New! View global litigation for patent families

JPH076162A - Tabulating device - Google Patents

Tabulating device

Info

Publication number
JPH076162A
JPH076162A JP5293693A JP5293693A JPH076162A JP H076162 A JPH076162 A JP H076162A JP 5293693 A JP5293693 A JP 5293693A JP 5293693 A JP5293693 A JP 5293693A JP H076162 A JPH076162 A JP H076162A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
table
means
data
header
column
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP5293693A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yoshihiro Shin
Akira Suzuki
吉浩 申
明 鈴木
Original Assignee
Fuji Xerox Co Ltd
富士ゼロックス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE:To provide a tabulating device capable of almost automatically generating a table even if the table has a complicated shape. CONSTITUTION:A logical structure storing means 1 stores correspondence relation between header information having logical structure such as an attribute used at the time of retrieving a data base e. g., and retrieved data and table data. A table format storing means 2 stores one or plural pairs of parameter groups for determining a table format. These parameter groups can be edited by a table format editing means 3. A tabulating means 4 receives information such as correspondence relation between the header information and the table data stored in the means 1, refers to parameters stored in the means 2, acesses a parameter specifying means 5 when necessary to input a value, generates a column header column, a line header column and a data item column based on these information to generated a table.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、見出し情報及び表データから表を生成する表生成装置に関するものである。 The present invention relates to relates to a table generator for generating a table from header information and the table data.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、DTP(Desk Top Pu In recent years, DTP (Desk Top Pu
blishing)やワードプロセッサなどの文書処理装置が普及しつつある。 Document processing device, such as a blishing) and word processors are becoming popular. 表は、文書、特に、技術文書における重要な構成要素であり、殆どすべての文書処理装置が表を扱うことができる。 Table document, in particular, an important component in the technical documentation, almost all of the document processing device can handle tables.

【0003】図2、図3は、一般的な表の説明図である。 [0003] Figure 2, Figure 3 is an explanatory view of a general table. 文書中に現れる多くの表は、見出し欄とデータ欄から構成される。 Many of the tables appearing in the document is composed of a heading area and a data field. 見出し欄に現れる項目を見出し項目という。 That section headings an item that appears in the headline field. 文書中に現れる多くの表は、見出し項目の組合せとデータとの対応関係を表現するものである。 Many tables appearing in the document is representative of the correspondence between the combination of the heading entries and data. 見出し項目の組み合わせを見出し項目列と呼ぶ。 Referred to as the item column heading a combination of heading items. ある特定の行と特定の列が交差するデータ欄に記載された表データは、該行中に現れる見出し項目列と該列中に現れる見出し項目列を併せた見出し項目列に対応する。 A table data described in the data field a particular row and a particular column intersect corresponds to the heading field string in conjunction heading field strings appearing in the heading in the item column and said column appearing in the row. 単一行および単一列に複数の見出し項目が現れることもあり得る。 A single row and a single column may be appear multiple entry. 例えば、図2に破線で示した行及び列では、行見出し項目B,Fおよび列見出し項目b,iを併せた見出し項目列(B,F,b,i)と、表データ「12」が対応する。 For example, in rows and columns indicated by broken lines in FIG. 2, the row headings item B, F and column headings item b, heading field string in conjunction with i (B, F, b, i) and, a table data "12" corresponding.

【0004】このような表は、見出し項目列から対応するデータを検索したり、見出し項目列に対応するデータの傾向を全体的に把握したりするために用いられるものであり、その表の形態は目的に適したものでなくてはならない。 [0004] Such tables, search data corresponding the heading field strings, which are used to or totally identify trends in the data corresponding to the headline field strings, the form of the table It must be suitable for purpose. このことから、表が同じ内容、すなわち、同じ見出し項目列と表データの対応関係を表現する場合でも、想定される検索の方法が異なるならば、それぞれに適した別の表の形態で表現することが望ましい。 Therefore, the table is the same content, i.e., even if representing a correspondence between the same heading fields columns and table data, if search methods envisaged are different, expressed in the form of another table suitable for each it is desirable.

【0005】例えば、図3に示す表は、見出し項目Aを固定したとき、データがどのように推移するかを調べるのに適している。 [0005] For example, the table shown in FIG. 3, when fixing the heading items A, is suitable for examining how the data transitions. 見出し項目Aから検索されるデータが単一の行に集まっているからである。 Data retrieved from the heading items A is because gathered in a single row. 一方、この表は、 On the other hand, this table,
見出し項目Bを固定したときのデータの推移を調べるのには都合がよくない。 Not good is convenient to examine the transition of the data at the time of fixing the heading item B is. 見出し項目Bから検索されるデータがとびとびに現れるからである。 Data retrieved from the heading items B is because appear at intervals. もし、見出し項目B If, heading items B
を固定してデータを検索することが期待されているのなら、見出し項目Bが1つの行または列の見出しとなるような表の形態が望ましいということになる。 If what is expected to a fixed searching for data, is heading items B it comes to form a table such that heading one row or column is desired. また、表を表示するスペースの大きさや形状によっても、適した表の形態が変わって来る。 Also, depending on the size and shape of the space to display the table, coming form suitable table is changed. 例えば、項目内容が横書きで表示される表の場合、表示スペースの幅が小さいと各項目枠が縦長になって行折りが頻発し、はなはだ読み難い表となってしまう。 For example, if the table entry content is displayed horizontally, becomes vertically long items frame the width of the display space is small folding frequent rows, it becomes woefully reads hardly Table. このようなときは、行見出しと列見出しを適当に交換して列見出しの個数を減らすなど、表の形態を変更して、読みやすい表となるように工夫する必要がある。 In such cases, such as reducing the number of appropriate replacement to the column heading row and column headings, by changing the form of tables, it is necessary to devise so that the easy table to read. さらに、作表者の好みによっても表の形態は左右される。 In addition, the form of the table by tabulated's preference depends. したがって、例えば、他の人間が作成した表を自分の文章中で用いようとしたとき、その表の形態を自分の好みにあわせて変更したいというユーザの要求は自然に起こってくる。 Thus, for example, when you try to use a table that other human beings have created in their own writings, the user's request comes happened to natural that you want to change to match the form of the table to your liking. このように、1つの表、即ち、 Thus, a table, i.e.,
1つの見出し項目列と表データの対応関係を異なる表の形態で表示することによって、読みやすく、また、文書作成者の好みも反映した高品質の文書の作成が可能となる。 By displaying the correspondence between the one heading items columns and table data in the form of different tables, legible, also allows the creation of high-quality document reflecting preferences of authors.

【0006】従来のDTPやワードプロセッサにおいては、表は以下の手順で、作成者によって作成される。 [0006] In the conventional DTP and word processors, the table in the following manner, are created by the creator. 罫線が構成する枠(罫表)の形状、各項目同士の相対位置を決定する。 Border shape of the frame constituting (ruffled table) to determine the relative position of each item between. 各項目内容の文字数等を考慮して、罫線の位置を決定する。 Taking into account the number of characters of each field contents, to determine the position of the border. 罫表の形状、罫線の位置の決定にしたがって実際に罫線を作成する。 The shape of ruffled table, actually creating borders as determined by the position of the border. 各項目枠内に項目内容を入力する。 To enter the field contents in each item frame. この作表方法では、一旦表を作成したのち、罫線の太さ、種類、項目の文字のフォント等を変更することは容易であるが、罫表の形状や項目同士の相対位置を変更したいと思うと、最初のステップから表を作成し直さなければならない。 In this tabulation process, once after creating the table, the rule thickness, type, it is easy to change the font or the like of the item text, want to change the relative position of the shapes and items between the ruffled table I think if, must re-create a table from the first step.

【0007】このほか、例えば、LaTeXのtabu [0007] In addition, for example, LaTeX of tabu
lar環境やroffのtbl等のコマンド埋め込み方式では、項目内容の文字列と罫線の描画を指示するコマンドが混在するテキストを記述することによって、表を作成する。 In the command embedding method of tbl such as lar environment and roff, by describing the text you want to mix a command instructing the drawing of the character string and the border of the item content, to create a table. 罫線の絶対的な位置の長さ、項目内容の割り付け結果は、フォーマットによって自動的に計算されるが、罫表の形状および、項目同士の相対位置をまず最初に決定しなければならないのは、DTPやワードプロセッサの場合と同様である。 The length of the absolute position of the ruled line, allocation results of field contents, but is calculated automatically by the format, the shape of the ruffled table and, it should be initially determine the relative positions between the fields, in the case of DTP or word processor is the same as that.

【0008】例えば、特開平3−37757号公報には、見出し項目が階層的に表現された、多少複雑な表を自動生成する技術が記載されている。 [0008] For example, JP-A-3-37757, headline items are represented hierarchically, discloses a technique for automatically generating some complex tables. しかし、この場合にも、見出し項目及び表データの階層関係は、情報を与える時点で設定する必要がある。 However, even in this case, the hierarchical relationship of heading items and table data, it is necessary to set when providing information. そのため、上述の図3 Therefore, the above-described FIG. 3
の例のように、見出し項目Bが分散して配置されている表から、見出し項目Bを一つの見出し項目とするような表を作成する場合など、表の形式を変更しようとしても、階層関係が規定されてしまっているため、容易に変更することはできない。 As in the example, from the table heading items B are arranged in a dispersed, for example, to create a table as a heading items B and one heading entry, attempting to change the format of the table, hierarchical relationships but because they've been defined, it can not be easily changed.

【0009】上述のように、従来の技術では、表の罫表の形状や項目同士の相対位置に関わる表の形態を変更しようとすると、作表者が表を最初から書き直さなければならず非常に手間のかかるものであった。 [0009] As described above, in the conventional art, an attempt to modify the table form according to the relative position of the shapes and items between the ruling table of the table, very tabulated user must rewrite the table from scratch were those time-consuming to. また、文書作成の効率を高めるため、すでに作成された表を異なる文書で再利用したり、複数の利用者の間で共有しようとしても、従来の技術では、表の形態の変更には厳しい制約があったため、その文書における条件、すなわち、文脈、表示スペース等や、利用者の好みにあわせた表の形態の変更が困難であり、作成された表の再利用、複数の利用者による共有は困難であるという問題があった。 In order to enhance the efficiency of document creation, or reuse the table created previously in different documents, even if an attempt is shared by several users, in the prior art, strict restrictions on changing table form since there was, conditions in the document, i.e., context, and display space or the like, it is difficult to change the form of table to match the preference of the user, re-use of the created table, shared by a plurality of users there has been a problem that it is difficult.

【0010】一方、項目列を検索キーにしてデータを検索する装置としては、関係データベースを始めとするデータベースが広く普及している。 [0010] On the other hand, as an apparatus to search for data in the item column to the search key, database, including a relational database it has been widely used. これらのデータベースを用いた検索結果は、項目列とデータの対応関係を与えるものであるので、多くの場合、表で表現することが可能である。 Search results using these databases, since it is what gives the correspondence between the item columns and data, in many cases, can be expressed in a table. 従来の技術では、データベースの検索結果を単純な田字形の表に自動的に変換して表示することは可能である。 In the prior art, it is possible to display automatically converts the search results database tables simple field shape. しかし、より可読性の高い複雑な形状の表で表現するには、検索結果のデータ構造と表の形状に依存するプログラムをその都度作成しなければならなかった。 However, to be represented in the table of a higher readability complex shape, it had to create each time a program that depends on the shape of the data structures and tables of the search results. このような自動生成するためのプログラムをその都度作成する場合、作成者がプログラムに熟練している必要があり、また、熟練していたとしても手間のかかる作業が必要であった。 When creating a program for such an automatic generation each time, creator must skilled in the program and were also required a time-consuming task as was skilled. また、作成者が従来のワープロ等の作表機能を用いて作成することも考えられるが、データベースによる検索結果は膨大なものになる傾向があり、 Furthermore, authors it is conceivable to create using the tabulated function, such as a conventional word processor, tend to be search results in enormous by the database,
膨大な検索結果を人力で入力しなければならず、やはり非常に手間のかかる作業となっていた。 An enormous amount of search results must be entered by human power, it had also become a very time-consuming work.

【0011】 [0011]

【発明が解決しようとする課題】本発明は、複雑な形状の表であっても、自動的に作表することのできる表生成装置を提供することを目的とするものである。 [0008] The present invention may be a table of complex shape, it is an object to provide a table generator which can automatically tabulated.

【0012】 [0012]

【課題を解決するための手段】本発明は、表生成装置において、表の見出しに関する見出し情報と表の内容を表す表データとを対応させて保持する論理構造保持手段と、表の形態を決定するパラメータ群を保持する表形式保持手段と、該表形式保持手段に保持されているパラメータ群と前記論理構造保持手段に保持されている見出し情報および表データに基づき表を生成する表生成手段を備えていることを特徴とするものである。 Means for Solving the Problems The present invention is determined in the table generation apparatus, a logical structure holding means for holding in correspondence with the table data representing the contents of the header information and tables relating to the table headings, the form of the table a tabular holding means for holding a parameter group that, the table generating means for generating on the basis of table index information and table data is held in the logical structure holding means a parameter group held on said form holding means and it is characterized in that it comprises.

【0013】 [0013]

【作用】本発明によれば、論理構造保持手段が保持している見出し情報及び表データを用いて表を生成するため、複雑な形式の表であっても、容易に表の形式を自動生成することができる。 According to the present invention, in order to generate the table by using the header information and the table data logical structure holding means holds, even complex form of tables, easily automatically generate the format of the table can do. また、表の生成の際に表形式保持手段に保持されているパラメータ群に基づき行なうので、パラメータ群の変更により、表の形状、大きさ等を任意に設定することができる。 Further, since performed based on the group of parameters during the generation of the table held in the table format holding unit, by changing the parameter group, the shape of the table, it is possible to arbitrarily set the size and the like. そのため、文書における条件や、利用者の好みにあわせた表を作成することができる。 Therefore, the conditions and in the document, it is possible to create a table that was tailored to the user's preference. さらに、論理構造保持手段等に表の見出し情報や表データなどの表の論理構造を有するデータを保持しておけば、表形式保持手段のパラメータ群の修正のみで種々の表を生成することができ、表の再利用や、複数の利用者による共有を図ることができる。 Furthermore, if holding data having a logical structure of the table, such as header information and table data in the table in the logical structure holding means or the like, that generates various tables only modification parameter group tabular holding means can, it is possible to re-use and the table, the sharing by multiple users.

【0014】論理構造保持手段が保持する見出し情報及び表データとして、データベースの検索時に用いたアトリビュートおよび検索されたデータといった論理構造を有するデータを用いることもでき、データベースの検索結果を用いて自動的に作表することもできる。 [0014] header information and table data logical structure holding means for holding, it is also possible to use data having a logical structure such as attributes and the retrieved data is used when searching the database, automatically using the search results of the database It can also be tabulated.

【0015】 [0015]

【実施例】図1は、本発明の表生成装置の一実施例を示すブロック図である。 DETAILED DESCRIPTION FIG. 1 is a block diagram showing an embodiment of a table generator of the present invention. 図中、1は論理構造保持手段、2 In the figure, the logical structure holding means 1, 2
は表形式保持手段、3は表形式編集手段、4は表生成手段、5はパラメータ指定手段である。 The tabular holding means 3 is tabular editing means, 4 table generating means, 5 is a parameter specifying means.

【0016】論理構造保持手段1は、表の見出しに関する見出し情報と、表の内容を表す表データとを対応させた表に関する情報を保持する。 The logical structure holding means 1 holds the header information about the table headings, the information about the table that associates the table data representing the contents of the table. 保持される表に関する情報は、作表者によって入力されたり、入力された情報に基づいて加工された情報であってもよい。 Information about the table that is held, or is input by the tabulated person may be processed information based on the input information. また、既成の表から何らかの手段を用いて抽出することもできる。 It is also possible to extract with some means from ready-made table. さらに、データベースの検索結果であってもよい。 Furthermore, it may be a search results database. これらの表に関する情報は、論理構造保持手段1に付属する記憶媒体上に直接保持されていてもよいし、また、表情報自体はファイル等の形式で外部の記憶媒体に保持しておき、論理構造保持手段1は該ファイルへのポインタを保持し、該ポインタを介して該当ファイルの内容を読み取るという方式でもよい。 Information about these tables, may be directly held on a storage medium that is included in the logical structure holding means 1, and Table information itself may be held in an external storage medium in the form of a file or the like, logic structure holding means 1 contains a pointer to the file, or in a manner that read the contents of the file via the pointer.

【0017】表形式保持手段2は、表の形態を決定するためのパラメータ群を、一組ないし複数組保持する。 [0017] Tabular holding means 2, a parameter group for determining the form of the table, for holding a set or multiple sets. 保持されている各表形式は、1つないし複数のパラメータからなる。 Each table form as held is comprised of one or more parameters. 各パラメータは、すでに値が設定されている場合、値が決定されずに残されている場合のいずれもあり得る。 Each parameter, when set already values, there may be any if it is left without being determined value. パラメータに値が設定されていない場合は、予め定められた値を用いるか、または、パラメータ指定手段5を用いて対応する値を指定するように構成することもできる。 If parameter value is not set, or use a predetermined value, or may be configured to specify a value corresponding with a parameter specifying means 5. パラメータ群は、表形式保持手段2に付属する記憶媒体上に直接保持されていてもよいし、また、パラメータ群自体はファイル等の形式で外部の記憶媒体に保持させておき、表形式保持手段2は該ファイルへのポインタを保持し、該ポインタを介して該当ファイルの内容を読み取る方法でもよい。 Parameter group, may be held directly on a storage medium that is included in tabular form holding means 2, also leave parameter group itself is retained in an external storage medium in the form of a file or the like, tabular holding means 2 contains a pointer to the file, or a method of reading the contents of the file via the pointer.

【0018】表形式編集手段3は、表形式保持手段に保持されている表形式のパラメータを変更して、表形式を編集するための手段である。 [0018] Tabular editing means 3 changes the parameters of the table format stored in the table format retention means is a means for editing a table format. 利用者は、表形式編集手段3を介して既存の表形式を編集し、自分の好みや、利用目的に適した表形式に変更することができる。 The user via a tabular editing means 3 to edit an existing table format, and their preferences, it is possible to change the table format suitable for the intended use. もちろん、新たな表形式の作成及び登録を行なうことができる。 Of course, it is possible to create and register a new table format. このとき、パラメータの一部を定義せず、表の生成時にパラメータ指定手段5により指示するように設定することもできる。 In this case, without defining some parameters may be set to indicate the parameter specifying means 5 when generating the tables. 表形式の編集を行なう必要の無い場合には、この表形式編集手段3は不要である。 If there is no need for editing a table format, the tabular editing means 3 is not necessary.

【0019】表生成手段4は、論理構造保持手段1に保持されている見出し情報、表データの対応関係などの表に関する情報を受け取り、表形式保持手段2に保持されている必要なパラメータを参照し、表を生成する。 The table generating section 4, the heading information held in the logical structure holding means 1 receives information about the table, such as correspondence table data, see the necessary parameters stored in tabular form holding means 2 and, to generate a table. 表生成手段4は、表形式保持手段2に保持されている複数の表形式のうちから、1つを選択して参照する。 Table generation means 4, from a plurality of tabular held in tabular form holding means 2, reference to select one. 参照する表形式保持手段2内の表形式を切り替えることにより、 By switching the tabular in tabular holding means 2 for reference,
生成する表の形態を変更することができる。 It is possible to change the form of the resulting table. 表形式保持手段2内の表形式の選択は、作表者が自ら選択することによって行なってもよいし、ファイル等から自動的に読み込むことで行なってもよい。 Tabular selection of tabular holding means 2 may be performed by the tabulated's choice themselves, may be performed by reading from a file or the like automatically. 選択指示のない場合には、予め定められた形式を選択するように構成することもできる。 In the absence of selection instruction it can also be configured to select a predetermined format.

【0020】表形式保持手段2を参照して、値の指定が無いパラメータがあった場合には、さらにパラメータ指定手段5を呼び出して、値の指定が無かったパラメータに対応する値を得る。 [0020] With reference to Table format holding unit 2, when there is parameter is not specified values, can further call the parameter specifying means 5, the value for the given there is no parameter values. 1つのパラメータが複数回参照されてもよい。 One parameter may be referenced multiple times. また、パラメータの値が設定されておらず、さらに、そのパラメータが複数回参照されたとき、 Moreover, not set the value of the parameter, further when the parameter is referenced multiple times,
その都度異なる値がパラメータ指定手段により指定されてもよい。 Each time a different value may be specified by the parameter specifying means. もちろん、一度入力された値をそのまま用いるように構成することもできる。 Of course, it is also possible to configure a time value entered as directly used. さらに、指定の無いパラメータには、予め決められた値、または、他のパラメータから計算される値を自動的に指定値として用いるように構成することも可能である。 Further, the unspecified parameters, it is also possible to be configured to use a predetermined value, or the value calculated from other parameters as specified automatically value. 表形式中の未決定のパラメータの指定をいろいろと設定し直すことにより、すでに設定されているパラメータで決定されているアウトラインの範囲内で、さらに多様に表の形式を変更することができる。 By re designation of undetermined parameters in tabular form variously set within the range of the outline that is determined by the parameter that is already set, it is possible to more diversely change the format of the table. また、必要に応じて、データ変換を行ない、他の文書編集装置の入力として用いることが可能である。 If necessary, performs data conversion, it can be used as input for another document editing device.

【0021】表形式のパラメータの指定が、必要なときに全て与えられることにより、表の形態が1つ定まる。 [0021] Specifying the tabular parameters, by given all when necessary, the form of the table is determined one.
この定まった表形式に基づき、表生成手段4では、論理構造保持手段1に保持されている表に関する情報を表中に割り付け、表を生成する。 Based on this stated tabular form, Table generating unit 4, the allocation information about the table that is held in the logical structure holding means 1 in the table, to generate a table. 生成された表は、罫線と項目内容から構成される。 The generated table is made up of borders and field contents. 罫線は必ずしも田字形の方眼を形成するとは限らない。 Borders is not necessarily to form a grid of fields shaped. 見出し項目、表データいずれの項目枠、すなわち、隣接する縦横の囲まれた長方形領域も、複数の列、複数の行をまたぐことが許されている。 Heading items, table data all the items frame, i.e., a rectangular region surrounded by adjacent vertical and horizontal are also allowed to straddle a plurality of rows, a plurality of rows.
生成された表は、例えば、表示手段によって紙面上あるいは画面上に表示されたり、ファイルとして記憶媒体上に記憶させることができる。 The generated table, for example, can be stored or displayed on paper or on screen by the display unit, on a storage medium as a file.

【0022】パラメータ指定手段5は、表形式保持手段2に保持されているパラメータ群のうち、未設定のパラメータが存在するとき、このパラメータに対応する値を指定するための手段である。 The parameter designation means 5, from among the parameter group stored in the table format holding unit 2, when the parameter unset exists, is a means for specifying a value corresponding to this parameter. 指定された値を直接、表形式保持手段2に書き込むことも可能であるが、表生成手段4またはパラメータ指定手段5によって保持するように構成することもできる。 The specified value directly, but it is also possible to write in tabular holding means 2 may be configured to hold the table generating means 4 or the parameter specifying means 5. 表生成手段4またはパラメータ指定手段5によって保持するように構成した場合、ある表に対して表の生成が行なわれても未設定のパラメータは未設定のまま保存されるので、表の形態などはもとのまま保持され、1つの表形式をさらに別の表に適用することが可能となる。 When configured to hold by the table generating means 4 or the parameter specifying means 5, since the parameters may not set in the table generation is performed on the table stored unconfigured, such as tables forms held intact, it is possible to apply to a further table one table format. すなわち、表形式保持手段2に保持されている表形式をテンプレートとして活用することができる。 That is, it is possible to take advantage of the tabular held in tabular form holding means 2 as a template. パラメータ指定手段5は、例えば、キーボードとディスプレイから構成され、ディスプレイ上に表示される指示にしたがって作表者が値を入力することができる。 Parameter specifying means 5 includes, for example, a keyboard and display, can be tabulated's instructions that appear on the display to enter a value. または、パラメータの値を、ファイル等から自動的に読み込む構成としてもよい。 Or, the value of the parameter may be automatically read configuration from a file or the like. 表形式保持手段2に保持されている表形式が未設定のパラメータを含まないことが、予めわかっている場合には、パラメータ指定手段5は不要である。 The tabular held in tabular form the holding means 2 does not contain the parameter of the unset, if known in advance, the parameter specifying means 5 is not required.

【0023】以下、本発明の表生成装置の一実施例をより具体的に説明する。 [0023] Hereinafter, an embodiment of a table generator of the present invention more specifically. 論理構造保持手段1は、見出し情報と表データの対応関係を保持する。 Logical structure holding means 1 holds the correspondence between the heading information and table data. 例えば、関係データベースの検索結果を保持することができる。 For example, it is possible to hold the search results of the relational database. 図4は、 Figure 4,
関係データベースの検索結果を収めた論理構造保持手段1の内容の一例の説明図である。 It is an illustration of an example of the contents of the logical structure holding means 1 that contains the results for a relational database. 関係データベースの検索結果は、図4のように表の形式をしており、見出しにあたる「綱」、「目」、「テスト数」、「反応」、「個数」、「パーセント」をアトリビュートと呼ぶ。 Results a relational database, has the form of a table as shown in FIG. 4 corresponds to the heading "rope", "eyes", "number of test", referred to as "reaction", "the number", the "percent" attribute . また、 Also,
アトリビュートの並びの下に現れるデータの並びは検索結果を表し、1行のデータの組、例えば〈哺乳類 犬 The arrangement of the data that appears in the bottom of the list of attributes represents the search result, one line of the data set, for example <mammal dog
10〉をタップルという。 10> is called a tuple. 関係データベースとは、タップルをデータとして集積し管理するデータベースであり、各タップルはアトリビュートの並びを検索キーとして検索される。 A relational database is a database that integrates a tuple as data management, each tuple is retrieved the list of attributes as a search key. また、例えば、「哺乳類」,「鳥類」をアトリビュート「綱」から検索されるデータ、「犬」, In addition, for example, "mammal", data to be searched for the "birds" from the attribute "rope", "dog",
「猫」,「烏」,「鳩」をアトリビュート「目」から検索されるデータと呼ぶ。 "Cat", "crow", referred to as the data to be searched for "dove" from the attribute "eyes". 「陽性」、その他の数値についても同様である。 "Positive", is the same for the other numeric value.

【0024】以下の説明では、各タップルを1つの見出し情報と表データの対応とし、表に関する情報と解釈する。 [0024] In the following description, each tuple to a corresponding one of header information and table data, interprets the information about the table. 図4では、タップルで最も右のアトリビュートに属する項目が対応する表データであり、タップルの残りの項目および表データのアトリビュートからなる列を見出し項目列とし、この見出し項目列が見出し情報となる。 In Figure 4, a table data most items belonging to the right of the attribute corresponding in tuples, the item column heading columns consisting of the remaining items and table data attributes of tuples, the heading entry column is heading information.
例えば、タップル〈哺乳類 犬 10〉は、「10」が表データ、「哺乳類」,「犬」および表データのアトリビュートである「テスト数」が見出し項目列となり、見出し情報と表データの対応として、 (哺乳類 犬 テスト数)→10 を与える。 For example, tuple <mammalian dog 10> is, "10" table data, "mammal", is the attribute of the "dog" and table data "number of test" is the headline item column, as the corresponding heading information and table data, give the (mammalian dog number of test) → 10. この見出し項目列が、生成する表の見出しとなり得る情報である。 The heading entry column is found capable of becoming information table to be generated. 実際に、どのアトリビュートから検索されるデータを表のデータ項目とするかは、作表者などからの指示により決定することができる。 In fact, if the data to be retrieved from which attributes a data item in the table can be determined by an instruction from such tabulation person.

【0025】見出し情報としては、上述のような見出し項目列と表データの対応の情報のほか、1つあるいは複数の見出し項目列中の要素でグループを構成することができる。 [0025] As header information, in addition to the correspondence information headings item column and table data as described above, it is possible to form a group of one or element of the plurality of heading field string. また、各グループには、属性を付与することができる。 In addition, in each group, it is possible to impart the attribute. 例えば、「哺乳類」,「鳥類」を要素とするグループを構成することができ、グループの属性として、 For example, it is possible to form a group to "mammal", the "birds" element, as an attribute of the group,
名前「綱」を与えることができる。 It is possible to give the name "rope". その他の属性の例としては、グループ内の要素の順列などを与えることができる。 Examples of other attributes, it is possible to give such permutations of elements in the group. さらに、グループやグループ内の要素の間に成り立つ関係を記述することができる。 Furthermore, it is possible to describe the true relationship between the elements in the group or groups. 記述できる関係としては、グループ間、グループと要素間、要素間の関係がある。 The description can be related, inter-group, between groups and elements, relationship between the elements. 例えば、2つのグループ間において、一方が他方に包含されるという関係、あるいは、一方が他方に従属するという関係が記述できる。 For example, between the two groups, one relationship that is included in the other, or one can describe the relationship that is subordinate to the other. また、複数のグループ間の関係として、互いに直交的であるという関係を定義することができる。 Further, as the relationship between the plurality of groups, it is possible to define a relationship that are mutually orthogonal. 直交的とは、グループ群の各グループより任意に1つずつ要素をとったとき、それらの要素全てを含む見出し項目列が、見出し項目列と表データの対応中に1つは存在している場合をいう。 And orthogonal, when taken one by one element optionally from each group of the group group, heading field strings containing all those elements, one for corresponding in heading items columns and table data are present It refers to the case. 例えば、図4のような場合、上述のグループ「綱」と、「犬」, For example, in the case such as shown in FIG. 4, and the above-mentioned group "rope", "dog",
「猫」,「烏」,「鳩」を要素とするグループ「目」 "Cat", "crow", group that the "dove" element "eyes"
は、互いに直交的である。 They are mutually orthogonal.

【0026】図5は、表形式保持手段2に保持される表形式の一例の説明図である。 [0026] FIG. 5 is a diagram illustrating an example of a table format to be held in tabular form holding means 2. 表形式保持手段2に保持されるパラメータ群は、図5に示すように、基本的にはラベルとパラメータの並びで与えられる。 Parameter group to be held in tabular form holding means 2, as shown in FIG. 5, it is basically given a sequence of labels and parameters. パラメータは、 Parameters,
「=」の左側にパラメータ名、右側にパラメータに与える式を記述する。 Parameter name on the left side of the "=", that describes the formula to be applied to the parameters on the right side. 例えばパラメータが「パラメータ1」、式が「式1」である場合、「パラメータ1=式1」のように表される。 For example parameters "parameter 1", if the expression is "Formula 1" is expressed as "Parameter 1 = Equation 1". ラベルは、「%」によってラベル名を挟んで記述される。 Label is described with respect to the label name by "%". 例えば、「%ラベル1%」、 For example, "% label 1%",
「%ラベル2%」のように表される。 It is expressed as "% label 2%." ラベルは、関連する幾つかのパラメータをまとめて扱うために存在する。 Label exists to handle collectively several parameters involved.
例えば、図5では、%ラベル1%は、 パラメータ1=式1 パラメータ2=式2 ・・・ に対してつけられた名前であり、これらをまとめて%ラベル1%部と呼ぶ。 For example, in FIG. 5,% label 1% is a name assigned for the parameter 1 = Equation 1 Parameter 2 = Equation 2 ..., it referred to these collectively% label 1% portion.

【0027】図20乃至図22は、生成される表の一例の説明図、図23、図24は、表形式保持手段に保持されるパラメータ群の例の説明図である。 [0027] FIGS. 20 to 22 shows an example of a diagram of a table generated, 23, 24 is an explanatory diagram of an example of a parameter group to be held in tabular form holding means. 例えば、図20 For example, FIG. 20
に示すような、標準的な表形式の場合には、ラベル及びパラメータとしては、図23に示すような項目が設定可能であり、表形式保持手段2は、このようなパラメータ群を保持する。 As shown in the case of a standard table format, as the label and parameters can be set item as shown in FIG. 23, tabular holding means 2 holds such parameter group. なお、式の記入されていないパラメータについては、例えば、パラメータ指定手段5により指定される。 Note that the parameters not entered expression, for example, is designated by the parameter specifying means 5.

【0028】これらのパラメータの式を変更し、または、使用するパラメータを変更することにより、種々の表形式を実現することができる。 [0028] Modify the expression of these parameters, or by changing the parameters to be used, it is possible to realize a variety of tabular. 例えば、いくつかのパラメータの式を変更し、使用するパラメータをいくつか変更して、図24のようなパラメータ群を設定することにより、図21に示すような、親見出しが小見出しよりも右に突き出たインデントタイプの表を生成させることができる。 For example, by changing some parameters of the formula, by changing a few parameters used, by setting the parameter group as shown in FIG. 24, as shown in FIG. 21, the right than the parent heading subheadings thereby generate a table of protruding indentation type. 同様に、図22に示すような親見出しが1行の全幅にわたって割り付けられているような、カットインヘッドタイプの表を生成することもできる。 Similarly, parent headings as shown in FIG 22, as allocated over the entire width of one row, it is also possible to generate a table of cut-head type. 表形式保持手段2は、このような種々の表の形式のパラメータ群を、各表形式に応じて複数保持することができる。 Tabular holding means 2, a parameter group in the form of these various tables, can be more maintained in accordance with the table format.

【0029】表の形式を取り替える方法としては、表形式保持手段2に複数の表形式を保持させておき、選択手段によって選択する方法のほか、表形式保持手段2がデータベース検索ファイルに付随する表形式ファイルを読み取る方式であるときには、検索ファイルに添付する表形式ファイルを交換する方法もある。 [0029] As a method of replacing the format of the table, the table allowed to hold a plurality of tabular tabulated holding means 2, in addition to the method of selecting by the selecting means, the tabular holding means 2 attached to the database search file the case is a method of reading a format file, there is a method to replace the attached table format file in the search file. また、表形式編集手段3を有するシステムの場合には、表形式編集手段3 Further, in the case of a system having a tabular editing means 3, tabular editing means 3
を用いて表形式保持手段に保持されている表形式のパラメータの指定を書き換える方法もある。 There is a method to rewrite the specified parameters tabular held in tabular form holding means with.

【0030】表生成手段4は、上述のような、例えば見出し項目列と表データの対応関係などの表に関する情報を論理構造保持手段1から受け取り、また、表形式保持手段2に保持されている上述のようなパラメータを参照し、表を生成する。 The table generation unit 4, as described above, for example, receives information about the table, such correspondence between the heading items columns and table data from the logical structure holding means 1, also held in the tabular form the holding means 2 Referring to the parameters as described above, to generate the table. 表生成手段4による表の生成は、列見出し欄、行見出し欄、データ項目欄の順に、部分的に進められて行く。 Generation table according to Table generating unit 4, the column headings column, row headings column, in the order of the data item column, go advanced partially. 行見出し欄を先に生成するように構成することも可能である。 It is also possible to configure to generate row headers column first.

【0031】各欄を生成する手順としては、まず、それぞれの部分を生成するのに必要となる表形式の一部分の各パラメータについて、式の値を求める。 [0031] As a procedure for generating the respective columns, first, for each parameter of a portion of the tabular required to produce respective portions, determining the value of the expression. 必要となるパラメータは、ラベルで判別することができる。 Parameters required can be determined by the label. 式の値を求める際に、式そのものが記述されていなかった場合や、式の中に記述されていない部分が存在する場合には、パラメータ指定手段5によって、記述されていない部分に入るべき値が入力される。 In determining the value of the expression, and if the expression itself has not been described, when the portion which is not described in the expression exists, the parameter specifying means 5, the value should enter the part that is not described It is inputted. 表形式を参照したり、 Or refer to the table format,
パラメータ指定手段5を介してパラメータの値が指定された場合、パラメータに対応する値は表生成手段4内のパラメータと同名の変数に保持される。 If the value of the parameter via the parameter designation section 5 is specified, the value corresponding to the parameter is held in the parameter with the same name as a variable in the 4 table generating means. 必要な各パラメータについて値を求めた後、求めた値にしたがって表の部分の表示の生成を行なう。 After obtaining the values ​​for each parameter necessary, according to the values ​​determined for generating the display portion of the table.

【0032】行見出し、列見出しは、ユーザが表形式編集手段3またはパラメータ指定手段5を用いて、例えばデータベースの検索時に用いたアトリビュートをそれぞれに振り分けて指定する。 The row headings, column headings, the user uses a tabular editing means 3 or the parameter specifying means 5, for example to specify sorting the attributes used when searching the database, respectively. この指定は、表形式中のパラメータ「行見出し」、「列見出し」で指定する。 This designation is, parameters "row heading" in tabular form, specified in "column heading". このパラメータに値の指定がない場合には、パラメータ指定手段5を介して値の設定をユーザに促すことにより行なわれる。 If this parameter is not specified value for is performed by prompting the setting values ​​through the parameter specifying means 5 to the user.

【0033】生成する行見出し項目、列見出し項目は必ずしも1列に並ぶとは限らない。 The resulting row heading items, column heading item is not always line up in a row. 説明を必要以上に複雑にしないため、縦方向に3層以上階層は持たないものとするが、実際の表では、もっと多層の見出しであってもよい。 Explanation not unnecessarily complex, and the vertical direction into three layers or more hierarchies are assumed to have no, the actual table may be more multilayer heading. 階層を有する見出し項目のうち、上位の階層に属するものを親見出し項目、下位の階層に属するものを子見出し項目と呼ぶ。 Of the heading items having a hierarchical, the parent heading items belonging to the upper hierarchy, those belonging to the lower hierarchy is referred to as a child heading items. また、単独で割り付けられる見出し項目を孤立見出し項目と呼ぶ。 Also, call the heading items allocated alone and isolated heading items. 表生成手段4は、見出し項目が孤立見出し項目であるか、親見出し項目であるか、子見出しであるかを自動的に判別する。 Table generation unit 4, or heading items are isolated heading items, or the parent heading items, automatically determines whether a child heading. 親見出し項目とそれに従属する子見出し項目は、一括して割り付けられなければならない。 Child heading items that are dependent on it and the parent heading item must be allocated in a lump. 各見出し項目を割り付ける際に必要な項目枠の幅や高さは、表形式保持手段2に保持されている表形式のパラメータ群を参照して決定される。 Width and height of items frame required when allocating each heading entry will be determined with reference to the parameter group tabular held in tabular form holding means 2.

【0034】パラメータ指定手段5は、表生成手段4が表形式保持手段2に保持されている表形式のパラメータの式の値を求める際に、式そのものが記述されていなかった場合や、式の中に記述されていない部分が存在する場合に、そのパラメータの値の入力をユーザに対して促す。 The parameter designation unit 5, Table generating means 4 is in determining the value of the expression parameter of tabular held in tabular form holding means 2, and if the expression itself has not been described, of the formula If the portion that is not described in the present, prompts the user to input the value of the parameter to the user. 例えば、パラメータ群の中に「基準ポイント=(, For example, the "reference point in the parameter group = (,
10)」と指定されているとする。 It is designated as 10) "to have. この場合、括弧の中は座標値を示すが、カンマの前の値が記述されていないので、例えば、パラメータ指定手段5のディスプレイに 基準ポイント=(_,10) と表示して、入力を促す。 In this case, although in parentheses indicates the coordinate value, the value before the comma is not described, for example, a display reference point = (_, 10) to the parameter specifying means 5 and displayed and prompting . ここで「_」はカーソルである。 Where "_" is a cursor. この状態で、パラメータ指定手段5のキーボードからユーザが「5」と入力したならば、基準ポイントの値は(5,10)となる。 In this state, if input from the keyboard of the parameter specifying means 5 users as "5", the value of the reference point is (5,10). 入力された値は表生成手段4に送られる。 Entered value is sent to Table generating unit 4.

【0035】図6乃至図11は、本発明の表生成装置の一実施例における表生成手段4の動作の一例を示すフローチャートである。 [0035] FIGS. 6 to 11 are flowcharts showing an example of the operation of the table generating unit 4 in an embodiment of the table generation apparatus of the present invention. 以下、フローチャートをステップごとに説明する。 Hereinafter will be described a flow chart for each step. 図6は、メインルーチンを示している。 Figure 6 shows a main routine. S1. S1. 表形式保持手段2に保持され、選択されている表形式の情報中の%プリアンブル%部を参照し、その中に未設定のパラメータがあるかを判定する。 Is held in a table format holding unit 2 determines whether reference to% preamble% portion in the information table format that is selected, a parameter not set therein. もし、未設定のパラメータがあれば、S2に進み、なければ、S3に進む。 If there parameters unset, the process proceeds to S2, if not, the process proceeds to S3. S2. S2. 未設定のパラメータがあると判定されたので、パラメータ指定手段5を呼び出し、未設定のパラメータに対する値を取得して、表生成手段4中のパラメータと同名の変数に値を設定する。 Since it is judged that there parameters unset, it calls the parameter specifying means 5, to obtain the values ​​for the parameters not set, sets a value for the parameter with the same name as the variable in the 4 tables generator. S3. S3. 列見出し欄に、罫線を引き、列見出し項目を割り付ける。 In the column heading field, pull the border, allocated a column heading item. この処理は、手続きP100を実行することにより行なわれる。 This processing is performed by executing the procedure P100. 手続きP100は、図7に示す。 Procedure P100 is shown in Figure 7. S4. S4. 行見出し欄に、罫線を引き、行見出し項目を割り付ける。 In a row heading field, pull the border, allocated a row heading items. この処理は、列見出しの処理と同様であり、単に列と行を入れ替えたアルゴリズムとなる。 This processing is the same as the processing in the column headings, simply the algorithm by rearranging the columns and rows. 詳細なフローチャートは省略する。 Detailed flow chart is omitted. S5. S5. データ項目を適切な位置に割り付ける。 Allocating data items in place. すなわち、論理構造保持手段1に保持されている見出し項目列とデータの対応関係の情報を参照しながら、データを記載すべき項目枠の位置および、大きさを計算し、項目枠の周囲に罫線を引き、データ項目内容を割り付ける。 That is, with reference to the information of the correspondence between the heading items columns and data held in the logical structure holding means 1, the position and the items frame should be mentioned data, to calculate the size, border around the item frame a pull, allocate the data item content. 非正規系の表の場合、データ項目枠は、複数の行、複数の列にまたがることもある。 For a table of non-normal system, data item frame may also span multiple rows, multiple columns. このデータ項目の割り付けが終わると、表の生成が終了する。 When the assignment of the data item is completed, the table generation is completed.

【0036】図7は、列見出し欄の割り付けの手続P1 [0036] FIG. 7, the allocation of the column heading column procedure P1
00のフローチャートである。 00 is a flowchart of. 表生成手段4内の変数「列見出し」の要素は、制御記号$とそれに続くアトリビュート名か、または、アトリビュート名そのものかのいずれかである。 Elements of the variable "column heading" in Table generating unit 4, the control symbol $ whether subsequent attribute name, or is either the attribute name itself. 要素が制御記号$とそれに続くアトリビュート名である場合には、論理構造保持手段1によって保持されている検索結果の中のアトリビュートから検索されるデータが列見出し項目となる。 If the element is attribute name followed by a control symbol $ is the data retrieved from the attribute of the search result held by the logical structure holding means 1 is the column entry. また、要素がアトリビュート名そのものである場合には、アトリビュートそのものが列見出し項目となる。 In addition, elements in the case of the attribute name itself, attribute itself is a column heading item. このとき、論理構造保持手段1によって保持されている検索結果の中のアトリビュートから検索されるデータは表のデータ項目となる。 In this case, the data retrieved from the attribute of the search result held by the logical structure holding means 1 is the data item in the table.

【0037】図7のフローチャートにおいて、S102 [0037] In the flowchart of FIG. 7, S102
からS105までのループでは、変数「列見出し」中、 In the loop from up to S105, in the variable "column heading",
$で始まる各要素を、$に続くアトリビュートから検索されるデータに展開する。 Each element starting with $, to expand the data to be retrieved from the attribute followed by $. この結果、すべての列見出し項目が変数「列見出し」に登録される。 As a result, all of the column headings item is registered in the variable "column heading". 例えば、図4に示した検索結果のもとで、変数「列見出し」に(テスト数、$反応、個数、パーセント)が指定されていたとすると、S102からS105までの処理の結果、変数「列見出し」の内容は(テスト数、陽性、個数、パーセント)に書き換えられる。 For example, under the retrieval result shown in FIG. 4, the variable "column heading" (test number, $ reaction, number, percent) When is specified, the result of the processing from S102 to S105, the variable "column the contents of the heading "is rewritten to (test number, positive, number, percent). また、変数「列見出し」に($綱、$目)が指定されていたとすると、その内容は(ほ乳類、鳥類、犬、猫、烏、鳩)に書き換えられる。 In addition, variable to "column heading" ($ rope, $ eye) If you have been specified, the contents of which are rewritten (mammals, birds, dogs, cats, crows, pigeons) to. S101. S101. 変数「列見出し」の最初の要素を取得する。 To get the first element of the variable "column heading".
表形式の情報中のパラメータ「列見出し」に値が設定されているならば、まずその内容を変数「列見出し」にコピーする。 If the value for the parameter "column heading" in the tabular information are set, first copy its contents to the variable "column heading". 表形式の情報中のパラメータ「列見出し」に値が設定されていなければ、図6のS2で変数「列見出し」に値が設定されている。 If the value for the parameter "column heading" in the tabular information is not set, the value in the variable "column heading" in S2 of FIG. 6 has been set. S102. S102. 要素は「$」から始まるかを判断する。 Elements to determine whether starting with "$".
「$」で始まる場合には、S103へ、「$」で始まっていない場合には、S104へ進む。 If that begin with "$" is, to S103, in case you do not start with a "$", the process proceeds to S104. S103. S103. 論理構造保持手段1によって保持される検索結果を参照して、「$」に続くアトリビュートから検索されるデータをすべて集め、参照している要素を検索して集めたデータの集合で置き換える。 Referring to search results held by the logical structure holding means 1, "$" collect all the data to be retrieved from the subsequent attribute is replaced with a set of data collected by searching the reference to that element. S104. S104. 変数「列見出し」に次の要素は存在するかを判断する。 The following elements in the variable "column heading" is to determine whether there. ただし、S103で要素を項目集合で置き換えたときは、次の要素とは置き換えた項目をすべて飛び越した次の要素を指す。 However, when it was replaced by item set the element in the S103, refer to the following elements that jump all of the items that were replaced by the following elements. 次の要素が存在する場合にはS S if the following elements are present
105へ、存在しない場合には、S110へ進む。 To 105, if it does not exist, the process proceeds to S110. S105. S105. 次の要素を取得し、S102に戻って次の要素についての処理を行なう。 Get the next element, back to S102 perform the processing for the next element.

【0038】S110及びS111の処理は、変数「基準ポイント」の初期値を設定する処理である。 [0038] S110 and the processing of S111 is a process of setting the initial value of the variable "reference point". 変数「基準ポイント」は、現在割り付けられている見出し項目枠の左上隅点の座標を保持し、その初期値は最初に割り付けられる列見出し項目枠の左上隅点の座標である。 Variable "reference point" holds the coordinates of the upper left corner point of the heading items frame currently assigned, the initial value is the coordinates of the upper left corner point of the column heading items frame is first allocated. 変数「基準ポイント」は、1つの見出し項目の割り付けが終了するごとに、表形式中の%・・・基準ポイントの変更%部を参照して更新される。 Variable "reference point", every time the allocation of one heading items is completed, is updated with reference to changes% of% ... reference point in the table format. S110. S110. 表形式中の%列見出し基準ポイントの設定% Table% in the form column heading reference point setting%
部中に未設定のパラメータがあるかを判断する。 Parameters unset or the judges is in part. 未設定のパラメータがある場合にはS111へ、未設定パラメータがない場合には、S120へ進む。 To S111 in some cases parameters unset, when there is no unset parameter, the process proceeds to S120. S111. S111. パラメータ指定手段5を呼び出して、表生成手段中に保持されている未設定のパラメータと同名の変数に値を設定する。 Call parameter specifying means 5, to set the unset parameter with the same name as the variable held in the table generating means. S120乃至S124の処理は、変数「列見出し」から、まだ割り付けられていない見出し項目を順に取り出し、取り出した列見出し項目を割り付ける。 Processing S120 to S124 is the variable "column heading", retrieves the heading items that are not yet allocated sequentially allocates column heading items retrieved. S120. S120. 変数「列見出し」の最初の要素を取り出す。 Take out the first element of the variable "column heading". S121. S121. 要素はすでに割り付けられているかを判断する。 Elements to determine whether has already been allocated. すでに割り付けられているときはS123に進み、 Proceeds to S123 when it has already been allocated,
まだ割り付けられていないときは、S122に進む。 When not yet been allocated, the process proceeds to S122. S122. S122. 列見出し項目の割り付けを行なう。 Carry out the assignment of the column heading item. この処理は、手続きP200を実行することにより行なわれる。 This processing is performed by executing the procedure P200.
列見出し項目の割り付けは、一括して割り付けられる見出し項目が存在するならばそれらを見つけ出し、一括して割り付けられる見出し項目郡を親見出しと子見出しに振り分け、要素を割り付けるための項目枠の大きさと位置を計算し、項目枠の周囲に罫線を引き、要素の項目内容を項目枠内に割り付ける。 Assignment column heading fields, if present is heading items allocated collectively find them, distributing the heading items county allocated collectively to the parent headings and sub headings, and the size of the item frame for assigning the element position is calculated, and pull the borders around the items frame, you assign an item element content items frame. S123. S123. 変数「列見出し」中に次の要素が存在するか否かを判断する。 It is determined whether or not the next element is present in the variable "column heading". 次の要素が存在する場合には、S12 If the next element is present, S12
4へ進み、次の要素が存在しない場合には、列見出し欄の割り付け処理を終了し、メインルーチンへ戻る。 Proceed to 4, when the next element does not exist, ends the allocation process of the column heading field, it returns to the main routine. S124. S124. 次の要素を取り出す。 Take out the next element. そして、S121へ戻り、次の要素に対する処理を続行する。 Then, the process returns to S121, to continue the process for the next element.

【0039】図8は、列見出し項目の割り付けの手続P [0039] FIG. 8, of the allocation of the column heading item procedure P
200のフローチャートである。 It is a flow chart 200. まず、S122で特定された要素、すなわち列見出し項目について、その要素の項目内容は第1行に割り付けられるべき親見出し項目か、その要素の項目内容は第2行に割り付けられるべき子見出し項目か、それとも、その要素の項目内容は第1 First, identified elements S122, that is, the column heading items, the element item contents or parent heading items to be allocated to the first row of the, or the element of the field contents child heading items to be allocated to the second row , or, the item content of the element is first
行と第2行とに渡って割り付けられるべき孤立列見出し項目かを定める。 Determine whether the row and column headings isolated item should be allocated across the second row. 要素が孤立列見出し項目でないときは、その要素と一括して割り付けられる列見出し項目が変数「親見出し」と「子見出し」に振り分けられる。 When the element is not an isolated column heading item, the column heading items to be allocated in a lump and its elements are distributed to the "child heading" and the variable "parent heading". このとき、変数「親見出し」、「子見出し」には少なくとも1つの列見出し項目が保持される。 In this case, the variable "parent heading", at least one column heading items in the "child heading" is held. 要素が孤立列見出し項目であるときは、「親見出し」はその要素だけからなる集合体であり、「子見出し」は空集合である。 When the element is an isolated column heading item, "parent heading" is a collection consisting only of the elements, "child heading" is the empty set. 次に、「子見出し」が空集合であるか否かによって、該要素が孤立列見出し項目であるか否かを判定し、適当な割り付け手続きを呼び出す。 Then, "child heading" is by whether or not the empty set, the element it is determined whether or not an isolated column heading item, call the appropriate allocation procedures.

【0040】図8において、S201からS205までの処理によって、2つの変数「親見出し」と「子見出し」に列見出し項目の集合が代入される。 [0040] In FIG. 8, the processing from S201 to S205, the set of column headings item is assigned to the two variables "parent heading" "child heading". この列見出し項目の集合は空集合であることもある。 This set of column heading item is also to be an empty set. S201.2つのテンポラリー変数「見出しグループ1」と「見出しグループ2」を空集合に初期化する。 And S201.2 one of the temporary variable "Heading group 1" is initialized to an empty set "Heading group 2". S202. S202. S122で特定された要素を変数「見出しグループ1」に入れる。 The identified elements in S122 placed in a variable "Heading group 1". S203. S203. 変数「見出しグループ1」のある要素と結ばれている列見出し項目は、必ず変数「見出しグループ2」に属しているかを判断する。 Column heading items that are tied with certain elements of the variable "Heading Group 1", it is determined whether or not they belong to the always variable "Heading group 2". ここで、2つの列見出し項目が結ばれているとは、両方の見出し項目を同時に含む見出し項目列が存在し、この見出し項目列からデータへの対応が、論理構造保持手段1に保持されている見出し項目列とデータの対応関係に定義されているときをいう。 Here, the two column headings item is tied, both heading entries exist heading items column containing same time, corresponding to the data from the heading items column, is held in the logical structure holding means 1 It refers to a time that is defined in correspondence of heading items columns and data are. より正確には、論理構造保持手段1に保持されている例えば関係データベースの検索結果中に、次のいずれかの条件を満たすタップルが存在するときをいう。 More precisely, in the search result, for example, a relational database is held in the logical structure holding means 1 refers to when one of the following conditions are satisfied tuple exists. すなわち、タップルの項目として両方の列見出し項目が現れるか、または、一方の列見出し項目はタップルの項目として現れ、他方の列見出し項目はタップルを検索する際のアトリビュートの1つであることをいう。 In other words, it appears both the column heading item as an item of tuples, or, one of the column headings item appears as an item in the tuple refers to the other column headings item which is one of the attributes when searching for tuples . 変数「見出しグループ1」のある要素と結ばれている列見出し項目が変数「見出しグループ2」に属し、関係する親見出しと子見出しがすべて振り分けられるか、または、変数「見出しグループ1」の要素と結ばれている列見出し項目がない場合には、S205に進む。 It belongs to the variable "Heading Group 1" column heading item variable "Heading Group 2", which is tied with elements that, elements of either parent heading and child heading involved are distributed all, or, variable "Heading group 1" If there is no column heading items that are tied with, the process proceeds to S205. 変数「見出しグループ1」のある要素と結ばれている列見出し項目が存在し、その項目が変数「見出しグループ2」に属していない場合には、S204に進む。 Column heading item is present, which is tied with certain elements of the variable "Heading Group 1", if the item does not belong to the variable "Heading Group 2", the process proceeds to S204. S204. S204. 変数「見出しグループ1」のある要素と結ばれている列見出し項目をすべて集めて、それを改めて変数「見出しグループ2」とする。 Collect all of the column headings items that are tied with certain elements of the variable "Heading Group 1", to it and again variable "Heading group 2". 次に、変数「見出しグループ2」のある要素と結ばれている列見出し項目をすべて集めて、それを改めて変数「見出しグループ1」とする。 Next, collect all of the column headings items that are tied with certain elements of the variable "Heading Group 2", to it and again variable "Heading group 1". そして、S203に戻り、再度判定を行なう。 Then, the process returns to S203, a determination is again. S205. S205. 変数「見出しグループ2」が空集合でないならば、変数「見出しグループ1」と変数「見出しグループ2」のうち、要素の個数の少ない方を変数「親見出し」に代入し、他方を変数「子見出し」に代入する。 If the variable "Heading Group 2" is not an empty set, one of the variable "Heading Group 1" and the variable "Heading Group 2", by substituting the lesser of the number of elements in the variable "parent heading", on the other hand the variable "child substituting the heading ". 変数「見出しグループ2」が空集合のときは、変数「見出しグループ1」を変数「親見出し」に代入し、変数「子見出し」を空集合とする。 Variable "Heading Group 2" when the empty set, and assigns the variable "Heading group 1" to the variable "parent heading", the empty set the variable "child heading". S206. S206. 変数「子見出し」は空集合かを判断する。 Variable "child heading" determines whether the empty set. もし、変数「子見出し」が空集合であれば、変数「親見出し」内の要素は孤立列見出し項目であるので、孤立列見出し項目の割り付け処理P500に進む。 If, if the variable "child heading" is empty set, elements in the variable "parent heading" it is because it is isolated column heading item, proceed to the allocation processing P500 of an isolated column heading item. 変数「子見出し」が空集合でなければ、親見出し項目および子見出し項目が存在するので、それぞれの割り付け処理P300 If the variable "child heading" is not an empty set, because the parent heading items and child heading items are present, each of the allocation process P300
に進む。 Proceed to.

【0041】図9は、親見出し項目の割り付け処理P3 [0041] FIG. 9, allocation processing of the parent heading item P3
00のフローチャートである。 00 is a flowchart of. 変数「親見出し」と変数「子見出し」に保持されたすべての列見出し項目を割り付ける。 Allocate all of the column headings item that is also stored in the variable "parent heading" and the variable "child heading". 「親見出し」に属する列見出し項目は列見出し項目枠の第1行目に割り付けられ、「子見出し」に属する列見出し項目は、列見出し項目枠の第2行目に割り付けられる。 Column heading items belonging to the "parent heading" is assigned to the first row of the column heading item frame, column heading items belonging to the "child heading" is assigned to the second row of the column heading item frame.

【0042】変数「親見出し」から、親見出し項目を1 [0042] from the variable "parent heading", the parent heading item 1
つずつ取り出し、順に割り付けていく。 One each is taken out, go allocated to the order. それぞれの親見出し項目について、以下の手順で割り付ける。 For each of the parent heading items, assigned to the following procedure. まず、親見出し項目枠の大きさは、表形式中の%列見出し親の大きさ%部を参照して決定する。 First, the size of the parent heading items frame is determined with reference to the size of% of% column headings parent in tabular form. このとき、例えば、パラメータとして「親の幅=子の幅の和」と指定されていれば、親見出し項目枠の下に来る子見出しをすべて割り付けた後に、親の幅を決定する。 In this case, for example, if it is designated as "the sum of the width of the parent of width = child" as a parameter, after the allocation of all the child heading to come under the parent heading item frame, it determines the width of the parent. 次に、親見出し項目の下に来る子見出し項目を変数「子見出し」から選び、割り付ける。 Next, select the child heading items that come under the parent heading item from the variable "child heading", assigned. 決定された親見出し項目枠の大きさと基準ポイントを用いて、親見出し項目枠の罫線を表示し、親見出し項目内容を枠中に割り付ける。 Using the determined size and the reference point of the parent heading items frame has, to display the border of the parent heading items frame allocates parent heading field contents in the frame. 最後に基準ポイントを次の親見出し項目枠の左上隅の座標に更新し、一つの親見出し項目の割り付け処理を終了する。 Finally, updating the reference point to the upper-left corner of the coordinates of the next parent heading items frame, to terminate the allocation process of one of the parent heading items. S301. S301. 変数「親見出し」の最初の親要素を取り出す。 Take out the first of the parent element of the variable "parent heading". 親要素の項目枠の左上隅点の座標は、変数「基準ポイント」で与えられる。 Coordinates of the upper left corner point of the item frame of the parent element is given by the variable "reference point". 従って、項目枠の大きささえ定めれば、枠の四隅の点の座標が定まり、枠の境界を書くことができる。 Thus, be determined even the size of the items frame, Sadamari the coordinates of the points of the frame of the four corners, it is possible to write the boundary of the frame. 最初の親要素の項目枠の左上隅点の座標は、表形式中のパラメータ「基準ポイント」で与えられる。 The first is the coordinate of the upper left corner point of entry frame of the parent element is given by parameters in tabular form a "reference point". S302. S302. 表形式中の%列見出し親の大きさ%部内に未設定のパラメータがあるかを判断する。 Tabular in% column heading parent unconfigured size% portion parameter or the judges there. 未設定のパラメータがある場合には、S303に進む。 If there is a parameter of unset, the process proceeds to S303. 未設定のパラメータがなければ、S304に進む。 If there is no parameter of unset, the process proceeds to S304. S303. S303. パラメータ指定手段5を呼び出して、表生成手段中に保持されている未設定のパラメータと同名の変数に値を設定する。 Call parameter specifying means 5, to set the unset parameter with the same name as the variable held in the table generating means. S304. S304. 「親の幅」および「親の高さ」を参照して、 See "parent width" and "parent height",
可能ならば親要素の項目枠の大きさを定める。 If possible, determine the size of the item frame of the parent element. ここで、 here,
親要素の項目枠の大きさとは、列見出し項目である親要素の内容を記載する項目枠の大きさのことである。 The size of the item frame of the parent element, is that the size of the item frame that describes the contents of the parent element is a column entry. 「親の幅」、「親の高さ」は、表形式中にパラメータとして指定してあればその値を用い、未設定であればS303 "Parent width", "parent height" is the value used if specified as a parameter in the table format, if not set S303
で設定された同名の変数の値を用いる。 In using the value of the set the same name of the variable. また、表形式保持手段2中で、「親の幅」、「親の高さ」が“子の幅の和”等と指定されているときは、従属する子の割り付けが終了してからS310で計算される。 Further, in tabular form holding means 2, "parent width", when the "parent height" is specified as such "sum of the width of a child" is from the end of allocation of children that subordination S310 in is calculated. S305. S305. 表形式中の%列見出し親から子への基準ポイントの変更%部内に未設定のパラメータがあるかを判断する。 Tabular% column heading parameter unconfigured change% portion of the reference point from parent to child in Do the judges there. 未設定のパラメータがある場合には、S306に進む。 If there parameters unset, the process proceeds to S306. 未設定のパラメータがなければ、S307に進む。 If there is no parameter of unset, the process proceeds to S307. S306. S306. パラメータ指定手段を呼び出して、表生成手段中に保持されている未設定のパラメータと同名の変数に値を設定する。 Call the parameter specifying means sets the unset parameter with the same name as the variable held in the table generating means. S307. S307. 表形式中の%列見出し親から子への基準ポイントの変更%を評価して、変数「基準ポイント」の値を更新する。 To evaluate the change% of the reference point to the% column heading from parent to child in the table format, to update the value of the variable "reference point". 変数「基準ポイント」の値は、次に割り付けられる列見出し項目枠、例えば子列見出し項目枠の左上隅点の座標である。 The value of the variable "reference point", the column heading items frame is then allocated, for example, the coordinates of the upper left corner point of the child column heading items frame. もし、S306で基準ポイントの絶対値が指定された場合には、その値が更新された変数「基準ポイント」の値となる。 If the absolute value of the reference point is designated in step S306 is a value of the variable "reference point" whose value is updated. S308. S308. 親要素と結ばれている変数「子列見出し」中のすべての子要素に対して、割り付けを行なう。 For all of the child elements in the variable "child column heading" which is tied with the parent element, carry out the assignment. この割り付けの処理は、処理P400により行なわれる。 Process of allocation is performed by the processing P400. S309. S309. 「親の幅」あるいは「親の高さ」が“子の幅(高さ)の和”と指定されているか否かを判定する。 It determines whether or not the "parent of width" or "parent height" is specified as "the sum of the width (height) of the child". もし、指定されていればS310へ進む。 If, the process proceeds to S310 if it is specified. 指定されていなければ、S304ですでに指定されているので、S31 If not specified, it is already specified in S304, S31
1へ進む。 Proceed to 1. S310. S310. 「親の幅」あるいは「親の高さ」を計算する。 To calculate the "parent of width" or "parent height". S311. S311. 親要素の項目内容を割り付け、罫線を引く。 Assign the item contents of the parent element, draw a border.
S310までで、親要素すなわち列見出し項目の項目内容を割り付けるべき、項目枠の大きさおよび位置が決定されている。 Until S310, be allocated the item content of the parent element or column heading items, the size and position of the item frame is determined. 決定された項目枠に項目内容を割り付け、 Assign the item contents of the determined item frame,
項目枠の周囲に罫線を引く。 Draw a border around the item frame. S312. S312. 表形式中の%列見出し子から親への基準ポイントの変更%部内に未設定のパラメータがあるかを判断する。 Table from% column heading molecules in the form unconfigured change% portion of the reference point to the parent parameter or the judges there. 未設定のパラメータがある場合には、S313に進む。 If there is a parameter of unset, the process proceeds to S313. 未設定のパラメータがなければ、S314に進む。 If there is no parameter of unset, the process proceeds to S314. S313. S313. パラメータ指定手段5を呼び出して、表生成手段中に保持されている未設定のパラメータと同名の変数に値を設定する。 Call parameter specifying means 5, to set the unset parameter with the same name as the variable held in the table generating means. S314. S314. 表形式中の%列見出し子から親への基準ポイントの変更%部を評価して、変数「基準ポイント」を更新する。 From% column heading molecules in table format to evaluate the change% of the reference point to the parent, to update the variable "reference point". 変数「基準ポイント」の値は、次に割り付けられる親列見出し項目枠または孤立列見出し項目枠の左上隅点の座標である。 The value of the variable "reference point" is the coordinates of the upper left corner point of the next parent column heading item frame allocated or orphaned column heading item frame. もし、S313で変数「基準ポイント」の絶対値が指定されていれば、その値が更新された変数「基準ポイント」の値となる。 If, if it is the absolute value of the specified variable "reference point" in S313, the value of the variable "reference point" whose value is updated. このステップまでの処理により、一つの親列見出し項目に関する処理が終了する。 By the processing up to this step, processing related to single parent column heading items is completed. S315. S315. 変数「親見出し」に次の親要素は存在するかを判定する。 Variable next of the parent element to the "parent heading" makes a decision as to whether there. 次の親要素が存在しなければ、S122へ戻る。 If there is no next of the parent element, it returns to S122. もし次の親要素が存在すれば、S316へ進む。 If if there is a next of the parent element, the process proceeds to S316. S316. S316. 次の親要素を取り出し、S302へ戻って次の親見出し項目の生成を行なう。 Get the next parent element, the process returns to S302 and generates the next parent entry.

【0043】図10は子列見出し項目の割り付け処理P [0043] FIG. 10 is assigned processing P of child column heading item
400のフローチャートである。 It is a flow chart 400. S401. S401. 表形式中の%列見出し子の大きさ%部内に未設定のパラメータがあるかを判定する。 The magnitude% portion of the% column headings molecules in tabular determines certain parameters of the unset. 未設定のパラメータがある場合には、S402に進む。 If there is a parameter of unset, the process proceeds to S402. 未設定のパラメータがなければ、S403に進む。 If there is no parameter of unset, the process proceeds to S403. S402. S402. パラメータ指定手段5を呼び出して、表生成手段中に保持されている未設定のパラメータと同名の変数に値を設定する。 Call parameter specifying means 5, to set the unset parameter with the same name as the variable held in the table generating means. S403. S403. 「子の幅」および、「子の高さ」を参照して子要素の項目枠の大きさを定める。 And "width of the child", determine the size of the item frame of the child element by referring to the "height of the child". ここで、子要素の項目枠の大きさとは、列見出し項目である子要素の内容を記載する項目枠の大きさのことである。 Here, the size of the item frame of the child element, is that the size of the item frame that describes the contents of the child element is a column entry. 「子の幅」、 "Width of the child",
「子の高さ」は、表形式中にパラメータとして指定してあればその値を用い、未指定であればS402で指定された同名の変数の値を用いる。 "Height of the child" is the value used if specified as a parameter in the table format, the value of the specified same name of the variable in S402 if unspecified use. S404. S404. 子要素の項目内容を割り付け、罫線を引く。 Assign the item contents of the child element, draw a border.
S403までで、子要素すなわち列見出し項目の項目内容を割り付けるべき、項目枠の大きさおよび位置が決定されている。 Until S403, be allocated the item content of the child element or column heading items, the size and position of the item frame is determined. 決定された項目枠に項目内容を割り付け、 Assign the item contents of the determined item frame,
該項目枠の周囲に罫線を引く。 Draw a border around the said item frame. S405. S405. 表形式中の%列見出し子から子への基準ポイントの変更%部内に未設定のパラメータがあるかを判定する。 Changes% portion of the reference point to% column headings child child in tabular determines certain parameters of the unset. 未設定のパラメータがある場合には、S406に進む。 If there is a parameter of unset, the process proceeds to S406. 未設定のパラメータがなければ、S407に進む。 If there is no parameter of unset, the process proceeds to S407. S406. S406. パラメータ指定手段5を呼び出して、表生成手段中に保持されている未設定のパラメータと同名の変数に値を設定する。 Call parameter specifying means 5, to set the unset parameter with the same name as the variable held in the table generating means. S407. S407. 表形式中の%列見出し子から子への基準ポイントの変更%部を評価して、変数「基準ポイント」の値を更新する。 Evaluating the change% portion of the reference point to% column headings child child in tabular form, and updates the value of the variable "reference point". 変数「基準ポイント」の値は、次に割り付けられる子列見出し項目枠の左上隅点の座標である。 The value of the variable "reference point" is the coordinates of the upper left corner point of the child column heading item frame, which is then allocated. もし、S406で変数「基準ポイント」の絶対値が指定された場合には、その値が更新された変数「基準ポイント」の値となる。 If the absolute value of the variable "reference point" is specified in step S406 is a value of the variable "reference point" whose value is updated. 変数「基準ポイント」を更新した後、 After updating the variable "reference point",
S308に戻る。 Back to the S308.

【0044】図11は、孤立見出し項目の割り付け処理P500のフローチャートである。 [0044] Figure 11 is a flow chart of allocation processing P500 isolated entry. 以下の孤立見出し項目の割り付けの説明では、孤立見出し項目は表記の便宜上「親」要素と表わされる場合がある。 In the description of the following assignment isolated heading items, isolated headline items sometimes denoted for convenience "parent" element notation. S501. S501. 表形式中の%孤立列見出しの大きさ%部内に未設定のパラメータがあるかを判断する。 Tabular% isolated column headings in unconfigured size% portion parameter or the judges there. 未設定のパラメータがある場合には、S502に進む。 If there is a parameter of unset, the process proceeds to S502. 未設定のパラメータがなければ、S503に進む。 If there is no parameter of unset, the process proceeds to S503. S502. S502. パラメータ指定手段5を呼び出して、表生成手段中に保持されている未設定のパラメータと同名の変数に値を設定する。 Call parameter specifying means 5, to set the unset parameter with the same name as the variable held in the table generating means. S503. S503. 「親の幅」および「親の高さ」を参照して項目枠の大きさを定める。 Determine the size of the item frame with reference to a "parent width" and "parent height". 孤立見出し項目の幅および高さは、表形式中にパラメータとして「親の幅」および「親の高さ」が指定してあればその値を用い、未指定であればS502で指定された同名の変数の値を用いる。 Same name width and height of the isolated headline items, the value used if you specify the "parent width" and "parent height" in tabular form as a parameter, specified in S502 if unspecified using the value of the variable. S504. S504. 孤立要素の項目内容を割り付け、罫線を引く。 Assign the item contents of the isolated elements, draw a border. S503までで、孤立要素すなわち孤立列見出し項目の項目内容を割り付けるべき、項目枠の大きさおよび位置が決定されている。 Until S503, be allocated the item content of isolated elements or orphaned column heading items, the size and position of the item frame is determined. 決定された項目枠に項目内容を割り付け、その項目枠の周囲に罫線を引く。 Assign the item contents of the determined item frame, draw a border around the item frame. S505. S505. 表形式中の%列見出し親から親への基準ポイントの変更%部内に未設定のパラメータがあるかを判定する。 From% column headings parent in tabular determines a parameter not set to change% portion of the reference point to the parent. 未設定のパラメータがある場合には、S506に進む。 If there is a parameter of unset, the process proceeds to S506. 未設定のパラメータがなければ、S507に進む。 If there is no parameter of unset, the process proceeds to S507. S506. S506. パラメータ指定手段5を呼び出して、表生成手段中に保持されている未設定のパラメータと同名の変数に値を設定する。 Call parameter specifying means 5, to set the unset parameter with the same name as the variable held in the table generating means. S507. S507. 表形式中の%列見出し親から親へ基準ポイントの変更%部を評価して、変数「基準ポイント」の値を更新する。 From% column heading parent in the table format to evaluate the change% of the reference point to the parent, to update the value of the variable "reference point". 変数「基準ポイント」の値は、次に割り付けられる親列見出し項目枠または孤立列見出し項目枠の左上隅点の座標である。 The value of the variable "reference point" is the coordinates of the upper left corner point of the next parent column heading item frame allocated or orphaned column heading item frame. もし、S506で変数「基準ポイント」の絶対値が指定された場合には、その値が更新された変数「基準ポイント」となる。 If the absolute value of the variable "reference point" is specified in step S506 is a variable "reference point" whose value is updated. 変数「基準ポイント」を更新した後、S122へ戻る。 After updating the variable "reference point", and the flow returns to S122.

【0045】本発明の表生成装置の一実施例の動作を具体的な例をもとに、図6乃至図11のフローチャートに沿って、図12乃至図20を用いて説明する。 [0045] Based on the specific example of the operation of one embodiment of a table generator of the present invention, in accordance with the flowchart of FIG. 6 through 11, it will be described with reference to FIGS. 12 to 20. 図12乃至図20は、具体例における作表の過程の説明図である。 12 to 20 are explanatory views of a process of tabulating the examples. ここでは具体例として、上述の図4で示された関係データベースの検索結果を、図20のような標準的な表に表現するまでの手順を説明する。 Specific examples here, the search results of the relational database shown in Figure 4 above, the procedure until the representation to a standard table similar to FIG. 20. 表形式保持手段2中に保持されている表形式を示すパラメータ群から、図2 From a group of parameters indicating the tabular held in tabular form holding means 2, FIG. 2
3で示したような標準的な表形式が選択されているものとする。 Standard table format as shown in 3 is assumed to be selected. 表が割り付けられる座標系は、図12に示したように、左上を原点とした直交座標系とする。 Table assigned coordinate system, as shown in FIG. 12, a rectangular coordinate system in which the upper left corner as the origin.

【0046】まず、図6のS1において、表形式中の% [0046] First, in S1 of FIG. 6,% in tabular
プリアンブル%部を参照し、参照されたパラメータと同名の変数の値を定める。 References preamble% unit determines the value of the reference parameter with the same name as the variable. そして、パラメータの中に未設定のものがあるか否かを判定する。 Then, it is determined whether there is not set in the parameter. 図23で示した表形式の情報には、行見出し、列見出し、列見出し欄の高さ、行見出し親の高さ、列見出し親の幅とも、式が記述されていないので、S2において、パラメータ指定手段5により、ユーザが値を指定する。 The tabular information shown in FIG. 23, row headings, column headings, column headings column height, the row headings parental height, with the width of the column heading parent, because expression is not described, in S2, by the parameter specifying means 5, the user specifies a value. 例えば、列見出し、 For example, the column headings,
行見出しは、検索に用いられたアトリビュートをそれぞれ振り分けて指定する。 Row headings specifies distributes each attribute used in the search. 図20では、列見出しの項目名として、「テスト数」、「個数」、「パーセント」を用いている。 In FIG. 20, as the item name of the column heading, "the number of test", "number", and using the "percent". これらはデータベース検索時のアトリビュートである。 These are the attributes at the time of database search. 一方、そのほかの見出し項目「ほ乳類」、 On the other hand, the other heading item "mammal",
「鳥類」、「犬」、「猫」、「烏」、「鳩」、「陽性」 "Birds", "dog", "cat", "crow", "dove", "positive"
はアトリビュート「綱」、「目」、「反応」から検索されるデータである。 The attribute "rope", "eyes", which is the data to be retrieved from the "reaction". このように、関係データベースの検索結果を表の形で表示しようとすると、アトリビュートから検索されるデータが見出し項目となる場合と、アトリビュートそのものが見出し項目となる場合がある。 Thus, when the search results of a relational database to be displayed in the form of a table, and if the data retrieved from the attribute is heading items, there is a case where the attribute itself becomes entry. アトリビュートから検索されるデータが見出し項目となる場合には、アトリビュート名の前に「$」をつけ、アトリビュートそのものが見出し項目となるものと区別している。 If the data to be retrieved from the attribute is the headline item, with a "$" in front of the attribute name, attribute itself is distinguished from those to be heading items. 例えば、「綱」から検索されるデータは、「哺乳類」と「鳥類」の2つであるから、「$綱」と指定することにより、「哺乳類」と「鳥類」の2つが見出し項目となる。 For example, data retrieved from the "rope" is because two of the "mammal", "bird", by specifying the "$ rope", and two are heading items of "mammal" and "avian" . この例では、パラメータ「列見出し」としては、(テスト数、$反応、個数、パーセント)が、パラメータ「行見出し」としては、($綱、$目)が指定される。 In this example, the parameter "Column Heading" (test number, $ reaction, number, percent), the parameter "row heading" ($ rope, $ eye) is specified. 他のパラメータについてもパラメータ指定手段5 Parameter specification means for the other parameters 5
で指定される。 In is specified. ここでは 列見出し=(テスト数 $反応 個数 パーセント) 行見出し=($綱 $目) 列見出し欄の高さ=10 行見出し欄の幅=10 行見出し親の高さ=5 列見出し親の幅=5 と入力されたものとする。 Here the column headings = the (test number $ reaction number percent) row heading = ($ rope $ eyes) column heading column height = 10 lines of a heading area width = 10 rows headings parent height = 5 columns headings parent width = from 5 to that input.

【0047】次に、S3において、列見出し欄に列見出し項目の割り付けを行なう。 Next, in S3, performs assignment of a column heading items in the column heading field. 図7のS101乃至S10 Figure 7 of S101 to S10
5において、「列見出し」に現れる$で始まる要素のうち、$で始まる要素を$に続くアトリビュートに属する項目の並びで置き換えられる。 In 5, among the elements that begin with $ appearing in the "column heading", it is replaced by a list of items belonging to the attribute that follows the elements that begin with $ to $. このとき、置き換えられる項目の並びは、論理構造保持部1に保持された検索結果に現れるものに限る。 In this case, the arrangement of the replaced item is limited to those appearing in the search results held in the logical structure holding section 1. 例えば、検索結果に現れ、かつ、アトリビュート「綱」に属する項目は「ほ乳類」、 For example, it appears in the search results, and items belonging to the attribute "rope" is "mammal",
「鳥類」の2つであるから、「$綱」は「ほ乳類鳥類」 Two is because of the "birds", "$ rope" is "mammals Birds"
で置き換えられる。 It is replaced with. 上述の列見出しでは、「$反応」が「陽性」に置き換えられる。 In the column headings of the above, "$ reaction" is replaced with "positive". 置き換えられた結果は、 列見出し=(テスト数 陽性 個数 パーセント) となる。 As a result of the replaced column headings = a (test number of positive number percent).

【0048】図7のS111において、表形式中の%列見出し基準ポイントの設定%部を参照する。 [0048] In S111 in FIG. 7, refer to the setting% of% column heading reference point in the table format. 図23に示した表形式中には、(行見出し欄の幅,0)と記述されているので、「行見出し欄の幅」の値を参照し、表生成手段の値保持部には 基準ポイント=(10,0) が保持される。 The samples show the format shown in FIG. 23, (row headings column width, 0) and so is described, with reference to the value of the "width of the row heading field", the reference is a value holding section table generating means point = (10, 0) is held. この状態を図13に示す。 This state is shown in FIG. 13. 図7のS12 Figure 7 S12 of
0において、列見出しの最初の要素「テスト数」を取り出す。 In 0, take out the first element of the column heading "number of test". S121において、列見出し項目「テスト数」はまだ割り付けられていないと判断され、S122において「テスト数」を割り付けるための手続きP200を実行する。 In S121, column heading item "number of test" is determined not yet been allocated, to perform the procedure P200 for assigning a "number of test" in the S122.

【0049】図8のS201において、見出しグループ1および見出しグループ2を初期化し、S202において、「テスト数」を見出しグループ1に入れる。 [0049] In S201 of FIG. 8, the heading group 1 and Heading group 2 initializes, in S202, placed into groups 1 heading "Number of test". S20 S20
3において、「テスト数」と結ばれている列見出し項目を探すが、結ばれている列見出し項目はないので、S2 In 3, look for the column heading items that are tied to the "number of test," but, since there is no column heading items that are tied, S2
05に進む。 Proceed to 05. S205において、見出しグループ2に入る項目は空集合のままであるので、見出しグループ1の「テスト数」を「親見出し」とする。 In S205, since the item to enter the heading group 2 remains of the empty set, heading Group 1 the "number of test" and "parent heading". 「子見出し」は空集合である。 "Child heading" is the empty set. S206において、子見出しは空集合なので、孤立列見出しを割り付けるための手続きP500を実行する。 In S206, the child heading because empty set, executes the procedure P500 for allocating isolated column headings.

【0050】図11のS501乃至S503において、 [0050] In S501 to S503 in FIG. 11,
図23に示した表形式中の%孤立列見出しの大きさ%部を参照する。 Referring to magnitude% of% isolated column headings in the table format shown in FIG. 23. ここでは孤立列見出しの幅、すなわち、親の幅の式が記述されていないので、パラメータ指定手段5を用いて 親の幅=10 と入力する。 Wherein the width of the isolated column headings, namely, the formula for the width of the parent is not described, and inputs the width = 10 parents using the parameter specifying means 5. また、孤立見出しの高さは表形式中に親の高さ=列見出し欄の高さと記述されているので、設定されている列見出し欄の高さの値を用い、 孤立列見出しの高さ=10 と指定される。 Further, since the height of the isolated headings are described and the height of the height = column heading column parent during tabular format using the value of the height of the column headings column is set, the height of the isolated column headings = 10 to be specified.

【0051】図11のS504において、基準ポイントの位置(10,0)を左上にして、親の幅,親の高さ、 [0051] In S504 of FIG. 11, and the position of the reference point (10, 0) in the upper left, the parent of the width, parental height,
すなわち、孤立列見出しの幅,孤立列見出しの高さから求められる大きさの、幅10、高さ10の大きさの矩形の枠を作成し、その矩形中に「テスト数」を挿入する。 That is, the isolation column headings width, isolated column from the height size of the required heading to create a size rectangular frame of a width 10, height 10, inserting "number of test" in the rectangle.

【0052】図11のS505乃至S507において、 [0052] In S505 to S507 in FIG. 11,
表形式の%列見出し親から親への基準ポイントの変更% Table from the format of the% column heading parent of a point of reference to the parent change%
部を参照し、基準ポイントを変更する。 Part Referring to, changes the reference point. 図23に示したパラメータより、 基準ポイント+(親の幅、0)=(10,0)+(1 From parameters shown in FIG. 23, a reference point + (parental width, 0) = (10,0) + (1
0,0)=(20,0) であるので、新たな基準ポイントは(20,0)になる。 Since 0,0) is a = (20, 0), the new reference point is (20, 0). 列見出し「テスト数」を作成し、基準ポイントを変更した時点の状態を図14に示す。 Create a column heading "number of test", the state at the time of changing the reference point shown in FIG. 14.

【0053】図7に戻り、S124において、「列見出し」の次の要素「陽性」を取り出し、S122において、「陽性」の割り付け処理P200を実行する。 [0053] Returning to FIG. 7, in S124, it retrieves the next element "positive" in the "Column Heading", in S122, executes the allocation process P200 of "positive". 図8 Figure 8
のS202において、「陽性」を見出しグループ1に入れる。 In S202 of, placed in Group 1 found "positive". S203において、「陽性」と結ばれている見出しとして、「個数」と「パーセント」があるので、S2 In S203, as a heading that is tied with "positive", because there is a "percent" and "number", S2
04において、その2つを見出しグループ2に入れる。 In 04, placed in Group 2 heading the two.
S205において、見出しグループ2は空集合ではなく、見出しグループ1の項目数は1、見出しグループ2 In S205, heading Group 2 is not an empty set, the number of items is 1 of heading Group 1, heading Group 2
の項目数は2であるので、見出しグループ1が親見出しに入れる。 Since the number of the item is 2, heading Group 1 is placed in a parent heading. また、見出しグループ2は子見出しに入れる。 In addition, heading Group 2 is placed in a child heading. S206において、子見出しは空集合でないので、 In S206, because the child heading is not an empty set,
親見出し、子見出しの割り付け処理P300を実行する。 To run the parent heading, the allocation processing P300 of child heading.

【0054】図9のS301において、親見出しから要素「陽性」を取り出す。 [0054] In S301 in FIG. 9, take out the element "positive" from the parent heading. S302において、図23に示した表形式の%列見出し親の大きさ%を参照し、 親の高さ=列見出し親の高さ=5 と値を求める。 In S302, with reference to the size of percent% column headings parent table format shown in FIG. 23, the parent of height = Request height = 5 and the value of column headings parent. 親の幅が「子の幅の和」なので、親の表示は一時中断し、子の表示に移る。 Since the parent of width is "the sum of the width of the child", the display of the parent is temporarily interrupted, moves to the display of the child. これは、親見出し項目「陽性」の項目枠の幅は、子見出し項目「個数」、 This is, the width of the item frame of the parent heading item "positive", a child heading item "number",
「パーセント」の項目枠の幅が決まらなければ、決定できないためである。 If Kimara the width of the item frame of the "percent", is because that can not be determined.

【0055】図9のS305乃至S307において、まず、子見出しを割り付けるための基準ポイントを計算する。 [0055] In S305 to S307 in FIG. 9, first calculates a reference point for assigning child heading. 図23に示した表形式の%列見出し親から子への基準ポイントの変更%部を参照し、基準ポイントを 基準ポイント+(0,親の高さ)=(20,0)+ Referring to modify% portion of the reference point to% column headings parent to child table format shown in FIG. 23, the basis of the reference point points + (0, parental height) = (20, 0) +
(0,5)=(20,5) に変更する。 (0,5) is changed to = (20,5). この状態を図15に示す。 This state is shown in FIG. 15.

【0056】次に、図9のS308において、子の割り付けを行なう。 Next, in S308 of FIG. 9 performs allocation of the child. 図10のS401において、図23に示した表形式の%列見出し子の大きさ%部を参照する。 In S401 of FIG. 10, referring to the magnitude% of% column headings child table format shown in FIG. 23. ここでは子の幅が指定されていないので、S402において、パラメータ指定手段5を用いて 子の幅=10 と入力する。 Here, since no specified width of the child, in S402, and inputs the width = 10 children using the parameter specifying means 5. また、子の高さは表形式中に記述されており、 子の高さ=列高さ欄の高さ−親の高さ=10−5=5 と計算される。 The height of the child is written in a table format, the child height = column height column height - is calculated to height = 10-5 = 5 parents. S403において、子の幅、子の高さから子見出しの項目枠の大きさが定まる。 In S403, the width of the child, are determined magnitude of items frame child heading from the height of the child. S404において、基準ポイントの(20,5)を左上頂点として、幅10、高さ5の矩形を作成し、その中に「個数」を挿入する。 In S404, a reference point (20, 5) as upper left corner, to create a rectangle width 10, height 5, inserting "number" in it. これにより、子見出し「個数」が生成されたことになる。 As a result, the child heading "number" is generated. S405乃至S407において、図23に示した表形式の%列見出し子から兄弟への基準ポイントの変更%を参照し、基準ポイントを 基準ポイント+(子の幅,0)=(20,5)+(1 In S405 to S407, with reference to the change% of the reference point to sibling from% column headings child table format shown in FIG. 23, the basis of the reference point points + (child width, 0) = (20,5) + (1
0,0)=(30,5) に変更する。 0, 0) is changed to = (30, 5). この状態を図16に示す。 This state is shown in FIG. 16.

【0057】図9のS308に戻るが、まだ子の見出し「パーセント」があるので、再び子見出しの割り付け処理P400が実行される。 [0057] Returning to step S308 of FIG. 9, since there is still heading of child "percent", it is executed child heading of allocation processing P400 again. 図10のS401において、 In S401 of FIG. 10,
図23に示した表形式の%列見出し子の大きさ%部を参照する。 Referring to magnitude% of% column headings child table format shown in FIG. 23. ここでは子の幅が指定されていないので、S4 Since it has not been specified width of the child, S4
02において、パラメータ指定手段5を用いて 子の幅=10 と入力する。 In 02, enter width = 10 children using the parameter specifying means 5. また、子の高さは表形式中に記述されており、 子の高さ=列高さ欄の高さ−親の高さ=10−5=5 と計算される。 The height of the child is written in a table format, the child height = column height column height - is calculated to height = 10-5 = 5 parents. S403において、子の幅、子の高さから子見出しの項目枠の大きさが定まる。 In S403, the width of the child, are determined magnitude of items frame child heading from the height of the child. S404において、基準ポイントの(30,5)を左上頂点として、幅10、高さ5の矩形を作成し、その中に「パーセント」 In S404, a reference point (30, 5) as upper left corner, to create a rectangle width 10, height 5, "percent" therein
を挿入する。 The insert. これにより、子見出し「パーセント」が生成されたことになる。 As a result, the child heading "percent" is generated. S405乃至S407において、 In S405 through S407,
図23に示した表形式の%列見出し子から兄弟への基準ポイントの変更%を参照し、基準ポイントを 基準ポイント+(子の幅,0)=(30,5)+(1 Referring to modify% of the reference point to sibling from tabular% column headings child shown in Figure 23, the basis of the reference point points + (child width, 0) = (30,5) + (1
0,0)=(40,5) に変更する。 0, 0) is changed to = (40, 5). この状態を図17に示す。 This state is shown in FIG. 17.

【0058】図9のS308に戻り、子見出しをすべて生成し終わったので、次に進む。 [0058] Returning to step S308 of FIG. 9, because the finished generates all the child heading, then proceed. S309、S310において、親の幅を計算する。 In the S309, S310, to calculate the width of the parent. すなわち、図23に示した表形式の%列見出し親の大きさ%部中のパラメータ「親の幅」が“子の幅の和”と指定されており、S304で計算を保留していたものである。 That is, tabular% column headings parent size% portion in parameter "parent width" is designated as "the sum of the widths of children" shown in FIG. 23, which were holding the calculation in S304 it is. 親の幅は、 親の幅=子の幅の和=10+10=20 である。 Parent of width is the sum = 10 + 10 = 20 of the width of the width = child of the parent. 親の高さはS304で計算されており、5である。 The height of the parent are calculated in S304, it is 5. したがって、S311において、(20,0)を左上の頂点として、幅20、高さ5の矩形を生成し、その中に「陽性」を挿入する。 Accordingly, in S311, the upper left vertex of generating a rectangular width 20, height 5, inserting "positive" in it (20,0). この状態を図18に示す。 This state is shown in FIG. 18. このようにして、見出し項目「陽性」、「個数」、「パーセント」は一括して割り付けられる。 In this way, the headline item "positive", "number", "percent" are allocated in a lump.

【0059】S312及びS314において、図23に示す表形式の%列見出し子から親への基準ポイントの変更%部を参照して、基準ポイントを 基準ポイント+(0,−親の高さ)=(40,5)+ [0059] In S312 and S314, with reference to changing% portion of the reference point to the parent from% column headings child table format shown in FIG. 23, a reference point + reference point (0, - parental height) = (40, 5) +
(0,−5)=(40,0) と計算し、基準ポイントを更新する。 (0, -5) = (40,0) and calculates and updates the reference point.

【0060】すべての列見出し項目が割り付けられたので、図7のS122に戻り、さらに図6のS3に戻る。 [0060] Since all of the column headings item assigned, return to S122 of FIG. 7, further returns to S3 in FIG. 6.
そして、S4における行見出しの生成に移る。 Thereafter, processing proceeds to generate row headers at S4. 以下、列見出しと同様な処理を行ない、行見出しを生成する。 Hereinafter, it performs the same processing as column headings, generates a row heading. 生成する行見出し項目は、S2において、 行見出し=($綱 $目) と指定されており、アトリビュート「綱」から検索されるデータがそれぞれ行親見出しとなり、それぞれの行親見出しに、アトリビュート「目」から検索されるデータがそれぞれ行小見出しとして割り付けられることになる。 Generating row headings topics are, in S2, row heading = ($ rope $ eye) and has been designated, it becomes the data each line parent heading to be retrieved from the attribute "rope", in each of the line parent heading, attribute " data retrieved from the eye "is that each allocated a row subheadings. すなわち、「$綱」、「$目」が展開されて 行見出し=(哺乳類 鳥類 犬 猫 烏 鳩) となり、親見出し「哺乳類」の右に子見出し「犬」、 In other words, "$ rope", "$ eye" is expanded line heading = (mammals birds dog cat crow dove), and the child heading "Dog" to the right of the parent heading "mammal",
「猫」を縦に並べた見出しのブロックを生成し、更に、 Produce headings of blocks arranged the "cat" to the vertical, and further,
親見出し「鳥類」の右に「烏」、「鳩」を縦に並べた見出しのブロックを生成する。 "Crow" to the right of the parent heading "birds", to generate a block of heading arranged a "dove" on the vertical. 行見出し欄が生成された状態を図19に示す。 The state the row heading field is generated is shown in Figure 19.

【0061】列見出し欄、行見出し欄が生成された後、 [0061] After the column heading field, the row headings column generated,
S5において、論理構造保持手段1に保持されている見出し項目列と表データの対応関係を参照しながら、表データを記載すべき項目枠の位置および、大きさを計算し、項目枠の周囲に矩形を生成し、その中にデータ項目内容を生成する。 In S5, with reference to the correspondence between the heading items column and table data stored in the logical structure holding means 1, the position of the items frame should be mentioned table data and calculates the size, around the entry frame to generate a rectangle, to generate a data item content in it. データ項目枠は、非正規系の表では、 Data items frame, a table of non-regular system,
複数の行、複数の列にまたがることがあるが、このようなことも許されている。 A plurality of rows, but may span multiple columns are also allowed this. このようにして、図20に示したような表が生成されることになる。 In this manner, so that the table shown in FIG. 20 is generated.

【0062】上述の具体例では、表形式中の未設定のパラメータはパラメータ指定手段5によってユーザが指定したが、未設定のパラメータの値のリストや表形式そのものを、論理構造保持手段1に保持される見出し情報と表データの対応関係の情報が格納されたファイルに付属するファイルとして作成しておくことにより、人間の手を煩わせることなく自動的に表表示の生成を行なうことができる。 [0062] In the above example, the holding parameters not set in the table format has user specified by the parameter specifying means 5, a list or table format itself of the values ​​of the unset parameter, the logical structure holding means 1 by information of correspondence between the heading information and table data is previously created as a file that is included in the stored files, it can be performed automatically generated table display without troubling the human hand. また、さらにこのようなファイルの組をいくつも指定することにより、大量の表を連続的に作成することができる。 Moreover, further by specifying several pairs of such files can be created continuously a large number of tables.

【0063】 [0063]

【発明の効果】以上の説明から明らかなように、本発明によれば、論理構造保持手段が保持している見出し情報及び表データと、表形式保持手段に保持されているパラメータ群に基づき、表を自動生成することができる。 As apparent from the foregoing description, according to the present invention, the header information and table data logical structure holding means holds, on the basis of the parameter group stored in the table format retention means, Table can automatically generate. また、パラメータ群の選択またはパラメータの指定等により簡単に表の形態を変更することができるので、作表者の好みや利用目的等に適した表の形態により作表することができる。 Further, it is possible to easily change the form of tables by the designation or the like of the selection or parameter in the parameter set can be tabulated by the table in a form suitable for preference and purposes like the tabulation's. このとき、従来のように表を最初から作成し直す必要はない。 In this case, the conventional need not re-create tables from scratch as.

【0064】また、論理構造保持手段に保持させる見出し情報と表データなどをファイル等として記憶保存し、 [0064] Also, storing save and heading information and table data to be held in the logical structure holding means as a file or the like,
必要なときに取り出し、表形式保持手段が保持している表形式を選択することによって、その時々で最適な表の形態の表表示を得ることが可能となる。 Taken out when needed, by selecting a tabular tabular holding means holds, it is possible to obtain a table display in the form of a given time the best table. このことにより、表の再利用の範囲が広がり、文書作成の効率を高めることができる。 Thus, expanding the range of reuse table, it is possible to increase the efficiency of document creation. これらのデータを複数の利用者の間で共有することにより、表の共有化をはかることができる。 By sharing these data among a plurality of users, they can share the table. 各利用者は、個人の好み、利用の目的を考慮して表形式を選択することにより、最適な表の形態で表示することができる。 Each user, personal preference, taking into account the purpose of use by selecting a table format can be displayed in the form of an optimal table.

【0065】さらに、論理構造保持手段に保持させるデータとして、データベースの検索結果を用いることにより、それぞれの文書で最適な表の形態で表現する表の表示をほぼ自動的に生成することが可能となり、データベースを用いた自動作表を行なうことができる。 [0065] Further, as the data to be held in the logical structure holding means, by using a search result of the database, it can be almost automatically generate display of the table to be expressed in a form optimal tables for each document and will , it can be performed automatically tabulated using databases.

【0066】このように、表形式を選択するだけで、簡便に利用目的にあった最適の表の形態の表の表示を自動的に得ることができるので、事務定型作業の自動化、すなわち、オフィスオートメーションにおいても、表を含む文書の自動処理をより高度な文書品質を保って行なうことができるという効果がある。 [0066] Thus, by simply selecting the tabular, since the display of the table in the form of easily best suited to the intended use table can be obtained automatically, automation of office routine tasks, namely, office also in the automation, there is an effect that can be performed while maintaining a higher document quality automatic processing of the document containing tables.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 本発明の表生成装置の一実施例を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing an embodiment of a table generator of the present invention.

【図2】, [Figure 2],

【図3】 一般的な表の説明図である。 3 is an explanatory view of a general table.

【図4】 関係データベースの検索結果を収めた論理構造保持手段の内容の一例の説明図である。 4 is an explanatory view of an example of the contents of the logical structure holding means matches the search results of the relational database.

【図5】 表形式保持手段に保持される表形式の一例の説明図である。 5 is an explanatory view of an example of a table format to be held in tabular form holding means.

【図6】〜 [6] -

【図11】 本発明の表生成装置の一実施例における表生成手段の動作の一例を示すフローチャートである。 11 is a flowchart showing an example of the operation of the table generating unit in the embodiment of the table generation apparatus of the present invention.

【図12】〜 [12] -

【図20】 具体例における作表の過程の説明図である。 FIG. 20 is an explanatory view of a process of tabulating the examples.

【図20】〜 FIG. 20 -

【図22】 生成される表の一例の説明図である。 22 is an explanatory view of an example of the table generated.

【図23】, [Figure 23],

【図24】 表形式保持手段に保持されるパラメータ群の例の説明図である。 FIG. 24 is an explanatory view of an example of a parameter group to be held in tabular form holding means.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 論理構造保持手段、2 表形式保持手段、3 表形式編集手段、4 表生成手段、5 パラメータ指定手段。 1 the logical structure holding means 2 tabular holding means, 3 tabular editing unit, 4 table generation means, 5 the parameter specifying means.

【手続補正書】 [Procedure amendment]

【提出日】平成6年1月20日 [Filing date] 1994 January 20,

【手続補正1】 [Amendment 1]

【補正対象書類名】明細書 [Correction target document name] specification

【補正対象項目名】図面の簡単な説明 A brief description of the correction target item name] drawings

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 本発明の表生成装置の一実施例を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing an embodiment of a table generator of the present invention.

【図2】 一般的な表の説明図である。 Figure 2 is an illustration of a general table.

【図3】 一般的な表の説明図である。 3 is an explanatory view of a general table.

【図4】 関係データベースの検索結果を収めた論理構造保持手段の内容の一例の説明図である。 4 is an explanatory view of an example of the contents of the logical structure holding means matches the search results of the relational database.

【図5】 表形式保持手段に保持される表形式の一例の説明図である。 5 is an explanatory view of an example of a table format to be held in tabular form holding means.

【図6】 本発明の表生成装置の一実施例における表生成手段の動作の一例を示すフローチャートである。 6 is a flowchart showing an example of the operation of the table generating unit in the embodiment of the table generation apparatus of the present invention.

【図7】 本発明の表生成装置の一実施例における表生成手段の動作の一例を示すフローチャートである。 7 is a flowchart showing an example of the operation of the table generating unit in the embodiment of the table generation apparatus of the present invention.

【図8】 本発明の表生成装置の一実施例における表生成手段の動作の一例を示すフローチャートである。 8 is a flowchart showing an example of the operation of the table generating unit in the embodiment of the table generation apparatus of the present invention.

【図9】 本発明の表生成装置の一実施例における表生成手段の動作の一例を示すフローチャートである。 9 is a flowchart showing an example of the operation of the table generating unit in the embodiment of the table generation apparatus of the present invention.

【図10】 本発明の表生成装置の一実施例における表生成手段の動作の一例を示すフローチャートである。 Is a flowchart showing an example of the operation of the table generating unit in the embodiment of FIG. 10 table generating apparatus of the present invention.

【図11】 本発明の表生成装置の一実施例における表生成手段の動作の一例を示すフローチャートである。 11 is a flowchart showing an example of the operation of the table generating unit in the embodiment of the table generation apparatus of the present invention.

【図12】 具体例における作表の過程の説明図である。 12 is an explanatory view of the process of the tabulated in the specific example.

【図13】 具体例における作表の過程の説明図である。 13 is an explanatory view of the process of the tabulated in the specific example.

【図14】 具体例における作表の過程の説明図である。 14 is an explanatory view of the process of the tabulated in the specific example.

【図15】 具体例における作表の過程の説明図である。 15 is an explanatory view of the process of the tabulated in the specific example.

【図16】 具体例における作表の過程の説明図である。 16 is an explanatory diagram of a process of tabulating the examples.

【図17】 具体例における作表の過程の説明図である。 17 is an explanatory view of the process of the tabulated in the specific example.

【図18】 具体例における作表の過程の説明図である。 18 is an explanatory view of the process of the tabulated in the specific example.

【図19】 具体例における作表の過程の説明図である。 19 is an explanatory view of the process of the tabulated in the specific example.

【図20】 生成される表の一例の説明図である。 FIG. 20 is an explanatory view of an example of the table generated.

【図21】 生成される表の一例の説明図である。 21 is an explanatory view of an example of the table generated.

【図22】 生成される表の一例の説明図である。 22 is an explanatory view of an example of the table generated.

【図23】 表形式保持手段に保持されるパラメータ群の例の説明図である。 23 is an explanatory view of an example of a parameter group to be held in tabular form holding means.

【図24】 表形式保持手段に保持されるパラメータ群の例の説明図である。 FIG. 24 is an explanatory view of an example of a parameter group to be held in tabular form holding means.

【符号の説明】 1 論理構造保持手段、2 表形式保持手段、3 表形式編集手段、4 表生成手段、5 パラメータ指定手段。 [Reference Numerals] 1 logical structure holding means 2 tabular holding means, 3 tabular editing unit, 4 table generation means, 5 the parameter specifying means.

Claims (1)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 表の見出しに関する見出し情報と表の内容を表す表データとを対応させて保持する論理構造保持手段と、表の形態を決定するパラメータ群を保持する表形式保持手段と、該表形式保持手段に保持されているパラメータ群と前記論理構造保持手段に保持されている見出し情報および表データに基づき表を生成する表生成手段を備えた表生成装置。 And 1. A logical structure holding means for holding in correspondence with the table data representing the headings contents of header information and tables relating to the table, and tabular holding means for holding a parameter group for determining the form of tables, the wherein a parameter group held in tabular form holding means table generator with table generating means for generating a table based on the index information and the table data is held in the logical structure holding means.
JP5293693A 1993-02-18 1993-02-18 Tabulating device Granted JPH076162A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5293693A JPH076162A (en) 1993-02-18 1993-02-18 Tabulating device

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5293693A JPH076162A (en) 1993-02-18 1993-02-18 Tabulating device
US08197709 US5557787A (en) 1993-02-18 1994-02-17 Table generating apparatus employing heading, layout, and table script data

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH076162A true true JPH076162A (en) 1995-01-10

Family

ID=12928755

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5293693A Granted JPH076162A (en) 1993-02-18 1993-02-18 Tabulating device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH076162A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005242587A (en) * 2004-02-25 2005-09-08 Fuji Xerox Co Ltd Program, method, and apparatus for cross tabulation
JP2006107444A (en) * 2004-09-30 2006-04-20 Microsoft Corp Method for referring to dynamic data within spreadsheet formula and implementation

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005242587A (en) * 2004-02-25 2005-09-08 Fuji Xerox Co Ltd Program, method, and apparatus for cross tabulation
JP4501459B2 (en) * 2004-02-25 2010-07-14 富士ゼロックス株式会社 Program and a method and apparatus for creating cross-table
JP2006107444A (en) * 2004-09-30 2006-04-20 Microsoft Corp Method for referring to dynamic data within spreadsheet formula and implementation

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Quint et al. Grif: An interactive system for structured document manipulation
Maloney et al. Directness and liveness in the morphic user interface construction environment
US5553218A (en) Graphical user interface for relating key index properties to database table columns
US5895476A (en) Design engine for automatic reformatting for design and media
US6044384A (en) Document processing apparatus
US6320602B1 (en) Region layout in a view on a graphical display screen
US4805099A (en) Retrieval of related records from a relational database
US5838319A (en) System provided child window control for displaying items in a hierarchical fashion
US5895477A (en) Design engine for automatic layout of content
US6026417A (en) Desktop publishing software for automatically changing the layout of content-filled documents
US5483632A (en) Method and system of help-information control
US4845665A (en) Simulation of computer program external interfaces
US5903902A (en) Design engine with tree and component structure
US5581677A (en) Creating charts and visualizations by demonstration
US4791561A (en) Interactive construction of means for database maintenance
US5467448A (en) Text formatting by the direct selection of borders in an editing display
US5276793A (en) System and method for editing a structured document to preserve the intended appearance of document elements
US20030079177A1 (en) Automatic layout of content in a design for a medium
US7430711B2 (en) Systems and methods for editing XML documents
US5060170A (en) Space allocation and positioning method for screen display regions in a variable windowing system
US5129052A (en) Dynamic selection of recursively nested logical element data formats
US4939670A (en) PC driven print file utilities for mainframe computer printing
US5737737A (en) Data management method and apparatus
US6311196B1 (en) Method and apparatus for implementing web pages having master borders
US7143339B2 (en) Method and apparatus for dynamically formatting and displaying tabular data in real time