JPH11306648A - Information record medium with copy protecting function, unauthorized copy detecting device, and unauthorized copy detecting method - Google Patents

Information record medium with copy protecting function, unauthorized copy detecting device, and unauthorized copy detecting method

Info

Publication number
JPH11306648A
JPH11306648A JP10113414A JP11341498A JPH11306648A JP H11306648 A JPH11306648 A JP H11306648A JP 10113414 A JP10113414 A JP 10113414A JP 11341498 A JP11341498 A JP 11341498A JP H11306648 A JPH11306648 A JP H11306648A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
information
area
recording medium
recorded
information recording
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10113414A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hideo Ando
Hisashi Yamada
秀夫 安東
尚志 山田
Original Assignee
Toshiba Corp
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiba Corp, 株式会社東芝 filed Critical Toshiba Corp
Priority to JP10113414A priority Critical patent/JPH11306648A/en
Publication of JPH11306648A publication Critical patent/JPH11306648A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To impart a copy protecting function on an information record medium by providing trap areas which generate confusion in a copy device which is ready to copy whole information including prescribed information. SOLUTION: A first trap area T1 is formed by a track forming an endless locus. When a device is ready to reproduce this first trap area T1, data on the same track become to be repeatedly reproduced. That is, since it is made possible to obstruct the normal operation of the device which is ready to reproduce the first trap area T1, the area promotes the runaway of the device. Moreover, a second trap area T2 is formed by a concentric circle shaped track. When a device is ready to reproduce the second trap area T2, data on the same track become to be repeatedly reproduced and similarly it is possible to obstruct the normal operation of the device which is ready to reproduce the second trap area T2.

Description

【発明の詳細な説明】DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】[0001]

【発明の属する技術分野】この発明は、光ディスクなど
の情報記録媒体に関するものであり、情報記録媒体に記
録された全情報をコピーするディスクコピーをプロテク
トする機能を備えたコピープロテクト機能付き情報記録
媒体に関する。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention relates to an information recording medium such as an optical disk, and more particularly, to an information recording medium having a copy protection function having a function of protecting a disk copy for copying all information recorded on the information recording medium. About.

【0002】[0002]

【従来の技術】近年、種々のタイプの光ディスク、例え
ば、高密度記録を特徴とするDVD−RAM及びDVD
−ROM等に関する提案が盛んになされている。このよ
うな光ディスクには、情報がデジタル記録される。その
ため、不正コピー防止に関する技術は欠かせないものと
なっている。
2. Description of the Related Art In recent years, various types of optical disks, for example, DVD-RAMs and DVDs characterized by high-density recording
-Proposals regarding ROM and the like are actively made. Information is digitally recorded on such an optical disk. For this reason, technology for preventing unauthorized copying is indispensable.

【0003】不正コピー防止策として良く知られたもの
には、光ディスクに記録される情報を暗号化する方法が
ある。つまり、光ディスクには、特定の暗号鍵により暗
号化された暗号化情報が記録される。暗号化情報が記録
された光ディスクからは、当然、暗号化情報が再生され
る。このとき、この暗号化情報を復号化するための解読
鍵が無ければ、光ディスクから再生された暗号化情報を
復号化することはできない。つまり、解読鍵を持たない
不正ユーザは、光ディスクに記録された暗号化情報を復
号化して利用することはできない。
A well-known method for preventing unauthorized copying is to encrypt information recorded on an optical disk. That is, on the optical disk, encryption information encrypted with a specific encryption key is recorded. Naturally, the encrypted information is reproduced from the optical disk on which the encrypted information is recorded. At this time, if there is no decryption key for decrypting the encrypted information, the encrypted information reproduced from the optical disk cannot be decrypted. That is, an unauthorized user who does not have a decryption key cannot decrypt and use the encrypted information recorded on the optical disc.

【0004】[0004]

【発明が解決しようとする課題】ところが、上記したよ
うな不正コピー防止策は、あくまでも、光ディスクに記
録された情報が復号化されて利用されるのを防止するた
めのものであり、光ディスクに記録された情報のコピー
を防止するためのものではない。例えば、光ディスクに
記録された全情報をそっくりそのままコピーするRFコ
ピー(ディスクコピー)により、光ディスクに記録され
た全情報はコピーされてしまう。
However, the above-mentioned measure for preventing unauthorized copying is intended only to prevent the information recorded on the optical disk from being decrypted and used. It is not to prevent the copying of the information that has been performed. For example, all information recorded on an optical disc is copied by RF copy (disc copy), which copies the entire information recorded on the optical disc as it is.

【0005】この発明の目的は、上記問題に鑑みなされ
たものであって、下記のコピープロテクト機能付き情報
記録媒体、不正コピー検出装置、及び不正コピー検出方
法を提供することにある。
An object of the present invention, which has been made in view of the above problems, is to provide an information recording medium with a copy protection function, an unauthorized copy detection device, and an unauthorized copy detection method described below.

【0006】(1)ディスクコピーを困難にすることが
可能なコピープロテクト機能付き情報記録媒体。
(1) An information recording medium with a copy protection function that makes it difficult to copy a disc.

【0007】(2)不正にディスクコピーされた不正コ
ピー情報の検出に貢献することが可能なコピープロテク
ト機能付き情報記録媒体。
(2) An information recording medium with a copy protection function that can contribute to the detection of illegal copy information illegally copied to a disk.

【0008】(3)不正にディスクコピーされた不正コ
ピー情報を検出することが可能な不正コピー検出装置。
(3) An illegal copy detecting device capable of detecting illegal copy information illegally copied to a disk.

【0009】(4)不正にディスクコピーされた不正コ
ピー情報を検出することが可能な不正コピー検出方法。
(4) An illegal copy detecting method capable of detecting illegal copy information illegally copied to a disk.

【0010】[0010]

【課題を解決するための手段】上記課題を解決し目的を
達成するために、この発明のコピープロテクト機能付き
情報記録媒体、不正コピー検出装置、及び不正コピー検
出方法は、以下のように構成されている。
Means for Solving the Problems To solve the above problems and achieve the object, an information recording medium with a copy protection function, an unauthorized copy detection device, and an unauthorized copy detection method of the present invention are configured as follows. ing.

【0011】この発明のコピープロテクト機能付き情報
記録媒体は、所定の情報の記録を担う情報記録エリア
と、この情報記録媒体に記録されている前記所定の情報
を含む全情報をコピーしようとするコピー装置に混乱を
生じさせるトラップエリアとを備えている。
An information recording medium with a copy protection function according to the present invention has an information recording area for recording predetermined information, and a copy for copying all information including the predetermined information recorded on the information recording medium. A trap area that causes confusion in the device.

【0012】この発明の不正コピー検出装置は、情報記
録媒体に記録されている情報を再生する再生手段と、前
記再生手段により再生された再生情報に基づき、前記情
報記録媒体に記録されている情報が不正にコピーされた
不正コピー情報に該当するか否かを検出する不正コピー
検出手段とを備えている。
[0012] An unauthorized copy detection device according to the present invention comprises a reproducing means for reproducing information recorded on an information recording medium, and information recorded on the information recording medium based on the reproduced information reproduced by the reproducing means. Unauthorized copy detecting means for detecting whether or not the information corresponds to illegally copied illegally copied information.

【0013】この発明の不正コピー検出方法は、情報記
録媒体に記録されている情報を再生する第1のステップ
と、前記第1のステップにより再生された再生情報に基
づき、前記情報記録媒体に記録されている情報が不正に
コピーされた不正コピー情報に該当するか否かを検出す
る第2のステップとを備えている。
An unauthorized copy detection method according to the present invention includes a first step of reproducing information recorded on an information recording medium, and recording the information on the information recording medium based on the reproduced information reproduced in the first step. A second step of detecting whether or not the copied information corresponds to illegally copied information that has been illegally copied.

【0014】[0014]

【発明の実施の形態】以下、この発明の実施の形態につ
いて図面を参照して説明する。
Embodiments of the present invention will be described below with reference to the drawings.

【0015】この発明のコピープロテクト機能付き情報
記録媒体としての光ディスクは、トラップエリアを備え
ている。また、この光ディスクは、リードインエリア、
データエリア、及びリードアウトエリアを備えている。
トラップエリアは、リードインエリア内の通常の再生時
には再生されない位置、リードインエリアとデータエリ
アの間の通常の再生時には再生されない位置、又はデー
タエリア内の通常の再生時には再生されない位置に配置
される。この通常の再生時には再生されない位置は、デ
ィスクコピーが実行されたときには再生される。また、
トラップエリアを除く、リードインエリア、データエリ
ア、及びリードアウトエリアを総称して、ディスクデー
タエリア(請求項記載の情報記録エリアに相当)とす
る。なお、リードインエリア、データエリア、リードア
ウトエリア、及びトラップエリアに関しては、後に詳し
く説明する。
An optical disk as an information recording medium with a copy protection function according to the present invention has a trap area. This optical disc has a lead-in area,
It has a data area and a lead-out area.
The trap area is located at a position in the lead-in area that is not reproduced during normal reproduction, a position between the lead-in area and the data area that is not reproduced during normal reproduction, or a position within the data area that is not reproduced during normal reproduction. . The position that is not reproduced during the normal reproduction is reproduced when a disk copy is executed. Also,
The lead-in area, data area, and lead-out area excluding the trap area are collectively referred to as a disk data area (corresponding to an information recording area described in the claims). The lead-in area, data area, lead-out area, and trap area will be described later in detail.

【0016】ディスクデータエリアは、所定長にわたっ
て連続する螺旋状のトラックにより形成される。また、
この所定長にわたって連続する螺旋状のトラックには、
連続する複数のセクタエリアが含まれる。一つのセクタ
エリアには、ヘッダエリア及びレコーディングエリアが
含まれる。ヘッダエリアには、アドレスエリアが含まれ
る。このアドレスエリアには、このアドレスエリアが属
するセクタエリアの光ディスク上における絶対位置を示
す物理アドレス情報が記録される。具体的に言うと、連
続するセクタエリアのアドレスエリアには、連続番号が
記録される。レコーディングエリアには、2048バイ
ト単位のユーザーデータが記録される。
The disk data area is formed by spiral tracks that are continuous over a predetermined length. Also,
A continuous spiral track over this predetermined length includes:
A plurality of continuous sector areas are included. One sector area includes a header area and a recording area. The header area includes an address area. In this address area, physical address information indicating the absolute position on the optical disk of the sector area to which this address area belongs is recorded. Specifically, a serial number is recorded in an address area of a continuous sector area. In the recording area, user data in units of 2048 bytes is recorded.

【0017】トラップエリアは、ディスクコピーを困難
にするため、及び不正にディスクコピーされた不正コピ
ー情報の検出に貢献するために設けられたエリアであ
る。このトラップエリアは、特定のトラック又は特定の
セクタエリアにより形成される。また、この特定のトラ
ックには、複数のセクタエリアが含まれる。一つのセク
タエリアには、ヘッダエリア及びレコーディングエリア
が形成される。トラップエリアには、大別して、トラッ
ク形状の特徴(螺旋が崩れた状態)を利用したものと、
アドレス情報の特徴(正規のアドレス情報を持たないも
の)を利用したものとがある。前者には、第1のトラッ
プエリア、第2のトラップエリア、及び第3のトラップ
エリアの計3種類がある。後者には、第4のトラップエ
リア、第5のトラップエリア、及び第6のトラップエリ
アの計3種類がある。
The trap area is an area provided to make it difficult to copy a disc and to contribute to the detection of illegal copy information illegally copied to a disc. This trap area is formed by a specific track or a specific sector area. Also, this specific track includes a plurality of sector areas. A header area and a recording area are formed in one sector area. The trap area is roughly divided into those using the characteristics of the track shape (the state in which the spiral is broken),
Some use features of address information (those without regular address information). The former includes a first trap area, a second trap area, and a third trap area in total. The latter has a total of three types: a fourth trap area, a fifth trap area, and a sixth trap area.

【0018】ここで、図1〜図3を参照して、第1〜第
6のトラップエリアについて説明する。
Here, the first to sixth trap areas will be described with reference to FIGS.

【0019】第1のトラップエリアT1は、図1に示す
ように、無限軌道を形成するトラックにより形成され
る。無限軌道を形成するトラックとは、螺旋状のトラッ
クの一部が他のトラックに接触して螺旋が閉じた状態の
トラックのことである。この第1のトラップエリアT1
を再生しようとすると、同一トラック上のデータが繰り
返し再生されることになる。つまり、この第1のトラッ
プエリアT1は、この第1のトラップエリアT1を再生
しようとした装置の正常な再生動作を阻止することがで
きる。換言すれば、この第1のトラップエリアT1は、
この第1のトラップエリアT1を再生しようとした装置
の暴走を助長する。
As shown in FIG. 1, the first trap area T1 is formed by tracks forming an endless track. A track that forms an endless track is a track in which a part of a spiral track contacts another track and the spiral is closed. This first trap area T1
Will be reproduced repeatedly on the same track. That is, the first trap area T1 can prevent a normal reproduction operation of the device that attempts to reproduce the first trap area T1. In other words, the first trap area T1 is
This promotes a runaway of the device that attempts to regenerate the first trap area T1.

【0020】第2のトラップエリアT2は、図1及び図
2に示すように、同心円上のトラックにより形成され
る。この第2のトラップエリアT2を再生しようとする
と、同一のトラック上のデータが繰り返し再生されるこ
とになる。つまり、この第2のトラップエリアT2は、
この第2のトラップエリアT2を再生しようとした装置
の正常な再生動作を阻止することができる。換言すれ
ば、この第2のトラップエリアT2は、この第2のトラ
ップエリアT2を再生しようとした装置の暴走を助長す
る。
The second trap area T2 is formed by concentric tracks as shown in FIGS. When trying to reproduce the second trap area T2, data on the same track is repeatedly reproduced. That is, this second trap area T2
It is possible to prevent a normal reproducing operation of the device that attempts to reproduce the second trap area T2. In other words, the second trap area T2 promotes a runaway of a device that attempts to reproduce the second trap area T2.

【0021】第3のトラップエリアT3は、所定長にわ
たって連続しないトラックにより形成される。所定長に
わたって連続しないトラックとは、図2に示すように、
所定長に満たない長さで行き止まりになっているトラッ
クのことである。この第3のトラップエリアT3を再生
しようとすると、再生が途中で途切れてしまう。或い
は、再生が途切れないようにトラックジャンプが働き、
正常な連続データが再生されない。つまり、この第3の
トラップエリアT3は、この第3のトラップエリアT3
を再生しようとした装置の正常な再生動作を阻止するこ
とができる。換言すれば、この第3のトラップエリアT
3は、この第3のトラップエリアT3を再生しようとし
た装置の暴走を助長する。
The third trap area T3 is formed by tracks that are not continuous over a predetermined length. A track that is not continuous over a predetermined length is, as shown in FIG.
A dead end track that is shorter than a predetermined length. When trying to reproduce the third trap area T3, the reproduction is interrupted in the middle. Alternatively, track jump works so that playback is not interrupted,
Normal continuous data is not played. That is, the third trap area T3 is different from the third trap area T3.
The normal reproduction operation of the device attempting to reproduce the data can be prevented. In other words, the third trap area T
No. 3 promotes a runaway of the device which attempts to reproduce the third trap area T3.

【0022】第4のトラップエリアT4は、図3に示す
ように、物理アドレス情報を持たないセクタエリアによ
り形成される。物理アドレス情報を持たないセクタエリ
アとは、アドレスエリアに物理アドレス情報が記録され
ていないセクタエリアのことである。この第4のトラッ
プエリアを再生しようとすると、物理アドレスが欠落し
ているため、光ディスク上の第4のトラップエリアT4
の位置が確認できない。そのため、正常な連続データは
再生できない。つまり、この第4のトラップエリアT4
は、この第4のトラップエリアT4を再生しようとした
装置の正常な再生動作を阻止することができる。換言す
れば、この第4のトラップエリアT4は、この第4のト
ラップエリアT4を再生しようとした装置の暴走を助長
する。
As shown in FIG. 3, the fourth trap area T4 is formed by a sector area having no physical address information. The sector area having no physical address information is a sector area in which no physical address information is recorded in the address area. When trying to reproduce this fourth trap area, the physical address is missing, so that the fourth trap area T4
Position cannot be confirmed. Therefore, normal continuous data cannot be reproduced. That is, the fourth trap area T4
Can prevent the normal reproduction operation of the device that attempts to reproduce the fourth trap area T4. In other words, the fourth trap area T4 promotes a runaway of a device that attempts to reproduce the fourth trap area T4.

【0023】第5のトラップエリアT5は、他のアドレ
ス情報と重複する偽のアドレス情報を持つセクタエリア
により形成される。他のアドレス情報と重複する偽のア
ドレス情報を持つセクタエリアとは、アドレスエリアに
他のセクタエリアのアドレス情報が記録されたセクタエ
リアのことである。この第5のトラップエリアを再生し
ようとすると、偽のアドレス情報の影響により、正常な
連続データは再生できない。つまり、この第5のトラッ
プエリアT5は、この第5のトラップエリアT5を再生
しようとした装置の正常な再生動作を阻止することがで
きる。換言すれば、この第5のトラップエリアT5は、
この第5のトラップエリアT5を再生しようとした装置
の暴走を助長する。
The fifth trap area T5 is formed by a sector area having false address information overlapping with other address information. The sector area having false address information overlapping with other address information is a sector area in which address information of another sector area is recorded in the address area. When trying to reproduce the fifth trap area, normal continuous data cannot be reproduced due to the influence of false address information. In other words, the fifth trap area T5 can prevent a normal reproducing operation of the device that attempts to reproduce the fifth trap area T5. In other words, the fifth trap area T5 is
This promotes a runaway of the device that attempts to reproduce the fifth trap area T5.

【0024】第6のトラップエリアT6は、光ディスク
上の位置と関係の無い偽のアドレス情報(実在しないア
ドレス)を持つセクタエリアにより形成される。本来、
連続するセクタエリアのアドレスエリアには、連続番号
が記録される。ところが、光ディスク上の位置と関係の
無い偽のアドレス情報を持つセクタエリアには、前後の
セクタエリアのアドレス情報と関連しないアドレス情報
が記録される。このような光ディスク上の位置と関係の
無い偽のアドレス情報を持つセクタエリアの存在によ
り、連続するセクタエリアのアドレス情報が連続しない
情報となる。この第6のトラップエリアを再生しようと
すると、偽のアドレス情報の影響により、正常な連続デ
ータは再生できない。つまり、この第6のトラップエリ
アT6は、この第6のトラップエリアT6を再生しよう
とした装置の正常な再生動作を阻止することができる。
換言すれば、この第6のトラップエリアT6は、この第
6のトラップエリアT6を再生しようとした装置の暴走
を助長する。
The sixth trap area T6 is formed by a sector area having false address information (non-existent address) irrelevant to the position on the optical disk. Originally,
Serial numbers are recorded in address areas of consecutive sector areas. However, in a sector area having false address information irrelevant to the position on the optical disc, address information that is not related to the address information of the preceding and following sector areas is recorded. Due to the existence of such a sector area having false address information irrelevant to the position on the optical disc, the address information of consecutive sector areas becomes discontinuous information. When attempting to reproduce the sixth trap area, normal continuous data cannot be reproduced due to the influence of false address information. In other words, the sixth trap area T6 can prevent a normal reproduction operation of the device that attempts to reproduce the sixth trap area T6.
In other words, the sixth trap area T6 promotes a runaway of a device that attempts to regenerate the sixth trap area T6.

【0025】上記した第1〜第6のトラップエリアの働
きにより、ディスクコピーを実行しようとした装置の再
生動作が阻止される。つまり、上記した第1〜第6のト
ラップエリアにより、ディスクコピーが防止される。ま
た、上記した第1〜第6のトラップエリアは、リードイ
ンエリア内の通常の再生時には再生されない位置、リー
ドインエリアとデータエリアの間の通常の再生時には再
生されない位置、又はデータエリア内の通常の再生時に
は再生されない位置に配置される。このため、通常の再
生時の再生動作を阻害することはない。
By the functions of the above-mentioned first to sixth trap areas, the reproducing operation of the apparatus for executing the disk copy is prevented. That is, the first to sixth trap areas prevent the disk copy. Further, the above-described first to sixth trap areas are located at a position in the lead-in area that is not reproduced during normal reproduction, a position between the lead-in area and the data area that is not reproduced during normal reproduction, or a normal position in the data area. Is placed at a position that is not played back during playback. For this reason, the reproduction operation during normal reproduction is not hindered.

【0026】また、上記第1〜第6のトラップエリア
は、単独でもコピープロテクト機能を発揮することがで
きるが、組み合わせてもよい。例えば、図1に示すよう
に、光ディスク上の所定位置に第1及び第2のトラップ
エリアを配置したり、図2に示すように、光ディスク上
の所定位置に第2及び第3のトラップエリアを配置した
りして、ディスクコピーを防止するようにしてもよい。
The first to sixth trap areas can independently exhibit the copy protection function, but may be combined. For example, as shown in FIG. 1, first and second trap areas are arranged at predetermined positions on an optical disk, and as shown in FIG. 2, second and third trap areas are arranged at predetermined positions on an optical disk. It may be arranged to prevent disk copying.

【0027】さらに、上記第1〜第6のトラップエリア
は、不正にディスクコピーされた不正コピー情報の検出
に貢献することもできる。例えば、上記第1〜第6のト
ラップエリアが形成されたディスクが、ディスクコピー
されてしまったとする。しかし、上記第1〜第6のトラ
ップエリアの働きにより、ディスクコピーにより得られ
た不正コピー情報には、所定の特徴が見られる。この所
定の特徴を検出することにより、不正コピー情報を見分
けることができる。例えば、第1又は第2のトラップエ
リアが働いた場合(同一トラック上のデータが繰り返し
再生された場合)、不正コピー情報には第1又は第2の
トラップエリアに記録された情報が複数含まれることに
なる。つまり、不正コピー情報には第1又は第2のトラ
ップエリアのアドレス情報が複数含まれることになる。
第3のトラップエリアが働いた場合(無理なトラックジ
ャンプが働いた場合)、不正コピー情報には不連続なデ
ータが含まれることになる。この場合、無理なトラック
ジャンプにより、アドレス情報の乱れが生じる。第4、
第5、又は第6のトラップエリアが働いた場合、不正コ
ピー情報にはアドレス情報の乱れが含まれることにな
る。なお、不正コピーの検出については後に詳しく説明
する。
Further, the first to sixth trap areas can contribute to detection of illegal copy information illegally copied to a disc. For example, it is assumed that the disk on which the first to sixth trap areas are formed has been copied. However, due to the function of the first to sixth trap areas, the illegal copy information obtained by the disk copy has a predetermined characteristic. By detecting this predetermined feature, illegal copy information can be identified. For example, when the first or second trap area operates (when data on the same track is repeatedly reproduced), the illegal copy information includes a plurality of pieces of information recorded in the first or second trap area. Will be. That is, the illegal copy information includes a plurality of pieces of address information of the first or second trap area.
When the third trap area operates (when an unreasonable track jump operates), the illegal copy information includes discontinuous data. In this case, the address information is disturbed due to an unreasonable track jump. Fourth,
When the fifth or sixth trap area operates, the illegal copy information includes a disorder of the address information. The detection of an illegal copy will be described later in detail.

【0028】次に、DVD−ROMディスクの規格を説
明するとともに、上記したコピープロテクト機能付き情
報記録媒体をDVD−ROMディスクに適用した場合に
ついて説明する。DVD−ROMには、ピットによりデ
ータが記録される。そして、このピット並びにより仮想
的なトラックが形成される。
Next, the standard of the DVD-ROM disc will be described, and the case where the above-described information recording medium with a copy protection function is applied to a DVD-ROM disc will be described. Data is recorded by pits on the DVD-ROM. Then, these pits and more virtual tracks are formed.

【0029】図9は、DVD−ROMディスクのデータ
構造を概略的に示す図である。DVD−ROMディスク
には、内周側803から外周側804へ向けて順に、リ
ードインエリア800、データエリア801、及びリー
ドアウトエリア802が配置されている。DVD−RO
Mディスクには、情報が2048バイト毎のまとまりと
して記録されており、この記録最小単位がセクタと呼ば
れるる(セクタについての詳細な説明は後述する)。各
セクタには、トラップエリアの説明時に示したアドレス
情報に相当する物理セクタ番号が設定される。この物理
セクタ番号は、後述するようにDVD−ROMディスク
の記録面上に記録されている。物理セクタ番号開始位置
805はディスク最内周のリードインエリア800の先
頭セクタと一致し、外周に行くに従って昇順の連続した
物理セクタ番号が設定される。また、データエリア80
1の先頭セクタの物理セクタ番号には、030000h
(hは16進数表示を意味する)が設定されるようにあ
らかじめ決められている。
FIG. 9 is a diagram schematically showing the data structure of a DVD-ROM disc. On the DVD-ROM disc, a lead-in area 800, a data area 801 and a lead-out area 802 are arranged in order from the inner side 803 to the outer side 804. DVD-RO
Information is recorded on the M disk in units of 2048 bytes, and the minimum recording unit is called a sector (detailed description of the sector will be described later). In each sector, a physical sector number corresponding to the address information shown when describing the trap area is set. This physical sector number is recorded on the recording surface of the DVD-ROM disk as described later. The physical sector number start position 805 coincides with the first sector of the lead-in area 800 on the innermost circumference of the disk, and successive physical sector numbers in ascending order are set toward the outer circumference. The data area 80
The physical sector number of the first sector of 1 is 030000h
(H means hexadecimal notation) is predetermined.

【0030】続いて、図10を参照して、DVD−RO
Mディスクのリードインエリア800のデータ構造につ
いて説明する。リードインエリア800には、基準信号
を表すリファレンスコード813及びコントロールデー
タ814が配置され、これらの間には全て“00”が記
録されたブランクデータ810、811、812が存在
している。
Subsequently, referring to FIG. 10, the DVD-RO
The data structure of the lead-in area 800 of the M disk will be described. In the lead-in area 800, a reference code 813 representing a reference signal and control data 814 are arranged, and blank data 810, 811 and 812 in which "00" is recorded exist between them.

【0031】リファレンスコード813には、特定のラ
ンダムテストパターンが記録されており、その情報を用
いて自動イコライザーのパラメーター調整など情報再生
装置の調整が可能になっている。またコントロールデー
タ814には後述する情報記録媒体特有のフォーマット
情報である物理フォーマットインフォメーション81
5、1枚1枚の情報記録媒体個々の製造番号などの製造
に関する情報が記録されているディスクマニュファクチ
ュアリングインフォメーション816、及びデータエリ
ア801内に記録されている情報内容(コンテンツ)に
関する情報を示すコンテンツプロバイダーインフォメー
ション817が記録されている。
A specific random test pattern is recorded in the reference code 813, and the information can be adjusted using the information, such as adjusting the parameters of an automatic equalizer. The control data 814 includes physical format information 81 which is format information specific to an information recording medium described later.
5, a disc manufacturing information 816 in which information relating to production such as a production number of each information recording medium is recorded, and a content indicating information relating to information recorded in the data area 801 Provider information 817 is recorded.

【0032】また、リファレンスコード813が記録さ
れている先頭セクタの物理セクタ番号は02F000
h、コントロールデータ814が記録されている先頭セ
クタの物理セクタ番号は02F200hになっている。
The physical sector number of the first sector in which the reference code 813 is recorded is 02F000.
h, the physical sector number of the first sector in which the control data 814 is recorded is 02F200h.

【0033】上記説明した第1〜第6のトラップエリア
は、ブランクデータ810、811、812に設けられ
る。これらブランクデータ810、811、812は、
通常の再生時には再生されないように設定されている。
勿論、ディスクコピー実行時には、これらブランクデー
タ810、811、812は再生されコピーされる。ま
た、コンテンツプロバイダーインフォメーション817
には、トラップエリアの位置を示すアドレス情報が記録
される。
The above-described first to sixth trap areas are provided for blank data 810, 811 and 812. These blank data 810, 811, 812 are
It is set not to be reproduced during normal reproduction.
Of course, when a disk copy is executed, these blank data 810, 811 and 812 are reproduced and copied. Also, content provider information 817
Is recorded with address information indicating the position of the trap area.

【0034】続いて、図11を参照して、物理フォーマ
ットインフォメーションの概略構成について説明する。
Subsequently, a schematic configuration of the physical format information will be described with reference to FIG.

【0035】物理フォーマットインフォメーション81
5には、適用されるDVD規格のタイプ(DVD−RO
M・DVD−RAM・DVD−R等)およびパートバー
ジョンを示すブックタイプ及びパートバージョン823
と、ディスクサイズおよび最小読出レートを示すディス
クサイズ及び最小リードアウトレート824と、1層R
OMディスク、1層RAMディスク、2層ROMディス
ク等のディスク構造を示すディスクストラクチャー82
5と、記録密度を示すレコーディング密度826と、デ
ータが記録されている位置を示すデータエリアアロケー
ション827と、情報記録媒体の内周側に情報記録媒体
個々の製造番号などが書き換え不可能な形で記録された
BCA( Burst Cutting Area )ディスクリプター828
と、将来の利用を予測した予約場所を指定したリザーブ
領域829、830が記録されている。
Physical format information 81
5 is the type of the applicable DVD standard (DVD-RO
M, DVD-RAM, DVD-R, etc.) and a book version indicating a part version and a part version 823
A disk size and a minimum readout rate 824 indicating a disk size and a minimum readout rate;
Disk structure 82 showing a disk structure such as an OM disk, a single-layer RAM disk, and a double-layer ROM disk
5, a recording density 826 indicating the recording density, a data area allocation 827 indicating the position where the data is recorded, and an information recording medium having a serial number on the inner peripheral side of the information recording medium which cannot be rewritten. Recorded
BCA (burst cutting area) descriptor 828
And reserved areas 829 and 830 that specify a reserved place where future use is predicted.

【0036】続いて、図12を参照して、DVD−RO
Mディスクに記録される全情報の記録単位(ECC(Er
ror Correction Code)単位)について説明する。
Subsequently, referring to FIG. 12, the DVD-RO
The recording unit of all information recorded on the M disk (ECC (Er
ror Correction Code) unit) will be described.

【0037】パーソナルコンピュータ用の情報記録媒体
(ハードディスクHDDや光磁気ディスクMOなど)の
ファイルシステムで多く使われるFAT( File Alloca
tionTable )では256バイトを最小単位として情報記
録媒体へ情報が記録される。
An FAT (File Alloca) used frequently in a file system of an information recording medium (a hard disk HDD, a magneto-optical disk MO, etc.) for a personal computer.
In the information table, information is recorded on the information recording medium with a minimum unit of 256 bytes.

【0038】それに対し、CD−ROM、DVD−RO
M、DVD−RAMなどの情報記録媒体ではファイルシ
ステムとしてUDF( Universal Disk Format ;詳細
は後述)を用いており、ここでは2048バイトを最小
単位として情報記録媒体へ情報が記録される。この最小
単位をセクタと呼ぶ。つまりUDFを用いた情報記録媒
体に対しては、図12に示すようにセクタ501毎に2
048バイトずつの情報が記録される。
On the other hand, CD-ROM, DVD-RO
In an information recording medium such as M or DVD-RAM, a UDF (Universal Disk Format; details will be described later) is used as a file system, and information is recorded on the information recording medium in a minimum unit of 2048 bytes. This minimum unit is called a sector. That is, for an information recording medium using UDF, as shown in FIG.
048 bytes of information are recorded.

【0039】CD−ROM及びDVD−ROMでは、カ
ートリッジを使わず裸ディスクで取り扱うため、ユーザ
サイドで情報記録媒体表面に傷が付いたり表面にゴミが
付着し易い。情報記録媒体表面に付いたゴミや傷の影響
で特定のセクタ(たとえば図12のセクタ501c)が
再生不可能(もしくは記録不能)な場合が発生する。
In the case of a CD-ROM and a DVD-ROM, since the cartridge is handled with a bare disk without using a cartridge, the surface of the information recording medium is easily scratched on the user side or dust is easily attached to the surface. A specific sector (for example, sector 501c in FIG. 12) cannot be reproduced (or cannot be recorded) due to dust or scratches on the surface of the information recording medium.

【0040】DVDでは、そのような状況を考慮したエ
ラー訂正方式(積符号を利用したECC)が採用されて
いる。具体的には16個ずつのセクタ(図12ではセク
タ501aからセクタ501pまでの16個のセクタ)
で1個のECC( Error Correction Code )ブロック
502を構成し、その中で強力なエラー訂正機能を持た
せている。その結果、たとえばセクタ501cが再生不
可能といったような、ECCブロック502内のエラー
が生じても、エラー訂正され、ECCブロック502の
すべての情報を正しく再生することが可能となる。
The DVD adopts an error correction method (ECC using a product code) in consideration of such a situation. Specifically, 16 sectors (in FIG. 12, 16 sectors from sector 501a to sector 501p)
Constitutes one ECC (Error Correction Code) block 502, in which a strong error correction function is provided. As a result, even if an error occurs in the ECC block 502 such that the sector 501c cannot be reproduced, the error is corrected and all the information in the ECC block 502 can be correctly reproduced.

【0041】続いて、図13を参照して、DVD−RO
Mに記録される1個のセクタのデータ構造について説明
する。
Subsequently, referring to FIG. 13, the DVD-RO
The data structure of one sector recorded in M will be described.

【0042】ユーザーが利用する情報(コンテンツ情
報)は、メインデータ(D0〜D2047)505〜5
09内に記録される。更に、メインデータ(D0〜D2
047)505〜509の前後には後述するようなID
851、IED511、CPR_MAI852、EDC
513が付加記録されている。
Information (content information) used by the user includes main data (D0 to D2047) 505 to 5
09 is recorded. Further, the main data (D0 to D2
047) Before and after 505 to 509, an ID as described later
851, IED511, CPR_MAI852, EDC
513 is additionally recorded.

【0043】ID851とは、各セクタ毎の独自情報
(Identification)を示した情報で、具体的には図14
に示すようにセクタインフォメーション861と物理セ
クタ番号を示したセクタナンバー862が記録されてい
る。このセクターナンバー862が、トラップエリアの
説明時に示したアドレス情報に相当するものである。
The ID 851 is information indicating unique information (Identification) for each sector.
The sector information 861 and the sector number 862 indicating the physical sector number are recorded as shown in FIG. This sector number 862 corresponds to the address information shown at the time of describing the trap area.

【0044】セクタインフォーメーション861には、
セクタフォーマットタイプ863、トラッキング方法8
64、反射率865、リザーブ866、エリアタイプ8
67、データタイプ868、及びレイヤーナンバー86
9が記録されている。セクタフォーマットタイプ863
には、CLV(Constant Linear Velocity:線速一
定)、又はゾーンCAV( Constant Angular Velocit
y:特定のゾーン内では回転数一定)が示されている。
トラッキング方法864には、ピットとグルーブのどち
らを利用してトラッキングするかが示されている。反射
率865には、記録面の反射率が示されている。リザー
ブ866は、予備のエリアである。エリアタイプ867
には、データエリア、リードインエリア、リードアウト
エリア、ミドルエリアのいずれのエリアに該当するかが
示されている。データタイプ868には、リードオンリ
ーデータ、又はリライタブルデータのどちらのタイプか
が示されている。レイヤーナンバーには、何層目のディ
スクかが示されている。
The sector information 861 includes:
Sector format type 863, tracking method 8
64, reflectivity 865, reserve 866, area type 8
67, data type 868, and layer number 86
9 are recorded. Sector format type 863
Includes CLV (Constant Linear Velocity: constant linear velocity) or zone CAV (Constant Angular Velocit)
y: constant rotation speed in a specific zone).
The tracking method 864 indicates which of pits and grooves is used for tracking. The reflectivity 865 indicates the reflectivity of the recording surface. Reserve 866 is a spare area. Area type 867
Indicates which of the data area, the lead-in area, the lead-out area, and the middle area. The data type 868 indicates which type is read-only data or rewritable data. The layer number indicates the layer of the disc.

【0045】IED( Data ID Error Detection Code )
511は、ID851に対するエラー検出コードで、情
報再生時に再生されたID851に対してこのIED信
号511を演算処理し、再生されたID851の再生信
号エラー検出が出来る。
IED (Data ID Error Detection Code)
Reference numeral 511 denotes an error detection code for the ID 851. The IED signal 511 is arithmetically processed for the ID 851 reproduced at the time of information reproduction, and a reproduced signal error of the reproduced ID 851 can be detected.

【0046】EDC( Error Detection Code )513
は、図13に示すID851からメインデータ(D20
47)509までの2060バイト信号に対するエラー
検出コードでサイズは4バイトである。
EDC (Error Detection Code) 513
Is the main data (D20) from the ID 851 shown in FIG.
47) The error detection code for the 2060 byte signal up to 509 is 4 bytes in size.

【0047】続いて、図8を参照して、コピープロテク
トの流れについて簡単に説明する。図8は、第1のトラ
ップエリアを含むトラックの拡大図である。
Next, the flow of copy protection will be briefly described with reference to FIG. FIG. 8 is an enlarged view of a track including the first trap area.

【0048】この図8に示すトラックを有するディスク
がディスクコピーされる場合について説明する。ディス
クコピーを実行するディスクコピー装置の集光スポット
は、ディスクコピーの対象となるコピー元ディスクの全
トラックをトレースする。これにより、コピー元ディス
クの全情報が再生され、結果的に、コピー元ディスクの
全情報がコピーされる。ディスクコピー装置の集光スポ
ットが、例えば、セクタa21、セクタb22、セクタ
c23、セクタd24を順にトレースする。このとき、
セクタa21、セクタb22、セクタc23、セクタd
24から再生される情報は、コピー先の情報記録媒体に
記録される。同時に、セクタa21、セクタb22、セ
クタc23、セクタd24に含まれるセクタナンバー8
62も、コピー先の情報記録媒体に記録される。さら
に、集光スポットは、トラックに沿って移動し、トラッ
クを1周して、セクタe31、セクタf32をトレース
する。このとき、このとき、セクタe31、セクタf3
2から再生される情報は、コピー先の情報記録媒体に記
録される。同時に、セクタe31、セクタf32に含ま
れるセクタナンバー862も、コピー先の情報記録媒体
に記録される。この後、集光スポットは、再び、セクタ
c23、セクタd24をトレースする。このとき、再
度、セクタc23、セクタd24から再生される情報
が、コピー先の情報記録媒体に記録される。同時に、セ
クタc23、セクタd24に含まれるセクタナンバー8
62も、コピー先の情報記録媒体に記録される。
A case where a disk having the track shown in FIG. 8 is copied will be described. The light-collecting spot of the disk copy apparatus that performs the disk copy traces all tracks of the copy source disk to be copied. Thereby, all information of the copy source disk is reproduced, and as a result, all information of the copy source disk is copied. The focused spot of the disk copying apparatus traces, for example, the sector a21, the sector b22, the sector c23, and the sector d24 in order. At this time,
Sector a21, sector b22, sector c23, sector d
The information reproduced from 24 is recorded on the information recording medium of the copy destination. At the same time, sector number 8 included in sector a21, sector b22, sector c23, and sector d24
62 is also recorded on the copy destination information recording medium. Further, the converging spot moves along the track, makes one round of the track, and traces the sector e31 and the sector f32. At this time, at this time, sector e31 and sector f3
2 is recorded on the copy destination information recording medium. At the same time, the sector number 862 included in the sectors e31 and f32 is also recorded on the information recording medium at the copy destination. Thereafter, the converging spot traces the sector c23 and the sector d24 again. At this time, information reproduced from the sector c23 and the sector d24 is recorded again on the information recording medium of the copy destination. At the same time, sector number 8 included in sector c23 and sector d24
62 is also recorded on the copy destination information recording medium.

【0049】このように、第1のトラップエリアが設け
られたディスクをディスクコピーして得られた不正コピ
ー情報には、同一のセクタナンバーの情報が複数回にわ
たって記録されてしまうことになる。このような不正コ
ピー情報の特徴を検出することにより、不正コピー情報
を見きわめることができる。
As described above, in the illegal copy information obtained by disk copying the disk provided with the first trap area, information of the same sector number is recorded a plurality of times. By detecting such characteristics of the illegal copy information, the illegal copy information can be identified.

【0050】一般的に、光ディスクを再生する装置は、
情報を再生する過程において、アドレス情報(セクタナ
ンバー862)をモニターしている。このとき、同一の
アドレス情報を複数回検出した場合には、トラックはず
れと判断し、集光スポットを外周側のトラックへ移動さ
せる。仮に、ディスクコピー装置が、このような動作を
行ったとしても、図1に示すように、第1のトラップエ
リアの外周側に第2のトラップエリアを配置しておけ
ば、再度、集光スポットは同一トラック上をトレースす
ることになる。
In general, an apparatus for reproducing an optical disk includes:
In the process of reproducing information, the address information (sector number 862) is monitored. At this time, if the same address information is detected a plurality of times, it is determined that the track is off, and the focused spot is moved to the outer track. Even if the disc copying apparatus performs such an operation, if the second trap area is arranged on the outer peripheral side of the first trap area as shown in FIG. Traces on the same track.

【0051】また、上記説明したトラックはずれの判断
を逆用し、アドレス情報を乱して、ディスクコピー装置
を暴走させて、ディスクコピーを防止するという方法も
ある。例えば、図8に示すセクタc23、セクタd2
4、…、セクタe31、セクタf32を全て第4のトラ
ップエリアとする。つまり、図8に示すセクタc23、
セクタd24、…、セクタe31、セクタf32までの
物理セクタ番号を“0”に設定する(セクタc23、セ
クタd24、…、セクタe31、セクタf32のセクタ
ーナンバー862を全てブランクにする)。その結果、
ディスクコピー装置が、セクタc23、セクタd24、
…、セクタe31、セクタf32までのトラックを何度
トレースしても異常検知することはできない。
There is also a method in which the discrimination of the above-mentioned track deviation is reversed, the address information is disturbed, and the disk copying apparatus runs away to prevent disk copying. For example, the sector c23 and the sector d2 shown in FIG.
,..., Sector e31 and sector f32 are all set as the fourth trap area. That is, sector c23 shown in FIG.
The physical sector numbers up to sector d24,..., Sector e31, and sector f32 are set to “0” (all sector numbers 862 of sector c23, sector d24,..., Sector e31, and sector f32 are blank). as a result,
If the disk copy device determines that sector c23, sector d24,
... No abnormality can be detected no matter how many times the tracks up to sector e31 and sector f32 are traced.

【0052】次に、DVD−RAMディスクの規格を説
明するとともに、上記したコピープロテクト機能付き情
報記録媒体をDVD−RAMディスクに適用した場合に
ついて説明する。
Next, the standard of the DVD-RAM disc will be described, and a case where the above-described information recording medium with a copy protection function is applied to a DVD-RAM disc will be described.

【0053】まず、図15を参照して、DVD−RAM
ディスクにおけるゾーンの概念について説明する。
First, referring to FIG. 15, a DVD-RAM
The concept of a zone in a disk will be described.

【0054】DVD−RAMディスクとしてのディスク
10のデータ記録エリア28は、リング状(年輪状)に
複数の記録エリア(複数の記録ゾーン)に分割すること
ができる。各記録ゾーン毎にディスク回転速度は異なる
が、各ゾーン内では線速度または角速度を一定にするこ
とができる。この場合、各ゾーン毎に予備の記録エリア
すなわちスペアエリア(フリースペース)を設けること
ができる。このゾーン毎のフリースペースを集めて、そ
のディスク10のリザーブエリアとすることができる。
The data recording area 28 of the disk 10 as a DVD-RAM disk can be divided into a plurality of recording areas (a plurality of recording zones) in a ring shape (annular ring shape). Although the disk rotation speed differs for each recording zone, the linear speed or angular speed can be kept constant in each zone. In this case, a spare recording area, that is, a spare area (free space) can be provided for each zone. The free space for each zone can be collected and used as a reserved area of the disk 10.

【0055】毎秒回転数(Hz)がN00のユーザエリ
アUA00の外側同心状に、毎秒回転数(Hz)がN0
0のスペアエリアSA00(ユーザエリアUA00で生
じた欠陥部分の交替処理用)が設けられている。同様
に、毎秒回転数(Hz)がN01のユーザエリアUA0
1の外側に毎秒回転数(Hz)がN01のスペアエリア
SA01が同心状に設けられ、毎秒回転数(Hz)がN
23のユーザエリアUA23の外側に毎秒回転数(H
z)がN23のスペアエリアSA23が同心状に設けら
れる。
The number of revolutions per second (Hz) is N0 concentrically outside the user area UA00 with the number of revolutions per second (Hz) of N00.
0 spare area SA00 (for replacing a defective portion generated in the user area UA00). Similarly, the user area UA0 whose rotation speed per second (Hz) is N01
1, a spare area SA01 having a rotation speed per second (Hz) of N01 is provided concentrically, and the rotation speed per second (Hz) is set to N.
23 outside the user area UA23.
z) A spare area SA23 of N23 is provided concentrically.

【0056】この同心状エリア構成において、各回転ゾ
ーン00(UA00+SA00)〜23(UA23+S
A23)間での記録密度を平均化してディスク全体で大
きな記録容量を確保するために、各定回転ゾーン毎の回
転数をN00>N01>…>N23としている。
In this concentric area configuration, each of the rotation zones 00 (UA00 + SA00) to 23 (UA23 + S
The number of rotations for each constant rotation zone is set to N00>N01>...> N23 in order to average the recording density between A23) and secure a large recording capacity in the entire disk.

【0057】なお、ここでは同心状のゾーン数を24個
(ゾーン00〜ゾーン23)としてあるが、このゾーン
数24以外でもこの発明を実施できる。
Although the number of concentric zones is set to 24 (zones 00 to 23) here, the present invention can be implemented with a number other than 24.

【0058】図15の構成の光ディスク10において、
ユーザエリアUA00に書込を行うときは、その管理
(ユーザエリアUA00のどこからどこまでに該当デー
タが書き込まれるか等)および欠陥発生時の交替処理は
同じ回転数ゾーン内で行なう。同様に、ユーザエリアU
A01での書込管理・欠陥管理は同じ回転数ゾーン内で
行ない、ユーザエリアUA23での書込管理・欠陥管理
は同じ回転数ゾーン内で行なう。
In the optical disk 10 having the configuration shown in FIG.
When writing in the user area UA00, its management (from where to where the corresponding data is written in the user area UA00, etc.) and replacement processing when a defect occurs are performed in the same rotation speed zone. Similarly, user area U
The writing management and defect management in A01 are performed in the same rotation speed zone, and the writing management and defect management in the user area UA23 are performed in the same rotation speed zone.

【0059】このようにすれば、書込管理処理中あるい
は交替処理中にディスク10の回転速度を切り換える必
要がなくなるから、書込処理および交替処理を高速化で
きる。
In this way, it is not necessary to switch the rotation speed of the disk 10 during the write management process or the replacement process, so that the write process and the replacement process can be sped up.

【0060】図16は、ディスク10のレイアウトを説
明する図である。
FIG. 16 is a diagram for explaining the layout of the disk 10.

【0061】すなわち、ディスク内周側のリードインエ
リア27は、光反射面が凹凸形状をしたエンボスゾー
ン、表面が平坦(鏡面)なミラーゾーンおよび書替可能
ゾーンで構成される。エンボスゾーンは基準信号ゾーン
および制御データゾーンを含み、ミラーゾーンは接続ゾ
ーンを含む。
That is, the lead-in area 27 on the inner peripheral side of the disk is composed of an emboss zone having a light reflecting surface having an uneven shape, a mirror zone having a flat (mirror) surface, and a rewritable zone. The emboss zone includes a reference signal zone and a control data zone, and the mirror zone includes a connection zone.

【0062】書替可能ゾーンは、ディスクテストゾーン
と、ドライブテストゾーンと、ディスクID(識別子)
ゾーンと、欠陥管理エリアDMA1およびDMA2を含
んでいる。
The rewritable zone includes a disk test zone, a drive test zone, and a disk ID (identifier).
It includes zones and defect management areas DMA1 and DMA2.

【0063】ディスク外周側のリードアウトエリア26
は、欠陥管理エリアDMA3およびDMA4と、ディス
クID(識別子)ゾーンと、ドライブテストゾーンと、
ディスクテストゾーンを含む書替可能ゾーンで構成され
る。
The lead-out area 26 on the outer peripheral side of the disk
Are defect management areas DMA3 and DMA4, a disk ID (identifier) zone, a drive test zone,
It consists of a rewritable zone including a disc test zone.

【0064】リードインエリア27とリードアウトエリ
ア26との間のデータエリア28は、24個の年輪状の
ゾーン00〜ゾーン23に分割されている。上記説明し
た第1〜第6のトラップエリアを、このデータエリア2
8内に設けるようにしてもよい。但し、このデータエリ
ア28内に設けられたトラップエリアの物理セクタ番号
(アドレス情報)を管理して、このデータエリア28内
に設けられたトラップエリアが通常の再生時には再生さ
れないように設定される。勿論、ディスクコピー実行時
には、このデータエリア28内に設けられたトラップエ
リアは再生されコピーされることになる。
The data area 28 between the lead-in area 27 and the lead-out area 26 is divided into 24 annual ring-shaped zones 00 to 23. The first to sixth trap areas described above are stored in the data area 2
8 may be provided. However, the physical sector number (address information) of the trap area provided in the data area 28 is managed so that the trap area provided in the data area 28 is not reproduced during normal reproduction. Of course, when a disc copy is executed, the trap area provided in the data area 28 is reproduced and copied.

【0065】各ゾーンは一定の回転速度を持っている
が、異なるゾーン間では回転速度が異なる。また、各ゾ
ーンを構成するセクタ数も、ゾーン毎に異なる。具体的
には、ディスク内周側のゾーン(ゾーン00等)は回転
速度が早く構成セクタ数は少ない。一方、ディスク外周
側のゾーン(ゾーン23等)は回転速度が遅く構成セク
タ数が多い。このようなレイアウトによって、各ゾーン
内ではCAVのような高速アクセス性を実現し、ゾーン
全体でみればCLVのような高密度記録性を実現してい
る。
Each zone has a constant rotation speed, but the rotation speed differs between different zones. Further, the number of sectors constituting each zone also differs for each zone. Specifically, the zone on the inner circumference side of the disk (eg, zone 00) has a high rotation speed and a small number of constituent sectors. On the other hand, the zone on the outer peripheral side of the disk (such as zone 23) has a low rotation speed and a large number of constituent sectors. With such a layout, high-speed access like CAV is realized in each zone, and high-density recording like CLV is realized in the whole zone.

【0066】図17は、図16のレイアウトにおけるリ
ードイン部分およびリードアウト部分の詳細を説明する
図である。
FIG. 17 is a diagram for explaining details of a lead-in portion and a lead-out portion in the layout of FIG.

【0067】エンボスデータゾーンの制御データゾーン
には、適用されるDVD規格のタイプ(DVD−ROM
・DVD−RAM・DVD−R等)およびパートバージ
ョンと、ディスクサイズおよび最小読出レートと、ディ
スク構造(1層ROMディスク・1層RAMディスク・
2層ROM/RAMディスク等)と、記録密度と、デー
タエリアアロケーションと、バーストカッティングエリ
アの記述子と、記録時の露光量指定のための線速度条件
と、読出パワーと、ピークパワーと、バイアスパワー
と、媒体の製造に関する情報が記録されている。
In the control data zone of the emboss data zone, the type (DVD-ROM) of the applicable DVD standard is used.
· DVD-RAM · DVD-R, etc. and part version, disk size and minimum read rate, disk structure (single-layer ROM disk, single-layer RAM disk, etc.)
Double-layer ROM / RAM disk, etc.), recording density, data area allocation, descriptor of burst cutting area, linear velocity condition for designating exposure at recording, read power, peak power, bias Power and information on the manufacture of the media are recorded.

【0068】別の言い方をすると、この制御データゾー
ンには、記録開始・記録終了位置を示す物理セクタ番号
などの情報記録媒体全体に関する情報と、記録パワー、
記録パルス幅、消去パワー、再生パワー、記録・消去時
の線速などの情報と、記録・再生・消去特性に関する情
報と、個々のディスクの製造番号など情報記録媒体の製
造に関する情報等が事前に記録されている。
In other words, in the control data zone, information on the entire information recording medium such as a physical sector number indicating a recording start / end position, a recording power,
Information such as recording pulse width, erasing power, reproducing power, linear velocity at the time of recording / erasing, information on recording / reproducing / erasing characteristics, and information on the production of information recording media such as the serial number of each disk are prepared in advance Has been recorded.

【0069】また、エンボスデータゾーンには、ブラン
クゾーン652、654、656が設けられている。上
記説明した第1〜第6のトラップエリアは、これらブラ
ンクゾーン652、654、656に設けられる。これ
らブランクゾーン652、654、656は、通常の再
生時には再生されないように設定されている。勿論、デ
ィスクコピー実行時には、これらブランクゾーン65
2、654、656は再生されコピーされる。また、制
御データゾーンには、トラップエリアの位置を示すアド
レス情報(物理セクタ番号)が記録される。
In the emboss data zone, blank zones 652, 654 and 656 are provided. The first to sixth trap areas described above are provided in these blank zones 652, 654, 656. These blank zones 652, 654, and 656 are set so as not to be reproduced during normal reproduction. Of course, these blank zones 65
2, 654 and 656 are reproduced and copied. In the control data zone, address information (physical sector number) indicating the position of the trap area is recorded.

【0070】リードインおよびリードアウトの書替可能
データゾーンには、各々の媒体ごとの固有ディスク名記
録領域と、試し記録領域(記録消去条件の確認用)と、
データエリア内の欠陥領域に関する管理情報記録領域が
設けられている。これらの領域を利用することで、個々
のディスクに対して最適な記録が可能となる。
The rewritable data zone for lead-in and lead-out includes a unique disk name recording area for each medium, a test recording area (for confirming recording erasure conditions),
A management information recording area for a defective area in the data area is provided. By using these areas, optimal recording can be performed on individual disks.

【0071】図18は、図16のレイアウトにおけるデ
ータエリア部分の詳細を説明する図である。
FIG. 18 is a diagram for explaining details of the data area portion in the layout of FIG.

【0072】24個のゾーン毎に同数のグループが割り
当てられ、各グループはデータ記録に使用するユーザエ
リアと交替処理に使用するスペアエリアをペアで含んで
いる。各グループのユーザエリアおよびスペアエリアは
同じ回転速度のゾーンに収まっており、グループ番号の
小さい方が高速回転ゾーンに属し、グループ番号の大き
い方が低速回転ゾーンに属する。低速回転ゾーンのグル
ープは高速回転ゾーンのグループよりもセクタ数が多い
が、低速回転ゾーンはディスクの回転半径が大きいの
で、ディスク10上での物理的な記録密度はゾーン全体
(グループ全て)に渡りほぼ均一になる。
The same number of groups are assigned to each of the 24 zones, and each group includes a pair of a user area used for data recording and a spare area used for replacement processing. The user area and the spare area of each group are included in a zone having the same rotation speed. The smaller group number belongs to the high-speed rotation zone, and the larger group number belongs to the low-speed rotation zone. The low-speed rotation zone group has a larger number of sectors than the high-speed rotation zone group, but the low-speed rotation zone has a larger radius of rotation of the disk, so that the physical recording density on the disk 10 is over the entire zone (all groups). Almost uniform.

【0073】各グループにおいて、ユーザエリアはセク
タ番号の小さい方(つまりディスク上で内周側)に配置
され、スペアエリアはセクタ番号の大きい方(ディスク
上で外周側)に配置される。このセクタ番号の割り当て
方は、図15のディスク10上におけるユーザエリアU
AとスペアエリアSAとの配置方法に対応する。
In each group, the user area is arranged on the smaller sector number (that is, the inner circumference side on the disk), and the spare area is arranged on the larger sector number (the outer circumference side on the disk). This sector number is assigned according to the user area U on the disk 10 in FIG.
This corresponds to the arrangement method of A and the spare area SA.

【0074】次に、情報記録媒体(DVDーRAMディ
スク10等)上に記録される情報の記録信号構造とその
記録信号構造の作成方法について説明する。なお、媒体
上に記録される情報の内容そのものは「情報」と呼び、
同一内容の情報に対しスクランブルしたり変調したりし
たあとの構造や表現、つまり信号形態が変換された後の
“1”〜“0”の状態のつながりは「信号」と表現し
て、両者を適宜区別することにする。
Next, a recording signal structure of information recorded on an information recording medium (such as the DVD-RAM disk 10) and a method of creating the recording signal structure will be described. The content of the information recorded on the medium is called "information".
The structure or expression after scrambling or modulating the same information, that is, the connection of the states “1” to “0” after the signal form is converted is expressed as “signal”, and both are expressed as “signal”. They will be distinguished as appropriate.

【0075】図19は、図16のデータエリア部分に含
まれるセクタの構造を説明する図である。図19の1セ
クタは図18のセクタ番号の1つに対応し、2048バ
イトのサイズを持つ。各セクタはディスク10にエンボ
スで刻まれたヘッダを先頭に、同期コードと変調後の信
号(ビデオデータその他)を交互に含んでいる。このヘ
ッダに、トラップエリアの説明時に示したアドレス情報
としての物理セクタ番号が記録されている。
FIG. 19 is a view for explaining the structure of a sector included in the data area shown in FIG. One sector in FIG. 19 corresponds to one of the sector numbers in FIG. 18 and has a size of 2048 bytes. Each sector alternately includes a synchronization code and a modulated signal (video data and the like), with the header embossed on the disk 10 at the top. In this header, a physical sector number is recorded as address information shown at the time of describing the trap area.

【0076】次に、DVD−RAMディスク10におけ
るECCブロック処理方法について説明する。
Next, a method of processing an ECC block in the DVD-RAM disk 10 will be described.

【0077】図20は、図16のデータエリア部分に含
まれる情報の記録単位(ECC単位)を説明する図であ
る。
FIG. 20 is a diagram for explaining a recording unit (ECC unit) of information included in the data area shown in FIG.

【0078】パーソナルコンピュータ用の情報記録媒体
(ハードディスクHDDや光磁気ディスクMOなど)の
ファイルシステムで多く使われるFAT(ファイルアロ
ケーションテーブル)では、256バイトまたは512
バイトを最小単位として情報記録媒体へ情報が記録され
る。
In an FAT (file allocation table) often used in a file system of an information recording medium for a personal computer (such as a hard disk HDD or a magneto-optical disk MO), 256 bytes or 512 bytes are used.
Information is recorded on the information recording medium with a byte as a minimum unit.

【0079】それに対し、CD−ROMやDVD−RO
M、DVD−RAMなどの情報記録媒体では、ファイル
システムとしてUDF(ユニバーサルディスクフォーマ
ット;詳細は後述)を用いており、ここでは2048バ
イトを最小単位として情報記録媒体へ情報が記録され
る。この最小単位をセクタと呼ぶ。つまりUDFを用い
た情報記録媒体(光ディスク10)に対しては、図20
に示すようにセクタ501毎に2048バイトずつの情
報を記録して行く。
On the other hand, CD-ROM and DVD-RO
In information recording media such as M and DVD-RAM, UDF (universal disc format; details will be described later) is used as a file system, and information is recorded on the information recording medium in a minimum unit of 2048 bytes. This minimum unit is called a sector. That is, for an information recording medium (optical disk 10) using UDF, FIG.
As shown in (2), information of 2048 bytes is recorded for each sector 501.

【0080】CD−ROMやDVD−ROMではカート
リッジを使わず裸ディスクで取り扱うため、ユーザサイ
ドで情報記録媒体表面に傷が付いたり表面にゴミが付着
し易い。情報記録媒体表面に付いたゴミや傷の影響で特
定のセクタ(たとえば図20のセクタ501c)が再生
不可能(もしくは記録不能)な場合が発生する。
In the case of a CD-ROM or DVD-ROM, since the cartridge is handled with a bare disk without using a cartridge, the surface of the information recording medium is easily scratched or dust is easily attached to the surface on the user side. There is a case where a specific sector (for example, the sector 501c in FIG. 20) cannot be reproduced (or cannot be recorded) due to the influence of dust or scratches on the surface of the information recording medium.

【0081】DVDでは、そのような状況を考慮したエ
ラー訂正方式(積符号を利用したECC)が採用されて
いる。具体的には16個ずつのセクタ(図20ではセク
タ501aからセクタ501pまでの16個のセクタ)
で1個のECC(エラーコレクションコード)ブロック
502を構成し、その中で強力なエラー訂正機能を持た
せている。その結果、たとえばセクタ501cが再生不
可能といったような、ECCブロック502内のエラー
が生じても、エラー訂正され、ECCブロック502の
すべての情報を正しく再生することが可能となる。
The DVD adopts an error correction method (ECC using a product code) in consideration of such a situation. Specifically, 16 sectors (in FIG. 20, 16 sectors from sector 501a to sector 501p)
Constitutes one ECC (Error Correction Code) block 502, in which a strong error correction function is provided. As a result, even if an error occurs in the ECC block 502 such that the sector 501c cannot be reproduced, the error is corrected and all the information in the ECC block 502 can be correctly reproduced.

【0082】図21は、図16のデータエリア内でのゾ
ーンとグループ(図18参照)との関係を説明する図で
ある。
FIG. 21 is a view for explaining the relationship between zones and groups (see FIG. 18) in the data area of FIG.

【0083】図16の各ゾーン00〜23は、図15に
示すようにディスク10上に物理的に配置されるもの
で、実際に使用されるデータエリア(ユーザエリア+ス
ペアエリア)の他に、ゾーン間のデータ使用エリアを区
分けするガードエリアを持っている。これに対して、図
18のグループは実際に使用されるデータエリア(ユー
ザエリア+スペアエリア)に対して割り当てられる。
Each of the zones 00 to 23 in FIG. 16 is physically arranged on the disk 10 as shown in FIG. 15, and includes, in addition to the actually used data area (user area + spare area), It has a guard area that divides the data use area between zones. On the other hand, the group in FIG. 18 is assigned to a data area (user area + spare area) actually used.

【0084】すなわち、図21においてガードエリア7
11で区切られたグループ00はディスク10の物理セ
クタ番号031000hから始まるユーザエリアUA0
0およびスペアエリアSA00を含み、ガードエリア7
11とガードエリア712で区切られたグループ01は
ユーザエリアUA01およびスペアエリアSA01を含
む。以下同様に、ディスク10の最外周側のガードエリ
ア713で区切られたグループ23はディスク10の最
終物理セクタ番号で終わるユーザエリアUA23および
スペアエリアSA23を含んでいる。
That is, in FIG.
The group 00 separated by 11 is a user area UA0 starting from the physical sector number 031000h of the disk 10.
0 and a spare area SA00, and a guard area 7
The group 01 divided by 11 and the guard area 712 includes a user area UA01 and a spare area SA01. Similarly, the group 23 separated by the guard area 713 on the outermost peripheral side of the disk 10 includes a user area UA23 ending with the last physical sector number of the disk 10 and a spare area SA23.

【0085】図21の構成を持つ図15の光ディスク
(DVDーRAMディスク)10が図示しないディスク
ドライブにかけられているときは、ガードエリア通過中
にディスク10の回転速度を切り替える処理を行なうこ
とができる。たとえば、図示しない光ヘッドがグループ
00からグループ01にシークする際に、ガードエリア
711を通過中にディスク10の回転速度がN00から
N01に切り替えられる。
When the optical disk (DVD-RAM disk) 10 shown in FIG. 15 having the configuration shown in FIG. 21 is set in a disk drive (not shown), a process of switching the rotation speed of the disk 10 while passing through the guard area can be performed. . For example, when an optical head (not shown) seeks from group 00 to group 01, the rotation speed of disk 10 is switched from N00 to N01 while passing through guard area 711.

【0086】図22は、図16のデータエリア内での論
理セクタの設定方法を説明する図である。物理的には図
21に示すようなガードエリアがディスク10上に設け
られているが、論理的には(つまり書込制御を行なうソ
フトウエアからみれば)、各グループ00〜23が密に
並んでいる。このグループ00〜23の並びは、グルー
プ番号の小さい方(物理セクタ番号の小さい方)がディ
スク10の内周側(リードイン側)に配置され、グルー
プ番号の大きい方(物理セクタ番号の大きい方)がディ
スク10の外周側(リードアウト側)に配置される。
FIG. 22 is a diagram for explaining a method of setting a logical sector in the data area of FIG. Although a guard area as shown in FIG. 21 is physically provided on the disk 10, logically (that is, from the viewpoint of software for performing write control), the groups 00 to 23 are densely arranged. In. The arrangement of the groups 00 to 23 is such that the smaller group number (the smaller physical sector number) is arranged on the inner peripheral side (lead-in side) of the disk 10 and the larger group number (the larger physical sector number) ) Is arranged on the outer peripheral side (lead-out side) of the disk 10.

【0087】この配置において、同一グループ内のスペ
アエリアの論理セクタ番号は事前には設定されておら
ず、ユーザエリアの欠陥発生時に、交替処理前のユーザ
エリアの欠陥位置での論理セクタ番号が、交替処理後の
対応するスペアエリア位置に移される。ただし、物理セ
クタ番号については、ユーザエリアもスペアエリアも始
めから設定されている。
In this arrangement, the logical sector number of the spare area in the same group is not set in advance, and when a defect occurs in the user area, the logical sector number at the defect position in the user area before the replacement processing is changed. It is moved to the corresponding spare area position after the replacement process. However, as for the physical sector number, both the user area and the spare area are set from the beginning.

【0088】次に、ユーザエリアで生じた欠陥を処理す
る方法を幾つか説明する。その前に、欠陥処理に必要な
欠陥管理エリア(図16または図17のDMA1〜DM
A4)およびその関連事項について説明しておく。
Next, several methods for processing defects generated in the user area will be described. Before that, a defect management area (DMA1-DM in FIG. 16 or FIG. 17) necessary for defect processing
A4) and related matters will be described.

【0089】[欠陥管理エリア]欠陥管理エリア(DM
A1〜DMA4)はデータエリアの構成および欠陥管理
の情報を含むもので、たとえば32セクタで構成され
る。2つの欠陥管理エリア(DMA1、DMA2)は光
ディスク(DVDーRAMディスク)10のリードイン
エリア27内に配置され、他の2つの欠陥管理エリア
(DMA3、DMA4)は光ディスク10のリードアウ
トエリア26内に配置される。各欠陥管理エリア(DM
A1〜DMA4)の後には、適宜予備のセクタ(スペア
セクタ)が付加されている。
[Defect Management Area] Defect Management Area (DM
A1 to DMA4) include data area configuration and defect management information, and are composed of, for example, 32 sectors. Two defect management areas (DMA1 and DMA2) are arranged in the lead-in area 27 of the optical disk (DVD-RAM disk) 10, and the other two defect management areas (DMA3 and DMA4) are in the lead-out area 26 of the optical disk 10. Placed in Each defect management area (DM
After A1 to DMA4), a spare sector (spare sector) is appropriately added.

【0090】各欠陥管理エリア(DMA1〜DMA4)
は、2つのECCブロックからなる。各欠陥管理エリア
(DMA1〜DMA4)の最初のECCブロックには、
ディスク10の定義情報構造(DDS; Disc Definitio
n Structure)および一次欠陥リスト(PDL; Primary
Defect List)が含まれる。各欠陥管理エリア(DMA
1〜DMA4)の2番目のECCブロックには、二次欠
陥リスト(SDL;Secondary Defect List)が含まれ
る。4つの欠陥管理エリア(DMA1〜DMA4)の4
つの一次欠陥リスト(PDL)は同一内容となってお
り、それらの4つの二次欠陥リスト(SDL)も同一内
容となっている。
Each defect management area (DMA1 to DMA4)
Consists of two ECC blocks. The first ECC block of each defect management area (DMA1 to DMA4) includes:
Disc definition information structure (DDS; Disc Definitio)
n Structure) and Primary Defect List (PDL)
Defect List). Each defect management area (DMA
1 to DMA4) include a secondary defect list (SDL; Secondary Defect List). 4 of the four defect management areas (DMA1 to DMA4)
One primary defect list (PDL) has the same content, and their four secondary defect lists (SDL) also have the same content.

【0091】4つの欠陥管理エリア(DMA1〜DMA
4)の4つの定義情報構造(DDS)は基本的には同一
内容であるが、4つの欠陥管理エリアそれぞれのPDL
およびSDLに対するポインタについては、それぞれ個
別の内容となっている。
Four defect management areas (DMA1 to DMA
The four definition information structures (DDS) of 4) have basically the same contents, but the PDL of each of the four defect management areas
And the pointers to the SDL have individual contents.

【0092】ここでDDS/PDLブロックは、DDS
およびPDLを含むECCブロックを意味する。また、
SDLブロックは、SDLを含むECCブロックを意味
する。
Here, the DDS / PDL block corresponds to the DDS
And an ECC block including PDL. Also,
The SDL block means an ECC block including the SDL.

【0093】光ディスク(DVDーRAMディスク)1
0を初期化したあとの各欠陥管理エリア(DMA1〜D
MA4)の内容は、以下のようになっている: (1)各DDS/PDLブロックの最初のセクタはDD
Sを含む; (2)各DDS/PDLブロックの2番目のセクタはP
DLを含む; (3)各SDLブロックの最初のセクタはSDLを含
む。
Optical disk (DVD-RAM disk) 1
0 after each defect management area (DMA1 to D
The contents of MA4) are as follows: (1) The first sector of each DDS / PDL block is DD
(2) The second sector of each DDS / PDL block is P
(3) The first sector of each SDL block contains the SDL.

【0094】一次欠陥リストPDLおよび二次欠陥リス
トSDLのブロック長は、それぞれのエントリ数によっ
て決定される。各欠陥管理エリア(DMA1〜DMA
4)の未使用セクタはデータ0FFhで書き潰される。
また、全ての予備セクタは00hで書き潰される。
The block lengths of the primary defect list PDL and the secondary defect list SDL are determined by the respective numbers of entries. Each defect management area (DMA1 to DMA
Unused sectors in 4) are overwritten with data 0FFh.
All spare sectors are overwritten with 00h.

【0095】[ディスク定義情報]定義情報構造DDS
は、1セクタ分の長さのテーブルからなる。このDDS
はディスク10の初期化方法と、PDLおよびSDLそ
れぞれの開始アドレスを規定する内容を持つ。DDS
は、ディスク10の初期化終了時に、各欠陥管理エリア
(DMA)の最初のセクタに記録される。
[Disk definition information] Definition information structure DDS
Consists of a table having a length of one sector. This DDS
Has contents defining the initialization method of the disk 10 and the start addresses of the PDL and SDL. DDS
Is recorded in the first sector of each defect management area (DMA) at the end of initialization of the disk 10.

【0096】[パーティショニング]ディスク10の初
期化中に、データエリアは24の連続したグループ00
〜23に区分される。最初のゾーン00および最後のゾ
ーン23を除き、区分された各ゾーンの頭には複数のバ
ッファブロックが配置される。各グループは、バッファ
フロックを除き1つのゾーンを完全にカバーするように
なっている。
[Partitioning] During initialization of the disk 10, the data area is divided into 24 consecutive groups 00.
~ 23. Except for the first zone 00 and the last zone 23, a plurality of buffer blocks are arranged at the head of each of the divided zones. Each group is designed to completely cover one zone except for buffer flock.

【0097】各グループは、データセクタ(ユーザエリ
ア)のフルブロックと、それに続くスペアセクタ(スペ
アエリア)のフルブロックを備えている。
Each group includes a full block of a data sector (user area) and a subsequent full block of a spare sector (spare area).

【0098】[スペアセクタ]各データエリア内の欠陥
セクタは、所定の欠陥管理方法(後述する検証、スリッ
ピング交替、スキッピング交替、リニア交替)により、
正常セクタに置換(交替)される。この交替のためのス
ペアセクタのブロックは、図18の各グループのスペア
エリアに含まれる。
[Spare sector] The defective sectors in each data area are determined by a predetermined defect management method (verification, slipping replacement, skipping replacement, linear replacement, which will be described later).
Replaced (replaced) with a normal sector. The spare sector block for this replacement is included in the spare area of each group in FIG.

【0099】光ディスク10は使用前に初期化できるよ
うになっているが、この初期化は検証の有無に拘わらず
実行可能となっている。
Although the optical disk 10 can be initialized before use, this initialization can be performed regardless of whether verification has been performed.

【0100】欠陥セクタは、スリッピング交替処理(Sl
ipping Replacement Algorithm)、スキッピング交替処
理(Skipping Replacement Algorithm)あるいはリニア
交替処理(Linear Replacement Algorithm)により処理
される。これらの処理(Algorithm)により前記PDL
およびSDLにリストされるエントリ数の合計は、所定
数、たとえば4092以下とされる。
The defective sector is subjected to the slipping replacement process (Sl
The processing is performed by a skipping replacement algorithm, a skipping replacement algorithm, or a linear replacement algorithm. By these processes (Algorithm), the PDL
And the total number of entries listed in the SDL is a predetermined number, for example, 4092 or less.

【0101】[初期化]ディスク10の初期化におい
て、そのディスクの最初の使用よりも前に、4つの欠陥
管理エリア(DMA1〜DMA4)が前もって記録され
る。データエリアは24グループ(図18のグループ0
0〜23)にパーティションされる。各グループは、デ
ータセクタ(ユーザエリア)用に多数のブロックと、そ
れに続く多数のスペアブロック(スペアエリア)を含
む。これらのスペアブロックは欠陥セクタの交替用に用
いることができる。
[Initialization] In the initialization of the disk 10, four defect management areas (DMA1 to DMA4) are recorded before the first use of the disk. The data area consists of 24 groups (group 0 in FIG. 18).
0-23). Each group includes a number of blocks for a data sector (user area) followed by a number of spare blocks (spare area). These spare blocks can be used for replacement of defective sectors.

【0102】初期化時は各グループの検証(サーティフ
ァイ)を行なうこともできる。これにより、初期化段階
で発見された欠陥セクタは特定され、使用時にはスキッ
プされるようになる。
At the time of initialization, verification (certification) of each group can be performed. As a result, a defective sector found in the initialization stage is identified and skipped when used.

【0103】全ての定義情報構造DDSのパラメータ
は、4つのDDSセクタに記録される。一次欠陥リスト
PDLおよび二次欠陥リストSDLは、4つの欠陥管理
エリア(DMA1〜DMA4)に記録される。最初の初
期化では、SDL内のアップデートカウンタは00hに
セットされ、全ての予約ブロックは00hで書き潰され
る。
The parameters of all definition information structures DDS are recorded in four DDS sectors. The primary defect list PDL and the secondary defect list SDL are recorded in four defect management areas (DMA1 to DMA4). In the first initialization, the update counter in the SDL is set to 00h, and all reserved blocks are overwritten with 00h.

【0104】[検証/サーティフィケーション]ディス
ク10を検証する場合は、各グループ内のデータセクタ
(ユーザエリア)およびスペアセクタ(スペアエリア)
を検証することになる。この検証は、各グループ内セク
タの読み書きチェックにより行なうことができる。
[Verification / Certification] When verifying the disk 10, data sectors (user areas) and spare sectors (spare areas) in each group are used.
Will be verified. This verification can be performed by checking the read / write of the sectors in each group.

【0105】検証中に発見された欠陥セクタは、たとえ
ばスリッピング交替により処理される。この欠陥セクタ
は、読み書きに使用してはならない。
A defective sector found during the verification is processed, for example, by slip replacement. This defective sector must not be used for reading or writing.

【0106】検証の実行中にディスク10のゾーン内ス
ペアセクタを使い切ってしまったときは、そのディスク
10は不良と判定し、以後そのディスク10は使用しな
いものとする。
If the spare sectors in the zone of the disk 10 are used up during the verification, the disk 10 is determined to be defective, and the disk 10 is not used thereafter.

【0107】なお、ディスク10をコンピュータのデー
タ記憶用に用いるときは上記初期化+検証が行われる
が、ビデオ録画用に用いられるときは、上記初期化+検
証を行うことなく、いきなりビデオ録画することもあり
得る。
When the disk 10 is used for storing data in a computer, the above-described initialization and verification are performed. When the disk 10 is used for video recording, video recording is performed immediately without performing the above-mentioned initialization and verification. It is possible.

【0108】次に、図23〜図32を参照して、DVD
に採用されているUDF規格について説明を行う。
Next, referring to FIG. 23 to FIG.
The UDF standard adopted in the above will be described.

【0109】初めに、DVDで採用されているUDFフ
ォーマットについて説明する。
First, the UDF format used in DVD will be described.

【0110】<<<UDFの概要説明>>> <<UDFとは何か>>UDFとはユニバーサルディス
クフォーマットの略で、主にディスク状情報記録媒体に
おける「ファイル管理方法に関する規約」を示す。
<<<< Overview of UDF >>>><< What is UDF >> UDF is an abbreviation of Universal Disk Format, and mainly indicates "rules concerning file management method" in a disk-shaped information recording medium.

【0111】CD−ROM、CD−R、CD−RW、D
VD-ビデオ、DVD−ROM、DVD−R、DVD−
RAM等は、国際標準規格である「ISO9660」で
規格化されたUDFフォーマットを採用している。
CD-ROM, CD-R, CD-RW, D
VD-Video, DVD-ROM, DVD-R, DVD-
The RAM and the like adopt the UDF format standardized by the international standard “ISO9660”.

【0112】ファイル管理方法としては、基本的にルー
トディレクトリを親に持ち、ツリー状にファイルを管理
する階層ファイルシステムを前提としている。
The file management method is basically based on a hierarchical file system having a root directory as a parent and managing files in a tree shape.

【0113】ここでは主にDVD−RAM規格に準拠し
たUDFフォーマットについての説明を行うが、この説
明内容の多くの部分はDVD−ROM規格内容とも一致
している。
Here, the UDF format conforming to the DVD-RAM standard will be mainly described. However, most of the description is consistent with the DVD-ROM standard.

【0114】<<UDFの概要>> <情報記録媒体へのファイル情報記録内容>情報記録媒
体に情報を記録する場合、情報のまとまりを「ファイル
データ」と呼び、ファイルデータ単位で記録が行なわれ
る。個々のファイルデータは、他のファイルデータと識
別するため、ファイルデータ毎に独自のファイル名が付
加されている。
<< Overview of UDF >><Contents of File Information Recording on Information Recording Medium> When information is recorded on an information recording medium, a group of information is called "file data", and recording is performed in units of file data. . Each file data is provided with a unique file name for each file data so as to be distinguished from other file data.

【0115】共通な情報内容を持つ複数のファイルデー
タ毎にグループ化すると、ファイル管理とファイル検索
が容易になる。この複数ファイルデータ毎のグループを
「ディレクトリ」または「フォルダ」と呼ぶ。各ディレ
クトリ(またはフォルダ)毎に独自のディレクトリ名
(またはフォルダ名)が付加される。
Grouping a plurality of file data having common information contents facilitates file management and file search. The group for each of the plurality of file data is called a “directory” or a “folder”. A unique directory name (or folder name) is added to each directory (or folder).

【0116】さらに、複数のディレクトリ(フォルダ)
を集めて、その上の階層のグループとして上位ディレク
トリ(上位フォルダ)でまとめることができる。ここで
はファイルデータとディレクトリ(フォルダ)を総称し
てファイルと呼ぶことにする。
Further, a plurality of directories (folders)
Can be collected and grouped in a higher-level directory (higher-level folder) as a group at a higher level. Here, the file data and the directory (folder) are collectively called a file.

【0117】情報を記録する場合には (イ)ファイルデータの情報内容そのもの; (ロ)ファイルデータに対応したファイル名;および (ハ)ファイルデータの保存場所(どのディレクトリの
下に記録するか)に関する情報を全て情報記録媒体(例
えばディスク10)上に記録する。
When recording information, (a) the information content of the file data itself; (b) the file name corresponding to the file data; and (c) the storage location of the file data (under which directory to record) All information on the information recording medium is recorded on an information recording medium (for example, the disk 10).

【0118】また、各ディレクトリ(フォルダ)に対す
る (ニ)ディレクトリ名(フォルダ名);および (ホ)各ディレクトリ(フォルダ)が属している位置
(つまりその親となる上位ディレクトリ/上位フォルダ
の位置)に関する情報も、すべて情報記録媒体(10)
上に記録する。
Further, (d) the directory name (folder name) for each directory (folder); and (e) the position to which each directory (folder) belongs (that is, the position of the parent upper directory / upper folder) All information is recorded on an information recording medium (10)
Record above.

【0119】図23は、階層ファイルシステム構造と情
報記録媒体(DVDーRAMディスク10)に記録され
た情報内容との間の基本的な関係を説明する図である。
図23は、その上側に階層ファイルシステム構造の簡単
な例を示し、その下側にUDFに従ったファイルシステ
ム記録内容の一例を示している。
FIG. 23 is a view for explaining the basic relationship between the hierarchical file system structure and the information content recorded on the information recording medium (DVD-RAM disk 10).
FIG. 23 shows a simple example of a hierarchical file system structure on the upper side, and shows an example of file system recorded contents according to UDF on the lower side.

【0120】<階層ファイルシステム構造の簡単な例>
小型コンピュータ用の汎用オペレーティングシステム
(OS)であるUNIX、MacOS、MS−DOS、
Windowsなど、ほとんどのOSのファイル管理シ
ステムは、図23あるいは図29に例示するようなツリ
ー状の階層構造を持つ。
<Simple Example of Hierarchical File System Structure>
UNIX, MacOS, MS-DOS, which are general-purpose operating systems (OS) for small computers,
Most OS file management systems such as Windows have a tree-like hierarchical structure as illustrated in FIG. 23 or FIG.

【0121】図23において、1個のディスクドライブ
(たとえば1台のハードディスクドライブHDDが複数
のパーティションに区切られている場合には、各パーテ
ィション単位を1個のディスクドライブとして考える)
にはその全体の親となる1個のルートディレクトリ40
1が存在し、その下にサブディレクトリ402が属して
いる。このサブディレクトリ402の中にファイルデー
タ403が存在している。
In FIG. 23, one disk drive (for example, when one hard disk drive HDD is divided into a plurality of partitions, each partition unit is considered as one disk drive).
Has one root directory 40 that is the parent of the whole
1 and a subdirectory 402 belongs to the subdirectory 402. File data 403 exists in this subdirectory 402.

【0122】実際にはこの例に限られず、ルートディレ
クトリ401の直接下にファイルデータ403が存在し
たり、複数のサブディレクトリ402が直列につながっ
た複雑な階層構造を持つ場合もある。
[0122] Actually, the present invention is not limited to this example, and file data 403 may exist directly below the root directory 401, or may have a complicated hierarchical structure in which a plurality of subdirectories 402 are connected in series.

【0123】<情報記録媒体上のファイルシステム記録
内容>ファイルシステム情報は論理ブロック単位(また
は論理セクタ単位)で記録され、各論理ブロック内に記
録される内容としては、主に、次のようなものがある: *ファイルID記述子FID(ファイル情報を示す記述
文)…ファイルの種類やファイル名(ルートディレクト
リ名、サブディレクトリ名、ファイルデータ名など)を
記述しているもの。ファイルID記述子FIDの中に
は、それに続くファイルデータのデータ内容や、ディレ
クトリの中身に関する情報が記録されている位置も記述
されている。
<File System Recorded Contents on Information Recording Medium> File system information is recorded in logical block units (or logical sector units), and the contents recorded in each logical block mainly include the following. There are: * File ID Descriptor FID (descriptive sentence indicating file information) ... that describes the file type and file name (root directory name, subdirectory name, file data name, etc.). The file ID descriptor FID also describes the data content of the subsequent file data and the position where information about the contents of the directory is recorded.

【0124】*ファイルエントリFE(ファイル内容の
記録場所を示す記述文)…ファイルデータの内容やディ
レクトリ(サブディレクトリなど)の中身に関する情報
が記録されている情報記録媒体上の位置(論理ブロック
番号)などを記述しているもの。
* File entry FE (descriptive sentence indicating recording location of file contents)... Position (logical block number) on the information recording medium in which information relating to the contents of file data and the contents of directories (sub directories, etc.) is recorded. What describes such.

【0125】図23の中央部分は、図23の上側に示す
ようなファイルシステム構造の情報を情報記録媒体10
に記録したときの、記録内容を例示している。以下、こ
の例示内容を具体的に説明する。
The central part of FIG. 23 stores information of a file system structure as shown in the upper part of FIG.
3 shows an example of the recorded contents when recorded. Hereinafter, this example content will be specifically described.

【0126】*論理ブロック番号「1」の論理ブロック
には、ルートディレクトリ401の中味が示されてい
る。
The contents of the root directory 401 are shown in the logical block of the logical block number “1”.

【0127】図23の例では、ルートディレクトリ40
1の中にはサブディレクトリ402のみが入っている。
このため、ルートディレクトリ401の中味としては、
サブディレクトリ402に関する情報がファイルID記
述子(FID)404で記載されている。なお、図示し
ないが、同一論理ブロック内に、ルートディレクトリ4
01自身の情報もファイルID記述子の文で並記されて
いる。
In the example shown in FIG.
1 includes only a subdirectory 402.
Therefore, the contents of the root directory 401 include:
Information about the subdirectory 402 is described in a file ID descriptor (FID) 404. Although not shown, the root directory 4 is stored in the same logical block.
01 itself is also described in the sentence of the file ID descriptor.

【0128】このルートディレクトリ401のファイル
ID記述子404中に、サブディレクトリ402の中味
が何処に記録されているかを示すファイルエントリ(F
E)405の記録位置が、ロングアロケーション記述子
(LAD(2))で記載されている。
In the file ID descriptor 404 of the root directory 401, a file entry (F) indicating where the contents of the subdirectory 402 are recorded.
E) The recording position of 405 is described in the long allocation descriptor (LAD (2)).

【0129】*論理ブロック番号「2」の論理ブロック
には、サブディレクトリ402の中味が記録されている
位置を示すファイルエントリ405が記録されている。
In the logical block of the logical block number “2”, a file entry 405 indicating the position where the contents of the subdirectory 402 are recorded is recorded.

【0130】図23の例では、サブディレクトリ402
の中にはファイルデータ403のみが入っている。この
ため、サブディレクトリ402の中味は、実質的にはフ
ァイルデータ403に関する情報が記述されているファ
イルID記述子406の記録位置を示すことになる。
In the example shown in FIG.
Contains only the file data 403. Therefore, the contents of the subdirectory 402 substantially indicate the recording position of the file ID descriptor 406 in which information on the file data 403 is described.

【0131】ファイルエントリ405では、その中のシ
ョートアロケーション記述子で3番目の論理ブロックに
サブディレクトリ402の中味が記録されていることが
記述(AD(3))されている。
The file entry 405 describes (AD (3)) that the contents of the subdirectory 402 are recorded in the third logical block in the short allocation descriptor therein.

【0132】*論理ブロック番号「3」の論理ブロック
には、サブディレクトリ402の中味が記録されてい
る。
* The contents of the subdirectory 402 are recorded in the logical block of the logical block number "3".

【0133】図23の例では、サブディレクトリ402
の中にはファイルデータ403のみが入っているので、
サブディレクトリ402の中味としてファイルデータ4
03に関する情報がファイルID記述子406で記載さ
れている。なお、図示しないが、同一論理ブロック内
に、サブディレクトリ402自身の情報もファイルID
記述子の文で並記されている。
In the example shown in FIG.
Contains only the file data 403,
File data 4 as the contents of subdirectory 402
03 is described in the file ID descriptor 406. Although not shown, the information of the subdirectory 402 itself is also stored in the same logical block with the file ID.
It is written in the descriptor sentence.

【0134】ファイルデータ403に関するファイルI
D記述子406の中に、このファイルデータ403の中
味が何処に記録されているかを示すファイルエントリ4
07の記録位置が、ロングアロケーション記述子(LA
D(4))で記載されている。
File I related to file data 403
A file entry 4 indicating where the contents of the file data 403 are recorded in the D descriptor 406
07 is recorded in the long allocation descriptor (LA).
D (4)).

【0135】*論理ブロック番号「4」の論理ブロック
には、ファイルデータ403の内容(408、409)
が記録されている位置を示すファイルエントリ407が
記録されている。
* The contents of the file data 403 (408, 409) are stored in the logical block of the logical block number "4".
Is recorded in the file entry 407 indicating the position where is recorded.

【0136】ファイルエントリ407内のショートアロ
ケーション記述子により、ファイルデータ403の内容
(408、409)が、5番目と6番目の論理ブロック
に記録されていることが記述(AD(5)、AD
(6))されている。
The short allocation descriptor in the file entry 407 describes that the contents (408, 409) of the file data 403 are recorded in the fifth and sixth logical blocks (AD (5), AD (5)).
(6)) has been done.

【0137】*論理ブロック番号「5」の論理ブロック
には、ファイルデータ403の内容408が記録されて
いる。
* The contents 408 of the file data 403 are recorded in the logical block of the logical block number "5".

【0138】*論理ブロック番号「6」の論理ブロック
には、ファイルデータ403の内容409が記録されて
いる。
* The content 409 of the file data 403 is recorded in the logical block of the logical block number “6”.

【0139】<図23の情報に沿ったファイルデータへ
のアクセス方法>上述したように、ファイルID記述子
FIDとファイルエントリFEには、それに続く情報が
記述してある論理ブロック番号が記述してある。
<Method of Accessing File Data According to Information in FIG. 23> As described above, the file ID descriptor FID and the file entry FE describe the logical block number in which the following information is described. is there.

【0140】ルートディレクトリから階層を下りながら
サブディレクトリを経由してファイルデータへ到達する
のと同様に、ファイルID記述子FIDとファイルエン
トリに記述してある論理ブロック番号に従って、情報記
録媒体10上の論理ブロック内の情報を順次再生しなが
ら、目的のファイルデータの内容にアクセスする。
In the same manner as when arriving at the file data via the sub-directory while descending the hierarchy from the root directory, according to the file ID descriptor FID and the logical block number described in the file entry, information on the information recording medium 10 The contents of the target file data are accessed while sequentially reproducing the information in the logical block.

【0141】つまり図23に示したファイルデータ40
3にアクセスするには、まず始めに1番目の論理ブロッ
ク情報を読み、その中のLAD(2)に従って2番目の
論理ブロック情報を読む。ファイルデータ403はサブ
ディレクトリ402の中に存在しているので、その中か
らサブディレクトリ402のファイルID記述子FID
を探し、AD(3)を読み取る。その後、読み取ったA
D(3)に従って3番目の論理ブロック情報を読む。そ
の中にLAD(4)が記述してあるので、4番目の論理
ブロック情報を読み、ファイルデータ403に関するフ
ァイルID記述子FIDを探し、その中に記述してある
AD(5)に従って5番目の論理ブロック情報を読み、
AD(6)に従って6番目の論理ブロックに到達する。
That is, the file data 40 shown in FIG.
To access No. 3, first read the first logical block information, and then read the second logical block information according to LAD (2) therein. Since the file data 403 exists in the sub directory 402, the file ID descriptor FID of the sub directory 402 is extracted from the file data 403.
And read AD (3). Then read A
The third logical block information is read according to D (3). Since LAD (4) is described therein, the fourth logical block information is read, a file ID descriptor FID relating to the file data 403 is searched, and the fifth logical block information is described in accordance with AD (5) described therein. Read the logical block information,
The sixth logical block is reached according to AD (6).

【0142】なお、AD(論理ブロック番号)、LAD
(論理ブロック番号)といった記述の内容については、
後述する。
Note that AD (logical block number), LAD
(Logical block number)
It will be described later.

【0143】<<<UDFの各記述文(記述子/ディス
クリプタ)の具体的内容説明>>> <<論理ブロック番号の記述文>> <アロケーション記述子>前記<情報記録媒体上のファ
イルシステム情報記録内容>で述べたように、ファイル
ID記述子FIDやファイルエントリなどの一部に含ま
れ、その後に続く情報が記録されている位置(論理ブロ
ック番号)を示した記述文をアロケーション記述子と呼
ぶ。
<<<< Detailed description of each description sentence (descriptor / descriptor) of UDF >>>><< Descriptive sentence of logical block number >><Allocationdescriptor><File system information on information recording medium> As described in <Recorded Content>, a description sentence included in a part of the file ID descriptor FID or the file entry and indicating the position (logical block number) where the following information is recorded is referred to as an allocation descriptor. Call.

【0144】アロケーション記述子には、示すロングア
ロケーション記述子とショートアロケーション記述子が
ある。
The allocation descriptor includes a long allocation descriptor and a short allocation descriptor.

【0145】<ロングアロケーション記述子>図24
は、情報記録媒体上の連続セクタ集合体(エクステン
ト)の記録位置を表示するロングアロケーション記述子
の記述内容を説明する図である。
<Long Allocation Descriptor> FIG.
FIG. 4 is a diagram for explaining the description contents of a long allocation descriptor indicating a recording position of a continuous sector aggregate (extent) on an information recording medium.

【0146】ロングアロケーション記述子LAD(論理
ブロック番号)は、エクステントの長さ410と、エク
ステントの位置411と、インプリメンテーション使用
412とで構成されている。
The long allocation descriptor LAD (logical block number) includes an extent length 410, an extent position 411, and an implementation use 412.

【0147】エクステントの長さ410は論理ブロック
数を4バイトで表示したものであり、エクステントの位
置411は該当する論理ブロック番号を4バイトで表示
したものであり、インプリメンテーション使用412は
演算処理に利用する情報を8バイトで表示したものであ
る。
The extent length 410 indicates the number of logical blocks in 4 bytes. The extent position 411 indicates the corresponding logical block number in 4 bytes. Is displayed in 8 bytes.

【0148】ここでは、記述を簡素化するために、「L
AD(論理ブロック番号)」といった略号をロングアロ
ケーション記述子の記述に用いている。
Here, in order to simplify the description, “L
Abbreviations such as "AD (logical block number)" are used for describing the long allocation descriptor.

【0149】<ショートアロケーション記述子>図25
は、情報記録媒体10上の連続セクタ集合体(エクステ
ント)の記録位置を表示するショートアロケーション記
述子の記述内容を説明する図である。
<Short Allocation Descriptor> FIG.
FIG. 3 is a diagram for explaining the description contents of a short allocation descriptor indicating a recording position of a continuous sector aggregate (extent) on the information recording medium 10.

【0150】ショートアロケーション記述子AD(論理
ブロック番号)は、エクステントの長さ410と、エク
ステントの位置411とで構成されている。
The short allocation descriptor AD (logical block number) is composed of an extent length 410 and an extent position 411.

【0151】エクステントの長さ410は論理ブロック
数を4バイトで表示したものであり、エクステントの位
置411は該当する論理ブロック番号を4バイトで表示
したものである。
The extent length 410 indicates the number of logical blocks by 4 bytes, and the extent position 411 indicates the corresponding logical block number by 4 bytes.

【0152】ここでは、記述を簡素化するために、「A
D(論理ブロック番号)」といった略号をショートアロ
ケーション記述子の記述に用いている。
Here, in order to simplify the description, “A
Abbreviations such as "D (logical block number)" are used to describe the short allocation descriptor.

【0153】<アロケートされないスペースエントリ>
図26は、情報記録媒体上の未記録連続セクタ集合体
(未記録エクステント)を検索するものでアロケートさ
れないスペースエントリ(Unallocated Space Entry;
略してUSE)として使用される記述文の内容を説明す
る図である。
<Space entry not allocated>
FIG. 26 is a diagram for searching for an unrecorded continuous sector aggregate (unrecorded extent) on the information recording medium, and shows a non-allocated space entry (Unallocated Space Entry;
FIG. 3 is a diagram for explaining the contents of a description sentence used as USE for short.

【0154】アロケートされないスペースエントリと
は、情報記録媒体10の記録領域内での「記録済み論理
ブロック」か「未記録論理ブロック」かを表すスペース
テーブル(図30〜図32参照)に用いられる記述文で
ある。
A space entry that is not allocated is a description used in a space table (see FIGS. 30 to 32) indicating whether a “recorded logical block” or an “unrecorded logical block” in the recording area of the information recording medium 10. Statement.

【0155】このアロケートされないスペースエントリ
USEは、記述子タグ413と、ICBタグ414と、
アロケーション記述子列の全長415と、アロケーショ
ン記述子416とで、構成されている。
This unallocated space entry USE includes a descriptor tag 413, an ICB tag 414,
It is composed of a total length 415 of an allocation descriptor sequence and an allocation descriptor 416.

【0156】*記述子タグ413は記述内容の識別子を
表すもので、この例では“263”となっている。
The * descriptor tag 413 indicates an identifier of the description content, and is "263" in this example.

【0157】*ICBタグ414は、ファイルタイプを
示す。
The * ICB tag 414 indicates a file type.

【0158】ICBタグ内のファイルタイプ=1はアロ
ケートされないスペースエントリUSEを意味し、ファ
イルタイプ=4はディレクトリを表し、ファイルタイプ
=5はファイルデータを表している。
The file type = 1 in the ICB tag indicates a space entry USE that is not allocated, the file type = 4 indicates a directory, and the file type = 5 indicates file data.

【0159】*アロケーション記述子列の全長415
は、アロケーション記述子列の総バイト数を4バイトで
表している。
* Total length 415 of allocation descriptor string
Represents the total number of bytes of the allocation descriptor string in 4 bytes.

【0160】*アロケーション記述子416は、各エク
ステント(セクタ集合体)の媒体10上の記録位置(論
理ブロック番号)を列記したものである。たとえば、
(AD(*),AD(*),………,AD(*))のよ
うに列記される。
The allocation descriptor 416 lists recording positions (logical block numbers) on the medium 10 of each extent (sector group). For example,
(AD (*), AD (*),..., AD (*)).

【0161】<ファイルエントリ>図27は、図23の
ように階層構造を持ったファイル構造内で、指定された
ファイルの記録位置を表示するファイルエントリの記述
内容の一部を抜粋して説明する図である。
<File Entry> FIG. 27 illustrates a part of the description contents of a file entry for displaying the recording position of a designated file in a file structure having a hierarchical structure as shown in FIG. FIG.

【0162】ファイルエントリは、記述子タグ417
と、ICBタグ418と、パーミッション(許可)41
9と、アロケーション記述子420とで、構成されてい
る。
The file entry has the descriptor tag 417
, ICB tag 418, and permission (permission) 41
9 and an allocation descriptor 420.

【0163】*記述子タグ417は、記述内容の識別子
を表すもので、この場合は“261”となっている。
The * descriptor tag 417 indicates the identifier of the description content, and is "261" in this case.

【0164】*ICBタグ418は、ファイルタイプを
示すもので、その内容は、図26のアロケートされない
スペースエントリのICBタグ414と同様である。
The * ICB tag 418 indicates the file type, and its contents are the same as the ICB tag 414 of the unallocated space entry in FIG.

【0165】*パーミッション(Permissions)419
は、ユーザ別の記録・再生・削除の許可情報を示す。主
にファイルのセキュリティー確保を目的として使われ
る。
* Permissions 419
Indicates permission information for recording, reproduction, and deletion for each user. It is mainly used to ensure file security.

【0166】*アロケーション記述子420は、該当フ
ァイルの中味が記録してある位置を、エクステント毎に
ショートアロケーション記述子を並べて、記述したもの
である。たとえば、FE(AD(*),AD(*),…
……,AD(*))のように列記される。この発明で
は、このアロケーション記述子420に、前記したトラ
ップエリアのアドレス情報(物理セクタ番号)は記述し
ない。これにより、通常再生時にトラップエリアは再生
されなくなる。勿論、ディスクコピー実行時にはトラッ
プエリアは再生されコピーされることに変わりはない。
The allocation descriptor 420 describes the position where the contents of the file are recorded by arranging short allocation descriptors for each extent. For example, FE (AD (*), AD (*), ...
.., AD (*)). In the present invention, the address information (physical sector number) of the trap area is not described in the allocation descriptor 420. This prevents the trap area from being reproduced during normal reproduction. Of course, the trap area is reproduced and copied when the disc copy is executed.

【0167】<ファイルID記述子FID>図28は、
図23のように階層構造を持ったファイル構造内で、フ
ァイル(ルートディレクトリ、サブディレクトリ、ファ
イルデータ等)の情報を記述するファイルID記述子の
一部を抜粋して説明する図である。
<File ID Descriptor FID> FIG.
FIG. 24 is a diagram illustrating a part of a file ID descriptor that describes information of a file (root directory, subdirectory, file data, etc.) in a file structure having a hierarchical structure as shown in FIG. 23.

【0168】ファイルID記述子FIDは、記述子タグ
421と、ファイルキャラクタ422と、情報制御ブロ
ックICB423と、ファイル識別子424と、パディ
ング437とで構成されている。
The file ID descriptor FID includes a descriptor tag 421, a file character 422, an information control block ICB 423, a file identifier 424, and padding 437.

【0169】*記述子タグ421は、記述内容の識別子
を表したもので、この場合は“257”となっている。
The * descriptor tag 421 indicates the identifier of the description content, and is "257" in this case.

【0170】*ファイル特性422は、ファイルの種別
を示し、親ディレクトリ、ディレクトリ、ファイルデー
タ、ファイル削除フラグのどれかを意味する。
The * file characteristic 422 indicates the type of the file, and means one of a parent directory, a directory, file data, and a file deletion flag.

【0171】*情報制御ブロックICB423は、この
ファイルに対応したFE位置(ファイルエントリ位置)
をロングアロケーション記述子で記述したものである。
* The information control block ICB 423 is a FE position (file entry position) corresponding to this file.
Is described by a long allocation descriptor.

【0172】*ファイル識別子424は、ディレクトリ
名またはファイル名を記述したものである。
* File identifier 424 describes a directory name or a file name.

【0173】*パディング437は、ファイル識別子4
24全体の長さを調整するために付加されたダミー領域
で、通常は全て“0”(または000h)が記録されて
いる。
* Padding 437 is the file identifier 4
Normally, all "0" (or 000h) are recorded in a dummy area added to adjust the length of the entire 24.

【0174】なお、1つのボリュームスペース内でコン
ピュータデータ(DA1、DA3)とAVデータ(DA
2)とが混在できるようになっている。この場合、ファ
イルとしてはコンピュータファイルとAVファイルの2
種が混在する可能性がある。
It is to be noted that computer data (DA1, DA3) and AV data (DA) are stored in one volume space.
2) can be mixed. In this case, there are two files, computer files and AV files.
Species may be mixed.

【0175】AVファイルをコンピュータファイルから
区別するためのAVファイル識別子の設定方法として
は、次の2つが考えられる:1)AVファイルのファイ
ル名の末尾に所定の拡張子(.VOB等)を付ける;
2)AVファイルのパディング437に独自のフラグ
(図示せず)を挿入する(このフラグが“1”ならAV
ファイルを示し、“0”ならコンピュータファイルを示
す等)。
The following two methods are conceivable for setting an AV file identifier for distinguishing an AV file from a computer file: 1) A predetermined extension (such as .VOB) is added to the end of the file name of the AV file. ;
2) Insert a unique flag (not shown) into the padding 437 of the AV file (if this flag is "1",
File, and "0" indicates a computer file, etc.).

【0176】なお、パディング437の領域内に暗号化
されたユーザパスワードを記録することもできる。
Note that an encrypted user password can be recorded in the padding 437 area.

【0177】図29は、図23に例示されたファイル構
造をより一般化したファイルシステム構造を示す。図2
9において、括弧内はディレクトリの中身に関する情
報、またはファイルデータのデータ内容が記録されてい
る情報記録媒体10上の論理ブロック番号を例示してい
る。
FIG. 29 shows a more generalized file system structure of the file structure shown in FIG. FIG.
In FIG. 9, the information in the parentheses indicates information on the contents of the directory or the logical block number on the information recording medium 10 on which the data content of the file data is recorded.

【0178】<<<UDFに従って記録したファイル構
造記述例>>>前述した<<UDFの概要>>で示した
内容(ファイルシステムの構造)について、具体的な例
を用いて以下に説明する。
<< Example of File Structure Description Recorded According to UDF >> The contents (structure of the file system) shown in the above << Overview of UDF >> will be described below using a specific example.

【0179】情報記録媒体(DVDーRAMディスク
等)10上の未記録位置の管理方法としては、以下の方
法がある: [スペースビットマップ法]この方法は、スペースビッ
トマップ記述子470(図31)を用いるもので、情報
記録媒体内記録領域の全論理ブロックに対してビットマ
ップ的に「記録済み」または「未記録」のフラグを立て
る方法である。この発明では、トラップエリアに相当す
る論理ブロックに対しては、全て「記録済み」のフラグ
を立てる。これにより、通常再生時にトラップエリアが
再生されないようにする。
As a method of managing the unrecorded position on the information recording medium (DVD-RAM disk, etc.) 10, there is the following method: [Space Bitmap Method] This method uses a space bitmap descriptor 470 (FIG. 31). ), And a flag of “recorded” or “unrecorded” is set in a bitmap manner for all logical blocks in a recording area in the information recording medium. In the present invention, a flag of “recorded” is set for all logical blocks corresponding to the trap area. This prevents the trap area from being reproduced during normal reproduction.

【0180】[スペーステーブル法]この方法は、図2
6の記述方式を用いてショートアロケーション記述子の
列記により記録済み論理ブロック番号を記載する方法で
ある。
[Space Table Method] The method shown in FIG.
In this method, recorded logical block numbers are described by listing short allocation descriptors using the description method 6 described above.

【0181】ここでは、説明をまとめて行なうために、
図30〜図32に両方式(スペースビットマップ法およ
びスペーステーブル方法)を併記しているが、実際には
両方が一緒に使われる(情報記録媒体上に記録される)
ことはほとんど無く、どちらか一方のみが使用される。
Here, in order to summarize the description,
Although both methods (space bitmap method and space table method) are shown together in FIGS. 30 to 32, both are actually used together (recorded on an information recording medium).
There is very little and only one is used.

【0182】また、スペーステーブル内での記述内容
(ショートアロケーション記述子の記述・並べ方)は取
りあえず図29のファイルシステム構造に合わせている
が、これに限らず自由にショートアロケーション記述子
を記述することができる。
The description contents (description and arrangement of short allocation descriptors) in the space table are adapted to the file system structure shown in FIG. 29 for the time being. However, the present invention is not limited to this. Can be.

【0183】図30〜図32は、図29のファイルシス
テム構造の情報をUDFフォーマットに従って情報記録
媒体10上に記録した例を示す。図30はその前半を示
し、図31はその中盤を示し、図32はその後半を示し
ている。
FIGS. 30 to 32 show examples in which the information of the file system structure of FIG. 29 is recorded on the information recording medium 10 in accordance with the UDF format. 30 shows the first half, FIG. 31 shows the middle stage, and FIG. 32 shows the latter half.

【0184】図30〜図32に示すように、ファイル構
造486とファイルデータ487に関する情報が記録さ
れている論理セクタは、特に「論理ブロック」とも呼ば
れ、論理セクタ番号(LSN)に連動して論理ブロック
番号(LBN)が設定されている。(論理ブロックの長
さは論理セクタと同様2048バイトになっている。)
図30〜図32に記述されている主な記述子の内容とし
ては、次のようなものがある: *エクステントエリア記述子開始445は、ボリューム
認識シーケンス(Volume Recognition Sequence;略し
てVRS)の開始位置を示す。
As shown in FIGS. 30 to 32, a logical sector in which information on the file structure 486 and the file data 487 is recorded is particularly called a “logical block” and is linked to a logical sector number (LSN). A logical block number (LBN) is set. (The length of the logical block is 2048 bytes as in the case of the logical sector.)
The contents of the main descriptors described in FIGS. 30 to 32 include the following: * The extent area descriptor start 445 is the start of a volume recognition sequence (VRS for short). Indicates the position.

【0185】*ボリューム構造記述子446は、ディス
クの内容(ボリュームの内容)の説明を記述している。
* Volume structure descriptor 446 describes the contents of the disk (volume contents).

【0186】*ブート記述子447は、コンピュータシ
ステムのブート開始位置など、ブート時の処理内容に関
する記述をした部分である。
The * boot descriptor 447 is a portion describing the processing contents at the time of booting, such as the boot start position of the computer system.

【0187】*エクステントエリア記述子終了448
は、ボリューム認識シーケンス(VRS)の終了位置を
示す。
* End Extent Area Descriptor 448
Indicates the end position of the volume recognition sequence (VRS).

【0188】*パーティション記述子450は、パーテ
ィションのサイズなどのパーティション情報を記述して
いる。
* The partition descriptor 450 describes partition information such as the size of the partition.

【0189】なお、DVD−RAMでは、1ボリューム
あたり1パーティションを原則としている。
[0189] In the DVD-RAM, one partition per volume is basically used.

【0190】*論理ボリューム記述子454は、論理ボ
リュームの内容を記述している。
The * logical volume descriptor 454 describes the contents of the logical volume.

【0191】*アンカーボリューム記述子ポインタ45
8は、情報記録媒体10の記録領域内で記録済みの情報
の記録最終位置を表示している。
* Anchor volume descriptor pointer 45
Reference numeral 8 denotes the last recording position of the recorded information in the recording area of the information recording medium 10.

【0192】*予約459〜465は、特定の記述子
(ディスクリプタ)を記録する論理セクタ番号を確保す
るための調整領域であり、始めは全て“00h”が書き
込まれている。
* Reservations 459 to 465 are adjustment areas for securing logical sector numbers for recording specific descriptors (descriptors), and are initially written with "00h".

【0193】*リザーブボリューム記述子シーケンス4
67は、メインボリューム記述子シーケンス449に記
録された情報のパックアップ領域である。
* Reserved volume descriptor sequence 4
Reference numeral 67 denotes a backup area for information recorded in the main volume descriptor sequence 449.

【0194】<<<再生時のファイルデータへのアクセ
ス方法>>>図30〜図32に示したファイルシステム
情報を用い、たとえば図29のファイルデータH432
のデータ内容を再生する場合を想定して、情報記録媒体
10上のファイルデータアクセス処理方法について説明
する。
<<<< Method of Accessing File Data During Reproduction >>>> Using the file system information shown in FIGS. 30 to 32, for example, file data H432 of FIG.
The file data access processing method on the information recording medium 10 will be described on the assumption that the data content is reproduced.

【0195】(1)情報記録再生装置起動時または情報
記録媒体装着時のブート領域として、ボリューム認識シ
ーケンス444領域内のブート記述子447の情報を再
生しに行く。ブート記述子447の記述内容に沿ってブ
ート時の処理が始まる。
(1) The information of the boot descriptor 447 in the volume recognition sequence 444 area is reproduced as a boot area when the information recording / reproducing apparatus is activated or when the information recording medium is mounted. The processing at the time of booting starts according to the description contents of the boot descriptor 447.

【0196】その際、特に指定されたブート時の処理が
ない場合には、 (2)始めにメインボリューム記述子シーケンス449
領域内の論理ボリューム記述子454の情報を再生す
る。
At this time, if there is no special boot process, (2) first, the main volume descriptor sequence 449
The information of the logical volume descriptor 454 in the area is reproduced.

【0197】(3)論理ボリューム記述子454の中に
論理ボリューム内容使用455が記述されている。そこ
に、ファイルセット記述子472が記録してある位置を
示す論理ブロック番号が、ロングアロケーション記述子
(図24)の形式で記述してある。(図30〜図32の
例ではLAD(100)であるから100番目の論理ブ
ロックに記録してある。) (4)100番目の論理ブロック(論理セクタ番号では
400番目になる)にアクセスし、ファイルセット記述
子472を再生する。その中のルートディレクトリIC
B473に、ルートディレクトリA425に関するファ
イルエントリが記録されている場所(論理ブロック番
号)が、ロングアロケーション記述子(図24)の形式
で記述してある(図30〜図32の例ではLAD(10
2)であるから102番目の論理ブロックに記録してあ
る)。
(3) Logical volume content usage 455 is described in the logical volume descriptor 454. There, the logical block number indicating the position where the file set descriptor 472 is recorded is described in the form of a long allocation descriptor (FIG. 24). (In the examples of FIGS. 30 and 32, the LAD (100) is recorded in the 100th logical block.) (4) The 100th logical block (the 400th logical sector number) is accessed. Play file set descriptor 472. Root directory IC in it
B473 describes the location (logical block number) where the file entry for the root directory A425 is recorded in the form of a long allocation descriptor (FIG. 24) (in the example of FIGS. 30 and 32, the LAD (10
Since it is 2), it is recorded in the 102nd logical block).

【0198】この場合、ルートディレクトリICB47
3のLAD(102)に従って、 (5)102番目の論理ブロックにアクセスし、ルート
ディレクトリA425に関するファイルエントリ475
を再生し、ルートディレクトリA425の中身に関する
情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読み
込む(AD(103);103番目の論理ブロックに記
録)。
In this case, the root directory ICB47
(5) The 102nd logical block is accessed, and a file entry 475 for the root directory A 425
Is read, and the position (logical block number) where the information on the contents of the root directory A425 is recorded is read (AD (103); recorded in the 103rd logical block).

【0199】(6)103番目の論理ブロックにアクセ
スし、ルートディレクトリA425の中身に関する情報
を再生する。
(6) The 103rd logical block is accessed, and information on the contents of the root directory A425 is reproduced.

【0200】ファイルデータH432はディレクトリD
428系列の下に存在するので、ディレクトリD428
に関するファイルID記述子FIDを探し、ディレクト
リD428に関するファイルエントリが記録してある論
理ブロック番号(図30〜図32には図示していないが
LAD(110);110番目の論理ブロックに記録)
を読み取る。
The file data H432 is stored in the directory D
Directory 428 because it exists under the 428 series.
Of the file ID descriptor FID of the directory D428 and the logical block number in which the file entry of the directory D428 is recorded (not shown in FIGS. 30 to 32, LAD (110); recorded in the 110th logical block)
Read.

【0201】(7)110番目の論理ブロックにアクセ
スし、ディレクトリD428に関するファイルエントリ
480を再生し、ディレクトリD428の中身に関する
情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読み
込む(AD(111);111番目の論理ブロックに記
録)。
(7) The 110th logical block is accessed, the file entry 480 relating to the directory D428 is reproduced, and the position (logical block number) where the information relating to the contents of the directory D428 is recorded is read (AD (111); (Recorded in the 111th logical block).

【0202】(8)111番目の論理ブロックにアクセ
スし、ディレクトリD428の中身に関する情報を再生
する。
(8) The 111th logical block is accessed, and information on the contents of the directory D428 is reproduced.

【0203】ファイルデータH432はサブディレクト
リF430の直接下に存在するので、サブディレクトリ
F430に関するファイルID記述子FIDを探し、サ
ブディレクトリF430に関するファイルエントリが記
録してある論理ブロック番号(LAD(112);11
2番目の論理ブロックに記録)を読み取る。
Since the file data H432 exists directly below the subdirectory F430, a file ID descriptor FID related to the subdirectory F430 is searched, and a logical block number (LAD (112)) in which a file entry related to the subdirectory F430 is recorded. 11
(Recorded in the second logical block).

【0204】(9)112番目の論理ブロックにアクセ
スし、サブディレクトリF430に関するファイルエン
トリ482を再生し、サブディレクトリF430の中身
に関する情報が記録されている位置(論理ブロック番
号)を読み込む(AD(113);113番目の論理ブ
ロックに記録)。
(9) The 112th logical block is accessed, the file entry 482 relating to the subdirectory F430 is reproduced, and the position (logical block number) where the information relating to the contents of the subdirectory F430 is recorded is read (AD (113 ); Recorded in the 113th logical block).

【0205】(10)113番目の論理ブロックにアク
セスし、サブディレクトリF430の中身に関する情報
を再生し、ファイルデータH432に関するファイルI
D記述子FIDを探す。そしてそこからファイルデータ
H432に関するファイルエントリが記録してある論理
ブロック番号(LAD(114);114番目の論理ブ
ロックに記録)を読み取る。
(10) The 113th logical block is accessed to reproduce information on the contents of the subdirectory F430, and the file I
Search for the D descriptor FID. Then, the logical block number (LAD (114); recorded in the 114th logical block) in which the file entry relating to the file data H432 is recorded is read from the logical block number.

【0206】(11)114番目の論理ブロックにアク
セスし、ファイルデータH432に関するファイルエン
トリ484を再生しファイルデータH432のデータ内
容489が記録されている位置を読み取る。
(11) The 114th logical block is accessed, the file entry 484 relating to the file data H432 is reproduced, and the position where the data content 489 of the file data H432 is recorded is read.

【0207】(12)ファイルデータH432に関する
ファイルエントリ484内に記述されている論理ブロッ
ク番号順に情報記録媒体から情報を再生してファイルデ
ータH432のデータ内容489を読み取る。
(12) Information is reproduced from the information recording medium in the order of the logical block numbers described in the file entry 484 relating to the file data H432, and the data contents 489 of the file data H432 are read.

【0208】<<<特定のファイルデータ内容変更方法
>>>次に、図30〜図32に示したファイルシステム
情報を用いて例えばファイルデータH432のデータ内
容を変更する場合の、アクセスも含めた処理方法につい
て説明する。
<<< Specific File Data Content Change Method >>>> Next, the access when the data content of the file data H432 is changed using the file system information shown in FIGS. The processing method will be described.

【0209】(1)ファイルデータH432の変更前後
でのデータ内容の容量差を求め、その値を2048バイ
トで割り、変更後のデータを記録するのに論理ブロック
を何個追加使用するかまたは何個不要になるかを事前に
計算しておく。
(1) The capacity difference of the data contents before and after the change of the file data H432 is obtained, the value is divided by 2048 bytes, and how many additional logical blocks are used or how many logical blocks are used to record the changed data. It is calculated in advance whether it is unnecessary.

【0210】(2)情報記録再生装置起動時または情報
記録媒体装着時のブート領域として、ボリューム認識シ
ーケンス444領域内のブート記述子447の情報を再
生しに行く。ブート記述子447の記述内容に沿ってブ
ート時の処理が始まる。
(2) The information of the boot descriptor 447 in the volume recognition sequence 444 area is reproduced as a boot area when the information recording / reproducing apparatus is started or when the information recording medium is mounted. The processing at the time of booting starts according to the description contents of the boot descriptor 447.

【0211】このとき、特に指定されたブート時の処理
がない場合には、 (3)始めにメインボリューム記述子シーケンス449
領域内のパーティション記述子450を再生し、その中
に記述してあるパーティション内容使用451の情報を
読み取る。このパーティション内容使用451(パーテ
ィションヘッダ記述子とも呼ぶ)の中にスペーステーブ
ルまたはスペースビットマップの記録位置が示してあ
る。
At this time, if there is no particularly specified boot process, (3) first, the main volume descriptor sequence 449
The partition descriptor 450 in the area is reproduced, and the information of the partition content usage 451 described therein is read. In the partition contents usage 451 (also referred to as a partition header descriptor), the recording position of the space table or the space bitmap is shown.

【0212】*スペーステーブル位置はアロケートされ
ないスペーステーブル452の欄にショートアロケーシ
ョン記述子の形式で記述されている(図30〜図32の
例ではAD(80))。また、 *スペースビットマップ位置はアロケートされないスペ
ースビットマップ453の欄にショートアロケーション
記述子の形式で記述されている(図30〜図32の例で
はAD(0))。
* The space table position is described in the column of the unallocated space table 452 in the form of a short allocation descriptor (AD (80) in the examples of FIGS. 30 to 32). The * space bitmap position is described in the form of a short allocation descriptor in the column of the space bitmap 453 that is not allocated (AD (0) in the examples of FIGS. 30 to 32).

【0213】(4)上記(3)で読み取ったスペースビ
ットマップが記述してある論理ブロック番号(0)へア
クセスする。スペースビットマップ記述子からスペース
ビットマップ情報を読み取り、未記録の論理ブロックを
探し、上記(1)の計算結果分の論理ブロックの使用を
登録する(スペースビットマップ記述子情報の書き替え
処理)。
(4) Access is made to the logical block number (0) in which the space bitmap read in (3) is described. The space bitmap information is read from the space bitmap descriptor, an unrecorded logical block is searched, and the use of the logical block corresponding to the calculation result of the above (1) is registered (space bitmap descriptor information rewriting processing).

【0214】または、 (4*)上記(3)で読み取ったスペーステーブルが記
述してある論理ブロック番号(80)へアクセスする。
スペーステーブルのアロケートされないスペースエント
リUSE(AD(*))からファイルデータIのUSE
(AD(*)、AD(*))までを読み取り、未記録の
論理ブロックを探し、上記(1)の計算結果分の論理ブ
ロックの使用を登録する(スペーステーブル情報の書き
替え処理)。
(4 *) Access to the logical block number (80) in which the space table read in (3) is described.
Unallocated space entry USE (AD (*)) from the space table to file data I USE
(AD (*), AD (*)) are read, an unrecorded logical block is searched, and the use of the logical block corresponding to the calculation result of (1) is registered (space table information rewriting process).

【0215】実際の処理では、上記(4)か上記(4
*)のいずれか一方の処理が行なわれる。
In the actual processing, the above (4) or (4
*) Is performed.

【0216】(5)次にメインボリューム記述子シーケ
ンス449の領域内の論理ボリューム記述子454の情
報を再生する。
(5) Next, the information of the logical volume descriptor 454 in the area of the main volume descriptor sequence 449 is reproduced.

【0217】(6)論理ボリューム記述子454の中
に、論理ボリューム内容使用455が記述されている。
そこに、ファイルセット記述子472が記録してある位
置を示す論理ブロック番号が、ロングアロケーション記
述子(図24)の形式で記述してある(図30〜図32
の例ではLAD(100)から100番目の論理ブロッ
クに記録してある)。
(6) In the logical volume descriptor 454, the use of logical volume contents 455 is described.
There, a logical block number indicating the position where the file set descriptor 472 is recorded is described in the form of a long allocation descriptor (FIG. 24) (FIGS. 30 to 32).
Is recorded in the 100th logical block from the LAD (100)).

【0218】(7)100番目の論理ブロック(論理セ
クタ番号では400番目になる)にアクセスし、ファイ
ルセット記述子472を再生する。その中のルートディ
レクトリICB473に、ルートディレクトリA425
に関するファイルエントリが記録されている場所(論理
ブロック番号)が、ロングアロケーション記述子(図2
4)の形式で記述してある(図30〜図32の例ではL
AD(102)から102番目の論理ブロックに記録し
てある)。
(7) Access the 100th logical block (the logical block number is 400th) and reproduce the file set descriptor 472. The root directory A425 is stored in the root directory ICB473 therein.
The location (logical block number) where the file entry relating to is recorded is a long allocation descriptor (FIG. 2).
4) (in the examples of FIGS. 30 to 32, L
AD (102) is recorded in the 102nd logical block).

【0219】そして、ルートディレクトリICB473
のLAD(102)に従って、 (8)102番目の論理ブロックにアクセスし、ルート
ディレクトリA425に関するファイルエントリ475
を再生し、ルートディレクトリA425の中身に関する
情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読み
込む(AD(103))。
Then, the root directory ICB473
(8) The 102nd logical block is accessed and the file entry 475 for the root directory A 425 is
Is read, and the position (logical block number) where the information on the contents of the root directory A425 is recorded is read (AD (103)).

【0220】(9)103番目の論理ブロックにアクセ
スし、ルートディレクトリA425の中身に関する情報
を再生する。
(9) The 103rd logical block is accessed, and information on the contents of the root directory A 425 is reproduced.

【0221】ファイルデータH432はディレクトリD
428系列の下に存在するので、ディレクトリD428
に関するファイルID記述子FIDを探し、ディレクト
リD428に関するファイルエントリが記録してある論
理ブロック番号(LAD(110))を読み取る。
The file data H432 is stored in the directory D
Directory 428 because it exists under the 428 series.
The logical block number (LAD (110)) in which the file entry for the directory D428 is recorded is searched for the file ID descriptor FID for the directory D428.

【0222】(10)110番目の論理ブロックにアク
セスし、ディレクトリD428に関するファイルエント
リ480を再生し、ディレクトリD428の中身に関す
る情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読
み込む(AD(111))。
(10) The 110th logical block is accessed, the file entry 480 relating to the directory D428 is reproduced, and the position (logical block number) where the information relating to the contents of the directory D428 is recorded is read (AD (111)). .

【0223】(11)111番目の論理ブロックにアク
セスし、ディレクトリD428の中身に関する情報を再
生する。
(11) The 111th logical block is accessed, and information on the contents of the directory D428 is reproduced.

【0224】ファイルデータH432はサブディレクト
リF430の直接下に存在するので、サブディレクトリ
F430に関するファイルID記述子FIDを探し、サ
ブディレクトリF430に関するファイルエントリが記
録してある論理ブロック番号(LAD(112))を読
み取る。
Since the file data H432 exists directly below the subdirectory F430, a file ID descriptor FID for the subdirectory F430 is searched, and a logical block number (LAD (112)) in which a file entry for the subdirectory F430 is recorded. Read.

【0225】(12)112番目の論理ブロックにアク
セスし、サブディレクトリF430に関するファイルエ
ントリ482を再生し、サブディレクトリF430の中
身に関する情報が記録されている位置(論理ブロック番
号)を読み込む(AD(113))。
(12) The 112th logical block is accessed, the file entry 482 relating to the subdirectory F430 is reproduced, and the position (logical block number) where the information relating to the contents of the subdirectory F430 is recorded is read (AD (113 )).

【0226】(13)113番目の論理ブロックにアク
セスし、サブディレクトリF430の中身に関する情報
を再生し、ファイルデータH432に関するファイルI
D記述子FIDを探す。そしてそこからファイルデータ
H432に関するファイルエントリが記録してある論理
ブロック番号(LAD(114))を読み取る。
(13) The 113th logical block is accessed, the information on the contents of the subdirectory F430 is reproduced, and the file I
Search for the D descriptor FID. Then, a logical block number (LAD (114)) in which a file entry relating to the file data H432 is recorded is read from the file.

【0227】(14)114番目の論理ブロックにアク
セスし、ファイルデータH432に関するファイルエン
トリ484を再生しファイルデータH432のデータ内
容489が記録されている位置を読み取る。
(14) The 114th logical block is accessed, the file entry 484 relating to the file data H432 is reproduced, and the position where the data content 489 of the file data H432 is recorded is read.

【0228】(15)上記(4)か上記(4*)で追加
登録した論理ブロック番号も加味して変更後のファイル
データH432のデータ内容489を記録する。
(15) The data content 489 of the changed file data H432 is recorded in consideration of the logical block number additionally registered in the above (4) or (4 *).

【0229】<<<特定のファイルデータ/ディレクト
リ消去処理方法>>>一例として、ファイルデータH4
32またはサブディレクトリF430を消去する方法に
ついて説明する。
<<<< Specific File Data / Directory Erase Processing Method >>>> As an example, file data H4
A method for erasing the subdirectory F430 or the subdirectory F430 will be described.

【0230】(1)情報記録再生装置起動時または情報
記録媒体装着時のブート領域としてボリューム認識シー
ケンス444領域内のブート記述子447の情報を再生
しに行く。ブート記述子447の記述内容に沿ってブー
ト時の処理が始まる。
(1) The information of the boot descriptor 447 in the volume recognition sequence 444 area is reproduced as a boot area when the information recording / reproducing apparatus is started or when the information recording medium is mounted. The processing at the time of booting starts according to the description contents of the boot descriptor 447.

【0231】特に指定されたブート時の処理がない場合
には、 (2)始めにメインボリューム記述子シーケンス449
領域内の論理ボリューム記述子54の情報を再生する。
If there is no specified boot process, (2) first, the main volume descriptor sequence 449
The information of the logical volume descriptor 54 in the area is reproduced.

【0232】(3)論理ボリューム記述子454の中に
論理ボリューム内容使用455が記述されており、そこ
にファイルセット記述子472が記録してある位置を示
す論理ブロック番号がロングアロケーション記述子(図
24)形式で記述してある(図30〜図32の例ではL
AD(100)から100番目の論理ブロックに記録し
てある)。
(3) The logical volume content usage 455 is described in the logical volume descriptor 454, and the logical block number indicating the position where the file set descriptor 472 is recorded is described in the long allocation descriptor (FIG. 24) (in the examples of FIGS. 30 to 32, L
AD (100) is recorded in the 100th logical block).

【0233】(4)100番目の論理ブロック(論理セ
クタ番号では400番目になる)にアクセスし、ファイ
ルセット記述子472を再生する。その中のルートディ
レクトリICB473に、ルートディレクトリA425
に関するファイルエントリが記録されている場所(論理
ブロック番号)が、ロングアロケーション記述子(図2
4)形式で記述してある(図30〜図32の例ではLA
D(102)から102番目の論理ブロックに記録して
ある)。
(4) Access the 100th logical block (the 400th logical block is the logical sector number) and reproduce the file set descriptor 472. The root directory A425 is stored in the root directory ICB473 therein.
The location (logical block number) where the file entry relating to is recorded is a long allocation descriptor (FIG. 2).
4) described in the format (LA in the examples of FIGS. 30 to 32).
D (102) is recorded in the 102nd logical block).

【0234】そこで、ルートディレクトリICB473
のLAD(102)に従って、 (5)102番目の論理ブロックにアクセスし、ルート
ディレクトリA425に関するファイルエントリ475
を再生し、ルートディレクトリA425の中身に関する
情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読み
込む(AD(103))。
Therefore, the root directory ICB473
According to the LAD (102) of (5), the 102nd logical block is accessed, and a file entry 475 for the root directory A425 is accessed.
Is read, and the position (logical block number) where the information on the contents of the root directory A425 is recorded is read (AD (103)).

【0235】(6)103番目の論理ブロックにアクセ
スし、ルートディレクトリA425の中身に関する情報
を再生する。
(6) The 103rd logical block is accessed, and information on the contents of the root directory A 425 is reproduced.

【0236】ファイルデータH432はディレクトリD
428系列の下に存在するので、ディレクトリD428
に関するファイルID記述子FIDを探し、ディレクト
リD428に関するファイルエントリが記録してある論
理ブロック番号(LAD(110))を読み取る。
File data H432 is stored in directory D
Directory 428 because it exists under the 428 series.
The logical block number (LAD (110)) in which the file entry for the directory D428 is recorded is searched for the file ID descriptor FID for the directory D428.

【0237】(7)110番目の論理ブロックにアクセ
スし、ディレクトリD428に関するファイルエントリ
480を再生し、ディレクトリD428の中身に関する
情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読み
込む(AD(111))。
(7) The 110th logical block is accessed, the file entry 480 relating to the directory D428 is reproduced, and the position (logical block number) where the information relating to the contents of the directory D428 is recorded is read (AD (111)). .

【0238】(8)111番目の論理ブロックにアクセ
スし、ディレクトリD428の中身に関する情報を再生
する。
(8) The 111th logical block is accessed, and information on the contents of the directory D428 is reproduced.

【0239】ファイルデータH432はサブディレクト
リF430の直接下に存在するので、サブディレクトリ
F430に関するファイルID記述子FIDを探す。
Since the file data H432 exists directly under the subdirectory F430, a file ID descriptor FID for the subdirectory F430 is searched.

【0240】いま、サブディレクトリF430を消去す
る場合を想定してみる。この場合、サブディレクトリF
430に関するファイルID記述子FID内のファイル
特性422(図28)に「ファイル削除フラグ」を立て
る。
Now, assume that the subdirectory F430 is deleted. In this case, the subdirectory F
The “file deletion flag” is set in the file property 422 (FIG. 28) in the file ID descriptor FID regarding 430.

【0241】それから、サブディレクトリF430に関
するファイルエントリが記録してある論理ブロック番号
(LAD(112))を読み取る。
Then, the logical block number (LAD (112)) in which the file entry relating to the subdirectory F430 is recorded is read.

【0242】(9)112番目の論理ブロックにアクセ
スし、サブディレクトリF430に関するファイルエン
トリ482を再生し、サブディレクトリF430の中身
に関する情報が記録されている位置(論理ブロック番
号)を読み込む(AD(113))。
(9) The 112th logical block is accessed, the file entry 482 relating to the subdirectory F430 is reproduced, and the position (logical block number) where the information relating to the contents of the subdirectory F430 is recorded is read (AD (113 )).

【0243】(10)113番目の論理ブロックにアク
セスし、サブディレクトリF430の中身に関する情報
を再生し、ファイルデータH432に関するファイルI
D記述子FIDを探す。
(10) The 113th logical block is accessed, the information on the contents of the subdirectory F430 is reproduced, and the file I related to the file data H432 is read.
Search for the D descriptor FID.

【0244】次に、ファイルデータH432を消去する
場合を想定してみる。この場合、ファイルデータH43
2に関するファイルID記述子FID内のファイル特性
422(図28)に「ファイル削除フラグ」を立てる。
Next, it is assumed that the file data H432 is deleted. In this case, the file data H43
A "file deletion flag" is set in the file property 422 (FIG. 28) in the file ID descriptor FID relating to C.2.

【0245】さらにそこからファイルデータH432に
関するファイルエントリが記録してある論理ブロック番
号(LAD(114))を読み取る。
Further, the logical block number (LAD (114)) in which the file entry relating to the file data H432 is recorded is read therefrom.

【0246】(11)114番目の論理ブロックにアク
セスし、ファイルデータH432に関するファイルエン
トリ484を再生しファイルデータH432のデータ内
容489が記録されている位置を読み取る。
(11) The 114th logical block is accessed, the file entry 484 relating to the file data H432 is reproduced, and the position where the data content 489 of the file data H432 is recorded is read.

【0247】ファイルデータH432を消去する場合に
は、以下の方法でファイルデータH432のデータ内容
489が記録されていた論理ブロックを解放する(その
論理ブロックを未記録状態に登録する)。
When erasing the file data H432, the logical block in which the data content 489 of the file data H432 is recorded is released by the following method (the logical block is registered in an unrecorded state).

【0248】(12)次にメインボリューム記述子シー
ケンス449領域内のパーティション記述子450を再
生し、その中に記述してあるパーティション内容使用4
51の情報を読み取る。このパーティション内容使用
(パーティションヘッダ記述子)451の中にスペース
テーブルまたはスペースビットマップの記録位置が示し
てある。
(12) Next, the partition descriptor 450 in the main volume descriptor sequence 449 area is reproduced, and the partition content usage 4 described in it is used.
The information of 51 is read. The partition table usage (partition header descriptor) 451 indicates the recording position of the space table or space bitmap.

【0249】*スペーステーブル位置は、アロケートさ
れないスペーステーブル452の欄にショートアロケー
ション記述子の形式で記述されている(図30〜図32
の例ではAD(80))。また、 *スペースビットマップ位置は、アロケートされないス
ペースビットマップ453の欄にショートアロケーショ
ン記述子の形式で記述されている(図30〜図32例で
はAD(0))。
* The space table position is described in the form of a short allocation descriptor in the column of the space table 452 that is not allocated (FIGS. 30 to 32).
In the example of AD (80)). The * space bitmap position is described in the form of a short allocation descriptor in the column of the space bitmap 453 that is not allocated (AD (0) in the examples of FIGS. 30 to 32).

【0250】(13)上記(12)で読み取ったスペー
スビットマップが記述してある論理ブロック番号(0)
へアクセスし、上記(11)の結果得られた「解放する
論理ブロック番号」をスペースビットマップ記述子に書
き替える。
(13) Logical block number (0) describing the space bitmap read in (12) above
And rewrites the “logical block number to be released” obtained as a result of the above (11) to a space bitmap descriptor.

【0251】または、 (13*)上記(12)で読み取ったスペーステーブル
が記述してある論理ブロック番号(80)へアクセス
し、上記(11)の結果得られた「解放する論理ブロッ
ク番号」をスペーステーブルに書き替える。
(13 *) The logical block number (80) in which the space table read in the above (12) is described is accessed, and the “logical block number to be released” obtained as a result of the above (11) is obtained. Rewrite to space table.

【0252】実際の処理では、上記(13)か上記(1
3*)のいずれか一方の処理が行なわれる。
In the actual processing, the above (13) or (1)
3 *).

【0253】ファイルデータH432を消去する場合に
は、 (12)上記(10)〜上記(11)と同じ手順を踏ん
でファイルデータI433のデータ内容490が記録さ
れている位置を読み取る。
When erasing the file data H432, (12) read the position where the data content 490 of the file data I433 is recorded by following the same procedure as in the above (10) to (11).

【0254】(13)次にメインボリューム記述子シー
ケンス449領域内のパーティション記述子450を再
生し、その中に記述してあるパーティション内容使用4
51の情報を読み取る。このパーティション内容使用
(パーティションヘッダ記述子)451の中にスペース
テーブルまたはスペースビットマップの記録位置が示し
てある。
(13) Next, the partition descriptor 450 in the area of the main volume descriptor sequence 449 is reproduced, and the partition contents described in the partition descriptor 450 are used.
The information of 51 is read. The partition table usage (partition header descriptor) 451 indicates the recording position of the space table or space bitmap.

【0255】*スペーステーブル位置はアロケートされ
ないスペーステーブル452の欄にショートアロケーシ
ョン記述子の形式で記述されている。(図30〜図32
の例ではAD(80))。また、 *スペースビットマップ位置は、アロケートされないス
ペースビットマップ453の欄にショートアロケーショ
ン記述子の形式で記述されている(図30〜図32例で
はAD(0))。
* The space table position is described in the form of a short allocation descriptor in the column of the space table 452 that is not allocated. (FIGS. 30 to 32
In the example of AD (80)). The * space bitmap position is described in the form of a short allocation descriptor in the column of the space bitmap 453 that is not allocated (AD (0) in the examples of FIGS. 30 to 32).

【0256】(14)上記(13)で読み取ったスペー
スビットマップが記述してある論理ブロック番号(0)
へアクセスし、上記(11)と上記(12)の結果得ら
れた「解放する論理ブロック番号」をスペースビットマ
ップ記述子に書き替える。
(14) Logical block number (0) in which the space bitmap read in (13) is described
And rewrites the “logical block number to be released” obtained as a result of the above (11) and (12) to a space bitmap descriptor.

【0257】または、 (14*)上記(13)で読み取ったスペーステーブル
が記述してある論理ブロック番号(80)へアクセス
し、上記(11)と上記(12)の結果得られた「解放
する論理ブロック番号」をスペーステーブルに書き替え
る。
(14 *) The logical block number (80) in which the space table read in (13) is described is accessed, and "release" obtained as a result of (11) and (12) is performed. Rewrite the "logical block number" into the space table.

【0258】実際の処理では、上記(14)か上記(1
4*)のいずれか一方の処理が行なわれる。
In the actual processing, the above (14) or (1)
4 *).

【0259】<<<ファイルデータ/ディレクトリの追
加処理>>>一例として、サブディレクトリF430の
下に新たにファイルデータまたはディレクトリを追加す
る時のアクセス・追加処理方法について説明する。
<<<< File Data / Directory Addition Processing >>>> As an example, an access / addition processing method when newly adding file data or a directory under the subdirectory F430 will be described.

【0260】(1)ファイルデータを追加する場合には
追加するファイルデータ内容の容量を調べ、その値を2
048バイトで割り、ファイルデータを追加するために
必要な論理ブロック数を計算しておく。
(1) When adding file data, the capacity of the file data to be added is checked, and the value is set to 2
Divide by 048 bytes to calculate the number of logical blocks required to add file data.

【0261】(2)情報記録再生装置起動時または情報
記録媒体装着時のブート領域としてボリューム認識シー
ケンス444領域内のブート記述子447の情報を再生
しに行く。ブート記述子447の記述内容に沿ってブー
ト時の処理が始まる。
(2) The information of the boot descriptor 447 in the volume recognition sequence 444 area is reproduced as a boot area when the information recording / reproducing apparatus is started or when the information recording medium is mounted. The processing at the time of booting starts according to the description contents of the boot descriptor 447.

【0262】特に指定されたブート時の処理がない場合
には、 (3)始めにメインボリューム記述子シーケンス449
領域内のパーティション記述子450を再生し、その中
に記述してあるパーティション内容使用451の情報を
読み取る。このパーティション内容使用(パーティショ
ンヘッダ記述子)451の中にスペーステーブルまたは
スペースビットマップの記録位置が示してある。
If there is no particularly specified boot process, (3) first, the main volume descriptor sequence 449
The partition descriptor 450 in the area is reproduced, and the information of the partition content usage 451 described therein is read. The partition table usage (partition header descriptor) 451 indicates the recording position of the space table or space bitmap.

【0263】*スペーステーブル位置はアロケートされ
ないスペーステーブル452の欄にショートアロケーシ
ョン記述子の形式で記述されている(図30〜図32の
例ではAD(80))。また、 *スペースビットマップ位置はアロケートされないスペ
ースビットマップ453の欄にショートアロケーション
記述子の形式で記述されている(図30〜図32例では
AD(0))。
* The space table position is described in the form of a short allocation descriptor in the column of the space table 452 that is not allocated (AD (80) in the examples of FIGS. 30 to 32). The * space bitmap position is described in the form of a short allocation descriptor in the column of the space bitmap 453 that is not allocated (AD (0) in the examples of FIGS. 30 to 32).

【0264】(4)上記(3)で読み取ったスペースビ
ットマップが記述してある論理ブロック番号(0)へア
クセスする。スペースビットマップ記述子からスペース
ビットマップ情報を読み取り、未記録の論理ブロックを
探し、上記(1)の計算結果分の論理ブロックの使用を
登録する(スペースビットマップ記述子情報の書き替え
処理)。
(4) Access is made to the logical block number (0) in which the space bitmap read in (3) is described. The space bitmap information is read from the space bitmap descriptor, an unrecorded logical block is searched, and the use of the logical block corresponding to the calculation result of the above (1) is registered (space bitmap descriptor information rewriting processing).

【0265】または、 (4*)上記(3)で読み取ったスペーステーブルが記
述してある論理ブロック番号(80)へアクセスする。
スペーステーブルのUSE(AD(*))471に記録
されている未記録の論理ブロックを探し、上記(1)の
計算結果分の論理ブロックの使用を登録する(スペース
テーブル情報の書き替え処理)。この発明では、上記し
たトラップエリアのアドレス情報(物理セクタ番号)
が、USE471から外される。これは、通常再生時
に、トラップエリアが再生されないようにするためであ
る。
(4 *) The logical block number (80) in which the space table read in (3) is described is accessed.
An unrecorded logical block recorded in the USE (AD (*)) 471 of the space table is searched, and the use of the logical block corresponding to the calculation result of (1) is registered (space table information rewriting process). In the present invention, the address information (physical sector number) of the above-described trap area
Is removed from the USE 471. This is to prevent the trap area from being reproduced during normal reproduction.

【0266】実際の処理では、上記(4)か上記(4
*)のいずれか一方の処理が行なわれる。
In the actual processing, (4) or (4)
*) Is performed.

【0267】(5)次にメインボリューム記述子シーケ
ンス449領域内の論理ボリューム記述子454の情報
を再生する。
(5) Next, the information of the logical volume descriptor 454 in the main volume descriptor sequence 449 area is reproduced.

【0268】(6)論理ボリューム記述子454の中に
論理ボリューム内容使用455が記述されており、そこ
にファイルセット記述子472が記録してある位置を示
す論理ブロック番号が、ロングアロケーション記述子
(図24)形式で記述してある(図30〜図32の例で
は、LAD(100)から、100番目の論理ブロック
に記録してある)。
(6) Logical volume content usage 455 is described in the logical volume descriptor 454, and the logical block number indicating the position where the file set descriptor 472 is recorded is described in the long allocation descriptor (455). (FIG. 24) in the format (in the example of FIGS. 30 to 32, it is recorded in the 100th logical block from LAD (100)).

【0269】(7)100番目の論理ブロック(論理セ
クタ番号では400番目になる)にアクセスし、ファイ
ルセット記述子472を再生する。その中のルートディ
レクトリICB473に、ルートディレクトリA425
に関するファイルエントリが記録されている場所(論理
ブロック番号)が、ロングアロケーション記述子(図2
4)形式で記述してある(図30〜図32の例では、L
AD(102)から、102番目の論理ブロックにルー
トディレクトリA425に関するファイルエントリが記
録してある)。
(7) Access the 100th logical block (the logical block number is 400th) and reproduce the file set descriptor 472. The root directory A425 is stored in the root directory ICB473 therein.
The location (logical block number) where the file entry relating to is recorded is a long allocation descriptor (FIG. 2).
4) in the format (in the example of FIGS. 30 to 32, L
From the AD (102), a file entry for the root directory A425 is recorded in the 102nd logical block).

【0270】このルートディレクトリICB473のL
AD(102)に従って、 (8)102番目の論理ブロックにアクセスし、ルート
ディレクトリA425に関するファイルエントリ475
を再生し、ルートディレクトリA425の中身に関する
情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読み
込む(AD(103))。
The L of this root directory ICB473
According to the AD (102), (8) the 102nd logical block is accessed, and the file entry 475 for the root directory A425 is accessed.
Is read, and the position (logical block number) where the information on the contents of the root directory A425 is recorded is read (AD (103)).

【0271】(9)103番目の論理ブロックにアクセ
スし、ルートディレクトリA425の中身に関する情報
を再生する。
(9) The 103rd logical block is accessed, and information on the contents of the root directory A 425 is reproduced.

【0272】ディレクトリD428に関するファイルI
D記述子FIDを探し、ディレクトリD428に関する
ファイルエントリが記録してある論理ブロック番号(L
AD(110))を読み取る。
File I for Directory D428
The D descriptor FID is searched, and the logical block number (L
AD (110)).

【0273】(10)110番目の論理ブロックにアク
セスし、ディレクトリD428に関するファイルエント
リ480を再生し、ディレクトリD428の中身に関す
る情報が記録されている位置(論理ブロック番号)を読
み込む(AD(111))。
(10) The 110th logical block is accessed, the file entry 480 relating to the directory D428 is reproduced, and the position (logical block number) where the information relating to the contents of the directory D428 is recorded is read (AD (111)). .

【0274】(11)111番目の論理ブロックにアク
セスし、ディレクトリD428の中身に関する情報を再
生する。
(11) The 111th logical block is accessed, and information on the contents of the directory D428 is reproduced.

【0275】サブディレクトリF430に関するファイ
ルID記述子FIDを探し、サブディレクトリF430
に関するファイルエントリが記録してある論理ブロック
番号(LAD(112))を読み取る。
The file ID descriptor FID related to the subdirectory F430 is searched, and the subdirectory F430 is searched.
The logical block number (LAD (112)) in which the file entry related to is recorded is read.

【0276】(12)112番目の論理ブロックにアク
セスし、サブディレクトリF430に関するファイルエ
ントリ482を再生し、サブディレクトリF430の中
身に関する情報が記録されている位置(論理ブロック番
号)を読み込む(AD(113))。
(12) The 112th logical block is accessed, the file entry 482 relating to the subdirectory F430 is reproduced, and the position (logical block number) where the information relating to the contents of the subdirectory F430 is recorded is read (AD (113 )).

【0277】(13)113番目の論理ブロックにアク
セスし、サブディレクトリF430の中身に関する情報
内に新たに追加するファイルデータまたはディレクトリ
のファイルID記述子FIDを登録する。
(13) The 113th logical block is accessed, and the file data to be newly added or the file ID descriptor FID of the directory is registered in the information on the contents of the subdirectory F430.

【0278】(14)上記(4)または上記(4*)で
登録した論理ブロック番号位置にアクセスし、新たに追
加するファイルデータまたはディレクトリに関するファ
イルエントリを記する。
(14) The logical block number position registered in the above (4) or (4 *) is accessed, and a file entry relating to newly added file data or directory is described.

【0279】(15)上記(14)のファイルエントリ
内のショートアロケーション記述子に示した論理ブロッ
ク番号位置にアクセスし、追加するディレクトリに関す
る親ディレクトリのファイルID記述子FIDまたは追
加するファイルデータのデータ内容を記録する。
(15) The logical block number position indicated in the short allocation descriptor in the file entry of (14) is accessed, and the file ID descriptor FID of the parent directory relating to the directory to be added or the data content of the file data to be added Record

【0280】なお、図30〜図32において、LSNは
論理セクタ番号(LSN)491を示す略号であり、L
BNは論理ブロック番号(LBN)492を示す略号で
あり、LLSNは最後の論理セクタ番号(ラストLS
N)493を示す略号である。
In FIGS. 30 to 32, LSN is an abbreviation indicating logical sector number (LSN) 491.
BN is an abbreviation indicating the logical block number (LBN) 492, and LLSN is the last logical sector number (last LS).
N) This is an abbreviation for 493.

【0281】<<UDFの特徴>> <UDFの特徴の説明>以下にハードディスクHDD、
フロッピーディスクFDD、光磁気ディスクMOなどで
使われているファイルアロケーションテーブルFATと
の比較により、ユニバーサルデータフォーマットUDF
の特徴を説明する。
<< Features of UDF >><Description of Features of UDF>
By comparing with the file allocation table FAT used in floppy disk FDD, magneto-optical disk MO, etc., the universal data format UDF
Will be described.

【0282】(1)FATはファイルの情報記録媒体へ
の割り当て管理表(ファイルアロケーションテーブル)
が情報記録媒体上で局所的に集中記録されるのに対し、
UDFではファイル管理情報をディスク上の任意の位置
に分散記録できる。
(1) FAT is a file allocation management table (file allocation table) for information recording media
Is locally concentrated on the information recording medium,
In UDF, file management information can be distributedly recorded at an arbitrary position on a disk.

【0283】FATではファイル管理領域で集中管理さ
れているため頻繁にファイル構造の変更が必要な用途
(主に頻繁な書き替え用途)に適している。(集中箇所
に記録されているので管理情報を書き替え易いため。)
なお、FATではファイル管理情報の記録場所はあらか
じめ決まっているので記録媒体の高い信頼性(欠陥領域
が少ないこと)が前提となる。
Since the FAT is centrally managed in the file management area, it is suitable for applications requiring frequent changes in the file structure (mainly frequent rewriting applications). (Because it is recorded in a central location, it is easy to rewrite the management information.)
In the FAT, the recording location of the file management information is determined in advance, and therefore, it is assumed that the recording medium has high reliability (the number of defective areas is small).

【0284】UDFではファイル管理情報が分散配置さ
れているので、ファイル構造の大幅な変更が少なく、階
層の下の部分(主にルートディレクトリより下の部分)
で後から新たなファイル構造を付け足して行く用途(主
に追記用途)に適している。(追記時には以前のファイ
ル管理情報に対する変更箇所が少ないため。)また分散
されたファイル管理情報の記録位置を任意に指定できる
ので、先天的な欠陥箇所を避けて記録することができ
る。
In the UDF, since the file management information is distributed, the file structure is not greatly changed, and the lower part of the hierarchy (mainly the part below the root directory)
This is suitable for the purpose of adding a new file structure later (mainly for additional writing). (At the time of additional recording, there are few changed parts with respect to the previous file management information.) Further, since the recording position of the distributed file management information can be arbitrarily specified, it is possible to record while avoiding an innate defective part.

【0285】さらにファイル管理情報を任意の位置に記
録できるので、全ファイル管理情報を一箇所に集めて記
録することでFATの利点も出せるので、より汎用性の
高いファイルシステムと考えることができる。
Further, since the file management information can be recorded at an arbitrary position, the advantage of the FAT can be obtained by collecting and recording all the file management information in one place, so that the file system can be considered as a more versatile file system.

【0286】(2)UDFでは(最小論理ブロックサイ
ズ、最小論理セクタサイズなどの)最小単位が大きく、
記録すべき情報量の多い映像情報や音楽情報の記録に向
く。
(2) In UDF, the minimum unit (such as minimum logical block size and minimum logical sector size) is large.
It is suitable for recording video information and music information with a large amount of information to be recorded.

【0287】すなわち、FATの論理セクタサイズが5
12バイトに対して、UDFの論理セクタ(ブロック)
サイズは2048バイトと大きくなっている。
That is, the logical sector size of the FAT is 5
UDF logical sector (block) for 12 bytes
The size is as large as 2048 bytes.

【0288】なお、UDFでは、ファイル管理情報やフ
ァイルデータに関するディスク上での記録位置は、論理
セクタ(ブロック)番号としてアロケーション記述子に
記述される。
In the UDF, the recording position of the file management information and file data on the disk is described in the allocation descriptor as a logical sector (block) number.

【0289】図33は、DVDーROM/RAMドライ
ブの情報記録再生部41(物理系ブロック)の構成の一
例を説明するブロック図である。
FIG. 33 is a block diagram for explaining an example of the configuration of the information recording / reproducing section 41 (physical system block) of the DVD-ROM / RAM drive.

【0290】<<<情報記録再生部の機能説明>>> <<情報記録再生部の基本機能>>情報記録再生部41
では、情報記録媒体(光ディスク)10上の所定位置
に、レーザビームの集光スポットを用いて、新規情報の
記録あるいは書き替え(情報の消去も含む)を行う。
<<<< Function Description of Information Recording / Reproducing Unit >>>><< Basic Function of Information Recording / Reproducing Unit >> Information Recording / Reproducing Unit 41
Then, new information is recorded or rewritten (including erasure of information) at a predetermined position on the information recording medium (optical disk) 10 by using a focused spot of a laser beam.

【0291】情報記録媒体10上の所定位置から、レー
ザビームの集光スポットを用いて、既に記録されている
情報の再生を行う。
At a predetermined position on the information recording medium 10, the already recorded information is reproduced by using the focused spot of the laser beam.

【0292】<<情報記録再生部の基本機能達成手段>
>上記基本機能を達成するために、情報記録再生部で
は、情報記録媒体10上のトラックに沿って集光スポッ
トをトレース(追従)させる。情報記録媒体10に照射
する集光スポットの光量(強さ)を変化させて情報の記
録/再生/消去の切り替えを行う。外部から与えられる
記録信号dを高密度かつ低エラー率で記録するために最
適な信号に変換する。
<< Means for Achieving Basic Function of Information Recording / Reproducing Unit >>
> In order to achieve the above basic function, the information recording / reproducing unit traces (follows) the converging spot along the track on the information recording medium 10. The recording / reproducing / erasing of information is switched by changing the light amount (intensity) of the condensed spot irradiated on the information recording medium 10. The recording signal d supplied from the outside is converted into an optimum signal for recording at a high density and a low error rate.

【0293】<<<機構部分の構造と検出部分の動作>
>> <<光ヘッド202基本構造と信号検出回路>> <光ヘッド202による信号検出>光ヘッド202は、
基本的には、光源である半導体レーザ素子と光検出器と
対物レンズから構成されている。
<<<< Structure of Mechanism Part and Operation of Detection Part >>
>><< Basic Structure of Optical Head 202 and Signal Detection Circuit >> Signal Detection by Optical Head 202
Basically, it is composed of a semiconductor laser element as a light source, a photodetector, and an objective lens.

【0294】半導体レーザ素子から発光されたレーザ光
は、対物レンズにより情報記録媒体(光ディスク)10
上に集光される。情報記録媒体10の光反射膜または光
反射性記録膜で反射されたレーザ光は光検出器により光
電変換される。
The laser light emitted from the semiconductor laser device is applied to an information recording medium (optical disk) 10 by an objective lens.
Focused on top. The laser light reflected by the light reflection film or the light reflection recording film of the information recording medium 10 is photoelectrically converted by a photodetector.

【0295】光検出器で得られた検出電流は、アンプ2
13により電流−電圧変換されて検出信号となる。この
検出信号は、フォーカス・トラックエラー検出回路21
7あるいは2値化回路212で処理される。
The detected current obtained by the photodetector is
The current-to-voltage conversion by 13 generates a detection signal. This detection signal is supplied to the focus / track error detection circuit 21.
The signal is processed by the 7 or binarization circuit 212.

【0296】一般的に、光検出器は、複数の光検出領域
に分割され、各光検出領域に照射される光量変化を個々
に検出している。この個々の検出信号に対してフォーカ
ス・トラックエラー検出回路217で和・差の演算を行
い、フォーカスずれおよびトラックずれの検出を行う。
この検出によりフォーカスずれおよびトラックずれを実
質的に取り除いた後、情報記録媒体10の光反射膜また
は光反射性記録膜からの反射光量変化を検出して、情報
記録媒体10上の信号を再生する。
Generally, the photodetector is divided into a plurality of photodetection areas, and individually detects a change in the amount of light applied to each photodetection area. The focus / track error detection circuit 217 calculates the sum / difference of the individual detection signals to detect a focus shift and a track shift.
After the focus shift and the track shift are substantially removed by this detection, a change in the amount of reflected light from the light reflecting film or the light reflective recording film of the information recording medium 10 is detected, and the signal on the information recording medium 10 is reproduced. .

【0297】<フォーカスずれ検出方法>フォーカスず
れ量を光学的に検出する方法としては、たとえば次のよ
うなものがある: [非点収差法]情報記録媒体10の光反射膜または光反
射性記録膜で反射されたレーザ光の検出光路に非点収差
を発生させる光学素子(図示せず)を配置し、光検出器
上に照射されるレーザ光の形状変化を検出する方法であ
る。光検出領域は対角線状に4分割されている。各検出
領域から得られる検出信号に対し、フォーカス・トラッ
クエラー検出回路217内で対角和間の差を取ってフォ
ーカスエラー検出信号を得る。
<Method of Detecting Defocus> There are, for example, the following methods for optically detecting the amount of defocus: [Astigmatism method] The light reflection film or light reflection recording of the information recording medium 10 In this method, an optical element (not shown) that generates astigmatism is arranged in a detection optical path of the laser light reflected by the film, and a shape change of the laser light irradiated on the photodetector is detected. The light detection area is divided into four diagonally. The focus / track error detection circuit 217 calculates the difference between the diagonal sums of the detection signals obtained from the respective detection areas to obtain a focus error detection signal.

【0298】[ナイフエッジ法]情報記録媒体10で反
射されたレーザ光に対して非対称に一部を遮光するナイ
フエッジを配置する方法である。光検出領域は2分割さ
れ、各検出領域から得られる検出信号間の差を取ってフ
ォーカスエラー検出信号を得る。
[Knife Edge Method] This is a method of arranging a knife edge that asymmetrically shields a part of the laser light reflected by the information recording medium 10. The light detection area is divided into two parts, and a difference between detection signals obtained from each detection area is obtained to obtain a focus error detection signal.

【0299】通常、上記非点収差法あるいはナイフエッ
ジ法のいずれかがが採用される。
Normally, either the astigmatism method or the knife edge method is employed.

【0300】<トラックずれ検出方法>情報記録媒体
(光ディスク)10はスパイラル状または同心円状のト
ラックを有し、トラック上に情報が記録される。このト
ラックに沿って集光スポットをトレースさせて情報の再
生または記録/消去を行う。安定して集光スポットをト
ラックに沿ってトレースさせるため、トラックと集光ス
ポットの相対的位置ずれを光学的に検出する必要があ
る。
<Track Shift Detection Method> The information recording medium (optical disc) 10 has a spiral or concentric track, and information is recorded on the track. Information is reproduced or recorded / erased by tracing the converged spot along this track. In order to stably trace the focused spot along the track, it is necessary to optically detect the relative displacement between the track and the focused spot.

【0301】トラックずれ検出方法としては一般に、次
の方法が用いられている: [位相差検出(Differential Phase Detection)法]情
報記録媒体(光ディスク)10の光反射膜または光反射
性記録膜で反射されたレーザ光の光検出器上での強度分
布変化を検出する。光検出領域は対角線上に4分割され
ている。各検出領域から得られる検出信号に対し、フォ
ーカス・トラックエラー検出回路217内で対角和間の
差を取ってトラックエラー検出信号を得る。
The following method is generally used as a track shift detecting method: [Differential Phase Detection Method] Reflection from a light reflecting film or a light reflecting recording film of an information recording medium (optical disk) 10. A change in the intensity distribution of the laser light on the photodetector is detected. The light detection area is divided into four on a diagonal line. The difference between the diagonal sums of the detection signals obtained from the respective detection areas in the focus / track error detection circuit 217 is obtained to obtain a track error detection signal.

【0302】[プッシュプル(Push-Pull)法]情報記
録媒体10で反射されたレーザ光の光検出器上での強度
分布変化を検出する。光検出領域は2分割され、各検出
領域から得られる検出信号間の差を取ってトラックエラ
ー検出信号を得る。
[Push-Pull Method] A change in intensity distribution of a laser beam reflected by the information recording medium 10 on a photodetector is detected. The light detection area is divided into two parts, and a track error detection signal is obtained by taking the difference between the detection signals obtained from each detection area.

【0303】[ツインスポット(Twin-Spot)法]半導
体レーザ素子と情報記録媒体10間の送光系に回折素子
などを配置して光を複数に波面分割し、情報記録媒体1
0上に照射する±1次回折光の反射光量変化を検出す
る。再生信号検出用の光検出領域とは別に+1次回折光
の反射光量と−1次回折光の反射光量を個々に検出する
光検出領域を配置し、それぞれの検出信号の差を取って
トラックエラー検出信号を得る。
[Twin-Spot Method] A diffraction element or the like is arranged in a light transmission system between the semiconductor laser element and the information recording medium 10 to split light into a plurality of wavefronts, and the information recording medium 1
A change in the reflected light amount of the ± 1st-order diffracted light irradiated on the zero is detected. A light detection area for individually detecting the reflected light amount of the + 1st-order diffracted light and the reflected light amount of the -1st-order diffracted light is arranged separately from the light detection area for detecting the reproduction signal. Get.

【0304】<対物レンズアクチュエータ構造>半導体
レーザ素子から発光されたレーザ光を情報記録媒体10
上に集光させる対物レンズ(図示せず)は、対物レンズ
アクチュエータ駆動回路218の出力電流に応じて2軸
方向に移動可能な構造になっている。この対物レンズの
移動方向には、次の2つがある。すなわち、フォーカス
ずれ補正用に情報記録媒体10に対する垂直方向に移動
し、トラックずれ補正用に情報記録媒体10の半径方向
に移動する。
<Objective Lens Actuator Structure> The laser light emitted from the semiconductor laser device is
The objective lens (not shown) that condenses the light has a structure that can move in two axial directions according to the output current of the objective lens actuator drive circuit 218. There are the following two moving directions of the objective lens. That is, it moves in a direction perpendicular to the information recording medium 10 for focus shift correction, and moves in a radial direction of the information recording medium 10 for track shift correction.

【0305】対物レンズの移動機構(図示せず)は対物
レンズアクチュエータと呼ばれる。対物レンズアクチュ
エータ構造には、たとえば次のようなものがよく用いら
れる: [軸摺動方式]中心軸(シャフト)に沿って対物レンズ
と一体のブレードが移動する方式で、ブレードが中心軸
に沿った方向に移動してフォーカスずれ補正を行い、中
心軸を基準としたブレードの回転運動によりトラックず
れ補正を行う方法である。
The objective lens moving mechanism (not shown) is called an objective lens actuator. For example, the following are often used as the objective lens actuator structure: [Axis sliding method] A method in which a blade integral with the objective lens moves along a central axis (shaft), and the blade moves along the central axis. In this method, the focus shift is corrected by moving in the direction indicated by the arrow, and the track shift is corrected by rotating the blade with respect to the central axis.

【0306】[4本ワイヤ方式]対物レンズ一体のブレ
ードが固定系に対し4本のワイヤで連結されており、ワ
イヤの弾性変形を利用してブレードを2軸方向に移動さ
せる方法である。
[Four Wire Method] In this method, the blade integrated with the objective lens is connected to the fixed system by four wires, and the blade is moved in two axial directions by utilizing the elastic deformation of the wire.

【0307】上記いずれの方式も永久磁石とコイルを持
ち、ブレードに連結したコイルに電流を流すことにより
ブレードを移動させる構造になっている。
Each of the above methods has a structure in which a permanent magnet and a coil are provided, and the blade is moved by passing a current through the coil connected to the blade.

【0308】<<情報記録媒体10の回転制御系>>ス
ピンドルモータ204の駆動力によって回転する回転テ
ーブル221上に情報記録媒体(光ディスク)10を装
着する。
<< Rotation Control System of Information Recording Medium 10 >> The information recording medium (optical disk) 10 is mounted on the rotating table 221 which is rotated by the driving force of the spindle motor 204.

【0309】情報記録媒体10の回転数は、情報記録媒
体10から得られる再生信号によって検出する。すなわ
ち、アンプ213出力の検出信号(アナログ信号)は2
値化回路212でデジタル信号に変換され、この信号か
らPLL回路211により一定周期信号(基準クロック
信号)を発生させる。情報記録媒体回転速度検出回路2
14では、この信号を用いて情報記録媒体10の回転数
を検出し、その値を出力する。
[0309] The number of rotations of the information recording medium 10 is detected by a reproduction signal obtained from the information recording medium 10. That is, the detection signal (analog signal) of the output of the amplifier 213 is 2
The signal is converted into a digital signal by the value conversion circuit 212, and a fixed period signal (reference clock signal) is generated from the signal by the PLL circuit 211. Information recording medium rotation speed detection circuit 2
At 14, the number of rotations of the information recording medium 10 is detected using this signal, and the value is output.

【0310】情報記録媒体10上で再生あるいは記録/
消去する半径位置に対応した情報記録媒体回転数の対応
テーブルは、半導体メモリ219に予め記録されてい
る。再生位置または記録/消去位置が決まると、制御部
220は半導体メモリ219情報を参照して情報記録媒
体10の目標回転数を設定し、その値をスピンドルモー
タ駆動回路215に通知する。
On the information recording medium 10, reproduction / recording /
A correspondence table of the number of revolutions of the information recording medium corresponding to the radial position to be erased is recorded in the semiconductor memory 219 in advance. When the reproducing position or the recording / erasing position is determined, the control unit 220 sets the target rotation speed of the information recording medium 10 with reference to the information of the semiconductor memory 219, and notifies the spindle motor driving circuit 215 of the value.

【0311】スピンドルモータ駆動回路215では、こ
の目標回転数と情報記録媒体回転速度検出回路214の
出力信号(現状での回転数)との差を求め、その結果に
応じた駆動電流をスピンドルモータ204に与えて、ス
ピンドルモータ204の回転数が一定になるように制御
する。情報記録媒体回転速度検出回路214の出力信号
は、情報記録媒体10の回転数に対応した周波数を有す
るパルス信号であり、スピンドルモータ駆動回路215
では、このパルス信号の周波数およびパルス位相の両方
に対して、制御(周波数制御および位相制御)を行な
う。
[0311] The spindle motor drive circuit 215 obtains the difference between the target rotation speed and the output signal (current rotation speed) of the information recording medium rotation speed detection circuit 214, and outputs a drive current according to the result to the spindle motor 204. To control the rotation speed of the spindle motor 204 to be constant. The output signal of the information recording medium rotation speed detection circuit 214 is a pulse signal having a frequency corresponding to the rotation speed of the information recording medium 10, and is output from the spindle motor drive circuit 215.
Then, control (frequency control and phase control) is performed on both the frequency and the pulse phase of the pulse signal.

【0312】<<光ヘッド移動機構>>この機構は、情
報記録媒体10の半径方向に光ヘッド202を移動させ
るため光ヘッド移動機構(送りモータ)203を持って
いる。
<< Optical Head Moving Mechanism >> This mechanism has an optical head moving mechanism (feed motor) 203 for moving the optical head 202 in the radial direction of the information recording medium 10.

【0313】光ヘッド202を移動させるガイド機構と
しては、棒状のガイドシャフトを利用する場合が多い。
このガイド機構では、このガイドシャフトと光ヘッド2
02の一部に取り付けられたブッシュ間の摩擦を利用し
て、光ヘッド202を移動させる。それ以外に回転運動
を使用して摩擦力を軽減させたベアリングを用いる方法
もある。
As a guide mechanism for moving the optical head 202, a rod-shaped guide shaft is often used.
In this guide mechanism, this guide shaft and the optical head 2
The optical head 202 is moved by using friction between bushes attached to a part of the optical head 202. In addition, there is a method of using a bearing in which a frictional force is reduced by using a rotary motion.

【0314】光ヘッド202を移動させる駆動力伝達方
法は、図示していないが、固定系にピニオン(回転ギ
ヤ)の付いた回転モータを配置し、ピニオンとかみ合う
直線状のギヤであるラックを光ヘッド202の側面に配
置して、回転モータの回転運動を光ヘッド202の直線
運動に変換している。それ以外の駆動力伝達方法として
は、固定系に永久磁石を配置し、光ヘッド202に配置
したコイルに電流を流して直線的方向に移動させるリニ
アモータ方式を使う場合もある。
Although a driving force transmitting method for moving the optical head 202 is not shown, a rotating motor having a pinion (rotating gear) is arranged in a fixed system, and a rack, which is a linear gear meshing with the pinion, is driven by an optical system. The optical head 202 is arranged on the side surface of the head 202 to convert the rotational motion of the rotary motor into a linear motion of the optical head 202. As another driving force transmission method, a linear motor system in which a permanent magnet is arranged in a fixed system and an electric current is applied to a coil arranged in the optical head 202 to move the coil in a linear direction may be used.

【0315】回転モータ、リニアモータいずれの方式で
も、基本的には送りモータに電流を流して光ヘッド20
2移動用の駆動力を発生させている。この駆動用電流は
送りモータ駆動回路216から供給される。
In either the rotary motor or the linear motor, basically, a current is supplied to the feed motor to
A driving force for two movements is generated. This drive current is supplied from the feed motor drive circuit 216.

【0316】<<<各制御回路の機能>>> <<集光スポットトレース制御>>フォーカスずれ補正
あるいはトラックずれ補正を行うため、フォーカス・ト
ラックエラー検出回路217の出力信号(検出信号)に
応じて光ヘッド202内の対物レンズアクチュエータ
(図示せず)に駆動電流を供給する回路が、対物レンズ
アクチュエータ駆動回路218である。この駆動回路2
18は、高い周波数領域まて対物レンズ移動を高速応答
させるため、対物レンズアクチュエータの周波数特性に
合わせた特性改善用の位相補償回路を、内部に有してい
る。
<<<< Functions of Control Circuits >>>><< Condensed Spot Trace Control >> In accordance with the output signal (detection signal) of the focus / track error detection circuit 217 to perform focus shift correction or track shift correction. A circuit that supplies a drive current to an objective lens actuator (not shown) in the optical head 202 is the objective lens actuator drive circuit 218. This drive circuit 2
Reference numeral 18 includes a phase compensation circuit for improving characteristics in accordance with the frequency characteristics of the objective lens actuator in order to make the objective lens move quickly in a high frequency range.

【0317】対物レンズアクチュエータ駆動回路218
では、制御部220の命令に応じて、 (イ)フォーカス/トラックずれ補正動作(フォーカス
/トラックループ)のオン/オフ処理と; (ロ)情報記録媒体10の垂直方向(フォーカス方向)
へ対物レンズを低速で移動させる処理(フォーカス/ト
ラックループオフ時に実行)と; (ハ)キックパルスを用いて、対物レンズを情報記録媒
体10の半径方向(トラックを横切る方向)にわずかに
動かして、集光スポットを隣のトラックへ移動させる処
理とが行なわれる。
Objective lens actuator drive circuit 218
Then, in response to a command from the control unit 220, (a) on / off processing of a focus / track deviation correction operation (focus / track loop); and (b) a vertical direction (focus direction) of the information recording medium 10.
(C) moving the objective lens at low speed (executed when the focus / track loop is off); and (c) slightly moving the objective lens in the radial direction of the information recording medium 10 (the direction across the track) using a kick pulse. And moving the focused spot to the next track.

【0318】<<レーザ光量制御>> <再生と記録/消去の切り替え処理>再生と記録/消去
の切り替えは情報記録媒体10上に照射する集光スポッ
トの光量を変化させて行う。
<< Laser Light Amount Control >><Switching Process between Reproduction and Recording / Erase> Switching between reproduction and recording / erasing is performed by changing the light intensity of a condensed spot irradiated onto the information recording medium 10.

【0319】相変化方式を用いた情報記録媒体に対して
は、一般的に [記録時の光量]>[消去時の光量]>[再生時の光量] …(1) の関係が成り立ち、光磁気方式を用いた情報記録媒体に
対しては、一般的に [記録時の光量] [消去時の光量]>[再生時の光量] …(2) の関係がある。光磁気方式の場合では、記録/消去時に
は情報記録媒体10に加える外部磁場(図示せず)の極
性を変えて記録と消去の処理を制御している。
For an information recording medium using the phase change method, the following relationship is generally established: [light quantity at the time of recording]> [light quantity at the time of erasing]> [light quantity at the time of reproduction]. For an information recording medium using a magnetic system, there is generally a relationship of [light quantity at the time of recording] [light quantity at the time of erasing]> [light quantity at the time of reproduction] (2). In the case of the magneto-optical method, the recording and erasing processes are controlled by changing the polarity of an external magnetic field (not shown) applied to the information recording medium 10 during recording / erasing.

【0320】情報再生時では、情報記録媒体10上に一
定の光量を連続的に照射している。
At the time of reproducing information, the information recording medium 10 is continuously irradiated with a constant amount of light.

【0321】新たな情報を記録する場合には、この再生
時の光量の上にパルス状の断続的光量を上乗せする。半
導体レーザ素子が大きな光量でパルス発光した時に情報
記録媒体10の光反射性記録膜が局所的に光学的変化ま
たは形状変化を起こし、記録マークが形成される。すで
に記録されている領域の上に重ね書きする場合も同様に
半導体レーザ素子をパルス発光させる。
When recording new information, a pulsed intermittent light amount is added to the light amount at the time of reproduction. When the semiconductor laser element emits a pulse with a large amount of light, the light reflective recording film of the information recording medium 10 locally causes an optical change or a shape change, and a recording mark is formed. Similarly, when overwriting an area already recorded, the semiconductor laser element is caused to emit pulse light.

【0322】すでに記録されている情報を消去する場合
には、再生時よりも大きな一定光量を連続照射する。連
続的に情報を消去する場合にはセクタ単位など特定周期
毎に照射光量を再生時に戻し、消去処理と平行して間欠
的に情報再生を行う。これにより、間欠的に消去するト
ラックのトラック番号やアドレスを再生することで、消
去トラックの誤りがないことを確認しながら消去処理を
行っている。
When erasing already recorded information, a constant light amount larger than that at the time of reproduction is continuously irradiated. In the case where information is continuously erased, the irradiation light amount is returned at the time of reproduction in a specific cycle such as a sector unit, and the information is intermittently reproduced in parallel with the erasing process. Thus, the erasing process is performed while confirming that there is no error in the erasing track by reproducing the track number or address of the track to be erased intermittently.

【0323】<レーザ発光制御>図示していないが、光
ヘッド202内には、半導体レーザ素子の発光量を検出
するための光検出器が内蔵されている。レーザ駆動回路
205では、その光検出器出力(半導体レーザ素子発光
量の検出信号)と記録・再生・消去制御波形発生回路2
06から与えられる発光基準信号との差を取り、その結
果に基づき、半導体レーザへの駆動電流をフィードバッ
ク制御している。
<Laser Emission Control> Although not shown, the optical head 202 has a built-in photodetector for detecting the light emission amount of the semiconductor laser element. In the laser driving circuit 205, the photodetector output (detection signal of the light emission amount of the semiconductor laser element) and the recording / reproducing / erasing control waveform generation circuit 2
The difference from the light emission reference signal given from step 06 is obtained, and the drive current to the semiconductor laser is feedback-controlled based on the result.

【0324】<<<機構部分の制御系に関する諸動作>
>> <<起動制御>>情報記録媒体(光ディスク)10が回
転テーブル221上に装着され、起動制御が開始される
と、以下の手順に従った処理が行われる。
<<<< Operations Related to Control System of Mechanism Part >>
>><< Start Control >> When the information recording medium (optical disk) 10 is mounted on the turntable 221 and the start control is started, processing according to the following procedure is performed.

【0325】(1)制御部220からスピンドルモータ
駆動回路215に目標回転数が伝えられ、スピンドルモ
ータ駆動回路215からスピンドルモータ204に駆動
電流が供給されて、スピンドルモータ204が回転を開
始する。
(1) The target rotation speed is transmitted from the control unit 220 to the spindle motor drive circuit 215, and a drive current is supplied from the spindle motor drive circuit 215 to the spindle motor 204, and the spindle motor 204 starts rotating.

【0326】(2)同時に制御部220から送りモータ
駆動回路216に対してコマンド(実行命令)が出さ
れ、送りモータ駆動回路216から光ヘッド駆動機構
(送りモータ)203に駆動電流が供給されて、光ヘッ
ド202が情報記録媒体10の最内周位置に移動する。
その結果、情報記録媒体10の情報が記録されている領
域を越えてさらに内周部に光ヘッド202が来ているこ
とを確認する。
(2) At the same time, a command (execution command) is issued from the control unit 220 to the feed motor drive circuit 216, and a drive current is supplied from the feed motor drive circuit 216 to the optical head drive mechanism (feed motor) 203. Then, the optical head 202 moves to the innermost position on the information recording medium 10.
As a result, it is confirmed that the optical head 202 is located further inward than the area of the information recording medium 10 where the information is recorded.

【0327】(3)スピンドルモータ204が目標回転
数に到達すると、そのステータス(状況報告)が制御部
220に出される。
(3) When the spindle motor 204 reaches the target rotation speed, its status (status report) is sent to the control unit 220.

【0328】(4)制御部220から記録・再生・消去
制御波形発生回路206に送られた再生光量信号に合わ
せて半導体レーザ駆動回路205から光ヘッド202内
の半導体レーザ素子に電流が供給されて、レーザ発光が
開始する。
(4) A current is supplied from the semiconductor laser driving circuit 205 to the semiconductor laser element in the optical head 202 in accordance with the reproduced light amount signal sent from the control section 220 to the recording / reproducing / erasing control waveform generating circuit 206. Then, laser emission starts.

【0329】なお、情報記録媒体(光ディスク)10の
種類によって再生時の最適照射光量が異なる。起動時に
は、そのうちの最も照射光量の低い値に対応した値に、
半導体レーザ素子に供給される電流値を設定する。
The optimum irradiation light quantity at the time of reproduction differs depending on the type of the information recording medium (optical disc) 10. At the time of startup, the value corresponding to the lowest value of the irradiation light amount is
The current value supplied to the semiconductor laser device is set.

【0330】(5)制御部220からのコマンドに従っ
て、光ヘッド202内の対物レンズ(図示せず)を情報
記録媒体10から最も遠ざけた位置にずらし、ゆっくり
と対物レンズを情報記録媒体10に近付けるよう対物レ
ンズアクチュエータ駆動回路218が対物レンズを制御
する。
(5) In accordance with a command from the control unit 220, the objective lens (not shown) in the optical head 202 is shifted to the position farthest from the information recording medium 10 and the objective lens is slowly brought closer to the information recording medium 10. The objective lens actuator drive circuit 218 controls the objective lens.

【0331】(6)同時にフォーカス・トラックエラー
検出回路217でフォーカスずれ量をモニターし、焦点
が合う位置近傍に対物レンズがきたときにステータスを
出して、「対物レンズが合焦点位置近傍にきた」ことを
制御部220に通知する。
(6) At the same time, the focus / track error detection circuit 217 monitors the amount of defocus, and outputs a status when the objective lens comes near the in-focus position. This is notified to the control unit 220.

【0332】(7)制御部220では、その通知をもら
うと、対物レンズアクチュエータ駆動回路218に対し
て、フォーカスループをオンにするようコマンドを出
す。
(7) Upon receiving the notification, the control section 220 issues a command to the objective lens actuator drive circuit 218 to turn on the focus loop.

【0333】(8)制御部220は、フォーカスループ
をオンにしたまま送りモータ駆動回路216にコマンド
を出して、光ヘッド202をゆっくり情報記録媒体10
の外周部方向へ移動させる。
(8) The control section 220 issues a command to the feed motor drive circuit 216 while keeping the focus loop on, and slowly moves the optical head 202 to the information recording medium 10.
In the direction of the outer peripheral portion of.

【0334】(9)同時に光ヘッド202からの再生信
号をモニターし、光ヘッド202が情報記録媒体10上
の記録領域に到達したら、光ヘッド202の移動を止
め、対物レンズアクチュエータ駆動回路218に対して
トラックループをオンさせるコマンドを出す。
(9) At the same time, the reproduction signal from the optical head 202 is monitored, and when the optical head 202 reaches the recording area on the information recording medium 10, the movement of the optical head 202 is stopped. Command to turn on the track loop.

【0335】(10)続いて情報記録媒体10の内周部
に記録されている「再生時の最適光量」および「記録/
消去時の最適光量」が再生され、その情報が制御部22
0を経由して半導体メモリ219に記録される。
(10) Subsequently, the “optimum light amount during reproduction” and “record / record
The “optimum light quantity at the time of erasing” is reproduced, and the information is
0 is recorded in the semiconductor memory 219.

【0336】(11)さらに制御部220では、その
「再生時の最適光量」に合わせた信号を記録・再生・消
去制御波形発生回路206に送り、再生時の半導体レー
ザ素子の発光量を再設定する。
(11) Further, the control unit 220 sends a signal corresponding to the “optimum light quantity at the time of reproduction” to the recording / reproduction / erase control waveform generation circuit 206 to reset the light emission quantity of the semiconductor laser element at the time of reproduction. I do.

【0337】(12)そして、情報記録媒体10に記録
されている「記録/消去時の最適光量」に合わせて記録
/消去時の半導体レーザ素子の発光量が設定される。
(12) The light emission amount of the semiconductor laser element at the time of recording / erasing is set in accordance with the “optimum light amount at the time of recording / erasing” recorded on the information recording medium 10.

【0338】<<アクセス制御>>情報記録媒体10に
記録されたアクセス先情報が再生情報記録媒体10上の
どの場所に記録されまたどのような内容を持っているか
についての情報は、情報記録媒体10の種類により異な
る。たとえばDVDディスクでは、この情報は、情報記
録媒体10内のディレクトリ管理領域またはナビゲーシ
ョンパックなどに記録されている。
<< Access Control >> Information about where the access destination information recorded on the information recording medium 10 is recorded and what kind of content the reproduction destination information recording medium 10 has is described in the information recording medium. Differs depending on the type of 10 For example, in a DVD disk, this information is recorded in a directory management area or a navigation pack in the information recording medium 10.

【0339】ここで、ディレクトリ管理領域は、通常は
情報記録媒体10の内周領域または外周領域にまとまっ
て記録されている。また、ナビゲーションパックは、M
PEG2のPS(プログラムストリーム)のデータ構造
に準拠したVOBS(ビデオオブジェクトセット)中の
VOBU(ビデオオブジェクトユニット)というデータ
単位の中に含まれ、次の映像がどこに記録してあるかの
情報を記録している。
Here, the directory management area is usually recorded collectively in the inner peripheral area or the outer peripheral area of the information recording medium 10. The navigation pack is M
Recorded in a data unit called VOBU (Video Object Unit) in a VOBS (Video Object Set) conforming to the data structure of PS (Program Stream) of PEG2 and records information on where the next video is recorded doing.

【0340】特定の情報を再生あるいは記録/消去した
い場合には、まず上記の領域内の情報を再生し、そこで
得られた情報からアクセス先を決定する。
To reproduce or record / delete specific information, the information in the above-mentioned area is reproduced first, and the access destination is determined from the information obtained therefrom.

【0341】<粗アクセス制御>制御部220ではアク
セス先の半径位置を計算で求め、現状の光ヘッド202
位置との間の距離を割り出す。
<Coarse Access Control> The control unit 220 calculates the radius position of the access destination by calculation, and
Calculate the distance between the position.

【0342】光ヘッド202移動距離に対して最も短時
間で到達できる速度曲線情報が事前に半導体メモリ21
9内に記録されている。制御部220は、その情報を読
み取り、その速度曲線に従って以下の方法で光ヘッド2
02の移動制御を行う。
The speed curve information that can be reached in the shortest time with respect to the moving distance of the optical head 202 is stored in advance in the semiconductor memory 21.
9 are recorded. The control unit 220 reads the information, and according to the speed curve, uses the optical head 2 in the following method.
02 movement control is performed.

【0343】すなわち、制御部220から対物レンズア
クチュエータ駆動回路218に対してコマンドを出して
トラックループをオフした後、送りモータ駆動回路21
6を制御して光ヘッド202の移動を開始させる。
That is, after the control section 220 issues a command to the objective lens actuator drive circuit 218 to turn off the track loop, the feed motor drive circuit 21
6 to start the movement of the optical head 202.

【0344】集光スポットが情報記録媒体10上のトラ
ックを横切ると、フォーカス・トラックエラー検出回路
217内でトラックエラー検出信号が発生する。このト
ラックエラー検出信号を用いて情報記録媒体10に対す
る集光スポットの相対速度を検出することができる。
When the focused spot crosses the track on the information recording medium 10, a track error detection signal is generated in the focus / track error detection circuit 217. Using this track error detection signal, the relative speed of the focused spot with respect to the information recording medium 10 can be detected.

【0345】送りモータ駆動回路216では、このフォ
ーカス・トラックエラー検出回路217から得られる集
光スポットの相対速度と制御部220から逐一送られる
目標速度情報との差を演算し、その結果で光ヘッド駆動
機構(送りモータ)203への駆動電流にフィードバッ
ク制御をかけながら、光ヘッド202を移動させる。
The feed motor drive circuit 216 calculates the difference between the relative speed of the condensed spot obtained from the focus / track error detection circuit 217 and the target speed information sent one by one from the control section 220. The optical head 202 is moved while performing feedback control on the drive current to the drive mechanism (feed motor) 203.

【0346】前記<<光ヘッド移動機構>>の項で述べ
たように、ガイドシャフトとブッシュあるいはベアリン
グ間には常に摩擦力が働いている。光ヘッド202が高
速に移動している時は動摩擦が働くが、移動開始時と停
止直前には光ヘッド202の移動速度が遅いため静止摩
擦が働く。この静止摩擦が働く時には(特に停止直前に
は)、相対的に摩擦力が増加している。この摩擦力増加
に対処するため、光ヘッド駆動機構(送りモータ)20
3に供給される電流が大きくなるように、制御部220
からのコマンドによって制御系の増幅率(ゲイン)を増
加させる。
As described in the above << optical head moving mechanism >>, frictional force always acts between the guide shaft and the bush or bearing. Dynamic friction acts when the optical head 202 is moving at high speed, but static friction acts at the start and immediately before the stop because the moving speed of the optical head 202 is low. When this static friction acts (particularly immediately before stopping), the frictional force is relatively increasing. To cope with this increase in frictional force, an optical head drive mechanism (feed motor) 20
3 so that the current supplied to the control unit 220 increases.
Increases the gain (gain) of the control system in response to a command from.

【0347】<密アクセス制御>光ヘッド202が目標
位置に到達すると、制御部220から対物レンズアクチ
ュエータ駆動回路218にコマンドを出して、トラック
ループをオンさせる。
<Fine Access Control> When the optical head 202 reaches the target position, the control unit 220 issues a command to the objective lens actuator drive circuit 218 to turn on the track loop.

【0348】集光スポットは、情報記録媒体10上のト
ラックに沿ってトレースしながら、その部分のアドレス
またはトラック番号を再生する。
The focused spot reproduces the address or track number of that part while tracing along the track on the information recording medium 10.

【0349】そこでのアドレスまたはトラック番号から
現在の集光スポット位置を割り出し、到達目標位置から
の誤差トラック数を制御部220内で計算し、集光スポ
ットの移動に必要なトラック数を対物レンズアクチュエ
ータ駆動回路218に通知する。
The current focus spot position is determined from the address or track number, the number of error tracks from the target position is calculated in the control unit 220, and the number of tracks required for moving the focus spot is determined by the objective lens actuator. Notify the drive circuit 218.

【0350】対物レンズアクチュエータ駆動回路218
内で1組のキックパルスを発生させると、対物レンズは
情報記録媒体10の半径方向にわずかに動いて、集光ス
ポットが隣のトラックへ移動する。
The objective lens actuator drive circuit 218
When a set of kick pulses is generated within the above, the objective lens slightly moves in the radial direction of the information recording medium 10, and the focused spot moves to the next track.

【0351】対物レンズアクチュエータ駆動回路218
内では、一時的にトラックループをオフさせ、制御部2
20からの情報に合わせた回数のキックパルスを発生さ
せた後、再びトラックループをオンさせる。
Objective lens actuator drive circuit 218
Inside, the track loop is temporarily turned off and the control unit 2
After the number of kick pulses generated according to the information from 20 is generated, the track loop is turned on again.

【0352】密アクセス終了後、制御部220は集光ス
ポットがトレースしている位置の情報(アドレスまたは
トラック番号)を再生し、目標トラックにアクセスして
いることを確認する。
After the fine access is completed, the control section 220 reproduces information (address or track number) of the position traced by the condensed spot and confirms that the target track is being accessed.

【0353】<<連続記録/再生/消去制御>>フォー
カス・トラックエラー検出回路217から出力されるト
ラックエラー検出信号は、送りモータ駆動回路216に
入力されている。上述した「起動制御時」と「アクセス
制御時」には、送りモータ駆動回路216内では、トラ
ックエラー検出信号を使用しないように制御部220に
より制御されている。
<< Continuous Recording / Reproduction / Erase Control >> The track error detection signal output from the focus / track error detection circuit 217 is input to the feed motor drive circuit 216. During the “start control” and the “access control”, the control unit 220 controls the feed motor drive circuit 216 so as not to use the track error detection signal.

【0354】アクセスにより集光スポットが目標トラッ
クに到達したことを確認した後、制御部220からのコ
マンドにより、モータ駆動回路216を経由してトラッ
クエラー検出信号の一部が光ヘッド駆動機構(送りモー
タ)203への駆動電流として供給される。連続に再生
または記録/消去処理を行っている期間中、この制御は
継続される。
After confirming that the condensed spot has reached the target track by access, a part of the track error detection signal is transmitted by the command from the control unit 220 via the motor drive circuit 216 to the optical head drive mechanism (feeding unit). Motor 203 is supplied as a drive current. This control is continued during the period in which the reproduction or the recording / erasing process is continuously performed.

【0355】情報記録媒体10の中心位置は回転テーブ
ル221の中心位置とわずかにずれた偏心を持って装着
されている。トラックエラー検出信号の一部を駆動電流
として供給すると、偏心に合わせて光ヘッド202全体
が微動する。
The information recording medium 10 is mounted with an eccentricity slightly shifted from the center position of the rotary table 221. When a part of the track error detection signal is supplied as a drive current, the entire optical head 202 slightly moves in accordance with the eccentricity.

【0356】また長時間連続して再生または記録/消去
処理を行うと、集光スポット位置が徐々に外周方向また
は内周方向に移動する。トラックエラー検出信号の一部
を光ヘッド移動機構(送りモータ)203への駆動電流
として供給した場合には、それに合わせて光ヘッド20
2が徐々に外周方向または内周方向に移動する。
When the reproduction or recording / erasing process is continuously performed for a long time, the position of the converged spot gradually moves in the outer circumferential direction or the inner circumferential direction. When a part of the track error detection signal is supplied as a drive current to the optical head moving mechanism (feed motor) 203, the optical head 20
2 gradually moves in the outer circumferential direction or the inner circumferential direction.

【0357】このようにして対物レンズアクチュエータ
のトラックずれ補正の負担を軽減することにより、トラ
ックループを安定化させることができる。
As described above, the track loop can be stabilized by reducing the burden of correcting the track shift of the objective lens actuator.

【0358】<<終了制御>>一連の処理が完了し、動
作を終了させる場合には以下の手順に従って処理が行わ
れる。
<< End Control >> When a series of processing is completed and the operation is ended, the processing is performed according to the following procedure.

【0359】(1)制御部220から対物レンズアクチ
ュエータ駆動回路218に対して、トラックループをオ
フさせるコマンドが出される。
(1) The control unit 220 issues a command to the objective lens actuator drive circuit 218 to turn off the track loop.

【0360】(2)制御部220から対物レンズアクチ
ュエータ駆動回路218に対して、フォーカスループを
オフさせるコマンドが出される。
(2) The control unit 220 issues a command to the objective lens actuator drive circuit 218 to turn off the focus loop.

【0361】(3)制御部220から記録・再生・消去
制御波形発生回路206に対して、半導体レーザ素子の
発光を停止させるコマンドが出される。
(3) The control unit 220 issues a command to the recording / reproducing / erasing control waveform generation circuit 206 to stop the light emission of the semiconductor laser device.

【0362】(4)スピンドルモータ駆動回路215に
対して、基準回転数として0が通知される。
(4) The spindle motor drive circuit 215 is notified of 0 as the reference rotation speed.

【0363】<<<情報記録媒体への記録信号/再生信
号の流れ>>> <<再生時の信号の流れ>> <2値化・PLL回路>前記<光ヘッド202による信
号検出>の項で述べたように、情報記録媒体(光ディス
ク)10の光反射膜または光反射性記録膜からの反射光
量変化を検出して、情報記録媒体10上の信号を再生す
る。アンプ213で得られた信号は、アナログ波形を有
している。2値化回路212は、コンパレーターを用い
て、そのアナログ信号を“1”および“0”からなる2
値のデジタル信号に変換する。
<<< Flow of Recorded / Reproduced Signal on Information Recording Medium >>>><< Flow of Signal During Reproduction >><Binarization / PLL Circuit><Signal Detection by Optical Head 202> As described above, the signal on the information recording medium 10 is reproduced by detecting a change in the amount of light reflected from the light reflecting film or the light reflecting recording film of the information recording medium (optical disc) 10. The signal obtained by the amplifier 213 has an analog waveform. The binarizing circuit 212 uses a comparator to convert the analog signal into a binary signal consisting of “1” and “0”.
Convert the value into a digital signal.

【0364】こうして2値化回路212で得られた再生
信号から、PLL回路211において、情報再生時の基
準信号が取り出される。すなわち、PLL回路211は
周波数可変の発振器を内蔵しており、この発振器から出
力されるパルス信号(基準クロック)と2値化回路21
2出力信号との間で周波数および位相の比較が行われ
る。この比較結果を発振器出力にフィードバックしする
ことで、情報再生時の基準信号を取り出している。
From the reproduction signal obtained by the binarization circuit 212, the PLL circuit 211 extracts a reference signal for information reproduction. That is, the PLL circuit 211 has a built-in variable frequency oscillator, and outputs a pulse signal (reference clock) output from the oscillator to the binarizing circuit 21.
A comparison of frequency and phase is made between the two output signals. By feeding back the comparison result to the oscillator output, a reference signal at the time of information reproduction is extracted.

【0365】<信号の復調>復調回路210は、変調さ
れた信号と復調後の信号との間の関係を示す変換テーブ
ルを内蔵している。復調回路210は、PLL回路21
1で得られた基準クロックに合わせて変換テーブルを参
照しながら、入力信号(変調された信号)を元の信号
(復調された信号)に戻す。復調された信号は、半導体
メモリ219に記録される。
<Demodulation of Signal> The demodulation circuit 210 has a built-in conversion table indicating the relationship between the modulated signal and the demodulated signal. The demodulation circuit 210 is a PLL circuit 21
The input signal (modulated signal) is returned to the original signal (demodulated signal) while referring to the conversion table in accordance with the reference clock obtained in step 1. The demodulated signal is recorded in the semiconductor memory 219.

【0366】<エラー訂正処理>エラー訂正回路209
の内部では、半導体メモリ219に保存された信号に対
し、内符号PIと外符号POを用いてエラー箇所を検出
し、エラー箇所のポインタフラグを立てる。その後、半
導体メモリ219から信号を読み出しながらエラーポイ
ンタフラグに合わせて逐次エラー箇所の信号を訂正した
後、再度半導体メモリ219に訂正後情報を記録する。
<Error Correction Processing> Error Correction Circuit 209
, An error point is detected for the signal stored in the semiconductor memory 219 using the inner code PI and the outer code PO, and a pointer flag of the error point is set. Thereafter, while reading the signal from the semiconductor memory 219, the signal at the error location is sequentially corrected in accordance with the error pointer flag, and the corrected information is recorded in the semiconductor memory 219 again.

【0367】情報記録媒体10から再生した情報を再生
信号cとして外部に出力する場合には、半導体メモリ2
19に記録されたエラー訂正後情報から内符号PIおよ
び外符号POをはずして、バスライン224を経由して
データI/Oインターフェイス222へ転送する。
When the information reproduced from the information recording medium 10 is externally output as a reproduction signal c, the semiconductor memory 2
The inner code PI and the outer code PO are removed from the error-corrected information recorded in the data 19 and transferred to the data I / O interface 222 via the bus line 224.

【0368】そして、データI/Oインターフェイス2
22が、エラー訂正回路209から送られてきた信号を
再生信号cとして出力する。
Then, the data I / O interface 2
22 outputs the signal sent from the error correction circuit 209 as a reproduction signal c.

【0369】<<情報記録媒体10に記録される信号形
式>>情報記録媒体10上に記録される信号に対して
は、以下のことを満足することが要求される: (イ)情報記録媒体10上の欠陥に起因する記録情報エ
ラーの訂正を可能とすること; (ロ)再生信号の直流成分を“0”にして再生処理回路
の簡素化を図ること; (ハ)情報記録媒体10に対してできるだけ高密度に情
報を記録すること。
<< Signal Format Recorded on Information Recording Medium 10 >> Signals recorded on information recording medium 10 are required to satisfy the following: (a) Information recording medium (B) To simplify the reproduction processing circuit by setting the DC component of the reproduction signal to "0"; (c) To make the information recording medium 10 To record information as densely as possible.

【0370】以上の要求を満足するため、情報記録再生
部(物理系ブロック)101では、「エラー訂正機能の
付加」と「記録情報に対する信号変換(信号の変復
調)」とを行っている。
In order to satisfy the above requirements, the information recording / reproducing unit (physical block) 101 performs “addition of an error correction function” and “signal conversion (modulation / demodulation of signal) for recorded information”.

【0371】<<記録時の信号の流れ>> <エラー訂正コードECC付加処理>このエラー訂正コ
ードECC付加処理について、説明する。
<< Signal Flow During Recording >><Error Correction Code ECC Addition Processing> The error correction code ECC addition processing will be described.

【0372】情報記録媒体10に記録したい情報dが、
生信号の形で、図33のデータI/Oインターフェイス
222に入力される。この記録信号dは、そのまま半導
体メモリ219に記録される。その後、ECCエンコー
ダ208内において、以下のようなECCの付加処理が
実行される。
The information d to be recorded on the information recording medium 10 is
In the form of a raw signal, it is input to the data I / O interface 222 of FIG. This recording signal d is recorded in the semiconductor memory 219 as it is. Thereafter, the following ECC addition processing is executed in the ECC encoder 208.

【0373】以下、積符号を用いたECC付加方法の具
体例について説明を行なう。
Hereinafter, a specific example of the ECC adding method using the product code will be described.

【0374】記録信号dは、半導体メモリ219内で、
172バイト毎に1行ずつ順次並べられ、192行で1
組のECCブロックとされる(172バイト行×192
バイト列でおよそ32kバイトの情報量になる)。
The recording signal d is stored in the semiconductor memory 219.
One line is sequentially arranged every 172 bytes.
A set of ECC blocks (172 byte rows × 192)
The amount of information is about 32 kbytes in a byte string).

【0375】この「172バイト行×192バイト列」
で構成される1組のECCブロック内の生信号(記録信
号d)に対し、172バイトの1行毎に10バイトの内
符号PIを計算して半導体メモリ219内に追加記録す
る。さらにバイト単位の1列毎に16バイトの外符号P
Oを計算して半導体メモリ219内に追加記録する。
This “172 byte row × 192 byte string”
The 10-byte inner code PI is calculated for each row of 172 bytes for the raw signal (recording signal d) in a set of ECC blocks composed of the following, and additionally recorded in the semiconductor memory 219. Furthermore, an outer code P of 16 bytes for each column in byte units
O is calculated and additionally recorded in the semiconductor memory 219.

【0376】そして、10バイトの内符号PIを含めた
12行分(12×(172+10)バイト)と外符号P
Oの1行分(1×(172+10)バイト)の合計23
66バイト(=(12+1)×(172+10))を単
位として、エラー訂正コードECC付加処理のなされた
情報が、情報記録媒体10の1セクタ内に記録される。
Then, 12 rows (12 × (172 + 10) bytes) including the 10-byte inner code PI and the outer code P
A total of 23 for one row of O (1 × (172 + 10) bytes)
The information subjected to the error correction code ECC addition processing is recorded in one sector of the information recording medium 10 in units of 66 bytes (= (12 + 1) × (172 + 10)).

【0377】ECCエンコーダ208は、内符号PIと
外符号POの付加が完了すると、その情報を一旦半導体
メモリ219へ転送する。
[0377] When the addition of the inner code PI and the outer code PO is completed, the ECC encoder 208 transfers the information to the semiconductor memory 219 once.

【0378】情報記録媒体10に情報が記録される場合
には、半導体メモリ219から、1セクタ分の2366
バイトずつの信号が、変調回路207へ転送される。
In the case where information is recorded on the information recording medium 10, 2366 of one sector is read from the semiconductor memory 219.
The signal of each byte is transferred to the modulation circuit 207.

【0379】<信号変調>再生信号の直流成分(DS
V:Digital Sum ValueまたはDigital Sum Variation)
を“0”に近付け、情報記録媒体10に対して高密度に
情報を記録するため、信号形式の変換である信号変調を
変調回路207内で行う。
<Signal Modulation> The DC component (DS
V: Digital Sum Value or Digital Sum Variation)
Is approached to “0”, and in order to record information on the information recording medium 10 at high density, signal modulation, which is a conversion of a signal format, is performed in the modulation circuit 207.

【0380】図33の変調回路207および復調回路2
10は、それぞれ、元の信号と変調後の信号との間の関
係を示す変換テーブルを内蔵している。
Modulation circuit 207 and demodulation circuit 2 in FIG.
Each has a built-in conversion table indicating the relationship between the original signal and the modulated signal.

【0381】変調回路207は、ECCエンコーダ20
8から転送されてきた信号を所定の変調方式に従って複
数ビット毎に区切り、上記変換テーブルを参照しなが
ら、別の信号(コード)に変換する。
The modulation circuit 207 is provided for the ECC encoder 20
8 is divided into a plurality of bits according to a predetermined modulation scheme, and converted into another signal (code) with reference to the conversion table.

【0382】たとえば、変調方式として8/16変調
(RLL(2、10)コード)を用いた場合には、変換
テーブルが2種類存在し、変調後の直流成分(DSV)
が0に近付くように逐一参照用変換テーブルを切り替え
ている。
For example, when 8/16 modulation (RLL (2, 10) code) is used as a modulation method, there are two types of conversion tables, and a DC component (DSV) after modulation is provided.
The reference conversion table is switched one by one so that approaches 0.

【0383】<記録波形発生>情報記録媒体(光ディス
ク)10に記録マークを記録する場合、一般的には、記
録方式として、次のものが採用される: [マーク長記録方式]記録マークの前端位置と後端末位
置に“1”がくるもの。
<Recording Waveform Generation> When recording a recording mark on the information recording medium (optical disk) 10, the following recording method is generally employed: [Mark length recording method] Front end of recording mark "1" comes to the position and rear terminal position.

【0384】[マーク間記録方式]記録マークの中心位
置が“1”の位置と一致するもの。
[Recording method between marks] A recording mark whose center position matches the position of "1".

【0385】なお、マーク長記録を採用する場合、比較
的長い記録マークを形成する必要がある。この場合、一
定期間以上記録用の大きな光量を情報記録媒体10に照
射し続けると、情報記録媒体10の光反射性記録膜の蓄
熱効果によりマークの後部のみ幅が広がり、「雨だれ」
形状の記録マークが形成されてしまう。この弊害を除去
するため、長さの長い記録マークを形成する場合には、
記録用レーザ駆動信号を複数の記録パルスに分割した
り、記録用レーザの記録波形を階段状に変化させる等の
対策が採られる。
[0385] When mark length recording is adopted, it is necessary to form a relatively long recording mark. In this case, if the information recording medium 10 is continuously irradiated with a large amount of light for recording for a certain period of time or more, only the rear portion of the mark is widened due to the heat storage effect of the light reflective recording film of the information recording medium 10, and the “raindrop”
A recording mark having a shape is formed. In order to eliminate this adverse effect, when forming a long recording mark,
Measures such as dividing the recording laser drive signal into a plurality of recording pulses and changing the recording waveform of the recording laser stepwise are taken.

【0386】記録・再生・消去制御波形発生回路206
内では、変調回路207から送られてきた記録信号に応
じて、上述のような記録波形を作成し、この記録波形を
持つ駆動信号を、半導体レーザ駆動回路205に送って
いる。
Recording / reproducing / erasing control waveform generating circuit 206
Inside, the above-described recording waveform is created according to the recording signal sent from the modulation circuit 207, and a drive signal having this recording waveform is sent to the semiconductor laser drive circuit 205.

【0387】次に、図33の構成におけるブロック間の
信号の流れをまとめておく。
Next, the flow of signals between blocks in the configuration of FIG. 33 will be summarized.

【0388】1)記録すべき生信号の情報記録再生装置
への入力 図33は、情報記録再生装置内の情報記録媒体(光ディ
スク)10に対する情報の記録処理と再生処理に関連す
る部分をまとめた情報記録再生部(物理系ブロック)内
の構成を例示している。PC(パーソナルコンピュー
タ)やEWS(エンジニアリングワークステーション)
などのホストコンピュータから送られて来た記録信号d
はデータI/Oインターフェイス222を経由して情報
記録再生部(物理系ブロック)101内に入力される。
1) Input of Raw Signal to be Recorded to Information Recording / Reproducing Apparatus FIG. 33 summarizes portions related to information recording and reproduction processing on the information recording medium (optical disc) 10 in the information recording / reproducing apparatus. 2 illustrates a configuration inside an information recording / reproducing unit (physical system block). PC (personal computer) and EWS (engineering workstation)
Recording signal d sent from the host computer such as
Is input into the information recording / reproducing unit (physical block) 101 via the data I / O interface 222.

【0389】2)記録信号dの2048バイト毎の分割
処理 データI/Oインターフェイス222では記録信号dを
時系列的に2048バイト毎に分割し、データIDなど
を付加した後、スクランブル処理を行う。その結果得ら
れた信号は図33のECCエンコーダ208に送られ
る。
2) Dividing process of recording signal d every 2048 bytes The data I / O interface 222 divides the recording signal d into 2048 bytes in a time series and adds a data ID and the like, and then performs a scrambling process. The resulting signal is sent to ECC encoder 208 in FIG.

【0390】3)ECCブロックの作成 図33のECCエンコーダ208では、記録信号に対し
てスクランブルを掛けた後の信号を16組集めて「17
2バイト×192列」のブロックを作った後、内符号P
I(内部パリティコード)と外符号PO(外部パリティ
コード)の付加を行う。
3) Creation of ECC Block The ECC encoder 208 shown in FIG. 33 collects 16 sets of signals after scrambled to the recording signal, and collects "17"
After creating a block of “2 bytes × 192 columns”, the inner code P
I (internal parity code) and outer code PO (external parity code) are added.

【0391】4)インターリーブ処理 図33のECCエンコーダ208ではその後、外符号P
Oのインターリーブ処理を行う。
4) Interleave processing The ECC encoder 208 shown in FIG.
O interleave processing is performed.

【0392】5)信号変調処理 図33の変調回路207では、外外符号POのインター
リーブ処理した後の信号を変調後、図19に示すように
同期コードを付加する。
5) Signal Modulation Processing The modulation circuit 207 of FIG. 33 modulates the signal after the interleaving of the outer code PO and adds a synchronization code as shown in FIG.

【0393】6)記録波形作成処理 その結果得られた信号に対応して記録・再生・消去制御
波形発生回路206で記録波形が作成され、この記録波
形がレーザ駆動回路205に送られる。
6) Recording Waveform Generation Processing A recording / reproduction / erase control waveform generation circuit 206 generates a recording waveform corresponding to the signal obtained as a result, and the recording waveform is sent to the laser drive circuit 205.

【0394】情報記録媒体(DVD−RAMディスク)
10では「マーク長記録」の方式が採用されているた
め、記録パルスの立ち上がりタイミングと記録パルスの
立ち下がりタイミングが変調後信号の“1”のタイミン
グと一致する。
Information recording medium (DVD-RAM disk)
In No. 10, since the method of “mark length recording” is adopted, the rising timing of the recording pulse and the falling timing of the recording pulse coincide with the “1” timing of the modulated signal.

【0395】7)情報記録媒体(光ディスク)10への
記録処理 光ヘッド202から照射され、情報記録媒体(光ディス
ク)10の記録膜上で集光するレーザ光の光量が断続的
に変化して情報記録媒体(光ディスク)201の記録膜
上に記録マークが形成される。
7) Recording process on the information recording medium (optical disc) 10 The amount of laser light emitted from the optical head 202 and condensed on the recording film of the information recording medium (optical disc) 10 changes intermittently. A recording mark is formed on a recording film of a recording medium (optical disc) 201.

【0396】次に、図6〜図7を参照して、不正コピー
検出方法について説明する。図6は、不正コピー検出装
置の概略構成を示すブロック図である。図7は、不正コ
ピー検出方法の手順を示すフローチャートである。
Next, an illegal copy detection method will be described with reference to FIGS. FIG. 6 is a block diagram showing a schematic configuration of the unauthorized copy detection device. FIG. 7 is a flowchart showing the procedure of the unauthorized copy detection method.

【0397】DVD−ROMディスクの場合、図10に
示すように、トラップエリアのアドレス情報(物理セク
タ番号)は、暗号化されて、リードインエリア800内
のコンテンツプロバイダーインフォメーション817に
記録されている。一方、DVD−RAMディスクの場
合、図17に示すように、トラップエリアのアドレス情
報(物理セクタ番号)は、暗号化されて、リードインエ
リアのエンボスデータゾーンの制御データゾーンに記録
されている。
In the case of a DVD-ROM disk, as shown in FIG. 10, the address information (physical sector number) of the trap area is encrypted and recorded in the content provider information 817 in the lead-in area 800. On the other hand, in the case of a DVD-RAM disc, as shown in FIG. 17, the address information (physical sector number) of the trap area is encrypted and recorded in the control data zone of the emboss data zone of the lead-in area.

【0398】図6に示すように、不正コピー検出装置
は、情報記録再生部41、暗号解読部(復号部)42、
システム制御部43、インターフェース部44、及び暗
号鍵記憶部45を備えている。因みに、情報記録再生部
41に関しては、図33で説明済みである。
As shown in FIG. 6, the unauthorized copy detecting device includes an information recording / reproducing section 41, a decryption section (decryption section) 42,
The system includes a system control unit 43, an interface unit 44, and an encryption key storage unit 45. Incidentally, the information recording / reproducing unit 41 has already been described with reference to FIG.

【0399】まず、システム制御部43の指示に基づ
き、情報記録再生部41により情報記録媒体10(DV
D−ROMディスク又はDVD−RAMディスク)から
暗号化されたアドレス情報が読み取られる(ST1)。
この発明の不正コピー検出装置では、暗号鍵記憶部45
にあらかじめ解読用の暗号鍵が記録されている。そし
て、この暗号鍵記憶部45から暗号解読部(復号部)4
2に対して、解読用の暗号鍵が転送される(ST2)。
次に、暗号化されたアドレス情報が、暗号解読部(復号
部)42で暗号解読される。つまり、情報記録媒体10
上のトラップエリアのアドレス情報(物理セクタ番号)
が読み取られる(解読される)ことになる(ST3)。
First, based on an instruction from the system control unit 43, the information recording / reproducing unit 41 uses the information recording medium 10 (DV
The encrypted address information is read from a D-ROM disk or a DVD-RAM disk (ST1).
In the unauthorized copy detection device of the present invention, the encryption key storage unit 45
The encryption key for decryption is recorded in advance. Then, the decryption unit (decryption unit) 4
2, a decryption encryption key is transferred (ST2).
Next, the encrypted address information is decrypted by the decryption unit (decryption unit) 42. That is, the information recording medium 10
Upper trap area address information (physical sector number)
Is read (decoded) (ST3).

【0400】解読されたアドレス情報に基づき、光学ヘ
ッド202(図33)が情報記録媒体10上のトラップ
エリア近傍にアクセスされ、トラップエリア近傍の情報
が再生される(ST4)。情報記録媒体10から検出さ
れたトラップエリアの情報(例えば図8に示すセクタc
23のセクタナンバー862)が再生され、この再生情
報に基づき、この情報記録媒体10が不正コピーされた
物か否かが判定される(ST5)。つまり、上記説明し
たように不正コピー情報には、所定の特徴が見られるた
め、この特徴を検出することにより、不正コピー情報を
見分けることができる。不正コピー情報に見られる所定
の特徴の検出、及び所定の特徴の検出結果に基づく不正
コピー情報の見きわめの判定は、不正コピー検出部46
により行われるものとする。
[0400] Based on the decoded address information, the optical head 202 (Fig. 33) accesses the vicinity of the trap area on the information recording medium 10, and reproduces the information near the trap area (ST4). Information on the trap area detected from the information recording medium 10 (for example, the sector c shown in FIG. 8)
23 sector number 862) is reproduced, and based on the reproduction information, it is determined whether or not the information recording medium 10 has been illegally copied (ST5). That is, as described above, since the illegal copy information has a predetermined characteristic, the illegal copy information can be distinguished by detecting this characteristic. The detection of the predetermined feature found in the unauthorized copy information and the determination of the determination of the unauthorized copy information based on the detection result of the predetermined feature are performed by the unauthorized copy detection unit 46.
It shall be performed by.

【0401】例えば、第1又は第2のトラップエリアが
働いた場合(同一トラック上のデータが繰り返し再生さ
れた場合)、不正コピー情報には第1又は第2のトラッ
プエリアに記録された情報が複数含まれることになる。
つまり、不正コピー情報には第1又は第2のトラップエ
リアのアドレス情報が複数含まれることになる。第3の
トラップエリアが働いた場合(無理なトラックジャンプ
が働いた場合)、不正コピー情報には不連続なデータが
含まれることになる。この場合、無理なトラックジャン
プにより、アドレス情報の乱れが生じる。第4、第5、
又は第6のトラップエリアが働いた場合、不正コピー情
報にはアドレス情報の乱れが含まれることになる。これ
ら、特徴を検出することにより、不正コピー情報を見き
わめることができる。
For example, when the first or second trap area operates (when data on the same track is repeatedly reproduced), the information recorded in the first or second trap area is included in the illegal copy information. Multiple will be included.
That is, the illegal copy information includes a plurality of pieces of address information of the first or second trap area. When the third trap area operates (when an unreasonable track jump operates), the illegal copy information includes discontinuous data. In this case, the address information is disturbed due to an unreasonable track jump. Fourth, fifth,
Alternatively, when the sixth trap area operates, the illegal copy information includes disturbance of the address information. By detecting these features, illegal copy information can be identified.

【0402】以上説明したように、この発明によると、
情報記録媒体上にトラップエリアを形成するという非常
に容易な方法で、容易にディスクコピーができないよう
にすることができる。また、通常再生時には再生されな
い位置にトラップエリアを設けることにより、通常再生
時にはトラップエリアの影響を受けることなく、再生処
理を行うことができる。さらに、情報記録媒体上には、
トラップエリアの位置を示す暗号化されたアドレス情報
が記録されており、このアドレス情報を利用することに
より、不正コピーされた情報を検出することができる。
As described above, according to the present invention,
By a very easy method of forming a trap area on an information recording medium, it is possible to prevent a disc from being easily copied. In addition, by providing a trap area at a position where reproduction is not performed during normal reproduction, reproduction processing can be performed without being affected by the trap area during normal reproduction. Furthermore, on the information recording medium,
Encrypted address information indicating the position of the trap area is recorded, and by using this address information, illegally copied information can be detected.

【0403】情報記録媒体を再生するときには、トラッ
プエリアの影響以外でも、媒体上のゴミ又は傷等によ
り、集光ビームがトラックはずれを起こすことがある。
このような事態がディスクコピーの際に発生すると、コ
ピー先の情報記録媒体上には複数箇所に同一の物理セク
タ番号が記録される。この発明では、トラップエリアの
位置を示すアドレス情報が記録されているため、トラッ
プエリアの影響で複数箇所に同一の物理セクタ番号が記
録されたのか、又はトラップエリアの影響以外で複数箇
所に同一の物理セクタ番号が記録されたのかを識別する
ことができる。
When reproducing the information recording medium, the condensed beam may deviate from the track due to dust or scratches on the medium other than the influence of the trap area.
When such a situation occurs during disk copying, the same physical sector number is recorded at a plurality of locations on the information recording medium at the copy destination. In the present invention, since the address information indicating the position of the trap area is recorded, the same physical sector number is recorded at a plurality of locations due to the influence of the trap area, or the same physical sector number is recorded at a plurality of locations except for the influence of the trap area. It is possible to identify whether the physical sector number has been recorded.

【0404】[0404]

【発明の効果】この発明によれば下記のコピープロテク
ト機能付き情報記録媒体、不正コピー検出装置、及び不
正コピー検出方法を提供できる。
According to the present invention, the following information recording medium with a copy protection function, an unauthorized copy detection device, and an unauthorized copy detection method can be provided.

【0405】(1)ディスクコピーを困難にすることが
可能なコピープロテクト機能付き情報記録媒体。
(1) An information recording medium with a copy protection function that can make disk copying difficult.

【0406】(2)不正にディスクコピーされた不正コ
ピー情報の検出に貢献することが可能なコピープロテク
ト機能付き情報記録媒体。
(2) An information recording medium with a copy protection function capable of contributing to detection of illegal copy information illegally copied to a disk.

【0407】(3)不正にディスクコピーされた不正コ
ピー情報を検出することが可能な不正コピー検出装置。
(3) An illegal copy detection device capable of detecting illegal copy information illegally copied to a disk.

【0408】(4)不正にディスクコピーされた不正コ
ピー情報を検出することが可能な不正コピー検出方法。
(4) An illegal copy detection method capable of detecting illegal copy information illegally copied to a disk.

【図面の簡単な説明】[Brief description of the drawings]

【図1】第1及び第2のトラップエリアの概略を説明す
るための図である。
FIG. 1 is a diagram for explaining the outline of first and second trap areas.

【図2】第2及び第3のトラップエリアの概略を説明す
るための図である。
FIG. 2 is a diagram for explaining an outline of second and third trap areas.

【図3】第4のトラップエリアの概略を説明するための
図である。
FIG. 3 is a diagram for explaining an outline of a fourth trap area.

【図4】第5のトラップエリアの概略を説明するための
図である。
FIG. 4 is a diagram for explaining an outline of a fifth trap area.

【図5】第6のトラップエリアの概略を説明するための
図である。
FIG. 5 is a diagram for explaining an outline of a sixth trap area.

【図6】不正コピー検出装置の概略構成を示すブロック
図である。
FIG. 6 is a block diagram illustrating a schematic configuration of an unauthorized copy detection device.

【図7】不正コピー検出方法の手順を示すフローチャー
トである。
FIG. 7 is a flowchart illustrating a procedure of an unauthorized copy detection method.

【図8】第1のトラップエリアの拡大図である。FIG. 8 is an enlarged view of a first trap area.

【図9】DVD−ROMディスクのデータ構造を概略的
に示す図である。
FIG. 9 is a diagram schematically showing a data structure of a DVD-ROM disc.

【図10】DVD−ROMディスクのリードインエリア
のデータ構造を概略的に示す図である。
FIG. 10 is a diagram schematically showing a data structure of a lead-in area of a DVD-ROM disc.

【図11】DVD−ROMディスクのリードインエリア
の中の物理フォーマットインフォメーションの内容を説
明するための図である。
FIG. 11 is a diagram for explaining the contents of physical format information in a lead-in area of a DVD-ROM disc.

【図12】DVD−ROMディスクに記録されるECC
ブロックの概要を示す図である。
FIG. 12 ECC recorded on a DVD-ROM disc
It is a figure showing the outline of a block.

【図13】DVD−ROMに記録されるセクタのデータ
構造を示す図である。
FIG. 13 is a diagram showing a data structure of a sector recorded on a DVD-ROM.

【図14】DVD−ROMに記録されるセクタに含まれ
るIDのデータ構造を示す図である。
FIG. 14 is a diagram showing a data structure of an ID included in a sector recorded on a DVD-ROM.

【図15】DVD−RAMディスクにおけるゾーンの概
念を説明するための図である。
FIG. 15 is a diagram for explaining the concept of a zone in a DVD-RAM disk.

【図16】DVD−RAMディスクのデータ構造を概略
的に示す図である。
FIG. 16 is a diagram schematically showing a data structure of a DVD-RAM disc.

【図17】DVD−RAMディスクのリードインエリア
及びリードアウトエリアのデータ構造を概略的に示す図
である。
FIG. 17 is a diagram schematically showing a data structure of a lead-in area and a lead-out area of a DVD-RAM disk.

【図18】DVD−RAMディスクのデータエリアの詳
細を説明するための図である。
FIG. 18 is a diagram for explaining details of a data area of a DVD-RAM disc.

【図19】DVD−RAMに記録されるセクタのデータ
構造を示す図である。
FIG. 19 is a diagram showing a data structure of a sector recorded on a DVD-RAM.

【図20】DVD−RAMディスクに記録されるECC
ブロックの概要を示す図である。
FIG. 20 shows an ECC recorded on a DVD-RAM disk
It is a figure showing the outline of a block.

【図21】DVD−RAMディスクのデータエリア内で
のゾーンとグループとの関係を説明するための図であ
る。
FIG. 21 is a diagram for explaining the relationship between zones and groups in a data area of a DVD-RAM disk.

【図22】DVD−RAMディスクのデータエリア内で
の論理セクタの設定方法を説明するための図である。
FIG. 22 is a diagram for explaining a method of setting a logical sector in a data area of a DVD-RAM disk.

【図23】階層ファイルシステム構造と情報記憶媒体
(DVD−RAMディスク)に記録された情報内容との
間の基本的な関係を説明するための図である。
FIG. 23 is a diagram for explaining a basic relationship between a hierarchical file system structure and information content recorded on an information storage medium (DVD-RAM disc).

【図24】情報記憶媒体(DVD−RAMディスク)上
の連続セクタ集合体(エクステント)の記録位置を表示
するロングアロケーション記述子の記述内容を説明する
ための図である。
FIG. 24 is a diagram for describing the description contents of a long allocation descriptor indicating a recording position of a continuous sector aggregate (extent) on an information storage medium (DVD-RAM disk).

【図25】情報記憶媒体(DVD−RAMディスク)上
の連続セクタ集合体(エクステント)の記録位置を表示
するショートアロケーション記述子の記述内容を説明す
るための図である。
FIG. 25 is a diagram for describing the description contents of a short allocation descriptor indicating the recording position of a continuous sector aggregate (extent) on an information storage medium (DVD-RAM disk).

【図26】情報記憶媒体(DVD−RAMディスク)上
の未記録連続セクタ集合体(未記録エクステント)を検
索するものでスペースエントリとして使用される記述文
の内容を説明するための図である。
FIG. 26 is a diagram for explaining the content of a description sentence used as a space entry for searching for an unrecorded continuous sector aggregate (unrecorded extent) on an information storage medium (DVD-RAM disk).

【図27】階層構造を持ったファイル構造内で、指定さ
れたファイルの記録位置を表示するファイルエントリの
記述内容の一部を抜粋して説明するための図である。
FIG. 27 is a diagram for extracting and explaining a part of a description content of a file entry for displaying a recording position of a specified file in a file structure having a hierarchical structure.

【図28】階層構造を持ったファイル構造内で、ファイ
ル(ルートディレクトリ、サブディレクトリ、ファイル
データ等)の情報を記述するファイルID記述子の一部
を抜粋して説明するための図である。
FIG. 28 is a diagram for describing a part of a file ID descriptor that describes information of a file (root directory, subdirectory, file data, etc.) in a file structure having a hierarchical structure.

【図29】階層構造を持ったファイルシステムの構造の
一例を説明するための図である。
FIG. 29 is a diagram illustrating an example of the structure of a file system having a hierarchical structure.

【図30】ユニバーサルディスクフォーマット(UD
F)に従って情報記憶媒体(DVD−RAMディスク)
上にファイルシステムを構築した場合の一例を説明する
ための第1の部分図である。
FIG. 30 shows a universal disk format (UD
F) Information storage medium (DVD-RAM disk)
FIG. 4 is a first partial diagram for describing an example of a case where a file system is constructed above.

【図31】ユニバーサルディスクフォーマット(UD
F)に従って情報記憶媒体(DVD−RAMディスク)
上にファイルシステムを構築した場合の一例を説明する
ための第2の部分図である。
FIG. 31 shows a universal disc format (UD
F) Information storage medium (DVD-RAM disk)
FIG. 9 is a second partial diagram for describing an example of a case where a file system is constructed above.

【図32】ユニバーサルディスクフォーマット(UD
F)に従って情報記憶媒体(DVD−RAMディスク)
上にファイルシステムを構築した場合の一例を説明する
ための第3の部分図である。
FIG. 32: Universal disc format (UD
F) Information storage medium (DVD-RAM disk)
FIG. 14 is a third partial diagram for describing an example of a case where a file system is constructed above.

【図33】DVD−ROM/RAMドライブの情報記録
再生部の概略構成の一例を示すブロック図である。
FIG. 33 is a block diagram illustrating an example of a schematic configuration of an information recording / reproducing unit of a DVD-ROM / RAM drive.

【符号の説明】[Explanation of symbols]

T1…第1のトラップエリア T2…第2のトラップエリア T3…第3のトラップエリア T4…第4のトラップエリア T5…第5のトラップエリア T6…第6のトラップエリア 41…情報記録再生部 42…暗号解読部(復号部) 43…システム制御部 44…インターフェース部 45…暗号鍵記憶部 202…光ヘッド; 203…光ヘッド移動機構(送りモータ); 204…スピンドルモータ; 205…半導体レーザ駆動回路; 206…記録・再生・消去の制御波形発生回路; 207…変調回路; 208…ECCエンコーダ; 209…エラー訂正回路; 210…復調回路; 211…PLL回路; 212…2値化回路; 213…アンプ; 214…媒体(光ディスク)回転速度検出回路; 215…スピンドルモータ駆動回路; 216…送りモータ駆動回路; 217…フォーカス・トラッキングエラー検出回路; 218…対物レンズアクチュエータ駆動回路; 219…半導体メモリ; 220…制御部; 221…ターンテーブル(回転テーブル); 222…データI/Oインターフェイス; T1 first trap area T2 second trap area T3 third trap area T4 fourth trap area T5 fifth trap area T6 sixth trap area 41 information recording / reproducing section 42 Decryption unit (decryption unit) 43 System control unit 44 Interface unit 45 Encryption key storage unit 202 Optical head 203 Optical head moving mechanism (feed motor) 204 Spindle motor 205 Semiconductor laser drive circuit 206: a recording / reproducing / erasing control waveform generation circuit; 207: a modulation circuit; 208: an ECC encoder; 209: an error correction circuit; 210: a demodulation circuit; 211: a PLL circuit; 214 ... medium (optical disk) rotation speed detection circuit; 215 ... spindle motor drive circuit; 216 ... Feed motor drive circuit; 217 focus / tracking error detection circuit; 218 objective lens actuator drive circuit; 219 semiconductor memory; 220 control unit; 221 turntable (rotary table); 222 data I / O interface;

Claims (20)

    【特許請求の範囲】[Claims]
  1. 【請求項1】所定の情報の記録を担う情報記録媒体にお
    いて、 前記所定の情報の記録を担う情報記録エリアと、 この情報記録媒体に記録されている前記所定の情報を含
    む全情報をコピーしようとするコピー装置に混乱を生じ
    させるトラップエリアと、 を備えたことを特徴とするコピープロテクト機能付き情
    報記録媒体。
    1. An information recording medium for recording predetermined information, an information recording area for recording the predetermined information, and all information including the predetermined information recorded on the information recording medium. An information recording medium with a copy protection function, comprising: a trap area that causes confusion in a copying apparatus.
  2. 【請求項2】所定の情報の記録を担う記録媒体におい
    て、 前記所定の情報の再生時に再生されるエリアであって、
    前記所定の情報の記録を担う情報記録エリアと、 前記所定の情報の再生時には再生されないエリアであっ
    て、この情報記録媒体に記録されている前記所定の情報
    を含む全情報をコピーしようとする装置に混乱を生じさ
    せるトラップエリアと、 を備えたことを特徴とするコピープロテクト機能付き情
    報記録媒体。
    2. A recording medium for recording predetermined information, wherein the area is reproduced when the predetermined information is reproduced,
    An information recording area for recording the predetermined information, and an apparatus for copying all information including the predetermined information recorded on the information recording medium, the area being not reproduced when the predetermined information is reproduced. An information recording medium with a copy protection function, comprising: a trap area that causes confusion;
  3. 【請求項3】所定の情報の記録を担う情報記録媒体にお
    いて、 この情報記録媒体の再生に必要な情報の記録を担うリー
    ドインエリアと、 前記リードインエリア外に設けられたエリアでり、且つ
    前記所定の情報の再生時に再生されるエリアであって、
    前記所定の情報の記録を担う情報記録エリアと、 前記リードインエリア内に設けられたエリアであり、且
    つ前記所定の情報の再生時には再生されないエリアであ
    って、この情報記録媒体に記録されている前記所定の情
    報を含む全情報をコピーしようとする装置に混乱を生じ
    させるトラップエリアと、 を備えたことを特徴とするコピープロテクト機能付き情
    報記録媒体。
    3. An information recording medium for recording predetermined information, comprising: a lead-in area for recording information necessary for reproducing the information recording medium; and an area provided outside the lead-in area; An area that is reproduced when the predetermined information is reproduced,
    An information recording area for recording the predetermined information, an area provided in the lead-in area, and an area that is not reproduced when the predetermined information is reproduced, and is recorded on the information recording medium. An information recording medium with a copy protection function, comprising: a trap area that causes confusion in a device that copies all information including the predetermined information.
  4. 【請求項4】所定の情報の記録を担う情報記録媒体にお
    いて、 前記所定の情報の記録を担う情報記録エリアと、 前記情報記録エリア内に設けられたエリアであり、且つ
    前記所定の情報の再生時には再生されないエリアであっ
    て、この情報記録媒体に記録されている前記所定の情報
    を含む全情報をコピーしようとする装置に混乱を生じさ
    せるトラップエリアと、 を備えたことを特徴とするコピープロテクト機能付き情
    報記録媒体。
    4. An information recording medium for recording predetermined information, comprising: an information recording area for recording the predetermined information; and an area provided in the information recording area, for reproducing the predetermined information. A copy-protection area, which is sometimes an area that is not reproduced, and that causes confusion in a device that attempts to copy all information including the predetermined information recorded on the information recording medium. Information recording medium with functions.
  5. 【請求項5】前記情報記録エリアは、螺旋状のトラック
    を有し、 前記トラップエリアは、螺旋が崩れた状態のトラックを
    有する、 ことを特徴とする請求項1、請求項2、請求項3、又は
    請求項4に記載のコピープロテクト機能付き情報記録媒
    体。
    5. The information recording area has a spiral track, and the trap area has a spirally broken track. An information recording medium with a copy protection function according to claim 4.
  6. 【請求項6】前記情報記録エリアは、所定長にわたって
    連続する螺旋状のトラックを有し、 前記トラップエリアは、無限軌道を形成するトラックを
    有する、 ことを特徴とする請求項1、請求項2、請求項3、又は
    請求項4に記載のコピープロテクト機能付き情報記録媒
    体。
    6. The information recording area has a spiral track continuous over a predetermined length, and the trap area has a track forming an endless track. 5. The information recording medium with a copy protection function according to claim 3 or claim 4.
  7. 【請求項7】前記情報記録エリアは、所定長にわたって
    連続する螺旋状のトラックを有し、 前記トラップエリアは、同心円状のトラックを有する、 ことを特徴とする請求項1、請求項2、請求項3、請求
    項4、又は請求項6に記載のコピープロテクト機能付き
    情報記録媒体。
    7. The information recording area according to claim 1, wherein the information recording area has a spiral track continuous over a predetermined length, and the trap area has a concentric track. 7. The information recording medium with a copy protection function according to claim 3, 4, or 6.
  8. 【請求項8】前記情報記録エリアは、所定長にわたって
    連続する螺旋状のトラックを有し、 前記トラップエリアは、所定長にわたって連続しないト
    ラックを有する、 ことを特徴とする請求項1、請求項2、請求項3、請求
    項4、請求項6、又は請求項7に記載のコピープロテク
    ト機能付き情報記録媒体。
    8. The information recording area has a spiral track continuous over a predetermined length, and the trap area has a track not continuous over a predetermined length. 8. The information recording medium with a copy protection function according to claim 3, claim 4, claim 6, or claim 7.
  9. 【請求項9】前記情報記録エリア及び前記トラップエリ
    アのうちの前記情報記録エリアだけが、この情報記録媒
    体上の位置を示すアドレス情報が記録されたアドレスエ
    リアを有する、 ことを特徴とする請求項1、請求項2、請求項3、請求
    項4、請求項5、請求項6、請求項7、又は請求項8に
    記載のコピープロテクト機能付き情報記録媒体。
    9. The information recording area according to claim 1, wherein only the information recording area of the information recording area and the trap area has an address area in which address information indicating a position on the information recording medium is recorded. The information recording medium with a copy protection function according to claim 1, 2, 3, 4, 5, 5, 6, 7, or 8.
  10. 【請求項10】前記情報記録エリアは、この情報記録媒
    体上の位置を示す真のアドレス情報が記録された第1の
    アドレスエリアを有し、 前記トラップエリアは、この情報記録媒体上の位置と関
    係の無い偽のアドレス情報が記録された第2のアドレス
    エリアを有する、 ことを特徴とする請求項1、請求項2、請求項3、請求
    項4、請求項5、請求項6、請求項7、又は請求項8に
    記載のコピープロテクト機能付き情報記録媒体。
    10. The information recording area has a first address area in which true address information indicating a position on the information recording medium is recorded, and the trap area has a position on the information recording medium. A second address area in which irrelevant fake address information is recorded, wherein the second address area is recorded. An information recording medium with a copy protection function according to claim 7 or claim 8.
  11. 【請求項11】前記情報記録エリアは、この情報記録媒
    体上の位置を示す真のアドレス情報が記録された第1の
    アドレスエリアを有し、 前記トラップエリアは、この情報記録媒体上に実在する
    エリアの位置を示す真のアドレス情報と重複する重複ア
    ドレス情報が記録された第2のアドレスエリアを有す
    る、 ことを特徴とする請求項1、請求項2、請求項3、請求
    項4、請求項5、請求項6、請求項7、又は請求項8に
    記載のコピープロテクト機能付き情報記録媒体。
    11. The information recording area has a first address area in which true address information indicating a position on the information recording medium is recorded, and the trap area actually exists on the information recording medium. 4. The apparatus according to claim 1, further comprising a second address area in which duplicate address information overlapping with the true address information indicating the position of the area is recorded. The information recording medium with a copy protection function according to claim 5, claim 6, claim 7, or claim 8.
  12. 【請求項12】この情報記録媒体上における前記トラッ
    プエリアの位置を示す真のアドレス情報が記録されたア
    ドレス管理エリアを有する、 ことを特徴とする請求項1、請求項2、請求項3、請求
    項4、請求項5、請求項6、請求項7、請求項8、請求
    項9、請求項10、又は請求項11に記載のコピープロ
    テクト機能付き情報記録媒体。
    12. An apparatus according to claim 1, further comprising an address management area in which true address information indicating a position of said trap area on said information recording medium is recorded. An information recording medium with a copy protection function according to claim 4, claim 5, claim 6, claim 6, claim 7, claim 8, claim 9, claim 10, or claim 11.
  13. 【請求項13】情報記録媒体に記録されている情報を再
    生する再生手段と、 前記再生手段により再生された再生情報に基づき、前記
    情報記録媒体に記録されている情報が不正にコピーされ
    た不正コピー情報に該当するか否かを検出する不正コピ
    ー検出手段と、 を備えたことを特徴とする不正コピー検出装置。
    13. A reproducing means for reproducing information recorded on an information recording medium, and information recorded on the information recording medium is illegally copied based on the reproduced information reproduced by the reproducing means. An unauthorized copy detection device, comprising: unauthorized copy detection means for detecting whether the information corresponds to copy information.
  14. 【請求項14】前記不正コピー検出手段が、 前記再生情報に含まれるアドレス情報に基づき、前記情
    報記録媒体に記録されている情報が不正にコピーされた
    不正コピー情報に該当するか否かを検出する検出手段を
    有する、 ことを特徴とする請求項13に記載の不正コピー検出装
    置。
    14. The unauthorized copy detecting means detects whether or not information recorded on the information recording medium corresponds to illegally copied illegally copied information, based on address information included in the reproduction information. The unauthorized copy detection device according to claim 13, further comprising a detection unit that performs the detection.
  15. 【請求項15】前記不正コピー検出手段が、 前記再生情報に含まれるアドレス情報の乱れを検出する
    検出手段と、 前記検出手段により前記アドレス情報に乱れが検出され
    たとき、前記情報記録媒体に記録されている情報が不正
    にコピーされた不正コピー情報に該当すると判定する判
    定手段とを有する、 ことを特徴とする請求項13に記載の不正コピー検出装
    置。
    15. An unauthorized copy detecting means, comprising: detecting means for detecting disturbance of address information included in the reproduction information; and recording the information on the information recording medium when the detecting means detects disturbance in the address information. 14. The unauthorized copy detection device according to claim 13, further comprising: a determination unit configured to determine that the performed information corresponds to unauthorized copy information that has been illegally copied.
  16. 【請求項16】前記不正コピー検出手段が、 前記再生情報に含まれるアドレス情報の重複を検出する
    検出手段と、 前記検出手段により前記アドレス情報の重複が検出され
    たとき、前記情報記録媒体に記録されている情報が不正
    にコピーされた不正コピー情報に該当すると判定する判
    定手段とを有する、 ことを特徴とする請求項13に記載の不正コピー検出装
    置。
    16. An unauthorized copy detecting means for detecting duplication of address information included in the reproduction information, and recording on the information recording medium when the duplication of the address information is detected by the detecting means. 14. The unauthorized copy detection device according to claim 13, further comprising: a determination unit configured to determine that the performed information corresponds to unauthorized copy information that has been illegally copied.
  17. 【請求項17】情報記録媒体に記録されている情報を再
    生する第1のステップと、 前記第1のステップにより再生された再生情報に基づ
    き、前記情報記録媒体に記録されている情報が不正にコ
    ピーされた不正コピー情報に該当するか否かを検出する
    第2のステップと、 を備えたことを特徴とする不正コピー検出方法。
    17. A first step for reproducing information recorded on an information recording medium, and information recorded on the information recording medium is illegally based on the reproduced information reproduced in the first step. A second step of detecting whether the information corresponds to the copied illegal copy information.
  18. 【請求項18】前記第2のステップが、 前記再生情報に含まれるアドレス情報に基づき、前記情
    報記録媒体に記録されている情報が不正にコピーされた
    不正コピー情報に該当するか否かを検出する第3のステ
    ップを有する、 ことを特徴とする請求項17に記載の不正コピー検出方
    法。
    18. The method according to claim 18, wherein the second step detects whether or not the information recorded on the information recording medium corresponds to illegally copied information which has been illegally copied, based on the address information included in the reproduction information. The illegal copy detection method according to claim 17, further comprising a third step of:
  19. 【請求項19】前記第2のステップが、 前記再生情報に含まれるアドレス情報の乱れを検出する
    第3のステップと、 前記第3のステップにより前記アドレス情報に乱れが検
    出されたとき、前記情報記録媒体に記録されている情報
    が不正にコピーされた不正コピー情報に該当すると判定
    する第4のステップとを有する、 ことを特徴とする請求項17に記載の不正コピー検出方
    法。
    19. The method according to claim 19, wherein the second step is a step of detecting a disturbance of the address information included in the reproduction information, and the step of detecting the disturbance in the address information by the third step. The method according to claim 17, further comprising: a fourth step of determining that the information recorded on the recording medium corresponds to the illegally copied illegally copied information.
  20. 【請求項20】前記第2のステップが、 前記再生情報に含まれるアドレス情報の重複を検出する
    第3のステップと、 前記第3のステップにより前記アドレス情報の重複が検
    出されたとき、前記情報記録媒体に記録されている情報
    が不正にコピーされた不正コピー情報に該当すると判定
    する第4のステップとを有する、 ことを特徴とする請求項17に記載の不正コピー検出方
    法。
    20. The method according to claim 20, wherein the second step detects a duplication of the address information included in the reproduction information, and the duplication of the address information is detected when the duplication of the address information is detected in the third step. The method according to claim 17, further comprising: a fourth step of determining that the information recorded on the recording medium corresponds to the illegally copied illegally copied information.
JP10113414A 1998-04-23 1998-04-23 Information record medium with copy protecting function, unauthorized copy detecting device, and unauthorized copy detecting method Pending JPH11306648A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10113414A JPH11306648A (en) 1998-04-23 1998-04-23 Information record medium with copy protecting function, unauthorized copy detecting device, and unauthorized copy detecting method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10113414A JPH11306648A (en) 1998-04-23 1998-04-23 Information record medium with copy protecting function, unauthorized copy detecting device, and unauthorized copy detecting method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11306648A true JPH11306648A (en) 1999-11-05

Family

ID=14611664

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10113414A Pending JPH11306648A (en) 1998-04-23 1998-04-23 Information record medium with copy protecting function, unauthorized copy detecting device, and unauthorized copy detecting method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11306648A (en)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1047050A1 (en) * 1999-04-23 2000-10-25 Kabushiki Kaisha Optrom Method of preventing illegal use of optical disk, optical disk based on the same method, and method of producing the optical disk
JP2002259171A (en) * 2001-03-02 2002-09-13 Sony Corp Disk reproducing device, program and file reading method
US6694414B2 (en) 2000-07-04 2004-02-17 Tdk Corporation Magnetic disc device having copy protect function
WO2006052077A1 (en) * 2004-11-12 2006-05-18 Samsung Electronics Co., Ltd. Information storage medium, recording/ reproducing apparatus, and recording/ reproducing method
WO2006080736A1 (en) * 2004-10-22 2006-08-03 Samsung Electronics Co., Ltd. Information storage medium and recording/reproducing apparatus and method using the same
JP2007200399A (en) * 2006-01-24 2007-08-09 Funai Electric Co Ltd Disk unit and its control method
EP2135246A1 (en) * 2007-04-04 2009-12-23 Macrovision Corporation Improvements in or relating to the copy protection of optical discs
JP2010153034A (en) * 2010-03-29 2010-07-08 Toshiba Corp Optical recording medium, method for recording information, method for reproducing information, and information recording device
US7952972B2 (en) 2003-08-05 2011-05-31 Lg Electronics Inc. Write-once optical disc, and method and apparatus for recording/playback management information on/from optical disc
US8006308B2 (en) 2003-01-23 2011-08-23 Lg Electronics Inc. Recording medium with copy protection indicating information and apparatus and methods for forming, recording, reproducing and restricting reproduction of the recording medium
US8009832B2 (en) 2003-01-24 2011-08-30 Lg Electronics Inc. Method of managing copy protection information of a recording medium, recording medium with copy protection information for contents recorded thereon, and reproducing method for the recording medium
US8045430B2 (en) 2002-09-30 2011-10-25 Lg Electronics Inc. Write-once type optical disc, and method and apparatus for managing defective areas on write-once type optical disc using TDMA information

Cited By (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1047050A1 (en) * 1999-04-23 2000-10-25 Kabushiki Kaisha Optrom Method of preventing illegal use of optical disk, optical disk based on the same method, and method of producing the optical disk
US6694414B2 (en) 2000-07-04 2004-02-17 Tdk Corporation Magnetic disc device having copy protect function
JP2002259171A (en) * 2001-03-02 2002-09-13 Sony Corp Disk reproducing device, program and file reading method
US8045430B2 (en) 2002-09-30 2011-10-25 Lg Electronics Inc. Write-once type optical disc, and method and apparatus for managing defective areas on write-once type optical disc using TDMA information
US8006308B2 (en) 2003-01-23 2011-08-23 Lg Electronics Inc. Recording medium with copy protection indicating information and apparatus and methods for forming, recording, reproducing and restricting reproduction of the recording medium
US8009832B2 (en) 2003-01-24 2011-08-30 Lg Electronics Inc. Method of managing copy protection information of a recording medium, recording medium with copy protection information for contents recorded thereon, and reproducing method for the recording medium
US7952972B2 (en) 2003-08-05 2011-05-31 Lg Electronics Inc. Write-once optical disc, and method and apparatus for recording/playback management information on/from optical disc
US8325575B2 (en) 2004-10-22 2012-12-04 Samsung Electronics Co., Ltd. Information storage medium and recording/reproducing apparatus and method using the same
US8179759B2 (en) 2004-10-22 2012-05-15 Samsung Electronics Co., Ltd. Information storage medium and recording/reproducing apparatus and method using the same
WO2006080736A1 (en) * 2004-10-22 2006-08-03 Samsung Electronics Co., Ltd. Information storage medium and recording/reproducing apparatus and method using the same
WO2006052077A1 (en) * 2004-11-12 2006-05-18 Samsung Electronics Co., Ltd. Information storage medium, recording/ reproducing apparatus, and recording/ reproducing method
US8433860B2 (en) 2004-11-12 2013-04-30 Samsung Electronics Co., Ltd. Information storage medium, recording/reproducing apparatus, and recording/reproducing method
US8117407B2 (en) 2004-11-12 2012-02-14 Samsung Electronics Co., Ltd. Information storage medium, recording/reproducing apparatus, and recording/reproducing method
US7698515B2 (en) 2004-11-12 2010-04-13 Samsung Electronics Co., Ltd. Information storage medium, recording/reproducing apparatus, and recording/reproducing method
JP2007200399A (en) * 2006-01-24 2007-08-09 Funai Electric Co Ltd Disk unit and its control method
EP2135246A1 (en) * 2007-04-04 2009-12-23 Macrovision Corporation Improvements in or relating to the copy protection of optical discs
JP4955098B2 (en) * 2007-04-04 2012-06-20 ロヴィ・ソリューションズ・コーポレーション Improvements to optical disk copy protection or improvements related to optical disk copy protection
JP2010529579A (en) * 2007-04-04 2010-08-26 ロヴィ・ソリューションズ・コーポレーション Improvements to optical disk copy protection or improvements related to optical disk copy protection
EP2135246A4 (en) * 2007-04-04 2013-12-18 Rovi Solutions Corp Improvements in or relating to the copy protection of optical discs
JP2010153034A (en) * 2010-03-29 2010-07-08 Toshiba Corp Optical recording medium, method for recording information, method for reproducing information, and information recording device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4778082B2 (en) Apparatus and method for recording information
JP4026518B2 (en) Recording medium, recording apparatus, and recording method
EP1612790B1 (en) Recording medium, recording device, reproduction device, recording method, and reproduction method
JP3383580B2 (en) Information storage medium, information recording / reproducing apparatus and method
US7102988B2 (en) Optical recording medium having inaccessible restricted block(s), and systems incorporating same
CA2486319C (en) Recording medium, recording device, reproduction device, recording method, and reproduction method
KR100954473B1 (en) Recording and/or reproducing method and apparatus
JP4190892B2 (en) Apparatus and method for recording information
US6606285B1 (en) Method of immediate writing or reading files on a disc like recording medium
JP4130534B2 (en) Information recording medium, information recording apparatus, information recording method, information reproducing apparatus, and information reproducing method
JP2590071B2 (en) Information processing device
KR101034339B1 (en) Recording medium, recording device, reproduction device, recording method, and reproduction method
JP4144054B2 (en) Optical disc recording method
US6373800B1 (en) Information recording apparatus and method with replacement process
JP3662487B2 (en) Data management method using start position information by zone
CN1554092B (en) Recording method, and disc drive device
US7274634B2 (en) Information recording medium capable of defect management, information recording apparatus capable of defect management, and information playback apparatus for playing back information from defect-managed medium
CN1877730B (en) Recording apparatus and recording method
TWI275081B (en) High-density optical disc, and method for recording and reproducing encrypted data thereon
KR101201424B1 (en) Method of replacement process of recording apparatus, recording apparatus, and recording system
US20020136118A1 (en) Information recording medium having secret area, information recording apparatus capable of recording information in secret area, and information playback apparatus capable of playing back information from secret area
US6785220B2 (en) Optical recording medium having mark and space portions based on frequency band of RF signal
KR20060050480A (en) Recording medium, recording apparatus, reproduction apparatus, recording method and reproduction method
KR20050088475A (en) Write-once read-many information recording medium, information recording method, information reproduction method, information recording apparatus, and information reproduction apparatus
JP4324654B2 (en) Information recording apparatus and method, information reproducing apparatus and method, recording medium, program, and disk recording medium

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040216

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040216

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20061219

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20070410