JPH0765032A - Information processing system having data base language converting function - Google Patents

Information processing system having data base language converting function

Info

Publication number
JPH0765032A
JPH0765032A JP21269493A JP21269493A JPH0765032A JP H0765032 A JPH0765032 A JP H0765032A JP 21269493 A JP21269493 A JP 21269493A JP 21269493 A JP21269493 A JP 21269493A JP H0765032 A JPH0765032 A JP H0765032A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
database
conversion
sql
server computer
format
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP21269493A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Kazunori Shimakawa
和典 島川
Original Assignee
Toshiba Corp
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE:To inquire of different DBMSs about a data base in a systematic way and with no influence of the DMBSs. CONSTITUTION:When a standard from SQL is sent to a server computer 5 from a client computer 4, the computer 5 sets the received SQL in an entry included in a conversion rule control table 54 having a data base name designated by the SQL. Then the computer 5 converts the SQL into another SQL of a form proper to a DBMS 32-i which controls a data base 31-i (i=1-3) of a designated data base name by means of an SQL conversion routine included in an SQL conversion library 52 pointed by the entry information. The converted SQL is sent to a server computer 3-i shown by the entry information. Then the DBMS 32-i carries out the proper form SQL to access a designated data base. The result data on the access is converted into a standard form by means of a data conversion routine included in a data conversion library 53 designated by the entry information and sent back to the request source computer 4.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】この発明は、複数の異なるデータベース管理システム(DBMS)に対してデータベース問い合わせを行う場合において、問い合わせ要求元の発行した標準形式のデータベース言語をDBMS固有の形式に変換し、アクセス結果データを固有形式から再び標準形式に変換して要求元に返却するデータベース言語変換機能を持つ情報処理システムに関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION This invention converts the case of a database query for a plurality of different database management system (DBMS), a database language standard form issued by the query requester to the DBMS-specific format, an information processing system with the database language conversion function for returning an access result data to the requesting converted again into a standard format from the unique format.

【0002】 [0002]

【従来の技術】複数のDBMS(データベース管理システム)環境(以下、マルチDB環境と称する)において、各DBMSがサポートしているデータベース言語であるSQL(Structured Query Language )は、そのD BACKGROUND ART plurality of DBMS (Database Management System) environment (hereinafter, a multi-DB called environment), SQL each DBMS is a database language supported (Structured Query Language), the D
BMSに固有の形式をとるのが一般的である。 It is common to take the specific form in BMS.

【0003】このため、従来のマルチDB環境の情報処理システムでは、各DBMSに対してデータベース問い合わせを行う場合、問い合わせ要求元の計算機上で動作するアプリケーションプログラムは、当該要求元計算機がDBMS毎に固有のSQLを発行できるように構成されていた。 [0003] Therefore, in the information processing system of a conventional multi-DB environment, when performing database queries to each DBMS, application program operating query requesting computing machine is unique the requesting computer for each DBMS It has been configured to allow issue of SQL. また、この要求元計算機上のアプリケーションプログラムは、アクセス結果データについても、固有形式であるために、DBMSから要求元計算機が受け取った後に処理可能な形式に変換できるように構成されていた。 The application program on the requesting computer, for also access result data, to be specific form, was configured to be converted into a format that can be processed after receiving the requesting computer from DBMS.

【0004】通常、このマルチDB環境はネットワークワイドに構築されており、DBMSが搭載されている計算機をサーバ計算機とし、パーソナルコンピュータ(P [0004] Typically, the multi-DB environment is built on network-wide, the computer DBMS is installed as a server computer, a personal computer (P
C)やワークステーション(WS)を、当該サーバ計算機に対する問い合わせ要求元となるクライアント計算機としている。 C) or workstation (WS), is an inquiry requesting to become a client computer for that server computer. このクライアント計算機上のアプリケーションプログラムを作成するには、プログラマは、上記の説明から明らかなように、全てのアクセスするDBMS To create an application program on the client computer, programmer, as is apparent from the above description, all of the access DBMS
に固有のSQL言語形式及びデータの表現形式を理解している必要があった。 In there was a need to understand the representation of specific SQL language format and data.

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】上記したように、従来のマルチDB環境の情報処理システムでは、同システムのクライアント計算機上で動作するアプリケーションプログラムを作成する場合、プログラマは、マルチDB環境を構成するDBMSのSQL構文とデータ形式を全て理解した上でなければ、作成することができないという問題があった。 [SUMMARY OF THE INVENTION] As described above, in the information processing system according to the conventional multi-DB environment, to create an application program running on the client computing machine of the system, the programmer, constituting the multi DB environment unless an understanding all of the SQL syntax and data format of the DBMS, there is a problem that can not be created. これは、あらゆる種類のアプリケーションプログラムに共通している問題であり、ソフトウェアの生産性及び流通性を損なうものである。 This is a problem common to all types of application programs, in which impair the productivity and distribution of software. 更に別のDB Yet another DB
MSをこのマルチDB環境に参加させるときにも、これまで作成した全てのアプリケーションプログラムを変更して、その新規DBMSに対応しなければならないという問題もあった。 When you join the MS in this multi DB environment, to change all of the application program that created so far, there is also a problem that must correspond to the new DBMS.

【0006】この発明は上記事情を考慮してなされたものでその目的は、マルチDB環境において、クライアント計算機からのアプリケーションプログラムに従う複数の異なるDBMSへのデータベース問い合わせが、DB [0006] The objective in the present invention has been made in consideration of the above circumstances, in a multi DB environment, the database query to a plurality of different DBMS according to the application program from the client computer, DB
MSに影響されずに統一的に行え、もってアプリケーションプログラムの生産性が向上できる情報処理システムを提供することにある。 Without being affected by MS unified done is to provide an information processing system that can improve the productivity of the application program has.

【0007】 [0007]

【課題を解決するための手段】この発明は、固有形式のSQL(データベース言語)をサポートし、固有形式のデータからなるデータベースを管理するDBMS(データベース管理システム)が搭載された複数の第1のサーバ計算機と、この複数の第1のサーバ計算機が接続されている第1のネットワークと、標準形式のSQLによるデータベース問い合わせを行う少なくとも1つのクライアント計算機と、この少なくとも1つのクライアント計算機が接続されている第2のネットワークと、第1及び第2のネットワークに接続された第2のサーバ計算機とを備えたことを特徴とするものである。 SUMMARY OF THE INVENTION This invention relates to the use of native format SQL support (database language), DBMS to manage database of specific format of the data (database management system) a plurality of first mounted a server computer, a first network to which this plurality of first server computer is connected, and at least one client computer performs the database query by SQL standard form, the at least one client computer is connected and a second network, is characterized in that a second server computer that is connected to the first and second networks.

【0008】第2のサーバ計算機は、標準形式SQLを予め定められた固有形式のSQLに変換するための第1 A second server computer is first to convert the SQL predetermined specific format standard format SQL
の変換ルーチンが各DBMSに対応してそれぞれ登録された第1の変換ルーチン登録手段と、DBMSからのデータベース問い合わせの結果データを標準形式に変換するための第2の変換ルーチンが各DBMSに対応してそれぞれ登録された第2の変換ルーチン登録手段と、上記各DBMSにより管理されるデータベース、同DBMS Of the first conversion routine registration means converting routine is registered in correspondence to each DBMS, the second conversion routines for converting the results data in the database query from the DBMS to the standard format corresponding to each DBMS a second conversion routine registration means which are registered respectively Te, database managed by each DBMS, the DBMS
に対応する第1の変換ルーチン、同DBMSに対応する第2の変換ルーチン、及び同DBMSが搭載されている第1のサーバ計算機のネットワークアドレスを指定する情報が登録された複数のエントリからなる変換規則管理テーブルとを有し、クライアント計算機から送信された標準形式SQLを受信した場合には、当該SQLの指定するデータベース名のデータベースを管理するDBMS First conversion routine corresponding to the conversion comprising a plurality of entries information is registered to the second conversion routines, and the DBMS is the network address of the first server computer mounted corresponding to the DBMS and a rule management table, when receiving a standard format SQL sent from the client computer manages a database of database names specified in the SQL DBMS
に対応した第1の変換ルーチンを用いて固有形式SQL Native format SQL using first conversion routine corresponding to
への変換を行って、そのDBMSを搭載した第1のサーバ計算機に送信し、この固有形式SQLの実行結果として、送信先の第1のサーバ計算機から返される固有形式の結果データを、そのDBMSに対応した第2の変換ルーチンを用いて標準形式のデータに変換して、データベース問い合わせ元のクライアント計算機に返す構成をとる。 Performs conversion to, and transmits to the first server computer equipped with the DBMS, as a result of the execution of this specific type SQL, a result data specific format returned from the first server computer of the destination, the DBMS is converted into the data of the standard format using a second conversion routine corresponding to, a configuration to be returned to the database inquiring client computer.

【0009】 [0009]

【作用】上記の構成において、クライアント計算機は、 [Action] In the above configuration, the client computer,
アプリケーションプログラムに従って、同プログラムで適用されている標準形式のSQLを発行し、第2のサーバ計算機宛てに送信する。 In accordance with the application program issues a SQL standard format that is applied in the same program, to the second server computer addressed.

【0010】第2のサーバ計算機は、このクライアント計算機からの標準形式SQLを受信すると、同SQLの指定するデータベース名を持つ変換規則管理テーブル内エントリに位置付けし、当該エントリ中に登録されている第1の変換ルーチン名を取り出して、同ルーチン名の指す第1の変換ルーチン(SQL変換ルーチン)を第1 [0010] The second server computer receives the standard format SQL from the client computer, and positioned in the conversion rule management table entry with the database name to specify the same SQL, a registered in the entry Remove the first conversion routine name, first conversion routine pointed to by the routine name (SQL conversion routine) first
の変換ルーチン登録手段から呼び出す。 Call from the conversion routine registration means. 第2のサーバ計算機は、この呼び出したSQL変換ルーチンを実行することにより、受信した標準形式SQLの構文を、同SQ The second server computer by executing the calling SQL conversion routine, the standard format SQL syntax received, the SQ
Lの指定するデータベース名のデータベースに対応したDBMSがサポートする固有形式に変換し、その変換後の固有形式SQLを、先に位置付けしておいた変換規則管理テーブル内エントリ中に登録されているネットワークアドレスを用いて、対応する第1のサーバ計算機宛てに送信する。 Into a specific format DBMS corresponding to the database of the database names specified in the L supports, a network of its own format SQL after conversion are registered in the conversion rule management table had been positioned above the entry using the address, and transmits the corresponding first server computer addressed.

【0011】第2のサーバ計算機から第1のサーバ計算機に固有形式SQLが送られると、第1のサーバ計算機内のDBMSは、同SQLを実行して、同SQLで指定されるテーブル名を持つテーブルを検索するなどのデータベースアクセスを行う。 [0011] eigenform SQL is sent to the first server computer from a second server computer, the first server computer machine of DBMS executes the same SQL, contains the table name specified in the SQL perform the database access, such as searching a table. そしてDBMSは、このデータベースアクセスの結果データを第2のサーバ計算機に返す。 The DBMS returns the result data of the database access to the second server computer.

【0012】第2のサーバ計算機は、第1のサーバ計算機内のDBMSから返された結果データを受信すると、 [0012] The second server computer receives the result data returned from the first server computing machine of DBMS,
先に位置付けしておいた変換規則管理テーブル内エントリ中に登録されている第2の変換ルーチン名を取り出して、同ルーチン名の指す第2の変換ルーチン(データ変換ルーチン)を第2の変換ルーチン登録手段から呼び出す。 Remove the second conversion routine names registered in the translation rule management table had been positioned above the entry, a second conversion routine pointed to by the routine name (data conversion routine) second conversion routine registration means calling from. 第2のサーバ計算機は、この呼び出したデータ変換ルーチンを実行することにより、受信した結果データ(固有形式SQLの実行により得られた結果データ) The second server computer, by executing the call data conversion routine, the received result data (data obtained by the execution of the specific format SQL)
を、データベース問い合わせ要求元のクライアント計算機上でのアプリケーションに適合する標準形式に変換し、当該クライアント計算機に返信する。 , It was converted into compatible standard format for applications on client computing machine database query requester, and returns to the client computer.

【0013】以上により、クライアント計算機は、自計算機上のアプリケーションプログラムに従い標準形式のSQLを発行するだけで、複数の異なるDBMSに対して統一的なアクセスを行うことが可能となる。 [0013] Thus, the client computer will only issue a SQL standard format according to the application program on the host computer, it is possible to perform a uniform access to a plurality of different DBMS.

【0014】 [0014]

【実施例】以下、この発明の一実施例を図面を参照して説明する。 EXAMPLES The following will be described with reference to the drawings an embodiment of the present invention. 図1は、この発明の一実施例に係るSQL変換機能を持つ情報処理システムの全体構成を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing the overall configuration of an information processing system having the SQL conversion function according to an embodiment of the present invention.

【0015】同図において、1,2はネットワークである。 [0015] In the figure, 1 is a network. ネットワーク1には例えば3台の異種のデータベースアクセスサーバ計算機3-1〜3-3が接続され、ネットワーク2にはクライアント計算機4が接続されている。 The network 1 is connected to a database access server computer 3-1 to 3-3, for example three different, the client computer 4 is connected to the network 2.

【0016】サーバ計算機3-1〜3-3は、固有形式のS [0016] The server computer 3-1 to 3-3, the unique format S
QLを用いたデータベース問い合わせに従うデータベースアクセスを行うものである。 And it performs database access in accordance with the database query using the QL. サーバ計算機3-1〜3-3 Server computer 3-1 to 3-3
は、固有形式のデータからなるデータベース31-1〜3 Consists specific format of the data database 31-1~3
1-3と、固有形式のSQLをサポートしデータベース3 And 1-3, to support the SQL-specific format database 3
1-1〜31-3を管理するDBMS(データベース管理システム)32-1〜32-3(DBMS#1〜DBMS# DBMS to manage the 1-1~31-3 (database management system) 32-1~32-3 (DBMS # 1~DBMS #
3)とを有している。 3) and a.

【0017】データベース31-1〜31-3はテーブル3 [0017] The database 31-1 to 31-3 in table 3
10-1〜310-3を含んでいる。 It contains 10-1~310-3. データベース31-1〜 Database 31-1~
31-3(を識別するため)のデータベース名は“DB# 31-3 database name (to identify) is "DB #
1”〜“DB#3”であり、テーブル310-1〜310 Is a 1 "~" DB # 3 ", table 310-1 to 310
-3(を識別するため)のテーブル名は“TABLE# Table name of -3 (to identify) is "TABLE #
1”〜“TABLE#3”である。 1, which is a "~" TABLE # 3 ".

【0018】クライアント計算機4は、標準形式のSQ [0018] The client computer 4, the standard format SQ
Lを用いたデータベース問い合わせを行うものである。 It performs a database query using the L.
そのため、クライアント計算機4には、標準形式のSQ Therefore, the client computer 4, the standard format SQ
Lによりデータベースをアクセスするためのアプリケーションプログラム41が搭載されている。 The application program 41 for accessing the database is mounted by L. このアプリケーションプログラム41は、1種類に限るものではない。 The application program 41 is not limited to one type.

【0019】ネットワーク1,2間には、マルチデータベース制御サーバ計算機5が接続されている。 [0019] between the network 1 and 2, multi-database control server computer 5 is connected. このサーバ計算機5は、クライアント計算機4が発行した標準形式のSQLを、アクセスすべきデータベース31-iを管理するDBMS32-iに固有の形式に変換して対応するデータベースアクセスサーバ計算機3-iに送信すると共に、この変換された固有形式のSQLに従う当該計算機3-iのアクセス結果データを標準形式に変換してクライアント計算機4に返す制御を司る。 The server computer 5 sends the SQL standard format that the client computer 4 is issued, the DBMS32-i to manage the database 31-i to be accessed database access server computer 3-i corresponding to convert the specific format while, manages control to return the access result data of the computer 3-i in accordance with SQL the converted specific format into a standard format to the client computer 4. この制御は、マルチデータベースサーバプログラム51に従って行われる。 This control is performed in accordance with the multi-database server program 51.

【0020】サーバ計算機5は、SQL変換ライブラリ52と、データ変換ライブラリ53と、変換規則管理テーブル54とを有している。 The server computer 5 includes a SQL conversion library 52, a data conversion library 53, and a translation rule management table 54. SQL変換ライブラリ52 SQL conversion library 52
には、図2に示すように、SQL変換ルーチン520-1 The, as shown in FIG. 2, SQL conversion routines 520-1
〜520-3が登録されている。 ~520-3 has been registered. SQL変換ルーチン52 SQL conversion routine 52
0-1〜520-3は、標準形式のSQLをDBMS32-1 0-1~520-3 is, the SQL standard format DBMS32-1
〜32-3がサポートする固有形式のSQLに変換するためのプログラムである。 ~32-3 is a program for converting SQL specific format support. SQL変換ルーチン520-1〜 SQL conversion routine 520-1~
520-3のルーチン名は“SQL変換ルーチン#1”〜 Routine name of 520-3 is "SQL conversion routines # 1" to
“SQL変換ルーチン#3”である。 It is a "SQL conversion routine # 3".

【0021】データ変換ライブラリ53には、図3に示すように、データ変換ルーチン530-1〜530-3が登録されている。 The data conversion library 53, as shown in FIG. 3, the data conversion routine 530-1~530-3 is registered. データ変換ルーチン530-1〜530-3 Data conversion routines 530-1~530-3
は、DBMS32-1〜32-3からの固有形式のデータベースアクセス結果データを標準形式に変換するためののプログラムである。 Is a program for for converting database access result data specific format from DBMS32-1~32-3 into a standard format. データ変換ルーチン530-1〜53 Data conversion routines 530-1~53
0-3のルーチン名は“データ変換ルーチン#1”〜“データ変換ルーチン#3”である。 Routine name of 0-3 is "data conversion routines # 1" to "data conversion routines # 3".

【0022】変換規則管理テーブル54は、図4に示すように、DBMS32-1〜32-3に対応した変換規則管理エントリ540-1〜540-3から構成される。 The conversion rule management table 54, as shown in FIG. 4, and a translation rule managing entry 540-1~540-3 corresponding to DBMS32-1~32-3. 各変換規則管理エントリ540-1〜540-3は、DBMS32 Each translation rule management entry 540-1~540-3 is, DBMS32
-1〜32-3が管理するデータベース31-1〜31-3のデータベース名を示すデータベース名パラメータ541 Database name parameter 541 that indicates the database name of the database 31-1 to 31-3 which -1~32-3 managed
(の登録フィールド)、DBMS32-1〜32-3に対応したSQL変換ルーチンのルーチン名を示すSQL変換規則名パラメータ542(の登録フィールド)と、DB (Registration field), the SQL conversion rule name parameter 542 that indicates the routine name of SQL conversion routine corresponding to DBMS32-1~32-3 (registered fields), DB
MS32-1〜32-3に対応したデータ変換ルーチンのルーチン名を示すデータ変換規則名パラメータ543(の登録フィールド)と、DBMS32-1〜32-3が搭載されているサーバ計算機3-1〜3-3のネットワークアドレス(サーバアドレス)を示すネットワークアドレスパラメータ544(の登録フィールド)とから構成される。 A data conversion rule name parameter 543 that indicates the routine name data conversion routine corresponding to MS32-1~32-3 (registered fields), the server computer DBMS32-1~32-3 is mounted 3-1~3- 3 network address configured from the network address parameter 544 that indicates the (server address) (registration field).

【0023】次に、この発明の一実施例の動作を説明する。 Next, the operation of one embodiment of the present invention. クライアント計算機4は、アプリケーションプログラム41に従ってデータベース問い合わせ用の標準形式のSQLを発行し、当該SQLを用いてデータベースアクセスを行う。 Client computer 4 issues a SQL standard format for a database query in accordance with an application program 41, performs database access by using the SQL.

【0024】今、クライアント計算機4において、データベース名が”DB#1”のデータベース(即ち、データベースアクセスサーバ計算機3-1に搭載されたDBM [0024] Now, DBM in the client computer 4, the database name "DB # 1" database (ie, that has been installed in the database access server computer 3-1
S32-1が管理するデータベース31-1)中の、テーブル名が“TABLE#1”のテーブル(即ち、データベース31-1中のテーブル310-1)を対象とするデータベースアクセス(検索)のための、図5(a)に示すような標準形式のSQL61が発行されたものとする。 Of the database 31-1) in the S32-1 is managed, table name is "TABLE # 1" table (ie, database access that target the table 310-1) in the database 31-1 for the (search) , it is assumed that SQL61 standard format as shown in FIG. 5 (a) is issued.

【0025】このSQL61は、クライアント計算機4 [0025] The SQL61, the client computer 4
からマルチデータベース制御サーバ計算機5に対し、ネットワーク2を介して送信される。 To the multi-database control server computer 5 is transmitted via the network 2. マルチデータベース制御サーバ計算機5は、クライアント計算機4から送信されたSQL61を受信する。 Multi-database control server computer 5 receives the SQL61 transmitted from the client computer 4. するとサーバ計算機5 Then the server computer 5
は、マルチデータベースサーバプログラム51に従う以下の制御を行う。 Performs the following control according to the multi-database server program 51.

【0026】まずサーバ計算機5は、受信したSQL6 [0026] The server computer 5 first, received SQL6
1をスキャンしてデータベース名“DB#1”を抽出する。 1 to scan to extract the database name "DB # 1" is. 次にサーバ計算機5は、抽出したデータベース名“DB#1”により変換規則管理テーブル54をサーチして、データベース名パラメータ541が“DB#1” Next, the server computer 5 searches the translation rule management table 54 by the extraction database name "DB # 1", the database name parameter 541 "DB # 1"
であるような変換規則管理エントリ、即ち変換規則管理エントリ540-1に位置付けする。 Translation rule managing entry as it is, that is positioned in the conversion rule management entry 540-1.

【0027】サーバ計算機5は、この変換規則管理エントリ540-1中に予め登録されているSQL変換規則名パラメータ542の示すルーチン名“SQL変換ルーチン#1”で識別されるSQL変換ルーチン520-1を、 The server computer 5, the SQL conversion routines 520-1 identified by the routine name indicated SQL conversion rule name parameter 542 which is previously registered in the conversion rule management entry 540-1 "SQL conversion routine # 1" ,
マルチデータベースサーバプログラム51に従ってSQ SQ in accordance with the multi-database server program 51
L変換ライブラリ52から動的に呼び出す。 Dynamically call from L conversion library 52.

【0028】サーバ計算機5は、呼び出したSQL変換ルーチン520-1に、受信したクライアント計算機4からのSQL61を引数として渡して、当該ルーチン52 The server computer 5, to the calling SQL conversion routines 520-1, passes the SQL61 from the client computer 4 that receives as an argument, the routine 52
0-1を実行する。 To run the 0-1. すると、クライアント計算機4からのSQL61がDBMS32-1で扱う構文と適合する(サーバ計算機3-1固有の)内部文字コード系#1(例えばASCIIコード系、EBCDICコード系など)に変換されて、図6(a)に示すSQL71とされる。 Then, it is converted into compatible with the syntax of SQL61 handled in DBMS32-1 from the client computer 4 (server computer 3-1 specific) internal character code system # 1 (e.g., ASCII code system, EBCDIC code system etc.), FIG. are SQL71 shown in 6 (a). このSQL71は呼び出し元のマルチデータベースサーバプログラム51に返され、当該サーバプログラム51に制御が戻る。 The SQL71 is returned to the multi-database server program 51 of the caller, the control is returned to the server program 51.

【0029】するとサーバ計算機5は、当該サーバプログラム51を再び実行し、先ほどサーチして位置付けしておいた変換規則管理エントリ540-1中のネットワークアドレスパラメータ544の示すネットワークアドレスを持つデータベースアクセスサーバ計算機、即ちデータベースアクセスサーバ計算機3-1に対して、SQL変換ルーチン520-1から当該サーバプログラム51に返却されたSQL71をネットワーク1を介して送信する。 [0029] Then the server computer 5 executes the server program 51 again, the database access server computer having network address indicated by the network address parameters 544 in the translation rule managing entry 540-1 that has been positioned previously searched , i.e. the database access server computer 3-1, the SQL71 that is returned from the SQL conversion routines 520-1 to the server program 51 via the network 1.

【0030】このデータベースアクセスサーバ計算機3 [0030] The database access server computer 3
-1宛てのSQL71は、当該サーバ計算機3-1内のDB SQL71 addressed -1, DB of the server in the computer 3-1
MS32-1により受信される。 It is received by the MS32-1. DBMS32-1は、マルチデータベース制御サーバ計算機5からのSQL71を受信すると、当該SQL71に従うデータベースアクセス処理、即ちデータベース31-1内のテーブル名が“T DBMS32-1 receives the SQL71 from multi-database control server computer 5, the database access process according to the SQL71, i.e. table names in the database 31-1 is "T
ABLE#1”のテーブル310-1を対象とする検索処理を行う。 Do a search process to target the table 310-1 of ABLE # 1 ".

【0031】そしてDBMS32-1は、SQL71を実行した結果のデータ(結果データ)を、当該SQL71 [0031] Then DBMS32-1, the data resulting from executing SQL71 (the result data), the SQL71
の送信元であるマルチデータベース制御サーバ計算機5 Multi-database control server computer 5 a source
に返信する。 Reply to.

【0032】するとマルチデータベース制御サーバ計算機5は、この(データベースアクセスサーバ計算機3-1 [0032] Then, multi-database control server computer 5, the (database access server computer 3-1
内の)DBMS32-1からの結果データの形式をDBM The format of the result data from the inner of) DBMS32-1 DBM
S32-1に固有の形式から標準形式に変換してクライアント計算機4に返信するために、先に位置付けしておいた変換規則管理エントリ540-1中のデータ変換規則名パラメータ543の示すルーチン名“データ変換ルーチン#1”で識別されるデータ変換ルーチン530-1を、 To reply to the client computer 4 is converted into a standard format from specific format to S32-1, the routine name indicated by the data conversion rule name parameter 543 in the translation rule managing entry 540-1 that has been positioned previously "data data conversion routines 530-1 identified by conversion routine # 1 ",
マルチデータベースサーバプログラム51に従ってデータ変換ライブラリ53から動的に呼び出す。 Dynamically invoked from the data conversion library 53 in accordance with the multi-database server program 51.

【0033】サーバ計算機5は、呼び出したデータ変換プログラム530-1を実行し、(データベースアクセスサーバ計算機3-1内の)DBMS32-1からの結果データを、クライアント計算機4に適合する文字コード系及びデータ表現形式に変換する。 The server computer 5 executes data conversion program 530-1 calling, (database access server in the computer 3-1) the result data from DBMS32-1, compatible character code system and the client computer 4 It converted to data representation format.

【0034】この変換後の結果データは呼び出し元のマルチデータベースサーバプログラム51に返され、当該サーバプログラム51に制御が戻る。 The result data after the conversion is returned to the multi-database server program 51 of the caller, the control is returned to the server program 51. するとサーバ計算機5は、当該サーバプログラム51を再び実行し、SQ Then the server computer 5 executes the server program 51 again, SQ
L61の発行元(SQL61によるデータベース問い合わせ元)であるクライアント計算機4に対し、変換された結果データをネットワーク2を介して返信する。 The client computer 4 is (database querying by SQL61) issuing L61, returns the converted result data via the network 2.

【0035】以上は、クライアント計算機4において、 [0035] The above, in the client computer 4,
データベース名が”DB#1”のデータベース中の、テーブル名が“TABLE#1”のテーブルを対象とするデータベースアクセスの必要性が生じ、アプリケーションプログラム41に従って図5(a)に示す標準形式のSQL61が発行された場合の動作である。 Database name in the database of the "DB # 1", the table name is "TABLE # 1" database needs access to the table of interest occurs, the standard format shown in FIG. 5 (a) in accordance with an application program 41 SQL61 There is an operation when it is issued.

【0036】この動作は、データベース名が”DB# [0036] This operation, the database name is "DB #
2”,”DB#3”のデータベース中の、テーブル名が“TABLE#2”,“TABLE#3”のテーブルを対象とするデータベースアクセスの必要性が生じ、アプリケーションプログラム41に従って図5(b), 2 "," DB # 3 "in the database, table name" TABLE # 2 "," the need for database access to target table of TABLE # 3 "occurs, FIG. 5 in accordance with the application program 41 (b) ,
(c)に示す標準形式のSQL62,SQL63が発行された場合にも、同様に行われる。 SQL62 standard format (c), the even when SQL63 is issued, the similarly performed.

【0037】即ち、クライアント計算機4にてSQL6 [0037] In other words, at the client computer 4 SQL6
2,SQL63が発行された場合には、まずマルチデータベース制御サーバ計算機5は、SQL62,SQL6 2, when the SQL63 is issued, the multi-database control server computer 5 First, SQL62, SQL6
3及び変換規則管理テーブル54をもとに、データベース問い合わせ先となるDBMS32-2,32-3を搭載したデータベースアクセスサーバ計算機3-2,3-3(のネットワークアドレス)を認識する。 Based on the 3 and the conversion rule management table 54, recognizes database access server computer 3-2 and 3-3 (network address) equipped with DBMS32-2,32-3 as a database contact information. 次にマルチデータベース制御サーバ計算機5は、認識したデータベースアクセスサーバ計算機3-2,3-3と問い合わせ元のクライアント計算機4との間に立って、(SQL変換ライブラリ52内のSQL変換ルーチン520-2,520-3に従う)標準形式のSQL62,SQL63から問い合わせ先のDBMS32-2,32-3に固有の形式の図6 Multi-database control server computer 5 then stood between the recognized and database access server computer 3-2 and 3-3 and the inquiring client computer 4, (SQL conversion routine SQL conversion library 52 520-2 , according to 520-3) of the specific format to contact the DBMS32-2,32-3 from SQL62, SQL63 standard format 6
(b),(c)に示すSQL72,SQL73への変換と、DBMS32-2,32-3からの当該SQL72,S (B), and conversion to SQL72, SQL73 of (c), the said from DBMS32-2,32-3 SQL72, S
QL73の実行結果データの(データ変換ライブラリ5 QL73 execution result data (data conversion library 5
3内のデータ変換ルーチン530-2,530-3に従う) According to the data conversion routines 530-2,530-3 in 3)
変換とを実行する。 To perform the conversion and.

【0038】以上の結果、クライアント計算機4は、データベースの問い合わせを、同データベースを管理するDBMS32-i(i=1〜3)が存在するデータベースアクセスサーバ計算機3-iのネットワークアドレス、及びそのDBMS32-iに固有のSQL構文とデータ形式を知ることなく、統一的に行うことができる。 [0038] As a result, the client computer 4, a query of the database, DBMS32-i (i = 1~3) database access server computer 3-i network addresses are present for managing the database, and its DBMS32- without knowing the specific SQL syntax and data format to i, it can be carried out in a unified manner. したがって、アプリケーションプログラム41の作成が容易に行える。 Thus, the creation of an application program 41 can be easily.

【0039】次に、新規にDBMSを追加する場合、或いは既存のDBMSを削除する場合について簡単に説明する。 Next, if you want to add a new DBMS, or will be described briefly if you want to delete an existing DBMS. まず新規にDBMSを追加する場合には、新たなDBMSに対応したSQL変換ルーチンをSQL変換ライブラリ52に、同じくデータ変換ルーチンをデータ変換ライブラリ53にそれぞれ登録すると共に、変換規則管理テーブル54にそのDBMSに対応するエントリを確保すればよい。 If the newly add a DBMS first, the SQL conversion routine corresponding to a new DBMS to SQL conversion library 52, as well as to register respectively the data conversion routines to the data conversion library 53, the DBMS in the conversion rule management table 54 it may be secured to the corresponding entry to. この場合、新規DBMSに対応するために、クライアント計算機4上のアプリケーションプログラム41を変更する必要はない。 In this case, in order for the new DBMS, there is no need to change the application program 41 on the client computer 4.

【0040】次にDBMSを削除する場合には、そのD [0040] Next, in case you want to delete the DBMS, the D
BMSに対応したSQL変換ルーチンをSQL変換ライブラリ52から、同じくデータ変換ルーチンをデータ変換ライブラリ53から削除すると共に、そのDBMSに対応する変換規則管理テーブル54内エントリを削除すればよい。 The SQL conversion routine corresponding to the BMS from SQL conversion library 52, also deletes the data conversion routines from the data conversion library 53, it may be deleted entries in the translation rule management table 54 corresponding to the DBMS. ここで、SQL変換ルーチンとデータ変換ルーチンの削除は必ずしも必要ではない。 Here, deletion of the SQL conversion routines and data conversion routine is not always necessary. なお、前記実施例では、クライアント計算機4が1台である場合について説明したが、複数台である場合にも同様に適用できる。 In the above embodiment has described the case the client computer 4 is one, can be similarly applied to a case where a plurality.

【0041】 [0041]

【発明の効果】以上詳述したようにこの発明によれば、 According to the present invention as described in detail above,
マルチDB環境(マルチデータベースシステム環境)において、クライアント計算機から同計算機上のアプリケーションプログラムに従って発行された標準形式のデータベース問い合わせ用のデータベース言語の構文を、第2のサーバ計算機により、データベースアクセスの対象となるデータベースの管理システム(DBMS)に固有の形式に、当該データベースに対応した変換規則管理テーブル内エントリの指定する第1の変換ルーチンを用いて変換した後、この固有形式データベース言語を、当該エントリの指定する第1のサーバ計算機のネットワークアドレスに従い、その第1のサーバ計算機に送信し、この固有形式データベース言語の実行結果として、送信先の第1のサーバ計算機から第2のサーバ計算機に返される固有形式の結果 In multi-DB environment (multi-database system environment), a database language syntax for published database query standard form from the client computer in accordance with an application program on the same computer, the second server computer, and the database being accessed to specific formats in the database management system (DBMS), was transformed using the first conversion routine specified by the translation rule management table entry corresponding to the database, the unique format database language, specification of the entry according network address of the first server computer to transmit to the first server computer, as a result of executing this native format database language, specific format returned from the destination first server computer of the second server computer result of ータを、当該エントリの指定する第2の変換ルーチンを用いて、第2の計算機にて標準形式のデータに変換して、標準形式データベース言語の送信元のクライアント計算機に返す構成としたので、クライアント計算機は、DBMSの種類とDBMSが搭載されている第1のサーバ計算機のネットワークアドレスを知らなくても、自計算機上のアプリケーションプログラムに従い標準形式のデータベース言語を発行するだけで、 The chromatography data using the second conversion routine specified by the relevant entry, in the second computer is converted into the standard format data, since the configuration back to the source of the client computer in a standard format database language, the client computer, without knowing the network address of the first server computer DBMS types and DBMS is installed, you only have to issue a database language standard form according to the application program on the host computer,
複数の異なるDBMSのデータベースアクセスを統一的に行うことができる。 It is possible to perform a plurality of different DBMS of the database access in a unified manner. したがってプログラマは、マルチDB環境を構成するDBMSのデータベース言語の構文とデータ形式を必ずしも理解していなくても、クライアント計算機上で動作する各種のアプリケーションプログラムを作成することができるようになり、アプリケーションプログラムの生産性が向上する。 Accordingly programmer, even the syntax and data format of the DBMS database language constituting the multi-DB environment not necessarily understood, it will be able to create various application programs running on the client computing machine, the application program to improve productivity.

【0042】また、この発明によれば、新規にDBMS [0042] In addition, according to the present invention, DBMS new
を追加したり、或いはDBMSを削除する場合でも、第2のサーバ計算機上で、該当する第1の変換ルーチン(SQL変換ルーチン)及び第2の変換ルーチン(データ変換ルーチン)を新たに 登録或いは削除し、且つ変換規則管理テーブル内エントリを追加或いは削除するだけで対処でき、クライアント計算機上のアプリケーションプログラムには何ら手を加える必要がない。 To add or even to remove the DBMS, the second server computer machine, newly registered or deletes the corresponding first conversion routines (SQL conversion routine) and the second conversion routine (data conversion routine) and, and can be addressed by simply adding or deleting a entry translation rule management table, there is no need to add any hands application program on the client computer.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】この発明の一実施例に係るSQL変換機能を持つ情報処理システムの全体構成を示すブロック図。 1 is a block diagram showing the overall configuration of an information processing system having the SQL conversion function according to an embodiment of the present invention.

【図2】図1中のSQL変換ライブラリ52の構成例を示す図。 2 is a diagram showing a configuration example of a SQL conversion library 52 in Fig.

【図3】図1中のデータ変換ライブラリ53の構成例を示す図。 FIG. 3 is a diagram showing a configuration example of a data conversion library 53 in Fig.

【図4】図1中の変換規則管理テーブル54の構成例を示す図。 4 is a diagram showing a configuration example of the conversion rule management table 54 in FIG.

【図5】同実施例で適用される標準形式のSQLの一例を示す図。 5 is a diagram showing an example of a SQL standard format to be applied in the same embodiment.

【図6】図5の標準形式SQLに対応する固有形式のS [6] S of the standard format-specific format that corresponds to the SQL shown in FIG. 5
QLの一例を示す図。 Diagram illustrating an example of QL.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1,2…ネットワーク、3-1〜3-3…データベースアクセスサーバ計算機、4…クライアント計算機、5…マルチデータベース制御サーバ計算機、31-1〜31-3…データベース、32-1〜32-3…DBMS(データベース管理システム)、41…アプリケーションプログラム、 1,2 ... network, 31 to 33 ... database access server computer, 4 ... client computer, 5 ... multi-database control server computer, 31-1 to 31-3 ... database, 32-1 to 32-3 ... DBMS (database management system), 41 ... application program,
51…マルチデータベースサーバプログラム、52…S 51 ... multi-database server program, 52 ... S
QL変換ライブラリ、53…データ変換ライブラリ、5 QL conversion library, 53 ... data conversion library, 5
4…変換規則管理テーブル、310-1〜310-3…テーブル、540-1〜540-3…変換規則管理エントリ、5 4 ... translation rule management table, 310-1~310-3 ... table, 540-1~540-3 ... translation rule managing entries, 5
41…データベース名パラメータ、542…SQL変換規則名パラメータ、543…データ変換規則名パラメータ、544…ネットワークアドレスパラメータ。 41 ... database name parameter 542 ... SQL conversion rule name parameter 543 ... data conversion rule name parameter 544 ... network address parameters.

Claims (1)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 固有形式のデータベース言語をサポートし、固有形式のデータからなるデータベースを管理するデータベース管理システムが搭載された複数の第1のサーバ計算機と、 この複数の第1のサーバ計算機が接続されている第1のネットワークと、 標準形式のデータベース言語によるデータベース問い合わせを行う少なくとも1つのクライアント計算機と、 この少なくとも1つのクライアント計算機が接続されている第2のネットワークと、 標準形式のデータベース言語を予め定められた固有形式のデータベース言語に変換するための第1の変換ルーチンが前記各データベース管理システムに対応してそれぞれ登録された第1の変換ルーチン登録手段と、前記データベース管理システムからのデータベース問い合わせの結果データ 1. A support eigenform database language, and a plurality of database management system for managing a database of unique format data is mounted first server computer, a server computer connected the plurality first a first network that is, at least one client computer performs the database query by the database language standard format, and the at least one second network client computer is connected, a database language standard format previously a first conversion routine registration means which is registered each of the first conversion routines to convert the unique format database language defined is in correspondence with the respective database management system, the database queries from the database management system result data 標準形式に変換するための第2の変換ルーチンが同管理システムに対応してそれぞれ登録された第2の変換ルーチン登録手段と、前記第1のサーバ計算機のデータベース管理システムにより管理されるデータベース、同管理システムに対応する前記第1の変換ルーチン、同管理システムに対応する前記第2の変換ルーチン、及び同管理システムが搭載されている前記第1のサーバ計算機のネットワークアドレスを指定する情報が登録された複数のエントリからなる変換規則管理テーブルとを有する、前記第1及び第2のネットワークに接続された第2のサーバ計算機であって、 前記クライアント計算機から送信された前記標準形式のデータベース言語を受信して、この受信データベース言語の指定するデータベース名を持つ前記変換規則管 Second database conversion routine to be managed and second conversion routine registration means which is registered in correspondence to the same management system, by the first server computer database management system for conversion to a standard format, the the first conversion routine corresponding to the management system, the information second conversion routines, and the management system to the network address of the first server computer mounted corresponding to the management system is registered and a plurality of consisting entry translation rule management tables, the first and second a server computer connected to a second network, receiving a database language of the standard format transmitted from said client computer to the conversion rule tube with database name specified in the received database language テーブル内エントリをサーチして、当該エントリ情報の示す前記第1の変換ルーチンを前記第1の変換ルーチン登録手段から呼び出し、この変換ルーチンをもとに前記受信データベース言語の指定するデータベース名のデータベースを管理する前記データベース管理システムに固有の形式のデータベース言語に変換した後、この固有形式のデータベース言語を、当該エントリ情報の示すネットワークアドレスを持つ前記第1のサーバ計算機に送信し、この固有形式データベース言語の実行結果として、 Searches the table entry, calls the first conversion routine indicated by the entry information from said first conversion routine registration means, a database of database names specified in the received database language this translation routine based on after conversion into a format specific database language of the database management system for managing a database language of the specific format, and transmitted to the first server computer having network address indicated by the entry information, the unique format database language as a result of the execution,
    送信先の前記第1のサーバ計算機から返される固有形式の結果データを、当該エントリ情報の示す前記第2の変換ルーチン登録手段内の第2の変換ルーチンをもとに標準形式のデータに変換して、前記受信データベース言語の送信元の前記クライアント計算機に返す第2のサーバ計算機とを具備することを特徴とするデータベース言語変換機能を持つ情報処理システム。 The result data specific format returned from the destination of the first server computer, converts the data in the standard format based on the second conversion routine in the second conversion routine registration means indicated by the entry information Te, an information processing system with the database language conversion function, characterized by comprising a second server computer to return to the source of the client computer of the receiving database language.
JP21269493A 1993-08-27 1993-08-27 Information processing system having data base language converting function Granted JPH0765032A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP21269493A JPH0765032A (en) 1993-08-27 1993-08-27 Information processing system having data base language converting function

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP21269493A JPH0765032A (en) 1993-08-27 1993-08-27 Information processing system having data base language converting function

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0765032A true true JPH0765032A (en) 1995-03-10

Family

ID=16626888

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP21269493A Granted JPH0765032A (en) 1993-08-27 1993-08-27 Information processing system having data base language converting function

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0765032A (en)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6347315B1 (en) 1997-12-12 2002-02-12 Canon Kabushiki Kaisha Method and apparatus for selecting and utilizing one of computers or databases
JP2002524793A (en) * 1998-09-08 2002-08-06 メタフォリクス エルエルシー The virtual file server
JP2002533842A (en) * 1998-12-28 2002-10-08 アンリア Query processing method
JP2003518664A (en) * 1999-12-10 2003-06-10 アート・テクノロジー・グループ・インコーポレーテッド Method and system for configuring a personalized result set
KR100625422B1 (en) * 1999-12-07 2006-09-18 주식회사 케이티 Method for integrating schema using multidatabase query language
JP2008197974A (en) * 2007-02-14 2008-08-28 Hitachi Software Eng Co Ltd Db access loosely coupled system
JP2009266243A (en) * 2002-09-03 2009-11-12 Sap Ag Dynamic access of data
JP2009271587A (en) * 2008-04-30 2009-11-19 Toshiba Tec Corp Data management system
JP2013037726A (en) * 2012-11-14 2013-02-21 Fujitsu Ltd Data integration device, data integration method, and data integration program
US8639670B2 (en) 2006-01-18 2014-01-28 Fujitsu Limited Data integration apparatus, data integration method, and computer product
JP2014096177A (en) * 2014-01-22 2014-05-22 Fujitsu Ltd Data integration device, data integration method, and computer-readable recording medium recording data integration program

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6347315B1 (en) 1997-12-12 2002-02-12 Canon Kabushiki Kaisha Method and apparatus for selecting and utilizing one of computers or databases
JP2002524793A (en) * 1998-09-08 2002-08-06 メタフォリクス エルエルシー The virtual file server
JP2002533842A (en) * 1998-12-28 2002-10-08 アンリア Query processing method
KR100625422B1 (en) * 1999-12-07 2006-09-18 주식회사 케이티 Method for integrating schema using multidatabase query language
JP2003518664A (en) * 1999-12-10 2003-06-10 アート・テクノロジー・グループ・インコーポレーテッド Method and system for configuring a personalized result set
JP2009266243A (en) * 2002-09-03 2009-11-12 Sap Ag Dynamic access of data
US8639670B2 (en) 2006-01-18 2014-01-28 Fujitsu Limited Data integration apparatus, data integration method, and computer product
JP2008197974A (en) * 2007-02-14 2008-08-28 Hitachi Software Eng Co Ltd Db access loosely coupled system
JP2009271587A (en) * 2008-04-30 2009-11-19 Toshiba Tec Corp Data management system
JP2013037726A (en) * 2012-11-14 2013-02-21 Fujitsu Ltd Data integration device, data integration method, and data integration program
JP2014096177A (en) * 2014-01-22 2014-05-22 Fujitsu Ltd Data integration device, data integration method, and computer-readable recording medium recording data integration program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6178418B1 (en) Distributed data warehouse query and resource management system
US6405198B1 (en) Complex data query support in a partitioned database system
US7328209B2 (en) System for ontology-based semantic matching in a relational database system
US5515531A (en) Parallel database processing system and retrieval method using secondary key
US6882996B2 (en) System, method, and computer program product for reformatting non-XML data for use with internet based systems
US6983322B1 (en) System for discrete parallel processing of queries and updates
US7133863B2 (en) Method and apparatus to search for information
US5404510A (en) Database index design based upon request importance and the reuse and modification of similar existing indexes
US5701462A (en) Distributed file system providing a unified name space with efficient name resolution
US7113939B2 (en) Architecture to enable search gateways as part of federated search
US7146614B1 (en) Computer directory system having an application integration driver infrastructure
US20070100808A1 (en) High speed non-concurrency controlled database
US20030088656A1 (en) Directory server software architecture
US5960421A (en) Service interface repository internationalization
US20030208478A1 (en) Directory services searching system and methods
US20090254601A1 (en) System for sharing data objects among applications
US20040167982A1 (en) Multiple registrars
US20040225643A1 (en) Progressive relaxation of search criteria
US7146356B2 (en) Real-time aggregation of unstructured data into structured data for SQL processing by a relational database engine
US6009428A (en) System and method for providing a single application program interface for heterogeneous databases
US6377953B1 (en) Database having an integrated transformation engine using pickling and unpickling of data
US7194482B2 (en) Web services data aggregation system and method
US6108664A (en) Object views for relational data
Motro et al. Fusionplex: resolution of data inconsistencies in the integration of heterogeneous information sources
US6314430B1 (en) System and method for accessing a database from a task written in an object-oriented programming language

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees