JP2000246370A - Work clamp device and work processing method using device - Google Patents

Work clamp device and work processing method using device

Info

Publication number
JP2000246370A
JP2000246370A JP11048228A JP4822899A JP2000246370A JP 2000246370 A JP2000246370 A JP 2000246370A JP 11048228 A JP11048228 A JP 11048228A JP 4822899 A JP4822899 A JP 4822899A JP 2000246370 A JP2000246370 A JP 2000246370A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
punch
work
die
works
clamped
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP11048228A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Koichi Yamamoto
光一 山本
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Amada Co Ltd
Original Assignee
Amada Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Amada Co Ltd filed Critical Amada Co Ltd
Priority to JP11048228A priority Critical patent/JP2000246370A/en
Publication of JP2000246370A publication Critical patent/JP2000246370A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To improve working efficiency by increasing the number of works which can be overlapped/clamped/processed in a plate material processing machine. SOLUTION: This device comprises upper and lower cylinders, a punch 43 formed at a bottom end of a piston rod 45 of the upper and lower cylinders, and a die 34 arranged right below the punch 43. In this case, plural works W are overlapped and inserted between the punch 43 and the die 34, and the punch 43 penetrates through each work W by means of the upper and lower cylinders so as to be engaged with the die 34. Thereby, the plural works W are overlapped and clamped.

Description

【発明の詳細な説明】DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】[0001]

【発明の属する技術分野】本発明はワーククランプ装
置、特に複数枚のワークを重ねてクランプする装置及び
その装置を使用し1枚の加工時間で複数枚のワークを同
時に加工するようにしたワーク加工方法に関する。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention relates to a work clamping device, and more particularly, to a device for clamping a plurality of works by overlapping each other and a work processing for simultaneously processing a plurality of works in one working time using the device. About the method.

【0002】[0002]

【従来の技術】従来より、タレットパンチプレス、ブラ
ンキングジヤー、レーザ加工機等の板材加工機において
は、複数枚のワークを重ねてクランプする装置57(図
6)が使用され、1枚の加工時間で複数枚のワークを同
時に加工するようにして加工時間の短縮化が望まれてい
る。
2. Description of the Related Art Conventionally, in a plate processing machine such as a turret punch press, a blanking jer, a laser processing machine, etc., a device 57 (FIG. 6) for overlapping and clamping a plurality of workpieces has been used. It has been desired to reduce the processing time by simultaneously processing a plurality of workpieces in a short time.

【0003】図6において、ワーククランプ装置57の
本体55は、例えばタレットパンチプレス(図5)のキ
ャリッジ12に、ハウジング56を介して取り付けられ
ている。
In FIG. 6, a main body 55 of a work clamping device 57 is mounted on a carriage 12 of, for example, a turret punch press (FIG. 5) via a housing 56.

【0004】上記本体55には、下部ジョー52が固定
されていると共に、該下部ジョー52に対して、上部ジ
ョー51が軸54を中心に回転自在に取り付けられ、該
上部ジョー51の後端は、上下シリンダ53に結合され
ている。
A lower jaw 52 is fixed to the main body 55, and an upper jaw 51 is attached to the lower jaw 52 so as to be rotatable about a shaft 54. , And upper and lower cylinders 53.

【0005】この構成により、上下シリンダ53を上昇
させれば、上部ジョー51が軸54に関して反時計方向
に回転することにより、下部ジョー52と協働し複数枚
のワークWを重ねてクランプするようにしたい。
With this configuration, when the upper and lower cylinders 53 are raised, the upper jaw 51 rotates counterclockwise with respect to the shaft 54, so that a plurality of workpieces W are clamped in cooperation with the lower jaw 52. I want to

【0006】[0006]

【発明が解決しようとする課題】[Problems to be solved by the invention]

【0007】図6の従来技術においては、上部ジョー5
1と下部ジョー52に滑り止め51Aと52Aが形成さ
れており、ワークWは、ずれることなく固定されクラン
プされるようになっている。
[0007] In the prior art shown in FIG.
Slip stoppers 51A and 52A are formed on the first jaw 52 and the lower jaw 52, and the work W is fixed and clamped without displacement.

【0008】しかし、この滑り止め51Aと52Aは、
上部ジョー51と下部ジョー52にしか形成されておら
ず、複数枚のワークWのうち、実質的には一番上のワー
クWと一番下のワークWしかクランプできない。
However, these non-slip parts 51A and 52A are
It is formed only on the upper jaw 51 and the lower jaw 52, and of the plurality of works W, only the uppermost work W and the lowermost work W can be substantially clamped.

【0009】即ち、従来のワーククランプ装置57では
(図6)、重ねてクランプして加工できるワークWの枚
数が極めて少なく、加工効率の低下を招来していた。
That is, in the conventional work clamping device 57 (FIG. 6), the number of works W that can be machined by being overlapped and clamped is extremely small, resulting in a decrease in machining efficiency.

【0010】本発明の目的は、板材加工機において、重
ねてクランプして加工できるワークの枚数を増加するこ
とにより、加工効率の向上を図ることにある。
An object of the present invention is to improve the processing efficiency by increasing the number of workpieces that can be processed by being overlapped and clamped in a plate processing machine.

【0011】[0011]

【課題を解決するための手段】上記課題を解決するた
め、本発明によれば、図1〜図5に示すように、上下シ
リンダ48と(図1、図2)、該上下シリンダ48のピ
ストンロッド45下端部に形成されたパンチ43と、該
パンチ43の直下に配置されたダイ34を有し、上記パ
ンチ43とダイ34の間に複数枚のワークWを重ねて挿
入し、上下シリンダ48によりパンチ43が各ワークW
を貫通してダイ34と嵌合することにより、上記複数枚
のワークWを重ねてクランプすることを特徴とするワー
ククランプ装置が提供される。
According to the present invention, as shown in FIGS. 1 to 5, a vertical cylinder 48 (FIGS. 1 and 2) and a piston of the vertical cylinder 48 are provided. It has a punch 43 formed at the lower end of a rod 45 and a die 34 disposed immediately below the punch 43. A plurality of works W are inserted between the punch 43 and the die 34 in an overlapping manner. The punch 43 makes each work W
The work clamp device is characterized in that the plurality of works W are clamped by overlapping the work W by penetrating through and fitting the die 34.

【0012】従って、本発明の構成によれば、上記上下
シリンダ48を作動すると、ピストンロッド45が降下
し(図1、図2(B))、その下端部に形成されたパン
チ43が、複数枚のワークWの各ワークWにガイド穴W
1、W2を(図2(B))形成しながらその中を進入
し、ダイ34の開口部35と嵌合するので、全てのワー
クWがパンチ43に係止することになって何枚でもずれ
ることがなくなり、板材加工機において、重ねてクラン
プして加工できるワークの枚数を増加することができ、
加工効率の向上を図ることが可能となる。
Therefore, according to the structure of the present invention, when the upper and lower cylinders 48 are actuated, the piston rod 45 descends (FIGS. 1 and 2B), and a plurality of punches 43 formed at the lower end thereof are provided. Guide holes W in each work W
1 and W2 (FIG. 2 (B)) are formed and enter the inside thereof, and fit into the opening 35 of the die 34, so that all the works W are locked to the punch 43, so It is possible to increase the number of workpieces that can be processed by being overlapped and clamped in the plate processing machine,
Processing efficiency can be improved.

【0013】[0013]

【発明の実施の形態】以下、本発明を、実施の形態によ
り添付図面を参照して、説明する。図1は本発明の実施
形態を示す全体図である。
DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS The present invention will be described below with reference to the accompanying drawings according to embodiments. FIG. 1 is an overall view showing an embodiment of the present invention.

【0014】図1に示すワーククランプ装置13は、例
えばタレットパンチプレス(図5)に適用した場合であ
り、後述するキャリッジ12には、締付部42とボルト
41を介して、ハウジング30が固定されている。
The work clamp device 13 shown in FIG. 1 is applied to, for example, a turret punch press (FIG. 5), and a housing 30 is fixed to a carriage 12 described later via a fastening portion 42 and a bolt 41. Have been.

【0015】即ち、ハウジング30は締付部42を有
し、該締付部42にはレバー40を備えたボルト41が
貫通してハウジング30にねじ込まれている。
That is, the housing 30 has a fastening portion 42, and a bolt 41 provided with a lever 40 passes through the fastening portion 42 and is screwed into the housing 30.

【0016】この構成により、レバー40を回転するこ
とにより、本発明に係るクランプ装置13は、キャリッ
ジ12に対して着脱自在である。
With this configuration, by rotating the lever 40, the clamp device 13 according to the present invention is detachable from the carriage 12.

【0017】上記ハウジング30には、本体31が装着
され、該本体31には、上下シリンダ48(図1)が内
蔵されている。
A main body 31 is mounted on the housing 30, and a vertical cylinder 48 (FIG. 1) is built in the main body 31.

【0018】上下シリンダ48のピストンロッド45の
下端部には、パンチ43が形成され、該パンチ43の直
下であって従来のワーククランプ装置の下部ジョーに相
当する上記ハウジング30の突出部33には、ダイ34
が設けられ、該ダイ34には、開口部35が形成されて
いる。
A punch 43 is formed at the lower end of the piston rod 45 of the upper and lower cylinders 48. The projecting portion 33 of the housing 30 directly below the punch 43 and corresponds to the lower jaw of a conventional work clamping device is formed on the punch 43. , Die 34
And an opening 35 is formed in the die 34.

【0019】この構成により、上記パンチ43とダイ3
4の間に複数枚のワークWを重ねて挿入し(図2
(B))、上下シリンダ48を作動させると、ピストン
ロッド45が降下しその下端部のパンチ43が各ワーク
Wを貫通してダイ34の開口部35に嵌合することによ
り、上記複数枚のワークWを重ねてクランプすることが
できる。
With this configuration, the punch 43 and the die 3
4 and a plurality of works W are inserted one above the other (FIG. 2
(B)) When the upper and lower cylinders 48 are actuated, the piston rod 45 descends, and the punch 43 at the lower end thereof penetrates each work W and fits into the opening 35 of the die 34, so that the plurality of The work W can be overlapped and clamped.

【0020】例えば、タレットパンチプレスに(図5)
複数枚のワークWが搬入された場合には(図3のステッ
プ101)、前記ワーククランプ装置13のパンチ43
とダイ34の間に複数枚のワークWを挿入し(図3のス
テップ102)、上下シリンダ48を作動してパンチ4
3を降下させると(図3のステップ103)、該パンチ
43が各ワークWにガイド穴W1、W2を(図2
(B))形成しながらその中を進入し、ダイ34の開口
部35と嵌合する。
For example, in a turret punch press (FIG. 5)
When a plurality of works W are carried in (Step 101 in FIG. 3), the punch 43 of the work clamp device 13 is used.
A plurality of workpieces W are inserted between the die 4 and the die 34 (step 102 in FIG. 3), and the upper and lower cylinders 48 are operated to move the punch 4
3 is lowered (step 103 in FIG. 3), the punch 43 places guide holes W1 and W2 in each work W (FIG. 2).
(B)) While forming, it enters inside and fits into the opening 35 of the die 34.

【0021】これにより、複数枚のワークWを重ねて何
枚でもクランプすることができる。
Thus, a plurality of works W can be stacked and any number of works W can be clamped.

【0022】この場合、前記したようにパンチ43が各
ワークWを貫通することからパンチ43とダイ34でク
ランプされる部分には、ガイド穴W1、W2が形成され
るが(図2(B))、後述するように(図4)この部分
は、加工後にスケルトンKとして破棄される(図3のス
テップ109)。
In this case, as described above, since the punch 43 penetrates each work W, guide holes W1 and W2 are formed in a portion clamped by the punch 43 and the die 34 (FIG. 2B). As will be described later (FIG. 4), this part is discarded as a skeleton K after processing (step 109 in FIG. 3).

【0023】また、上記ガイド穴W1、W2が形成され
た後のワークWの残りカスQは(図2(B))、カス穴
36を介して外部に搬出される。
The remaining waste Q of the work W after the guide holes W1 and W2 are formed (FIG. 2B) is carried out through the waste hole 36.

【0024】上記ピストンロッド45の途中には、キー
44が設けられ、該キー44がそれに対向するキー溝3
2に挿入されている。
A key 44 is provided in the middle of the piston rod 45, and the key 44
2 is inserted.

【0025】この構成により、上記パンチ43が上下動
するに従ってキー44がキー溝32内を上下動し、複数
枚のワークWをクランプする場合の上下シリンダ48が
円滑に作動するようになっている。
With this configuration, as the punch 43 moves up and down, the key 44 moves up and down in the key groove 32, and the up and down cylinder 48 for clamping a plurality of works W works smoothly. .

【0026】上記キー44には、ばね46を介してスト
リッパプレート47が取り付けられている。
A stripper plate 47 is attached to the key 44 via a spring 46.

【0027】この構成により、上下シリンダ48が作動
しパンチ43が各ワークWを貫通してダイ34と嵌合す
ると(図2(B))、このストリッパプレート47がば
ね46の復元力に抗して一番上のワークWに(図1、図
2(B))当接し、複数枚のワークW全体を押圧するこ
とにより、該複数枚のワークWに対するクランプ力が一
層強くなる。
With this configuration, when the upper and lower cylinders 48 operate and the punch 43 penetrates each work W and fits with the die 34 (FIG. 2B), the stripper plate 47 resists the restoring force of the spring 46. By pressing the uppermost work W (FIGS. 1 and 2B) and pressing the plurality of works W as a whole, the clamping force on the plurality of works W is further increased.

【0028】上記構成を有するワーククランプ装置13
は、例えばタレットパンチプレスに適用されている(図
5)。
Work clamp device 13 having the above configuration
Is applied, for example, to a turret punch press (FIG. 5).

【0029】上記タレットパンチプレス1の上部タレッ
ト6と下部タレット7には、パンチPとダイDが同心円
状に配置され、該上部タレット6の回転軸8と下部タレ
ット7の回転軸9には、チェーン4と5が巻回され、該
チェーン4と5は、駆動軸3に巻回されている。
A punch P and a die D are concentrically arranged on the upper turret 6 and the lower turret 7 of the turret punch press 1, and the rotating shaft 8 of the upper turret 6 and the rotating shaft 9 of the lower turret 7 have: Chains 4 and 5 are wound, and the chains 4 and 5 are wound around the drive shaft 3.

【0030】また、加工位置CにおけるパンチPの直上
方であって、上部フレーム1には、パンチPを殴打する
ラムストライカ2が設けられている。
A ram striker 2 for hitting the punch P is provided on the upper frame 1 immediately above the punch P at the processing position C.

【0031】この構成により、モータMで駆動軸3を回
転させチェーン4と5を循環させれば、上部タレット6
と下部タレット7が同期回転し、所定のパンチPとダイ
Dから成る金型を加工位置Cにおいて選択することがで
きる。
With this configuration, if the drive shaft 3 is rotated by the motor M to circulate the chains 4 and 5, the upper turret 6
And the lower turret 7 are rotated synchronously, and a die including a predetermined punch P and a die D can be selected at the processing position C.

【0032】下部フレーム21には、Y軸ガイドレール
17が敷設され、該Y軸ガイドレール17には、サポー
トブラケット16が滑り結合しており、該サポートブラ
ケット16にはキャリッジべース11が固定され、該キ
ャリッジべース11には、上部フレーム1に設けたY軸
モータMyのボールねじ14が螺合している。
A Y-axis guide rail 17 is laid on the lower frame 21, and a support bracket 16 is slidably connected to the Y-axis guide rail 17, and the carriage base 11 is fixed to the support bracket 16. A ball screw 14 of a Y-axis motor My provided on the upper frame 1 is screwed into the carriage base 11.

【0033】また、キャリッジべース11には、キャリ
ッジ12がX軸ガイドレール(図示省略)を介して滑り
結合しており、該キャリッジ12には、X軸モータ(図
示省略)のボールねじが螺合していると共に、上記本発
明に係るワーククランプ装置13が着脱自在に取り付け
られている。
A carriage 12 is slidably coupled to the carriage base 11 via an X-axis guide rail (not shown). The carriage 12 is provided with a ball screw of an X-axis motor (not shown). The work clamp device 13 according to the present invention is detachably mounted while being screwed.

【0034】この構成により、X軸モータ(図示省略)
を回転させると、上記ワーククランプ装置13が取り付
けられたキャリッジ12がキャリッジべース11上をX
軸方向に移動すると共に、Y軸モータMyを回転させる
とキャリッジべース11がY軸方向に移動する。
With this configuration, an X-axis motor (not shown)
Is rotated, the carriage 12 to which the work clamp device 13 is attached moves X on the carriage base 11.
When the Y-axis motor My is rotated while moving in the axial direction, the carriage base 11 moves in the Y-axis direction.

【0035】従って、前記ワーククランプ装置13のパ
ンチ43が各ワークWを貫通してダイ34と嵌合するこ
とにより(図2(B))クランプされた複数枚のワーク
Wを加工位置Cに位置決めして、小製品Sの穴加工及び
輪郭切断加工等(図3のステップ106)、所定の加工
を行うことができる。
Therefore, the plurality of clamped works W are positioned at the processing position C by the punch 43 of the work clamping device 13 penetrating through each work W and fitting with the die 34 (FIG. 2B). Then, predetermined processing such as hole processing and contour cutting processing of the small product S (step 106 in FIG. 3) can be performed.

【0036】以下、上記構成を有する本発明の動作を、
図3に基づいて説明する。尚、この場合、ワーククラン
プ装置13は、タレットパンチプレスに適用され(図
5)、しかも、図1に示すように、少なくとも2つのワ
ーククランプ装置13が使用される。
Hereinafter, the operation of the present invention having the above configuration will be described.
This will be described with reference to FIG. In this case, the work clamp device 13 is applied to a turret punch press (FIG. 5), and at least two work clamp devices 13 are used as shown in FIG.

【0037】(1)複数枚のワークWのクランプ動作。(1) Clamping operation of a plurality of works W

【0038】先ず、図3のステップ101において、複
数枚のワークWを搬入し、ステップ102において、複
数枚のワークWをワーククランプ装置13のパンチ43
とダイ34の間に挿入し、ステップ103において、上
下シリンダ48を作動し、パンチ43を降下させ、ステ
ップ104において、各ワークWを貫通したパンチ43
とダイ34の協働により、複数枚のワークWをクランプ
する。
First, in step 101 of FIG. 3, a plurality of works W are carried in, and in step 102, the plurality of works W are
In step 103, the upper and lower cylinders 48 are actuated to lower the punch 43. In step 104, the punch 43
The plurality of works W are clamped by the cooperation of the die and the die 34.

【0039】即ち、当初は(図2(A))、ワーククラ
ンプ装置13のパンチ43を上昇させ、該パンチ43と
ダイ34の間に隙間を形成しておく。
That is, initially (FIG. 2A), the punch 43 of the work clamping device 13 is raised, and a gap is formed between the punch 43 and the die 34.

【0040】そして、例えばワーク搬入手段により、複
数枚のワークWがタレットパンチプレス(図5)の加工
テーブル10上に搬入された場合に、この複数枚のワー
クWをパンチ43とダイ34の間に挿入する。
When a plurality of works W are carried into the processing table 10 of the turret punch press (FIG. 5) by, for example, the work carrying means, the plurality of works W are moved between the punch 43 and the die 34. Insert

【0041】この状態で、上下シリンダ48を作動する
と、ピストンロッド45が降下し(図2(B))、その
下端部に形成したパンチ43が各ワークWを貫通してダ
イ34の開口部35と嵌合する。
In this state, when the upper and lower cylinders 48 are operated, the piston rod 45 descends (FIG. 2B), and the punch 43 formed at the lower end thereof penetrates each work W and opens the opening 35 of the die 34. Mates with

【0042】これにより、各ワークWにガイド穴W1、
W2を形成しながらその中を進入して来たパンチ43に
対して、全てのワークWが係止する(図2(B))。
Thus, each work W has a guide hole W1,
All the works W are locked to the punch 43 that has entered the inside while forming W2 (FIG. 2B).

【0043】しかも、上記パンチ43がダイ34と嵌合
した場合には、キー44に取り付けられたストリッパプ
レート47が、ばね46の復元力に抗して一番上のワー
クWに(図1、図2(B))当接して複数枚のワークW
全体を押圧するので、一層強いクランプ力が働いて、複
数枚のワークWがクランプされる。
Further, when the punch 43 is fitted with the die 34, the stripper plate 47 attached to the key 44 is attached to the uppermost work W against the restoring force of the spring 46 (FIG. 1, FIG. 2 (B)) A plurality of workpieces W in contact with each other
Since the whole is pressed, a stronger clamping force acts to clamp a plurality of works W.

【0044】従って、ずれが無くなり、重ねてクランプ
して加工できるワークの枚数を増加することができ、加
工効率の向上を図ることが可能となる。
Accordingly, the displacement is eliminated, the number of workpieces that can be processed by being overlapped and clamped can be increased, and the processing efficiency can be improved.

【0045】また、この間、パンチ43が降下する(図
2(B))に従って、キー44が(図1、図2)キー溝
32に沿って移動するので、上下シリンダ48の作動も
円滑に行われる。
During this time, as the punch 43 descends (FIG. 2B), the key 44 moves along the key groove 32 (FIGS. 1 and 2), so that the operation of the upper and lower cylinders 48 also proceeds smoothly. Will be

【0046】(2)複数枚のワークWの加工動作。(2) Processing operation of a plurality of works W

【0047】次いで、図3のステップ105において、
複数枚のワークWを加工位置Cへ移動させ、ステップ1
06において、小製品Sの穴加工及び輪郭切断加工を行
う。
Next, in step 105 of FIG.
Moving a plurality of workpieces W to the processing position C, step 1
At 06, the hole processing and the contour cutting processing of the small product S are performed.

【0048】即ち、X軸モータ(図示省略)とY軸モー
タMyを(図5)駆動することにより、キャリッジ12
がX軸方向に、キャリッジべース11がY軸方向にそれ
ぞれ移動する。
That is, by driving the X-axis motor (not shown) and the Y-axis motor My (FIG. 5), the carriage 12
Move in the X-axis direction, and the carriage base 11 moves in the Y-axis direction.

【0049】これにより、キャリッジ12に取り付けた
ワーククランプ装置13(図5)にクランプされた複数
枚のワークWを加工位置Cへ移動させることができ、こ
の加工位置Cにおいて、所定の加工、例えば小製品Sの
穴加工及び輪郭切断加工を行う(図4)。
As a result, the plurality of works W clamped by the work clamping device 13 (FIG. 5) attached to the carriage 12 can be moved to the processing position C. At this processing position C, predetermined processing, for example, Hole processing and contour cutting of the small product S are performed (FIG. 4).

【0050】即ち、前記ワーククランプ装置13のパン
チ43が、各ワークWを貫通することによりガイド穴W
1、W2が形成される(図2(B)、図4)。
That is, when the punch 43 of the work clamp device 13 penetrates each work W, the guide hole W
1 and W2 are formed (FIGS. 2B and 4).

【0051】加工位置Cに(図5)おいては、このガイ
ド穴W1、W2が形成されている部分以外の領域を上部
タレット6(図5)と下部タレット7の間に位置決め
し、ラムストライカ2によりパンチPを殴打することに
より、その周囲に輪郭Rが(図4)形成される小製品S
の穴加工及び輪郭切断加工を行う。
At the processing position C (FIG. 5), a region other than the portion where the guide holes W1 and W2 are formed is positioned between the upper turret 6 (FIG. 5) and the lower turret 7, and the ram striker is positioned. 2. A small product S having an outline R (FIG. 4) formed around the punch P by beating the punch P
Hole cutting and contour cutting.

【0052】そして、図3のステップ107において、
この加工が終了したか否かを判断し、終了しない場合に
は(NO)、同じ動作を繰り返し、終了した場合には
(YES)、ステップ108において、小製品Sを搬出
・集積し、ステップ109において、スケルトンKを搬
出・集積する。
Then, in step 107 of FIG.
It is determined whether or not this processing has been completed. If the processing has not been completed (NO), the same operation is repeated. If completed (YES), in step 108, the small products S are carried out and accumulated, and in step 109, In, the skeleton K is carried out and accumulated.

【0053】即ち、図4に示すように、ガイド穴W1、
W2が形成されているクランプ部分以外の領域におい
て、上記小製品Sの穴加工及び輪郭切断加工が全て終了
した場合には、その小製品Sを、例えばワーク搬出手段
により搬出し、製品パレット上に集積する。
That is, as shown in FIG. 4, the guide holes W1,
In the area other than the clamp portion where W2 is formed, when the hole processing and the contour cutting processing of the small product S are all completed, the small product S is unloaded by, for example, a work unloading unit, and placed on a product pallet. Collect.

【0054】そして、全ての小製品Sが搬出・集積され
た後に、上記複数枚のワークWをクランプしていたパン
チ43を上昇させて(図2(A))ダイ34から離脱さ
せる。
Then, after all the small products S have been carried out and accumulated, the punch 43 that has clamped the plurality of works W is lifted (FIG. 2A) and separated from the die 34.

【0055】これにより、前記ガイド穴W1、W2が形
成されているクランプ部分は、解放される。
Thus, the clamp portion in which the guide holes W1 and W2 are formed is released.

【0056】この状態で、残っているクランプ部分を
(図4)スケルトンKとして、例えば同様にワーク搬出
手段により搬出し、スケルトンパレット上に集積する。
In this state, the remaining clamp portion is taken out as a skeleton K (FIG. 4) by, for example, a work carrying-out means and accumulated on a skeleton pallet.

【0057】尚、前記実施形態においては、本発明がタ
レットパンチプレス(図5)に適用される場合を詳述し
たが、本発明はそれに限定されることなく、他の板材加
工機であるブランキングジヤー、レーザ加工機等にも適
用され、同様の効果を奏することは勿論である。
In the above embodiment, the case where the present invention is applied to a turret punch press (FIG. 5) has been described in detail. However, the present invention is not limited to this, and the present invention is not limited to this. The present invention is also applied to a king jewel, a laser beam machine, and the like, and it is needless to say that the same effect is obtained.

【0058】[0058]

【発明の効果】上記のとおり、本発明によれば、ワーク
クランプ装置を、上下シリンダと、該上下シリンダのピ
ストンロッド下端部に形成されたパンチと、該パンチの
直下に配置されたダイを有し、上記パンチとダイの間に
複数枚のワークを重ねて挿入し、上下シリンダによりパ
ンチが各ワークを貫通してダイと嵌合することにより、
上記複数枚のワークを重ねてクランプするように構成し
たことにより、上下シリンダを作動すると、ピストンロ
ッドが降下し、その下端部に形成されたパンチが、複数
枚のワークの各ワークにガイド穴を形成しながらその中
を進入し、ダイの開口部と嵌合するので、全てのワーク
がパンチに係止することになって何枚でもずれることが
なくなり、板材加工機において、重ねてクランプして加
工できるワークの枚数を増加することができ、加工効率
の向上を図るという技術的効果を奏することとなった。
As described above, according to the present invention, a work clamping device includes an upper and lower cylinder, a punch formed at the lower end of a piston rod of the upper and lower cylinder, and a die disposed immediately below the punch. Then, a plurality of workpieces are stacked and inserted between the punch and the die, and the punch penetrates each workpiece by the upper and lower cylinders and is fitted to the die.
When the upper and lower cylinders are actuated, the piston rod descends, and the punch formed at the lower end of the upper and lower cylinders forms a guide hole in each of the plurality of workpieces. Since it enters the inside while forming and fits into the opening of the die, all the workpieces will be locked by the punch, so that any number of sheets will not shift, and in the plate material processing machine, The number of workpieces that can be processed can be increased, and the technical effect of improving the processing efficiency is achieved.

【0059】[0059]

【図面の簡単な説明】[Brief description of the drawings]

【図1】本発明の実施形態を示す全体図である。FIG. 1 is an overall view showing an embodiment of the present invention.

【図2】図1の側面図である。FIG. 2 is a side view of FIG.

【図3】本発明の動作を説明するフローチャートであ
る。
FIG. 3 is a flowchart illustrating the operation of the present invention.

【図4】本発明の作用説明図である。FIG. 4 is an operation explanatory view of the present invention.

【図5】本発明の適用例を示す図である。FIG. 5 is a diagram showing an application example of the present invention.

【図6】従来技術の説明図である。FIG. 6 is an explanatory diagram of a conventional technique.

【符号の説明】[Explanation of symbols]

11 キャリッジべース 12 キャリッジ 13 クランプ装置 30 ハウジング 31 本体 32 キー溝 33 ハウジングの突出部 34 ダイ 35 開口部 36 カス穴 43 パンチ 44 キー 45 ピストンロッド 46 ばね 47 ストリッパプレート 48 上下シリンダ W 複数枚のワーク W1、W2 ガイド穴 DESCRIPTION OF SYMBOLS 11 Carriage base 12 Carriage 13 Clamping device 30 Housing 31 Main body 32 Keyway 33 Housing projection 34 Die 35 Opening 36 Casing hole 43 Punch 44 Key 45 Piston rod 46 Spring 47 Stripper plate 48 Upper and lower cylinder W Plural workpieces W1, W2 Guide hole

Claims (5)

【特許請求の範囲】[Claims] 【請求項1】 上下シリンダと、該上下シリンダのピス
トンロッド下端部に形成されたパンチと、該パンチの直
下に配置されたダイを有し、上記パンチとダイの間に複
数枚のワークを重ねて挿入し、上下シリンダによりパン
チが各ワークを貫通してダイと嵌合することにより、上
記複数枚のワークを重ねてクランプすることを特徴とす
るワーククランプ装置。
An upper and lower cylinder, a punch formed at a lower end of a piston rod of the upper and lower cylinders, and a die disposed immediately below the punch, wherein a plurality of works are stacked between the punch and the die. A work clamping device, wherein the plurality of works are overlapped and clamped by inserting a punch through each work by means of an upper and lower cylinder and fitting into a die.
【請求項2】 上記パンチが、各ワークにガイド穴を形
成しながらその中を進入し、ダイの開口部と嵌合する請
求項1記載のワーククランプ装置。
2. The work clamping device according to claim 1, wherein the punch enters the work while forming a guide hole in each work, and fits into an opening of a die.
【請求項3】 上記ピストンロッドの途中にキーを設
け、該キーがそれに対向するキー溝に挿入されている請
求項1記載のワーククランプ装置。
3. The work clamp device according to claim 1, wherein a key is provided in the middle of said piston rod, and said key is inserted into a key groove facing the key.
【請求項4】 上記キーには、ばねを介してストリッパ
プレートが取り付けられている請求項3記載のワークク
ランプ装置。
4. The work clamp device according to claim 3, wherein a stripper plate is attached to the key via a spring.
【請求項5】 上記請求項1記載のワーククランプ装置
を少なくとも2つ使用し、(1)上記パンチとダイによ
り重ねてクランプされた複数枚のワークを加工位置に移
動するステップと、(2)加工位置に移動した複数枚の
ワーク上であって、上記重ねてクランプされた部分以外
の領域に、所定の加工を施すステップと、(3)該所定
の加工により加工された製品を搬出・集積するステップ
と、(4)該製品が搬出・集積された後にパンチを上昇
させることによりダイから離脱させ、重ねてクランプさ
れていた部分を解放しスケルトンとして搬出・集積する
ステップから成ることを特徴とするワーク加工方法。
5. Using at least two of the work clamping devices according to claim 1, (1) moving a plurality of works overlapped and clamped by the punch and the die to a processing position; (2) A step of performing predetermined processing on a plurality of workpieces moved to the processing position and other than the above-mentioned overlapped and clamped area; and (3) unloading / accumulating products processed by the predetermined processing. (4) separating the product from the die by raising the punch after the product is carried out and accumulated, releasing the part that has been overlapped and clamped, and carrying out and accumulating the product as a skeleton. Work processing method.
JP11048228A 1999-02-25 1999-02-25 Work clamp device and work processing method using device Pending JP2000246370A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11048228A JP2000246370A (en) 1999-02-25 1999-02-25 Work clamp device and work processing method using device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11048228A JP2000246370A (en) 1999-02-25 1999-02-25 Work clamp device and work processing method using device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000246370A true JP2000246370A (en) 2000-09-12

Family

ID=12797587

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11048228A Pending JP2000246370A (en) 1999-02-25 1999-02-25 Work clamp device and work processing method using device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000246370A (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103286601A (en) * 2013-06-28 2013-09-11 四川东方能源科技股份有限公司 Equipment for fixing bars when being cut by saws
CN105345875A (en) * 2015-12-14 2016-02-24 苏州市吴中区大陆电子设备厂 Single-pneumatic disc punching clamp
CN105344862A (en) * 2015-12-14 2016-02-24 苏州市吴中区大陆电子设备厂 Single pneumatic disc fixing clamp
CN105414311A (en) * 2015-12-14 2016-03-23 苏州市吴中区大陆电子设备厂 Double-pneumatic disc fixing and perforating device
CN108160800A (en) * 2017-12-26 2018-06-15 海泉风雷新能源发电股份有限公司 A kind of volume iron heart folder notch blanking die
CN109290423A (en) * 2018-10-17 2019-02-01 毛建国 A kind of road vehicle component stamping device

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103286601A (en) * 2013-06-28 2013-09-11 四川东方能源科技股份有限公司 Equipment for fixing bars when being cut by saws
CN105345875A (en) * 2015-12-14 2016-02-24 苏州市吴中区大陆电子设备厂 Single-pneumatic disc punching clamp
CN105344862A (en) * 2015-12-14 2016-02-24 苏州市吴中区大陆电子设备厂 Single pneumatic disc fixing clamp
CN105414311A (en) * 2015-12-14 2016-03-23 苏州市吴中区大陆电子设备厂 Double-pneumatic disc fixing and perforating device
CN108160800A (en) * 2017-12-26 2018-06-15 海泉风雷新能源发电股份有限公司 A kind of volume iron heart folder notch blanking die
CN109290423A (en) * 2018-10-17 2019-02-01 毛建国 A kind of road vehicle component stamping device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3813441B2 (en) Work loading / unloading device
JP2000246370A (en) Work clamp device and work processing method using device
JP4513995B2 (en) Turret punch press and processing method using the turret punch press
JPH0833931A (en) Method and die for separating article for microjoint processing
EP0555604B1 (en) Turret punch press
JP2981130B2 (en) Work loading / unloading device
JP4380976B2 (en) Identification marking device in plate processing machine
US5177843A (en) Turret punch press
JP2002079430A (en) Punching and cutting composite machine
JP2575723B2 (en) Plate material bending method and bending mold
JPH03216220A (en) Combined working machine
JPS5868434A (en) Serial punch press
JPH07164058A (en) Sheet bending machine and method for using it
JP4289484B2 (en) Die mounting device in punch press
JP4466933B2 (en) Punch cutting multifunction machine
JPH03133527A (en) Punch press
JP4521073B2 (en) Overtake mold
JP3447373B2 (en) Work unloading device of plate processing machine
JPH09300030A (en) System for treating plate material
JPH0763782B2 (en) Plate material processing method by plate material processing machine and plate material processing machine used for the method
JP2818011B2 (en) Processing method in turret punch press
JP2001239421A (en) Deburring device
JP2002066666A (en) Work carrying in and out method of plate material working machine and its apparatus
JPH11221628A (en) Punching method and its device
JP2617033B2 (en) Product separation processing equipment