JP2000029945A - Schedule management system, method therefor and recording medium recorded with control program therefor - Google Patents

Schedule management system, method therefor and recording medium recorded with control program therefor

Info

Publication number
JP2000029945A
JP2000029945A JP19222098A JP19222098A JP2000029945A JP 2000029945 A JP2000029945 A JP 2000029945A JP 19222098 A JP19222098 A JP 19222098A JP 19222098 A JP19222098 A JP 19222098A JP 2000029945 A JP2000029945 A JP 2000029945A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
work
destination
schedule management
schedule
portable terminal
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP19222098A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Koji Kida
弘司 喜田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
NEC Corp
Original Assignee
NEC Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by NEC Corp filed Critical NEC Corp
Priority to JP19222098A priority Critical patent/JP2000029945A/en
Publication of JP2000029945A publication Critical patent/JP2000029945A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a schedule management system capable of allowing a user to grasp at a glance where the user himself should go and which work the user himself should execute at present. SOLUTION: A destination reason generating means 21 generates a reason why a user should move to a destination calculated by a destination deciding means 22. The destination deciding means 22 calculates a work to be given the highest priority from among works to be executed by the user today based on the judged result of a workability judging means 24, and calculates when and where the user should move. The workability judging means 24 judges whether or not each work of the user can be executed as scheduled by using position information from a portable terminal position obtaining means 11, schedule data managed by a schedule managing means 23, the content of a terminal workable knowledge 26, the content of a moving time knowledge 25, and the present time. An in-time to spare execution work retrieving means 27 makes a plan for the execution of a work to be executed today without interrupting the execution of the work given the highest priority.

Description

【発明の詳細な説明】DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】[0001]

【発明の属する技術分野】本発明はスケジュール管理シ
ステム及びそのスケジュール管理方法並びにその制御プ
ログラムを記録した記録媒体に関し、特にユーザが自由
に持ち運びすることができる携帯端末システムとユーザ
がオフィスにおいて作業を行うオフィスコンピュータと
の間が互いに無線ネットワークで接続されたシステムを
用いてスケジュール情報を管理する管理方法に関する。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention relates to a schedule management system, a schedule management method therefor, and a recording medium on which a control program is recorded. More particularly, the present invention relates to a portable terminal system which can be freely carried by a user and a user who works in an office. The present invention relates to a management method for managing schedule information using a system in which office computers are connected to each other via a wireless network.

【0002】[0002]

【従来の技術】現在、携帯端末システムは使用者(ユー
ザ)が手軽に持ち運ぶことができることから普及してお
り、多くのビジネスマンがその携帯端末システム上で自
分のスケジュールを管理している。
2. Description of the Related Art At present, portable terminal systems are widely used because they can be easily carried by users, and many businessmen manage their own schedules on the portable terminal systems.

【0003】これらスケジュール管理システムはいつ、
どこで、何を行うのかといった予定を時系列に登録して
おき、後日、登録した自分の予定を確認したり、あるい
は予定の時刻が来たことをシステムからアラームを受け
ることで、自分の行動を計画する際に参考にするシステ
ムである。
[0003] When these schedule management systems,
Register your schedule, such as where and what to do, in chronological order, and check your registered schedule at a later date, or receive an alarm from the system that the scheduled time has come, so that you can take action on your own This is a system for reference when planning.

【0004】さらに近年、ユーザの位置情報を取得でき
る携帯端末システムが商品化されはじめており、この情
報を利用して予定の実行場所間の移動時間をも考慮する
スケジュール管理システムが提案されている。
In recent years, portable terminal systems capable of acquiring position information of users have begun to be commercialized, and a schedule management system has been proposed which takes into account travel time between scheduled execution locations using this information.

【0005】例えば、上記のようなシステムとしては、
特開平5ー134989号公報(以下、文献1とする)
に開示された技術や特開平7ー209451号公報(以
下、文献2とする)に開示された技術がある。
[0005] For example, as the above system,
Japanese Patent Application Laid-Open No. Hei 5-134498 (hereinafter referred to as Reference 1)
And a technology disclosed in Japanese Patent Application Laid-Open No. 7-209451 (hereinafter referred to as Document 2).

【0006】文献1には携帯端末システムが取得したユ
ーザの現在位置とスケジュールデータベースに登録され
ている次の仕事を実行する位置とから、移動にかかる時
間を地図データベースを参照して算出することで、もし
次の仕事の開始時間に間に合わないと推定できた場合、
次の仕事の開始時間を自動的に変更するシステムが開示
されている。
[0006] In Document 1, the time required for movement is calculated by referring to the map database from the current position of the user acquired by the portable terminal system and the position where the next work registered in the schedule database is executed. , If you estimate that you won't be on time for the next job,
A system for automatically changing the start time of the next task is disclosed.

【0007】文献2には文献1に記載の技術と同様の方
法で、ユーザの移動にかかる時間を算出し、これら2地
点の移動時間を考慮したタイミングで、ユーザへアラー
ムを鳴らすことができるシステムが開示されている。例
えば、移動に時間がかかる場所にユーザがいる場合、早
目にアラームを鳴らすようにしている。
Document 2 discloses a system capable of calculating the time required for a user's movement in the same manner as the technique described in Document 1, and sounding an alarm to the user at a timing in consideration of the movement time at these two points. Is disclosed. For example, if a user is in a place where it takes time to move, an alarm is sounded early.

【0008】[0008]

【発明が解決しようとする課題】一般に、ユーザは外出
する際にスケジュールデータベースに登録された仕事を
単に時間順に行動するのではなく、できる限り場所の移
動が少なくなるように行動したり、外出先での会議が長
引いたために次の会議に間に合わなくなった場合に次の
会議に参加せずに別の仕事をしたり、自分のオフィスに
戻っても特に今日しなければならない仕事はないが、未
読の電子メールが多く貯まっているからオフィスへ戻る
等の様々な要因を考慮して自分の行動計画をたてること
が多い。
In general, when a user goes out, he or she does not merely act on the work registered in the schedule database in chronological order. If the meeting at the meeting was prolonged and it was too late for the next meeting, I did another job without attending the next meeting, and when I returned to my office, there was no work that I needed to do today, but unread Because many e-mails are stored, he often makes his own action plan in consideration of various factors such as returning to the office.

【0009】上述した従来のスケジュール管理システム
では、スケジュールデータベースに登録されている予定
を確実に実行することを支援するスケジュール管理シス
テムであるため、上述したように、次にどのような行動
を取るべきであるのかを計画しようとすると、カレンダ
で時間順に仕事を確認して優先度順に仕事を並び替えて
表示したり、必要があれば電子メールも受信するといっ
た操作が必要である。
In the above-described conventional schedule management system, since the schedule management system assists in reliably executing the schedule registered in the schedule database, as described above, what kind of action should be taken next In order to plan whether or not it is necessary, operations such as confirming the work in chronological order on the calendar, sorting and displaying the work in order of priority, and receiving an e-mail if necessary are necessary.

【0010】したがって、従来のスケジュール管理シス
テムでは、行動計画をたてるのに利用した場合、間接的
な情報をユーザに提供しているにすぎず、それらをまと
めて整理するのはユーザ自身であり、大きな負担をユー
ザに強いることとなる。
[0010] Therefore, in the conventional schedule management system, when used for making an action plan, it merely provides indirect information to the user, and it is the user who collects and organizes the indirect information. This imposes a heavy burden on the user.

【0011】また、外出先で携帯端末システムを使う場
合、非常に簡単な操作しか許されないために、上記例の
ようにいくつかの画面を切替える操作は煩雑となって容
易に用いることができない。
In addition, when the portable terminal system is used on the go, only a very simple operation is allowed, so that the operation of switching some screens as in the above example is complicated and cannot be used easily.

【0012】さらに、従来のスケジュール管理システム
では、ある仕事を実行する場所が固定されていることも
問題となる。例えば、簡単なレポートを作成するといっ
た仕事はノート型のパーソナルコンピュータさえあれば
どこでも実行できるが、上記のスケジュール管理システ
ムでは予め実行する場所を入力しておき、そこへ移動す
る時間を考慮してアラーム等が鳴らされる。
Further, in the conventional schedule management system, there is a problem that a place where a certain task is executed is fixed. For example, tasks such as creating a simple report can be performed anywhere with a notebook-type personal computer. However, in the above schedule management system, the place to be executed is input in advance, and an alarm is taken in consideration of the time to move there. Etc. are sounded.

【0013】これは、在宅勤務等の勤務形態が普及する
のに伴って、オフィスと家等の複数の場所とでメインの
仕事を実行することが多くなると考えられるが、その場
合には仕事を実行する場所が固定されてしまうのが問題
となる。
[0013] This is thought to be due to the fact that with the spread of working styles such as telecommuting, the main work is often performed in a plurality of places such as offices and homes. The problem is that the execution place is fixed.

【0014】そこで、本発明の目的は上記の問題点を解
消し、現在、ユーザ自身がどこへ行ってどんな仕事を実
行すべきであるのかを一目で把握することができるスケ
ジュール管理システム及びそのスケジュール管理方法並
びにその制御プログラムを記録した記録媒体を提供する
ことにある。
Accordingly, an object of the present invention is to solve the above-mentioned problems, and to provide a schedule management system and a schedule management system capable of grasping at a glance where the user himself should go and what kind of work should be performed at present. An object of the present invention is to provide a management method and a recording medium on which a control program is recorded.

【0015】また、本発明の他の目的は、仕事の実行場
所を指定しなくても、ユーザの現在いる位置や持ち歩い
ている端末の種類等から仕事を実行することが可能な場
所を算出し、ユーザに提示することができるスケジュー
ル管理システム及びそのスケジュール管理方法並びにそ
の制御プログラムを記録した記録媒体を提供することに
ある。
Another object of the present invention is to calculate a place where a job can be executed from the current position of the user or the type of terminal being carried without specifying the place to execute the work. The present invention provides a schedule management system that can be presented to a user, a schedule management method therefor, and a recording medium recording a control program therefor.

【0016】[0016]

【課題を解決するための手段】本発明によるスケジュー
ル管理システムは、持ち運び自在な携帯端末システム
と、無線ネットワークを介して前記携帯端末システムと
の間で互いに通信を行うオフィスコンピュータとを含
み、前記オフィスコンピュータにおいて前記携帯端末シ
ステムの持ち主のスケジュール情報を管理するスケジュ
ール管理システムであって、前記携帯端末システムに、
前記スケジュール情報を表示しかつ前記オフィスコンピ
ュータへの要求を入力する携帯端末入出力手段と、前記
携帯端末システムの現在の位置情報を取得する携帯端末
位置取得手段とを有し、前記オフィスコンピュータに、
前記スケジュール情報を管理するスケジュール管理手段
と、前記スケジュール情報を構成する各仕事の種類毎に
当該仕事を処理可能な処理装置を示す作業可能情報を蓄
積する端末作業可能知識と、前記処理装置が配設された
地点間の予め設定された移動時間を蓄積する移動時間知
識と、前記携帯端末位置取得手段から前記無線ネットワ
ークを介して取得した前記携帯端末システムの位置情報
と前記スケジュール管理手段で管理される前記スケジュ
ール情報と前記端末作業可能知識の内容と前記移動時間
知識の内容と現在の時刻とから前記仕事各々が予定通り
に実行可能か否かを判定する作業可能性判定手段と、前
記作業可能性判定手段の判定結果を基に前記現在の時刻
以降に実行すべき仕事の計画を生成しかつ前記計画を基
に移動すべき地点を示す行き先を算出する行き先決定手
段と、前記行き先決定手段で算出された行き先に移動す
べき理由を示す選択理由を生成する行き先理由生成手段
とを備えている。
A schedule management system according to the present invention includes a portable portable terminal system, and an office computer that communicates with the portable terminal system via a wireless network. A schedule management system for managing schedule information of an owner of the mobile terminal system in a computer, wherein the mobile terminal system includes:
A portable terminal input / output unit that displays the schedule information and inputs a request to the office computer, and a portable terminal position acquisition unit that acquires current position information of the portable terminal system;
Schedule management means for managing the schedule information; terminal workable knowledge for accumulating workable information indicating a processing device capable of processing the work for each type of work constituting the schedule information; The travel time knowledge accumulating a preset travel time between the set points, the portable terminal system position information acquired from the portable terminal position acquisition means via the wireless network, and the schedule management means are managed by the schedule management means. Work possibility determining means for determining whether or not each of the tasks can be executed as scheduled based on the schedule information, the contents of the terminal work possible knowledge, the contents of the travel time knowledge, and the current time; A place where a work plan to be executed after the current time is generated based on the determination result of the gender determination means, and which should be moved based on the plan It includes a destination determining means for calculating the destination indicating, and a destination reason generation unit that generates a selection reason indicating the reason should be moved to the destination calculated by the destination determining unit.

【0017】本発明による他のスケジュール管理システ
ムは、上記の構成のほかに、前記仕事の種類毎に当該仕
事が処理可能な地点及び代替地点を示す情報を蓄積する
代替場所知識を前記オフィスコンピュータに含み、前記
行き先決定手段が前記代替場所知識を基に前記移動時間
の少ない実行計画をたてるよう構成している。
In another schedule management system according to the present invention, in addition to the above-described configuration, alternative office knowledge for accumulating information indicating a place where the work can be processed and an alternative place for each type of work is stored in the office computer. The destination determining means is configured to make an execution plan with a short travel time based on the alternative place knowledge.

【0018】本発明によるスケジュール管理方法は、持
ち運び自在な携帯端末システムと、無線ネットワークを
介して前記携帯端末システムとの間で互いに通信を行う
オフィスコンピュータとを含み、前記オフィスコンピュ
ータにおいて前記携帯端末システムの持ち主のスケジュ
ール情報を管理するスケジュール管理システムのスケジ
ュール管理方法であって、前記携帯端末システムに、前
記スケジュール情報を表示しかつ前記オフィスコンピュ
ータへの要求を入力するステップと、前記携帯端末シス
テムの現在の位置情報を取得するステップとを有し、前
記オフィスコンピュータに、前記スケジュール情報を構
成する各仕事の種類毎に当該仕事を処理可能な処理装置
を示す作業可能情報を蓄積する端末作業可能知識の内容
と前記処理装置が配設された地点間の予め設定された移
動時間を蓄積する移動時間知識の内容と前記携帯端末シ
ステムから取得した位置情報と前記スケジュール情報と
現在の時刻とから前記仕事各々が予定通りに実行可能か
否かを判定するステップと、この判定結果を基に前記現
在の時刻以降に実行すべき仕事の計画を生成しかつ前記
計画を基に移動すべき地点を示す行き先を算出するステ
ップと、その算出された行き先に移動すべき理由を示す
選択理由を生成するステップとを備えている。
A schedule management method according to the present invention includes a portable portable terminal system and an office computer communicating with the portable terminal system via a wireless network, wherein the office computer communicates with the portable terminal system. A schedule management method of a schedule management system that manages schedule information of an owner of the mobile terminal system, wherein the mobile terminal system displays the schedule information and inputs a request to the office computer; Acquiring the position information of the terminal computer. The office computer stores, in the office computer, workable information indicating a processing device capable of processing the work for each type of work constituting the schedule information. The contents and the processing equipment Whether or not each of the tasks can be executed as scheduled based on the content of travel time knowledge that accumulates a preset travel time between the set points, the position information acquired from the portable terminal system, the schedule information, and the current time. Determining whether the work is to be executed after the current time based on the determination result, and calculating a destination indicating a point to be moved based on the plan; and calculating the calculation. Generating a selection reason indicating a reason for moving to the specified destination.

【0019】本発明による他のスケジュール管理方法
は、上記のステップのほかに、前記仕事の種類毎に当該
仕事が処理可能な地点及び代替地点を示す情報を蓄積す
る代替場所知識の内容を基に前記移動時間の少ない実行
計画をたてるステップを具備している。
In another schedule management method according to the present invention, in addition to the above-mentioned steps, for each type of work, information indicating a place at which the work can be processed and information indicating a substitute place are stored based on the contents of alternative place knowledge. And making an execution plan with a short travel time.

【0020】本発明によるスケジュール管理制御プログ
ラムを記録した記録媒体は、持ち運び自在な携帯端末シ
ステムと、無線ネットワークを介して前記携帯端末シス
テムとの間で互いに通信を行うオフィスコンピュータと
を含むスケジュール管理システムにおいて、前記オフィ
スコンピュータに前記携帯端末システムの持ち主のスケ
ジュール情報を管理させるためのスケジュール管理制御
プログラムを記録した記録媒体であって、前記スケジュ
ール管理制御プログラムは前記携帯端末システムに、前
記スケジュール情報を表示しかつ前記オフィスコンピュ
ータへの要求を入力させ、前記携帯端末システムの現在
の位置情報を取得させるとともに、前記スケジュール管
理制御プログラムは前記オフィスコンピュータに、前記
スケジュール情報を構成する各仕事の種類毎に当該仕事
を処理可能な処理装置を示す作業可能情報を蓄積する端
末作業可能知識の内容と前記処理装置が配設された地点
間の予め設定された移動時間を蓄積する移動時間知識の
内容と前記携帯端末システムから取得した位置情報と前
記スケジュール情報と現在の時刻とから前記仕事各々が
予定通りに実行可能か否かを判定させ、この判定結果を
基に前記現在の時刻以降に実行すべき仕事の計画を生成
しかつ前記計画を基に移動すべき地点を示す行き先を算
出させ、その算出された行き先に移動すべき理由を示す
選択理由を生成させている。
A recording medium storing a schedule management control program according to the present invention is a schedule management system including a portable portable terminal system and an office computer communicating with the portable terminal system via a wireless network. A recording medium recording a schedule management control program for causing the office computer to manage schedule information of an owner of the portable terminal system, wherein the schedule management control program displays the schedule information on the portable terminal system. And inputting a request to the office computer to obtain the current location information of the portable terminal system, and the schedule management control program causes the office computer to Stores workable information indicating a processing device capable of processing the work for each type of work to be configured. Stores the contents of a terminal workable knowledge and a preset travel time between points where the processing device is disposed. It is determined whether or not each of the tasks can be executed as scheduled from the content of the traveling time knowledge to be performed, the position information acquired from the portable terminal system, the schedule information, and the current time, and based on the determination result, And a destination indicating a point to be moved is calculated based on the plan, and a selection reason indicating a reason for moving to the calculated destination is generated.

【0021】本発明による他のスケジュール管理制御プ
ログラムを記録した記録媒体は、前記スケジュール管理
制御プログラムは前記オフィスコンピュータに、前記仕
事の種類毎に当該仕事が処理可能な地点及び代替地点を
示す情報を蓄積する代替場所知識の内容を基に前記移動
時間の少ない実行計画をたてさせている。
According to another aspect of the present invention, there is provided a recording medium recording another schedule management control program, wherein the schedule management control program causes the office computer to store information indicating a place where the work can be processed and an alternative place for each type of the work. An execution plan with a short travel time is created based on the contents of the accumulated alternative location knowledge.

【0022】すなわち、本発明の第1のスケジュール管
理システムは、ユーザが自由に持ち運び可能な携帯端末
システムと、ユーザがオフィスにおいて作業を行うオフ
ィスコンピュータと、携帯端末システムとオフィスコン
ピュータとが無線を使って互いに通信を行う無線ネット
ワークとから構成されている。
That is, the first schedule management system of the present invention comprises a portable terminal system that can be freely carried by a user, an office computer in which the user works in an office, and a wireless communication between the portable terminal system and the office computer. And a wireless network that communicates with each other.

【0023】携帯端末システムはユーザへスケジュール
情報を表示したりあるいはユーザがシステムへコマンド
を入力する携帯端末入出力手段と、現在の位置情報を取
得する携帯端末位置取得手段とから構成されている。
The portable terminal system comprises portable terminal input / output means for displaying schedule information to the user or inputting a command to the system by the user, and portable terminal position acquiring means for acquiring current position information.

【0024】オフィスコンピュータはユーザのパーソナ
ルなスケジュールを管理しているスケジュール管理手段
と、各仕事をいくつかの種類に分類しかつ仕事の種類毎
にどのコンピュータを利用してユーザが作業を実行する
ことができるのかを表した端末作業可能知識と、二地点
の位置の移動時間を算出する移動時間知識と、携帯端末
位置取得手段から無線ネットワークを介して伝えられる
携帯端末システムの位置情報と、スケジュール管理手段
が管理するスケジュールデータと、端末作業可能知識と
移動時間知識と現在の時刻とを用いてスケジュール管理
手段に登録されているユーザの各仕事が予定通りに実行
できるかを判定する作業可能性判定手段と、作業可能性
判定手段の判定結果を基にユーザが今日実行すべき仕事
のなかから最優先に実行すべき仕事を算出しかつユーザ
がいつどこへ移動すべきであるのかを算出する行き先決
定手段と、行き先決定手段が算出した最優先の仕事の実
行を妨げることなくかつ今日すべき仕事の実行の計画を
たてる余裕時間内実行作業検索手段と、行き先決定手段
が算出した行き先へユーザが移動する必要がある理由を
生成する行き先理由生成手段とから構成されている。
The office computer has a schedule management means for managing a user's personal schedule, and categorizes each job into several types, and uses which computer for each type of job to execute the user. Terminal work knowledge that indicates whether or not it is possible to do so, travel time knowledge that calculates the travel time of two locations, location information of the mobile terminal system transmitted from the mobile terminal location acquisition means via a wireless network, and schedule management Work possibility determination using the schedule data managed by the means, the terminal work possible knowledge, the travel time knowledge, and the current time to determine whether each job of the user registered in the schedule management means can be executed as scheduled. Means and the highest priority among the tasks that the user should perform today based on the judgment result of the work possibility judgment means. Destination determining means for calculating the work to be performed and when and where to move the user, and performing the work to be done today without hindering the execution of the highest priority work calculated by the destination determining means And a destination reason generating means for generating a reason why the user needs to move to the destination calculated by the destination determining means.

【0025】携帯端末システム及びオフィスコンピュー
タを上記のように構成することで、ユーザは特に複雑な
操作をすることなく、単に表示を見るだけで簡単に行動
計画をたてることが可能となる。
By configuring the portable terminal system and the office computer as described above, the user can easily make an action plan simply by looking at the display without performing a complicated operation.

【0026】また、本発明の第2のスケジュール管理シ
ステムは、第1のスケジュール管理システムに、場所毎
にユーザがどんな種類の仕事を実行することが可能であ
るのかを示した代替場所知識を加えることで、仕事の実
行場所を動的に決定することが可能となる。そのため、
行き先決定手段ができるかぎり移動の少ない実行計画を
たてることが可能となる。
Further, the second schedule management system of the present invention adds, to the first schedule management system, alternative place knowledge indicating what kind of work the user can perform for each place. This makes it possible to dynamically determine the execution place of the work. for that reason,
This makes it possible for the destination determination means to make an execution plan with as few movements as possible.

【0027】さらに、本発明の第3のスケジュール管理
システムは、第2のスケジュール管理システムに、ある
決められたファイルシステムのディレクトリ(以下、文
章スプールとする)を定期的に監視しかつ必要があれば
「文章スプールにある文章を処理する」という新たな仕
事をスケジュール管理手段が管理するスケジュールデー
タベースへ自動的に登録する手段を加えることで、スケ
ジュール以外の要因を考慮した行動計画をたてることが
可能となる。
Further, the third schedule management system according to the present invention requires the second schedule management system to periodically monitor a directory of a predetermined file system (hereinafter, referred to as a sentence spool) and determine whether it is necessary to do so. For example, by adding a means of automatically registering a new job "processing text in the text spool" to the schedule database managed by the schedule management means, it is possible to create an action plan that takes into account factors other than the schedule. It becomes possible.

【0028】より具体的には、本発明のスケジュール管
理システムが、各仕事を実行する場所を動的に算出し、
そこへの移動時間や、仕事の優先度を考慮して、各仕事
の実行可能性を評価する作業可能性判定手段と、この作
業可能性判定手段が算出した各仕事の実行可能性を基に
ユーザが次にどこへ移動すべきであるのかを計画する行
き先決定手段とを備えている。
More specifically, the schedule management system of the present invention dynamically calculates a place where each job is executed,
Work feasibility determining means for evaluating the feasibility of each work in consideration of the travel time there and the priority of the work, and the feasibility of each work calculated by the work feasibility determination means. Destination determining means for planning where the user should move next.

【0029】これによって、ユーザ自身が複雑な操作を
することなく、スケジュール管理システムが表示する行
き先のアドバイスを見るだで、簡単に行動計画をたてる
ことが可能となる。
Thus, it is possible to easily make an action plan by looking at the destination advice displayed by the schedule management system without performing complicated operation by the user himself.

【0030】また、作業可能性判定手段はユーザが移動
を開始するまでの余裕の空き時間を算出する機能を備
え、この機能を用いることでユーザに対していつ移動を
開始すべきであるかをアドバイスすることが可能とな
る。
Further, the work possibility determination means has a function of calculating a spare time until the user starts moving, and by using this function, it is possible to determine when the user should start moving. It is possible to give advice.

【0031】このように、次の予定までの時間の余裕が
わかれば、ユーザはその時間を利用してスケジュール管
理システムに登録されていないような突発的な仕事を実
行するといった意志決定を行うことも可能となる。
As described above, if the user has a margin of time until the next schedule, the user uses the time to make a decision such as performing a sudden job that is not registered in the schedule management system. Is also possible.

【0032】さらに、本発明によるスケジュール管理シ
ステムは、行き先のアドバイスに加え、最も優先すべき
仕事、今日実行すべき仕事、キャンセルすべき仕事も同
時に算出し、これらを基にユーザに提示した行き先のア
ドバイスの理由をユーザに説明する行き先理由生成手段
を備え、ユーザが行き先のアドバイスの理由に納得でき
ればアドバイスにしたがい、納得できなければ別の行動
をとるといった行動計画をたてることも可能となる。
Further, the schedule management system according to the present invention calculates, in addition to the advice of the destination, the highest priority work, the work to be executed today, and the work to be canceled at the same time, and based on these, the destination of the destination presented to the user. A destination reason generating means for explaining the reason for the advice to the user is provided, and it is also possible to make an action plan in accordance with the advice if the user is satisfied with the reason for the destination advice, and to take another action if the user is not satisfied with the reason.

【0033】さらにまた、本発明によるスケジュール管
理システムでは、どういった種類の仕事をユーザが実行
可能であるのかという知識を場所毎に整理した代替場所
知識と、ユーザが使うコンピュータ毎に整理した端末作
業可能知識とを備え、作業可能性判定手段がこれらを使
って実行場所を動的に決定することで、実行直前まで場
所が決まらない仕事に関しても、他の仕事と同様に行き
先をアドバイスすることが可能となる。
Furthermore, in the schedule management system according to the present invention, an alternative place knowledge that organizes the knowledge of what kind of work the user can execute for each place, and a terminal that organizes each computer used by the user Workability knowledge is provided, and workability determination means dynamically determines the execution place using these, so that for work where the place is not determined until immediately before execution, advise the destination as well as other work Becomes possible.

【0034】一方、本発明によるスケジュール管理シス
テムは、ユーザのオフィスにあるメインのコンピュータ
の状況をモニタし、必要があれば新たな仕事を自動的に
生成する状況監視手段を備え、ユーザのスケジュール情
報以外の要因を考慮した行動計画をたてることも可能で
ある。例えば、状況監視手段がユーザの新着の電子メー
ルをモニタし、この電子メールを処理するという仕事を
自動的に生成することで、電子メールの受信状況を考慮
した行動計画をユーザに対してアドバイスすることも可
能となる。
On the other hand, the schedule management system according to the present invention includes status monitoring means for monitoring the status of the main computer in the user's office and automatically generating a new job if necessary. It is also possible to make an action plan that takes into account other factors. For example, the situation monitoring means monitors the user's new e-mail and automatically generates a job of processing the e-mail, thereby advising the user of an action plan in consideration of the e-mail reception situation. It is also possible.

【0035】[0035]

【発明の実施の形態】次に、本発明の実施例について図
面を参照して説明する。図1は本発明の一実施例による
スケジュール管理システムの構成を示すブロック図であ
る。図において、本発明の一実施例によるスケジュール
管理システムはユーザが自由に持ち運び自在な携帯端末
システム1と、ユーザがオフィスにおいて作業を行うた
めのオフィスコンピュータ2と、携帯端末システム1と
オフィスコンピュータ2とを接続しかつ無線を用いてこ
れらを互いに通信可能とする無線ネットワーク3とから
構成されている。
Next, an embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings. FIG. 1 is a block diagram showing a configuration of a schedule management system according to one embodiment of the present invention. In the figure, a schedule management system according to one embodiment of the present invention includes a portable terminal system 1 that a user can freely carry, an office computer 2 for a user to work in an office, a portable terminal system 1 and an office computer 2. And a wireless network 3 that enables them to communicate with each other using wireless.

【0036】携帯端末システム1は各部が実行すべきプ
ログラムを格納する制御メモリ10と、現在の位置情報
を取得する携帯端末位置取得手段11と、ユーザに対し
てスケジュール情報を表示したり、あるいはユーザがシ
ステムへコマンドを入力する携帯端末入出力手段12と
から構成されている。
The portable terminal system 1 includes a control memory 10 for storing programs to be executed by the respective units, a portable terminal position acquiring means 11 for acquiring current position information, and displaying schedule information to a user, And a portable terminal input / output means 12 for inputting a command to the system.

【0037】オフィスコンピュータ2は制御メモリ20
と、行き先理由生成手段21と、行き先決定手段22
と、スケジュール管理手段23と、作業可能性判定手段
24と、移動時間知識25と、端末作業可能知識26
と、余裕時間内実行作業検索手段27とから構成されて
いる。
The office computer 2 has a control memory 20
Destination reason generating means 21 and destination determining means 22
Schedule management means 23, workability determination means 24, travel time knowledge 25, and terminal workability knowledge 26
And a work-in-progress search means 27 within the extra time.

【0038】制御メモリ20はオフィスコンピュータ2
内の各部が実行すべきプログラムを格納している。尚、
上記の制御メモリ10,20としてはROM(リードオ
ンリメモリ)やフロッピディスク等が使用可能である。
The control memory 20 stores the office computer 2
Each section stores a program to be executed. still,
As the control memories 10 and 20, a ROM (Read Only Memory), a floppy disk, or the like can be used.

【0039】行き先理由生成手段21は行き先決定手段
22が算出した行き先へ、ユーザが移動する必要がある
理由を生成する。行き先決定手段22は作業可能性判定
手段24の判定結果を基にユーザが今日実行すべき仕事
の中から最優先に実行すべき仕事を算出し、ユーザがい
つどこへ移動すべきであるのかを算出する。スケジュー
ル管理手段23はユーザのパーソナルなスケジュールを
管理する。
The destination reason generating means 21 generates the reason why the user needs to move to the destination calculated by the destination determining means 22. The destination determining means 22 calculates the job to be executed with the highest priority from the tasks to be executed by the user based on the judgment result of the work possibility judging means 24, and determines when and where the user should move. calculate. The schedule management means 23 manages a user's personal schedule.

【0040】作業可能性判定手段24は携帯端末位置取
得手段11から無線ネットワーク3を介して伝えられる
携帯端末システム1の位置情報とスケジュール管理手段
23が管理するスケジュールデータと端末作業可能知識
26の内容と移動時間知識25の内容と現在の時刻とを
用いてスケジュール管理手段23に登録されているユー
ザの各仕事が予定通りに実行できるかを判定する。
The work possibility determination means 24 is the position information of the portable terminal system 1 transmitted from the portable terminal position acquisition means 11 via the wireless network 3, the schedule data managed by the schedule management means 23, and the contents of the terminal work possible knowledge 26. It is determined whether or not each job of the user registered in the schedule management unit 23 can be executed as scheduled using the content of the travel time knowledge 25 and the current time.

【0041】移動時間知識25は二地点の位置の移動時
間を算出するための情報を蓄積している。端末作業可能
知識26は各仕事をいくつかの種類に分類しかつ仕事の
種類毎にどのコンピュータを利用してユーザが作業を実
行することができるのかを表すための情報を蓄積してい
る。余裕時間内実行作業検索手段27は行き先決定手段
22が算出した最優先の仕事の実行を妨げることなく、
今日すべき仕事の実行計画をたてる。
The travel time knowledge 25 accumulates information for calculating the travel time at two locations. The terminal work possible knowledge 26 classifies each work into several types and stores information for indicating which computer can be used by the user for each type of work. The work-to-be-executed within spare time search means 27 does not hinder the execution of the highest priority work calculated by the destination determination means 22
Make an action plan for what you need to do today.

【0042】上記のスケジュール管理システムでは各ユ
ーザが資料を作成したり、電子メールを使ったり、スケ
ジュールを管理するといったメインの作業を自分のオフ
ィスにおいて行うオフィスコンピュータ2と、無線ネッ
トワーク3を介してオフィスコンピュータ2と接続する
ことでスケジュールを確認するといったメインの作業の
一部を外出先で行う携帯端末システム1とを少なくとも
1台使用する利用形態を想定している。但し、各ユーザ
は同時にはひとつしか携帯端末システム1を使用できな
いものとする。
In the above-mentioned schedule management system, each user performs his / her main work such as creating materials, using e-mail, and managing schedules in his / her office. It is assumed that at least one portable terminal system 1 that performs a part of the main work such as checking the schedule by connecting to the computer 2 on the go is used. However, it is assumed that each user can use only one portable terminal system 1 at a time.

【0043】ここで、オフィスコンピュータ2と携帯端
末システム1とには夫々各装置を識別可能とするID
(識別情報)(以下、マシーンIDとする)が割り振ら
れているものとする。尚、本発明の一実施例では説明の
簡略化のために、マシーンIDを「オフィスコンピュー
タ」や「マシーンA」等と記述するが、整数で採番して
実現してもよい。
Here, each of the office computer 2 and the portable terminal system 1 has an ID for identifying each device.
It is assumed that (identification information) (hereinafter, referred to as a machine ID) is allocated. In the embodiment of the present invention, the machine ID is described as "office computer" or "machine A" for the sake of simplicity of description, but may be realized by numbering with an integer.

【0044】無線ネットワーク3はPHS(Perso
nal Handyphone System)を用い
たデジタルネットワークであるPIAFS(PHS I
nternet Access Forum Stan
dard)等の一般的に広く知られた無線ネットワーク
を利用すればよい。その際、オフィスコンピュータ2及
び携帯端末システム1に市販のネットワークカード等を
用いれば、PIAFSを簡単に利用することができる。
The wireless network 3 is a PHS (Personal)
PIAFS (PHS I), which is a digital network using nal Handyphone System
internet Access Forum Stan
Dard) or the like may be used. At this time, if a commercially available network card or the like is used for the office computer 2 and the portable terminal system 1, the PIAFS can be easily used.

【0045】携帯端末システム1の携帯端末位置取得手
段11としては、例えばGPS(Global Pos
itioning System )のような人工衛星
を用いて緯度、経度、高度を取得可能な装置や、通信を
行っているアンテナの位置からおおよその位置を推定で
きるPHS等を用いればよい。
As the portable terminal position acquisition means 11 of the portable terminal system 1, for example, GPS (Global Pos)
A device that can acquire latitude, longitude, and altitude using an artificial satellite such as an ionizing system, a PHS that can estimate an approximate position from the position of an antenna performing communication, or the like may be used.

【0046】また、携帯端末入出力手段12としてはパ
ーソナルコンピュータ等に用いられているGUI(Gr
aphical User Interface)によ
る入出力手段や、PHSのように音声やダイアルによっ
て操作を行う入出力手段等を用いればよい。本実施例で
はGUIをベースにした携帯端末システム1を持って外
出することを想定して説明を行う。
As the portable terminal input / output means 12, a GUI (Gr.) Used for a personal computer or the like is used.
An input / output unit using an apical user interface, an input / output unit that operates by voice or dial, such as a PHS, or the like may be used. The present embodiment will be described on the assumption that the user goes out with the portable terminal system 1 based on the GUI.

【0047】図2は図1の携帯端末入出力手段12の表
示例を示す図である。図において、携帯端末入出力手段
12はユーザがいつどこに移動すべきであるのかを表示
する行き先アドバイス表示部121と、行き先アドバイ
ス表示部121で表示されている行き先へ何故ユーザが
向かうべきであるのかという理由をユーザへ説明するた
めの情報を表示するアドバイス理由表示部122と、ユ
ーザがスケジュール管理システムに対して新規にアドバ
イスを求めることを入力するためのボタンである行き先
アドバイスボタン123とから構成されている。
FIG. 2 is a diagram showing a display example of the portable terminal input / output means 12 of FIG. In the figure, a portable terminal input / output means 12 displays a destination advice display section 121 for displaying when and where the user should move, and why the user should go to the destination displayed on the destination advice display section 121. The advice reason display unit 122 displays information for explaining the reason to the user, and a destination advice button 123 which is a button for the user to input a request for new advice to the schedule management system. ing.

【0048】行き先アドバイス表示部121は行き先を
表示する領域1211と、その行き先へいつ移動すべき
かを表示する領域1222とから構成されている。図2
に示す表示例の場合、「営業所A」へ「至急」に行くべ
きであることを示している。
The destination advice display section 121 includes an area 1211 for displaying a destination and an area 1222 for displaying when to move to the destination. FIG.
In the case of the display example shown in (1), it is indicated that the user should go to "Sales Office A" in an "urgent" manner.

【0049】尚、本実施例では説明の簡略化のために、
「営業所A」や「オフィス」等と位置を記述する。ま
た、ユーザの自分のオフィスの位置を単に「オフィス」
と表記することにする。
In this embodiment, for simplicity of explanation,
The location is described as “sales office A” or “office”. In addition, the user's own office location is simply referred to as "office".
Will be described as follows.

【0050】アドバイス理由表示部122は行き先のア
ドバイスを行った理由をテキストで数行表示することが
可能な領域であり、1行に1つ、複数理由がある場合に
は複数行にわけて理由を表示する。各理由は仕事名を表
示する領域1221と、その仕事をいつ実行すべき予定
であったのかを表示する領域1222と、その仕事を実
行する位置を表示する領域1223と、その仕事をユー
ザがどうする必要があるのかを表示する領域1224
と、実行する仕事の中で最も優先すべき仕事であること
を「★」印で示した領域1225とから構成される。
The advice reason display section 122 is an area in which the reason for giving the destination advice can be displayed in several lines of text. One line is provided for each reason. Is displayed. Each reason is an area 1221 for displaying a job name, an area 1222 for displaying when the task was to be executed, an area 1223 for displaying a position at which the task is to be executed, and what the user does with the job. An area 1224 indicating whether or not it is necessary
And an area 1225 indicated by a mark “★” indicating that the job to be executed has the highest priority.

【0051】図2に示す表示例の場合、「営業所A」に
「至急」に行くべき理由は4つあり、第一の理由は「在
庫チェックE」を行うためであり、第二の理由は「会議
C」へ最優先で参加するためであり、第三の理由は「会
議A」をキャンセルするためであり、第四の理由は「会
議B」をキャンセルするためである。
In the case of the display example shown in FIG. 2, there are four reasons to go to "business office A""urgently", the first reason is to perform "inventory check E", and the second reason. Is to participate in “Conference C” with the highest priority, the third reason is to cancel “Conference A”, and the fourth reason is to cancel “Conference B”.

【0052】ここで、第三の理由及び第四の理由のよう
にキャンセルされた仕事は、現在の時刻からこれら仕事
の実行場所へ移動しても開始時間に間に合わない、ある
いはこれら仕事を実行したために最も優先すべき仕事の
開始時間に間に合わないために実行をしない方が良いと
判断された仕事である。
Here, the jobs canceled as in the third reason and the fourth reason do not meet the start time even if they move from the current time to the execution place of these jobs, or because they have executed these jobs. It is determined that it is better not to execute the job because it is not in time for the start time of the job that should be given the highest priority.

【0053】上述したように、行き先アドバイス表示部
121及びアドバイス理由表示部122の表示内容は行
き先アドバイスボタン123をユーザが押したのをきっ
かけに、オフィスコンピュータ2で生成され、無線ネッ
トワーク3を介して、携帯端末入出力手段12へ送ら
れ、夫々の表示領域へ表示されるたものである。これら
表示内容の生成方法を以下、順に説明することで、オフ
ィスコンピュータ2の動作を説明する。
As described above, the display contents of the destination advice display section 121 and the advice reason display section 122 are generated by the office computer 2 when the user presses the destination advice button 123, and are generated via the wireless network 3. Are sent to the portable terminal input / output means 12 and displayed on the respective display areas. The operation of the office computer 2 will be described by sequentially describing the method of generating these display contents.

【0054】図3は本発明の一実施例による行き先アド
バイスの表示処理を示すフローチャートである。図3に
おいてはユーザが行き先アドバイスボタン123を押し
てから、携帯端末入出力手段12にアドバイスが表示さ
れるまでの流れを示している。
FIG. 3 is a flowchart showing a destination advice display process according to an embodiment of the present invention. FIG. 3 shows a flow from when the user presses the destination advice button 123 to when the advice is displayed on the mobile terminal input / output unit 12.

【0055】図4は図1のスケジュール管理手段23に
よって管理されるスケジュールデータベースの構成例を
示す図である。図においては一行がひとつの仕事を表し
ており、第一列は仕事の呼び名を意味する仕事名(「会
議A」,「会議B」,「会議C」,「会議D」,「在庫
チェックE」,「報告書F」,「会議G」等)の項目で
ある。
FIG. 4 is a diagram showing a configuration example of a schedule database managed by the schedule management means 23 of FIG. In the figure, one line indicates one job, and the first column indicates a job name (“meeting A”, “meeting B”, “meeting C”, “meeting D”, “stock check E”) which means the name of the job. , "Report F", "Conference G", etc.).

【0056】第二列は会議や人に会う仕事等の実行日時
の決められた仕事(以下、アポイントメントとする)の
実行日時を表す実行日時の項目であり、「西暦/月/日
開始時間?終了時間」のフォーマットで記述してい
る。
The second column is an item of the execution date and time indicating the execution date and time of a work (hereinafter, referred to as an appointment) whose execution date and time is determined, such as a meeting or a meeting with a person. End time "format.

【0057】第三列は報告書の作成等の締め切り日時ま
でに仕事が完了するのであればいつ実行しても構わない
仕事(以下、ToDo作業とする)の締め切り日時及び
完成させるまでに費やす時間を表す締め切り日時の項目
であり、「西暦/月/日 締め切り時間(完成までに費
やす時間)」のフォーマットで記述している。
The third column shows the deadline date and time to complete the work (hereinafter referred to as ToDo work) which may be executed at any time if the work is completed by the deadline date and time for creating a report and the like. , Which is described in the format of "AD / month / day deadline time (time spent until completion)".

【0058】尚、仕事はアポイントメントか、ToDo
作業かのいずれかに分類される。アポイントメントの場
合、実行日時は値を持つが、締め切り日時は値を持たな
い。逆に、ToDo作業の場合、締め切り日時は値を持
つが、実行日時は値を持たない。但し、図4では、値を
持たない項目は空欄としている。
The job is appointment or ToDo
Work is either categorized. In the case of an appointment, the execution date has a value, but the deadline has no value. Conversely, in the case of the ToDo work, the deadline date has a value, but the execution date has no value. However, in FIG. 4, items having no value are left blank.

【0059】第四列は仕事の優先度を「A」、「B」、
「C」で表した項目である。ここで、優先度「A」は最
も重要な仕事で、優先度「B」は優先度「A」に次いで
重要な仕事であり、優先度「C」はそれほど重要ではな
いことを意味するが、この表記を使う必要性はなく、例
えば「1」から「5」の数字を使っても構わない。
The fourth column shows the priority of the work as "A", "B",
This is the item represented by “C”. Here, the priority "A" is the most important work, the priority "B" is the second most important work after the priority "A", and the priority "C" means that it is not so important. There is no need to use this notation; for example, numbers from “1” to “5” may be used.

【0060】第五列は仕事を実行する位置を意味する項
目である。但し、図4で「*」と記述している仕事は位
置に依存せずどこでも実行することができる仕事である
ことを意味している。
The fifth column is an item indicating the position at which the work is executed. However, the work described as “*” in FIG. 4 means that the work can be executed anywhere regardless of the position.

【0061】第六列は業務内容を予めユーザが複数の種
類に分類(以下、作業種類とする)しておき、その仕事
がどの作業種類に属しているのかを指定するための項目
である。図4の例では、各仕事は「ワープロ」、「会
議」、「在庫チェック」、「OHP(Over Hea
d Projector)」等の作業種類に分類されて
いる。
The sixth column is an item for the user to classify the work contents into a plurality of types in advance (hereinafter referred to as "work types") and to specify which work type the work belongs to. In the example of FIG. 4, each job is “word processor”, “meeting”, “stock check”, and “OHP (Over Head)
d Projector).

【0062】図5は図1のスケジュール管理手段23に
よる本日の残り仕事の算出例を示す図である。図におい
て、スケジュール管理手段23は上記のスケジュールデ
ータベースを検索して「98/05/11 13:0
0」現在の本日の残り仕事として「会議A」,「会議
B」,「会議C」,「会議D」,「在庫チェックE」,
「報告書F」,「会議G」のうちから「会議A」,「会
議B」,「会議C」,「会議D」,「在庫チェック
E」,「報告書F」の6件を検索したことを示してい
る。
FIG. 5 is a diagram showing an example of calculating today's remaining work by the schedule management means 23 of FIG. In the figure, the schedule management means 23 searches the above schedule database and retrieves "98/05/11 13: 0".
0 ”The remaining work for today is“ Conference A ”,“ Conference B ”,“ Conference C ”,“ Conference D ”,“ Stock Check E ”,
From "Report F" and "Conference G", six cases of "Conference A", "Conference B", "Conference C", "Conference D", "Stock Check E", and "Report F" were searched. It is shown that.

【0063】これら図1〜図5を参照して本発明の一実
施例による行き先アドバイスの表示処理について説明す
る。ユーザが携帯端末入出力手段12の行き先アドバイ
スボタン123を押下すると、携帯端末入出力手段12
は携帯端末位置取得手段11から現在位置を得る(図3
ステップS001)。
The display processing of the destination advice according to one embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS. When the user presses the destination advice button 123 of the portable terminal input / output unit 12, the portable terminal input / output unit 12
Obtains the current position from the portable terminal position obtaining means 11 (FIG. 3).
Step S001).

【0064】その後に、携帯端末入出力手段12は現在
の日時と、ステップS001で得た位置情報と、携帯端
末システム1のマシーンIDとを行き先のアドバイスを
要求する要求メッセージの中に含め、無線ネットワーク
3を介して作業可能性判定手段24へ送信する(図3ス
テップS002)。この要求メッセージは、例えば「9
8年5月11日 13:00に、営業所Aという位置
で、マシーンAを使っているが、次どこに行けば良いか
アドバイスして下さい。」といったものである。
Thereafter, the portable terminal input / output means 12 includes the current date and time, the position information obtained in step S001, and the machine ID of the portable terminal system 1 in the request message for requesting destination advice, and The data is transmitted to the work possibility determination means 24 via the network 3 (step S002 in FIG. 3). This request message is, for example, “9
At 13:00 on May 11, 2008, we use Machine A at the location of Sales Office A, but please advise where to go next. ".

【0065】尚、本実施例では無線ネットワーク3を通
るメッセージの記述を直感的に意味が分かりやすくする
ために自然言語を用いているが、実際には形式的な言語
を用いる方が実装が容易である。
In the present embodiment, a natural language is used for intuitively understanding the meaning of the description of a message passing through the wireless network 3. However, in practice, it is easier to use a formal language for mounting. It is.

【0066】作業可能性判定手段24は携帯端末入出力
手段12から要求メッセージを受けると、まずスケジュ
ール管理手段23に対して、今からユーザが実行すべき
仕事(以下、本日残り仕事とする)の検索を要求する
(図3ステップS003)。
When the work possibility determination means 24 receives the request message from the portable terminal input / output means 12, it first sends to the schedule management means 23 the work to be executed by the user from now on (hereinafter referred to as the remaining work today). A search is requested (step S003 in FIG. 3).

【0067】スケジュール管理手段23は上記のスケジ
ュールデータベースから、本日残り仕事として、実行日
時が今日でありかつ現在の時間より将来行われる仕事
(条件1)と、締め切り日時が現在の時間よりn日先ま
での仕事(条件2)との2つの条件のいずれかにマッチ
する仕事を検索する。この場合、条件1は、今日、これ
から開催されるアポイントメントを意味しており、条件
2は今日以降n日先までに完了すべきToDo作業を意
味している。ここで、nは0以上の整数であり、直感的
にはユーザがToDo作業を何日前から作業に取りかか
るのかを意味する。本実施例ではn=1、すなわち1日
前から作業にとりかかる例で説明を行うが、この値はユ
ーザによって自由に設定できる値である。
From the schedule database, the schedule management means 23 determines, as the remaining work today, the work whose execution date and time is today and that will be performed in the future from the current time (condition 1), and the deadline date and time is n days ahead of the current time. Jobs that match any of the two conditions up to (condition 2) are searched. In this case, the condition 1 means an appointment to be held today, and the condition 2 means a ToDo work to be completed n days from today. Here, n is an integer of 0 or more, and intuitively means how many days before the user starts the ToDo operation. In the present embodiment, an example will be described in which n = 1, that is, work is started from one day before, but this value is a value that can be freely set by the user.

【0068】現在の日時を「98/05/11 13:
00」とし、図4のスケジュールデータベースから本日
残り仕事を検索すると、検索結果は図5に示すように、
「会議A」,「会議B」,「会議C」,「会議D」,
「在庫チェックE」,「報告書F」の6つの仕事にな
る。
The current date and time are set to “98/05/11 13:
00, and when the remaining jobs are searched today from the schedule database in FIG. 4, the search result is as shown in FIG.
"Conference A", "Conference B", "Conference C", "Conference D",
There are six jobs, "Inventory Check E" and "Report F".

【0069】スケジュール管理手段23は上記方法で検
索した本日残り仕事を作業可能性判定手段24へ送る。
尚、スケジュール管理手段23による検索の結果、本日
残り仕事が一つも見つからなかった場合には、「該当す
る仕事なし」という結果を作業可能性判定手段24へ送
る。
The schedule management means 23 sends the work remaining today retrieved by the above method to the work possibility determination means 24.
If no remaining work is found today as a result of the search by the schedule management means 23, the result “No corresponding work” is sent to the work possibility determination means 24.

【0070】作業可能性判定手段24はスケジュール管
理手段23から送られてきた本日残り仕事が1つ以上存
在すれば(図3ステップS004)、スケジュール管理
手段23から送られてきた本日残り仕事夫々について実
行可能性を計算する(図3ステップS005)。
If there is at least one work remaining today sent from the schedule management means 23 (step S004 in FIG. 3), the work possibility determination means 24 checks each of the work remaining today sent from the schedule management means 23. The feasibility is calculated (step S005 in FIG. 3).

【0071】ここで、実行可能性の計算とはある仕事に
ついて、その仕事の実行位置、実行位置への移動時間、
使用しているマシーン等も考慮して、その仕事に取りか
かるまでにどれくらいの余裕の時間があるのか、あるい
はもうすでに間に合わないのかという状況を計算するこ
とである。
Here, the calculation of the feasibility means, for a certain work, the execution position of the work, the moving time to the execution position,
Considering the machine you are using, you need to calculate how much time you have before you get to the job, or if you can't make it anymore.

【0072】具体的には実行可能性を算出する関数(以
下、実行可能性評価関数とする)は実行可能性評価関数
[(マシーンID)、(仕事)、(位置)、(時刻)]
→[(行き先候補)、(行き先使用マシーンID)、
(行き先移動時間)、(実行開始余裕時間)]というよ
うに定義される。但し、関数は関数名[(入力引数)]
→(計算結果)の形式で記述し、入力の引数である(マ
シーンID)とはユーザが(時刻)に(位置)で使用し
ているマシーンのマシーンIDを示しており、また(仕
事)とは図4に示すスケジュールデータベースの項目
[(仕事名)、(実行日時)、(締め切り日時)、(優
先度)、(位置)、(作業種類)]で記述される。
More specifically, the function for calculating feasibility (hereinafter referred to as feasibility evaluation function) is a feasibility evaluation function [(machine ID), (work), (position), (time)].
→ [(Destination candidate), (Destination use machine ID),
(Destination travel time), (execution start margin time)]. However, the function is the function name [(input argument)]
→ Described in the form of (calculation result), the input argument (machine ID) indicates the machine ID of the machine used by the user at (time) at (time), and (work) Are described in the schedule database items [(job name), (execution date and time), (deadline date and time), (priority), (position), (work type)] shown in FIG.

【0073】(行き先候補)は入力引数の(仕事)を実
行すべき位置を意味し、(行き先使用マシーンID)は
(行き先候補)で使用するマシーンのマシーンIDを意
味し、(行き先移動時間)は入力引数の(位置)から
(行き先候補)までユーザが移動するのにかかる時間を
意味し、(実行開始余裕時間)は入力引数の(時刻)か
らユーザが移動を開始するまでの時間を意味している。
(Destination candidate) means a position where (job) of the input argument is to be executed, (Destination use machine ID) means a machine ID of a machine used in (Destination candidate), and (Destination travel time) Means the time it takes for the user to move from the (position) of the input argument to (destination candidate), and (time to start execution) means the time from the (time) of the input argument until the user starts moving. are doing.

【0074】尚、入力の引数である(位置)と出力の
(行き先候補)とが同じ場合がある。この場合、移動す
る必要がないことを意味し、(行き先移動時間)は
「0」である。また、出力の(実行開始余裕時間)の値
が負の場合は、間に合わないことを意味している。
In some cases, the input argument (position) is the same as the output (destination candidate). In this case, it means that there is no need to move, and (destination movement time) is “0”. If the value of the output (execution start margin time) is negative, it means that the output cannot be completed in time.

【0075】作業可能性判定手段24はスケジュール管
理手段23から送られてきた本日残り仕事各々につい
て、実行可能性評価関数[(本日残り仕事のうち評価し
たい仕事)、(ステップS002で携帯端末入出力手段
12から送られてきた現在位置)、(現在の時刻)]を
適用する。
The work possibility determination means 24 executes the feasibility evaluation function [(the work to be evaluated today of remaining work)] for each of the remaining work sent from the schedule management means 23 (the portable terminal input / output in step S002). (Current position sent from the means 12), (current time)].

【0076】行き先決定手段22は作業可能性判定手段
24から実行可能性テーブルを受取ると、この実行可能
性テーブルの中から推薦する行き先の決定を行う(図3
ステップS006)。
Upon receiving the feasibility table from the workability determination means 24, the destination determination means 22 determines a recommended destination from the feasibility table (FIG. 3).
Step S006).

【0077】行き先決定手段22は推薦する行き先が見
つかった場合(図3ステップS007)、行き先理由生
成手段21へ(最優先仕事)と(推薦仕事リスト)とを
送る(図3ステップS008)。行き先理由生成手段2
1は行き先決定手段22から(最優先仕事)と(推薦仕
事リスト)と実行可能テーブルとを受取ると、行き先理
由テーブルの作成を行い、行き先アドバイスの回答とし
てこの行き先理由テーブルを携帯端末入出力手段12に
送る(図3ステップS009)。
When a destination to be recommended is found (step S007 in FIG. 3), the destination determining means 22 sends (highest priority work) and (recommended work list) to the destination reason generating means 21 (step S008 in FIG. 3). Destination reason generating means 2
1 receives the (highest priority work), the (recommended work list), and the executable table from the destination determining means 22, creates a destination reason table, and uses the destination reason table as a response to the destination advice. 12 (step S009 in FIG. 3).

【0078】携帯端末入出力手段12は行き先理由生成
手段21から行き先理由テーブルを受取ると、これを基
に図2に示した画面(行き先アドバイスの画面)を作成
して表示する(図3ステップS012)。
When the portable terminal input / output means 12 receives the destination reason table from the destination reason generating means 21, it creates and displays the screen (destination advice screen) shown in FIG. 2 based on the table (step S012 in FIG. 3). ).

【0079】一方、作業可能性判定手段24はスケジュ
ール管理手段23から送られてきた本日残り仕事が一つ
も存在しなければ、つまり「該当する仕事なし」が返っ
てくると(図3ステップS009)、本日残り作業がな
いことを行き先決定手段22へ伝えるために、「該当す
る仕事なし」を行き先決定手段22へ送る(図3ステッ
プS010)。
On the other hand, if there is no work remaining today sent from the schedule management means 23, that is, if there is no applicable work, the work possibility determination means 24 returns (step S009 in FIG. 3). Then, in order to inform the destination determining means 22 that there is no remaining work today, "No corresponding job" is sent to the destination determining means 22 (step S010 in FIG. 3).

【0080】行き先決定手段22は「該当する仕事な
し」を受取ると、あるいは推薦する行き先が見つからな
かった場合、つまり(最優先仕事)の値が「該当する仕
事なし」の場合(図3ステップS007)、行き先アド
バイスの回答として「アドバイスなし」を携帯端末入出
力手段12に送る(図3ステップS011)。すなわ
ち、上記の場合、スケジュール管理システムとしてはユ
ーザに対して次にどこへ行くべきであるかをアドバイス
することができない。
When the destination determining means 22 receives “No corresponding job”, or when a recommended destination is not found, that is, when the value of (highest priority job) is “No corresponding job” (FIG. 3, step S007) ), "No advice" is sent to the mobile terminal input / output means 12 as the answer of the destination advice (step S011 in FIG. 3). That is, in the above case, the schedule management system cannot advise the user where to go next.

【0081】携帯端末入出力手段12は行き先決定手段
22から「アドバイスなし」を受け取ると、これを基に
図2に示した画面(行き先アドバイスの画面)を作成し
て表示する(図3ステップS012)。
When the portable terminal input / output means 12 receives "no advice" from the destination determination means 22, it creates and displays the screen shown in FIG. 2 (the screen for destination advice) based on this (step S012 in FIG. 3). ).

【0082】図6は図1の作業可能性判定手段24によ
る各仕事の実行可能性の判定動作を示すフローチャート
であり、図7は図1の端末作業可能知識26の構成例を
示す図であり、図8は図1の移動時間知識25の構成例
を示す図であり、図9は図1の作業可能性判定手段24
で生成される実行可能性テーブルの構成例を示す図であ
る。
FIG. 6 is a flowchart showing the operation of judging the feasibility of each task by the work possibility judging means 24 of FIG. 1. FIG. 7 is a diagram showing a configuration example of the terminal work possible knowledge 26 of FIG. 8 is a diagram showing a configuration example of the travel time knowledge 25 of FIG. 1, and FIG. 9 is a diagram showing the work possibility determination means 24 of FIG.
FIG. 4 is a diagram showing a configuration example of an executable table generated by the process shown in FIG.

【0083】これら図6〜図9を参照して作業可能性判
定手段24による各仕事の実行可能性の判定動作につい
て説明する。以下では、実行可能性評価関数[「マシー
ンW」、「仕事X」、「位置Y」、「時刻Z」]の算出
方法に関して説明する。
The operation of determining the feasibility of each task by the work possibility determining means 24 will be described with reference to FIGS. Hereinafter, a method of calculating the feasibility evaluation function [“machine W”, “work X”, “position Y”, “time Z”] will be described.

【0084】まず、作業可能性判定手段24は出力すべ
き項目である(行き先候補)、(行き先使用マシーンI
D)、(行き先移動時間)、(実行開始余裕時間)の値
を夫々「位置Y」、「マシーンW」、「0」、「0:0
0」と初期化する。
First, the work possibility judging means 24 determines the items to be output (destination candidates),
D), (destination travel time), and (execution start margin time) are respectively set to “position Y”, “machine W”, “0”, “0: 0”.
0 ”.

【0085】次に、作業可能性判定手段24は「位置
Y」と「仕事X」の(位置)の値とを比べ(図6ステッ
プS101)、等しければ(行き先候補)の値を「位置
Y」にセットし、異なれば(行き先候補)の値を「仕事
X」の(位置)にセットする。但し、「仕事X」の(位
置)の値が「*」の場合、「仕事X」はどこでも実行で
きることを意味しているため、上記の比較は必ず等しい
として扱う。したがって、この場合、(行き先候補)の
値は「位置Y」にセットされる。
Next, the work possibility determination means 24 compares the (position) value of “position Y” with the “position” of “work X” (step S101 in FIG. 6), and if they are equal, sets the value of (destination candidate) to “position Y”. , And if different, the value of (destination candidate) is set to (position) of “work X”. However, if the value of (position) of “work X” is “*”, it means that “work X” can be executed anywhere, and the above comparison is always treated as equal. Therefore, in this case, the value of (destination candidate) is set to “position Y”.

【0086】作業可能性判定手段24は「位置Y」と
「仕事X」の(位置)の値とが異なれば、(行き先候
補)の値が「オフィス」の場合、(行き先使用マシーン
ID)の値をオフィスコンピュータ2のマシーンIDと
し、それ以外は(行き先使用マシーンID)の値は「マ
シーンW」とする(図6ステップS102)。
If the value of (position) of “position Y” is different from the value of (position) of “work X”, if the value of (destination candidate) is “office”, The value is set to the machine ID of the office computer 2, and the value of the other (destination use machine ID) is set to “machine W” (step S102 in FIG. 6).

【0087】作業可能性判定手段24は「位置Y」と
「仕事X」の(位置)の値とが等しければ、ユーザが
(マシーンID)を使って「仕事X」を実行することが
できるのかどうかを端末作業可能知識26を用いて判断
する(図6ステップS103)。
If the value of (position) of “position Y” is equal to the value of “position” of “work X”, the work possibility determining means 24 can execute the “work X” using the (machine ID). It is determined using the terminal work possible knowledge 26 (step S103 in FIG. 6).

【0088】作業可能性判定手段24はステップS10
2で(行き先使用マシーンID)の値が設定されると、
ステップS103と同様の方法で、(行き先使用マシー
ンID)で示されるコンピュータで「仕事X」が実行で
きるのかどうかを端末作業可能知識26を用いて判断す
る(図6ステップS104)。
The work possibility determining means 24 determines in step S10
When the value of (destination use machine ID) is set in 2,
In the same manner as in step S103, it is determined using the terminal workable knowledge 26 whether or not “computer X” can be executed by the computer indicated by (destination use machine ID) (step S104 in FIG. 6).

【0089】但し、ステップS102で(行き先候補)
が「オフィス」へ変更されている場合、(行き先使用マ
シーンID)がオフィスコンピュータ2のマシーンID
に変更されている点に注意する。例えば、ユーザが「営
業所A」で「マシーンA」を使用している時、図5の第
一行目の「会議A」の実行可能性はステップS101で
入力の引数(位置)の値が「営業所A」で、「会議A」
の(位置)は「オフィス」であり、値が違うためにステ
ップS102へ進む。
However, in step S102 (destination candidate)
Is changed to “office”, the (destination use machine ID) is the machine ID of the office computer 2
Note that it has been changed to For example, when the user uses “machine A” at “sales office A”, the possibility of executing “meeting A” on the first line in FIG. "Sales office A", "Conference A"
(Position) is "office", and the process proceeds to step S102 because the value is different.

【0090】次に、ステップS102で(行き先候補)
を「オフィス」に変更し、この変更に伴って(行き先使
用マシーンID)を「オフィスコンピュータ」に変更す
る。最後に、ステップS104で、「会議A」の作業種
類が「会議」であり、図7に示す「オフィスコンピュー
タ」のレコードの会議の項目の値が「○」であることか
ら、「会議A」の実行可能性は「実行可能」となる。
Next, in step S102 (destination candidate)
Is changed to "office", and (the destination machine ID) is changed to "office computer" with this change. Finally, in step S104, since the work type of "Conference A" is "Conference" and the value of the item of the conference in the record of "Office Computer" shown in FIG. Becomes "executable".

【0091】作業可能性判定手段24はステップS10
3あるいはステップS104で実行不可能と判断された
場合、(行き先候補)の値を「オフィス」、行き先使用
マシーンIDを「オフィスコンピュータ」とする(図6
ステップS105)。
The work possibility determining means 24 determines in step S10
3 or if it is determined that execution is not possible in step S104, the value of (destination candidate) is set to "office" and the destination use machine ID is set to "office computer" (FIG. 6).
Step S105).

【0092】言い換えると、入力引数の「位置Y」ある
いは入力引数の「仕事X」の(位置)へ移動しても「仕
事X」を実行することができない場合には、オフィスコ
ンピュータにおいて全ての種類の仕事を実行できるもの
と仮定しているため、このような状況ではユーザがオフ
ィスに帰って仕事を実行することになる。
In other words, if the “work X” cannot be executed even if the “argument” is moved to the “position Y” of the input argument or the “position” of the “work X” of the input argument, all the types of the office computer can be used. In such a situation, the user would return to the office and perform work.

【0093】すなわち、(行き先候補)の値は「オフィ
ス」、行き先使用マシーンIDは「オフィスコンピュー
タ」となる。尚、「仕事X」の実行位置が「オフィス」
の場合、すでにステップS102で行き先候補の値は
「オフィス」になっている場合がある。この場合、ステ
ップS105ではなにもしない。
That is, the value of (destination candidate) is “office” and the destination machine ID is “office computer”. The execution position of "Work X" is "Office"
In this case, the value of the destination candidate may already be "office" in step S102. In this case, nothing is performed in step S105.

【0094】作業可能性判定手段24はステップS10
3で実行可能と判断された場合、「仕事X」を実行する
ために移動する必要がない場合であり、行き先移動時間
の値を「0」時間とセットする(図3ステップS10
6)。
The work possibility determination means 24 determines in step S10
When it is determined that the job can be executed in step 3, it is not necessary to move to execute “work X”, and the value of the destination movement time is set to “0” time (step S10 in FIG. 3).
6).

【0095】作業可能性判断手段24はステップS10
5で行き先使用マシーンIDを「オフィスコンピュー
タ」とすると、「位置Y」からオフィスまでの移動にか
かる時間を移動時間知識25を用いて算出し、その算出
時間を(行き先移動時間)に代入する(図6ステップS
107)。
The work possibility determining means 24 determines in step S10
Assuming that the destination use machine ID is “office computer” in 5, the time required to move from “position Y” to the office is calculated using the travel time knowledge 25, and the calculated time is substituted for (destination travel time) ( FIG. 6 step S
107).

【0096】作業可能性判断手段24はステップS10
4で実行可能と判断された場合、「位置Y」から(行き
先候補)までの移動にかかる時間を移動時間知識25を
用いて算出し、その算出時間を(行き先移動時間)に代
入する(図6ステップS108)。
The work possibility determining means 24 determines in step S10
When it is determined that the execution is possible in step 4, the time required to move from “position Y” to the (destination candidate) is calculated using the movement time knowledge 25, and the calculated time is substituted for (destination movement time) (FIG. 6 steps S108).

【0097】作業可能性判断手段24は「仕事X」の
(実行日時)が値を持っている場合、つまりアポイント
メントの場合、(実行日時)の開始時間を「仕事X」の
開始時間とする。また、作業可能性判断手段24は「仕
事X」の(締め切り日時)が値を持っている場合、つま
りToDo作業の場合、(締め切り日時)を「仕事X」
の開始時間とする。
The work possibility determining means 24 sets the start time of (work date and time) as the start time of (work X) when the (work date) has a value in (execution date and time), that is, in the case of an appointment. Also, the work possibility determining means 24 sets the (work deadline) to “work X” when the (work deadline) has a value for (work deadline), that is, in the case of a ToDo work.
Start time.

【0098】作業可能性判断手段24は「仕事X」がア
ポイントメントの場合、 (実行開始余裕時間)=(「仕事X」の開始時間)−
「時刻Z」−(行き先移動時間) という式を用いて、実行開始余裕時間を計算する。
If “work X” is an appointment, the work possibility determination means 24 determines that (execution allowance time) = (start time of “work X”) −
The execution start margin time is calculated using the formula of “time Z” − (destination travel time).

【0099】また、作業可能性判断手段24は「仕事
X」がToDo作業の場合、 (実行開始余裕時間)=(「仕事X」の締め切り日時)
−(「仕事X」の締め切り日時の完成までにかける時
間)−「時刻Z」−(行き先移動時間) という式を用いて、実行開始余裕時間を計算する(図6
ステップS109)。
If the “work X” is a ToDo work, the work possibility determining means 24 determines that (time to start execution) = (deadline date of “work X”)
The execution start margin time is calculated using the following formula: (time required until completion of the deadline date and time of “work X”) − “time Z” − (destination movement time) (FIG. 6)
Step S109).

【0100】作業可能性判定手段24は上述した各ステ
ップを本日残り仕事の全てに対して行い、その結果を図
9に示す実行可能性テーブルとして行き先決定手段22
に送る。
The work possibility determination means 24 performs the above-described steps for all of the remaining work today, and stores the result as a workability table shown in FIG.
Send to

【0101】図7に示す端末作業可能知識26の第一の
項目は、オフィスコンピュータ2あるいは携帯端末シス
テム1のマシーンIDであり、第二の項目以降は作業種
類である。端末作業可能知識26はユーザが第一の項目
の装置を使って第二の項目以降の作業種類に属する仕事
を実行可能かどうかを示している。
The first item of the terminal workable knowledge 26 shown in FIG. 7 is the machine ID of the office computer 2 or the portable terminal system 1, and the second and subsequent items are the work type. The terminal work possible knowledge 26 indicates whether or not the user can execute the work belonging to the work type of the second item or later using the device of the first item.

【0102】尚、図7に示す例では、「○」は実行可能
であることを示しており、「×」は実行不可能であるこ
とを示している。例えば、「マシーンA」では「OH
P」が実行不可能であるが、「ワープロ」、「会議」、
「メール」、「スケジュール」、「在庫チェック」に関
する作業を実行することができることを示している。
In the example shown in FIG. 7, “○” indicates that execution is possible, and “×” indicates that execution is not possible. For example, in "Machine A", "OH
"P" is not feasible, but "word processor", "meeting",
This indicates that operations relating to “mail”, “schedule”, and “stock check” can be executed.

【0103】また、オフィスコンピュータは全ての種類
の仕事を実行できるものとする。したがって、図7に示
す第一レコードのように、オフィスコンピュータのレコ
ードは、全ての値が「○」となる。
It is assumed that the office computer can execute all kinds of work. Therefore, as in the first record shown in FIG. 7, in the record of the office computer, all values are “「 ”.

【0104】作業可能性判定手段24は(行き先使用マ
シーンID)で示されるコンピュータを使って「仕事
X」の実行が可能であるかどうかを判断するために、ま
ず(行き先使用マシーンID)の値をキーに端末作業可
能知識26を検索する。
The work possibility determining means 24 first determines the value of (destination use machine ID) in order to determine whether or not "work X" can be executed using the computer indicated by (destination use machine ID). The terminal workable knowledge 26 is searched using the key as a key.

【0105】この検索されたレコードにおいて、作業可
能性判定手段24は「仕事X」の(作業種類)の値と一
致する項目の値が「○」であれば実行可能であり、
「×」であれば実行不可能と判断する。
In the retrieved record, the work possibility determination means 24 is executable if the value of the item that matches the value of (work type) of “work X” is “「 ”,
If it is "x", it is determined that execution is not possible.

【0106】例えば、ユーザが「マシーンA」を使用し
ている時、図5に示す第六行目の「報告書F」の実行可
能性の判断方法について説明する。「報告書F」は、図
5に示すように、「OHP」という作業種類であり、図
7に示すマシーンIDの値が「マシーンA」のレコード
の「OHP」の項目の値は「×」であることから、「報
告書F」は「マシーンA」で「実行不可能」と判断す
る。
For example, a method of determining the feasibility of the “report F” on the sixth line shown in FIG. 5 when the user uses “machine A” will be described. As shown in FIG. 5, “Report F” is a work type “OHP”, and the value of the item “OHP” in the record whose machine ID is “Machine A” shown in FIG. Therefore, it is determined that “Report F” is “executable” for “Machine A”.

【0107】図8に示す移動時間知識25の第1行目と
第1列目とには位置が記述されており、その交点の数字
が行と列の2地点の移動にかかる時間を分で示してい
る。図8に示す例の場合、「オフィス」と「営業所A」
とは20分かかることを意味している。
The position is described in the first row and the first column of the travel time knowledge 25 shown in FIG. 8, and the number at the intersection indicates the time required to move between the two points of the row and the column in minutes. Is shown. In the case of the example shown in FIG. 8, "office" and "sales office A"
Means 20 minutes.

【0108】図9に示す実行可能性テーブルは、図5に
示す項目に、作業可能性判定手段24が図6に示す動作
で求めた(行き先候補)、(行き先使用マシーンI
D)、(行き先移動時間)、(実行開始余裕時間)の値
を格納する項目を加えたものである。尚、実行可能性テ
ーブルにおいて、(実行開始余裕時間)は「±日:時
間:分」のフォーマットで表記している。
In the feasibility table shown in FIG. 9, the work possibility determination means 24 obtains the items shown in FIG. 5 by the operation shown in FIG.
D), (Destination travel time), and (Execution start margin time). Note that in the feasibility table, (execution start margin time) is described in a format of “± day: hour: minute”.

【0109】また、図9に示す値は本日残り仕事が図5
に示す例のようなユーザが「98/05/11 13:
00」に「マシーンA」を持って「営業所A」にいる場
合を計算した例である。すなわち、図5に示す本日残り
仕事夫々に対して、実行可能性評価関数[「マシーン
A」、(図5の本日残り仕事)、「営業所A」、「98
/05/11 13:00」]を算出したものである。
尚、これらの値は端末作業可能知識26として図7に示
す内容、移動時間知識25として図8に示す内容を夫々
用いて算出している。
Further, the values shown in FIG.
A user like the example shown in "13/98/98 13:
This is an example in which the case where the user is in “sales office A” with “machine A” at “00” is calculated. That is, for each of the remaining work shown in FIG. 5, the feasibility evaluation function [“Machine A”, (the remaining work today) in FIG. 5, “Sales office A”, “98
/ 05/11 13:00 ”].
Note that these values are calculated using the contents shown in FIG. 7 as the terminal work possible knowledge 26 and the contents shown in FIG.

【0110】例えば、図5に示す第1レコードの仕事
は、図6のステップS101→ステップS102→ステ
ップS104→ステップS108→ステップS109の
順に進む。
For example, the work of the first record shown in FIG. 5 proceeds in the order of step S101 → step S102 → step S104 → step S108 → step S109 in FIG.

【0111】この場合、ステップS102で(行き先候
補)=「オフィス」に、(行き先使用マシーンID)=
「オフィスコンピュータ」となる。また、ステップS1
08で(行き先移動時間)=「20分」となり、ステッ
プS109で、 実行開始余裕時間 =(98/05/11 13:00)−(98/05/11 13:00) −(00:20) =「−00:20」 となる。
In this case, in step S102, (destination candidate) = “office” and (destination use machine ID) =
"Office computer". Step S1
08, (destination travel time) = “20 minutes”, and in step S109, execution start margin time = (98/05/11 13:00) − (98/05/11 13:00) − (00:20) = “− 00:20”.

【0112】図10は図1の行き先決定手段22による
行き先の計算処理を示すフローチャートであり、図11
は図1の行き先決定手段22で計算された行き先の候補
例を示す図である。図10においては、行き先決定手段
22が上記の実行可能性テーブルの中から推薦する行き
先を計算する動作を示している。但し、図10に示す処
理動作では(推薦仕事リスト)、(推薦仕事候補リス
ト)、(最優先仕事)を変数として用いている。
FIG. 10 is a flowchart showing a destination calculation process by the destination determining means 22 of FIG.
FIG. 4 is a diagram showing an example of destination candidates calculated by the destination determining means 22 of FIG. 1. FIG. 10 shows an operation in which the destination determining means 22 calculates a recommended destination from the feasibility table. However, in the processing operation shown in FIG. 10, (recommended work list), (recommended work candidate list), and (highest priority work) are used as variables.

【0113】(推薦仕事リスト)は実行可能性テーブル
に列挙された仕事のうち、優先的に実行すべき仕事のリ
ストである。但し、仕事の項目は実行可能性テーブルの
項目と同様である。すなわち、各仕事を[(仕事名)、
(実行日時)、(締め切り日時)、(優先度)、(位
置)、(作業種類)、(行き先候補)、(行き先使用マ
シーンID)、(行き先移動時間)、(実行開始余裕時
間)]で記述する。
The (recommended job list) is a list of jobs to be preferentially executed among the jobs listed in the feasibility table. However, the work items are the same as the items in the feasibility table. In other words, each job is [(job name),
(Execution date / time), (deadline date / time), (priority), (position), (work type), (destination candidate), (destination use machine ID), (destination movement time), (execution start margin time)] Describe.

【0114】(推薦仕事候補リスト)は(推薦仕事リス
ト)の候補として、一時的に仕事を記憶しておくリスト
である。但し、仕事の項目は実行可能性テーブルの項目
と同様である。
The (recommended job candidate list) is a list for temporarily storing jobs as candidates for the (recommended job list). However, the work items are the same as the items in the feasibility table.

【0115】(最優先仕事)は最も優先的にすべき仕事
である。図10に示す処理動作の途中では複数の仕事を
要素に持つが、最終的にはひとつの仕事だけを要素に持
つ。但し、仕事の項目は実行可能性テーブルの項目と同
様である。
(Highest priority work) is the work to be given the highest priority. In the middle of the processing operation shown in FIG. 10, a plurality of tasks are included in the element, but finally, only one task is included in the element. However, the work items are the same as the items in the feasibility table.

【0116】行き先決定手段22は作業可能性判定手段
24から送られてきた実行可能性テーブルのうち、(実
行開始余裕時間)の値が正であるアポイントメント(条
件1)と(実行開始余裕時間)の値が正でありかつ(締
め切り日時)の値が今日であるToDo作業(条件2)
とのうちのいずれかの条件を満たす仕事を(推薦仕事候
補リスト)にセットする(図10ステップS201)。
図9に示す例の場合、第一列の「会議A」以外の四つが
(推薦仕事候補リスト)の値となる(図11参照)。
The destination determining means 22 includes, in the feasibility table sent from the work feasibility determining means 24, an appointment (condition 1) in which the value of (execution margin time) is positive and (execution margin time). ToDo work in which the value of is positive and the value of (deadline date) is today (condition 2)
Are set in the (recommended job candidate list) (step S201 in FIG. 10).
In the case of the example shown in FIG. 9, four items other than “Conference A” in the first column are the values of the (recommended job candidate list) (see FIG. 11).

【0117】行き先決定手段22は要素数(推薦仕事候
補リストの仕事数)が0の場合(図10ステップS20
2)、(最優先仕事)及び(推薦仕事リスト)の値が
「該当する仕事なし」として、処理動作を終了する。
When the number of elements (the number of jobs in the recommended job candidate list) is 0 (step S20 in FIG. 10)
2) The processing operation is terminated with the values of (highest priority work) and (recommended work list) set to "no corresponding work".

【0118】また、行き先決定手段22は(推薦仕事候
補リスト)の要素数が0より大きい(図9に示す例の場
合、要素数は5である)場合(図10ステップS20
2)、推薦仕事候補リストの仕事のうち、最も(優先
度)の高い仕事を(最優先仕事)へセットする(図10
ステップS203)。
The destination determining means 22 determines that the number of elements in the (recommended work candidate list) is larger than 0 (the number of elements is 5 in the example shown in FIG. 9) (step S20 in FIG. 10).
2), the job with the highest (priority) among the jobs in the recommended job candidate list is set to (the highest priority job) (FIG. 10)
Step S203).

【0119】但し、(優先度)の大小関係は「A」>
「B」>「C」とする。図11に示す例の場合、「会議
C」が(優先度)=「A」で最も高いので、「会議C」
を(最優先仕事)へセットする。
However, the magnitude relation of (priority) is “A”>
It is assumed that “B”> “C”. In the case of the example shown in FIG. 11, since “conference C” is the highest at (priority) = “A”, “conference C”
To (highest priority job).

【0120】行き先決定手段22は(最優先仕事)の要
素数が2以上の場合、すなわち複数の最優先仕事が存在
する場合(図10ステップS204)、(最優先仕事)
の仕事のうち、最も実行開始余裕時間の少ない仕事を
(最優先仕事)とする(図10ステップS205)。
When the number of elements of (highest priority work) is two or more, that is, when there are a plurality of highest priority jobs (step S204 in FIG. 10), the destination determining means 22 determines (highest priority work).
Among the jobs, the job with the shortest execution start time is set as the (highest priority job) (step S205 in FIG. 10).

【0121】また、行き先決定手段22は最も実行開始
余裕時間の少ない仕事を(最優先仕事)としても(最優
先仕事)の要素数が2以上の場合、すなわち複数の最優
先仕事が存在する場合(図10ステップS206)、
(最優先仕事)の仕事のうち、最も移動時間の少ない仕
事を(最優先仕事)とする(図10ステップS20
7)。
Further, the destination determining means 22 determines that the work having the shortest execution start time is (highest priority work) when the number of elements of (highest priority work) is 2 or more, that is, when there are a plurality of highest priority jobs. (Step S206 in FIG. 10),
Among the jobs of (highest priority job), the job with the shortest moving time is set as (highest priority job) (step S20 in FIG. 10).
7).

【0122】さらに、行き先決定手段22は最も移動時
間の少ない仕事を(最優先仕事)としても、(最優先仕
事)の要素数が2以上の場合、すなわち複数の最優先仕
事が存在する場合(図10ステップS208)、(推薦
仕事候補リスト)の順で上にある仕事を(最優先仕事)
の値とする(図10ステップS209)。
Further, the destination determining means 22 determines that the work with the shortest moving time is the (highest priority work), but the number of elements of the (highest priority work) is two or more, that is, when there are a plurality of the highest priority work ( (Step S208 in FIG. 10), the jobs that are higher in the order of (recommended job candidate list) (the highest priority jobs)
(Step S209 in FIG. 10).

【0123】この場合、ステップS207までの処理で
選択された(最優先仕事)の複数の仕事は優先度も実行
開始余裕時間も行き先移動時間も同じ値であり、どの仕
事を優先的に実行すべきであるのかを判断することが難
しい。そこで、行き先決定手段22は(推薦仕事候補リ
スト)の順で上にある仕事を(最優先仕事)としてい
る。但し、(推薦仕事候補リスト)の順に意味があるわ
けではなく、最優先仕事を1つに決めるための一つの方
法にすぎない。
In this case, the plurality of jobs (the highest priority job) selected in the processing up to step S207 have the same values of the priority, the execution start margin time, and the destination movement time, and any one of the jobs is executed with priority. It is difficult to determine what should be. Therefore, the destination determining means 22 designates the upper job in the order of (recommended job candidate list) as (highest priority job). However, the order of the (recommended work candidate list) is not significant, but is only one method for determining one highest priority job.

【0124】上記のステップS204,S206,S2
08で要素数が1と判定された場合、あるいはステップ
S209で一つの仕事が決定されると、行き先決定手段
22は(最優先仕事)を(推薦仕事候補リスト)から削
除する。
The above steps S204, S206, S2
If it is determined in 08 that the number of elements is 1, or if one job is determined in step S209, the destination determining unit 22 deletes (highest priority job) from the (recommended job candidate list).

【0125】行き先決定手段22は上記の各ステップで
求めた(最優先仕事)の実行を妨げることなく、(最優
先仕事)の実行よりも前に実行することが可能な仕事を
検索し、この結果を(推薦仕事リスト)にセットする
(図10ステップS211)。但し、検索の結果、(最
優先仕事)よりも前に実行できる仕事が見つからない場
合もあり、この場合には(推薦仕事リスト)の値は空と
する。
The destination determining means 22 searches for a work that can be executed before the execution of the (highest priority work) without hindering the execution of the (highest priority work) obtained in each of the above steps. The result is set in (recommended work list) (step S211 in FIG. 10). However, as a result of the search, a job that can be executed before (the highest priority job) may not be found. In this case, the value of the (recommended job list) is set to empty.

【0126】行き先決定手段22はこの検索を行うため
に、作業可能性判定手段24から送られてきた実行可能
性テーブルと上記の各ステップで算出した(最優先仕
事)を余裕時間内実行作業検索手段27に送る。
In order to perform this search, the destination determining means 22 uses the feasibility table sent from the work feasibility determining means 24 and the (highest priority work) calculated in each of the above steps to search for the work to be performed within the extra time. To the means 27.

【0127】行き先決定手段22はステップS211で
(推薦仕事リスト)を作成すると、処理動作を終了す
る。但し、(推薦仕事リスト)に一つも仕事が存在しな
い場合には(推薦仕事リスト)の値を「該当する仕事な
し」とし、行き先決定手段22は行き先理由生成手段2
1に「該当する仕事なし」を送る。
When the destination determining means 22 creates the (recommended work list) in step S211, the processing operation ends. However, if there is no job in the (recommended job list), the value of the (recommended job list) is set to "no corresponding job", and the destination determining unit 22 outputs the destination reason generating unit 2
Send "No corresponding job" to 1.

【0128】図9に示す例の場合、上述したように、図
10に示す処理動作を適用すると、(最優先仕事)は
「会議C」であり、(推薦仕事リスト)は「在庫チェッ
クE」となる。
In the case of the example shown in FIG. 9, as described above, when the processing operation shown in FIG. 10 is applied, (highest priority work) is "conference C", and (recommended work list) is "stock check E". Becomes

【0129】図12は図1の余裕時間内実行作業検索手
段27による(最優先仕事)よりも前に実行できる仕事
の検索動作を示すフローチャートであり、図13は行き
先候補各々の実行可能性の評価例を示す図であり、図1
4は図1の行き先決定手段22による(最優先仕事)の
算出結果例を示す図であり、図15は図1の行き先理由
生成手段21で生成される行き先理由テーブルの構成例
を示す図である。
FIG. 12 is a flowchart showing a search operation for a job which can be executed before (highest priority job) by the in-margin execution job search means 27 of FIG. 1, and FIG. 13 is a flowchart showing the feasibility of each destination candidate. FIG. 1 is a diagram showing an evaluation example, and FIG.
FIG. 4 is a diagram showing an example of a calculation result of (highest priority work) by the destination determining means 22 of FIG. 1, and FIG. 15 is a diagram showing a configuration example of a destination reason table generated by the destination reason generating means 21 of FIG. is there.

【0130】これら図12〜図15を参照して余裕時間
内実行作業検索手段27による(最優先仕事)よりも前
に実行できる仕事の検索動作について説明する。ここ
で、図12においては余裕時間内実行作業検索手段27
が行う(推薦仕事リスト)の検索動作を示しており、説
明の簡略化のために、(基準仕事)、(検索結果リス
ト)、(検索結果候補)を変数として用いている。
With reference to FIGS. 12 to 15, a description will be given of the operation of searching for a job that can be executed before (highest priority job) by the job execution within time allowance search means 27. FIG. Here, in FIG.
Shows a search operation of (recommended work list) performed by (a), and (reference work), (search result list), and (search result candidate) are used as variables for simplification of explanation.

【0131】余裕時間内実行作業検索手段27は(基準
仕事)の実行を妨げないで、(基準仕事)より前に実行
可能な仕事の検索を行う。(基準仕事)の初期値は(最
優先仕事)の仕事であるが、処理動作が進むにしたがっ
てその値は変化する。
[0131] The in-margin execution work search means 27 searches for work that can be executed before (reference work) without hindering execution of (reference work). The initial value of (reference job) is (top priority job), but the value changes as the processing operation proceeds.

【0132】(検索結果リスト)は余裕時間内実行作業
検索手段27から行き先決定手段22に回答する検索結
果であり、(検索結果候補)は(検索結果リスト)を作
成する段階で、一時的にその候補として記憶される仕事
のリストである。
(Search result list) is a search result that is returned from the execution work within time allowance search means 27 to the destination determination means 22, and (Search result candidate) is temporarily stored at the stage of creating the (Search result list). It is a list of jobs stored as the candidates.

【0133】余裕時間内実行作業検索手段27は(基準
仕事)に行き先決定手段22から送られてきた(最優先
仕事)をセットし、(基準仕事)を初期化する(図12
ステップS301)。
The in-margin execution work search means 27 sets (reference work) to the (highest priority work) sent from the destination determination means 22 and initializes (reference work) (FIG. 12).
Step S301).

【0134】余裕時間内実行作業検索手段27は行き先
決定手段22から送られてきた実行可能性テーブルの夫
々の仕事(以下、「仕事L」とする)について、「仕事
L」を実行した後に(基準仕事)の実行が可能かどうか
を調べるために、作業可能性判定手段24に(基準仕
事)と「仕事L」とを送り、実行可能性評価関数の計算
を依頼する(図12ステップS302)。
The execution work search means 27 within the spare time executes the “work L” for each work (hereinafter referred to as “work L”) of the feasibility table sent from the destination determination means 22 ( In order to check whether or not the execution of the (reference work) is possible, the (reference work) and “work L” are sent to the work possibility determination means 24, and a calculation of the feasibility evaluation function is requested (step S302 in FIG. 12). .

【0135】作業可能性判定手段24は余裕時間内実行
作業検索手段27から(基準仕事)と「仕事L」とを受
取ると、実行可能性評価関数[(マシーンID)、(基
準仕事)、(「仕事L」の(位置))、(「仕事L」の
終了時刻)]を計算する(図12ステップS303)。
When the work possibility determination means 24 receives the (reference work) and “work L” from the execution work within time allowance search means 27, the work possibility evaluation function [(machine ID), (reference work), (reference work) (Position of “work L”), (end time of “work L”)] are calculated (step S303 in FIG. 12).

【0136】但し、作業可能性判定手段24は「仕事
L」がアポイントメントの場合、(終了時刻)=(「仕
事L」の実行日時の開始時間)という式から(「仕事
L」の終了時刻)を求める。
However, if the “work L” is an appointment, the work possibility determination means 24 calculates (the end time of “work L”) from the formula (end time) = (start time of the execution date and time of “work L”). Ask for.

【0137】また、「仕事L」がToDo作業の場合、 (終了時刻)=MIN[(「仕事L」の(締め切り日
時))、(現在の時刻)+(「仕事L」の(行き先移動
時間))+(「仕事L」の(締め切り日時)に含まれる
(費やす時間))] という式から(「仕事L」の終了時刻)を求める。ここ
で、MIN[x、y]は引数x,yのうち小さい方を意
味し、また時刻の大小関係は過去より未来が大きいと定
義する。
When “work L” is a ToDo work, (end time) = MIN [((work L's (deadline date and time)), (current time) + ((work L's destination travel time) )) + ((Time spent included in (deadline date and time) of “work L”))] (the end time of “work L”). Here, MIN [x, y] means the smaller one of the arguments x and y, and the magnitude relation of time is defined to be greater in the future than in the past.

【0138】作業可能性判定手段24は実行可能性評価
関数の算出結果の(実行開始余裕時間)の値が「0:0
0:00」以上の場合に「実行可能」と余裕時間内実行
作業検索手段27に回答し、値が負の場合に「実行不可
能」と回答する(図12ステップS304)。
The work possibility determination means 24 determines that the value of (executable start time) of the calculation result of the workability evaluation function is “0: 0”.
In the case of "0:00" or more, "executable" is answered to the execution task search means 27 within the extra time, and when the value is negative, "executable" is answered (step S304 in FIG. 12).

【0139】余裕時間内実行作業検索手段27は実行可
能性テーブルのすべての仕事について、ステップS30
2からステップS304までの処理を行い、夫々の仕事
の実行可能性を決定する(図12ステップS305)。
The work-in-progress search means 27 executes step S30 for all the work in the feasibility table.
The processing from step 2 to step S304 is performed to determine the feasibility of each task (step S305 in FIG. 12).

【0140】図13は図9に示す実行可能性テーブルに
対して、(最優先仕事リスト)をその実行可能性テーブ
ルの第三列目の「会議C」とした時の実行可能性の結果
を、実行可能性テーブルの第11列目に追加したもので
ある。但し、この実行可能性テーブルでは実行可能を
「○」、実行不可能を「×」と記述している。
FIG. 13 shows the results of the feasibility when the (highest priority work list) is set to “meeting C” in the third column of the feasibility table for the feasibility table shown in FIG. , Added to the eleventh column of the feasibility table. However, in the feasibility table, feasibility is described as “「 ”, and feasibility is described as“ x ”.

【0141】例えば、図9に示す実行可能性テーブルの
第五行目の「在庫チェックE」の実行可能性の算出方法
を以下に説明する。但し、現在の時刻は「98/05/
1113:00」とする。
For example, a method of calculating the feasibility of “stock check E” on the fifth line of the feasibility table shown in FIG. 9 will be described below. However, the current time is "98/05 /
1113: 00 ”.

【0142】まず、余裕時間内実行作業検索手段27は
ステップS302にて、作業可能性判定手段24に(基
準仕事)として「会議C」を、「仕事L」として「在庫
チェックE」を送る。
First, in step S302, the spare work execution work search means 27 sends "meeting C" as the (reference work) and "stock check E" as the "work L" to the work possibility determination means 24.

【0143】作業可能性判定手段24はステップS30
3にて、「在庫チェックE」がToDo作業であるため
に、「在庫チェックE」の(終了時刻)=MIN[「9
8/05/12 12:00」、「98/05/11
13:00」+「0分」+「1:00」]=「98/0
5/11 14:00」という計算結果を得る。
The work possibility determining means 24 determines in step S30
At 3, the “end check time” of “inventory check E” = MIN [“9” because “inventory check E” is a ToDo operation.
8/05/12 12:00 "," 98/05/11
13:00 "+" 0 minute "+" 1:00 "] =" 98/0
5/11 14:00 "is obtained.

【0144】よって、余裕時間内実行作業検索手段27
は実行可能性評価関数[「マシーンA」、「会議C」、
「営業所A」、「98/05/11 14:00」]を
計算する。
Therefore, the work-in-progress retrieval means 27 within the extra time
Are feasibility evaluation functions [“Machine A”, “Conference C”,
"Sales office A", "98/05/11 14:00"] is calculated.

【0145】この計算は図6に示す処理動作において、
ステップS101→ステップS103→ステップS10
6→ステップS109の順に進む。その結果、(実行開
始余裕時間)=「98/05/11 15:00」−
「98/05/11 14:00」−「0分」=「+
0:01:00」となり、値は正であるから実行可能と
なる。
This calculation is performed in the processing operation shown in FIG.
Step S101 → Step S103 → Step S10
6 → The sequence proceeds to step S109. As a result, (execution start margin time) = “98/05/11 15:00” −
"98/05/11 14:00"-"0 minute" = "+
0:01:00 ", and since the value is positive, execution becomes possible.

【0146】余裕時間内実行作業検索手段27は実行開
始余裕時間が「+0:00:00」以上である仕事(条
件1)及びステップS302からステップS304のフ
ローの結果で「実行可能」と判断された仕事(条件2)
という二つの条件をともに満たす仕事を(検索結果候
補)にセットする(図12ステップS306)。
The execution work within time allowance search means 27 determines that the execution is possible according to the work (condition 1) whose execution allowance time is equal to or more than “+00: 00” and the result of the flow from step S302 to step S304. Work (condition 2)
Are set as (search result candidates) that satisfy both of the two conditions (step S306 in FIG. 12).

【0147】条件1と条件2とを満たす仕事は、直感的
には、現在の位置、時刻から仕事を開始することができ
(条件1)、かつこの仕事を終了した後に(最優先仕
事)の仕事を開始する事ができる(条件2)仕事である
ことを示している。
Jobs satisfying the conditions 1 and 2 can be intuitively started from the current position and time (condition 1), and after the job is completed (highest priority job). This indicates that the work can be started (condition 2).

【0148】図14に示す算出結果例は図13に示す評
価例に対して、ステップS306を適用した結果であ
る。図13に示す評価例の仕事のうち、条件1を満たす
のは「会議B」、「会議C」、「会議D」、「在庫チェ
ックE」、「報告書F」であり、条件2を満たすのは
「会議A」、「在庫チェックE」であるから、どちらの
条件も満たすのは「在庫チェックE」となる。尚、この
例では条件を満たす仕事は一つになったが、複数ある場
合もあれば、一つもない場合もある。
The calculation result example shown in FIG. 14 is a result of applying step S306 to the evaluation example shown in FIG. Of the jobs of the evaluation example shown in FIG. 13, the condition 1 is “meeting B”, “meeting C”, “meeting D”, “stock check E”, and “report F”, and the condition 2 is satisfied. Are "meeting A" and "inventory check E", so that "inventory check E" satisfies both conditions. In this example, only one job satisfies the condition. However, there may be a plurality of jobs or no job.

【0149】余裕時間内実行作業検索手段27は(検索
結果候補)に仕事がない場合(図12ステップS30
7)、行き先決定手段22へ(検索結果リスト)を送っ
て処理動作を終了する。
If there is no job in the (search result candidate) (step S30 in FIG. 12)
7) Send the (search result list) to the destination determining means 22 and end the processing operation.

【0150】余裕時間内実行作業検索手段27は(検索
結果候補)に仕事がある場合(例えば、図14に示す例
のように、(検索結果候補)が一つ存在する場合)(図
12ステップS307)、(検索結果候補)が複数存在
するかを判定する(図12ステップS308)。
The work-in-progress search means 27 has a job in the (search result candidate) (for example, when there is one (search result candidate) as in the example shown in FIG. 14) (step in FIG. 12). S307), it is determined whether there are a plurality of (search result candidates) (step S308 in FIG. 12).

【0151】余裕時間内実行作業検索手段27は(検索
結果候補)が複数存在すると判定すると、複数の(検索
結果候補)の仕事のうち、最も(優先度)の高い仕事を
(検索結果候補)とする(図12ステップS309)。
If it is determined that there are a plurality of (search result candidates) within the spare time, the work with the highest (priority) among the plurality of (search result candidates) jobs is determined as the (search result candidate). (Step S309 in FIG. 12).

【0152】余裕時間内実行作業検索手段27は最も
(優先度)の高い仕事を(検索結果候補)としても(検
索結果候補)が複数存在する場合(図12ステップS3
10)、複数の(検索結果候補)の仕事のうち、最も
(実行余裕時間)の少ない仕事を(検索結果候補)とす
る(図12ステップS311)。
The work-to-be-executed within spare time search means 27 determines that there is a plurality of (search result candidates) even if the work having the highest (priority) is (search result candidate) (step S3 in FIG. 12).
10) Among the plurality of (search result candidate) jobs, the job with the shortest (executable time) is set as the (search result candidate) (FIG. 12, step S311).

【0153】余裕時間内実行作業検索手段27は最も
(実行余裕時間)の少ない仕事を(検索結果候補)とし
ても(検索結果候補)が複数存在する場合(図12ステ
ップS312)、複数の(検索結果候補)の仕事のう
ち、最も(行き先移動時間)の少ない仕事を(検索結果
候補)とする(図12ステップS313)。
If there is a plurality of (search result candidates) (S312 in FIG. 12) even if the work with the shortest (executable time) is the (search result candidate), the plurality of (searches) Among the jobs of the (result candidate), the job with the smallest (destination travel time) is set as the (search result candidate) (step S313 in FIG. 12).

【0154】余裕時間内実行作業検索手段27は最も
(行き先移動時間)の少ない仕事を(検索結果候補)と
しても(検索結果候補)が複数存在する場合(図12ス
テップS314)、実行可能性テーブルの順で上にある
仕事を(検索結果候補)の値とする(図12ステップS
315)。
Even if the work with the shortest (destination travel time) is the (search result candidate), if there are a plurality of (search result candidates) (step S314 in FIG. 12), the executable work search means 27 can execute the workability table. Are set as values of (search result candidates) in the order of (step S in FIG. 12).
315).

【0155】この場合、ステップS314までの処理で
選択された(検索結果候補)の複数の仕事は優先度も実
行開始余裕時間も行き先移動時間も同じ値であり、どの
仕事を優先的に実行すべきであるのかを判断することが
難しい。そこで、余裕時間内実行作業検索手段27は実
行可能性テーブルの順で上にある仕事を(検索結果候
補)の値とする。但し、実行可能性テーブルの順に意味
があるわけではなく、検索結果候補を1つに決めるため
の一つの方法にすぎない。
In this case, the plurality of jobs (search result candidates) selected in the processing up to step S314 have the same value in the priority, the execution start margin time, and the destination movement time, and any one of the jobs is executed with priority. It is difficult to determine what should be. Therefore, the work-to-be-executed within time margin search means 27 sets the work located in the order of the feasibility table as the value of (search result candidate). However, the order of the feasibility tables is not significant, but is only one method for determining one search result candidate.

【0156】上記のステップS308,S310,S3
12,S314で(検索結果候補)が一つと判定された
場合、あるいはステップS315で一つの仕事が決定さ
れると、余裕時間内実行作業検索手段27は(検索結果
候補)がToDo作業で、(基準仕事)がアポイントメ
ントの場合、 (締め切り日時)=MIN[((検索結果候補)の(締
め切り日時))、((基準仕事)の(実行日時)の(開
始時刻))−((検索結果候補)の(位置)から(基準
仕事)の(位置)への移動時間)] という式で求められる値に(締め切り日時)の値を変更
する。
The above steps S308, S310, S3
12. If it is determined in S314 that there is only one (search result candidate), or if one job is determined in step S315, the in-time execution work search means 27 determines that the (search result candidate) is a ToDo work and When the reference job is an appointment, (deadline date and time) = MIN [((deadline date and time of (search result candidate)), ((start time) of (execution date and time) of (reference job)) − ((search result candidate) ) From (position) to (position) of (reference work))], the value of (deadline date and time) is changed.

【0157】また、余裕時間内実行作業検索手段27は
(検索結果候補)がToDo作業で、(基準仕事)もT
oDo作業の場合、 (締め切り日時)=MIN[((検索結果候補)の(締
め切り日時))、((基準仕事)の(締め切り日時))
−(基準仕事)の(締め切り日時)の(費やす時間))
−((検索結果候補)の(位置)から(基準仕事)の
(位置)への移動時間)] という式で求められる値に(締め切り日時)の値を以下
に変更する(図12ステップS316)。
[0157] In addition, the work-in-progress retrieving means 27 within the extra time allows the (search result candidate) to be ToDo work and the (reference work) to be T
In the case of oDo work, (deadline date and time) = MIN [((search result candidate) (deadline date and time)), ((base job) (deadline date and time))
-(Time spent) of (Deadline date) of (Reference work))
The value of the (deadline date and time) is changed to the value obtained by the expression of-((moving time from (position) of (search result candidate) to (position) of (reference work))) (step S316 in FIG. 12). .

【0158】但し、((検索結果候補)の(位置)から
(基準仕事)の(位置)への移動時間)は移動時間知識
25から(検索結果候補)の(位置)と(基準仕事)の
(位置)との二地点の移動時間を求める。
However, (moving time from (position) of (search result candidate) to (position) of (reference work)) is calculated from moving time knowledge 25 by (position) and (reference work) of (search result candidate). (Position) and the travel time between two points are obtained.

【0159】余裕時間内実行作業検索手段27は(検索
結果リスト)へ(検索結果候補)を追加する。但し、
(検索結果リスト)の先頭の行へ追加することで、(検
索結果リスト)はユーザが実行すべき順になるようにす
る。
The in-margin execution work search means 27 adds (search result candidate) to the (search result list). However,
The (search result list) is added to the first line of the (search result list) so that the (search result list) is in the order in which the user should execute.

【0160】さらに、余裕時間内実行作業検索手段27
は(検索結果候補)の仕事よりも前に、(検索結果候
補)の実行を妨げずに実行できる仕事を検索するため
に、(検索結果候補)を(基準仕事)にセットしてステ
ップS302へ戻る。
Further, the work-in-progress retrieval means 27 within the extra time
Sets (search result candidate) to (reference job) in order to search for a job that can be executed without hindering execution of (search result candidate) before the job of (search result candidate), and proceeds to step S302. Return.

【0161】図14に示す例では「在庫チェックE」が
ToDo作業であるから、まず、(締め切り日時)の変
更を以下のように行う。(基準仕事)である「会議C」
はアポイントメントであるから、 (締め切り日時)=MIN[((「98/05/12
12:00」)、(「98/05/11 15:0
0」)ー(「0分」)]=「98/05/11 15:
00」 となる。
In the example shown in FIG. 14, since “stock check E” is a ToDo operation, first, the (deadline date and time) is changed as follows. "Conference C", which is (standard work)
Is an appointment, (deadline date and time) = MIN [((""
12:00 "), (" 05/05/11 15:00
0 ")-(" 0 minutes ")] =" 98/05/11 15:
00 ”.

【0162】これによって、余裕時間内実行作業検索手
段27は「在庫チェックE」を(検索結果リスト)へ追
加し、(基準仕事)を「在庫チェックE」としてステッ
プS302へ戻る。すなわち、余裕時間内実行作業検索
手段27は「在庫チェックE」の実行を妨げることな
く、これより前に実行できる仕事の検索を行う。
As a result, the in-floor execution work search means 27 adds “inventory check E” to the (search result list), sets “reference work” to “inventory check E”, and returns to step S302. That is, the execution work search means 27 within the spare time searches for work that can be executed before this without hindering the execution of the “inventory check E”.

【0163】次に、余裕時間内実行作業検索手段27は
ステップS302からステップS305を繰返し、実行
可能性テーブルの全ての仕事について「在庫チェック
E」より以前に実行できるかチェックをする。
Next, the in-time-period work search means 27 repeats steps S302 to S305, and checks whether or not all the work in the feasibility table can be executed before "inventory check E".

【0164】その結果、実行可能な仕事はなく、ステッ
プS306の条件を満たす仕事もない。したがって、余
裕時間内実行作業検索手段27はステップS307にて
処理動作を終了する。最終的に、この例では(検索結果
リスト)は「在庫チェックE」だけからなる。すなわ
ち、最優先仕事である「会議C」より以前に実行できる
仕事は「在庫チェックE」だけである。
As a result, there is no work that can be executed, and there is no work that satisfies the condition of step S306. Therefore, the operation search means 27 within the margin time ends the processing operation in step S307. Finally, in this example, the (search result list) consists only of "stock check E". That is, the only job that can be executed before the highest priority job, “meeting C”, is “inventory check E”.

【0165】図15に示す行き先理由テーブルは各行が
ひとつの理由を示している。また、第一項は実行する仕
事の中で最も優先すべき仕事に「★」印をつける項目で
あり、第二項は仕事名を意味し、第三項はその仕事をい
つ実行すべきか予定であるのかを示し、第四項はその仕
事を実行する位置を表しており、第五項はその仕事をユ
ーザがどうする必要があるのかを示したものである。
In the destination reason table shown in FIG. 15, each row indicates one reason. The first item is the item that puts a “★” mark on the job that has the highest priority among the jobs to be performed, the second item is the name of the job, and the third item is when the job should be executed. , The fourth term indicates the position where the task is performed, and the fifth term indicates what the user needs to do the task.

【0166】各項目のデータの作り方は以下の3つのス
テップからなる。まず、ステップ1では(推薦仕事リス
ト)の仕事夫々について、第一項に空を、第二項に(推
薦仕事リスト)の(仕事名)をセットする。
The method of creating the data of each item includes the following three steps. First, in step 1, for each job in the (recommended job list), the first item is set to empty, and the second item is set to (job name) in the (recommended job list).

【0167】また、第三項には(推薦仕事リスト)がア
ポイントメントの場合に(実行日時)の開始時間を、
(推薦仕事リスト)がToDo作業の場合に(締め切り
日時)−((締め切り日時)の(費やす時間))をセッ
トし、第四項に(推薦仕事リスト)の(行き先候補)を
セットする。
In the third section, when (recommended job list) is an appointment, the start time of (execution date and time)
When the (recommended job list) is ToDo work, (deadline date / time)-((expiration date / time) (time spent)) is set, and (destination candidate) of (recommended job list) is set in the fourth term.

【0168】第五項には(推薦仕事リスト)がアポイン
トメントの場合に「参加」を、(推薦仕事リスト)がT
oDo作業の場合に「実行」をセットする。但し、行き
先理由テーブルにデータをセットする順は(推薦仕事リ
スト)のデータの順と同じにする。すなわち、ユーザが
実行する順にセットする。また、(推薦仕事リスト)の
値が「該当する仕事なし」の場合にはステップ2へ進
む。
In the fifth item, when the (recommended job list) is an appointment, "participation" is indicated, and when the (recommended job list) is T
“Execute” is set in the case of oDo work. However, the order in which the data is set in the destination reason table is the same as the order of the data in the (recommended job list). That is, they are set in the order of execution by the user. When the value of the (recommended work list) is "no corresponding work", the process proceeds to step 2.

【0169】ステップ2では(最優先仕事)について、
ステップ1と同様の方法で、行き先理由テーブルの最後
に追加する。但し、第一項は「★」を値とする。尚、図
3のステップS007において(最優先仕事)が見つか
った場合のみ、ステップS008へ進んでいるため、必
ずこのステップで、行き先理由テーブルへデータが追加
される。
In step 2, (highest priority work)
In the same manner as in step 1, the destination reason table is added to the end. However, the value of the first item is “★”. Note that the process proceeds to step S008 only when (highest priority job) is found in step S007 in FIG. 3, so that data is always added to the destination reason table in this step.

【0170】ステップ3では実行可能テーブルの仕事に
おいて、(実行開始余裕時間)の値が(最優先仕事)の
(実行開始余裕時間)の値より小さい仕事について、ス
テップ1と同様の方法で、行き先理由テーブルの最後に
セットする。但し、第五項は「キャンセル」という文字
列とする。
In step 3, in the work in the executable table, for the work in which the value of (execution allowance time) is smaller than the value of (execution allowance time) in (highest priority work), the destination is determined in the same manner as in step 1. Set at the end of the reason table. However, the fifth item is a character string “cancel”.

【0171】上述した例、すなわち(推薦仕事リスト)
が「在庫チェックE」であり、(最優先仕事)が「会議
C」であり、本日残り仕事が図9に示す例のような場
合、ステップ1で「在庫チェックE」が追加され、ステ
ップ2で「会議C」が追加され、ステップ3で「会議
A」、「会議B」が追加されて図15に示す行き先理由
テーブルが生成される。
The above example, that is, (recommended work list)
Is “Inventory Check E”, (Top Priority Work) is “Conference C”, and today's remaining work is as shown in FIG. 9, “Inventory Check E” is added in Step 1 and Step 2 , "Conference C" is added, and in Step 3, "Conference A" and "Conference B" are added to generate the destination reason table shown in FIG.

【0172】次に、図2の各領域1211,1212,
1221,1222,1223,1224,1225の
表示方法について説明する。但し、「アドバイスなし」
を受取った場合には、行き先のアドバイスを表示する領
域1211に「特になし」と表示し、その他の領域12
12,1221,1222,1223,1224,12
25には何も表示しない。
Next, the respective regions 1211, 1212 and 1212 in FIG.
A display method of 1221, 1222, 1223, 1224, and 1225 will be described. However, "no advice"
Is received, “particularly nothing” is displayed in the area 1211 for displaying the advice of the destination, and the other area 1211 is displayed.
12,1221,1222,1223,1224,12
25 does not display anything.

【0173】領域1211には行き先理由テーブルにお
いて、一番最初に実行すべき仕事のユーザの実行位置を
意味する第一レコードのデータの第四項の値を表示す
る。領域1212には行き先理由テーブルにおいて、一
番最初に実行すべき仕事の実行開始時刻を意味する第一
行目のデータの第三項の値(実行開始時刻)と、現在の
時刻とを比べ、(実行開始時刻)?(現在の時刻)<1
時間の場合に「至急」の文字列を表示し、1時間≦(実
行開始時刻)?(現在の時刻)の場合に「(実行開始時
刻)?(現在の時刻)後」の文字列を表示する。
In the area 1211, the value of the fourth term of the data of the first record indicating the execution position of the user of the work to be executed first in the destination reason table is displayed. In the area 1212, the value of the third term (execution start time) of the data in the first line, which means the execution start time of the work to be executed first in the destination reason table, is compared with the current time. (Execution start time)? (Current time) <1
In the case of time, a character string of “urgent” is displayed, and 1 hour ≦ (execution start time)? In the case of (current time), a character string of “(execution start time)? (Current time) after” is displayed.

【0174】領域1221,1222,1223,12
24,1225は夫々、行き先理由テーブルの第二項、
第三項、第四項、第五項、第一項に対応しており、行き
先理由テーブルの全ての仕事について、対応した項目の
値を表示する。但し、この際、行き先理由テーブルの仕
事の順と領域122に表示する仕事の順は同じになるよ
うに表示する。図15に示す行き先理由テーブルは、図
2に示すように、携帯端末入出力手段12に表示され
る。
Regions 1221, 1222, 1223, 12
24 and 1225 are respectively the second term of the destination reason table,
It corresponds to the third, fourth, fifth, and first items, and displays the values of the corresponding items for all the jobs in the destination reason table. However, at this time, the order of the work in the destination reason table and the order of the work displayed in the area 122 are displayed so as to be the same. The destination reason table shown in FIG. 15 is displayed on the portable terminal input / output means 12, as shown in FIG.

【0175】図16は本発明の他の実施例によるスケジ
ュール管理システムの構成を示すブロック図である。図
において、本発明の他の実施例によるスケジュール管理
システムはオフィスコンピュータ2に代替場所知識28
を追加した以外は、図1に示す本発明の一実施例と同様
の構成となっており、同一構成要素には同一符号を付し
てある。また、それら同一構成要素の動作は本発明の一
実施例と同様である。
FIG. 16 is a block diagram showing a configuration of a schedule management system according to another embodiment of the present invention. In the figure, a schedule management system according to another embodiment of the present invention stores an alternative location knowledge 28 in the office computer 2.
The configuration is the same as that of the embodiment of the present invention shown in FIG. 1 except for adding, and the same components are denoted by the same reference numerals. The operation of these same components is the same as in the embodiment of the present invention.

【0176】代替場所知識28は場所毎にどんな種類の
仕事を実行することが可能であるのかを示したテーブル
であり、その内容は作業可能性判定手段24による各仕
事の実行可能性の評価判定時に参照される。
The alternative place knowledge 28 is a table showing what kind of work can be executed for each place. The contents of the table 28 are determined by the work possibility determination means 24 to evaluate the workability of each work. Sometimes referred to.

【0177】図17は図16の代替場所知識28の構成
例を示す図である。図において、代替場所知識28の第
一列は場所を表しており、第二列は第一列の場所で使う
マシーンを表しており、第三列以降は仕事の種類を表し
ている。表中の「○」は実行可能であることを意味し、
「×」は実行不可能であることを意味する。但し、実行
可能とはユーザが第二列の値のマシーンを使って実行す
ることが可能であるという意味である。
FIG. 17 is a diagram showing a configuration example of the alternative location knowledge 28 of FIG. In the figure, the first column of the alternative location knowledge 28 represents a location, the second column represents a machine used in the location of the first column, and the third and subsequent columns represent types of work. "○" in the table means that it is executable,
"X" means that it cannot be executed. However, “executable” means that the user can execute using the machine having the value in the second column.

【0178】例えば、第三列目の「オフィス2」という
場所では、「ワープロ」、「OHP」、「メール」、
「スケジュール」という種類に属する仕事が、特にある
マシーンを持っていくといった準備をしなくてもその場
所にさえユーザが移動すれば、「マシーンY」を使って
実行可能であるが、「会議」、「在庫チェック」という
種類に属する仕事は実行不可能であることを示してい
る。尚、ユーザ自身のオフィスでは全ての仕事が実行可
能であると仮定しているため、第一行目の「オフィス」
は全ての項目でその値が「○」となっている。
For example, in the place "office 2" in the third column, "word processor", "OHP", "mail",
Jobs belonging to the type of "schedule" can be executed using "machine Y" as long as the user moves to that location without preparing to bring a particular machine, but "meeting" , The job belonging to the type “inventory check” is not executable. Since it is assumed that all work can be performed in the user's own office, the "office"
Indicates that the value is “○” for all items.

【0179】上記の代替場所知識28は作業可能性判定
手段24の実行可能性関数の計算に用いられる。本発明
の一実施例では実行可能性関数が各仕事の(位置)で示
される位置へ移動する、あるいはユーザの「オフィス」
へ移動した場合に各仕事の開始に間に合うのかどうかを
判定する関数である。したがって、各仕事は仕事の(位
置)で示される位置、あるいは「オフィス」のいずれか
でのみしか実行しなければならない。
The above-mentioned alternative place knowledge 28 is used for calculation of the feasibility function of the workability determination means 24. In one embodiment of the present invention, the feasibility function moves to the location indicated by the (location) of each task, or the user's "office"
This is a function for determining whether it is possible to start each job when moving to. Thus, each task must be performed only at the location indicated by the task (location) or at the "office".

【0180】そこで、本発明の他の実施例では代替場所
知識28を用いて、仕事の(位置)で示される位置と
「オフィス」以外の位置とで実行可能な場所を検索する
機能を追加している。
Therefore, in another embodiment of the present invention, a function of searching for a place that can be executed at a position indicated by (position) of work and a position other than “office” by using the substitute place knowledge 28 is added. ing.

【0181】図18は図16の作業可能性判定手段24
による各仕事の実行可能性の判定動作を示すフローチャ
ートである。図18に示す処理動作は図6に示す処理動
作のうちステップS105とステップS107とを、ス
テップS105A、ステップS105B、ステップS1
05C、ステップS105D、ステップS107Aに夫
々置き換えたものである。そこで、これらステップS1
05A、ステップS105B、ステップS105C、ス
テップS105D、ステップS107Aについて以下説
明する。
FIG. 18 shows the work possibility determination means 24 of FIG.
Is a flowchart showing the operation of determining the feasibility of each task according to the above. The processing operation illustrated in FIG. 18 includes Step S105 and Step S107 of the processing operation illustrated in FIG. 6, and includes Step S105A, Step S105B, and Step S1.
05C, step S105D, and step S107A, respectively. Therefore, these steps S1
05A, step S105B, step S105C, step S105D, and step S107A will be described below.

【0182】図18のステップS105Aに処理動作が
進むのは、現在の位置及び実行可能性を調べている仕事
である「仕事X」の(位置)の両方で実行することが不
可能な場合であり、このステップS105Aで実行が可
能な場所が検索される。
The processing operation proceeds to step S105A of FIG. 18 when it is impossible to execute both the current position and the (position) of “work X” which is the work whose feasibility is being checked. In step S105A, an executable place is searched.

【0183】まず、代替場所知識28のなかから、「仕
事X」の(作業種類)の値の項目が「○」の場所を検索
する。例えば、「仕事X」の(作業種類)が「OHP」
であった場合、図17に示す代替場所知識28を使用す
ると、「オフィス」と「オフィス2」で実行可能とな
る。但し、「オフィス」は全ての仕事が実行可能である
と仮定しているため、この検索結果では少なくとも一つ
の値が検索されたこととなる。
First, a place where the item of the value of “work X” (work type) is “○” is searched from the alternative place knowledge 28. For example, (work type) of “work X” is “OHP”
When the alternative location knowledge 28 shown in FIG. 17 is used, the execution can be performed in “office” and “office 2”. However, since "office" is assumed to be capable of performing all tasks, at least one value has been found in this search result.

【0184】ステップS105Bでは検索結果が複数あ
るかどうかが判定され、検索結果が複数ある場合に複数
の検索結果の中から一つに決定するためにステップS1
05Cへと進み、検索結果が一つの場合にステップS1
05Dへと進む。
In step S105B, it is determined whether there are a plurality of search results. If there are a plurality of search results, step S1 is performed to determine one of the plurality of search results.
Proceed to 05C, and if there is only one search result, step S1
Proceed to 05D.

【0185】ステップS105Cでは検索結果の仕事夫
々について、移動時間知識25を用いて「位置Y」との
移動時間を算出し、最も移動時間の少ない場所を移動先
とする。例えば、「位置Y」が「営業所A」で、移動時
間知識が図8に示す内容で、検索結果が「オフィス」及
び「オフィス2」の時、移動時間は夫々「20分」、
「5分」となり、「オフィス2」へ移動することに決定
する。但し、最も移動時間の少ない場所が複数ある場合
にはどれかひとつをランダムに選択すればよい。
In step S105C, the travel time with respect to "position Y" is calculated using the travel time knowledge 25 for each of the jobs in the search result, and the place with the shortest travel time is determined as the destination. For example, when “position Y” is “sales office A”, travel time knowledge is as shown in FIG. 8, and the search results are “office” and “office 2”, the travel time is “20 minutes”,
It is “5 minutes”, and it is decided to move to “Office 2”. However, when there are a plurality of places where the moving time is the shortest, any one may be selected at random.

【0186】ステップS105Dでは(行き先候補)の
値を、上記の検索結果の(位置)の値にセットし、(行
き先使用マシーンID)を上記の検索結果の(マシー
ン)の値にセットする。
In step S105D, the value of (destination candidate) is set to the value of (position) in the above search result, and (destination use machine ID) is set to the value of (machine) in the above search result.

【0187】ステップS107Aでは「位置Y」から
(行き先候補)までの移動にかかる時間を移動時間知識
25を用いて算出して(行き先移動時間)に代入し、ス
テップS109へと進む。
In step S107A, the time required for the movement from “position Y” to (destination candidate) is calculated using the movement time knowledge 25 and substituted for (destination movement time), and the flow advances to step S109.

【0188】以上のように、作業可能性判定手段24が
代替場所知識28を利用して各仕事の実行可能な位置を
検索する機能を持つことで、各仕事は予めスケジュール
データベースに登録された位置以外の位置へユーザが移
動した場合の行動計画をたてることが可能となる。
As described above, since the work possibility determining means 24 has a function of searching for an executable position of each job by using the substitute location knowledge 28, each job is registered in the schedule database in advance. It is possible to make an action plan when the user moves to a position other than.

【0189】図19は本発明の別の実施例によるスケジ
ュール管理システムの構成を示すブロック図である。図
において、本発明の別の実施例によるスケジュール管理
システムはオフィスコンピュータ2に状況監視手段29
を追加した以外は、図16に示す本発明の他の実施例と
同様の構成となっており、同一構成要素には同一符号を
付してある。また、それら同一構成要素の動作は本発明
の他の実施例と同様である。
FIG. 19 is a block diagram showing a configuration of a schedule management system according to another embodiment of the present invention. In the figure, a schedule management system according to another embodiment of the present invention includes a status monitor 29 in the office computer 2.
The configuration is the same as that of the other embodiment of the present invention shown in FIG. 16 except that is added. The same components are denoted by the same reference numerals. The operation of these same components is the same as in the other embodiments of the present invention.

【0190】状況監視手段29はある決められたディレ
クトリ(以下、文章スプールとする)を定期的に監視
し、必要があれば「文章スプールにある文章を処理す
る」という新たな仕事を、スケジュール管理手段23が
管理するスケジュールデータベースに自動的に登録する
手段である。
The status monitoring means 29 periodically monitors a predetermined directory (hereinafter referred to as a sentence spool), and if necessary, performs a new job of “processing a sentence in the sentence spool” in schedule management. This is a means for automatically registering in the schedule database managed by the means 23.

【0191】以下では、説明の簡略化のために、ユーザ
が新規に受信した電子メールを一時的に蓄えるメールス
プールディレクトリを文章スプールとした場合の例につ
いて述べる。すなわち、新規にメールを受信したら、状
況監視手段29は「このメールを処理する」という仕事
をスケジュールデータベースへ自動的に登録する。但
し、必ずしも電子メールのメールスプールディレクトリ
を文書スプールに設定する必要はない。例えば、将来処
理しないといけない仕事についてのメモを、あるディレ
クトリに置くようにしておき、このディレクトリを文書
スプールにしておいても構わない。
In the following, for simplification of the description, an example will be described in which the mail spool directory in which the user temporarily stores newly received electronic mail is a text spool. That is, when a new mail is received, the status monitoring means 29 automatically registers a job of "processing this mail" in the schedule database. However, it is not always necessary to set the mail spool directory of the e-mail to the document spool. For example, notes about tasks that must be processed in the future may be stored in a certain directory, and this directory may be used as a document spool.

【0192】図20は図19の状況監視手段29の構成
を示すブロック図である。図において、状況監視手段2
9は一定間隔毎に時間の経過を意味するイベントを発行
するタイマ291と、新規に受信した電子メールを一時
的に蓄えておく文書スプール293と、タイマ291か
らイベントを受けたのをきっかけに文書スプール293
を解析して文書スプール293にある電子メールを処理
する仕事を生成しかつその仕事をスケジュール管理手段
23が管理するスケジュールデータベースに登録をする
仕事生成手段292とから構成されている。
FIG. 20 is a block diagram showing a configuration of the status monitoring means 29 of FIG. In the figure, status monitoring means 2
Reference numeral 9 denotes a timer 291 for issuing an event indicating the elapse of time at fixed intervals, a document spool 293 for temporarily storing newly received e-mail, and a document 291 when an event is received from the timer 291. Spool 293
And a job generation unit 292 for generating a job for processing the electronic mail in the document spool 293 and registering the job in a schedule database managed by the schedule management unit 23.

【0193】タイマ291は時間の経過を他のブロック
へ通知する時間間隔を予め決めておき(例えば、10分
間隔)、コンピュータあるいはOSで標準に装備されて
いる時計の機能を利用して時間間隔の時間が経過する毎
に「一定時間経過」というメッセージを仕事生成手段2
92へ通知する。
The timer 291 determines in advance the time interval for notifying the elapse of time to other blocks (for example, every 10 minutes), and uses the function of a clock provided as a standard in a computer or OS to make the time interval. Every time the time elapses, the message "Elapsed time" is sent to the job generating means 2.
Notify 92.

【0194】文章スプール293には受信した新規のメ
ールが、メール毎にテキストファイルとして存在し、ユ
ーザがメールを読めば、このメールのテキストファイル
は文章スプール293から削除されるものとする。した
がって、文章スプール293に存在するファイルの数を
数えれば、ユーザが未読のメールの数がわかることにな
る。
The received new mail exists in the text spool 293 as a text file for each mail. When the user reads the mail, the text file of this mail is deleted from the text spool 293. Therefore, by counting the number of files existing in the text spool 293, the user can know the number of unread mails.

【0195】仕事生成手段292はタイマ291から
「一定時間経過」というメッセージを受けると、「この
メールを処理する」という仕事をスケジュールデータベ
ースへ自動的に登録する。
When the job generating means 292 receives the message "Elapsed time" from the timer 291, it automatically registers the job "Process this mail" in the schedule database.

【0196】図21は図19の仕事生成手段292の処
理動作を示すフローチャートである。これら図19〜図
21を参照して仕事生成手段292の処理動作について
説明する。
FIG. 21 is a flowchart showing the processing operation of the work generation means 292 of FIG. The processing operation of the work generation means 292 will be described with reference to FIGS.

【0197】仕事生成手段292はまず文章スプール2
93のディレクトリのファイルの数(以下、メール数と
する)を数える(図21ステップS401)。仕事生成
手段292はファイルが存在しなければ(図21ステッ
プS402)、処理動作を終了する。
The job generating means 292 first sets the sentence spool 2
The number of files in the directory 93 (hereinafter referred to as the number of mails) is counted (step S401 in FIG. 21). If there is no file (step S402 in FIG. 21), the job generating means 292 ends the processing operation.

【0198】また、仕事生成手段292はファイルが存
在すれば(図21ステップS402)、仕事名:「メー
ル処理」、実行日時:「値なし」、締め切り日時:(日
付)を「今日」・(日時)を「通常退社時刻」・(完成
までに費やす時間)=MIN[「60分」、メール数×
M分]、優先度:0<メール数<5=「C」,5<=メ
ール数<10=「B」,10≦メール数=「A」、位
置:「*」、作業種類:「メール」として新規の仕事を
生成する(図21ステップS403)。
If the file exists (step S402 in FIG. 21), the job generation means 292 sets the job name: “mail processing”, the execution date / time: “no value”, and the deadline date / time to “today” · ( Date / time) is “normal leaving time” / (time to complete) = MIN [“60 minutes”, number of mails ×
M]], priority: 0 <number of mails <5 = “C”, 5 <= number of mails <10 = “B”, 10 ≦ number of mails = “A”, position: “*”, work type: “mail” Is generated as a new job (step S403 in FIG. 21).

【0199】ここで、締め切り日時の(日時)である通
常退社時刻は残業をすることなく、ユーザが会社から家
へ退社する標準の時間を意味し、予めユーザが登録して
おく。MIN[x、y]は引数x,yのうち小さい方を
意味する。また、Mはメール1通を処理するのに費やす
平均時間を意味し、「10」分等、適当な値を予め登録
しておく。
Here, the normal leaving time, which is the closing date and time (date and time), means the standard time when the user leaves the house from the company without working overtime, and is registered in advance by the user. MIN [x, y] means the smaller of the arguments x and y. M represents the average time spent processing one mail, and an appropriate value such as "10" is registered in advance.

【0200】但し、(完成までに費やす時間)は必ずし
も上記方法で算出する必要はない。例えば、メールファ
イルのバイト数から(完成までに費やす時間)を算出し
ても構わないし、さらに別の方法で算出しても構わな
い。
However, it is not always necessary to calculate (time spent until completion) by the above method. For example, (time spent until completion) may be calculated from the number of bytes of the mail file, or may be calculated by another method.

【0201】優先度の条件である「5」,「10」は、
ユーザ毎にカスタマイズ可能な値である。また、優先度
の値は必ずしも上記方法で算出する必要はない。例え
ば、優先度を指定できるメール送受信用のアプリケーシ
ョンソフトウェアを使用しているユーザならば、優先度
の高いメールを受信した場合に仕事の優先度を「A」と
するといった方法も考えられる。
The priority conditions “5” and “10” are
This is a value that can be customized for each user. Also, the value of the priority need not necessarily be calculated by the above method. For example, for a user who uses application software for sending and receiving mail that can specify a priority, a method of setting the work priority to “A” when a high-priority mail is received may be considered.

【0202】仕事生成手段292はスケジュールデータ
ベースに上記の仕事を登録するために、スケジュール管
理手段23に上記の仕事の情報を送る(図21ステップ
S404)。
The job generation means 292 sends the information of the work to the schedule management means 23 in order to register the work in the schedule database (step S404 in FIG. 21).

【0203】スケジュール管理手段23は仕事生成手段
292から登録すべき仕事を受取ると、締め切り日時が
今日であり、仕事名が「メール処理」という仕事がすで
に登録されている場合、その仕事を仕事生成手段292
が前回生成した仕事であり、内容が古いために、今、受
け取った仕事で上書きする。もし、締め切り日時が今日
で仕事名が「メール処理」という仕事がない場合、スケ
ジュール管理手段23は、今受取った仕事をスケジュー
ルデータベースに追加する(図21ステップS40
5)。
When the schedule management unit 23 receives the job to be registered from the job generation unit 292, if the deadline date and time is today and the job with the job name “mail processing” is already registered, the schedule management unit 23 generates the job. Means 292
Is the job that was generated last time, and because the content is old, overwrite it with the job that has just been received. If the deadline date is today and there is no job whose job name is "e-mail processing", the schedule management means 23 adds the currently received job to the schedule database (step S40 in FIG. 21).
5).

【0204】上述したように、電子メールの受信状態に
応じて、この電子メールを処理するための仕事が仕事生
成手段292で自動的に作成され、必要があれば、電子
メールを処理するための行き先を携帯端末入出力手段1
2がユーザへアドバイスする。したがって、ユーザはわ
ざわざ電子メールを受信して状況を確認するといった操
作をすることなく、携帯端末入出力手段12の表示を見
るだけで、自分の行き先を決定することができる。
As described above, the job for processing the electronic mail is automatically created by the job generating means 292 according to the reception state of the electronic mail, and if necessary, the job for processing the electronic mail is performed. Mobile terminal input / output means 1
2 advises the user. Therefore, the user can determine his or her destination only by looking at the display on the portable terminal input / output means 12 without performing an operation of receiving the e-mail and checking the situation.

【0205】このように、行き先決定手段22がどこへ
行くべきであるのかを示す情報を生成し、携帯端末入出
力手段12に表示することによって、どこに行って何を
するのかという行動計画をたてるのに際して、従来、ユ
ーザが予定を時間軸で表示し、優先度で並び替えて表示
し、実行位置で検索する等の複数の操作をして得られる
情報を頭で統合しなければならなかったのに対し、ユー
ザが特に複雑な操作をすることなく、単に表示を見るだ
けで簡単に行動計画をたてることができる。
As described above, the destination determining means 22 generates information indicating where the user should go, and displays the information on the portable terminal input / output means 12 to make an action plan of where to go and what to do. Conventionally, when a user displays a schedule on the time axis, sorts and displays the schedule according to priority, and has to integrate information obtained by performing multiple operations such as searching by execution position. On the other hand, the user can easily make an action plan simply by looking at the display without performing a complicated operation.

【0206】また、行き先決定手段22が次の予定まで
の余裕時間を、移動時間をも考慮して算出し、携帯端末
入出力手段12に表示することによって、外出先で突発
的な仕事が発生した場合等、次の予定までの時間の余裕
を知りたいことが多い場合に、ユーザが特に複雑な操作
をすることなく、単に表示を見るだけで次の予定までの
時間の余裕を知ることができる。
Further, the destination determining means 22 calculates a margin time to the next schedule in consideration of the traveling time, and displays it on the portable terminal input / output means 12, so that sudden work may occur at a destination. If the user often wants to know the time to the next schedule, such as when the user has done it, the user can know the time to the next schedule simply by looking at the display without performing any complicated operation. it can.

【0207】さらに、携帯端末入出力手段12がユーザ
に対していつどこへ行くべきであるのかをアドバイスす
るのに加え、最も優先すべき仕事や今日実行すべき仕
事、及びキャンセルすべき仕事を一覧表示することによ
って、ユーザが行き先のアドバイスの理由を納得してア
ドバイスに従うことができる。もちろん、ユーザは理由
が納得できなければ、アドバイスに従う必要はない。
Further, the mobile terminal input / output means 12 advises the user when and where to go, and lists the top priority jobs, the jobs to be executed today, and the jobs to be canceled. The display allows the user to understand the reason for the destination advice and follow the advice. Of course, the user does not need to follow the advice if he is not satisfied with the reason.

【0208】さらにまた、作業可能性判定手段24が代
替場所知識28や端末作業可能知識26を用いて、実行
場所を動的に決定することによって、従来のシステムに
おいて、各仕事の実行場所が固定されていたために実行
直前まで場所が決まらない仕事についてうまく支援する
ことができないのに対し、実行直前まで場所が決まらな
い仕事に関しても他の仕事と同様に扱うことができる。
Furthermore, the work possibility determination means 24 dynamically determines the execution place using the substitute place knowledge 28 and the terminal work possible knowledge 26, so that the execution place of each work is fixed in the conventional system. Because it has been done, it is difficult to support a job whose location is not determined until immediately before execution. On the other hand, a job whose location is not determined until immediately before execution can be handled in the same way as other jobs.

【0209】ユーザは外出先から自分のオフィスに戻る
べきかの意志決定を行うのに、今日のスケジュールだけ
ではなく、メールやファックスが自分に届いているかど
うか等も判断材料の一つとなる。そこで、従来システム
では外出先から新着の電子メールが届いていないか確認
するといった作業を行う必要があったが、状況監視手段
29がユーザのオフィスコンピュータの状況(例えば、
新着の電子メール等)をモニタし、必要があれば新たな
仕事を自動的に生成することによって、特別のアプリケ
ーションを起動するといった操作をすることなく、スケ
ジュール以外の要因(この場合、電子メールの受信状
況)を考慮した行動計画をたてることができる。
When making a decision on whether to return to his or her office from whereabouts, the user is not limited to today's schedule, but one of the criteria is whether mail or fax has arrived. Therefore, in the conventional system, it was necessary to perform an operation such as checking whether a new e-mail has arrived from a destination. However, the status monitoring unit 29 determines the status of the user's office computer (for example,
By monitoring new e-mails, etc., and automatically generating new jobs if necessary, it is possible to operate other than schedules (in this case, e-mail (Reception situation) can be made.

【0210】[0210]

【発明の効果】以上説明したように本発明のスケジュー
ル管理システムによれば、持ち運び自在な携帯端末シス
テムと、無線ネットワークを介して携帯端末システムと
の間で互いに通信を行うオフィスコンピュータとを含
み、オフィスコンピュータにおいて携帯端末システムの
持ち主のスケジュール情報を管理するスケジュール管理
システムにおいて、携帯端末システムに、スケジュール
情報を表示しかつオフィスコンピュータへの要求を入力
する携帯端末入出力手段と、携帯端末システムの現在の
位置情報を取得する携帯端末位置取得手段とを備え、オ
フィスコンピュータに、スケジュール情報を管理するス
ケジュール管理手段と、スケジュール情報を構成する各
仕事の種類毎に当該仕事を処理可能な処理装置を示す作
業可能情報を蓄積する端末作業可能知識と、処理装置が
配設された地点間の予め設定された移動時間を蓄積する
移動時間知識と、携帯端末位置取得手段から無線ネット
ワークを介して取得した携帯端末システムの位置情報と
スケジュール管理手段で管理されるスケジュール情報と
端末作業可能知識の内容と移動時間知識の内容と現在の
時刻とから仕事各々が予定通りに実行可能か否かを判定
する作業可能性判定手段と、作業可能性判定手段の判定
結果を基に現在の時刻以降に実行すべき仕事の計画を生
成しかつ計画を基に移動すべき地点を示す行き先を算出
する行き先決定手段と、行き先決定手段で算出された行
き先に移動すべき理由を生成する行き先理由生成手段と
をそなえることによって、現在、ユーザ自身がどこへ行
ってどんな仕事を実行すべきであるのかを一目で把握す
ることができるという効果がある。
As described above, according to the schedule management system of the present invention, the portable terminal system includes a portable terminal system and an office computer that communicates with the portable terminal system via a wireless network. A schedule management system for managing schedule information of an owner of a portable terminal system in an office computer, comprising: a portable terminal input / output means for displaying schedule information on the portable terminal system and inputting a request to the office computer; A mobile terminal position obtaining unit for obtaining the position information of the scheduler, a schedule management unit for managing the schedule information in the office computer, and a processing device capable of processing the work for each type of work constituting the schedule information. Store workable information Terminal workable knowledge, travel time knowledge to accumulate a preset travel time between the locations where the processing devices are located, and mobile terminal system position information obtained via a wireless network from mobile terminal position obtaining means. Work possibility determination means for determining whether or not each work can be executed as scheduled from schedule information managed by the schedule management means, the contents of the terminal workable knowledge, the contents of the travel time knowledge, and the current time; A destination determining means for generating a work plan to be executed after the current time based on the determination result of the possibility determining means and calculating a destination indicating a point to be moved based on the plan; and a destination determining means. Now, by providing destination reason generation means for generating a reason for moving to a destination, the user himself / herself should perform where There is an effect that can be grasped at a glance.

【0211】また、本発明の他のスケジュール管理シス
テムによれば、上記の手段のほかに、仕事の種類毎に当
該仕事が処理可能な地点及び代替地点を示す情報を蓄積
する代替場所知識をオフィスコンピュータに含み、行き
先決定手段が代替場所知識を基に移動時間の少ない実行
計画をたてるよう構成することによって、仕事の実行場
所を指定しなくても、ユーザの現在いる位置や持ち歩い
ている端末の種類等から仕事を実行することが可能な場
所を算出し、ユーザに提示することができるという効果
がある。
Further, according to another schedule management system of the present invention, in addition to the above-mentioned means, an alternative place knowledge for storing information indicating a place where the work can be processed and an alternative place is stored for each type of work. Including in the computer, the destination determination means makes an execution plan with a short travel time based on the alternative location knowledge, so that the user's current location and the terminal being carried can be specified without specifying the execution location of the work There is an effect that a place where a job can be executed is calculated from the type of the information and the like, and can be presented to the user.

【図面の簡単な説明】[Brief description of the drawings]

【図1】本発明の一実施例によるスケジュール管理シス
テムの構成を示すブロック図である。
FIG. 1 is a block diagram showing a configuration of a schedule management system according to an embodiment of the present invention.

【図2】図1の携帯端末入出力手段の表示例を示す図で
ある。
FIG. 2 is a diagram showing a display example of the portable terminal input / output unit of FIG. 1;

【図3】本発明の一実施例による行き先アドバイスの表
示処理を示すフローチャートである。
FIG. 3 is a flowchart showing a destination advice display process according to an embodiment of the present invention.

【図4】図1のスケジュール管理手段によって管理され
るスケジュールデータベースの構成例を示す図である。
FIG. 4 is a diagram showing a configuration example of a schedule database managed by the schedule management means of FIG. 1;

【図5】図1のスケジュール管理手段による本日残り仕
事の算出例を示す図である。
5 is a diagram showing an example of calculating today's remaining work by the schedule management means of FIG. 1;

【図6】図1の作業可能性判定手段による各仕事の実行
可能性の判定動作を示すフローチャートである。
FIG. 6 is a flowchart showing an operation of determining the feasibility of each task by the work possibility determination unit of FIG. 1;

【図7】図1の端末作業可能知識の構成例を示す図であ
る。
FIG. 7 is a diagram showing a configuration example of terminal work possible knowledge of FIG. 1;

【図8】図1の移動時間知識の構成例を示す図である。FIG. 8 is a diagram showing a configuration example of travel time knowledge of FIG. 1;

【図9】図1の作業可能性判定手段で生成される実行可
能性テーブルの構成例を示す図である。
FIG. 9 is a diagram showing a configuration example of an executable table generated by the work possibility determining unit of FIG. 1;

【図10】図1の行き先決定手段による行き先の計算処
理を示すフローチャートである。
FIG. 10 is a flowchart showing a destination calculation process by the destination determining means of FIG. 1;

【図11】図1の行き先決定手段で計算された行き先の
候補例を示す図である。
11 is a diagram showing an example of destination candidates calculated by the destination determining means of FIG. 1;

【図12】図1の余裕時間内実行作業検索手段による
(最優先仕事)よりも前に実行できる仕事の検索動作を
示すフローチャートである。
FIG. 12 is a flowchart showing a search operation for a job that can be executed before (highest priority job) by the job search within execution time in FIG. 1;

【図13】行き先候補各々の実行可能性の評価例を示す
図である。
FIG. 13 is a diagram illustrating an example of evaluating the feasibility of each destination candidate.

【図14】図1の行き先決定手段による(最優先仕事)
の算出結果例を示す図である。
FIG. 14 shows a result of the destination determining means shown in FIG. 1 (highest priority work).
FIG. 9 is a diagram illustrating an example of a calculation result of the calculation.

【図15】図1の行き先理由生成手段で生成される行き
先理由テーブルの構成例を示す図である。
FIG. 15 is a diagram showing a configuration example of a destination reason table generated by the destination reason generating means of FIG. 1;

【図16】本発明の他の実施例によるスケジュール管理
システムの構成を示すブロック図である。
FIG. 16 is a block diagram showing a configuration of a schedule management system according to another embodiment of the present invention.

【図17】図16の代替場所知識の構成例を示す図であ
る。
FIG. 17 is a diagram illustrating a configuration example of alternative place knowledge in FIG. 16;

【図18】図16の作業可能性判定手段による各仕事の
実行可能性の判定動作を示すフローチャートである。
18 is a flowchart showing an operation of determining the feasibility of each task by the work possibility determination unit of FIG.

【図19】本発明の別の実施例によるスケジュール管理
システムの構成を示すブロック図である。
FIG. 19 is a block diagram showing a configuration of a schedule management system according to another embodiment of the present invention.

【図20】図19の状況監視手段の構成を示すブロック
図である。
FIG. 20 is a block diagram showing a configuration of the status monitoring means of FIG. 19;

【図21】図19の仕事生成手段の処理動作を示すフロ
ーチャートである。
FIG. 21 is a flowchart showing a processing operation of the work generation means of FIG. 19;

【符号の説明】[Explanation of symbols]

1 携帯端末システム 2 オフィスコンピュータ 3 無線ネットワーク 10,20 制御メモリ 11 携帯端末位置取得手段 12 携帯端末入出力手段 21 行き先理由生成手段 22 行き先決定手段 23 スケジュール管理手段 24 作業可能性判定手段 25 移動時間知識 26 端末作業可能知識 27 余裕時間内実行作業検索手段 28 代替場所知識 29 状況監視手段 121 行き先アドバイス表示部 122 アドバイス理由表示部 291 タイマ 292 仕事生成手段 293 文書スプール REFERENCE SIGNS LIST 1 mobile terminal system 2 office computer 3 wireless network 10, 20 control memory 11 mobile terminal position acquisition means 12 mobile terminal input / output means 21 destination reason generation means 22 destination determination means 23 schedule management means 24 workability determination means 25 travel time knowledge 26 Terminal work possible knowledge 27 Execution work search means within extra time 28 Alternative place knowledge 29 Situation monitoring means 121 Destination advice display section 122 Advice reason display section 291 Timer 292 Work generation means 293 Document spool

Claims (27)

【特許請求の範囲】[Claims] 【請求項1】 持ち運び自在な携帯端末システムと、無
線ネットワークを介して前記携帯端末システムとの間で
互いに通信を行うオフィスコンピュータとを含み、前記
オフィスコンピュータにおいて前記携帯端末システムの
持ち主のスケジュール情報を管理するスケジュール管理
システムであって、 前記携帯端末システムに、前記スケジュール情報を表示
しかつ前記オフィスコンピュータへの要求を入力する携
帯端末入出力手段と、前記携帯端末システムの現在の位
置情報を取得する携帯端末位置取得手段とを有し、 前記オフィスコンピュータに、前記スケジュール情報を
管理するスケジュール管理手段と、前記スケジュール情
報を構成する各仕事の種類毎に当該仕事を処理可能な処
理装置を示す作業可能情報を蓄積する端末作業可能知識
と、前記処理装置が配設された地点間の予め設定された
移動時間を蓄積する移動時間知識と、前記携帯端末位置
取得手段から前記無線ネットワークを介して取得した前
記携帯端末システムの位置情報と前記スケジュール管理
手段で管理される前記スケジュール情報と前記端末作業
可能知識の内容と前記移動時間知識の内容と現在の時刻
とから前記仕事各々が予定通りに実行可能か否かを判定
する作業可能性判定手段と、前記作業可能性判定手段の
判定結果を基に前記現在の時刻以降に実行すべき仕事の
計画を生成しかつ前記計画を基に移動すべき地点を示す
行き先を算出する行き先決定手段と、前記行き先決定手
段で算出された行き先に移動すべき理由を示す選択理由
を生成する行き先理由生成手段とを有することを特徴と
するスケジュール管理システム。
1. A portable terminal system, comprising: a portable terminal system; and an office computer communicating with the portable terminal system via a wireless network. The office computer transmits schedule information of an owner of the portable terminal system. A schedule management system for managing, comprising: a mobile terminal input / output unit for displaying the schedule information and inputting a request to the office computer to the mobile terminal system; and acquiring current position information of the mobile terminal system. A portable terminal position acquisition unit, wherein the office computer has a schedule management unit that manages the schedule information, and a processing device that can process the work for each type of work that constitutes the schedule information. Terminals that can store information Travel time knowledge that accumulates a preset travel time between points where the processing device is disposed, position information of the portable terminal system acquired from the portable terminal position acquisition unit via the wireless network, and the schedule Work possibility determining means for determining whether or not each of the tasks can be executed as scheduled based on the schedule information, the contents of the terminal workable knowledge, the contents of the travel time knowledge, and the current time managed by management means And destination determination means for generating a work plan to be executed after the current time based on the determination result of the work possibility determination means and calculating a destination indicating a point to be moved based on the plan, A destination reason generating means for generating a selection reason indicating a reason for moving to the destination calculated by the destination determining means. System.
【請求項2】 前記携帯端末入出力手段から次の行き先
のアドバイスを要求するコマンドが入力された時に、前
記行き先決定手段で算出された行き先と前記行き先理由
生成手段で生成された選択理由とを携帯端末入出力手段
に表示するよう構成したことを特徴とする請求項1記載
のスケジュール管理システム。
2. When a command requesting advice of a next destination is input from the portable terminal input / output unit, the destination calculated by the destination determination unit and the selection reason generated by the destination reason generation unit are displayed. 2. The schedule management system according to claim 1, wherein the schedule management system is configured to display the information on a portable terminal input / output unit.
【請求項3】 前記作業可能性判定手段は、前記携帯端
末システムの現在位置と前記移動時間知識の内容とを用
いて前記仕事を実行すべき地点を算出する手段を含み、
この算出された前記仕事を実行すべき地点を前記携帯端
末入出力手段に表示するよう構成したことを特徴とする
請求項1または請求項2記載のスケジュール管理システ
ム。
3. The work possibility determination unit includes a unit that calculates a point at which the work is to be performed using a current position of the portable terminal system and the content of the travel time knowledge,
3. The schedule management system according to claim 1, wherein the calculated point at which the work is to be executed is displayed on the portable terminal input / output unit.
【請求項4】 前記現在の時刻以降に特に優先して実行
すべき最優先の仕事を算出する手段と、前記最優先の仕
事の実行を妨げることなく前記現在の時刻と前記最優先
の仕事の実行時間との間で実行可能な仕事の実行計画を
たてる余裕時間内実行作業検索手段とを前記オフィスコ
ンピュータに含み、前記最優先の仕事及び前記余裕時間
内実行作業検索手段でたてられた実行計画とを前記携帯
端末入出力手段に表示するよう構成したことを特徴とす
る請求項1から請求項3のいずれか記載のスケジュール
管理システム。
4. A means for calculating a highest-priority task to be executed with a particular priority after the current time, and calculating the current time and the highest-priority task without hindering the execution of the highest-priority task. The office computer further includes a work-in-progress search means for making an execution plan of a work executable between the execution time and the work-in-floor search work means. 4. The schedule management system according to claim 1, wherein an execution plan is displayed on the portable terminal input / output unit.
【請求項5】 前記行き先決定手段は、前記現在の時刻
以降に実行すべき予定のうちのキャンセルすべき仕事を
検索する手段を含み、前記キャンセルすべき仕事を前記
携帯端末入出力手段に表示するよう構成したことを特徴
とする請求項1から請求項4のいずれか記載のスケジュ
ール管理システム。
5. The destination deciding means includes a means for searching for a job to be canceled among the schedules to be executed after the current time, and displays the job to be canceled on the portable terminal input / output means. The schedule management system according to any one of claims 1 to 4, wherein the schedule management system is configured as described above.
【請求項6】 前記携帯端末入出力手段は、前記行き先
を表示する表示領域と、前記行き先へいつ移動すればよ
いかを表示する表示領域と、前記表示内容の選択理由を
表示する表示領域とを含むことを特徴とする請求項1か
ら請求項5のいずれか記載のスケジュール管理システ
ム。
6. The portable terminal input / output means includes a display area for displaying the destination, a display area for displaying when to move to the destination, and a display area for displaying a reason for selecting the display content. The schedule management system according to any one of claims 1 to 5, further comprising:
【請求項7】 前記仕事の種類毎に当該仕事が処理可能
な地点及び代替地点を示す情報を蓄積する代替場所知識
を前記オフィスコンピュータに含み、前記行き先決定手
段が前記代替場所知識を基に前記移動時間の少ない実行
計画をたてるよう構成したことを特徴とする請求項1か
ら請求項6のいずれか記載のスケジュール管理システ
ム。
7. The office computer includes, for each type of the job, alternative location knowledge that stores information indicating a place where the job can be processed and an alternative location, and the destination determining unit determines the destination based on the alternative location knowledge. 7. The schedule management system according to claim 1, wherein an execution plan with a short moving time is set.
【請求項8】 予め設定された種別の情報が蓄積される
蓄積手段と、前記蓄積手段の内容を監視してその蓄積内
容が変化した時に新規の仕事を生成する状況監視手段
と、前記状況監視手段で生成された新規の仕事を前記ス
ケジュール情報に登録する手段とを前記オフィスコンピ
ュータに含み、前記行き先決定手段が前記スケジュール
情報に新たに登録された仕事を考慮した行動計画をたて
るよう構成したことを特徴とする請求項1から請求項7
のいずれか記載のスケジュール管理システム。
8. A storage means for storing information of a predetermined type, a status monitoring means for monitoring the contents of said storage means and generating a new job when the stored content changes, and said status monitoring. Means for registering the new work generated by the means in the schedule information, in the office computer, wherein the destination determination means makes an action plan in consideration of the work newly registered in the schedule information. 8. The method according to claim 1, wherein
The schedule management system according to any one of the above.
【請求項9】 前記状況監視手段は、一定時間間隔で状
況の変化を認識しかつ前回の認識結果に基づいて生成さ
れた仕事を最新の状況に応じたものに修正する手段を含
み、前記行き先決定手段が前記状況監視手段が修正した
仕事をも含む最新の状況を基に行動計画をたてるよう構
成したことを特徴とする請求項8記載のスケジュール管
理システム。
9. The status monitoring means includes means for recognizing a change in status at regular time intervals and correcting a job generated based on a previous recognition result to one corresponding to the latest status. 9. The schedule management system according to claim 8, wherein the decision means is configured to make an action plan based on the latest situation including the work corrected by the situation monitoring means.
【請求項10】 持ち運び自在な携帯端末システムと、
無線ネットワークを介して前記携帯端末システムとの間
で互いに通信を行うオフィスコンピュータとを含み、前
記オフィスコンピュータにおいて前記携帯端末システム
の持ち主のスケジュール情報を管理するスケジュール管
理システムのスケジュール管理方法であって、前記携帯
端末システムに、前記スケジュール情報を表示しかつ前
記オフィスコンピュータへの要求を入力するステップ
と、前記携帯端末システムの現在の位置情報を取得する
ステップとを有し、前記オフィスコンピュータに、前記
スケジュール情報を構成する各仕事の種類毎に当該仕事
を処理可能な処理装置を示す作業可能情報を蓄積する端
末作業可能知識の内容と前記処理装置が配設された地点
間の予め設定された移動時間を蓄積する移動時間知識の
内容と前記携帯端末システムから取得した位置情報と前
記スケジュール情報と現在の時刻とから前記仕事各々が
予定通りに実行可能か否かを判定するステップと、この
判定結果を基に前記現在の時刻以降に実行すべき仕事の
計画を生成しかつ前記計画を基に移動すべき地点を示す
行き先を算出するステップと、その算出された行き先に
移動すべき理由を示す選択理由を生成するステップとを
有することを特徴とするスケジュール管理方法。
10. A portable mobile terminal system,
An office computer that communicates with the portable terminal system via a wireless network, and a schedule management method for a schedule management system that manages schedule information of the owner of the portable terminal system in the office computer, The mobile terminal system includes a step of displaying the schedule information and inputting a request to the office computer, and a step of obtaining current location information of the mobile terminal system. The content of the terminal workable knowledge that stores workable information indicating a processing device capable of processing the work for each type of work constituting the information and a preset travel time between points where the processing device is provided Of travel time knowledge and mobile terminal Determining from the position information obtained from the stem, the schedule information, and the current time whether or not each of the tasks can be executed as scheduled; and, based on the determination result, the tasks to be executed after the current time. And a step of calculating a destination indicating a point to be moved based on the plan, and a step of generating a selection reason indicating a reason for moving to the calculated destination. Schedule management method.
【請求項11】 前記携帯端末システムから次の行き先
のアドバイスを要求するコマンドが入力された時に算出
された行き先と生成された選択理由とを携帯端末システ
ムに表示するようにしたことを特徴とする請求項10記
載のスケジュール管理方法。
11. The mobile terminal system displays a destination calculated when a command for requesting advice of a next destination is input from the mobile terminal system and a generated selection reason on the mobile terminal system. The schedule management method according to claim 10.
【請求項12】 前記仕事各々が予定通りに実行可能か
否かを判定するステップは、前記携帯端末システムの現
在位置と前記移動時間知識の内容とを用いて前記仕事を
実行すべき地点を算出するステップを含み、この算出さ
れた前記仕事を実行すべき地点を前記携帯端末システム
に表示するようにしたことを特徴とする請求項10また
は請求項11記載のスケジュール管理方法。
12. The step of determining whether each of the tasks can be executed as scheduled includes calculating a point at which the task is to be executed using a current position of the portable terminal system and the content of the travel time knowledge. 12. The schedule management method according to claim 10, further comprising the step of: displaying the calculated point at which the work is to be executed on the portable terminal system.
【請求項13】 前記現在の時刻以降に特に優先して実
行すべき最優先の仕事を算出するステップと、前記最優
先の仕事の実行を妨げることなく前記現在の時刻と前記
最優先の仕事の実行時間との間で実行可能な仕事の実行
計画をたてるステップとを前記オフィスコンピュータに
含み、前記最優先の仕事及び前記実行可能な仕事の実行
計画とを前記携帯端末システムに表示するようにしたこ
とを特徴とする請求項10から請求項12のいずれか記
載のスケジュール管理方法。
13. A step of calculating a highest-priority task to be executed with a special priority after the current time, and calculating the current time and the highest-priority task without hindering execution of the highest-priority task. Setting an execution plan of an executable work with the execution time in the office computer, and displaying the highest-priority work and the executable work execution plan on the portable terminal system. 13. The schedule management method according to claim 10, wherein the schedule management method is performed.
【請求項14】 前記計画を基に移動すべき地点を示す
行き先を算出するステップは、前記現在の時刻以降に実
行すべき予定のうちのキャンセルすべき仕事を検索する
ステップを含み、前記キャンセルすべき仕事を前記携帯
端末システムに表示するようにしたことを特徴とする請
求項10から請求項13のいずれか記載のスケジュール
管理方法。
14. The step of calculating a destination indicating a point to be moved based on the plan includes a step of searching for a job to be canceled among the schedules to be executed after the current time, and 14. The schedule management method according to claim 10, wherein a task to be performed is displayed on the portable terminal system.
【請求項15】 前記携帯端末システムは、前記行き先
を表示する表示領域と、前記行き先へいつ移動すればよ
いかを表示する表示領域と、前記表示内容の選択理由を
表示する表示領域とを含み、前記コンピュータの各ステ
ップで生成された情報を対応する表示領域に表示するよ
うにしたことを特徴とする請求項10から請求項14の
いずれか記載のスケジュール管理方法。
15. The portable terminal system includes a display area for displaying the destination, a display area for displaying when to move to the destination, and a display area for displaying a reason for selecting the display content. 15. The schedule management method according to claim 10, wherein information generated in each step of the computer is displayed in a corresponding display area.
【請求項16】 前記仕事の種類毎に当該仕事が処理可
能な地点及び代替地点を示す情報を蓄積する代替場所知
識の内容を基に前記移動時間の少ない実行計画をたてる
ステップを含むことを特徴とする請求項10から請求項
15のいずれか記載のスケジュール管理方法。
16. The method according to claim 16, further comprising the step of making an execution plan with a short travel time based on the contents of the alternative place knowledge storing information indicating a place where the work can be processed and an alternative place for each type of the work. The schedule management method according to any one of claims 10 to 15, wherein:
【請求項17】 予め設定された種別の情報が蓄積され
る蓄積手段の内容を監視してその蓄積内容が変化した時
に新規の仕事を生成するステップと、その生成された新
規の仕事を前記スケジュール情報に登録するステップと
を前記オフィスコンピュータに含み、前記スケジュール
情報に新たに登録された仕事を考慮した行動計画をたて
るようにしたことを特徴とする請求項10から請求項1
6のいずれか記載のスケジュール管理方法。
17. A step of monitoring the contents of a storage unit in which information of a predetermined type is stored and generating a new job when the stored contents change, and setting the generated new job to the schedule. 11. The office computer according to claim 10, further comprising a step of registering information in the office computer, wherein an action plan taking into account the work newly registered in the schedule information is created.
6. The schedule management method according to any one of 6.
【請求項18】 前記新規の仕事を生成するステップ
は、一定時間間隔で状況の変化を認識しかつ前回の認識
結果に基づいて生成された仕事を最新の状況に応じたも
のに修正するステップを含み、その修正した仕事をも含
む最新の状況を基に行動計画をたてるようにしたことを
特徴とする請求項17記載のスケジュール管理方法。
18. The step of generating a new job includes the steps of recognizing a change in the situation at regular time intervals and correcting the job generated based on the previous recognition result to a job corresponding to the latest situation. 18. The schedule management method according to claim 17, wherein an action plan is created based on the latest situation including the corrected work.
【請求項19】 持ち運び自在な携帯端末システムと、
無線ネットワークを介して前記携帯端末システムとの間
で互いに通信を行うオフィスコンピュータとを含むスケ
ジュール管理システムにおいて、前記オフィスコンピュ
ータに前記携帯端末システムの持ち主のスケジュール情
報を管理させるためのスケジュール管理制御プログラム
を記録した記録媒体であって、前記スケジュール管理制
御プログラムは前記携帯端末システムに、前記スケジュ
ール情報を表示しかつ前記オフィスコンピュータへの要
求を入力させ、前記携帯端末システムの現在の位置情報
を取得させるとともに、 前記スケジュール管理制御プログラムは前記オフィスコ
ンピュータに、前記スケジュール情報を構成する各仕事
の種類毎に当該仕事を処理可能な処理装置を示す作業可
能情報を蓄積する端末作業可能知識の内容と前記処理装
置が配設された地点間の予め設定された移動時間を蓄積
する移動時間知識の内容と前記携帯端末システムから取
得した位置情報と前記スケジュール情報と現在の時刻と
から前記仕事各々が予定通りに実行可能か否かを判定さ
せ、この判定結果を基に前記現在の時刻以降に実行すべ
き仕事の計画を生成しかつ前記計画を基に移動すべき地
点を示す行き先を算出させ、その算出された行き先に移
動すべき理由を示す選択理由を生成させることを特徴と
するスケジュール管理制御プログラムを記録した記録媒
体。
19. A portable mobile terminal system,
An office computer communicating with the portable terminal system via a wireless network; and a schedule management control program for causing the office computer to manage schedule information of the owner of the portable terminal system. A recording medium on which the schedule management control program causes the portable terminal system to display the schedule information and input a request to the office computer, and to acquire current position information of the portable terminal system. The schedule management control program stores, in the office computer, terminal workable knowledge content that stores workable information indicating a processing device capable of processing the work for each type of work configuring the schedule information, and From the contents of the travel time knowledge accumulating the preset travel time between the points where the processing devices are arranged, the position information acquired from the portable terminal system, the schedule information, and the current time, each of the jobs is performed as scheduled. To determine whether or not it is feasible, to generate a plan of the work to be executed after the current time based on the determination result, and to calculate a destination indicating a point to be moved based on the plan, A storage medium storing a schedule management control program for generating a selection reason indicating a reason for moving to a specified destination.
【請求項20】 前記スケジュール管理制御プログラム
は前記オフィスコンピュータに、前記携帯端末システム
から次の行き先のアドバイスを要求するコマンドが入力
された時に算出された行き先と生成された選択理由とを
携帯端末システムに表示させることを特徴とする請求項
19記載のスケジュール管理制御プログラムを記録した
記録媒体。
20. The schedule management control program sends a destination calculated when a command for requesting advice of a next destination is input from the mobile terminal system to the office computer, and the generated selection reason. 20. A recording medium on which the schedule management control program according to claim 19 is displayed.
【請求項21】 前記スケジュール管理制御プログラム
は前記オフィスコンピュータに、前記仕事各々が予定通
りに実行可能か否かを判定させる際に、前記携帯端末シ
ステムの現在位置と前記移動時間知識の内容とを用いて
前記仕事を実行すべき地点を算出させ、この算出された
前記仕事を実行すべき地点を前記携帯端末システムに表
示させることを特徴とする請求項19または請求項20
記載のスケジュール管理制御プログラムを記録した記録
媒体。
21. The schedule management control program, when causing the office computer to determine whether or not each of the tasks can be executed as scheduled, compares the current position of the portable terminal system and the contents of the travel time knowledge. 21. The method according to claim 19, further comprising: calculating a point at which the task is to be executed by using the mobile terminal system; and displaying the calculated point at which the task is to be executed on the portable terminal system.
A recording medium on which the above described schedule management control program is recorded.
【請求項22】 前記スケジュール管理制御プログラム
は前記オフィスコンピュータに、前記現在の時刻以降に
特に優先して実行すべき最優先の仕事を算出させ、前記
最優先の仕事の実行を妨げることなく前記現在の時刻と
前記最優先の仕事の実行時間との間で実行可能な仕事の
実行計画をたてさせ、前記最優先の仕事及び前記実行可
能な仕事の実行計画とを前記携帯端末システムに表示さ
せることを特徴とする請求項19から請求項21のいず
れか記載のスケジュール管理制御プログラムを記録した
記録媒体。
22. The schedule management control program causes the office computer to calculate a highest-priority task to be executed with a particular priority after the current time, and to execute the current job without interrupting the execution of the highest-priority task. The execution schedule of the executable work is set up between the time and the execution time of the highest priority work, and the execution plan of the highest priority work and the executable work is displayed on the portable terminal system. A recording medium recording the schedule management control program according to any one of claims 19 to 21.
【請求項23】 前記スケジュール管理制御プログラム
は前記携帯端末システムに、前記計画を基に移動すべき
地点を示す行き先を算出させる際に、前記現在の時刻以
降に実行すべき予定のうちのキャンセルすべき仕事を検
索させ、前記キャンセルすべき仕事を前記携帯端末シス
テムに表示させることを特徴とする請求項19から請求
項22のいずれか記載のスケジュール管理制御プログラ
ムを記録した記録媒体。
23. The schedule management control program, when causing the portable terminal system to calculate a destination indicating a point to be moved based on the plan, cancels the schedules to be executed after the current time. 23. The recording medium recording the schedule management control program according to claim 19, wherein a job to be searched is searched for, and the job to be canceled is displayed on the portable terminal system.
【請求項24】 前記スケジュール管理制御プログラム
は前記オフィスコンピュータに、前記携帯端末システム
の前記行き先を表示する表示領域と前記行き先へいつ移
動すればよいかを表示する表示領域と前記表示内容の選
択理由を表示する表示領域とに夫々対応する情報を表示
させることを特徴とする請求項19から請求項23のい
ずれか記載のスケジュール管理制御プログラムを記録し
た記録媒体。
24. The schedule management control program causes the office computer to display a display area for displaying the destination of the portable terminal system, a display area for displaying when to move to the destination, and a reason for selecting the display content. 24. A recording medium storing the schedule management control program according to claim 19, wherein information corresponding to the information is displayed in a display area for displaying the schedule management control program.
【請求項25】 前記スケジュール管理制御プログラム
は前記オフィスコンピュータに、前記仕事の種類毎に当
該仕事が処理可能な地点及び代替地点を示す情報を蓄積
する代替場所知識の内容を基に前記移動時間の少ない実
行計画をたてさせることを特徴とする請求項19から請
求項24のいずれか記載のスケジュール管理制御プログ
ラムを記録した記録媒体。
25. The schedule management control program stores, in the office computer, the travel time of the travel time based on the content of alternative place knowledge that stores information indicating a place where the work can be processed and an alternative place for each type of work. 25. A recording medium recording the schedule management control program according to claim 19, wherein a small execution plan is set.
【請求項26】 前記スケジュール管理制御プログラム
は前記オフィスコンピュータに、予め設定された種別の
情報が蓄積される蓄積手段の内容を監視させてその蓄積
内容が変化した時に新規の仕事を生成させ、生成された
新規の仕事を前記スケジュール情報に登録させ、前記ス
ケジュール情報に新たに登録された仕事を考慮した行動
計画をたてさせることを特徴とする請求項19から請求
項25のいずれか記載のスケジュール管理制御プログラ
ムを記録した記録媒体。
26. The schedule management control program causes the office computer to monitor the contents of a storage unit in which information of a predetermined type is stored, and to generate a new job when the stored contents change. The schedule according to any one of claims 19 to 25, wherein the registered new work is registered in the schedule information, and an action plan is set up in consideration of the newly registered work in the schedule information. A recording medium on which a management control program is recorded.
【請求項27】 前記スケジュール管理制御プログラム
は前記オフィスコンピュータに、前記新規の仕事を生成
させる際に、一定時間間隔で状況の変化を認識しかつ前
回の認識結果に基づいて生成された仕事を最新の状況に
応じたものに修正させ、その修正させた仕事をも含む最
新の状況を基に行動計画をたてさせることを特徴とする
請求項26記載のスケジュール管理制御プログラムを記
録した記録媒体。
27. The schedule management control program, when causing the office computer to generate the new job, recognizes a change in the situation at regular time intervals and updates the generated job based on the previous recognition result. 27. The recording medium storing the schedule management control program according to claim 26, wherein the schedule management control program according to claim 26, wherein the schedule management control program is corrected based on the latest situation including the corrected job.
JP19222098A 1998-07-08 1998-07-08 Schedule management system, method therefor and recording medium recorded with control program therefor Pending JP2000029945A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19222098A JP2000029945A (en) 1998-07-08 1998-07-08 Schedule management system, method therefor and recording medium recorded with control program therefor

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19222098A JP2000029945A (en) 1998-07-08 1998-07-08 Schedule management system, method therefor and recording medium recorded with control program therefor

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000029945A true JP2000029945A (en) 2000-01-28

Family

ID=16287668

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP19222098A Pending JP2000029945A (en) 1998-07-08 1998-07-08 Schedule management system, method therefor and recording medium recorded with control program therefor

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000029945A (en)

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20000072052A (en) * 2000-07-14 2000-12-05 왕해주 Method and System for Personal Schedule Management
EP1213659A2 (en) * 2000-12-06 2002-06-12 Xerox Corporation Location/time-based reminder for personal electronic devices
JP2002189656A (en) * 2000-12-19 2002-07-05 Softbank Technology Holdings Corp Information distributing service system interlocked with personal schedule
WO2002075623A1 (en) * 2001-03-15 2002-09-26 Direktplanet Co., Ltd. Information providing apparatus, information providing method, and program
EP1178419A3 (en) * 2000-07-21 2004-04-14 Mazda Motor Corporation Information management method, information processing method, information processing apparatus, information processing apparatus and information management apparatus to be mounted in mobile boby, computer program product and computer readable storage medium
US7818197B2 (en) 2004-11-30 2010-10-19 Kabushiki Kaisha Toshiba Schedule management apparatus, schedule management method and program
JP2012048425A (en) * 2010-08-25 2012-03-08 Fuji Xerox Co Ltd Work management device and program
JP2013003877A (en) * 2011-06-17 2013-01-07 Ricoh Co Ltd Information processor and schedule management program
KR101421603B1 (en) 2013-01-30 2014-07-22 아주대학교산학협력단 Real time scheduling method of cyber physical system
JP2016502204A (en) * 2012-12-14 2016-01-21 マイクロソフト テクノロジー ライセンシング,エルエルシー Matching opportunity context
US10200318B2 (en) 2012-12-13 2019-02-05 Microsoft Technology Licensing, Llc Task completion in email using third party app
JP2019117526A (en) * 2017-12-27 2019-07-18 トヨタ自動車株式会社 Business support system, and business support method
JP2019159771A (en) * 2018-03-13 2019-09-19 東京瓦斯株式会社 Business support system, program, and method
US10528385B2 (en) 2012-12-13 2020-01-07 Microsoft Technology Licensing, Llc Task completion through inter-application communication
US10839325B2 (en) 2016-11-06 2020-11-17 Microsoft Technology Licensing, Llc Efficiency enhancements in task management applications
JP2020194314A (en) * 2019-05-27 2020-12-03 株式会社ポケモン Game program, method, and information processing device

Cited By (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20000072052A (en) * 2000-07-14 2000-12-05 왕해주 Method and System for Personal Schedule Management
EP1178419A3 (en) * 2000-07-21 2004-04-14 Mazda Motor Corporation Information management method, information processing method, information processing apparatus, information processing apparatus and information management apparatus to be mounted in mobile boby, computer program product and computer readable storage medium
EP1213659A2 (en) * 2000-12-06 2002-06-12 Xerox Corporation Location/time-based reminder for personal electronic devices
EP1213659A3 (en) * 2000-12-06 2002-08-21 Xerox Corporation Location/time-based reminder for personal electronic devices
JP2002189656A (en) * 2000-12-19 2002-07-05 Softbank Technology Holdings Corp Information distributing service system interlocked with personal schedule
JP4552079B2 (en) * 2000-12-19 2010-09-29 ソフトバンク株式会社 Information distribution service system linked to personal calendar
WO2002075623A1 (en) * 2001-03-15 2002-09-26 Direktplanet Co., Ltd. Information providing apparatus, information providing method, and program
US7818197B2 (en) 2004-11-30 2010-10-19 Kabushiki Kaisha Toshiba Schedule management apparatus, schedule management method and program
JP2012048425A (en) * 2010-08-25 2012-03-08 Fuji Xerox Co Ltd Work management device and program
JP2013003877A (en) * 2011-06-17 2013-01-07 Ricoh Co Ltd Information processor and schedule management program
US10528385B2 (en) 2012-12-13 2020-01-07 Microsoft Technology Licensing, Llc Task completion through inter-application communication
US10200318B2 (en) 2012-12-13 2019-02-05 Microsoft Technology Licensing, Llc Task completion in email using third party app
JP2016502204A (en) * 2012-12-14 2016-01-21 マイクロソフト テクノロジー ライセンシング,エルエルシー Matching opportunity context
KR101421603B1 (en) 2013-01-30 2014-07-22 아주대학교산학협력단 Real time scheduling method of cyber physical system
US10839325B2 (en) 2016-11-06 2020-11-17 Microsoft Technology Licensing, Llc Efficiency enhancements in task management applications
US11107021B2 (en) 2016-11-06 2021-08-31 Microsoft Technology Licensing, Llc Presenting and manipulating task items
US11195126B2 (en) 2016-11-06 2021-12-07 Microsoft Technology Licensing, Llc Efficiency enhancements in task management applications
JP2019117526A (en) * 2017-12-27 2019-07-18 トヨタ自動車株式会社 Business support system, and business support method
JP2019159771A (en) * 2018-03-13 2019-09-19 東京瓦斯株式会社 Business support system, program, and method
JP2020194314A (en) * 2019-05-27 2020-12-03 株式会社ポケモン Game program, method, and information processing device
JP6995084B2 (en) 2019-05-27 2022-01-14 株式会社ポケモン Game programs, methods, information processing equipment

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2000029945A (en) Schedule management system, method therefor and recording medium recorded with control program therefor
EP1363221B1 (en) Increasing the level of automation when scheduling and managing meetings
US8781870B2 (en) Personal information management with location functionality
US7478072B2 (en) Information terminal device, operation supporting method, and operation supporting program
US7975239B2 (en) System and method for providing metadata interaction and visualization with task-related objects
WO2003007204A1 (en) Predictive calendar
US20020067308A1 (en) Location/time-based reminder for personal electronic devices
US8457887B2 (en) System and method for providing travel-related information associated with a calendar appointment
US20070101284A1 (en) Unified tracking of time dependent events
JP2001236301A (en) Use reservation system for peripheral equipment on network
JP2006133830A (en) Schedule management method, schedule management program and computer-readable recording medium with this program recorded
US20050027573A1 (en) System architecture and a method for customer flow management
US20070136303A1 (en) Monitoring a response time for a user request
JP2006099751A (en) Method, program and computer for assigning personnel to task constituting project
US7716671B2 (en) Method for coordinating a set of related tasks and events by reducing duplicated effort
CN113537955A (en) Milestone project management device and method, electronic equipment and storage medium
JP2009237786A (en) Information presentation device, computer program, and information presentation method
US20070033080A1 (en) Method and apparatus for process discovery related applications
JP4394886B2 (en) Information distribution system and information distribution method
JPH10269283A (en) Device for managing information, its method, and information management storage medium
JP2003208473A (en) Reservation system for caring-service
JP4489340B2 (en) Information management support device, information management support system, information management support method, storage medium, and program
JP2005275958A (en) Production planning supporting system and computer program for supporting production planning
JP6822002B2 (en) Schedule management device and program
JP2011008543A (en) Nursing instruction notification device and nursing instruction notification program