JP6145479B2 - The liquid crystal display device - Google Patents

The liquid crystal display device

Info

Publication number
JP6145479B2
JP6145479B2 JP2015141826A JP2015141826A JP6145479B2 JP 6145479 B2 JP6145479 B2 JP 6145479B2 JP 2015141826 A JP2015141826 A JP 2015141826A JP 2015141826 A JP2015141826 A JP 2015141826A JP 6145479 B2 JP6145479 B2 JP 6145479B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2015141826A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2015207022A (en )
Inventor
岩本 宜久
宜久 岩本
Original Assignee
スタンレー電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、液晶表示装置に関し、特に、垂直配向型液晶セルを有する液晶表示装置に関する。 The present invention relates to a liquid crystal display device, and more particularly to a liquid crystal display device having a vertically aligned liquid crystal cell.

液晶セルの液晶層内の液晶分子配向を基板に対して垂直とする「垂直配向型」液晶表示素子は、電圧無印加時における黒レベルが非常に良好で、液晶セルの片方、または両方の上下偏光板間に、適切なパラメータを持つ負の光学異方性を有する光学補償板を導入することにより、非常に良好な視角特性を有する。 And the vertical liquid crystal molecular alignment in the liquid crystal layer of the liquid crystal cell with respect to the substrate "vertical alignment" liquid crystal display device, a very good black level when no voltage is applied, one of the liquid crystal cell, or both the upper and lower, the polarizing plates, by introducing an optical compensating plate having negative optical anisotropy with the appropriate parameters, have very good viewing angle characteristics.

垂直配向型液晶表示素子の1つのタイプとして、モノドメイン垂直配向型液晶表示素子がある。 One type of the vertical alignment type liquid crystal display device, there is a mono-domain vertical alignment liquid crystal display device. モノドメイン垂直配向型素子では、電圧印加の有無に関わらず、液晶層内における配向状態が一様となるように配向制御される。 The mono-domain vertical alignment type element, regardless of the voltage application, alignment of the liquid crystal layer state is oriented controlled so that uniform. 電圧印加時の配向欠陥を防止するため、電圧無印加時においても液晶分子が基板に対して垂直からわずかに傾斜するように、プレティルト角を付与する必要がある。 To prevent alignment defects when a voltage is applied, the liquid crystal molecules even when no voltage is applied to slightly inclined from the perpendicular to the substrate, it is necessary to apply a pre-tilt angle.

このような配向制御の方法としては、上下基板内面に配置されている配向膜に、基板の斜め方位からSiOx膜を蒸着する「金属酸化物斜め蒸着法」や、ポリイミドなどの高分子配向膜を基板上に塗布後ラビング処理する方法などが考えられる。 As a method for such an orientation control, the alignment layer disposed on the upper and lower substrates inside surface, depositing a SiOx film from an oblique direction of the substrate "metal oxide oblique deposition" or a polymer alignment film such as polyimide a method of coating after rubbing on the substrate can be considered. 生産上有利なのはラビング処理であるが、TN型液晶表示素子の製造過程と同様なラビング処理では、ラビング方向に対して筋状の傷が生じることが多く、表示品位を著しく低下させる懸念がある。 Although the terms of production advantageous are rubbed in the same rubbing treatment and the process of manufacturing TN-type liquid crystal display device is often streaky scratches occur relative to the rubbing direction, there is a concern that significantly reduces the display quality.

本願発明者らは、特許文献1において、ラビング時の傷が抑制された配向処理技術を提案している。 The inventors have, in Patent Document 1 proposes the alignment processing techniques scratches is suppressed at the time of rubbing. 同文献の開示する方法により、例えば、プレティルト角が88.5°〜89.5°の、欠陥が抑制されたモノドメイン垂直配向型液晶表示素子が実現可能である。 By the methods disclosed in the literature, for example, the pretilt angle is 88.5 ° ~89.5 °, mono-domain vertical alignment liquid crystal display device defects are suppressed is feasible.

垂直配向型液晶表示素子の他のタイプとして、マルチドメイン垂直配向型液晶表示素子がある。 Other types of vertical alignment type liquid crystal display device, there is a multi-domain vertical alignment liquid crystal display device. マルチドメイン垂直配向型素子では、1画素内で複数の液晶分子配向方位が付与され、電圧印加時における表示素子の視角特性の改善が図られる。 In a multi-domain vertical alignment type element, they are granted a plurality of liquid crystal molecular alignment directions in one pixel, the improvement of the viewing angle characteristics of the display element when a voltage is applied is achieved.

マルチドメイン配向制御の方法としては、例えば、特許文献2や特許文献3に、画素を構成する上下基板内面の電極の一部に矩形状の開口部を設け、この開口部近辺に電圧印加時に生じる斜め電界により、液晶分子の配向方位を制御する「斜め電界配向制御法」が提案されている。 As a method for multi-domain alignment control, for example, in Patent Documents 2 and 3, a rectangular opening is provided in a part of the upper and lower substrates inside surface of the electrodes constituting the pixels occurs when a voltage is applied to the vicinity of the opening the oblique electric field to control the alignment direction of liquid crystal molecules "oblique electric field orientation control method" is proposed.

垂直配向型液晶表示素子の駆動方法の1つとして、マルチプレックス駆動法がある。 One method of driving the vertical alignment type liquid crystal display device, there is a multiplex driving method. 現在の(ダイレクト)マルチプレックス駆動法について、主な具体的方法の概要が、例えば文献「LCDの電気的駆動法」(杉山貴、小林駿介著、雑誌:ディスプレーアンドイメージング、1994、Vol.3、pp117−131、出版:サイエンス・コミュニケーションズ・インターナショナル)に解説されている。 For the current (direct) multiplex driving method, overview of the main specific method is, for example, the literature "electrical driving method of the LCD" (Takashi Sugiyama Shunsuke Kobayashi al., Journal: display and imaging, 1994, Vol.3, pp117-131, Publisher: are described in Science Communications International).

最も一般的な駆動法は、「最適バイアス法」である。 The most common driving method is the "optimal bias method". 液晶ディスプレイ(LCD)においては、素子の電気光学応答が実効値電圧で決まることと、素子の性能劣化を防ぐ交流駆動(電圧平均は0になる)が基本であるため、これを実現する駆動波形として、図9(A)に示すような、1ライン選択中に極性反転を行う「フレーム内反転駆動(または、1ライン反転駆動)」(以下、この駆動波形をA波形と呼ぶ)や、図9(B)にしめすような、フレームごとに極性反転を行う「フレーム反転駆動」(以下、この駆動波形をB波形と呼ぶ)や、図9(C)に示すように、B波形をベースとして、高デューティ駆動時に発生する表示パタンに対するクロストーク(上記解説文献では第2種クロストーク)を低減するためNラインごとに極性反転を行う「Nライン反転駆動」(以下、この駆動波形を In a liquid crystal display (LCD), for a possible electro-optical response of the elements is determined by the effective voltage, AC driving to prevent performance deterioration of the device (voltage average is 0) is the basic drive waveforms to achieve this as, as shown in FIG. 9 (a), the polarity inversion in 1 line selection "frame inversion driving (or, one-line inversion drive)" (hereinafter, referred to as the drive waveform and the waveform a) and FIG. such as that shown in 9 (B), the polarity inversion every frame "frame inversion driving" (hereinafter referred to as the driving waveform B waveform) and, as shown in FIG. 9 (C), the B waveform as a base , high crosstalk with respect to the display pattern duty generated during driving (in the above description references the two crosstalk) the polarity inverted every N lines for reducing the "N-line inversion drive" (hereinafter, the drive waveform 波形と呼ぶ)が挙げられる。 Referred to as a waveform), and the like.

なお、図9(A)〜図9(C)では、1画素の上下電極間に印加される駆動波形を示した。 In FIG. 9 (A) ~ FIG 9 (C), exhibited a driving waveform applied to between the upper and lower electrodes of one pixel. 現在のマルチプレックス駆動LCDでは、駆動時に消費電力が最も低くなるB波形が広く用いられている。 In the current multiplex driving LCD, the power consumption during driving the lowest becomes B waveform are widely used.

また、液晶表示素子の応答速度が速い場合に生じる「フレームレスポンス」現象を低減する方法として、1フレーム内で複数の選択時間が割り当てられるアクティブアドレッシング法や、例えば特許文献4に開示される1フレーム内でN本のラインを同時に選択する「複数ライン同時選択法」(以下、この駆動波形をMLS波形と呼ぶ)が挙げられる。 Further, one frame as a method of reducing the "frame response" phenomenon response speed occurs when fast liquid crystal display device, disclosed or active addressing method in which a plurality of selection time is allocated in one frame, for example, in Patent Document 4 N this line at the same time select "multiple line selection method" (hereinafter, the drive waveform is referred to as MLS waveform) in the inner and the like. これは、特に、1/32デューティ超(デューティ数が32より大)の高速応答STN−LCDの駆動に用いられることが多い。 This is particularly 1/32 duty than (duty number than 32 large) are often used in high speed response STN-LCD driving the.

特開2005−234254号公報 JP 2005-234254 JP 特開平3−259121号公報 JP-3-259121 discloses 特許3834304号公報 Patent 3834304 No. 特許3119737号公報 Patent 3119737 No.

モノドメイン垂直配向型液晶表示素子において、配向欠陥を抑制して良好な表示状態を得るために、プレティルト角は90°未満にする必要がある。 In mono-domain vertical alignment liquid crystal display device, in order to obtain a good display state by suppressing alignment defects, the pretilt angle should be less than 90 °. また、図10(A)に示すように、プレティルト角が89.5°より大きい場合、特に89.7°より大きい場合は、電気光学特性における最大透過率Tmaxが、プレティルト角が90°に向かって大きくなるにつれ低下する傾向が見られる。 Further, as shown in FIG. 10 (A), if the pretilt angle is larger than 89.5 °, in particular 89.7 if ° greater than, the maximum transmittance Tmax of the electro-optical properties, the pretilt angle toward the 90 ° It tends to decrease as the Te increases can be seen.

一方、図10(B)に示すように、マルチプレックス駆動時において、プレティルト角が90°に近づくほど、素子のコントラストCRが高くなる傾向が見られる。 On the other hand, as shown in FIG. 10 (B), at the time of multiplex driving, as the pretilt angle approaches 90 °, it tends to contrast CR of the device increases seen. これは、電気光学特性における閾値付近の急峻性が改善されるためであると考えられる。 This is considered to be because the steepness near the threshold of the electro-optical characteristic is improved. なお、図10(A)及び図10(B)のデータは特許文献1(特開2005−234254号公報)に開示されている。 The data shown in FIG. 10 (A) and FIG. 10 (B) is disclosed in Patent Document 1 (JP 2005-234254).

コントラスト向上の観点からは、プレティルト角は90°に近づけることが好ましいと考えられるものの、実際は明表示時の透過率がプレティルト角を90°に近づけるに従って低下するので、表示品位が低下してしまう。 From the viewpoint of improving contrast, although the pretilt angle is considered preferable that the closer to 90 °, in fact, since bright display time of the transmittance decreases as close pretilt angle 90 °, the display quality deteriorates.

図11に、プレティルト角を89.6°に設定したセグメント表示タイプの垂直配向型液晶表示素子の外観表示状態例を示す。 11 shows an appearance display state example of the vertical alignment type liquid crystal display device of a segment display type set the pretilt angle 89.6 °. なお、上側基板のラビング方位が、紙面下向きであり、下側基板のラビング方位が、紙面上向きである。 Incidentally, the rubbing direction of the upper substrate is a paper downward, rubbing direction of the lower substrate is a paper upward. 駆動波形としてはB波形を印加し、1/8デューティ、1/4バイアス駆動条件で、フレーム周波数80Hzにて動作させた。 As the driving waveform applied to waveform B, 1/8 duty, 1/4 bias driving conditions, it was operated at a frame frequency 80 Hz. セグメントの有効表示領域内に部分的に暗状態になっている領域があり、表示均一性が著しく低下していることがわかった。 There is a region that is a partially dark state within the effective display area of ​​the segment, it was found that the display uniformity has been significantly reduced. 上記の電気光学特性における透過率低下は、このような現象によるものと考えられる。 Transmittance decrease in the electro-optical properties is believed due to such phenomena.

一方、特許文献3(特許3834304号公報)の開示するような、斜め電界配向制御法を用いた垂直配向型液晶表示素子においても、モノドメイン型と同様に、表示均一性が低下し透過率が減少する場合がある。 On the other hand, as disclosed in Patent Document 3 (Japanese Patent No. 3834304), also in vertical alignment type liquid crystal display device using an oblique electric field orientation control method, like the mono-domain type, it decreases the display uniformity transmittance there is a case to decrease.

本発明の一目的は、マルチプレックス駆動されるマルチドメイン垂直配向型液晶表示装置であって、表示均一性の改善が図られた液晶表示装置を提供することである。 One object of the present invention is a multi-domain vertical alignment liquid crystal display device which is multiplex driving is to provide a liquid crystal display device which improves the display uniformity has been achieved.

本発明の一観点によれば、フレーム周波数30Hz以下の、(i)1ライン反転駆動であるA波形、(ii)フレーム反転駆動であるB波形、(iii)Nライン反転駆動であるC波形、(iv)複数ライン同時選択法であるMLS波形であるオン駆動波形を印加したとき、 一つの画素内部の一部に、明表示であるオン表示と異なる状態である、 画素エッジに平行な線状ではなく、面状に発生する、流動する暗領域を生じる、斜め電界配向制御マルチドメイン垂直配向型の液晶セルと、前記液晶セルにマルチプレックス駆動波形を印加し、前記面状の暗領域の発生を防止する駆動装置であって、(i)フレーム周波数が60Hz以上の前記A波形、(ii)フレーム周波数が300Hz以上の前記B波形、(iii)極性反転ライン数Mが1 According to one aspect of the present invention, a frame frequency 30Hz following, (i) 1-line inversion is a driving waveform A, (ii) a frame inversion is a driving waveform B, C waveform is (iii) N-line inversion driving, upon application of a on-drive waveform is MLS waveform is (iv) the multiple line selection method, a part of the inside one pixel is a state different from the oN-display is bright display, parallel linear to pixel edges rather, occurs in a plane, resulting in a dark region to flow, an oblique electric field orientation control multi-domain vertical alignment type liquid crystal cell by applying a multiplex driving waveform to the liquid crystal cell, generation of the planar dark region a driving device for preventing, (i) a frame frequency is the a wave of the above 60 Hz, (ii) the frame frequency is above 300 Hz B waveform, is (iii) polarity inversion line number M 1 上で、分子を1として表したデューティ比の分母の1/2以下であり、フレーム周波数が200Hz以上の前記C波形、(iv)極性反転ライン数Mが1以上で、分子を1として表したデューティ比の分母以下であり、フレーム周波数が300Hz以上の前記C波形、及び、(v)同時選択ライン数Nが2以上4以下であり、フレーム周波数が150Hz以上の前記MLS波形のいずれかの駆動波形を、前記液晶セルに印加する駆動装置とを有する液晶表示装置が提供される。 Above, molecular equal to or less than half of the denominator represents duty ratio as 1, the frame frequency is the above 200 Hz C waveform, at (iv) the polarity reversal line number M is 1 or more, representing a molecule as 1 or less denominator of the duty ratio, the frame frequency is above 300 Hz C waveforms, and, (v) and the simultaneous selection line number N is 2 to 4, the drive frame frequency is one of the MLS waveform above 150Hz waveform, a liquid crystal display apparatus is provided with a driving device to be applied to the liquid crystal cell.

斜め電界配向制御マルチドメイン垂直配向型液晶セルに、例えばA波形を、充分に高いフレーム周波数で印加することにより、暗領域発生を抑制することができるので、表示均一性の改善が図られる。 The oblique electric field orientation control multi-domain vertical alignment liquid crystal cell, for example, waveform A, by applying a sufficiently high frame frequency, it is possible to suppress the dark regions occur, be achieved an improvement in display uniformity.

図1は、モノドメイン垂直配向型液晶表示装置の代表的な構造例を示す概略断面図である。 Figure 1 is a schematic sectional view showing a typical structural example of a mono-domain vertical alignment liquid crystal display device. 図2は、第1の実験の結果を示す顕微鏡写真である。 Figure 2 is a microscopic photograph showing the results of the first experiment. 図3は、第2の実験の結果を示す顕微鏡写真である。 Figure 3 is a microscopic photograph showing the results of a second experiment. 図4は、第3の実験の結果を示す顕微鏡写真である。 Figure 4 is a microscopic photograph showing the results of the third experiment. 図5は、各駆動波形で安定表示が行える条件を1つにまとめたグラフである。 Figure 5 is a graph summarizing into one stable display can be performed conditions each drive waveform. 図6は、斜め電界配向制御によるマルチドメイン垂直配向型液晶表示装置の代表的な構造例を示す概略断面図である。 Figure 6 is a schematic sectional view showing a typical structural example of a multi-domain vertical alignment liquid crystal display device according to an oblique electric field orientation control. 図7は、表示素子表面法線方位から観察した、上下電極の開口の配置例を示す平面図である。 7 was observed from the display element surface normal direction is a plan view showing an arrangement example of an opening of the upper and lower electrodes. 図8は、第4の実験の結果を示す顕微鏡写真である。 Figure 8 is a microscopic photograph showing the results of the fourth experiment. 図9(A)〜図9(C)は、それぞれ、A波形、B波形、C波形を示すグラフである。 Figure 9 (A) ~ FIG 9 (C) are graphs showing A waveform, B waveform, the waveform C. 図10(A)は、最大透過率Tmaxのプレティルト角に対する関係を示すグラフであり、図10(B)は、コントラストCRのプレティルト角に対する関係を示すグラフである。 Figure 10 (A) is a graph illustrating a relation between the pretilt angle of the maximum transmittance Tmax, FIG. 10 (B) is a graph showing the relationship pretilt angle of the contrast CR. 図11は、セグメント表示タイプの垂直配向型液晶表示素子の、表示均一性が低下した状態の例を示す写真である。 Figure 11 is a vertical alignment type liquid crystal display device of a segment display type, display uniformity is a photograph showing an example of a state in which reduced.

まず、モノドメイン垂直配向型液晶表示装置の表示状態を調べた第1〜第3の実験について説明する。 First, a description will be given first to third experiment examined the display state of the mono-domain vertical alignment liquid crystal display device.

図1は、モノドメイン垂直配向型液晶表示装置の代表的な構造例を示す概略断面図である。 Figure 1 is a schematic sectional view showing a typical structural example of a mono-domain vertical alignment liquid crystal display device. 相互に対向する上側ガラス基板3及び下側ガラス基板13の内面に、それぞれ、基板側から、所望のパタンの形成された透明電極4及び14、絶縁膜5及び15、垂直配向膜6及び16が形成されている。 The inner surface of the upper glass substrate 3 and the lower glass substrate 13 facing each other, respectively, from the substrate side, a desired transparent electrode 4 and 14 are formed of patterns, the insulating film 5 and 15, a vertical alignment film 6 and 16 It is formed. 上下の垂直配向膜6及び16の間に、誘電率異方性Δε<0の液晶材料からなる液晶層7が挟まれている。 Between the upper and lower vertical alignment films 6 and 16, the liquid crystal layer 7 made of a liquid crystal material of the dielectric anisotropy [Delta] [epsilon] <0 is sandwiched. なお、必要に応じて、上下の絶縁膜5及び15の一方を省いた構造とすることもでき、両方とも省いた構造とすることもできる。 If necessary, the upper and lower insulating films 5 and can also be one of the omitted structure 15 may be a both omitted structure.

上下の垂直配向膜6及び16に、上側垂直配向膜6のラビング方向8と下側垂直配向膜16のラビング方向18とが反平行(アンチパラレル)となるように、ラビング処理が施されている。 Above and below the vertical alignment film 6 and 16, so that the rubbing direction 18 of rubbing direction 8 of the upper vertical alignment film 6 and the lower vertical alignment film 16 is anti-parallel (anti-parallel), is rubbed . ラビング処理により、配向膜6、16と液晶層7との界面での液晶分子の傾斜角であるプレティルト角θpが制御される。 By rubbing, the pretilt angle θp is controlled is the tilt angle of the liquid crystal molecules at the interface with the alignment layer 6 and 16 and the liquid crystal layer 7. プレティルト角θpは、配向膜表面からの傾きで定められ、プレティルトがない場合、θpは90°となる。 Pretilt angle theta] p is defined by the inclination of the alignment film surface, if there is no pre-tilt, theta] p becomes 90 °. ラビング処理により、88.5°〜89.9°の範囲内の所望のプレティルト角θpを付与して、モノドメイン垂直配向の液晶セルとする。 By rubbing, by applying a desired pretilt angle θp in a range of 88.5 ° ~89.9 °, the liquid crystal cell of mono-domain vertical alignment. なお、上下の配向膜の片側のみラビング処理することによって、モノドメイン配向とすることもできる。 Note that by rubbing only one side of the upper and lower alignment films may be a mono-domain alignment.

垂直配向膜6及び16として、表面自由エネルギが35N/m〜39N/mを示す高分子材料を用いることが好ましい。 As a vertical alignment film 6 and 16, the surface free energy is preferably used a polymer material exhibiting a 35N / m~39N / m. 垂直配向膜としてこのような材料を用いることにより、配向膜表面のラビング傷が抑制される。 By using such a material as a vertical alignment film, rubbing scratches of the alignment film surface is suppressed. なお、このようなラビング処理の方法は、特許文献1(特開2005−234254号公報)の「発明を実施するための最良の形態」の欄に開示されている。 Incidentally, such a method of rubbing treatment is disclosed in the column of "Best Mode for Carrying Out the Invention" of Patent Document 1 (JP 2005-234254).

上下のガラス基板3及び13の外側に、それぞれ、視角補償板2及び12を介して、偏光板1及び11が貼り合わされている。 Outside the upper and lower glass substrates 3 and 13, respectively, through a viewing angle compensation plate 2 and 12, the polarizer 1 and 11 are adhered. 偏光板1及び11は、吸収軸が、それぞれ、表示面内でラビング方向に対して略45°をなすように、クロスニコル配置されている。 Polarizer 1 and 11, the absorption axis, respectively, so as to form a substantially 45 ° to the rubbing direction in the display surface, are arranged in a cross nicol state. なお、必要に応じて、上下の視角補償板2及び12のうち、一方を省いた構造とすることもできる。 If necessary, one of the upper and lower viewing angle compensation plate 2 and 12, it is also possible to omit one structure.

ガラス基板3及び13、透明電極4及び14、垂直配向膜6及び16、液晶層7、そして、必要に応じて絶縁膜5及び15を含んで、液晶セル21が構成される。 Glass substrate 3 and 13, the transparent electrode 4 and 14, a vertical alignment film 6 and 16, the liquid crystal layer 7, and, includes an insulating film 5 and 15 if necessary, the liquid crystal cell 21 is constructed. 駆動装置31が、液晶セル21の透明電極4及び14に駆動波形を印加して、表示状態を制御する。 Drive device 31, by applying a driving waveform to the transparent electrode 4 and 14 of the liquid crystal cell 21, and controls the display state.

次に、第1〜第3の実験に用いた具体的な装置構成について説明する。 Next, a specific apparatus configuration used in the first to third experiments. 表示素子として、セグメント表示タイプのものを用いた。 As a display element used was a segment display type. 透明電極と垂直配向膜との間の絶縁膜を設けない構造とした。 It has a structure without the insulating film between the transparent electrode and the vertical alignment film. 垂直配向膜は、チッソ石油化学製垂直配向膜Aを用い、フレキソ印刷により形成した。 Vertical alignment film is used Chisso Petrochemical Ltd. vertical alignment film A, it was formed by flexographic printing. ラビング処理には、綿製のラビング布を用い、ラビング条件を適宜変化させてラビング強度を調整することにより、プレティルト角θpを88.5°〜89.9°の値とした。 The rubbing treatment, using a rubbing cloth made of cotton, by adjusting the rubbing strength by appropriately changing the rubbing conditions, at a pretilt angle θp to a value of 88.5 ° ~89.9 °. 上下基板のラビング方向は、上下基板の貼り合わせ時に、アンチパラレルとなるようにした。 The rubbing direction of the upper and lower substrates, when bonded to the upper and lower substrates, was made to be anti-parallel.

液晶層厚が4μmとなるように調整して、上下基板を貼り合わせ、空セルを作製した。 Adjust so the liquid crystal layer thickness is 4 [mu] m, bonding the upper and lower substrates, to prepare an empty cell. 液晶材料は、メルク製の誘電率異方性Δε<0で屈折率異方性Δn=0.15の材料を用い、空セルに真空注入した。 Liquid crystal material, a material having a refractive index anisotropy [Delta] n = 0.15 in dielectric constant anisotropy [Delta] [epsilon] <0 made by Merck, was vacuum injected into the empty cell. その後、注入口を封止して、液晶材料の等方相温度以上の温度で約1時間熱処理を行った。 Thereafter, the injection port is sealed and subjected to about 1 hour heat treatment at an isotropic phase temperature above the temperature of the liquid crystal material. 上下偏光板の吸収軸は、液晶層厚さ方向中央の液晶分子配向方位に対して略45°となるように配置した。 Absorption axes of the upper and lower polarizing plates were arranged substantially 45 ° to the liquid crystal molecular alignment direction of the liquid crystal layer thickness direction center.

第1〜第3の実験では、それぞれ、表示状態のフレーム周波数に対する依存性が、デューティ比、駆動波形、プレティルト角を変化させたとき、どのように変化するかについて調べた。 In the first to third experiment, respectively, dependence on the frame frequency of the display state, the duty ratio, the driving waveform, upon changing the pretilt angle was examined how the change. 駆動波形は、任意波形発生装置Biomation2202AよりFLC製アンプを介して、上下電極間に印加した。 Drive waveform through the FLC made amplifier from the arbitrary waveform generator Biomation2202A, it is applied between the upper and lower electrodes. 全てのセグメントにオン波形が印加されるような波形とした。 On waveform has a waveform as applied to all segments. S字状のセグメントの約上半分を顕微鏡で観察した。 About the upper half of the S-shaped segments was observed by a microscope. なお、プレティルト角として、クリスタルローテーション法による測定値を用いている。 As pretilt angle, and using the measured values ​​by the crystal rotation method.

はじめに、デューティ比を変化させた第1の実験について説明する。 First, a description will be given of a first experiment of varying the duty ratio. 第1の実験では、プレティルト角を89.6°とした液晶セルに、B波形を、デューティ比を変化させて印加した。 In the first experiment, the liquid crystal cell at a pretilt angle of 89.6 °, the B waveform were applied by changing the duty ratio. なお、デューティ比に応じてバイアス比も変化させている。 Note that the bias ratio is also varied according to the duty ratio.

図2に、第1の実験の結果を示す。 Figure 2 shows the results of the first experiment. フレーム周波数及びデューティ比の条件ごとに、S字状セグメントの約上半分の顕微鏡写真を並べて示す。 For each condition of the frame frequency and duty ratio are shown side by side photomicrograph of approximately upper half of the S-shaped segments. なお、写真ではS字が逆となっているが、これは液晶表示素子を裏面から観察した為である。 In the photograph it is opposite the S-shape, which is because of observing the liquid crystal display device from the back.

行方向について、左側から、フレーム周波数が30Hz、60Hz、100Hz、150Hz、200H、300Hzと並んでおり、列方向について、上側から、デューティ比及びバイアス比が、1/4デューティで1/3バイアス、1/8デューティで1/4バイアス、1/16デューティで1/5バイアス、1/32デューティで1/6バイアス、1/64デューティで1/9バイアス、1/120デューティで1/11バイアスと並んでいる。 The row direction, from the left, the frame frequency is 30 Hz, 60 Hz, 100 Hz, 150 Hz, 200H, is aligned with the 300 Hz, the column direction, from above, the duty ratio and the bias ratio is 1/3 bias at 1/4-duty, 1/8 duty 1/4 bias, 1/16 duty 1/5 bias, 1/32 duty 1/6 bias, 1/64 duty 1/9 bias, 1/11 biased at 1/120 duty and It is arranged. なお、デューティ比の分母であるデューティ数が大きいほど(走査線本数が多いほど)、高いデューティ(または高いデューティ比)と呼ぶこととする。 Note that (as number scanning lines is large) as the duty number is larger is the denominator of the duty ratio, is referred to as a high duty (or high duty ratio).

フレーム周波数が30Hzの場合、1/16デューティ以上の高デューティでは、流動している暗領域(写真では判別できないが、セグメント表示部分に発生する影が流動しているような現象)が観察されたが、1/4デューティ及び1/8デューティでは、固定した暗領域が観察された。 When the frame frequency is 30 Hz, the 1/16 duty or high duty, (but not be determined in the photograph, behavior such as shadow is flowing occurring segment display portion) dark area is flowing was observed but the 1/4-duty and 1/8 duty, the dark region fixed was observed. フレーム周波数30Hzでの観察では、暗領域の面積は1/4デューティで最も広く、高デューティになるに従って狭くなっているように見受けられた。 The observation with a frame frequency 30 Hz, the area of ​​the dark regions are the most widely 1/4 duty, appeared to have become narrower as becomes high duty. しかし、いずれの暗領域も外観上は表示不均一性を引き起こす原因となっている。 However, any of the dark region on the appearance has become a cause of display nonuniformity.

フレーム周波数を60Hzとすることにより、全てのデューティ条件において、暗領域が固定された。 By the frame frequency and 60 Hz, in all duty conditions, the dark area is fixed. やはり、暗領域は高デューティになるほど面積が狭くなる傾向が見られた。 Again, the dark areas tend to area becomes narrower becomes high duty was observed.

さらにフレーム周波数を高くすると、1/120デューティでは100Hz以上で、1/32デューティ及び1/64デューティでは150Hz以上で、1/4〜1/16デューティでは200Hz以上で暗領域が除去できることがわかった。 Further increasing the frame frequency, in 1/120 100 Hz or higher for duty, 1/32 duty and 1/64 duty is 150Hz or more, was able to be removed a dark region 200Hz or more is 1 / 4-1 / 16 duty .

このように、どのデューティ比においても、フレーム周波数を充分に高く設定することにより、暗領域が除去されて、良好な安定的表示状態が得られることがわかった。 Thus, in any duty ratio, by setting a sufficiently high frame frequency, the dark region is removed, it was found that good stable display state is obtained. 暗領域が除去されるフレーム周波数は、高デューティになるほど低くなっている。 The frame frequency of the dark regions are removed, is lower enough becomes high duty.

次に、駆動波形を変化させた第2の実験について説明する。 Next, a description will be given of the second experiment was varied driving waveform. 第2の実験では、プレティルト角を89.6°とした液晶セルに、1/16デューティ、1/5バイアス駆動条件のA波形、B波形、C波形、及び、1/16デューティ条件のMLS波形を印加した。 In a second experiment, the liquid crystal cell at a pretilt angle of 89.6 °, 1/16 duty, 1/5 bias driving conditions A waveform, B waveform, C waveform, and 1/16-duty conditions MLS waveform It was applied. なお、C波形は、極性反転ライン数M=7で極性反転するようにし、MLS波形における同時選択ライン数N=2とした。 Note that the waveform C, so as to polarity inversion by the polarity inversion line number M = 7, and simultaneous selection line numbers N = 2 in the MLS waveform.

ここで、1/16デューティを選択した理由は、第1の実験において1/4〜1/16デューティ駆動時が最も表示不均一性の原因となる暗領域が広かったためで、1/4〜1/16デューティを代表して1/16デューティを選択した。 Here, the reason for selecting the 1/16 duty, because the dark area at 1 / 4-1 / 16 duty driving in the first experiment cause most display nonuniformity was large, 1 / 4-1 / 16 on behalf of the duty was to select the 1/16 duty.

図3に、第2の実験の結果を示す。 Figure 3 shows the results of a second experiment. フレーム周波数及び駆動波形の条件ごとに、S字状セグメントの約上半分の顕微鏡写真を行列状に並べて示す。 For each condition of the frame frequency and the driving waveforms are shown side by side photomicrograph of approximately upper half of the S-shaped segments in a matrix. 行方向について、左側から、フレーム周波数が30Hz、60Hz、100Hz、150Hz、200Hz、300Hzと並んでおり、列方向について、上側から、駆動波形がA波形、B波形、C波形、MLS波形と並んでいる。 The row direction, from the left, the frame frequency is 30 Hz, 60 Hz, 100 Hz, 150 Hz, 200 Hz, is aligned with the 300 Hz, the column direction, from above, the driving waveform is A waveform, B waveform, C wave, along with MLS waveform there.

フレーム周波数が30Hzでは、全ての波形において、流動している暗領域が見られ、常時明暗が変化している様子が見られた。 The frame frequency is 30 Hz, in all of the waveform, observed dark area is flowing, it was seen how the always dark is changing.

フレーム周波数が60Hzになると、駆動波形によって明らかな違いが現れた。 When the frame frequency is 60 Hz, a clear difference appeared by the drive waveform. B波形、C波形、MLS波形では、固定した暗領域が観察されたが、A波形ではこのような暗領域が全く観察されなかった。 B waveform, C waveform, the MLS waveform, but the dark region fixed is observed, such a dark region was observed in the A wave. B波形、C波形、MLS波形でも、波形ごとに暗領域の現れる場所が異なっており、暗領域は、B波形で最も広く分布し、C波形、MLS波形の順に狭くなっている。 B waveform, C waveform, in MLS waveform are different places of appearance of dark areas for each waveform, a dark region, the most widely distributed in waveform B, C waveform is narrower in the order of MLS waveform.

C波形及びMLS波形では、フレーム周波数を100Hzにすると、暗領域がほぼ観察されなくなり、B波形については、フレーム周波数を200Hzにすると、暗領域を除去することが可能であった。 The waveform C and MLS waveform, when the frame frequency to 100 Hz, no longer observed dark area substantially, for waveform B, when the frame frequency to 200 Hz, it was possible to remove the dark area.

暗領域が除去されたフレーム周波数以上の周波数領域では、表示の均一性が保持される。 The dark region above the frame frequency that is removed the frequency domain, the uniformity of the display is maintained. すなわち、A波形ではフレーム周波数を60Hz以上にすることにより、C波形及びMLS波形ではフレーム周波数を100Hz以上にすることにより、B波形ではフレーム周波数を200Hz以上とすることにより、暗領域の観察されない状態が保たれる。 That is, by the frame frequency or 60Hz in the waveform A, by the waveform C and MLS waveforms frame frequency above 100 Hz, not the B waveform by the frame frequency and above 200 Hz, the dark region of the observation state It is maintained.

1/4デューティ、1/8デューティ条件でも同様な実験を行ったが、フレーム周波数30Hz時に固定した暗領域が発生する以外は、1/16デューティとほぼ同じ傾向が確認できた。 1/4 duty, 1/8 By proceeding in a similar experiment with a duty conditions, except that the dark areas fixed at the frame frequency 30Hz is generated, almost able same trend confirmed 1/16 duty.

暗領域は、液晶層内の液晶分子配向方位が、表示面内について、ラビング方向で規定された方位からずれる為に生じると考えられる。 Dark region, the liquid crystal molecular alignment direction of the liquid crystal layer is, for the display plane, is thought to occur to deviate from prescribed by the rubbing direction orientation. どの駆動波形においても、フレーム周波数を充分に高く設定することにより、暗領域の観察されない良好な表示状態が得られることがわかった。 In any driving waveform, by setting a sufficiently high frame frequency, a good display state without being dark regions of observation could be obtained. 暗領域を生じさせないために必要なフレーム周波数は、駆動波形によって異なり、A波形が最も低く、C波形及びMLS波形がそれについで低く、B波形が最も高いこともわかった。 Frame frequency required for not causing dark areas is different by the driving waveform, the lowest is A waveform C waveform and MLS waveform And then low, B waveform is also found the highest possible.

なお、A波形、C波形(極性反転ライン数M=7)、及び、MLS波形(同時選択ライン数N=2、ただし1/64デューティ以上の高デューティではN=4)でも、デューティ比を変化させた第1の実験と同様な検討を行ったところ、デューティ比を変化させた場合においても、表示均一化に必要なフレーム周波数が最も高いのはB波形であることがわかった。 Incidentally, A waveform, C waveform (polarity inversion line number M = 7), and, MLS waveform (the number of simultaneously selected lines N = 2, but 1/64 N = 4 for duty or high duty) But changing the duty ratio the first experiment was carried out similar study was, even when changing the duty ratio, it was found that the frame frequency required for displaying homogenization is highest in B waveform. C波形、MLS波形、A波形の順に、表示均一化に必要なフレーム周波数を低くすることができ、第2の実験と同様な結果が得られた。 Waveform C, MLS waveform, in the order of A waveform, it is possible to reduce the frame frequency required for display homogenization, the second experiment similar results were obtained.

以上説明した第1及び第2の実験の結果より、駆動波形の高周波成分が多くなることにより、暗領域が減少する傾向があると考えられる。 More than the first and the result of the second experiment described, by high-frequency component of the driving waveform increases is believed that tends to dark areas decreases. 低フレーム周波数においても、できるだけ周波数成分が高い駆動波形を用いることにより、表示状態の均一化を図ることが可能となる。 Even at a low frame frequency, by using as much as possible frequency components is high drive waveform, it is possible to achieve uniform display state. 特に、A波形、C波形、MLS波形が好ましいと考えられる。 In particular, it considered A waveform C waveform is MLS waveform preferred.

次に、アンチパラレル配向の液晶表示素子のプレティルト角を変化させた第3の実験について説明する。 Next explained is the third experiment with varying pretilt angle of the liquid crystal display device of the antiparallel orientation. 第3の実験では、プレティルト角の異なる各液晶セルに、1/16デューティ、1/5バイアス駆動条件のB波形を印加した。 In a third experiment, the respective liquid crystal cells having different pretilt angles, 1/16 duty was applied to waveform B of 1/5 bias driving conditions.

図4に、第3の実験の結果を示す。 Figure 4 shows the results of the third experiment. フレーム周波数及びプレティルト角の条件ごとに、第1及び第2の実験と同様に、S字状セグメントの約上半分の顕微鏡写真を並べて示す。 For each condition of the frame frequency and the pretilt angle, as in the first and second experiment, showing side by side a photomicrograph of about the upper half of the S-shaped segments. 行方向について、左側から、フレーム周波数が30Hz、60Hz、100Hz、150Hz、200Hz、300Hzと並んでおり、列方向について、上側から、プレティルト角が、89.9°、89.6°、89.3°、89.0°、88.5°と並んでいる。 The row direction, from the left, the frame frequency is 30 Hz, 60 Hz, 100 Hz, 150 Hz, 200 Hz, is aligned with the 300 Hz, the column direction, from above, is pre-tilt angle, 89.9 °, 89.6 °, 89.3 °, is aligned with the 89.0 °, 88.5 °.

フレーム周波数が30Hzの場合、プレティルト角89.0°〜89.9°では、第1及び第2の実験のフレーム周波数30Hzの条件でも観察されたような、流動している暗領域が観察されたが、88.5では、暗領域が全く観察されず、均一な表示状態が得られた。 When the frame frequency is 30Hz, the pretilt angle 89.0 ° ~89.9 °, as was also observed in a frame frequency 30Hz in the conditions of the first and second experiments, the dark area is flowing was observed but the 88.5, no dark regions are observed, a uniform display state is obtained.

フレーム周波数を60Hzとすることにより、暗領域は全て固定された。 By the frame frequency and 60 Hz, it was all dark region fixed. プレティルト角が90°に近い方が、暗領域の面積が広いことがわかった。 Write pretilt angle is close to 90 ° is the area of ​​the dark area is found to be large. フレーム周波数100Hzにおいて、プレティルト角89.0°では暗領域が除去され、他のプレティルト角でも暗領域が徐々に狭くなっていく様子が見られた。 In frame frequency 100 Hz, the pretilt angle 89.0 ° in the dark region is removed, how gradually narrower dark regions in other pre-tilt angle was observed.

プレティルト角89.3°、89.6°では、フレーム周波数200Hzで暗領域が除去された。 Pretilt angle 89.3 °, in 89.6 °, the dark region with a frame frequency 200Hz is removed. しかし、プレティルト角89.9°では、フレーム周波数300Hzでも暗領域を除去することができなかった。 However, the pretilt angle 89.9 °, it was not possible to remove the dark region even frame frequency 300 Hz.

このように、プレティルト角が大きいほど、暗領域が生じやすく、また、暗領域を除去できるフレーム周波数が高くなる傾向があることがわかった。 Thus, the larger pretilt angle, tends to occur dark region was also found that there is a tendency that the frame frequency capable of removing dark region becomes higher.

さらに、他の駆動波形についてもプレティルト角を変化させた実験を行い、上記実験の結果も合わせ、モノドメイン垂直配向型液晶表示素子について、暗領域が観察されず安定な表示が行える条件を検討した。 Further, conducted experiments also changing the pretilt angle for the other driving waveforms, combined the results of the above experiments, the mono-domain vertical alignment liquid crystal display device was examined stable display can be performed conditions not dark regions observed .

なお、上記で説明したように、B波形のプレティルト角89.9°では、フレーム周波数300Hzでも暗領域を除去することができなかったが、380Hz以上とすれば暗領域を除去できることがわかった。 Incidentally, as described above, the pretilt angle 89.9 ° of the waveform B, were unable to remove the dark region even frame frequency 300 Hz, was able to be removed dark region if more than 380 Hz.

図5は、各駆動波形で安定表示が行える条件を1つにまとめたグラフである。 Figure 5 is a graph summarizing into one stable display can be performed conditions each drive waveform. このグラフには、1/16デューティで1/5バイアスの、A波形、B波形、及びC波形(極性反転ライン数M=7)と、1/16デューティのMLS波形(同時選択ライン数N=2)の結果を示す。 This graph, 1/5 biased at 1/16 duty, A waveform, B waveform, and C waveform (polarity inversion line number M = 7), 1/16 duty MLS waveform (the number of simultaneously selected lines N = show a 2) of the results. 横軸が度単位のプレティルト角θpを示し、縦軸がHz単位のフレーム周波数を示す。 The horizontal axis represents the pretilt angle θp in degrees, and the vertical axis represents the frame frequency in Hz. なお、横軸のプレティルト角θpは、右方に向かって減少するように表示されている。 Note that the pretilt angle θp of the horizontal axis is displayed so as to decrease toward the right.

A波形、B波形、C波形、及びMLS波形のそれぞれについて示されたグラフ(境界線)の上側が、暗領域の発生を抑制して表示を行える領域である。 A waveform, B waveform, C waveform, and the upper graph shown for each of the MLS waveform (boundary) is an area that allows a display by suppressing the generation of dark areas.

上述のように、フレーム周波数30Hz程度で、流動的な暗領域が発生しやすく、フレーム周波数を60Hz以上とすることで、暗領域が固定される傾向がある。 As described above, in about a frame frequency 30 Hz, fluid dark area is likely to occur, by making the frame frequency and above 60 Hz, there is a tendency that dark area is fixed. 流動的な暗領域の発生を抑制するために、一般に、フレーム周波数は60Hz以上とするのが好ましいと考えられる。 In order to suppress the generation of fluid dark regions, typically, the frame frequency is considered preferable to be more than 60 Hz. すなわち、A波形、B波形、C波形、及びMLS波形の全てについて、フレーム周波数の下限を60Hzとするのがよいと考えられる。 Ie, A waveform, B waveform, C waveform, and for all MLS waveform is considered the lower limit of the frame frequency and preferably set to 60 Hz.

なお、通常の液晶表示素子の駆動においては、駆動周波数を50Hz以下にすることは稀であり、60Hz以上に設定することが多い。 In the driving of the conventional liquid crystal display device, to the driving frequency below 50Hz are rare, often it is at least 60 Hz. このような観点からも、フレーム周波数の下限を60Hzとするのが適当と考えられる。 From this viewpoint, it is considered appropriate to the lower limit of the frame frequency and 60 Hz.

上述のように、暗領域は、プレティルト角が88.5°程度と充分に小さいときは発生しないが、プレティルト角がある角度以上に大きくなる(90°に近づく)と観察されるようになる。 As described above, the dark region is not when the pretilt angle is sufficiently small as about 88.5 ° is generated, to be observed to become larger than a certain angle is pre-tilt angle (closer to 90 °). フレーム周波数を充分に高くすることにより、暗領域を除去できるが、暗領域除去に必要なフレーム周波数は、プレティルト角が大きくなるにつれ高くなる。 By sufficiently high frame frequency, can be removed dark area, the frame frequency required dark region removal is higher as the pre-tilt angle increases.

従って、良好な表示を行える領域の境界となるフレーム周波数は、暗領域の発生しないプレティルト角の範囲では60Hzとし、暗領域が発生するプレティルト角の範囲では、プレティルト角の増加に応じて60Hzから高くしていけばよい。 Therefore, the frame frequency at the boundary of a region that allows a good display, and 60Hz in the range of the generated non pretilt angle of the dark area, in the range of pretilt angles dark region occurs high above the 60Hz with an increase in pretilt angle it should be. 暗領域の発生し始めるプレティルト角(図5のグラフでフレーム周波数が60Hzから立ち上がるプレティルト角)と、フレーム周波数を増加させる傾きとが、駆動波形ごとに異なる。 A pretilt angle to start generation of the dark region (pretilt angle frame frequency in the graph of FIG. 5 rises from 60 Hz), the slope of increasing the frame frequency is different for each drive waveform.

大きなプレティルト角まで暗領域が発生しにくく、また、暗領域を除去するためのフレーム周波数を低く抑えられるという観点からは、A波形が最も好ましく、次いで、MLS波形(同時選択ライン数N=2)、C波形(極性反転ライン数M=7)、B波形の順に好ましい。 Dark region is less likely to occur to a large pretilt angle, also from the viewpoint of suppressing the frame frequency to remove the dark region lower, and most preferably A waveform, then, MLS waveform (the number of simultaneously selected lines N = 2) , C waveform (polarity inversion line number M = 7), preferably in the order of B waveform.

図5に示す各駆動波形のグラフは、1/16デューティのものである。 Graph of the drive waveform shown in FIG. 5 is of 1/16 duty. ただし、第1、第2の実験で示したように、1/4デューティ、1/8デューティにおいても、フレーム周波数依存性はほぼ同じである。 However, first, as shown in the second experiment, 1/4-duty, in 1/8 duty frame frequency dependence is substantially the same. また、プレティルト角に対する依存性も同等であることを確認している。 Further, it has been confirmed that dependence is equally for pretilt angle. 上述のように、高デューティになるほど、暗領域を抑制しやすいので、暗領域抑制のためプレティルト角増加につれて大きくするフレーム周波数の傾きが小さくてすむ。 As described above, as becomes high duty, so easily suppressed the dark region, the inclination of the frame frequency to increase as the pretilt angle increased for the dark region inhibition small.

次に、各駆動波形の、暗領域発生を抑制して均一な表示を行える条件について説明する。 Next, for each driving waveform, the conditions capable of performing uniform display by suppressing the dark region occurs will be described. まず、A波形について説明する。 First, the waveform A will be described. 1/4デューティ以上において(特に、1/4〜1/31デューティにおいて)、88.5°≦θp<89.6°のとき、略60Hz以上のフレーム周波数で均一表示が得られ、89.6°≦θp≦89.9°のとき、略[120×(θp−89.6)+60]Hz以上のフレーム周波数で均一表示が得られる。 In the above 1/4 duty (in particular, in 1 / 4-1 / 31 duty), when 88.5 ° ≦ θp <89.6 °, uniform display is obtained at approximately 60Hz or more frame frequency 89.6 when ° ≦ θp ≦ 89.9 °, approximately [120 × (θp-89.6) +60] uniform display in Hz or more frame frequency is obtained.

また、89.6°≦θp≦89.9°について、1/32デューティ以上では(特に、1/32〜1/119デューティでは)、略[60×(θp−89.6)+60]Hz以上のフレーム周波数で均一表示が得られ、1/120デューティ以上では、略60Hz以上のフレーム周波数で均一表示が得られる。 Also, the 89.6 ° ≦ θp ≦ 89.9 °, a 1/32 duty or (especially in the 1 / 32-1 / 119 duty), approximately [60 × (θp-89.6) +60] Hz or higher uniform display is obtained at the frame frequency, the 1/120 duty above, uniform display can be obtained by the above frame frequency substantially 60 Hz.

次に、B波形について説明する。 Next, a description will be given B waveform. 1/4デューティ以上において(特に、1/4〜1/31デューティにおいて)、88.5°≦θp<88.8°のとき、略60Hz以上のフレーム周波数で均一表示が得られ、88.8°≦θp≦89.9°のとき、略[312×(θp−88.8)+60]Hz以上のフレーム周波数で均一表示が得られる。 In the above 1/4 duty (in particular, in 1 / 4-1 / 31 duty), when 88.5 ° ≦ θp <88.8 °, uniform display is obtained at approximately 60Hz or more frame frequency 88.8 when ° ≦ θp ≦ 89.9 °, approximately [312 × (θp-88.8) +60] uniform display in Hz or more frame frequency is obtained.

また、88.8°≦θp≦89.9°について、1/32デューティ以上では、略[160×(θp−88.8)+60]Hz以上のフレーム周波数で均一表示が得られる。 Also, the 88.8 ° ≦ θp ≦ 89.9 °, in 1/32 duty or, approximately [160 × (θp-88.8) +60] uniform display in Hz or more frame frequency is obtained.

なお、B波形は他の波形に比べ最も暗領域が生じやすいので、フレーム周波数の下限を60Hzよりも高く、例えば100Hzに設定しておいてもよいであろう。 Incidentally, B waveform because most dark region is likely to occur than other waveforms, the lower limit of the frame frequency higher than 60 Hz, will for example may be set to 100 Hz. フレーム周波数の下限を100Hzに設定すると、1/4デューティ以上において(特に、1/4〜1/31デューティにおいて)、88.5°≦θp<89.0°のとき、略100Hz以上のフレーム周波数が均一表示を得る条件となり、89.0°≦θp≦89.9°のとき、略[312×(θp−89.0)+100]Hz以上のフレーム周波数が均一表示を得る条件となる。 Setting the lower limit of the frame frequency to 100Hz, in 1/4 or more duty (in particular, in 1 / 4-1 / 31 duty), when 88.5 ° ≦ θp <89.0 °, approximately 100Hz or more frame frequency is a condition for obtaining a uniform display, when the 89.0 ° ≦ θp ≦ 89.9 °, approximately [312 × (θp-89.0) +100] Hz or more frame frequency is a condition for obtaining a uniform display.

また、89.0°≦θp≦89.9°について、1/32デューティ以上では(特に、1/32〜1/119デューティでは)、略[160×(θp−89.0)+100]Hz以上のフレーム周波数が均一表示を得る条件となり、1/120デューティ以上では、略100Hz以上のフレーム周波数が均一表示を得る条件となる。 Also, the 89.0 ° ≦ θp ≦ 89.9 °, a 1/32 duty or (especially in the 1 / 32-1 / 119 duty), approximately [160 × (θp-89.0) +100] Hz or higher the frame frequency is a condition for obtaining a uniform display, in 1/120 duty or more, the conditions under which substantially 100Hz or more frame frequency obtaining uniform display.

次に、C波形について説明する。 Next, a description will be given waveform C. C波形は、極性反転ライン数M=1とすれば、A波形とほぼ同等な条件で表示均一化を実現でき、極性反転ライン数Mをデューティ数(走査線本数)と等しい16とすれば、B波形と同等な条件で表示均一化を実現できることがわかった。 The waveform C, if the polarity inversion line number M = 1, can realize a display homogenized in substantially equivalent conditions A waveform, if the polarity inversion line number M and 16 equal to the duty number (number scanning lines), It was found to be realized a display uniform in B waveform equivalent conditions. なお、実際には不可能であるが、極性反転ライン数M=1/2に設定できた場合がA波形に等しい条件となる。 Although it is practically impossible, if could be set to the polarity inversion line number M = 1/2 is a condition equal to A waveform.

また、極性反転ライン数Mをデューティ数の1/2とすると、A波形とB波形の中間的な特性が得られることがわかった。 Further, when the polarity inversion line number M be the half duty number, it was found that the intermediate characteristics of the A wave and the B wave is obtained. 極性反転ライン数Mが小さくなるほど、A波形に近い特性となるので、暗領域の発生し始めるプレティルト角を大きくでき、暗領域抑制に必要なフレーム周波数を低くできることになる。 As polarity reversal line number M is reduced, since a characteristic close to A waveform, can increase the pretilt angle to start generation of dark areas, it becomes possible to reduce the frame frequency required dark region suppression.

極性反転ライン数M=7の場合の、均一表示が得られる条件について説明する。 In the case of polarity inversion line number M = 7, the uniform condition in which the display is obtained will be described. 1/4デューティ以上において(特に、1/4〜1/31デューティにおいて)、88.5°≦θp<89.2°のとき、略60Hz以上のフレーム周波数で均一表示が得られ、89.2°≦θp≦89.9°のとき、略[216×(θp−89.2)+60]Hz以上のフレーム周波数で均一表示が得られる。 In the above 1/4 duty (in particular, in 1 / 4-1 / 31 duty), when 88.5 ° ≦ θp <89.2 °, uniform display is obtained at approximately 60Hz or more frame frequency 89.2 when ° ≦ θp ≦ 89.9 °, approximately [216 × (θp-89.2) +60] uniform display in Hz or more frame frequency is obtained.

また、89.2°≦θp≦89.9°について、1/32デューティ以上では(特に、1/32〜1/119デューティでは)、略[110×(θp−89.2)+60]Hz以上のフレーム周波数で均一表示が得られ、1/120デューティ以上では、略60Hz以上のフレーム周波数で均一表示が得られる。 Also, the 89.2 ° ≦ θp ≦ 89.9 °, a 1/32 duty or (especially in the 1 / 32-1 / 119 duty), approximately [110 × (θp-89.2) +60] Hz or higher uniform display is obtained at the frame frequency, the 1/120 duty above, uniform display can be obtained by the above frame frequency substantially 60 Hz.

極性反転ライン数Mの大きい場合の方が、極性反転ライン数Mの小さい場合に比べて、均一表示の得られる条件が厳しくなる。 Towards the case of the polarity inversion line number M large in comparison with the case of the polarity inversion line number M smaller, the conditions capable of obtaining uniform display becomes severe. 従って、極性反転ライン数M=7で均一表示が得られる条件であれば、1≦M≦6でも均一表示が得られることになる。 Therefore, if the condition uniform display in polarity inversion line number M = 7 is obtained, so that uniform display even 1 ≦ M ≦ 6 is obtained. ここで、デューティ数が16であるので、極性反転ライン数M=7の場合について説明した条件は、極性反転ライン数Mがデューティ数の1/2以下である場合に均一表示が得られる条件であると考えることができる。 Here, the duty number is 16, the conditions described for the case of the polarity inversion line number M = 7 is the condition for uniform display can be obtained when the polarity reversal line number M is 1/2 or less the duty number it can be considered that there is.

また、B波形で均一表示が得られる条件であれば、極性反転ライン数が1以上デューティ数以下のC波形でも均一表示を得ることができることになる。 Further, if the condition uniform display in waveform B is obtained, so that it is possible to speed polarity inversion line to obtain a uniform display even one or more duty number following C waveform.

次に、MLS波形について説明する。 Next, a description will be given of MLS waveform. なお、MLS波形では、1/4〜1/63デューティにおいて、同時選択ライン数N=2とし、1/64デューティ以上において、同時選択ライン数N=4とする。 In the MLS waveform, in 1 / 4-1 / 63 duty, and simultaneous selection line numbers N = 2, in 1/64 or more duty, and simultaneous selection line numbers N = 4.

1/4デューティ以上において(特に、1/4〜1/31デューティにおいて)、88.5°≦θp<89.3°のとき、略60Hz以上のフレーム周波数で均一表示が得られ、89.3°≦θp≦89.9°のとき、略[150×(θp−89.3)+60]Hz以上のフレーム周波数で均一表示が得られる。 In the above 1/4 duty (in particular, in 1 / 4-1 / 31 duty), when 88.5 ° ≦ θp <89.3 °, uniform display is obtained at approximately 60Hz or more frame frequency 89.3 when ° ≦ θp ≦ 89.9 °, approximately [150 × (θp-89.3) +60] uniform display in Hz or more frame frequency is obtained.

また、89.3°≦θp≦89.9°について、1/32デューティ以上では(特に、1/32〜1/63デューティでは)、略[75×(θp−89.3)+60]Hz以上のフレーム周波数で均一表示が得られ、1/64デューティ以上では、略60Hz以上のフレーム周波数で均一表示が得られる。 Also, the 89.3 ° ≦ θp ≦ 89.9 °, a 1/32 duty or (especially in the 1 / 32-1 / 63 duty), approximately [75 × (θp-89.3) +60] Hz or higher uniform display is obtained at the frame frequency, the 1/64 duty or more, uniform display can be obtained by the above frame frequency substantially 60 Hz.

なお、同時選択ライン数が大きい方が、高周波成分が増えると考えることができる。 Incidentally, it can be considered that the larger the number of simultaneous selection lines, high-frequency components increases. 1/4〜1/63デューティにおいて、同時選択ライン数Nを3または4としても、上記条件で均一表示を得ることができるであろう。 In 1 / 4-1 / 63 duty, even if the number of simultaneously selected lines N as 3 or 4, will be able to obtain a uniform display under the above conditions.

以上説明したように、モノドメイン垂直配向型液晶表示素子において、駆動波形ごとに、均一表示の得られる条件を見積もることができる。 As described above, in the mono-domain vertical alignment liquid crystal display device, each drive waveform, it is possible to estimate the condition capable of obtaining uniform display. 大きなプレティルト角において表示均一性が低下して透過率が低下する不具合の改善が図られる。 Transmittance is achieved improvement in the problem of decreases in reduced display uniformity in a large pretilt angle. 特に、89.5°以上のプレティルト角、さらに、特に89.7°以上のプレティルト角での透過率低下抑制に有効である。 In particular, 89.5 ° or more pretilt angle, furthermore, it is particularly effective to decrease in transmittance suppression in 89.7 ° or more pretilt angle. 低いフレーム周波数で表示均一化を実現するという観点からは、A波形、MLS波形、C波形を用いることが好ましい。 Display From the viewpoint of realizing uniform at a low frame frequency, A waveform, MLS waveform, it is preferable to use a C waveform.

なお、デューティの上限は、例えば1/240デューティ程度である。 The upper limit of the duty is, for example 1/240, about duty. また、フレーム周波数の上限は、例えば500Hz程度である。 The upper limit of the frame frequency, for example, about 500 Hz.

次に、斜め電界配向制御によるマルチドメイン垂直配向型液晶表示装置の表示状態を調べた第4の実験について説明する。 Next, a description will be given of a fourth experiment examined the display state of the multi-domain vertical alignment liquid crystal display device according to an oblique electric field orientation control.

図6は、斜め電界配向制御によるマルチドメイン垂直配向型液晶表示装置の代表的な構造例を示す概略断面図である。 Figure 6 is a schematic sectional view showing a typical structural example of a multi-domain vertical alignment liquid crystal display device according to an oblique electric field orientation control. 相互に対向する上側ガラス基板103及び下側ガラス基板113の内面に、それぞれ、基板側から、所望のパタンの形成された透明電極104及び114、絶縁膜105及び115、垂直配向膜106及び116が形成されている。 The inner surface of the upper glass substrate 103 and the lower glass substrate 113 opposed to each other, respectively, from the substrate side, a desired transparent electrode 104 and 114 formed in the pattern, the insulating film 105 and 115, a vertical alignment film 106 and 116 It is formed. 上下の垂直配向膜106及び116の間に、誘電率異方性Δε<0の液晶材料からなる液晶層107が挟まれている。 Between the upper and lower vertical alignment films 106 and 116, liquid crystal layer 107 composed of a liquid crystal material of the dielectric anisotropy [Delta] [epsilon] <0 is sandwiched. なお、必要に応じて、上下の絶縁膜105及び115の一方を省いた構造とすることもでき、両方とも省いた構造とすることもできる。 If necessary, the upper and lower it can also be one of the omitted structure of insulating films 105 and 115 may be a both omitted structure.

垂直配向膜106及び116として、好ましくは表面自由エネルギが35N/m〜39N/mを示す高分子材料を用い、垂直配向膜106及び116には、配向処理を行わない。 As the vertical alignment films 106 and 116, preferably the surface free energy using a polymer material exhibiting a 35N / m~39N / m, the vertical alignment films 106 and 116, does not perform an alignment process. 従って、プレティルト角は90°である。 Therefore, the pretilt angle is 90 °.

上下の透明電極104及び114の有効表示エリアには、それぞれ、電極の一部に矩形状スリット開口108及び118が設けられており、表示面内で、上側電極104の開口108と下側電極114の開口118とが、互い違いに一方向に一定周期で並んでいる。 The effective display area of ​​the upper and lower transparent electrodes 104 and 114, respectively, have rectangular slit openings 108 and 118 are provided in a part of the electrode, in the display plane, the opening 108 of the upper electrode 104 and lower electrode 114 and opening 118 are arranged at a predetermined period alternately in one direction.

図7は、表示素子表面法線方位から観察した、上下電極の開口108及び118の配置例を示す。 7 was observed from the display element surface normal direction, showing an arrangement example of an opening 108 and 118 of the upper and lower electrodes. 上側電極の開口108を太線で示し、下側電極の開口118を細線で示す。 It shows the opening 108 of the upper electrode by thick lines, an aperture 118 of the lower electrode by a thin line. 上側電極の開口108は、その長さ方向(紙面左右方向)に複数個一定周期で並べられて列をなす。 Opening 108 of the upper electrode, a row are arranged in a plurality fixed period in the longitudinal direction (left-right direction). 開口108の複数の列が、長さ方向に直交する方向(紙面上下方向)に一定周期で並んでいる。 A plurality of rows of openings 108 are arranged at a predetermined period in the direction (up and down direction) perpendicular to the length direction.

1つの開口108の長さは、例えば90μmであり、列内で隣り合う開口108同士の隙間は例えば10μmである。 The length of one opening 108 is, for example, 90 [mu] m, the gap of the opening 108 adjacent in the column is 10μm for example. 開口108は、列内で、例えば100μm周期で並んでいる。 Opening 108 are aligned in the column, for example 100μm period. 1つの開口108の幅は、例えば20μmであり、開口108の列同士の中心間隔は、例えば120μmである。 The width of one opening 108 is, for example, 20 [mu] m, the center distance between columns of apertures 108 is, for example, 120 [mu] m. 下側電極上の開口118の配置も同様である。 Arrangement of the openings 118 on the lower electrode is the same.

表示面内で、上下の開口108及び118は、上側の開口108の列と、下側の開口118の列とが、開口の長さ方向に直交する方向に、一定周期で交互に並ぶように配置される。 In the display plane, the upper and lower openings 108 and 118, and columns of the upper opening 108, and a column of the lower opening 118, in the direction perpendicular to the length direction of the opening, so as to line up alternately in a constant cycle It is placed. 相互に隣接する開口108の列と開口118の列との中心間隔は、例えば60μmである。 Center distance between the rows of columns and the aperture 118 of the aperture 108 adjacent to each other is, for example, 60 [mu] m. 開口の長さ方向については、例えば、隣り合う開口108同士の隙間の中心に、開口118の中心が配置される。 The length direction of the opening, for example, the center of the gap between the opening 108 adjacent the center of the opening 118 is disposed. なお、開口の長さ方向については、隣接する開口同士を連結してもよい。 Note that the length direction of the opening may be connected to an opening adjacent to each other.

このように、上下透明電極に開口を形成することにより、上下基板間に、基板法線方位に対して斜め方位の電界を印加することができ、斜め方位の電界によって、液晶分子の配向を制御することができる。 Thus, by forming an opening in the upper and lower transparent electrodes, between the upper and lower substrates, it is possible to apply an electric field in an oblique direction with respect to the substrate normal direction, by an electric field in an oblique direction, controls the orientation of liquid crystal molecules can do.

図6に戻って説明を続ける。 Returning to FIG. 6. 上下のガラス基板103及び113の外側に、それぞれ、視角補償板102及び112を介して、偏光板101及び111が貼り合わされている。 Outside the upper and lower glass substrates 103 and 113, respectively, through a viewing angle compensation plate 102 and 112, polarizing plates 101 and 111 are adhered. 偏光板101及び111は、吸収軸が、それぞれ、表示面内でスリット状開口108及び118の長さ方向に対して略45°をなすように、クロスニコル配置されている。 Polarizing plates 101 and 111, the absorption axis, respectively, so as to form a substantially 45 ° to the length direction of the slit-shaped openings 108 and 118 in the display surface, they are arranged in a cross nicol state. なお、必要に応じて、上下の視角補償板102及び112のうち、一方を省いた構造とすることもできる。 If necessary, one of the upper and lower viewing angle compensation plate 102 and 112 may be an omitted one structure.

ガラス基板103及び113、透明電極104及び114、垂直配向膜106及び116、液晶層107、そして、必要に応じて絶縁膜105及び115を含んで、液晶セル121が構成される。 Glass substrate 103 and 113, transparent electrodes 104 and 114, a vertical alignment film 106 and 116, the liquid crystal layer 107, and, includes an insulating layer 105 and 115 if necessary, the liquid crystal cell 121 is constructed. 駆動装置131が、液晶セル121の透明電極104及び114に駆動波形を印加して、表示状態を制御する。 Drive 131 applies a driving waveform to the transparent electrode 104 and 114 of the liquid crystal cell 121, and controls the display state.

次に、第4の実験に用いた具体的な装置構成について説明する。 Next, a specific apparatus configuration used in the fourth experiment. 表示素子として、セグメント表示タイプのものを用いた。 As a display element used was a segment display type. 透明電極と垂直配向膜との間の絶縁膜を設けない構造とした。 It has a structure without the insulating film between the transparent electrode and the vertical alignment film. 垂直配向膜は、チッソ石油化学製垂直配向膜Aを用い、フレキソ印刷により形成した。 Vertical alignment film is used Chisso Petrochemical Ltd. vertical alignment film A, it was formed by flexographic printing. ラビング処理は行わない。 Rubbing treatment is not performed. 透明電極上の開口配置は、図7に示したようなものとした。 Opening disposed on the transparent electrode was assumed as shown in FIG.

液晶層厚が4μmとなるように調整して、上下基板を貼り合わせ、空セルを作製した。 Adjust so the liquid crystal layer thickness is 4 [mu] m, bonding the upper and lower substrates, to prepare an empty cell. 液晶材料は、メルク製の誘電率異方性Δε<0で屈折率異方性Δn=0.15の材料を用い、空セルに真空注入した。 Liquid crystal material, a material having a refractive index anisotropy [Delta] n = 0.15 in dielectric constant anisotropy [Delta] [epsilon] <0 made by Merck, was vacuum injected into the empty cell. その後、注入口を封止して、液晶材料の等方相温度以上の温度で約1時間熱処理を行った。 Thereafter, the injection port is sealed and subjected to about 1 hour heat treatment at an isotropic phase temperature above the temperature of the liquid crystal material. 上下偏光板の吸収軸は、スリット状開口の長さ方向に対して略45°となるように配置した。 Absorption axes of the upper and lower polarizing plates were arranged substantially 45 ° to the length direction of the slit-shaped opening.

第4の実験では、斜め電界配向制御タイプ液晶表示素子に印加する駆動波形を、A波形、B波形、C波形(極性反転ライン数M=7)とし、1/16デューティ、1/5バイアス条件でオン電圧におけるフレーム周波数を変化させたときの表示状態を、顕微鏡観察した。 In the fourth experiment, the driving waveform applied to the oblique electric field orientation control type liquid crystal display device and, A waveform, B waveform, the waveform C (polarity inversion line number M = 7), 1/16 duty, 1/5 bias condition in the display state when changing the frame frequency in the oN voltage, and microscopic observation.

図8は、第4の実験の観察結果を示す顕微鏡写真である。 Figure 8 is a microscopic photograph showing the observation results of the fourth experiment. フレーム周波数及び駆動波形の条件ごとに、顕微鏡写真を行列状に並べて示す。 For each condition of the frame frequency and the driving waveforms are shown side by side photomicrographs in a matrix. 行方向について、左側から、フレーム周波数が30Hz、60Hz、100Hz、150Hz、200Hz、300Hzと並んでおり、列方向について、上側から、駆動波形がA波形、B波形、C波形と並んでいる。 The row direction, from the left, the frame frequency is 30 Hz, 60 Hz, 100 Hz, 150 Hz, 200 Hz, is aligned with the 300 Hz, the column direction, from above, the driving waveforms are aligned and A waveform, B waveform, C waveform.

フレーム周波数30Hzでは、全ての波形において、第1の実験等でも観察された、流動する暗領域が確認され、表示均一性が不充分であることがわかった。 In the frame frequency 30 Hz, in all of the waveform, was also observed in the first experiment and the like, the dark region of flow is confirmed, it was found to be insufficient display uniformity.

フレーム周波数60Hzでは、A波形を用いることにより表示均一性は改善され、暗領域はほぼスリット開口部と左右方位スリット間のみとなっている。 In the frame frequency 60 Hz, display uniformity by using A waveform is improved, the dark region is substantially made slit opening and only between the left and right -slit. この状態では、目視でも表示均一性に問題が無いことを確認した。 In this state, it was confirmed that there is no problem in display uniformity by visual observation. 一方、B波形、C波形に関しては、流動する暗領域は観察されなくなったが、固定された暗領域がランダムに観察されることがわかり、目視でも表示見栄えが悪いものであった。 On the other hand, B waveform, with respect to the waveform C, although the dark regions flowing was no longer observed, a fixed dark regions is found to be observed randomly, were those poor display look good by visual inspection.

B波形を用いた場合、フレーム周波数を300Hz以上にすることにより、暗領域を完全に消去して均一な表示状態が得られることを、顕微鏡観察及び目視観察により確認できた。 When using the B waveform, by the frame frequency above 300 Hz, that is obtained uniform display state completely erases the dark region was confirmed by microscopic observation and visual observation. C波形においては、フレーム周波数を200Hz以上にすると均一表示が実現できた。 In waveform C, uniform display can be realized when the frame frequency above 200 Hz.

以上のように、A波形を用いることが表示均一化に最も有効であることがわかった。 As described above, the use of A waveform was found to be most effective in the display uniform. なお、MLS波形(同時選択ライン数N=2)を用いた場合は、フレーム周波数150Hz以上で均一表示が実現できることを目視にて確認した。 In the case of using the MLS waveform (simultaneous selection line numbers N = 2), it was confirmed by visual observation that the uniform display can be realized with a frame frequency 150Hz or more.

なお、上述のモノドメインの場合と同様に、駆動波形の高周波成分が多い方が、暗領域が抑制されるであろう。 As in the case of monodomain above, towards the high-frequency component of the driving waveform often would dark region is suppressed. 上述の1/16デューティに対する条件は、より高いデューティについても有効と考えられる。 Conditions for 1/16 duty described above is considered effective for higher duty. また、モノドメインの場合と同様に、1/4〜1/16デューティでは、フレーム周波数依存性はほぼ同じであることを確認している。 Also, as in the case of monodomain, the 1 / 4-1 / 16 duty, it was confirmed that the frame frequency dependence is substantially the same.

C波形について、上述の結果は、モノドメインの場合と同様に、極性反転ライン数Mがデューティ数の1/2以下である場合に均一表示が得られる条件であると考えることができる。 For C waveforms, the result of the above, can be considered as in the case of monodomain, the polarity reversal line number M is a condition that uniform display can be obtained in the case where 1/2 or less of the duty number. また、B波形で均一表示が得られる条件であれば、極性反転ライン数が1以上デューティ数以下のC波形でも均一表示を得られると考えられる。 Further, if the condition uniform display in waveform B is obtained, the number of polarity inversion line is considered to obtain a uniform display even one or more duty number following C waveform. なお、MLS波形については、同時選択ライン数Nを3または4としても、上記条件で均一表示を得ることができるであろう。 Note that the MLS waveform, also the number of simultaneous selection lines N as 3 or 4, will be able to obtain a uniform display under the above conditions.

このように、斜め電界配向制御によるマルチドメイン垂直配向型液晶表示装置についても、駆動波形に応じて適切なフレーム周波数を選択することにより、良好な表示を得ることが可能である。 Thus, the multi-domain vertical alignment liquid crystal display device according to an oblique electric field orientation control also, by selecting the appropriate frame frequency according to the drive waveform, it is possible to obtain a good display. 低いフレーム周波数で表示均一化を実現するという観点からは、A波形、MLS波形、C波形を用いることが好ましい。 Display From the viewpoint of realizing uniform at a low frame frequency, A waveform, MLS waveform, it is preferable to use a C waveform.

以上説明したように、モノドメイン垂直配向型液晶表示装置、及び、斜め電界配向制御によるマルチドメイン垂直配向型液晶表示装置において、駆動波形に応じて適切なフレーム周波数を選択することにより、表示均一性を改善することができる。 As described above, mono-domain vertical alignment liquid crystal display device, and, in the multi-domain vertical alignment liquid crystal display device according to an oblique electric field orientation control by selecting the appropriate frame frequency according to the driving waveform, display uniformity it is possible to improve.

このような技術を適用可能な液晶表示素子としては、例えば、セグメント表示単純マトリクス駆動液晶表示素子、ドットマトリクス表示単純マトリクス駆動液晶表示素子、1つの液晶表示素子内に、セグメント表示単純マトリクス駆動液晶表示素子部分とドットマトリクス表示単純マトリクス駆動液晶表示素子部分とを含む液晶表示素子、等が挙げられる。 Such techniques crystal display device applicable to, for example, a segment display simple matrix driving liquid crystal display device, a dot matrix display simple matrix driving liquid crystal display device, in one liquid crystal display element, a segment display simple matrix driving liquid crystal display the liquid crystal display device comprising an element portion and a dot matrix display simple matrix driving liquid crystal display device parts, and the like.

以上実施例に沿って本発明を説明したが、本発明はこれらに制限されるものではない。 The present invention has been described in connection with the preferred embodiments, but the invention is not limited thereto. 例えば、種々の変更、改良、組み合わせ等が可能なことは当業者に自明であろう。 For example, various modifications, improvements, combinations and the like can be obvious to those skilled in the art.

1、11 偏光板2、12 視角補償板3、13 ガラス基板4、14 透明電極5、15 絶縁膜6、16 垂直配向膜7 液晶層8、18 ラビング方向θp プレティルト角21 液晶セル31 駆動装置 1,11 polarizer 2,12 viewing angle compensation plate 3,13 glass substrate 4, 14 a transparent electrode 5, 15 insulating film 6 and 16 vertical alignment film 7 liquid crystal layer 8, 18 rubbing direction θp pretilt angle 21 liquid crystal cell 31 drives

Claims (1)

  1. フレーム周波数30Hz以下の、(i)1ライン反転駆動であるA波形、(ii)フレーム反転駆動であるB波形、(iii)Nライン反転駆動であるC波形、(iv)複数ライン同時選択法であるMLS波形であるオン駆動波形を印加したとき、 一つの画素内部の一部に、明表示であるオン表示と異なる状態である、 画素エッジに平行な線状ではなく、面状に発生する、流動する暗領域を生じる、斜め電界配向制御マルチドメイン垂直配向型の液晶セルと、 The following frame frequency 30Hz, (i) 1 A waveform is a line inversion driving, (ii) B waveform is a frame inversion drive, (iii) C waveform is a N-line inversion driving, in (iv) the multiple line selection method upon application of a on-drive waveform is some MLS waveform, the part of the internal one pixel is a state different from the oN-display is bright display, rather than a parallel linear to the pixel edges, generated surface, resulting in dark regions flowing, the oblique electric field orientation control multi-domain vertical alignment type liquid crystal cell,
    前記液晶セルにマルチプレックス駆動波形を印加し、前記面状の暗領域の発生を防止する駆動装置であって、(i)フレーム周波数が60Hz以上の前記A波形、(ii)フレーム周波数が300Hz以上の前記B波形、(iii)極性反転ライン数Mが1以上で、分子を1として表したデューティ比の分母の1/2以下であり、フレーム周波数が200Hz以上の前記C波形、(iv)極性反転ライン数Mが1以上で、分子を1として表したデューティ比の分母以下であり、フレーム周波数が300Hz以上の前記C波形、及び、(v)同時選択ライン数Nが2以上4以下であり、フレーム周波数が150Hz以上の前記MLS波形のいずれかの駆動波形を、前記液晶セルに印加する駆動装置とを有する液晶表示装置。 The multiplex driving waveforms applied to the liquid crystal cell, a driving device for preventing the occurrence of the planar dark region, (i) the frame frequency is equal to or higher than 60 Hz A waveform, (ii) a frame frequency is higher 300Hz wherein B waveform, in (iii) polarity inversion line number M is one or more, molecules equal to or less than half of the denominator represents duty ratio as 1, the C waveform frame frequency is above 200 Hz, (iv) polar the number of inversion line M is 1 or more, molecules or less denominator represents duty ratio as 1, the frame frequency is above 300 Hz C waveforms, and, (v) simultaneously selected number of lines N is 2 to 4 a liquid crystal display device having any one of the driving waveforms of the MLS waveform of frame frequency is above 150 Hz, and a driving device to be applied to the liquid crystal cell.
JP2015141826A 2015-07-16 2015-07-16 The liquid crystal display device Active JP6145479B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015141826A JP6145479B2 (en) 2015-07-16 2015-07-16 The liquid crystal display device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015141826A JP6145479B2 (en) 2015-07-16 2015-07-16 The liquid crystal display device

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012126001 Division 2012-06-01

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015207022A true JP2015207022A (en) 2015-11-19
JP6145479B2 true JP6145479B2 (en) 2017-06-14

Family

ID=54603818

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015141826A Active JP6145479B2 (en) 2015-07-16 2015-07-16 The liquid crystal display device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6145479B2 (en)

Family Cites Families (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0335217A (en) * 1989-06-30 1991-02-15 Sharp Corp Driving system for liquid crystal display device
JP2873616B2 (en) * 1989-09-25 1999-03-24 株式会社半導体エネルギー研究所 The driving method of a liquid crystal electro-optical device
JPH03122615A (en) * 1989-10-06 1991-05-24 Toshiba Corp Liquid crystal display device
JPH0457018A (en) * 1990-06-27 1992-02-24 Matsushita Electric Ind Co Ltd Driving method for liquid crystal display device
JPH06301036A (en) * 1993-04-12 1994-10-28 Sanyo Electric Co Ltd Liquid crystal display device
JPH0764089A (en) * 1993-08-31 1995-03-10 Sanyo Electric Co Ltd Liquid crystal display device
JPH0772802A (en) * 1993-09-06 1995-03-17 Toshiba Corp Liquid crystal display device
JP2796619B2 (en) * 1994-12-27 1998-09-10 セイコーインスツルメンツ株式会社 Grayscale driving device for a liquid crystal display panel
JP3356273B2 (en) * 1997-10-06 2002-12-16 シャープ株式会社 The liquid crystal display device
US5907380A (en) * 1997-10-30 1999-05-25 International Business Machines Corporation Liquid crystal cell employing thin wall for pre-tilt control
JP3834304B2 (en) * 2003-07-23 2006-10-18 シャープ株式会社 The liquid crystal display element
JP4241364B2 (en) * 2003-12-22 2009-03-18 セイコーエプソン株式会社 Liquid crystal display device and an electronic apparatus

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2015207022A (en) 2015-11-19 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Hanaoka et al. 40.1: A New MVA‐LCD by Polymer Sustained Alignment Technology
US6177973B1 (en) Vertical alignment mode liquid crystal display having enhanced response time
US20030151703A1 (en) Liquid crystal display and method of manufacturing the same
JP2003131636A (en) Liquid crystal display device
JPH09160061A (en) Liquid crystal display element
US5455695A (en) Process for producing liquid crystal device including rubbing with two rubbing rollers rotating in same directions at different speeds
JPH09258269A (en) Liquid crystal display device
JPH06202127A (en) Active matrix type liquid crystal display device and its manufacture
JPH1184390A (en) Liquid crystal element and its production
JP2005234254A (en) Liquid crystal display device and method for manufacturing the same
JPH08146468A (en) Liquid crystal display device
JPH07181493A (en) The liquid crystal display element
JP2003091014A (en) Liquid crystal display panel, liquid crystal display device and liquid crystal television
JPH11305256A (en) Active matrix type liquid crystal display device
JPH07253578A (en) Liquid crystal display device
JP2003279946A (en) Method for manufacturing liquid crystal display device
JPH0815707A (en) Liquid crystal display element and its production
JP2004094219A (en) Display comprising ips liquid crystal cell and manufacturing method thereof
JP2000075297A (en) Liquid crystal display device
JP2000193977A (en) Liquid crystal display device
EP2233969A2 (en) Liquid crystal display device
JPH0728065A (en) The liquid crystal display device
EP0782032A2 (en) Liquid crystal display element and a manufacturing method thereof
JP2010224233A (en) Liquid crystal display element
US6704086B1 (en) Monostable ferroelectric active-matrix display

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160331

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160426

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20161122

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20170220

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20170227

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20170425

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170515

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6145479

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150