferably includes a catheter body 34 rotary cutter 2
60との間の接続部で、設けられている。 At the connection between the 60, it is provided. 図9Cで図示した実施態様では、近位円筒形部分272は、実際には、ベアリングアセンブリ100のシェル104の一部であり得る。 In the embodiment illustrated in FIG. 9C, the proximal cylindrical portion 272, in fact, be part of the shell 104 of the bearing assembly 100.

【0088】 図9Dは、側面カッター290を図示しており、これは、閉塞物質を取り除くのに、使用できる。 [0088] Figure 9D is shown a side cutter 290, which is to remove the occluding material may be used. 側面カッター290は、トルク部材52の遠位末端72の遠位ハウジング292の形状で、設けられている。 Side cutter 290 is in the shape of the distal housing 292 of the distal end 72 of the torque member 52, it is provided. 遠位ハウジング292は、テーパー付き円筒形本体を有し、これは、溶接、ハンダ付けまたは他の類似の固着手段により、トルク部材52の遠位末端72に固着されている。 Distal housing 292 has a tapered cylindrical body, which is welded by soldering or other similar fastening means, is secured to the distal end 72 of the torque member 52. 遠位ハウジング2 The distal housing 2
92の遠位末端300の1側面には、側面窓298が設けられている。 To one aspect of the distal end 300 of the 92, side windows 298 are provided. 側面窓2 Side window 2
98は、テーパー付き切端302および側方切端304を規定している。 98 defines a tapered truncated 302 and lateral incisal 304. 使用中には、遠位ハウジング292は、トルク部材52と共に回転するが、切端302 During use, the distal housing 292 is rotated together with the torque member 52, the truncated 302
および304は、閉塞物質を取り出すように、作動する。 And 304, to retrieve the occluding material operates. この閉塞物質は、側面窓298を通って受容されて、外部コイル60の螺旋状ターンにより規定された螺旋形溝に沿って、運搬される。 The occlusive material may be received through a side window 298, along a defined helical groove by spiral turns of the outer coil 60 is conveyed. ベアリングアセンブリは、上記ベアリングアセンブリ100と類似しているが、また、カテーテル本体34の近位円筒形部分2 Bearing assembly is similar to the bearing assembly 100, also, the proximal cylindrical portion of the catheter body 34 2
94と遠位部分38との間の界面で、設けることができる。 At the interface between the 94 and the distal portion 38 can be provided.

【0089】 上記カッター260および290の使用中にて、カッター260および290 [0089] C. in the use of the cutter 260 and 290, cutter 260 and 290
、およびそれらのハウジング274および292は、閉塞物質を取り出すために、トルク部材52と共に回転される。 , And their housings 274 and 292, in order to take out occluding material is rotated together with the torque member 52. しかしながら、カッター230の回転中には、ハウジング242は、回転されない。 However, during rotation of the cutter 230, the housing 242 is not rotated.

【0090】 (6.第一使用方法) 図10A〜10Mは、本発明のシステム30(これは、一部の代替物および変形物を含む)を使用する1方法を図示している。 [0090] (6. First Usage) FIG 10A~10M the system 30 of the present invention (which includes a portion of alternatives and variations) illustrates a 1 how to use.

【0091】 図10Aは、血管BVの1セグメントを図示しており、これは、ステントSを予め移植した領域にて、閉塞物質OMにより、部分的に閉塞される。 [0091] Figure 10A is shown a segment of a blood vessel BV, which is a stent S in advance implanted region, the occlusive material OM, are partially occluded. 閉塞物質O Occlusive material O
Mの間では、小さな閉塞通路OPが規定されており、これは、血管BVの環状通路LPよりも著しく小さい直径を有する。 Between M, small closed channel OP are defined, which has a significantly smaller diameter than the annular passage LP vascular BV. 図10A〜10Mは、ステントSを予め移植した領域にて、閉塞物質OMにより部分的に閉塞された血管BVとの接続部でのシステム30の使用を図示しているものの、システム30はまた、閉塞物質OMにより部分的に閉塞(すなわち、狭窄)されたステントを取り付けていない血管BVで、使用できる。 FIG 10A~10M is a stent S in advance implanted region, but illustrates the use of the system 30 at the connection portion of the partially occluded blood vessel BV by plugging agent OM, the system 30 also includes partially occluded by occlusion materials OM (i.e., stenosis) in a blood vessel BV which is not fitted with a stent, it can be used. システム30はまた、もし、初期パイロットガイドワイヤ(例えば、下記ガイドワイヤGW)をこの閉塞部に通すことができるなら、完全に閉塞した血管で使用できる。 System 30 also if the initial pilot guide wire (e.g., below the guide wire GW) If you can pass to the occlusion, can be used in a completely occluded vessel.

【0092】 (a.第一段階−ガイドワイヤの導入) 図10Bで図示した第一工程では、直線状ガイドワイヤGWは、通常のガイドワイヤ導入法を用いて、管腔通路LPに経皮的に導入され、そして閉塞通路OP [0092] - In the (a first step. The introduction of the guide wire) a first step illustrated in FIG. 10B, the linear guide wire GW, using a conventional guide wire introduction method, transdermally vessel passageway LP It has been introduced to, and blocking passage OP
を通って、閉塞物質OMを横断する。 Through, crossing the occlusion material OM. 通常のガイドワイヤ導入法の一部として、 As part of the normal guide wire introduction method,
案内カテーテル(図示せず)は、まず、穿刺創傷を通って、患者の血管系に導入され、ガイドワイヤGWおよびカテーテル32は、この案内カテーテルの管腔を通って、連続的に導入される。 Guiding catheter (not shown), first, through the puncture wound is introduced into the patient's vasculature, the guide wire GW and the catheter 32, through the lumen of the guide catheter, is introduced continuously. ガイドワイヤGWは、通常のステンレス鋼ガイドワイヤであり得る。 The guidewire GW may be a conventional stainless steel guide wire. あるいは、ガイドワイヤGWは、本発明によるNiTiガイドワイヤ46であり得、これは、その初期螺旋形状から略直線形状へと機械的に変形されており、その初期螺旋形状を回復するのに、熱誘導が必要である(すなわち、超弾性形態で作動するNiTiガイドワイヤを含まない)。 Alternatively, the guide wire GW may be a NiTi guidewire 46 according to the present invention, which is mechanically deformed from its initial helical shape to a substantially linear shape, to recover its initial helical shape, heat induction is required (i.e., not including NiTi guide wires operating at superelastic form). この時点では、医師は、通常の血管造影法を使用して、血管BVの閉塞セグメントの位置的および寸法的な特徴を算定する。 At this point, the physician, using conventional angiography, to calculate the positional and dimensional characteristics of the closure segments of a blood vessel BV. もし、ステントSが、血管BVの閉塞セグメントに隣接して移植されたなら、ステントSの長さおよび展開直径もまた、算定される。 If the stent S is, if was implanted adjacent to a closed segment of a blood vessel BV, the length and deployment diameter of the stent S is also calculated.

【0093】 (b.第二段階−初期パイロット管腔の形成) ガイドワイヤGWを閉塞通路OPの内側に配置しそこを通って伸長した後、カテーテル32は、管腔通路LPの内側で「ワイヤ上」(ovre−the−wi [0093] (b Second stage -. Formation of the initial pilot lumen) guide wire GW is arranged inside the closed channel OP after extending therethrough, the catheter 32 is "wire inside the vessel passageway LP above "(ovre-the-wi
re)様式で、ガイドワイヤGWに沿って、閉塞物質OMの近位伸長部へと前進される。 In re) manner, along the guide wire GW, it is advanced into the proximal extension of the plugging agent OM. 図10Cを参照せよ。 See FIG 10C. 携帯型装置42が作動されて、除去機構54が回転され、それが閉塞物質OMを通って前進するにつれて、除去機構54の経路で、閉塞物質OMの一部を分離し、取り除いて抜き取るように、回転される。 Portable device 42 is actuated, the removal mechanism 54 is rotated, as it is advanced through the occluding material OM, in the path of removal mechanism 54, as a portion of the occlusive material OM separated, withdrawn removed , it is rotated. カテーテル32がガイドワイヤGWの上を遠位に前進するとき、カテーテル本体34 When the catheter 32 is advanced over the guidewire GW in a distal catheter body 34
は、除去機構54の回転中には回転されないが、それ自体、ガイドワイヤGW( It is not rotated during the rotation of the removing mechanism 54, itself, the guide wire GW (
これは、閉塞物質OM内にて、略直線形状を有する)の上で、それ自体、「中心に置かれる」(self−center)。 This is in closed substance in OM, on substantially has a linear shape), per se, "is centered" (self-center). 除去機構54が閉塞物質OMの遠位伸長部に達すると、図10Dで示すように、初期パイロット管腔PLが形成される。 When removing mechanism 54 reaches the distal extension of the plugging agent OM, as shown in Figure 10D, the initial pilot lumen PL is formed. このパイロット管腔PLは、除去機構54の外径または外部寸法とほぼ同じ直径を有する。 The pilot lumen PL has a diameter about the same as the outer diameter or outer dimension of the removing mechanism 54.

【0094】 (c.第三段階−ガイドワイヤGWの除去) 閉塞物質OM内に初期パイロット管腔PLを形成すると、カテーテル32の軸方向位置は、閉塞物質OMの遠位伸長部で維持され、そしてガイドワイヤGMが取り除かれる。 [0094] - If (c third stage. Guide removal of wire GW) forming an initial pilot lumen PL in occlusive material OM, the axial position of the catheter 32 is maintained in the distal extension of occlusive material OM, the guidewire GM is removed. 図10Eを参照せよ。 See FIG 10E. この段階でのガイドワイヤGMの除去は、 Removal of the guidewire GM at this stage,
もし、ガイドワイヤGMが、本発明によるNiTiガイドワイヤ46(これは、 If the guide wire GM is, NiTi guide wire 46 (which according to the invention,
その初期螺旋形状から略直線形状へと、機械的に変形されており、その初期螺旋形状へと回復するために、熱誘導を必要とする)であるなら、省略できる。 From its initial helical shape to a substantially linear shape are mechanically deformed, to recover to its initial helical shape, if it is in need of heat-induced), can be omitted.

【0095】 (d.第四段階−ガイドワイヤ46の導入) 本発明によるガイドワイヤ46は、今ここで、医師により、選択される。 [0095] (d fourth step -. Guidewire introduction of 46) the present invention the guide wire 46 by the here and now, by the physician, is selected. ガイドワイヤ46は、超弾性ガイドワイヤまたは束縛回復NiTiガイドワイヤであり得る。 The guidewire 46 may be a superelastic guidewire or constrained recovery NiTi guidewire. 螺旋状案内部分200の最大螺旋直径は、パイロット管腔PLの直径に等しいかまたはそれより大きくなるように、選択できる。 Maximum spiral diameter of the spiral guide portion 200 than or greater as equal to the diameter of the pilot lumen PL, can be selected. ガイドワイヤ46はまた、螺旋状案内部分200の長さHLが閉塞物質OMおよび移植したステントS The guidewire 46 also includes a stent S the length of the spiral guide portion 200 HL is blocked material OM and transplantation
(もし、適用するなら)の長さに等しいかまたはそれより大きくなるように、選択される。 (If, if applicable) to be equal to or greater than the length of the chosen. さらに、螺旋案内部分200は、トルク部材52の内部コイル56にあるガイドワイヤ管腔62を通って螺旋状案内部分200を前進させる間に遭遇する抵抗により、引き続いた前部装填操作が妨害されないように、その初期螺旋形状から略直線形状へと変形される。 Furthermore, the helical guide portion 200, by resisting encountered while advancing the spiral guide portion 200 through the guide wire lumen 62 in the inner coil 56 of the torque member 52, so that subsequently a front-loading operation is not disturbed to be deformed from its initial helical shape to a substantially linear shape. この変形は、螺旋状案内部分200を塑性的に変形するのではなく、それを弾性的に変形することにより、達成される。 This deformation, the spiral guide portion 200 rather than plastically deformed, by deforming it elastically, is achieved. もし、このガイドワイヤが超弾性ガイドワイヤであるなら、この変形は、ガイドワイヤ管腔62を通って、ガイドワイヤ46を前方装填することにより、達成される。 If, if this guide wire is superelastic guidewire, the deformation, through the guide wire lumen 62, by the guide wire 46 to the front loading is achieved. もし、ガイドワイヤ46が束縛回復NiTiガイドワイヤであるなら、この変形は、例えば、螺旋状案内部分200に十分な張力を加えること、および使用者の親指および人差し指(これは、螺旋状案内部分200を真っ直ぐにする圧縮力を同時に加える)により作製した間に合わせダイスに通して引き出すことにより、達成できる。 If, if the guide wire 46 is constrained recovery NiTi guide wire, this deformation, for example, adding a sufficient tension to the spiral guide portion 200, and the user's thumb and forefinger (which, spiral guide portion 200 by pulling through a makeshift die prepared by the addition of compressive force simultaneously to straighten) it can be achieved. 言い換えれば、双晶マルテンサイト(これは、親オーステナイトと形状が類似している(すなわち、螺旋形状))は、変形マルテンサイト(これは、略直線状である)に転化される。 In other words, twinned martensite (this is the parent austenite shape is similar (i.e., a spiral shape)) is deformed martensite (which is substantially a straight line) is converted to.

【0096】 選択したガイドワイヤ46は、次いで、カテーテル32の近位末端40へと前方装填され、そして直線状遠位末端202がトルク部材52の遠位末端72から出ていくまで、前進される。 [0096] Selected guidewire 46 is then forward loaded into the proximal end 40 of the catheter 32, and to the linear distal end 202 exits the distal end 72 of the torque member 52 is advanced . 図10Fを参照せよ。 See FIG 10F. この前方装填段階もまた、もし、ガイドワイヤGMが、本発明によるNiTiガイドワイヤ46(これは、その初期螺旋形状から略直線形状へと、機械的に変形されており、その初期螺旋形状へと回復するために、熱誘導を必要とする)であるなら、省略できる。 The front loading stage also, if the guide wire GM is, NiTi guide wire 46 (which is according to the invention, from its initial helical shape to a substantially linear shape are mechanically deformed, to its initial helical shape to recover, if it is in need of heat-induced), it can be omitted. この前方装填段階中にて、螺旋状案内部分200は、図10Fで示すように、ガイドワイヤ管腔の内側で、略直線状にされる。 At this forward loading stage in, spiral guide portion 200, as shown in Figure 10F, the inside of the guide wire lumen is substantially straight. 螺旋状案内部分200は、トルク部材5 Spiral guide portion 200, the torque member 5
2の内側で伸長するとき、全体的には直線状ではないものの、トルク部材52の外側に置きつつ血管BVの内側で使用するために展開するときよりも、トルク部材52の内側では、そのピッチは、著しく開き、その直径は、著しく小さくなる。 When extended in the second inner, although not straight as a whole, than when deployed for use inside a blood vessel BV keeping in outer torque member 52, the inner torque member 52, the pitch opens significantly, its diameter is significantly smaller.

【0097】 (e.第五段階−カテーテル32の引き戻し) カテーテル32は、今ここで、その遠位末端38が閉塞物質OMの遠位伸長部になるまで、引き戻される。 [0097] (e fifth step -. Pullback of the catheter 32) catheter 32, here now, to its distal end 38 is a distal extension of occlusive material OM, pulled back. この時点では、もし、ガイドワイヤ46が超弾性ガイドワイヤであるなら、螺旋状案内部分200は、パイロット管腔PLの管腔壁により束縛されるにつれて、自然に、その最大螺旋形状を呈する。 At this point, if, if the guide wire 46 is superelastic guidewire, spiral guide portion 200, as it is bound by the tube wall of the pilot lumen PL, naturally, exhibits its maximum helical shape. もし、ガイドワイヤ46が束縛回収NiTiガイドワイヤであるなら、螺旋状案内部分200 If, if the guide wire 46 is constrained recovery NiTi guidewires, spiral guide portion 200
は、次いで、パイロット管腔PLにより束縛されるにつれて、その螺旋形状および直径に戻るように、オーステナイト最終温度Afより高い温度に加熱される。 Is then as bound by the pilot lumen PL, to return to its helical shape and diameter, it is heated to a temperature above the austenite finish temperature Af.
この加熱は、上記方法の1つに従って、この案内カテーテルの管腔を経由して導入された生理的に不活性な流体(例えば、生理食塩水、リンゲル液など)に螺旋状案内部分200を浸すことにより、またはその近位末端204からガイドワイヤ46に電流を通すことにより、達成できる。 This heating, in accordance with one of the above methods, immersing the spiral guide portion 200 to the physiologically introduced via a guide catheter lumen inert fluid (e.g., saline, Ringer's solution, etc.) by, or by passing a current through the guide wire 46 from its proximal end 204, it can be achieved.

【0098】 いずれかの場合、螺旋状案内部分200は、今ここで、パイロット管腔PLの直径により規定される螺旋直径を呈し、ここで、螺旋状案内部分200の螺旋ターンは、閉塞物質OMに隣接するかまたは接触される。 [0098] In either case, the spiral guide portion 200 is now here exhibits a helical diameter defined by the diameter of the pilot lumen PL, wherein the spiral turn of the spiral guide portion 200, occlusive material OM It is either or contacts adjacent. それゆえ、図10Gで示すように、螺旋状案内部分200は、閉塞物質OMに隣接してまたは接触させて、その螺旋ターンを配置することにより、パイロット管腔PLの直径および閉塞物質の性質(例えば、形状)に適合する。 Therefore, as shown in Figure 10G, the helical guide portion 200 is closed material adjacent or in contact with the OM, by placing the helical turn, the nature of diameter and plugging agent pilot lumen PL ( For example, conforming to the shape).

【0099】 (f.第六工程−除去機構54の第一通過) カテーテル32の遠位末端38、および除去機構54は、今ここで、螺旋状案内部分200の上に前進される。 [0099] - a distal end 38, and removing mechanism 54 of the catheter 32 (f sixth step. The first pass of the removing mechanism 54) is now here, is advanced over the helical guide portion 200. 除去機構54は、ガイドワイヤ46を管腔通路LPにて同じ軸方向位置で維持しつつ、カテーテル32の前進中に回転される。 Removing mechanism 54, while maintaining the guide wire 46 at the same axial position at vessel passageway LP, it is rotated during advancement of the catheter 32.
螺旋状案内部分200は、除去機構54が閉塞物質OMと噛み合う螺旋経路に沿って、除去機構54を案内する。 Spiral guide portion 200, removing mechanism 54 along the helical path meshing with plugging agent OM, guides the removing mechanism 54. 図10Hを参照すると、パイロット管腔PLおよび閉塞物質OMの寸法および性質に一致する螺旋状案内部分200の性能により、除去機構54は、パイロット管腔PLの管腔壁と並置して、配置され維持される。 Referring to FIG. 10H, the performance of the spiral guide portion 200 that matches the dimensions and nature of the pilot lumen PL and plugging agent OM, removing mechanism 54, in juxtaposition with the lumen wall of the pilot lumen PL, is arranged It is maintained. 従って、除去機構54は、パイロット管腔PLに関して、軸を離れて保持され、螺旋状案内部分200に沿った単一波長内の任意の所定軸方向位置では、 Therefore, removing mechanism 54, with respect to the pilot lumen PL, held off the axis, at any given axial position of a single wavelength along the spiral guide portion 200,
除去機構54は、螺旋状案内部分200に沿って、任意の先のまたは次の軸方向位置と同一平面上にはない。 Removing mechanism 54 along the helical guide portion 200, not on any previous or next axial position coplanar. さらに、パイロット管腔PLの直径がガイドワイヤGMを束縛して、作製すべき引き続く管腔と比較して、比較的に小さいので、螺旋状案内部分200のピッチは開き、そして螺旋状案内部分200の直径は小さくなる。 Further, the diameter of the pilot lumen PL is bound a guidewire GM, as compared with the subsequent should prepare lumen, since relatively small, the pitch of the helical guide portion 200 is opened, and the spiral guide portion 200 the diameter decreases.

【0100】 除去機構54は、そこに沿って案内されるにつれて、螺旋状案内部分200の螺旋経路に追随する。 [0100] removing mechanism 54, as guided therealong, it follows the helical path of the helical guide portion 200. しかしながら、除去機構54から近位にある螺旋状案内部分200の一部は、図10Hで最もよく図示されているように、直線状になる。 However, a portion of the spiral guide portion 200 in the removing mechanism 54 proximally, as is best shown in FIG. 10H, a straight line shape.
カテーテル32の遠位末端38が閉塞物質OMの最遠位伸長部に達すると、閉塞物質OMの螺旋状チャンネルHCは、取り除かれる。 When the distal end 38 of the catheter 32 reaches the distal-most extension of the plugging agent OM, spiral channel HC of the plugging agent OM is removed. 図10Iを参照せよ。 See FIG 10I.

【0101】 (g.第七段階−除去機構54を後退させガイドワイヤ46を軸方向に並進運動させる) この時点で、カテーテル32およびその除去機構54は、カテーテル32の遠位末端38が閉塞物質OMから近位になるまで、ガイドワイヤ46を管腔通路L [0102] - In (g seventh stage. Translational motion is to the guide wire 46 is retracted removing mechanism 54 in the axial direction) this time, the catheter 32 and its removal mechanism 54, the distal end 38 is occlusive material of the catheter 32 from OM to a proximal, tubular guide wire 46 luminal path L
Pにて同じ軸方向位置で維持しつつ、近位に後退される。 While maintaining at the same axial position at P, it is retracted proximally. この時点で、螺旋状案内部分200は、再度、それ自体、既存の管腔(これは、今ここで、1螺旋状チャンネルを閉塞物質OMへと切り出した)およびこの閉塞物質の寸法および性質と一致させる。 At this point, the helical guide portion 200 again, per se, existing lumen (which is now here, a spiral channel cut into the plugging agent OM) and the size and nature of the plugging agent match.

【0102】 ガイドワイヤ46は、次いで、螺旋状チャンネルHCの幅に近い距離(これは、近位切端76の除去機構54の剪断または切断側面の軸方向長さに等しい)だけそれを後退または前進することにより、再配置される。 [0102] The guidewire 46 is then the distance close to the width of the spiral channel HC (which is equal to the axial length of the shearing or cutting surface of the removing mechanism 54 of the proximal truncated 76) only backward or forward it by, it is rearranged. 再度、螺旋状案内部分200は、それ自体、この管腔の内側のその新たな軸方向位置に関して、既存の管腔および閉塞物質の寸法および性質に一致させる。 Again, the helical guide portion 200 itself, with respect to the new axial position inside the lumen, to match the size and nature of the existing lumens and occlusive material. 図10Jを参照せよ。 See FIG 10J.

【0103】 (h.第八段階−さらに大きな閉塞通路OPを作製するための除去機構54 [0103] (h Eighth step -. Removing mechanism 54 for further generating large closed channel OP
の引き続いた通過) 除去機構54は、今ここで、上記第六段階で記述された様式に従って、螺旋状案内部分200の上を再度回転可能に前進されて、他の螺旋状チャンネルHC( Subsequently transit) removing mechanism 54 of, here and now, the following described fashion in the sixth step, the top of the spiral guide portion 200 is rotatably advanced once again, other spiral channel HC (
これは、先に除去した螺旋状チャンネルHCと合流する)を切断する。 This joins the spiral channel HC removal earlier) Cut. 図10K Figure 10K
を参照せよ。 See case a. 第七および第八段階は、取り除いた螺旋チャンネルHCの全てが癒着してさらに大きな通路OP(その直径は、螺旋状案内部分200の最大螺旋直径とほぼ同じである)を作製するまで、連続的に繰り返される。 Seventh and eighth stages, the removed larger passageway OP are all coalesced spiral channel HC (its diameter is substantially same as a maximum spiral diameter of the spiral guide portion 200) until making, continuous It is repeated.

【0104】 (i.第九段階−1個またはそれ以上のさらに大きな閉塞通路OPを作製すること) もし、必要なら、1個またはそれ以上の漸進的に大きな閉塞通路を作製することが可能である。 [0104] (i. That ninth stage -1 or more further generating large closed channel OP) If necessary, can be used to produce the one or more progressively larger closed channel is there. もし、既存のガイドワイヤ46が超弾性ガイドワイヤまたは束縛NiTiガイドワイヤ(比例制御なし)であるなら、この既存ガイドワイヤ4 If, if existing guide wire 46 is superelastic guidewire or bound NiTi guidewire (no proportional control), the existing guide wire 4
6は、さらに大きな直径の螺旋状案内部分200を有する他のガイドワイヤ46 6, other guidewire 46, further comprising a spiral guide portion 200 of larger diameter
と交換され得る。 It can be replaced with. 新しいガイドワイヤ46のさらに大きな直径の螺旋状案内部分200は、それ自体、既存管腔OP(これは、今ここで、パイロット管腔PLよりも大きな直径を有する)および閉塞物質OMの寸法および性質を一致する。 Spiral guide portion 200 of larger diameter further new guide wire 46 itself (which, here and now, have a larger diameter than the pilot lumen PL) existing lumen OP dimensions and properties of and plugging agent OM the match. 再度、螺旋状案内部分200が閉塞通路OPおよび閉塞物質OMの寸法および性質に一致する螺旋状案内部分200の性能により、除去機構54は、閉塞通路OP Again, the performance of the spiral guide portions 200 spiral guide portion 200 that matches the dimensions and nature of the closed channel OP and plugging agent OM, removing mechanism 54 is closed channel OP
の管腔壁と並置して、配置され維持される。 Juxtaposed with the lumen wall, it is arranged and maintained. 上記第三〜第八段階は、さらに大きな閉塞通路OPを作製するために、繰り返され得る。 The third-eighth step, to further prepare a large closed channel OP, can be repeated. 図10Lを参照せよ。 See FIG 10L.

【0105】 さらに大きな直径の螺旋状案内部分200を有する次のガイドワイヤ46で交換でき、上記第三〜第八段階は、十分な大きさの治療通路TPが作製されたことが確認されるまで、ますます大きな閉塞通路OPを作製するために、繰り返され得る。 [0105] can be further replaced by the following guidewire 46 having a helical guide portion 200 of larger diameter, the third-eighth step, to be treated passage TP of sufficient magnitude is produced is confirmed , to produce larger and larger closed channel OP, it can be repeated. 図10Mを参照せよ。 See FIG 10M. この確認の一部として、医師は、管腔通路LPのサイズとほぼ等しい治療通路TPだけでなく、移植ステントS(もし、適用するなら)の相対的な位置および直径を得ることを考慮する。 As part of this check, the physician can not only substantially equal treatment path TP to the size of the vessel passageway LP, graft stent S (if if applicable) consider to obtain the relative position and diameter of. この手順は、今ここで、 This procedure, in the here and now,
カテーテル32、ガイドワイヤ46およびこの案内カテーテルを引き出すことにより、終了できる。 Catheter 32, the guide wire 46 and by withdrawing the guide catheter, can be terminated.

【0106】 この方法の段階を実行する際には、本発明のシステム30および記述した方法は、血管BVの治療領域に移植され得る任意のステントSの完全性を保護するのに適している。 [0106] In performing the steps of the method, the system 30 and the process described in the present invention are suitable for protecting the integrity of any stent S which can be implanted in the treatment area of ​​the blood vessel BV. このことは、一部には、ガイドワイヤ46が、ステントSを切断または損傷することを回避するために、ステントSの内径に一致した螺旋状案内部分200と共に選択できるという事実に依っている。 This is, in part, the guide wire 46, in order to avoid cutting or damaging the stent S, relies on the fact that can be selected with the spiral guide portion 200 that matches the inside diameter of the stent S.

【0107】 螺旋状案内部分200が管腔通路LPおよび閉塞物質OMの寸法および性質と一致する性能により、除去機構54を、性質が一貫していない閉塞物質OMと安全に使用できるようになる。 [0107] The performance spiral guide portion 200 that matches the size and nature of the vessel passageway LP and plugging agent OM, the removal mechanism 54, so that properties can be safely used with occlusive material OM not consistent. 例えば、この管腔壁に螺旋状案内部分200が加える力または応力は、最も束縛された断面(すなわち、直径が最小の通路)にて、 For example, the force or stress spiral guide portion 200 in the tube wall is added, at most constrained section (i.e., the smallest passage diameter),
最大となる。 It becomes maximum. この束縛断面(またはより大きい容量の閉塞物質OMを有する領域)のすぐ隣の領域では、除去機構54は、(螺旋状案内部分200により)、外向き方向にさらに強力に向けられ、従って、閉塞物質OMをさらに深く切断する。 The immediately adjacent region of the binding section (or areas having a plugging agent OM larger volume), removing mechanism 54, (the spiral guide portion 200), further strongly directed outward direction, therefore, closed In addition to deeply cut the material OM. このさらに深い切断により、この断面の一部は、他の束縛の少ない部分(またはより小さい容量の閉塞物質OMを有する領域)に「追いついて」(catch The deeper cut, a portion of the cross-section, "caught up with" the portion of a small other constraints (or regions with plugging agent OM smaller volume) (catch
up)、一般に、さらに規則的で環状に対称的な形状を徐々にとる新管腔を作製する。 Stay up-), generally, to produce the new lumen takes gradually more regular circular symmetric shape. この管腔が除去機構54の引き続いた通過により拡大されるにつれて、 As this lumen is enlarged by the passage that followed the removal mechanism 54,
この管腔壁に対して、螺旋状案内部分200により、だんだんと小さな力が加えられる。 Against the tube wall, the spiral guide portion 200, gradually and little force is applied.

【0108】 (7.第二の使用方法) 図10A〜10Mに関連して図示した使用方法は、もし、ガイドワイヤ46が比例的制御を伴う束縛回復NiTiガイドワイヤであるなら、改良できる。 [0108] The method used was shown in connection with the (7. Second Using) FIG 10A~10M that if, if the guide wire 46 is constrained recovery NiTi guide wire with a proportional control can be improved.

【0109】 この改良方法に従って、第一段階では、最初に導入されるガイドワイヤGWは、比例的制御を伴う束縛回復NiTiガイドワイヤであり、これは、上記第四段階に関連して開示した方法に従って、その初期螺旋形状から略直線形状まで変形されている。 [0109] According to this improved method, the method in the first stage, the guide wire GW is introduced first, a binding recovery NiTi guide wire with a proportional control, which is disclosed in connection with the fourth stage according, it is deformed to a substantially linear shape from its initial helical shape. 結果として、第三および第四段階は省略される。 As a result, third and fourth step is omitted. 第五段階では、螺旋状案内部分200に加えた熱は、螺旋状案内部分200が螺旋形状(しかし、 In the fifth step, heat applied to the spiral guide portion 200, the spiral guide portion 200 is spiral shaped (but
最大螺旋直径ではない)を再獲得するように、滴定される。 Maximum not spiral diameter) to re-acquire, they are titrated. 最後に、第九段階では、既存のガイドワイヤ46を、漸進的に大きな螺旋状部分200を有する他のガイドワイヤ46と交換する代わりに、螺旋状案内部分200に加えた熱は、螺旋状案内部分200がその最大螺旋形状を漸進的に(すなわち、段階的な様式で)再獲得するように、滴定される。 Finally, in the ninth step, the existing guide wire 46, instead of exchanging with other guide wire 46 having a progressively larger helical portion 200, heat applied to the spiral guide portion 200, the spiral guide the maximum spiral shape progressively portion 200 (i.e., stepwise in a manner) to reacquire, are titrated. それゆえ、この手順には、ガイドワイヤ46 Therefore, in this procedure, the guide wire 46
が1本だけ必要である。 There is a need only one.

【0110】 それゆえ、本発明は、身体管腔から閉塞物質を分離し、取り除きそして抜き出す際に効果的なシステム30および方法を提供する。 [0110] Thus, the present invention separates the occluding material from the body lumen, provides an effective system 30 and method in removing and withdrawing. ガイドワイヤ46の螺旋状案内部分200により、除去機構54は、閉塞物質OMにて、通路(これは、直径方向で、除去機構54の寸法よりも大きい)を作製できるようになる。 The spiral guide portion 200 of the guide wire 46, removing mechanism 54, at occlusive material OM, passage (which is, in radial direction, greater than the size of the removing mechanism 54) will be able to produce. ガイドワイヤ46およびその螺旋状案内部分200の設備により、また、医師は、血管の管腔壁を傷つけたり移植ステントを損傷することを回避するために、最適サイズ(または直径)の螺旋状案内部分200を注意深く選択できるようになる。 The facilities of the guide wire 46 and its spiral guide portion 200, also, the doctor, in order to avoid damaging the wounded or transplant stent lumen wall of a blood vessel, the helical guide portion of the optimum size (or diameter) 200 will be able to carefully select a. 作製された管腔通路のサイズを選択するこの性能により、本発明のシステム30および方法は、広範囲の用途、患者および病気で使用できるようになる。 This ability to select the fabricated vessel passageway size, the system 30 and method of the present invention, a wide range of applications, made available by the patient and disease. 本発明のシステム30および方法はまた、使用が簡単である。 System 30 and method of the present invention is also simple to use.

【0111】 本発明のガイドワイヤ46、およびその案内部分200は、除去機構と共に使用するように記述されているものの、ガイドワイヤ46およびその案内部分20 [0111] The guidewire 46 of the present invention, and the guide portion 200, although described for use with removing mechanism, the guide wire 46 and the guide portion 20
0を、他の用途(例えば、診断(例えば、血管内超音波画像化、血管顕微法、蛍光透視法)、エネルギー送達(例えば、レーザー、極低温、放射線、光力学的療法、近接照射療法、超音波血管形成術)、切断(例えば、指向性冠動脈アテローム切除術用カテーテル、経腔的抽出カテーテル)、切除(例えば、回転式アテローム切除術用カテーテル)、血栓摘出術、選択的生検、および薬剤送達があるが、これらの限定されない)で、カテーテルまたはプローブと共に使用することもまた、可能である。 0, other applications (e.g., diagnostic (e.g., intravascular ultrasound imaging, angioscopy, fluoroscopy), the energy delivery (e.g., laser, cryogenic, radiation, photodynamic therapy, brachytherapy, ultrasonic angioplasty), cutting (e.g., directional coronary atherectomy catheters, transluminal extraction catheters), ablation (e.g., catheters rotational atherectomy), thrombectomy procedure, selective biopsy, and there are drug delivery, these non-limiting), it is also possible to use with a catheter or probe. この点では、案内部分200は、例えば、血管顕微法、超音波画像化、および重態患者用途での動脈モニタリング(例えば、血圧測定および流量測定、および酸素測定)で使用するとき、付随した装置に対して、効果的な安定性を与えることができる。 In this regard, the guide portion 200 is, for example, angioscopy, ultrasound imaging, and arterial monitoring of critical condition patients applications (e.g., blood pressure measurements and flow measurement, and oximetry) as used, the concomitant device in contrast, it is possible to provide effective stability.

【0112】 本発明は、図11で図示しているように、本発明の方法を実施するためのキットを提供する。 [0112] The present invention, as illustrated in Figure 11, provides a kit for carrying out the method of the present invention. これらのキットは、切断先端302を有するカテーテル300、 These kits, catheters 300 having a cutting tip 302,
上記ガイドワイヤ304、およびこのガイドワイヤと組み合わせたこのカテーテルの使用方法を述べる使用説明書306を包含する。 Including instructions 306 described the use of the catheter in combination with the guide wire 304, and the guide wire. これらのキット部品は、通常、通常のパッケージ310(例えば、小袋、箱、チューブ、トレイなど;これは、通常、滅菌されている)で共に包装される。 These kits components are usually normal package 310 (e.g., pouch, box, tube, tray, etc.; this is normally sterile) are packaged together with. 説明書306は、(図示しているような)包装挿入物の形状であり得るか、または包装310それ自体の上に全体的または部分的に印刷され得る。 Instructions 306 may be printed (as shown) or may be in the form of a package insert or package 310 it entirely on itself or partially.

【0113】 上記記述は、本発明の特定の実施態様を言及しているものの、その精神から逸脱することなく、多くの改良を行うことができることが分かる。 [0113] The above description, although mention certain embodiments of the present invention without departing from its spirit, it is understood that it is possible to perform a number of improvements. 添付の特許請求の範囲は、本発明の真の範囲および精神に入るこのような変更を含むことを意図している。 The appended claims are intended to cover such modifications as fall within the true scope and spirit of the present invention.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 図1は、本発明によるシステムを図示している。 [1] Figure 1 illustrates a system according to the present invention.

【図1A】 図1Aは、図1のシステムのカテーテルの遠位末端およびガイドワイヤの詳細図である。 1A is a detailed view of the distal end and the guide wire of the system of the catheter of Figure 1.

【図2】 図2は、図1のシステムで使用できるカテーテルの遠位末端および除去機構の拡大破断図である。 Figure 2 is an enlarged cutaway view of the distal end and removing mechanism of a catheter that can be used in the system of Figure 1.

【図3】 図3は、図2のカテーテルの遠位末端および除去機構の断面図である。 Figure 3 is a cross-sectional view of the distal end and removing mechanism of the catheter of FIG.

【図4】 図4は、図1のシステムと共に使用できるトルク部材の部分切断側面図である。 Figure 4 is a partial cut-away side view of the torque member which may be used with the system of FIG.

【図4A】 図4Aは、図4のトルク部材の部分側面図であり、これは、ポリマージャケットに入れたトルク部材を図示している。 Figure 4A is a partial side view of the torque member 4, which illustrates a torque member which takes into polymer jacket.

【図4B】 図4Bは、図1のシステムと共に使用できる代替的なトルク部材形状の部分側面図である。 Figure 4B is a partial side view of an alternative torque member shapes that may be used with the system of FIG.

【図5】 図5は、図1のシステムと共に使用できるベアリングアセンブリのスナップリングの透視図である。 Figure 5 is a perspective view of the snap ring of the bearing assembly that may be used with the system of FIG.

【図6】 図6は、図1のシステムと共に、図5のスナップリングと共に使用できるベアリングアセンブリのシェルの透視図である。 Figure 6 is with the system of FIG. 1 is a perspective view of the shell of the bearing assembly that can be used with a snap ring of FIG.

【図7】 図7は、図1のシステムと共に使用できる近位コネクタアセンブリ、携帯型ユニット、および収集レザバの拡大断面図である。 Figure 7 is an enlarged sectional view of the proximal connector assembly, portable unit, and collection reservoirs can be used with the system of FIG.

【図8】 図8は、図1のシステムと共に使用できるガイドワイヤの遠位末端の側面図である。 Figure 8 is a side view of the distal end of the guidewire that can be used with the system of FIG.

【図8A】 図8Aは、図8のガイドワイヤの遠位末端の断面図である。 8A is a cross-sectional view of the distal end of the guidewire of Figure 8.

【図8B】 図8Bは、このガイドワイヤの案内部分を比例制御により膨張したとき、図8 8B is when inflated by proportional control the guide portion of the guide wire, FIG. 8
のガイドワイヤの螺旋状部分の一部の側面図である。 It is a side view of a portion of the helical portion of the guide wire.

【図8C】 図8Cは、図8のガイドワイヤの一部の分解側面図である。 FIG. 8C is an exploded side view of a portion of the guidewire of Figure 8.

【図8D】 図8Dは、図8のガイドワイヤの原理に基づいた他のガイドワイヤの遠位末端の断面図である。 FIG. 8D is a sectional view of the distal end of the other guidewire based on the guide wire principle in FIG.

【図8E】 図8Eは、案内部分を有するガイドワイヤを製造するのに使用される心棒を示す。 Figure 8E] FIG. 8E shows a mandrel used to manufacture a guide wire having a guide portion.

【図8F】 図8Fは、案内部分を有するガイドワイヤを製造するのに使用される心棒を示す。 Figure 8F] FIG 8F shows a mandrel used to manufacture a guide wire having a guide portion.

【図8G】 図8Gは、案内部分を有するガイドワイヤを製造するのに使用される心棒を示す。 Figure 8G] FIG. 8G shows a mandrel used to manufacture a guide wire having a guide portion.

【図8H】 図8Hは、案内部分を有するガイドワイヤを製造するのに使用される心棒を示す。 Figure 8H] FIG. 8H shows a mandrel used to manufacture a guide wire having a guide portion.

【図9A】 図9Aは、図1のシステムと共に使用できる除去機構の異なる実施態様を図示している。 Figure 9A illustrates different embodiments of removal mechanism which may be used with the system of FIG.

【図9B】 図9Bは、図1のシステムと共に使用できる除去機構の異なる実施態様を図示している。 Figure 9B illustrates different embodiments of removal mechanism which may be used with the system of FIG.

【図9C】 図9Cは、図1のシステムと共に使用できる除去機構の異なる実施態様を図示している。 FIG. 9C illustrates different embodiments of removal mechanism which may be used with the system of FIG.

【図9D】 図9Dは、図1のシステムと共に使用できる除去機構の異なる実施態様を図示している。 FIG. 9D illustrates different embodiments of removal mechanism which may be used with the system of FIG.

【図10A】 図10Aは、血管から閉塞物質を治療し取り除くために図1のシステムを使用する1方法を図示している。 FIG. 10A illustrates a 1 method using the system of Figure 1 in order to remove and treat the occlusive material from the blood vessel.

【図10B】 図10Bは、血管から閉塞物質を治療し取り除くために図1のシステムを使用する1方法を図示している。 FIG. 10B illustrates a 1 method using the system of Figure 1 in order to remove and treat the occlusive material from the blood vessel.

【図10C】 図10Cは、血管から閉塞物質を治療し取り除くために図1のシステムを使用する1方法を図示している。 Figure 10C Figure 10C illustrates one method of using the system of Figure 1 in order to remove and treat the occlusive material from the blood vessel.

【図10D】 図10Dは、血管から閉塞物質を治療し取り除くために図1のシステムを使用する1方法を図示している。 FIG 10D] FIG 10D illustrates a method of using the system of Figure 1 in order to remove and treat the occlusive material from the blood vessel.

【図10E】 図10Eは、血管から閉塞物質を治療し取り除くために図1のシステムを使用する1方法を図示している。 FIG 10E] FIG 10E illustrates a method of using the system of Figure 1 in order to remove and treat the occlusive material from the blood vessel.

【図10F】 図10Fは、血管から閉塞物質を治療し取り除くために図1のシステムを使用する1方法を図示している。 Figure 10F] FIG. 10F illustrates a method of using the system of Figure 1 in order to remove and treat the occlusive material from the blood vessel.

【図10G】 図10Gは、血管から閉塞物質を治療し取り除くために図1のシステムを使用する1方法を図示している。 Figure 10G] FIG. 10G illustrates one method of using the system of Figure 1 in order to remove and treat the occlusive material from the blood vessel.

【図10H】 図10Hは、血管から閉塞物質を治療し取り除くために図1のシステムを使用する1方法を図示している。 Figure 10H] FIG. 10H illustrates one method of using the system of Figure 1 in order to remove and treat the occlusive material from the blood vessel.

【図10I】 図10Iは、血管から閉塞物質を治療し取り除くために図1のシステムを使用する1方法を図示している。 Figure 10I] FIG. 10I illustrates one method of using the system of Figure 1 in order to remove and treat the occlusive material from the blood vessel.

【図10J】 図10Jは、血管から閉塞物質を治療し取り除くために図1のシステムを使用する1方法を図示している。 Figure 10J] FIG. 10J illustrates one method of using the system of Figure 1 in order to remove and treat the occlusive material from the blood vessel.

【図10K】 図10Kは、血管から閉塞物質を治療し取り除くために図1のシステムを使用する1方法を図示している。 Figure 10K] FIG. 10K illustrates one method of using the system of Figure 1 in order to remove and treat the occlusive material from the blood vessel.

【図10L】 図10Lは、血管から閉塞物質を治療し取り除くために図1のシステムを使用する1方法を図示している。 Figure 10L Figure 10L illustrates one method of using the system of Figure 1 in order to remove and treat the occlusive material from the blood vessel.

【図10M】 図10Mは、血管から閉塞物質を治療し取り除くために図1のシステムを使用する1方法を図示している。 Figure 10M] Figure 10M illustrates a method of using the system of Figure 1 in order to remove and treat the occlusive material from the blood vessel.

【図11】 図11は、本発明によるキットを図示している。 Figure 11 illustrates a kit according to the invention.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (31)優先権主張番号 60/081,631 (32)優先日 平成10年4月13日(1998.4.13) (33)優先権主張国 米国(US) (81)指定国 EP(AT,BE,CH,CY, DE,DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,I T,LU,MC,NL,PT,SE),CA,JP (72)発明者 ウイリアムズ, ロナルド ジー. ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (31) priority claim No. 60 / 081,631 (32) priority date 1998 April 13 (1998.4.13) (33) priority country the United States (US) ( 81) designated States EP (AT, BE, CH, CY, DE, DK, ES, FI, FR, GB, GR, IE, I T, LU, MC, NL, PT, SE), CA, JP (72) inventor Williams, Ronald Gee. アメリカ合衆国 カリフォルニア 94025, メンロ パーク, キャンポ ベロ レ ーン 149 (72)発明者 クピーキ, デイビッド ジェイ. United States California 94025, Menlo Park, Campo Belo lanes 149 (72) inventor Kupiki, David Jay. アメリカ合衆国 カリフォルニア 94114, サン フランシスコ, マーケット ス トリート 3276 (72)発明者 パターソン, グレッグ アール. United States California 94114, San Francisco, Market scan Treat 3276 (72) inventor Patterson, Greg Earl. アメリカ合衆国 カリフォルニア 94566, プリーザントン, マラガ コート 1020 (72)発明者 マー, キャシー エム. United States California 94566, Purizanton, Malaga coat 1020 (72) inventor Ma, Kathy M. アメリカ合衆国 カリフォルニア 94041, マウンテン ビュー, ウエスト ダナ ストリート 1077ビー Fターム(参考) 4C060 EE21 FF21 MM25 United States California 94041, Mountain View, West Dana Street 1077 Bee F-term (reference) 4C060 EE21 FF21 MM25

Claims (117)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 身体管腔内の所望位置に別の装置を案内するのに用いるためのガイドワイヤであって、以下: 略直線状の近位部分および案内部分であって、該案内部分は、曲線状の三次元輪郭を規定しており、該輪郭は、直径方向で、該近位部分の直径よりも大きく、 1. A guidewire for use in guiding a separate device to a desired location within a body lumen, comprising: a substantially a proximal portion and a guiding portion of the straight, the guide portion , stipulates a curved three-dimensional contour, the contour has a diameter direction, greater than the diameter of the proximal portion,
    該案内部分は、曲線状経路を提供し、該曲線状経路に沿って、別の装置が前進でき、該案内部分は、形状記憶材料から製造され、該形状記憶材料は、該案内部分が該別の装置またはカテーテルに付随した案内部材の管腔を通って伸長するとき、略直線状形状を呈するのに十分な可撓性を有する、略直線状の近位部分および案内部分、 を包含する、ガイドワイヤ。 The guide portion provides a curved path, along a curve-shaped path, another device can be advanced, the guide portion is fabricated from a shape memory material, the shape memory material, the guide portion is the when extending through another device or lumen of the guide member which is attached to the catheter, including flexible enough to present a substantially straight shape, the proximal portion and the guiding portion of the substantially linear, the , guide wire.
  2. 【請求項2】 前記案内部分が、該案内部分が前記別の装置またはカテーテルに付随した案内部材の管腔を通って伸長するとき、その弾性または超弾性状態でとどまる材料から製造されている、請求項1に記載のガイドワイヤ。 Wherein said guide portion, when the guide portion is extended through the lumen of the guide member associated with said another device or catheter, is manufactured from a material that remains in its elastic or superelastic state, the guidewire of claim 1.
  3. 【請求項3】 さらに、前記案内部分から遠位に伸長している略直線状の遠位部分を包含し、ここで、前記直線状の近位部分が、該案内部分から近位に伸長しており、そしてここで、前記ガイドワイヤの該近位部分および該遠位部分が、 3. A further encompasses substantially straight distal portion that extends distally from the guide portion, wherein the straight proximal portion, extends proximally from the guide portion and has, and wherein the proximal portion and the distal portion of the guide wire,
    同じ長手方向軸に沿って伸長している、請求項1または2に記載のガイドワイヤ。 It extends along the same longitudinal axis, the guide wire according to claim 1 or 2.
  4. 【請求項4】 前記案内部分が、膨張可能であるか、またはそれを配置した管腔の管腔壁に対して放射状に外向きの力を加えるような形状にできる、前出の全ての請求項に記載のガイドワイヤ。 Wherein said guide portion can shaped to apply a force radially outward against the lumen wall of lumen in which either inflatable or it is arranged, all claims supra the guidewire according to claim.
  5. 【請求項5】 前記案内部分が、1mmと6mmの間の好ましい操作直径で、0.5mmと20mmの間の直径まで膨張可能である、前出の全ての請求項に記載のガイドワイヤ。 Wherein said guide portion is, in preferred operating diameter of between 1mm and 6 mm, is inflatable to a diameter of between 0.5mm and 20 mm, the guide wire according to any of the preceding claims.
  6. 【請求項6】 前記案内部分が、その上を追跡するカテーテルのための螺旋経路または多角形経路を提供するように、螺旋形状または多角形形状のいずれかを有する、前出の全ての請求項に記載のガイドワイヤ。 Wherein said guiding portion, so as to provide a helical path or polygonal path for the catheter to track over it, having either a spiral shape or polygonal shape, all the preceding claims guidewire according to.
  7. 【請求項7】 前記ガイドワイヤが、テーパーを有し、その近位末端で直径が広くなり、その遠位末端で直径が狭くなり、該テーパーが、該ガイドワイヤの長さに沿った任意の1点から該遠位末端へと漸進的かつ連続的であるか、または該ガイドワイヤの長さに沿った任意の1点から開始する該遠位末端への複数の段差であるか、いずれかである、前出の全ての請求項に記載のガイドワイヤ。 Wherein said guide wire has a tapered, diameter is widened at its proximal end, the diameter is narrowed at its distal end, said taper, any along the length of the guide wire or a gradual and continuous from one point to the distal end, or a plurality of steps of the distal end starting at any point along the length of the guide wire, or in it, the guide wire according to any of the preceding claims.
  8. 【請求項8】 前記案内部分が、少なくともXの引張り強度を有する超弾性材料から製造された核を有し、そして該核が、0.002インチと0,01インチの間の直径である、前出の全ての請求項に記載のガイドワイヤ。 Wherein said guide portion has a core made from a superelastic material having a tensile strength of at least X, and the nucleic is a diameter of between 0.002 and 0,01 inches, the guidewire according to any of the preceding claims.
  9. 【請求項9】 前記案内部分が、主にニッケル−チタン材料または超弾性材料から製造された核を有する、前出の全ての請求項に記載のガイドワイヤ。 Wherein said guiding portion is mainly nickel - have a titanium material or nucleus made from superelastic materials, the guide wire according to any of the preceding claims.
  10. 【請求項10】 前記ガイドワイヤの前記案内部分が、該案内部分に熱を送達するためのリード付属品、および該案内部分を横切る温度勾配を測定するための手段、例えば、サーミスタまたは熱電対を備え付けている、前出の全ての請求項に記載のガイドワイヤ。 Wherein said guide portion of said guide wire, lead accessories for delivering heat to the guide portion, and means for measuring the temperature gradient across the inside portion guiding, for example, a thermistor or thermocouple equipped with and guidewire according to any of the preceding claims.
  11. 【請求項11】 前記案内部分が、テーパ付き螺旋形状または全体的に均一な螺旋を有するか、あるいは隣接螺旋間で段差を有するか、あるいは段差付き形状を有する、前出の全ての請求項に記載のガイドワイヤ。 Wherein said guiding portion, or has a tapered spiral shape or overall uniform helix, or either have a step between adjacent spirals, or has a stepped shape, all of the preceding claims wherein the guide wire.
  12. 【請求項12】 前記案内部分の前記外向き放射状力が;該案内部分の心線の直径を大きくすること、該案内部分の非束縛放射状直径を大きくすること、該案内部分の螺旋巻き間の間隔を小さくすること、または該案内部分で使用される前記形状記憶材料の合金成分を調節すること、のいずれかの組合せにより、高められ得る、前出の全ての請求項に記載のガイドワイヤ。 12. The outward radial force of the guiding portion; increasing the diameter of the portion of the core wire guiding, increasing the unconstrained radial diameter of the guide portion, between helically wound the guide portion it reduces the interval or adjusting the alloy components of said shape memory material used in the guide part, by any combination of, can be enhanced, the guide wire according to any of the preceding claims,.
  13. 【請求項13】 前記案内部分の前記形状記憶材料が、10℃より高い転移温度を有し、そして該案内部分がゼロパーセント(0%)誘導歪みのとき、該形状記憶材料のオーステナイト相で存在する、前出の全ての請求項に記載のガイドワイヤ。 Wherein said shape memory material of the guide portion has a higher transition temperature than 10 ° C., and when the guide part is zero percent (0%) of the induction strain present in the austenitic phase of the shape memory material to guidewire according to any of the preceding claims.
  14. 【請求項14】 システムであって、以下: カテーテルであって、遠位末端、近位末端、およびそこを通って長手方向に伸長している管腔を有する、カテーテル; トルク部材であって、該カテーテルの該管腔を通って長手方向に伸長しており、そして管腔および遠位末端を有する、トルク部材; 除去機構であって、該トルク部材の該遠位末端に固定されている、除去機構; A 14. The system comprising: a catheter, the distal end, having a lumen that extends longitudinally through the proximal end, and there, the catheter; a torque member, and extending longitudinally through the lumen of the catheter, and having a lumen and a distal end, the torque member; a removal mechanism, and is fixed to the distal end of the torque member, removal mechanism;
    および 第一ガイドワイヤ、 を包含する、システム。 And the first guide wire including, system.
  15. 【請求項15】 さらに、第二ガイドワイヤを包含し、該第二ガイドワイヤが、曲線状の三次元輪郭を規定しており、該輪郭が、直径方向で、前記第一ガイドワイヤの案内部分の寸法よりも大きい、請求項14に記載のシステム。 15. Furthermore, includes a second guide wire, said second guidewire, and defines a curved three-dimensional contour, the contour is, in the diametrical direction, the guide portions of the first guide wire larger than the dimension a system according to claim 14.
  16. 【請求項16】 前記トルク部材が、ポリイミド層の下にワイヤ編組により包まれたPTFEの3層複合材料を包含し、該3層複合材料が、内部コイル、該内部コイルの上に固定された中間コイル、および該中間コイルの上に固定された外部コイルにより包まれている、請求項14に記載のシステム。 16. The torque member includes a three layer composite of PTFE wrapped by wire braid under the polyimide layer, the three-layer composite material, the inner coil, which is fixed on the internal coil It is wrapped by an intermediate coil, and fixed outer coil over the intermediate coil system as claimed in claim 14.
  17. 【請求項17】 前記内部コイル、前記中間コイルおよび前記外部コイルが、全て、螺旋形状を有し、該内部コイルが、該中間コイルの螺旋巻き方向とは異なる螺旋巻き方向を有し、そして該外部コイルが、該中間コイルの螺旋巻き方向とは異なる螺旋巻き方向を有して、該内部コイルが、該中間コイルの螺旋巻き方向とは実質的に反対の螺旋巻き方向を有するようにして、前記トルク部材を一方向に回転したとき、該中間コイルが、直径方向で、小さくなるように試み、また、該内部コイルが、直径方向で、大きくなるように試みるようにして、それにより、該中間コイルと該内部コイルとの間に回転的な噛み合いを生じる、請求項1 17. The inner coil, the intermediate coil and the outer coil, all have a helical shape, the internal coil has a different spiral winding direction of the spiral winding direction of the intermediate coils, and said external coil, the spiral winding direction of the intermediate coils have different spiral winding direction, the internal coil, the spiral winding direction of the intermediate coils so as to have a substantially opposite helically wound direction, when rotating the torque member in one direction, the intermediate coil, a diameter direction, attempts to become smaller, also, internal coils, so as to attempt to at diametrically larger, whereby the causing rotational meshing between the intermediate coil and the internal coil, claim 1
    6に記載のシステム。 The system according to 6.
  18. 【請求項18】 前記トルク部材が、遠位末端を有し、そして前記除去機構が、該トルク部材の該遠位末端に固定されている、請求項16に記載のシステム。 18. The torque member has a distal end, and wherein the removal mechanism is fixed to the distal end of the torque member, the system according to claim 16.
  19. 【請求項19】 前記カテーテルの前記管腔が、管腔壁を有し、ここで、該管腔壁および前記外部コイルが、分離した閉塞物質を抜き取るための運搬機構を規定し、該外部コイルが、複数の螺旋形溝を形成し、該螺旋形溝が、該閉塞物質を取り除くためのスクリューポンプとして作動する、請求項16に記載のシステム。 19. The lumen of the catheter has a lumen wall, wherein the tube wall and the outer coil, defines a transport mechanism for extracting the separated occluding material, the external coil but to form a plurality of helical grooves, said helical grooves, which operates as a screw pump for removing the obstruction material, according to claim 16 systems.
  20. 【請求項20】 さらに、収集レザバを包含し、該収集レザバが、前記カテーテルの前記近位末端に連結されており、そして前記運搬機構により抜き取られた閉塞物質を受容するために、該カテーテルの前記管腔と連絡しているか、あるいは、吸引ポンプが、閉塞物質を吸引するために、該収集レザバに連結され得る、請求項19に記載のシステム。 20. Furthermore, encompasses the collection reservoir, the collection reservoir is said is coupled to the proximal end of the catheter, and for receiving the occluding material withdrawn by the transport mechanism, of the catheter or it is in communication with the lumen, or suction pump, to aspirate occlusive material may be coupled to the collection reservoir system of claim 19.
  21. 【請求項21】 さらに、携帯型装置を包含し、該携帯型装置が、前記カテーテルの前記近位末端に連結され、そして該カテーテルの前記管腔に連絡している管腔を有し、前記トルク部材が、該携帯型装置の該管腔を通って、長手方向に伸長しており、該携帯型装置が、さらに、該トルク部材を回転させるためのモーターを包含する、請求項14に記載のシステム。 21. A further encompasses a portable device, the portable device, coupled to the proximal end of the catheter, and having a lumen in communication with said lumen of said catheter, said the torque member, through the lumen of the portable device, which extends in the longitudinal direction, the portable device further comprises a motor for rotating the torque member, according to claim 14 system.
  22. 【請求項22】 前記除去機構が、前記トルク部材の回りで包まれた少なくとも1個の螺旋ターンを包含し、該螺旋ターンが、先導切削端を有し、そして前記カテーテルの前記遠位末端を超えて伸長している、請求項14に記載のシステム。 22. The removal mechanism, includes at least one spiral turn is wrapped around the torque member, said helical turn has a leading cutting edge, and said distal end of said catheter It is extended beyond system of claim 14.
  23. 【請求項23】 前記除去機構が、遠位末端および管腔を有する円筒形シャフトを包含し、前記トルク部材が、該シャフトの該管腔に内側で受容され、該除去機構が、幅広環状切削端および複数の掻き取り面を有し、該幅広環状切削端が、シャフトの遠位末端に設けられており、そして該掻き取り面が、切除した閉塞物質を粉砕するために該環状切削端と連絡している、請求項14に記載のシステム。 23. The removal mechanism, includes a cylindrical shaft having a distal end and a lumen, said torque member is received inside the lumen of the shaft, the removal mechanism, the wide annular cutting has an end and a plurality of scraping surfaces, said width wide annular cutting edge is provided on the distal end of the shaft, and 該掻 come up surface, the annular cutting edge to break the excised occlusive material and communicates system of claim 14.
  24. 【請求項24】 前記除去機構が、ハウジングの内側に収容されており、該ハウジングが、近位末端および切断窓を有し、該近位末端が、前記カテーテルの遠位末端に固着されており、そして該切断窓を通って、前記環状切削端の一部が、閉塞物質を切断するために伸長する、請求項23に記載のシステム。 24. The removal mechanism are accommodated inside the housing, said housing having a proximal end and a cutting window, the proximal end, is fixed to the distal end of said catheter and through the cutting window, a portion of said annular cutting edge is extended to cut the occluding material, the system of claim 23.
  25. 【請求項25】 前記除去機構が、遠位末端および管腔を有する円筒形シャフトを包含し、前記トルク部材が、該シャフトの該管腔の内側で受容され、該除去機構が、該シャフトの該遠位末端に設けられた回転式バーを有する、請求項1 25. The removal mechanism, includes a cylindrical shaft having a distal end and a lumen, said torque member is received inside the lumen of the shaft, the removal mechanism, of the shaft having a rotary bar provided on the distal end, claim 1
    4に記載のシステム。 The system according to 4.
  26. 【請求項26】 前記除去機構が、カッターハウジングを包含し、該カッターハウジングの内側には、前記トルク部材が収容されており、該トルク部材の前記遠位末端が、該ハウジングに固着されており、該カッターハウジングが、少なくとも1個の切削端を規定する側面窓を有する、請求項14に記載のシステム。 26. The removal mechanism, includes a cutter housing, on the inside of the cutter housing, wherein the torque member is accommodated, the distal end of the torque member being affixed to said housing , the cutter housing has a side window defining at least one cutting edge, the system according to claim 14.
  27. 【請求項27】 さらに、前記除去機構を前記カテーテルの前記遠位末端に連結するためのベアリングアセンブリを包含し、該ベアリングアセンブリが、該カテーテルの該遠位末端および該除去機構に連結されて、該除去機構の回転を可能にし、そして該カテーテルに対する該除去機構の軸方向並進運動を防止する、 27. Furthermore, encompasses a bearing assembly for coupling the removing mechanism to the distal end of said catheter, said bearing assembly is connected to the distal end and said removing mechanism of said catheter, to permit rotation of the removing mechanism, and to prevent the axial translation of the removing mechanism to said catheter,
    請求項14に記載のシステム。 The system of claim 14.
  28. 【請求項28】 前記ベアリングアセンブリが、シェル部材およびスナップリングを有し、該シェル部材が、前記カテーテルの前記遠位末端に連結されており、そして該スナップリングが、前記除去機構の回転を可能にするために、該除去機構に連結されており、ここで、該スナップリングが、該スナップリングおよび該除去機構の軸方向並進運動を防止するために、該シェル部材の内側に嵌め込まれている、請求項27に記載のシステム。 28. The bearing assembly has a shell member and a snap ring, the shell member, said being connected to the distal end of the catheter, and said snap ring, enables the rotation of the removing mechanism to, is connected to the removing mechanism, wherein the snap ring, in order to prevent the axial translation of said snap ring and said removing mechanism is fitted to the inside of the shell member the system of claim 27.
  29. 【請求項29】 前記シェル部材が、円筒形本体および近位傾斜路を有し、 29. The shell member has a cylindrical body and a proximal ramp,
    該円筒形本体が、放射状に内向きに伸長する環状遠位リップを有し、そして該近位傾斜路が、放射状に内向きに傾斜して、円筒形有刺部分を形成し、該有刺部分が、該円筒形本体の直径よりも小さい直径を有する、請求項28に記載のシステム。 The cylindrical body has an annular distal lip extending radially inward and proximal ramps, inclined radially inward, form a cylindrical barbed portion, organic thorn portion has a diameter smaller than the diameter of the cylindrical body of claim 28 system.
  30. 【請求項30】 前記スナップリングが、円筒形本体およびリブを有し、該円筒形本体が、内面を有し、そして該リブが、該内面の周りで円周方向に伸長しており、該スナップリングが、さらに、長手方向スリットを包含し、該スリットが、該円筒形本体を圧縮し放射状に膨張できるように、該円筒形本体に沿って設けられている、請求項29に記載のシステム。 30. The snap ring has a cylindrical body and the ribs, the cylindrical body has an inner surface, and said rib, and extends circumferentially around the inner surface, the snap ring further includes a longitudinal slit, the slit compresses the cylindrical shape body so as to be radially expanded, are disposed along the cylindrical body of claim 29 system .
  31. 【請求項31】 前記除去機構が、外周溝部を有し、ここで、前記リブが、 31. The removal mechanism, has an outer peripheral groove, wherein said ribs,
    該外周溝部の内側に嵌められている、請求項30に記載のシステム。 It is fitted to the inside of the outer circumferential groove system of claim 30.
  32. 【請求項32】 前記スナップリングが、前記遠位リップと前記傾斜路との間のシェルの内側に載っている、請求項28に記載のシステム。 32. The snap ring rests on the inside of the shell between the distal lip and the ramp system of claim 28.
  33. 【請求項33】 前記ガイドワイヤの案内部分が、該案内部分に熱を送達するためのリード付属品、および該案内部分を横切る温度勾配を測定するためのサーミスタまたは熱電対のいずれかを備え付けている、請求項14に記載のシステム。 33. The guide portion of the guide wire, lead accessories for delivering heat to the guide portion, and the temperature gradient across the inside portion guiding and equipped with either a thermistor or a thermocouple for measuring are the system of claim 14.
  34. 【請求項34】 システムであって、以下: カテーテルであって、遠位末端、近位末端、およびそこを通って長手方向に伸長している管腔を有する、カテーテル; トルク部材であって、該カテーテルの該管腔を通って長手方向に伸長しており、そして遠位末端を有する、トルク部材; 除去機構であって、該トルク部材の該遠位末端に固定されており、管腔を規定する、除去機構; 第一ガイドワイヤであって、案内部分を有し、該案内部分は、該除去機構の管腔を通って伸長し、そして曲線状輪郭を規定しており、該輪郭は、直径方向で、 A 34. A system comprising: a catheter, the distal end, having a lumen that extends longitudinally through the proximal end, and there, the catheter; a torque member, and extending longitudinally through the lumen of the catheter and having a distal end, the torque member; a removal mechanism is fixed to the distal end of the torque member, the lumen defining, removing mechanism; a first guide wire, has a guide portion, the guide portion is extended through the lumen of the removal mechanism, and which defines a curved contour, the contour in diameter direction,
    該除去機構の寸法よりも大きく、該案内部分は、曲線状経路を提供し、該曲線状経路に沿って、該除去機構が前進できる、第一ガイドワイヤ;および 第二ガイドワイヤであって、該第二ガイドワイヤは、該第一ガイドワイヤの代わりに使用でき、該第二ガイドワイヤは、案内部分を有し、該案内部分は、該除去機構の管腔を通って伸長し、そして曲線状輪郭を規定しており、該輪郭は、直径方向で、該第一ガイドワイヤの該案内部分の寸法よりも大きく、該第二ガイドワイヤの該案内部分は、曲線状経路を提供し、該曲線状経路に沿って、該除去機構が前進できる、第二ガイドワイヤ、 を包含する、システム。 Larger than the size of the removal mechanism, the guide portion provides a curved path, along a curve-shaped path, the removal mechanism can advance, the first guide wire; a and the second guide wire, said second guide wire may be used instead of the first guide wire, said second guide wire has a guide portion, the guide portion is extended through the lumen of the removal mechanism, and curve prescribes the Jo contour, the contour has a diameter direction, greater than the dimension of the guide portion of the first guide wire, the guide portion of the second guidewire, provides a curved path, said along a curved path encompasses the removal mechanism can advance, the second guide wire, the system.
  35. 【請求項35】 前記第一および第二ガイドワイヤの前記案内部分の各々が、それを配置した管腔の管腔壁に対して放射状に外向きの力を加えるような形状にされている、請求項34に記載のシステム。 Each 35. The guide portions of said first and second guide wire are shaped to apply a force radially outward against the lumen of the lumen wall arranged it, the system of claim 34.
  36. 【請求項36】 前記第一および第二ガイドワイヤの前記案内部分の各々が、前記除去機構に螺旋経路を提供するために、螺旋形状を有する、請求項35に記載のシステム。 36. Each of the guide portions of the first and second guidewire in order to provide a helical path to said removing mechanism has a spiral shape, according to claim 35 systems.
  37. 【請求項37】 身体管腔内の閉塞物質の領域を治療する方法であって: a. 37. A method of treating a region of occlusive material within a body lumen: a. 該身体管腔へと、該閉塞物質の領域を通って、ガイドワイヤを導入する工程; b. To bodily lumen, through an area of ​​the occlusion material, the process for introducing a guide wire; b. 該ガイドワイヤの上にカテーテルを導入する工程であって、該カテーテルは、その遠位末端に、除去機構が配置されている、工程; c. Comprising the steps of introducing a catheter over the guide wire, the catheter is provided at its distal end, removing mechanism is located, step; c. 該閉塞物質を通る初期パイロット管腔を作製する工程; d. Step to prepare the initial pilot lumen through the occlusive material; d. 該カテーテルおよび該除去機構を、該閉塞物質から近位の位置であって該ガイドワイヤに沿った位置へと後退させる工程; e. Step said catheter and said removing mechanism to retract and a position proximal from the occlusive material to a position along the guide wire; e. 該ガイドワイヤ内で、案内部分を供給する工程であって、該案内部分は、 In the guide wire, a feeding guide portion, the guide portion,
    曲線状輪郭を有し、該輪郭は、直径方向で、該除去機構の寸法よりも大きい、工程; f. It has a curved contour, the contour has a diameter direction, greater than the dimension of the removal mechanism, process; f. 該案内部分に沿って、該除去機構を前進させて、閉塞物質を分離し、その中に曲線状チャンネルを残す工程; g. Along the guide portion, it is moved forward the removing mechanism, the occlusive material was separated, leaving a curved channel in the process; g. 該カテーテルおよび該除去機構を、該閉塞物質から近位の位置であって該ガイドワイヤに沿った位置へと後退させる工程; h. Step said catheter and said removing mechanism to retract and a position proximal from the occlusive material to a position along the guide wire; h. 該閉塞物質内にて、該ガイドワイヤの該案内部分を軸方向に並進運動させる工程;および i. At the occlusive material within the process to translate the said guide portion of the guide wire in the axial direction; and i. 該案内部分に沿って、該除去機構を前進させて、該閉塞物質中の第二曲線状チャンネルを分離し取り除く工程であって、該第二曲線状チャンネルは、該閉塞物質中の該第一曲線状チャンネルと合流している、工程、 を包含する、方法。 Along the guide portion, is moved forward the removing mechanism, comprising the steps of removing and separating the second curved channel in said plugging agent, said second curvilinear channel, said first in said plugging agent and it merges with the curved channel, step encompasses, method.
  38. 【請求項38】 さらに、以下の工程: j. 38. Furthermore, the following steps: j. 前記カテーテルおよび前記除去機構を、前記閉塞物質から近位の位置であって前記ガイドワイヤに沿った位置へと後退させる工程; k. Step wherein the catheter and the removing mechanism to retract to a position along the guide wire from the occlusive material by a position of the proximal; k. 該閉塞物質内にて、該ガイドワイヤの前記案内部分を軸方向に並進運動させる工程; l. At the occlusive material within the process to translate the guide portion of the guide wire in the axial direction; l. 該案内部分に沿って、該除去機構を前進させて、該閉塞物質中の第三曲線状チャンネルを分離し取り除く工程であって、該第三曲線状チャンネルは、閉塞物質中の前記第一および第二曲線状チャンネルと合流している、工程;および m. Along the guide portion, it is moved forward the removing mechanism, comprising the steps of removing and separating the third curved channel in said plugging agent, said third curvilinear channel, the first and in the plugging agent and it merges with the second curved channel,; and m. 該閉塞物質中の全合流チャンネルが取り除かれて、新しい大直径管腔通路が作製されるまで、工程(j)〜(l)を繰り返す工程、 を包含する、請求項37に記載の方法。 Is removed the entire merged channel in said plugging agent, until the new larger diameter luminal path is made, repeating steps (j) ~ (l) including, The method of claim 37.
  39. 【請求項39】 さらに、以下の工程: j. 39. In addition, the following steps: j. 前記カテーテルおよび前記除去機構を、前記閉塞物質から近位の位置であって前記ガイドワイヤに沿った位置へと後退させる工程; k. Step wherein the catheter and the removing mechanism to retract to a position along the guide wire from the occlusive material by a position of the proximal; k. 該ガイドワイヤの前記案内部分の寸法を大きくする工程;および l. Step to increase the size of the guide portion of the guide wire; and l. 該案内部分に沿って、該除去機構を前進させて、前記閉塞物質中の第三曲線状チャンネルを分離し取り除く工程であって、該第三曲線状チャンネルは、該閉塞物質中の前記第一曲線状チャンネルよりも大きい直径を有する、工程、 を包含する、請求項37に記載の方法。 Along the guide portion, is moved forward the removing mechanism, said a third curved channels separated remove step in plugging agent, said third curvilinear channel, the first in the plugging agent It has a larger diameter than the curved channel comprises a step, the method according to claim 37.
  40. 【請求項40】 工程(k)が、前記ガイドワイヤの前記案内部分に熱を加える工程を包含する、請求項39に記載の方法。 40. Step (k) is the guide wire wherein comprising the step of applying heat to the guide portion of the method of claim 39.
  41. 【請求項41】 さらに、以下の工程: j. 41. In addition, the following steps: j. 前記カテーテルおよび前記除去機構を、前記閉塞物質から遠位の位置であって前記ガイドワイヤに沿った位置へと前進させる工程; k. Step advancing with the catheter and the removing mechanism, to a position along the guide wire from the occlusive material by a position of the distal; k. 該ガイドワイヤを第二ガイドワイヤと交換する工程であって、該第二ガイドワイヤは、該取り除いたガイドワイヤの案内部分よりも大きな寸法の案内部分を有する、工程; l. The guide wire comprising the steps of exchanging a second guide wire, said second guide wire has a guide portion of larger dimensions than the guide portion of the removed guidewire, step; l. 該カテーテルおよび該除去機構を、該閉塞物質から近位の位置であって該ガイドワイヤに沿った位置へと後退させる工程;および m. Step said catheter and said removing mechanism to retract and a position proximal from the occlusive material to a position along the guide wire; and m. 該第二ガイドワイヤの該案内部分に沿って、該除去機構を前進させて、前記閉塞物質中の第三曲線状チャンネルを分離し取り除く工程であって、該第三曲線状チャンネルは、該閉塞物質中の前記第一曲線状チャンネルよりも大きい直径を有する、工程、 を包含する、請求項37に記載の方法。 Along the guide portion of the second guidewire, is advanced the removing mechanism, said a third curved channels separated remove step in plugging agent, said third curvilinear channel, said closure having a larger diameter than the first curved channel in the material comprising the steps, a method according to claim 37.
  42. 【請求項42】 工程(e)が、前記案内部分に螺旋形状を供給する工程を包含する、請求項37に記載の方法。 42. Step (e) is, comprising supplying a helical shape to the guide portion, the method of claim 37.
  43. 【請求項43】 工程(e)が、さらに、ニッケル−チタン合金の形態で、 43. Step (e) is further nickel - in the form of a titanium alloy,
    前記ガイドワイヤの前記案内部分を供給する工程を包含する、請求項42に記載の方法。 Comprising supplying the guide portion of the guide wire The method of claim 42.
  44. 【請求項44】 工程(e)が、さらに、前記案内部分に前記パイロット管腔に対して放射状に外向きの力を加えさせる工程を包含する、請求項37に記載の方法。 44. Step (e) further method according to outward includes the step of causing a force, it claims 37 radially with respect to the pilot lumen with the guide portion.
  45. 【請求項45】 工程(e)が、さらに、形状記憶材料から前記案内部分を供給する工程を包含し、該形状記憶材料が、該案内部分がトルク部材の管腔を通って伸長するとき、略直線状形状を呈するのに十分な可撓性を有する、請求項3 45. Step (e) is further when comprising the step of supplying the guide part from a shape memory material, the shape memory material, the guide portion is extended through the lumen of the torque member, flexible enough to present a substantially straight shape, claim 3
    7に記載の方法。 The method according to 7.
  46. 【請求項46】 工程(e)が、さらに、前記案内部分がトルク部材の管腔を通って伸長するとき、その弾性状態でとどまる材料から該案内部分を供給する工程を包含する、請求項37に記載の方法。 46. ​​Step (e) is further when the guide portion is extended through the lumen of the torque member, comprising supplying the said guide portion from the material to remain in its elastic state, claim 37 the method according to.
  47. 【請求項47】 身体管腔内の閉塞物質の領域を治療する方法であって: a. 47. A method of treating a region of occlusive material within a body lumen: a. 該身体管腔へと、該閉塞物質の領域を通って、第一ガイドワイヤを導入する工程; b. To bodily lumen, through an area of ​​the occlusion material, the steps of introducing a first guide wire; b. 該第一ガイドワイヤの上にカテーテルを導入する工程であって、該カテーテルは、その遠位末端に、除去機構が配置されている、工程; c. Comprising the steps of introducing a catheter on said first guide wire, the catheter is provided at its distal end, removing mechanism is located, step; c. 該閉塞物質を通る初期パイロット管腔を作製する工程; d. Step to prepare the initial pilot lumen through the occlusive material; d. 該第一ガイドワイヤを取り除く工程; e. Step removing said first guide wire; e. 該カテーテルの管腔を通って、第二ガイドワイヤを導入する工程であって、該第二ガイドワイヤは、案内部分を有し、該案内部分は、曲線状輪郭を有し、 Through the lumen of the catheter, comprising the steps of introducing a second guide wire, said second guide wire has a guide portion, the guide portion has a curved contour,
    該輪郭は、直径方向で、該除去機構の寸法よりも大きい、工程; f. The contour has a diameter direction, greater than the dimension of the removal mechanism, process; f. 該カテーテルおよび該除去機構を、該閉塞物質から近位の位置であって該第二ガイドワイヤに沿った位置へと後退させる工程; g. Step said catheter and said removing mechanism to retract and a position proximal from the occlusive material to a position along the said second guide wire; g. 該案内部分に沿って、該除去機構を前進させて、閉塞物質中の第一曲線状チャンネルを分離し取り除く工程; h. Along the guide portion, it is moved forward the removal mechanism removes and separates the first curved channel in plugging agent process; h. 該カテーテルおよび該除去機構を、該閉塞物質から近位の位置であって該第二ガイドワイヤに沿った位置へと後退させる工程; i. Step said catheter and said removing mechanism to retract and a position proximal from the occlusive material to a position along the said second guide wire; i. 該閉塞物質内にて、該第二ガイドワイヤの該案内部分を軸方向に並進運動させる工程;および j. At the occlusive material within the process to translate the said guide portion of said second guide wire in the axial direction; and j. 該案内部分に沿って、該除去機構を前進させて、該閉塞物質中の第二曲線状チャンネルを分離し取り除く工程であって、該第二曲線状チャンネルは、該閉塞物質中の該第一曲線状チャンネルと合流している、工程、 を包含する、方法。 Along the guide portion, is moved forward the removing mechanism, comprising the steps of removing and separating the second curved channel in said plugging agent, said second curvilinear channel, said first in said plugging agent and it merges with the curved channel, step encompasses, method.
  48. 【請求項48】 さらに、以下の工程: k. 48. In addition, the following steps: k. 前記閉塞物質内にて、前記第二ガイドワイヤの前記案内部分を軸方向に並進運動させる工程;および l. In said plugging agent in step to translate the guide portion of the second guide wire in the axial direction; and l. 該案内部分に沿って、前記除去機構を前進させて、該閉塞物質中の第三曲線状チャンネルを分離し取り除く工程であって、該第三曲線状チャンネルは、閉塞物質中の前記第一および第二曲線状チャンネルと合流している、工程、 を包含する、請求項47に記載の方法。 Along the guide portion, thereby advancing the removing mechanism, comprising the steps of removing and separating the third curved channel in said plugging agent, said third curvilinear channel, the first and in the plugging agent encompasses and merges with the second curved channel, step, the method according to claim 47.
  49. 【請求項49】 さらに、以下の工程: k. 49. In addition, the following steps: k. 前記カテーテルおよび前記除去機構を、前記閉塞物質から近位の位置であって前記第二ガイドワイヤに沿った位置へと後退させる工程; l. Step retracting and said catheter and said removing mechanism, to a position along said second guide wire to a position proximal from the plugging agent; l. 該第二ガイドワイヤの前記案内部分の寸法を大きくする工程;および m. Step to increase the size of the guide portion of the second guide wire; and m. 該案内部分に沿って、該除去機構を前進させて、前記閉塞物質中の第三曲線状チャンネルを分離し取り除く工程であって、該第三曲線状チャンネルは、該閉塞物質中の前記第一曲線状チャンネルよりも大きい直径を有する、工程、 を包含する、請求項47に記載の方法。 Along the guide portion, is moved forward the removing mechanism, said a third curved channels separated remove step in plugging agent, said third curvilinear channel, the first in the plugging agent having a curved larger diameter than the channel comprises the steps, a method according to claim 47.
  50. 【請求項50】 工程(l)が、前記第二ガイドワイヤの前記案内部分に熱を加える工程を包含する、請求項49に記載の方法。 50. A step (l) is, comprising the step of applying heat to said guide portion of said second guide wire The method of claim 49.
  51. 【請求項51】 さらに、以下の工程: k. 51. In addition, the following steps: k. 前記カテーテルおよび前記除去機構を、前記閉塞物質から近位の位置であって前記第二ガイドワイヤに沿った位置へと後退させる工程; l. Step retracting and said catheter and said removing mechanism, to a position along said second guide wire to a position proximal from the plugging agent; l. 該第二ガイドワイヤを第三ガイドワイヤと交換する工程であって、該第三ガイドワイヤは、該第二ガイドワイヤの案内部分よりも大きな寸法の案内部分を有する、工程;および m. Said second guide wire comprising the steps of exchanging a third guidewire, said third guidewire has a guide portion of larger dimensions than the guide portion of the second guidewire,; and m. 該第三ガイドワイヤの該案内部分に沿って、該除去機構を前進させて、前記閉塞物質の第三曲線状チャンネルを分離し取り除く工程であって、該第三曲線状チャンネルは、該閉塞物質の前記第一曲線状チャンネルよりも大きい直径を有する、工程、 を包含する、請求項47に記載の方法。 Along the guide portion of said third guidewire, is advanced the removing mechanism, said a third curved channels separated rid steps plugging agent, said third curvilinear channel, the occlusive material said having a diameter greater than the first curved channel, step encompasses, the method of claim 47.
  52. 【請求項52】 工程(e)が、前記案内部分に螺旋形状を供給する工程を包含する、請求項47に記載の方法。 52. Step (e) is, comprising supplying a helical shape to the guide portion, the method of claim 47.
  53. 【請求項53】 工程(e)が、さらに、ニッケル−チタン合金の形態で、 53. Step (e) is further nickel - in the form of a titanium alloy,
    前記第二ガイドワイヤの前記案内部分を供給する工程を包含する、請求項52に記載の方法。 Comprising supplying the guide portion of the second guide wire The method of claim 52.
  54. 【請求項54】 工程(e)が、さらに、超弾性材料の形態で、前記第二ガイドワイヤの前記案内部分を供給する工程を包含する、請求項52に記載の方法。 54. Step (e) is further in the form of a super-elastic material, said second guide said comprising supplying a guide portion of the wire, the method according to claim 52.
  55. 【請求項55】 工程(f)が、さらに、前記案内部分に前記パイロット管腔に対して放射状に外向きの力を加えさせる工程を包含する、請求項47に記載の方法。 55. A step (f) further, the method according to the guide includes the step of causing a force outward radially with respect to the pilot lumen portion, claim 47.
  56. 【請求項56】 工程(e)が、さらに、形状記憶材料から前記案内部分を供給する工程を包含し、該形状記憶材料が、該案内部分がトルク部材の管腔を通って伸長するとき、略直線状形状を呈するのに十分な可撓性を有する、請求項4 56. Step (e) is further when comprising the step of supplying the guide part from a shape memory material, the shape memory material, the guide portion is extended through the lumen of the torque member, flexible enough to present a substantially straight shape, claim 4
    7に記載の方法。 The method according to 7.
  57. 【請求項57】 工程(e)が、さらに、前記案内部分がトルク部材の管腔を通って伸長するとき、その弾性状態でとどまる材料から該案内部分を供給する工程を包含する、請求項47に記載の方法。 57. Step (e) is further when the guide portion is extended through the lumen of the torque member, comprising supplying the said guide portion from the material to remain in its elastic state, claim 47 the method according to.
  58. 【請求項58】 身体管腔内の閉塞物質の領域を治療する方法であって: a. 58. A method of treating a region of occlusive material within a body lumen: a. 該閉塞物質を通って、初期パイロット管腔を作製する工程; b. Step through the occluding material, to prepare the initial pilot lumen; b. 該初期パイロット管腔に、案内機構を導入する工程であって、該案内機構は、曲線状輪郭を有し、該輪郭は、該案内機構の一部を、該閉塞物質に隣接して配置する、工程;および c. The initial pilot lumen, comprising the steps of introducing the guide mechanism, the guide mechanism has a curved contour, the contour part of the guide mechanism is arranged adjacent to the occlusive material step; and c. 該案内機構に沿って、除去機構を前進させて、第一の複数の略合流曲線状チャンネルを分離し取り除いて、該閉塞物質を通る第一通路を形成する工程であって、該第一通路は、直径方向で、該パイロット管腔よりも大きい、工程、 を包含する、方法。 Along said guide mechanism, to advance the removal mechanism, removed to separate the first plurality of substantially merging curvilinear channel, comprising: forming a first passage through the occlusive material, said first passage has a diameter direction is greater than the pilot lumen process encompasses, method.
  59. 【請求項59】 さらに、以下の工程: d. According to claim 59, further comprising the steps of: d. 前記案内機構に沿って、前記除去機構をさらに前進させて、第二の複数の略合流曲線状チャンネルを分離し取り除いて、前記閉塞物質を通る第二通路を形成する工程であって、該第二通路は、直径方向で、前記第一通路よりも大きい、 Along said guide mechanism, to further advance the removal mechanism, removed to separate the second plurality of substantially merging curvilinear channel, and forming a second passage through the occlusive material, said second passage has a diameter direction, greater than said first passage,
    工程、 を包含する、請求項58に記載の方法。 Step including, The method of claim 58.
  60. 【請求項60】 工程(d)が、さらに、以下の工程: d1. 60.] step (d) further comprising the steps of: d1. 前記案内機構の前記曲線状輪郭の寸法を大きくして、該案内機構の一部を、前記閉塞物質に隣接して配置する工程、 を包含する、請求項59に記載の方法。 By increasing the size of the curved contour of the guide mechanism, the portion of the guide mechanism, comprising the step, disposed adjacent to said plugging agent The method of claim 59.
  61. 【請求項61】 工程(c)が、さらに、以下の工程: c1. 61. Step (c) further comprising the steps of: c1. 前記案内機構に沿って、前記除去機構を前進させて、第一曲線状チャンネルを分離し取り除く工程; c2. Along said guide mechanism, to advance the removal mechanism, process removes and separates the first curved channel; c2. 前記パイロット管腔内にて、該案内機構を軸方向に並進運動させる工程;および c3. Wherein at pilot lumen process to translate the said guide mechanism in the axial direction; and c3. 該案内機構に沿って、該除去機構を前進させて、第二曲線状チャンネルを分離し取り除く工程であって、該第二曲線状チャンネルは、該第一曲線状チャンネルと合流している、工程、 を包含する、請求項58に記載の方法。 Along said guide mechanism, to advance the removal mechanism, a second curved channel a step of removing separated, said second curvilinear channels are joined to said first curvilinear channel, step , encompassing method of claim 58.
  62. 【請求項62】 工程(b)が、前記曲線状輪郭に螺旋形状を供給する工程をさらに包含する、請求項58に記載の方法。 62. Step (b) further comprising supplying a spiral shape on the curved profile The method of claim 58.
  63. 【請求項63】 工程(b)が、さらに、前記案内機構に前記パイロット管腔に対して放射状に外向きの力を加えさせる工程を包含する、請求項58に記載の方法。 63. step (b) further, the method according to outward includes the step of causing a force, it claims 58 radially with respect to the pilot lumen in said guide mechanism.
  64. 【請求項64】 工程(b)が、さらに、形状記憶材料から前記案内機構を供給する工程を包含し、該形状記憶材料が、該案内機構がトルク部材の管腔を通って伸長するとき、略直線状形状を呈するのに十分な可撓性を有する、請求項5 64. step (b) further, when comprising the step of supplying the guide mechanism from a shape memory material, the shape memory material, the guide mechanism extends through the lumen of the torque member, flexible enough to present a substantially straight shape, claim 5
    8に記載の方法。 The method according to 8.
  65. 【請求項65】 工程(e)が、さらに、前記案内機構がトルク部材の管腔を通って伸長するとき、その弾性状態でとどまる材料から該案内機構を供給する工程を包含する、請求項58に記載の方法。 65. Step (e) is further when the guide mechanism is extended through the lumen of the torque member, comprising supplying the said guide mechanism of a material remains in the elastic state, claim 58 the method according to.
  66. 【請求項66】 システムであって、以下: (a)以下を包含する、カテーテル: カテーテル本体であって、近位末端、遠位末端、およびそこを通る管腔を有する、カテーテル本体;および 切断機構であって、物質を切除してそれを該管腔に向けるために、該カテーテル本体の該遠位末端にある、切断機構; ならびに (b)ガイドワイヤであって、曲線状経路を規定しており、ここで、該カテーテル本体は、該ガイドワイヤの上を前進して、該切断機構を該曲線状経路上で反らせることができる、ガイドワイヤ、 を包含する、システム。 A 66. System: (a) a comprises the following, the catheter: a catheter body having a proximal end, a distal end, and a lumen therethrough, the catheter body; and cut a mechanism, in order to direct it to cut the material in lumen, in distal end of the catheter body, the cutting mechanism; a and (b) the guide wire, to define a curved path and, wherein the catheter body includes advances over the guide wire, the cutting mechanism can deflect over the curve shape path, the guide wire, the system.
  67. 【請求項67】 前記切断機構が、その遠位末端にて、前記カテーテル本体の幅の1.2倍以下の幅を有する、請求項66に記載のシステム。 67. The cutting mechanism at its distal end, has a 1.2 times or less the width of the width of the catheter body, the system of claim 66.
  68. 【請求項68】 前記切断機構が、螺旋状刃およびトルク部材を包含し、該螺旋状刃および該トルク部材が、前記カテーテル本体の前記管腔内に配置されている、請求項66および67に記載のシステム。 68. The cutting mechanism, includes a helical blade and torque member, said spiral blade and said torque member, said being disposed within the lumen of the catheter body, to claim 66 and 67 system described.
  69. 【請求項69】 前記螺旋状刃が、その遠位末端にて、前記カテーテルの幅の1.5倍以下の直径を有する、請求項68に記載のシステム。 69. The spiral blade, at its distal end, has a 1.5 times the diameter of the width of the catheter system of claim 68.
  70. 【請求項70】 前記螺旋状刃が、一対の刃を有し、該刃が、二重螺旋として配列され、そして前記遠位末端の方へテーパを付けられている、請求項68に記載のシステム。 Wherein 70, wherein said helical blade has a pair of blades, the blade is arranged as a double helix, and are tapered towards the distal end, according to claim 68 system.
  71. 【請求項71】 アテローム切除術用カテーテルであって、以下: カテーテル本体であって、近位末端、遠位末端、およびそこを通る管腔を有する、カテーテル本体; トルク部材であって、近位末端、遠位末端、およびそこを通る管腔を有し、該トルク部材は、該トルク部材と該カテーテル本体管腔との間の環状管腔と共に、 71. A atherectomy catheter comprising: a catheter body having a proximal end, a distal end, and a lumen therethrough, the catheter body; a torque member, the proximal terminal has a distal end and a lumen therethrough, said torque member, an annular lumen between the torque member and the catheter body lumen,
    該カテーテル本体管腔内に回転可能に配置されている、トルク部材;および 該トルク部材の該遠位末端に装着された螺旋状刃アセンブリであって、その遠位方向にテーパを付けられており、そして該カテーテル本体の該環状管腔に開いた内部を有する、アセンブリ、 を包含する、アテローム切除術用カテーテル。 It is rotatably disposed in the catheter body lumen, the torque member; a and the torque loaded helical blade assembly distal end of the member, has been tapered at its distal direction and it has an open interior to the annular lumen of the catheter body, the assembly including, atherectomy catheter.
  72. 【請求項72】 前記螺旋状刃アセンブリが、少なくとも2個の平行な螺旋状刃を包含する、請求項71に記載のアテローム切除術用カテーテル。 72. The spiral blade assembly includes at least two parallel helical blades, atherectomy catheter of claim 71.
  73. 【請求項73】 さらに、螺旋状ネジを包含し、該螺旋状ネジが、前記トルク部材の少なくとも遠位部分上に形成されている、請求項72に記載のアテローム切除術用カテーテル。 73. Furthermore, encompasses a helical screw, said helical screw, at least on the distal portion are formed, atherectomy catheter of claim 72 of the torque member.
  74. 【請求項74】 さらに、前記環状管腔に真空を適用して該管腔を通って近位に引き出された物質を収集する手段を包含する、請求項71〜73のいずれかに記載のアテローム切除術用カテーテル。 74. Furthermore, atheroma according to any one of the annular lumen by applying a vacuum through the lumen includes means for collecting the drawn material proximally claim 71 to 73 resection for the catheter.
  75. 【請求項75】 身体管腔内の閉塞物質の領域を治療する方法であって、 該領域内に、少なくとも1個の曲線部を有するガイドワイヤを配置する工程であって、ここで、該曲線部は、該領域の周辺部と弾力的に噛み合う、工程;および 該ガイドワイヤの上に切断刃を前進させて、該管腔から閉塞物質を切除する工程、 を包含する、方法。 75. A method of treating a region of occlusive material within a body lumen, to within that region, comprising the steps of: placing a guidewire having at least one curved portion, wherein the curve parts are meshed with resiliently periphery of the region, the process; encompasses and advancing the cutting blade over the guide wire, the step of ablating occlusive material from the lumen, the method.
  76. 【請求項76】 前記ガイドワイヤを配置する工程が、前記領域に、直線状ガイドワイヤを前進させる工程、およびその後、該直線状ガイドワイヤを、少なくとも1個の曲線部を有する幾何学的配置を呈するように誘導する工程を包含する、請求項75に記載の方法。 76. placing the guide wire, the region, the step of advancing the linear guide wire, and then, the straight line-shaped guide wire, the geometry having at least one curved portion comprising the step of induced to exhibit the method of claim 75.
  77. 【請求項77】 前記ガイドワイヤが、該ガイドワイヤを螺旋形状にする相転移を誘導するように加熱される、請求項76に記載の方法。 77. The guide wire is heated so as to induce a phase transition of the guide wire in a spiral shape, the method of claim 76.
  78. 【請求項78】 前記切断刃を前進させる工程が、螺旋状刃を回転させる工程を包含する、請求項75に記載の方法。 78. step of advancing the cutting blade, comprising the step of rotating the helical blade method according to claim 75.
  79. 【請求項79】 さらに、前記螺旋状刃内の内部容量から、切除した物質を収集する工程、および該収集した物質を、前記身体管腔から取り除く工程を包含する、請求項78に記載の方法。 79. Additionally, steps from the interior volume, for collecting excised material of said helical inner blade, and the collected material, the method according to the comprises the step of removing from the body lumen, according to claim 78 .
  80. 【請求項80】 身体管腔内の閉塞物質の領域を治療する方法であって、 該領域を通って、ガイドワイヤを導入する工程; 該ガイドワイヤを加熱して、少なくとも1個の曲線部を誘導する工程;および 該ガイドワイヤの上に、除去機構を前進させる工程であって、ここで、該曲線部は、該領域の周辺部に対して、該除去機構を噛み合わせる、工程、 を包含する、方法。 80. A method of treating a region of occlusive material within a body lumen, through the region, the process for introducing a guide wire; by heating the guide wire, at least one curved portion induced to step; over and the guide wire, comprising the steps of advancing the removing mechanism, wherein the curve portion is included to perimeter of the area, to engage the removing mechanism, process, and how to.
  81. 【請求項81】 前記ガイドワイヤが、形状記憶合金であり、そして前記加熱する工程が、マルテンサイト相からオーステナイト相への相転移を誘導し、ここで、該オーステナイト相は、曲線形状を有する、請求項80に記載の方法。 81. The guide wire is a shape memory alloy, and wherein the step of heating, to induce a phase transition from the martensite phase to the austenite phase, wherein the austenite phase has a curved shape, the method of claim 80.
  82. 【請求項82】 前記曲線部が、螺旋である、請求項80に記載の方法。 [82.] The curved portion is a helical method of claim 80.
  83. 【請求項83】 前記除去機構を前進させる工程が、切断刃を回転させる工程を包含する、請求項80に記載の方法。 83. the step of advancing said removal mechanism comprises the step of rotating the cutting blade, the method according to claim 80.
  84. 【請求項84】 前記切断刃を回転させる工程が、テーパー付き螺旋状切断刃を回転させる工程を包含する、請求項83に記載の方法。 84. the step of rotating the cutting blade, comprising the step of rotating the tapered helical cutting blade, a method according to claim 83.
  85. 【請求項85】 動脈内のステントの内部から過形成物質を取り除く方法であって: 該動脈の該ステント取付領域内に、螺旋状ガイドワイヤを配置する工程; 該ガイドワイヤの上に、除去機構を前進させて、該過形成物質内に螺旋状チャンネルを作製する工程;および 該ステントの少なくとも一部を露出させるのに十分な回数で、該ガイドワイヤ上の該除去機構の前進を繰り返す工程、 を包含する、方法。 85. A method of removing hyperplasia material from the interior of the stent in the artery: the artery of the stent mounting region, the step placing a helical guide wire; over the guidewire, removing mechanism the is advanced, steps of producing a spiral channel 該過 forming the material; a sufficient number of times to expose at least a portion of and the stent, the step of repeating the advancement of the removal mechanism on the guide wire, encompassing, way.
  86. 【請求項86】 前記ガイドワイヤを配置する工程が、前記ステント取付領域内に直線状ガイドワイヤを前進させる工程、およびその後、該直線状ガイドワイヤを、少なくとも1個の曲線部を有する幾何学的配置を呈するように誘導する工程包含する、請求項85に記載の方法。 86. Step of placing the guide wire, the step of advancing the linear guide wire in the stent mounting region, and then, the straight line-shaped guide wire, geometric having at least one curved portion step induced to exhibit arrangement encompasses method of claim 85.
  87. 【請求項87】 前記ガイドワイヤが、該ガイドワイヤを螺旋形状にする相転移を誘導するように加熱される、請求項86に記載の方法。 87. The guide wire is heated so as to induce a phase transition of the guide wire in a spiral shape, the method of claim 86.
  88. 【請求項88】 前記除去機構を前進させる工程が、切断刃を回転させる工程を包含する、請求項85に記載の方法。 88. the step of advancing said removal mechanism comprises the step of rotating the cutting blade, the method according to claim 85.
  89. 【請求項89】 前記切断刃を回転させる工程が、テーパー付き螺旋状切断刃を回転させる工程を包含する、請求項88に記載の方法。 89. step of rotating the cutting blade, comprising the step of rotating the tapered helical cutting blade, a method according to claim 88.
  90. 【請求項90】 前記前進工程が、少なくとも2回繰り返される、請求項8 Wherein 90 wherein said advancing step is repeated at least twice, claim 8
    5に記載の方法。 The method according to 5.
  91. 【請求項91】 エネルギーが、前記ガイドワイヤへと移動されて、前記除去機構の連続的な前進間にて、その幅を広げる、請求項85に記載の方法。 91. The energy is, the is moved to the guide wire, at between successive advancement of the removal mechanism, widening the width, the method of claim 85.
  92. 【請求項92】 放射状に膨張可能な案内部分を有するガイドワイヤを製造する方法であって、以下の工程: (a)心線を心棒の回りに包む工程; (b)該心線を該心棒の周りで固定する工程; (c)該心棒アセンブリを、300℃と800℃の間の温度まで加熱する工程; (d)該加熱を停止する工程; (e)該心棒アセンブリを室温まで冷却する工程;および (f)該心棒から該心線を取り外す工程、 を包含する、方法。 [92. A method for producing a guide wire having a radially expandable guiding portion, the following steps: (a) wrapping the core wire around the mandrel; (b) core wire of said cardiac rod cooling the (e) said cardiac rod assembly to room temperature; step fixed around; step of stopping (d) is heating; (c) a said cardiac rod assembly, heating to a temperature between 300 ° C. and 800 ° C. ; and (f) step from said cardiac rod detached core wire including, method.
  93. 【請求項93】 さらに、以下の工程の少なくとも1工程: (g)前記心線を生体適合性材料で被覆する工程; (h)該心線にコイルワイヤを装着する工程;および (i)遠位末端で非外傷性先端を設ける工程、 を包含する、請求項92に記載のガイドワイヤを製造する方法。 93. Furthermore, the following steps at least one step: (g) said step a core wire is coated with a biocompatible material; (h) a step of mounting a coil wire core wire; and (i) the far step in position ends providing an atraumatic tip including, a method of manufacturing a guidewire according to claim 92.
  94. 【請求項94】 前記心線が、テーパー付き輪郭を有し、該輪郭が、近位部分で大きな直径を有し、そして遠位部分で狭い輪郭を有する、請求項92に記載の方法。 94. The core wire has a tapered contour, the contour has a larger diameter at the proximal portion and has a narrow profile in the distal portion, the method of claim 92.
  95. 【請求項95】 工程(a)が、形状記憶材料または形状記憶合金から少なくとも部分的に構成された心線を使用することを包含する、請求項92に記載の方法。 95. Step (a) is, includes the use of at least partially constructed cord from a shape memory material or shape memory alloy, method of claim 92.
  96. 【請求項96】 工程(a)が、ニッケル−チタン、または形状記憶材料積層体被付きステンレス鋼、または形状記憶サンドイッチ付きステンレス鋼から構成された心線を使用することを包含する、請求項92に記載の方法。 96. Step (a) is a nickel - titanium encompasses the use of constructed cord or from a shape memory material laminate to be attached stainless steel, or a shape memory sandwich Stainless steel, claim 92 the method according to.
  97. 【請求項97】 工程(a)が、形状記憶材料マトリックス内の少なくとも1種のワイヤから構成された心線を使用することを包含し、該形状記憶マトリックスが、特に、ガイドワイヤとして作動するように形成されている、請求項92 97. Step (a) is, includes the use of core wire, which is composed of at least one wire of a shape memory material within the matrix, the shape memory matrix, in particular, to operate as a guide wire are formed in, claim 92
    に記載の方法。 The method according to.
  98. 【請求項98】 工程(a)が、さらに、0.0005インチと0.020 Wherein 98 Step (a) further 0.0005 inches and 0.020
    インチの間の直径を有する前記心棒の周りに、前記心線セグメントを巻き付けることを包含する、請求項92に記載の方法。 Around the mandrel having a diameter between inches, including wrapping the core wire segments, The method of claim 92.
  99. 【請求項99】 工程(a)が、さらに、各巻きの間の間隔が1〜3mmであるように、前記心棒の周りに、前記心線を巻き付ける工程を包含する、請求項92に記載の方法。 99. Step (a) is further such that the distance between each winding is at 1 to 3 mm, around the mandrel, comprising the step of winding the core wire, according to claim 92 Method.
  100. 【請求項100】 工程(a)の前記心棒が、さらに、所定形状の設定を与えるために、該心棒の周りに、螺旋状チャンネルを包含し、該チャンネルが、各巻き間にて、0.5mmと20mmの間の心棒谷径で、1mm〜3mmの間隔を有し、ここで、該心棒谷径が、好ましくは、1mm〜6mmである、請求項92 The mandrel of claim 100] Step (a) is further to provide a set of predetermined shape, around said cardiac rod includes a spiral channel, the channel is at between windings, 0. in mandrel root diameter between 5mm and 20 mm, it has a spacing of 1 mm to 3 mm, wherein the said cardiac Botani径, preferably, 1Mm~6mm, claim 92
    に記載の方法。 The method according to.
  101. 【請求項101】 工程(a)が、さらに、前記ワイヤコイル内に緩みがないように前記心線を巻き付けることを保証する工程を包含する、請求項92に記載の方法。 Wherein 101] Step (a) further wherein comprising the step of ensuring that winding the wire the core wire such that there is no slack in the coil, method according to claim 92.
  102. 【請求項102】 工程(b)が、さらに、前記心線が解かれず滑らないことを保証するために、前記心棒の周りで該心線を固定する手段を使用することを包含する、請求項92に記載の方法。 Wherein 102 Step (b) further encompasses to ensure that the cord does not slip not solved, to use the means for securing the core wire around the mandrel, wherein the method according to claim 92.
  103. 【請求項103】 工程(c)が、さらに、前記心棒アセンブリを、450 Wherein 103] Step (c) further, the mandrel assembly, 450
    ℃と550℃の間の温度まで加熱する工程を包含する、請求項92に記載の方法。 ℃ and comprising the step of heating to a temperature between 550 ° C., The method of claim 92.
  104. 【請求項104】 前記心棒アセンブリが、一定温度で1〜2分間とどまる、請求項103に記載の方法。 Wherein 104 wherein said mandrel assembly, remains 1-2 minutes at constant temperature, method of claim 103.
  105. 【請求項105】 工程(e)が、さらに、前記心棒アセンブリをクエンチする工程を包含する、請求項92に記載の方法。 Wherein 105 Step (e) further wherein comprising the step of quenching the mandrel assembly method according to claim 92.
  106. 【請求項106】 さらに、前記心線の摩擦係数を低くするために、該心線を積層体で被覆する工程を包含する、請求項92に記載の方法。 [Claim 106] In addition, in order to lower the coefficient of friction of the core wire, comprising the step of coating a laminate of core wire The method of claim 92.
  107. 【請求項107】 さらに、前記心線またはフィラメントワイヤに、非外傷性要素を装着する工程を包含する、請求項92に記載の方法。 [Claim 107] In addition, the core wire or filament wire includes a step of attaching an atraumatic elements, method according to claim 92.
  108. 【請求項108】 放射状に膨張可能な案内部分を有するワイヤを形状設定するための心棒であって、該心棒は、温度安定性核、および少なくとも1個のネジ山を包含し、該ネジ山は、間隔を開けたネジ谷を有し、該ネジ谷は、ワイヤを機械的に受容でき、ここで、該心棒は、少なくとも1個の保持装置を有し、該保持装置は、該間隔を開けたネジ谷内に該ワイヤを固定するため、および該ワイヤが滑るかまたは移動するのを防止するためにある、心棒。 Wherein 108 A mandrel for shape setting a wire having an inflatable guide part radially, said cardiac rod encompasses temperature stability nucleus, and at least one thread, the thread has a thread groove spaced, the thread root, the wire can be mechanically receive, where said cardiac rod has at least one holding device, the holding device opens the gap and for fixing the wire to the screw Yachi, and in order to prevent or moving the wire slips mandrel.
  109. 【請求項109】 前記心棒が、0.5mmと20mmの間の均一または不均一な谷径を有する、請求項108に記載の心棒。 Wherein 109 wherein said mandrel has a uniform or non-uniform root diameter of between 0.5mm and 20 mm, the mandrel of claim 108.
  110. 【請求項110】 前記心棒が、均一または不均一な直線状幾何学的配置を有する、請求項108に記載の心棒。 Wherein 110 wherein said mandrel has a uniform or non-uniform linear geometry, mandrel of claim 108.
  111. 【請求項111】 前記心棒が、複数の断面の幾何学的配置を有する、請求項108に記載の心棒。 Wherein 111 wherein said mandrel has a geometrical arrangement of the plurality of cross-section, the mandrel of claim 108.
  112. 【請求項112】 前記断面の幾何学的配置が、規則的形状および不規則的形状の任意の組合せである、請求項108に記載の心棒。 Wherein 112] geometrical arrangement of the cross section, any combination of regular shape and an irregular shape, the mandrel of claim 108.
  113. 【請求項113】 前記心棒が、さらに、0.5mm〜20mmの谷径を有する、請求項108に記載の心棒。 Wherein 113 wherein said mandrel further comprises a root diameter of 0.5 mm to 20 mm, the mandrel of claim 108.
  114. 【請求項114】 ピッチが、0.001インチと0.5インチの間である、請求項108に記載の心棒。 Wherein 114 pitch is between 0.001 inches and 0.5 inches, the mandrel of claim 108.
  115. 【請求項115】 前記心棒が、中空である、請求項108に記載の心棒。 Wherein 115 wherein said mandrel is a hollow mandrel of claim 108.
  116. 【請求項116】 前記心棒が、黄銅、ステンレス鋼またはセラミックのいずれかである、請求項108に記載の心棒。 Wherein 116 wherein said mandrel is either brass, stainless steel or ceramic, the mandrel of claim 108.
  117. 【請求項117】 前記保持装置が、前記心棒上にスライド可能に嵌るネジまたはチューブである、請求項108に記載の心棒。 Wherein 117 wherein said holding device is a screw or a tube fitted slidably on the mandrel, the mandrel of claim 108.
JP2000520060A 1997-11-07 1998-11-06 Method and system for treating the occlusion of a body lumen Withdrawn JP2001522631A (en)

Priority Applications (7)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US08/966,001 US6156046A (en) 1997-11-07 1997-11-07 Methods and systems for treating obstructions in a body lumen
US8163198P true 1998-04-13 1998-04-13
US8161498P true 1998-04-13 1998-04-13
US08/966,001 1998-04-13
US60/081,614 1998-04-13
US60/081,631 1998-04-13
PCT/US1998/023832 WO1999023958A1 (en) 1997-11-07 1998-11-06 Methods and systems for treating obstructions in a body lumen

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001522631A true JP2001522631A (en) 2001-11-20

Family

ID=27374032

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000520060A Withdrawn JP2001522631A (en) 1997-11-07 1998-11-06 Method and system for treating the occlusion of a body lumen

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP1030610A1 (en)
JP (1) JP2001522631A (en)
CA (1) CA2309428A1 (en)
WO (1) WO1999023958A1 (en)

Cited By (27)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007068970A (en) * 2006-01-17 2007-03-22 Fmd:Kk Medical treatment instrument
JP2007098120A (en) * 2005-09-06 2007-04-19 Fmd:Kk Medical treatment instrument, its rotation operation device, and medical treatment apparatus
JP2009542371A (en) * 2006-06-30 2009-12-03 アセロメッド, インコーポレイテッド Apparatus and method for atherectomy
JP2009297138A (en) * 2008-06-11 2009-12-24 Fujifilm Corp Precise rotation transmitting mechanism and optical scanning probe
JP2010532211A (en) * 2007-06-29 2010-10-07 アセローメド, インコーポレイテッド Atherectomy devices, systems and methods
JP2012509733A (en) * 2008-11-27 2012-04-26 シュトラウブ メディカル アーゲー Aspirating substance removed from the blood vessel, the catheter for fragmenting and unloading
US8628549B2 (en) 2006-06-30 2014-01-14 Atheromed, Inc. Atherectomy devices, systems, and methods
US8647355B2 (en) 2007-10-22 2014-02-11 Atheromed, Inc. Atherectomy devices and methods
US8795306B2 (en) 2011-10-13 2014-08-05 Atheromed, Inc. Atherectomy apparatus, systems and methods
JP2014529426A (en) * 2011-08-24 2014-11-13 ジャイラス イーエヌティ リミテッド ライアビリティ カンパニー Surgical instrument having a malleable tube
US8888801B2 (en) 2006-06-30 2014-11-18 Atheromed, Inc. Atherectomy devices and methods
US8920448B2 (en) 2006-06-30 2014-12-30 Atheromed, Inc. Atherectomy devices and methods
JP2015508701A (en) * 2012-04-20 2015-03-23 カーディアック ペースメイカーズ, インコーポレイテッド Implantable medical device lead with a uni filer coiled cable
US9198679B2 (en) 2007-10-22 2015-12-01 Atheromed, Inc. Atherectomy devices and methods
JP2016501696A (en) * 2013-01-07 2016-01-21 タルヤグ メディカル リミテッド Device for expandable atherectomy
US9308016B2 (en) 2006-06-30 2016-04-12 Atheromed, Inc. Devices, systems, and methods for performing atherectomy including delivery of a bioactive material
US9314263B2 (en) 2006-06-30 2016-04-19 Atheromed, Inc. Atherectomy devices, systems, and methods
US9492193B2 (en) 2006-06-30 2016-11-15 Atheromed, Inc. Devices, systems, and methods for cutting and removing occlusive material from a body lumen
US9492192B2 (en) 2006-06-30 2016-11-15 Atheromed, Inc. Atherectomy devices, systems, and methods
US9504821B2 (en) 2014-02-26 2016-11-29 Cardiac Pacemakers, Inc. Construction of an MRI-safe tachycardia lead
US9504822B2 (en) 2012-10-18 2016-11-29 Cardiac Pacemakers, Inc. Inductive element for providing MRI compatibility in an implantable medical device lead
CN106470728A (en) * 2014-06-09 2017-03-01 因赛普特斯医学有限责任公司 Retraction and aspiration device for treating embolism and associated systems and methods
US9675376B2 (en) 2006-06-30 2017-06-13 Atheromed, Inc. Atherectomy devices and methods
US9750944B2 (en) 2009-12-30 2017-09-05 Cardiac Pacemakers, Inc. MRI-conditionally safe medical device lead
WO2018043283A1 (en) * 2016-08-30 2018-03-08 テルモ株式会社 Medical device and treatment method
US10004531B2 (en) 2012-11-20 2018-06-26 Inari Medical, Inc. Methods and apparatus for treating embolism
US10238406B2 (en) 2013-10-21 2019-03-26 Inari Medical, Inc. Methods and apparatus for treating embolism

Families Citing this family (46)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6371928B1 (en) 1997-11-07 2002-04-16 Prolifix Medical, Inc. Guidewire for positioning a catheter against a lumen wall
US7037316B2 (en) * 1997-07-24 2006-05-02 Mcguckin Jr James F Rotational thrombectomy device
US6702811B2 (en) 1999-04-05 2004-03-09 Medtronic, Inc. Ablation catheter assembly with radially decreasing helix and method of use
US6620172B1 (en) 1999-07-01 2003-09-16 Medsource Technologies, Inc. Entraining biological calculi
US8414543B2 (en) 1999-10-22 2013-04-09 Rex Medical, L.P. Rotational thrombectomy wire with blocking device
CA2391488C (en) 1999-11-22 2012-04-03 Boston Scientific Limited Loop structures for supporting diagnostic and therapeutic elements in contact with body tissue
US6500186B2 (en) * 2001-04-17 2002-12-31 Scimed Life Systems, Inc. In-stent ablative tool
US6740096B2 (en) 2002-01-16 2004-05-25 Scimed Life Systems, Inc. Treatment and removal of objects in anatomical lumens
US6926725B2 (en) * 2002-04-04 2005-08-09 Rex Medical, L.P. Thrombectomy device with multi-layered rotational wire
US20030191492A1 (en) 2002-04-05 2003-10-09 Scimed Life Systems, Inc. Radial coil expandable medical wire
US7653438B2 (en) 2002-04-08 2010-01-26 Ardian, Inc. Methods and apparatus for renal neuromodulation
US20140018880A1 (en) 2002-04-08 2014-01-16 Medtronic Ardian Luxembourg S.A.R.L. Methods for monopolar renal neuromodulation
JP3971320B2 (en) * 2003-02-17 2007-09-05 修 加藤 catheter
US7976557B2 (en) 2004-06-23 2011-07-12 Boston Scientific Scimed, Inc. Cutting balloon and process
FR2876361B1 (en) 2004-10-13 2008-07-25 Oreal A packaging and / or applying at least one product, in particular cosmetic
US7819887B2 (en) 2004-11-17 2010-10-26 Rex Medical, L.P. Rotational thrombectomy wire
JP4680007B2 (en) * 2005-08-29 2011-05-11 日本ライフライン株式会社 Stylet
WO2007105531A1 (en) 2006-03-06 2007-09-20 Terumo Kabushiki Kaisha Guide wire
US8062316B2 (en) 2008-04-23 2011-11-22 Avinger, Inc. Catheter system and method for boring through blocked vascular passages
EP2424608B1 (en) * 2009-04-28 2014-03-19 Avinger, Inc. Guidewire support catheter
JP5272888B2 (en) 2009-05-19 2013-08-28 東レ株式会社 Guidewire and balloon ablation catheter system
AU2010253912B2 (en) 2009-05-28 2015-03-05 Avinger, Inc. Optical Coherence Tomography for biological imaging
EP2448502A4 (en) 2009-07-01 2015-07-15 Avinger Inc Atherectomy catheter with laterally-displaceable tip
US9125562B2 (en) 2009-07-01 2015-09-08 Avinger, Inc. Catheter-based off-axis optical coherence tomography imaging system
US20110054487A1 (en) * 2009-09-02 2011-03-03 Circulite, Inc. Coaxial transseptal guide-wire and needle assembly
WO2011072068A2 (en) 2009-12-08 2011-06-16 Avinger, Inc. Devices and methods for predicting and preventing restenosis
US8764779B2 (en) 2010-05-13 2014-07-01 Rex Medical, L.P. Rotational thrombectomy wire
US9023070B2 (en) 2010-05-13 2015-05-05 Rex Medical, L.P. Rotational thrombectomy wire coupler
US8663259B2 (en) 2010-05-13 2014-03-04 Rex Medical L.P. Rotational thrombectomy wire
US9795406B2 (en) 2010-05-13 2017-10-24 Rex Medical, L.P. Rotational thrombectomy wire
US9345510B2 (en) 2010-07-01 2016-05-24 Avinger, Inc. Atherectomy catheters with longitudinally displaceable drive shafts
WO2012061161A1 (en) 2010-10-25 2012-05-10 Medtronic Ardian Luxembourg S.A.R.L. Catheter apparatuses having multi-electrode arrays for renal neuromodulation and associated systems and methods
WO2012145133A2 (en) 2011-03-28 2012-10-26 Avinger, Inc. Occlusion-crossing devices, imaging, and atherectomy devices
US9345406B2 (en) 2011-11-11 2016-05-24 Avinger, Inc. Occlusion-crossing devices, atherectomy devices, and imaging
US9949754B2 (en) 2011-03-28 2018-04-24 Avinger, Inc. Occlusion-crossing devices
RU2601906C2 (en) 2012-05-11 2016-11-10 Медтроник АФ Люксембург С.а.р.л. Catheter device containing blocks of several electrodes for renal neuromodulation and appropriate systems and methods
US9557156B2 (en) 2012-05-14 2017-01-31 Avinger, Inc. Optical coherence tomography with graded index fiber for biological imaging
WO2013172974A1 (en) 2012-05-14 2013-11-21 Avinger, Inc. Atherectomy catheter drive assemblies
WO2014093068A1 (en) 2012-12-12 2014-06-19 Covidien Lp Tissue-removing catheter including screw blade and cutter driveshaft
US9854979B2 (en) 2013-03-15 2018-01-02 Avinger, Inc. Chronic total occlusion crossing devices with imaging
US9179974B2 (en) 2013-03-15 2015-11-10 Medtronic Ardian Luxembourg S.A.R.L. Helical push wire electrode
JP6517198B2 (en) 2013-07-08 2019-05-22 アビンガー・インコーポレイテッドAvinger, Inc. Identification of elastic layers guiding interventions
US9498247B2 (en) 2014-02-06 2016-11-22 Avinger, Inc. Atherectomy catheters and occlusion crossing devices
JP2017506100A (en) 2014-02-06 2017-03-02 アビンガー・インコーポレイテッドAvinger, Inc. Atherectomy catheters and occlusion crossing device
JP2016101194A (en) * 2014-11-27 2016-06-02 朝日インテック株式会社 catheter
WO2018221461A1 (en) * 2017-05-30 2018-12-06 Terumo Kabushiki Kaisha Atherectomy device and method

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5527326A (en) * 1992-12-29 1996-06-18 Thomas J. Fogarty Vessel deposit shearing apparatus
US5843103A (en) * 1997-03-06 1998-12-01 Scimed Life Systems, Inc. Shaped wire rotational atherectomy device

Cited By (39)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007098120A (en) * 2005-09-06 2007-04-19 Fmd:Kk Medical treatment instrument, its rotation operation device, and medical treatment apparatus
JP2007068970A (en) * 2006-01-17 2007-03-22 Fmd:Kk Medical treatment instrument
US9492192B2 (en) 2006-06-30 2016-11-15 Atheromed, Inc. Atherectomy devices, systems, and methods
JP2009542372A (en) * 2006-06-30 2009-12-03 アセロメッド, インコーポレイテッド Apparatus and method for atherectomy
US10226275B2 (en) 2006-06-30 2019-03-12 Atheromed, Inc. Devices, systems, and methods for debulking restenosis of a blood vessel
US9314263B2 (en) 2006-06-30 2016-04-19 Atheromed, Inc. Atherectomy devices, systems, and methods
US10154853B2 (en) 2006-06-30 2018-12-18 Atheromed, Inc. Devices, systems, and methods for cutting and removing occlusive material from a body lumen
US8628549B2 (en) 2006-06-30 2014-01-14 Atheromed, Inc. Atherectomy devices, systems, and methods
US9308016B2 (en) 2006-06-30 2016-04-12 Atheromed, Inc. Devices, systems, and methods for performing atherectomy including delivery of a bioactive material
US10154854B2 (en) 2006-06-30 2018-12-18 Atheromed, Inc. Atherectomy devices and methods
JP2009542371A (en) * 2006-06-30 2009-12-03 アセロメッド, インコーポレイテッド Apparatus and method for atherectomy
US8888801B2 (en) 2006-06-30 2014-11-18 Atheromed, Inc. Atherectomy devices and methods
US8920448B2 (en) 2006-06-30 2014-12-30 Atheromed, Inc. Atherectomy devices and methods
US9668767B2 (en) 2006-06-30 2017-06-06 Atheromed, Inc. Atherectomy devices and methods
US9675376B2 (en) 2006-06-30 2017-06-13 Atheromed, Inc. Atherectomy devices and methods
US9492193B2 (en) 2006-06-30 2016-11-15 Atheromed, Inc. Devices, systems, and methods for cutting and removing occlusive material from a body lumen
JP2010532211A (en) * 2007-06-29 2010-10-07 アセローメド, インコーポレイテッド Atherectomy devices, systems and methods
US9198679B2 (en) 2007-10-22 2015-12-01 Atheromed, Inc. Atherectomy devices and methods
US9095371B2 (en) 2007-10-22 2015-08-04 Atheromed, Inc. Atherectomy devices and methods
US8647355B2 (en) 2007-10-22 2014-02-11 Atheromed, Inc. Atherectomy devices and methods
US9333007B2 (en) 2007-10-22 2016-05-10 Atheromed, Inc. Atherectomy devices and methods
JP2009297138A (en) * 2008-06-11 2009-12-24 Fujifilm Corp Precise rotation transmitting mechanism and optical scanning probe
JP2012509733A (en) * 2008-11-27 2012-04-26 シュトラウブ メディカル アーゲー Aspirating substance removed from the blood vessel, the catheter for fragmenting and unloading
US9750944B2 (en) 2009-12-30 2017-09-05 Cardiac Pacemakers, Inc. MRI-conditionally safe medical device lead
JP2014529426A (en) * 2011-08-24 2014-11-13 ジャイラス イーエヌティ リミテッド ライアビリティ カンパニー Surgical instrument having a malleable tube
US10226277B2 (en) 2011-10-13 2019-03-12 Atheromed, Inc. Atherectomy apparatus, systems, and methods
US8795306B2 (en) 2011-10-13 2014-08-05 Atheromed, Inc. Atherectomy apparatus, systems and methods
US9345511B2 (en) 2011-10-13 2016-05-24 Atheromed, Inc. Atherectomy apparatus, systems and methods
JP2015508701A (en) * 2012-04-20 2015-03-23 カーディアック ペースメイカーズ, インコーポレイテッド Implantable medical device lead with a uni filer coiled cable
US9504822B2 (en) 2012-10-18 2016-11-29 Cardiac Pacemakers, Inc. Inductive element for providing MRI compatibility in an implantable medical device lead
US10004531B2 (en) 2012-11-20 2018-06-26 Inari Medical, Inc. Methods and apparatus for treating embolism
JP2016501696A (en) * 2013-01-07 2016-01-21 タルヤグ メディカル リミテッド Device for expandable atherectomy
US10251667B2 (en) 2013-01-07 2019-04-09 Taryag Medical Ltd Expandable atherectomy device
US10238406B2 (en) 2013-10-21 2019-03-26 Inari Medical, Inc. Methods and apparatus for treating embolism
US9504821B2 (en) 2014-02-26 2016-11-29 Cardiac Pacemakers, Inc. Construction of an MRI-safe tachycardia lead
US9682231B2 (en) 2014-02-26 2017-06-20 Cardiac Pacemakers, Inc. Construction of an MRI-safe tachycardia lead
CN106470728A (en) * 2014-06-09 2017-03-01 因赛普特斯医学有限责任公司 Retraction and aspiration device for treating embolism and associated systems and methods
JP2017518093A (en) * 2014-06-09 2017-07-06 インセプタス メディカル リミテッド ライアビリティ カンパニー Retraction and suction devices and related systems and methods for the treatment of embolism
WO2018043283A1 (en) * 2016-08-30 2018-03-08 テルモ株式会社 Medical device and treatment method

Also Published As

Publication number Publication date
WO1999023958A1 (en) 1999-05-20
CA2309428A1 (en) 1999-05-20
EP1030610A1 (en) 2000-08-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8377037B2 (en) Medical device with slotted memory metal tube
EP1365830B1 (en) Total occlusion guidewire device
US6503271B2 (en) Intravascular device with improved radiopacity
US7717930B2 (en) Valvulotome with a cutting edge
JP2651281B2 (en) The medical retrieval device of the dual coil
JP5133235B2 (en) Catheter system for crossing a total occlusion of the vasculature
US9119651B2 (en) Recanalizing occluded vessels using controlled antegrade and retrograde tracking
CA2660542C (en) Elongate medical device including deformable distal end
EP0794734B1 (en) Expandable intravascular occlusion material removal device
AU764958B2 (en) Enhanced balloon dilatation system
US5897567A (en) Expandable intravascular occlusion material removal devices and methods of use
US5836868A (en) Expandable intravascular occlusion material removal devices and methods of use
JP4805138B2 (en) An elongate medical device and method for forming the same having a tip cap
ES2271105T3 (en) Device medical grasping.
US8556914B2 (en) Medical device including structure for crossing an occlusion in a vessel
US6837901B2 (en) Methods for delivering, repositioning and/or retrieving self-expanding stents
EP1699516B1 (en) Medical device with push force limiter
US5653696A (en) Stent unclogging method
JP5666912B2 (en) Drug delivery catheter having an expandable centering support member in the radial direction
US5287858A (en) Rotational atherectomy guidewire
US5250059A (en) Atherectomy catheter having flexible nose cone
EP0829270B1 (en) Preshaped catheter for angiocardiography
US5935114A (en) Rapid exchange delivery catheter
US20050149084A1 (en) Ablation burr
US7914467B2 (en) Tubular member having tapered transition for use in a medical device

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20060110