JP6061777B2 - Configuration management device and configuration management method and program - Google Patents

Configuration management device and configuration management method and program Download PDF

Info

Publication number
JP6061777B2
JP6061777B2 JP2013105293A JP2013105293A JP6061777B2 JP 6061777 B2 JP6061777 B2 JP 6061777B2 JP 2013105293 A JP2013105293 A JP 2013105293A JP 2013105293 A JP2013105293 A JP 2013105293A JP 6061777 B2 JP6061777 B2 JP 6061777B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
configuration
information
set
service providing
item
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2013105293A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2014228874A (en
Inventor
諒子 櫻井
諒子 櫻井
山田 耕一
耕一 山田
Original Assignee
三菱電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 三菱電機株式会社 filed Critical 三菱電機株式会社
Priority to JP2013105293A priority Critical patent/JP6061777B2/en
Publication of JP2014228874A publication Critical patent/JP2014228874A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6061777B2 publication Critical patent/JP6061777B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、IT(Information Technology)サービスの構成管理に関する。 The present invention relates to configuration management of IT (Information Technology) services.

ITIL(Information Technology Infrastructure Library)は、ITサービスマネジメントのベストプラクティスをまとめたフレームワークであり、ITサービスを運用するにあたってのデファクトスタンダードとなっている。 ITIL (Information Technology Infrastructure Library) is a framework that summarizes the best practices for IT service management, it has become a de facto standard in order to operate the IT service.
ITILの構成管理プロセスでは、ITサービスを構成する全ての要素が構成管理の対象であると説明している。 In ITIL configuration management process, all the elements constituting the IT service is described as a configuration managed.
構成情報は、構成アイテム(CI:Configuration Item)とCI間の関係を表わす関係情報によって表現される。 Configuration information, configuration items: is represented by the relationship information (CI Configuration Item) to represent the relationship between CI.
CIと関係情報によって表現された構成情報は、構成管理データベース(CMDB:Configuration Management Database)に格納され、管理される。 Configuration information represented by CI and relationship information, the configuration management database, stored in (CMDB Configuration Management Database), are managed.

正確な構成情報の維持管理を行うことは、構成情報を参照するITILの他のプロセス(例えば、インシデント管理プロセス等)の効率化に寄与し、ITサービスの品質向上に繋がる。 Performing the maintenance of accurate configuration information, ITIL other processes which refers to the configuration information (e.g., incident management process, etc.) contributes to the efficiency of, leading to improved quality of the IT services.
逆に、正確な構成情報の維持管理を行えなかった場合、誤った構成情報を元にITサービスを提供することになるため、ITサービスの品質は低下する。 Conversely, if no performed maintenance of accurate configuration information, since that will provide IT services based on the erroneous configuration information, the quality of the IT services is reduced.
例えば、CMDBで管理していたネットワークの構成情報が誤っていた場合、障害発生時のインシデント管理プロセスにおいて、障害箇所の特定に余計な時間がかかってしまう恐れがある。 For example, if incorrect configuration information of the network which has been managed by CMDB, the incident management process when a failure occurs, there is a possibility that it takes extra time to a specific failure point.
そのため、構成管理において、構成情報を正しく維持管理することは非常に重要である。 Therefore, in the configuration management, it is very important to correctly maintain the configuration information.

正確な構成管理を行う方法として、管理対象である実際のシステムから直接構成情報を収集してCMDBに格納するディスカバリという方法がある。 As a method of performing the exact configuration management, there is a method of discovery to be stored in CMDB collects directly configuration information from the actual system to be managed.
ディスカバリでは、ICMP(Internet Control Message Protocol)やSNMP(Simple Network Management Protocol)、WMI(Windows(登録商標) Management Instrumentation)等を使用して、管理対象のシステムを構成する機器から直接情報を収集する。 The discovery, ICMP (Internet Control Message Protocol) and SNMP (Simple Network Management Protocol), using a WMI (Windows (registered trademark) Management Instrumentation), etc., collects information directly from the device constituting the managed system.
一般的に、CMDB製品にはディスカバリ機能が付属しており、正確な構成情報の維持管理を容易に出来るように工夫されている。 In general, the CMDB product comes with discovery function, it is devised to allow the maintenance of accurate configuration information easily.
しかし、ディスカバリの実行によって詳細な構成情報を収集するためには、機器の管理者権限のユーザID、パスワードが必要であるという制約がある。 However, in order to gather detailed configuration information by the execution of the discovery, the user ID of the administrator of the device, there is a restriction that the password is required.
自社システムの構成管理を行う情報システム部門等においては、この制約はそれほど問題にならないかもしれない。 In the information systems department for performing the configuration management of their systems, this constraint might not be much of a problem.
しかし、自社システムだけでなく顧客システムの構成情報の管理を行うITサービスプロバイダ等にとっては大きなハードルとなる。 However, a major hurdle for the IT service providers, such as for managing just not the configuration information of the customer system-house system.
多くの場合、顧客システムの管理者権限は入手することが出来ず、ディスカバリ機能を使用することが出来ない。 In many cases, the administrative authority of the customer system can not be obtained, it is not possible to use the discovery function.

ディスカバリ機能を使用せずに構成管理を行う場合は、例えば、スプレッドシートに管理したい構成情報をCIと関係情報という形式で書き並べ、それをCMDBが提供するAPI(Application Programming Interface)等を利用してCMDBへ登録する。 When performing configuration management without using a discovery function, for example, arranged to write configuration information to be managed in spreadsheet format CI relationship information, it uses an API (Application Programming Interface) or the like CMDB provides to register to CMDB Te.
このような人手による構成情報の管理では、構成情報、特に関係情報の登録誤りや登録漏れが発生しやすくなる。 The management of the configuration information by such manual, configuration information, in particular the registration errors or unregistered relationship information is likely to occur.

従来技術では、予め定義しておいた制約条件を元に、制約条件に該当しない関係情報の定義漏れ候補を抽出するという方法が提案されている(例えば、特許文献1)。 In the prior art, based on the constraint condition that has been defined in advance, a method of extracting a defined leakage candidate on the related information which does not correspond to the constraint it has been proposed (e.g., Patent Document 1).
また、構成管理されている構成情報を元に、制約条件を自動生成する従来技術も提案されている(例えば、特許文献2)。 Further, based on the configuration information that is configuration management, the prior art for automatically generating constraint conditions has been proposed (e.g., Patent Document 2).

特開2011−138406号公報 JP 2011-138406 JP 特開2012−198642号公報 JP 2012-198642 JP

ITサービスプロバイダが構成管理を行う場合、従来技術をそのまま適用して複数のサービスに対して制約条件を一意に決定してしまうと、構成情報の誤り候補を抽出する精度が低下してしまうという課題があった。 Problem if, when applying the prior art as it results in uniquely determine the constraints for a plurality of services, the accuracy of extracting an error candidate configuration information is reduced to IT service provider performs configuration management was there.
理由としては2つある。 2 There is a reason.
1つめの理由は、ITサービスプロバイダでは、構成の特徴が異なるサービスを数多く提供していることである。 The first reason is the IT service provider, is that the characteristics of the structure are provided a number of different services.
例えば、ホスティングサービスでは、ITサービスプロバイダの拠点に、ITサービスプロバイダが用意した機器を設置して、顧客に提供する。 For example, in a hosting service, the base of the IT service provider, installed the equipment that IT service provider was prepared to provide to the customer.
そのため、ホスティングサービスを提供するための構成は、自由度の低い決まりきった構成となる特徴がある。 Therefore, structure for providing a hosting service is characterized as a configuration routine low degree of freedom.
一方、ハウジングサービスでは、ITサービスプロバイダの拠点に、顧客が用意した機器を持ち込んでシステムを構築する。 On the other hand, the housing service, to the base of the IT service provider, to build a system brought the equipment that the customer has provided.
そのため、ハウジングサービスの構成は、顧客毎に構成が全く異なる自由度の高い構成となる特徴がある。 Therefore, construction of housing services, is characterized that the configuration for each customer is completely different highly flexible structure.
2つめの理由は、サービスの提供形態によって、ITサービスを提供する自社システムの構成情報だけでなく、ITサービスを利用する顧客システムの構成情報も管理しなければならないことである。 The second reason is that the form of providing the service, as well as configuration information of their systems for providing IT services, that it must be managed configuration information of the customer system to use IT services.
例えば、ITサービスプロバイダがSaaS(Software as a Service)型サービスを提供する場合、ITサービスプロバイダは、ハードウェア、ノード、ソフトウェア等を全て設計し、これらの設計情報を構成情報の一部として管理する。 For example, if the IT service provider to provide a SaaS (Software as a Service) services, IT service providers, hardware, node, all designed software, etc., to manage these design information as part of the configuration information .
一方、IaaS(Infrastructure as a Service)型サービスを提供する場合、ITサービスプロバイダは、ハードウェア、物理ノード(ホストOS)までを提供し、サービスを利用する顧客が自由に仮想ノード(ゲストOS)を作成したり、ソフトウェアをインストールしたりする。 On the other hand, if you want to provide IaaS (Infrastructure as a Service) type service, IT service providers, hardware, and provide up to a physical node (host OS), the customer is free to the virtual node to use the service (guest OS) or create, or install the software.
ITサービスプロバイダは、顧客が自由に作成した仮想ノード等の構成情報を管理する必要はない。 IT service provider, the customer does not need to manage the configuration information, such as the virtual node that was created freely.
しかし、例えば、仮想ノードの運用監視を行う等の契約により、顧客の構成情報を自社の構成情報と合わせて管理する必要が出てくる場合も多々ある。 However, for example, by contract, such as performing the operation monitoring of the virtual node, there are many cases in which the need to manage in accordance with the configuration information of the customers and their configuration information comes out.

以上の理由により、ITサービスプロバイダでは、異なる構成の特徴や顧客システムの情報が入り混じった構成情報を管理する必要があるため、複数のサービスに対して制約条件を一意に決定してしまうと、制約条件による構成情報の誤り候補の抽出精度が低下する。 For the above reasons, the IT service provider, it is necessary to manage the configuration information mingled features and information of the customer systems of different configurations and thus uniquely determined constraints for a plurality of services, extraction accuracy of the error candidate configuration information by the constraint decreases.

以上の課題を考慮した方法として、サービス毎に制約条件を作成するという方法が考えられる。 As a method that takes into account the above-mentioned problems, a method is considered that to create a constraint for each service.
この場合、各サービスの構成の特徴を考慮しながら制約条件を定義出来るようになるため、上記の課題は解決される。 In this case, since to define a constraint while considering the characteristics of the configuration of each service, the above problem is solved.
しかし、構成の特徴を考慮しながら、全てのサービスに対する制約条件をひとつひとつ手動で定義する必要があり、制約条件の定義漏れが発生しやすくなる。 However, taking into account the features of construction, it is necessary to define the constraints for all services in every single manually defined leakage constraint is likely to occur.
例えば、SaaS型サービスの場合、SaaS型サービスの担当者は提供しているソフトウェアに関係する構成情報は常に意識しているため制約条件を正しく定義することが出来る。 For example, in the case of a SaaS-based service, the person in charge of SaaS-based service can be properly define the constraints for the configuration information related to the software that provides is always conscious.
しかし、ソフトウェアがインストールされているノードやハードウェア等のソフトウェアよりも下位の構成については普段あまり意識しておらず、定義漏れが発生しやすくなる。 However, software is not so much consciousness usually for lower configuration than the software, such as node and hardware that is installed, defined leakage is likely to occur.

この発明は上記のような課題を解決することを主な目的としており、ITサービスの構成を解析する際に参照される参照値である制約条件の定義漏れを防止することを主な目的とする。 The invention primarily aims to prevent the definition leakage problems are the primary purpose of solving the constraint condition is a reference value to be referenced when analyzing the configuration of IT services as described above .

本発明に係る構成管理装置は、 Configuration management apparatus according to the present invention,
IT(Information Technology)サービスの構成の雛型である構成管理モデルに従ってITサービスの構成が定義されている構成管理情報を用いてITサービスの構成を解析する際に参照される参照値を構成管理モデルに含まれる構成アイテムの組の単位で設定する参照値設定処理が行われる構成管理装置であって、 IT (Information Technology) services referenced constituting the reference value management model in construction of IT services in accordance with configuration management model is template by using the configuration management information defined to analyze the structure of the IT services of the configuration of the a configuration management system reference value setting process of setting a set of units of the configuration item is made to be contained in,
ITサービスの提供形態であるサービス提供形態ごとに、対応する構成管理モデルが、ITサービスの構成要素の類型である複数の構成アイテムの組により定義される構成管理モデル情報を記憶する構成管理モデル情報記憶部と、 Service each providing form a form of providing IT services, configuration management model corresponding is, configuration management model information storing configuration management model information defined by a set of a plurality of configuration items are types of the components of the IT services a storage unit,
ITサービスの種類ごとに、対応するサービス提供形態が定義され、サービス提供形態ごとに、対応する構成管理モデル情報に含まれている構成アイテムのうち、参照値の設定の対象となる構成アイテムが設定対象構成アイテムとして定義されるサービス提供形態情報を記憶するサービス提供形態情報記憶部と、 For each type of IT services, the corresponding service providing form is defined, for each service providing form, among the constituent items in the corresponding configuration management model information, configuration items to be reference value setting setting and the service providing form information storage unit that stores a service providing form information defined as a target configuration item,
前記参照値設定処理が行われる際に、前記サービス提供形態情報の定義に基づき、ITサービスの種類ごとに、対応するサービス提供形態を特定するとともに、特定したサービス提供形態の設定対象構成アイテムを前記サービス提供形態情報から抽出し、抽出した設定対象構成アイテムと組になっている構成アイテムを前記構成管理モデル情報から関係構成アイテムとして抽出する構成アイテム抽出部と、 When the reference value setting process is performed, based on the definition of the service providing form information, for each type of IT services, corresponding with specifying the service providing form, wherein the setting target configuration item of the specified service providing form extracted from the service providing form information, and configuration item extracting unit extracted configuration item that is a setting target configuration item and the set is extracted as related configuration items from the configuration management model information,
ITサービスの種類ごとに、前記構成アイテム抽出部により抽出された設定対象構成アイテムと関係構成アイテムとの組が参照値を設定する構成アイテムの組であることを、前記構成管理装置の利用者に提示する設定対象組提示部とを有することを特徴とする。 For each type of IT services, the set of the setting target configuration items and relationships configuration items extracted by the configuration item extracting unit is a set of configuration items to set a reference value, the user of the configuration management system and having a setting target set presenting unit presenting.

本発明によれば、ITサービスの種類ごとに、参照値を設定する構成アイテムの組を利用者に提示することができるので、利用者は定義すべき参照値を把握することができ、参照値の定義漏れを防止することができる。 According to the present invention, for each type of IT services, since the set of configuration items to set a reference value can be presented to the user, the user can grasp the reference value to be defined, the reference value it is possible to prevent the definition leakage.

実施の形態1に係るシステム構成例を示す図。 It shows a system configuration example according to the first embodiment. 実施の形態1に係るサービス提供形態情報の例を示す図。 It shows an example of a service providing form information according to the first embodiment. 実施の形態1に係るサービス提供形態情報の例を示す図。 It shows an example of a service providing form information according to the first embodiment. 実施の形態1に係る構成管理モデルの例を示す図。 It shows an example of a configuration management model according to the first embodiment. 実施の形態1に係る構成管理モデル情報の例を示す図。 It shows an example of a configuration management model information according to the first embodiment. 実施の形態1に係る制約条件情報の例を示す図。 It shows an example of a constraint information according to the first embodiment. 実施の形態1に係る構成管理装置の新規サービス追加時の動作例を示す図。 Shows an example of the operation when a new service additional configuration management apparatus according to the first embodiment. 実施の形態1に係る構成管理装置の制約条件入力時の動作例を示す図。 It shows an example of the operation when the constraint condition input of the configuration management apparatus according to the first embodiment. 実施の形態1に係る構成管理装置の構成情報更新時の動作例を示す図。 Shows an example of the operation when configuration information update of the configuration management apparatus according to the first embodiment. 実施の形態1に係る制約条件項目生成部の動作例を示すフローチャート図。 Flowchart showing an operation example of the constraint condition item generation unit according to the first embodiment. 実施の形態1に係る制約条件項目生成部の動作例を示すフローチャート図。 Flowchart showing an operation example of the constraint condition item generation unit according to the first embodiment. 実施の形態1に係るCMDBへ登録または更新する構成情報を記入するスプレッドシートの例を示す図。 It shows an example of a spreadsheet to fill the configuration information to be registered or updated into the CMDB according to the first embodiment. 実施の形態1に係るCMDBへ登録または更新する構成情報を記入するスプレッドシートの例を示す図。 It shows an example of a spreadsheet to fill the configuration information to be registered or updated into the CMDB according to the first embodiment. 実施の形態1に係る制約条件確認部の動作例を示すフローチャート図。 Flowchart showing an operation example of the constraint condition confirmation unit according to the first embodiment. 実施の形態1に係る制約条件確認部の動作例を示すフローチャート図。 Flowchart showing an operation example of the constraint condition confirmation unit according to the first embodiment. 実施の形態1に係る制約条件確認部の動作例を示すフローチャート図。 Flowchart showing an operation example of the constraint condition confirmation unit according to the first embodiment. 実施の形態1に係る顧客毎の制約条件生成手順を示すフローチャート図。 Flow chart illustrating a constraint condition generating procedure for each customer according to the first embodiment. 実施の形態1に係る構成管理装置のハードウェア構成例を示す図。 It illustrates a hardware configuration example of a configuration management system according to the first embodiment.

実施の形態1. The first embodiment.
本実施の形態では、人手によって構成情報を管理する際に、構成情報の誤り候補を抽出するための制約条件を漏れなく定義することを可能にする構成管理装置を説明する。 In this embodiment, when managing the configuration information manually, the configuration management system makes it possible to define without omission constraints for extracting an error candidate configuration information.
より具体的には、本実施の形態では、サービス提供形態毎に制約条件を適用する構成情報の範囲を定義したサービス提供形態情報と、CMDBで構成管理している構成管理モデルの情報を元に、構成管理装置がITサービス毎に制約条件項目を自動生成する。 More specifically, in this embodiment, based on the service providing form information defining the range of the configuration information that applies constraints for each service providing form, the information of the configuration management models that configuration management with CMDB , to automatically generate a constraint condition item configuration management devices for each iT service.

制約条件は、ITサービスの構成を解析して構成情報の誤り候補を抽出する際に参照される参照値である。 Constraint is a reference value that is referred to when extracting an error candidate configuration information by analyzing the structure of the IT services.
また、制約条件項目は、制約条件を設定する構成アイテム(CI)の組である。 Also, constraint condition item is a set of configuration items for setting a constraint condition (CI).
構成アイテム(CI)は、ITサービスの構成要素の類型である。 Configuration item (CI) is a type of component of IT services.
例えば、あるITサービスに、構成アイテムとして、「サービス」、「システム」、「ハードウェア」、「物理ノード」、「仮想ノード」、「ソフトウェア」が含まれている場合に、構成管理装置は、例えば、制約条件項目として、「ハードウェア」と「物理ノード」との組、「物理ノード」と「仮想ノード」の組、「仮想ノード」と「ソフトウェア」の組を抽出する。 For example, in some IT services, as configuration items, "Service", "System", "Hardware", "physical node" if it contains "virtual node", "software", the configuration management system, for example, as a constraint condition item is extracted as a "hardware" set of the "physical node", the set of the "physical node," "virtual node", the "virtual node" a set of "software".

このように、本実施の形態によれば、ITサービス毎に定義すべき制約条件項目を漏れなく生成することが可能となる。 Thus, according to this embodiment, it is possible to produce without fail the constraint condition items to be defined for each IT service.
制約条件を設定する担当者は、構成管理装置により生成された制約条件項目に合わせて制約条件の値を設定すればよいため、制約条件を漏れなく定義することが可能となる。 Person to set constraints, since it is sufficient to set the value of combined constraints in the constraint item generated by the configuration management system, it is possible to define without omission constraints.
前出の例では、担当者は、構成管理装置により提示された「ハードウェア」と「物理ノード」との組、「物理ノード」と「仮想ノード」の組、「仮想ノード」と「ソフトウェア」の組の各々に対して、制約条件を定義することができる。 In the previous example, the person in charge, the set of which is presented by the configuration management apparatus as "hardware" and "physical node", "physical node" a set of "virtual node", a "virtual node", "software" for each set of can define constraints.
サービス毎に制約条件を定義するため、全ての構成情報に対して一意に定義された制約条件と比較して、精度のよい制約条件を定義することが可能となる。 To define the constraints for each service, as compared with the uniquely defined constraints for all of the configuration information, it is possible to define a good constraint accurate.
定義された制約条件を元に、構成情報の誤り候補を抽出、結果の提示をすることにより、正確な構成情報の維持管理が促進される。 Based on the defined constraints, extracts an error candidate configuration information by the presentation of results, maintenance of accurate configuration information is promoted.
つまり、ITサービスの品質向上にも繋がる。 In other words, even lead to improving the quality of IT service.

図1は、実施の形態1に係るシステム構成例を示す。 Figure 1 illustrates an exemplary system configuration according to the first embodiment.
実施の形態1に係るシステムは、クライアント装置10と、構成管理装置20とから構成される。 System according to the first embodiment includes a client device 10, and a configuration management apparatus 20.

クライアント装置10は、構成管理を行う担当者(構成管理担当者)が使用する端末装置である。 The client device 10 is a terminal device in charge who performs the configuration management (configuration management personnel) is used.
構成管理担当者は、クライアント装置10を使用して、構成管理装置20を利用する。 Configuration management personnel, using the client device 10, to use the configuration management apparatus 20.

構成管理装置20は、構成情報の管理を行う構成管理システムである。 Configuration management apparatus 20 is a configuration management system for managing configuration information.
構成管理装置20は、構成情報の記憶や、記憶している構成情報の参照、更新等の構成情報の管理を行うシステムである。 Configuration manager 20 stores and configuration information, see the configuration information stored is a system for managing configuration information of the update or the like.
また、構成管理担当者が構成管理装置20に対して、構成情報の更新を行った場合、制約条件を元にした構成情報の誤り候補の抽出と、その結果の表示も行う。 Also performs the configuration management personnel configuration management unit 20, when performing the updating of the configuration information, the extraction of the error candidate configuration information based on the constraints, a display of the results.
構成管理装置20は、情報処理装置201と情報記憶装置202から構成される。 Configuration management apparatus 20 is composed of the information processing apparatus 201 and the information storage device 202.

情報処理装置201は、クライアント装置10からの入力に従い、構成情報の情報記憶装置202への格納、情報記憶装置202からの構成情報の取得、構成情報の誤り候補の抽出等の処理を行う。 The information processing apparatus 201 in accordance with an input from the client device 10, stored in the information storage device 202 of configuration information, obtaining the configuration information from the information storage device 202, a processing such as extraction of an error candidate configuration information carried.
また、情報処理装置201は、処理の結果をクライアント装置10へ表示する。 The information processing apparatus 201 displays the results of the processing to the client device 10.
情報処理装置201の構成の詳細は後述する。 Details of the configuration of the information processing apparatus 201 will be described later.

情報記憶装置202は、クライアント装置10から入力された構成情報や、構成情報の誤り候補の抽出に使用する制約条件等の情報を記憶する装置である。 Information storage device 202 is a device for storing and configuration information inputted from the client device 10, information such as constraint conditions used in the extraction of the error candidate configuration information.
情報記憶装置202は、CMDB2021、制約条件DB2022から構成される。 Information storage device 202, CMDB2021, consists constraints DB 2022.

CMDB2021は、構成情報を格納する構成管理データベースである。 CMDB2021 is a configuration management database to store configuration information.
構成情報をCIとCI間の関係を表わす関係情報によって表現し、管理を行う。 The configuration information represented by the relationship information indicating the relationship between the CI and CI, manages.
制約条件DB2022は、構成管理担当者が入力した構成情報に対して誤り候補を抽出するための制約条件を格納するデータベースである。 Constraints DB2022 is a database that stores a constraint condition for extracting an error candidate to the configuration information configuration management person has entered.
制約条件DB2022は、サービス提供形態情報20221、構成管理モデル情報20222、制約条件情報20223から構成される。 Constraints DB2022, the service providing form information 20221, the configuration management model information 20222, and a constraint information 20223.
これらの情報の詳細は後述する。 The details of these information will be described later.
制約条件DB2022は、サービス提供形態情報記憶部及び構成管理モデル情報記憶部の例に相当する。 Constraints DB2022 is equivalent to an example of the service providing form information storage unit and the configuration management model information storage unit.

次に、情報処理装置201の構成について説明する。 Next, the configuration of the information processing apparatus 201.
情報処理装置201は、画面表示部2011、構成情報取得部2012、構成情報更新部2013、制約条件項目生成部2014、制約条件更新部2015、制約条件確認部2016から構成される。 The information processing apparatus 201, the screen display section 2011, configuration information acquisition unit 2012, the configuration information updating section 2013, the constraint item generation unit 2014, the constraint condition updating unit 2015, and a constraint checking unit 2016.

画面表示部2011は、構成管理担当者が構成管理装置20を利用する際に、クライアント装置10へ表示する画面を生成する。 Screen display unit 2011, when the configuration management personnel to use the configuration management apparatus 20, generates a screen to be displayed on the client device 10.
構成管理担当者はクライアント装置10から、画面表示部2011が表示する画面を利用して、構成管理装置20を使用する。 Configuration management personnel from the client device 10, using a screen to screen display unit 2011 displays, the use of configuration management apparatus 20.
また、画面表示部2011は、制約条件項目生成部2014が生成した制約条件項目(制約条件を設定するCIの組)を表示する画面を生成し、構成管理担当者に制約条件項目を提示する。 In addition, the screen display unit 2011, generates a screen that displays the constraints item constraints items generation unit 2014 has generated (set of CI to set the constraints), and presents a constraint condition items in the configuration management personnel.
画面表示部2011は、設定対象組提示部の例に相当する。 Screen display unit 2011, which corresponds to the example of setting the target set presentation section.

構成情報取得部2012は、指定された検索キーを元に、CMDB2021より構成情報を検索し、取得する。 The configuration information acquisition unit 2012, based on the specified search key, searches the configuration information from CMDB2021, obtains.
CMDB製品が提供するCMDBから構成情報を取得するAPI等をこの機能として使用することも可能である。 It is also possible to use an API or the like to obtain the configuration information from the CMDB CMDB product is provided as this function.

構成情報更新部2013は、CMDB2021に格納された構成情報を、構成管理担当者が入力した構成情報によって更新する。 Configuration information update unit 2013, the configuration information stored in CMDB2021, update the configuration information configuration management person has entered.
CMDB製品が提供するCMDBから構成情報を取得するAPI等をこの機能として使用することも可能である。 It is also possible to use an API or the like to obtain the configuration information from the CMDB CMDB product is provided as this function.

制約条件項目生成部2014は、サービス提供形態情報20221、構成管理モデル情報20222を読み出し、サービス提供形態情報20221、構成管理モデル情報20222を元に、ITサービス毎の制約条件項目を生成し、制約条件情報20223として保存する。 Constraint item generation unit 2014, the service providing form information 20221 reads the configuration management model information 20222, the service providing form information 20221, based on the configuration management model information 20222, generates a constraint condition items for each IT service constraints to save as information 20223.
制約条件項目生成部2014は、構成アイテム抽出部の例に相当する。 Constraint item generation unit 2014 corresponds to an example of a configuration item extraction section.

制約条件更新部2015は、制約条件項目生成部2014により生成された制約条件項目に対して、構成管理担当者がクライアント装置10を通して入力した制約条件の値を、制約条件情報20223に格納する。 Constraint condition update unit 2015, for the constraint condition item generated by the constraint condition item generation unit 2014, the value of constraints configuration management person has entered through the client device 10, and stores the constraint information 20223.

制約条件確認部2016は、制約条件項目生成部2014と制約条件更新部2015によって作成された制約条件情報20223を元に、構成管理担当者が更新する構成情報に対して誤り候補を抽出する。 Constraint checking unit 2016, based on the constraint condition information 20223 that has been created and the constraints item generation unit 2014 by the constraint condition updating unit 2015, extracts the error candidates to the configuration information configuration management personnel to update.
制約条件確認部2016は、構成解析部の例に相当する。 Constraint checking unit 2016 is equivalent to the example of the configuration analysis unit.

次に、サービス提供形態情報20221、構成管理モデル情報20222、制約条件情報20223の詳細について説明する。 Then, the service providing form information 20221, the configuration management model information 20222, details of the constraint information 20223 will be described.

サービス提供形態情報20221は、図2及び図3に示すデータ構造を持っている。 Service providing form information 20221 has the data structure shown in FIGS.
構成管理モデル情報20222は、図4及び図5に示すデータ構造を持っている。 Configuration management model information 20222 has the data structure shown in FIGS.
制約条件情報20223は、図6に示すデータ構造を持っている。 Constraint information 20223 has the data structure shown in FIG.
図2〜図6において、「(ア)項目の説明」は、各データの項目名および各項目の内容を説明しており、「(イ)データの例」は、実際のデータの内容例を示している。 In FIGS. 2-6, "(A) Description of Item" is the item names and the contents of each item of each data is explained, "(a) Examples of data", a content example of the actual data shows.

図2及び図3に示すように、サービス提供形態情報20221は、ITサービスプロバイダが提供するITサービスのサービス名とその提供形態に関する情報である。 As shown in FIGS. 2 and 3, the service providing form information 20221 is information concerning the service name and its form of providing IT services IT service provider.
サービス提供形態情報は、「(1)サービス名とサービス提供形態の対応」(図2)、「(2)サービス提供形態毎の制約条件適用範囲」(図3)の2種類の情報から構成される。 Service providing form information is composed of two types of information of "(1) corresponding to the service name and the service providing form" (Fig. 2), "(2) constraints scope of each service providing form" (Fig. 3) that.

図2に示す「(1)サービス名とサービス提供形態の対応」は、ITサービスプロバイダが顧客に提供しているITサービスの名称と、そのITサービスの提供形態の対応を示した情報である。 2 "(1) corresponding to the service name and the service providing form" is information IT service provider shown and name of the IT services provided to customers, the corresponding form of providing the IT services.
(ア)に項目名を示す。 It shows the item name in (A).
項目は、サービス名、サービス提供形態から構成される。 Item, service name, and a service providing form.
サービス名は、ITサービスプロバイダが提供するITサービスの名称、サービス提供形態はITサービスプロバイダが提供するITサービスの提供形態の名称である。 Service name, the name of the IT services IT service provider to provide the service providing form is the name of the form of providing IT services IT service provider.
(イ)にデータ例を示す。 Illustrating a data example in (b).
メールサービス(クラウド型)が、顧客にソフトウェアをサービスとして提供するサービスである場合、メールサービス(クラウド型)には、サービス提供形態としてSaaS型サービスが定義される。 Mail Services (cloud) is, if a service that provides customers with software as a service, email service (cloud), SaaS-type service is defined as a service providing form.
また、ホスティングサービスが顧客にサーバを提供するサービスである場合、ホスティングサービスには、サービス提供形態としてIaaS型サービスが定義される。 Also, if the hosting service is a service that provides the server to the customer, the hosting service, IaaS service is defined as a service providing form.
データ例では、サービス提供形態として、SaaS型サービス、PaaS(Platform as a Service)型サービス、IaaS型サービス、ハウジングサービスのいずれかを定義しているが、これ以外の提供形態を定義してもよい。 The data example, as a service providing form, SaaS-type service, PaaS (Platform as a Service) services, IaaS services, but defines one of the housing services may be defined other than this presentation form .
例えば、「IaaS型サービス+運用監視サービス」のようにサービスの提供形態を表わす名称を自由に付けてよい。 For example, it may attach free name that represents the form of providing services such as "IaaS service + operation monitoring service."
本実施の形態においては、サービス提供形態は、あくまで提供形態のパターン名として利用するため、サービスの提供形態に合わせた独自の名前で定義して問題ない。 In this embodiment, the service providing form, in order to only use as a pattern name presentation form, there is no problem to define a unique name to match the form of providing the service.

図3に示す「(2)サービス提供形態毎の制約条件適用範囲」は、構成情報の更新時において、制約条件による誤り候補の抽出を行う範囲を、サービス提供形態毎に定義した情報である。 3 "(2) constraints scope of each service providing form", during updating of the configuration information, the range for extracting the error candidate by constraints is information defining for each service providing form.
顧客が自由に構成を決定した範囲については、その構成情報をITサービスプロバイダが管理していたとしても、制約条件による抽出の範囲外とし、ITサービスプロバイダが設計した範囲に対してのみチェックを実施出来るようにするための定義である。 To the extent that the customer decides to free configuration, the configuration information as an IT service provider manages, and out of the range of extraction with constraints, implementing check only for the range designed IT service provider it is a definition to be so.
顧客範囲に対しても制約条件による誤り抽出を行いたい場合には、そのように範囲を設定してもよい。 If you want to make a mistake extraction by also constraints to the customer range, it may be set so range.
(ア)に項目名を示す。 It shows the item name in (A).
項目は、サービス提供形態、1つ以上のCI型名から構成される。 Item, the service providing form, composed of one or more CI type name.
サービス提供形態は、図2の(1)のサービス提供形態と同じである。 Service providing form is the same as the service providing form of FIG. 2 (1).
CI型名は、CMDB2021にて管理しているCIの型名であり、例えば、ノード、ハードウェア等である。 CI type name is the type name of CI being managed by CMDB2021, for example, a node, a hardware or the like.
ここで項目名とするCI型名は、制約条件による誤り候補抽出の対象としたいCIの型名であるため、CI型名は1つ以上、構成管理しているCI型数以下となる。 CI type name to where the item name, since by the constraint condition which is a type name of CI to be subjected to error candidate extractor, CI type name one or more, equal to or less than the CI-type number that is configuration management.
例えば、誤り候補抽出の対象としたいCI型名が10個の場合、CI型名の項目数は10となる。 For example, CI type name to be subjected to error candidate extraction case 10, the number of items CI type name is 10.
(イ)にデータ例を示す。 Illustrating a data example in (b).
ここでは、CI型名として、ハードウェア、物理ノード、仮想ノード、ソフトウェアの4つを誤り候補抽出の対象としている。 Here, as CI type name, and subject to error candidate extraction hardware, physical node, virtual node, four software.
制約条件適用範囲は、「◎」、「○」、「×」の3パターンで表わしている。 Constraints coverage, "◎", "○", is represented by three patterns of "×".
「◎」はITサービスプロバイダにて設計したCIであり、かつ、他CIへの関係情報(関係情報の数)も一意に決まっているCIである。 "◎" is the CI was designed by the IT service provider, and, (the number of related information) related information to other CI is also a CI that are uniquely determined.
「○」はITサービスプロバイダが設計したCIであり、他CIへの関係情報が一意に決まっていないが、関係情報の傾向が決まっているCIである。 "○" is a CI to IT service provider has designed, but the relationship information to other CI is not uniquely determined, is a CI that has been decided trend of related information.
「×」はサービスを利用する顧客が独自に設計を行ったCIであり、他CIへの関係情報への傾向が全く決まっていないCIである。 "×" is a CI that the customer has made a uniquely designed to use the service, is a CI that trend to relevant information to other CI is not completely fixed.
「◎」及び「○」が記述されているCIは、制約条件項目の対象となるCIであり、設定対象構成アイテムの例に相当する。 "◎" and CI that "○" is described is a CI to be constraint item, corresponding to the example of setting target configuration item.

例えば、SaaS型サービスにおいて、提供するソフトウェアの関係情報については一意に決まっているが、仮想ノード、物理ノード、ハードウェアは設計しているものの一意には決まっていない場合、(イ)のデータ例に示すように、ハードウェアは「○」、物理ノードは「○」、仮想ノードは「○」、ソフトウェアは「◎」となる。 For example, the SaaS-type service, if it is uniquely determined for the relationship information of the software supplied, virtual nodes, physical node hardware has not been decided uniquely in those designs, data example of (b) as shown, the hardware is "○", the physical node is "○", the virtual node is "○", the software is "◎".
PaaS型サービスにおいては、ハードウェア、物理ノードは一意に決まっているが、仮想ノードは一意には決まっておらず、ソフトウェアについては、サービスを利用する顧客が独自に設計していた場合、ハードウェアは「◎」、物理ノードは「◎」、仮想ノードは「○」、ソフトウェアは「×」となる。 In the PaaS type services, case hardware, physical node but are uniquely determined, the virtual node is not determined in the unique, for the software, the customer to use the service had its own design, hardware is "◎", physical node "◎", the virtual node is "○", the software is "×".
IaaS型サービスにおいては、ハードウェアは一意に決まっているが、物理ノードは一意には決まっておらず、仮想ノードとソフトウェアについては、サービスを利用する顧客が独自に設計していた場合、ハードウェアは「◎」、物理ノードは「○」、仮想ノードは「×」、ソフトウェアは「×」となる。 In the IaaS type service, when the hardware is being uniquely determined, physical node has not been decided in unique, for the virtual node and the software, the customer to use the service had its own design, hardware is "◎", physical node is "○", the virtual node is "×", the software is "×".
なお、これらはあくまで例であり、全てのSaaS型サービス、PaaS型サービス、IaaS型サービスがこのような適用範囲になるという意味ではない。 Note that these are only examples, all SaaS-type service, PaaS services, IaaS service is not the sense of becoming such a scope.
「◎」、「○」、「×」はこの3種類に限らず、適用範囲を判断出来る情報であれば他の書き方でもよい。 "◎", "○", "×" is not limited to these three types, the scope may be another way of writing if the decision can be information.
また、3パターン以上あってもよい。 There may also be three or more patterns.

図4は、CMDB2021で管理している構成情報の構成管理モデルの例である。 Figure 4 shows an example of the configuration management model of the information managed by CMDB2021.
楕円がCI型名、矢印が関係情報を表わしており、矢印の元がソースCI、矢印の先がターゲットCIとなる。 Ellipse CI type name, arrows represent the relationship information, based on the source CI arrow, the tip of the arrow a target CI.
ソースCIとターゲットCIの関係は、1対N(0以上)である。 Relationship source CI and target CI is a one-to-N (0 or more).

図4の例を説明する。 The example of FIG. 4 will be described.
図4の(1)より、ITサービスプロバイダが提供するサービス下にそのサービスを構成する複数のシステムが存在する。 From (1) in FIG. 4, a plurality of systems constituting the service to the service under the IT service provider provides is present.
図4の(2)より、システム下には複数の物理ノードと仮想ノードが存在する。 From (2) in FIG. 4, the system's there are multiple physical nodes and virtual nodes.
図4の(3)より、物理ノードの上には複数の仮想ノードが存在する。 From (3) in FIG. 4, on the physical node there are a plurality of virtual nodes.
図4の(4)より、仮想ノードの上には複数のソフトウェアが存在する。 In Figure 4 from (4), a plurality of software is present on the virtual node.
図4の(5)より、ハードウェアの上には複数の物理ノードが存在する。 From (5) in FIG. 4, a plurality of physical nodes are present on the hardware.
構成管理モデル情報20222の説明においては、構成管理モデルの例として図4を用いる。 In the description of the configuration management model information 20222, using FIG. 4 as an example of the configuration management model.

図5は、構成管理モデル情報20222の例である。 Figure 5 shows an example of the configuration management model information 20222.
(ア)に項目名を示す。 It shows the item name in (A).
項目は、ソースCI、ターゲットCIから構成される。 Item, source CI, composed of the target CI.
(イ)にデータ例を示す。 Illustrating a data example in (b).
データ例は、図4に示した構成管理モデルを表形式で表わしたものである。 Data example, the configuration management model shown in FIG. 4 is a representation in a tabular format.
図4の(1)が、図5(イ)のサービス(ソースCI)−システム(ターゲットCI)に対応する。 In FIG. 4 (1), service (source CI) of FIG. 5 (a) - corresponding to the system (target CI).
同様に、図4の(2)がシステム−物理ノード、システム−仮想ノード、図4の(3)が物理ノード−仮想ノード、図4の(4)が仮想ノード−ソフトウェア、図4の(5)がハードウェア−物理ノードと対応する。 Similarly, in FIG. 4 (2) System - physical node, the system - virtual node, (3) the physical node of FIG - virtual node, in FIG. 4 (4) virtual node - software, in FIG. 4 (5 ) hardware - and corresponding physical node.

図6は、制約条件情報20223の例である。 Figure 6 is an example of the constraint information 20223.
制約条件は、構成管理担当者が更新しようとしている構成情報の誤り候補を抽出するために使用される制約条件である。 Constraint is a constraint that is used to extract an error candidate configuration information configuration management personnel are trying to update.
(ア)に項目名を示す。 It shows the item name in (A).
項目は、サービス名、ソースCI、ターゲットCI、関係の最小値、関係の最大値、関係の規定値である。 Item, service name, source CI, target CI, the minimum value of the relationship, the maximum value of the relationship, is a specified value of the relationship.
サービス名、ソースCI、ターゲットCIは前述した通りである。 Service name, source CI, target CI is as described above.
関係の最小値は、1つのソースCIに対して関係するターゲットCIの最小の数、関係の最大値は1つのソースCIに対して関係するターゲットCIの最大数、関係の規定値は1つのソースCIに対して関係するターゲットCIの一意に決まった数である。 The minimum value of the relationship, the minimum number of target CI related with respect to one source CI, the maximum number, the one source specified value relationship target CI is the maximum value of the relationship relating to one source CI is a number which was decided on a unique target CI related to the CI.
(イ)にデータ例を示す。 Illustrating a data example in (b).
例えば、メールサービス(クラウド型)において、仮想ノードが3個、3個、5個、8個作成されている物理ノードがあったとする。 For example, the mail service (cloud), three virtual nodes, 3, 5, it is assumed that there is a physical node being created eight.
この場合、物理ノード(ソースCI)と仮想ノード(ターゲットCI)の関係の最小値は3、関係の最大値は8となり、関係の数は一意に決まっていないため「−」とする。 In this case, the minimum value of the relationship between physical nodes (source CI) and the virtual node (the target CI) is 3, the maximum value is 8 next to the relationship, the number of relationships for not uniquely determined - to "".
実際には、制約条件項目としてサービス名、ソースCI、ターゲットCIは制約条件項目生成部2014により生成するが、制約条件の値である関係の最小値、関係の最大値、関係の規定値は構成管理担当者より入力してもらうため生成しない。 In practice, the service name as the constraint condition item, source CI, the target CI is generated by the constraint condition item generation unit 2014, the minimum value of the relationship is the value of the constraint, the maximum value of the relationship, the predetermined value relationship structure It does not generate order to have input from management personnel.

次に、構成管理装置20の全体の動作について説明する。 Next, a description will be given of the overall operation of the configuration management system 20.

構成管理装置20を使用した構成管理では、構成情報の登録や更新を実施する前に、事前に制約条件DB2022内に制約条件情報20223を定義しておく必要がある。 In the configuration management using the configuration management system 20, before the registration or update of the configuration information, it is necessary to define the constraint condition information 20223 in advance constraints DB 2022.
構成管理装置20の利用手順としては、まず、ITサービスプロバイダが新規サービスの提供を開始する際に、サービス名、サービス提供形態(サービス提供形態情報20221の(1)サービス名とサービス提供形態の対応)の情報を構成管理装置20へ入力する。 The procedure utilizes the configuration management apparatus 20, first, when the IT service provider starts to provide new services, service name, service providing form (service providing form information 20221 (1) corresponding to the service name and the service providing form information) into the configuration management system 20.
新規サービスに該当するサービス提供形態の情報がない場合には、サービス提供形態情報とその制約条件適用範囲(サービス提供形態情報20221の(2)サービス提供形態毎の制約条件適用範囲)も合わせて定義する。 If there is no information of the service providing form corresponding to the new service, (constraint scope of the service providing form information 20221 (2) serving each form) service providing form information and its constraints scope also together define to.
初めて構成管理装置20を使用する場合には、構成管理モデル情報20222の定義も必要となるが、1回定義をすれば、CMDB2021の構成管理モデルが変更されない限り、更新する必要はない。 When using the first configuration management apparatus 20, it is necessary also define the configuration management model information 20222, if once definitions, unless modified configuration management model CMDB2021, need not be updated.
これらの情報を元に、構成管理装置20によって制約条件項目が生成される。 Based on these information, the constraint condition item by the configuration management system 20 is generated.
構成管理担当者はその制約条件項目に対して制約条件の値を設定する(制約条件情報20223)。 Configuration management personnel to set the value of the constraints for the constraint item (constraint information 20223).
事前準備は以上で完了となる。 Advance preparation will be complete.
事前定義された制約条件情報20223を元に、構成情報の更新時において、構成情報の誤り候補の抽出が行われる。 Based on predefined constraints information 20223, at the time of update of the configuration information, the extraction of the error candidate configuration information.

図7は、ITサービスプロバイダが新規サービスの提供を開始する際に、構成管理担当者がサービス名、サービス提供形態の情報を構成管理装置20へ入力し、サービス提供形態情報20221と構成管理モデル情報20222を元に、制約条件項目が生成される処理に関係する機能を示した図である(図7の太線部分)。 7, when the IT service provider starts to provide new services, configuration management personnel service name, enter the information of the service providing form to the configuration management system 20, the service providing form information 20221 and configuration management model information 20222 based on a diagram showing a function related to processing constraints item is generated (thick line portion in FIG. 7).

画面表示部2011は、まず、新規サービスの情報をサービス提供形態情報20221へ追加するための画面を表示する。 Screen display unit 2011, first, displays a screen for adding information about the new service to the service providing form information 20221.
例えば、追加するサービス名の入力、サービス提供形態の選択等が行える画面を表示する。 For example, a screen for input of the service name to be added, selection of the service providing form performed.
入力されたサービス名とサービス提供形態は、制約条件項目生成部2014を通して、一旦サービス提供形態情報20221へ保存される。 Service name and the service providing form input, through constraint item generation unit 2014 is temporarily stored to the service providing form information 20221.
制約条件項目生成部2014では、追加したばかりのサービス提供形態情報20221と構成管理モデル情報20222を元に制約条件項目を生成し、制約条件情報20223として保存する。 In constraint item generation unit 2014 generates a constraint condition item based on the configuration management model information 20222 and service providing form information 20221 just added, saved as constraint information 20223.
制約条件項目生成部2014の動作については、フローチャートを用いて後ほど詳細に説明するため、ここでは省略する。 The operation of the constraint item generation unit 2014, to described later in detail with reference to the flowchart is omitted here.
処理の結果として、画面表示部2011は生成した制約条件項目を表示する。 As a result of the processing, the screen display unit 2011 to display the constraints item that generated.
構成管理担当者は、クライアント装置10を通して、生成された制約条件項目を確認することが出来る。 Configuration management personnel, through the client device 10, it is possible to verify the generated constraint item.

図8は、図7により生成された制約条件項目に対して、構成管理担当者が制約条件の値を入力する際に関係する機能を示した図である(図8の太線部分)。 8, for the constraint condition item generated by the FIG. 7 is a diagram showing a function related to time of configuration management personnel to enter the value of the constraint condition (thick line portion in FIG. 8).
構成管理担当者は、生成された制約条件項目に対して、設計書等を元に、制約条件の値を定義する。 Configuration management personnel, for the generated constraint item, based on the design documents, etc., and defines the value of the constraint condition.
画面表示部2011は制約条件の値を入力する画面を表示し、構成管理担当者はクライアント装置10より、制約条件の値を入力する。 Screen display unit 2011 to display the screen to enter the value of the constraint conditions, configuration management personnel from the client device 10, to enter the value of the constraint conditions.
入力された値は、制約条件更新部2015によって制約条件情報20223へ登録される。 Entered value is registered in the constraint information 20223 by constraint updater 2015.
画面表示部2011はその処理の結果として更新後の制約条件情報20223を表示する。 Screen display unit 2011 to display the constraint information 20223 after the update as a result of the processing.
構成管理担当者は、クライアント装置10を通して、制約条件項目に対する値が設定されたことを確認出来る。 Configuration management personnel, through the client device 10, it can be confirmed that the value to the constraint condition item has been set.

図9は、図7と図8により制約条件の定義が完了した後、構成情報を新規登録または更新する際に関係する機能を示した図である(図9の太線部分)。 9, after the definition of the constraint conditions is completed by 7 and 8 is a diagram showing a function related configuration information when new registration or update (thick line portion in FIG. 9).
構成情報の新規登録、または、CMDB2021で管理している構成情報の更新をする場合、構成管理担当者はスプレッドシート等の形式にて登録または更新する構成情報を準備しておく。 New registration of configuration information, or, in the case where the update of the configuration information managed by the CMDB2021, configuration management personnel should prepare the configuration information to be registered or updated in format such as a spreadsheet.
準備された構成情報は、クライアント装置10から画面表示部2011が提供する構成情報を更新する画面を通して、構成管理装置20へ入力される。 Prepared configuration information through the screen to update the configuration information provided by the screen display unit 2011 from the client device 10, it is input to the configuration management system 20.
入力された構成情報は、構成情報更新部2013によりCMDB2021へ保存される。 Configuration information entered is stored by the configuration information update unit 2013 to CMDB2021.
制約条件確認部2016では、制約条件情報20223を取得し、構成管理装置20へ入力された構成情報に対して誤り候補を抽出する。 Constraint condition confirmation unit 2016 acquires the constraint information 20223, extracts the error candidates from the configuration information input to the configuration management system 20.
制約条件確認部2016では、制約条件情報20223にて設定されたソースCIとターゲットCI間の関係の最小値と最大値、または、規定値を元に、入力された構成情報の各CI間の関係の数をカウントし、制約条件を満たしているかどうかを確認する。 Constraint condition confirmation unit 2016, the minimum value of the relationship between the set source CI and target CI in constraint information 20223 and the maximum value, or, based on the prescribed value, the relationship between the CI configuration information inputted count the number of, to see if it meets the constraints.
満たしていない場合は、誤り候補として抽出する。 If you do not meet, it is extracted as an error candidate.
制約条件確認部2016の動作については、フローチャートを用いて後ほど詳細に説明する。 The operation of the constraint condition confirmation unit 2016 will be described later in detail with reference to a flowchart.
抽出した結果は、画面表示部2011によって表示される。 The extracted result is displayed by the screen display unit 2011.
構成管理担当者は、画面表示部2011によって誤り候補を確認することが出来る。 Configuration management personnel, it is possible to confirm the error candidate by the screen display unit 2011.
また、CMDB2021へ登録された構成情報も確認することが出来る。 In addition, it can also make sure the configuration information that has been registered to CMDB2021.
構成情報更新部2013によるCMDB2021への更新は、誤り候補が無い場合のみCMDB2021を更新してもよいし、誤り候補があってもCMDB2021を更新してしまってもよい。 Updates to CMDB2021 due to the configuration information update unit 2013, may be to update the CMDB2021 only if there is no error candidate, may be accidentally update the CMDB2021 even if there is an error candidate.

次に、制約条件項目生成部2014の動作について説明する。 Next, a description will be given of the operation of the constraint item generation unit 2014.
図10は制約条件項目生成部2014のフローチャートである。 Figure 10 is a flow chart of a constraint item generation unit 2014.
図10を用いて、制約条件項目生成部2014の動作を詳細に説明する。 With reference to FIG. 10, the operation of the constraint item generation unit 2014 in detail.
また、動作の説明と合わせて、メールサービス(クラウド型)について、制約条件項目を生成する場合の例も説明する。 In addition, in conjunction with the description of the operation, the mail service (cloud), also described example of a case that generates a constraint condition items.

S01では、制約条件項目生成部2014は、構成管理担当者から入力された新規サービスのサービス名をキーとして、制約条件DB2022のサービス提供形態情報20221の(1)サービス名とサービス提供形態の対応より、該当サービスの提供形態を取得する。 In S01, the constraint condition item generation unit 2014, the service name of the new service that is input from the configuration management personnel as a key, the service providing form information 20221 constraints DB 2022 (1) than the corresponding service name and the service providing form , it acquires the form of providing the relevant service.
例えば、構成管理担当者よりメールサービス(クラウド型)が入力された場合、図2の(1)(イ)のデータ例より、メールサービス(クラウド型)のサービス提供形態がSaaS型サービスであることを取得する。 For example, it if the mail service from the configuration management personnel (cloud) is input, from the data example of FIG. 2 (1) (b), the service providing form of mail service (cloud) is SaaS service to get.

S02では、制約条件項目生成部2014は、S01で取得したサービス提供形態名をキーとして、サービス提供形態情報20221の(2)サービス提供形態毎の制約条件適用範囲より、該当サービス提供形態の適用範囲を取得する。 In S02, the constraint condition item generation unit 2014, as a key the service providing form name acquired in S01, and (2) constraints scope of each service providing form of service providing form information 20221, the application of the corresponding service providing form range to get.
例えば、SaaS型サービスの場合、図3の(2)(イ)のデータ例より、各CIの制約条件適用範囲として、ハードウェアは「○」、物理ノードは「○」、仮想ノードは「○」、ソフトウェアは「◎」であることを取得する。 For example, if a SaaS-type service, from the data example of (2) (b) of FIG. 3, as a constraint condition scope of each CI, hardware "○", a physical node is "○", the virtual node "○ ", the software will get that it is a" ◎ ".

S03では、制約条件項目生成部2014は、S02で取得した全CI型名に対して、制約条件項目が生成済かどうかを判断する。 In S03, the constraint item generation unit 2014, based on the total CI type name acquired in S02, the constraint condition item it is determined whether or not the already generated.
全CI型名に対して生成済である場合は、S09へ進む。 If it is already generated for all CI type name, the process proceeds to S09.
生成済でない場合は、S04へ進む。 If it is not already generated, the process proceeds to S04. S03は、S02で取得したCI型名によるループ処理となっている。 S03 is a loop process by CI type name acquired in S02.
例えば、S02で取得した制約条件適用範囲の場合、CI型名である、ハードウェア、物理ノード、仮想ノード、ソフトウェアそれぞれに対して制約条件項目が生成済かどうかを判断し、生成済でない場合は、その都度S04へ進む。 For example, if the constraint coverage acquired in S02, a CI type name, hardware, physical node, virtual node determines whether constraints item or seeded for each software, if not already generated is , the process goes to each time S04.

S04では、制約条件項目生成部2014は、CI型名の制約条件適用範囲の値が「○」または「◎」であるかどうかを判断する。 In S04, the constraint condition item generating unit 2014, the value of the constraints the scope of application of CI type name to determine whether it is a "○" or "◎".
「○」または「◎」の場合、S05へ進む。 In the case of "○" or "◎", the process proceeds to S05.
それ以外(「×」)の場合、S03へ戻る。 If the other ( "×"), and returns to S03.
例えば、SaaS型サービスの場合、まず1つめのCI型名であるハードウェアについて確認する。 For example, if a SaaS-type service, first confirm the first one of the hardware is CI type name.
SaaS型サービスのハードウェアは「○」であるため、S05へ進む。 The hardware of SaaS-based service is "○", the process proceeds to S05.
別の例として、ハウジング型サービスの場合、ハードウェアは「×」であるため、制約条件を作成する必要がない。 As another example, for housing service, because the hardware is "×", there is no need to create a constraint.
そのため、S03へと戻り、次のCI型名である物理ノードに対する確認へと移る。 Therefore, the process returns to S03, moves to check for the physical node is the next CI type name.
なお、S03において制約条件適用範囲の値が「○」または「◎」のCIは、設定対象構成アイテムの例に相当する。 Incidentally, CI value constraint scope is "○" or "◎" in S03 corresponds to the example of setting target configuration item.
また、S03において制約条件適用範囲の値が「×」のCIは、設定対象外構成アイテムの例に相当する。 Moreover, CI value constraint scope is "×" in S03 corresponds to the example of setting covered configuration item.

S05では、制約条件項目生成部2014は、構成管理モデル情報20222より、制約条件適用範囲のCI型名がソースとなっている関係情報を取得する。 In S05, the constraint condition item generation unit 2014, from the configuration management model information 20222, CI type name constraints scope acquires the relationship information that is the source.
SaaS型サービスのハードウェアの場合、図5の構成管理モデル定義の例の(イ)データ例より、ソースCIがハードウェア、ターゲットCIが物理ノードである関係情報を取得する。 For hardware SaaS services and (b) data of the example of the configuration management model definition in Figure 5, the source CI hardware, target CI acquires the relationship information is a physical node.
構成管理モデルによっては、複数の関係情報が取得される場合もある。 Depending on the configuration management model, there is a case where a plurality of related information is acquired.

S06では、制約条件項目生成部2014は、S05で取得した関係情報のターゲットCIそれぞれに対して、制約条件項目が生成済かどうかを判断する。 In S06, the constraint condition item generation unit 2014, the target CI each acquired related information in S05, the constraint condition item to determine if already generated.
生成済でない場合、その都度S07へ進む。 If it is not already generated, the process goes to each time S07.
全ターゲットCIに対して生成済の場合、S03へ戻る。 In the case of already generated for all target CI, it returns to S03.
S06は、S05にて取得した関係情報のターゲットCIによるループ処理となっている。 S06 has a loop processing by the target CI of the acquired related information at S05.
例えば、ソースCIがハードウェア、ターゲットCIが物理ノードの場合、ターゲットCIである物理ノードに対して制約条件項目が生成済かどうかを判断する。 For example, the source CI hardware, if the target CI is a physical node, to determine whether the constraint item is already generated for the physical node is the target CI.
生成済でない場合はS07へ進む。 If it is not already generated, the process proceeds to S07.

S07では、制約条件項目生成部2014は、ターゲットCIの制約条件適用範囲の値が「○」または「◎」であるかどうかを判断する。 In S07, the constraint condition item generation unit 2014, to determine whether or not the value of the constraint conditions applicable range of the target CI is "○" or "◎".
「○」または「◎」の場合、S08へ進む。 In the case of "○" or "◎", the process proceeds to S08.
それ以外(「×」)の場合、S06へ戻り、次のターゲットCIへと処理が移る。 Otherwise ( "×"), returns to S06, moves the process to the next target CI.
SaaS型サービスの場合、物理ノードは「○」であるため、S08へ進む。 In the case of SaaS type services, for the physical node is "○", the process proceeds to S08.
なお、S07において制約条件適用範囲の値が「○」または「◎」のCIは、関係構成アイテムの例に相当する。 Incidentally, CI value constraint scope is "○" or "◎" in S07 corresponds to the example of the relationship configuration item.

S08では、制約条件項目生成部2014は、関係情報と制約条件適応範囲の値より、制約条件項目を生成する。 In S08, the constraint condition item generation unit 2014, from the value of the relationship information constraint application range, it generates a constraint condition items.
詳細は図11を用いて後で説明する。 Details will be described later with reference to FIG. 11. 制約条件項目生成後はS06へ戻る。 Constraints item after generation returns to S06.

S09では、制約条件項目生成部2014は、生成した全ての制約条件項目を制約条件DB2022の制約条件情報20223として格納する。 In S09, the constraint condition item generation unit 2014 stores the generated all constraints items were as constraint information 20223 constraints DB 2022.
メールサービス(クラウド型)の場合、図6の(イ)データ例で示した上から3行が制約条件項目として制約条件DBへ格納される。 For mail service (cloud), three rows from the top as shown in (b) data example of FIG. 6 is stored in the constraint condition DB as the constraint condition item.
この時点では、関係の最小値・最大値、規定値の値は空欄である。 At this point, the minimum and maximum values ​​of the relationship, the value of the specified value is blank. 図6では値の例を示すために数字を記載している。 It describes a number to indicate an example in FIG. 6 values.

図11は、S08である関係情報と制約条件の適用範囲の値より、制約条件項目を生成するフローチャートである。 11, than the value of the coverage of the relevant information and the constraints is S08, a flow chart for generating a constraint condition items.

S10では、制約条件項目生成部2014は、関係情報のソースCIとターゲットCIの制約条件適用範囲の値が両方とも「◎」であるかどうかを判断する。 In S10, the constraint condition item generation unit 2014 determines whether the value of the constraint application range of the source CI and target CI relationship information are both "◎".
両方とも「◎」の場合、S11へ進む。 If both of "◎", the process proceeds to S11.
それ以外(ソースCIが「◎」でターゲットCIが「○」、または、ソースCIが「○」でターゲットCIが「◎」、または、ソースCIが「○」でターゲットCIが「○」)の場合、S12へ進む。 Otherwise (the target CI in the source CI is "◎" is "○", or, the source CI is the target CI in the "○" and "◎", or, the source CI is the target CI in the "○" is "○") of case, the process proceeds to S12.
例えば、SaaS型サービスの関係情報であるハードウェアと物理ノードは、ソースCIが「○」でターゲットCIが「○」であるため、S12へ進む。 For example, hardware and physical node the relationship information of SaaS-type services, since the target CI is "○" in the source CI is "○", the processing proceeds to S12.
別の例として、PaaS型サービスの関係情報であるハードウェアと物理ノードは両方とも「◎」であるため、S11へ進む。 As another example, for the hardware and physical node the relationship information PaaS services are both "◎", the process proceeds to S11.

S11では、制約条件項目生成部2014は、関係情報のソースCIとターゲットCIを制約条件項目とし、関係の最小値と最大値には「−」を入力する。 In S11, the constraint condition item generation unit 2014, a source CI and target CI relationship information and constraint condition item, the minimum and maximum values ​​of the relationship - to enter the "."
これは、ソースCIとターゲットCIの設計の仕様が共に一通りに決まっており、規定値にて制約条件の値を設定することが可能であるためである。 This design specifications of the source CI and target CI are determined for both types of all, because it is possible to set the value of the constraint condition at the specified value.
例えば、PaaS型サービスであるアプリケーションプラットフォームサービスのハードウェアと物理ノードの関係では、図6の(イ)データ例の5行目のように、ソースCIがハードウェア、ターゲットCIが物理ノード、関係の最小値と関係の最大値が「−」となる。 For example, the relationship between the hardware and the physical node application platform services is PaaS services, as line 5 (b) data example of FIG. 6, the source CI hardware, target CI is a physical node, the relationship the maximum value of the minimum value and the relationship is - becomes "".
図6の例では、関係の規定値に値が入っているが、制約条件項目を生成した時点では空欄である。 In the example of FIG. 6, but contains the value to the specified value of the relationship, which is blank at the time of generating the constraint condition items.

S12では、制約条件項目生成部2014は、関係情報のソースとターゲットのCIを制約条件項目とし、規定値には「−」を入力し、関係情報の最小値と最大値を設定出来るようにする。 In S12, the constraint condition item generation unit 2014, the CI source and target relationship information and constraint condition item, the specified value "-" Enter a, to allow setting a minimum and maximum value of the relationship information .
例えば、SaaS型サービスであるメールサービス(クラウド型)のハードウェアと物理ノードの関係では、図6の(イ)データ例の1行目のように、ソースCIがハードウェア、ターゲットCIが物理ノード、関係の規定値が「−」となる。 For example, the relationship between the hardware and the physical node of mail service is a SaaS-service (cloud), as the first line of (b) data example of FIG. 6, the source CI hardware, target CI is a physical node , the specified value of the relationship - a "".
図6の例では、関係の最小値と最大値に値が入っているが、制約条件項目を生成した時点では空欄である。 In the example of FIG. 6, but contains the value to the minimum and maximum values ​​of the relationship, which is blank at the time of generating the constraint condition items.

制約条件確認部2016の動作について説明する前に、図12及び図13に、構成管理担当者からクライアント装置10を通してCMDB2021へ登録または更新される構成情報の形式の例を説明する。 Before describing the operation of the constraint condition confirmation unit 2016, FIG. 12 and FIG. 13, illustrating a format example of the configuration information registered or updated from the configuration management personnel through the client device 10 to CMDB2021.
図12及び図13は、図4で示した構成管理モデルの例に対応した構成情報の登録・更新形式である。 12 and 13 are registered and updated format configuration information corresponding to the example of the configuration management model shown in FIG.
CI、関係情報1つに対して1枚のシートが対応しており、複数シートから構成される構成情報の登録・更新形式の例である。 CI, it corresponds the one sheet to one relationship information, an example of registration and update format configuration information composed of a plurality sheets.
登録・更新形式はこの例に限らない。 Registration and update format is not limited to this example.

図12の(ア)にシート例を示す。 It shows a sheet example (A) of FIG. 12.
前述した通り、図4で示した構成管理モデルの例に対応した構成情報の登録・更新形式の例である。 As described above, an example of registration and update format configuration information corresponding to the example of the configuration management model shown in FIG.
図4は、CI6個、関係情報6個から構成される管理モデルであるため、ここでは計12枚(CI6個+関係情報6個)のシートから構成される例となっている。 4, CI 6 pieces, since a management model consists related information 6, here has become Example comprised of a sheet of a total of 12 sheets (CI 6 pieces + relationship information 6).
シート名や枚数、種類は、構成管理モデルによって異なるため、この通りである必要はない。 Sheet name and number, the type is different depending on the configuration management model, they need not be this street.
図13の(イ)にデータ例を示す。 Illustrating a data example in (b) of FIG. 13.
ここでは、CIであるサービス、ハードウェア、物理ノード、関係情報であるハードウェア・物理ノードの例を示している。 Here, the service is CI, hardware, physical node, shows an example of a hardware physical node is relationship information.
CIの情報は、主キーと属性から構成される。 Information of CI is composed of a primary key and attributes.
サービスシートの例は、サービス名が主キーとなり、属性として管理部署名を持つ例を示している。 Examples of service sheets, the service name is the primary key, shows an example with the management unit signed as an attribute.
属性は各CIにおいて管理したい項目であり、構成管理の目的により変わってくるものであるため、この例の通りである必要はなく、管理部署名以外の属性をいくら管理してもよい。 Attribute is an item to be managed in the CI, for those that varies the purpose of configuration management, need not be described in this example, it may be managed much attributes other than the management unit signature.
関係情報については、ソースCIの主キー情報、ターゲットCIの主キー情報を管理することとなる。 For related information, and to manage the primary key information of the source CI, the primary key information of the target CI.
例えば、図13の(イ)データ例では、サービスシートは、メールサービス(クラウド型)の管理部署名がA部署であることを記載した例である。 For example, in (i) data example of FIG. 13, the service sheet is an example in which management department name of mail service (cloud) has been described to be A department.
ハードウェアシートは、A製品のメーカーがA社、モデル番号がaaa01、シリアル番号が12345678、ファームウェアバージョンがファーム05であることを記載した例である。 Hardware sheet, manufacturer A company of A product, model number aaa01, serial number 12345678, is an example in which the firmware version has been described to be a farm 05.
物理ノードシートは、node01のOS名がXXX、OSバージョンが3.5.7、CPUモデルがCPU1、内蔵ディスク容量が500GBであることを記載した例である。 Physical node sheets, OS name XXX in node01, OS version 3.5.7, CPU model CPU 1, an example in which described the internal disk capacity is 500GB.
ハードウェア・物理ノードシートは、A製品は物理ノードであるnode01とnode02、B製品はnode03のハードウェアとして使われていることを記載した例である。 Hardware physical node sheet, A product is a physical node node01 and node02, B product is an example that describes what is used as a hardware node03.

次に、制約条件確認部2016の動作について説明する。 Next, a description will be given of the operation of the constraint checking section 2016.
図14は、制約条件確認部2016のフローチャートである。 Figure 14 is a flowchart of a constraint checking unit 2016.
図14を用いて、制約条件確認部2016の動作を詳細に説明する。 With reference to FIG. 14, the operation of the constraint condition confirmation unit 2016 in detail.

S21では、制約条件確認部2016は、クライアント装置10から入力されたスプレッドシート等の形式に記載された構成情報の中からサービス名を読み込む。 In S21, the constraint condition confirmation unit 2016 reads the service name from the configuration information described in the format such as a spreadsheet that is input from the client device 10.
例えば、図12及び図13で示した例の場合、サービスシートの主キーであるサービス名から、「メールサービス(クラウド型)」、「アプリケーションプラットフォームサービス」を読み込む。 For example, in the example shown in FIGS. 12 and 13, the service name is the primary key of the service sheet, "Mail Service (cloud)" reads "Application Platform Services".

S22では、制約条件確認部2016は、読み込んだ全てのサービス名に対して誤り候補の抽出が完了したかどうかを判断する。 In S22, the constraint checking section 2016 determines whether or not the extraction of error candidate has been completed for all of the service name read.
完了している場合はS27へ進む。 If it has been completed, the process proceeds to S27.
完了していない場合は、S23へ進む。 If it is not completed, the process proceeds to S23.
S22は、S21で取得したサービス名によるループ処理となっている。 S22 has a loop processing by the service name acquired in S21.

S23では、制約条件確認部2016は、サービス名をキーとして、該当するサービスの制約条件を制約条件DBから取得する。 In S23, the constraint checking section 2016, as a key service name, to get the constraints of the relevant service from the constraints DB.
例えば、サービス名が「メールサービス(クラウド型)」の場合、図6の制約条件の例の(イ)のデータ例より、サービス名が「メールサービス(クラウド型)」の3つの条件である、ハードウェア−物理ノード、物理ノード−仮想ノード、仮想ノード−ソフトウェアの関係の最小値、関係の最大値、関係の規定値を取得する。 For example, if the service name is "mail service (cloud)", from the data example of (a) of the example of the constraints of FIG. 6, the service name is the three conditions of "e-mail service (cloud)", hardware - physical node, a physical node - virtual node, the virtual nodes - the minimum value of the relationship between the software, the maximum value of the relationship, obtaining the specified value of the relationship.

S24では、制約条件確認部2016は、クライアント装置から入力された構成情報が新規登録か、更新かを判断する。 In S24, the constraint condition confirmation unit 2016, the configuration information inputted from the client device or new registration, it is determined whether update.
ここでの更新とは、CMDB2021へ格納されている構成情報の変更だけでなく、CMDB2021へ格納されているサービスやシステムへのノード等追加、削除も含む。 Here and update not only changing the configuration information stored into CMDB2021, node such additions to services and systems that are stored in the CMDB2021, including deletion.
登録と更新の判断は、例えば、スプレッドシート内に新規登録と更新を判別するためのフラグ情報を付加して判断してもよいし、CMDB2021へ検索を行って確認する等、どのような方法でもよい。 Registration and update of the determination, for example, may be determined by adding the flag information for determining an update and new registration in the spreadsheet, etc. be confirmed by performing a search to CMDB2021, in any way good.
新規登録の場合はS25へ進む。 In the case of new registration, the process proceeds to S25. 更新の場合はS26へ進む。 For an update, the process proceeds to S26.
S25では、制約条件確認部2016は、新規登録する構成情報に対して、制約条件を元にした誤り候補の抽出を行う。 In S25, the constraint condition confirmation unit 2016, and extracts the configuration information to be newly registered, an error candidates based on constraints.
処理が完了した後でS22へ戻る。 After the process is complete Back to the S22.
S25の処理の詳細は、図15にて説明する。 S25 in the processing details will be explained in FIG. 15.

S26では、制約条件確認部2016は、更新する構成情報に対して、制約条件を元に誤り候補の抽出を行う。 In S26, the constraint condition confirmation unit 2016, the configuration information to update, and extracts the error candidates based on constraints.
処理が完了した後でS22へ戻る。 After the process is complete Back to the S22.
S26の処理の詳細は図16にて説明する。 S26 Details of the processing of that described in FIG 16.
S27では、抽出した誤り候補を画面表示部2011へ渡す。 In S27, and it passes the extracted error candidate to the screen display unit 2011.
画面表示部2011へ渡された誤り候補は、構成管理担当者に向けて、画面表示部2011にて表示される。 Error candidate that was passed to the screen display unit 2011, towards the configuration management personnel, are displayed on the screen display unit 2011.

図15は、新規登録時において誤り候補を抽出するフローチャートである。 Figure 15 is a flow chart for extracting the error candidate during new registration.

S28では、制約条件確認部2016は、取得した全ての制約条件を用いた誤り候補の抽出が完了したかを判断する。 In S28, the constraint condition confirmation unit 2016 determines whether extraction of the error candidate with all the constraints acquired is complete.
完了した場合は、処理が終了となる。 If completed, the process is terminated.
完了していない場合は、S29へ進む。 If it is not completed, the process proceeds to S29.
S28は、S23で取得した制約条件によるループ処理となっている。 S28 is a loop process according to the obtained constraints in S23.
サービス名が「メールサービス(クラウド型)」の場合、取得した制約条件である、ハードウェア−物理ノード、物理ノード−仮想ノード、仮想ノード−ソフトウェアの順にループ処理を繰り返し行っていく。 If the service name is "mail service (cloud)", which is acquired constraints, hardware - physical nodes, the physical nodes - virtual node, the virtual node - go and repeat the loop processing in the order of software.

S29では、制約条件確認部2016は、制約条件のソースCIに対応するスプレッドシートの主キーの値を一覧として取得する。 In S29, the constraint checking section 2016, to get the value of the primary key of spreadsheet corresponding to the source CI constraints as a list.
例えば、制約条件がハードウェア−物理ノードの場合、ソースCIはハードウェアであるため、ハードウェアシートから主キーであるハードウェア製品名称を取得する。 For example, constraints hardware - if physical nodes, since the source CI is a hardware and obtain hardware product name is the primary key from the hardware sheet.
図13の(イ)のデータ例の場合、「A製品」、「B製品」という情報を取得する。 For data example of (b) in FIG. 13, and acquires the information "A product", "B product".

S30では、制約条件確認部2016は、取得した主キーの値に対する誤り候補抽出が完了したかを判断する。 In S30, the constraint condition confirmation unit 2016 determines whether the error candidate extraction has been completed with respect to values ​​of the primary key obtained.
完了した場合、S28へ戻る。 If completed, the flow returns to S28.
完了していない場合、S31へ進む。 If it is not completed, the process proceeds to S31.
S30は、S29で取得した主キーによるループ処理となっている。 S30 has a loop processing by the main key acquired in S29.
例えば、「A製品」、「B製品」に対して、順に誤り候補の抽出を行う。 For example, for the "A product", "B products", in order to extract the error candidates.

S31では、制約条件確認部2016は、制約条件に対応する関係情報のスプレッドシートのソースの値が、S29で取得した主キーの値と一致する関係情報を取得する。 In S31, the constraint condition confirmation unit 2016, the value of the source spreadsheet relationship information corresponding to the constraints, acquires the relationship information that matches the primary key value acquired in S29.
例えば、確認しようとしている制約条件がハードウェア−物理ノードで値が「A製品」である場合、それに対応する関係情報であるハードウェア・物理ノードシートから、主キーが「A製品」である関係情報を取得する。 For example, the constraint conditions that are attempting to verify the hardware - if the value in the physical node is "A product", from the hardware physical node sheet is a relationship information that corresponds to it, the primary key is "A product" relationship to get the information.
図13の(イ)のデータ例の場合、ソースであるハードウェアの主キーが「A製品」であり、ターゲットの物理ノードが「node01」、「node02」である2つの関係情報を取得する。 For data example of (b) in FIG. 13, a primary key of the hardware is the source of "A product", "node01" physical node of the target, to acquire the two relationship information is "node02".

S32では、制約条件確認部2016は、S31で取得した関係情報の数をカウントする。 In S32, the constraint condition confirmation unit 2016 counts the number of acquired related information S31.
例えば、S31で、ソースであるハードウェアの主キーが「A製品」であり、ターゲットの物理ノードが「node01」、「node02」である2つの関係情報を取得した場合、その数は2となる。 For example, in S31, a primary key of the hardware is the source of "A product", if the physical node of the target acquires the "node01", two relationship information is "node02", the number is 2 .

S33では、制約条件確認部2016は、カウントした関係情報の数が制約条件を満たしているかを判断する。 In S33, the constraint checking section 2016 determines whether the number of counted relationship information meets the constraints.
満たしている場合、S30へ戻る。 If you are satisfied, the flow returns to S30.
満たしていない場合、S34へ進む。 If you do not meet, the process proceeds to S34.
例えば、図6の(イ)データの例のメールサービス(クラウド型)のハードウェア−物理ノードの関係の場合、関係の規定値が1であるため、S32でカウントした数が1でない場合は制約条件を満たしていないと判断され、S34へ進む。 For example, hardware mail service example (a) data of FIG. 6 (cloud) - For the physical node relationships, for a specified value of the relationship is 1, if the number counted by the S32 not 1 constraint it is determined that does not meet the conditions, the process proceeds to S34.

S34では、制約条件確認部2016は、誤り候補として、S33を満たさなかった構成情報を一時データとして記憶する。 In S34, the constraint condition confirmation unit 2016, as an error candidate is stored as temporary data configuration information did not meet S33.
例えば、ハードウェア−物理ノードの関係情報として、「製品A−node01」、「製品A−node02」が誤り候補として記憶される。 For example, the hardware - as the relation information of the physical nodes, "Product A-node01", "Product A-node02" is stored as an error candidate.
この情報がS25の処理結果となり、最終的にはS27にて画面表示部2011へと渡され、表示される。 This information is the processing result of the S25, it is eventually passed to the screen display unit 2011 at the S27, is displayed.

図16は、更新時において誤り候補を抽出するフローチャートである。 Figure 16 is a flow chart for extracting the error candidate during updating.
処理の流れは図15で説明した新規登録時と同じであるが、更新の場合は、クライアント装置10から入力される構成情報だけでなく、既にCMDB2021へ格納されている構成情報も含めた誤り候補の抽出を行わなければならない点が異なる。 Although the process flow is the same as that at the time of new registration described with reference to FIG. 15, in the case of updating, not only the configuration information inputted from the client device 10, the error candidates, including configuration information that has already been stored in the CMDB2021 different is a point which must be made of extraction.

S35では、制約条件確認部2016は、取得した全ての制約条件を用いた誤り候補の抽出が完了したかを判断する(S28と同様)。 In S35, the constraint condition confirmation unit 2016 determines whether extraction of the error candidate with all the constraints acquired is completed (S28 similar to).

S36では、制約条件確認部2016は、制約条件に対応する関係情報の更新があるかを判断する。 In S36, the constraint checking section 2016 determines whether there is an update of related information corresponding to the constraints.
更新がある場合は、S37へ進む。 If there is an update, the process proceeds to S37.
更新がない場合は、S35へ戻る。 If you do not update, the process returns to S35.
例えば、確認しようとしている制約条件がハードウェア−物理ノードの場合、入力された構成情報のハードウェア・物理ノードシートに更新する情報が記入されているかどうかを確認し、ある場合のみ処理を行う。 For example, if the to have constraints hardware to check - if physical nodes, verify that the information to be updated hardware physical nodes sheet configuration information entered is entered, it performs the processing only when there.
これは、更新する構成情報のみをスプレッドシートへ記入する前提であるが、CMDB2021へ格納されており今回更新を行わない構成情報も含めたスプレッドシートを用意し、更新を行う情報のみにフラグを立てることで判断してもよい。 This is a prerequisite to fill only the configuration information to be updated into a spreadsheet, prepared spreadsheet, including the configuration information is not performed this time updates are stored into CMDB2021, flagging only information to be updated it may be judged by.

S37では、制約条件確認部2016は、確認しようとしている制約条件に対応する関係情報のシートからソースの主キーの値から重複を取り除いた一覧を取得する。 In S37, the constraint checking section 2016, to get a list obtained by removing the duplicate from the value of the primary key from a sheet of related information for the source corresponding to the constraints that you are trying to confirm.
例えば、確認しようとしている制約条件がハードウェア−物理ノードの場合、入力された構成情報のハードウェア・物理ノードシートからソースであるハードウェアの主キーを取得する。 For example, constraints are attempting to verify hardware - for physical node, acquires the hardware primary key of a source from the hardware physical nodes sheet configuration information inputted.
図13の(イ)データ例の場合、「A製品」、「A製品」、「B製品」であるが、重複を取り除いて、「A製品」、「B製品」を取得する。 For (i) the data example of FIG. 13, "A product", "A product" is a "B product" remove duplicates "A product" acquires "B product".

S38では、制約条件確認部2016は、S37で取得したソースの値に対する誤り候補抽出が完了したかを判断する。 In S38, the constraint condition confirmation unit 2016 determines whether the error candidate extraction has been completed with respect to the value of the acquired source S37.
完了した場合、S35へ戻る。 If completed, the flow returns to S35.
完了していない場合、S39へ進む。 If it is not completed, the process proceeds to S39.
S38は、取得したソースの値(例えば、「A製品」、「B製品」)によるループ処理となっている。 Step S38, the acquired source value (e.g., "A product", "B product") has a loop process by.

S39は、制約条件確認部2016は、制約条件に対応する関係情報のシートのソースの値が、先程取得したソースの値と一致する関係情報を取得する。 S39 is the constraint condition confirmation unit 2016, the value of the source of the sheet on the related information corresponding to the constraints, acquires the relationship information that matches the value of the earlier acquired source.
例えば、A製品についての誤り候補抽出を行おうとしている場合、図13の(イ)データ例から、ソースが「A製品」でありターゲットが「node01」、「node02」である関係情報を2つ取得する。 For example, if you are attempting to error candidate extractor for A product from (i) the data example of FIG. 13, the target is "node01" a source "A product", two relationship information is "node02" get.

S40では、制約条件確認部2016は、CMDB2021に格納されている関係情報から、先程取得したソースの値と一致する関係情報を取得する。 In S40, the constraint condition confirmation unit 2016, from the relationship information stored in CMDB2021, it acquires the relationship information that matches the value of the earlier acquired source.
CMDB内のハードウェア・物理ノードのテーブルから情報を取得する。 To obtain information from the table of the hardware physical nodes in the CMDB.

S41では、制約条件確認部2016は、S29で取得した関係数である2と、S30で取得した関係数を合計する。 In S41, the constraint condition confirmation unit 2016, 2 as the correlation coefficient obtained in S29, the total number of relations obtained in S30.
例えば、CMDBから取得した関係数が1であった場合、関係数の合計は3となる。 For example, if the number of relations obtained from the CMDB is 1, the sum of the correlation coefficient is three.
もし、更新情報のうちの1つが、CMDBに格納されている関係情報の削除依頼であった場合、相殺されて、合計は1となる。 If one of the update information, indicating an deletion request related information stored in the CMDB, are canceled, the sum is one.

S42では、制約条件確認部2016は、カウントした関係情報の数が制約条件を満たしているかを判断する(S33と同じ)。 In S42, the constraint condition confirmation unit 2016, the number of counted relation information to determine whether satisfies the constraint condition (S33 and the same).
満たしている場合、S38へ戻る。 If you are satisfied, the flow returns to S38. 満たしていない場合、S43へ進む。 If you do not meet, the process proceeds to S43.

S43では、制約条件確認部2016は、誤り候補として、その構成情報を一時データとして記憶する(S34と同じ)。 In S43, the constraint condition confirmation unit 2016, as an error candidate, (same as S34) and stores the configuration information as temporary data.

ハウジング型サービスのように、顧客が全ての構成を決定するため、図10で示した制約条件項目生成部のフローチャートでは構成情報に対する誤り候補のチェックが行えない場合もある。 Like the housing service, for customers to determine all configurations, in the flowchart of constraint item generation unit shown in FIG. 10 may not perform the error checking candidates for configuration information.
その場合、顧客毎の実際の構成情報から制約条件を生成し、誤り候補チェックを行うことも可能である。 In that case, to generate the constraints from actual configuration information for each customer, it is also possible to perform error candidate check.

図17は、あるサービスにおいて、生成しようとしている制約条件のソースCI型名、ターゲットCI型名の制約条件適用範囲の値のいずれか一方、または、両方が「×」であると判明した場合において、構成情報から顧客毎の制約条件を生成するフローチャートである。 17, in some services, source CI type name constraints trying to generate, either the value of the constraint application range of the target CI type name, or, when both are found to be "×" is a flow chart for generating a constraint condition for each customer from the configuration information.
例えば、図3の(2)サービス提供形態毎の制約条件適用範囲の(イ)データ例のハウジング型サービスにおいては、ハードウェア、物理ノード、仮想ノード、ソフトウェアが全て顧客独自の構成である。 For example, in (i) Data Example housing type service constraints applicable range of each of (2) the service providing form 3, hardware, physical node, virtual node, which is software for all customers own configuration.
この場合、ハードウェア−物理ノード、物理ノード−仮想ノード、仮想ノード−ソフトウェアのいずれの関係においても、ソースCI型名、ターゲットCI型名の制約条件適用範囲の値は「×」となる。 In this case, the hardware - physical node, a physical node - virtual node, the virtual nodes - in any of the relations software, source CI type name, the value of the constraint application range of the target CI type name is "×."

図17は、あるサービスにおいて、生成しようとしている制約条件のソースCI型名、ターゲットCI型名の制約条件適用範囲の値のいずれか一方、または、両方が「×」であると判明したことを前提としたフローチャートであるため、値が「×」であるかどうかの判断は図17には含めていない。 17, in some services, source CI type name constraints trying to generate, either the value of the constraint application range of the target CI type name, or that both are found to be "×" since a flowchart assumes, it determines the value of whether "×" is not included in Figure 17.
実際には、図10と図17を組み合わせた1つのフローチャートとして処理を行ってもよい。 In practice, a process may be performed as a single flow chart which combines FIGS. 10 and 17.
図4、図5の構成管理モデルの例、図6の制約条件の例では顧客情報を構成管理に含めていないが、顧客毎の制約条件生成を行う場合においては、その項目を追加する必要がある。 4, an example of a configuration management model of FIG. 5, is not included in the configuration management customer information in the example of constraints of FIG. 6, in the case of performing constraint condition generating for each customer needs to add the item is there.
図4、図5の構成管理モデルにおいては、例えば、サービスより上位に顧客を配置し、サービス−顧客という関係情報を定義する。 4, in the configuration management model of FIG. 5, for example, a customer placed higher than the service, the service - to define the relationship information that the customer.
図6の制約条件の例においては、顧客名の列を追加することで、サービス名と顧客名毎の制約条件を管理出来るようにする。 In the example of the constraints shown in FIG. 6, by adding a column of customer names, to be able to manage the constraints of each service name and customer name.

S50では、制約条件確認部2016は、顧客毎の制約条件生成が全て完了したかどうかを判断する。 In S50, the constraint checking section 2016, of each customer constraints generated, it is determined whether or not it was completed all. 完了した場合はS57へ進む。 If you have completed the process goes to S57. 完了していない場合はS51へ進む。 If it is not completed, the process proceeds to S51.

S51では、制約条件確認部2016は、ソースCIに対応する構成情報のシートの主キーの値を一覧として取得する。 In S51, the constraint checking section 2016, to get the value of the primary key of the seat of the configuration information corresponding to the source CI as a list.
例えば、ハードウェア−物理ノードに対する顧客毎の制約条件を生成する場合、ソースCIであるハードウェアの構成情報シートから主キー一覧を取得する。 For example, hardware - when generating a constraint condition for each customer to physical nodes, to obtain the primary key list from the configuration information sheet hardware is the source CI.
図12及び図13の場合、ハードウェアシートから「A製品」、「B製品」を一覧として取得する。 For 12 and 13, "A product" hardware sheet, it obtains a list of "B product".

S52では、制約条件確認部2016は、取得した主キーの値に対する関係情報の数のカウントが完了したかを判断する。 In S52, the constraint condition confirmation unit 2016 determines whether the number of counts on the related information with respect to the values ​​of the primary key acquired is complete.
完了した場合はS55へ進む。 If you have completed the process goes to S55.
完了していない場合はS53へ進む。 If it is not completed, the process proceeds to S53.
S52は、S51で取得した一覧の値によるループ処理であり、「A製品」のカウントが完了したら「B製品」と繰り返す。 S52 is a loop processing by the values ​​in the list acquired in S51, to repeat the When the count of "A product" is complete "B products".

S53では、制約条件確認部2016は、ソースCI型名、ターゲットCI型名に対応する関係情報シートのソースCIの値が取得した主キーと一致する関係情報を取得する。 In S53, the constraint checking section 2016, to acquire the relationship information that matches the primary key source CI type name, the value of the source CI relationship information sheet corresponding to the target CI type name has acquired.
例えば、ハードウェア−物理ノードの場合、ハードウェア・物理ノードのシートから関係情報を取得する。 For example, hardware - for physical node, obtains the related information from the sheet hardware physical node.
図13の場合、ソースが「A製品」でありターゲットが「node01」、「node02」である関係情報を2つ取得する。 For Figure 13, the target is "node01" a source "A product", obtains two relational information is "node02".

S54では、制約条件確認部2016は、取得した関係情報の数をカウントする。 In S54, the constraint checking unit 2016, counts the number of the acquired related information.
S53で示した例の場合、関係情報の数は2となる。 In the example shown in S53, the number of relevant information is two.
S54の処理の後はS52へ戻る。 S54 after the processing of returns to S52.

S55では、制約条件確認部2016は、カウントした関係情報の数から、最小値と最大値を求める。 In S55, the constraint condition confirmation unit 2016, the number of counted related information, determining the minimum and maximum values.
例えば、ソースCIが「A製品」の関係情報の数が2、ソースCIが「B製品」の関係情報の数が1である場合、最小値は1、最大値は2となる。 For example, the number of relationship information source CI is "A product" is 2, when the number of relationship information source CI "B product" is 1, the minimum value of 1 and the maximum value is 2.

S56では、制約条件確認部2016は、求めた最小値と最大値を設定した制約条件を生成する。 In S56, the constraint condition confirmation unit 2016 generates a set of minimum and maximum values ​​determined constraints.
例えば、サービス名が「ハウジング型サービス」、顧客名が「A社」、ソースCIが「ハードウェア」、ターゲットCIが「物理ノード」、関係の最小値が「1」、関係の最大値が「2」、関係の規定値が「−」となる。 For example, the service name of "housing service", the customer name is "Company A", the source CI is "hardware", the target CI is "physical node", the minimum value of the relationship is "1", the maximum value of the relationship " 2 ", the specified value of the relationship" - a ".
S57では、生成した制約条件を制約条件DBへ格納する。 In S57, and stores the generated constraints to constraints DB.

顧客毎の制約条件についても、制約条件確認部2016において図14、図15と同様の手順にて誤り候補の抽出を行う。 For even constraint for each customer, to extract the error candidates in the same procedure as 14, 15 in the constraint condition confirmation unit 2016.
抽出された誤り候補が正しい場合、図17のフローチャートにて生成した制約条件の最小値、最大値の値を更新するようにしてもよい。 If the extracted error candidate is correct, the minimum value of the constraint condition generated in the flowchart of FIG. 17, may be updated to the maximum value.

以上の処理により、サービス提供形態情報、構成管理モデルの情報を元に、サービス毎の制約条件項目を生成する。 By the above process, the service providing form information, based on the information in the configuration management model, generates a constraint condition item for each service.

本実施の形態により、サービス毎に定義すべき制約条件項目を漏れなく生成することが可能となる。 According to this embodiment, it is possible to produce without fail the constraint condition items to be defined for each service.
制約条件を設定する担当者は、本実施の形態により生成された制約条件項目に合わせて制約条件の値を設定すればよいため、制約条件を漏れなく定義することが可能となる。 Person to set constraints, because it may be combined with setting the value of the constraint condition to the constraint condition item generated by the present embodiment, it is possible to define without omission constraints.
サービス毎に制約条件を定義するため、全ての構成情報に対して定義された一意な制約条件と比較して、精度のよい制約条件を定義することが可能となる。 To define the constraints for each service, as compared with the unique constraints defined for all of the configuration information, it is possible to define a good constraint accurate.

以上、本実施の形態では、CMDBへ登録するまたは更新する構成情報に対して、サービス提供形態に考慮した制約条件を設定することができ、その制約条件を元に、構成情報の誤り候補をチェックすることが可能な構成管理装置を説明した。 Above, in this embodiment, check the configuration information to be registered to the CMDB or updated, can be set in consideration of constraints on the service providing form, based on the constraint conditions, an error candidate configuration information It described the configuration management apparatus capable of.

また、利用者から入力されたCMDBへ登録するまたは更新する構成情報、制約条件DBに格納されたサービス提供形態情報、CMDBの構成管理モデルより、制約条件項目を作成する制約条件項目生成部を持つ構成管理装置を説明した。 Further, with the configuration information to create or update the CMDB entered by the user, the service providing form information stored in the constraint condition DB, from configuration management model CMDB, the constraint item generation unit configured to generate the constraint condition item It described the configuration management apparatus.

また、制約条件項目生成部が作成した制約条件項目に対して設定された制約条件の値を元に、利用者から入力される構成情報に対する誤り候補をチェックする制約条件確認部を持つ構成管理装置を説明した。 Further, based on the value of the constraint condition item generation unit is set for the constraint condition item created constraints, the configuration management system having a constraint condition confirmation unit that checks an error candidate for the configuration information inputted from the user It has been described.

また、サービス提供形態毎の制約条件適用範囲において、サービスを利用する顧客が独自に設計を行った場合に、顧客毎の制約条件を自動生成することが可能な制約条件項目生成部を持つ構成管理装置を説明した。 Further, the constraint scope of each service providing form, configuration management with if the customer to use the service is carried out uniquely designed, the constraint item generation unit capable of automatically generating a constraint condition for each customer It described the apparatus.

また、制約条件項目生成部が自動作成した顧客毎の制約条件を元に、利用者から入力される構成情報に対する誤り候補をチェックする制約条件確認部を持つ構成管理装置を説明した。 Further, based on the constraints for each customer constraint item generation unit has automatically created, it has been described a configuration management system having a constraint condition confirmation unit that checks an error candidate for the configuration information inputted from the user.

最後に、本実施の形態に示した構成管理装置20のハードウェア構成例を図18を参照して説明する。 Finally, a description will be given of a hardware configuration example of the configuration management system 20 shown in this embodiment with reference to FIG. 18.
構成管理装置20はコンピュータであり、構成管理装置20の各要素をプログラムで実現することができる。 Configuration management apparatus 20 is a computer, it is possible to realize the elements of the configuration management system 20 by the program.
構成管理装置20のハードウェア構成としては、バスに、演算装置901、外部記憶装置902、主記憶装置903、通信装置904、入出力装置905が接続されている。 The hardware configuration of the configuration management system 20, the bus, the arithmetic unit 901, an external storage device 902, main memory 903, a communication device 904, output device 905 is connected.

演算装置901は、プログラムを実行するCPU(Central Processing Unit)である。 Computing device 901 is a CPU for executing a program (Central Processing Unit).
外部記憶装置902は、例えばROM(Read Only Memory)やフラッシュメモリ、ハードディスク装置である。 The external storage device 902 is, for example ROM (Read Only Memory) or a flash memory, a hard disk device.
主記憶装置903は、RAM(Random Access Memory)である。 Main memory 903, a RAM (Random Access Memory).
図1に示すCMDB2021及び制約条件DB2022は、例えば、外部記憶装置902や主記憶装置903により実現される。 CMDB2021 and constraints DB2022 shown in FIG. 1, for example, it is realized by an external storage device 902 or the main memory 903.
通信装置904は、例えばNIC(Network Interface Card)である。 Communication device 904 is, for example, NIC (Network Interface Card).
入出力装置905は、例えばマウス、キーボード、ディスプレイ装置等である。 Output device 905 is, for example, a mouse, a keyboard, a display device or the like.

プログラムは、通常は外部記憶装置902に記憶されており、主記憶装置903にロードされた状態で、順次演算装置901に読み込まれ、実行される。 The program typically is stored in the external storage device 902, in a state where main memory 903 is loaded, loaded sequentially to the arithmetic unit 901, is performed.
プログラムは、図1に示す「〜部」として説明している機能を実現するプログラムである。 Program is a program for realizing the function described as a "section" shown in FIG.
更に、外部記憶装置902にはオペレーティングシステム(OS)も記憶されており、OSの少なくとも一部が主記憶装置903にロードされ、演算装置901はOSを実行しながら、図1に示す「〜部」の機能を実現するプログラムを実行する。 Furthermore, the operating system in the external storage device 902 (OS) is also stored, at least a part of the OS is loaded into the main memory 903, the computing device 901 while executing the OS, 1 'unit to run a program that implements the functions of the ".
また、本実施の形態の説明において、「〜の判断」、「〜の判定」、「〜の抽出」、「〜の取得」、「〜の設定」、「〜の特定」、「〜の参照」、「〜の解析」、「〜の合計」、「〜の選択」、「〜の生成」、「〜の入力」、「〜の出力」等として説明している処理の結果を示す情報やデータや信号値や変数値が主記憶装置903にファイルとして記憶されている。 In the description of this embodiment, "the determination of ...", "determination of ...", "Extracting ~", "Get ~", "Settings ...", "specific ~", "see- "," analysis of ~ "," total ~ "," selection of ... "," generation of ~ "," enter ~ ", Ya information indicating the result of the process that is described as such" output ~ " data, signal values, variable values ​​are stored as a file in the main memory 903.
また、暗号鍵・復号鍵や乱数値やパラメータが、主記憶装置903にファイルとして記憶されてもよい。 The encryption key-decryption key and the random number value or parameter may be stored in the main storage device 903 as a file.

なお、図18の構成は、あくまでも構成管理装置20のハードウェア構成の一例を示すものであり、構成管理装置20のハードウェア構成は図18に記載の構成に限らず、他の構成であってもよい。 The configuration of FIG. 18, which merely illustrates an example of a hardware configuration of the configuration management system 20, the hardware configuration of the configuration management system 20 is not limited to the configuration described in FIG. 18, a another configuration it may be.
また、本実施の形態に示す手順により、本発明に係る構成管理方法を実現可能である。 Moreover, the procedure shown in this embodiment, it is possible to realize a configuration management method according to the present invention.

10 クライアント装置、20 構成管理装置、201 情報処理装置、202 情報記憶装置、2011 画面表示部、2012 構成情報取得部、2013 構成情報更新部、2014 制約条件項目生成部、2015 制約条件更新部、2016 制約条件確認部、2021 CMDB、2022 制約条件DB、20221 サービス提供形態情報、20222 構成管理モデル情報、20223 制約条件情報。 10 the client device, 20 the configuration management apparatus, 201 an information processing apparatus, 202 an information storage device, 2011 a screen display unit, 2012 configuration information acquisition unit, 2013 configuration information update unit, 2014 constraint item generation unit, 2015 constraint updater, 2016 constraint checking unit, 2021 CMDB, 2022 constraints DB, 20221 service providing form information, 20222 configuration management model information, 20223 constraint information.

Claims (9)

  1. IT(Information Technology)サービスの構成の雛型である構成管理モデルに従ってITサービスの構成が定義されている構成管理情報を用いてITサービスの構成を解析する際に参照される参照値を構成管理モデルに含まれる構成アイテムの組の単位で設定する参照値設定処理が行われる構成管理装置であって、 IT (Information Technology) services referenced constituting the reference value management model in construction of IT services in accordance with configuration management model is template by using the configuration management information defined to analyze the structure of the IT services of the configuration of the a configuration management system reference value setting process of setting a set of units of the configuration item is made to be contained in,
    ITサービスの提供形態であるサービス提供形態ごとに、対応する構成管理モデルが、ITサービスの構成要素の類型である複数の構成アイテムの組により定義される構成管理モデル情報を記憶する構成管理モデル情報記憶部と、 Service each providing form a form of providing IT services, configuration management model corresponding is, configuration management model information storing configuration management model information defined by a set of a plurality of configuration items are types of the components of the IT services a storage unit,
    ITサービスの種類ごとに、対応するサービス提供形態が定義され、サービス提供形態ごとに、対応する構成管理モデル情報に含まれている構成アイテムのうち、参照値の設定の対象となる構成アイテムが設定対象構成アイテムとして定義されるサービス提供形態情報を記憶するサービス提供形態情報記憶部と、 For each type of IT services, the corresponding service providing form is defined, for each service providing form, among the constituent items in the corresponding configuration management model information, configuration items to be reference value setting setting and the service providing form information storage unit that stores a service providing form information defined as a target configuration item,
    前記参照値設定処理が行われる際に、前記サービス提供形態情報の定義に基づき、ITサービスの種類ごとに、対応するサービス提供形態を特定するとともに、特定したサービス提供形態の設定対象構成アイテムを前記サービス提供形態情報から抽出し、抽出した設定対象構成アイテムと組になっている構成アイテムを前記構成管理モデル情報から関係構成アイテムとして抽出する構成アイテム抽出部と、 When the reference value setting process is performed, based on the definition of the service providing form information, for each type of IT services, corresponding with specifying the service providing form, wherein the setting target configuration item of the specified service providing form extracted from the service providing form information, and configuration item extracting unit extracted configuration item that is a setting target configuration item and the set is extracted as related configuration items from the configuration management model information,
    ITサービスの種類ごとに、前記構成アイテム抽出部により抽出された設定対象構成アイテムと関係構成アイテムとの組が参照値を設定する構成アイテムの組であることを、前記構成管理装置の利用者に提示する設定対象組提示部とを有することを特徴とする構成管理装置。 For each type of IT services, the set of the setting target configuration items and relationships configuration items extracted by the configuration item extracting unit is a set of configuration items to set a reference value, the user of the configuration management system configuration management apparatus characterized by having a setting target set presenting unit presenting.
  2. 前記サービス提供形態情報記憶部は、 Said service providing form information storage unit,
    サービス提供形態ごとに、複数の設定対象構成アイテムが定義されているサービス提供形態情報を記憶し、 For each service providing form, it stores the service providing form information in which a plurality of setting target configuration item is defined,
    前記構成アイテム抽出部は、 The configuration item extracting unit
    抽出した関係構成アイテムが、前記サービス提供形態情報で定義されている、抽出した設定対象構成アイテム以外の他の設定対象構成アイテムのいずれかに該当するか否かを判断し、 Extracted related configuration item, and determines whether any of the said service providing form information defined in extraction another setting target configuration items other than the setting target configuration item and,
    前記設定対象組提示部は、 The setting target set presentation section,
    前記構成アイテム抽出部により、関係構成アイテムが他の設定対象構成アイテムのいずれかに該当すると判断された場合に、 By the configuration item extracting unit, if the relationship configuration item is determined that either of the other setting target configuration item,
    前記構成アイテム抽出部により抽出された設定対象構成アイテムと関係構成アイテムとの組が参照値を設定する構成アイテムの組であることを、前記構成管理装置の利用者に提示することを特徴とする請求項1に記載の構成管理装置。 The set of the setting target configuration items and relationships configuration items extracted by the configuration item extracting unit is a set of configuration items to set a reference value, characterized in that it presented to the user of the configuration management system configuration management apparatus according to claim 1.
  3. 前記サービス提供形態情報記憶部は、 Said service providing form information storage unit,
    設定対象構成アイテムごとに、参照値の数が1つであるか複数であるかが定義されているサービス提供形態情報を記憶し、 For each setting target configuration item, and stores the service providing form information or the number of the reference value is more or is one has been defined,
    前記構成アイテム抽出部は、 The configuration item extracting unit
    抽出した関係構成アイテムが、前記サービス提供形態情報で定義されている、抽出した設定対象構成アイテム以外の他の設定対象構成アイテムのいずれかに該当すると判断した場合に、 When the extracted related configuration item has determined that the service providing form information is defined, which corresponds to any other setting target configuration item other than the extracted setting target configuration item,
    前記サービス提供形態情報に基づき、抽出した設定対象構成アイテムの参照値の数が1つであるか複数であるかを判断し、抽出した関係構成アイテムの参照値の数が1つであるか複数であるかを判断し、 Based on the service providing form information, the number of the extracted setting target configuration reference value of the item is determined whether a plurality whether one, several or the number of the extracted reference value relationship configuration item is one to determine whether it is,
    前記設定対象組提示部は、 The setting target set presentation section,
    前記構成アイテム抽出部により、設定対象構成アイテムの参照値の数及び関係構成アイテムの参照値の数がともに1つであると判断された場合に、 By the configuration item extracting unit, if the number of reference value of the number and relationship configuration item reference values ​​to be set configuration item is determined to be both one,
    前記構成アイテム抽出部により抽出された設定対象構成アイテムと関係構成アイテムとの組が参照値を設定する構成アイテムの組であり、設定対象構成アイテムと関係構成アイテムとの組に対して1つの参照値が設定されることを、前記構成管理装置の利用者に提示し、 The construction set of the setting target configuration item that was extracted with related configuration item by item extraction unit is a set of configuration items to set a reference value, one reference to a set of related configuration items and setting target configuration item that the value is set, and presented to the user of the configuration management system,
    前記構成アイテム抽出部により、設定対象構成アイテムの参照値の数及び関係構成アイテムの参照値の数の少なくともいずれかが複数であると判断された場合に、 By the configuration item extracting unit, when at least one number of the reference value of the number and relationship configuration item reference values ​​to be set configuration item is determined to be plural,
    前記構成アイテム抽出部により抽出された設定対象構成アイテムと関係構成アイテムとの組が参照値を設定する構成アイテムの組であり、設定対象構成アイテムと関係構成アイテムとの組に対して複数の参照値が設定されることを、前記構成管理装置の利用者に提示することを特徴とする請求項2に記載の構成管理装置。 The construction set of the setting target configuration item that was extracted with related configuration item by item extraction unit is a set of configuration items to set a reference value, a plurality of references to a set of the related configuration items and setting target configuration item configuration management apparatus according to claim 2, that the value is set, characterized in that it presented to the user of the configuration management system.
  4. 前記サービス提供形態情報記憶部は、 Said service providing form information storage unit,
    サービス提供形態ごとに、複数の設定対象構成アイテムが定義されているサービス提供形態情報を記憶し、 For each service providing form, it stores the service providing form information in which a plurality of setting target configuration item is defined,
    前記構成アイテム抽出部は、 The configuration item extracting unit
    前記参照値設定処理が行われる際に、前記サービス提供形態情報の定義に基づき、ITサービスの種類ごとに、対応するサービス提供形態を特定するとともに、特定したサービス提供形態の複数の設定対象構成アイテムを前記サービス提供形態情報から抽出し、抽出した複数の設定対象構成アイテムの各々に対して、関係構成アイテムを抽出し、 When the reference value setting process is performed, based on the definition of the service providing form information, for each type of IT services, corresponding with specifying the service providing form, a plurality of setting target configuration item of the specified service providing form the extracts from the service providing form information, for each of a plurality of setting target configuration item extracted, extracting the relationship configuration items, and
    前記設定対象組提示部は、 The setting target set presentation section,
    ITサービスの種類ごとに、前記構成アイテム抽出部により抽出された複数の設定対象構成アイテムと関係構成アイテムとの組が参照値を設定する構成アイテムの組であることを、前記構成管理装置の利用者に提示することを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載の構成管理装置。 For each type of IT services, the set of the plurality of setting target configuration items and relationships configuration items extracted by the configuration item extracting unit is a set of configuration items for setting the reference value, the use of the configuration management system configuration management apparatus according to any one of claims 1 to 3, wherein the presentation to the user.
  5. 前記構成管理装置は、更に、 The configuration management system, further,
    前記参照値設定処理により参照値が設定された後に、解析対象のITサービスの構成管理情報を用い、当該ITサービスの種類に対応する参照値を参照して、当該ITサービスの構成を解析する構成解析部を有することを特徴とする請求項1〜4のいずれかに記載の構成管理装置。 After the reference value is set by the reference value setting process, a configuration using the configuration management information of the IT service to be analyzed, with reference to the reference value corresponding to the type of the IT services, analyzing the structure of the IT services configuration management apparatus according to claim 1, characterized in that it comprises an analysis unit.
  6. 前記構成アイテム抽出部は、 The configuration item extracting unit
    ITサービスの種類ごとに、対応するサービス提供形態の構成管理モデル情報に前記設定対象構成アイテムに該当しない設定対象外構成アイテムが含まれているか否かを判断し、 For each type of IT services, to determine whether contains the corresponding set covered configuration items that do not correspond to the setting target configuration item to the configuration management model information of the service providing form,
    対応するサービス提供形態の構成管理モデル情報に前記設定対象外構成アイテムが含まれているITサービスの種類について、前記設定対象外構成アイテムと組になっている構成アイテムを前記構成管理モデル情報から関係構成アイテムとして抽出し、当該ITサービスの種類に対応するITサービスの構成管理情報を解析して、前記設定対象外構成アイテムと前記関係構成アイテムとの組に対する参照値を生成することを特徴とする請求項1〜5のいずれかに記載の構成管理装置。 For the type of IT services that contains the set covered configuration items in the configuration management model information of the corresponding service providing form, the relationship the configuration item that has become the set target outer configuration item and the set from the configuration management model information extracting a configuration item, and analyzes the configuration management information iT service corresponding to the type of the iT services, and generating a reference value for the set of the related configuration item and the set target outer configuration item configuration management apparatus according to claim 1.
  7. 前記構成管理装置は、更に、 The configuration management system, further,
    前記構成アイテム抽出部により参照値が生成されたITサービスの種類に対応するITサービスの構成管理情報を用い、前記構成アイテム抽出部により生成された参照値を参照して、当該ITサービスの構成を解析する構成解析部を有することを特徴とする請求項6に記載の構成管理装置。 The use of a configuration management information of the IT services that correspond to the type of configuration items IT services reference value is generated by the extraction unit, with reference to the reference value generated by the configuration item extracting unit, the configuration of the IT services configuration management apparatus according to claim 6, characterized in that it comprises a structure analysis unit that analyzes.
  8. IT(Information Technology)サービスの構成の雛型である構成管理モデルに従ってITサービスの構成が定義されている構成管理情報を用いてITサービスの構成を解析する際に参照される参照値を構成管理モデルに含まれる構成アイテムの組の単位で設定する参照値設定処理が行われるコンピュータによる構成管理方法であって、 IT (Information Technology) services referenced constituting the reference value management model in construction of IT services in accordance with configuration management model is template by using the configuration management information defined to analyze the structure of the IT services of the configuration of the configuration a management method by a computer in which the reference value setting process of setting a set of units of the configuration items contained in is performed,
    ITサービスの提供形態であるサービス提供形態ごとに、対応する構成管理モデルが、ITサービスの構成要素の類型である複数の構成アイテムの組により定義される構成管理モデル情報を所定の記憶領域から前記コンピュータが読み出す構成管理モデル情報読み出しステップと、 For each service providing form a form of providing IT services, configuration management model corresponding is, the configuration management model information defined by a set of a plurality of configuration items are types of the components of the IT services from a predetermined storage area a configuration management model information reading step of the computer reading,
    ITサービスの種類ごとに、対応するサービス提供形態が定義され、サービス提供形態ごとに、対応する構成管理モデル情報に含まれている構成アイテムのうち、参照値の設定の対象となる構成アイテムが設定対象構成アイテムとして定義されるサービス提供形態情報を所定の記憶領域から前記コンピュータが読み出すサービス提供形態情報読み出しステップと、 For each type of IT services, the corresponding service providing form is defined, for each service providing form, among the constituent items in the corresponding configuration management model information, configuration items to be reference value setting setting and the service providing form information reading step of said computer service providing form information defined from a predetermined storage area read as a target configuration item,
    前記参照値設定処理が行われる際に、前記コンピュータが、前記サービス提供形態情報の定義に基づき、ITサービスの種類ごとに、対応するサービス提供形態を特定するとともに、特定したサービス提供形態の設定対象構成アイテムを前記サービス提供形態情報から抽出し、抽出した設定対象構成アイテムと組になっている構成アイテムを前記構成管理モデル情報から関係構成アイテムとして抽出する構成アイテム抽出ステップと、 When the reference value setting process is performed, the computer is based on the definition of the service providing form information, for each type of IT services, as well as identify the corresponding service providing form, setting target of the specified service providing form extracting configuration items from the service providing form information, and configuration item extracting extracted configuration item that is a setting target configuration item and set as the relation configuration items from the configuration management model information,
    前記コンピュータが、ITサービスの種類ごとに、前記構成アイテム抽出ステップにより抽出された設定対象構成アイテムと関係構成アイテムとの組が参照値を設定する構成アイテムの組であることを、前記コンピュータの利用者に提示する設定対象組提示ステップとを有することを特徴とする構成管理方法。 The computer, for each type of IT services, the set of the setting target configuration items and relationships configuration items extracted by the configuration item extraction step is a set of configuration items for setting the reference value, the use of the computer configuration management method characterized by having a setting target set presenting step of presenting to the user.
  9. IT(Information Technology)サービスの構成の雛型である構成管理モデルに従ってITサービスの構成が定義されている構成管理情報を用いてITサービスの構成を解析する際に参照される参照値を構成管理モデルに含まれる構成アイテムの組の単位で設定する参照値設定処理が行われるコンピュータに、 IT (Information Technology) services referenced constituting the reference value management model in construction of IT services in accordance with configuration management model is template by using the configuration management information defined to analyze the structure of the IT services of the configuration of the the computer the reference value setting process of setting a set of units of the configuration items contained in is performed,
    ITサービスの提供形態であるサービス提供形態ごとに、対応する構成管理モデルが、ITサービスの構成要素の類型である複数の構成アイテムの組により定義される構成管理モデル情報を所定の記憶領域から読み出す構成管理モデル情報読み出しステップと、 For each service providing form a form of providing IT services, configuration management model corresponding reads the configuration management model information defined by a set of a plurality of configuration items are types of the components of the IT services from a predetermined storage area configuration and management model information readout step,
    ITサービスの種類ごとに、対応するサービス提供形態が定義され、サービス提供形態ごとに、対応する構成管理モデル情報に含まれている構成アイテムのうち、参照値の設定の対象となる構成アイテムが設定対象構成アイテムとして定義されるサービス提供形態情報を所定の記憶領域から読み出すサービス提供形態情報読み出しステップと、 For each type of IT services, the corresponding service providing form is defined, for each service providing form, among the constituent items in the corresponding configuration management model information, configuration items to be reference value setting setting and the service providing form information reading step of reading the service providing form information defined as a target configuration item from a predetermined storage area,
    前記参照値設定処理が行われる際に、前記サービス提供形態情報の定義に基づき、ITサービスの種類ごとに、対応するサービス提供形態を特定するとともに、特定したサービス提供形態の設定対象構成アイテムを前記サービス提供形態情報から抽出し、抽出した設定対象構成アイテムと組になっている構成アイテムを前記構成管理モデル情報から関係構成アイテムとして抽出する構成アイテム抽出ステップと、 When the reference value setting process is performed, based on the definition of the service providing form information, for each type of IT services, corresponding with specifying the service providing form, wherein the setting target configuration item of the specified service providing form extracted from the service providing form information, and configuration item extracting extracted configuration item that is a setting target configuration item and set as the relation configuration items from the configuration management model information,
    ITサービスの種類ごとに、前記構成アイテム抽出ステップにより抽出された設定対象構成アイテムと関係構成アイテムとの組が参照値を設定する構成アイテムの組であることを、前記コンピュータの利用者に提示する設定対象組提示ステップとを実行させることを特徴とするプログラム。 For each type of IT services, the set of the related configuration items and setting target configuration item extracted by the configuration item extraction step is a set of configuration items to set a reference value, and presents to the user of the computer a program characterized by executing the setting target set presenting step.
JP2013105293A 2013-05-17 2013-05-17 Configuration management device and configuration management method and program Active JP6061777B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013105293A JP6061777B2 (en) 2013-05-17 2013-05-17 Configuration management device and configuration management method and program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013105293A JP6061777B2 (en) 2013-05-17 2013-05-17 Configuration management device and configuration management method and program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014228874A JP2014228874A (en) 2014-12-08
JP6061777B2 true JP6061777B2 (en) 2017-01-18

Family

ID=52128702

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013105293A Active JP6061777B2 (en) 2013-05-17 2013-05-17 Configuration management device and configuration management method and program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6061777B2 (en)

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5239075B2 (en) * 2008-02-25 2013-07-17 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Machines Corporation Computer system for managing a service process including a plurality of service steps, as well as methods and computer program
JP5743826B2 (en) * 2011-09-26 2015-07-01 株式会社日立システムズ Configuration information management program and the configuration information management method

Also Published As

Publication number Publication date
JP2014228874A (en) 2014-12-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA2754304C (en) System and method for cloud enterprise services
CN102576354B (en) Support different deployment architectures scalable framework
RU2648608C2 (en) Telemetry system for the cloud system of synchronization
US20080301666A1 (en) System for aggregating content data and methods relating to analysis of same
US8601466B2 (en) Software deployment method and system, software deployment server and user server
EP2388703A1 (en) Techniques for evaluating and managing cloud networks
US9009277B2 (en) Configuration management repository for a distributed platform
US20160294614A1 (en) Remote Embedded Device Update Platform Apparatuses, Methods and Systems
US20060025985A1 (en) Model-Based system management
US20080126439A1 (en) Change verification in a configuration management database
US8914679B2 (en) Software testing automation framework
JP2013534675A (en) Provisioning of multiple network resources
US20140067836A1 (en) Visualizing reporting data using system models
US20030115511A1 (en) Method, apparatus and program for diagnosing system risk
US9063808B2 (en) Deploying a package for a software application
US9032052B2 (en) Deployment of a driver or an application on a client device having a write-filter
US10142204B2 (en) Techniques for evaluating server system reliability, vulnerability and component compatibility using crowdsourced server and vulnerability data
EP2585915A2 (en) Applications including multiple experience modules
Olups Zabbix 1.8 network monitoring
US9811543B2 (en) Systems and methods for generating schemas that represent multiple data sources
US8972963B2 (en) End-to-end patch automation and integration
US8762508B2 (en) Effectively managing configuration drift
US8639798B2 (en) Managing configuration items
US9417865B2 (en) Determining when to update a package manager software
US8869015B2 (en) System and method to permit language independence for web interfaces

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20151217

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20161027

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20161115

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20161213

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6061777

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150