JPH11349658A - Curable composition and optical material obtained by using the same - Google Patents

Curable composition and optical material obtained by using the same

Info

Publication number
JPH11349658A
JPH11349658A JP16335298A JP16335298A JPH11349658A JP H11349658 A JPH11349658 A JP H11349658A JP 16335298 A JP16335298 A JP 16335298A JP 16335298 A JP16335298 A JP 16335298A JP H11349658 A JPH11349658 A JP H11349658A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
polythiol
mercapto
compound
curable composition
meth
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP16335298A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hiroyuki Hata
Katsuya Ikeda
Michio Suzuki
Kenichi Wakimura
Katsumasa Yamamoto
勝政 山本
勝也 池田
啓之 畑
謙一 脇村
道夫 鈴木
Original Assignee
Sumitomo Seika Chem Co Ltd
住友精化株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a curable composition which can give an optical material having a low specific gravity, excellent optical properties including a high refractive index and a high Abbe's number, and improved handleability at a near room temperature by mixing a specified polythiol with a compound copolymerizable therewith.
SOLUTION: A cyanuric halide of formula I (wherein X is Cl, Br, or I) is reacted with 3-30 mol, per mol of the cyanuric halide, of a dithiol at -20 to 150°C to obtain a polythiol of formula II (wherein (n) is 0-5). 5-90 wt.% of this polythiol is mixed with 10-95 wt.% least one copolymerizable compound selected among a polyisocyanate compound, a polyisothiocyanate compound, an isocyanato-containing isothiocyanate compound, a monomer having a polymerizable unsaturated bond, an epoxy compound, an epithio compound, and a monomer having a plurality of thiol groups and being other than the polythiol of formula II.
COPYRIGHT: (C)1999,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、硬化性組成物およびそれを用いて得られる光学材料に関する。 The present invention relates to relates to an optical material obtained by using the curable composition and it. さらに詳しくは、眼鏡用プラスチックレンズ、フレネルレンズ、レンチキュアーレンズ、光ディスク基板、プラスチック光ファイバー、LCD用プリズムシート、導光板、拡散シート等の光学材料、塗料、接着剤、封止剤等の原料として有用な硬化性組成物およびそれを用いて得られる光学材料に関する。 More particularly, useful plastic spectacle lens, a Fresnel lens, wrench cured lens, an optical disk substrate, a plastic optical fiber, LCD prism sheet, a light guide plate, an optical material such as a diffusion sheet, coatings, adhesives, as raw material for the sealing agent Do curable composition and an optical material obtained therewith.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、ポリスチレン系樹脂、ポリメチルメタクリレート系樹脂、ポリカーボネート系樹脂、ジエチレングリコールジアリルカーボネート樹脂等は、ガラスと対比して軽量で取り扱いが容易であることから、光学材料用樹脂として汎用されている。 Conventionally, a polystyrene resin, polymethyl methacrylate resins, polycarbonate resins, diethylene glycol diallyl carbonate resins, since it is easy to handle, lightweight in comparison with glass, is widely used as an optical material for a resin ing.

【0003】しかしながら、これらの光学材料用樹脂には、屈折率が低く、複屈折率や分散能が大きく、耐熱性や耐衝撃性に劣るという欠点がある。 However, these optical materials for the resin, a low refractive index, a large birefringence index and dispersibility, it is inferior in heat resistance and impact resistance.

【0004】特にレンズ用材料として用いられているジエチレングリコールジアリルカーボネート樹脂等は、屈折率が1.50と低いため、レンズとして使用した場合には、コバ厚や中心厚が大きくなるため、レンズの外観が悪くなり、また重量の増大を招くという欠点がある。 [0004] Particularly diethylene glycol diallyl carbonate resins are used as lens materials, since a low 1.50 refractive index, when used as a lens, since the edge thickness and center thickness is increased, the appearance of the lens there is a disadvantage that is deteriorated and also leads to an increase in weight.

【0005】これらの欠点、なかでも特に屈折率を向上させる方法について近年検討されている。 [0005] These disadvantages are discussed in recent years how to improve the Very particular refractive index. 例えば、特公平5−4404号公報には、芳香環にハロゲンを導入した樹脂が提案されている。 For example, Japanese Patent Kokoku 5-4404, resin obtained by introducing a halogen to an aromatic ring have been proposed. しかしながら、前記樹脂は、 However, the resin is
屈折率が1.60と高いが、比重が1.37と大きいため、例えばプラスチックレンズに用いた場合には、レンズに要求される軽量性が満たされないという欠点がある。 Although higher refractive index 1.60, specific gravity as large as 1.37, for example in the case of using the plastic lens has the disadvantage that light weight required for the lens is not satisfied.

【0006】また、特公平4−15249号公報および特開昭60−199016号公報には、イソシアナート化合物とポリチオールとを共重合させて得られた樹脂が開示されている。 Further, the KOKOKU 4-15249 and JP 60-199016 discloses a resin obtained by copolymerizing an isocyanate compound and a polythiol is disclosed. しかしながら、前記樹脂は、屈折率が1.60と大きいものの、製造時における重合温度が比較的低く、また重合速度が速いので重合時の熱制御が困難であり、そのため光学歪が大きいという欠点がある。 However, the resin, although the refractive index is as large as 1.60, the polymerization temperature during manufacture is relatively low, and since the polymerization speed is high, it is difficult to heat control during polymerization, the disadvantage that since the optical distortion is greater is there.

【0007】また、特開平3−54226号公報には、 Further, JP-A-3-54226,
ビス(4−メタクリロイルチオフェニル)スルフィド、 Bis (4-methacryloylthiophenyl) sulfide,
スチレンおよびポリチオールを共重合させて得られた樹脂が開示されている。 Resin obtained by copolymerizing styrene and polythiol is disclosed. しかしながら、前記樹脂は、屈折率が1.65と大きいが、アッベ数が26程度と低く、 However, the resin is the refractive index is as large as 1.65, the Abbe number is as low as about 26,
分散能が大きいという欠点がある。 There is a disadvantage that the dispersion function is large.

【0008】 [0008]

【発明が解決しようとする課題】本発明は、前記従来技術に鑑みてなされたものであり、低比重で、高屈折率を有し、高アッベ数である光学特性に優れた樹脂を与える、室温付近での取り扱い性に優れた硬化性組成物を提供することを目的とする。 [SUMMARY OF THE INVENTION The present invention has the has been made in view of the prior art, with a low specific gravity, has a high refractive index, providing excellent resin optical characteristics is a high Abbe number, and to provide a curable composition having excellent handling property at around room temperature.

【0009】本発明は、さらに、前記硬化性組成物を硬化させてなる光学材料を提供することを目的とする。 [0009] The present invention further aims to provide an optical material obtained by curing the above curable composition.

【0010】 [0010]

【課題を解決するための手段】すなわち、本発明の要旨は、 (1)一般式(I): That Means for Solving the Problems], the gist of the present invention, (1) the general formula (I):

【0011】 [0011]

【化2】 ## STR2 ##

【0012】(式中、nは、それぞれ同一または異なっていてもよい0〜5の整数を示す)で表されるポリチオール5〜90重量%および該ポリチオールと共重合可能な化合物10〜95重量%を含有してなる硬化性組成物、(2) ポリチオールと共重合可能な化合物が、ポリイソシアナート化合物、ポリイソチオシアナート化合物、イソシアナート基を有するイソチオシアナート化合物、重合性不飽和結合を有するモノマー、エポキシ化合物、エピチオ化合物および一般式(I)で表されるポリチオール以外の複数のチオール基を有するモノマーからなる群より選ばれた少なくとも1種である前記(1)記載の硬化性組成物、ならびに(3) 前記(1)または(2)記載の硬化性組成物を硬化させてなる光学材料に関する。 [0012] (wherein, n each represent an integer of the same or different may be 0-5) polythiol 5-90 wt%, represented by and said polythiol copolymerizable with compound 10 to 95 wt% curable composition comprising, (2) a polythiol and copolymerizable compounds having polyisocyanate compound, poly isothiocyanate compounds, isothiocyanate compounds having an isocyanate group, a polymerizable unsaturated bond monomers, epoxy compound, epithio compound and the general formula (I) wherein at least one selected from the group consisting of monomers having a plurality of thiol groups other than the polythiol represented by (1) the curable composition according, and (3) (1) or (2) an optical material obtained by curing the curable composition.

【0013】 [0013]

【発明の実施の形態】本発明の硬化性組成物は、前記したように、一般式(I): The curable composition of the present invention DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION As mentioned above the general formula (I):

【0014】 [0014]

【化3】 [Formula 3]

【0015】(式中、nは、それぞれ同一または異なっていてもよい0〜5の整数を示す)で表されるポリチオール5〜90重量%および該ポリチオールと共重合可能な化合物10〜95重量%を含有するものである。 [0015] (wherein, n each represent an integer of the same or different may be 0-5) polythiol 5-90 wt%, represented by and said polythiol copolymerizable with compound 10 to 95 wt% it is those that contain.

【0016】本発明においては、一般式(I)で表されるポリチオールは、室温付近で液体であるため、低温での取り扱いが容易であるので、作業性および安全性にも優れた化合物である。 In the present invention, the polythiol represented by the formula (I), because it is liquid at around room temperature, since it is easy to handle at low temperatures, are excellent compounds also in workability and safety .

【0017】一般式(I)で表されるポリチオールにおいて、nは、それぞれ同一または異なっていてよい0〜 [0017] In general formula polythiol represented by (I), n is be identical or different 0
5の整数を示す。 5 represents an integer of. nが6以上の整数である場合には、その合成が困難であり、実用的でない。 When n is 6 or more integer, its synthesis is difficult and not practical.

【0018】一般式(I)で表されるポリチオールとしては、例えば、2,4,6−トリメルカプト−1,3, Examples of the polythiol represented by the general formula (I), for example, 2,4,6-trimercapto-1,3,
5−トリアジン、2,4−ジメルカプト−6−(2−メルカプトエチルチオ)−1,3,5−トリアジン、2, 5-triazine, 2,4-dimercapto-6- (2-mercaptoethyl thio) -1,3,5-triazine, 2,
6−ジメルカプト−4−(2−メルカプトエチルチオ) 6- dimercapto-4- (2-mercaptoethyl thio)
−1,3,5−トリアジン、4,6−ジメルカプト−2 -1,3,5-triazine, 4,6-dimercapto -2
−(2−メルカプトエチルチオ)−1,3,5−トリアジン、2,4,6−トリ(2−メルカプトエチルチオ) - (2-mercaptoethyl thio) -1,3,5-triazine, 2,4,6-tri (2-mercaptoethyl thio)
−1,3,5−トリアジン、2,4−ジ(2−メルカプトエチルチオ)−6−メルカプト−1,3,5−トリアジン、2,6−ジ(2−メルカプトエチルチオ)−4− -1,3,5-triazine, 2,4-di (2-mercaptoethyl thio) -6-mercapto-1,3,5-triazine, 2,6-di (2-mercaptoethyl thio) -4-
メルカプト−1,3,5−トリアジン、4,6−ジ(2 Mercapto-1,3,5-triazine, 4,6-di (2
−メルカプトエチルチオ)−2−メルカプト−1,3, - mercaptoethyl) -2-mercapto-1,3,
5−トリアジン、2,4,6−トリ(5−メルカプト− 5-triazine, 2,4,6-tri (5-mercapto -
3−チアペンタチオ)−1,3,5−トリアジン、2, 3-Chiapentachio) 1,3,5-triazine, 2,
4−ジ(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−6− 4-di (5-mercapto-3-Chiapentachio) -6-
メルカプト−1,3,5−トリアジン、2,6−ジ(5 Mercapto-1,3,5-triazine, 2,6-di (5
−メルカプト−3−チアペンタチオ)−4−メルカプト−1,3,5−トリアジン、4,6−ジ(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−2−メルカプト−1,3, - mercapto-3-Chiapentachio) -4-mercapto-1,3,5-triazine, 4,6-di (5-mercapto-3-Chiapentachio) -2-mercapto-1,3,
5−トリアジン、2,4−ジ(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−6−(2−メルカプトエチルチオ)− 5-triazine, 2,4-di (5-mercapto-3-Chiapentachio) -6- (2-mercaptoethyl thio) -
1,3,5−トリアジン、2,6−ジ(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−4−(2−メルカプトエチルチオ)−1,3,5−トリアジン、4,6−ジ(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−2−(2−メルカプトエチルチオ)−1,3,5−トリアジン、4−(5− 1,3,5-triazine, 2,6-di (5-mercapto-3-Chiapentachio) -4- (2-mercaptoethyl thio) -1,3,5-triazine, 4,6-di (5-mercapto 3 Chiapentachio) -2- (2-mercaptoethyl thio) -1,3,5-triazine, 4- (5-
メルカプト−3−チアペンタチオ)−2,6−ジメルカプト−1,3,5−トリアジン、2−メルカプト−4− Mercapto-3-Chiapentachio) -2,6-dimercapto-1,3,5-triazine, 2-mercapto-4-
(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−6−(2− (5-mercapto-3-Chiapentachio) -6- (2-
メルカプトエチルチオ)−1,3,5−トリアジン、 Mercaptoethylthio) 1,3,5-triazine,
2,4,6−トリ(8−メルカプト−3,6−チアペンタチオ)−1,3,5−トリアジン、2,4,6−トリ(11−メルカプト−3,6,9−トリチアウンデカチオ)−1,3,5−トリアジン、2,4,6−トリ(1 2,4,6 (8-mercapto-3,6 Chiapentachio) -1,3,5-triazine, 2,4,6-tri (11-mercapto-3,6,9-trithiaundecane undecapeptide thio) 1,3,5-triazine, 2,4,6-tri (1
4−メルカプト−3,6,9,12−テトラチアテトラデカチオ)−1,3,5−トリアジン、2−(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−4,6−ジ(8―メルカプト―3,6−ジチアオクタチオ)−1,3,5−トリアジン、2,4−ジ(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−6−(8―メルカプト―3,6−ジチアオクタチオ)−1,3,5−トリアジン、2−(2−メルカプトエチルチオ)−4−(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−6−(8―メルカプト―3,6−ジチアオクタチオ)−1,3,5−トリアジン、4,6−ジ(1 4-mercapto-3,6,9,12-tetra-thia tetradecanol thio) -1,3,5-triazine, 2- (5-mercapto-3-Chiapentachio) -4,6-di (8-mercapto -3 , 6 Jichiaokutachio) -1,3,5-triazine, 2,4-di (5-mercapto-3-Chiapentachio) -6- (8-mercapto-3,6 Jichiaokutachio) -1,3,5-triazine , 2- (2-mercaptoethyl thio) -4- (5-mercapto-3-Chiapentachio) -6- (8-mercapto-3,6 Jichiaokutachio) -1,3,5-triazine, 4,6-di (1
1―メルカプト―3,6,9−トリチアウンデカチオ) 1-mercapto-3,6,9-tri-thia-undecalactone thio)
−2−(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−1, 2- (5-mercapto-3-Chiapentachio) -1,
3,5−トリアジン、2−(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−4−(8−メルカプト−3,6−ジチアオクタチオ)−6−(11―メルカプト―3,6,9− 3,5-triazine, 2- (5-mercapto-3-Chiapentachio) -4- (8-mercapto-3,6 Jichiaokutachio) -6- (11- mercapto-3,6,9
トリチアウンデカチオ)−1,3,5−トリアジン、2 Trithiaundecane undecapeptide thio) -1,3,5-triazine, 2
−(2−メルカプトエチルチオ)−4−(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−6−(11―メルカプト― - (2-mercaptoethyl thio) -4- (5-mercapto-3-Chiapentachio) -6- (11-Mercapto -
3,6,9−トリチアウンデカチオ)−1,3,5−トリアジン、2,4−ジ(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−6−(11―メルカプト―3,6,9−トリチアウンデカチオ)−1,3,5−トリアジン、2,4 3,6,9-tri thia undecapeptide thio) -1,3,5-triazine, 2,4-di (5-mercapto-3-Chiapentachio) -6- (11-mercapto-3,6,9-Torichiaun Dekachio) 1,3,5-triazine, 2, 4
−ジ(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−6− - di (5-mercapto-3-Chiapentachio) -6-
(14―メルカプト―3,6,9,12−テトラチアテトラデカチオ)−1,3,5−トリアジン、2−(5− (14-mercapto-3,6,9,12-tetra-thia tetradecanol thio) -1,3,5-triazine, 2- (5-
メルカプト−3−チアペンタチオ)−4−(8−メルカプト−3,6−ジチアオクタチオ)−6−(14―メルカプト―3,6,9,12−テトラチアテトラデカチオ)−1,3,5−トリアジン、2−(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−4−(11―メルカプト― Mercapto-3-Chiapentachio) -4- (8-mercapto-3,6 Jichiaokutachio) -6- (14-mercapto-3,6,9,12-tetra-thia tetradecanol thio) -1,3,5-triazine , 2- (5-mercapto-3-Chiapentachio) -4- (11-mercapto -
3,6,9−トリチアウンデカチオ)−6−(14―メルカプト―3,6,9,12−テトラチアテトラデカチオ)−1,3,5−トリアジン、4,6−ジ(14―メルカプト―3,6,9,12−テトラチアテトラデカチオ)−2−(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)− 3,6,9-tri thia undecapeptide thio) -6- (14-mercapto-3,6,9,12-tetra-thia tetradecanol thio) -1,3,5-triazine, 4,6-di (14- mercapto-3,6,9,12-tetra-thia tetradecanol thio) -2- (5-mercapto-3-Chiapentachio) -
1,3,5−トリアジン等が挙げられる。 1,3,5-triazine, and the like. これらのポリチオールは、単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 These polythiol can be used alone or in admixture of two or more.

【0019】これらのなかでは、2,4,6−トリ(2 [0019] Among these, 2,4,6-tri (2
−メルカプトエチルチオ)−1,3,5−トリアジン、 - mercaptoethyl thio) -1,3,5-triazine,
2,4,6−トリ(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−1,3,5−トリアジン、2,6−ジ(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−4−(2−メルカプトエチルチオ)−1,3,5−トリアジン、2,4−ジ(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−6−(2− 2,4,6 (5-mercapto-3-Chiapentachio) -1,3,5-triazine, 2,6-di (5-mercapto-3-Chiapentachio) -4- (2-mercaptoethyl thio) - 1,3,5-triazine, 2,4-di (5-mercapto-3-Chiapentachio) -6- (2-
メルカプトエチルチオ)−1,3,5−トリアジン、 Mercaptoethylthio) 1,3,5-triazine,
4,6−ジ(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)− 4,6-di (5-mercapto-3-Chiapentachio) -
2−(2−メルカプトエチルチオ)−1,3,5−トリアジン、2,4,6−トリ(8−メルカプト−3,6− 2- (2-mercaptoethyl thio) -1,3,5-triazine, 2,4,6-tri (8-mercapto-3,6
チアペンタチオ)−1,3,5−トリアジン、2,4, Chiapentachio) 1,3,5-triazine, 2, 4,
6−トリ(11−メルカプト−3,6,9−トリチアウンデカチオ)−1,3,5−トリアジン、2,4,6− 6-tri (11-mercapto-3,6,9-tri-thia-undecalactone thio) 1,3,5-triazine, 2,4,6
トリ(14−メルカプト−3,6,9,12−テトラチアテトラデカチオ)−1,3,5−トリアジン、2− Tri (14-mercapto-3,6,9,12-tetra-thia tetradecanol thio) -1,3,5-triazine, 2-
(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−4,6−ジ(8―メルカプト―3,6−ジチアオクタチオ)−1, (5-mercapto-3-Chiapentachio) -4,6-di (8-mercapto-3,6 Jichiaokutachio) -1,
3,5−トリアジン等が好ましく、2,4,6−トリ(2−メルカプトエチルチオ)−1,3,5−トリアジン、2,4,6−トリ(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−1,3,5−トリアジン、2,6−ジ(5− 3,5-triazine, preferably, 2,4,6-tri (2-mercaptoethyl thio) -1,3,5-triazine, 2,4,6-tri (5-mercapto-3-Chiapentachio) -1 , 3,5-triazine, 2,6-di (5-
メルカプト−3−チアペンタチオ)−4−(2−メルカプトエチルチオ)−1,3,5−トリアジン、2,4− Mercapto-3-Chiapentachio) -4- (2-mercaptoethyl thio) -1,3,5-triazine, 2,4
ジ(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−6−(2 Di (5-mercapto-3-Chiapentachio) -6- (2
−メルカプトエチルチオ)−1,3,5−トリアジン、 - mercaptoethyl thio) -1,3,5-triazine,
4,6−ジ(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)− 4,6-di (5-mercapto-3-Chiapentachio) -
2−(2−メルカプトエチルチオ)−1,3,5−トリアジン等がより好ましい。 2- (2-mercaptoethyl thio) -1,3,5-triazine, and the like are more preferable.

【0020】前記ポリチオールを製造する方法は、特に限定されないが、例えば、一般式(I)で表されるポリチオールにおいて、nが1〜5の整数である場合には、 The method of manufacturing the polythiol is not particularly limited, for example, in a polythiol represented by the general formula (I), when n is an integer from 1 to 5 are
塩基の存在下で、一般式(II): In the presence of a base the general formula (II):

【0021】 [0021]

【化4】 [Of 4]

【0022】(式中、Xは塩素原子、臭素原子またはヨウ素原子を示す)で表されるハロゲン化シアヌールとジチオールを反応させる方法等が挙げられる。 [0022] (wherein, X is a chlorine atom, a bromine atom or an iodine atom) reacting the resulting product with the halogenated cyanuric a dithiol represented by the like.

【0023】具体的には、使用しうる塩基としては、例えば、トリメチルアミン、トリエチルアミン、トリプロピルアミン、トリブチルアミン、N,N−ジメチルアニリン等の第三級アミン、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム等の金属水酸化物、炭酸ナトリウム、炭酸カリウム等の金属炭酸塩、ナトリウムメチラート、ナトリウムエチラート、カリウムtert−ブチラート等の金属アルコラート等が挙げられる。 [0023] Specifically, as the base which can be used, for example, trimethylamine, triethylamine, tripropylamine, tributylamine, N, N-tertiary amines dimethylaniline, sodium hydroxide, and potassium hydroxide metal hydroxides, sodium carbonate, metal carbonates such as potassium carbonate, sodium methylate, sodium ethylate, metal alcoholates such as potassium tert- butylate and the like. 塩基の使用量は、一般式(II) The amount of the base to be used, the general formula (II)
で表されるハロゲン化シアヌールに対して、当量比で、 In respect halogenated cyanuric represented, in an equivalent ratio,
通常、3〜6倍、好ましくは3〜4倍であることが望ましい。 Usually, 3-6 times, preferably at most 3 to 4 times.

【0024】ジチオールとしては、1,2−エタンジチオール、ビス(2−メルカプトエチル)スルフィド、 Examples of the dithiol, 1,2-ethanedithiol, bis (2-mercaptoethyl) sulfide,
1,8−ジメルカプトー3,6−ジチアオクタン、1, 1,8 Jimerukaputo 3,6 dithiaoctane, 1,
11−ジメルカプトー3,6,9−トリチアウンデカン、1,14−ジメルカプトー3,6,9,12−テトラチアテトラデカン等が挙げられる。 11 Jimerukaputo 3,6,9-tri thia undecane, 1,14 Jimerukaputo 3,6,9,12-tetra-thia tetradecane, and the like. これらのジチオールは、目的とするポリチオールを得るために、単独使用に限らず、数種のものを混合して用いてもよい。 These dithiol, in order to obtain a polythiol of interest is not limited to a single use, they may be mixed and used ones of several. 該ジチオールの使用量は、一般式(II)で表されるハロゲン化シアヌールに対して、モル比で、通常、3〜30倍、好ましくは6〜21倍であることが望ましい。 The amount of the dithiol, to the general formula halogenated cyanuric represented by (II), the molar ratio is usually 3 to 30 times, it is desirable that preferably 6 to 21 times.

【0025】反応温度は、−20〜150℃、好ましくは−10〜100℃であることが望ましい。 The reaction temperature is, -20 to 150 ° C., it is desirable that preferably -10 to 100 ° C..

【0026】また、この反応では、過剰のジチオールが反応溶媒を兼ねているが、有機溶媒を用いてもよい。 Further, in this reaction, an excess of dithiol also serves as a reaction solvent, an organic solvent may be used. 該有機溶媒としては、例えば、トルエン、キシレン、ヘキサン、シクロヘキサン等の炭化水素類、塩化メチレン、 As the organic solvent, for example, toluene, xylene, hexane, hydrocarbons such as cyclohexane, methylene chloride,
1,2−ジクロロエタン、モノクロロベンゼン、o−ジクロロベンゼン等のハロゲン化炭化水素類が挙げられる。 1,2-dichloroethane, monochlorobenzene, halogenated hydrocarbons such as o- dichlorobenzene, and the like. この場合、相間移動触媒として、テトラ−n−ブチルアンモニウムブロマイド等の第四級アンモニウム塩等を用いると良好な結果が得られる場合が多い。 In this case, the phase as transfer catalyst, often the use of quaternary ammonium salts such as tetra -n- butylammonium bromide, etc. Good results are obtained.

【0027】また、一般式(I)において、nが0であるポリチオールは、一般式(II)で表されるハロゲン化シアヌールをチオ尿素と反応させ、イソチウロニウム塩とした後、該イソチウロニウム塩を塩基で加水分解させることによって得ることができる。 [0027] In the general formula (I), the polythiol n is 0, a halogenated cyanuric represented by the general formula (II) is reacted with thiourea, after the isothiouronium salt, bases the isothiouronium salt in can be obtained by hydrolysis.

【0028】さらに、一般式(I)において、nが1〜 Furthermore, in the general formula (I), n is 1
5であるポリチオールは、塩基の存在下で、一般式(II) 5 is a polythiol in the presence of a base, the general formula (II)
で表されるハロゲン化シアヌールとメルカプトアルコールを反応させてポリオールとし、これとチオ尿素とを反応させ、イソチウロニウム塩とした後、該イソチウロニウム塩を塩基で加水分解させることによって得ることもできる。 And polyol in halogenated cyanuric and mercapto alcohol represented by reacting, by reacting this with thiourea, after the isothiouronium salt, may be obtained by hydrolyzing the isothiuronium salt with a base.

【0029】メルカプトアルコールとしては、例えば、 [0029] As the mercapto alcohols is, for example,
1−ヒドロキシー2−メルカプトエタン、1−ヒドロキシー5−メルカプトー3−チアペンタン、1−ヒドロキシー8−メルカプト−3,6−ジチアオクタン、1―ヒドロキシー11−メルカプトー3,6,9−トリチアウンデカン、1−ヒドロキシー14−メルカプトー3, 1-hydroxy-2-mercapto ethane, 1-hydroxy-5-mercapto-3-Chiapentan, 1-hydroxy-8-mercapto-3,6-dithiaoctane, 1-hydroxy-11-mercapto-3,6,9-trithiaundecane undecane, 1-hydroxy- 14-mercapto-3,
6,9,12−テトラチアテトラデカン等が挙げられる。 6,9,12-tetrathiacyclohexadecane tetradecane, and the like.

【0030】より具体的には、イソチウロニウム塩生成に際して用いるチオ尿素の使用量は、一般式(II)で表されるハロゲン化シアヌールに対して、モル比で、通常、 More specifically [0030], the amount of thiourea used during isothiuronium salt formation, relative to the halogenated cyanuric represented by formula (II), the molar ratio usually
3〜9倍、好ましくは3〜6倍であることが望ましい。 3-9 fold, preferably at most 3 to 6 times.

【0031】イソチウロニウム塩生成における反応温度は、20〜120℃、好ましくは40〜110℃であることが望ましい。 The reaction temperature in the isothiouronium salt produced, 20 to 120 ° C., it is desirable that preferably 40 to 110 ° C..

【0032】また、この反応で使用しうる有機溶媒としては、例えば、トルエン、キシレン、ヘキサン、シクロヘキサン等の炭化水素類、塩化メチレン、1,2−ジクロロエタン、モノクロロベンゼン、o−ジクロロベンゼン等のハロゲン化炭化水素類等が挙げられる。 [0032] The organic solvents which can be used in this reaction, for example, hydrocarbons such as toluene, xylene, hexane, cyclohexane, methylene chloride, 1,2-dichloroethane, monochlorobenzene, o- dihalogen such as chlorobenzene hydrocarbons, and the like. この場合、相間移動触媒として、テトラ−n−ブチルアンモニウムブロマイド等の第四級アンモニウム塩等を用いると良好な結果が得られる場合が多い。 In this case, the phase as transfer catalyst, often the use of quaternary ammonium salts such as tetra -n- butylammonium bromide, etc. Good results are obtained. また溶媒として水を用いて反応させることもできる。 It can also be reacted with water as the solvent.

【0033】イソチウロニウム塩の加水分解に際して用いられる塩基としては、前記と同様に第三級アミン、金属水酸化物、金属炭酸塩および金属アルコラートをはじめ、アンモニア、モノエチルアミン、モノブチルアミン等の第一級アミン、ジメチルアミン、 ジエチルアミン、 [0033] The base used during the hydrolysis of the isothiouronium salt, a tertiary amine in the same manner as described above, a metal hydroxide, such as metal carbonates and metal alcoholates ammonia, monoethylamine, primary and mono- tributylamine amine, dimethylamine, diethylamine,
ジブチルアミン等の第二級アミン等が挙げられる。 Secondary amines such as dibutylamine and the like. 塩基の使用量は、一般式(II)で表されるハロゲン化シアヌールに対して、当量比で、通常、3〜18倍、好ましくは3〜9倍であることが望ましい。 The amount of the base to be used for general formula halogenated cyanuric represented by (II), an equivalent ratio, usually, 3 to 18 times, it is desirable that preferably 3-9 times.

【0034】加水分解の際の温度は、20〜120℃、 The temperature at the time of hydrolysis is, 20~120 ℃,
好ましくは30〜110℃であることが望ましい。 Preferably it is desirable that 30 to 110 ° C..

【0035】また、加水分解に用いられる有機溶媒としては、前記イソチウロニウム塩の生成に際して使用される炭化水素類、ハロゲン化炭化水素類等が挙げられる。 [0035] The organic solvent used in the hydrolysis, hydrocarbons to be used in generating the isothiuronium salts include halogenated hydrocarbons and the like.

【0036】一般式(I)で表されるポリチオールと共重合可能な化合物の代表例としては、例えば、ポリイソシアナート化合物、ポリイソチオシアナート化合物、イソシアナート基を有するイソチオシアナート化合物、重合性不飽和結合を有するモノマー、エポキシ化合物、エピチオ化合物および一般式(I)で表されるポリチオール以外の複数のチオール基を有するモノマーからなる群より選ばれた少なくとも1種を挙げることができる。 [0036] Typical examples of the general formula (I) a polythiol can be copolymerized with the compound represented by, for example, polyisocyanate compounds, poly isothiocyanate compounds, isothiocyanate compounds having an isocyanate group, a polymerizable monomers having an unsaturated bond, an epoxy compound, mention may be made of at least one selected from the group consisting of monomers having a plurality of thiol groups other than the polythiol represented by the epithio compound and the general formula (I). 前記ポリチオールと共重合可能な化合物は、それぞれ単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 The polythiol copolymerizable compounds may be used alone or in admixture of two or more thereof.

【0037】前記ポリイソシアナート化合物の具体例としては、例えば、脂肪族ポリイソシアナート、脂環式ポリイソシアナート、芳香族ポリイソシアナート、含硫黄ポリイソシアナート等が挙げられる。 [0037] Examples of the polyisocyanate compounds are, for example, aliphatic polyisocyanates, cycloaliphatic polyisocyanates, aromatic polyisocyanates, sulfur-containing polyisocyanates, and the like.

【0038】脂肪族ポリイソシアナートの代表例としては、例えば、エチレンジイソシアナート、トリメチレンジイソシアナート、テトラメチレンジイソシアナート、 [0038] Representative examples of aliphatic polyisocyanates include ethylene diisocyanate, trimethylene diisocyanate, tetramethylene diisocyanate,
ヘキサメチレンジイソシアナート、m−キシリレンジイソシアナート、ビス(イソシアナートエチル)ベンゼン、ビス(イソシアナートプロピル)ベンゼン、ビス(イソシアナートブチル)ベンゼン、ビス(イソシアナートメチル)ナフタリン等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 Hexamethylene diisocyanate, m- xylylene diisocyanate, bis (isocyanatoethyl) benzene, bis (isocyanatopropyl) benzene, bis (isocyanato-butyl) benzene, bis (isocyanatomethyl) naphthalene, and the like. These it can be used alone or in admixture of two or more kinds. これらのなかでは、ヘキサメチレンジイソシアナート、m−キシリレンジイソシアナートおよびビス(イソシアナートエチル)ベンゼン、なかでもとくにm−キシリレンジイソシアナートは、高屈折率を有する光学材料を与え、しかも経済性に優れる点から、本発明において好適に使用しうるものである。 Among these, hexamethylene diisocyanate, m- xylylene diisocyanate and bis (isocyanato ethyl) benzene, very particularly m- xylylene diisocyanate gives the optical material having a high refractive index, yet economical from the viewpoint of excellent, but it can be suitably used in the present invention.

【0039】脂環式ポリイソシアナートの代表例としては、例えば、イソホロンジイソシアナート、シクロヘキサンジイソシアナート、メチルシクロヘキサンジイソシアナート、ビス(イソシアナートメチル)シクロヘキサン、ジシクロヘキシルメタンジイソシアナート、2, [0039] Representative examples of the alicyclic polyisocyanates include isophorone diisocyanate, cyclohexane diisocyanate, methylcyclohexane diisocyanate, bis (isocyanatomethyl) cyclohexane, dicyclohexylmethane diisocyanate, 2,
2'−ジメチルジシクロヘキシルメタンジイソシアナート、ジシクロヘキシルジメチルメタンジイソシアナート等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 2'-dimethyl dicyclohexylmethane diisocyanate, dicyclohexylmethane-dimethyl methane diisocyanate, and the like. These may be used alone or in admixture of two or more. これらのなかでは、イソホロンジイソシアナート、シクロヘキサンジイソシアナートおよびビス(イソシアナートメチル)シクロヘキサンは、 Among these, isophorone diisocyanate, cyclohexane diisocyanate and bis (isocyanatomethyl) cyclohexane,
高屈折率および高アッベ数を有する光学材料を与える観点から、本発明において好適に使用しうるものである。 From the viewpoint of providing an optical material having a high refractive index and high Abbe number, but can be suitably used in the present invention.

【0040】芳香族ポリイソシアナートの代表例としては、例えば、トリレンジイソシアナート、フェニレンジイソシアナート、ジメチルフェニレンジイソシアナート、エチルフェニレンジイソシアナート、ジエチルフェニレンジイソシアナート、ベンゼントリイソシアナート、トリメチルベンゼントリイソシアナート、ナフタリンジイソシアナート、ビフェニルジイソシアナート、 [0040] Representative examples of aromatic polyisocyanates include tolylene diisocyanate, phenylene diisocyanate, dimethyl phenylene diisocyanate, ethylphenylene diisocyanate, diethyl phenylene diisocyanate, benzene triisocyanate, trimethyl benzene triisocyanate, naphthalene diisocyanate, biphenyl diisocyanate,
4,4'−ジフェニルメタンジイソシアナート、トルイジンジイソシアナート等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 4,4'-diphenylmethane diisocyanate, toluidine diisocyanate, and the like. These may be used alone or in admixture of two or more kinds. これらのなかでは、トリレンジイソシアナートおよび4,4'− Of these, tolylene diisocyanate and 4,4'
ジフェニルメタンジイソシアナートは、高屈折率を有する光学材料を与え、しかも経済性に優れるという観点から、本発明において好適に使用しうるものである。 Diphenylmethane diisocyanate gives the optical material having a high refractive index, yet from the viewpoint of excellent economical efficiency, but can be suitably used in the present invention.

【0041】含硫黄ポリイソシアナートの代表例としては、例えば、チオジエチルジイソシアナート、ジチオジエチルジイソシアナート、チオジプロピルジイソシアナート、ジチオジプロピルジイソシアナート、ジフェニルスルフィド−4,4'−ジイソシアナート、ジフェニルスルフィド−2,4'−ジイソシアナート、ビス(4− [0041] Representative examples of the sulfur-containing polyisocyanate, for example, thio-diethyl diisocyanate, dithio diethyl diisocyanate, thiodiglycol propyl diisocyanate, dithio dipropyl diisocyanate, diphenylsulfide-4,4'- diisocyanate, diphenylsulfide-2,4'-diisocyanate, bis (4-
イソシアナートメチルベンゼン)スルフィド、1,4− Isocyanate methyl benzene) sulfide, 1,4
ジチアン−2,5−ジイソシアナート、ジフェニルジスルフィド−4,4'−ジイソシアナート等があげられ、 Dithiane-2,5-diisocyanate, diphenyl disulfide 4,4'-diisocyanate and the like,
これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 These may be used alone or in admixture of two or more. これらのなかでは、ジフェニルスルフィド− Among these, diphenyl sulfide -
4,4'−ジイソシアナートは、高屈折率を有する光学材料を与えるという観点から、本発明において好適に使用しうるものである。 4,4'-diisocyanate, from the viewpoint of providing an optical material having a high refractive index, but can be suitably used in the present invention.

【0042】前記ポリイソチオシアナート化合物の具体例としては、例えば、脂肪族ポリイソチオシアナート、 [0042] Specific examples of the poly-isothiocyanate compounds, for example, aliphatic polycarboxylic isothiocyanate,
脂環式ポリイソチオシアナート、芳香族ポリイソチオシアナート、アラルキルポリイソチオシアナート、含硫黄ポリイソチオシアナート等が挙げられる。 Cycloaliphatic polycarboxylic isothiocyanate, aromatic poly isothiocyanate, aralkyl poly isothiocyanate, sulfur-containing poly isothiocyanate, and the like.

【0043】脂肪族ポリイソチオシアナートまたは脂環式ポリイソチオシアナートの代表例としては、例えば、 [0043] Representative examples of aliphatic polycarboxylic isothiocyanate or cycloaliphatic poly isothiocyanate, for example,
1,2−ジイソチオシアナートエタン、1,3−ジイソチオシアナートプロパン、1,4−ジイソチオシアナートブタン等の脂肪族ポリイソチオシアナート;シクロヘキサンジイソチオシアナート等の脂環式ポリイソチオシアナート等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 1,2 diisothiocyanate ethane, 1,3-diisothiocyanate propane, 1,4-diisothiocyanate aliphatic polycarboxylic isothiocyanate such as butane; cyclohexane diisothiocyanate alicyclic such Poriisochi Oshianato, and the like. these may be used alone or in admixture of two or more.

【0044】芳香族ポリイソチオシアナートまたはアラルキルポリイソチオシアナートの代表例としては、例えば、1,2−ジイソチオシアナートベンゼン、1,3− [0044] Representative examples of aromatic polycarboxylic isothiocyanate or aralkyl poly isothiocyanate, for example, 1,2-diisothiocyanate, 1,3
ジイソチオシアナートベンゼン、1,4−ジイソチオシアナートベンゼン、2,4−ジイソチオシアナートトルエン、2,5−ジイソチオシアナート−m−キシレン、 Diisothiocyanate benzene, 1,4-diisothiocyanate, 2,4 diisothiocyanate toluene, 2,5-diisothiocyanate -m- xylene,
4,4'−ジイソチオシアナート1,1'−ビフェニル、1,1'−メチレンビス(4−イソチオシアナートベンゼン)等の芳香族ポリイソチオシアナート;p−フェニレンジイソプロピリデンジイソチオシアナート等のアラルキルポリイソチオシアナート等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 4,4' diisothiocyanate 1,1'-biphenyl, 1,1'-methylenebis aromatic (4-isothiocyanato benzene) and poly isothiocyanate; p-phenylene-isopropylidene diisothiocyanate etc. aralkyl poly isothiocyanate and the like, these may be used alone or in admixture of two or more. これらのなかでは、1,2−ジイソチオシアナートベンゼン、1,3−ジイソチオシアナートベンゼンおよび1,4−ジイソチオシアナートベンゼンは、高屈折率を有する光学材料を与える観点から、本発明において好適に使用しうるものである。 Among these, 1,2-diisothiocyanate, 1,3 diisothiocyanate benzene and 1,4-diisothiocyanate benzene, from the viewpoint of providing an optical material having a high refractive index, the present invention those can be suitably used in.

【0045】含硫黄ポリイソチオシアナートの代表例としては、例えば、チオビス(2−イソチオシアナートエタン)、ジチオビス(2−イソチオシアナートエタン)、チオビス(3−イソチオシアナートプロパン)、 [0045] Representative examples of sulfur-containing poly isothiocyanate, for example, thiobis (2-isothiocyanate ethane), dithiobis (2-isothiocyanate ethane), thiobis (3-isothiocyanate propane),
チオビス(4−イソチオシアナートベンゼン)、スルホニルビス(4−イソチオシアナートベンゼン)等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 Thiobis (4-isothiocyanato benzene), sulfonylbis (4-isothiocyanato benzene), and the like. These may be used alone or in admixture of two or more.

【0046】前記イソシアナート基を有するイソチオシアナート化合物の具体例としては、例えば、脂肪族イソチオシアナート化合物、脂環式イソチオシアナート化合物、芳香族イソチオシアナート化合物、含硫黄イソチオシアナート化合物等が挙げられる。 [0046] Specific examples of the isothiocyanate compound having an isocyanate group is, for example, aliphatic isothiocyanate compounds, alicyclic isothiocyanate compounds, aromatic isothiocyanate compounds, sulfur-containing isothiocyanate compounds and the like.

【0047】脂肪族イソチオシアナート化合物および脂環式イソチオシアナート化合物の代表例としては、例えば、1−イソシアナート−3−イソチオシアナートプロパン、1−イソシアナート−6−イソチオシアナートヘキサン等の脂肪族イソチオシアナート化合物;1ーイソシアナート−4−イソチオシアナートシクロヘキサン等の脂環式イソチオシアナート化合物等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 [0047] Representative examples of aliphatic isothiocyanate compounds and alicyclic isothiocyanate compounds, for example, 1-isocyanato-3-isothiocyanate propane, 1-isocyanato-6-isothiocyanate as hexane aliphatic isothiocyanate compounds; -1-alicyclic isothiocyanate compounds such as isocyanate-4-isothiocyanate cyclohexane and the like, and these may be used alone or in admixture of two or more.

【0048】芳香族イソチオシアナート化合物の代表例としては、例えば、1−イソシアナート−4−イソチオシアナートベンゼン、4−メチル−3−イソシアナート−1−イソチオシアナートベンゼン等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 [0048] Representative examples of aromatic isothiocyanate compounds such as 1-isocyanato-4-isothiocyanato benzene, 4-methyl-3-isocyanato-1-isothiocyanato benzene and the like, which it can be used alone or in admixture of two or more kinds.

【0049】含硫黄イソチオシアナート化合物の代表例としては、例えば、4−イソシアナート−4'−イソチオシアナートジフェニルスルフィド等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 [0049] Representative examples of the sulfur-containing isothiocyanate compounds, for example, 4-isocyanato-4'isothiocyanate diphenyl sulfide, and the like, that these are used alone or in admixture of two or more it can.

【0050】前記重合性不飽和結合を有するモノマーの具体例としては、例えば、芳香族ビニル化合物、脂環式ビニル化合物、(メタ)アクリル酸、単官能(メタ)アクリル酸誘導体、多官能(メタ)アクリル酸誘導体、ビニルスルフィド化合物等が挙げられる。 [0050] The specific examples of the monomer having a polymerizable unsaturated bond, for example, aromatic vinyl compounds, alicyclic vinyl compounds, (meth) acrylic acid, a monofunctional (meth) acrylic acid derivatives, polyfunctional (meth ) acrylic acid derivatives, vinyl sulfide compound. ここで「(メタ)アクリ」とは「アクリ」および「メタクリ」の双方を意味する(以下同様)。 Here, "(meth) acrylate" means both "acryl" and "methacryl", and so forth. これらの重合性不飽和結合を有するモノマーは、単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 These monomers having a polymerizable unsaturated bond can be used alone or in admixture of two or more.

【0051】芳香族ビニル化合物の代表例としては、例えば、スチレン、α−メチルスチレン、ビニルトルエン、クロロスチレン、ブロモスチレン、クロロメチルスチレン、メトキシスチレン、ブチルチオスチレン、ジビニルベンゼン等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 [0051] Typical examples of the aromatic vinyl compounds, e.g., styrene, alpha-methyl styrene, vinyl toluene, chlorostyrene, bromostyrene, chloromethylstyrene, methoxystyrene, butyl thio styrene, divinyl benzene and the like, which it can be used alone or in admixture of two or more kinds. これらのなかでは、スチレンおよびジビニルベンゼンは、本発明において好適に使用しうるものである。 Among these, styrene and divinyl benzene is to be suitably used in the present invention.

【0052】脂環式ビニル化合物の代表例としては、例えば、シクロヘキセン、4−ビニルシクロヘキセン、 [0052] Representative examples of alicyclic vinyl compounds, for example, cyclohexene, 4-vinyl cyclohexene,
1,5−シクロオクタジエン、5−ビニルビシクロ〔2,2,1〕ヘプト−2−エン等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 1,5-cyclooctadiene, 5-vinylbicyclo [2,2,1] hept-2-ene and the like, and these may be used alone or in admixture of two or more.

【0053】単官能(メタ)アクリル酸誘導体の代表例としては、例えば、メチル(メタ)アクリレート、エチル(メタ)アクリレート、プロピル(メタ)アクリレート、ブチル(メタ)アクリレート、ドデシル(メタ)アクリレート、オクタデシル(メタ)アクリレート、シクロヘキシル(メタ)アクリレート、メチルシクロヘキシル(メタ)アクリレ一ト、2−エチルヘキシル(メタ) [0053] Representative examples of monofunctional (meth) acrylic acid derivatives, for example, methyl (meth) acrylate, ethyl (meth) acrylate, propyl (meth) acrylate, butyl (meth) acrylate, dodecyl (meth) acrylate, octadecyl (meth) acrylate, cyclohexyl (meth) acrylate, methylcyclohexyl (meth) acrylate Ichito, 2-ethylhexyl (meth)
アクリレート、ボルニル(メタ)アクリレート、イソボルニル(メタ)アクリレート、アダマンチル(メタ)アクリレート、フェニル(メタ)アクリレート、ベンジル(メタ)アクリレート、1−ナフチル(メタ)アクリレート、クロロフェニル(メタ)アクリレート、ブロモフェニル(メタ)アクリレート、トリブロモフェニル(メタ)アクリレート、メトキシフェニル(メタ)アクリレート、シアノフェニル(メタ)アクリレート、クロロメチル(メタ)アクリレート、ブロモエチル(メタ)アクリレート、2−ヒドロキシエチル(メタ)アクリレート、2−ヒドロキシプロピル(メタ)アクリレート、 Acrylate, bornyl (meth) acrylate, isobornyl (meth) acrylate, adamantyl (meth) acrylate, phenyl (meth) acrylate, benzyl (meth) acrylate, 1-naphthyl (meth) acrylate, chlorophenyl (meth) acrylate, bromophenyl (meth ) acrylate, tribromophenyl (meth) acrylate, methoxyphenyl (meth) acrylate, cyanophenyl (meth) acrylate, chloromethyl (meth) acrylate, bromoethyl (meth) acrylate, 2-hydroxyethyl (meth) acrylate, 2-hydroxyethyl propyl (meth) acrylate,
(メタ)アクリル酸ポリエチレングリコールエステル、 (Meth) polyethylene glycol esters of acrylic acid,
N,N−ジメチル(メタ)アクリルアミド、N,N−ジエチル(メタ)アクリルアミド、グリシジル(メタ)アクリレート、フェニルチオ(メタ)アクリレート等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 N, N-dimethyl (meth) acrylamide, N, N-diethyl (meth) acrylamide, glycidyl (meth) acrylate, phenylthio (meth) acrylate and the like, which be used alone or in admixture of two or more can. これらのなかでは、メチル(メタ)アクリレート、シクロヘキシル(メタ)アクリレート、フェニル(メタ)アクリレート、グリシジル(メタ)アクリレートおよびフェニルチオ(メタ)アクリレートは、 Of these, methyl (meth) acrylate, cyclohexyl (meth) acrylate, phenyl (meth) acrylate, glycidyl (meth) acrylate and phenylthio (meth) acrylate,
高アッベ数および低比重を有する光学材料を与え、しかも経済性に優れるという観点から、本発明において好適に使用しうるものである。 High Abbe number and give an optical material having a low specific gravity, yet from the viewpoint of excellent economical efficiency, but can be suitably used in the present invention.

【0054】多官能(メタ)アクリル酸誘導体の代表例としては、例えば、エチレングリコールジ(メタ)アクリレート、ジエチレングリコールジ(メタ)アクリレート、トリエチレングリコールジ(メアクリレート、テトラエチレングリコールジ(メタ)アクリレート、プロピレングリコールジ(メタ)アクリレート、ジプロピレングリコールジ(メタ)アクリレート、トリプロピレングリコールジ(メタ)アクリレート、1,3−ブタンジオールジ(メタ)アクリレート、1,4−ブタンジオールジ(メタ)アクリレート、1,5−ペンタンジオールジ(メタ)アクリレート、1,6−ヘキサンジオールジ(メタ)アクリレート、ネオペンチルグリコールジ(メタ)アクリレート、トリメチロールプロパントリ(メタ)アクリレート、ペ [0054] Representative examples of the polyfunctional (meth) acrylic acid derivatives, such as ethylene glycol di (meth) acrylate, diethylene glycol di (meth) acrylate, triethylene glycol di (main acrylate, tetraethylene glycol di (meth) acrylate , propylene glycol di (meth) acrylate, dipropylene glycol di (meth) acrylate, tripropylene glycol di (meth) acrylate, 1,3-butanediol di (meth) acrylate, 1,4-butanediol di (meth) acrylate , 1,5-pentanediol di (meth) acrylate, 1,6-hexanediol di (meth) acrylate, neopentyl glycol di (meth) acrylate, trimethylolpropane tri (meth) acrylate, Bae タエリスリトールトリ(メタ) Data pentaerythritol tri (meth)
アクリレート、ペンタエリスリトールテトラ(メタ)アクリレート等のポリオールポリ(メタ)アクリレート; Acrylate, polyol poly (meth) acrylates such as pentaerythritol tetra (meth) acrylate;
ビス(4−メタクリロイルチオフェニル)スルフィド、 Bis (4-methacryloylthiophenyl) sulfide,
エタンジオールジメタクリレート、ビス[(2−メタクリロイルチオ)エチル]等のポリチオールポリ(メタ) Ethanediol dimethacrylate, bis [(2-methacryloyloxy thio) ethyl] polythiol (meth) etc.
アクリレート等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 Acrylate, and the like. These may be used alone or in admixture of two or more. これらのなかでは、エチレングリコールジ(メタ)アクリレート、ジエチレングリコールジ(メタ)アクリレート、トリメチロールプロパントリ(メタ)アクリレート、ぺンタエリスリトールトリ(メタ)アクリレート、ぺンタエリスリトールテトラ(メタ)アクリレート、ビス(4−メタクリロイルチオフェニル)スルフィドおよびビス[(2−メタクリロイルチオ)エチル]スルフィドは、高アッベ数および低比重を有する光学材料を与え、しかも経済性に優れるという観点から、本発明において好適に使用しうるものである。 Of these, ethylene glycol di (meth) acrylate, diethylene glycol di (meth) acrylate, trimethylolpropane tri (meth) acrylate, pentaerythritol tri (meth) acrylate, pentaerythritol tetra (meth) acrylate, bis (4 - methacryloyl thiophenyl) sulfide and bis [(2-methacryloyloxy thio) ethyl] sulfide, from the viewpoint of giving an optical material having a high Abbe number and low density, yet excellent economical efficiency, it can be suitably used in the present invention it is intended.

【0055】ビニルスルフィド化合物の代表例としては、例えば、エチルビニルスルフィド、n−プロピルビニルスルフィド、イソブチルビニルスルフィド、t−ブチルビニルスルフィド、n−アミルビニルスルフィド、 [0055] Typical examples of the vinyl sulfide compound, e.g., ethyl vinyl sulfide, n- propyl vinyl sulfide, isobutyl vinyl sulfide, t- butyl vinyl sulfide, n- amyl vinyl sulfide,
イソアミルビニルスルフィド、シクロヘキシルビニルスルフィド、2−エチルヘキシルビニルスルフィド、n− Isoamyl vinyl sulfide, cyclohexyl vinyl sulfide, 2-ethylhexyl vinyl sulfide, n-
オクタデシルビニルスルフィド、ドデシルビニルスルフィド、プロペニルスルフィドプロピレンカーボネート、 Octadecyl vinyl sulfide, dodecyl vinyl sulfide, propenyl Nils sulfide propylene carbonate,
1,2−ジビニルチオエタン、1,3−ジビニルチオプロパン、1,4−ジビニルチオブタン、1,6−ジビニルチオヘキサン、ビス(2−ビニルチオエチル)スルフィド、フェニルビニルスルフィド、ビス(4−ビニルチオフェニル)スルフィド、ビス(4−ビニルチオメチルフェニル)スルフィド、2,4'−ビス(ビニルチオメチル)スルフィド、2,4,4'−トリ(ビニルチオメチル)フェニルスルフィド等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 1,2-vinyl thio ethane, 1,3-vinyl-thio propane, 1,4-vinyl-thio-butane, 1,6-divinyl-thio hexane, bis (2-vinyl thioethyl) sulfide, phenylvinyl sulfide, bis (4- vinyl thiophenyl) sulfide, bis (4-vinyl-thio-methylphenyl) sulfide, 2,4'-bis (vinyl thio methyl) sulfide, 2,4,4' (vinyl thio) phenyl sulfide and the like, these may be used alone or in admixture of two or more. これらのなかでは、ビス(2−ビニルチオエチル)スルフィド、フェニルビニルスルフィド、ビス(4−ビニルチオフェニル)スルフィド、およびビス(4−ビニルチオメチルフェニル)スルフィド、なかでもとくにビス(4− Among these, bis (2-vinyl thioethyl) sulfide, phenylvinyl sulfide, bis (4-vinyl-thio-phenyl) sulfide, and bis (4-vinyl-thio-methylphenyl) sulfide, very particularly bis (4-
ビニルチオフェニル)スルフィド、ビス(4−ビニルチオメチルフェニル)スルフィド、2,4'−ビス(ビニルチオメチル)フェニルスルフィド、2,4,4'−トリ(ビニルチオメチル)フェニルスルフィドは、高屈折率を有する光学材料を与えるという観点から、本発明において好適に使用しうるものである。 Vinyl thiophenyl) sulfide, bis (4-vinyl-thio-methylphenyl) sulfide, 2,4'-bis (vinyl thio methyl) phenyl sulfide, 2,4,4' (vinyl thio) phenyl sulfide, high refractive from the viewpoint of providing an optical material having a rate, but can be suitably used in the present invention.

【0056】エポキシ化合物としては、例えば、エポキシ基を有するモノマーおよびエポキシ基を有するオリゴマー等が挙げられる。 [0056] As the epoxy compound, for example, oligomers having a monomer and an epoxy group having an epoxy group.

【0057】前記エポキシ基を有するモノマーおよび前記エポキシ基を有するオリゴマーの代表例としては、例えば、単官能グリシジルエーテル、多官能脂肪族グリシジルエーテル、多官能芳香族グリシジルエーテル、多官能グリシジルチオエーテル、グリシジルエステル、脂環式エポキシ樹脂等が挙げられる。 [0057] Representative examples of the oligomer having a monomer and the epoxy group having an epoxy group, for example, a monofunctional glycidyl ether, polyfunctional aliphatic glycidyl ethers, polyfunctional aromatic glycidyl ethers, polyfunctional glycidyl thioether, glycidyl ester alicyclic epoxy resins. これらのエポキシ化合物は、単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 These epoxy compounds may be used alone or in admixture of two or more.

【0058】単官能グリシジルエーテルの代表例としては、例えば、アリルグリシジルエーテル、ブチルグリシジルエーテル、フェニルグリシジルエーテル、2−エチルヘキシルグリシジルエーテル、sec−ブチルフェニルグリシジルエーテル、tert−ブチルフェニルグリシジルエーテル、2−メチルオクチルグリシジルエーテル等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 [0058] Representative examples of monofunctional glycidyl ethers, for example, allyl glycidyl ether, butyl glycidyl ether, phenyl glycidyl ether, 2-ethylhexyl glycidyl ether, sec- butylphenyl glycidyl ether, tert- butylphenyl glycidyl ether, 2-methyl octyl glycidyl ether, and the like. these may be used alone or in admixture of two or more.

【0059】多官能脂肪族グリシジルエーテルの代表例としては、例えば、1,6−へキサンジオールグリシジルエーテル、トリメチロールプロパントリグリシジルエーテル、ネオペンチルグリコールジグリシジルエーテル、グリセロールジグリシジルエーテル、グリセロールトリグリシジルエーテル、エチレングリコールジグリシジルエーテル、ポリエチレングリコールジグリシジルエーテル、ポリプロピレングリコールジグリシジルエーテル等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 [0059] Representative examples of the polyfunctional aliphatic glycidyl ethers such as hexanediol glycidyl ether 1,6, trimethylolpropane triglycidyl ether, neopentyl glycol diglycidyl ether, glycerol diglycidyl ether, glycerol triglycidyl ether , ethylene glycol diglycidyl ether, polyethylene glycol diglycidyl ether, polypropylene glycol diglycidyl ether and the like, these may be used alone or in admixture of two or more kinds. これらのなかでは、エチレングリコールジグリシジルエーテルは、高アッベ数を有する光学材料を与え、しかも経済性に優れるという観点から、本発明において好適に使用しうるものである。 Of these, ethylene glycol diglycidyl ether gives the optical material having a high Abbe number, yet from the viewpoint of excellent economical efficiency, but can be suitably used in the present invention.

【0060】多官能芳香族グリシジルエーテルの代表例としては、例えば、ビスフェノールAグリシジルエーテル、ビスフェノールFグリシジルエーテル、ブロモ化ビスフェノールAグリシジルエーテル、ビフェノールグリシジルエーテル、テトラメチルビフェノールグリシジルエーテル、レゾルシングリシジルエーテル、ハイドロキノングリシジルエーテル、ジヒドロキシナフタレングリシジルエーテル、ビスフェノールノボラック樹脂グリシジルエーテル、フェノールノボラック樹脂グリシジルエーテル、クレゾールノボラック樹脂グリシジルエーテル、ジシクロペンタジエンフェノール樹脂グリシジルエーテル、テルペンフェノール樹脂グリシジルエーテル、 [0060] Representative examples of the polyfunctional aromatic glycidyl ethers, for example, bisphenol A glycidyl ether, bisphenol F glycidyl ether, brominated bisphenol A glycidyl ether, biphenol glycidyl ether, tetramethyl biphenol glycidyl ether, resorcin glycidyl ether, hydroquinone glycidyl ether, dihydroxynaphthalene glycidyl ether, bisphenol novolac resin glycidyl ether, phenol novolak resin glycidyl ether, cresol novolak resin glycidyl ether, dicyclopentadiene phenolic resin glycidyl ethers, terpene phenol resin glycidyl ethers,
ナフトールノボラック樹脂グリシジルエーテル等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 Include naphthol novolak resin glycidyl ether, it may be used alone or in admixture of two or more. これらのなかでは、ビスフェノールAグリシジルエーテルおよびブロモ化ビスフェノールAグリシジルエーテルは、高屈折率を有する光学材料を与え、 Of these, bisphenol A glycidyl ether and brominated bisphenol A glycidyl ether, gave an optical material having a high refractive index,
しかも経済性に優れるという観点から、本発明において好適に使用しうるものである。 Moreover in view of excellent economical efficiency, but it can be suitably used in the present invention.

【0061】多官能グリシジルチオエーテルの代表例としては、ビス[4−(2,3−エポキシプロピルチオ) [0061] Representative examples of the polyfunctional glycidyl thioether, bis [4- (2,3-epoxy propyl thio)
フェニル]スルフィド、1,4−ジ(2,3−エポキシプロピルチオ)ベンゼン等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 Phenyl] sulfide, 1,4-di (2,3-epoxy propyl thio) benzene, and the like. These may be used alone or in admixture of two or more.

【0062】グリシジルエステルの代表例としては、例えば、グリシジル(メタ)アクリレート、ジグリシジルフタレート、ジグリシジルヘキサヒドロフタレート、ジグリシジルテトラヒドロフタレート、ジメチルジグリシジルヘキサヒドロフタレート等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 [0062] Representative examples of glycidyl esters are, for example, glycidyl (meth) acrylate, diglycidyl phthalate, diglycidyl hexahydrophthalate, diglycidyl tetrahydrophthalate, dimethyl diglycidyl hexahydrophthalate and the like, which alone or it can be used as a mixture of two or more. これらのなかでは、グリシジル(メタ)アクリレートは、 Of these, glycidyl (meth) acrylate,
高アッベ数を有する光学材料を与え、しかも経済性に優れるという観点から、本発明において好適に使用しうるものである。 Give an optical material having a high Abbe number, yet from the viewpoint of excellent economical efficiency, but can be suitably used in the present invention.

【0063】脂環式エポキシ樹脂の代表例としては、例えば、3,4−エポキシシクロヘキシルメチル−3,4 [0063] Representative examples of the alicyclic epoxy resin, for example, 3,4-epoxycyclohexylmethyl-3,4
−エポキシシクロヘキサンカルボキシレート、3,4− - epoxycyclohexane carboxylate, 3,4
エポキシシクロヘキシルエチル−3,4−エポキシシクロヘキサンカルボキシレート、ビニルシクロヘキセンジオキシド、アリルシクロヘキセンジオキシド、3,4− Epoxycyclohexylethyl-3,4-epoxycyclohexane carboxylate, vinylcyclohexene dioxide, allyl cyclohexene dioxide, 3,4
エポキシ−4−メチルシクロヘキシル−2−プロピレンオキシド、2−(3,4−エポキシシクロヘキシル− Epoxy-4-methylcyclohexyl-2-propylene oxide, 2- (3,4-epoxycyclohexyl -
5,5−スピロ−3,4−エポキシ)シクロヘキサン− 5,5-spiro-3,4-epoxy) cyclohexane -
m−ジオキサン、ビス(3,4−エポキシシクロヘキシル)アジペート、ビス(3,4−エポキシシクロヘキシルメチル)アジペート、ビス(3,4−エポキシシクロヘキシル)エーテル、ビス(3,4−エポキシシクロヘキシルメチル)エーテル、ビス(3,4−エポキシシクロヘキシル)ジエチルシロキサン等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 m- dioxane, bis (3,4-epoxycyclohexyl) adipate, bis (3,4-epoxycyclohexylmethyl) adipate, bis (3,4-epoxycyclohexyl) ether, bis (3,4-epoxycyclohexylmethyl) ether, bis (3,4-epoxycyclohexyl) diethyl siloxane, and the like. these may be used alone or in admixture of two or more. これらのなかでは、3,4−エポキシシクロヘキシルエチル−3,4−エポキシシクロヘキサンカルボキシレートは、高アッベ数を有する光学材料を与え、しかも経済性に優れるという観点から、本発明において好適に使用しうるものである。 Of these, 3,4-epoxycyclohexyl ethyl-3,4-epoxycyclohexane carboxylate gives the optical material having a high Abbe number, yet from the viewpoint of excellent economical efficiency, can be suitably used in the present invention it is intended.

【0064】エピチオ化合物の代表例としては、例えば、ビス[4−(2,3−エピチオプロピルチフェニル]スルフィド、ビス[4−(2,3−エピチオプロピルチオ)−3−メチルフェニル]スルフィド、ビス[4 [0064] Typical examples of the epithio compound include bis [4- (2,3-epithiopropyl Chi phenyl] sulfide, bis [4- (2,3-epithiopropylthio) -3-methylphenyl] sulfide, bis [4
−(2,3−エピチオプロピルチオ)−3−メチルフェニル]スルフィド、ビス[4−(2,3−エピチオプロピルチオ)−3,5−ジメチルフェニル]スルフィド等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 - (2,3-epithiopropylthiomethyl) -3-methylphenyl] sulfide, bis [4- (2,3-epithiopropylthio) -3,5-dimethyl-phenyl] sulfide, and the like. These alone it can be used in or in combination of two or more. これらのエピチオ化合物のなかでは、ビス[4−(2,3−エピチオプロピルチオ)フェニル]スルフィドが、高屈折率を有する光学材料を与えるという観点から、本発明において好適に使用しうるものである。 Among these epithio compounds, those bis [4- (2,3-epithiopropylthio) phenyl] sulfide is, in view of providing an optical material having a high refractive index, can be suitably used in the present invention is there.

【0065】一般式(I)で表されるポリチオール以外の複数のチオール基を有するモノマーの具体例としては、例えば、脂肪族ポリチオール、脂肪族スルフィド、 [0065] As specific examples of the general formula monomer having a plurality of thiol groups other than the polythiol represented by the formula (I), for example, aliphatic polythiols, aliphatic sulfides,
芳香族ジチオール等を挙げることができる。 And aromatic dithiol. これらは単独でまたは2種以上混合して用いることができる。 These may be used alone or in combination.

【0066】脂肪族ポリチオールの代表例としては、例えば、1,2−エタンジチオール、1,3−プロパンジチオール、1,4−ブタンジチオール、1,6−へキサンジチオール、1,8−オクタンジチオール、1,2− [0066] Representative examples of aliphatic polythiols, for example, 1,2-ethanedithiol, 1,3-propanedithiol, 1,4-butane dithiol, Cyclohexanedicarboxylic thiol 1,6, 1,8-octane dithiol, 1,2
シクロヘキサンジチオール、エチレングリコールビスチオグリコレート、エチレングリコールビスチオブロピオネート、ブタンジオールビスチオグリコレート、ブタンジオールビスチオプロピオネート、トリメチロールプロパントリスチオグリコレート、トリメチロールプロパントリスチオプロピオネート、ぺンタエリスリトールテトラキスチオグリコレート、ぺンタエリスリトールテトラキスチオプロピオネート、トリス(2−メルカプトエチル)イソシアヌレート、トリス(3−メルカプトプロピル)イソシアヌレート、4,4'−ビス(メルカプトメチル)フェニルスルフィド、4,4'−ビス(4−メルカプト−2−チアブチル)フェニルスルフィド、4, Cyclohexane dithiol, ethylene glycol bis thioglycolate, ethylene glycol bis thio Bro propionate, butanediol bisthioglycolate, butanediol bisthiopropionate, trimethylolpropane tris thioglycolate, trimethylolpropane tris thiopropionate, pentaerythritol tetrakis thioglycolate, pentaerythritol tetrakis thiopropionate, tris (2-mercaptoethyl) isocyanurate, tris (3-mercaptopropyl) isocyanurate, 4,4-bis (mercaptomethyl) phenyl sulfide, 4,4'-bis (4-mercapto-2-Chiabuchiru) phenyl sulfide, 4,
4'−ビス(7−メルカプト−2,5−ジチアヘプチル)フェニルスルフィド、2,4'−ビス(メルカプトメチル)フェニルスルフィド、2,4'−ビス(4−メルカプト−2−チアブチル)フェニルスルフィド、2, 4'-bis (7-mercapto-2,5-dithiaheptyl) phenyl sulfide, 2,4'-bis (mercaptomethyl) phenyl sulfide, 2,4'-bis (4-mercapto-2-Chiabuchiru) phenyl sulfide, 2 ,
4'−ビス(7−メルカプト−2,5−ジチアブチル) 4'-bis (7-mercapto-2,5-Jichiabuchiru)
フェニルスルフィド、2,4,4'−トリ(メルカプトメチル)フェニルスルフィド、2,4,4'−トリ(4 Phenyl sulfide, 2,4,4' (mercaptomethyl) phenyl sulfide, 2,4,4' (4
−メルカプト−2−チアブチル)フェニルスルフィド、 - mercapto-2 Chiabuchiru) phenyl sulfide,
2,4,4'−トリ(7−メルカプト−2,5−ジチアヘプチル)フェニルスルフィド等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 2,4,4' (7-mercapto-2,5-dithiaheptyl) phenyl sulfide, and the like. These may be used alone or in admixture of two or more.
これらのなかでは、トリメチロールプロパントリスチオグリコレート、トリメチロールプロパントリスチオプロピオネート、ぺンタエリスリトールテトラキスチオグリコレート、ペンタエリスリトールテトラキスチオプロピオネート、4,4'−ビス(4−メルカプト−2−チアブチル)フェニルスルフィドおよび4,4'−ビス(7 Among these, trimethylolpropane tris thioglycolate, trimethylolpropane tris thiopropionate, pentaerythritol tetrakis thioglycolate, pentaerythritol tetrakis thiopropionate, 4,4'-bis (4-Mercapto -2 - Chiabuchiru) phenyl sulfide and 4,4'-bis (7
―メルカプト―2,5−ジチアヘプチル)フェニルスルフィドは、高屈折率および高アッベ数を有する光学材料を与え、しかも経済性に優れるという観点から、本発明において好適に使用しうるものである。 - mercapto-2,5-dithiaheptyl) phenyl sulfide gives the optical material having a high refractive index and high Abbe number, yet from the viewpoint of excellent economical efficiency, but can be suitably used in the present invention.

【0067】脂肪族スルフィドの代表例としては、例えば、ビス(2−メルカプトエチル)スルフィド、ビス(3−メルカプトプロピル)スルフィド、ビス(4−メルカプトブチル)スルフィド、ビス(8−メルカプトオクチル)スルフィド等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 [0067] Representative examples of aliphatic sulfides, eg, bis (2-mercaptoethyl) sulfide, bis (3-mercaptopropyl) sulfide, bis (4-mercaptomethyl-butyl) sulfide, bis (8-mercapto octyl) sulfide, etc. and the like, which may be used alone or in admixture of two or more. これらのなかでは、ビス(2−メルカプトエチル)スルフィドは、 Among these, bis (2-mercaptoethyl) sulfide,
高屈折率および高アッベ数を有する光学材料を与え、しかも経済性に優れるという観点から、本発明において好適に使用しうるものである。 High refractive index and provide an optical material having a high Abbe number, yet from the viewpoint of excellent economical efficiency, but can be suitably used in the present invention.

【0068】芳香族ジチオールの代表例としては、例えば、1,2−べンゼンジチオール、1,4−べンゼンジチオール、4−メチル−1,2−べンゼンジチオール、 [0068] Representative examples of aromatic dithiols include 1,2-base not limited to, benzene thiol, 1,4-base not limited to, benzene thiol, 4-methyl-1,2-base not limited to, benzene thiol,
4−ブチル−1,2一べンゼンジチオール、4−クロロ−1,2−べンゼンジチオール等が挙げられ、これらは単独でまたは2種以上を混合して用いることができる。 4-butyl-1,2 one base not limited to, benzene thiol, 4-chloro-1,2-base not limited to, benzene thiol and the like, and these may be used alone or in admixture of two or more.
これらのなかでは、1,4−べンゼンジチオールは、高屈折率を有する光学材料を与えるという観点から、本発明において好適に使用しうるものである。 Among these, 1,4-base not limited to, benzene thiol, in view of providing an optical material having a high refractive index, but can be suitably used in the present invention.

【0069】本発明の硬化性組成物中における一般式(I)で表されるポリチオールの含有量は、硬化させて得られる樹脂の屈折率を高める観点から、5重量%以上、好ましくは10重量%以上、より好ましくは20重量%以上とされ、また前記硬化性組成物に十分な硬化性を付与する観点から、90重量%以下、好ましくは85 [0069] The content of the polythiol represented by general formula (I) in the curable composition of the present invention, from the viewpoint of increasing the refractive index of the obtained resin is cured, 5 wt% or more, preferably 10 weight % or more, more preferably is 20 wt% or more, from the viewpoint of imparting sufficient curability to the curable composition, 90 wt% or less, preferably 85
重量%以下、より好ましくは80重量%以下とされる。 Wt% or less, more preferably 80 wt% or less.

【0070】また、本発明の硬化性組成物中における前記ポリチオールと共重合可能な化合物の含有量は、前記硬化性組成物に十分な硬化性を付与する観点から、10 [0070] The content of the polythiol and copolymerizable compounds in the curable composition of the present invention, from the viewpoint of imparting sufficient curability to the curable composition, 10
重量%以上、好ましくは15重量%以上、より好ましくは20重量%以上とされ、また硬化させて得られる樹脂の屈折率を高める観点から、95重量%以下、好ましくは90重量%以下、より好ましくは80重量%以下とされる。 Wt% or more, preferably 15 wt% or more, more preferably is 20 wt% or more, from the viewpoint of increasing the refractive index of the resin obtained by curing, 95 wt% or less, preferably 90 wt% or less, more preferably is 80 wt% or less.

【0071】なお、前記ポリチオールと共重合可能な化合物がポリイソシアナート化合物、ポリイソチオシアナート化合物またはイソシアナート基を有するイソチオシアナート化合物である場合には、それらの化合物のイソシアナート基およびイソチオシアナート基の合計の当量数と一般式(I)で表されるポリチオールおよび前記ポリチオール以外の複数のチオール基を有するモノマーのチオール基の合計当量数との比(NCO基とNCS基の合計当量)/(SH基の合計当量)の値が、得られる硬化性組成物の硬化性を高める観点から、0.5〜3. [0071] Incidentally, the polythiol can be copolymerized with compound polyisocyanate compound, in the case of isothiocyanate compounds having a poly isothiocyanate compound or isocyanate groups, isocyanate groups of the compounds and Isochioshia the ratio between the total number of equivalents of the thiol group of the monomer having a total number of equivalents of the general formula polythiol and a plurality of thiol groups other than the polythiol represented by the general formula (I) of isocyanate groups (total equivalents of NCO groups and NCS group) / value (total equivalents of SH groups) is, in view of enhancing the curability of the curable composition to be obtained, 0.5-3.
0、好ましくは0.5〜2.0であることが望ましい。 0, it is desirable that preferably 0.5 to 2.0.

【0072】本発明の硬化性組成物の代表例としては、 [0072] Representative examples of the curable composition of the present invention,
例えば、前記ポリチオールとポリイソシアナート化合物とからなる硬化性組成物;前記ポリチオールとポリイソチオシアナート化合物とからなる硬化性組成物;前記ポリチオール、ポリイソシアナート化合物および前記ポリチオール以外の複数のチオール基を有するモノマーからなる硬化性組成物;前記ポリチオール、ポリイソシアナート化合物および重合性不飽和結合を有するモノマーからなる硬化性組成物;前記ポリチオールと重合性不飽和結合を有するモノマーとからなる硬化性組成物;前記ポリチオール、重合性不飽和結合を有するモノマーおよび前記ポリチオール以外の複数のチオール基を有するモノマーからなる硬化性組成物;前記ポリチオール、エポキシ化合物からなる硬化性組成物;前記ポリチオール、エポキシ化合物およ For example, the polythiol a curable composition comprising a polyisocyanate compound; the polythiol a curable composition composed of poly isothiocyanate compounds; the polythiol, the polyisocyanate compound and a plurality of thiol groups other than the polythiol the curable composition comprising a monomer having; the polythiol, curable composition comprising a monomer having a polyisocyanate compound and a polymerizable unsaturated bond; curable composition comprising a monomer having a polymerizable unsaturated bond and the polythiol Oyo said polythiol, epoxy compound; said polythiol, curable composition comprising a monomer having a plurality of thiol groups other than the monomers and the polythiol having a polymerizable unsaturated bond; said polythiol, curable composition comprising an epoxy compound 重合性不飽和結合を有するモノマーからなる硬化性組成物;前記ポリチオール、エピチオ化合物からなる硬化性組成物;前記ポリチオール、エピチオ化合物および重合性不飽和結合を有するモノマーからなる硬化性組成物等を挙げることができる。 The curable composition comprising a monomer having a polymerizable unsaturated bond; said polythiol, curable composition consisting epithio compound; include the polythiol, curable composition comprising a monomer having an epithio compound and polymerizable unsaturated bond, be able to.

【0073】本発明の硬化性組成物は、前記のように一般式(I)で表されるポリチオールおよび該ポリチオールと共重合可能な化合物を含有したものであるが、本発明の目的が阻害されない範囲であれば、他の共重合が可能な化合物が含有されていてもよい。 [0073] The curable compositions of this invention are those containing a polythiol and the polythiol represented by the general formula (I) as the copolymerizable compounds, object of the present invention is not inhibited if range, compounds capable other copolymerizable may be contained.

【0074】本発明の硬化性組成物は、通常の方法、例えば、加熱、紫外線等の光線の照射等により必要によって重合開始剤等を用いて硬化させることができる。 [0074] The curable composition of the present invention, conventional methods, for example, heating, can be cured by using a polymerization initiator such as by the need by irradiation or the like of the light rays such as ultraviolet rays.

【0075】なお、前記ポリチオールと共重合可能な化合物が、前記ポリイソシアナート化合物、ポリイソチオシアナート化合物またはイソシアナート基を有するイソチオシアナート化合物である場合、本発明の硬化性組成物には、公知の硬化触媒を用いることができる。 [0075] Incidentally, the polythiol can be copolymerized with compound, the polyisocyanate compound, if it is isothiocyanate compound having a poly isothiocyanate compound or isocyanate groups, the curable composition of the present invention, It may be any known curing catalyst. 前記硬化触媒としては、特に限定されないが、例えば、ジブチル錫ジラウレート、ジメチル錫ジクロライド、スタナスオクトエート、塩化第二錫等を挙げることができる。 As the curing catalyst is not particularly limited, examples thereof include dibutyltin dilaurate, dimethyltin dichloride, stannous octoate, stannic chloride.

【0076】また、前記ポリチオールと共重合可能な化合物が、前記重合性不飽和結合を有するモノマーである場合、重合開始剤としてラジカル重合開始剤を用いることができる。 [0076] The polythiol and copolymerizable compounds, when a monomer having a polymerizable unsaturated bond, can be used a radical polymerization initiator as a polymerization initiator. 前記ラジカル重合開始剤には特に限定はないが、かかるラジカル重合開始剤としては、例えば、 Wherein there is no particular limitation on the radical polymerization initiator, as such a radical polymerization initiator, for example,
2,2'−アゾビス(2−メチルブチロニトリル)、 2,2'-azobis (2-methylbutyronitrile),
2,2'−アゾビスイソブチロニトリル、2,2'−アゾビスイソバレロニトリル、2,2'−アゾビス(2, 2,2'-azobisisobutyronitrile, 2,2'-azobisisovaleronitrile, 2,2'-azobis (2,
4−ジメチルバレロニトリル)、1,1'−アゾビス(シクロヘキサン−1−カルボニトリル)等のアゾ系化合物、メチルエチルケトンパーオキシド、メチルイソブチルケトンパーオキシド等のケトンパーオキシド類、べンゾイルパーオキシド、2,4−ジクロロベンゾイルパーオキシド等のジアシルパーオキシド類等を挙げることができる。 4-dimethylvaleronitrile), 1,1'-azobis (cyclohexane-1-carbonitrile) azo compounds such as methyl ethyl ketone peroxide, ketone peroxides such as methyl isobutyl ketone peroxide, base down benzoyl peroxide, 2 , it may be mentioned diacyl peroxides, and the like, such as 4-dichlorobenzoyl peroxide.

【0077】さらに、前記ポリチオールと共重合可能な化合物が、前記エポキシ化合物である場合、公知の硬化促進剤を用いることができる。 [0077] In addition, the polythiol can be copolymerized with compound, if that is the epoxy compound, it is possible to use known curing accelerators. 前記硬化促進剤としては、例えば、トリエチルアミン、ヘキサメチレンテトラミン等の第三級アミン類、2−エチル−4−メチルイミダゾール、2,4−ジメチルイミダゾール等のイミダゾール類、ジオクチル錫ラウレート、錫オクチレート等の金属塩類等を挙げることができる。 As the curing accelerator, for example, triethylamine, tertiary amines such as hexamethylenetetramine, 2-ethyl-4-methylimidazole, 2,4-imidazoles of dimethyl imidazole, dioctyl tin laurate, etc. tin octylate mention may be made of metal salts and the like.

【0078】また、本発明においては、前記硬化性組成物には、必要により、例えば、光安定剤、紫外線吸収剤、酸化防止剤、着色防止剤、重合禁止剤、離型剤、消泡剤、ブルーイング剤、蛍光染料等の添加剤を必要に応じて適宜配合されてもよい。 [0078] Further, in the present invention, the curable composition, if necessary, for example, light stabilizers, ultraviolet absorbers, antioxidants, anti-coloring agents, polymerization inhibitors, release agents, defoamers , bluing agent, it may be appropriately blended as required additives such as a fluorescent dye.

【0079】このようにして得られる本発明の硬化性組成物は、屈折率が高く、アッベ数が高く、比重が小さいという優れた性質を有し、なおかつ取り扱い性に優れたものである。 [0079] The curable composition of the present invention thus obtained has a high refractive index, high Abbe's number, has an excellent property that the specific gravity is small, is yet excellent in handling properties.

【0080】従って、本発明の硬化性組成物は、眼鏡用プラスチックレンズ、フレネルレンズ、レンチキュアーレンズ、光ディスク基板、プラスチック光ファイバー、 [0080] Therefore, the curable composition of the present invention, plastic lenses for spectacles, a Fresnel lens, wrench cured lens, an optical disk substrate, a plastic optical fiber,
LCD用プリズムシート、導光板、拡散シート等の光学材料、塗料、接着剤、封止剤等の原料として好適に使用しうるものである。 LCD prism sheet, a light guide plate, an optical material such as a diffusion sheet, coatings, adhesives, those which can be suitably used as a raw material, such as sealant. 特に、本発明の硬化性組成物は、光学材料に好適に使用しうるものである。 In particular, curable compositions of the present invention can be suitably used as an optical material.

【0081】本発明の光学材料は、前記硬化性組成物を硬化させることによって得られる。 [0081] The optical material of the present invention is obtained by curing the curable composition.

【0082】前記硬化性組成物の硬化反応は、前記硬化触媒や重合開始剤を適宜用い、例えば、加熱、紫外線等の光線の照射等の、通常、公知の方法に準じて共重合反応を行えばよい。 [0082] The curing reaction of the curable composition, using the curing catalyst or the polymerization initiator appropriately, for example, heating, irradiation, etc. of rays such as ultraviolet rays, usually the row copolymerization reaction according to known methods Ebayoi.

【0083】例えば、共重合に際しての重合温度および重合時間については、硬化性組成物の組成、用途、使用する重合開始剤の種類およびその使用量によって異なるため一概には規定できないが、例えば、重合温度は、0 [0083] For example, the polymerization temperature and the polymerization time of the copolymerization, the composition of the curable composition, applications, although not generally be defined because it varies depending on the kind and amount of the polymerization initiator used, for example, polymerization temperature, 0
〜200℃、好ましくは20〜150℃であり、重合時間は、0.2〜100時間、好ましくは1〜72時間である。 To 200 DEG ° C., preferably from 20 to 150 ° C., the polymerization time is 0.2 to 100 hours, preferably 1 to 72 hours.

【0084】このようにして得られる本発明の光学材料は、屈折率が高く、アッベ数が高く、比重が小さいという優れた性質を有するものである。 [0084] The optical material of the present invention thus obtained has a high refractive index, high Abbe number, and has an excellent property that a low specific gravity.

【0085】従って、本発明の光学材料は、眼鏡用プラスチックレンズ、フレネルレンズ、レンチキュアーレンズ、光ディスク基板、プラスチック光ファイバー、LC [0085] Thus, the optical material of the present invention, plastic lenses for spectacles, a Fresnel lens, wrench cured lens, an optical disk substrate, a plastic optical fiber, LC
D用プリズムシート、導光板、拡散シート等の光学材料、塗料、接着剤、封止剤等の原料として好適に使用しうるものである。 D prism sheet, a light guide plate, an optical material such as a diffusion sheet, coatings, adhesives, those which can be suitably used as a raw material, such as sealant.

【0086】 [0086]

【実施例】次に、本発明を製造例および実施例に基づいてさらに詳細に説明するが、本発明はかかる実施例等によってのみ限定されるものではない。 EXAMPLES will be described in more detail based on production examples and embodiments thereof, the invention is not intended to be limited only by these Examples and the like.

【0087】製造例1 5リットル容の四つ口フラスコ内に塩化シアヌール18 [0087] cyanuric chloride Production Example 1-5 liter four-necked flask of volume 18
4.4g、ビス(2−メルカプトエチル)スルフィド3 4.4 g, bis (2-mercaptoethyl) sulfide 3
240.3gおよび臭化−テトラ−n−ブチルアンモニウム1.9gを仕込み、0〜10℃に保ちながら2時間かけて20%水酸化ナトリウム水溶液600gを滴下した。 240.3g and bromide - were charged tetra -n- butylammonium 1.9 g, was added dropwise over 2 hours a 20% aqueous sodium hydroxide 600g while maintaining 0 ° C..

【0088】滴下終了後、室温で2時間撹拌し、36重量%塩酸304.2gで中和した後、有機層と水層とに分液した。 [0088] After completion of the addition, it stirred for 2 hours at room temperature, neutralized with 36 wt% hydrochloric acid 304.2G, and an organic layer and an aqueous layer and a binary solution. 得られた有機層を水洗後、濃縮することにより、一般式(I)においてnがすべて2である2,4, After washing the resulting organic layer and concentrated, n are all 2 in the general formula (I) 2, 4,
6−トリ(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)− 6- tri (5-mercapto-3-Chiapentachio) -
1,3,5−トリアジン511.1gを得た。 To give the 1,3,5-triazine 511.1g.

【0089】得られた2,4,6−トリ(5−メルカプト−3−チアペンタチオ)−1,3,5−トリアジンは、表1においてポリチオールAとして示した。 [0089] The obtained 2,4,6 (5-mercapto-3-Chiapentachio) -1,3,5-triazine showed in Table 1 as polythiol A.

【0090】製造例2 5リットル容の四つ口フラスコ内に塩化シアヌール18 [0090] cyanuric chloride Production Example 2 5-liter, four necked flask Description 18
4.6g、1,2−エタンジチオール1978.2gおよび臭化−テトラ−n−ブチルアンモニウム1.9gを仕込み、製造例1と同様にして、一般式(I)においてnがすべて1である2,4,6−トリ(2−メルカプトエチルチオ)−1,3,5−トリアジン340gを得た。 4.6 g, 1,2-ethanedithiol 1978.2g and bromide - were charged tetra -n- butylammonium 1.9 g, in the same manner as in Production Example 1, n are all 1 in the general formula (I) 2 to give the 4,6-tri (2-mercaptoethyl thio) -1,3,5-triazine 340 g.

【0091】得られた2,4,6−トリ(2−メルカプトエチルチオ)−1,3,5−トリアジンは、表1においてポリチオールBとして示した。 [0091] The obtained 2,4,6-tri (2-mercaptoethyl thio) -1,3,5-triazine showed in Table 1 as polythiol B.

【0092】製造例3 5リットル容の四つ口フラスコ内に塩化シアヌール18 [0092] cyanuric chloride into a four-necked flask of Production Example 3 5 liter 18
4.6g、1,2−エタンジチオール1318.8g、 4.6g, 1,2- ethanedithiol 1318.8g,
ビス(2−メルカプトエチル)スルフィド1080.1 Bis (2-mercaptoethyl) sulfide 1080.1
g、臭化−テトラ−n−ブチルアンモニウム1.9gを仕込み、製造例1と同様にして、ポリチオール混合物3 g, bromide - were charged tetra -n- butylammonium 1.9 g, in the same manner as in Production Example 1, the polythiol mixture 3
95gを得た。 It was obtained 95g.

【0093】得られたポリチオール混合物をカラムクロマトグラフィーで分離精製し、一般式(I)においてn [0093] The resulting polythiol mixture was separated and purified by column chromatography, n in the general formula (I)
が1と2であるジ(2−メルカプトエチルチオ)−(5 Di There is a 1 and 2 (2-mercaptoethyl thio) - (5
−メルカプトー3−チアペンタチオ)−1,3,5−トリアジン296gを得た。 - to obtain a mercapto-3-Chiapentachio) -1,3,5-triazine 296 g.

【0094】得られたジ(2−メルカプトエチルチオ) [0094] The resulting di (2-mercaptoethyl thio)
−(5−メルカプトー3−チアペンタチオ)−1,3, - (5-mercapto-3-Chiapentachio) 1,3,
5−トリアジンは、表1においてポリチオールCとして示した。 5-triazine, indicated in Table 1 as polythiol C.

【0095】製造例4 5リットル容の四つ口フラスコ内に塩化シアヌール18 [0095] cyanuric chloride into a four-necked flask of Preparation Example 4 5 liter 18
4.6g、1,2−エタンジチオール659.4g、ビス(2−メルカプトエチル)スルフィド2160.2 4.6 g, 1,2-ethanedithiol 659.4G, bis (2-mercaptoethyl) sulfide 2160.2
g、臭化−テトラ−n−ブチルアンモニウム1.9gを仕込み、製造例1と同様にしてポリチオール混合物45 g, bromide - were charged tetra -n- butylammonium 1.9 g, polythiol mixture in the same manner as in Production Example 1 45
0gを得た。 It was obtained 0g.

【0096】得られたポリチオール混合物をカラムクロマトグラフィーで分離精製し、一般式(I)においてn [0096] The resulting polythiol mixture was separated and purified by column chromatography, n in the general formula (I)
が1と2である(2−メルカプトエチルチオ)−ジ(5 There is a 1 and 2 (2-mercaptoethyl thio) - di (5
−メルカプトー3−チアペンタチオ)−1,3,5−トリアジン330gを得た。 - to obtain a mercapto-3-Chiapentachio) -1,3,5-triazine 330 g. 得られた(2−メルカプトエチルチオ)−ジ(5−メルカプトー3−チアペンタチオ)−1,3,5−トリアジンは、表1においてポリチオールDとして示した。 The resulting (2-mercaptoethyl thio) - di (5-mercapto-3-Chiapentachio) -1,3,5-triazine showed in Table 1 as polythiol D.

【0097】製造例5 5リットル容の四つ口フラスコ内に塩化シアヌール18 [0097] cyanuric chloride into a four-necked flask of Preparation 5 5 liter 18
4.6g、1,2−エタンジチオール659.4g、ビス(2−メルカプトエチル)スルフィド1080.1g 4.6 g, 1,2-ethanedithiol 659.4G, bis (2-mercaptoethyl) sulfide 1080.1g
および8−メルカプトー3,6−ジチアオクタンチオール1501.1g、臭化−テトラ−n−ブチルアンモニウム1.9gを仕込み、製造例1と同様にしてポリチオール混合物505gを得た。 And 8-mercapto-3,6-thia octanethiol 1501.1G, bromide - were charged tetra -n- butylammonium 1.9 g, to obtain a polythiol mixture 505g in the same manner as in Production Example 1.

【0098】得られたポリチオール混合物をカラムクロマトグラフィーで分離精製し、一般式(I)においてn [0098] The resulting polythiol mixture was separated and purified by column chromatography, n in the general formula (I)
が1と2と3である(2−メルカプトエチルチオ)− There is a 1, 2, and 3 (2-mercaptoethyl thio) -
(5−メルカプトー3−チアペンタチオ)−(8−メルカプトー3,6−ジチアオクタチオ)―1,3,5−トリアジン328gを得た。 (5-mercapto-3-Chiapentachio) - was obtained (8-mercapto-3,6-Jichiaokutachio) -1,3,5-triazine 328 g.

【0099】得られた(2−メルカプトエチルチオ)− [0099] The resulting (2-mercaptoethyl thio) -
(5−メルカプトー3−チアペンタチオ)−(8−メルカプトー3,6−ジチアオクタチオ)―1,3,5−トリアジンは表1においてポリチオールEとして示した。 (5-mercapto-3-Chiapentachio) - (8-mercapto-3,6-Jichiaokutachio) -1,3,5-triazine showed a polythiol E in Table 1.

【0100】 [0100]

【表1】 [Table 1]

【0101】実施例1 製造例1で得られたポリチオールA10gとジビニルベンゼン(純度96%)10gを均一に混合し、硬化性組成物を得た。 [0102] Example 1 polythiol A10g and divinylbenzene (purity 96%) obtained in Production Example 1 10 g were homogeneously mixed to give a curable composition.

【0102】次に、前記硬化性組成物100重量部に対し、ラジカル重合開始剤として2,2'−アゾビス(2 [0102] Next, with respect to the curable composition 100 parts by weight, as a radical polymerization initiator 2,2'-azobis (2
−メチルブチロニトリル)0.8重量部を添加した後、 - methylbutyronitrile) was added 0.8 part by weight,
前記硬化性組成物を充分に脱気し、直径5cm、厚さ0.3cmのガラスモールドに注入し、55℃で6時間保持した。 Sufficiently degassed the curable composition was injected into a glass mold with a diameter of 5 cm, a thickness of 0.3 cm, it was held 6 hours at 55 ° C..

【0103】次に、5時間かけて100℃まで昇温し、 [0103] Then, the temperature was raised to 100 ℃ over a period of 5 hours,
100℃で3時間保った後、脱型し、前記硬化性組成物を硬化させた光学材料を得た。 After holding 3 hours at 100 ° C., and demolding to obtain an optical material obtained by curing the curable composition. 得られた光学材料は均一で無色透明であった。 The resulting optical material was colorless and transparent uniform.

【0104】次に、得られた光学材料の物性を以下の方法に従って調べた。 [0104] Next, the physical properties of the obtained optical material were examined in accordance with the following methods. その結果を表2に示す。 The results are shown in Table 2.

【0105】(1)屈折率およびアッベ数 アッベ屈折計(アタゴ製、4T型)を用いて、20℃における屈折率およびアッベ数を測定する。 [0105] (1) Refractive index and Abbe number Abbe refractometer (Atago Ltd., 4T-type) is used to measure the refractive index and Abbe number of 20 ° C..

【0106】(2)比重 JIS−K6911に従って測定する。 [0106] (2) measured in accordance with specific gravity JIS-K6911.

【0107】実施例2〜11 実施例1において、ポリチオールとして、表1のポリチオールA〜Eを用い、該ポリチオールA〜Eと共重合可能な化合物として純度96%の高純度ジビニルベンゼン(表2中、DVBと略す)、エチレングリコールジメタクリレート(表2中、EGDMと略す)、ビス(4−メタクリロイルチオフェニル)スルフィド(表2中、MP [0107] In Examples 2 to 11 Example 1, the polythiol used polythiol A~E in Table 1, the polythiol A~E copolymerizable with high purity divinylbenzene 96% pure as compounds (in Table 2 , abbreviated as DVB), in ethylene glycol dimethacrylate (Table 2, abbreviated as EGDM), bis (4-methacryloylthiophenyl) sulfide (in Table 2, MP
SMAと略す)、スチレン(表2中、Stと略す)、ビス(2−メルカプトエチル)スルフィド(表2中、DM Abbreviated as SMA), styrene (In Table 2, abbreviated as St), bis (2-mercaptoethyl) sulfide (In Table 2, DM
DSと略す)またはペンタエリスリトールテトラキスチオプロピオネート(表2中、PETPと略す)を用い、 Abbreviated as DS) or pentaerythritol tetrakis thiopropionate (In Table 2, abbreviated as PETP) with,
表2に示す組成となるように調整したほかは、実施例1 In addition adjusted so as to have the composition shown in Table 2, Example 1
と同様にして、各組成の硬化性組成物を得た。 In the same manner as to obtain a curable composition of the composition.

【0108】得られた硬化性組成物を用いて実施例1と同様にして光学材料を調製し、各物性を調べた。 [0108] Using the obtained curable composition in the same manner as in Example 1 of the optical material prepared to examine the physical properties. その結果を表2に示す。 The results are shown in Table 2.

【0109】 [0109]

【表2】 [Table 2]

【0110】表2に示された結果より、実施例1〜11 [0110] From the results shown in Table 2, Examples 1 to 11
で得られた光学材料は、いずれも、高屈折率を有し、高アッベ数であり、しかも低比重であることがわかる。 Optical material obtained in both, have a high refractive index, a high Abbe number, it can be seen that addition of low specific gravity.

【0111】すなわち、得られた光学材料は、いずれも光学材料に望まれる優れた特性を有しているものであることがわかる。 [0111] That is, the obtained optical material, it can be seen that both those which have excellent properties desired for an optical material.

【0112】実施例12 製造例1で得られたポリチオールA15gとm−キシリレンジイソシアナート5.4gを均一に混合し、硬化性樹脂組成物を得た。 [0112] Example 12 were uniformly mixed polythiol A15g and m- xylylene diisocyanate 5.4g obtained in Production Example 1 to obtain a curable resin composition.

【0113】次に、前記硬化性組成物100重量部に対し、ラジカル重合開始剤として2,2'−アゾビス(2 [0113] Next, with respect to the curable composition 100 parts by weight, as a radical polymerization initiator 2,2'-azobis (2
−メチルブチロニトリル)0.8重量部を添加し、前記硬化性組成物を十分に脱気した後、直径5cm、厚さ0.3cmのガラスモールドに注入し、60℃で5時間保持した。 - added methylbutyronitrile) 0.8 parts by weight, was thoroughly degassed the curable composition was injected into a glass mold with a diameter of 5 cm, a thickness of 0.3 cm, was held for 5 hours at 60 ° C. . 次に、10時間かけて100℃まで昇温し、 Then, the temperature was raised to 100 ° C. over a period of 10 hours,
100℃で3時間保ち、次いで120℃で3時間保った後、脱型し、前記硬化性組成物を硬化させた光学材料を得た。 It kept 3 hours at 100 ° C., and then was kept 3 hours at 120 ° C., and demolding to obtain an optical material obtained by curing the curable composition. 得られた光学材料は、均一で無色透明であった。 The resulting optical material was colorless and transparent uniform.

【0114】次に、得られた光学材料の物性を実施例1 Next, implement physical properties of the obtained optical material Example 1
と同様の方法により調べた。 It was examined by the same method as. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3.

【0115】実施例13〜18 実施例12において、ポリチオールとして、表1のポリチオールA〜Eを用い、該ポリチオールA〜Eと共重合可能な化合物として、m−キシリレンジイソシアナート(表3中、mXDIと略す)、ペンタエリスリトールテトラキスチオプロピオネート(表3中、PETPと略す)または4,4'−ジフェニルメタンジイソシアナート(表3中、MDIと略す)を用い、表3に示す組成となるように変更したほかは、実施例12と同様にして各組成の硬化性組成物を得た。 [0115] In Example 13 to 18 Example 12, as a polythiol, using polythiol A~E in Table 1, as the polythiol A~E copolymerizable compounds, in m- xylylene diisocyanate (Table 3, abbreviated as MXDI), among pentaerythritol tetrakis thiopropionate (Table 3, abbreviated) or in 4,4'-diphenylmethane diisocyanate (Table 3 PETP, abbreviated as MDI) used, the compositions shown in Table 3 Besides changing way it is to obtain a curable composition of the composition in the same manner as in example 12.

【0116】得られた硬化性組成物を用いて実施例12 [0116] Using the obtained curable composition Example 12
と同様にして光学材料を調製し、各物性を調べた。 The optical material was prepared in the same manner as were examined physical properties. その結果を表3に示す。 The results are shown in Table 3.

【0117】 [0117]

【表3】 [Table 3]

【0118】表3に示された結果より、実施例12〜1 [0118] From the results shown in Table 3, Example 12-1
8で得られた光学材料は、いずれも、高屈折率を有し、 Optical material obtained in 8 are both have a high refractive index,
高アッベ数であり、しかも低比重であることがわかる。 A high Abbe number, yet it can be seen that a low specific gravity.

【0119】すなわち、得られた光学材料は、いずれも光学材料に望まれる優れた特性を有しているものであることがわかる。 [0119] That is, the obtained optical material, it can be seen that both those which have excellent properties desired for an optical material.

【0120】 [0120]

【発明の効果】本発明の硬化性組成物は、硬化性に優れており、該硬化性組成物を用いて得られた光学材料は、 The curable composition of the present invention according to the present invention is excellent in curability, the optical material obtained by using the curable composition,
従来の光学材料と同等もしくはそれ以上の高屈折率を有し、高アッベ数であり、しかも低比重である樹脂を与えるという優れた性質を有するものである。 It has a conventional optical material equal to or more high refractive index, a high Abbe number, yet it has excellent properties of providing a resin that is low in specific gravity.

【0121】したがって、本発明の硬化性組成物は、光学材料だけでなく、塗料、接着剤、封止材等の種々の原料として好適に使用しうるものである。 [0121] Therefore, the curable composition of the present invention not only optical materials, paints, adhesives, those which can be suitably used as various raw materials such as sealing materials.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 6識別記号 FI G11B 7/24 526 G11B 7/24 526N // C07D 251/38 C07D 251/38 C (72)発明者 鈴木 道夫 兵庫県加古郡播磨町宮西346番地の1 住 友精化株式会社第1研究所内 (72)発明者 畑 啓之 兵庫県加古郡播磨町宮西346番地の1 住 友精化株式会社第1研究所内 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (51) Int.Cl. 6 identification symbol FI G11B 7/24 526 G11B 7/24 526N // C07D 251/38 C07D 251/38 C (72) inventor Suzuki, Hyogo Prefecture Kako-gun, Michio Harima-cho Miyanishi within a living Tomosei demutualization first Institute of address 346 (72) inventor Hiroyuki Hata Hyogo Prefecture Kako-gun, Harima-cho, Miyanishi 1 living Tomosei demutualization first in the Institute of address 346

Claims (3)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 一般式(I): 【化1】 1. A general formula (I): ## STR1 ## (式中、nは、それぞれ同一または異なっていてよい0 (In the formula, n, it may have the same or different 0
    〜5の整数を示す)で表されるポリチオール5〜90重量%および該ポリチオールと共重合可能な化合物10〜 Polythiol 5-90 represented by 5 an integer of) percent by weight and the polythiol copolymerizable compound 10
    95重量%を含有してなる硬化性組成物。 Curable composition comprising 95 wt%.
  2. 【請求項2】 ポリチオールと共重合可能な化合物が、 2. A polythiol and copolymerizable compounds,
    ポリイソシアナート化合物、ポリイソチオシアナート化合物、イソシアナート基を有するイソチオシアナート化合物、重合性不飽和結合を有するモノマー、エポキシ化合物、エピチオ化合物および一般式(I)で表されるポリチオール以外の複数のチオール基を有するモノマーからなる群より選ばれた少なくとも1種である請求項1記載の硬化性組成物。 Polyisocyanate compounds, poly isothiocyanate compounds, isothiocyanate compounds having an isocyanate group, a monomer having a polymerizable unsaturated bond, an epoxy compound, epithio compound and the general formula (I) in a plurality of non polythiol represented the curable composition according to claim 1, wherein at least one member selected from the group consisting of a monomer having a thiol group.
  3. 【請求項3】 請求項1または2記載の硬化性組成物を硬化させてなる光学材料。 3. An optical material obtained by curing the claims 1 or 2 curable composition.
JP16335298A 1998-06-11 1998-06-11 Curable composition and optical material obtained by using the same Pending JPH11349658A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16335298A JPH11349658A (en) 1998-06-11 1998-06-11 Curable composition and optical material obtained by using the same

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16335298A JPH11349658A (en) 1998-06-11 1998-06-11 Curable composition and optical material obtained by using the same

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11349658A true true JPH11349658A (en) 1999-12-21

Family

ID=15772263

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP16335298A Pending JPH11349658A (en) 1998-06-11 1998-06-11 Curable composition and optical material obtained by using the same

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11349658A (en)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2004061009A1 (en) 2003-01-06 2004-07-22 Fuji Photo Film Co., Ltd. Optical members and polymerizable compositions and thio compounds for producing them
JP2006265408A (en) * 2005-03-24 2006-10-05 Mitsubishi Gas Chem Co Inc Polymerizable composition
JP2006299217A (en) * 2004-06-23 2006-11-02 Mitsubishi Gas Chem Co Inc Polymerizable composition
JP2009203248A (en) * 2008-01-30 2009-09-10 Hitachi Chem Co Ltd Sulfur-containing multi-branch compound and unsaturated group-containing multi-branch compound
JP2011219643A (en) * 2010-04-12 2011-11-04 Jsr Corp Triazine unit-containing poly(phenylene thioether)
WO2012147709A1 (en) * 2011-04-28 2012-11-01 三菱瓦斯化学株式会社 Curable composition and adhesive for optical applications
WO2013027707A1 (en) * 2011-08-19 2013-02-28 Hoya株式会社 Urethane-based optical component and manufacturing process therefor
WO2014188914A1 (en) * 2013-05-24 2014-11-27 株式会社ブリヂストン Composition, adhesive agent, adhesive sheet, and laminate
WO2018021567A1 (en) * 2016-07-29 2018-02-01 ホヤ レンズ タイランド リミテッド Resin composition

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006518046A (en) * 2003-01-06 2006-08-03 富士写真フイルム株式会社 An optical member, the polymerizable composition and thio compounds
WO2004061009A1 (en) 2003-01-06 2004-07-22 Fuji Photo Film Co., Ltd. Optical members and polymerizable compositions and thio compounds for producing them
JP2006299217A (en) * 2004-06-23 2006-11-02 Mitsubishi Gas Chem Co Inc Polymerizable composition
JP4595706B2 (en) * 2004-06-23 2010-12-08 三菱瓦斯化学株式会社 Polymerizable composition
JP2006265408A (en) * 2005-03-24 2006-10-05 Mitsubishi Gas Chem Co Inc Polymerizable composition
JP2009203248A (en) * 2008-01-30 2009-09-10 Hitachi Chem Co Ltd Sulfur-containing multi-branch compound and unsaturated group-containing multi-branch compound
JP2011219643A (en) * 2010-04-12 2011-11-04 Jsr Corp Triazine unit-containing poly(phenylene thioether)
JPWO2012147709A1 (en) * 2011-04-28 2014-07-28 三菱瓦斯化学株式会社 The curable compositions and optical adhesive
WO2012147709A1 (en) * 2011-04-28 2012-11-01 三菱瓦斯化学株式会社 Curable composition and adhesive for optical applications
CN103562272A (en) * 2011-04-28 2014-02-05 三菱瓦斯化学株式会社 Curable composition and adhesive for optical applications
WO2013027707A1 (en) * 2011-08-19 2013-02-28 Hoya株式会社 Urethane-based optical component and manufacturing process therefor
US9193831B2 (en) 2011-08-19 2015-11-24 Hoya Corporation Urethane-based optical component and manufacturing process therefor
JPWO2013027707A1 (en) * 2011-08-19 2015-03-19 Hoya株式会社 Urethane optical member and a manufacturing method thereof
WO2014188914A1 (en) * 2013-05-24 2014-11-27 株式会社ブリヂストン Composition, adhesive agent, adhesive sheet, and laminate
US9975986B2 (en) 2013-05-24 2018-05-22 Bridgestone Corporation Composition, adhesive agent, adhesive sheet, and laminate
WO2018021567A1 (en) * 2016-07-29 2018-02-01 ホヤ レンズ タイランド リミテッド Resin composition
JP2018016778A (en) * 2016-07-29 2018-02-01 ホヤ レンズ タイランド リミテッドHOYA Lens Thailand Ltd Resin composition

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1134242A2 (en) Plastic lenses for spectacles
JP2005281527A (en) Method for manufacturing sulfur-containing prepolymer and method for producing plastic lens
KR20120058635A (en) Preparation of Polythiol Compound for Optical Lens and Polymerizable Composition Comprising It
JP2005121679A (en) Method of producing plastic lens and plastic lens
JP2001342252A (en) New polythiol-containing polymerizable composition, resin obtained by polymerizing the composition and lens
EP0134861A1 (en) Resin material for plastic lens and lens composed thereof
US5736609A (en) Sulfur-containing urethane-based resin composition, its resin, and optical element and lens comprising resin
CN101400648A (en) Method for producing polythiol compound for optical material and polymerizable composition containing same
JP2009520057A (en) Polyurethanes, polyurethane (urea), sulfur-containing polyurethane and the sulfur-containing polyurethane (urea) and Preparation method
JP2007197615A (en) Composition for resin
JPH0525240A (en) Composition for plastic lens
US6417273B1 (en) Monomer composition for optical plastic optical material, optical plastic material, and lens
JPH1112273A (en) Episulfide compound and its compound
CN101495531A (en) Resin composition for optical material and optical material using the same
JP2005336104A (en) Method for producing pentaerythritol mercaptocarboxylic acid ester and polymerizable composition composed thereof
US20020022713A1 (en) Polythiol, polymerizable composition, resin and lens, and process for preparing thiol compound
WO2015046540A1 (en) Transparent plastic substrate and plastic lens
JP2002131502A (en) Optical product
JP2001091906A (en) Plastic spectacle lens having excellent ultraviolet ray absorptivity and method for manufacturing the same
JP2005298736A (en) Sulfur-containing compound, method for producing the same, sulfur-containing polymer and optical material
WO1996014594A1 (en) High refractive index lenses
JP2002226456A (en) New polythiol
JPH10114825A (en) Composition for optical resin and its use
EP2008998A1 (en) Process for production of (poly)thiol compound for use as optical material, and polymerizable composition comprising the compound
JPH08183816A (en) Curable resin composition