New! View global litigation for patent families

JPH08288795A - Synthesizer receiver - Google Patents

Synthesizer receiver

Info

Publication number
JPH08288795A
JPH08288795A JP10910895A JP10910895A JPH08288795A JP H08288795 A JPH08288795 A JP H08288795A JP 10910895 A JP10910895 A JP 10910895A JP 10910895 A JP10910895 A JP 10910895A JP H08288795 A JPH08288795 A JP H08288795A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
data
station
frequency
broadcasting
area
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10910895A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hirokazu Imazeki
Toru Umetsu
浩和 今関
透 梅津
Original Assignee
Sony Corp
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE: To display a broadcasting station name at the time of selecting a preset channel.
CONSTITUTION: This synthesizer receiver is provided with a table for data indicating an area, data for the frequency of a broadcasting station to be received in the area and data for the station name of the broadcasting station, a memory 34 from which area data and frequency data are accessed and a display element 46. When 1st key operation is executed, data for the frequency of broadcasting to be received in a current receiving area are written in the memory 34. When 2nd key operation is executed, data indicating the area are selected and written in the memory 34. When a channel selection key is depressed, receiving frequency fRX is changed in accordance with the frequency data written in the memory 34 and the table is referred to by using the frequency data and the area data stored in the memory 34, so that the broadcasting station name data can be read out. The station name of the broadcasting station is displayed on the display element 46 based upon the read data.
COPYRIGHT: (C)1996,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】この発明はシンセサイザ受信機に関する。 BACKGROUND OF THE relating to the present invention is a synthesizer receiver.

【0002】 [0002]

【従来の技術】周波数シンセサイザ方式の受信機は、一般にプリセット受信機能を有し、放送局の周波数データをプリセットしておくことにより、ワンタッチで選局を行うことができるようにされている。 The receiver of the prior art frequency synthesizer system generally has a preset reception function, by previously preset frequency data of the broadcasting station, and is it possible to perform channel selection with a single touch.

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】ところが、これまでのシンセサイザ受信機においては、表示機能があっても、 [0007] However, in the synthesizer receiver up to this, even if there is a display function,
表示されるのは、選局された放送局の周波数であった。 Are displayed was the frequency of a broadcasting station which is tuned.
このため、ユーザは、放送局名と周波数との対応を憶えておく必要があり、使い勝手がよくなかった。 For this reason, the user, it is necessary to remember the correspondence between broadcasting station name and the frequency, ease of use was not good.

【0004】そこで、放送局名を表示できるようにすることが考えられるが、その場合でも、その放送局名はユーザが登録しておく必要があり、やっかいである。 [0004] Therefore, it is considered that to be able to display the station name, even in this case, the broadcast station name is the user must be registered, is cumbersome. まして、携帯したり、移動できる受信機においては、携帯先あるいは移動先で局名を登録しなおす必要があり、なおさらめんどうであった。 Much less, mobile phone or, in the receiver, which can be moved, there is a need to re-register the station name in the mobile destination or destination, was all the more troublesome.

【0005】この発明は、このような問題点を解決しようとするものである。 [0005] The present invention is intended to solve such a problem.

【0006】 [0006]

【課題を解決するための手段】このため、この発明においては、PLLの出力信号により受信信号の周波数変換を行うとともに、上記PLLにおける可変分周回路の分周比を変更することにより、受信周波数を変更するようにしたシンセサイザ受信機において、地域を示すデータと、その地域で受信できる放送局の周波数のデータと、 Means for Solving the Problems] Therefore, in the present invention, it performs frequency conversion of the received signal by the output signal of the PLL, by changing the division ratio of the variable frequency dividing circuit in the PLL, the receiving frequency in a synthesizer receiver which is adapted to change a data indicating an area, and data of frequencies of the broadcasting stations that can be received in the area,
その放送局の局名のデータとのテーブルと、上記地域を示すデータと、上記周波数のデータとがアクセスされるメモリと、表示素子とを有し、第1のキー操作を行ったとき、現在の受信地で受信できる放送の周波数のデータが上記メモリに書き込まれ、第2のキー操作を行ったとき、上記地域を示すデータが選択されて上記メモリに書き込まれ、選局キーの操作を行ったとき、上記メモリに書き込まれている周波数のデータにしたがって、上記受信周波数が変更されるとともに、上記メモリに書き込まれている周波数のデータおよび地域を示すデータを使用して上記テーブルを参照することにより、上記メモリに書き込まれている周波数のデータおよび地域を示すデータに対応する放送局の局名のデータが読み出され、この読み出された局名 A table of the broadcast stations of the station name data, and data representing the area, a memory for the data of the frequency is accessed, and a display device, when performing a first key operation, the current data of the frequency of the broadcast can be received at the receiving locations, is written in the memory, when performing the second key operation, data representing the area is selected and written in the memory, performs an operation tuning key when in accordance with data of the frequency written in the memory, together with the receiving frequency is changed, by referring to the table using the data indicating the data and local frequency written in the memory , the data of the station name of a broadcast station that corresponds to data indicating the data and local frequency written in the memory is read out, the read-out station name データにより上記表示素子に、上記変更された受信周波数の放送局の局名が表示されるようにしたシンセサイザ受信機とするものである。 On the display device by the data, it is an the synthesizer receiver as station name of the broadcast station of the changed reception frequency is displayed.

【0007】 [0007]

【作用】選局キーを押すと、その選局キーにセットされている周波数のデータにより選局が行われるとともに、 When you press the [action] tuning key, along with the channel selection is performed by the data of the frequency that has been set in the tuning key,
その周波数のデータと、地域のデータとにより放送局名のデータが選択され、この選択されたデータにより放送局名が表示される。 And the data of the frequency, data of the broadcast station name is selected by the area of ​​data, broadcasting station name is displayed by the selected data.

【0008】 [0008]

【実施例】図1に示す例においては、FM局を10局までプリセットできる場合であり、これは、周波数シンセサイザ方式に構成されたFM受信回路10を有する。 In EXAMPLES Example shown in FIG. 1, a case where the FM station can preset up to 10 stations, which has an FM receiver circuit 10 that is configured to the frequency synthesizer system.

【0009】すなわち、アンテナ11からの受信信号が、電子同調方式のアンテナ同調回路12に供給されて目的とする周波数fRXの放送波信号SRXが取り出される。 [0009] That is, the received signal from the antenna 11, a broadcast wave signal SRX frequency fRX of interest is taken out is supplied to an antenna tuning circuit 12 of an electronic tuning system.

【0010】そして、この信号SRXが、高周波アンプ1 [0010] Then, this signal SRX is, the high-frequency amplifier 1
3を通じてミキサ回路14に供給されるとともに、VC It is supplied to a mixer circuit 14 through 3, VC
O21から周波数fLOが、例えば、 fLO=fRX−fIF〔kHz〕 ・・・ (1) fIFは中間周波数で、例えば、fIF=10.7MHzの発振信号SLOが取り出され、この信号SLOがミキサ回路14に局部発振信号として供給され、信号SRXは中間周波信号SIF(中間周波数fIF)に周波数変換される。 Frequency fLO from O21 is, for example, fLO = fRX-fIF [kHz] ··· (1) fIF is an intermediate frequency, for example, is taken out oscillation signal SLO to fIF = 10.7 MHz, this signal SLO is the mixer circuit 14 is supplied as a local oscillation signal, the signal SRX is frequency-converted into an intermediate frequency signal SIF (intermediate frequency fIF).

【0011】さらに、この中間周波信号SIFが、中間周波アンプ15を通じてFM復調回路16に供給されてオーディオ信号が復調され、この信号がアンプ17を通じてスピーカ18に供給される。 Furthermore, the intermediate frequency signal SIF is supplied to an FM demodulation circuit 16 through an intermediate frequency amplifier 15 is demodulated audio signal, this signal is supplied to the speaker 18 via the amplifier 17.

【0012】そして、このとき、VCO21は、回路2 [0012] and, this time, is VCO21, circuit 2
2〜25とともに、PLL20を構成している。 With 2 to 25, make up the PLL20. すなわち、VCO21からの信号SLOが、可変分周回路22に供給されて1/Nの周波数に分周され、この分周信号が位相比較回路23に供給されるとともに、発振回路24 That is, the signal SLO from VCO21 is supplied to the variable frequency dividing circuit 22 is divided to a frequency of 1 / N, with the frequency divided signal is supplied to a phase comparator circuit 23, an oscillation circuit 24
から基準周波数、例えば周波数100kHzの発振信号が取り出され、この発振信号が比較回路23に供給され、その比較出力がローパスフィルタ25を通じてVCO21 Reference frequency from, for example, the oscillation signal of a frequency 100kHz is taken out, the oscillation signal is supplied to the comparator circuit 23, the comparison output through a low-pass filter 25 VCO 21
にその制御電圧として供給される。 It is supplied as a control voltage to the. また、フィルタ25 Also, the filter 25
の出力電圧が、同調回路12に選局電圧として供給される。 Output voltage of is supplied as a tuning voltage to the tuning circuit 12.

【0013】したがって、定常状態においては、分周回路22からの分周信号と、発振回路24の発振信号とは周波数が等しいので、このときの発振信号SLOの周波数fLOは、 fLO=N×0.1〔MHz〕 ・・・ (2) となり、(1)、(2)式から fRX=fLO+fIF =N×0.1+10.7〔MHz〕 となる。 [0013] Thus, in the steady state, the divided signal from the frequency dividing circuit 22, the frequency and the oscillation signal of the oscillation circuit 24 are equal, the oscillation signal SLO frequency fLO of this time, fLO = N × 0.1 [MHz] (2), and a (1), (2) fRX from the equation = fLO + fIF = N × 0.1 + 10.7 [MHz].

【0014】したがって、分周比Nを、653〜793の間において「1」ずつ変化させれば、局部発振周波数fLO [0014] Thus, the frequency division ratio N, be changed by "1" during the 653 to 793, the local oscillation frequency fLO
が、65.3MHz〜79.3MHzの間を100kHzの周波数ステップで変化するので、受信周波数fRXは、FM放送波帯、 But, since the changes at a frequency step of 100kHz between 65.3MHz~79.3MHz, received frequency fRX is, FM broadcast wave band,
すなわち、76MHz〜90MHzの周波数帯を100kHzの周波数ステップで、かつ、分周比Nに対応して変化することになる。 That is, the frequency step of 100kHz frequency bands 76MHz~90MHz, and will vary in response to the division ratio N.

【0015】さらに、この受信機は、システムコントロール用のマイクロコンピュータ30を有する。 Furthermore, the receiver has a microcomputer 30 for system control. このマイクロコンピュータ30は、CPU31と、各種の処理ルーチンが書き込まれているROM32と、ワークエリア用のRAM33と、各種のデータを記憶するためのメモリ34とを有し、これらメモリ32〜34はシステムバス39を通じてCPU31に接続されている。 The microcomputer 30 includes a CPU 31, a ROM32 which various processing routines are written, and RAM33 for work area, and a memory 34 for storing various data, these memory 32-34 System It is connected to the CPU31 through the bus 39.

【0016】そして、ROM32には、処理ルーチンの一部として、例えば、図5に示すオートプリセットルーチン100、図8に示すマニュアルプリセットルーチン200、図9に示す地域名登録ルーチン300、図12 [0016] Then, the ROM 32, as part of the processing routine, for example, auto-preset routine 100 shown in FIG. 5, manual preset routine 200 shown in FIG. 8, region name registration routine 300 shown in FIG. 9, FIG. 12
に示すプリセット受信ルーチン400が用意される。 Preset reception routine 400 shown in are prepared.

【0017】さらに、ROM32は、例えば、図2に示すような地域テーブルTKTBLと、図3に示すような放送局テーブルFMTBLとを有する。 Furthermore, ROM 32 includes, for example, a local table TKTBL as shown in FIG. 2, a broadcasting station table FMTBL as shown in FIG.

【0018】この場合、地域テーブルTKTBLは、地域名データTKDTと地域コードTKCDとの対応テーブルである。 [0018] In this case, the region table TKTBL is a correspondence table with the local name data TKDT and area code TKCD.
そして、地域名データTKDTは、例えば都道府県単位で、 Then, the region name data TKDT, for example, in each prefecture,
その都道府県名をJISコードで示したデータであり、 The prefecture name is data shown in the JIS code,
これがあいうえお順で配列されている。 This has been arranged in alphabetical order. また、地域コードTKCDは、その都道府県名を指定するコード番号である。 In addition, area code TKCD is a code number that specifies the state name.

【0019】さらに、放送局テーブルFMTBLは、周波数のデータと、その周波数を使用している放送局の局名のデータFMNMと、その放送局を受信できる地域の地域名のデータとの対応テーブルである。 [0019] In addition, the broadcasting station table FMTBL is, the frequency of the data, in the corresponding table of the data FMNM of the station name of the broadcasting stations that are using the frequency, and the data of the local name of the region that can receive the broadcast stations is there.

【0020】この例においては、周波数のデータとして、その周波数に対応する分周比Nが使用されているとともに、周波数順に設けられ、局名データFMNMは、その局名をJISコードで示したデータとされている。 [0020] Data In this example, as the data of the frequency, with the frequency dividing ratio N corresponding to the frequency is used, provided the frequency order, the station name data FMNM is showing the station names in JIS code there is a. さらに、地域名のデータは、その地域名を、テーブルTKTBL In addition, the data of the region name, the region name, table TKTBL
により変換したときの地域コードTKCDで示している。 It is shown in the area code TKCD at the time of conversion by.

【0021】例えば、最上段は、N=654の周波数(fR [0021] For example, the top row, the frequency of N = 654 (fR
X=76.1MHz)を、「FM岩手」および「福井FM」が使用しているとともに、これらの放送局が、岩手県および富山県で受信できることを示している。 The X = 76.1MHz), together with the "FM Iwate" and "Fukui FM" is used, these broadcasting stations, have shown that that can be received by the Iwate Prefecture and Toyama Prefecture.

【0022】なお、かっこ内は、分周比Nおよび地域コードTKCDに対応する周波数fRXおよび地域名を、参考のため示すもので、テーブルFMTBLには含まれない。 [0022] Incidentally, in parentheses, the frequency fRX and region name corresponding to the division ratio N and area code TKCD, shows for reference, not included in the table FMTBL. また、以下の説明においては、分周比Nおよび地域コード In the following description, the frequency division ratio N and area code
TKCDを図示するとき、対応する周波数fRXおよび地域名を、参考のため、かっこ内に示す。 When shown the TKCD, the corresponding frequency fRX and local names, for reference, it is shown in parentheses.

【0023】さらに、メモリ34は、データの消去および書き込みを電気的に行うことのできるROMとされ、 Furthermore, memory 34 is a ROM that can be erased and writing data electrically,
あるいは、図示はしないが、電池によりバックアップされたRAMとされ、すなわち、メモリ34は不揮発性メモリとされ、電源をオフにしたときでも、書き込まれたデータを保持できるようにされている。 Alternatively, although not shown, it is a RAM backed up by a battery, i.e., the memory 34 is a nonvolatile memory, even when the camera is turned off, and the written data is to be maintained.

【0024】そして、メモリ34には、例えば図4に示すように、10局分のプリセットエリアP0〜P9を有するプリセットテーブルPSTBLが用意されるとともに、その各プリセットエリアP0〜P9には、分周比Nと、地域テーブルTKTBLの地域コードTKCDとを1組ずつ記憶できるようにされている。 [0024] Then, the memory 34, for example, as shown in FIG. 4, the preset table PSTBL is prepared having a preset area P0~P9 of 10 stations min, to their respective preset area P0~P9 is divide the ratio of N, which is to be stored one by one set and area code TKCD local table TKTBL.

【0025】さらに、図1において、システムバス39 Furthermore, in FIG. 1, system bus 39
に、出力ポート41および入力ポート42が接続される。 The output port 41 and input port 42 is connected. そして、ポート41が分周回路32に接続され、C The port 41 is connected to the frequency divider 32, C
PU31からの分周比Nが、ポート41を通じて分周回路22にセットされる。 Division ratio N from the PU31 is set to the frequency divider 22 through the port 41.

【0026】また、中間周波アンプ15に検出回路19 [0026] In addition, the detection to an intermediate frequency amplifier 15 circuit 19
が接続され、この検出回路19において、中間周波信号SIFのレベルを検出することにより、受信信号SRXの受信レベルが所定のレベル以上のとき、“H”となる検出信号S19が取り出され、この信号S19がポート42を通じてCPU31に取り込まれる。 There are connected, in the detection circuit 19, by detecting the level of the intermediate frequency signal SIF, when the reception level of the reception signal SRX is equal to or greater than a predetermined level, the "H" to become the detection signal S19 is taken out, the signal S19 is incorporated into the CPU31 through the port 42.

【0027】さらに、システムバス39には、インターフェイス回路43を通じて、各種の操作キーKAP〜KEN [0027] In addition, the system bus 39, via the interface circuit 43, various operation keys of KAP~KEN
Tおよび10局分の選局キーK0〜K9が接続される。 Tuning key K0~K9 of T and 10 stations worth is connected. なお、キーK0〜K9は、プリセットテーブルPSTBLのプリセットエリアP0〜P9に対応する。 Incidentally, the key K0~K9 corresponds to the preset area P0~P9 preset table PSTBL. また、キーKAP〜K In addition, key KAP~K
9は、いずれもノンロックタイプのプッシュスイッチにより構成される。 9 are each composed of non-lock type push switch.

【0028】さらに、システムバス39には、ディスプレイコントローラ44を通じて表示用のメモリ45が接続されるとともに、ディスプレイ素子、この例においては、LCD46が接続される。 Furthermore, the system bus 39, along with the memory 45 is connected for display via a display controller 44, display elements, in this example, it is connected to LCD 46.

【0029】そして、ディスプレイコントローラ44にデータが供給されると、コントローラ44により、そのデータがメモリ45に書き込まれるとともに、所定の周期で読み出され、その読み出されたデータが表示データ変換されてLCD46に供給され、LCD46には、コントローラ44に供給されたデータに対応した文字(数字および記号を含む)が表示される。 [0029] When the data is supplied to the display controller 44, the controller 44, together with the data is written into the memory 45 is read out at a predetermined cycle, the read data is displayed is data conversion It is supplied to the LCD 46, the LCD 46, a character corresponding to the data supplied to the controller 44 (including numbers and symbols) are displayed.

【0030】このような構成によれば、マイクロコンピュータ30により、以下のような処理あるいは動作が行われる。 According to this arrangement, the microcomputer 30, the following process or operation is performed.

【0031】[オートプリセット]これは、受信地で受信できる放送局を、選局キーK0〜K9に自動的にプリセットするとともに、放送局名を表示するためのデータを登録する場合である。 [0031] [Auto Preset] This is, the broadcasting stations that can be received by the receiving area, automatically with preset channel selection key K0~K9, is a case to register the data for displaying the broadcast station name.

【0032】そして、この場合には、操作キーKAP〜K [0032] and, in this case, the operation key KAP~K
9のうちのオートプリセットキーKAPを押すと、CPU If you press the auto-preset key KAP of the 9, CPU
31によりオートプリセットルーチン100が実行されてキーK0〜K9に放送局がプリセットされる。 31 broadcasting stations are auto preset routine 100 is executed key K0~K9 is preset by.

【0033】すなわち、キーKAPを例えば2秒以上押し続けると、CPU31の処理がルーチン100のステップ101からスタートし、次に、ステップ102において、可変分周回路22の分周比Nが、最小値653から「1」ずつインクリメントされていき、これにより受信周波数fRXが100kHzステップで次第に高くされていく。 [0033] That is, when pressing the key KAP example 2 seconds or more, then start processing CPU31 is from step 101 of the routine 100, then, in step 102, the frequency division ratio N of the variable frequency dividing circuit 22, the minimum value 653 will be incremented by "1" from which the received frequency fRX is gradually being gradually increased in 100kHz steps.

【0034】また、このとき、各受信周波数ごとに検出信号S19をチェックすることにより、その受信周波数において、FM信号SRXを所定のレベル以上で受信できるかどうかがチェックされ、受信できるときには、そのときの受信周波数fRXを与えている分周比Nが、図6Aに示すように、メモリ34のエリアP0〜P9に順に書き込まれていく。 Further, at this time, by checking the detection signal S19 for each reception frequency, in the received frequency, it is checked whether it can receive the FM signal SRX is above a predetermined level, the, at that time when it can be received division ratio N that gives a reception frequency fRX of, as shown in FIG. 6A, will be written sequentially in the area P0~P9 memory 34.

【0035】こうして、オートプリセットキーKAPを押すと、FM放送波帯がスキャンされ、規定の受信レベルのFM局があると、その放送周波数に対応する分周比N [0035] Thus, pressing the auto preset key KAP, FM broadcast wave band is scanned, if there is a FM station reception level prescribed frequency division ratio N corresponding to the broadcast frequency
が、メモリ34に登録されていく。 But, it is registered in the memory 34.

【0036】そして、FM放送波帯の全域について受信レベルがチェックされると、あるいはメモリ34のエリアP0〜P9のすべてに、分周比Nが書き込まれると、処理はステップ103に進む。 [0036] When the reception level for the entire region of the FM broadcast wave band is checked, or to all areas of the memory 34 P0 to P9, the frequency dividing ratio N is written, the process proceeds to step 103. このステップ103においては、操作キーKAP〜K9のうちのアップキーK+を押すと、地域テーブルTKTBLから地域名のデータTKDTが、正順(地域コードTKCDの増加する方向)に読み出されるとともに、その読み出された地域名データTKNMがコントローラ44に供給される。 In step 103, pressing the up key K of the operation keys KAP~K9 +, along with the data TKDT locality name from the region table TKTBL is read in forward order (direction of increasing local code TKCD), its read-out region name data TKNM is supplied to the controller 44.

【0037】したがって、図7A〜Cに示すように、L [0037] Therefore, as shown in FIG. 7A-C, L
CD46には、地域名データTKDTによる地域名が、アップキーK+を押すごとにあいうえお順に表示されていく。 The CD46, local name by local name data TKDT is, will be displayed in alphabetical order each time you press the up key K +.

【0038】また、操作キーKAP〜K9のうちのダウンキーKーを押すと、地域テーブルTKTBLから地域名のデータTKDTが、逆順(地域コードTKCDの減少する方向)に読み出されるとともに、その読み出された地域名データTK [0038] In addition, pressing the down key K over of the operation key KAP~K9, along with the data TKDT regional name from the region table TKTBL is read out in the reverse order (in the direction of decreasing area code TKCD), read out the has been the region name data TK
NMがコントローラ44に供給される。 NM is supplied to the controller 44. したがって、LC Thus, LC
D46には、地域名データTKDTによる地域名が、ダウンキーKーを押すごとにあいうえお順とは逆順に表示されていく。 The D46, local name by local name data TKDT is, will be displayed in reverse order and alphabetical order each time you press the down key K over.

【0039】こうして、キーK+あるいはK-を押すと、 [0039] In this way, the key K + or K- If you press the,
LCD46には、地域名が順に選択されて表示されていくが、現在、自分のいる地域名が表示されたら、キーK The LCD46, When the region name is going to be displayed are selected in order, current, local name and your own is displayed, the key K
AP〜K9のうちのエンターキーKENTを押す。 Press the Enter key KENT of the AP~K9.

【0040】すると、CPU31の処理はステップ10 [0040] Then, the processing of the CPU31 Step 10
3からステップ104に進み、このステップ104において、図6Bに示すように、ステップ103で選択された地域名に対応する地域コードTKCDが、メモリ34のエリアP0〜P9のうち、ステップ102により、分周比N Proceeds from 3 to step 104, in step 104, as shown in FIG. 6B, area code TKCD corresponding to the region name selected in step 103, of the area of ​​the memory 34 P0 to P9, in step 102, minutes division ratio N
が登録されているすべてのエリアに登録される。 There is registered in all the areas that have been registered.

【0041】図6Bは、地域が「東京」の場合であり、 [0041] FIG. 6B is a case the region is "Tokyo",
したがって、この「東京」を示す地域コードTKCDとして「26」が登録された場合である。 Therefore, a case in which "26" is registered as a regional code TKCD showing this "Tokyo".

【0042】そして、この地域コードTKCDの登録が行われると、CPU31の処理はステップ105に進み、このルーチン100を終了する。 [0042] Then, when the registration of area code TKCD is performed, the processing of the CPU31 proceeds to step 105, and the routine is terminated 100.

【0043】したがって、オートプリセットキーKAPを押したときには、メモリ34には、受信可能な周波数の分周比Nが自動的に登録されるとともに、ユーザの選択した地域名の地域コードTKCDが登録される。 [0043] Therefore, when pressing the auto preset key KAP is in the memory 34, together with the dividing ratio N of the receivable frequency is automatically registered, area code TKCD users of the selected area name is registered that.

【0044】[マニュアルプリセット]これは、主として、任意の放送局を、選局キーK0〜K9のどれかにプリセットする場合である。 [0044] [Manual preset] This is, primarily, any of the broadcast station, is a case to be preset to any of the tuning key K0~K9.

【0045】そして、この場合には、まず、プリセットしたい放送局を、後述する方法であらかじめ選局しておく。 [0045] and, in this case, first, the station you want to preset, in advance tuning in a manner which will be described later. そして、次に、その放送局をプリセットしたい選局キーKi(i=0〜9のどれか)を、例えば3秒以上押し続ける。 And, then, press and hold the broadcasting station preset you want tuning key Ki (i = 0~9 any of), for example, three seconds or more.

【0046】すると、CPU31の処理が、マニュアルプリセットルーチン200のステップ201からスタートし、次に、ステップ202において、プリセットテーブルPSTBLのエリアP0〜P9のうち、押された選局キーKiに対応するエリアPiに、現在受信している周波数f [0046] Then, the area processing CPU31 is started from step 201 of manual preset routine 200, then, in step 202, among the preset table PSTBL area P0 to P9, which corresponds to the pressed tuning key Ki to Pi, the frequency currently being received f
RXの分周比N(分周回路22にセットされている分周比N)が、書き込まれる。 Dividing ratio of RX N (frequency dividing circuit dividing ratio is set to 22 N) is written.

【0047】続いて、CPU31の処理はステップ20 [0047] Subsequently, processing of the CPU31 step 20
3に進み、このルーチン200を終了する。 Proceed to 3, and the routine is terminated 200.

【0048】したがって、任意の選局キーKiに、現在受信中の放送局をプリセットできたことになる。 [0048] Thus, in any of the tuning key Ki, so that was able to preset the broadcast station currently being received.

【0049】[地域名のセット]これは、上述の[マニュアルプリセット]によりプリセットされた放送局の局名を表示させるために、その地域名をセットする場合である。 [0049] [set of local name] This is because, in order to display the station name of the broadcast station which has been preset by the [manual preset] described above, a case that set the region name.

【0050】そして、この場合には、まず、[マニュアルプリセット]によりプリセットされた放送局を選局する。 [0050] and, in this case, first, to select a broadcasting station which has been preset by the [manual preset]. この選局は、選局キーKiを押すことにより実現されるが、その点については、後述する。 The channel selection is realized by pressing the tuning key Ki, on that point it will be described later. また、以下においては、プリセットテーブルPRTBLの内容が図6Bに示すとおりであり、選局キーK0を押すことにより、これに対応したN=657(fRX=76.4MHz)の放送局を選局ている場合を例にとって説明する。 In the following, the contents of the preset table PRTBL is as shown in FIG. 6B, by pressing the tuning key K0, and tuning the broadcasting station of N = 657 which corresponds (fRX = 76.4MHz) to If it will be described as an example.

【0051】そして、次に、エンターキーKENTを例えば3秒以上押し続ける。 [0051] and, then, continue to press the Enter key KENT, for example, three seconds or more. すると、CPU31の処理が地域名登録ルーチン300のステップ301からスタートし、次にステップ302において、放送局テーブルFMTB Then, the processing of the CPU31 is started from step 301 of the region name registration routine 300, then in step 302, the broadcasting station table FMTB
Lのうち、現在受信している周波数fRXの分周比N(分周回路22にセットされている分周比N)の欄が参照され、その欄に用意されている放送局名のデータFMNMが読み出される。 Among L, column dividing ratio N (frequency dividing circuit dividing ratio is set to 22 N) of the frequency fRX being received is referred to, the data FMNM broadcasting station names are provided to the column It is read.

【0052】今の場合は、N=657であり、この分周比Nの欄には、放送局名のデータFMNMとして、「FM北海道」、「FM栃木」、「広島FM」が用意されているので、その第1番目の「FM北海道」のデータFMNMが読み出される。 [0052] In the case of now, is N = 657, in the column of the division ratio N, as data FMNM of the broadcasting station name, "FM Hokkaido", "FM Tochigi", which provides a "Hiroshima FM" because there, the first data FMNM of "FM Hokkaido" is read out.

【0053】そして、この読み出されたデータFMNMがコントローラ44に供給され、LCD46には、図10A [0053] Then, the read data FMNM is supplied to the controller 44, the LCD46, the FIG. 10A
に示すように、「FM北海道」の文字が表示される。 As shown in, the character of "FM Hokkaido" is displayed.

【0054】そして、今、受信している放送局が、LC [0054] and, now, the broadcasting station which is received, LC
D44に表示された放送局名の放送局ではない場合には、アップキーK+を押す。 If it is not in the broadcasting stations of the displayed broadcast station name in the D44, press the up key K +. すると、N=657の欄に用意されている次の「FM栃木」のデータFMNMが読み出されてコントローラ44に供給され、LCD46には、図1 Then, is supplied to the controller 44 data FMNM is read the "FM Tochigi" below which are provided by the column of N = 657, the LCD46, the Figure 1
0Bに示すように、「FM栃木」の文字が表示される。 As shown in 0B, the character of "FM Tochigi" is displayed.

【0055】こうして、アップキーK+を押すと、放送局テーブルFMTBLのうち、現在受信している周波数fRX [0055] Thus, when you press the up key K +, one of the broadcasting station table FMTBL, frequency currently being received fRX
の分周比N(=657)の欄に用意されている放送局名のデータFMNMによる放送局名が、正順にLCD46に表示され、キーK-を押すと、逆順に表示される。 Division ratio N (= 657) broadcasting station name by data FMNM broadcasting station names are provided in the column of, are displayed in normal order in LCD 46, and press the key K-, it is displayed in reverse order.

【0056】そして、該当する放送局名が表示されたら、例えば「広島FM」が該当していて「広島FM」が表示されたら、エンターキーKENTを押す。 [0056] Then, when the broadcasting station name appears appropriate, if for example "Hiroshima FM" is not applicable "Hiroshima FM" is displayed, press the Enter key KENT.

【0057】すると、CPU31の処理はステップ30 [0057] Then, the processing of the CPU31 step 30
2からステップ303に進み、このステップ303において、ステップ302の表示で使用した放送局名のデータFMNM(=広島FM)と、このときの分周比N(=65 Proceeds from 2 to step 303, in step 303, the data FMNM broadcasting station name used (= Hiroshima FM) in the display of step 302, the frequency division ratio of this time N (= 65
7)とを使用して、放送局テーブルFMTBLが参照され、そのデータFMNM、Nが対応する地域コードTKCD、今の場合、TKCD=36が取り出される。 7) and using, the reference broadcasting station table FMTBL is, the data FMNM, N is the corresponding area code TKCD, in this case, TKCD = 36 is extracted.

【0058】次に、CPU31の処理はステップ304 Next, processing of the CPU31 step 304
に進み、このステップ304において、ステップ303 Proceeds, in step 304, step 303
で取り出された地域コードTKCD(=36)が、プリセットテーブルPSTBLのエリアP0〜P9のうち、現在受信中の放送局を選局するために操作した選局キーKiに対応したエリアPi、今の場合は、図11に示すように、選局キーK0に対応したエリアP0に書き込まれる。 In the retrieved area code TKCD (= 36) is out of the preset table PSTBL area P0 to P9, area corresponding to the tuning key Ki that is operated to select a broadcast station being currently received Pi, now If, as shown in FIG. 11, it is written in the area P0 corresponding to the channel selection key K0.

【0059】そして、その後、CPU31の処理はステップ305に進み、このルーチン300を終了する。 [0059] Thereafter, the processing of the CPU31 advances to step 305 and terminates the routine 300.

【0060】したがって、このルーチン300によれば、選局キーKiにより選局を行った状態で、放送局名を選択してLCD46に表示させると、その受信周波数fRXおよび放送局名が対応する地域コードTKCDが、操作した選局キーKiに対応したエリアPiに登録されることになる。 [0060] Therefore, according to this routine 300, in a state that was tuning by tuning key Ki, and to be displayed on the LCD46 to select a station name, the received frequency fRX and a broadcast station name the corresponding region code TKCD is, will be registered in the area Pi corresponding to the operated channel selection key Ki.

【0061】[プリセット受信]これは、選局キーK0 [0061] [preset reception] This is, tuning key K0
〜K9を使用して選局を行う場合である。 It is a case of performing the channel selection using the ~K9.

【0062】すなわち、選局キーK0〜K9のうちの任意のキーKiを押すと、CPU31の処理が、プリセット受信選局ルーチン400のステップ401からスタートし、次にステップ402において、プリセットテーブル [0062] That is, press any key Ki of the channel selection key K0~K9, processing CPU31 is started from step 401 of the preset reception tuning routine 400, then in step 402, preset table
PSTBLのエリアP0〜P9のうち、押されたキーKiに対応するエリアPiから分周比Nが読み出され、これがPL Of PSTBL area P0 to P9, pressed key Ki division ratio N from the area Pi corresponding to the read, this is PL
L20の可変分周回路22にセットされる。 It is set to the variable frequency dividing circuit 22 of L20. したがって、この時点から選局キーPiにセットされている放送局を受信できることになる。 Therefore, it becomes possible to receive the broadcast station is set to the channel selection key Pi from this point.

【0063】続いて、CPU31の処理はステップ40 [0063] Subsequently, processing of the CPU31 step 40
3に進み、このステップ403において、プリセットテーブルPSTBLのエリアP0〜P9のうち、押されたキーKi Advances to 3, in step 403, among the areas P0~P9 preset table PSTBL, depressed key Ki
に対応するエリアPiから分周比Nと、地域コードTKCD And the division ratio N from the area Pi corresponding to region code TKCD
とが読み出され、これらデータN、TKCDを使用して放送局テーブルFMTBLが参照され、データN、TKCDが対応する放送局名のデータFMNMが取り出される。 DOO are read, these data N, is referred to the broadcasting station table FMTBL using TKCD, data N, the data FMNM broadcasting station names TKCD corresponding retrieved.

【0064】例えば、読み出されたデータN、TKCDが、 [0064] For example, the read-out data N, TKCD is,
N=657、TKCD=36であれば、これには、図11のプリセットテーブルFMTBLにおいて、「広島FM」のデータF If N = 657, TKCD = 36, This has the preset table FMTBL in FIG 11, data F "Hiroshima FM"
MNMが該当するので、この「広島FM」の文字コードがデータFMNMとして取り出される。 Since MNM are true, the character code of the "Hiroshima FM" is taken as a data FMNM.

【0065】そして、この取り出された放送局名のデータFMNMがコントローラ44に供給され、したがって、L [0065] Then, data FMNM of the retrieved broadcast station name is supplied to the controller 44, therefore, L
CD46には、図13に示すように、「広島FM」の文字が表示される。 The CD46, as shown in FIG. 13, a character of "Hiroshima FM" is displayed.

【0066】こうして、選局キーPiを押すと、そのキーPiに登録されている放送局が選局されるとともに、 [0066] Thus, along with the press the channel selection key Pi, broadcasting stations that are registered in the key Pi is tuned,
その放送局名がLCD46に表示される。 The broadcast station name is displayed on the LCD46.

【0067】[登録されていない放送局の選局]これは、プリセットテーブルPSTBLに登録されていない放送局を選局する場合である。 [0067] [tuning of the broadcast station that is not registered] This is a case that selects a broadcast station that is not registered in the preset table PSTBL.

【0068】そして、この場合には、任意の放送局を選局している状態で、キーK+あるいはK-を、ごく短い期間だけ押す。 [0068] and, in this case, in a state in which the tunes any of the broadcasting stations, key K + or K-, and press only a very short period of time. すると、キーK+あるいはK-を押すごとに、分周回路22の分周比Nが「1」ずつインクリメントあるいはディクリメントされ、受信周波数fRXが100 Then, each time the key is pressed K + or K-, the division ratio N of the frequency dividing circuit 22 is incremented or decremented by "1", the reception frequency fRX 100
kHzステップで上昇あるいは下降していく。 It rises or descends in kHz step. したがって、キーK+あるいはK-を短く押すことにより、受信周波数fRXを任意の周波数とすることができる。 Therefore, by pressing the key K + or K- the short can be the reception frequency fRX and any frequency.

【0069】また、キーK+あるいはK-を、例えば1秒以上押し続けていると、分周回路22の分周比Nが「1」ずつ連続的にインクリメントあるいはディクリメントされ、受信周波数fRXが100kHzステップで連続して上昇あるいは下降していく。 [0069] Also, the key K + or K-, the hold down or more, for example one second, the frequency division ratio N of the frequency dividing circuit 22 is continuously incremented or decremented by "1", the reception frequency fRX It rises or descends continuously in 100kHz steps. すなわち、スキャンが行われる。 That is, the scan is performed.

【0070】そして、ある受信周波数fRXがある周波数になったとき、放送を受信できたとすれば、そのとき、 [0070] Then, when it becomes to the frequency at which there is a reception frequency fRX, if were able to receive the broadcast, at that time,
検出信号S19が“H”レベルになるが、これがCPU3 Although the detection signal S19 becomes "H" level, which CPU3
1により検出され、その受信周波数でスキャンは停止し、以後、その周波数の受信状態となる。 Detected by 1, the scan stops at the reception frequency, hereinafter, the receiving state of that frequency.

【0071】こうして、キーK+あるいはK-を押すと、 [0071] In this way, the key K + or K- If you press the,
任意の周波数を選択あるいは受信することができる。 It can be selected or receive any frequency.

【0072】[まとめ]上述の受信機によれば、プリセットした受信周波数に対して、地域を選択するだけで、 [0072] According to Conclusion above receiver for receiving frequency preset, by simply selecting the area,
プリセット受信時、放送局の局名を自動的に表示することができる。 When the preset reception, it is possible to automatically display the station name of the broadcast station. また、受信周波数と放送局との対応を知らなくても、放送局の局名を表示することができる。 In addition, even if you do not know the correspondence between the broadcast station and a receiving frequency, it is possible to display the station name of the broadcast station. さらに、複雑な文字入力が設けなくても、放送局名を表示することができる。 In addition, it is not necessary to provide a complex character input, it is possible to display the broadcast station name.

【0073】 [0073]

【発明の効果】この発明によれば、選局キーを押すと、 Effects of the Invention] According to the invention, and press the channel selection key,
その選局キーにセットされている周波数のデータにより選局が行われるとともに、その周波数のデータと、地域のデータとにより放送局名のデータが選択され、この選択されたデータにより放送局名を表示することができる。 Along with the channel selection is performed by the data of the frequency that has been set in the channel selection key, and the data of the frequency, data of the broadcast station name is selected by the area of ​​the data, the broadcasting station name by the selected data it can be displayed.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】この発明の一例を示す系統図である。 1 is a system diagram showing an example of the present invention.

【図2】データテーブルの一例を示す図である。 2 is a diagram showing an example of a data table.

【図3】データテーブルの一例を示す図である。 3 is a diagram showing an example of a data table.

【図4】データテーブルの一例を示す図である。 4 is a diagram showing an example of a data table.

【図5】この発明の一部の一例を示すフローチャートである。 5 is a flowchart showing an example of a part of the present invention.

【図6】データテーブルの一例を示す図である。 6 is a diagram showing an example of a data table.

【図7】表示例を示す図である。 7 is a diagram showing a display example.

【図8】この発明の一部の一例を示すフローチャートである。 8 is a flowchart showing an example of a part of the present invention.

【図9】この発明の一部の一例を示すフローチャートである。 9 is a flowchart showing an example of a part of the present invention.

【図10】表示例を示す図である。 10 is a diagram showing a display example.

【図11】データテーブルの一例を示す図である。 11 is a diagram showing an example of a data table.

【図12】この発明の一部の一例を示すフローチャートである。 12 is a flowchart showing an example of a part of the present invention.

【図13】表示例を示す図である。 13 is a diagram showing a display example.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10 受信回路 12 アンテナ同調回路 14 ミキサ回路 15 中間周波アンプ 16 FM復調回路 20 PLL 21 VCO 22 可変分周回路 30 マイクロコンピュータ 31 CPU 32 ROM 33 メモリ 44 ディスプレイコントローラ 46 LCD 100 オートプリセットルーチン 200 マニュアルプリセットルーチン 300 地域名登録ルーチン 400 プリセット受信ルーチン K+ アップキー K- ダウンキー K0〜K9 選局キー KAP オートプリセットキー KENT エンターキー TKTBL 地域テーブル FMTBL 放送局テーブル PSTBL プリセットテーブル 10 receiving circuit 12 antenna tuning circuit 14 the mixer circuit 15 the intermediate frequency amplifier 16 FM demodulation circuit 20 PLL 21 VCO 22 variable divider 30 the microcomputer 31 CPU 32 ROM 33 memory 44 display controller 46 LCD 100 auto preset routine 200 manual preset routine 300 local name registration routine 400 preset receiving routine K + up key K- down key K0~K9 channel selection key KAP auto preset key KENT Enter key TKTBL region table FMTBL broadcasting station table PSTBL preset table

Claims (2)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】PLLの出力信号により受信信号の周波数変換を行うとともに、 上記PLLにおける可変分周回路の分周比を変更することにより、受信周波数を変更するようにしたシンセサイザ受信機において、 地域を示すデータと、その地域で受信できる放送局の周波数のデータと、その放送局の局名のデータとのテーブルと、 上記地域を示すデータと、上記周波数のデータとがアクセスされるメモリと、 表示素子とを有し、 第1のキー操作を行ったとき、現在の受信地で受信できる放送の周波数のデータが上記メモリに書き込まれ、 第2のキー操作を行ったとき、上記地域を示すデータが選択されて上記メモリに書き込まれ、 選局キーの操作を行ったとき、上記メモリに書き込まれている周波数のデータにしたがって、上記受信周波数 1. A performs frequency conversion of the received signal by the output signal of the PLL, by changing the division ratio of the variable frequency dividing circuit in the PLL, the synthesizer receiver which is adapted to change the reception frequency region and data indicating the data of the frequency of the broadcasting stations that can be received in the area, and the table with the data of the station name of the broadcast station, the data representing the area, a memory for the data of the frequency is accessed, and a display device, when performing a first key operation, when the data of the frequency of the broadcast that can be received by the current receiving locations are written in the memory, performing the second key operation, indicating the area data is selected and written in the memory, when performing an operation of channel selection key, according to the data of the frequency written in the memory, the receiving frequency が変更されるとともに、 上記メモリに書き込まれている周波数のデータおよび地域を示すデータを使用して上記テーブルを参照することにより、上記メモリに書き込まれている周波数のデータおよび地域を示すデータに対応する放送局の局名のデータが読み出され、 この読み出された局名のデータにより上記表示素子に、 Together but is changed, by referring to the table using the data indicating the data and local frequency written in the memory, corresponding to the data indicating the data and local frequency written in the memory station name data of a broadcast station that is read, on the display device by the data in the read station name,
    上記変更された受信周波数の放送局の局名が表示されるようにしたシンセサイザ受信機。 Synthesizer receiver as station name of the broadcast station of the changed reception frequency is displayed.
  2. 【請求項2】請求項1に記載のシンセサイザ受信機において、 第3のキー操作を行ったとき、任意の受信周波数について、その周波数のデータが上記メモリに書き込まれ、 第4のキー操作を行ったとき、第3のキー操作により書き込まれたデータの示す周波数が対応する放送局の局名が、上記表示素子に順に表示され、 その表示を確定したとき、その表示を確定したときの放送局に対応する地域を示すデータが選択されて上記メモリに書き込まれるようにしたシンセサイザ受信機。 2. A synthesizer receiver according to claim 1, when performing the third key operation, for any reception frequency, the data of the frequency written in the memory, performing a fourth key operation when in the station name of the broadcast station frequency indicated by the data written by the third key operation corresponding is displayed sequentially on the display device, when determined the display, the broadcast station when the determined its display synthesizer receiver data is to be selected by writing to the memory indicate corresponding regional.
JP10910895A 1995-04-10 1995-04-10 Synthesizer receiver Pending JPH08288795A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10910895A JPH08288795A (en) 1995-04-10 1995-04-10 Synthesizer receiver

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10910895A JPH08288795A (en) 1995-04-10 1995-04-10 Synthesizer receiver

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08288795A true true JPH08288795A (en) 1996-11-01

Family

ID=14501779

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10910895A Pending JPH08288795A (en) 1995-04-10 1995-04-10 Synthesizer receiver

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08288795A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8891414B2 (en) 2000-12-15 2014-11-18 Adaptix, Inc. Multi-carrier communications with adaptive cluster configuration and switching

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8891414B2 (en) 2000-12-15 2014-11-18 Adaptix, Inc. Multi-carrier communications with adaptive cluster configuration and switching
US8934445B2 (en) 2000-12-15 2015-01-13 Adaptix, Inc. Multi-carrier communications with adaptive cluster configuration and switching
US8934375B2 (en) 2000-12-15 2015-01-13 Adaptix, Inc. OFDMA with adaptive subcarrier-cluster configuration and selective loading
US8958386B2 (en) 2000-12-15 2015-02-17 Adaptix, Inc. Multi-carrier communications with adaptive cluster configuration and switching
US8964719B2 (en) 2000-12-15 2015-02-24 Adaptix, Inc. OFDMA with adaptive subcarrier-cluster configuration and selective loading
US9191138B2 (en) 2000-12-15 2015-11-17 Adaptix, Inc. OFDMA with adaptive subcarrier-cluster configuration and selective loading
US9203553B1 (en) 2000-12-15 2015-12-01 Adaptix, Inc. OFDMA with adaptive subcarrier-cluster configuration and selective loading
US9210708B1 (en) 2000-12-15 2015-12-08 Adaptix, Inc. OFDMA with adaptive subcarrier-cluster configuration and selective loading
US9219572B2 (en) 2000-12-15 2015-12-22 Adaptix, Inc. OFDMA with adaptive subcarrier-cluster configuration and selective loading
US9344211B2 (en) 2000-12-15 2016-05-17 Adaptix, Inc. OFDMA with adaptive subcarrier-cluster configuration and selective loading

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5628056A (en) Apparatus for converting TV audio signals for reception on a nearby AM and/or FM receiver
US20020102954A1 (en) Broadcast receiver
US4521915A (en) Processor controlled, scanning radio receiver having tabular storage of service band frequency codes
US4516170A (en) Dual mode UHF tuning system
US5355527A (en) Radio receiver with display memory and keys for displaying selecting, and storing station frequencies
US5471662A (en) Radio data system receiver
US5101508A (en) Radio receiver
US6957053B1 (en) Method for selection of a receiver tuning frequency
US4291414A (en) Radio receiver operable in station search mode or station select mode
EP1139574A2 (en) Receiver for a mobile unit
EP1022873A2 (en) Receiver for receiving both Digital Audio Broadcasts (DAB) as well as frequency modulated (FM) broadcasts comprising supplementary information
JPH10257402A (en) Set channel registration system
US6023613A (en) Synthesizer receiver for automatically tuning master stations and associated satellite stations in specified geographical areas
US5379454A (en) Station selection device in tuner for automatic selection according to input information
US5749048A (en) Receiver
US5465403A (en) Shortwave radio receiver with timer reception mode
US5640696A (en) Automatic station selecting and receiving apparatus and automatic station selecting and receiving method
US5710994A (en) Synthesized type receiver with PLL
US6266519B1 (en) Receiver
CN102324993A (en) Transregional automatic radio station switching method for vehicle-mounted radio
US5628061A (en) Synthesizer receiver
US5020142A (en) Automatic scanning tuner
US5757860A (en) Synthesizer receiver
EP0602438A1 (en) RDS broadcast receiver
US5048119A (en) Broadcast receiver for radio or television signals with storage and interchange of preset stations