JPH11232849A - Recording medium, recording device and reproducing device - Google Patents

Recording medium, recording device and reproducing device

Info

Publication number
JPH11232849A
JPH11232849A JP26474698A JP26474698A JPH11232849A JP H11232849 A JPH11232849 A JP H11232849A JP 26474698 A JP26474698 A JP 26474698A JP 26474698 A JP26474698 A JP 26474698A JP H11232849 A JPH11232849 A JP H11232849A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
data
information
character
recording
sector
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP26474698A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Kazuhiko Fujiie
Yasuaki Maeda
保旭 前田
和彦 藤家
Original Assignee
Sony Corp
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP28873197 priority Critical
Priority to JP9-288731 priority
Priority to JP34015997 priority
Priority to JP9-340159 priority
Application filed by Sony Corp, ソニー株式会社 filed Critical Sony Corp
Priority to JP26474698A priority patent/JPH11232849A/en
Publication of JPH11232849A publication Critical patent/JPH11232849A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a recording/reproducing system having a high function expansion capability and good operability. SOLUTION: A data file as sub-data on characters, images or the like is recorded together with main data as a program in a recording medium. The date file as the sub-data is recorded in a particular area (AUX data area) as a sub-data area. Also, this data is managed independent of the program based on sub-data management information. Further, by the management system of the sub-data management information, data in a certain data file is outputted by a timing matched with an output timing in a particular program.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は例えば音声データなどの主データと、文字情報や画像情報などの副データを記録できる記録媒体、及びそのような記録媒体に対応する記録装置、再生装置に関するものである。 The present invention relates to the main data such as audio data, a recording medium capable of recording sub-data such as character information and image information, and a recording apparatus corresponding to such a recording medium, it relates reproducing apparatus it is.

【0002】 [0002]

【従来の技術】音楽等を記録/再生することのできる記録装置/再生装置として、音声信号をデジタル信号で記録する光磁気ディスク、或は磁気テープ等を記録媒体とした記録装置/再生装置が知られている。 As a recording apparatus / reproducing apparatus capable of the Related Art music or the like to the recording / reproducing optical disk for recording audio signals in a digital signal, or a recording apparatus / reproducing apparatus where the magnetic tape and recording medium Are known. またミニディスクとして知られている、光磁気ディスクを用いた記録再生システムでは、ユーザーが楽曲等の音声をプログラムとして録音し、再生することができるだけでなく、そのディスクのタイトル(ディスクネーム)や記録されている楽曲などの各プログラムについて曲名(トラックネーム)などを文字情報として記録しておくことができ、 Also known as a mini disc, the recording and reproducing system using the magneto-optical disk, the user will record audio such as music as a program, not only can be reproduced, the disc title (disc name) and the recording it is for each program such as music and can be recorded and Song (track name) as character information,
例えば再生時においては再生装置に設けられた表示部において、ディスクタイトルや曲名、アーティスト名等を表示することができるようにされている。 For example, in the display unit provided in the playback apparatus at the time of reproduction, the disc title and Song, are to be able to display the artist name and the like. なお、本明細書では「プログラム」とは、ディスクに記録される主データとしての楽曲などの音声データ等の単位の意味で用い、例えば1曲分の音声データが1つのプログラムとなる。 In the term "program" herein used to mean a unit, such as audio data such as music as the main data to be recorded on the disc, for example, audio data of one tune is one program. また「プログラム」と同義で「トラック」という言葉も用いる。 Also used the word "track" in the same meaning as "program".

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】ところでこのミニディスクシステムの場合においてディスクネームやトラックネームとして記録される情報は、さほど大容量の情報ではなく、あくまでタイトル程度の文字が記録できるものである。 As the information recorded in the disc name and track names in the case of the way the mini disc system [0005] is not a less high capacity information, but which can only record characters about the title. 即ちプログラムの記録再生を管理する管理情報(U−TOC:USER TABLE OF CONTENTS)内において、 That management information for managing the recording and reproducing of a program: the (U-TOC USER TABLE OF CONTENTS) within
各プログラムに対応する文字情報が記録できるものとされており、その文字情報としての記録可能な容量はさほど大きくない。 Character information corresponding to each program are assumed to be recorded, recordable capacity as the character information is not so large. 例えばプログラムとして記録されている楽曲に対応して、その歌詞となる文字情報のように比較的大量の文字情報は記録できない。 For example in response to tunes that are recorded as a program, a relatively large amount of character information as the character information to be its lyrics can not be recorded.

【0004】またU−TOC内の文字情報はあくまでプログラムに対応づけられているのみであり、プログラムとしての例えば楽曲内の特定の再生位置などには対応づけられてはおらず、再生する楽曲等に演奏位置などに応じて文字情報の表示タイミングを設定することなどはできない。 [0004] is only that associated with the character information from hackers program in U-TOC, is in such a specific playback position, for example in the tune as a program associated Orazu, the music or the like to be reproduced can not, such as setting the display timing of the character information in accordance with the playing position. 例えば仮に、楽曲の歌詞に相当する比較的大量の文字情報が記録できたとしても、楽曲の演奏に合わせて歌詞を表示する(ボーカル音声に同期した歌詞の表示や、カラオケ演奏の歌唱のガイドとなるような歌詞の表示)ことはできない。 For example, if, as a relatively large amount of character information corresponding to the lyrics of the song could be recorded, to display the lyrics to match the performance of the song (lyrics display or in synchronization with the vocal sound, and the singing of the guide of the karaoke performance It made such a display of lyrics) that can not be.

【0005】但し、例えば歌詞のような比較的大量の文字情報を記録するとともに、楽曲の演奏タイミングに同期して歌詞を表示出力していくようなことは、U−TO [0005] However, for example, records the relatively large amount of character information such as lyrics, things like continue to display output lyrics in synchronization with the playback timing of the song, U-TO
Cではなくサブデータ領域といわれる領域を利用して文字情報を記録することで、可能とはなる。 By recording the text information using an area called a C rather than the sub-data area, the possible. 詳しくは図2 For more details, Figure 2
により後述するが、ミニディスクシステムの場合、クラスタというデータ単位が記録動作の基本単位となり、このクラスタにはプログラムとしてのオーディオデータが記録される32セクター分の領域と、1セクター分のサブデータとしての領域が用意されている。 As described later, the case of a mini disc system, a data unit called a cluster is a basic unit of recording operation, and 32 sectors partial region audio data as a program are recorded in this cluster, as one sector sub-data area of ​​are provided. 従って、各クラスタのサブデータ領域に、そのクラスタのオーディオデータに対応した歌詞等の文字情報を記録するようにすれば、データ量の大きい歌詞情報を記録できるとともに、楽曲の演奏に同期して表示出力することも可能となる。 Therefore, the sub data area of ​​each cluster, if to record character information lyrics like corresponding to the audio data of the cluster, it is possible to record a large lyric information amount of data, in synchronization with the playing of the music display output it is possible to.

【0006】しかしながらこのようにサブデータを利用することは、次のような不都合がある。 [0006] However, taking advantage of the sub-data in this way, there is a disadvantage such as the following. 記録動作は1クラスタを最小単位として行われるため、サブデータのみを記録することはできない。 Since the recording operation is performed with one cluster as a minimum unit, it is not possible to record only the sub-data. 従って、仮に既に記録されているプログラムとしての楽曲について、後から歌詞となる文字情報を記録しようとした場合は、その楽曲のデータを、オーディオデータを含めてすべて再度記録しなければならない。 Therefore, if the already music of a program being recorded, if an attempt is made to record character information as a lyrics later, the data of the music must be recorded again all including audio data. 文字情報を変更するような場合も同様である。 If that change the text information is the same. このため文字情報の追加書込や変更、もしくは表示タイミングの調整などは、不可能ではないが、非常に煩わしくまた時間のかかる作業が必要となってしまう。 Therefore additional writing or modification of character information or the like adjusts the display timing, but not impossible, would become very troublesome also require a time-consuming task. また文字情報はあくまでもプログラムに完全に付随するものとして管理されるものとなってしまうため、文字情報をフレキシブルに扱うことができず、システムの発展性が望めない。 Further, since the character information becomes shall be managed as being fully associated with the last program, it is impossible to deal with text information in a flexible, is not expected evolution of the system.

【0007】 [0007]

【課題を解決するための手段】本発明はこのような問題点にかんがみて、主データとなるプログラムとともに、 The present invention SUMMARY OF] In view of such problems, together with the program as a main data,
文字、画像その他の副データとなるデータファイルを記録できるようにし、しかもそれは、例えば歌詞などの情報としてプログラムの再生に同期して、例えば楽曲内の位置などの細かいタイミングに同期して出力できるようにしたり、またプログラムとは独立して管理することで、より多様な出力形態が可能となるようにする。 Character, to be able to record the image data file to be other sub data, yet it may, for example synchronized as information such as lyrics for the reproduction of the program, for example to allow output in synchronization with a fine timing such as the position in the tune in or, also by independently managing the program, so that more various output form becomes possible. さらに副データとしてのデータファイルのみの記録、編集、 Further record of the data file only as a by-data, editing,
再生等も可能となるようにする。 To so that it can be also playback, and the like. これらのことによりより利用価値の高い記録再生システムを構築することを目的とする。 And an object thereof is to build a higher utility value recording and reproducing system by these.

【0008】このため記録媒体としては、音声、動画映像等の時間的連続性のある主データを1又は複数のプログラムとして記録するプログラム領域と、プログラム領域に記録される主データとしての1又は複数のプログラムについての記録又は再生又は編集動作を管理する主データ管理情報を記録する主データ管理領域と、主データとしての各プログラムからは独立したデータとしての副データを1又は複数のデータファイルとして記録する副データ領域と、副データ領域に記録される副データとしての1又は複数のデータファイルの記録又は再生又は編集動作の管理を行う副データ管理情報を記録する副データ管理領域とが形成されるようにする。 [0008] As the order recording medium, audio, one or more of the program area for recording the main data with temporal continuity such as moving image as one or more programs, as the main data recorded in the program area recording or reproducing or managing the editing operation and the main data management area for recording main data management information, recorded as one or more data files sub data as independent data from each program as main data for the program and the sub data area, and the sub data management area for recording sub data management information to be 1 or recording or reproducing or editing operation management of a plurality of data files as sub data recorded in the sub data region is formed to so as to. そして、副データ管理領域に記録される副データ管理情報は、全部又は一部のデータファイルの再生が、あるプログラムの再生進行時間に応じたタイミングで行われるような動作管理が可能な形態とされるようにする。 Then, the sub data management information recorded in the sub data management area, the reproduction of all or part of the data file, is an operation management is possible forms as performed at a timing corresponding to the reproduction progress time of a program to so that.

【0009】また、上記データファイルとして、文字情報と、その文字情報に関して所要の表示制御を行うための表示制御情報を記録した文字表示データファイルが形成され、副データ管理情報によって、文字表示データファイル内の文字情報が、特定のプログラムの再生動作時に表示制御情報で規定される表示形態により表示出力可能なように管理されている形態をとることとする。 Further, as the data file, and character information, character display data file containing the display control information for performing a required display control with respect to the character information is formed by the sub data management information, the character display data file character information of the inner is to take the form that is managed so as to be displayed output by the display form prescribed by the display control information during reproduction of a particular program. ここで、上記表示制御情報としては、文字表示データファイル内における1文字分以上の文字情報より成る文字列情報の表示出力タイミングを制御するための表示タイミング情報と、この文字列情報の表示位置を指定する表示位置情報と、文字列情報を形成する各文字情報をワイプさせるためのタイミングを制御するためのワイプ制御情報のうちの一部、あるいは全てが設定されていることとする。 Here, as the display control information, and the display timing information for controlling the display output timing of the character string information consisting of one or more character of character information in the character display data file, the display position of the character string information and display position information which specifies, and a portion of the wipe control information for controlling the timing for causing the wiped each character information to form the character string information, or all are set.

【0010】また、このような記録媒体に対する記録装置としては、記録媒体に対して情報の記録を行う記録ヘッド手段と、記録制御手段を設ける。 Further, as the recording apparatus for such a recording medium, a recording head unit for recording information on a recording medium, provided with the recording control means. この記録制御手段は、記録ヘッド手段に、記録媒体の副データ領域に副データとしてのデータファイルの記録を実行させることができるとともに、記録されたデータファイルが、あるプログラムの再生進行時間に応じたタイミングで再生させるようにする副データ管理情報を生成し、記録ヘッド手段に、副データ管理領域の副データ管理情報の更新を実行させることができるようにする。 The recording control means, the recording head unit, recording it is possible to cause the execution of the data file as auxiliary data in the auxiliary data area of ​​the recording medium, the recorded data file, in accordance with the reproduction advancing time of a program It generates sub data management information to allow play in the timing, the recording head unit, so that it is possible to perform the update of the sub data management information of the sub-data management area.

【0011】そして、上記記録制御手段としては、データファイルとして、文字情報と、その文字情報に関して所要の表示制御を行うための表示制御情報を記録した文字表示データファイルを前記副データ領域に記録させるとともに、文字表示データファイル内の文字情報が、特定のプログラムの再生動作時に表示制御情報で規定される表示形態により表示出力されるように管理を行う副データ管理情報を生成し、副データ管理領域の副データ管理情報の更新を実行させることができるようにする。 [0011] Then, as the recording control means, as a data file, and character information, to record the character display data file containing the display control information for performing a required display control with respect to the character information in the sub data area together with the character information of the character display data file generates a secondary data management information for managing as display output by the display form prescribed by the display control information during reproduction of a particular program, the sub-data management area to be able to execute the update of the sub data management information. そして、記録制御手段が記録すべき表示制御情報としては、文字表示データファイル内における1文字分以上の文字情報より成る文字列情報の表示出力タイミングを制御するための表示タイミング情報と、この文字列情報の表示位置を指定する表示位置情報と、文字列情報を形成する各文字情報をワイプさせるためのタイミングを制御するためのワイプ制御情報のうちの一部、あるいは全てであることとした。 Then, as the display control information recording control means to be recorded, and display timing information for controlling the display output timing of the character string information consisting of one or more character of character information in the character display data file, the string and display position information which specifies the display position of the information, it was decided part of the wipe control information for controlling the timing for causing the wiped each character information to form the character string information, or is all.

【0012】更に、再生装置としては、記録媒体からプログラム、主データ管理情報、データファイル、副データ管理情報のそれぞれの読出を行うことのできる再生ヘッド手段と、再生ヘッド手段で読み出されたプログラムのデコード処理を行って再生情報として出力することのできるプログラム再生手段と、再生ヘッド手段で読み出されたデータファイルのデコード処理を行って再生情報として出力することのできるデータファイル再生手段と、再生制御手段とを備えるようにする。 Furthermore, as a reproducing apparatus, a program from the recording medium, the main data management information, data files, and reproducing head means capable of performing each of the read sub data management information, the program read out by the reproducing head means program reproduction means for performing decoding processing can be outputted as reproduction information, and a data file reproducing means capable of outputting a reproduction information by performing a decoding process of the data file read by the reproducing head unit, reproduction so that a control means. この再生制御手段は、再生ヘッド手段によって読み出された主データ管理情報及び副データ管理情報に基づいて、再生ヘッド手段、プログラム再生手段、データファイル再生手段の動作制御を行うとともに、プログラム再生手段から出力されているプログラムの再生進行時間に応じたタイミングで、特定のデータファイルの再生出力がデータファイル再生手段によって実行されるように制御を行うことができるようにする。 The reproduction control means, based on the main data management information and the sub data management information read by the reproducing head unit, the reproducing head unit, the program reproduction means, performs operation control of the data file reproducing means from the program reproduction means at a timing corresponding to the reproduction progress time of a program being output, reproduction output of a particular data file to be able to be controlled so as to be executed by the data file reproduction means.

【0013】そして、上記再生制御手段は、プログラム再生手段によって特定のプログラムの再生動作を実行させている際に、副データ管理情報でそのプログラムに対応づけられて管理されている特定のデータファイル内の文字情報が、そのデータファイル内の表示制御情報で規定される表示形態により表示出力されるように制御可能に構成することとした。 [0013] Then, the reproduction control means, when being allowed to perform a reproducing operation of a specific program by the program reproduction means, the sub-data management information on a particular data file that is managed in correspondence to the program character information is, it was decided to controllably configured to be displayed and output by the display form prescribed by the display control information of the data file. この際、再生制御手段は表示制御情報に基づく表示制御として、表示タイミング情報に基づくデータファイル内における1文字分以上の文字情報より成る文字列情報の表示出力タイミングの制御と、 At this time, as the display control reproduction control means based on the display control information, the control of the display output timing of the character string information consisting of one character or more text information in the data file based on the display timing information,
文字列情報ごとに表示位置を指定する表示位置情報に基づいて所要の位置にその文字列情報が表示されるようにするための制御と、ワイプ制御情報に基づいて、文字列情報を形成する各文字情報をワイプ表示させるためのタイミングの制御とを実行可能に構成することとした。 A control for the character string information to the required position to be displayed based on the display position information which specifies the display position for each character string information, on the basis of the wipe control information, each form a character string information character information was to be executable to configure and control of the timing for causing the wiped displayed.

【0014】即ち本発明では、プログラムとは独立した領域において副データとしてのデータファイルの記録再生を可能とする。 [0014] That is, in the present invention allows the recording and playback of data files as sub data in separate areas from the program. この副データとしてのデータファイルは副データ管理情報によってプログラムとは独立して管理される。 The data files as auxiliary data from the program by the sub data management information is managed independently. さらに副データ管理情報は全部又は一部のデータファイルの再生が、あるプログラムの再生進行時間に応じたタイミングで行われるような動作管理を行うことで、主データと副データの連携的な再生動作を可能とする。 Further sub data management information all or reproduction of a portion of the data file, by performing the operation management as performed by the timing corresponding to the reproduction progress time of a program, the main data and sub data for linkage regeneration operation the possibility to be.

【0015】そして、副データとしてのデータファイルについて、文字情報と所要の表示制御情報とにより形成されるように規定することで、主データの再生進行時間に同期したタイミングで文字表示を行うことが可能になるだけでなく、更に、主データの再生進行時間に同期させるようにして、表示文字に対して表示制御情報の内容に従った表示形態の変化を与えることが可能となる。 [0015] Then, the data files as auxiliary data, by defining as being formed by the character information and the required display control information, is possible to perform text display at a timing synchronized with the progress of playback time of the main data possible not only further be synchronized with playback progress time of the main data, it is possible that changes in the display mode in accordance with the contents of the display control information to the display character. 例えば、上記表示制御情報として、文字列情報の表示出力タイミングを制御するための表示タイミング情報と、文字列情報の表示位置を指定する表示位置情報と、文字列情報を形成する各文字情報をワイプさせるためのタイミングを制御するワイプ制御情報等を規定することで、主データの再生進行時間に応じて、或る文字列について表示位置を指定しながら表示出力タイミングを制御したり、更には、表示された文字に対してその文字色や文字属性等を変更していくいわゆるワイプといわれる表示制御を実行することが可能となるものである。 For example, as the display control information, and the display timing information for controlling the display output timing of the character string information, and display position information which specifies the display position of the character string information, each character information to form the character string information wipes by defining the wipe control information for controlling the timing for causing, in response to the reproduction progress time of the main data, and controls the display output timing while specifying the display position for a certain string, and further, displays in which it becomes possible to perform display control so-called wipe to continue to change the character color and character attribute or the like to the character.

【0016】 [0016]

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態について説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter will be described an embodiment of the present invention. この実施の形態としての例は光磁気ディスク(ミニディスク)を記録媒体の例とし、またミニディスク記録再生装置を記録装置及び再生装置の例とする。 Examples of the this embodiment a magneto-optical disc (mini disc) as an example of the recording medium, also the mini disc recording and reproducing apparatus as an example of a recording apparatus and reproducing apparatus.
説明は次の順序で行なう。 Description will be made in the following order. 1. 1. 記録再生装置の構成 2. The configuration of the recording and reproducing apparatus 2. セクターフォーマット及びアドレス形式 3. Sector format and address format 3. エリア構造 4. Area structure 4. U−TOC 4−1 U−TOCセクター0 4−2 U−TOCセクター1 4−3 U−TOCセクター2 4−4 U−TOCセクター4 5. U-TOC 4-1 U-TOC sector 0 4-2 U-TOC Sector 1 4-3 U-TOC Sector 2 4-4 U-TOC sector 4 5. AUX−TOC 5−1 AUX−TOCセクター0 5−2 AUX−TOCセクター1 5−3 AUX−TOCセクター2 5−4 AUX−TOCセクター3 5−5 AUX−TOCセクター4 5−6 AUX−TOCセクター5 5−7 AUX−TOCセクター6 5−8 AUX−TOCセクター7 5−9 AUX−TOCセクター8 5−10 AUX−TOCセクター9 6. AUX-TOC 5-1 AUX-TOC sector 0 5-2 AUX-TOC Sector 1 5-3 AUX-TOC Sector 2 5-4 AUX-TOC Sector 3 5-5 AUX-TOC Sector 4 5-6 AUX-TOC Sector 5 5-7 AUX-TOC sector 6 5-8 AUX-TOC sector 7 5-9 AUX-TOC sector 8 5-10 AUX-TOC sector 9 6. データファイル 6−1 ピクチャーファイルセクター 6−2 テキストファイルセクター 6−3 カラオケテキストファイルセクター 6−4 カラオケアドレスセクター 7. Data file 6-1 picture file sector 6-2 text file sector 6-3 karaoke text file sector 6-4 karaoke address sector 7. プログラムに同期したデータファイル再生 8. Data file playback 8 in synchronization with the program. AUXデータの記録 9. Of AUX data recording 9. 変形例 9−1 変形例A 9−2 変形例B 9−3 変形例C 9−4 変形例D Modification 9-1 Modification A 9-2 modification B 9-3 modification C 9-4 modification D

【0017】1. [0017] 1. 記録再生装置の構成 図1は本例のミニディスク記録再生装置1の内部構成を示す。 Diagram 1 of the recording and reproducing apparatus showing the internal configuration of the minidisc recording and playback apparatus 1 of the present embodiment. 音声データが記録される光磁気ディスク(ミニディスク)90は、スピンドルモータ2により回転駆動される。 Magneto-optical disk (Mini-disc) 90 which audio data is recorded is rotated by a spindle motor 2. そして光磁気ディスク90に対しては記録/再生時に光学ヘッド3によってレーザ光が照射される。 The laser light is irradiated by an optical head 3 during the recording / reproducing with respect to the magneto-optical disc 90.

【0018】光学ヘッド3は、記録時には記録トラックをキュリー温度まで加熱するための高レベルのレーザ出力を行ない、また再生時には磁気カー効果により反射光からデータを検出するための比較的低レベルのレーザ出力を行なう。 [0018] The optical head 3 performs a high-level laser output to heat recording tracks up to Curie temperature upon recording, and a relatively low level laser for detecting data from reflected light by the magnetic Kerr effect perform the output. このため、光学ヘッド3にはレーザ出力手段としてのレーザダイオード、偏光ビームスプリッタや対物レンズ等からなる光学系、及び反射光を検出するためのディテクタ等が搭載されている。 Therefore, the laser diode as laser output means, an optical system comprising a polarizing beam splitter, an objective lens, etc., and the like detector for detecting reflected light are mounted on the optical head 3. 対物レンズ3aは2軸機構4によってディスク半径方向及びディスクに接離する方向に変位可能に保持されている。 Objective lens 3a is displaceably held in the direction of contact and separation in the radial direction of the disc and the disc by a biaxial mechanism 4.

【0019】また、ディスク90を挟んで光学ヘッド3 Further, the optical head 3 across the disc 90
と対向する位置に磁気ヘッド6aが配置されている。 The magnetic head 6a is disposed in a position facing the. 磁気ヘッド6aは供給されたデータによって変調された磁界を光磁気ディスク90に印加する動作を行なう。 The magnetic head 6a performs an operation for applying a magnetic field modulated by supplied data to the magneto-optical disc 90. 光学ヘッド3全体及び磁気ヘッド6aは、スレッド機構5によりディスク半径方向に移動可能とされている。 The optical head 3 as a whole and the magnetic head 6a are movable in the radial direction of the disc by a thread mechanism 5.

【0020】再生動作によって、光学ヘッド3によりディスク90から検出された情報はRFアンプ7に供給される。 [0020] by the reproducing operation, information detected from the disc 90 by the optical head 3 is supplied to an RF amplifier 7. RFアンプ7は供給された情報の演算処理により、再生RF信号、トラッキングエラー信号TE、フォーカスエラー信号FE、グルーブ情報(光磁気ディスク90にプリグルーブ(ウォブリンググルーブ)として記録されている絶対位置情報)GFM等を抽出する。 The operation processing of information RF amplifier 7 is supplied reproduction RF signal, a tracking error signal TE, a focusing error signal FE, (absolute position information on the magneto-optical disc 90 is recorded as pre-grooves (wobbling grooves)) groove information to extract the GFM and the like. 抽出された再生RF信号はエンコーダ/デコーダ部8に供給される。 The extracted reproduction RF signal is supplied to an encoder / decoder unit 8. また、トラッキングエラー信号TE、フォーカスエラー信号FEはサーボ回路9に供給され、グルーブ情報GFMはアドレスデコーダ10に供給される。 The tracking error signal TE, a focusing error signal FE are supplied to a servo circuit 9, and the groove information GFM is supplied to an address decoder 10.

【0021】サーボ回路9は供給されたトラッキングエラー信号TE、フォーカスエラー信号FEや、マイクロコンピュータにより構成されるシステムコントローラ1 [0021] The servo circuit 9 supplied tracking error signal TE, and a focus error signal FE, the system controller constituted by a microcomputer 1
1からのトラックジャンプ指令、アクセス指令、スピンドルモータ2の回転速度検出情報等により各種サーボ駆動信号を発生させ、2軸機構4及びスレッド機構5を制御してフォーカス及びトラッキング制御を行ない、またスピンドルモータ2を一定線速度(CLV)に制御する。 A track jump instruction from 1, the access command, to generate various servo drive signals by the rotational speed detection information of the spindle motor 2, performs focusing and tracking control and controls the biaxial mechanism 4 and sled mechanism 5, also the spindle motor 2 is controlled to a constant linear velocity (CLV).

【0022】アドレスデコーダ10は供給されたグルーブ情報GFMをデコードしてアドレス情報を抽出する。 The address decoder 10 extracts address information by decoding the groove information GFM supplied.
このアドレス情報はシステムコントローラ11に供給され、各種の制御動作に用いられる。 This address information is supplied to the system controller 11, and used for various control operations. また再生RF信号についてはエンコーダ/デコーダ部8においてEFM復調、CIRC等のデコード処理が行なわれるが、このときアドレス、サブコードデータなども抽出され、システムコントローラ11に供給される。 The EFM demodulating a reproduction RF signal in the encoder / decoder unit 8, the decoding of the CIRC or the like is performed, this time address, also be extracted, such as subcode data, is supplied to the system controller 11.

【0023】エンコーダ/デコーダ部8でEFM復調、 The EFM demodulation in the encoder / decoder unit 8,
CIRC等のデコード処理された音声データ(セクターデータ)は、メモリコントローラ12によって一旦バッファメモリ13に書き込まれる。 Decoding audio data CIRC like (sector data) are temporarily written into the buffer memory 13 by the memory controller 12. なお、光学ヘッド3によるディスク90からのデータの読み取り及び光学ヘッド3からバッファメモリ13までの系における再生データの転送は1.41Mbit/secで、しかも通常は間欠的に行なわれる。 The transfer of the reproduced data in a system from the reading and the optical head 3 of the data from the disc 90 by the optical head 3 to the buffer memory 13 at 1.41 Mbit / sec, yet typically performed intermittently.

【0024】バッファメモリ13に書き込まれたデータは、再生データの転送が0.3Mbit/sec となるタイミングで読み出され、エンコーダ/デコーダ部14に供給される。 [0024] written in the buffer memory 13 the data is read out at a timing at which transfer of the reproduction data is 0.3 Mbit / sec, it is supplied to the encoder / decoder unit 14. そして、音声圧縮処理に対するデコード処理等の再生信号処理を施され、44.1KHZ サンプリング、1 Then, subjected to reproduction signal processing of the decoding processing and the like for the audio compression processing, 44.1 KHz sampling, 1
6ビット量子化のデジタルオーディオ信号とされる。 It is a digital audio signal of 6-bit quantization. このデジタルオーディオ信号はD/A変換器15によってアナログ信号とされ、出力処理部16でレベル調整、インピーダンス調整等が行われてライン出力端子17からアナログオーディオ信号Aoutとして外部機器に対して出力される。 The digital audio signal is an analog signal by a D / A converter 15, is outputted to the external apparatus as an analog audio signal Aout level adjusted by the output processing section 16, and the impedance adjustment is carried out from the line output terminal 17 . またヘッドホン出力HPoutとしてヘッドホン出力端子27に供給され、接続されるヘッドホンに出力される。 Also supplied to the headphone output terminal 27 as a headphone output HPOUT, it is outputted to a headphone connected.

【0025】また、エンコーダ/デコーダ部14でデコードされた状態のデジタルオーディオ信号は、デジタルインターフェース部22に供給されることで、デジタル出力端子21からデジタルオーディオ信号Doutとして外部機器に出力することもできる。 Further, the digital audio signal in a state of being decoded by the encoder / decoder unit 14 by being supplied to the digital interface portion 22 can also be output from the digital output terminal 21 to an external device as a digital audio signal Dout . 例えば光ケーブルによる伝送形態で外部機器に出力される。 For example, output to the external device by the transmission form according to the optical cable.

【0026】光磁気ディスク90に対して記録動作が実行される際には、ライン入力端子18に供給された記録信号(アナログオーディオ信号Ain)は、A/D変換器19によってデジタルデータとされた後、エンコーダ/デコーダ部14に供給され、音声圧縮エンコード処理を施される。 [0026] When the recording operation on the magneto-optical disc 90 is performed, the recording signal supplied to the line input terminal 18 (analog audio signal Ain) was the digital data by the A / D converter 19 after being supplied to the encoder / decoder unit 14 is subjected to audio compression encoding process. または外部機器からデジタル入力端子20 Or digital input terminal 20 from an external device
にデジタルオーディオ信号Dinが供給された場合は、 If digital audio signal Din is supplied to,
デジタルインターフェース部22で制御コード等の抽出が行われるとともに、そのオーディオデータがエンコーダ/デコーダ部14に供給され、音声圧縮エンコード処理を施される。 With extraction is carried out such as the control code by the digital interface section 22, the audio data is supplied to the encoder / decoder unit 14 is subjected to audio compression encoding process. なお図示していないがマイクロホン入力端子を設け、マイクロホン入力を記録信号として用いることも当然可能である。 Although not shown provided a microphone input terminal, it is of course possible to use a microphone input as a recording signal.

【0027】エンコーダ/デコーダ部14によって圧縮された記録データはメモリコントローラ12によって一旦バッファメモリ13に書き込まれて蓄積されていった後、所定量のデータ単位毎に読み出されてエンコーダ/ The recording data compressed by the encoder / decoder unit 14 after were being temporarily stored is written in the buffer memory 13 by the memory controller 12, is read for each data unit of a predetermined amount encoder /
デコーダ部8に送られる。 It is sent to the decoder unit 8. そしてエンコーダ/デコーダ部8でCIRCエンコード、EFM変調等のエンコード処理された後、磁気ヘッド駆動回路6に供給される。 The CIRC encoded by the encoder / decoder unit 8, after being encoded by the EFM modulation or the like, is supplied to a magnetic head drive circuit 6.

【0028】磁気ヘッド駆動回路6はエンコード処理された記録データに応じて、磁気ヘッド6aに磁気ヘッド駆動信号を供給する。 The magnetic head drive circuit 6 in response to the encoded recording data, and supplies a magnetic head driving signal to the magnetic head 6a. つまり、光磁気ディスク90に対して磁気ヘッド6aによるN又はSの磁界印加を実行させる。 In other words, to perform the magnetic field application of N or S by magnetic head 6a with respect to the magneto-optical disc 90. また、このときシステムコントローラ11は光学ヘッドに対して、記録レベルのレーザ光を出力するように制御信号を供給する。 At this time, the system controller 11 supplies the optical head, a control signal so as to output a laser beam of recording level.

【0029】操作部23はユーザー操作に供される部位を示し、各種操作キーやダイヤルとしての操作子が設けられる。 The operation section 23 represents a site to be subjected to a user operation, operators as various operation keys and the dial is provided. 操作子としては例えば、再生、録音、一時停止、停止、FF(早送り)、REW(早戻し)、AMS The operating element, for example, play, record, pause, stop, FF (fast forward), (rewind) REW, AMS
(頭出しサーチ)などの記録再生動作にかかる操作子や、通常再生、プログラム再生、シャッフル再生などのプレイモードにかかる操作子、さらには表示部24における表示状態を切り換える表示モード操作のための操作子、トラック(プログラム)分割、トラック連結、トラック消去、トラックネーム入力、ディスクネーム入力などのプログラム編集操作のための操作子、さらには本例における後述するAUXデータの記録、再生、動作モードなどの操作に必要な操作子が設けられている。 And the operator applied to the recording and reproducing operations, such as (cue search), the normal playback, program playback, the operator in accordance with the play modes such as shuffle playback, and further operation for a display mode operation for switching the display state of the display unit 24 child, track (program) division, track connection, track erasure, track name input, operator for program editing operations such as disc name input, and further recording of AUX data described below in this example, playback, such as the operating mode operator required for the operation is provided. これらの操作キーやダイヤルによる操作情報はシステムコントローラ11に供給され、システムコントローラ11は操作情報に応じた動作制御を実行することになる。 Operation by these operation keys and dials information is supplied to the system controller 11, the system controller 11 will execute the operation control in accordance with the operation information.

【0030】表示部24の表示動作はシステムコントローラ11によって制御される。 The display operation of the display unit 24 is controlled by the system controller 11. 即ちシステムコントローラ11は表示動作を実行させる際に表示すべきデータを表示部24内の表示ドライバに送信する。 That system controller 11 sends to the display driver in the display unit 24 the data to be displayed when executing the display operation. 表示ドライバは供給されたデータに基づいて液晶パネルなどによるディスプレイの表示動作を駆動し、所要の数字、文字、記号などの表示を実行させる。 The display driver drives a display of a display operation by a liquid crystal panel based on the supplied data, the required numerals, characters, to execute the display of such symbols. 表示部24においては、記録/再生しているディスクの動作モード状態、トラックナンバ、記録時間/再生時間、編集動作状態等が示される。 In the display unit 24, operation mode state of the disc is being recorded / reproduced, the track number, recording time / playback time, editing operation conditions and the like are shown. またディスク90には主データたるプログラムに付随して管理される文字情報(トラックネーム等)が記録できるが、その文字情報の入力の際の入力文字の表示や、ディスクから読み出した文字情報の表示などが実行される。 Although the disk 90 can be recorded character information managed in association with the main data serving as program (track name, etc.), display and input character when the input of the character information, the display of character information read from the disk such as is executed. さらに本例の場合、ディスク90には、プログラムとしての楽曲等のデータとは独立したデータファイルとなる副データ(AUXデータ)が記録されることができる。 Further, in the case of the present embodiment, the disk 90, the data of the music or the like as a program can be sub data to be separate data file (AUX data) are recorded. AUXデータとしてのデータファイルは、文字、静止画などの情報となるが、これらの文字や静止画を表示部24で出力できるようにしてもよい。 Data file as AUX data, a character, but the information such as a still image, may be able to output these characters and the still image on the display unit 24.

【0031】但し、AUXデータとしての文字情報や静止画情報を出力するには、比較的大画面となり、かつ画面上を或る程度自由に使用できるフルドットディスプレイやCRTディスプレイが好適な場合も多く、このため、AUXデータの表示出力はインターフェース部25 [0031] However, the output of character information and still picture information as AUX data becomes a relatively large screen, and the screen above a certain degree freely full dot display or CRT display many cases preferable to use the , Therefore, the display output of AUX data interface unit 25
を介して外部のモニタ装置などにおいて実行するようにすることが考えられる。 It is considered to be executed in an external monitor device through the. またAUXデータファイルはユーザーがディスク90に記録させることもできるが、その場合の入力としてイメージスキャナ、パーソナルコンピュータ、キーボード等を用いることが必要になる場合があり、そのような装置からAUXデータファイルとしての情報をインターフェース部25を介して入力することが考えられる。 The AUX data file is the user can also be recorded on the disk 90, an image scanner as an input in this case, a personal computer, may it be necessary to use a keyboard or the like, as AUX data file from such a device it is conceivable to enter information via the interface unit 25.

【0032】システムコントローラ11は、CPU、プログラムROM、ワークRAM、インターフェース部等を備えたマイクロコンピュータとされ、上述してきた各種動作の制御を行う。 The system controller 11, CPU, program ROM, an a work RAM, is a microcomputer including an interface unit and the like, and controls the various operations have been described above.

【0033】ところで、ディスク90に対して記録/再生動作を行なう際には、ディスク90に記録されている管理情報、即ちP−TOC(プリマスタードTOC)、 By the way, when recording / reproducing operation for the disc 90, management information recorded on the disc 90, i.e., P-TOC (pre-mastered TOC),
U−TOC(ユーザーTOC)を読み出す必要がある。 It is necessary to read the U-TOC (user TOC).
システムコントローラ11はこれらの管理情報に応じてディスク90上の記録すべきエリアのアドレスや、再生すべきエリアのアドレスを判別することとなる。 The system controller 11 and an address of an area to be recorded on the disc 90 in accordance with the management information, and thus to determine the address of the area to be reproduced. この管理情報はバッファメモリ13に保持される。 The management information is stored in the buffer memory 13. そして、システムコントローラ11はこれらの管理情報を、ディスク90が装填された際に管理情報の記録されたディスクの最内周側の再生動作を実行させることによって読み出し、バッファメモリ13に記憶しておき、以後そのディスク90に対するプログラムの記録/再生/編集動作の際に参照できるようにしている。 Then, the system controller 11 the management information, read by executing the innermost side of the reproducing operation of the recorded disc management information when the disc 90 is loaded, is stored in the buffer memory 13 , and to reference the time of recording / reproducing / editing operations of a program for the disc 90 thereafter.

【0034】また、U−TOCはプログラムデータの記録や各種編集処理に応じて書き換えられるものであるが、システムコントローラ11は記録/編集動作のたびに、U−TOC更新処理をバッファメモリ13に記憶されたU−TOC情報に対して行ない、その書換動作に応じて所定のタイミングでディスク90のU−TOCエリアについても書き換えるようにしている。 Further, although U-TOC are those rewritten according to recording or various editing processes of the program data, the system controller 11 stores the time of the recording / editing operation, the U-TOC updating processing in the buffer memory 13 performed with respect to U-TOC information, and rewrites also U-TOC area of ​​the disk 90 at a predetermined timing in response to the rewriting operation.

【0035】またディスク90にはプログラムとは別にAUXデータファイルが記録されるが、そのAUXデータファイルの管理のためにディスク90上にはAUX− [0035] Although the disk 90 AUX data file separately are recorded with the program, on the disk 90 for the management of the AUX data file AUX-
TOCが形成される。 TOC is formed. システムコントローラ11はU− The system controller 11 is U-
TOCの読出の際にAUX−TOCの読出も行い、バッファメモリ13に格納して必要時にAUXデータ管理状態を参照できるようにしている。 Also performs reading of AUX-TOC upon reading TOC, is it possible to refer to the AUX data management state when necessary and stored in the buffer memory 13. またシステムコントローラ11は必要に応じて所定タイミングで(もしくはA The system controller 11 at a predetermined timing as needed (or A
UX−TOCの読出の際に同時に)AUXデータファイルを読み込み、バッファメモリ13に格納する。 Simultaneously with the reading of UX-TOC) reads AUX data files are stored in the buffer memory 13. そしてAUX−TOCで管理される出力タイミングに応じて表示部24や、インターフェース部25を介した外部機器における文字や画像の出力動作を実行させる。 Then, a display unit 24 in accordance with output timing managed by the AUX-TOC, to execute the output operation of the text and images in the external device through the interface unit 25.

【0036】2. [0036] 2. セクターフォーマット及びアドレス形式 図2で、セクター、クラスタというデータ単位について説明する。 In the sector format and address format Figure 2, sector, the data unit called cluster it will be explained. ミニディスクシステムでの記録トラックとしては図2のようにクラスタCLが連続して形成されており、1クラスタが記録時の最小単位とされる。 As the recording track in the mini disc system, clusters CL are formed successively as seen in FIG. 2, one cluster makes a minimum unit upon recording. 1クラスタは2〜3周回トラック分に相当する。 One cluster corresponds to 2 to 3 lap track.

【0037】そして1つのクラスタCLは、セクターS [0037] and one of the cluster CL is, sector S
FC〜SFFとされる4セクターのリンキング領域と、セクターS00〜S1Fとして示す32セクターのメインデータ領域から形成されている。 And 4 sector linking area that are FC~SFF, is formed from a main data area of ​​32 sectors indicated as sectors S00~S1F. 1セクタは2352バイトで形成されるデータ単位である。 One sector is a unit of data including 2,352 bytes. 4セクターのサブデータ領域のうち、セクターSFFはサブデータセクタとされ、 4 of sector sub-data area, the sector SFF is a sub data sector,
サブデータとしての情報記録に使用できるが、セクターSFC〜SFEの3セクターはデータ記録には用いられない。 Can be used for recording of information as sub data, 3 sectors sector SFC~SFE are not used for data recording. 一方、TOCデータ、オーディオデータ、AUXデータ等の記録は32セクター分のメインデータ領域に行なわれる。 Meanwhile, TOC data, audio data, recording such AUX data is performed in the 32 sectors worth the main data area. なお、アドレスは1セクター毎に記録される。 An address is recorded every 1 sector.

【0038】また、セクターはさらにサウンドグループという単位に細分化され、2セクターが11サウンドグループに分けられている。 [0038] In addition, the sector is further subdivided into units called sound groups, two sectors are divided into 11 sound groups. つまり図示するように、セクターS00などの偶数セクターと、セクターS01などの奇数セクターの連続する2つのセクターに、サウンドグループSG00〜SG0Aが含まれる状態となっている。 That is, as shown, and the even sector such as sector S00, the two sectors of consecutive odd sector such as the sector S01, in a state that contains the sound groups SG00~SG0A. 1つのサウンドグループは424バイトで形成されており、 One sound group is formed of 424 bytes,
11.61msec の時間に相当する音声データ量となる。 Amount of audio data corresponding to the time of 11.61 msec. 1つのサウンドグループSG内にはデータがLチャンネルとRチャンネルに分けられて記録される。 The in one sound group SG, data are recorded divided into L and R channels. 例えばサウンドグループSG00はLチャンネルデータL0とRチャンネルデータR0で構成され、またサウンドグループSG01 For example the sound group SG00 is composed of L channel data L0 and R channel data R0, also sound group SG01
はLチャンネルデータL1とRチャンネルデータR1で構成される。 It is composed of L channel data L1 and R channel data R1. なお、Lチャンネル又はRチャンネルのデータ領域となる212バイトをサウンドフレームとよんでいる。 Incidentally, reading a 212-byte as the L-channel or R-channel data area and sound frame.

【0039】次に図3にミニディスクシステムでのアドレス形式を説明する。 [0039] Then the address format in the mini disc system will be described in FIG. 各セクターは、クラスタアドレスとセクターアドレスによってアドレスが表現される。 Each sector address is represented by a cluster address and a sector address. そして図3上段に示すようにクラスタアドレスは16ビット(=2バイト)、セクターアドレスは8ビット(=1 And Figure 3 is a cluster address as shown in the upper 16 bits (= 2 bytes), a sector address 8 bits (= 1
バイト)の数値となる。 The numerical value of bytes). この3バイト分のアドレスが、 Address of the 3 bytes is,
各セクターの先頭位置に記録される。 It is recorded at the head position of each sector.

【0040】さらに4ビットのサウンドグループアドレスを追加することで、セクター内のサウンドグループの番地も表現することができる。 [0040] By further adding 4 sound group address of the bit, it is also possible to express the address of a sound group in the sector. 例えばU−TOCなどの管理上において、サウンドグループアドレスまで表記することで、サウンドグループ単位での再生位置設定なども可能となる。 For example, in the management of U-TOC, by notation to sound group address, it is possible such as reproduction position setting in sound group units.

【0041】ところでU−TOCやAUX−TOCなどにおいては、クラスタアドレス、セクターアドレス、サウンドグループアドレスを3バイトで表現するために、 [0041] By the way in, such as U-TOC and the AUX-TOC, the cluster address, a sector address, in order to express the sound group address in three bytes,
図3下段に示すような短縮型のアドレスが用いられる。 Truncated addresses as shown in FIG. 3 the lower part is used.
まずセクターは1クラスタに36セクターであるため6 First of all because the sector is 36 sectors in one cluster 6
ビットで表現できる。 It can be expressed in bits. 従ってセクターアドレスの上位2 Therefore, the higher of the sector address 2
ビットは省略できる。 Bit can be omitted. 同様にクラスタもディスク最外周まで14ビットで表現できるためクラスタアドレスの上位2ビットは省略できる。 Upper two bits of the cluster address for the cluster may represent 14 bits up to the disc outermost periphery in the same manner it can be omitted. このようにセクターアドレス、クラスタアドレスの上位各2ビットづつを省略することで、サウンドグループまで指定できるアドレスを3 In this way the sector address, by omitting the higher each two bits of the cluster address, the address can be specified up to a sound group 3
バイトで表現できる。 It can be expressed in bytes.

【0042】また、後述するU−TOC、AUX−TO [0042] In addition, described later U-TOC, AUX-TO
Cでは、再生位置、再生タイミング等を管理するアドレスは、上記の短縮型のアドレスで表記するが、そのアドレスとしては、絶対アドレス形態で示す例以外に、オフセットアドレスで示す例も考えられる。 In C, the reproduction position, the address managing reproduction timing or the like, but is denoted by the truncated address as its address, in addition to examples shown in the absolute address form, examples are also contemplated indicated by the offset address. オフセットアドレスとは、例えば楽曲等の各プログラムの先頭位置をアドレス0の位置としてそのプログラム内の位置を示す相対的なアドレスである。 And offset address is, for example, a relative address indicating a location in the program the head position of each program as the position of the address 0 of the song or the like. このオフセットアドレスの例を図4で説明する。 Illustrating an example of the offset address in FIG.

【0043】楽曲等のプログラムが記録されるのは、図5を用いて後述するが、ディスク上の第50クラスタ(16進表現でクラスタ32h:以下、本明細書において「h」を付した数字は16進表記での数値とする)からとなる。 [0043] The music like programs are recorded will be described later with reference to FIG. 5, the cluster at the 50 clusters (hexadecimal representation on disk 32h: below numbers denoted by "h" in the specification a from the figures in hexadecimal notation). 例えば第1プログラムの先頭位置のアドレス(クラスタ32h、セクター00h、サウンドグループ0h)のアドレス値は図4(a)上段に示すのように、 For example the address of the head position of the first program (cluster 32h, sector 00h, sound group 0h) address value of as shown in FIG. 4 (a) top,
「000000000011001000000000 "000000000011001000000000
0000」(つまり0032h、00h、0h)となる。 0000 "(ie 0032h, 00h, 0h) to become. これを短縮形で示すと、図4(a)下段のように、 When indicating this in shorthand, as shown in FIG. 4 (a) lower,
「00000000110010000000000 "00000000110010000000000
0」(つまり00h、C8h、00h)となる。 0 "(ie 00h, C8h, 00h) to become.

【0044】この先頭アドレスを起点として、第1プログラム内のある位置として、例えばクラスタ0032 [0044] As a starting point the head address, as a certain position within the first program, for example cluster 0032
h、セクター04h、サウンドグループ0hのアドレスは、図4(b)のように短縮形の絶対アドレスでは「0 h, sector 04h, the address of the sound group 0h, "0 is the absolute address of the short form as shown in Figure 4 (b)
0h、C8h、40h」となり、一方オフセットアドレスは、先頭アドレスを起点とした差分でクラスタ000 0h, C8h, 40h "and, on the other hand offset address, cluster 000 the first address by a difference that was the starting point
0h、セクター04h、サウンドグループ0hを表現すればよいため、「00h、00h、40h」となる。 0h, sector 04h, because it is sufficient to represent the sound group 0h, it is "00h, 00h, 40h".

【0045】また図4(a)の先頭アドレスを起点として、第1プログラム内のある位置として、例えばクラスタ0032h、セクター13h、サウンドグループ9h Further starting the top address of FIG. 4 (a), as a certain position within the first program, for example cluster 0032h, sector 13h, sound group 9h
のアドレスは、図4(c)のように短縮形の絶対アドレスでは「00h、C9h、39h」となり、一方オフセットアドレスは「00h、01h、39h」となる。 The address of the abbreviation for absolute address as shown in FIG. 4 (c) "00h, C9h, 39h". On the other hand the offset address is "00h, 01h, 39h". 例えばこれらの例のように、絶対アドレス又はオフセットアドレスにより、プログラム内の位置などを指定できる。 For example, as shown in these examples, the absolute address or an offset address can be designated and the position in the program.

【0046】3. [0046] 3. エリア構造 本例のディスク90のエリア構造を図5で説明する。 The area structure of the disc 90 of the area structure present embodiment will be described in FIG. 図5(a)はディスク最内周側から最外周側までのエリアを示している。 Figure 5 (a) shows an area from the disc innermost circumference side to the outermost side. 光磁気ディスクとしてのディスク90 Disk as a magneto-optical disk 90
は、最内周側はエンボスピットにより再生専用のデータが形成されるピット領域とされており、ここにP−TO Is innermost is a pit area in which read only data are formed by emboss pits, here P-TO
Cが記録されている。 C is recorded. ピット領域より外周は、光磁気領域とされ、記録トラックの案内溝としてのグルーブが形成された記録再生可能領域となっている。 Periphery than the pit area is a magneto-optical area, and has a recording area in which grooves are formed as guide grooves for recording tracks. この光磁気領域の最内周側のクラスタ0〜クラスタ49までの区間が管理エリアとされ、実際の楽曲等のプログラムが記録されるのは、クラスタ50〜クラスタ2251までのプログラムエリアとなる。 The magneto-optical region innermost clusters 0 section up clusters 49 is a management area, the actual music such programs are recorded, a program area of ​​up to cluster 50 cluster 2251. プログラムエリアより外周はリードアウトエリアとされている。 The outer periphery is a lead-out area from the program area.

【0047】管理エリア内を詳しく示したものが図5 [0047] shows the details of the management area in FIG. 5
(b)である。 A (b). 図5(b)は横方向にセクター、縦方向にクラスタを示している。 FIG. 5 (b) shows a cluster laterally sector, in the longitudinal direction. 管理エリアにおいてクラスタ0,1はピット領域との緩衝エリアとされている。 Cluster 0,1 is a buffer area between the pit area in the management area. クラスタ2はパワーキャリブレーションエリアPCAとされ、レーザー光の出力パワー調整等のために用いられる。 Cluster 2 is a power calibration area PCA, used for such output power adjustment of a laser beam. クラスタ3,4,5はU−TOCが記録される。 Clusters 3, 4 and 5 are U-TOC is recorded. U
−TOCの内容は後述するが、1つのクラスタ内の各セクターにおいてデータフォーマットが規定され、それぞれ所定の管理情報が記録されるが、このようなU−TO The contents of -TOC will be described later, it is data formats defined in each sector in one cluster, although each predetermined management information is recorded, such U-TO
Cデータとなるセクターを有するクラスタが、クラスタ3,4,5に3回繰り返し記録される。 Cluster having a sector as a C data is repeatedly recorded three times in clusters 3, 4 and 5.

【0048】クラスタ6,7,8はAUX−TOCが記録される。 [0048] cluster 6, 7 and 8 AUX-TOC is recorded. AUX−TOCの内容についても後述するが、1つのクラスタ内の各セクターにおいてデータフォーマットが規定され、それぞれ所定の管理情報が記録される。 Is also described below for the contents AUX-TOC, defined data format in each sector in one cluster, each predetermined management information is recorded. このようなAUX−TOCデータとなるセクターを有するクラスタが、クラスタ6,7,8に3回繰り返して記録される。 Cluster having a sector to be such AUX-TOC data are repetitively recorded three times in clusters 6, 7 and 8.

【0049】クラスタ9からクラスタ46までの領域は、AUXデータが記録される領域となる。 The region from the cluster 9 to the cluster 46 is an area where AUX data is recorded. AUXデータとしてのデータファイルはセクター単位で形成され、 Data file as AUX data is formed in sectors,
後述する静止画ファイルとしてのピクチャーファイルセクタ、文字情報ファイルとしてのテキストファイルセクター、プログラムに同期した文字情報ファイルとしてのカラオケテキストファイルセクター等が形成される。 Picture File Sector as a still picture file to be described later, a text file sectors as a character information file, karaoke text file sectors such as character information file synchronized with a program is formed. そしてこのAUXデータとしてのデータファイルや、AU And or data file as the AUX data, AU
Xデータエリア内でAUXデータファイルを記録可能な領域などは、AUX−TOCによって管理されることになる。 Such areas capable of recording the AUX data file in X data area, will be managed by the AUX-TOC.

【0050】なおAUXデータエリアでのデータファイルの記録容量は、エラー訂正方式モード2として考えた場合に2.8Mバイトとなる。 [0050] It should be noted that the recording capacity of the data files in the AUX data area is a 2.8M bytes when considered as an error correction system mode 2. また、例えばプログラムエリアの後半部分やプログラムエリアより外周側の領域(例えばリードアウト部分)に、第2のAUXデータエリアを形成して、データファイルの記録容量を拡大することも考えられる。 Further, for example, on the outer peripheral side region from the second half portion and a program area of ​​the program area (for example, lead-out portion), to form a second AUX data area, it is conceivable to increase the recording capacity of the data file.

【0051】クラスタ47,48,49は、プログラムエリアとの緩衝エリアとされる。 [0051] cluster 47, 48 and 49 is a buffer area of ​​the program area. クラスタ50(=32 Cluster 50 (= 32
h)以降のプログラムエリアには、1又は複数の楽曲等の音声データがATRACと呼ばれる圧縮形式で記録される。 To h) subsequent program area is audio data, such as one or a plurality of songs are recorded in a compressed format called ATRAC. 記録される各プログラムや記録可能な領域は、U Each program or recordable area to be recorded, U
−TOCによって管理される。 It is managed by -TOC. なお、プログラム領域における各クラスタにおいて、セクターFFhは、前述したようにサブデータとしての何らかの情報の記録に用いることができる。 In each cluster in the program area, the sector FFh can be used for recording of some information as sub data as described above.

【0052】なお、ミニディスクシステムではプログラム等が再生専用のデータとしてピット形態で記録されている再生専用ディスクも用いられるが、この再生専用ディスクでは、ディスク上はすべてピットエリアとなる。 [0052] Although the program like a mini disc system is also used that is recorded in a read-only disc in the pit form as reproduction-only data, in this read-only disc, all on the disk becomes the pit area.
そして記録されているプログラムの管理はP−TOCによって後述するU−TOCとほぼ同様の形態で管理され、U−TOCは形成されない。 The management of programs recorded is managed in much the same form as the U-TOC to be described later by P-TOC, U-TOC is not formed. 但し、AUXデータとして再生専用のデータファイルを記録する場合は、それを管理するためのAUX−TOCが記録されることになる。 However, when recording a reproduction-only data file as AUX data will be the AUX-TOC for managing it is recorded.

【0053】4. [0053] 4. U−TOC 4−1 U−TOCセクター0 前述したように、ディスク90に対してプログラム(トラック)の記録/再生動作を行なうためには、システムコントローラ11は、予めディスク90に記録されている管理情報としてのP−TOC、U−TOCを読み出しておき、必要時にこれを参照することになる。 U-TOC 4-1 U-TOC sector 0 as described above, management for recording / reproducing operation of the program (track) to the disk 90, the system controller 11, which is recorded in advance in the disk 90 P-TOC as information in advance by reading the U-TOC, will refer to this when necessary. ここで、 here,
ディスク90においてトラック(楽曲等)の記録/再生動作などの管理を行なう管理情報として、U−TOCセクターについて説明する。 As the management information for performing management of the recording / reproducing operations of tracks (music, etc.) in the disk 90 will be described U-TOC sector.

【0054】なおP−TOCは図5で説明したようにディスク90の最内周側のピットエリアに形成されるもので、読出専用の情報である。 It should be noted P-TOC is intended to be formed on the innermost peripheral side pit area of ​​the disk 90 as described with reference to FIG. 5, a read-only information. そして、P−TOCによってディスクの記録可能エリア(レコーダブルユーザーエリア)や、リードアウトエリア、U−TOCエリアなどの位置の管理等が行なわれる。 The disk recordable area (recordable user area) and the P-TOC, lead-out area, management of positions, such as U-TOC area is performed. なお、全てのデータがピット形態で記録されている再生専用の光ディスクでは、 In the reproduction only optical disc where all data are recorded in form of pits,
P−TOCによってROM化されて記録されている楽曲の管理も行なうことができるようにされ、U−TOCは形成されない。 Management of music are recorded are ROM by P-TOC also can be performed, U-TOC is not formed. P−TOCについては詳細な説明を省略し、ここでは記録可能な光磁気ディスクに設けられるU Are not described in detail here P-TOC, provided on a recordable magneto-optical disk where U
−TOCについて説明する。 It will be described -TOC.

【0055】図6はU−TOCセクター0のフォーマットを示すものである。 [0055] FIG. 6 shows a format of U-TOC sector 0. なお、U−TOCセクターとしてはセクター0〜セクター32まで設けることができ、その中で、セクター1,セクター4は文字情報、セクター2は録音日時を記録するエリアとされている。 As the U-TOC sector can be provided to the sector 0 sector 32, in which, sector 1, sector 4 is character information, sector 2 is the area for recording the recording date. まず最初に、ディスク90の記録/再生動作に必ず必要となるU First, U to be absolutely necessary to the recording / reproducing operation of the disc 90
−TOCセクター0について説明する。 It will be described -TOC sector 0.

【0056】U−TOCセクター0は、主にユーザーが録音を行なった楽曲等のプログラムや新たにプログラムが録音可能なフリーエリアについての管理情報が記録されているデータ領域とされる。 [0056] U-TOC sector 0 is a main data area by the user program and new programs such as the music you record is recorded is management information about the available for recording free area. 例えばディスク90に或る楽曲の録音を行なおうとする際には、システムコントローラ11は、U−TOCセクター0からディスク上のフリーエリアを探し出し、ここに音声データを記録していくことになる。 For example, when wishing to make a record of a certain song on the disc 90, the system controller 11, the U-TOC sector 0 finds a free area on the disc, thus to continue to record the audio data here. また、再生時には再生すべき楽曲が記録されているエリアをU−TOCセクター0から判別し、そのエリアにアクセスして再生動作を行なう。 Further, at the time of reproducing the area where the music to be reproduced is recorded to determine from the U-TOC sector 0, it performs a reproducing operation by accessing that area.

【0057】U−TOCセクター0のデータ領域(4バイト×588 の2352バイト)は、先頭位置にオール0 [0057] (2352 bytes of 4 bytes × 588) U-TOC sector 0 of the data area, all to the top position 0
又はオール1の1バイトデータが並んで形成される同期パターンが記録される。 Or synchronization pattern one byte data of all ones is formed side by side is recorded. 続いてクラスタアドレス(Clust Followed by cluster address (Clust
er H) (Cluster L) 及びセクターアドレス(Sector)となるアドレスが3バイトにわたって記録され、さらにモード情報(MODE)が1バイト付加され、以上でヘッダとされる。 er H) (Cluster L) and sector address (Sector) become address is recorded over 3 bytes, further mode information (MODE) is 1 byte adder, is a header at least. ここでの3バイトのアドレスは、そのセクター自体のアドレスである。 3 bytes of address here is the address of the sector itself.

【0058】同期パターンやアドレスが記録されるヘッダ部分については、このU−TOCセクター0に限らず、P−TOCセクター、AUX−TOCセクター、A [0058] The header portion synchronization pattern and address are recorded is not limited to this U-TOC sector 0, P-TOC sector, AUX-TOC sectors, A
UXファイルセクター、プログラムセクターでも同様であり、後述する図8以降の各セクターについてはヘッダ部分の説明を省略するが、セクター単位にそのセクター自体のアドレス及び同期パターンが記録されている。 UX file sectors are the same in program sectors, for each sector and subsequent figures 8 to be described later omitted the header portion, the address and synchronization pattern of the sector itself sector unit is recorded. なおセクター自体のアドレスとして、クラスタアドレスは、上位アドレス(Cluster H) と下位アドレス(Cluster It should be noted that as the address of the sector itself, cluster address, upper address (Cluster H) and low-order address (Cluster
L) の2バイトで記され、セクターアドレス(Sector)は1バイトで記される。 Marked a 2-byte L), the sector address (Sector) is marked by 1 byte. つまりこのアドレスは短縮形式ではない。 In other words, in this address is not a short form.

【0059】続いて所定バイト位置に、メーカーコード、モデルコード、最初のトラックのトラックナンバ(F [0059] followed by a predetermined number of bytes position, maker code, model code, the track number of the first track (F
irst TNO)、最後のトラックのトラックナンバ(Last T irst TNO), track number of the last track (Last T
NO)、セクター使用状況(Used sectors)、ディスクシリアルナンバ、ディスクID等のデータが記録される。 NO), sector use status (Used sectors), a disc serial number, a disc ID is recorded.

【0060】さらに、ユーザーが録音を行なって記録されているトラック(楽曲等)の領域やフリーエリア等を後述するテーブル部に対応させることによって識別するため、ポインタ部として各種のポインタ(P-DFA,P-EMPT [0060] Further, in order to identify by the user to correspond to the table section to be described later area and free area for the track recorded by performing recording (such as music), various pointer as the pointer section (P-DFA , P-EMPT
Y ,P-FRA ,P-TNO1〜P-TNO255) が記録される領域が用意されている。 Y, P-FRA, region P-TNO1~P-TNO255) are recorded are prepared.

【0061】そしてポインタ(P-DFA〜P-TNO255) に対応させることになるテーブル部として(01h) 〜(FFh) までの255個のパーツテーブルが設けられ、それぞれのパーツテーブルには、或るパーツについて起点となるスタートアドレス、終端となるエンドアドレス、そのパーツのモード情報(トラックモード)が記録されている。 [0061] The pointer as the table section that would correspond to (P-DFA~P-TNO255) (01h) ~ (FFh) 255 pieces of parts tables up is provided, each part table, one start address as a starting point for the parts, the end to become the end address, mode information of the part (track mode) are recorded. さらに各パーツテーブルで示されるパーツが他のパーツへ続いて連結される場合があるため、その連結されるパーツのスタートアドレス及びエンドアドレスが記録されているパーツテーブルを示すリンク情報が記録できるようにされている。 Because there are more cases where parts shown in each parts table are linked to another part, it can be recorded link information indicating a part table in which the start address and the end address of the part to be the coupling is recorded It is. なおパーツとは1つのトラック内で時間的に連続したデータが物理的に連続して記録されているトラック部分のことをいう。 Note The part refers to a track portion where time-continuous data in one track is recorded in physically continuous. そしてスタートアドレス、 And start address,
エンドアドレスとして示されるアドレスは、1つの楽曲(トラック)を構成する1又は複数の各パーツを示すアドレスとなる。 Address indicated as the end address becomes the address indicating one or more of the parts constituting one piece of music (track). これらのアドレスは短縮形で記録され、 These addresses are recorded in short form,
クラスタ、セクター、サウンドグループを指定する。 Cluster, sector, to specify a sound group.

【0062】この種の記録再生装置では、1つの楽曲(プログラム/トラック)のデータを物理的に不連続に、即ち複数のパーツにわたって記録されていてもパーツ間でアクセスしながら再生していくことにより再生動作に支障はないため、ユーザーが録音する楽曲等については、録音可能エリアの効率使用等の目的から、複数パーツにわけて記録する場合もある。 [0062] In this type of recording and reproducing apparatus, discontinuously data for one piece of music (program / track) physically, i.e. it be recorded over a plurality of parts continue to play while accessing between parts since there is no trouble in the reproducing operation by, for music or the like by the user to record, there purpose of efficiency such as using recordable area, when recording be divided into multiple parts.

【0063】そのため、リンク情報が設けられ、例えば各パーツテーブルに与えられたナンバ(01h) 〜(FFh) によって、連結すべきパーツテーブルを指定することによってパーツテーブルが連結できるようになされている。 [0063] Therefore, link information is provided, for example by numbers given to each part table (01h) ~ (FFh), are adapted to be connected is part tables by specifying the parts tables to be linked.
つまりU−TOCセクター0における管理テーブル部においては、1つのパーツテーブルは1つのパーツを表現しており、例えば3つのパーツが連結されて構成される楽曲についてはリンク情報によって連結される3つのパーツテーブルによって、そのパーツ位置の管理が行われる。 That is, in the management table section in the U-TOC sector 0, one of the three parts part table represents one part, the music composed for example three parts are connected is connected by the link information by the table, the management of the part position is carried out. なお、実際にはリンク情報は所定の演算処理によりU−TOCセクター0内のバイトポジションとされる数値で示される。 Actually, the link information is indicated by a numerical value which is byte position in the U-TOC sector 0 by predetermined calculation processing. 即ち、304+(リンク情報)×8(バイト目)としてパーツテーブルを指定する。 That is, to specify the parts table as 304 + (link information) × 8 (byte).

【0064】U−TOCセクター0のテーブル部における(01h) 〜(FFh) までの各パーツテーブルは、ポインタ部におけるポインタ(P-DFA,P-EMPTY ,P-FRA ,P-TNO1 [0064] each part table of up to in the table section of the U-TOC sector 0 (01h) ~ (FFh), the pointer in the pointer section (P-DFA, P-EMPTY, P-FRA, P-TNO1
〜P-TNO255) によって、以下のようにそのパーツの内容が示される。 By to P-TNO255), the contents of the part is shown as follows.

【0065】ポインタP-DFA は光磁気ディスク90上の欠陥領域に付いて示しており、傷などによる欠陥領域となるトラック部分(=パーツ)が示された1つのパーツテーブル又は複数のパーツテーブル内の先頭のパーツテーブルを指定している。 [0065] The pointer P-DFA is shown attached to the defective area on the magneto-optical disk 90, a track portion to be a defective area due to scratches (= part) is in one part table or a plurality of parts tables indicated It specifies the beginning of the part tables. つまり、欠陥パーツが存在する場合はポインタP-DFA において(01h) 〜(FFh) のいづれかが記録されており、それに相当するパーツテーブルには、欠陥パーツがスタート及びエンドアドレスによって示されている。 That is, in the pointer P-DFA is if there is a defective part (01h) are recorded either - of (FFh), the part table corresponding to it has been shown defective part by the start and end addresses. また、他にも欠陥パーツが存在する場合は、そのパーツテーブルにおけるリンク情報として他のパーツテーブルが指定され、そのパーツテーブルにも欠陥パーツが示されている。 Also, if the defective part exists in other, the other part table as the link information in the part table is specified, there is shown a defective part in the parts table. そして、さらに他の欠陥パーツがない場合はリンク情報は例えば『(00h) 』とされ、 And, further link information if there is no other defective part is, for example, "(00h)",
以降リンクなしとされる。 It is no further link.

【0066】ポインタP-EMPTY は管理テーブル部における1又は複数の未使用のパーツテーブルの先頭のパーツテーブルを示すものであり、未使用のパーツテーブルが存在する場合は、ポインタP-EMPTY として、(01h) 〜(F [0066] pointer P-EMPTY indicates the leading parts table of one or a plurality of unused part tables in the management table portion, if unused part table exists, a pointer P-EMPTY, ( 01h) ~ (F
Fh) のうちのいづれかが記録される。 Izure one of the Fh) is recorded. 未使用のパーツテーブルが複数存在する場合は、ポインタP-EMPTY によって指定されたパーツテーブルからリンク情報によって順次パーツテーブルが指定されていき、全ての未使用のパーツテーブルが管理テーブル部上で連結される。 If unused part table there are multiple pointer P-EMPTY will be sequentially part table designated by the link information from the parts table specified by the part tables all unused linked on the management table section that.

【0067】ポインタP-FRA は光磁気ディスク90上のデータの書込可能なフリーエリア(消去領域を含む)について示しており、フリーエリアとなるトラック部分(=パーツ)が示された1又は複数のパーツテーブル内の先頭のパーツテーブルを指定している。 [0067] Pointer P-FRA indicates the writable free area of ​​the data on the magneto-optical disk 90 (including the erased area), one or more track portions comprising a free area (= part) showed It specifies the beginning of the part table in the parts table. つまり、フリーエリアが存在する場合はポインタP-FRA において(01 That is, if a free area exists in the pointer P-FRA (01
h) 〜(FFh) のいづれかが記録されており、それに相当するパーツテーブルには、フリーエリアであるパーツがスタート及びエンドアドレスによって示されている。 h) ~ (and either of FFh) is recorded, in the corresponding part table it, the part is a free area is indicated by the start and end address. また、このようなパーツが複数個有り、つまりパーツテーブルが複数個有る場合はリンク情報により、リンク情報が『(00h) 』となるパーツテーブルまで順次指定されている。 In addition, there is a plurality of such a part, in other words by the link information if the parts table there are a plurality, are sequentially designated up to the parts table link information becomes "(00h)".

【0068】図7にパーツテーブルにより、フリーエリアとなるパーツの管理状態を模式的に示す。 [0068] The part table in FIG. 7 illustrates the management state of parts serving as free areas schematically. これはパーツ(03h)(18h)(1Fh)(2Bh)(E3h) がフリーエリアとされている時に、この状態がポインタP-FRA に引き続きパーツテーブル(03h)(18h)(1Fh)(2Bh)(E3h) のリンクによって表現されている状態を示している。 This is the part (03h) (18h) (1Fh) (2Bh) when (E3h) there is a free area, continue to parts table in this state, the pointer P-FRA (03h) (18h) (1Fh) (2Bh) It shows a state that is represented by a link (E3h). なお上記した欠陥領域や未使用パーツテーブルの管理形態もこれと同様となる。 Note also management mode of the defect area and the unused part tables become similar.

【0069】ポインタP-TNO1〜P-TNO255は、光磁気ディスク90にユーザーが記録を行なった楽曲などのトラックについて示しており、例えばポインタP-TNO1では第1 [0069] Pointer P-TN01 to-TNO255 is the magneto-optical disc 90 indicates the track, such as music that the user has performed the recording, for example, the pointer P-TNO1 the first
トラックのデータが記録された1又は複数のパーツのうちの時間的に先頭となるパーツが示されたパーツテーブルを指定している。 Temporally parts becomes the head of the one or more parts data of the track is recorded specifies a part table indicated. 例えば第1トラック(第1プログラム)とされた楽曲がディスク上でトラックが分断されずに、つまり1つのパーツで記録されている場合は、その第1トラックの記録領域はポインタP-TNO1で示されるパーツテーブルにおけるスタート及びエンドアドレスとして記録されている。 For example, music pieces with the first track (first program) is not divided tracks on the disc, if that is recorded in one part, the recording area of ​​the first track indicated by the pointer P-TNO1 It has been recorded as the start and end addresses in the part table.

【0070】また、例えば第2トラック(第2プログラム)とされた楽曲がディスク上で複数のパーツに離散的に記録されている場合は、その第2トラックの記録位置を示すため各パーツが時間的な順序に従って指定される。 [0070] When, for example music pieces with the second track (second program) is discretely recorded in the plurality of parts on the disc, each part to indicate the recording position of the second track time It is specified according to order. つまり、ポインタP-TNO2に指定されたパーツテーブルから、さらにリンク情報によって他のパーツテーブルが順次時間的な順序に従って指定されて、リンク情報が『(00h) 』となるパーツテーブルまで連結される(上記、図7と同様の形態)。 That is, from the parts table specified in the pointer P-TNO2, specified other parts table according sequential chronological order by further link information is connected to a parts table link information set to "(00h)" ( above, the same configuration as FIG. 7). このように例えば2曲目を構成するデータが記録された全パーツが順次指定されて記録されていることにより、このU−TOCセクター0のデータを用いて、2曲目の再生時や、その2曲目の領域への上書き記録を行なう際に、光学ヘッド3及び磁気ヘッド6aをアクセスさせ離散的なパーツから連続的な音楽情報を取り出したり、記録エリアを効率使用した記録が可能になる。 By all parts on which data is recorded constituting Thus, for example a second music is recorded are sequentially specified, using the data of the U-TOC sector 0, 2 piece of music and reproduction, second music that when performing the areas of overwrite recording, it allows taking out continuous music information from discrete parts by the access of the optical head 3 and the magnetic head 6a, recording the recording area and efficiency used.

【0071】以上のように、書換可能な光磁気ディスク90については、ディスク上のエリア管理はP−TOC [0071] As described above, for the rewritable magneto-optical disc 90, the area management on the disc is P-TOC
によってなされ、またレコーダブルユーザーエリアにおいて記録された楽曲やフリーエリア等はU−TOCにより行なわれる。 Made by, also recorded music and free areas such as in the recordable user area is performed by U-TOC.

【0072】4−2 U−TOCセクター1 次に、図8にU−TOCセクター1のフォーマットを示す。 [0072] 4-2 U-TOC Sector 1 The following illustrates the format of U-TOC sector 1 in FIG. このセクター1は録音された各トラックにトラックネームをつけたり、ディスク自体の名称などの情報となるディスクネームをつける場合に、入力された文字情報を記録するデータ領域とされる。 The sector 1 or with a track name to each track was recorded, when attaching a disc name that is information such as the name of the disk itself, is a data area for recording character information inputted.

【0073】このU−TOCセクター1には、記録された各トラックに相当するポインタ部としてポインタP-TN [0073] The U-TOC sector 1, pointers P-TN as a pointer section which corresponds to tracks recorded
A1〜P-TNA255が用意され、またこのポインタP-TNA1〜P- A1~P-TNA255 are prepared, also the pointer P-TNA1~P-
TNA255によって指定されるスロット部が1単位8バイトで255単位のスロット(01h) 〜(FFh) 及び同じく8バイトの1つのスロット(00h) が用意されており、上述したU−TOCセクター0とほぼ同様の形態で文字データを管理する。 TNA255 and 255 units of slots slot portion being designated by one unit 8-byte (01h) ~ (FFh) and also 8-byte one slot (00h) is prepared by substantially the U-TOC sector 0 as described above managing text data in the same form.

【0074】スロット(01h) 〜(FFh) にはディスクタイトルやトラックネームとしての文字情報がアスキーコードで記録される。 [0074] slot (01h) ~ character information as a disc title and track name to (FFh) is recorded in ASCII code. そして、例えばポインタP-TNA1によって指定されるスロットには第1トラックに対応してユーザーが入力した文字が記録されることになる。 Then, for example, in a slot designated by the pointer P-TNA1 would characters entered by the user in response to the first track is recorded. また、スロットがリンク情報によりリンクされることで、1つのトラックに対応する文字入力は7バイト(7文字)より大きくなっても対応できる。 Also, slots that are linked by the link information, character input corresponding to one track can cope larger than 7 bytes (7 characters). なお、スロット(00h) としての8バイトはディスクネームの記録のための専用エリアとされており、ポインタP-TNA(x)によっては指定されないスロットとされている。 Incidentally, there is a not specified slot by slot 8 bytes as (00h) is the only area for the disc name recording, the pointer P-TNA (x). このU−TOCセクター1 The U-TOC sector 1
でもポインタP-EMPTY は使用していないスロットを管理する。 But pointer P-EMPTY is to manage the slot you are not using.

【0075】4−3 U−TOCセクター2 次に、図9はU−TOCセクター2のフォーマットを示しており、このセクター2は、主にユーザーが録音を行なった楽曲の録音日時を記録するデータ領域とされる。 [0075] 4-3 U-TOC sector 2 Next, FIG. 9 shows a format of U-TOC sector 2, the sector 2 is mainly data users to record the recording date of the music you record It is a region.

【0076】このU−TOCセクター2には、記録された各トラックに相当するポインタ部としてポインタP-TR [0076] The U-TOC sector 2, pointers P-TR as a pointer section which corresponds to tracks recorded
D1〜P-TRD255が用意され、またこのポインタP-TRD1〜P- D1~P-TRD255 is prepared, and this pointer P-TRD1~P-
TRD255によって指定されるスロット部が用意される。 Slot portion designated by TRD255 is prepared. スロット部には1単位8バイトで255単位のスロット(0 255 units in one unit 8 bytes into the slot of the slot (0
1h) 〜(FFh) が形成されており、上述したU−TOCセクター0とほぼ同様の形態で日時データを管理する。 1h) ~ (FFh) are formed, manages the date and time data in substantially the same form as the U-TOC sector 0 as described above.

【0077】スロット(01h) 〜(FFh) には楽曲(トラック)の録音日時が6バイトで記録される。 [0077] recording date and time of the slot (01h) ~ to (FFh) is the song (track) is recorded in 6 bytes. 6バイトはそれぞれ1バイトづつ、年、月、日、時、分、秒に相当する数値が記録される。 Each 6 bytes is one byte at a time, year, month, day, hour, minute, a numerical value corresponding to the second is recorded. また、残りの2バイトはメーカーコード及びモデルコードとされ、その楽曲を録音した記録装置の製造者を示すコードデータ、及び録音した記録装置の機種を示すコードデータが記録される。 The remaining two bytes are a maker code and a model code, the code data indicating the type of code data, and recording the recording apparatus showing the manufacturer of the recording apparatus to record the song is recorded.

【0078】例えばディスクに第1曲目としてがトラックが録音されると、ポインタP-TRD1によって指定されるスロットにはその録音日時及び録音装置のメーカーコード、モデルコードが記録される。 [0078] For example, when the first piece of music on the disc is recorded tracks, the slot designated by the pointer P-TRD1 maker code of the recording date and recording apparatus, the model code are recorded. 録音日時データはシステムコントローラ11が内部時計を参照して自動的に記録することになる。 Recording date data will be the system controller 11 is automatically recorded with reference to the internal clock.

【0079】またスロット(00h) としての8バイトはディスク単位の録音日時の記録のための専用エリアとされており、ポインタP-TRD(x)によっては指定されないスロットとされている。 [0079] The 8-byte as a slot (00h) is the only area for recording the recording date of the disc unit, which is not specified slot by the pointer P-TRD (x). なお、このU−TOCセクター2でもスロットポインタP-EMPTY は使用していないスロットを管理するものである。 Incidentally, the slot pointer P-EMPTY also in this U-TOC sector 2 is to manage the unused slots. 使用されていないスロットについては、モデルコードに代えてリンク情報が記録されており、スロットポインタP-EMPTY を先頭に各未使用のスロットがリンク情報でリンクされて管理されている。 The slots that are not used, the link information in place of the model code are recorded, the unused slots in the top slot pointer P-EMPTY are managed linked with link information.

【0080】4−4 U−TOCセクター4 図10はU−TOCセクター4を示し、このセクター4 [0080] 4-4 U-TOC sector 4 FIG. 10 shows the U-TOC sector 4, the sector 4
は、上記したセクター1と同様に、ユーザーが録音を行なったトラックに曲名(トラックネーム)をつけたり、 , As well as the sector 1 described above, or put a song (track name) to track the user makes a recording,
ディスクネームをつける場合に、入力された文字情報を記録するデータ領域とされ、図10と図8を比較してわかるようにフォーマットはセクター1とほぼ同様である。 When attaching a disc name, it is a data area for recording character information inputted format as can be seen by comparing FIGS. 10 and 8 is substantially the same as the sector 1. ただし、このセクター4は漢字や欧州文字に対応するコードデータ(2バイトコード)が記録できるようにされるものであり、図11のセクター1のデータに加えて、所定バイト位置に文字コードの属性が記録される。 However, this sector 4 are those code data corresponding to Chinese or European characters (two-byte code) is to be recorded, in addition to the data of the sector 1 in FIG. 11, the attribute of a character code in a predetermined byte position There are recorded.
このU−TOCセクター4の文字情報の管理は、セクター1と同様にポインタP-TNA1〜P-TNA255及びポインタP- Managing the character information of the U-TOC sector 4, sector 1 similarly to the pointer P-TNA1~P-TNA255 and pointer P-
TNA1〜P-TNA255によって指定される255単位のスロット(01h) 〜(FFh) によって行なわれる。 It is performed by 255 units of slot designated (01h) ~ (FFh) by TNA1~P-TNA255.

【0081】なお本例の記録再生装置1はU−TOCが形成されない再生専用ディスクについても対応できるが、再生専用ディスクの場合、P−TOCにおいてディスクネーム、トラックネームとしての文字情報を記録しておくことができる。 [0081] Note that the recording and reproducing apparatus 1 of this embodiment can cope reproduction-only disc U-TOC is not formed, in the case of a playback-only disk and a recording disc name, character information as a track name in P-TOC it can be placed. 即ちP−TOCセクターとしてU That U as P-TOC sector
−TOCセクター1、セクター4と概略同様のセクターが用意されており、ディスクメーカーは予めディスクネーム、トラックネームをそのP−TOCセクターに記録しておくことができる。 -TOC sector 1, sector 4 and schematically has the same sector are provided, the disc manufacturer can be pre-recorded disc name, a track name in the P-TOC sector.

【0082】5. [0082] 5. AUX−TOC 5−1 AUX−TOCセクター0 本例のディスク90では、図5で説明したようにAUX In AUX-TOC 5-1 AUX-TOC sector 0 In this example the disc 90, as described with reference to FIG. 5 AUX
データファイル及びAUX−TOCを記録する領域が設定され、AUXデータファイルとして楽曲等のトラック(プログラム)とは独立した文字情報や画像情報などを記録できる。 Data files and areas for recording the AUX-TOC is set, can be recorded and independent character information and image information from the track of music such as AUX data file (program). そしてそのAUXデータファイルはAUX And the AUX data file is AUX
−TOCによって管理される。 It is managed by -TOC. このAUX−TOCは、 The AUX-TOC is,
3クラスタにわたって3回繰り返して記録され、従って管理データ構造としてはU−TOCと同様に、1クラスタ内の32セクターを使用できる。 3 is repeatedly recorded three times over a cluster, as the thus manage data structures like the U-TOC, the 32 sectors in one cluster can be used. 本例では、以下説明していくようにAUX−TOCセクター0〜セクター9 In this embodiment, AUX-TOC sectors as will be described below 0 Sector 9
を設定して、AUXデータファイルの管理を行う。 Set the, to manage the AUX data files.

【0083】まずAUX−TOCセクター0のフォーマットを図11で説明する。 [0083] first described the format of the AUX-TOC sector 0 in Figure 11. AUX−TOCセクター0 AUX-TOC sector 0
は、主にAUXデータ領域の全体の管理を行うエリアアロケーションテーブルとされる。 Is mainly area allocation table for performing overall management of the AUX data area. そして図11に示されるようにこのセクター0では、ヘッダに続いて所定バイト位置に、メーカーコード、モデルコード、バックアップ情報、ASPB(AUTOSEQUENCE PLAY BACK) フラグ、 Then, in the sector 0 as shown in FIG. 11, a predetermined byte positions following the header, maker code, a model code, backup information, ASPB (AUTOSEQUENCE PLAY BACK) flag,
ユーズドセクター情報が記録される。 Distressed sector information is recorded. ASPBフラグとは、プログラムとしての楽曲の再生に合わせてAUXデータファイルとしての静止画、テキスト、カラオケテキスト等を出力することを示すフラグとなる。 The ASPB flag, still image as AUX data files in accordance with the reproduction of music as a program, a text, a flag indicating that outputting the karaoke text like. またユーズドセクター情報として、AUX−TOC内のセクター使用状況が示される。 As Used sector information, the sector usage in AUX-TOC is shown.

【0084】このAUX−TOCセクター0では、ポインタ部として、ポインタP-DFAA、P-EMPTY 、P-BLANK 、 [0084] In the AUX-TOC sector 0, as the pointer section, the pointer P-DFAA, P-EMPTY, P-BLANK,
P-SPICT 、P-TEXT、P-KRAOK が形成される。 P-SPICT, P-TEXT, P-KRAOK is formed. そしてテーブル部においてスタートアドレス、エンドアドレス、リンク情報が記録される各8バイトのパーツテーブルが2 And start address in the table section, the end address, each 8-byte part table link information is recorded 2
55単位形成され、上述してU−TOCセクター0と同様の形態で、AUXデータエリアの管理が行われる。 Is 55 units formed in the same form as the U-TOC sector 0 described above, the management of the AUX data area is performed.

【0085】ポインタP-DFAAはAUXデータエリア内の欠陥領域を、指定するパーツテーブルに記録したスタートアドレス、エンドアドレスで管理する。 [0085] pointer P-DFAA is a defect area of ​​the AUX data area, the start address recorded in the part table to specify, to manage in the end address. 欠陥領域が複数ある場合は、リンク情報によって他のパーツテーブルがリンクされる。 If the defective area is more, other parts table by link information is linked. ポインタP-EMPTY は、このAUX−T Pointer P-EMPTY, the AUX-T
OCセクター0内で未使用のパーツテーブルをリンク形態で管理する。 To manage the unused part tables in link form in the OC sector 0.

【0086】ポインタP-BLANK は、AUXデータエリア内でのフリーエリア、つまりAUXデータファイルを記録していくことができる領域を、U−TOCセクター0 [0086] pointer P-BLANK, the free area of ​​the AUX data area, that is, the area that can continue to record the AUX data file, U-TOC sector 0
におけるポインタP-FRA と同様にパーツテーブルのリンク形態で管理する。 Similarly managed in a link form part table pointer P-FRA in.

【0087】ポインタP-SPICT は、AUXデータエリア内で、静止画データファイル(後述するピクチャーファイルセクター)の記録に用いる領域を、パーツテーブルのリンク形態で管理する。 [0087] Pointer P-SPICT is the AUX data area, the area used for recording the still image data file (picture file sector to be described later), managing a link form part table. なお、1つのピクチャーファイルは1又は2クラスタ単位とされ、従ってポインタP- Incidentally, one picture file is set to 1 or 2 cluster units, therefore the pointer P-
SPICT によって管理される静止画データファイル領域はクラスタ単位の領域となる。 Still picture data file area managed by SPICT is a region of cluster units.

【0088】ポインタP-TEXTは、AUXデータエリア内で、テキストファイル(後述するテキストファイルセクター)の記録に用いる領域を、パーツテーブルのリンク形態で管理する。 [0088] pointer P-TEXT is, in the AUX data area, the area used for the recording of the text file (text file sector to be described later), managed by the link form of the parts table. なお、1つのテキストファイルのファイル長は1セクター単位とされる。 It should be noted that the file length of one text file is the one sector unit. ただしポインタP-TE However pointer P-TE
XTによって管理されるテキストファイル領域はクラスタ単位の領域となる。 Text file area that is managed by the XT is the area of ​​the cluster units.

【0089】ポインタP-KRAOK は、AUXデータエリア内で、カラオケテキストファイル(後述するカラオケテキストファイルセクター及びカラオケアドレスセクター)の記録に用いる領域を、パーツテーブルのリンク形態で管理する。 [0089] Pointer P-KRAOK is the AUX data area, the area used for recording a karaoke text file (karaoke text file sector and karaoke address sector to be described later), managing a link form part table. なお、1つのカラオケテキストファイルは、ある1つのプログラムに対応する情報とされた2セクターもしくは1セクター単位のファイル(本例では2 Incidentally, one karaoke text file is a file (this example of two sectors or one sector unit is information corresponding to a single program 2
セクター単位、後述する変形例Aでは1セクター単位) Sector units, which will be described later modification A in one sector unit)
となる。 To become. ただしポインタP-KRAOK によって管理されるテキストデータファイル領域はクラスタ単位の領域となる。 However text data file area that is managed by the pointer P-KRAOK is the area of ​​the cluster units.

【0090】これらのポインタP-SPICT 、P-TEXT、P-KR [0090] These pointers P-SPICT, P-TEXT, P-KR
AOK によって、AUXデータエリア内で、ピクチャー(静止画)ファイル、テキストファイル、カラオケテキストファイルが記録される領域がパーツテーブル上のエリアアドレスとしてのスタートアドレス及びエンドアドレスによって管理されるため、セクター0での管理状態により、各領域を自由に分割設定したり、各領域の領域長を自由に設定できることになる。 By AOK, the AUX data area, the picture (still picture) file, for a text file, a region where the karaoke text file is recorded is managed by the start address and end address of the area address in the part table, in the sector 0 the managed state, or freely division setting the respective areas, so that the area length of each area can be freely set. なお、スタートアドレス、エンドアドレスは短縮形態とされ、サウンドグループ位置までの指定が可能とされている。 It should be noted that the start address, the end address is a shortened form, is it possible to specify up to a sound group position. 以下説明するAUX−TOCセクター1〜セクター9までのテーブル部もしくはスロット部において3バイトで記録されるスタートアドレス、エンドアドレスも短縮形態とされ、サウンドグループ単位での位置指定が可能とされている。 The following description is AUX-TOC sector 1 start address recorded in 3 bytes in the table section or the slot section to the sector 9, the end address is also a truncated form, which is possible to locate the sound group unit.

【0091】ところで再生専用ディスクでAUX−TO [0091] By the way the read-only disk AUX-TO
Cが形成される場合は、パーツテーブルにおけるリンク情報は用いられない。 If C is formed, linked in part table information is not used. またAUXファイルの種別を示すポインタはポインタP-SPICT 、P-TEXT、P-KRAOK の3種類としたが、AUXデータファイルとしてピクチャーファイル、テキストファイル、カラオケテキストファイル以外のものを記録する場合は、そのファイル種別に応じたポインタを設定して領域管理を行えばよい。 Pointer indicating the type of AUX files pointer P-SPICT, P-TEXT, although the three types of P-KRAOK, picture files as AUX data files, to record what text file, other than the karaoke text file also the file pointer may be performed space management set according to the type. ポインタ部としては、ポインタP-SPICT 、P-TEXT、P-KRAOK を含めて最大255種類のファイル内容に応じたポインタを設定できる。 The pointer unit, or a pointer P-SPICT, P-TEXT, the pointer corresponding to a maximum of 255 types of file content including P-KRAOK.

【0092】5−2 AUX−TOCセクター1 AUX−TOCセクター1〜セクター5は、静止画情報としてのピクチャーファイルの管理に用いられる。 [0092] 5-2 AUX-TOC sector 1 AUX-TOC Sector 1 Sector 5 is used to manage the picture files as still picture information. 図1 Figure 1
2に示すAUX−TOCセクター1は静止画アロケーションテーブルとしての管理セクターとなり、上記AUX AUX-TOC sector 1 shown in 2 becomes a management sector as a still picture allocation table, the AUX
−TOCセクター0においてポインタP-SPICT により設定されたピクチャーファイル領域内で、ピクチャーファイルとして記録された各データファイルの管理を行う。 -TOC In sector 0 in pointer P-SPICT picture file area set by, for managing the data files recorded as picture files.

【0093】このAUX−TOCセクター1では、U− [0093] In the AUX-TOC sector 1, U-
TOCセクター0と同様の形式でピクチャーファイルの管理を行う。 To manage the picture files in the same format as the TOC sector 0. AUXデータエリアに記録される静止画1 Still image is recorded in the AUX data area 1
枚のピクチャーファイルとしてのファイル長は本例では1クラスタ又は2クラスタとするが、仮に1ファイルを1クラスタとすると、AUXデータエリアに最大38枚のピクチャーファイルが記録できる。 Like the file length as picture files are in this example is a 1 cluster or two clusters, when if one file for one cluster, up to 38 sheets of picture files can be recorded in the AUX data area. そのうち1枚の画像となるピクチャーファイルは、いわゆるディスクの表紙画像(ディスクジャケット等となる表紙ピクチャー) Picture files that are of which one image, the cover image of the so-called disk (the cover picture of the disc jacket, etc.)
として位置づけできる。 It can be positioned as.

【0094】表紙画像以外では37枚となる各ピクチャーファイルの管理に用いられるポインタP-PNO(x)として、AUX−TOCセクター1内にはポインタP-PNO1〜 [0094] As pointers P-PNO used for management of picture files to be 37 sheets outside cover image (x), the pointer P-PNO1~ the AUX-TOC sector 1
P-PNO37 が形成される。 P-PNO37 is formed. 但し、AUXデータエリアの将来的な拡張やファイルサイズ変更などにより、より多数のピクチャーファイルの記録が可能となる場合に対応できるように、ポインタP-PNO(x)として、図12内に括弧で示すようにポインタP-PNO255まで設定することはできる。 However, due to future expansion and file size change of the AUX data area, to accommodate the case where recording of a greater number of picture files is made possible, as the pointer P-PNO (x), in parentheses in FIG. 12 It can be set to the pointer P-PNO255 as shown. またポインタ部において、ポインタP-PFRA、P-EMPT In the pointer section, pointers P-PFRA, P-EMPT
Y も形成される。 Y is also formed. そしてテーブル部において各ポインタに対応される各8バイトのパーツテーブルとして、スタートアドレス、エンドアドレス、画像モード(SPICT モード)が記録される255単位のパーツテーブル(01h) And as part tables of each 8 bytes corresponding to each pointer in the table unit, the start address, end address, 255 units of part tables image mode (SPICT mode) is recorded (01h)
〜(FFh) が形成される。 ~ (FFh) is formed.

【0095】また、パーツテーブル(00h) はポインタによっては指定されないパーツテーブルとなるが、ここは表紙ピクチャーとして位置づけられたピクチャーファイルのアドレス管理に専用に用いられる。 [0095] In addition, the part table (00h) is a part table that is not specified by the pointer, here is used exclusively for address management of a picture file positioned as a cover picture.

【0096】ポインタP-PNO1〜P-PNO37 は、それぞれ1 [0096] pointer P-PNO1~P-PNO37, respectively 1
つのピクチャーファイルが記録された領域を、特定のパーツテーブルを指定することで管理する。 One picture file the recorded area, managed by designating a particular part table. 例えばポインタP-PNO1で指定されるパーツテーブルには、1枚目としての画像データとなるピクチャーファイルのスタートアドレス、エンドアドレス、画像モード(SPICT モード) The part table designated for example by the pointer P-PNO1, a start address of a picture file to be image data of the first frame, the end address, the image mode (SPICT mode)
が記録された状態とされる。 There is a state of being recorded. なお、このAUX−TOC It should be noted that the AUX-TOC
セクター1ではリンク情報によるパーツテーブルをリンクさせて行うファイル管理は行われない。 File management carried out by linking the parts table by Sector 1, link information is not performed. つまり1つのピクチャーファイルは物理的に離れた区間に分けられて記録されることはない。 That one picture file is not recorded is divided into physically separate sections.

【0097】ただし、このセクター内での未使用のパーツテーブルについてはポインタP-EMPTY を起点とするリンク形態(パーツテーブルの8バイト目がリンク情報とされる)によって管理される。 [0097] However, this for the unused part tables in the sector is managed by a link form that starting from the pointer P-EMPTY (8 byte of the part table is a link information). またポインタP-PFRAは、 The pointer P-PFRA is,
上記AUX−TOCセクター0においてポインタP-SPIC Pointer P-SPIC in the above-mentioned AUX-TOC sector 0
T により設定されたピクチャーファイル領域内でのフリーエリア、つまりピクチャーファイルの書込可能エリアを管理するポインタとなり、ポインタP-PFRAで指定されるパーツテーブルにフリーエリアとしての区間のアドレスが記録される。 Free area in the picture file area set by T, i.e. becomes a pointer for managing the writable area of ​​the picture file, the address of a section as a free area is recorded in a part table designated by the pointer P-PFRA . そして、このフリーエリア管理にもパーツテーブルの8バイト目がリンク情報とされてパーツテーブルがリンクされ、複数の離れた区間がフリーエリアとして管理される場合がある。 Then, this 8-byte of free area part table in management is in part table is a link information is linked, there is a case where a plurality of remote section is managed as a free area.

【0098】5−3 AUX−TOCセクター2 図13にAUX−TOCセクター2のフォーマットを示す。 [0098] 5-3 shows the format of the AUX-TOC sector 2 in the AUX-TOC sector 2 FIG. このセクター2は静止画ネームテーブルとされ、記録された各ピクチャーファイルにピクチャーネームをつける場合に、そのピクチャーネームとなる文字情報を記録するデータ領域とされる。 This sector 2 is a still picture name table, when attaching a picture name in each picture file recorded, is a data area for recording character information that is the picture name.

【0099】このAUX−TOCセクター2には、記録された各ピクチャーファイルに対応するためにポインタ部にポインタP-PNA1〜P-PNA37 (ただしP-TNA255まで拡張可能)が用意され、またスロット部には、ポインタP- [0099] The AUX-TOC sector 2, pointers P-PNA1~P-PNA37 in the pointer section so as to correspond to respective picture files recorded (but expandable to P-TNA255) is prepared, also slots the pointer P-
TNA1〜P-TNA37 によって指定される、単位8バイトで2 It is specified by the TNA1~P-TNA37, 2 in units of 8 bytes
55単位のスロット(01h) 〜(FFh) 及び同じく8バイトの1つのスロット(00h) が用意されている。 55 units of slots (01h) ~ (FFh) and also 8-byte one slot (00h) are prepared.

【0100】スロット(00h) 〜(FFh) にはピクチャーネームとしての文字情報がアスキーコードその他の文字コードで記録される。 [0101] The slot (00h) ~ (FFh) is character information as picture name is recorded in ASCII codes other character codes. 記録される文字の種別は、文字コードとして所定バイト位置に記録される。 Type of the recorded characters is recorded in a predetermined byte position as a character code. 文字コードは、 Character code,
例えば「00h」がアスキーコード、「01h」がモディファイドISO. For example, "00h" is ASCII code, "01h" is modified ISO. 8859−1、「02h」がミュージックシフテッドJISなどのように設定される。 8859-1, "02h" is set, such as music shifted Ted JIS.

【0101】ポインタP-PNA1〜P-PNA37 は、それぞれ1 [0101] pointer P-PNA1~P-PNA37, respectively 1
つのピクチャーファイルに対応するピクチャーネームが記録された特定のパーツテーブルを指定する。 One picture name corresponding to the picture file specifies a particular part table recorded. 例えばポインタP-PNA1によって指定されるスロットには第1のピクチャーファイルの画像に対応した文字が記録されることになる。 For example, in a slot designated by the pointer P-PNA1 so that the character corresponding to the image of the first picture file are recorded. また、スロットがリンク情報によりリンクされることで、1つのピクチャーファイルに対応するピクチャーネームは7バイト(7文字)より大きくなっても対応できる。 Also, slots that are linked by the link information, picture name corresponding to one picture file can cope larger than 7 bytes (7 characters). なお、スロット(00h) としての8バイトは表紙ピクチャーに対応する表紙ピクチャーネームの記録のための専用エリアとされており、ポインタP-PNA(x)によっては指定されないスロットとされている。 Note that 8 bytes as a slot (00h) is the only area for recording the cover picture name corresponding to the cover picture and is not to be specified slot by the pointer P-PNA (x). またポインタP-EMPTY は使用していないスロットをリンク形態で管理する。 The pointer P-EMPTY is managed by link form a non slots used.

【0102】5−4 AUX−TOCセクター3 図14はAUX−TOCセクター3のフォーマットを示しており、このセクター3は静止画記録日時テーブルとされ、記録されたピクチャーファイルの記録日時を管理するデータ領域とされる。 [0102] 5-4 AUX-TOC sector 3 FIG. 14 shows the format of the AUX-TOC sector 3, the sector 3 is a still picture recording date table, data for managing the recording date of the recorded picture files It is a region.

【0103】このAUX−TOCセクター3には、記録された各ピクチャーファイルに相当するポインタ部としてポインタP-PRD1〜P-PRD37 (但しP-PRD255まで拡張可能)が用意され、またこのポインタP-PRD1〜P-PRD37 によって指定されるスロット部が用意される。 [0103] This is AUX-TOC sector 3, the pointer P-PRD1~P-PRD37 (although expandable to P-PRD255) as a pointer portion corresponding to each picture file recorded is prepared, and this pointer P- slot is ready to be specified by PRD1~P-PRD37. スロット部には1単位8バイトで255単位のスロット(01h) 〜(F 255 units 1 unit 8 bytes for the slot of the slot (01h) ~ (F
Fh) 及び同じく8バイトの1つのスロット(00h) が形成されており、上述したU−TOCセクター2とほぼ同様の形態で日時データを管理する。 Fh) and also 8-byte one slot (00h) is formed to manage the date and time data in substantially the same form as the U-TOC sector 2 as described above.

【0104】スロット(01h) 〜(FFh) にはピクチャーファイルの記録日時が6バイトで記録される。 [0104] in the slot (01h) ~ (FFh) is recorded the date and time of the picture file is recorded in 6 bytes. 6バイトはそれぞれ1バイトづつ、年、月、日、時、分、秒に相当する数値が記録される。 Each 6 bytes is one byte at a time, year, month, day, hour, minute, a numerical value corresponding to the second is recorded. また、残りの2バイトはメーカーコード及びモデルコードとされ、そのピクチャーファイルを記録した記録装置の製造者を示すコードデータ、 The remaining two bytes are a maker code and a model code, the code data indicating the manufacturer of the recording apparatus recording the picture file,
及び記録した記録装置の機種を示すコードデータが記録される。 And code data indicating the type of the recorded recording apparatus is recorded.

【0105】例えばディスクに第1のピクチャーファイルが記録されると、ポインタP−PRD1によって指定されるスロットにはその記録日時及び記録装置のメーカーコード、モデルコードが記録される。 [0105] For example, when a first picture file is recorded on the disc, the slot designated by the pointer P-PRD1 maker code of the recording date and a recording apparatus, the model code are recorded. 記録日時データはシステムコントローラ11が内部時計を参照して自動的に記録する。 Recording date data system controller 11 is automatically recorded with reference to the internal clock.

【0106】またスロット(00h) としての8バイトは表紙ピクチャーの記録日時の記録のための専用エリアとされており、ポインタP-PRD(x)によっては指定されないスロットとされている。 [0106] The 8-byte as a slot (00h) is the only area for recording the recording date of the cover picture is not specified slot by the pointer P-PRD (x). なお、このAUX−TOCセクター3でもポインタP-EMPTY は使用していないスロットを管理するものである。 Incidentally, the pointer P-EMPTY also in this AUX-TOC sector 3 is to manage the unused slots. 使用されていないスロットについては、モデルコードに代えてリンク情報が記録されており、スロットポインタP-EMPTY を先頭に各未使用のスロットがリンク情報でリンクされて管理されている。 The slots that are not used, the link information in place of the model code are recorded, the unused slots in the top slot pointer P-EMPTY are managed linked with link information.

【0107】5−5 AUX−TOCセクター4 図15はAUX−TOCセクター4のフォーマットを示しており、このセクター4は静止画コードテーブルとされ、記録されたピクチャーファイルのコード情報が記録される。 [0107] 5-5 AUX-TOC sector 4 FIG. 15 shows the format of the AUX-TOC sector 4, the sector 4 is a still image code table, code information of recorded picture files are recorded.

【0108】このAUX−TOCセクター3には、記録された各ピクチャーファイルに相当するポインタ部としてポインタP-PCD1〜P-PCD37 (但しP-PCD255まで拡張可能)が用意され、またこのポインタP-PCD1〜P-PCD37 によって指定されるスロットを有するスロット部が用意される。 [0108] This is AUX-TOC sector 3, the pointer P-PCD1~P-PCD37 (although expandable to P-PCD255) as a pointer portion corresponding to each picture file recorded is prepared, and this pointer P- slot is provided with a slot designated by PCD1~P-PCD37. スロット部には1単位8バイトで255単位のスロット(01h) 〜(FFh) 及び同じく8バイトの1つのスロット(00h) が形成されている。 Slot portion 255 units of slots 1 unit 8 bytes for (01h) ~ (FFh) and also 8-byte one slot (00h) is formed.

【0109】そして、例えば第1のピクチャーファイルに対応して、ポインタP-PCD1によって指定されるスロットにはそのピクチャーファイルのコード情報が記録される。 [0109] Then, for example corresponding to the first picture file, the slot designated by the pointer P-PCD1 code information of the picture file is recorded. またスロット(00h) としての8バイトは表紙ピクチャーファイルの専用のコード情報記録領域とされ、ポインタP-PCD(x)によっては指定されないスロットとされている。 The 8 bytes as a slot (00h) is dedicated to code information recording area of ​​the cover picture file are not specified slot by the pointer P-PCD (x). このAUX−TOCセクター4でもポインタP-EM Pointer P-EM even in this AUX-TOC sector 4
PTY は使用していないスロットを管理する。 PTY is to manage the slot you are not using.

【0110】5−6 AUX−TOCセクター5 図16に示すAUX−TOCセクター5は、静止画プレイバックシーケンステーブルとされている。 [0110] 5-6 AUX-TOC sector 5 shown in AUX-TOC sector 5 FIG 16 is a still image playback sequence table. これは楽曲等のプログラムの再生に同期してピクチャーファイルの出力(つまり画像表示)を行うための管理情報となる。 It is the management information for the output (i.e. image display) picture file in synchronization with reproduction of a program such as music.
このセクター5には、ポインタP-TNO1〜P-TNO255が用意される。 The sector 5, pointers P-TN01 to-TNO255 are prepared. これは、U−TOCセクター0で説明したポインタP-TNO1〜P-TNO255と同じく、楽曲等のプログラムとしての第1トラック〜第255トラックに対応する。 This, like the pointer P-TN01 to-TNO255 described in the U-TOC sector 0, corresponding to the first track, second 255 tracks as programs such as music.

【0111】またこのポインタP-TNO1〜P-TNO255によって指定されるパーツテーブルとして、テーブル部には1 [0111] As part table designated by the pointer P-TNO1~P-TNO255, the table unit 1
単位8バイトで255単位のパーツテーブル(01h) 〜(F 255 units of the parts table in units of 8 bytes (01h) ~ (F
Fh)が形成される。 Fh) is formed. またポインタP-TNO1〜P-TNO255によって指定されないパーツテーブルとして同じく8バイトの1つのパーツテーブル(00h) が形成されている。 The same 8-byte one part table as part table that is not designated by the pointer P-TNO1~P-TNO255 (00h) is formed.

【0112】ポインタP-TNO1〜P-TNO255によって指定されるパーツテーブルには、そのトラックの先頭位置アドレスからのオフセットアドレス形態でスタートアドレス、エンドアドレスが記録され、またポインタP-PNO(*) [0112] in the part table designated by the pointer P-TNO1~P-TNO255, start address in the offset address form from the start position address of the track, the end address is recorded, and the pointer P-PNO (*)
として特定のピクチャーファイルが示されている。 Particular picture file is indicated as a. ポインタP-PNO(*)はAUX−TOCセクター1で管理される各ピクチャーファイルに相当する値となる。 Pointer P-PNO (*) is a value corresponding to each picture file managed by the AUX-TOC sector 1. さらにリンク情報によって他のパーツテーブルをリンクできる。 It can be linked to other parts table by further link information.

【0113】例えば第1トラックとしての楽曲の再生を行う際に、その再生中の特定のタイミングで第1のピクチャーファイルの画像を出力したい場合は、ポインタP- [0113] When reproducing example of the music as the first track, if you want to output the image of the first picture file at a particular timing during the reproduction, the pointer P-
TNO1で指定されるパーツテーブルに、画像出力期間としてのスタートアドレス、エンドアドレスを記録し、また出力すべき画像としてポインタP-PNO(*)で特定のピクチャーファイルを示す。 The part table designated by TNO1, the start address of the image output period, and records the end address, also shows a certain picture file with the pointer P-PNO (*) as the image to be output. 仮に、第1トラック再生開始から1分0秒を経過した時点から1分30秒を経過するまでの期間に、第1のピクチャーファイルの画像を表示出力したい場合を考えると、ポインタP-TNO1で指定されるパーツテーブルに、スタートアドレス、エンドアドレスとして、第1トラック再生開始から1分0秒に相当するアドレス地点、及び1分30秒に相当するアドレス地点が、オフセットアドレスにより記録される。 If, in the period until the expiration of 1 minute 30 seconds from the time that has elapsed 0 seconds 1 minute from the first track reproduction start, considering a case you want to view the output image of the first picture file, the pointer P-TNO1 in the parts table designated, the start address, as the end address, the address point corresponding from the first track reproduction begins 1 minute, 0 second, and the address point equivalent to one minute 30 seconds, is recorded by the offset address. そしてポインタP-PNO(*)は第1のピクチャーファイルを指定するために、P-PNO1の値とされる。 The pointer P-PNO (*) in order to specify the first picture file, is the value of P-PNO1. また1つのトラックの再生中に複数の画像を切換表示したい場合は、パーツテーブルがリンクされて、出力すべきピクチャーファイル及び出力期間が管理されることになる。 Also if you want to switch display multiple images during reproduction of one track is the linked part tables, picture files and the output period is to be managed to be output.

【0114】なおパーツテーブル(00h) には、表紙ピクチャーとしてのピクチャーファイルの出力タイミングとしてのスタートアドレス及びエンドアドレスが記録される。 [0114] It should be noted that in the parts table (00h), the start and end addresses as the output timing of the picture file as the cover picture is recorded. 但し、ここでのスタートアドレス及びエンドアドレスは、負のオフセットアドレスとして記録される。 However, the start and end addresses here, are recorded as negative offset addresses.

【0115】ところで、或るトラックに対応されたパーツテーブルにおけるスタートアドレス、エンドアドレスが両方とも「000h」であった場合は、そのトラックの音声出力期間中にずっと指定されたピクチャーファイルの画像が表示されるようにする。 [0115] By the way, the start address in the part table which is corresponding to a certain track, if the end address was both "000h", and the image of the picture file that much has been specified in the audio output period of the track is displayed is is so. またこのAUX−T Also, this AUX-T
OCセクター5でもポインタP-EMPTY からのリンクで使用していないパーツテーブルを管理する。 To manage the parts table that is not used in the link from the pointer P-EMPTY even OC sector 5.

【0116】5−7 AUX−TOCセクター6 AUX−TOCセクター6,セクター7はテキストファイルの管理に用いられる。 [0116] 5-7 AUX-TOC sector 6 AUX-TOC sector 6, sector 7 is used in the management of the text file. まず図17に示すAUX−T AUX-T firstly shown in FIG. 17
OCセクター6はテキストアロケーションテーブルとしての管理セクターとなり、上記AUX−TOCセクター0においてポインタP-TEXTにより設定されたテキストファイル領域内で、テキストファイルとして記録された各データファイルの管理を行う。 OC sector 6 becomes a management sector as a text allocation table, in the AUX-TOC in the sector 0 is set by the pointer P-TEXT text file area, for managing the data files recorded as text files.

【0117】このAUX−TOCセクター6では、U− [0117] In the AUX-TOC sector 6, U-
TOCセクター0と同様の形式でテキストファイルの管理を行う。 The management of text files in the same format as the TOC sector 0. 仮にAUXデータエリアをすべてテキストファイルの記録に用いるとすると、38クラスタ(×32 Assuming that the use of the AUX data area in the record of all text files, 38 cluster (× 32
セクタ×2324バイト)分のテキストデータが記録できるが、このテキストデータはAUX−TOCセクター6において最大255個のファイルとして管理できる。 Text data of sectors × 2324 bytes) can be recorded, but this text data can be managed as a maximum of 255 files in the AUX-TOC sector 6.
なおテキストファイルの1つのファイル長はセクタ単位とされる。 It should be noted that one of the file length of the text file is a sector-by-sector basis.

【0118】また1つの特定のテキストファイルは、いわゆるディスクの表紙ピクチャーに対応するテキストファイル(表紙テキスト)として位置づけできる。 [0118] In one particular text file, can be positioned as a text file (cover text) corresponding to the cover picture of the so-called disk.

【0119】各テキストファイルの管理に用いられるポインタP-TXT(x)として、AUX−TOCセクター6内にはポインタP-TXT1〜P-TXT255が形成される。 [0119] As pointers P-TXT (x) for use in management of text files, pointers P-TXT1~P-TXT255 the AUX-TOC sector 6 is formed. またポインタ部において、ポインタP-TFRA、P-EMPTY も形成される。 In the pointer section, pointers P-TFRA, also P-EMPTY are formed. そしてテーブル部において各ポインタに対応される各8バイトのパーツテーブルとして、スタートアドレス、エンドアドレス、文字コード(文字コード及びスーパーインポーズビット)が記録される255単位のパーツテーブル(01h) 〜(FFh) が形成される。 And as the 8-byte part table corresponding to each pointer in the table unit, the start address, end address, 255 units of part tables character code (character code and superimposed bit) is recorded (01h) ~ (FFh ) is formed.

【0120】また、パーツテーブル(00h) はポインタによっては指定されないパーツテーブルとなるが、ここは表紙テキストとして位置づけられたテキストファイルのアドレス及び文字コードの管理に専用に用いられる。 [0120] In addition, the part table (00h) is a part table that is not specified by the pointer, here is used only for the management of address and the character code of the text file which is positioned as the cover text.

【0121】ポインタP-TXT1〜P-TXT255は、それぞれ1 [0121] pointer P-TXT1~P-TXT255, respectively 1
つのテキストファイルが記録された領域を、特定のパーツテーブルを指定することで管理する。 One of the text file is the recorded area, managed by specifying a particular part table. 例えばポインタ For example, the pointer
P-TXT1で指定されるパーツテーブルには、第1のテキストファイルのスタートアドレス、エンドアドレス、文字モード(及びスーパーインポーズビット)が記録された状態とされる。 The part table designated by the P-TXT1, start address of the first text file, the end address, character mode (and superimpose bit) is a state of being recorded. なお、このAUX−TOCセクター6ではリンク情報によるパーツテーブルをリンクさせて行うファイル管理は行われない。 In addition, file management is not carried out carried out by linking the parts table of this in the AUX-TOC sector 6 link information. つまり1つのテキストファイルは物理的に離れた区間に分けられて記録されることはない。 That one text file is never recorded divided into physically separate sections.

【0122】ただし、このセクター内での未使用のパーツテーブルについてはポインタP-EMPTY を起点とするリンク形態(パーツテーブルの8バイト目がリンク情報とされる)によって管理される。 [0122] However, this for the unused part tables in the sector is managed by a link form that starting from the pointer P-EMPTY (8 byte of the part table is a link information). またポインタP-TFRAは、 The pointer P-TFRA is,
上記AUX−TOCセクター0においてポインタP-TEXT Pointer P-TEXT in the AUX-TOC sector 0
により設定されたテキストファイル領域内でのフリーエリア、つまりテキストファイルの書込可能エリアを管理するポインタとなり、ポインタP-TFRAで指定されるパーツテーブルにフリーエリアとしての区間のアドレスが記録される。 Free area in the text file area set by, i.e. be a pointer that manages a writable area of ​​the text file, the address of a section as a free area is recorded in a part table designated by the pointer P-TFRA. そして、このフリーエリア管理にもパーツテーブルの8バイト目がリンク情報とされてパーツテーブルがリンクされ、複数の離れた区間がフリーエリアとして管理される場合がある。 Then, this 8-byte of free area part table in management is in part table is a link information is linked, there is a case where a plurality of remote section is managed as a free area.

【0123】5−8 AUX−TOCセクター7 図18に示すAUX−TOCセクター7は、テキストプレイバックシーケンステーブルとされている。 [0123] 5-8 AUX-TOC sector 7 shown in AUX-TOC sector 7 Figure 18 is a text play back the sequence table. これは楽曲等のプログラムの再生に同期してテキストファイルの出力(つまり文字表示)を行うための管理情報となる。 This is the management information for the output of the text file (that is character display) in synchronization with the playback of programs, such as music.
このセクター7には、ポインタP-TNO1〜P-TNO255が用意される。 The sector 7, the pointer P-TN01 to-TNO255 are prepared. これは、U−TOCセクター0で説明したポインタP-TNO1〜P-TNO255と同じく、楽曲等のプログラムとしての第1トラック〜第255トラックに対応する。 This, like the pointer P-TN01 to-TNO255 described in the U-TOC sector 0, corresponding to the first track, second 255 tracks as programs such as music.

【0124】またこのポインタP-TNO1〜P-TNO255によって指定されるパーツテーブルとして、テーブル部には1 [0124] As part table designated by the pointer P-TNO1~P-TNO255, the table unit 1
単位8バイトで255単位のパーツテーブル(01h) 〜(F 255 units of the parts table in units of 8 bytes (01h) ~ (F
Fh)が形成される。 Fh) is formed. またポインタP-TNO1〜P-TNO255によって指定されないパーツテーブルとして同じく8バイトの1つのパーツテーブル(00h) が形成されている。 The same 8-byte one part table as part table that is not designated by the pointer P-TNO1~P-TNO255 (00h) is formed.

【0125】このセクターでの管理形態は上記AUX− [0125] management form in this sector is the AUX-
TOCセクター5と同様となる。 Becomes the same as that of TOC sector 5. つまりポインタP-TNO1 That pointer P-TNO1
〜P-TNO255によって指定されるパーツテーブルには、そのトラックの先頭位置アドレスからのオフセットアドレス形態でスタートアドレス、エンドアドレスが記録され、またポインタP-TXT(*)として特定のテキストファイルが示されている。 The part tables specified by to P-TNO255, the offset address form with the start address from the start position address of that track, the end address is recorded, also a specific text file as the pointer P-TXT (*) shown ing. ポインタP-TXT(*)はAUX−TOC Pointer P-TXT (*) is AUX-TOC
セクター6で管理される各テキストファイルに相当する値となる。 It becomes a value corresponding to each text file that is managed by sector 6. さらにリンク情報によって他のパーツテーブルをリンクできる。 It can be linked to other parts table by further link information.

【0126】例えば第1トラックとしての楽曲の再生を行う際に、その再生中の特定のタイミングで第1のテキストファイルの文字を出力したい場合は、ポインタP-TN [0126] For example, when performing reproduction of the music as the first track, if you want to output the character of the first text file in a particular timing during the reproduction, the pointer P-TN
O1で指定されるパーツテーブルに、文字出力期間としてのスタートアドレス、エンドアドレスをオフセットアドレス形態で記録し、また出力すべき文字としてポインタ The part table designated by O1, and recording the start address of a character output period, the end address in the offset address form and pointer as the character to be output
P-TXT(*)で特定のテキストファイルを示す。 Indicating a specific text file in the P-TXT (*). また1つのトラックの再生中に複数のテキストファイルの文字情報を順次表示したい場合は、パーツテーブルがリンクされて、出力すべきテキストファイル及び出力期間が管理される。 The sequence if you want to display character information of a plurality of text files during reproduction of one track, and the linked part tables, text files and the output period for output is managed.

【0127】なおパーツテーブル(00h) には、表紙テキストとしてのテキストファイルの出力タイミングとしてのスタートアドレス及びエンドアドレスが記録される。 [0127] It should be noted that in the parts table (00h), the start and end addresses as the output timing of the text file as a cover text is recorded.
但し、ここでのスタートアドレス及びエンドアドレスは、負のオフセットアドレスとして記録される。 However, the start and end addresses here, are recorded as negative offset addresses.

【0128】ところで、或るトラックに対応されたパーツテーブルにおけるスタートアドレス、エンドアドレスが両方とも「000h」であった場合は、そのトラックの音声出力期間中にずっと指定されたテキストファイルの文字が表示されるようにする。 [0128] By the way, the start address in the part table which is corresponding to a certain track, if the end address was both "000h", the display characters of text files that are specified all the way in the speech output period of the track is is so. またこのAUX−TO Also, this AUX-TO
Cセクター7でもポインタP-EMPTY からのリンクで使用していないパーツテーブルを管理する。 To manage the parts table that is not used in the link from the pointer P-EMPTY even C sector 7.

【0129】5−9 AUX−TOCセクター8 AUX−TOCセクター8,セクター9はカラオケテキストファイルの管理に用いられる。 [0129] 5-9 AUX-TOC sector 8 AUX-TOC sector 8, the sector 9 used in the management of the karaoke text file. カラオケテキストファイルとは、例えば歌詞となる文字情報が、トラック再生として出力される楽曲に同期して(つまりカラオケの歌唱ガイドや、演奏されるボーカル音声にあわせた状態で)出力されるようにすることのできるテキストファイルである。 The karaoke text file, for example, character information as a lyrics in synchronization with the music outputted as a track reproduction (i.e. singing guide or karaoke, in a state that match the vocal sound to be played) to be output it is a text file that can be. そして本例では、1つのカラオケテキストファイルとしては、歌詞等の文字情報を記録したカラオケテキストファイルセクターと、それに対応して文字出力タイミングを細かく設定するためのカラオケアドレスセクターが対になって記録される。 And in this embodiment, as one karaoke text file, a karaoke text file sector recording the character information of the lyrics etc., karaoke address sector for finely setting a character output timing correspondingly recorded in pairs that. これらのセクターの構造については後述するが、本例では、1つのトラックに対応される1つのカラオケテキストファイルは、カラオケテキストファイルセクターとカラオケアドレスセクターという2つのセクターにより構成され、セクター8では主にカラオケテキストファイルセクターを管理し、セクター9では主にカラオケアドレスセクターを管理する。 Although will be described later structure of these sectors, in this example, one karaoke text file corresponding to one track is constituted by two sectors of the karaoke text file sector and karaoke address sector, the sector 8 mainly to manage the karaoke text file sector, to manage the karaoke address sector mainly in the sector 9.

【0130】まず図19に示すAUX−TOCセクター8はカラオケテキストアロケーションテーブルとしての管理セクターとなり、上記AUX−TOCセクター0においてポインタP-KRAOK により設定されたカラオケテキストファイル領域内で、カラオケテキストファイルとして記録された各データファイル(カラオケテキストファイルセクター)の管理を行う。 [0130] First AUX-TOC sector 8 shown in FIG. 19 becomes a management sector as a karaoke text allocation table, at the set karaoke text file area by the pointer P-KRAOK in the AUX-TOC sector 0, a karaoke text file carry out the management of the recorded each data file was (karaoke text file sector).

【0131】このAUX−TOCセクター8では、U− [0131] In the AUX-TOC sector 8, U-
TOCセクター0と同様の形式でカラオケテキストファイルの管理を行う。 Carry out the management of the karaoke text file in the same format as the TOC sector 0. U−TOCセクター0からわかるようにプログラムとしてのトラックは最大255トラック記録できるため、各トラックに対応するカラオケテキストファイルも最大255個のファイルが管理できればよい。 Since the track as a program as can be seen from the U-TOC sector 0 can be up to 255 track recording, karaoke text file is also up to 255 files suffices management corresponding to each track. そしてあくまでも各トラックに個々に1つのカラオケテキストファイルが対応するため、それぞれのカラオケテキストファイルの管理に用いるポインタとしては、 And last for one karaoke text file individually to each track corresponds, as the pointer used for the management of each karaoke text file,
このAUX−TOCセクター8内に、U−TOCセクター0で用いるポインタP-TNO1〜P-TNO255がそのまま用いられる。 This AUX-TOC sector within 8, the pointer P-TN01 to-TNO255 used in the U-TOC sector 0 is used as it is. またポインタP-KFRA、P-EMPTY も形成される。 The pointer P-KFRA, also P-EMPTY are formed.

【0132】そしてテーブル部において各ポインタに対応される各8バイトのパーツテーブルとして、スタートアドレス、エンドアドレス、文字コード(文字コード及びスーパーインポーズビット)が記録される255単位のパーツテーブル(01h) 〜(FFh) が形成される。 [0132] and as each 8-byte part table corresponding to each pointer in the table section, the start address, end address, 255 units of the parts table character code (character code and superimpose bit) is recorded (01h) ~ (FFh) is formed.

【0133】ポインタP-TNO1〜P-TNO255は、第1トラックから第255トラックにそれぞれ対応される1つのカラオケテキストファイルが記録された領域を、特定のパーツテーブルを指定することで管理する。 [0133] Pointer P-TN01 to-TNO255 manages by one karaoke text file corresponding respectively to the 255 tracks from the first track the recorded area, designating a particular part table. 例えばポインタP-TNO1で指定されるパーツテーブルには、第1トラックに対応するカラオケテキストファイルセクターのスタートアドレス、エンドアドレス、文字モード(及びスーパーインポーズビット)が記録された状態とされる。 For example, in a part table designated by the pointer P-TNO1, is a state in which the start address of the karaoke text file sector corresponding to the first track, the end address, character mode (and superimpose bit) has been recorded. なお、このAUX−TOCセクター8ではリンク情報によるパーツテーブルをリンクさせて行うファイル管理は行われない。 In addition, file management is not carried out carried out by linking the parts table of this in the AUX-TOC sector 8 link information. つまり1つのカラオケテキストファイルは、 That is one of the karaoke text file,
物理的に離れた空間に記録されることはない。 It will not be recorded in a physically separated space.

【0134】ただし、このセクター内での未使用のパーツテーブルについてはポインタP-EMPTY を起点とするリンク形態(パーツテーブルの8バイト目がリンク情報とされる)によって管理される。 [0134] However, this for the unused part tables in the sector is managed by a link form that starting from the pointer P-EMPTY (8 byte of the part table is a link information). またポインタP-KFRAは、 The pointer P-KFRA is,
上記AUX−TOCセクター0においてポインタP-KRAO Pointer P-KRAO in the above-mentioned AUX-TOC sector 0
K により設定されたカラオケテキストファイル領域内でのフリーエリア、つまりカラオケテキストファイルの書込可能エリアを管理するポインタとなり、ポインタP-KF Free area at the set karaoke text file area by K, i.e. becomes a pointer for managing the writable area of ​​the karaoke text file, the pointer P-KF
RAで指定されるパーツテーブルにフリーエリアとしての区間のアドレスが記録される。 Address of the section as a free area is recorded in a part table designated by the RA. そして、このフリーエリア管理にもパーツテーブルの8バイト目がリンク情報とされてパーツテーブルがリンクされ、複数の離れた区間がフリーエリアとして管理される場合がある。 Then, this 8-byte of free area part table in management is in part table is a link information is linked, there is a case where a plurality of remote section is managed as a free area.

【0135】5−10 AUX−TOCセクター9 上記AUX−TOCセクター8によってカラオケテキストファイルを構成するカラオケテキストファイルセクターが管理されるが、このカラオケテキストファイルセクターに記録された文字情報の出力タイミングを細かく設定するために、一対のセクターとして記録されるカラオケアドレスセクターが、このAUX−TOCセクター9 [0135] 5-10 by AUX-TOC sector 9 the AUX-TOC sector 8 is karaoke text file sector constituting a karaoke text file is managed, finely output timing of the character information recorded in the karaoke text file sector to set karaoke address sector to be recorded as a pair of sectors, the AUX-TOC sector 9
で管理される。 In are managed.

【0136】そしてこのAUX−TOCセクター9では、上記セクター8と同様にトラックに対応するポインタP-TNO1〜P-TNO255によって、それぞれ対応するカラオケアドレスセクターのアドレスを示したパーツテーブルが指定される。 [0136] Then, in the AUX-TOC sector 9, by the pointer P-TN01 to-TNO255 corresponding to the track in the same manner as in sector 8, the part table indicates the address of the corresponding karaoke address sector is specified. テーブル部において各ポインタに対応される各8バイトのパーツテーブルには、スタートアドレス、エンドアドレスが記録される。 Each 8-byte part table corresponding to each pointer in the table section, the start address, the end address is recorded.

【0137】即ちポインタP-TNO1〜P-TNO255は、第1トラックから第255トラックにそれぞれ対応される1つのカラオケテキストファイルにおける、カラオケアドレスセクターのアドレスを特定のパーツテーブルを指定することで管理する。 [0137] That pointer P-TN01 to-TNO255 manages by in one karaoke text file corresponding respectively to the 255 tracks from the first track, designating a particular part table the address of the karaoke address sector . 例えばポインタP-TNO1で指定されるパーツテーブルには、第1トラックに対応して上記AU For example, a part table designated by the pointer P-TNO1, the AU corresponding to a first track
X−TOCセクター8で管理されるカラオケテキストファイルセクターと対になるカラオケアドレスセクターのスタートアドレス、エンドアドレスが記録される。 Karaoke text file sector and karaoke address sector of the start address to become a pair that is managed by the X-TOC sector 8, the end address is recorded. なお、このAUX−TOCセクター9でも、リンク情報によるパーツテーブルをリンクさせて行うファイル管理は行われない。 It should be noted that, even in this AUX-TOC sector 9, file management carried out by linking the parts table by link information is not performed. つまり1つのカラオケアドレスファイルは、物理的に離れた空間に記録されることはない。 That one karaoke address file is not to be recorded in a physically separated space.

【0138】ただし、このセクター内での未使用のパーツテーブルについてはポインタP-EMPTY を起点とするリンク形態(パーツテーブルの8バイト目がリンク情報とされる)によって管理される。 [0138] However, this for the unused part tables in the sector is managed by a link form that starting from the pointer P-EMPTY (8 byte of the part table is a link information).

【0139】このようにAUX−TOCセクター8、セクター9では、各トラックに対応するカラオケテキストファイルを構成する、カラオケテキストファイルセクターとカラオケアドレスセクターが対になるように管理される。 [0139] In this way AUX-TOC sector 8, the sector 9, constituting a karaoke text file corresponding to each track, karaoke text file sector and karaoke address sector is managed to be paired. そして、カラオケテキストファイルセクターに記録された文字情報の実際の出力タイミングはカラオケアドレスセクターで設定されるが、その設定方式及び出力動作については後述する。 The actual output timing of the character information recorded in the karaoke text file sector is set by the karaoke address sector thereof will be described later set scheme and output operation.

【0140】6. [0140] 6. データファイル 6−1 ピクチャーファイルセクター 以上のように形成されるAUX−TOCによって管理されるAUXデータファイルとして、3種類のデータファイルについて説明していく。 As AUX data files managed by the AUX-TOC which is formed as described above datafiles 6-1 Picture file sector, will be described for three types of data files.

【0141】まずピクチャーファイルとしては、静止画1枚のファイル長、つまり1つのピクチャーファイルのサイズは、1クラスタ又は2クラスタとされる。 [0141] First as picture file, one still picture file length, i.e. the size of one picture file is one cluster or two clusters. 仮に1 If 1
クラスタと考えれば、AUXデータエリア内に最大で3 Given the cluster, 3 at the maximum to the AUX data area
7個のピクチャーファイルと1個の表紙ピクチャーファイルが記録できる。 Seven of picture files and one cover picture file can be recorded.

【0142】静止画としてのイメージサイズは640× [0142] image size of a still image is 640 ×
480ドットとし、ピクチャーファイルはJPEGフォーマットベースラインとする。 And 480 dots, picture files and JPEG format baseline. そしてピクチャーファイルの管理は、AUX−TOCで行うためファイルのビットストリームはJPEG規定のSOIマーカーからEO EO and management of picture files, bit stream of a file for performing in AUX-TOC is an SOI marker JPEG provisions
Iマーカーまでとなる。 The until I marker. また、セクターフォーマットはモード2とし、3rdレイヤECCは無しとするために、1セクタの画像データ容量は2324バイト(1クラスタの容量は、74368バイト)となる。 In addition, the sector format is the mode 2, in order to make without the 3rd layer ECC, image data capacity of 2324 bytes of one sector (1 cluster of capacity, 74,368 bytes) becomes.

【0143】このようなピクチャーファイルとなるクラスタを構成するセクターのフォーマットは例えば図21 [0143] The format of sectors constituting a cluster of such a picture file, for example 21
のようになる。 become that way. 同期パターン、クラスタアドレス、セクターアドレス、モード情報によるヘッダに続く所定バイト位置に、エラー訂正モードを示す情報(Mode)、データファイルの属性を示すカテゴリー情報(Category)、データファイルのパラメータを示すインデックス情報(Inde Synchronization pattern, a cluster address, a sector address, the predetermined byte positions following the header by mode information, error information indicating correction mode (Mode), category information indicating the attribute of the data file (the Category), index information indicating the parameters of the data file (Inde
x) が設けられ、またシステムID(ID)が記録される。 x) is provided, also a system ID (ID) is recorded. そして、データDP0 〜DP2323として示すように、2 Then, as indicated as data DP0 ~DP2323, 2
324バイトの画像データが記録される。 324-byte image data of is recorded. 最後の4バイトには、誤り検出パリティ(EDC0 EDC3) を記録することができる。 The last 4 bytes, it is possible to record the error detection parity (EDC0 EDC3).

【0144】6−2 テキストファイルセクター 次にテキストファイルとしては、ASCII、Modified [0144] 6-2 as a text file sector next text files, ASCII, Modified
ISO 8859-1 、MusicShifted JIS などのテキストデータを記録できる。 ISO 8859-1, can record text data, such as MusicShifted JIS. テキストファイルとしてのセクターには、文字及び制御コードが記録される。 The sector as a text file, characters and control codes are recorded. 制御コードとは改行、改ページその他の情報である。 The control code line break, a page break other information.

【0145】テキストファイルを構成するセクターのフォーマットは例えば図22のようになり、ピクチャーファイルと同様にヘッダ、エラー訂正モード情報(Mode)、 [0145] The format of sectors constituting a text file is as shown in FIG. 22 for example, a picture file as well as the header, error correction mode information (Mode),
カテゴリー情報(Category)、インデックス情報(Index) Category information (Category), index information (Index)
、システムID(ID)が記録されるとともに、データD , Together with the system ID (ID) is recorded, the data D
T0 〜DT2323として示すように、2324バイトの文字情報(及び制御コード)が記録される。 As shown as T0 ~DT2323, 2324 bytes of character information (and control codes) is recorded. 最後の4バイトには、誤り検出パリティ(EDC0 EDC3) を記録することができる。 The last 4 bytes, it is possible to record the error detection parity (EDC0 EDC3).

【0146】6−3 カラオケテキストファイルセクター 上述したようにカラオケテキストファイルは、それぞれ1つのトラックに1:1で対応して形成されるとともに、さらにその各カラオケテキストファイルは、カラオケテキストファイルセクターとカラオケアドレスセクターが1:1で対応された状態で構成されている。 [0146] 6-3 Karaoke text file sector karaoke text file as described above, respectively 1 a single track: with is formed corresponding at 1, further their respective karaoke text file, a karaoke text file sector and karaoke address sector 1: consists in a state of being supported by one. そしてカラオケテキストファイルセクターに記録された歌詞等の文字情報は、カラオケアドレスセクターに記録されたアドレス情報により、対応するトラックの歌もしくは伴奏に同期したタイミングで表示出力される。 The character information lyrics or the like recorded in the karaoke text file sector, the address information recorded in the karaoke address sector is display output at a timing synchronized with the song or accompaniment of the corresponding track.

【0147】カラオケテキストファイルセクターとしては、ASCII、Modified ISO 8859-1 、Music Shifte [0147] Examples of the karaoke text file sector, ASCII, Modified ISO 8859-1, Music Shifte
d JIS などのテキストデータを記録できる。 It can record text data, such as d JIS. また画面上の文字表示位置、フォント、色、改行、ワイプの有無、 The character display position on the screen, font, color, line breaks, the presence or absence of a wipe,
などを指示する各種制御コードが記録される。 Various control codes are recorded to indicate the like.

【0148】1つのカラオケテキストファイルを、後述するカラオケアドレスセクターとともに構成するカラオケテキストファイルセクターのフォーマットは例えば図23のようになり、ピクチャーファイルと同様にヘッダ、エラー訂正モード情報(Mode)、カテゴリー情報(Cat [0148] One karaoke text file, the format of the karaoke text file sector constituting together with the karaoke address sector to be described later is as shown in FIG. 23 for example, a picture file as well as the header, error correction mode information (Mode), category information (Cat
egory)、インデックス情報(Index) 、システムID(I egory), index information (Index), system ID (I
D)が記録されるとともに、データDK0 〜DK2323として示すように、2324バイトの文字情報(及び制御コード)が記録される。 With D) are recorded, as shown as data DK0 ~DK2323, 2324 bytes of character information (and control codes) is recorded. 最後の4バイトには、誤り検出パリティ(EDC0 EDC3) を記録することができる。 The last 4 bytes, it is possible to record the error detection parity (EDC0 EDC3).

【0149】6−4 カラオケアドレスセクター 図24に示したカラオケテキストファイルセクターに対応するカラオケアドレスセクターのフォーマットを図2 [0149] 6-4 karaoke address sector view Figure 2 the format of a karaoke address sector corresponding to the karaoke text file sector shown in 24
4に示すが、これも同様にヘッダ、エラー訂正モード情報(Mode)、カテゴリー情報(Category)、インデックス情報(Index) 、システムID(ID)が記録される。 Although shown in 4, which likewise header, error correction mode information (Mode), category information (the Category), index information (Index), the system ID (ID) is recorded. そしてアドレスデータAK0 〜AK2323として示すように、アドレス情報を記録する2324バイトの領域が設定されている。 Then, as shown as address data AK0 ~AK2323, area of ​​2324 bytes for recording address information is set. ここでは、4バイトで1つのアドレス(クラスタ、 Here, one of the address (cluster 4 bytes,
セクター、サウンドグループアドレス)を表現する。 Sector, representing a sound group address). つまり図24の1行分としての4バイト、例えばアドレスデータAK0 〜AK3 の4バイトで、1つのアドレスが記録される。 That 4 bytes as one line in FIG. 24, for example, 4 bytes of address data AK0 ~AK3, 1 single address is recorded. 但し、AUX−TOCにおけるスタートアドレス、エンドアドレスなどのアドレス表記に合わせて、3 However, in accordance with the start address in the AUX-TOC, to address notation, such as the end address, 3
バイトを用いた短縮形でクラスタ、セクター、サウンドグループアドレスを表現しており、残りの1バイトはダミーとされている。 Cluster in abbreviated form using the byte, sector, and represents a sound group address, the remaining 1 byte is a dummy.

【0150】そして4バイトで1つのアドレスが例えばオフセットアドレス形式で表現されるが、このためカラオケアドレスセクターでは、1セクタ当たり最大581 [0150] Then Although one address of 4 bytes is expressed by, for example offset address format, in this order karaoke address sector 1 sector per maximum 581
個のアドレス値を記録でき、つまり対応するトラックとしての楽曲内で581箇所のタイミング(トラックの先頭アドレスからのオフセットアドレス)を指定できることになる。 Can record pieces of address values, i.e. it becomes possible to specify the timing of the song in a 581 points as the corresponding track (offset address from the start address of the track). また、AUX−TOCセクタ8〜セクタ9のパーツテーブルのスタートアドレスとエンドアドレスの指定により、1曲に対するカラオケテキストファイルとカラオケアドレスファイルのファイル長を、1セクタ単位で、任意に設定できる。 In addition, by specifying the start and end addresses of the parts table of the AUX-TOC sector 8 sector 9, the file length of the karaoke text file and the karaoke address file for one song, in one sector unit, it can be arbitrarily set.

【0151】7. [0151] 7. プログラムに同期したデータファイル再生 以上のようにAUXデータとしてのデータファイル、及びそれを管理するAUX−TOCが形成されるが、各データファイルは、プログラムの再生に同期して出力(画像表示、文字表示)することができる。 Data file as AUX data as data file playback or synchronized with the program, and AUX-TOC is formed to manage it, the data file, in synchronism with the reproduction of the program output (image display, character can be displayed). この動作について説明する。 This operation will be described.

【0152】まずピクチャーファイルは、各ピクチャーファイルがAUX−TOCセクター1で管理されるため、それに基づいてシステムコントローラ11は任意の時点で表示のために出力することができる。 [0152] First picture file, for each picture file are managed by the AUX-TOC sector 1, the system controller 11 on the basis of which can be output for display at any time. 例えば表示部24で表示させたり、インターフェース部25を介して外部モニタ機器に供給して表示させることができる。 For example or is displayed on the display unit 24, it can be displayed and supplies the external monitor device through the interface unit 25.
また、AUX−TOCセクター2、セクター3で管理されているピクチャーネームや記録日時を、ピクチャーとしての画像表示の際などに例えば表示部24で表示させることができる。 Further, AUX-TOC sector 2, the picture names and recording date and time managed in the sector 3, can be displayed on the image display example display unit 24 such as during in a picture.

【0153】そしてさらに、AUX−TOCセクター5 [0153] and further, AUX-TOC sector 5
の情報に基づくことで、プログラムの再生に同期して所定のピクチャーファイルの表示出力を実行させることができる。 By based on the information, it can be in synchronism with the reproduction of the program to execute the display output of a predetermined picture file. 例えばAUX−TOCセクター5の説明で述べたように、あるトラックの楽曲の再生中に、1または複数のピクチャーファイルとしての画像をそれぞれスタートアドレス、エンドアドレスとして示される特定のタイミングで表示出力させることができる。 For example, as described in the description of the AUX-TOC sector 5, during reproduction of music of a certain track, one or more images each start address as a picture file, possible to display the output at a specific timing, shown as end address can.

【0154】このピクチャーファイルと同様の出力を、 [0154] The output similar to this picture file,
テキストファイルについても実行できる。 It can also be carried out for the text file. 即ちテキストファイルについては、各テキストファイルがAUX−T That is, the text file, each text file is AUX-T
OCセクター6で管理されるため、それに基づいてシステムコントローラ11は任意の時点で文字表示のために出力することができる。 To be managed by the OC sector 6, the system controller 11 on the basis of which can be output for character display at any given time. 例えば表示部24で表示させたり、インターフェース部25を介して外部モニタ機器に供給して表示させることができる。 For example or is displayed on the display unit 24, it can be displayed and supplies the external monitor device through the interface unit 25.

【0155】そしてさらに、AUX−TOCセクター7 [0155] and further, AUX-TOC sector 7
の情報に基づくことで、プログラムの再生に同期して所定のテキストファイルの表示出力を実行させることができる。 By based on the information, it can be in synchronism with the reproduction of the program to execute the display output of a predetermined text file. 例えばあるトラックの楽曲の再生中に、1または複数のテキストファイルとしての文字をそれぞれスタートアドレス、エンドアドレスとして示される特定のタイミングで表示出力させることができる。 For example, during reproduction of music of a certain track, one or more respective start address characters as a text file, it can be displayed and output at a specific timing, shown as an end address.

【0156】本例ではさらに、カラオケテキストファイルについては、プログラムとしての楽曲の再生演奏に合わせて、つまり歌詞としての文字情報を、ボーカル音声やカラオケのガイドとして演奏に合わせて、表示出力させることができる。 [0156] In this example further, for the karaoke text file, according to the reproductive performance of the song as a program, that is, the character information as lyrics, to match the performance as vocal sound and karaoke of the guide, it is possible to display output it can. このために上述したようにカラオケテキストファイルは1つのトラックに1:1で対応して形成され、さらにその各カラオケテキストファイルは、 The karaoke as described above for the text files into a single track 1: 1 corresponds formed by, yet their respective karaoke text file,
カラオケテキストファイルセクターとカラオケアドレスセクターが1:1で対応された状態で構成されている。 Karaoke text file sector and karaoke address sector is 1: consists in a state of being supported by 1.

【0157】カラオケテキストファイルセクターに記録された文字情報の出力タイミング管理について図25で説明する。 [0157] will be described with reference to FIG. 25 for the output timing management of character information recorded in the karaoke text file sector. 図25(a)には、上記した図23のカラオケテキストファイルセクターのうちで、データDK0 〜DK The FIG. 25 (a), a among the karaoke text file sector shown in FIG. 23 described above, data DK 0 to Dk
7 として記録される情報の例を示している。 It shows an example of information recorded as 7. ここで示すデータDK0 〜DK7 としての値「59h」「6Fh」・・ Here, the value of the data DK0 ~DK7 showing "59h", "6Fh" ...
・「77h」は、アスキーコードとしての文字情報であり、図示するようにデータDK0 〜DK7 として、或るトラックの歌詞の一部となる、「Y」「o」「u」「 」 - "77h" is a character information as ASCII code, as data DK 0 ~DK7 As shown, a part of the lyrics of a certain track, "Y", "o", "u", ""
「k」「n」「o」「w」という文字情報が記録されている例である。 Character information of "k", "n", "o", "w" is an example that has been recorded.

【0158】また図25(b)にはカラオケアドレスセクターのうちで、アドレスデータAK0 〜AK7 として記録される情報の例を示している。 [0158] Also among the karaoke address sector in FIG. 25 (b), shows an example of information recorded as address data AK0 ~AK7. 上記したようにアドレスは4バイトのうちの3バイトを用いて短縮形で記録されるため、アドレスデータAK0 〜AK3 として、ある1つのオフセットアドレスが記録され、またアドレスデータAK Since the address as described above is recorded in abbreviated form using the three bytes of the four bytes, as address data AK0 ~AK3, there one offset address is recorded, also address data AK
4 〜AK7 として、ある1つのオフセットアドレスが記録されている。 As 4 ~AK7, there one offset address is recorded. ここでは図4で例にあげた「0032hクラスタ、04hセクター、0hサウンドグループ」のアドレス値と、「0032hクラスタ、13hセクター、 Here, the address value of an example in Figure 4, "0032h cluster, 04h sector, 0h sound group" is, "0032h cluster, 13h sector,
9hサウンドグループ」のアドレス値が、それぞれ「0 9h address value of the sound group "is, each" 0
032hクラスタ、00hセクター、0hサウンドグループ」を起点とするオフセットアドレスとして記録されている例である。 032h cluster, is an example of 00h sector, it is recorded 0h sound group "as the offset address to the starting point.

【0159】この図25(a)(b)で示すカラオケテキストファイルセクターとカラオケアドレスセクターは、AUX−TOCセクター8、セクター9によって対になるセクターとして管理されているものである。 [0159] FIG. 25 (a) (b) karaoke text file sector and karaoke address sector shown in are those that are managed as a sector to be paired by AUX-TOC sector 8, the sector 9.

【0160】ここで、カラオケアドレスセクターのアドレスデータAK0 〜AK3 は、カラオケテキストファイルセクターのデータDK0 〜DK3 に対応したアドレスとされる。 [0160] In this case, karaoke address sector of address data AK0 ~AK3 is an address corresponding to the data DK0 ~DK3 of karaoke text file sector. 同様にカラオケアドレスセクターのアドレスデータ Similarly karaoke address sector of address data
AK4 〜AK7 は、カラオケテキストファイルセクターのデータDK4 〜DK7 に対応したアドレスとされる。 AK4 ~AK7 is an address corresponding to the data DK4 ~DK7 of karaoke text file sector. 図25には示していないが、カラオケアドレスセクターとカラオケテキストファイルセクターは同様に4バイトづつ対応関係がとられており、図23、図24において、データ Although not shown in FIG. 25, karaoke address sector and the karaoke text file sector are taken is likewise 4 bytes at a time correspondence, 23, 24, the data
DK8 〜DK11とアドレスデータAK8 〜AK11、データDK12〜 DK8 ~DK11 and address data AK8 ~AK11, data DK12~
DK15とアドレスデータAK12〜AK15、・・・・・データDK DK15 and address data AK12~AK15, ····· data DK
2320〜DK2323とアドレスデータAK2320〜AK2323が、それぞれ対応づけられている。 2320~DK2323 address data AK2320~AK2323 have been respectively associated.

【0161】つまり、カラオケテキストファイルセクターに記録されている文字情報は、4バイト毎に、出力タイミングとしてのアドレスが、カラオケアドレスセクターにおいて記録されていることになる。 [0161] In other words, character information recorded in the karaoke text file sector, every 4 bytes, address as the output timing, will have been recorded in the karaoke address sector. これによって、 by this,
システムコントローラ11は、例えば図25(a)の「You」という文字を図25(b)に示す「0032 System controller 11, for example, "0032 shown in FIG. 25 (b) the word" You "shown in FIG. 25 (a)
hクラスタ、04hセクター、0hサウンドグループ」 h cluster, 04h sector, 0h sound group. "
の再生タイミングで出力すべきことがわかり、また図2 See that should be output at the playback timing, and FIG. 2
5(a)の「Know」という文字を図25(b)に示す「0032hクラスタ、13hセクター、9hサウンドグループ」の再生タイミングで出力すべきことがわかる。 5 (a) of the word "Know" shown in FIG. 25 (b) "0032h cluster, 13h sector, 9h sound group," it can be seen that to be output at the playback timing of.

【0162】このように歌詞となる文字情報が4バイト毎に、その出力タイミングが管理されているため、この出力タイミングとなるアドレスデータを楽曲に合わせて設定しておけば、歌や伴奏に同期した歌詞となる文字の表示出力が可能となる。 [0162] In this way the character information is in every four bytes of the lyrics, because the output timing is managed, by setting in accordance with the address data to be output timing to the music, in synchronization with the song and accompaniment display output of the character to be the lyrics becomes possible. そしてこのカラオケテキストファイルを用いた表示動作により、カラオケ用途としての音楽を楽しむ際には、歌うべき歌詞が歌うべきタイミングで表示され、大変便利なものとなり、また通常の歌唱演奏を聴く際にも、その歌詞が歌に同期して表示でき、 And the display operation using the karaoke text file, when to enjoy the music as a karaoke applications, are displayed at the timing should sing the lyrics to sing, become a thing very useful, and also when listening to the usual singing performance , you can display the lyrics in synchronization with the song,
ユーザーの楽しみを広げることができる。 It is possible to widen the user fun.

【0163】なお、図25には、アドレス情報をオフセットアドレスではなく絶対アドレス(短縮形)で示した例を示した。 [0163] Incidentally, in FIG. 25, an example shown in absolute address and not the address information in the offset address (abbreviation). このような絶対アドレスで出力タイミングを指定するようにしてももちろんかまわない。 It may of course also possible to specify the output timing in such absolute address. また、図25(b)(c)は、どちらも短縮型でアドレスを記録する例としているが、4バイトの領域が確保されているため、必ずしも短縮型としなくてもよい。 Further, FIG. 25 (b) (c), although both are an example of recording the address truncated, because the 4-byte area is secured, it is not necessarily the truncated.

【0164】ここで、上述した、AUXデータ(ピクチャーファイル、テキストファイル、カラオケテキストファイル)をプログラムの再生に同期させて出力するための、システムコントローラ11の処理動作について、図37のフローチャートを参照して説明する。 [0164] Here, the above-described, AUX data (picture files, text files, karaoke text file) a program for outputting in synchronization with the reproduction of the processing operation of the system controller 11, with reference to the flowchart of FIG. 37 It described Te.

【0165】例えばユーザの操作部23に対する操作によってプログラム再生の指示があったとすると、システムコントローラ11はステップS101以降の処理に移行する。 [0165] For example, assume that an instruction of the program reproduced by the user operation on the operation unit 23, the system controller 11 proceeds to step S101 and subsequent steps.

【0166】ステップS101においては、ディスク9 [0166] In step S101, the disk 9
0の管理エリアからU−TOCのデータを再生し、続くステップS102の処理により、この再生したU−TO It reproduces the data of U-TOC from 0 management area of ​​the processing of the subsequent step S102, the regenerated U-TO
Cをバッファメモリ13の所定領域に保持する。 Holding the C in a predetermined area of ​​the buffer memory 13. これにより、プログラムエリア内の各プログラム(トラック) Thus, each program in the program area (track)
の記録位置等の情報がバッファメモリ13に格納されることになる。 Information recording position, etc. is to be stored in the buffer memory 13 of the.

【0167】続いて、ステップS103にて管理エリアからAUX−TOCのデータを再生して、ステップS1 [0167] Then, by reproducing the data of the AUX-TOC from the management area, in step S103, step S1
04により、再生されたAUX−TOCのデータをバッファメモリの所定領域に保持させる。 By 04, to hold the data of the AUX-TOC reproduced in a predetermined area of ​​the buffer memory. これにより、AU As a result, AU
Xデータエリア内に記録されているピクチャーファイル、テキストファイル、カラオケファイルなどの各AU Picture files recorded in the X data area, a text file, each AU and karaoke file
Xデータファイルの記録位置(アドレス)やプログラムのトラックナンバに対応する各種ファイル番号情報や、 And various file number information corresponding to the track number of the recording position (address) and programs X data file,
同期再生をとるためのタイミング情報、更には各AUX Timing information for synchronizing reproduction, even the AUX
データファイルに関するネームや記録日時の情報等がテーブル化されて保持されることになる。 Information such as the name or recording date about the data file is to be held in tabular form.

【0168】続いてステップS105により、ディスクのAUXデータエリアに記録されているAUXデータを再生し、次のステップS106により再生されたAUX [0168] Then in step S105 and reproduces the AUX data recorded in the AUX data area of ​​the disc, it is reproduced by the following steps S106 AUX
データをバッファメモリ13に蓄積するための処理が実行される。 Processing for storing data in the buffer memory 13 is executed. なお、ここまでの処理は再生開始時ではなく、例えば、最初にディスクが装填されたときに行うようにしてもよいものである。 The processing up to this point rather than at the start of reproduction, for example, those which initially may be performed when the disc is loaded.

【0169】続くステップS107においては、例えば楽曲としてのプログラムが記録されているプログラムエリアにシークして、オーディオデータ(ATRACデータ)の再生を開始する。 [0169] In subsequent step S107, for example, seeks the program area in which a program as music is recorded, and starts reproduction of the audio data (ATRAC data). そして、上記ステップS107 Then, the step S107
の処理によってオーディオデータの再生出力が行われているのに並行して、ステップS108により、前述したように、AUX−TOCの内容を参照することで、現在再生されているプログラムに同期したAUXデータ(ピクチャーファイル、テキストファイル、カラオケテキストファイル)の再生を行う。 Processed in parallel to the reproduction output of the audio data is being performed by the, in step S108, as described above, by referring to the contents of the AUX-TOC, AUX data synchronized with the program currently being reproduced do (picture files, text files, karaoke text file) playback of. ここでの再生は、先のステップS105→S106の処理によりバッファメモリ1 Wherein the reproduction, the buffer memory 1 by the processing of the previous step S105 → S106
3に保持されているAUXデータを読み出すことで行われるものである。 3 is intended to be performed by reading the AUX data held in. そして、ステップS109において、 Then, in step S109,
上記ステップS108により再生されたAUXデータを、例えば表示部24に対して表示するための制御処理が実行される。 The AUX data reproduced by the step S108, for example, control processing for displaying on the display unit 24 is executed.

【0170】上記ステップS108,S109の処理はステップS110にてプログラムの再生が終了したことが判別されるまで行われる。 [0170] The processing of step S108, S109 is performed until the reproduction of the program at step S110 it is determined that the completion. そして、ステップS110 Then, step S110
にてプログラムの再生が終了したことが判別されると、 When the reproduction of the program is determined that ended in,
この図に示す処理が終了されることになる。 So that the processing shown in FIG ends.

【0171】なお、上記説明では、U−TOC、AUX [0171] In the above description, U-TOC, AUX
−TOC、及びAUXデータを蓄積するメモリとしては、同一のバッファメモリ13としているが、例えば各データ種類に対応した複数のメモリを設けるようにすることも考えられる。 -TOC, and as a memory for storing the AUX data, although the same buffer memory 13, it is conceivable to be provided a plurality of memories corresponding to each data type, for example. AUXデータが画像データなどの比較的大きなデータサイズのものである場合には、比較的大容量のメモリが必要とされる。 If the AUX data is of relatively large data size, such as image data, it is required memory of a relatively large capacity.

【0172】8. [0172] 8. AUXデータの記録 以上のような再生出力可能なAUXデータファイルは、 Play can output AUX data files as recorded above the AUX data,
例えばプログラムとしての楽曲を記録した後(もしくは同時)に、ユーザーが入力することでディスク90に記録できる。 For example, after having recorded the music of a program (or simultaneously), it can be recorded on the disc 90 by the user input.

【0173】例えばピクチャーファイルやテキストファイルの場合、ユーザーは操作部23やインターフェース部25と接続したパーソナルコンピュータ、イメージスキャナ等を用いて文字データ又は画像データを入力する。 [0173] For example, in the case of a picture file or text file, the user inputs the text data or image data using a personal computer was connected to an operation unit 23 and the interface unit 25, an image scanner or the like. ユーザーは、ピクチャーファイルとしての画像データ、もしくはテキストファイルとしての文字データの入力の際に、対応づけをするプログラムのトラックナンバ(さらに出力タイミング情報)を入力してもよいし、しなくてもよい。 Users image data as picture files, or upon the input of character data as a text file, may be input to the track number of the program to the association (further output timing information) may not be . 対応させるトラックナンバを入力しなければシステムコントローラ11は、入力された画像データもしくは文字データが、AUXデータエリア内で1つのピクチャーファイル又はテキストファイルとして記録されるように、ディスク90への記録動作の実行制御を行うとともに、AUX−TOCセクター1又はセクター6で、その記録したデータファイルが管理されるように、AUX−TOCの更新処理を行う。 The system controller 11 need to enter the track number to associate the input image data or character data, to be recorded as one picture file or a text file in the AUX data area, the recording operation to the disk 90 It performs execution control, in AUX-TOC sector 1 or sector 6, so recorded data file is managed, performs update processing of the AUX-TOC.

【0174】一方、ユーザーが画像データもしくは文字データとともに、対応するトラックナンバを入力した場合は、システムコントローラ11は、ピクチャーファイル又はテキストファイルのディスク90への記録を実行させ、AUX−TOCセクター1又はセクター6の更新を実行させるとともに、プレイバックシーケンステーブルとしてのAUX−TOCセクター5又はセクター7の更新も実行させる。 [0174] On the other hand, the user together with the image data or character data, if you enter the corresponding track number, the system controller 11, to execute the recording to the disk 90 of the picture file or a text file, AUX-TOC sector 1 or together to execute updating of the sector 6, also be performed update of AUX-TOC sector 5 or sector 7 as playback sequence table. つまり、記録されたデータファイルが特定のトラックの再生時に表示出力されるような管理状態を実現させる。 That is, to realize the management state as recorded data file is displayed and output during playback of a particular track. なお、この時ユーザーが、指定したトラック内での出力タイミング情報を入力しなければ、 At this time the user, without entering the output timing information of the specified track,
AUX−TOCセクター5又はセクター7において、指定されたトラックに対応して使用するパーツテーブルのスタートアドレス、エンドアドレスは、それぞれ「00 In the AUX-TOC sector 5 or sector 7, the start address of the part table to be used in response to the specified track, the end address, each "00
0h」とする。 And 0h ". つまり記録するデータファイルとしての画像又は文字が、その指定したトラックの再生中は継続して出力される状態とする。 That image or characters as a data file to be recorded is, during reproduction of the specified track and the condition to be continuously output. もちろん、ユーザーが出力タイミング情報を入力した場合は、その入力に応じて、 Of course, if the user inputs the output timing information, in response to the input,
AUX−TOCセクター5又はセクター7で、使用するパーツテーブルのスタートアドレス、エンドアドレスの値が設定される。 In AUX-TOC sector 5 or sector 7, the start address of the part table to be used, the value of the end address is set. つまり、指定したトラックの再生中の所定の期間に、データファイルの再生出力が行われる状態となる。 That is, a predetermined period during reproduction of the specified track, a state in which reproduction output data file is performed.

【0175】なお、再生タイミングの入力は、例えばユーザーに、指定されたトラックの再生音声出力を聞かせながら、画像/文字の出力開始及び終了タイミングで、 [0175] The input of the playback timing, for example, the user, while let the playback audio output of the specified track, the output start and end timing of the image / character,
指定操作キーをオンさせるなどの操作方式とするとよい。 The specified operation key may be the mode of operation, such as turning on. また、データファイルに対応するトラックの指定や、出力タイミングの設定操作は、データファイルの記録と同時に行う以外に、後の時点で行うことができるようにもする。 Further, specification and the track corresponding to the data file, the setting operation of the output timing, in addition carried out simultaneously with the recording of the data file, also can be performed at a later time. つまり、ユーザーが任意にAUX−TOC In other words, the user arbitrarily AUX-TOC
セクター5又はセクター7についてのみのデータ更新を実行できる編集操作モードを用意しておく。 It is prepared the editing mode of operation you can perform the data update of the sector 5 or sector 7 only.

【0176】カラオケテキストファイルについても、ユーザーは操作部23や、インターフェース部25と接続したパーソナルコンピュータなどで、任意に文字データを入力し、記録させることができる。 [0176] The karaoke text file, the user or the operation unit 23, in a personal computer connected with the interface unit 25, optionally enter character data, it can be recorded. この場合、一例として、ユーザーはまず1曲分の歌詞等の文字データを全て入力する。 In this case, as an example, the user first inputs all character data of the lyrics or the like of the song. システムコントローラ11は、文字データの入力に続いて、特定のトラックの指定をユーザーに要求し、ユーザーはこれに応じてトラックナンバを入力する。 The system controller 11, following the input character data, requests the designation of a particular track on the user, the user inputs the track number accordingly. 続いてシステムコントローラ11は指定されたトラックの再生を開始し、それとともにユーザーが入力した文字を先頭から4バイト分づつ表示していく。 Then the system controller 11 starts the playback of the specified track, with it continue to display at a time 4 bytes of characters entered by the user from the beginning. ユーザーは表示されている4バイト分の文字について、再生音声を聞きながら出力タイミングとなるのを待ち、出力タイミングとしたい時点で、タイミング指定操作キーを押す。 User for 4 bytes of characters that are displayed, wait until the output timing while listening to the playback sound, at the point in time for which you want to output timing, press the timing specified operation key. システムコントローラ11は、その操作が行われたタイミングでの再生位置のアドレスを、表示している4 The system controller 11, the address of the reproduction position at the timing when the operation is performed, are displayed 4
バイトの文字データに対応するアドレスとする。 The address corresponding to the byte character data. つまりカラオケアドレスセクターに記録するアドレスの1つとして保持する。 That retained as one of the addresses to be recorded in the karaoke address sector. このような動作を、入力された文字情報の最後の4バイト分まで行うことで、カラオケアドレスセクターに記録すべき各アドレス値が設定されることになる。 Such an operation, by performing up to the last 4 bytes of character information inputted, so that each address value to be recorded in the karaoke address sector is set. そしてシステムコントローラ11は、入力された文字情報を、カラオケテキストファイルセクターとして、また設定された4バイト毎の文字データに対応する各アドレス値を、カラオケアドレスセクターとして、ディスク90のAUXデータエリアに記録させ、また、A The system controller 11 records the character information inputted as karaoke text file sector and each address value corresponding to the character data for each 4 bytes set as the karaoke address sector, the AUX data area of ​​the disk 90 then, also, a
UX−TOCセクター8、セクター9の更新を実行させる。 UX-TOC sector 8, to perform the update of the sector 9. これにより、カラオケテキストファイルの再生出力として上述したように、歌唱や演奏に同期した文字情報出力が可能となる状態が実現される。 Thus, as described above as the reproduction output of the karaoke text file, the state in which it is possible to character information output synchronized with the singing and playing is realized.

【0177】なお、カラオケテキストファイルの各文字の出力タイミングを、曲に合わせて調整できるように、 [0177] In addition, the output timing of each character of the karaoke text file, so that it can be adjusted to suit the song,
カラオケアドレスセクターのみの更新も実行できるようにしている。 Also updates the only karaoke address sector is to be able to run.

【0178】以上のように、本例では、ユーザーが任意にピクチャーファイル、テキストファイル、カラオケテキストファイルを記録することができ、また、特定のトラックに対応させて出力タイミングを設定できる。 [0178] As described above, in the present example, the user arbitrarily picture file, a text file, it is possible to record a karaoke text file, also can set the output timing in correspondence with a particular track. そして、これらのファイルの記録動作は、プログラム(トラック)の更新を伴わず、そのファイルの記録とAUX− Then, the recording operation of these files, without updating the program (track), and the recording of the file AUX-
TOCの更新のみで良いため、非常に短時間で実行できる。 For good only update of the TOC, it can be very run in a short period of time. また、出力タイミングの変更、調整や対応させるトラックの変更なども、AUX−TOCの更新のみで容易に実現できる。 Also, change of the output timing, and the like changes of the track to be adjusted or corresponding, can be easily realized only by updating the AUX-TOC.

【0179】上述したAUXデータの記録を実現するためのシステムコントローラ11の処理動作を図38及び図39のフローチャートを参照して説明する。 [0179] will be described the processing operation of the system controller 11 for realizing the recording of AUX data described above with reference to the flowchart of FIG. 38 and FIG. 39. なお、図38、図39に示す処理は、説明の便宜上、1つのピクチャーファイル、又はテキストファイルを記録する場合を例に挙げている。 The process shown in FIG. 38, FIG. 39, for convenience of explanation, cited one picture file, or a case of recording the text file as an example.

【0180】例えばユーザの操作部23に対する所定操作によりAUXデータを記録するための指示が行われたとすると、システムコントローラ11は、先ず図38のステップS201に移行する。 [0180] For example, when an instruction for recording the AUX data by a predetermined operation on the user operation unit 23 is to have been performed, the system controller 11 first proceeds to step S201 in FIG. 38.

【0181】ステップS201においては、ディスク9 [0181] In step S201, the disk 9
0の管理エリアからU−TOCのデータを再生し、ステップS202の処理により再生されたU−TOCをバッファメモリ13の所定領域に保持させる。 0 reproduces the data of U-TOC from the management area of ​​the U-TOC which is reproduced by the processing in step S202 is held in a predetermined area of ​​the buffer memory 13. これにより、 As a result,
プログラムエリア内の各プログラム(トラック)の記録位置等の情報がバッファメモリ13に格納されることになる。 Information recording position of each program (track) in the program area is to be stored in the buffer memory 13.

【0182】続いて、ステップS203にて管理エリアからAUX−TOCのデータを再生して、ステップS2 [0182] Then, by reproducing the data of the AUX-TOC from the management area, in step S203, step S2
04により再生されたAUX−TOCのデータをバッファメモリ13の所定領域に保持させる。 The data of AUX-TOC played back by 04 is held in a predetermined area of ​​the buffer memory 13. これにより、A As a result, A
UXデータエリア内に記録されているピクチャーファイル、テキストファイル、カラオケファイルなどの記録位置(アドレス)やプログラムのトラックナンバに対応する各種ファイル番号情報や、同期再生をとるためのタイミング情報、更には各AUXデータファイルに関するネームや記録日時の情報等がテーブル化されて保持されることになる。 Picture files recorded in the UX data area, text files, and various file number information corresponding to the track number of the recording position (address) and programs and karaoke file, timing information for synchronizing reproduction, even the so that the information such as the name or recording date about AUX data files are held in tabular form.

【0183】続いてステップS205により、ディスクのAUXデータエリアに記録されているAUXデータを再生し、次のステップS206により再生されたAUX [0183] Then at step S205 and reproduces the AUX data recorded in the AUX data area of ​​the disc, it is reproduced by the following steps S206 AUX
データをバッファメモリ13に蓄積するための処理が実行される。 Processing for storing data in the buffer memory 13 is executed. なお、ここまでの処理は記録開始時ではなく、例えば、最初にディスクが装填されたときに行うように構成してもよい。 The processing up to this point rather than at the start of recording, for example, may be configured to perform the first time the disc is loaded.

【0184】上記ステップS206までの処理が終了したとされると、システムコントローラ11はステップS [0184] When the processing up to step S206 is completed, the system controller 11 step S
207に進んで、インターフェイス部25を介して記録データとして入力されてくるAUXデータを取り込む。 Proceed to 207, it takes in the AUX data inputted as recording data via the interface unit 25.
このとき、バッファメモリ13には、先のステップS2 At this time, the buffer memory 13, the previous step S2
05→S206の処理によって、ディスクから読み出したAUXデータが既に格納されているのであるが、システムコントローラ11は、上記記録データとして取り込んだAUXデータを、バッファメモリ13に保持されているAUXデータに追加するようにして、データ書き込みを行う。 By treatment 05 → S206, although the AUX data read from the disc has already been stored, the system controller 11, adds the AUX data taken as the recording data, the AUX data held in the buffer memory 13 so as to perform the data writing. これにより、バッファメモリ13には、既にディスクに記録されているAUXデータの内容と、新規に記録データとして取り込んだAUXデータの内容とが保持されている状態が得られることになる。 Thus, the buffer memory 13, the contents of the AUX data already recorded on the disc, so that a state in which the contents of the AUX data taken as a new recording data is stored is obtained.

【0185】続くステップS208においては、上記記録データとしてのAUXデータに対応させるトラックナンバを指定するための所定の入力操作と、トラックナンバの指定は省略して記録を行うための操作の何れの操作が操作部23に対して行われたかが判別される。 [0185] continues in step S208, the a predetermined input operation for designating the track number to correspond to the AUX data as recording data, specified track number of any operation for recording are omitted Operation There either made to the operation unit 23 is determined. ここで、トラックナンバの指定操作が行われたと判別された場合には、ステップS209に進むようにされるが、トラックナンバの指定を省略して記録を行うための操作が行われた場合には、図39のステップS217に進むことになる。 Here, in the case when a designation operation track number is determined to have been performed, but is to advance to step S209, where the operation for recording and omit the track number is performed , the process proceeds to step S217 in FIG. 39.

【0186】ステップS209では、記録データとしてのAUXデータと対応させるトラックナンバの指定操作が有ったとされた上で、この記録データとしてのAUX [0186] In step S209, on the designating operation of the track number to be associated with the AUX data as recording data is that there, AUX as the recording data
データと指定されたトラックナンバのプログラム(トラック)との同期再生タイミングの指定を要求するための操作と、同期再生タイミングの指定を省略してAUXデータの記録を行うことを指定するための操作との、何れの操作が操作部23に対して行われたのかが判別される。 Operation and for requesting designation of the synchronous reproduction timings of the data and the designated track number of the program (track), an operation for specifying that for recording the AUX data to omit the synchronous reproduction timings of, whether any operation is performed on the operation unit 23 is determined.

【0187】ここで、同期再生タイミングの指定を要求するための操作は行われず、例えば同期再生タイミングの指定を省略してAUXデータの記録を行うことを指定するための操作が行われた場合には、ステップS215 [0187] Here, the operation for requesting the designation of synchronized reproduction timings is not carried out, if the operation to specify that for recording the AUX data, for example, do not specify a synchronous reproduction timing is performed It is, step S215
に進む。 Proceed to. ステップS215においては、同期出力タイミングを示すスタートアドレス及びエンドアドレスについて、それぞれ「000h」を設定し、このスタートアドレス「000h」、エンドアドレス「000h」の値をバッファメモリ13に保持させる。 In step S215, the on the start address and end address indicating the output synchronization timing, respectively set to "000h", the start address "000h", the value of the end address "000h" is stored in the buffer memory 13. このスタートアドレス「000h」、エンドアドレス「000h」の値は、 The value of the start address "000h", the end address "000h" is,
AUX−TOCセクター5(静止画プレイバックシーケンステーブル)又はセクター7(テキストプレイバックシーケンステーブル)に格納されるべき値であり、前述したように、データファイルとしての画像又は文字が、 A value to be stored in AUX-TOC sector 5 (still picture playback sequence table) or sectors 7 (text playback sequence table), as described above, the image or character as a data file,
指定したトラックの再生中は継続して出力されるように管理されることになる。 During reproduction of the specified track will be managed so as to be continuously output. 上記ステップS215の処理が終了した後は、図39に示すステップS216に進むようにされる。 After the processing of step S215 is completed, it is to proceed to step S216 of FIG. 39.

【0188】これに対して、ステップS209において、記録データとしてのAUXデータと指定されたトラックナンバのプログラム(トラック)との同期再生タイミングの指定を要求するための操作が行われたと判別された場合には、ステップS210以降に進むことで、新規に記録されるAUXデータと指定したトラックとの再生同期タイミングを設定する処理を実行することになる。 [0188] In contrast, in step S209, if the operation for requesting designation of the synchronous reproduction timings of the program of the AUX data and the specified track number of the recorded data (track) is determined to have been performed the, it proceeds to step S210 after, and executes the processing for setting the reproduction synchronization timing between the track and the specified AUX data recorded newly.

【0189】ステップS210においては、先のステップS208にて指定されたトラックナンバのプログラムについて再生を開始するための処理が実行される。 [0189] In step S210, processing for starting the reproduction for track number of the program specified in the previous step S208 is executed. ユーザは、この再生されたプログラムの音声を聞きながら同期再生期間を設定するための所定操作を操作部23に対して行うことになる。 The user will be carried out for a predetermined operation of the operation unit 23 for setting a synchronous playback time while listening to the sound of the reproducing program.

【0190】そして、システムコントローラ11では、 [0190] Then, the system controller 11,
上記ステップS210によりプログラムの音声が再生されている状態のもとで、ステップS211において、上記同期再生期間の設定操作として、先ず、同期再生開始位置指定のための操作が行われるのを待機している。 Under the state where the sound of the program by the step S210 is being played, in step S211, as the setting operation of the synchronized playback period, first, waiting for the operations for synchronized playback start position specification is performed there. そして、同期再生開始位置指定の操作が行われたことが判別されると、ステップS212において、同期再生開始位置指定の操作が行われたタイミングに対応するプログラムのオフセットアドレスを、同期出力タイミングのスタートアドレスとして設定し、これをバッファメモリ1 Then, when the operation of the synchronized playback start position specification is performed is determined, at step S212, the offset address of the program corresponding to the operation of the synchronized playback start position specified is performed timing, the start of synchronous output timing is set as an address, a buffer memory 1 this
3の所定領域に保持する。 3 holding a predetermined area.

【0191】続くステップS213においては、同期再生期間の設定操作として同期再生終了位置指定のための操作が行われるのを待機することになる。 [0191] In the subsequent step S213, it will wait for the operation for synchronous reproduction end position designated as the setting operation of synchronous playback period is performed. そして、同期再生終了位置指定の操作が行われたことが判別されると、ステップS214において、同期再生終了位置指定の操作が行われたタイミングに対応するプログラムのオフセットアドレスを、同期出力タイミングのエンドアドレスとして設定し、これをバッファメモリ13の所定領域に保持する。 Then, when the operation of the synchronous reproduction end position specification is performed is determined, at step S214, the offset address of the program corresponding to the operation of the synchronous reproduction end position specified is performed timing, end synchronous output timing It is set as an address, which is kept in a predetermined area of ​​the buffer memory 13. 上記ステップS212とS214により得られたスタートアドレス及びエンドアドレスも、AU Start address and end address obtained by the S214 and the step S212 also, AU
X−TOCセクター5又はセクター7に格納されるべき値である。 Is a value to be stored in X-TOC sector 5 or sector 7. 上記ステップS214の処理が終了すると、 When the process of step S214 is completed,
図39に示すステップS216に進むことになる。 And the flow proceeds to step S216 shown in FIG. 39.

【0192】図39のステップS216においては、先のステップS208により指定されたトラックナンバをバッファメモリ13に保持しておき、ステップS217 [0192] In step S216 of FIG. 39, it holds the track number designated by the preceding step S208 in the buffer memory 13, step S217
に進む。 Proceed to. ステップS217においては、先のステップS In step S217, the previous step S
207によりバッファメモリ13に追加書き込みされて保持されている、記録データとしてのAUXデータを、 Are held is additionally written in the buffer memory 13 by 207, the AUX data as recording data,
ディスクのAUXデータエリアに対して記録する。 Recorded against AUX data area of ​​the disk. この際、記録データとしてのAUXデータは、既に記録されていたAUXデータに追加されるようにして、AUXデータエリア内の空きエリアに対して記録が行われる。 In this case, AUX data as recording data, already to be added to the AUX data recorded, the recording is performed on a free area in the AUX data area.

【0193】続くステップS218においては、上記のようにして記録されたAUXデータのディスク上でのスタートアドレス、エンドアドレスをバッファメモリ13 [0193] continues in step S218, the start address on the disk of the AUX data recorded as described above, the end address buffer memory 13
に保持するための処理が行われる。 Process for holding is performed.

【0194】次のステップS219においては、これまでの処理によりバッファメモリ13に保持された情報を利用することで、同じバッファメモリ13に格納されているAUX−TOCセクター1(静止画アロケーションテーブル)又はAUX−TOCセクター6(テキストアロケーションテーブル)の更新を行うための処理が実行される。 [0194] In the next step S219, by using the information stored in the buffer memory 13 by the processing so far, AUX-TOC sector 1 (still picture allocation table) is stored in the same buffer memory 13 or processing for updating the AUX-TOC sector 6 (text allocation table) is executed. つまり、記録データとしてのAUXデータが、 In other words, AUX data as recording data,
ディスク上でのスタートアドレス、エンドアドレスによりその記録位置が管理されるように更新を行うものである。 Start address on the disk, and performs updating so that the recording position is managed by the end address. このためには、システムコントローラ11は、上記ステップS218にて得られたスタートアドレス、エンドアドレスを参照することになる。 For this purpose, the system controller 11, the start address obtained in step S218, reference will be made to the end address. ここでは、記録データとしてのAUXデータがピクチャーファイルであればAUX−TOCセクター1を更新し、テキストファイルであればAUX−TOCセクター6を更新することになる。 Here, AUX data as recording data if the picture file and updates the AUX-TOC sector 1, will update the AUX-TOC sector 6, if a text file.

【0195】続くステップS220においては、先のステップS208において、トラックナンバの指定が行われたか否かが判別される。 [0195] In subsequent step S220, in the previous step S208, whether the specified track number is performed or not. ここで肯定結果が得られた場合には、ステップS221に進む。 If a positive result is obtained here, it proceeds to step S221. ステップS221においては、バッファメモリ13に保持されている、指定されたトラックナンバ(ステップS216により獲得)、出力タイミングのスタートアドレス、エンドアドレス(ステップS212及びステップS214、或いはステップS215により獲得)の情報が反映されるようにして、同様にバッファメモリ13に保持されているA In step S221, held in the buffer memory 13, (obtained by Step S216) specified track number, a start address of the output timing, the information on the end address (step S212 and step S214, the or acquired in step S215) so as to be reflected, it is held similarly in the buffer memory 13 a
UX−TOCセクター5(静止画プレイバックシーケンステーブル)或いはAUX−TOCセクター7(テキストプレイバックシーケンステーブル)の更新を行う。 Updating the UX-TOC sector 5 (still picture playback sequence table) or AUX-TOC sector 7 (text playback sequence table). つまり、AUX−TOCセクター5又はAUX−TOCセクター7のポインタ部において、指定されたトラックナンバのポインタにより示されるパーツテーブルに対して、出力タイミングのスタートアドレス、エンドアドレス、及び記録データであるAUXデータファイルに与えられたピクチャーファイルナンバ(P-PNO(*))或いはテキストファイルナンバ(P-TXT(*))を記録するものである。 That, AUX data in the pointer portion of the AUX-TOC sector 5 or AUX-TOC sector 7, with respect to the parts table indicated by the pointer of the specified track number, a start address of the output timing, an end address, and recording data picture file number given to the file (P-PNO (*)), or is intended to record the text file number (P-TXT (*)). これにより、記録データとしてのAUXデータは、 Thus, AUX data as recording data,
AUX−TOCセクター5或いはAUX−TOCセクター7により、同期再生すべきトラック(プログラム) The AUX-TOC sector 5 or AUX-TOC sector 7, to be reproduced synchronously track (program)
と、その同期再生タイミングが示されることになる。 If, so that the synchronous reproduction timings are shown. なお、トラックナンバの指定が行われた場合として、同期再生タイミングの指定操作が省略されていた場合には、 In a case where as if the specified track number is performed, specify operation of synchronous reproduction timing has been omitted,
記録データとしてのAUXデータに対応するAUX−T AUX-T corresponding to the AUX data as recording data
OCセクター5又はAUX−TOCセクター7のスタートアドレス、エンドアドレスには、それぞれステップS OC Sector 5 or AUX-TOC sector 7 start address of, the end address, each step S
215にて得られた「000h」が記録されることになる。 The "000h" obtained by the 215 will be recorded. ステップS221の処理が終了した後はステップS Step S After the processing of step S221 has been completed
222に進む。 Proceed to 222.

【0196】また、ステップS220において否定結果が得られた場合とは、ステップS208においてトラックナンバの指定(及び同期再生タイミングの指定)が行われなかった場合であり、この場合には特にAUX−T [0196] Also, if a negative result is obtained in the step S220, the case where the specified track number (and the specified synchronous reproduction timing) is not performed in step S208, in particular AUX-T in this case
OCセクター5或いはAUX−TOCセクター7対する更新処理を行うことなく、そのままステップS222に進むようにされる。 OC Sector 5 or without performing the update process AUX-TOC sector 7 against, is to directly proceeds to step S222.

【0197】ステップS222に至った段階では、先のステップS219、更にはステップS221の処理により、バッファメモリ13に格納されているAUX−TO [0197] At the stage reached in the step S222, the previous step S219, even in the process of step S221, AUX-TO stored in the buffer memory 13
Cの内容は、追加記録されたAUXデータに対応して更新されている状態にある。 The contents of C is in a state of being updated in response to AUX data additionally recorded. そこで、ステップS222においては、この更新された内容のAUX−TOCのデータをバッファメモリ13から読み出し、ディスクのAU Therefore, in step S222, it reads data of the AUX-TOC of the updated contents from the buffer memory 13, the disk AU
X−TOCエリアに対して記録するための処理を実行する。 It executes processing for recording with respect to X-TOC area. この処理によって、ディスクのAUX−TOCの内容が、新規にAUXデータを記録したことに対応して更新されることになる。 This process, the contents of the AUX-TOC of the disc, will be updated to correspond to the newly recorded AUX data.

【0198】なお、カラオケテキストファイルの記録も上記処理動作に準じて構成することができる。 [0198] It should be noted, can also record of karaoke text file and configure according to the above-mentioned processing operation. この場合には、ステップS210の処理の後において、カラオケテキストファイルを例えば4バイトずつの文字数ごとに表示させるようにする。 In this case, after the processing in step S210, so as to be displayed for each character of the karaoke text file, for example, for each 4 bytes. そして、ステップS211〜S Then, step S211~S
214の、同期再生開始/終了を指定する操作に対応したアドレス設定処理を、1カラオケテキストファイルが有する文字数に対応して繰り返し実行できるようにする。 Of 214, the address setting processing corresponding to the operation to specify the synchronous reproduction start / end, to repeatedly be executed in response to the number of characters 1 karaoke text file has. そして、ステップS221においては、これまでに得られたトラック指定情報、及び4バイトごとの文字に対応して設定された出力タイミングのスタートアドレス、エンドアドレスの情報に基づき、AUX−TOCセクター8,9の更新を行うように構成すればよいものである。 Then, in step S221, based on this track designation information obtained up to, and the character to the start address of the output timing set in correspondence for each 4 bytes, information of the end address, AUX-TOC sector 8, 9 in which it may be configured to perform the update.

【0199】9. [0199] 9. 変形例 9−1 変形例A ところで、上記カラオケテキストファイルの形態としては、さらに各種変形例が考えられるが、ここでは変形例A,Bとして2つの例をあげておく。 Modification 9-1 Modification A the way, as the form of the karaoke text file, but further various modifications are conceivable, where previously two examples variant A, as B.

【0200】まず変形例Aとしては、AUX−TOCセクター9は用いない方式である。 [0200] First, as modification A is, AUX-TOC sector 9 is a scheme that does not use. 上記例では、カラオケテキストファイルは、カラオケテキストファイルセクターとカラオケアドレスセクターが対になって形成されるものとしたが、この例ではカラオケアドレスセクターは設けず、1つのカラオケテキストファイルは、1つのカラオケテキストファイルセクターのみによって形成されるものとする。 In the above example, the karaoke text file, it is assumed that the karaoke text file sector and karaoke address sector are formed in pairs, the karaoke address sector not provided in this example, one karaoke text file, one karaoke It shall be formed only by the text file sector. 従って、1つのトラックには1つのカラオケテキストファイルセクターが対応され、これがAU Therefore, one karaoke text file sector is corresponding to one track, this AU
X−TOCセクター8によって管理されるのみとし、A Only to be managed by the X-TOC sector 8, A
UX−TOCセクター9は不要とする。 UX-TOC sector 9 is unnecessary.

【0201】この場合、カラオケテキストファイルセクターは、例えば図26のようなフォーマットとする。 [0201] In this case, the karaoke text file sector is, to a format such as shown in FIG. 26 for example. 即ち、ヘッダ、エラー訂正モード情報(Mode)、カテゴリー情報(Category)、インデックス情報(Index) 、システムID(ID)については同様であるが、データDK0 〜DK10 That is, a header, error correction mode information (Mode), category information (the Category), index information (Index), is similar for the system ID (ID), data DK 0 ~DK10
23として示すように、1024バイトの文字情報(及び制御コード)が記録される領域を用意するとともに、残りの1024バイトの領域は、アドレスデータAK0 〜AK As shown as 23, along with providing a region in which 1024 bytes of character information (and control codes) is recorded, the area of ​​the remaining 1024 bytes, the address data AK0 ~AK
1023として示すように、アドレス情報を記録する領域とする。 As shown as 1023, the area for recording address information. つまり1つのセクター内で、歌詞などの文字情報と、その出力タイミングとしてのアドレス情報を記録するものである。 That within one sector, and records the text information such as lyrics, the address information as the output timing. 当然ながら、この場合1つのトラックに対応して記録できる歌詞などの文字情報は1セクタ当たり上記例の半分の1024バイトとなる。 Of course, the character information such as lyrics that can be recorded corresponding to one track in this case is half of 1024 bytes in the above example per sector. 但し、AUX However, AUX
−TOCセクタ8のパーツテーブルのスタートアドレスとエンドアドレスの指定により、1曲に対するカラオケテキストファイルのファイル長を1セクタ単位で任意に設定できる。 By specifying the start and end addresses of the parts table of -TOC sector 8, you can set the file length of the karaoke text file in any one sector units to one song.

【0202】そしてこの場合も、文字情報の4バイト毎に1つのアドレス情報が対応する。 [0202] and also in this case, one of the address information corresponding to each 4 bytes of character information. 即ち図27に示すように、データDK0 〜DK3 とアドレスデータAK0 〜AK3 、 That is, as shown in FIG. 27, data DK 0 ~DK3 and address data AK0 ~AK3,
データDK4 〜DK7 とアドレスデータAK4 〜AK7 、・・・ Data DK4 ~DK7 and address data AK4 ~AK7, ···
・・データDK1020〜DK1023とアドレスデータAK1020〜AK ... data DK1020~DK1023 and address data AK1020~AK
1023が、それぞれ対応づけられている。 1023, are each associated with each other. これによって上述した例と同様に、歌唱や演奏に同期した歌詞などの表示出力が可能となる。 Thus similarly to the above-described example, it is possible to display output such as the lyrics in synchronization with the singing and playing.

【0203】9−2 変形例B 次に変形例Bも、特にAUX−TOCセクター9による管理を不要とする例である。 [0203] 9-2 Modification B then modification B also particularly example of unnecessary management by AUX-TOC sector 9. 但しこの例は、カラオケテキストファイルは、カラオケテキストファイルセクターとカラオケアドレスセクターが対になって形成される。 However this example, the karaoke text file, a karaoke text file sector and karaoke address sector are formed in pairs.
即ち図23、図24に示したフォーマットのようなカラオケテキストファイルセクターとカラオケアドレスセクターが設けられる。 That is, FIG. 23, is provided a karaoke text file sector and karaoke address sector as a format shown in FIG. 24. 従って1つのトラックに対応する文字情報量は2324バイトとなる。 Thus the character information amount corresponding to one track becomes 2324 bytes.

【0204】この例では、AUX−TOCセクター8によってあるトラックに対応するカラオケテキストファイルセクターが指定されるが、さらにそれと対になるカラオケアドレスセクターは、所定の規則で規定されるものとする。 [0204] In this example, although the karaoke text file sector corresponding to the track with the AUX-TOC sector 8 is designated, further therewith karaoke address sector to be paired it shall be defined by a predetermined rule. 例えば図28にカラオケテキストファイル領域に設定されているクラスタを示しているが、ここでセクターS00〜S0Fとなる前半の16個のセクターは、それぞれカラオケテキストファイルセクターKFとして用いられるように規定し、またセクターS10〜S1Fとなる後半の16個のセクターは、それぞれカラオケアドレスセクターAFとして用いられるように規定する。 For example, indicates a cluster in Figure 28 is set in the karaoke text file area, 16 sectors of the first half to be here sector S00~S0F defines to be respectively used as the karaoke text file sector KF, the 16 sectors of the second half of the sector S10~S1F define to be respectively used as the karaoke address sector AF.

【0205】そしてさらに、あるカラオケテキストファイルセクターに対応するカラオケアドレスセクターは、 [0205] and further, karaoke address sector corresponding to a karaoke text file sector,
必ずそのカラオケテキストファイルセクターより16セクター先のセクターとする。 Always with its karaoke text file sector than 16 sector destination of the sector. つまり、特に管理情報を設けなくても、図示するようにセクターS00とセクターS In other words, even without providing the management information, sector S00 as shown and sector S
10が対応し、セクターS01とセクターS11が対応し・・ 10 corresponds, corresponding ... the sector S01 and S11 sector
・というようにカラオケテキストファイルセクターとカラオケアドレスセクターの1:1の対応関係がとれることになる。 Karaoke text file sector and karaoke address sector and so on, 1: will be one correspondence relationship can take. このような方式でも、上記例と同様に、歌唱や演奏に同期した歌詞などの表示出力が可能となる。 In this manner, similarly to the above example, it is possible to display output such as the lyrics in synchronization with the singing and playing.

【0206】9−3 変形例C ところで、実際のカラオケでは、例えば一般に、画面に対して先ずメロディ的にひとまとまりとなるだけの数行の歌詞を予め表示したうえで、歌詞として表示された文字に対してワイプといわれる処理を施すことが行われている。 [0206] 9-3 Modification C Incidentally, in the actual karaoke, for example in general, first, the melody to in terms of previously displayed only few lines lyrics of the batches and displayed character as lyric to the screen it has been done subjected to the treatment is said to wipe against. ワイプとは歌唱ガイド的な機能を有するもので、 The wipe those having a singing guide functions,
例えば、楽曲のメロディの進行に沿って、歌詞の文字としての表示色を順次変えていくようにするものである。 For example, along the progress of the music of the melody, and it is to sequentially change the display color of the character of the lyrics.
ただし、これまで説明してきたカラオケテキストファイルのデータ構造及びカラオケテキストファイルの管理形態によれば、例えばプログラム(楽曲)ごとに歌や伴奏に同期した適正なタイミングで或るひとまとまりの歌詞を表示出力させることは可能であるが、上記のようにして楽曲のメロディの進行にあわせて歌詞の文字のワイプを行うといった比較的細かな表示制御を行おうとすると、文字データ等に対して、所要の制御情報等の定義付けをしなければ実現することができない。 However, so far, according to the management form of the data structure and karaoke text file of the karaoke text file that has been described, for example, a program (music) display a certain human unity lyrics of at an appropriate timing in synchronization with the song and accompaniment for each output While it is possible to, when attempting a relatively fine display control such as performing wiping lyrics characters in accordance with the progress of the music of the melody as described above, with respect to character data or the like, it required control can not be realized unless the definition of such information.

【0207】そこで、次に説明する変形例Cとして、上記のような歌詞のワイプ表示まで可能とすることで、更に実用に即したカラオケ歌詞表示を実現することのできるカラオケテキストファイルの形態について説明する。 [0207] Therefore, as the next modification C described, by making it possible to wipe display lyrics described above, the form of the karaoke text file that can be realized karaoke lyrics display in line with the more practical explanation to.

【0208】この変形例Cにおいても、AUX−TOC [0208] Also in this modification C, AUX-TOC
セクター9は用いられない。 Sector 9 is not used. そして、後述するようにカラオケテキストファイルとしての文字情報と、その文字情報に対して実際のカラオケの歌詞として表示を行うための表示制御情報とが所定の規則に従ってセクターごとに格納されることで、カラオケテキストファイルとして形成されることになる。 Then, by the character information as a karaoke text file as described later, the display control information for displaying as an actual karaoke lyrics for the character information is stored for each sector according to a predetermined rule, It will be formed as a karaoke text file.

【0209】変形例Cの場合でも、これまでの形態と同様に、図19に示したAUX−TOCセクター8では、 [0209] Even when the variation C, like the previous embodiment, the AUX-TOC sector 8 shown in FIG. 19,
ポインタP-TNO1〜P-TNO255により、第1トラックから第255トラックにそれぞれ対応される1つのカラオケテキストファイルが記録された領域を、特定のパーツテーブルを指定することで管理するようにされる。 By the pointer P-TN01 to-TNO255, 1 single karaoke text file corresponding respectively to the 255 tracks from the first track the recorded area, is to be managed by designating a particular part table. つまり、 That is,
ポインタP-TNO(n)により示されるパーツテーブルのスタートアドレスとエンドアドレスは、そのポインタが対応するトラックのカラオケテキストファイルが格納される開始セクターと終了セクターのアドレスを示す。 Start address and end address of the part table indicated by the pointer P-TNO (n) indicates the address of the last sector and the start sector karaoke text file of the track to which the pointer corresponding is stored. ただし、この場合には、1トラックが対応するカラオケテキストファイルを形成すべきセクター数としては、制限がないものとされる。 However, in this case, one track as the number of sectors for forming the karaoke text file corresponding, is to have no limit. ただし、1トラックに対応するカラオケテキストファイルを形成する複数セクターとしては、ここでは、AUXデータエリア内で離散的に記録されることはなく、連続的に記録されているものとする。 However, as the plurality sectors forming the karaoke text file corresponding to one track, where, rather than discretely recorded will be in the AUX data area, assumed to be continuously recorded.

【0210】図29には、変形例Cとしてのカラオケテキストファイルセクターのフォーマットが示されている。 [0210] Figure 29 is the format of karaoke text file sectors as a modification C is shown. なお、1トラックに対応するカラオケテキストファイルを形成するセクターが複数とされる場合には、この図に示すセクターは、1トラックに対応するカラオケテキストファイルとしての開始セクターとなる。 In a case where sectors forming the karaoke text file corresponding to one track is a plurality of sector shown in this drawing, a start sector as a karaoke text file corresponding to one track. この場合には、0〜3行目(1行=4バイト)のスロットより成るヘッダに続き、11行目のスロットにエラー訂正モード情報(Mode)、カテゴリー情報(Category)、インデックス情報(Index) 、システムID(ID)が記録される。 In this case, following the header consisting of slots 0-3 line (one line = four bytes), error correction mode information in line 11 of the slot (Mode), category information (the Category), index information (Index) , system ID (ID) is recorded. そして、カラオケテキストファイルとしてのデータは12 Then, the data as a karaoke text file 12
行目〜587行目までのスロットより成る2304バイトの領域に対して記録される。 It is recorded for 2304-byte area consisting of the slot until the row ~587 row.

【0211】データは、図に示すように6行分のスロットごとに区切られた「ブロック」単位で使用するものとされる。 [0211] Data is assumed to be used in the "block" units separated for each of the six lines slot as shown in FIG. 従って、ブロックは、4バイト×6=24バイトのサイズとなる。 Thus, the block is 4 bytes × 6 = 24 bytes in size. また、(587−11)/6=96 In addition, (587-11) / 6 = 96
で示されるように、1セクター内においてはブロック# In as shown, within one sector block #
1〜ブロック#96までの96ブロックが存在することになる。 96 blocks up 1 block # 96 will be present. なお、以降において、1ブロック内における各バイトデータについては、最上行の上位バイトから下位バイトにかけて第1〜第4バイトとし、以降同様に、2 In the following, for each byte data within one block, and the first to fourth bytes toward lower byte from the top row of the upper byte, similarly Section 2
行目の上位バイトから下位バイト、・・・6行目の上位バイトから下位バイトにかけて、順に、第5バイト、第6バイト・・・・第23バイト、第24バイトということにする。 Lower byte from the row of the upper byte, toward the lower byte from ... the sixth row of the upper byte, in turn, the fifth byte, the first 6 bytes ... 23 bytes, to the fact that the first 24 bytes.

【0212】図29において、ブロック#1における第1バイトには、SOL(Start Of Line) が設定される。 [0212] In FIG. 29, the first byte in the block # 1, SOL (Start Of Line) is set.
SOLは、現ブロックがカラオケの歌詞として表示されるときの行の先頭文字を含むブロックであることを示すものであり、例えば所定の固定のビットパターンが設定される。 SOL is an indication that a block containing the first character of the line when the current block is displayed as a lyrics of the karaoke, for example, the bit pattern of the predetermined fixed is set. つまり、変形例Cとしては、歌詞表示行を形成する文字列情報ごとにSOLで管理されることになる。 That is, as the variation C, will be managed by SOL for each character string information forming the lyrics display line.
ブロック#1における第2バイト〜第5バイトには、それぞれCTL,Fnt,P−X,P−Yが設定される。 Second byte to the fifth byte in the block # 1, CTL respectively, Fnt, P-X, is P-Y are set.
CTLには、歌詞のワイプの有無、タイトル、その他所要の属性を示す情報が格納され、Fntには、歌詞表示に使用されるフォントの種類、サイズ、色などのフォントに関する表示情報が格納される。 The CTL, the presence or absence of lyrics wiping, a title, and other information indicating the required attributes are stored, the FNT, the type of font used in the lyrics display size, display information about the font and color is stored . 例えば、このFnt For example, this Fnt
により、後述する表示文字に対するワイプ処理前と後での、文字色や文字属性の変更設定が行われるものとされる。 By, it is those of before and after the wiping operation for the display character that will be described later, the changed setting of character color and character attribute is performed. P−X,P−Yは、それぞれ、SOLで管理される文字列情報(歌詞表示行)の表示位置(例えば歌詞表示行の表示開始位置)をX座標とY座標により示す。 P-X, P-Y, respectively, the display position of the character string information managed by SOL (lyrics display line) (for example, display start position of the lyrics display line) indicated by X and Y coordinates.

【0213】続く第6バイト〜第8バイトの各バイトデータに対しては、それぞれ、テキストデータが格納される。 [0213] For each subsequent byte data of the sixth byte to the eighth byte, respectively, the text data is stored. つまり、歌詞表示行の最初の文字は、SOLが存在するブロックの第6バイトに対して格納されることになる。 That is, the first character of the lyrics display line will be stored for the sixth byte of the block SOL exists. ここでは、一例として第6バイト〜第8バイトの各々に対して、1バイトコードとして代表的なアルファベットにより、文字a,b,cに対応するテキストデータが格納されているものとしている。 Here, for each of the sixth byte to the eighth byte as an example, the typical alphabet as a byte code, characters a, b, as text data corresponding to c are stored.

【0214】第9バイト〜第12バイトの4バイトの領域には、Display Start Address が設定される。 [0214] The 4-byte area of ​​the ninth byte to 12th byte, Display Start Address is set. これは、現ブロックのSOLで管理される歌詞表示行を表示する時刻(対応するプログラム内におけるアドレス)が設定される。 This time for displaying the lyrics display line managed by SOL of the current block (address in the corresponding the program) is set. ここで、DisplayStart Address としては、前述した絶対アドレスとオフセットアドレスの何れにより表現されても構わないものとする。 Here, the DisplayStart Address, and shall not may be represented by any of the absolute address and offset address described above. 続く第13バイト及び第14バイトによる2バイトの領域と、第15 And 2-byte area according to the thirteenth byte and 14 byte followed, 15
バイト及び第16バイトによる2バイトの領域には、それぞれWipe StartとWipe Endが設定される。 Byte and 2 bytes of by 16 bytes, Wipe Start and Wipe End are set respectively. Wipe Start Wipe Start
は、ワイプの開始時刻(アドレス)を、上記Display St It is, the wipe of the start time (address), the Display St
art Address に対するオフセット値により示し、Wipe E Indicates an offset value for the art Address, Wipe E
ndは、ワイプの終了時刻(アドレス)を、上記Display nd it is, wipe the end of time (address), the Display
Start Address に対するオフセット値により示す。 It is shown by the offset value for the Start Address.

【0215】第17バイト及び第18バイトによる2バイトの領域にはDisplay End が設定される。 [0215] The area of ​​2 bytes by 17 bytes and 18 byte Display End is set. Display En Display En
d は、現ブロックのSOLで管理される歌詞表示行の表示を終了(消去)するための時刻(アドレス)をDispla d is, Displa the time to end the display of the lyrics display line that is managed by the SOL of the current block (erase) (address)
y Start Address に対するオフセット値により示すものである。 It illustrates the offset value for y Start Address.

【0216】第19バイト〜第24バイトに対しては、 [0216] For the first 19 bytes - the first 24 bytes,
現ブロックに格納されている各文字情報(テキストデータ)についてのワイプ制御に関する情報が格納される。 Information about the wipe control for each character information stored in the current block (text data) is stored.
ワイプ制御に関する情報としては、WL*,PL*が設定される。 The information about the wipe control, WL *, PL * are set. WL*は、歌詞として表示された文字*をワイプするのに要する時間長に相当するデータが格納され、PL*は、文字*のワイプが終了して次にワイプすべき文字のワイプを開始するまでの時間長(通常は0であることが多い)が格納される。 WL * is stored data corresponding to the time length required the characters displayed as lyrics * to wipe, PL * starts character wipe character * wipe should then wipe finished time length to (usually often a 0) is stored. 従って、図29のブロック#1の第19バイトと第20バイトには、それぞれ第6バイトに格納された文字aについてのワイプ制御情報として、WLa,PLaが設定され、続いて、第21 Therefore, the first 19 bytes and the 20 bytes of block # 1 in FIG. 29, as the wipe control information about character a stored in the sixth byte, respectively, WLa, PLa is set, followed by 21
バイト,第22バイトには、第7バイトに格納された文字bに関するワイプ制御情報WLb,PLbが設定される。 Bytes, the first 22 bytes, the wipe control information WLb related to the character b stored in the seventh byte, PLb is set. 更に、第23バイト,第24バイトには、第8バイトに格納された文字cに関するワイプ制御情報WLb, Further, 23 bytes, the first 24 bytes, the wipe control information WLb related to the character c stored in the first 8 bytes,
PLbが格納されることになる。 So that PLb is stored.

【0217】このように、SOLが第1バイトに位置するブロックは、カラオケの歌詞表示行の先頭文字を含むブロックとされるのであるが、このSOLを含むブロックには、上記のように、CTL,Fnt,P−X,P− [0217] Thus, SOL is the block located in the first byte, although being a block containing the first letter of karaoke lyrics display line of the block containing the SOL, as described above, CTL , Fnt, P-X, P-
Y,Display Start Address,Wipe Start,Wipe End,D Y, Display Start Address, Wipe Start, Wipe End, D
isplay End などの歌詞表示行に関する表示制御情報が含まれるヘッダ領域(以降ヘッダブロックともいう)としても機能する。 isplay display control information about the lyrics display line, such as End (also referred to as a subsequent header block) header area included also functions as. 従って、これらの表示制御情報を上記のようにしてブロック内の所定バイト位置に割り当てる都合上、SOLを含むブロックについては、3文字分のみのテキストデータ及びワイプ制御情報が格納されることになる。 Therefore, convenience to assign these display control information in a predetermined byte position within the block as described above, for the block including the SOL, so that the text data and wipe control information 3 characters only is stored.

【0218】この場合、ブロック#2には、上記ブロック#1に続いて、同じ歌詞表示行の文字情報及びその文字情報に関するワイプ制御情報が格納されている。 [0218] In this case, the block # 2, subsequent to the block # 1, the wipe control information is stored related to the character information and the character information of the same lyrics display line. このようにSOLを含むブロックの後に続いて同一の歌詞表示行のテキストファイルデータが格納されるブロック(データブロックともいう)については、ブロックを形成する第1〜第24バイトのうち、第1〜第8バイトが歌詞としての文字に対応するテキストデータが格納される領域として割り当てられ、残る第9〜第24バイトが、第1〜第8バイトに格納された文字(テキストデータ)に対するワイプ制御情報WL*,PL*が格納される領域として設定される。 For such blocks the text file data of the same lyrics display line by following the block containing the SOL is stored (also referred to as a data block), among the first to 24 bytes forming block, first to assigned as an area where text data eighth byte corresponds to the character of the lyrics are stored, leaving the ninth 24 bytes, the wipe control information for the first to eighth bytes stored character (text data) WL *, is set as an area where PL * is stored.

【0219】図29のブロック#2の場合には、ブロック#2の第1バイト〜第7バイトに対してそれぞれ文字d,e,f,g,h,i,jの計7文字分のテキストデータが格納されている。 [0219] When block # 2 in FIG. 29, block # each letter d with respect to the first byte to seventh byte of 2, e, f, g, h, i, a total of seven characters of text in the j data is stored. この場合、文字jが1つの歌詞表示行の最後の文字とされることから、第8バイトにはテキストデータが格納されないことになる。 In this case, since the character j is the last character of one lyrics display line, so that the text data not stored in the eighth byte. このような場合には、例えばテキストデータが格納されていないことを示すために、all'0'を設定するようにされる。 In such a case, for example, to indicate that the text data is not stored, it is to set the all'0 '. これに対応して、ブロック#2の第8バイト〜第2 In response to this, the first 8 bytes - the second of the block # 2
2バイトに対しては、文字d,e,f,g,h,i,j For the 2-byte, character d, e, f, g, h, i, j
に対するワイプ制御情報(WLd,PLd)〜(WL Wipe control information for the (WLd, PLd) ~ (WL
j,PLj)が順次格納される。 j, PLj) are sequentially stored. この場合、第23バイト及び第24バイトは、第8バイトに対してall In this case, the 23 bytes and 24 bytes, all relative to the eighth byte
'0'が設定されているのに対応して、共にall '0' corresponds to what is set together all
'0'が格納されることになる。 '0' will be stored.

【0220】この場合には、ブロック#1及びブロック#2により1つの歌詞表示行(文字a〜jの10文字) [0220] In this case, one lyrics display line by the block # 1 and block # 2 (10 character a to j)
のテキストデータが記録されると共に、この歌詞表示行に対する表示タイミングと表示位置等の表示制御情報と、歌詞表示行を形成する文字ごとのワイプタイミングが記録されることになる。 With the text data is recorded, the display control information of the display position or the like and the display timing for this lyrics display line, so that the wipe timing for each character forming a lyrics display line is recorded.

【0221】図29では、ブロック#3から、上記ブロック#1及びブロック#2による歌詞表示行に続くとされる歌詞表示行についてのデータが格納されている状態例が示されている。 [0221] In Figure 29, the block # 3, and a state example in which data about the lyrics display line which is followed by a lyrics display line by the block # 1 and block # 2 is stored is shown. ここでは、ブロック#3において文字k,l,mのテキストデータ(及びこれに付随するワイプ制御情報)が格納されている状態が示されている。 Here shown in the block # 3 characters k, l, text data (and the wipe control information associated therewith) m is state are stored.
この後においては、図示しないが、実際の歌詞表示行の表示形態に従った内容のカラオケテキストファイルデータが格納されることになる。 In Thereafter, although not shown, so that the actual content in accordance with the display form of the lyrics display line karaoke text file data is stored. なお、最後のブロック#9 In addition, the end of the block # 9
6には、先のブロックから続く歌詞表示行を形成する文字としてx,y,zの文字情報とそのワイプ制御情報(WLx,PLx)〜(WLz,PLz)が、それぞれ第1〜第3バイトと、第8〜第13バイトに格納されている状態が示されている。 The 6, x as letters forming a lyrics display line continued from the preceding block, y, character information and its wipe control information z (WLx, PLx) ~ (WLz, PLz) is, first to third bytes respectively When the state stored in the eighth to 13th byte is shown.

【0222】ここで、1曲(1トラック)分のカラオケテキストファイルデータが、1セクターでは足りない場合には、図29にて説明したのと同様のフォーマットに従って、更に続きのセクターにおいてカラオケテキストファイルデータが記録されていくようにすればよいことになる。 [0222] Here, the karaoke text file data for one tune (one track) content, if not enough is 1 sector, according to the same format as described in FIG. 29, further karaoke text file in sectors continued data it is sufficient as will be recorded. そして、前述のように、1曲(1トラック)分のカラオケテキストファイルデータとしては、連続するセクター数は限定されないものとされ、実際に1トラック分のカラオケテキストファイルデータが格納し得るだけのセクターが連続するようにされる。 Then, as described above, as the karaoke text file data for one tune (one track) component, the number of sectors to be continuous is not intended to be limited, in practice only the karaoke text file data for one track can store sectors There is to be continuous.

【0223】また、上記したようなフォーマットによれば、例えば1つの歌詞表示行ごとに対応する文字が3文字以内であれば、1つの歌詞表示行に相当するデータはSOLが設定されたブロックのみにより完結し、これに続くブロックは、次の歌詞表示行に対応するSOLが設定されることになる。 [0223] Further, according to the format as described above, if it is within character 3 character corresponding for example, every one lyrics display line, only the block data which SOL is set corresponding to one lyrics display line complete by, following block to this, so that the SOL corresponding to the next lyrics display line is set. 一方、1つの歌詞表示行を形成する文字が11文字より多い場合には、SOLが設定されたブロックに続けて、例えばブロック#2として説明した形式のブロックが、1つの歌詞表示行を形成する文字数に対応して連続して設けられればよいことになる。 On the other hand, if the character to form one lyrics display line is more than 11 characters, followed by block SOL is set, for example, a block of the type described as block # 2, to form one lyrics display line number of characters will be only to be provided continuously correspondingly.

【0224】システムコントローラ11では、1つの歌詞表示行ごとに対応するブロックの区切り位置は、ヘッダブロックの第1バイトに設定されるSOLにより認識しうることになり、このSOLにより認識された1つの歌詞表示行に対応するヘッダブロックとこれに続くデータブロック(歌詞表示行あたりの文字数によってはデータブロックは無い場合がある)からなるカラオケテキストファイルデータを利用することで、1つ1つの歌詞表示行を形成し、更に、この表示文字行及び各文字に対して設定された表示制御情報及びワイプ制御情報に従って、カラオケの歌詞としての表示の変化を与えていくことが可能になる。 [0224] In the system controller 11, delimiting the position of the block corresponding to each one lyrics display line, will be capable of recognizing the SOL set in the first byte of the header block, the one recognized by the SOL (depending characters per lyrics display line data block which may not) header block and data blocks following this corresponding to the lyrics display line by using the karaoke text file data composed of one single lyric display line forming a further accordance with this display character line and the display control information and wipe control information set for each character, it is possible to continue giving change in display as karaoke lyrics.

【0225】ここで、上記図29に示したカラオケテキストファイルデータにより実現されるカラオケ歌詞表示の一例について、図30を参照して説明する。 [0225] Here, an example of karaoke lyrics display to be realized by the karaoke text file data shown in FIG. 29 will be described with reference to FIG. 30. なお、この図に示すような表示は、例えば外部モニタ装置などの比較的大画面を有する表示装置に対して行った方が現実的には好ましい。 The display as shown in this figure, for example, who performed on a display device having a relatively large screen, such as an external monitor device in practice preferred. 例えば、図29に示すカラオケテキストファイルセクターに対応するトラックの楽曲(カラオケ)の再生を行っている状態の元で、システムコントローラ11では、図29に示すブロック#1及びブロック#2のデータに基づき、図30(a)に示すように、テキストデータ「a,b,c,d,e,f,g,h,i, For example, in the original state of performing playback of the music track corresponding to the karaoke text file sector shown in FIG. 29 (Karaoke), the system controller 11, based on the data of block # 1 and block # 2 shown in FIG. 29 as shown in FIG. 30 (a), the text data "a, b, c, d, e, f, g, h, i,
j」から成る1行分の文字列による歌詞表示を、表示部24(又は外部モニタ装置等)の所要の位置に対して行うようにされる。 The lyrics display by one-line string consisting j ", is performed as to the required position of the display section 24 (or the external monitor device or the like). このとき、この歌詞表示行の表示開始タイミングは、ブロック#1のDisplay Start Address At this time, the display start timing of the lyrics display line, the block # 1 Display Start Address
に基づいて行われ、表示画面上における表示位置はブロック#1のP−X,P−Yに基づいて決定される。 Is based on the display position on the display screen is block # 1 of the P-X, is determined based on P-Y.

【0226】この後、システムコントローラ11は、ブロック#1のWipe Startの情報と、1行分の歌詞を形成する各テキストデータ「a,b,c,d,e,f,g, [0226] Thereafter, the system controller 11, and Wipe Start information of block # 1, the text data "a forming lyrics of one line, b, c, d, e, f, g,
h,i,j」に対して設定されたワイプ制御情報に従って、各表示文字に対するワイプ表示のタイミング制御を行うようにされる。 h, i, in accordance with the wipe control information set for j ", is to control the timing of the wipe display for each display character. これにより、楽曲の進行に同期して図30(b)に示すようにして、先頭の文字aから順にワイプが行われていくようにされる。 Thus, as illustrated in FIG. 30 (b) in synchronism with the progression of the music piece, it is from the beginning of the letters a to wipe will take place in this order. ここでは、ワイプ処理された文字については白抜き文字により示しているが、実際のワイプ処理としては、例えば文字色を変更するなどの表示形態がとられて構わない。 Here, the wipe treated characters are shown by white letters, as the actual wipe processing, for example, display form, such as changing the character color may be taken.

【0227】また、図30(b)においては、例えば上記テキストデータ「a,b,c,d,e,f,g,h, [0227] Further, in FIG. 30 (b), for example, the text data "a, b, c, d, e, f, g, h,
i,j」からなる歌詞行に続いて、テキストデータ「k,l,m,n,o」による歌詞行が表示されるように、図29に示すカラオケテキストファイルデータの内容が設定されている場合として、テキストデータ「a, i, following the lyrics line consisting j ", so that the text data" k, l, m, n, o "lyrics line by is displayed, the contents of the karaoke text file data shown in FIG. 29 is set as if, text data "a,
b,c,d,e,f,g,h,i,j」からなる歌詞行において文字eがワイプされるタイミングで、その下側にテキストデータ「k,l,m,n,o」による歌詞行が表示されている状態が示されている。 b, c, d, e, f, g, h, i, at the timing when the character e in the lyrics line of j "is wiped, according to the text data" k, l, m, n, o "on its underside state in which the lyrics line is being displayed is shown. これは、テキストデータ「k,l,m,n,o」からなる歌詞行に対応するDisplay Start Address 及びP−X,P−Y(ブロック#3に格納されていることになる)に従って表示を開始した結果による。 This text data "k, l, m, n, o" Display Start Address and P-X corresponding to the lyrics row of the display in accordance with P-Y (will be stored in block # 3) According to the start as a result.

【0228】以降、例えば、図30(c)においては、 [0228] Thereafter, for example, in FIG. 30 (c)
歌詞行「a,b,c,d,e,f,g,h,i,j」に対するワイプが終了して、続く歌詞行「k,l,m, Lyrics line "a, b, c, d, e, f, g, h, i, j" and wipe is finished for, subsequent lyric line "k, l, m,
n,o」に対するワイプが開始される状態が示されている。 n, it shows a state in which the wipe is initiated for o ". ここで、歌詞行「a,b,c,d,e,f,g, Here, the lyrics line "a, b, c, d, e, f, g,
h,i,j」に対するワイプの終了時点は、ブロック# h, i, at the end of the wipe against j ", block #
1のWipe Endが対応し、歌詞行「k,l,m,n,o」 1 of Wipe End corresponds, lyrics line "k, l, m, n, o"
に対するワイプ開始時点はブロック#3のWipe Startに基づいて決定されることになる。 Wipe start time will be determined based on the Wipe Start in block # 3 for.

【0229】図30(c)より以降の状態を示す図30 [0229] Figure 30 shows a subsequent state from FIG. 30 (c)
(d)においては、歌詞行「a,b,c,d,e,f, In (d), the lyrics line "a, b, c, d, e, f,
g,h,i,j」の表示が終了して、歌詞行「k,l, g, h, i, and display of j "is finished, lyrics line" k, l,
m,n,o」においては、文字nまでワイプが行われている状態が示されている。 m, n, o in "is shown a state in which the wipe until the character n is performed. ここで、歌詞行「a,b, Here, the lyrics line "a, b,
c,d,e,f,g,h,i,j」の表示終了は、ブロック#1に格納されたDisplay End の情報に基づいて行われる。 c, d, e, f, g, h, i, display end of j "is made based on information of the Display End stored in block # 1.

【0230】なお、上記図30に示した表示形態例はあくまでも一例である。 [0230] Note that the display embodiment shown in FIG 30 is only an example. 例えば、図30においてテキストデータ「a,b,c,d,e,f,g,h,i,j」とテキストデータ「k,l,m,n,o」に対応する各Di For example, the text data in Fig. 30 "a, b, c, d, e, f, g, h, i, j" and the text data "k, l, m, n, o" each corresponding to Di
splay Start Address を同一の値に設定しておけば、これら歌詞行を同時に表示させることも可能である。 By setting the splay Start Address to the same value, it is also possible to display these lyrics lines simultaneously. このとき、各歌詞行のテキストデータに対応するP−X,P In this case, P-X corresponding to the text data of each lyric line, P
−Yとしてそれぞれ異なる所定位置を指定しておくようにすることで、上記各歌詞行をそれぞれ適切な位置に表示するようにされる。 By so have specified a predetermined position different from each as -Y, it is to be displayed in each appropriate position of each lyric line.

【0231】例えば、このようにして規定されたカラオケテキストファイルデータに基づいて表示制御が行われることで、通常のカラオケの歌詞表示形態にほぼ沿うようにした表示を行うことができる。 [0231] For example, in this way that the display control based on the defined karaoke text file data is performed, it is possible to perform display in roughly along the normal karaoke lyrics display form. つまり、或るタイミングで予め或る程度の文字数(行数)の歌詞を表示しておき、楽曲のメロディの進行にあわせるようにして、表示された歌詞に対してワイプを行っていくという表示を実現することが可能となる。 In other words, leave display the lyrics in advance to some extent of the number of characters in a certain timing (number of lines), so as to match the progress of the music of melody, an indication that will perform the wipe against the lyrics displayed it is possible to realize.

【0232】ところで、変形例Cとしてのカラオケテキストファイルセクターの所要の位置に対して、歌詞情報として、漢字や欧州文字などの2バイトコードのテキストデータが格納される場合、例えばSOLが設定されるブロック(例えば図29であればブロック#1)では、 [0232] Incidentally, with respect to the required position in the karaoke text file sector as a modification C, as lyric information, if the text data of 2 byte codes such as kanji and European character is stored, for example, SOL is set in block (e.g. if 29 blocks # 1),
テキストデータが格納される領域として第6バイト〜第8バイトまでの3バイト分とされている。 Text data is set to 3 bytes to the sixth byte to eighth bytes area to be stored. このため、第6バイト及び第7バイトを用いて1文字分の2バイトコードのテキストデータを記録した場合、1バイト分の第8バイトが余ることになる。 Therefore, when recording the text data of 2 byte codes one character by using the sixth byte and a seventh byte, so that the eighth byte of one byte left over. このような場合、例えば第8バイトに対して2バイトコードのテキストデータの上位1バイトを格納し、下位2バイトは、これに続くブロック(図29であればブロック#2)の第1バイトに格納するようにすればよい。 In such a case, for example, stores a higher byte of the text data of 2 byte codes to the eighth byte, the lower 2 bytes, the first byte of the subsequent block (if 29 block # 2) it suffices to store. また、2バイトコードのテキストデータをカラオケテキストファイルセクターに格納した場合、図29によるフォーマットによれば、1文字分のテキストデータに対して、2つの「WL*,PL Also, when storing the text data of 2 byte codes in the karaoke text file sector, according to the format according to FIG. 29, with respect to one character of text data, two "WL *, PL
*」の組が割り当てられることになる。 * So that the set of "is assigned. 従って、例えば、これら2組の「WL*,PL*」に対してそれぞれ異なる時間設定を行うことで、メロディの進行にあわせて、表示された文字の左半分を先ずワイプし、次に右半分のワイプを行うといった表示制御を実行させることも可能となる。 Thus, for example, these two sets of "WL *, PL *" By performing different time settings for, in accordance with the progression of the melody, first wipe the left half of displayed characters, then the right half it is possible to execute the display control such performing the wipe.

【0233】なお、変形例Cとしては、例えば再生システムとして歌詞のワイプ表示を行うまでの機能が備えられていない場合であっても、少なくとも、先に説明したカラオケテキストファイルデータの形態の場合と同様に、楽曲の進行に対応した歌詞の表示を実行することが可能である。 [0233] As the modification C, for example, even if the function to perform the wipe display lyrics as the playback system is not provided, at least, in the case of the embodiment of the karaoke text file data described above Similarly, it is possible to perform the display of lyrics corresponding to progression of the music. この場合には、図29に示したカラオケテキストファイルデータの内容のうち、最低限として、文字情報(テキストデータ)とDisplay Start Address の情報が読み出されればよい。 In this case, among the contents of the karaoke text file data shown in FIG. 29, as a minimum, the character information may if read information (text data) and Display Start Address. つまり、SOLで識別されるブロック単位のデータ領域ごとにテキストデータとDi That is, the text data and the Di in each data area of ​​the block identified by SOL
splay Start Address を読み出し、先ず、読み出したテキストデータにより歌詞行のデータを作成する。 Read the splay Start Address, first of all, to create the data of the lyrics line by the read text data. そして、この歌詞行のデータをDisplay Start Address に基づくタイミングで表示を開始するように構成すればよい。 Then, it may be configured to start displaying at the timing based data in this lyrics line to the Display Start Address. なお、一旦表示された歌詞行の表示終了は、次のDi In addition, the display end of the lyrics line once appears, following Di
splay Start Address に基づいて歌詞が表示されるタイミングで行うようにすることが考えられる。 It is conceivable to perform at the timing the lyrics are displayed on the basis of the splay Start Address.

【0234】上述した変形例Cとしては、カラオケテキストファイルデータとして、図29に示したようにして歌詞としての文字情報と、これら文字情報に対する各種表示制御情報を格納するように規定していることから、 [0234] The modification C as described above, that as a karaoke text file data has been defined to store the character information as lyrics as shown in FIG. 29, the various display control information for those character information from,
比較的簡易な管理形態によって文字情報と上記表示制御情報との対応をとりながら、歌詞のワイプ表示などをはじめとする実際のカラオケの歌詞表示にほぼ適った表示形態を実現することができるものである。 As it can be realized relatively while taking correspondence between the character information and the display control information by a simple management forms, almost expedient display mode to the actual karaoke lyrics displays including lyrics wiping display is there. また、変形例Cでは、セクターが連続的に記録されている限り、1トラックに対応するカラオケテキストファイルデータとしてのセクター数には制限がないため、1楽曲あたりの歌詞としての文字数が平均を遙かに上回るような場合でも、その文字数が収まるだけのセクターを連結することで対応可能となる。 Far Further, in the modified example C, unless the sector is continuously recorded, since there is no limit to the number of sectors as the karaoke text file data corresponding to one track, the number of characters as the lyrics per song Average even if either the above that, it is possible to cope by concatenating only sector number of characters falls.

【0235】9−4 変形例D 続いて、変形例Dについて説明する。 [0235] 9-4 Following modification D, modification D is described. この変形例Dも、 This modification D also,
変形例Cと同様に、表示文字のワイプ処理等までを含めた表示制御を可能とすることを目的としたカラオケテキストファイルの形態とされる。 Like the modification C, it is in the form of karaoke text file for the purpose of enabling display control, including up wiping operation of the display character.

【0236】変形例Dの場合、これまでの形態と同様に、AUX−TOCセクター9は用いられず、また、図19に示したAUX−TOCセクター8のポインタP-TN [0236] When the modification D, similarly to the previous embodiment, AUX-TOC sector 9 is not used, also, the pointer P-TN of AUX-TOC sector 8 shown in FIG. 19
O1〜P-TNO255により、第1トラックから第255トラックにそれぞれ対応される1つのカラオケテキストファイルが記録された領域を、特定のパーツテーブルを指定することで管理するようにされる。 The O1~P-TNO255, 1 single karaoke text file corresponding respectively to the 255 tracks from the first track the recorded area, is to be managed by designating a particular part table. ただし、変形例Dとしては、1トラックに対応する1つのカラオケテキストファイルは連続する所定数のセクターにより形成されるものと規定する。 However, the modification D, 1 single karaoke text file corresponding to one track is defined as those formed by a predetermined number of sectors to be continuous. こでは、1トラックに対応する1つのカラオケテキストファイルは連続する3セクターにより形成されるものとして、以降の説明を行うこととする。 Kodewa, one karaoke text file corresponding to one track as being formed by three sectors continuous, and to perform the following description.

【0237】図31は、AUX−TOCセクター8のあるポインタP-TNO n により指定される、AUXデータ上のカラオケテキストファイルデータのマッピング例を模式的に示している。 [0237] Figure 31 is designated by the pointer P-TNO n with AUX-TOC sector 8, a mapping example of the karaoke text file data in the AUX data is schematically shown. この図に示すように、AUX−TO As shown in FIG, AUX-TO
Cセクター8のポインタP-TNO n により指定されるトラックnに対応するカラオケテキストファイルは、AUX Karaoke text file corresponding to track n to be specified by the pointer P-TNO n of C sector 8, AUX
データ領域上において連続して記録される3セクター(#n,#n+1,#n+2)の領域により形成されることになる。 3 sectors are recorded continuously in the data region (# n, # n + 1, # n + 2) will be formed by the region of. そして、この場合には、AUX−TOCセクター8のポインタP-TNO(n)が示すパーツテーブルのスタートアドレスによりセクター#nが指定され、エンドアドレスによりセクター#n+2が指定されることになる。 Then, in this case, the sector #n is specified by the start address of the part table indicated by the pointer P-TNO of AUX-TOC sector 8 (n) is, so that the sector # n + 2 is specified by the end address. ここでは、1トラックに対応する3セクターのカラオケテキストファイルセクターのうち、先頭からそれぞれ第1セクター、第2セクター、第3セクターというものとする。 Here, among the 3 sectors of the karaoke text file sector corresponding to one track, the first sector, respectively from the head, the second sector, it will be referred to as a third sector.

【0238】図32,図33,及び図34は、それぞれ、カラオケテキストファイルの第1セクター、第2セクター、第3セクターの構造を示している。 [0238] Figure 32, Figure 33, and Figure 34 respectively show the first sector of the karaoke text file, the second sector, the structure of the third sector. 図32に示す第1セクターにおいては、先頭のヘッダに続いて、1 In the first sector shown in FIG. 32, following the start of the header, 1
1行目からポインタ部が設定され、このポインタ部においては、ポインタP-FRA に続いてポインタP-KRL1〜P-KR Pointer section is set from the first row, in this pointer section, pointers P-KRL1~P-KR Following the pointer P-FRA
L255が設定されている。 L255 has been set. そして、78行目のスロットから最終の587行目のスロットまでがデータ領域となる。 Then, until the last 587 th row of slots is the data area from 78 line slot. データ領域においては、変形例Cの場合と同様に6 In the data area, as in the modification C 6
行分のスロット(24バイト)によるブロック単位により形成されるのであるが、この場合には、 (587−77)/6=85 で表されるように、1セクターあたり85ブロックが設けられることになる。 Although being formed by the block unit by slots (24 bytes) of rows, in this case, (587-77) / 6 = 85 expressed as in, that 85 blocks per sector are provided Become.

【0239】図33及び図34に示す第2セクター、第3セクターにおいては、ポインタ部は設定されない。 [0239] The second sector shown in FIGS. 33 and 34, in the third sector, the pointer unit is not set. これは、後述するようにして、第1セクターのポインタP- This, as will be described later, the first sector pointer P-
KRL1〜P-KRL255及びポインタP-FRA により、第1〜第3 The KRL1~P-KRL255 and pointer P-FRA, the first to third
セクターのカラオケテキストファイルデータを一元的に管理することに依る。 Due to the fact that centrally manages the sector of the karaoke text file data. これら第2セクター及び第3セクターにおいても、データ領域にはスロットとして78行目から587行目が割り当てられるため、各セクターにおいては、85ブロック分のデータ領域が存在することになる。 In these second sector and the third sector, since the 587 line from the 78 line as a slot is allocated in the data area, in each sector, there will be the data area of ​​85 blocks. 従って、第1〜第3セクターより成るカラオケテキストファイルデータとしては、85×3=255ブロック分のデータ領域が存在することになる。 Therefore, the karaoke text file data composed of first to third sectors, there will be 85 × 3 = 255 blocks of the data region. つまり、 That is,
第1〜第3セクターのデータ領域のみについてみた場合には、ブロック#1〜#85(第1セクター)→#86 If you tried with only the data area of ​​the first to the third sector, block # 1 to # 85 (the first sector) → # 86
〜#170(第2セクター)→ブロック#171〜#2 ~ # 170 (the second sector) → block # 171~ # 2
55(第3セクター)までの255ブロックが設定されることになる。 55 so that the (third sector) 255 blocks up is set. これは、以降説明する変形例Dのデータ領域のフォーマットにしたがった場合、1トラックにおいて、最大で255行の歌詞行が設定可能であることを意味する。 This is the case in accordance with the format of the data region in a variation D to be described later, in one track, which means that the lyrics line 255 line at maximum can be set.

【0240】図35は、ポインタP-KRL(n)と、これにより示される第1〜第3セクター内におけるスロットとの対応テーブルを示す図である。 [0240] Figure 35 illustrates a pointer P-KRL (n), the correspondence table of the slot in which the first to third sector shown. ポインタP-KRL(n)は、1 Pointer P-KRL (n) is, 1
トラックにおける歌詞行がn番目(最大255行)に対応することを示し、図32に示したようにポインタP-KR Indicates that the lyrics line in the track correspond to n-th (up to 255 lines), the pointer P-KR as shown in FIG. 32
L(n)は、P-KRL1〜P-KRL255まで設定可能とされている。 L (n) is settable to P-KRL1~P-KRL255.
また、各ポインタP-KRL(n)の領域に実際に記録される値、即ちポインタP-KRL(n)による指定値としては、第1 Further, actually recorded values ​​in the region of each pointer P-KRL (n), as specified value or by pointer P-KRL (n), the first
〜第3セクターに含まれる最大ブロック数255に対応して、1〜255の値を取るものとされる。 It corresponds to the maximum number of blocks 255 included in the to third sector, is assumed to take a value of 1 to 255. そして、ポインタP-KRL(n)による指定値として、ここでは、 1≦K≦85,86≦L≦170,171≦M≦255 に区分するものとする。 Then, as the specified value by the pointer P-KRL (n), where shall be divided into 1 ≦ K ≦ 85,86 ≦ L ≦ 170,171 ≦ M ≦ 255.

【0241】ポインタP-KRL(n)による指定値として値K [0241] as the specified value by the pointer P-KRL (n) value K
を取る場合には、図35(a)に示すようにして、第1 When taking a can as shown in FIG. 35 (a), first
セクター内において指定値に応じたスロットを指定することになる。 It will specify the slot corresponding to the specified value in the sector. 例えば、K=1とされる場合には、第1セクターの78行目のスロットを指定するものとされる。 For example, if it is a K = 1 is intended to specify the 78 line of the slot of the first sector.
これは、ブロック#1の先頭スロットを指定することになる。 This will specify the first slot of block # 1. また、K=2であれば第1セクターの84行目のスロット(ブロック#2の先頭スロット)を指定することになる。 Also will specify K = 2 in case if the first sector of the 84 line of the slot (block # 2 of the head slot). つまり、ポインタP-KRL(n)として値Kが設定された場合には、第1セクターにおける72+6K行目のスロットが指定されることになる。 That is, when the pointer P-KRL (n) as the value K is set, so that the 72 + 6K row of slots in the first sector is specified. また、例えば第1 Further, for example, the first
セクターの最後のブロック#85を指定するとすれば、 If you specify the last block # 85 of the sector,
値K=85により72+6×85=582行目のスロットを指定することになる。 The value K = 85 will specify the 72 + 6 × 85 = 582 line slot.

【0242】また、ポインタP-KRL(n)による指定値として値Lを取る場合には、図35(b)に示すようにして第2セクター内におけるスロットを指定することになる。 [0242] Also, in the case where a specified value by the pointer P-KRL (n) takes the value L will be designated a slot in the second sector as shown in FIG. 35 (b). つまり、第2セクタにおいて、6L−438行目のスロットで表される行を指定する。 That is, in the second sector, to specify the rows represented by 6L-438 line of the slot. 例えば、L=86であれば6×86−438=78となり、第2セクターの78行目のスロット(ブロック#86の先頭スロット) For example, L = if 86 6 × 86-438 = 78, and the second sector 78 line slot (block # 86 top slot)
を指定し、L=87であれば、6×87−438=87 Specified, if L = 87, 6 × 87-438 = 87
となり、第2セクターの87行目のスロット(ブロック#86の先頭スロット)を指定することになる。 Next, it will specify the second sector 87 line slot (first slot of block # 86). そして、L=170とすれば、6×170−438=582 Then, if L = 170, 6 × 170-438 = 582
行目として、第2セクターの最後のブロック#170の先頭スロットを指定することになる。 As row will specify the first slot of the last block # 170 of the second sector.

【0243】更に、ポインタP-KRL(n)による指定値として値Mを取る場合には、図35(c)に示すようにして、第3セクターにおける6M−948行目で表されるスロットを指定することになる。 [0243] Further, in the case where a specified value by the pointer P-KRL (n) takes the value M is as shown in FIG. 35 (c), the third slot represented by 6M-948 line in sector It will be specified. 例えば、M=171であれば、6×171−948=78となって、第3セクターの78行目のスロット(ブロック#171の先頭スロット)を指定し、M=172であれば、6×172− For example, if M = 171, becomes 6 × 171-948 = 78, to specify the third sector 78 line slot (first slot of block # 171), if M = 172, 6 × 17 2
948=87となり、第3セクターの87行目のスロット(ブロック#172の先頭スロット)を指定することになる。 948 = 87, and the means designating a third sector 87 line slot (first slot of block # 172). 更に、M=255とされれば、第3セクターにおける最終ブロック#255の先頭である582行目のスロット(6×255−948=582)を指定することになる。 Furthermore, if it is a M = 255, it will specify the last block # 255 beginning at a 582 line slot (6 × 255-948 = 582) in the third sector.

【0244】つまり、ポインタP-KRL(n)による指定値は、結果的には第1〜第3セクターに格納されるブロック#1〜ブロック#255のブロックナンバに対応してブロックの指定を行うものとみることができる。 [0244] That is, the specified value by the pointer P-KRL (n) is eventually perform the specified block corresponds to the block number of the block # 1 to block # 255 is stored in the first to third sector it can be viewed as. そして、ポインタP-KRL(n)により指定されるブロックは、1 The block designated by the pointer P-KRL (n) is 1
トラックにおいてn番目の歌詞行を形成するブロックのうち、最初のブロックを指定するものであり、後述するカラオケテキストファイルデータのフォーマットにしたがった場合には、必ず、第1バイトにSOLが設定されているヘッダブロックが指定されるものである。 Among the blocks forming the n-th lyric lines in the track, which specifies the first block, if in accordance with the format of the karaoke text file data to be described later, always, SOL the first byte is set in which header blocks there are specified.

【0245】例えばシステムコントローラ11は、第1 [0245] For example, the system controller 11 first
セクターのポインタP-KRL(n)を読み出して、図35により説明したようにして、ポインタP-KRL(n)の値に従って上記したような演算処理を実行することで、ポインタP- It reads the sector of the pointer P-KRL (n), as described with reference to FIG. 35, by executing the processing as described above according to the value of the pointer P-KRL (n), the pointer P-
KRL(n)により指定された所要のスロット位置を特定するようにされる。 It is adapted to identify the designated required slot position by KRL (n). 一例として、ポインタP-KRL2として'2'(10進法)が記録されていた場合には、72+ As an example, when the pointer P-KRL2 '2' (10 decimal) is recorded, the 72 +
6K=72+6×2=84で表されるように、第1セクターの84行目のスロットが指定されることになる。 As represented by 6K = 72 + 6 × 2 = 84, so that the line 84 of the slot of the first sector is specified. これは、あるトラックにおける第2番目の歌詞行としてのカラオケテキストファイルを格納するブロックが、第1 This block to store karaoke text file as a second lyrics line in a certain track, the first
セクターの84行目のスロット(ブロック#2)から開始されることを意味する。 Means that starting from sector 84 line slot (block # 2). このとき、ブロック#2は、 In this case, block # 2,
第1バイトにSOLが記録されたヘッダブロックとされる。 SOL is the recorded header block in the first byte.

【0246】図36は、或る1行分の歌詞行に対応するカラオケテキストファイルデータのフォーマットを示している。 [0246] FIG. 36 shows the format of a karaoke text file data corresponding to the lyrics line of one line some. ここでは、或るトラックの第1番目としての歌詞行が格納されている状態を示しているものとする。 Here, it is assumed that shows a state in which the lyric lines as the First certain track is stored. つまり、第1セクターのポインタP-KRL1として'1'(1 That is, the pointer P-KRL1 the first sector '1' (1
0進法)により指定された、第1セクターの78行目のスロットから開始される1行分の歌詞のテキストファイルデータの構造が示されているものとされる。 Designated by 0 decimal), is assumed to structure the text file data for one line of lyrics is started from the first sector of the 78 line of the slot is shown. なお、この図において、変形例Cとして図29に示した定義内容と同一部分については説明を省略する。 Incidentally, in this figure, the definitions of the same portion shown in FIG. 29 as a modification C is omitted.

【0247】変形例Dの場合、各ブロックの第8バイトについては歌詞としての文字情報は格納されず、第1〜 [0247] When the modification D, character information as lyrics for the eighth byte of each block is not stored, first to
第3セクターにわたって、次に続くブロック位置を示すためのリンク情報が格納される。 Over third sector, link information for indicating a subsequent block position is stored. この場合、リンク情報 In this case, the link information
LinkP としては、先に図35により説明したポインタP- The linkP, pointer described with reference to FIG 35 above P-
KRL(n)による指定値と同一の定義に従って、LinkP =1 According to the same definition as specified value by KRL (n), LinkP = 1
〜255(10進法)の何れかの値が記録される。 A value of either 255 (decimal) is recorded. また、LinkP =0の場合には、現ブロックに続くリンク先のブロックがないことを示す。 In the case of linkP = 0 indicates that there is no block linked following the current block. つまり、LinkP =0が設定されたブロックは、ある1つの歌詞行に対応するカラオケテキストファイルデータを形成する1以上のブロックにおける最終ブロックとされることになる。 In other words, blocks linkP = 0 is set, will be the last block in one or more blocks forming the karaoke text file data corresponding to a single lyric lines.

【0248】図36においては、SOLが第1バイトに設定されているブロック#1において、歌詞としての文字a、bのテキストデータが第6及び第7バイトに対して格納されている。 [0248] In FIG. 36, in block # 1 SOL is set to the first byte, character a as lyrics text data b is stored for the sixth and seventh bytes. これは、このトラックに対応する最初の歌詞行が文字a,bにより始まることを意味する。 This means that the starting first lyric row corresponding to this track character a, the b.
また、第8バイトのリンク情報としては、LinkP =4 In addition, as the link information of the first 8 bytes, LinkP = 4
(=K)とされている。 (= K) to have been. これにより、ブロック#1に続いて第1セクターの96(=72+6×4)行目のスロットを先頭スロットとするブロック#4が論理的に連結されることになる。 Thereby, the block # 4 to the first sector of the 96 (= 72 + 6 × 4) first slot row of slots Following block # 1 is logically connected. ここで、仮にブロック#1に続いて同一の歌詞行を形成するためのブロックが、例えばブロック#2であれば、リンク情報としてはLinkP =2が設定される。 Here, if the block # block for forming the same lyrics line following the 1 is, for example, if the block # 2, the link information linkP = 2 is set. また、ブロック#1において所定のバイト位置に対して、CTL,Fnt,P−X,P−Y,Displa Also, for a given byte positions in block # 1, CTL, Fnt, P-X, P-Y, Displa
y Start Address ,Wipe Start,Wipe Endが設定されているのは、図29に示した変形例Cと同様である。 y Start Address, Wipe Start, the Wipe End are set is the same as the variation C shown in FIG. 29. また、この場合のブロック#1では、文字a,bに関するワイプ制御情報WLa,PLa,WLb,PLbが第1 Further, in the block # 1 in this case, letters a, b wipe control related information WLa, PLa, WLb, is PLb first
9バイト以降に設定されている。 It is set to 9 bytes or later. 第23バイト及び第2 The first 23 bytes and the second
4バイトは、この場合未定義となる。 4 bytes is undefined in this case. これは、第8バイトにテキストデータが格納されないことで、第23バイト及び第24バイトに対して設定すべきワイプ制御情報が存在しないことに依る。 This is because the text data in the eighth byte is not stored, due to the wiping control information to be set for the first 23 bytes and 24 bytes are not present.

【0249】上記ブロック#1に続いてリンクされるブロック#3においては、第1〜第7バイトに対して、それぞれ文字c,d,e,f,g,h,iのテキストデータが格納されており、第8バイトのリンク情報としては、LinkP =0とされて、ブロック#3に続くリンク先はないものとされる。 [0249] In block # 3 to be linked subsequently to the block # 1, with respect to first to seventh byte, respectively letters c, d, e, f, g, h, text data of i is stored and, as the link information of the 8 byte, it is an linkP = 0, is that there is no link destination continues to block # 3. つまり、この1つの歌詞行を形成するテキストファイルデータとしては、ブロック#1→ In other words, as a text file data to form the one of the lyrics line, block # 1 →
ブロック#3からなる2つのブロックにより形成され、 Is formed by two blocks of block # 3,
ここでは、テキストデータ「a,b,c,d,e,f, Here, text data "a, b, c, d, e, f,
g,h,i」の9文字により1行分の歌詞が形成されることになる。 g, h, so that the lyrics of one row is formed by 9 letter i ". なお、仮にブロック#3において、第1〜 It should be noted that in if block # 3, first to
第6バイトに対して、それぞれテキストデータ「c, Respect to the first 6 bytes, each text data "c,
d,e,f,g,h,」が格納されることで1行分の歌詞が完結するとした場合、テキストデータが格納されない第7バイトにはALL'0'が設定されることになる。 d, e, f, g, h, "is the lyrics of one line by being stored when the completed, will be set ALL'0 'the seventh byte text data is not stored.

【0250】また、この図に示すブロック#3においては、第9バイトから第22バイトに対して、順次テキストデータc,d,e,f,g,h,iについてのワイプ制御情報WLc,PLc〜WLi,PLiが格納される。 [0250] In the block # 3 shown in this figure, with respect to the 22 bytes from the 9th byte, sequentially text data c, d, e, f, g, h, wipe control information WLc about i, PLc ~WLi, PLi is stored. この場合も、ブロック#3の第8バイトにはリンク情報が設定されたことにより、第23バイト及び第24 Again, by the link information in the eighth byte of the block # 3 is set, the 23-byte and 24
バイトは未定義とされる。 Byte is undefined.

【0251】この変形例Dにおいては、例えば、第1セクター内におけるポインタP-FRA により、第1〜第3セクターにおけるフリーエリアとしてのブロックの管理が行われるものとされる。 [0251] In this modification D is, for example, by the pointer P-FRA in the first sector, is assumed to block management of the free area in the first to third sector is performed. この場合も、ポインタP-FRA に対して記録される値としては、先に図35により説明したポインタP-KRL(n)による指定値と同一の定義に従って、1〜255(10進法)の何れかの値が実際の管理形態に基づいて記録されるものとする。 Again, the values ​​recorded for the pointer P-FRA, according to the same definition as the specified value by the pointer P-KRL described with reference to FIG 35 earlier (n), 1 to 255 of (decimal) It shall be recorded on the basis of any of the values ​​of the actual form of management. 例えば、ポインタP-FRA による第1〜第3セクターにおける未使用領域の管理であれば、ポインタP-FRA により未使用領域としての開始ブロックとされる或るブロック(#n)が指定されることになる(前述のように、実際にはそのブロックの先頭行のスロットを示す)。 For example, if the management of the unused area in the first to third sector by pointer P-FRA, the certain block is the start block of the unused area (#n) is designated by the pointer P-FRA It becomes (as mentioned above, actually shows the slot of the first row of the block). そして、このブロック(#n)に続いて未使用領域としてのブロックが存在する場合には、例えばブロック(#n)の第8バイトのリンク情報の領域に対して、ブロック(#n)に続く未使用領域としてのブロックの先頭行のスロットを示す値が記録されることになる。 Then, the region of the 8-byte link information of the block when the block as an unused area following the (#n) are present, for example, block (#n), followed by the block (#n) so that the value indicating the first line of the slot block as an unused area is recorded. また、現ブロックに続く未使用領域としてのブロックがない場合には、第8バイトのリンク情報として例えばALL'0'が記録されることになる。 When there is no block as an unused area following the current block will have as example ALL'0 'link information of the 8 byte are recorded.

【0252】このようなカラオケテキストファイルの形態によっても、先の変形例Cの場合と同様に、一般のカラオケの歌詞表示形態にほぼ沿った表示が実現されることになる。 [0252] Also depending on the form of such a karaoke text file, as in the previous variant C, the display substantially along the lyrics display form of the general karaoke is to be realized. つまり、図29による説明に準じた形態によるカラオケ歌詞表示が可能となる。 In other words, it is possible to karaoke lyrics display according conforming to description of Figure 29. また、この場合にはブロックごとをリンク情報により連結するようにして1 Further, in this case as connected by link information for each block 1
つの歌詞表示行としてのカラオケテキストファイルを形成するようにしているため、1トラックに対応する第1 Due to the way to form One of the karaoke text file as lyrics display line, the first corresponding to one track
〜第3セクターの領域内であれば、歌詞としての文字情報に対する各種表示制御情報の変更はもちろんのこと、 If ~ a third sector in the region, changes of various display control information for the character information as lyrics, of course,
文字情報の修正、変更についても、相応の自由度が与えられることになる。 Modification of character information, for the change, so that the degree of freedom corresponding given. 例えば、或る歌詞表示行を形成する文字を追加する修正を行うような場合に、その歌詞表示行のためのカラオケテキストファイルを形成するのに必要なブロック数が増加する場合には、第1〜第3セクター内におけるフリーエリアとしてのブロック或いは未使用のブロックのうちから特定のブロックを選択して、カラオケテキストファイルを形成するブロックとして追加すればよい。 For example, in some cases the lyrics display line as to correct add characters to form a, if the number of blocks required to form the karaoke text file for that lyrics display line is increased, the first through third select a specific block from among the blocks or unused blocks of the free area in the sector, it may be added as a block to form a karaoke text file. この際、新たに追加されるブロックは、その前に連結されるべきブロックにおけるリンク情報によりその連結関係が示されることになる。 In this case, newly added block will the connection relationship is indicated by the link information in the block to be linked to the previous. そして、上記のようにして歌詞表示行のためのカラオケテキストファイルが格納できるだけのブロック数を確保した上で、これらのブロックに対して、歌詞の文字を追加修正したことにより変更された内容のデータを書き込むようにすればよいことになる。 Then, while ensuring the number of blocks enough to hold karaoke text file for the lyrics display line as described above, data of the changed content by on these blocks were added modified lyrics text it is sufficient to write. この際、必要に応じて、第1セクター内におけるポインタP-FRA の値とフリーエリアとしてのブロックにおけるリンク情報の値については、その内容の書き換えが行われるものとされる。 At this time, if necessary, for the value of the link information in the block as the value of the free area of ​​the pointer P-FRA in the first sector, it is assumed to rewriting of the contents is performed.

【0253】なお、変形例C及び変形例Dとしては、カラオケに対する適用例として説明したが、実際の適用に際してはこれに限定されるものではない。 [0253] As the modification C and the modification D, it is described as an application example for karaoke, not being limited to this in actual applications. 例えば、プログラムエリアに記録する主データを外国語会話学習用のソフトとして、これに対応するテキストファイルデータを、変形例C及び変形例Dに基づいて作成して記録するようにすることも考えられる。 For example, the main data to be recorded in the program area as software for learning foreign language conversation, a text file data corresponding thereto, it is conceivable to be recorded were prepared in accordance with the modification C and the modification D . つまり、主データとして外国語の例文が発音されているタイミングに対応して、 In other words, in response to the timing at which the sentence of a foreign language is pronunciation as the main data,
例えばその例文自体や、例文に対する応答文などの文字を表示し、発音のガイドとしてワイプ処理を行うようにすることなども考えられる。 For example the sentence itself or to display characters such response sentence for sentence, also conceivable such that to perform the wiping operation as a guide pronunciation. つまり、少なくとも変形例C及び変形例Dとしては、表示文字に対して、所要の表示制御情報により表示形態の変化を与えることが有効なソフトであれば、決してカラオケのみの使用に限定されるものではない。 Ie, those at least as modification C and the modification D, the display character, if valid soft to give a change in the display mode by the required display control information, which is never limited to the use of the karaoke only is not. 従って、文字列や文字ごとに対する表示制御情報の定義としても、変形例C及び変形例Dに示した以外の定義内容が適宜設定されて構わないものである。 Therefore, even if the definition of the display control information for each character string or character, definitions other than those shown in modification C and the modification D is one that may be set as appropriate.

【0254】また、以上の実施の形態の例としては、ディスク90は光磁気ディスクとして説明してきたが、再生専用ディスクであっても、AUXデータやAUX−T [0254] As examples of the above embodiment, the disk 90 has been described as a magneto-optical disc, even read-only disc, AUX data and AUX-T
OCの構造及びその出力動作は、全く同様に適用できることはいうまでもない。 OC structure and output operation, it is needless to say that exactly the same applies. もちろんこの場合は、ディスク製造者(ディスクソフトウエアメーカー)側がAUXデータの記録や出力タイミングの設定を行うことになる。 Of course, this case will make a disc manufacturer (disk software publisher) setting of the recording and the output timing of the side is AUX data.

【0255】また上記例では、文字情報などの出力タイミングはプログラム内のアドレス(絶対アドレス又はオフセットアドレス)により指定するようにしたが、例えばアドレスに代えて曲再生開始からの時間値などを記録しておくようにしてもよい。 [0255] In the above example, the output timing of the character information is to be specified by the address in the program (absolute address or offset address), for example, to record, time values ​​from the song playback start instead of the address it may be kept. また実施の形態をミニディスクシステムで説明したが、本発明はこれ以外にも、各種記録再生システムにおいて広く適用できる。 Also it has been described the embodiments in the mini disc system, the present invention other than the above can be applied widely in various recording and reproducing system.

【0256】 [0256]

【発明の効果】以上説明したように本発明は、記録媒体に主データとなるプログラムとともに、文字、画像その他の副データとなるデータファイルを記録できるようにしている。 The present invention described above, according to the present invention, together with a program as a main data recording medium, characters, and to be able to record the image data file to be other secondary data. また副データとしてのデータファイルは副データ領域となる特定の領域に記録する。 The data files as auxiliary data are recorded in a specific region to be the sub-data area. また副データ管理情報によってプログラムとは独立して管理する。 The independently managed and programmed by the sub data management information. さらに、副データ管理情報の管理方式によって、あるデータファイル内のデータが、特定のプログラム内での出力タイミングに合わせた出力が可能となるようにしている。 Moreover, the management method of the sub-data management information, data of a data file is so that it is possible to output to match the output timing in a particular program.
これらのことから次のような各効果が得られる。 Each the following effect since these can be obtained.

【0257】まず、副データとしてのデータファイルは、プログラム領域とは異なる副データ領域に記録されること、及び副データ管理情報によって管理されることで、データファイルの記録、更新、編集等はプログラムとは無関係に実行できる。 [0257] First, the data files as auxiliary data, that the program area is recorded in different sub-data area, and that is managed by the sub data management information, recording of the data file, updating, editing, etc. The program and it can be performed independently. このため、文字、画像等のデータファイルを副データとして記録したい場合、修正したい場合などにプログラムも同時に記録を行う必要はなく、手軽かつ短時間での記録・更新動作が実現できる。 Therefore, characters, if you want to record a data file of the image or the like as sub data, when you want to modify programs not necessary to perform recording at the same time, the recording and update operation easily and in a short time can be realized.
また副データ管理情報によってプログラムとは独立して管理されることで、副データとしてのデータファイルは、プログラムの再生動作状態や管理状態によって制限されないで、記録、再生、編集、管理状態の設定/更新等を行うことができる自由度の高いデータとすることができる。 Further, by the program is managed independently by the sub data management information, the data files as sub data are not limited by the reproduction operation state and management state of the program, recording, reproducing, editing, management status setting / can have high freedom can be updated such data.

【0258】また副データとしてのデータファイルは、 [0258] The data file as the sub data,
副データ管理情報によって、特定のプログラム内での出力タイミングに合わせた出力が可能とされるため、例えば歌詞などの情報としてのデータファイルを、プログラムの再生に同期して、例えば楽曲の演奏としての歌唱内容の表示出力やカラオケガイドとしての表示出力などの動作が可能となる。 The sub data management information, since it is possible to output to match the output timing in a particular program, for example, a data file as information such as lyrics in synchronization with the playback of the program, for example, as a rendition of the music operations such as display output as a display output and karaoke guide of singing content becomes possible. このようにプログラムとデータファイルを連携的に再生させることができ、多様な再生動作が可能となるという効果がある。 Thus it is possible to reproduce programs and data files cooperative manner, there is an effect that various reproduction operations can be performed. またこのようにプログラムの内容に同期させて出力する場合でも、そのデータファイルの出力管理は主データ管理情報によるものではなく、従って出力タイミングの修正なども容易となり、 Even when outputting in synchronization with the contents of such programmed, the output management data file is not primarily data management information, therefore is facilitated such modification of the output timing,
例えば表示出力される文字の表示タイミングをプログラムとしての音楽に合わせた調整なども容易となる。 For example the adjustment is facilitated such that the combined display timing of characters to be displayed and output on music as a program. そして以上のことから、本発明としては機能拡張性が高く、 And From the above, highly functional expandability as the present invention,
かつ操作性がよい有用な記録再生システムを実現できることになる。 And it becomes possible to realize the operation is good useful recording and reproducing system.

【0259】また、特に副データのデータファイルとして、文字情報に対応して、この文字を表示させる際の各文字や文字列に対する所要の表示制御情報を記録するようにすることで、主データの再生に同期した文字情報の表示/消去のみにとどまらず、表示文字に対して各種形態による表示効果を与えることが可能となる。 [0259] Furthermore, as particular data file of the sub data, corresponding to the character information, by to record the required display control information for each character or string when displaying this character, the main data not only only display / erasure of sync character information to the reproduction, it is possible to provide a display effect according to various embodiments for the display characters. 例えばこれをカラオケに適用した場合には、例えば、主データを利用してカラオケの楽曲としての音声を再生しているときに、副データとしてのカラオケデータファイルを利用して、或る文字列を所要の表示領域に対して所要のタイミングで表示させると共に、表示された文字列を形成する文字に対していわゆるワイプといわれる効果を与えるなどの制御が可能となる。 If for example this is applied to the karaoke, for example, by using the main data when playing audio as a karaoke music piece, by using a karaoke data file as auxiliary data, a certain string with display at the required timing with respect to required display area, it is possible to control such provide an effective so-called wipe against characters forming the displayed character string. つまり、カラオケの歌唱ガイドとなる歌詞表示として、例えば業務用のレベルで一般に行われているのとほぼ同様の表示形態を実現することが充分に可能となる。 In other words, the lyrics display to be vocal guide Karaoke, for example, be achieved substantially the same display form as the level for business is generally performed becomes sufficiently possible.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の実施の形態の記録再生装置のブロック図である。 1 is a block diagram of a recording and reproducing apparatus of the embodiment of the present invention.

【図2】実施の形態のディスクのセクターフォーマットの説明図である。 FIG. 2 is an explanatory view of a sector format of the disk embodiment.

【図3】実施の形態のディスクのアドレス形式の説明図である。 3 is an explanatory diagram of the address format of the disc embodiment.

【図4】実施の形態のディスクのアドレス例の説明図である。 4 is an explanatory diagram of the address example of the disk of the embodiment.

【図5】実施の形態のディスクのエリア構造の説明図である。 5 is an explanatory diagram of the area structure of a disk embodiment.

【図6】実施の形態のU−TOCセクター0の説明図である。 6 is an explanatory view of U-TOC sector 0 of the embodiment.

【図7】実施の形態のU−TOCセクター0のリンク形態の説明図である。 7 is an explanatory view of a link form of U-TOC sector 0 of the embodiment.

【図8】実施の形態のU−TOCセクター1の説明図である。 8 is an explanatory view of U-TOC sector 1 of the embodiment.

【図9】実施の形態のU−TOCセクター2の説明図である。 9 is an explanatory view of U-TOC sector 2 of the embodiment.

【図10】実施の形態のU−TOCセクター4の説明図である。 10 is an explanatory view of U-TOC sector 4 of the embodiment.

【図11】実施の形態のAUX−TOCセクター0の説明図である。 11 is an explanatory view of the AUX-TOC sector 0 of the embodiment.

【図12】実施の形態のAUX−TOCセクター1の説明図である。 12 is an explanatory view of the AUX-TOC sector 1 of the embodiment.

【図13】実施の形態のAUX−TOCセクター2の説明図である。 13 is an illustration of the AUX-TOC sector 2 of the embodiment.

【図14】実施の形態のAUX−TOCセクター3の説明図である。 14 is an explanatory view of the AUX-TOC sector 3 of the embodiment.

【図15】実施の形態のAUX−TOCセクター4の説明図である。 15 is an explanatory view of the AUX-TOC sector 4 of the embodiment.

【図16】実施の形態のAUX−TOCセクター5の説明図である。 16 is an explanatory diagram of the AUX-TOC sector 5 of the embodiment.

【図17】実施の形態のAUX−TOCセクター6の説明図である。 17 is an explanatory view of the AUX-TOC sector 6 embodiment.

【図18】実施の形態のAUX−TOCセクター7の説明図である。 18 is an explanatory view of the AUX-TOC sector 7 embodiment.

【図19】実施の形態のAUX−TOCセクター8の説明図である。 19 is an explanatory view of the AUX-TOC sector 8 embodiment.

【図20】実施の形態のAUX−TOCセクター9の説明図である。 Figure 20 is an illustration of AUX-TOC sector 9 embodiment.

【図21】実施の形態のピクチャーファイルセクターの説明図である。 21 is an explanatory diagram of a picture file sector of the embodiment.

【図22】実施の形態のテキストファイルセクターの説明図である。 FIG. 22 is an explanatory diagram of a text file sector embodiment of the present invention.

【図23】実施の形態のカラオケテキストファイルセクターの説明図である。 FIG. 23 is an explanatory diagram of the karaoke text file sector embodiment of the present invention.

【図24】実施の形態のカラオケアドレスセクターの説明図である。 FIG. 24 is an explanatory view of a karaoke address sector embodiment.

【図25】実施の形態のカラオケテキストファイルセクターとカラオケアドレスセクターの関係の説明図である。 FIG. 25 is an explanatory diagram of the relationship between the karaoke text file sector and karaoke address sector of the embodiment.

【図26】実施の形態の変形例Aとしてのカラオケテキストセクターの説明図である。 26 is an explanatory diagram of the karaoke text sector as a modified example A preferred embodiment.

【図27】実施の形態の変形例Aとしてのカラオケテキストセクターのデータの説明図である。 FIG. 27 is an explanatory view of the data of the karaoke text sector as a modified example A preferred embodiment.

【図28】実施の形態の変形例Bとしてのカラオケテキストセクターとカラオケアドレスセクターの関係の説明図である。 FIG. 28 is an explanatory view of a relationship between a karaoke text sector and karaoke address sector as a modification B embodiment.

【図29】実施の形態の変形例Cとしてのカラオケテキストファイルセクターの説明図である。 FIG. 29 is an explanatory diagram of the karaoke text file sectors as a modification C of Embodiment.

【図30】図29に示すカラオケテキストファイルセクターにより実現されるカラオケの歌詞の表示形態例を示す説明図である。 Figure 30 is an explanatory diagram showing a display mode example of karaoke lyrics realized by the karaoke text file sector shown in FIG. 29.

【図31】実施の形態の変形例Dとしてのカラオケテキストファイルの説明図である。 FIG. 31 is an explanatory view of a karaoke text file as a variation D of the embodiment.

【図32】変形例Dとしてのカラオケテキストファイルセクター(第1セクター)の説明図である。 Figure 32 is an explanatory diagram of the karaoke text file sectors as a modification D (first sector).

【図33】変形例Dとしてのカラオケテキストファイルセクター(第2セクター)の説明図である。 FIG. 33 is an explanatory diagram of the karaoke text file sectors as a modification D (second sector).

【図34】変形例Dとしてのカラオケテキストファイルセクター(第3セクター)の説明図である。 FIG. 34 is an explanatory diagram of the karaoke text file sectors as a modification D (third sector).

【図35】変形例Dにおいて、ポインタによるカラオケテキストファイルセクター上の指定規則を説明するための説明図である。 [Figure 35] Modification D, is an explanatory diagram for explaining the rules specified in the karaoke text file sector by pointer.

【図36】変形例Dとして1行分の歌詞行に対応するカラオケテキストファイルの構造例を示す説明図である。 Figure 36 is an explanatory diagram showing a structural example of a karaoke text file corresponding to the lyrics line of one row as a modification D.

【図37】本実施の形態において、プログラムに同期したAUXデータの再生動作を実現するための処理動作を示すフローチャートである。 [Figure 37] In the present embodiment, is a flowchart showing a processing operation for realizing a playback operation of the AUX data synchronized with the program.

【図38】本実施の形態におけるAUXデータの記録動作を実現するための処理動作を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a processing operation for realizing the recording operation of the AUX data in FIG. 38 embodiment.

【図39】本実施の形態におけるAUXデータの記録動作を実現するための処理動作を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a processing operation for realizing the recording operation of the AUX data in FIG. 39 embodiment.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 記録再生装置、3 光学ヘッド、6a 磁気ヘッド、8 エンコーダ/デコーダ部、9 サーボ回路、1 1 recording and reproducing apparatus, 3 an optical head, 6a magnetic head, 8 the encoder / decoder unit, 9 servo circuit, 1
1 システムコントローラ、12 メモリコントローラ、13 バッファメモリ、14 エンコーダ/デコーダ部、23 操作部、24 表示部、25 インターフェース部、90 ディスク 1 system controller 12 memory controller, 13 buffer memory, 14 an encoder / decoder unit, 23 operation unit, 24 display unit, 25 interface unit, 90 a disk

Claims (16)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 時間的連続性のある主データを1又は複数のプログラムとして記録するプログラム領域と、 前記プログラム領域に記録される主データとしての1又は複数のプログラムについての記録又は再生又は編集動作を管理する主データ管理情報を記録する主データ管理領域と、 前記主データとしての各プログラムとは独立したデータとしての副データを1又は複数のデータファイルとして記録する副データ領域と、 前記副データ領域に記録される副データとしての1又は複数のデータファイルの記録又は再生又は編集動作の管理を行う副データ管理情報を記録する副データ管理領域とが形成され、 前記副データ管理領域に記録される副データ管理情報は、全部又は一部のデータファイルの再生が、あるプログラムの再生進行時間に応 1. A program area for recording main data with temporal continuity as one or more programs, recording or reproducing or editing operation for one or more program as main data recorded in the program area a main data management area for recording main data management information for managing the subdata area for recording the sub data one or more data files as an independent data with each program as the main data, the sub data and secondary data management area is formed for recording sub data management information for managing the recording or reproducing or editing operation of one or more data files as sub data to be recorded in the area, is recorded in the sub data management area sub data management information, the reproduction of all or part of the data file, respond to reproduction advancing time of a program that たタイミングで行われるような動作管理が可能な形態とされることを特徴とする記録媒体。 Recording medium characterized in that the operation control such as at the timing are possible forms.
  2. 【請求項2】 前記データファイルとして、文字情報を記録した文字データファイルと、その文字情報の出力タイミング情報を記録した出力タイミングデータファイルが形成され、 前記副データ管理情報によって、前記文字データファイル内の文字情報が、特定のプログラムの再生動作時に、 As claimed in claim 2, wherein the data file, and character data file containing the text information, the output timing data file that records the output timing information of the character information is formed, the by the sub data management information, the character data file character information is, at the time of playback operation of a particular program,
    前記出力タイミングデータファイル内の出力タイミング情報で規定される出力タイミングで出力されるように管理されていることを特徴とする請求項1に記載の記録媒体。 Recording medium according to claim 1, characterized in that it is managed to be output at the output timing defined by the output timing information of the output timing data file.
  3. 【請求項3】 前記データファイルとして、文字情報と、その文字情報の出力タイミング情報を記録した文字データファイルが形成され、 前記副データ管理情報によって、前記文字データファイル内の文字情報が、特定のプログラムの再生動作時に、 As claimed in claim 3 wherein said data file, and character information, the character data file containing the output timing information of the character information is formed, the by the sub data management information, the character information of the character data in the file, the specific during the program playback operation,
    前記出力タイミング情報で規定される出力タイミングで出力されるように管理されていることを特徴とする請求項1に記載の記録媒体。 Recording medium according to claim 1, characterized in that it is managed to be output at the output timing defined by the output timing information.
  4. 【請求項4】 前記データファイルとして、文字情報と、その文字情報に関して所要の表示制御を行うための表示制御情報を記録した文字表示データファイルが形成され、 前記副データ管理情報によって、前記文字表示データファイル内の文字情報が、特定のプログラムの再生動作時に、前記表示制御情報で規定される表示形態により表示出力可能なように管理されていることを特徴とする請求項1に記載の記録媒体。 As claimed in claim 4 wherein said data file, and character information, character display data file containing the display control information for performing a required display control with respect to the character information is formed by the sub data management information, the character display character information in the data file, the playback operation of a specific program, a recording medium according to claim 1, characterized in that it is managed so as to be displayed output by the display form prescribed by the display control information .
  5. 【請求項5】 上記表示制御情報として、前記文字表示データファイル内における1文字分以上の文字情報より成る文字列情報の表示出力タイミングを制御するための表示タイミング情報と、この文字列情報の表示位置を指定する表示位置情報と、文字列情報を形成する各文字情報をワイプさせるためのタイミングを制御するためのワイプ制御情報のうちの一部、あるいは全てが設定されていることを特徴とする請求項4に記載の記録媒体。 As claimed in claim 5, wherein said display control information, and the display timing information for controlling the display output timing of the character display data file string information consisting of one or more character of character information in the display of the character string information to the display position information specifying the position, wherein a portion of the wipe control information for controlling the timing for causing the wiped each character information to form the character string information, or all are set recording medium according to claim 4.
  6. 【請求項6】 時間的連続性のある主データを1又は複数のプログラムとして記録するプログラム領域と、 前記プログラム領域に記録される主データとしての1又は複数のプログラムについての記録又は再生又は編集動作を管理する主データ管理情報を記録する主データ管理領域と、 前記主データとしての各プログラムとは独立したデータとしての副データを1又は複数のデータファイルとして記録する副データ領域と、 前記副データ領域に記録される副データとしての1又は複数のデータファイルの記録又は再生又は編集動作の管理を行う副データ管理情報を記録する副データ管理領域とが形成された記録媒体に対して記録動作を行うことのできる記録装置として、 前記記録媒体に対して情報の記録を行う記録ヘッド手段と、 前記記録ヘ 6. A program area for recording the main data with temporal continuity as one or more programs, recording or reproducing or editing operation for one or more program as main data recorded in the program area a main data management area for recording main data management information for managing the subdata area for recording the sub data one or more data files as an independent data with each program as the main data, the sub data the recording operation for one or more sub-data management area and the recording medium formed of recording the record or sub data management information for managing the reproduction or editing operation of the data files as sub data to be recorded in the area as a recording apparatus which can perform a recording head unit for recording information to said recording medium, said recording f ド手段に、前記副データ領域に副データとしてのデータファイルの記録を実行させることができるとともに、記録されたデータファイルが、あるプログラムの再生進行時間に応じたタイミングで再生させるようにする副データ管理情報を生成し、前記記録ヘッド手段に、前記副データ管理領域の副データ管理情報の更新を実行させることのできる記録制御手段を備えたことを特徴とする記録装置。 To de unit, the sub data wherein the recording it is possible to cause the execution of the data file of the sub-data area as sub data, the recorded data file, so as to be reproduced at a timing corresponding to the reproduction progress time of a program generates management information, the a recording head unit, recording apparatus characterized by including a recording control means capable of executing the update of the sub data management information of the sub-data management area.
  7. 【請求項7】 前記記録制御手段は、 前記データファイルとして、文字情報を記録した文字データファイルと、その文字情報の出力タイミング情報を記録した出力タイミングデータファイルを、前記副データ領域に記録させるとともに、 前記文字データファイル内の文字情報が、特定のプログラムの再生動作時に、前記出力タイミングデータファイル内の出力タイミング情報で規定される出力タイミングで出力されるように管理を行う副データ管理情報を生成し、前記副データ管理領域の副データ管理情報の更新を実行させることを特徴とする請求項6に記載の記録装置。 Wherein said recording control means as the data file, and character data file containing the text information, the output timing data file that records the output timing information of the character information, causes recorded in the sub data area , generates the character information of the character data in the file, the playback operation of a particular program, the sub data management information for managing, as output at the output timing defined by the output timing information of the output timing data file and the recording apparatus according to claim 6, characterized in that to execute the update of the sub data management information of the sub-data management area.
  8. 【請求項8】 前記記録制御手段は、 前記データファイルとして、文字情報と、その文字情報の出力タイミング情報を記録した文字データファイルを記録した文字データファイルを、前記副データ領域に記録させるとともに、 前記文字データファイル内の文字情報が、特定のプログラムの再生動作時に、前記出力タイミングデータファイル内の出力タイミング情報で規定される出力タイミングで出力されるように管理を行う副データ管理情報を生成し、前記副データ管理領域の副データ管理情報の更新を実行させることを特徴とする請求項6に記載の記録装置。 Wherein said recording control means as the data file, and character information, the character data file output timing information recorded the recorded character data file of the character information, causes recorded in the sub data area, character information of the character data in the file, the playback operation of a specific program, and generates a secondary data management information for managing, as output at the output timing defined by the output timing information of the output timing data file a recording apparatus according to claim 6, characterized in that to execute the update of the sub data management information of the sub-data management area.
  9. 【請求項9】 前記記録制御手段は、 前記データファイルとして、文字情報と、その文字情報に関して所要の表示制御を行うための表示制御情報を記録した文字表示データファイルを前記副データ領域に記録させるとともに、 前記文字表示データファイル内の文字情報が、特定のプログラムの再生動作時に、前記表示制御情報で規定される表示形態により表示出力されるように管理を行う副データ管理情報を生成し、前記副データ管理領域の副データ管理情報の更新を実行させることを特徴とする請求項6に記載の記録装置。 Wherein said recording control means, wherein as a data file, and character information, is recorded in the sub data area of ​​character display data file containing the display control information for performing a required display control with respect to the character information together with the character information of the character display data in the file, the playback operation of a specific program, and generates a secondary data management information for managing as display output by the display form prescribed by the display control information, wherein It is executed to update the sub-data management information of sub-data management area recording apparatus according to claim 6, wherein.
  10. 【請求項10】 前記記録制御手段は、 前記表示制御情報として、前記文字表示データファイル内における1文字分以上の文字情報より成る文字列情報の表示出力タイミングを制御するための表示タイミング情報と、この文字列情報の表示位置を指定する表示位置情報と、文字列情報を形成する各文字情報をワイプさせるためのタイミングを制御するためのワイプ制御情報のうちの一部、あるいは全てを記録するようにされていることを特徴とする請求項9に記載の記録装置。 Wherein said recording control means, as the display control information, and the display timing information for controlling the display output timing of the character string information consisting of one or more character of character information in the character display data file, to record and display position information which specifies the display position of the character string information, some of the wipe control information for controlling the timing for causing the wiped each character information to form the character string information, or all a recording apparatus according to claim 9, characterized in that it is in.
  11. 【請求項11】 時間的連続性のある主データを1又は複数のプログラムとして記録するプログラム領域と、 前記プログラム領域に記録される主データとしての1又は複数のプログラムについての記録又は再生又は編集動作を管理する主データ管理情報を記録する主データ管理領域と、 前記主データとしての各プログラムとは独立したデータとしての副データを1又は複数のデータファイルとして記録する副データ領域と、 前記副データ領域に記録される副データとしての1又は複数のデータファイルの記録又は再生又は編集動作の管理を行う副データ管理情報を記録する副データ管理領域とが形成された記録媒体に対して再生動作を行うことのできる再生装置として、 前記記録媒体から前記プログラム、前記主データ管理情報、前記デー 11. A program area for recording the main data with temporal continuity as one or more programs, recording or reproducing or editing operation for one or more program as main data recorded in the program area a main data management area for recording main data management information for managing the subdata area for recording the sub data one or more data files as an independent data with each program as the main data, the sub data the reproducing operation for one or more sub-data management area and the recording medium formed of recording the record or sub data management information for managing the reproduction or editing operation of the data files as sub data to be recorded in the area as a reproduction apparatus which can perform the program from the recording medium, the main data management information, the data ファイル、前記副データ管理情報のそれぞれの読出を行うことのできる再生ヘッド手段と、 前記再生ヘッド手段で読み出されたプログラムのデコード処理を行って再生情報として出力することのできるプログラム再生手段と、 前記再生ヘッド手段で読み出されたデータファイルのデコード処理を行って再生情報として出力することのできるデータファイル再生手段と、 前記再生ヘッド手段によって読み出された前記主データ管理情報及び前記副データ管理情報に基づいて、前記再生ヘッド手段、前記プログラム再生手段、前記データファイル再生手段の動作制御を行うとともに、前記プログラム再生手段から出力されているプログラムの再生進行時間に応じたタイミングで、特定のデータファイルの再生出力が前記データファイル再生手段 File, a reproducing head means capable of performing each of reading the sub data management information, and the program reproduction means can be outputted as reproduction information by performing a decoding process of the program read out by said reproducing head means, the data file reproducing means capable of outputting a reproduction information by performing a decoding process of the read data file by the reproducing head unit, the main data management information and the sub data managed read by the reproducing head means based on the information, the reproducing head unit, the program reproduction means, wherein performs operation control of the data file playback means at a timing corresponding to the reproduction progress time of a program that is output from the program reproduction means, particular data reproduction output file the data file playback means によって実行されるように制御を行うことのできる再生制御手段を備えたことを特徴とする再生装置。 Reproducing apparatus characterized by comprising a reproduction control means capable of performing control to be executed by.
  12. 【請求項12】 前記再生制御手段は、 前記プログラム再生手段によって特定のプログラムの再生動作を実行させている際に、前記副データ管理情報でそのプログラムに対応づけられて管理されている特定のデータファイル内の文字情報が、同じく前記副データ管理情報でそのプログラムに対応づけられて管理されている他のデータファイル内の出力タイミング情報で規定される出力タイミングで、前記データファイル再生手段によって出力されるように制御を行うことを特徴とする請求項11に記載の再生装置。 12. The method of claim 11, wherein the reproduction control means, said program when who runs the reproducing operation of a specific program by the reproducing means, the particular data to which the managed in correspondence to the program in the sub data management information character information in the file is output again the output timing defined by the output timing information of the sub-data management information on other data file that is managed in correspondence to the program, by the data file playback means reproducing apparatus according to claim 11, characterized in that for controlling the so that.
  13. 【請求項13】 前記再生制御手段は、 前記プログラム再生手段によって特定のプログラムの再生動作を実行させている際に、前記副データ管理情報でそのプログラムに対応づけられて管理されている特定のデータファイル内の文字情報が、そのデータファイル内の出力タイミング情報で規定される出力タイミングで、 Wherein said reproduction control means, said program when who runs the reproducing operation of a specific program by the reproducing means, the particular data to which the managed in correspondence to the program in the sub data management information character information in the file, the output timing defined by the output timing information of the data file,
    前記データファイル再生手段によって出力されるように制御を行うことを特徴とする請求項11に記載の再生装置。 Reproducing apparatus according to claim 11, wherein the performing control such that output by the data file reproduction means.
  14. 【請求項14】 前記再生制御手段は、 前記プログラム再生手段によって特定のプログラムの再生動作を実行させている際に、前記副データ管理情報でそのプログラムに対応づけられて管理されている特定のデータファイル内の文字情報が、そのデータファイル内の表示制御情報で規定される表示形態により表示出力されるように制御することを特徴とする請求項11に記載の再生装置。 14. The method of claim 13, wherein the reproduction control means, said program when who runs the reproducing operation of a specific program by the reproducing means, the particular data to which the managed in correspondence to the program in the sub data management information character information in the file, the reproducing apparatus according to claim 11, wherein the controller controls so as to be displayed and output by the display form prescribed by the display control information of the data file.
  15. 【請求項15】 前記再生制御手段は上記表示制御情報に基づく表示制御として、 表示タイミング情報に基づく前記データファイル内における1文字分以上の文字情報より成る文字列情報の表示出力タイミングの制御と、 文字列情報ごとに表示位置を指定する表示位置情報に基づいて、所要の位置にその文字列情報が表示されるようにするための制御と、 ワイプ制御情報に基づいて、文字列情報を形成する各文字情報をワイプ表示させるためのタイミングの制御と、 を実行可能に構成されていることを特徴とする請求項1 15. The reproduction control unit as the display control based on the display control information, the control of the display output timing of the character string information consisting of one character or more text information in the data file based on the display timing information, based on the display position information which specifies the display position for each character string information, and control so that the character string information to the required position is displayed, on the basis of the wipe control information, to form the character string information claim 1, characterized in that it is configured to be able to execute, and control of the timing for causing the wiped display each character information
    4に記載の再生装置。 Reproducing apparatus according to 4.
  16. 【請求項16】 前記データファイル再生手段は、再生対象となっているデータファイルの情報を表示出力することを特徴とする請求項11に記載の再生装置。 16. The data file reproducing means, reproducing apparatus according to claim 11, characterized by outputting display information of the data file to be reproduced.
JP26474698A 1997-10-21 1998-09-18 Recording medium, recording device and reproducing device Withdrawn JPH11232849A (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28873197 1997-10-21
JP9-288731 1997-10-21
JP34015997 1997-12-10
JP9-340159 1997-12-10
JP26474698A JPH11232849A (en) 1997-10-21 1998-09-18 Recording medium, recording device and reproducing device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26474698A JPH11232849A (en) 1997-10-21 1998-09-18 Recording medium, recording device and reproducing device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11232849A true JPH11232849A (en) 1999-08-27

Family

ID=27335326

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP26474698A Withdrawn JPH11232849A (en) 1997-10-21 1998-09-18 Recording medium, recording device and reproducing device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11232849A (en)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6345017B1 (en) * 1998-11-26 2002-02-05 Sony Corporation Reproducing apparatus capable of suppressing mechanical noise during access of sub data and main data
US6658527B1 (en) * 1999-09-24 2003-12-02 Sony Corporation Recording and/or reproduction apparatus and data communication system with display of main and auxiliary data recorded capacity information
JP2007520844A (en) * 2004-02-03 2007-07-26 エルジー エレクトロニクス インコーポレーテッド Text subtitle decoder and method for decoding text subtitle
US7327941B1 (en) 1999-09-29 2008-02-05 Kabushiki Kaisha Toshiba System for handling audio information with representative image
JP2010020901A (en) * 2003-11-10 2010-01-28 Samsung Electronics Co Ltd Reproducing method using information recording medium with subtitle recorded thereon
US7787753B2 (en) 2003-04-09 2010-08-31 Lg Electronics Inc. Recording medium having a data structure for managing reproduction of text subtitle data and methods and apparatuses of recording and reproducing
US7809244B2 (en) 2004-03-26 2010-10-05 Lg Electronics Inc. Recording medium and method and apparatus for reproducing and recording text subtitle streams with style information

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6345017B1 (en) * 1998-11-26 2002-02-05 Sony Corporation Reproducing apparatus capable of suppressing mechanical noise during access of sub data and main data
US6658527B1 (en) * 1999-09-24 2003-12-02 Sony Corporation Recording and/or reproduction apparatus and data communication system with display of main and auxiliary data recorded capacity information
US7327941B1 (en) 1999-09-29 2008-02-05 Kabushiki Kaisha Toshiba System for handling audio information with representative image
US8135259B2 (en) 2003-04-09 2012-03-13 Lg Electronics Inc. Recording medium having a data structure for managing reproduction of text subtitle data and methods and apparatuses of recording and reproducing
US7787753B2 (en) 2003-04-09 2010-08-31 Lg Electronics Inc. Recording medium having a data structure for managing reproduction of text subtitle data and methods and apparatuses of recording and reproducing
US8289448B2 (en) 2003-11-10 2012-10-16 Samsung Electronics Co., Ltd. Information storage medium containing subtitles and processing apparatus therefor
JP2010020901A (en) * 2003-11-10 2010-01-28 Samsung Electronics Co Ltd Reproducing method using information recording medium with subtitle recorded thereon
US8218078B2 (en) 2003-11-10 2012-07-10 Samsung Electronics Co., Ltd. Information storage medium containing subtitles and processing apparatus therefor
US8325275B2 (en) 2003-11-10 2012-12-04 Samsung Electronics Co., Ltd. Information storage medium containing subtitles and processing apparatus therefor
US8045056B2 (en) 2003-11-10 2011-10-25 Samsung Electronics Co., Ltd. Information storage medium containing subtitles and processing apparatus therefor
US8081860B2 (en) 2004-02-03 2011-12-20 Lg Electronics Inc. Recording medium and recording and reproducing methods and apparatuses
US7982802B2 (en) 2004-02-03 2011-07-19 Lg Electronics Inc. Text subtitle decoder and method for decoding text subtitle streams
KR101119116B1 (en) * 2004-02-03 2012-03-16 엘지전자 주식회사 Text subtitle decoder and method for decoding text subtitle streams
JP2008079346A (en) * 2004-02-03 2008-04-03 Lg Electron Inc Text subtitle decoder which decodes test subtitle and its method
JP2007520844A (en) * 2004-02-03 2007-07-26 エルジー エレクトロニクス インコーポレーテッド Text subtitle decoder and method for decoding text subtitle
US8498515B2 (en) 2004-02-03 2013-07-30 Lg Electronics Inc. Recording medium and recording and reproducing method and apparatuses
US7809244B2 (en) 2004-03-26 2010-10-05 Lg Electronics Inc. Recording medium and method and apparatus for reproducing and recording text subtitle streams with style information
US8326118B2 (en) 2004-03-26 2012-12-04 Lg Electronics, Inc. Recording medium storing a text subtitle stream including a style segment and a plurality of presentation segments, method and apparatus for reproducing a text subtitle stream including a style segment and a plurality of presentation segments
US8554053B2 (en) 2004-03-26 2013-10-08 Lg Electronics, Inc. Recording medium storing a text subtitle stream including a style segment and a plurality of presentation segments, method and apparatus for reproducing a text subtitle stream including a style segment and a plurality of presentation segments

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0635835B1 (en) Recording medium, recording and/or reproducing apparatus and recording and/or reproducing method
US6646966B2 (en) Automatic storage medium identifying method and device, automatic music CD identifying method and device, storage medium playback method and device, and storage medium as music CD
EP0833337B1 (en) Editing method for deleting prescribed section of a program and editing apparatus thereof
KR950007286B1 (en) Data recording/reproducing apparatus capable of simultaneously performing both reproduoing & recording form & ina signal recording medium
US5124963A (en) Method and apparatus for selectively changing archival information on an optical disk
DE69434692T2 (en) Recording method for recording medium
JP3435703B2 (en) Reproducing apparatus, reproduction method
EP0681292A2 (en) Recording method and apparatus for recording medium
KR950000130B1 (en) Information recording & reproducing device
CN100392739C (en) Dubbing system, controlling apparatus thereof, and dubbing controlling method
US5519681A (en) Recording medium reproducing apparatus that identifies a channel of reproduced data
AU676063B2 (en) Recording medium management method
US5880388A (en) Karaoke system for synchronizing and reproducing a performance data, and karaoke system configuration method
JP3353381B2 (en) Recording and reproducing apparatus
US6272088B1 (en) Recording apparatus and recording method
EP0677848A1 (en) Recording medium and reproducing device for special reproduction
EP0686974B1 (en) Recording and/or reproducing apparatus for a recording medium
KR20040021566A (en) Eding device eding method
CN1134785C (en) Recording/reproducing device, reproducing and recording device
KR20040028636A (en) Search apparatus and search method
JPH08315548A (en) Recorder
KR100377282B1 (en) Recording and/or reproducing apparatus for disc-shaped recording medium and memory control device therefor
JPH07121311A (en) Recorder
JP2002042425A (en) Reproducing device, recording device and editing device
JPH1116283A (en) Reproducing device

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20060110