JP6512465B2 - 管路用水力発電装置 - Google Patents

管路用水力発電装置 Download PDF

Info

Publication number
JP6512465B2
JP6512465B2 JP2017541965A JP2017541965A JP6512465B2 JP 6512465 B2 JP6512465 B2 JP 6512465B2 JP 2017541965 A JP2017541965 A JP 2017541965A JP 2017541965 A JP2017541965 A JP 2017541965A JP 6512465 B2 JP6512465 B2 JP 6512465B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
blade
turbine
water
upper drainage
guide
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2017541965A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2018505344A (ja
Inventor
オ,テクグン
Original Assignee
オ,テクグン
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to KR10-2015-0023366 priority Critical
Priority to KR1020150023366A priority patent/KR101533055B1/ko
Application filed by オ,テクグン filed Critical オ,テクグン
Priority to PCT/KR2016/000972 priority patent/WO2016133294A1/ko
Publication of JP2018505344A publication Critical patent/JP2018505344A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6512465B2 publication Critical patent/JP6512465B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F03MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS; WIND, SPRING, OR WEIGHT MOTORS; PRODUCING MECHANICAL POWER OR A REACTIVE PROPULSIVE THRUST, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F03BMACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS
    • F03B17/00Other machines or engines
    • F03B17/06Other machines or engines using liquid flow with predominantly kinetic energy conversion, e.g. of swinging-flap type, "run-of-river", "ultra-low head"
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F03MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS; WIND, SPRING, OR WEIGHT MOTORS; PRODUCING MECHANICAL POWER OR A REACTIVE PROPULSIVE THRUST, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F03BMACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS
    • F03B3/00Machines or engines of reaction type; Parts or details peculiar thereto
    • F03B3/12Blades; Blade-carrying rotors
    • F03B3/121Blades, their form or construction
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F03MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS; WIND, SPRING, OR WEIGHT MOTORS; PRODUCING MECHANICAL POWER OR A REACTIVE PROPULSIVE THRUST, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F03BMACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS
    • F03B17/00Other machines or engines
    • F03B17/06Other machines or engines using liquid flow with predominantly kinetic energy conversion, e.g. of swinging-flap type, "run-of-river", "ultra-low head"
    • F03B17/062Other machines or engines using liquid flow with predominantly kinetic energy conversion, e.g. of swinging-flap type, "run-of-river", "ultra-low head" with rotation axis substantially at right angle to flow direction
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F03MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS; WIND, SPRING, OR WEIGHT MOTORS; PRODUCING MECHANICAL POWER OR A REACTIVE PROPULSIVE THRUST, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F03BMACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS
    • F03B17/00Other machines or engines
    • F03B17/06Other machines or engines using liquid flow with predominantly kinetic energy conversion, e.g. of swinging-flap type, "run-of-river", "ultra-low head"
    • F03B17/062Other machines or engines using liquid flow with predominantly kinetic energy conversion, e.g. of swinging-flap type, "run-of-river", "ultra-low head" with rotation axis substantially at right angle to flow direction
    • F03B17/065Other machines or engines using liquid flow with predominantly kinetic energy conversion, e.g. of swinging-flap type, "run-of-river", "ultra-low head" with rotation axis substantially at right angle to flow direction the flow engaging parts having a cyclic movement relative to the rotor during its rotation
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F03MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS; WIND, SPRING, OR WEIGHT MOTORS; PRODUCING MECHANICAL POWER OR A REACTIVE PROPULSIVE THRUST, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F03BMACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS
    • F03B7/00Water wheels
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F03MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS; WIND, SPRING, OR WEIGHT MOTORS; PRODUCING MECHANICAL POWER OR A REACTIVE PROPULSIVE THRUST, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F03BMACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS
    • F03B7/00Water wheels
    • F03B7/003Water wheels with buckets receiving the liquid
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F05INDEXING SCHEMES RELATING TO ENGINES OR PUMPS IN VARIOUS SUBCLASSES OF CLASSES F01-F04
    • F05BINDEXING SCHEME RELATING TO WIND, SPRING, WEIGHT, INERTIA OR LIKE MOTORS, TO MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS COVERED BY SUBCLASSES F03B, F03D AND F03G
    • F05B2220/00Application
    • F05B2220/20Application within closed fluid conduits, e.g. pipes
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F05INDEXING SCHEMES RELATING TO ENGINES OR PUMPS IN VARIOUS SUBCLASSES OF CLASSES F01-F04
    • F05BINDEXING SCHEME RELATING TO WIND, SPRING, WEIGHT, INERTIA OR LIKE MOTORS, TO MACHINES OR ENGINES FOR LIQUIDS COVERED BY SUBCLASSES F03B, F03D AND F03G
    • F05B2220/00Application
    • F05B2220/30Application in turbines
    • F05B2220/32Application in turbines in water turbines
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E10/00Energy generation through renewable energy sources
    • Y02E10/20Hydro energy
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E10/00Energy generation through renewable energy sources
    • Y02E10/30Energy from the sea, e.g. using wave energy or salinity gradient

Description

本発明は、管路用水力発電装置に係り、さらに詳しくは、管路の一部に設置し、供給される水の流速を内部に誘導して回転するタービンで電力を生産し、流入する流速によって、環境にやさしいエネルギーを活用するうえ、管路の大きさに応じて大きさを小型化および多様化することにより低い流速でも電力を生産することができるようにし、タービンのブレード数および半径を調節して同じ流速で角速度を高めることにより高効率の発電が行われるようにする、管路用水力発電装置に関する。
一般に、電力の生産方法には、火力発電、原子力発電、水力発電、太陽光発電、風力発電、潮力発電などがある。火力発電および原子力発電は、熱により発生した蒸気で発電機内のタービン(turbine)を回転させて電気を発生させるものであり、水力発電は、ダムに貯水された水の落差によってタービンを回転させて電気を発生させるものである。
しかし、火力発電は、石炭または石油などの化石燃料をエネルギー源(energy source)として用いるもので、発電所の建設費は比較的安いものの、化石燃料などの埋蔵量に限界があって漸次枯渇しつつあるうえ、環境を汚染させるという問題点がある。
また、原子力発電は、ウランなどの放射性物質を核分裂させるときに発生する膨大な量の熱をエネルギー源として使用するもので、発電容量は大きいものの、放射能による環境汚染が深刻であるという問題点がある。
したがって、古くから環境汚染を防止しながらも発電することが可能な水力発電およびその利用についての実質的な装置の開発のための研究および努力が行われてきた。
ところが、従来の水力発電装置は、高落差の地形を利用するので、地理的環境を利用するか、或いは高いダムの落差を得るために莫大な土木構造を必要とした。
このような高落差の構造障壁により、発電所の上流と下流は互いに生態的に連結が遮断される現象を回避することができず、従来の水力発電は、概ね傾斜のある山間地域に位置して、受給者が集まっている都心とは遠い距離なので、電気の輸送施設費用が多くかかる。
このために低落差および緩やかな流速で使用できるようにした技術が開示されている特許文献1は、地面に設置される支持部材同士の間に、低落差および水の流速に応じて回転する回転体を設置して発電を行う方式であって、効率の良い発電が予想されるが、設置場所が地面に限定されているので実用性に乏しいという欠点がある。
一方、低落差および緩やかな流速で使用できる浮遊式水力発電装置は、様々な種類が提示されているが、次の問題により実際の使用には制限的である。
特許文献2は、浮遊する構造物に複数の水車を設置し、水車の半分以下を水に潜水させて発電を行う形態であって、浮遊施設に比べて水車の効率が相対的に低い構造なので非効率的である。
特許文献3は、浮遊体を両側に浮かべ、それらの間に水車を設置する構造の発電方式であって、施設費用を相対的に減らし、効率の良い発電が予想されるが、構造的な安定性や実現性の面で浮遊体の固定および水車との構造的結合技術が詳細に提示されておらず、不安定な要素が多い。
特許文献4は、浮遊するバージ(はしけ)形の構造物に水車を設置して、水面の下の水車が動力を発生して発電する方式の技術であって、浮遊バージの施設は安定しているが、バージの固定および低流量の場所に適さない面がある。
このように、現在までの浮遊形態の構造物に水車を設置する方式の水力発電装置は、浮遊体の施設費用や浮遊体による動力損失など、実用性および効率の面で不十分な点が多いと思われる。
近年では、かかる問題点を解決するために、多くの水力および潮力発電施設が登場している。このような理由から、発電エネルギーの原価を節約するために人工貯水池を設けて落差を利用した水力発電設備がたくさんできている。
特に、緩やかな傾斜地形の河川は、ゆっくりと流れるので、現在、これを利用した発電に多くの困難さがあり、そのような発電施設は、効率に劣るという問題点によりほぼないのが実情である。
これにより、落差があまり大きくない地形の緩やかな流れの水流および幅を利用して、様々な環境変化にも適切に使用することができる低落差を利用した水力発電装置についての研究開発が求められている。
一方、多様な位置や場所に水または流体を移送するために水道管、下水管および雨水管などの様々な管路を利用し、前記管路では様々な流速が発生するが、このような流速を利用して効率の良い発電が行われない欠点と、流速が遅い場合または多様な位置で効率の良い発電が行われない欠点があった。
韓国公開特許第10−2010−0104694号公報 韓国登録実用新案第20−0329785号公報 韓国登録実用新案第20−0415733号公報 韓国登録実用新案第20−0415748号公報
そこで、本発明は、かかる従来の欠点を解消するためになされたもので、その目的は、水の落差が比較的小さい低落差の管路に設置して、管路の流速に変化を与えることなくタービンを回転させるようにすることにより、環境にやさしいエネルギーを活用した水力発電装置を提供することにある。
本発明の他の目的は、水の流速がタービンおよびブレードに加わるとき、角速度を高めて回転エネルギーを極大化させることで高効率の発電が行われるようすることにある。
本発明の別の目的は、流速とタービンおよびブレードの移動方向が一致して高い効率を得て、高効率の発電が行われるようにすることにある。
本発明の別の目的は、タービンのブレード数および半径を調節して同じ流速で角速度を高めることで高効率の発電が行われるようすることにある。
本発明の別の目的は、ブレードの先端と上部排水部との間に一定の間隔による速度水頭を作って複数のブレードに同じ圧力を発生させ、回転軸にブレードの数に相応する回転力を発生させることで高効率の発電が行われるようにすることにある。
上記目的を達成するための本発明は、入水管が連結される入水管連結口を形成し、前記入水管連結口から入水口に連結される入水四角管と;前記入水四角管が連結される入水口の後ろに、上側にはブレードが展開される上部排水部を形成し、前記上部排水部の下側にはブレードが折り畳まれるブレード案内部を形成し、上部排水部から流入する水を排出する出水口を形成した一対の案内ガイドと;前記案内ガイドにタービン軸が貫通して設置され、外周部に一定の間隔で形成されるブレード溝の内側にはブレードの補強部が2面で結合する剛性補強溝を設置し、前記ブレード溝に固定軸が貫通するように設置するが、ブレードが折り畳まれるようにするためにブレード案内部との間隔は狭く、ブレードが流速で展開されるようにするために上部排水部との間隔は広く形成されるように配置し、両側にタービンカバーがタービン固定ネジで固定されて案内ガイドの内側で回転可能に結合し、タービン軸が案内ガイドを貫通してベアリングで回転するようにするタービンと;前記ブレード溝内でタービンのタービンカバーに固定軸で連結し、水の流速で展開されながらタービンを回転させるブレードと;前記出水口に連結され、出水管が結合する出水管連結口を形成した出水四角管と;を含んでなる管路用水力発電装置において、前記タービンは、両側に結合するタービンカバー同士の間にパッキンを設置し、一定の間隔でブレード溝を形成してブレードが結合するように設置し、前記ブレードは、固定軸が貫通し、両側で遊動ブッシングによって回転可能に連結され、外側先端がブレード溝から突出し、剛性補強溝と2面で結合する補強部を有することを特徴とする。
本発明は、水の落差が比較的小さい低落差の管理に適用して管路の流速に変化を与えることなく、タービンを回転させるようにすることにより、環境にやさしいエネルギーを活用した水力発電が可能な効果を提供する。
本発明は、管路の様々な大きさと流速に影響されることなく、管路の大きさおよび流速に応じて発電可能な様々な大きさで設置し、管路に一定の間隔をおいて多様な個数または大きさで設置して効率の良い発電が行われるようにする効果を提供する。
本発明は、発電に必要な水の量および流速が供給される管路に連結され、回転するタービンでブレードが流速によって展開されたり折り畳まれたりして、流速によってブレードに作用する荷重を十分に維持する剛性補強効果、および効率の良い発電が行われるようにする効果を提供する。
本発明は、管路における水の流速とタービンおよびブレードの移動方向が一致して高い効率を得、高効率の発電が行われるようにする効果を提供する。
本発明は、タービンのブレード数および半径を調節して同じ流速で角速度を高めることで高効率の発電が行われるようにする効果を提供する。
本発明は、ブレードの先端と上部排水部との間に一定の間隔で空隙による速度水頭を作って複数のブレードに同じ圧力を発生させ、回転するタービンの回転軸にブレード数に相応する回転力を発生させることで高効率の発電が行われるようにする効果を提供する。
本発明の好適な実施例を示す設置状態の斜視図である。 本発明の設置状態における内部を示す斜視図である。 本発明の設置状態を示す正面図である。 本発明の設置状態を示す平面図である。 本発明の設置状態を示す側面図である。 本発明の設置状態を示す正面断面図である。 本発明の設置状態を示す平面断面図である。 本発明の設置状態を示す側面断面図である。 本発明の設置状態を示す案内ガイドの正面断面図である。 本発明の主要部分に対する設置状態の拡大図である。 本発明のブレードがないタービンの正面図である。 本発明のブレードが折り畳まれた状態の要部拡大正面図である。 本発明のブレードが展開された状態の要部拡大正面図である。 本発明のタービンとブレードに対する結合状態の側面断面図である。
以下に添付図面を参照しながら、本発明の好適な実施例を詳細に説明する。
図1は本発明の好適な実施例を示す設置状態の斜視図、図2は本発明の設置状態における内部を示す斜視図、図3は本発明の設置状態を示す正面図、図4は本発明の設置状態を示す平面図、図5は本発明の設置状態を示す側面図、図6は本発明の設置状態を示す正面断面図、図7は本発明の設置状態を示す平面断面図、図8は本発明の設置状態を示す側面断面図、図9は本発明の設置状態を示す案内ガイドの正面断面図である。
水を含む液体類を供給する入水管40が連結される入水管連結口41が前方に断面円形の形状に形成され、前記入水管連結口41の一側に断面四角形の形状に形成されて水を供給する入水四角管42が入水口31の前方に連結されるようにする。
前記入水四角管42が連結される入水口31を形成する一対の案内ガイド30、30aを形成し、前記案内ガイド30、30aはガイド固定ボルト35で結合する。
前記案内ガイド30、30aの後方に形成する出水口34の先端には断面四角形の形状に形成された出水四角管51が連結され、前記出水四角管51には出水管連結口52が形成されることにより、出水管50が連結された後に水が排出されるようにする。
前記案内ガイド30、30aは、入水口31と出水口34との間で上側に流入した水がブレード20を回転させた後に排出されるようにする上部排水部32を上側に形成し、前記ブレード20が折り畳まれて回転するようにするブレード案内部33を形成する。
前記タービン10とタービンカバー16との間にはパッキン25が設置されることにより、水密を保つようにする。
前記ブレード20が一定の間隔で連結されたタービン10は、両側にタービンカバー16がタービン固定ネジ19で一体となるように固定され、タービン10の中央に結合されたタービン軸11は、案内ガイド30、30aを貫通するように設置され、前記タービン軸11は、タービン軸ブッシング17とベアリング18によって案内ガイド30、30aで回転可能に設置される。
前記タービン軸11は、案内ガイド30、30aの外側において軸カバー16で覆われている。
前記上部排水部32の下側には、外周部に一定の間隔で設置されて回転しながら水によって自然に展開されたり折り畳まれたりするブレード20を複数個有するタービン10がタービン軸11によって回転するように設置する。
前記案内ガイド30、30aの内部でタービン10に水を供給する入水口31は、内側から上側方向へ水の供給方向が制御されるように形成して上部排水部32とタービン10の外周部との間に水が供給されるようにする。下側に前記ブレード案内部33を設置して、タービン10の回転時にブレード20が折り畳まれるようにし、前記ブレード案内部33の右側先端には出水口34を形成して、水平状態または出口側へ行くほど広くなって流量が直進性をもって容易に放出されるようにする。
図10は本発明の主要部分に対する設置状態の拡大図、図11は本発明のブレードがないタービンの正面図、図12は本発明のブレードが折り畳まれた状態の要部拡大正面図、図13は本発明のブレードが展開された状態の要部拡大正面図、図14は本発明のタービ ンとブレードに対する結合状態の側面断面図である。
タービン10は、円形からなり、一定の間隔でブレード20が引っかかることなく一定の角度で折り畳まれるようにするブレード溝12を形成し、前記ブレード溝12の一側には、コーナー部分がラウンドになっている「L」状の剛性補強溝13を形成する。
前記タービン10に形成した剛性補強溝13には、固定軸21が貫通した後、遊動ブッシング22でブレード20が回転可能に結合するが、前記タービン10の両側に設置したタービンカバー16に固定軸21が結合して固定ベアリング15またはブッシングで連結され、前記固定軸21の外周部には遊動ブッシング22が結合してブレード20が回転するようにする。前記剛性補強溝13は、ブレード20が立ち上がる場合に補強部23と後方および下側で一致する結合状態を提供するように形成する。
前記タービン10は、ブレード20が折り畳まれて回転移動するようにするためにブレード案内部33との間隔は狭く、流入する水によってブレード20が展開されて回転が行われるようにするために上部排水部32との間隔は広く形成されるように設置する。
前記ブレード20は、補強部23から垂直に突出してから先端では上方に流線型となるように延び、前記補強部23ではラウンド状に延びた後、ブレード溝12と一致するように垂直に突出し、前記ブレード溝12の先端では下側に傾くように形成されることにより、
状をなし、外側先端は折り畳まれた状態でブレード溝12の外側に一部が突出し、流速によって回転して展開されるか或いはブレード案内部33にひっかかって折り畳まれるように設置する。
前記ブレード20の幅、高さおよび大きさは、管路および設置位置の流速と発電量に応じて多様に調節することができる。
前記ブレード20の展開される位置から水の放出される出水口34の前方にわたる上部排水部32が同じ間隔を維持し、ブレード20の先端と上部排水部32との間に一定の間隔を置く空隙を介して速度水頭を作って複数のブレード20に同じ圧力を発生させるようにする。
このような構成からなる管路用水力発電装置は、様々な液体類を供給する管路に設置するもので、入水管40の先端を連結する入水管連結口41の断面円形の形状が断面四角形の形状に変わる入水四角管42から入水口71へ水が供給されるようにし、供給される水は、四角形の入水口71の形態を介して内側から上側方向へ移動しながら、タービン10と上部排水部32との間の空間を所定の流速で移動してタービン10の外側へ供給される。
本発明の管路用水力発電装置を設置すると、管路での水量、傾斜度および圧力による多様な流速が発生し、流速による発電の効率が現れる場合には連続して設置することが可能なので、低落差を利用した様々な管路で環境にやさしいエネルギーを活用した水力発電が可能である。
本発明は、管路に連結した状態で入水口31の形態に沿って水をタービン10の前方と上部排水口32の下側へ誘導および案内する。
前記入水口31を通過した水がタービン10の前方上側に供給されると、流速に応じて、タービン10の外周部に先端が露出するように設置したブレード20がブレード溝12に折り畳まれた状態から立ち上がる。
ブレード20は、固定軸21を介してブレード溝12の内部に設置された状態で遊動ブッシング22を介して回転可能に設置されているので、流速に応じて回転し、上部排水部32の内部で立ち上がった状態を提供し、入水管40の流速と一緒にブレード20を移動させる動力源が発生し、タービン10を連続して回転させる回転動力源を提供する。
前記ブレード20がブレード溝12から立ち上がると、補強部23と剛性補強溝13が、「L」状にコーナー部分がラウンドとなるように一致した状態を提供するので、補強部23は、剛性補強溝13の後方と底部などの2方向で一致した状態を提供することにより、ブレード20に流速により提供される荷重が作用する場合でも安定して回転力を提供することが可能な剛性補強効果を提供する。
すなわち、ブレード20の幅と高さは多様に適用することが可能であり、ブレードはタービン10の外周部において固定軸21に設置した状態で遊動ブッシング22を介して回転可能に設置し、ブレード20の幅を広くする場合には補強部23の広い幅と剛性補強溝13の広い幅で均一に分布する荷重が作用するので、ブレード20とタービン10に無理を与えることなく発電することができる。
前記ブレード20とタービン10は、材質による効率が様々に現れる現象が発生するが、比較的軽くて強い金属材質を使用することが好ましい。
前記ブレード20は、上部排水部32の弧状形態を通り過ぎながら流速で展開されてタービン10の回転動力源を提供し、上部排水部32を通り過ぎるとブレード案内部33に到達しながら、ブレード20の回転方向で一部分が引っかかって自然に折り畳まれてブレード溝12に折り畳まれた状態でブレード案内部33を通過し、動力が消耗しないようにタービン10と一緒に回転する。
特に、水の流速とブレード20の移動方向が一致してタービン10を回転させるので、高い効率を得て高効率の発電が行われるようにし、タービン10に設置するブレード10の数および半径を調節して同じ流速で角速度を高めることで高効率の発電が行われるようにし、ブレード10の先端と上部排水部32との間に一定の間隔による速度水頭を作り、上部排水部32の内部で展開された状態で水圧を受けるブレード20に同じ圧力を発生させ、前記ブレード20の3〜8個が上部排水部32で展開された状態で回転しながら、タービン軸11に展開されたブレード20の数に相応する回転力を発生させて高効率の発電が行われるようにする。
前記速度水頭についてさらに詳細に説明すると、前記上部排水部32は、タービン10の外周部から一定の間隔を有し、ブレード20が展開された状態で移動しながら上部排水部32とブレード20の先端との間に一定の間隔を維持するので、速度水頭を作ってタービン10に回転力を与え、上部排水部32の内部空間で各ブレード20に同じ流量と圧力を提供するので、一つのブレード20に加わる流量と流速によって、上部排水部32の内部に5つのブレード20が展開された状態で回転する場合には従来に比べて5倍の強い回転力を提供して高効率の発電を提供する。
前記上部排水部32を通過した水は、上部排水部32とブレード案内部33との間である出水口34を通過した後に抜け出し、前記出水口34を比較的長く形成してブレード20を通過した水の流れ方向が屈曲した後にも一直線に流れるようにし、出水口34を抜け出した水が外部へ容易に抜け出すようにする。
前記出水口34を介して排出される水は、出水四角管51の四角形を通過した後、先端の出水管連結口52から出水管50へ排出される。
前記タービン10は、両側のタービンカバー16との間にパッキン25を設置し、内部に流入した水が、純粋にタービン10を回転させる動力源として活用された後、さらに排出され、他の部品に影響を与えないようにし、タービン軸11は、タービン軸ブッシング17とベアリング18によって案内ガイド30、30aに設置した状態で、安定した回転で発電が行われるようにする。
前記案内ガイド30、30aの下方に両側に設置する受け台60は、必要な位置に安定的に設置された状態を提供する。
以上、本発明の好適な実施例によって提案された詳細は、記載された内容に限定されるものではなく、当該技術分野における通常の知識を有する者が多様に変形実施し得るのは当たり前のことであり、それらの変形実施もすべて特許法が定める類似技術の範囲を外れるものではないだろう。
本発明は、流速が発生する管路の部分に設置するブレードとタービンを介して、環境にやさしいエネルギーを活用した電力を効率よく生産することができるようにする非常に有用な発明を提供する。

Claims (8)

  1. 入水管(40)が連結される入水管連結口(41)を形成し、前記入水管連結口(41)から入水口(31)に連結される入水四角管(42)と、
    前記入水四角管(42)が連結される入水口(31)の後ろに、上側にはブレード(20)が展開される上部排水部(32)を形成し、前記上部排水部(32)の下側にはブレード(20)が折り畳まれるブレード案内部(33)を形成し、上部排水部(32)から流入する水を排出する出水口(34)を形成した一対の案内ガイド(30、30a)と、
    前記案内ガイド(30、30a)にタービン軸(11)が貫通して設置され、外周部に一定の間隔で形成されるブレード溝(12)の内側にはブレード(20)の補強部(23)が2面で結合する剛性補強溝(13)を設置し、前記ブレード溝(12)に固定軸(21)が貫通するように設置するが、ブレード(20)が折り畳まれるようにするためにブレード案内部(33)との間隔は狭く、ブレードが流速で展開されるようにするために上部排水部との間隔は広く形成されるように配置し、両側にタービンカバー(16)がタービン固定ネジ(19)で固定されて案内ガイド(30、30a)の内側で回転可能に結合し、タービン軸(11)が案内ガイド(30、30a)を貫通してベアリング(18)で回転するようにするタービン(10)と、
    前記ブレード溝(12)内でタービン(10)のタービンカバー(16)に固定軸(21)で連結し、水の流速で展開されながらタービン(10)を回転させるブレード(20)と、および、
    前記出水口(34)に連結され、出水管(50)が結合する出水管連結口(52)を形成した出水四角管(51)と、を含んでなる管路用水力発電装置において、
    前記タービン(10)は、両側に結合するタービンカバー(16)同士の間にパッキン(25)を設置し、一定の間隔でブレード溝(12)を形成してブレード(20)が結合するように設置し、
    前記ブレード(20)は、固定軸(21)が貫通し、両側で遊動ブッシング(22)によって回転可能に連結され、外側先端がブレード溝(12)から突出し、剛性補強溝(13)と2面で結合する補強部(23)を有し、
    前記上部排水部(32)および前記ブレード案内部(33)は円弧状を有しており、
    前記入水口(31)は、水平な状態から上方に湾曲して前記上部排水部(32)と接続され、
    前記出水口(34)は、前記上部排水部(32)および前記ブレード案内部(33)との接続部分が、上下に湾曲して広がって前記上部排水部(32)および前記ブレード案内部(33)と接続されており、出口側に向かって水平または広がって延伸していることを特徴とする、管路用水力発電装置。

  2. 前記ブレード(20)は、ブレード溝(12)に位置し、貫通する固定軸(21)に遊動ブッシング(22)で結合し、前記固定軸(21)の両側先端がタービンカバー(16)と固定ベアリング(15)で回転可能に結合することを特徴とする、請求項1に記載の管路用水力発電装置。
  3. 前記案内ガイド(30、30a)は、入水四角管(42)が連結される入水口(31)が上側に形成されて上部排水部(32)と連結された後に水を供給するように設置し、タービン(10)が設置される上部排水部(32)とブレード案内部(33)を形成し、後方に出水口(34)を形成することを特徴とする、請求項1に記載の管路用水力発電装置。
  4. 前記入水四角管(42)は、入水口(31)に連結され、入水管(40)が連結される円形の入水管連結口(41)が形成され、前記入水管連結口(41)の一側に四角形の内周部を有するように形成して案内ガイド(30、30a)に設置することを特徴とする、請求項1に記載の管路用水力発電装置。
  5. 前記出水四角管(51)は、出水口(34)に連結され、出水管(50)が連結される円形の出水管連結口(52)が形成され、前記出水管連結口(52)の一側に四角形の内周部を有するように形成して案内ガイド(30、30a)に設置することを特徴とする、請求項1に記載の管路用水力発電装置。
  6. 前記上部排水部(32)は、タービン(10)の外周部から一定の間隔を有し、ブレード(20)が展開された状態で移動し、上部排水部(32)とブレード(20)の先端との間に一定間隔で速度水頭を作ってタービン(10)に回転力を与え、上部排水部(32)の内部空間で各ブレード(20)に同じ流量と圧力を発生させるように設置することを特徴とする、請求項1に記載の管路用水力発電装置。
  7. 前記案内ガイド(30、30a)は、下方に両側に設置した受け台(60)に結合して固定状態を維持するように形成することを特徴とする、請求項1に記載の管路用水力発電装置。
  8. 前記ブレード(20)は、タービン(10)のブレード溝(12)に結合し、上部排水部(32)の水の流速で3〜8個が展開された状態で展開され、先端と上部排水部(32)とが一定の間隔を維持して回転するように設置することを特徴とする、請求項1に記載の管路用水力発電装置。
JP2017541965A 2015-02-16 2016-01-29 管路用水力発電装置 Active JP6512465B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
KR10-2015-0023366 2015-02-16
KR1020150023366A KR101533055B1 (ko) 2015-02-16 2015-02-16 관로용 수력 발전장치
PCT/KR2016/000972 WO2016133294A1 (ko) 2015-02-16 2016-01-29 관로용 수력 발전장치

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2018505344A JP2018505344A (ja) 2018-02-22
JP6512465B2 true JP6512465B2 (ja) 2019-05-15

Family

ID=53788115

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017541965A Active JP6512465B2 (ja) 2015-02-16 2016-01-29 管路用水力発電装置

Country Status (6)

Country Link
US (1) US10221828B2 (ja)
EP (1) EP3260696B1 (ja)
JP (1) JP6512465B2 (ja)
KR (1) KR101533055B1 (ja)
CN (1) CN107257887B (ja)
WO (1) WO2016133294A1 (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2018217174A1 (en) 2017-05-22 2018-11-29 Hakan Erten Reverse flow water turbine
US10774806B1 (en) * 2019-04-01 2020-09-15 Shun Tsung Lu Hydropower system
KR102080666B1 (ko) * 2019-04-12 2020-02-24 박행제 수력발전장치용 임펠라 어셈블리
KR102046618B1 (ko) * 2019-05-31 2019-11-19 조성현 하수 유속을 이용하는 밀폐형 발전장치
CN112709663B (zh) * 2021-01-26 2022-07-22 焦未来 一种利用水的压力转换机械能发电方法及其发电设备

Family Cites Families (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB2190144A (en) * 1986-05-03 1987-11-11 George Henry Worrall Vaned water wheel
US4782258A (en) * 1987-10-28 1988-11-01 Westinghouse Electric Corp. Hybrid electro-pneumatic robot joint actuator
DE3911125A1 (de) 1989-04-06 1990-10-11 Eggs Elektrotechnik Turbine
CA2238592C (en) * 1998-05-26 2005-07-05 Robert Komarechka Footwear with hydroelectric generator assembly
KR20020017031A (ko) 2000-08-28 2002-03-07 김진수 수력을 이용한 발전기
DE10152712B4 (de) * 2001-10-19 2015-10-15 Aloys Wobben Generator für ein Wasserkraftwerk
JP2003307173A (ja) * 2002-04-15 2003-10-31 Masaru Ijuin 浮力式発電装置
KR200329785Y1 (ko) 2003-07-04 2003-10-17 손기택 부유식 수력발전 장치
CA2567891C (en) * 2004-05-25 2012-07-31 The Salmon River Project Limited Low head water turbine
KR200415733Y1 (ko) 2005-10-25 2006-05-08 김홍일 부유식 유수 발전장치
KR200415748Y1 (ko) 2005-12-28 2006-05-08 임선우 부유식 수력발전 장치
KR100792179B1 (ko) 2006-04-07 2008-01-31 최진영 조류를 이용한 수차
KR100780316B1 (ko) * 2007-06-01 2007-11-28 조은경 급수관에 설치하도록 된 수력 발전장치
KR20100104694A (ko) 2009-03-18 2010-09-29 이은관 수평식 수력발전시스템
US20100301609A1 (en) * 2009-05-30 2010-12-02 Chong Hun Kim River-Flow Electricity Generation
KR101127565B1 (ko) * 2011-01-28 2012-03-23 (주)레네테크 조류 발전 장치
CN103161645B (zh) 2013-03-29 2016-05-04 三峡大学 一种切流通道式水轮机
KR101418011B1 (ko) * 2013-04-09 2014-07-09 청정테크주식회사 이동이 가능한 부유식 수력 발전장치
CN105089916A (zh) 2015-05-05 2015-11-25 浙江海洋学院 一种海洋波浪能发电装置

Also Published As

Publication number Publication date
CN107257887A (zh) 2017-10-17
EP3260696A1 (en) 2017-12-27
JP2018505344A (ja) 2018-02-22
EP3260696A4 (en) 2018-08-29
KR101533055B1 (ko) 2015-07-02
CN107257887B (zh) 2019-06-04
EP3260696B1 (en) 2019-08-21
WO2016133294A1 (ko) 2016-08-25
US10221828B2 (en) 2019-03-05
US20180023533A1 (en) 2018-01-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6512465B2 (ja) 管路用水力発電装置
JP6508361B2 (ja) 河川用水力発電装置
CN107642448A (zh) 低水头大流量川渠水轮机
Gatte et al. Hydro power
CN104329205A (zh) 水流发电装置
KR20130001546U (ko) 물의 흐름을 이용한 수력발전장치
KR101567263B1 (ko) 소수력 발전장치
KR101676695B1 (ko) 유도수로를 이용한 다중 수력발전시스템
KR20120036450A (ko) 물의 흐름을 이용한 수력발전장치
JP2015140802A (ja) 水力発電装置
Purece et al. Archimedean screw as fish-friendly turbines for harnessing hydropower potential
JP6274694B2 (ja) 水流揚力回転発電装置
Pal et al. Hydropower technology
KR101171014B1 (ko) 소수력 발전 기능을 갖는 사방댐
Hasmatuchi et al. Hydraulic performance of a new isokinetic turbine for rivers and artificial channels
KR101642444B1 (ko) 소수력 발전장치
KR20140061270A (ko) 수로를 이용한 소수력 발전장치
KR101545994B1 (ko) 연속가압용 다축 수력 발전장치
KR20070093225A (ko) 수력발전 방법 및 장치
KR20130114557A (ko) 수로를 이용한 소수력 발전장치
KR102135401B1 (ko) 사이펀 현상을 이용한 소수력 발전장치
WO2018067076A1 (en) Water diversion with multiple pipes and rotationally symmetric hydro turbine with multiple inlets
Devi HYDRO-POWER-A CLEAN AND RENEWABLE ENERGY SOURCE
KR20100095687A (ko) 수평식 수력발전시스템
KR20160123267A (ko) 날개와 원통이 일체화된 발전 터빈 및 이를 이용한 발전방법

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20170821

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20180709

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20180717

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20181016

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20190305

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20190327

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6512465

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150