JP6133337B2 - Bullet ball machine - Google Patents

Bullet ball machine Download PDF

Info

Publication number
JP6133337B2
JP6133337B2 JP2015005932A JP2015005932A JP6133337B2 JP 6133337 B2 JP6133337 B2 JP 6133337B2 JP 2015005932 A JP2015005932 A JP 2015005932A JP 2015005932 A JP2015005932 A JP 2015005932A JP 6133337 B2 JP6133337 B2 JP 6133337B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
special
round
game
determination
winning
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2015005932A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2015062822A (en
Inventor
山本 匡二
匡二 山本
恵理 永田
恵理 永田
真也 大出
真也 大出
佑介 工藤
佑介 工藤
Original Assignee
株式会社藤商事
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社藤商事 filed Critical 株式会社藤商事
Priority to JP2015005932A priority Critical patent/JP6133337B2/en
Publication of JP2015062822A publication Critical patent/JP2015062822A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6133337B2 publication Critical patent/JP6133337B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Description

本発明は、弾球遊技機に関する。   The present invention relates to a ball game machine.
従来、入賞装置のVゾーンに遊技球が入賞すること(V入賞)により、遊技者に有利な遊技状態に移行させる遊技機が知られている。このような遊技機では、遊技球がV入賞したことを報知するための演出が行われる。   2. Description of the Related Art Conventionally, there is known a gaming machine that shifts to a gaming state advantageous to a player by winning a game ball in a V zone of a winning device (V winning). In such a gaming machine, an effect for notifying that the game ball has won V is performed.
例えば、特許文献1の遊技機には、1ラウンド中に遊技球がV入賞することで、16ラウンドを限度に次のラウンドへの継続が保証されるV入賞遊技がある。そして、V入賞遊技の各ラウンドで最初にV入賞が検知されると、V入賞したことを遊技者に強く印象付ける演出として、「V」表示や「ラウンド継続!」の文字表示が行われる。(特許文献1、段落0345〜0350、図31)。   For example, in the gaming machine of Patent Document 1, there is a V winning game in which continuation to the next round is guaranteed up to 16 rounds when a game ball wins V during one round. When a V prize is detected for the first time in each round of the V prize game, a character display such as “V” or “Continue Round!” Is performed as an effect that makes a strong impression on the player that the V prize has been won. (Patent Document 1, paragraphs 0345 to 0350, FIG. 31).
特開2010−240055号公報JP 2010-240055 A
しかしながら、上記の文字表示は各ラウンドで実行される演出であるため、複数のラウンドを跨いで実行されることがない。すなわち、V入賞のタイミングが遅くなる程、文字表示の時間が短くなり、遊技者にV入賞を印象付けさせる演出にならないという問題があった。   However, since the above character display is an effect executed in each round, it is not executed across a plurality of rounds. That is, there is a problem that as the timing of the V prize is delayed, the character display time is shortened, and the player does not produce an impression that the V prize is impressed.
本発明は、このような事情に鑑みてなされたものであり、V入賞のタイミングによらず遊技者が演出を楽しむことができ、遊技の興趣を向上させることができる弾球遊技機を提供することを目的とする。   The present invention has been made in view of such circumstances, and provides a ball game machine in which a player can enjoy the production regardless of the timing of the V prize and can improve the interest of the game. For the purpose.
本発明の弾球遊技機は、遊技球の始動入賞を契機に、遊技者に有利な特別遊技状態に移行させるか否かの判定を行う判定手段と、遊技球が入球可能な開状態と入球が不可能又は困難な閉状態とに切替わる開閉手段と、遊技球が通過可能な特定領域と、遊技球を該特定領域に振分ける振分手段と、遊技球が該特定領域を通過したことを検出する特定領域通過検出手段とを有する可変入賞手段と、前記判定手段によって前記特別遊技状態に移行させると判定された場合に、該特別遊技状態のラウンド遊技を実行する特別遊技状態実行手段と、前記特定領域通過検出手段によって遊技球が検出された場合に、前記特別遊技状態の終了後、遊技者に有利な特定遊技状態に移行させる遊技状態制御手段と、所定の演出を実行する演出手段と、を備え、前記特別遊技状態において、前記振分手段が遊技球を前記特定領域に振分ける位置に動作する特別ラウンドが実行可能であり、前記演出手段は、前記特別ラウンド中に、遊技球が前記特定領域を通過するように遊技方法を遊技者に対して指示する指示演出と、遊技球が該特定領域を通過したことを報知する報知演出とを実行可能であり、前記報知演出の実行中に次のラウンド遊技が開始された場合、予め定めた実行期間は該次のラウンド遊技中にも該報知演出を実行可能であることを特徴とする。 The bullet ball game machine of the present invention has a determination means for determining whether or not to shift to a special game state advantageous to the player, triggered by the start winning of the game ball, and an open state in which the game ball can enter the ball. Opening / closing means for switching to a closed state where entry into the ball is impossible or difficult, a specific area through which the game ball can pass, distribution means for distributing the game ball to the specific area, and the game ball passing through the specific area a variable winning device including a specific area passage detection means for detecting that the said if it is determined that shifting to the special game state by determining means executes special game state to perform round game of該特by gaming state And a game state control means for making a transition to a specific game state advantageous to the player after the special game state is ended when a game ball is detected by the specific area passage detection means, and executing a predetermined effect It includes a representation section, the, before In special game state, it said distributing means is capable of executing a special round which operates in a position to distribute the game ball to the specific region, the presentation means, the in particular round, passing game ball to the specific area and instructions directing that instructs the game process to a player to the gaming ball is capable of executing a notification effect for notifying that it has passed through the specific area, the next round during execution of the report known effect If the game is started, a predetermined execution period is characterized in that is capable of executing 該報 knowledge effect even during the round game of this next.
本発明によれば、V入賞のタイミングによらず遊技者が演出を楽しむことができるので、遊技の興趣が向上する。   According to the present invention, since the player can enjoy the production regardless of the V winning timing, the interest of the game is improved.
実施形態に係るパチンコ遊技機の外観を示す正面側の斜視図。The perspective view of the front side which shows the external appearance of the pachinko game machine which concerns on embodiment. 図1のパチンコ遊技機の外観を示す背面側の斜視図。The perspective view of the back side which shows the external appearance of the pachinko machine of FIG. 図1のパチンコ遊技機の遊技盤の正面図(実施例1)。The front view of the game board of the pachinko gaming machine of FIG. 1 (Example 1). 図1のパチンコ遊技機の制御装置の構成を示すブロック図。The block diagram which shows the structure of the control apparatus of the pachinko game machine of FIG. 確変移行判定部を含む入賞装置を説明する図(正面図)。The figure (front view) explaining the winning apparatus containing a probability change transfer determination part. 確変移行判定部を含む入賞装置を説明する図(斜視図)。The figure (perspective view) explaining the prize-winning apparatus containing a probability change transfer determination part. (a)大当りパターンAを説明する図。(b)大当りパターンBを説明する図。(A) The figure explaining jackpot pattern A. FIG. (B) The figure explaining jackpot pattern B. FIG. (c)大当りパターンCを説明する図。(d)大当りパターンDを説明する図。(C) The figure explaining the big hit pattern C. FIG. (D) The figure explaining the big hit pattern D. FIG. (e)大当りパターンEを説明する図。(f)大当りパターンFを説明する図。(E) The figure explaining the big hit pattern E. FIG. (F) The figure explaining the big hit pattern F. FIG. アタッカと振分部の動作を説明するタイミングチャート(長開放パターン)。The timing chart (long open pattern) explaining operation | movement of an attacker and a distribution part. アタッカと振分部の動作を説明するタイミングチャート(短開放パターン)。The timing chart (short open pattern) explaining operation | movement of an attacker and a distribution part. アタッカと振分部の動作を説明するタイミングチャート(実質開放時間)。The timing chart (actual opening time) explaining operation | movement of an attacker and a distribution part. (a)報知演出の具体例。(b)特別ラウンド演出の具体例。(A) A specific example of the notification effect. (B) A specific example of a special round effect. (a)特別遊技の終了時に設定される各種フラグを説明する図。(b)変動パターンの詳細を説明する図。(A) The figure explaining the various flags set at the time of completion | finish of a special game. (B) The figure explaining the detail of a fluctuation pattern. エラーの種類を説明する図。The figure explaining the kind of error. 主制御側で行われる遊技管理処理を示すフローチャート。The flowchart which shows the game management process performed by the main control side. 図10中の入力管理処理を示すフローチャート。11 is a flowchart showing input management processing in FIG. 10. 図10中の特別図柄管理処理を示すフローチャート。The flowchart which shows the special symbol management process in FIG. 図12中の特別図柄変動開始処理を示すフローチャート(前半)。The flowchart which shows the special symbol change start process in FIG. 12 (the first half). 図12中の特別図柄変動開始処理を示すフローチャート(後半)。Flowchart showing the special symbol variation start processing in FIG. 12 (second half). 図12中の特別図柄確認時間中処理を示すフローチャート(前半)。The flowchart which shows the process during the special symbol confirmation time in FIG. 12 (the first half). 図12中の特別図柄確認時間中処理を示すフローチャート(後半)。The flowchart which shows the process during the special symbol confirmation time in FIG. 図10中の特別電動役物管理処理を示すフローチャート。FIG. 11 is a flowchart showing a special electric accessory management process in FIG. 10. 図15中の大当り開始処理を示すフローチャート。The flowchart which shows the big hit start process in FIG. 図15中の特別電動役物作動開始処理を示すフローチャート。The flowchart which shows the special electric accessory operation start process in FIG. 図17中の大入賞口開閉動作設定処理を示すフローチャート。FIG. 18 is a flowchart showing a special winning opening / closing operation setting process in FIG. 図15中の特別電動役物作動中処理を示すフローチャート。The flowchart which shows the process during operation of the special electric accessory in FIG. 図19中の大入賞口入賞数チェック処理を示すフローチャート(前半)。FIG. 20 is a flowchart (first half) showing the big winning opening prize number check process in FIG. 19; 図19中の大入賞口入賞数チェック処理を示すフローチャート(後半)。The flowchart (latter half) which shows the number-of-award winning prize number check process in FIG. 図15中の特別電動役物作動継続判定処理を示すフローチャート(前半)。FIG. 16 is a flowchart (first half) showing the special electric accessory operation continuation determination process in FIG. 15; 図15中の特別電動役物作動継続判定処理を示すフローチャート(後半)。FIG. 16 is a flowchart (second half) showing the special electric accessory operation continuation determination process in FIG. 15; 図21A中の排出確認処理を示すフローチャート。21B is a flowchart showing the discharge confirmation process in FIG. 図15中の大当り終了処理を示すフローチャート。The flowchart which shows the big hit end process in FIG. 副制御側で行われるメイン処理を示すフローチャート。The flowchart which shows the main process performed by the sub-control side. 副制御側で行われるタイマ割込処理を示すフローチャート。The flowchart which shows the timer interruption process performed by the sub-control side. 実施例2のパチンコ遊技機の遊技盤の正面図。The front view of the game board of the pachinko machine of Example 2. FIG. (a)実施例2の大当りパターンA’を説明する図。(b)実施例2の大当りパターンD’を説明する図。(A) The figure explaining the big hit pattern A 'of Example 2. FIG. (B) The figure explaining the big hit pattern D 'of Example 2. FIG. アタッカと振分部の動作を説明するタイミングチャート(実質開放時間)。The timing chart (actual opening time) explaining operation | movement of an attacker and a distribution part.
まず、実施形態の弾球遊技機の概要について説明する。   First, the outline of the ball game machine of the embodiment will be described.
本実施形態の弾球遊技機は、遊技球の始動入賞を契機に、遊技者に有利な特別遊技状態に移行させるか否かの判定を行う判定手段と、遊技球が入球可能な開状態と入球が不可能又は困難な閉状態とに切替わる開閉手段と、遊技球が通過可能な特定領域と、遊技球を該特定領域に振分ける振分手段と、該特定領域を通過した遊技球を検出する特定領域通過検出手段とを有する可変入賞手段と、前記判定手段によって前記特別遊技状態に移行させると判定された場合に、該特別遊技状態のラウンド遊技を実行する特別遊技状態実行手段と、前記特定領域通過検出手段によって遊技球が検出された場合に、前記特別遊技状態の終了後、遊技者に有利な特定遊技状態に移行させる遊技状態制御手段と、遊技状態に応じて遊技に関する演出を実行する演出手段とを備え、前記特別遊技状態において、前記振分手段が遊技球を前記特定領域に振分ける位置に動作する特別ラウンドが実行可能であり、前記特別ラウンドにおける前記開閉手段及び/又は前記振分手段の所定の動作として、遊技球が前記特定領域を通過容易な第1動作パターンと、該第1動作パターンと比較して通過困難な第2動作パターンとがあり、前記特別ラウンドで遊技球が前記特定領域を通過した場合に、該通過を報知する通過報知演出を実行可能な通過報知演出実行手段を備え、前記通過報知演出実行手段は、前記通過報知演出の実行中に前記特別ラウンドが終了して次のラウンドが開始された場合、予め定めた実行期間は該次のラウンド中にも該通過報知演出を継続して実行することを特徴とする。   The ball game machine according to the present embodiment has a determination means for determining whether or not to shift to a special game state advantageous to the player when the game ball starts to win, and an open state in which the game ball can enter Opening / closing means for switching to a closed state where it is impossible or difficult to enter, a specific area through which the game ball can pass, distribution means for distributing the game ball to the specific area, and a game that has passed through the specific area Variable winning means having a specific area passage detecting means for detecting a ball, and special game state executing means for executing a round game in the special game state when it is determined by the determination means to shift to the special game state And a game state control means for making a transition to a specific game state advantageous to the player after the special game state is ended when a game ball is detected by the specific area passage detection means, and a game according to the game state Performance to perform the production A special round in which the distribution means operates to a position for distributing the game balls to the specific area in the special gaming state, and the opening / closing means and / or the distribution in the special round As the predetermined operation of the means, there are a first operation pattern in which a game ball can easily pass through the specific area, and a second operation pattern in which the game ball is difficult to pass in comparison with the first operation pattern. When passing the specific area, the vehicle has a passage notification effect executing means capable of executing a passage notification effect for notifying the passage, and the passage notification effect executing means ends the special round during the execution of the passage notification effect. When the next round is started, the passage notification effect is continuously executed during the next round during the predetermined execution period.
本実施形態において、判定手段は、遊技者に有利な特別遊技状態(例えば、大当り遊技)に移行するか否かの判定を行う。特別遊技状態の特別ラウンドでは、振分手段が遊技球を特定領域に振分ける位置に動作するので、遊技球が特定領域を通過するようになる。そして、遊技球が特定領域に振分けられ、特定領域通過検出手段によって遊技球が検出されたとき、特別遊技状態の終了後に遊技者に有利な特定遊技状態に移行する。「遊技者に有利な特定遊技状態」には、例えば、通常遊技状態より有益な確率変動遊技や時短遊技がある。   In the present embodiment, the determining means determines whether or not to shift to a special gaming state (for example, a big hit game) advantageous to the player. In the special round in the special game state, the distribution means operates to a position for distributing the game balls to the specific area, so that the game balls pass through the specific area. Then, when the game balls are allocated to the specific area and the game balls are detected by the specific area passage detecting means, the game game state shifts to a specific game state advantageous to the player after the special game state is ended. The “specific game state advantageous to the player” includes, for example, a probability variation game and a short-time game that are more beneficial than the normal game state.
開閉手段と振分手段の動作の組合せによる動作パターンには、遊技球が特定領域を通過容易な第1動作パターンと、比較的通過困難な第2動作パターンの2種類がある。例えば、振分手段の動作を共通にして、開閉手段の作動時間(開放時間)の長短により通過し易さを制御してもよいし、開閉手段の作動時間を共通にして、振分手段の動作を変化させて通過し易さを制御してもよい。   There are two types of operation patterns based on combinations of operations of the opening / closing means and the distribution means: a first operation pattern in which a game ball easily passes through a specific area and a second operation pattern in which it is relatively difficult to pass through. For example, it is possible to control the ease of passage by adjusting the operation time of the opening / closing means (opening time) by making the operation of the distributing means common, or by making the operation time of the opening / closing means common. The ease of passing may be controlled by changing the operation.
また、例えば、遊技球が特定領域を通過するタイミングが遅くなり、特別ラウンドが終了して次のラウンドが開始された場合にも、予め定めた時間は該次のラウンド中にも通過報知演出が継続して実行される。これにより、該通過のタイミングによらず遊技者が演出を楽しむことができ、遊技の興趣が向上する。   In addition, for example, even when the timing at which a game ball passes through a specific area is delayed and the next round is started after the special round is completed, the passage notification effect is also given during the next round. It is executed continuously. Thereby, the player can enjoy the production regardless of the timing of the passage, and the interest of the game is improved.
本実施形態において、前記特別遊技状態は、複数回の前記特別ラウンドを有し、前記複数回の特別ラウンドのうち、少なくとも1回の特別ラウンドが前記第1動作パターンで実行され、その他の特別ラウンドが前記第2動作パターンで実行され、前記通過報知演出実行手段は、前記特別遊技状態で前記通過報知演出を実行した場合には、実行中の該特別遊技状態において、その後、前記特別ラウンドで遊技球が前記特定領域を通過した際に前記通過報知演出を実行しないことが好ましい。   In this embodiment, the special gaming state has a plurality of special rounds, and at least one special round is executed in the first operation pattern among the plurality of special rounds, and the other special rounds. Is executed in the second operation pattern, and the passing notification effect executing means executes the passing notification effect in the special gaming state, and then in the special gaming state being executed, the game in the special round thereafter. It is preferable not to execute the passing notification effect when the sphere passes through the specific area.
本実施形態の特別遊技状態には、複数回の特別ラウンドのうち、少なくとも1回の特別ラウンドが第1動作パターンで実行され、その他の特別ラウンドが第2動作パターンで実行される特別遊技状態(確変図柄当りの1つ)がある。ここで、通過報知演出実行手段が通過報知演出を一度実行した場合には、実行中の特別遊技状態において、その後、特別ラウンドで遊技球が特定領域を通過した際に通過報知演出を実行しない。これにより、何度も同じ演出を実行することがない、分かりやすい特別遊技状態とすることができる。   The special gaming state of the present embodiment includes a special gaming state in which at least one special round is executed in the first operation pattern among the plurality of special rounds, and the other special rounds are executed in the second operation pattern ( There is one per probability variation symbol). Here, when the passing notification effect executing means once executes the passing notification effect, the passing notification effect is not executed when the game ball passes the specific area in the special round in the special game state being executed. Thereby, it can be set as the easy-to-understand special gaming state where the same effect is not executed many times.
また、本実施形態において、前記通過報知演出実行手段は、前記特別ラウンドが前記第1動作パターンのみで構成される特別遊技状態では、前記通過報知演出を実行しないことが好ましい。   In the present embodiment, it is preferable that the passage notification effect executing means does not execute the passage notification effect in a special game state in which the special round is composed only of the first action pattern.
本実施形態の特別遊技状態には、特別ラウンドが第1動作パターンのみで構成される特別遊技状態(特別な確変図柄当り)がある。この特別遊技状態は、遊技球が特定領域に極めて入賞容易になるので、遊技者は特定遊技状態に移行することを確信できる。   In the special game state of the present embodiment, there is a special game state (per special probability variation pattern) in which the special round is composed of only the first action pattern. In this special game state, the game ball is very easy to win a specific area, so that the player can be confident that the game state shifts to the specific game state.
従って、ここでは、遊技球が特定領域を通過したとしても通過報知演出を実行しなくてもよく、敢えて実行しないようにする。これにより、例えば、その代わりに通過報知演出とは異なる演出を実行する等して、遊技者が遊技に飽きないようにすることができる。   Therefore, here, even if the game ball passes through the specific area, the passing notification effect does not have to be executed, and it is not executed. Thereby, for example, it is possible to prevent the player from getting bored with the game by executing an effect different from the passing notification effect instead.
次に、図1を参照して、本実施形態のパチンコ遊技機1の構成について説明する。   Next, the configuration of the pachinko gaming machine 1 according to the present embodiment will be described with reference to FIG.
図1に示すように、パチンコ遊技機1は、矩形状の外枠2と、この外枠2に開閉可能に枢着された前面枠3および前扉5を備えている。前面枠3は、額縁状であり開口部に遊技盤4(図3参照)が取付け可能となっている。また、前扉5の中央部にはガラス板6が嵌め込まれており、外部より遊技盤4が視認可能となっている。   As shown in FIG. 1, the pachinko gaming machine 1 includes a rectangular outer frame 2, and a front frame 3 and a front door 5 that are pivotally attached to the outer frame 2 so as to be opened and closed. The front frame 3 has a frame shape, and a game board 4 (see FIG. 3) can be attached to the opening. Further, a glass plate 6 is fitted in the central portion of the front door 5 so that the game board 4 can be visually recognized from the outside.
前扉5の上部左右両側にはスピーカ7が設けられている。スピーカ7は、遊技に伴う演出効果音を外部に出力する音響出力部である。また、前扉5の左右両側および上部には枠装飾LED8が設けられている。枠装飾LED8は、遊技の演出に連動してLEDが発光、点滅する装飾部である。   Speakers 7 are provided on the left and right sides of the upper part of the front door 5. The speaker 7 is a sound output unit that outputs the effect sound effect accompanying the game to the outside. In addition, frame decoration LEDs 8 are provided on the left and right sides and the upper part of the front door 5. The frame decoration LED 8 is a decoration part in which the LED emits light and blinks in conjunction with the effect of the game.
前扉5の下側には前面板9があり、その左端部は前面枠3に開放可能に枢着されている。前面板9には、発射機構を作動させるための発射ハンドル10、遊技球を貯留する上貯留皿11、下貯留皿12等が設けられている。   A front plate 9 is provided on the lower side of the front door 5, and a left end portion thereof is pivotally attached to the front frame 3 so as to be openable. The front plate 9 is provided with a launch handle 10 for operating the launch mechanism, an upper storage tray 11 for storing game balls, a lower storage tray 12 and the like.
また、上貯留皿11の表面部分には、内蔵ランプが点灯したとき操作が可能となる左演出ボタン13と、中央演出ボタン14が設けられている。演出ボタン13、14は、遊技中に操作の機会が与えられ、ボタンを押下することにより演出を実行させることができる。   Further, a left effect button 13 and a center effect button 14 that can be operated when the built-in lamp is lit are provided on the surface portion of the upper storage dish 11. The production buttons 13 and 14 are given an opportunity for operation during the game, and can be produced by pressing the buttons.
図2は、本実施形態のパチンコ遊技機1の背面側の斜視図である。   FIG. 2 is a perspective view of the back side of the pachinko gaming machine 1 according to the present embodiment.
図2に示すように、パチンコ遊技機1の背面には、遊技盤4(図3参照)を裏側から押さえる枠体状の裏機構盤16が取り付けられている。この裏機構盤16の上部には、パチンコホール側島設備の遊技球補給装置(図示省略)から供給される遊技球を貯留する遊技球貯留タンク17が設けられている。   As shown in FIG. 2, a frame-like back mechanism board 16 that holds down the game board 4 (see FIG. 3) from the back side is attached to the back surface of the pachinko gaming machine 1. A game ball storage tank 17 for storing game balls supplied from a game ball supply device (not shown) of the pachinko hall side island facility is provided on the upper side of the back mechanism board 16.
また、遊技球貯留タンク17から球を導出するタンクレール18の傾斜下端には、遊技球を払い出すための遊技球払出装置19が設けられている。さらに、裏機構盤16の隅部には、パチンコホール(遊技場)にある全遊技機を統括的に管理するホールコンピュータ(図4参照)に電気的に接続するための外部端子基板21が、端子基板ケース22に収納され、設けられている。   A game ball payout device 19 for paying out game balls is provided at the inclined lower end of the tank rail 18 for drawing out the balls from the game ball storage tank 17. Furthermore, an external terminal board 21 for electrically connecting to a hall computer (see FIG. 4) that collectively manages all the gaming machines in the pachinko hall (game hall) is provided at the corner of the back mechanism board 16. The terminal board case 22 is housed and provided.
また、裏機構盤16の略中央には、遊技盤4の裏側に装着された透明の裏カバー23が備えられている。この裏カバー23内に、演出制御基板25を収納した透明の演出制御基板ケース25aと、液晶制御基板26を収納した透明の液晶制御基板ケース26aとが設けられている。   In addition, a transparent back cover 23 attached to the back side of the game board 4 is provided in the approximate center of the back mechanism board 16. In this back cover 23, a transparent effect control board case 25a accommodating the effect control board 25 and a transparent liquid crystal control board case 26a accommodating the liquid crystal control board 26 are provided.
演出制御基板25と液晶制御基板26の間には、ボリュームスイッチ31が設けられている。つまみ部分を回転させることで10段階の音量設定が可能である。   A volume switch 31 is provided between the effect control board 25 and the liquid crystal control board 26. The volume can be set in 10 steps by rotating the knob.
液晶制御基板ケース26aの下方には、主制御基板24を収納した透明な主制御基板ケース24aが設けられている。主制御基板24は、パチンコ遊技機1の動作を統括的に制御するものである。主制御基板24は、各種スイッチやセンサと接続されているため、これらの検知信号を受信して各種処理を行う。   A transparent main control board case 24a that houses the main control board 24 is provided below the liquid crystal control board case 26a. The main control board 24 controls the operation of the pachinko gaming machine 1 in an integrated manner. Since the main control board 24 is connected to various switches and sensors, it receives these detection signals and performs various processes.
また、主制御基板24には、RAMクリアスイッチ27が設けられている。RAMクリアスイッチ27を押下しながら、電源を投入することによりRAM領域の記憶内容は消去され、パチンコ遊技機1は初期状態となる。   The main control board 24 is provided with a RAM clear switch 27. By turning on the power while pressing down the RAM clear switch 27, the stored contents of the RAM area are erased, and the pachinko gaming machine 1 is in the initial state.
演出制御基板25は、主制御基板24から送信される各種制御コマンドを受信し、その制御コマンドに基づいて、例えば、盤面装飾LED35或いは液晶表示装置36(図3参照)による演出を制御する。また、パチンコ遊技機1の背面には、演出制御基板25からの信号を受けて点灯・点滅する異常報知LED32(図4参照)があり、特定の異常を確認するのに用いられる。   The effect control board 25 receives various control commands transmitted from the main control board 24, and controls effects by, for example, the panel decoration LED 35 or the liquid crystal display device 36 (see FIG. 3) based on the control commands. In addition, on the back of the pachinko gaming machine 1, there is an abnormality notification LED 32 (see FIG. 4) that lights and blinks in response to a signal from the effect control board 25, and is used to confirm a specific abnormality.
主制御基板ケース24aの下方には、電源基板28を収めた透明な電源基板ケース28aと、払出制御基板29を収めた透明な払出制御基板ケース29aが配設されている。   Below the main control board case 24a, a transparent power supply board case 28a containing a power supply board 28 and a transparent payout control board case 29a containing a payout control board 29 are disposed.
さらに、発射ハンドル10に対応する位置には、遊技球を打撃する打撃槌やこれを駆動する発射モータを備えた遊技球発射装置(図示省略)の後側に発射制御基板30が設けられている。   Further, at a position corresponding to the launch handle 10, a launch control board 30 is provided on the rear side of a game ball launcher (not shown) provided with a strike rod for hitting the game ball and a launch motor for driving the hit ball. .
次に、図3を参照して、実施例1のパチンコ遊技機1の遊技盤4について説明する。   Next, with reference to FIG. 3, the gaming board 4 of the pachinko gaming machine 1 according to the first embodiment will be described.
図3に示すように遊技盤4は、略正方形のパネルで形成され、その盤面上の遊技領域4aは、化粧板4bの前面にビス等で固定されるセンター飾り体34a、左部コーナー飾り体34b、右部コーナー飾り体34c等の部材によって区画形成されている。飾り体34a〜34cは、ポリカーボネート等の硬質樹脂材料を用いた射出成形によってそれぞれ一体成型で形成されている。   As shown in FIG. 3, the game board 4 is formed of a substantially square panel, and the game area 4a on the board surface includes a center decorative body 34a fixed to the front surface of the decorative board 4b with a screw or the like, and a left corner decorative body. 34b, a right corner decoration body 34c, and the like. The decorative bodies 34a to 34c are each formed by integral molding by injection molding using a hard resin material such as polycarbonate.
センター飾り体34aには、複数の盤面装飾LED35が配置されている。盤面装飾LED35は、各遊技における図柄の変動表示や予告表示に伴って発光色や発光態様を変化させ、演出を盛り上げる装飾部である。   A plurality of panel decoration LEDs 35 are arranged on the center decoration body 34a. The board decoration LED 35 is a decoration unit that enhances the effect by changing the light emission color and the light emission mode in accordance with the symbol change display and the notice display in each game.
遊技盤4の中央部には開口が形成され、この開口内に液晶表示装置36の表示画面が配置される。液晶表示装置36は、種々の数字、キャラクタ等が描かれた図柄や背景画像、リーチ等の各種演出を遊技に応じて表示する表示器である。   An opening is formed in the center of the game board 4, and the display screen of the liquid crystal display device 36 is disposed in the opening. The liquid crystal display device 36 is a display that displays various effects such as a pattern on which various numbers, characters, and the like are drawn, a background image, and reach according to the game.
センター飾り体34aの上部略中央には、演出用ゲート40aが配置されている。演出用ゲート40aは、遊技中の特定演出で用いられるゲートである。この特定演出の際、遊技者が演出用ゲート40aを狙って遊技球を入賞させると、さらに演出が発展し、遊技者に有利な状態となる。   An effect gate 40a is arranged in the approximate center of the upper part of the center ornament 34a. The effect gate 40a is a gate used for a specific effect during the game. In the case of this specific effect, if the player wins the game ball with the aim of the effect gate 40a, the effect will be further developed, and the player will be in an advantageous state.
また、後述する第2大入賞装置39bの右上方には、普通図柄用始動ゲート40bが配置されている。この普通図柄用始動ゲート40bは、普通図柄の始動契機となる入賞装置である。遊技球が普通図柄用始動ゲート40bを通過することにより抽選が行われ、後述する普通図柄表示装置43bにて、普通図柄が変動する。   In addition, a normal symbol start gate 40b is arranged on the upper right side of the second big prize device 39b described later. The normal symbol start gate 40b is a winning device that is a normal symbol start trigger. A lottery is performed when the game ball passes through the normal symbol start gate 40b, and the normal symbol changes in the normal symbol display device 43b described later.
液晶表示装置36の右側には竜の頭部の形状をした可動役物37が配置されている。可動役物37は、遊技における演出や大当り期待度に応じて動作する。パチンコ遊技機1には、可動役物37以外にも複数の可動役物が設けられているが、図面上省略している。   On the right side of the liquid crystal display device 36, a movable accessory 37 having the shape of a dragon head is disposed. The movable accessory 37 operates according to the effects in the game and the expectation degree of jackpot. The pachinko gaming machine 1 is provided with a plurality of movable accessories in addition to the movable accessory 37, but is omitted in the drawing.
センター飾り体34aの下方には、ステージ部材33が配置されている。ここに誘導された遊技球は、ステージ中央部分を揺動した後に落下するが、中心にある溝を通過した遊技球は、後述する第1特別図柄始動口38aに入賞し易い構造となっている。   A stage member 33 is disposed below the center decorative body 34a. The game ball guided here falls after swinging the central part of the stage, but the game ball that has passed through the groove in the center has a structure that makes it easy to win a first special symbol starting port 38a described later. .
ステージ部材33の下方には、第1特別図柄始動口38aおよび第2特別図柄始動口38bからなる始動入賞装置38が配置されている。遊技領域4aを流下する遊技球が第1特別図柄始動口38a、又は第2特別図柄始動口38bに入賞することにより抽選が行われ、後述する特別図柄表示装置43aにて特別図柄の変動表示がなされる。さらに、液晶表示装置36でも、特別図柄に対応した装飾図柄の変動表示が行われる。   Below the stage member 33, a start winning device 38 including a first special symbol start port 38a and a second special symbol start port 38b is arranged. A lottery is performed when a game ball flowing down the game area 4a wins the first special symbol starting port 38a or the second special symbol starting port 38b, and the special symbol display device 43a described later displays a variation display of the special symbol. Made. In addition, the liquid crystal display device 36 also performs a variable display of decorative symbols corresponding to the special symbols.
なお、以下では、第1特別図柄始動口38aへの入賞により変動表示を開始する特別図柄を特別図柄1(又は、特図1)、第2特別図柄始動口38bへの入賞により変動表示を開始する特別図柄を特別図柄2(又は、特図2)という。   In the following, the special symbol that starts the variable display by winning at the first special symbol start port 38a is displayed as the special symbol 1 (or special diagram 1), and the variable display is started by winning at the second special symbol start port 38b. This special symbol is called special symbol 2 (or special symbol 2).
第2特別図柄始動口38bは開閉部材を備えており、開閉部材が開放した場合に遊技球が入賞し易い状態となる。上記の開閉部材は、普通図柄の抽選に当選した場合に、所定回数、所定時間開放する。以下では、第2特別図柄始動口38bと開閉部材を合わせた装置を普通電動役物(電動チューリップ、又は略称の「電チュー」)と称することがある。   The second special symbol start port 38b is provided with an opening / closing member, and when the opening / closing member is opened, the game ball is easily won. The above open / close member is opened a predetermined number of times for a predetermined time when a normal symbol lottery is won. Hereinafter, a device that combines the second special symbol start opening 38b and the opening / closing member may be referred to as an ordinary electric accessory (electric tulip or abbreviated “electric chew”).
始動入賞装置38の下方には、第1大入賞装置39aが配置されている。第1大入賞装置39aには、前側に倒れたとき遊技球が入球可能な開閉扉がある。また、始動入賞装置38の右側には、第2大入賞装置39bが配置されている。大入賞装置39a、39bは、共に特別図柄の抽選に当選したとき、すなわち、大当りしたとき移行する特別遊技において、所定時間開放される入賞装置である。遊技球が大入賞装置39a、39bの内部にある大入賞口(図示省略)に入賞することにより、多くの賞球を獲得することができる。   Below the start winning device 38, a first big winning device 39a is arranged. The first grand prize winning device 39a has an opening / closing door into which a game ball can enter when it falls to the front side. Further, on the right side of the start winning device 38, a second large winning device 39b is arranged. The big winning devices 39a and 39b are both winning devices that are opened for a predetermined time in a special game that shifts when a special symbol lottery is won, that is, when a big win is won. A lot of prize balls can be obtained by winning a game ball in a big prize opening (not shown) inside the big prize devices 39a and 39b.
第2大入賞装置39bを含む入賞装置49は、確変移行判定部を含む。確変移行判定部は、遊技球が通過することにより特別遊技の終了後に確率変動(以下、確変ともいう)状態に移行させる特定領域(Vゾーン)と、遊技球が通過しても確率変動状態に移行させない非特定領域を有する。   The winning device 49 including the second big winning device 39b includes a probability change transition determining unit. The probability change transition determination unit has a specific region (V zone) that is shifted to a probability variation (hereinafter also referred to as probability variation) state after the end of a special game by passing a game ball, and a probability variation state even if the game ball passes. It has a non-specific area that is not migrated.
本実施形態では、確変移行判定部の形状は視認できないようにシートで覆われているため、破線で示した。第2大入賞装置39bは、本発明の「可変入賞手段」に相当する。また、以下では、第1大入賞装置39aをアタッカ1、第2大入賞装置39bをアタッカ2と呼ぶことがある。   In the present embodiment, the shape of the probability variation transition determination unit is covered with a sheet so that it cannot be visually recognized, and thus is indicated by a broken line. The second big winning device 39b corresponds to the “variable winning means” of the present invention. In the following, the first big prize device 39a may be called the attacker 1, and the second big prize device 39b may be called the attacker 2.
遊技領域4aの右側上方には、特別図柄表示装置43aおよび普通図柄表示装置43bが配置されている。特別図柄表示装置43aは、2個の7セグメントLED(左及び中)から構成され、特別図柄始動口38a、38bへの入賞を契機として特別図柄を変動させ、抽選結果を表示する。なお、残り1個は(右)、特別図柄及び普通図柄の保留球数や、時短状態であることを表示する。   A special symbol display device 43a and a normal symbol display device 43b are arranged on the upper right side of the game area 4a. The special symbol display device 43a is composed of two 7-segment LEDs (left and middle), and changes the special symbol in response to winning in the special symbol start ports 38a and 38b, and displays the lottery result. In addition, the remaining one (right) displays the number of reserved balls of special symbols and normal symbols and the short-time state.
普通図柄表示装置43bは、複数のLEDからなる表示器であり、普通図柄用始動ゲート40bへの入賞を契機として普通図柄を始動させ、LEDの点灯により抽選結果を表示する。   The normal symbol display device 43b is a display unit composed of a plurality of LEDs. The normal symbol is started by the winning of the normal symbol start gate 40b, and the lottery result is displayed by turning on the LED.
遊技領域4aの左側には、遊技球の流下方向を変化させる風車41、多数の遊技釘(図示省略)が配置されている。また、遊技領域4aの下方には、複数の一般入賞口42が配置されている。遊技球が一般入賞口42に入賞すると、所定数の賞球の払出しが行われる。   On the left side of the game area 4a, a windmill 41 that changes the flow direction of the game ball and a large number of game nails (not shown) are arranged. In addition, a plurality of general winning ports 42 are arranged below the game area 4a. When the game ball wins the general winning opening 42, a predetermined number of prize balls are paid out.
遊技領域4aの最も左側には、発射機構(図示省略)により発射された遊技球を遊技領域4aに案内するため、略上下方向に延びたガイドレール44が配置されている。ガイドレール44は、金属製の帯状の外内2本のガイドレール44a、44bで構成されている。   On the leftmost side of the game area 4a, a guide rail 44 extending in a substantially vertical direction is arranged in order to guide a game ball launched by a launch mechanism (not shown) to the game area 4a. The guide rail 44 is composed of two metal strip-shaped outer and inner guide rails 44a and 44b.
これら外内2本のガイドレール44a、44bの間で上下方向に延びた空間が、前記発射機構から発射された遊技球が通過する発射通路45を形成している。内側ガイドレール44bの上端には、発射球の発射方向(遊技領域4a側)への通過を許可すると共に戻り方向(発射通路45側)への通過を阻止する戻り球防止片46が配設されている。また、内側ガイドレール44bの最下部にはアウト球回収口47と、アウト球回収口47にアウト球を導入する球寄せ部48が形成されている。   A space extending in the vertical direction between the two outer and inner guide rails 44a and 44b forms a launch passage 45 through which a game ball launched from the launch mechanism passes. At the upper end of the inner guide rail 44b, a return ball prevention piece 46 that allows the shot ball to pass in the launch direction (the game area 4a side) and prevents the return ball (the launch path 45 side) from passing is provided. ing. Further, at the lowermost part of the inner guide rail 44 b, an out ball collection port 47 and a ball approaching portion 48 for introducing the out ball into the out ball collection port 47 are formed.
図4は、パチンコ遊技機1の制御装置の構成を示すブロック図である。なお、図4では信号を中継する中継基板や、本発明に関係のない一部の部材の構成を省略した。   FIG. 4 is a block diagram showing the configuration of the control device of the pachinko gaming machine 1. In FIG. 4, the configuration of a relay board for relaying signals and some members not related to the present invention are omitted.
この制御装置は、パチンコ遊技機1の動作を統括的に制御する主制御基板24と、主制御基板24からコマンドを受けて演出の制御をする演出制御基板25とを中心に構成される。主制御基板24を初めとした各基板には、電源基板28が接続され、外部電源から交流電圧24Vを受けて直流電圧に変換し、各基板に供給する。   This control device is mainly composed of a main control board 24 that comprehensively controls the operation of the pachinko gaming machine 1 and an effect control board 25 that receives a command from the main control board 24 and controls the effect. A power supply board 28 is connected to each board including the main control board 24, receives an AC voltage 24V from an external power source, converts it to a DC voltage, and supplies it to each board.
主制御基板24は、その内部に、主制御基板用CPU241と、ROM242と、RAM243を備えている。主制御基板用CPU241は、いわゆるプロセッサ部であり、大当りを発生させるか否かの抽選処理、決定された変動パターンや停止図柄の情報から制御コマンドを作成し、演出制御基板25に送信する等の処理を行う。なお、CPU241は、本発明の「判定手段」、「特別遊技状態実行手段」及び「遊技状態制御手段」に相当する。   The main control board 24 includes a main control board CPU 241, a ROM 242 and a RAM 243 therein. The main control board CPU 241 is a so-called processor unit, such as a lottery process for determining whether or not to generate a big hit, creating a control command from information on the determined variation pattern and stop symbol, and transmitting the control command to the effect control board 25. Process. The CPU 241 corresponds to the “determination unit”, “special game state execution unit”, and “game state control unit” of the present invention.
ROM242は、一連の遊技機制御手順を記述した制御プログラムや制御データ等を格納した記憶部である。また、RAM243は、主制御基板用CPU241の処理で設定されたデータを一時記憶するワークエリアを備えた記憶部である。   The ROM 242 is a storage unit that stores a control program describing a series of gaming machine control procedures, control data, and the like. The RAM 243 is a storage unit having a work area for temporarily storing data set by the processing of the main control board CPU 241.
主制御基板24には、始動入賞口センサ38c、大入賞口センサ39c、始動ゲート通過センサ40c、一般入賞口センサ42c、特定領域センサ56c、非特定領域センサ57c、磁気センサ50、電波センサ51、振動センサ52が接続され、各センサの検知信号を受信可能となっている。   The main control board 24 includes a start winning opening sensor 38c, a large winning opening sensor 39c, a starting gate passage sensor 40c, a general winning opening sensor 42c, a specific area sensor 56c, a non-specific area sensor 57c, a magnetic sensor 50, a radio wave sensor 51, A vibration sensor 52 is connected to receive a detection signal of each sensor.
磁気センサ50は、パチンコ遊技機1に磁石等を近づけた場合に、磁気を検知するセンサである。また、電波センサ51は、パチンコ遊技機1に対し発せられた強い電波を検知するセンサであり、振動センサ52は、パチンコ遊技機1に対し与えられた強い振動を検知するセンサである。   The magnetic sensor 50 is a sensor that detects magnetism when a magnet or the like is brought close to the pachinko gaming machine 1. The radio wave sensor 51 is a sensor that detects strong radio waves emitted to the pachinko gaming machine 1, and the vibration sensor 52 is a sensor that detects strong vibration given to the pachinko gaming machine 1.
また、主制御基板24には、特別図柄表示装置43a、普通図柄表示装置43bが接続され、主制御基板用CPU241が抽選処理により取得した乱数情報は、各図柄表示装置43a、43bに送信される。   Further, a special symbol display device 43a and a normal symbol display device 43b are connected to the main control board 24, and the random number information acquired by the main control board CPU 241 through a lottery process is transmitted to each of the symbol display devices 43a and 43b. .
さらに、主制御基板24には、パチンコ遊技機1の外部へ接続する端子を備えた外部端子基板21が接続されている。遊技における大当り、入賞数、ゲーム数、発生したエラー等の各種情報は、主制御基板24から外部端子基板21を介してホールコンピュータに送信される。なお、ホールコンピュータは、送信された各種情報を保存管理することができる。   Further, the main control board 24 is connected to an external terminal board 21 having terminals for connecting to the outside of the pachinko gaming machine 1. Various information such as a big hit in a game, the number of winnings, the number of games, and errors that have occurred are transmitted from the main control board 24 to the hall computer via the external terminal board 21. The hall computer can store and manage various types of transmitted information.
さらに、主制御基板24には、払出制御基板29が接続されている。払出制御基板29には、下貯留皿満杯センサ12cおよび前扉開放センサ20が接続されている。このため、これらのセンサが異常を検知すると、検知信号は払出制御基板29を介して主制御基板24に送信される。なお、払出制御基板29には、遊技球払出装置19と、発射制御基板30(さらに発射装置10aと接続)が接続されている。   Further, a payout control board 29 is connected to the main control board 24. The payout control board 29 is connected to the lower storage tray full sensor 12 c and the front door opening sensor 20. Therefore, when these sensors detect an abnormality, a detection signal is transmitted to the main control board 24 via the payout control board 29. The game ball payout device 19 and the launch control board 30 (further connected to the launch device 10a) are connected to the payout control board 29.
次に、演出制御基板25は、その内部に、演出制御基板用CPU251と、ROM252と、RAM253とを備えている。演出制御基板用CPU251はいわゆるプロセッサ部であり、主制御基板24から送信された制御コマンドを受信し、その制御コマンドに基づいた各種演出を制御する処理を行う。なお、演出制御基板25は、本発明の「通過報知演出実行手段」に相当する。   Next, the effect control board 25 includes an effect control board CPU 251, a ROM 252, and a RAM 253 therein. The effect control board CPU 251 is a so-called processor unit, and receives a control command transmitted from the main control board 24, and performs processing for controlling various effects based on the control command. The effect control board 25 corresponds to “pass notification effect executing means” of the present invention.
ROM252は、一連の演出制御手順を記述した制御プログラムや演出データ等を格納した記憶部である。また、RAM253は、演出制御基板用CPU251の処理で設定されたデータを一時記憶するワークエリアを備えた記憶部である。   The ROM 252 is a storage unit that stores a control program describing a series of effect control procedures, effect data, and the like. The RAM 253 is a storage unit including a work area for temporarily storing data set by the processing of the effect control board CPU 251.
演出制御基板25には、スピーカ7、枠装飾LED8、異常報知LED32、盤面装飾LED35、ボリュームスイッチ31、位置検出センサ55c、左演出ボタン13、中央演出ボタン14が接続されている。これにより、演出制御基板25は、例えば、スピーカ7の効果音や各LED等の動作を制御し、演出効果を高めている。なお、異常報知LED32は、パチンコ遊技機1の背面(演出制御基板25)に設けられたLEDであり、特定の異常が発生したことを報知する。   Speaker 7, frame decoration LED 8, abnormality notification LED 32, panel decoration LED 35, volume switch 31, position detection sensor 55 c, left effect button 13, and center effect button 14 are connected to effect control board 25. Thereby, the production control board 25 controls the sound effect of the speaker 7, operation | movement of each LED, etc., and is raising the production effect, for example. The abnormality notification LED 32 is an LED provided on the back surface (the effect control board 25) of the pachinko gaming machine 1, and notifies that a specific abnormality has occurred.
位置検出センサ55cは、後述する確変移行判定部にある振分部の位置を検出するセンサである。また、演出ボタン13、14は、遊技者が有効期間にこれらを押下げることで、検知信号が演出制御基板25に送信され、液晶表示装置36に表示される演出が変化する。   The position detection sensor 55c is a sensor that detects the position of the distribution unit in the probability variation transition determination unit described later. In addition, when the player pushes down the effect buttons 13 and 14 during the effective period, the detection signal is transmitted to the effect control board 25, and the effect displayed on the liquid crystal display device 36 changes.
演出制御基板25には、液晶制御基板26が接続されている。液晶制御基板26は、演出制御基板25からコマンドを受けて液晶表示装置36の表示制御を行うものである。   A liquid crystal control board 26 is connected to the effect control board 25. The liquid crystal control board 26 receives a command from the effect control board 25 and performs display control of the liquid crystal display device 36.
液晶制御基板26は、その内部に、液晶制御CPU261と、液晶制御ROM262と、液晶制御RAM263と、映像表示プロセッサVDP264と、画像データROM265と、VRAM266を備えている。   The liquid crystal control board 26 includes a liquid crystal control CPU 261, a liquid crystal control ROM 262, a liquid crystal control RAM 263, a video display processor VDP 264, an image data ROM 265, and a VRAM 266 therein.
液晶制御CPU261は、いわゆるプロセッサ部であり、演出制御基板25から受信した液晶制御コマンドに基づいて表示制御を行うために必要な液晶制御データを生成する。また、そのデータを映像表示プロセッサVDP264に出力する。   The liquid crystal control CPU 261 is a so-called processor unit, and generates liquid crystal control data necessary for performing display control based on the liquid crystal control command received from the effect control board 25. The data is output to the video display processor VDP 264.
液晶制御ROM262は、液晶制御CPU261の動作手順を記述したプログラムを格納した記憶部であり、液晶制御RAM263は、ワークエリアやバッファメモリとして機能する記憶部である。   The liquid crystal control ROM 262 is a storage unit that stores a program that describes the operation procedure of the liquid crystal control CPU 261, and the liquid crystal control RAM 263 is a storage unit that functions as a work area or a buffer memory.
映像表示プロセッサVDP264は、液晶表示装置36に表示する画像データの画像処理を行うプロセッサである。また、画像データROM265は、映像表示プロセッサVDP264が画像処理を行うために必要な画像データを格納した記憶部であり、VRAM266は、映像表示プロセッサVDP264が画像処理した画像データを一時記憶する記憶部である。   The video display processor VDP 264 is a processor that performs image processing of image data displayed on the liquid crystal display device 36. The image data ROM 265 is a storage unit that stores image data necessary for the video display processor VDP 264 to perform image processing. The VRAM 266 is a storage unit that temporarily stores image data processed by the video display processor VDP 264. is there.
上記の構成により液晶制御基板26は、演出制御基板25から送信された液晶制御コマンドに基づき画像処理を行い、液晶表示装置36に演出画像や動画を表示している。   With the above configuration, the liquid crystal control board 26 performs image processing based on the liquid crystal control command transmitted from the effect control board 25, and displays effect images and moving images on the liquid crystal display device 36.
次に、図5A、5Bを参照して、パチンコ遊技機1の確変移行判定部を含む入賞装置49について説明する。確変移行判定部は、第2大入賞装置39bや普通図柄用始動ゲート40bを含む入賞装置49内にあり、確変移行の権利取得に関する判定を行う。   Next, with reference to FIGS. 5A and 5B, the winning device 49 including the probability variation transition determination unit of the pachinko gaming machine 1 will be described. The probability variation transition determination unit is in the prize winning device 49 including the second large prize winning device 39b and the normal symbol start gate 40b, and makes a determination regarding the right acquisition of the probability variation transition.
本実施形態では、特別遊技において、遊技者が右打ちを行う仕様となっている。従って、遊技球は入賞装置49の右上部分から流下してくる。そして、遊技球は普通図柄用始動ゲート40b付近を通って、第2大入賞装置39bに到達する。また、普通図柄用始動ゲート40bを通過した遊技球は、球誘導部53によって第2大入賞装置39bの方向に誘導される(図5B参照)。   In the present embodiment, in the special game, the player is right-handed. Accordingly, the game ball flows down from the upper right part of the winning device 49. Then, the game ball passes through the vicinity of the normal symbol start gate 40b and reaches the second grand prize device 39b. In addition, the game ball that has passed through the normal symbol start gate 40b is guided toward the second grand prize device 39b by the ball guiding portion 53 (see FIG. 5B).
第2大入賞装置39bには開閉扉39d(本発明の「開閉手段」に相当する)があり、開閉扉39dが後方に退避しているとき、遊技球が内部に入球可能となる。入球した遊技球は、大入賞口センサ39cで検出され、第2大入賞装置39bの入賞数としてカウントされる。遊技球は、その後、確変移行判定部54の方向に進む。   The second big prize winning device 39b has an opening / closing door 39d (corresponding to the “opening / closing means” of the present invention), and when the opening / closing door 39d is retracted rearward, a game ball can enter inside. The game balls that have been entered are detected by the big prize opening sensor 39c and counted as the number of prizes received by the second big prize winning device 39b. The game ball then proceeds in the direction of the probability change transition determination unit 54.
一方、開閉扉39dが前方に突出しているとき、遊技球は、第2大入賞装置39bの内部に入球することができない。この場合、開閉扉39dの上部を遊技球が通過できるようになっており、遊技球は、第2特別図柄始動口38bの方向に誘導される。   On the other hand, when the open / close door 39d protrudes forward, the game ball cannot enter the second large winning device 39b. In this case, the game ball can pass through the upper part of the open / close door 39d, and the game ball is guided in the direction of the second special symbol start port 38b.
確変移行判定部54は、初め1本の通路であるが、最終的に左側の特定領域56、又は右側の非特定領域57に振分けられる。通路途中に設けられた振分部55(本発明の「振分手段」に相当する)は、左右方向に移動可能であり、位置検出センサ55cによって位置情報が演出制御基板25に送信される。なお、図5Bでは、振分部55を省略している。   The probability change transition determination unit 54 is initially one passage, but is finally distributed to the left specific area 56 or the right non-specific area 57. The distribution unit 55 (corresponding to the “distribution means” of the present invention) provided in the middle of the passage is movable in the left-right direction, and position information is transmitted to the effect control board 25 by the position detection sensor 55c. In FIG. 5B, the distribution unit 55 is omitted.
ここで、「振分手段」には、遊技球を振分け可能な様々な態様のものが含まれる。例えば、特定領域に対して出退動作をする蓋部材や、特定領域の穴と非特定領域の穴が並設された入賞装置において、一方の穴を塞ぐシャッタ部材も「振分手段」に含まれる。その他、球検出スイッチを1個だけ設け、時間で切替えて特定入賞か否かを判定するものであってもよい。   Here, the “sorting means” includes various modes in which game balls can be sorted. For example, in a prize-winning device in which a hole that moves in and out of a specific area or a hole in a specific area and a hole in a non-specific area are arranged side by side, a shutter member that closes one hole is also included in the “distribution means” It is. In addition, only one ball detection switch may be provided, and it may be determined by time whether or not it is a specific prize.
確変移行判定部54が確変移行の権利取得について判定するのは、特別遊技中の特別ラウンド(後述する実施例1では、第4ラウンド等)である。詳細は後述するが、確変図柄当りに当選した場合には、その特別遊技の終了後に大当り確率が高く設定された確率変動モードに移行する。このため、特別ラウンドでは、遊技球が通過可能な程度の時間、特定領域56が開放状態となる。   The probability change determination unit 54 determines whether to acquire the right of probability change in a special round during a special game (eg, a fourth round in Example 1 described later). Although details will be described later, when winning per probability variation symbol, after the end of the special game, it shifts to a probability variation mode in which the jackpot probability is set high. For this reason, in the special round, the specific area 56 is opened for a period of time that allows the game ball to pass.
特定領域56を開放状態とするときには、振分部55を右側に移動させ、閉鎖状態とするときには、左側に移動させる。実施例1では、第4ラウンド等で特定領域56を開放状態とし、確変移行の権利を取得できるようにしている。   When the specific area 56 is in the open state, the sorting unit 55 is moved to the right side, and when in the closed state, the specific area 56 is moved to the left side. In the first embodiment, the specific area 56 is opened in the fourth round or the like so that the right of probability change can be acquired.
一方、非確変図柄当りに当選した場合には、基本的に、その特別遊技の終了後に確率変動モードに移行することが許可されていない。この場合には、開閉扉39dの作動時間を短く設定することで、遊技球が特定領域56を通過し難くしている。   On the other hand, in the case of winning per non-probable variation symbol, basically, it is not permitted to enter the probability variation mode after the special game ends. In this case, it is made difficult for the game ball to pass through the specific area 56 by setting the operation time of the opening / closing door 39d short.
また、図5Bに示すように特定領域56、非特定領域57には球検出センサが配設され、遊技球が通過したとき、主制御基板24に入球検知信号が送信されるようになっている。これらの球検出センサは、第2大入賞装置39bから排出された排出球の数をカウントする。特定領域56の特定領域センサ56cは、本発明の「特定領域通過検出手段」に相当し、非特定領域57の非特定領域センサ57cは、本発明の「非特定領域通過検出手段」に相当する。   Further, as shown in FIG. 5B, a ball detection sensor is provided in the specific area 56 and the non-specific area 57, and when the game ball passes, a ball detection signal is transmitted to the main control board 24. Yes. These ball detection sensors count the number of discharged balls discharged from the second big winning device 39b. The specific area sensor 56c of the specific area 56 corresponds to “specific area passage detection means” of the present invention, and the non-specific area sensor 57c of the non-specific area 57 corresponds to “non-specific area passage detection means” of the present invention. .
[実施例1]
次に、図6Aを参照して、実施例1の特別遊技の構成(「大当りパターンA」、「大当りパターンB」)について説明する。
[Example 1]
Next, with reference to FIG. 6A, the configuration of the special game of the first embodiment (“big hit pattern A”, “big hit pattern B”) will be described.
パチンコ遊技機1には、確変図柄、非確変図柄があり、それぞれ当選により特別遊技が付与される。後述する「大当りパターンA」〜「大当りパターンC」は、確変図柄当りにより付与される特別遊技であって、後述する特別ラウンドで少なくとも1回、アタッカ2の開閉扉39dが長期開放する。以下では、その詳細を説明する。   The pachinko gaming machine 1 has a probability variation symbol and a non-probability variation symbol, and a special game is awarded by winning each. “Big hit pattern A” to “Big hit pattern C”, which will be described later, are special games given by the probability variation symbols, and the open / close door 39d of the attacker 2 is opened for a long time at least once in a special round described later. The details will be described below.
まず、「大当りパターンA」は、全部で14のラウンドから構成され、特別遊技の終了後は、遊技状態が確率変動モードとなる(図6A(a)参照)。なお、確率変動モードは、本発明の「特定遊技状態」の一例である。   First, the “big hit pattern A” is composed of a total of 14 rounds, and after the special game is over, the gaming state becomes the probability variation mode (see FIG. 6A (a)). The probability variation mode is an example of the “specific game state” in the present invention.
確率変動モードは、次回の大当り発生まで継続するものが良く知られているが、実施例1では回数が限定され、所定回数(100回)の遊技が行われると終了する。このとき、当選確率が高確率となるだけでなく、普通電動役物の開閉部材が頻繁に開放するようになるので(電チューサポート有り状態)、遊技球が始動入賞し易くなる。   It is well known that the probability variation mode continues until the next jackpot occurrence, but in the first embodiment, the number of times is limited, and the game ends when a predetermined number of games (100 times) are performed. At this time, not only the winning probability is high, but the opening / closing member of the ordinary electric accessory is frequently opened (with the electric chew support), so that the game ball is easy to start and win.
「大当りパターンA」において、最初に開始インターバル(オープニング)が行われる。開始インターバルでは、10000ms(10.0秒)の期間に、液晶表示装置36で「大当り表示」と「右打ち表示」が行われる。「大当り表示」とは、第1ラウンド開始前に行われる「大当り」等の文字表示であり、大当り種別によって複数の表示が用意されている。   In “big hit pattern A”, a start interval (opening) is first performed. In the start interval, “big hit display” and “right-handed display” are performed on the liquid crystal display device 36 in a period of 10000 ms (10.0 seconds). The “big hit display” is a character display such as “big hit” performed before the start of the first round, and a plurality of displays are prepared depending on the big hit type.
上記の文字表示、同時に出現する図形(絵やキャラクタ)、背景又はこれらの組合せ、表示の時間を、大当り種別によって異ならせてもよい。例えば、特別ラウンドで少なくとも1回、開閉扉39dが長期開放する特別遊技の場合には、白色や青色の文字表示とする。   The character display, the figure (picture or character) appearing at the same time, the background or a combination thereof, and the display time may be varied depending on the jackpot type. For example, in the case of a special game in which the open / close door 39d is opened for a long time at least once in a special round, the characters are displayed in white or blue.
また、全ての特別ラウンドで開閉扉39dが長期開放する特別遊技の場合には、金色や7色のレインボー柄、黄色と黒色を組合せたデンジャー柄として、文字表示を目立たせることができる。   Further, in the case of a special game in which the open / close door 39d is opened for a long time in all special rounds, the character display can be conspicuous as a golden or seven-colored rainbow pattern or a combination of yellow and black.
表示の時間は、遊技者にとって有利な大当りパターンである程、長い時間表示するようにしてもよい。これにより、遊技者は、特別遊技の開始時にこれから実行される大当り種別を予想することができ、遊技の興趣が向上する。   The display time may be longer as the jackpot pattern is more advantageous to the player. Thereby, the player can predict the jackpot type to be executed at the start of the special game, and the interest of the game is improved.
これは、飽くまで報知演出であるので、目立たない態様の報知を行うが、実際には、価値の高い特別遊技が実行される場合もある。逆に、目立つ態様の報知を行って、価値の低い特別遊技が実行される嘘報知を行ってもよい。   Since this is a notification effect until it gets tired, notification of an inconspicuous aspect is performed, but actually, a special game with high value may be executed. Conversely, a notice of a conspicuous mode may be performed and a lie notification that a low-value special game is executed may be performed.
また、「右打ち表示」とは、特別遊技で使用するアタッカを指示するものである。特に、盤面右側に配置されたアタッカ2(第2大入賞装置39b)を使用するラウンドがある等の理由から、遊技者に右打ちをすることを指示する。   The “right-handed display” is an instruction for an attacker to be used in a special game. In particular, the player is instructed to make a right turn for reasons such as a round in which the attacker 2 (second big prize device 39b) arranged on the right side of the board is used.
その後、第1ラウンドが開始する。第1ラウンドは、開閉扉の作動時間が29000ms(29.0秒)であって、アタッカ1(第1大入賞装置39a)を使用する。なお、後述する第4、8、12ラウンドを除くラウンドは、「通常ラウンド」と呼ばれ、本発明の「通常ラウンド」に相当する。   Thereafter, the first round starts. In the first round, the operation time of the open / close door is 29000 ms (29.0 seconds), and the attacker 1 (the first big winning device 39a) is used. Note that rounds other than rounds 4, 8, and 12 to be described later are called “normal rounds” and correspond to the “normal rounds” of the present invention.
第1ラウンドでは、「Round01」のラウンド表示が行われると共に、「チャレンジ演出」が開始する。「チャレンジ演出」では、例えば、主人公と相手キャラクタとが対戦する演出が行われる。この段階では勝敗が分からないが、強さの異なる複数のキャラクタから1つの相手キャラクタが選択される。なお、演出ボタン13、14を用いて先攻後攻を決定する等の演出も用意されている。   In the first round, a round display of “Round01” is performed, and a “challenge effect” starts. In the “challenge effect”, for example, an effect in which the main character and the opponent character battle each other is performed. At this stage, winning or losing is unknown, but one opponent character is selected from a plurality of characters having different strengths. It is also possible to prepare effects such as determining the first and second attacks using the effect buttons 13 and 14.
開閉扉の作動時間(開放時間)が終了すると、2000ms(2.0秒)のインターバル時間となる。これは、アタッカ1に入賞した遊技球の排出確認のための時間であり、この時間の経過時までの入賞数及び排出数が有効とみなされる。なお、アタッカ1は、大入賞口センサ39cが1つあるだけなので、入賞数と排出数は必ず一致する。   When the opening / closing door operating time (opening time) ends, the interval time becomes 2000 ms (2.0 seconds). This is a time for confirming the discharge of the game ball won in the attacker 1, and the number of winnings and the number of discharging until the elapse of this time are considered valid. Since the attacker 1 has only one big winning opening sensor 39c, the number of winning and the number of discharging always match.
特別遊技は、その後、第2ラウンド、さらに第3ラウンドへと進行する。第2、第3ラウンドは、ラウンド表示がラウンドの進行に応じて進んでいく以外、第1ラウンドとほぼ同じであるので、図面を一部省略した。   The special game then proceeds to the second round and then to the third round. The second and third rounds are substantially the same as the first round except that the round display proceeds in accordance with the progress of the rounds, and therefore some drawings are omitted.
一方、実行中の「チャレンジ演出」は、ラウンドの進行に応じて発展しながら第3ラウンドのインターバル時間に進む。なお、「チャレンジ演出(優)」では、主人公が優勢で、最終的に相手キャラクタを倒し、勝利するストーリーとなる。その後、7300ms(7.3秒)のインターバル時間の開始時から「報知演出α」が実行される。   On the other hand, the “challenge effect” being executed advances to the interval time of the third round while developing as the round progresses. In the “Challenge production (excellent)”, the main character is dominant, and the story is that the opponent character is finally defeated and won. Thereafter, “notification effect α” is executed from the start of the interval time of 7300 ms (7.3 seconds).
「報知演出α」では、まず、左演出ボタン13(中央演出ボタン14でもよい)の画像が表示され、遊技者に対しその操作や連打を指示する。そして、遊技者が左演出ボタン13を操作すると、「チャレンジ演出(優)」での勝利確定の演出が開始する。さらに、次回の第4ラウンドで狙うアタッカの報知が行われる(図7(a)参照)。その後、第4ラウンドに進む。   In the “notification effect α”, first, an image of the left effect button 13 (or the center effect button 14) is displayed, and the player is instructed to perform the operation or repeated hits. Then, when the player operates the left effect button 13, an effect of confirming the victory with “Challenge effect (excellent)” is started. Furthermore, the attacker targeted for the next fourth round is notified (see FIG. 7A). Then proceed to the fourth round.
第4ラウンドは、第1〜第3ラウンドと開閉扉の動作が異なっている。第4ラウンドは、開閉扉が閉鎖したまま待機する待機期間(2700ms)と、開閉扉が長期開放する開放期間(26300ms)とから構成される。また、今回、アタッカ2(第2大入賞装置39b)を使用し、上述の振分部55が動作して特定領域56を所定時間、開放状態とする。なお、第4ラウンドは、「特別ラウンド」と呼ばれ、本発明の「特別ラウンド」に相当する。   The fourth round differs from the first to third rounds in the operation of the door. The fourth round is composed of a waiting period (2700 ms) in which the open / close door is closed and an open period (26300 ms) in which the open / close door is opened for a long time. In addition, this time, using the attacker 2 (second prize-winning device 39b), the above-described distribution unit 55 operates to open the specific area 56 for a predetermined time. The fourth round is called a “special round” and corresponds to the “special round” of the present invention.
上記の「報知演出α」は、第4ラウンド開始時までに終了するが、第4ラウンドの待機期間の終了時まで継続して実行してもよい。これにより、開閉扉39dが長期開放する直前まで、今回狙うアタッカの報知を行うことができ、遊技者が特別ラウンドでの遊技に戸惑うことがなくなる。   The above “notification effect α” ends by the start of the fourth round, but may continue to be executed until the end of the waiting period of the fourth round. As a result, until the open / close door 39d is opened for a long period of time, it is possible to notify the attacker targeted this time, and the player will not be confused by the game in the special round.
また、第4ラウンドでは、映像として、「特別ラウンド演出(特別R演出)」が行われる。これは、アタッカ2の開閉扉39dが長期開放する特別ラウンドでのみ行われる表示である。すなわち、上述の「報知演出α」で主人公が勝利したことにより、特別遊技の終了後に確率変動モードに移行するという演出の流れになる。   In the fourth round, a “special round effect (special R effect)” is performed as a video. This is a display performed only in a special round in which the open / close door 39d of the attacker 2 is opened for a long time. That is, when the main character wins in the “notification effect α” described above, an effect flow is made in which the mode shifts to the probability variation mode after the special game ends.
遊技球が特定領域56を通過(以下、V入賞という)すると、遊技者は、確率変動モードに移行する権利を取得することができる。この第4ラウンドは、開閉扉39dが開放状態となる時間が長いので、遊技者がアタッカ2を狙って遊技球を打ち出していれば、ほとんどの場合、当該権利の取得が可能である。また、当該権利が取得された際に「Vマーク」を表示する「V入賞表示」(本発明の「通過報知演出」に相当する)が行われる(図7(b)参照)。   When the game ball passes through the specific area 56 (hereinafter referred to as V winning), the player can acquire the right to shift to the probability variation mode. In the fourth round, since the opening and closing door 39d is in a long time, the right can be obtained in most cases if the player has launched a game ball aiming at the attacker 2. In addition, a “V winning display” (corresponding to “pass notification effect” of the present invention) that displays a “V mark” when the right is acquired is performed (see FIG. 7B).
「V入賞表示」は、V入賞のタイミングが遅れた場合にも、予め定めた所定の時間、継続して表示するようにする。すなわち、次回の第5ラウンドが開始しても、「V入賞表示」が継続する場合がある。これにより、V入賞したことを遊技者に強く印象付けることができる。   The “V winning display” is continuously displayed for a predetermined time even when the V winning timing is delayed. That is, even when the next fifth round starts, the “V winning display” may continue. Thereby, the player can be strongly impressed that the V prize has been won.
「V入賞表示」を継続する所定時間が経過した後も、例えば、大当り図柄の上に小さなVマークを表示したままにしてもよい。最終ラウンドまで小さなVマークの表示を継続してもよいが、遅くとも確率変動モードの遊技開始前には終了する必要がある。   For example, a small V mark may be displayed on the big hit symbol even after a predetermined time for continuing the “V winning display” has elapsed. The display of the small V mark may be continued until the final round, but it is necessary to end the game before the game in the probability variation mode at the latest.
また、第4ラウンドのインターバル時間は3000ms(3.0秒)あり、この時間の経過時までの入賞数と排出数が確認される。アタッカ1とは異なり、排出数が特定領域56と非特定領域57を通過した遊技球の合計となるので、インターバル時間が長めに設定されている。   Further, the interval time of the fourth round is 3000 ms (3.0 seconds), and the number of winnings and the number of discharging until the elapse of this time are confirmed. Unlike the attacker 1, since the number of discharges is the sum of the game balls that have passed through the specific area 56 and the non-specific area 57, the interval time is set longer.
ここで、アタッカ2に入球した全ての遊技球の排出が確認されるまで、次回の第5ラウンドが開始しない。すなわち、特別ラウンドである第4ラウンドでは、インターバル時間が経過することと、入賞数と排出数が一致することの両条件が成立した場合に第5ラウンドに進む。   Here, the next fifth round does not start until it is confirmed that all the game balls that have entered the attacker 2 have been discharged. That is, in the fourth round, which is a special round, the process proceeds to the fifth round when both the conditions that the interval time elapses and that the number of winnings and the number of winning matches are satisfied.
また、第4ラウンドのインターバル時間から、「大当り演出1+オープニングテーマ」が開始する。これは、特定の楽曲が演奏される演出であり、第10ラウンドの終了時まで継続する。   In addition, from the interval time of the fourth round, “big hit production 1 + opening theme” starts. This is an effect in which specific music is played and continues until the end of the tenth round.
第5ラウンドでは、再びアタッカ1を使用する。開閉扉の作動時間は、29000msであるので、第1〜第3ラウンドと同じである。また、ラウンド表示が進行する点も同じである。   In the fifth round, the attacker 1 is used again. Since the operation time of the door is 29000 ms, it is the same as the first to third rounds. The same is true for round display.
その後、第5ラウンドのインターバル時間(2000ms)を経て、第6ラウンドに進む。第6、第7ラウンドは、ラウンド表示が進行する以外、第5ラウンドと同じであるので、図面を一部省略した。   Then, after the interval time (2000 ms) of the fifth round, the process proceeds to the sixth round. Since the sixth and seventh rounds are the same as the fifth round except that the round display proceeds, some of the drawings are omitted.
その後、第8ラウンドに進む。第8ラウンドは、2回目の特別ラウンドであり、再度アタッカ2を使用する。開閉扉39dの動作は、第4ラウンドと同じである。遊技者が、第4ラウンドで確変移行の権利を取得できない場合もあるので、再度、振分部55を開放状態とする。   Then proceed to the eighth round. The eighth round is the second special round, and the attacker 2 is used again. The operation of the open / close door 39d is the same as in the fourth round. Since the player may not be able to acquire the right to change probability in the fourth round, the distribution unit 55 is opened again.
そして、第8ラウンドのインターバル時間(3000ms)を経て、第9ラウンドに進む。第9、第10ラウンドではアタッカ1を使用する。開閉扉の作動時間、インターバル時間は第1〜第3ラウンドと同じであり、ラウンド表示はラウンドの進行に応じて進行する。   Then, after the interval time (3000 ms) of the eighth round, the process proceeds to the ninth round. Attacker 1 is used in the ninth and tenth rounds. The operation time and interval time of the open / close door are the same as those in the first to third rounds, and the round display proceeds according to the progress of the round.
その後の第11〜第14ラウンドでは、開閉扉が80msだけ作動する。そして、インターバル時間(2000ms)を経て、次回ラウンドに進む。第11〜第14ラウンドは、開閉扉の作動時間が極めて短いので、遊技球がほとんどアタッカに入賞せず、遊技者は、賞球を獲得することができない。また、このとき、ラウンド表示は行われず、「エンディング演出」が行われる。   In the subsequent 11th to 14th rounds, the open / close door operates for 80 ms. Then, after an interval time (2000 ms), the process proceeds to the next round. In the 11th to 14th rounds, the operation time of the opening / closing door is extremely short, so that most of the game balls do not win the attacker, and the player cannot acquire the prize balls. At this time, the round display is not performed and the “ending effect” is performed.
なお、第12ラウンドでは、開閉扉39dが80ms開放し、インターバル時間は3000msとなる。このとき、振分部55は短期間の動作となるが(後述する、特定領域短開放)、振分部55が動作する期間は変更可能である。   In the 12th round, the open / close door 39d is opened for 80 ms, and the interval time is 3000 ms. At this time, the distribution unit 55 operates in a short period of time (specific area short opening described later), but the period during which the distribution unit 55 operates can be changed.
その後、第14ラウンドのインターバル時間(2000ms)を経て、8000ms(8.0秒)の「終了インターバル(エンディング)」に進む。ここでは、何れのアタッカも閉鎖した状態であるが、液晶表示装置36で「エンディング表示」が行われる。   Thereafter, after the interval time (2000 ms) of the 14th round, the process proceeds to an “end interval (ending)” of 8000 ms (8.0 seconds). Here, although all the attackers are closed, the liquid crystal display device 36 performs “ending display”.
「エンディング表示」とは、特別遊技が終了したことを示す「Fin」や「確率変動モード突入」等の文字表示である。また、この演出の最後に攻略法の注意喚起や企業ロゴ表示等が表示される。そして、終了インターバル時間の経過により、「大当りパターンA」が終了し、確率変動モードの遊技が開始する。   “Ending display” is a character display such as “Fin” or “probability change mode entry” indicating that the special game has ended. In addition, at the end of this production, a warning of the strategy, a company logo display, etc. are displayed. Then, as the end interval time elapses, the “big hit pattern A” ends, and the game in the probability variation mode starts.
次に、「大当りパターンB」について、上記「大当りパターンA」と異なる部分を中心に説明する。「大当りパターンB」も、全部で14のラウンドから構成され、特別遊技の終了後は、遊技状態が確率変動モードとなる(図6A(b)参照)。   Next, the “big hit pattern B” will be described focusing on the differences from the “big hit pattern A”. The “hit pattern B” is also composed of 14 rounds in total, and after the special game is over, the gaming state becomes the probability variation mode (see FIG. 6A (b)).
第1〜第3ラウンドにおける使用アタッカ、開閉扉の作動時間は、「大当りパターンA」と同じであるが、映像の内容が異なっている。また、「チャレンジ演出(劣)」が実行されるが、今回、主人公が劣勢で、最終的に相手キャラクタに敗北するストーリーとなるので、例えば、手強いキャラクタが選択される。   The operating time of the use attacker and the door in the first to third rounds is the same as the “big hit pattern A”, but the content of the video is different. In addition, “challenge production (inferior)” is executed, but this time, since the main character is inferior and eventually becomes a story defeated by the opponent character, for example, a strong character is selected.
今回は、7000ms(7.0秒)の第3ラウンドのインターバル時間の開始時から「報知演出β」が実行される。「報知演出β」は、「報知演出α」と内容が異なり、遊技者が演出ボタン13を操作すると、「チャレンジ演出(劣)」での敗北確定の演出が開始する。また、第4ラウンドで狙うアタッカについて報知しない。   This time, “notification effect β” is executed from the start of the interval time of the third round of 7000 ms (7.0 seconds). The content of “notification effect β” is different from “notification effect α”, and when the player operates the effect button 13, the effect of defeat confirmation with “challenge effect (inferior)” starts. Also, the attackers targeted in the fourth round are not notified.
その後、第4ラウンドに進む。第4ラウンドは、特別ラウンドであり、アタッカ2を使用する。開閉扉39dの作動時間が100msであって、上記「大当りパターンA」の第4ラウンドと比較して極めて短く設定されている。ここでは、遊技者がアタッカ2を狙って遊技球を打ち出しても、ほとんどV入賞することはなく、確変移行の権利を取得することができない。すなわち、上述の「報知演出β」で主人公が敗北したために、確率変動モードが付与されないという演出の流れになる。   Then proceed to the fourth round. The fourth round is a special round and uses the attacker 2. The operation time of the open / close door 39d is 100 ms, which is set to be extremely short compared to the fourth round of the “big hit pattern A”. Here, even if the player strikes a game ball aiming at the attacker 2, the player hardly wins a V and cannot acquire the right to shift. That is, since the protagonist is defeated in the “notification effect β”, the probability variation mode is not given.
その後、第4ラウンドのインターバル時間(3000ms)を経て、第5ラウンドに進む。第5ラウンドでは、再びアタッカ1を使用する。また、「チャレンジ演出(優)」が開始するが、今回は、主人公が「チャレンジ演出(劣)」とは異なる相手キャラクタと対戦する。   Then, after the interval time (3000 ms) of the fourth round, the process proceeds to the fifth round. In the fifth round, the attacker 1 is used again. In addition, “Challenge production (excellent)” starts, but this time the main character plays against an opponent character different from “Challenge production (inferior)”.
その後、「チャレンジ演出(優)」がラウンドの進行に応じて発展しながら、第7ラウンドのインターバル時間に進む。その後、第7ラウンドのインターバル時間(7300ms)の開始時から「報知演出α」が実行されるが、今回、遊技者が左演出ボタン13を操作すると、「チャレンジ演出(優)」での勝利確定の演出が開始し、次回の第8ラウンドで狙うアタッカの報知が行われる。   Thereafter, “challenge production (excellent)” develops as the round progresses, and proceeds to the interval time of the seventh round. Thereafter, the “notification effect α” is executed from the start of the interval time (7300 ms) of the seventh round, but when the player operates the left effect button 13 this time, the victory is confirmed with “challenge effect (excellent)”. Is started, and the attacker targeted for the next round 8 is notified.
その後、第8ラウンドに進む。第8ラウンドは、2回目の特別ラウンドであって、再度アタッカ2を使用する。また、第8ラウンドは、開閉扉39dが閉鎖したまま待機する待機期間(2700ms)と、開閉扉39dが長期開放する開放期間(26300ms)とから構成される。   Then proceed to the eighth round. The eighth round is the second special round, and the attacker 2 is used again. The eighth round includes a standby period (2700 ms) in which the open / close door 39d is closed and an open period (26300 ms) in which the open / close door 39d is opened for a long time.
第8ラウンドでは、映像として、「特別ラウンド演出(特別R演出)」が行われる。すなわち、上述の「報知演出α」で主人公が勝利したことによって、特別遊技の終了後に確率変動モードに移行するという演出の流れになる。   In the eighth round, a “special round effect (special R effect)” is performed as a video. That is, when the protagonist wins in the “notification effect α” described above, the effect flow is such that the transition to the probability variation mode is made after the special game is over.
また、遊技球がV入賞すると、遊技者は、確率変動モードに移行する権利を取得することができる。今回の特別ラウンドは、開閉扉39dが開放状態となる時間が長く、ほとんどの場合、当該権利の取得が可能である。そして、当該権利が取得された際に「V入賞表示」が行われる。   Further, when the game ball wins V, the player can acquire the right to shift to the probability variation mode. In this special round, it takes a long time for the open / close door 39d to be open, and in most cases, the right can be acquired. When the right is acquired, “V winning display” is performed.
その後、第8ラウンドのインターバル時間(3000ms)を経て、第9ラウンドに進む。第9〜第11ラウンドでは、再びアタッカ1を使用する。開閉扉の作動時間は、29000msであるので、第1〜第3ラウンドと同じである。なお、第8ラウンドのインターバル時間から、「大当り演出1+オープニングテーマ」が開始する。   Thereafter, after the interval time (3000 ms) of the eighth round, the process proceeds to the ninth round. In the ninth to eleventh rounds, the attacker 1 is used again. Since the operation time of the door is 29000 ms, it is the same as the first to third rounds. In addition, from the interval time of the 8th round, “big hit effect 1 + opening theme” starts.
その後、第11ラウンドのインターバル時間(2000ms)を経て、第12ラウンドに進む。第12〜第14ラウンドでは、開閉扉が80msだけ作動する。そして、インターバル時間(2000ms)を経て、次回ラウンドに進む。なお、第12ラウンドでは、開閉扉39dが80ms開放し、インターバル時間は3000msとなる。   Then, after the interval time (2000 ms) of the eleventh round, the process proceeds to the twelfth round. In the 12th to 14th rounds, the open / close door operates for 80 ms. Then, after an interval time (2000 ms), the process proceeds to the next round. In the 12th round, the open / close door 39d is opened for 80 ms, and the interval time is 3000 ms.
さらに、第14ラウンドのインターバル時間(2000ms)を経て、10000msの「終了インターバル(エンディング)」に進む。そして、終了インターバル時間の経過により、「大当りパターンB」が終了し、確率変動モードの遊技が開始する。   Further, after an interval time (2000 ms) of the 14th round, the process proceeds to an “end interval (ending)” of 10,000 ms. Then, as the end interval time elapses, the “big hit pattern B” ends and the game in the probability variation mode starts.
「大当りパターンB」は、初め確変移行の権利を取得できないと思わせる演出を行うが、最終的には遊技者に当該権利を獲得させる。このとき、遊技者としては、確変移行の権利取得に危惧を感じつつも、その後、当該権利の取得機会が与えられることに期待を寄せるようになる。そして、実際にその機会が与えられるので、斬新なゲーム性となり、遊技の興趣が向上する。   The “hit pattern B” provides an effect that makes it seem that the right to shift to probability change cannot be acquired at first, but finally causes the player to acquire the right. At this time, the player feels concerned about acquiring the right to change the probability, but after that, expects to be given an opportunity to acquire the right. And since the opportunity is actually given, it becomes a novel game nature and the interest of a game improves.
2回目の「チャレンジ演出(優)」は、主人公が1回目の「チャレンジ演出(劣)」と同じ相手キャラクタと対戦する「リベンジマッチ演出」であってもよい。また、「チャレンジ演出(1回目)」のストーリーを継続し、例えば、演出ボタン13を連打することで、敗北した主人公が復活する「復活演出」であってもよい。   The second “challenge production (excellent)” may be a “revenge match production” in which the main character battles against the same opponent character as the first “challenge production (inferior)”. Further, the “challenge production (first time)” story may be continued, and, for example, the “revival production” in which the defeated main character is restored by repeatedly performing the production button 13 may be used.
「報知演出α」、「報知演出β」は、特別ラウンド直前のインターバル時間の開始時から実行されるが、インターバル時間を一部でも含んでいれば、どのタイミングから実行してもよい。本実施形態のインターバル時間は、開閉扉が閉鎖しており、遊技者は遊技球を打ち出す必要がないので、演出を十分に堪能することができる。   “Notification effect α” and “notification effect β” are executed from the start of the interval time immediately before the special round, but may be executed from any timing as long as part of the interval time is included. In the interval time of the present embodiment, the opening / closing door is closed, and the player does not have to launch a game ball, so that the production can be fully enjoyed.
最終的に主人公が勝利することとなる「チャレンジ演出(優)」が一度実行されると、実行中の特別遊技では、その後、「チャレンジ演出」は実行されなくなる。また、開閉扉39dが長期開放する特別ラウンド(「大当りパターンA」の第4ラウンド、「大当りパターンB」の第8ラウンド)の直前で「報知演出α」が実行されたが、一度「報知演出α」が実行されると、その後、特別ラウンド用の報知演出が実行されなくなる。すなわち、アタッカの動作パターンに応じて演出を変化させ、無駄な演出を行わないので、遊技の興趣を向上させることができる。   Once the “challenge production (excellent)” that will ultimately win the main character is executed, the “challenge production” is not executed thereafter in the special game being executed. In addition, “notification effect α” was executed immediately before the special round (the fourth round of “hit pattern A” and the eighth round of “hit pattern B”) in which the open / close door 39d is opened for a long time. When “α” is executed, the special round notification effect is not executed thereafter. In other words, since the presentation is changed according to the operation pattern of the attacker and the useless presentation is not performed, the interest of the game can be improved.
なお、開閉扉39dが長期開放する特別ラウンドであっても、遊技者が球技球を打ち出さなければV入賞することはない。このような理由によりV入賞しなかった場合には、それ以降に「チャレンジ演出」を再実行してもよい。また、次回の特別ラウンドの直前で「報知演出α」を再実行してもよい。   Even if the open / close door 39d is in a special round that opens for a long time, the player will not win the V prize unless he or she hits the ball. If the V prize is not won for such a reason, the “challenge effect” may be re-executed after that. Further, “notification effect α” may be re-executed immediately before the next special round.
次に、図6Bを参照して、実施例1の特別遊技の構成(「大当りパターンC」、「大当りパターンD」)について説明する。   Next, with reference to FIG. 6B, the configuration of the special game of the first embodiment (“big hit pattern C”, “big hit pattern D”) will be described.
まず、「大当りパターンC」について、上記「大当りパターンB」と異なる部分を中心に説明する。「大当りパターンC」は、全部で14のラウンドから構成され、特別遊技の終了後は、遊技状態が確率変動モードとなる(図6B(c)参照)。   First, the “big hit pattern C” will be described focusing on the differences from the “big hit pattern B”. The “hit pattern C” is composed of 14 rounds in total, and after the special game is over, the gaming state becomes the probability variation mode (see FIG. 6B (c)).
開始インターバルから第4ラウンドの終了時までは、上記「大当りパターンB」と同じ制御となるので、詳細は省略する。なお、第5ラウンドの開始時から「チャレンジ演出(劣)」が実行されるが、上記「大当りパターンB」と同様に、最初の「チャレンジ演出」とは異なる相手キャラクタと対戦する。その後、第7ラウンドに進む。   From the start interval to the end of the fourth round, the same control as the “big hit pattern B” is performed, and the details are omitted. In addition, although “challenge production (inferior)” is executed from the start of the fifth round, as in the case of the “big hit pattern B”, the opponent character is different from the first “challenge production”. Then proceed to the seventh round.
「チャレンジ演出(劣)」は、ラウンドの進行に応じて発展しながら第7ラウンドのインターバル時間に進む。「大当りパターンC」の「チャレンジ演出(劣)」は、最終的に主人公が敗北するストーリーとなる。従って、インターバル時間(7000ms)の開始時から「報知演出β」が実行される。   “Challenge production (inferior)” progresses to the interval time of the seventh round while developing as the round progresses. “Challenge production (inferior)” of “hit pattern C” is a story that the hero eventually loses. Therefore, “notification effect β” is executed from the start of the interval time (7000 ms).
第8ラウンドは、2回目の特別ラウンドであって、再度アタッカ2を使用する。開閉扉39dの作動時間が100msであって、上記「大当りパターンB」の第8ラウンドと比較して極めて短く設定されている。従って、ここでも、遊技球がほとんどV入賞することはなく、確変移行の権利を取得することができない。   The eighth round is the second special round, and the attacker 2 is used again. The operation time of the open / close door 39d is 100 ms, which is set to be extremely short as compared with the eighth round of the “big hit pattern B”. Accordingly, here too, game balls rarely win V, and the right to change probability cannot be acquired.
その後、第8ラウンドのインターバル時間(3000ms)を経て、第9ラウンドに進む。第9ラウンドでは、再びアタッカ1を使用する。今回、「チャレンジ演出(優)」が開始するが、今回は、主人公が1回目、2回目の「チャレンジ演出」とは異なる相手キャラクタと対戦する。   Thereafter, after the interval time (3000 ms) of the eighth round, the process proceeds to the ninth round. In the ninth round, the attacker 1 is used again. This time, “Challenge production (excellent)” starts, but this time the main character plays against the opponent character different from the first and second “Challenge production”.
その後、「チャレンジ演出(優)」がラウンドの進行に応じて発展しながら、第11ラウンドのインターバル時間に進む。この「チャレンジ演出(優)」は、最終的に主人公が相手キャラクタを倒し、勝利するストーリーとなる。従って、インターバル時間(7300ms)の開始時から「報知演出α」が実行される。   Thereafter, the “Challenge production (excellent)” develops with the progress of the round, and proceeds to the interval time of the eleventh round. This “challenge production (excellent)” is a story where the hero eventually defeats the opponent character and wins. Therefore, “notification effect α” is executed from the start of the interval time (7300 ms).
その後、第12ラウンドに進む。第12ラウンドは、3回目の特別ラウンドであり、再度アタッカ2を使用する。また、第12ラウンドは、開閉扉39dが閉鎖したまま待機する待機期間(2700ms)と、開閉扉39dが長期開放する開放期間(26300ms)とから構成される。   Then proceed to the 12th round. The twelfth round is the third special round, and the attacker 2 is used again. The twelfth round includes a waiting period (2700 ms) in which the open / close door 39d is closed and an open period (26300ms) in which the open / close door 39d is opened for a long time.
第12ラウンドでは、映像として、「特別ラウンド演出(特別R演出)」が行われる。すなわち、上述の「報知演出α」で主人公が勝利したことによって、特別遊技の終了後に確率変動モードに移行するという演出の流れになる。   In the twelfth round, a “special round effect (special R effect)” is performed as a video. That is, when the protagonist wins in the “notification effect α” described above, the effect flow is such that the transition to the probability variation mode is made after the special game is over.
また、遊技球がV入賞すると、遊技者は、確率変動モードに移行する権利を取得することができる。今回の特別ラウンドは、開閉扉39dが開放状態となる時間が長く、ほとんどの場合、当該権利の取得が可能である。そして、当該権利が取得された際に「V入賞表示」が行われる。   Further, when the game ball wins V, the player can acquire the right to shift to the probability variation mode. In this special round, it takes a long time for the open / close door 39d to be open, and in most cases, the right can be acquired. When the right is acquired, “V winning display” is performed.
その後、第12ラウンドのインターバル時間(3000ms)を経て、第13ラウンドに進む。第13ラウンドでは、開閉扉が80msだけ開放し、インターバル時間(2000ms)を経て、第14ラウンドに進む。なお、第12ラウンドのインターバル時間の開始時から、特別遊技の「エンディング演出」が開始する。   Then, after the interval time (3000 ms) of the 12th round, the process proceeds to the 13th round. In the 13th round, the door is opened for 80 ms, and after an interval time (2000 ms), the process proceeds to the 14th round. The “ending effect” of the special game starts from the start of the interval time of the 12th round.
その後、第14ラウンドのインターバル時間(2000ms)を経て、11000msの「終了インターバル(エンディング)」に進む。ここでは、液晶表示装置36で「エンディング表示」が行われる。そして、終了インターバル時間の経過により、「大当りパターンC」が終了し、確率変動モードの遊技が開始する。   Then, after an interval time (2000 ms) of the 14th round, the process proceeds to an “end interval (ending)” of 11000 ms. Here, the “ending display” is performed on the liquid crystal display device 36. Then, as the end interval time elapses, the “big hit pattern C” ends, and the game in the probability variation mode starts.
上記「大当りパターンA」〜「大当りパターンC」で説明したように、実施例1では、特別遊技中に複数回ある特別ラウンドの何れかでアタッカ2の開閉扉39dが長期開放する。また、通常ラウンド中に行われる「チャレンジ演出」が、その後の特別ラウンドにおける開閉扉39dの動作パターンと関係するようになっており、特別遊技中の遊技の興趣を高めている。   As described in the above “hit pattern A” to “hit pattern C”, in the first embodiment, the open / close door 39d of the attacker 2 is opened for a long time in any one of a plurality of special rounds during the special game. In addition, the “challenge effect” performed during the normal round is related to the operation pattern of the open / close door 39d in the subsequent special round, which enhances the interest of the game during the special game.
次に、「大当りパターンD」について、上記「大当りパターンC」と異なる部分を中心に説明する。「大当りパターンD」は、全部で14のラウンドから構成されるが、その終了後は、遊技状態が時短モードとなる(図6B(d)参照)。「大当りパターンD」は、「大当りパターンA」〜「大当りパターンC」とは異なり、特別ラウンドで開閉扉が全て短期開放する。なお、時短モードは、本発明の「特定遊技状態」の一例である。   Next, the “big hit pattern D” will be described focusing on the differences from the “big hit pattern C”. The “hit pattern D” is composed of 14 rounds in total, and after the completion, the gaming state is set to the time reduction mode (see FIG. 6B (d)). Unlike the “hit pattern A” to “hit pattern C”, the “hit pattern D” is a special round in which all the doors are opened for a short time. The time saving mode is an example of the “specific game state” in the present invention.
時短モードとは、大当り確率が低確率であるが、図柄の変動表示時間を短縮した遊技状態である。通常遊技モードより普通電動役物の開閉部材が頻繁に開放されるので(電チューサポート有り状態)、遊技球が始動入賞し易い。また、実施例1の時短モードは、所定回数(例えば、100回)の遊技が行われると終了する。   The short-time mode is a gaming state in which the big hit probability is low, but the symbol variation display time is shortened. Since the opening / closing member of the ordinary electric accessory is opened more frequently than in the normal game mode (with the electric chew support), the game ball is easy to start and win. In addition, the time saving mode of the first embodiment ends when a predetermined number of games (for example, 100 times) are performed.
開始インターバルから第8ラウンドの終了時までは、上記「大当りパターンC」と同じ制御となるので、詳細は省略する。なお、第9ラウンドの開始時から「チャレンジ演出(劣)」が実行されるが、上記「大当りパターンC」と同様に、これまでとは異なる相手キャラクタと対戦する。その後、第11ラウンドに進む。   From the start interval to the end of the eighth round, the same control as the “big hit pattern C” is performed, and the details are omitted. In addition, although “challenge production (inferior)” is executed from the start of the ninth round, as in the “big hit pattern C”, a battle with a different opponent character is performed. Then proceed to the eleventh round.
その後、「チャレンジ演出(劣)」がラウンドの進行に応じて発展しながら、第11ラウンドのインターバル時間に進む。この「チャレンジ演出(劣)」は、最終的に主人公が敗北するストーリーとなる。従って、インターバル時間(7000ms)の開始時から「報知演出β」が実行される。   Thereafter, “challenge production (inferior)” develops as the round progresses, and proceeds to the interval time of the eleventh round. This “challenge production (inferior)” is the story that the hero eventually loses. Therefore, “notification effect β” is executed from the start of the interval time (7000 ms).
第12ラウンドは、3回目の特別ラウンドであり、再度アタッカ2を使用する。開閉扉39dの作動時間が80msであって、上記「大当りパターンC」の第12ラウンドと比較して極めて短く設定されている。従って、ここでも、遊技球がほとんどV入賞することはなく、結果的に遊技者は、確変移行の権利を取得することができない。   The twelfth round is the third special round, and the attacker 2 is used again. The operation time of the open / close door 39d is 80 ms, which is set to be extremely short compared to the 12th round of the “big hit pattern C”. Accordingly, here, too, the game balls rarely win V, and as a result, the player cannot acquire the right to change probability.
その後、第12ラウンドのインターバル時間(3000ms)を経て、第13ラウンドに進む。第13ラウンドでは、開閉扉が80msだけ開放し、インターバル時間(2000ms)を経て、第14ラウンドに進む。このとき、特別遊技の「エンディング演出」が開始するが、ラウンド表示は行われない。   Then, after the interval time (3000 ms) of the 12th round, the process proceeds to the 13th round. In the 13th round, the door is opened for 80 ms, and after an interval time (2000 ms), the process proceeds to the 14th round. At this time, the “ending effect” of the special game starts, but no round display is performed.
その後、第14ラウンドのインターバル時間(2000ms)を経て、3000msの「終了インターバル(エンディング)」に進む。ここでは、液晶表示装置36で「エンディング表示」が行われる。そして、終了インターバル時間の経過により、「大当りパターンD」が終了し、時短モードの遊技が開始する。   Then, after the interval time (2000 ms) of the 14th round, the process proceeds to the “end interval (ending)” of 3000 ms. Here, the “ending display” is performed on the liquid crystal display device 36. Then, as the end interval time elapses, the “big hit pattern D” ends and the game in the time-saving mode starts.
「大当りパターンD」は、特別遊技の終了後に確率変動モードに移行しないので、利益の小さい大当りパターンである。しかしながら、「大当りパターンB」、「大当りパターンC」のように、最終的に長開放パターンの特別ラウンドが実行され、確率変動モードに移行する当りパターンのみとすると、遊技者が受ける焦りや不安は、非常に小さなものとなる。従って、「大当りパターンD」を含むようにして遊技者の焦りや不安を煽る展開も用意し、ゲーム性を豊かにしている。   The “hit pattern D” is a jackpot pattern with a small profit because it does not shift to the probability variation mode after the end of the special game. However, if a special round of a long open pattern is finally executed, such as “big hit pattern B” and “big hit pattern C”, and only the hit pattern that shifts to the probability variation mode, the player will not be irritated or anxious. It will be very small. Therefore, the game is enriched by providing a game that includes the “big hit pattern D” and encouraging the player's impatience and anxiety.
確変図柄当りでのV入賞か非確変図柄当りでのV入賞かによって、「V入賞表示」を異ならせてもよい。このようにした場合、遊技者は、稀に通常とは異なる「V入賞表示」を見ることができ、長く遊技を行っても「V入賞表示」に飽きることがなくなる。   The “V winning display” may be made different depending on whether a V winning per probability variation symbol or a V winning per non-variable symbol. In such a case, the player can rarely see the “V prize display” that is different from the normal one, and does not get bored with the “V prize display” even if the game is played for a long time.
なお、非確変図柄当りでV入賞した場合には、不正にV入賞させた可能性があるので、「V入賞表示」と同時にエラー報知又は警告表示を行ってもよい。この場合、確変図柄当りでV入賞した場合と比較して、「V入賞表示」の表示時間を長く設定してもよい。   If a V prize is awarded for each non-probable variable symbol, there is a possibility that the V prize has been obtained illegally, so an error notification or warning display may be performed simultaneously with the “V prize display”. In this case, the display time of “V winning display” may be set longer than in the case of winning a V per probability variation symbol.
次に、図6Cを参照して、実施例1の特別遊技の構成(「大当りパターンE」、「大当りパターンF」)について説明する。   Next, with reference to FIG. 6C, the configuration of the special game according to the first embodiment ("big hit pattern E", "big hit pattern F") will be described.
まず、「大当りパターンE」は、「7」図柄の確変当りである。「大当りパターンE」は、全部で16のラウンドから構成され、特別遊技の終了後は、遊技状態が確率変動モードとなる(図6C(e)参照)。また、「大当りパターンE」は、16のラウンドから構成されること、及び後半のラウンドでも開閉扉の作動時間が長いことから、実施例1の大当りパターンのうちで最も出玉が多い。   First, the “big hit pattern E” is a probable hit of the “7” symbol. The “hit pattern E” is composed of 16 rounds in total, and after the special game is over, the gaming state becomes the probability variation mode (see FIG. 6C (e)). In addition, the “big hit pattern E” is composed of 16 rounds, and the operation time of the doors is long in the second half round, so that there are the most balls out of the big hit patterns of the first embodiment.
第1ラウンドは、開閉扉の作動時間が29000msで、アタッカ1を使用する。このとき、上記「大当りパターンA」〜「大当りパターンD」とは異なり、早くも「大当り演出1+オープニングテーマ」が実行される。「7」図柄の確変当りの場合には、確実に特別ラウンドでV入賞するように構成されているので、この時点で上記の演出を開始する。なお、「大当り演出1+オープニングテーマ」は、第15ラウンドの終了時まで継続する。   In the first round, the operation time of the open / close door is 29000 ms, and the attacker 1 is used. At this time, unlike the “hit pattern A” to “hit pattern D”, the “hit effect 1 + opening theme” is executed as early as possible. In the case of “7” symbol probable hit, since it is configured to surely win a V in a special round, the above-described effect is started at this point. Note that the “big hit effect 1 + opening theme” continues until the end of the 15th round.
第4、8、12ラウンドは、それぞれ特別ラウンドであり、アタッカ2を使用する。また、第4、8、12ラウンドは、開閉扉39dが閉鎖したまま待機する待機期間(2700ms)と、開閉扉39dが長期開放する開放期間(26300ms)とから構成される。   The fourth, eighth, and twelfth rounds are special rounds, and the attacker 2 is used. The fourth, eighth, and twelfth rounds include a standby period (2700 ms) in which the open / close door 39d is closed, and an open period (26300 ms) in which the open / close door 39d is opened for a long time.
開閉扉39dが長期開放する特別ラウンドが3回用意されているので、特別ラウンドの映像として、「特別ラウンド演出(特別R演出)」が行われる。そして、何れかの特別ラウンドで遊技球がV入賞したとき、確率変動モードへの移行が確定する(図6C(e)は、第4ラウンドでV入賞した場合を示している)。   Since there are three special rounds in which the open / close door 39d is opened for a long period of time, a “special round effect (special R effect)” is performed as an image of the special round. When the game ball wins V in any special round, the transition to the probability variation mode is confirmed (FIG. 6C (e) shows a case where V wins in the fourth round).
なお、「大当りパターンE」では、何れかの特別ラウンドでほぼ確実にV入賞が発生する。遊技者としても、確率変動モードへの移行を確信することができるので、「V入賞表示」は実行しなくてもよい。   In the “big hit pattern E”, a V winning is almost certainly generated in any special round. Since the player can be sure of the transition to the probability variation mode, the “V winning display” may not be executed.
「大当りパターンE」では、第13〜第16ラウンドでも、開閉扉の作動時間が29000msとなっているので、遊技球が入球し易く、遊技者が賞球を多く獲得することができる。なお、第16ラウンドのインターバル時間から、「エンディング演出」が開始する。   In the “hit pattern E”, the operation time of the open / close door is 29000 ms even in the 13th to 16th rounds, so that the game balls are easy to enter and the player can acquire a lot of prize balls. The “ending effect” starts from the interval time of the 16th round.
その後、第16ラウンドのインターバル時間(2000ms)を経て、18000ms(18.0秒)の「終了インターバル(エンディング)」に進む。ここでは、液晶表示装置36で「エンディング表示」が行われる。そして、終了インターバル時間の経過により、「大当りパターンE」が終了し、確率変動モードの遊技が開始する。   Thereafter, after the interval time (2000 ms) of the 16th round, the process proceeds to an “end interval (ending)” of 18000 ms (18.0 seconds). Here, the “ending display” is performed on the liquid crystal display device 36. Then, as the end interval time elapses, the “big hit pattern E” ends, and the game in the probability variation mode starts.
次に、「大当りパターンF」について説明する。「大当りパターンF」は、特図2に特有の大当りの1つである。「大当りパターンF」は、全部で12のラウンドから構成され、特別遊技の終了後は、遊技状態が確率変動モードとなる(図6C(f)参照)。   Next, the “big hit pattern F” will be described. The “big hit pattern F” is one of the big hits peculiar to FIG. The “big hit pattern F” is composed of a total of 12 rounds, and after the special game is over, the gaming state becomes the probability variation mode (see FIG. 6C (f)).
第1ラウンドは、開閉扉の作動時間が29000msであって、アタッカ1を使用する。このとき、上記「大当りパターンE」と同様に、早くも「大当り演出1+オープニングテーマ」が実行される。   In the first round, the operation time of the open / close door is 29000 ms, and the attacker 1 is used. At this time, as in the case of the “big hit pattern E”, the “big hit effect 1 + opening theme” is executed as early as possible.
第1ラウンドのインターバル時間の経過後、第2ラウンド、さらに第3ラウンドへと特別遊技が進行する。第2〜第3ラウンドは、ラウンド表示がラウンドの進行に応じて進んでいく以外、第1ラウンドとほぼ同じであるので、図面を一部省略した。   After the elapse of the interval time of the first round, the special game proceeds to the second round and further to the third round. The second to third rounds are substantially the same as the first round except that the round display proceeds in accordance with the progress of the rounds, so some drawings are omitted.
第4ラウンドは、特別ラウンドであり、アタッカ2を使用する。また、第4ラウンドは、開閉扉39dが閉鎖したまま待機する待機期間(2700ms)と、開閉扉39dが長期開放する開放期間(26300ms)とから構成される。   The fourth round is a special round and uses the attacker 2. The fourth round includes a standby period (2700 ms) in which the open / close door 39d is closed and an open period (26300 ms) in which the open / close door 39d is opened for a long time.
第4ラウンドでは、映像として、「特別ラウンド演出(特別R演出)」が行われる。また、開閉扉39dが開放状態となる時間が長いので、遊技者がアタッカ2を狙って遊技球を打ち出していれば、ほとんどの場合、確変移行の権利取得が可能である。そして、当該権利が取得された際に「V入賞表示」が行われる。   In the fourth round, a “special round effect (special R effect)” is performed as a video. In addition, since the opening and closing door 39d is in a long time, the right to shift with certainty can be obtained in most cases if the player has launched a game ball aiming at the attacker 2. When the right is acquired, “V winning display” is performed.
その後、第4ラウンドのインターバル時間(3000ms)を経て、第5ラウンドに進む。第5ラウンドでは、開閉扉が100msだけ開放し、インターバル時間(2000ms)を経て、次回ラウンドに進む。この開閉扉の動作は、最終の第12ラウンドまで継続する。なお、第8、12ラウンドは、特別ラウンドであるので、開閉扉39dが100ms開放し、インターバル時間は3000msである。   Then, after the interval time (3000 ms) of the fourth round, the process proceeds to the fifth round. In the fifth round, the open / close door is opened for 100 ms, and after the interval time (2000 ms), the process proceeds to the next round. This opening / closing door operation continues until the final twelfth round. Since the eighth and twelfth rounds are special rounds, the open / close door 39d is opened for 100 ms, and the interval time is 3000 ms.
また、第4ラウンドのインターバル時間の開始時から「バトルパートナー選択演出」が行われる。「バトルパートナー選択演出」では、後述する「即撃チャレンジ演出」で主人公のパートナーとなる仲間キャラクタを選択する演出が行われる。「バトルパートナー選択演出」は、第12ラウンドのインターバル時間の開始前まで継続する。   In addition, a “battle partner selection effect” is performed from the start of the interval time of the fourth round. In the “battle partner selection effect”, an effect of selecting a fellow character to be a partner of the main character in “immediate attack challenge effect” described later is performed. The “battle partner selection effect” continues until before the start of the interval time of the 12th round.
その後、第12ラウンドのインターバル時間(3000ms)の開始時から「即撃チャレンジ演出」が行われる。「即撃チャレンジ演出」は、上述の「チャレンジ演出」と類似するキャラクタの対戦演出であり、5000msの終了インターバル(エンディング)の終了時まで継続する。そして、終了インターバル時間の経過により、「大当りパターンF」が終了し、確率変動モードの遊技が開始する。   Thereafter, “immediate challenge production” is performed from the start of the interval time (3000 ms) of the 12th round. The “immediate attack challenge effect” is a character battle effect similar to the above “challenge effect”, and continues until the end of the 5000 ms end interval (ending). Then, as the end interval time elapses, the “big hit pattern F” ends, and the game in the probability variation mode starts.
特図1と特図2で、大当り種別の当選率(内訳)を変更してもよい。例えば、上述の「大当りパターンE」は、特図1よりも特図2の抽選、すなわち、遊技球が第2特別図柄始動口38bに入賞したときの抽選で当選し易く設定することができる。第2特別図柄始動口38bには、確率変動モードや時短モードで遊技球が入賞し易くなるので、利益の大きい「大当りパターンE」を当選し易くすることで、遊技者にとっては非常に有利な遊技状態となる。   The winning ratio (breakdown) of the jackpot type may be changed between Special Figure 1 and Special Figure 2. For example, the above-mentioned “hit pattern E” can be set more easily in the lottery of the special figure 2 than the special figure 1, that is, the lottery when the game ball wins the second special symbol start opening 38b. The second special symbol starting port 38b is easy to win a game ball in the probability variation mode or the short-time mode, so it is very advantageous for the player by making it easy to win the “big hit pattern E” having a large profit. It becomes a gaming state.
最後に、特別遊技中の特殊な状況について説明する。例えば、「大当りパターンA」では、第4ラウンドにおけるアタッカ2の開閉扉39dの作動時間が比較的長いが、遊技者が遊技球を打ち出さなければV入賞することはなく、確率変動モード移行の権利が取得できない。このような場合、確率変動モード以外の遊技状態に移行させる必要があるが、実施例1では、電チューサポート有りの低確率状態となる。   Finally, a special situation during a special game will be described. For example, in the “big hit pattern A”, the operation time of the open / close door 39d of the attacker 2 in the fourth round is relatively long. However, if the player does not strike a game ball, the player will not win a V, and the right to shift to the probability variation mode. Can not get. In such a case, it is necessary to shift to a gaming state other than the probability variation mode, but in the first embodiment, a low probability state with electric chew support is set.
このとき、演出に関しては制約がないため、液晶表示装置36に表示される背景等を確率変動モードと同じものとする。従って、遊技者は、外観では低確率状態となったことに気が付かない。   At this time, since there is no restriction on the production, the background displayed on the liquid crystal display device 36 is the same as the probability variation mode. Therefore, the player does not notice that the appearance is in a low probability state.
一方、「大当りパターンD」では、第4、8、12ラウンドにおける開閉扉39dの作動時間が極めて短いが、遊技球がアタッカ2に入球し、さらにV入賞する可能性が僅かにある。この場合、電チューサポート有りの高確率状態となる。この場合も演出に関しては制約がないため、液晶表示装置36に表示される背景等は時短モードと同じものとする。従って、遊技者は、外観では高確率状態となったことに気が付かない。   On the other hand, in the “hit pattern D”, the operation time of the open / close door 39d in the fourth, eighth and twelfth rounds is extremely short, but there is a slight possibility that the game ball enters the attacker 2 and further wins a V. In this case, a high probability state with electric Chu support is obtained. Also in this case, since there is no restriction on the production, the background displayed on the liquid crystal display device 36 is the same as that in the time reduction mode. Therefore, the player is unaware that the appearance is in a high probability state.
これにより、特別遊技の終了後の演出は、常に大当り種別に応じたものとなる。また、遊技球がV入賞したか否かに関わらず、これ以降、予め定められたラウンド中の演出及びエンディング演出等が行われる。従って、例えば、「報知演出α」で主人公の勝利が確定したにも関わらず、特別遊技の終了後に確率変動モードの演出とならない等、演出の不一致、矛盾が起こらない。   Thereby, the effect after the end of the special game always corresponds to the jackpot type. Regardless of whether or not the game ball has won a V, a predetermined round effect, ending effect, etc. are performed thereafter. Therefore, for example, although the protagonist's victory is confirmed in the “notification effect α”, there is no inconsistency or contradiction in the effect such as the effect in the probability variation mode is not achieved after the special game is finished.
次に、図6Dを参照して、アタッカと振分部55の動作(長開放パターンであって、本発明の「第1動作パターン」)について説明する。   Next, with reference to FIG. 6D, the operation of the attacker and the allocating unit 55 (long open pattern, “first operation pattern” of the present invention) will be described.
まず、通常ラウンドにおけるアタッカの動作を説明する。具体的には、アタッカ1(第1大入賞装置39a)の開閉扉の動作であり、信号が「ON」であるとき開放状態、「OFF」であるとき閉鎖状態であることを意味する。   First, the operation of the attacker in the normal round will be described. Specifically, it is the operation of the open / close door of the attacker 1 (first grand prize winning device 39a), which means that it is open when the signal is “ON” and closed when it is “OFF”.
上述の通り、通常ラウンドの開閉扉の作動時間は29.0秒(最長時間)であり、開閉扉の閉鎖後、2.0秒、又は7.0秒、又は7.3秒のインターバル時間を経て、次回ラウンドに進む。なお、通常ラウンドでは、振分部55が動作しない。   As described above, the operation time of a normal round opening / closing door is 29.0 seconds (the longest time), and after closing the opening / closing door, an interval time of 2.0 seconds, 7.0 seconds, or 7.3 seconds is set. After that, proceed to the next round. In the normal round, the distribution unit 55 does not operate.
次に、特別ラウンドのアタッカ動作を説明する。具体的には、アタッカ2(第2大入賞装置39b)の開閉扉39dの動作である。図示するように、特別ラウンドにおける開閉扉の作動時間(開放期間)は、26.3秒(最長時間)である。   Next, a special round attacker operation will be described. Specifically, it is the operation of the open / close door 39d of the attacker 2 (second large winning device 39b). As shown in the drawing, the operation time (opening period) of the open / close door in the special round is 26.3 seconds (longest time).
そして、この作動時間が経過すると、インターバル時間(3.0秒)を経て、次回ラウンドに進む。なお、振分部55の長開放前には、開閉扉39dが閉鎖している待機期間(2.7秒)がある。   And if this operation time passes, it will progress to the next round through interval time (3.0 seconds). Note that there is a waiting period (2.7 seconds) in which the open / close door 39d is closed before the distribution unit 55 is opened long.
次に、特別ラウンドにおける振分部55の動作について説明する。まず、振分部55は、0.02秒間、特定領域56を開放する位置(以下、開放位置という)に動く(特定領域短開放)。その後、2.68秒間、閉鎖位置に戻り、再度、開放位置に動く。振分部は、その後、29.3秒間、開放位置に保持され(特定領域長開放)、再度、閉鎖位置に戻る。振分部55が閉鎖位置に戻るタイミングは、インターバル時間(3.0秒)の終了時となるが、2回目に開放位置に動くタイミングは、開閉扉39dの作動時に限られない。   Next, the operation of the distribution unit 55 in the special round will be described. First, the allocating unit 55 moves to a position where the specific area 56 is opened (hereinafter referred to as an open position) for 0.02 seconds (specific area short opening). After that, it returns to the closed position for 2.68 seconds and moves to the open position again. Thereafter, the distribution unit is held in the open position for 29.3 seconds (specific area length release), and then returns to the closed position again. The timing at which the sorting unit 55 returns to the closed position is at the end of the interval time (3.0 seconds), but the timing at which the sorting unit 55 moves to the open position for the second time is not limited to when the open / close door 39d is activated.
振分部の動作は、必ずしも短開放と長開放とに分離する必要はない。例えば、上記の「大当りパターンE」のように、特別ラウンドで開閉扉39dが全て長期開放する特別遊技の場合には、アタッカ2の待機期間の開始時から振分部55の長開放のみを行ってもよい。   The operation of the distributing unit does not necessarily need to be separated into short opening and long opening. For example, in the case of a special game in which all the open / close doors 39d are opened for a long time in a special round, as in the above “big hit pattern E”, only the distribution unit 55 is opened for a long time from the start of the waiting period of the attacker 2. May be.
これにより、振分部55の長開放が開始するまで、すなわち、開閉扉39dが作動するまで打ち出しを待たされるという遊技者の不満が解消される。なお、開閉扉39dの閉鎖に同期して振分部55を閉鎖位置に戻す等、閉鎖のタイミングも任意に決定することができる。   Thereby, the dissatisfaction of the player that the launching is waited until the long opening of the allocating portion 55 is started, that is, until the open / close door 39d is operated, is eliminated. In addition, the closing timing can be arbitrarily determined, such as returning the distributing unit 55 to the closed position in synchronization with the closing of the open / close door 39d.
開閉扉39dの作動時間を、例えば、10秒(最長時間)と比較的短く設定しても、V入賞し易いように振分部55を動作させる場合は、本発明の「長開放パターン」に含まれる。すなわち、「長開放パターン」に該当するか否かは、開閉扉39dの作動時間と振分部55の動作の組合せにより決まる。   Even when the operation time of the open / close door 39d is set to be relatively short, for example, 10 seconds (the longest time), when the distribution unit 55 is operated so as to facilitate V winning, the “long open pattern” of the present invention is used. included. That is, whether or not it corresponds to the “long open pattern” is determined by a combination of the operation time of the open / close door 39d and the operation of the distribution unit 55.
また、特別ラウンドの直前のインターバル時間は、通常のインターバル時間(2000ms)より短い時間に設定してもよい。例えば、第7ラウンドのインターバル時間を500ms(0.5秒)とし、さらに振分部55の長開放までの時間を1500ms(1.5秒)とすると、通常ラウンドと特別ラウンドの間も通常のインターバル時間と同じ間隔に設定することができる。もちろん、特別ラウンドの直後のインターバル時間(3000ms)を短い時間(例えば、2000ms)に設定してもよい。これにより、遊技者にとって違和感なく特別遊技を進行させることができる。   Further, the interval time immediately before the special round may be set to a time shorter than the normal interval time (2000 ms). For example, if the interval time of the seventh round is 500 ms (0.5 seconds) and the time until the distribution unit 55 is released long is 1500 ms (1.5 seconds), the normal round and the special round are also normal. It can be set to the same interval as the interval time. Of course, the interval time (3000 ms) immediately after the special round may be set to a short time (for example, 2000 ms). Thereby, a special game can be advanced without a sense of incongruity for a player.
次に、図6Eを参照して、アタッカと振分部55の動作(短開放パターンであって、本発明の「第2動作パターン」)について説明する。   Next, with reference to FIG. 6E, the operation of the attacker and the allocating unit 55 (short opening pattern, “second operation pattern” of the present invention) will be described.
まず、通常ラウンドにおけるアタッカ動作を説明する。例えば、上述の「大当りパターンA」では、第11、13、14ラウンドにおいて、アタッカ1の開閉扉が短時間、作動する。開閉扉の作動時間は0.08秒であり、開閉扉の閉鎖後、インターバル時間(2.0秒)を経て、次回ラウンドに進む。   First, the attacker operation in the normal round will be described. For example, in the “big hit pattern A” described above, the open / close door of the attacker 1 operates for a short time in the eleventh, thirteenth and fourteenth rounds. The operation time of the open / close door is 0.08 seconds. After closing the open / close door, an interval time (2.0 seconds) is passed and the next round proceeds.
次に、特別ラウンドのアタッカ動作を説明する。例えば、上述の「大当りパターンB」では、第4ラウンドにおいて、アタッカ2の開閉扉39dが短時間、作動する。開閉扉39dの作動時間は0.10秒であり、その閉鎖後、インターバル時間(3.0秒)を経て、次回ラウンドに進む。なお、第12ラウンドのように開閉扉39dが0.08秒作動する場合もある。   Next, a special round attacker operation will be described. For example, in the “big hit pattern B” described above, in the fourth round, the open / close door 39d of the attacker 2 operates for a short time. The operation time of the open / close door 39d is 0.10 seconds, and after closing, the next round is passed through an interval time (3.0 seconds). Note that the open / close door 39d may operate for 0.08 seconds as in the twelfth round.
振分部55は、アタッカの作動時間に関係なく、常に一定の動作をする。図示するように、アタッカ2の開閉扉39dが作動する0.10秒の期間に、振分部55が開放位置となる時間が0.02秒しかないので、通常、遊技球がV入賞することはない。   The allocating unit 55 always performs a constant operation regardless of the operation time of the attacker. As shown in the figure, since the time for the distributing unit 55 to be in the open position is only 0.02 seconds during the period of 0.10 seconds when the opening / closing door 39d of the attacker 2 is operated, the game ball is normally awarded V. There is no.
振分部55は、2.68秒間、閉鎖位置に戻った後、再度、開放位置に保持されるが、実施例1では、特別ラウンドの後、必ず通常ラウンドを行うようになっているので、次回ラウンドで遊技球がV入賞してしまうことはない。   The distribution unit 55 returns to the closed position for 2.68 seconds, and is held again in the open position. However, in the first embodiment, the normal round is always performed after the special round. The game ball will never win a V in the next round.
ここで、インターバル時間が経過したとき、振分部55を閉鎖位置に移動させるようにすることができる。特に、特別ラウンドで開閉扉39dが26.3秒開放することは稀であり、振分部55が開放位置にある時間が経過する前に、充分余裕をもって1回のラウンドの最大の入賞数に到達し、開閉扉39dが閉鎖する。すなわち、次回ラウンドが開始してもなお振分部55が開放位置に保持されている時間が発生する。   Here, when the interval time has elapsed, the distribution unit 55 can be moved to the closed position. In particular, it is rare that the open / close door 39d is opened for 26.3 seconds in a special round, and the maximum number of winnings in one round is obtained with a sufficient margin before the time when the distributing unit 55 is in the open position elapses. The door 39d is closed. That is, even when the next round starts, a time during which the distribution unit 55 is held in the open position is generated.
実施例1では、特別ラウンドの次のラウンドで必ずアタッカ1を使用し、アタッカ2の開閉扉39dは閉鎖するので、通常、次のラウンドでV入賞することはない。しかし、必要以上に振分部55が開放位置にある時間が長いのは、不正等、意図しないV入賞の原因となる。従って、アタッカ2の開閉扉39dが閉鎖した場合には、インターバル時間が経過したとき、以下のようにして振分部55を閉鎖位置に移動させる。   In the first embodiment, the attacker 1 is always used in the next round of the special round, and the open / close door 39d of the attacker 2 is closed. Therefore, the V round is not usually won in the next round. However, if the distribution unit 55 is in the open position for a longer time than necessary, it may cause an unintended V prize such as fraud. Therefore, when the open / close door 39d of the attacker 2 is closed, when the interval time has elapsed, the distribution unit 55 is moved to the closed position as follows.
図6Fに示すように、「大当りパターンA」の第4ラウンドでは、待機期間(2.7秒)の後、開閉扉39dの開放期間に移行する。開放期間は、最長で26.3秒であるが(図6D参照)、実質的には、約5.4秒で最大入賞数に到達して、開閉扉39dが閉鎖する。   As shown in FIG. 6F, in the fourth round of the “big hit pattern A”, after the waiting period (2.7 seconds), the process proceeds to the opening period of the door 39d. The opening period is 26.3 seconds at the longest (see FIG. 6D). However, the maximum winning number is reached in about 5.4 seconds, and the open / close door 39d is closed.
このとき、振分部55は、開閉扉39dの作動に同期して、0.02秒間、特定領域56を開放する位置に動く。その後、2.68秒間、閉鎖位置に戻り、再度、開放位置に動く。   At this time, the distribution unit 55 moves to a position where the specific area 56 is opened for 0.02 seconds in synchronization with the operation of the open / close door 39d. After that, it returns to the closed position for 2.68 seconds and moves to the open position again.
ここで、第4ラウンドのインターバル時間(3.0秒)が経過したとき、振分部55が閉鎖位置に戻るようにする。このようにすれば、特別ラウンドにおける振分部55の動作をそのラウンド中に終了させることができ、振分部55の閉動作が次回ラウンドに持ち越されることがない。   Here, when the interval time (3.0 seconds) of the fourth round has elapsed, the sorting unit 55 is returned to the closed position. In this way, the operation of the distribution unit 55 in the special round can be ended during the round, and the closing operation of the distribution unit 55 is not carried over to the next round.
開閉扉39dが短期開放する場合も同様である。例えば、「大当りパターンD」の第4ラウンドでは、開閉扉39dが0.10秒だけ作動した後、インターバル時間(3.0秒)を経て次回の第5ラウンドに進む。ここでは、振分部55を再度、開放位置に動かないようにする。   The same applies when the open / close door 39d is opened for a short time. For example, in the fourth round of the “big hit pattern D”, the open / close door 39d operates for 0.10 seconds, and then proceeds to the next fifth round after an interval time (3.0 seconds). Here, the distribution unit 55 is prevented from moving to the open position again.
このように、特別ラウンドの次にアタッカ1を使用する通常ラウンドとすること、アタッカ2の開閉扉39dが閉鎖して、インターバル時間が経過したとき、振分部55を閉鎖位置とすることにより、確実に意図しないV入賞を防止することができる。なお、振分部55を閉鎖位置とするタイミングは、インターバル時間が経過したときに限られず、残存球の排出確認が終了したとき等の任意の時点に変更することができる。   In this way, by making the normal round using the attacker 1 after the special round, when the opening / closing door 39d of the attacker 2 is closed and the interval time has elapsed, the distribution unit 55 is set to the closed position, An unintended V prize can be prevented with certainty. In addition, the timing which makes the distribution part 55 a closed position is not restricted when interval time passes, It can change to arbitrary time points, such as when discharge confirmation of a remaining sphere is complete | finished.
次に、図7を参照して、報知演出と特別ラウンド演出の具体例を説明する。   Next, specific examples of the notification effect and the special round effect will be described with reference to FIG.
まず、「報知演出α」は、アタッカ2の開閉扉39dが長期開放する特別ラウンドの開始直前に、液晶表示装置36に表示される演出である。上述したように、初めに左演出ボタン13の画像が表示され、遊技者がこれを操作すると、相手キャラクタが倒れる等の「チャレンジ演出」における勝敗の確定演出が行われる(図示省略)。   First, the “notification effect α” is an effect displayed on the liquid crystal display device 36 immediately before the start of a special round in which the open / close door 39d of the attacker 2 is opened for a long time. As described above, an image of the left effect button 13 is displayed first, and when the player operates this, a definite effect of winning or losing in the “challenge effect” such as the opponent character falling is performed (not shown).
その後、図7(a)に示すような演出に移行する。液晶表示装置36の表示領域上部にある表示領域60では、複数の「右打ち→」の文字が右方向にスクロールしている。特別遊技中は、遊技者が右打ちを行う必要があるので、これを指示する表示となっている。   Thereafter, the transition to an effect as shown in FIG. In the display area 60 at the top of the display area of the liquid crystal display device 36, a plurality of “right-handed →” characters are scrolled to the right. During the special game, the player needs to make a right-hand shot, so this is displayed.
表示領域61には、アタッカ2の画像と「ここを狙え!」という文字が表示され、特別ラウンド中に遊技者が確実にアタッカ2を狙って遊技球を打ち出すように促す。また、表示領域右下の表示領域62では、大当り図柄(装飾図柄)を示す数字が表示され、表示領域上側の表示領域63では、上記「チャレンジ演出」で主人公が勝利したことを意味する「完全勝利!」等の文字が表示される。   In the display area 61, an image of the attacker 2 and the characters “Aim here!” Are displayed, and the player is urged to surely aim at the attacker 2 and launch a game ball during the special round. In the display area 62 at the lower right of the display area, a number indicating a big hit symbol (decorative pattern) is displayed, and in the display area 63 above the display area, “completeness” means that the hero has won the “challenge effect”. Characters such as “Victory!” Are displayed.
「報知演出α」は、アタッカ2の開閉扉39dの作動する直前の時間(インターバル時間)を利用して行われる。これにより、遊技者がアタッカ2を狙って遊技球を打ち出すようになり、V入賞し易くなる。   The “notification effect α” is performed using a time (interval time) immediately before the opening / closing door 39d of the attacker 2 operates. As a result, the player launches a game ball aiming at the attacker 2 and becomes easy to win a V.
次に、図7(b)の「特別ラウンド演出」は、開閉扉39dが長期開放する特別ラウンド中に、液晶表示装置36に表示される演出である。表示領域61には、大きな「Vマーク」と、「確変モードGet!!」という文字が表示されている。これは、確変移行の権利が取得されたとき、すなわち、特別ラウンドでV入賞したとき行われる「V入賞表示」の例である。ここでは、「Vマーク」と共に竜が炎を吐き出した表示を行って演出を盛り上げている。   Next, the “special round effect” in FIG. 7B is an effect displayed on the liquid crystal display device 36 during the special round in which the door 39d is opened for a long time. In the display area 61, a large “V mark” and characters “probability change mode Get!” Are displayed. This is an example of the “V winning display” that is performed when the right to change probability is acquired, that is, when a V winning is made in a special round. Here, the display that the dragon exhaled the flame is performed together with the “V mark” to enhance the effect.
表示領域62に大当り図柄が示されているが、小さい「Vマーク」が数字の上に重ねられ、V入賞したことを強調する表示となっている。また、表示領域63にラウンド数、表示領域64に獲得玉数、表示領域65に連荘回数が表示される。獲得玉数は、リアルタイムでカウントするため、ラウンド中に数字が増加していく。   A big hit symbol is shown in the display area 62, but a small “V mark” is superimposed on the number to emphasize that the V prize has been won. The display area 63 displays the number of rounds, the display area 64 displays the number of balls acquired, and the display area 65 displays the number of consecutive resorts. Since the number of balls acquired is counted in real time, the number increases during the round.
なお、特別ラウンドのうちアタッカ2の開閉扉39dが短期開放する場合には、通常、遊技球がV入賞しないが、偶然にV入賞する場合もある。この場合には、上記「Vマーク」の演出を行ってもよい。   In the special round, when the open / close door 39d of the attacker 2 is opened for a short period of time, the game ball usually does not win a V, but may occasionally win a V. In this case, the “V mark” may be produced.
次に、図8を参照して、特別遊技の終了時に設定される各種フラグについて説明する。   Next, various flags set at the end of the special game will be described with reference to FIG.
まず、確変図柄当りによる特別遊技の終了後に設定される各種フラグについて説明する。図8(a)に示すように、遊技球がV入賞したか否かに関わらず、普電開放延長状態フラグ、普図時短移行状態フラグ、普図確率変動移行状態フラグ、特図時短状態移行状態フラグに「5AH」がセットされる。「5AH」とは、フラグがオンの意味である。   First, various flags that are set after the end of the special game per probability variation symbol will be described. As shown in FIG. 8 (a), regardless of whether or not the game ball has won a V, the normal train open extended state flag, the normal time short transition state flag, the normal probability transition state flag, the special time short state transition “5AH” is set in the status flag. “5AH” means that the flag is on.
「V入賞あり」の場合、特図確率変動移行状態フラグに「5AH」がセットされる。一方、「V入賞なし」の場合、特別遊技の終了後に確率変動モードに移行しないので、特図確率変動移行状態フラグに「00H」がセットされる。「00H」とは、フラグがオフの意味である。   In the case of “V winning”, the special figure probability variation transition state flag is set to “5AH”. On the other hand, in the case of “no V prize”, since the transition to the probability variation mode is not performed after the special game ends, “00H” is set in the special figure probability variation transition state flag. “00H” means that the flag is off.
なお、「V入賞なし」の場合でも、普通電動役物の開閉部材が頻繁に開放する状態(電チューサポート有り)となる。従って、上述の普図確率変動移行状態フラグは、V入賞したか否かに関わらず、「5AH」がセットされる。   Even in the case of “no V prize”, the open / close member of the ordinary electric accessory is frequently opened (with electric chew support). Therefore, “5AH” is set in the above-described usual probability change transition state flag regardless of whether or not a V prize is won.
また、V入賞したか否かに関わらず、特図時短回数カウンタに「100」がセットされる。ここで、「100」とは、100回の遊技を意味する。特図確率変動回数カウンタは、「V入賞あり」の場合のみ「100」がセットされる。   Regardless of whether or not V is won, “100” is set in the special figure short-time counter. Here, “100” means 100 games. The special figure probability variation counter is set to “100” only in the case of “V winning”.
さらに、変動パターン振分け指定番号と特図変動回数カウンタがセットされる。まず、変動パターン振分け指定番号に「1」、特図変動回数カウンタ1に「30」がセットされる。これは、100回の確率変動モードのうち30回(1〜30回転)は、演出モードが「確変1」となることを意味する。「確変1」では、図柄が高速変動し、リーチ演出は、無し又はあっても短いものとなる(図8(b)参照)。   Further, a fluctuation pattern distribution designation number and a special figure fluctuation number counter are set. First, “1” is set to the change pattern assignment designation number, and “30” is set to the special figure change frequency counter 1. This means that 30 times (1 to 30 rotations) out of 100 probability fluctuation modes means that the production mode is “probability 1”. In “probability change 1”, the design fluctuates at high speed, and the reach effect is none or even short (see FIG. 8B).
その後、変動パターン振分け指定番号に「2」、特図変動回数カウンタ2に「60」がセットされる。これは、100回の確率変動モードのうち60回(31〜90回転)は、演出モードが「確変2」となることを意味する。「確変2」では、確率変動時の通常図柄変動となり、リーチ演出も様々なパターンが実行される。   Thereafter, “2” is set in the change pattern assignment designation number, and “60” is set in the special figure change frequency counter 2. This means that 60 times (31 to 90 rotations) of the 100 probability fluctuation modes means that the production mode becomes “probability 2”. “Probability variation 2” is a normal symbol variation at the time of probability variation, and various patterns are executed for reach production.
その後、変動パターン振分け指定番号に「3」、特図変動回数カウンタ3に「9」がセットされる。これは、100回の確率変動モードのうち9回(91〜99回転)は、演出モードが「確変3」となることを意味する。「確変3」では、確率変動モードの残り回数をカウントダウンする演出が行われる。   Thereafter, “3” is set in the change pattern assignment designation number, and “9” is set in the special figure change frequency counter 3. This means that 9 times (91 to 99 rotations) out of 100 probability fluctuation modes means that the production mode is “probability 3”. In “probability variation 3”, an effect of counting down the remaining number of times of the probability variation mode is performed.
最後に、変動パターン振分け指定番号に「4」がセットされる。これは、100回の確率変動モードのうち最後の1回(100回転目)は、演出モードが「確変4」となることを意味する。「確変4」では、最終変動用の演出が行われる。なお、図示しないが、確率変動モードが終了して通常モードに戻る場合には、変動パターン振分け指定番号に「0」がセットされる。   Finally, “4” is set as the variation pattern distribution designation number. This means that the last one of the 100 probability variation modes (100th rotation) is the production mode “probability variation 4”. In “probability variation 4”, an effect for final variation is performed. Although not shown, when the probability variation mode ends and returns to the normal mode, “0” is set to the variation pattern distribution designation number.
特図時短回数カウンタ、特図確率変動回数カウンタの値は、変更することができる。例えば、「V入賞あり」の場合、特図時短回数カウンタ及び特図確率変動回数カウンタに「150」をセットすると、特別遊技の終了後、150回の確率変動モードに移行する。このとき、演出モード「確変2」の回数を増やして、上記と同様に「確変1」、「確変2」、「確変3」、「確変4」の順に演出モードを移行させることができる。   The values of the special figure short time counter and the special figure probability fluctuation counter can be changed. For example, in the case of “V winning”, if “150” is set in the special figure short time counter and the special figure probability fluctuation counter, the mode shifts to the 150 probability fluctuation mode after the special game ends. At this time, the number of production modes “probability variation 2” is increased, and the production mode can be shifted in the order of “probability variation 1”, “probability variation 2”, “probability variation 3”, and “probability variation 4” in the same manner as described above.
次に、非確変図柄当りによる特別遊技の終了後に設定される各種フラグについて説明する。確変図柄当りの場合と同様に、遊技球がV入賞したか否かに関わらず、普電開放延長状態フラグ、普図時短移行状態フラグ、普図確率変動移行状態フラグ、特図時短状態移行状態フラグに「5AH」がセットされる。   Next, various flags that are set after the end of the special game based on the non-probability variable symbol will be described. As in the case of the probability variation symbol, regardless of whether or not the game ball has won a V, the normal power open extended state flag, the normal figure short transition state flag, the general figure probability variation transition state flag, the special figure short state transition state “5AH” is set in the flag.
また、特図確率変動移行状態フラグは、「V入賞なし」のとき「00H」、「V入賞あり」のとき「5AH」がセットされ、V入賞したか否かに関わらず、特図時短回数カウンタに「100」がセットされる。さらに、特図確率変動回数カウンタは、「V入賞あり」の場合のみ「100」がセットされる。   Also, the special figure probability transition state flag is set to “00H” when “no V prize” and “5AH” when “V prize present”, regardless of whether or not the V prize has been won. “100” is set in the counter. Furthermore, the special figure probability variation counter is set to “100” only when “V winning” is present.
次に、変動パターン振分け指定番号がセットされる。非確変図柄当りの特別遊技の終了後は時短モードとなるので、変動パターン振分け指定番号に「5」がセットされる。これは、演出モードが「時短」となることを意味し、時短用演出が行われる(図8(b)参照)。時短モードの遊技は100回であるが、特別遊技の終了時に特図変動回数カウンタの値をセットしない。   Next, a variation pattern distribution designation number is set. After the special game per non-probable variation symbol is completed, the mode is the short time mode, so “5” is set in the variation pattern allocation designation number. This means that the effect mode is “short time”, and a short time effect is performed (see FIG. 8B). The game in the short time mode is 100 times, but the value of the special figure fluctuation number counter is not set at the end of the special game.
図示しないが、時短モードが終了して通常モードに戻る場合には、変動パターン振分け指定番号に「0」がセットされる。また、「V入賞あり」の場合には、特別遊技の終了後の100回転が時短モード(高確率状態)となり、その後、演出モードが「通常」に戻る。   Although not shown, when the time reduction mode ends and the mode returns to the normal mode, “0” is set to the variation pattern assignment designation number. Further, in the case of “with V prize”, 100 rotations after the end of the special game are in the short time mode (high probability state), and then the production mode returns to “normal”.
ここでも、特図時短回数カウンタ、特図確率変動回数カウンタの値を変更することができる。例えば、「V入賞あり」の場合には、特図時短回数カウンタに「100」、特図確率変動回数カウンタに「150」をセットする。これにより、特別遊技の終了後の100回転まで演出モードが「時短」となり、101〜150回転までは、演出モードが「通常」(何れも、高確率状態)となる。   Again, the values of the special figure short time counter and the special figure probability fluctuation counter can be changed. For example, in the case of “V winning”, “100” is set in the special figure short time counter and “150” is set in the special figure probability fluctuation counter. As a result, the effect mode is “short time” until 100 rotations after the end of the special game, and the effect mode is “normal” (both high probability states) from 101 to 150 rotations.
次に、図9を参照して、本実施形態のパチンコ遊技機のエラー種類について説明する。パチンコ遊技機1には、以下で説明するもの以外にも多数のエラーが発生し得るが、ここでは説明を省略する。また、以下には、正確にはエラーとはいえないが、警告や報知を行う対象となるものが含まれる。   Next, with reference to FIG. 9, the error type of the pachinko gaming machine of this embodiment will be described. The pachinko gaming machine 1 may generate many errors other than those described below, but the description thereof is omitted here. In addition, the following includes what is not an error, but is a target for warning and notification.
(1)RAMクリア
最も優先して報知されるエラーとして、「RAMクリア」がある。RAMクリアとは、電源投入時にRAMクリアスイッチ27を操作しながら起動することにより、RAM領域の記憶内容の一部又は全てを消去する処理である。
(1) RAM clear “RAM clear” is an error that is given the highest priority. The RAM clear is a process of erasing a part or all of the stored contents of the RAM area by starting up while operating the RAM clear switch 27 when the power is turned on.
パチンコ遊技機1では、主制御側のCPU241が始動入賞時に抽選用乱数を取得して当否判定を行っている。しかし、RAMクリアにより乱数カウンタを初期状態に戻し、大当り乱数を狙い撃ちする不正行為が行われることがある。このため、このような不正行為を防止すべく、電源投入時にRAMクリアスイッチ27が操作された場合にエラーとして報知することとしている。   In the pachinko gaming machine 1, the main-control-side CPU 241 obtains a random number for lottery at the time of starting winning and determines whether or not the game is successful. However, there is a case where a fraudulent act of returning the random number counter to the initial state by clearing the RAM and aiming at the big hit random number is performed. For this reason, in order to prevent such an illegal act, when the RAM clear switch 27 is operated when the power is turned on, an error is notified.
RAMクリアの報知としては、スピーカ7による警告の他に枠装飾LED8、盤面装飾LED35の点灯がある。また、パチンコ遊技機1の背面に設けられた異常報知LED32を点灯させる。異常報知LED32の点灯は、遊技店の店員がパチンコ遊技機1の背面を見て確認する必要がある。液晶表示装置36には、RAMクリアが行われたことが表示されないが、この情報は、「セキュリティ信号」の名称で外部端子基板21(以下、外部端子という)を経由してホールコンピュータに送信される。   The notification of RAM clear includes lighting of the frame decoration LED 8 and the panel decoration LED 35 in addition to the warning by the speaker 7. Moreover, the abnormality notification LED 32 provided on the back surface of the pachinko gaming machine 1 is turned on. The lighting of the abnormality notification LED 32 needs to be confirmed by looking at the back of the pachinko gaming machine 1 by a shop clerk. Although it is not displayed on the liquid crystal display device 36 that the RAM is cleared, this information is transmitted to the hall computer via the external terminal board 21 (hereinafter referred to as an external terminal) under the name of “security signal”. The
RAMクリアの報知は、演出制御基板25が主制御基板24から送信されるRAMクリアコマンドを受信したときに開始し(図示省略)、30秒の報知時間が経過するまで継続して行われる。これにより、周囲の顧客や店員は、RAMクリアスイッチ27が操作されたことを認識する。   The RAM clear notification is started when the effect control board 25 receives a RAM clear command transmitted from the main control board 24 (not shown), and is continuously performed until the notification time of 30 seconds elapses. Thereby, the surrounding customers and shop assistants recognize that the RAM clear switch 27 has been operated.
次に説明する(2)〜(7)のエラーは、確変移行判定部54に関するものであるが、優先順位の高いエラーとして定義されている。ここで、優先順位とは、パチンコ遊技機1に複数のエラーが同時に発生した場合に、報知が優先される順位である。   The errors (2) to (7) described below relate to the probability change transition determination unit 54, but are defined as errors with high priority. Here, the priority order is an order in which notification is given priority when a plurality of errors occur simultaneously in the pachinko gaming machine 1.
(2)大入賞口2排出過多異常(エラー8)
「RAMクリア」の次に優先順位が高いエラーとして、「大入賞口2排出過多異常」がある。大入賞口2排出過多異常とは、アタッカの排出数が入賞数より多い場合(排出数>入賞数)に発生するエラーである。これは、不正に特定領域センサ56cをオンした可能性があるため、エラーとして報知することとしている。
(2) Extra prize opening 2 excessive discharge abnormality (error 8)
As an error having the second highest priority after “RAM clear”, there is “Large winning mouth 2 overdischarge abnormality”. The big prize opening 2 excessive discharge abnormality is an error that occurs when the number of discharged attackers is greater than the number of winning prizes (the number of winnings> the number of winning prizes). Since there is a possibility that the specific area sensor 56c is turned on illegally, this is reported as an error.
大入賞口2排出過多異常の報知としては、枠装飾LED8の点灯がある。さらに、液晶表示装置36には「エラー8。大入賞口2排出過多異常。係員をお呼び下さい。」等の表示がなされ、スピーカ7からは固有の不正入賞音が発せられる。盤面装飾LED35が点灯している場合には消灯し、異常情報は外部端子を経由してホールコンピュータに送信される(セキュリティ信号)。   As a notification of the extra prize opening 2 excessive discharge abnormality, there is lighting of the frame decoration LED 8. Further, the liquid crystal display device 36 is displayed such as “Error 8. Excessive winning mouth 2 discharged abnormally. Please call a staff member”, and a specific illegal winning sound is emitted from the speaker 7. When the panel decoration LED 35 is lit, it is turned off, and the abnormality information is transmitted to the hall computer via the external terminal (security signal).
大入賞口2排出過多異常の報知は、演出制御基板25が主制御基板24から送信された「排出過多異常検知コマンド」を受信したときに開始し、電源断するまで継続して行われる。例えば、特別遊技中に電源断すると、「排出過多異常フラグ」がクリアされると共に、大入賞口2排出過多検出用の入賞数確認カウンタと排出数確認カウンタの値がクリアされる。これにより、電源復帰後に再度、同じ異常が報知されることがなくなり、遊技者は、特別遊技の続きを行うことができる。   The notification of the excessive winning mouth 2 discharge abnormality is started when the production control board 25 receives the “excess discharge abnormality detection command” transmitted from the main control board 24, and is continuously performed until the power is turned off. For example, if the power is cut off during a special game, the “excessive discharge abnormality flag” is cleared, and the values of the winning number confirmation counter and the discharged number confirmation counter for detecting the excessive winning port 2 excessive discharge are cleared. As a result, the same abnormality is not notified again after the power is restored, and the player can continue the special game.
(3)大入賞口2排出異常(エラー9)
次に優先順位が高いエラーとして、「大入賞口2排出異常」がある。大入賞口2排出異常とは、残存球の排出時間経過時にアタッカの入賞数が排出数より多い場合(入賞数>排出数)に発生するエラーである。入賞数が排出数より多い場合、入賞装置49の内部で遊技球が詰まっている可能性があるため、エラーとして報知することとしている。
(3) Abnormal winning mouth 2 discharge error (Error 9)
Next, as the error having the highest priority order, there is “Large winning mouth 2 discharge abnormality”. The big prize opening 2 discharge abnormality is an error that occurs when the number of winning of the attacker is greater than the number of discharges (the number of winnings> the number of discharges) when the discharge time of the remaining spheres has elapsed. When the number of winnings is larger than the number of discharging, there is a possibility that the game balls are clogged inside the winning device 49, so that an error is notified.
大入賞口2排出異常の報知としては、液晶表示装置36に「エラー9。大入賞口2排出異常。係員をお呼び下さい。」等の表示がなされる。ここでも、異常情報は外部端子を経由してホールコンピュータに送信される(セキュリティ信号)。なお、スピーカ7等による報知は、基本的に大入賞口2排出過多異常の場合と同じであるが、大入賞口2排出過多異常の報知と区別するため、警告音やLEDの発光態様を異ならせてもよい。   As a notification of the abnormal winning mouth 2 discharge abnormality, a message such as “Error 9. Extra winning opening 2 discharge abnormality. Please call a staff member” is displayed on the liquid crystal display device 36. Again, the abnormality information is transmitted to the hall computer via the external terminal (security signal). Note that the notification by the speaker 7 or the like is basically the same as in the case of the extra prize opening 2 excessive discharge abnormality, but in order to distinguish it from the notification of the special prize opening 2 excessive discharge abnormality, the warning sound or the LED emission mode is different. It may be allowed.
大入賞口2排出異常の報知は、演出制御基板25が主制御基板24から送信される「排出異常検知コマンド」を受信したときに開始し、入賞数(入球数)と排出数が一致するか電源断するまで継続して行われる。例えば、電源断によって、「排出異常フラグ」がクリアされると共に、大入賞口2排出異常検出用の入賞数確認カウンタと排出数確認カウンタの値がクリアされる。これにより、入賞数と排出数が一致するようになり(排出異常フラグもオフ状態)、遊技者は、電源復帰後に特別遊技の続きを行うことができる。   The notification of the abnormal winning mouth 2 discharge abnormality is started when the production control board 25 receives the “discharge abnormality detection command” transmitted from the main control board 24, and the winning number (the number of balls received) matches the number of discharged balls. Or until the power is turned off. For example, when the power is turned off, the “discharge abnormality flag” is cleared, and the values of the prize winning number confirmation counter and the discharge number confirmation counter for detecting the abnormal winning opening 2 discharge abnormality are cleared. As a result, the number of winnings and the number of discharges match (the discharge abnormality flag is also off), and the player can continue the special game after the power is restored.
(4)V通過異常(エラー20)
次に優先順位が高いものとして、「V通過異常」がある。V通過異常とは、特定領域56が開放状態とならない通常ラウンドにおいて、遊技球が特定領域56を通過した場合に発生するエラーである。
(4) V passage abnormality (Error 20)
The next highest priority is “V passing abnormality”. The V passage abnormality is an error that occurs when a game ball passes the specific area 56 in a normal round in which the specific area 56 is not opened.
通常ラウンドでは、不正に特定領域センサ56cをオンしたり、振分部55が故障して誤動作が起きない限り、遊技球が特定領域56を通過することはない。従って、この状態でV入賞が発生した場合には、液晶表示装置36に「エラー20。V通過異常エラー。係員をお呼び下さい。」等の表示がなされる。また、スピーカ7による報知に加え、枠装飾LED8及び異常報知LED32を点灯させて報知する。また、この情報は、外部端子を経由してホールコンピュータに送信される。   In the normal round, the game ball will not pass through the specific area 56 unless the specific area sensor 56c is turned on illegally or the sorting unit 55 fails and malfunctions. Accordingly, when a V prize is generated in this state, a message such as “Error 20. V passing abnormality error. Please call a staff member” is displayed on the liquid crystal display device 36. Further, in addition to the notification by the speaker 7, the frame decoration LED 8 and the abnormality notification LED 32 are turned on for notification. This information is transmitted to the hall computer via an external terminal.
V通過異常の報知は、演出制御基板25が、「V通過異常コマンド」を受信したとき開始する。また、この報知は、30秒の報知時間が経過するまで継続して行われる。   The notification of the V passage abnormality starts when the effect control board 25 receives the “V passage abnormality command”. This notification is continuously performed until the notification time of 30 seconds elapses.
(5)磁気異常(強)(エラー16)
次に優先順位が高いエラーとして、「磁気異常(強)」がある。磁気異常とは、パチンコ遊技機1に磁石等を近づけた場合に、磁気センサ50により検知されるエラーであるが、特に、特別ラウンド中(第4ラウンド等のアタッカ開放中及び排出時間中)に検知されたエラーが該当する。磁石等を近づけることによりパチンコ遊技機1の電子機器を誤動作させる、または盤面上を流下する遊技球を何れかの入賞口に誘導する等の不正が行われることがある。このため、磁気を検知した場合にエラーとして報知することとしている。
(5) Magnetic anomaly (strong) (error 16)
The next highest priority error is “magnetic anomaly (strong)”. A magnetic abnormality is an error detected by the magnetic sensor 50 when a magnet or the like is brought close to the pachinko gaming machine 1, and in particular, during a special round (during the opening of the attacker such as the fourth round and during the discharge time). The detected error is applicable. There are cases where fraud such as causing the electronic device of the pachinko gaming machine 1 to malfunction by bringing a magnet or the like close to the game machine or guiding a game ball flowing down on the board surface to any winning opening may be performed. For this reason, when magnetism is detected, an error is reported.
磁気異常の報知としては、液晶表示装置36に「エラー16。磁気センサエラー。係員をお呼び下さい。」等の表示がなされ、スピーカ7からは固有の磁気検知警告音が発せられる。その他の報知については、大入賞口2排出過多異常の場合と同じであるので、詳細は省略する。   As a notification of the magnetic abnormality, a message such as “Error 16. Magnetic sensor error. Please call an attendant” is displayed on the liquid crystal display device 36, and a unique magnetic detection warning sound is emitted from the speaker 7. The other notifications are the same as in the case of the extra prize opening 2 excessive discharge abnormality, and the details are omitted.
磁気異常の報知は、演出制御基板25が主制御基板24から送信される「磁気検知コマンド」を受信したときに開始し、電源断するまで継続して行われる。   The notification of the magnetic abnormality is started when the production control board 25 receives the “magnetic detection command” transmitted from the main control board 24, and is continuously performed until the power is turned off.
(6)電波異常(強)(エラー17)
次に優先順位が高いエラーとして、「電波異常(強)」がある。電波異常とは、パチンコ遊技機1に対し電波が発せられた場合に、電波センサ51により検知されるエラーであるが、特に、特別ラウンド中に検知されたエラーが該当する。パチンコ遊技機1の外部から強い電波を発して、パチンコ遊技機1内部のセンサを誤動作させる等の不正が行われることがある。このため、電波を検知した場合にエラーとして報知することとしている。
(6) Radio wave abnormality (strong) (Error 17)
The next highest priority error is “radio wave abnormality (strong)”. The radio wave abnormality is an error detected by the radio wave sensor 51 when a radio wave is emitted to the pachinko gaming machine 1, and particularly an error detected during a special round. There may be cases where fraud such as causing a malfunction of a sensor inside the pachinko gaming machine 1 by emitting a strong radio wave from the outside of the pachinko gaming machine 1 may occur. For this reason, when radio waves are detected, an error is reported.
電波異常の報知としては、液晶表示装置36に「エラー17。電波センサエラー。係員をお呼び下さい。」等の表示がなされ、スピーカ7からは固有の電波検知警告音が発せられる。その他の報知については、大入賞口2排出過多異常の場合と同じであるので、詳細は省略する。   As a notification of the radio wave abnormality, a message such as “Error 17. Radio wave sensor error. Please call a staff member” is displayed on the liquid crystal display device 36, and a specific radio wave detection warning sound is emitted from the speaker 7. The other notifications are the same as in the case of the extra prize opening 2 excessive discharge abnormality, and the details are omitted.
電波異常の報知は、演出制御基板25が主制御基板24から送信される「電波検知コマンド」を受信したときに開始し、電源断するまで継続して行われる。   The notification of the radio wave abnormality is started when the production control board 25 receives the “radio wave detection command” transmitted from the main control board 24, and is continuously performed until the power is turned off.
(7)振分装置異常(エラー19)
次に優先順位が高いエラーとして、「振分装置異常」がある。振分装置異常とは、確変移行判定部54内にある振分部55の異常であって、この部分に配設された位置検出センサ55cにより検知される。振分部55が故障等により動作しなかった場合にエラーとして報知することとしている。
(7) Distributor error (Error 19)
The next highest priority error is “distributor error”. The distribution device abnormality is an abnormality of the distribution unit 55 in the probability change transition determination unit 54, and is detected by the position detection sensor 55c disposed in this portion. When the distribution unit 55 does not operate due to a failure or the like, an error is notified.
振分装置異常の報知としては、液晶表示装置36に「エラー19。振分装置エラー。係員をお呼び下さい。」等の表示がなされ、スピーカ7からは固有の警告音が発せられる。なお、この異常情報は、外部端子には送信されない。   As a notification of the abnormality of the sorting device, a message such as “Error 19. Sorting device error. Please call a staff member” is displayed on the liquid crystal display device 36, and a unique warning sound is emitted from the speaker 7. This abnormality information is not transmitted to the external terminal.
振分装置異常の報知は、演出制御基板25が位置検出センサ55cから送信される「位置信号」を受信したときに開始し、電源断するまで継続して行われる。   Notification of the distribution device abnormality is started when the production control board 25 receives the “position signal” transmitted from the position detection sensor 55c, and is continuously performed until the power is turned off.
(8)磁気異常(エラー6)
次に優先順位が高いエラーとして、「磁気異常」がある。磁気異常の内容は、(5)「磁気異常(強)」で説明した通りであるが、特に、特別ラウンド以外の磁気異常がここに属する。
(8) Magnetic abnormality (Error 6)
The next highest priority error is “magnetic anomaly”. The contents of the magnetic anomaly are as described in (5) “Magnetic anomaly (strong)”, and in particular, magnetic anomalies other than the special round belong here.
磁気異常の報知としては、枠装飾LED8の点灯がある。さらに、液晶表示装置36に「エラー6。磁気センサエラー。」等の表示がなされ、スピーカ7からは固有の磁気検知警告音が発せられる。盤面装飾LED35が点灯している場合には消灯し、異常情報は、外部端子を経由してホールコンピュータに送信される。   As a notification of the magnetic abnormality, there is lighting of the frame decoration LED 8. Further, “error 6, magnetic sensor error” or the like is displayed on the liquid crystal display device 36, and a unique magnetic detection warning sound is emitted from the speaker 7. When the panel decoration LED 35 is lit, it is turned off, and the abnormality information is transmitted to the hall computer via the external terminal.
磁気異常の報知は、演出制御基板25が主制御基板24から送信される「磁気検知コマンド」を受信したときに開始する。この報知は、報知開始から30秒が経過して、演出制御基板25が「解除コマンド」を受信するまで継続するので、通常、(5)「磁気異常(強)」の場合より短い時間の報知となる。なお、本異常と(5)「磁気異常(強)」とを区別するため、ランプの発光態様や音量を異ならせてもよい。   The notification of the magnetic abnormality is started when the production control board 25 receives a “magnetic detection command” transmitted from the main control board 24. This notification continues until 30 seconds after the start of notification and the production control board 25 receives the “cancel command”, and therefore normally, notification of a shorter time than in the case of (5) “magnetic abnormality (strong)” It becomes. In order to distinguish this abnormality from (5) “magnetic abnormality (strong)”, the light emission mode and volume of the lamp may be varied.
(9)電波異常(エラー7)
次に優先順位が高いエラーとして、「電波異常」がある。電波異常の内容は、(6)「電波異常(強)」で説明した通りであるが、特に、特別ラウンド以外の電波異常がここに属する。
(9) Radio wave abnormality (Error 7)
The next highest priority error is “radio wave abnormality”. The contents of the radio wave abnormality are as described in (6) “Radio wave abnormality (strong)”, and in particular, the radio wave abnormality other than the special round belongs here.
電波異常の報知としては、液晶表示装置36に「エラー7。電波センサエラー。」等の表示がなされ、スピーカ7からは固有の電波検知警告音が発せられる。その他の報知については、磁気異常の場合と同じであるので、詳細は省略する。また、電波異常の報知開始、終了の契機も磁気異常の場合と同じである。なお、本異常と(6)「電波異常(強)」とを区別するため、ランプの発光態様や音量を異ならせてもよい。   As a notification of radio wave abnormality, a message such as “Error 7. Radio wave sensor error” is displayed on the liquid crystal display device 36, and a specific radio wave detection warning sound is emitted from the speaker 7. The other notifications are the same as in the case of the magnetic abnormality, and the details are omitted. In addition, the trigger for starting and ending notification of radio wave abnormality is the same as in the case of magnetic abnormality. In order to distinguish this abnormality from (6) “Radio wave abnormality (strong)”, the light emission mode and volume of the lamp may be varied.
(10)振動異常(エラー18)
次に優先順位が高いエラーとして、「振動異常」がある。振動異常とは、パチンコ遊技機1に対し強い振動が与えられた場合に、振動センサ52により検知されるエラーである。パチンコ遊技機1に強い振動を与えてパチンコ遊技機1内部の電子機器、部品を故障させる、または盤面上を流下する遊技球を強引に入賞させる等の不正が行われることがある。このため、振動を検知した場合にエラーとして報知することとしている。
(10) Vibration abnormality (Error 18)
The next highest priority error is “vibration abnormality”. The vibration abnormality is an error detected by the vibration sensor 52 when a strong vibration is applied to the pachinko gaming machine 1. There are cases where fraud such as giving a strong vibration to the pachinko gaming machine 1 to break down electronic devices and parts inside the pachinko gaming machine 1 or forcibly winning a game ball flowing down on the board surface. For this reason, when vibration is detected, an error is reported.
振動異常の報知としては、液晶表示装置36に「エラー18。振動センサエラー。」等の表示がなされ、スピーカ7からは固有の振動検知警告音が発せられる。その他の報知については、磁気異常の場合と同じであるので詳細は省略する。異常情報は外部端子に送信されない。振動異常の報知開始、終了の契機は磁気異常の場合と同じである。なお、振動異常についても、特別ラウンド中か否かで報知時間やランプの発光態様等を異ならせてもよい。   As a notification of vibration abnormality, a message such as “Error 18. Vibration sensor error” is displayed on the liquid crystal display device 36, and a unique vibration detection warning sound is emitted from the speaker 7. The other notifications are the same as in the case of magnetic anomaly, so details are omitted. Abnormal information is not sent to the external terminal. The trigger for starting and ending the vibration abnormality notification is the same as in the case of the magnetic abnormality. In addition, regarding the vibration abnormality, the notification time, the light emission mode of the lamp, and the like may be varied depending on whether or not the special round is in progress.
(11)扉開放
次に優先順位が高いエラーとして、「扉開放」がある。扉開放は、パチンコ遊技機1の前扉5を開放したとき、前扉開放センサ20により検知されるエラーである。前扉5を開放して、遊技球を入賞口に遊技球を入賞させる等の不正が行われることがあるため、エラーとして報知することとしている。
(11) Door open The next highest priority error is “door open”. The door opening is an error detected by the front door opening sensor 20 when the front door 5 of the pachinko gaming machine 1 is opened. Since the front door 5 is opened and a game ball is made to win a game ball at a winning opening, etc., there is a case where an illegal action is performed.
また、上貯留皿11及び下貯留皿12を備えた前面板9が開放する場合もある。しかし、前面板9は、前扉5を開放した後でなければ開放できない構造となっているため、前扉5の開放が検知すれば足りる。以下、前扉5の開放が検知された場合について説明する。   Moreover, the front plate 9 provided with the upper storage tray 11 and the lower storage tray 12 may open | release. However, since the front plate 9 has a structure that can be opened only after the front door 5 is opened, it is sufficient to detect the opening of the front door 5. Hereinafter, a case where the opening of the front door 5 is detected will be described.
扉開放の報知としては、枠装飾LED8、盤面装飾LED35が点滅する。さらに、スピーカ7からは固有の扉開放エラー音か、「扉が開いています」等の音声が発せられ、液晶表示装置36に「扉開放中」等の表示が行われる。   As the door opening notification, the frame decoration LED 8 and the panel decoration LED 35 blink. Further, the speaker 7 emits a unique door opening error sound or a sound such as “the door is open”, and a message such as “the door is open” is displayed on the liquid crystal display device 36.
扉開放の報知は、演出制御基板25が主制御基板24から送信される「扉開放コマンド」を受信したときに開始し、演出制御基板25が「扉閉鎖コマンド」を受信するまで継続して行われる。この報知は、上記の音声が所定回数発せられたとき終了するようにしてもよい。また、その報知中に前扉開放センサ20(図4参照)が前扉5の閉鎖を感知したとしても、所定回数の音声警告が終了するまで、報知を継続するようにしてもよい。   The door opening notification starts when the production control board 25 receives the “door opening command” transmitted from the main control board 24 and continues until the production control board 25 receives the “door closing command”. Is called. This notification may be terminated when the above sound is emitted a predetermined number of times. Moreover, even if the front door opening sensor 20 (see FIG. 4) senses the closing of the front door 5 during the notification, the notification may be continued until a predetermined number of audio warnings are completed.
(12)扉閉鎖
次に優先順位が高いものとして、「扉閉鎖」がある。これは、開放中の前扉5が閉鎖したとき、前扉開放センサ20により検知される(正確には、エラーではない)。
(12) Door closure The next highest priority is "door closure". This is detected by the front door opening sensor 20 when the front door 5 being opened is closed (exactly, it is not an error).
扉閉鎖の報知としては、枠装飾LED8、盤面装飾LED35が点滅する。また、液晶表示装置36に表示された「扉開放中」等の表示が消える。また、この報知は、演出制御基板25が「扉開放コマンド」を受信するか、30秒の報知時間が経過するまで継続して行われる。   As the door closing notification, the frame decoration LED 8 and the panel decoration LED 35 blink. In addition, the indication “opening the door” displayed on the liquid crystal display device 36 disappears. This notification is continuously performed until the effect control board 25 receives the “door opening command” or until the notification time of 30 seconds elapses.
(13)可動役物異常(エラー11)
次に優先順位が高いエラーとして、「可動役物異常」がある。可動役物異常とは、電源投入時の可動役物動作チェックの際、可動役物37が何らかの不具合で動作しなかった場合に、可動役物異常センサ(図示省略)により検知されるエラーである。このエラーがあった場合には遊技を開始できないため、報知することとしている。
(13) Movable accessory abnormality (Error 11)
The next highest priority error is “movable accessory abnormality”. The movable accessory abnormality is an error that is detected by a movable accessory abnormality sensor (not shown) when the movable accessory 37 does not operate due to some malfunction during a movable accessory operation check at power-on. . If this error occurs, the game cannot be started, so notification is made.
可動役物異常の報知としては、液晶表示装置36に、例えば、「右側役物エラー」のようにエラーが検知された役物を特定する表示がなされ、スピーカ7からは固有の警告音(可動役物異常エラー音)が発せられる。   In order to notify the movable accessory abnormality, the liquid crystal display device 36 displays, for example, a right-side accessory error to identify the accessory in which the error has been detected. (Abnormal sound error).
可動役物異常の報知は、可動役物異常センサが検知した「可動役物異常信号」を演出制御基板25が受信した後に開始し、30秒の報知時間が経過するまで継続して行われる。   The notification of the movable accessory abnormality is started after the production control board 25 receives the “movable accessory abnormality signal” detected by the movable accessory abnormality sensor, and is continuously performed until the notification time of 30 seconds elapses.
(14)右・左打ち指示
次に優先順位が高いものとして、「右・左打ち指示」がある。以下では、「右打ち指示」を例により説明する。
(14) Right / left-handed instruction The next highest priority is “right / left-handed instruction”. Hereinafter, “right-handed instruction” will be described as an example.
遊技モードが変化すると、遊技球の発射を「右打ち」に切替えて遊技を行う状態となる場合がある。右打ち状態中に盤面の左側にあるスイッチが遊技球を検出すると、指示をしなければ遊技者の持ち球が著しく消費する場合があるので、報知することとしている(正確には、エラーではない)。   When the game mode changes, there is a case where the game ball is switched to “right-handed” to play a game. When the switch on the left side of the board detects a game ball in the right-handed state, the player's ball may be consumed significantly unless instructed to do so. ).
右打ち指示としては、液晶表示装置36に「右打ち→」等の表示がなされ、スピーカ7からは固有の音声(右打ち指示音)として「右打ちしてください」等の音声が発せられる。   As the right-handed instruction, a message such as “right-handed →” is displayed on the liquid crystal display device 36, and a sound such as “please right-handed” is emitted from the speaker 7 as a unique sound (right-handed instruction sound).
右打ち指示は、右打ちをする遊技状態に移行したときに開始し、普通図柄用始動ゲート40bの始動ゲート通過センサ40cが遊技球の通過を検知し、演出制御基板25が解除コマンドを受信するまで継続して行われる。   The right-handed instruction starts when the game state changes to the right-handed state, the start gate passage sensor 40c of the normal symbol start gate 40b detects the passage of the game ball, and the effect control board 25 receives the release command. It continues until.
(15)当り時玉抜き警告(エラー1)
次に優先順位が高いエラーとして、「当り時玉抜き警告」がある。当り時玉抜き警告とは、特別遊技中に下貯留皿12の遊技球が満タンとなると、下貯留皿満杯センサ12c(図4参照)により検知されるエラーである(いわゆる、球詰まり)。このエラーの発生中には賞球を払出せないことがあるので、報知することとしている。
(15) Ball removal warning when hit (Error 1)
The next highest priority error is a “hit-hitting warning”. The hitting ball removal warning is an error detected by the lower storage tray full sensor 12c (see FIG. 4) when the game balls of the lower storage tray 12 become full during a special game (so-called ball clogging). Since the prize ball may not be paid out during the occurrence of this error, notification is made.
当り時玉抜き警告としては、液晶表示装置36に「球を抜いて下さい。」等の表示がなされ、スピーカ7からは固有の音声(球詰まりエラー音)として「下皿レバーを引いて下さい」等の音声が発せられる。   As a hitting ball removal warning, a message such as “Pull out the ball” is displayed on the liquid crystal display device 36, and the speaker 7 “Please pull the lower plate lever” as a unique sound (ball clogging error sound). Etc. are emitted.
当り時玉抜き警告は、演出制御基板25が主制御基板24から送信される「球詰まり異常検知コマンド」を受信したときに開始する。また、この報知は、下貯留皿12の遊技球をドル箱に移す等して下貯留皿満杯センサ12cから異常が検知されなくなるまで(要因の解除)、すなわち、演出制御基板25が解除コマンドを受信するまで継続して行われる。   The hitting ball removal warning is started when the production control board 25 receives a “ball clogging abnormality detection command” transmitted from the main control board 24. Further, this notification is made until an abnormality is not detected from the lower storage tray full sensor 12c by moving the game ball of the lower storage tray 12 to the dollar box (release of the factor), that is, the effect control board 25 issues a release command. It continues until it is received.
(16)入賞異常(エラー10)
次に優先順位が高いエラーとして、「入賞異常」がある。入賞異常とは、例えば、大入賞装置39の大入賞口センサ39cにより検知される異常である。大入賞口センサ39cに通常より大きな遊技球が挟まった状態となると、その期間、大入賞口センサ39cが遊技球の通過信号を出力し続けることがある。このため、異常として報知することとしている。
(16) Abnormal winning (Error 10)
The next highest priority error is “abnormal winning”. The prize winning abnormality is, for example, an abnormality detected by the big prize opening sensor 39c of the big prize winning device 39. When a game ball larger than usual is sandwiched between the special winning opening sensor 39c, the special winning opening sensor 39c may continue to output the passing signal of the gaming ball during that period. For this reason, it is supposed to report as abnormal.
入賞異常の報知としては、液晶表示装置36に「入賞口スイッチエラー」等の表示がなされるのみである。また、その報知は、演出制御基板25が主制御基板24から送信される「入賞異常検知コマンド」を受信したときに開始する。また、この報知は、報知開始から30秒が経過して、演出制御基板25が解除コマンドを受信するまで継続して行われる。   As a notification of a prize winning abnormality, a display such as “winning prize switch error” is only displayed on the liquid crystal display device 36. The notification is started when the production control board 25 receives a “winning abnormality detection command” transmitted from the main control board 24. In addition, this notification is continuously performed until 30 seconds have elapsed from the start of notification and the effect control board 25 receives a release command.
(17)補給切れ(エラー2)
次に優先順位が高いエラーとして、「補給切れ」がある。補給切れとは、遊技球貯留タンク17又はタンクレール18に貯留された遊技球が不足したときに検知される異常である。遊技球が不足すると賞球を払い出せなくなるため、エラーとして報知することとしている。
(17) Out of supply (error 2)
The next highest priority error is “out of supply”. The shortage of supply is an abnormality detected when the game balls stored in the game ball storage tank 17 or the tank rail 18 are insufficient. If there are not enough game balls, the prize balls cannot be paid out.
補給切れの報知としては、液晶表示装置36に「遊技球が不足しています。」等の表示がなされるのみである。補給切れ異常の報知は、演出制御基板25が主制御基板24から送信される「補給切れ検知コマンド」を受信した後に開始する。また、この報知は、遊技球貯留タンク17等にある球検出センサが遊技球を検知するまで(要因の解除)、すなわち、演出制御基板25が解除コマンドを受信するまで継続して行われる。   As a notification of replenishment of supply, only a message such as “There are not enough game balls” is displayed on the liquid crystal display device 36. The notification of the supply replenishment abnormality is started after the production control board 25 receives the “replenishment detection command” transmitted from the main control board 24. This notification is continued until the ball detection sensor in the game ball storage tank 17 or the like detects a game ball (factor release), that is, until the effect control board 25 receives a release command.
(18)断線(エラー4)
次に優先順位が高いエラーとして、「断線」がある。断線とは、基板同士又は基板と各種センサを接続する配線(ハーネス)が断線したときに検知されるエラーである。例えば、始動入賞口センサ38cの配線が断線している場合、始動入賞信号の送信ができなくなるため、エラーとして報知することとしている。
(18) Disconnection (Error 4)
The next highest priority error is “disconnection”. The disconnection is an error detected when the wiring (harness) connecting the substrates or the substrate and various sensors is disconnected. For example, when the wiring of the start winning opening sensor 38c is disconnected, the start winning signal cannot be transmitted, so that an error is notified.
断線の報知としては、液晶表示装置36に「断線しています。」等の表示がなされるのみである。断線の報知は、演出制御基板25が主制御基板24から送信される「断線検知コマンド」を受信した後に開始する。また、この報知は、ハーネスを交換する等して要因が解除されるまで、すなわち、演出制御基板25が解除コマンドを受信するまで継続して
行われる。
As a notification of disconnection, only a message such as “disconnected” is displayed on the liquid crystal display device 36. The disconnection notification is started after the production control board 25 receives the “break detection command” transmitted from the main control board 24. Further, this notification is continuously performed until the factor is canceled by replacing the harness or the like, that is, until the effect control board 25 receives the cancel command.
(19)振分け常時オン
次に報知の優先順位が高いエラーとして、「振分け常時オン」がある。振分け常時オンとは、振分部55の位置検出センサ55cにより検出されるエラーである。例えば、振分部55が右位置から動かなくなった場合には、非確変図柄当りであっても、遊技球が特定領域56を通過してしまうため、エラーとして報知することとしている。
(19) Sorting always on Next, “allocation always on” is an error with a high priority of notification. The distribution always on is an error detected by the position detection sensor 55c of the distribution unit 55. For example, when the allocating unit 55 stops moving from the right position, the game ball passes through the specific area 56 even if it is a non-probable variation symbol, so that an error is reported.
振分け常時オンは、スピーカ7や液晶表示装置36による報知が行われないが、パチンコ遊技機1の背面に設けられた異常報知LED32を点灯させる。振分け常時オンの報知は、位置検出センサ55cから送信された信号を演出制御基板25が受信したときに開始し、電源断するまで継続して行われる。   When the distribution is always on, notification by the speaker 7 or the liquid crystal display device 36 is not performed, but the abnormality notification LED 32 provided on the back surface of the pachinko gaming machine 1 is turned on. The distribution always-on notification starts when the effect control board 25 receives a signal transmitted from the position detection sensor 55c and continues until the power is turned off.
(20)累積2球
次に報知の優先順位が高いエラーとして、「累積2球」がある。累積2球とは、非確変図柄当りのとき、特定領域センサ56cが累積して2球以上の遊技球を検出した場合にエラーとして報知するものである。なお、非確変図柄当りであっても短時間、特定領域56が開放状態となるので、1球の検出は異常と判定しない。また、1日のうちの複数回の特別遊技で累積2球が発生した場合に報知する。
(20) Accumulated two balls Next, as an error with a high priority of notification, there is “cumulative two balls”. Accumulated two balls are to be notified as an error when the specific area sensor 56c accumulates and detects two or more game balls at the time of non-probable variation. In addition, even if it is per non-probable variation pattern, since the specific area | region 56 will be in an open state for a short time, detection of one ball is not determined to be abnormal. Also, a notification is given when two accumulated balls have been generated in a plurality of special games within a day.
累積2球は、スピーカ7や液晶表示装置36による報知が行われないが、パチンコ遊技機1の背面に設けられた異常報知LED32を点滅させる。累積2球の報知は、特定領域センサ56cから送信された「特定領域入球検知信号」を主制御基板24が受信したときに開始し、電源断するまで継続して行われる。   Although the cumulative two balls are not notified by the speaker 7 or the liquid crystal display device 36, the abnormality notification LED 32 provided on the back surface of the pachinko gaming machine 1 blinks. The notification of the accumulated two balls starts when the main control board 24 receives the “specific area entry detection signal” transmitted from the specific area sensor 56c, and continues until the power is turned off.
(21)非特定V入賞
次に報知の優先順位が高いものとして、「非特定V入賞」がある。非特定V入賞とは、非確変図柄当りで遊技球がV入賞した場合に、それが不正入賞である否かに関わらず行われる報知であり、異常報知に準ずる位置付けである。
(21) Non-specific V Winning Next, “non-specific V winning” is given as the highest notification priority. The non-specific V winning is a notification performed when a game ball wins a V per non-probable variation regardless of whether or not it is an illegal winning, and is positioned according to an abnormality notification.
非確変図柄当りの特別ラウンドでは、特定領域56が開放状態となる時間が短いが、V入賞する可能性は僅かにある。従って、この状態でV入賞した場合には、スピーカ7や液晶表示装置36による目立つ報知は行わないが、枠装飾LED8を点灯、異常報知LED32を点滅させて報知する。また、この情報は、外部端子を経由してホールコンピュータに送信される(セキュリティ信号)。   In the special round per non-probable variation, the time for the specific area 56 to be in an open state is short, but there is a slight possibility of winning V. Therefore, when the V prize is won in this state, notice is not made by the speaker 7 or the liquid crystal display device 36, but the frame decoration LED 8 is turned on and the abnormality notice LED 32 is blinked. This information is transmitted to the hall computer via the external terminal (security signal).
非特定V入賞の報知は、演出制御基板25が、後述する「特定領域通過コマンド」を受信し、且つ「非特定V入賞フラグ」がオンしたとき開始する。また、この報知は、電源断、又は次回大当りの発生、又は時短モードの終了まで継続して行われる。   The notification of the non-specific V prize starts when the effect control board 25 receives a “specific area passing command” described later and the “non-specific V prize flag” is turned on. Further, this notification is continuously performed until the power is cut off, the next jackpot is generated, or the time reduction mode is ended.
例えば、「非特定V入賞フラグ」がオンである限り、毎変動の開始時に演出制御基板25に報知コマンドが送信されるようにすれば、次回の大当りの発生まで報知を継続することができる。このとき、さらに外部端子に該セキュリティ信号を送信してもよい。なお、上記(19)〜(21)は、確変移行判定部54に関するものであるが、優先順位の低いエラーとして定義されている。   For example, as long as the “non-specific V prize flag” is on, if the notification command is transmitted to the effect control board 25 at the start of every change, the notification can be continued until the next big hit. At this time, the security signal may be further transmitted to the external terminal. The above (19) to (21) relate to the probability variation transition determination unit 54, but are defined as errors with low priority.
次に、図10を参照して、主制御側で行われる遊技管理処理について説明する。以下で説明する遊技管理処理は、電源投入処理が正常に終了した場合に、主制御側のメインループに対して実行されるタイマ割込処理である。   Next, with reference to FIG. 10, the game management process performed on the main control side will be described. The game management process described below is a timer interrupt process that is executed for the main loop on the main control side when the power-on process ends normally.
まず、主制御手段(主制御基板24)は、タイマ管理処理を行う(ステップS10)。パチンコ遊技機1には、後述する特別図柄役物動作タイマ等の複数のタイマが用意されており、それぞれ遊技に関する時間を計時している。   First, the main control means (main control board 24) performs timer management processing (step S10). The pachinko gaming machine 1 is provided with a plurality of timers such as a special symbol accessory operation timer, which will be described later, and clocks the time relating to the game.
主制御手段は、処理状態に応じて各種タイマを更新(タイマを減算)していくことで、多数のタイマを管理する。その後、ステップS20に進む。   The main control means manages a number of timers by updating various timers (subtracting the timers) according to the processing state. Thereafter, the process proceeds to step S20.
ステップS20では、主制御手段は、入力管理処理を行う。入力管理処理の詳細は後述するが、パチンコ遊技機1の各種センサに入力された情報を入賞カウンタに格納する処理である。その後、ステップS30に進む。   In step S20, the main control means performs input management processing. Although details of the input management process will be described later, it is a process of storing information input to various sensors of the pachinko gaming machine 1 in a winning counter. Thereafter, the process proceeds to step S30.
ステップS30では、主制御手段は、賞球管理処理を行う。これは、遊技盤4の遊技領域を流下する遊技球が、第1特別図柄始動口38aや一般入賞口42に入賞した場合に行われる処理である。例えば、一般入賞口42の内部にある一般入賞口センサ42cが遊技球を検知し、球検知信号を主制御手段に送信する。   In step S30, the main control means performs a prize ball management process. This is a process performed when a game ball flowing down the game area of the game board 4 wins the first special symbol starting port 38a or the general winning port 42. For example, the general winning opening sensor 42c in the general winning opening 42 detects a game ball and transmits a ball detection signal to the main control means.
主制御手段は、上記信号を受信すると、払出制御基板29(さらには、遊技球払出装置19)に向けて所定個数の賞球の払出しを行うための制御信号を送信する。このとき、後述する大入賞口入賞無効フラグがオンしていれば、大入賞口への入賞による賞球払出しのための制御信号が送信されず、払出しは行われない。   When receiving the above signal, the main control means transmits a control signal for paying out a predetermined number of prize balls to the payout control board 29 (further, the game ball payout device 19). At this time, if a special winning opening prize invalid flag, which will be described later, is turned on, a control signal for paying out a winning ball due to winning in the special winning opening is not transmitted and no payout is performed.
その後、所定のタイミングで大入賞口入賞無効フラグをオフにセットする。なお、上記所定のタイミングとして、入賞数と排出数の一致が確認されたとき(電源断を含む)や特別遊技が終了したとき等を設定するのが好適である。   Thereafter, the special winning opening prize invalid flag is set to OFF at a predetermined timing. As the predetermined timing, it is preferable to set the time when a match between the number of winnings and the number of winnings is confirmed (including power-off) or when a special game is finished.
遊技球払出装置19は、上記制御信号を受信した場合に、上貯留皿11(上貯留皿11が満杯である場合には、下貯留皿12)に所定個数の賞球を払出す。その後、ステップS40に進む。   When receiving the control signal, the game ball payout device 19 pays out a predetermined number of prize balls to the upper storage tray 11 (or the lower storage tray 12 when the upper storage tray 11 is full). Thereafter, the process proceeds to step S40.
ステップS40では、主制御手段は、普通図柄管理処理を行う。これは、遊技盤4の遊技領域を流下する遊技球が、普通図柄用始動ゲート40bを通過した場合に行われる処理である。具体的には、普通図柄用始動ゲート40bの内部にある始動ゲート通過センサ40cがゲートを通過した遊技球を検知して、球検知信号を主制御手段に送信する。   In step S40, the main control means performs a normal symbol management process. This is a process performed when a game ball flowing down the game area of the game board 4 passes through the normal symbol start gate 40b. Specifically, the start gate passage sensor 40c inside the normal symbol start gate 40b detects a game ball that has passed through the gate, and transmits a ball detection signal to the main control means.
主制御手段は、上記信号を受信すると、普通図柄の抽選乱数を取得する。この抽選乱数は最大4個まで記憶可能であり、記憶した順に上記抽選乱数の当否を抽選する。   When the main control means receives the signal, it obtains a lottery random number of normal symbols. A maximum of four lottery random numbers can be stored, and whether or not the lottery random numbers are appropriate is lottered in the order of storage.
また、主制御手段は、普通図柄表示装置43bに制御信号を送信する。普通図柄表示装置43bでは、LEDの点滅による普通図柄の変動が行われ、普通図柄は、所定時間の経過後、抽選結果に応じて当り又は外れの態様を表示して停止する。その後、ステップS50に進む。   Further, the main control means transmits a control signal to the normal symbol display device 43b. In the normal symbol display device 43b, the normal symbol is changed by the blinking of the LED, and the normal symbol is displayed after a predetermined time has elapsed and stopped according to the lottery result. Thereafter, the process proceeds to step S50.
ステップS50では、主制御手段は、普通電動役物管理処理を行う。これは、普通図柄の抽選結果により普通電動役物の動作を制御する処理である。普通図柄管理処理(ステップS40)にて、普通図柄が当り態様で停止した場合には、主制御手段は、普通電動役物用ソレノイドに制御信号を送信し、所定時間、第2特別図柄始動口38bの開閉部材を開放する。   In step S50, the main control means performs a normal electric accessory management process. This is a process for controlling the operation of the ordinary electric accessory according to the lottery result of the ordinary symbol. In the normal symbol management process (step S40), when the normal symbol is stopped in the hit state, the main control means transmits a control signal to the solenoid for the ordinary electric accessory, and the second special symbol start port for a predetermined time. The opening / closing member 38b is opened.
主制御手段は、上記所定時間が経過した場合、または所定時間経過前に第2特別図柄始動口38bに予め定められた上限数の遊技球が入賞した場合に、上記開閉部材を閉鎖する
ための制御信号を普通電動役物用ソレノイドに送信する。これにより、上記開閉部材は閉鎖する。その後、ステップS60に進む。
The main control means is configured to close the opening / closing member when the predetermined time has elapsed or when a predetermined upper limit number of game balls have been won in the second special symbol starting port 38b before the predetermined time has elapsed. A control signal is transmitted to the solenoid for ordinary electric accessories. Thereby, the opening / closing member is closed. Thereafter, the process proceeds to step S60.
なお、普通図柄管理処理(ステップS40)にて、普通図柄が外れ態様で停止した場合には、上記開閉部材を開放することはなく、主制御手段は、何もせず普通電動役物遊技処理を終了する。   In the normal symbol management process (step S40), when the normal symbol is stopped in a disengaged manner, the opening / closing member is not opened, and the main control means does not perform the normal electric accessory game process. finish.
ステップS60では、主制御手段は、特別図柄管理処理を行う。これは、遊技盤4の遊技領域を流下する遊技球が、第1特別図柄始動口38a、または第2特別図柄始動口38bに入賞した場合に行われる処理である。   In step S60, the main control means performs a special symbol management process. This is a process performed when a game ball flowing down the game area of the game board 4 wins the first special symbol start port 38a or the second special symbol start port 38b.
詳細は後述するが、始動入賞口センサ38cが遊技球を検出すると、始動入賞口センサ38cは、球検出信号を主制御手段に送信し、主制御手段で特別図柄の抽選が行われる。   Although details will be described later, when the start winning port sensor 38c detects a game ball, the start winning port sensor 38c transmits a ball detection signal to the main control means, and the main control means draws a special symbol.
主制御手段は、特別図柄表示装置43aに制御信号を送信する。特別図柄表示装置43aでは、7セグメントLEDによる特別図柄の変動が行われ、特別図柄が所定時間の経過後に抽選結果に応じて当り又は外れの態様で停止する。また、特別図柄の変動は、液晶表示装置36においても遊技者に確実に認識可能な装飾図柄で表示される。その後、ステップS70に進む。   The main control means transmits a control signal to the special symbol display device 43a. In the special symbol display device 43a, the special symbol is changed by the 7-segment LED, and the special symbol is stopped in a manner of winning or losing according to the lottery result after a predetermined time elapses. Further, the variation of the special symbol is displayed on the liquid crystal display device 36 with a decorative symbol that can be surely recognized by the player. Thereafter, the process proceeds to step S70.
最後に、ステップS70では、主制御手段は、特別電動役物管理処理を行う。これは、特別図柄の抽選結果により特別電動役物(大入賞装置39)の動作を制御する処理である。   Finally, in step S70, the main control means performs a special electric accessory management process. This is a process of controlling the operation of the special electric accessory (large winning device 39) according to the lottery result of the special symbol.
詳細は後述するが、特別図柄が当り態様で停止した場合には、いわゆる大当りとなり、複数のラウンドからなる特別遊技が遊技者に付与される。後述するが、特別図柄管理処理(ステップS60)にて、特別図柄が外れ態様で停止した場合には、直ちに特別電動役物管理処理が終了となる。特別電動役物管理処理が終了すると、遊技管理処理も終了となる。   Although details will be described later, when a special symbol stops in a winning manner, it becomes a so-called big hit, and a special game consisting of a plurality of rounds is given to the player. As will be described later, in the special symbol management process (step S60), when the special symbol is stopped in a detaching manner, the special electric accessory management process is immediately terminated. When the special electric accessory management process ends, the game management process also ends.
次に、図11を参照して、遊技管理処理の中で行われる入力管理処理について説明する。   Next, the input management process performed in the game management process will be described with reference to FIG.
まず、主制御手段は、各入力ポートのレベルデータを取得し、それを基にエッジデータを作成してワーク領域に保存する(ステップS21)。具体的には、大入賞口センサ39c、一般入賞口センサ42c等のオン、オフ信号を取得し、エッジデータをRAM243の所定領域に保存する処理となる。その後、ステップS22に進む。   First, the main control means acquires level data of each input port, creates edge data based on the level data, and stores it in the work area (step S21). Specifically, this is a process of acquiring on / off signals of the special winning opening sensor 39c, the general winning opening sensor 42c, etc., and storing the edge data in a predetermined area of the RAM 243. Thereafter, the process proceeds to step S22.
次に、主制御手段は、大入賞口センサを通過したか否かを判定する(ステップS22)。遊技球が大入賞口センサ39cを通過した場合には、「YES」の判定となり、ステップS23に進む。一方、通過しなかった場合には、「NO」の判定となり、入力管理処理を終了する。   Next, the main control means determines whether or not it has passed through the big prize opening sensor (step S22). If the game ball has passed the special winning opening sensor 39c, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S23. On the other hand, if it does not pass, the determination is “NO”, and the input management process is terminated.
ステップS22の判定が「YES」である場合、主制御手段は、特別電動役物の作動中か否かを判定する(ステップS23)。具体的には、後述する「特別電動役物作動フラグ」がオンしているか否かの判定であり、アタッカの開閉扉が開放中か否かは関係がない。現在、特別電動役物の作動中である場合には、「YES」の判定となり、ステップS24に進む。一方、特別電動役物の作動中でない場合には、「NO」の判定となり、ステップS25に進む。   When the determination in step S22 is “YES”, the main control means determines whether or not the special electric accessory is operating (step S23). Specifically, it is a determination as to whether or not a “special electric accessory actuating flag” to be described later is on, and it does not matter whether the attacker door is open. If the special electric accessory is currently operating, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S24. On the other hand, if the special electric accessory is not in operation, the determination is “NO”, and the process proceeds to step S25.
ステップS23の判定が「YES」である場合、主制御手段は、エラー8又はエラー9の発生中か否かを判定する(ステップS24)。現在、エラー8又はエラー9(入賞数と排出数の不一致)の発生中である場合には、「YES」の判定となり、ステップS25に進む。一方、何れのエラーも発生していない場合には、「NO」の判定となり、入力管理処理を終了する。   If the determination in step S23 is “YES”, the main control means determines whether error 8 or error 9 is occurring (step S24). If error 8 or error 9 (a mismatch between the number of winnings and the number of winnings) is currently occurring, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S25. On the other hand, if no error has occurred, the determination is “NO” and the input management process is terminated.
ステップS24の判定が「YES」である場合、主制御手段は、大入賞口入賞無効フラグを5AHにセットする(ステップS25)。すなわち、「大入賞口入賞無効フラグ」は、特別電動役物の非作動中に大入賞口センサ39cが遊技球を検出した場合、又はエラー8又はエラー9の発生中にオンとなる。その後、ステップS26に進む。   If the determination in step S24 is “YES”, the main control means sets the big prize opening prize invalid flag to 5AH (step S25). That is, the “big prize opening prize invalid flag” is turned on when the special prize opening sensor 39c detects a game ball while the special electric accessory is not operating, or when error 8 or error 9 is occurring. Thereafter, the process proceeds to step S26.
ここで、「大入賞口入賞無効フラグ」がオンの期間は賞球の払出しが行われなくなる。入賞数より排出数が多い場合には、過剰排出数分に対応する賞球のみ無効にしてもよい。なお、「大入賞口入賞無効フラグ」は、入賞数と排出数の不一致が解除されたとき(図22:ステップS206)、又は後述する大当り終了処理(図23:ステップS212)でリセットされるので、例えば、特別遊技中であっても不一致が解除された後には、賞球の払出しが行われるようになる。   Here, the payout of the prize ball is not performed during the period in which the “large winning opening prize invalid flag” is on. When the number of discharges is larger than the number of winning prizes, only the winning balls corresponding to the excessive number of discharges may be invalidated. Note that the “big prize opening prize invalid flag” is reset when the mismatch between the number of winnings and the number of winnings is canceled (FIG. 22: step S206) or in the big hit end process (FIG. 23: step S212) described later. For example, even during a special game, after the disagreement is released, a prize ball is paid out.
最後に、主制御手段は、外部端子へ出力信号を送信する(ステップS26)。具体的には、異常に関する信号を外部端子へ出力し、外部端子を経由してホールコンピュータに送信する。その後、入力管理処理を終了する。   Finally, the main control means transmits an output signal to the external terminal (step S26). Specifically, a signal relating to abnormality is output to the external terminal and transmitted to the hall computer via the external terminal. Thereafter, the input management process is terminated.
次に、図12を参照して、遊技管理処理の中で行われる特別図柄管理処理について説明する。特別図柄管理処理(図10:ステップS60)では、主制御手段は、後述する特別図柄動作ステータス(変動待機中、変動中、確認時間中)を判定し、それぞれの処理を管理する。   Next, the special symbol management process performed in the game management process will be described with reference to FIG. In the special symbol management process (FIG. 10: Step S60), the main control means determines a special symbol operation status (waiting for change, changing, and confirmation time) to be described later, and manages each process.
まず、主制御手段は、始動口チェック処理1を行う(ステップS61)。これは、第1特別図柄始動口38aへの遊技球の入賞を判断し、大当り判定用乱数等を保留記憶エリアに格納し、必要に応じて保留先読みコマンドの作成等を行うものである。その後、ステップS62に進む。   First, the main control means performs a start port check process 1 (step S61). This is to determine the winning of a game ball to the first special symbol start port 38a, store a big hit determination random number or the like in a reserved storage area, and create a reserved look-ahead command if necessary. Thereafter, the process proceeds to step S62.
ステップS62では、主制御手段は、始動口チェック処理2を行う。第2特別図柄始動口38bへの遊技球の入賞について、始動口チェック処理1と同様の処理を行う。その後、ステップS63に進む。   In step S62, the main control means performs a start port check process 2. The same process as the start opening check process 1 is performed for winning a game ball in the second special symbol start opening 38b. Thereafter, the process proceeds to step S63.
次に、主制御手段は、条件装置作動フラグが5AHか否かを判定する(ステップS63)。条件装置とは、大当り発生時に大当りを継続する条件が成立した場合に作動する装置であり、本ステップは、条件装置作動フラグがオンしているか否かの判定となる。   Next, the main control means determines whether or not the condition device operation flag is 5AH (step S63). The condition device is a device that operates when a condition for continuing the big hit is established when the big hit occurs, and this step is a determination as to whether or not the condition device operation flag is on.
条件装置作動フラグが「5AH」である場合には、「YES」の判定となり、ステップS68に進む。一方、条件装置作動フラグが「5AH」でない場合には、「NO」の判定となり、ステップS64に進む。すなわち、ステップS64以降は、大当りが発生していない通常遊技モードの場合の処理となる。   If the condition device operation flag is “5AH”, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S68. On the other hand, if the condition device operation flag is not “5AH”, the determination is “NO”, and the process proceeds to step S64. That is, the processing after step S64 is processing in the normal game mode in which no big hit has occurred.
ステップS63の判定が「NO」である場合、主制御手段は、特別図柄動作ステータス判定を行う(ステップS64)。特別図柄動作ステータス(以下、特図動作ステータスともいう)が「00H」、「01H」に設定されている場合は、特別図柄が「変動待機中」であることを意味するので、ステップS65に進む。   If the determination in step S63 is "NO", the main control means performs a special symbol operation status determination (step S64). If the special symbol operation status (hereinafter also referred to as the special symbol operation status) is set to “00H” or “01H”, it means that the special symbol is “waiting for fluctuation”, and the process proceeds to step S65. .
また、特図動作ステータスが「02H」に設定されている場合は、特別図柄が「変動中」であることを意味するので、ステップS66に進む。さらに、特図動作ステータスが「03H」に設定されている場合は、特別図柄の「確認時間中」であることを意味するので、ステップS67に進む。以下、各特図動作ステータスにおける処理ついて説明する。   If the special figure operation status is set to “02H”, it means that the special symbol is “changing”, and the process proceeds to step S66. Further, when the special figure operation status is set to “03H”, it means that the special symbol is “during confirmation time”, and the process proceeds to step S67. Hereinafter, processing in each special figure operation status will be described.
まず、図13A、13Bを参照して、特別図柄管理処理の中で行われる特別図柄変動開始処理について説明する。上述の通り、主制御手段は、特別図柄動作ステータス判定(図12:ステップS64)にて、特図動作ステータスが「00H」、「01H」(共に変動待機中)と判断された場合、この処理を行う。   First, with reference to FIGS. 13A and 13B, a special symbol variation start process performed in the special symbol management process will be described. As described above, the main control means performs this process when it is determined that the special symbol operation status is “00H” or “01H” (both waiting for variation) in the special symbol operation status determination (FIG. 12: step S64). I do.
まず、図13Aにおいて、主制御手段は、特図2保留球数が0であるか否かを判定する(ステップS81)。特図2の保留球数が0である場合には、「YES」の判定となり、ステップS82に進む。一方、特図2の保留球数が0でない場合には、「NO」の判定となり、ステップS86に進む(図13B参照)。   First, in FIG. 13A, the main control means determines whether or not the special figure 2 reserved ball number is 0 (step S81). If the number of reserved balls in FIG. 2 is 0, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S82. On the other hand, if the number of reserved balls in FIG. 2 is not 0, the determination is “NO” and the process proceeds to step S86 (see FIG. 13B).
ステップS81の判定が「YES」である場合、主制御手段は、特図1保留球数が0であるか否かを判定する(ステップS82)。特図1の保留球数が0である場合には、「YES」の判定となり、ステップS83に進む。一方、特図1の保留球数が0でない場合には、「NO」の判定となり、ステップS86に進む(図13B参照)。   If the determination in step S81 is "YES", the main control means determines whether or not the special figure 1 reserved ball number is 0 (step S82). If the number of reserved balls in FIG. 1 is 0, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S83. On the other hand, if the number of reserved balls in FIG. 1 is not 0, the determination is “NO” and the process proceeds to step S86 (see FIG. 13B).
ステップS82の判定が「YES」である場合、主制御手段は、特図動作ステータスが00Hであるか否かを判定する(ステップS83)。後述するが、特別図柄確認時間中処理(図12:ステップS67)が実行された直後は、特図動作ステータスとして「01H」がセットされている。   If the determination in step S82 is "YES", the main control means determines whether or not the special figure operation status is 00H (step S83). As will be described later, “01H” is set as the special figure operation status immediately after the special symbol confirmation time processing (FIG. 12: step S67) is executed.
特図動作ステータスが「00H」である場合には、「YES」の判定となり、特別図柄変動開始処理を終了する。一方、特図動作ステータスが「00H」でない場合(「01H」である場合)には、「NO」の判定となり、ステップS84に進む。   If the special figure operation status is “00H”, the determination is “YES”, and the special symbol variation start process is terminated. On the other hand, when the special figure operation status is not “00H” (when it is “01H”), the determination is “NO”, and the process proceeds to step S84.
ステップS83の判定が「NO」である場合、主制御手段は、客待ちデモコマンドを送信する(ステップS84)。「客待ちデモコマンド」は、特図1、特図2の保留球数が共に0、かつ特図動作ステータスが「01H」の場合に、主制御手段(主制御基板24)から副制御手段(演出制御基板25)に向けて送信される。その後、ステップS85に進む。   If the determination in step S83 is “NO”, the main control means transmits a customer waiting demo command (step S84). The “customer waiting demonstration command” is sent from the main control means (main control board 24) to the sub-control means (when the number of held balls in both FIG. 1 and FIG. 2 is 0 and the special figure operation status is “01H”). It is transmitted toward the production control board 25). Thereafter, the process proceeds to step S85.
ステップS85では、主制御手段は、特図動作ステータスに00Hをセットする。このセットにより特別図柄変動開始処理は終了となるが、これ以後、特別図柄変動開始処理では、保留情報が発生しない限り、ステップS83の判定で「YES」となる処理を繰り返す。   In step S85, the main control means sets 00H as the special figure operation status. With this set, the special symbol variation start process ends, but thereafter, in the special symbol variation start process, the process of “YES” in the determination of step S83 is repeated unless pending information is generated.
ステップS81、ステップS82の判定が「NO」である場合、主制御手段は、特図1又は特図2の保留球数を1減算する(図13B:ステップS86)。その後、ステップS87に進む。   When the determinations in step S81 and step S82 are “NO”, the main control means subtracts 1 from the number of reserved balls in FIG. 1 or FIG. 2 (FIG. 13B: step S86). Thereafter, the process proceeds to step S87.
ステップS87では、主制御手段は、保留減算コマンドを送信する。主制御手段は、副制御手段に向けて「保留減算コマンド」を送信するので、特別図柄表示装置43a(右側の7セグメントLED)の保留表示及び液晶表示装置36に表示された保留表示が1減算される。その後、ステップS88に進む。   In step S87, the main control means transmits a hold subtraction command. Since the main control means transmits a “hold subtraction command” to the sub control means, the hold display of the special symbol display device 43a (the right 7-segment LED) and the hold display displayed on the liquid crystal display device 1 are decremented by 1. Is done. Thereafter, the process proceeds to step S88.
ステップS88では、主制御手段は、特別図柄作動確認データをセットする。具体的には、特図1が変動を開始する場合は特別図柄作動確認データとして「00H」を、特図2が変動を開始する場合は「01H」をセットする。その後、ステップS89に進む。   In step S88, the main control means sets special symbol operation confirmation data. Specifically, “00H” is set as the special symbol operation confirmation data when special figure 1 starts to change, and “01H” is set when special figure 2 starts to change. Thereafter, the process proceeds to step S89.
ステップS89では、主制御手段は、保留記憶エリアをシフトする。最大保留数と同数ある保留記憶エリア1〜4は、保留球数の減算に伴い1だけシフトする。このとき、最新の保留情報が記憶される保留記憶エリア4については0をセットする。その後、ステップS90に進む。   In step S89, the main control means shifts the reserved storage area. The reserved storage areas 1 to 4 having the same number as the maximum number of reserves are shifted by 1 as the number of reserved balls is subtracted. At this time, 0 is set for the holding storage area 4 in which the latest holding information is stored. Thereafter, the process proceeds to step S90.
ステップS90では、主制御手段は、特別電動役物作動判定用乱数判定処理を行う。これは、特図に対応した当り乱数判定用テーブルを決定して乱数判定処理を行う、いわゆる、特図の抽選処理である。また、大当り判定フラグをワークエリアへ格納する処理も行う。その後、ステップS91に進む。   In step S90, the main control means performs a special electric accessory activation determination random number determination process. This is a so-called special drawing lottery process in which a random number determination process is performed by determining a hit random number determination table corresponding to a special figure. Also, a process for storing the big hit determination flag in the work area is performed. Thereafter, the process proceeds to step S91.
ステップS91では、主制御手段は、特別停止図柄作成処理を行う。ここでは、特図に対応した図柄テーブル選択テーブルを選択し、図柄判定用乱数値、大当り判定フラグを取得して特図の停止図柄を作成する。その後、ステップS92に進む。   In step S91, the main control means performs a special stop symbol creation process. Here, a symbol table selection table corresponding to the special symbol is selected, and a random symbol value for symbol determination and a big hit determination flag are acquired to create a special symbol stop symbol. Thereafter, the process proceeds to step S92.
ステップS92では、主制御手段は、遊技状態移行準備処理を行う。ここでは、大当り判定フラグがオンの場合に、大当り種別に応じた遊技状態移行テーブルを選択し、これを参照して各種バッファに値を格納する。その後、ステップS93に進む。   In step S92, the main control means performs a game state transition preparation process. Here, when the big hit determination flag is ON, the game state transition table corresponding to the big hit type is selected, and values are stored in various buffers with reference to this table. Thereafter, the process proceeds to step S93.
ステップS93では、主制御手段は、特図変動パターン作成処理を行う。これは、変動パターン振分けテーブルを選択し、変動パターン用乱数に基づいて特図の変動パターンを作成する処理である。また、変動時間テーブルを参照し、特図の変動時間を特別図柄役物動作タイマに格納すると共に、副制御手段(演出制御基板25)に向けて「変動パターン指定コマンド」を送信する。その後、ステップS94に進む。   In step S93, the main control means performs special figure variation pattern creation processing. This is a process of selecting a variation pattern distribution table and creating a variation pattern of a special figure based on a variation pattern random number. Further, referring to the variation time table, the variation time of the special figure is stored in the special symbol accessory operation timer, and a “variation pattern designation command” is transmitted to the sub-control means (production control board 25). Thereafter, the process proceeds to step S94.
ステップS94では、主制御手段は、特図1又は特図2の変動中フラグを5AHにセットする。具体的には、これから変動することになる一方の特図の変動中フラグをオンとする。その後、ステップS95に進む。   In step S94, the main control means sets the changing flag in FIG. 1 or FIG. 2 to 5AH. Specifically, the changing flag of one special figure that will change from now on is turned on. Thereafter, the process proceeds to step S95.
ステップS95では、主制御手段は、装飾図柄指定コマンドを送信する。装飾図柄とは、液晶表示装置36で変動表示する図柄のことである。主制御手段(主制御基板24)は、「装飾図柄指定コマンド」を作成し、副制御手段(演出制御基板25)に向けて送信する。   In step S95, the main control means transmits a decorative design designation command. The decorative symbol is a symbol that is variably displayed on the liquid crystal display device 36. The main control means (main control board 24) creates a “decorative symbol designation command” and transmits it to the sub-control means (effect control board 25).
なお、副制御手段は、上述の「変動パターン指定コマンド」及び「装飾図柄指定コマンド」を受信すると、今回の図柄変動で発生する大当り種別等の情報を取得することができる。その後、ステップS96に進む。   When the sub-control means receives the above-described “variation pattern designation command” and “decoration symbol designation command”, the sub-control means can acquire information such as the jackpot type generated by the current symbol variation. Thereafter, the process proceeds to step S96.
最後に、主制御手段は、変動開始時の各種設定を行う(ステップS96)。具体的には、乱数記憶エリア0に「00H」(消去)をセットする。また、特図動作ステータスを「02H」(変動中)にセットするので、次回の特別図柄管理処理では、特別図柄動作ステータス判定(図12:ステップS64)にて、後述する特別図柄変動中処理(図12:ステップS66)に分岐するようになる。その後、特別図柄変動開始処理を終了する。図12に戻り、その後、ステップS68に進む(後述する)。   Finally, the main control means performs various settings at the start of fluctuation (step S96). Specifically, “00H” (erase) is set in the random number storage area 0. Also, since the special symbol operation status is set to “02H” (being changed), in the next special symbol management process, in the special symbol operation status determination (FIG. 12: step S64), a special symbol changing process (described later) ( FIG. 12: Branches to step S66). Thereafter, the special symbol variation start process is terminated. Returning to FIG. 12, the process then proceeds to step S68 (described later).
次に、特別図柄管理処理の中で行われる特別図柄変動中処理について簡単に説明する。主制御手段は、特別図柄動作ステータス判定(図12:ステップS64)にて、特図動作ステータスが「02H」(変動中)と判断された場合、この処理を行う。   Next, a special symbol changing process performed in the special symbol management process will be briefly described. The main control means performs this processing when the special symbol operation status is determined to be “02H” (being changed) in the special symbol operation status determination (FIG. 12: step S64).
主制御手段は、特図の変動時間に関するタイマである特別図柄役物動作タイマが0であるか否かを判定し、このタイマが0となった場合に、「変動停止コマンド」を送信する。   The main control means determines whether or not a special symbol accessory operation timer that is a timer relating to the fluctuation time of the special figure is 0, and transmits a “variation stop command” when the timer becomes 0.
また、変動停止時の各種設定を行うが、特図動作ステータスを「03H」(確認時間中)にセットするので、次回の特別図柄管理処理では、特別図柄動作ステータス判定(図12:ステップS64)にて、後述する特別図柄確認時間中処理(図12:ステップS67)に分岐するようになる。その後、特別図柄変動中処理を終了する。その後、ステップS68に進む(後述する)。   In addition, various settings at the time of fluctuation stop are performed, but the special symbol operation status is set to “03H” (during the confirmation time), so in the next special symbol management process, the special symbol operation status determination (FIG. 12: step S64) The process branches to the special symbol confirmation time process (FIG. 12: step S67), which will be described later. Thereafter, the special symbol changing process is terminated. Thereafter, the process proceeds to step S68 (described later).
次に、図14A、14Bを参照して、特別図柄管理処理の中で行われる特別図柄確認時間中処理について説明する。主制御手段は、特別図柄動作ステータス判定(図12:ステップS64)にて、特図動作ステータスが「03H」(確認時間中)と判断された場合、この処理を行う。   Next, with reference to FIGS. 14A and 14B, the special symbol confirmation time process performed in the special symbol management process will be described. The main control means performs this processing when it is determined that the special symbol operation status is “03H” (during the confirmation time) in the special symbol operation status determination (FIG. 12: step S64).
まず、図14Aにおいて、主制御手段は、特別図柄役物動作タイマが0であるか否かを判定する(ステップS101)。ここでは、特図の確定表示の時間が経過したか否かの判定となる。特別図柄役物動作タイマが0となった場合には、「YES」の判定となり、ステップS102に進む。一方、まだ特別図柄役物動作タイマが0となっていない場合には、「NO」の判定となり、特別図柄確認時間中処理を終了する(図14B参照)。   First, in FIG. 14A, the main control means determines whether or not the special symbol accessory operation timer is 0 (step S101). Here, it is determined whether or not the time for the special figure confirmation display has elapsed. If the special symbol accessory operation timer reaches 0, the determination is “YES” and the process proceeds to step S102. On the other hand, if the special symbol accessory operation timer is not yet 0, the determination is “NO”, and the processing during the special symbol confirmation time is ended (see FIG. 14B).
ステップS101の判定が「YES」である場合、主制御手段は、特図動作ステータスを「01H」にセットする(ステップS102)。特図動作ステータスを「01H」(変動待機中)にセットすると、次回の特別図柄管理処理では、特別図柄動作ステータス判定にて、特別図柄変動開始処理(図12:ステップS65)に分岐するようになる。その後、ステップS103に進む。   If the determination in step S101 is “YES”, the main control means sets the special figure operation status to “01H” (step S102). When the special symbol operation status is set to “01H” (waiting for variation), the next special symbol management process is branched to the special symbol variation start processing (FIG. 12: step S65) in the special symbol operation status determination. Become. Thereafter, the process proceeds to step S103.
次に、主制御手段は、大当り判定フラグが5AHであるか否かを判定する(ステップS103)。これは、大当り判定フラグがオンであるか否かの判定である。大当り判定フラグが「5AH」である場合には、「YES」の判定となり、ステップS104に進む。一方、大当り判定フラグが「5AH」でない場合には、「NO」の判定となり、ステップS105に進む。   Next, the main control means determines whether or not the big hit determination flag is 5AH (step S103). This is a determination as to whether or not the big hit determination flag is on. When the big hit determination flag is “5AH”, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S104. On the other hand, when the big hit determination flag is not “5AH”, the determination is “NO”, and the process proceeds to step S105.
ステップS103の判定が「YES」である場合、主制御手段は、大当り図柄停止時の各種設定を行う(ステップS104)。例えば、大当り判定フラグを「00H」に戻し、条件装置作動フラグを「5AH」に設定する。その後、特別図柄確認時間中処理を終了する。   When the determination in step S103 is “YES”, the main control means performs various settings when the big hit symbol is stopped (step S104). For example, the big hit determination flag is returned to “00H”, and the condition device operation flag is set to “5AH”. Thereafter, the processing during the special symbol confirmation time is terminated.
また、ステップS103の判定が「NO」である場合、主制御手段は、特図時短回数カウンタが0であるか否かを判定する(ステップS105)。特図時短回数カウンタは、時短モードの回数をカウントするカウンタであり、例えば、通常遊技モード中は、0が設定されている。特図時短回数カウンタが0である場合には、「YES」の判定となり、ステップS109に進む(図14B参照)。一方、特図時短回数カウンタが0でない場合には、「NO」の判定となり、ステップS106に進む。   If the determination in step S103 is “NO”, the main control means determines whether or not the special figure time counter is 0 (step S105). The special figure short-time counter is a counter that counts the number of short-time modes. For example, 0 is set in the normal game mode. If the special figure short-time counter is 0, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S109 (see FIG. 14B). On the other hand, if the special figure time counter is not 0, the determination is “NO”, and the process proceeds to step S106.
ステップS105の判定が「NO」である場合、主制御手段は、特図時短回数カウンタを1減算する(ステップS106)。ステップS106〜S108は、時短回数の減算に関する処理となる。その後、ステップS107に進む。   When the determination in step S105 is “NO”, the main control means subtracts 1 from the special figure short-time counter (step S106). Steps S106 to S108 are processing related to subtraction of the number of time reductions. Thereafter, the process proceeds to step S107.
次に、主制御手段は、特図時短回数カウンタが0であるか否かを判定する(ステップS107)。特図時短回数カウンタが0である場合には、「YES」の判定となり、ステップS108に進む。一方、特図時短回数カウンタが0でない場合には、「NO」の判定となり、ステップS109に進む(図14B参照)。   Next, the main control means determines whether or not the special figure time reduction counter is 0 (step S107). If the special figure time counter is 0, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S108. On the other hand, if the special figure time counter is not 0, the determination is “NO”, and the process proceeds to step S109 (see FIG. 14B).
ステップS107の判定が「YES」である場合、主制御手段は、時短終了時の各種設定を行う(ステップS108)。例えば、普図時短状態フラグ、特図時短状態フラグをそれぞれ「00H」に設定する。その後、ステップS109に進む(図14B参照)。   If the determination in step S107 is “YES”, the main control means performs various settings at the end of the time reduction (step S108). For example, the normal state short state flag and the special figure short state flag are set to “00H”, respectively. Thereafter, the process proceeds to step S109 (see FIG. 14B).
次に、主制御手段は、特図確変回数カウンタが0であるか否かを判定する(図14B:ステップS109)。本実施形態の確率変動モードは、回数限定であり、特図確変回数カウンタにより、確率変動モードの残り回数がカウントされる。特図確変回数カウンタが0である場合には、「YES」の判定となり、ステップS113に進む。一方、特図確変回数カウンタが0でない場合には、「NO」の判定となり、ステップS110に進む。   Next, the main control means determines whether or not the special figure probability variation counter is 0 (FIG. 14B: step S109). The probability variation mode of this embodiment is limited in number of times, and the remaining number of times in the probability variation mode is counted by the special figure probability variation number counter. If the special figure probability variation counter is 0, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S113. On the other hand, if the special figure probability variation counter is not 0, the determination is “NO”, and the process proceeds to step S110.
ステップS109の判定が「NO」である場合、主制御手段は、特図確変回数カウンタを1減算する(ステップS110)。ステップS110〜S112は、確変回数の減算に関する処理となる。その後、ステップS111に進む。   If the determination in step S109 is “NO”, the main control means decrements the special figure probability variation counter by 1 (step S110). Steps S110 to S112 are processing related to subtraction of the probability variation number. Then, it progresses to step S111.
次に、主制御手段は、特図確変回数カウンタが0であるか否かを判定する(ステップS111)。特図確変回数カウンタが0である場合には、「YES」の判定となり、ステップS112に進む。一方、特図確変回数カウンタが0でない場合には、「NO」の判定となり、ステップS113に進む。   Next, the main control means determines whether or not the special figure probability variation counter is 0 (step S111). If the special figure probability variation counter is 0, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S112. On the other hand, if the special figure probability variation counter is not 0, the determination is “NO”, and the process proceeds to step S113.
ステップS111の判定が「YES」である場合、主制御手段は、確変終了時の各種設定を行う(ステップS112)。例えば、普図確変状態フラグ、特図確変状態フラグをそれぞれ「00H」に設定する。その後、ステップS113に進む。   If the determination in step S111 is “YES”, the main control means performs various settings at the end of probability change (step S112). For example, the universal figure certain change state flag and the special figure certain change state flag are each set to “00H”. Thereafter, the process proceeds to step S113.
次に、主制御手段は、特図変動回数カウンタが0であるか否かを判定する(ステップS113)。特図変動回数カウンタは、特図の変動回数に応じて変動パターンや演出を変更する際に用いられるカウンタである。特図変動回数カウンタが0である場合には、「YES」の判定となり、特別図柄確認時間中処理を終了する。一方、特図変動回数カウンタが0でない場合には、「NO」の判定となり、ステップS114に進む。   Next, the main control means determines whether or not the special figure fluctuation number counter is 0 (step S113). The special figure fluctuation number counter is a counter used when changing the fluctuation pattern or effect according to the number of fluctuations of the special figure. When the special figure fluctuation number counter is 0, the determination is “YES”, and the special symbol confirmation time process is terminated. On the other hand, if the special figure fluctuation counter is not 0, the determination is “NO”, and the process proceeds to step S114.
ステップS113の判定が「NO」である場合、主制御手段は、特図変動回数カウンタを1減算する(ステップS114)。ステップS114〜S116は、変動パターン振分け回数の減算に関する処理となる。その後、ステップS115に進む。   When the determination in step S113 is “NO”, the main control means subtracts 1 from the special figure fluctuation frequency counter (step S114). Steps S114 to S116 are processing related to subtraction of the variation pattern distribution count. Thereafter, the process proceeds to step S115.
次に、主制御手段は、特図変動回数カウンタが0であるか否かを判定する(ステップS115)。特図変動回数カウンタが0である場合には、「YES」の判定となり、ステップS116に進む。一方、特図変動回数カウンタが0でない場合には、「NO」の判定となり、特別図柄確認時間中処理を終了する。   Next, the main control means determines whether or not the special figure fluctuation number counter is 0 (step S115). If the special figure fluctuation counter is 0, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S116. On the other hand, when the special figure fluctuation number counter is not 0, the determination is “NO”, and the special symbol confirmation time process is terminated.
最後に、ステップS115の判定が「YES」である場合、主制御手段は、変動パターン振分指定番号に次の番号を設定し、特図変動回数カウンタに対応する回数を設定する(ステップS116)。   Finally, if the determination in step S115 is “YES”, the main control means sets the next number as the variation pattern distribution designation number and sets the number of times corresponding to the special figure variation number counter (step S116). .
例えば、確変図柄当り(V入賞あり)による特別遊技の後には、変動パターン振分指定番号が「1」、特図変動回数カウンタ1が「30」に設定される(図8(a)参照)。このとき、特図変動回数カウンタにより30回がカウントされ、特図変動回数カウンタが0となった場合に、本ステップにより変動パターン振分指定番号が「2」、特図変動回数カウンタ2が「60」に設定される。その後、特別図柄確認時間中処理を終了する。図12に戻り、その後、ステップS68に進む。   For example, after a special game per probability variation symbol (with a V prize), the variation pattern allocation designation number is set to “1”, and the special diagram variation counter 1 is set to “30” (see FIG. 8A). . At this time, when the special figure fluctuation number counter is counted 30 times and the special figure fluctuation number counter becomes 0, the fluctuation pattern distribution designation number is “2” and the special figure fluctuation number counter 2 is “ 60 ". Thereafter, the processing during the special symbol confirmation time is terminated. Returning to FIG. 12, then the process proceeds to step S68.
最後に、主制御手段は、特別図柄表示データを更新する(ステップS68)。具体的には、特別図柄表示装置43aの特別図柄を更新する。その後、特別図柄管理処理を終了する。   Finally, the main control means updates the special symbol display data (step S68). Specifically, the special symbol of the special symbol display device 43a is updated. Thereafter, the special symbol management process is terminated.
次に、図15を参照して、遊技管理処理の中で行われる特別電動役物管理処理について説明する。特別電動役物管理処理(図10:ステップS70)において、主制御手段は、後述する特別電動役物動作ステータス(大当り開始処理、特別電動役物作動開始処理、特別電動役物作動中処理、特別電動役物作動継続判定処理、大当り終了処理)を判定し、それぞれの処理を管理する。   Next, with reference to FIG. 15, the special electric accessory management process performed in the game management process will be described. In the special electric accessory management process (FIG. 10: step S70), the main control means performs a special electric accessory operation status (a big hit start process, a special electric accessory activation start process, a special electric accessory active process, a special Electric power article operation continuation determination process, jackpot end process) are determined, and each process is managed.
まず、主制御手段は、条件装置作動フラグが5AHか否かを判定する(ステップS71)。条件装置作動フラグが「5AH(オン)」の場合には、「YES」の判定となり、ステップS72に進む。一方、条件装置作動フラグが「5AH」でない場合には、「NO」の判定となり、この処理を終了する。すなわち、ステップS72以降は、大当りが発生した場合の処理となる。   First, the main control means determines whether or not the condition device operation flag is 5AH (step S71). If the condition device operation flag is “5AH (ON)”, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S72. On the other hand, if the condition device operation flag is not “5AH”, the determination is “NO”, and this process is terminated. That is, the processing after step S72 is processing when a big hit occurs.
ステップS71の判定が「YES」である場合、主制御手段は、特別電動役物動作ステータス判定を行う(ステップS72)。特別電動役物動作ステータス(以下、特電動作ステータスともいう)が「00H」に設定されている場合は、「大当り開始」時であることを意味するので、ステップS73に進む。   When the determination in step S71 is “YES”, the main control means performs a special electric accessory operation status determination (step S72). When the special electric accessory operation status (hereinafter also referred to as special electric operation status) is set to “00H”, it means that it is “start of big hit”, and the process proceeds to step S73.
また、特電動作ステータスが「01H」に設定されている場合は、「特電作動開始中」であることを意味するので、ステップS74に進む。同様に、特電動作ステータスが「02H」に設定されている場合は、「特電作動中」であることを意味するので、ステップS75に進む。   Further, when the special electric operation status is set to “01H”, it means “special electric operation is being started”, and thus the process proceeds to step S74. Similarly, when the special electric operation status is set to “02H”, it means that “special electric operation is in progress”, and the process proceeds to step S75.
さらに、特電動作ステータスが「03H」に設定されている場合は、「特電作動継続判定中」であることを意味するので、ステップS76に進み、特電動作ステータスが「04H」に設定されている場合は、「大当り終了中」であることを意味するので、ステップS77に進む。ステップS73〜S77の処理の内容については、以下で詳細を説明する。また、これらの処理が終了した後、主制御手段は、特別電動役物管理処理を終了する。   Further, when the special electric operation status is set to “03H”, it means that “special electric operation continuation determination is in progress”, so the process proceeds to step S76, and the special electric operation status is set to “04H”. Means that the jackpot is being ended, and the process proceeds to step S77. Details of the processing of steps S73 to S77 will be described below. Moreover, after these processes are completed, the main control means ends the special electric accessory management process.
次に、図16を参照して、特別電動役物管理処理の中で行われる大当り開始処理について説明する。上述の通り、主制御手段は、特別電動役物動作ステータス判定(図15:ステップS72)にて、特電動作ステータスが「00H」(大当り開始)と判断された場合、この処理を行う。   Next, with reference to FIG. 16, the jackpot start process performed in the special electric utility management process will be described. As described above, the main control means performs this processing when it is determined that the special electric operation status is “00H” (big hit start) in the special electric accessory operation status determination (FIG. 15: step S72).
まず、主制御手段は、大当り開始時の各種設定を行う(ステップS121)。具体的には、役物連続作動装置作動フラグに「5AH」、連続回数カウンタに「01H」をセットする。連続回数カウンタは、後述する特別電動役物作動継続判定処理の中でラウンド数をカウントするために用いられ(図21B参照)、「01H」は第1ラウンドを意味する。   First, the main control means performs various settings at the start of the big hit (step S121). Specifically, “5 AH” is set in the accessory continuous operation device operation flag, and “01H” is set in the continuous number counter. The continuous number counter is used to count the number of rounds in the special electric accessory operation continuation determination process described later (see FIG. 21B), and “01H” means the first round.
また、特電動作ステータスを「01H」(特電作動開始中)にセットするので、次回の特別電動役物動作ステータス判定(図15:ステップS72)では、特別電動役物作動開始処理(図15:ステップS74)に進むようになる。大当り開始時の各種設定が終了した後、ステップS122に進む。   Also, since the special electric operation status is set to “01H” (special electric operation is starting), the special electric accessory operation start process (FIG. 15: step) is performed in the next special electric accessory operation status determination (FIG. 15: step S72). The process proceeds to S74). After various settings at the start of the big hit are completed, the process proceeds to step S122.
ステップS122では、主制御手段は、大当り種別に応じて各種データをセットする。具体的には、最大ラウンド数、ラウンド表示LED番号、大当り開始インターバル(図6Aの開始インターバル)時間をRAM243に格納する。大当り開始インターバル時間は、後述する特別電動役物作動開始処理の中で利用する(図17:ステップS131)。その後、ステップS123に進む。   In step S122, the main control means sets various data according to the jackpot type. Specifically, the maximum number of rounds, round display LED number, and jackpot start interval (start interval in FIG. 6A) time are stored in the RAM 243. The jackpot start interval time is used in a special electric accessory operation start process described later (FIG. 17: Step S131). Thereafter, the process proceeds to step S123.
最後に、主制御手段は、大当り開始インターバルコマンドを送信する(ステップS123)。具体的には、主制御手段(主制御基板24)は、副制御手段(演出制御基板25)に向けて「大当り開始インターバル(ファンファーレ)コマンド」を送信する。その後、大当り開始処理を終了する。   Finally, the main control means transmits a jackpot start interval command (step S123). Specifically, the main control means (main control board 24) transmits a “big hit start interval (fanfare) command” to the sub-control means (production control board 25). Thereafter, the big hit starting process is terminated.
次に、図17を参照して、特別電動役物管理処理の中で行われる特別電動役物作動開始処理について説明する。上述の通り、主制御手段は、特別電動役物動作ステータス判定(図15:ステップS72)にて、特電動作ステータスが「01H」(特電作動開始中)と判断された場合、この処理を行う。   Next, with reference to FIG. 17, the special electric accessory operation start process performed in the special electric accessory management process will be described. As described above, the main control means performs this processing when it is determined that the special electric operation status is “01H” (starting special electric operation) in the special electric accessory operation status determination (FIG. 15: step S72).
まず、主制御手段は、特別図柄役物動作タイマが0であるか否かを判定する(ステップS131)。具体的には、大当り開始インターバル時間が経過したか否か又は後述するラウンド間インターバル時間が経過したか否かを判定する。特別図柄役物動作タイマが0となった場合には、「YES」の判定となり、ステップS132に進む。一方、まだ特別図柄役物動作タイマが0となっていない場合には、「NO」の判定となり、特別電動役物作動開始処理を終了する。   First, the main control means determines whether or not the special symbol accessory operation timer is 0 (step S131). Specifically, it is determined whether or not the jackpot start interval time has elapsed or whether the interval time between rounds described later has elapsed. If the special symbol accessory operation timer reaches 0, the determination is “YES” and the process proceeds to step S132. On the other hand, if the special symbol accessory operation timer has not yet reached 0, the determination is “NO”, and the special electric accessory operation start process is terminated.
ステップS131の判定が「YES」である場合、主制御手段は、大入賞口開放コマンドを送信する(ステップS132)。具体的には、主制御手段(主制御基板24)は、副制御手段(演出制御基板25)に向けて「大入賞口開放コマンド」を送信する。その後、ステップS133に進む。   If the determination in step S131 is “YES”, the main control means transmits a special winning opening release command (step S132). Specifically, the main control means (main control board 24) transmits a “big prize opening opening command” to the sub-control means (effect control board 25). Thereafter, the process proceeds to step S133.
ステップS133では、主制御手段は、大当り種別とラウンド数に応じた特別電動役物作動時間を特別図柄役物動作タイマに格納する。例えば、今回、確変図柄当り(大当りパターンA)に当選した場合には、14の各ラウンドの特別電動役物作動時間を特別図柄役物動作タイマにセットする。その後、ステップS134に進む。   In step S133, the main control means stores the special electric accessory operating time corresponding to the jackpot type and the number of rounds in the special symbol accessory operating timer. For example, if the winning per winning variation symbol (big hit pattern A) is won this time, the special electric accessory operating time of each round of 14 is set in the special symbol accessory operating timer. Thereafter, the process proceeds to step S134.
次に、主制御手段は、特別ラウンドであるか否かを判定する(ステップS134)。特別ラウンドとは、例えば、「大当りパターンA」の第4ラウンドである(図6A(a)参照)。現在、特別ラウンドである場合には、「YES」の判定となり、ステップS135に進む。一方、特別ラウンドでない場合には、「NO」の判定となり、ステップS136に進む。   Next, the main control means determines whether or not it is a special round (step S134). The special round is, for example, the fourth round of “big hit pattern A” (see FIG. 6A (a)). If the current round is a special round, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S135. On the other hand, if it is not a special round, the determination is “NO”, and the process proceeds to step S136.
ステップS134の判定が「YES」である場合、主制御手段は、振分部のソレノイド作動タイマを設定する(ステップS135)。特別ラウンドでは、振分部55の位置が時間により切替わるが、この振分部55を駆動するソレノイドの作動タイマを設定する。その後、ステップS136に進む。   If the determination in step S134 is “YES”, the main control means sets a solenoid operation timer for the distribution unit (step S135). In the special round, the position of the distributing unit 55 is switched according to time, but an operation timer for a solenoid that drives the distributing unit 55 is set. Thereafter, the process proceeds to step S136.
ステップS136では、主制御手段は、開放動作開始時の各種設定を行う。具体的には、大入賞口入賞数カウンタを「00H」にセットする。「00H」は、入賞数が「0個」であることを意味する。   In step S136, the main control means performs various settings at the start of the opening operation. Specifically, the special winning opening winning number counter is set to “00H”. “00H” means that the number of winnings is “0”.
また、特電動作ステータスを「02H」(特電作動中)にセットするので、次回の特別電動役物動作ステータス判定(図15:ステップS72)では、特別電動役物作動中処理(図15:ステップS75)に進むようになる。その後、ステップS137に進む。   Further, since the special electric operation status is set to “02H” (during special electric operation), in the next special electric accessory operation status determination (FIG. 15: step S72), the special electric accessory operating process (FIG. 15: step S75) is performed. ). Thereafter, the process proceeds to step S137.
最後に、主制御手段は、大入賞口開閉動作設定処理を行う(ステップS137)。以下、図18を参照して、大入賞口開閉動作設定処理の詳細について説明する。   Finally, the main control means performs a special winning opening / closing operation setting process (step S137). The details of the special winning opening / closing operation setting process will be described below with reference to FIG.
まず、主制御手段は、大当り種別、ラウンド数、特別図柄役物動作タイマ、ソレノイド動作パターンに基づいて、ソレノイドのON/OFFを設定する(ステップS141)。ここでいうソレノイドは、アタッカの開閉扉を駆動するソレノイドである。その後、ステップS142に進む。   First, the main control means sets the solenoid ON / OFF based on the jackpot type, the number of rounds, the special symbol accessory operation timer, and the solenoid operation pattern (step S141). The solenoid here is a solenoid that drives the door of the attacker. Thereafter, the process proceeds to step S142.
次に、主制御手段は、特別ラウンドであるか否かを判定する(ステップS142)。現在、特別ラウンドである場合には、「YES」の判定となり、ステップS143に進む。一方、特別ラウンドでない場合には、「NO」の判定となり、大入賞口開閉動作設定処理を終了する。   Next, the main control means determines whether or not it is a special round (step S142). If the current round is a special round, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S143. On the other hand, if it is not a special round, the determination is “NO”, and the special winning opening / closing operation setting process is terminated.
ステップS142の判定が「YES」である場合、主制御手段は、振分部のソレノイド作動タイマが0となったか否かを判定する(ステップS143)。ソレノイド作動タイマが0となった場合には、「YES」の判定となり、大入賞口開閉動作設定処理を終了する。一方、まだソレノイド作動タイマが0となっていない場合には、「NO」の判定となり、ステップS144に進む。   When the determination in step S142 is “YES”, the main control means determines whether or not the solenoid operation timer of the distribution unit has become 0 (step S143). When the solenoid operation timer reaches 0, the determination is “YES”, and the special winning opening / closing operation setting process is terminated. On the other hand, if the solenoid operation timer has not yet reached 0, the determination is “NO” and the process proceeds to step S144.
ステップS143の判定が「NO」である場合、主制御手段は、ソレノイド作動タイマとソレノイド作動パターンに基づいて、ソレノイドのON/OFFを設定する(ステップS144)。これは、振分部55を駆動するソレノイドの設定となる。その後、大入賞口開閉動作設定処理を終了する。これにより、特別電動役物作動開始処理を終了する。   When the determination in step S143 is “NO”, the main control means sets the solenoid ON / OFF based on the solenoid operation timer and the solenoid operation pattern (step S144). This is the setting of the solenoid that drives the distribution unit 55. Thereafter, the special prize opening / closing operation setting process is terminated. Thus, the special electric accessory operation start process is terminated.
次に、図19を参照して、特別電動役物管理処理の中で行われる特別電動役物作動中処理について説明する。上述の通り、主制御手段は、特別電動役物動作ステータス判定(図15:ステップS72)にて、特電動作ステータスが「02H」(特電作動中)と判断された場合、この処理を行う。   Next, with reference to FIG. 19, a special electric accessory operating process performed in the special electric accessory management process will be described. As described above, the main control means performs this processing when it is determined that the special electric operation status is “02H” (during special electric operation) in the special electric accessory operation status determination (FIG. 15: step S72).
まず、主制御手段は、大入賞口入賞数チェック処理を行う(ステップS151)。以下、図20A、20Bを参照して、大入賞口入賞数チェック処理の詳細について説明する。   First, the main control means performs a special winning opening prize number check process (step S151). Hereinafter, with reference to FIGS. 20A and 20B, the details of the big prize opening winning number check process will be described.
まず、図20Aにおいて、主制御手段は、大入賞口センサを通過したか否かを判定する(ステップS161)。ここで、大入賞口センサ39cは、アタッカ1、アタッカ2の両方にあり、使用するアタッカへの入賞を検出可能である。遊技球が大入賞口センサ39cを通過した場合には、「YES」の判定となり、ステップS162に進む。一方、通過しなかった場合には、「NO」の判定となり、ステップS165に進む。   First, in FIG. 20A, the main control means determines whether or not it has passed the big prize opening sensor (step S161). Here, the big winning opening sensor 39c is provided in both the attacker 1 and the attacker 2, and can detect the winning to the attacker to be used. If the game ball has passed the special prize opening sensor 39c, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S162. On the other hand, if it does not pass, the determination is “NO”, and the process proceeds to step S165.
ステップS161の判定が「YES」である場合、主制御手段は、規定入賞数を1加算する(ステップS162)。すなわち、大入賞口センサ39cが大入賞口に入賞する規定の入賞数をカウントする処理となる。その後、ステップS163に進む。   When the determination in step S161 is “YES”, the main control means adds 1 to the prescribed number of winnings (step S162). That is, it is a process of counting the prescribed number of winnings that the winning prize opening sensor 39c wins in the winning prize opening. Thereafter, the process proceeds to step S163.
次に、主制御手段は、最大入賞数に達したか否かを判定する(ステップS163)。最大入賞数に達した場合には、「YES」の判定となり、ステップS164に進む。一方、まだ最大入賞数に達していない場合には、「NO」の判定となり、ステップS165に進む。なお、最大入賞数を大当り種別やラウンドの種類により異ならせてもよい。   Next, the main control means determines whether or not the maximum number of winnings has been reached (step S163). If the maximum number of winnings has been reached, the determination is “YES” and the process proceeds to step S164. On the other hand, if the maximum number of winnings has not been reached, the determination is “NO” and the process proceeds to step S165. Note that the maximum number of winnings may vary depending on the type of jackpot or round.
ステップS163の判定が「YES」である場合、主制御手段は、特別図柄役物動作タイマを0クリアする(ステップS164)。特別図柄役物動作タイマをクリアすることにより、1回のラウンド遊技が終了した場合の処理に進むようになる(図19:ステップS153/YES)。その後、ステップS165に進む。   If the determination in step S163 is “YES”, the main control means clears the special symbol accessory operation timer to 0 (step S164). By clearing the special symbol accessory operation timer, the process proceeds when one round game is completed (FIG. 19: Step S153 / YES). Thereafter, the process proceeds to step S165.
次に、主制御手段は、特別ラウンドであるか否かを判定する(ステップS165)。特別ラウンドである場合には、「YES」の判定となり、ステップS166に進む。一方、特別ラウンドでない場合には、「NO」の判定となり、大入賞口入賞数チェック処理を終了する(図20B参照)。   Next, the main control means determines whether or not it is a special round (step S165). If it is a special round, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S166. On the other hand, if it is not a special round, the determination is “NO”, and the winning prize opening number check process is terminated (see FIG. 20B).
ステップS165の判定が「YES」である場合、主制御手段は、大入賞口センサを通過したか否かを判定する(ステップS166)。特別ラウンドの場合であるので、大入賞口センサは、アタッカ2の大入賞口センサ39cのことである。遊技球が大入賞口センサを通過した場合には、「YES」の判定となり、ステップS167に進む。一方、通過していない場合には、「NO」の判定となり、ステップS168に進む(図20B参照)。   If the determination in step S165 is “YES”, the main control means determines whether or not the special winning opening sensor has been passed (step S166). Since it is a case of a special round, the big winning mouth sensor is the big winning mouth sensor 39c of the attacker 2. If the game ball has passed the special winning opening sensor, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S167. On the other hand, when it has not passed, it becomes determination of "NO" and progresses to step S168 (refer FIG. 20B).
ステップS166の判定が「YES」である場合、主制御手段は、入賞数を1加算する(ステップS167)。すなわち、大入賞口センサ39cがアタッカ2の入賞数をカウントする処理となる。その後、ステップS168に進む(図20B参照)。   If the determination in step S166 is “YES”, the main control means adds 1 to the number of winnings (step S167). In other words, the special winning opening sensor 39c is a process of counting the number of winning of the attacker 2. Thereafter, the process proceeds to step S168 (see FIG. 20B).
次に、図20Bにおいて、主制御手段は、特定領域センサを通過したか否かを判定する(ステップS168)。遊技球が特定領域センサ56cを通過した場合には、「YES」の判定となり、ステップS169に進む。一方、通過していない場合には、「NO」の判定となり、ステップS170に進む。   Next, in FIG. 20B, the main control means determines whether or not it has passed the specific area sensor (step S168). If the game ball has passed the specific area sensor 56c, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S169. On the other hand, when it has not passed, it becomes determination of "NO" and progresses to step S170.
ステップS168の判定が「YES」である場合、主制御手段は、排出数を1加算する(ステップS169)。すなわち、特定領域センサ56cがアタッカ2の排出数をカウントする処理となる。その後、ステップS170に進む。   When the determination in step S168 is “YES”, the main control means adds 1 to the number of discharges (step S169). That is, the specific area sensor 56c is a process of counting the number of discharges of the attacker 2. Thereafter, the process proceeds to step S170.
次に、主制御手段は、非特定領域センサを通過したか否かを判定する(ステップS170)。遊技球が非特定領域センサ57cを通過した場合には、「YES」の判定となり、ステップS171に進む。一方、通過していない場合には、「NO」の判定となり、ステップS172に進む。   Next, the main control means determines whether or not the non-specific area sensor has been passed (step S170). If the game ball has passed through the non-specific area sensor 57c, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S171. On the other hand, when it has not passed, it becomes determination of "NO" and progresses to step S172.
ステップS170の判定が「YES」である場合、主制御手段は、排出数を1加算する(ステップS171)。すなわち、非特定領域センサ57cがアタッカ2の排出数をカウントする処理となる。その後、ステップS172に進む。   When the determination in step S170 is “YES”, the main control means adds 1 to the number of discharges (step S171). That is, the non-specific area sensor 57c is a process of counting the number of discharges of the attacker 2. Thereafter, the process proceeds to step S172.
次に、主制御手段は、エラー9の発生中か否かを判定する(ステップS172)。エラー9は、大入賞口2排出異常であり(図9参照)、入賞数が排出数より多い場合に報知される。   Next, the main control means determines whether or not error 9 is occurring (step S172). Error 9 is an error in discharging the special winning opening 2 (see FIG. 9), and is notified when the number of winnings is greater than the number of discharging.
現在、エラー9の発生中である場合には、「YES」の判定となり、大入賞口入賞数チェック処理を終了する。一方、エラー9の発生中でない場合、すなわち、排出が正常に完了した場合には、「NO」の判定となり、ステップS173に進む。   If error 9 is currently occurring, the determination is “YES”, and the big prize winning number check process is terminated. On the other hand, when the error 9 is not occurring, that is, when the discharge is completed normally, the determination is “NO”, and the process proceeds to step S173.
ステップS172の判定が「NO」である場合、主制御手段は、特定領域センサを通過したか否かを判定する(ステップS173)。遊技球が特定領域センサ56cを通過した場合には、「YES」の判定となり、ステップS174に進む。一方、通過していない場合には、「NO」の判定となり、大入賞口入賞数チェック処理を終了する。   When the determination in step S172 is “NO”, the main control means determines whether or not the specific area sensor has been passed (step S173). If the game ball has passed the specific area sensor 56c, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S174. On the other hand, if it has not passed, the determination is “NO”, and the big prize winning number check process is ended.
ステップS173の判定が「YES」である場合、主制御手段は、特定領域通過フラグを5AHにセットする(ステップS174)。この「特定領域通過フラグ」は、後述する大当り終了処理(図23:ステップS213)で確認される。その後、ステップS175に進む。   If the determination in step S173 is “YES”, the main control means sets the specific area passing flag to 5AH (step S174). This “specific area passing flag” is confirmed by a jackpot end process (FIG. 23: step S213), which will be described later. Thereafter, the process proceeds to step S175.
ステップS175では、主制御手段は、特定領域通過コマンドを送信する。「特定領域通過コマンド」は、主制御手段(主制御基板24)から副制御手段(演出制御基板25)に向けて送信され、副制御手段は、このコマンドを受信すると、液晶表示装置36の表示領域に「V入賞表示」(図7(b)参照)を表示する。その後、ステップS176に進む。   In step S175, the main control means transmits a specific area passing command. The “specific area passing command” is transmitted from the main control means (main control board 24) to the sub control means (production control board 25). When the sub control means receives this command, the display on the liquid crystal display device 36 is displayed. “V winning display” (see FIG. 7B) is displayed in the area. Thereafter, the process proceeds to step S176.
次に、主制御手段は、非確変図柄当りか否かを判定する(ステップS176)。実行中の特別遊技が非確変図柄当りによるものである場合には、「YES」の判定となり、ステップS177に進む。一方、非確変図柄当りによるものでない場合には、「NO」の判定となり、大入賞口入賞数チェック処理を終了する。   Next, the main control means determines whether or not it is a non-probable variation symbol (step S176). If the special game being executed is based on the non-probable variation symbol, the determination is “YES” and the process proceeds to step S177. On the other hand, if it is not based on the non-probable variation symbol, the determination is “NO”, and the big prize opening winning number check process is terminated.
最後に、ステップS176の判定が「YES」である場合、主制御手段は、非特定V入賞フラグを5AHにセットする(ステップS177)。「非特定V入賞フラグ」は、非確変図柄当りで遊技球がV入賞した場合にオンするフラグであり、このフラグ及び上述の特定領域通過コマンドに基づいて「非特定V入賞」(図9参照)の報知が行われる。その後、大入賞口入賞数チェック処理を終了する。その後、図19に戻り、ステップS152に進む。   Finally, if the determination in step S176 is “YES”, the main control means sets the non-specific V winning flag to 5AH (step S177). The “non-specific V prize flag” is a flag that is turned on when the game ball has won a V per non-probability variable symbol, and “non-specific V prize” (see FIG. 9) based on this flag and the above-mentioned specific area passing command. ) Is performed. Thereafter, the process for checking the number of winning prizes is completed. Then, it returns to FIG. 19 and progresses to step S152.
ステップS152では、主制御手段は、大入賞口開閉動作設定処理を行う。大入賞口開閉動作設定処理の詳細は、図18で説明したので、ここでは説明を省略する。その後、ステップS153に進む。   In step S152, the main control means performs a special winning opening / closing operation setting process. Details of the big prize opening / closing operation setting processing have been described with reference to FIG. Thereafter, the process proceeds to step S153.
次に、主制御手段は、特別図柄役物動作タイマが0であるか否かを判定する(ステップS153)。ここでは、特別電動役物作動時間が経過したか否かを判定する。特別図柄役物動作タイマが0となった場合には、「YES」の判定となり、ステップS154に進む。一方、まだ特別図柄役物動作タイマが0となっていない場合には、「NO」の判定となり、特別電動役物作動中処理を終了する。   Next, the main control means determines whether or not the special symbol accessory operation timer is 0 (step S153). Here, it is determined whether or not the special electric accessory operating time has elapsed. If the special symbol accessory operation timer reaches 0, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S154. On the other hand, if the special symbol accessory operation timer is not yet 0, the determination is “NO”, and the special electric accessory operating process is terminated.
ステップS153の判定が「YES」である場合、主制御手段は、ラウンド間インターバルコマンドを送信する(ステップS154)。具体的には、主制御手段(主制御基板24)は、副制御手段(演出制御基板25)に向けて「ラウンド間インターバルコマンド」を送信する。「ラウンド間インターバルコマンド」とは、例えば、第1ラウンドと第2ラウンドのインターバルに移行することを知らせるコマンドである。その後、ステップS155に進む。   If the determination in step S153 is “YES”, the main control means transmits an inter-round interval command (step S154). Specifically, the main control means (main control board 24) transmits an “inter-round interval command” to the sub-control means (effect control board 25). The “inter-round interval command” is, for example, a command that informs the transition to the interval between the first round and the second round. Thereafter, the process proceeds to step S155.
ステップS155では、主制御手段は、開放動作終了時の各種設定1を行う。具体的には、特別電動役物動作ステータスを「03H」(特電作動継続判定中)にセットする。これにより、次回の特別電動役物動作ステータス判定処理(図15:ステップS72)では、特別電動役物作動継続判定処理(図15:ステップS76)に進むようになる。その後、ステップS156に進む。   In step S155, the main control means performs various settings 1 at the end of the opening operation. Specifically, the special electric accessory operation status is set to “03H” (during special electric operation continuation determination). Thereby, in the next special electric accessory operation status determination process (FIG. 15: step S72), the process proceeds to the special electric accessory operation continuation determination process (FIG. 15: step S76). Thereafter, the process proceeds to step S156.
次に、主制御手段は、特別ラウンドであるか否かを判定する(ステップS156)。現在、特別ラウンドである場合には、「YES」の判定となり、ステップS157に進む。一方、特別ラウンドでない場合には、「NO」の判定となり、ステップS158に進む。   Next, the main control means determines whether or not it is a special round (step S156). If the current round is a special round, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S157. On the other hand, if it is not a special round, the determination is “NO”, and the process proceeds to step S158.
ステップS156の判定が「YES」である場合、主制御手段は、開放動作終了時の各種設定2を行う(ステップS157)。具体的には、特別図柄役物動作タイマを3000msにセットする。これは、特別ラウンドの残存球の排出時間に相当する(図6A参照)。その後、特別電動役物作動中処理を終了する。   When the determination in step S156 is “YES”, the main control means performs various settings 2 at the end of the opening operation (step S157). Specifically, the special symbol accessory operation timer is set to 3000 ms. This corresponds to the discharge time of the remaining sphere in the special round (see FIG. 6A). Then, the process during operation of the special electric accessory is terminated.
一方、ステップS156の判定が「NO」である場合、主制御手段は、開放動作終了時の各種設定3を行う(ステップS158)。ここでは、特別図柄役物動作タイマを2000ms又は7000ms又は7300msにセットする。これは、通常ラウンドの残存球の排出時間に相当する。その後、特別電動役物作動中処理を終了する。   On the other hand, when the determination in step S156 is “NO”, the main control means performs various settings 3 at the end of the opening operation (step S158). Here, the special symbol accessory operation timer is set to 2000 ms, 7000 ms, or 7300 ms. This corresponds to the discharge time of the remaining sphere in the normal round. Then, the process during operation of the special electric accessory is terminated.
次に、図21A、21Bを参照して、特別電動役物管理処理の中で行われる特別電動役物作動継続判定処理について説明する。上述の通り、主制御手段は、特別電動役物動作ステータス判定(図15:ステップS72)にて、特電動作ステータスが「03H」(特電作動継続判定中)と判断された場合、この処理を行う。   Next, with reference to FIG. 21A and 21B, the special electric accessory operation | movement continuation determination process performed in a special electric accessory management process is demonstrated. As described above, the main control means performs this process when it is determined that the special electric operation status is “03H” (during special electric operation continuation determination) in the special electric accessory operation status determination (FIG. 15: step S72). .
まず、図21Aにおいて、主制御手段は、大入賞口入賞数チェック処理を行う(ステップS181)。大入賞口入賞数チェックの詳細は、図20A、20Bで説明した通りであるので、ここでは説明を省略する。その後、ステップS182に進む。   First, in FIG. 21A, the main control means performs a big prize opening prize number check process (step S181). The details of the big prize opening number check are the same as described with reference to FIGS. 20A and 20B, and will not be described here. Thereafter, the process proceeds to step S182.
ステップS182では、主制御手段は、大入賞口開閉動作設定処理を行う。大入賞口開閉動作設定処理は、図18で説明した通りであるので、ここでは説明を省略する。その後、ステップS183に進む。   In step S182, the main control means performs a special winning opening / closing operation setting process. The big prize opening / closing operation setting process is as described with reference to FIG. Thereafter, the process proceeds to step S183.
次に、主制御手段は、特別図柄役物動作タイマが0であるか否かを判定する(ステップS183)。特別図柄役物動作タイマは、図19のステップS157又はステップS158で設定した残存球の排出時間であるので、この時間が経過したか否かの判定となる。   Next, the main control means determines whether or not the special symbol accessory operation timer is 0 (step S183). Since the special symbol accessory operation timer is the discharge time of the remaining sphere set in step S157 or step S158 in FIG. 19, it is determined whether or not this time has elapsed.
特別図柄役物動作タイマが0となった場合には、「YES」の判定となり、ステップS184に進む。一方、まだ特別図柄役物動作タイマが0となっていない場合には、「NO」の判定となり、特別電動役物作動継続判定処理を終了する(図21B参照)。   If the special symbol accessory operation timer reaches 0, the determination is “YES” and the process proceeds to step S184. On the other hand, if the special symbol accessory operation timer has not yet reached 0, the determination is “NO”, and the special electric accessory operation continuation determination process ends (see FIG. 21B).
ステップS183の判定が「YES」である場合、主制御手段は、振分部のソレノイド作動タイマが0となったか否かを判定する(ステップS184)。ソレノイド作動タイマが0となった場合には、「YES」の判定となり、ステップS186に進む。一方、まだソレノイド作動タイマが0となっていない場合には、「NO」の判定となり、ステップS185に進む。   When the determination in step S183 is “YES”, the main control means determines whether or not the solenoid operation timer of the distribution unit has become 0 (step S184). If the solenoid operation timer reaches 0, the determination is “YES” and the process proceeds to step S186. On the other hand, if the solenoid operation timer has not yet reached 0, the determination is “NO” and the process proceeds to step S185.
ステップS184の判定が「NO」である場合、主制御手段は、振分部のソレノイドに関する設定を行う(ステップS185)。具体的には、排出時間の経過により、振分部55のソレノイド作動タイマが0となっていない場合にも、「00H」を設定して該タイマをリセットする。   When the determination in step S184 is “NO”, the main control unit performs setting related to the solenoid of the distribution unit (step S185). Specifically, even when the solenoid operation timer of the distribution unit 55 is not 0 due to the elapse of the discharge time, “00H” is set and the timer is reset.
また、振分部55のソレノイドを「OFF」して、閉鎖位置に戻す。これにより、排出時間が経過したとき、特定領域を閉鎖することができ、遊技球が意図しないタイミングで特定領域を通過するのを防止できる。その後、ステップS186に進む。   Further, the solenoid of the distribution unit 55 is turned “OFF” to return to the closed position. Thus, when the discharge time has elapsed, the specific area can be closed, and the game ball can be prevented from passing through the specific area at an unintended timing. Thereafter, the process proceeds to step S186.
ステップS186では、主制御手段は、排出確認処理を行う。以下、図22を参照して、排出確認処理の詳細について説明する。   In step S186, the main control means performs a discharge confirmation process. Hereinafter, the details of the discharge confirmation process will be described with reference to FIG.
まず、主制御手段は、入賞数と排出数が一致したか否かを判定する(ステップS201)。入賞数と排出数が一致した場合には、「YES」の判定となり、ステップS204に進む。一方、一致しない場合には、「NO」の判定となり、ステップS202に進む。   First, the main control means determines whether or not the number of winnings and the number of discharges match (step S201). If the number of winnings and the number of discharges match, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S204. On the other hand, if they do not match, the determination is “NO”, and the process proceeds to step S202.
まず、ステップS201の判定が「NO」である場合を説明する。この場合、主制御手段は、大入賞口2入賞排出チェックコマンドを送信する(ステップS202)。「大入賞口2入賞排出チェックコマンド」は、アタッカの入賞数及び排出数に関するコマンドであり、入賞数>排出数、入賞数<排出数の場合による2種類がある。   First, the case where the determination in step S201 is “NO” will be described. In this case, the main control means transmits a special winning opening 2 winning / discharging check command (step S202). The “Large winning mouth 2 winning / discharging check command” is a command related to the number of winning and discharging of the attacker, and there are two types depending on the case where the winning number> the discharging number and the winning number <the discharging number.
具体的には、主制御手段(主制御基板24)が、副制御手段(演出制御基板25)に向けて「大入賞口2入賞排出チェックコマンド」を送信するが、副制御手段は、このコマンドを受信すると、上記それぞれの場合に応じた報知を行う。その後、ステップS203に進む。   Specifically, the main control means (main control board 24) transmits a “large winning mouth 2 winning / discharging check command” to the sub control means (production control board 25). Is received, notification according to each of the above cases is performed. Thereafter, the process proceeds to step S203.
ステップS203では、主制御手段は、入賞数と排出数からエラーをセットする。具体的には、入賞数より排出数の方が多い場合、エラー8をセットする。エラー8とは、大入賞口2排出過多異常である(図9参照)。また、排出数より入賞数の方が多い場合、エラー9をセットする。エラー9とは、大入賞口2排出異常である(図9参照)。その後、排出確認処理を終了する。   In step S203, the main control means sets an error based on the winning number and the discharging number. Specifically, error 8 is set if the number of discharges is greater than the number of winnings. The error 8 is an extra prize 2 excessive discharge abnormality (see FIG. 9). Also, if the number of winnings is greater than the number of discharges, error 9 is set. The error 9 is an abnormal discharge of the special winning opening 2 (see FIG. 9). Thereafter, the discharge confirmation process ends.
次に、ステップS201の判定が「YES」である場合を説明する。この場合、主制御手段は、エラー9の発生中か否かを判定する(ステップS204)。現在、エラー9の発生中である場合には、「YES」の判定となり、ステップS205に進む。一方、エラー9の発生中でない場合には、「NO」の判定となり、排出確認処理を終了する。   Next, a case where the determination in step S201 is “YES” will be described. In this case, the main control means determines whether or not error 9 is occurring (step S204). If error 9 is currently occurring, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S205. On the other hand, if the error 9 is not occurring, the determination is “NO” and the discharge confirmation process is terminated.
ステップS204の判定が「YES」である場合、主制御手段は、エラー9をクリアする。エラー9が発生中であるが、入賞数と排出数が一致したので、エラー9を解除する。その後、ステップS206に進む。   If the determination in step S204 is “YES”, the main control means clears error 9. Although error 9 is occurring, since the number of winnings and the number of discharges match, error 9 is canceled. Thereafter, the process proceeds to step S206.
ステップS206では、大入賞口入賞無効フラグを00Hにセットする。具体的には、入力管理処理(図11参照)でオンした大入賞口入賞無効フラグをオフとする。その後、排出確認処理を終了する。図21Aに戻り、その後、ステップS187に進む。   In step S206, the big prize opening prize invalid flag is set to 00H. Specifically, the special winning opening prize invalid flag turned on in the input management process (see FIG. 11) is turned off. Thereafter, the discharge confirmation process ends. Returning to FIG. 21A, the process then proceeds to step S187.
次に、主制御手段は、エラー8又はエラー9の発生中か否かを判定する(ステップS187)。現在、エラー8又はエラー9の発生中である場合には、「YES」の判定となり、特別電動役物作動継続判定処理を終了する(図21B参照)。この場合、次回ラウンドには移行させない。一方、何れのエラーも発生していない場合には、「NO」の判定となり、ステップS188に進む(図21B参照)。   Next, the main control means determines whether or not error 8 or error 9 is occurring (step S187). If error 8 or error 9 is currently occurring, the determination is “YES”, and the special electric accessory operation continuation determination process ends (see FIG. 21B). In this case, the next round is not transferred. On the other hand, if no error has occurred, the determination is “NO”, and the process proceeds to step S188 (see FIG. 21B).
ステップS187の判定が「NO」である場合、主制御手段は、最大ラウンド数に達したか否かを判定する(図21B:ステップS188)。例えば、「大当りパターンA」の最大ラウンドである第14ラウンドに達した場合に「YES」の判定となり、ステップS192に進む。一方、第13ラウンドまでは、「NO」の判定となり、ステップS189に進む。   If the determination in step S187 is “NO”, the main control means determines whether or not the maximum number of rounds has been reached (FIG. 21B: step S188). For example, when the 14th round which is the maximum round of “big hit pattern A” is reached, the determination becomes “YES”, and the process proceeds to step S192. On the other hand, until the 13th round, the determination is “NO”, and the process proceeds to step S189.
まず、ステップS188の判定が「NO」である場合を説明する。この場合、主制御手段は、連続回数カウンタを1加算する(ステップS189)。すなわち、特別遊技のラウンド数をカウントする処理となる。その後、ステップS190に進む。   First, the case where the determination in step S188 is “NO” will be described. In this case, the main control means adds 1 to the continuous number counter (step S189). In other words, the number of special game rounds is counted. Thereafter, the process proceeds to step S190.
ステップS190では、主制御手段は、大当り種別に応じたラウンド間インターバル時間を特別図柄役物動作タイマに格納する。ラウンド間インターバル時間は、特別電動役物作動開始処理に戻ったとき、その処理の中で利用する(図17参照)。その後、ステップS191に進む。   In step S190, the main control means stores the interval time between rounds according to the jackpot type in the special symbol accessory operation timer. The interval time between rounds is used in the process when returning to the special electric accessory operation start process (see FIG. 17). Thereafter, the process proceeds to step S191.
ステップS191では、主制御手段は、継続時の各種設定を行う。具体的には、特別電動役物作動フラグが「00H」にセットされる。特別電動役物作動フラグが「00H」に設定されるのは、大当りラウンドの「開始」、「ラウンド間」又は「終了」の何れかの場合であるが、ここでは「ラウンド間」である。   In step S191, the main control means performs various settings at the time of continuation. Specifically, the special electric accessory operation flag is set to “00H”. The special electric accessory operation flag is set to “00H” in any of “start”, “between rounds”, and “ends” of the big hit round, but here “between rounds”.
また、特別電動役物動作ステータスを「01H」(特電作動開始中)にセットするので、次回の特別電動役物動作ステータス判定(図15:ステップS72)では、特別電動役物作動開始処理(図15:ステップS74)に進むようになる。その後、特別電動役物作動継続判定処理を終了する。   Further, since the special electric accessory operation status is set to “01H” (during the start of special electric operation), in the next special electric accessory operation status determination (FIG. 15: step S72), the special electric accessory operation start processing (FIG. 15: Proceed to step S74). Thereafter, the special electric accessory operation continuation determination process is terminated.
次に、ステップS188の判定が「YES」である場合を説明する。この場合、主制御手段は、終了時の各種設定を行う(ステップS192)。具体的には、特別電動役物作動フラグが「00H」にセットされる。特別電動役物作動フラグを「00H」とするのは、大当りラウンドが「終了」となるためである。   Next, the case where the determination in step S188 is “YES” will be described. In this case, the main control means performs various settings at the end (step S192). Specifically, the special electric accessory operation flag is set to “00H”. The reason for setting the special electric accessory operation flag to “00H” is that the big hit round is “finished”.
また、特電動作ステータスを「04H」(大当り終了中)にセットするので、次回の特別電動役物動作ステータス判定(図15:ステップS72)では、大当り終了処理(図15:ステップS77)に進むようになる。その後、ステップS193進む。   In addition, since the special electric operation status is set to “04H” (during jackpot end), the next special electric accessory operation status determination (FIG. 15: step S72) proceeds to the big hit end processing (FIG. 15: step S77). become. Thereafter, the process proceeds to step S193.
ステップS193では、主制御手段は、大当り種別に応じた終了インターバル時間を特別図柄役物動作タイマに格納する。終了インターバル時間は、後述する大当り終了処理の中で利用する(図23参照)。その後、ステップS194に進む。   In step S193, the main control means stores the end interval time corresponding to the jackpot type in the special symbol accessory operation timer. The end interval time is used in a jackpot end process described later (see FIG. 23). Thereafter, the process proceeds to step S194.
最後に、主制御手段は、大当り終了インターバルコマンドを送信する(ステップS194)。具体的には、主制御手段(主制御基板24)は、副制御手段(演出制御基板25)に向けて「大当り終了インターバル(ファンファーレ)コマンド」を送信する。その後、特別電動役物作動継続判定処理を終了する。   Finally, the main control means transmits a jackpot end interval command (step S194). Specifically, the main control means (main control board 24) transmits a “big hit end interval (fanfare) command” to the sub-control means (production control board 25). Thereafter, the special electric accessory operation continuation determination process is terminated.
次に、図23を参照して、特別電動役物管理処理の中で行われる大当り終了処理について説明する。上述の通り、主制御手段は、特別電動役物動作ステータス判定(図15:ステップS72)にて、特電動作ステータスが「04H」(大当り終了中)と判断された場合、この処理を行う。   Next, with reference to FIG. 23, the jackpot ending process that is performed in the special electric utility management process will be described. As described above, the main control means performs this processing when it is determined that the special electric operation status is “04H” (during big hit) in the special electric accessory operation status determination (FIG. 15: step S72).
まず、主制御手段は、特別図柄役物動作タイマが0であるか否かを判定する(ステップS211)。ここでは、終了インターバル時間が経過したか否かを判定する。特別図柄役物動作タイマが0となった場合には、「YES」の判定となり、ステップS212に進む。一方、まだ特別図柄役物動作タイマが0となっていない場合には、「NO」の判定となり、大当り終了処理を終了する。   First, the main control means determines whether or not the special symbol accessory operation timer is 0 (step S211). Here, it is determined whether or not the end interval time has elapsed. If the special symbol accessory operation timer reaches 0, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S212. On the other hand, if the special symbol accessory operation timer has not yet reached 0, the determination is “NO” and the jackpot end processing is terminated.
ステップS211の判定が「YES」である場合、主制御手段は、大当り終了時の各種設定1を行う(ステップS212)。具体的には、次ステップでオン・オフを確認する「特定領域通過フラグ」を除き、特別電動役物管理処理中の各ステップで使用した条件装置作動フラグ、連続回数カウンタ、最大連続回数バッファ等を0クリアする。その後、ステップS213に進む。   If the determination in step S211 is "YES", the main control means performs various settings 1 at the end of the big hit (step S212). Specifically, except for the “specific area passing flag” that is checked for on / off in the next step, the condition device operation flag, continuous count counter, maximum continuous count buffer, etc. used in each step during the special electric equipment management process Clear 0. Thereafter, the process proceeds to step S213.
ステップS213では、主制御手段は、大当り終了時の各種設定2を行う。具体的には、大入賞口入賞数チェック処理の中で設定した「特定領域通過フラグ」(図20B参照)
のオン・オフに応じて、普電開放延長状態フラグ等をセットする。設定の詳細は、図8で説明した通りである。その後、ステップS214に進む。
In step S213, the main control means performs various settings 2 at the end of the big hit. Specifically, the “specific area passing flag” set in the special winning opening prize number check process (see FIG. 20B).
Depending on the on / off state, the utility power extension state flag is set. Details of the setting are as described in FIG. Thereafter, the process proceeds to step S214.
ステップS214では、主制御手段は、大当り終了時の各種設定3を行う。具体的には、特定領域通過フラグを「00H」にセットする。また、特電動作ステータスを「00H」(大当り開始)にセットするので、次回の特別電動役物動作ステータス判定(図15:ステップS72)では、大当り開始処理(図15:ステップS73)に進むようになる。その後、ステップS215に進む。   In step S214, the main control means performs various settings 3 at the end of the big hit. Specifically, the specific area passage flag is set to “00H”. Further, since the special electric operation status is set to “00H” (big hit start), in the next special electric accessory operation status determination (FIG. 15: step S72), the process proceeds to the big hit start processing (FIG. 15: step S73). Become. Thereafter, the process proceeds to step S215.
最後に、主制御手段は、遊技状態報知情報を更新する(ステップS215)。例えば、この後に時短遊技状態に移行する場合には、時短中報知ランプをオンする。その後、大当り終了処理を終了する。以上、主制御手段で行われる処理について説明した。   Finally, the main control means updates the gaming state notification information (step S215). For example, when shifting to the short-time gaming state after this, the short-and-short-time notification lamp is turned on. Thereafter, the big hit ending process is ended. The processing performed by the main control unit has been described above.
以下では、図24を参照して、副制御側で行われるメイン処理について説明する。このメイン処理には、副制御手段(演出制御基板25)の起動時に行われる初期化処理が含まれる。   Below, with reference to FIG. 24, the main process performed by the sub-control side is demonstrated. This main process includes an initialization process that is performed when the sub-control means (the effect control board 25) is activated.
まず、副制御手段は、初期化処理を行う(ステップS221)。これは、主に、副制御手段の各種初期設定を行うものであり、起動時に一度だけ行われる。その後、ステップS222に進む。   First, the sub-control unit performs an initialization process (step S221). This mainly performs various initial settings of the sub-control means, and is performed only once at the time of activation. Thereafter, the process proceeds to step S222.
次に、副制御手段は、メインループ更新周期となったか否かを判定する(ステップS222)。メインループとは、後述するステップS224〜S229までの処理であるが、その更新周期は16msである。   Next, the sub-control unit determines whether or not the main loop update period has been reached (step S222). The main loop is a process from steps S224 to S229 described later, and its update cycle is 16 ms.
ステップS222に進んだとき更新周期の16msが経過すると、「YES」の判定となり、ステップS224に進む。一方、16ms経過する前の状態では、更新周期となっていないので、「NO」の判定となる。この場合には、ステップS223に進む。   If the update period of 16 ms elapses when the process proceeds to step S222, the determination is “YES”, and the process proceeds to step S224. On the other hand, in the state before 16 ms elapses, the update cycle is not reached, and therefore the determination is “NO”. In this case, the process proceeds to step S223.
ステップS222の判定が「NO」である場合、副制御手段は、各種ソフト乱数の更新処理を行う(ステップS223)。その後、ステップS222の判定が「YES」となるまでステップS222、S223の処理を繰り返す。このループの期間に、1ms周期のタイマ割込処理(図25参照)が実行されるが、副制御手段は、この割込処理回数をカウントして、上記の16msが経過したか否かを判定する。   When the determination in step S222 is “NO”, the sub-control unit performs various soft random number update processes (step S223). Thereafter, the processes in steps S222 and S223 are repeated until the determination in step S222 becomes “YES”. During this loop period, a timer interrupt process (see FIG. 25) with a period of 1 ms is executed. The sub-control means counts the number of interrupt processes and determines whether the above 16 ms has elapsed. To do.
ステップS222の判定が「YES」である場合、副制御手段は、LEDデータ更新処理を行う(ステップS224)。上述の通り、ステップS224〜S229はメインループの処理となるが、ここでは、枠装飾LED8、盤面装飾LED35のデータを更新することで、装飾LEDの発光態様を変化させる。その後、ステップS225に進む。   If the determination in step S222 is “YES”, the sub-control means performs LED data update processing (step S224). As described above, steps S224 to S229 are processing of the main loop. Here, the data of the frame decoration LED 8 and the panel decoration LED 35 is updated to change the light emission mode of the decoration LED. Thereafter, the process proceeds to step S225.
ステップS225では、副制御手段は、受信コマンド解析処理を行う。これは、受信した制御コマンドの種別を解析し、それに応じた各種設定を行うものである。例えば、大当り開始処理の中で送信される「大当り開始インターバルコマンド」(図16参照)を受信した場合には、副制御手段は、開始インターバル(図6A参照)を設定する。その後、ステップS226に進む。   In step S225, the sub control means performs a received command analysis process. In this method, the type of the received control command is analyzed, and various settings are made accordingly. For example, when the “big hit start interval command” (see FIG. 16) transmitted in the big hit start process is received, the sub control means sets the start interval (see FIG. 6A). Thereafter, the process proceeds to step S226.
ステップS226では、副制御手段は、メインシナリオ更新処理を行う。具体的には、受信した制御コマンドに応じて演出の更新を行うものである。その後、ステップS227に進む。   In step S226, the sub control unit performs a main scenario update process. Specifically, the effect is updated according to the received control command. Thereafter, the process proceeds to step S227.
ステップS227では、副制御手段は、サウンド出力処理を行う。具体的には、シナリオに応じてスピーカ7からサウンドを出力させる。その後、ステップS228に進む。   In step S227, the sub control means performs a sound output process. Specifically, sound is output from the speaker 7 according to the scenario. Thereafter, the process proceeds to step S228.
ステップS228では、副制御手段は、ソレノイド更新処理を行う。具体的には、可動役物に用いられているソレノイドの詳細な動作を設定する。その後、ステップS229に進む。   In step S228, the sub-control unit performs solenoid update processing. Specifically, detailed operation of the solenoid used for the movable accessory is set. Thereafter, the process proceeds to step S229.
最後に、副制御手段は、ノイズ対策用処理を行う(ステップS229)。具体的には、周辺LSIがノイズの影響を受けていないかチェックする。この処理が終了すると、ステップS222に戻り、以降の処理を継続して実行する。   Finally, the sub-control unit performs noise countermeasure processing (step S229). Specifically, it is checked whether the peripheral LSI is affected by noise. When this process ends, the process returns to step S222, and the subsequent processes are continued.
次に、図25を参照して、副制御側のタイマ割込処理について説明する。これは、上述の副制御側メイン処理(図24参照)に対して、1ms周期で実行される割込処理である。   Next, with reference to FIG. 25, the timer interrupt process on the sub-control side will be described. This is an interrupt process executed at a cycle of 1 ms with respect to the above-described sub-control-side main process (see FIG. 24).
まず、副制御手段は、CPUレジスタの初期設定をする(ステップS231)。具体的には、ポートのリフレッシュ初期値の設定を行う。その後、ステップS232に進む。   First, the sub control means initializes the CPU register (step S231). Specifically, the port refresh initial value is set. Thereafter, the process proceeds to step S232.
ステップS232では、副制御手段は、出力処理を行う。具体的には、可動役物に用いられているソレノイドやモータの出力処理を行う。その後、ステップS233に進む。   In step S232, the sub control means performs output processing. Specifically, output processing of a solenoid or a motor used for the movable accessory is performed. Thereafter, the process proceeds to step S233.
ステップS233では、副制御手段は、演出ボタン入力状態更新処理を行う。副制御手段は、演出ボタン13、14の操作がされた場合に、入力状態を更新する。その後、ステップS234に進む。   In step S233, the sub-control means performs an effect button input state update process. The sub-control means updates the input state when the production buttons 13 and 14 are operated. Thereafter, the process proceeds to step S234.
ステップS234では、副制御手段は、スイッチ入力状態更新処理を行う。具体的には、ボリュームスイッチ31等の入力情報を確認し、その情報に応じた処理を行う。その後、ステップS235に進む。   In step S234, the sub-control means performs a switch input state update process. Specifically, input information such as the volume switch 31 is confirmed, and processing corresponding to the information is performed. Thereafter, the process proceeds to step S235.
ステップS235では、副制御手段は、液晶制御コマンド送信処理を行う。演出制御基板25は、例えば、演出用カウンタによって選択された演出用コマンドを液晶制御基板26に向けて送信する。その後、ステップS236に進む。   In step S235, the sub-control means performs a liquid crystal control command transmission process. For example, the effect control board 25 transmits an effect command selected by the effect counter to the liquid crystal control board 26. Thereafter, the process proceeds to step S236.
ステップS236では、副制御手段は、モータ更新処理を行う。具体的には、可動役物に用いられているモータの詳細な動作設定をする。その後、ステップS237に進む。   In step S236, the sub-control unit performs a motor update process. Specifically, the detailed operation setting of the motor used for the movable accessory is performed. Thereafter, the process proceeds to step S237.
ステップS237では、副制御手段は、LEDデータ出力処理を行う。具体的には、必要なタイミングで枠装飾LED8、盤面装飾LED35を点灯、点滅させるLEDデータ出力を行う。その後、ステップS238に進む。   In step S237, the sub-control means performs LED data output processing. Specifically, LED data output for turning on and blinking the frame decoration LED 8 and the panel decoration LED 35 at a necessary timing is performed. Thereafter, the process proceeds to step S238.
最後に、副制御手段は、メインループ更新周期用ワークを1インクリメントする(ステップS238)。これは、メインループ処理(図24:ステップS224〜S229)の更新周期である16msをカウントするため、メインループ更新周期用ワークを1だけインクリメントする処理である。その後、タイマ割込処理を終了する。以上、本実施例のパチンコ遊技機1の一連の動作を説明した。   Finally, the sub-control means increments the main loop update cycle work by 1 (step S238). This is a process of incrementing the main loop update cycle work by 1 in order to count 16 ms, which is the update cycle of the main loop processing (FIG. 24: steps S224 to S229). Thereafter, the timer interrupt process is terminated. The series of operations of the pachinko gaming machine 1 according to the present embodiment has been described above.
上記のように実施例1には、複数種類の特別遊技があり、それぞれアタッカの開閉扉、振分部が長開放パターンで動作する特別ラウンドの順序や数が異なっている。特別ラウンドで遊技球が特定領域を通過した場合に、該通過を報知するV入賞表示が予め定めた時間実行されるので、遊技者にV入賞したことを印象付けさせ、遊技の興趣を向上させることができる。   As described above, the first embodiment has a plurality of types of special games, and the order and number of special rounds in which the opening / closing doors and the distributing unit of the attacker operate in a long open pattern are different. When a game ball passes a specific area in a special round, a V prize display for notifying the passage is executed for a predetermined time, so that the player is impressed that a V prize has been won, and the interest of the game is improved. be able to.
[実施例2]
次に、大入賞装置が1個しかないパチンコ遊技機の例(実施例2)を説明する。
[Example 2]
Next, an example (Embodiment 2) of a pachinko gaming machine having only one winning device will be described.
まず、図26を参照して、実施例2のパチンコ遊技機1’の遊技盤4’について説明する。遊技盤4’は、第1大入賞装置39aがない点で実施例1の遊技盤4と異なる。遊技盤4’のパチンコ遊技機1’では、特別遊技において、唯一の大入賞装置であり、内部に確変移行判定部を有するアタッカ2を常に用いることになる。遊技者は、ラウンドの種類に関係なく、同じ操作をすればよいので、遊技自体は簡単になる。     First, with reference to FIG. 26, the gaming board 4 'of the pachinko gaming machine 1' according to the second embodiment will be described. The game board 4 'is different from the game board 4 of the first embodiment in that the first grand prize winning device 39a is not provided. The pachinko gaming machine 1 ′ of the game board 4 ′ is the only large winning device in special games, and always uses the attacker 2 that has a probability change transition determination unit inside. Since the player only has to perform the same operation regardless of the type of round, the game itself is simplified.
しかし、パチンコ遊技機1’の場合、振分部55が開放位置にある時間が長いと、意図しないタイミングで遊技球がV入賞する現象が起こり易くなる。従って、実施例1でも述べたように、残存球の排出時間が経過したとき、振分部55を閉鎖位置に戻し、その動作が次回ラウンドに持ち越されないようにする必要がある。   However, in the case of the pachinko gaming machine 1 ′, if the distribution unit 55 is in the open position for a long time, a phenomenon that the game ball wins a V at an unintended timing is likely to occur. Therefore, as described in the first embodiment, when the discharge time of the remaining sphere has elapsed, it is necessary to return the sorting unit 55 to the closed position so that the operation is not carried over to the next round.
次に、図27Aを参照して、実施例2の特別遊技の構成(「大当りパターンA’」、「大当りパターンD’」)を説明する。   Next, with reference to FIG. 27A, the configuration of the special game of the second embodiment (“big hit pattern A ′”, “big hit pattern D ′”) will be described.
まず、「大当りパターンA’」は、全部で14のラウンドから構成され、特別遊技の終了後は、遊技状態が確率変動モードとなる(図27A(a)参照)。「大当りパターンA’」は、実施例1の「大当りパターンA」をアタッカ2のみで実行したものであるので、基本的に開閉扉の作動時間や行われる演出は同じである。   First, the “big hit pattern A ′” is composed of a total of 14 rounds, and after the special game is over, the gaming state becomes the probability variation mode (see FIG. 27A (a)). The “big hit pattern A ′” is obtained by executing the “big hit pattern A” of the first embodiment only with the attacker 2, and thus the operation time of the opening / closing door and the effect to be performed are basically the same.
相違点としては、第3ラウンドのインターバル時間で実行される「報知演出γ」が挙げられる。「チャレンジ演出(優)」は、最終的に主人公が相手キャラクタを倒し、勝利するストーリーとなるので、「報知演出γ」では、勝利確定の演出が行われるが、狙うアタッカを指示する表示は行われない。   The difference is “notification effect γ” executed at the interval time of the third round. “Challenge production (excellent)” is a story in which the main character eventually defeats the opponent character and wins. Therefore, in “notification production γ”, the victory is confirmed, but the target attacker is not displayed. I will not.
また、第4ラウンドにおける開閉扉39dの待機期間、開放期間は、実施例1の「大当りパターンA」の第4ラウンドと同じでよいが、振分部55の動作を異ならせる必要がある。すなわち、特定領域56が長開放する時間を短くすることで、第5ラウンドで遊技球がV入賞しないようにする。   Further, the waiting period and the opening period of the open / close door 39d in the fourth round may be the same as those in the fourth round of the “big hit pattern A” in the first embodiment, but the operation of the distribution unit 55 needs to be different. That is, by shortening the time for which the specific area 56 is opened long, the game ball is prevented from winning V in the fifth round.
次に、「大当りパターンD’」について説明する。「大当りパターンD’」は、全部で14のラウンドから構成され、特別遊技の終了後は、遊技状態が時短モードとなる(図27A(b)参照)。「大当りパターンD’」は、実施例1の「大当りパターンD」をアタッカ2のみで実行したものであるので、基本的に開閉扉の作動時間や行われる演出は同じである。   Next, the “big hit pattern D ′” will be described. The “hit pattern D ′” is composed of a total of 14 rounds, and after the special game is over, the gaming state becomes the time reduction mode (see FIG. 27A (b)). The “big hit pattern D ′” is obtained by executing the “big hit pattern D” of the first embodiment only with the attacker 2, and thus the opening / closing door operating time and the effects to be performed are basically the same.
「大当りパターンD’」では、3回の「チャレンジ演出(劣)」で、何れも最終的に主人公が敗北するストーリーとなるので、特別ラウンドである第4、8、12ラウンドの開始直前から敗北確定の演出である「報知演出δ」が実行される。また、ここでも、特別ラウンドにおける振分部55の動作を異ならせる必要がある。   In the “Big Hit Pattern D '”, the story of the main character will eventually be defeated in three “Challenge Production (Inferior)” events. “Notification effect δ”, which is a confirmed effect, is executed. Also in this case, it is necessary to change the operation of the distribution unit 55 in the special round.
最後に、図27Bを参照して、実施例2のアタッカと振分部55の動作について説明する。ここでは、特に、アタッカの開放期間が最長時間となる前に、1回のラウンドの最大入賞数に到達した場合の開閉扉39d及び振分部55の動作について説明する。   Finally, with reference to FIG. 27B, the operation of the attacker and the distribution unit 55 of the second embodiment will be described. Here, in particular, the operation of the open / close door 39d and the distribution unit 55 when the maximum number of winnings in one round is reached before the attacker's opening period reaches the longest time will be described.
例えば、「大当りパターンA’」の第4ラウンドでは、待機期間(2.7秒)の後、開閉扉39dの開放期間に移行する。開放期間は、最長で26.3秒であるが(図27A(a)参照)、実質的には、約5.4秒で最大入賞数に到達して、開閉扉39dが閉鎖する。   For example, in the fourth round of “big hit pattern A ′”, after the waiting period (2.7 seconds), the process proceeds to the opening period of the door 39d. The opening period is 26.3 seconds at the longest (see FIG. 27A (a)). However, the maximum winning number is reached in about 5.4 seconds, and the open / close door 39d is closed.
このとき、振分部55は、開閉扉39dの作動に同期して、0.02秒間、特定領域56を開放する位置に動く。その後、2.68秒間、閉鎖位置に戻り、再度、開放位置に動く。   At this time, the distribution unit 55 moves to a position where the specific area 56 is opened for 0.02 seconds in synchronization with the operation of the open / close door 39d. After that, it returns to the closed position for 2.68 seconds and moves to the open position again.
振分部55が開放位置に保持されている時間が実施例1のように長い場合(29.3秒)には、次回の第5ラウンドで遊技球がV入賞可能となるので、第4ラウンドを特別ラウンドとした意味がなくなってしまう。従って、第4ラウンドのインターバル時間(3.0秒)が経過したとき、振分部55が閉鎖位置に戻るようにする。このようにすれば、大入賞装置が1個しかない場合にも、意図しないV入賞を防止することができる。   When the time for which the distribution unit 55 is held at the open position is long as in the first embodiment (29.3 seconds), the game ball can be V-winned in the next fifth round, so the fourth round The meaning of making a special round disappears. Therefore, when the interval time (3.0 seconds) of the fourth round has elapsed, the distribution unit 55 is returned to the closed position. In this way, an unintended V winning can be prevented even when there is only one big winning device.
開閉扉39dが短期開放する場合も同様である。例えば、「大当りパターンD’」の第4ラウンドでは、開閉扉39dが0.10秒だけ作動した後、インターバル時間を経て次回の第5ラウンドに進む。ここでも、振分部55が再度、開放位置に動く場合には、第5ラウンドで遊技球がV入賞可能となる。従って、今回は、振分部55を再度、開放位置に動かさないようにすることで、意図しないV入賞を防止することができる。   The same applies when the open / close door 39d is opened for a short time. For example, in the fourth round of the “big hit pattern D ′”, the open / close door 39d operates for 0.10 seconds, and then proceeds to the next fifth round after an interval time. Again, when the distribution unit 55 moves to the open position again, the game ball can be awarded V in the fifth round. Therefore, this time, it is possible to prevent an unintended V-winning by preventing the distribution unit 55 from moving again to the open position.
実施例1と同様に、振分部55の動作は、必ずしも短開放と長開放とに分離する必要はない。例えば、アタッカ2の待機期間の開始時から振分部55の長開放を行ってもよい。また、開閉扉39dの閉鎖に同期して振分部55を閉鎖位置に戻す等、閉鎖のタイミングも任意に決定することができる。   Similar to the first embodiment, the operation of the allocating unit 55 does not necessarily need to be separated into short open and long open. For example, the distribution unit 55 may be opened long from the start of the standby period of the attacker 2. In addition, the closing timing can be arbitrarily determined, for example, the distribution unit 55 is returned to the closing position in synchronization with the closing of the open / close door 39d.
実施例2によれば、アタッカが1つのパチンコ遊技機でも、特別遊技の開始前に特別遊技の種類を報知する事前報知演出が実行されるので、遊技の興趣を向上させることができる。また、アタッカが閉鎖して、さらに排出時間が経過したとき、特定領域を閉鎖位置とするように振分部を制御するので、意図しないタイミングで遊技球が特定領域を通過するのを防止することができる。   According to the second embodiment, even in the case of a single pachinko machine with an attacker, the advance notification effect of notifying the type of the special game is executed before the start of the special game, so that the interest of the game can be improved. Also, when the attacker closes and the discharge time has passed, the distribution unit is controlled so that the specific area is in the closed position, so that the game ball can be prevented from passing through the specific area at an unintended timing. Can do.
上記の実施形態は、本発明の一例であり、これ以外にも種々の変形例が考えられる。実施例1、2では、特別ラウンドを第4、8ラウンド等、複数設けたが、任意の数とすることができる。また、特別ラウンドを最終ラウンドとする等、何れのラウンドとしてもよい。   The above embodiment is an example of the present invention, and various modifications other than this can be considered. In the first and second embodiments, a plurality of special rounds such as the fourth and eighth rounds are provided, but any number can be used. In addition, any round may be used, such as a special round as a final round.
アタッカ2の開閉扉39dの動作パターンは、任意に設定することができ、振分部55の位置と連動した動作としてもよい。例えば、振分部55が閉鎖位置のときには、開閉扉39dを閉鎖したり、開閉を繰り返す動作とすることができる。また、開閉扉39dの開放タイミングと振分部55が開放位置に移動するタイミングを完全に一致させる必要もない。   The operation pattern of the opening / closing door 39d of the attacker 2 can be arbitrarily set, and may be an operation linked to the position of the distribution unit 55. For example, when the distribution unit 55 is in the closed position, the opening / closing door 39d can be closed or the opening / closing operation can be repeated. In addition, it is not necessary to completely match the opening timing of the open / close door 39d with the timing at which the distribution unit 55 moves to the open position.
上記の例では、通過報知演出は、特別ラウンドの終了後も継続して実行されるとしたが、通過報知演出の実行中に次回ラウンドが開始した場合には、実行中の通過報知演出と異なる態様の通過報知演出に切替えてもよい。   In the above example, the pass notification effect is continuously executed after the end of the special round. However, when the next round starts during the execution of the pass notification effect, the pass notification effect is different from the currently executed pass notification effect. You may switch to the passage notification effect of the aspect.
また、通過報知演出の実行中に特別ラウンドが終了した場合、ラウンド間インターバルの時間は通過報知演出の実行を継続するが、次回ラウンドが開始した場合には、ラウンド用の演出を優先して実行するようにしてもよい。   Also, if the special round ends during the execution of the passing notification effect, the passing notification effect continues to be executed during the interval between rounds, but when the next round starts, the round effect is given priority. You may make it do.
また、特別ラウンドの終了に近づいているにも関わらず、通過報知演出が実行されていない場合、すなわち、特定領域の入球が検出されていない場合には、その旨の表示や特別ラウンド終了までの時間を表示するようにしてもよい。   In addition, when the passing notification effect is not executed despite the fact that the special round is approaching to end, that is, when the entry of a specific area is not detected, until the end of the special round The time may be displayed.
パチンコ遊技機に発生したエラーに対するエラー報知は、図9の態様に限られない。例えば、磁気異常(強)(エラー16)や電波異常(強)(エラー17)は、報知開始から90秒が経過するまで継続するように変更することもできる。また、特別ラウンド中に発生する複数のエラーについては、それ以外の状態で発生するエラーより、目立つ態様(例えば、最大音量)で報知するようにしてもよい。   The error notification for the error that has occurred in the pachinko gaming machine is not limited to the mode of FIG. For example, the magnetic abnormality (strong) (error 16) and radio wave abnormality (strong) (error 17) can be changed so as to continue until 90 seconds elapse from the start of notification. In addition, a plurality of errors that occur during the special round may be reported in a more conspicuous manner (for example, maximum volume) than errors that occur in other states.
特別ラウンドの終了後だけでなく、非確変図柄当りの特別遊技中等の意図しないタイミングで遊技球が特定領域を通過した場合には、エラーや警告を行うようにしてもよい。このとき、偶然か不正かを判定するようにしてもよい。例えば、極めて短い特定領域の開放状態に2球以上の遊技球が検出された(図9の「累積2球」)場合には、「不正」と判定することができる。   Not only after the end of the special round but also when the game ball passes through the specific area at an unintended timing such as during a special game per non-probable variation, an error or a warning may be given. At this time, it may be determined whether it is accidental or illegal. For example, when two or more game balls are detected in an open state of a very short specific area (“cumulative two balls” in FIG. 9), it can be determined as “illegal”.
「不正」の報知として、パチンコ遊技機の背面にある異常報知LEDを点灯・点滅させるだけでもよいが、LED、スピーカ、表示装置、又はこれらの組合せによる様々な態様で報知するようにしてもよい。   As a notification of “injustice”, the abnormality notification LED on the back of the pachinko gaming machine may be lit or blinked, but the notification may be made in various modes using an LED, a speaker, a display device, or a combination thereof. .
以上、本実施形態としてパチンコ遊技機について説明したが、本発明は、これに限らず、雀球式遊技機、アレンジボール機、封入式遊技機等にも適用可能である。例えば、本発明を第2種パチンコ機(羽根モノ)に適用することができる。   As described above, the pachinko gaming machine has been described as the present embodiment. However, the present invention is not limited to this, and can be applied to a sparrow ball type gaming machine, an arrangement ball machine, an enclosed type gaming machine, and the like. For example, the present invention can be applied to a second type pachinko machine (blade mono).
通常、第2種パチンコ機では、羽根が開閉する入賞装置の内部に特定領域があり、V入賞したとき大当りが発生するが、羽根が閉鎖して残存球の排出時間が経過したとき、特定領域も閉鎖するようにすれば、意図しないタイミングでV入賞するのを防止することができる。   Normally, in the type 2 pachinko machine, there is a specific area inside the winning device where the blades open and close, and a big hit occurs when winning V, but when the blades close and the discharge time of the remaining sphere has elapsed, the specific area If it is also closed, it is possible to prevent V winning at an unintended timing.
1、1’ パチンコ遊技機
2 外枠
3 前面枠
4、4’ 遊技盤
4a 遊技領域
4b 化粧板
5 前扉
6 ガラス板
7 スピーカ
8 枠装飾LED
9 前面板
10 発射ハンドル
10a 発射装置
11 上貯留皿
12 下貯留皿
12a 下貯留皿満杯センサ
13 左演出ボタン
14 中央演出ボタン
16 裏機構盤
17 遊技球貯留タンク
18 タンクレール
19 遊技球払出装置
20 扉開放センサ
21 外部端子基板
22 端子基板ケース
23 裏カバー
24 主制御基板 (判定手段、特別遊技状態実行手段、遊技状態制御手段)
24a 主制御基板ケース
25 演出制御基板 (通過報知演出実行手段)
25a 演出制御基板ケース
26 液晶制御基板
26a 液晶制御基板ケース
27 RAMクリアスイッチ
28 電源基板
28a 電源基板ケース
29 払出制御基板
29a 払出制御基板ケース
30 発射制御基板
31 ボリュームスイッチ
32 異常報知LED
33 ステージ部材
34a センター飾り体
34b 左部コーナー飾り体
34c 右部コーナー飾り体
35 盤面装飾LED
36 液晶表示装置
37 可動役物
38 始動入賞装置
38a 第1特別図柄始動口
38b 第2特別図柄始動口
38c 始動入賞口センサ
39 大入賞装置
39a 第1大入賞装置
39b 第2大入賞装置 (可変入賞手段)
39c 大入賞口センサ
39d 開閉扉 (開閉手段)
40a 演出用ゲート
40b 普通図柄用始動ゲート
40c 始動ゲート通過センサ
41 風車
42 一般入賞口
42c 一般入賞口センサ
43a 特別図柄表示装置
43b 普通図柄表示装置
44 ガイドレール
44a 外側ガイドレール
44b 内側ガイドレール
45 発射通路
46 戻り球防止片
47 アウト球回収口
48 球寄せ部
49 入賞装置
50 磁気センサ
51 電波センサ
52 振動センサ
53 球誘導部
54 確変移行判定部
55 振分部 (振分手段)
56 特定領域
56c 特定領域センサ (特定領域通過検出手段)
57 非特定領域
57c 非特定領域センサ (非特定領域通過検出手段)
1, 1 'pachinko machine 2 outer frame 3 front frame 4, 4' game board 4a game area 4b decorative board 5 front door 6 glass board 7 speaker 8 frame decoration LED
9 Front plate 10 Launch handle 10a Launcher 11 Upper storage tray 12 Lower storage tray 12a Lower storage tray full sensor 13 Left production button 14 Center production button 16 Back mechanism panel 17 Game ball storage tank 18 Tank rail 19 Game ball delivery device 20 Door Open sensor 21 External terminal board 22 Terminal board case 23 Back cover 24 Main control board (determination means, special gaming state execution means, gaming state control means)
24a Main control board case 25 Production control board (Pass notification production execution means)
25a presentation control board case 26 liquid crystal control board 26a liquid crystal control board case 27 RAM clear switch 28 power board 28a power board case 29 payout control board 29a payout control board case 30 launch control board 31 volume switch 32 abnormality notification LED
33 Stage member 34a Center decorative body 34b Left corner decorative body 34c Right corner decorative body 35 Panel decoration LED
36 Liquid crystal display device 37 Movable accessory 38 Start winning device 38a First special symbol starting port 38b Second special symbol starting port 38c Starting winning port sensor 39 Grand prize device 39a First big prize device 39b Second big prize device (variable prize) means)
39c Large prize opening sensor 39d Opening and closing door (opening and closing means)
40a Production gate 40b Normal symbol start gate 40c Start gate passage sensor 41 Windmill
42 General winning opening 42c General winning opening sensor 43a Special symbol display device 43b Normal symbol display device 44 Guide rail 44a Outer guide rail 44b Inner guide rail 45 Firing passage 46 Return ball prevention piece 47 Out ball collection port 48 Ball gathering portion 49 Winning device DESCRIPTION OF SYMBOLS 50 Magnetic sensor 51 Radio wave sensor 52 Vibration sensor 53 Sphere guidance | induction part 54 Probability change transition determination part 55 Distribution part (Distribution means)
56 specific area 56c specific area sensor (specific area passage detection means)
57 Non-specific region 57c Non-specific region sensor (Non-specific region passage detection means)

Claims (1)

  1. 遊技球の始動入賞を契機に、遊技者に有利な特別遊技状態に移行させるか否かの判定を行う判定手段と、
    遊技球が入球可能な開状態と入球が不可能又は困難な閉状態とに切替わる開閉手段と、遊技球が通過可能な特定領域と、遊技球を該特定領域に振分ける振分手段と、遊技球が該特定領域を通過したことを検出する特定領域通過検出手段とを有する可変入賞手段と、
    前記判定手段によって前記特別遊技状態に移行させると判定された場合に、該特別遊技状態のラウンド遊技を実行する特別遊技状態実行手段と、
    前記特定領域通過検出手段によって遊技球が検出された場合に、前記特別遊技状態の終了後、遊技者に有利な特定遊技状態に移行させる遊技状態制御手段と、
    所定の演出を実行する演出手段と、を備え、
    前記特別遊技状態において、前記振分手段が遊技球を前記特定領域に振分ける位置に動作する特別ラウンドが実行可能であり、
    前記演出手段は、
    前記特別ラウンド中に、遊技球が前記特定領域を通過するように遊技方法を遊技者に対して指示する指示演出と、遊技球が該特定領域を通過したことを報知する報知演出とを実行可能であり、
    前記報知演出の実行中に次のラウンド遊技が開始された場合、予め定めた実行期間は該次のラウンド遊技中にも該報知演出を実行可能であることを特徴とする弾球遊技機。
    A determination means for determining whether or not to shift to a special gaming state advantageous to the player, triggered by the start winning of the game ball,
    Opening / closing means for switching between an open state in which a game ball can enter and a closed state in which it is impossible or difficult to enter, a specific area through which the game ball can pass, and a distribution means for distributing the game balls to the specific area And variable prize winning means having specific area passage detecting means for detecting that the game ball has passed through the specific area;
    Special game state execution means for executing a round game in the special game state when it is determined by the determination means to shift to the special game state;
    A game state control means for making a transition to a specific game state advantageous to the player after the special game state is ended when a game ball is detected by the specific area passage detection means;
    Production means for executing a predetermined production ,
    In the special game state, a special round in which the distribution means operates to a position for distributing the game ball to the specific area is executable,
    The production means is
    During the special round, it is possible to execute an instruction effect for instructing the player to play the game method so that the game ball passes the specific area, and a notification effect for notifying that the game ball has passed the specific area And
    If the next round game during execution of the report knowledge presentation is started, a predetermined execution period is a pinball game machine, characterized in that it is capable of executing the 該報 knowledge effect even during the round game of this next .
JP2015005932A 2015-01-15 2015-01-15 Bullet ball machine Active JP6133337B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015005932A JP6133337B2 (en) 2015-01-15 2015-01-15 Bullet ball machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015005932A JP6133337B2 (en) 2015-01-15 2015-01-15 Bullet ball machine

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013130361A Division JP5684862B2 (en) 2013-06-21 2013-06-21 Bullet ball machine

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015062822A JP2015062822A (en) 2015-04-09
JP6133337B2 true JP6133337B2 (en) 2017-05-24

Family

ID=52831207

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015005932A Active JP6133337B2 (en) 2015-01-15 2015-01-15 Bullet ball machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6133337B2 (en)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2017018361A (en) * 2015-07-10 2017-01-26 サミー株式会社 Pachinko game machine
JP2017047192A (en) * 2016-08-10 2017-03-09 京楽産業.株式会社 Game machine
JP2017047190A (en) * 2016-08-10 2017-03-09 京楽産業.株式会社 Game machine
JP2017047191A (en) * 2016-08-10 2017-03-09 京楽産業.株式会社 Game machine
JP2017047189A (en) * 2016-08-10 2017-03-09 京楽産業.株式会社 Game machine

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5095327B2 (en) * 2007-09-14 2012-12-12 株式会社ニューギン Game machine
JP5784372B2 (en) * 2011-06-03 2015-09-24 株式会社ニューギン Game machine
JP5456011B2 (en) * 2011-12-07 2014-03-26 株式会社ソフイア Game machine
JP5684862B2 (en) * 2013-06-21 2015-03-18 株式会社藤商事 Bullet ball machine

Also Published As

Publication number Publication date
JP2015062822A (en) 2015-04-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5899266B2 (en) Game machine
JP5400191B2 (en) Game machine
JP5374438B2 (en) Game machine
JP5374280B2 (en) Game machine
JP6032927B2 (en) Game machine
JP5430706B2 (en) Game machine
JP5362667B2 (en) Game machine
JP5767799B2 (en) Game machine
JP6156790B2 (en) Game machine
JP2010069111A (en) Game machine
JP5586269B2 (en) Game machine
JP5264638B2 (en) Game machine
JP2015080523A (en) Game machine
JP2011055869A (en) Game machine
JP5406355B1 (en) Bullet ball machine
JP5525578B2 (en) Bullet ball machine
JP5406357B1 (en) Bullet ball machine
JP2008036292A (en) Game machine
JP6204745B2 (en) Game machine
JP4431585B2 (en) Game machine
JP2008289597A (en) Game machine
JP2015080524A (en) Game machine
JP5845511B2 (en) Amusement stand
JP5309336B2 (en) Game machine
JP5357648B2 (en) Game machine

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20150213

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150213

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160126

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160202

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160404

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A132

Effective date: 20160906

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20161104

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20170404

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170419

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6133337

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250