JPH09161083A - Method and device for displaying pseudo-three dimensional graph - Google Patents

Method and device for displaying pseudo-three dimensional graph

Info

Publication number
JPH09161083A
JPH09161083A JP31940895A JP31940895A JPH09161083A JP H09161083 A JPH09161083 A JP H09161083A JP 31940895 A JP31940895 A JP 31940895A JP 31940895 A JP31940895 A JP 31940895A JP H09161083 A JPH09161083 A JP H09161083A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
dimensional
variables
dimensional graph
pseudo
graph
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP31940895A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Koji Ichikawa
耕司 市川
Original Assignee
Mitsubishi Automob Eng Co Ltd
Mitsubishi Motors Corp
三菱自動車エンジニアリング株式会社
三菱自動車工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Automob Eng Co Ltd, Mitsubishi Motors Corp, 三菱自動車エンジニアリング株式会社, 三菱自動車工業株式会社 filed Critical Mitsubishi Automob Eng Co Ltd
Priority to JP31940895A priority Critical patent/JPH09161083A/en
Publication of JPH09161083A publication Critical patent/JPH09161083A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To prepare a simple three-dimensional graph speedily concerning a method and device for displaying the pseudo-three dimensional graph. SOLUTION: This device is provided with a stereoscopic frame graphic information setting part 6 setting stereoscopic frame graphic information setting the respective minimum and maximum values of three valuables as vertexes, a first two-dimensional graph group preparing means 7 preparing a two-dimensional graph on a surface parallel with the first reference surface of a stereoscopic graphic, a second two-dimensional graph group preparing means 8 preparing a two-dimensional graph on a surface parallel with the second reference surface crossing the first reference surface, a plotting means 9 plotting by the information from the stereoscopic frame graphic information setting part 6, a first and second two-dimensional graph group preparing means 7 and 8, and a display means 10 displaying the pseudo-three dimensional graph within the stereoscopic frame graphic corresponding to the output of the plotting means 9. Two-dimensional graphs expressing the relation of the two variables among three variables are plurally prepared by setting the remaining one variable to be a parameter and these two-dimensional graphs are displayed by shifting little by little.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、3つの変数により表される3次元グラフの作成に適用される、疑似3次元グラフ表示方法及び疑似3次元グラフ表示装置に関する。 The present invention relates is applied to create a 3-dimensional graph is represented by three variables, regarding the pseudo 3-dimensional graph display method and a pseudo three-dimensional graph display device.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来より、複数のパラメータにより制御量が決定される制御では、その制御特性の傾向を視覚的に分かり易く示すために、制御マップを立体グラフ化することが一般に行なわれている。 Conventionally, the control of the control amount by a plurality of parameters are determined, in order to clearly show the trend of the control characteristic visual, be three-dimensional graph of the control map is performed in general . 例えば、2つの変数X,Yから出力値(制御量)Zを決定するような制御マップでは、ワークステーションやパーソナルコンピュータ(CAD端末を含む)等を用いて、3次元の空間内にX,Y,Zの3つの軸を有する直交座標を設け、この直交座標を基準にして各点を入力し、隣り合う点を直線で結んでいくことで3次元グラフ(図3,図4参照)を作成することができる。 For example, two variables X, in the control map so as to determine the output value (control quantity) Z from Y, using a workstation or (including CAD terminal) personal computer or the like, X in the 3-dimensional space, Y , provided an orthogonal coordinates having three axes of Z, creating the Cartesian coordinates based on type of each point, the go connecting points adjacent to each other in a straight line in three-dimensional graph (see FIG. 3, FIG. 4) can do.

【0003】そして、このような3次元グラフの作成方法では、ディスプレイを介して、任意の方向から3次元グラフを表示することができるのである。 [0003] In the method of creating such a three-dimensional graph, via a display, it is possible to display a three-dimensional graph from an arbitrary direction. ここで、上述の3次元グラフの作成方法について簡単に説明すると、 Here, briefly described a method for generating three-dimensional graph above,
まず、図21に示すような制御マップのデータをパーソナルコンピュータやワークステーション等に取り込んで、(X 1 ,Y 1 ),(X 1 ,Y 2 ),・・・・・・, First, it captures the data of the control map as shown in FIG. 21 to a personal computer, a workstation, or the like, (X 1, Y 1) , (X 1, Y 2), ······,
(X (X n ,Y n )及びこれらの値に対応する出力値Z(1, n, Y n) and the output value Z corresponding to these values (1,
1) ,Z(1,2) ,・・・・・・,Z(n,n) を入力し、隣り合う点を直線で結ぶのである。 1), Z (1,2), ······, enter the Z (n, n), it is the connecting point adjacent a straight line. 基本的には、これで3 Basically, this 3
次元グラフが作成される。 Dimension graph is created.

【0004】そして、このようにして作成された立体グラフを図22に示すように、任意の一平面に投影する。 [0004] Then, as shown such a three-dimensional graph that was created in 22, projecting at any one plane.
これにより、3次元グラフをディスプレイ上で2次元化して、平面内で立体的なグラフを見ることができるのである。 Thus, two-dimensional three-dimensional graph on a display, it is possible to see a three-dimensional graph in the plane. さて、ここで従来の3次元グラフの作成方法についてさらに具体的に説明する。 Now, more specifically described herein create a conventional three-dimensional graph. まず、図22に示すように、3次元グラフが投影される平面(以下投影面という)上の座標をPX,PYとする。 First, as shown in FIG. 22, the coordinates on the plane (hereinafter referred to as a projection plane) three-dimensional graph is projected PX, and PY. また、図23に示すように、この投影面に対するZ軸回りにおけるXY平面の回転角をθ H ,この投影面に対するXY平面の傾きをθ Uとすると、この立体グラフを2次元平面に投影する際の計算手順は以下のようになる。 Further, as shown in FIG. 23, the rotation angle theta H of XY plane in Z-axis with respect to the projection plane, when the inclination of the XY plane with respect to the projection plane and theta U, projecting the three-dimensional graph on a two-dimensional plane calculation procedure is as follows when.

【0005】まず、立体グラフを投影面に収めるための軸目盛換算係数K X ,K Y ,K Zを求める。 [0005] First, determine the axis scale conversion factor K X for accommodating a solid graph on the projection surface, K Y, the K Z. ここでは、 here,
例えば250×250×250のサイズの立方体にグラフを収めることにすると、 K X =250・(Xの最大値−Xの最小値) K Y =250・(Yの最大値−Yの最小値) K Z =250・(Zの最大値−Zの最小値) となる。 For example, when to keep the graph 250 × 250 × 250 size cube, (minimum value of the maximum value -X of X) K X = 250 · (minimum value of the Y maximum value -Y a) K Y = 250 · K become Z = 250 · (minimum value of the maximum -Z of Z).

【0006】次に、以下の1.〜3.において、投影面上のPX軸上の値を求める。 [0006] Next, in the 1.~3. Hereinafter, obtaining the value of the PX-axis on the projection plane. 1.X値におけるPX軸上の偏差を算出 PX X =(X×K X )・COS(90°−θ H ) 2.Y値におけるPX軸上の偏差を算出 PX Y =(Y×K Y )・COS(θ H ) 3.PXの値を算出 PX=PX X −PX Yなお、図24に示すように、上記のPX XはX値のPX It calculates a deviation of the PX-axis in 1.X value PX X = (X × K X ) · COS (90 ° -θ H) calculates a deviation of the PX-axis in 2.Y value PX Y = (Y × K Y ) · COS (θ H) 3.PX value calculated PX = PX X -PX Y Note the, as shown in FIG. 24, PX of the above PX X is X values
成分であり、PX YはY値のPX成分である。 A component, PX Y is a PX components of the Y value.

【0007】次に、以下の4.〜9.において、投影面上のPY軸上の値を求める。 [0007] Next, in the 4.~9. Hereinafter, obtaining the value of the PY-axis on the projection plane. 4.X値のPX Xと直交する成分PY Xを算出 PY X =(X×K X )・SIN(90°−θ H ) 5.Y値のPX Yと直交する成分PY Yを算出 PY Y =(Y×K Y )・SIN(θ H ) 6.(X,Y)のPXに直交する成分を算出 PXY=PY X +PY Yそして、図25に示すように、PXYがわかれば、以下のようにして比較的簡単にPYの値を算出することができる。 Calculating a component PY X perpendicular to the PX X of 4.X value PY X = (X × K X ) · SIN (90 ° -θ H) component perpendicular to the 5.Y value of PX Y PY Y calculated PY Y = (Y × K Y) · SIN (θ H) 6. (X, Y) a component perpendicular to the PX calculated PXY = PY X + PY Y and of, as shown in FIG. 25, knowing the PXY, the following it can be calculated relatively easily the value of PY in manner.

【0008】7.Z値によるPYの偏差を算出 PY Z =(Z×K Z )・COS(θ U ) 8.XとYとによるPYの偏差を算出 PY XY =PXY・SIN(θ U ) 9.PYの値を算出 PY=PY Z +PY XY以上の計算により算出された点(PX,PY)を投影面上にプロットする。 [0008] calculate the PY deviation by 7.Z value PY Z = (Z × K Z ) · COS (θ U) 8.X the PY deviation by and the Y calculated PY XY = PXY · SIN (θ U) calculating the value of 9.PY PY = PY Z + PY point calculated by the XY above calculation (PX, PY) is plotted on the projection plane. そして、このような計算を全部の点(X,Y,Z)について行ない、隣り合う点を線分で結ぶのである。 Then, performed for such a calculation of total points (X, Y, Z), it is the connecting point adjacent line segments.

【0009】これにより、ディスプレイや出力用紙等の平面上にX軸,Y軸,Z軸を有する3次元グラフを表現することができるのである。 [0009] Thus, X-axis on a plane such as a display or output sheet, Y-axis, it is possible to represent three-dimensional graph having a Z-axis.

【0010】 [0010]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上述のように、従来の3次元グラフの作成方法では、1点のP [SUMMARY OF THE INVENTION However, as described above, in creating a conventional three-dimensional graph, the point P
X,PYを算出する毎に1.〜9.の9回の計算が必要であり、計算プログラムが膨大なものとなってしまうという問題がある。 X, 1.~9 every time to calculate the PY. Requires nine calculations, there is a problem that calculation program becomes enormous. また、9回の計算のうち6回は三角関数による計算であり、これにより演算速度が低下して、3次元グラフの作成に必要以上に時間がかかるという課題がある。 Moreover, six out of the nine calculation is calculated by trigonometric functions, thereby to calculation speed is reduced, there is a problem that it takes time more than necessary to create the three-dimensional graph.

【0011】本発明は、このような課題に鑑み創案されたもので、高速で簡易な3次元グラフを作成できるようにした、疑似3次元グラフ表示方法及び疑似3次元グラフ表示装置を提供することを目的とする。 [0011] The present invention has been in view conceived of the above problems, and can create a simple 3-dimensional graph at a high speed, to provide a pseudo three-dimensional graph display method and the pseudo 3-dimensional graph display device With the goal.

【0012】 [0012]

【課題を解決するための手段】このため、請求項1記載の本発明の疑似3次元グラフ表示方法は、3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを上記3 [SUMMARY OF To this end, the pseudo 3-dimensional graph display method of the present invention according to claim 1, the two-dimensional graph showing the relationship between two variables of the three variables 3
つの変数のうちの残り1つの変数をパラメータとして複数用意し、これらの2次元グラフを少しずつずらして表示することを特徴としている。 One of the plurality prepared remaining one variable as a parameter of the variable, it is characterized by displaying shifting these two-dimensional graphs portionwise.

【0013】また、請求項2記載の本発明の疑似3次元グラフ表示方法は、3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを上記3つの変数のうちの残り1つの変数をパラメータとして複数用意し、これらの2 Further, the pseudo 3-dimensional graph display method of the present invention according to claim 2, three remaining one variable of the two two-dimensional graph showing the relationship between variable of the three variables of the variables to prepare a plurality of the parameters, these 2
次元グラフを少しずつずらして表示するとともに、該2 And displays by shifting the dimension graph gradually, the 2
つの変数のうちの少なくとも1つの変数に関し同じ値に対応する各2次元グラフの部分を線分で結ぶことにより、上記の3つの変数について、疑似的に3次元グラフとして表示することを特徴としている。 By connecting the portion of a line segment of each of the two-dimensional graph corresponding to the same value at least with respect to one variable of One variable, for the above three variables, it is characterized by displaying a pseudo three-dimensional graph .

【0014】また、請求項3記載の本発明の疑似3次元グラフ表示方法は、3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを基準面内において作成するとともに、上記3つの変数のうちの残り1つの変数をパラメータとして、該2次元グラフを該基準面から順次少しずつずらして、複数個作成し、その後は、該2つの変数のうちの少なくとも1つの変数に関し同じ値に対応する各2次元グラフの部分を線分で結ぶことにより、上記の3つの変数について、疑似的な3次元グラフを作成して該疑似的な3次元グラフを表示することを特徴としている。 Further, pseudo three-dimensional graph display method of the present invention according to claim 3, as well as created in the reference plane two-dimensional graph showing the relationship between two variables of the three variables, the three as a parameter and the remaining one variable of the variable, the 2-dimensional graph sequentially staggered from the reference plane, a plurality creation, then, the same value at least with respect to one variable of the two variables by connecting the corresponding portion of the respective two-dimensional graph by the segment, for the above three variables, it is characterized by displaying the pseudo three-dimensional graph to create a pseudo three-dimensional graph.

【0015】また、請求項4記載の本発明の疑似3次元グラフ表示方法は、3つの変数についてそれぞれ最小値,最大値を頂点とする斜視表示で認識される立体枠図形を想定し、該立体枠図形のある面あるいはこの面に平行な面を2次元グラフ作成基準面とするとともに、該立体枠図形内において該2次元グラフ作成基準面に対し平行な少なくとも1以上の平面を2次元グラフ作成面とし、該2次元グラフ作成基準面に、上記3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを作成するとともに、上記3つの変数のうちの残り1つの変数をパラメータとして、該2次元グラフを該2次元グラフ作成面に作成し、その後は、該2つの変数のうちの少なくとも1つの変数に関し同じ値に対応する各2次元グラフの部分を線分で結ぶこと Further, the pseudo 3-dimensional graph display method of the present invention of claim 4, wherein the minimum value respectively for the three variables, assuming a three-dimensional frame shape recognized by oblique display whose vertices maximum value, stereo with a plane or two-dimensional graphing reference surface plane parallel to the plane of the frame shape, two-dimensional graphing at least one or more planes parallel to the two-dimensional graphing reference plane in the stereo frame in figure and the surface, to the two-dimensional graphing reference plane, as well as creating a two-dimensional graph showing the relationship between the two variables of the above three variables, as parameters the remaining one variable of said three variables, the 2-dimensional graph created on the 2-dimensional graphing surface, then, by connecting portions of each of the two-dimensional graph corresponding to the same value at least with respect to one variable of the two variable segments より、上記の3つの変数について、疑似的な3次元グラフを作成して該疑似的な3次元グラフを表示することを特徴としている。 More, for the above three variables, it is characterized by displaying the pseudo three-dimensional graph to create a pseudo three-dimensional graph.

【0016】また、請求項5記載の本発明の疑似3次元グラフ表示方法は、3つの変数についてそれぞれ最小値,最大値を頂点とする斜視表示で認識される立体枠図形を想定し、該立体枠図形のある面あるいはこの面に平行な面を第1の2次元グラフ作成基準面とするとともに、該立体枠図形内において該第1の2次元グラフ作成基準面に対し平行な少なくとも1以上の平面を第1の2 Further, the pseudo 3-dimensional graph display method of the present invention of claim 5, wherein the minimum value respectively for the three variables, assuming a three-dimensional frame shape recognized by oblique display whose vertices maximum value, stereo plane or a plane parallel to the plane of the frame shape with a first two-dimensional graphing reference plane, at least one or more parallel to the two-dimensional graphing reference surface of the first in the stereo frame in figure a planar first 2
次元グラフ作成面とし、該第1の2次元グラフ作成基準面に、上記3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを作成するとともに、上記3つの変数のうちの残り1つの変数をパラメータとして、該2次元グラフを該第1の2次元グラフ作成面に作成し、さらに、 A dimension graphing surface, a two-dimensional graphing reference surfaces of the first, as well as creating a two-dimensional graph showing the relationship between the two variables of the above three variables, the remaining one of the three variables One of the variables as parameters to create the two-dimensional graph on a two-dimensional graphing surfaces of the first and further,
該立体枠図形において、該第1の2次元グラフ作成基準面と交差する第2の2次元グラフ作成基準面を規定するとともに、該立体枠図形内において該第2の2次元グラフ作成基準面に対し平行な少なくとも1以上の平面を第2の2次元グラフ作成面とし、該第2の2次元グラフ作成基準面に、該第1の2次元グラフ作成基準面上に2次元グラフを作成したときに使用した上記2つの変数と1 In stereo frame figure, as well as define a second two-dimensional graphing reference plane intersecting the two-dimensional graphing reference surface of the first, the two-dimensional graphing reference surface of the second in the stereo frame in figure at least one or more plane parallel against a second two-dimensional graphing surface, a two-dimensional graphing reference surface of the second, when creating a two-dimensional graph on the first two-dimensional graphing reference plane the two variables used in the 1
つの変数が異なる2つの変数の関係を表した2次元グラフを作成するとともに、上記3つの変数のうち残り1つの変数をパラメータとして、該2次元グラフを該第2の2次元グラフ作成面に作成することにより、上記の3つの変数について、疑似的な3次元グラフを作成して該疑似的な3次元グラフを表示することを特徴としている。 One of with the variable to create a two-dimensional graph showing the relationship between two different variables, as parameters the remaining one variable out of the three variables, creating the two-dimensional graph on a two-dimensional graphing surface of the second by, for the above three variables, it is characterized by displaying the pseudo three-dimensional graph to create a pseudo three-dimensional graph.

【0017】また、請求項6記載の本発明の疑似3次元グラフ表示装置は、3つの変数についてそれぞれ最小値,最大値を頂点とする斜視表示で認識される立体枠図形情報を設定する立体枠図形情報設定手段と、該立体枠図形のある面あるいはこの面に平行な面を第1基準面として、この第1基準面及び同第1基準面に対し平行な少なくとも1以上の平面に、上記3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを、上記3つの変数のうちの残り1つの変数をパラメータとして、作成する第1の2次元グラフ群作成手段と、該立体枠図形において、該第1基準面と交差する平面を第2基準面として、 Further, the pseudo 3-dimensional graph display device of the present invention described in claim 6, the three-dimensional frame to set the minimum value respectively for the three variables, the three-dimensional frame shape information recognized by the perspective view of an apex maximum value and graphic information setting means, the surface or the first reference surface plane parallel to the plane of the stereo frame figure, at least one or more planes parallel to the first reference plane and the first reference plane, the three two-dimensional graph showing the relationship between the two variables of the variable as a parameter and the remaining one variable of said three variables, the first two-dimensional graph group creation means for creating, stereo frame in figures, a plane that intersects the first reference plane as the second reference surface,
この第2基準面及び同第2基準面に対し平行な少なくとも1以上の平面に、第1の2次元グラフ群作成手段で2 This second reference plane and at least one or more planes parallel to the second reference plane, 2 in the first two-dimensional graph group creation means
次元グラフを作成したときに使用した上記2つの変数と1つの変数が異なる2つの変数の関係を表した2次元グラフを、上記3つの変数のうち残り1つの変数をパラメータとして、作成する第2の2次元グラフ群作成手段と、上記の立体枠図形情報設定手段,第1の2次元グラフ群作成手段及び第2の2次元グラフ群作成手段で得られた情報に基づいて描画を行なう描画手段と、該描画手段の出力に応じて、該立体枠図形内に疑似的な3次元グラフを表示する表示手段とをそなえて構成されたことを特徴としている。 The 2-dimensional graph in which the two variables and one variable used was showing a relationship two different variables when creating a dimension graph, as a parameter and the remaining one variable out of the three variables, the creating 2 a two-dimensional graph group creation means, said three-dimensional frame shape information setting means, the first drawing means for drawing on the basis of information obtained by the two-dimensional graph group creation means and the second two-dimensional graph group creation means When, in accordance with the output of the image drawing means, is characterized in that it is configured to include a display means for displaying a pseudo-three-dimensional graph in stereo frame in shape.

【0018】 [0018]

【発明の実施の形態】以下、図1〜図14により、本発明の一実施形態としての疑似3次元グラフ表示方法及び疑似3次元グラフ表示装置について説明する。 DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS Hereinafter, referring to FIG. 1 to FIG. 14, described pseudo 3-dimensional graph display method and a pseudo three-dimensional graph display apparatus as an embodiment of the present invention. 本発明は、従来では3次元の空間内で描画された立体的なグラフ(3次元グラフ)を、2次元の平面内に、あたかも3 The present invention is, in the conventional drawn in three-dimensional space the three-dimensional graph (3D graph), in a two-dimensional plane, as if 3
次元空間内で作成されたかのような疑似3次元グラフを作成するものであり、具体的には3次元の空間内で描画された立体グラフの斜視図に相当するものを2次元の平面内に描画するようにしたものである。 Is intended to create a pseudo three-dimensional graph as if created within dimensional space, in particular draw the equivalent of a perspective view of a three-dimensional graph drawn in the three-dimensional space into a two-dimensional plane it is obtained by way.

【0019】ここで、本発明の疑似3次元グラフ表示装置の前提となる全体のシステムを簡単に説明すると、図2に示すように、このシステムは、制御データを記憶したROM(読み出し専用メモリ)1と、ROM1に記憶されたデータを読み出すROMライタ(データ入力手段)2と、ROMライタ(データ入力手段)2から転送されたデータを取り込んで演算処理するコンピュータ3 [0019] Here, when a brief description of the overall system which is a premise of the provisional three-dimensional graph display device of the present invention, as shown in FIG. 2, the system, ROM for storing control data (read only memory) 1, a ROM writer (data input means) 2 for reading data stored in the ROM 1, the computer 3 for computing process captures the data transferred from the ROM writer (data input means) 2
と、このコンピュータ3での演算処理結果を表示するディスプレイ(表示手段)10と、このコンピュータ3での演算処理結果を出力するプリンタ4等をそなえている。 When, and includes a display (display means) 10 for displaying the calculation result in the computer 3, a printer 4 for outputting the calculation result in the computer 3.

【0020】また、このコンピュータ3には、CPU [0020] In addition, in the computer 3, CPU
(中央処理装置)5が設けられており、図1に示すように、本装置は、主にこのCPU5にそなえられた立体枠図形情報設定手段6と、第1の2次元グラフ群作成手段7と、第2の2次元グラフ群作成手段8と、自動描画を行なう描画手段9とから構成されている。 And (central processing unit) 5 is provided, as shown in FIG. 1, the apparatus is mainly a solid frame graphic information setting means 6 provided in the CPU 5, the first two-dimensional graph group creation means 7 When, a second two-dimensional graph group creation means 8, and a drawing unit 9 for performing automatic drawing. 上述の第1, The first of the above-mentioned,
第2の2次元グラフ群作成手段7,8には、図示するように、データ入力手段としてのROMライタ2に接続されており、ROM1内に記憶された制御データはROM The second two-dimensional graph group creation means 7,8, as shown, is connected to the ROM writer 2 as a data input means, the control data stored in the ROM1 are ROM
ライタ2を介してCPU5の第1,第2の2次元グラフ群作成手段7,8に取り込まれるようになっている。 First CPU5 through writer 2, is adapted to be incorporated into the second two-dimensional graph group creation means 7,8.

【0021】また、立体枠図形情報設定手段6は、RO [0021] In addition, the three-dimensional frame graphic information setting means 6, RO
M1内に記憶された制御データの3つの変数(例えば、 Three variables of the control data stored in M1 (e.g.,
X,Y,Z)について、それぞれの最小値,最大値を頂点とする立体枠図形を設定する手段であって、具体的には、2次元の平面上において、図9に示すような直方体の斜視図を立体枠図形として設定するものである。 X, Y, Z) for each of the minimum value, and means for setting the three-dimensional frame shape whose vertices maximum value, specifically, on a two-dimensional plane, a rectangular parallelepiped as shown in FIG. 9 it is to set the perspective view as a three-dimensional frame shape. なお、立体枠図形とは、疑似3次元グラフを描画するための枠の形状であり、具体的にはグラフの外枠のことである。 Note that the three-dimensional frame shape, a shape of the frame for drawing a pseudo three-dimensional graph, specifically, that the outer frame of the chart.

【0022】さて、上述の第1の2次元グラフ群作成手段7は、ROMライタ2からの情報に基づいて、立体枠図形のある平面を第1基準面として、この第1基準面及び第1基準面に対し平行な平面に、3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを、残り1つの変数をパラメータとして作成する手段である。 [0022] Now, the first 2-dimensional graph group creation means 7 described above, based on information from the ROM writer 2, the three-dimensional frame as a plane of the first reference surface with a graphic, the first reference surface and the first in a plane parallel to the reference plane, the two-dimensional graph showing the relationship between two variables of the three variables, a means for creating a remaining one variable as a parameter. すなわち、図9に示すように、XZ平面を第1基準面とすると、この第1の2次元グラフ群作成手段7は、ROM1 That is, as shown in FIG. 9, when the XZ plane first reference plane, the first two-dimensional graph group creation means 7, ROM 1
内に記憶されたデータ(X,Y,Z)を用いて、XZ平面(第1基準面)にX,Zの2つの変数の関係を表した2次元グラフ(以下、このようにXZ平面に描かれたグラフをYmap という)を作成していく手段である。 The data stored within (X, Y, Z) with, X in the XZ plane (first reference surface), two-dimensional graph showing the relationship between the two variables Z (hereinafter, the thus XZ plane drawn graph is a means to continue to create) that Ymap. そして、このXZ平面(第1基準面)にYmap を作成した後、XZ平面に平行な面に、Yの値をパラメータとして複数のYmap を作成するようになっている。 Then, after creating a Ymap this XZ plane (first reference plane), a plane parallel to the XZ plane, so as to create a plurality of Ymap Y values ​​as parameters. なお、第1 It should be noted that the first
の2次元グラフ群作成手段7では、これらの複数の面が等間隔となるように、Y値を設定するようになっている。 In the two-dimensional graph group creation means 7, as the plurality of surfaces at equal intervals, so as to set the Y value.

【0023】また、このようにして作成された各Ymap [0023] In addition, each has been created in this way, the Ymap
は、描画手段9により自動描画されるようになっている。 It is adapted to be automatically drawn by the drawing unit 9. このとき、図6に示すように、各Ymap は立体枠図形の形状に応じて少しずつずらして配設されるようになっており、これにより、Ymapが立体的に見えるようになっている。 At this time, as shown in FIG. 6, each Ymap is adapted to be disposed staggered in accordance with the shape of the three-dimensional frame shape, thereby, Ymap becomes visible stereoscopically. 第2の2次元グラフ群作成手段8は、上記第1の2次元グラフ群作成手段7と略同様の機能を有しており、2次元グラフを作成する面のみが異なっている。 Second two-dimensional graph group creation means 8 has substantially the same function as that of the first two-dimensional graph group creation means 7, only the surface to create a two-dimensional graph is different. すなわち、第2の2次元グラフ群作成手段8では、 That is, in the second two-dimensional graph group creation means 8,
第1基準面(XZ平面)と直交する平面を第2基準面(例えばYZ平面)として設定し、この第2基準面(Y The plane perpendicular to the first reference plane (XZ plane) is set as the second reference surface (e.g., the YZ plane), the second reference plane (Y
Z平面)に平行な平面に、Y,Zの2つの変数の関係を表した2次元グラフ(Xmap )を作成するように構成されている。 A plane parallel to the Z plane), Y, is configured to create a two-dimensional graph showing the relationship between the two variables Z (Xmap). そして、この第2基準面(YZ平面)にXma Then, Xma to the second reference plane (YZ plane)
p を作成した後、第2基準面(YZ平面)に平行な複数の面に、Xの値パラメータとして複数のXmap を作成するようになっている。 After creating the p, the plurality of surfaces parallel to the second reference plane (YZ plane), so as to create a plurality of Xmap as the value parameter in the X.

【0024】そして、描画手段9では、このようなXma [0024] Then, in the drawing means 9, such Xma
p 及びYmap を描画することで、疑似3次元グラフを作成するようになっている。 By drawing the p and Ymap, it is adapted to create a pseudo three-dimensional graph. また、表示手段10では、この描画手段9からの出力に応じて、立体枠図形内に疑似的な3次元グラフを表示するようになっている。 In the display unit 10, in response to the output from the drawing unit 9, and displays the pseudo three-dimensional graph in the solid frame figure. さらに、図1に示すように、CPU5には、立体枠図形に目盛りを設定する目盛り設定手段11も設けられている。 Furthermore, as shown in FIG. 1, the CPU 5, the scale setting means for setting a scale in the three-dimensional frame shape 11 is also provided.
これは、上述の立体枠図形情報設定手段6における3つの変数のそれぞれの最小値及び最大値の情報から、各軸に自動的に目盛りの設定を行なうものである。 This is because the information of the respective minimum and maximum values ​​of the three variables in the three-dimensional frame shape information setting means 6 described above, and performs automatic scale setting for each axis.

【0025】なお、上述したXZ平面やYZ平面及びこれらの面に平行な面は、いずれもCPU5内では2次元の同一平面上の面として処理されるものであるが、ここでは、図9に示すように、平面上に表現された立体の斜視図を疑似的に3次元的に扱うために、各面を区別して使用するものである。 It should be noted, a plane parallel to the XZ plane and YZ plane and the faces described above, although both those are within CPU5 be treated as a surface in a two-dimensional co-planar, in this case, in FIG. 9 as shown, in order to handle perspective view of a three-dimensional expressed on a plane in pseudo-three-dimensional, it is to use to distinguish the surfaces. 次に、本発明の疑似3次元グラフ表示方法について具体的に説明する。 Next, specifically described pseudo three-dimensional graph display method of the present invention.

【0026】ROM1には、図5に示すような制御データが入力されており、この制御データはROMライタ2 [0026] The ROM 1, are inputted control data as shown in FIG. 5, the control data ROM writer 2
により取り出されて、CPU5に転送される。 Is taken out by, it is transferred to the CPU 5. この制御データは、X値としてのXmap(1),Xmap(2),・・・, The control data, Xmap as X value (1), Xmap (2), ···,
Xmap(10) と、Y値としてのYmap(1),Ymap(2),・・ And Xmap (10), Ymap as Y value (1), Ymap (2), ··
・,Ymap(10) と、これらX値及びY値に対応するZ値としての制御値dt(1,1),・・・,dt(10, · A Ymap (10), the control value dt (1, 1) as a Z value corresponding to these X and Y values, · · ·, dt (10,
10)が設定されている。 10) it has been set.

【0027】なお、以下において、3次元的な座標を説明する場合は、主にX,Y,Z等の文字を用い、2次元の空間の座標を説明する場合は、主にx,yの文字を用いる。 [0027] In the following, when describing three-dimensional coordinates are primarily X, Y, using the letters Z, etc., when describing the coordinates of the two-dimensional space is mainly x, the y the characters used. また、以下では、X=Xmap(1)における第2基準面としてのYZ平面(及びこのYZ平面に表されるYとZとの関係を示すグラフ)を、あらためてXmap(1)といい、以下X=Xmap(2)〜Xmap(10) に対応する第1基準面としてのYZ平面をあらためてそれぞれXmap(2)〜X In the following, X = Xmap the (graph showing the relationship between Y and Z expressed in and the YZ plane) YZ plane as the second reference surface in (1), called again Xmap (1), below X = Xmap (2) ~Xmap (10) the YZ plane again each as a first reference plane corresponding to Xmap (2) to X
map(10) という。 That the map (10). また、同様に、Y=Ymap(1)〜Ymap Similarly, Y = Ymap (1) ~Ymap
(10) に対応するXZ平面をYmap(1)〜Ymap(10) という。 The XZ plane corresponding to (10) Ymap (1) that ~Ymap (10).

【0028】さて、CPU5内では、このような3次元のデータを2次元空間で処理して、立体的に見えるグラフを作成するようになっている。 [0028] Now, within the CPU 5, such three-dimensional data by processing a two-dimensional space, so as to create a chart that looks three-dimensional. このような場合、まず最初に、Yがある値〔例えば、Y=Ymap(1)〕のときのX,Zの関係に着目して、このときのXZの関係をグラフ化する作業を行なう。 In this case, first of all, there is a Y value [for example, Y = Ymap (1)] X in the case of, by focusing on the relationship between Z, performing the task of graphing the XZ relationship at this time. このような作業は、通常の2次元空間でのグラフ作成作業であって、簡単に処理を実行することができる。 Such work is a graph task of creating a normal two-dimensional space can be performed easily processed. そして、これにより、例えば図6のYmap(1)に示すようなグラフが得られる。 And, thereby, for example, a graph as shown in Ymap (1) in FIG. 6 is obtained.

【0029】このようにして、Y値がYmap(1),Ymap [0029] In this way, Y values ​​Ymap (1), Ymap
(2),・・・,Ymap(10) のときのそれぞれのXZの関係をグラフ化して、Ymap(1)〜Ymap(10) のグラフをまず作成する。 (2), ..., to chart the respective XZ the relationship when the Ymap (10), first create a graph of Ymap (1) ~Ymap (10). そして、これらの10通りのグラフを図7 Then, Figure 7 a graph of these ways 10
に示すように、所定の角度で所定間隔ずつずらして並べていくことで、Y方向に奥行き感を持たせた立体的なグラフを作成することができるのである。 As shown in, that go side by side shifted by a predetermined distance at a predetermined angle, it is possible to create a three-dimensional graph which gave sense of depth in the Y direction.

【0030】また、上述のようにYmap(1)〜Ymap(10) Further, as described above Ymap (1) ~Ymap (10)
を所定の並べ方にしたがって配設した後は、今度はY値をパラメータとしてXmap(1)〜Xmap(10) を作成して、 After arranged according to a predetermined arrangement, in turn creates a Xmap (1) ~Xmap (10) the Y value as a parameter,
これらのグラフXmap(1)〜Xmap(10) を、図9に示すY These graphs Xmap the (1) ~Xmap (10), Y shown in FIG. 9
Z平面と平行な面に所定の角度で所定間隔ずつずらして並べていくのである。 The Z plane parallel to the plane is going side by side shifted by a predetermined distance at a predetermined angle. このXmap(1)〜Xmap(10) についても、Ymap(1)〜Ymap(10) と同様の計算を行なうことで、YZ平面と平行な面に配設することができるのである。 This Xmap (1) ~Xmap (10) also, Ymap (1) ~Ymap by performing the same calculation as (10), it is possible to dispose the YZ plane parallel to the plane.

【0031】次に、Ymap(1)〜Ymap(10) のグラフの配設について説明する。 Next is a description of the arrangement of the graph of Ymap (1) ~Ymap (10). 図7に示すように、Ymap を並べる所定角度をθ 1 (以下、マップ角度θ 1 )とし、マップ角度θ 1の直線Lの長さをL 1とする。 As shown in FIG. 7, the predetermined angle theta 1 of arranging Ymap (hereinafter, map the angle theta 1) and the length of the map angle theta 1 of the straight line L and L 1. また、Y軸の一番手前側の値をYmap(1)とすると、b番目のYmap(b) Further, when the value of the frontmost side in the Y-axis and Ymap (1), b th Ymap (b)
の位置は、下式(1)により算出される。 Position of is calculated by the following equation (1).

【0032】 [0032]

【数1】 [Number 1]

【0033】なお、上式において、 [0033] It should be noted that, in the above equation,

【0034】 [0034]

【数2】 [Number 2]

【0035】の部分は、Ymap(1)〜Ymap(10) の間の距離を単位化するための式であって、これにより、Ymap Portion of the [0035] is a formula for a unit the distance between the Ymap (1) ~Ymap (10), thereby, Ymap
(1)の位置をY軸上で0の位置(初期値)とすることができ、また、Ymap(10) の位置をY軸上で1(最大値) (1) Position the position of 0 on the Y axis can be (initial value), also 1 (maximum value) on the Y-axis the position of Ymap (10)
にすることができるのである。 It is possible to be. 次に、図8に示すように、Ymap(2)以降の2次元空間におけるx方向,y方向への変位を、下式(2),(3)を用いて算出する。 Next, as shown in FIG. 8, x-direction in the two-dimensional space of Ymap (2) and later, the displacement in the y-direction, the following equation (2), is calculated using (3). なお、図6〜図9に示すように、xy座標は2次元空間に設定された直交座標であり、CPU5内において実際に処理を行なうための基準となる座標である。 Incidentally, as shown in FIGS. 6 to 9, xy coordinates are orthogonal coordinates set in a two-dimensional space, a coordinate to for actually performing the processing in the CPU 5.

【0036】 [0036]

【数3】 [Number 3]

【0037】 [0037]

【数4】 [Number 4]

【0038】さて、立体枠図形が図9のような大きさ(サイズ)に設定されている場合、X,Yの値がそれぞれXmap(a),Ymap(b)のときのデータ値Z=dt(a, [0038] Now, if the three-dimensional frame shape is set to a size (size) as shown in FIG. 9, X, Y values, respectively Xmap (a), the data value Z = dt when the Ymap (b) (a,
b)は、xy座標上では以下のようになる。 b) it is is as follows on the xy coordinates. x=x Yof +xbase ・・・・・(4) y=y Yof +ybase ・・・・・(5) ここで、図13に示すように、x Yof ,y Yofは、Yma x = x Yof + xbase ····· ( 4) y = y Yof + ybase ····· (5) Here, as shown in FIG. 13, x Yof, y Yof is, Yma
p(b)上の座標をxy座標に変換した場合のx値,y値であって、Ymap(b)とYmap(1)〔第1基準面〕とのずれ量(オフセット)である。 x value when converting p to (b) on the coordinates on the xy coordinate, a y value, a Ymap (b) and Ymap (1) the amount of deviation of the [first reference surface] (offset). また、xbase,ybaseは、Yma In addition, xbase, ybase is, Yma
p(b)上におけるx座標,y座標である。 x-coordinate on the p (b), a y-coordinate. なお、図13に示すように、ここでは、立体枠図形の左下側の頂点をx As shown in FIG. 13, here, the lower left side apex of the solid frame figure x
y座標の原点としている。 It is the origin of the y-coordinate.

【0039】また、上述のx Yof ,y Yofは、それぞれ下式(6),(7)により算出される。 Further, the above-described x YOF, y YOF is the following formula, respectively (6) is calculated by (7).

【0040】 [0040]

【数5】 [Number 5]

【0041】 [0041]

【数6】 [6]

【0042】また、xbase,ybaseは、それぞれ下式(8),(9)により算出される。 Further, xbase, Ybase the following equations, respectively (8) is calculated by (9).

【0043】 [0043]

【数7】 [Equation 7]

【0044】 [0044]

【数8】 [Equation 8]

【0045】したがって、式(6),式(8)を式(4)に代入することでxの値が算出され、また、式(7),式(9)を式(5)に代入することでyの値が算出されるのである。 [0045] Thus, equation (6), the value of x by substituting equation (8) into equation (4) is calculated, also, the formula (7), substituting Equation (9) into equation (5) is the value of y is calculated by. すなわち、下式(10),(1 That is, the following equation (10), (1
1)により、X値とY値とZ値とで表される座標を2次元空間内における(x,y)の座標で表現することができるのである。 By 1), it is possible to express the coordinates represented by the X and Y values ​​with the Z value in the coordinates in the two-dimensional space (x, y).

【0046】 [0046]

【数9】 [Equation 9]

【0047】 [0047]

【数10】 [Number 10]

【0048】そして、このような式(4)〜(11)の計算を、まずYmap(1)におけるX値とZ値とについて行ない、これにより求められた各点の座標のうち、隣り合う点を線分で結ぶことにより、Ymap(1)におけるXとZ [0048] Then, the calculation of such expressions (4) to (11), first performed for the X values ​​and Z values ​​in Ymap (1), thereby out of the coordinates of each point obtained, adjacent point by connecting in a line, X in Ymap (1) and Z
との関係をグラフ化することができるのである。 It is possible to graph the relationship between the. さらに、このような計算をYmap(2)以降Ymap(10) まで繰り返し実行することにより、Y方向に奥行きを持ったグラフを作成することができるのである。 Further, by such calculations repeated until Ymap (2) or later Ymap (10) run, it is possible to create a graph having a depth in the Y direction.

【0049】そして、上述したような計算をXmap(1)〜 [0049] and, Xmap calculated as described above (1) to
Xmap(10) について実行することにより、X方向に奥行きを持ったグラフを作成することができ、これにより、 By executing the Xmap (10), it is possible to create a graph having a depth in the X direction, thereby,
あたかも3次元で描画したような疑似3次元グラフを2 As if 2 pseudo 3-dimensional graph as drawn in three dimensions
次元空間内で作成することができるのである。 It is possible to create in a dimensional space. 本発明の疑似3次元グラフ表示方法及び疑似3次元グラフ表示装置は、上述のように構成されているので、例えば図10 Pseudo 3D graph display method and the pseudo 3-dimensional graph display device of the present invention, which is configured as described above, for example, FIG. 10
〜図12に示すようなフローチャートにしたがって疑似3次元グラフを作成する。 Create a pseudo three-dimensional graph in accordance with the flowchart shown in to 12.

【0050】まず、ステップS1で、立体枠図形情報設定手段6により、図9及び図13に示すような立体枠図形が設定されるとともに、描画手段9により立体枠図形が描画される。 [0050] First, in step S1, the three-dimensional frame shape information setting means 6, together with the three-dimensional frame shape as shown in FIGS. 9 and 13 are set, the three-dimensional frame shape is drawn by the drawing unit 9. なお、この立体枠図形の大きさは、あらかじめ設定されているものであるが、例えばオペレータの操作により大きさを変更することができるようになっている。 The size of the three-dimensional frame shape, but is what is preset, for example, as it is possible to change the size of the operator's operation.

【0051】次に、ステップS2では、目盛り設定手段11により立体枠図形に目盛りが設定され、描画手段9 Next, in step S2, the scale is set to the stereoscopic frame figure by scale setting means 11, drawing means 9
により立体枠図形の目盛りが描画される。 Scale three-dimensional frame shape is drawn by. その後、ステップS3でb=1と設定され、ステップS4でa=1と設定される。 Then, it sets in step S3 b = 1 and are set in step S4 a = 1 and. ここで、aは、3次元データのX値が何番目のものであるかを示す変数であって、a=1のときは、X=Xmap(1)に関して処理が行なわれていることを示している。 Here, a is a variable X value of the three-dimensional data indicating whether it is what number one, is when a = 1, indicates that the processing is performed with respect to X = Xmap (1) ing. また、同様に、bは3次元データのY値が何番目のものであるかを示す変数であって、b=1のときは、Y=Ymap(1)に関して処理が行なわれていることを示している。 Similarly, b is a variable Y value of the three-dimensional data indicating which ones what number, when the b = 1, that the process is performed with respect to Y = Ymap (1) shows.

【0052】そして、上記ステップS3,ステップS4 [0052] Then, the above-mentioned step S3, step S4
でa,bが設定されると、ステップS5に進んで、下式(12)により、図13に示すx Yofの部分を算出する。 In a, when b is set, the routine proceeds to step S5, by the following equation (12), to calculate the portion of the x YOF shown in FIG. 13.

【0053】 [0053]

【数11】 [Number 11]

【0054】なお、YLは、Y値のマップ点の数である。 [0054] It should be noted, YL is the number of map points of the Y value.
次に、ステップS6に進んで、下式(13)によりy Then, the process proceeds to step S6, by the following equation (13) y
Yofを算出する。 To calculate the Yof.

【0055】 [0055]

【数12】 [Number 12]

【0056】そして、ステップS7及びステップS8では、下式(14),(15)により、Ymap(b)におけるx座標,y座標として、図13に示すxbase,ybaseを算出する。 [0056] Then, in step S7 and step S8, the following equation (14), by (15), x coordinates in Ymap (b), as the y-coordinate, xbase shown in FIG. 13, calculates the Ybase.

【0057】 [0057]

【数13】 [Number 13]

【0058】 [0058]

【数14】 [Number 14]

【0059】この後、ステップS9において、上記ステップS5〜ステップS8で算出された結果を式(4), [0059] Thereafter, in step S9, the formula (4) the results calculated in step S5~ step S8,
(5)に代入して2次元空間におけるx座標,y座標を算出するのである。 x-coordinate in the two-dimensional space are substituted into (5), it is to calculate the y coordinate. 次に、ステップS10に進んで、a Then, the process proceeds to step S10, a
=1か否かを判定する。 = Determines whether 1 or not. 最初の制御周期では、上記ステップS4においてa=1と設定されているので、YES In the first control cycle, because it is set in step S4 a = 1 and, YES
のルートを通ってステップS11に進む。 It proceeds to step S11 through a route. そして、このステップS11では、上記ステップS9で算出された(x,y)を、描画する始点として認識する。 Then, in step S11, it calculated in step S9 the (x, y), recognized as a starting point for drawing.

【0060】また、ステップS10でaが1ではないと判定すると、ステップS12に進んで、前回の制御周期で算出された(x,y)から今回の制御周期で算出された(x,y)までを線分で結んで描画する。 [0060] Further, if it is determined that a in step S10 is not 1, the routine proceeds to step S12, calculated in the last control cycle (x, y) calculated in the current control cycle from the (x, y) drawing by connecting to a line segment. そして、ステップS11又はステップS12の処理を実行した後、 Then, after executing the processing of step S11 or step S12,
次にステップS13に進んで、a=XLかを判定する。 Then the process proceeds to step S13, determines whether a = XL. ここで、XLはXのマップ点の数であり、a=XLであれば、 Here, XL is the number of map points of X, if a = XL,
Ymap(b)におけるXとZとの関係を示すグラフの描画が終了したことになる。 Drawing a graph showing the relationship between X and Z is that ended in Ymap (b).

【0061】また、aの値がXLに達していなければ、ステップS14に進んでaの値をインクリメントして、a [0061] Further, unless the value of a is reached XL, increments the value of a proceeds to step S14, a
=XLとなるまで、ステップS7〜ステップS13の処理を行なうのである。 = Until XL, it is performed the processing of step S7~ step S13. そして、a=XLとなると、ステップS15に進んで、最後に算出された(x,y)から(x,y Yof )までの間を直線で描画する。 When the a = XL, the routine proceeds to step S15, it draws a straight line between the last calculated (x, y) from to (x, y Yof). すなわち、 That is,
図13に示すように、Ymap(b)の最後の点から縦方向の線を描画するのである。 As shown in FIG. 13, it is to draw a vertical line from the last point of Ymap (b).

【0062】この後、ステップS16に進んでb=YLかを判定する。 [0062] Thereafter, it is determined whether b = YL proceeds to step S16. 例えば最初の制御周期では、b=1であるので、NOのルートを通ってステップS17に進んでb For example, in the first control cycle, because it is b = 1, through the route of NO proceeds to step S17 b
の値をインクリメントしてステップS4に戻る。 Back to step S4 increments the value. この場合はb=2に設定されて、以下ステップS4からステップS15までの間で、Ymap(2)におけるXとZとの関係がグラフ化されることになるのである。 In this case, set to b = 2, the following among from step S4 to step S15, the relationship between X and Z in Ymap (2) is to is to be graphed. なお、ステップS5,ステップS6の処理によって、Ymap(2)のグラフがYmap(1)のグラフに対して、所定量ずらされて表示されることになる。 Steps S5, the processing of step S6, the graph of Ymap (2) is relative to the graph of Ymap (1), to be displayed are displaced a predetermined amount.

【0063】そして、b=YLとなると、全てのYmap についてのXZグラフの描画が終了したことになる。 [0063] Then, when it comes to b = YL, so that the drawing of the XZ graph for all of Ymap has been completed. すなわち、図9に示すXZ平面(第1基準面)及びこれに平行な面のグラフの描画が終了するのである。 That is, the ends are drawn in the graph of a plane parallel to the XZ plane (first reference surface) and this shown in FIG. 次に、ステップS18以降のフローチャートについて説明すると、 Next, the flowchart will be explained in step S18 and later,
これ以降は、YZ平面(第2基準面)及びこれに平行な面のグラフを作成を行なうためのフローチャートであり、図14を参照して説明する。 Thereafter is a flow chart for performing Graph the YZ plane (the second reference plane) and a plane parallel thereto, will be described with reference to FIG. 14.

【0064】まず、ステップS18及びステップS19 [0064] First of all, step S18 and step S19
でa=1,b=1に設定する。 In set to a = 1, b = 1. 次に、ステップS20に進んで、上述の式(14)によりxbaseを算出し、その後、ステップS21に進んで、描画の始点を(xbase, Then, the process proceeds to step S20, calculates the xbase by the above equation (14), then proceeds to step S21, the starting point of the drawing (xbase,
0)と認識する。 0) and recognize. そして、ステップS22に進み、上述の式(12)によりx Yofを算出する。 Then, the process proceeds to step S22, calculates the x YOF by the above equation (12). また、ステップS23に進み、式(13)によりy Yofを算出する。 Further, the process proceeds to step S23, calculates the y YOF by equation (13). さらに、ステップS24で、式(15)を用いてybaseを算出する。 Further, in step S24, it calculates the ybase using Equation (15).

【0065】そして、ステップS25では、x Yofにx [0065] Then, in step S25, x to x Yof
baseを加算することでx座標を算出し、y Yofにybase calculates x coordinate by adding the base, ybase the y YOF
を加算することでy座標を算出する。 Calculating the y coordinate by adding the. そして、ステップS26に進んで、この(x,y)までの線を描画する。 Then, the process proceeds to step S26, draws a line to the (x, y).
次に、ステップS27では、b=YLかを判定する。 Next, in step S27, it determines whether b = YL. 最初の制御周期では、上記ステップS19においてb=1と設定されているので、NOのルートを通ってステップS In the first control cycle, because it is set b = 1 and in step S19, step S through the route of NO
28に進む。 Proceed to 28. そして、bの値がインクリメントされて、 Then, the value of b is incremented,
b=YLとなるまでステップS22〜ステップS25を繰り返し実行する。 b = repeatedly executes steps S22~ step S25 until YL.

【0066】そして、b=YLとなると、Xmap(a)における、YとZとの関係を示すグラフの描画が終了したと判断する。 [0066] Then, when a b = YL, in Xmap (a), it is determined that the drawing of a graph showing the relationship between Y and Z is completed. 次に、全てのXmap についての作業が終了したかを判定する。 Then, it is determined whether or not the work for all of Xmap has been completed. すなわち、ステップS29で、a=XLか否かを判定し、aの値がXLに達していなければ、ステップS30に進んでaの値をインクリメントして、a=XL That is, in step S29, determines whether a = XL, unless the value of a is reached XL, increments the value of a proceeds to step S30, a = XL
となるまで、ステップS19〜ステップS29の処理を行なうのである。 And until is performed the processing of step S19~ step S29.

【0067】そして、a=XLとなると、全てのXmap [0067] Then, when it comes to a = XL, all of Xmap
〔即ち、Xmap(1)〜Xmap(XL) 〕についてのYZグラフの描画が終了したと判定する。 [That, Xmap (1) ~Xmap (XL)] determined that drawing YZ graph for has been completed. これにより、第1基準面としてのXZ平面側からのグラフ作成と、第2基準面としてのYZ平面側からのグラフ作成とがともに終了したことになる。 Thereby, the the graphing from the XZ plane side of the first reference surface, and graphing the YZ plane side of the second reference surface are both completed. これにより、3次元のマップを2次元空間で処理することができ、図3及び図4に示すような疑似3次元グラフを作成することができるのである。 This makes it possible to process three-dimensional map in two-dimensional space, it is possible to create a pseudo three-dimensional graph as shown in FIGS.

【0068】このように、本発明の疑似3次元グラフ表示方法及び疑似3次元グラフ表示装置では、三角関数を用いることなく簡単な四則演算のみで2次元上の座標を算出することができるので、計算ソフトを簡単なものとすることができ、3次元グラフ(疑似3次元グラフ)を高速で作成できるようになるという利点がある。 [0068] Thus, in the pseudo-three-dimensional graph display method and the pseudo 3-dimensional graph display device of the present invention, it is possible to calculate the simple arithmetic only coordinates on a two-dimensional without the use of trigonometric functions, the calculation software can be made simple, there is an advantage that a three-dimensional graph (pseudo 3-dimensional graph) to be created at high speed. また、 Also,
1つの座標を求めるために行なう演算回数も従来よりも少なくなるので、やはり3次元グラフを従来よりも高速で描画することができるようになるという利点がある。 Because the number of calculations even smaller than conventionally carried out to determine the single coordinate, there is an advantage that it is possible to draw also a 3-dimensional graph at a higher speed than conventional.

【0069】さらに、新たな部品等を用いることなく制御ロジックの変更だけで疑似3次元グラフを高速で描画することができるので、コストの上昇を伴うことがないという利点も有している。 [0069] In addition, since a pseudo 3-dimensional graph with only changes without the control logic using a new part, or the like can be drawn at high speed, also has the advantage that is not accompanied by increase in cost. なお、上述の実施形態の制御フローチャートにおいて、ステップS18以降を省略して、代わりに以下のような手順を追加しても良い。 Incidentally, in the control flowchart of the embodiment described above, step S18 is omitted since, steps may be added as follows instead. すなわち、ステップS1〜ステップS17により、図9に示すXZ平面及びこれに平行な面のグラフを作成した後は、各Ymap で一番最初に描画された点同士を順次線分で結ぶような手順を追加する。 That is, in step S1~ step S17, as after creating a graph of a plane parallel XZ plane and this is shown in FIG. 9, connected by sequentially line segments between points drawn first best in each Ymap procedure to add. さらに、次に各Ymap で2番目に描画された点同士を順次線分で結ぶような手順、各Ymap で3番目に描画された点同士を順次線分で結ぶような手順、・・・以下同様に各Ymap で最後に描画された点同士を順次線分で結ぶような手順までを追加するのである。 Furthermore, the procedure followed that connect together 2 th points drawn successively in line with each Ymap, procedures such as connecting sequentially line segments between points drawn on 3rd each Ymap, · · · less than is to add up procedure as connecting sequentially line segments between end points drawn by each Ymap similarly.

【0070】このような手順を追加することで、同一のXmap 内にある隣り合う座標が線分で結ばれることになり、やはり図3,図4に示すようなグラフを作成することができるのである。 [0070] By adding this procedure, will be the coordinates adjacent are in the same Xmap is connected by a line segment, also 3, it is possible to create a graph as shown in FIG. 4 is there. これにより、ステップS18以降の計算が不要となり、疑似3次元グラフをより高速で描画することができるようになるのである。 Accordingly, it becomes unnecessary step S18 after computing, it become to be able to draw faster pseudo 3-dimensional graph.

【0071】次に、本発明の変形例について説明する。 Next, a description will be given of variations of the present invention.
この変形例では、立体枠図形を図16に示すような斜視図に設定した場合の疑似3次元グラフ作成方法であって、基本的な構成は、上述の実施形態と同様のものである。 In this modification, a pseudo 3-dimensional graph creation method of setting the perspective view shown in FIG. 16 the solid frame figure, the basic structure is similar to the embodiment described above. すなわち、図15に示すように、立体枠図形の斜視方向を変更しても、基本的には、基準となる面に対して平行な複数の平面についてグラフを作成していき、これらの複数のグラフを少しずつずらして表示するものである。 That is, as shown in FIG. 15, changing the perspective direction of the three-dimensional frame shape, basically, for a plurality of planes parallel to the reference made plane will create a chart, of the plurality it is intended to be displayed by shifting little by little the graph.

【0072】さて、この変形例では、図16に示すような大きさの立体枠図形を設定した場合の動作を図18〜 [0072] Now, in this modification, 18 to the operation of setting the size of the three-dimensional frame shape as shown in FIG. 16
図20のフローチャートを用いて説明する。 It will be described with reference to the flowchart of FIG. 20. まず、ステップSA1〜ステップSA4までは、上述の実施形態と同様の処理を行なうものであり、ここではその説明を省略する。 First, step SA1~ to step SA4 is to perform the same processing as the above-described embodiment, a description thereof will be omitted. 次に、ステップSA5に進んで、下式(16) Then, the process proceeds to step SA5, the following equation (16)
によりYmap(b)によるx方向のずれ量X Y (図17参照)を算出する。 By calculating the Ymap (b) in accordance the x direction of the deviation amount X Y (see FIG. 17).

【0073】 [0073]

【数15】 [Number 15]

【0074】また、ステップSA6では、下式(17) [0074] In addition, in step SA6, the following equation (17)
によりYmap(b)によるy方向のずれ量Y Yを算出する。 By calculating the y-direction shift amount Y Y by Ymap (b).

【0075】 [0075]

【数16】 [Number 16]

【0076】そして、ステップSA7において、 [0076] Then, in step SA7,
(X Y ,Y Y )を描画の始点として認識する。 (X Y, Y Y) recognizes as the starting point of the drawing. 次に、ステップSA8で、下式(18)によりXmap(a)によるx Then, at step SA8, by the following equation (18) in Xmap (a) x
方向のずれ量X Xを算出する。 Calculating the direction of the deviation amount X X.

【0077】 [0077]

【数17】 [Number 17]

【0078】また、ステップSA9では、下式(19) [0078] In addition, in step SA9, the following equation (19)
によりXmap(a)によるy方向のずれ量Y Xを算出する。 By calculating the displacement amount Y X in the y direction by Xmap (a).

【0079】 [0079]

【数18】 [Number 18]

【0080】次に、ステップSA10において、下式(20)によりZ値によるYのずれ量Ydtを算出する。 Next, in step SA10, and calculates the shift amount Ydt of Y by Z values ​​by the following equation (20).

【0081】 [0081]

【数19】 [Number 19]

【0082】そして、ステップSA11では、下式(2 [0082] Then, in step SA11, the following equation (2
1),(22)により、2次元空間での座標(x P ,y 1), by (22), the coordinates of a two-dimensional space (x P, y
P )を算出する。 P) is calculated. P =X Y −X X・・・・・(21) y P =Y X +Y Y +Ydt ・・・・・(22) この後、ステップSA12において(X Y ,Y Y )と(x P ,y P )とを線分で結ぶ。 x P = X Y -X X ····· (21) y P = Y X + Y Y + Ydt ····· (22) Then, in step SA12 (X Y, Y Y) and (x P, y P) and connected by a line segment. なお、2回目以降の制御周期では、今回の(x P ,y P )と前回の(x It should be noted that, in the control period of the second and subsequent times, of this time (x P, y P) and the previous (x P ,y P, y
P )との間を線分で結ぶ。 Connected by a line segment between P).

【0083】次に、ステップSA13でa=XLか否かを判定する。 [0083] Next, it is determined whether a = XL in step SA13. そして、ステップSA13においてaがXLではないと判定すると、ステップSA14に進んでaをインクリメントしてステップSA8に戻る。 If it is determined that a is not a XL in step SA13, the flow returns to step SA8 is incremented a proceeds to step SA14. そして、a= Then, a =
XLとなるまでステップSA8〜ステップSA13の処理を繰り返し、a=XLになると、Ymap(b)におけるXとZ Repeat the processing of step SA8~ step SA13 until XL, it becomes a a = XL, X and Z in Ymap (b)
との関係を示すグラフの作成が終了してステップSA1 Step SA1 ends the creation of a graph showing the relationship between
3からステップSA15に進む。 Proceeds from 3 to step SA15.

【0084】ステップSA15では、b=YLか否かを判定する。 [0084] At step SA15, it determines whether b = YL. そして、ステップSA15においてbがYLではないと判定すると、ステップSA16に進んでbをインクリメントしてステップSA4に戻る。 When b is determined not to be YL In step SA15, the flow returns to step SA4 is incremented b proceeds to step SA16. そして、今度はb=YLとなるまで、ステップSA4〜ステップSA15 And, until now it becomes b = YL, step SA4~ step SA15
の処理を繰り返す。 Repeat the process. ここで、b=YLになると、各Ymap Here, at the b = YL, each Ymap
についてそれぞれXとZとの関係を示すグラフの作成が終了してステップSA15からステップSA17に進み、立体枠図形の残りの線を描画する。 For in the creation of a graph showing the relationship between X and Z, respectively finished proceeds from step SA15 to step SA17, to draw the remaining lines of the three-dimensional frame shape.

【0085】このようなステップSA1〜ステップSA [0085] Such a step SA1~ step SA
17までの処理を行なうことにより、図16における立体枠図形の第1基準面及びこれに平行な面にグラフを描画することができるのである。 By performing the processing up to 17, it is possible to draw a graph on the first reference plane and a plane parallel thereto of the three-dimensional frame shape in FIG. 次に、以下のステップS Then, the following step S
A18以降で、第2基準面及びこれに平行な面にグラフを描画する。 In A18 later, the plot to a plane parallel to the second reference plane, and this.

【0086】まず、ステップSA18及びステップSA [0086] First, step SA18 and step SA
19において、a=1,b=1と設定する。 In 19, it is set to a = 1, b = 1. 次にステップSA20に進んで、上記の式(18)によりXmap(a) Then the routine proceeds to step SA20, the above equation (18) Xmap (a)
によるx方向のずれ量X Xを算出する。 To calculate the x-direction shift amount X X by. また、ステップSA21において、上記の式(19)によりXmap(a)によるy方向のずれ量Y Xを算出する。 Further, in step SA21, the above equation (19) calculates the shift amount Y X in the y direction by Xmap (a). そして、ステップSA22において、(−X X ,Y X )を描画の始点として認識する。 In step SA22, (- X X, Y X) recognizes as the starting point of the drawing.

【0087】次に、ステップSA23において、上記の式(17)によりYmap(b)によるx方向のずれ量X Yを算出する。 Next, in step SA 23, the above equation (17) calculates the shift amount X Y in the x direction by Ymap (b). また、ステップSA24において、上記の式(17)によりYmap(b)によるy方向のずれ量Y Yを算出する。 Further, in step SA24, the above equation (17) calculates the shift amount Y Y in the y-direction by Ymap (b). さらに、ステップSA25で、上記の式(2 Further, in step SA25, the above equation (2
0)によりZ値によるy方向のずれ量Ydtを算出する。 0) by calculating a y-direction shift amount Ydt by Z value.

【0088】この後、ステップSA26において、上記の式(21),(22)により、2次元空間での座標(x P ,y P )を算出して、ステップSA27で、座標(x P ,y P )までの線を描画するのである。 [0088] Thereafter, in step SA26, the above equation (21) and (22), the coordinates of a two-dimensional space (x P, y P) is calculated and in step SA27, the coordinates (x P, y it is to draw lines of up to P). そして、 And,
ステップSA28でb=YLか否かを判定する。 It determines whether b = YL in step SA28. ステップSA28においてbがYLではないと判定すると、ステップSA29に進んでbをインクリメントしてステップS When b is determined not to be YL in step SA28, step S is incremented b proceeds to step SA29
A23に戻る。 Back to A23.

【0089】そして、b=YLとなるまでステップSA2 [0089] Then, step SA2 until b = YL
3〜ステップSA28の処理を繰り返し、b=YLになるとXmap(a)におけるYとZとの関係を示すグラフの作成が終了してステップSA28からステップSA30に進む。 Repeats the processing in 3 to step SA28, and b = Create graph showing the relationship between Y and Z in becomes YL When Xmap (a) is completed proceeds from step SA28 to step SA30. ステップSA30では、a=XLか否かを判定する。 In step SA30, determines whether a = XL.
そして、ステップSA30においてaがXLではないと判定すると、ステップSA31に進んでaをインクリメントしてステップSA19に戻る。 If it is determined that a is not a XL in step SA30, the flow returns to step SA19 is incremented a proceeds to step SA31.

【0090】そして、今度はa=XLとなるまで、ステップSA19〜ステップSA30の処理を繰り返し、a= [0090] and, in turn, until a = XL, repeats the processing of step SA19~ step SA30, a =
XLとなると各Xmap についてそれぞれYとZとの関係を示すグラフの作成が終了して疑似3次元グラフの作成が終了するのである。 XL and the creation of a pseudo 3-dimensional graphing is finished graph showing the relationship between respective Y and Z for each Xmap is to end. そして、本変形例では、上述の実施形態と同様の効果を得ることができる。 In the present modification, it is possible to obtain the same effect as the above embodiment. すなわち、三角関数を用いることなく簡単な四則演算のみで2次元上の座標を算出することができるので、計算ソフトを簡単なものとすることができ、3次元グラフ(疑似3次元グラフ)を高速で作成できるようになるという利点がある。 Fast i.e., it is possible to calculate the simple arithmetic only coordinates on a two-dimensional without the use of trigonometric functions, it can be a calculation software as simple, three-dimensional graph of (pseudo 3-dimensional graph) in there is an advantage that will be able to create.

【0091】また、1つの座標を求めるために行なう演算回数も従来よりも少なくなるので、やはり3次元グラフを従来よりも高速で描画することができるようになるという利点がある。 [0091] Further, since the number of calculations even smaller than conventionally carried out to determine the single coordinate, there is an advantage that again becomes a three-dimensional graph can be drawn at a higher speed than conventional. さらに、新たな部品等を用いることなく制御ロジックの変更だけで疑似3次元グラフを高速で描画することができるので、コストの上昇を伴うことがないという利点も有している。 Furthermore, it has it is possible to draw a high speed pseudo 3-dimensional graph with only changing the control logic without using a new component, etc., an advantage that is not accompanied by increase in cost.

【0092】また、本発明では、この変形例のように、 [0092] In the present invention, as in this modification,
制御ソフトの一部を変更するだけで、立体枠図形の斜視方向を変更することができ、これにより、上述の実施形態とは異なる斜視方向で3次元グラフを作成することができるのである。 By changing a few control software, you can change the perspective direction of the three-dimensional frame shape, thereby, it is possible to create a 3-dimensional graph in different perspective directions from the embodiment described above. したがって、制御マップの傾向や特性を良く表現している方向から見たグラフを容易に作成することができるという利点も有しているのである。 Therefore, it's also has the advantage that it is possible to easily create a graph as seen from the direction that better represent the trends and characteristics of a control map.

【0093】ところで、上述の変形例の制御フローチャートにおいて、ステップSA18以降を省略して、代わりに以下のような手順を追加しても良い。 [0093] In the control flowchart in the above-mentioned variation, by omitting the following step SA18, the procedure may be added as follows instead. すなわち、ステップSA1〜ステップSA17において、図16,図17に示すXZ平面(第1基準面)及びこれに平行な面のグラフを作成した後は、各Ymap で一番最初に描画された点同士を順次線分で結ぶような手順を追加する。 That is, in step SA1~ step SA17, Figure 16, XZ plane (first reference plane) shown in FIG. 17 and after creating a graph of a plane parallel thereto, points are very first drawn in each Ymap each other Add procedures as connected by a sequential line segments. さらに、次に各Ymap で2番目に描画された点同士を順次線分で結ぶような手順、各Ymap で3番目に描画された点同士を順次線分で結ぶような手順、・・・以下同様に、各Ymap で最後に描画された点同士を順次線分で結ぶような手順までを追加するのである。 Furthermore, the procedure followed that connect together 2 th points drawn successively in line with each Ymap, procedures such as connecting sequentially line segments between points drawn on 3rd each Ymap, · · · less Similarly, it is to add up procedure as connecting sequentially line segments between points was last drawn in each Ymap.

【0094】このような手順を追加することで、同一のXmap 内にある隣り合う座標が線分で結ばれることになり、やはり図3,図4に示すようなグラフを作成することができるのである。 [0094] By adding this procedure, will be the coordinates adjacent are in the same Xmap is connected by a line segment, also 3, it is possible to create a graph as shown in FIG. 4 is there. これにより、ステップSA18以降の計算が不要となり、疑似3次元グラフをより高速で描画することができるようになるのである。 Accordingly, it becomes unnecessary step SA18 after calculation, it is to be able to be more drawn at a high speed pseudo 3-dimensional graph.

【0095】なお、上述したような実施形態及びその変形例における立体枠図形の斜視方向はその一例であって、このような立体枠図形及びその斜視方向は上述のものに限定されるものではない。 [0095] Incidentally, an inclined direction of the three-dimensional frame shape in the embodiment and its modifications as described above are only one example, such a three-dimensional frame shape and an inclined direction is not intended to be limited to the above . また、上述した具体的な数値(主に、立体枠図形のサイズ)は、本発明を分かりやすく説明するために便宜的に用いたものであって、本発明はこのような数値に限定されるものではない。 Further, specific numerical values ​​mentioned above (primarily the size of the three-dimensional frame shape) can be those used for convenience to better illustrate the present invention, the present invention is limited to such a numerical value not.

【0096】 [0096]

【発明の効果】以上詳述したように、請求項1記載の本発明の疑似3次元グラフ表示方法によれば、3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを上記3つの変数のうちの残り1つの変数をパラメータとして複数用意し、これらの2次元グラフを少しずつずらして表示することにより、あたかも3次元で作成したかのような疑似3次元グラフを2次元内で簡単に且つ高速で作成することができるのである。 As described above in detail, according to claim 1, according to a pseudo three-dimensional graph display method of the present invention, wherein the two-dimensional graph showing the relationship between two variables of the three variables 3 one of the plurality of prepared as parameters the remaining one variable of variables, by displaying shifting these two-dimensional graph gradually, the pseudo 3-dimensional graph as if created in as if three-dimensional 2-D in it is possible to create in a simple and fast.

【0097】また、請求項2記載の本発明の疑似3次元グラフ表示方法によれば、3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを上記3つの変数のうちの残り1つの変数をパラメータとして複数用意し、これらの2次元グラフを少しずつずらして表示するとともに、該2つの変数のうちの少なくとも1つの変数に関し同じ値に対応する各2次元グラフの部分を線分で結ぶことにより、上記の3つの変数について、疑似的に3次元グラフとして表示することにより、あたかも3次元で作成したかのような疑似3次元グラフを2次元内で簡単に且つ高速で作成することができるのである。 [0097] Further, according to the provisional three-dimensional graph display method of the present invention of claim 2, wherein the remaining one of the two-dimensional graph showing the relationship between two variables of the three variables of the three variables one of the variables plurality prepared as a parameter, and displays by shifting these two-dimensional graphs gradually in line part of each of the two-dimensional graph corresponding to the same value at least with respect to one variable of the two variables by connecting, for the above three variables, by displaying a pseudo three-dimensional graph, creating as if a pseudo three-dimensional graph as if created in three dimensions with simple and fast in a two-dimensional but they can.

【0098】また、請求項3記載の本発明の疑似3次元グラフ表示方法によれば、3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを基準面内において作成するとともに、上記3つの変数のうちの残り1つの変数をパラメータとして、該2次元グラフを該基準面から順次少しずつずらして、複数個作成し、その後は、該2つの変数のうちの少なくとも1つの変数に関し同じ値に対応する各2次元グラフの部分を線分で結ぶことにより、 [0098] Further, according to the provisional three-dimensional graph display method of the present invention described in claim 3, as well as created in the reference plane the 2-dimensional graph showing the relationship between the two variables of the three variables, the the remaining one variable of the three variables as parameters, the 2-dimensional graph sequentially staggered from the reference plane, a plurality creation, then, the same relates to at least one variable of the two variables by connecting portion of each of the two-dimensional graph corresponding to the values ​​in the segment,
上記の3つの変数について、疑似的な3次元グラフを作成して該疑似的な3次元グラフを表示することにより、 For the above three variables, by displaying the pseudo three-dimensional graph to create a pseudo three-dimensional graph,
あたかも3次元で作成したかのような疑似3次元グラフを2次元内で簡単に且つ高速で作成することができるのである。 Though three-dimensional it is possible to create a pseudo three-dimensional graph as if created with simple and fast in the two dimensions.

【0099】また、請求項4記載の本発明の疑似3次元グラフ表示方法によれば、3つの変数についてそれぞれ最小値,最大値を頂点とする斜視表示で認識される立体枠図形を想定し、該立体枠図形のある面あるいはこの面に平行な面を2次元グラフ作成基準面とするとともに、 [0099] Further, according to the provisional three-dimensional graph display method of the present invention described in claim 4, the minimum value respectively for the three variables, assuming a three-dimensional frame shape recognized by oblique display whose vertices maximum value, with a plane or two-dimensional graphing reference surface plane parallel to the plane of the stereo frame figure,
該立体枠図形内において該2次元グラフ作成基準面に対し平行な少なくとも1以上の平面を2次元グラフ作成面とし、該2次元グラフ作成基準面に、上記3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを作成するとともに、上記3つの変数のうちの残り1つの変数をパラメータとして、該2次元グラフを該2次元グラフ作成面に作成し、その後は、該2つの変数のうちの少なくとも1つの変数に関し同じ値に対応する各2次元グラフの部分を線分で結ぶことにより、上記の3つの変数について、疑似的な3次元グラフを作成して該疑似的な3次元グラフを表示することにより、あたかも3次元で作成したかのような疑似3次元グラフを2次元内で簡単に且つ高速で作成することができるのである。 At least one or more planes parallel to the two-dimensional graphing reference plane and a two-dimensional graphing surface in stereo frame in shape, on the two-dimensional graphing reference plane, the two variables of the above three variables thereby creating a two-dimensional graph of the relationship, as a parameter and the remaining one variable of said three variables, the 2-dimensional graph created on the 2-dimensional graphing surface, then, of the two variables by connecting portion of each of the two-dimensional graph corresponding to the same value at least with respect to one variable in out in line, for the above three variables, the pseudo 3-dimensional graph to create a pseudo three-dimensional graph by displaying the, it is possible to create as if a pseudo three-dimensional graph as if created in three dimensions with simple and fast in the two dimensions. また、このような方法であれば、従来のような三角関数を用いることなく簡単な四則演算のみで2次元上の座標を算出することができるので、計算ソフトを簡単なものとすることができ、疑似3次元グラフを高速で作成できるようになるという利点がある。 In addition, such a method, it is possible to calculate the simple arithmetic only coordinates on a two-dimensional without the use of a conventional trigonometric function, such as, can be made the calculation software simple , there is an advantage that a pseudo 3-dimensional graph will be able to create a high speed. また、1つの座標を求めるために行なう演算回数も従来よりも少なくなるので、やはり3次元グラフを従来よりも高速で描画することができるようになるという利点がある。 Further, since the number of calculations even smaller than conventionally carried out to determine the single coordinate, there is an advantage that it is possible to draw also a 3-dimensional graph at a higher speed than conventional. さらに、制御ロジックの変更だけで疑似3次元グラフを高速で描画することができるので、コストの上昇を伴うことがないという利点も有している。 Moreover, since a pseudo 3-dimensional graph with only changing the control logic can be drawn at high speed, also has the advantage that is not accompanied by increase in cost.

【0100】また、請求項5記載の本発明の疑似3次元グラフ表示方法によれば、3つの変数についてそれぞれ最小値,最大値を頂点とする斜視表示で認識される立体枠図形を想定し、該立体枠図形のある面あるいはこの面に平行な面を第1の2次元グラフ作成基準面とするとともに、該立体枠図形内において該第1の2次元グラフ作成基準面に対し平行な少なくとも1以上の平面を第1の2次元グラフ作成面とし、該第1の2次元グラフ作成基準面に、上記3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを作成するとともに、上記3つの変数のうちの残り1つの変数をパラメータとして、該2次元グラフを該第1の2次元グラフ作成面に作成し、さらに、該立体枠図形において、該第1の2次元グラフ作成基準面と交差する第 Furthermore, according to the provisional three-dimensional graph display method of the present invention of claim 5, wherein the minimum value respectively for the three variables, assuming a three-dimensional frame shape recognized by oblique display whose vertices maximum value, face a stereo frame figure or with a plane parallel to this plane and the first two-dimensional graphing reference plane, at least parallel to the two-dimensional graphing reference surface of the first in the stereo frame in figure 1 the more planes to the first 2-dimensional graphing surface, a two-dimensional graphing reference surfaces of the first, as well as creating a two-dimensional graph showing the relationship between the two variables of the above three variables, the as a parameter and the remaining one variable of the three variables, it creates the two-dimensional graph on a two-dimensional graphing surfaces of the first and further, the stereo frame figure, two-dimensional graphing reference surface of the first the first to cross the の2次元グラフ作成基準面を規定するとともに、該立体枠図形内において該第2の2次元グラフ作成基準面に対し平行な少なくとも1以上の平面を第2の2次元グラフ作成面とし、該第2の2次元グラフ作成基準面に、該第1の2次元グラフ作成基準面上に2次元グラフを作成したときに使用した上記2つの変数と1つの変数が異なる2つの変数の関係を表した2次元グラフを作成するとともに、上記3つの変数のうち残り1つの変数をパラメータとして、該2次元グラフを該第2の2次元グラフ作成面に作成することにより、上記の3つの変数について、疑似的な3次元グラフを作成して該疑似的な3次元グラフを表示することにより、あたかも3次元で作成したかのような疑似3次元グラフを2次元内で簡単に且つ高速で作成すること Along with defining a two-dimensional graphing reference plane, at least one or more planes parallel to the two-dimensional graphing reference surface of the second the second two-dimensional graphing surface in stereo frame in shape, said a two-dimensional graphing reference surface 2, the two variables and one variable that is used to create the two-dimensional graph on the first two-dimensional graphing reference plane is showing a relationship two different variables thereby creating a two-dimensional graph, as a parameter and the remaining one variable out of the three variables, by creating the two-dimensional graph on a two-dimensional graphing surface of the second, for the above three variables, the pseudo three-dimensional graph to create a by displaying the pseudo 3-dimensional graph, creating as if a pseudo three-dimensional graph as if created in three dimensions with simple and fast in a two-dimensional できるのである。 Than is possible. また、このような方法であれば、従来のような三角関数を用いることなく簡単な四則演算のみで2次元上の座標を算出することができるので、計算ソフトを簡単なものとすることができ、疑似3次元グラフを高速で作成できるようになるという利点がある。 In addition, such a method, it is possible to calculate the simple arithmetic only coordinates on a two-dimensional without the use of a conventional trigonometric function, such as, can be made the calculation software simple , there is an advantage that a pseudo 3-dimensional graph will be able to create a high speed. また、1つの座標を求めるために行なう演算回数も従来よりも少なくなるので、やはり3次元グラフを従来よりも高速で描画することができるようになるという利点がある。 Further, since the number of calculations even smaller than conventionally carried out to determine the single coordinate, there is an advantage that it is possible to draw also a 3-dimensional graph at a higher speed than conventional. さらに、制御ロジックの変更だけで疑似3次元グラフを高速で描画することができるので、コストの上昇を伴うことがないという利点も有している。 Moreover, since a pseudo 3-dimensional graph with only changing the control logic can be drawn at high speed, also has the advantage that is not accompanied by increase in cost.

【0101】また、請求項6記載の本発明の疑似3次元グラフ表示装置によれば、3つの変数についてそれぞれ最小値,最大値を頂点とする斜視表示で認識される立体枠図形情報を設定する立体枠図形情報設定手段と、該立体枠図形のある面あるいはこの面に平行な面を第1基準面として、この第1基準面及び同第1基準面に対し平行な少なくとも1以上の平面に、上記3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを、上記3つの変数のうちの残り1つの変数をパラメータとして、作成する第1の2次元グラフ群作成手段と、該立体枠図形において、該第1基準面と交差する平面を第2基準面として、この第2基準面及び同第2基準面に対し平行な少なくとも1以上の平面に、第1の2次元グラフ群作成手段で2次元グラフを Furthermore, according to the provisional three-dimensional graph display device of the present invention described in claim 6, the minimum value respectively for the three variables, sets the three-dimensional frame shape information recognized by the perspective view of an apex maximum value a three-dimensional frame shape information setting means, the surface or the first reference surface plane parallel to the plane of the stereo frame figure, at least one or more planes parallel to the first reference plane and the first reference surface , a two-dimensional graph showing the relationship between two variables of the above three variables, as parameters the remaining one variable of said three variables, the first two-dimensional graph group creation means for creating, said in the three-dimensional frame shape, a plane that intersects the first reference plane as the second reference surface, to the second reference plane and at least one or more planes parallel to the second reference plane, the first two-dimensional graph groups 2D graph producing means 成したときに使用した上記2つの変数と1つの変数が異なる2つの変数の関係を表した2次元グラフを、上記3つの変数のうち残り1つの変数をパラメータとして、作成する第2の2次元グラフ群作成手段と、上記の立体枠図形情報設定手段,第1の2次元グラフ群作成手段及び第2の2次元グラフ群作成手段で得られた情報に基づいて描画を行なう描画手段と、該描画手段の出力に応じて、該立体枠図形内に疑似的な3次元グラフを表示する表示手段とをそなえて構成されることにより、あたかも3次元で作成したかのような疑似3次元グラフを2次元内で簡単に且つ高速で作成することができる。 The 2-dimensional graph in which the two variables and one variable used was showing a relationship two different variables when form, as a parameter and the remaining one variable out of the three variables, the second two-dimensional to create and graphs group creation means, said three-dimensional frame shape information setting means, a drawing means for drawing on the basis of the information obtained in the first two-dimensional graph group creation means and the second two-dimensional graph group creation means, said in accordance with the output of rendering means, by being configured to include a display means for displaying a pseudo-three-dimensional graph in stereo frame in shape, a pseudo 3-dimensional graph as if created in as if 3-dimensional it can be easily created in high speed in a two-dimensional. すなわち、本装置によれば、従来のような三角関数を用いることなく簡単な四則演算のみで2次元上の座標を算出することができるので、計算ソフトを簡単なものとすることができ、疑似3次元グラフを高速で作成できるようになるという利点がある。 That is, according to the present device, it is possible to calculate the simple arithmetic only coordinates on a two-dimensional without the use of a conventional trigonometric function, such as, can be a calculation software as simple, pseudo the 3-dimensional graph is advantageous in that it becomes possible to create a high speed. また、1つの座標を求めるために行なう演算回数も従来よりも少なくなるので、やはり3次元グラフを従来よりも高速で描画することができるようになるという利点がある。 Further, since the number of calculations even smaller than conventionally carried out to determine the single coordinate, there is an advantage that it is possible to draw also a 3-dimensional graph at a higher speed than conventional. さらに、新たな部品や、特殊な装置等が何ら必要なく、制御ロジックの変更だけで疑似3次元グラフを高速で描画することができるので、コストの上昇を伴うことがないという利点も有している。 Additionally, and new components, without any need such a special apparatus, the pseudo 3-dimensional graph with only changing the control logic can be drawn at high speed, it has advantage of not involving an increase in cost there.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施形態としての疑似3次元グラフ表示装置における要部の機能に着目して示す模式的なブロック図である。 1 is a schematic block diagram illustrating by focusing on the function of the main portion of the pseudo-three-dimensional graph display apparatus as an embodiment of the present invention.

【図2】本発明の一実施形態としての疑似3次元グラフ表示装置の前提となるシステムを示す全体図である。 Figure 2 is an overall view showing a prerequisite to the system from a pseudo three-dimensional graph display apparatus as an embodiment of the present invention.

【図3】本発明の一実施形態としての疑似3次元グラフ表示方法及び疑似3次元グラフ表示装置により作成される疑似3次元グラフの一例を示す図である。 3 is a diagram showing an example of a pseudo 3-dimensional graph that is created by the pseudo 3-dimensional graph display method and the pseudo 3-dimensional graph display apparatus according to an embodiment of the present invention.

【図4】本発明の一実施形態としての疑似3次元グラフ表示方法及び疑似3次元グラフ表示装置により作成される疑似3次元グラフの一例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a pseudo 3-dimensional graph that is created by the pseudo 3-dimensional graph display method and the pseudo 3-dimensional graph display apparatus according to an embodiment of the present invention; FIG.

【図5】本発明の一実施形態としての疑似3次元グラフ表示方法及び疑似3次元グラフ表示装置における制御データの一例を示す図である。 5 is a diagram showing an example of the control data in the pseudo-three-dimensional graph display method and the pseudo 3-dimensional graph display apparatus according to an embodiment of the present invention.

【図6】本発明の一実施形態としての疑似3次元グラフ表示方法を説明するための図である。 6 is a diagram for explaining a pseudo three-dimensional graph display method according to an embodiment of the present invention.

【図7】本発明の一実施形態としての疑似3次元グラフ表示方法を説明するための図である。 7 is a diagram for explaining a pseudo three-dimensional graph display method according to an embodiment of the present invention.

【図8】本発明の一実施形態としての疑似3次元グラフ表示方法を説明するための図である。 8 is a diagram for explaining a pseudo three-dimensional graph display method according to an embodiment of the present invention.

【図9】本発明の一実施形態としての疑似3次元グラフ表示方法を説明するための図であって、その立体枠図形の一例を示す図である。 [9] A diagram for explaining a pseudo three-dimensional graph display method according to an embodiment of the present invention, is a diagram showing an example of the three-dimensional frame shape.

【図10】本発明の一実施形態としての疑似3次元グラフ表示方法及び疑似3次元グラフ表示装置の作用を説明するためのフローチャートである。 It is a flow chart for explaining the operation of the pseudo three-dimensional graph display method and the pseudo 3-dimensional graph display apparatus according to an embodiment of the present invention; FIG.

【図11】本発明の一実施形態としての疑似3次元グラフ表示方法及び疑似3次元グラフ表示装置の作用を説明するためのフローチャートである。 11 is a flowchart for explaining the operation of the pseudo three-dimensional graph display method and the pseudo 3-dimensional graph display apparatus according to an embodiment of the present invention.

【図12】本発明の一実施形態としての疑似3次元グラフ表示方法及び疑似3次元グラフ表示装置の作用を説明するためのフローチャートである。 12 is a flowchart for explaining the operation of the pseudo three-dimensional graph display method and the pseudo 3-dimensional graph display apparatus according to an embodiment of the present invention.

【図13】本発明の一実施形態としての疑似3次元グラフ表示方法を説明するための図である。 13 is a diagram for explaining a pseudo three-dimensional graph display method according to an embodiment of the present invention.

【図14】本発明の一実施形態としての疑似3次元グラフ表示方法を説明するための図である。 14 is a diagram for explaining a pseudo three-dimensional graph display method according to an embodiment of the present invention.

【図15】本発明の一実施形態の変形例としての疑似3 [15] Pseudo 3 as a modified example of an embodiment of the present invention
次元グラフ表示方法を説明するための図である。 It is a diagram for explaining a dimension graph display method.

【図16】本発明の一実施形態の変形例としての疑似3 [16] Pseudo 3 as a modified example of an embodiment of the present invention
次元グラフ表示方法を説明するための図であって、その立体枠図形の一例を示す図である。 A diagram for explaining a dimension graph display method is a diagram showing an example of the three-dimensional frame shape.

【図17】本発明の一実施形態の変形例としての疑似3 [Figure 17] Pseudo 3 as a modified example of an embodiment of the present invention
次元グラフ表示方法を説明するための図である。 It is a diagram for explaining a dimension graph display method.

【図18】本発明の一実施形態の変形例としての疑似3 [Figure 18] Pseudo 3 as a modified example of an embodiment of the present invention
次元グラフ表示方法及び疑似3次元グラフ表示装置の作用を説明するためのフローチャートである。 Is a flow chart for explaining the operation of the dimensional graphical display method, and a pseudo three-dimensional graph display device.

【図19】本発明の一実施形態の変形例としての疑似3 [19] Pseudo 3 as a modified example of an embodiment of the present invention
次元グラフ表示方法及び疑似3次元グラフ表示装置の作用を説明するためのフローチャートである。 Is a flow chart for explaining the operation of the dimensional graphical display method, and a pseudo three-dimensional graph display device.

【図20】本発明の一実施形態の変形例としての疑似3 [Figure 20] Pseudo 3 as a modified example of an embodiment of the present invention
次元グラフ表示方法及び疑似3次元グラフ表示装置の作用を説明するためのフローチャートである。 Is a flow chart for explaining the operation of the dimensional graphical display method, and a pseudo three-dimensional graph display device.

【図21】従来の3次元グラフの作成方法について説明するための図である。 21 is a diagram for explaining how to create a conventional three-dimensional graph.

【図22】従来の3次元グラフの作成方法について説明するための図である。 22 is a diagram for explaining a generation method of a conventional three-dimensional graph.

【図23】従来の3次元グラフの作成方法について説明するための図である。 23 is a diagram for explaining a generation method of a conventional three-dimensional graph.

【図24】従来の3次元グラフの作成方法について説明するための図である。 Is a diagram for explaining FIG. 24 create a conventional three-dimensional graph.

【図25】従来の3次元グラフの作成方法について説明するための図である。 25 is a diagram for explaining a generation method of a conventional three-dimensional graph.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 ROM(読み出し専用メモリ) 2 ROMライタ 3 コンピュータ 4 プリンタ 5 CPU(中央処理装置) 6 立体枠図形情報設定手段 7 第1の2次元グラフ群作成手段 8 第2の2次元グラフ群作成手段 9 描画手段 10 表示手段(ディスプレイ) 11 目盛り設定手段 1 ROM (read only memory) 2 ROM writer 3 computer 4 printer 5 CPU (central processing unit) 6 solid frame graphic information setting unit 7 first two-dimensional graph group creation means 8 second 2-dimensional graph group creation means 9 Drawing It means 10 display means (display) 11 scale setting means

Claims (6)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを上記3つの変数のうちの残り1つの変数をパラメータとして複数用意し、これらの2次元グラフを少しずつずらして表示することを特徴とする、 The 2-dimensional graph showing the relationship between the two variables of claim 1 Three variables prepared a plurality remaining one variable of the above three variables as parameters, shifting these two-dimensional graph gradually and displaying Te,
    疑似3次元グラフ表示方法。 Pseudo three-dimensional graph display method.
  2. 【請求項2】 3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを上記3つの変数のうちの残り1つの変数をパラメータとして複数用意し、これらの2次元グラフを少しずつずらして表示するとともに、 該2つの変数のうちの少なくとも1つの変数に関し同じ値に対応する各2次元グラフの部分を線分で結ぶことにより、 上記の3つの変数について、疑似的に3次元グラフとして表示することを特徴とする、疑似3次元グラフ表示方法。 The 2-dimensional graph showing the relationship between the two variables of 2. A three variables prepared a plurality remaining one variable of the above three variables as parameters, shifting these two-dimensional graph gradually and displays Te, by connecting portions of each of the two-dimensional graph corresponding to the same value at least with respect to one variable of the two variables in the line, for the above three variables, as pseudo three-dimensional graph and displaying a pseudo three-dimensional graph display method.
  3. 【請求項3】 3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを基準面内において作成するとともに、 上記3つの変数のうちの残り1つの変数をパラメータとして、該2次元グラフを該基準面から順次少しずつずらして、複数個作成し、 その後は、該2つの変数のうちの少なくとも1つの変数に関し同じ値に対応する各2次元グラフの部分を線分で結ぶことにより、 上記の3つの変数について、疑似的な3次元グラフを作成して該疑似的な3次元グラフを表示することを特徴とする、疑似3次元グラフ表示方法。 The 2-dimensional graph showing the relationship between the two variables of 3. A three variables together to create the reference plane, as a parameter and the remaining one variable of said three variables, the 2-dimensional graph the sequentially staggered from the reference plane, a plurality creation, then, by connecting the portion of each of the two-dimensional graph corresponding to the same value at least with respect to one variable of the two variables in the segment, for the above three variables, and displaying the pseudo three-dimensional graph to create a pseudo three-dimensional graph, the pseudo 3-dimensional graph display method.
  4. 【請求項4】 3つの変数についてそれぞれ最小値,最大値を頂点とする斜視表示で認識される立体枠図形を想定し、該立体枠図形のある面あるいはこの面に平行な面を2次元グラフ作成基準面とするとともに、該立体枠図形内において該2次元グラフ作成基準面に対し平行な少なくとも1以上の平面を2次元グラフ作成面とし、 該2次元グラフ作成基準面に、上記3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを作成するとともに、上記3つの変数のうちの残り1つの変数をパラメータとして、該2次元グラフを該2次元グラフ作成面に作成し、 その後は、該2つの変数のうちの少なくとも1つの変数に関し同じ値に対応する各2次元グラフの部分を線分で結ぶことにより、 上記の3つの変数について、疑似的な3次元グラフ Wherein each minimum value for the three variables, assuming a three-dimensional frame shape recognized by oblique display whose vertices maximum value, the surface of the stereo frame figure or two-dimensional graph plane parallel to the surface with the creation of a reference plane, at least one or more planes parallel to the two-dimensional graphing reference plane and a two-dimensional graphing surface in stereo frame in shape, on the two-dimensional graphing reference plane, the three variables thereby creating a two-dimensional graph showing the relationship between the two variables of, as parameters the remaining one variable of said three variables, creates the two-dimensional graph in the two-dimensional graphing surface, then , by connecting the portion of each of the two-dimensional graph corresponding to the same value at least with respect to one variable of the two variables in the line, for the above three variables, pseudo three-dimensional graph を作成して該疑似的な3次元グラフを表示することを特徴とする、疑似3次元グラフ表示方法。 Create a and displaying the pseudo 3-dimensional graph, the pseudo 3-dimensional graph display method.
  5. 【請求項5】 3つの変数についてそれぞれ最小値,最大値を頂点とする斜視表示で認識される立体枠図形を想定し、該立体枠図形のある面あるいはこの面に平行な面を第1の2次元グラフ作成基準面とするとともに、該立体枠図形内において該第1の2次元グラフ作成基準面に対し平行な少なくとも1以上の平面を第1の2次元グラフ作成面とし、 該第1の2次元グラフ作成基準面に、上記3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを作成するとともに、上記3つの変数のうちの残り1つの変数をパラメータとして、該2次元グラフを該第1の2次元グラフ作成面に作成し、 さらに、該立体枠図形において、該第1の2次元グラフ作成基準面と交差する第2の2次元グラフ作成基準面を規定するとともに、該立体枠図形内 The minimum value wherein each of the three variables, assuming a three-dimensional frame shape recognized by oblique display whose vertices maximum value, a surface or a plane parallel to the plane of the stereo frame figure first with a two-dimensional graphing reference plane, at least one or more planes parallel to the two-dimensional graphing reference surfaces of the first and second one-dimensional graphing surface in stereo frame in shape, the first a two-dimensional graphing reference plane, as well as creating a two-dimensional graph showing the relationship between the two variables of the above three variables, as parameters the remaining one variable of said three variables, the 2-dimensional graph the created two-dimensional graphing surfaces of the first and further, the stereo frame figure, as well as define a second two-dimensional graphing reference plane intersecting the two-dimensional graphing reference surfaces of the first, the within the three-dimensional frame figure おいて該第2の2 2 of Oite second
    次元グラフ作成基準面に対し平行な少なくとも1以上の平面を第2の2次元グラフ作成面とし、 該第2の2次元グラフ作成基準面に、該第1の2次元グラフ作成基準面上に2次元グラフを作成したときに使用した上記2つの変数と1つの変数が異なる2つの変数の関係を表した2次元グラフを作成するとともに、上記3 At least one or more planes parallel to the dimension graphing reference plane and a second two-dimensional graphing surface, a two-dimensional graphing reference surface of the second, the first two-dimensional graphing reference plane 2 together with the two variables and one of the variables used to create a two-dimensional graph showing the relationship between two different variables when creating a dimension graph, the 3
    つの変数のうち残り1つの変数をパラメータとして、該2次元グラフを該第2の2次元グラフ作成面に作成することにより、 上記の3つの変数について、疑似的な3次元グラフを作成して該疑似的な3次元グラフを表示することを特徴とする、疑似3次元グラフ表示方法。 As a parameter and the remaining one of variables One variable, by creating the two-dimensional graph on a two-dimensional graphing surface of the second, for the above three variables, to create a pseudo three-dimensional graph wherein and displaying a pseudo-three-dimensional graph, the pseudo 3-dimensional graph display method.
  6. 【請求項6】 3つの変数についてそれぞれ最小値,最大値を頂点とする斜視表示で認識される立体枠図形情報を設定する立体枠図形情報設定手段と、 該立体枠図形のある面あるいはこの面に平行な面を第1 The minimum value wherein each of the three variables, the three-dimensional frame shape information setting means for setting a three-dimensional frame shape information recognized by the perspective view of an apex maximum value, the surface or the surface of the stereo frame figure a plane parallel to the first
    基準面として、この第1基準面及び同第1基準面に対し平行な少なくとも1以上の平面に、上記3つの変数のうちの2つの変数の関係を表した2次元グラフを、上記3 As a reference surface, to the first reference plane and at least one or more planes parallel to the first reference plane, the two-dimensional graph showing the relationship between two variables of the above three variables, the 3
    つの変数のうちの残り1つの変数をパラメータとして、 As a parameter and the remaining one variable of the One of the variables,
    作成する第1の2次元グラフ群作成手段と、 該立体枠図形において、該第1基準面と交差する平面を第2基準面として、この第2基準面及び同第2基準面に対し平行な少なくとも1以上の平面に、第1の2次元グラフ群作成手段で2次元グラフを作成したときに使用した上記2つの変数と1つの変数が異なる2つの変数の関係を表した2次元グラフを、上記3つの変数のうち残り1つの変数をパラメータとして、作成する第2の2次元グラフ群作成手段と、 上記の立体枠図形情報設定手段,第1の2次元グラフ群作成手段及び第2の2次元グラフ群作成手段で得られた情報に基づいて描画を行なう描画手段と、 該描画手段の出力に応じて、該立体枠図形内に疑似的な3次元グラフを表示する表示手段とをそなえて構成されたことを特徴とす A first two-dimensional graph group creation means for creating, in the stereo frame figure, a plane that intersects the first reference plane as the second reference plane, parallel to the second reference plane and the second reference surface at least one or more planes, the two-dimensional graph in which the two variables and one variable used was showing a relationship two different variables when creating a two-dimensional graph in the first 2-dimensional graph group creation means, as a parameter and the remaining one variable out of the three variables, the second two-dimensional graph group creation means for creating said three-dimensional frame shape information setting means, preparing means and second first two-dimensional graph group 2 equipped with drawing means for drawing on the basis of the information obtained in the dimension graph group creating means, in response to the output of image drawing means, and display means for displaying a pseudo-three-dimensional graph in stereo frame in figure It is characterized in that it is configured 、疑似3次元グラフ表示装置。 Pseudo 3-dimensional graph display device.
JP31940895A 1995-12-07 1995-12-07 Method and device for displaying pseudo-three dimensional graph Withdrawn JPH09161083A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31940895A JPH09161083A (en) 1995-12-07 1995-12-07 Method and device for displaying pseudo-three dimensional graph

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31940895A JPH09161083A (en) 1995-12-07 1995-12-07 Method and device for displaying pseudo-three dimensional graph

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09161083A true JPH09161083A (en) 1997-06-20

Family

ID=18109863

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP31940895A Withdrawn JPH09161083A (en) 1995-12-07 1995-12-07 Method and device for displaying pseudo-three dimensional graph

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09161083A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001067486A (en) * 1999-07-01 2001-03-16 Lucent Technol Inc System and method for visualizing multi-dimensional data in spreasheet and other data structure
WO2017138118A1 (en) * 2016-02-10 2017-08-17 三菱電機株式会社 Display control device, display system, and display method

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001067486A (en) * 1999-07-01 2001-03-16 Lucent Technol Inc System and method for visualizing multi-dimensional data in spreasheet and other data structure
WO2017138118A1 (en) * 2016-02-10 2017-08-17 三菱電機株式会社 Display control device, display system, and display method
JP6239218B1 (en) * 2016-02-10 2017-11-29 三菱電機株式会社 Display control device, a display system and a display method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Parker et al. Interactive ray tracing for volume visualization
Balasubramaniam et al. Generating 5-axis NC roughing paths directly from a tessellated representation
Caendish et al. An apporach to automatic three‐dimensional finite element mesh generation
Ong et al. Growth distances: New measures for object separation and penetration
Larsson et al. Collision detection for continuously deforming bodies
KR100966956B1 (en) Image processing method and apparatus
US5056045A (en) Geometric processing system
Requicha et al. Solid modeling and beyond
US5337404A (en) Process and system for making computer-aided drawings using a contour inclusion tree associated planar map data structure
JP5232358B2 (en) Rendering of outline fonts
EP0076327B1 (en) Method of forming curved surface
EP0794516A2 (en) Image processing method and apparatus
US7245299B2 (en) Bicubic surface real-time tesselation unit
Saito et al. NC machining with G-buffer method
Abdel-Malek et al. Swept volumes: fundation, perspectives, and applications
US6629065B1 (en) Methods and apparata for rapid computer-aided design of objects in virtual reality and other environments
JP2630605B2 (en) Curved surface creation method
JP3203160B2 (en) Volume rendering apparatus and method
JP4046233B2 (en) The information processing apparatus
Kim et al. Voronoi diagram of a circle set from Voronoi diagram of a point set: I. Topology
JP4509789B2 (en) Computer-readable models
GB2378337A (en) 3D computer modelling apparatus
US5317682A (en) Parametric curve evaluation method and apparatus for a computer graphics display system
JPH077426B2 (en) Shape design method or shape prediction method
Mitani et al. 3D sketch: sketch-based model reconstruction and rendering

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20030304