JPH08161252A - Information processor and function extension device for extending function of the same - Google Patents

Information processor and function extension device for extending function of the same

Info

Publication number
JPH08161252A
JPH08161252A JP6297336A JP29733694A JPH08161252A JP H08161252 A JPH08161252 A JP H08161252A JP 6297336 A JP6297336 A JP 6297336A JP 29733694 A JP29733694 A JP 29733694A JP H08161252 A JPH08161252 A JP H08161252A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
processing apparatus
information processing
software
dedicated software
function
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP6297336A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takashi Endo
Yuki Inoue
Shunichi Yajima
由紀 井上
俊一 矢島
隆 遠藤
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Ltd, 株式会社日立製作所 filed Critical Hitachi Ltd
Priority to JP6297336A priority Critical patent/JPH08161252A/en
Publication of JPH08161252A publication Critical patent/JPH08161252A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PURPOSE: To provide a function extension device and a function extension system capable of completely eliminating the need of installation labor and time and activating an extended function on an application for which a dedicated software for performing the control is automatically installed to an information processor just by connecting the function extension device to the information processor.
CONSTITUTION: The dedicated software for controlling this function extension device 101, a voice synthesizer for instance, from the information processor 301 is provided inside the function extension device 101. Since the dedicated software is automatically installed to the information processor by the operating system of the information processor 301 when the function extension device 101 is mounted to the information processor 301, the need of the labor and time of installing the dedicated software by a user is eliminated and the voice synthesizer is used in an optional computer.
COPYRIGHT: (C)1996,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、情報処理装置の機能を拡張する機能拡張装置に係り、特に、情報処理装置に接続するだけで、情報処理装置上の任意のアプリケーションソフトウエアにおいて拡張機能が利用できるようになる機能拡張装置およびそのようにして機能拡張された情報処理装置に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention relates to a function expansion device for expanding the functions of the information processing apparatus, in particular, by simply connecting to the information processing apparatus, an extension in any application software on the information processing apparatus function expansion device becomes available and to Enhanced information processing apparatus in this way.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、電子計算機等の情報処理装置において、それ自身が装備していない機能を実現できるようにするため、その機能を実現するためのハードウエア資源とソフトウェアとを備えた拡張機能付加装置が提案されている。 BACKGROUND ART In recent years, an information processing apparatus such as a computer, in order to be able to realize the function of itself not equipped, extension and a hardware resource and software for realizing the function additional device has been proposed. このようなハードウェア装置を計算機本体に接続して、計算機本体の機能の拡張を行う装置の例として、計算機上の自然語テキストデータの読み上げを行う音声合成装置がある。 Such hardware devices connected to the computer main body, as an example of an apparatus for the expansion of the functions of the computer main body, a voice synthesizing apparatus for performing speech of natural language text data on a computer.

【0003】従来、音声合成装置を使用するには、ユーザは、まず、音声合成装置を計算機本体に接続することと、音声合成装置を計算機本体から制御するための専用ソフトウェアを、計算機本体に導入することとを行う必要があった。 Conventionally, to use a speech synthesizer, the user first, and connecting a speech synthesizer to the computer main body, a dedicated software for controlling the speech synthesizer from the computer main body, into the computer main body and there was a need to do that. そして、読み上げを行う場合には、ユーザは、計算機本体にインストールされた該専用ソフトウェアの起動を自身で行なう必要があった。 Then, when performing reading, the user had to perform the activation of the installed software the dedicated to the computer main body itself.

【0004】この種の音声合成装置は、計算機本体に導入した専用ソフトウェア中のテキストバッファに格納された文書データを読み上げるように構成されている。 [0004] This type of speech synthesizer is configured to read the document data stored in the text buffer in dedicated software introduced into a computer main body. そのため、ユーザが読み上げの命令を行うと、この専用ソフトウェアは、まず、記憶媒体上に格納されている読み上げたい文書のテキストデータを、当該専用ソフトウェアが管理するテキストバッファに読み込みを行なう。 Therefore, when the command of the user is reading, this dedicated software, first, text data of the document to be read aloud stored on a storage medium, for reading the text buffer in which the dedicated software manages. そして、この専用ソフトウェアは、読み上げの命令と、該専用ソフトウェア中のテキストバッファに格納してある文書データとを音声合成装置内に転送する。 Then, the dedicated software transfers the instruction reading, the document data stored in the text buffer in software the dedicated to the speech synthesizer. その結果、 as a result,
音声合成装置は、文書データと音声合成の命令とを受け取り、文書データについて音声を生成し、スピーカから音声を出力していた。 Speech synthesizer receives the instruction of the document data and voice synthesis, generates audio for document data, and has output an audio from the speaker.

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】このような従来の拡張機能付加装置を用いる場合、その装置を情報処理装置本体に接続することが必要なだけでなく、当該装置を制御するための専用ソフトウェアを情報処理装置にインストールする必要があった。 [Problems that the Invention is to Solve When using such a conventional extension additional device, not only a need to connect the device to the information processing apparatus main body, the dedicated software for controlling the device there was a need to be installed in the information processing apparatus. 例えば、音声合成装置の場合、 For example, if the speech synthesis device,
音声による読み上げを行うためには、音声合成を行うハードウェア装置を接続し、さらに、計算機本体に音声合成装置を制御するための専用ソフトウェアを、インストールする必要があった。 To perform reading by voice connects hardware device that performs speech synthesis, further dedicated software for controlling the speech synthesizer to the computer main body, it is necessary to install. そのため、専用ソフトウェアをインストールしていない情報処理装置では、拡張機能付加装置を接続しても、使用することができないという問題があった。 Therefore, in the information processing apparatus does not install the dedicated software, be connected to extension additional devices, there is a problem that can not be used.

【0006】また、従来の装置では、専用ソフトウェアを起動していなければ、その拡張機能を利用することができない。 [0006] In addition, in the conventional apparatus, if not start the dedicated software, it is not possible to use the extension. このため、拡張機能を利用するたびに、ユーザが専用ソフトウェアを起動しなければならない。 For this reason, every time you use the extension, the user must launch a dedicated software. 例えば、音声合成装置の場合、読み上げを行う時に、ユーザが、その専用ソフトウェアを起動しなければならない。 For example, if the speech synthesis device, when performing the reading, the user must start the dedicated software.
このため、ユーザにとって使い勝手が悪いという問題があった。 For this reason, there has been a problem that it is inconvenient for the user.

【0007】さらに、文書処理について拡張機能を利用する場合、従来の拡張機能付加装置では、専用ソフトウエアの管理下のテキストバッファに文書を格納する必要がある。 Furthermore, when using the extension for document processing, the conventional extension additional apparatus must store the document in the text buffer under control of a dedicated software. 例えば、音声合成装置の場合、その専用ソフトウェア中のテキストバッファに格納された文書データを読み上げるため、他のアプリケーションソフトウェア上の文書データを読み上げる場合には、他のアプリケーションソフトウェア上にある読み上げたい文書データをまずファイルにおとす必要があった。 For example, if the speech synthesis device, for reading out the document data stored in the text buffer in the dedicated software, when read the document data on the other application software, document data to be read aloud in the other application software it was necessary to drop in the first file. しかも、その専用ソフトウェアを起動し、専用ソフトウェアから該ファイルを読み込まなければならないため、ユーザにとって使い勝手が悪いという問題があった。 In addition, to launch its dedicated software, for from a dedicated software must read the file, there is a problem that usability is bad for the user.

【0008】ところで、最近、情報処理装置用の拡張ボードについて、その設定を自動的に行なえるようにするプラグ・アンド・プレイと呼ばれる標準仕様が検討されている(NIKKEI ELECTRTNICS 1994.1.31(no.600)pp96-1 [0008] By the way, recently, for the expansion board for the information processing apparatus, it has been considered the standard specification called plug-and-play to automatically perform so the setting (NIKKEI ELECTRTNICS 1994.1.31 (no. 600) pp96-1
01)。 01). しかし、この仕様は、ユーザが簡単に拡張ボードを設定できるようにすること、パーソナルコンピュータの動作時でも拡張ボードの抜き差しを可能にする活線挿抜機能などの追加、メーカが行なうユーザへの支援に伴う負担を軽減すること、を目的としている(同書96頁第3欄10行−97頁第1欄2行)。 However, this specification is to allow the user to easily set expansion board, add, such as hot-swap feature that allows the insertion and removal of the expansion board even during the operation of the personal computer, in support to the user by the manufacturer carried out reducing the burden, it is an object (first column 2, line page 96 page book column 3, line 10 -97). このプラグ・アンド・プレイと呼ばれる標準仕様では、もっぱら、 In the standard specification, called plug-and-play, exclusively,
拡張ボードの物理的レベルでの設定を自動的に行なえるようにするものである。 It is to set the physical level of the expansion boards automatically performed so. 拡張機能を実行するための専用ソフトウエアの設定および起動、ならびに、文書データの扱いについてまでは、考慮されていない。 Dedicated software for set up and start to run the extension, as well as, until the handling of the document data, have not been taken into account. 上記文献には、デバイス・ドライバを自動的に主記憶に読み込むことが考えられていることについて触れられているが(同書97頁図1)、その具体的な態様は明らかにされていない(同書99頁図3)。 The above document, although mention about the be loaded automatically main storage device driver believed (ibid page 97 Figure 1), specific embodiments thereof have not been elucidated (ibid 99 pages Figure 3).

【0009】従って、拡張機能追加装置を情報処理装置に接続する際の専用ソフトウエアの扱いについては、依然として解決すべき課題として残されている。 Accordingly, the dedicated software handling when connecting the extension additional device to the information processing apparatus is left as a problem to be solved yet.

【0010】本発明の第1の目的は、情報処理装置に、 [0010] The first object of the present invention, the information processing apparatus,
その機能を拡張するため装置を接続する際に、当該装置を情報処理装置に接続することにより、専用ソフトウエアを自動的に情報処理装置にインストールできる、情報処理装置の機能を拡張するための機能拡張装置および情報処理装置を提供することにある。 When connecting devices to extend its functionality, by connecting the device to the information processing apparatus can be automatically installed in the information processing apparatus dedicated software functions to extend the functions of the information processing apparatus It is to provide an expansion device and an information processing apparatus.

【0011】また、本発明の第2の目的は、拡張機能を利用する際の専用ソフトウエアの起動がアプリケーションソフトウエア上で行なうことができる情報処理装置を提供することにある。 [0011] A second object of the present invention is to dedicated software startup when using extension to provide an information processing apparatus capable of performing on the application software.

【0012】さらに、本発明第3の目的は、文書処理について拡張機能を利用する場合において、アプリケーションソフトウエア上にある文書について、ファイルに落すことなく、拡張機能を利用することができて、使い勝手のよい情報処理装置を提供することにある。 Furthermore, the present invention third object, in the case of using the extension for document processing, the documents on the application software, without lowering the file, it is possible to utilize an extension, usability and to provide a good information processing apparatus.

【0013】 [0013]

【課題を解決するための手段】上記第1の目的を達成するための本発明の第1の態様によれば、情報処理装置と接続されて、特定の機能を実行することにより、情報処理装置の機能を拡張するための機能拡張装置において、 Means for Solving the Problems According to a first aspect of the present invention for achieving the above first object, is connected to the information processing apparatus, by executing a particular function, the information processing apparatus in function expansion device for expanding the functions,
情報処理装置と接続するためのインタフェースと、特定の機能を実行するための処理を行なうと共に、処理結果を出力するための特定機能処理装置と、上記特定機能処理装置が特定の機能を実行するためのソフトウエア、および、処理装置の特定機能の実行を情報処理装置側で制御するための専用ソフトウエアを格納した記憶装置とを備え、かつ、情報処理装置に接続されたとき、上記記憶装置に格納されている専用ソフトウエアを情報処理装置に転送可能とするための手段を備えることを特徴とする機能拡張装置が提供される。 An interface for connecting the information processing apparatus, performs a process for executing a particular function, and the particular functional unit for outputting the processing result, for the specific function processing unit executes a specific function software, and, and a storage device for storing a dedicated software for controlling the information processing apparatus to perform certain functions of the processing unit, and, when connected to the information processing apparatus, in the storage device function expansion device, characterized in that it comprises means for enabling transfer dedicated software stored in the information processing apparatus is provided.

【0014】また、本発明の第2の態様によれば、特定の機能を実行する機能拡張装置を接続して、機能を拡張するためのシステムを有する情報処理装置において、情報処理を実行する主処理装置と、主処理装置が実行するソフトウエアおよびデータを格納する主記憶装置とを有し、上記主記憶装置には、オペレーティングシステムが少なくとも記憶され、オペレーティングシステムは、機能拡張装置が接続されたことを知らせる信号を受けると、機能拡張装置にたいして、その制御を行なうための専用ソフトエアの所在を問い合わせ、専用ソフトウエアが存在するとき、その専用ソフトウエアを主記憶装置に複写することにより、当該専用ソフトエアのインストールを行なうことを特徴とする情報処理装置が提供される。 [0014] According to a second aspect of the present invention, by connecting the function expanding device to perform a specific function, in an information processing apparatus having a system for extending the functions, the main executing the information processing includes a processor, a main memory for storing software and data host processor executes, the above-mentioned main memory, the operating system is at least stored, the operating system function expansion device is connected when receiving a signal indicating that, relative function expansion device, querying the location of the dedicated software air for performing the control, when the dedicated software is present, by copying the dedicated software in the main memory, the the information processing apparatus is provided which comprises carrying out the installation of special software air.

【0015】さらに、本発明の第3の態様によれば、特定の機能を実行する機能拡張装置を接続して、機能を拡張するためのシステムを有する情報処理装置において、 Furthermore, according to the third aspect of the present invention, by connecting the function expanding device to perform a specific function, in an information processing apparatus having a system for extending the functionality,
情報処理を実行する主処理装置と、主処理装置が実行するソフトウエアおよびデータを格納する主記憶装置とを有し、上記主記憶装置には、オペレーティングシステムが少なくとも記憶され、オペレーティングシステムは、 A main processor for executing information processing, and a main memory for storing software and data host processor executes, the above-mentioned main memory, the operating system is at least stored, the operating system,
機能拡張装置が接続されたことを知らせる信号を受けると、機能拡張装置にたいして、その制御を行なうための専用ソフトエアの所在を問い合わせ、専用ソフトウエアが存在するとき、その専用ソフトウエアを主処理装置のメモリ空間にマッピングすることにより、当該専用ソフトエアのインストールを行なうことを特徴とする情報処理装置が提供される。 When receiving a signal indicating that the function expansion device is connected, functions against expansion device inquires the location of the dedicated software air for performing the control, when the dedicated software is present, the main processor and the dedicated software by mapping the memory space, the information processing apparatus characterized by performing the installation of the dedicated software air is provided.

【0016】また、本発明の第2の目的および第3の目的を達成するための本発明の第4の態様によれば、特定の機能を実行する機能拡張装置を接続して、機能を拡張するためのシステムを有する情報処理装置において、機能拡張装置が接続されたことを知らせる信号を受けると、機能拡張装置にたいして、その制御を行なうための専用ソフトエアの所在を問い合わせ、専用ソフトウエアが存在するとき、その専用ソフトウエアを当該情報処理装置内に複写する手段と、情報処理装置内にあるアプリケーションソフトウエアにたいして、機能拡張装置が有する特定の機能をメニューに表示させる手段と、アプリケーションソフトウエア上で特定の機能が選択されたとき、専用ソフトウエアを起動して、機能拡張装置の制御を行なわせて、特定 [0016] According to a fourth aspect of the second object and the third present invention for achieving the object of the present invention, by connecting the function expanding device that performs a specific function, extends the functionality an information processing apparatus having a system for, when the function expansion device receives a signal indicating that it has been connected, with respect to the function expansion device, querying the location of the dedicated software air for performing the control, there is a dedicated software to time, it means for copying the dedicated software in the information processing apparatus, with respect to the application software in the information processing apparatus, and means for displaying a particular function menu with the function expansion device, an application software on in when a particular function is selected, to start the dedicated software, and to perform the control function expansion devices, certain 機能を実行させる手段とを備えることを特徴とする情報処理装置が提供される。 The information processing apparatus is provided, characterized in that it comprises a means for executing the function.

【0017】 [0017]

【作用】情報処理装置から、機能拡張装置、例えば、音声合成装置を制御する専用ソフトウェアを機能拡張装置内に設けており、該専用ソフトウェアは、カードを情報処理装置に装着すると、情報処理装置のオペレーティングシステムによって自動的に情報処理装置にインストールされるため、ユーザが専用ソフトウェアをインストールするなどの手間が不要となり、任意の計算機で音声合成装置を使用することが可能となる。 From the action information processing apparatus, the function expansion device, for example, a dedicated software for controlling the speech synthesizing apparatus in function expansion device, software the dedicated, when attaching the card to the information processing apparatus, an information processing apparatus to be installed automatically on the information processing apparatus by the operating system, the user is not required troublesome, such as installing a dedicated software, it is possible to use a speech synthesizer in any computer.

【0018】この専用ソフトウェアは、ユーザが使用しているアプリケーションソフト上に音声合成の機能を表示し、ユーザが使用しているアプリケーションソフトから音声合成の命令と文字データを受け取り、機能確証装置内にある特定の機能、例えば、音声合成制御部に該音声合成の命令と文字データを転送する。 [0018] The dedicated software displays the function of the speech synthesis on the application software the user is using, receives instructions and character data of the speech synthesis application software used by the user, in function confirmation device certain functions, for example, transferring instructions and character data for voice synthesis speech synthesis controller. このため、情報処理装置のオペレーティングシステムおよびアプリケーションソフトが音声合成の機能をサポートしていなくても、任意のアプリケーションソフト上で作成された文書データを音声で読み上げることが可能となる。 Therefore, the operating system and application software of the information processing apparatus without support to a voice synthesis, it is possible to read the document data created on any application software with voice.

【0019】 [0019]

【実施例】以下、本発明の実施例について図面を参照して説明する。 EXAMPLES The following will be described with reference to the accompanying drawings embodiments of the present invention.

【0020】本発明は、種々の機能を拡張するための機能拡張装置に適用することができる。 [0020] The present invention is applicable to the function expansion device for expanding the various functions. 以下では、その一例として、計算機(電子計算機)に、音声合成機能を拡張機能として付加するための装置である音声合成装置、 Hereinafter, as an example, a computer (electronic computer), voice synthesizer is a device for adding a voice synthesis function as an extension,
および、これを実現するための機能拡張システムの例について説明する。 And, an example of a function expansion system to achieve this. 特に、ここでは、カード型の形状を有する音声合成装置を用いる例を示す。 In particular, here, an example of using a speech synthesizer having a card-like shape. もちろん、本発明に適用することができる機能拡張装置は、カード型の形態に限定されるものではない。 Of course, the function expansion device can be applied to the present invention is not limited to the card type form. また、本発明は、計算機に限られず、情報処理を行なう装置であればよい。 Further, the present invention is not limited to the computer, it may be any apparatus for performing information processing. 例えば、制御用のコントローラ、情報記憶装置、通信制御装置等に適用することができる。 For example, the controller for controlling the information storage device can be applied to a communication control apparatus and the like.

【0021】図1は、本発明が適用される音声合成装置の機能構成を示すブロック図である。 [0021] FIG. 1 is a block diagram showing the functional arrangement of a speech synthesis device to which the present invention is applied. 図1に示すように、本発明の音声合成装置101は、カード型のケース101aに収容されたもので、内部に、音声合成装置1 As shown in FIG. 1, the speech synthesis device 101 of the present invention has been accommodated in the card-shaped case 101a, inside, the speech synthesizer 1
01自体の制御を行う音声合成制御部102と、文字データ等を格納するテキストデータ格納部103と、文字データから音声を生成する音声合成部104と、デジタル信号をアナログ信号に変換するD/A部105とを備える。 01 itself speech synthesis control unit 102 for controlling, the text data storage section 103 for storing character data and the like, a voice synthesizing unit 104 for generating speech from text data, D / A converting a digital signal into an analog signal and a section 105. また、音声合成装置101には、スピーカ106 Moreover, the speech synthesis device 101, the speaker 106
が接続される。 There is connected. このスピーカ106には、増幅器を内蔵してあるが、省略してもよい。 The speaker 106, but are built amplifier may be omitted. また、スピーカ106 In addition, the speaker 106
は、音声合成装置101に内蔵させてもよい。 It may be incorporated to the speech synthesizer 101. さらに、 further,
計算機本体301に設けてもよい。 It may be provided in the computer main body 301.

【0022】音声合成装置が収容されるカード型のケース101aは、例えば、ICカード、メモリカード等と同様の形状および大きさに形成することができる。 The card-shaped case 101a of the speech synthesis device is accommodated, for example, can be formed IC card, the same shape as the memory card or the like and size. このような大きさとすることにより、例えば、パームトップ型の情報処理装置、特に、電子手帳等情報処理装置に適用が可能となる。 With such a size, for example, palmtop information processing apparatus, in particular, applied becomes possible in the electronic notebook or the like information processing apparatus. もちろん、本発明の機能拡張装置は、 Of course, the function expansion device of the present invention,
これより大きな情報処理装置にも適用できることはいうまでもない。 It is naturally applicable than this large information processing apparatus.

【0023】音声合成制御部102は、音声合成装置1 The speech synthesis controller 102, speech synthesizer 1
01が装着される計算機本体から音声合成装置101の制御を行うための専用ソフトウェアを有している。 01 has a dedicated software controls the speech synthesizer 101 from the computer main body to be mounted. この専用ソフトウェアは、カード型音声合成装置101を計算機本体に装着すると、計算機本体のオペレーティングシステムによって、計算機本体にインストールされる。 The dedicated software when installing the card-type speech synthesizer 101 to a computer main body, by the computer main body of the operating system is installed in the computer main body.
専用ソフトウェアの機能は、計算機本体のアプリケーション上に音声合成の機能を表示することと、計算機本体のアプリケーションソフトからオペレーティングシステムを介して、音声合成の命令と文字データを音声合成制御部102に転送することである。 Function of the dedicated software, and displaying the function of the speech synthesis on the computer main body application, from the application software of the computer main body through the operating system, and transfers instructions and character data for voice synthesis in speech synthesis controller 102 it is.

【0024】音声合成制御部102は、音声合成の命令を音声合成部104に転送し、文字データをテキストデータ格納部103に転送する。 The speech synthesis controller 102 transfers the instruction of the speech synthesis to the speech synthesizing section 104, and transfers the character data in the text data storing unit 103.

【0025】テキストデータ格納部103は、計算機本体から転送される文字データを格納する。 The text data storage unit 103 stores the character data to be transferred from the computer main body. テキストデータ格納部103は、音声合成制御部102の命令を受けて、文字データを音声合成部104に転送する。 Text data storing unit 103 receives the instruction of the speech synthesis control unit 102 transfers the text data to the voice synthesis unit 104.

【0026】音声合成部104は、テキストデータ格納部103から文字データを受け取る。 The speech synthesis unit 104 receives character data from the text data storage section 103. 音声合成部104 Speech synthesis unit 104
は、規則合成処理を行って、受け取った文字データを音声信号に変換する。 Performs rule-based synthesis process, converts the character data received in the speech signal.

【0027】D/A部105は、該音声信号をアナログ信号に変換し、スピーカ106から音声出力を行う。 The D / A unit 105 converts the voice signal into an analog signal, performs audio output from the speaker 106.

【0028】図2は、音声合成装置101のハードウェアシステム構成の一例を示す。 [0028] Figure 2 shows an example of a hardware system configuration of the speech synthesis device 101. 図2において、本実施例の音声合成装置101は、計算機本体と接続するためのカードインターフェース201と、CPU202と、R 2, the speech synthesis device 101 of this embodiment includes a card interface 201 for connecting to the computer main body, a CPU 202, R
OM204と、メモリ205とを有する。 And OM204, and a memory 205. これらは、バス203を介して命令およびデータの転送をおこなう。 These transfers instructions and data via the bus 203.
また、音声合成装置101は、計算機本体のバスに着脱可能であり、計算機本体のバスを介して、計算機本体からの命令およびデータの転送を行う。 The speech synthesis device 101 is detachable from the bus of the computer main body, via a bus of a computer main body, and transfers instructions and data from the computer main body. また、ROM20 In addition, ROM20
4は、計算機本体のバスに、カードインターフェース2 4, the bus of the computer main body, a card interface 2
01を介して接続が可能である。 01 has attachment through.

【0029】カードインターフェース201は、計算機本体301と接続可能なコネクタ(図示せず)と、コネクタが物理的に接続されたか否かを検知する接続状態検知回路201aを有する。 The card interface 201 has a connectable and computer body 301 connector (not shown), the connection state detection circuit 201a to which the connector is detected whether or not physically connected. 接続状態検知回路201a Connecting state detection circuit 201a
は、例えば、コネクタの電源線を監視し、電源線のレベルが変化したとき、コネクタが接続されたことを検知する。 It is, for example, monitors the power supply line of the connector, when the level of the power supply line is changed, it is detected that the connector is connected. もちろん、接続状態検知回路201aは、他の方法でコネクタの接続を検知してもよい。 Of course, the connection state detection circuit 201a may detect the connection of the connectors in other ways. 接続状態検知回路201aは、コネクタが接続されたことを検知すると、 Connecting state detection circuit 201a detects that the connector is connected,
その検知信号をCPU202に通知する。 And it notifies the detection signal to the CPU 202. この信号に基づいて、CPU202は、音声合成装置101の装着完了を示す信号を計算機本体301に送る。 Based on this signal, CPU 202 sends a signal indicating the wearing completion of the speech synthesizer 101 to the computer main body 301. なお、音声合成装置101の装着完了を示す信号を、接続状態検知回路201aが計算機本体301に直接送るようにしてもよい。 Incidentally, a signal indicating the wearing completion of the speech synthesis device 101, the connection state detection circuit 201a may also be sent directly to the computer body 301. また、計算機本体301に、接続状態検知回路を設けてもよい。 Further, the computer main body 301 may be provided with a connection state detection circuit.

【0030】ROM204には、図4に示すように、計算機本体のアプリケーションソフト上に音声合成機能を付加し、計算機本体301のアプリケーションソフトから音声合成装置101に、音声合成の命令と文字データの転送を行う専用ソフトウェア206、音声合成を行うためのソフトウェア207、規則合成処理に使用する音声素片データ208、音声辞書209と、音声合成装置101と計算機本体とのデータの授受の制御を含む当該音声合成装置101の制御を行なう制御ソフトウエア2 [0030] ROM204, as shown in FIG. 4, by adding a voice synthesis function on application software of the computer main body, the speech synthesizer 101 from the application software of the computer main body 301, the instructions and character data for voice synthesis transfer the speech containing dedicated software 206, software 207 for performing speech synthesis, speech segment data 208 to be used for rule synthesis process, a voice dictionary 209, the control of the exchange of data between the voice synthesizer 101 and the computer body to perform control software 2 for controlling the synthesizer 101
04aとが格納されている。 And 04a are stored. メモリ205には、図4に示すように、計算機本体から転送されるテキスト(文字データ)103、読みアクセント情報207、合成波形208等が格納されている。 The memory 205, as shown in FIG. 4, the computer text to be transferred from the body (character data) 103, accent information 207 read, such as a synthetic waveform 208 is stored.

【0031】制御ソフトウエア204aは、例えば、音声合成装置101の装着完了信号の送出処理、計算機本体301からの、専用ソフトウエアインストール時の専用ソフトウエアの所在等の問い合わせに対する応答処理等のためのプログラムを有する。 The control software 204a can be, for example, transmission processing of the mounting completion signal of the speech synthesis device 101, the computer from the main body 301, for the response processing and the like to the inquiry of the location such as the dedicated software when the dedicated software installed having a program. CPU202は、制御ソフトウエア204aに基づいて、装着完了信号の送出処理、専用ソフトウエアインストール時の応答処理等を実行する。 CPU202 is controlled on the basis of software 204a, it executes the mounting process of sending completion signal, the response processing when the dedicated software installed like. なお、専用ソフトウエアインストール時の応答処理は、ハードウエアロジックで実現してもよい。 It should be noted that the response process at the time of dedicated software installed, may be implemented in hardware logic. その場合、当該ハードウエアロジックは、例えば、カードインタフェース201に内蔵させてもよい。 In that case, the hardware logic, for example, may be incorporated into the card interface 201.

【0032】なお、D/A部105のD/A変換は、C [0032] Incidentally, D / A conversion of the D / A unit 105, C
PU202により実現される。 It is realized by PU202. もちろん、独立のD/A Of course, independent of the D / A
変換器を備えてもよい。 It may comprise a transducer.

【0033】図3は、計算機本体301に音声合成装置101を装着した場合のシステム構成の一例を表す図である。 [0033] FIG. 3 is a diagram in the computer main body 301 represents an example of a system configuration when wearing the speech synthesizer 101. 計算機本体301は、テキストバッファ302を持つオペレーティングシステム303によって動作する。 Computer main body 301 is operated by an operating system 303 having a text buffer 302. アプリケーションソフト304は、オペレーティングシステム303上で動作する。 Application software 304 operates on the operating system 303. なお、計算機本体30 In addition, the computer main body 30
1には、図4に示すように、表示装置500が接続される。 The 1, 4, the display device 500 is connected.

【0034】次に、音声合成装置101を計算機本体3 Next, computer main body 3 of the speech synthesizer 101
01に装着し、音声合成制御部102から計算機本体3 01 attached, computer main body 3 from the speech synthesis control section 102
01へ専用ソフトウエアをインストールする処理について説明する。 01 to a description will be given of a process to install a dedicated software.

【0035】音声合成装置101を計算機本体301に装着すると、装着完了の信号が計算機本体301のオペレーティングシステム303に送られる。 [0035] When mounting the speech synthesizer 101 to the computer main body 301, the signal mounting completion is sent to the operating system 303 of the computer main body 301. 計算機本体3 Computer body 3
01のオペレーティングシステム303は、装着完了の信号を受けると、音声合成制御部102に対して、計算機本体301に導入するソフトウェアの有無を尋ねる。 Operating system 303 of 01 receives a signal of attachment-complete, ask the speech synthesis control section 102, the presence or absence of a software introduced into the computer main body 301.
音声合成制御部102は、計算機本体301のオペレーティングシステム303に、インストールする専用ソフトウエアのアドレス等の情報を返す。 Speech synthesis controller 102, the operating system 303 of the computer main body 301, returns information such as a dedicated software addresses to be installed. 計算機本体301 Computer body 301
のオペレーティングシステム303は、音声合成制御部102から、専用ソフトウエアを計算機本体301にインストールする。 Operating system 303, to install from the speech synthesis control section 102, the dedicated software in the computer main body 301.

【0036】次に、音声合成装置101を計算機本体3 Next, computer main body 3 of the speech synthesizer 101
01に装着し、計算機本体301のアプリケーションソフト304を起動した場合に、専用ソフトウエアがアプリケーションソフト304上に音声合成機能を付加する処理を説明する。 01 attached, when running an application 304 of the computer main body 301, illustrating the process of software dedicated to adding speech synthesis function on the application software 304. ユーザが計算機本体301のアプリケーションソフト304を起動すると、オペレーティングシステム303は、アプリケーションソフト304の起動を専用ソフトウエア206に知らせる。 When a user starts the application software 304 of the computer main body 301, the operating system 303 informs the start of the application software 304 to a dedicated software 206. 専用ソフトウエア206は、アプリケーションソフト304上に、例えば、メニューなどで音声合成の機能を表示することを、計算機本体301のオペレーティングシステム30 Dedicated software 206, on the application software 304, for example, to display the functions of the speech synthesis in a menu, an operating system 30 of the computer main body 301
3を介してアプリケーションソフト304に命令する。 3 instructs the application software 304 via the.

【0037】次に、アプリケーションソフト304上の文書データを読み上げる場合の、音声合成制御部102 Next, when the read the document data in the application software 304, the speech synthesis control section 102
の処理を説明する。 To explain the process. ユーザは、アプリケーションソフト304中から読み上げを行う文書データの指定と音声合成の命令とを行う。 The user performs the instructions specified and speech synthesis of the document data to be read aloud from within the application software 304. オペレーティングシステム303 Operating system 303
は、読み上げを行う部分の文書データをオペレーティングシステム303中の共有バッファ302に書き込み、 Writes document data part for reading the shared buffer 302 in the operating system 303,
音声合成の命令を専用ソフトウエアに転送する。 To transfer the command of speech synthesis to a dedicated software. 専用ソフトウエアは、アプリケーションソフト304中から送られた音声合成の命令を、オペレーティングシステム3 Dedicated software, the instruction of the voice synthesizing sent from within the application software 304, operating system 3
03を介して受け取り、カード中の音声合成制御部10 Receive via the 03, the speech synthesis control section 10 in the card
2に転送する。 2 to be transferred. 音声合成制御部102は、音声合成の命令を音声合成部104に転送し、オペレーティングシステム303内の共有バッファ302に書き込まれた文字データを音声合成装置101中のテキストデータ格納部103に転送する。 Speech synthesis control unit 102 transfers the instruction of the speech synthesis to the speech synthesizing section 104, and transfers the character data written in the shared buffer 302 in the operating system 303 to the text data storing unit 103 in the speech synthesis device 101.

【0038】図4は、計算機本体301に音声合成装置101を装着した場合の、ハードウェア構成の一例を示す図である。 [0038] Figure 4, in the case of mounting the computer speech synthesizer 101 to the body 301 is a diagram showing an example of a hardware configuration. 音声合成装置101は、計算機本体301 Speech synthesizer 101, computer main body 301
のバス401に着脱可能である。 It is detachably attached to the bus 401. 計算機本体301は、 Computer body 301,
演算を行うCPU402と、演算のためのプログラムおよびデータを一時的に保持し、逐次書き換えを行うRA RA performing a CPU402 for performing an operation, temporarily holds programs and data for computation, sequential rewrite
M403と、システム起動プログラム等を格納するRO And M403, RO storing system boot programs and the like
M404と、システムプログラム、アプリケーションプログラム、データ等を保持するための磁気ディスク等の記憶媒体405と、システム入出力を制御するためのI And M404, a system program, application program, a storage medium 405 such as a magnetic disk for storing data and the like, I for controlling the system output
/Oコントローラ406とを有している。 / A O controller 406 has. これらは、バス401を介して命令およびデータ転送を行う。 These performs instructions and data transferred via the bus 401. 計算機本体301のカードスロットに音声合成装置101を装着すると、音声合成装置101のバス203と計算機本体301のバス401が接続される。 When the computer is mounted a speech synthesizer 101 into the card slot of the main body 301, a bus 401 of the computer main body 301 and the bus 203 of the speech synthesis device 101 is connected. これにより、音声合成装置101中のROM204は、カードインターフェース201を介して、計算機本体301のバス401 Accordingly, ROM 204 in the speech synthesis device 101, via the card interface 201, bus 401 of the computer main body 301
に直接接続される。 It is directly connected to. 音声合成装置の装着が完了すると、 When installed in the speech synthesis device is completed,
装着完了の信号が計算機本体301のオペレーティングシステム303に送信される。 Signal mounting completion is sent to the operating system 303 of the computer main body 301. 装着完了の信号を受けた計算機本体301のオペレーティングシステム303 Operating system 303 of the computer main body 301 which has received the signal of the attachment-complete
は、音声合成装置中101のROM204に格納してある専用ソフトウェア206を計算機本体301にインストールする。 Installs the dedicated software 206 that is stored in the ROM204 of the speech synthesis device of 101 to the computer main body 301.

【0039】図5は、専用ソフトウェア206を計算機本体301にインストールする手段の一例を表す図である。 [0039] FIG. 5 is a diagram showing an example of a means for installing a dedicated software 206 on the computer main body 301. 音声合成装置101の装着が完了すると、計算機本体301のオペレーティングシステム303は、計算機本体301にインストールするソフトウェアの有無を音声合成制御部102に尋ねる。 When the wearing completion of the speech synthesizer 101, the operating system 303 of the computer main body 301 asks whether the software to be installed in the computer main body 301 to the speech synthesis control unit 102. 音声合成制御部102 Speech synthesis controller 102
は、専用ソフトウエア206が格納してあるROM20 A dedicated software 206 are stored in ROM20
4のアドレス情報と専用ソフトウエア206のメモリ容量とを、計算機本体301のオペレーティングシステム303に返す。 4 address information and the memory capacity of the dedicated software 206 returns to the operating system 303 of the computer main body 301. 計算機本体301のオペレーティングシステム303は、計算機本体301のRAM403の空き容量をチェックし、空き容量が不足している場合は、 Operating system 303 of the computer main body 301 checks the vacant capacity of the RAM403 computer main body 301, when the free space is insufficient,
使用していないアプリケーションソフト305を強制終了させる。 The application software 305 you are not using to force terminated.

【0040】次に、計算機本体301のオペレーティングシステム303は、アドレス情報を基に、音声合成装置101中のROM204に直接アクセスを行う。 Next, the operating system 303 of the computer main body 301, based on the address information, the direct access to the ROM204 in the speech synthesis device 101. 計算機本体301のオペレーティングシステム303は、R Operating system 303 of the computer main body 301, R
OM204中の該当するアドレスに格納されている専用ソフトウエア206を、計算機本体301のRAM40 The dedicated software 206 stored in the corresponding addresses in the OM204, RAM40 computer main body 301
3に書き込む。 Write to the 3. 専用ソフトウエア206の書き込みが完了すると、計算機本体301のオペレーティングシステム303に書き込み終了の信号が送られ、専用ソフトウエア206のインストールが終了する。 When the writing of dedicated software 206 is completed, the signal of the write end to the operating system 303 of the computer main body 301 is sent, the installation of dedicated software 206 is ended.

【0041】なお、アプリケーションソフトウエア30 [0041] In addition, the application software 30
4,305およびオペレーティングシステム303は、 4,305 and the operating system 303,
ディスク装置405からバス401を介して書き込むことができる。 It can be written from the disk device 405 through the bus 401.

【0042】図6は、専用ソフトウエアを計算機本体3 [0042] FIG. 6, computer body 3 a dedicated software
01にインストールする他の手段の一例を表す図である。 01 is a diagram showing an example of other means to be installed on. 音声合成装置101の装着が完了すると、計算機本体301のオペレーティングシステム303は、音声合成制御部102に対して、計算機本体301に導入するソフトウェアの有無を尋ねる。 When the wearing completion of the speech synthesizer 101, the operating system 303 of the computer main body 301, ask the speech synthesis control section 102, the presence or absence of a software introduced into the computer main body 301. 音声合成制御部102 Speech synthesis controller 102
は、専用ソフトウエア206が格納してあるROM20 A dedicated software 206 are stored in ROM20
4のアドレス情報と専用ソフトウエア206のメモリ容量とを、計算機本体301のオペレーティングシステム303に返す。 4 address information and the memory capacity of the dedicated software 206 returns to the operating system 303 of the computer main body 301. 計算機本体301のオペレーティングシステム303は、専用ソフトウエア206のアドレス情報とメモリ容量とから、計算機本体301のCPU40 Operating system 303 of the computer main body 301, the address information and the memory capacity of the dedicated software 206, CPU 40 of the computer main body 301
2のメモリ空間に専用ソフトウエアのマッピングを行う。 Perform a dedicated software of mapping to 2 of the memory space. 音声合成装置101中のROM204と計算機本体301のCPU402とは、バス203および401を介して接続され、ROM204に格納されている専用ソフトウエア206は、バス203および401を介してCPU402に導入される。 The CPU402 of ROM204 and the computer main body 301 in the speech synthesis device 101, connected via a bus 203 and 401, a dedicated software 206 stored in the ROM204 is introduced into CPU402 through the bus 203 and 401 .

【0043】図7は、音声合成の機能をアプリケーションソフト304上に表示する手段として、メニューによる表示手段を用いた場合の一例を示す図である。 [0043] Figure 7 is a means for displaying the functions of the speech synthesis on the application software 304, is a diagram showing an example of a case of using the display means by the menu. すなわち、図7に示すように、表示画面501の上部には、メニュー部502が設けられ、このめニューの一つに、読み上げ503が設けられていることがわかる。 That is, as shown in FIG. 7, the upper portion of the display screen 501 is provided with a menu section 502, one of the menu, it can be seen that the reading 503 is provided. この読み上げを、マウス等によりカーソル510で指示すると、 The reading and instructs the cursor 510 by the mouse or the like,
さらに、小さいなメニュー504が表示される。 Furthermore, smaller Do menu 504 is displayed. また、 Also,
表示画面の他の部分には、文書作成のための領域505 Other parts of the display screen, area for document creation 505
が設けられている。 It is provided.

【0044】図8は、図7に示した音声合成の機能をアプリケーションソフト304上にメニューで表示する手段の一例を表した図である。 [0044] Figure 8 is a diagram showing an example of a means for displaying menu to a voice synthesis shown in FIG. 7 on the application software 304. 専用ソフトウエア206 Dedicated software 206
は、予めメニュー画面で表示される音声合成のコマンドの文字データ等をメニュー表示部801に格納してある。 It is are stored in advance character data of a command speech synthesis to be displayed on the menu screen or the like in the menu display section 801. ユーザがアプリケーションソフト304を起動すると、計算機本体301のオペレーティングシステム30 When a user starts the application software 304, operating system 30 of the computer main body 301
3は、アプリケーションソフト304が起動されたことを専用ソフトウエア206に伝える。 3 conveys that the application software 304 is activated on a dedicated software 206. 専用ソフトウエア206は、メニュー表示部801に格納してある文字データをオペレーティングシステム303に転送するとともに、オペレーティングシステム303を介して、アプリケーションソフト304にメニュー表示命令を送る。 Dedicated software 206 transfers the text data stored in the menu display section 801 to the operating system 303, via the operating system 303 sends a menu display command to the application software 304.

【0045】図9は、ユーザがファイルやアプリケーションソフト304を開く際に、ファイルやアプリケーションソフト304等の名称の読み上げを行う場合の一例である。 [0045] Figure 9, when the user opens a file or application software 304, which is an example of a case where the reading of the names of such files and application software 304. 図9に示すように、表示画面501に、書類のファイルを開く場合には、そのアイコン506をカーソル510で指示すると、「書類ファイルを開きます」というアナウンスが行なわれる。 As shown in FIG. 9, when the display screen 501, open a file documents, and instructs the icon 506 with the cursor 510, the announcement of "Open the document file" is performed.

【0046】図10は、ユーザがファイルやアプリケーションソフト304を開く際に、ファイルやアプリケーションソフト304等の名称の読み上げを行う手段の一例を示す図である。 [0046] Figure 10, when the user opens a file or application software 304 is a diagram showing an example of a means for performing the reading of the names of such files and application software 304. ユーザが、例えば、ダブルクリック等のファイルを開く操作を行うと、オペレーティングシステム303は、専用ソフトウエア206にファイルを開くことを知らせる。 User, for example, performs an operation to open a file, such as a double-click, the operating system 303, indicating that opening the file to the dedicated software 206. 専用ソフトウエア206は、ファイル名やアプリケーションソフト名が格納してあるファイル名格納部1001を検索し、ファイル名格納部10 Dedicated software 206, to search for the file name storage unit 1001 where the file name and application software names are stored, the file name storage unit 10
01中から、該当する文字データを音声合成装置101 From among 01, speech synthesis to the appropriate character data 101
中のテキストデータ格納部103に転送する。 It transfers the text data storing unit 103 in. 音声合成制御部102は、テキストデータ格納部103に転送された該文字データを音声合成部104に転送し、音声出力を行う。 Speech synthesis control unit 102 transfers the text data transferred in the text data storing unit 103 in the voice synthesizing unit 104, performs audio output.

【0047】次に、アプリケーションソフトと機能拡張装置との連係の一例を図11、図12を用いて説明する。 Next, FIG 11 an example of the link between the application software and the function expansion device, will be described with reference to FIG. 12.

【0048】図11は、機能拡張装置(機能拡張カード1102:図12参照)を、計算機本体に接続する前のアプリケーション304とオペレーティングシステム(OS)303との係わりを説明する図である。 [0048] Figure 11 is a function expansion device: (function expansion card 1102 see FIG. 12) is a diagram for explaining the relationship between the previous application 304 and an operating system (OS) 303 that connects to the computer main body. アプリケーション304は、OSに対して、画面1101の描画やマウス1103からの入力要求をリクエスト112 Application 304, to the OS, requests an input request from the drawing and the mouse 1103 of screen 1101 112
1としてOS303に要求する。 To request to 1 as the OS303. OS303は、リクエストにしたがって、画面1101の描画を行ったり、マウス1103からの入力をイベント1124としてアプリケーション304に対して通知する。 OS303 is, according to the request, and go a drawing of the screen 1101, notifies the application 304 of the input from the mouse 1103 as an event 1124. アプリケーション304は、OSから送られてきたイベント1124を基に動作し、つぎの動作に必要なリクエスト1121をOS303に要求する。 Application 304 operates on the basis of the event 1124 sent from OS, and requests the request 1121 required for next operation OS 303.

【0049】次に、拡張カード(機能拡張カード)11 Next, expansion card (function expansion card) 11
02が計算機に挿入され、専用ソフトウエアが導入された場合の計算機内部の状況を図12に示す。 02 is inserted into the computer shown in FIG. 12 the situation computer inside of the case where the dedicated software was introduced. 専用ソフトウエア206は、アプリケーション304と連係をとるために、OS303とアプリケーションの間に入り、O Dedicated software 206, to take an association with the application 304 enters between the OS303 and Applications, O
S303からアプリケーション304へのイベント通知1124をフックする要求をOS303に対して行なう。 S303 makes a request to hook an event notification 1124 to the application 304 with respect OS303 from. また、専用ソフトウエア206は、アプリケーション304のメニューに対して、専用ソフトウエア206 In addition, dedicated software 206, for the menu of the application 304, a dedicated software 206
が提供するメニュー項目を追加するリクエストをOS3 OS3 but a request to add a menu item to provide
03に対して送る。 Send to the 03. マウス1103によって、専用ソフトウエアが提供するメニューが選ばれると、メニューが選択されたことを知らせるイベントがアプリケーション304に通知される。 A mouse 1103, the dedicated software menus provided is selected, an event indicating that the menu has been selected is notified to the application 304. イベント通知1124をフックしている専用ソフトウエア206は、提供するメニューが選択されたことを検知し、必要に応じて、共有バッファ302に格納された情報を参照しながら、検知したメニュー項目に従って機能拡張カード1102を制御する。 Dedicated software 206 the event notification 1124 are hook detects that a menu providing is selected, if necessary, with reference to the information stored in the shared buffer 302, functions in accordance with the menu item has been detected to control the expansion card 1102.

【0050】図13は、拡張カード1102が挿入されてから専用ソフトウエア206が組み込まれるまでの間の情報の授受を示すチャートである。 [0050] Figure 13 is a chart showing the exchange of information between the expansion card 1102 is inserted until a dedicated software 206 is incorporated. カードが計算機本体に挿入されると、カード挿入通知信号が計算機に送られる(1201)。 When a card is inserted into the computer main body, the card insertion notification signal is sent to the computer (1201). 計算機本体は、専用ソフトウエア2 Computer body, dedicated software 2
06の有無をカードに照会する(1202)。 The presence or absence of 06 querying the card (1202). カード内に専用ソフトウエア206がある場合は、専用ソフトウエア206ありの信号がカードから返されてくる(12 If there is a dedicated software 206 in the card, the signal of the Private software 206 comes returned from the card (12
03)。 03). 次に、計算機からカードに専用ソフトウエア取り出し要求を送ると(1204)、カードから専用ソフトウエア206が送られてくる(1205)。 Then, when sending a dedicated software retrieval request from the computer to the card (1204), dedicated software 206 is sent from the card (1205). 専用ソフトウエア206の受け取りが完了すると、計算機は、専用ソフトウエア206を組み込み、実行する(120 When receiving the dedicated software 206 is complete, the computer incorporates a dedicated software 206 executes (120
6)。 6).

【0051】図14は、音声規則合成カードの読み上げを行う場合の一例を示す。 [0051] Figure 14 shows an example of a case where the reading of the speech synthesis by rule card. 通常、アプリケーション30 Typically, the application 30
4は、コピー(もしくは複写)、カット(削除)というメニューコマンドを持ち、ユーザが指定した範囲の文字情報などを共有バッファ302に格納する機能を有する。 4 is a copy (or copy) has a menu command called cut (delete), has a function of storing the like to the shared buffer 302 character range information specified by the user. このコピー、カット等のアプリケーション304が用意したメニューコマンドによって、共有バッファ30 This copy menu command application 304, such as a cut has been prepared, the shared buffer 30
2に文字列を格納する。 To store a string to 2. 次に、専用ソフトウエア206 Then, the dedicated software 206
が提供する音声出力メニューがマウス1103等によって選択されると、音声出力メニュー選択イベントがアプリケーション304に送られる。 There the audio output menu providing is selected by the mouse 1103 or the like, the audio output menu selection event is sent to the application 304. その途中でイベントをフックしている音声合成カード(音声合成装置)101 Speech synthesis card hooking an event that in the middle (voice synthesizer) 101
は、音声出力メニュー選択イベントを検知し、共有バッファ302に格納されている文字列を取り出し(111 Detects the audio output menu selection event, it retrieves the character string stored in the shared buffer 302 (111
4)、音声合成カード101に送り、規則合成を開始する。 4), sent to the speech synthesis card 101, to start the synthesis by rule.

【0052】図15は、規則音声合成の処理フローを示す。 [0052] Figure 15 shows a process flow of the speech synthesis by rule. 図4、図15を用いて、規則音声合成の処理手順を説明する。 4, with reference to FIG. 15, illustrating the procedure of speech synthesis by rule. まず、計算機301から合成すべき文字列が送られてくるのを待つ(ステップ1500)。 First, waiting for the character string to be synthesized from the computer 301 is sent (step 1500). 送られてきた文字列は、RAM(メモリ)205上のテキストバッファ103に格納される。 String the sent is stored in the text buffer 103 of the RAM (memory) 205. 次に、単語の漢字表記と読みアクセント情報の対応を収めた音声辞書209を用いて、テキストバッファ103中に収められた漢字かな混じり文を読み、アクセント情報に変換し、RAM205 Then, using the voice dictionary 209 that contains the correspondence of accent information read the Chinese characters of the word, read the kanji and kana statements contained in the text buffer 103, converted to accent information, RAM205
上の読みアクセント情報格納エリア207に格納する(ステップ1501)。 And stores the accent information storage area 207 to read the above (step 1501). ROM204上に収められた、 Housed on ROM204,
合成音の元となる音素片データ208を、読み情報により選択し(ステップ1502)、また、声の抑揚をアクセント情報207から計算し(ステップ1503)、選択された音素片を接続し、抑揚を調整して音声波形を生成する(ステップ1504)。 The phoneme component data 208 which is the source of the synthesized sound, selected by reading information (step 1502), also calculates the intonation of vocal from accent information 207 (step 1503), and connects the speech segments selected, the intonation adjusted to produce a speech waveform (step 1504). そして、生成した音声波形を、合成波形格納エリア208に格納する。 Then, the generated voice waveform, and stores the composite waveform storage area 208.

【0053】拡張カードの専用ソフトウエアの処理フローを図16に示す。 [0053] A dedicated software processing flow of the expansion card 16. 専用ソフトウエアがカードから読み込まれて実行されると、まず、最初に、OS303からアプリケーション304へのイベント送信をフックし(ステップ1601)、OS303からのすべてのイベントを監視可能にする。 When dedicated software is loaded into and executed from the card, first, first, hooking an event transmission from the OS 303 to the application 304 (step 1601), to allow monitoring all events from OS 303. 次に、専用ソフトウエア206 Then, the dedicated software 206
の起動以前から起動しているアプリケーションを検索し、稼働中のアプリケーションが存在した場合は(ステップ1602)、稼働中のアプリケーション304のメニューにカード制御用のメニューを付加する(ステップ1603)。 Starting searching application activated previously, if an application running exists (step 1602), adds a menu for the card control to the menu of the application 304 running (step 1603). ここまでの処理は、専用ソフトウエアが起動された時に一度だけ実行される初期化処理に当たる。 Processing up to this point corresponds to the initialization processing dedicated software is executed only once when activated.
次に、OSからのイベント送信内容をチェックし(ステップ1604)、カード制御用ソフトウエアメニューが選択されていた場合は、OSの共有バッファからアプリケーションがセットした情報を取得し(ステップ160 Then, check the event transmissions from OS (step 1604), if the card control software for the menu has been selected to obtain information that the application has set from the shared buffer of an OS (step 160
5)、選択されたメニュー項目にしたがってカードの制御を行う(ステップ1606)。 5) controls the card according to the menu item selected (Step 1606). 次に、新規に起動したアプリケーションの有無をチェックし(ステップ160 Next, check the presence or absence of the application launched new (step 160
7)、新規起動のアプリケーションが見つかった場合は、アプリケーションのメニューにカード制御用のメニュー項目を追加する(ステップ1608)。 7), if the application is found of a new start-up, to add a menu item for the card control to the menu of the application (step 1608). 次は、メニューの選択有無のチェック(ステップ1604)に戻り、さらに、処理を繰り返す。 Next, the process returns to check the selection whether the menu (step 1604), further, the process is repeated.

【0054】アプリケーションの処理フローを図17に示す。 [0054] The process flow of the application shown in Figure 17. アプリケーションが起動されると、アプリケーション制御用のメニューを設定する(ステップ170 When the application is started, to set a menu for an application control (step 170
1)。 1). 次に、アプリケーション用のウインドウを生成する(ステップ1702)。 Next, to generate a window for the application (step 1702). ウインドウが生成されるときに、専用ソフトウエアは、アプリケーションの起動を検知することができる。 When the window is created, the dedicated software is capable of detecting the activation of the application. 次に、イベントを待ち(ステップ1703)、イベントを受け取ると、イベント毎に適切な処理を行う。 Next, it waits for an event (Step 1703) When receiving the event, carries out an appropriate process for each event. アプリケーションで処理されるイベントのうち、拡張カードに関係するイベントは、「コピー」 Among the events that are processed by the application, events related to the expansion card, "copy"
コマンド(ステップ1704)と「カット」コマンド(ステップ1706)のメニューが選択されたことを示すイベントで、それぞれユーザが事前に範囲設定した内容をOSの共有バッファ302に複写(ステップ170 Command event indicating that a menu of (Step 1704) and "Cut" command (step 1706) is selected, copying the contents that the user has a range set in advance respectively in the shared buffer 302 of an OS (step 170
5)、移動(ステップ1707)を行う。 5), to move (step 1707). それ以外のイベントは、それぞれのアプリケーション毎に適切に処理され(ステップ1708)、イベント待ち(ステップ1 The other events are properly processed for each application (step 1708), an event waiting (Step 1
703)から同じ処理を繰り返す。 From 703) to repeat the same process.

【0055】OSの処理フローを図18に示す。 [0055] FIG. 18 shows the process flow of the OS. 図18 Figure 18
では、拡張カードからの専用ソフトウエアの自動導入についての処理のみを説明し、その他の処理については、 In, describes only the processing of the dedicated software of the automatic introduction from the expansion card, and other processing,
その他の処理(ステップ1804)としている。 It is the other processing (step 1804). まず、 First of all,
カードが挿入されたか否かをチェックする(ステップ1 Card to check whether the inserted (Step 1
801)。 801). 挿入されている場合は、カード内に本OS用の専用ソフトウエア206が格納されているか否かをチェックする(ステップ1802)。 If inserted, the dedicated software 206 for the OS checks whether stored on the card (step 1802). 格納されている場合は、専用ソフトウエア206をカードから読みだして、 If it is stored, it reads out a dedicated software 206 from the card,
実行する(ステップ1803)。 Run (step 1803). その後は、他のOS処理(ステップ1804)を行い、再びカードの挿入チェック(ステップ1801)から処理を繰り返す。 After that, do other OS processing (step 1804), the process is repeated again from the card insertion check (step 1801).

【0056】以上に述べた実施例は、主として音声合成装置を機能拡張装置とし、それについて、そのための機能拡張システムと共に説明したが、本発明は、これに限定されない。 [0056] The examples described above, the speech synthesis apparatus and the function expansion device mainly about it, has been described in conjunction with enhancements systems therefor, the present invention is not limited thereto. 以下に、その一例を示す。 Hereinafter, an example thereof.

【0057】図19は、FAXモデムに本発明を適用した一実施例を示す。 [0057] Figure 19 shows an example of applying the present invention to FAX modem. 本実施例で用いられるFAXモデム装置は、カード型のケース(図示せず)に収容されている。 FAX modem apparatus used in this embodiment is housed in the card-shaped case (not shown). 図19に示すように、カードインタフェース20 As shown in FIG. 19, card interface 20
1、CPU202、ROM204、RAM205および音声変調回路1906を有する。 1 has a CPU 202, ROM 204, RAM 205 and the voice modulation circuit 1906. ROM204には、専用ソフトウエア1901、FAXソフトウエア1902 The ROM204, dedicated software 1901, FAX software 1902
およびモデムソフトウエア1903を格納してある。 And it is stored in the modem software 1903. R
AM205には、受信バッファ1904および送信バッファ1905が設けられている。 AM205, the receiving buffer 1904 and the transmit buffer 1905 are provided.

【0058】このような構成において、カードが計算機に挿入されると、ROM203の中の専用ソフトウエア1901が、図13に示した手順と同様に、計算機内部に読み込まれ、図12に示されるように、OS303とアプリケーション304の間でOS303からアプリケーション304へのイベント通知(1124)を監視し、必要な制御をカード(1102)に対して行なう。 [0058] In this arrangement, when the card is inserted into the computer, software dedicated 1901 in the ROM203 is, similarly to the procedure shown in FIG. 13, is loaded into the internal computer, as shown in FIG. 12 to monitor the event notification (1124) from OS303 between OS303 and the application 304 to the application 304 performs the necessary control to the card (1102).

【0059】 [0059]

【発明の効果】このように本発明では、専用ソフトウエアが、その機能拡張装置を情報処理装置に接続するのみで、自動的に情報処理装置にインストールされる。 [Effect of the Invention] In this way the present invention, only software, only connecting the function expanding device to the information processing apparatus is installed automatically on the information processing apparatus. そのため、インストール手間がまったく不要となる。 Therefore, the installation labor becomes completely unnecessary. また、 Also,
アプリケーション上で拡張機能を起動することができる。 It is possible to start the extension on the application. さらに、本発明によれば、アプリケーション上の文書をそのままOSの共有バッファを介して機能拡張装置に送ることができ、ユーザの使い勝手が向上する。 Furthermore, according to the present invention, it is possible to send a document on the application as it is to the function expansion device through the shared buffer of OS, user convenience improves.

【0060】なお、本発明の機能拡張装置として音声合成装置を用いた場合、任意のアプリケーションにおいて音声出力機能が使用可能となる。 [0060] In the case of using a voice synthesizer as an extension device of the present invention, the audio output function is available in any application.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の機能拡張装置の一例である音声合成措置の機能構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing the functional arrangement of a speech synthesis measures, which is an example of a function expansion device of the present invention.

【図2】上記音声合成装置のハードウェアシステム構成の一例を示すブロック図である。 2 is a block diagram showing an example of a hardware system configuration of the speech synthesizer.

【図3】計算機本体に音声合成装置を装着した場合の、 When wearing the speech synthesizer in Figure 3 machine body,
計算機本体と音声合成装置の機能構成の一例を示すブロック図である。 Computer is a block diagram showing an example of the functional configuration of the main body and the voice synthesizer.

【図4】計算機本体に音声合成装置を装着した場合の、 When wearing the speech synthesis apparatus in FIG. 4 computer main body,
計算機本体と音声合成装置のハードウェア構成の一例を示すブロック図である。 Computer is a block diagram showing an example of a hardware configuration of the main body and the voice synthesizer.

【図5】制御ソフトウェアを計算機本体にインストールする状態の一例を示すブロック図である。 5 is a block diagram showing an example of a state of installing the control software on the computer main body.

【図6】制御ソフトウェアを計算機本体にインストールする他の一例を示すブロック図である。 6 is a block diagram showing another example of installing the control software on the computer main body.

【図7】音声合成の機能をアプリケーション上に表示する手段として、メニューによる表示手段を用いた場合の一例を示す説明図である。 [7] The function of the speech synthesis as a means for displaying on the application, is an explanatory diagram showing an example of a case of using the display means by the menu.

【図8】音声合成の機能をアプリケーション上に表示する手段として、メニューによる表示手段を用いた場合の一例を示すブロック図である。 [8] The function of the speech synthesis as a means for displaying on the application, a block diagram illustrating an example of a case of using the display means by the menu.

【図9】ユーザがファイルやアプリケーションソフトウエアを開く際に、ファイルやアプリケーションソフト等の名称の読み上げを行う場合の画面表示例を示す説明図である。 When 9 user opens a file or application software is an explanatory diagram showing a screen display example in the case of performing the reading of names, such as files or application software.

【図10】ユーザがファイルやアプリケーションソフトを開く際に、ファイルやアプリケーションソフト等の名称の読み上げを行う手段の一例を示すブロック図である。 When [10] When the user opens a file or application software, it is a block diagram showing an example of a means for performing the reading of names, such as files or application software.

【図11】OSとアプリケーションの関連を示した説明図である。 11 is an explanatory view showing the relationship of the OS and applications.

【図12】専用ソフトを組み込んだときのOSとアプリケーション、専用ソフトウエアの関係を示した説明図である。 [12] OS and the application at the time of incorporating a dedicated software, is an explanatory view showing the dedicated software of the relationship.

【図13】OSが機能拡張カードから専用ソフトウエアを読み込む際の信号の重樹を示した説明図である。 13 is an explanatory view showing the Shigeki signal when loading OS dedicated software from the function expansion card.

【図14】本発明を適用した音声合成カードによるデータの授受を示した説明図である。 Is an explanatory view showing the exchange of data by speech synthesis card according to the [14] present invention.

【図15】音声規則合成処理の処理手順の一例を示すフローチャートである。 15 is a flowchart showing an example of a processing procedure of speech synthesis by rule processing.

【図16】本発明における専用ソフトウエアの処理手順の一例を示すフローチャートである。 16 is a flowchart showing an example of a dedicated software processing procedure in the present invention.

【図17】アプリケーションの処理手順の一例を示すフローチャートである。 17 is a flowchart showing an example of a processing procedure of the application.

【図18】本発明におけるOSの処理手順の一例を示すフローチャートである。 18 is a flowchart showing an example of the OS in the processing procedure in the present invention.

【図19】本発明を適用したFAXモデムカードの一実施例を示すブロック図である。 19 is a block diagram showing an embodiment of a FAX modem card according to the present invention.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

101…音声合成装置、102…音声合成制御部、10 101 ... voice synthesizer, 102 ... voice synthesis control unit, 10
3…テキストデータ格納部、104…音声合成部、10 3 ... the text data storage section, 104 ... voice synthesis unit, 10
5…D/A部、106…スピーカ、201…カードインターフェース、202…CPU、203…バス、204…R 5 ... D / A unit, 106 ... speaker, 201 ... card interface, 202 ... CPU, 203 ... bus, 204 ... R
OM、205…メモリ、206…専用ソフトウエア、2 OM, 205 ... memory, 206 ... dedicated software, 2
07…音声合成ソフトウエア、208…音素片、209 07 ... voice synthesis software, 208 ... phoneme, 209
…音声辞書、207…読みアクセント格納部、208… ... voice dictionary, 207 ... read accent storage unit, 208 ...
合成波形格納部、301…計算機本体、302…共有バッファ、303…オペレーティングシステム、304… Combined waveform storage section, 301 ... machine main body, 302 ... shared buffer, 303 ... operating system, 304 ...
アプリケーションソフト、401…バス、402…CP Application software, 401 ... bus, 402 ... CP
U、403…RAM、404…ROM、405…記憶媒体、801…メニュー表示部、1001…ファイル名格納部、1101…画面、1102…専用ソフトウエア、 U, 403 ... RAM, 404 ... ROM, 405 ... storage medium, 801 ... menu display portion, 1001 ... file name storage unit, 1101 ... screen, 1102 ... dedicated software,
1103…マウス、1121…リクエスト、1122… 1103 ... mouse, 1121 ... request, 1122 ...
描画、1123…マウス入力、1124…イベント通知、1201…カード挿入通知、1202…専用ソフトの有無照会、1203…専用ソフトあり通知、1204 Drawing, 1123 ... mouse input, 1124 ... event notification, 1201 ... card insertion notification, 1202 ... whether or not the query of dedicated software, 1203 ... dedicated software Yes notification, 1204
…専用ソフト取り出し要求、1205…専用ソフト送出し、1206…専用ソフト実行 ... Request extraction dedicated software, 1205 ... sends dedicated software, 1206 ... dedicated software running

Claims (12)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】情報処理装置と接続されて、特定の機能を実行することにより、情報処理装置の機能を拡張するための機能拡張装置において、 情報処理装置と接続するためのインタフェースと、 特定の機能を実行するための処理を行なうと共に、処理結果を出力するための特定機能処理装置と、 上記特定機能処理装置が特定の機能を実行するためのソフトウエア、および、処理装置の特定機能の実行を情報処理装置側で制御するための専用ソフトウエアを格納した記憶装置とを備え、かつ、 情報処理装置に接続されたとき、上記記憶装置に格納されている専用ソフトウエアを情報処理装置に転送可能とするための手段を備えることを特徴とする機能拡張装置。 1. A is connected to the information processing apparatus, by executing a specific function, the function expansion device for expanding the functions of the information processing apparatus, an interface for connecting the information processing apparatus, a specific It performs processing for executing the function, the processing result and the particular functional unit for outputting, the specific function processing apparatus software for performing the specified functions, and execution of certain functions of the processing device the a storage device for storing a dedicated software for controlling the information processing apparatus, and, when connected to the information processing apparatus, transmitting private software stored in the storage device in the information processing apparatus extension device characterized by comprising means for enabling.
  2. 【請求項2】請求項1において、専用ソフトウエアを情報処理装置に転送可能とするための手段は、上記インタフェースおよび上記特定機能処理装置のいずれかに設けられることを特徴とする機能拡張装置。 2. The method of claim 1, means for enabling transfer software dedicated to the information processing apparatus, the function expansion device, characterized in that provided on one of the interfaces and the specific functional unit.
  3. 【請求項3】請求項1において、 情報処理装置と接続されたことを検知する接続状態検知回路をさらに備え、かつ、情報処理装置と接続されたことを検知する信号を受けると、当該装置が情報処理装置に装着完了したことを示す装着完了信号を情報処理装置に送る手段をさらに備えることを特徴とする機能拡張装置。 3. The method of claim 1, further comprising a connection state detection circuit for detecting the connection of the information processing apparatus, and receives a signal for detecting the connection of the information processing apparatus, is the apparatus extension device characterized by further comprising means for sending the attachment-complete signal indicating that the attachment completing the information processing apparatus to the information processing apparatus.
  4. 【請求項4】請求項3において、 特定機能処理装置は、中央処理装置(CPU)とメモリとを少なくとも有し、 上記装着完了信号を情報処理装置に送る手段は、上記C 4. The method of claim 3, the specific function processing apparatus, at least a central processing unit (CPU) and a memory, means for sending the attachment-complete signal to the information processing apparatus, the C
    PUにより実現されるものであることを特徴とする機能拡張装置。 Function expansion device, characterized in that is realized by PU.
  5. 【請求項5】請求項4において、 インタフェース装置、特定機能処理装置および記憶装置を収容するためのカード型ケースをさらに備え、 専用ソフトウエアを情報処理装置に転送可能とするための手段は、上記インタフェースおよび上記特定機能処理装置のいずれかに設けられることを特徴とする機能拡張装置。 5. The method of claim 4, the interface device further comprises a card-type case for accommodating the specific function processing device and a storage device, means for enabling transfer software dedicated to the information processing apparatus, the function expansion device, characterized in that provided on one of the interfaces and the specific functional unit.
  6. 【請求項6】請求項1において、特定機能処理装置は、 6. The method of claim 1, the specific function processing apparatus,
    特定の機能として、情報処理装置から送られる文字データについて音声合成を行なうと共に、音声波形を生成して出力する処理を行なうことを特徴とする機能拡張装置。 As specific function, along with performing voice synthesis for the character data sent from the information processing apparatus, the function expansion device and performs a process of generating and outputting a speech waveform.
  7. 【請求項7】特定の機能を実行する機能拡張装置を接続して、機能を拡張するためのシステムを有する情報処理装置において、 機能拡張装置が接続されたことを知らせる信号を受けると、機能拡張装置にたいして、その制御を行なうための専用ソフトエアの所在を問い合わせ、専用ソフトウエアが存在するとき、その専用ソフトウエアを当該情報処理装置内に複写する手段と、 情報処理装置内にあるアプリケーションソフトウエアにたいして、機能拡張装置が有する特定の機能をメニューに表示させる手段と、 アプリケーションソフトウエア上で特定の機能が選択されたとき、専用ソフトウエアを起動して、機能拡張装置の制御を行なわせて、特定の機能を実行させる手段とを備えることを特徴とする情報処理装置。 7. Connect the function expansion unit performs a specific function, in an information processing apparatus having a system for extending the functionality, the function expansion device receives a signal indicating that it has been connected, enhancements against device inquires the location of the dedicated software air for performing the control, when the dedicated software is present, means for copying the dedicated software in the information processing apparatus, the application software in the information processing apparatus against, and means for displaying the specific functions of the function expanding device in the menu, when a particular feature on the application software has been selected, to start the dedicated software, and to perform the control of the function expansion device, the information processing apparatus characterized by comprising a means for performing the specified functions.
  8. 【請求項8】特定の機能を実行する機能拡張装置を接続して、機能を拡張するためのシステムを有する情報処理装置において、 情報処理を実行する主処理装置と、 主処理装置が実行するソフトウエアおよびデータを格納する主記憶装置とを有し、 上記主記憶装置には、オペレーティングシステムが少なくとも記憶され、 オペレーティングシステムは、機能拡張装置が接続されたことを知らせる信号を受けると、機能拡張装置にたいして、その制御を行なうための専用ソフトエアの所在を問い合わせ、専用ソフトウエアが存在するとき、その専用ソフトウエアを主記憶装置に複写することにより、当該専用ソフトエアのインストールを行なうことを特徴とする情報処理装置。 8. Connect the function expansion unit performs a specific function, in an information processing apparatus having a system for extending the functionality, a main processor for executing information processing, the main processor executes software and a main memory for storing software and data, the above-mentioned main memory, the operating system is at least stored, the operating system receives a signal indicating that the function expansion device is connected, the function expansion device against inquires the location of the dedicated software air for performing the control, when the dedicated software is present, by copying the dedicated software in the main memory, and characterized by performing the installation of the dedicated software air an information processing apparatus that.
  9. 【請求項9】特定の機能を実行する機能拡張装置を接続して、機能を拡張するためのシステムを有する情報処理装置において、 情報処理を実行する主処理装置と、 主処理装置が実行するソフトウエアおよびデータを格納する主記憶装置とを有し、 上記主記憶装置には、オペレーティングシステムが少なくとも記憶され、 オペレーティングシステムは、 機能拡張装置が接続されたことを知らせる信号を受けると、機能拡張装置にたいして、その制御を行なうための専用ソフトエアの所在を問い合わせ、専用ソフトウエアが存在するとき、その専用ソフトウエアを主処理装置のメモリ空間にマッピングすることにより、当該専用ソフトエアのインストールを行なうことを特徴とする情報処理装置。 9. Connect function expansion unit performs a specific function, in an information processing apparatus having a system for extending the functionality, a main processor for executing information processing, the main processor executes software and a main memory for storing software and data, the above-mentioned main memory, the operating system is at least stored, the operating system receives a signal indicating that the function expansion device is connected, the function expansion device against inquires the location of the dedicated software air for performing the control, when the dedicated software is present, by mapping the memory space of the host processor and the dedicated software, to perform the installation of the dedicated software air the information processing apparatus according to claim.
  10. 【請求項10】請求項8または9において、オペレーティングシステムは、 主記憶装置上にアプリケーションソフトウエアがある場合に、当該アプリケーションソフトウエアにたいして、 10. The method of claim 8 or 9, when the operating system, there is application software in the main memory on, against the application software,
    機能拡張装置が有する特定の機能をメニューに表示させ、かつ、 アプリケーションソフトウエア上で特定の機能が選択されたとき、専用ソフトウエアを起動して、機能拡張装置の制御を行なわせて、特定の機能を実行させることをさらに実行することを特徴とする情報処理装置。 Function expansion device is displayed in the menu specific functions of the, and, when a particular feature on the application software has been selected, to start the dedicated software, and to perform the control function expansion devices, certain the information processing apparatus characterized by further executing that to execute the function.
  11. 【請求項11】請求項10において、機能拡張装置は、 11. The method of claim 10, the function expansion device,
    特定の機能として、文字データについて音声合成を行なうと共に、音声波形を生成して出力する処理を行なうものであり、 専用ソフトウエアは、アプリケーションソフトウエア上の文書データを機能拡張装置に送って、それらについて音声合成を行なわせることを特徴とする情報処理装置。 As specific function, along with performing voice synthesis for character data, and performs a process for generating and outputting a speech waveform, dedicated software sends a document data in the application software to the function expansion device, they the information processing apparatus characterized by causing the speech synthesis for.
  12. 【請求項12】請求項1において、 情報処理装置と接続されたことを検知する接続状態検知回路をさらに備え、該接続状態検知回路は情報処理装置と接続されたことを検知する信号を受けると、当該装置が情報処理装置に装着完了したことを示す装着完了信号を情報処理装置に送ることを特徴とする機能拡張装置。 12. The method of claim 1, further comprising a connection state detection circuit for detecting the connection of the information processing apparatus, the connection state detection circuit receives a signal for detecting the connection of the information processing apparatus , extension and wherein the sending the attachment-complete signal indicating that the device is completed mounted on the information processing apparatus to the information processing apparatus.
JP6297336A 1994-11-30 1994-11-30 Information processor and function extension device for extending function of the same Pending JPH08161252A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6297336A JPH08161252A (en) 1994-11-30 1994-11-30 Information processor and function extension device for extending function of the same

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6297336A JPH08161252A (en) 1994-11-30 1994-11-30 Information processor and function extension device for extending function of the same

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08161252A true JPH08161252A (en) 1996-06-21

Family

ID=17845206

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6297336A Pending JPH08161252A (en) 1994-11-30 1994-11-30 Information processor and function extension device for extending function of the same

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08161252A (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7197650B2 (en) 1997-01-29 2007-03-27 Fuji Photo Film Co., Ltd. Charging and monitoring apparatus and method of charging a battery and monitoring the power level through power supply line
JP2007535056A (en) * 2004-04-27 2007-11-29 ノキア コーポレイション Resource management system and method
JP4581316B2 (en) * 1999-11-17 2010-11-17 ソニー株式会社 Digital television receiver and extended function providing method in digital television receiver
JP2013506174A (en) * 2010-01-22 2013-02-21 ▲華▼▲為▼▲終▼端有限公司 Method and apparatus for integrating Java (registered trademark) software into a mobile terminal, and mobile terminal
US9367890B2 (en) 2011-12-28 2016-06-14 Samsung Electronics Co., Ltd. Image processing apparatus, upgrade apparatus, display system including the same, and control method thereof

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7197650B2 (en) 1997-01-29 2007-03-27 Fuji Photo Film Co., Ltd. Charging and monitoring apparatus and method of charging a battery and monitoring the power level through power supply line
JP4581316B2 (en) * 1999-11-17 2010-11-17 ソニー株式会社 Digital television receiver and extended function providing method in digital television receiver
JP2007535056A (en) * 2004-04-27 2007-11-29 ノキア コーポレイション Resource management system and method
JP2013506174A (en) * 2010-01-22 2013-02-21 ▲華▼▲為▼▲終▼端有限公司 Method and apparatus for integrating Java (registered trademark) software into a mobile terminal, and mobile terminal
US9430210B2 (en) 2010-01-22 2016-08-30 Huawei Device Co., Ltd. Method and apparatus for integrating java software into mobile terminal, and mobile terminal
US9367890B2 (en) 2011-12-28 2016-06-14 Samsung Electronics Co., Ltd. Image processing apparatus, upgrade apparatus, display system including the same, and control method thereof
US9396511B2 (en) 2011-12-28 2016-07-19 Samsung Electronics Co., Ltd. Image processing apparatus, upgrade apparatus, display system including the same, and control method thereof

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6661526B1 (en) Printer drivers using filters that are operating system-independent and printer-independent
US5367621A (en) Data processing method to provide a generalized link from a reference point in an on-line book to an arbitrary multimedia object which can be dynamically updated
TWI480803B (en) Shared file system management between independent operating systems
CN1809813B (en) Method for firmware variable storage with eager compression, fail-safe extraction and restart time compression scan
CN1026625C (en) Computer and apparatus and method for system reconfiguration thereof
JP4346853B2 (en) Electronic device and control method thereof
US8190785B2 (en) Plug-and-play device and method for enhancing features and settings in an interactive display system
JP5937533B2 (en) Operating system application program interface
US5754821A (en) Method and system for providing access to a protected partition of a memory device utilizing a passthru command
US6256691B1 (en) Universal docking station
EP0851340B1 (en) Apparatus and method for producing printable data for a personal digital assistant
CN1163824C (en) Fast startor and method
US5548759A (en) System for storing executable code within a resource data section of an executable file
US20030084132A1 (en) Network system, information processing apparatus, information processing method, and control program
US5519851A (en) Portable PCMCIA interface for a host computer
US6718463B1 (en) System, method and apparatus for loading drivers, registry settings and application data onto a computer system during a boot sequence
JP4663878B2 (en) Method and apparatus for managing files in a storage medium
JP2614252B2 (en) Image synthesis device
JP2008234673A (en) System and method for managing application installation for mobile device
US20060129746A1 (en) Method and graphic interface for storing, moving, sending or printing electronic data to two or more locations, in two or more formats with a single save function
US7068386B2 (en) Image processing system, image data processing method, and storage medium
US6892381B2 (en) Updating a device driver with mechanism employing two files one containing changes (variable file) and a file containing unchanged code (invariable file) downloading both to update
EP0797800B1 (en) System for providing bios to host computer
EP1398694B1 (en) Information processing method
JP2996909B2 (en) Boot method and apparatus