JP6807056B2 - Cap sterilizer and content filling system - Google Patents

Cap sterilizer and content filling system Download PDF

Info

Publication number
JP6807056B2
JP6807056B2 JP2018160786A JP2018160786A JP6807056B2 JP 6807056 B2 JP6807056 B2 JP 6807056B2 JP 2018160786 A JP2018160786 A JP 2018160786A JP 2018160786 A JP2018160786 A JP 2018160786A JP 6807056 B2 JP6807056 B2 JP 6807056B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cap
chamber
introduction chamber
disinfectant
bottle
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2018160786A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2018184221A (en
Inventor
睦 早川
睦 早川
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Dai Nippon Printing Co Ltd
Original Assignee
Dai Nippon Printing Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Dai Nippon Printing Co Ltd filed Critical Dai Nippon Printing Co Ltd
Priority to JP2018160786A priority Critical patent/JP6807056B2/en
Publication of JP2018184221A publication Critical patent/JP2018184221A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6807056B2 publication Critical patent/JP6807056B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Description

本発明は、キャップ殺菌装置および内容物充填システムに関する。 The present invention relates to a cap sterilizer and a content filling system.

殺菌された容器(PETボトル)に殺菌された内容物を無菌環境下で充填し、その後容器をキャップによって閉栓する無菌充填システム(アセプティック充填システム)が知られている。具体的には、無菌充填システムにおいて、成形した容器を無菌充填システムに供給し、無菌充填システム内で、容器に殺菌剤としての過酸化水素水溶液をスプレーする。その後これを乾燥して容器を殺菌し、次いで、容器に内容物を無菌充填する。他の方法としては、容器成形時に容器の内面に少量の殺菌剤を滴下し、口部を密封して気化した殺菌剤(過酸化水素)の蒸気によって容器の内面を殺菌し、この殺菌された容器を無菌充填システムに供給して、無菌充填システム内で容器の外面を殺菌した後、口部を開封して内容物を無菌充填する方法も存在する。 An aseptic filling system (aseptic filling system) is known in which a sterilized container (PET bottle) is filled with sterilized contents in a sterile environment, and then the container is closed with a cap. Specifically, in the aseptic filling system, the molded container is supplied to the aseptic filling system, and the container is sprayed with an aqueous hydrogen peroxide solution as a bactericide in the aseptic filling system. It is then dried to sterilize the container and then aseptically fill the container with the contents. As another method, a small amount of sterilizing agent is dropped on the inner surface of the container at the time of forming the container, and the inner surface of the container is sterilized by the vapor of the sterilizing agent (hydrogenide) vaporized by sealing the mouth, and this sterilization is performed. There is also a method of supplying the container to the aseptic filling system, sterilizing the outer surface of the container in the aseptic filling system, and then opening the mouth to aseptically fill the contents.

このような無菌充填システムで容器に内容物を充填し、キャップで巻締めを行って製品を製造するにあたっては、容器のみならずキャップの殺菌を行うことも必要となる。このようなキャップの殺菌を行うキャップ殺菌装置としては、例えば特許文献1乃至3に記載されたものが知られている。 When the container is filled with the contents by such an aseptic filling system and the product is manufactured by winding with a cap, it is necessary to sterilize not only the container but also the cap. As a cap sterilizer for sterilizing such a cap, for example, those described in Patent Documents 1 to 3 are known.

しかしながら、従来のキャップ殺菌装置においては、キャップの搬送速度を高速化することが難しいという問題がある。仮に従来のキャップ殺菌装置でキャップの搬送速度を高速化すると、キャップ外面の殺菌効果が低下するおそれがある。また、キャップの搬送速度を高速化しようとすると、装置が大型化し、設備投資コストが上昇したり、殺菌に要する薬剤、熱エネルギー又は洗浄水のコストが増大したりする問題がある。さらに、近年、軽量キャップや炭酸キャップ等、多様なキャップが無菌充填システムで用いられるようになっており、短時間で滅菌することのほか、キャップの巻締め角度やトルクを規定の範囲に抑えること等が求められている。 However, in the conventional cap sterilizer, there is a problem that it is difficult to increase the transfer speed of the cap. If the transport speed of the cap is increased by the conventional cap sterilizer, the sterilization effect of the outer surface of the cap may be reduced. Further, if an attempt is made to increase the transport speed of the cap, there is a problem that the apparatus becomes large in size, the capital investment cost increases, and the cost of chemicals, thermal energy, or cleaning water required for sterilization increases. Furthermore, in recent years, various caps such as lightweight caps and carbonated caps have been used in aseptic filling systems, and in addition to sterilizing in a short time, the winding angle and torque of the caps should be kept within the specified range. Etc. are required.

特開平6−293319号公報Japanese Unexamined Patent Publication No. 6-293319 特開2011−11811号公報Japanese Unexamined Patent Publication No. 2011-11811 特開2012−500759号公報Japanese Unexamined Patent Publication No. 2012-50759

本発明はこのような点を考慮してなされたものであり、キャップの搬送速度を高速化した場合であっても、キャップを確実に殺菌することが可能な、キャップ殺菌装置および内容物充填システムを提供することを目的とする。 The present invention has been made in consideration of such a point, and a cap sterilizer and a content filling system capable of reliably sterilizing a cap even when the transport speed of the cap is increased. The purpose is to provide.

本発明は、キャップ殺菌装置であって、導入チャンバーと、前記導入チャンバーから供給されたキャップに対して殺菌剤を噴霧する殺菌剤噴霧チャンバーとを備え、前記殺菌剤噴霧チャンバー内に、前記殺菌剤を噴霧する噴霧ノズルと、前記噴霧ノズルの周囲を覆うカバーとが設けられていることを特徴とするキャップ殺菌装置である。 The present invention is a cap sterilizer, comprising an introduction chamber and a disinfectant spray chamber for spraying a disinfectant onto a cap supplied from the introduction chamber, and the disinfectant in the disinfectant spray chamber. It is a cap sterilizer characterized by being provided with a spray nozzle for spraying water and a cover covering the periphery of the spray nozzle.

本発明は、前記殺菌剤噴霧チャンバー内に、回転しながら前記キャップを搬送する回転搬送機構が設けられ、前記カバーは、正面側から見て扇形乃至円弧状となっていることを特徴とするキャップ殺菌装置である。 The present invention is characterized in that a rotary transport mechanism for transporting the cap while rotating is provided in the disinfectant spray chamber, and the cover has a fan shape or an arc shape when viewed from the front side. It is a sterilizer.

本発明は、前記噴霧ノズルは、前記キャップの外面側に前記殺菌剤を供給する外面用の噴霧ノズルと、前記キャップの内面側に前記殺菌剤を供給する内面用の噴霧ノズルとを含み、前記外面用の噴霧ノズルは、前記内面用の噴霧ノズルよりも前記キャップの搬送方向下流側に位置することを特徴とするキャップ殺菌装置である。 The present invention includes the spray nozzle for the outer surface that supplies the disinfectant to the outer surface side of the cap, and the spray nozzle for the inner surface that supplies the disinfectant to the inner surface side of the cap. The spray nozzle for the outer surface is a cap sterilizer that is located downstream of the spray nozzle for the inner surface in the transport direction of the cap.

本発明は、前記カバーの内側に、前記カバーの内側に向けて洗浄液を噴出する洗浄ノズルを設けたことを特徴とするキャップ殺菌装置である。 The present invention is a cap sterilizer characterized in that a cleaning nozzle for ejecting a cleaning liquid toward the inside of the cover is provided inside the cover.

本発明は、前記キャップの搬送速度が100cpm以上1500cpm以下であることを特徴とするキャップ殺菌装置である。 The present invention is a cap sterilizer characterized in that the transport speed of the cap is 100 cpm or more and 1500 cpm or less.

本発明は、前記キャップ殺菌装置を備えたことを特徴とする内容物充填システムである。 The present invention is a content filling system including the cap sterilizer.

本発明によれば、キャップの搬送速度を高速化した場合であっても、キャップを確実に殺菌することができる。 According to the present invention, the cap can be reliably sterilized even when the transport speed of the cap is increased.

図1は、本発明の第1の実施の形態による内容物充填システムを示す概略平面図。FIG. 1 is a schematic plan view showing a content filling system according to the first embodiment of the present invention. 図2は、本発明の第1の実施の形態によるキャップ殺菌装置を示す概略正面図。FIG. 2 is a schematic front view showing a cap sterilizer according to the first embodiment of the present invention. 図3は、本発明の第1の実施の形態によるキャップ殺菌装置の殺菌剤噴霧チャンバーを示す概略断面図(図2のIII−III線断面図)。FIG. 3 is a schematic cross-sectional view showing a disinfectant spray chamber of the cap sterilizer according to the first embodiment of the present invention (cross-sectional view taken along line III-III of FIG. 2). 図4は、殺菌剤噴霧チャンバーの変形例を示す概略断面図。FIG. 4 is a schematic cross-sectional view showing a modified example of the disinfectant spray chamber. 図5は、殺菌剤噴霧チャンバーの変形例を示す概略正面図。FIG. 5 is a schematic front view showing a modified example of the disinfectant spray chamber. 図6は、本発明の第2の実施の形態によるキャップ殺菌装置を示す概略正面図。FIG. 6 is a schematic front view showing a cap sterilizer according to a second embodiment of the present invention. 図7は、本発明の第3の実施の形態によるキャップ殺菌装置を示す概略正面図。FIG. 7 is a schematic front view showing a cap sterilizer according to a third embodiment of the present invention. 図8は、本発明の第4の実施の形態によるキャップ殺菌装置を示す概略正面図。FIG. 8 is a schematic front view showing a cap sterilizer according to a fourth embodiment of the present invention.

(第1の実施の形態)
以下、本発明の第1の実施の形態について、図1乃至図5を参照して説明する。図1乃至図5は本発明の一実施の形態を示す図である。なお、以下の各図において、同一部分には同一の符号を付しており、一部詳細な説明を省略する場合がある。
(First Embodiment)
Hereinafter, the first embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS. 1 to 5. 1 to 5 are diagrams showing an embodiment of the present invention. In each of the following figures, the same parts are designated by the same reference numerals, and some detailed description may be omitted.

(内容物充填システム)
まず図1により本実施の形態による内容物充填システム(無菌充填システム、アセプティック充填システム)について説明する。
(Content filling system)
First, the content filling system (sterile filling system, aseptic filling system) according to the present embodiment will be described with reference to FIG.

図1に示す内容物充填システム10は、ボトル(容器)30に対して飲料等の内容物を充填するシステムである。ボトル30は、合成樹脂材料を射出成形して製作したプリフォームを二軸延伸ブロー成形することにより作製することができる。ボトル30の材料としては、熱可塑性樹脂、特にPE(ポリエチレン)、PP(ポリプロピレン)、PET(ポリエチレンテレフタレート)、又はPEN(ポリエチレンナフタレート)を使用することが好ましい。このほか、容器としては、ガラス、缶、紙、パウチ、またはこれらの複合容器であっても良い。本実施の形態においては、容器としてボトルを用いる場合を例にとって説明する。 The content filling system 10 shown in FIG. 1 is a system for filling a bottle (container) 30 with contents such as a beverage. The bottle 30 can be manufactured by biaxially stretching blow molding a preform manufactured by injection molding a synthetic resin material. As the material of the bottle 30, it is preferable to use a thermoplastic resin, particularly PE (polyethylene), PP (polypropylene), PET (polyethylene terephthalate), or PEN (polyethylene naphthalate). In addition, the container may be glass, a can, paper, a pouch, or a composite container thereof. In the present embodiment, a case where a bottle is used as a container will be described as an example.

図1に示すように、内容物充填システム10は、ボトル供給部21と、殺菌装置11と、エアリンス装置14と、無菌水リンス装置15と、充填装置(フィラー)20と、キャップ装着装置(キャッパー、巻締及び打栓機)16と、製品ボトル搬出部22とを備えている。これらボトル供給部21、殺菌装置11、エアリンス装置14と、無菌水リンス装置15、充填装置20、キャップ装着装置16、および製品ボトル搬出部22は、ボトル30の搬送方向に沿って、上流側から下流側に向けてこの順に配設されている。また、殺菌装置11、エアリンス装置14と、無菌水リンス装置15、充填装置20、およびキャップ装着装置16の間には、これらの装置間でボトル30を搬送する複数の搬送ホイール12が設けられている。 As shown in FIG. 1, the content filling system 10 includes a bottle supply unit 21, a sterilizer 11, an air rinse device 14, a sterile water rinse device 15, a filling device (filler) 20, and a cap mounting device (capper). , A winding and tapping machine) 16, and a product bottle carry-out unit 22. The bottle supply unit 21, the sterilizer 11, the air rinse device 14, the sterile water rinse device 15, the filling device 20, the cap mounting device 16, and the product bottle carry-out unit 22 are provided from the upstream side along the transport direction of the bottle 30. They are arranged in this order toward the downstream side. Further, between the sterilizer 11, the air rinse device 14, the sterile water rinse device 15, the filling device 20, and the cap mounting device 16, a plurality of transfer wheels 12 for transporting the bottle 30 between these devices are provided. There is.

ボトル供給部21は、外部から内容物充填システム10へ空のボトル30を順次受け入れ、受け入れたボトル30を殺菌装置11へ向けて搬送するものである。 The bottle supply unit 21 sequentially receives empty bottles 30 from the outside to the content filling system 10 and conveys the received bottles 30 toward the sterilizer 11.

なお、ボトル供給部21の上流側に、プリフォームを二軸延伸ブロー成形することによりボトル30の成形を行うボトル成形部(図示せず)が設けられていても良い。このように、プリフォームの供給からボトル30の成形を経て、ボトル30への内容物の充填および閉栓に至る工程を連続して行っても良い。この場合、外部から内容物充填システム10まで、容積の大きいボトル30の形態ではなく容積の小さいプリフォームの形態で運搬することができるので、内容物充填システム10を構成する設備をコンパクトにすることができる。 A bottle molding section (not shown) for molding the bottle 30 by biaxially stretching blow molding the preform may be provided on the upstream side of the bottle supply section 21. In this way, the steps from the supply of the preform to the molding of the bottle 30 to the filling and closing of the contents in the bottle 30 may be continuously performed. In this case, since it is possible to transport the contents from the outside to the contents filling system 10 in the form of a preform having a small volume instead of the form of a bottle 30 having a large volume, the equipment constituting the contents filling system 10 should be made compact. Can be done.

殺菌装置11は、殺菌剤をボトル30に噴射することにより、ボトル30内を殺菌するものである。殺菌剤としては、例えば過酸化水素水溶液が用いられる。殺菌装置11においては、1重量%以上、好ましくは35重量%の濃度の過酸化水素水溶液を一旦気化させた後に凝縮したミスト又はガスが生成され、このミスト又はガスがボトル30の内外面に噴霧される。このようにボトル30内が過酸化水素水溶液のミスト又はガスで殺菌されるので、ボトル30の内面がムラなく殺菌される。 The sterilizer 11 sterilizes the inside of the bottle 30 by injecting a sterilizing agent onto the bottle 30. As the disinfectant, for example, an aqueous hydrogen peroxide solution is used. In the sterilizer 11, a condensed mist or gas is generated after once vaporizing an aqueous hydrogen peroxide solution having a concentration of 1% by weight or more, preferably 35% by weight, and the mist or gas is sprayed on the inner and outer surfaces of the bottle 30. Will be done. Since the inside of the bottle 30 is sterilized with the mist or gas of the hydrogen peroxide aqueous solution in this way, the inner surface of the bottle 30 is sterilized evenly.

エアリンス装置14は、ボトル30に無菌の加熱エア又は常温エアを供給することにより、過酸化水素の活性化を行いつつ、ボトル30内から異物、過酸化水素等を除去するものである。 The air rinsing device 14 supplies the bottle 30 with sterile heated air or normal temperature air to activate hydrogen peroxide and remove foreign substances, hydrogen peroxide, and the like from the inside of the bottle 30.

無菌水リンス装置15は、殺菌剤である過酸化水素により殺菌されたボトル30に対して、無菌の15℃〜85℃の水による洗浄を行うものである。これによりボトル30に付着した過酸化水素を洗い流し、且つ異物が除去される。 The sterile water rinsing device 15 cleans the bottle 30 sterilized with hydrogen peroxide, which is a sterilizing agent, with sterile water at 15 ° C. to 85 ° C. As a result, the hydrogen peroxide adhering to the bottle 30 is washed away and the foreign matter is removed.

充填装置20は、ボトル30の口部からボトル30内へ、予め殺菌処理された内容物を充填するものである。この充填装置20において、空の状態のボトル30に対して内容物が充填される。この充填装置20において、複数のボトル30が回転(公転)されながら、ボトル30の内部へ内容物が充填される。この内容物は常温でボトル30内に充填されても良い。内容物は予め加熱等により殺菌処理され、3℃以上かつ40℃以下の常温まで冷まされた上でボトル30内に充填される。なお、充填装置20で充填される内容物としては、例えば茶系飲料、ミルク系飲料等の飲料が挙げられる。 The filling device 20 fills the bottle 30 from the mouth of the bottle 30 with the contents that have been sterilized in advance. In this filling device 20, the contents are filled into the empty bottle 30. In this filling device 20, the contents are filled inside the bottles 30 while the plurality of bottles 30 are rotated (revolved). This content may be filled in the bottle 30 at room temperature. The contents are sterilized in advance by heating or the like, cooled to room temperature of 3 ° C. or higher and 40 ° C. or lower, and then filled in the bottle 30. Examples of the contents to be filled by the filling device 20 include beverages such as tea-based beverages and milk-based beverages.

キャップ装着装置16は、ボトル30の口部にキャップ33を装着することにより、ボトル30を閉栓するものである。キャップ装着装置16において、ボトル30の口部はキャップ33により閉じられ、ボトル30内に外部の空気や微生物が侵入しないように密封される。キャップ装着装置16において、内容物が充填された複数のボトル30が回転(公転)しながらその口部にキャップ33が装着される。このようにして、ボトル30の口部にキャップ33を装着することにより、製品ボトル35が得られる。 The cap mounting device 16 closes the bottle 30 by mounting the cap 33 on the mouth of the bottle 30. In the cap mounting device 16, the mouth of the bottle 30 is closed by the cap 33 and sealed so that outside air and microorganisms do not enter the bottle 30. In the cap mounting device 16, the cap 33 is mounted on the mouth portion of the plurality of bottles 30 filled with the contents while rotating (revolving). By attaching the cap 33 to the mouth of the bottle 30 in this way, the product bottle 35 can be obtained.

キャップ33は、予めキャップ殺菌装置50によって殺菌される。キャップ殺菌装置50は、例えば無菌チャンバ13(後述)の外側であってキャップ装着装置16の近傍に配置されている。キャップ殺菌装置50において、外部から搬入されたキャップ33は、予め多数集められ、キャップ装着装置16に向かって列になって搬送される。キャップ33がキャップ装着装置16に向かう途中で、過酸化水素のミスト又はガスがキャップ33の内外面に向かって吹き付けられた後、ホットエアで乾燥し、殺菌処理される。なお、このようなキャップ殺菌装置50の構成については後述する。 The cap 33 is sterilized in advance by the cap sterilizer 50. The cap sterilizer 50 is arranged, for example, outside the sterile chamber 13 (described later) and in the vicinity of the cap mounting device 16. In the cap sterilizer 50, a large number of caps 33 carried in from the outside are collected in advance and transported in a row toward the cap mounting device 16. On the way to the cap mounting device 16, the hydrogen peroxide mist or gas is sprayed toward the inner and outer surfaces of the cap 33, and then dried with hot air and sterilized. The configuration of such a cap sterilizer 50 will be described later.

製品ボトル搬出部22は、キャップ装着装置16でキャップ33を装着された製品ボトル35を、内容物充填システム10の外部へ向けて連続的に搬出するものである。 The product bottle unloading unit 22 continuously unloads the product bottle 35 to which the cap 33 is mounted by the cap mounting device 16 toward the outside of the content filling system 10.

なお、内容物充填システム10は、無菌チャンバ13を有している。無菌チャンバ13の内部に、上述した殺菌装置11、エアリンス装置14、無菌水リンス装置15、充填装置20、およびキャップ装着装置16が収容されている。このような内容物充填システム10は、例えば無菌充填システムからなっていても良い。この場合、無菌チャンバ13の内部が無菌状態に保持されている。 The content filling system 10 has an aseptic chamber 13. The above-mentioned sterilizer 11, air rinsing device 14, sterile water rinsing device 15, filling device 20, and cap mounting device 16 are housed inside the aseptic chamber 13. Such a content filling system 10 may consist of, for example, an aseptic filling system. In this case, the inside of the sterile chamber 13 is kept sterile.

あるいは、内容物充填システム10は、85℃以上かつ100℃未満の高温下で内容物を充填する高温充填システムであっても良い。また、55℃以上かつ85℃未満の中温下で内容物を充填する中温充填システムであっても良い。 Alternatively, the content filling system 10 may be a high temperature filling system that fills the contents at a high temperature of 85 ° C. or higher and lower than 100 ° C. Further, a medium temperature filling system for filling the contents at a medium temperature of 55 ° C. or higher and lower than 85 ° C. may be used.

(キャップ殺菌装置)
次に、図2により、上述したキャップ殺菌装置50の構成について説明する。図2は、本実施の形態によるキャップ殺菌装置50を示す概略正面図である。なお、図2において、紙面上方及び下方が、それぞれ鉛直方向上方及び下方を示している。
(Cap sterilizer)
Next, the configuration of the cap sterilizer 50 described above will be described with reference to FIG. FIG. 2 is a schematic front view showing the cap sterilizer 50 according to the present embodiment. In FIG. 2, the upper and lower parts of the paper surface indicate the upper side and the lower side in the vertical direction, respectively.

図2に示すように、キャップ殺菌装置50は、第1導入チャンバー51と、第2導入チャンバー52と、殺菌剤噴霧チャンバー53と、エアリンスチャンバー54と、洗浄チャンバー55とを備えている。これら、第1導入チャンバー51、第2導入チャンバー52、殺菌剤噴霧チャンバー53、エアリンスチャンバー54、及び洗浄チャンバー55は、キャップ33の搬送方向に沿ってこの順番に配置されている。各チャンバー51、52、53、54、55は、筐体60の内部に配置されている。 As shown in FIG. 2, the cap sterilizer 50 includes a first introduction chamber 51, a second introduction chamber 52, a sterilizer spray chamber 53, an air rinse chamber 54, and a cleaning chamber 55. The first introduction chamber 51, the second introduction chamber 52, the disinfectant spray chamber 53, the air rinse chamber 54, and the cleaning chamber 55 are arranged in this order along the transport direction of the cap 33. The chambers 51, 52, 53, 54, 55 are arranged inside the housing 60.

第1導入チャンバー51と第2導入チャンバー52とは、間に設けられた隔壁61で分離されている。同様に、第2導入チャンバー52と殺菌剤噴霧チャンバー53とは、隔壁62で分離され、第2導入チャンバー52とエアリンスチャンバー54とは、隔壁63で分離され、殺菌剤噴霧チャンバー53とエアリンスチャンバー54とは、隔壁64で分離されている。さらに、エアリンスチャンバー54と洗浄チャンバー55とは、隔壁65で分離されている。 The first introduction chamber 51 and the second introduction chamber 52 are separated by a partition wall 61 provided between them. Similarly, the second introduction chamber 52 and the disinfectant spray chamber 53 are separated by a partition wall 62, the second introduction chamber 52 and the air rinse chamber 54 are separated by a partition wall 63, and the disinfectant spray chamber 53 and the air rinse chamber 53 are separated from each other. It is separated from the chamber 54 by a partition wall 64. Further, the air rinse chamber 54 and the cleaning chamber 55 are separated by a partition wall 65.

これら隔壁61、62、63、64、65は、各チャンバー51、52、53、54、55間でガスや水等が流通することを防ぎ、各チャンバー51、52、53、54、55内の圧力を安定させる役割を果たす。但し、隔壁61、62、63、64、65には、それぞれキャップ33等が通過できる程度の隙間が形成されている。この隙間は、各チャンバー51、52、53、54、55内の圧力が変化しないように、最小限、例えば1個分のキャップ33程度の大きさに抑えられている。 These partition walls 61, 62, 63, 64, 65 prevent gas, water, etc. from flowing between the chambers 51, 52, 53, 54, 55, and are inside the chambers 51, 52, 53, 54, 55. It plays a role in stabilizing the pressure. However, the partition walls 61, 62, 63, 64, and 65 are each formed with a gap sufficient for the cap 33 and the like to pass through. This gap is suppressed to a minimum size, for example, about one cap 33 so that the pressure in each chamber 51, 52, 53, 54, 55 does not change.

第1導入チャンバー51の前工程側であって、筐体60の外部には、ホッパー56、ソーター57、キャップ検査機58がそれぞれ設けられている。このうちホッパー56には、外部から多数のキャップ33が無作為に投入される。ソーター57は、ホッパー56に無作為に投入されたキャップ33を一列又は多列に並べ、鉛直方向下方から上方に向けて搬送する。キャップ検査機58は、各キャップ33の形状等を検査するとともに、検査で不合格となったキャップ33を排出する。検査に合格したキャップ33は、第1導入チャンバー51に向けて一列になって搬送される。 A hopper 56, a sorter 57, and a cap inspection machine 58 are provided on the front-end process side of the first introduction chamber 51 and outside the housing 60, respectively. Of these, a large number of caps 33 are randomly inserted into the hopper 56 from the outside. The sorter 57 arranges caps 33 randomly placed in the hopper 56 in a single row or multiple rows, and conveys the caps 33 from the lower side to the upper side in the vertical direction. The cap inspection machine 58 inspects the shape and the like of each cap 33, and discharges the cap 33 that has failed the inspection. The caps 33 that have passed the inspection are transported in a line toward the first introduction chamber 51.

キャップ33は、公知のものであって、内面側に開口を有する平面略円形のものが用いられる。なお、キャップ33としては、高密度ポリエチレン(HDPE)、ポリプロピレン(PP)、生分解性プラスチック等の熱可塑性樹脂製のものを用いることができる。またキャップ33としては、通常のボトルキャップのほか、複合キャップやスポーツキャップを用いても良い。 The cap 33 is a known one, and a substantially circular cap 33 having an opening on the inner surface side is used. As the cap 33, one made of a thermoplastic resin such as high-density polyethylene (HDPE), polypropylene (PP), or biodegradable plastic can be used. Further, as the cap 33, in addition to a normal bottle cap, a composite cap or a sports cap may be used.

第1導入チャンバー51及び第2導入チャンバー52内には、複数のキャップ33を一列に搬送する搬送ガイド70が設けられている。搬送ガイド70は、例えば複数本のレールを含んでいても良い。この場合、複数本のレールで囲まれた領域に、キャップ33が脱落しない程度の空間が形成され、この空間にキャップ33が収容されて搬送する。なお、キャップ33は、自重で第1導入チャンバー51側から第2導入チャンバー52に向けて移送される。このような搬送ガイド70を設けたことにより、第1導入チャンバー51から第2導入チャンバー52へ高速でキャップ33を搬送することができる。 In the first introduction chamber 51 and the second introduction chamber 52, a transfer guide 70 for transporting a plurality of caps 33 in a row is provided. The transport guide 70 may include, for example, a plurality of rails. In this case, a space is formed in the area surrounded by the plurality of rails so that the cap 33 does not fall off, and the cap 33 is accommodated and conveyed in this space. The cap 33 is transferred from the first introduction chamber 51 side toward the second introduction chamber 52 by its own weight. By providing such a transport guide 70, the cap 33 can be transported from the first introduction chamber 51 to the second introduction chamber 52 at high speed.

第2導入チャンバー52、殺菌剤噴霧チャンバー53、エアリンスチャンバー54、及び洗浄チャンバー55の内部には、それぞれキャップ33を回転搬送する回転搬送機構71〜76が設けられている。このうち第1回転搬送機構71は、第2導入チャンバー52内に設けられ、第2回転搬送機構72は、殺菌剤噴霧チャンバー53内に設けられている。エアリンスチャンバー54及び洗浄チャンバー55の内部には、合計4つの回転搬送機構73〜76(第3回転搬送機構73、第4回転搬送機構74、第5回転搬送機構75、第6回転搬送機構76)が設けられている。このうち3つの回転搬送機構73〜75は、エアリンスチャンバー54の内部に配置され、第6回転搬送機構76は、エアリンスチャンバー54及び洗浄チャンバー55に跨がって配置されている。回転搬送機構71〜76は、それぞれ水平方向に平行な軸に沿って回転(自転)し、これにより複数のキャップ33を回転(公転)搬送する。回転搬送機構71〜76は、それぞれ中央に位置するとともにキャップ33を収容する切欠が設けられたスターホイールと、スターホイールの周囲に配置されキャップ33の脱落を防止する複数本のレールとを有している。キャップ33は、スターホイールが駆動することによって搬送され、レールによって案内されて収容されて回転(公転)する。このような回転搬送機構71〜76を用いることにより、キャップ殺菌装置50内でキャップ33を高速で搬送することができる。 Inside the second introduction chamber 52, the disinfectant spray chamber 53, the air rinse chamber 54, and the cleaning chamber 55, rotary transport mechanisms 71 to 76 for rotary transporting the cap 33 are provided, respectively. Of these, the first rotary transfer mechanism 71 is provided in the second introduction chamber 52, and the second rotary transfer mechanism 72 is provided in the disinfectant spray chamber 53. Inside the air rinse chamber 54 and the cleaning chamber 55, a total of four rotary transport mechanisms 73 to 76 (third rotary transport mechanism 73, fourth rotary transport mechanism 74, fifth rotary transport mechanism 75, sixth rotary transport mechanism 76). ) Is provided. Of these, the three rotary transport mechanisms 73 to 75 are arranged inside the air rinse chamber 54, and the sixth rotary transport mechanism 76 is arranged so as to straddle the air rinse chamber 54 and the cleaning chamber 55. The rotary transport mechanisms 71 to 76 rotate (rotate) along axes parallel to each other in the horizontal direction, thereby rotating (revolving) transporting the plurality of caps 33. The rotary transport mechanisms 71 to 76 each have a star wheel located at the center and provided with a notch for accommodating the cap 33, and a plurality of rails arranged around the star wheel to prevent the cap 33 from falling off. ing. The cap 33 is conveyed by being driven by a star wheel, guided by a rail, accommodated, and rotated (revolved). By using such a rotary transfer mechanism 71 to 76, the cap 33 can be conveyed at high speed in the cap sterilizer 50.

また、筐体60の底面66であって、第2導入チャンバー52の内部に、排液管67が形成されている。また底面66は、洗浄チャンバー55から第2導入チャンバー52に向けて下方に傾斜している。これにより、結露等により筐体60内部に生じた液滴を排液管67から筐体60の外部に排出することができる。排液管67は途中がS字状に湾曲しており、このS字状の部分に排液が滞留しており、これにより、第2導入チャンバー52の内部の圧力が保持されている(水封機構)。 Further, a drainage pipe 67 is formed on the bottom surface 66 of the housing 60 and inside the second introduction chamber 52. The bottom surface 66 is inclined downward from the cleaning chamber 55 toward the second introduction chamber 52. As a result, the droplets generated inside the housing 60 due to dew condensation or the like can be discharged from the drainage pipe 67 to the outside of the housing 60. The drainage pipe 67 is curved in an S shape in the middle, and drainage is retained in this S-shaped portion, whereby the pressure inside the second introduction chamber 52 is maintained (water). Sealing mechanism).

次に、各チャンバー51、52、53、54、55の構成について更に説明する。 Next, the configuration of each chamber 51, 52, 53, 54, 55 will be further described.

第1導入チャンバー51は、キャップ検査機58からのキャップ33が導入されるものであり、第2導入チャンバー52の上方に配置されている。第1導入チャンバー51の内部は、陰圧又は微陽圧(例えば−100Pa以上10Pa以下)に保持されており、殺菌剤を含む蒸気が筐体60の外部に漏れないようになっている。 The cap 33 from the cap inspection machine 58 is introduced into the first introduction chamber 51, and is arranged above the second introduction chamber 52. The inside of the first introduction chamber 51 is held under a negative pressure or a slight positive pressure (for example, −100 Pa or more and 10 Pa or less) so that steam containing a disinfectant does not leak to the outside of the housing 60.

第2導入チャンバー(導入チャンバー)52には、搬送ガイド70によって第1導入チャンバー51からキャップ33が供給される。第2導入チャンバー52には、第1ホットエア供給機79からの無菌ホットエアが送り込まれている。無菌ホットエアの温度は、例えば40℃以上120℃以下である。このため、第2導入チャンバー52の内部が、例えば30℃以上80℃以下の温度に保持されている。これにより、第2導入チャンバー52の内部で殺菌剤が結露することが抑えられ、キャップ33に液状の殺菌剤が残存することにより複数のキャップ33間で殺菌の程度がばらつくことを防止することができる。さらに、第2導入チャンバー52の内部は、陽圧(例えば0Pa以上200Pa以下)に保持され、この結果、殺菌剤が第2導入チャンバー52内に過度に流入しないようになっている。また、第2導入チャンバー52内において、搬送ガイド70には開閉自在の第1ストッパ77が設けられている。第1ストッパ77を開放した場合、キャップ33が第1回転搬送機構71に送られ、第1ストッパ77を閉鎖した場合、キャップ33がこの位置に滞留するようになっている。なお、第1ホットエア供給機79を第1回転搬送機構71の搬送経路上に配置し、第1ホットエア供給機79からのホットエアによってキャップ33の予備昇温を行っても良い。 The cap 33 is supplied to the second introduction chamber (introduction chamber) 52 from the first introduction chamber 51 by the transfer guide 70. Aseptic hot air from the first hot air supply machine 79 is sent to the second introduction chamber 52. The temperature of sterile hot air is, for example, 40 ° C. or higher and 120 ° C. or lower. Therefore, the inside of the second introduction chamber 52 is maintained at a temperature of, for example, 30 ° C. or higher and 80 ° C. or lower. As a result, dew condensation of the disinfectant inside the second introduction chamber 52 is suppressed, and the liquid disinfectant remains in the cap 33 to prevent the degree of disinfection from varying among the plurality of caps 33. it can. Further, the inside of the second introduction chamber 52 is maintained at a positive pressure (for example, 0 Pa or more and 200 Pa or less), and as a result, the disinfectant is prevented from excessively flowing into the second introduction chamber 52. Further, in the second introduction chamber 52, the transport guide 70 is provided with a first stopper 77 that can be opened and closed. When the first stopper 77 is opened, the cap 33 is sent to the first rotary transfer mechanism 71, and when the first stopper 77 is closed, the cap 33 stays at this position. The first hot air supply machine 79 may be arranged on the transfer path of the first rotary transfer mechanism 71, and the cap 33 may be preliminarily heated by the hot air from the first hot air supply machine 79.

殺菌剤噴霧チャンバー53は、第1回転搬送機構71によって第2導入チャンバー52から供給されたキャップ33に対して殺菌剤を噴霧するものである。殺菌剤噴霧チャンバー53は、第2導入チャンバー52の上方に配置されている。なお、第1回転搬送機構71等の位置関係によっては、第2導入チャンバー52が殺菌剤噴霧チャンバー53よりも上方に位置しても良い。ここで殺菌剤は、例えば過酸化水素水である。第1回転搬送機構71から送られたキャップ33は、第2回転搬送機構72に受け渡され、第2回転搬送機構72によって搬送されながら、噴霧ノズル81A、81Bによって殺菌剤が噴霧される。殺菌剤噴霧チャンバー53の上部には、2つの殺菌剤噴霧装置82A、82Bが配置されている。このうち一方の殺菌剤噴霧装置82Aは、キャップ33の外面(天面部)側に殺菌剤を供給する外面用の噴霧ノズル81Aに連結されている。また、他方の殺菌剤噴霧装置82Bは、キャップ33の内面(開口部)側に殺菌剤を供給する内面用の噴霧ノズル81Bに連結されている。 The disinfectant spray chamber 53 sprays the disinfectant onto the cap 33 supplied from the second introduction chamber 52 by the first rotary transfer mechanism 71. The disinfectant spray chamber 53 is located above the second introduction chamber 52. The second introduction chamber 52 may be located above the disinfectant spray chamber 53 depending on the positional relationship of the first rotary transfer mechanism 71 and the like. Here, the bactericidal agent is, for example, hydrogen peroxide solution. The cap 33 sent from the first rotary transfer mechanism 71 is delivered to the second rotary transfer mechanism 72, and the disinfectant is sprayed by the spray nozzles 81A and 81B while being conveyed by the second rotary transfer mechanism 72. Two disinfectant spraying devices 82A and 82B are arranged above the disinfectant spraying chamber 53. One of the disinfectant spraying devices 82A is connected to an outer surface spraying nozzle 81A that supplies the disinfectant to the outer surface (top surface) side of the cap 33. The other disinfectant spraying device 82B is connected to an inner spray nozzle 81B that supplies the disinfectant to the inner surface (opening) side of the cap 33.

なお、外面用の噴霧ノズル81Aは、内面用の噴霧ノズル81Bよりもキャップ33の搬送方向下流側に位置することが好ましい(なお、噴霧ノズル81Aは、噴霧ノズル81Bよりもキャップ33の搬送方向上流側であっても良い)。すなわち、第2回転搬送機構72の搬送経路上で、まず噴霧ノズル81Bによってキャップ33の内面に殺菌剤を供給し、その後、噴霧ノズル81Aによってキャップ33の外面に殺菌剤を供給することが好ましい。これにより、より確実に殺菌する必要性のあるキャップ33の内面を、キャップ33の外面よりも先行して殺菌することができる。噴霧ノズル81A、81Bは、高速搬送されるキャップ33の内面の複雑な形状の隅々に殺菌剤を付着させるために、そのノズル内径はφ2mm以上φ15mm以下(好ましくはφ3mm以上φ10mm以下)とし、ノズル外径は過酸化水素ガスの温度が低下し、液ダレを起こさないようにノズル内径よりも2mm以上(好ましくは4mm以上)太くすると良い。ノズル内径がφ2mmよりも小さいと長期間使用すると過酸化水素の安定剤が蓄積し、ノズルが詰まる恐れがある。キャップ33と噴霧ノズル81A、81Bの先端との距離は5mm以上、100mm以下が良い。 The spray nozzle 81A for the outer surface is preferably located downstream of the spray nozzle 81B for the inner surface in the transport direction of the cap 33 (note that the spray nozzle 81A is upstream of the spray nozzle 81B in the transport direction of the cap 33). May be on the side). That is, it is preferable that the disinfectant is first supplied to the inner surface of the cap 33 by the spray nozzle 81B and then the disinfectant is supplied to the outer surface of the cap 33 by the spray nozzle 81A on the transfer path of the second rotary transfer mechanism 72. As a result, the inner surface of the cap 33, which needs to be sterilized more reliably, can be sterilized before the outer surface of the cap 33. The spray nozzles 81A and 81B have a nozzle inner diameter of φ2 mm or more and φ15 mm or less (preferably φ3 mm or more and φ10 mm or less) in order to attach a disinfectant to every corner of the complicated shape of the inner surface of the cap 33 that is conveyed at high speed. The outer diameter should be 2 mm or more (preferably 4 mm or more) thicker than the inner diameter of the nozzle so that the temperature of the hydrogen peroxide gas decreases and liquid dripping does not occur. If the inner diameter of the nozzle is smaller than φ2 mm, the stabilizer of hydrogen peroxide may accumulate and the nozzle may be clogged after long-term use. The distance between the cap 33 and the tips of the spray nozzles 81A and 81B is preferably 5 mm or more and 100 mm or less.

さらに、第2回転搬送機構72の上部であって噴霧ノズル81A、81Bの周囲には、例えば正面側から見て扇形乃至円弧状のカバー83が配置されている。カバー83は、噴霧ノズル81A、81Bの周囲を覆い、噴霧ノズル81A、81Bからの殺菌剤が周囲に飛散することを防止し、キャップ33に対して効果的に殺菌剤を噴霧することを可能にする。殺菌剤噴霧チャンバー53の内部は、陽圧(例えば0Pa以上50Pa以下)に維持され、これにより、殺菌剤が過度に殺菌剤噴霧チャンバー53の外部に流出しないようになっている。キャップ33を殺菌するために必要な過酸化水素の付着量は、35%重量換算で0.6μL/cm以上4.7μL/cm以下(好ましくは1.2μL/cm以上2.4μL/cm以下)である。この範囲であれば、キャップ33を高速で殺菌でき、後述のエアリンスで薬剤を確実に除去できる。 Further, a fan-shaped or arc-shaped cover 83, for example, when viewed from the front side, is arranged around the spray nozzles 81A and 81B, which is the upper part of the second rotary transport mechanism 72. The cover 83 covers the periphery of the spray nozzles 81A and 81B, prevents the disinfectant from the spray nozzles 81A and 81B from scattering to the periphery, and makes it possible to effectively spray the disinfectant on the cap 33. To do. The inside of the disinfectant spray chamber 53 is maintained at a positive pressure (for example, 0 Pa or more and 50 Pa or less) so that the disinfectant does not excessively flow out to the outside of the disinfectant spray chamber 53. Adhesion amount of hydrogen peroxide required for sterilizing caps 33, 35% by weight is 0.6μL / cm 2 or more 4.7μL / cm 2 or less (preferably 1.2μL / cm 2 or more 2.4MyuL / cm 2 or less). Within this range, the cap 33 can be sterilized at high speed, and the drug can be reliably removed by the air rinse described later.

図3は、殺菌剤噴霧チャンバー53の内部の垂直断面を示している。図3に示すように、殺菌剤噴霧チャンバー53の内部に、カバー83が配置されている。カバー83は、互いに連結された、前面板83aと天板83bと後面板83cと底面板83dとを有している。このうち前面板83aは、正面側から見て扇形乃至円弧状であり、後面板83cよりも大きく構成されている。前面板83aには、カバー83の内部を目視できるように透明な確認窓が設けられていても良い。前面板83aからカバー83の内側に向けて内面用の噴霧ノズル81Bが延びており、後面板83cからカバー83の内側に向けて外面用の噴霧ノズル81Aが延びている。なお、図3において、噴霧ノズル81Bは、噴霧ノズル81Aよりも手前側(キャップ33の搬送方向上流側)に位置している。このように、カバー83によって取り囲まれた空間内で、噴霧ノズル81A、81Bからキャップ33に対して殺菌剤が噴霧される。このとき、カバー83内部の殺菌剤の濃度を高められるので、キャップ33を効果的に殺菌することができる。また、噴霧ノズル81A、81Bの先端がカバー83によって覆われているので、カバー83の外部へ漏れる殺菌剤の量を減らし、これにより殺菌剤噴霧チャンバー53の外部へ漏れる殺菌剤の量も減らすことができる。 FIG. 3 shows a vertical cross section of the inside of the disinfectant spray chamber 53. As shown in FIG. 3, the cover 83 is arranged inside the disinfectant spray chamber 53. The cover 83 has a front plate 83a, a top plate 83b, a rear surface plate 83c, and a bottom plate 83d, which are connected to each other. Of these, the front plate 83a has a fan shape or an arc shape when viewed from the front side, and is larger than the rear plate 83c. The front plate 83a may be provided with a transparent confirmation window so that the inside of the cover 83 can be visually recognized. The spray nozzle 81B for the inner surface extends from the front plate 83a toward the inside of the cover 83, and the spray nozzle 81A for the outer surface extends from the rear plate 83c toward the inside of the cover 83. In FIG. 3, the spray nozzle 81B is located on the front side (upstream side in the transport direction of the cap 33) with respect to the spray nozzle 81A. In this way, the disinfectant is sprayed from the spray nozzles 81A and 81B onto the cap 33 in the space surrounded by the cover 83. At this time, since the concentration of the bactericidal agent inside the cover 83 can be increased, the cap 33 can be effectively sterilized. Further, since the tips of the spray nozzles 81A and 81B are covered by the cover 83, the amount of the disinfectant leaking to the outside of the cover 83 can be reduced, thereby reducing the amount of the disinfectant leaking to the outside of the disinfectant spray chamber 53. Can be done.

カバー83の内側には、カバー83の内側に向けて洗浄液を噴出する洗浄ノズル93が設けられている。この場合、洗浄ノズル93は、前面板83aと第2回転搬送機構72との間で上方を向くように配置されている。洗浄ノズル93から噴出する洗浄液としては、水、アルカリ液、アルコール、塩素、過酢酸、過酸化水素などの成分を含む単一製剤又は混合製剤、洗浄・殺菌後に薬剤を洗い流す無菌水等を挙げることができる。このように、洗浄ノズル93から洗浄液を噴出することにより、キャップ33の殺菌を行う前に、カバー83の内部の機器の洗浄を行うことができる。例えば、カバー83の内壁面、噴霧ノズル81A、81B及び第2回転搬送機構72等を洗浄することができる。これにより、殺菌剤噴霧チャンバー53に対して例えばCOP(Cleaning out of Place)処理又はSOP(Sterilizing out of Place)処理を効率的に行うことができる。 Inside the cover 83, a cleaning nozzle 93 for ejecting a cleaning liquid toward the inside of the cover 83 is provided. In this case, the cleaning nozzle 93 is arranged so as to face upward between the front plate 83a and the second rotary transfer mechanism 72. Examples of the cleaning liquid ejected from the cleaning nozzle 93 include a single preparation or a mixed preparation containing components such as water, alkaline liquid, alcohol, chlorine, peracetic acid, and hydrogen peroxide, and sterile water for washing away the chemicals after washing and sterilization. Can be done. By ejecting the cleaning liquid from the cleaning nozzle 93 in this way, it is possible to clean the equipment inside the cover 83 before sterilizing the cap 33. For example, the inner wall surface of the cover 83, the spray nozzles 81A and 81B, the second rotary transfer mechanism 72, and the like can be cleaned. Thereby, for example, COP (Cleaning out of Place) treatment or SOP (Sterilizing out of Place) treatment can be efficiently performed on the disinfectant spray chamber 53.

図4は、殺菌剤噴霧チャンバー53の一変形例を示している。図4に示すように、噴霧ノズル81A、81Bは、正面側(図4の左側)から見て略同一の位置に配置されている。この場合、噴霧ノズル81A、81Bにより、キャップ33の内面及び外面に対して略同一のタイミングで殺菌剤が噴霧される。また、殺菌剤噴霧チャンバー53の上方に殺菌剤噴霧装置82Cが設けられ、この殺菌剤噴霧装置82Cから噴霧ノズル81A、81Bの両方に対して殺菌剤が供給される。この場合、噴霧ノズル81A、81Bの位置をキャップ33の搬送方向に対して略同一の位置にすることができるので、殺菌剤噴霧チャンバー53をコンパクトに構成することができる。 FIG. 4 shows a modified example of the disinfectant spray chamber 53. As shown in FIG. 4, the spray nozzles 81A and 81B are arranged at substantially the same position when viewed from the front side (left side of FIG. 4). In this case, the spray nozzles 81A and 81B spray the disinfectant on the inner and outer surfaces of the cap 33 at substantially the same timing. Further, a disinfectant spraying device 82C is provided above the disinfectant spraying chamber 53, and the disinfectant is supplied from the disinfectant spraying device 82C to both the spray nozzles 81A and 81B. In this case, since the positions of the spray nozzles 81A and 81B can be substantially the same with respect to the transport direction of the cap 33, the disinfectant spray chamber 53 can be compactly configured.

図5は、殺菌剤噴霧チャンバー53の他の変形例を示している。図5において、3つの噴霧ノズル81B、81A、81Bによってキャップ33に殺菌剤を噴霧するように構成されている。すなわち、キャップ33の搬送方向上流側から下流側へ、内面用の噴霧ノズル81B、外面用の噴霧ノズル81A、内面用の噴霧ノズル81Bの順番で配置されている。これにより、より確実に殺菌する必要性のあるキャップ33の内面に対して相対的に多くの殺菌剤を噴霧することができる。この場合、キャップ33の搬送速度を、例えば800cpm以上1500cpm以下程度まで速くすることができる。 FIG. 5 shows another modification of the disinfectant spray chamber 53. In FIG. 5, the cap 33 is configured to spray the disinfectant by three spray nozzles 81B, 81A, 81B. That is, the spray nozzle 81B for the inner surface, the spray nozzle 81A for the outer surface, and the spray nozzle 81B for the inner surface are arranged in this order from the upstream side to the downstream side in the transport direction of the cap 33. This makes it possible to spray a relatively large amount of disinfectant onto the inner surface of the cap 33, which needs to be sterilized more reliably. In this case, the transport speed of the cap 33 can be increased to, for example, 800 cpm or more and 1500 cpm or less.

再度図2を参照すると、エアリンスチャンバー54は、殺菌剤噴霧チャンバー53で殺菌剤が噴霧されたキャップ33をエアリンスするものである。キャップ33は、エアリンスチャンバー54内で回転搬送機構73〜76によって順次搬送され、この間、キャップ33の内面及び外面に無菌ホットエアが吹き付けられる。エアリンスチャンバー54には、第2ホットエア供給機80からの無菌ホットエアが送り込まれる。この場合、無菌ホットエアは、第4回転搬送機構74を通過するキャップ33に対して吹き付けられる。無菌ホットエアの温度は、例えば80℃以上140℃以下、好ましくは90℃以上120℃以下である。無菌ホットエアの風量は、例えば5m/分以上20m/分以下である。また、無菌ホットエアのブロー時間は、1秒以上20秒以下、好ましくは3秒以上14秒以下である。無菌ホットエアが吹き付けられることにより、キャップ33の温度が40℃以上、好ましくは50℃以上に高められる。これにより、キャップ33に付着した殺菌剤が除去される。エアリンスチャンバー54の内部は、陽圧(例えば30Pa以上200Pa以下、好ましくは50Pa以上150Pa以下)に保持されている。なお、無菌ホットエアには、過酸化水素等、殺菌剤の成分が微量に含まれていても良い。 Referring to FIG. 2 again, the air rinse chamber 54 air rinses the cap 33 sprayed with the disinfectant in the disinfectant spray chamber 53. The cap 33 is sequentially conveyed in the air rinse chamber 54 by the rotary transfer mechanisms 73 to 76, during which aseptic hot air is blown onto the inner and outer surfaces of the cap 33. Aseptic hot air from the second hot air supply machine 80 is sent into the air rinse chamber 54. In this case, sterile hot air is sprayed onto the cap 33 passing through the fourth rotary transfer mechanism 74. The temperature of aseptic hot air is, for example, 80 ° C. or higher and 140 ° C. or lower, preferably 90 ° C. or higher and 120 ° C. or lower. The air volume of sterile hot air is, for example, 5 m 3 / min or more and 20 m 3 / min or less. The blow time of sterile hot air is 1 second or more and 20 seconds or less, preferably 3 seconds or more and 14 seconds or less. By blowing sterile hot air, the temperature of the cap 33 is raised to 40 ° C. or higher, preferably 50 ° C. or higher. As a result, the disinfectant adhering to the cap 33 is removed. The inside of the air rinse chamber 54 is maintained at a positive pressure (for example, 30 Pa or more and 200 Pa or less, preferably 50 Pa or more and 150 Pa or less). The sterile hot air may contain a small amount of a bactericidal component such as hydrogen peroxide.

洗浄チャンバー55は、エアリンスチャンバー54でエアリンスされたキャップ33を洗浄するものである。キャップ33は、洗浄チャンバー55内で、第6回転搬送機構76によって搬送される。この間、まず洗浄ノズル84によって、キャップ33の内面及び外面に無菌水が吹き付けられる。これにより、キャップ33に異物が付着している場合であっても、異物を確実に除去することができ、かつ無菌ホットエアで加熱されたキャップ33を冷却することができる。次いで、エアブローノズル85によって、キャップ33の内面及び外面に無菌エアが吹き付けられ、無菌水が除去される。なお、無菌エアが吹き付けられた後も、キャップ33に無菌水が若干残存している。これにより、後述するシュート59によってキャップ33が搬送される間、キャップ33とシュート59との間の潤滑を良好にし、シュート59との摩擦熱によってキャップ33の温度が上昇することを防止することができる。このようにキャップ33の温度上昇が抑えられることにより、キャップ装着装置16におけるキャップ33の巻締め作業を安定して行うことができる。洗浄チャンバー55の内部は、陽圧(例えば50Pa以上200Pa以下)に保持されている。これにより、殺菌剤を含む雰囲気がキャップ装着装置16側に流出することを防止している。なお、本実施の形態において、洗浄チャンバー55は必ずしも設けられていなくても良い。 The cleaning chamber 55 cleans the cap 33 air-rinsed in the air rinse chamber 54. The cap 33 is conveyed in the cleaning chamber 55 by the sixth rotary transfer mechanism 76. During this period, first, the cleaning nozzle 84 sprays sterile water on the inner and outer surfaces of the cap 33. As a result, even if foreign matter adheres to the cap 33, the foreign matter can be reliably removed, and the cap 33 heated with sterile hot air can be cooled. Next, the air blow nozzle 85 blows sterile air onto the inner and outer surfaces of the cap 33 to remove sterile water. Even after the sterile air was blown, a small amount of sterile water remained on the cap 33. As a result, while the cap 33 is conveyed by the chute 59 described later, the lubrication between the cap 33 and the chute 59 can be improved, and the temperature of the cap 33 can be prevented from rising due to the frictional heat with the chute 59. it can. By suppressing the temperature rise of the cap 33 in this way, the winding operation of the cap 33 in the cap mounting device 16 can be stably performed. The inside of the cleaning chamber 55 is maintained at a positive pressure (for example, 50 Pa or more and 200 Pa or less). This prevents the atmosphere containing the disinfectant from flowing out to the cap mounting device 16 side. In this embodiment, the cleaning chamber 55 does not necessarily have to be provided.

洗浄チャンバー55には、キャップ33をキャップ装着装置16側に搬送するシュート59が連結されている。シュート59は、例えば複数本のレールを含んでいても良い。この場合、複数本のレールで囲まれた領域に、キャップ33が脱落しない程度の空間が形成され、この空間にキャップ33が収容されて搬送される。なお、洗浄チャンバー55内において、シュート59には開閉自在の第2ストッパ78が設けられている。第2ストッパ78を開放した場合、キャップ33がシュート59によりキャップ装着装置16に送られる。一方、第2ストッパ78を閉鎖した場合、キャップ33がこの位置に滞留するようになっている。あるいは、第2ストッパ78は、シュート59上であって、キャップ装着装置16の近傍に設けられていても良い。 A chute 59 that conveys the cap 33 to the cap mounting device 16 side is connected to the cleaning chamber 55. The chute 59 may include, for example, a plurality of rails. In this case, a space is formed in the area surrounded by the plurality of rails so that the cap 33 does not fall off, and the cap 33 is accommodated and conveyed in this space. In the cleaning chamber 55, the chute 59 is provided with a second stopper 78 that can be opened and closed. When the second stopper 78 is opened, the cap 33 is sent to the cap mounting device 16 by the chute 59. On the other hand, when the second stopper 78 is closed, the cap 33 stays at this position. Alternatively, the second stopper 78 may be provided on the chute 59 and in the vicinity of the cap mounting device 16.

本実施の形態において、第1導入チャンバー51、第2導入チャンバー52、殺菌剤噴霧チャンバー53、エアリンスチャンバー54、及び洗浄チャンバー55には、それぞれ排気管86A〜86Eが接続されている。そして各排気管86A〜86Eを介して、第1導入チャンバー51、第2導入チャンバー52、殺菌剤噴霧チャンバー53、エアリンスチャンバー54、及び洗浄チャンバー55が、それぞれ排気されている。排気管86A〜86Eには、排気管86A〜86E内のガスを引き込むブロア68が接続され、ブロア68には、ガスのうち殺菌剤の成分を処理するスクラバー69が接続されている。 In the present embodiment, the exhaust pipes 86A to 86E are connected to the first introduction chamber 51, the second introduction chamber 52, the disinfectant spray chamber 53, the air rinse chamber 54, and the cleaning chamber 55, respectively. The first introduction chamber 51, the second introduction chamber 52, the disinfectant spray chamber 53, the air rinse chamber 54, and the cleaning chamber 55 are exhausted via the exhaust pipes 86A to 86E, respectively. Blowers 68 that draw in the gas in the exhaust pipes 86A to 86E are connected to the exhaust pipes 86A to 86E, and scrubber 69 that treats a bactericide component in the gas is connected to the blower 68.

なお、キャップ殺菌装置50の全体を通じて、キャップ33の搬送速度は、100cpm以上1500cpm以下であり、好ましくは、500cpm以上1000cpm以下である。本実施の形態によるキャップ殺菌装置50によれば、このように高速でキャップ33を搬送した場合であっても、キャップ33を確実に殺菌することができる。なお、cpm(cap per minute)とは、所定の位置を1分間あたりに通過するキャップ33の個数をいう。なお、例えばボトル30が大型(内容量1L以上)のボトルである場合等、ボトル30の充填速度が遅い場合には、この充填速度に合わせてキャップ33の搬送速度を上記速度よりも遅くしても良い。この場合、キャップ33の温度が上昇しないように、第2導入チャンバー52やエアリンスチャンバー54におけるホットエアの供給条件(温度、流量等)を調整しても良い。 Throughout the cap sterilizer 50, the transport speed of the cap 33 is 100 cpm or more and 1500 cpm or less, preferably 500 cpm or more and 1000 cpm or less. According to the cap sterilizer 50 according to the present embodiment, the cap 33 can be reliably sterilized even when the cap 33 is conveyed at such a high speed. The cpm (cap per minute) refers to the number of caps 33 that pass through a predetermined position per minute. When the filling speed of the bottle 30 is slow, for example, when the bottle 30 is a large bottle (content capacity of 1 L or more), the transport speed of the cap 33 is set to be slower than the above speed according to the filling speed. Is also good. In this case, the hot air supply conditions (temperature, flow rate, etc.) in the second introduction chamber 52 and the air rinse chamber 54 may be adjusted so that the temperature of the cap 33 does not rise.

本実施の形態において、導入チャンバーとして、第1導入チャンバー51と第2導入チャンバー52との2つのチャンバーが設けられる場合を例にとって説明したが、これに限られるものではない。第1導入チャンバー51と第2導入チャンバー52とを合わせて1つの導入チャンバーが設けられていても良い。また、本実施の形態において、回転搬送機構71〜76の回転軸が水平方向を向いており、キャップ33が略鉛直面内で搬送される場合を例にとって説明した。しかしながら、これに限らず、回転搬送機構71〜76の回転軸が鉛直方向を向き、キャップ33が略水平面内で搬送されるようにしても良い。 In the present embodiment, the case where two chambers, the first introduction chamber 51 and the second introduction chamber 52, are provided as the introduction chamber has been described as an example, but the present invention is not limited to this. A single introduction chamber may be provided by combining the first introduction chamber 51 and the second introduction chamber 52. Further, in the present embodiment, the case where the rotation axes of the rotary transfer mechanisms 71 to 76 are oriented in the horizontal direction and the cap 33 is conveyed within a substantially vertical plane has been described as an example. However, the present invention is not limited to this, and the rotation shafts of the rotary transport mechanisms 71 to 76 may be oriented in the vertical direction, and the cap 33 may be transported in a substantially horizontal plane.

(内容物充填方法)
次に、上述した内容物充填システム10(図1)を用いた内容物充填方法について説明する。なお、以下において、通常時における充填方法、すなわち飲料等の内容物をボトル30に充填して製品ボトル35を製造する内容物充填方法について説明する。
(Content filling method)
Next, a content filling method using the content filling system 10 (FIG. 1) described above will be described. In the following, a filling method in a normal state, that is, a content filling method for manufacturing a product bottle 35 by filling a bottle 30 with contents such as a beverage will be described.

まず複数の空のボトル30が、内容物充填システム10の外部からボトル供給部21へ順次供給される。このボトル30は、搬送ホイール12によってボトル供給部21から殺菌装置11へ送られる(容器供給工程)。 First, a plurality of empty bottles 30 are sequentially supplied to the bottle supply unit 21 from the outside of the content filling system 10. The bottle 30 is sent from the bottle supply unit 21 to the sterilizer 11 by the transfer wheel 12 (container supply process).

次に、殺菌装置11において、ボトル30に対して殺菌剤である過酸化水素水溶液を用いて殺菌処理が行われる(殺菌工程)。このとき、過酸化水素水溶液は、1重量%以上、好ましくは35重量%の濃度の過酸化水素水溶液を一旦気化させた後に凝縮したガス又はミストであり、このガス又はミストがボトル30に向かって供給される。 Next, in the sterilizer 11, the bottle 30 is sterilized using an aqueous hydrogen peroxide solution as a sterilizer (sterilization step). At this time, the hydrogen peroxide aqueous solution is a gas or mist that is condensed after once vaporizing the hydrogen peroxide aqueous solution having a concentration of 1% by weight or more, preferably 35% by weight, and the gas or mist is directed toward the bottle 30. Be supplied.

続いて、ボトル30は、搬送ホイール12によってエアリンス装置14に送られ、エアリンス装置14において、無菌の加熱エア又は常温エアを供給することにより、過酸化水素の活性化を行いつつ、ボトル30から異物、過酸化水素等が除去される。次いで、ボトル30は、搬送ホイール12によって無菌水リンス装置15に搬送される。この無菌水リンス装置15において、無菌の15℃〜85℃の水による洗浄が施される(リンス工程)。具体的には、無菌の15℃〜85℃の水が、5L/min以上かつ15L/min以下の流量でボトル30内に供給される。その際、好ましくはボトル30は倒立状態とされ、下向きになった口部からボトル30内へ無菌水が供給され、この無菌水は口部からボトル30の外方に流出する。この無菌水によって、ボトル30に付着した過酸化水素を洗い流し、且つ異物が除去される。なお、ボトル30内へ無菌水が供給される工程は必ずしも設けられていなくても良い。 Subsequently, the bottle 30 is sent to the air rinsing device 14 by the transport wheel 12, and the air rinsing device 14 supplies sterile heated air or normal temperature air to activate hydrogen peroxide while activating foreign matter from the bottle 30. , Hydrogen peroxide, etc. are removed. The bottle 30 is then transported by the transport wheel 12 to the sterile water rinse device 15. In this sterile water rinsing device 15, washing with sterile water at 15 ° C. to 85 ° C. is performed (rinsing step). Specifically, sterile water at 15 ° C. to 85 ° C. is supplied into the bottle 30 at a flow rate of 5 L / min or more and 15 L / min or less. At that time, preferably, the bottle 30 is turned upside down, sterile water is supplied into the bottle 30 from the downward facing mouth portion, and the sterile water flows out from the mouth portion to the outside of the bottle 30. The sterile water is used to wash away hydrogen peroxide adhering to the bottle 30 and remove foreign substances. The step of supplying sterile water into the bottle 30 does not necessarily have to be provided.

続いて、ボトル30は、搬送ホイール12によって充填装置20に搬送される。この充填装置20において、ボトル30は回転(公転)されながら、その口部からボトル30内へ内容物が充填される(充填工程)。充填装置20においては、殺菌されたボトル30に、予め内容物が調合され、加熱殺菌処理され常温まで冷やされた内容物が常温で充填される。 Subsequently, the bottle 30 is conveyed to the filling device 20 by the transfer wheel 12. In this filling device 20, the bottle 30 is rotated (revolved) and the contents are filled into the bottle 30 from its mouth (filling step). In the filling device 20, the sterilized bottle 30 is preliminarily prepared with the contents, and the contents that have been heat sterilized and cooled to room temperature are filled at room temperature.

続いて、内容物が充填されたボトル30は、搬送ホイール12によってキャップ装着装置16に搬送される。 Subsequently, the bottle 30 filled with the contents is conveyed to the cap mounting device 16 by the transfer wheel 12.

一方、キャップ33は、予め図2に示すキャップ殺菌装置50によって殺菌処理される(キャップ殺菌工程)。この間、まず多数のキャップ33が、キャップ殺菌装置50の外部からホッパー56に無作為に投入される。次に、ホッパー56に無作為に投入されたキャップ33は、ソーター57によって整列され、その後キャップ検査機58に搬送される。次にキャップ検査機58において、各キャップ33の形状等が検査され、検査に合格したキャップ33は、第1導入チャンバー51に向けて一列になって搬送される。 On the other hand, the cap 33 is sterilized in advance by the cap sterilizer 50 shown in FIG. 2 (cap sterilization step). During this time, first, a large number of caps 33 are randomly inserted into the hopper 56 from the outside of the cap sterilizer 50. Next, the caps 33 randomly placed in the hopper 56 are aligned by the sorter 57 and then transported to the cap inspection machine 58. Next, the cap inspection machine 58 inspects the shape and the like of each cap 33, and the caps 33 that have passed the inspection are conveyed in a line toward the first introduction chamber 51.

第1導入チャンバー51に導入されたキャップ33は、搬送ガイド70によって第2導入チャンバー52に送られる。上述したように第2導入チャンバー52の内部は、無菌ホットエアにより例えば30℃以上80℃以下に保持されている。次に、キャップ33は、第2導入チャンバー52内で第1回転搬送機構71によって搬送され、殺菌剤噴霧チャンバー53に送られる。次いで、殺菌剤噴霧チャンバー53内で、キャップ33は、第2回転搬送機構72によって搬送されながら、噴霧ノズル81A、81Bから過酸化水素水等の殺菌剤が噴霧され、その内面及び外面が殺菌される。 The cap 33 introduced into the first introduction chamber 51 is sent to the second introduction chamber 52 by the transfer guide 70. As described above, the inside of the second introduction chamber 52 is maintained at, for example, 30 ° C. or higher and 80 ° C. or lower by sterile hot air. Next, the cap 33 is conveyed in the second introduction chamber 52 by the first rotary transfer mechanism 71 and sent to the disinfectant spray chamber 53. Next, in the disinfectant spray chamber 53, while the cap 33 is conveyed by the second rotary transfer mechanism 72, a disinfectant such as hydrogen peroxide solution is sprayed from the spray nozzles 81A and 81B, and the inner and outer surfaces thereof are sterilized. To.

続いて、殺菌剤が噴霧されたキャップ33は、エアリンスチャンバー54に送られる。
このエアリンスチャンバー54において、キャップ33は、回転搬送機構73〜76によって順次搬送され、この間キャップ33の内面及び外面に無菌ホットエアが吹き付けられる。これにより、キャップ33に付着した殺菌剤がエアリンスされる。
Subsequently, the cap 33 sprayed with the disinfectant is sent to the air rinse chamber 54.
In the air rinse chamber 54, the cap 33 is sequentially conveyed by the rotary transfer mechanisms 73 to 76, during which aseptic hot air is blown onto the inner and outer surfaces of the cap 33. As a result, the disinfectant adhering to the cap 33 is air-rinsed.

次に、キャップ33は、エアリンスチャンバー54から洗浄チャンバー55に送られる。この洗浄チャンバー55内で、キャップ33は、第6回転搬送機構76によって搬送されながら、洗浄ノズル84によって無菌水を吹き付けられ、付着した異物等が除去されるとともに冷却される。続いて、キャップ33は、エアブローノズル85によって無菌エアが吹き付けられ、無菌水が除去される。 Next, the cap 33 is sent from the air rinse chamber 54 to the cleaning chamber 55. In the cleaning chamber 55, the cap 33 is sprayed with sterile water by the cleaning nozzle 84 while being conveyed by the sixth rotary transfer mechanism 76, and the adhering foreign matter and the like are removed and cooled. Subsequently, sterile air is blown onto the cap 33 by the air blow nozzle 85, and sterile water is removed.

その後、キャップ33は、エアリンスチャンバー54から搬出され、シュート59によってキャップ装着装置16に送られる。 After that, the cap 33 is carried out from the air rinse chamber 54 and sent to the cap mounting device 16 by the chute 59.

再度図1を参照すると、このようにしてキャップ殺菌装置50で殺菌されたキャップ33は、キャップ装着装置16において、充填装置20から搬送されてきたボトル30の口部に装着される。これにより、ボトル30とキャップ33とを有する製品ボトル35が得られる(キャップ装着工程)。 Referring to FIG. 1 again, the cap 33 thus sterilized by the cap sterilizer 50 is attached to the mouth of the bottle 30 conveyed from the filling device 20 in the cap attachment device 16. As a result, a product bottle 35 having the bottle 30 and the cap 33 is obtained (cap mounting step).

その後、製品ボトル35は、キャップ装着装置16から製品ボトル搬出部22へ搬送され、内容物充填システム10の外部へ向けて搬出される。 After that, the product bottle 35 is transported from the cap mounting device 16 to the product bottle carry-out unit 22, and is carried out to the outside of the content filling system 10.

なお、上記殺菌工程からキャップ装着工程に至る各工程は、無菌チャンバ13で囲まれた無菌の雰囲気内すなわち無菌の環境下で行われる。殺菌処理後は無菌エアが常時無菌チャンバ13外に向かって吹き出るように、無菌チャンバ13内に陽圧の無菌エアが供給される。 Each step from the sterilization step to the cap mounting step is performed in a sterile atmosphere surrounded by a sterile chamber 13, that is, in a sterile environment. After the sterilization treatment, positive pressure sterile air is supplied into the sterile chamber 13 so that the sterile air always blows out of the sterile chamber 13.

なお、内容物充填システム10におけるボトル30の生産(搬送)速度は、100bpm以上かつ1500bpm以下とすることが好ましい。ここでbpm(bottle per minute)とは、1分間当たりのボトル30の搬送速度をいう。 The production (transportation) speed of the bottle 30 in the content filling system 10 is preferably 100 bpm or more and 1500 bpm or less. Here, bpm (bottle per minute) means the transport speed of the bottle 30 per minute.

以上のように本実施の形態によれば、殺菌剤噴霧チャンバー53内に、噴霧ノズル81A、81Bの周囲を覆うカバー83が設けられている。これによりカバー83内部の殺菌剤の濃度を高め、キャップ33を効率良く殺菌することができる。この結果、キャップ33の搬送速度を高速化した場合であっても、キャップ33を確実に殺菌することができる。さらに、カバー83内の殺菌剤の濃度を高めた場合であっても、殺菌剤を含む蒸気が殺菌剤噴霧チャンバー53からキャップ殺菌装置50の外部に漏洩することを防止することができる。 As described above, according to the present embodiment, the cover 83 that covers the periphery of the spray nozzles 81A and 81B is provided in the disinfectant spray chamber 53. As a result, the concentration of the disinfectant inside the cover 83 can be increased, and the cap 33 can be efficiently sterilized. As a result, the cap 33 can be reliably sterilized even when the transport speed of the cap 33 is increased. Further, even when the concentration of the disinfectant in the cover 83 is increased, it is possible to prevent the vapor containing the disinfectant from leaking from the disinfectant spray chamber 53 to the outside of the cap sterilizer 50.

また、本実施の形態によれば、カバー83は、正面側から見て扇形乃至円弧状となっている。すなわち、カバー83の形状が第2回転搬送機構72の形状に対応している。これにより、カバー83内部における無駄な空間の体積を減らし、カバー83内部の殺菌剤の濃度を効率良く高めることができる。 Further, according to the present embodiment, the cover 83 has a fan shape or an arc shape when viewed from the front side. That is, the shape of the cover 83 corresponds to the shape of the second rotary transfer mechanism 72. As a result, the volume of wasted space inside the cover 83 can be reduced, and the concentration of the disinfectant inside the cover 83 can be efficiently increased.

また、本実施の形態によれば、外面用の噴霧ノズル81Aは、内面用の噴霧ノズル81Bよりもキャップ33の搬送方向下流側に位置している。これにより、より確実に殺菌する必要性のあるキャップ33の内面に殺菌剤が付着している時間を長くし、キャップ33の内面をより効果的に殺菌することができる。なお、噴霧ノズル81Aは、噴霧ノズル81Bよりもキャップ33の搬送方向上流側であっても良い。 Further, according to the present embodiment, the spray nozzle 81A for the outer surface is located on the downstream side of the cap 33 in the transport direction with respect to the spray nozzle 81B for the inner surface. As a result, the time during which the disinfectant adheres to the inner surface of the cap 33, which needs to be sterilized more reliably, can be lengthened, and the inner surface of the cap 33 can be sterilized more effectively. The spray nozzle 81A may be on the upstream side of the cap 33 in the transport direction with respect to the spray nozzle 81B.

さらに、本実施の形態によれば、カバー83の内側に、カバー83の内側に向けて洗浄液を噴出する洗浄ノズル93を設けているので、キャップ33の殺菌を行う前に、カバー83の内部の機器の洗浄を行うことができる。 Further, according to the present embodiment, since the cleaning nozzle 93 that ejects the cleaning liquid toward the inside of the cover 83 is provided inside the cover 83, the inside of the cover 83 is sterilized before the cap 33 is sterilized. Can clean the equipment.

さらにまた、本実施の形態によれば、各チャンバー51、52、53、54、55を排気することにより、各チャンバー51、52、53、54、55内部の圧力が高くなりすぎることを防止している。これにより、キャップ33が各チャンバー51、52、53、54、55内に確実に導入することができる。他方、仮に各チャンバー51、52、53、54、55の排気が十分に行われない場合、各チャンバー51、52、53、54、55の内圧が高くなりすぎて、キャップ33が各チャンバー51、52、53、54、55内に進入できないおそれがある。 Furthermore, according to the present embodiment, by exhausting the chambers 51, 52, 53, 54, 55, it is possible to prevent the pressure inside each chamber 51, 52, 53, 54, 55 from becoming too high. ing. As a result, the cap 33 can be reliably introduced into each of the chambers 51, 52, 53, 54 and 55. On the other hand, if the chambers 51, 52, 53, 54, 55 are not sufficiently exhausted, the internal pressure of the chambers 51, 52, 53, 54, 55 becomes too high, and the cap 33 becomes the chamber 51, There is a risk that you will not be able to enter inside 52, 53, 54, 55.

このように、キャップ殺菌装置50内でのキャップ33の搬送速度を100cpm以上1500cpmと高速にした場合であっても、筐体60から殺菌剤が漏れることを防止しつつ、キャップ33を確実に殺菌することができる。 In this way, even when the transport speed of the cap 33 in the cap sterilizer 50 is as high as 100 cpm or more and 1500 cpm, the cap 33 is surely sterilized while preventing the disinfectant from leaking from the housing 60. can do.

(第2の実施の形態)
次に、図6を参照して本発明の第2の実施の形態について説明する。図6は本発明の第2の実施の形態によるキャップ殺菌装置を示す概略正面図である。図6に示す第2の実施の形態は、エアリンスチャンバー54内の回転搬送機構の構成が異なるものであり、他の構成は上述した第1の実施の形態と略同一である。図6において、第1の実施の形態と同一部分には同一の符号を付して詳細な説明は省略する。
(Second Embodiment)
Next, a second embodiment of the present invention will be described with reference to FIG. FIG. 6 is a schematic front view showing a cap sterilizer according to a second embodiment of the present invention. The second embodiment shown in FIG. 6 has a different configuration of the rotary transfer mechanism in the air rinse chamber 54, and the other configurations are substantially the same as those of the first embodiment described above. In FIG. 6, the same parts as those in the first embodiment are designated by the same reference numerals, and detailed description thereof will be omitted.

図6に示すキャップ殺菌装置50Aにおいて、エアリンスチャンバー54内に、回転搬送機構71、72、76よりも大きい大型回転搬送機構87が設けられている。大型回転搬送機構87は、水平方向に平行な軸に沿って回転(自転)し、これにより、第2回転搬送機構72から第6回転搬送機構76に直接キャップ33を搬送する。大型回転搬送機構87は、回転搬送機構71、72、76と同様、キャップ33を収容する切欠が設けられたスターホイールと、スターホイールの周囲に配置された複数本のレールとを有していても良い。あるいは、大型回転搬送機構87は、ロータリージョイントからなっていても良い。 In the cap sterilizer 50A shown in FIG. 6, a large rotary transfer mechanism 87 larger than the rotary transfer mechanisms 71, 72, and 76 is provided in the air rinse chamber 54. The large rotary transfer mechanism 87 rotates (rotates) along an axis parallel to the horizontal direction, whereby the cap 33 is directly conveyed from the second rotary transfer mechanism 72 to the sixth rotary transfer mechanism 76. Like the rotary transport mechanisms 71, 72, and 76, the large rotary transport mechanism 87 has a star wheel provided with a notch for accommodating the cap 33, and a plurality of rails arranged around the star wheel. Is also good. Alternatively, the large rotary transfer mechanism 87 may include a rotary joint.

本実施の形態によれば、キャップ殺菌装置50Aをコンパクトに構成することができる。また、本実施の形態によれば、エアリンスチャンバー54内で、無菌ホットエアをロータリージョイント等の大型回転搬送機構87に追従しながら供給させることができるので、大型のキャップ33であっても確実に温度を上昇させることができる。 According to this embodiment, the cap sterilizer 50A can be compactly configured. Further, according to the present embodiment, aseptic hot air can be supplied in the air rinse chamber 54 while following a large rotary transfer mechanism 87 such as a rotary joint, so that even a large cap 33 can be reliably supplied. The temperature can be raised.

(第3の実施の形態)
次に、図7を参照して本発明の第3の実施の形態について説明する。図7は本発明の第3の実施の形態によるキャップ殺菌装置を示す概略正面図である。図7に示す第3の実施の形態は、主にシュート88によりキャップ33を搬送する点が、第1の実施の形態と異なるものである。図7において、第1の実施の形態と同一部分には同一の符号を付して詳細な説明は省略する。
(Third Embodiment)
Next, a third embodiment of the present invention will be described with reference to FIG. 7. FIG. 7 is a schematic front view showing a cap sterilizer according to a third embodiment of the present invention. The third embodiment shown in FIG. 7 is different from the first embodiment in that the cap 33 is mainly conveyed by the chute 88. In FIG. 7, the same parts as those in the first embodiment are designated by the same reference numerals, and detailed description thereof will be omitted.

図7に示すように、キャップ殺菌装置50Bは、上方から下方に向かって、第1導入チャンバー51と、第2導入チャンバー52と、殺菌剤噴霧チャンバー53と、エアリンスチャンバー54と、洗浄チャンバー55とを備えている。各チャンバー51、52、53、54、55は、筒状体89の内部に配置されている。 As shown in FIG. 7, the cap sterilizer 50B has a first introduction chamber 51, a second introduction chamber 52, a sterilizer spray chamber 53, an air rinse chamber 54, and a cleaning chamber 55 from above to below. And have. The chambers 51, 52, 53, 54, 55 are arranged inside the tubular body 89.

チャンバー51、52、53、54、55内には、複数のキャップ33を一列に搬送するシュート88が設けられている。シュート88は、例えば複数本のレールを含んでいても良い。この場合、複数本のレールで囲まれた領域に、キャップ33が脱落しない程度の空間が形成され、この空間にキャップ33が収容されて搬送する。なお図7においてシュート88は略直線状に延びているが、これに限らず、螺旋状に延びていても良い。 In the chambers 51, 52, 53, 54, 55, chutes 88 for transporting a plurality of caps 33 in a row are provided. The chute 88 may include, for example, a plurality of rails. In this case, a space is formed in the area surrounded by the plurality of rails so that the cap 33 does not fall off, and the cap 33 is accommodated and conveyed in this space. In FIG. 7, the chute 88 extends substantially linearly, but the present invention is not limited to this, and the chute 88 may extend spirally.

第1導入チャンバー51と第2導入チャンバー52とは、隔壁61で分離され、第2導入チャンバー52と殺菌剤噴霧チャンバー53とは、隔壁62で分離されている。また、殺菌剤噴霧チャンバー53とエアリンスチャンバー54とは、隔壁64で分離され、エアリンスチャンバー54と洗浄チャンバー55とは、隔壁65で分離されている。さらに、洗浄チャンバー55の下流側(キャップ装着装置16側)には、隔壁91が設けられている。 The first introduction chamber 51 and the second introduction chamber 52 are separated by a partition wall 61, and the second introduction chamber 52 and the disinfectant spray chamber 53 are separated by a partition wall 62. Further, the disinfectant spray chamber 53 and the air rinse chamber 54 are separated by a partition wall 64, and the air rinse chamber 54 and the cleaning chamber 55 are separated by a partition wall 65. Further, a partition wall 91 is provided on the downstream side (cap mounting device 16 side) of the cleaning chamber 55.

第1導入チャンバー51は、キャップ検査機58からのキャップ33が導入されるものである。第1導入チャンバー51からのキャップ33は、第2導入チャンバー52に供給される。第2導入チャンバー52には、第1ホットエア供給機79からの無菌ホットエアが送り込まれている。 The cap 33 from the cap inspection machine 58 is introduced into the first introduction chamber 51. The cap 33 from the first introduction chamber 51 is supplied to the second introduction chamber 52. Aseptic hot air from the first hot air supply machine 79 is sent to the second introduction chamber 52.

殺菌剤噴霧チャンバー53は、第2導入チャンバー52から供給されたキャップ33に対して殺菌剤を噴霧するものである。第2導入チャンバー52内で、キャップ33には、シュート88によって搬送されながら殺菌剤が噴霧される。殺菌剤噴霧チャンバー53内には、噴霧ノズル81A、81Bの周囲を覆う細長いカバー83が設けられている。エアリンスチャンバー54は、殺菌剤噴霧チャンバー53で殺菌剤が噴霧されたキャップ33をエアリンスするものである。キャップ33は、エアリンスチャンバー54内で、シュート88によって搬送され、この間キャップ33の内面及び外面に無菌ホットエアが吹き付けられる。 The disinfectant spray chamber 53 sprays the disinfectant onto the cap 33 supplied from the second introduction chamber 52. In the second introduction chamber 52, the cap 33 is sprayed with the disinfectant while being conveyed by the chute 88. In the disinfectant spray chamber 53, an elongated cover 83 that covers the periphery of the spray nozzles 81A and 81B is provided. The air rinse chamber 54 air rinses the cap 33 sprayed with the disinfectant in the disinfectant spray chamber 53. The cap 33 is conveyed by the chute 88 in the air rinse chamber 54, during which aseptic hot air is blown onto the inner and outer surfaces of the cap 33.

洗浄チャンバー55は、エアリンスチャンバー54でエアリンスされたキャップ33を洗浄するものである。キャップ33は、洗浄チャンバー55内で、まず洗浄ノズル84によって、無菌水が吹き付けられ、次いで、エアブローノズル85によって無菌エアが吹き付けられて無菌水が除去される。なお、洗浄チャンバー55は設けなくてもよい。 The cleaning chamber 55 cleans the cap 33 air-rinsed in the air rinse chamber 54. In the cleaning chamber 55, the cap 33 is first sprayed with sterile water by the cleaning nozzle 84, and then sterile air is sprayed by the air blow nozzle 85 to remove the sterile water. The cleaning chamber 55 may not be provided.

洗浄チャンバー55から搬出されたキャップ33は、シュート88によってキャップ装着装置16に送られる。 The cap 33 carried out from the cleaning chamber 55 is sent to the cap mounting device 16 by the chute 88.

本実施の形態によれば、既存の設備(シュート88等)を用い、これを改造することによってキャップ33の殺菌を行うことができるので、既存の設備を効率良く使用することができる。 According to this embodiment, the cap 33 can be sterilized by using the existing equipment (chute 88 or the like) and modifying the existing equipment, so that the existing equipment can be used efficiently.

(第4の実施の形態)
次に、図8を参照して本発明の第4の実施の形態について説明する。図8は本発明の第4の実施の形態によるキャップ殺菌装置を示す概略正面図である。図8に示す第4の実施の形態は、ソーター57を用いてキャップ33の殺菌を行う点が、第1の実施の形態と異なるものである。図8において、第1の実施の形態と同一部分には同一の符号を付して詳細な説明は省略する。
(Fourth Embodiment)
Next, a fourth embodiment of the present invention will be described with reference to FIG. FIG. 8 is a schematic front view showing a cap sterilizer according to a fourth embodiment of the present invention. The fourth embodiment shown in FIG. 8 is different from the first embodiment in that the cap 33 is sterilized by using the sorter 57. In FIG. 8, the same parts as those in the first embodiment are designated by the same reference numerals, and detailed description thereof will be omitted.

図8に示すように、キャップ殺菌装置50Cは、ソーター57内に設けられている。このようなキャップ殺菌装置50Cは、下方から上方に向かって、第1導入チャンバー51と、第2導入チャンバー52と、殺菌剤噴霧チャンバー53と、エアリンスチャンバー54とを備えている。 As shown in FIG. 8, the cap sterilizer 50C is provided in the sorter 57. Such a cap sterilizer 50C includes a first introduction chamber 51, a second introduction chamber 52, a sterilizer spray chamber 53, and an air rinse chamber 54 from the bottom to the top.

チャンバー51、52、53、54内には、複数のキャップ33を下方から上方に向けて搬送するコンベア92が設けられている。コンベア92は、例えば無端状のものであり、上下に循環しながら、ホッパー56からのキャップ33をソーター57を介してシュート59へと搬送する。シュート59には、洗浄チャンバー55が設けられており、洗浄チャンバー55には排液管67が連結されている。なお、必ずしも洗浄チャンバー55は設けられていなくてもよい。 In the chambers 51, 52, 53, 54, a conveyor 92 for transporting a plurality of caps 33 from below to above is provided. The conveyor 92 is, for example, endless, and conveys the cap 33 from the hopper 56 to the chute 59 via the sorter 57 while circulating up and down. The chute 59 is provided with a cleaning chamber 55, and a drainage pipe 67 is connected to the cleaning chamber 55. The cleaning chamber 55 does not necessarily have to be provided.

第1導入チャンバー51は、ホッパー56からのキャップ33が導入されるものである。第1導入チャンバー51からのキャップ33は、第2導入チャンバー52に供給される。第2導入チャンバー52には、第1ホットエア供給機79からの無菌ホットエアが送り込まれている。 The cap 33 from the hopper 56 is introduced into the first introduction chamber 51. The cap 33 from the first introduction chamber 51 is supplied to the second introduction chamber 52. Aseptic hot air from the first hot air supply machine 79 is sent to the second introduction chamber 52.

殺菌剤噴霧チャンバー53は、第2導入チャンバー52から供給されたキャップ33に対して殺菌剤を噴霧するものである。第2導入チャンバー52内で、コンベア92によって上昇しているキャップ33に対して殺菌剤が噴霧される。殺菌剤噴霧チャンバー53内には、噴霧ノズル81A、81Bの周囲を覆う矩形状のカバー83が設けられている。エアリンスチャンバー54は、殺菌剤噴霧チャンバー53で殺菌剤が噴霧されたキャップ33をエアリンスするものである。キャップ33は、エアリンスチャンバー54内で、コンベア92によって搬送され、この間キャップ33の内面及び外面に無菌ホットエアが吹き付けられる。 The disinfectant spray chamber 53 sprays the disinfectant onto the cap 33 supplied from the second introduction chamber 52. In the second introduction chamber 52, the disinfectant is sprayed on the cap 33 raised by the conveyor 92. Inside the disinfectant spray chamber 53, a rectangular cover 83 that covers the periphery of the spray nozzles 81A and 81B is provided. The air rinse chamber 54 air rinses the cap 33 sprayed with the disinfectant in the disinfectant spray chamber 53. The cap 33 is conveyed by a conveyor 92 in the air rinse chamber 54, during which aseptic hot air is blown onto the inner and outer surfaces of the cap 33.

エアリンスチャンバー54から搬出されたキャップ33は、シュート59によって、洗浄チャンバー55を介してキャップ装着装置16に送られる。 The cap 33 carried out from the air rinse chamber 54 is sent to the cap mounting device 16 via the cleaning chamber 55 by the chute 59.

洗浄チャンバー55は、エアリンスチャンバー54でエアリンスされたキャップ33を洗浄するものである。キャップ33は、洗浄チャンバー55内で、まず洗浄ノズル84によって、無菌水が吹き付けられ、次いで、エアブローノズル85によって無菌エアが吹き付けられて無菌水が除去される。 The cleaning chamber 55 cleans the cap 33 air-rinsed in the air rinse chamber 54. In the cleaning chamber 55, the cap 33 is first sprayed with sterile water by the cleaning nozzle 84, and then sterile air is sprayed by the air blow nozzle 85 to remove the sterile water.

本実施の形態によれば、キャップ殺菌装置50Cをコンパクトに構成することができる。 According to this embodiment, the cap sterilizer 50C can be compactly configured.

なお、上述したキャップ殺菌装置(キャップ搬送・殺菌装置)50A、50B、50Cは、実際にキャップ33を用いた製造を行う前に過酸化水素や過酢酸洗浄剤で殺菌することが好ましい。 The cap sterilizers (cap transfer / sterilizers) 50A, 50B, and 50C described above are preferably sterilized with hydrogen peroxide or a peracetic acid cleaning agent before actually manufacturing with the cap 33.

10 内容物充填システム
30 ボトル
33 キャップ
50 キャップ殺菌装置
51 第1導入チャンバー
52 第2導入チャンバー
53 殺菌剤噴霧チャンバー
54 エアリンスチャンバー
55 洗浄チャンバー
81A、81B 噴霧ノズル
83 カバー
10 Contents filling system 30 Bottle 33 Cap 50 Cap sterilizer 51 1st introduction chamber 52 2nd introduction chamber 53 Disinfectant spray chamber 54 Air rinse chamber 55 Cleaning chamber 81A, 81B Spray nozzle 83 cover

Claims (6)

キャップ殺菌装置であって、
第1導入チャンバーと、
前記第1導入チャンバーの鉛直方向下方に位置するとともに、前記第1導入チャンバーとの間に設けられた第1隔壁によって前記第1導入チャンバーに対して分離された第2導入チャンバーと、
前記第2導入チャンバーとの間に設けられた第2隔壁によって前記第2導入チャンバーに対して分離されるとともに、前記第2導入チャンバーから供給されたキャップに対して殺菌剤を噴霧する殺菌剤噴霧チャンバーとを備え、
前記第1導入チャンバーよりも前工程側に、前記キャップを検査するキャップ検査機が設けられ、
前記第1導入チャンバー及び前記第2導入チャンバー内に、複数の前記キャップを一列に搬送する搬送ガイドが設けられ、
前記第2導入チャンバー内に、前記キャップを回転搬送する回転搬送機構が設けられ、
前記キャップは、自重で前記第1導入チャンバー側から前記第2導入チャンバーに向けて移送され、その後、前記第2導入チャンバー内で前記回転搬送機構によって搬送され、前記殺菌剤噴霧チャンバーに送られることを特徴とするキャップ殺菌装置。
It is a cap sterilizer
The first introduction chamber and
A second introduction chamber located vertically below the first introduction chamber and separated from the first introduction chamber by a first partition wall provided between the first introduction chamber and the first introduction chamber .
A disinfectant spray that is separated from the second introduction chamber by a second partition wall provided between the second introduction chamber and sprays a disinfectant onto a cap supplied from the second introduction chamber. Equipped with a chamber
A cap inspection machine for inspecting the cap is provided on the pre-process side of the first introduction chamber.
A transport guide for transporting a plurality of the caps in a row is provided in the first introduction chamber and the second introduction chamber.
A rotary transport mechanism for rotary transporting the cap is provided in the second introduction chamber.
The cap is transferred from the first introduction chamber side toward the second introduction chamber by its own weight , then is conveyed by the rotary transfer mechanism in the second introduction chamber, and is sent to the disinfectant spray chamber. A cap sterilizer characterized by.
前記キャップ検査機よりも前工程側に、前記キャップを整列するソーターが設けられていることを特徴とする請求項1記載のキャップ殺菌装置。 The cap sterilizer according to claim 1, wherein a sorter for aligning the caps is provided on the pre-process side of the cap inspection machine. 前記ソーターよりも前工程側に、前記キャップが無作為に投入されるホッパーが設けられていることを特徴とする請求項2記載のキャップ殺菌装置。 The cap sterilizer according to claim 2, wherein a hopper into which the cap is randomly inserted is provided on the pre-process side of the sorter. 前記キャップ検査機において検査に合格した前記キャップは、前記第1導入チャンバーに向けて一列になって搬送されることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか一項記載のキャップ殺菌装置。 The cap sterilizer according to any one of claims 1 to 3, wherein the caps that have passed the inspection in the cap inspection machine are transported in a line toward the first introduction chamber. 前記第1導入チャンバー及び前記殺菌剤噴霧チャンバーは、筐体の内部に配置され、前記キャップ検査機は、前記筐体の外部に配置されていることを特徴とする請求項1乃至4のいずれか一項記載のキャップ殺菌装置。 Any of claims 1 to 4, wherein the first introduction chamber and the disinfectant spray chamber are arranged inside the housing, and the cap inspection machine is arranged outside the housing. The cap sterilizer according to the first paragraph. 請求項1乃至5のいずれか一項記載のキャップ殺菌装置を備えたことを特徴とする内容物充填システム。
A content filling system comprising the cap sterilizer according to any one of claims 1 to 5.
JP2018160786A 2018-08-29 2018-08-29 Cap sterilizer and content filling system Active JP6807056B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2018160786A JP6807056B2 (en) 2018-08-29 2018-08-29 Cap sterilizer and content filling system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2018160786A JP6807056B2 (en) 2018-08-29 2018-08-29 Cap sterilizer and content filling system

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016120994A Division JP6394644B2 (en) 2016-06-17 2016-06-17 Cap sterilizer and contents filling system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2018184221A JP2018184221A (en) 2018-11-22
JP6807056B2 true JP6807056B2 (en) 2021-01-06

Family

ID=64356880

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2018160786A Active JP6807056B2 (en) 2018-08-29 2018-08-29 Cap sterilizer and content filling system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6807056B2 (en)

Also Published As

Publication number Publication date
JP2018184221A (en) 2018-11-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20210188611A1 (en) Cap sterilizer, content filling system, cap sterilization method, and content filling method
JP2021167223A (en) Cap sterilization device and content filling system
JP6394644B2 (en) Cap sterilizer and contents filling system
JP6807056B2 (en) Cap sterilizer and content filling system
JP6292254B2 (en) Cap sterilizer and contents filling system
JP6292251B2 (en) Cap sterilization apparatus, content filling system, and cap sterilization method
JP6551803B2 (en) Cap sterilizer, content filling system, cap sterilizing method and content filling method
JP6673383B2 (en) Cap sterilizing device, contents filling system and cap sterilizing method
JP6673384B2 (en) Cap sterilizing device, contents filling system and cap sterilizing method
JP6551556B2 (en) Cap sterilization apparatus, content filling system, and cap sterilization method
JP6886644B2 (en) Cap sterilizer, content filling system, cap sterilization method and content filling method
JP6551557B2 (en) Cap sterilization apparatus, content filling system, and cap sterilization method
JP6886643B2 (en) Cap sterilizer, content filling system, cap sterilization method and content filling method
JP6551809B2 (en) Cap sterilization apparatus, content filling system, and cap sterilization method
JP6788848B2 (en) Cap sterilizer, content filling system, cap sterilization method and content filling method
JP6886642B2 (en) Cap sterilizer, content filling system, cap sterilization method and content filling method
JP6292261B2 (en) Cap sterilization apparatus, content filling system, and cap sterilization method
WO2021112152A1 (en) Cap sterilization device and contents filling system
JP6292263B2 (en) Cap sterilization apparatus, content filling system, and cap sterilization method
JP6292262B2 (en) Cap sterilization apparatus, content filling system, and cap sterilization method
JP6395063B2 (en) Cap sterilization apparatus, content filling system, and cap sterilization method
JP6651696B2 (en) Container sterilization method and device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20180830

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20190716

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20190723

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20190918

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20200303

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20200501

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20201106

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20201119

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6807056

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150