JPH07221910A - Mail storage device - Google Patents

Mail storage device

Info

Publication number
JPH07221910A
JPH07221910A JP6027573A JP2757394A JPH07221910A JP H07221910 A JPH07221910 A JP H07221910A JP 6027573 A JP6027573 A JP 6027573A JP 2757394 A JP2757394 A JP 2757394A JP H07221910 A JPH07221910 A JP H07221910A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
facsimile
data
mail
voice
storage
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP6027573A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hiroshi Terada
博 寺田
Original Assignee
Matsushita Electric Ind Co Ltd
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Ind Co Ltd, 松下電器産業株式会社 filed Critical Matsushita Electric Ind Co Ltd
Priority to JP6027573A priority Critical patent/JPH07221910A/en
Publication of JPH07221910A publication Critical patent/JPH07221910A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

PURPOSE:To select a voice mail function and a facsimile mail function interlockingly within a same call. CONSTITUTION:The device is provided with an A/D converter means 13 applying A/D conversion to a voice signal, a voice data storage processing means 17, a main box management means 19 managing unifiedly voice data and facsimile data stored in a same call as same box data and a main control means 24 controlling the operation of each means according to the operating mode of a DTMF signal. When a call is given from a telephone set with facimile equipment to the facsimile equipment, a talking voice signal is stored in a voice data storage means. When the operating mode is designated by depressing a button of a caller or called telephone set after the end of talking, a DTMF signal is detected and the mail control means executes the designated operating mode. When the voice mail and facsimile mail are instructed, an address of the stored voice data and a storage address of facsimile data received by facsimile communication are given to a management means 19, where the addresses are managed unifiedly.

Description

【発明の詳細な説明】Detailed Description of the Invention
【0001】[0001]
【産業上の利用分野】本発明は、音声およびファクシミ
リ・データを蓄積し、必要なときにそれらの情報を連動
させて取出すことができるメール蓄積装置に関し、特
に、利用者の求める多様な利用形態に幅広く対応できる
ように構成したものである。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention relates to a mail storage device capable of accumulating voice and facsimile data, and interlocking such information when necessary, and more particularly, to a variety of utilization forms desired by users. It is configured to support a wide range of.
【0002】[0002]
【従来の技術】情報手段の多様化が進む中で、近年、音
声メッセージとファクシミリによる文書画情報とを併せ
て相手方に伝えるシステムが種々考えられており、そう
した情報の提供を可能にする電子メール・システムの一
つが特開昭62−132464号公報に記載されてい
る。このシステムでは、ファクシミリ・データが音声デ
ータと連動して蓄積装置に蓄積され、蓄積されたデータ
は一般公衆回線を利用して相手側に発信することができ
る。
2. Description of the Related Art With the diversification of information means, in recent years, various systems have been conceived for transmitting voice messages and document image information by facsimile together to the other party, and electronic mails that enable such information to be provided. -One of the systems is described in JP-A-62-132464. In this system, facsimile data is stored in a storage device in conjunction with voice data, and the stored data can be transmitted to the other party using a general public line.
【0003】このシステムは、図4に示すように、局線
トランク52や専用線トランク53を介して局線や専用線が
接続し、加入者回路54、55を介して電話機56、57が接続
する交換機51と、音声情報を蓄積する音声蓄積装置61
と、音声蓄積装置61への音声蓄積を制御する音声蓄積制
御装置58と、文書画情報を入出力するファクシミリ62
と、文書画情報を蓄積する文書画蓄積装置63と、ファク
シミリ62および文書画蓄積装置63の動作を制御するファ
クシミリ制御装置60と、音声蓄積制御装置58の指令の下
にファクシミリ制御装置60を制御して音声メッセージに
付加される文書画情報の蓄積や蓄積された文書画情報の
引出しを行なわせる付加情報制御装置59とを備えてい
る。
In this system, as shown in FIG. 4, a station line and a leased line are connected via a station line trunk 52 and a leased line trunk 53, and telephones 56 and 57 are connected via subscriber circuits 54 and 55. Switch 51 and a voice storage device 61 for storing voice information
A voice storage control device 58 for controlling voice storage in the voice storage device 61, and a facsimile 62 for inputting / outputting document image information.
A document image storage device 63 for storing the document image information, a facsimile control device 60 for controlling the operations of the facsimile 62 and the document image storage device 63, and a facsimile control device 60 under the control of the voice storage control device 58. And an additional information control device 59 for accumulating the document image information added to the voice message and withdrawing the accumulated document image information.
【0004】このシステムでは、電話機56の操作によ
り、加入者回路54および電子交換機51を経由して音声蓄
積制御装置58との間に回線が形成されると、音声蓄積装
置58から、蓄積、発信または引出しの指令を求める問合
せが行なわれる。電話機56からボタン操作を通じて音声
蓄積制御装置58に音声メッセージの蓄積の指令を与え、
次いで音声メッセージを送ると、この音声メッセージ
は、音声蓄積制御装置58の制御の下に音声蓄積装置61に
格納される。このとき、その格納アドレスが音声蓄積制
御装置のメモリに記憶される。
In this system, when a line is formed between the voice storage control device 58 via the subscriber circuit 54 and the electronic exchange 51 by the operation of the telephone 56, the voice storage device 58 stores and sends a call. Alternatively, an inquiry is made for a withdrawal command. From the telephone 56, a command to store a voice message is given to the voice accumulation control device 58 through a button operation,
Then, when a voice message is sent, this voice message is stored in the voice storage device 61 under the control of the voice storage control device 58. At this time, the storage address is stored in the memory of the voice accumulation control device.
【0005】この格納処理が終了すると、音声蓄積制御
装置58から電話機56に対して再び問合せが行なわれ、電
話機56の所定のボタンを操作して、音声メッセージに付
加する文書画情報の蓄積を音声蓄積制御装置58に指令す
ると、音声蓄積制御装置58は、付加情報制御装置59を起
動し、付加情報制御装置59は、音声蓄積制御装置58およ
びファクシミリ制御装置60に対して起動要求を出力す
る。
When this storing process is completed, the voice accumulation control device 58 makes an inquiry to the telephone 56 again, and operates a predetermined button of the telephone 56 to voice the accumulation of the document image information to be added to the voice message. When the storage control device 58 is instructed, the voice storage control device 58 activates the additional information control device 59, and the additional information control device 59 outputs a start request to the voice storage control device 58 and the facsimile control device 60.
【0006】起動要求を受けた音声蓄積制御装置58は、
メモリに付加情報の在ることを記憶し、一方、ファクシ
ミリ制御装置60は、ファクシミリ62から入力した文書画
情報を文書画蓄積装置63に格納する。文書画情報の格納
が終了すると、ファクシミリ制御装置60は、記憶した文
書画格納アドレスを付加情報制御装置59に通知し、付加
情報制御装置59はそれを音声蓄積制御装置58に通知し、
音声蓄積制御装置58は、それを記憶する。こうした一連
の処理により、音声メッセージと文書画情報とが関連付
けられて蓄積される。
Upon receipt of the activation request, the voice storage controller 58
The presence of the additional information is stored in the memory, while the facsimile control device 60 stores the document image information input from the facsimile 62 in the document image storage device 63. When the storage of the document image information is finished, the facsimile control device 60 notifies the stored document image storage address to the additional information control device 59, and the additional information control device 59 notifies the voice storage control device 58 of it.
The voice accumulation control device 58 stores it. Through such a series of processing, the voice message and the document image information are associated and accumulated.
【0007】この蓄積された音声メッセージと文書画情
報とは、電話機56からの操作で相手局に送られて、相手
局の音声蓄積装置および文書画蓄積装置に蓄積された
り、または、メッセージを聞取ろうとする利用者によっ
て引出される。この場合、先ず音声蓄積制御装置58が音
声蓄積装置61より音声メッセージを取出し、次いで、付
加情報制御装置59からアドレス情報が与えられたファク
シミリ制御装置60が、文書画蓄積装置63の指定されたア
ドレスより文書画情報を取出し、相手局に送信したり、
ファクシミリ62を通じて印字する。
The voice message and the document image information thus stored are sent to the partner station by an operation from the telephone 56 and stored in the voice storage device and the document image storage device of the partner station, or the message is heard. It is withdrawn by the trying user. In this case, the voice accumulation control device 58 first takes out the voice message from the voice accumulation device 61, and then the facsimile control device 60 to which the address information is given from the additional information control device 59 causes the document image accumulation device 63 to receive the designated address. Take out the document image information and send it to the other station,
It prints through the facsimile 62.
【0008】[0008]
【発明が解決しようとする課題】しかし、従来のこのシ
ステムでは、ファクシミリ・メール機能が音声メール機
能の付加機能として位置付けられているため、音声メー
ルのみ、または、音声+ファクシミリ・メールを取扱う
ことはできるが、ファクシミリ・メールのみを扱うこと
はできない。また、音声系の処理とファクシミリ系の処
理とを行なう別々の回線を必要としている。
However, in this conventional system, since the facsimile mail function is positioned as an additional function of the voice mail function, it is not possible to handle only voice mail or voice + facsimile mail. You can, but you cannot handle only fax and mail. In addition, separate lines for voice processing and facsimile processing are required.
【0009】また、このシステムでは、送話者の音声の
録音を前提としている。そのため、ファクシミリの送り
先が席にいないときには、ファクシミリ・データと音声
メッセージとを記録するが、送り先が居るときには、メ
ッセージは電話で伝えて、ファクシミリ・データのみを
相手先装置に記録する、というような効率的な情報伝達
を行なうことができない。
Further, this system is premised on recording the voice of the speaker. Therefore, when the destination of the facsimile is not at the seat, the facsimile data and the voice message are recorded, but when the destination is present, the message is transmitted by telephone and only the facsimile data is recorded in the destination device. It is not possible to transmit information efficiently.
【0010】本発明は、こうした従来の問題点を解決す
るものであり、一本の回線を使用して送られてくる音声
データとファクシミリ・データとを、同一呼内において
切替えながら、関連させて蓄積したり、また、ファクシ
ミリ・データのみを蓄積するなど、各種の態様を取るこ
とができるメール蓄積装置を提供することを目的として
いる。
The present invention solves the above-mentioned problems of the prior art by relating voice data and facsimile data sent using a single line while switching them in the same call. It is an object of the present invention to provide a mail storage device that can take various forms such as storing and storing only facsimile data.
【0011】[0011]
【課題を解決するための手段】そこで、本発明では、音
声データおよびファクシミリ・データの蓄積・取出しが
可能なメール蓄積装置において、メール蓄積装置の回線
接続を制御する回線制御手段と、受信したDTMF信号
を検出するDTMF検出手段と、ファクシミリ通信の制
御を行なうファクシミリ通信制御手段と、ファクシミリ
・データの蓄積・取出しを制御するファクシミリ・デー
タ蓄積処理手段と、ファクシミリ・データを蓄積するフ
ァクシミリ・データ蓄積手段と、音声信号のアナログ/
ディジタル変換を行なう音声変換手段と、ディジタル化
された音声データの蓄積・取出しを制御する音声データ
蓄積処理手段と、ディジタル化された音声データを蓄積
する音声データ蓄積手段と、同一呼内で蓄積した音声デ
ータとファクシミリ・データとを同一ボックスのデータ
として一元管理するメールボックス管理手段と、DTM
F信号の表わす動作モードに従って各手段の動作を制御
するメール制御手段とを設けている。
Therefore, according to the present invention, in a mail storage device capable of storing and retrieving voice data and facsimile data, line control means for controlling the line connection of the mail storage device and received DTMF. DTMF detection means for detecting signals, facsimile communication control means for controlling facsimile communication, facsimile data storage processing means for controlling storage / retrieval of facsimile data, and facsimile data storage means for storing facsimile data. And the analog of the audio signal /
Voice conversion means for performing digital conversion, voice data storage processing means for controlling storage / retrieval of digitized voice data, and voice data storage means for storing digitized voice data are stored in the same call. A mailbox management means for centrally managing voice data and facsimile data as data in the same box, and a DTM.
Mail control means for controlling the operation of each means in accordance with the operation mode represented by the F signal is provided.
【0012】また、メール制御手段が、起呼者または被
呼者の電話機から送信されたDTMF信号に基づいて、
同一呼の中で、音声通話動作からファクシミリ通信動作
への切替えを制御するように構成している。
Further, the mail control means is based on the DTMF signal transmitted from the telephone set of the calling or called party,
In the same call, the switching from the voice call operation to the facsimile communication operation is controlled.
【0013】また、メール制御手段が、起呼者または被
呼者の電話機から送信されたDTMF信号に基づいて、
同一呼の中で、ファクシミリ通信動作から音声通話動作
への切替えを制御するように構成している。
Further, the mail control means, based on the DTMF signal transmitted from the telephone set of the calling or called party,
In the same call, the switching from the facsimile communication operation to the voice call operation is controlled.
【0014】また、メール制御手段が、起呼者または被
呼者の電話機から送信されたDTMF信号に基づいて、
音声データまたはファクシミリ・データの蓄積を無効に
する制御を行なうように構成している。
Further, the mail control means, based on the DTMF signal transmitted from the telephone set of the calling or called party,
The control is made to invalidate the accumulation of voice data or facsimile data.
【0015】また、ファクシミリ・データの蓄積を教え
る音声データを作成する音声データ作成手段を設け、フ
ァクシミリ・データだけの蓄積が行なわれるとき、メー
ルボックス管理手段が、このファクシミリ・データと音
声データ作成手段によって作成された音声データとを同
一ボックスのデータとして一元管理するように構成して
いる。
Further, a voice data creating means for creating voice data for instructing the storage of the facsimile data is provided, and when only the facsimile data is stored, the mailbox managing means causes the facsimile data and the voice data creating means. The voice data created by is centrally managed as data in the same box.
【0016】さらに、メールボックスにおけるデータ蓄
積の有無を出力する登録状況出力手段を設けている。
Further, a registration status output means for outputting the presence / absence of data storage in the mailbox is provided.
【0017】[0017]
【作用】そのため、ファクシミリ付き電話機からメール
蓄積装置に対して呼出しがあると、メール蓄積装置の回
線制御手段に接続する電話機が呼応し、起呼者と被呼者
との通話音声は、音声データ蓄積手段に蓄積/録音され
る。通話終了後に、起呼側または被呼側の電話機のボタ
ンを押して動作モードを指定すると、メール蓄積装置の
DTMF検出手段がDTMF信号を検出し、メール制御
手段は、そのDTMF信号で指定された動作モードを実
行する。
Therefore, when there is a call from the telephone with a facsimile to the mail storage device, the telephone connected to the line control means of the mail storage device responds, and the voice call between the calling and called parties is voice data. It is stored / recorded in the storage means. When the operation mode is designated by pressing the button of the calling or called telephone after the call is completed, the DTMF detection means of the mail storage device detects the DTMF signal, and the mail control means performs the operation designated by the DTMF signal. Run the mode.
【0018】例えば起呼者または被呼者が、音声メール
+ファクシミリ・メールを指示した場合は、蓄積/録音
された音声データのアドレスがメールボックス管理手段
に渡され、次いで、ファクシミリ通信制御手段を介し
て、起呼側のファクシミリとの間でファクシミリ通信が
開始され、受信したファクシミリ・データがファクシミ
リ・データ蓄積手段に蓄積される。ファクシミリ通信が
終了すると、そのファクシミリ・データの蓄積アドレス
がメールボックス管理手段に渡され、メールボックス管
理手段は、これらの音声データおよびファクシミリ・デ
ータの蓄積アドレスを一元的に管理する。それにより音
声メールとファクシミリ・メールとの連動が可能とな
る。
For example, when the caller or the called party instructs voice mail + facsimile mail, the address of the stored / recorded voice data is passed to the mailbox management means, and then the facsimile communication control means is operated. The facsimile communication is started with the facsimile on the calling side via the above, and the received facsimile data is stored in the facsimile data storage means. When the facsimile communication ends, the storage address of the facsimile data is passed to the mailbox management means, and the mailbox management means centrally manages the storage addresses of these voice data and facsimile data. As a result, voice mail and facsimile mail can be linked.
【0019】起呼者または被呼者は、ファクシミリ通信
後に再び音声通信に切替わるように指示を出したり、ま
た、音声またはファクシミリ・データの一方だけを蓄積
するように指示を出すなど、各種の態様を指示すること
ができる。
The calling or called party gives various instructions such as instructing to switch to voice communication again after facsimile communication, or instructing to store only one of voice and facsimile data. Aspect can be specified.
【0020】また、被呼者が不在のために起呼側のファ
クシミリから直接ファクシミリ・データが送られたり、
電話機を持たないファクシミリからファクシミリ・デー
タが送られてくる場合には、音声データ作成手段が、フ
ァクシミリ・データのメールボックスへの登録を知らせ
る音声データまたは発信者や受信日時などを知らせる音
声データを作成する。この音声データは、音声データ蓄
積手段に蓄積され、そのアドレスがメールボックス管理
手段によって、受信したファクシミリ・データの蓄積ア
ドレスと一元的に管理される。そのため、メール蓄積装
置のメールボックスの利用者は、音声メールを聞出すこ
とによって、メールボックスに登録された全てのデータ
について知ることができる。
In addition, because the called party is absent, the facsimile data is sent directly from the calling facsimile,
When fax data is sent from a fax machine that does not have a telephone, the voice data creation means creates voice data that notifies the registration of the fax data in the mailbox or voice data that notifies the sender and the date and time of reception. To do. The voice data is stored in the voice data storage means, and the address thereof is centrally managed by the mailbox management means with the storage address of the received facsimile data. Therefore, the user of the mailbox of the mail storage device can know all the data registered in the mailbox by listening to the voice mail.
【0021】また、メールボックスの登録状況は、登録
状況出力手段を通じて外部に出力され、表示装置に表示
されたり、指定のポケットベルを鳴らしたりする。
The registration status of the mailbox is output to the outside through the registration status output means, displayed on the display device, or a specified pager is rung.
【0022】[0022]
【実施例】本発明の実施例におけるメール蓄積装置は、
図2に示すように、外部との入出力端子として、音声通
話用の電話機4に接続するための電話接続端子3と、メ
ールボックスへの登録の有無を外部表示装置6に出力す
るための登録状況出力端子5と、交換機7の交換回線と
接続するための回線接続端子2との三端子を具備してお
り、音声通話用の電話機8、音声通話用電話機9の結合
したファクシミリ10および単独のファクシミリ11の各回
線が接続する交換機7と共働してメール通信のシステム
を構成している。
[Embodiment] A mail storage device according to an embodiment of the present invention is
As shown in FIG. 2, as input / output terminals with the outside, a telephone connection terminal 3 for connecting to a telephone 4 for voice communication and a registration for outputting the presence / absence of registration in a mailbox to an external display device 6. It is equipped with three terminals, a status output terminal 5 and a line connection terminal 2 for connecting to the exchange line of the exchange 7. The telephone 8 for voice calls, the facsimile 10 to which the telephone 9 for voice calls is connected, and The mail communication system is configured in cooperation with the exchange 7 to which each line of the facsimile 11 is connected.
【0023】このメール蓄積装置1は、図1に示すよう
に、回線接続を制御する回線制御部12と、音声信号をA
/D変換する音声変換部13と、ディジタル音声データの
音声蓄積部21への格納・読出しを制御する音声データ蓄
積処理部17と、ファクシミリ通信を制御するファクシミ
リ通信制御部14と、ファクシミリ・データのファクシミ
リ・データ蓄積部22への格納・読出しを制御するファク
シミリ・データ蓄積処理部18と、電話機8、9、4によ
って入力される、動作モードを指定するDTMF信号を
検出するDTMF検出部15と、音声ガイダンス蓄積部20
に蓄積されたガイダンス用の音声データを読出す音声ガ
イダンス処理部16と、メールの管理に必要な情報をメー
ルボックス・データ蓄積部23に格納して管理するメール
ボックス管理部19と、音声メールおよびファクシミリ・
メールの登録状況を端子5を通じて出力する登録状況出
力部25と、メール蓄積装置の各部の動作を総合的に制御
するメール制御部24とを備えている。
As shown in FIG. 1, the mail storage device 1 has a line control unit 12 for controlling line connection and an A voice signal.
A voice conversion unit 13 for D / D conversion, a voice data storage processing unit 17 for controlling storage / readout of digital voice data into / from the voice storage unit 21, a facsimile communication control unit 14 for controlling facsimile communication, and a facsimile data A facsimile / data storage processing unit 18 for controlling storage / readout to / from the facsimile / data storage unit 22, a DTMF detection unit 15 for detecting a DTMF signal input by the telephones 8, 9 and 4 and designating an operation mode, Voice guidance storage unit 20
A voice guidance processing unit 16 for reading the voice data for guidance stored in, a mailbox management unit 19 for storing and managing information necessary for mail management in the mailbox / data storage unit 23, voice mail and facsimile·
A registration status output unit 25 that outputs the registration status of the mail through the terminal 5 and a mail control unit 24 that comprehensively controls the operation of each unit of the mail storage device are provided.
【0024】また、ファクシミリ通信制御部14は、図3
に示すように、信号の変調・復調を行なうモデム回路42
と、相手ファクシミリの送信した呼出し(CNG)信号
を検出するCNG検出回路41と、被呼端末識別信号(C
ED)を検出するCED検出回路43と、通信手順を制御
するプロトコル制御回路44と、メール制御部24からの指
令を受けてファクシミリ通信制御部14の動作を制御する
ブロック制御回路45とを備えている。
Further, the facsimile communication control unit 14 is shown in FIG.
Modem circuit 42 for modulating and demodulating signals
And a CNG detection circuit 41 for detecting a calling (CNG) signal transmitted by the other facsimile, and a called terminal identification signal (C
A CED detection circuit 43 for detecting ED), a protocol control circuit 44 for controlling a communication procedure, and a block control circuit 45 for controlling the operation of the facsimile communication control unit 14 in response to a command from the mail control unit 24. There is.
【0025】このメール蓄積装置1は、電話機からのボ
タン操作でDTMF信号が入力されると、DTMF検出
部15がそれを検出してメール制御部24に送り、メール制
御部24がDTMF信号の種別に応じて各部の動作を制御
する。このメール蓄積装置1の動作を通じて、このシス
テムは、各種の機能を実行することができる。
In this mail storage device 1, when a DTMF signal is input by a button operation from the telephone, the DTMF detection unit 15 detects it and sends it to the mail control unit 24, and the mail control unit 24 determines the type of DTMF signal. The operation of each unit is controlled according to the above. Through the operation of the mail storage device 1, this system can execute various functions.
【0026】本発明は、音声とファクシミリとを連動さ
せたメール通信の実現を目的としているため、端末とし
て、音声通話用電話機9の結合したファクシミリ10、或
いは単独のファクシミリ11を使用する場合のメール蓄積
装置1の動作を中心に説明する。しかし、このメール蓄
積装置1は、従来の装置と同様、音声メール通信機能も
当然備えており、それを表わす意味で、図2のメール通
信のシステムを表わす図では、電話機8を図示してい
る。
Since the purpose of the present invention is to realize mail communication in which voice and facsimile are interlocked with each other, the mail when the facsimile 10 to which the voice call telephone 9 is connected or the single facsimile 11 is used as a terminal. The operation of the storage device 1 will be mainly described. However, the mail storage device 1 naturally has a voice mail communication function as well as the conventional device, and in the sense of representing it, the telephone 8 is illustrated in the diagram showing the mail communication system of FIG. .
【0027】さて、実施例のメール蓄積装置1を使って
実行できる各種の機能の内から、次の4つの機能を詳し
く説明することにする。 (1)電話機4と、ファクシミリ10に接続された電話機
9との間で、音声通話に引続いて、その同一呼内で、フ
ァクシミリ10とメール蓄積装置1との間のファクシミリ
通信を行ない、そのときの通話音声と受信したファクシ
ミリ・データとを、電話機4または9からの操作によっ
て、メール蓄積装置1の同一メールボックスに蓄積す
る。 (2)ファクシミリ通信の終了後、その同一呼内で電話
機4と電話機9との間における音声通話を再開する。 (3)メール蓄積装置1に、通話音声とファクシミリ・
データとを蓄積して残すかどうかを、その同一呼内にお
いて、選択する。 (4)ファクシミリ・データだけをメール蓄積装置1の
メールボックスに蓄積するとき、それに併せて、ファク
シミリ・データの登録を知らせる音声ガイダンスと発信
者等の付帯情報を音声で表わした音声データとを同一メ
ールボックスに蓄積する。
Now, among the various functions that can be executed by using the mail storage device 1 of the embodiment, the following four functions will be described in detail. (1) After the voice call between the telephone 4 and the telephone 9 connected to the facsimile 10, the facsimile communication between the facsimile 10 and the mail storage device 1 is performed in the same call. The call voice at this time and the received facsimile data are stored in the same mailbox of the mail storage device 1 by an operation from the telephone 4 or 9. (2) After the end of the facsimile communication, the voice call between the telephone set 4 and the telephone set 9 is restarted in the same call. (3) Call voice and facsimile
In the same call, it is selected whether or not to store and retain the data. (4) When only the facsimile data is stored in the mailbox of the mail storage device 1, the voice guidance notifying the registration of the facsimile data and the voice data in which the supplementary information such as the sender is represented by voice are the same. Accumulate in mailbox.
【0028】これら各機能を実行するときのメール蓄積
装置1における動作を、それぞれ項を分けて説明する。
The operation of the mail storage device 1 when executing each of these functions will be described in terms of each item.
【0029】(第1実施例) (1)の機能を必要とする状況と、そのときの利用者の
操作手順について、先ず説明する。
(First Embodiment) A situation in which the function (1) is required and the operation procedure of the user at that time will be described first.
【0030】音声通話用の電話機9が接続されたファク
シミリ10は、近年のLSIの進歩により小型化と低価格
化とが進み、一般企業においては部長職或いは課長職の
デスクに一台ずつが置かれる状況に成りつつある。この
種のファクシミリは、当然回線は一本しか持たず、それ
を電話機とファクシミリとで利用している。このファク
シミリ10に接続する電話機9から相手の電話番号に電話
を掛け、文書をファクシミリで伝送する場合を想定す
る。この電話番号は、メール蓄積装置1の回線接続端子
2に接続する回線の番号となる。電話機9の発信動作に
より、交換機7が回線接続端子2に接続された回線を呼
出す。呼出されたメール蓄積装置1は、電話接続端子3
を通じて接続された電話機4を呼出す。電話機4の受話
器をフックアップすると、電話機9と電話機4との間で
通話路が形成され、音声通話が可能となる。
The facsimile 10 to which the telephone 9 for voice communication is connected has been downsized and reduced in price due to the recent advances in LSI, and in general companies, one is placed on the desk of the department manager or section manager. The situation is about to be broken. This type of facsimile naturally has only one line and is used by the telephone and the facsimile. It is assumed that the telephone 9 connected to the facsimile 10 calls the telephone number of the other party and the document is transmitted by facsimile. This telephone number is the number of the line connected to the line connection terminal 2 of the mail storage device 1. The switching operation of the telephone 9 causes the exchange 7 to call the line connected to the line connection terminal 2. The called mail storage device 1 has a telephone connection terminal 3
The telephone 4 connected through is called. When the receiver of the telephone 4 is hooked up, a communication path is formed between the telephone 9 and the telephone 4, and voice communication becomes possible.
【0031】このとき、受話者が送話者の期待する人間
であれば、必要なコメントや補足説明を音声で伝えて、
引続き、文書をファクスすることができる。しかし、受
話者が送話者の期待する人間でなかった場合には、受話
者は、送話者との通話の内容を送話者の期待する人間に
後から伝えなければならない。このとき、送話者と代理
受話者との間では次のような受け答えが行なわれる。即
ち、 送話者「私はAというものですが、営業2課のBさん宛
に、今からFAXを送りますので、それを至急Bさんに
渡して貰いたいのですが」 代理受話者「かしこまりました。」 送話者「それから、それを見て頂いた上で電話を頂きた
い旨、お伝え願いたいのですが」 代理受話者「承知致しました。」 実施例のメール蓄積装置1では、こうした受け答えを音
声メールに残すことができる。 送話者「ところで、このままFAXに切替えられるでし
ょうか」 代理受話者「はい、切替えられます。ピーと言う音が鳴
りましたら、送信ボタンを押して下さい。」 そう答えたのち、代理受話者は、電話機4のボタンの
「1」「2」「*」を順次押下げる。
At this time, if the listener is the person expected by the sender, the necessary comment and supplementary explanation are transmitted by voice,
You can continue to fax the document. However, if the listener is not the person expected by the speaker, the listener must later inform the person expected by the speaker of the content of the call with the speaker. At this time, the following answer is given between the sender and the substitute receiver. That is, the talker "I am A, but I will send a fax to Mr. B in the Sales Department 2 from now on, so I would like to have Mr. B give it to me immediately." Deputy receiver "Kashimari Talker "And then, I would like you to tell me that I would like you to call me after seeing it." Proxy listener "I understand." In the mail storage device 1 of the example, You can leave these answers in voice mail. Talker "By the way, can I switch to FAX as it is?" Proxy receiver "Yes, I can switch it. When you hear a beep, press the send button." After answering that, the proxy receiver The buttons "1", "2", and "*" of the telephone 4 are sequentially pushed down.
【0032】実施例のメール蓄積装置1では、電話機4
の受話器がフックアップされた後の受け答えを逐一録音
しており、代理受話者が電話機4のボタン「1」を押下
げたことによって、この録音された音声情報が有効な音
声メールとして管理される。また、「2」を押したこと
によって、メール蓄積装置1が自動的にFAX受信モー
ドに切替わり、送話者のファクシミリ10から送られてく
るファクシミリ・データがメール蓄積装置1に蓄積され
る。
In the mail storage device 1 of the embodiment, the telephone 4
The answer is recorded one after another after the handset of the device is hooked up, and when the substitute receiver presses the button "1" of the telephone set 4, the recorded voice information is managed as a valid voice mail. . By pressing "2", the mail storage device 1 is automatically switched to the FAX reception mode, and the facsimile data sent from the sender's facsimile 10 is stored in the mail storage device 1.
【0033】こうした機能を実現するため、メール蓄積
装置1は、次のように動作する。先ず、ファクシミリ10
に接続する電話機9より、メール蓄積装置1の回線に対
して呼出し動作が行なわれる。この呼出し動作により、
メール蓄積装置1の回線接続端子2に起動が掛かる。起
動信号は、回線接続端子2に接続する回線制御部12から
電話接続端子3を経由して電話機4に伝わり、電話機4
を呼出す。電話機4の受話器を上げると、電話機9と電
話機4との通話路が形成され、通話が可能となる。電話
機4の受話器が上げられたとき、回線制御部12は、フッ
クアップを検出し、フックアップ検出信号をメール制御
部24に出力する。これを感知したメール制御部24は、音
声データ蓄積処理部17に音声蓄積開始指令を出すと同時
にDTMF検出部15にDTMF検出開始指令を出す。
In order to realize such a function, the mail storage device 1 operates as follows. First, the facsimile 10
A call operation is performed from the telephone 9 connected to the line of the mail storage device 1. By this calling operation,
The line connection terminal 2 of the mail storage device 1 is activated. The activation signal is transmitted from the line control unit 12 connected to the line connection terminal 2 to the telephone 4 via the telephone connection terminal 3 and the telephone 4
Call. When the handset of the telephone 4 is lifted, a communication path between the telephone 9 and the telephone 4 is formed, and the telephone communication becomes possible. When the handset of the telephone 4 is lifted, the line controller 12 detects hookup and outputs a hookup detection signal to the mail controller 24. Upon detecting this, the mail control unit 24 issues a voice accumulation start command to the voice data accumulation processing unit 17, and at the same time issues a DTMF detection start command to the DTMF detection unit 15.
【0034】音声蓄積開始指令を受けた音声蓄積処理部
17は、音声変換部13によってA/D変換された通話中の
音声信号を音声蓄積部21に蓄積する動作を開始する。音
声蓄積処理部17は、トグル・バッファメモリを有してお
り、音声変換部13より逐次出力されるディジタル音声デ
ータを音声蓄積部21に格納するための一時バッファの役
目を果たしている。
A voice accumulation processing unit that has received a voice accumulation start command
Reference numeral 17 starts the operation of accumulating the voice signal during the call, which is A / D converted by the voice conversion unit 13, in the voice storage unit 21. The voice accumulation processing unit 17 has a toggle buffer memory, and serves as a temporary buffer for storing the digital voice data sequentially output from the voice conversion unit 13 in the voice accumulation unit 21.
【0035】また、メール制御部24からDTMF検出開
始指令を受けたDTMF検出部15は、音声通話中に入力
されるDTMF信号の検出動作を開始する。これらの音
声蓄積動作およびDTMF信号検出動作は、メール制御
部24からそれぞれの停止指令が出るまで継続される。
Further, the DTMF detection section 15 which has received the DTMF detection start command from the mail control section 24 starts the detection operation of the DTMF signal input during the voice call. These voice accumulating operation and DTMF signal detecting operation are continued until the mail control unit 24 issues respective stop commands.
【0036】電話機9と電話機4との音声通話が終了す
ると、電話機4(または電話機9)から「1」「2」
「*」のボタンが押下され、それぞれに対応したDTM
F信号が順次メール蓄積装置1に入力される。この
「1」は音声データの蓄積、「2」はファクシミリ・デ
ータの蓄積、「*」は終端符号をそれぞれ意味してい
る。これらの信号は、DTMF検出部15で検出され、検
出結果が数値情報に変換されてメール制御部24に出力さ
れる。
When the voice call between the telephone 9 and the telephone 4 is completed, the telephone 4 (or the telephone 9) sends "1" or "2".
"*" Button is pressed and corresponding DTM
The F signal is sequentially input to the mail storage device 1. The "1" means accumulation of voice data, "2" means accumulation of facsimile data, and "*" means termination code. These signals are detected by the DTMF detection unit 15, the detection result is converted into numerical information and output to the mail control unit 24.
【0037】メール制御部24は、DTMF検出部15で順
次検出された数値情報の値により、その後の動作モード
を決定する。「1」「2」「*」は“音声+ファクシミ
リ・データ蓄積”モードとして解読され、メール制御部
24は、関係する部位に次の指令を与える。
The mail control unit 24 determines the subsequent operation mode based on the value of the numerical information sequentially detected by the DTMF detection unit 15. "1", "2", and "*" are decoded as "voice + facsimile / data storage" mode, and mail control unit
24 gives the following commands to the relevant parts.
【0038】先ず、音声データ蓄積処理部17に対して、
音声蓄積停止指令を出し、音声蓄積動作を停止させる。
この停止指令を受けた音声データ蓄積処理部17は、音声
蓄積部21への蓄積動作を停止し、音声データ格納アドレ
スをメール制御部24に出力する。メール制御部24は、そ
れまで蓄積した音声データを有効データと判断し、音声
メールとして管理するため、メールボックス管理部19に
対して音声メール管理データ書込み指令を出す。このと
き、音声データ格納アドレスが同時にメールボックス管
理部19に渡される。メールボックス管理部19は、メール
ボックス管理番号を生成し、これをキーにして、メール
制御部24より受取った音声データ格納アドレスおよび受
付月日、受付時刻など音声メールの管理に必要な情報を
メールボックスデータ蓄積部23の該当する領域に格納す
る。
First, for the voice data accumulation processing unit 17,
A voice accumulation stop command is issued to stop the voice accumulation operation.
Upon receiving this stop command, the voice data storage processing unit 17 stops the storage operation in the voice storage unit 21, and outputs the voice data storage address to the mail control unit 24. The mail control unit 24 determines that the voice data accumulated so far is valid data, and issues a voice mail management data write command to the mailbox management unit 19 in order to manage it as voice mail. At this time, the voice data storage address is simultaneously passed to the mailbox management unit 19. The mailbox management unit 19 generates a mailbox management number, and by using this as a key, mails the information necessary for voice mail management such as the voice data storage address received from the mail control unit 24 and the reception date and time. The data is stored in the corresponding area of the box data storage unit 23.
【0039】次にメール制御部24は、DTMF検出部15
に対してDTMF検出停止指令を出し、これを受けてD
TMF検出部15は検出動作を停止する。さらに、メール
制御部24は、ファクシミリ通信制御部14に対してファク
シミリ受信開始指令を出すと同時に、ファクシミリ・デ
ータ蓄積処理部18に対してファクシミリ・データ蓄積開
始指令を出す。ファクシミリ通信制御部14は、ファクシ
ミリ受信開始指令を受けると自動受信動作を開始し、C
ED信号を回線制御部12を経由して回線に送出する。端
末側では、このCED信号を聞き、ファクシミリ10のス
タートボタンを押して、ファクシミリ10とメール蓄積装
置1との間のファクシミリ通信が開始される。
Next, the mail control unit 24 sends the DTMF detection unit 15
DTMF detection stop command is issued to D
The TMF detection unit 15 stops the detection operation. Further, the mail control unit 24 issues a facsimile reception start command to the facsimile communication control unit 14 and simultaneously issues a facsimile data storage start command to the facsimile data storage processing unit 18. Upon receiving the facsimile reception start command, the facsimile communication control unit 14 starts the automatic reception operation,
The ED signal is sent to the line via the line control unit 12. On the terminal side, when the CED signal is heard and the start button of the facsimile 10 is pressed, facsimile communication between the facsimile 10 and the mail storage device 1 is started.
【0040】ファクシミリ通信が始まり、ファクシミリ
・データを受信すると、ファクシミリ通信制御部14は、
受信したファクシミリ・データを順次ファクシミリ・デ
ータ蓄積処理部18に出力し、ファクシミリ・データ蓄積
処理部18は、このファクシミリ・データをファクシミリ
・データ蓄積部22に蓄積する。ファクシミリ・データ蓄
積処理部18は、トグル・バッファメモリを有しており、
ファクシミリ通信制御部14より逐次出力されるファクシ
ミリ・データをファクシミリ・データ蓄積部22に格納す
るための一時バッファの役目を果たしている。
When the facsimile communication is started and the facsimile data is received, the facsimile communication control unit 14
The received facsimile data is sequentially output to the facsimile data storage processing unit 18, and the facsimile data storage processing unit 18 stores the facsimile data in the facsimile data storage unit 22. The facsimile / data storage processing unit 18 has a toggle buffer memory,
It functions as a temporary buffer for storing the facsimile data sequentially output from the facsimile communication control unit 14 in the facsimile data storage unit 22.
【0041】ファクシミリ10とメール蓄積装置1との間
のファクシミリ通信が終了すると、ファクシミリ通信制
御部14は、メール制御部24にファクシミリ通信終了信号
を出力する。これを受けたメール制御部24は、回線制御
部12に対して回線切断指令を出すと同時に、ファクシミ
リ・データ蓄積処理部18に対してファクシミリ・データ
蓄積停止指令を出す。ファクシミリ・データ蓄積処理部
18は、この停止指令を受けて、ファクシミリ・データ蓄
積部22への蓄積動作を停止し、ファクシミリ・データ格
納アドレスをメール制御部24に出力する。メール制御部
24は、それまでに蓄積したファクシミリ・データを有効
データと判断し、先に作成された音声メールと連動する
ファクシミリ・メールとして管理するために、メールボ
ックス管理部19に対して、ファクシミリ・メール管理デ
ータ書込み指令を出す。このとき同時に、ファクシミリ
・データ格納アドレスと先の音声メール作成時にメール
ボックス管理部19より出力されたメールボックス管理番
号とが、メール制御部24からメールボックス管理部19に
渡される。
When the facsimile communication between the facsimile 10 and the mail storage device 1 is completed, the facsimile communication control section 14 outputs a facsimile communication end signal to the mail control section 24. In response to this, the mail control unit 24 issues a line disconnection command to the line control unit 12 and at the same time issues a facsimile / data storage stop command to the facsimile / data storage processing unit 18. Facsimile / data storage processing unit
In response to this stop command, the 18 stops the storage operation in the facsimile / data storage unit 22 and outputs the facsimile / data storage address to the mail control unit 24. Email control unit
24 determines the facsimile data accumulated up to that time as valid data, and manages it as a facsimile mail linked to the voice mail created earlier to the mailbox management unit 19 by facsimile / mail management. Issue a data write command. At the same time, the facsimile data storage address and the mailbox management number output from the mailbox management unit 19 at the time of creating the voice mail are passed from the mail control unit 24 to the mailbox management unit 19.
【0042】メールボックス管理部19は、メールボック
ス管理番号をキーにして、メール制御部24より受取った
ファクシミリ・データ格納アドレスおよび受付月日、受
付時刻などファクシミリ・メールの管理に必要な情報を
メールボックス・データ蓄積部23の該当領域に格納す
る。最後に、メール制御部24は、音声メールおよびファ
クシミリ・メールが登録されたことを登録状況出力部25
を経由して、登録状況出力端子5へ出力する。この情報
は、登録状況出力端子5に接続する外部表示装置6に表
示され、この表示内容により、メールボックスの登録状
況が一目で判別できる。また、登録状況出力端子5に回
線を接続し、登録されたメールボックスに応じて、特定
の電話番号を呼出すように構成することもできる。この
場合、ポケットベルの電話番号を呼出すようにすれば、
音声メールおよびファクシミリ・メールの登録を速やか
に本人に伝えることが可能となる。
Using the mailbox management number as a key, the mailbox management unit 19 mails the information necessary for facsimile / mail management such as the facsimile / data storage address received from the mail control unit 24, the reception date and time, and the reception time. The data is stored in the corresponding area of the box data storage unit 23. Finally, the mail control unit 24 notifies the registration status output unit 25 that the voice mail and the facsimile mail have been registered.
To the registration status output terminal 5 via. This information is displayed on the external display device 6 connected to the registration status output terminal 5, and the registration status of the mailbox can be determined at a glance from the displayed contents. It is also possible to connect a line to the registration status output terminal 5 and call a specific telephone number according to the registered mailbox. In this case, if you call the pager's phone number,
It is possible to promptly notify the person of the registration of voice mail and facsimile mail.
【0043】このように、実施例のメール蓄積装置で
は、この装置と一本の回線で接続された電話機4(また
は電話機9)のボタンを操作するだけで、電話機での通
話内容を音声メールとして蓄積し、同時に後続するファ
クシミリ・データを音声メールと連動させて蓄積するこ
とができる。また、メール蓄積装置1のメールボックス
における蓄積状況は、外部に表示することができる。
As described above, in the mail storage device of the embodiment, by simply operating the button of the telephone set 4 (or telephone set 9) connected to this device by one line, the contents of the call on the telephone set are converted to voice mail. It is possible to store and simultaneously store the following facsimile data in association with voice mail. The storage status in the mailbox of the mail storage device 1 can be displayed externally.
【0044】また、代理受話者と送話者との受け答えの
会話内容は、電話機4からの簡単な操作で、そのまま音
声データとして蓄積される。このように送話者と代理受
話者との応答を録音する場合には、送話者が一方的にメ
ッセージを録音する場合に比べて、代理受話者が送話者
の言う内容を理解しようとして応対するため、送話者
は、結果としてより詳しい情報を音声メールに残すこと
ができる。また、送話者は、少なくとも第三者の代理受
話者に対して理解して貰ったことで満足感を得ることが
できる。
Further, the conversation contents of the answer and answer between the substitute listener and the sender are stored as voice data as they are by a simple operation from the telephone 4. In this way, when recording the response between the talker and the substitute listener, the substitute listener tries to understand what the talker says, compared with the case where the talker unilaterally records a message. To respond, the speaker can consequently leave more detailed information in the voicemail. Further, the talker can obtain a sense of satisfaction by having at least the substitute talker of the third party understand.
【0045】送話者の期待する人間は、帰社した後、卓
上の電話機付きファクシミリからメール蓄積装置1のメ
ールボックスにアクセスして、蓄積された会話内容を聞
取り、蓄積されたファクシミリ・データを取出すことが
できる。この蓄積されたデータを取出すための動作は次
の手順で行なわれる。
After returning to the office, the person expected by the talker accesses the mailbox of the mail storage device 1 from the facsimile equipped with the telephone on the desk, hears the stored conversation contents, and takes out the stored facsimile data. be able to. The operation for taking out the stored data is performed in the following procedure.
【0046】ファクシミリに接続する電話機からメール
蓄積装置1を呼出し、ボタンを押下げて、メールボック
スのコードと、音声データおよびファクシミリ・データ
の読出しを指定する「5」「6」「*」とを入力する
と、DTMF検出部15は、それぞれのボタンに対応する
DTMF信号を検出し、数値情報に変換してメール制御
部24に出力する。メール制御部24は、この数値情報に応
じて動作モードを決定し、関係する部位に音声データと
それに関連するファクシミリ・データとを読出すための
指令を与える。
Call the mail storage device 1 from the telephone connected to the facsimile and press the button to enter the code of the mailbox and "5", "6", "*" for designating the reading of voice data and facsimile data. When input, the DTMF detection unit 15 detects the DTMF signal corresponding to each button, converts it into numerical information, and outputs it to the mail control unit 24. The mail control unit 24 determines the operation mode in accordance with the numerical information and gives a command to the related parts to read the voice data and the facsimile data related thereto.
【0047】先ず、メール制御部24は、メールボックス
管理部19に対して、メールボックスのコードに対応する
メールボックス管理番号を渡し、音声メール管理データ
読出し指令を出力する。指令を受けたメールボックス管
理部19は、メールボックス管理番号をキーにして、メー
ルボックス・データ蓄積部23に書込まれている音声デー
タ格納アドレスを読出し、これをメール制御部24に出力
する。メール制御部24は、続いて、音声データ蓄積処理
部17に音声データ格納アドレスを渡し、蓄積音声読出し
指令を出力する。音声データ蓄積処理部17は、音声蓄積
部21の指定された音声データ格納アドレスに格納されて
いる音声データを読出して、音声変換部13に出力し、音
声変換部13は、この音声データをアナログ信号に変換す
る。アナログ信号に変換された音声データは、回線制御
部12を介してファクシミリに接続する卓上電話機に送信
される。
First, the mail control unit 24 passes the mailbox management number corresponding to the code of the mailbox to the mailbox management unit 19, and outputs a voice mail management data read command. The mailbox management unit 19 that has received the command reads the voice data storage address written in the mailbox data storage unit 23 using the mailbox management number as a key, and outputs this to the mail control unit 24. The mail control unit 24 subsequently passes the voice data storage address to the voice data storage processing unit 17, and outputs a stored voice read command. The voice data storage processing unit 17 reads the voice data stored in the designated voice data storage address of the voice storage unit 21 and outputs the voice data to the voice conversion unit 13, and the voice conversion unit 13 converts the voice data into analog data. Convert to signal. The voice data converted into the analog signal is transmitted to the desk phone connected to the facsimile via the line controller 12.
【0048】音声データの読出しが終了すると、音声デ
ータ蓄積処理部17は、メール制御部24に音声データ読出
し終了信号を出力する。これを受けたメール制御部24
は、メールボックス管理部19にメールボックス管理番号
を渡し、ファクシミリ・メール管理データ読出し指令を
出力する。メールボックス管理部19は、メールボックス
管理番号をキーにして、メールボックス・データ蓄積部
23に書込まれているファクシミリ・データ格納アドレス
を読出し、メール制御部24に出力する。メール制御部24
は、次いで、ファクシミリ通信制御部14にファクシミリ
送信開始指令を出し、また、ファクシミリ・データ蓄積
処理部18に、メールボックス管理部19から出力されたフ
ァクシミリ・データ格納アドレスを渡す。指令を受けた
ファクシミリ通信制御部14は、ファクシミリ蓄積処理部
18に対してファクシミリ・データの読出し要求を出し、
ファクシミリ・データ蓄積処理部18は、ファクシミリ・
データ蓄積部21の該当するアドレスに格納されているフ
ァクシミリ・データを読出してファクシミリ通信制御部
14に送り、ファクシミリ通信制御部14は、ファクシミリ
・データを順次、回線制御部12を経由して相手ファクシ
ミリに送信する。
When the reading of the voice data is completed, the voice data storage processor 17 outputs a voice data read end signal to the mail controller 24. Receiving this mail control unit 24
Passes the mailbox management number to the mailbox management unit 19 and outputs a facsimile / mail management data read command. The mailbox management unit 19 uses the mailbox management number as a key to store the mailbox data storage unit.
The facsimile data storage address written in 23 is read and output to the mail control unit 24. Email controller 24
Then, it issues a facsimile transmission start command to the facsimile communication control unit 14, and passes the facsimile data storage address output from the mailbox management unit 19 to the facsimile data storage processing unit 18. The facsimile communication control unit 14 that has received the command is a facsimile storage processing unit.
Issued a request to read facsimile data to 18,
The facsimile / data storage processing unit 18
The facsimile communication control unit reads out the facsimile data stored in the corresponding address of the data storage unit 21.
Then, the facsimile communication control unit 14 sequentially transmits the facsimile data to the partner facsimile machine via the line control unit 12.
【0049】こうして、メールボックスにアクセスした
利用者の下には、電話機のボタン操作で要求した音声デ
ータとファクシミリ・データとが送られる。また、利用
者が音声データのみを要求するボタン操作を行なった場
合には、メール蓄積装置1からは音声データのみが送ら
れる。
In this way, the voice data and the facsimile data requested by the button operation of the telephone are sent to the user who has accessed the mailbox. Further, when the user operates the button for requesting only the voice data, only the voice data is sent from the mail storage device 1.
【0050】(第2実施例) (2)の動作、つまり、ファクシミリ通信後、再度、音
声による通話モードに切替える場合の動作について説明
する。この場合は、電話機4(または電話機9)からメ
ール蓄積装置1に対してDTMF信号によって与えられ
る動作モードの指令内容が、第1実施例のときと相違し
ており、それによりファクシミリ通信終了後の動作に違
いが生じてくる。
(Second Embodiment) The operation of (2), that is, the operation of switching to the voice communication mode again after facsimile communication will be described. In this case, the instruction content of the operation mode given from the telephone 4 (or telephone 9) to the mail storage device 1 by the DTMF signal is different from that in the first embodiment, and accordingly, after the facsimile communication is completed. There will be differences in behavior.
【0051】先ず、第1実施例の場合と同様の手順で、
ファクシミリ10に接続された電話機9と電話機4との間
に通話路が形成され、その通話内容が、逐次、音声デー
タ蓄積部21に蓄積される。また、DTMF検出部15は、
メール制御部24の指令によりDTMF信号の検出動作を
開始する。
First, in the same procedure as in the case of the first embodiment,
A call path is formed between the telephone 9 and the telephone 4 connected to the facsimile 10, and the contents of the call are sequentially stored in the voice data storage unit 21. In addition, the DTMF detection unit 15
The detection operation of the DTMF signal is started according to a command from the mail control unit 24.
【0052】第1の音声通話が終了すると、電話機4
(または電話機9)から「1」「2」「1」「*」のボ
タンが押下され、それぞれに対応したDTMF信号が順
次メール蓄積装置1に入力する。これらの信号はDTM
F検出部15で検出され、検出結果が数値情報に変換され
てメール制御部24に出力される。メール制御部24は、D
TMF検出部15で検出した「1」「2」「1」「*」を
“音声+ファクシミリ・データ蓄積および再音声通話復
帰”モードとして解読し、関係する部位に次の指令を与
える。
When the first voice call ends, the telephone set 4
(Or the telephone 9), the buttons "1", "2", "1" and "*" are pressed, and the DTMF signals corresponding to the respective buttons are sequentially input to the mail storage device 1. These signals are DTM
The F detection unit 15 detects the result, and the detection result is converted into numerical information and output to the mail control unit 24. The mail control unit 24 is D
The "1", "2", "1" and "*" detected by the TMF detection unit 15 are decoded in the "voice + facsimile data storage and re-voice call recovery" mode, and the following commands are given to the relevant parts.
【0053】先ず、音声データ蓄積処理部17に対して、
音声蓄積停止指令を出す。停止指令を受けた音声データ
蓄積処理部17は、音声蓄積部21への蓄積動作を停止し、
音声データ格納アドレスをメール制御部24に出力する。
メール制御部24は、次にメールボックス管理部19に対し
て、音声メール管理データ書込み指令を出し、同時に音
声データ格納アドレスを渡す。メールボックス管理部19
は、この指令を受けて、第1の通話音声の音声番号(同
一呼内の音声通話における通話音声の順位を表わす番
号)を音声メールの管理に必要な情報と共にメールボッ
クス・データ蓄積部23の該当する領域に格納する。
First, for the voice data accumulation processing unit 17,
Issues a voice accumulation stop command. Upon receiving the stop command, the voice data storage processing unit 17 stops the storage operation to the voice storage unit 21,
The voice data storage address is output to the mail control unit 24.
The mail control unit 24 then issues a voice mail management data write command to the mailbox management unit 19, and at the same time passes the voice data storage address. Mailbox management section 19
In response to this command, the voice call number of the first call voice (a number indicating the order of call voices in the voice call in the same call) is stored in the mailbox / data storage unit 23 together with the information necessary for voice mail management. Store in the corresponding area.
【0054】次いで、メール制御部24は、DTMF検出
部15に対してDTMF検出停止指令を出し、続いて、フ
ァクシミリ通信制御部14に対して電話予約付きファクシ
ミリ受信開始指令を、また、ファクシミリ蓄積処理部18
に対してファクシミリ・データ蓄積開始指令を出す。フ
ァクシミリ通信制御部14およびファクシミリ蓄積処理部
18は、第1実施例の場合と同じ手順で、受信したファク
シミリ・データを蓄積する。
Next, the mail control unit 24 issues a DTMF detection stop command to the DTMF detection unit 15, then issues a facsimile reception start command with telephone reservation to the facsimile communication control unit 14, and a facsimile storage process. Part 18
A facsimile / data storage start command is issued to Facsimile communication control unit 14 and facsimile storage processing unit
18 stores the received facsimile data in the same procedure as in the first embodiment.
【0055】ファクシミリ通信制御部14は、ファクシミ
リ10から最終頁を示すEOM信号を受信すると、ファク
シミリ10に対してオペレータの介入を要求するPRI−
Q信号を返送して、ファクシミリ10に接続する電話機9
の呼応を促し、それと同時に回線制御部12に対して電話
機呼出し指令を出す。これを受けた回線制御部12は、回
線を内部側から電話機4側に切替えた後、電話機4に対
して呼出し信号を送出し、電話機4の受話器のフックア
ップを促す。電話機9の受話器および電話機4の受話器
を双方が取ることにより、再び、音声による通話が可能
となる。
Upon receipt of the EOM signal indicating the last page from the facsimile 10, the facsimile communication control unit 14 requests the facsimile 10 for operator intervention.
Telephone 9 that sends back the Q signal and connects to the facsimile 10
, And simultaneously issues a telephone call command to the line control unit 12. Receiving this, the line control unit 12 switches the line from the internal side to the telephone 4 side and then sends a call signal to the telephone 4 to prompt hookup of the handset of the telephone 4. When both of the handset of the telephone 9 and the handset of the telephone 4 are picked up, voice communication can be performed again.
【0056】電話機4の受話器がフックアップされる
と、回線制御部12は、フックアップを検出して、フック
アップ検出信号をメール制御部24に出力する。これを受
けたメール制御部24は、ファクシミリ・データ蓄積処理
部18に対してファクシミリ・データ蓄積停止指令を出
し、ファクシミリ・データ蓄積動作を停止させる。この
停止指令により、ファクシミリ・データ蓄積処理部18は
ファクシミリ・データ蓄積部22への蓄積動作を停止し、
ファクシミリ・データ格納アドレスをメール制御部24に
出力する。メール制御部24は、それまで蓄積したファク
シミリ・データを有効データと判断し、先に作成された
第1の音声メールに連動する第1のファクシミリ・メー
ルとして管理するため、メールボックス管理部19に対し
て、ファクシミリメール管理データ書込み指令を出す。
このとき、メール制御部24は、ファクシミリ・データ格
納アドレスと、先の音声メール作成時にメールボックス
管理部19より出力されたメールボックス管理番号とを同
時にメールボックス管理部19に渡し、メールボックス管
理部19は、メールボックス管理番号をキーにして、メー
ル制御部24より受取ったファクシミリ・データ格納アド
レスおよび受付月日、受付時刻などファクシミリ・メー
ルの管理に必要な情報をメールボックス・データ蓄積部
23の該当する領域に格納する。なお、その後の動作は、
第1実施例における音声通話開始後の動作と同様であ
る。
When the handset of the telephone 4 is hooked up, the line controller 12 detects the hookup and outputs a hookup detection signal to the mail controller 24. Receiving this, the mail control unit 24 issues a facsimile / data storage stop command to the facsimile / data storage processing unit 18 to stop the facsimile / data storage operation. By this stop command, the facsimile / data storage processing unit 18 stops the storage operation in the facsimile / data storage unit 22,
The facsimile data storage address is output to the mail control unit 24. The mail control unit 24 determines that the facsimile data accumulated so far is valid data, and manages it as the first facsimile mail linked to the first voice mail created earlier. On the other hand, a facsimile mail management data write command is issued.
At this time, the mail control unit 24 passes the facsimile data storage address and the mailbox management number output from the mailbox management unit 19 at the time of creating the voice mail to the mailbox management unit 19 at the same time, and the mailbox management unit Reference numeral 19 is a mailbox data storage unit that stores information necessary for facsimile / mail management, such as the fax / data storage address received from the mail control unit 24, the date of receipt, and the time of receipt, using the mailbox management number as a key.
Store in 23 applicable areas. After that, the operation is
The operation is the same as that after the voice call is started in the first embodiment.
【0057】このように、第2実施例の機能を用いるこ
とによって、同一呼の中で、音声通話後にファクシミリ
通信に切替え、ファクシミリ通信後に音声通話に切替え
るという操作を自由に、必要に応じて繰返し行なうこと
ができる。
As described above, by using the function of the second embodiment, the operation of switching to facsimile communication after voice communication and switching to voice communication after facsimile communication can be freely repeated in the same call as needed. Can be done.
【0058】(第3実施例) (3)の動作、つまり、通話内容と受信したファクシミ
リ・データとを音声メールおよびファクシミリ・メール
として残すかどうかを選択する動作について説明する。
音声通話の録音は、本人が不在の時は必要であるが、本
人が在席しているときには、電話で伝えれば済むことな
ので、特に録音する必要はない。また、ファクシミリ・
データについても、電話に出た人が本人であれば、通常
はファクシミリ・データを蓄積するよりも、最寄りのフ
ァクシミリから即時に出力する方が好ましい。こうした
ときに、第3実施例の機能を用いて、音声データおよび
ファクシミリ・データの蓄積を行なわない方途を選択す
ることができる。
(Third Embodiment) The operation of (3), that is, the operation of selecting whether to leave the call contents and the received facsimile data as a voice mail and a facsimile mail will be described.
Recording of a voice call is necessary when the person is absent, but when the person is present, all that is necessary is to give a telephone call, so there is no particular need to record. In addition,
Regarding data, if the person who answers the phone is the person himself, it is usually preferable to immediately output from the nearest facsimile rather than storing the facsimile data. In such a case, the function of the third embodiment can be used to select the way in which the voice data and the facsimile data are not stored.
【0059】先ず、第1実施例の場合と同様の手順で、
ファクシミリ10に接続された電話機9と電話機4との間
に通話路が形成され、その通話内容が、逐次、音声デー
タ蓄積部21に蓄積される。また、DTMF検出部15は、
メール制御部24の指令によりDTMF信号の検出動作を
開始する。音声通話が終了すると、電話機4から「3」
「4」「*」のボタンが押下され、それぞれに対応した
DTMF信号が順次メール蓄積装置1に入力される。
「3」は音声データの蓄積不要、「4」はファクシミリ
・データの蓄積不要、「*」は終端符号を意味してい
る。
First, in the same procedure as in the case of the first embodiment,
A call path is formed between the telephone 9 and the telephone 4 connected to the facsimile 10, and the contents of the call are sequentially stored in the voice data storage unit 21. In addition, the DTMF detection unit 15
The detection operation of the DTMF signal is started according to a command from the mail control unit 24. When the voice call ends, "3" from the telephone 4
The "4" and "*" buttons are pressed and the corresponding DTMF signals are sequentially input to the mail storage device 1.
"3" means no need to store voice data, "4" means no need to store facsimile data, and "*" means a terminal code.
【0060】これらの信号はDTMF検出部15で検出さ
れ、検出された結果が数値情報としてメール制御部24に
出力される。メール制御部24は、DTMF検出部15の検
出した「3」「4」「*」が“音声データ蓄積不要およ
びファクシミリ・データ即時出力”モードであると解読
し、関係する部位に次の指令を与える。
These signals are detected by the DTMF detector 15, and the detected result is output to the mail controller 24 as numerical information. The mail control unit 24 deciphers that the "3", "4", "*" detected by the DTMF detection unit 15 is the "voice data accumulation unnecessary and facsimile data immediate output" mode, and issues the next command to the related parts. give.
【0061】先ず、メール制御部24は、音声データ蓄積
処理部17に音声蓄積停止指令を出力する。これを受けて
音声データ蓄積処理部17は、音声蓄積部21への蓄積動作
を停止し、音声データ格納アドレスをメール制御部24に
出力する。しかし、メール制御部24は、それまで蓄積し
た音声データを無効データと判断し、蓄積した音声デー
タを破棄する。次にメール制御部24は、DTMF検出部
15にDTMF検出停止指令を出し、DTMF検出動作を
停止させる。さらに、メール制御部24は、ファクシミリ
通信制御部14にファクシミリ受信開始指令を出し、同時
にファクシミリ・データ蓄積処理部18に、即時出力条件
つきファクシミリ・データ蓄積開始指令を出す。
First, the mail control unit 24 outputs a voice storage stop command to the voice data storage processing unit 17. In response to this, the voice data storage processing unit 17 stops the storage operation in the voice storage unit 21, and outputs the voice data storage address to the mail control unit 24. However, the mail control unit 24 determines that the voice data accumulated so far is invalid data and discards the accumulated voice data. Next, the mail control unit 24 uses the DTMF detection unit.
A DTMF detection stop command is issued to 15 to stop the DTMF detection operation. Further, the mail control unit 24 issues a facsimile reception start command to the facsimile communication control unit 14 and simultaneously issues a facsimile data storage start command with an immediate output condition to the facsimile data storage processing unit 18.
【0062】ファクシミリ通信制御部14は、メール制御
部24からファクシミリ受信開始指令を受けると、第1実
施例の場合と同じ手順でファクシミリ通信を開始し、フ
ァクシミリ・データ蓄積処理部18は、ファクシミリ通信
制御部14から出力されたファクシミリ・データをファク
シミリ・データ蓄積部22に蓄積する。ファクシミリ10と
メール蓄積装置1との間のファクシミリ通信が終了する
と、ファクシミリ通信制御部14はメール制御部24にファ
クシミリ通信終了信号を出力する。メール制御部24は、
これを受けて、回線制御部12に回線切断指令を出すと同
時にファクシミリ・データ蓄積処理部18にファクシミリ
・データ蓄積停止指令を出し、ファクシミリ・データ蓄
積動作を停止させる。この停止指令を受けたファクシミ
リ・データ蓄積処理部17は、ファクシミリ・データ蓄積
部22への蓄積動作を停止し、ファクシミリ・データ格納
アドレスをメール制御部24に出力する。メール制御部24
は、それまでに蓄積したファクシミリ・データを即時出
力データと判断して、そのファクシミリ・データを予め
設定されたファクシミリに送信する。
When the facsimile communication control section 14 receives a facsimile reception start command from the mail control section 24, it starts the facsimile communication by the same procedure as in the first embodiment, and the facsimile / data storage processing section 18 makes the facsimile communication. The facsimile data output from the control unit 14 is stored in the facsimile data storage unit 22. When the facsimile communication between the facsimile 10 and the mail storage device 1 is completed, the facsimile communication control unit 14 outputs a facsimile communication end signal to the mail control unit 24. The mail control unit 24
In response to this, a line disconnection command is issued to the line control unit 12, and at the same time, a facsimile / data storage stop command is issued to the facsimile / data storage processing unit 18 to stop the facsimile / data storage operation. Upon receiving this stop command, the facsimile / data storage processing section 17 stops the storage operation in the facsimile / data storage section 22 and outputs the facsimile / data storage address to the mail control section 24. Email controller 24
Determines that the facsimile data accumulated so far is immediate output data, and transmits the facsimile data to a preset facsimile.
【0063】このファクシミリへの送信動作は、次のよ
うに行なわれる。メール制御部24は、先ず回線制御部12
を制御して、指定の電話番号に対する発信動作を行なわ
せる。指定のファクシミリとの接続が完了すると、メー
ル制御部24は、ファクシミリ通信制御部14にファクシミ
リ送信開始指令を出し、また、ファクシミリ・データ蓄
積処理部18にファクシミリ・データ格納アドレスを渡
す。指令を受けたファクシミリ通信制御部14は、ファク
シミリ蓄積処理部18に対してファクシミリ・データ格納
アドレスに格納されたファクシミリ・データの読出し要
求を出し、読出されたファクシミリ・データを順次、回
線制御部12を経由して相手ファクシミリに送信する。
The transmission operation to this facsimile is performed as follows. The mail control unit 24 first detects the line control unit 12
To make a call to a specified telephone number. When the connection with the designated facsimile is completed, the mail control unit 24 issues a facsimile transmission start command to the facsimile communication control unit 14, and also passes the facsimile data storage address to the facsimile data storage processing unit 18. Upon receiving the instruction, the facsimile communication control unit 14 issues a read request of the facsimile data stored in the facsimile data storage address to the facsimile storage processing unit 18, and sequentially reads the read facsimile data. Send to the other party's facsimile via.
【0064】ファクシミリへの送信が完了すると、ファ
クシミリ通信制御部14は、メール制御部24に対してファ
クシミリ通信終了信号を出す。これを受けたメール制御
部24は、回線制御部12に対して回線切断指令を出し、同
時にファクシミリ蓄積処理部18に対して、このファクシ
ミリ・データ格納アドレスに対応したファクシミリ・デ
ータの破棄を指示する。
When the transmission to the facsimile is completed, the facsimile communication control unit 14 issues a facsimile communication end signal to the mail control unit 24. Receiving this, the mail control unit 24 issues a line disconnection command to the line control unit 12, and at the same time instructs the facsimile accumulation processing unit 18 to discard the facsimile data corresponding to this facsimile data storage address. .
【0065】このように、受信した音声データおよびフ
ァクシミリ・データを蓄積しないことの指定が、メール
蓄積装置1に接続する電話機4(または電話機9)の操
作によって選択することができる。
As described above, designation of not storing the received voice data and facsimile data can be selected by operating the telephone set 4 (or telephone set 9) connected to the mail storage device 1.
【0066】(第4実施例) (4)の動作、つまり、ファクシミリ・データだけをメ
ール蓄積装置1のメールボックスに蓄積するとき、併せ
て、ファクシミリ・データの登録を知らせる音声ガイダ
ンスや発信者等の付帯情報を知らせる音声データを同一
メールボックスに蓄積する動作について説明する。これ
は、情報の受取人が、メールボックスに蓄積されたすべ
ての情報を、音声情報を手掛かりに取出すことができる
ようにするための措置である。
(Fourth Embodiment) The operation of (4), that is, when only the facsimile data is stored in the mailbox of the mail storage device 1, the voice guidance and the sender who notify the registration of the facsimile data are also sent. The operation of accumulating the voice data notifying the supplementary information in the same mailbox will be described. This is a measure to allow the recipient of the information to retrieve all the information stored in the mailbox with the voice information as a clue.
【0067】ファクシミリ・データだけが蓄積されるケ
ースは、二つある。一つは、ファクシミリ10に接続する
電話機9からの送信に対して、受話者が誰もいないため
に、ファクシミリ10から直接ファクシミリ・データが送
られる場合であり、他の一つは単独のファクシミリ11か
らファクシミリ・データが送られる場合である。
There are two cases where only facsimile data is stored. One is a case where a facsimile data is directly sent from the facsimile 10 because there is no listener in response to the transmission from the telephone 9 connected to the facsimile 10, and the other one is a single facsimile 11 This is the case when the facsimile data is sent from.
【0068】電話機9からの送信に対して応答する受話
者が誰もいない場合の動作は次のようになる。
The operation when there is no listener who responds to the transmission from the telephone 9 is as follows.
【0069】先ず、電話機9からメール蓄積装置1の回
線に対して呼出しを行なう。このときの電話番号は、第
1実施例の場合と同様に、メール蓄積装置1の回線接続
端子2に接続する回線の番号となる。電話機9の発信動
作により、交換機7が回線接続端子2に接続された回線
を呼出す。呼出されたメール蓄積装置1は、電話接続端
子3を通して接続された電話機4を呼出す。このとき、
メール蓄積装置1は並行して呼出し音の回数をカウント
し、一定回数を経過しても受話器4がフックアップされ
なかった場合には、メール蓄積装置1は自動着信し、
「こちらはXX商店でございます。本日の業務は終了致
しました。伝言のある方はこの後そのまま、伝言をお話
し下さい。伝言が終わりましたら、「1」「*」を押し
て下さい。また、伝言とFAX送信のある方は、伝言終
了後、「1」「2」「*」を押して下さい。ピーと言う
音が鳴り終わりましたらFAXスタートボタンを押して
下さい。FAX送信だけの方はこの後すぐに「2」
「*」を押して下さい。ピーと言う音が鳴り終わりまし
たらFAXスタートボタンを押して下さい。」と言う旨
の音声ガイダンスを回線に送出する。
First, the telephone 9 calls the line of the mail storage device 1. The telephone number at this time is the number of the line connected to the line connection terminal 2 of the mail storage device 1, as in the case of the first embodiment. The switching operation of the telephone 9 causes the exchange 7 to call the line connected to the line connection terminal 2. The called mail storage device 1 calls the telephone set 4 connected through the telephone connection terminal 3. At this time,
The mail storage device 1 counts the number of ringing tones in parallel, and if the handset 4 is not hooked up after a certain number of times, the mail storage device 1 automatically receives an incoming call,
"This is an XX store. Today's business has finished. If you have a message, please tell us the message as it is. When the message is over, press" 1 "" * ". If you have a message or fax, please press "1""2""*" after the message is finished. When the beeping sound ends, press the FAX start button. For those who only send faxes, immediately after this, "2"
Please press "*". When the beeping sound ends, press the FAX start button. The voice guidance saying "" is sent to the line.
【0070】送話者は、電話機9から伝言を話し始め
る。メール蓄積装置1は音声ガイダンス送出後、直ちに
音声蓄積を開始する。並行して、電話機9からのDTM
F信号の検出を開始する。DTMF検出動作において、
「1」「*」が検出された場合には、そこまでに蓄積さ
れた音声データを有効データとして音声メールの作成を
行なう。また、DTMFの検出において、「1」「2」
「*」が検出された場合には、そこまでに蓄積された音
声データを有効データとして音声メールの作成を行な
い、その後、ファクシミリの受信モードに切替える。フ
ァクシミリ通信が開始されると受信したファクシミリ・
データを蓄積する。ファクシミリ通信が終了した時点
で、音声メールと同一のメールボックス内にファクシミ
リ・メールを作成し、音声メールとファクシミリメール
とを連結する。
The talker starts speaking from the telephone 9. The mail storage device 1 starts voice storage immediately after sending the voice guidance. In parallel, DTM from the telephone 9
The detection of the F signal is started. In the DTMF detection operation,
When "1" or "*" is detected, voice data is created by using the voice data accumulated up to that point as valid data. In addition, in the detection of DTMF, "1""2"
When "*" is detected, the voice data accumulated up to that point is used as valid data to create a voice mail, and then the mode is switched to the facsimile reception mode. Facsimile received when facsimile communication starts
Accumulate data. When the facsimile communication is completed, a facsimile mail is created in the same mailbox as the voice mail, and the voice mail and the facsimile mail are linked.
【0071】一方、DTMFの検出において、「2」
「*」が検出された場合は、直ちに、ファクシミリの受
信モードに切替え、ファクシミリ通信が開始されると受
信したファクシミリ・データを蓄積する。ファクシミリ
通信が終了した時点で、「MM月DD日HH時MM分に
ファクシミリをP頁受信しました。」と言う旨の音声メ
ッセージを音声データとしてファクシミリ・メールと連
動させて登録する。また、同時に、「この文書の発信者
はXXXXです。」という発信者を特定する付帯情報を
表した音声メッセージを該当するメールボックスに登録
する。なお、「XXXX」は、ファクシミリ通信におい
て相手ファクシミリ10から受信したCSI情報を音声デ
ータに変換したものである。
On the other hand, in the detection of DTMF, "2"
When "*" is detected, the facsimile reception mode is immediately switched to, and when the facsimile communication is started, the received facsimile data is accumulated. When the facsimile communication is completed, a voice message stating, "A fax was received on page MM at HH MM on DD day MM month" is registered as voice data in association with the facsimile mail. At the same time, the voice message "The sender of this document is XXX.", Which is additional information identifying the sender, is registered in the corresponding mailbox. Note that "XXXX" is the CSI information received from the facsimile 10 of the other party in the facsimile communication and converted into voice data.
【0072】このように、受話者の対応がないときで
も、送話者は、電話機9のボタンを操作するだけで、音
声データのみを蓄積する場合、音声+ファクシミリ・デ
ータを蓄積する場合、およびファクシミリ・データのみ
を蓄積する場合のそれぞれに応じたメール蓄積装置1の
設定を行なうことができる。そして、ファクシミリ・デ
ータのみを蓄積する場合には、ファクシミリ・データと
連動して、種々の情報を知らせる音声データが自動的に
同じメールボックスに蓄積される。そのため、情報の受
取人は、先ず、音声のメールボックスを取出すことによ
り、音声データによる伝言情報は勿論のこと、ファクシ
ミリによる文書が自分宛に届いていることについても知
ることができる。
As described above, even when the receiver does not respond, the sender operates the button of the telephone 9 to store only voice data, to store voice + facsimile data, and The mail storage device 1 can be set according to the case of storing only facsimile data. Then, when only the facsimile data is stored, the voice data notifying various information is automatically stored in the same mailbox in cooperation with the facsimile data. Therefore, by first taking out the voice mail box, the recipient of the information can know not only the message information by the voice data but also the fact that the document by the facsimile has reached itself.
【0073】また、電話機を持たない自動発呼が可能な
ファクシミリ11からデータが送信された場合の動作は次
のようになる。先ず、ファクシミリ11がメール蓄積装置
1の回線接続端子2に接続する回線の電話番号に発信す
ると、交換機7が回線接続端子2に接続する回線を呼出
す。呼出されたメール蓄積装置1は、電話接続端子3を
通して接続された電話機4を呼出す。電話機4の受話器
をフクアップするとファクシミリ11と電話機4との通話
路が形成され、通話が可能となる。しかし、相手がファ
クシミリであるため、CNG信号が受信され、通話には
成らない。この場合、受話者は電話機4の「2」「*」
のボタンを順次押下する。この信号は電話接続端子3を
経由して、メール蓄積装置1に「ファクシミリ蓄積」の
指示を与える。指示を受けたメール蓄積装置1は、FA
X受信モードに時動的に切替り、ファクシミリ11との通
信が開始される。なお、電話機4の受話器をフックアッ
プした時点から、音声データの蓄積が始まるが、「2」
「*」を検出した時点で「ファクシミリ蓄積」と認識さ
れるため、それまでに蓄積された音声データは無効とな
り、破棄される。
The operation when data is transmitted from the facsimile 11 which does not have a telephone and is capable of automatic calling is as follows. First, when the facsimile 11 calls the telephone number of the line connected to the line connection terminal 2 of the mail storage device 1, the exchange 7 calls the line connected to the line connection terminal 2. The called mail storage device 1 calls the telephone set 4 connected through the telephone connection terminal 3. When the handset of the telephone 4 is hung up, a communication path between the facsimile 11 and the telephone 4 is formed, and a call becomes possible. However, since the other party is a facsimile, the CNG signal is received and the call cannot be established. In this case, the listener is "2" or "*" on the telephone 4.
Press the buttons in sequence. This signal gives an instruction of “facsimile storage” to the mail storage device 1 via the telephone connection terminal 3. Upon receiving the instruction, the mail storage device 1
The X receiving mode is dynamically switched to start communication with the facsimile 11. Note that the voice data starts to be accumulated when the handset of the telephone 4 is hooked up.
When "*" is detected, it is recognized as "facsimile storage", so the voice data stored up to that point becomes invalid and is discarded.
【0074】ファクシミリ通信が開始されると、メール
蓄積装置1は、受信したファクシミリ・データを蓄積す
る。ファクシミリ通信が終了した時点で、先と同様に
「MM月DD日HH時MM分にファクシミリを受信しま
した。」と言う旨の音声メッセージがファクシミリ・メ
ールと連動して登録され、また、同時に、「この文書の
発信者はXXXXです。」という発信者を特定する付帯
情報の音声メッセージがメールボックスに登録される。
When the facsimile communication is started, the mail storage device 1 stores the received facsimile data. When the facsimile communication is completed, a voice message stating, "A facsimile was received at MM, DD, HH, MM," was registered in conjunction with the fax and mail, and at the same time. A voice message of incidental information identifying the sender "The sender of this document is XXX." Is registered in the mailbox.
【0075】こうした機能を実現するため、メール蓄積
装置1の各部は、次のように動作する。先ず、ファクシ
ミリ11からの呼出しに応じて、メール蓄積装置1の回線
接続端子2に起動が掛かる。この起動信号は、回線接続
端子2に接続する回線制御部12から電話接続端子3を経
由して電話機4に伝えられ、電話機4を呼出す。電話機
4の受話器を上げると電話機9と電話機4との通話路が
形成され、通話が可能となる。電話機4の受話器が上げ
られたとき、回線制御部12は、フックアップを検出し、
フックアップ検出信号をメール制御部24に出力する。メ
ール制御部24は、これを感知して、音声データ蓄積処理
部17に音声蓄積開始指令を出し、同時にDTMF検出部
15にDTMF検出開始指令を出す。一方、ファクシミリ
11は自動発信ファクシミリであるため、回線に対しては
CNG信号を送出し、通話にはならない。この場合、受
話者は、電話機4の「2」「*」のボタンを順次押下げ
る。このボタン操作で出力されたDTMF信号は、DT
MF検出部15で検出され、検出結果を表わす数値情報が
メール制御部24に出力される。メール制御部24は、DT
MF検出部15の検出した「2」「*」が“ファクシミリ
・データ蓄積”モードを表していると解読し、関係する
部位に対して次の指令を与える。
In order to realize such a function, each unit of the mail storage device 1 operates as follows. First, in response to a call from the facsimile 11, the line connection terminal 2 of the mail storage device 1 is activated. The activation signal is transmitted from the line control unit 12 connected to the line connection terminal 2 to the telephone 4 via the telephone connection terminal 3 to call the telephone 4. When the handset of the telephone 4 is lifted, the communication path between the telephone 9 and the telephone 4 is formed, and the telephone communication becomes possible. When the handset of the telephone 4 is lifted, the line control unit 12 detects hookup,
The hookup detection signal is output to the mail control unit 24. The mail control unit 24 detects this and issues a voice accumulation start command to the voice data accumulation processing unit 17, and at the same time, the DTMF detection unit.
Issue a DTMF detection start command to 15. On the other hand, a facsimile
Since 11 is an automatic transmission facsimile, it sends a CNG signal to the line and does not make a call. In this case, the listener sequentially pushes down the “2” and “*” buttons on the telephone 4. The DTMF signal output by this button operation is
Numerical information that is detected by the MF detection unit 15 and indicates the detection result is output to the mail control unit 24. The mail control unit 24 is DT
The "2" and "*" detected by the MF detection unit 15 are interpreted as indicating the "facsimile data storage" mode, and the following commands are given to the relevant parts.
【0076】先ず、メール制御部24は、音声データ蓄積
処理部17に対して音声蓄積停止指令を出して、音声蓄積
部21への音声蓄積動作を停止させる。音声データ蓄積処
理部17は、音声データ格納アドレスをメール制御部24に
出力するが、しかし、メール制御部24は、それまでに蓄
積した音声データを無効データと判断し、その音声デー
タを破棄する。次にメール制御部24は、DTMF検出部
15にDTMF検出停止指令を出し、DTMF信号の検出
動作を停止させる。さらに、メール制御部24は、ファク
シミリ通信制御部14にファクシミリ受信開始指令を出
し、同時にファクシミリ蓄積処理部18にファクシミリ・
データ蓄積開始指令を出す。
First, the mail control unit 24 issues a voice storage stop command to the voice data storage processing unit 17 to stop the voice storage operation to the voice storage unit 21. The voice data storage processing unit 17 outputs the voice data storage address to the mail control unit 24. However, the mail control unit 24 determines that the voice data stored up to that time is invalid data and discards the voice data. . Next, the mail control unit 24 uses the DTMF detection unit.
A DTMF detection stop command is issued to 15 to stop the DTMF signal detection operation. Further, the mail control unit 24 issues a facsimile reception start command to the facsimile communication control unit 14, and at the same time, causes the facsimile storage processing unit 18 to perform facsimile transmission.
Issue a data accumulation start command.
【0077】ファクシミリ受信開始指令を受けたファク
シミリ通信制御部14は、自動受信動作を開始し、CED
信号を回線制御部12を経由して回線に送出する。ファク
シミリ11は、このCED信号を検出し、ファクシミリ通
信が実行される。ファクシミリ通信が開始され、ファク
シミリ・データが受信されると、ファクシミリ通信制御
部14は、受信したファクシミリ・データを順次ファクシ
ミリ・データ蓄積処理部18に出力し、ファクシミリ・デ
ータ蓄積処理部18は、これをファクシミリ・データ蓄積
部22に蓄積する。ファクシミリ11とメール蓄積装置1と
の間のファクシミリ通信が終了すると、ファクシミリ通
信制御部14は、メール制御部24にファクシミリ通信終了
信号を出力する。このとき、相手ファクシミリ11から受
信したCSI情報も同時にメール制御部24に出力する。
この情報は後に発信者を特定するための付帯情報として
使用される。
Upon receiving the facsimile reception start command, the facsimile communication control unit 14 starts the automatic reception operation, and the CED
The signal is sent to the line via the line control unit 12. The facsimile 11 detects the CED signal and the facsimile communication is executed. When the facsimile communication is started and the facsimile data is received, the facsimile communication control unit 14 sequentially outputs the received facsimile data to the facsimile data storage processing unit 18, and the facsimile data storage processing unit 18 Is stored in the facsimile / data storage unit 22. When the facsimile communication between the facsimile 11 and the mail storage device 1 is completed, the facsimile communication control unit 14 outputs a facsimile communication end signal to the mail control unit 24. At this time, the CSI information received from the partner facsimile machine 11 is also output to the mail control unit 24 at the same time.
This information will be used later as additional information for identifying the sender.
【0078】メール制御部24は、これらの情報を受ける
と、回線制御部12に回線切断指令を出し、同時にファク
シミリ・データ蓄積処理部18にファクシミリ・データ蓄
積停止指令を出す。停止指令を受けたファクシミリ・デ
ータ蓄積処理部17は、ファクシミリ・データ蓄積部22へ
の蓄積動作を停止し、ファクシミリ・データ格納アドレ
スをメール制御部24に出力する。メール制御部24は、そ
れまでに蓄積したファクシミリ・データを有効データと
判断し、ファクシミリ・メールとして管理するためにメ
ールボックス管理部19に対して、ファクシミリ・メール
管理データ書込み指令を出す。このとき、ファクシミリ
・データ格納アドレスを同時にメールボックス管理部19
に渡す。メールボックス管理部19は、メールボックス管
理番号を生成し、これをキーにして、メール制御部24よ
り受取ったファクシミリ・データ格納アドレスおよび受
付月日、受付時刻などファクシミリメールの管理に必要
な情報をメールボックス・データ蓄積部23の該当する領
域に格納する。
When the mail control unit 24 receives these pieces of information, it issues a line disconnection command to the line control unit 12 and at the same time issues a facsimile / data storage stop command to the facsimile / data storage processing unit 18. Upon receiving the stop command, the facsimile / data storage processing unit 17 stops the storage operation in the facsimile / data storage unit 22 and outputs the facsimile / data storage address to the mail control unit 24. The mail control unit 24 determines that the facsimile data accumulated so far is valid data, and issues a facsimile / mail management data write command to the mailbox management unit 19 to manage it as a facsimile mail. At this time, the fax / data storage address is simultaneously set to the mailbox management unit 19
Pass to. The mailbox management unit 19 generates a mailbox management number, and uses this as a key to store the information necessary for managing the facsimile mail, such as the facsimile / data storage address received from the mail control unit 24, the reception date, and the reception time. The data is stored in the corresponding area of the mailbox / data storage unit 23.
【0079】次に、メール制御部24は、音声ガイダンス
処理部16に対して、発信者を特定するための付帯情報を
渡し、音声データ化を促す音声発生指令を出力する。こ
の付帯情報は、先にファクシミリ通信制御部14より出力
されたCSI情報、受信完了月日時刻、受信頁数等であ
り、「MM月DD日HH時MM分にファクシミリをP頁
受信しました。この文書の発信者はXXXXです。」と
いう内容のメッセージを作る上での基礎データである。
音声ガイダンス処理部16は、メール制御部24より受取っ
た付帯情報を文字に分解し、個々に対応する音声データ
を音声ガイダンス蓄積部20から順次読みだす。これらの
データは、音声変換部13および音声データ蓄積処理部17
を経由して音声データ蓄積部21に蓄積される。
Next, the mail control unit 24 passes the incidental information for specifying the sender to the voice guidance processing unit 16 and outputs a voice generation command for prompting conversion to voice data. This supplementary information includes the CSI information previously output from the facsimile communication control unit 14, the reception completion date and time, the number of pages received, etc. The sender of this document is XXX. "This is the basic data for creating a message with the content.
The voice guidance processing unit 16 decomposes the incidental information received from the mail control unit 24 into characters, and sequentially reads the voice data corresponding to each from the voice guidance storage unit 20. These data are stored in the voice conversion unit 13 and the voice data storage processing unit 17
It is stored in the voice data storage unit 21 via the.
【0080】音声データの蓄積動作が完了すると、音声
データ蓄積処理部17は、音声データ格納アドレスをメー
ル制御部24に出力する。メール制御部24は、この音声デ
ータを、先に作成したファクシミリ・メールと連動して
管理できるようにするため、メールボックス管理部19に
対して音声メール管理データ書込み指令を出す。同時
に、メールボックス管理部19に、音声データ格納アドレ
スと、ファクシミリ・メール作成時にメールボックス管
理部19より出力されたメールボックス管理番号とを渡
す。メールボックス管理部19は、メールボックス管理番
号をキーにして、メール制御部24より受取った音声デー
タ格納アドレスおよび受付月日、受付時刻など音声メー
ルの管理に必要な情報をメールボックスデータ蓄積部23
の該当する領域に格納する。最後に、メール制御部24
は、音声メールおよびファクシミリメールが登録された
ことを登録状況出力部25を経由して、登録状況出力端子
5へ出力する。
When the voice data storage operation is completed, the voice data storage processing section 17 outputs the voice data storage address to the mail control section 24. The mail control unit 24 issues a voice mail management data write command to the mailbox management unit 19 so that the voice data can be managed in conjunction with the previously created facsimile mail. At the same time, the voice data storage address and the mailbox management number output from the mailbox management unit 19 when the facsimile / mail is created are passed to the mailbox management unit 19. Using the mailbox management number as a key, the mailbox management unit 19 stores the information necessary for voice mail management, such as the voice data storage address received from the mail control unit 24, the reception date and the reception time, in the mailbox data storage unit 23.
Store in the corresponding area of. Finally, the mail control unit 24
Outputs to the registration status output terminal 5 via the registration status output unit 25 that the voice mail and the facsimile mail have been registered.
【0081】このように、ファクシミリ・データを単独
で受信する場合には、第4実施例の機能により、ファク
シミリ・データの蓄積に連動して、発信者を特定する付
帯情報が音声データの形で蓄積される。この音声データ
は、後に音声メールを遠隔地の電話機を使って取出した
際に、誰から何時頃FAXを受信したという情報として
聞くことができる。
As described above, when facsimile data is received by itself, by the function of the fourth embodiment, the incidental information for identifying the sender is in the form of voice data in association with the accumulation of facsimile data. Accumulated. This voice data can be heard as information from whom and when the FAX was received when the voice mail was retrieved later using the telephone at the remote place.
【0082】[0082]
【発明の効果】以上の実施例の説明から明らかなよう
に、本発明のメール蓄積装置は、電話機付きファクシミ
リから、1回線を使って、同一呼内に送られてくる音声
データおよびファクシミリ・データを、それぞれ関連付
けてメールボックスに蓄積することができる。また、こ
の音声データおよびファクシミリ・データの中から、蓄
積する必要があるものと蓄積する必要がないものとを簡
単な操作で自由に選択することができる。
As is apparent from the above description of the embodiments, the mail storage device of the present invention is capable of transmitting voice data and facsimile data sent from a facsimile with a telephone to the same call using one line. Can be associated with each other and stored in the mailbox. Further, it is possible to freely select, from the voice data and the facsimile data, data that needs to be stored and data that need not be stored by a simple operation.
【0083】また、電話機の付属していないファクシミ
リ等から送られてくるファクシミリ・データを単独で蓄
積することも可能である。この場合には、受信したファ
クシミリ・データの属性を表わす音声ガイダンス等を作
成し、ファクシミリ・データと関連付けてメールボック
スに蓄積しているため、利用者は、音声メールによっ
て、メールボックスの全てのデータの登録状況を知るこ
とができる。
Further, it is also possible to independently store facsimile data sent from a facsimile or the like which is not attached to a telephone. In this case, the voice guidance that indicates the attributes of the received fax data is created and stored in the mailbox in association with the fax data. Therefore, the user uses voice mail to store all the data in the mailbox. You can know the registration status of.
【0084】また、メールボックスの登録状況を表わす
情報が外部にも出力されるため、利用者は、外部表示装
置等を通じてメールボックスの登録状況を知ることがで
き、また、この情報に基づいてポケットベル等を鳴らす
ことにより、利用者は、メールボックスに素早くアクセ
スすることが可能となる。
Since the information indicating the registration status of the mailbox is output to the outside, the user can know the registration status of the mailbox through an external display device or the like, and based on this information, the pocket can be checked. By ringing a bell or the like, the user can quickly access the mailbox.
【図面の簡単な説明】[Brief description of drawings]
【図1】本発明の実施例におけるメール蓄積装置の構成
を示すブロック図、
FIG. 1 is a block diagram showing the configuration of a mail storage device according to an embodiment of the present invention,
【図2】実施例のメール蓄積装置を含むシステムの構成
図、
FIG. 2 is a configuration diagram of a system including a mail storage device according to an embodiment,
【図3】前記装置のファクシミリ通信制御部における構
成を示すブロック図、
FIG. 3 is a block diagram showing a configuration of a facsimile communication control unit of the apparatus,
【図4】従来のメール蓄積装置の構成を示すブロック図
である。
FIG. 4 is a block diagram showing a configuration of a conventional mail storage device.
【符号の説明】[Explanation of symbols]
1 メール蓄積装置 2 回線接続端子 3 電話接続端子 4、8、56、57 電話機 5 登録状況出力端子 6 外部表示装置 7、51 交換機 9 ファクシミリ付属電話機 10 ファクシミリ(電話機付属) 11、62 ファクシミリ(電話機付属なし) 12 回線制御部 13 音声変換部 14 ファクシミリ通信制御部 15 DTMF検出部 16 音声ガイダンス処理部 17 音声データ蓄積処理部 18 ファクシミリ・データ蓄積処理部 19 メールボックス管理部 20 音声ガイダンス蓄積部 21 音声データ蓄積部 22 ファクシミリ・データ蓄積部 23 メールボックスデータ蓄積部 24 メール制御部 25 登録状況出力部 41 CNG検出部 42 モデム部 43 CED検出部 44 プロトコル制御部 45 ブロック制御部 52 局線トランク 53 専用線トランク 54、55 加入者回路 58 音声蓄積制御装置 59 付加情報制御装置 60 ファクシミリ制御装置 61 音声蓄積装置 63 文書画蓄積装置 1 mail storage device 2 line connection terminal 3 telephone connection terminal 4, 8, 56, 57 telephone 5 registration status output terminal 6 external display device 7, 51 switch 9 facsimile attached telephone 10 facsimile (telephone attached) 11,62 facsimile (telephone attached None) 12 Line control unit 13 Voice conversion unit 14 Facsimile communication control unit 15 DTMF detection unit 16 Voice guidance processing unit 17 Voice data storage processing unit 18 Facsimile / data storage processing unit 19 Mailbox management unit 20 Voice guidance storage unit 21 Voice data Storage unit 22 Facsimile / data storage unit 23 Mailbox data storage unit 24 Mail control unit 25 Registration status output unit 41 CNG detection unit 42 Modem unit 43 CED detection unit 44 Protocol control unit 45 Block control unit 52 Station line trunk 53 Private line trunk 54, 55 Subscriber circuit 58 Voice storage controller 59 Additional information controller 60 Accimili control device 61 Voice storage device 63 Document image storage device

Claims (6)

    【特許請求の範囲】[Claims]
  1. 【請求項1】 音声データおよびファクシミリ・データ
    の蓄積・取出しが可能なメール蓄積装置において、 前記メール蓄積装置の回線接続を制御する回線制御手段
    と、 受信したDTMF信号を検出するDTMF検出手段と、 ファクシミリ通信の制御を行なうファクシミリ通信制御
    手段と、 ファクシミリ・データの蓄積・取出しを制御するファク
    シミリ・データ蓄積処理手段と、 ファクシミリ・データを蓄積するファクシミリ・データ
    蓄積手段と、 音声信号のアナログ/ディジタル変換を行なう音声変換
    手段と、 ディジタル化された音声データの蓄積・取出しを制御す
    る音声データ蓄積処理手段と、 ディジタル化された音声データを蓄積する音声データ蓄
    積手段と、 同一呼内で蓄積した音声データとファクシミリ・データ
    とを同一ボックスのデータとして一元管理するメールボ
    ックス管理手段と、 前記DTMF信号の表わす動作モードに従って前記各手
    段の動作を制御するメール制御手段とを備えることを特
    徴とするメール蓄積装置。
    1. A mail storage device capable of storing and retrieving voice data and facsimile data, a line control means for controlling a line connection of the mail storage device, and a DTMF detection means for detecting a received DTMF signal. Facsimile communication control means for controlling facsimile communication, facsimile data storage processing means for controlling storage / retrieval of facsimile data, facsimile data storage means for storing facsimile data, and analog / digital conversion of voice signals Audio conversion means for performing, audio data storage processing means for controlling storage and retrieval of digitized audio data, audio data storage means for storing digitized audio data, and audio data stored in the same call And fax / data in the same box A mail storage device comprising: a mail box management unit that manages the data as a unit and data; and a mail control unit that controls the operation of each unit according to the operation mode represented by the DTMF signal.
  2. 【請求項2】 前記メール制御手段が、起呼者または被
    呼者の電話機から送信された前記DTMF信号に基づい
    て、同一呼の中で、音声通話動作からファクシミリ通信
    動作への切替えを制御することを特徴とする請求項1に
    記載のメール蓄積装置。
    2. The mail control means controls switching from a voice call operation to a facsimile communication operation in the same call, based on the DTMF signal transmitted from a telephone set of a calling party or a called party. The mail storage device according to claim 1, wherein the mail storage device is a mail storage device.
  3. 【請求項3】 前記メール制御手段が、起呼者または被
    呼者の電話機から送信された前記DTMF信号に基づい
    て、同一呼の中で、ファクシミリ通信動作から音声通話
    動作への切替えを制御することを特徴とする請求項1に
    記載のメール蓄積装置。
    3. The mail control means controls switching from a facsimile communication operation to a voice communication operation in the same call based on the DTMF signal transmitted from the telephone set of the calling party or the called party. The mail storage device according to claim 1, wherein the mail storage device is a mail storage device.
  4. 【請求項4】 前記メール制御手段が、起呼者または被
    呼者の電話機から送信された前記DTMF信号に基づい
    て、前記音声データまたはファクシミリ・データの蓄積
    を無効にする制御を行なうことを特徴とする請求項1に
    記載のメール蓄積装置。
    4. The mail control means controls to invalidate the accumulation of the voice data or the facsimile data based on the DTMF signal transmitted from the telephone set of the calling party or the called party. The mail storage device according to claim 1.
  5. 【請求項5】 ファクシミリ・データの蓄積を教える音
    声データを作成する音声データ作成手段を設け、ファク
    シミリ・データだけの蓄積が行なわれるとき、前記メー
    ルボックス管理手段が、このファクシミリ・データと前
    記音声データ作成手段によって作成された音声データと
    を同一ボックスのデータとして一元管理することを特徴
    とする請求項1に記載のメール蓄積装置。
    5. A voice data creating means for creating voice data for instructing the storage of facsimile data is provided, and when only the facsimile data is stored, the mailbox management means stores the facsimile data and the voice data. The mail storage device according to claim 1, wherein the voice data created by the creating means is centrally managed as data in the same box.
  6. 【請求項6】 メールボックスにおけるデータ蓄積の有
    無を出力する登録状況出力手段を設けたことを特徴とす
    る請求項1に記載のメール蓄積装置。
    6. The mail storage device according to claim 1, further comprising registration status output means for outputting the presence or absence of data storage in the mailbox.
JP6027573A 1994-02-01 1994-02-01 Mail storage device Pending JPH07221910A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6027573A JPH07221910A (en) 1994-02-01 1994-02-01 Mail storage device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6027573A JPH07221910A (en) 1994-02-01 1994-02-01 Mail storage device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07221910A true JPH07221910A (en) 1995-08-18

Family

ID=12224752

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6027573A Pending JPH07221910A (en) 1994-02-01 1994-02-01 Mail storage device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07221910A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100421015B1 (en) * 2001-08-29 2004-03-04 삼성전자주식회사 Internet facsimile providing voice mail

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100421015B1 (en) * 2001-08-29 2004-03-04 삼성전자주식회사 Internet facsimile providing voice mail

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5631745A (en) Multi-function telecommunications instrument
US20030112938A1 (en) Telephone answering machine and method employing caller identification data
JPH0620211B2 (en) Mail service system
JP3114567B2 (en) Facsimile machine
JP2001230885A (en) Method and system for replying voice mail with remarks
US20050100138A1 (en) Telephone call management
JP2008085901A (en) Telephone switching system, and service provision method for use in the same telephone switching system
KR100710138B1 (en) Telephone message procsssing system in wire/wireless communication network and telephone message procsssing method using the same
JPH07221910A (en) Mail storage device
KR20040009121A (en) Apparatus and Method for Processing Call using of VoIP gateway
JPH11164041A (en) Voice mail server system
JP3175880B2 (en) Telephone terminal device that can send mail
KR20020018351A (en) Automatic electronic mail delivering and voice answering method in simple electronic exchange and thereof apparatus
JP3147822B2 (en) Voice mail communication system
JP3210937B2 (en) Voice mail service system and voice mail service method
KR100407135B1 (en) VMS(Voice Mail System) and Control Method thereof Using Caller ID
JP2001346236A (en) Voice response telephone call transfer system
JP3947874B2 (en) How to check for telephone exchanges and voicemail messages
JP3427976B2 (en) Communication terminal device
KR20000001056A (en) Method informing message receipt rejection of extension member in private exchanger
JP2004297317A (en) Telephone
JPH0522428A (en) Multifunction telephone set control system for private branch exchange
JPH11136361A (en) Communciation controller and communication control method
JP2001053885A (en) Absence responding system
JPH08214083A (en) Communication terminal equipment