JPH07306758A - Disk array device and its control method - Google Patents

Disk array device and its control method

Info

Publication number
JPH07306758A
JPH07306758A JP10045494A JP10045494A JPH07306758A JP H07306758 A JPH07306758 A JP H07306758A JP 10045494 A JP10045494 A JP 10045494A JP 10045494 A JP10045494 A JP 10045494A JP H07306758 A JPH07306758 A JP H07306758A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
data
redundancy
drive
change
disk array
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10045494A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hisao Honma
Yoshiko Matsumoto
Takao Sato
Hisaharu Takeuchi
孝夫 佐藤
久雄 本間
佳子 松本
久治 竹内
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE:To alter the constitution of a data file and to improve the reliability or performance of the whole device by making the redundancy of data variable during an on-line connection with a host device or turning OFF the power source of this device. CONSTITUTION:An MPU 240 executes commands in a RAM 250 while decoding them sequentially to control the whole disk drive controller 200. At a user's request to vary the reliability of an optical logical data file, the MPU 240 of a disk drive controller 200 sets a flag (in-redundancy-variation information) indicating that the redundancy of redundancy variation information in the RAM 250 is being varied and requested redundancy (variation requested redundancy). Therefore, the number of redundant data blocks can be varied even while the disk array device is connected to the host on an on-line basis or without stopping the disk array device; and the redundancy of the logical data file is varied to flexibly comply with a request for the reliability of user data.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、論理データファイルを複数のデータに分配して格納するディスクアレイ装置に係り、特に、装置(ディスクアレイサブシステム)の冗長データ格納ドライブの変更方法に関する。 The present invention relates to relates to a disk array device that stores and distributes the logical data file into a plurality of data, in particular, devices on how to change the redundant data storage drives (disk array subsystem).

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来の装置は、特開昭62−24481 A conventional device, JP-A-62-24481
号公報に記載のように、上位装置からの論理データを複数のデータブロックに分割して、並列に複数の記憶媒体にアクセスすることにより、所定の性能を実現している。 No. As described in Japanese divides the logical data from the host device into a plurality of data blocks, by accessing the plurality of storage media in parallel, is realized predetermined performance. また並列にアクセスする単位毎にパリティデータブロックを作成し、記憶媒体のパリティデータ格納専用エリアに対し、そのデータブロックをデータの書き込みと同時に並列に書き込む。 The Create parity data block for each unit to be accessed in parallel, with respect to the parity data storage only area of ​​the storage medium and writes the data block in parallel at the same time as the write data. そしてデータの読み出し時に、 And at the time of data reading,
読み出しエラーが起こったときは、障害データブロック以外のデータブロックとパリティデータブロックとを読み出し、これらのデータブロックより、障害データブロックを復元し、上位装置に転送することにより、高信頼性を維持している。 When occurred reading error reads the data blocks and parity data blocks other than the fault data block, from these data blocks to restore the fault data block, by transferring to the host device, to maintain high reliability ing.

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】従来技術では、システムが固定的であり、ユーザの様々な要求に答えられないといった問題があった。 In THE INVENTION Problems to be Solved prior art, the system is fixed, there is a problem not answer various demands of users. つまり従来技術では、一度ファイルシステムを導入すると、このシステムは同一の信頼性しかない。 In other words, in the prior art, once the introduction of file system, the system has only the same reliability. 更に高い信頼性が必要となった場合は、システム全体又は一部分を停止し(電源遮断)、ハードウエアやソフトウエアの交換が必要であった。 If higher reliability is needed, to stop the whole or a portion system (power-off), the exchange of hardware or software is required.

【0004】例えば、ある論理データファイルを冗長度1、分割数を4としてディスクアレイ装置に割当て、システムを導入する。 [0004] For example, a certain logical data file redundancy 1, assigned to the disk array device the division number as 4, to introduce the system. つまり論理データファイル内の任意の論理データは、4つの物理データブロックに分割され、かつ、1つのパリティブロックと共に、記憶媒体に格納される。 That any logical data of a logical data file is divided into four physical data blocks, and, with one parity block are stored in the storage medium. こうしておけば、この論理データファイルに対するアクセスにおいて、4つの物理データブロック内の任意の1つの物理データブロックに障害が発生したとき、障害データブロック以外のデータブロックとパリティブロックを読み出し、パリティ生成回路にて障害データブロックを復元することにより、論理データを復元することができる。 This way, the access to the logical data file, when any one of physical data blocks in four physical data block fails, reading a data block and the parity block other than fault data block, the parity generation circuit by restoring the fault data block Te, it is possible to restore the logical data. 但し、このRAID構成は冗長度が1のため、任意の論理データを構成する4つの物理データブロックのうち、2つ以上の物理データブロックに障害が発生すると、データの復元は不可能である。 However, this reason RAID configuration redundancy of 1, the four physical data blocks constituting any logical data, the two or more physical data block fails, data recovery is impossible. ここでRAIDとは、Redundant Arrays o Here, the RAID is, Redundant Arrays o
fInexpensive Disks なるディスクアレイ装置の構成をいい、便宜上、クラス1からクラス5に分類されている。 Refers to structure of FInexpensive Disks made disk array device, for convenience, are classified from class 1 to class 5.

【0005】この論理データファイルの信頼性を更に高めたいという要求がユーザからあったとき、このRAI [0005] When the demand further increases the reliability of the logical data file had the user, the RAI
D構成では、例えば、冗長度を2に増加する必要がある。 The D configuration, for example, it is necessary to increase the redundancy in the 2. このとき、従来技術ではディスクアレイ装置とホストとのオンライン中に、論理データファイルの構成を変更することが不可能なため、ディスクアレイ装置をいったん停止し、電源を遮断した後、電源を再投入して、システムの導入をし直さなければならなかった。 At this time, on-line in a disk array device and the host in the prior art, because it is not possible to change the configuration of the logical data files, once the stop disk array device, and the power is turned off, power cycle to, had to be re-introduction of the system.

【0006】また別の例として、上記論理データファイルが、データの分配単位が複数論理データファイルであるRAIDクラス5の構成であるとき、上位装置(ホスト)からの書き込み要求があると、更新対象データブロックとパリティデータブロックをドライブからいったん読み出し、旧データブロック、旧パリティデータブロック、及び更新データブロックから新パリティデータブロックを生成し、更新データブロックと新パリティブロックを書き込む処理が必要となる。 [0006] As another example, the logical data file, when the distribution unit of data is the configuration of the RAID Class 5 is a more logical data file, when there is a write request from the host device (host), updated once read data blocks and parity data blocks from the drive, the old data block, the old parity data blocks, and generates new parity data block from the update data blocks, and writes the update data blocks and new parity block processing is required. つまりデータブロックの1つの障害に対しては障害ブロックの復元が可能なため信頼性は維持できるが、書き込み要求時には上記処理が必要となるため、性能は低下する(この現象を「ライトペナルティ」と呼ぶ)。 That for a single failure of a data block, but because it can restore failed block reliable can be maintained, since the processing is required at the time of write request, performance degrades (this phenomenon as "write penalty" call).

【0007】この論理データファイルにおいて、信頼性よりも性能が必要であるとユーザから要求があった場合、このRAID構成を例えば冗長度0に変更する必要があるが、従来技術ではオンライン中に論理データファイルの構成を変更することが不可能なため、やはり、ディスクアレイ装置をいったん停止し、システムを導入し直さなければならなかった。 [0007] In this logical data file, when the performance than reliability is a request from a user to be required, it is necessary to modify the RAID configuration example in redundancy 0, logic while online in the prior art since it is not possible to change the configuration of the data file, it had again temporarily stops the disk array apparatus, if re-introduction of the system.

【0008】本発明の目的は、ディスクアレイ装置が上位装置とオンライン接続中であっても、又は、ディスクアレイ装置の電源を遮断することなく、その冗長度を変更させることを可能とし、装置全体の信頼性の変更、それにともなう性能の変更が可能なディスクアレイ装置を提供することにある。 An object of the present invention, even a disk array apparatus to a host apparatus and Online connection, or, without interrupting the power supply of the disk array apparatus, possible to change the redundancy, the entire device changing the reliability is to provide a disk array device which can change the performance associated therewith. ◆本発明の別の目的は、冗長度を変更させながら論理データファイルに対する上位装置からのI/O処理を実行可能とし、冗長度の変更によるディスクアレイ装置の性能低下を防ぐことにある。 ◆ Another object of the present invention, while changing the redundancy and can execute I / O processing from the host device to the logical data file is to prevent performance degradation of the disk array device according to the change of the redundancy. ◆更に、本発明の別の目的は、ディスクアレイ装置の変更の途中でも、装置を停止(電源遮断)することを可能とし、又、装置の再立ち上げの際には、ディスクアレイ装置の運用向上のため、保守員の人手を介さずに、ディスクアレイ装置の変更処理を継続して実行することにある。 ◆ In addition, another object of the present invention, even in the middle of changing of the disk array apparatus, it possible to stop the device (power-off), also in the re-launch of the device, the operation of the disk array device for improvement, without human intervention of maintenance personnel is to run continuously changing processing of the disk array device.

【0009】 [0009]

【課題を解決するための手段】本発明の主たる構成は、 1)1つ又は複数の冗長度のパリティデータを生成するパリティ生成回路、 2)ホストからの書き込み要求データをいったん格納する、又は、物理ドライブからのデータブロック/パリティブロックをいったん格納し、上記パリティ生成回路から生成される1つ又は複数のパリティブロックを格納するデータバッファ、 3)ユーザが指定した論理データファイルのRAID構成を管理するRAID管理情報;この情報には次のものが含まれる、 a)各論理データファイルの分割数/分配単位/冗長度、 b)冗長データのローテート単位、 c)各論理データファイルが格納されている物理ドライブアドレス、 4)ユーザが要求した冗長度変更情報;この情報には次のものが含まれる、 The main structure of the SUMMARY OF THE INVENTION The present invention provides 1) a parity generating circuit for generating parity data of one or more redundancy, 2) temporarily stores the write request data from the host, or, once it stores the data block / parity block from the physical drive, manages the RAID configuration of one or a data buffer for storing a plurality of parity blocks, 3) a logical data file specified by the user is generated from the parity generation circuit RAID management information; this information include the following, a) the number of divisions / distribution units / redundancy of the logical data file, b) rotate the unit of redundant data, c) each logical data files are stored physical drive address, 4) a user requested redundancy information; this information include the following, d)冗長度変更中情報、変更要求冗長度、変更終了ポインタ、 e)冗長度変更後の論理データファイルの格納対象物理ドライブ情報、 5)物理ドライブ情報;この情報には次のものが含まれる、 f)物理ドライブに格納されている論理データファイル番号、 g)物理ドライブのデータ識別子(データ/パリティ/ It includes the following in this information; d) Redundancy in information change request redundancy change end pointer, e) storing object physical drive information of the logical data file after Redundancy, 5) physical drive information , logical data file number stored in f) physical drive, g) physical drive data identifier (data / parity /
予備)、 6)上記3)、4)、5)の情報を格納する不揮発メモリ、 7)論理データの格納アドレス(以下、アドレスをAD Preliminary), 6) above 3), 4), non-volatile memory for storing information 5), 7) stores the address of the logical data (hereinafter, the address AD
Rと表記する)及び上記3)のRAID管理情報から、 Denoted as R) and the RAID management information of the 3),
格納対象物理ドライブADR、物理ドライブデータAD Storing object physical drives ADR, physical drive data AD
Rを算出するアドレス変換機構、を含んでいる。 Address conversion mechanism for calculating the R, contains.

【0010】 [0010]

【作用】ユーザから任意の論理データファイルに対する信頼性の変更の要求があったとき、ディスクドライブ制御装置のマイクロプロセッサ(後述)は、不揮発メモリにある冗長度変更情報の冗長度を変更中であることを示すフラッグ(以下、冗長度変更中情報)及びユーザの要求した冗長度(変更要求冗長度)を設定する。 [Action] When a request for changing the reliability of any logical data file from the user, the microprocessor of the disk drive controller (described later) is being changed the redundancy of redundancy change information which is in the non-volatile memory flag indicating that (hereinafter, redundancy in information) setting a and requested redundancy of the user (change request redundancy).

【0011】ユーザの要求が冗長度の削減要求である場合には、RAID管理情報のローテート単位を参照し、 [0011] When the user requests a redundancy reduction request refers to rotate the unit of RAID management information,
ローテートされていなければ、RAID管理情報の冗長度、物理ドライブADRを変更し、処理を終了する。 If not rotated, the redundancy of the RAID management information, and change the physical drive ADR, the process ends. ここで、ローテートとは、冗長データを、ある1つの物理ドライブに固定的に格納するのではなく、全物理ドライブに対しある単位で交換しながら(回しながら)格納する動作をいう。 Here, rotation and are redundant data, rather than storing fixedly to a single physical drive, (while turning) while exchanging with a unit relative to the total physical drive means an operation of storing.

【0012】ローテートされているときは、冗長度変更情報の冗長度変更中情報と、要求冗長度数と変更後の物理ドライブADR情報とを設定する。 [0012] When being rotated sets the Redundancy in information Redundancy information, and a physical drive ADR information after the change and the required redundancy index. そして、ファイルが格納されている物理ドライブからデータブロックとパリティブロックをデータバッファに読み込み、冗長度の削減分のパリティブロックを除いて物理ドライブへの格納位置をアドレス変換機構を用いて算出し、冗長度の削減分のパリティブロックを除いて物理ドライブへデータブロック及びパリティブロックを書き込む。 Then, read from the physical drive where the file is stored data blocks and parity blocks in the data buffer, except for the reductions of the parity block redundancy calculated using an address translation mechanism the storage position of the physical drive, Redundant except for the reductions of the parity blocks of time writing the data block and the parity block to the physical drive.

【0013】この書き込み終了時点で、冗長度変更情報の変更終了ポインタを更新する。 [0013] In this writing at the end, to update the changes end pointer of redundancy change information. これらの処理を当該論理データファイルすべてについて終了するまで繰り返す。 These processes are repeated until the end of all the logical data file. 終了後、RAID管理情報の冗長度、物理ドライブADRを変更し、冗長度変更情報の冗長度変更中情報をリセットする。 After completion, the redundancy of the RAID management information, and change the physical drive ADR, resets the Redundancy in information Redundancy information.

【0014】ユーザの要求が冗長度の増加要求である場合には、冗長度変更情報の冗長度変更中情報と要求冗長度数、変更後の物理ドライブADR情報を設定する。 [0014] When the user requests a redundancy increase request is Redundancy in information and the request redundancy index of Redundancy information, it sets the physical drive ADR information after the change.

【0015】ローテートされていないときには、ファイルが格納されている物理ドライブからデータブロックのみをデータバッファに読み込み、パリティ生成回路で増加分のパリティブロックを生成する。 [0015] When not in rotated reads from the physical drive where the file is stored only data block in the data buffer, and generates a parity block of the increase in the parity generating circuit. そして増加分のパリティブロックを格納対象物理ドライブへ書き込む。 And writes the parity block of the increase to the stored target physical drives. 書き込み終了時点で、冗長度変更情報の変更終了ポインタを更新する。 In the writing end, and it updates the change end pointer Redundancy information. これらの処理を論理データファイルすべてについて終了するまで繰り返す。 Repeat these processes until you completed for all of the logical data files.

【0016】ローテートされているときには、ファイルが格納されている物理ドライブからデータブロックとパリティブロックをデータバッファに読み込み、パリティ生成回路で増加分のパリティブロックを生成する。 [0016] When being rotated reads from the physical drive where the file is stored data blocks and parity blocks in the data buffer, and generates a parity block of the increase in the parity generating circuit. データブロックから冗長度の増加分のパリティブロックを追加して物理ドライブへの格納位置をアドレス変換機構を用いて算出し、データブロックとパリティブロックを格納対象物理ドライブへ書き込む。 The storage position of the physical drive is calculated using the address conversion mechanism by adding the increase in the parity block redundancy from the data block and writes the data block and the parity block to store the target physical drives. 書き込み終了時点で、 In writing at the end,
冗長度変更情報の変更終了ポインタを更新する。 To update the changes end pointer of redundancy change information. これらの処理を論理データファイルすべてについて終了するまで繰り返す。 Repeat these processes until you completed for all of the logical data files.

【0017】上記の変更処理が全て終了したときには、 [0017] when you end the process of changing all is,
RAID管理情報の冗長度及び論理データファイルが格納されている物理ドライブADRを変更し、冗長度変更情報の冗長度変更中情報をリセットする。 Change the physical drive ADR for redundancy and logical data files RAID management information is stored, it resets the Redundancy in information Redundancy information. 冗長度の削減要求に従って、冗長度を減らしたことにより空いた物理ドライブは、ユーザからの指定により予備ドライブとして使用可能とする。 According redundancy reduction request, the physical drive vacated by reduced redundancy is usable as a spare drive by designation from the user. このとき物理ドライブ情報のデータ識別子をパリティから予備ドライブへ切り替える。 At this time, switch the data identifier of the physical drive information from parity to a spare drive.

【0018】次に、これらの冗長度変更の処理中にホストからのアクセスがあった場合を説明する。 [0018] Next, the case where there is access from the host during the processing of these Redundancy. ◆上記の変更処理中に、ホストから読み込み要求があったときは、 ◆ in the above process of changing, when a read request from the host,
ディスクドライブ制御装置のマイクロプロセッサは、読み込み対象論理データファイルの冗長度変更情報の冗長度変更中情報を参照し、変更中であるため変更終了ポインタを参照し、読み込み対象論理データがすでに冗長度変更済か否かを求める。 Microprocessor disk drive controller refers to the Redundancy in information Redundancy information read target logical data file, refers to the change end pointer because it is being changed, already Redundancy read target logical data already whether or not the seek.

【0019】変更前であれば、RAID管理情報に従い、対象ドライブよりデータをデータバッファに読み込みホストへ転送する。 [0019] if it is before the change, in accordance with the RAID management information, it is transferred to the read host data from the target drive to the data buffer. ◆変更済ならば、冗長度変更情報に従い、物理ドライブの追加中であればパリティデータも含めデータバッファに読み込み、データブロックのみホストに転送する。 ◆ If the change already, in accordance with redundancy change information, if it is in the additional physical drives read the parity data, including data buffer, and transfers it to the host only data block.

【0020】上記の変更処理中に、ホストから書き込み要求があったときは、ディスクドライブ制御装置のマイクロプロセッサは、書き込み対象論理データファイルの冗長度変更情報の冗長度変更中情報を参照し、変更中であるため変更終了ポインタを参照し、書き込み対象論理データがすでに冗長度変更済か否かを求める。 [0020] During the above-described changing process, when a write request from the host, the microprocessor of the disk drive controller refers to the Redundancy in information Redundancy information write target logical data file, change Referring to change end pointer because it is in the write target logical data ask whether already redundancy already. ◆変更前であれば、RAID管理情報に従い、対象ドライブへデータをデータバッファから物理ドライブへ書き込む。 ◆ if it is before the change, in accordance with the RAID management information, and writes the data to the target drive from the data buffer to the physical drive.
変更済ならば、冗長度変更情報に従い、物理ドライブの追加中のパリティデータも含めデータバッファから物理ドライブへ書き込む。 If the change already, in accordance with redundancy change information, written from the parity data, including data buffer in additional physical drive to a physical drive.

【0021】以上のように、ディスクアレイ装置がホストとオンライン中であっても、又は、ディスクアレイ装置を停止せずに、冗長データブロック数の変更を可能とし、当該論理データファイルの冗長度を変更させることにより、ユーザデータの信頼度に対する要求に柔軟に対応が可能である。 [0021] As described above, even during online and the disk array device host, or, without stopping the disk array device, it possible to change the number of redundant data blocks, the redundancy of the logical data file by changing, it is possible to flexibly respond to a request for the reliability of user data. ◆また、データの分配をローテートさせている時、冗長度の変更により、データの格納位置が変わる。 ◆ In addition, when they are allowed to rotate the distribution of data, by changing the redundancy storage position of the data is changed. この時、データの信頼性を高めるために、変更中に読み込んできたデータをデータバッファに格納しておき、冗長度の変更後、格納位置が変更になったデータを再度物理ドライブから読み出し、データバッファ上にある以前のデータとコンペアすることにより、変更により誤ってデータを書き込む動作を防止することができる。 At this time, in order to increase the reliability of the data may be stored data that has read in the change in the data buffer after the Redundancy again read from the physical drive data storage location is changed, the data by previous data and compare in the buffer, it is possible to prevent the operation of writing data by mistake due to a change. ◆また、変更のための処理は長い時間を要するが、 ◆ In addition, the process for change is take a long time,
冗長度変更情報が不揮発メモリ上にあるため、当該処理の終わりを待たずにサブシステムを停止し、電源を遮断(P/S OFF)させることができる。 Since Redundancy information is on the non-volatile memory, and stop the subsystem without waiting for the end of the process, it is possible to shut off the power (P / S OFF). 更に次回の電源を投入しIMPL(Initial Micro P Further put the next power-IMPL (Initial Micro P
rogram Load)後は、まず冗長度変更情報を参照し、変更中であれば変更終了ポインタの次から冗長度変更処理を再開することにより、保守員の介入なく自動的に再実行がおこなえるので、ディスクアレイ装置の運用性能が向上する。 in Program Load) after the first read Redundancy information, by resuming the following from Redundancy change processing end pointer If being changed automatically so rerun can be carried without intervention maintenance personnel, operational performance of the disk array device is improved.

【0022】 [0022]

【実施例】以下、本発明の一実施例を図面を用いて説明する。 BRIEF DESCRIPTION using an embodiment of the present invention with reference to the accompanying drawings. ◆図1は本発明を適用したディスクドライブ制御装置を含む計算機システムである。 ◆ Figure 1 is a computer system including a disk drive controller according to the present invention. ◆この計算機システムは、中央処理装置であるCPU100と、ディスクドライブ制御装置200と、ディスクドライブ装置300 ◆ The computer system includes a CPU100 is a central processing unit, a disk drive controller 200, a disk drive unit 300
とから主に構成される。 Mainly composed of the. そしてディスクドライブ制御装置200は、CPU100からの指示に従いディスクドライブ装置300を制御している。 The disk drive controller 200 controls the disc drive device 300 in accordance with an instruction from the CPU 100.

【0023】また、上記の冗長度変更中情報や物理ドライブ情報のデータ識別子その他ディスクドライブ制御装置200の内部情報に基づいて、その状況が操作パネル201に適宜表示される。 Further, on the basis of the internal information of the data identifier other disk drive controller 200 of the above Redundancy in information and physical drive information, the situation is appropriately displayed on the operation panel 201. これによりシステムが、 1)冗長度の変更中であること、 2)物理ドライブの属性から、該ドライブをパリティ用から予備ドライブへ又はこの逆の場合へと切替たこと、 3)ホストからディスクドライブ制御装置200へアクセスがあったこと、 4)電源再投入により、システムの冗長性の変更動作を再開したこと、などが操作者に明示される。 Thus the system is, 1) is being redundancy changes, 2) the physical drives of attributes, it was switched to when the spare drive or vice versa from the parity the drive, 3) the disk drive from the host control device 200 that has been accessed to, 4) by the power source is turned on again, it resumed redundancy changing operation of the system, and the like are specified in the operator.

【0024】図2に、ディスクドライブ制御装置200 [0024] Figure 2, the disk drive controller 200
の内部構成を示す。 Showing the internal structure of the. ◆マイクロプロセッサユニット(以下MPUと称す)240は,ランダムアクセスメモリ(以下RAMと称す)250を、逐次デコードしながら実行し、ディスクドライブ制御装置200全体を制御している。 ◆ microprocessor unit (hereinafter referred to as MPU) 240 is (hereinafter referred to as RAM) random access memory 250, and executed while sequentially decoding and controls the entire disk drive controller 200. 駆動回路290は、操作パネル201を駆動する他、別の表示装置への出力端子も具備している(図示せず)。 Drive circuit 290, in addition to driving the operation panel 201, also (not shown) are provided output terminals to another display device.

【0025】チャネル制御装置210は、CPU100 [0025] The channel control device 210, CPU100
とのデータ転送を制御している。 And it controls the data transfer to and from. ドライブ制御装置22 Drive controller 22
0は各ドライブとのデータ転送を制御している。 0 controls the data transfer between each drive. データバッファ230は、チャネル制御装置210とドライブ制御装置220のデータ転送時に用いられるメモリである。 Data buffer 230 is a memory used for data transfer of the channel control unit 210 and the drive control device 220. このメモリは揮発メモリでもよいし、不揮発メモリでもよい。 This memory may be a volatile memory, it may be a non-volatile memory. ここでは揮発メモリを例に説明する。 Here, explaining the volatile memory as an example.

【0026】パリティ生成回路260は、CPU100 The parity generation circuit 260, CPU100
より送られてきたデータに対して冗長データを生成する機能を有し、この機能はデータの復元にも用いることができる。 Has a function of generating redundant data with respect to data that has been sent more, this feature can also be used to restore data. 冗長データを付加する単位は、上位装置から送られてきた1論理データ単位でもよいし複数の論理データ単位に対してでもよい。 Units of adding redundancy data may be in one logical data unit sent from the host device may also for a plurality of logical data units. また、複数の論理データは、 In addition, a plurality of logical data,
CPU100から見た1つのデータファイル内の論理データでもよいし、複数のデータファイルの論理データでもよい。 It may be a single logical data in the data file as viewed from the CPU 100, or a logic data from multiple data files. ここでは、4つの論理データに対し冗長データを付加し、6つの物理ドライブに分配し格納する方法において、冗長度変更処理を例にとりあげ説明する。 Here, by adding redundant data to four logical data, a method of storing distributed to six physical drives, taken described example Redundancy process.

【0027】不揮発メモリ270は、MPU240がオンライン中に任意の論理データファイルに対する冗長度の変更処理を行うための情報が設定されている。 The non-volatile memory 270, MPU 240 is information for changing processing of the redundancy for any of the logical data file is set to online. この情報を不揮発メモリ270に設定することにより、冗長度の変更中でも電源を遮断(P/S OFF)することを可能とし、再立上げ時に自動的に変更処理を続行することも本発明の1つの特徴である。 By setting this information in the non-volatile memory 270, it possible to cut off the power supply even during changes of redundancy (P / S OFF), automatically continuing the invention to the change processing at the time of re-start-up 1 One of which is a feature.

【0028】アドレス変換機構280は、CPU100 [0028] The address conversion mechanism 280, CPU100
から指示された論理データファイル番号と、論理データアドレスから、論理データファイルのRAID構成により、ディスクドライブ装置300へアクセスするときの、物理ドライブ番号、物理データアドレスを算出するためのものである。 And logical data file number indicated from, the logical data address, the RAID configuration of the logical data file when accessing the disc drive device 300 is for calculating physical drive number, the physical data address.

【0029】図3は、ディスクドライブ装置300を構成する複数の磁気ディスクドライブを示している。 [0029] Figure 3 shows a plurality of magnetic disk drives constituting the disk drive device 300. ◆データ転送制御装置310〜360は、デイスクドライブ制御装置200とデータ転送を行うためのものである。 ◆ the data transfer control device 310 to 360 is for performing disk drive controller 200 and data transfer.
各データ転送制御装置310〜360には、それぞれ4 Each data transfer control device 310 to 360, respectively 4
台の物理ドライブ310a〜310d,320a〜32 Table of physical drive 310a~310d, 320a~32
0d,・・・・・、360a〜360dが接続されいる。 0d, ·····, 360a~360d is connected.

【0030】本実施例では、これらの物理ドライブ群に4つの論理データファイル(Ea、Eb、Ec、Ed) [0030] In this embodiment, four logical data files to these physical drive group (Ea, Eb, Ec, Ed)
が設定されているものとする。 There is assumed to be set. 各論理ドライブグループは、Ea=ドライブ310a〜360a、Eb=310 Each logical drive group, Ea = drive 310a~360a, Eb = 310
b〜360b,Ec=310c〜360c,Ed=31 b~360b, Ec = 310c~360c, Ed = 31
0d〜360dから構成され、データ回復のグループもこれと同様の構成をとっている。 Is composed of 0d~360d, we are taking the same configuration as this is also a group of data recovery.

【0031】次に、本実施例におけるテーブル群を図4 Next, FIG. 4 a table group in this embodiment
から図8を用いて説明する。 It will be described with reference to FIG. 8. ◆図4のRAID管理情報400は、各論理データファイルEa、Eb、Ec、E ◆ RAID management information 400 of FIG. 4, the logical data file Ea, Eb, Ec, E
d毎の、論理データファイルがいくつの物理ドライブにデータを分割しているかを示す分割数401、1つの物理ドライブに格納するデータの単位を示す分配単位40 Per d, dispensing unit indicates a unit of data to be stored in the division number 401,1 single physical drive that indicates whether the data is divided into logical data file a number physical drives 40
2、論理データファイルにいくつの冗長データが設定されているかを示す冗長度数403、冗長データを、格納対象物理ドライブ群に対し1つの物理ドライブに固定的に格納するのか、全物理ドライブに対し所定の単位で回しながら(ローテート)格納するのかをしめすローテート単位404、論理データファイルが格納されている物理ドライブのADR(アドレス)を示す物理ドライブA 2, the logical data file redundancy index indicating how many redundant data is set 403, the redundant data, stored in physical drive or for storing fixedly to one physical drive to group predetermined with respect to all the physical drives while turning in the unit (rotation) Rotate unit 404 indicating whether to store a physical drive a showing the ADR (address) of the physical drive that logical data files are stored
DR405から構成される。 It consists of DR405.

【0032】ローテート単位404が0のとき、ローテート無し、つまり冗長データは1つの固定の物理ドライブへ格納される。 [0032] When the rotation unit 404 is 0, no rotation, i.e. redundant data is stored to one fixed physical drives. ローテート単位404が0以外のときには、ディスクアレイ装置はRAIDクラス5を構成し、それらの物理ドライブにローテート単位404が指定した単位ごとに回しながら、論理データ及び冗長データを分配する。 When rotation unit 404 is other than 0, the disk array apparatus comprising a RAID Class 5, while turning each unit rotating unit 404 to their physical drive designated distributes logic data and redundant data.

【0033】図5の変更管理テーブル500は、論理データファイルに対する冗長度の変更要求を示したものである。 The change management table 500 in FIG. 5 is a diagram illustrating the redundancy of the change request to the logical data file. ◆実行中FLAG501が所定の内容であることは、論理データファイルが冗長度変更処理中であることを示している。 ◆ it running FLAG501 is a predetermined content indicates that the logical data file is Redundancy processed. 冗長度数502は変更後の冗長度数を示す。 Redundancy index 502 indicates the redundancy index after the change. 格納終了ポインタ503は、当該論理データファイルの冗長度の変更が終了しているADRを示す。 Storage end pointer 503 indicates an ADR changes the redundancy of the logical data file is completed. 変更後の物理ドライブADR情報504は、変更後の物理ドライブ群を示す情報である。 Physical drive ADR information 504 after the change is information indicating a physical drive group after the change. ◆冗長度を削減する場合には相当する論理データファイルを構成する物理ドライブ群が1組余ることになる。 ◆ physical drive group constituting the logical data file corresponding to become the surplus set in the case of reducing the redundancy. 冗長度を増加する場合には、物理ドライブ群を1組追加することになる。 When increasing the redundancy would add a physical drive group pair. ADR情報5 ADR information 5
04は、その1組追加になる分を含めた物理ドライブA 04, a physical drive A, including a minute to become the pair added
DR情報を示すことになる。 It will show DR information.

【0034】図6の物理ドライブ情報600は、各物理ドライブにどの論理データファイルが格納されているか、そのデータの属性を示している。 The physical drive information 600 in FIG. 6, what logical data file is stored on each physical drive shows the attributes of the data. ◆論理データファイル番号601は、その物理ドライブに格納されている論理データファイル番号を示している。 ◆ logical data file number 601 shows a logical data file number stored in the physical drive. 識別子602は物理ドライブが、論理データが割当て済のドライブか予備ドライブかを示している。 Identifier 602 physical drives, logical data indicates whether allocated drive or spare drive. 尚、RAID管理情報40 In addition, RAID management information 40
0、変更管理テーブル500、物理ドライブ情報600 0, change management table 500, the physical drive information 600
は不揮発性メモリ270(図2)上に設定する。 It is set to the nonvolatile memory 270 (FIG. 2).

【0035】図7に本実施例で用いるデータ形式を示す。 [0035] shows a data format used in this embodiment in FIG. ◆1つのECCグループ(パリティ生成単位)70 ◆ 1 single ECC group (parity generation unit) 70
0は、4つの論理データブロック(以下データブロックと称す)701、702、703、704からなり、更に冗長データブロック(以下パリティブロックと称す) 0, (hereinafter referred to as data blocks) four logical data block composed 701, 702, 703 and 704, (hereinafter referred to as parity block) further redundant data block
705がパリティ生成回路260(図2)により付加される(261;1パリティ生成処理)。 705 is added by the parity generation circuit 260 (FIG. 2) (261; 1 parity generation process). ◆更に、冗長度を1から2へ増加すると、データブロック701、70 ◆ In addition, increasing the redundancy from 1 to 2, the data block 701,70
2、703、704から、705、706の2つの冗長データブロックが作成される(262;2パリティ生成処理)。 From 2,703,704, two redundant data block 705, 706 is created (262; second parity generation process). この5つ又は6つのデータブロックは、並列に接続されている物理ドライブに対して、例えば、図3の物理ドライブ310a、320a、330a、340 The five or six data blocks, the physical drives that are connected in parallel, for example, in FIG. 3 physical drives 310a, 320a, 330a, 340
a、350a、360aに対してデータ転送される。 a, 350a, are data transfer to 360a.

【0036】図8はローテート有りの場合のディスクアレイ装置RAIDクラス5の構成を示し、801のRA [0036] Figure 8 shows the structure of the disk array system RAID Class 5 in the case of rotation there, 801 of RA
ID構成から802へ、冗長度を1つ増加させるときの概念図を示す。 From ID configuration to 802, it shows a conceptual view of the increasing one redundancy. この論理データファイル801のRAI RAI of this logical data file 801
D構成は、分割数401=4、分配単位402=2、冗長度数403=1、ローテート単位404=2、物理ドライブADR405=310a/320a/330a/ D configuration, the number of divisions 401 = 4, the distribution unit 402 = 2, redundancy index 403 = 1, rotate unit 404 = 2, the physical drives ADR405 = 310a / 320a / 330a /
340a/350aである。 It is the 340a / 350a. 冗長度を1つ増加させて、 The redundancy is increased one,
冗長度数502=2、変更後の物理ドライブADR情報504=310a/320a/330a/340a/3 Redundancy index 502 = 2, the changed physical drive ADR information 504 = 310a / 320a / 330a / 340a / 3
50a/360aとなっている(802)。 And it has a 50a / 360a (802).

【0037】次に本発明に係るディスクアレイ装置の通常の動作を図2を用いて説明する。 [0037] Then the normal operation of the disk array apparatus according to the present invention will be described with reference to FIG. ◆ディスクドライブ制御装置200は、通常、CPU100からの書き込み要求があると、チャネル制御装置210により、書き込み論理データを受領し、データバッファ230にいったん格納する。 ◆ disk drive controller 200, typically when there is a write request from the CPU 100, the channel control unit 210, receives the write logic data, temporarily stored in the data buffer 230. MPU240は、不揮発メモリ270内のRAID管理情報400(図4)の冗長度数403に従いパリティ生成回路260にてパリティブロックを生成する。 MPU240 generates a parity block in the parity generation circuit 260 in accordance with redundancy index 403 of the RAID management information 400 in the nonvolatile memory 270 (FIG. 4). このパリティブロックはいったんデータバッファ230に格納される。 This parity block is temporarily stored in the data buffer 230. MPU240は、RAID管理情報400の分割数401、分配単位402、冗長度数4 MPU240 is split number 401 of the RAID management information 400, the distribution unit 402, the redundant power 4
03、ローテート単位404、物理ドライブADR40 03, rotate unit 404, physical drive ADR40
5をアドレス変換機構280へ入力する。 5 to the input to the address conversion mechanism 280. ◆これにより、MPU240は、論理データの書き込み対象物理ドライブとそのADRを認識する。 ◆ As a result, MPU 240 recognizes the write target physical drives and their ADR logical data. 出力されたADR情報に従い、MPU240は、物理ドライブにデータブロック及びパリティブロックを書き込みCPU100からの書き込み要求を終了する。 According ADR information output, MPU 240 terminates the write request from the write CPU100 data blocks and parity blocks on the physical drive.

【0038】CPU100からの読み込み要求があると、MPU240は、不揮発メモリ270内のRAID [0038] If there is a read request from the CPU100, MPU240 is, RAID in the non-volatile memory 270
管理情報400の分割数401、分配単位402、冗長度数403、ローテート単位404、物理ドライブAD Dividing the number 401 of the management information 400, the distribution unit 402, the redundant power 403, rotation unit 404, the physical drives AD
R405をアドレス変換機構280へ入力することにより、論理データの書き込み対象物理ドライブとそのAD By entering the R405 to the address translation mechanism 280, a write target physical drive in the logical data that AD
Rを認識する。 It recognizes the R. 出力されたADR情報に従い、MPU2 In accordance with ADR information that has been output, MPU2
40は、物理ドライブにデータブロック/パリティブロックを読み込み、データバッファ230を介しホストに転送する。 40 reads the data block / parity block to a physical drive and transferred to the host via the data buffer 230. MPU240は、障害ブロックがあった場合には、残りのブロックより、パリティ生成回路260にて障害ブロックを回復し、ホストに転送する。 MPU240, when there is a failure block, than the rest of the block to recover the failed block by parity generation circuit 260, and transfers to the host.

【0039】次に、ユーザから冗長ドライブの削減指示が発生した場合のディスクアレイ装置の制御方法を図9 Next, a method of controlling a disk array device when reduced instruction redundant drive from the user occurs 9
に、増設指示が発生した場合のそれを図10に、それぞれ示すフローチャートを用いて説明する。 In, Figure 10 it when the additional instruction occurs will be described with reference to a flowchart shown respectively. ◆削減処理において、本実施例では論理データファイルEa(図3) ◆ In reduction processing, in the present embodiment a logical data file Ea (Fig. 3)
に対する2パリティから1パリティへの削減を例にとって説明するが、2パリティ又は1パリティからパリティなしへの変更も同様の処理方法で可能である。 Will be described as an example to reduce from the second parity to 1 parity for it, changes from 2 parity or 1 parity to no parity is also possible in a similar process method.

【0040】まずSTEP901(図9)にて、RAI [0040] First, in STEP901 (Fig. 9), RAI
D管理情報400のローテート単位404を参照し、E Referring to rotate unit 404 of D management information 400, E
aがローテートであるか否かを判断する。 a determines whether or not rotation. ローテートが有るときはSTEP902に進み、変更管理テーブル5 The program proceeds to STEP902 when the rotation is there, change management table 5
00のEaに対する実行中FLAG501を設定し、冗長度数502に削減要求である冗長度=1を設定する。 Set the running FLAG501 for 00 Ea, it sets the redundancy = 1 is reduced request redundancy index 502.
また変更後の物理ドライブADR情報504には、削減後のEaを格納する物理ドライブADR310a/32 The physical drive ADR information 504 after the change, physical drive ADR310a / 32 for storing Ea after reduction
0a/330a/340a/350aを設定する。 Setting the 0a / 330a / 340a / 350a. ◆次にSTEP903に進み格納されている物理ドライブ群よりデータブロック/パリティブロックを読み込むため、RAID管理情報400の物理ドライブADR40 ◆ then to read data block / parity block from the physical drive group stored proceeds to STEP 903, the physical drives of the RAID management information 400 ADR40
5より対象物理ドライブADRを求める。 5 finds the target physical drive ADR than. STEP90 STEP90
4にてSTEP903で求めた物理ドライブ群310a Physical drive group 310a obtained at 4 in STEP903
/320a/330a/340a/350a/360a / 320a / 330a / 340a / 350a / 360a
より、データブロック/パリティブロックを読み込みデータバッファ230に格納する(RD)。 More, and stores the data in the data buffer 230 reads data block / parity block (RD).

【0041】STEP905にて、変更後の論理データファイルを格納すべく物理ドライブ群をもとめるため、 [0041] In STEP905, in order to determine the physical drive group in order to store the logical data file after the change,
変更管理テーブル500の変更後の物理ドライブADR Physical drive ADR after the change of the change management table 500
情報504より物理ドライブADRを参照する。 Information 504 refers to the physical drive ADR than. そのA The A
DR情報、冗長度数502、RAID管理情報400の分割数401、分配単位402をアドレス変換機構28 DR information, redundancy index 502, the number of divisions 401 of the RAID management information 400, address distribution unit 402 converting mechanism 28
0へ入力することにより、冗長度削減後の格納ADRを算出する。 By entering into 0, it calculates the stored ADR after redundancy reduction. ◆次にSTEP905で求めたADRへ4データブロック/1パリティブロックを物理ドライブへ書き込む(WRする;STEP906)。 ◆ then writes the ADR to 4 data block / 1 parity block obtained in STEP905 to physical drive (to WR; STEP 906).

【0042】WRが完了した時点で、冗長度変更情報5 [0042] at the time the WR has been completed, redundancy change information 5
00の格納終了ポインタ503を更新する(STEP9 The storage end pointer 503 of 00 update (STEP9
07)。 07).

【0043】STEP904からSTEP907までの処理を、論理データファイルEa全てに対して終了するまで繰り返す。 [0043] The processing from STEP904 to STEP907, repeat until the end of the logical data file Ea all. STEP908にて処理が終了したと判断されたら、STEP909へ進む。 Once it is determined that the process has been completed in STEP908, advances to STEP909. ◆RAID管理情報400の冗長度数403を冗長度変更情報500の冗長度数502に変更し、RAID管理情報400の物理ドライブADR405を冗長度変更情報500の変更後の物理ドライブADR情報504に変更する。 ◆ Change the redundancy index 403 of the RAID management information 400 to the redundancy index 502 of Redundancy information 500 is changed to the physical drive ADR information 504 after the change of the physical drive ADR405 redundancy change information 500 of the RAID management information 400. ◆STE ◆ STE
P910で冗長度変更情報500の実行中FLAG50 Redundancy during the execution of the change information 500 in P910 FLAG50
1をリセットし、削減処理は終了する。 1 to reset the reduction process ends.

【0044】次にSTEP901にてローテート無しと判断されたときは、STEP913に進み、RAID管理情報400の冗長度数403を要求数に変更し、RA [0044] Next at STEP901 when it is determined that there is no rotation, the process proceeds to STEP913, to change the redundancy index 403 of the RAID management information 400 on the number of requests, RA
ID管理情報400の物理ドライブADR405を冗長度変更情報500の変更後の物理ドライブADR情報5 Physical drive ADR information 5 after the change of the physical drive ADR405 redundancy change information 500 of the ID management information 400
04に変更する。 To change to 04. ◆STEP911にて空の物理ドライブは予備として使用か否かを判断し、予備ドライブとして使用するときは、STEP912に進み、物理ドライブ情報600の物理ドライブADRのデータ識別子60 ◆ empty physical drive determines whether used as a spare in STEP911, when used as a spare drive, the process proceeds to STEP912, the data identifier 60 of the physical drives ADR physical drive information 600
2に予備ドライブとして使用する旨をを設定する。 2 to set the effect to be used as a spare drive in. こうして冗長度を削減したことにより空きとなった物理ドライブの使用方法をユーザから指定できる。 The use of physical drives emptied can be designated by the user by thus reducing the redundancy.

【0045】ある物理ドライブへのアクセスで障害が多発したとき、物理ドライブ情報600の識別子602を参照し、予備ドライブをサーチする。 [0045] when a fault in the access to a physical drive frequently, referring to the identifier 602 of the physical drive information 600, to search for a spare drive. 予備ドライブが存在したときには、上記障害ドライブのデータを予備ドライブへコピーし、物理ドライブ情報600の論理データファイル番号601を障害ドライブから予備ドライブへコピーし、識別子602も障害ドライブから予備ドライブへコピーする。 When the spare drive is present, copy the data of the faulty drive to the spare drive by copying the logical data file number 601 of physical drive information 600 from the failed drive to a spare drive, the identifier 602 is also copied from the failed drive to the spare drive . また障害ドライブに格納されていた論理データファイルのRAID管理情報400の物理ドライブADR405も障害ドライブADRから予備ドライブADRに切り替える。 The physical drive ADR405 the RAID management information 400 of the logical data files stored in the failed drive is also switched from the failed drive ADR in the spare drive ADR. ◆このように制御することで、 ◆ By controlling in this way,
削減された物理ドライブをその後オンライン中に予備ドライブとして使用することも可能である。 It is also possible to use a reduced physical drive as subsequently spare drive while online. また、削減された物理ドライブを新たな論理データファイルの格納用に割当ててもかまわない。 Also, it may be assigned a reduced physical drives to store the new logical data file.

【0046】本実施例の特徴は、RAID管理情報40 The feature of this embodiment is, RAID management information 40
0、変更管理テーブル500及び物理ドライブ情報60 0, change management table 500 and the physical drive information 60
0の制御情報を持ち、複数の冗長数のパリティブロックを生成できるパリティ生成回路260を有することにより、STEP904からSTEP907、又はSTEP It has control information of 0, by having a parity generation circuit 260 can generate a parity block for a plurality of number of redundant, or STEP STEP907, from STEP904
913の処理を行うことにより、ディスクアレイ装置とホストとのオンライン中に任意の論理データファイルの冗長数を減少できることに有る。 By performing 913 processing of, there to be reducing the number of redundant any logical data files while online disk array device and a host.

【0047】次に図10のフロチャートを用いて物理ドライブを増設する場合のディスクアレイ装置の制御方法を説明する。 [0047] Then the control method for a disk array device when adding a physical drive will be described with reference to the flow chart of FIG. ◆増設処理において、本実施例では論理データファイルEaに対する1パリティから2パリティへの増設を例にとって説明するが、パリティなしから1パリティ又は2パリティへの変更も同様の処理方法で可能である。 ◆ In addition processing, in the present embodiment will be described as an example with Expansion to 2 parity 1 parity for logical data file Ea, it is possible in the no parity 1 parity or changes to parity same processing method.

【0048】まずSTEP1001にて、変更管理テーブル500のEaに対する実行中FLAG501を設定し、冗長度数502に増設要求である冗長度=2を設定する。 [0048] First, in STEP 1001, set the running FLAG501 for Ea change management table 500, sets the redundancy = 2 is added request to the redundancy index 502. また変更後の物理ドライブADR情報504には、増設後のEaを格納する物理ドライブADR310 Also the physical drive ADR information 504 after the change, physical drive stores Ea after expansion ADR310
a/320a/330a/340a/350a/360 a / 320a / 330a / 340a / 350a / 360
aを設定する。 To set a. ◆次にSTEP1002に進み格納されている物理ドライブ群よりデータブロック/パリティブロックを読み込むため、RAID管理情報400の物理ドライブADR405より対象物理ドライブADRを求める。 ◆ then to read data block / parity block from the physical drive group stored proceeds to STEP 1002, obtaining the target physical drives ADR than the physical drives ADR405 the RAID management information 400. ◆STEP1003にてSTEP1002で求めた物理ドライブ群310a/320a/330a/34 ◆ STEP1003 at calculated in STEP1002 physical drive group 310a / 320a / 330a / 34
0a/350aより、データブロック/パリティブロックを読み込みデータバッファ230(図2)に格納する(RD)。 From 0a / 350a, and stores the data in the data buffer 230 reads data block / parity block (FIG. 2) (RD).

【0049】次にパリティ生成回路260より2パリティを生成しデータバッファ230へ増設分のパリティブロックも格納する(STEP1004)。 [0049] Then additional amount parity block also stores than parity generation circuit 260 generates the second parity to the data buffer 230 (STEP 1004). ◆STEP1 ◆ STEP1
005にてRAID管理情報400のローテート単位4 005 Rotate Unit of the RAID management information 400 4 at
04を参照し、Eaがローテートであるか否かを判断する。 04 refers to the, Ea is determined whether the rotation. ◆ローテートが有るとき、STEP1006に進み、変更後の論理データファイルを格納すべく物理ドライブ群をもとめるため、変更管理テーブル500の変更後の物理ドライブADR情報504より物理ドライブA ◆ When the rotation is present, the process proceeds to STEP1006, order to determine the physical drive group in order to store the logical data file after modification, physical drive A than physical drive ADR information 504 after the change of the change management table 500
DRを参照する。 Referring to the DR. そして、ADR情報、冗長度数50 Then, ADR information, redundancy index 50
2、RAID管理情報400の分割数401及び分配単位402をアドレス変換機構280へ入力するにより冗長度増設後の格納ADRを算出する。 2, and calculates a more redundancy storage ADR after expansion to enter the number of divisions 401 and dispensing unit 402 of the RAID management information 400 to the address translation mechanism 280. ◆STEP100 ◆ STEP100
7にて、STEP1006で求めたアドレスADRへ4 At 7, 4 to address ADR calculated in STEP1006
データブロック/2パリティブロックを物理ドライブへWRする。 To WR data block / 2 parity block to the physical drive. 例えば、図8に示す様なRAID構成の場合、論理データ15は冗長度1のときには物理ドライブ350aの物理ADR2に格納されている。 For example, in the case of such a RAID configuration shown in FIG. 8, the logical data 15 is stored in the physical drive 350a physical ADR2 when redundancy 1. 冗長度2になると物理ドライブ360aの物理ADR2に変更される。 Becomes the redundancy 2 is changed to the physical drive 360a physical ADR2.

【0050】STEP1005にてローテートがないときSTEP1008に進み、変更後の物理ドライブAD [0050] Proceeding to STEP1008 when there is no rotation at STEP1005, after the change physical drive AD
R情報504とRAID管理情報400の物理ドライブADR405を比較することにより、追加物理ドライブをサーチし、当該追加物理ドライブへ追加パリティを書き込む(WRする)。 By comparing the physical drive ADR405 the R information 504 and the RAID management information 400, searches the additional physical drives (to WR) write additional parity to the additional physical drives. ◆STEP1007/1008のWRが完了した時点で、STEP1009に進み冗長度変更情報500の格納終了ポインタ503を更新する。 ◆ When the WR of STEP1007 / 1008 is completed, it updates the storage end pointer 503 of Redundancy information 500 proceeds to STEP1009.
◆STEP1004からSTEP1009までの処理を論理データファイルEaの全てに対して終了するまで繰り返す。 ◆ the process is repeated from STEP1004 to STEP1009 until completed for all of the logical data file Ea.

【0051】STEP1010にて処理が終了したと判断されたら、STEP1011へ進み、RAID管理情報400の冗長度数403を冗長度変更情報500の冗長度数502に変更し、RAID管理情報400の物理ドライブADR405を冗長度変更情報500の変更後の物理ドライブADR情報504に変更する。 [0051] When the processing at STEP1010 is judged to have ended, the process proceeds to Step 1011, to change the redundancy index 403 of the RAID management information 400 to the redundancy index 502 of Redundancy information 500, the physical drives ADR405 the RAID management information 400 changing the physical drive ADR information 504 after the change of the redundancy degree change information 500. ◆STE ◆ STE
P1012で冗長度変更情報500の実行中FLAG5 Redundancy during the execution of the change information 500 P1012 FLAG5
01をリセットする。 01 to reset. ◆STEP1013で物理ドライブ情報600の追加物理ドライブADRのデータ識別子を予備からデータに変更し増設処理は終了する。 ◆ change and expansion processing to the data from the preliminary data identifier of the additional physical drives ADR of physical drive information 600 in STEP1013 ends.

【0052】本実施例の特徴は、RAID管理情報40 The feature of this embodiment is, RAID management information 40
0、変更管理テーブル500及び物理ドライブ情報60 0, change management table 500 and the physical drive information 60
0の制御情報を持ち、複数の冗長数のパリティブロックを生成できるパリティ生成回路260を有し、STEP Has control information of 0, has a parity generation circuit 260 can generate a parity block for a plurality of number of redundant, STEP
1004からSTEP1009の処理を行うことにより、ディスクアレイ装置とホストとのオンライン中に任意の論理データファイルの冗長数を増加できることに有る。 By performing the processing of STEP1009 from 1004, it is in the ability to increase the number of redundant any logical data files while online disk array device and a host.

【0053】次に、図9又は図10に示す変更処理を実行しているときの論理データファイルへのホストからのアクセス方法を図11のフローチャートを用いて説明する。 Next, it will be described with reference to the flowchart of FIG. 11 how to access from the host to the logical data files when running changing process shown in FIG. 9 or 10. ◆CPU100(図1)からアクセス要求があると、ディスクドライブ制御装置200のMPU240 ◆ CPU 100 when there is an access request (FIG. 1), MPU 240 of the disk drive controller 200
(図2)は、STEP1101にて要求された論理データファイルの変更管理テーブル500の実行中FLAG (FIG. 2) during execution of the change management table 500 of the logical data file requested by STEP 1101 FLAG
501を参照する。 501 to see. ◆STEP1102に進み、変更中か否かを判定する。 ◆ proceed to STEP1102, and determines whether or not the change. もし変更中ならば、STEP110 If if changes in, STEP110
3に進み、対象論理データファイルの冗長度変更情報5 Proceed to 3, redundancy change of the target logical data file information 5
00の格納終了ポインタ503を参照する。 Referring to the storage end pointer 503 of 00.

【0054】次にSTEP1104にてアクセス対象論理データが、すでに冗長度変更済か否かを判定する。 [0054] and then access the target logical data at STEP1104 it is determined whether or not already redundancy change already. もし変更済ならば、STEP1105に進み、冗長度変更情報500の冗長度数502、変更後の物理ドライブA If If Modified, the process proceeds to STEP1105, redundancy index 502 of Redundancy information 500, the changed physical drive A
DR情報504、RAID管理情報400の分割数40 Dividing the number of DR information 504, RAID management information 400 40
1、分配単位402、ローテート単位404を参照する。 1, the distribution unit 402, referring to the rotation unit 404. ◆STEP1102にて変更中でないと判断されたとき、又はSTEP1104にて終了済でないと判断されたとき、STEP1106に進む。 ◆ When it is determined that not being changed by STEP1102, or when it is determined that it is not already been completed in STEP1104, proceed to STEP1106. そして、RAID Then, RAID
管理情報400の分割数401、分配単位402、ローテート単位404物理ドライブADR405を参照する。 Dividing the number 401 of the management information 400, the distribution unit 402, referring to the rotation unit 404 physical drives ADR405.

【0055】STEP1105又はSTEP1106からSTEP1107に進み、CPU100からの要求が読み込み要求か否かを判断する。 [0055] Proceeding from STEP1105 or STEP1106 to STEP1107, a request from the CPU100 it is determined whether or not the read request. ◆読み込み処理であると判断されたとき、STEP1108に進む。 ◆ When it is determined that the reading process, and the process proceeds to STEP1108. そして、 And,
STEP1105の情報をアドレス変換機構280に入力し、読み込み対象論理データの物理ドライブ格納AD Information STEP1105 input to the address translation mechanism 280, the physical drives store AD read target logical data
Rを算出する。 To calculate the R. ◆次にSTEP1110に進み、STE ◆ then proceeds to STEP1110, STE
P1108の物理ドライブADRからデータブロック/ Data from the physical drive ADR of P1108 block /
パリティブロックを読み出し(RD)、データバッファ230へ格納する。 It reads the parity block (RD), and stored in the data buffer 230. ◆STEP1112にてデータバッファよりパリティブロックを除いてホストへ論理データ転送する。 ◆ logical data transfer to the host, except parity block from the data buffer in STEP1112.

【0056】STEP1107にて書き込み要求であると判断したとき、STEP1106の情報をアドレス変換機構280に入力し、書き込み対象論理データの物理ドライブ格納ADRを算出する(STEP1109)。 [0056] When it is determined that the write request at STEP 1107, enter the information STEP1106 the address translator 280, calculates a physical drive storage ADR write target logical data (STEP1109).
◆次にSTEP1111にて書き込み対象データをCP ◆ then CP write target data in STEP1111
U100よりデータバッファ230に受領し、パリティ生成回路260にてパリティを生成し、データバッファ230に格納する。 Received from the data buffer 230 U100, it generates a parity by a parity generating circuit 260, and stores the data in the data buffer 230. ◆次にSTEP1113に進み、データバッファよりDRVへデータブロック/パリティブロックを書き込む(WRする)。 ◆ then proceeds to STEP1113, writes the data block / parity block from the data buffer to DRV (for WR).

【0057】このように、本実施例によれば、RAID [0057] Thus, according to this embodiment, RAID
管理情報400、変更管理テーブル500、物理ドライブ情報600、複数のパリティブロックを生成できるパリティ生成回路260、図11のSTEP1101〜1 Management information 400, change management table 500, the physical drive information 600, parity generation circuit 260 can generate a plurality of parity blocks, STEP1101~1 of 11
113により、論理データファイルの冗長度の変更処理を実行中にCPU100からのI/Oを受け付けることができ、ディスクアレイ装置とホストとのオンライン中の変更処理が可能となる。 By 113, can receive I / O from CPU100 during the redundancy process of changing the logical data file, it is possible to change processing in the online disk array device and a host.

【0058】また、本実施例によれば、冗長度変更処理にてデータブロックをいったんデータバッファに格納しADR変換をかけて物理ドライブに格納するので、格納し終わった後に再度物理ドライブから読み直し、データバッファ上にてデータを比較することにより、変更後のデータの信頼性を高めることもできる。 [0058] Further, according to this embodiment, since stored in the physical drive temporarily stored in the data buffer over ADR converts the data blocks with redundancy changing process, reread again from the physical drive after finishing stored, by comparing the data in the data buffer, it is possible to increase the reliability of data after the change.

【0059】また、本実施例によれば、次の方法により電源遮断(P/S OFF)後の再立ち上げ時に自動的に変更処理を継続することも可能である。 [0059] Further, according to this embodiment, it is possible to continue the automatic change processing during re-startup after power shutdown by the following method (P / S OFF). ◆即ち、再立ち上げ時に変更管理テーブル500の実行中FLAG5 ◆ In other words, during the execution of the change management table 500 at the time of launch re-FLAG5
01が設定されているかを判定する。 01 it is determined whether or not has been set. 変更中であれば、 If it is being changed,
図9のSTEP903から処理を続行することにより自動的に変更処理を継続することができる。 Automatically changing process by continuing the process from STEP903 in FIG. 9 can be continued. ◆この方法は、RAID管理情報400変更管理テーブル500、 ◆ This method, RAID management information 400 change management table 500,
物理ドライブ情報600が不揮発性メモリに設定されているため、変更の途中で電源を遮断(P/S OFF) Since the physical drive information 600 is set in the non-volatile memory, power down in the middle of change (P / S OFF)
されても、再立ち上げ時に情報が残っていることにより実行される。 Be, executed by remaining information during relaunch it is. ◆このように、変更処理の中断情報を常に不揮発メモリに設定しておくことにより、電源を投入(P/S ON)後、保守員の人手を介さずに変更処理を行うことができる。 ◆ Thus, it is possible to perform by setting always nonvolatile memory interruption information change process. After power (P / S ON), the change process without human intervention of maintenance personnel.

【0060】念のため、以下に本発明において用いられる方法につき、特徴点を交えて整理し、列記する。 [0060] As a precaution, every method used in the present invention are described below, organized sprinkled feature points are listed.

【0061】1) 1グループ内がデータ格納用ドライブと、冗長データ格納用ドライブから構成される複数の物理ドライブで構成される論理ドライブグループを、複数有するディスクドライブ装置と、前記ディクスドライブ装置と、上位装置との間に介在し、両者間における情報の転送を制御をするため、当該情報の分配又は収集を行うためのデータバッファと、一部に不揮発メモリを有し、更に分割したデータから可変数の冗長データを作成するECC生成機能を備えたディスクドライブ制御装置とからなるディスクアレイ装置において、オンライン中に操作者(ユーザ)から任意のデータファイルに対する信頼性向上の要求があったとき、データファイルに対応する論理ドライブグループが構成されているデータ格納用ドライブからいっ [0061] 1) and in a group drive for storing data, a logical drive group consists of a plurality of physical drives configured from the redundant data storage drive, and a disk drive device having plural, said Dix drive, interposed between the host device, for controlling the transfer of information between both variable and a data buffer for performing dispensing or collection of the information, in part has a non-volatile memory, the further divided data the disk array system comprising a disk drive controller having an ECC generation function of generating redundant data variables, upon request of reliability against any data files from the operator (user) during online data said from the data storage drive to the logical drive group corresponding to the file has been configured たんデータバッファに読み込み、E Read the sputum data buffer, E
CC生成機能を用いて作成される冗長データ数を変更し、データバッファに作成された冗長データ群を冗長データ格納用ドライブに対してデータバッファより格納し、更に、不揮発メモリに存在する論理ドライブグループの冗長数又は格納対象物理ドライブを管理している管理情報を変更することにより、論理ドライブグループの冗長データ数を増加させ、装置の動作中(オン中)に信頼性を向上させることを特徴とする冗長データ数変更方法。 Change the number of redundant data created using the CC generation function, and stores from the data buffer redundant data group created in the data buffer with respect to redundant data storage drive, further, a logical drive group present in the non-volatile memory by changing the management information which manages the redundant number or store the target physical drive, and characterized by increasing the number of redundant data logical drive group, to improve the reliability during operation of the apparatus (in on) redundant data the number of how to change.

【0062】2) 上記1)のディスクアレイ装置において、オンライン中にユーザから任意のデータファイルに対する信頼性削減の要求があったとき、不揮発メモリに存在する論理ドライブグループの冗長数又は格納対象物理ドライブを管理している管理情報を変更することにより、論理ドライブグループの冗長データ数を削減させ、オン中に信頼性を削減させることを特徴とする冗長データ数変更方法。 [0062] 2) in the disk array device of the above 1), when requested reliability reduction for any data file from the user during online number of redundant or stored target physical drive in the logical drive group present in the non-volatile memory by changing the management information managed and to reduce the number of redundant data logic drive group, the redundant data number changing process, characterized in that to reduce the reliability during the on.

【0063】3) 上記1)のディスクアレイ装置において、上記1)のように任意の論理ドライブグループ内の冗長データ数を削減したとき、以前に当該論理ドライブグループ内の冗長データ格納用の物理ドライブとして割当てられていたものを、ユーザからの指定により、予備ドライブとして割当てるとき、不揮発メモリに存在する予備ドライブ管理情報を変更することにより、ドライブの障害が発生したとき、上記管理情報を参照することにより、予備ドライブである物理ドライブを認識し、当該物理ドライブを含む冗長データグループより、障害ドライブのデータを復元し、割当てた予備ドライブに格納することにより、削減した物理ドライブを予備ドライブとして使用することを特徴とする冗長ドライブ変更管理方法。 [0063] 3) the disk array system of 1), any time you reduce the number of redundant data on the logical drive in the group, the physical drive for redundant data storage in previously in the logical drive group as described above 1) the specification of what was assigned, from the user as, when assigning as a spare drive, by changing the pre-drive management information present in the non-volatile memory, when a drive failure, referring to the above management information by recognizes the physical drive is spare drive, from redundant data group including the physical drive, and restores the data of the failed drive by storing the spare drive assigned, using a reduced physical drive as a spare drive redundant drive change management method characterized by.

【0064】4) 上記1)のディスクアレイ装置において、上位から論理データを書き込むときは、不揮発メモリ内の当該論理ドライブグループの冗長数又は格納対象物理ドライブの管理情報を参照し、当該冗長データ数に従い、ECC生成機能を使用して冗長データを生成し、対象ドライブに格納することにより、冗長数変更後にホストから書き込むデータに対する信頼性も自動的に変更可能とすることを特徴とする冗長ドライブ変更管理方法。 [0064] 4) The disk array device of the above 1), when writing logic data from the host, refers to the management information of the number of redundant or stored target physical drives of the logical drive group in the nonvolatile memory, the number of the redundant data according to generate redundant data using the ECC generation, by storing in the target drive, redundant drive changes, characterized by reliability and automatically changeable to the data to be written from the host after the redundant number change Management method.

【0065】5) 上記1)のディスクアレイ装置において、上位から論理データを読み込むときは、不揮発メモリ内の当該論理ドライブグループの冗長数又は格納対象物理ドライブの管理情報を参照し、当該冗長データ数と格納ドライブに従い、データ及び冗長データをデータバッファに読み込み、読み込み時に障害が発生したときは、データと共に読み込んである冗長データ群よりEC [0065] 5) The disk array device of the above 1), when the read logic data from the upper, refers to the management information of the number of redundant or stored target physical drives of the logical drive group in the nonvolatile memory, the number of the redundant data and in accordance with storage drive reads the data and redundant data in the data buffer, when a failure occurs during reading is, EC from redundant data group that is read together with the data
C生成機能を使用してデータを復元させ、ホストに転送することにより、冗長数変更後にホストから読み込むデータに対する信頼性も自動的に変更可能とすることを特徴とする冗長ドライブ変更管理方法。 Use C generation function to restore the data, by transferring to the host, redundant drive change management method characterized by the reliability automatically be changed to the data read from the host after the redundant number change.

【0066】6) 上記1)における変更方法で、冗長データを物理ドライブにローテートして格納するRAI [0066] 6) changing method in the above 1), and stores the rotated redundant data to the physical drive RAI
D構成において、当該データバッファに格納した論理データを元にECC生成機能により新たに変更された冗長数分の冗長データを作成し、更に冗長データ数が変化したことによる論理データ及び冗長データ群の格納位置をアドレス変換機構を用いて算出し、論理データ群と冗長データ群を各々の格納対象位置の物理ドライブアドレスに格納することを特徴とする冗長ドライブ変更管理方法。 In D configuration, created based on the logical data stored in the data buffer newly of a modified number of redundant redundant data by the ECC generation function, further the logical data and the redundant data groups due to redundant data number has changed the storage position is calculated by using the address translation mechanism, redundant drive change management method characterized by storing logical data group and the redundant data group to the physical drive address storing object position of each.

【0067】7) 上記1)のディスクアレイ装置で、 [0067] 7) in the disk array system of the above 1),
冗長データを物理ドライブにローテートして格納するR R for storing and rotating the redundant data to the physical drive
AID構成において、上記2)における冗長データ数削減方法においても上記5)の変更方法により、実現することを特徴とする冗長ドライブ変更管理方法。 In AID configuration, a method of changing the 5) in the redundant data count reduction method in the above 2), redundant drive change management method characterized in that to realize.

【0068】8) 上記1)の変更処理において、冗長データ数をECC生成機能により変更して生成し、当該冗長データを対象となる物理ドライブに格納したとき、 [0068] 8) in the modified process of 1), the number of redundant data generated by changing the ECC generating function, when stored in the physical drive to be the redundant data,
格納が終了しているアドレスを不揮発メモリに覚えておき、前記変更処理中の論理データファイルに対してホストから書き込み要求があると、前記アドレスを参照し、 The address storage is completed remember the nonvolatile memory, when a write request from a host to a logical data file in said changing process, by referring to the address,
変更以前の領域への書き込み要求であれば、変更以前の冗長数の冗長データを生成して対象ドライブへ書き込み、変更後の領域への書き込み要求であれば、変更後の冗長数の冗長データを生成して対象ドライブへ書き込むことにより、変更中のホストからのアクセスを受け付け、性能低下を防止することを特徴とした冗長ドライブ変更管理方法。 If changing the write request to the previous area, writing to the drive should generate a change previous number of redundant redundant data, if a write request to the region after the change, the redundant number of redundant data after change by writing to the target drive generates and receives an access from the host in the change, redundant drive change management method, characterized in that to prevent performance degradation.

【0069】9) 上記2)の変更処理において、前記変更処理中の論理データファイルに対するホストから読み込み要求があると、前記不揮発メモリに格納されているアドレスを参照し、変更以前の領域への読み込み要求であれば、当該論理データを構成している物理データと、変更以前の冗長数の冗長データを対象ドライブより読み込み、変更後の領域への読み込み要求であれば、変更後の冗長数の冗長データを対象ドライブより読み込むことにより、変更中のホストからのアクセスを受け付け、性能低下を防止することを特徴とした冗長ドライブ変更管理方法。 [0069] 9) in the modified process of 2), when a read request from the host to the logical data files in the change process, reading to the reference to the address stored in the nonvolatile memory, change the previous region if required, the physical data constituting the logical data read from the target drive redundant data of the number of previous changes redundancy, if read requests to the region after the change, after changing the number of redundant redundant by reading from the target drive data, accept the access from the host in the change, redundant drive change management method, characterized in that to prevent performance degradation.

【0070】10)上記1)の外部記憶装置で、上記8)記載、上記9)記載の変更方法において、冗長数の変更の際、変更された冗長データ格納用ドライブへの冗長データの格納が終了しているポインタを不揮発メモリに覚えておくことにより、ディスクアレイ装置のP/S [0070] 10) in the external storage device of the above 1), the 8), wherein, in the modified method of the above 9), wherein, when the number of redundant changes, storage of redundant data to the modified redundant data storage drive by remembering the pointer has ended in the nonvolatile memory, the disk array device P / S
OFF後の再立ち上げのときに、自動的に変更処理を続行することを特徴とした冗長ドライブ変更管理方法。 When the re-launch after OFF, redundant drive change management method, characterized in that to proceed with the automatic changing process.

【0071】11)上記1)のディスクアレイ装置において、上記7)又は上記8)記載の変更処理をはじめる前に、変更対象となる論理データグループ内のデータをいったんデータバッファに読み込み、変更処理が終了した時点で、変更対象論理データを再格納した物理ドライブから論理データを読み出し、データバッファ上の変更前のデータと変更後のデータをコンペアすることにより、オンライン中の冗長データ変更処理のデータの信頼性を高めることを特徴とした冗長ドライブ変更管理方法。 [0071] 11) in the disk array device of the above 1), before starting the 7) or 8) above changing process described, read once data buffer the data in the logical data groups to be changed, the change process ends which point, read the logical data from the physical drive that stored again the change target logical data, by the compare data after the change and before change of the data buffer data, in-line data of the redundant data change processing redundant drive change management method characterized by enhanced reliability.

【0072】12)上記1)のディスクアレイ装置において、上記1)記載の冗長データ数の増加における格納対象冗長ドライブが予備ドライブとして割当てられているか、又はオンライン中に増設されることを特徴とする冗長ドライブ変更管理方法。 [0072] 12) in the disk array device of the above 1), characterized in that the 1) storing object redundant drive in an increase in the number of redundant data according Do is assigned as a spare drive, or is added in-line redundant drive change management methods.

【0073】 [0073]

【発明の効果】本発明に係るディスクアレイ装置によれば、ディスクアレイ装置の動作中にデータの冗長度を変更させることが可能であり、ディスクアレイ装置(サブシステム)を停止することなくデータファイルの構成を変更できるので、装置全体の信頼性又は性能を向上させることができる。 According to the disk array device according to the present invention, it is possible to change the redundancy of data during operation of the disk array apparatus, the data file without stopping the disk array device (subsystem) can be changed to the configuration, it is possible to improve the reliability or performance of the entire apparatus.

【0074】更に、変更処理が長時間を有しても、処理実行中での電源遮断(P/S OFF)を可能としている。 [0074] Further, even if changing process has a long, thereby enabling power shutdown in the process executing the (P / S OFF). 即ち次の電源投入(P/S ON)時には、中断した時点から保守員の介入なく自動的に変更処理の再開を可能としているため、保全性能の向上につながり、使い勝手が良くなる効果がある。 That next power-up (P / S ON) times, because it allows the resumption of automatically changing process without intervention maintenance personnel from the point of interruption, leading to improved preservation performance, there is an effect that usability is improved.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施例であるディスクドライブ装置を含む計算機システムの構成を示すプロック図である。 1 is a proc diagram showing a configuration of a computer system including a disk drive apparatus according to an embodiment of the present invention.

【図2】本発明の一実施例であるディスクドライブ装置の一部をより詳細に示す概念図である。 2 is a conceptual diagram showing a part of a disk drive device in more detail according to an embodiment of the present invention.

【図3】本発明の一実施例であるディスクドライブ装置を構成するディスクアレイ装置のドライブ構成を示す図である。 3 is a diagram illustrating the drive configuration of a disk array apparatus that constitutes the disk drive apparatus according to an embodiment of the present invention.

【図4】本発明の一実施例であるディスクアレイ装置において用いられるRAID管理情報を示す概念図である。 It is a conceptual diagram illustrating a RAID management information used in the disk array apparatus according to an embodiment of the present invention; FIG.

【図5】本発明の一実施例であるディスクアレイ装置において用いられる変更管理テーブルを示す概念図である。 5 is a conceptual diagram showing a change management table used in the disk array apparatus according to an embodiment of the present invention.

【図6】本発明の一実施例であるディスクアレイ装置において用いられる物理ドライブ情報を示す概念図である。 6 is a conceptual diagram illustrating a physical drive information used in the disk array apparatus according to an embodiment of the present invention.

【図7】本発明の一実施例であるディスクアレイ装置において用いられる論理データのデータ形式を示す概念図である。 7 is a conceptual diagram showing a data format of a logical data used in the disk array apparatus according to an embodiment of the present invention.

【図8】本発明の一実施例であるディスクアレイ装置の冗長度の変更処理において、ローテート有り(分割数= In change processing of the redundancy of the disk array apparatus according to an embodiment of the present invention; FIG, rotate there (the number of divisions =
4/分配単位=2/ローテート単位=2)の場合に、冗長度を1から2へ変更するデータ格納形式の一例を示す概念図である。 4 / In the case of the distribution unit = 2 / rotate unit = 2) is a conceptual diagram showing an example of a data storage format to change the redundancy from 1 to 2.

【図9】本発明の一実施例であるディスクアレイ装置の制御方法を示すフローチャートである。 9 is a flowchart illustrating a method of controlling a disk array apparatus according to an embodiment of the present invention.

【図10】本発明の一実施例であるディスクアレイ装置の制御方法を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating a method of controlling a disk array apparatus which is an embodiment of the present invention; FIG.

【図11】本発明の一実施例であるディスクアレイ装置の制御方法を示すフローチャートである。 11 is a flowchart illustrating a method of controlling a disk array apparatus according to an embodiment of the present invention.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

100;中央処理装置(CPU)、200;ディスクドライブ制御装置、210;チャネル制御装置、 2 100; central processing unit (CPU), 200; the disk drive controller, 210; channel controller, 2
20;ドライブ制御装置、230;データバッファ、2 20; drive controller, 230; a data buffer, 2
40;マイクロプロセッサユニット(MPU)、25 40; microprocessor unit (MPU), 25
0;RAM、 260;パリティ生成回路、261;1パリティ生成、 262;2パリティ生成、270;不揮発メモリ、 280; 0; RAM, 260; parity generation circuit, 261; 1 parity generation, 262; 2 parity generation, 270; nonvolatile memory, 280;
アドレス変換機構、300;ディスクドライブ装置、 Address translation mechanism, 300; disk drive apparatus,
310〜360;データ転送制御回路、310a〜36 310 to 360; the data transfer control circuit, 310A~36
0a;物理ドライブ(論理データファイルEa)、31 0a; physical drive (logical data file Ea), 31
0b〜360b;物理ドライブ(論理データファイルE 0b~360b; physical drive (logical data file E
b)、310c〜360c;物理ドライブ(論理データファイルEc)、310d〜360d;物理ドライブ(論理データファイルEd)、400;RAID管理情報、 401;分割数、402;分配単位、 b), 310c~360c; physical drive (logical data file Ec), 310d~360d; physical drive (logical data file Ed), 400; RAID management information, 401; number of divisions, 402; dispensing units,
403;冗長度数、404;ローテート単位、 403; redundant power, 404; rotation unit,
405;物理ドライブADR、500;変更管理テーブル、 501;実行中FLAG、502; 405; physical drive ADR, 500; change management table, 501; running FLAG, 502;
冗長度502、 503;格納終了ポインタ5 Redundancy 502, 503; storage end pointer 5
03、504;追加物理ドライブADR504、60 03,504; additional physical drives ADR504,60
0;物理ドライブ情報、 601;論理データファイル番号、602;データ識別子、800;ECCグループ(パリテ生成単位)、801〜804;論理データブロック、805〜806;パリティブロック、901 0; physical drive information, 601; logical data file number, 602; data identifier, 800; ECC group (parity generation unit), 801-804; logical data blocks, 805-806; parity block, 901
〜913;冗長度削減処理フロー、1001〜101 ~913; redundancy reduction processing flow, 1001-101
3;冗長度増加フロー、1100〜1113;ホストアクセス処理フロー。 3; redundancy increases flow, 1100-1113; host access processing flow.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 6識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 G11B 20/18 574 E 8940−5D (72)発明者 佐藤 孝夫 神奈川県小田原市国府津2880番地 株式会 社日立製作所ストレージシステム事業部内 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (51) Int.Cl. 6 identification symbol Agency in the docket number FI technology display point G11B 20/18 574 E 8940-5D (72) inventor Takao Sato Odawara, Kanagawa Prefecture Kozu 2880 address stock Board company Hitachi storage system within the business unit

Claims (5)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】上位装置とオンライン接続中に又は自身の電源を遮断することなくデータの冗長度の変更が可能なディスクアレイ装置。 1. A higher-level device and the disk array device which can change the redundancy of data without interrupting the power supply or its in-line connection.
  2. 【請求項2】請求項1のディスクアレイ装置において、 2. A disk array system according to claim 1,
    更に、前記冗長度を変更させながら前記上位装置から自身の論理データファイルに対する入出力処理を実行するディスクアレイ装置。 Further, the disk array device to perform output processing for the own logical data files from the host system while changing the redundancy.
  3. 【請求項3】請求項1のディスクアレイ装置において、 3. The disk array system according to claim 1,
    更に、前記冗長度の変更の途中で、自身の電源を遮断した後、当該電源を投入すると、前記前記冗長度の変更を引き続き実行するディスクアレイ装置。 Further, the during the redundancy of the change, after the cut off its own power supply, when turned the power, the disk array device continues to perform the change of said redundancy.
  4. 【請求項4】請求項1のディスクアレイ装置において、 4. A disk array system according to claim 1,
    更に、冗長度の変更の途中であることを表示するディスクアレイ装置。 Further, the disk array device for displaying that it is in the middle of redundancy change.
  5. 【請求項5】1つ又は複数の冗長度のパリティデータを生成するパリティ生成回路、 ホストからの書き込み要求データ、物理ドライブからのデータブロック若しくはパリティブロック、又は、上記パリティ生成回路から生成された1つ又は複数のパリティブロックを格納するデータバッファ、 少なくとも、指定された論理データファイルのRAID 5. The parity generating circuit for generating parity data of one or more redundancy, the write request data from the host, the data block or parity block from the physical drive, or one that has been generated from the parity generation circuit One or data buffer for storing a plurality of parity blocks, at least, RAID the specified logical data file
    構成を管理するRAID管理情報、操作者により要求された冗長度変更情報及び物理ドライブの使途を示すデータ識別子の情報を格納する不揮発メモリ、及び、 論理データの格納アドレス及び前記のRAID管理情報から、格納対象物理ドライブのアドレス及び物理ドライブデータのアドレスを算出するアドレス変換機構を有するディスクアレイ装置。 RAID management information for managing the configuration, a nonvolatile memory for storing information data identifier indicating the uses of the requested Redundancy information and physical drive by an operator, and, from the storage address and the RAID management information of the logical data, a disk array device having an address conversion mechanism for calculating the address of the address and physical drive data storage target physical drives.
JP10045494A 1994-05-16 1994-05-16 Disk array device and its control method Pending JPH07306758A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10045494A JPH07306758A (en) 1994-05-16 1994-05-16 Disk array device and its control method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10045494A JPH07306758A (en) 1994-05-16 1994-05-16 Disk array device and its control method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07306758A true true JPH07306758A (en) 1995-11-21

Family

ID=14274368

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10045494A Pending JPH07306758A (en) 1994-05-16 1994-05-16 Disk array device and its control method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07306758A (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2001052259A1 (en) * 2000-01-12 2001-07-19 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Magnetic recording/reproducing apparatus
US6675176B1 (en) 1998-09-18 2004-01-06 Fujitsu Limited File management system
US7127557B2 (en) 2002-12-26 2006-10-24 Fujitsu Limited RAID apparatus and logical device expansion method thereof
US7774542B2 (en) * 2005-07-06 2010-08-10 Ji Zhang System and method for adaptive operation of storage capacities of RAID systems
JP2012216107A (en) * 2011-04-01 2012-11-08 Nec Corp Storage device and pool capacity expansion method
US8392752B2 (en) 2009-10-19 2013-03-05 Fujitsu Limited Selective recovery and aggregation technique for two storage apparatuses of a raid

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6675176B1 (en) 1998-09-18 2004-01-06 Fujitsu Limited File management system
WO2001052259A1 (en) * 2000-01-12 2001-07-19 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Magnetic recording/reproducing apparatus
US6798595B2 (en) 2000-01-12 2004-09-28 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Magnetic recording playback device
US7127557B2 (en) 2002-12-26 2006-10-24 Fujitsu Limited RAID apparatus and logical device expansion method thereof
US7774542B2 (en) * 2005-07-06 2010-08-10 Ji Zhang System and method for adaptive operation of storage capacities of RAID systems
US8392752B2 (en) 2009-10-19 2013-03-05 Fujitsu Limited Selective recovery and aggregation technique for two storage apparatuses of a raid
JP2012216107A (en) * 2011-04-01 2012-11-08 Nec Corp Storage device and pool capacity expansion method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5875457A (en) Fault-tolerant preservation of data integrity during dynamic raid set expansion
US5809224A (en) On-line disk array reconfiguration
US5754756A (en) Disk array system having adjustable parity group sizes based on storage unit capacities
US7047358B2 (en) High-performance log-structured RAID
US6408400B2 (en) Disk array device
US6502166B1 (en) Method and apparatus for distributing data across multiple disk drives
EP0405926B1 (en) Method and apparatus for managing a shadow set of storage media
US5546535A (en) Multiple controller sharing in a redundant storage array
US20090228648A1 (en) High performance disk array rebuild
US5720027A (en) Redundant disc computer having targeted data broadcast
US20070162692A1 (en) Power controlled disk array system using log storage area
US7120826B2 (en) Partial mirroring during expansion thereby eliminating the need to track the progress of stripes updated during expansion
US20090327603A1 (en) System including solid state drives paired with hard disk drives in a RAID 1 configuration and a method for providing/implementing said system
US6754785B2 (en) Switched multi-channel network interfaces and real-time streaming backup
US6058455A (en) RAID system having a selectable unattended mode of operation with conditional and hierarchical automatic re-configuration
US6330642B1 (en) Three interconnected raid disk controller data processing system architecture
US6006342A (en) Failover and failback system for a direct access storage device
US6611897B2 (en) Method and apparatus for implementing redundancy on data stored in a disk array subsystem based on use frequency or importance of the data
US6438648B1 (en) System apparatus and method for managing multiple host computer operating requirements in a data storage system
US5583876A (en) Disk array device and method of updating error correction codes by collectively writing new error correction code at sequentially accessible locations
US6301711B1 (en) System and method for the network support of full motion video using a redundant array of inexpensive disks
US6272571B1 (en) System for improving the performance of a disk storage device by reconfiguring a logical volume of data in response to the type of operations being performed
US5987566A (en) Redundant storage with mirroring by logical volume with diverse reading process
US20080120459A1 (en) Method and apparatus for backup and restore in a dynamic chunk allocation storage system
US20040133743A1 (en) RAID apparatus and logical device expansion method thereof