JPH01130274A - Document processor - Google Patents

Document processor

Info

Publication number
JPH01130274A
JPH01130274A JP62289179A JP28917987A JPH01130274A JP H01130274 A JPH01130274 A JP H01130274A JP 62289179 A JP62289179 A JP 62289179A JP 28917987 A JP28917987 A JP 28917987A JP H01130274 A JPH01130274 A JP H01130274A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
data
frame
fixed frame
floating
page
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP62289179A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hiroshi Takakura
洋 高倉
Toshihiko Komatsu
敏彦 小松
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Canon Inc
Original Assignee
Canon Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Canon Inc filed Critical Canon Inc
Priority to JP62289179A priority Critical patent/JPH01130274A/en
Priority to DE3838740A priority patent/DE3838740A1/en
Priority to DE3844906A priority patent/DE3844906C2/en
Publication of JPH01130274A publication Critical patent/JPH01130274A/en
Priority to US08/038,044 priority patent/US5337406A/en
Priority to US08/181,544 priority patent/US5848430A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

PURPOSE:To execute a document generation and image read by a simple operation by visualizing a size based on a size data of a stored frame, on a display means. CONSTITUTION:A CRT display part 1-1 displays a document image data by a raster scan. Pattern development information of one screen of the CRT display part 1-1 is stored in a video RAM 1-2. A pattern development control to this video RAM 1-2 and pattern read-out to the CRT display part 1-1 are controlled by a display control part 1-3. In such a way, a size based on a size data of a frame which is stored in the video RAM 1-2 is visualized in the CRT display part 1-1 through the display control part 1-3.

Description

【発明の詳細な説明】[Detailed description of the invention]

〔技術分野〕 本発明は、文字(文章)1図形、イメージ等の文書デー
タを処理する文書処理装置に関する。 〔従来の技術〕 従来のワード・プロセッサ(略してワープロ)は、文書
中に縦線、横線等で罫引きされた表を描く場合は罫線素
片を繋ぎ合わせて行い、地図やイラスト等の図形データ
、写真等のイメージデータを貼り込む場合は、枠の素片
を示すブロックマークで閉じた矩形枠(ブロック)を描
き、そのブロックの中にイメージや図形といった枠とし
ての属性、そして別に作成して用意されたイメージデー
タや図形データとの対応をとるための名前等の識別子を
セットし、印刷時にその枠に対応するイメージや図形を
貼り込むという方法をとっていた。 しかしながら、このような手法では、文字の挿入や削除
により素片の位置がずれる場合があり、データが崩れて
表示されたり、或は全く表示されなくなることがあった
。又、ブロックが素片といった文字の並びで構成されて
いるため、ブロックとブロックを重ねあわせたり、文章
の追加挿入によって文章の動きとは別の動きをブロック
としてさせることは不可能であった。又、ブロックとし
て、用紙に対するセンタリングや右よせなどのよせの制
御やその他の機能をもたせることも非常に難しいもので
あった。 一方、近年マイクロプロセッサの発達やCRT、プリン
タ等の周辺機器の発展に伴い、ワークステーションを基
にした高度な文書処理が行われるようになってきた。そ
れは通常WSIWYG(What  You  See
  Is  WhatYou  Get)と呼ばれるも
ので、文書の印刷結果を画面に表示しながら、リアルタ
イムに入力編集を行うというものである。 ブロックについても、文書中にブロックとしての独立し
た情報を持ち、ブロックとして独自の処理が行える様に
なっている。第2図は従来のワークステーションに於け
る文書処理のブロック情報を説明した図である。2−1
はブロックのプライオリティで、ブロックに重なりがあ
るときの重ねの順を意味する。2−2はブロックが文書
中の文章に従って浮動するブロック(以下浮動ブロック
と呼ぶ)か、文章とは無関係にあるページのある位置に
固定的に貼り付いたブロック(以下固定ブロックと呼ぶ
)かを示すフラグである。2−3は、固定ブロックの場
合は、固定ブロックの貼り付いているページ番号を浮動
ブロックの場合は、浮動ブロック番号を示す。2−4は
、固定ブロック時の用紙の左上端を原点としたときのブ
ロックの貼り付は位置を示す。2−5はブロックの大き
さを幅と高さで規定したものである。2−6はブロック
内の実際のデータの入っている位置を示すポインタであ
る。 ところで、従来のブロックでは、ブロック中のデータ属
性は、表4図形9文章、イメージのうちの1種類しかな
く、従ってブロック中に複数の属性を持たせることがで
きないため、例えば図形やイメージ中に文章で説明文を
付は加えようとしても不可能であった。もちろん、文章
9図形、イメージが重なりあった場合の条件でのブロッ
ク内のデータの削除やブロック内のデータを他のブロッ
クに移すことは不可能であった。 また、従来のワークステーションでは、固定ブロックし
かないものか、浮動ブロックしかないものしかなく、固
定ブロックと浮動ブロックの間のデータの移動について
は、全く出来なかった。 従って、表示上の区別も全くなかった。 −旦作成したブロックに対してブロックデータは、ブロ
ックのある起点、例えば左上端を原点として作成される
。従って、文書のレイアウト上、或いは入力編集の都合
上ブロックの大きさを変更する場合、例え、上下左右の
どの向きに伸縮できたとしても、ブロックの大きさは変
るが、伸縮した部分の余白が空いたり、余白が詰ったり
するわけでない。例えば第3図(a)の3−1に対して
左上方向に余白をつけるため、ブロックを左上方向に広
げたとしても、第3図(b)の3−2のように、内部の
図形データが広げた方向に移動してしまうという問題が
あった。 文書によ゛っては、用紙全体にブロックを空けたい場合
があるが、従来のシステムでは、ブロック空けは、始点
、終点をマウス等のポインティングデバイスで指定する
ため、指定するのが難しいだけでなく、完全に用紙全体
にするのはほとんど不可能であった。 昭和62年11月16日出願の特許願(1)のように用
紙が同時に表示したり、印刷したりできる複数のレイア
、例えば、文章レイア9図形しイア、イメージレイア、
フォームレイアから構成する技術を本出願人は提案して
いるが、その様な場合、ある特定ページに貼りついてい
るレイアをデータの挿入削除等の入力編集の結果、別の
ページに移動したいことが発生するが、従来のワークス
テーションではこの様な処理は、当然不可能であった。 また、上記の様な複数レイアの用紙上に貼り付いたブロ
ックに対してレイアのデータを固定してブロックのみ移
動することや、逆にブロックのみ固定してレイアのデー
タを移動することなども従来のワークステーションでは
不可能であった。 又、浮動ブロックについては、従来のワークステーショ
ンには次の様なものがあった。 ■ 第4図(a)の様に文章4−3中に浮動ブロックマ
ーク4−1と浮動ブロック4−2が組み込まれ、浮動ブ
ロック4−2が文字と同じに取り扱われるもので、浮動
ブロック4−2の前後に文章が続いている。上下の行を
ブロックが侵すほどブロックの高さが大きいときは、必
要な行数分だけ行送りされ、上下の行を侵さない。浮動
ブロック4−2の削除や移動は浮動ブロックマーク4−
1の削除や移動で行う。 ■ 第4図(b)の様に浮動ブロックを指示したところ
に浮動ブロックマーク4−4が入り、実際の浮動ブロッ
ク4−5は、その打釘に段抜きで組み込まれるもので、
浮動ブロックの削除や移動は■と同じ様に浮動ブロック
マーク4−4の削除や移動で行う。 上記の様に従来では浮動ブロックは、文字として取り扱
うか、段を抜いたブロックというものしか存在しなかっ
た。 また■の様な浮動ブロックを2段組み以上の多段組みで
行うと、例えば第4図(C)の様に浮動ブロック4−6
の前の文章が1段で表示されて、非常に体裁の悪いもの
となった。 固定ブロック(枠)の移動については、従来は移動した
い固定枠をマウス等のポインティングデバイスにより指
示し、目分量で移動していた。 従って、同一ページに複数の固定ブロックが存在し、そ
のブロック間の相対位置を保存しながら移動するのは、
煩雑なだけではな(、非常に困難なものであった。 また、複数の固定ブロックを意識的に重ねるとき、固定
ブロックの作成順に重なる。しかし、−旦重った固定ブ
ロックの重なり順を変更する方法がないので、誤って重
なりを間違えると最初から固定ブロックを作りなおす必
要があった。 次に固定ブロックをページを越えて移動、複写するとき
に、必要に応じて固定ブロックの切り出し、貼り付けを
行えばよいが、しかし、各ページの同じ位置に貼り付け
るには、矢張り目分量で行うため非常に難しいものであ
った。 また、従来では固定ブロックをページをまたがって移動
するときは、切り出し、貼り付けを行うか、ページ移動
で行っていた。切り出し貼り付けは、切り出すブロック
のあるページの表示、ブロックの切り出し指示、貼りつ
けるページの表示、貼り付は指示の手順をふまなければ
ならないので、どうしても操作が煩雑になった。またペ
ージ移動はあるページ以降のデータを別のあるページか
ら置くということしかできないので、複数の固定ブロッ
クを任意のページに並びかえるというのは大変難しく、
また大変な労力を要した。 従来、イメージデータを枠に詰め込む場合、読み込まれ
たイメージを一旦切り出して、登録しておき、その登録
イメージを所望の詰め込むべき枠に詰め込むという方法
がとられていた。従って例えば、文書作成中に枠を作っ
てイメージを入力し、文書との整合をみて、又、文書作
成をするという様な、作業を中断せずに、文書9図形。 イメージを統合して処理するという思想はなかった。更
には、前述のレイア構成を取り入れた思想もなかった。 〔目的〕 以上の点に鑑み、本発明は枠へのイメージデータの積め
込み処理をスキャナから読み込んだデータを対象として
、直接行うことができる文書処理装置を提供することを
目的としている。 又、本発明は文書作成中であっても、イメージデータを
読み込むことが可能であって、そのイメージの切り出し
枠が、文書中の枠に関連させることができる文書処理装
置を提供することを目的としている。 本発明は、文書作成とイメージ読み込みを簡単な操作で
連続的に行うことができ、文書中の文字9図形、イメー
ジの階層構造を有した枠に対応する枠によって切り出さ
れるイメージを文書中の枠のイメージデータの階層に入
力することが可能な文書処理装置を提供することを目的
としている。 〔実施例〕 以下図面を参照し、本発明について詳細に説明する。な
お、本発明でいう文書は、文章(字)。 図形、イメージの少なくとも1つから構成されるデータ
群を表わすものである。又、本発明は従来、人間が机上
の用紙に、文や図形やイメージをペン等で描(動作を、
電子的に行おうとする装置であるので、本明細中の用語
の「用紙」、「切り取り」、「切り出し」、「貼り付け
」、「枠空け」、「詰め込み」・・・等は、全て、電子
的に行うもので、例えばCRT上で表示制御されるもの
である。なお、本発明の文書処理装置は、本発明の機能
を達成するものであれば単体の機器であっても、複数の
機器から成るシステムであっても、LAN等を介して達
成される各機器酸いは、各システムを含むものであって
も良いことは言うまでもない。 第1図は、この発明の一実施例を示す文書処理装置のブ
ロック図であり、1−1はCRT表示部で、ラスクスキ
ャンして文書画像データを表示する。1−2はビデオR
AM (VRAM) で、CR7表示部1−1の1画面
のパターン展開情報を記憶する。1−3は表示制御部で
、V RA Ml−2へのパターン展開制御およびCR
7表示部1−1へのパターン読出しを制御する。■−4
は文書編集制御と(データ制御)を行うマイクロプロセ
ッサ(MPU)で、各部を総括的に制御する。1−5は
主メモリで、後述のフローチャートで示される制御プロ
グラムや文書データ等が格納される。1−6は外部磁気
ディスク装置で、文書ファイル等を格納している。1−
7は位置を指示する指示手段を兼ねるポインティングデ
バイス(PD)で、CRTI−1の任意の位置を指定す
る。1−8はキーボード、1−9はI10バスで、各ブ
ロックとMPUl−4とを接続する。更にスキャナ1−
10.プリンタ1−11が接続されていても良い。 なお、この発明において、組版とは、元来、活版印刷の
1工程を表す言葉であり、−言で説明すると、「原稿に
基づいて活字を拾い、原稿の指定に基づいて順序9字詰
め9行数1字間9行間9位置等を正しく組み合げ、バラ
ンスのとれた1つの文書を作り上げる」ことを意味する
ものであるが、ここではこれらの処理を電子的に行うこ
とを意味する。 第5図から第 図までは、本実施例の操作について具体
的な表示例を用いて説明するための図である。第5図は
本実施例の入力編集画面である。 5−1は、文書用紙に対応した表示画面で、入力された
文書データ(ここでは文字データ)5−6が表示される
。5−2は文書編集カーソルで、現在のデータの入力編
集位置を示す。5−3はポインティングカーソルで、第
1図のPDI−7と連動した動きをし、5−2の文書編
集カーソルの移動や編集範囲の設定、コマンドの指示を
PDの不図示のスイッチとともに行う。5−4は入力画
面で、KBDI−8からのデータを一時的に表示し、仮
名漢字変換の指示力(あればその表示データは仮名漢字
変換され、5−1の表示画面に送られる。5−5のコマ
ンドメニュー上の角丸、四角で示される表示データは、
編集コマンドを意味し、1−7のPDでの画面指示や1
−8のKB=D上の対応したキー指示によりコマンドを
入力するためのラベルである。 ここで浮動ブロック(枠)の指示を行うときは、5−5
のコマンドメニュー内の5−7の「浮動枠」を選び、固
定ブロック(枠)の指示を行うときは、5−5のコマン
ドメニュー上の5−8の「固定枠」を選ぶ。なお5−9
はマルチウィンドウ表示により、他のプリントのコマン
ド等が表示されているが、他の図においても同様である
が、本発明に直接関係ないので説明は省略する。 第6図は第5図のコマンドメニューに対し、固定枠5−
8を選んだときの表示画面を示す図である。「固定枠空
け」6−1は第7図(a)の様にPDI−7により始点
7−1.終点7−2を対角で選ぶことにより固定枠7−
3を空ける。「固定枠削除」 (第6図6−2)は画面
上の固定枠をPDI−7で指示、削除することを意味す
る。 第7図(b)は第7図(a)の固定枠7−3を削除した
図である。なお第7図(b)にはメジャーが表示されて
いるが、画面制御によって表示、不表示を選択すること
ができる。又、固定枠はDISKI−6中の一時領域で
ある第7図(b)のクリップボード7−4に取り出すこ
とができるが、「固定枠削除」では、そのクリップボー
ド7−4に取り出した固定枠も削除することができる。 第8図(a)は「固定枠移動」6−3を選んだときの表
示である。ここではメニュー(8−1〜8−4)の説明
であるので、枠は図示をしていない。8−1の「上下左
右」はページ内で第8図(b)の様に固定枠を上下左右
の任意の方向に移動すること(矢印で示す)を意味する
。上下左右の移動時は、位置あわせがしやすい様に、P
Dl−7のカーソルは、クロスカーソルに変化する。 第8図(a)の8−2「手前J、8−3r奥」は、第8
図(c)、(d)の様に枠に重なりがあるときに、PD
 1−7の不図示のスイッチの指示により、指示した枠
を最も手前、或は、最も奥にすることで、重なりの順序
を変更する°;とを意味する。8−4の「ページ」は、
第8図(e)の様に、固定枠、或いは背景データと呼ば
れるレイア(図形、イメージ)上のデータを任意のペー
ジに移動することを意味する。 第8図(f)と(g)は複数の枠を同時に取り扱うこと
を説明した図である。固定枠8−7゜8−8.8−9は
、通常はPDI−7により選択的に1つ選ばれるだけで
あるが、KBDI−8の不図示の「継続」キーとPD 
1−7を併用指示することで、次々に追加選択すること
ができるb第8図(「)は追加選択した結果、固定枠8
−7゜8−8.8−9が選ばれたことを示している。 複数の選択はPDI−7で選択の始点、終点を対角点で
行い、始点、終点で作られる矩形に含まれたブロックを
全て選ぶということでも行える。 複数選択された固定枠は、不図示の「継続」キーとPD
I−7の併用指示で、次々に選択解除することもできる
。 第8図(g)は、複数の枠に対して「固定枠移動」6−
3を行い、移動した結果を示すものである。。 第6図の6−4の「固定枠サイズ」は、−度作成した固
定枠を拡大したり縮小したりすることを意味する。 第9図(a)は固定枠9−1のサイズ変更を説明した図
である。指示された固定枠9−1の周囲に付加された黒
丸は伸縮する方向を示し、例えば黒丸9−2を指示して
枠のサイズを変更すると、黒丸9−2に向かいあう黒丸
9−3を固定した状態で枠が伸縮する。逆に9−3を指
示して枠のサイズを変更すると9−2を固定した状態で
枠が伸縮する。つまり、対角点をフリップフロップ的に
原点(固定点)を切換えているわけである。 枠の伸縮と中のデータの移動の関係は、第9図(b)、
(c)、(d)の様になる。中のデータが文章の場合は
、第9図(b)の様に固定枠は組版の用語でいうと、小
組とみなされ、小組の書式「天、地、左、右」の長さの
規定で、上に伸ばしても下に伸ばしても枠の大きさが同
じであれば、同じ結果になる。第9図(C)の様に中の
データが図形の場合、第9図(d)のイメージの場合は
、伸ばした方向に空白がつく、なお詳細は後述する。も
ちろん縮めた場合は縮めた方向が詰まることになる。 尚、表の場合も、図形やイメージと同様である。 第6図6−5は「頁単位編集」で固定枠、レイアのデー
タをページ単位で移動削除することを指示すると第10
図(a)のメニューが現われ、移動を選ぶと固定枠の場
合、第10図(b)の様に固定枠のみの移動が行える。 なお、1,2.3’。 4.5の数字は頁数である。又、背景データとよばれる
レイア(図形、イメージ)の場合、第10図(C)の様
にレイアのみの移動が行える。もちろん固定枠と背景デ
ータを選べば、両方の移動が行えることは言うまでもな
い。 第10図(d)は固定枠削除を説明した図である。削除
と削除ページ、固定枠、背景データを選ぶことにより、
指定したページの固定枠とレイアの削除が行える。 第10図(e)は、ページ削除を説明した図である。指
定したページ範囲のデータを全て削除する。 第6図の6−6「固定枠取出し」を選ぶと第11図(a
)の様にクリップボード7−4が現われる。11−1の
「外枠取出」を選ぶと、固定枠のデータは取り出さずに
枠情報だけ取り出す。 従って取り出された枠を貼り付けると、空の枠だけの固
定枠が貼り付く。11−2の「全体取出」を選ぶと、第
11図(b)の様に指定した枠内にあるデータの種類を
表示し、枠とともに枠内のデータを選択的に取り出すこ
とが出来る。デフォルト値としては、枠内の全てのデー
タ(イメージ、図形2文字)が選べる。尚、ここでいう
取出しは、例えば゛クリップボードに格納されている枠
に対して取り出すということである。 第6図の6−7「固定枠詰込み」は、第12図(a)の
様に指定された枠に対して、クリップボード7−4中に
格納されているファイル(例えば「サンプル文書」のフ
ァイル)を詰め込むとき、クリップボード7−4中の指
定ファイルの枠を縦横同率変倍するか、縦横独立変倍す
るか、変倍なしで行うかを指示する。縦横同率変倍する
と元の形は保存されるが、枠に対して、アンバランスに
なることがある。又、縦横独立変倍すると枠には綺麗に
収まるが、形が歪むことがある。変倍なしの場合は、枠
の大きさによっては、元のデータが途中で切れたり、或
は、余分な空白が空く恐れがある。又、変倍すると枠内
に縦横全て収まらない場合がある。そのために拡大優先
と縮小優先を選べる。前者は枠一杯にデータを入れる代
わりにはみ出たデータを切り取ることを意味し、後者は
、データがはみ出さない様に変倍することを意味する。 第12図(b)は、固定枠の詰め込みとレイアの関係を
説明した図である。文章(字)レイア12−1.図形レ
イア12−2.イメージレイア12−3から成っている
固定枠12−4に対し、文章レイア12−5からなる切
り出した枠データを「固定枠詰込みJ6−7で詰め込む
と文章レイアのみが入れ換わり、固定枠12−4は、固
定枠12−5の様になる。この様にレイア毎にデータの
詰め込みが行えるので、複数レイアを使ってのデータの
合成が容易に行える。 ここで図形レイア12−2とイメージレイア12−3に
対応するダミーレイアを用意すれば、入れ換えの発生し
ないレイアを消すことができるのは言う迄もない。 第12図(C)は、枠に対する文章レイアの書式の一部
を示したものである。文章レイアは、貼り付けや詰め込
みに対し、対応する書式によりフォーマツティングされ
る。書式は、枠窓は時は、標準の書式か設定され、貼り
付け、詰め込み時は、切り出したときの書式が設定され
る。 第12図(d)は、文章レイアと図形レイアからなる枠
12−7で「固定枠詰込み」6−7を固定枠12−8に
対して行った結果を示した図である。図形レイアは枠の
大きさにあわせて変倍されるが、文章レイアは切り出し
た書式に依存してフォーマツティングされる。尚、図形
レイアを非相似形に変倍した例を示したが、変倍せずに
詰め込んだり、相似形に変倍することができるのは言う
迄もない。 また、イメージや、表に対しても図形データと同様のこ
とが行えることは言うまでもない。これにより、文章は
、元の書式(例えば枠12−7の書式)に基づいて、枠
12−8内に展開されるので、文字が変形したり、行1
字間が変化したり等の変化がなく見易いものとなり、逆
にイメージ。 図形は、枠のサイズに基づいて変倍するので、枠によっ
て不用意に欠けたりすることなく、枠に合った形で詰め
込むことが可能となる。 第6図の「固定枠貼付け」6−8は、第13図(a)の
様にクリップボード7−4中のファイルをその枠を切り
出したときと同じ状態で貼り付けることを意味する。「
任意位置J13−2を選ぶとPDI−7のカーソルがク
リップボード7−4上の指定ファイル13−1の枠の大
きさのカーソル13−3となり、貼り付けるときのレイ
アウト上の目安とすることができる。 又、「保存位置J13−4を選ぶと、第13図(b)の
13−5の様に切り出した時の枠の用紙に対する位置と
枠の大きさを表示して場所を明示する様にし、そこに切
り出した状態のそのままで貼り付けることが可能である
。これにより所望の頁の同じ位置に同じ大きさの枠を作
ることができる。 「固定枠詰込みJ6−7と「固定枠貼付J6−8は、不
図示の画像スキャナが接続されていれば、画像スキャナ
から直接イメージデータを読み取り、枠に詰め込んだり
、貼り付けたりすることができる。 第6図6−9のメジャーを選ぶと、画面上のグリッドと
呼ばれる格子点の表示と制御を変えることが出来る。第
14図の様に「独立定義」として、指定した値で設定し
たり、「書式保存」として、文書の書式からグリッドを
決めて設定できる。書式からグリッドを決めると、版面
や本文文字ピッチ、行ピッチを考慮に入れることになる
ので、グリッドを使って、枠空けや貼り付けをするとき
に、版面9文字1行の境界を綺麗にすることができる。 なお、第6図6−10の「頁内全枠」は、画面上の全枠
を選ぶことを指示する。 第6図6−11の「画面制御」は、画面の表示をどのよ
うにするかを指示する。例えば、2.4倍表示や、形、
A表示、グリッドの表示、不表示、レイアの表示、不表
示、グリッドの表示、不表示等である。第6図6−15
の「頁」は現在処理中のページを表示するとともに、任
意のページへの移行を指示する。 第6図6−12の「禁止領域」は、第15図で示す様に
、固定枠の周囲にデータ禁止領域15−1を置くことを
指定する。 第16図は、禁止領域と背景データとの関係を説明した
図である。固定枠16−1には、16−4で示される禁
止領域が設定されている。禁止領域は、背景データとし
ての文章レイ716−5のみに影響を与えるので、禁止
領域16−2は、背景データとしての文章レイ716−
5を抑制する。しかし、禁止領域16−2は、文章以外
のレイアは抑制しないので、例えば16−3の様な図形
レイアで、図形データを書き込むことが可能である。 第6図6−13の「線種」は、枠自体の線種を指定する
。 第6図6−14は、固定枠として貼り付いているイメー
ジデータの処理を第17図で指示する。 第18図は第5図の「浮動枠」5−7を選んだときの図
である。工8−1の「浮動枠棒空け」を選ぶと、第19
図(a)の様な浮動ブロック設定メニュー19−1が現
われる。行内で実行するとポインティングカーソル5−
2の存在する位置に浮動枠マーク19−2と浮動枠19
−3が挿入される。浮動枠の大きさ属性は、浮動ブロッ
ク設定メニュー19−1で行う。浮動枠の大きさは文字
数と行数で決める方法と、ミリメートルで決める方法が
ある。又、浮動枠の行中の位置を上揃え。 セレタリング、下揃えで指定することもできる。 又、特殊な設定として、挿入された行のベースラインか
らの浮動枠の位置も変更することができる。ここで本実
施例の浮動枠は、浮動枠マーク9−2のない行にかかる
ことを許す。その場合、浮動枠にかかった部分は、第1
9図(C)の様に重ね書きされるため、データが消えた
ようにみえる。つまり、行内に浮動枠を設定したので、
第19図(c)に示す様な枠は1文字として扱われるた
め、消えたように見えるのであるし、第20図(a)で
はそうではない。しかし、こうすることで、第19図(
d)の様に、浮動枠19−4に対して、19−5の行と
19−6の行を左右に存在させることが可能となる。 第19図(e)は第19図(d)1.:対して、改行1
9−7等の制御データを表示させたものである。浮動枠
19−10は、浮動枠マーク19−8により、文字とし
て取り扱われる。浮動枠19−10は、行ピッチよりも
充分に大きな高さを持っているので、前後の行を侵すが
、改行19−7を必要なだけ入れることで、前後の行を
侵さない様にしている。19−5で示す行と、19−6
で示す行は、異なる行であるが、浮動枠19.−10が
、前後の行を侵すことにより、結果として、これらの行
は抑制されないので、浮動枠19−10の左右に並ぶこ
とができる。 尚、19−9で示す改行は、行列式データ19−11に
対する改行である。第20図(a)は「浮動枠棒空けJ
18−1を役向にしたときの一例を説明した図である。 この場合は、枠の幅を膜幅−杯にしているので、段に収
まる格好で枠空けがされる。第20図(b)は、枠の幅
を段より大きくした場合の例である。枠に侵食された部
分は、追い出されて処理される。 第21図(a)は「浮動枠棒空けJ18−1を全段にし
たときの例である。全段にした場合、2段組み以上の多
段組みの場合、浮動枠を挿入したところ迄のデータは、
段揃えされない。しかし、書式の設定を第21図(b)
の様に「段揃えする」 (白黒反転は、選択されている
ことを意味する)にすることにより浮動枠の直前迄のデ
ータを段揃えすることができる。 第18図の18−2r浮動枠削除」は、浮動枠の操作処
理時に表示されている浮動枠を消去したい場合、ポイン
ティングカーソルで浮動枠を指示し削除する。尚、文書
処理上に於いて浮動枠は、文字と同じ扱いをされるので
、文字を削除する方法を用いて、浮動枠を削除すること
もできる。 第18図の18−3の「浮動枠変更」は、−度作成した
浮動枠のサイズや位置決め等を変更することが出来る。 これは[浮動枠棒空けJ18−1と同様の処理で行える
。 「浮動枠取出しJ18−4.r浮動枠詰込み」18−5
.r浮動枠貼付けJ18−6は、[固定枠取出しJ6−
6、r固定枠詰込みJ6−7゜「固定枠貼付け」6−8
がクリップボード7−4に対して行った操作を浮動枠に
ついて行うものである。 このクリップボード7−4を介すことにより、浮動枠と
固定枠でデータの変換が行える。 「画面制御J18−7.r頁j’18−8.r禁止領域
J18−9.r線種J18−10.r貼付イメージデー
タ−11は固定枠の「画面制御」6−10.r頁J6−
15.r禁止領域」6−12、「線種J6−13.r貼
付イメージ」6−14と同様であるので詳細は省略する
。 (以下余白) 冒ニー、−r 以上、表示例を用い本発明の説明を詳細に行ったが、次
に具体的に内部のデータあるいはフローチャートを用い
て更に詳細に説明する。
[Technical Field] The present invention relates to a document processing device that processes document data such as characters (sentences), figures, images, and the like. [Prior Art] Conventional word processors (abbreviated as word processors) draw tables with vertical lines, horizontal lines, etc. in a document by connecting ruled line segments, and draw figures such as maps and illustrations. When pasting image data such as data or photos, draw a rectangular frame (block) closed with block marks that indicate the frame pieces, and add frame attributes such as images and shapes inside that block, and create a separate frame. The method used was to set an identifier such as a name to correspond with the image data and graphic data prepared by the printer, and then paste the corresponding image or graphic into the frame when printing. However, in such a method, the position of the segment may shift due to the insertion or deletion of characters, and the data may be displayed in a distorted manner or may not be displayed at all. Furthermore, since the blocks are composed of a sequence of characters such as elemental fragments, it is impossible to make the block move in a manner different from that of the text by overlapping blocks or by inserting additional sentences. Furthermore, it is very difficult to provide a block with functions such as centering and right alignment control for the paper, as well as other functions. On the other hand, in recent years, with the development of microprocessors and peripheral devices such as CRTs and printers, advanced document processing using workstations has come to be performed. It's usually WSIWYG (What You See
This is called "Is What You Get" and allows input and editing to be performed in real time while displaying the print result of the document on the screen. Blocks also have independent information as blocks in the document, and unique processing can be performed as blocks. FIG. 2 is a diagram illustrating block information for document processing in a conventional workstation. 2-1
is the block priority, which means the stacking order when blocks overlap. 2-2 determines whether the block is a block that floats according to the text in the document (hereinafter referred to as a floating block) or a block that is fixedly pasted at a certain position on a page regardless of the text (hereinafter referred to as a fixed block). This is a flag to indicate. 2-3 indicates the page number to which the fixed block is attached in the case of a fixed block, and the floating block number in the case of a floating block. 2-4 indicates the position of the block pasted when the upper left end of the paper is set as the origin when the block is fixed. 2-5 defines the size of the block in terms of width and height. 2-6 is a pointer indicating the position of actual data in the block. By the way, in conventional blocks, there is only one type of data attribute in the block: Table 4, Figure 9, Text, and Image. Therefore, it is not possible to have multiple attributes in a block. Even if I tried to add an explanatory text, it was impossible. Of course, it was impossible to delete data in a block or move data in a block to another block under the condition that text 9 figures and images overlapped. Furthermore, conventional workstations only have fixed blocks or only floating blocks, and it is not possible to move data between fixed blocks and floating blocks at all. Therefore, there was no distinction at all in terms of display. - Block data for a block that has been created is created with a certain starting point of the block, for example, the upper left end, as the origin. Therefore, when changing the size of a block for document layout or input/editing reasons, even if the block can be expanded or contracted in any direction (up, down, left, or right), the size of the block will change, but the margins of the expanded or contracted portion will be It doesn't have any empty spaces or fill up the margins. For example, even if the block is expanded to the upper left to add a margin to 3-1 in Figure 3 (a), the internal graphic data There was a problem in that it moved in the direction in which it spread. Depending on the document, it may be necessary to leave blocks all over the paper, but in conventional systems, the start and end points are specified using a pointing device such as a mouse, which is difficult to specify. It was almost impossible to fill the whole paper completely. As shown in patent application (1) filed on November 16, 1988, a sheet of paper has multiple layers that can be displayed or printed at the same time, such as a text layer, 9 graphic layers, an image layer,
The applicant has proposed a technology that is composed of form layers, but in such cases, it is possible to move a layer pasted to a specific page to another page as a result of input editing such as inserting and deleting data. However, such processing was naturally impossible with conventional workstations. In addition, it has been conventionally possible to fix layer data for blocks stuck on multiple layer paper as described above and move only the block, or conversely, to fix only blocks and move layer data. This was not possible with a workstation. Regarding floating blocks, conventional workstations include the following. ■ As shown in Figure 4(a), a floating block mark 4-1 and a floating block 4-2 are incorporated into a sentence 4-3, and the floating block 4-2 is treated the same as a character. There are sentences before and after -2. If the height of the block is so large that it invades the rows above and below, the line is advanced by the necessary number of lines without invading the rows above and below. To delete or move floating block 4-2, use floating block mark 4-
Do this by deleting or moving step 1. ■ As shown in Fig. 4(b), a floating block mark 4-4 appears where the floating block is specified, and the actual floating block 4-5 is inserted into the nail by a step.
Floating blocks can be deleted or moved by deleting or moving the floating block mark 4-4 in the same way as in ①. As mentioned above, in the past, floating blocks were only treated as characters or blocks with columns removed. Also, if floating blocks like ■ are constructed in multiple stages of two or more stages, for example, floating blocks 4-6 as shown in Figure 4(C)
The sentence before was displayed in a single column, making it look very awkward. Regarding the movement of a fixed block (frame), conventionally, the fixed frame to be moved was specified using a pointing device such as a mouse, and the block was moved by eye. Therefore, if there are multiple fixed blocks on the same page and you move them while preserving their relative positions,
Not only is it complicated (but it was extremely difficult. Also, when multiple fixed blocks are stacked consciously, they overlap in the order in which the fixed blocks were created. However, - once the fixed blocks are stacked, it is necessary to change the stacking order. There is no way to do this, so if you accidentally overlapped a fixed block, you had to recreate the fixed block from scratch.Next, when you move or copy a fixed block across pages, you can cut out and paste the fixed block as necessary. However, it was very difficult to paste the fixed block at the same position on each page because it was done by the distance of the arrow mark.In addition, in the past, when moving a fixed block across pages, , cut and paste, or move the page.Cut and paste requires displaying the page with the block to be cut out, instructions for cutting out the block, displaying the page to be pasted, and pasting without following the steps in the instructions. This made the operation complicated.Also, since page movement can only be done by placing data from one page onwards from another page, it is very difficult to rearrange multiple fixed blocks to any page.
It also required a lot of effort. Conventionally, when filling image data into a frame, a method has been used in which a read image is once cut out, registered, and the registered image is packed into a desired frame. Therefore, for example, while creating a document, you can create a frame, input an image, check the consistency with the document, and create the document again without interrupting the work. There was no concept of integrating and processing images. Furthermore, there was no idea that incorporated the aforementioned Leia structure. [Objective] In view of the above points, it is an object of the present invention to provide a document processing device that can directly load image data into a frame on data read from a scanner. Another object of the present invention is to provide a document processing device that is capable of reading image data even during document creation, and that allows the cropping frame of the image to be related to the frame in the document. It is said that The present invention allows document creation and image reading to be performed continuously with simple operations, and images cut out by frames corresponding to frames having a hierarchical structure of nine characters and images in a document can be The object of the present invention is to provide a document processing device capable of inputting image data to a hierarchical level. [Example] The present invention will be described in detail below with reference to the drawings. Note that the document referred to in the present invention is a sentence (character). It represents a data group consisting of at least one of figures and images. In addition, the present invention conventionally allows a person to draw sentences, figures, or images on paper on a desk with a pen, etc.
Since this is a device that performs electronic processing, the terms "paper", "cutting", "cutting out", "pasting", "frame blanking", "filling", etc. in this specification all refer to This is done electronically, and the display is controlled on a CRT, for example. Note that the document processing device of the present invention may be a single device or a system consisting of multiple devices as long as it achieves the functions of the present invention, and each device that achieves the function of the present invention via a LAN etc. It goes without saying that the acid may include each system. FIG. 1 is a block diagram of a document processing apparatus showing an embodiment of the present invention, and numeral 1-1 is a CRT display unit that performs rask scanning and displays document image data. 1-2 is video R
AM (VRAM) stores pattern development information for one screen of the CR7 display section 1-1. 1-3 is a display control unit which controls pattern development to VRA Ml-2 and CR
7. Controls pattern readout to display section 1-1. ■-4
is a microprocessor (MPU) that performs document editing control and (data control), and controls each part overall. A main memory 1-5 stores control programs, document data, etc. shown in flowcharts to be described later. 1-6 is an external magnetic disk device that stores document files and the like. 1-
Reference numeral 7 denotes a pointing device (PD) which also serves as an indicating means for indicating a position, and specifies an arbitrary position of the CRTI-1. Reference numeral 1-8 is a keyboard, and reference numeral 1-9 is an I10 bus, which connects each block to MPU 1-4. Furthermore, scanner 1-
10. A printer 1-11 may also be connected. In addition, in this invention, typesetting is a word that originally refers to one process of letterpress printing, and to explain it in a negative way, it is ``pick up type based on the manuscript, and create 9 lines of 9 characters in the order specified in the manuscript. It means "to create a well-balanced document by correctly combining numbers between one character, nine lines between nine positions, etc.," but here it means performing these processes electronically. 5 to 5 are diagrams for explaining the operation of this embodiment using specific display examples. FIG. 5 shows the input editing screen of this embodiment. Reference numeral 5-1 denotes a display screen corresponding to document paper, on which input document data (character data in this case) 5-6 is displayed. 5-2 is a document editing cursor, which indicates the current data input/editing position. A pointing cursor 5-3 moves in conjunction with the PDI-7 in FIG. 1, and moves the document editing cursor 5-2, sets an editing range, and issues commands together with a switch (not shown) on the PD. 5-4 is an input screen which temporarily displays the data from KBDI-8, and has an instruction for kana-kanji conversion (if any), the displayed data is converted into kana-kanji and sent to the display screen 5-1. The display data indicated by rounded corners and squares on the -5 command menu is as follows:
This means editing commands, including screen instructions on PD 1-7 and
This is a label for inputting a command by corresponding key instruction on KB=D of -8. When specifying the floating block (frame) here, 5-5
To specify a fixed block (frame), select 5-8 "Fixed Frame" on the command menu 5-5. Note 5-9
Although other print commands and the like are displayed in a multi-window display, the same is true in other figures as well, but their explanation will be omitted since they are not directly related to the present invention. Figure 6 shows the fixed frame 5-
FIG. 8 is a diagram showing a display screen when 8 is selected. "Fixed frame vacancy" 6-1 is set to the starting point 7-1 by PDI-7 as shown in FIG. 7(a). By selecting the end point 7-2 diagonally, the fixed frame 7-
Leave 3 blank. "Delete fixed frame" (Fig. 6, 6-2) means to specify and delete a fixed frame on the screen using the PDI-7. FIG. 7(b) is a diagram in which the fixed frame 7-3 of FIG. 7(a) is removed. Although the measure is displayed in FIG. 7(b), display or non-display can be selected by controlling the screen. Also, the fixed frame can be taken out to the clipboard 7-4 in FIG. 7(b), which is a temporary area in the DISKI-6, but when you select "Delete fixed frame", the fixed frame taken out to the clipboard 7-4 is also taken out. Can be deleted. FIG. 8(a) shows the display when "fixed frame movement" 6-3 is selected. Since this is an explanation of the menus (8-1 to 8-4), the frames are not shown. 8-1 "up, down, left, and right" means moving the fixed frame in any direction (indicated by arrows) up, down, left, and right within the page as shown in FIG. 8(b). When moving up/down/left/right, press P to make positioning easier.
The Dl-7 cursor changes to a cross cursor. 8-2 "front J, 8-3r back" in Figure 8(a) is the 8th
When the frames overlap as shown in figures (c) and (d), the PD
1-7 means that the order of overlapping is changed by moving the designated frame to the frontmost or furthest position according to an instruction from a switch (not shown). 8-4 “page” is
As shown in FIG. 8(e), this means moving data on a fixed frame or a layer (figures, images) called background data to an arbitrary page. FIGS. 8(f) and 8(g) are diagrams explaining handling of a plurality of frames at the same time. Normally, only one fixed frame 8-7゜8-8.8-9 is selectively selected by the PDI-7, but the KBDI-8's "Continue" key (not shown) and the PD
By instructing 1-7 together, additional selections can be made one after another.b Figure 8 (``) shows the result of additional selection, fixed frame 8
This shows that -7°8-8.8-9 was selected. Multiple selections can also be made by using the PDI-7 to select diagonal points as the starting and ending points, and selecting all blocks included in the rectangle formed by the starting and ending points. For multiple selected fixed frames, press the "Continue" key (not shown) and PD
It is also possible to cancel the selection one after another by using I-7 in combination. Figure 8 (g) shows "fixed frame movement" 6- for multiple frames.
3 and shows the result of moving. . "Fixed frame size" at 6-4 in FIG. 6 means enlarging or reducing the created fixed frame. FIG. 9(a) is a diagram illustrating changing the size of the fixed frame 9-1. The black circles added around the specified fixed frame 9-1 indicate the direction of expansion and contraction. For example, if you specify the black circle 9-2 to change the size of the frame, the black circle 9-3 facing the black circle 9-2 will be fixed. The frame expands and contracts in this state. Conversely, if you change the size of the frame by specifying 9-3, the frame will expand or contract while keeping 9-2 fixed. In other words, the origin (fixed point) is switched between the diagonal points in a flip-flop manner. The relationship between the expansion and contraction of the frame and the movement of the data inside is shown in Figure 9(b).
It will look like (c) and (d). If the data inside is a text, the fixed frame as shown in Figure 9(b) is considered a small set in typesetting terminology, and the length of the small set format ``top, bottom, left, right'' is specified. So, if the size of the frame is the same whether you stretch it upward or downward, you will get the same result. When the data inside is a figure as shown in FIG. 9(C), and in the case of the image shown in FIG. 9(d), a blank space is created in the direction of stretching.The details will be described later. Of course, if it is shortened, the direction of the shortening will be clogged. Note that the same applies to tables and figures and images. Figure 6 6-5 shows that when you instruct to move and delete the fixed frame and layer data page by page using "Page unit edit", the 10th
The menu shown in Figure 10(a) appears, and if you select Move, if it is a fixed frame, only the fixed frame can be moved as shown in Figure 10(b). In addition, 1, 2.3'. The number 4.5 is the page number. Furthermore, in the case of layer (figures, images) called background data, only the layer can be moved as shown in FIG. 10(C). Of course, it goes without saying that if you select a fixed frame and background data, you can move both. FIG. 10(d) is a diagram illustrating fixed frame deletion. By selecting deletion and deletion pages, fixed frames, and background data,
You can delete the fixed frame and layer of the specified page. FIG. 10(e) is a diagram illustrating page deletion. Delete all data in the specified page range. If you select 6-6 "Fixed frame extraction" in Figure 6, Figure 11 (a)
) A clipboard 7-4 appears. If 11-1 "Extract outer frame" is selected, only the frame information is extracted without extracting the fixed frame data. Therefore, if you paste the extracted frame, a fixed frame consisting of only empty frames will be pasted. If 11-2 "Extract all" is selected, the type of data within the specified frame is displayed as shown in FIG. 11(b), and the data within the frame can be selectively extracted along with the frame. As the default value, all data within the frame (image, figure, 2 characters) can be selected. Note that the extraction here means, for example, extraction from a frame stored in the clipboard. 6-7 "Fixed frame filling" in Fig. 6 is to fill the specified frame with the files stored in the clipboard 7-4 (for example, "sample document") as shown in Fig. 12 (a). When loading files), the user instructs whether to scale the frame of the specified file in the clipboard 7-4 at the same ratio vertically and horizontally, to scale it vertically and horizontally independently, or to perform no scaling. If you scale the image vertically and horizontally, the original shape will be preserved, but it may become unbalanced with respect to the frame. Also, if you change the magnification independently in the vertical and horizontal directions, the image will fit neatly in the frame, but the shape may be distorted. If there is no scaling, depending on the size of the frame, the original data may be cut off in the middle or extra blank space may be left. Also, when you change the size, it may not fit all vertically and horizontally within the frame. For this purpose, you can choose between enlargement priority and reduction priority. The former means cutting out the data that protrudes instead of filling the frame with data, and the latter means changing the size so that the data does not protrude. FIG. 12(b) is a diagram illustrating the relationship between fixed frame packing and layers. Sentence (character) Leia 12-1. Graphic layer 12-2. When the cut out frame data consisting of the text layer 12-5 is packed into the fixed frame 12-4 consisting of the image layer 12-3 using the fixed frame packing J6-7, only the text layer is replaced, and the fixed frame 12 -4 looks like the fixed frame 12-5.In this way, data can be packed for each layer, so data can be easily synthesized using multiple layers.Here, figure layer 12-2 and image It goes without saying that if you prepare a dummy layer corresponding to layer 12-3, you can erase the layer that will not be replaced. Figure 12 (C) shows part of the format of the text layer for the frame. The text layer is formatted with the corresponding format for pasting and filling.The format is set to standard format when the frame window is set, and cut out when pasting and filling. The format of the time is set. Figure 12(d) shows the result of performing "fixed frame filling" 6-7 on the fixed frame 12-8 in the frame 12-7 consisting of the text layer and the figure layer. FIG. Graphic layers are scaled according to the size of the frame, but text layers are formatted depending on the format from which they are cut out. Although an example has been shown in which graphic layers are scaled to non-similar shapes, it goes without saying that they can be packed together without scaling or scaled to similar shapes. It goes without saying that the same operations as graphic data can be performed on images and tables. As a result, the text is expanded into the box 12-8 based on the original format (for example, the format in the box 12-7), so the text may be distorted or
There is no change in character spacing, etc., making it easier to read, and on the contrary, it gives an impression. Since the graphics are scaled based on the size of the frame, they can be packed in a shape that fits the frame without being accidentally cut off by the frame. "Paste fixed frame" 6-8 in FIG. 6 means to paste the file in the clipboard 7-4 in the same state as when the frame was cut out, as shown in FIG. 13(a). "
When arbitrary position J13-2 is selected, the cursor on the PDI-7 becomes a cursor 13-3 with the size of the frame of the specified file 13-1 on the clipboard 7-4, which can be used as a layout guide when pasting. . ``When you select the storage position J13-4, the position of the frame relative to the paper and the size of the frame when cut out are displayed to clearly indicate the location, as shown in 13-5 in Fig. 13(b). It is possible to paste it as it is in the cut out state.This allows you to create a frame of the same size at the same position on the desired page. -8, if an image scanner (not shown) is connected, it is possible to directly read image data from the image scanner, fill it in a frame, or paste it.If you select the measure shown in Fig. 6-9, You can change the display and control of lattice points called grids on the screen.As shown in Figure 14, you can set them with specified values as ``independent definition'', or you can save grids from the document format as ``save format''. You can decide and set it. If you decide on a grid based on the format, you will take into consideration the hanmen, text pitch, and line pitch, so use the grid to clean the boundaries of each line of 9 characters on the hanmen when blanking out frames or pasting. be able to. Note that "all frames in page" in FIG. 6-10 instructs to select all frames on the screen. "Screen control" in FIG. 6-6-11 instructs how to display the screen. For example, 2.4x display, shape,
These include A display, grid display and non-display, layer display and non-display, grid display and non-display. Figure 6 6-15
"Page" displays the page currently being processed and also instructs to move to an arbitrary page. 6-12 in FIG. 6 specifies that a data prohibited area 15-1 is placed around the fixed frame, as shown in FIG. 15. FIG. 16 is a diagram illustrating the relationship between prohibited areas and background data. A prohibited area indicated by 16-4 is set in the fixed frame 16-1. Since the prohibited area only affects the text ray 716-5 as background data, the prohibited area 16-2 affects the text ray 716-5 as background data.
Suppress 5. However, since layers other than text are not suppressed in the prohibited area 16-2, it is possible to write graphic data in a graphic layer such as 16-3, for example. "Line type" in FIG. 6-6-13 specifies the line type of the frame itself. 6-14 instructs processing of image data pasted as a fixed frame in FIG. 17. FIG. 18 is a diagram when "floating frame" 5-7 in FIG. 5 is selected. If you select "Empty floating frame bar" in Engineering 8-1, the 19th
A floating block setting menu 19-1 as shown in Figure (a) appears. Pointing cursor 5- when executed in line
Floating frame mark 19-2 and floating frame 19 at the position where 2 exists.
-3 is inserted. The size attribute of the floating frame is set using the floating block setting menu 19-1. There are two ways to determine the size of a floating frame: one is based on the number of characters and lines, and the other is based on millimeters. Also, align the lines of the floating frame to the top. You can also specify selectoring and bottom alignment. As a special setting, you can also change the position of the floating frame from the baseline of the inserted row. Here, the floating frame of this embodiment is allowed to span a line without the floating frame mark 9-2. In that case, the part covered by the floating frame is
Since the data is overwritten as shown in Figure 9 (C), it appears that the data has disappeared. In other words, since I set a floating frame within the line,
Since the frame shown in FIG. 19(c) is treated as one character, it appears to have disappeared, but this is not the case in FIG. 20(a). However, by doing this, Figure 19 (
As shown in d), it is possible to have the row 19-5 and the row 19-6 on the left and right sides of the floating frame 19-4. FIG. 19(e) shows FIG. 19(d) 1. : versus line break 1
This is a display of control data such as 9-7. The floating frame 19-10 is treated as a character by the floating frame mark 19-8. The floating frame 19-10 has a height that is sufficiently larger than the line pitch, so it invades the lines before and after it, but by inserting line feeds 19-7 as many times as necessary, it prevents it from infringing on the lines before and after it. There is. The line indicated by 19-5 and 19-6
The line indicated by 19. is a different line, but it is a floating frame 19. -10 invades the previous and next rows, and as a result, these rows are not suppressed and can be lined up on the left and right sides of the floating frame 19-10. Note that the line feed indicated by 19-9 is a line feed for determinant data 19-11. Figure 20(a) shows “Floating frame bar empty J”
It is a figure explaining an example when 18-1 is made into a role. In this case, since the width of the frame is set to the width of the frame minus the width of the frame, the frame is opened so that it fits within the tier. FIG. 20(b) is an example in which the width of the frame is made larger than the width of the column. The parts that have eroded into the frame are removed and disposed of. Figure 21 (a) is an example when the floating frame bar J18-1 is set to all stages. When set to all stages, in the case of a multi-stage set of two or more rows, the length up to the point where the floating frame is inserted is Data is,
Columns are not aligned. However, the format settings shown in Figure 21(b)
By ``aligning columns'' (reversing black and white means that it is selected), you can align the data up to just before the floating frame. 18-2r "Delete Floating Frame" in FIG. 18 indicates the floating frame with the pointing cursor and deletes it when the user wants to delete the floating frame displayed during the floating frame operation process. Note that in document processing, floating frames are treated the same as characters, so floating frames can also be deleted using the method of deleting characters. "Change floating frame" at 18-3 in FIG. 18 allows changing the size, positioning, etc. of the created floating frame. This can be done using the same process as [Floating frame bar empty J18-1]. "Floating frame extraction J18-4.r Floating frame filling" 18-5
.. r Floating frame attachment J18-6 is fixed frame removal J6-
6, r Fixed frame stuffing J6-7゜ "Fixed frame pasting" 6-8
The operation performed on the clipboard 7-4 is performed on the floating frame. Data can be converted between a floating frame and a fixed frame through the clipboard 7-4. "Screen control J18-7.r Page j'18-8.r Forbidden area J18-9.r Line type J18-10.r Paste image data-11 is fixed frame "Screen control" 6-10. r page J6-
15. Since it is the same as "r prohibited area" 6-12 and "line type J6-13.r pasting image" 6-14, the details will be omitted. (The following is a blank space) -r The present invention has been described above in detail using display examples.Next, it will be explained in more detail using internal data or flowcharts.

【固定枠制御テーブル】[Fixed frame control table]

第22図は文書が第1図に示したハードディスク装置1
−6から主メモリ1−5に読み込まれたときに作成され
る固定枠情報の構成を表したものである。22−1は枠
制御情報で、固定枠内のデータに関する情報、ページ番
号、優先順位を示すデータである。優先順位は固定枠の
作成順位を示しており、複数枠が重なった時の表示順位
を示している。 22−2は固定枠の枠線の線種で、線種・線色・線幅を
示している。22−3は固定枠の左上座標で、枠の左上
のX座標データとY座標データを示す。22−4は固定
枠のサイズ情報で、枠の幅・高さを示す。 22−5は固定枠の禁止領域で、枠の上下左右方向それ
ぞれの禁止領域の値を示している。22−6は固定枠デ
ータアドレスで、当該固定枠に作成されたデータ(書式
データ、文章データ、図形データ、イメージデータ)の
アドレスを示している。22−7は固定枠データサイズ
で、当該固定枠に作成されたデータ(書式データ、文章
データ、図形データ、イメージデータ)のデータサイズ
を示している。
Figure 22 shows that the document is the hard disk drive 1 shown in Figure 1.
6 shows the structure of fixed frame information created when read from -6 to main memory 1-5. 22-1 is frame control information, which is data indicating information regarding data within a fixed frame, page number, and priority order. The priority indicates the creation order of fixed frames, and indicates the display order when multiple frames overlap. 22-2 is the line type of the frame line of the fixed frame, which indicates the line type, line color, and line width. 22-3 is the upper left coordinate of the fixed frame, which indicates the X coordinate data and Y coordinate data of the upper left corner of the frame. 22-4 is fixed frame size information indicating the width and height of the frame. Reference numeral 22-5 indicates a prohibited area of the fixed frame, and indicates the value of the prohibited area in each of the upper, lower, left, and right directions of the frame. A fixed frame data address 22-6 indicates the address of data (format data, text data, graphic data, image data) created in the fixed frame. 22-7 is a fixed frame data size, which indicates the data size of data (format data, text data, graphic data, image data) created in the fixed frame.

【浮動枠情報のデータ構造】[Data structure of floating frame information]

次に、第23図(a)、(b)を参照しながら、文章デ
ータ内に作成された浮動枠情報のデータ構造について説
明する。 第23図(a)は文書データを示し、文書データに浮動
枠が作成されている状態を示しである。同図(b)はこ
の文書データのデータ構成を説明する図である。文書デ
ータ内に浮動枠が作成された時、図から明らか゛なよう
に文書データに浮動枠情報および浮動枠データが組み込
まれる。23−1は浮動枠スタートコマンドで、浮動枠
情報を示すデータの開始を示している。23−2は浮動
枠コマンドパラメータで、浮動枠の属性情報を示す。こ
のパラメータについては後述する。23−3は浮動枠デ
ータで、当該浮動枠に作成されたデータ(書式データ、
文章データ、図形データ、イメージデータ)が書き込ま
れている。23−4は浮動枠データ長で、浮動枠スター
トコマンド23−1より浮動枠エンドコマンド23−5
までのデータ長を示している。23−5は前述の浮動枠
エンドコマンドで、浮動枠情報および浮動枠データの終
了を示す。
Next, the data structure of the floating frame information created in the text data will be explained with reference to FIGS. 23(a) and 23(b). FIG. 23(a) shows document data in which a floating frame has been created. FIG. 4B is a diagram illustrating the data structure of this document data. When a floating frame is created in document data, floating frame information and floating frame data are incorporated into the document data, as is clear from the figure. 23-1 is a floating frame start command indicating the start of data indicating floating frame information. 23-2 is a floating frame command parameter indicating attribute information of the floating frame. This parameter will be described later. 23-3 is floating frame data, and the data created in the floating frame (format data,
Text data, graphic data, image data) are written. 23-4 is the floating frame data length, from the floating frame start command 23-1 to the floating frame end command 23-5.
It shows the data length up to. 23-5 is the aforementioned floating frame end command, which indicates the end of floating frame information and floating frame data.

【浮動枠コマンドパラメータ】 第24図は第23図に示した浮動枠コマンドパラメータ
23−2の構成を説明したものである。24−1は浮動
枠データ長で、第23図に示す浮動枠スタートコマンド
23−1より、浮動枠エンドコマンド23−5までのデ
ータ長を示すデータである。24−2はフラッグで浮動
枠の属性情報を示し、段抜き数、ベースライン、寄せ、
および役向・全段抜きの場合の幅・高さのオフセット情
報を示している。24−3は浮動枠の枠線種で、線種・
線色・線幅を示す。 24−4は浮動枠のサイズ情報で、枠の幅と高さを表す
。ここで示される枠のサイズは、単位をl/10mmと
した数値である。24−5は浮動枠のオフセットで、字
方向・行方向のそれぞれのオフセット値を表す。24−
6は24−4と同じ浮動枠のサイズ情報で、枠の幅と高
さをそれぞれ字数、行数で表した数値が格納される。2
4−7は浮動枠の禁止領域で、浮動枠の上下左右方向そ
れぞれの禁止領域値を示す。24−8は浮動枠データの
サイズで、当該浮動枠に作成されたデータ(書式データ
、文章データ、図形データ、イメージデータ)のデータ
サイズを示している。
[Floating Frame Command Parameter] FIG. 24 explains the configuration of the floating frame command parameter 23-2 shown in FIG. 23. 24-1 is a floating frame data length, which is data indicating the data length from the floating frame start command 23-1 to the floating frame end command 23-5 shown in FIG. 24-2 indicates the attribute information of the floating frame with flags, including the number of steps, baseline, alignment,
It also shows the width and height offset information for the role and all rows. 24-3 is the frame line type of the floating frame, and the line type/
Indicates line color and line width. 24-4 is floating frame size information, which indicates the width and height of the frame. The size of the frame shown here is a numerical value with a unit of 1/10 mm. 24-5 is a floating frame offset, which represents offset values in the character direction and line direction. 24-
6 is the same floating frame size information as 24-4, and stores numerical values representing the width and height of the frame in the number of characters and the number of lines, respectively. 2
4-7 is a prohibited area of the floating frame, which indicates the prohibited area value in each of the vertical and horizontal directions of the floating frame. 24-8 is the size of floating frame data, which indicates the data size of data (format data, text data, graphic data, image data) created in the floating frame.

【浮動枠制御テーブル】[Floating frame control table]

第25図は文書が第1図に示したハードディスク装置1
−6から主メモリ1−5に読み込まれたときに作成され
る浮動枠情報の構成を表したものである。25−1はフ
ラッグで、前述した24−2と同じものである。25−
2はページで、当浮動枠が作成されている文書ページ数
を示す。25−3は浮動枠の枠線で、線種・線色・線幅
を示す。25−4は浮動枠の左上座標で、枠の左上のX
座標データとY座標データ示す。25−5は浮動枠のサ
イズ情報で、伜の幅と高さを表す。25−6は浮動枠コ
マンドアドレスで、浮動枠コマンドパラメータの現在編
集中のページの文章データの先頭からの位置を示してい
る。
Figure 25 shows that the document is the hard disk drive 1 shown in Figure 1.
-6 to the main memory 1-5. 25-1 is a flag, which is the same as 24-2 described above. 25-
2 is a page, which indicates the number of document pages on which the floating frame is created. 25-3 is a frame line of a floating frame, which indicates the line type, line color, and line width. 25-4 is the upper left coordinate of the floating frame, and the X of the upper left of the frame
Coordinate data and Y coordinate data are shown. 25-5 is floating frame size information, which indicates the width and height of the upper side. 25-6 is a floating frame command address indicating the position of the floating frame command parameter from the beginning of the text data of the page currently being edited.

【固定枠編集処理】[Fixed frame editing process]

第26図(a)は第6図に示した固定枠編集処理の処理
フローである。PDI−7での画面指示やKBDI−8
上のキー操作の入力処理を解析しくSl >、対応する
処理の内容を示したものである。 画面制御コマンド6−11が入力された場合、画面制御
処理を行う。画面制御処理では、画面の拡大・縮小表示
の指定、グリッドおよびメジャーの表示指定、そして各
データ(フオーム、イメージデータ、図形データ、ワー
プロデータ等)の表示指定を行う<83〉。 保存コマンド6−16が入力された場合、保存処理を行
う。保存処理では、元の文書ファイルを現在の編集状態
に更新する。保存処理の実行を確認するメツセージが表
示され、確認の指示により保存処理を行う<84〉。 再開始コマンド6−17が入力された場合、再開始処理
を行う。再開始処理では、現在の編集状態から処理を開
始した時の状態、または最後に保存を実行した状態に復
帰する。再開始処理の実行を確認するメツセージが表示
され、確認の指示により再開始処理を行う<85〉。 再表示が指示された場合、再表示処理を行う。再表示処
理では、現在の編集文書ページを組版処理で再組版し再
表示する<86〉。 スクロール処理が指示された場合、スクロール処理を行
う。スクロール処理では、指示に従い表示画面をスクロ
ールし再表示する<87〉。 改頁処理が指示された場合、改頁処理を行う。改頁処理
では、改頁コマンド6−15で指定されたページあるい
は現在の編集文書ページの前後のページを表示する<8
8〉。 前記以外の固定枠編集コマンドが入力された場合、後述
する固定枠編集コマンドを実行する<32〉。 第26図(’b)は固定枠編集コマンド処理の処理フロ
ーである。PDI−7での画面表示やKBDI−8上の
対応したキーの指示に従って入力されたコマンド(第6
図・6−1〜6−10)の処理を表している。 次に、これら固定枠編集コマンドの各処理について説明
する。 (固定枠枠窓は処理) 第27図は、第7図(a)に示した固定枠枠窓は処理の
処理フローを表したものである。 PDI−7により始点7−1の指示の入力〈Sl〉が判
断されると枠窓は処理くS2〉が開始される。 枠窓は処理<82〉では、PDI−7による終点7−2
の指示により各点のVRAMl−2でのアドレスを求め
、それらの点を対角とする枠7−3をVRAMl−2上
に展開する。 この時、編集文書ページに設定されているメジャーテー
ブル第35図(b)のグリッド適合モード35−1がグ
リッド適合「する」に指定されていれば、始点7−11
終点7−2はグリッドの点に調整されることになる。 さらに枠窓は処理<82〉では、第22図に示す固定枠
制御テーブルを主メモリ1−5に作成する。 主メモリ1−5には、編集文書に作成されている固定枠
の枠制御テーブルが作成順に展開されている。 始点7−1、終点7−2 ノVRAMl−2テのアドレ
スにより、作成された固定枠の枠位置、枠サイズを求め
固定枠制御テーブルの枠位置、枠サイズそれぞれの格納
エリアに書き込む。 また、PDI〜7の入力くSl〉によりそれの指示位置
が既に作成されである固定枠の内部の場合には、枠の選
択処理<83〉となる。枠の選択処理<33〉では選択
された固定枠の四隅に選択状態を示すシンボル7−5が
表示される。(以後、この状態を選択状態と表現する。 ) PDI−7の入力<81〉が固定枠内界外の文書用紙の
表示画面5−1上にあり、かつ2クリツクの場合には、
用紙サイズの大きさの固定枠を作成し表示する。この場
合も、第22図に示す固定枠制御テーブルを主メモリ1
−5に作成し、作成された固定枠の枠位置、枠サイズを
固定枠制御テーブルの枠位置、枠サイズそれぞれの格納
エリアに書き込むくS4〉。 (固定枠削除処理) 第28図は、第7図(b)に示した固定枠削除処理の処
理フローを表したものである。 PDI−7あるいはKBDI−8により、固定枠削除コ
マンド6−2が選択されると、画面上にクリップボード
の画面7−4を表示する。クリップボードの画面には、
その時クリップボードに格納されているデータファイル
がそのデータ種類を表すアイコンで表示される<St>
。 次に、PDI−7あるいはKBDI−8の入力<32〉
により、文書用紙上の削除する固定枠が選択されると、
当該固定枠(複数の場合もある)が選択状態となり削除
の確認を求めるメセージを表示する。確認の指示により
、主メモリl−5上の選択されている固定枠の固定枠制
御テーブルを削除し表示画面上より消去する<83〉。 また、PDI−7あるいはKBDI−8の入力<52〉
によりクリップボード画面上のデータアイコンが選択さ
れると、選択されたアイコンを反転表示し、削除の確認
を求めるメセージを表示する。確認の指示により、選択
されたデータファイルをクリップボードから削除し、同
時に当アイコンをりリップボード画面上から消去する<
84〉。 (固定枠移動処理) 第29図(a)は、第8図(a)に示した固定枠移動処
理の処理フローを表したものである。 PDI−7あるいはKBDI−8により、固定枠移動コ
マンド6−3が選択されると、固定枠移動メニュー8−
1〜4を固定枠編集コマンドメニューの上段に表示する
<Sl >。この時、固定枠移動の既定処理として上下
左右移動処理<83〉が選択された状態となっている。 PDI−7あるいはKBDI−8の入力<82〉により
、固定枠移動のその他の移動処理(手前移動<S4〉、
実移動<85〉、ページ移動<36>)を選択すること
ができる。 次に、これら枠移動の各移動処理について説明する。 ・上下左右移動処理 第29図(b)は、第8図(b)に示した固定枠の上下
左右処理の処理フローを表したものである。 PDI−7あるいはKBDI−8の入力<Sl >によ
り、文書用紙上の移動する固定枠が選択されると、当固
定枠(複数の場合もある)が選択状態となる。 移動処理では固定枠を複数同時に選択できる。頁内全枠
コマンド6−11の入力の場合、現在編集中のページに
ある全ての固定枠を選択状態にする。また、KBDI−
8の「継続」キーを押下した状態でPDI−7により固
定枠が指示されると、指示された固定枠を次々と選択状
態にする。PDI−7により表示画面上に選択矩形が描
かれた時、その矩形内に包含される固定枠金てを選択状
態にする。 選択された固定枠の何れか1つの枠内でPDI−7の押
放しの入力があると、現時点でのPDI−7の指示位置
と、その1つ前の時点でのPDI−7の指示位置から相
対移動量を算定し、選択されている固定枠をこの移動量
分移動する。以後PDI−7の押放しの入力が終了する
までこの処理を繰り返す。 この時、編集文書ページに設定されているメジャーテー
ブル第35図(b)のグリッド適合モード35−1がグ
リッド適合「する」に指定されていれば、前記PDI−
7の指示位置がグリッドの点に調整され、固定枠の移動
量もグリッド間隔単位になる。 さらに、編集文書ページにメジャーが表示されている場
合には、8−5に示すようにPDI−7のポインティン
グカーソルはそれの指示する枠の左上位置を中心とする
クロスカーソルに変る。 移動中の固定枠は処理スピードを早めるために枠線のみ
を表示して移動するくS3〉。 PDI−7の押放しの入力が終了すると、移動した固定
枠の元の位置の表示を消去し、移動後の位置に固定枠お
よび固定枠データを再表示する。同時に、移動した固定
枠に対応した固定枠制御テーブル第22図の枠位置22
−5のX座標、Y座標の各位を前記移動量を基にして更
新するくS4〉。 ・手前移動処理 第29図(c)は、第8図(c)に示した固定枠の手前
移動処理の処理フローを表したものである。 PDI−7の入力くSl〉により、文書用紙上の移動す
る固定枠が指示されると、当固定枠の固定枠制御テーブ
ル第22図の枠制御情報22−1の優先順位を最上位に
する。 即ち、第29図(d)に示すように、主メモリl−5上
に展開されている現在の編集文書ページの固定枠制御テ
ーブルの順番を入れ替え、手前移動した固定枠の固定枠
制御テーブルを最後尾におく〈S3〉。そして、移動し
た固定枠を再表示する<34〉。 ・実移動処理 第29図(e)は、第8図(d)に示した固定枠の実移
動処理の処理フローを表したものである。 PDI−7の入力<31>により、文書用紙上の移動す
る固定枠が選択されると、当固定枠の固定枠制御テーブ
ル第22図の枠制御情報22−1の優先順位を最下位に
する。 即ち、第29図(f)に示すように、主メモリ1−5上
に展開されている現在の編集文書ページの固定枠制御テ
ーブルの順番を入れ替え、実移動した固定枠の固定枠制
御テーブルを先頭にお(<33>。 そして、移動した固定枠を再表示する<84〉。、・ペ
ージ移動処理 第29図(g)は、第8図(e)に示した固定枠のペー
ジ移動処理の処理フローを表したものである。 PDI−7あるいはKB、DI−8により固定枠のペー
ジ移動コマンドが選択されるとページ移動指定画面8−
5を表示する〈Sl〉。 次に、PDI−7あるいはKBDI−8の入力<32〉
を判断し、ページ移動指定画面の項目指定の入力の場合
には移動データ(固定枠、背景データ)または移動先ペ
ージを設定する<83〉。 また、固定枠が選択された場合には、当固定枠(複数の
場合もある)を選択状態とする〈S4〉。 さらに、ページ移動の実行が指定された場合には、移動
データ、移動先ページが指定されている場合にのみペー
ジ移動処理を実行する。移動データが固定枠の場合には
固定枠の移動処理〈S5〉、背景データの場合には背景
データの移動処理<56〉となる。 次に、これら各データのページ移動処理について説明す
る。 ・固定枠のページ移動処理 第29図(h)は、固定枠のページ移動処理の処理フロ
ーを表したものである。 先ず移動対象として選択されている固定枠(複数の場合
もある)を表示画面から消去する〈Sl〉。 次に、指定された移動先ページにある固定枠を主メモリ
1−5に読み込み、同ページの固定枠制御テーブルを作
成する。そして、移動先ページに新たに固定枠を作成し
、その固定枠制御テーブルを主メモリl−5上に追加作
成するくS2〉。 元のページの移動する固定枠のデータを主メモリ1−5
から退避する<83〉。移動先ページに新しく作成され
た固定枠制御テーブルに元のページの移動する固定枠の
固定枠制御テーブルの情報を複写しくS4〉、元のペー
ジの移動する固定枠の固定枠制御テーブルを削除する<
85〉。前記処理を選択されている全ての固定枠に対し
て実行する。 ・背景データのページ移動処理 、第29図(i)は、背景データのページ移動処理の処
理フローを表・したものである。 移動対象となる背景データは、編集文書ページの図形レ
イア、イメージレイアに作成されている図形データ、イ
メージデータに限られる。 先ず、指定された移動先ページにあるデータを主メモリ
l−5に読み込み<31>、同ページの図形レイアおよ
びイメージレイアにデータがある場合それら背景データ
を削除する<82〉。 次に、元のページの図形レイアおよびイメージレイアに
ある背景データを主メモリ!−5から退避する<S3〉
。そして、図形レイアおよびイメージレイア毎に元のペ
ージの背景データのアドレスを移動先ページに移しかえ
〈S4〉、元のページを再表示する<85〉。 (固定枠サイズ処理) 第30図は、第9図(a)に示した固定枠サイズ処理の
処理フローを表したものである。 PDI−7の入力により〈Sl〉、文書用紙上の固定枠
が選択されると、選択された固定枠にサイズ変更を指示
する・マークを表示するくS2〉。この・マークは、固
定枠にそって8箇所に表示される。 次に、PDI−7の入力により固定枠に表示されている
サイズ変更指示マーク・9−2が指定されると、その点
の対角点9−3を原点(固定点)とする枠の伸縮処理を
行う。伸縮の方向は、枠の四隅に当る変更指示点が表示
画面上でのX7両方向の伸縮となり、それ以外の4点の
変更指示点はX方向あるいはY方向の一方向のみの伸縮
となる。 前記PDI−7の入力によるサイズ変更指示点の指示以
後、PDI−7の押放しの人力に追随して、それの指示
する表示画面上の指示位置から、枠の左上位置座標およ
び枠サイズを算定し、サイズ変更した固定枠の枠線を再
表示する。PDI−7の押放しの入力が終了するまで前
記処理を繰り返す<33〉。 この時編集文書ページに設定されているメジャーテーブ
ル第35図(b)のグリッド適合モード35−1がグリ
ッド適合「する」に指定されていれば、前記PDI−7
の指示位置がグリッドの点に調整され、固定枠のサイズ
変更量もグリッド間隔単位になる。 さらに、編集文書ページにメジャーが表示されている場
合には、PDI−7のポインティングカーソルを、それ
の指示する固定枠のサイズ変更指示点位置を中心とする
クロスカーソル(こする。 PDI−7の押放しの入力が終了するとサイズ変更処理
を終了し、サイズ変更前の固定枠および固定枠内のデー
タを表示画面から一旦消去する。そして、サイズ変更後
の、固定枠の位置、枠サイズを元にして固定枠を再表示
する〈S4〉。 同時に、サイズを変更された固定枠の固定枠制御テーブ
ル第22図の枠位置22−3、枠サイズ22−4を更新
する。 次に、枠のサイズ変更処理と枠内の各レイアのデータ表
示位置の関係について説明する。 第9図(b)に示す固定枠内の文章レイア上の文章デー
タは、文章データを制御する書式データが不変であるた
め、サイズの伸縮方向に関係なく枠内の文章データの表
示位置は変わらない。 第9図(c)、(d)に示す固定枠内の図形レイア、イ
メージレイア上の図形データ、イメージデータは、枠の
伸縮後も同データの編集文書用紙上での表示位置が変わ
らないようにデータの表示位置を調整する。したがって
、これら図形データ、イメージデータの場合、伸張変更
の時には枠内に空白の部分が生じ、圧縮変更の場合には
データの部分表示となる。 特に、図形レイアにある図形データは、枠の伸縮処理に
より枠の左上位置が変更になった時グリッドの原点位置
が変更になるため、再表示後グリッドに図形が適合する
ように座標の調整を行う。この調整により、図形データ
は表示画面上で若干の位置のズレが生じることがある。 (頁単位編集処理) 第31図は、第10図(a)に示した頁単位編集処理の
処理フローを表したものである。 PDI−7あるいはKBDI−8により、頁単位編集コ
マンドが選択されると、画面上に頁単位編集指定画面を
表示する<81〉。 PDI−7あるいはKBDI−8の入力<82〉により
、頁単位編集の指定を行う。先ず、「移動」が選択され
た場合には「移動」欄を反転表示し、移動する対象デー
タ(固定枠、背景データ)、移動の開始ページと移動先
ページの入力処理となる。 「削除」が選択された場合には「削除」欄を反転表示し
、削除する対象データ(固定枠、背景データ)、削除の
開始ページと終了ページの入力処理となる。 「ページ削除」が選択された場合には「ページ削除」欄
を反転表示し、削除の開始ページと終了ページの入力処
理となる。 固定枠の移動処理第1θ図(b)は、指定された移動開
始ページ以降の全ての固定枠を移動先ページ以降に移動
する。移動する各固定枠の固定枠制御テーブル第22図
の枠制御情報22−1にあるページ番号を更新する。現
在の編集文書ページが指定されたページの範囲内にあれ
ば同ページを再表示する。 背景データの移動処理第10図(e)は、指定された移
動開始ページ以降の全ての背景データ(図形データ、イ
メージデータ)を移動先ページ以降に移動する。現在の
編集文書ページが指定されたページの範囲内にあれば同
ページを再表示する。 固定枠の削除処理第10図(d)は、指定された範囲の
固定枠データを削除する。現在の編集文書ページが指定
されたページの範囲内にあれば同ページを再表示する。 背景データの削除処理は、指定された範囲の背景データ
を削除する。指定された範囲のページそれぞれの図形レ
イア、イメージデータにあるデータを削除する。現在の
編集文書ページが指定されたページの範囲内にあれば同
ページを再表示する。 ページ削除処理第10図(e)は、指定された範囲のペ
ージデータを削除し、削除直後のページを再表示する。 (固定枠取出し処理) 第32図(a)は、第11図(a)に示した固定枠取出
し処理の処理フローを表したものである。 PDI−7あるいはKBDI−8により、固定枠取出し
コマンド6−6が選択されると、固定枠取出しのサブコ
マンドメニュー11−1.11−2を固定枠編集コマン
ドメニューの上段に表示する<Sl>。 この時、固定枠取出しの既定処理として全体取出し処理
<S6〉が選択された状態となっている。 さらに、固定枠取出し処理で取出された固定枠データを
ファイルとして格納するクリップボードの画面7−4を
表示する。クリップボードの画面には、その時点でクリ
ップボードに格納されているデータファイルが、その種
類を表すアイコンで表示されろくS2〉。 PDI−7あるいはKBDI−8の入力<83〉により
、固定枠取出しのその他の取出し処理(外枠取出処理<
85〉を選択することができる<84〉。 取出された固定枠データは、前記クリップボードにデー
タファイルとして作成され格納される。 第32図(b)(i、クリップボードに格納される固定
枠データファイルの構成を示したものである。 データファイルの構成は大きく2つに分けられる。32
−1はファイルのヘッダ部であり、ブロック(枠)情報
を示している。32−2はデータ部であり、取出された
固定枠のデータが書き込まれる。 後述するように、このデータファイル構成は浮動枠取出
し処理で取出される浮動枠データについても同様である
。 32−1−1はデータ属性で、当データを取出した編集
処理の区別、ファイルの種別、データの種別を示す。フ
ァイルの種別には統合データ、グラフデータ、表データ
、枠データがある。また、データ種別には、文章データ
(ワープロデータ、表組データ)、図形データ、イメー
ジデータがある。 32−1−2のフラッグは浮動枠の属性情報で、第24
図で示した浮動枠コマンドパラメータ構成中のフラッグ
24−2に対応するものである。浮動枠取出し処理の場
合にのみ書き込まれる情報である。 32−1−3は取出された枠の線種で、枠線の線種・線
幅・線幅を表す。32−1−4は取出された枠の左上座
標で、左上のX座標データとY座標データを表す。32
−1−5は取出された枠のサイズで、枠の幅と高さを表
す。 32−1−6のオフセットは浮動枠のオフセットを表し
ており、浮動枠コマンドパラメータ構成第24図中のオ
フセット24−5に対応するものである。前記フラッグ
と同様浮動枠取出し処理の場合にのみ書き込まれる情報
である。 、32−1−7は取出された枠の禁止領域で、枠の上下
左、右方向それぞれの禁止領域値を表す。32−1=8
は取出された枠データ(書式データ、文章データ、図形
データ、イメージデータ)のファイル中のアドレスを示
している。 32−2は取出された枠のデータが種類別に書き′ 込
まれる。 ・全体取出し処理 第32図(c)は、第11図(b)に示した固定枠の全
体取出し処理の処理フローを表したものである。 PDI−7の入力くSl〉により、文書用紙上のデータ
を取出す固定枠が選択されると、当固定枠は選択状態に
なる。選択された固定枠を主メモリ!−5上に読み込み
、当固定枠の固定枠制御、テーブル第22図を設定する
<82〉。 固定枠制御テーブルの各データのサイズ情報22−9よ
り、選択された固定枠にあるデータの種類を判定する<
S4〉。データの種類が複数(例えば、図形データ、イ
メージデータ等)ある場合には、11−3に示すような
取出すデータの選択画面を表示しする。取出すデータの
選択画面には選択された固定枠のデータの種類を表示し
て、取出すデータを選択させるくS5〉。 PDI−7あるいはKBDI−8の入力<81〉により
取出すデータの種類が指定され、取出し処理の実行が指
示されると、指定されたデータ別に取出し処理を実行す
る。 先ず、文章データが選択されている場合<86〉、文章
データを制御する書式データを枠データ部32−2に書
き込み、その先頭アドレスをデータアドレス32−1−
8の書式データ部に設定する。続いて、文章データを枠
データ部32−2に書き込み、その先頭アドレスをデー
タアドレス32−1−8の文章データ部に設定する<8
7〉。 図形データが選択されている場合<88〉、図形データ
を枠データ部32−2に書き込み、その先頭アドレスを
データアドレス32−1−8の図形データデータアドレ
ス部に設定するくS9〉。イメージータが選択されてい
る場合くS10〉、イメージデータを枠データ部32−
2に書き込み、その先頭アドレスをデータアドレス32
−1−8のイメージデータ部に設定する<Sll>。 次に、取出す固定枠の枠情報32−1について当固定枠
の固定枠制御テーブルからそれぞれ対応する項目を書き
込む。 一方、PDI−7の入力〈Sl〉により文書用紙上の固
定枠以外の領域を指示されると、背景データの全体取出
し処理になる。編集文書ページのデータ情報を主メモリ
1−5上に読み込み<84〉、データの種類を判定する
。編集文書ページにあるデータが文章データだけの場合
には、当処理は出来ない。 データの種類が複数(図形データ、イメージデータ)あ
る場合は、前記固定枠の全体取出し処理と同様に、11
−3に示すような取出すデータの選択画面を表示し、背
景データの種類を表示して取出すデータを選択させる〈
S5〉。 以後の各データの取出し処理は固定枠の場合と同様であ
る。 ・外枠取出し処理 外枠取出し処理の場合には、前記クリップボードデータ
構成第32図(b)のヘッダ部32−1の枠情報のデー
タだけが作成される。 前記全体取出し処理と同様に、PDI−7の入力<Sl
>により文書用紙上のデータを取出す固定枠が選択され
ると、当固定枠は選択状態に、なる。選択された固定枠
を主メモリ1−5上に読み込み、当固定枠の固定枠制御
テーブル第22図を展開する<32〉。 次に、取出す固定枠の枠情報32−1について当固定枠
の固定枠制御テーブルからそれぞれ対応する項目を書き
込む。 背景データからの外枠取出し処理は出来ない。 (固定枠詰込み処理) 第33図(a)は、第12図(a)に示した固定枠詰込
み処理の処理フローを表したものである。 PDI−7あるいはKBDI−8により、固定枠詰込み
コマンド6−7が選択されると、固定枠詰込み処理で詰
め込むデータが格納されているクリップボードの画面7
−4を表示する。クリップボードの画面には、その時点
でクリップボードに格納されているデータファイルが、
その種類を表すアイコンで表示される<Sl>; 次に、PDI−7の入力<82〉により、クリップボー
ドの画面7−4上のデータアイコンを選択することによ
って、詰め込むデータを選択する。選択されたデータア
イコンは反転表示される<85〉。 また、PDI−7の入力<81〉により文書用紙上の固
定枠が選択されると、詰め込むデータが既に選択されて
いる場合には、当固定枠への詰込み処理を実行しく83
〉、再表示する<84〉。 第33図(a)は枠データの詰込み処理の処理フローを
表したものである。 第12図(b)に示すように、詰込み処理は詰め込み先
の固定枠の各データレイアと詰め込むデータの各データ
レイアとの対応するレイア毎に行われる。 先ず、詰め込み先の固定枠が指定されると、当棒の枠情
報および枠データを主メモリ1−5上に読み込み、固定
枠制御テーブル第22図を設定する。 一方、詰め込むクリップボードデータのファイルをオー
プンし、そのデータ属性32−1−1から詰め込むデー
タの種類を識別する<Sl>。 詰め込むデータにイメージデータがある場合、詰め込み
先の固定枠のイメージデータのイメージデータを削除し
、替わって詰め込むイメージデータの情報を設定する。 開枠の固定枠制御テーブル第22図のデータアドレス2
2−6のイメージデータ部およびデータサイズ22−7
のイメージデータ部を更新するりS3〉。 詰め込むデータに図形データがある場合、詰め込み先の
固定枠の図形レイアの図形データを削除し、替わって詰
め込む図形データの情報を設定する。開枠の固定枠制御
テーブル第22図のデータアドレス22−6の図形デー
タ部およびデータサイズ22−7の図形データ部を更新
する<84〉。 詰め込むデータに文章データがある場合、詰め込み先の
固定枠の文章レイーアの文章データおよび書式データを
削除し、替わって詰め込む文章データおよび書式データ
の情報を設定する。開枠の固定枠制御テーブル第22図
のデータアドレス22−6の文章データ部および書式デ
ータ部およびデータサイズ22−7の文章データ部およ
び書式データ部を更新するくS5〉。 詰め込むデータにイメージデータあるいは図形データが
ある場合には、詰め込む方法を指定することができる。 詰め込み方法指定画面を表示し、PDI−7あるいはK
BDI−8の入力により詰め込み方法を指定するくS2
〉。 イメージデータあるいは図形データの場合、詰め込み先
の固定枠の枠サイズ22−4と詰め込むデータの枠サイ
ズ32−1−5より詰め込み先の固定枠に合うようにデ
ータの倍率を決定する。 詰め込み方法で、縦横同率変倍指定の場合には、データ
を縦横同一の倍率で拡大縮小し枠に合うように調整する
。この時、縦と横で枠に合う拡大縮小の倍率が異なる場
合は、拡大優先指定の時は大きい倍率を縮小優先指定の
時は小さい倍率を採用する。 縦横独立変倍指定の場合には、データを縦横それぞれの
倍率で拡大縮小し枠に合うように調整する。この時、縦
と横で枠に合う拡大縮小の倍率が異なる場合は、それぞ
れの倍率を採用する。イメージデータの場合、枠に合わ
せるため拡大優先指定の時は枠サイズよりやや大きくな
る倍率を採用し縮小優先指定の時は枠サイズよりやや小
さくなる倍率を採用する。 変倍なし指定の場合にはデータの大きさは変わらず枠の
中央に表示する。 文章データを詰め込む場合には、詰め込むデータの書式
に依存して枠内に文章データを表示する。 第33図(C)〜(e)はスキャナ1−10からイメー
ジデータを読み込み、同データを直接固定枠へ詰め込む
処理を表したものである。 詰め込み先の固定枠33−2をPDI−7により指定す
ると、当固定枠は選択状態となる。当棒33−2には文
章レイアには文章データ33−3、イメージレイアには
イメージデータ33−4が存在している。 クリップボード7−4上のスキャナ部33−1がPDI
−7により指示されると、スキャナ1−10を起動し、
イメージデータを表示するスキャナイメージ表示画面3
3−5を表示し、読み込まれたイメージデータを画面に
表示する。スキャナからイメージデータを読み込む場合
には倍率の指定が出来る。 PDI−7の指示位置がスキャナイメージ表示画面33
−5上にある時、PDI−7に連動するポインティング
カーソルは前記詰込み先の固定枠サイズの大きさのボッ
クスカーソル33−6に変わる。 PDI−7の入力がスキャナイメージ表示画面33−5
上にある間は、枠サイズの大きさのボックスカーソルの
まま画面上を移動する。 PDI−7によりスキャナイメージ表示画面33−5上
の任意位置が指示されると、当位置のボックスカーソル
内にあるイメージデータを切り取り、前記固定枠33−
2に詰め込む。同時にスキャナイメージ表示画面を消去
する。 固定枠33−2のイメージレイアのイメージデータ33
−4が削除され、替わってスキャナイメージ表示画面で
指定されたイメージデータ33−7がイメージレイアの
イメージデータとなり再表示される。文章レイアの文章
データ33−3はそのままである。 (固定枠貼付は処理) 第34図は、第13図(a)に示した固定枠貼付は処理
の処理フローを表したものである。 PDI−7あるいはKBDI−8により、固定枠貼付は
コマンドが選択されると、固定枠貼付けのサブコマンド
メニュー13−2.13−3を固定枠編集コマンドメニ
ューの上段に表示する<Sl>。この時、固定枠貼付け
の既定処理として任意位置貼付は処理<85〉が選択さ
れた状態となっている。 さらに、固定枠貼付は処理で貼付けるデータが格納され
ているクリップボードの画面7−4を表示する。クリッ
プボードの画面には、その時点でクリップボードに格納
されているデータファイルが、その種類を表すアイコン
で表示される〈S2〉。この時、クリップボードにある
データの中で貼付けることの出来る最新のデータ13−
1を最初の貼付はデータとして自動的に選択し、反転表
示する。 PDI−7あるいはKBDI−8の入力<83〉により
、固定枠貼付けのその他の貼付は処理(保存位置貼付は
処理<36>)を選択することができる<34〉。 次に、これらの固定枠貼付は処理の各貼付は処理につい
て説明する。 ・任意位置貼付は処理 前記のようにPDI−7あるいはKBDI−8の入力に
より、固定枠貼付はコマンド13−2が選択された時、
または任意位置貼付はコマンドが選択された時、表示さ
れているクリップボードのデータの中で貼付けることの
出来る最新のデータ13−1を最初の貼付はデータとし
て自動的に選択し、反転表示する。これ以後当データの
任意位置貼付は処理を行う。 PDI−7の入力<83〉により、その指示位置が編集
文書ページの表示画面上にある場合には、PDI−7に
連動するポインティングカーソルが前記選択されている
クリップボードデータの枠サイズ32−1−5に対応す
るボックスカーソル13−3に変り、表示画面上を移動
する。 PDI−7の入力〈S3〉のより貼付は位置が指示され
ると、その指示位置を枠の左上位置とする固定枠を作成
し、再表示する<85〉。同時に、主メモリ1−5上に
新たに固定枠制御テーブルを作成し、貼付けたクリップ
ボードデータの枠情報およびデータの情報を固定枠制御
テーブルのそれぞれ対応する格納エリアに書き込む。゛ また、PDI−7の入力によりクリップボードの画面7
−4上のデータアイコンを選択することによって、貼付
けるデータを任意に選択することが出来る。選択された
データアイコンは反転表示されろくS8〉。 この場合、後述する浮動枠取出し処理で取出されたデー
タは、浮動枠固有のデータ(フラッグ32−1−2、オ
フセット32−1−6)を除いては固定枠と共通のデー
タを持つことになり、固定枠貼付は処理で貼付けること
が出来る。逆の場合も同様である。 ・保存位置貼付は処理 PDI−7あるいはKBDI−8の入力により保存位置
貼付はコマンド13−4が選択された時、任意位置貼付
は処理の場合と同様に、表示されているクリップボード
のデータの中で貼付けることの出来る最新のデータを最
初の貼付はデータとして自動的に選択し、反転表示する
。これ以後当データの保存位置貼付は処理を行う。 選択されているクリップボードデータの枠情報を基に、
光枠の取出された時の枠位置32−1−4に、枠サイズ
32−1−5に示す幅、高さを持った枠を破線で仮表示
13−5 L、貼り付けを確認するメツセージを表示す
る。PDI−7あるいはKBDI−8による確認の指示
で、この表示位置に固定枠として貼付ける。 同時に、主メモリ1−5上に新たに固定枠制御テーブル
を作成し、貼付けたクリップボードデータの枠情報およ
びデータの情報を固定枠制御テーブルのそれぞれ対応す
る格納エリアに書き込む。 また、PDI−7の入力によりクリップボードの画面7
−4上のデータアイコンを選択することによって、保存
位置に貼付けるデータを任意に選択することが出来る。 選択されたデータアイコンは反転表示される<88〉。 但し、保存位置に貼付けることの出来るデータは、枠の
位置が確定している必要があるため、固定枠編集および
浮動枠編集の取出し処理によって取出されたデータに限
られる。 ・スキャナ起動による貼付は処理 第34図(b)〜(e)はスキャナ1−10からイメー
ジデータを読み込み、同データを編集文書ページへ固定
枠として貼付ける処理を表したものである。 クリップボード7−4上のスキャナ部34−1がPDI
−7により指示されると、スキャナ1−1Oを起動し、
イメージデータを表示するスキャナイメージ表示画面3
4−2を表示し、読み込まれたイメージデータを画面に
表示する。スキャナからイメージデータを読み込む場合
には倍率の指定が出来スキャナイメージ表示画面上で、
PDI−7の押放しの入力により貼り付けるデータの範
囲34−3を指定すると、同範囲のイメージデータの貼
付は処理を実行する確認メツセージを表示する。確認の
指示により、前記指定された範囲内のイメージデータが
貼り付けるデータとし、スキャナイメージ表示画面を消
去する。 PDI−7に連動するボインティングカーソルを前記指
定された範囲の大きさのボックスカーソル34−5に変
え、表示画面上を移動する。PDI−7の貼付は位置の
指示により、指示位置を枠の左上位置とする固定枠を作
成し、前記範囲指定して取出したイメージデータを再表
示する34−6゜同時に、主メモリ1−5上に新たに固
定枠制御テーブルを作成し、貼付けたイメージデータの
枠情報およびデータの情報を固定枠制御テーブルのそれ
ぞれ対応する格納エリアに書き込む。 (メジャー処理) 第35図(a)は、第14図に示したメジャー処理の処
理フローを表したものである。 PDI−7あるいはKBDl、−8によりメジャーコマ
ンドが選択されると、先ず編集文書ベーンに設定されて
いる書式情報を参照するくSl〉。そして、メジャー指
定画面を表示する。この時、メジャー指定画面には編集
文書ページに設定されているメジャーの値が表示される
〈S2〉。 次に、PDI−7あるいはKBDI−8の入力<33〉
により、メジャーテーブルを設定する。   ゛第35
図(b)は、メジャーテーブルのデータ構成を示したも
のである。35−1はグリッド適合モードで、グリッド
適合「する」・「しない」の区別、グリッド原点の位置
情報(用紙または枠の角、76面の角)、書式依存での
グリッド間隔情報(文字ピッチ・11ピツチ)を示す。 35−2は編集文書ページの原点位置で、用紙の左上ま
たは右上位置を示す。35−3は座標単位で、文書用紙
上の位置座標の単位をあられす。35−4は編集文書用
紙の縮尺を示し、35−5は入力単位を表す。35−6
はグリッド間隔で、編集文書ページに設定されているグ
リッド間隔の大きさを示す。35−7はグリッド原点の
オフセットで、グリッド原点の位置座標のX方向あるい
はY方向のオフセットを示す。35−8はグリッド原点
の座標で、35−1のグリッド適合モードに指定されて
いるグリッド原点の位置情報に基いて設定された原点位
置のX座標とY座標の値を示している。 固定枠のメジャー処理では、メジャーを定義する場合2
通りの方法で指定出来る。 一つは、「独立定義」の方法である。任意の原点位置(
編集文書用紙の左上または右上)、任意のグリッド間隔
を指定する。 もう一つは、「書式依存」の方法である。編集文書ペー
ジに設定されている書式情報に基いてメジャーを指定す
る。第35図(C)は現在編集中の文書ページで画面に
はメジャーが表示されている。 このページには35−1に示す書式が設定されている。 第35図(d)は「書式依存」のメジャ一定義方法を表
したものである。書式35−1の組方向が横組に指定さ
れているため、原点は用紙の左上とする。縦組の場合は
右上となる。 グリッド原点位置を版面の角に指定すると、書式35−
1の「天」、「のど」の値からグリッド原点位置を35
−3の位置座標に設定する。グリッド間隔35−2は文
字ピッチ指定のため書式35−1に指定されている文字
ピッチ4.1mmとなる。 第35図(e)はグリッド原点位置のオフセット値を指
定したメジャーを示している。オフセット指定の数値に
よりグリッド原点位置を35−4の位置座標に設定する
。 オフセットの指定方向は、その時のグリッド間隔の指定
方法に関係する。グリッド間隔が文字ピッチ指定であれ
ば文字方向に(表示画面上では横組の場合はX方向、縦
組の場合はY方向)、行ピツチ指定であれば行方向とな
る(表示画面上では横組の場合はY方向、縦組の場合は
X方向)。 第35図(f)はグリッド間隔を行ピツチ指定にしたメ
ジャーを示している。グリッド間隔35−7は行ピンチ
指定のため書式35−■に指定されている行ピッチ7.
2mmとなる。グリッド原点位置は35−6の位置座標
に設定する。 (禁止領域処理) 第36図は、第15図に示した禁止領域処理の処理フロ
ーを表したものである。 PDI−7あるいはKBDI−8により、禁止領域コマ
ンドが選択されると、禁止領域指定画面15−2が表示
される。この時、禁止領域指定画面の上下左右各欄には
現在設定されている禁止領域の値が表示される<Sl 
>。 PDI−7あるいはKBDI−8の入力<82〉により
、禁止領域の各指定欄を指示し、KBDI−8から入力
された数値を禁止領域値とする<83〉。 さらに、F’DI−7あるいはKBDI−8の入力<S
2〉により固定枠が選択されると、当固定枠(複数の場
合もある)が選、択状態となり、禁止領域指定画面に表
示されている禁止領域の値が当固定枠の禁止領域値とし
て設定される。選択された固定枠の固定枠制御テーブル
の禁止領域22−7に数値が書き込まれるくS5〉。 固定枠の禁止領域は、枠の外側15−1に設定される。 枠の禁止領域には組版処理により文章データは展開され
ない16−2゜ また、PDI−7の2クリック人力〈S2〉により固定
枠が選択されると、選択された固定枠に設定されている
禁止領域の値が表示中の禁止領域指定画面に再表示され
る。この値が、以後作成される固定枠の禁止領域となる
。 (線種処理) 第37図は、線種処理の処理フローを表したものである
。 PDI−7あるいはKBDI−8により、線種コマンド
が選択されると、線種指定画面が表示される。 この時、線種指定画面には現在設定されている線種が表
示される<Sl >。 PDI−7あるいはKBDI−8の入力くS2〉により
、線種を指定する<83〉。 線種の指定では、線種
FIG. 26(a) is a processing flow of the fixed frame editing process shown in FIG. Screen instructions on PDI-7 and KBDI-8
This is an analysis of the input processing of the above key operations and shows the contents of the corresponding processing. When the screen control command 6-11 is input, screen control processing is performed. In the screen control process, the display of the screen is specified to be enlarged or reduced, the display of grids and measures is specified, and the display of each data (form, image data, graphic data, word processing data, etc.) is specified <83>. When a save command 6-16 is input, a save process is performed. In the save process, the original document file is updated to the current editing state. A message confirming execution of the save process is displayed, and the save process is performed in accordance with the confirmation instruction <84>. When the restart command 6-17 is input, restart processing is performed. In the restart process, the current editing state is returned to the state when the process was started or the state when the last save was executed. A message confirming execution of the restart process is displayed, and the restart process is performed in accordance with the confirmation instruction <85>. If redisplay is instructed, redisplay processing is performed. In the re-display process, the current edited document page is re-formatted using a type-setting process and re-displayed <86>. If scroll processing is instructed, scroll processing is performed. In the scrolling process, the display screen is scrolled and redisplayed according to instructions <87>. If page break processing is instructed, page break processing is performed. In page break processing, the page specified by page break command 6-15 or the page before and after the current edited document page is displayed.
8〉. If a fixed frame editing command other than the above is input, the fixed frame editing command described later is executed <32>. FIG. 26('b) is a processing flow of fixed frame editing command processing. Commands (6th
6-1 to 6-10). Next, each process of these fixed frame editing commands will be explained. (Fixed Frame Window Processing) FIG. 27 shows the processing flow of the fixed frame window processing shown in FIG. 7(a). When the input of the instruction for the starting point 7-1 (Sl) is determined by the PDI-7, the frame window is processed and S2> is started. In process <82>, the frame window is the end point 7-2 according to PDI-7.
The address of each point in VRAM 1-2 is determined by the instruction, and a frame 7-3 having these points as diagonals is developed on VRAM 1-2. At this time, if grid adaptation mode 35-1 of the measure table shown in FIG. 35(b) set on the edited document page is specified as grid adaptation "Yes", then
The end point 7-2 will be adjusted to a point on the grid. Furthermore, in the frame window processing <82>, a fixed frame control table shown in FIG. 22 is created in the main memory 1-5. In the main memory 1-5, frame control tables for fixed frames created in edited documents are developed in the order of creation. The frame position and frame size of the created fixed frame are determined from the addresses of the starting point 7-1 and the ending point 7-2 in the VRAM1-2, and are written into the respective storage areas for the frame position and frame size of the fixed frame control table. Further, if the specified position is inside the already created fixed frame by inputting PDI~7, the frame selection process <83> is performed. In the frame selection process <33>, symbols 7-5 indicating the selected state are displayed at the four corners of the selected fixed frame. (Hereinafter, this state will be referred to as a selected state.) If the PDI-7 input <81> is on the document paper display screen 5-1 outside the fixed frame and there are two clicks,
Create and display a fixed frame the size of the paper size. In this case as well, the fixed frame control table shown in FIG.
-5, and write the frame position and frame size of the created fixed frame into the respective storage areas for the frame position and frame size of the fixed frame control table (S4). (Fixed frame deletion process) FIG. 28 shows a processing flow of the fixed frame deletion process shown in FIG. 7(b). When the fixed frame deletion command 6-2 is selected by the PDI-7 or KBDI-8, a clipboard screen 7-4 is displayed on the screen. On the clipboard screen,
The data file stored in the clipboard at that time is displayed with an icon representing the data type <St>
. Next, input PDI-7 or KBDI-8 <32>
When the fixed frame to be deleted on the document paper is selected,
The fixed frame (or frames may be multiple) becomes selected and a message asking for confirmation of deletion is displayed. In response to the confirmation instruction, the fixed frame control table of the selected fixed frame on the main memory l-5 is deleted and erased from the display screen <83>. Also, PDI-7 or KBDI-8 input <52>
When a data icon on the clipboard screen is selected, the selected icon is highlighted and a message asking for confirmation of deletion is displayed. Upon confirmation, the selected data file will be deleted from the clipboard, and at the same time this icon will be deleted from the clipboard screen.
84〉. (Fixed Frame Movement Process) FIG. 29(a) shows the processing flow of the fixed frame movement process shown in FIG. 8(a). When fixed frame movement command 6-3 is selected by PDI-7 or KBDI-8, fixed frame movement menu 8-
1 to 4 are displayed at the top of the fixed frame editing command menu <Sl>. At this time, the vertical and horizontal movement process <83> is selected as the default process for moving the fixed frame. By inputting <82> of PDI-7 or KBDI-8, other movement processing of fixed frame movement (movement to front <S4>,
Actual movement <85>, page movement <36>) can be selected. Next, each movement process of these frame movements will be explained. - Up/down/left/right movement process FIG. 29(b) shows the processing flow of the up/down/left/right movement process of the fixed frame shown in FIG. 8(b). When a movable fixed frame on the document sheet is selected by input <Sl> of PDI-7 or KBDI-8, the fixed frame (in some cases, plural frames) becomes selected. In the move process, multiple fixed frames can be selected at the same time. In the case of inputting the all frames in page command 6-11, all fixed frames on the page currently being edited are selected. Also, KBDI-
When a fixed frame is designated by the PDI-7 while the "Continue" key 8 is pressed, the designated fixed frames are made to be selected one after another. When a selection rectangle is drawn on the display screen by the PDI-7, the fixed frame included within the rectangle is brought into a selected state. When there is an input to press and hold the PDI-7 within any one of the selected fixed frames, the current indicated position of the PDI-7 and the indicated position of the PDI-7 at the previous point are displayed. The relative movement amount is calculated from , and the selected fixed frame is moved by this movement amount. Thereafter, this process is repeated until the input of pressing and holding the PDI-7 is completed. At this time, if the grid adaptation mode 35-1 of the measure table shown in FIG. 35(b) set on the edited document page is specified as grid adaptation "Yes",
The indicated position of No. 7 is adjusted to the grid point, and the movement amount of the fixed frame also becomes the grid interval unit. Further, when a measure is displayed on the edited document page, the pointing cursor of the PDI-7 changes to a cross cursor centered on the upper left position of the frame it points to, as shown in 8-5. For fixed frames that are being moved, only the frame lines are displayed and moved in order to speed up the processing speed (S3). When the input of pressing and holding the PDI-7 is completed, the display of the original position of the moved fixed frame is erased, and the fixed frame and fixed frame data are redisplayed at the position after the movement. At the same time, frame position 22 of the fixed frame control table FIG. 22 corresponding to the moved fixed frame
-5's X and Y coordinates are updated based on the amount of movement. S4>. - Front movement process FIG. 29(c) shows the processing flow of the front movement process of the fixed frame shown in FIG. 8(c). When a fixed frame to be moved on the document paper is specified by input Sl> of PDI-7, the priority of the frame control information 22-1 in the fixed frame control table of FIG. 22 for the fixed frame is set to the highest priority. . That is, as shown in FIG. 29(d), the order of the fixed frame control table of the current edited document page developed on the main memory l-5 is changed, and the fixed frame control table of the fixed frame that has been moved to the front is replaced. Place it at the end (S3). Then, the moved fixed frame is redisplayed <34>. - Actual movement process FIG. 29(e) shows the processing flow of the actual movement process of the fixed frame shown in FIG. 8(d). When a moving fixed frame on the document paper is selected by input <31> of PDI-7, the priority of the frame control information 22-1 in the fixed frame control table Fig. 22 of the fixed frame is set to the lowest priority. . That is, as shown in FIG. 29(f), the order of the fixed frame control table of the current edited document page developed on the main memory 1-5 is changed, and the fixed frame control table of the actually moved fixed frame is changed. At the top (<33>. Then, the moved fixed frame is redisplayed <84>. Page movement process Figure 29 (g) shows the fixed frame page movement process shown in Figure 8 (e). This shows the processing flow. When a fixed frame page movement command is selected using PDI-7, KB, or DI-8, a page movement specification screen 8-
Display 5 <Sl>. Next, input PDI-7 or KBDI-8 <32>
In the case of inputting item designation on the page movement specification screen, movement data (fixed frame, background data) or movement destination page is set <83>. Further, when a fixed frame is selected, the fixed frame (in some cases, there may be more than one) is set in a selected state (S4). Further, when execution of page movement is specified, the page movement process is executed only when movement data and a movement destination page are specified. If the movement data is a fixed frame, a fixed frame movement process <S5> is performed, and if it is background data, a background data movement process <56> is performed. Next, page movement processing for each of these data will be explained. -Fixed frame page movement process FIG. 29(h) shows the processing flow of fixed frame page movement process. First, the fixed frame (there may be more than one) selected as a moving target is deleted from the display screen <Sl>. Next, the fixed frame on the specified destination page is read into the main memory 1-5, and a fixed frame control table for the same page is created. Then, a new fixed frame is created on the destination page, and the fixed frame control table is additionally created on the main memory l-5 (S2). The moving fixed frame data of the original page is stored in main memory 1-5.
Evacuate from <83>. Copy the information of the fixed frame control table of the fixed frame to be moved on the original page to the newly created fixed frame control table on the destination page, and delete the fixed frame control table of the fixed frame to be moved on the original page. <
85〉. The above process is executed for all selected fixed frames.・Background data page movement process FIG. 29(i) shows the processing flow of background data page movement process. The background data to be moved is limited to the graphic data and image data created in the graphic layer and image layer of the edited document page. First, the data on the designated destination page is read into the main memory l-5 <31>, and if data exists in the graphic layer and image layer of the same page, the background data is deleted <82>. Next, the background data in the original page's figure layer and image layer is stored in main memory! Evacuate from -5 <S3>
. Then, the address of the background data of the original page is transferred to the destination page for each graphic layer and image layer (S4), and the original page is redisplayed (85). (Fixed Frame Size Processing) FIG. 30 shows the processing flow of the fixed frame size processing shown in FIG. 9(a). When a fixed frame on the document paper is selected by inputting the PDI-7 <S1>, a mark is displayed to instruct the selected fixed frame to change the size (S2). This mark is displayed at eight locations along the fixed frame. Next, when the size change instruction mark 9-2 displayed in the fixed frame is specified by inputting the PDI-7, the frame expands and contracts with the diagonal point 9-3 of that point as the origin (fixed point). Perform processing. Regarding the direction of expansion and contraction, the change instruction points at the four corners of the frame will expand and contract in both the X7 directions on the display screen, and the other four change instruction points will only expand and contract in one direction, either the X direction or the Y direction. After specifying the size change instruction point by inputting the PDI-7, the upper left position coordinates of the frame and the frame size are calculated from the indicated position on the display screen by following the manual force of pushing and releasing the PDI-7. and redisplay the border of the resized fixed frame. The above process is repeated until the input of pressing and holding the PDI-7 is completed <33>. At this time, if the grid adaptation mode 35-1 of the measure table shown in FIG.
The indicated position is adjusted to the grid point, and the amount of resizing of the fixed frame is also in grid interval units. Furthermore, if a measure is displayed on the edited document page, move the pointing cursor of the PDI-7 with a cross cursor centered on the position of the size change instruction point of the fixed frame indicated by the pointing cursor of the PDI-7. When the press and hold input is completed, the size change process ends, and the fixed frame and the data within the fixed frame before the size change are temporarily erased from the display screen.Then, the position of the fixed frame and the frame size after the size change are changed to the original size. to redisplay the fixed frame <S4>. At the same time, the frame position 22-3 and frame size 22-4 of the fixed frame control table Fig. 22 of the fixed frame whose size has been changed are updated. The relationship between the size change process and the data display position of each layer within the frame will be explained.For the text data on the text layer within the fixed frame shown in Figure 9(b), the format data that controls the text data remains unchanged. Therefore, the display position of the text data inside the frame does not change regardless of the direction of size expansion/contraction. , adjust the display position of the data so that the display position of the same data on the editing document paper does not change even after the frame is expanded or contracted. Therefore, in the case of these graphic data and image data, when changing the expansion or contraction, there is no blank space in the frame. In the case of a compression change, a partial display of the data will occur.In particular, for graphic data in a graphic layer, when the upper left position of the frame changes due to frame expansion/contraction processing, the origin position of the grid will change. Therefore, coordinates are adjusted so that the figure fits into the grid after redisplaying.Due to this adjustment, the figure data may be slightly misaligned on the display screen. (Page unit editing process) Figure 31 shows the processing flow of the page unit editing process shown in FIG. 10(a). When the page unit editing command is selected by PDI-7 or KBDI-8, page unit editing is Display the specification screen <81>. Specify page-by-page editing by inputting PDI-7 or KBDI-8 <82>. First, if "Move" is selected, the "Move" field is highlighted. Then, input processing is performed for the data to be moved (fixed frame, background data), the start page of the movement, and the destination page. If "Delete" is selected, the "Delete" field is highlighted and the target to be deleted is displayed. Data (fixed frame, background data), start page and end page for deletion will be input. If "Page deletion" is selected, the "Page deletion" field will be highlighted, and the start page and end page for deletion will be input. This is the input process. Fixed frame movement process In FIG. 1θ (b), all fixed frames after the designated movement start page are moved to the movement destination page and beyond. The page number in the frame control information 22-1 of the fixed frame control table FIG. 22 of each fixed frame to be moved is updated. If the current edited document page is within the specified page range, the same page is redisplayed. Background data movement process FIG. 10(e) moves all background data (graphic data, image data) from the designated movement start page to the movement destination page and beyond. If the current edited document page is within the specified page range, the same page is redisplayed. Fixed frame deletion process FIG. 10(d) deletes fixed frame data in a specified range. If the current edited document page is within the specified page range, the same page is redisplayed. Background data deletion processing deletes background data in a specified range. Delete the data in the graphic layer and image data of each page in the specified range. If the current edited document page is within the specified page range, the same page is redisplayed. Page deletion processing FIG. 10(e) deletes page data in a specified range and redisplays the page immediately after deletion. (Fixed frame extraction process) FIG. 32(a) shows the processing flow of the fixed frame extraction process shown in FIG. 11(a). When the fixed frame extraction command 6-6 is selected by PDI-7 or KBDI-8, the fixed frame extraction subcommand menu 11-1.11-2 is displayed at the top of the fixed frame editing command menu <Sl> . At this time, the entire extraction process <S6> is selected as the default process for extracting the fixed frame. Furthermore, a clipboard screen 7-4 for storing the fixed frame data extracted in the fixed frame extraction process as a file is displayed. On the clipboard screen, the data files currently stored on the clipboard are displayed with icons representing their types (S2). By input <83> of PDI-7 or KBDI-8, other extraction processing of fixed frame extraction (outer frame extraction processing <
<85> can be selected <84>. The extracted fixed frame data is created and stored as a data file on the clipboard. Figure 32(b) (i) shows the structure of a fixed frame data file stored in the clipboard.The structure of the data file can be broadly divided into two parts.32
-1 is the header part of the file and indicates block (frame) information. Reference numeral 32-2 is a data section, into which the extracted fixed frame data is written. As will be described later, this data file structure is the same for floating frame data extracted in the floating frame extraction process. 32-1-1 is a data attribute indicating the distinction of the editing process that retrieved the data, the file type, and the data type. File types include integrated data, graph data, table data, and frame data. Further, data types include text data (word processing data, table data), graphic data, and image data. The flag 32-1-2 is the attribute information of the floating frame, and is the 24th flag.
This corresponds to flag 24-2 in the floating frame command parameter configuration shown in the figure. This information is written only in the case of floating frame extraction processing. 32-1-3 is the line type of the extracted frame, which represents the line type, line width, and line width of the frame line. 32-1-4 is the upper left coordinate of the extracted frame, which represents the upper left X coordinate data and Y coordinate data. 32
-1-5 is the size of the extracted frame, representing the width and height of the frame. The offset 32-1-6 represents the offset of the floating frame, and corresponds to the offset 24-5 in the floating frame command parameter configuration FIG. 24. Similar to the flag, this information is written only in the case of floating frame extraction processing. , 32-1-7 are prohibited areas of the extracted frame, and represent prohibited area values in the upper, lower, left, and right directions of the frame. 32-1=8
indicates the address in the file of the extracted frame data (format data, text data, graphic data, image data). In 32-2, the data of the extracted frames are written by type. - Whole extraction process FIG. 32(c) shows the processing flow of the entire fixed frame extraction process shown in FIG. 11(b). When a fixed frame from which data on the document paper is to be extracted is selected by inputting the PDI-7, the fixed frame becomes selected. The selected fixed frame is stored in main memory! -5, and set the fixed frame control of the fixed frame and table FIG. 22 <82>. Determine the type of data in the selected fixed frame from the size information 22-9 of each data in the fixed frame control table.
S4〉. If there are multiple types of data (for example, graphic data, image data, etc.), a selection screen for selecting data to be extracted as shown in 11-3 is displayed. The type of data in the selected fixed frame is displayed on the selection screen for the data to be extracted, and the data to be extracted is selected.S5>. When the type of data to be retrieved is designated by input <81> of PDI-7 or KBDI-8 and execution of retrieval processing is instructed, retrieval processing is executed for each designated data. First, if text data is selected <86>, format data for controlling the text data is written in the frame data section 32-2, and its start address is set as the data address 32-1-.
Set in the format data section of 8. Next, the text data is written in the frame data section 32-2, and its start address is set in the text data section at data address 32-1-8.<8
7〉. If graphic data is selected <88>, the graphic data is written in the frame data section 32-2, and its leading address is set in the graphic data data address section of the data address 32-1-8 (S9). If the image data is selected (S10), the image data is transferred to the frame data section 32-
2, and set the first address to data address 32.
<Sll> to be set in the image data section of -1-8. Next, for the frame information 32-1 of the fixed frame to be extracted, corresponding items are written from the fixed frame control table of the fixed frame. On the other hand, if an area other than the fixed frame on the document sheet is designated by the input <Sl> of the PDI-7, the entire background data is extracted. The data information of the edited document page is read into the main memory 1-5 <84>, and the type of data is determined. If the data on the edited document page is only text data, this process cannot be performed. If there are multiple types of data (graphic data, image data), 11.
-Display the selection screen for the data to be extracted as shown in 3, display the type of background data, and let the user select the data to be extracted.
S5〉. The subsequent processing for extracting each data is the same as in the case of a fixed frame. - Outer frame extraction process In the case of the outer frame extraction process, only the frame information data of the header section 32-1 in the clipboard data structure FIG. 32(b) is created. Similarly to the whole extraction process, input of PDI-7<Sl
> When a fixed frame for extracting data on a document sheet is selected, the fixed frame becomes selected. The selected fixed frame is read into the main memory 1-5, and the fixed frame control table of FIG. 22 for the fixed frame is developed <32>. Next, for the frame information 32-1 of the fixed frame to be extracted, corresponding items are written from the fixed frame control table of the fixed frame. It is not possible to extract the outer frame from the background data. (Fixed Frame Filling Process) FIG. 33(a) shows the processing flow of the fixed frame filling process shown in FIG. 12(a). When fixed frame filling command 6-7 is selected by PDI-7 or KBDI-8, clipboard screen 7 containing data to be packed in fixed frame filling processing is displayed.
-4 is displayed. The clipboard screen displays the data files currently stored on the clipboard.
<Sl> is displayed with an icon representing the type; Next, data to be packed is selected by selecting a data icon on the clipboard screen 7-4 by inputting <82> on the PDI-7. The selected data icon is displayed in reverse video <85>. Also, when a fixed frame on the document paper is selected by inputting <81> on the PDI-7, if the data to be stuffed has already been selected, the stuffing process to that fixed frame will not be executed.
>, redisplay <84>. FIG. 33(a) shows the processing flow of the frame data stuffing process. As shown in FIG. 12(b), the stuffing process is performed for each corresponding layer between each data layer of the fixed frame to be stuffed and each data layer of the data to be stuffed. First, when a fixed frame to be stuffed is specified, the frame information and frame data of the stick are read into the main memory 1-5, and the fixed frame control table shown in FIG. 22 is set. On the other hand, a file of clipboard data to be packed is opened, and the type of data to be packed is identified from the data attribute 32-1-1 <Sl>. If the data to be stuffed includes image data, the image data of the fixed frame image data to be stuffed is deleted, and information about the image data to be stuffed is set instead. Data address 2 of the open frame fixed frame control table Figure 22
2-6 image data section and data size 22-7
Update the image data section of S3>. If the data to be stuffed includes graphic data, delete the graphic data in the graphic layer of the fixed frame that is the packing destination, and set information about the graphic data to be packed in its place. The graphic data portion of the data address 22-6 and the graphic data portion of the data size 22-7 in the open frame fixed frame control table of FIG. 22 are updated <84>. If the data to be stuffed includes text data, the text data and format data of the text layer in the fixed frame at the stuffing destination are deleted, and information on the text data and format data to be stuffed is set instead. The text data section and format data section of the data address 22-6 and the text data section and format data section of the data size 22-7 in the open frame fixed frame control table of FIG. 22 are updated (S5). If the data to be packed includes image data or graphic data, the packing method can be specified. Display the packing method specification screen and select PDI-7 or K.
Specify the packing method by inputting BDI-8 S2
〉. In the case of image data or graphic data, the magnification of the data is determined based on the frame size 22-4 of the fixed frame to be stuffed and the frame size 32-1-5 of the data to be stuffed to match the fixed frame to be stuffed. If the packing method specifies the same scaling ratio both vertically and horizontally, the data is scaled at the same scaling ratio vertically and horizontally and adjusted to fit the frame. At this time, if the magnifications for scaling to fit the frame are different for the vertical and horizontal directions, a larger magnification is used when enlargement priority is specified, and a smaller magnification is used when reduction priority is specified. If vertical and horizontal independent scaling is specified, the data is scaled by the vertical and horizontal scaling factors and adjusted to fit the frame. At this time, if the vertical and horizontal scaling factors to fit the frame are different, the respective scaling factors are used. In the case of image data, in order to fit the data into a frame, a magnification that is slightly larger than the frame size is used when priority is given to enlargement, and a magnification that is slightly smaller than the frame size is used when priority is given to reduction. If no scaling is specified, the data size remains unchanged and is displayed in the center of the frame. When text data is packed, the text data is displayed within a frame depending on the format of the data to be packed. FIGS. 33(C) to 33(e) show the process of reading image data from the scanner 1-10 and directly packing the same data into a fixed frame. When the fixed frame 33-2 to which data is to be stuffed is specified using the PDI-7, the fixed frame becomes selected. In the stick 33-2, text data 33-3 exists in the text layer, and image data 33-4 exists in the image layer. The scanner section 33-1 on the clipboard 7-4 is PDI
-7 starts the scanner 1-10,
Scanner image display screen 3 that displays image data
3-5 is displayed, and the read image data is displayed on the screen. When reading image data from a scanner, you can specify the magnification. The indicated position of PDI-7 is on the scanner image display screen 33
-5, the pointing cursor linked to PDI-7 changes to a box cursor 33-6 having the same size as the fixed frame size of the filling destination. PDI-7 input is on the scanner image display screen 33-5
While it is on the top, move the cursor around the screen with a box cursor the size of the frame. When an arbitrary position on the scanner image display screen 33-5 is designated by the PDI-7, the image data within the box cursor at that position is cut out, and
Pack it into 2. At the same time, erase the scanner image display screen. Image data 33 of image layer of fixed frame 33-2
-4 is deleted, and the image data 33-7 specified on the scanner image display screen becomes the image data of the image layer and is displayed again. The text data 33-3 of the text layer remains unchanged. (Fixed frame pasting process) FIG. 34 shows the processing flow of the fixed frame pasting process shown in FIG. 13(a). When the Paste Fixed Frame command is selected by PDI-7 or KBDI-8, the Paste Fixed Frame subcommand menu 13-2.13-3 is displayed at the top of the fixed frame editing command menu <Sl>. At this time, process <85> is selected for arbitrary position pasting as the default process for fixed frame pasting. Furthermore, the fixed frame pasting process displays a clipboard screen 7-4 in which data to be pasted is stored. On the clipboard screen, the data files currently stored in the clipboard are displayed with icons representing their types (S2). At this time, the latest data that can be pasted among the data on the clipboard 13-
1 is automatically selected as data when pasted for the first time and is highlighted. By inputting PDI-7 or KBDI-8 <83>, it is possible to select a process for pasting other than fixed frame pasting (processing <36> for pasting at a storage position) <34>. Next, each pasting process of these fixed frame pasting processes will be explained. - Processing for pasting at any position When command 13-2 is selected for pasting in a fixed frame by inputting PDI-7 or KBDI-8 as described above,
Alternatively, when the arbitrary position paste command is selected, the latest data 13-1 that can be pasted among the data on the displayed clipboard is automatically selected as the first paste data and displayed in reverse video. After this, pasting of this data at any position will be processed. When the indicated position is on the display screen of the edited document page due to the input of PDI-7 <83>, the pointing cursor linked to PDI-7 moves to the frame size 32-1- of the selected clipboard data. The box cursor 13-3 corresponding to 5 changes and moves on the display screen. When the pasting position is specified by inputting the PDI-7 <S3>, a fixed frame is created with the specified position at the upper left position of the frame and redisplayed <85>. At the same time, a new fixed frame control table is created on the main memory 1-5, and the frame information and data information of the pasted clipboard data are written into the corresponding storage areas of the fixed frame control table.゛Also, by inputting PDI-7, clipboard screen 7
-4 By selecting the data icon above, you can arbitrarily select the data to be pasted. The selected data icon is displayed in reverse S8>. In this case, the data extracted by the floating frame extraction process described later will have the same data as the fixed frame, except for data unique to the floating frame (flag 32-1-2, offset 32-1-6). Therefore, fixed frame pasting can be pasted by processing. The same applies to the opposite case.・Pasting at a save location is a process. When command 13-4 is selected for pasting a save location by inputting PDI-7 or KBDI-8, pasting at an arbitrary location is done in the displayed clipboard data as in the case of processing. The latest data that can be pasted is automatically selected as the first pasted data and highlighted. After this, the storage location of this data will be pasted. Based on the frame information of the selected clipboard data,
At frame position 32-1-4 when the light frame is taken out, a frame with the width and height shown in frame size 32-1-5 is temporarily displayed with broken lines 13-5 L, and a message confirming pasting. Display. At the confirmation instruction from PDI-7 or KBDI-8, it is pasted as a fixed frame at this display position. At the same time, a new fixed frame control table is created on the main memory 1-5, and the frame information and data information of the pasted clipboard data are written into the corresponding storage areas of the fixed frame control table. Also, by inputting PDI-7, clipboard screen 7
-4 By selecting the data icon above, you can arbitrarily select the data to be pasted to the storage location. The selected data icon is displayed in reverse video <88>. However, the data that can be pasted at the storage position is limited to the data extracted by the extraction process of fixed frame editing and floating frame editing, since the frame position must be determined. - Process for pasting by starting the scanner FIGS. 34(b) to 34(e) show the process of reading image data from the scanner 1-10 and pasting the same data onto the edited document page as a fixed frame. The scanner section 34-1 on the clipboard 7-4 is PDI
-7 starts the scanner 1-1O,
Scanner image display screen 3 that displays image data
4-2 is displayed, and the read image data is displayed on the screen. When reading image data from a scanner, you can specify the magnification on the scanner image display screen.
When a range 34-3 of data to be pasted is specified by pressing and holding the PDI-7, a confirmation message for pasting the same range of image data is displayed. In response to the confirmation instruction, the image data within the specified range is set as the data to be pasted, and the scanner image display screen is erased. The pointing cursor linked to the PDI-7 is changed to a box cursor 34-5 having a size within the specified range, and is moved on the display screen. Pasting PDI-7 creates a fixed frame with the specified position as the upper left position of the frame according to the position instruction, and redisplays the image data extracted by specifying the range.34-6 At the same time, the main memory 1-5 A new fixed frame control table is created above, and the frame information and data information of the pasted image data are written into the corresponding storage areas of the fixed frame control table. (Major Processing) FIG. 35(a) shows the processing flow of the major processing shown in FIG. 14. When a major command is selected by PDI-7 or KBDl, -8, the format information set in the editing document vane is first referred to. Then, the major specification screen is displayed. At this time, the value of the measure set in the edited document page is displayed on the measure specification screen <S2>. Next, input PDI-7 or KBDI-8 <33>
Set up the measure table.゛35th
Figure (b) shows the data structure of the measure table. 35-1 is the grid adaptation mode, which allows you to distinguish between "enable" and "not" grid adaptation, the position information of the grid origin (corner of paper or frame, corner of 76 sides), and format-dependent grid spacing information (character pitch, 11 pitches). 35-2 is the origin position of the edited document page, which indicates the upper left or upper right position of the paper. 35-3 is a coordinate unit, which is a unit of position coordinates on the document paper. 35-4 indicates the scale of the edited document paper, and 35-5 indicates the input unit. 35-6
is the grid spacing, which indicates the size of the grid spacing set on the edited document page. 35-7 is an offset of the grid origin, which indicates an offset in the X direction or Y direction of the position coordinates of the grid origin. 35-8 is the coordinate of the grid origin, which indicates the values of the X and Y coordinates of the origin position set based on the position information of the grid origin specified in the grid adaptation mode of 35-1. In fixed frame measure processing, when defining a measure 2
It can be specified in the following way. One is the "independent definition" method. Any origin position (
(upper left or upper right of the editing document paper), specify the desired grid spacing. The other method is "format dependent". Specify the measure based on the format information set on the edited document page. FIG. 35(C) shows the document page currently being edited, and a measure is displayed on the screen. This page has a format shown in 35-1. FIG. 35(d) shows a "format dependent" measure definition method. Since the writing direction of format 35-1 is specified as horizontal writing, the origin is set at the upper left of the paper. In vertical writing mode, it will be in the upper right corner. If you specify the grid origin position at the corner of the hanmen, format 35-
Set the grid origin position to 35 from the “Heaven” and “Throat” values of 1.
-3 position coordinates. The grid interval 35-2 is a character pitch of 4.1 mm specified in the format 35-1 for character pitch designation. FIG. 35(e) shows a measure that specifies the offset value of the grid origin position. The grid origin position is set to the position coordinate of 35-4 using the offset specified value. The direction in which the offset is specified is related to the method of specifying the grid interval at that time. If the grid spacing is specified as character pitch, it will be in the character direction (on the display screen, in the X direction for horizontal writing, in the Y direction for vertical writing), and if the line pitch is specified, it will be in the line direction (on the display screen, it will be in the horizontal direction). (Y direction for set, X direction for vertical set). FIG. 35(f) shows a measure in which the grid spacing is specified as the row pitch. The grid spacing 35-7 is the line pitch 7. specified in the format 35-■ for specifying line pinch.
It will be 2mm. The grid origin position is set at position coordinates 35-6. (Prohibited Area Processing) FIG. 36 shows the processing flow of the prohibited area processing shown in FIG. 15. When a prohibited area command is selected by PDI-7 or KBDI-8, a prohibited area designation screen 15-2 is displayed. At this time, the values of the currently set prohibited area are displayed in the upper, lower, left, and right columns of the prohibited area specification screen.
>. By inputting the PDI-7 or KBDI-8 <82>, each designated field of the prohibited area is designated, and the numerical value input from the KBDI-8 is set as the prohibited area value <83>. Furthermore, input of F'DI-7 or KBDI-8 <S
When a fixed frame is selected by 2>, the fixed frame (there may be more than one) becomes selected, and the value of the prohibited area displayed on the prohibited area specification screen is used as the prohibited area value of the fixed frame. Set. A numerical value is written in the prohibited area 22-7 of the fixed frame control table of the selected fixed frame (S5). The prohibited area of the fixed frame is set outside the frame 15-1. Text data is not developed in the prohibited area of the frame due to typesetting processing.16-2゜Also, when a fixed frame is selected by the PDI-7's 2-click manual <S2>, the prohibited area set in the selected fixed frame is The area value is redisplayed on the currently displayed prohibited area specification screen. This value becomes the prohibited area for fixed frames that will be created from now on. (Line Type Processing) FIG. 37 shows the processing flow of line type processing. When a line type command is selected using PDI-7 or KBDI-8, a line type specification screen is displayed. At this time, the currently set line type is displayed on the line type specification screen <Sl>. Specify the line type <83> by inputting PDI-7 or KBDI-8 (S2). When specifying the line type, specify the line type.

【実線、点線、破線等)、線幅(
印刷時の幅に対応する)、線色(黒色、灰色、白色)の
指定が可能である。 さらに、PDl−7あるいはKBDI−8の入力<52
〉により固定枠が選択されると、当固定枠(複数の場合
もある)が選択状態となり、線種指定画面に表示されて
いる線種(線種Φ線幅・線色)を当固定枠の線種として
設定しく85〉、当固定枠を再表示する〈S6〉。同時
に、選択された固定枠の固定枠制御テーブルの線種22
−2に線種、線幅が書き込まれる。 また、PDI−7の2クリツク入力<82〉により固定
枠が選択されると、選択された固定枠に設定されている
線種が表示中の線種指定画面に表示される。この値が、
以後作成される固定枠の線種となる。 (貼付イメージ処理) 第38F!glは、第17図に示した貼付イメージ処理
の処理フローを表したものである。 PDI−7あるいはKBDI−8により、貼付イメージ
コマンド6−14が選択されると、貼付イメージデータ
が格納されているデバイスを指定する画面を表示する<
81〉。PDI−7あるいはKBDI−8の入力〈S2
〉により、デバイスが選択されると第17図に示す貼付
イメージデータ画面を表示する。 貼付イメージデータ画面には貼付イメージ処理の各コマ
ンドとそのデバイスに格納されている貼付イメージデー
タの一覧(データ名称、データサイズ、データの登録、
更新日時)が表示される<S3〉、くS4〉。 PDI−7あるいはK B D I−8の人力〈S2〉
により、貼付イメージ処理の各コマンドを選択し、処理
を行う。 次に、貼付イメージ処理の各コマンドの処理について説
明する。 ・枠データ名称表示処理 PDI−7あるいはKBDI−8により枠データ名称表
示コマンド選択されると、枠データ名称表示画面を表示
する。PDI−7の入力により編集文書ページ上の固定
枠が指示されると、選択された固定枠の固定枠制御テー
ブルから当固定枠にあるデータの種類を解析する。当固
定枠のイメージデータにイメージデータがある場合には
、当イメージデータの名称を枠データ名称表示画面に表
示する。 また、編集文書ページの固定枠以外の表示画面上が指示
されると、背景にあるデータの種類を解析する。当ペー
ジのイエージレイアにイメージデータがある場合には、
当イメージデータの名称を枠データ名称表示画面に表示
する。 ・枠への詰込み処理 PDI−7の入力により編集文書ページ上の固定枠が指
示されると、当固定枠が選択状態となる。この時、貼付
イメージデータ画面上に一覧表示されているイメージデ
ータが選択されている場合には、当イメージデータを選
択された固定枠に詰め込み再表示する。 また、貼付イメージデータ画面上に一覧表示されている
イメージデータが指示されると、当イメージデータが選
択され反転表示される。この時、詰め込みの対象となる
編集文書ページ上の固定枠が選択されている場合には、
当固定枠に選択されたイメージデータを詰込み、再表示
する。 この場合、詰め込みは等倍で行う。 ・メディア内データ表示処理 PDI−7の入力により貼付イメージデータ画面上に一
覧表示されているイメージデータが指示されると、当イ
メージデータが選択され反転表示される。そして、デー
タの内容を表示するデータ表示画面を作成し、選択され
たイメージデータをこの画面に表示する。 ・メディア内データ複写処理 PDI−7の入力により貼付イメージデータ画面上に一
覧表示されているイメージデータが指示されると、当イ
メージデータが選択され反転表示される。そして、選択
されたイメージデータの複写先を指示するデバイス指定
画面を表示する。 PDI−7あるいはKBDI−8により複写先のデバイ
スが指定されると、そのデバイスに当イメージデータを
複写する。複写完了後、複写先デバイスの貼付イメージ
データ画面を表示する。 ・メディア内データ削除処理 PDI−7の入力により貼付イメージデータ画面上に一
覧表示されているイメージデータが指示されると、当イ
メージデータが選択され反転表示される。そして、削除
の確認を求めるメツセージが表示される。確認の指示に
より、選択されたイメージデータを格納先のデバイスよ
り削除し、貼付イメージデータ画面上のイメージデータ
ー覧表示部を再表示する。 ・初期設定処理 PDI−7あるいはKBDI−8の入力により初期設定
コマンドが選択されると、初期設定の確認を求めるメツ
セージが表示される。確認の指示により、格納先のデバ
イスの全イメージデータを削除し、貼付イメージデータ
画面上の一覧表示部を再【浮動枠編集処理】 第39図(a)は第18図に示した浮動枠編集処理の処
理フローである。PDI−7での画面指示やKBDI−
8上のキー操作の入力処理を解析しく81〉、対応する
処理の内容を示したものである。 画面制御コマンド18−7が入力された場合、画面制御
処理を行う。画面制御処理では、画面の拡大・縮小表示
の指定、グーリッドおよびメジャーの表示指定、そして
各データ(フオーム、イメージデータ、図形データ、ワ
ープロデータ等)の表示指定を行う〈S3〉。 再表示が指示された場合、再表示処理を行う。再表示処
理では、現在の編集文書ページを組版処理で再組版し再
表示する<84〉。 スクロール処理が指示された場合、スクロール処理を行
う。スクロール処理では、指示に従い表示画面をスクロ
ールし再表示する〈S5〉。 改頁処理が指示された場合、改頁処理を行う。改頁処理
では、改頁コマンド18−8で指定されたページあるい
は現在の編集文書ページの前後のべ−ジを表示する<8
6〉。 前記以外の浮動枠編集コマンドが入力された場合、後述
する浮動枠編集コマンドを実行する<32〉。 第39図(b)は浮動枠編集コマンド処理の処理フロー
である。PDI−7での画面表示やKBDI−8上の対
応したキーの指示に従って入力されたコマンド(第18
図・18−1〜18−11)の処理を表している。 次に、これら浮動枠編集コマンドの各処理について説明
する。 (浮動枠棒空は処理) 第40図は、第19図(a)に示した浮動枠棒空は処理
の処理フローを表したものである。 PDI−7あるいはKBDI−8により、浮動枠棒空は
コマンドが選択されると、浮動枠設定メニュー画面19
−1を表示する<81〉。この時、浮動枠設定メニュー
画面には現在設定されている浮動枠の属性が表示される
。 PDI−7あるいはKBDI−8の入力<S2〉により
、浮動枠属性を指定する<83〉。そして、浮動枠の作
成指示により、浮動枠を作成し表示する。 編集文書ページ内の文章データ中、文字編集カーソル5
−2で示される文章データのアドレスに第23図に示す
浮動枠コマンドデータを作成し挿入する。浮動枠コマン
ドパラメータは前記浮動枠属性情報から作成する。 フラッグ24−2には、浮動枠設定メニューで指定され
た段抜き数、行内の場合のベースライン指定、股肉・全
段の場合の寄せ指定、および幅・高さのオフセット情報
を書き込む。枠線種24−3には後述する線種処理で設
定された現在の浮動枠枠線の線種、線色、線幅を書き込
む。枠サイズ24−4には浮動枠設定メニューの特殊設
定欄で指定された枠の幅、高さの値をl / 10 m
 m単位で書き込む。 オフセット24−5には、行内指定の場合にはベースラ
インからのオフセット値、股肉・全段の場合には幅・高
さのオフセット値のそれぞれ指定された値を書き込む。 枠サイズ24−6には設定された字取り、行取りの数値
を書き込む。禁止領域24−7には後述する禁止領域処
理で設定された現在の禁止領域値を書き込む。浮動枠デ
ータ長には浮動枠コマンドスタート23−1位置から浮
動枠コマンドエンド23−5位置までのデータ長を書き
込む。枠空けの場合には浮動枠データ23−3は0であ
る。 文章データ中に浮動枠コマンドを挿入後<S3〉、浮動
枠の作成された編集文書ページを再表示する<84〉。 この時、枠の四隅には選択状態を示すシンボルを表示す
る。 表示画面上の浮動枠作成位置には浮動枠コマンドマーク
19−2を表示する。同時に、主メモリ1−5上に浮動
枠の浮動枠棒制御テーブル第25図を作成し、作成され
た浮動枠の枠位置、枠サイズおよび同ページ文章データ
中の浮動枠パラメータ部23−2のアドレスを浮動枠コ
マンドアドレス部25−6に書き込む。 第19図(b)、(c)は行内指定の浮動枠作成を示し
ている。第20図(a)、(b)は膜内指定の浮動枠作
成を示している。第21図(a)は全段指定の浮動枠作
成を示している。 (浮動枠削除処理) 第41図は浮動枠削除処理の処理フローを表したもので
ある。 PDI−7の入力<Sl >により、文書用紙上の削除
する浮動枠が選択されると、当浮動枠が選択状態となり
削除の確認を求めるメセージを表示する。 確認の指示により、編集文書ページの文章データに組み
込まれた浮動枠コマンドを文章データの中から削除し、
主メモリ1〜5上の選択されている浮動枠の浮動枠棒制
御テーブルを削除するくS2〉。 そして、同ページを再表示する〈S3〉。 (浮動枠変更処理) 築42図は浮動枠変更処理の処理フローを表したもので
ある。 PDI−7の入力<81〉により、文書用紙上の浮動枠
が選択されると、当浮動枠が選択状態となる。 さらに、浮動枠設定メニュー画面19−1を表示しくS
2〉、選択された浮動枠の属性情報を画面に表示する<
83〉。 PDI−7あるいはKBDI−8の入力<81〉によリ
、浮動枠棒空は処理の時と同様に、浮動枠設定メニュー
画面に表示されている各属性を再指定する。属性の変更
指定を終了し、変更の実行を指示すると、再指定された
属性情報を基に選択された浮動枠のコマンドバ・メータ
部を更新するく5〉。そして、変更された浮動枠の在る
編集文書ページを再表示する〈6〉。 (浮動枠取出し処理) 処理対象となる枠が浮動枠であり、処理内容は前記固定
枠取出し処理と同様である。 (浮動枠詰込み処理) 処理対象となる枠が浮動枠であり、処理内容は前記固定
枠詰込み処理と同様である。 (浮動枠貼付は処理) 第43図(a)は、浮動枠貼付は処理の処理フローを表
したものである。 PDI−7あるいはKBDI−8により、浮動枠貼付は
コマンドが選択されると、浮動枠貼付は処理で貼付ける
データが格納されているクリップボードの画面7−4を
表示する。クリップボードの画面には、その時点でクリ
ップボードに格納されているデータファイルが、その種
類を表すアイコンで表示される<81〉。この時、クリ
ップボードにあるデータの中で貼付けることの出来る最
新のデータを最初の貼付はデータとして自動的に選択し
、反転表示する。 貼付けるデータが選択されている場合には貼付けの確認
を求めるメツセージが表示され、確認の指示により貼付
は処理を行う。 貼り付ける位置は、現在の文字編集カーソル5−2の位
置となり、当位置に対応する文章データのアドレスに第
23図に示す浮動枠コマンドデータを作成し挿入する。 浮動枠コマンドパラメータは前記クリップボードデータ
のブロック情報から作成する。浮動枠コマンドの作成は
浮動枠棒空は処理の場合と同様である。 文章データ中に浮動枠コマンドを挿入後、浮動枠の作成
された編集文書ページを再表示する<33〉。 また、PDl−7の入力によりクリップボードの画面7
−4上のデータアイコンを選択することによって、貼付
けるデータを任意に選択することが出来る。選択された
データアイコンは反転表示されろくS4〉。 第43図(b)〜(d)はスキャナ1−10からイメー
ジデータを読み込み、同データを編集文書ページへ浮動
枠として貼付ける処理を表したものである。 クリップボード7−4上のスキャナ部がPDI−7によ
り指示されると、スキャナ1−10を起動し、イメージ
データを表示するスキャナイメージ表示画面34−2を
表示し、読み込まれたイメージデータを画面に表示する
。スキャナからイメージデータを読み込む場合には倍率
の指定が出来る。 スキャナイメージ表示画面上で、PDI−7の押放しの
入力により貼り付けるデータの範囲43−2を指定する
と、同範囲のイメージデータの貼付は処理を実行する確
認メツセージ34−4を表示する。 確認の指示により、前記指定された範囲内のイメージデ
ータが貼り付けるデータとし、スキャナイメージ表示画
面を消去する。 貼り付ける位置は、現在の文字編集カーソル43−1の
位置となり、当位置に浮動枠コマンドを作成し、浮動枠
43−4の作成された編集文書ベーンを再表示する。 浮動枠の作成位置には浮動枠コマンドマーク43−3を
表示する。 (禁止領域処理) 処理対象となる枠が浮動枠であり、処理内容は前記固定
枠の場合の禁止領域処理と同様である。 但し、段抜き数で「行内」が指定された浮動枠には禁止
領域を設定することができない。 また、編集文書ページの書式で組み方向が横組の場合に
は上方向、縦組の場合には右方向の禁止領域を設定する
ことができない。 (線種処理) 処理対象となる枠が浮動枠であり、処理内容は前記固定
枠の場合の線種処理と同様である。 (貼付イメージ処理) 処理対象となる枠が浮動枠であり、処理内容は前記固定
枠の場合の貼付イメージ処理と同様であ[効果] 以上、詳述したように、本発明により、枠へのイメージ
データの詰込み処理をスキャナから読み込んだデータを
対象として、直接行うことができる文書処理装置を提供
することが可能となった。 本発明により、文書作成中であっても、イメージデータ
を読み込むことが可能であって、そのイメージの切り出
し枠が、文書中の枠に関連させることができる文書処理
装置を提供する・ことが可能となった。 本発明により、文書作成とイメージ読み込みを簡単な操
作で連続的に行うことができ、文書中の文字、面形、イ
メージの階層構造を有した枠に、対応する枠サイズによ
って切り出されるイメージを、文書中の枠のイメージデ
ータの階層に入力することが可能な文書処理装置を提供
することが可能となった。
[solid line, dotted line, broken line, etc.), line width (
(corresponding to the printing width) and line color (black, gray, white) can be specified. Furthermore, the input of PDl-7 or KBDI-8 <52
> When a fixed frame is selected, that fixed frame (there may be more than one) becomes selected, and the line type (line type Φ line width/line color) displayed on the line type specification screen is selected for this fixed frame. 85> and redisplay the fixed frame <S6>. At the same time, the line type 22 of the fixed frame control table of the selected fixed frame
The line type and line width are written in -2. Further, when a fixed frame is selected by two-click input <82> on the PDI-7, the line type set for the selected fixed frame is displayed on the currently displayed line type specification screen. This value is
This will be the line type of the fixed frame that will be created later. (Pasted image processing) 38th floor! gl represents the processing flow of the pasted image processing shown in FIG. When paste image command 6-14 is selected by PDI-7 or KBDI-8, a screen for specifying the device in which pasted image data is stored is displayed.
81〉. PDI-7 or KBDI-8 input <S2
> When a device is selected, the pasting image data screen shown in FIG. 17 is displayed. The pasted image data screen displays each command for pasted image processing and a list of pasted image data stored in the device (data name, data size, data registration,
(update date and time) is displayed <S3>, S4>. PDI-7 or KBD I-8 human power <S2>
, select each command for pasted image processing and perform the processing. Next, the processing of each command in pasted image processing will be explained. - Frame data name display processing When the frame data name display command is selected by PDI-7 or KBDI-8, a frame data name display screen is displayed. When a fixed frame on an edited document page is specified by inputting the PDI-7, the type of data in the selected fixed frame is analyzed from the fixed frame control table of the selected fixed frame. If there is image data in the image data of the fixed frame, the name of the image data is displayed on the frame data name display screen. Furthermore, when a display screen other than the fixed frame of the edited document page is specified, the type of data in the background is analyzed. If there is image data on this page,
Display the name of the image data on the frame data name display screen. - Filling process into a frame When a fixed frame on an edited document page is designated by input to PDI-7, the fixed frame becomes selected. At this time, if the image data listed on the pasted image data screen is selected, the image data is stuffed into the selected fixed frame and redisplayed. Further, when the image data listed on the pasted image data screen is designated, the image data is selected and displayed in reverse video. At this time, if a fixed frame on the edited document page to be filled is selected,
Pack the selected image data into this fixed frame and display it again. In this case, packing is performed at the same size. - In-media data display processing When image data listed on the pasted image data screen is designated by input to PDI-7, the image data is selected and displayed in reverse. Then, a data display screen is created to display the contents of the data, and the selected image data is displayed on this screen. - Data copying process in media When the image data listed on the pasted image data screen is specified by input to the PDI-7, the image data is selected and displayed in reverse video. Then, a device designation screen for instructing the copy destination of the selected image data is displayed. When a copy destination device is designated by PDI-7 or KBDI-8, the image data is copied to that device. After copying is completed, the pasted image data screen of the copy destination device is displayed. - Data deletion process in the medium When the image data listed on the pasted image data screen is designated by input to PDI-7, the image data is selected and displayed in reverse video. A message will then appear asking you to confirm the deletion. In response to the confirmation instruction, the selected image data is deleted from the storage device and the image data list display area on the pasted image data screen is redisplayed. - Initial setting process When the initial setting command is selected by inputting the PDI-7 or KBDI-8, a message requesting confirmation of the initial setting is displayed. According to the confirmation instruction, all image data on the storage destination device is deleted and the list display area on the pasted image data screen is re-displayed. [Floating frame editing process] Figure 39 (a) shows the floating frame editing shown in Figure 18. This is a processing flow of processing. Screen instructions on PDI-7 and KBDI-
This is an analysis of the input processing of the key operations above 81> and shows the contents of the corresponding processing. When the screen control command 18-7 is input, screen control processing is performed. In the screen control process, the display of the enlarged/reduced screen is specified, the display of the grid and the measure is specified, and the display of each data (form, image data, graphic data, word processing data, etc.) is specified (S3). If redisplay is instructed, redisplay processing is performed. In the re-display process, the current edited document page is re-formatted using a type-setting process and re-displayed <84>. If scroll processing is instructed, scroll processing is performed. In the scrolling process, the display screen is scrolled and redisplayed according to instructions <S5>. If page break processing is instructed, page break processing is performed. In the page break process, the page specified by the page break command 18-8 or the page before and after the current edited document page is displayed.
6〉. If a floating frame editing command other than the above is input, the floating frame editing command described later is executed <32>. FIG. 39(b) is a processing flow of floating frame editing command processing. Commands entered according to the screen display on the PDI-7 or instructions from the corresponding keys on the KBDI-8
18-1 to 18-11). Next, each process of these floating frame editing commands will be explained. (The floating frame is empty: processing) FIG. 40 shows the processing flow of the floating frame: empty process shown in FIG. 19(a). When the floating frame bar empty command is selected using PDI-7 or KBDI-8, the floating frame setting menu screen 19
-1 is displayed <81>. At this time, the attributes of the currently set floating frame are displayed on the floating frame setting menu screen. The floating frame attribute is specified <83> by inputting PDI-7 or KBDI-8 <S2>. Then, in response to a floating frame creation instruction, a floating frame is created and displayed. Character editing cursor 5 in the text data on the edited document page
Floating frame command data shown in FIG. 23 is created and inserted into the text data address indicated by -2. Floating frame command parameters are created from the floating frame attribute information. In the flag 24-2, the number of rows specified in the floating frame setting menu, the baseline designation in the case of in-line, the shift designation in the case of crotch/full row, and width/height offset information are written. In the frame line type 24-3, the line type, line color, and line width of the current floating frame line set in the line type processing described later are written. For frame size 24-4, set the frame width and height values specified in the special settings field of the floating frame settings menu to l / 10 m.
Write in units of m. In the offset 24-5, the offset value from the baseline is written in the case of inline specification, and the offset value of the width and height in the case of crotch/full rows is written. In the frame size 24-6, write the set jidori and gyodori values. In the prohibited area 24-7, a current prohibited area value set in a prohibited area process to be described later is written. The data length from the floating frame command start position 23-1 to the floating frame command end position 23-5 is written in the floating frame data length. In the case of frame emptying, the floating frame data 23-3 is 0. After inserting the floating frame command into the text data <S3>, the edited document page on which the floating frame has been created is redisplayed <84>. At this time, symbols indicating the selected state are displayed at the four corners of the frame. A floating frame command mark 19-2 is displayed at the floating frame creation position on the display screen. At the same time, the floating frame bar control table 25 of the floating frame is created on the main memory 1-5, and the frame position and frame size of the created floating frame and the floating frame parameter part 23-2 in the text data of the same page are created. Write the address into the floating frame command address field 25-6. FIGS. 19(b) and 19(c) show creation of a floating frame specified within a line. FIGS. 20(a) and 20(b) show creation of a floating frame designated within the film. FIG. 21(a) shows creation of a floating frame with all columns specified. (Floating frame deletion process) FIG. 41 shows the processing flow of floating frame deletion process. When the floating frame to be deleted on the document sheet is selected by inputting <Sl> on the PDI-7, the floating frame becomes selected and a message requesting confirmation of deletion is displayed. According to the confirmation instructions, the floating frame command embedded in the text data of the edited document page is deleted from the text data, and
The floating frame bar control table of the selected floating frame in the main memories 1 to 5 is deleted (S2). Then, the same page is displayed again <S3>. (Floating frame change processing) Figure 42 shows the processing flow of floating frame change processing. When a floating frame on the document paper is selected by input <81> of the PDI-7, the floating frame becomes selected. Furthermore, I want to display the floating frame setting menu screen 19-1.
2> Display the attribute information of the selected floating frame on the screen<
83〉. By inputting <81> on the PDI-7 or KBDI-8, each attribute displayed on the floating frame setting menu screen is respecified, as in the case of floating frame bar empty processing. When the attribute change specification is completed and the execution of the change is instructed, the command bar/meter section of the selected floating frame is updated based on the re-specified attribute information (5). Then, the edited document page containing the changed floating frame is displayed again <6>. (Floating frame extraction process) The frame to be processed is a floating frame, and the processing content is the same as the fixed frame extraction process. (Floating frame filling process) The frame to be processed is a floating frame, and the processing contents are the same as the fixed frame filling process. (Floating frame pasting process) FIG. 43(a) shows the process flow of floating frame pasting process. When the Floating Frame Paste command is selected using the PDI-7 or KBDI-8, the Floating Frame Paste process displays a clipboard screen 7-4 in which data to be pasted is stored. On the clipboard screen, the data files currently stored on the clipboard are displayed with icons representing their types <81>. At this time, the latest data that can be pasted among the data on the clipboard is automatically selected as the first pasting data and displayed in reverse video. If data to be pasted is selected, a message requesting confirmation of pasting is displayed, and the pasting process is performed in accordance with the confirmation instruction. The pasting position is the current position of the character editing cursor 5-2, and the floating frame command data shown in FIG. 23 is created and inserted at the address of the text data corresponding to this position. The floating frame command parameter is created from the block information of the clipboard data. Creating a floating frame command is the same as for floating frame bar empty processing. After inserting the floating frame command into the text data, the edited document page on which the floating frame was created is redisplayed <33>. Also, by inputting PDl-7, the clipboard screen 7
-4 By selecting the data icon above, you can arbitrarily select the data to be pasted. The selected data icon is displayed in reverse S4>. FIGS. 43(b) to 43(d) show the process of reading image data from the scanner 1-10 and pasting the data as a floating frame onto the edited document page. When the scanner section on the clipboard 7-4 is instructed by the PDI-7, the scanner 1-10 is activated, a scanner image display screen 34-2 for displaying image data is displayed, and the read image data is displayed on the screen. indicate. When reading image data from a scanner, you can specify the magnification. When a range 43-2 of data to be pasted is specified by pressing and holding the PDI-7 on the scanner image display screen, a confirmation message 34-4 for pasting image data in the same range is displayed. In response to the confirmation instruction, the image data within the specified range is set as the data to be pasted, and the scanner image display screen is erased. The pasting position is the current position of the character editing cursor 43-1, a floating frame command is created at this position, and the created edited document vane of the floating frame 43-4 is redisplayed. A floating frame command mark 43-3 is displayed at the floating frame creation position. (Prohibited Area Processing) The frame to be processed is a floating frame, and the processing contents are the same as the prohibited area processing for the fixed frame. However, a prohibited area cannot be set in a floating frame where "inline" is specified as the number of columns. Furthermore, if the editing document page format is horizontal, it is not possible to set a prohibited area in the upper direction, and in vertical writing, it is not possible to set a prohibited area in the right direction. (Line type processing) The frame to be processed is a floating frame, and the processing contents are the same as the line type processing for the fixed frame. (Pasted image processing) The frame to be processed is a floating frame, and the processing contents are the same as the pasted image processing for a fixed frame. [Effects] As detailed above, according to the present invention, It has become possible to provide a document processing device that can directly perform image data stuffing processing on data read from a scanner. ADVANTAGE OF THE INVENTION According to the present invention, it is possible to provide a document processing device that is capable of reading image data even during document creation, and that allows the cropping frame of the image to be related to the frame in the document. It became. According to the present invention, document creation and image reading can be performed continuously with simple operations, and images cut out with the corresponding frame size can be created in frames that have a hierarchical structure of characters, surface shapes, and images in the document. It has become possible to provide a document processing device that can input hierarchical image data of frames in a document.

【図面の簡単な説明】[Brief explanation of the drawing]

第1図は、本発明の適用が可能な文書処理装置のブロッ
ク図、 第2図は、従来のワークステーションに於ける文書処理
のブロック(枠)情報の説明図、第3図は、従来のワー
クステーションに於ける文書処理の内の枠サイズ変更の
表示例を示す説明図、 第4図は、従来のワークステーションに於ける文書処理
の内の浮動ブロックの表示例を示す説明図、 第5図は、本発明の実施例に於ける入力編集画面の説明
図、 第6図は、第5図において、固定枠5−7のコマンドメ
ニューを選択した時の表示画面の説明図、第7図は、固
定枠を空ける場合、或はその枠を一時格納する際の表示
画面の説明図、  。 第8図は、固定枠を移動する場合の表示画面の説明図、 第9図は、固定枠サイズの変更を行う場合の表示画面の
説明図、 第10図は、第6図の頁単位編集6−5のコマンドメニ
ューを選択した時の表示画面の説明図、第1I図は、第
6図の固定枠取出し6−6のコマンドメニューを選択し
た時の表示画面の説明図、第12図は、固定枠の詰め込
み処理の説明図、第13図は、固定枠の貼付は処理の説
明図、第14図は、画面上のグリッドを変更する場合の
説明図、 第15図は、固定枠の周囲に禁止領域を設ける場合の説
明図、 第16図は、禁止領域に図形を書き込んだ場合の説明図
、 第17図は、固定枠内のイメージデータ処理の説明図、 第18図は、第5図の浮動枠5−7のコマンドメニュー
を選んだ場合の説明図、 第19図は、第18図に於いて、浮動枠棒空け18−1
のコマンドメニューを選んだ場合の説明図、第20図は
、浮動枠棒空けの説明図、 第21図は、浮動枠棒空は及び段揃え処理の説明図、 第22図は、固定枠制御テーブルを示す図、第23図は
、浮動枠情報のデータ構造の説明図、第24図は、浮動
枠コマンドパラメータの構成の説明図、 第25図は、浮動枠制御テーブルを示す図、第26図は
、固定枠編集処理の全体の処理フローを示す図、 第27図は、固定枠枠窓は処理の処理フローを示す図、 第28図は、固定枠削除処理の処理フローを示す図、 第29図は、固定枠移動処理の処理フローを示す図、 第30図は、固定枠サイズ処理の処理フローを示す図、 第31図は、頁単位編集処理の処理フローを示す図、 第32図は、固定枠取出し処理の処理フロー及び取出さ
れたデータのファイル構成を示す図、E!33図は、固
定枠詰込み処理の処理フローを示す図及びスキャナから
の読み込みによる固定枠詰込み処理の説明図、 第34図は、固定枠貼付は処理の処理フローを示す図及
びスキャナからの読み込みによる固定枠貼付は処理の説
明図、 第35図は、メジャー処理の処理フロー及びメジャーテ
ーブルの構成を示す図及び書式に合わせたメジャーの設
定処理の説明図、 第36図は、禁止領域処理の処理フローを示す図、第3
7図は、線種処理の処理フローを示す図、第38図は、
貼付イメージ処理の処理フローを示す図、 第39図は、浮動枠編集処理の全体の処理フローを示す
図、 第40図は、浮動枠棒空は処理の処理フローを示す図、 第41図は、浮動枠削除処理の処理フローを示す図、 第42図は、浮動枠変更の処理フローを示す図、第43
図は、浮動枠貼付は処理の処理フローを示す図及びスキ
ャナからの読み込みによる浮動枠貼付は処理の説明図。 図中、1−1はCRT表示部、l−2はVRAM、1−
3は表示制御部、1−4はMPU、1−5は主メモリ、
1−6は外部磁気ディスク、1−7はポインティングデ
バイス、I−8はキーボード、1−9はI10バス、1
−10はスキャナ、1−11はプリンタである。
FIG. 1 is a block diagram of a document processing device to which the present invention can be applied. FIG. 2 is an explanatory diagram of document processing block (frame) information in a conventional workstation. FIG. 4 is an explanatory diagram showing an example of displaying a frame size change in document processing at a workstation; FIG. 4 is an explanatory diagram showing an example of displaying a floating block in document processing at a conventional workstation; 6 is an explanatory diagram of the input editing screen in the embodiment of the present invention, FIG. 6 is an explanatory diagram of the display screen when the command menu in the fixed frame 5-7 is selected in FIG. 5, and FIG. is an explanatory diagram of a display screen when emptying a fixed frame or temporarily storing the frame; Figure 8 is an explanatory diagram of the display screen when moving the fixed frame. Figure 9 is an explanatory diagram of the display screen when changing the fixed frame size. Figure 10 is the page unit editing of Figure 6. Fig. 1I is an explanatory diagram of the display screen when the command menu of 6-5 is selected, and Fig. 12 is an explanatory diagram of the display screen when the command menu of fixed frame extraction 6-6 of Fig. 6 is selected. , Fig. 13 is an explanatory diagram of the fixed frame filling process, Fig. 13 is an explanatory diagram of the fixed frame pasting process, Fig. 14 is an explanatory diagram of changing the grid on the screen, and Fig. 15 is an explanatory diagram of the fixed frame filling process. Fig. 16 is an explanatory diagram when a figure is written in the prohibited area. Fig. 17 is an explanatory diagram of image data processing within a fixed frame. An explanatory diagram when the command menu of floating frame 5-7 in Figure 5 is selected. Figure 19 is an explanatory diagram when the command menu of floating frame 5-7 is selected in Figure 18.
Figure 20 is an illustration of floating frame bar emptying, Figure 21 is an explanatory diagram of floating frame bar emptying and column alignment processing, and Figure 22 is fixed frame control. FIG. 23 is an explanatory diagram of the data structure of floating frame information. FIG. 24 is an explanatory diagram of the configuration of floating frame command parameters. FIG. 25 is a diagram showing a floating frame control table. 27 is a diagram showing the entire processing flow of fixed frame editing processing; FIG. 27 is a diagram showing the processing flow of fixed frame window processing; FIG. 28 is a diagram showing the processing flow of fixed frame deletion processing; 29 is a diagram showing the processing flow of fixed frame movement processing; FIG. 30 is a diagram showing the processing flow of fixed frame size processing; FIG. 31 is a diagram showing the processing flow of page unit editing processing; The figure shows the processing flow of fixed frame extraction processing and the file structure of the extracted data, E! Figure 33 is a diagram showing the processing flow of fixed frame filling processing and an explanatory diagram of fixed frame filling processing by reading from the scanner. An explanatory diagram of the process of pasting a fixed frame by reading. Figure 35 is a diagram showing the processing flow of the measure processing and the structure of the measure table, and an explanatory diagram of the process of setting the measure according to the format. Figure 36 is the prohibited area processing. Figure 3 showing the processing flow of
Figure 7 is a diagram showing the processing flow of line type processing, and Figure 38 is a diagram showing the processing flow of line type processing.
A diagram showing the processing flow of pasted image processing, FIG. 39 is a diagram showing the entire processing flow of floating frame editing processing, FIG. 40 is a diagram showing the processing flow of floating frame editing processing, and FIG. , FIG. 42 is a diagram showing the processing flow of floating frame deletion processing, FIG. 43 is a diagram showing the processing flow of floating frame change, and FIG.
The figure is a diagram illustrating a processing flow of a process for pasting a floating frame, and an explanatory diagram of a process for pasting a floating frame by reading from a scanner. In the figure, 1-1 is a CRT display unit, l-2 is a VRAM, 1-
3 is a display control unit, 1-4 is an MPU, 1-5 is a main memory,
1-6 is an external magnetic disk, 1-7 is a pointing device, I-8 is a keyboard, 1-9 is an I10 bus, 1
-10 is a scanner, and 1-11 is a printer.

Claims (4)

【特許請求の範囲】[Claims] (1)枠に対して、複数種のデータである、文字データ
、図形データ、イメージデータを独立に管理、編集する
ことが可能であって、 枠のサイズデータを記憶する記憶手段、 前記枠の表示が可能な表示手段、 読み込まれたイメージを前記表示手段に表示すると共に
、前記記憶手段に記憶される枠のサイズデータに基づく
サイズを前記表示手段上において可視化することが可能
な表示制御手段とを有したことを特徴とする文書処理装
置。
(1) Storage means that is capable of independently managing and editing multiple types of data such as text data, graphic data, and image data for a frame, and that stores size data of the frame; display means capable of displaying the image; display control means capable of displaying the read image on the display means and visualizing on the display means a size based on the size data of the frame stored in the storage means; A document processing device comprising:
(2)前記表示制御手段はイメージを前記サイズに基づ
いて切り出した状態の表示の制御を行うことを特徴とす
る特許請求の範囲第1項記載の文書処理装置。
(2) The document processing apparatus according to claim 1, wherein the display control means controls the display of the image cut out based on the size.
(3)前記切り出されたイメージは、前記枠のイメージ
データとして管理されることを特徴とする特許請求の範
囲第2項記載の文書処理装置。
(3) The document processing apparatus according to claim 2, wherein the cut out image is managed as image data of the frame.
(4)前記表示制御手段は、前記サイズデータとイメー
ジの切り出し領域に対応する変倍率に基づいて前記可視
化サイズを制御することを特徴とする特許請求の範囲第
1項記載の文書処理装置。
(4) The document processing apparatus according to claim 1, wherein the display control means controls the visualization size based on the size data and a scaling factor corresponding to the cutout area of the image.
JP62289179A 1987-11-16 1987-11-16 Document processor Pending JPH01130274A (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62289179A JPH01130274A (en) 1987-11-16 1987-11-16 Document processor
DE3838740A DE3838740A1 (en) 1987-11-16 1988-11-15 Documentation processing system
DE3844906A DE3844906C2 (en) 1987-11-16 1988-11-15 Document processing system
US08/038,044 US5337406A (en) 1987-11-16 1993-03-24 Document processing apparatus for simultaneously displaying graphic data, image data, and character data for a frame
US08/181,544 US5848430A (en) 1987-11-16 1994-01-14 Frame within frame for document processor

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP62289179A JPH01130274A (en) 1987-11-16 1987-11-16 Document processor

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH01130274A true JPH01130274A (en) 1989-05-23

Family

ID=17739792

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP62289179A Pending JPH01130274A (en) 1987-11-16 1987-11-16 Document processor

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH01130274A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04349566A (en) * 1991-05-28 1992-12-04 Matsushita Graphic Commun Syst Inc Document generating device
US7900139B2 (en) 2005-03-04 2011-03-01 Canon Kabushiki Kaisha Layout control apparatus, layout control method, and layout control program

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6060686A (en) * 1983-09-13 1985-04-08 富士通株式会社 Start control system for image data
JPS62186371A (en) * 1986-02-12 1987-08-14 Toshiba Corp Document edition device

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6060686A (en) * 1983-09-13 1985-04-08 富士通株式会社 Start control system for image data
JPS62186371A (en) * 1986-02-12 1987-08-14 Toshiba Corp Document edition device

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04349566A (en) * 1991-05-28 1992-12-04 Matsushita Graphic Commun Syst Inc Document generating device
US7900139B2 (en) 2005-03-04 2011-03-01 Canon Kabushiki Kaisha Layout control apparatus, layout control method, and layout control program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5337406A (en) Document processing apparatus for simultaneously displaying graphic data, image data, and character data for a frame
JPH0363756A (en) Document editor
JPH01130274A (en) Document processor
JP2608300B2 (en) Document processing method
JP2823162B2 (en) Document processing device
JP2851846B2 (en) Document processing method and apparatus
JPH01130267A (en) Document processor
JP2862239B2 (en) Document processing device
JPH01130254A (en) Document processor
JP2833701B2 (en) Document processing method
JP2791023B2 (en) Document processing device
JPH01130258A (en) Document processor
JP3062259B2 (en) Document processing apparatus and method
JPH01130255A (en) Document processor
JP3175221B2 (en) Document creation device
JP4062332B2 (en) Ruled line processing method and apparatus
JP3026617B2 (en) Document processing apparatus and method
JPS62179064A (en) Picture processing system
JPS63263558A (en) Image processing system
JP4466780B2 (en) Method and apparatus for mixed processing of character string and ruled line
JPH0470958A (en) Document processor
JPS62189583A (en) Image processing system
JP3062258B2 (en) Document processing apparatus and method
JPS62175873A (en) Picture processing system
JPH03137764A (en) Document processor