New! View global litigation for patent families

JP2001501622A - Oral administration of chicken yolk antibodies to treat diseases - Google Patents

Oral administration of chicken yolk antibodies to treat diseases

Info

Publication number
JP2001501622A
JP2001501622A JP51684798A JP51684798A JP2001501622A JP 2001501622 A JP2001501622 A JP 2001501622A JP 51684798 A JP51684798 A JP 51684798A JP 51684798 A JP51684798 A JP 51684798A JP 2001501622 A JP2001501622 A JP 2001501622A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP51684798A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ヴイ カミンスキ,ミッシェル
エイ コールマン,マリリン
Original Assignee
オビミュン インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C07ORGANIC CHEMISTRY
    • C07KPEPTIDES
    • C07K16/00Immunoglobulins [IGs], e.g. monoclonal or polyclonal antibodies
    • C07K16/02Immunoglobulins [IGs], e.g. monoclonal or polyclonal antibodies from eggs
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C07ORGANIC CHEMISTRY
    • C07KPEPTIDES
    • C07K16/00Immunoglobulins [IGs], e.g. monoclonal or polyclonal antibodies
    • C07K16/18Immunoglobulins [IGs], e.g. monoclonal or polyclonal antibodies against material from animals or humans
    • C07K16/24Immunoglobulins [IGs], e.g. monoclonal or polyclonal antibodies against material from animals or humans against cytokines, lymphokines or interferons
    • C07K16/241Tumor Necrosis Factors
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K38/00Medicinal preparations containing peptides

Abstract

(57)【要約】 概して、本発明は、人及び人以外の哺乳類の全身的な疾病の治療において卵抗体調製物を使用することに関したものである。 (57) Abstract: In general, the present invention has related to the use of egg antibody preparations in the treatment of systemic diseases of mammals other than human and human. まず、IgY抗体が、前記の一つ若しくはそれ以上の病原性生物に対して能動的に免疫感作されている家禽の卵から、かかる抗体を誘発する免疫原性決定基を含む免疫原(抗原)を注射することにより得られる。 First, IgY antibodies, immunogens (antigens containing one or more of the eggs poultry that are actively immunized against pathogenic organisms, immunogenicity determinants to induce such antibodies in the ) obtained by injecting. その後、抗体は、上記の病原性生物によって引き起こされた若しくは悪化させられた感染性の全身的な疾病に罹っている哺乳類に対して経口投与される。 Thereafter, the antibody is orally administered to a mammal suffering from a systemic disease infectivity was allowed to triggered or exacerbated by the pathogenic organisms. 本発明は、かくして、衰弱した免疫系を持つ患者若しくは免疫学的に無垢の患者へ受動免疫を提供することができる。 The present invention thus can provide a weakened immune system patient or immunologically passive immunization solid to a patient with. 卵黄から抗体を分離する必要はなく、従って、処理及び投与は、簡便で廉価である。 It is not necessary to separate the antibody from the egg yolk, therefore, processing and administration is simple and inexpensive. 特定の抗原に対して免疫感作された家禽の卵黄から生産される抗体は、腸内において又はそこから離れた組織内において、ウイルス性、細菌性、真菌性、原生動物性、毒性、酵素、炎症性媒介物質、プロスタグランジン、ロイコトリエン、トロンボキシン及びその他のメッセンジャー分子、肉腫又はガン腫であるかによらず、有毒因子を制御するのに有効である。 The antibodies produced from egg yolk of poultry immunized against a particular antigen, in the tissue away from it, or in the intestine, viral, bacterial, fungal, protozoan, toxicity, enzymes, inflammatory mediators, prostaglandins, regardless leukotrienes, thromboxin and other messenger molecules, on whether the sarcoma or carcinoma, which is effective in controlling toxic factors. 免疫原性決定基は、病原性生物の特異的な一部、例えば、ウイルスのループ若しくはコート、毛形成された細菌のフィムブリエなどのみ含んでいれば良い。 Immunogenic determinant specific portion of pathogenic organisms, for example, a loop or coat of the virus, it needs to contain only such fimbriae of bacteria are hair formation. 本発明の方法は、人のAIDS及びマウスのTNFで媒介された敗血性ショックの治療に、及び酪牛の体細胞数の低下に有効であることが示されている。 The method of the present invention have been shown in the treatment of human AIDS and mouse TNF in mediated septic shock, and is effective to decrease the number of somatic cells in 酪牛.

Description

【発明の詳細な説明】 病気を治療するための鶏卵黄抗体の経口投与関連出願の相互参照 本出願は、1995年1月6日出願の米国特許出願第08/369,310号(米国特許第 号の継続であり、そこにおける開示は、参照することによりここに特に組み込まれている。 発明の背景本発明は、免疫系の衰弱した、又は、免疫のない、あるいは免疫系が無防備状態化したものを含む人間及び人間以外の種の双方において広範囲の全身的な病原体を中和するために用いることのできる卵抗体生成物の調製に係る。その最も直接的な応用は、現在、人類史上最も破壊的な疾病であると広くみなされている後天性免疫不全症候群(AIDS:エイズ)の患者の助けになると信じられる。 AIDSの拡大は、急激である。AIDSによる死亡がはじめ DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION CROSS-REFERENCE This application oral administration RELATED APPLICATIONS chicken egg yolk antibody to treat disease, filed Jan. 6, 1995 U.S. Patent Application Serial No. 08 / 369,310 (US Patent No. is a continuation of No., the disclosure therein, in particular are incorporated. bACKGROUND oF tHE iNVENTION the present invention herein by reference, debilitated immune system, or, without immunity, or the immune system is compromised of according to the preparation of egg antibody products which can be used to neutralize a wide range of systemic pathogens in both species other than human and human, including things. its most immediate applications are currently in human history most devastating a disease widely accredited and acquired immune deficiency syndrome.: believed to help the patient's (AIDS AIDS) expansion of AIDS is beginning deaths from an abrupt .AIDS に知られたのは、1980であった。1992年7月1日から1993年7月1日までに、公式には、194,500例の死亡があったが、政府によれば、全ての件が報告されたわけではないので、実際の数は、少なくとも10%以上多いであろうとされている。1992年7月1日から1993年7月1日の間に新たにAIDSと診断された件数は、375,000例であった。この時点で、AIDSを有する患者は315,000人であると報告されている。死亡率は、60%以上である。 昨年だけで、$150,000.00−$200,000.00が、AIDS ウイルスの被害者の各々のための健康の看護を提供するために費やされた。この値には、現在、生存している人の看護のために使われている費用は含まれていない。健 What has been known, in was 1980. From July 1, 1992 to July 1, 1993, to the official, there was a death of 194,500 cases, according to the government, all of since the matter is not reported, the actual number is that it would be more at least 10% or more. new number that has been diagnosed with AIDS during the period from July 1, 1992 July 1, 1993 in a had been. the point 375,000 cases, patients with AIDS is. mortality has been reported to be 315,000 people, 60% or more. last year alone, $ 150,000.00 -. $ 200,000.00 have been spent in order to provide the nursing of health for each of the victims of the AIDS virus to this value, currently used for the care of people who are alive We have that expense is not included. Ken 保険及び生命保険会社は、HIV陽性の人については、保険の契約をしないので、上記の費用は、最終的には米国の納税者に由来するものである。このことは、昨年において、AIDS患者のために$38,900,000,000 が米国納税者により支払われたことを意味する。米国においては、13分ごとに、1人の人間がHIVに感染しており、最終的に彼らは、AIDSになる。AI DSの治療法はないので、このことは、AIDSを持つ人が死亡するということだけなく、13分ごとに米国納税者が更なる費用を支払うということに意味する。 米国におけるAIDS感染は、アフリカやカリブ海の諸国におけるほどには流行していない。AIDSは、世界の全国でゆっくりと拡大している。1992年7月1日から1993年7 Insurance and life insurance companies, for the people of the HIV-positive, because it does not a contract of insurance, the cost is ultimately is derived from the US taxpayers. This means that, in the last year, AIDS patients It means that the $ 38,900,000,000 has been paid by the US taxpayer for. in the United States, every 13 minutes, one person has been infected with HIV, and finally they , since there is no cure for .AI DS to become AIDS, this thing is not only that people with AIDS will die, it means to the fact that the United States taxpayers to every 13 minutes to pay an additional cost. US AIDS infection is in, .AIDS not prevalent as much as in the countries of Africa and the Caribbean, has been expanding slowly in the whole country of the world. from July 1, 1992, 1993 7 月1日までで日本では、AIDSによる死亡件数は、 223例だけであった。 In Japan, until one day a month, deaths due to AIDS was only 223 cases. 米国では、現在、100人に1人の男性及び800人に1人の女性がHIV陽性である。 In the United States, currently, it is one of the women is HIV-positive to one man and 800 people to 100 people. もはや同性愛者の病気ではない。 No longer a gay disease. 今日、HIV 陽性の人口において最も増加の早いのは、自らがウイルスを保持していることを知らないHIV陽性の女性に生まれた子供である。 Today, early in the most increase in the population of HIV-positive is a child himself was born to women of HIV-positive do not know that you are holding the virus. 免疫無防備状態患者は、しばしば生命を脅かす程度まで感染に対する危険性が増大している状態の人として定義される。 Immunocompromised patients, is often defined as a human condition that risk for infection to the extent that life-threatening is increasing. AIDSに加えて、臨床的な実際において最も普通に見られる宿主免疫防御機能障害を持つ患者には、ガン、骨髄増殖性疾患、火傷、糖尿病若しくは激しい外傷を有する患者又は免疫反応抑制薬物治療若しくは照射を経験している患者が含まれる。 In addition to AIDS, clinical Patients with the most commonly found host immune defense dysfunction in practice, cancer, myeloproliferative disorders, burns, the patient or immunosuppressive drug treatment or irradiation with diabetes or severe trauma They include patients experiencing. 免疫系の未発達な若しくは無垢の状態の新生児については、医学上の問題に関して免疫弱体化患者の特別な組になる。 For newborns of underdeveloped or innocent of the state of the immune system, and a special set of immunocompromised patients for medical problems. 年齢の観点からその他方に端について言えば、免疫は、年齢と共に低下するということを示唆する事実が存在する。 As for the end to the other of in terms of age, immunity, there is the fact suggest that decreased with age. 胃腸管は、免疫無防備状態患者の感染状態に主に関連する。 Gastrointestinal tract, primarily related to the infection status of the immunocompromised patient. 腸の感染は、一般的であり、衰弱性の下痢及び栄養吸収不良を伴うことがある。 Intestinal infections are common and may be accompanied by debilitating diarrhea and nutritional malabsorption. 免疫無防備状態患者において、腸内生物は、更に、菌血症や敗血症の原因として関連する。 In immunocompromised patients, intestinal organisms, further associated as a cause of bacteremia and septicemia. 昨年では、米国のみにおいて130,000例の菌血症に関連した死亡があったと推定されている。 Last year, it is estimated that there is a related deaths 130,000 cases bacteremia in the United States alone. これらの大部分が腸に普通に存在する微生物に由来するものであった。 Most of these were derived from microorganisms that are normally present in the intestine. 通常、非病原性と考えられている生物であっても、二次的な菌血症の局所的感染を生じさせる場合がある。 Normally, even an organism that is considered non-pathogenic and may cause local infections secondary bacteremia. 完全にAIDSの発症した患者及びヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染の初期の段階の患者の双方において、胃腸管の廃疾症状は顕著である。 Completely in both patients onset patients and human immunodeficiency virus (HIV) early stages of infection of AIDS, disability symptoms of the gastrointestinal tract is significant. HIV陽性の患者は、ウイルス自体により死亡するわけではなく、むしろ、免疫系におけるウイルスの効果によって最終的に死亡する。 Patients HIV positive, not die from the virus itself, but rather, eventually die from the effects of virus in the immune system. 再発性及び進行性の日和見感染は、最終的に患者の死亡に至る悪循環を生ずる。 Opportunistic infections recurrent and progressive eventually produce a vicious cycle leading to death of the patient. この下向きの臨床的な流れの中心は、全身的な免疫性と共に内臓の免疫性の衰弱である。 Center clinical flow of this downward is debilitating immune visceral with systemic immunity. 胃腸内生物と炎症性媒介物質は、通常、自己防御系により中和されるので病原性でない。 Gastrointestinal organisms and inflammatory mediators are usually not pathogenic because it is neutralized by the self-defense system. それらは、本来の防御系が衰弱した場合のみ疾病を引き起こす。 They are, the original defense system causes a disease only if you have weakness. 胃腸内生物は、先天的な及び特異的な免疫性を凌駕したとき、それらと関連した炎症性媒介物質とで局所的な疾病を引き起こす。 Gastrointestinal organisms, when surpassing innate and specific immunity and cause localized diseases in their and associated inflammatory mediators. これらの因子は、腸管を横断し全身的な疾患を引き起こす。 These factors cause systemic disease across the intestinal tract. 患者が栄養失調状態にある進行したAIDSで死亡する場合、彼らが罹患する日和見感染は、彼らが得た疾病ではなく、むしろ、ほとんど彼らの生存のために彼らが胃腸管内に担持していたがもはや防御することができなくなった潜在的に病原性のある生物による疾病である。 If death in AIDS patients has progressed in malnourished, opportunistic infections they are affected, not the disease they got, rather, they were carried on the gastrointestinal tract most for their survival potentially disease by an organism that is pathogenic that can no longer be longer protection. 完全な免疫系は、潜在的に病原性のある胃腸内生物が腸内膜に結合しないようにする二つの防御系統からなる。 Complete immune system, potentially gastrointestinal organisms pathogenic consists of two defense lines so as not to bind to the intestinal membrane. 第一は、生得免疫系と呼ばれる非特異的な障壁であり、これらには、飲み込まれた生物を破壊する胃酸、病原性生物若しくは化学物質を巻き込み腸内表面から除去する繊維及び嫌気性ペーストと呼ばれる「友好的な」細菌のコートが含まれる。 The first is a non-specific barrier called innate immune system, these include gastric acid to destroy swallowed organism, the fibers and anaerobic paste to remove from the intestinal surface entrapment pathogenic organisms or chemicals It includes a coat of "friendly" bacteria called. これらの非特異的な障壁は、協働して日和見的な生物が粘膜若しくは腸内膜に物理的に接触することを防ぐ。 These non-specific barriers, opportunistic organisms cooperate prevent that physical contact with the mucosa or intestinal membrane. 第二の免疫性は、リンパ球系であり、これにより、個々人の腸内に存在する潜在的に疾病を引き起こす生物若しくは物質は、パイエル板として知られる小腸全体に数千ある部位において「試食」される。 Second immunity is lymphoid, thereby, organism or substance potentially causes a disease present in the individual's intestine, "tasting" at the site in thousands entire small intestine known as Peyer's patches It is. これらのパイエル板は、生物表面上の蛋白質を識別するリンパ球の集合体である。 These Peyer's patches are aggregates of lymphoid identify the protein on the organism surface. 最も有効な抗体は、レクタンとしても知られる付着素に対して生成されたものである。 Antibodies that are most effective are those which are generated for the attachment element, also known as Rekutan. 付着素は、組織上の感受性のある受容体部位(従って感染されることとなる)に付着する生物の結合部位である。 Attachment element is a binding site of an organism that adheres to the receptor site that is sensitive on the tissue (thus becomes to be infected). 受容体は、通常、糖蛋白質であるが、糖脂質若しくはインテグリンと呼ばれるペプチドであり得る。 Receptor is usually a glycoprotein can be a peptide called glycolipids or integrins. レクタンは、これらの受容体に素早く、選択的に且可逆的に結合することのできる感染性生物上のたんぱく質の類である。 Rekutan is quickly these receptors, a protein class of the infectious organisms which may be selectively 且可 reverse coupled. パイエル板内のTリンパ球は、 抗付着素の情報をBリンパ球へ送り、次いで、Bリンパ球は、循環血液中へ進み、形質細胞となる。 T lymphocytes PP inner plate sends the information of the anti-adhesion element to B lymphocytes, then, B lymphocytes, proceeds into the circulating blood, and plasma cells. 形質細胞は、血流中全体を移動し、湿潤表面を覆い攻撃性のある生物による付着を防ぐための特異的な抗体を生産するべき領域に集中する。 Plasma cells, move the whole blood stream, concentrated in the area to produce specific antibodies for preventing adhesion by an organism which is aggressive to cover the wetted surface. 病原性生物は、組織表面に吸着できなければ、増殖して感染を引き起こすことができず、循環する抗体は、腸と離れた細胞内においてその機能を実行する。 Pathogenic organisms, to be able to adsorb to the tissue surface, can not cause infection and proliferation, circulating antibodies, to perform its function in the cell distant from the intestine. 前記の系が衰弱し、生物が組織表面に吸着すると、炎症の媒介物質、例えば、 腫瘍壊死因子(TNF)、インターロイキン1、6及び8(IL−L−6、−8) などが放出される。 Wherein the system is weakened, the organism adsorbed on a tissue surface, inflammation mediators, such as tumor necrosis factor (TNF), interleukin 1, 6 and 8 (IL-L-6, -8), etc. are released that. そして、これらの媒介物質は、プロスタグランジン、ロイコトリエン、トロンボキシンなどのその他の媒介物質の生成を開始する。 And, these mediators, to start prostaglandins, leukotrienes, the production of other mediators, such as thromboxin. この「カスケード」は、疾病の代謝的及び生理的変化に関連されるものである。 This "cascade", is intended to be associated with the metabolic and physiological changes in the disease. 腸が無力化されると、生物や疾病に関連した因子、例えば、炎症性媒介物質やエンドトキシンなどが腸内のルーメンから全身的な循環系へ移動することを許し、腸内ルーメンから離れた部位において疾病を引き起こすこととなる。 Site the intestine is powerless, factors associated with the organism or disease, for example, allow the like inflammatory mediators and endotoxin moves from the lumen of the intestine into the systemic circulation system, away from the intestinal lumen and thus to cause disease in. 免疫が抑制された者の前記の範鴫のうちの或るものにおいて、その患者が一次的な疾病若しくは日和見感染に屈しなければ、抗体生産は、通常に復帰することができる。 In certain ones of said Hanshigi person immunosuppressed, unless succumb to the patient a primary disease or opportunistic infection, antibody production can be restored to normal. しかしながら、HIV感染の場合、免疫能力の回復は生じ得ない。 However, in the case of HIV infection, not occur recovery of the immune capacity. その理由は、HIVウイルスの集中が生じやすい部位が、固有層と呼ばれる腸内膜の層にあるからである。 The reason is that sites prone to concentration of HIV virus, because there the layer of enteric film called lamina propria. 固有層は、粘膜若しくは表面層の直下の層を含み、潜在的な病原体のレクタンを中和するための抗体を産生するために形質細胞が集中する場所である。 Specific layer includes a layer immediately below the mucosal or surface layer is where the plasma cells are concentrated to produce antibodies to neutralize Rekutan of potential pathogens. この抗体は、分泌型IgAと呼ばれ、腸内膜の表面上において分泌され、生物の付着素に結合し、かくして、接着を防ぐものである。 This antibody, called secretory IgA, is secreted on the surface of the intestinal membrane, it binds to the biological attachment element, thus, is intended to prevent adhesion. HIV感染において、形質細胞は、直接的に、又は、リンパ球及びそれらの生産に必要な経路の破壊の結果として破壊される。 In HIV infection, plasma cells, either directly, or be destroyed as a result of the disruption of lymphocytes and pathways necessary for their production. HIVウイルスは根絶することはできないが、日和見感染に対する低減された免疫性の消極的な効果は、ある程度まで制御することができる。 It can not be the HIV virus eradication, negative effects of reduced immunity to opportunistic infections, can be controlled to some extent. これらの日和見的な生物による感染は、上記の炎症性媒介物質の生成を刺激する。 Infection by these opportunistic organisms, stimulate the production of the inflammatory mediators. それらの中の主要なものは、TNFである。 The main ones among them is a TNF. T NFは、疾病に関連した代謝的及び生理的変化の主要な刺激因子であることに加えて、HIVウイルスの複製を開始する。 T NF, in addition to being a major stimulator of metabolic and physiological changes associated with the disease, to initiate replication of the HIV virus. かくして、ここに、HIVに感染した患者がAIDSへと進行する共生的な関係が存在する。 Thus, here, there is a symbiotic relationship that patients infected with HIV to progress to AIDS. また、TNFは、脳及び神経系、肺機能の悪化、食欲の喪失、更なる日和見的な生物の付着、下痢、吸収不良につながる腸の悪化を引き起こす重要な因子であることが確認されている。 Moreover, TNF is the brain and nervous system, deterioration of lung function, loss of appetite, further opportunistic biofouling, diarrhea, it has been confirmed to be an important factor causing deterioration of the intestines that leads to malabsorption . その結果として起こる栄養失調それ自体は、抗体の生産とリンパ球数を減らすことが知られている。 Consequent malnutrition itself, are known to reduce the number of production and lymphocyte antibodies. また、リンパ球数は、任意の感染に応答して、特にTNFに応答して激しく低下する。 Also, lymphocyte counts, in response to any infection, severely reduced in response to the particular TNF. ウイルスによるリンパ球の崩壊に加えて、日和見的な生物による再発的な感染の率の増大の効果により、リンパ球数は更に抑えられることとなる。 In addition to the disruption of lymphocytes by viruses, the effect of recurrent increase in rate of infection by opportunistic organisms, lymphocyte count and thus further suppressed. 栄養失調につながる患者の食欲の喪失及び吸収不良の進展が引き起こされるのは、炎症過程において腸が関連することによる。 The loss and development of malabsorption appetite of the patient leading to malnutrition caused is by related intestinal in the inflammatory process. かくして、患者は、3重の補償を受ける、即ち、ウイルスによりリンパ球数が抑えられ、これにより、感染によりリンパ球数が抑えられ、次いでその効果は、栄養失調により強められるのである。 Thus, the patient is subjected to triple compensation, i.e., the number of lymphocytes is suppressed by viral, thereby, the number of lymphocytes is suppressed by infection, then the effect is to be strengthened by malnutrition. これが、HIVに感染した患者がAI DSに進展し、衰弱し、死に至る機構である。 This is, patients infected with HIV will progress to the AI ​​DS, and weakness, is the death mechanism. ウイルス自体は、衰弱症状を生じず、また、ウイルスによって個体の質量が消費されることもない。 Virus itself will not cause debilitating symptoms, nor that the individual masses are consumed by the virus. むしろ、衰弱症状は、慢性的な感染、栄養失調及び死亡につながる上記の一連の事象により引き起こされるのである。 Rather, debilitating symptoms, chronic infection, of being caused by the above sequence of events leading to malnutrition and death. 広範囲の感染性病原体が、AIDSの確立した患者及びHIV感染の初期段階の患者の双方においてみられる。 Wide range of infectious agents is found in both patients with early stages of established patients and HIV infection of AIDS. ウイルスには、サイトメガロウイルス(CMV) 、単純ヘルペスウイルス(HSV)、パポーバウイルスが含まれ、これらのうち、 CMVがこれまで最も壊滅的なものである。 The virus, cytomegalovirus (CMV), herpes simplex virus (HSV), papovavirus includes, among these, is the most devastating CMV ever. CMV感染は、同時に且連続的に、 胃腸管全体を巻き込み、非常に侵入性が強く、深刻であり、大脳障害による不全失語症、下痛、嘔吐、腹痛、吐き気、血液及び粘液を伴う若しくは伴わない下痢、巨大結腸及び局所的な腹膜炎の頻発、胆閉塞、痴呆及び失明などの全身的及び局所的な症状を生ずる。 CMV infection, simultaneously 且 continuously, rolling the entire gastrointestinal tract, very invasive strong, is serious, dysphasia, under pain due to cerebral disorders, emesis, with or without abdominal pain, nausea, blood and mucus diarrhea, frequent occurrence of megacolon and local peritonitis, biliary obstruction, systemic and local symptoms such as dementia and blindness occurs. 細菌性病原体には、種々の形態のTB(結核菌)、マイコバクテリウム・アビウム・ イントラセリュラーレ(トリ型結核菌:Mycobacterium avium intracellulare)( MAI)、大腸菌(E.coli)、好血菌(Hemophilus)、淋菌(N.gonorrhoeae)、ネズミチフス菌(Salmonella typhimurium)、カンピロバター・ジュジュニ(Campylobact er jejuni)、フレクスナー赤痢菌(Shigella flexneri)及びコレラが含まれる。 Bacterial pathogens, TB (tuberculosis) in various forms, Mycobacterium avium-intra cellulite Centrale (M. avium: Mycobacterium avium intracellulare) (MAI), E. (E. coli), Kochikin ( Hemophilus), Neisseria gonorrhoeae (N. gonorrhoeae), S. typhimurium (Salmonella typhimurium), Kanpiro butter Jujuni (Campylobact er jejuni), include Shigella flexneri (Shigella flexneri) and cholera. AIDS患者は、特にネズミチフス菌(S.typhimurium)による感染を受けやすく、それは、生命を脅かすほどの下痢、抗生物質治療に対して耐性のある再発性全身的菌血症を生じ得る。 AIDS patients are particularly susceptible to infection with S. typhimurium (S.typhimurium), it diarrhea as life-threatening, can result in recurrent systemic bacteremia resistant to antibiotic treatment. MAIは、AIDS患者において流行する細菌性感染症の最も一般的な原因である。 MAI is the most common cause of bacterial infection prevalent in AIDS patients. 通常の若しくは免疫無防備状態していない宿主において、この生物による疾病は珍しく、臨床的な症状は、もし在ったとすれば、主に肺機能に関連したものである。 In normal or host which is not immunocompromised, unusual diseases caused by this organism, clinical symptoms, if that if there is mainly related to lung function. AIDS患者において、MAIは、典型的には、骨髄、脾臓、肺、リンパ節、腸管、脳、副腎に関連した広範囲の感染症を引き起こす。 In AIDS patients, MAI is typically causing bone marrow, spleen, lungs, lymph nodes, intestine, brain, infections extensively associated with the adrenal gland. 原生動物には、イソスポラ(Isospora)、ニューモシスチス・カリニ(Pneumocyst is carinii)、トキソプラスマ(Toxoplasma)、赤痢アメーバ(Entamoeba histolyt ica)、ランブル鞭毛虫(Giardia lamblia)及びコクシジア(coccidia)がふくまれる。 The protozoa, Isospora (Isospora), Pneumocystis carinii (Pneumocyst is carinii), Toxoplasma (Toxoplasma), Entamoeba histolytica (Entamoeba histolyt ica), Giardia lamblia (Giardia lamblia) and Kokushijia (coccidia) is included. 免疫能力のある個体における寄生細胞毒(Paracytoxis)感染症は、通常、短期間であり、激しい下痢及び可能な範囲の体重の減少程度を生ずる腸に関連したものを伴う。 Parasitic cytotoxin in a immunocompetent individuals (Paracytoxis) infection is usually short-lived, involve those associated with bowel produce about weight loss in severe diarrhea and possible ranges. しかしながら、免疫無防備状態個体においては、感染は、持続性があり、生命を脅かすものとなり得る。 However, in immunocompromised individuals, infection, there is a persistent, can become life threatening. AIDS患者の小さいパーセンテイジにおいて、寄生体は、侵入性があり、耐えがたい慢性的な大量の下痢、腹痛、 血液量減少症、電解質障害、栄養不足などの症候群を生ずる。 In a small percentage presentation of AIDS patients, parasites, it is invasive, resulting excruciating chronic massive diarrhea, abdominal pain, hypovolemia, electrolyte disorders, syndromes such as malnutrition. 菌類には、カンジダ・アルビカンス(鵞口瘡カンジダCandida albicans)、クリプトコッカス(Cryptococcus)及びヒトスプラスマ(Histoplasma)が含まれる。 The fungus, Candida albicans (C. albicans Candida albicans), include Cryptococcus (Cryptococcus) and Hitosupurasuma (Histoplasma). AIDS患者の大部分において、持続性の口腔カンジダ症がみられ、通常、A IDSが真菌性敗血症及び死亡に進行するまで侵入するAIDSの最終段階の開始を示すものであると考えられている。 In most AIDS patients, it observed persistent oral candidiasis, usually, A IDS is believed to be indicative of the start of the final stage of AIDS to penetrate to progress to fungal sepsis and death. 種々の病原体、例えば、ロタウイルス、コレラ、腸毒素産生性大腸菌、う蝕原生レンサ球菌(Streptococcus mutans)、サルモネラ菌、淋菌、HIV、TNF、 IL−1、IL−6、内毒素、クモ及びヘビ毒などを中和する抗体は、種々の方法で生産され、科学的文献に報告されている。 Various pathogens, for example, rotavirus, cholera, enterotoxigenic E. coli, caries native Streptococcus (Streptococcus mutans), Salmonella, Neisseria gonorrhoeae, HIV, TNF, IL-1, IL-6, endotoxin, spider and snake venom antibodies that neutralize the like are produced in various ways, are reported in the scientific literature. 生産方法には、遺伝子工学に処理された細菌、モノクローナルハイブリドーマ、及び、鶏及び牛の高度免疫法が含まれる。 The production method, the bacteria were processed genetic engineering, monoclonal hybridomas, and includes advanced immunization of chickens and cattle. かかる抗体は、in vitro及び腸内の病原体/粘膜の境界におけるin viv oで標的になる病原体を中和することが示されている。 Such antibodies have been shown to neutralize pathogens are targeted at in viv o at the boundary of the in vitro and intestinal pathogens / mucosa. 最近の掲載論文において、動物種及び人の両方において、経口投与された抗体が、感染性の腸疾病の治療に寄与し得ることが示されている。 In a recent published article in both animal species and humans, orally administered antibodies, it has been shown that may contribute to the treatment of infectious intestinal diseases. 過去において、抗体については問題があった。 In the past, for the antibody there was a problem. かかる問題には、以下のことが含まれる。 To such problems include the following. : a. : A. モノクローナル抗体は、はじめ機能するが、その後、生物は、突然変異し、 モノクローナル抗体は、機能しなくなる。 Monoclonal antibodies, will be the beginning function, then, organisms, mutated, monoclonal antibodies, will not function. b. b. モノクローナル抗体は、腸により分解される。 Monoclonal antibodies are degraded by the gut. c.高度免疫法による牛からのポリクローナル抗体は、非常にばらつきが大きい。 c. Polyclonal antibodies from bovine by hyperimmune method, very large variation. 或る牛は、良好な機能する抗体を生産するが、別の牛は、非常にわずかしか生産しない。 Some cattle, but the production of antibodies that good function, another of cattle, very little does not produce. 各々の牛は、大量の高度免疫乳清を生産するので、複数のドナー牛からの試料はほとんど若しくは全く混合しない。 Each cow, since the production of large quantities of hyperimmune whey, samples from multiple donors cattle little or no mixing. 本発明の処理過程を用いると、ポリクローナル鶏卵黄抗体は、非常に成功性が有ることが証明され、本発明のほとんどを構成する。 With process of the present invention, a polyclonal chicken egg yolk antibodies are proven to be very successful resistance is present, constitutes most of the present invention. 鶏(雌)の免疫感作による利点のいくつかは、以下の通りである。 Some of the benefits of immunization of chicken (female) are as follows. a. a. ポリクローナル抗体(鶏により生産された形式のもの)は、上部腸によって分解されない。 (Of the type produced by chicken) polyclonal antibody is not degraded by the upper intestine. b. b. 高度免疫感作された鶏は、ポリクローナル抗体を生産するので、疾病惹起因子に吸着する部位が多数有り、抗体は、疾病が多様に変異しても良好に機能する。 Advanced immunized chickens, since the production of polyclonal antibodies, there site for adsorbing a disease caused factors are numerous, antibodies, disease also work well with variously mutated. c. c. 各々の鶏は、比較的少量の高度免疫卵黄を生産する。 Each chicken, produce relatively small amounts of hyperimmune egg yolk. 複数の鶏の生産物は、 配合されて、より均一な生産物を与える。 Product of multiple chickens, were formulated to provide a more uniform Seisanbutsu. 過去において、抗体は種を越えて機能すると考えられていなかったので、高度免疫感作された鶏からの抗体は使用されていない。 In the past, the antibodies I did not believed to function across species, antibodies from advanced immunized chickens are not used. 本発明に関連して実行された実験は、このおそれを反証した。 Experiments were performed in connection with the present invention was disproved this fear. いくつかの最近の研究において、ロタウイルス、寄生体、大腸菌により引き起こされる腸毒素産生性下痢疾患、新生児の壊死性全腸炎及びう蝕原生レンサ球菌から個体を受動的に保護する牛乳、鶏卵及びヒト血清由来の免疫グロブリンの投与の後、罹患率が低減したことが示されている。 In some recent studies, rotavirus, parasites, enterotoxigenic diarrheal disease caused by E. coli, cow's milk to passively protect individuals from necrotizing enterocolitis and caries native Streptococcus neonatal, eggs and human after administration of the serum-derived immunoglobulin, prevalence have shown that reduced. 腸病原性微生物に対して有効であるために、特異的な抗体は、微生物の吸着、 再生、細胞性炎症媒介物質の放出を防ぐべく、免疫学的に活性のある標的部位に到達しなければならない。 To be effective against enteric pathogenic microorganisms, specific antibodies, microorganisms of the adsorption, regeneration, in order to prevent the release of cellular inflammatory mediators, unless reach the target site of immunologically active not not. 今まで、経口投与された卵抗体が、どの程度まで、胃酸障壁に耐えて幼児や若い家畜を感染性の腸疾病から保護できるのか知られていなかった。 Until now, orally administered egg antibodies, to what extent, was not known whether it protect against infectious intestinal diseases of infants and young cattle withstand the gastric acid barrier. いくつかの報告では、ABを保護するために抗消化媒介物質が用いられた。 In some reports, anti-peptic mediator was used to protect the AB. 高度免疫感作された卵黄モデルにおいて生産された抗体が、経口投与された場合に、腸から離れた部位において特異的な病原体若しくは物質を好ましく干渉するべく標的され得るということが示された若しくは示唆されたことはなかった。 Antibodies produced in highly immunized yolk model, when orally administered, suggests or that that can be targeted is shown to be preferably interfere specific pathogen or agent at a remote site from the intestine it has never been. HIV陽性及びその他の免疫無防備状態患者の治療において、薬ではなく、 副作用が知られておらず、免疫系を変更しない抗体を投与する簡便で且効果的な方法が緊急に必要とされている。 In the treatment of HIV-positive and other immunocompromised patients, rather than the drug, side effects are not known, convenient and 且 effective method of administering an antibody that does not change the immune system is urgently needed. 抗体は、中和するべき病原体を探すキレート剤のようなものである。 Antibodies are those such as chelating agents to search for pathogens to be neutralized. また、獣医学的及び医学的分野においてもかかる発展は、 容易に受け入れられるものであろう。 Furthermore, such well developed in the veterinary and medical fields may be one that is easily accepted. 例えば、抗体が全身的に供給されるよう経口により乳腺のような離れた場所に運ばれれば、抗体は、乳腺炎誘引病原体をキレートすることができ、酪農乳牛におけるその病気の治療の革命となろう。 For example, it if transported to the location mammary away as by oral way in which the antibody is systemically supply, antibodies can be chelating mastitis attractant pathogen, a revolution of the treatment of the disease in dairy cows wax. AI DSのような人の病気の社会経済的重要性は欠くものの、乳腺炎は、非常に重要な獣医学的疾病である。 Although the socio-economic importance of the disease of people such as AI DS lacks, mastitis, is a very important veterinary diseases. 1992年において、乳腺炎感染症により、米国酪農団体員は、$200,000,000の費用がかかった。 In 1992, by mastitis infection, the US dairy organization members, took a cost of $ 200,000,000. 牛の体細胞数が高いと、 牛1頭あたり約$1,000の財政的費用において毎年牛当たり約906kg( 200,000lbs)の牛乳の損失を生じる。 A high number of somatic cell cattle, resulting in a loss of milk every year about per cow 906kg (200,000lbs) in the financial cost of about $ 1,000 per cow. 米国において、9,750,000 頭の牛が存在する。 In the United States, there are 9,750,000 head of cattle. 米国における酪農牛の10%のみが、体細胞数(SCC)について最も高いランキングに達する(100,000以下)。 Only 10% of dairy cows in the United States, reaches the highest ranking for somatic cell count (SCC) (100,000 or less). 酪農家は、牛がSC Cにおいて最も高いランキングを得ると、牛乳100重量当たり$50若しくはそれ以上を受け取る。 Dairy farmers, cattle obtains the highest ranking in the SC C, you receive $ 50 or more milk 100 weight per. 一つの重要な例は、今年の夏の北中西部における洪水である。 One important example is the flood in this year's summer of northern Midwest. ミネソタ州(この調査は完了している。)において、26の酪農家のうち20 は、連続した2回の試験期間(6月及び7月)においてSCCを通過しなかった。 In Minnesota (This study is complete.), 20 out of the dairy farmers 26 was not passed through the SCC in two consecutive test periods (June and July). SCCは8月には監察されない。 SCC is not being monitored in August. もし監察されたとすると、結果は、その牧草地の質により低下し続けることになったであろう。 If the is monitored, the result would have been to continue to drop by its pasture quality. もしSCC値が連続した3ヶ月間において高ければ、ANY目標のためその牛乳の販売は自動的に取消となり、財政的な損失は、甚大となったであろう。 The higher in the three months SCC values ​​are continuously if, sales of its milk for ANY goal will automatically be canceled, financial losses, would have been enormous. 通常、8月は、牛乳生産に関して年間で最も良い月であり、従って、ADLPは、SCCを監察しない。 Normally, August is the best month in a year in relation to milk production, therefore, ADLP does not monitor the SCC. 更なる情報は、以下の文献を参照することにより分かる。 Additional information is found by reference to the following literature. アンガー等の「高度免疫ウシ初乳による治療後の後天性免疫不全症候群患者のクリプトスポリジウム関連性下痢の停止」(Ungar et al.,"Cessation of Crytosp oridium-Associated Diarrhea in an Acquired Immunodeficiency Syndrome Pat ient After Treatment with Hyperimmune Bovine Colostrum",Gastroenterolgy, 1990,98:486-489)、ツァイポリ等の「高度免疫ウシ初乳による免疫不全症小児治療におけるクリプトスポリジウム症による下痢の軽減」(Tzipori et al.,"Remi ssion of Diarrhea due to Cryptosporidiosis in an Immunodeficient Child T reated with Hyperimmune Bovine Colostrum",British Medical Journal,vol.29 3, 15 Nov.1986,pp.1276-1277)、ヨーケン等の「腸内ウイルス感染症の防止と治療のための免疫グロブリン及びその他の薬剤使用」(Yolken et al.,"Immunoglobu lins and Other Modalities for the Prevention and Treatment of Enteric Vi ral Infections",J.Clin.Immunol.,vol "Stopping the hyperimmune bovine acquired immune deficiency syndrome patients after treatment with colostrum Cryptosporidium-related diarrhea" (Ungar et al, such as Anger., "Cessation of Crytosp oridium-Associated Diarrhea in an Acquired Immunodeficiency Syndrome Pat ient After treatment with hyperimmune bovine colostrum ", Gastroenterolgy, 1990,98:. 486-489)," reduction of diarrhea caused by cryptosporidiosis in immunodeficiency disease in children treatment with hyperimmune bovine colostrum "such as Tsuaipori (Tzipori et al," Remi ssion of Diarrhea due to Cryptosporidiosis in an Immunodeficient Child T reated with Hyperimmune Bovine Colostrum ", British Medical Journal, vol.29 3, 15 Nov.1986, pp.1276-1277), prevention of such Yoken of" intestinal virus infection an immunoglobulin and other drug use "(Yolken et al for the treatment.," Immunoglobu lins and other Modalities for the Prevention and treatment of Enteric Vi ral Infections ", J.Clin.Immunol., vol .10,no.6,Nov.1990,pp.80S-86S )、バーンヒゼル−ブロードベンド等の「食品アレルギー小児における経口投与される免疫グロブリン調製物のアレルギー誘発性」(Bernhisel-Broadbent et al .,"Allergenicity of Orally Administered Immuniglobulin Preparations in Food-Allergic Children",Pediatrics,vol.87,no.2,Feb.1991,pp.208-2 14)、ザネッティ等の「深刻な疾病の患者における感染症の防止及び治療における免疫グロブリンの使用」(Zanetti et al.,"Use of Immunoglobulins in Prev ention and Treatment of Infection in Critically Ill Patients:Review and Critique,"Reviews of Infectious Diseases,1991,13:985-992)、クルマン等の「感染性腸疾病の予防及び治療のための鶏卵抗体:免疫感作及び抗体決定」 .10, no.6, Nov.1990, pp.80S-86S), Banhizeru - "allergenic immunoglobulin preparations for oral administration in food allergy in children" such broad bend (Bernhisel-Broadbent et al,. "Allergenicity of Orally Administered Immuniglobulin Preparations in Food-Allergic Children", Pediatrics, vol.87, no.2, Feb.1991, pp.208-2 14), prevention of infections in patients "of serious diseases such as Zanetti and use of immunoglobulin in the treatment "(Zanetti et al,." use of immunoglobulins in Prev ention and treatment of Infection in Critically Ill Patients: Review and Critique, "Reviews of Infectious Diseases, 1991,13: 985-992), Kullman etc. "egg antibodies for prophylaxis and treatment of infectious intestinal diseases: immunization and antibody determination"

Infectious Intenstinal Diseases:Immunization and Antibody Determination, "J.Vet Med.,1988,35:610-616)、ウェイダマン等の「感染性腸疾病の予防及び治療のための鶏卵抗体:人工空腸フィステルをもつ仔ブタにおけるin vivo粘着試験」(Wiedemann et al.,"Chicken Egg Antibodies for Prophylaxis and Th erapy of Infectious Intestinal Diseases:In Vivo Tenacity Test in Piglets with Artificial Jejunal Fistula,"J.Vet.Med.,1990,37:163-172)、ウェイダマン等の「感染性腸疾病の予防及び治療のための鶏卵抗体:ブタにおける大腸菌下痢に対する保護硬化についてのin vivoでの研究」(Weidemann,et al.,"Chi cken Egg Antibodies for Prophylaxis and Therapy of Infectious Intestinal Diseases:In Vivo Studies on Protective Effects against Escherichia Coli Diamhea in Pigs"J.Vet.Med.,1991,38:283-291)、シュミット等の「感染性腸疾病の予防及び治療のための鶏卵抗体:病原性 Infectious Intenstinal Diseases: Immunization and Antibody Determination, "J.Vet Med, 1988,35:. 610-616), chicken egg antibodies for prophylaxis and treatment of" infectious intestinal diseases such as Weidaman: piglets with artificial jejunal fistula in vivo adhesion test "(Wiedemann et al in,." Chicken Egg Antibodies for Prophylaxis and Th erapy of Infectious Intestinal Diseases: in Vivo Tenacity test in Piglets with Artificial Jejunal Fistula, "J.Vet.Med, 1990,37:. 163 -172), such as Weidaman. "egg yolk antibody for the prevention and treatment of infectious intestinal diseases: in vivo studies for the protection cured against E. coli diarrhea in pigs" (Weidemann, et al, "Chi cken Egg antibodies for prophylaxis and therapy of infectious intestinal diseases: in Vivo Studies on Protective Effects against Escherichia Coli Diamhea in Pigs "J.Vet.Med, 1991,38:. 283-291), Schmitt such as" the prevention and treatment of infectious intestinal disease pathogenic: chicken egg antibodies for 腸菌系統に対して特異的な卵黄抗体の胃及び腸での消化についてのin vitroでの研究」(Schmidt et al.,"Chi cken Egg Antibodies for Prophylaxis and Therapy of Infectious Intestinal Diseases:In Vitro Studies on Gastric and Enteric Digestion of Egg Yolk Antibodies Specific against Pathogenic Escherichia Coli Strains,"J.Vet . E. coli in vitro studies of the digestion in the stomach and intestines of specific egg yolk antibody against the system "(Schmidt et al," Chi cken Egg Antibodies for Prophylaxis and Therapy of Infectious Intestinal Diseases:. In Vitro Studies on Gastric and Enteric Digestion of Egg Yolk Antibodies Specific against Pathogenic Escherichia Coli Strains, "J.Vet.
Chicken Egg,an Antibody Source,"J.Vet.Med,1986,33:609-619)、ジュングリング等の「「感染性腸疾病の予防及び治療のための鶏卵抗体:分離された腸細胞への腸管毒性大腸菌の吸着に対する保護効果についてのin vitroでの研究」 Chicken Egg, an Antibody Source, "J.Vet.Med, 1986,33: 609-619), such as Jun toggling", "prevention of infectious intestinal diseases and therapeutic egg antibodies for: to isolated intestinal cells in vitro studies of the protective effect with respect to the suction of the intestinal tract toxic E. coli "
Infectious Intestinal Diseases;In Vitro Studies on Protective Effects ag ainst Adhesion of Enterotoxogenic Escherichia coli to Isolated E nterocytes,"J.Vet.Med.,1991,38:373-381)、イケモリ等の「K99毛形成された腸毒素産生性大腸菌により免疫感作された鶏からの鶏卵粉末の投与による致命的な腸内細菌症に対する新生仔ウシの保護」(Ikemori et al,”Protection of Neonatal Calves Against Fatal Enteric Colibacillosis by Administratio n of Egg Yolk Powder from Hens Immunized with K99-Piliated Enterotoxigen ic Escherichia coli,”Am.J.Vet.,Res.,vol.53,no.II,Nov.1992)、ヨコヤマ等の「新生仔ブタにおける実験的な腸管毒性大腸菌感染症に対する鶏卵黄免疫グロブリンの受動的な保護効果」(Yokoyama et al.,Passive Protective E ffect of Chicken Egg Yolk Immunoglobulins against Experimental Enterotox igenic Escherichia coli Infection in Neonatal Piglets,"Infect.Immun. . Infectious Intestinal Diseases; In Vitro Studies on Protective Effects ag ainst Adhesion of Enterotoxogenic Escherichia coli to Isolated E nterocytes, "J.Vet.Med, 1991,38: 373-381), intestinal toxins that have been" K99 hair formation of such Ikemori fatal protection of newborn calf against intestinal bacterial disease "(Ikemori et al by the administration of egg powder from immunized chicken by the production of E. coli," protection of neonatal calves against fatal enteric Colibacillosis by Administratio n of egg Yolk Powder from Hens Immunized with K99-Piliated Enterotoxigen ic Escherichia coli, "Am.J.Vet., Res., vol.53, no.II, Nov.1992), experimental intestinal tract in the" neonatal pigs such as Yokoyama chicken egg yolk immunoglobulin of passive protective effect "(Yokoyama et al to the toxic E. coli infections., passive protective E ffect of chicken Egg yolk immunoglobulins against Experimental Enterotox igenic Escherichia coli infection in Neonatal Piglets," Infect.Immun. ,1 992 60(3):998-1007)。 背景情報の有用な概観は、次の文献に見ることができる。:シャロン等の「細胞認識における炭化水素」(Sharon et al.,"Carbohydrates in Cell Recognitio n",Sci.Amer.Jan.1993) ここで採られるアプローチは、上記に引用した米国特許第 , 1 992 60 (3):. 998-1007) useful overview of the background information can be found in the following references:.. "Hydrocarbons in cell recognition" (Sharon et al, such as Sharon, "Carbohydrates in Cell Recognitio n ", Sci.Amer.Jan.1993) where approach taken in U.S. Patent No. cited above 号において授乳する反芻動物の乳における体細胞数を低減するために実証されている。 It has been demonstrated to reduce the number of somatic cells in milk of ruminant lactation in No.. 発明の概要概して、本発明は、人及び人以外の哺乳類の全身的な疾病の治療において卵抗体調製物を使用することに関したものである。 Summary of the Invention Generally, the present invention has related to the use of egg antibody preparations in the treatment of systemic diseases of mammals other than human and human. まず、IgY抗体が、前記の一つ若しくはそれ以上の病原性生物若しくは有毒因子に対して能動的に免疫感作されている家禽の卵から、かかる抗体を誘発する免疫原性決定基を含む免疫原(抗原) を注射することにより得られる。 First, the immune IgY antibody, comprising the one or more from the eggs poultry that are actively immunized against a pathogenic organism or toxic agents, immunogenic determinants to induce such antibodies in obtained by injecting the raw (antigen). 家禽に免疫原を注射する過程は、フェルテル等の「鶏卵黄におけるプロスタグランジンに対する抗体の形成」(Fertel et al., "Formation of antibodies to prostaglandins in the Yolk of Chicken Eggs" ,Biochem.Biophys.Res.Comm.,1981,102:1028-1033)から得られる。 The process of injecting the immunogen in poultry, "the formation of antibodies against prostaglandin in chicken egg yolk" such as Fertel (Fertel et al., "Formation of antibodies to prostaglandins in the Yolk of Chicken Eggs", Biochem.Biophys.Res .Comm, 1981,102:. 1028-1033) obtained from. その後、抗体は、上記の病原性生物若しくは有毒因子によって引き起こされた若しくは悪化させられた感染性若しくは非感染性の全身的な疾病に罹っている哺乳類に対して、若しくはそのような疾病を防ぐために哺乳類に対して経口投与される。 Thereafter, the antibody, in order to prevent relative to the pathogenic organism or by which a mammal suffering from infectious or non-infectious systemic disease is that the or exacerbated caused by toxic factors, or such diseases orally administered to a mammal. 本発明は、かくして、全身的な受動免疫を提供することができる。 The present invention thus can provide a systemic passive immunization. 抗体の濃縮は可能であるが、卵黄から抗体を分離する必要はなく、従って、処理及び投与は、簡便で廉価である。 Although enrichment of antibodies are possible, it is not necessary to separate the antibody from the egg yolk, therefore, processing and administration is simple and inexpensive. 特定の抗原に対して免疫感作された家禽の卵黄から生産される抗体は、腸内において又はそこから離れた組織内において、ウイルス性、細菌性、真菌性、原生動物性、毒性、炎症性媒介物質、プロスタグランジン、ロイコトリエン、トロンボキシン、肉腫又はガン腫であるかによらず、有毒因子を制御するのに有効である。 The antibodies produced from egg yolk of immunized against a particular antigen poultry, in the tissue away from it, or in the intestine, viral, bacterial, fungal, protozoan, toxic, inflammatory mediators, prostaglandins, leukotrienes, regardless of thromboxin either a sarcoma or carcinoma, which is effective in controlling toxic factors. 免疫原性決定基は、病原性生物の特異的な一部、例えば、ウイルスのループ若しくはコート、毛形成された細菌のフィムブリエなどのみ含んでいれば良い。 Immunogenic determinant specific portion of pathogenic organisms, for example, a loop or coat of the virus, it needs to contain only such fimbriae of bacteria are hair formation. 本発明の方法は、マウスの敗血性ショックの治療に、及び酪牛の体細胞数の低下に有効であることが示されている。 The method of the present invention have been shown in the treatment of mice septic shock, and is effective to decrease the number of somatic cells in 酪牛. かくして、ここに開示される発見により、発明の背景において議論された如何なる病原性生物若しくは分子に対しても誘起される卵抗体が、腸から離れた組織における疾病、即ち、全身的な疾病を制御するのに有効であることが示される。 Thus, the discovery disclosed herein, an egg antibodies induced against any pathogenic organism or molecules discussed in the Background of the invention are diseases in tissue away from the intestine, i.e., control systemic disease it is shown to be effective in. 発明の詳細な説明胃腸管を含む粘膜は、免疫グロブリンの分泌を担っており、その機能は、体内の他のリンパ組織とは別のものである。 Mucous membranes including detailed description gastrointestinal tract of the invention, are responsible for the secretion of immunoglobulins, whose function is separate from the other lymphoid tissues in the body. 分泌型免疫グロブリンは、病原体と、その他の粘膜又は体のほとんどの表面との接着を防ぎ、かくして、病原体が疾病を引き起こす能力を抑える。 Secretory immunoglobulin prevents pathogen, the adhesion between most of the surface of the other of the mucosa or body, thus, reduce the ability of the pathogens cause disease. 分泌免疫系が適切に機能するには、粘膜細胞、抗原処理細胞、T細胞及び形質細胞のいくつかのクラスの調整された活性が必要である。 The secretory immune system to function properly, mucosal cells, it is necessary to adjust activity of several classes of antigen processing cells, T cells and plasma cells. 分泌型IgA、即ち、主要な分泌型免疫グロブリンの不足は、再発性の腸、肺、洞若しくはその他の全身的な感染症に結びつき得る。 Secretory IgA, namely, the lack of major secretory immunoglobulin is, recurrent intestinal, lung, can lead to sinus or other systemic infections. 分泌型IgAは、固有層に見出される形質細胞によって産生され、腸内免疫において重要な役割をすると信じられている。 Secretory IgA is produced by plasma cells found in the lamina propria, it is believed that an important role in intestinal immunity. これらの形質細胞は、プログラムされたB細胞が変換されたものであり、そのプログラムは、腸のリンパ組織内のパイエル板と呼ばれる領域に集中されるT細胞からの信号に依存する。 These plasma cells are those programmed B cells have been converted, the program is dependent on the signal from the T cells are concentrated in regions called Peyer's patches in the lymphatic tissue of the intestine. 腸内免疫にとって、腸表面の感染を防ぐ抗体の生産は、非常に重要である。 For intestinal immunity, the production of antibodies that prevent infection of intestinal surface is very important. パイエル板に見られるTリンパ球は、腸の粘膜への結合の原因となる病原体表面の蛋白質を処理する。 T lymphocytes found in Peyer's patches, processes the protein of the pathogen surface, which causes binding to intestinal mucosa. もし付着が生じなければ、疾病は生じ得ない。 If adhesion occurs if the disease can not occur. かくして、これらの表面の蛋白質に対する抗体は、結合と疾病とを防ぐことができる。 Thus, antibodies against the protein of these surfaces, it is possible to prevent the binding and and disease. 腸の日和見的な生物は、かかる抗体によっては殺されないが、抗体は、それらの生物を中和し、粘膜への結合を防ぐ。 Opportunistic organisms of the gut is not killed by such antibodies, antibodies neutralize their biological, preventing binding to mucosa. いくつかの因子は相互作用して潜在的な病原体が粘膜に付着することを防ぐが、分泌型IgAは、特異的であり、全ての防御機構の基本的なものである。 Several factors prevent potential pathogens interact adheres to the mucosa, secretory IgA is specific, is fundamental for all defense mechanisms. AIDSにおける主要な欠陥は、レトロウイルスHIVの感染によるヘルパーTリンパ球の特定のサブセットの崩壊であると感じられている。 Major defect in AIDS is felt to be a disruption of a specific subset of helper T lymphocytes by retroviral infection HIV. 免疫学的な混乱は、T細胞、B細胞、抗原処理細胞、マクロファージの機能的な異常を含め、広範囲に広がる。 Immunological disruption, T cells, including B cells, antigen processing cells, the functional abnormalities of macrophages, spread wide. 侵入及び疾病の拡大若しくは敗血症につながるCMVやMAIなどの粘膜感染の進展は、分泌型免疫性がAIDS患者において損なわれていることを含意している。 Evolution of mucosal infections, such as CMV and MAI lead to expansion or sepsis invasion and disease are implying that secretory immunity is impaired in AIDS patients. 新生哺乳類は、免疫学的に無力な個体として、抗体の経口摂取による受動的な免疫の恩恵を受ける良い例である。 Newborn mammals, as immunologically helpless individuals, is a good example benefit from the passive immunization by oral ingestion of the antibody. 新生個体の腸の免疫は、大人の個体の免疫学的振舞いが出来ないにもかかわらず、新生児は、その環境から摂取された潜在的に疾病を引き起こし生命を脅かし得る生物に必ずしも屈服しない。 Immunity of the intestine of newborn individuals, even though it can not immunological behavior of adult individuals, newborns, does not necessarily give in to the organism, which can be life-threatening cause a potentially disease that is ingested from the environment. これは、新生児の母親が既に彼女の環境内の生物に対する免疫を発展させているからである。 This is because the newborn's mother has already developed immunity to the organism in her environment. 母親は、高濃度の抗体を彼女の乳腺を介して新生乳児の口及び腸へ運ぶことにより、自分の免疫を抗体の形式でその子へ伝える。 Mother, by the high concentration of antibodies through her mammary gland carry to the newborn infant's mouth and gut, convey to their children their own immunized with the antibody format. 例えば、ウシ、テンジクネズミ及び人において、高濃度の形質細胞が、出産直前の乳腺において見つかることが示されている。 For example, cattle, in guinea pig and human, high concentrations of plasma cells, it has been shown that found in the mammary gland just before birth. 新生児が初めに乳を飲むと、初乳が生産されるが、それは、乳白色ではなく、麦わら色であり、幾分か蜂蜜に似た様相のものである。 When the newborn to drink milk at the beginning, although colostrum is produced, it is not a milky white, is a straw-colored, are those aspects similar to some honey. 初乳は、実質的に純粋な抗体である。 Colostrum is a substantially pure antibody. かくして、ウシ分泌型抗体は、免疫学的に無垢な仔ウシへ受動免疫を提供し、 かかる免疫は、母ウシが摂取し、その腸内環境に有するすべての通常の寄生体、 細菌、カビから仔ウシを安全にする。 Thus, bovine secretory antibodies provide passive immunity to immunologically innocent calf, such immunity, mother cows ingested, all the usual parasites with their intestinal environment, bacteria from fungi to secure the calf. 初めの12時間において、仔ウシにより摂取された初乳は、あたかも静脈注射によって与えられたように、直接に血液中に送られることが示されている。 At the beginning of the 12-hour, colostrum ingested by calves, as if given by intravenous injection, it has been shown to directly sent to the blood. また、鶏もヒナを農場などの生物の環境から保護するために抗体を生成する。 Further, chicken to generate antibodies to protect chicks from biological environment such as farm. 鳥類においては、子孫は、卵へ、特に卵黄へ移送された母親の抗体を吸収することにより受動的な免疫性を取得する。 In birds, progeny, to eggs, to obtain passive immunity in particular by absorbing the transported maternal antibodies to egg yolks. かくして、ヒナは、かれら自身による抗体生成としては免疫学的に無垢であるが、母親が卵黄内に農場等環境に存在する病原体に対する抗体を有効に提供しているので、そのような病原体によって害されることはない。 Thus, chicks, but as the antibody produced by their own immunologically solid, because the mother is providing effective antibodies against pathogens present on a farm like environment within the egg yolk, by such pathogens It will not be harmed. 一つの種で生産された抗体は他の種における対応する抗原の効果を中和するのに用いることができることは良く知られている。 Antibodies produced by one species is well known that can be used to neutralize the effect of the antigen corresponding in other species. 従って、一つの種からの個体が別の種の個体において生産された抗体による免疫保護を受けた場合、受動的な免疫感作も生ずる。 Therefore, if the individual from one species receives immune protection by antibodies produced in another species of individuals, even resulting passive immunization. 鶏の免疫感作に用いられる抗原が、仔ウシ又は仔ブタにおいて細菌症などの腸の感染性疾病を引き起こす細菌であるとき、前記の態様で免疫感作された鶏の卵から得られる抗体含有卵黄は、その抗原に対する活性を有しており、従って、免疫感作に用いられたものと同じ細菌による攻撃から仔ウシ若しくは仔ブタを保護するのに有効である。 Antigen used for immunization of chickens, when the calf or piglet a bacteria causing infectious diseases of the intestine such as bacteria diseases, antibody-containing obtainable from an egg of the immunized hens in the embodiment yolk has activity against the antigen, thus, it is effective to protect the calf or piglet from attack by the same bacterium as that used for immunization. 例えば、ブタについての腸管病原性大腸菌系統に対して特異的な抗体を大量に得るために卵を生む鶏を妊娠しているブタについてのワクチンで免疫感作することができる。 For example, it can be a vaccine with immunization of pigs are pregnant chickens produce eggs in order to obtain large amounts of specific antibodies against enteropathogenic E. coli strain for pigs. それにより生産された抗体含有卵は、その後、乳代替物と混合され、腸の細菌症を治療するために仔ブタに与えられる。 Antibodies eggs produced thereby is then mixed with the milk substitute, given to piglets to treat bacterial diseases of the intestine. AIDS患者の進行性衰弱を引き起こすほとんどの腸病原性生物は、「農場等」の普通の環境において見つけられるものであるので、それらの生物に対する抗体を含有する初乳若しくは卵黄を腸免疫性の衰弱した患者に消費させることは有利であるように思われる。 Most enteric pathogenic organisms that cause progressive weakness in AIDS patients, since those found in normal circumstances the "farm etc.", weakness colostrum or egg yolks containing the antibodies of intestinal immunity to their biological be consumed by the patient appears to be advantageous. ウシと鶏の両方とも、衰弱した免疫系を有する個体を保護するのに必要とされる抗体を生産するために「慣れさせる」ことができる。 Both bovine and chicken can "acclimate" it to produce antibody required to protect individuals with weakened immune systems. 更に、ウシ及び鳥類の抗体は、例えば、モノクローナル抗体若しくはヒト血清抗体とは違って、幾分か消化から保護されるという重要な利点を有する。 Furthermore, antibodies of cattle and birds, for example, unlike the monoclonal antibodies or human serum antibodies have the important advantage of being protected from some digestion. 初乳と卵黄との両方とも免疫を提供するのに効果的であるが、双方の種を良く知る者にとって容易に明らかになるように、鶏は、ウシよりもいくらかの有利な点を有する。 Although effective in providing immunity both colostrum and egg yolk, as will be readily apparent to those familiar with both species, chicken, have some advantages over cattle. ウシは、高価であり、仔ウシを産生するものであり、従って、初乳は、年一度しか生産されない。 Cattle, are expensive, are those that produce calves, therefore, colostrum, only once a year not produced. 高い濃度の初乳は、1−2日しか利用することができず、冷凍保存されなければならない。 Colostrum of high concentrations, can not be only 1-2 days to use, it must be frozen. これと対照的に、鶏は、10日のうち7日、卵を産む。 In contrast, chicken, 7 days out of 10 days, lay eggs. 卵は、数週間室温で保存することができる。 Eggs can be stored at room temperature for several weeks. 鶏は、一旦、或る特定の抗原に対する抗体を生産することを「学習」すれば、約10年にわたる全生涯において、それを行うこととなる。 Chicken Once the "learn" to produce antibodies to a particular antigen, in all lifelong about 10 years, and do it. 更に、平均的な卵は、IgY若しくは「 卵黄免疫グロブリン」とも呼ばれる8mg/mlのIgGを有する15mlの卵黄を含む。 Furthermore, the average egg, egg yolk of 15ml with 8 mg / ml of IgG, also called IgY or "egg yolk immunoglobulin". このことにより、鶏をウシよりも更に有効な抗体生産動物とすることができる。 Thus, chickens can be further effective antibody-producing animals than cows. 鶏は、kg体重あたりでは、ウシがその初乳において生産する抗体よりも約20倍多くの量の抗体を生産する。 Chicken, in per kg of body weight, cattle produce approximately 20-fold greater amount of antibodies than antibodies produced in the colostrum. 鶏に加えて、他の家禽類、例えば、七面鳥、アヒル、ガチョウ及び同様のものなどもまた卵の供給源として役立つ。 In addition to chickens, other poultry, e.g., turkeys, ducks, serve as a source of also egg goose and the like. 卵を産む鶏は、その鶏の中に見られるすべての抗体同位体、即ち、IgY、I gM及びIgA抗体を卵へ移送する。 Chickens lay eggs, all antibodies isotopes found in its chicken, i.e., transferring IgY, the I gM and IgA antibodies to egg. 卵黄は、IgYのみを含み、IgM及びI gAは、卵白のみに含まれる。 Yolk includes IgY only, IgM and I gA are included only in the egg white. 鶏の血清IgY抗体のレベルは、単に抗原を投与した後まもなく(約1週間)卵黄内に反映される。 Levels of serum IgY antibodies in chickens is simply reflected shortly after the administration of antigen (about 1 week) in the yolk. 卵黄は、3−25mg/ml のIgYを含む。 Egg yolk, including IgY of 3-25mg / ml. 従って、その重量に依存して、各々の卵は、40−500mg のIgYを提供できる。 Thus, depending on its weight, each egg can provide IgY of 40-500Mg. 卵黄抗体の利点は、膨大である。 The advantage of egg yolk antibody, is enormous. 鶏抗体は、哺乳類の補体、Fc受容体、蛋白質A若しくは蛋白質Gと反応しない。 Chicken antibodies, complement mammalian, Fc receptor, does not react with protein A or protein G. 卵黄抗体は、強い耐酸及び耐熱特性を示す。 Yolk antibodies show strong acid and heat resistance. 卵黄抗体の抽出は、費用のかかる投資をすることなく、大きなスケールであってさえも実行することができる。 Extraction of egg yolk antibodies, without a costly investment, even at a large scale can also be executed. 卵黄からの抗体の濃縮は、比較的直接的な処理である。 Concentration of antibodies from egg yolks is a relatively straightforward process. 抗体は、低温滅菌によって害されない。 Antibodies are not harmed by pasteurization. FDAは、卵抗体を薬としてではなく、食品とみなしており、GRAS(概ね安全なものとして許容されるもの)の地位を与えられている。 FDA is not egg antibodies as drugs, food and are considered, given the status of GRAS (generally safe acceptable ones as). AIDS若しくはその他の疾病において卵抗体を人に使用することについてのFDAによる認可は、比較的煩わしくない。 Approved by the FDA for the use of egg antibodies to human in AIDS or other diseases, not relatively cumbersome. 卵抗体によるHIV患者を治療する正味の効果は、ウイルスの複製、結合及び腸から患者の内部への移動を防ぐことではなく、腸から離れた領域におけるウイルスの中和である。 The net effect of treating HIV patients with egg antibodies, viral replication, not to prevent movement to the interior of the patient from the coupling and intestinal, are neutralizing the virus in regions away from the intestine. 患者のHIVウイルスの感染の態様にかかわらず、最終的には、最も高い濃度は、腸の固有層において見られる。 Regardless aspect of infection in a patient with HIV virus, eventually, the highest concentrations are observed in the lamina propria of the gut. ウイルスは、この環境においてインキュベートし、複製を開始しその速度を増大するTNFを必要とする。 The virus was incubated in this environment requires initiate replication TNF to increase its speed. 従って、HIVウイルス自体と炎症媒介物質TNFを中和する抗体の生産は、日和見的な生物の中和と同程度に疾病を送らせる際に重要である。 Thus, the production of antibodies that neutralize HIV virus itself and inflammatory mediators TNF is important in which transmitted disease to the same extent neutralization and opportunistic organisms. もう一つのアプローチは、「特定の個人専用にされた(personalized)」家禽類代用分泌型IgAとして記載され得るものである。 Another approach is what may be described as "being in a particular personalized (personalized)" poultry substitute secretory IgA. HIV陽性患者の便がその患者を死に至らしめると考えられる生物を含んでいることは自明である。 That it contains an organism that flights of HIV-positive patients is considered to death of the patient it is self-evident. 従って、 HIVウイルスとTNFを中和する抗体を生成することに加えて、患者の便を収集し、継代培養し、滅菌してその個人専用の鶏のコロニーにおいて抗体を誘起するために用いることができる。 Thus, in addition to generating antibodies that neutralize HIV viruses and TNF, collect stool of a patient, subcultured, it is used to induce antibodies in a colony of the personalized chicken sterilized can. 実験は、新鮮な卵、低温滅菌された卵黄及び乾燥された卵黄における抗体レベル及び有効性を比較して実行され、これらの状況の全てにおいて、生産物が安定であることが示された。 The experiment was performed by comparing the antibody levels and effectiveness in fresh eggs, pasteurized egg yolk and dried yolk, in all of these situations, the product was shown to be stable. そして、卵黄には、腸内に在って免疫系が衰弱すると血流中へ渡ってその個体を「病気」にする全てのものに対する抗体が含まれることとなる。 Then, the egg yolk, and thus to include antibodies against all those in "sick" the individual over there in the intestine to the immune system is weakened bloodstream. 母鶏が免疫をそのヒナ鶏へ伝えるのとまさに同じように、この鶏のコロニーは、同じ免疫をHIV陽性患者へ伝えることとなろう。 In the the exactly the same as the mother chicken convey immunity to the chicks chicken, colonies of the chicken, the same immunity would be to convey to the HIV-positive patients. 別の態様として、HIV陽性患者の便を培養することができる。 In another embodiment, it can be cultured for flights HIV-positive patients. 特定の生物が同定されると、全身的な疾病を生ずるそれらの能力を中和するように、各々の生物に対して生じられた家禽類抗体の「カクテル」が配合されることとなる。 When a particular organism is identified, so as to neutralize their ability to produce a systemic disease, so that the "cocktail" of was raised against each of the organisms poultry antibody it is formulated. ここに開示された卵抗体調製物がHIV患者の特別な必要に関して非常に有用であることが見出されたという事実は、如何なる場合においても、本発明がこの特定のクラスの患者に限定されるものとして解釈されるべきではない。 The fact that the egg antibody preparations disclosed herein have been found to be very useful for special needs of HIV patients, in any case, the present invention is not limited to patients with this particular class It should not be interpreted as ones. 火傷患者、臓器移植患者、集中強化治療室内の患者及び、自己免疫疾患の患者は、本発明のから利益を受け得る個体の更なる例となる。 Burn patients, organ transplant patients, patients Intensive care unit and patients with autoimmune diseases is a further example of an individual that may benefit from the present invention. 全身的なものに転移する腸内感染は、これらの患者における問題の主要な原因である。 Intestinal infection that spread to systemic ones, is a major cause of the problem in these patients. また、全身的な症状を伴う胃腸管のウイルス感染は、小児の生活の第一年において健康的な問題の主要なものであり、先天的な若しくは後天的な免疫不全状態によって免疫無防備状態にある患者では、感染が長期化される。 In addition, a viral infection of the gastrointestinal tract accompanied by systemic symptoms, are those major health problems in the first year of life of children, it is in the immunocompromised state by congenital or acquired immune deficiency state in patients, infection is prolonged. T細胞機能が損なわれている子供において、 例えば、ロタウイルス感染は、特に深刻な問題である。 In children T cell function is impaired, for example, rotavirus infection is a particularly serious problem. その疾病を軽減する方向に制御するべく経口により供給され得る抗体を生産するために如何なる分子も用いることができる。 Any molecule to produce antibodies that can be supplied by oral order to control the direction of reducing the disease can also be used. そのような分子は、移植領域、多発性硬化症、ウイルス複製、ガン、サイトカイン生産などにおいて見つかっている。 Such molecules are implanted region, multiple sclerosis, viral replication, cancer, are found in such cytokine production. 本発明がそれらの領域においても有用性を有していることは、容易に理解されるであろう。 The present invention also has utility in those regions will be readily understood. 本発明の獣医学的応用には、驚くべきことに、上記に引用された米国特許号に記載されている如く、酪牛における乳腺炎の治療が含まれる。 In veterinary applications of the invention, surprisingly, as disclosed in U.S. Patent No. cited above, include the treatment of mastitis in 酪牛. 我々の見解では、高度免疫感作卵黄抗体は、以下の態様で機能する。 In our view, highly immunized egg yolk antibodies, to function in the following manner. 図1.2 参照。 See Figure 1.2. IgY分子は、Y型形状を有する。 IgY molecules have a Y-shape. Y型の尾部は、三つの一定のアミノ酸配置、又は、鶏由来の物と同じドメインを有する。 Y-shaped tail, three constant amino acid configuration, or has the same domain as those from chickens. 我々は、これらをC1、C2 及びC3と呼ぶこととする。 It assumed that these referred to as C1, C2 and C3. Y型の「v」の部分の更に上の部分は、100以下のアミノ酸単位から成る活性粒状部分を含んでいる。 Further portions of the upper portion of the "v" of the Y-type includes an active particulate portion consisting of 100 amino acids or less units. これは、超可変領域(Vl Vh)と呼ばれ、有毒因子へ取り付く抗体の実際の部分である。 This is referred to as hypervariable regions (Vl Vh), is the actual portion of an antibody attaches to toxic factors. Y分子を形づくるユニットは、ジスルフィド結合により連結されている。 Units that form a Y molecule are linked by a disulfide bond. これらの結合は、腸内においてパパイン及びペプシンによって攻撃される。 These bonds are attacked by papain and pepsin in the intestine. パパインは、Y型のv部分の接続を消化し、VlVhを放出し、それは、非抗原ペプチドとして血液に吸収される。 Papain digests the connections v part of Y type, releasing VLVH, it is absorbed as a non-antigenic peptide in the blood. Y分子の尾部は、任意の蛋白質として消化酵素を介して送られる。 Tail of the Y molecules is sent via the digestive enzymes as any protein. ここで、VlVhは、負に帯電している。 Here, VLVH is negatively charged. 負に帯電した超可変部分のペプチドは、ヒトグロブリン蛋白質上の正に帯電した領域に結合する。 Hypervariable part of the peptide that negatively charged bind to a region in which the positively charged on human globulin proteins. ヒトグロブリンは、標的の臓器へ抗体を搬送する。 Human globulin carries antibodies to a target organ. v型の特異的なアミノ酸配列部分がその補体を見つけると、有毒因子の受容体に噛合い、それを中和する。 When v-type specific amino acid sequence portion finds its complement, it meshes receptor toxic factors, to neutralize it. もし患者のグロブリンへ取り付くと、複合体は、補体を活性化する。 If the attach to the globulin of the patient, complexes activate complement. 補体により、単球がその物質に吸着し、フアゴサイトーシスが生ずる。 The complement, monocytes are attracted to the substance, full jaw exocytosis occurs. 別の態様として、VlVhの大きなペプチドがアルブミンなどの別の蛋白質に搬送されて循環する。 In another embodiment, a large peptide VlVh circulates been transported to another protein such as albumin. それらは、その形成の元となった標的の病原体へ結合し、病原体の体組織への吸着を弱める。 They bind to the pathogen target is the source of its formation, weakening the adsorption to pathogens body tissue. もし付着が生じなければ、疾病はなく、病原体は、体から掃き出される。 If If occur adhesion, disease not, pathogens, they are swept out from the body. 宿主に対する付着素は、主要な毒性の重要な因子である。 Attachment element to the host is an important factor of major toxicities. 広く付着素又はレクタンと呼ばれる微生物の表面上の種々の吸着性構造は、それらを、受容体として知られる宿主細胞の表面上の相補的な吸着性構造に結合するよう作用する。 Various absorptive structure on the surface of a microorganism referred to as widely adhered containing or Rekutan makes them act to bind to a complementary adsorptive structure on the surface of host cells known as receptors. これは、非常に特異的であり、鍵と鍵穴と同様である。 This is a highly specific, is the same as the lock and key. また、いくつかの病原性生物は、蛋白質性表面構造、例えば、大腸菌やシー. In addition, some of the pathogenic organisms, protein surface structure, for example, E. coli and the Sea. アルビコウス(c.albicous)のようなフィムブリエ若しくはピリなどを発達させている。 Fimbriae or are pyridinium and allowed to develop, such as Arubikousu (c.albicous). そのような構造は、その生物と宿主細胞の糖蛋白質受容体との相互作用において機能する。 Such structures, functions in the interaction with glycoprotein receptor of the organism and the host cell. 宿主細胞表面の糖蛋白質受容体若しくは基底膜へのピリ・レクタンの吸着は、病因の本質的な第一段階である。 Adsorption of pyridinium-Rekutan to glycoprotein receptors or basement membrane of the host cell surface is essential first step in pathogenesis. 抗体は、病原性生物全体ではなく、その付着素の或る部分に対して産生することができる。 Antibody, rather than the entire pathogenic organisms, can be produced for a certain part of the attachment element. 例えば、本発明に関連して、腸内病原性生物の特異的な付着素、例えば、大腸菌、コレラ菌(Cholera vibro)、サルモネラ菌、淋菌、インフルエンザ菌(H.flu)、プロテウス・マイクロビリス(proteus microbilis)及びアクチノミセス・ビスコーサス(actinomyces viscosus)などの縁が房状になった細菌のピリに対して誘起される抗体は、その生物により引き起こされる疾病を防ぐのに非常に有効であることが見出された。 For example, in connection with the present invention, the specific attachment element enteropathogenic organisms, e.g., E. coli, Vibrio cholerae (Cholera vibro), Salmonella, Neisseria gonorrhoeae, Haemophilus influenzae (H.Flu), Proteus micro kink scan ( proteus microbilis) and antibodies edges such as Actinomyces viscosus (Actinomyces viscosus) are raised against pyridinium bacteria became tufted is to be very effective in preventing diseases caused by the organism It was found. より詳細には、細胞の受容体は、それらのほとんどの部分について、糖蛋白質若しくは糖脂質、即ち、糖が蛋白質及び脂質の各々に連結された複合的な炭化水素の二つの形式であることが知られている。 More specifically, receptor cells, for most of their parts, glycoproteins or glycolipids, i.e., that the sugar is a two forms of complex hydrocarbons, which is connected to each of the proteins and lipids Are known. 数千ものそのような受容体が見つかっている。 Thousands of such receptors have been found. 現在では、病原体の付着素は、 植物にしか見つからないと一時期考えられていたレクチンであることが知られている。 At present, the adhesion elements of pathogens, is known to be a lectin which has been considered a period of time and not only found in the plant. それらは、影響を受けやすい細胞の非常に特異的な炭化水素受容体と結合するべく病原体の表面上において戦略的に配置されていることが見られる。 They, it is seen that is strategically placed on the surface of the pathogen to bind very specific hydrocarbon receptor susceptible cells affected. レクタンは、毒、ウイルス、細菌、真菌、ガン細胞、及びその他の疾病を引き起こすと識別されている分子上において同定することができる。 Rekutan can be identified poisons, viruses, bacteria, fungi, cancer cells, and on the molecules that are identified as causing other diseases. 抗体は、従って、類似の構造に対して有効に誘起することができることが示されている。 Antibodies thus, it has been shown that can be effectively raised against similar structure. そのような構造の例には、CMVウイルスの「コート」、HIVウイルスの「gp120」若しくは「V 3 」ループなどが含まれる。 Examples of such structures, "coat" the CMV virus, etc. "gp120" or "V 3" loop of the HIV virus. 詳細には、HIVウイルスの蛋白質コートのgp120部分のV 3ループは、Tリンパ球のCD 4受容体に特異的に結合する部位である。 Specifically, V 3 loop of gp120 portion of the protein coat of the HIV virus is a site that specifically binds to the CD 4 receptor of T lymphocytes. このレクチンに対する抗体は、T細胞へ結合し感染するその能力を中和する。 Antibodies to this lectin, which neutralize its ability to bind to infect T cells. これは、抗TNF抗体により補強される。 This is reinforced by an anti-TNF antibody. TNFは、HIVウイルスの複製遺伝子を始動するので、TNFを中和することにより、HIVの複製を抑えることとなる。 TNF Since the start replication genes of the HIV virus, by neutralizing the TNF, and thus to suppress the replication of HIV. また、TNFは、一般的に病気に関連した代謝的及び生理的変化の媒介物質である。 Moreover, TNF is generally metabolic and mediators of physiological changes associated with the disease. これらの効果は、体において、主として腸ルーメンと離れた部位にある腸の固有層において生ずる。 These effects, in body, resulting in lamina propria of the gut in the region mainly apart from the intestinal lumen. 同様に、糖蛋白質Bは、CMVについてのレクチンである。 Similarly, glycoprotein B is a lectin for CMV. CMVは、神経組織、特に視神経に親和性を有している。 CMV is neural tissue, in particular having an affinity to the optic nerve. かくして、免疫が抑制された個体の全て、特に移植患者(25%が疾病の証拠を有している。)にとって予防が重要である。 Thus, all individuals immunosuppressed, prevention is important particularly transplant patients (25% has evidence of disease.) To taken. カンジダ・アルビカンスは、フィンブリエ付着素を有する。 Candida albicans has fimbriae attachment element. レクチンは、その構造の端部に位置付けられている。 Lectins are positioned on the end of the structure. カンジダ咽頭炎若しくは食道炎は、痛みを伴うが、カンジダ敗血症は、潜在的に致命的なものである。 Candida pharyngitis or esophagitis, painful, Candida sepsis are those potentially fatal. これらは、免疫が抑制された個体集団及び糖尿病患者においては一般的である。 These are common in a population of individuals and diabetics immunosuppressed. この病原体のレクタンに対して誘起されたIgYは、疾病の局所的な及び全身的な症状を制御することとなる。 IgY induced against Rekutan of the pathogen, and thus to control the local and systemic symptoms of the disease. 選択された抗原に対する鶏の免疫感作の技術は当業者にとって良く知られている。 Immunization of technology of chicken for the selected antigen are well known to those skilled in the art. 端的に言えば、免疫感作は、適当な経路で、例えば、皮下、腹腔内、筋肉内、静脈内への注射、又は経口投与で、抗原の接種によって実行することができる。 Briefly, immunization with appropriate route, for example, subcutaneous, intraperitoneal, intramuscular, injection into a vein, or oral administration may be performed by inoculation of antigen. 免疫感作の好ましい方法は、筋肉内注射、好ましくは頚部皮下の注射によるものである。 A preferred method of immunization is by intramuscular injection, preferably by injection of the neck skin. 好ましくは、適当なアジュバントが、免疫感作を増強するために抗原と共に投与される。 Preferably, a suitable adjuvant is administered with an antigen to enhance the immunization. この目的に有用なアジュバントは、完全フロイントアジュバント(CFA)などの油中水型乳剤アジュバントである。 Adjuvants useful for this purpose, complete Freund's adjuvant (CFA) is a water-in-oil emulsion adjuvant such. 適当なアジュバントの使用は、免疫感作された鶏の卵内に高い抗体価を長期間維持するのに非常に有効であり、これにより所望の抗体含有物質を効率的に生産することが可能となるということが見出されている。 Use of suitable adjuvants are very effective in maintaining long-term high antibody titer in the egg of the immunized hens, thereby making it possible to produce the desired antibody-containing substance efficiently it has been found that becomes. 抗原投与量は、その抗原及びアジュバントの形式と、免疫状態が鶏において過剰な抗原による毒性が進展しないで誘起されるような態様の投与経路とに依存して決定する。 Antigen dose, and the form of the antigen and adjuvant are determined depending on the route of administration such a manner immune status is induced in no progress toxicity due to excessive antigen in chickens. 通常、初めの免疫感作(接種)に続いて2、3週間のうちに、鶏は、その抗原に対して感受性を持つようになる、即ち、その抗原に対して免疫される。 Usually, within a few weeks following the first immunization (vaccination), chickens will have a sensitivity to the antigen, i.e., are immunized against the antigen. その抗原に対し特異的な抗体が鶏の体内に生産され、その鶏の産んだ卵は、その特異的な抗体を含む。 Antibodies specific for the antigen is produced in the body of the chicken, eggs laid of the chicken, including its specific antibody. 鶏及びその卵内のその抗原に対する特異的な抗体の存在と抗体価のレベルは、免疫学的試,験の分野の当業者にとって知られた多くの方法によって確認することができる。 Chicken and presence and titer levels of antibodies specific to that antigen in that the egg can be confirmed by a number of methods known to those skilled in the immunological trial, the field of experience. 抗体に対する鶏の初めの免疫感作の後、鶏内における抗体価を高く維持するために、適当な量の一つ若しくはそれ以上のブースターを投与することができる。 After the initial immunization of chickens against an antibody can be administered to maintain a high antibody titer in the hen, an appropriate amount of one or more booster. 各々のブースター投与においては、適当なアジュバントが、再度、その抗原と共に用いられて良い。 In each of the booster dose, suitable adjuvant, again, may be used in conjunction with the antigen. 初めの免疫感作と第一のブースター投与との間及び個々のブースター投与間の間隔は、抗原の特異的な特性に依存し、好ましくは、少なくとも2週間である。 Spacing between and between individual booster dose with the beginning of the immunization and the first booster dose will depend on the specific properties of the antigen, preferably at least 2 weeks. 所望の特異的な抗体の相応な抗体価が免疫感作された鶏の産んだ卵に存在していることが確認された後、鶏の産んだ卵は集められ、もし必要であれば、使用されるまで保存される。 After that the corresponding antibody titer of the desired specific antibodies are present in eggs laid the chicken immunized has been confirmed, eggs laid the chicken is collected, if necessary, use It is stored until it is. 便利に、同一の抗原に対して免疫感作されている1羽若しくはそれ以上の鶏の産んだ複数の卵が集められ、その抗体を含む所望の物質を生成するために一緒に処理される。 Conveniently, the same plurality of eggs are collected giving birth of one bird or more chickens are immunized against the antigen, they are processed together to produce a desired substance containing the antibody. 卵黄には、ほとんどの抗体が含まれているので、通常、卵黄が所望の抗体の生産に使用される収集された卵から分離される。 The yolk, because it contains most of the antibodies, usually separated from the yolk has been collected is used in the production of the desired antibodies eggs. そして、これらの抗体は、in vit roで消化され、超可変部分のペプチドが標的された分子を中和するために用いられる。 Then, these antibodies are digested in vit ro, hypervariable portion of the peptide is used to neutralize the target molecule. 抗体生産物が呈するその他の形態は、以下の通りである。 Other forms exhibited by the antibody product is as follows. a. a. 炎症性直腸炎に用いられる座薬、即ち、淋菌性直腸炎の全身的治療及びクローン直腸炎のための抗gc若しくは抗TNF。 Suppositories for use in inflammatory proctitis, i.e., anti-gc or anti-TNF for systemic treatment and clones proctitis of gonococcal proctitis. 影響されている領域における組織に高濃度で提供する。 Provided in high concentrations in the tissue in affected by that region. b. b. その他の知られた性伝染性疾病に用いられるクリーム、尻部周辺の組織若しくは大きな表面の潰瘍の治療のための抗体c. Antibodies c for the treatment of other known sexual infectious diseases cream used for ulcers of tissues or large surface area around the buttocks. 肺組織のマスト細胞を毒性生物に曝すことから保護する吸入剤、副作用を有する高価な抗生物質に置き換えられる抗TB若しくはPCP(ニューモシスチス肺炎)。 Inhalant to protect against exposing the mast cells of the lung tissue toxicity organism, anti TB or PCP replaced expensive antibiotics have side effects (pneumocystis pneumonia). d. d. 生物に汚染された患者の傷の、より深い組織を殺菌することのできる石鹸又はその他の洗浄剤。 Soap or other cleaning agents can be sterilized patient contaminated with organisms wounds, deeper tissue. 例えば、抗ブドウ球菌、抗大腸菌、抗シー・デフィシール(C .deficeal)、MRSA(患者が異なる健康管理区域間を移動されたときの主要な介護問題となっているメチシリン耐性黄色ブドウ球菌)。 For example, an anti-staphylococcal, anti E. coli, anti Sea Defishiru (C .deficeal), MRSA (methicillin-resistant Staphylococcus aureus has become a major nursing problem when the patient is moved between different healthcare areas). e. e. HIVの伝染を保護するための歯科患者及び医師により使用され、又は、歯周病に冒されている歯肉組織の治療の補助に用いられる口腔洗浄剤。 It is used by a dental patient and physician to protect the transmission of HIV, or mouthwash used to assist in the treatment of gingival tissue affected with periodontal disease. f.外科手術、着替えにおける洗浄のためのワイプ若しくはその他の使い捨て物。 f. surgery, wipe or other disposable products for cleaning the clothes. 抗ブドウ球菌若しくは抗MRSA。 Anti-staphylococcal or anti-MRSA. g. g. 血液が後で使用されるために収集された場合の中間的な試,験のフィルターへの付着;抗HIV、抗肝炎ウイルス。 Intermediate trial when blood is collected for later use, attachment to test the filter; anti HIV, anti hepatitis virus. これは、血液から或る細胞を選択的に分離するフィルターを形成することができる。 This can form a filter for selectively separating certain cells from the blood. 例えば、T細胞を引き出すために形成され得る。 For example, it may be formed to elicit a T cell. :もしCD4抗体を作れば、健康なCD4細胞を患者に移植することができる。 : If make a CD4 antibody, a healthy CD4 cells can be transplanted into a patient. これは、白血病患者や、免疫抑制治療により化学的にT細胞を欠如しているその他の患者に有効となろう。 This and leukemia patients will become effective on other patients lacking chemically T cells by immunosuppressive therapy. これは、入院及び費用を削減することになろう。 This is, would be to reduce the hospitalization and costs. h. h. 旅行者の下痢、衰弱性疾病を引き起こすコレラやサルモネラなどの疾病から患者を保護するために旅行時に服用される錠剤。 Traveler's diarrhea, tablets to be taken during the trip in order to protect the patient from diseases such as cholera and salmonella causing debilitating illness. i. i. ICU内の患者へ、又は、腸の手術の回復中において消費が低減された期間の消化管から全身的な拡散からの保護として患者へ与えられる栄養処方の一部として。 To patients in ICU, or as part of the protection as given nutritional formula to the patient from systemic diffusion from the gastrointestinal tract of time consumption is reduced during the recovery intestinal surgery. j. j. 必要な量を摂取できない患者のための錠剤又は如何なる栄養物も如何なる方法によっても受け取ることができない患者におけるIVによって与えられる高度に精製された非抗原性ペプチドにすることができる。 It can be non-antigenic peptide highly purified given by IV in patients who can not receive by any method tablet or any nutrients for patients unable to ingest the necessary amount. l. l. 免疫が抑制された患者(糖尿病を含む)における全身的なカンジダ症の予防又は治療のための抗カンジダ・アルビカンス。 Anti Candida albicans for the prevention or treatment of systemic candidiasis in patients immunosuppressed (including diabetes). 以下の例は、本発明が如何に実施されたかを示すものであり、限定するものと解釈されるべきでない。 The following examples are intended to show how the present invention has been how to implement, it should not be construed as limiting. この応用において、全ての引用は、参考文献により明示的に組み込まれている。 In this application, all citations are expressly incorporated by reference. 例1腹腔内注射によってLD100%量のLPSで免疫性を試されたマウスの生存の研究が為された。 Example 1 Study of LPS survival of mice were tested for immunity in the LD100% weight by intraperitoneal injection was made. 各々のグループは、20の動物からなる。 Each group consists of 20 of the animals. 動物には、動物を上向きに保持し特別に構成された太い端部を有する供給用シリンジを用いて溶液を胃へ投与することによって経口的にTNFIgY、又は、生理食塩水の対照が与えられた。 Animals Animals upwardly holding orally TNFIgY by administering a solution to the stomach using a feeding syringe having a thick end which is specially configured, or control physiological saline was given . 典型的には、この量のエンドトキシンを受けた動物のほとんどが24時間のうちに死亡し、48時間生存することはない。 Typically, most of the animals receiving this amount of endotoxin died within 24 hours, it does not survive 48 hours. これは、対照のグループに示された結果である。 This is a result that has been shown in the control group.しかしながら、抗TNFで処置された動物は、24時間の時点で8 0%以上生存し、48時間の時点でその死亡率は、80%のみであった。 表1 Table 1

【手続補正書】特許法第184条の4第4項【提出日】平成10年2月17日(1998.2.17) 【補正内容】 請求の範囲1. [Procedure amendment] Patent Law # 184 Article 4 Paragraph 4 of the filing date] 1998 February 17 (1998.2.17) [correction contents] the scope of claim 1. 哺乳類において病原性生物又は分子に関連した感染性腸疾病の全身的な症状を治療するための方法であって、IgY抗体にして該抗体を誘発する特異的な免疫原性決定基を含む免疫原を家禽(雌)に注射することにより前記病原性生物に対して能動的に免疫感作された家禽の卵から得られたIgY抗体を前記哺乳類へ経口投与することを含む方法。 A method for the treatment of systemic symptoms of infectious intestinal diseases associated with pathogenic organisms or molecules in a mammal, an immunogen comprising a specific immunogenic determinants to induce antibodies in the IgY antibody method comprising actively orally IgY antibodies obtained from the egg of the immunized poultry into said mammal to said pathogenic organism by the injection poultry (females). 2. 2. 請求の範囲第1項の方法であって、前記哺乳類が人である方法。 A range first term method claims wherein the mammal is a human. 3. 3. 請求の範囲第1項の方法であって、前記哺乳類が免疫不全又は免疫無防備状態である方法。 The method of claim 1, wherein, wherein the mammal is immunocompromised or immunocompromised. 4. 4. 請求の範囲第2項の方法であって、前記人がHIV陽性である方法。 A range the second term of the method according to the method the person is HIV-positive. 7. 7. 請求の範囲第1項の方法であって、前記病原性生物がウイルスである方法。 The method of claim 1, wherein, wherein the pathogenic organism is a virus. 8. 8. 請求の範囲第7項の方法であって、前記ウイルスがヒト免疫不全ウイルス、 サイトメガロウイルス、単純ヘルペスウイルス及びパポーバウイルスから成る群から選択される方法。 A range section 7 of the method of claims, wherein said virus is human immunodeficiency virus, is selected from cytomegalovirus, the group consisting of herpes simplex virus and papovavirus. 9. 9. 請求の範囲第1項の方法であって、前記病原性生物が細菌である方法。 The method of claim 1, wherein, wherein the pathogenic organism is a bacterium. 10. 10. 請求の範囲第9項の方法であって、前記細菌がマイコバクテリウム・アビウム・イントラセリュア、ネズミチフス菌、好血菌、ヘリコバクター・ピロリ(H elicobactera pylori)、コレラ、淋菌、イー・ピリ(e.pili)、エス・ピリ(s.pil i)から成る群から選択される方法。 A claims Section 9 of the method, wherein the bacterium is Mycobacterium avium-intra cell Ryua, Salmonella typhimurium, Kochikin, Helicobacter pylori (H elicobactera pylori), cholera, Neisseria gonorrhoeae, E. pyridinium (e .pili), method selected from the group consisting of S. pyridinium (s.pil i). 11. 11. 請求の範囲第1項の方法であって、前記病原性生物が原生動物である方法。 The method of claim 1, wherein, wherein the pathogenic organism is a protozoan. 12. 12. 請求の範囲第11項の方法であって、前記原生動物がニューモシスチス・ カリニ及びHIV患者及びその他の免疫無防備状態の個体において広がるその他の侵入性原生動物から成る群から選択される方法。 A range Section 11 of method claims, wherein said protozoa is selected from the group consisting of other invasive protozoa spread in Pneumocystis carinii and individuals HIV patients and other immunocompromised. 13. 13. 請求の範囲第1項の方法であって、前記病原性生物が侵入性真菌である方法。 The method of claim 1, wherein, wherein the pathogenic organism is a invasive fungus. 14. 14. 請求の範囲第13項の方法であって、前記真菌がカンジダ・アルビカンス及びHIV患者及び免疫無防備状態の個体において広がるその他の侵入性真菌から成る群から選択される方法。 A Section 13 method claims, wherein said fungus is selected from the group consisting of other invasive fungal spread in Candida albicans and HIV patients and immunocompromised individuals. 15. 15. 請求の範囲第1項の方法であって、前記免疫原性決定因子が非毛状付着素を含んでいる方法。 A range first term of the process of claims wherein said immunogenic determinants contains a non-hairy attachment element. 16. 16. 請求の範囲第15項の方法であって、前記付着素がgp120若しくはV 3ループ又はヒト免疫不全ウイルスのその他のアミノ酸配列を含んでいる方法。 A range paragraph 15 of method claims, wherein said attachment element contains other amino acid sequences of gp120 or V 3 loop or human immunodeficiency virus. 17. 17. 請求の範囲第15項の方法であって、前記付着素がサイトメガロウイルスのコートを含んでいる方法。 A range paragraph 15 of method claims, wherein said attachment element contains a coating of cytomegalovirus. 18. 18. 請求の範囲第1項の方法であって、前記病原性生物が全身的炎症性媒介物質である方法。 The method of claim 1, wherein, wherein the pathogenic organism is a systemic inflammatory mediators. 19. 19. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質がサイトカイン、プロスタグランジン、トロンボキシン若しくはロイコトリエンのうちの一つ若しくはそれ以上を媒介する方法。 A range paragraph 18 of method claims, wherein said mediator is mediating cytokine, prostaglandins, one or more of thromboxin or leukotrienes. 20. 20. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質がホルモンを媒介する方法。 A paragraph 18 method claims, wherein said mediator to mediate hormone. 21. 21. 請求の範囲第20項の方法であって、前記媒介物質がインシュリン、グリコーゲン、エピネフリン、エストロゲン、成長ホルモン、プロゲステロン、黄体化ホルモン、テストステロン、アルドステロン、ニューロテンシン、ガストリン、コレサイトカイン及びそれらの代謝産物のうちの一つ若しくはそれ以上のものを媒介する方法。 A range paragraph 20 of method claims, wherein the mediator is insulin, glycogen, epinephrine, estrogens, growth hormone, progesterone, luteinizing hormone, testosterone, aldosterone, neurotensin, gastrin, Kore cytokines and their metabolites one or method of mediating more things out. 22. 22. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質が成長因子を媒介する方法。 A paragraph 18 method claims, wherein said mediator mediates growth factor. 23. 23. 請求の範囲第22項の方法であって、前記媒介物質がGSF、赤血球成長因子、血管新生促進刺激因子及びそれらの代謝産物を媒介する方法。 A range paragraph 22 of method claims, wherein said mediator is mediating GSF, erythrocyte growth factors, angiogenic stimulators and their metabolites. 24. 24. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質が細胞付着素を媒介する方法。 A paragraph 18 method claims, wherein said mediator mediates cell attachment element. 25. 25. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質がCD4受容体、大腸ガン及び乳ガンについての肝細胞受容体を媒介する方法。 The method of paragraph 18 claims, wherein said mediator mediates CD4 receptor, the hepatocyte receptors for colon cancer and breast cancer. 26. 26. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質が細胞間媒介物質若しくは酵素を媒介する方法。 A range paragraph 18 of method claims, wherein said mediator to mediate intercellular mediators or enzymes. 27. 27. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質が核因子κB、IκB 、プロテアーゼ、シクロオキシナーゼ、又は、その他の細胞内媒介物質若しくは酵素のうちの一つ若しくはそれ以上方法。 A range paragraph 18 method, wherein said mediator nuclear factor [kappa] B, IKB, proteases, cyclooxygenase, or, one or more methods of the other intracellular mediators or enzymes. 28. 28. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質が細胞外酵素若しくは媒介物質を媒介する方法。 A range paragraph 18 of method claims, wherein said mediator mediates extracellular enzyme or mediator. 29. 29. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質がコラーゲネース、トロンビン、抗トロンビン、及びエンドトキシンのうちの一つ若しくはそれ以上を媒介する方法。 The method of paragraph 18 claims, wherein said mediator is mediating Koragenesu, thrombin, antithrombin, and one or more of the endotoxin. 30. 30. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質が移植された臓器若しくは組織の拒絶の原因となる受容体部位若しくは細胞を媒介する方法。 The method of claims 18 wherein, the method of mediating receptor sites or cells wherein the mediator is responsible for the rejection of transplanted organs or tissues. 31. 31. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質が胸部細胞、肺細胞、 肝細胞、腸細胞、腎細胞、赤血球又は白血球のうちの一つ若しくはそれ以上を媒介する方法。 The method of paragraph 18 claims, wherein said mediator is mediating breast cells, lung cells, liver cells, intestinal cells, kidney cells, one or more of the red blood cells or white blood cells. 32. 32. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質が受容体部位又は組織の排膿の原因となる細胞の表面のうちの一つ若しくはそれ以上を媒介する方法。 A range paragraph 18 of method claims, one or a method of mediating more of the mediators the surface of cells responsible for drainage of the receptor site or tissue. 33. 33. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質が浮腫性硬化症、強皮症、多発性硬化症、糖尿病、リウマチ様関節炎、リウマチ様心臓疾患又はリウマチ様腎臓疾患のうちの一つ若しくはそれ以上である方法。 One of a range paragraph 18 method, wherein said mediator edema sclerosis, scleroderma, multiple sclerosis, diabetes, rheumatoid arthritis, rheumatoid heart disease or rheumatoid renal disease or method is more. 34. 34. 請求の範囲第1項の方法であって、前記IgY抗体が分別することなく前記卵の卵黄から得られたものである方法。 The method of claims paragraph 1, in which the IgY antibody obtained from the egg yolk of the egg without fractionation method. 35. 35. 請求の範囲第1項の方法であって、前記IgY抗体が前記卵の卵黄を乳剤中に入れて混ぜ、その乳剤を乾燥して粉末の形態にすることによって得られた粉末状である方法。 The method of claims paragraph 1, wherein the IgY antibody mix put yolk of the egg in an emulsion, a powder obtained by the form of a powder by drying the emulsion method. 36. 36. 請求の範囲第1項の方法であって、前記鶏の免疫感作が前記抗原を油中水型乳剤アジュバントと共に投与することによって実行される方法。 The method of claims paragraph 1, method performed by immunization of the hen is administering the antigen together with a water-in-oil emulsion adjuvant. 37. 37. HIV陽性又は免疫無防備状態患者における病原性生物に関連した感染性疾病を治療するための方法であって、前記免疫無防備状態患者からの便の物質を家禽(雌)に注射することにより前記病原性生物に対して能動的に免疫感作された家禽鶏の卵から得られたIgY抗体を前記患者へ経口投与することを含む方法。 A method for treating infectious diseases associated with pathogenic organisms in HIV-positive or immunocompromised patients, the pathogenic by injection of flights material from the immunocompromised patient poultry (female) the method comprising orally administering an IgY antibody obtained from the egg of actively immunized poultry chickens to the patient to the organism. 38. 38. 請求の範囲第37項の方法であって、前記家禽が鶏、アヒル、ガチョウ及び七面鳥から成る群の中から選択される方法。 A range paragraph 37 of method claims, wherein said poultry is selected from the group consisting of chickens, ducks, from geese and turkeys. 39. 39. 請求の範囲第38項の方法であって、前記家禽が鶏である方法。 A 38th term of the method claims, wherein the poultry is a chicken. 40. 40. 請求の範囲第37項の方法であって、前記IgY抗体が分別することなく前記卵の卵黄から得られたものである方法。 A range paragraph 37 of method claims, in which the IgY antibody obtained from the egg yolk of the egg without fractionation method. 41. 41. 請求の範囲第38項の方法であって、前記IgY抗体が前記卵の卵黄を乳剤中に入れて混ぜ、その乳剤を乾燥して粉末の形態にすることによって得られた粉末状である方法。 A range 38 wherein the method, wherein said IgY antibodies are mixed put yolk of the egg in an emulsion, a powder obtained by the form of a powder by drying the emulsion method. 42. 42. 請求の範囲第38項の方法であって、前記鶏の免疫感作が前記抗原を油中水型乳剤アジュバントと共に投与することによって実行される方法。 A range 38 wherein method according implemented method that immunization of the hen is administering the antigen together with a water-in-oil emulsion adjuvant. 43. 43. 哺乳類におけるガンの全身的な症状を治療するための方法であって、Ig Y抗体にして該抗体を誘発する特異的な免疫原性決定基を含む免疫原を家禽(雌)に注射することにより前記病原性生物に対して能動的に免疫感作された家禽の卵から得られ、それ自体若しくはその部分に放射性同位体若しくはガン細胞に対するその他の毒が結合されているIgY抗体を前記哺乳類へ経口投与することを含む方法。 A method for the treatment of systemic symptoms of cancer in a mammal, by injecting an immunogen comprising a specific immunogenic determinants to induce antibodies in the Ig Y antibody poultry (female) the actively obtained from the egg of the immunized poultry against pathogenic organisms, oral and other IgY antibodies poison is coupled to itself or portion thereof to radioisotopes or cancer cells to the mammal comprising administering. 44. 44. 請求の範囲第43項の方法であって、前記ガンが脳若しくは神経系、皮膚、胃腸系、呼吸器系、筋肉骨格系、又は循環器系のものである方法。 A paragraph 43 method claims, wherein the cancer is brain or nervous system, skin, gastrointestinal system, the respiratory system, is of the muscular skeletal system, or cardiovascular method. 45. 45. 請求の範囲第43項の方法であって、前記IgY抗体が全体として若しくは部分的にウイルス、細菌、真菌、若しくは原生動物から選択された前記ガンへ毒性のある分子を搬送するために用いられる方法。 A range paragraph 43 of method claims, wherein the IgY antibodies are whole or partially viruses, methods bacteria, used to carry the molecules of toxic to said cancer selected from a fungus, or protozoan . 46. 46. 請求の範囲第1項の方法であって、前記IgY抗体が、座薬、クリーム、 吸入剤、洗浄剤、口腔洗浄剤、ワイプ、フィルター、錠剤若しくは栄養食のうちの一つ若しくはそれ以上に含まれている方法。 A range first term method, wherein said IgY antibodies, suppositories, creams, inhalants, detergents, mouthwash, wipes, filter, included in one or more of the tablet or nutrition and methods.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 7識別記号 FI テーマコート゛(参考) A61P 29/00 101 A61P 29/00 101 31/04 31/04 31/18 31/18 31/20 31/20 31/22 31/22 33/02 33/02 35/00 35/00 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (51) Int.Cl. 7 identification mark FI theme Court Bu (reference) A61P 29/00 101 A61P 29/00 101 31/04 31/04 31/18 31/18 31/20 31 / 20 31/22 31/22 33/02 33/02 35/00 35/00

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1. [Claims] 1. 哺乳類において病原性生物又は分子に関連した感染性腸疾病の全身的な症状を治療するための方法であって、IgY抗体にして該抗体を誘発する特異的な免疫原性決定基を含む免疫原を家禽(雌)に注射することにより前記病原性生物に対して能動的に免疫感作された家禽の卵から得られたIgY抗体を前記哺乳類へ経口投与することを含む方法。 A method for the treatment of systemic symptoms of infectious intestinal diseases associated with pathogenic organisms or molecules in a mammal, an immunogen comprising a specific immunogenic determinants to induce antibodies in the IgY antibody method comprising actively orally IgY antibodies obtained from the egg of the immunized poultry into said mammal to said pathogenic organism by the injection poultry (females). 2. 2. 請求の範囲第1項の方法であって、前記哺乳類が人である方法。 A range first term method claims wherein the mammal is a human. 3. 3. 請求の範囲第1項の方法であって、前記哺乳類が免疫不全又は免疫無防備状態である方法。 The method of claim 1, wherein, wherein the mammal is immunocompromised or immunocompromised. 4. 4. 請求の範囲第2項の方法であって、前記人がHIV陽性である方法。 A range the second term of the method according to the method the person is HIV-positive. 7. 7. 請求の範囲第1項の方法であって、前記一つ若しくはそれ以上の病原性生物のうちの少なくとも一つがウイルスである方法。 A range first term method according at least one of said one or more pathogenic organisms is a virus method. 8. 8. 請求の範囲第7項の方法であって、前記ウイルスがヒト免疫不全ウイルス、 サイトメガロウイルス、単純ヘルペスウイルス及びパポーバウイルスから成る群から選択される方法。 A range section 7 of the method of claims, wherein said virus is human immunodeficiency virus, is selected from cytomegalovirus, the group consisting of herpes simplex virus and papovavirus. 9. 9. 請求の範囲第1項の方法であって、前記一つ若しくはそれ以上の病原性生物のうちの少なくとも一つが細菌である方法。 A range first term method according at least one of said one or more pathogenic organisms is a bacterium method. 10. 10. 請求の範囲第9項の方法であって、前記細菌がマイコバクテリウム・アビウム・イントラセリュア、ネズミチフス菌、好血菌、ヘリコバクター・ピロリ(H elicobactera pylori)、コレラ、淋菌、イー・ピリ(e.pili)、エス・ピリ(s.pili )、及び全身的疾病を引き起こす侵入性生物の如きものから成る群から選択される方法。 A claims Section 9 of the method, wherein the bacterium is Mycobacterium avium-intra cell Ryua, Salmonella typhimurium, Kochikin, Helicobacter pylori (H elicobactera pylori), cholera, Neisseria gonorrhoeae, E. pyridinium (e .pili), S. pyridinium (s.pili), and a method selected from the group consisting of such as invasive organisms causing systemic disease. 11. 11. 請求の範囲第1項の方法であって、前記一つ若しくはそれ以上の病原性生物のうちの少なくとも一つが原生動物である方法。 A range first term method according at least one of said one or more pathogenic organisms are protozoa method. 12. 12. 請求の範囲第11項の方法であって、前記原生動物がニューモシスチス・ カリニ及びHIV患者及びその他の免疫無防備状態の個体において広がるその他の侵入性原生動物から成る群から選択される方法。 A range Section 11 of method claims, wherein said protozoa is selected from the group consisting of other invasive protozoa spread in Pneumocystis carinii and individuals HIV patients and other immunocompromised. 13. 13. 請求の範囲第1項の方法であって、前記一つ若しくはそれ以上の病原性生物のうちの少なくとも一つが侵入性真菌である方法。 A range first term method according at least one of said one or more pathogenic organisms are invasive fungus method. 14. 14. 請求の範囲第13項の方法であって、前記真菌がカンジダ・アルビカンス及びHIV患者及び免疫無防備状態の個体において広がるその他の侵入性真菌から成る群から選択される方法。 A Section 13 method claims, wherein said fungus is selected from the group consisting of other invasive fungal spread in Candida albicans and HIV patients and immunocompromised individuals. 15. 15. 請求の範囲第1項の方法であって、前記免疫原性決定因子が非毛状付着素を含んでいる方法。 A range first term of the process of claims wherein said immunogenic determinants contains a non-hairy attachment element. 16. 16. 請求の範囲第15項の方法であって、前記付着素がgp120若しくはV 3ループ又はヒト免疫不全ウイルスのその他のアミノ酸配列を含んでいる方法。 A range paragraph 15 of method claims, wherein said attachment element contains other amino acid sequences of gp120 or V 3 loop or human immunodeficiency virus. 17. 17. 請求の範囲第15項の方法であって、前記付着素がサイトメガロウイルスのコートを含んでいる方法。 A range paragraph 15 of method claims, wherein said attachment element contains a coating of cytomegalovirus. 18. 18. 請求の範囲第1項の方法であって、前記一つ若しくはそれ以上の病原性生物のうちの少なくとも一つが全身的炎症性媒介物質である方法。 A range first term method according at least one of said one or more pathogenic organisms is systemic inflammatory mediators method. 19. 19. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質がサイトカイン、プロスタグランジン、トロンボキシン若しくはロイコトリエンのうちの一つ若しくはそれ以上である方法。 The method of paragraph 18 claims, wherein the mediator cytokine, prostaglandins, thromboxin or one or method is more of leukotrienes. 20. 20. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質がホルモン又はホルモンと同様の分子である方法。 The method of claims 18 wherein the mediator is a similar molecule with hormones or hormone method. 21. 21. 請求の範囲第20項の方法であって、前記媒介物質がインシュリン、グリコーゲン、エピネフリン、エストロゲン、成長ホルモン、プロゲステロン、黄体化ホルモン、テストステロン、アルドステロン、ニューロテンシン、ガストリン、コレサイトカイン及び同様のホルモン及びそれらの代謝産物のうちの一つ若しくはそれ以上のものである方法。 A range paragraph 20 of method claims, wherein the mediator is insulin, glycogen, epinephrine, estrogens, growth hormone, progesterone, luteinizing hormone, testosterone, aldosterone, neurotensin, gastrin, Kore cytokines and similar hormones and their one or method is more than that of the metabolites. 22. 22. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質が成長因子若しくは抗成長因子である方法。 A paragraph 18 method claims, wherein the mediator is a growth factor or an anti-growth factor. 23. 23. 請求の範囲第22項の方法であって、前記媒介物質がGSF、赤血球成長因子、血管新生促進刺激因子及び同様の因子及びそれらの代謝産物である方法。 A range paragraph 22 of method claims, wherein the mediator GSF, a red blood cell growth factors, angiogenic stimulators and like factors and their metabolites. 24. 24. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質が細胞付着素である方法。 A paragraph 18 method claims, wherein the mediator is a cell attachment element. 25. 25. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質がCD4受容体、大腸ガン及び乳ガンについての肝細胞受容体又はガン細胞についての同様の細胞表面受容体である方法。 A range paragraph 18 method, wherein said mediator CD4 receptor, the same cell surface receptor for hepatocyte receptor or cancer cells for colon cancer and breast cancer methods. 26. 26. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質が細胞間媒介物質若しくは酵素である方法。 A range paragraph 18 of method claims, wherein the mediator is a intercellular mediators or enzymes. 27. 27. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質が核因子κB、IκB 、プロテアーゼ、シクロオキシナーゼ、又は、その他の細胞内媒介物質若しくは酵素のうちの一つ若しくはそれ以上である方法。 A range paragraph 18 method, wherein said mediator nuclear factor [kappa] B, IKB, proteases, cyclooxygenase, or method is one or more of other intracellular mediators or enzymes. 28. 28. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質が細胞外酵素若しくは媒介物質である方法。 A range paragraph 18 of method claims, wherein the mediator is an extracellular enzyme or mediator. 29. 29. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質がコラーゲネース、トロンビン、抗トロンビン、及びエンドトキシンのうちの一つ若しくはそれ以上である方法。 The method of claims 18 wherein said mediator Koragenesu, thrombin, antithrombin, and one or method is more of endotoxin. 30. 30. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質が移植された臓器若しくは組織の拒絶の原因となる受容体部位若しくは細胞である方法。 A range paragraph 18 of method claims, wherein the mediator is a receptor sites or cells cause rejection of transplanted organs or tissues. 31. 31. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質が胸部細胞、肺細胞、 肝細胞、腸細胞、腎細胞、赤血球又は白血球のうちの一つ若しくはそれ以上である方法。 A range paragraph 18 method, wherein said mediator breast cells, the method is lung cells, liver cells, intestinal cells, kidney cells, one of the red blood cells or white blood cells or more. 32. 32. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質が受容体部位、組織の排膿の原因となる細胞の表面又は自己免疫疾患に関連した有毒分子のうちの一つ若しくはそれ以上である方法。 The method of paragraph 18 claims, wherein the mediator receptor site is one or more of the toxic molecules associated with the surface or an autoimmune disease of cells responsible for drainage of tissue Method. 33. 33. 請求の範囲第18項の方法であって、前記媒介物質が浮腫性硬化症、強皮症、多発性硬化症、糖尿病、リウマチ様関節炎、リウマチ様心臓疾患又はリウマチ様腎臓疾患のうちの一つ若しくはそれ以上である方法。 One of a range paragraph 18 method, wherein said mediator edema sclerosis, scleroderma, multiple sclerosis, diabetes, rheumatoid arthritis, rheumatoid heart disease or rheumatoid renal disease or method is more. 34. 34. 請求の範囲第1項の方法であって、前記IgY抗体が分別することなく前記卵の卵黄から得られたものである方法。 The method of claims paragraph 1, in which the IgY antibody obtained from the egg yolk of the egg without fractionation method. 35. 35. 請求の範囲第1項の方法であって、前記IgY抗体が前記卵の卵黄を乳剤中に入れて混ぜ、その乳剤を乾燥して粉末の形態にすることによって得られた粉末状である方法。 The method of claims paragraph 1, wherein the IgY antibody mix put yolk of the egg in an emulsion, a powder obtained by the form of a powder by drying the emulsion method. 36. 36. 請求の範囲第1項の方法であって、前記鶏の免疫感作が前記抗原を油中水型乳剤アジュバントと共に投与することによって実行される方法。 The method of claims paragraph 1, method performed by immunization of the hen is administering the antigen together with a water-in-oil emulsion adjuvant. 37. 37. HIV陽性又は免疫無防備状態患者における病原性生物に関連した感染性疾病を治療するための方法であって、前記免疫無防備状態患者からの便の物質を家禽(雌)に注射することにより前記病原性生物に対して能動的に免疫感作された家禽鶏の卵から得られたIgY抗体を前記患者へ経口投与することを含む方法。 A method for treating infectious diseases associated with pathogenic organisms in HIV-positive or immunocompromised patients, the pathogenic by injection of flights material from the immunocompromised patient poultry (female) the method comprising orally administering an IgY antibody obtained from the egg of actively immunized poultry chickens to the patient to the organism. 38. 38. 請求の範囲第37項の方法であって、前記家禽が鶏、アヒル、ガチョウ及び七面島から成る群の中から選択される方法。 A range paragraph 37 of method claims, wherein said poultry is selected chickens, ducks, from the group consisting of geese and seven faces the island. 39. 39. 請求の範囲第38項の方法であって、前記家禽が鶏である方法。 A 38th term of the method claims, wherein the poultry is a chicken. 40. 40. 請求の範囲第37項の方法であって、前記IgY抗体が分別することなく前記卵の卵黄から得られたものである方法。 A range paragraph 37 of method claims, in which the IgY antibody obtained from the egg yolk of the egg without fractionation method. 41. 41. 請求の範囲第38項の方法であって、前記IgY抗体が前記卵の卵黄を乳剤中に入れて混ぜ、その乳剤を乾燥して粉末の形態にすることによって得られた粉末状である方法。 A range 38 wherein the method, wherein said IgY antibodies are mixed put yolk of the egg in an emulsion, a powder obtained by the form of a powder by drying the emulsion method. 42. 42. 請求の範囲第38項の方法であって、前記鶏の免疫感作が前記抗原を油中水型乳剤アジュバントと共に投与することによって実行される方法。 A range 38 wherein method according implemented method that immunization of the hen is administering the antigen together with a water-in-oil emulsion adjuvant. 43. 43. 哺乳類におけるガンの全身的な症状を治療するための方法であって、Ig Y抗体にして該抗体を誘発する特異的な免疫原性決定基を含む免疫原を家禽(雌)に注射することにより前記病原性生物に対して能動的に免疫感作された家禽の卵から得られ、それ自体若しくはその部分に放射性同位体若しくはガン細胞に対するその他の毒が結合されているIgY抗体を前記哺乳類へ経口投与することを含む方法。 A method for the treatment of systemic symptoms of cancer in a mammal, by injecting an immunogen comprising a specific immunogenic determinants to induce antibodies in the Ig Y antibody poultry (female) the actively obtained from the egg of the immunized poultry against pathogenic organisms, oral and other IgY antibodies poison is coupled to itself or portion thereof to radioisotopes or cancer cells to the mammal comprising administering. 44. 44. 請求の範囲第43項の方法であって、前記ガンが脳若しくは神経系、皮膚、胃腸系、呼吸器系、筋肉骨格系、又は循環器系のものである方法。 A paragraph 43 method claims, wherein the cancer is brain or nervous system, skin, gastrointestinal system, the respiratory system, is of the muscular skeletal system, or cardiovascular method. 45. 45. 請求の範囲第43項の方法であって、前記IgY抗体が全体として若しくは部分的にウイルス、細菌、真菌、若しくは原生動物から選択された前記ガンへ毒性のある分子を搬送するために用いられる方法。 A range paragraph 43 of method claims, wherein the IgY antibodies are whole or partially viruses, methods bacteria, used to carry the molecules of toxic to said cancer selected from a fungus, or protozoan . 46. 46. 請求の範囲第1項の方法であって、前記IgY抗体が、座薬、クリーム、 吸入剤、洗浄剤、口腔洗浄剤、ワイプ、フィルター、錠剤若しくは栄養食のうちの一つ若しくはそれ以上に含まれている方法。 A range first term method, wherein said IgY antibodies, suppositories, creams, inhalants, detergents, mouthwash, wipes, filter, included in one or more of the tablet or nutrition and methods.
JP51684798A 1996-10-02 1997-10-02 Oral administration of chicken yolk antibodies to treat diseases Pending JP2001501622A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US72440896 true 1996-10-02 1996-10-02
US08/724,408 1996-10-02
PCT/US1997/017722 WO1998014209A1 (en) 1996-10-02 1997-10-02 Oral administration of chicken yolk antibodies to treat disease

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001501622A true true JP2001501622A (en) 2001-02-06

Family

ID=24910322

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP51684798A Pending JP2001501622A (en) 1996-10-02 1997-10-02 Oral administration of chicken yolk antibodies to treat diseases

Country Status (5)

Country Link
EP (1) EP0930891A4 (en)
JP (1) JP2001501622A (en)
KR (1) KR20000048855A (en)
CA (1) CA2267421A1 (en)
WO (1) WO1998014209A1 (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2007034742A1 (en) * 2005-09-22 2007-03-29 Daikin Industries, Ltd. Method of treating virus-infected biological substance and cell, tissue and organ having been subjected to treatment against infecting virus
WO2007034741A1 (en) * 2005-09-22 2007-03-29 Daikin Industries, Ltd. Anti-viral agent, and method for treatment of virus-infected cell
JP2008536914A (en) * 2005-04-21 2008-09-11 エヌ.ブイ.・ヌートリシア The treatment of dysfunction of the bowel in Hiv patients
JP2010501596A (en) * 2006-08-31 2010-01-21 エー・シー・エヌ・135 493 391・プロプライエタリー・リミテッド・アズ・トラスティー・フォー・コンカ・ユニット・トラストA.C.N. 135 493 391 Pty Ltd As Trustee For Conca Unit Trust Treatment and / or prophylaxis of non-infectious pathologies using antibody-containing composition
JP2010508283A (en) * 2006-10-25 2010-03-18 アオヴァテクノロジーズ,インコーポレイテッド The method for reducing phosphate absorption

Families Citing this family (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1085906B1 (en) * 1998-06-10 2008-08-13 Ophidian Pharmaceuticals, Inc. Anti il6 antibodies in the prevention and treatment of inflammatory bowel disease
US7494652B1 (en) * 1998-06-10 2009-02-24 Promega Corporation Treatment of sepsis
US6395273B1 (en) * 1998-06-10 2002-05-28 Promega Corporation Prevention and treatment of inflammatory bowel disease
DE19910159A1 (en) * 1999-02-26 2000-09-14 Rosemarie Heis Specific IgY-egg yolk, their production and their use
US6346247B1 (en) * 1999-10-28 2002-02-12 Promega Corporation Prevention and treatment of autoimmune disease with luminally administered polyclonal antibodies
CA2395840A1 (en) 1999-12-27 2001-07-05 The University Of Manitoba Genetic vaccines for the production of chicken egg-yolk antibodies against enterotoxigenic escherichia coli and other pathogens
CA2437095A1 (en) * 2001-01-30 2002-10-10 The Lauridsen Group, Incorporated Methods and compositions for modulating the immune system of animals
CA2437099A1 (en) * 2001-01-30 2002-10-10 The Lauridsen Group, Incorporated Methods and compositions for treatment of immune dysfunction disorders
CA2339436A1 (en) * 2001-03-15 2002-09-15 Josee Harel Production of antibodies against virulence factors associated with strains of escherichia coli (aeec), and their use
CA2438698C (en) * 2001-12-28 2013-12-17 Camas, Incorporated Immunogen adherence inhibitor and method of making and using same
WO2003105873A1 (en) * 2002-06-13 2003-12-24 株式会社 トーカイビケン Tailor-made preparation and process for producing the same
EP1687066B1 (en) 2003-11-14 2012-08-29 Brigham and Women's Hospital, Inc. Methods of modulating immunity
EP1765395B1 (en) * 2004-04-16 2011-02-09 The Governors of the University of Alberta Anti-gluten egg yolk antibodies for the treatment of celiac disease
US8282928B2 (en) 2007-05-30 2012-10-09 The Governors Of The University Of Alberta Anti-gluten egg yolk antibodies for the treatment of celiac disease
KR20140043303A (en) 2010-11-23 2014-04-09 팬더릭스 인코포레이티드 Compositions and methods for treatment in broad-spectrum, undifferentiated or mixed clinical applications
US20130011410A1 (en) * 2011-07-07 2013-01-10 Amicus Biotech Inc. Egg White Antibodies for Prevention and Treatment of Specific Localized Intestinal Infections and Diseases Associated with a Pathogenic Organism or Molecule
US20140234337A1 (en) 2011-08-19 2014-08-21 Immortal Spirit Limited Antibody and antibody-containing composition

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4550019A (en) * 1978-03-22 1985-10-29 South Africa Inventions Development Corporation Manufacture and use of fowl egg antibodies
US4748018A (en) * 1984-02-07 1988-05-31 Stolle Research & Development Corp. Method of passive immunization of mammals using avian antibody
US5258178A (en) * 1990-07-30 1993-11-02 Abbott Laboratories Method and product for the treatment of gastric disease
US5420253A (en) * 1993-09-09 1995-05-30 Willmar Poultry Company, Inc. Method for purifying egg yolk immunoglobulins
US5585098A (en) * 1993-11-23 1996-12-17 Ovimmune, Inc. Oral administration of chicken yolk immunoglobulins to lower somatic cell count in the milk of lactating ruminants
DE19504755C2 (en) * 1995-02-02 1997-04-30 Panagiotis Tsolkas Avian, vitelline directed against HIV antigens Antibodies

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008536914A (en) * 2005-04-21 2008-09-11 エヌ.ブイ.・ヌートリシア The treatment of dysfunction of the bowel in Hiv patients
WO2007034742A1 (en) * 2005-09-22 2007-03-29 Daikin Industries, Ltd. Method of treating virus-infected biological substance and cell, tissue and organ having been subjected to treatment against infecting virus
WO2007034741A1 (en) * 2005-09-22 2007-03-29 Daikin Industries, Ltd. Anti-viral agent, and method for treatment of virus-infected cell
JP2010501596A (en) * 2006-08-31 2010-01-21 エー・シー・エヌ・135 493 391・プロプライエタリー・リミテッド・アズ・トラスティー・フォー・コンカ・ユニット・トラストA.C.N. 135 493 391 Pty Ltd As Trustee For Conca Unit Trust Treatment and / or prophylaxis of non-infectious pathologies using antibody-containing composition
JP2010508283A (en) * 2006-10-25 2010-03-18 アオヴァテクノロジーズ,インコーポレイテッド The method for reducing phosphate absorption
US8802094B2 (en) 2006-10-25 2014-08-12 Wisconsin Alumni Research Foundation Method of reducing phosphate absorption by administering orally an IgY anti-intestinal sodium phosphate cotransporter type 2B antibody

Also Published As

Publication number Publication date Type
EP0930891A1 (en) 1999-07-28 application
CA2267421A1 (en) 1998-04-09 application
WO1998014209A1 (en) 1998-04-09 application
EP0930891A4 (en) 2001-07-04 application
KR20000048855A (en) 2000-07-25 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3376198A (en) Method of producing antibodies in milk
Kirkpatrick et al. Chronic mucocutaneous candidiasis: model-building in cellular immunity
Rosenbaum et al. Endotoxin-induced uveitis in rats as a model for human disease
Hanson et al. Breast‐feeding, a complex support system for the offspring
Hanson et al. The role of breastfeeding in prevention of neonatal infection
Oddy Breastfeeding protects against illness and infection in infants and children: a review of the evidence
Mestecky et al. Intestinal IgA: novel views on its function in the defence of the largest mucosal surface
Levine et al. Immunity of cholera in man: relative role of antibacterial versus antitoxic immunity
US3911108A (en) Process of producing bovine milk products containing specific antibodies
Lösch et al. The chicken egg, an antibody source
Reiter Antimicrobial systems in milk
Tacket et al. Protection by milk immunoglobulin concentrate against oral challenge with enterotoxigenic Escherichia coli
Watson Immunological functions of the mammary gland and its secretion-comparative review
Perryman et al. Protection of calves against cryptosporidiosis with immune bovine colostrum induced by a Cryptosporidium parvum recombinant protein
Reilly et al. Oral delivery of antibodies
Fayer et al. Efficacy of hyperimmune bovine colostrum for prophylaxis of cryptosporidiosis in neonatal calves
US4748018A (en) Method of passive immunization of mammals using avian antibody
Hurley et al. Perspectives on immunoglobulins in colostrum and milk
US5080895A (en) Specific antibody-containing substance from eggs and method of production and use thereof
US5017372A (en) Method of producing antibody-fortified dry whey
Saxon et al. Oral administration of bovine colostrum anti-cryptosporidia antibody fails to alter the course of human cryptosporidiosis
Korhonen et al. Bovine milk antibodies for health
Conley et al. Intravascular and mucosal immunoglobulin A: two separate but related systems of immune defense?
Kovacs-Nolan et al. Egg yolk antibodies for passive immunity
Bienenstock et al. Some thoughts on the biologic role of immunoglobulin A