JPH06304842A - Coolant supplier - Google Patents

Coolant supplier

Info

Publication number
JPH06304842A
JPH06304842A JP11647193A JP11647193A JPH06304842A JP H06304842 A JPH06304842 A JP H06304842A JP 11647193 A JP11647193 A JP 11647193A JP 11647193 A JP11647193 A JP 11647193A JP H06304842 A JPH06304842 A JP H06304842A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
coolant
supply
reservoir
stage
chamber
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP11647193A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Akinori Yamazaki
昭紀 山崎
Mitsunori Yoshihara
光則 吉原
Original Assignee
Miyano:Kk
株式会社ミヤノ
Shinano Kiko Kk
信濃機工株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Miyano:Kk, 株式会社ミヤノ, Shinano Kiko Kk, 信濃機工株式会社 filed Critical Miyano:Kk
Priority to JP11647193A priority Critical patent/JPH06304842A/en
Publication of JPH06304842A publication Critical patent/JPH06304842A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

PURPOSE:To decrease a number of part items and a cost of manufacture while miniaturizing a device by integrally providing a coolant reservoir part and a coolant delivery source. CONSTITUTION:A coolant supplier 10 has, in a main unit side, a coolant reservoir part 20 for storing a coolant C and a piston pump 30 (coolant delivery source, reciprocating pump) for delivering the coolant C, stored in this coolant reservoir part 20, to a side of a machine tool 1 through a coolant supply route 40. This piston pump 30 is fixed to a side surface wall of the coolant reservoir part 20, and in the coolant supplier 10, the piston pump 30 and the coolant reservoir part 20 are formed into an integral type. Accordingly, a pressure drop in a route therebetween is decreased, to eliminate necessity for using a superhigh pressure pump in a delivery side of the coolant.

Description

【発明の詳細な説明】Detailed Description of the Invention
【0001】[0001]
【産業上の利用分野】本発明は、NC旋盤などの工作機
械にクーラントを供給するためのクーラント供給装置に
関する。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention relates to a coolant supply device for supplying coolant to a machine tool such as an NC lathe.
【0002】[0002]
【従来の技術】工作機械による加工の自動化を進めるに
は、工具の長寿命化を図ると共に、絡まった切屑を効率
よく排除する必要がある。そこで、工具に向けて超高圧
のクーラントを供給することによって、工具の寿命を延
ばすと共に、難削材の切屑を強制的に破砕して排出しや
すくする高圧クーラント供給装置が開発されており、そ
の代表的なものを図8に示す。この装置は、クーラント
を貯留しておくためのクーラント貯留部80と、このク
ーラント貯留部80とは別体の超高圧ポンプ90とを組
み合わせて構成されている。ここで、超高圧ポンプ90
は、内部に微細な切屑が混入しただけでも、吐出圧が低
下するだけでなく、それ自身が損傷する場合もある。こ
のため、クーラントを工作機械の側から還流させて再使
用可能とするには、クーラント貯留部80の側に高性能
の異物除去装置が必要であり、図8に示す装置では、ク
ーラント貯留部80を複数のクーラント室81、82、
83に分割し、前段から後段に向かってクーラントを送
りポンプ88で圧送する際にフィルタ84、85に通し
ている。
2. Description of the Related Art In order to promote automation of machining by a machine tool, it is necessary to extend the life of a tool and efficiently eliminate entangled chips. Therefore, by supplying ultra-high pressure coolant to the tool, a high pressure coolant supply device has been developed that extends the life of the tool and forcibly crushes and discharges chips of difficult-to-cut materials. A typical one is shown in FIG. This device is configured by combining a coolant storage section 80 for storing coolant and an ultrahigh pressure pump 90 which is a separate body from the coolant storage section 80. Here, the ultra-high pressure pump 90
Even if only minute chips are mixed inside, not only the discharge pressure is lowered, but also itself may be damaged. Therefore, in order to recirculate the coolant from the machine tool side so that it can be reused, a high-performance foreign matter removing device is required on the coolant storage part 80 side. In the device shown in FIG. A plurality of coolant chambers 81, 82,
It is divided into 83 and is passed through the filters 84 and 85 when the coolant is pumped by the pump 88 from the front stage to the rear stage.
【0003】[0003]
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来の
クーラント供給装置100においては、クーラント貯留
部80と超高圧ポンプ90とが別体であるため、大きな
装置であると共に、部品点数が多いので、安価なものを
提供できないという問題点がある。
However, in the conventional coolant supply device 100, the coolant reservoir 80 and the ultra-high pressure pump 90 are separate units, which is a large device and has a large number of parts. There is a problem that it is not possible to provide such products.
【0004】また、難削材の切屑を強制的に破砕する目
的に構成されていることに加えて、クーラント貯留部8
0と超高圧ポンプ90とが別体であって、それらの間の
経路91に起因する圧力損失を補う必要があることか
ら、超高圧ポンプ90に高性能のものが使用されてい
る。しかも、超高圧ポンプ90に高い吐出圧を求める
程、クーラント貯留部80の側に高い異物除去能力が求
められるため、クーラント室を増やして濾過回数を多く
する必要があり、装置の小型化および低価格化が困難で
ある。
In addition to the purpose of forcibly crushing the chips of difficult-to-cut materials, the coolant reservoir 8
0 and the ultra-high pressure pump 90 are separate bodies, and it is necessary to compensate for the pressure loss due to the path 91 between them, so that the ultra-high pressure pump 90 of high performance is used. Moreover, the higher the discharge pressure required for the ultra-high pressure pump 90, the higher the foreign matter removal capability required on the coolant reservoir 80 side. Therefore, it is necessary to increase the number of coolant chambers and increase the number of filtrations. Price is difficult.
【0005】以上の問題点に鑑みて、本発明の課題は、
小型化および低価格化が可能なクーラント供給装置を提
供することにある。
In view of the above problems, the object of the present invention is to
An object of the present invention is to provide a coolant supply device capable of downsizing and cost reduction.
【0006】[0006]
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため
に、本発明に係るクーラント供給装置は、工具の寿命を
延ばすと共に、切屑の破砕を促進するための装置であっ
て、図1に示すように、工作機械1に供給されるクーラ
ントCを貯留しておくクーラント貯留部20と、このク
ーラント貯留部20と一体に設けられ、そこに貯留され
ているクーラントCを吐出するための高圧のクーラント
吐出源、たとえば、ピストンポンプ30(往復ポンプ)
と、このピストンポンプ30から吐出されたクーラント
Cが通るクーラント供給経路40とを設けてある。すな
わち、本発明のクーラント供給装置10は、クーラント
貯留部20とクーラント吐出源(ピストンポンプ30)
とが一体であることに特徴を有する。
In order to solve the above problems, a coolant supply device according to the present invention is a device for extending the life of a tool and for promoting the crushing of chips, and is shown in FIG. As described above, the coolant reservoir 20 that stores the coolant C supplied to the machine tool 1 and the high-pressure coolant that is provided integrally with the coolant reservoir 20 and discharges the coolant C stored therein. Discharge source, for example, piston pump 30 (reciprocating pump)
And a coolant supply path 40 through which the coolant C discharged from the piston pump 30 passes. That is, the coolant supply device 10 of the present invention includes the coolant reservoir 20 and the coolant discharge source (piston pump 30).
The feature is that and are integrated.
【0007】ここで、クーラント貯留部20には、上方
側のクーラント入口から下方側のクーラント出口までの
間に多段に区画形成された複数のクーラント室21、2
2、23と、その上段側のクーラント室から下段側のク
ーラント室に向かって自重によって落下するクーラント
Cから切屑などの異物を除去する異物除去手段50を設
けることが好ましい。ここで、異物除去手段50として
は、クーラントC中の異物を濾過分別するフィルタ51
(濾過手段)、クーラントC中の金属屑を磁力により吸
着して除去するマグネットセパレータ53、スラッジコ
レクタ54などの異物吸着手段を用いることができる。
Here, in the coolant reservoir 20, a plurality of coolant chambers 21 and 2 are formed in multiple stages from the coolant inlet on the upper side to the coolant outlet on the lower side.
It is preferable to provide foreign matter removing means 50 that removes foreign matter such as chips from the coolant C that drops due to its own weight from the coolant chambers 2 and 23 and the coolant chamber on the upper side toward the coolant chamber on the lower side. Here, as the foreign matter removing means 50, a filter 51 for filtering and separating foreign matter in the coolant C is used.
(Filtering means), foreign matter adsorbing means such as a magnet separator 53 and a sludge collector 54 for adsorbing and removing metal scraps in the coolant C by magnetic force can be used.
【0008】本発明においては、クーラントCの吐出の
開始および停止を応答よく制御できるように、クーラン
ト供給経路40を開閉してクーラントCの供給動作およ
び停止動作を制御する経路開閉手段、たとえばエアーオ
ンオフバルブ60を設けることが好ましい。
In the present invention, route opening / closing means for controlling the supply and stop operations of the coolant C by opening and closing the coolant supply route 40 so that the start and stop of the discharge of the coolant C can be responsively controlled, for example, air on / off. It is preferable to provide the valve 60.
【0009】[0009]
【作用】本発明に係るクーラント供給装置10において
は、クーラント貯留部20とクーラント吐出源(ピスト
ンポンプ30)とを一体にしてあるため、装置の小型化
を図れる。また、部品点数を削減しやすいので、製造コ
ストを低減できる。さらに、本発明に係るクーラント供
給装置10は、工具の長寿命化と切屑の破砕を促進する
ことに目的を設定してある。それに加えて、クーラント
貯留部20とクーラント吐出源とが一体に形成され、そ
れらの間の経路に起因する圧力損失が小さいことから、
クーラント吐出源に高価な超高圧ポンプが用いる必要が
ない。従って、ピストンポンプ30のように、細かな切
屑が混入しても大きな支障のないタイプのポンプを用い
ることができるため、フィルタ51、マグネットセパレ
ータ53などの小型で安価な異物除去手段で充分であ
る。
In the coolant supply device 10 according to the present invention, since the coolant reservoir 20 and the coolant discharge source (piston pump 30) are integrated, the size of the device can be reduced. Moreover, since the number of parts can be easily reduced, the manufacturing cost can be reduced. Further, the coolant supply device 10 according to the present invention has an object to prolong the life of the tool and promote the crushing of chips. In addition to that, since the coolant reservoir 20 and the coolant discharge source are integrally formed, and the pressure loss due to the path between them is small,
There is no need to use an expensive ultra-high pressure pump as the coolant discharge source. Therefore, since it is possible to use a pump such as the piston pump 30 that does not cause a great problem even if fine chips are mixed in, a small and inexpensive foreign matter removing means such as the filter 51 and the magnet separator 53 is sufficient. .
【0010】また、本発明において、クーラント貯留部
20に多段のクーラント室21、22、23を設け、ク
ーラントCが下段側に溢れ落ちることを利用してクーラ
ントCを移動させ、その途中でクーラントCから異物を
除去する構成を採用した場合には、クーラント貯留部2
0内でクーラントCを移送するための送りポンプが不要
である。
Further, in the present invention, the coolant reservoir 20 is provided with multi-stage coolant chambers 21, 22, and 23, and the coolant C is moved by utilizing the fact that the coolant C overflows to the lower stage side. If a structure for removing foreign matter from the coolant is adopted, the coolant reservoir 2
The feed pump for transferring the coolant C within 0 is unnecessary.
【0011】[0011]
【実施例】次に、図面に基づいて、本発明の実施例に係
るクーラント供給装置を説明する。
DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS Next, a coolant supply device according to an embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings.
【0012】図1は、本例のクーラント供給装置の全体
構成を示す概略構成図、図2は、その本体側の正面断面
図、図3は、その平面断面図、図4は、その側面断面
図、図5は、そのクーラント貯留部内部の平面図であ
る。
FIG. 1 is a schematic configuration diagram showing the overall configuration of the coolant supply device of this embodiment, FIG. 2 is a front sectional view of the main body side thereof, FIG. 3 is a plan sectional view thereof, and FIG. 4 is a side sectional view thereof. 5 and 5 are plan views of the inside of the coolant reservoir.
【0013】(クーラント供給装置の全体構成)これら
の図において、本例のクーラント供給装置10は、装置
本体側に、クーラントCを貯留しておくためのクーラン
ト貯留部20と、このクーラント貯留部20の貯留され
ているクーラントCをクーラント供給経路40を介して
工作機械1の側に吐出するためのピストンポンプ30
(クーラント吐出源、往復ポンプ)とを有する。ピスト
ンポンプ30は、クーラント貯留部20の側面壁203
に固定され、クーラント供給装置10は、ピストンポン
プ30とクーラント貯留部20とが一体型の装置になっ
ている。
(Overall Structure of Coolant Supplying Device) In these drawings, a coolant supplying device 10 of the present example has a coolant storing section 20 for storing a coolant C on the apparatus main body side, and this coolant storing section 20. Piston pump 30 for discharging the stored coolant C to the machine tool 1 side via the coolant supply path 40.
(Coolant discharge source, reciprocating pump). The piston pump 30 has a side wall 203 of the coolant reservoir 20.
The coolant supply device 10 is a device in which the piston pump 30 and the coolant reservoir 20 are integrated.
【0014】(クーラント貯留部の構成)クーラント貯
留部20は、SUS製の角形容器であって、その内部
は、上段のクーラント室21、中段のクーラント室2
2、下段のクーラント室23に区画されており、そのう
ちの上段のクーラント室21は、カバー204で覆われ
ている。
(Structure of Coolant Reserving Section) The coolant reserving section 20 is a rectangular container made of SUS, and the inside thereof has an upper-stage coolant chamber 21 and a middle-stage coolant chamber 2
2, the lower coolant chamber 23 is partitioned, and the upper coolant chamber 21 is covered with a cover 204.
【0015】上段のクーラント室21の側面部211に
はバルブ201(クーラント入口)が取り付けられ、こ
のバルブ201を介して、工作機械1の側からクーラン
トCが還流するようになっている。上段のクーラント室
21は、金網状の仕切り板213などで3つの空間に仕
切られており、そのうちの1つの空間には、マグネット
セパレータ53を有している。マグネットセパレータ5
3は、水平に配置されたマグネットローラ531と、そ
のローラ面に先端が接するように配置されたスキージ5
32とを有し、マグネットローラ531は、その下側が
クーラントCに浸漬する状態に配置され、駆動源(図示
せず。)からの回転駆動力によって回転可能になってい
る。スキージ532の下端側には、切屑排出部533が
設けられマグネットローラ531に付着した切屑をスキ
ージ532で掻き落として、切屑排出部533に排出可
能である。マグネットローラ531の上方位置には、押
圧ローラ535を有し、押圧ローラ535は、支持片5
37の先端側で回転可能に支持されている。支持片53
7には支持軸538を介してコイルバネ536が取り付
けられ、コイルバネ536は、押圧ローラ535をマグ
ネットローラ531の側に付勢している。ここで、コイ
ルバネ536の付勢力は、支持軸538の支持片537
に対するねじ込み量で調整可能である。
A valve 201 (coolant inlet) is attached to the side surface portion 211 of the upper coolant chamber 21, and the coolant C is circulated from the machine tool 1 side via the valve 201. The upper coolant chamber 21 is partitioned into three spaces by a wire mesh partition plate 213 and the like, and one of the spaces has a magnet separator 53. Magnet separator 5
3 is a horizontally arranged magnet roller 531 and a squeegee 5 arranged so that the tip of the magnet roller 531 is in contact with the roller surface.
32, the magnet roller 531 is disposed such that its lower side is immersed in the coolant C, and is rotatable by a rotational drive force from a drive source (not shown). A chip discharge portion 533 is provided on the lower end side of the squeegee 532, and chips attached to the magnet roller 531 can be scraped off by the squeegee 532 and discharged to the chip discharge portion 533. A pressing roller 535 is provided above the magnet roller 531.
It is rotatably supported on the tip side of 37. Support piece 53
7, a coil spring 536 is attached via a support shaft 538, and the coil spring 536 urges the pressing roller 535 toward the magnet roller 531. Here, the biasing force of the coil spring 536 causes the support piece 537 of the support shaft 538 to move.
It can be adjusted by adjusting the screwing amount.
【0016】上段のクーラント室21と中段のクーラン
ト室22とは、連通管212で接続され、クーラントC
は、上段のクーラント室21から中段のクーラント室2
2に溢れ落ちるようになっている。中段のクーラント室
22は、連通管212の出口に対応する位置にフィルタ
51を有する。このフィルタ51は、3重構造になって
おり、金属製の枠体511、512、513の下面にフ
ィルタ部材514、515、516を備える。
The upper-stage coolant chamber 21 and the middle-stage coolant chamber 22 are connected by a communication pipe 212, and the coolant C
Is from the upper coolant chamber 21 to the middle coolant chamber 2
Overflowing to 2. The middle-stage coolant chamber 22 has a filter 51 at a position corresponding to the outlet of the communication pipe 212. The filter 51 has a triple structure, and includes filter members 514, 515, and 516 on the lower surfaces of metal frames 511, 512, and 513.
【0017】中段のクーラント室22と下段のクーラン
ト室23とは、連通部222で接続され、クーラントC
は、中段のクーラント室22から下段のクーラント室2
3に溢れ落ちるようになっている。下段のクーラント室
23は、連通部222付近に設けられた支持部223
と、この支持部223に対して着脱自在なスラッジコレ
クタ54を有する。スラッジコレクタ54は、マグネッ
ト軸またはマグネット管であって、それを伝って落ちる
クーラントCおよび下段のクーラント室23に貯留する
クーラントCから金属屑を吸着して除去可能である。ま
た、スラッジコレクタ54は、支持部223に対して着
脱自在であるため、金属屑が付着した後には、支持部2
23から取外した状態で、そこに吸着している金属屑を
除去可能である。
The coolant chamber 22 in the middle stage and the coolant chamber 23 in the lower stage are connected by a communicating portion 222, and the coolant C
Is from the coolant chamber 22 in the middle stage to the coolant chamber 2 in the lower stage.
Overflowing to 3. The lower coolant chamber 23 has a support portion 223 provided near the communication portion 222.
The sludge collector 54 is detachably attached to the supporting portion 223. The sludge collector 54 is a magnet shaft or a magnet tube, and is capable of adsorbing and removing metal scraps from the coolant C that is transmitted along the magnet shaft and the coolant C that is stored in the lower coolant chamber 23. Further, since the sludge collector 54 is detachable from the supporting portion 223, the sludge collector 54 can be attached to and detached from the supporting portion 2 after the metal dust is attached.
In the state of being removed from 23, it is possible to remove the metal scraps adsorbed there.
【0018】下段のクーラント室23には、その底面側
にL字形の配管231が設けられ、配管231は、下段
のクーラント室23の側面壁232にクーラント出口2
02として開口している。また、配管231は、その基
端側が3つに分岐し、それぞれの端部にサクションフィ
ルタ52を備える。下段のクーラント室23の側方位置
には、その内部に連通する空間71があり、そこには、
下段のクーラント室23の液位を監視するフロートスイ
ッチ72が設けられている。
An L-shaped pipe 231 is provided on the bottom surface side of the lower coolant chamber 23, and the pipe 231 is connected to the side wall 232 of the lower coolant chamber 23 to the coolant outlet 2
It is opened as 02. Further, the pipe 231 is branched into three at the base end side, and the suction filter 52 is provided at each end. At a lateral position of the lower coolant chamber 23, there is a space 71 communicating with the inside thereof,
A float switch 72 for monitoring the liquid level in the lower coolant chamber 23 is provided.
【0019】(クーラント吐出源およびクーラント供給
経路の構成)下段のクーラント室23のクーラント出口
202は、クーラント吸入経路300を介してピストン
ポンプ30の吸入口311に接続されている。ピストン
ポンプ30は、モータ32からの回転駆動力が動力伝達
ベルト321およびピストン・クランク機構322を介
して単数または複数のプランジャに伝達されてクーラン
トCを高圧で吐出する。ここで、ピストンポンプ30
は、ポンプ本体31およびモータ32がクーラント貯留
部20の側面壁203に上下に固定されて、ピストンポ
ンプ30とクーラント貯留部20とが一体になってい
る。このため、クーラント吸入経路300の配管距離が
短いと共に、クーラント供給装置10の幅寸法が小さく
なっている。なお、ピストンポンプ30の側方位置に
は、側面カバー33を有する。
(Structure of Coolant Discharge Source and Coolant Supply Route) The coolant outlet 202 of the lower coolant chamber 23 is connected to the suction port 311 of the piston pump 30 through the coolant suction route 300. In the piston pump 30, the rotational driving force from the motor 32 is transmitted to one or a plurality of plungers via the power transmission belt 321 and the piston / crank mechanism 322, and the coolant C is discharged at high pressure. Here, the piston pump 30
The pump main body 31 and the motor 32 are vertically fixed to the side wall 203 of the coolant reservoir 20, so that the piston pump 30 and the coolant reservoir 20 are integrated. For this reason, the piping distance of the coolant suction path 300 is short, and the width dimension of the coolant supply device 10 is small. A side cover 33 is provided at a lateral position of the piston pump 30.
【0020】ピストンポンプ30の吐出口34には、ク
ーラント供給経路40が接続され、このクーラント供給
経路40の途中位置には、クーラント供給経路40を開
閉してクーラントCの供給動作および停止動作を制御す
るエアーオンオフバルブ60(経路開閉手段)が介挿さ
れている。クーラント供給経路40は、その先端側が工
作機械1のタレットヘッド2にまで延設されている。
A coolant supply path 40 is connected to the discharge port 34 of the piston pump 30, and the coolant supply path 40 is opened and closed at an intermediate position of the coolant supply path 40 to control the supply operation and the stop operation of the coolant C. An air on / off valve 60 (path opening / closing means) is inserted. The coolant supply path 40 has its tip end side extended to the turret head 2 of the machine tool 1.
【0021】本例では、クーラント供給経路40の先端
側において、工作機械1のタレットヘッド2を改造し、
図6に示すように、タレットヘッド2のツールホルダー
2aの側のブシュ5などにノズル3を組み込んであり、
ノズル3の先端は、工具4と被加工物Wとの加工点Pに
向かっている。クーラント供給経路40の先端側は、タ
レットボックス2bの側に固定されており、その開口端
40aは、タレットヘッド2の側の通路41の開口端4
1aに接続した状態にある。このため、ノズル3は、ク
ーラント供給経路40および通路41を介して供給され
たクーラントCを加工点Pに向けて直接に吐出可能であ
る。ここで、タレットヘッド2には、工具の取り付け位
置毎に通路およびノズルが設けられている。使用する工
具を変更するときには、図6に示す状態から、タレット
ヘッド2が矢印Bの方向に一旦前進した後に矢印Aの方
向に回転し、たとえば、図7に示す状態になっても、再
び、タレットヘッド2の別の通路41がクーラント供給
経路40に連通可能である。なお、タレットヘッド2が
矢印Bの方向に前進したときの液漏れを防止するため
に、クーラント供給経路40は、開口端40a側に弁機
構40bを備える。
In this example, the turret head 2 of the machine tool 1 is modified on the tip side of the coolant supply path 40,
As shown in FIG. 6, the nozzle 3 is incorporated in the bush 5 or the like on the tool holder 2a side of the turret head 2,
The tip of the nozzle 3 faces a machining point P between the tool 4 and the workpiece W. The front end side of the coolant supply passage 40 is fixed to the turret box 2b side, and the opening end 40a thereof is the opening end 4 of the passage 41 on the turret head 2 side.
It is in a state of being connected to 1a. Therefore, the nozzle 3 can directly discharge the coolant C supplied through the coolant supply path 40 and the passage 41 toward the processing point P. Here, the turret head 2 is provided with a passage and a nozzle for each attachment position of the tool. When changing the tool to be used, from the state shown in FIG. 6, the turret head 2 once advances in the direction of arrow B and then rotates in the direction of arrow A. For example, even if the state shown in FIG. Another passage 41 of the turret head 2 can communicate with the coolant supply passage 40. In order to prevent liquid leakage when the turret head 2 advances in the direction of arrow B, the coolant supply passage 40 has a valve mechanism 40b on the open end 40a side.
【0022】(クーラント供給装置の動作)このように
構成した本例のクーラント供給装置10の動作を説明す
る。
(Operation of Coolant Supplying Device) The operation of the coolant supplying device 10 of this embodiment having the above-described structure will be described.
【0023】まず、クーラント貯留部20には、クーラ
ントCを貯留しておく。また、エアーオンオフバルブ6
0は、オフ状態にあって、クーラント供給経路40が閉
じた状態にある。この状態から、工作機械1の側で加工
を開始する直前にピストンポンプ30を作動させる。
First, the coolant C is stored in the coolant storage section 20. Also, the air on / off valve 6
0 is in the off state, and the coolant supply path 40 is in the closed state. From this state, the piston pump 30 is operated immediately before the machining is started on the machine tool 1 side.
【0024】次に、工作機械1の側で工具4によって被
加工物Wに加工を開始すると同時に、エアーオンオフバ
ルブ60をオン状態に切り換えて、クーラント供給経路
40を開放状態にする。それ以降、ピストンポンプ30
は、下段のクーラント室23からクーラント吸入経路3
00を介してクーラントCを吸い込み、高圧のクーラン
トCをクーラント供給経路40に供給する。ノズル3
は、クーラント供給経路40を介して供給された高圧の
クーラントCを約40kg/cm2 〜約60kg/cm
2 の吐出圧をもって工具4と被加工物Wとの加工点Pに
向けて吐出する。その結果、クーラントCは、加工点P
で工具4および被加工物Wを冷却すると共に、工具4お
よび被加工物Wから切屑を強制的に除去する。また、ク
ーラントCは、それ自身の圧力で切屑を排出すると共
に、工具4が切屑を破砕するのを促進し、切屑を工具4
および被加工物Wから除去しやすくする。
Next, on the machine tool 1 side, the machining of the workpiece W by the tool 4 is started, and at the same time, the air on / off valve 60 is switched to the on state to open the coolant supply path 40. After that, piston pump 30
Is the coolant suction path 3 from the lower coolant chamber 23.
The coolant C is sucked in through 00 to supply the high-pressure coolant C to the coolant supply path 40. Nozzle 3
Is about 40 kg / cm 2 to about 60 kg / cm 2 of the high pressure coolant C supplied through the coolant supply path 40.
It discharges toward the processing point P of the tool 4 and the workpiece W with the discharge pressure of 2 . As a result, the coolant C becomes the processing point P.
The tool 4 and the workpiece W are cooled by and the chips are forcibly removed from the tool 4 and the workpiece W. Further, the coolant C discharges the chips by its own pressure and promotes the tool 4 to crush the chips so that the chips 4 can be removed.
And it is made easy to remove from the workpiece W.
【0025】その後に、クーラントCは、工作機械1の
加工エリアの下方位置に設けられたクーラントタンクな
どに集められ、粗い切屑のみが除去された後に、クーラ
ント供給装置10のバルブ201を介してクーラント貯
留部20に還流する。
After that, the coolant C is collected in a coolant tank or the like provided below the machining area of the machine tool 1, and only coarse chips are removed, and then the coolant is supplied via the valve 201 of the coolant supply device 10. It returns to the storage unit 20.
【0026】そして、クーラントCは、まず、上段のク
ーラントラント室21で金網状の仕切り板213を通過
する際に粗い切屑が除去される。また、クーラントCに
混入している切屑は、マグネットセパレータ53のマグ
ネットローラ531に吸着し、クーラントCから除去さ
れる。マグネットローラ531に吸着した切屑は、マグ
ネットローラ531の回転によりスキージ532により
掻き落とされ、その上面側を通って切屑排出部533に
排出され、集められる。ここで、切屑は、マグネットロ
ーラ531と押圧ローラ535との間を通過するときに
押圧ローラ535によって押しつぶされ、圧縮された状
態で切屑排出部533に集められる。
In the coolant C, coarse chips are first removed when passing through the wire mesh partition plate 213 in the upper coolant chamber 21. The chips mixed in the coolant C are adsorbed by the magnet roller 531 of the magnet separator 53 and removed from the coolant C. The chips adsorbed on the magnet roller 531 are scraped off by the squeegee 532 by the rotation of the magnet roller 531 and are discharged to the chip discharge portion 533 through the upper surface side thereof and collected. Here, the chips are crushed by the pressing roller 535 when passing between the magnet roller 531 and the pressing roller 535, and are collected in the chip discharge portion 533 in a compressed state.
【0027】一方、クーラントCは、連通管212を通
って中段のクーラント室22に落ちる。ここで、クーラ
ントCは、フィルタ51の3重のフィルタ部材514、
515、516で濾過される。
On the other hand, the coolant C passes through the communication pipe 212 and drops into the coolant chamber 22 in the middle stage. Here, the coolant C is a triple filter member 514 of the filter 51,
Filtered at 515,516.
【0028】濾過されたクーラントCは、連通部222
の中をスラッジコレクタ54を伝って下段のクーラント
室23に落ちる。ここで、フィルタ51を通り抜けてき
た細かな切屑は、スラッジコレクタ54に吸着し、クー
ラントCから除去される。
The filtered coolant C is connected to the communication part 222.
Through the sludge collector 54 into the lower coolant chamber 23. Here, the fine chips passing through the filter 51 are adsorbed by the sludge collector 54 and removed from the coolant C.
【0029】下段のクーラント室23に移ったクーラン
トCは、サクションフィルタ52およびクーラント吸入
経路300を介してピストンポンプ30に吸い込まれ、
工作機械1に向かって高圧のクーラントCとして再び供
給される。
The coolant C transferred to the lower coolant chamber 23 is sucked into the piston pump 30 via the suction filter 52 and the coolant suction passage 300,
The high-pressure coolant C is supplied again to the machine tool 1.
【0030】(実施例の効果)以上のとおり、本例のク
ーラント供給装置1は、クーラント貯留部20とピスト
ンポンプ30とを一体にしてあるため、小型である。ま
た、クーラント貯留部20の側とピストンポンプ30の
側で共通な部品、たとえば、ハウジングや固定台などを
共用できるため、部品点数を削減できる。
(Effects of the Embodiment) As described above, the coolant supply device 1 of this embodiment is compact because the coolant reservoir 20 and the piston pump 30 are integrated. Further, since the parts common to the coolant storage section 20 and the piston pump 30 side, such as the housing and the fixed base, can be shared, the number of parts can be reduced.
【0031】また、本例に係るクーラント供給装置10
は、工具の長寿命化と切屑の破砕を促進することに目的
を設定し、クーラントCの吐出圧を適正な値に設定して
ある。また、クーラント貯留部20とピストンポンプ3
0とが一体に形成されているため、それらの間のクーラ
ント吸入経路300に起因する圧力損失が小さい。従っ
て、クーラント吐出源に高価な超高圧ポンプが用いる必
要がなく、ピストンポンプ30のような一般的なポンプ
で充分である。しかも、ピストンポンプ30は、細かな
切屑が混入しても大きな支障がないため、フィルタ5
1、マグネットセパレータ53、スラッジコレクタ54
などの小型で安価な異物除去手段で充分である。また、
フィルタ51およびスラッジコレクタ54は、いずれも
各クーラント室22、23から着脱自在であるため、定
期的な交換や清掃が容易である。さらに、フィルタ51
およびスラッジコレクタ54を取り外すことによって、
クーラント貯留部20内部の清掃も容易である。
Further, the coolant supply apparatus 10 according to this embodiment
Has the purpose of extending the life of the tool and promoting the crushing of chips, and the discharge pressure of the coolant C is set to an appropriate value. In addition, the coolant reservoir 20 and the piston pump 3
Since 0 and 0 are integrally formed, the pressure loss due to the coolant suction path 300 between them is small. Therefore, it is not necessary to use an expensive ultra-high pressure pump as the coolant discharge source, and a general pump such as the piston pump 30 is sufficient. Moreover, since the piston pump 30 does not have a big problem even if fine chips are mixed, the filter 5
1, magnet separator 53, sludge collector 54
A small and inexpensive foreign matter removing means such as is sufficient. Also,
Since the filter 51 and the sludge collector 54 are both removable from the coolant chambers 22 and 23, periodical replacement and cleaning are easy. Further, the filter 51
And by removing the sludge collector 54,
The inside of the coolant reservoir 20 can be easily cleaned.
【0032】また、クーラント貯留部20に多段のクー
ラント室21、22、23を設け、クーラントCが下段
に溢れ落ちることを利用してクーラントCを移動させ、
その途中でクーラントCから異物を除去する構成にして
ある。従って、クーラント貯留部20内でクーラントC
を移送するための送りポンプや各クーラント室毎の液位
監視装置などが不要であるので、クーラント供給装置1
0の小型化および低価格化に有利である。
Further, the coolant reservoir 20 is provided with multi-stage coolant chambers 21, 22, 23, and the coolant C is moved by utilizing the fact that the coolant C overflows to the lower stage.
Foreign matter is removed from the coolant C on the way. Therefore, the coolant C in the coolant reservoir 20
Since there is no need for a feed pump for transferring water or a liquid level monitoring device for each coolant chamber, the coolant supply device 1
It is advantageous in downsizing and price reduction of the device.
【0033】さらに、クーラント貯留部20を多段のク
ーラント室21、22、23で構成すると共に、ピスト
ンポンプ30のポンプ本体31およびモータ32を上下
に配置してある。従って、クーラント供給装置10は、
幅寸法および占有面積が小さいので、クーラント供給装
置10を工作機械1の近傍に容易に配置できる。また、
クーラント供給装置10を工作機械1に一体に組み込む
ことも容易である。
Further, the coolant reservoir 20 is composed of multi-stage coolant chambers 21, 22, 23, and the pump body 31 and the motor 32 of the piston pump 30 are arranged vertically. Therefore, the coolant supply device 10 is
Since the width dimension and the occupied area are small, the coolant supply device 10 can be easily arranged in the vicinity of the machine tool 1. Also,
It is also easy to integrate the coolant supply device 10 into the machine tool 1.
【0034】[0034]
【発明の効果】以上のとおり、本発明に係るクーラント
供給装置は、クーラント貯留部とクーラント吐出源とを
一体にしてあることに特徴を有する。従って、本発明に
よれば、装置の小型化を図れると共に、部品点数を削減
しやすいので、製造コストを低減することができる。
As described above, the coolant supply device according to the present invention is characterized in that the coolant reservoir and the coolant discharge source are integrated. Therefore, according to the present invention, the device can be downsized and the number of parts can be easily reduced, so that the manufacturing cost can be reduced.
【0035】また、本発明に係るクーラント供給装置で
は、工具の長寿命化と切屑の破砕を促進することを目的
とし、クーラントの吐出圧を適正な値に設定してある。
それに加えて、クーラント貯留部とクーラント吐出源と
を一体にして、それらの間の経路に起因する圧力損失を
小さくしてある。従って、クーラント吐出源に超高圧ポ
ンプを用いる必要がなく、往復ポンプのような一般的な
ポンプで充分である。しかも、ピストンポンプなどの往
復ポンプは、微細な切粉が混入しても大きな支障がない
ため、クーラント貯留部に設ける異物除去手段は、フィ
ルタやマグネットなどを利用した小型で安価なものでよ
い。
In the coolant supply device according to the present invention, the discharge pressure of the coolant is set to an appropriate value for the purpose of extending the service life of the tool and promoting the crushing of chips.
In addition to this, the coolant reservoir and the coolant discharge source are integrated to reduce the pressure loss due to the path between them. Therefore, it is not necessary to use an ultrahigh pressure pump as a coolant discharge source, and a general pump such as a reciprocating pump is sufficient. In addition, since a reciprocating pump such as a piston pump does not cause a big problem even if fine chips are mixed, the foreign matter removing means provided in the coolant reservoir may be a small and inexpensive one using a filter or a magnet.
【0036】さらに、クーラント貯留部に多段のクーラ
ント室を設け、クーラントを落下させながら、クーラン
トから異物を除去する構成にした場合には、クーラント
貯留部にクーラントの送りポンプなどが不要であるの
で、クーラント供給装置の小型化および低価格化に有利
である。しかも、複数のクーラント室を重ね合わせた構
造になっているので、クーラント供給装置の幅寸法が小
さい。それ故、クーラント供給装置を工作機械の近傍に
容易に配置できる。また、クーラント供給装置を工作機
械に一体に組み込むことも容易である。
Further, when a multi-stage coolant chamber is provided in the coolant storage unit and foreign matter is removed from the coolant while dropping the coolant, a coolant feed pump or the like is not required in the coolant storage unit. It is advantageous for downsizing and cost reduction of the coolant supply device. Moreover, since the coolant chambers are superposed on each other, the width of the coolant supply device is small. Therefore, the coolant supply device can be easily arranged near the machine tool. It is also easy to integrate the coolant supply device into the machine tool.
【図面の簡単な説明】[Brief description of drawings]
【図1】本発明の実施例に係るクーラント供給装置の全
体構成を示す概略構成図である。
FIG. 1 is a schematic configuration diagram showing an overall configuration of a coolant supply device according to an exemplary embodiment of the present invention.
【図2】図1に示すクーラント供給装置の本体側の正面
断面図である。
FIG. 2 is a front cross-sectional view of a main body side of the coolant supply device shown in FIG.
【図3】図1に示すクーラント供給装置の本体側の平面
断面図である。
FIG. 3 is a plan sectional view of the coolant supply device shown in FIG. 1 on the main body side.
【図4】図1に示すクーラント供給装置の本体側の側面
断面図である。
FIG. 4 is a side sectional view of a main body side of the coolant supply device shown in FIG.
【図5】図1に示すクーラント供給装置のクーラント貯
留部の平面図である。
5 is a plan view of a coolant reservoir of the coolant supply device shown in FIG.
【図6】図1に示すクーラント供給装置からクーラント
が供給される工作機械の加工エリアの構成を模式的に示
す説明図である。
6 is an explanatory diagram schematically showing the configuration of a machining area of a machine tool to which the coolant is supplied from the coolant supply device shown in FIG.
【図7】図1に示すクーラント供給装置からクーラント
が供給される工作機械において、図6とは別の工具で加
工する状態を模式的に示す説明図である。
FIG. 7 is an explanatory diagram schematically showing a state in which a machine tool supplied with the coolant from the coolant supply device shown in FIG. 1 is machined by a tool different from that shown in FIG. 6;
【図8】従来の超高圧クーラント供給装置の構成図であ
る。
FIG. 8 is a configuration diagram of a conventional ultra-high pressure coolant supply device.
【符号の説明】[Explanation of symbols]
1・・・工作機械 2・・・タレットヘッド 3・・・ノズル 4・・・工具 10・・・クーラント供給装置 20・・・クーラント貯留部 21、22、23・・・クーラント室 30・・・ピストンポンプ 40・・・クーラント供給経路 50・・・異物除去手段 51・・・フィルタ 52・・・サクションフィルタ 53・・・マグネットセパレータ 54・・・スラッジコレクタ 60・・・エアーオンオフバルブ(経路開閉手段) 300・・・クーラント吸入経路 532・・・スキージ C・・・クーラント P・・・加工点 W・・・被加工物 1 ... Machine tool 2 ... Turret head 3 ... Nozzle 4 ... Tool 10 ... Coolant supply device 20 ... Coolant reservoir 21, 22, 23 ... Coolant chamber 30 ... Piston pump 40 ... Coolant supply path 50 ... Foreign matter removing means 51 ... Filter 52 ... Suction filter 53 ... Magnet separator 54 ... Sludge collector 60 ... Air on / off valve (path opening / closing means ) 300 ... Coolant suction path 532 ... Squeegee C ... Coolant P ... Processing point W ... Workpiece

Claims (5)

    【特許請求の範囲】[Claims]
  1. 【請求項1】 工作機械に供給されるクーラントを貯留
    しておくクーラント貯留部と、このクーラント貯留部と
    一体に設けられ、そこに貯留されているクーラントを吐
    出する高圧のクーラント吐出源と、このクーラント吐出
    源から吐出されたクーラントを工作機械に供給するため
    のクーラント供給経路とを有することを特徴とするクー
    ラント供給装置。
    1. A coolant reservoir for retaining coolant to be supplied to a machine tool, a high-pressure coolant discharge source provided integrally with the coolant reservoir for discharging the coolant stored therein, A coolant supply device for supplying a coolant discharged from a coolant discharge source to a machine tool.
  2. 【請求項2】 請求項1において、前記クーラント吐出
    源は、往復ポンプであることを特徴とするクーラント供
    給装置。
    2. The coolant supply device according to claim 1, wherein the coolant discharge source is a reciprocating pump.
  3. 【請求項3】 請求項1または2において、前記クーラ
    ント貯留部は、上方側のクーラント入口から下方側のク
    ーラント出口までの間で多段に区画形成されてクーラン
    トが上段側から下段側に向かって自重で移動可能な複数
    のクーラント室と、その上段側のクーラント室から下段
    側のクーラント室までの間において、クーラントから異
    物を除去可能な異物除去手段とを有することを特徴とす
    るクーラント供給装置。
    3. The coolant storage section according to claim 1, wherein the coolant storage section is divided into a plurality of stages from a coolant inlet on an upper side to a coolant outlet on a lower side, and the coolant is self-weighted from an upper stage side to a lower stage side. And a foreign matter removing device capable of removing foreign matter from the coolant between the coolant chamber on the upper stage side and the coolant chamber on the lower stage side.
  4. 【請求項4】 請求項3において、前記異物除去手段
    は、クーラントから異物を濾過分別する濾過手段と、ク
    ーラントから金属屑を磁力により吸着して除去する異物
    吸着手段とを備えていることを特徴とするクーラント供
    給装置。
    4. The foreign matter removing device according to claim 3, further comprising: a filtering device for filtering and separating foreign substances from a coolant; and a foreign substance absorbing device for attracting and removing metal scraps from the coolant by magnetic force. Coolant supply device.
  5. 【請求項5】 請求項1ないし4のいずれかの項におい
    て、前記クーラント供給経路には、それを介してのクー
    ラントの供給動作および停止動作を制御する経路開閉手
    段が介挿されていることを特徴とするクーラント供給装
    置。
    5. The passage opening / closing means for controlling a coolant supply operation and a stop operation therethrough according to any one of claims 1 to 4, wherein the coolant supply path is interposed. Characteristic coolant supply device.
JP11647193A 1993-04-20 1993-04-20 Coolant supplier Pending JPH06304842A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11647193A JPH06304842A (en) 1993-04-20 1993-04-20 Coolant supplier

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11647193A JPH06304842A (en) 1993-04-20 1993-04-20 Coolant supplier

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06304842A true JPH06304842A (en) 1994-11-01

Family

ID=14687931

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11647193A Pending JPH06304842A (en) 1993-04-20 1993-04-20 Coolant supplier

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06304842A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11276818A (en) * 1998-04-01 1999-10-12 Yamaha Motor Co Ltd Coolant purification system
CN104084992A (en) * 2014-06-30 2014-10-08 浙江长兴天辰磁业有限公司 Cooling liquid supply device for woodworking cooling system

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11276818A (en) * 1998-04-01 1999-10-12 Yamaha Motor Co Ltd Coolant purification system
CN104084992A (en) * 2014-06-30 2014-10-08 浙江长兴天辰磁业有限公司 Cooling liquid supply device for woodworking cooling system

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6672948B2 (en) Grinding water tank apparatus, and eyeglass lens machining apparatus having the same
US4715964A (en) Method for filtering contaminated liquids
US5104529A (en) Coolant recycler
US7101269B2 (en) Cylindrical grinding machine
JPH06304842A (en) Coolant supplier
US4966693A (en) Apparatus for processing coolant
KR200334243Y1 (en) Cutting oil filtering device
CN108687566B (en) Cleaning device and cleaning method
JP2003305623A (en) Filtering device and processing device of high-viscosity liquid for finishing machine
CN109333082A (en) A kind of machining overturning component
KR100634864B1 (en) Detergent device of cutting fluid for machine tools
JPH0825172A (en) Coolant supply device
JP2004338031A (en) Mist recovery mechanism for processing machine
JPH077855U (en) Coolant supply device
KR102076320B1 (en) Chamber lid manufacturing system for semiconductor apparatus
JPH07197886A (en) Oil-cooled type air compressor
JP3272160B2 (en) Coolant supply device
JP2888774B2 (en) Cutting fluid filtration device
JP6715382B1 (en) Grinding fluid filter for grinding machine
JPH07165Y2 (en) Processing liquid suction processing device
JP6754486B1 (en) Grinding liquid filtration device for grinding machines
KR20190089620A (en) Apparatus for recycling coolant of machine tool
KR200382637Y1 (en) Detergent device of cutting fluid for machine tools
KR100713624B1 (en) Detergent device of cutting fluid for machine tools
JP3047545U (en) Prevention device of sludge accumulation containing abrasive grains in coolant tank