JPH09220235A - Osteosymphysis device - Google Patents

Osteosymphysis device

Info

Publication number
JPH09220235A
JPH09220235A JP8030578A JP3057896A JPH09220235A JP H09220235 A JPH09220235 A JP H09220235A JP 8030578 A JP8030578 A JP 8030578A JP 3057896 A JP3057896 A JP 3057896A JP H09220235 A JPH09220235 A JP H09220235A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tube
plate
bone
screw
hole
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP8030578A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Kikuji Horiuchi
喜久二 堀内
Original Assignee
Bristol Mayers Sukuibu Kk
ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Bristol Mayers Sukuibu Kk, ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社 filed Critical Bristol Mayers Sukuibu Kk
Priority to JP8030578A priority Critical patent/JPH09220235A/en
Publication of JPH09220235A publication Critical patent/JPH09220235A/en
Application status is Granted legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/56Surgical instruments or methods for treatment of bones or joints; Devices specially adapted therefor
    • A61B17/58Surgical instruments or methods for treatment of bones or joints; Devices specially adapted therefor for osteosynthesis, e.g. bone plates, screws, setting implements or the like
    • A61B17/68Internal fixation devices, including fasteners and spinal fixators, even if a part thereof projects from the skin
    • A61B17/74Devices for the head or neck or trochanter of the femur
    • A61B17/742Devices for the head or neck or trochanter of the femur having one or more longitudinal elements oriented along or parallel to the axis of the neck
    • A61B17/748Devices for the head or neck or trochanter of the femur having one or more longitudinal elements oriented along or parallel to the axis of the neck with means for adapting the angle between the longitudinal elements and the shaft axis of the femur
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/56Surgical instruments or methods for treatment of bones or joints; Devices specially adapted therefor
    • A61B17/58Surgical instruments or methods for treatment of bones or joints; Devices specially adapted therefor for osteosynthesis, e.g. bone plates, screws, setting implements or the like
    • A61B17/68Internal fixation devices, including fasteners and spinal fixators, even if a part thereof projects from the skin
    • A61B17/74Devices for the head or neck or trochanter of the femur
    • A61B17/742Devices for the head or neck or trochanter of the femur having one or more longitudinal elements oriented along or parallel to the axis of the neck
    • A61B17/746Devices for the head or neck or trochanter of the femur having one or more longitudinal elements oriented along or parallel to the axis of the neck the longitudinal elements coupled to a plate opposite the femoral head
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/16Bone cutting, breaking or removal means other than saws, e.g. Osteoclasts; Drills or chisels for bones; Trepans
    • A61B17/17Guides or aligning means for drills, mills, pins or wires
    • A61B17/1721Guides or aligning means for drills, mills, pins or wires for applying pins along or parallel to the axis of the femoral neck

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To make it possible to deal with various kinds of osteosymphysis with a single device by dividing a tube and a plate and making the mounting direction of the tube to the plate adjustable within a prescribed range. SOLUTION: This osteosymphysis device has the slender flat planar plate 1 and is fixed in pressurized contact with the outer side surface of the femur and is formed as to has many kinds of size corresponding to the size of the bemnr. A tube through-hole 3 is formed above the central part thereof to allow the insertion of the tube 5 for housing a screw means. The tube 5 used in combination with the plate 1 is formed to a cylindrical shape having a through-hole 5a and has a collar part 5b formed as a projecting part having a spherical surface at its base end. The tube 5 is adjustable from the position shown by solid lines with respect to as vertical direction to a position shown by alternate long and short dashed lines. The tube is adjustable in the lateral direction as well within the prescribed range. Namely, the tube 5 is so designed as to be properly adjusted in its mounting direction in the entire direction.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、人体を構成する骨が骨折した場合にその骨折により分離した骨をその分離骨が結合していた骨体(以下、「主体骨」と記す)にスクリュー手段を介して接合するための骨接合装置に関する。 The present invention relates to the bone bodies that separates bone bone bone constituting the body are separated by the fracture when the fractured is bound (hereinafter, referred to as "main bones") on the screw It relates to a bone joining device for joining through means. 本発明の骨接合装置は、プレートとスクリュー手段収容チューブの組み合わせからなり、プレートに対するチューブ取り付け位置及び角度を任意に変更できるので、ひとつの骨接合装置でもって、様々な骨の接合に、 Osteosynthesis device of the present invention, a combination of plate and screw means accommodating tube, because it arbitrarily change the tube mounting position and angle relative to the plate, with a single osteosynthesis device, the joining of various bone,
そして骨のいろいろな部位の接合に、容易に対応することができる。 And the bonding of various site of bone, can be easily supported. 本発明はまた、分離骨を接合するための圧縮スクリュー、すなわち、いわゆる「コンプレッション・スクリュー」にも関する。 The present invention also provides a compression screw for joining separated bone, i.e., to a so-called "compression screw" relates.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、事故やスポーツなどで骨折を生じた場合には、その骨折部位に主体骨及び分離骨を貫通してスクリュー手段を嵌入し、そして、分離骨が主体骨に完全に癒着し、元通りに一体化したたことが確認されてから、不要となったスクリュー手段を抜去している。 Conventionally, in the case that occurred, and more at fracture accidents and sports, fit the screw means through the main bone and separated bone to the fracture site, and, completely adhesions separated bone is mainly bone and, since it was confirmed that was integrated into the restored, and removing the screw means that is no longer necessary. スクリュー手段の嵌入のため、通常、「チューブプレート」と称される、チューブとプレートが一体化せしめられた骨接合装置が用いられている。 Because of the fitting of the screw means, generally referred to as "tube plates", osteosynthesis device tube and the plate was allowed to integrally is used.

【0003】従来のチューブプレートを使用した骨接合術の一例を大腿骨頸部の骨折を例にとって順を追って説明すると、添付の図12〜図21に断面図で示す通りである。 [0003] With an example of using the conventional tube plates osteosynthesis be sequentially explained as an example a fracture of the femoral neck, it is shown in cross-section in FIGS. 12 to 21 of the accompanying drawings. 本例では、図12に示すように、大腿骨101の頸部101aをぎざぎざの実線Aのところで骨折したものと仮定する。 In this example, as shown in FIG. 12, it is assumed that the fractured neck 101a of the femur 101 at the solid line A jagged. このような骨折が生じた場合には、骨折により分離した頸部101aを大腿骨101の骨折部位Aに引き寄せて圧接し、さらに接合及び固定する作業が行われる。 If such a fracture occurs, the neck 101a separated by fracture pressed attract the fracture site A of the femur 101, the task of further bonding and fixing are carried out. 最初に、図12に示すように、適切な形状を有するアングルガイド103を大腿骨101の外側面(骨折部位Aに対向した側面)に押し当てて、イメージコントロールの下に、ガイドピン105を骨頭107まで刺し入れる。 First, as shown in FIG. 12, is pressed against the angle guide 103 having a suitable shape on the outer surface of the femur 101 (side opposite to the fracture site A), under the image control, the femoral head and guide pin 105 Add stabbed to 107. ガイドピン105を刺し入れた後、レントゲン装置又はイメージインテンシファイヤ等の撮像装置を用いて、上記ガイドピン105が正確な位置に配置されていることを確認する。 After placing stabbing guide pin 105, by using an imaging device such as X-ray device or an image intensifier, to make sure that the guide pins 105 are disposed in the correct position.

【0004】次いで、図13に示すように、ガイドピンゲージ109を使用して、先の工程で頸部101aに刺し入れられたガイドピン105の長さを測定する。 [0004] Then, as shown in FIG. 13, using the guide pin gauge 109 to measure the length of the guide pin 105 which is placed stabbed in the neck 101a in the previous step. これは、ガイドピン105の全長は既に測定済であるので、 This is because, since the total length of the guide pin 105 is already in the Measured,
大腿骨101の外側に突出している部分の長さを測定することにより、必然的に刺し入れられた部分の長さを測定することができる。 By measuring the length of the portion projecting to the outside of the femur 101, it is possible to measure the length of the inevitably stab encased portion.

【0005】引き続いて、図14に示すようにリーミングを行う。 [0005] Subsequently, perform reaming as shown in FIG. 14. すなわち、先の工程でガイドピン105を刺し入れたところに、コンビネーションリーマ111を取り付け、その際、そのリーマ111のリーミング長さを、ガイドピン105の既に測定した刺し入れ長さより10mmだけ差し引いた長さとなるように設定する。 That is, was placed stabbing guide pin 105 in the previous step, mounting a combination reamer 111, in which the reaming length of the reamer 111, minus only 10mm from the puncture insertion length already measured the guide pin 105 length It is set to be to be. そして、その設定された長さの分だけリーミングを行い、ガイドピン105で穿った孔の直径を拡大する。 Then, a reaming by the amount of the set length, enlarging the diameter of the hole drilled by the guide pins 105. リーミングを行った後、リーミングにより形成された孔内にトライアルシャフト(図示せず)を挿着して、大腿骨101 After reaming, and inserting the trial shaft (not shown) to the hole formed by reaming, femur 101
及び頸部101aを貫通して形成された孔の角度の適合性を確認する。 And check the angle of the compatibility of the through-formed hole a neck 101a.

【0006】さらに、図15に示すように、スリーブ付タップ113を取り付けて、そのバレル部113aをリーミングにより形成された孔内に挿入しながら、タッピングを行う。 Furthermore, as shown in FIG. 15, by attaching the sleeve tapped 113, while inserting the barrel portion 113a into bore formed by reaming, performs tapping. タッピングの深さは、スリーブ付タップ1 The depth of the tapping, the tapped sleeve 1
13のハンドル113bの目盛によって確認する。 13 confirmed by the scale of the handle 113b of. 別に、図16に示すような部品を組み合わせてラグスクリュー挿入器115を完成する。 Separately, to complete the lag screw inserter 115 combines the components as shown in FIG. 16. すなわち、ガイドシャフト117にラグスクリューアタッチメント119を挿入するとともに、その先端に、先のタッピング深さと同じ長さのラグスクリュー121を装着する。 That is, the inserting a lag screw attachment 119 to the guide shaft 117, at its front end, attaching the lag screw 121 having the same length as the previous tapping depth. そして、上記ガイドシャフト117をセンタースリーブ123内に前方又は後方より挿入するとともに、レンチ125をセットすることにより、ラグスクリュー挿入器115を組み立てる。 Then, the inserts from the front or rear of the guide shaft 117 in the center sleeve 123, by setting the wrench 125 is to assemble a lag screw inserter 115.

【0007】次に、図17に示すように、ラグスクリュー挿入器115を大腿骨101の所定位置に取り付けて、レンチ125を回転させながら、ラグスクリュー1 [0007] Next, as shown in FIG. 17, the lag screw inserter 115 is attached to a predetermined position of the femur 101, while rotating the wrench 125, the lag screw 1
21をガイドピン117に沿ってタッピングした孔内に挿入する。 21 along the guide pin 117 inserted into the tapping the hole. そして、レンチ125の先端部がセンタースリーブ123の目盛に達するまでねじ込んでいく。 Then, go screwed to the distal end of the wrench 125 reaches the graduation of the center sleeve 123. それによって、ラグスクリュー121の先端は、骨頭107 Thereby, the tip of the lag screw 121, the femoral head 107
の10mm手前位置までねじ込まれ、又、その基端は大腿骨101の外側皮質内に埋没した状態になる。 Screwed up 10mm front position, also the base becomes a state of being buried in the outer cortex of the femur 101.

【0008】さらに、図18に示すように、レンチ12 Furthermore, as shown in FIG. 18, the wrench 12
5及びセンタースリーブ123を抜去し、そしてチューブプレート127をガイドシャフト117に沿って取り付ける。 5 and then removing the centering sleeve 123 and attached along the tube plate 127 to the guide shaft 117. そして、図19に示すように、ガイドシャフト117及びラグスクリューアタッチメント119を抜去し、インパクター129を使用して骨折部位Aに圧迫を与える。 Then, as shown in FIG. 19, and withdrawing the guide shaft 117 and lag screw attachment 119, giving a compression to the fracture site A using the impactor 129.

【0009】引き続いて、チューブプレート127を大腿骨101に固定する。 [0009] Subsequently, to fix the tube plate 127 to femur 101. このチューブプレートの固定は、図20に示すように、ドリル装置131を使用して、チューブプレート127に圧接する大腿骨101の所定の個所にタッピングを施し、さらに、図21に示すように、ネジ135によって固定することによって及び(又は)コンプレッションスクリュー137をラグスクリュー121の基端部にねじ込むことにより、ラグスクリュー121を引き寄せることによって、行うことができる。 Fixing of the tube plate, as shown in FIG. 20, using the drilling device 131 performs tapping on a predetermined location of the femur 101 which presses the tube plate 127, further, as shown in FIG. 21, the screw by by fixing and (or) the compression screw 137 is screwed into the base end portion of the lag screw 121 by 135, by pulling the lag screw 121, it can be performed. このようにしたチューブプレートの固定により、 The fixing of the thus tube plate,
骨折部位Aに対して圧迫を与えることができる。 It can provide compression against the fracture site A.

【0010】上記したような一連の工程を経ることにより、骨折部位Aにおける分離骨の接合作業が完了する。 [0010] Through a series of steps as described above, the joining operation of the separation bone at the fracture site A completed.
引き続く作業は、所定の養生期間をおいて骨折部位Aの完全な接合が達成された後に、大腿骨中に嵌入されていた各器具を取り外す作業である。 Subsequent work, after the complete joining of the fracture site A at a predetermined curing period has been achieved, a work of detaching each appliance that has been fitted into the femur. しかしながら、上記したような従来の骨接合術にはいくつかの問題点が残されている。 However, some problems in the conventional osteosynthesis as described above remain.

【0011】第1の問題点は、大腿骨に圧接し、固定されるチューブプレートの構成の問題である。 [0011] The first problem is in pressure contact with the femur, the configuration of the problem of the tube plate fixed. チューブプレート127は、それを拡大して示す図22から理解されるように、大腿骨101の外側部に沿って配置されるプレート127aと、タッピング孔内に挿入されるチューブ127bとから構成されている。 Tube plate 127, as will be understood from FIG. 22 showing an enlarged it, a plate 127a arranged along an outer portion of the femur 101, is composed of a tube 127b which is inserted into the tapping hole there. プレート127a Plate 127a
には、ネジ135(図21参照)が挿入される孔139 , The hole screw 135 (see FIG. 21) is inserted 139
が形成されている。 There has been formed. また、チューブ127bには貫通孔141が形成されていて、この貫通孔141内にラグスクリュー121の基端部が配置されることになる。 Further, the tube 127b be formed through hole 141, a proximal end portion of the lag screw 121 would be placed in the through hole 141.

【0012】ところで、上記した一体構成のチューブプレートの場合には、チューブとプレートとがなす角度(上下方向の頸体角=以下に参照して説明する図11の角度θに相当する、左右方向の前捻角=図11の角度α By the way, in the case of the tube plate integral configuration described above corresponds to the angle θ in FIG. 11 which will be described with reference angle (in the vertical direction of the 頸体 angle = less formed by the tube and the plate, the left-right direction angle of twist angle = 11 Previous α
に相当する)、すなわち、チューブのプレートに対する取付方向が予め決定されており、それを調整することはできない構成になっている。 Equivalent), ie, has a structure mounting direction relative to the plate of the tube can not advance is determined and, by adjusting it. しかしながら、大腿骨の頸部の形状、大きさ、そして大腿骨に対する頸部の取付角度は、骨接合術の対象となっている人ごとに様々であり、したがって、単一のチューブプレートによって、すべての骨接合術に対応することができないという問題がある。 However, the shape of the neck of the femur, the mounting angle of the neck to the size, and the femur is different for each person that is the subject of osteosynthesis, therefore, a single tube plate, all there is a problem that it is not possible to correspond to the osteosynthesis. そのため、従来の骨接合術においては、様々な取付方向で取り付けられたチューブを有するチューブプレートを予め多数用意しておき、手術の都度、その中から適切なものを選択して使用しなければならなかった。 Therefore, should the conventional osteosynthesis, in advance many prepared tube plates having a tube attached at various attachment direction, each of the operation, to be used to select an appropriate one of them There was no.

【0013】より具体的には、チューブプレートの製造者たる出願人においては、頸体角が130〜150°の範囲で、5°刻みで合計5種類のチューブプレートを用意し、顧客のニーズに答えている。 More specifically, [0013], in the manufacturer's serving as the applicant of the tube plate, in the range 頸体 angle of 130~150 °, providing a total of five types of tube plate in 5 ° increments, to the needs of the customer is the answer. しかし、このことは、製造者にとっては製造の歩留りの悪さや、取扱の煩雑さ、そして保管に要する大きなスペースを甘受しなければならず、また、顧客にとっては、いろいろな手術に遅滞なく対応するために、多数のチューブプレートをストックとして常備しなくてはならないという問題がある。 However, this is poor and the yield of production for the manufacturer, the handling of complexity, and must be Kanju a large space required for storage, also, for the customer, the corresponding without delay to a variety of surgery for, there is a problem that must be standing a large number of tube plate as stock.

【0014】また、仮に適切なチューブプレートを選択し得たとしても、それが大腿骨の骨折部位にぴったりと合致するとは限らず、また、接合術の実施過程で、上下方向の頸体角、左右方向の前捻角にずれが生じることもあり、そのような場合には、大腿骨とプレートの間に隙間が発生してしまう。 [0014] Even were able to tentatively select the appropriate tube plate, it is not necessarily conform snugly fracture site of the femur, also, during the course of the joining procedure, the vertical direction 頸体 angle, sometimes it shifted to the corner anteversion in the lateral direction occurs, in such a case, a gap is generated between the femur and the plate. しかしながら、このようにして発生した隙間は、プレートの構造等に原因して調整することができず、結局、プレートを固定ねじによって強引に大腿骨に固定せざるを得なかった。 However, the gap generated in this way can not be adjusted due to the structure or the like of the plate, after all, it had to forcibly being fixed to the femur by a plate fixing screw. そのため、固定ねじに対して無理な荷重が作用してそれを損傷させてしまったり、あるいは、不用意なことではあるが、大腿骨自体に損傷を及ぼすこともあった。 Therefore, or worse it was damaged acts unreasonable load to the fixing screw, or, albeit that careless but was sometimes damage the femur itself.

【0015】 [0015]

【発明が解決しようとする課題】本発明は、上記したような従来の技術の問題点を解消して、様々な骨の種類及びいろいろな骨接合部位に対して、単一の装置で骨接合術に対応可能とするような骨接合装置を提供することを目的としている。 [SUMMARY OF THE INVENTION The present invention is to solve the problems of the prior art as described above, for the type and variety of bone junction of various bone osteosynthesis in a single apparatus and its object is to provide an osteosynthesis device, such as to allow corresponding to surgery. 本発明は、また、その構造が簡単で、 The present invention also its structure is simple,
しかも骨接合術において従来のような複雑な工程を必要としないような骨接合装置を提供することにある。 Moreover there is provided a bone joining device that does not require a conventional such complicated processes in osteosynthesis.

【0016】本発明のその他の目的は、以下の詳細な説明から容易に理解することができるであろう。 [0016] Other objects of the present invention will be easily understood from the following detailed description.

【0017】 [0017]

【課題を解決するための手段】上記した目的は、本発明に従うと、骨折等により分離されたかもしくは分離可能な状態にある分離骨をその主体骨にスクリュー手段を介して接合するための骨接合装置であって、前記主体骨のひとつの側面に圧接し、固定されるプレート、前記プレートの所定の位置にそのプレートを貫通して形成されたチューブ貫通孔、前記プレートのチューブ貫通孔に嵌入されるとともに、前記主体骨の内部に埋め込み可能なスクリュー手段収容チューブ、及び前記スクリュー手段を前記分離骨にねじ込み及び固定するのに適当な角度で前記チューブを前記プレートの貫通孔に嵌入し、固定するためのものであって、前記プレートの一部及び前記チューブの一部を含むチューブ固定手段、を含んでなることを特徴とする骨接 Means for Solving the Problems The above object is, according to the present invention, osteosynthesis for joining via a screw means separating bone to the principal bone in to or separable state separated by fracture or the like an apparatus, said pressure contact with one side of the main bone, plate fixed, predetermined tube through-holes formed through the plate to a position of the plate, is fitted into the tube holes of the plate Rutotomoni, fitted the main bone inside implantable screw means accommodating tube, and the tube at an appropriate angle for screwing and fixing the screw means to said separating bone through hole of the plate, fixed It is for bone contact, characterized in that it comprises a tube fixing means comprising a portion of a part of the plate and the tube 装置によって達成することができる。 It can be achieved by a device.

【0018】本発明によれば、また、少なくとも2個の分離骨を一緒に接合するためのものであって、前記分離骨のひとつに圧着されるべきプレート、前記プレートから、そのプレートが圧着された分離骨とは異なる分離骨の方向に延在するラグスクリュー、そして前記ラグスクリューを収容するための貫通孔を装備したチューブを含む圧縮スクリューにおいて、前記チューブが前記プレートに関して所定の角度を形成可能であり、そしてその所定の角度が、前記分離骨の分離前の所定の角度に対応しかつそれに一致するように、選択的に変更可能であることを特徴とする圧縮スクリューが提供される。 According to the invention, also provided for the purpose of joining together at least two separate bone plate to be crimped to one of the separating bone, from the plate, the plate is crimped lag screw extending in the direction of the different separation bone and the separation bone, and in the compression screw comprises a tube equipped with a through hole for receiving the lag screw, the tube may form a predetermined angle with respect to the plate and a, and its predetermined angle, the corresponding to a predetermined angle before separation of the separation bone and to match it, the compression screw is provided which is a selectively variable.

【0019】 [0019]

【発明の実施の形態】本発明による骨接合装置は、骨折等により生じた分離骨をその主体骨(大腿骨等の骨体) Osteosynthesis device according to the present invention DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION, that principal bone separation bones caused by bone fractures (bone of the femur, etc.)
にスクリュー手段を介して接合するためのものであって、主体骨の外側面に圧接及び固定されるプレートと、 And the plate provided for the purpose of bonding via a screw means, which is pressed against and fixed to the outer surface of the metallic bone,
このプレートの所定位置に形成されたチューブ貫通孔と、このチューブ貫通孔を貫通して配置されて、先端部が骨体に形成された孔内に挿入されるとともにプレートに対する取付方向を所定範囲内で調整できるチューブと、そのチューブを固定するためのチューブ固定手段とを具備したことを特徴とするものである。 A tube through-hole formed at a predetermined position of the plate, the tube holes disposed therethrough, within a predetermined range the mounting direction relative to the plate with the tip portion is inserted into the hole formed in the bone bodies a tube can be adjusted in and is characterized by comprising a tube fixing means for fixing the tube.

【0020】本発明の実施において、スクリュー手段を分離骨にねじ込み及び固定するのに適当な角度で前記チューブを前記プレートの貫通孔に嵌入し、固定するためのチューブ固定手段は、好ましくは、ボールジョイント構造とすることができる。 [0020] In the practice of the present invention, the tube at an appropriate angle for screwing and fixing screw means separating bone fitted into the through hole of said plate, tube fixing means for fixing are preferably, ball it can be a joint structure. すなわち、チューブ貫通孔にチューブを貫通させてプレートに接合する場合に、該接合部をボールジョイント構造とし、それによって、チューブのプレートに対する取付方向を任意に調整可能にすることができる。 That is, when joined to the plate by penetrating the tube into the tube through hole, the the joint portion is a ball joint structure, thereby the mounting direction relative to the plate of the tube can be arbitrarily adjusted.

【0021】プレートに対するチューブ取り付け部におけるボールジョイント構造は、1つの好ましい態様において、プレート中のチューブ貫通孔の主体骨とは反対の側が、部分的に抉られて形成された球面を有する凹部として構成されており、また、前記チューブにおいて、そのチューブを前記チューブ貫通孔に嵌入した時、前記球面凹部と組合わさってボールジョイント構造を構成可能な、球面を有する凸部として形成された鍔部が設けられているように構成することができる。 The ball joint structure of the tube mounting portion for the plate, constructed as a recess having in one preferred embodiment, the opposite side is the main bone of the tubes through holes in the plate, the sphere which is formed by scooped partially are, also, in the tube, when fitted into the tube into the tube through hole, configurable a ball joint structure combine the spherical concave and set, the flange portion formed as a protrusion having a spherical surface is provided it can be configured to have been.

【0022】また、かかるボールジョイント構造は、もう1つの好ましい態様において、プレート中のチューブ貫通孔の主体骨とは反対の側が、部分的に抉られて形成された球面を有する凹部と、該球面凹部に続いて形成された円筒面を有するシリンダ状空間部とから構成されており、また、前記チューブにおいて、そのチューブを前記チューブ貫通孔に嵌入した時、前記球面凹部及びシリンダ状空間部と組合わさってボールジョイント構造を構成可能な、球面を有する凸部として形成された鍔部が設けられているように構成することができる。 Further, according ball joint structure, in another preferred embodiment, the recess having opposite side is spherical formed by being scooped partially the main bone of the tubes through holes in the plate, the spherical are composed of a cylindrical space having a cylindrical surface formed subsequent to the recess, and in the tube, when fitted into the tube into the tube through hole, the spherical recess and the cylindrical space and set configurable a ball joint structure together, can be configured to flange portion formed as a protrusion having a spherical surface is provided.

【0023】また、前記チューブ固定手段は、好ましくは、前記スクリュー手段の基端部に座金を介してねじ込まれるべき引張用ねじを包含しており、そして、前記スクリュー手段収容チューブの内部に嵌入されたスクリュー手段の先端部を分離骨にねじ込むとともに、前記引張用ねじをねじ込んだ時、前記分離骨を主体骨に引き寄せて前記骨折部位を圧迫することが可能であるように構成することができる。 Further, the tube fixing means preferably encompassed a tensile screw to be screwed through a washer to a proximal end of said screw means and is fitted to the inside of the screw means accommodating tube and the tip of the screw means with screwed into a separating bone, when screwed the tension screw can be configured so as to be able to compress the fracture site attracts the separation bone mainly bone.

【0024】ここで、前記スクリュー手段の基端部に引張用ねじをねじ込む際に用いられる座金は、常用の種類のものであってよいというものの、その側面がテーパー加工されていることが好ましい。 [0024] Here, a washer used when screwing the tension screw to the proximal end of said screw means, although rather may be of the type conventional, it is preferable that the side surfaces are tapered. すなわち、1つの好ましい態様において、座金の面のうち前記球面凹部及び(又は)、もしも存在するならば、前記シリンダ状空間部に当接されるべき面は、テーパーを有している。 Thus, in one preferred embodiment, the spherical recess and (or) of the washer faces, if if present, surface to be abutted to the cylindrical space has a tapered.

【0025】さらに、前記引張用ねじをねじ込んだ時に前記座金に対してことさらに大きな荷重がかかるのを防止するために、引張用ねじを締め付けた場合に座金がチューブ貫通孔の任意の位置に係止して締結及び固定されることになり、また、その際、座金の上部に対応するプレートの表面の一部が肉盛りされているように構成することがこのましい。 Furthermore, engagement in any position of the to prevent a large load is applied to the deliberately against tensile for the washer when screwed a screw, washer when tightening the tension screw is a tube through hole sealed and would be fastened and fixed, at that time, it preferred that the part of the surface of the plate corresponding to the upper portion of the washer is configured as is padding.

【0026】ところで、本発明の実施に当たっては、スクリュー手段としてラグスクリューを有利に使用することができる。 By the way, practice of the present invention can be advantageously used lag screws as screw means. また、このスクリュー手段を所定の養生期間の後に主体骨から抜き取るのを容易にするために、そのスクリュー手段の先端部に雄螺子部を設けて、さらにこの雄螺子部にタップを付設するのが好ましい。 In order to facilitate the withdrawal from the main bone of the screw means after the predetermined curing period, and a male screw portion provided at a tip portion of the screw means, is further to attaching a tap to the male screw portion preferable. なお、 It should be noted that,
スクリュー手段は、骨接合術の種類によっては、あるいはその他の条件いかんでは、抜去しないでそのまま主体骨中に残置してもよい。 Screw means, depending on the type of osteosynthesis, or in other conditions Ikan may be leaving as it is mainly in the bone without removal.

【0027】本発明の実施によれば、従来の骨接合術において使用していたチューブプレートと称する部材を、 According to exemplary [0027] The present invention, a member called a tube plate which has been used in conventional osteosynthesis,
チューブとプレートに分割し、かつ、チューブをプレートのチューブ貫通孔に通して主体骨の孔内に挿入する場合に、その取付方向、すなわち、チューブのプレートに対する取付方向を所定の範囲内で調整できるようにしたものである。 Dividing the tube and the plate, and, when inserting the main bone in the pores through the tube into the tube holes of the plate, the mounting direction, i.e., it is possible to adjust the mounting direction relative to the plate of the tube within a predetermined range it is obtained by way. このようにすることによって、個人差がある骨の状態等に応じてチューブの取付方向を適宜調整することにより対応することができるようになり、従来のように、様々な取付方向のものを多数用意しておき、その中から選択して使用するといった煩雑さをなくすことができる。 By doing so, individual differences is in accordance with the state of the bone can now be accommodated by appropriately adjusting the mounting direction of the tube, as in the prior art, a number of a variety of mounting direction prepared in advance, it is possible to eliminate the complexity such selected for use from among them. なお、チューブのプレートに対する取付方向をどの程度の範囲で調整できるようにするかについては、任意に設定すればよい。 Note that the or can be adjusted at what range the mounting direction relative to the plate of the tube, may be set arbitrarily.

【0028】また、本発明によると、前記したように、 [0028] According to the present invention, as described above,
少なくとも2個の分離骨を一緒に接合するための圧縮スクリューが提供される。 At least two compression screws for joining the separated bones together is provided. 本発明の圧縮スクリューは、分離骨のひとつに圧着されるべきプレート、このプレートから、そのプレートが圧着された分離骨とは異なる分離骨の方向に延在するラグスクリュー、そしてこのラグスクリューを収容するための貫通孔を装備したチューブを含むように構成され、そして、前記チューブが、前記プレートとは独立したものでありかつそのプレートに関して所定の角度で固定的に取り付け可能であり、そしてその所定の角度が、前記分離骨の分離前の所定の角度に対応しかつそれに一致するように、よって、分離骨の接合の完了時、接合された骨がもとの形態となるように、選択的に変更可能であることを特徴とする。 Compression screw of the present invention, the plate to be crimped to one separating bones, accommodating from the plate, the lag screw extending in the direction of the different separation bone and separating bone the plate is crimped, and the lag screw It is configured to include equipped with tubes through holes for, and the tube are those independent of the plate and is capable fixedly mounted at a predetermined angle with respect to the plate, and the predetermined angles, so as to match the corresponding to a predetermined angle before separation of the separation bone and to, therefore, as upon completion of the bonding of the separation bone, joint bone is the original form, the selective characterized in that it is a possible change.

【0029】前記したプレート、ラグスクリュー及びチューブは、それぞれ、先に説明した骨接合装置のそれと同様に構成することができる。 [0029] The plates, lag screw and tube, respectively, can be similar constructed osteosynthesis device described above. また、前記チューブは、 In addition, the tube is,
好ましくは、前記プレートの所定の位置にそのプレートを貫通して形成されたチューブ貫通孔に嵌入可能であるように、そして特にボールジョイント構造を利用して、 Preferably, so as to be fitted into the tube holes formed through the plate at a predetermined position of the plate, and in particular use of the ball joint structure,
構成することができる。 It can be configured.

【0030】本発明による骨接合装置及び骨接合用圧縮スクリューは、人体を構成する様々な骨が骨折、その他の理由により分離した場合や、分離可能な、例えば、部分的に骨折したり、ひびが入った場合などに、外科病院等における骨接合術において有利に使用することができる。 The osteosynthesis device and the compression screw for osteosynthesis according to the present invention, various bone fractures composing a human, and when separated for other reasons, separable, for example, to partially fracture, cracked for example, when entered, it can be advantageously used in osteosynthesis in surgical hospitals. ここで、本発明の骨接合術の対象になり得る骨は、 Here, the bone that may be subject to osteosynthesis of the present invention,
以下に列挙するものに限定されるわけではないけれども、本願明細書の全体を通じて特に説明する大腿骨の他に、腕骨、脛骨、腓骨などがあり、また、場合によっては、関節やじん帯などの骨に類する部分も包含される。 Though not limited to those described below, in addition to the femur particularly described throughout this specification, humerus, tibia, include fibula, In some cases, bone, such as joints and ligaments part similar to are also included.
また、本発明の骨接合装置は、その大きさを任意に変更できるので、大きな骨折部位から小さな骨折部位まで、 The osteosynthesis device of the present invention, it is possible to arbitrarily change the size, the larger the fracture site to a small fracture site,
広く利用することができる。 It can be widely utilized.

【0031】 [0031]

【実施例】次いで、本発明による骨接合装置及び圧縮スクリューをその好ましい一例を参照して説明する。 EXAMPLES Next, the osteosynthesis device and compression screw according to the present invention is described with reference to preferred examples. しかし、本発明は、以下に示す実施例に限定されるものではなく、本発明の範囲内において種々の変更及び改良を施し得ることを理解されたい。 However, the invention is not intended to be limited to the following examples, it is to be understood that may subjected to various changes and modifications within the scope of the present invention. なお、以下の実施例は、大腿骨の骨折の骨接合術に本発明の骨接合装置を使用した例であり、しかし、以下の説明は、本発明の圧縮スクリューの説明を併せて行うことを意図している。 It should be noted that the following embodiment is an example using the osteosynthesis device of the present invention to osteosynthesis of fractures of the femur, however, the following description, to carry out together a description of the compression screw of the present invention the intended. また、大腿骨、その他については、理解を容易ならしめるため、 In addition, the femur, the other for, To facilitate understanding,
先に従来の技術の項で参照した図面と同じ参照番号をそのまま使用するものとする。 It shall use the same reference numbers as previously referred to in the background section drawing it.

【0032】本発明による骨接合装置は、図1に示すように、細長い平板状のプレート1を有する。 The osteosynthesis device according to the present invention, as shown in FIG. 1 has an elongated flat plate 1. このプレート1は、大腿骨(図示せず)の外側面に圧接し、固定されるものであり、大腿骨の大きさ(例えば、大人と小人)に応じていろいろなサイズとすることができる。 The plate 1 is pressed against the outer surface of the femur (not shown), which is fixed, the femur size (e.g., adult and children) can be various sizes depending on . また、変更例として、大腿骨以外の骨の接合術に用いる場合にも、その骨接合術の種類や骨の大きさなどに応じていろいろなサイズとすることができる。 Further, as a modified example, in the case of using the bonding procedure of bone other than the femur can also be a variety of sizes according to the size of the type and bones of the osteosynthesis.

【0033】プレート1において、その中央部上方にはチューブ貫通孔3が形成されている。 [0033] In the plate 1, it is formed the tube through hole 3 at the center thereof upward. このチューブ貫通孔3には、スクリュー手段を収容するためのチューブ5 The tube through hole 3, a tube 5 for housing the screw means
を差し込み可能である。 It is a pluggable. また、このチューブ5は、先に図6及び図7を参照して説明したような、大腿骨に形成されたタッピング孔7に挿入可能である。 Further, the tube 5, as described with reference to FIGS. 6 and 7 above, it can be inserted into the tapping hole 7 formed in the femur. 内部が空間を構成しているチューブ5には、図示されるように、図中左側の開口よりスクリュー手段としてのラグスクリュー7が挿入されており、その基端部は、チューブ5の右側開口より外側に突出している。 The tube 5 inside constitutes a space, as shown, are inserted lag screw 7 as the screw means from the opening on the left side of the figure, the proximal end, from the right side opening of the tube 5 It protrudes outward. ラグスクリュー7の突出した基端部には、座金11を介在させた状態で引張用ネジ13が螺合している。 The projecting base end of the lag screw 7, the tensile screw 13 while interposing a washer 11 is screwed.

【0034】次いで、上記したような本発明の骨接合装置の各構成部品の構成をさらに具体的に説明する。 [0034] Next, a more detailed description of the configuration of each component of the osteosynthesis device of the present invention as described above. 先ず、プレート1であるが、これには上記したようにチューブ貫通孔3が形成されていて、このチューブ貫通孔3 First, is a plate 1, which includes optionally tube through hole 3 as described above is formed, the tube through hole 3
を形成する内側面のうち、図1中右側に位置する球面凹部3aは、図1(そして図2、図6及び図7)に示すように、斜め下方から球面状に抉られた形状になっている。 Of the inner surface forming a spherical recess 3a on the right side in FIG. 1, FIG. 1 (and Fig. 2, 6 and 7) As shown in, in the shape that has been hollowed obliquely from below in a spherical shape ing. また、図1中左側の縮径部3bは、斜め上方から球面状に抉られた形状になっている。 Also, reduced-diameter portion 3b on the left side in FIG. 1 has a shape which is hollowed from obliquely upward in a spherical shape. そして、上記球面凹部3a側においては、入口側(図1中右側)から出口側(図1中左側)に向かってチューブ貫通孔3を徐々に縮径させるとともに、上記縮径部3b側においては、出口側(図1中左側)から入口側(図1中右側)に向かってチューブ貫通孔3を徐々に縮径させるようになっている。 Then, in the spherical recess 3a side, the inlet side (right side in FIG. 1) from the outlet side gradually causes a reduced diameter tube through hole 3 toward the (left side in FIG. 1), in the reduced diameter portion 3b side , so that gradually decrease the diameter of the tube through hole 3 toward the outlet side (left side in FIG. 1) on the inlet side (FIG. 1 in the right side).

【0035】また、このプレート1において、そのチューブ貫通孔3の上の部分は肉盛りされていて、図示のように肉盛部1bを形成している。 Further, in the plate 1, the upper part of the tube through holes 3 have been padding, to form a NikuSakari portion 1b as shown. また、プレート1の裏面側(図1中左側の部分)は、図2の線分III −III に沿った断面図である図3及び図2の線分IV−IVに沿った断面図である図4から理解されるように、大腿骨の外側面に沿って密着するように湾曲した凹部形状になっている。 Further, the back surface side of the plate 1 (part on the left side in FIG. 1) is a sectional view taken along a line IV-IV of FIG. 3 and FIG. 2 is a sectional view taken along line III -III of Figure 2 as understood from FIG. 4, it has a curved concave shape in close contact along the outer surface of the femur. この形状とは反対に、プレート1の表面側は、図示の通り、湾曲した凸部形状になっている。 Contrary to this shape, the surface side of the plate 1, as shown, has a curved convex shape. さらに、プレート1には、上記したようなチューブ貫通孔3に加えて、図示しない固定ねじ(コーティカルスクリュー)を大腿骨101にねじ込むための貫通孔1cが多数(図では6個)形成されている。 Furthermore, the plate 1, in addition to the tube through hole 3 as described above, fixing screws not shown (cortical screws) (six in the figure) through holes 1c a number for screwing the femur 101 is formed there.

【0036】さらに、本発明の骨接合装置においてプレート1と組み合わせて用いられるチューブ5は、筒状をなしていて、貫通孔5aを備えているとともに、その基端部に、球面を有する凸部として形成された鍔部5bを備えている。 Furthermore, tubes 5 used in combination with the plate 1 in the osteosynthesis device of the present invention, have a tubular shape, with has a through hole 5a, the proximal end thereof, a convex portion having a spherical surface and a flange portion 5b formed as a. そして、このチューブ5は、既に説明したプレート1のチューブ貫通孔3に貫通されるとともに、 Then, the tube 5 is penetrating the plate 1 of the tube through hole 3 which has already been described,
図1に示すように、その取付方向を所定の範囲内で全方向にわたって自由に調整できるようになっている。 As shown in FIG. 1, so that can be freely adjusted in all directions and the mounting direction within a predetermined range. すなわち、チューブ5は、図1に示すように、上下方向に対しては、図1中実線で示す位置から二点鎖線で示す位置まで調整可能であり、また、図示していないが、左右方向にも所定の範囲内で調整可能になってる。 That is, the tube 5, as shown in FIG. 1, for the vertical direction is adjustable from the position indicated by a solid line in FIG. 1 to the position indicated by the two-dot chain line, also not shown, the left-right direction also it has to be adjusted within a predetermined range. つまり、チューブ5は全方向に対してその取付方向を適宜調整できるように構成されていて、上下方向の頸体角と左右方向の前捻角の調整ができるようになっている。 That is, the tube 5 is that the mounting direction is configured to be appropriately adjusted, so that the possible adjustment of the anteversion and 頸体 angle in the vertical direction lateral direction angular in all directions. すなわち、 That is,
チューブ5の鍔部5bは凸球面状に形成されていて、また、既に説明したようにチューブ貫通孔3の内側面は球面凹部3aとして形成されているので、これらの2つの球面状部によって、いわゆる「ボールジョンイト構造」 The flange portion 5b of the tube 5 is formed into a convex spherical shape, also already since the inner surface of the tube through hole 3 as described is formed as a spherical concave portion 3a, by these two spherical portions, the so-called "ball John Ito structure"
が構成されることになり、それによって、チューブ5のプレート1に対する取付方向の調整が全方向において可能になっている。 It will be but is constructed, whereby the adjustment of the mounting direction is enabled in all directions relative to the plate 1 of the tube 5. また、チューブ5の内周面のうちラグスクリュー7の差込側は、六角形をなしている。 Further, insertion side of the lag screw 7 of the inner peripheral surface of the tube 5 is formed in a hexagonal shape.

【0037】因に、従来の骨接合装置では、先に図2 [0037] In this connection, in the conventional osteosynthesis device, previously in FIG. 2
0、その他を参照して説明したように、プレートとチューブとが一体化していて、それを「チューブプレート」 0, as described with reference to the other, it is integral and the plate and tube, it "tube plate"
と称しているのである。 It is're called. この従来のチューブプレートでは、プレートに対するチューブの取付方向は予め設定されており、その変更は不可能であった。 In this conventional tube plates, mounting direction of the tube relative to the plate is set in advance, the change was not possible. スクリュー手段としてのラグスクリュー7は、その先端部に雄螺子部7 Lag screws as screw means 7, the male screw portion 7 at its distal end
aを備えており、また、プレート1を中心にして先端部と反対の側に位置する基端部の内周面には、引張用ネジ13が螺合される雌螺子部7bが形成されている。 Includes a a, also, on the inner peripheral surface of the proximal end portion located on the side opposite to the tip about the plate 1, a female threaded portion 7b of the tensile screw 13 is screwed is formed there. さらに、ラグスクリュー7のうちその先端部(雄螺子部7 Further, the distal end of the lag screw 7 (male screw portion 7
a)以外の部分の外径は六角形をなしている。 The outer diameter of the portion other than a) is without a hexagonal. そして、 And,
このラグスクリュー7が差し込まれるべきチューブ5 Tube 5 to the lag screw 7 is inserted
も、すでに説明したように、その内周面の一部が六角形をなしている。 Also, as already described, a part of the inner circumferential surface forms a hexagon. つまり、ラグスクリュー7をチューブ5 In other words, the lag screw 7 tube 5
内に差し込んだ状態で両者が相対的に回転しないように構成している。 Both are constructed so as not to relatively rotate in a state of being inserted within. このような特徴に加えて、ラグスクリュー7の先端部は、雄螺子部7aが一部欠如されていて、 In addition to these characteristics, the distal end portion of the lag screw 7, a male screw portion 7a has not been lacking part,
その部分がタップ7cとして機能するようになっている。 The part that is adapted to function as a tap 7c.

【0038】上記したような本発明の骨接合装置を使用して、次のようにして骨接合術を実施することができる。 [0038] Using the osteosynthesis device of the present invention as described above, as follows can be performed osteosynthesis. ここで説明する骨接合術は、先の従来の技術の項において図12〜図21を参照して説明したのと同様、大腿骨101の頸部101aを骨折部位Aで骨折した場合(図6を参照されたい)の骨接合術である。 Osteosynthesis described here, if fractured similar to that described with reference to FIGS. 12 to 21 in terms of the previous prior art, the neck 101a of the femur 101 at the fracture site A (FIG. 6 is an osteosynthesis of the see). ここで、一連の骨接合工程のうち、ラグスクリュー7、チューブ5、そしてプレート1を大腿骨101の所定個所に取り付ける工程は、従来の技術の場合と同様であるので、以下においては簡単にその工程を説明することにする。 Here, a series of bone bonding step, the lag screw 7, the step of attaching the tube 5 and the plate 1, the predetermined position of the femur 101 are the same as in the case of the conventional art, the simple Hereinafter It will be described in the process.

【0039】最初に、アングルガイドを大腿骨の外側面に押し当てて、イメージコントロールの下に、ガイドピンを大腿骨頸部の骨頭まで刺し入れる。 [0039] First, the angle guide is pressed against the outside surface of the femur, below the image control, put stabbed guide pin to the bone head of the femoral neck. 次いで、ガイドピンが正確な位置に配置されていることを確認した後、 Then, after confirming that the guide pin is arranged in the correct position,
大腿骨頸部に刺し入れられたガイドピンの長さを測定する。 Measuring the length of stab encased guide pin in the femoral neck. 引き続いて、ガイドピンを引き抜いた後、コンビネーションリーマを取り付けてリーミングを行う。 Subsequently, after withdrawal of the guide pin performs a reaming attach the combination reamer. リーミングの完了後、リーミングにより形成された大腿骨及びその頸部を貫通する孔の角度が適正であることを確認する。 After completion of the reaming, the angle of the holes through the femoral and neck formed by reaming is checked to ensure that it is appropriate. リーミングにより形成された孔のタッピングを行い、そしてラグスクリュー挿入器を用いてラグスクリューを挿入する。 Perform hole tapping formed by reaming and inserting a lag screw with a lag screw inserter. 引き続いて、チューブ及びプレートを大腿骨101に固定する。 Subsequently, to fix the tube and the plate to the femur 101.

【0040】上記のような一連の作業を行った結果、図6に示すような状態となる。 The result of a series of operations as described above, the state shown in FIG. すなわち、大腿骨101にはプレート1が取り付けられるとともに、そのプレート1のチューブ貫通孔3にはチューブ5が差し込まれ、また、チューブ5の主たる部分は大腿骨101内に埋め込まれている。 Specifically, the plate 1 is attached to the femur 101, its plate 1 of the tube through hole 3 is the tube 5 is inserted, also, the main portion of the tube 5 is embedded in the femur 101. そして、チューブ5を貫通する貫通孔の内部には、大腿骨101の分離した頸部101aのほぼ全域を貫通してラグスクリュー7が嵌入されている。 Then, inside the through hole passing through the tube 5, the lag screw 7 through the substantially entire area of ​​the neck 101a separated femoral 101 is fitted. なお、この時点では、引張用ネジ13をラグスクリュー7 It should be noted, at this point, the tension screw 13 lag screw 7
の雌螺子部7bに螺合させてはいるものの、骨折部位A Although it is screwed into the female screw portion 7b is, fracture site A
に圧迫を加えるまでには至っていない。 Not reached before applying compression to.

【0041】次いで、図7に示すように、引張用ネジ1 [0041] Then, as shown in FIG. 7, the tensile screw 1
3をラグスクリュー7の雌螺子部7b(図1及び図5を参照)にさらに螺合させていき、それによって、頸部1 3 will in and further screwed female threaded portion 7b of the lag screw 7 (see FIGS. 1 and 5), whereby the neck 1
01aを大腿骨101側に引き寄せ、それによって、骨折部位Aに圧迫を加えた状態とする。 Drawn to the femur 101 side 01a, thereby the while applying compression to the fracture site A. この時点では、座金11が、プレート1のチューブ貫通孔3の任意の位置に圧接されていて、その圧接部によって荷重を受けることになる。 At this point, the washer 11, have been pressed against an arbitrary position of the tube the through-hole 3 of the plate 1 will undergo a load by the pressure contact portion. なお、座金11と鍔部5bの間には隙間が形成されることになる。 Incidentally, so that the gap is formed between the washer 11 and the flange portion 5b. その際、プレート1には肉盛部1 At that time, the built-up unit 1 to the plate 1
bが設けられているので、それに集中及び作用する荷重に対して充分に対応することができる。 Since b is provided, it is possible to cope sufficiently with respect to concentration and load acting on it.

【0042】このようにして、一連の骨接合作業が終了し、その後は、通常の骨接合術と同様に、所定の養生期間をおいた後に各器具を取り除くことになる。 [0042] In this way, a series of osteosynthesis work ends, and then, as usual osteosynthesis, would remove the instrument After a predetermined curing period. また、上記したような一連の骨接合作業において、例えば、図8 Further, in a series of osteosynthesis work as described above, for example, FIG. 8
に示すように、ラグスクリュー7を大腿骨101の頸部101aにねじ込んでいくときに、プレート1が大腿骨101の外側面に合致していないような状態になることがある。 As shown in, when going by screwing lag screw 7 in the neck 101a of the femur 101, the plate 1 may become a state as not meeting the outer surface of the femur 101. その場合には、プレート1をチューブ5に対して適宜移動させて頸体角を調整することができるので、 In that case, it is possible to adjust the 頸体 angle appropriately moved and the plate 1 with respect to the tube 5,
結局、プレート1を大腿骨101の外側面に合致させることができる。 Eventually, the plate 1 can be matched to the outer surface of the femur 101. 頸体角の調整後は、固定ねじ(図示せず)によってプレート1を大腿骨101に固定すればよい。 After adjusting the 頸体 angle, the plate 1 may be fixed to the femur 101 by a fixing screw (not shown).

【0043】また、図9に示すように、前捻角が不良な場合も上記した頸体角の調整と同様に対処することができる。 Further, as shown in FIG. 9, can be anteversion angle is also addressed as well as the adjustment of 頸体 angles above if defective. この場合には、プレート1を左右方向に回転させて、大腿骨101の外側面に合致するような状態にしてから、固定ねじ135によって大腿骨101に固定すればよい。 In this case, by rotating the plate 1 in the lateral direction, from the state to conform to the outer surface of the femur 101, it may be fixed to the femur 101 by a fixing screw 135. 因に、従来のチューブプレートを使用した場合には、多種類の中から適当なチューブプレートを選択しても、図8及び図9に示すような状態が生じることがあり、その場合には、間隙などの存在を無視して固定ねじによってチューブプレートを大腿骨に固定していた。 In this connection, when using conventional tube plates, selecting the appropriate tube plate from the many types, may be the state shown in FIGS. 8 and 9 occurs, if so, It had fixed the tube plate to the femur by ignored and fixed screw the existence of such gap. そのため、固定ねじや大腿骨に無理な荷重が作用し、ねじの破損や大腿骨自体の損傷を引き起こしていた。 For this reason, an excessive load is applied to the fixing screws and the femur, was causing breakage and damage of the femur itself of the screw.

【0044】さらに、本発明を実施するに当たって、プレートの一部を図10(図3に対応する)に示すように構成し、図11に示すようにして使用することができる。 [0044] In addition, carrying out the present invention, a portion of the plate configured as shown in FIG. 10 (corresponding to FIG. 3), can be used as shown in FIG. 11. すなわち、図10及び図11に示す態様において、 That is, in the embodiment shown in FIGS. 10 and 11,
プレート1のチューブ貫通孔3は、図3のそれのように球面凹部3a及び縮径部3bを有することに加えて、球面凹部3aの延長上にシリンダ状空間部3cを有しており、また、シリンダ状空間部3cのところは肉盛りされていて、図示のように肉盛部1bを形成している。 Tube through-hole 3 of the plate 1, in addition to having a spherical recess 3a and the reduced diameter portion 3b as that of FIG. 3, has a cylindrical space 3c on the extension of the spherical recess 3a, also , where the cylindrical space 3c have been padding, to form a NikuSakari portion 1b as shown.

【0045】図11は、図10に示したようなチューブ貫通孔3を有するプレート1を使用して骨接合術を行う1工程を示した断面図である。 [0045] Figure 11 is a cross-sectional view showing one step of performing osteosynthesis using a plate 1 having a tube through-holes 3 as shown in FIG. 10. この段階では、大腿骨1 At this stage, the femur 1
01にプレート1が取り付けられるとともに、そのプレート1のチューブ貫通孔3にチューブ5が差し込まれる。 Together with the plate 1 is attached to the 01, the tube 5 is inserted into the tube through hole 3 of the plate 1. チューブ5の主たる部分は大腿骨101内に埋め込まれている。 The main portion of the tube 5 is embedded in the femur 101. そして、チューブ5を貫通する貫通孔の内部には、大腿骨101の分離した頸部(図示せず)のほぼ全域を貫通してラグスクリュー7が嵌入されている。 Then, inside the through hole passing through the tube 5, the lag screw 7 through the substantially entire area of ​​the neck isolated femur 101 (not shown) is fitted.
さらに、ラグスクリュー7の雌螺子部(図示せず)には引張用ネジ13が、座金11を介して螺合されている。 Furthermore, the tensile screw 13 into the female screw portion of the lag screw 7 (not shown) are screwed through the washer 11.
座金11は、図示されるように、そのテーパー面11a Washer 11, as shown, the tapered surface 11a
を有している。 have. なお、本発明の実施において、テーパー面11aの角度は、対応するシリンダ状空間部3cの形状等のファクタに依存していろいろに変更することができる。 Incidentally, in the practice of the present invention, the angle of the tapered surface 11a can be variously changed depending on factors such as the shape of the corresponding cylinder-shaped space portion 3c.

【0046】上記したように、チューブ貫通孔3にシリンダ状空間部3cを設けかつ座金11にテーパー面11 [0046] As described above, the tapered surface 11 of the cylinder-shaped space 3c provided and the washer 11 to the tube through hole 3
aを付与した場合には、プレート1に対するチューブ5 When imparted with a the tube relative to the plate 1 5
の取り付け及び固定をさらに自由に、所望とする結果等に応じて全取り付け方向にわたって任意に調整でき、しかもその固定力を増大させることができる。 Mounting and fixing more freely, and can be arbitrarily adjusted over the entire mounting direction according to the results such as the desired, yet can increase the fixing force. また、このような態様は、すでに説明した本発明の他の実施例においても有利に適用することができる。 Further, such an embodiment can also be advantageously applied in other embodiments of the present invention previously described.

【0047】図11において、プレート1にチューブ5 [0047] In FIG. 11, the tube 5 in the plate 1
を取り付ける場合の、上下方向の頸体角はθであり、そして左右方向の前捻角はαである。 The case mounting is the vertical 頸体 angle theta, and anteversion angle in the horizontal direction is alpha. ここで、もしも頸体角θが140°であり、そして左右方向の前捻角αが0 Here, if a 頸体 angle θ is 140 °, and the angular anteversion lateral direction α is 0
°であるとすると、引張用ネジ13を座金11を介して螺合していく時に、チューブ貫通孔3のシリンダ状空間部3cに座金11のテーパー面11aが喰い込んでロックされ、より強力な固定が達成される。 When a °, a tensile screw 13 when going screwed through the washer 11, is locked dig tapered surface 11a of the washer 11 to the cylinder-shaped space 3c of the tube through hole 3 is, more powerful fixed is achieved. また、もしも頸体角θが140°±10°であり、そして左右方向の前捻角αが±10°であるとすると、引張用ネジ13を座金11を介して螺合していく時に、チューブ貫通孔3のシリンダ状空間部3cにおいて座金11のテーパー面1 Further, if a 頸体 angle θ is 140 ° ± 10 °, and the angular anteversion lateral direction α is assumed to be ± 10 °, the tensile screw 13 when going screwed through a washer 11, tapered surface of the washer 11 in the cylinder-shaped space 3c of the tube through hole 3 1
1aの上下左右の一部が圧接されてロックされ、ここでもより強力な固定が達成される。 Some of the vertical and horizontal 1a is locked pressed against, again more powerful fixed is achieved.

【0048】 [0048]

【発明の効果】以上に説明した実施例から理解されるように、本発明の骨接合装置及び圧縮スクリューを骨接合術に使用すると、次のような注目すべき効果を得ることができる。 As will be understood from the examples described above, according to the present invention, the osteosynthesis device and compression screw of the present invention when used in osteosynthesis, it is possible to obtain the effect to be noted as follows. 先ず、チューブをプレートに関して別部材とし、かつ、チューブのプレートに対する取付方向を、チューブ貫通孔の余裕の範囲内で調整できるようにしたので、特に好ましくは、ボールジョイント構造の採用によって所定範囲で全方向にわたって調整可能としたので、 First, a separate member tube with respect to the plate, and the mounting direction relative to the plate of the tube, since to be adjusted in the range of margin of the tube holes, particularly preferably in a predetermined range by employing a ball joint structure all since the adjustable over direction,
単一の骨接合装置又は圧縮スクリューによって、個人差がある様々な骨の状態に対応することができるようになる。 A single osteosynthesis device or compression screw, it is possible to correspond to the state of various bone individual difference is. よって、従来の骨接合術におけるように多数のチューブプレートを予め用意しておき、手術の都度その中から適切なものを選択して使用するという煩雑さを解消することができるようになる。 Therefore, by preparing a plurality of tube plates as in a conventional osteosynthesis advance, it is possible to eliminate the complexity of using select an appropriate one of them each time surgery. また、これに関連して、製造者及び顧客のどちらも、様々な要求に答えるべくことさら多量の在庫を常に保管しておくことと、その保管のための管理の煩雑さを回避することができる。 In addition, in this context, both the manufacturer and the customer, and that you always kept a deliberately large amount of stock in order to meet the various requirements, it is possible to avoid the complexity of management for the storage .

【0049】また、プレート及びチューブを骨に取り付け、固定する場合に、骨の状態に応じてそれらの部品の位置決め及び位置の調整を行うことにより、高い精度でこれを行うことができ、従来のように多数の中から適切なものを選択して使用する場合に比べて、より骨の状態に合った接合構造を提供することができるようになる。 [0049] Further, when the mounting plate and tube to the bone, fixed, by adjusting the positioning and location of those parts in accordance with the state of the bone, it is possible to do this with high accuracy, the conventional as many as compared with the case of selecting and using appropriate from, it is possible to provide a suits junction structure on the state of the bone.
よって、骨の接合後に無理な荷重が作用して各部品の破損や大腿骨の破損を引き起こすことを未然に防止することができる。 Therefore, it is possible to prevent that causes damage to the damaged or femur each component acts unreasonable load after bonding of the bone.

【0050】さらに、プレート及びチューブを締結して接合及び固定した場合に、引張用ネジに併用した座金の上部に荷重が集中して作用することになるが、その部分については、プレートに肉盛部を設けているので、荷重に対して確実に対応することができる。 [0050] Further, when bonded and fixed by fastening the plates and tubes, but the load on the top of the washer in combination tensile screw will act to concentrate, for its part, NikuSakari the plate since the is provided part can correspond reliably against a load. さらに加えて、 In addition,
プレートのチューブ貫通孔に球面凹部及び円筒面を付与するとともに、これらに対応して、チューブの基端に鍔部を、そして座金の側面にテーパー面をそれぞれ付与することにより、プレートに対するチューブの取り付け及び固定をより強固なものにすることができる。 Thereby imparting the spherical recess and the cylindrical surface to the tube holes of the plate, corresponding to these, a flange portion at the proximal end of the tube, and by respectively applying the tapered surface on the side surface of the washer, the mounting of the tube relative to the plate and it can be fixed to the more robust.

【0051】さらにまた、ラグスクリューの雄螺子部の基端部にはタップが設けられているので、所定の養生期間の完了後に大腿骨からラグスクリューを引き抜く場合に、ねじを切りながら引き抜くことが可能となり、それによって、除去作業を容易にすることができるようになる。 [0051] Furthermore, since the tap at the base end portion of the male screw portion of the lag screw is provided, when pulling the lag screw from the femur after completion of the predetermined curing period, it is pulled out while cutting the screw possible and will, thereby, it is possible to facilitate the removal operation.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明による骨接合装置の好ましい一例の構成を示す側面図である。 It is a side view showing the configuration of a preferred example of the osteosynthesis device according to the invention; FIG.

【図2】図1に示した骨接合装置において用いられるプレートの正面図である。 2 is a front view of the plate used in osteosynthesis device shown in FIG.

【図3】図2のプレートの線分III-III にそった断面図である。 3 is a cross-sectional view taken along a line III-III of the plate of FIG.

【図4】図2のプレートの線分IV-IV にそった断面図である。 4 is a cross-sectional view taken along a line IV-IV of the plate of FIG.

【図5】図1に示した骨接合装置において用いられるラグスクリュー、チューブ、座金及び引張用ネジの関係を示す側面図である。 [5] lag screw for use in osteosynthesis device shown in FIG. 1, the tube is a side view showing the relationship between the washer and the tension screw.

【図6】本発明の骨接合装置を使用した骨接合術の1工程を示した断面図である。 6 is a cross-sectional view showing one step of the osteosynthesis using osteosynthesis device of the present invention.

【図7】本発明の骨接合装置を使用した骨接合術の図6 [Figure 7] osteosynthesis using osteosynthesis device of the present invention FIG. 6
の工程に続く工程を示した断面図である。 It is a sectional view showing a subsequent step process.

【図8】本発明の骨接合装置を使用した時の角度調整作用を説明するための断面図である。 8 is a sectional view for explaining the angle adjustment operation when using the osteosynthesis device of the present invention.

【図9】本発明の骨接合装置を使用した時の角度調整作用を説明するための断面図である。 9 is a sectional view for explaining the angle adjustment operation when using the osteosynthesis device of the present invention.

【図10】図1に示したプレートの1変形例を示す、図3に対応する断面図である。 10 shows a modification of the plate shown in FIG. 1 is a cross-sectional view corresponding to FIG.

【図11】図10に示したプレートを有する骨接合装置を使用した骨接合術の1工程を示した断面図である。 11 is a cross-sectional view showing one step of the osteosynthesis using osteosynthesis device having a plate shown in FIG. 10.

【図12】従来の骨接合装置を使用した骨接合術の第1 [12] first osteosynthesis using conventional osteosynthesis devices
の工程を示す断面図である。 It is a cross-sectional view showing the step.

【図13】従来の骨接合装置を使用した骨接合術の第2 [13] The second osteosynthesis using conventional osteosynthesis devices
の工程を示す断面図である。 It is a cross-sectional view showing the step.

【図14】従来の骨接合装置を使用した骨接合術の第3 [14] Third osteosynthesis using conventional osteosynthesis devices
の工程を示す断面図である。 It is a cross-sectional view showing the step.

【図15】従来の骨接合装置を使用した骨接合術の第4 [15] Fourth osteosynthesis using conventional osteosynthesis devices
の工程を示す断面図である。 It is a cross-sectional view showing the step.

【図16】従来の骨接合装置を使用した骨接合術の第5 [16] Fifth osteosynthesis using conventional osteosynthesis devices
の工程を示す断面図である。 It is a cross-sectional view showing the step.

【図17】従来の骨接合装置を使用した骨接合術の第6 [17] Sixth osteosynthesis using conventional osteosynthesis devices
の工程を示す断面図である。 It is a cross-sectional view showing the step.

【図18】従来の骨接合装置を使用した骨接合術の第7 [18] Seventh osteosynthesis using conventional osteosynthesis devices
の工程を示す断面図である。 It is a cross-sectional view showing the step.

【図19】従来の骨接合装置を使用した骨接合術の第8 [19] Eighth osteosynthesis using conventional osteosynthesis devices
の工程を示す断面図である。 It is a cross-sectional view showing the step.

【図20】従来の骨接合装置を使用した骨接合術の第9 [20] Ninth using conventional osteosynthesis device has osteosynthesis
の工程を示す断面図である。 It is a cross-sectional view showing the step.

【図21】従来の骨接合装置を使用した骨接合術の最終の工程を示す断面図である。 21 is a cross-sectional view showing the final step of the osteosynthesis using conventional osteosynthesis devices.

【図22】従来の骨接合装置の構成を示す側面図である。 22 is a side view showing a configuration of a conventional osteosynthesis devices.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1…プレート 1c…プレート固定ねじ用貫通孔 1b…プレートの肉盛部 3…チューブ貫通孔 3a…チューブ貫通孔の球面凹部 3b…チューブ貫通孔の縮径部 3c…チューブ貫通孔のシリンダ状空間部 5…チューブ 5a…チューブ内の貫通孔 5b…チューブの鍔部 7…ラグスクリュー 7a…雄螺子部 7b…雌螺子部 7c…タップ 11…座金 11a…テーパー面 13…引張用ネジ 1 ... plate 1c ... plate cylinder shaped space of the reduced diameter portion 3c ... tube through hole of the spherical concave portion 3b ... tube through hole of the fixing screw through holes 1b ... plate cladding portion 3 ... tube through hole 3a ... tube holes 5 ... tube 5a ... through hole 5b ... flange portion 7 ... lag screw 7a ... male screw portion 7b ... female screw portion 7c ... tap 11 ... washer 11a ... tapered surface 13 ... tension screw tube in the tube

Claims (13)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 骨折等により分離されたかもしくは分離可能な状態にある分離骨をその主体骨にスクリュー手段を介して接合するための骨接合装置であって、 前記主体骨のひとつの側面に圧接し、固定されるプレート、 前記プレートの所定の位置にそのプレートを貫通して形成されたチューブ貫通孔、 前記プレートのチューブ貫通孔に嵌入されるとともに、 1. A bone joining device for joining via a screw means separating bone in to or separable state is separated into its principal bone by bone fracture or the like, pressed against the one side of the main bone and the plate, a predetermined tube through-holes formed through the plate to a position of said plate, while being fitted into the tube holes of the plate to be fixed,
    前記主体骨の内部に埋め込み可能なスクリュー手段収容チューブ、及び前記スクリュー手段を前記分離骨にねじ込み及び固定するのに適当な角度で前記チューブを前記プレートの貫通孔に嵌入し、固定するためのものであって、前記プレートの一部及び前記チューブの一部を含むチューブ固定手段、を含んでなることを特徴とする骨接合装置。 One for the main bone inside implantable screw means accommodating tube, and the tube at an appropriate angle for screwing and fixing the screw means to said separating bone fitted into the through hole of the plate, fixed a is osteosynthesis device characterized by comprising a tube fixing unit, a containing portion of a part of the plate and the tube.
  2. 【請求項2】 前記チューブ固定手段がボールジョイント構造を有していることを特徴とする、請求項1に記載の骨接合装置。 Wherein characterized in that the tube fixing means comprise a ball joint structure, osteosynthesis device according to claim 1.
  3. 【請求項3】 前記プレートにおいて、前記チューブ貫通孔の主体骨とは反対の側が、部分的に抉られて形成された球面を有する凹部として構成されており、また、前記チューブにおいて、そのチューブを前記チューブ貫通孔に嵌入した時、前記球面凹部と組合わさってボールジョイント構造を構成可能な、球面を有する凸部として形成された鍔部が設けられていることを特徴とする、請求項2に記載の骨接合装置。 3. A said plate, said opposite side is the main bone of the tube through hole is configured as a recess having a spherical surface which is formed by scooped partially, and in the tube, the tube when fitted into the tube through hole, configurable a ball joint structure combine the spherical concave and set, characterized in that the flange portion formed as a protrusion having a spherical surface is provided, in claim 2 osteosynthesis device according.
  4. 【請求項4】 前記プレートにおいて、前記チューブ貫通孔の主体骨とは反対の側が、部分的に抉られて形成された球面を有する凹部と、該球面凹部に続いて形成された円筒面を有するシリンダ状空間部とから構成されており、また、前記チューブにおいて、そのチューブを前記チューブ貫通孔に嵌入した時、前記球面凹部及びシリンダ状空間部と組合わさってボールジョイント構造を構成可能な、球面を有する凸部として形成された鍔部が設けられていることを特徴とする、請求項2に記載の骨接合装置。 4. A said plate, the main bone of the tube through hole opposite side is, has a recess having a spherical surface which is formed by scooped partially, a cylindrical surface formed subsequent to the spherical recesses It is composed of a cylindrical space, and in the tube, when fitted into the tube into the tube through hole, configurable a ball joint structure combine the spherical recess and the cylindrical space and the set of spherical wherein the flange portion formed as a convex portion is provided with a bone joining device according to claim 2.
  5. 【請求項5】 前記チューブ固定手段が、前記スクリュー手段の基端部に座金を介してねじ込まれるべき引張用ねじを含んでおり、そして、前記スクリュー手段収容チューブの内部に嵌入されたスクリュー手段の先端部を分離骨にねじ込むとともに、前記引張用ねじをねじ込んだ時、前記分離骨を主体骨に引き寄せて前記骨折部位を圧迫することが可能であることを特徴とする、請求項1〜 Wherein said tube fixing means, wherein includes a tension screw to be screwed through a washer to the base end portion of the screw means and the screw means which is fitted into the inside of the screw means accommodating tube with screwing the tip separation bone, characterized in that when said screwed tensile screw, it is possible to compress the fracture site attracts the separation bone mainly bone claim 1
    4のいずれか1項に記載の骨接合装置。 Osteosynthesis device according to any one of 4.
  6. 【請求項6】 前記座金の面のうち前記球面凹部及び(又は)、もしも存在するならば、前記シリンダ状空間部に当接されるべき面がテーパーを有していることを特徴とする、請求項5に記載の骨接合装置。 Wherein said spherical recess and out of the plane of the washer (or), if if present, is characterized in that the surface to be contact with the cylindrical space has a tapered, osteosynthesis device according to claim 5.
  7. 【請求項7】 前記引張用ねじを締め付けた場合に前記座金がチューブ貫通孔の任意の位置に係止して締結及び固定されることになり、また、その際、前記座金の上部に対応するプレートの表面の一部が肉盛りされていることを特徴とする、請求項5又は6に記載の骨接合装置。 7. A will be the washer when tightening the tension screw is fastened and fixed engaged at any position of the tube holes, At that time, corresponding to the top of the washer and a part of the surface of the plate is padding osteosynthesis device according to claim 5 or 6.
  8. 【請求項8】 前記スクリュー手段がラグスクリューであることを特徴とする、請求項1〜7のいずれか1項に記載の骨接合装置。 Wherein said screw means is characterized by a lag screw, bone joining device according to any one of claims 1-7.
  9. 【請求項9】 前記ラグスクリューの先端部には雄螺子部が設けられていて、該雄螺子部にはタップが設けられていることを特徴とする、請求項8に記載の骨接合装置。 The tip of claim 9, wherein the lag screw have male screw portion is provided, characterized in that the tapping is provided in the male screw portion, osteosynthesis device according to claim 8.
  10. 【請求項10】 少なくとも2個の分離骨を一緒に接合するためのものであって、前記分離骨のひとつに圧着されるべきプレート、前記プレートから、そのプレートが圧着された分離骨とは異なる分離骨の方向に延在するラグスクリュー、そして前記ラグスクリューを収容するための貫通孔を装備したチューブを含む圧縮スクリューにおいて、 前記チューブが前記プレートに関して所定の角度を形成可能であり、そしてその所定の角度が、前記分離骨の分離前の所定の角度に対応しかつそれに一致するように、 10. intended for joining together at least two separate bone, the plate to be crimped to one separating bone, from the plate, different from the separation bone the plate is crimped lag screw extending in the direction of separating bone and the compression screw comprises a tube equipped with a through hole for receiving the lag screw, the tube is capable of forming a predetermined angle with respect to said plate, and the predetermined angles, so that the corresponding to a predetermined angle before separation of the separation bone and matches that,
    選択的に変更可能であることを特徴とする圧縮スクリュー。 Compression screw, which is a selectively variable.
  11. 【請求項11】 前記チューブを、前記プレートの所定の位置にそのプレートを貫通して形成されたチューブ貫通孔に嵌入可能であることを特徴とする、請求項10に記載の圧縮スクリュー。 The method according to claim 11, wherein said tube, characterized in that it is a can be fitted to the tube through holes formed through the plate at a predetermined position of the plate, the compression screw of claim 10.
  12. 【請求項12】 前記チューブを前記プレートのチューブ貫通孔に嵌入し、固定するに際してボールジョイント構造を利用することを特徴とする、請求項10に記載の圧縮スクリュー。 12. fitted the tube to the tube through hole of the plate, characterized in that it utilizes a ball joint structure during fixing, compression screw of claim 10.
  13. 【請求項13】 前記分離骨が、大腿骨の骨折等により形成された骨片であることを特徴とする、請求項10〜 Wherein said separating bone, characterized in that it is a bone pieces formed by fracture or the like of the femur claim 10
    12のいずれか1項に記載の圧縮スクリュー。 Compression screw according to any one of 12.
JP8030578A 1996-02-19 1996-02-19 Osteosymphysis device Granted JPH09220235A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8030578A JPH09220235A (en) 1996-02-19 1996-02-19 Osteosymphysis device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8030578A JPH09220235A (en) 1996-02-19 1996-02-19 Osteosymphysis device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09220235A true JPH09220235A (en) 1997-08-26

Family

ID=12307747

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8030578A Granted JPH09220235A (en) 1996-02-19 1996-02-19 Osteosymphysis device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09220235A (en)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GR1003504B (en) * 1999-04-26 2001-01-03 Εμμανουηλ Βαλυρακησ System for nailing fractures of the upper end of the femur with a comprehensive sliding nail ability to adjust the valgus and retrocollis angles
US6379360B1 (en) 1998-03-11 2002-04-30 Synthes (Usa) Spiral blade insertion instrument
JP2003534094A (en) * 2000-05-31 2003-11-18 ヴェセ,シルヴァーナ Device for fixing bone parts separated by fracture
JP2004505661A (en) * 2000-08-09 2004-02-26 ハンソン,ヘンリク Fixing means apparatus for fixing bone fragments at the fracture
WO2005094707A3 (en) * 2004-03-26 2006-04-20 Joseph M Ferrante Methods for treating fractures of the femur and femoral fracture devices
JP2008068011A (en) * 2006-09-15 2008-03-27 Japan Medical Materials Corp Fixing appliance for bone fracture of proximal part of femur
US7850690B2 (en) * 2003-09-18 2010-12-14 Synthes Usa, Llc Device for the treatment of femoral fractures
JP5204921B1 (en) * 2012-12-06 2013-06-05 多摩メディカル有限会社 Medical guide pin with scale
KR20140037120A (en) * 2011-05-17 2014-03-26 신세스 게엠바하 Telescoping screw for femoral neck fractures
US8926611B2 (en) 2009-09-14 2015-01-06 Zimmer Gmbh Angular lag implant for intramedullary nails
JP2015536733A (en) * 2012-11-27 2015-12-24 ライト メディカル テクノロジー インコーポレイテッドWright Medical Technology, Inc. Standard fusion plate and compression screw

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6379360B1 (en) 1998-03-11 2002-04-30 Synthes (Usa) Spiral blade insertion instrument
GR1003504B (en) * 1999-04-26 2001-01-03 Εμμανουηλ Βαλυρακησ System for nailing fractures of the upper end of the femur with a comprehensive sliding nail ability to adjust the valgus and retrocollis angles
JP2003534094A (en) * 2000-05-31 2003-11-18 ヴェセ,シルヴァーナ Device for fixing bone parts separated by fracture
JP2004505661A (en) * 2000-08-09 2004-02-26 ハンソン,ヘンリク Fixing means apparatus for fixing bone fragments at the fracture
JP4917731B2 (en) * 2000-08-09 2012-04-18 ハンソン,ヘンリク Fixation means device for fixation of bone fragments in fractures
US7850690B2 (en) * 2003-09-18 2010-12-14 Synthes Usa, Llc Device for the treatment of femoral fractures
US7972336B2 (en) 2004-03-26 2011-07-05 Smith & Nephew, Inc. Methods for treating fractures of the femur and femoral fracture devices
WO2005094707A3 (en) * 2004-03-26 2006-04-20 Joseph M Ferrante Methods for treating fractures of the femur and femoral fracture devices
JP2008068011A (en) * 2006-09-15 2008-03-27 Japan Medical Materials Corp Fixing appliance for bone fracture of proximal part of femur
US8926611B2 (en) 2009-09-14 2015-01-06 Zimmer Gmbh Angular lag implant for intramedullary nails
KR20140037120A (en) * 2011-05-17 2014-03-26 신세스 게엠바하 Telescoping screw for femoral neck fractures
JP2014521380A (en) * 2011-05-17 2014-08-28 シンセス・ゲーエムベーハーSynthes GmbH Nested telescopic screw for femoral neck fracture
JP2015536733A (en) * 2012-11-27 2015-12-24 ライト メディカル テクノロジー インコーポレイテッドWright Medical Technology, Inc. Standard fusion plate and compression screw
CN103845105A (en) * 2012-12-06 2014-06-11 多摩医疗有限公司 Graduated guide pin for use in medical treatment
EP2740426A1 (en) 2012-12-06 2014-06-11 Tama Medical Co Ltd Graduated guide pin for use in medical treatment
JP5204921B1 (en) * 2012-12-06 2013-06-05 多摩メディカル有限会社 Medical guide pin with scale

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3554193A (en) Femur-setting surgical device
US5423826A (en) Anterior cervical plate holder/drill guide and method of use
AU743016B2 (en) Provisional bone plate fixation pin
US5190545A (en) Cerclage wire positioning insert
KR101050877B1 (en) bone fixation device
US7896886B2 (en) Nail plate and implantation jig therefor
EP1836982B1 (en) Bone fracture fixation plate shaping system
CA2595442C (en) Method of bone plate shaping
US4733654A (en) Intramedullar nailing assembly
US4153953A (en) Prosthetic hip joint
JP3594312B2 (en) Modular intramedullary nail
US7651516B2 (en) Connection assembly for the field of spinal osteosynthesis and method for using at least one such assembly
AU682390B2 (en) Acetabular cup positioning tool and method of positioning an acetabular cup
CN1154442C (en) Surgical blind rivets with closing elements
ES2225176T3 (en) Poliaxial connector for raquideo implant.
US4308863A (en) External fixation device
AU661565B2 (en) Hip joint prosthesis
US7476227B2 (en) Tool for placing a malleolar implant for partial or total ankle prosthesis
RU2222284C2 (en) Implant for fixing broken bone fragment
US5609595A (en) Fixation pin for small-bone fragments
JP3726108B2 (en) Spine rear stabilizer
CA2591512C (en) Bone plate with pre-assembled drill guide tips
US6117135A (en) Device for bone surgery
AU726287B2 (en) Pedicle screw assembly
CA2594447C (en) Bone plate shaping system