JPH1049410A - Different type data base accessing device - Google Patents

Different type data base accessing device

Info

Publication number
JPH1049410A
JPH1049410A JP8208145A JP20814596A JPH1049410A JP H1049410 A JPH1049410 A JP H1049410A JP 8208145 A JP8208145 A JP 8208145A JP 20814596 A JP20814596 A JP 20814596A JP H1049410 A JPH1049410 A JP H1049410A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
data
cache area
local database
means
database access
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP8208145A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takeshi Kato
Kenji Negishi
毅 加藤
賢司 根岸
Original Assignee
Matsushita Electric Ind Co Ltd
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Ind Co Ltd, 松下電器産業株式会社 filed Critical Matsushita Electric Ind Co Ltd
Priority to JP8208145A priority Critical patent/JPH1049410A/en
Publication of JPH1049410A publication Critical patent/JPH1049410A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a different type data base accessing device with which an application program(AP) can access a plurality of different type data bases through a common access interface despite of the type of data bases or data without necessity for the AP to care of which local data base is to be accessed. SOLUTION: This data base accessing device is provided with a data structure defining means 102 for defining a logical data structure unit while relating it with an inquiry instruction to the local data base and a data structure storage area 103 for storing that definition information, the inquiry instruction from the AP is received, the plurality of different type data bases are accessed, and the retrieved result is returned to the AP.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、異なる種類の複数のデータベースを、ネットワークを介して検索する異種データベースアクセス装置に関する。 The present invention relates to the different types of multiple databases, relates heterogeneous database access system to search through the network.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、アプリケーションプログラムが、 Conventionally, the application program,
複数のデータベースをアクセスする場合、対象となるデータベース固有のインタフェースを考慮する必要があった。 When accessing a plurality of databases, it is necessary to consider the database-specific interface of interest. リレーショナル・データベースに限っても、アクセス用言語としてSQLが標準化されているが、データベースを提供するベンダーごとに細かな仕様が異なっているのが現状である。 Even if only in a relational database, but SQL has been standardized as a language for access, at present, are different detailed specifications for each vendor to provide a database. さらに、数値や文字データだけでなく、画像、音声、図形などのマルチメディアデータを格納したデータベースへのアクセス方式は様々である。 Furthermore, not only the numerical and character data, the access method of the image, sound, to a database that stores multimedia data such as figures may vary.

【0003】これに対して、特開平5−334363号公報では、アプリケーションプログラムから渡された標準形式のSQLをデータベース固有の形式のSQLへ変換するデータベースインタフェースを備えた、データベース検索装置が提案されている。 [0003] In contrast, in JP-A 5-334363, JP-equipped with a database interface that converts the SQL standard format that is passed from the application program to the database-specific format SQL, is proposed database retrieval device there. しかし、この方法では、1つのアプリケーションプログラムが複数のローカルデータベースにアクセスする場合は、検索対象のデータベースを選択するために、アプリケーションプログラムがデータベース切換部を操作する必要がある。 However, in this method, if one application program accesses the plurality of local databases, in order to select the search target database, it is necessary to the application program to operate the database switching section.

【0004】つまり、複数の異種データベースに共通のアクセスインタフェースでアクセスできるが、どのローカルデータベースにアクセスすべきかをアプリケーションプログラムが意識する必要があった。 [0004] That is, although accessible by a common access interface to a plurality of heterogeneous databases, which local database or an application program to be accessed had to be aware of.

【0005】また、複数のデータベースをネットワークを介してアクセスする場合は、データベースとアプリケーションプログラム間のデータの通信時間がかかるという問題があった。 [0005] When accessing through the network a plurality of databases, there is a problem that it takes a communication time of data between the database and the application program. 特に、遠隔地にあるデータベースをアクセスする場合や、マルチメディアデータのような大容量データにアクセスする場合に大きな問題になる。 In particular, and if you want to access the database at a remote location, it becomes a big problem in the case of access to large volumes of data such as multimedia data.

【0006】これに対して、特開平6−274401号公報では、アプリケーションプログラム側にデータキャッシュ機構を設け、問い合わせ文と取得データを保存し、2回目以降の問い合わせに対しては、キャッシュされたデータを利用する方式が提案されている。 [0006] In contrast, in JP-A 6-274401, JP-provided data caching mechanism to the application program side, and stores the acquired data and query statements, for the second and subsequent query, cached data method to be used has been proposed.

【0007】しかし、特開平6−274401号公報の方式では、キャッシュ許容量を越えた場合、アクセス日時が最も古いキャッシュデータを削除して最新のキャッシュを登録するので、頻繁にアクセスされるデータは、 However, in the method of JP-A-6-274401 discloses, when exceeding the cache allowance since registers the latest cache access time is to delete the oldest cache data, data that is frequently accessed ,
元のデータベース内のデータが更新されていても古い状態のまま残ってしまうという問題があった。 Even if the data in the original database has not been updated there is a problem that remain of the old state.

【0008】 [0008]

【発明が解決しようとする課題】本発明の第1の目的は、データベースの種類やデータの種類によらず共通のアクセスインタフェースにより、かつ、どのローカルデータベースにアクセスすべきかをアプリケーションプログラムが意識することなく、アプリケーションプログラムが複数の異種データベースにアクセスすることが可能なデータベースアクセス装置を提供することである。 First object of the present invention is to solve the above is the common access interface irrespective of the type of database types and data, and that whether to access which local database application program conscious rather, it is that the application program provides a database access apparatus capable of accessing a plurality of heterogeneous databases.

【0009】本発明の第2の目的は、ネットワークを介して複数のデータベースをアクセスする際に、可能な限りデータ通信量を削減すると同時に、可能な限りローカルデータベースの最新のデータを利用することができるデータベースアクセス装置を提供することである。 A second object of the present invention is to provide through the network to access multiple databases, while reducing data traffic as possible, it is used the latest data in the local database as possible to provide a database access apparatus capable.

【0010】 [0010]

【課題を解決するための手段】この課題を解決するため、本発明のデータベースアクセス装置は、問い合わせ処理手段、データ構造定義手段、データ構造格納領域、 To solve SUMMARY OF THE INVENTION This object, database access apparatus of the present invention, the query processing unit, a data structure definition means, the data structure storage area,
データキャッシュ手段、データキャッシュ領域、データキャッシュ領域検索手段、複数のローカルデータベースアクセス手段を備えることを特徴とする。 Data cache means, the data cache area, data cache area search means, characterized in that it comprises a plurality of local database access means.

【0011】または、これに、ローカルデータベースへの問い合わせ命令生成手段、データ変換手段、データキャッシュ領域調整手段のいずれかを付け加えたデータベースアクセス装置である。 [0011] Alternatively, this inquiry command generating means to the local database, the data conversion means, a database access device added either data cache area adjusting means.

【0012】 [0012]

【発明の実施の形態】本発明の請求項1と請求項2に記載の発明は、次の作用を有する。 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION The invention according to claim 1 and claim 2 of the present invention has the following effects. アプリケーションプログラムから異種データベースアクセス装置への問い合わせは、データ構造格納領域に定義されているデータ構造単位に対して行なえば良いことになる。 Inquiry from the application program to the heterogeneous database access device would may be performed on the data structure unit defined in the data structure storage area. アクセスすべきローカルデータベースの特定、各ローカルデータベースに固有な事柄(問い合わせ文の表現法、データ型など)は、データ構造単位の定義情報とローカルデータベースのアクセス手段に盛り込まれるので、本データベースアクセス装置を介してアクセスする場合、どのローカルデータベースにどのようなアクセスするかをアプリケーションプログラムは意識する必要がない。 Specific local database to be accessed, (phraseology query statements, data types, etc.) specific matters in the local database, so is incorporated into the definition information and access means in the local database of the data structure units, this database access system when accessing through, or the application program to what access to what local database need not be aware of.

【0013】さらに、一度アクセスされたデータはデータキャッシュ領域に格納されるので、2回目からの検索は、本装置上のデータキャッシュ領域に対して行なわれるため、ローカルデータベースと本装置の間のデータ通信量を減らすことができる。 Furthermore, since once accessed data is stored in the data cache area, the search from the second, because it is performed on the data cache area on the device, data between the local database and the device it is possible to reduce the amount of communication.

【0014】本発明の請求項3に記載の発明は、次の作用を有する。 [0014] The invention described in claim 3 of the present invention has the following effects. 異種データベースアクセス装置を複数のアプリケーションが利用する場合、個々のアプリケーションがそれぞれ変換手段を持つ必要がなくなる。 If a heterogeneous database access system multiple applications to use, eliminating the need to individual applications with each conversion means. また、変換後のデータをキャッシュすることで、データ変換の負荷も減る。 Further, by caching the converted data, also reduced the load of the data conversion. さらに、データ圧縮変換を施した結果をキャッシュ領域に格納しておくことで、異種データベースアクセス装置とアプリケーション間の通信量も削減できる。 Furthermore, by storing the result of applying the data compressed to the cache area, the amount of communication between heterogeneous database access system and the application can be reduced.

【0015】本発明の請求項4に記載の発明は、次の作用を有する。 [0015] The invention according to claim 4 of the present invention has the following effects. ローカルデータベースのデータが更新されて、キャッシュ領域に格納されているデータと一致しなくなったとしても、本装置の利用を続けているといずれは更新される。 The data in the local database is updated, even though no longer matches the data stored in the cache area, either the continue use of the device is updated. データキャッシュ領域を小さめにとれば、問い合わせ対象のデータ構造単位がキャッシュ領域に存在している可能性が低くなるが、比較的早くローカルデータベースの内容が反映される。 Taking data cache area small, but queried data structural unit is less likely to exist in the cache area, relatively quickly contents of the local database is reflected.

【0016】一方、データキャッシュ領域を大きめにとればローカルデータベースの元データとキャッシュ領域のデータの不一致の可能性が高くなるが、問い合わせ対象のデータ構造単位がキャッシュ領域に存在している可能性は高くなりデータ通信量の削減が期待できる。 [0016] On the other hand, taking the data cache area bigger but possibility of discrepancies data of the original data and the cache area of ​​the local database is high, the possibility of queried data structure unit is present in the cache area reduction of the high will the data traffic can be expected. このように、請求項4の構成により、データキャッシュ領域の大きさを変えることで、目的に合った使い方が可能となる。 Thus, by the construction of claim 4, by changing the size of the data cache area, it is possible to use suitable for the purpose.

【0017】本発明の請求項5に記載の発明は、次の作用を有する。 [0017] The invention described in claim 5 of the present invention has the following effects. ローカルデータベースのデータがどれほどの頻度で更新されるかは、個々のローカルデータベースに依存することが多い。 Whether the data in the local database is updated by how often is often dependent on the individual local database. 請求項5の構成で、個々のローカルデータベースのデータキャッシュ領域の大きさを個別に調節するすることで、ローカルデータベースの最新の状態をできるだけ早くキャッシュ領域に反映させ、かつ、データ通信量の削減というデータキャッシュの目的も達成することが可能になる。 In the fifth aspect, by adjusting the size of the data cache area of ​​each local database separately, to reflect the latest status of the local database as soon as possible cache area, and of reducing the data traffic the purpose of the data cache also makes it possible to achieve.

【0018】(実施の形態1)図1は異種データベースアクセス装置の構成図である。 [0018] (Embodiment 1) FIG. 1 is a block diagram of a heterogeneous database access system. 101は問い合わせ処理手段、102はデータ構造定義手段、103はデータ構造格納領域、104はデータキャッシュ手段、105はデータキャッシュ領域、106はデータキャッシュ領域検索手段、107a,b,cは複数のローカルデータベースアクセス手段である。 101 query processing unit, 102 is a data structure definition means, the data structure storage area 103, 104 is a data cache unit, 105 data cache area, data cache area searching means 106, 107a, b, c are a plurality of local databases an access means.

【0019】次に各手段の役割と、各領域に格納されるデータの例を述べる。 [0019] Then the role of each unit will be described an example of data stored in each area. データ構造定義手段により、異種データベースアクセス装置上に、論理的なデータ構造単位を定義する。 The data structure definition means, on heterogeneous database access device defines a logical data structure units. ここで、論理的なデータ構造単位とは、 Here, a logical data structure units,
ローカルデータベースへの問い合わせによって得られる、ひとまとまりのデータに対応付けられるものである。 Obtained by querying the local database, those associated with the human chunk of data.

【0020】ここでの定義は、各ローカルデータベースに関する情報を持っている、異種データベースアクセス装置の管理者が行なう。 [0020] definition herein has information about each local database administrator heterogeneous database access apparatus performs. 図3に論理的なデータ構造単位の定義情報の例を2つ示す。 It shows two examples of the definition information of the logical data structure units in FIG. ここでは、論理的なデータ構造単位は1つのテーブルであるとし、テーブル名、カラム名、各カラムのデータ型が定義されている。 Here, a logical data structure units is to be the one table, the table name, column name, data type of each column are defined. さらに、アクセス先のローカルデータベースの名前と、図2 In addition, the name of the local database to be accessed, as shown in FIG. 2
に示されるローカルデータベースのテーブルへの問い合わせ文も定義情報に含める。 Query statement to the local database table shown in also included in the definition information.

【0021】図3の問い合わせ文は、アクセスするデータベースがDB1であるかDB2であるかによって問い合わせ文の書式が異なる例である。 [0021] The inquiry sentence of FIG. 3, the database to be accessed is an example of the format of the query statement is different depending on whether it is DB2 or is DB1. データ構造格納領域に、複数のデータ構造単位に関する定義情報を格納する。 The data structure storage area, stores definition information regarding a plurality of data structures units.

【0022】ローカルデータベースアクセス手段は、ローカルデータベースへ接続し、ローカルデータベースへの問い合わせ文をローカルデータベースへ発行する。 [0022] The local database access means, connected to the local database, issue a query statement to the local database to the local database. そして、ローカルデータベースから返された検索結果をデータキャッシュ手段へ渡す。 Then, passing a search result returned from the local database to the data cache unit. この時、必要に応じて、ローカルデータベース固有のデータ型から、異種データベースアクセス装置で定義する共通のデータ型に変換する。 At this time, if necessary, it is converted from the local database specific data types, the common data types defined in heterogeneous database access system. 図2と図3の例では、int型 → integer型、char Figure 2 and in the example of FIG. 3, int type → integer The type, char
型 → string型 などに変換する。 To convert, such as the type → string type.

【0023】本手段はローカルデータベースから見ると、ローカルデータベースの通常のアプリケーションプログラムの1つである。 [0023] The means when viewed from the local database, which is one of typical application programs local database. なお、図2のimageカラムのデータ型は可変長の2進データ型のblob(binary large ob The data type of the image column of Figure 2 variable-length binary data type blob (binary large ob
ject)であり、同カラムに画像データを格納した例である。 A ject), an example of storing the image data in the same column.

【0024】データキャッシュ手段は、ローカルデータベースへの問い合わせを実施して得た結果をデータキャッシュ領域に格納する。 The data cache unit stores the results obtained by implementing the query to the local database in the data cache area. そしてキャッシュデータが格納されている先頭番地を、対応するデータ構造単位の定義情報に、キャッシュ先番地として、追加し、図3で示すような形でデータ構造格納領域に格納する。 And the start address of the cache data is stored, in the definition information of the corresponding data structure units, as a cache destination address, add, and stores the data in the data structure storage area in a form as shown in Figure 3.

【0025】図4は、キャッシュデータの格納例である。 FIG. 4 is an example of storing cache data. 1つのデータ構造単位(ここでは、テーブル)をさらに複数のレコードにわけ、リスト構造にして格納した例である。 One data structure units (in this case, a table) further divided into a plurality of records, an example of stored in the list structure.

【0026】問い合わせ処理手段は、異種データベースアクセス装置に発せられた問い合わせ文(形式は標準S The query processing means, query statement (format emitted heterogeneous database access system standard S
QLなどにあらかじめ定めておく。 Such as determined in advance to QL. )を解釈し、検索対象のデータ構造単位(図3のテーブル名)と検索条件を明確にする。 ) Interprets, to clarify the search criteria and the search target data structural units (table name Figure 3). そして、データ構造格納領域を参照して、 Then, by referring to the data structure storage area,
検索すべきデータ構造単位のキャッシュデータがデータキャッシュ領域に存在するかを判断する。 Cache data to be searched data structural unit determines whether present in the data cache area. これは、データ構造格納領域にキャッシュ先の番地が格納されているかで知ることができる。 This can be found in either the address of the cache location in the data structure storage area it is stored.

【0027】キャッシュデータが存在している場合には、データキャッシュ領域検索手段に、キャッシュデータ格納番地と検索条件を渡す。 [0027] If the cache data is present, the data cache area search means, passing the search condition and the cache data storage address. キャッシュデータが存在していない場合は、データ構造格納領域に格納されている、ローカルデータベースへの問い合わせ文を、該当するローカルデータベースアクセス手段に渡す。 If the cache data does not exist is stored in the data structure storage area, the query statements to the local database, and passes to the local database access means appropriate.

【0028】データキャッシュ領域検索手段は、問い合わせ処理手段から渡された、キャッシュデータ格納番地と検索条件を基に、データキャッシュ領域を検索し、検索条件に合ったデータを呼び出し側へ返す。 The data cache area searching means, is passed from the query processing means, based on the search criteria and cache data storage address, it searches the data cache area, return the suits data in the search condition to the caller.

【0029】図5に、異種データベースアクセス装置への問い合わせ文の例を2つ示す。 [0029] FIG. 5 shows two examples of query statements to heterogeneous database access system. 図3のように定義されたデータ構造単位(ここでは、テーブル)に対する問い合わせの例である。 Defined data structure units (in this case, a table) as shown in Figure 3 is an example of a query to. これらの問い合わせを発行するユーザあるいはアプリケーションプログラムは、異種データベースアクセス装置上のデータ構造単位(テーブルなど)のみを意識すれば良く、元のデータはどのローカルデータベースに格納されているかを意識する必要がない。 User or application program issues these queries may be aware only heterogeneous database access system on a data structural units (table etc.), the original data does not have to be aware of whether it is stored in which the local database .

【0030】図6は、図5の問い合わせ文の例1を、図1の異種データベースアクセス装置に発行した場合の処理を表すフローチャートである。 FIG. 6 is an example 1 of a query sentence of FIG. 5 is a flowchart showing the processing when issued heterogeneous database access system of Figure 1. 以下、ステップを示す。 Below, it shows the steps.

【0031】まず、アプリケーションプログラムが問い合わせ文を発行する(601)。 [0031] First, the application program issues a query statement (601). 次に、問い合わせ処理手段が、検索対象のデータ構造単位と検索条件を明確にする(602)。 Next, query processing unit, to clarify the data structure units as search conditions of the search target (602). 次に、該当するデータ構造単位のキャッシュデータがあるかを判断し(603)、ある場合は、ステップ607へ。 Next, it is determined whether there is a cache data of the corresponding data structure unit (603), if there is, to step 607. 無い場合は、問い合わせ処理手段が、ローカルDBアクセス手段へ、ローカルDBへの問い合わせ文を渡す。 If not, the query processing means, to the local DB access means, pass the query statement to the local DB. (データ構造格納領域に格納されている問い合わせ文をそのまま渡す。)(604)。 (The query statement stored in the data structure storage area and passes it.) (604).

【0032】次に、ローカルDBアクセス手段が、ローカルDBへ問い合わせ文を発行する。 [0032] Next, the local DB access means, to issue a query statement to a local DB. そして、受け取った検索結果をデータキャッシュ手段へ渡す(605)。 Then, pass the search results received to the data cache unit (605).
次に、データキャッシュ手段が、検索結果をキャッシュ領域へ格納し、データ構造格納領域に格納先番地を設定する(606)。 Next, the data cache unit, and stores the search results to the cache area, sets the storage destination address in the data structure storage area (606).

【0033】次に、問い合わせ処理手段が、キャッシュデータ格納番地と検索条件を、データキャッシュ領域検索手段に渡す(607)。 Next, query processing means, the search condition and the cache data storage address, and passes the data cache area search means (607). 次にデータキャッシュ領域検索手段が、データキャッシュ領域を検索し、検索条件に合ったデータを呼出し側へ返す。 Next, the data cache area search means searches the data cache area, and returns the matching data to search condition to the caller.

【0034】以上のように、本装置を使い、本装置の管理者が論理的なデータ構造単位を定義しておくことで、 [0034] As described above, use of this device, that the administrator of the apparatus be defined a logical data structure units,
アプリケーションプログラムの開発者は、ローカルデータベースの種類によらず共通のアクセスインタフェースで、かつ、アクセス先のローカルデータベースがどれであるかを意識することなく、アプリケーションプログラムを開発することができる。 Developer of the application program is a common access interface regardless of the type of a local database, and without local database to be accessed is aware of whether it is any, it is possible to develop an application program. さらに、一度アクセスされたデータはデータキャッシュ領域に格納されるので、2 Furthermore, since once accessed data is stored in the data cache area 2
回目からの検索は、本装置上のデータキャッシュ領域に対して行なわれるため、ローカルデータベースと本装置の間のデータ通信量を減らすことができる。 Search from round th, because they are performed on the data cache area on the device, it is possible to reduce the data traffic between the local database and the device.

【0035】(実施の形態2)図7は異種データベースアクセス装置の構成図である。 [0035] (Embodiment 2) FIG. 7 is a block diagram of a heterogeneous database access system. 図1の構成図に、各ローカルデータベースの問い合わせ命令生成手段を追加したものである。 The diagram of FIG. 1, with the addition of a query command generating means of each local database.

【0036】ローカルデータベースの問い合わせ命令生成手段は、(1)異種データベースアクセス装置への問い合わせ文で与えられた検索条件、(2)データ構造格納領域に格納されているローカルデータベースへの問い合わせ文、(3)現在のキャッシュデータ、の3条件を基に、 The inquiry command generation means in the local database, (1) search conditions given in the query statement to heterogeneous database access device, query statements to the local database stored in (2) data structure storage area, ( 3) the current cache data, the three conditions in the group,
現在キャッシュされているデータを除外するような新たな検索条件を付け加えた、ローカルデータベースへの問い合わせ文を生成し、それをローカルデータベースアクセス手段に渡す。 Added a new search condition to exclude the data that is currently cached, it generates a query statement to the local database, and passes it to the local database access means.

【0037】図8は、異種データベースアクセス装置への問い合わせ文の例である。 [0037] FIG. 8 is an example of a query statement to heterogeneous database access device. 図9は、図8の問い合わせ文に対して、ローカルデータベースの問い合わせ命令生成手段により生成される問い合わせ文の例である。 Figure 9 is a response to the inquiry sentence 8 is an example of a query statement that is generated by the query instruction generator in the local database. 主キー(レコードを一意に識別するカラム)であるidの値が The value of the id is the primary key (column uniquely identify the record)
3と4のデータが既にデータキャッシュ領域に存在していた場合の例である。 3 and 4 of the data is an example in which already exists in the data cache area.

【0038】図8の問い合わせ文で与えられた検索条件(age < 30)に加えて、e_idについての条件が付加されている。 [0038] In addition to the given search criteria in the query statement of FIG. 8 (age <30), a condition is added for e_id.

【0039】図10は、図8の問い合わせ文を、図7の異種データベースアクセス装置に発行した場合の処理を表すフローチャートである。 [0039] FIG. 10 is an inquiry sentence 8 is a flowchart showing the processing when issued heterogeneous database access device of FIG. 以下、ステップを示す。 Below, it shows the steps.

【0040】まず、アプリケーションプログラムが問い合わせ文を発行する(1001)。 [0040] First, the application program issues a query statement (1001). 次に、問い合わせ処理手段が、アクセス対象のデータ構造単位と検索条件を明確にし、検索条件を、該当するローカルDB問い合わせ命令生成手段へ(1002)。 Next, query processing means, to clarify the data structure units as search criteria to be accessed, the search condition, to the appropriate local DB query instruction generating means (1002). 次に、該当するデータ構造単位のキャッシュデータがあるかを判断する(10 Next, it is determined whether there is a corresponding data structure unit cache data (10
03)。 03).

【0041】無い場合は、ローカルDBの問い合わせ文生成手段が、検索条件と、データ構造格納領域に格納されている問い合わせ文をもとに、ローカルDBへの問い合わせ文を生成し、ローカルDBアクセスアクセス手段へ渡す(1004)。 [0041] If not, the query statement generating means of the local DB is, on the basis of a search condition, the query statements that are stored in the data structure storage area, and generates a query statement to the local DB, local DB access access and passes to the means (1004). 次に、ローカルDBアクセス手段が、ローカルDBへ問い合わせ文を発行する。 Then, local DB access means, to issue a query statement to a local DB. そして、 And,
受け取った検索結果をデータキャッシュ手段へ渡す(1 Passing search results received to the data cache unit (1
005)。 005).

【0042】次に、データキャッシュ手段が、検索結果をキャッシュ領域へ格納し、データ構造格納領域に格納先番地を設定する(1006)。 Next, the data cache unit, and stores the search results to the cache area, sets the storage destination address in the data structure storage area (1006). 次に、問い合わせ処理手段が、キャッシュデータ格納番地と検索条件を、データキャッシュ領域検索手段に渡す(1007)。 Next, query processing means, the search condition and the cache data storage address, and passes the data cache area search means (1007). 次に、 next,
データキャッシュ領域検索手段が、データキャッシュ領域を検索し、検索条件に合ったデータを呼出し側へ返す(1008)。 Data cache area retrieval means retrieves the data cache area, and returns the matching data to search condition to the caller (1008).

【0043】一方、ステップ1003で、キャッシュデータがある場合、問い合わせ処理手段が、キャッシュデータ格納番地と検索条件を、データキャッシュ領域検索手段に渡す(1009)。 On the other hand, in step 1003, if there is cache data, query processing means, the search condition and the cache data storage address, and passes the data cache area search means (1009). 次に、データキャッシュ領域検索手段が、データキャッシュ領域を検索し、既にキャッシュされているデータ(レコード)を特定し、該当するローカルDB問い合わせ命令生成手段へ(101 Next, the data cache area search means searches the data cache area, already identified data (records) that have been cached, corresponding to the local DB query instruction generating means (101
0)。 0).

【0044】次に、ローカルDBの問い合わせ文生成手段が、データキャッシュ領域に既に存在しているデータを省いた新たな検索条件を求め、データ構造格納領域に格納されている問い合わせ文をもとに、ローカルDBへの問い合わせ文を生成し、ローカルDBアクセスアクセス手段へ渡す(1011)。 Next, the inquiry sentence generation means of the local DB is, obtains a new search condition omitting the data that already exists in the data cache area, on the basis of the query statement that is stored in the data structure storage area , it generates a query statement to the local DB, and passes to the local DB access access means (1011). 次に、ローカルDBアクセス手段が、ローカルDBへ問い合わせ文を発行する。 Then, local DB access means, to issue a query statement to a local DB. そして、受け取った検索結果をデータキャッシュ手段へ渡す(1012)。 Then, pass the search results received to the data cache unit (1012).

【0045】次に、データキャッシュ手段が、検索結果をキャッシュ領域へ追加格納する(1013)。 Next, the data cache unit, adding store the search result to the cache area (1013). 次に、 next,
データキャッシュ領域検索手段が、データキャッシュ領域を検索し、検索条件に合ったデータを呼出し側へ返す。 Data cache area retrieval means retrieves the data cache area, and returns the matching data to search condition to the caller.

【0046】以上のように、本装置を使い、本装置の管理者が論理的なデータ構造単位を定義しておくことで、 [0046] As described above, use of this device, that the administrator of the apparatus be defined a logical data structure units,
アプリケーションプログラムの開発者は、ローカルデータベースの種類によらず共通のアクセスインタフェースで、かつ、アクセス先のローカルデータベースがどれであるかを意識することなく、アプリケーションプログラムを開発することができる。 Developer of the application program is a common access interface regardless of the type of a local database, and without local database to be accessed is aware of whether it is any, it is possible to develop an application program. さらに、一度アクセスされたデータはデータキャッシュ領域に格納されるので、2 Furthermore, since once accessed data is stored in the data cache area 2
回目からの検索は、本装置上のデータキャッシュ領域に対して行なわれるため、ローカルデータベースと本装置の間のデータ通信量を減らすことができる。 Search from round th, because they are performed on the data cache area on the device, it is possible to reduce the data traffic between the local database and the device.

【0047】ここで、実施の形態1と2の違いは以下の通りである。 [0047] Here, the difference first and second embodiments are as follows. 実施の形態1では、データ構造単位(テーブルなど)への問い合わせがあると、該当するデータ構造単位の全データが取得され、データキャッシュ領域に格納される。 In the first embodiment, when there is a query to the data structure units (table etc.), all the data of the corresponding data structure units is obtained and stored in the data cache area.

【0048】このため、データキャッシュ領域に格納されているデータが少ない間は、ローカルデータベースと本アクセス装置の間のデータ通信量が多くなる。 [0048] Accordingly, while data stored in the data cache area is small, the greater the data traffic between the local database and the access device. しかし、実施の形態2では、検索条件に合った部分(レコード)のみが取得され、キャッシュされるので、そのようなことはない。 However, in the second embodiment, only the focus region in the search condition (record) is obtained, since the cache is not the case.

【0049】(実施の形態3)図11は異種データベースアクセス装置の構成図である。 [0049] (Embodiment 3) FIG. 11 is a block diagram of a heterogeneous database access system. 図1の構成に、データ変換手段を追加したものである。 The configuration of FIG. 1, with the addition of a data converter.

【0050】問い合わせ処理手段は、実施の形態1で述べた処理に加えて、問い合わせ文を解釈して、データ変換対象と変換方法を明確にする。 The query processing means, in addition to the process described in the first embodiment interprets the query statement, to clarify the data conversion object and conversion methods.

【0051】データ変換手段は、複数のデータ変換方法に対応した複数の処理手段を持ち、データキャッシュ手段から渡されたデータに、問い合わせ処理手段により指定されたデータ変換方法によって、データの変換処理を行ない、結果をデータキャッシュ手段に返す。 The data conversion means has a plurality of processing means corresponding to a plurality of data conversion method, the data passed from the data cache unit, the specified data conversion method by query processing unit, the conversion processing of the data deeds, and returns the result to the data cache unit.

【0052】図12は、異種データベースアクセス装置への問い合わせ文の例である。 [0052] FIG. 12 is an example of a query statement to heterogeneous database access device. imageカラムのデータに対し、half_size()という変換処理を施したものを返すように指定している。 For the data of the image column, you specify to return those subjected to conversion processing of half_size ().

【0053】図13は、キャッシュ領域への格納例を示したものである。 [0053] Figure 13 shows a storage example of the cache area. 1レコードのみを示す。 It shows only one record. 実施の形態1 Embodiment 1
の場合と比較している。 It is compared with the case of. 実施の形態1では、データのみをキャッシュ領域へ格納したが、本形態では、変換方法名とその変換方法によって変換された後のデータの組合せを格納する。 In the first embodiment, storing the data only to the cache area, in this embodiment, it stores a combination of data converted by the conversion method name and its conversion process.

【0054】図14は、図12の問い合わせ文を、図1 [0054] FIG. 14, the inquiry sentence of FIGS. 12, 1
1の異種データベースアクセス装置に発行した場合の処理を表すフローチャートである。 Is a flowchart showing the processing when issued to the first heterogeneous database access system. 以下に、ステップを示す。 The following is a step.

【0055】まず、アプリケーションプログラムが問い合わせ文を発行する(1401)。 [0055] First, the application program issues a query statement (1401). 次に、問い合わせ処理手段が、アクセス対象のデータ構造単位と検索条件、 Next, query processing unit, an access target data structure unit search,
さらにデータ変換方法を明確にする(1402)。 Further clarify the data conversion method (1402). 次に、該当するデータ構造単位のキャッシュデータがあるかを判断する(1403)。 Next, it is determined whether there is a corresponding data structure unit cache data (1403). 無い場合は、問い合わせ処理手段が、ローカルDBアクセス手段へローカルDBへの問い合わせ文を渡す。 If not, the query processing means, pass the query statement to the local DB to the local DB access means. (データ構造格納領域に格納されている問い合わせ文をそのまま渡す。)(140 (Data structure stored is stored in the area which passes the query statement as it is.) (140
4)。 4).

【0056】次に、ローカルDBアクセス手段が、ローカルDBへ問い合わせ文を発行する。 Next, the local DB access means, to issue a query statement to a local DB. そして、受け取った検索結果をデータキャッシュ手段へ渡す(140 Then, pass the search results received to the data cache unit (140
5)。 5). 次に、データキャッシュ手段が、検索結果をキャッシュ領域へ格納し、データ構造格納領域に格納先番地を設定する(1406)。 Next, the data cache unit, and stores the search results to the cache area, sets the storage destination address in the data structure storage area (1406). 問い合わせ処理手段が、キャッシュデータ格納番地と、検索条件と、データ変換方法を、データキャッシュ領域検索手段に、データ変換方法をデータ変換手段に渡す(1407)。 Query processing means, and the cache data storage location, a search condition, a data conversion method, the data cache area search means, passing the data conversion method in the data conversion means (1407). 次に、データ変換手段が、データキャッシュ領域のデータにデータ変換処理を行い、結果をデータキャッシュ領域に格納する(1408)。 Then, the data conversion means performs data conversion processing on data in the data cache area, and stores the result in the data cache area (1408). 次に、データキャッシュ領域検索手段が、データキャッシュ領域を検索し、検索条件に合ったデータを呼出し側へ返す(1409)。 Next, the data cache area search means searches the data cache area, and returns the matching data to search condition to the caller (1409).

【0057】一方、ステップ1403で、キャッシュデータがある場合、問い合わせ処理手段が、キャッシュデータ格納番地と、検索条件と、データ変換方法を、データキャッシュ領域検索手段に渡す(1410)。 Meanwhile, in step 1403, if there is cache data, query processing unit, a cache data storage location, a search condition, a data conversion method, and passes the data cache area search means (1410). 次に、 next,
データキャッシュ領域検索手段が、データキャッシュ領域を検索し、該当するデータ変換方法のキャッシュデータが存在するかを調べる(1411)。 Data cache area retrieval means retrieves the data cache area, it is checked whether the cache data of the corresponding data conversion method is present (1411).

【0058】次に、該当する変換方法のキャッシュデータがあるかを判断し、無い場合はステップ1408へ、 Next, it is determined whether there is a cache data conversion method applicable when no to step 1408,
ある場合はステップ1409へ。 There is a case to step 1409.

【0059】以上のように、異種データベースアクセス装置を複数のアプリケーションが利用する場合、個々のアプリケーションがそれぞれ変換手段を持つ必要がなくなる。 [0059] As described above, when a heterogeneous database access system multiple applications to use, it is not necessary each application has a respective conversion means. また、変換後のデータをキャッシュすることで、 Further, by caching the converted data,
データ変換の負荷も減る。 Load of data conversion is also reduced. さらに、データ圧縮変換を施した結果をキャッシュ領域に格納しておくことで、異種データベースアクセス装置とアプリケーション間の通信量も削減できる。 Furthermore, by storing the result of applying the data compressed to the cache area, the amount of communication between heterogeneous database access system and the application can be reduced.

【0060】なお、実施の形態2の構成にデータ変換手段を追加した構成でも同様の効果が得られる。 [0060] Incidentally, similar effects can be obtained in a configuration obtained by adding the data conversion means to the configuration of the second embodiment.

【0061】(実施の形態4)図15は異種データベースアクセス装置の構成図である。 [0061] (Embodiment 4) FIG. 15 is a block diagram of a heterogeneous database access system. 図1の構成に、データキャッシュ領域調整手段を追加したものである。 The configuration of FIG. 1, with the addition of a data cache area adjusting means.

【0062】データキャッシュ領域調整手段は、データキャッシュ領域が一杯になった場合、現在データキャッシュ領域に格納されているデータ構造単位の内、格納された時刻が最も古いものから順に消していく。 [0062] Data cache area adjusting means, when the data cache area is full, of the data structure units currently stored in the data cache area, the stored time is gradually erased in order from oldest. さらに、 further,
データキャッシュ領域から消した時は、データ構造格納領域内のキャッシュ先の番地データも削除する。 When erased from the data cache area also deletes the address data in the cache where the data structure storage area.

【0063】以上のように、ローカルデータベースのデータが更新されて、キャッシュ領域に格納されているデータと一致しなくなったとしても、本装置の利用を続けているといずれは更新される。 [0063] As described above, are data from the local database updates, even longer matches the data stored in the cache area and continues to use the device either is updated. データキャッシュ領域を小さめにとれば、問い合わせ対象のデータ構造単位がキャッシュ領域に存在している可能性が低くなるが、比較的早くローカルデータベースの内容が反映される。 Taking data cache area small, but queried data structural unit is less likely to exist in the cache area, relatively quickly contents of the local database is reflected.

【0064】一方、データキャッシュ領域を大きめにとればローカルデータベースの元データとキャッシュ領域のデータの不一致の可能性が高くなるが、問い合わせ対象のデータ構造単位がキャッシュ領域に存在している可能性は高くなりデータ通信量の削減が期待できる。 [0064] On the other hand, taking the data cache area bigger but possibility of discrepancies data of the original data and the cache area of ​​the local database is high, the possibility of queried data structure unit is present in the cache area reduction of the high will the data traffic can be expected.

【0065】なお、実施の形態2あるいは3の構成にデータキャッシュ領域調整手段を追加した構成でも、同様の効果が得られる。 [0065] Also in configuration obtained by adding a data cache area adjusting means to the structure of Embodiment 2 or 3 of the embodiment, the same effect can be obtained.

【0066】(実施の形態5)図16は異種データベースアクセス装置の構成図である。 [0066] (Embodiment 5) FIG. 16 is a block diagram of a heterogeneous database access system. 図15の構成を拡張し、ローカルデータベースごとに、データキャッシュ手段、データキャッシュ領域、データキャッシュ領域調整手段を持たせた構成である。 It extends the arrangement of Figure 15, for each local database is a configuration which gave data cache unit, the data cache area, the data cache area adjusting means.

【0067】ローカルデータベースのデータがどれほどの頻度で更新されるかは、個々のローカルデータベースに依存することが多い。 [0067] whether the data of the local database is updated with how often, it often depends on individual local database.

【0068】例えば、 ・ローカルデータベース1は更新頻度が少ない。 [0068] For example, local database 1 is updated less frequently.

【0069】・ローカルデータベース2は更新頻度が高い。 [0069] local database 2 is updated frequently. という場合、・ローカルデータベース1のキャッシュ領域を大きくとる。 If that takes a cache area local database 1 large.

【0070】・ローカルデータベース2のキャッシュ領域を小さくとる。 [0070] - take small cache area of ​​the local database 2. とし、図17の構成にすれば、ローカルデータベースの最新の状態をなるべく早くキャッシュ領域に反映させ、 And then, if the configuration of FIG. 17, is reflected in as soon as possible cache area the most recent status of the local database,
かつ、データ通信量の削減というデータキャッシュの目的も達成することが可能になる。 And, it is possible also to achieve the purpose of the data cache of reduced data traffic.

【0071】以上のように、個々のローカルデータベースのデータキャッシュ領域の大きさを個別に調節するすることで、ローカルデータベースの最新の状態をできるだけ早くキャッシュ領域に反映させ、かつ、データ通信量の削減というデータキャッシュの目的も達成することが可能になる。 [0071] As described above, by adjusting the size of the data cache area of ​​each local database separately, to reflect the latest status of the local database as soon as possible cache area, and reduction of data traffic the purpose of the data cache also makes it possible to achieve that.

【0072】 [0072]

【発明の効果】以上のように本発明によれば、データベースの種類やデータの種類によらず共通のアクセスインタフェースにより、かつ、どのローカルデータベースにアクセスすべきかをアプリケーションプログラムが意識することなく、アプリケーションプログラムが複数の異種データベースにアクセスすることが可能なデータベースアクセス装置を提供することが可能になる。 According to the present invention as described above, according to the present invention, by a common access interface irrespective of the type of database types and data, and without any local database or an application program to be accessed is aware, the application program it is possible to provide a database access apparatus capable of accessing a plurality of heterogeneous databases.

【0073】さらに、ネットワークを介して複数のデータベースをアクセスする際に、可能な限りデータ通信量を削減すると同時に、可能な限りローカルデータベースの最新のデータを利用することができるデータベースアクセス装置を提供することが可能になる。 [0073] Further, when via a network to access a plurality of databases, while reducing data traffic as possible, providing a database access system which can utilize the latest data in the local database as possible it becomes possible.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の実施の形態1における異種データベースアクセス装置の構成図 Diagram of heterogeneous database access apparatus according to the first embodiment of the present invention; FIG

【図2】ローカルデータベースのデータ例図 [Figure 2] Data illustration of a local database

【図3】データ構造領域に格納する定義情報の例図 [Figure 3] illustration of the definition information to be stored in the data structure area

【図4】データキャッシュ領域への格納例図 [4] storing illustration of the data cache area

【図5】異種データベースアクセス装置への問い合わせ文の例図 FIG. 5 is an example diagram of the query statement to heterogeneous database access device

【図6】図5の例1の問い合わせ文を図1の異種データベースアクセス装置に発行した場合の処理の流れを表すフローチャート FIG. 6 is a flowchart illustrating a flow of processing when the query statement in Example 1 of FIG. 5 issued heterogeneous database access system of FIG. 1

【図7】実施の形態2における異種データベースアクセス装置の構成図 Figure 7 is a configuration diagram of a heterogeneous database access apparatus in the second embodiment

【図8】異種データベースアクセス装置への問い合わせ文の例図 [8] illustration of inquiry sentence to heterogeneous database access device

【図9】ローカルデータベースの問い合わせ命令生成手段により生成される問い合わせ文の例図 [9] Example Figure query statements generated by the query instruction generator in the local database

【図10】図8の問い合わせ文を図7の異種データベースアクセス装置に発行した場合の処理の流れを表すフローチャート 10 is a flowchart illustrating a flow of a process of issuing the query sentence heterogeneous database access system of FIG. 7 in FIG. 8

【図11】実施の形態3における異種データベースアクセス装置の構成図 Figure 11 is a configuration diagram of a heterogeneous database access device in the third embodiment

【図12】異種データベースアクセス装置への問い合わせ文の例図 FIG. 12 is an example diagram of the query statement to heterogeneous database access device

【図13】データキャッシュ領域への格納例図 [13] stored illustration of the data cache area

【図14】図12の問い合わせ文を図11の異種データベースアクセス装置に発行した場合の処理の流れを表すフローチャート Figure 14 is a flowchart illustrating a flow of a process of issuing the query statements of Figure 12 in heterogeneous database access apparatus of FIG. 11

【図15】実施の形態4における異種データベースアクセス装置の構成図 Figure 15 is a configuration diagram of a heterogeneous database access device in the fourth embodiment

【図16】実施の形態5における異種データベースアクセス装置の構成図 Figure 16 is a configuration diagram of a heterogeneous database access device in the fifth embodiment

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

101 問い合わせ処理手段 102 データ構造定義手段 103 データ構造格納領域 104 データキャッシュ手段 105 データキャッシュ領域 106 データキャッシュ領域検索手段 107a ローカルデータベースアクセス手段 107b ローカルデータベースアクセス手段 107c ローカルデータベースアクセス手段 101 Query processing unit 102 data structure definition means 103 data structure storage area 104 the data cache unit 105 data cache area 106 data cache area search unit 107a local database access section 107b local database access unit 107c local database access means

Claims (5)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 アプリケーションプログラムからの問い合わせ命令を受け、複数の異なる種類のローカルデータベースにアクセスし、検索結果をアプリケーションプログラムに返す、データベースアクセス装置であって、 ローカルデータベースへ問い合わせを行ない、結果を取得する、複数のローカルデータベースアクセス手段と、 ローカルデータベースアクセス手段が取得した問い合わせ結果を格納するデータキャッシュ領域と、 ローカルデータベースアクセス手段が取得した問い合わせ結果を、データキャッシュ領域へ格納する処理を行なうデータキャッシュ手段と、 論理的なデータ構造単位を、ローカルデータベースへの問い合わせ命令と関係付けて定義するデータ構造定義手段と、 データ構造定義手段による定義情報を格納するデ 1. A receiving the inquiry command from the application program, access to different types of local database, search results returned to the application program, a database access apparatus performs an inquiry to the local database, retrieve the results to a plurality of local database access unit, the data cache area for storing a query result local database access unit acquires a query result local database access unit has acquired, the data cache unit performs a process of storing the data cache area If the logical data structure unit, and stores a data structure defining means for defining in association with the query instruction to the local database, the definition information by the data structure definition means de タ構造格納領域と、 アプリケーションプログラムからの問い合わせを解釈し、検索対象のデータ構造単位に対応したキャッシュデータがデータキャッシュ領域に格納されているかを判断する問い合わせ処理手段と、 データキャッシュ領域を検索し、問い合わせ処理手段が解釈した検索条件に合ったデータをアプリケーションプログラムへ返すデータキャッシュ領域検索手段とを備えることを特徴とする異種データベースアクセス装置。 Interpreting the data structure storage area, an inquiry from the application program retrieves the query processor cache data to determine whether it is stored in the data cache area corresponding to the data structure unit to be searched, the data cache area, query processing unit heterogeneous database access apparatus comprising: a data cache area retrieval means for returning to the application program suits data to search condition is interpreted.
  2. 【請求項2】 請求項1記載の異種データベースアクセス装置に、アプリケーションプログラムからの問い合わせ命令と、データ構造格納領域に格納されたローカルデータベースへの問い合わせ命令と、データキャッシュ領域に格納されたデータと、を基に、ローカルデータベースへの新たな問い合わせ命令を生成する複数のローカルデータベースへの問い合わせ命令生成手段をローカルデータベースアクセス手段に対応させて備えることを特徴とする異種データベースアクセス装置。 To 2. A heterogeneous database access system according to claim 1, wherein the inquiry command from the application program, the inquiry command to the local database stored in a data structure storage area and data stored in the data cache area, based on the plurality of query command generation means heterogeneous database access apparatus characterized by comprising in correspondence with the local database access means to the local database to generate a new query instruction to the local database.
  3. 【請求項3】 請求項1記載の異種データベースアクセス装置に、複数のデータ変換方法に対応した複数の処理手段を持ち、指定されたデータ変換方法のデータ変換を施す、データ変換手段を備えることを特徴とする異種データベースアクセス装置。 To 3. A heterogeneous database access system according to claim 1, having a plurality of processing means corresponding to a plurality of data conversion method, performs data conversion specified data conversion method, in that it comprises data conversion means heterogeneous database access apparatus characterized.
  4. 【請求項4】 請求項1記載の異種データベースアクセス装置に、データキャッシュ領域に余裕が無くなった場合に、データキャッシュ領域に格納されているデータ構造単位のうち、格納された時刻が最も古いものから順に消去する、データキャッシュ領域調整手段を備えていることを特徴とする異種データベースアクセス装置。 4. A heterogeneous database access system according to claim 1, wherein, when there is no more room in the data cache area, the data structure units stored in the data cache area, from those stored time the oldest erased sequentially, heterogeneous database access apparatus characterized in that it comprises a data cache area adjusting means.
  5. 【請求項5】 請求項4記載の異種データベースアクセス装置で、データキャッシュ手段、データキャッシュ領域、データキャッシュ領域調整手段を、各ローカルデータベースアクセス手段に対応させて、複数備えることを特徴とする異種データベースアクセス装置。 In 5. heterogeneous database access system according to claim 4, the data cache unit, the data cache area, the data cache area adjusting means, so as to correspond to each local database access means, heterogeneous databases, wherein a plurality comprise access device.
JP8208145A 1996-08-07 1996-08-07 Different type data base accessing device Pending JPH1049410A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8208145A JPH1049410A (en) 1996-08-07 1996-08-07 Different type data base accessing device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8208145A JPH1049410A (en) 1996-08-07 1996-08-07 Different type data base accessing device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1049410A true JPH1049410A (en) 1998-02-20

Family

ID=16551388

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8208145A Pending JPH1049410A (en) 1996-08-07 1996-08-07 Different type data base accessing device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1049410A (en)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001109758A (en) * 1999-10-06 2001-04-20 Hitachi Ltd Virtual table interface, and system and method for processing inquiry using this interface
JP2002533842A (en) * 1998-12-28 2002-10-08 アンリア Query processing method
JP2002544686A (en) * 1999-05-05 2002-12-24 メディアワン グループ インコーポレイテッド Head-end provisioning agent
JP2010211557A (en) * 2009-03-11 2010-09-24 Hitachi Ltd Data processing method, data processor, and data processing program
JP2011133925A (en) * 2009-12-22 2011-07-07 Yahoo Japan Corp Data processing apparatus and method
JP2012230699A (en) * 2012-07-03 2012-11-22 Fujitsu Ltd Retrieval program, retrieval method, and retrieval device
JP2012238155A (en) * 2011-05-11 2012-12-06 Chugoku Electric Power Co Inc:The Directory information providing device, information processing system, directory information providing method, and program
JP2013206145A (en) * 2012-03-28 2013-10-07 Hitachi Solutions Ltd Server device and data provision system
JP2015099416A (en) * 2013-11-18 2015-05-28 三菱電機株式会社 Database cooperation device and database cooperation program

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002533842A (en) * 1998-12-28 2002-10-08 アンリア Query processing method
JP2002544686A (en) * 1999-05-05 2002-12-24 メディアワン グループ インコーポレイテッド Head-end provisioning agent
JP2001109758A (en) * 1999-10-06 2001-04-20 Hitachi Ltd Virtual table interface, and system and method for processing inquiry using this interface
JP2010211557A (en) * 2009-03-11 2010-09-24 Hitachi Ltd Data processing method, data processor, and data processing program
JP2011133925A (en) * 2009-12-22 2011-07-07 Yahoo Japan Corp Data processing apparatus and method
JP2012238155A (en) * 2011-05-11 2012-12-06 Chugoku Electric Power Co Inc:The Directory information providing device, information processing system, directory information providing method, and program
JP2013206145A (en) * 2012-03-28 2013-10-07 Hitachi Solutions Ltd Server device and data provision system
JP2012230699A (en) * 2012-07-03 2012-11-22 Fujitsu Ltd Retrieval program, retrieval method, and retrieval device
JP2015099416A (en) * 2013-11-18 2015-05-28 三菱電機株式会社 Database cooperation device and database cooperation program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Stonebraker Managing persistent objects in a multi-level store
US6035303A (en) Object management system for digital libraries
US6427123B1 (en) Hierarchical indexing for accessing hierarchically organized information in a relational system
US7685142B2 (en) Directory services system and methods with mapping in database tables
US7272598B2 (en) Structured indexes on results of function applications over data
US7120645B2 (en) Techniques for rewriting XML queries directed to relational database constructs
US7590645B2 (en) Performant and scalable merge strategy for text indexing
US6070158A (en) Real-time document collection search engine with phrase indexing
US6983322B1 (en) System for discrete parallel processing of queries and updates
US7340451B2 (en) Dynamic taxonomy process for browsing and retrieving information in large heterogeneous data bases
US7475058B2 (en) Method and system for providing a distributed querying and filtering system
US5850544A (en) System and method for efficient relational query generation and tuple-to-object translation in an object-relational gateway supporting class inheritance
US6009432A (en) Value-instance-connectivity computer-implemented database
US7043472B2 (en) File system with access and retrieval of XML documents
US7558791B2 (en) System and method for ontology-based translation between directory schemas
US6834286B2 (en) Method and system for representing and accessing object-oriented data in a relational database system
US7756857B2 (en) Indexing and querying of structured documents
CN1761962B (en) Real-time aggregation of unstructured data into structured data for SQL processing by a relational database engine
CA2067633C (en) Method and apparatus for accessing a computer-based file system
CA2259544C (en) Extensible indexing
EP1076865B1 (en) Database access tool
US7568097B2 (en) Method for file system security by controlling access to the file system resources using externally stored attributes
US6728726B1 (en) Prefetching and caching persistent objects
US6636845B2 (en) Generating one or more XML documents from a single SQL query
EP1620820B1 (en) Progressive relaxation of search criteria