JPH08161123A - Disk array device - Google Patents

Disk array device

Info

Publication number
JPH08161123A
JPH08161123A JP30083494A JP30083494A JPH08161123A JP H08161123 A JPH08161123 A JP H08161123A JP 30083494 A JP30083494 A JP 30083494A JP 30083494 A JP30083494 A JP 30083494A JP H08161123 A JPH08161123 A JP H08161123A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
disk
data
devices
array
access
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP30083494A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Toru Yao
徹 八尾
Original Assignee
Matsushita Electric Ind Co Ltd
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE: To provide a disk array device capable of effectively using disk capacity while holding high reliability for evading a data loss properly correspondingly to a data access state from a host system and preventing the efficiency of access to data from being reduced.
CONSTITUTION: The disk array device has data-multiplexed disk devices 5, 6 and a data-divided disk devices 7 to 9, a disk array control means 16 moves a data block with high writing frequency to the devices 5, 6 and moves a data block with high reading frequency to the devices 7 to 9 based upon information detected by an access frequency detecting means 12 in a disk controller 3. Since the data block with high writing frequency are not stored in the devices 7 to 9, overhead due to writing processing can be reduced, so that even if an access state to disk devices is changed, the disk array device can be operated without reducing access efficiency.
COPYRIGHT: (C)1996,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】この発明は、電子計算機システムの外部記憶装置として用いられるディスク・アレイ装置に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION This invention relates to a disk array device used as an external storage device of the computer system.

【0002】 [0002]

【従来の技術】以下、従来のディスク・アレイ装置について、図面を参照しながら説明する。 BACKGROUND ART Hereinafter, a conventional disk array device will be described with reference to the drawings. 図2は、従来のディスク・アレイ装置の構成例を示すブロック図である。 Figure 2 is a block diagram showing a configuration example of a conventional disk array apparatus.
図2において、21はホストシステムであり、このホストシステム21はホスト・インターフェイス22を介して、ディスクアレイ・コントローラ23に接続され、このディスクアレイ・コントローラ23はデバイス・インターフェイス24を介してディスク装置25〜28に接続される。 2, 21 denotes a host system, the host system 21 via the host interface 22 is connected to the disk array controller 23, the disk array controller 23 is a disk device via the device interface 24 25 It is connected to the to 28.

【0003】そして、ディスクアレイ・コントローラ2 [0003] The disk array controller 2
3は、その制御を司るディスク・アレイ制御手段29 3, the disk array control unit 29 that governs the control
と、ホストシステム21からのデータをディスク装置2 When the disk data from the host system 21 apparatus 2
5〜28に書き込む書込み手段30と、ディスク装置2 And writing means 30 for writing the 5 to 28, a disk device 2
5〜28からデータを読み出す読出し手段31とを備えている。 And a reading means 31 for reading the data from 5 to 28. 以上のように構成されるディスク・アレイ装置の動作について説明する。 A description will be given of the operation of the disk array apparatus constructed as described above.

【0004】ここでは、一般によく用いられるRAID [0004] In this case, RAID generally is often used
レベル1(ミラーディスク)、RAIDレベル3およびRAIDレベル5について説明する。 Level 1 (mirror disk) is described RAID levels 3 and RAID Level 5. なお、RAID In addition, RAID
(Redundant Arrays of Inex (Redundant Arrays of Inex
pensive Disk)とはディスク・アレイ技術のことであり、複数のディスク装置へのデータの書き込み/読み出し形態により5段階にレベル分けがなされている。 The pensive Disk) and that of the disk array technology, sorted level have been made out by the write / read mode of data to a plurality of disk devices.

【0005】まず、RAIDレベル1(ミラーディスク)として設定された場合、ディスク装置25、27はデータディスク、ディスク装置26、28はデータディスク(ディスク装置25、27)のそれぞれのバックアップとなるミラーディスクという位置付けになる。 [0005] First, when configured as RAID Level 1 (mirror disk), mirror disk disk apparatus 25 and 27 as the respective backup of the data disk, the disk device 26 and 28 data disk (disk device 25, 27) become positioned as. ホストシステム21から出力されたデータはディスクアレイ・コントローラ23に入力され、書込み手段30によってディスク装置25と26、あるいはディスク装置27 Data output from the host system 21 are input to the disk array controller 23, disk drive 25 and 26 by the writing means 30 or the disk device 27,
と28の同一データブロックアドレスに同一のデータが書き込まれる。 The same data is written to the same data block address of the 28. 図3(a)にそれぞれのディスク装置2 Figure 3 each of the (a) disk system 2
5〜28へのデータブロック格納例を示し、Block It shows a data block storage example in the 5 to 28, Block
0,Block1,・・・・は論理ブロック単位のデータを示す。 0, Block1, ···· shows the data of the logical block unit. 通常の読み出し動作においては、読出し手段31によってデータディスクとしてのディスク装置25 In normal read operation, the disk device as a data disk by reading means 31 25
もしくは27からのみデータを読み出すことになる。 Or it will be read only data from the 27.

【0006】そして、データディスク(ディスク装置2 [0006] Then, the data disk (disk device 2
5あるいは27)が故障したり、データの読み出し時にエラーが検出された場合は、ミラーディスク(ディスク装置(26あるいは28)側に処理を切替え、データを読み出すようにして、システムの運用を続ける。また、 5 or 27) fails or if an error is detected during data reading, the mirror disk (disk device (26 or 28) side to the switching process, so as to read out the data, continued operation of the system. Also,
RAIDレベル3として設定された場合、ディスク装置25、26、27はデータディスク、ディスク装置28 When configured as RAID level 3, the disk device 25, 26 and 27 data disk, the disk device 28
は冗長データとしてパリティデータを格納するディスクという位置付けになる。 It is positioned as a disk for storing parity data as redundant data.

【0007】ホストシステム21から出力されたデータはディスクアレイ・コントローラ23に入力された後、 [0007] After data output from the host system 21 that is input to the disk array controller 23,
バイト単位で分割され、書込み手段30によってデータディスク(ディスク装置25、26、27)に書き込まれる。 Is divided in bytes, written by the writing means 30 to the data disk (disk device 25, 26, 27). また全データディスク上の同一ブロックアドレスを通してのパリティデータがディスク装置28に書き込まれる。 The parity data through the same block address on all the data disk is written to the disk device 28. 図3(b)にそれぞれのディスク装置25〜2 Each disk device in FIG. 3 (b) 25~2
8へのデータブロック格納例を示し、00h,11h, It shows a data block storage example to 8, 00h, 11h,
・・・,AAh,BBhはバイト単位に分割されたデータ、Parityはパリティデータを示す。 ···, AAh, BBh is data that has been divided into bytes, Parity indicates the parity data. 通常の読み出し動作においては、読出し手段31によって全てのデータディスク(ディスク装置25、26、27)にアクセスしてデータを読み出し、データブロックに結合し直す。 In normal read operation, the read data by accessing all data disks (disk apparatus 25, 26, 27) by reading means 31, again coupled to the data block.

【0008】そして、データディスク(ディスク装置2 [0008] Then, the data disk (disk device 2
5、26、27)のいずれかが故障したり、データの読み出し時にエラーが検出された場合は、ディスク装置2 Either fails or the 5,26,27), if an error is detected during data reading, disk unit 2
8よりパリティデータを読み出し、データの修復が可能になる。 8 reads the parity data from the data restoration is possible. さらにRAIDレベル5として設定された場合は、ホストシステム21から出力されたデータはディスクアレイ・コントローラ23に入力された後、データは論理ブロック単位で分散され、書込み手段30によって各データディスク(ディスク装置25、26、27、2 If further configured as RAID level 5, after the data output from the host system 21 that is input to the disk array controller 23, data is distributed in terms of logical blocks, each data disk (disk device by writing means 30 25,26,27,2
8)に書き込まれる。 It is written to 8). また全データディスク上の同一ブロックアドレスを通してのパリティデータが冗長データを格納するディスクに書き込まれる。 Also it is written to disk parity data through the same block address on all data disks to store redundant data. このとき、パリティデータを書き込むディスクを固定せず、全てのディスク装置25〜28に循環的に分散させて書き込んでいる。 At this time, without fixing disks for writing parity data, it is written to cyclically dispersed in all the disk devices 25-28. 図3(c)にそれぞれのディスク装置25〜28へのデータブロック格納例を示す。 Figure 3 (c) shows a data block storage example of the respective disk unit 25-28. 通常の読み出し動作においては、読出し手段31によって必要なデータブロックを格納するディスクにアクセスし、データを読み出すことになる。 In normal read operation, accessing the disk to store data blocks needed by the reading means 31, so that the read data.

【0009】そして、データディスクのいずれかが故障したり、データの読み出し時にエラーが検出された場合は、パリティデータを含むディスク装置からデータを読み出し、データの修復が可能になる。 [0009] Then, or failure or data disks, if an error is detected in data read, read data from the disk device containing parity data, data restoration is possible.

【0010】 [0010]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来のディスク・アレイ装置では、以下のような問題点を有している。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, in the conventional disk array apparatus has the following problems. RAIDレベル1の設定においては、データを多重に保持することで、信頼性の高いシステムが実現できるが、保存するデータ容量の2倍のディスク容量が必要になる。 In the setting of the RAID level 1, to retain data in the multiplex, but reliable system can be realized, twice the disk space of the data space to store is required.

【0011】RAIDレベル3の設定においては、全てのデータディスク(ディスク装置25、26、27)から同時に並行にデータを読み出すために、単体ディスクからのみよりも、実質的に高速にデータを読み出すことができる。 [0011] In setting the RAID level 3, for reading data simultaneously in parallel from all data disks (disk apparatus 25, 26, 27), than from the single disk alone, reading the data in substantially faster can. しかし書込み時においては、一度にアクセスするデータ量(物理ブロック)が最低でもディスクのセクタ容量にデータディスクの数を乗じたものと大きくなるため、ホストシステム21からアクセスするデータブロックの単位(論理ブロック)がそれより小さいときは、一旦所望の論理ブロックを含む物理ブロックを読み込んで、ディスクアレイ・コントローラ23内でパリティデータを含めて更新し、ディスク装置に書き込むというオーバーヘッドがかかる。 However, in the time of writing, the amount of data to be accessed at a time (physical block) because increases as multiplied by the number of data disks in sector capacity of the disk at a minimum, the unit (logical block of the data block to be accessed from the host system 21 ) when less than it once reads the physical block containing the desired logical block, update including parity data in the disk array controller 23, such overhead of writing to the disk apparatus.

【0012】RAIDレベル5の設定においては、ディスク装置25、26、27、28ごとに独立して、論理ブロック単位でのアクセスが可能であるが、RAIDレベル3と同じように、データ書込み時においては冗長データの整合性を保つため、ディスク装置の所望するデータブロックのそれぞれから既存データおよびパリティデータを読み込み、書き込もうとする新データと合わせて、ディスクアレイ・コントローラ23内で新パリティデータを計算後、ディスク装置の所望するそれぞれのデータブロックへ新データおよび新パリティデータを書き込むというオーバヘッドがかかる。 [0012] In setting the RAID level 5, independently for each disk device 25, 26, but is accessible in terms of logical blocks, like RAID level 3, at the time of data writing since the consistency of the redundant data, reads the existing data and the parity data from each of the desired data block of the disk unit, together with the new data to be written, after calculating the new parity data in the disk array controller 23 some overhead of writing new data and new parity data to the respective data blocks desired disk device.

【0013】このように、RAIDのそれぞれのレベルにおいては、長所とともに短所も持ちあわせている。 [0013] Thus, in each level of RAID is also combined it has disadvantages with advantages. 通常、ディスク・アレイ装置はRAIDのどれか一つのレベルに設定され、作動することになるが、ホストシステム21で扱うアプリケーション・ソフトウェアによって、アクセスされるデータブロックの大きさや書込み/ Usually, a disk array device is set at the level of one any of RAID, but will operate, the application software handled by the host system 21, the data block to be accessed size and write /
読出し比率等が異なるため、選択されたRAIDレベルとの適合性によっては、ディスク・アレイ装置としての効果が発揮できないばかりか、単体ディスク接続時よりも効率を落とす結果にもなりかねない。 Since the read ratio may vary, depending on compatibility with the RAID level selected, not only the effect as a disk array apparatus can not be exhibited, it could also result in degrading the efficiency than when single disk connection.

【0014】この発明は、ホストシステムからのデータアクセス状態に適時対応して、データの損失を回避するという高い信頼性を保ちながら、ディスク容量を有効に使用し、かつデータへのアクセス効率を落とさず、効果を十分発揮し続けるディスク・アレイ装置を提供することを目的としている。 [0014] The present invention, in a timely manner corresponding to the data state of access from the host system, while maintaining high reliability of avoiding loss of data, disk space is used effectively, and decreasing the efficiency of access to data not, it is an object to provide a disk array device to continue to sufficiently exhibit the effect.

【0015】 [0015]

【課題を解決するための手段】この発明のディスク・アレイ装置は、複数のディスク装置と、ディスク装置に外部からのデータの書込みおよび読出しを行うディスクアレイ・コントローラとを備えたディスク・アレイ装置であって、複数のディスク装置は、同一のデータを格納する複数のデータ多重化ディスク装置と、分割されたデータおよびその冗長データを格納する複数のデータ分割化ディスク装置とからなり、ディスクアレイ・コントローラは、ディスク装置にデータを書き込む書込み手段と、 SUMMARY OF THE INVENTION The disk array device comprising a plurality of disk devices, a disk array device and a disk array controller for writing and reading of data from the outside to the disk device there are, the plurality of disk devices consists of a plurality of data multiplexing disk device that stores the same data, a plurality of data partitioning disk device that stores the divided data and the redundant data, the disk array controller includes a writing means for writing data to the disk device,
ディスク装置からデータを読み出す読出し手段と、ディスク装置の各々のデータブロックに対して外部から要求された読出し要求回数および書込み要求回数を検出し記憶するアクセス頻度検出手段と、読出し手段により読み出したデータを一時記憶し書込み手段へ送出する記憶手段と、データ分割化ディスク装置に格納されアクセス頻度検出手段で検出した書込み要求回数の多いデータブロックを読出し手段,記憶手段および書込み手段を介してデータ多重化ディスク装置へ移動させるとともに、データ多重化ディスク装置に格納されアクセス頻度検出手段で検出した読出し要求回数の多いデータブロックを読出し手段,記憶手段および書込み手段を介してデータ分割化ディスク装置へ移動させるディスク・アレイ制御手段とを設けたことを Reading means for reading data from the disk device, and the access frequency detection means for detecting storing each read request count and write requests number requested from the outside to the data block of the disk unit, the data read by the reading means storage means for sending the temporary storage and write means, data partitioning disk devices write request count of more data block read means detected by the stored access frequency detecting means, data multiplexing disk via the memory means and writing means is moved into the apparatus, the disk moving read request count of more data block read means detected by the access frequency detection means is stored in the data multiplexing disk apparatus, via the storage means and writing means to the data partitioning disk device by comprising an array control unit 徴とする。 And butterflies.

【0016】 [0016]

【作用】この発明のディスク・アレイ装置は、複数のディスク装置をデータ多重化ディスク装置およびデータ分割化ディスク装置として使用し、外部からのデータアクセスにおいて、書込み/読出し要求回数を検出し、書込み要求回数の多いデータブロックをデータ多重化ディスク装置へ移動するとともに、読出し要求回数の多いデータブロックをデータ分割化ディスク装置へ移動する。 [Action] Disk array apparatus of this invention uses a plurality of disk devices as data multiplexing disk apparatus and a data partitioning disk apparatus, the data access from the outside, detects a write / read request count write request as well as the number of movements of the large data block to the data multiplexing disk apparatus moves the large data block of read request count to the data partitioning disk device. すなわち、書込み要求回数の多いデータについては、データ分割化ディスク装置に格納せずに、データ多重化ディスク装置に格納することにより、書込み処理で生じるオーバーヘッドによる効率低下を防ぐことができる。 In other words, the write request Most Viewed data, without storing the data partitioning disk device, by storing the data multiplexing disk device, it is possible to prevent the overhead efficiency reduction due occurring in the writing process.

【0017】 [0017]

【実施例】以下、この発明の一実施例のディスク・アレイ装置について、図面を参照しながら説明する。 EXAMPLES Hereinafter, the disk array device according to an embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings. 図1 Figure 1
は、この発明の一実施例のディスク・アレイ装置の構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing the configuration of a disk array apparatus of one embodiment of the present invention.

【0018】図1において、1はホストシステムであり、このホストシステム1はホスト・インターフェイス2を介してディスクアレイ・コントローラ3に接続され、このディスクアレイ・コントローラ3はデバイス・ [0018] In FIG. 1, 1 is a host system, the host system 1 is connected to the disk array controller 3 via the host interface 2, the disk array controller 3 Device
インターフェイス4を介して5台のディスク装置5〜9 Five of the disk device via the interface 4 5-9
に接続される。 It is connected to. この5台の内、2台のディスク装置5と6は同一のデータが書き込まれるRAIDレベル1と同様のデータ多重化ディスク装置として使用され、3台のディスク装置7、8、9はデータを分割して各ディスク装置にデータブロックおよびパリティデータが格納されるRAIDレベル5と同様のデータ分割化ディスク装置として使用される。 Of this five, the two disk devices 5 and 6 are used as the same data multiplexing disk apparatus as RAID Level 1 the same data is written, three disk device 7, 8, 9 divided data is used as the same data partitioning disk apparatus as RAID level 5 data blocks and parity data in the disk devices is stored in.

【0019】そして、ディスクアレイ・コントローラ3 [0019] The disk array controller 3
は、ホストシステム1からの命令を解読し、コマンド信号およびデータ信号の受信/分別、またステータス情報およびデータ信号のホストシステム1への送信を行なうホスト・インターフェイス手段10と、ホスト・インターフェイス手段10からの情報により、ディスク装置5 Decodes the command from the host system 1, the receiving / separation of the command signal and the data signal, the host interface unit 10 for transmission to the host system 1 of the status information and the data signals from the host interface unit 10 by the information, the disk device 5
〜9のデータブロックに対して、読出し/書込み要求を検出し、その回数を内部のディレクトリ11に記憶するアクセス頻度検出手段12と、データおよびパリティデータを5台のディスク装置5〜9へ書き込む書込み手段13と、データおよびパリティデータを5台のディスク装置5〜9から読み出す読出し手段14と、各々のディスク装置5〜9に格納されているデータを格納場所を入れ換えるため、読出し手段14によって読み出されたデータを一時的に保持する記憶手段15と、ホストシステム1からの命令に応じて、アクセス頻度検出手段11の情報をもとに、書込み手段13と読出し手段14を制御し、データ書込み処理時のオーバーヘッドの発生を防ぐべく、ディスク装置5〜9へのデータ格納を操作するディスク・アレイ制 Relative to 9 of the data block to detect a read / write request, writes the count and the access frequency detection means 12 to be stored in the interior of the directory 11, the data and parity data of five to the disk device 5-9 writes a means 13, for interchanging the reading means 14 for reading the data and parity data from five disk device 5-9, the storage location of the data stored in each disk device 5-9, read out by the reading means 14 storage means 15 for temporarily holding the data, in response to a command from the host system 1, based on the information of the access frequency detection means 11, and controls the writing unit 13 and the reading unit 14, a data writing process order to prevent occurrence of overhead time, the disk array system to manipulate data stored in the disk device 5-9 手段16とを備えている。 And a means 16.

【0020】このように構成されるこの実施例のディスク・アレイ装置の動作について説明する。 [0020] be described thus constructed, the operation of the disk array device of this embodiment. まず初期設定として、ホストシステム1からのデータは、ホスト・インターフェイス手段10を介して書込み手段13に送られ、ディスク・アレイ制御手段16の指示によりデータブロックごとに分割され、生成されたパリティデータとともに、データ分割化ディスク装置7〜9に分散して書き込まれる。 First, as initial setting, data from the host system 1 is sent to the writing unit 13 via the host interface unit 10 is divided for each data block by an instruction of the disk array control unit 16, together with the generated parity data written by dispersing the data partitioning disk device 7-9. もしディスク装置7〜9が満杯になれば、 If accustomed to the disk device 7-9 is full,
データ多重化ディスク装置5および6に書き込まれる。 It is written to the data multiplexing disk apparatus 5 and 6.
前述したように、ディスク装置5および6に書込まれるのは同一のデータである。 As described above, what is written in the disk unit 5 and 6 are the same data.

【0021】上述のようなデータの格納状態からホストシステム1がデータを読み出す場合、ホストシステム1 [0021] If the storage state of the data as described above host system 1 reads data, the host system 1
から読出し命令を受けたホスト・インターフェイス手段10は、その情報をアクセス頻度検出手段12およびディスク・アレイ制御手段16に伝える。 Host interface unit 10 which has received the read instruction from conveys the information to the access frequency detection means 12 and the disk array control unit 16. ディスク・アレイ制御手段16は、読出し手段14を介して該当するデータが格納されているディスク装置からデータを読み出し、ホスト・インターフェイス手段10を介してホストシステム1へ送る。 Disk array controller 16 reads data from the disk device data corresponding through the read unit 14 is stored, and sends through the host interface unit 10 to the host system 1. この時、アクセス頻度検出手段12 At this time, access frequency detection means 12
では、アクセスされたデータブロック番号を内部のディレクトリ11のエントリに記憶し、読出しアクセス回数を数えるカウンタ(読出しカウンタ)の値を一つ増やす。 In stores the accessed data block number in the entry within the directory 11, increasing one the value of the counter (read counter) for counting the read access times.

【0022】次にホストシステム1がデータを書き込む場合、ホストシステム1から書込み命令を受けたホスト・インターフェイス手段10は、その情報をアクセス頻度検出手段11およびディスク・アレイ制御手段16に伝える。 [0022] Then when the host system 1 writes data, the host interface unit 10 receiving a write command from the host system 1 conveys the information to the access frequency detection means 11 and the disk array control unit 16. ここで、アクセス頻度検出手段12では、アクセスされたデータブロック番号を内部のディレクトリ1 Here, the access frequency detection means 12, the accessed data block number inside the directory 1
1のエントリに記憶し、書き込みアクセス回数を数えるカウンタ(書込みカウンタ)の値を一つ増やす。 Stored in the first entry, increasing one the value of the counter (write counter) for counting the write access times.

【0023】以後、すでに格納されているデータブロックへのアクセスが発生するごとに、アクセス頻度検出手段12内のディレクトリ11の各々のエントリの読出しカウンタまたは書込みカウンタの値が増えていくことになる。 [0023] Thereafter, every time the access to the data blocks already stored occurs, the value of the read counter or write counter of each of the entries in the directory 11 of the access frequency detecting means 12 is gradually increased. また、空のデータブロックに新しいデータが追加され書き込まれる場合、データ分割化ディスク装置7、 Moreover, if the new data to the empty data blocks is written is added, the data partitioning disk device 7,
8、9に余裕があればそこに格納される。 8 and 9 to afford it stored therein, if any. しかし余裕が無い場合、ディスク・アレイ制御手段16はアクセス頻度検出手段12のディレクトリ11の情報を引き出し、 However, if there is no room, the disk array control unit 16 draws the information of the directory 11 of the access frequency detection means 12,
データ分割化ディスク装置7、8、9に格納されてあり、かつ書込みカウンタの値が一番大きいブロックを選択し、読出し手段14を介して読出し、記憶手段15を経由して、データ多重化ディスク装置5、6へ書込み手段13を介して書き込むことで、データを移動させ、空いたデータ分割化ディスク装置7、8、9のブロックに新しいデータが書込み手段13を介して書き込まれる。 Yes stored in the data partitioning disk devices 7,8,9, and select the largest block value of the write counter, through reading, the storage means 15 via the reading means 14, data multiplexing disc to the device 5,6 by writing via the write unit 13 moves the data, the new data into a block of empty data partitioning disk device 7, 8, 9 is written via the write unit 13.
この時、ディスク・アレイ制御手段16は移動させたデータブロックについてのアクセス頻度検出手段12のディレクトリ11のエントリの物理ブロックアドレスの更新も行なう。 At this time, the disk array control unit 16 also performs updating of the physical block address of the entry in the directory 11 of the access frequency detection means 12 for the data block is moved.

【0024】この実施例のように、書込み頻度の高いデータブロックをデータ分割化ディスク装置7、8、9に常駐させないことで、書込み処理によるオーバーヘッドを低減させることができるため、ディスク装置へのアクセス状況が変動しても、効率を落とすことなく、ディスク・アレイ装置を運用することができる。 [0024] As in this embodiment, that does not reside high data blocks of write frequency data partitioning disk device 7, 8, 9, it is possible to reduce the overhead of writing process, access to the disk device even situation varies, without reducing the efficiency, it is possible to operate the disk array device. 特に、種々のアプリケーション・ソフトを扱うサーバー型のコンピュータシステム等に対して有効である。 In particular, it is effective for the server type computer system such as dealing with various application software. また、データ多重化ディスク装置5、6に格納されたデータは高い信頼性が保たれている。 Further, the data stored in the data multiplexer disk device 5, 6 is high reliability is maintained.

【0025】なお、ディレクトリ11内のエントリ数には限度があり、すべてのデータブロックを記録できないときは、公知のアルゴリズム、例えばLRU(Leas [0025] Note that the number of entries in the directory 11 is limited, when it can not record all the data blocks, known algorithms, for example, LRU (Leas
tRecently Used)のように、エントリに記憶されているブロックの中から最後にアクセスされた時点が最も古いものを、新しくアクセスされるブロックのために置き換えたり、また一定時間において記憶内容を消去していく方法等で管理する。 As in tRecently Used), the last one the oldest accessed time from the blocks stored in the entry, and deletes the stored content or replace for block the newly accessed, and in a certain time managed by the go method and the like.

【0026】なお、この実施例では、データ分割化ディスクの方式として、RAIDレベル5を採用しているが、RAIDレベル3でも構わない。 [0026] In this embodiment, as the method for data segmentation disc adopts the RAID level 5, it may even RAID Level 3. また、この実施例では、データ分割化ディスク装置7、8、9からデータ多重化ディスク装置5、6への移動は、新データが追加された時のみ実施するようにしているが、ディスク装置へのアクセスが閑散な時、あるいは定期的に、適宜アクセス頻度検出手段12内の情報を参照して、書込み頻度が高いデータブロックはデータ多重化ディスク装置5、 Further, in this embodiment, the movement from the data partitioning disk device 7, 8, 9 to the data multiplexer disk apparatus 5 and 6, although the new data is to be performed only when they are added, to the disk device when access is quiet, or periodically, by referring to the information of the appropriate access frequency detection means 12, high data blocks write frequency data multiplexing disk apparatus 5,
6へ、読出し頻度の高いデータブロックはデータ分割化ディスク装置7、8、9へ格納されるべく、データの移動を行なうようにディスク・アレイ制御手段16を運用すれば、さらに効率を高めることができる。 To 6, to high data blocks of read frequency is stored in the data division of the disk device 7, 8, 9, if operational disk array control unit 16 to perform data movement, to further enhance the efficiency it can.

【0027】 [0027]

【発明の効果】以上のようにこの発明は、複数のディスク装置をデータ多重化ディスク装置およびデータ分割化ディスク装置として使用し、外部からのデータアクセスにおいて、書込み/読出し要求回数を検出し、書込み要求回数の多いデータブロックをデータ多重化ディスク装置へ移動するとともに、読出し要求回数の多いデータブロックをデータ分割化ディスク装置へ移動する。 The invention as described above, according to the present invention uses a plurality of disk devices as data multiplexing disk apparatus and a data partitioning disk apparatus, the data access from the outside, detects a write / read request number, write the request count of more data blocks together to move to the data multiplexing disk apparatus moves the large data block of read request count to the data partitioning disk device. このように、書込み頻度の高いデータブロックと読出し頻度の高いデータブロックの格納場所を自動的に調節して、書込み処理によるオーバーヘッドを低減させることができるため、ディスク装置へのアクセス状況が変動しても、 Thus, the storage location of high data blocks of high data blocks and the read frequency of the write frequency by adjusting automatically, since it is possible to reduce the overhead of write processing, the access status to the disk device fluctuates Also,
効率を落とすことなく、ディスク・アレイ装置を運用することができるという効果がある。 Without lowering the efficiency, there is an effect that it is possible to operate the disk array device. 特に、種々のアプリケーション・ソフトを扱うサーバー型のコンピュータシステム等に対して有効である。 In particular, it is effective for the server type computer system such as dealing with various application software. なお、データ多重化ディスク装置に格納されたデータは高い信頼性が保たれている。 The data stored in the data multiplexing disk drive reliability is maintained.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】この発明の一実施例のディスク・アレイ装置の構成を示すブロック図。 1 is a block diagram showing the configuration of a disk array apparatus of one embodiment of the present invention.

【図2】従来のディスク・アレイ装置の構成を示すブロック図。 2 is a block diagram showing a configuration of a conventional disk array apparatus.

【図3】従来例におけるディスク装置へのデータブロック格納例を示す図。 FIG. 3 shows a data block storage example of the disk device in the prior art.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 ホストシステム 2 ホスト・インターフェイス 3 ディスクアレイ・コントローラ 4 デバイス・インターフェイス 5,6 データ多重化ディスク装置 7,8,9 データ分割化ディスク装置 10 ホスト・インターフェイス手段 11 ディレクトリ 12 アクセス頻度検出手段 13 書込み手段 14 読出し手段 15 記憶手段 16 ディスク・アレイ制御手段 1 the host system 2 host interface 3 disk array controller 4 device interface 5,6 data multiplexing the disk device 7, 8, 9 data partitioning disk apparatus 10 host interface unit 11 directory 12 access frequency detecting unit 13 write means 14 reading means 15 storage means 16 disk array controller

Claims (1)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 複数のディスク装置と、前記ディスク装置に外部からのデータの書込みおよび読出しを行うディスクアレイ・コントローラとを備えたディスク・アレイ装置であって、 前記複数のディスク装置は、同一のデータを格納する複数のデータ多重化ディスク装置と、分割されたデータおよびその冗長データを格納する複数のデータ分割化ディスク装置とからなり、 前記ディスクアレイ・コントローラは、前記ディスク装置にデータを書き込む書込み手段と、前記ディスク装置からデータを読み出す読出し手段と、前記ディスク装置の各々のデータブロックに対して外部から要求された読出し要求回数および書込み要求回数を検出し記憶するアクセス頻度検出手段と、前記読出し手段により読み出したデータを一時記憶し前記書込み手 And 1. A plurality of disk devices, wherein a disk array device and a disk array controller for writing and reading of data from the outside to the disk device, the plurality of disk devices, the same write to write a plurality of data multiplexing disk device for storing data, and a plurality of data partitioning disk device that stores the divided data and the redundant data, said disk array controller, the data to the disk device means, a reading means for reading data from the disk device, and the access frequency detection means for detecting storing each read request count and write requests number requested from the outside to the data block of the disk unit, the read the write hand temporarily stores the read data by means へ送出する記憶手段と、前記データ分割化ディスク装置に格納され前記アクセス頻度検出手段で検出した書込み要求回数の多いデータブロックを前記読出し手段,前記記憶手段および前記書込み手段を介して前記データ多重化ディスク装置へ移動させるとともに、前記データ多重化ディスク装置に格納され前記アクセス頻度検出手段で検出した読出し要求回数の多いデータブロックを前記読出し手段,前記記憶手段および前記書込み手段を介して前記データ分割化ディスク装置へ移動させるディスク・アレイ制御手段とを設けたことを特徴とするディスク・アレイ装置。 A storage means for sending to said data partitioning disks stored device to the access frequency detecting means and the reading means more data blocks of write request number detected by said data multiplexing via said storage means and said writing means is moved to the disk device, the data multiplexed is stored in the disk device the access frequency detecting means and the reading means more data blocks of read request number detected by said data partitioning through the storage means and the writing means disk array apparatus characterized by comprising a disk array control means for moving the disk device.
JP30083494A 1994-12-05 1994-12-05 Disk array device Pending JPH08161123A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30083494A JPH08161123A (en) 1994-12-05 1994-12-05 Disk array device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30083494A JPH08161123A (en) 1994-12-05 1994-12-05 Disk array device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08161123A true true JPH08161123A (en) 1996-06-21

Family

ID=17889677

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP30083494A Pending JPH08161123A (en) 1994-12-05 1994-12-05 Disk array device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08161123A (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010191989A (en) * 2010-04-26 2010-09-02 Hitachi Ltd Storage control system and method
US8433686B2 (en) 2004-04-09 2013-04-30 Hitachi, Ltd. Storage control system and method
US8589356B2 (en) 2009-12-23 2013-11-19 International Business Machines Corporation Determining a storage location based on frequency of use

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8433686B2 (en) 2004-04-09 2013-04-30 Hitachi, Ltd. Storage control system and method
US8812449B2 (en) 2004-04-09 2014-08-19 Hitachi, Ltd. Storage control system and method
US8589356B2 (en) 2009-12-23 2013-11-19 International Business Machines Corporation Determining a storage location based on frequency of use
US9128966B2 (en) 2009-12-23 2015-09-08 International Business Machines Corporation Determining a storage location based on frequency of use
JP2010191989A (en) * 2010-04-26 2010-09-02 Hitachi Ltd Storage control system and method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5392244A (en) Memory systems with data storage redundancy management
US5608891A (en) Recording system having a redundant array of storage devices and having read and write circuits with memory buffers
US5483641A (en) System for scheduling readahead operations if new request is within a proximity of N last read requests wherein N is dependent on independent activities
US5881311A (en) Data storage subsystem with block based data management
US5596709A (en) Method and apparatus for recovering parity protected data
US6101615A (en) Method and apparatus for improving sequential writes to RAID-6 devices
US5089958A (en) Fault tolerant computer backup system
US5974544A (en) Method and controller for defect tracking in a redundant array
US5802345A (en) Computer system with a reduced number of command end interrupts from auxiliary memory unit and method of reducing the number of command end interrupts
US7089448B2 (en) Disk mirror architecture for database appliance
US5237460A (en) Storage of compressed data on random access storage devices
US6182198B1 (en) Method and apparatus for providing a disc drive snapshot backup while allowing normal drive read, write, and buffering operations
US6098129A (en) Communications system/method from host having variable-length format to variable-length format first I/O subsystem or fixed-length format second I/O subsystem using table for subsystem determination
US5124987A (en) Logical track write scheduling system for a parallel disk drive array data storage subsystem
US5473761A (en) Controller for receiving transfer requests for noncontiguous sectors and reading those sectors as a continuous block by interspersing no operation requests between transfer requests
US5579474A (en) Disk array system and its control method
US20030200388A1 (en) RAID protected external secondary memory
US20050188248A1 (en) Scalable storage architecture
US20050182890A1 (en) Storage control system and control method for same
US5630092A (en) System and method for transferring compressed and uncompressed data between storage systems
US5313626A (en) Disk drive array with efficient background rebuilding
US6360300B1 (en) System and method for storing compressed and uncompressed data on a hard disk drive
US6877011B2 (en) System and method for host based storage virtualization
US5379385A (en) Method and means for effectuating rule based I/O data transfer address control via address control words
US5210865A (en) Transferring data between storage media while maintaining host processor access for I/O operations