JP6058873B2 - Control method for a portable injection device and a portable injection device - Google Patents

Control method for a portable injection device and a portable injection device Download PDF

Info

Publication number
JP6058873B2
JP6058873B2 JP2010175094A JP2010175094A JP6058873B2 JP 6058873 B2 JP6058873 B2 JP 6058873B2 JP 2010175094 A JP2010175094 A JP 2010175094A JP 2010175094 A JP2010175094 A JP 2010175094A JP 6058873 B2 JP6058873 B2 JP 6058873B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
injection
control unit
unit
information
protocol
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2010175094A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2012034729A (en
Inventor
根本 茂
茂 根本
市川 卓
卓 市川
Original Assignee
株式会社根本杏林堂
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社根本杏林堂 filed Critical 株式会社根本杏林堂
Priority to JP2010175094A priority Critical patent/JP6058873B2/en
Publication of JP2012034729A publication Critical patent/JP2012034729A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6058873B2 publication Critical patent/JP6058873B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、携帯型注入装置及び携帯型注入装置の制御方法に関し、特に、記憶媒体が挿入可能な携帯型注入装置、及び当該携帯型注入装置の制御方法に関する。 The present invention relates to a control method for a portable injection device and a portable infusion device, in particular, inserted storage medium capable portable infusion device, and a control method for the portable infusion device.

従来、携帯可能な注入装置として、注入速度設定器を備える携帯用輸液注入ポンプが存在した(特許文献1)。 Conventionally, as a portable infusion device, a portable infusion pump with the infusion rate setter exists (Patent Document 1). この注入速度設定器は、患者の状態、投与する薬剤を考慮し、患者に対して最適な注入速度となるように、医療従事者により操作される。 The infusion rate setter, the condition of the patient, taking into account the drug to be administered, so that the optimum injection rate for the patient, is operated by a medical practitioner.

特開2001−245975号公報 JP 2001-245975 JP

しかし、従来の注入装置では、医療従事者である医師等による操作が必要であるため、院内又は医師が監視できる範囲内での使用に限られていた。 However, in the conventional injection apparatus, since it is necessary to operate by a physician or the like which is a medical practitioner, hospital or physician is limited to use within the range that can be monitored. そのため、使用者である患者の移動範囲が限られてしまっていた。 Therefore, the range of movement of the patient who is the user has fallen is limited. また、薬液の注入速度、注入量及び注入時間等を一定時間内に増減又は維持するように、若しくは注入を一時停止するように作成された薬液の注入プロトコルを、カルテ情報や医師の指示により注入速度設定器へ入力する必要があった。 The infusion, injection rate of liquid medicine, the injection amount and to increase or decrease or maintain an infusion time or the like within a predetermined time, or the injection protocol of the chemical liquid is made to pause the injection, according to an instruction of the medical record information and doctors it is necessary to enter the speed setter. 具体的には、患者の体重、身長、体表面積、性別及び病変部位等を勘案して薬液の注入プロトコルを作成し、この注入プロトコルを注入速度設定器へ入力していた。 Specifically, the patient's weight, height, body surface area, taking into account the sex and diseased sites, etc. to create an infusion protocol of the chemical had entered the injection protocol into the injection speed setter. そのため、注入プロトコルの作成及び入力を含んだ注入準備に時間がかってしまっていた。 For this reason, it had gotten bought time to including the creation and input injection protocol injection preparation. また、入力以外の注入準備も同時に行われるため、作業工数の多さに起因する入力ミスが生じる可能性もあった。 Further, since also performed simultaneously injection preparation other than the input, it was also a possibility that input errors caused by the abundance of working steps occur.

上記課題を解決するために、本発明は、薬液を注入する注入ポンプが装着可能であると共に、記憶媒体が挿入可能である携帯型注入装置であって、前記注入ポンプを装着する装着部と、前記記憶媒体を挿入するスロットと、前記注入ポンプに接続される駆動部と、前記薬液の注入プロトコルを前記記憶媒体から読み込む読込部と、前記駆動部及び前記読込部を制御する制御部とを備え、前記制御部は、前記注入プロトコルに従って前記薬液の注入量又は注入速度を変更するように、前記駆動部を制御することを特徴とする携帯型注入装置を提供する。 In order to solve the above problems, the present invention includes a with infusion pump for injecting a drug solution can be attached to a portable infusion device storage media can be inserted, the mounting portion for mounting the infusion pump, comprising a slot for inserting the storage medium, a drive unit connected to said injection pump, and a reading unit which reads the infusion protocol of the chemical from the storage medium, and a control unit for controlling the drive unit and the reading unit the control unit provides a portable injection device for the injection protocol to change the injection volume or injection rate of the chemical solution in accordance with, and controls the drive unit.

また、本発明は、薬液を注入する注入ポンプを装着する装着部と、記憶媒体を挿入するスロットと、前記注入ポンプに接続される駆動部と、前記薬液の注入プロトコルを前記記憶媒体から読み込む読込部と、前記駆動部及び前記読込部を制御する制御部とを備えた携帯型注入装置の制御方法であって、挿入された前記記憶媒体から、前記注入プロトコルを読み込み、前記注入プロトコルに従って前記薬液の注入量又は注入速度を変更するように、前記駆動部を制御することを特徴とする携帯型注入装置の制御方法を提供する。 Further, the present invention is read to read a mounting portion for mounting the infusion pump for injecting a drug solution, and a slot for inserting a storage medium, a drive unit connected to said injection pump, the injection protocol of the drug solution from the storage medium and parts, a control method for a portable infusion device that includes a control unit for controlling the drive unit and the reading unit, from the inserted said storage medium, reads the injection protocol, the chemical in accordance with the injection protocol to change the injection volume or injection rate, a control method of a portable infusion device, characterized in that for controlling the drive unit.

本発明によれば、電子カルテのカルテ情報等又は医師の指示等により薬液の注入プロトコルを作成し、予め記憶媒体に記憶させておくことができる。 According to the present invention, the instruction or the like of the electronic medical record medical record information and the like or physician to create the infusion protocol of the drug solution can be stored in a pre-stored medium. これにより、記憶媒体を携帯型注入装置に挿入するだけですぐに注入を開始することができる。 Thus, it is possible to start immediately injected only by inserting the storage medium in the portable infusion device. そのため、注入直前に注入プロトコルを算出及び入力する必要がなくなる。 Therefore, the injection protocol calculation and need not be entered immediately before injection. また、注入プロトコルの入力ミスを防ぐことができる。 Further, it is possible to prevent input errors injection protocol.

携帯型注入装置と記憶媒体の外観斜視図を示す。 It shows a perspective view of a portable infusion device and the storage medium. 携帯型注入装置の安全カバーが開いた状態を示す。 It shows a state where the safety cover of the portable injection device is opened. 携帯型注入装置の概略断面図を示す。 It shows a schematic cross-sectional view of a portable infusion device. 第1実施形態の注入装置の概略構成のブロック図を示す。 It shows a block diagram of a schematic configuration of the injection device of the first embodiment. 注入を停止するまでのフローチャートを示す。 Injecting a flow chart until the stop. 第2実施形態における注入装置の概略構成のブロック図を示す。 It shows a block diagram of a schematic configuration of the injection device in the second embodiment. 注入を再開するまでのフローチャートを示す。 It shows a flowchart of before restarting the infusion. 第3実施形態における制御のフローチャートを示す。 It shows a flowchart of control in the third embodiment. メモリーカードに書き込まれる情報の表を示す。 It shows a table of information to be written to the memory card. 第4実施形態における制御のフローチャートを示す。 It shows a flowchart of control in the fourth embodiment. 第5実施形態における制御のフローチャートを示す。 It shows a flowchart of control in the fifth embodiment. 肩掛けバッグの外観斜視図を示す。 It shows a perspective view of a shoulder bag.

[第1実施形態] First Embodiment
図1は、本発明の携帯型注入装置1(以下、単に注入装置という)と、注入装置1に装着可能な薬液の注入ポンプ2と、注入装置1に挿入可能な記憶媒体3とを概略的に示している。 Figure 1 is a portable injection device 1 of the present invention (hereinafter, simply referred to as the injection device), a infusion pump 2 of the drug solution can be mounted on the injection device 1, schematically and insertable storage medium 3 on the injection device 1 It is shown in. 図2は、注入装置1の安全カバー13を開いた状態を概略的に示している。 Figure 2 is an opened state of the safety cover 13 of the injection device 1 is shown schematically.

記憶媒体であるメモリーカード3は、注入装置1の本体10の側面上部に設けられたスロット31に着脱可能に挿入される。 Memory card 3 is a storage medium is detachably inserted into a slot 31 provided in the upper portion of the side surface of the main body 10 of the injection device 1. なお、メモリーカード3の内部には不揮発性のメモリが設けられており、各種のデータを記憶させることができる。 Incidentally, inside the memory card 3 is provided with a nonvolatile memory, it is possible to store various data. 記憶媒体には、SDカード(登録商標)、コンパクト・フラッシュ・カード(登録商標)、スマートメディア(登録商標)、メモリースティック(登録商標)、マルチメディアカード(登録商標)、ICカード、磁気ディスク等が含まれる。 The storage medium, SD card (registered trademark), a compact flash card (registered trademark), smart media (registered trademark), Memory Stick (registered trademark), multimedia card (registered trademark), IC card, magnetic disk, etc. included.

メモリーカード3には、電子カルテのカルテ情報等又は医師の指示等により予め作成された薬液の注入プロトコルが記憶されている。 The memory card 3, infusion protocol of the chemical liquid previously created by an instruction or the like of medical record information of the electronic medical record or a physician is stored. そして、このメモリーカード3が、本体10のスロット31に挿入される。 Then, this memory card 3 is inserted into the slot 31 of the body 10. スロット31は、突起32が形成されたスライドカバー33によって覆われている。 Slot 31 is covered by the slide cover 33 which protrusion 32 is formed. そして、メモリーカード3を挿入する際には、当該突起32に指をかけて、スライドカバー33を本体10の前部方向にスライドさせる。 Then, when inserting the memory card 3, by applying a finger to the projection 32 slides the slide cover 33 in the front direction of the body 10. その後、露出したスロット31へメモリーカード3を挿入する。 Then, insert the memory card 3 into the slot 31 exposed. スライドカバー33は防液機能を有しており、スライドカバー33を閉じることにより外部からの液体の侵入を防止することができる。 Slide cover 33 has a liquid-proof function, it is possible to prevent intrusion of the liquid from the outside by closing the slide cover 33. なお、スライドカバー33に代えて、垂直方向又は水平方向に回動して開閉するカバーを設けても良い。 Instead of the slide cover 33 may be a cover that opens and closes by rotating in the vertical or horizontal direction.

また、本体10の前部には、注入ポンプ2が装着される装着部11(図2)が設けられている。 Further, the front portion of the main body 10, mounting portions 11 for the infusion pump 2 is mounted (FIG. 2) is provided. 装着された注入ポンプ2は、薬液の注入を開始する前に、不図示のダブルチェックバルブ及びチューブ等を介して不図示の薬液バッグ及びカテーテルと接続される。 Loaded infusion pump 2, before starting the injection of the drug solution is connected to the drug solution bag and catheter (not shown) via a double check valve and a tube or the like (not shown). 本実施形態では、注入ポンプ2として、5ml〜10mlの薬液を充填できるシリンジ21と、シリンジ21内を前進及び後進させることが可能なプランジャー22を有するシリンジポンプが装着されている。 In the present embodiment, as an infusion pump 2, a syringe 21 which can be filled with drug solution 5Ml~10ml, syringe pump having a plunger 22 capable of forward and reverse are mounted within the syringe 21. 例えば、このようなシリンジ21は、抗がん剤が充填された薬液バッグと、生理食塩水又はブドウ糖液が充填された薬液バッグとに接続される。 For example, such a syringe 21, a drug solution bag anticancer agent is filled, saline or glucose solution is connected to the drug solution bag filled.

本体10には、確認スイッチ121、スタート/ストップボタン123(図2)、前進ボタン124及び後進ボタン125(図2)を有する操作部12が設けられている。 The body 10, confirmation switch 121, a start / stop button 123 (FIG. 2), the operation unit 12 is provided with a forward button 124 and backward button 125 (FIG. 2). スタート/ストップボタン123、前進ボタン124及び後進ボタン125は、本体10の前部に設けられ、開閉式の安全カバー13に覆われている。 Start / stop button 123, forward button 124 and backward button 125 is provided on the front portion of the main body 10 is covered with the safety cover 13 openable. この安全カバー13は防液機能を有しており、安全カバー13を閉じることにより外部からの液体の侵入を防止することができる。 The safety cover 13 has a liquid-proof function, it is possible to prevent intrusion of the liquid from the outside by closing the safety cover 13. 一方、確認スイッチ121は本体10の外面に設けられている。 On the other hand, confirmation switch 121 is provided on the outer surface of the body 10.

注入装置1を準備する医師又は看護師等の操作者は、前進ボタン124及び後進ボタン125を使用して薬液の充填とエア抜きを行う。 Doctor or nurse of the operator to prepare the injection device 1 performs filling and air bleeding of the chemical with the Advance button 124 and the reverse button 125. まず、操作者は注入ポンプ2を装着部11に装着し、前進ボタン124を押してシリンジポンプのプランジャー22を前進させる。 First, the operator wearing the infusion pump 2 to the mounting portion 11, to advance the plunger 22 of the syringe pump by pressing the advance button 124. その後、シリンジ21にダブルチェックバルブ及びチューブ(不図示)を接続し、当該チューブを薬液バッグ(不図示)に接続する。 Then, connect the double check valve and tubing (not shown) to the syringe 21, connecting the tube to a medical bag (not shown). この状態で、操作者は後進ボタン125を押してシリンジポンプのプランジャー22を後進させる。 In this state, the operator is reverse plunger 22 of the syringe pump by pressing the backward button 125. なお、図2には、プランジャー22が限界まで後進した状態が示されている。 In FIG. 2, the plunger 22 is shown a state that reverse to the limit. プランジャー22が後進すると、チューブを介して薬液バッグから薬液がシリンジ21内に充填される。 As the plunger 22 moves backward, the drug solution from the drug solution bag via the tube is filled into the syringe 21. 薬液が充填された後、操作者は前進ボタン124を押し、プランジャー22を前進させる。 After the chemical solution is filled, the operator presses the forward button 124, to advance the plunger 22. これにより、カテーテル(不図示)と接続されたチューブ内が薬液で満たされチューブ内のエアが抜かれる。 Thus, a catheter (not shown) and connected to the tube is pulled air in the tube is filled with liquid medicine. その後、操作者は後進ボタン125を押し、プランジャー22を後進させる。 Then, the operator presses the reverse button 125, to reverse the plunger 22. 最後に、操作者は前進ボタン124を押し、プランジャー22を僅かに前進させる。 Finally, the operator presses the forward button 124, to slightly advance the plunger 22. これにより、薬液がチューブ及びシリンジ21内に充填され、薬液の注入準備が整う。 Thus, the drug solution is filled into tubes and syringe 21, injection preparations of the chemical liquid is ready. この一連の動作は、注入装置1に自動的に行わせることも可能である。 This series of operations, it is also possible to automatically performed on the injection device 1.

注入装置1の本体10の外面には、薬液の注入プロトコルを確認するための表示部14が設けられている。 The outer surface of the body 10 of the injection device 1 includes a display unit 14 for confirming the injection protocol of the chemical liquid is provided. スロット31にメモリーカード3を挿入すると、表示部14は薬液の注入量、薬液の注入速度及び薬液の注入時間等の情報を自動的に表示する。 When inserting the memory card 3 into the slot 31, the display unit 14 automatically displays the injection amount of the liquid medicine, the information of the injection time of the injection rate and chemical of the chemical. 操作者は、薬液を注入する前に表示された注入プロトコルの内容を確認する。 The operator, to check the contents of the displayed injection protocol before injecting a chemical solution. そして、内容が正しければ確認スイッチ121を押して注入プロトコルを確定させる。 Then, to determine the injection protocol by pressing the confirmation switch 121 is correct contents. なお、表示部14は、注入状況、外部センサー4(図6)によって検知された検知情報、気泡を検知した旨の表示及び気泡のサイズ、注入開始又は注入停止の表示等の様々な情報を表示できる。 The display unit 14, the injection conditions, display detection information detected by the external sensor 4 (FIG. 6), the size of the display and bubbles indicative of the sensed air bubbles, various information display of injection start or stop infusion it can.

操作者は、注入プロトコルを確定した後に安全カバー13を開く。 The operator opens the safety cover 13 after determining the injection protocol. そして、操作者がスタート/ストップボタン123を押すことで、薬液の注入が開始される。 Then, the operator by pressing the start / stop button 123, the injection of the liquid medicine is started. 注入装置1の本体10にはランプ15が設けられており、薬液の注入中はランプ15が点滅する。 The body 10 of the injection device 1 has a lamp 15 is provided, during the injection of the chemical lamp 15 blinks. そして、薬液の注入が停止又は終了すると、ランプ15は消灯する。 When the injection of the drug solution is stopped or completed, the lamp 15 is turned off. これにより、操作者は、薬液が注入されているのか注入されていないのかを判断できる。 Thus, the operator can determine whether the drug solution are not injected on whether they are implanted. 薬液の注入開始を確認した操作者は、安全カバー13を閉じる。 Operator who confirmed the start of the infusion of the drug solution, close the safety cover 13. なお、操作者が再度スタート/ストップボタン123を押すと、薬液の注入が停止される。 Incidentally, when the operator presses the start / stop button 123 again, the injection of the drug solution is stopped.

図3は、注入装置1の概略断面図である。 Figure 3 is a schematic cross-sectional view of the injection device 1. 本実施形態の注入装置1は、シリンジポンプのプランジャー22を進退させるために本体10内で摺動するネジ部16を備えている。 Injection device 1 of this embodiment includes a threaded portion 16 which slides within the main body 10 for advancing and retracting the plunger 22 of the syringe pump. また、本体10内部には、駆動部としてステッピングモータ等のモーター17が設けられ、ネジ部16を介して注入ポンプ2に接続されている。 Further, inside the main body 10, a motor 17 such as a stepping motor is provided as the drive unit, and is connected to the infusion pump 2 via a threaded portion 16. モーター17にはプーリー及びベルトを備えたプーリー部171が接続されており、このプーリー及びベルトを介してモーター17がネジ部16に回転力を加える。 The motor 17 is connected a pulley 171 having a pulley and a belt, the motor 17 through the pulley and the belt exerts a rotational force to the screw portion 16. ネジ部16は、ボールネジ又はすべりネジと螺合するネジナットを含み、モーター17からの回転力により本体10内を摺動する。 Screw portion 16 includes a ball screw or sliding screw screwed to the screw nut, which slides inside body 10 by the rotational force from the motor 17. すなわち、ネジ部16は、モーター17からの回転力により軸受に支持されたネジ軸が回転することにより摺動する。 That is, the screw portion 16, a screw shaft supported in the bearing by the rotational force from the motor 17 to slide by rotating. また、ネジ部16は装着部11を介してプランジャー22に接続されており、ネジ部16が本体10内を摺動するとプランジャー22を前進及び後進させることができる。 Further, the threaded portion 16 can be advanced and backward the plunger 22 when being connected to the plunger 22 via the mounting portion 11, threaded portion 16 slides inside body 10. このようなモーター17及びネジ部16を備えることにより、本実施形態の注入装置1は、長時間に渡って高い精度で薬液を注入できる。 By providing such a motor 17 and a threaded portion 16, injection device 1 of this embodiment can inject the liquid with high accuracy for a long time.

具体的にボールネジが用いられた注入装置1を、詳細に説明する。 Specifically the injection device 1 a ball screw is used, will be described in detail. この場合、ネジ部16は、軸受に回転可能に支持されたボールネジ軸と、ボールネジ軸の中間部に螺合されたボールネジナットとを含む。 In this case, the threaded portion 16 includes a ball screw shaft rotatably supported by a bearing, and a ball screw nut screwed to the intermediate portion of the ball screw shaft. そして、ボールネジナットが、本体10に摺動可能に取り付けられたプランジャーフック11(装着部11)と係合する。 The ball screw nut is engaged with the plunger hook 11 slidably mounted to the body 10 (mounting portion 11). モーター17の回転軸の回転は、プーリーとベルト(プーリー部171)を介して、ボールネジ軸に伝達される。 Rotation of the rotary shaft of the motor 17 via a pulley and belt (pulley portion 171), is transmitted to the ball screw shaft. これにより、ボールネジ軸が伝達された回転力に従って回転し、ボールネジ軸の回転に伴いボールネジナットが摺動する。 Thus, rotating according to the rotation force the ball screw shaft is transmitted, the ball screw nut with the rotation of the ball screw shaft slides. ボールネジナットが摺動すると、プランジャーフック11を介してプランジャー22が前進又は後進する。 When the ball screw nut slides, the plunger 22 is advanced or backward through the plunger hook 11. すなわち、シリンジ21に対してプランジャー22が出し入れされる。 That is, the plunger 22 is out against the syringe 21. そして、プランジャー22が後進すると、薬液バッグからシリンジ21内に薬液が流入する。 When the plunger 22 moves backward, the chemical solution flows into the syringe 21 from the medical bag. 一方、プランジャー22が前進すると、シリンジ21内の薬液がチューブへと流出し、カテーテルを介して使用者に注入される。 On the other hand, when the plunger 22 is advanced, the drug solution in the syringe 21 flows out into the tube, is injected into the user through a catheter. この前進と後進の動作を繰り返すことにより、薬液を長時間連続して使用者に注入することができる。 By repeating the reverse operation and the forward, it can be injected to the user chemical continuously for a long time.

なお、図3ではプランジャー22を1段構造にしているが、2段構造を用いることもできる。 Incidentally, although the plunger 22 in FIG. 3 in 1-stage structure, it is also possible to use a two-stage structure. この場合、プランジャー22の1段目は、シリンジ21内部の前進方向端面に当接可能となるように設けられる。 In this case, the first stage of plunger 22 is provided so as to be abutted against the forward end face of the syringe 21. そして、プランジャー22の2段目は、1段目から後進方向に離れて、シリンジ21内部の後進方向端面に当接可能となるように設けられる。 The second stage of plunger 22 is away backward direction from the first stage, is provided so as to be abutted against the rearward end face of the syringe 21. これにより、塵埃がシリンジ21内に侵入することを防止できる。 Accordingly, dust can be prevented from entering the syringe 21.

図4は、注入装置1の要部の構成を概略的に示すブロック図である。 4, a configuration of a main portion of the injection device 1 is a block diagram schematically showing. 注入装置1の本体10には、上述した操作部12、表示部14及びモーター17の他、制御部100、記憶部101、読込部102、電源103及びタイマー104が設けられている。 The body 10 of the injection device 1, the operation unit 12 described above, a display portion 14 and the motor 17, the control unit 100, storage unit 101, the reading unit 102, the power source 103 and the timer 104 are provided. なお、本実施形態のモーター17は、不図示のシリンジポンプに接続されるが、シリンジポンプに代えて、ぜん動注入ポンプ、スクリュー又は羽根を用いた注入ポンプ等に接続することもできる。 Incidentally, the motor 17 of the present embodiment is connected to a syringe pump (not shown), in place of the syringe pump, may be connected to a peristaltic infusion pump, infusion pump or the like using screws or vanes.

制御部100はCPUからなり、モーター17、表示部14、記憶部101、読込部102を制御する。 Control unit 100 consists of CPU, the motor 17, a display unit 14, a storage unit 101, controls the reading unit 102. 記憶部101はROMとRAMとを備え、注入プロトコルに従い制御部100で実行される制御プログラムを記憶している。 Storage unit 101 stores a control program executed by the control unit 100 in accordance with ROM and provided with, RAM, and an injection protocol. 表示部14は、液晶ディスプレイ又は有機ELディスプレイ等からなる。 Display unit 14, a liquid crystal display or an organic EL display, or the like. 例えば、表示部14は、薬液の注入プロトコルの確認のために注入量等を表示する。 For example, the display unit 14 displays the injection amount, etc. for confirmation of the chemical liquid injection protocol. また、表示部14は、薬液の注入速度、注入開始からの総注入量及び薬液の残量等の情報を、薬液の注入中に表示することもできる。 The display unit 14, the injection speed of the drug solution, the total injection amount and information of the remaining amount of the liquid medicine from the injection start, may be displayed during the injection of the drug solution. 操作部12は、確認スイッチ121、スタート/ストップボタン123、前進ボタン124及び後進ボタン125を有する。 The operation unit 12 includes a confirmation switch 121, a start / stop button 123, forward button 124 and backward button 125. 操作者が操作部12を操作すると、操作部12は制御部100に信号を出力する。 When the operator operates the operation unit 12, operation unit 12 outputs a signal to the control unit 100. 制御部100は、操作部12からの信号に応じてモーター17の回転軸の回転方向及び回転速度を制御する。 Control unit 100 controls the rotation direction and the rotation speed of the rotation shaft of the motor 17 in accordance with a signal from the operation unit 12. モーター17は、制御部100から不図示のドライバを介して入力された信号に従って駆動する。 Motor 17 is driven according to signals inputted via the not shown driver from the control unit 100. これにより、制御部100は、薬液の注入量及び注入速度を変更できる。 Thus, the control unit 100 can change the injection amount and injection rate of the liquid medicine. また、モーター17は不図示のエンコーダーを有し、モーター17の回転数等の情報を制御部100に出力している。 Further, the motor 17 has an encoder (not shown), and outputs the information of the number of revolutions of the motor 17 to the control unit 100. 電源103は、モーター17に電力を供給し、制御部100に残量情報を出力する。 Power supply 103 supplies power to the motor 17 and outputs a remaining amount information to the control unit 100.

タイマー104は、現在の時刻等の時間情報を制御部100に出力する。 The timer 104 outputs time information such as the current time to the control unit 100. また、読込部102は、本体10のスロット31に挿入された記憶媒体であるメモリーカード3から、注入プロトコルを読み込む。 Further, the reading unit 102 from the memory card 3 is inserted storage medium into a slot 31 of the main body 10, reads the injection protocol. 制御部100は、読み込まれた注入プロトコルに従い、薬液の注入量又は注入速度を変更するようにモーター17を制御する。 Control unit 100 in accordance with the loaded infusion protocol, and controls the motor 17 to change the injection volume or injection rate of liquid medicine. この際、モーター17の回転数等の情報及び時間情報がモーター17の制御に使用される。 At this time, information and time information of the number of revolutions of the motor 17 is used to control the motor 17. 例えば、これらの情報から、制御部100は薬液の総注入量と注入開始からの経過時間とを算出することができる。 For example, from this information, the control unit 100 can calculate the elapsed time from the start of injection to the total injection amount of the liquid medicine. そして、注入プロトコルに従い薬液の注入速度及び注入量を決定する。 Then, to determine the injection rate and injection amount of the liquid medicine in accordance with infusion protocols. その後、制御部100は、決定した注入速度及び注入量に従い、薬液の注入速度及び注入量を変更するようにモーター17を制御する。 Thereafter, the control unit 100 in accordance with the determined injection rates and the injection amount, and controls the motor 17 so as to change the injection rate and injection amount of the liquid medicine. また、変更の必要が無ければ、制御部100は、現在の注入速度及び注入量を維持するようにモーター17を制御する。 Further, if there is no need to change, the control unit 100 controls the motor 17 to maintain the current infusion rate and injection volume. なお、注入速度及び注入量の変更には、注入の停止及び開始が含まれる。 Incidentally, the change of the injection rate and injection volume includes injection of stopping and starting.

注入装置1に挿入可能であるメモリーカード3は、薬液の注入プロトコルを記憶している。 Memory card 3 is insertable into the injection device 1 stores the injection protocol of the drug solution. そして、注入プロトコルには、少なくとも注入時間、注入速度及び注入量の情報が含まれている。 Then, the injection protocol includes at least injection time, the injection rate and injection amount information. この注入プロトコルは、所定のプログラムがインストールされたコンピューターに患者である使用者の情報を入力することによって、自動的に作成することができる。 The injection protocol, by entering the information of a patient user on a computer in which a predetermined program is installed, it is possible to automatically created. 使用者情報には、使用者の病名及び身体的特徴(体重、身長、体表面積、年齢又は性別等)、使用者名、使用者ID、病名、病変部位、又は薬液名等の各種の情報が含まれる。 The user information, disease name and physical characteristics of the user (body weight, height, body surface area, age or sex, etc.), user name, user ID, name of disease, lesion, or a variety of information of the chemical name, etc. included. これらの情報は、病院内のシステムに記録された電子カルテから自動的にコンピューターに取得させることができると共に、医師等が自らコンピューターに入力することもできる。 This information makes it possible to obtain from an electronic medical record that is recorded in the system in a hospital automatically computer may be a doctor or the like is input to the own computer. また、医師等は、使用者情報に基づいて自ら注入プロトコルを作成することもできる。 Further, the doctor or the like can also create their own injection protocol based on the user information. このように作成された注入プロトコルは、コンピューターを用いて予めメモリーカード3に記憶される。 The injection protocol that was created in this manner is stored in advance in the memory card 3 by using a computer. なお、使用者情報の全て又はその一部を、メモリーカード3に記憶することもできる。 It is also possible to all or part of the user information, stored in the memory card 3.

例えば、抗がん剤の注入プロトコルを計算する場合は、体重及び身長、又は体表面積に対応した抗がん剤の注入量が設定されたデータに基づいて注入プロトコルが計算される。 For example, when calculating the injection protocol anticancer agent injection protocol is calculated on the basis of the data injection amount of an anti-cancer agent that corresponds to the weight and height or surface area, is set. この注入量は、入力された体重及び身長から体表面積を計算し、この体表面積に比例した抗がん剤の注入量として計算される。 The injection volume, the body surface area was calculated from the input weight and height, is calculated as the injection amount of the anticancer agent in proportion to the body surface area. さらに、コンピューターには、薬液の注入速度を時間経過に応じて変化させる可変パターンが入力されている。 In addition, the computer, variable pattern that is changed according to lapse of injection rate of the chemical time has been entered. そして、コンピューターは、可変パターンと計算により求められた注入量に基づいて、薬液の注入速度を計算する。 Then, the computer, based on the injection amount determined by the variable pattern and the calculation, to calculate the infusion rate of the drug solution. その結果、注入プロトコルは、可変パターンに対応して経時的に変化する注入速度で、所定時間に計算された量の薬液を注入させるように作成される。 As a result, the injection protocol in infusion rate to vary over time in response to the variable pattern is created so as to inject the amount of liquid medicine calculated at a predetermined time.

メモリーカード3の挿入から薬液の注入が開始されるまでの流れを、図5のフローチャートを参照して説明する。 The flow from the insertion of the memory card 3 to the injection of the liquid medicine is started, it will be described with reference to the flowchart of FIG. まず、操作者は、注入プロトコルが記憶されたメモリーカード3を本体10に挿入する(S1)。 First, the operator, the memory card 3 the infusion protocol is stored for insertion into body 10 (S1). メモリーカード3が挿入されると、制御部100は読込部102を制御し、読込部102はメモリーカード3から注入プロトコルを読み込む(S2)。 When the memory card 3 is inserted, the control unit 100 controls the reading unit 102, the reading unit 102 reads the infusion protocol from the memory card 3 (S2). 次いで、制御部100は、読み込まれた注入プロトコルの内容、例えば、注入時間、注入速度及び注入量を表示部14に表示する(S3)。 Then, the control unit 100, the contents of the read injection protocol, for example, injection time, and it displays the infusion rate and injection quantity on the display unit 14 (S3). 操作者は、表示部14に表示された注入プロトコルの内容を確認する。 The operator confirms the content of the displayed on the display unit 14 injection protocol. そして、注入プロトコルの内容が正しければ(S4でYES)、操作者は操作部12の確認スイッチ121を押す。 Then, if correct the contents of the injection protocol (at S4 YES), the operator presses the confirmation switch 121 of the operation unit 12. 表示部14に表示された注入プロトコルの内容が間違っていた場合(S4でNO)、操作者はスロット31からメモリーカード3を取り出す(S7)。 If the contents of the displayed on the display unit 14 injection protocol was wrong (NO in S4), the operator takes out the memory card 3 from the slot 31 (S7). そして、操作者は、正しい注入プロトコルが記憶されたメモリーカード3を挿入する。 Then, the operator inserts the memory card 3 to the correct infusion protocol is stored. または、操作者は、取り出したメモリーカード3に正しい注入プロトコルを記憶させ、スロット31へ再び挿入する。 Or, the operator stores the correct injection protocol in the memory card 3 taken out again inserted into the slot 31. (S1)。 (S1).

注入プロトコルの内容を表示した後、制御部100は、確認条件が満たされたか否かを判断する(S5)。 After displaying the contents of the injection protocol, the control unit 100 determines whether check condition is satisfied (S5). 具体的には、確認スイッチ121が押された場合、又は注入プロトコルを表示した後に所定時間が経過した場合、制御部100は確認条件が満たされたと判断する。 Specifically, if the confirmation switch 121 is pressed, or when a predetermined time injection protocol after displaying has elapsed, the control unit 100 determines that the check condition is satisfied. 確認条件が満たされていれば(S5でYES)、制御部100は、注入プロトコルを記憶部101に記憶させる(S6)。 If confirmation condition is satisfied (YES in S5), the control unit 100 stores the injection protocol in the storage unit 101 (S6). 一方、確認条件が満たされていなければ(S5でNO)、制御部100は確認条件が満たされるまで待機する。 On the other hand, if it is not satisfied check condition (S5 in NO), the control unit 100 waits until satisfied check condition.

記憶部101に注入プロトコルを記憶させた後、制御部100は、薬液注入の開始条件が満たされたか否かを判断する(S8)。 After storing the injection protocol in the storage unit 101, the control unit 100 determines whether conditions for starting the liquid injection is satisfied (S8). 具体的には、スタート/ストップボタン123が押された場合、又は安全カバー13が閉じられた場合に、制御部100は開始条件が満たされたと判断する。 Specifically, if the start / stop button 123 is pressed, or when the safety cover 13 is closed, the control unit 100 determines that the start condition is satisfied. 開始条件が満たされていなければ(S8でNO)、制御部100は開始条件が満たされるまで待機する。 If the start condition is not satisfied (NO in S8), the control unit 100 waits until the start condition is satisfied. 一方、開始条件が満たされていれば(S8でYES)、制御部100はモーター17を駆動させる。 On the other hand, if the start condition is satisfied (YES in S8), the control unit 100 drives the motor 17. これにより、注入ポンプ2が作動し、薬液の注入が開始される(S9)。 Accordingly, infusion pump 2 is operated, the injection of liquid medicine is started (S9). そして、制御部100は注入プロトコルに従いモーター17を制御し、注入速度又は注入量を変更する。 Then, the control unit 100 controls the motor 17 in accordance with infusion protocols, to change the injection rate or injection quantity.

その後、制御部100は注入状況を監視し、薬液注入の停止条件が満たされたか否かを判断する(S10)。 Thereafter, the control unit 100 monitors the injection conditions, determines whether or not liquid injection stop condition is satisfied (S10). 具体的には、所定注入量の薬液の注入が終了した場合、スタート/ストップボタン123が押された場合、安全カバー13が開けられた場合、又は後述する外部センサー4が所定サイズ以上の気泡を検知した場合等に、制御部100は停止条件が満たされたと判断する。 Specifically, if the injection of the predetermined injection amount of the chemical liquid is terminated, when the start / stop button 123 is pressed, if the safety cover 13 is opened, or bubbles external sensor 4 is equal to or larger than a predetermined size to be described later etc. when detecting the control unit 100 determines that the stop condition is satisfied. 停止条件が満たされていなければ(S10でNO)、制御部100は停止条件が満たされるまで薬液の注入を継続する。 If no stop condition is met (NO in S10), the control unit 100 continues the injection of the drug solution until satisfied stop condition. 一方、停止条件が満たされていれば(S10でYES)、制御部100はモーター17を停止し、薬液の注入が停止される(S11)。 On the other hand, if the satisfied stop condition (YES in S10), the control unit 100 stops the motor 17, the injection of the drug solution is stopped (S11).

本実施形態の注入装置1によれば、予め薬液の注入プロトコルを作成し、記憶媒体に記憶させておくことができる。 According to the injection device 1 of the present embodiment, can be previously created a chemical liquid injection protocol, it is stored in the storage medium. そして、記憶媒体を注入装置に挿入するだけですぐに注入を開始することができる。 Then, it is possible to immediately start the injection only by inserting the storage medium in the injection device. そのため、注入直前の短い時間に注入プロトコルを作成及び入力する必要がない。 Therefore, there is no need to create and enter injection protocol into the injection short time immediately before. これにより、時間に余裕を持ってデータ入力を行うことができるので、入力ミスを防ぐことができる。 As a result, it is possible to perform the data input with a margin in time, it is possible to prevent input errors. また、注入装置が作動しない場合であっても、別の注入装置にメモリーカードを挿入するだけですぐに注入を開始することができる。 Further, even if the injection device is not operated, it is possible to start only immediately injected inserting a memory card to another injection device. さらに、本実施形態によれば、注入装置の記憶部に注入プロトコルが記憶される。 Further, according to this embodiment, the injection protocol is stored in the storage unit of the infusion device. そのため、注入中に誤ってメモリーカードを取り出してしまっても、注入が停止してしまうことがない。 Therefore, by mistake during the injection even if I take out the memory card, injection is not entirely stopped.

[第2実施形態] Second Embodiment
図6は、第2実施形態に係る注入装置1の要部の構成を概略的に示すブロック図である。 Figure 6 is a block diagram schematically showing a configuration of a main portion of the injection device 1 according to the second embodiment. 本実施形態の注入装置1には、外部センサー4が接続可能である。 The injection device 1 of this embodiment, the external sensor 4 can be connected. 外部センサー4は、本体10に形成された不図示のポートを介して有線接続される。 External sensor 4 is wire-connected via a port (not shown) formed in the body 10. 本実施形態に係る注入装置1は、外部センサー4を除いて第1実施形態と同様の構成を備える。 Injection device 1 according to this embodiment has the same configuration as the first embodiment except for the external sensor 4. すなわち、本実施形態の注入装置1の本体10にも、操作部12、表示部14、モーター17、制御部100、記憶部101、読込部102、電源103及びタイマー104が設けられており、第1実施形態と同様に制御される。 That is, also the body 10 of the injection device 1 of the present embodiment, the operation unit 12, display unit 14, the motor 17, the control unit 100, storage unit 101, the reading unit 102, and a power supply 103 and the timer 104 are provided, the It is controlled similarly to the first embodiment. よって、第1実施形態と重複する部分の説明は省略する。 Therefore, description of parts overlapping the first embodiment will be omitted. なお、モーター17は、シリンジポンプ、ぜん動注入ポンプ、スクリュー又は羽根を用いた注入ポンプ等の不図示の注入ポンプに接続される。 Incidentally, the motor 17, syringe pump, peristaltic infusion pumps, are connected to the infusion pump (not shown), such as infusion pump using a screw or vane.

外部センサー4には、チューブ内の気泡のサイズ又は気泡の有無を検知するエアセンサー、使用者の体温、脈拍数、血圧、脳波、血糖値、発汗量、血中酸素濃度等を検知する生体センサー、及び気温、湿度又は照度等の外部環境の変化を検知する環境センサー等が含まれる。 The external sensor 4, the biological sensor for detecting an air sensor for detecting the size or the presence or absence of bubbles in the bubble in the tube, the body temperature of the user, pulse rate, blood pressure, brain waves, blood glucose, the amount of perspiration, blood oxygen concentration, etc. , and temperature, include environmental sensors that detects the changes in the external environment of the humidity or the illuminance or the like. そして、外部センサー4は、検知した検知情報を本体10の制御部100に出力する。 The external sensor 4 outputs the detected detection information to the control unit 100 of the main body 10. また、本体10の電源103からは外部センサー4に電力が供給される。 Further, power to the external sensor 4 is supplied from the power source 103 of the main body 10. 制御部100は、検知情報をモーター17の制御に利用する他、表示部14に表示させることもできる。 Control unit 100, in addition to utilizing the detection information to the control of the motor 17, can be displayed on the display unit 14. 例えば、制御部100は、気泡のサイズ、使用者の体温、脳波、脈拍数、気温、湿度又は照度等の検知情報を、表示部14に表示させることができる。 For example, the control unit 100, the size of the bubbles, the body temperature of the user, EEG, pulse rate, temperature, the detection information of the humidity or illuminance or the like, can be displayed on the display unit 14.

図7は、外部センサー4が検知を開始してから、制御部100が注入を停止し、その後に注入を再開するまでの流れを示すフローチャートである。 7, the external sensor 4 starts to detect, control unit 100 stops injecting a flow chart showing a flow until resuming subsequently implanted. 外部センサー4は、注入装置1の電源103から電力が供給されると検知を開始する(S21)。 External sensor 4, the power from the power source 103 of the injection device 1 starts detecting the supplied (S21). 具体的には、電源103がオンされた状態の本体10に外部センサー4が接続されると、自動的に電力が外部センサー4へ供給される。 Specifically, when the external sensor 4 to the body 10 in a state where the power source 103 is turned on is connected, automatically power is supplied to the external sensor 4. また、外部センサー4が接続された状態で本体10の電源103がオンされると、自動的に電力が外部センサー4へ供給される。 Further, when the power supply 103 of the main body 10 in a state where the external sensor 4 is connected is turned on, automatically power is supplied to the external sensor 4. なお、外部センサー4のスタートスイッチを押すことにより、外部センサー4が検知を開始してもよい。 It is to be noted that, by pressing a start switch of the external sensor 4, an external sensor 4 may start the detection.

検知を開始した外部センサー4は、検知した検知情報を制御部100に出力する(S22)。 External sensor 4 that initiated the detection outputs sensed detection information to the control unit 100 (S22). 制御部100は、検知情報に基づいて注入を停止するか否かを判断する(S23)。 Control unit 100 determines whether to stop the injection on the basis of the detection information (S23). 例えば、検知情報として気泡のサイズが入力された場合、制御部100は気泡のサイズが所定値よりも大きいか否かを判断する。 For example, if the size of the bubble is inputted as the detection information, the control unit 100 determines whether the size of the bubbles is larger than a predetermined value. そして、気泡のサイズが所定値よりも大きい場合は、注入を停止すると判断する(S23でYES)。 When the bubble size is larger than a predetermined value, it determines to stop the injection (YES at S23). また、検知情報として使用者の体温が入力された場合、制御部100は体温が所定値よりも高いか否かを判断する。 Also, if the body temperature of the user is inputted as the detection information, the control unit 100 determines whether the body temperature is higher than a predetermined value. そして、体温が所定値よりも高い場合は、注入を停止すると判断する(S23でYES)。 When body temperature is higher than a predetermined value, it determines to stop the injection (YES at S23).

注入を停止する場合、制御部100はモーター17の動作を停止し(S24)、表示部14に異常発生を表示させる(S25)。 To stop an infusion, the controller 100 stops the operation of the motor 17 (S24), and displays the abnormality on the display section 14 (S25). また、必要であれば、制御部100は異常の内容を表示部14に表示する。 If necessary, the control unit 100 displays on the display unit 14 the abnormality contents. 例えば、所定値よりも大きいサイズの気泡が検知された場合、制御部100はモーター17を停止し、気泡を検知した旨を表示部14に表示する。 For example, if the bubble size larger than a predetermined value is detected, the control unit 100 stops the motor 17, and displays on the display unit 14 that it has detected the bubbles. なお、表示部14への表示は、モーター17の停止と同時でなくともよい。 It should be noted that the display of the display unit 14, may not be stopped at the same time of the motor 17. 例えば、制御部100は、モーター17を停止させた後に、表示部14に異常発生を表示してもよい。 For example, the control unit 100, after the motor 17 is stopped, may be displayed abnormal on the display unit 14.

表示を確認した使用者又は操作者は、表示された異常の内容に応じて適切な処理を行う。 The user or operator to confirm the display, perform appropriate processing according to the contents of the displayed abnormal. 例えば、気泡を検知した旨が表示された場合、使用者又は操作者はエア抜き作業を行う。 For example, if the effect of detecting air bubbles is displayed, the user or operator performs bleeding operation. これにより異常が解消すれば、使用者又は操作者は薬液の注入を再開させる。 If this by abnormalities resolved, the user or operator to restart the injection of liquid medicine. 異常発生の表示後に、制御部100は、再開のための開始条件が満たされたか否かを判断する(S26)。 After the display of the abnormality, the control unit 100 determines whether or not start conditions for the resumption is satisfied (S26). 開始条件が満たされていなければ(S26でNO)、制御部100は薬液の注入を再開せずに待機を続ける。 If no start condition is satisfied (NO in S26), the control unit 100 continues to wait without restarting the injection of liquid medicine. 例えば、スタート/ストップボタン123が押された場合、又は安全カバー13が閉じられた場合、制御部100は開始条件が満たされたと判断する。 For example, if the start / stop button 123 is pressed, or safety when the cover 13 is closed, the control unit 100 determines that the start condition is satisfied.

一方、開始条件が満たされていれば(S26でYES)、制御部100は異常が解消したか否かを判断する(S27)。 On the other hand, if the start condition is satisfied (YES in S26), the control unit 100 abnormalities determines whether resolved (S27). 具体的には、制御部100は、S23と同様の方法で注入の停止を維持するか否かを判断する。 More specifically, the control unit 100 determines whether or not to keep the stop of the injection in the same manner as in S23. そして、制御部100は、注入の停止を維持すると判断すれば(S27でYES)、すなわち注入装置1が注入を停止する状態であると判断すれば、再び異常発生を表示部14に表示する。 Then, the control unit 100, if it is determined to maintain the stop of injection (YES at S27), i.e. the injection device 1 when it is judged that the state of stopping the infusion, the display unit 14 that an abnormality has occurred again. 例えば、開始条件を満たした後に所定値よりも大きいサイズの気泡が検知された場合、制御部100はモーター17の駆動を開始しない。 For example, if the large bubble size than a predetermined value after satisfying start condition is detected, the control unit 100 does not start the drive of the motor 17. そして、制御部100は、気泡を検知した旨を再び表示部14に表示する。 Then, the control unit 100 again displays on the display unit 14 that it has detected the bubbles. その後、制御部100は、開始条件が再び満たされるまで待機を続ける。 Thereafter, the control unit 100, start condition continues to wait until refilled.

一方、制御部100は、注入の停止を維持しないと判断すれば、すなわち注入装置1が注入を停止する必要が無いと判断すれば(S27でNO)、停止していた時間の長さを算出する。 On the other hand, the control unit 100, if it is determined not to maintain the stop of the injection, i.e. if it is determined that the injection device 1 is not necessary to stop the injection (NO at S27), the length of time that has been stopped is calculated to. 具体的には、制御部100は、タイマー104から入力された停止時の時刻情報と現在の時刻情報との差に基づき停止していた時間の長さを算出する。 More specifically, the control unit 100 calculates the length of the time information at the time of stop is input from the timer 104 and time has been stopped based on the difference between the current time information. そして、算出した時間に基づいて、薬液の注入プロトコルを修正する(S28)。 Then, based on the calculated time, to modify the injection protocol of the drug solution (S28). 例えば、4時間で24mlの抗がん剤を注入する注入プロトコルにおいて、18mlの抗がん剤が注入された後に注入が1時間停止された場合について説明する。 For example, the injection protocol to inject anti-cancer agents 24ml at 4 hours, the case where injection after anticancer agents 18ml was injected was stopped 1 hour. この場合、制御部100は、停止時間に対応して注入時間を1時間延長する。 In this case, the control unit 100 prolongs 1 hour infusion time corresponding to the stop time. そして、延長時間内に、6mlの抗がん剤を注入するように注入プロトコルを修正する。 Then, within the extended time, to modify the injection protocol to inject anti-cancer agent 6 ml. 修正が完了すると、制御部100はモーター17の駆動を開始し、薬液の注入が再開される(S29)。 When modification is complete, the control unit 100 starts driving the motor 17, the injection of liquid medicine is resumed (S29). なお、注入プロトコルの修正が不要である場合、制御部100は、修正せずに薬液の注入を再開することもできる。 In the case correction of the injection protocol is not required, the control unit 100 may resume the infusion of the drug solution without modification.

このように、本実施形態の注入装置1の制御部100は、異常が発生したと判断すると注入を停止する。 Thus, the control unit 100 of the injection device 1 of this embodiment stops injected is determined that an abnormality has occurred. つまり、外部センサー4から入力された検知情報に基づいて、薬液の注入量を変更するようにモーター17を制御する。 That is, based on the detection information input from the external sensor 4, and controls the motor 17 to change the injection quantity of the liquid medicine. そのため、本実施形態の注入装置1は、医師等が使用者のそばにいない場合であっても高い安全性を保つことができる。 Therefore, the injection device 1 of the present embodiment can maintain the high safety even when a doctor or the like is not near the user. さらに、本実施形態の注入装置1によれば、注入動作の停止後に、使用者が誤ってスタート/ストップボタン123を押してしまったとしても、異常が解消させるまでは注入が再開されない。 Further, according to the injection device 1 of the present embodiment, after stopping the injection operation, even had press the start / stop button 123 user accidentally, injection does not resume until the abnormality is eliminated.

なお、図6においては一つのみの外部センサー4が図示されている。 The external sensor 4 only one is shown in FIG. しかし、本実施形態の注入装置1には、2つ以上の外部センサー4が接続されても良い。 However, the injection device 1 of this embodiment, two or more external sensors 4 may be connected. 例えば、2つの外部センサー4として、エアセンサーと体温を検知する生体センサーとを本体10に接続することができる。 For example, as two external sensors 4, it is possible to connect the bio-sensor for detecting the air sensor and body temperature in the body 10. この場合、制御部100は、それぞれの外部センサー4から入力される検知情報に基づいて異常の発生を判断する。 In this case, the control unit 100 determines occurrence of an abnormality based on the detection information input from each external sensor 4. そして、いずれか一方の検知情報に基づいて異常が発生したと判断されれば、制御部100は薬液の注入を停止する。 Then, if it is determined that the abnormality based on one of the detection information is generated, the control unit 100 stops the injection of liquid medicine.

また、本実施形態では、異常発生に起因して注入を停止する場合が説明されている。 Further, in the present embodiment, when stopping the injection due to the abnormality has been explained. しかし、使用者自らがスタート/ストップボタン123を押して注入を停止した場合も、同様のフローを利用することができる。 However, even if the own user stops injection by pressing the start / stop button 123, it is possible to utilize similar flow. すなわち、操作部12から制御部100に停止信号が入力されると、制御部100はモーター17の駆動を停止する。 That is, when the stop signal to the control unit 100 from the operation unit 12 is inputted, the control unit 100 stops the driving of the motor 17. 同時に、制御部100は表示部14に注入停止を表示する。 At the same time, the control unit 100 displays the stop infusion to the display unit 14. その後、制御部100は、注入再開のための開始条件が満たされたか否か、例えば、スタート/ストップボタン123が押されたか否かを判断する。 Thereafter, the control unit 100 determines whether or not the starting condition for the injection resumption is satisfied, for example, it determines whether the start / stop button 123 is pressed. そして、開始条件が満たされていた場合、制御部100は検知情報に基づき異常が発生しているか否かを判断する。 When the start condition is satisfied, the control unit 100 abnormality based on the detection are decision has occurred. 異常が発生していなければ、制御部100は注入プロトコルを修正する。 If abnormality has occurred, the control unit 100 corrects the injection protocol. 修正が完了すると、制御部100はモーター17を再び駆動し、薬液の注入を再開する。 When modification is complete, the control unit 100 drives the motor 17 again resumes the injection of liquid medicine.

なお、本実施形態では、薬液の注入停止に代えて薬液の注入量又は注入速度を変更することもできる。 In the present embodiment, it is also possible to change the injection volume or injection rate of the drug solution in place of the stop infusion of the drug solution. 例えば、制御部100は、異常が発生したと判断すると注入速度を減速する。 For example, the control unit 100 to decelerate the injection rate and determines that an abnormality has occurred. つまり、外部センサー4から入力された検知情報に基づいて、薬液の注入速度を減速するようにモーター17を制御する。 That is, based on the detection information input from the external sensor 4, and controls the motor 17 to slow the infusion rate of the drug solution. その後、開始条件を満たし且つ異常が解消されたと判断すれば、制御部100は注入量又は注入速度を元に戻す。 Then, if it is determined that satisfies the start condition and abnormality is resolved, the control unit 100 returns to the original injection volume or injection rate.

[第3実施形態] Third Embodiment
第3実施形態の注入装置1は、読込部102がメモリーカード3に情報を書き込み可能である。 Injection device 1 of the third embodiment, the reading unit 102 is writable information to memory card 3. これにより、所定の情報をメモリーカード3に書き込むように、制御部100が読込部102を制御できる。 Thus, to write predetermined information into the memory card 3, the control unit 100 can control the reading unit 102. 所定の情報には、外部センサー4からの検知情報又は薬液の注入結果の情報が含まれる。 The predetermined information includes information detection information or chemical injection results from external sensors 4. なお、本実施形態の注入装置1は、図6に示された第2実施形態と同様の構成を備える。 Incidentally, the injection device 1 of this embodiment has the same configuration as the second embodiment shown in FIG. すなわち、注入装置1の本体10には、操作部12、表示部14、モーター17、制御部100、記憶部101、読込部102、電源103及びタイマー104が設けられており、外部センサー4が接続されている。 That is, the main body 10 of the injection device 1, the operation unit 12, display unit 14, the motor 17, the control unit 100, storage unit 101, the reading unit 102, and a power supply 103 and the timer 104 are provided, the external sensor 4 is connected It is. よって、第2実施形態と重複する部分の説明は省略する。 Therefore, a description of parts common to those of the second embodiment is omitted.

図8は、外部センサー4が検知を開始してから、検知情報がメモリーカード3に書き込まれるまでの流れを示すフローチャートである。 Figure 8 is a flowchart of an external sensor 4 starts detecting, showing the flow until the detection information is written into the memory card 3. 電源103から電力が供給されると、外部センサー4は検知を開始する(S31)。 When power is supplied from the power supply 103, an external sensor 4 starts detecting (S31). そして、外部センサー4は、検知した検知情報を制御部100へ出力する(S32)。 The external sensor 4 outputs the sensed detection information to the control unit 100 (S32). 制御部100は、検知情報と薬液の注入結果の情報とを、タイマー104から入力された時間情報と関連付けて記憶部101に出力する(S33)。 Control unit 100, and the detection information and the chemical injection result information in association with the time information input from the timer 104 outputs the storage unit 101 (S33). 時間情報、検知情報及び注入結果の情報が入力されると、記憶部101はこれらの情報を一時的に記憶する(S34)。 Time information, the information of the detected information and the injection result is inputted, the storage unit 101 temporarily stores the information (S34). その後、制御部100は所定のタイミングで読込部102を制御し、読込部102は記憶部101に記憶されている情報をメモリーカード3へ書き込む(S35)。 Thereafter, the control unit 100 controls the reading unit 102 at a predetermined timing, the reading unit 102 writes the information stored in the storage unit 101 to the memory card 3 (S35). 具体的には、外部センサー4から検知情報が入力されたタイミング、注入開始から所定の時間が経過したタイミング、又は制御部100が注入量及び注入速度を変更したタイミング等に、制御部100は読込部102を制御する。 Specifically, the timing of detection information from the external sensor 4 is input, the timing a predetermined time has elapsed from the start of the infusion, or the timing or the like by the control unit 100 changes the injection volume and the injection speed, the control unit 100 reading controlling the parts 102.

図9A及び図9Bは、メモリーカード3に書き込まれる情報の例を示している。 9A and 9B show examples of information written in the memory card 3. 図9Aは、検知情報としての1時間毎の平均体温と、時間情報としての時刻の例を示し、午前0時から24時間の1時間毎の平均体温を示している。 Figure 9A is the average body temperature for each hour of the detection information, an example of a time as the time information shows the average body temperature for each hour of 24 hours midnight. 例えば、0時から1時までの平均体温は36.3℃であり、23時から24時までの平均体温は36.4℃である。 For example, the average temperature from 0:00 to 1:00 is 36.3 ° C., an average temperature of from 23:00 to 24:00 is 36.4 ° C.. このように、検知情報は、時間情報と関連付けてメモリーカード3に書き込まれる。 Thus, detection information is written to the memory card 3 in association with the time information. なお、本実施形態においては、検知情報が時間情報と関連付けられているが、読込部102は検知情報のみを書き込むこともできる。 In the present embodiment, although the detection information is associated with time information, reading section 102 may write only detection information.

図9Bは、時間情報としての時刻と、注入結果の情報としての1時間毎の抗がん剤の注入量の情報と、検知情報としての1時間毎の平均体温(℃)と、検知情報としての所定値を超えたサイズの気泡の検知又は非検知の例を示している。 9B is a time as the time information, and every hour of the injection amount of information of the anti-cancer agents as information of the injection results, the average body temperature for each hour of the detection information (° C.), as the detection information of shows an example of detection or non-detection of air bubbles of a size exceeding the predetermined value. 図9Bにおいては、22時〜10時までの12時間に900mlの抗がん剤を注入する場合を例示している。 In Figure 9B shows the case of injecting an anticancer agent 900ml to 12 hours until 22 o'clock to 10. 例えば、0時から1時までの注入量は75mlであり、この間に所定値を超えるサイズの気泡は検知されていない。 For example, the injection amount from 0:00 to 1:00 is 75 ml, bubble size exceeds a predetermined value during this period has not been detected. また、9時から10時までの注入量は55mlであり、この間に所定値を超えるサイズの気泡が検知されている。 Further, the injection amount of from 9:00 to 10 is 55 ml, bubble size exceeding a predetermined value is detected during this period. なお、この例の注入プロトコルに従えば、9時から10時になる前までの間の予定注入量も75mlである。 Incidentally, according to the injection protocol in this example, will injection amount until before the 10 o'clock 9 also 75 ml. しかし、気泡の検知に伴い注入を停止し、20mlの未注入の薬液が生じたので、注入時間を延長して10時以降に20mlの薬液を注入している。 However, to stop the injection due to the detection of air bubbles, because the non-injection of a chemical solution of 20ml has occurred, it has been injecting a chemical solution of 20ml by extending the injection time after 10:00. このように、検知情報及び注入結果の情報が、時間情報と関連付けてメモリーカード3に書き込まれる。 Thus, information of the detection information and injection result is written to the memory card 3 in association with the time information. なお、読込部102は、注入結果の情報のみ、又は注入結果の情報と時間情報のみを書き込むこともできる。 Incidentally, the reading unit 102, only the information of the implantation results, or only the injection result information and time information may be written.

検知情報と時間情報、又は注入結果の情報と時間情報がメモリーカード3に書き込まれることにより、医師は詳細な臨床データを取得できる。 Detection information and time information, or by injection result information and time information is written to the memory card 3, the physician can obtain detailed clinical data. そして、取得されたデータは、使用者にとってより適切な薬液の注入プロトコルの作成に利用できる。 The data obtained can be used to create a more appropriate chemical injection protocol for the user. なお、図9A及び図9Bにおいては時間情報として時刻を用いたが、注入開始からの経過時間を用いても良い。 Although using the time as the time information in FIGS. 9A and 9B, it may be used elapsed time from the start of the infusion. また、検知情報としては、脈拍数、血圧、脳波、血糖値、発汗量、血中酸素濃度、気温、湿度及び照度等の各種情報を用いることができる。 Further, as the detection information can be used pulse rate, blood pressure, brain waves, blood glucose, the amount of perspiration, blood oxygen level, temperature, various information humidity and illuminance or the like. また、注入結果の情報としては、注入量、注入速度及び注入時間等の各種情報を用いることができる。 Further, the information of the injection result, the injection amount, it is possible to use various kinds of information such as infusion rate and injection time.

[第4実施形態] Fourth Embodiment
第4実施形態の注入装置1は、操作部12から入力された情報に応じて、所定の制御を行うことができる。 Injection device 1 of the fourth embodiment can, depending on the information input from the operation unit 12 performs predetermined control. また、読込部102は、メモリーカード3に情報を書き込み可能である。 Further, the reading unit 102 can write information to the memory card 3. 図10は、操作部12から入力された情報に応じて、制御部100がモーター17を制御し、所定の情報をメモリーカード3に書き込むまでの流れを示すフローチャートである。 10, according to information input from the operation unit 12, the control unit 100 controls the motor 17 is a flowchart showing a flow until writing predetermined information into the memory card 3. なお、本実施形態の注入装置1は、図4に示された第1実施形態と同様の構成を備える。 Incidentally, the injection device 1 of this embodiment has the same configuration as the first embodiment shown in FIG. すなわち、注入装置1の本体10には、操作部12、表示部14、モーター17、制御部100、記憶部101、読込部102、電源103及びタイマー104が設けられている。 That is, the main body 10 of the injection device 1, the operation unit 12, display unit 14, the motor 17, the control unit 100, storage unit 101, the reading unit 102, the power source 103 and the timer 104 are provided. よって、第1実施形態と重複する部分の説明は省略する。 Therefore, description of parts overlapping the first embodiment will be omitted.

注入装置1の使用中に、使用者は食事及び睡眠等の様々な行動をとる。 During the use of the injection device 1, the user take various actions, such as meals and sleep. そして、薬液の種類によっては、食事の前後、睡眠の前後等、状態の変化に応じて注入量を異ならせることが好ましい。 Then, depending on the type of chemical solution, before and after meals, such as before and after the sleep, it is preferable to vary the injection quantity in response to a change in state. 例えば、食事中及び食後の所定の時間に薬液の注入を停止することが好ましい場合、睡眠中に薬液の注入量を増加させることが好ましい場合等がある。 For example, if it is preferable that the predetermined time during and after a meal diet to stop the injection of liquid medicine, and the like if it is preferable to increase the injection volume of the drug solution during sleep. また、薬液の種類によっては、夜間と昼間等、環境の変化に応じて薬液の注入量を異ならせることが好ましいこともある。 Also, depending on the type of chemical solution, nighttime and daytime like, it may be preferable to vary the injection quantity of the liquid medicine according to a change in environment. 例えば、昼間には薬液を注入せずに、夜間に薬液を注入することが好ましい場合がある。 For example, during the day without injecting a chemical solution, it may be preferable to inject the liquid at night. そこで、本実施形態の注入装置1は、操作部12から入力された情報に応じて、制御部100が使用者の状態の変化又は環境の変化を判断する。 Therefore, the injection device 1 of this embodiment, in response to information input from the operation unit 12, the control unit 100 determines the change or changes in environmental conditions of the user. そして、制御部100は、判断結果に応じてモーター17を制御し、薬液の注入量を変更する。 Then, the control unit 100 controls the motor 17 according to the judgment result, changing the injection amount of the liquid medicine.

まず、使用者の状態が「通常」から「食事」へと変更される場合について説明する。 First, a description will be given if the state of the user is changed to "meal" from the "normal". 使用者は、所定の行動をとる前に、注入装置1の本体10の確認スイッチ121を押して変更する状態の種類を選択する(S41)。 The user, before taking the prescribed action, selecting the type of condition to be changed by pressing the confirmation switch 121 of the main body 10 of the injection device 1 (S41). 例えば、食事をとる場合、使用者は、注入装置1の本体10の確認スイッチ121を押して「食事」を選択する。 For example, if the meal, the user can press the confirmation switch 121 of the main body 10 of the injection device 1 selects the "meal". 表示部14には、確認スイッチ121を押す毎に「通常」、「食事」又は「睡眠」等が表示される。 On the display unit 14, "normal" to each press of the confirmation switch 121, such as "diet" or "sleep" it is displayed. そして、使用者は、「食事」が表示されるまで確認スイッチ121を複数回押す。 Then, the user can press multiple times to confirm switch 121 to the "meal" is displayed. 「食事」が表示されたならば、使用者は確認スイッチ121を押すことを止め、その状態で食事をとる。 If the "meal" is displayed, the user stop by pressing the confirmation switch 121, a meal in the state.

確認スイッチ121が押され、特定の状態の種類が選択されてから所定時間が経過した場合、操作部12は制御部100へ状態の種類に対応した変更信号を出力する(S42)。 Confirmation switch 121 is pressed, if the type of the specific state a predetermined time has elapsed since the selection, the operation unit 12 outputs a change signal corresponding to the type of state to the control unit 100 (S42). 変更信号が入力された制御部100は、記憶部101から変更後の状態に対応する薬液の注入プロトコルを読み込む(S43)。 Controller 100 changes signal is input, reads the injection protocol of the chemical corresponding to the state after the change from the storage unit 101 (S43). そして、制御部100は、読み込んだ薬液の注入プロトコルに従ってモーター17を制御する(S44)。 Then, the control unit 100 controls the motor 17 in accordance with the infusion protocol of the read chemical (S44). すなわち、状態の種類として「食事」が選択された場合、操作部12は、使用者の状態が「食事」へ変更された旨の変更信号を出力する。 That is, if the "meal" is selected as the type of condition, the operation unit 12 outputs the change signal indicating that the state of the user is changed to "meal". 変更信号が入力された制御部100は、「食事」に対応する薬液の注入プロトコルを読み込む。 Controller 100 changes signal is input, reads the injection protocol of the chemical liquid corresponding to "meal". そして、制御部100はモーター17を停止し、薬液の注入が停止される。 Then, the control unit 100 stops the motor 17, the injection of the drug solution is stopped.

その後、制御部100は、状態の種類の情報、注入結果の情報及び時間情報を、それぞれ関連付けて記憶部101へ出力する(S45)。 Thereafter, the control unit 100, the type of information of the state, the injection result information and time information, and outputs each associated with the storage unit 101 (S45). これらの情報が入力された記憶部101は、情報を記憶する(S46)。 Storage unit 101 the information is input, stores information (S46). そして、制御部100は、所定のタイミングで読込部102を制御し、読込部102は記憶部101が記憶している情報をメモリーカード3に書き込む(S47)。 Then, the control unit 100 controls the reading unit 102 at a predetermined timing, the reading unit 102 writes the information storage unit 101 is stored in the memory card 3 (S47). すなわち、状態の種類として「食事」が選択されている場合、「食事」を示す状態の種類の情報、状態の種類が変更された時刻を示す時間情報、状態の種類が変化された後の注入量を示す注入結果の情報が、記憶部101に記憶される。 That is, if the "options" is selected as the type of condition, the type of state information indicating "meal", time information indicating the time when the type of the status is changed, after the kind of state is changed injected information of the injection results indicating the amount is stored in the storage unit 101. そして、読込部102は、これらの情報をメモリーカード3に書き込む。 The reading unit 102 writes this information to memory card 3.

なお、使用者の状態が「食事」から「通常」へと変更される場合も、制御部100が同様の制御を行う。 Even if the state of the user is changed from the "options" to "normal", the control unit 100 performs the same control. すなわち、使用者は、食事が終わったときに再び確認スイッチ121を押して状態の種類の「通常」を選択する。 In other words, the user, again by pressing the confirmation switch 121 to select the "normal" of the kind of state when the meal was over. すると、操作部12は制御部100へ状態の種類に対応した変更信号を出力する。 Then, the operation unit 12 outputs a change signal corresponding to the type of state to the control unit 100. そして、変更信号が入力された制御部100は、記憶部101から変更後の状態に対応する薬液の注入プロトコルを読み込む。 Then, the control unit 100 a change signal is input, reads the injection protocol of the chemical corresponding to the state after the change from the storage unit 101. 例えば、制御部100は、「通常」に対応する注入プロトコルを読み込む。 For example, the control unit 100 reads the injection protocol corresponding to "normal". そして、制御部100は、読み込んだ注入プロトコルに従ってモーター17を制御する。 Then, the control unit 100 controls the motor 17 according to the read injection protocol. 例えば、制御部100は、状態の種類が「通常」に変更されてから1時間を経過した後に、モーター17の駆動を開始して薬液の注入を再開させる。 For example, the control unit 100, after the type of the state has elapsed for 1 hour after being changed to "normal", and starts driving the motor 17 to resume the injection of the drug solution.

このように、本実施形態の注入装置1は、使用者の状態の変化に応じて薬液の注入プロトコルを切り替えることができる。 Thus, the injection device 1 of the present embodiment can switch the infusion protocol of the drug solution in response to a change in the user status. さらに、本実施形態の注入装置1は、使用者の状態の種類の情報、注入結果の情報及び時間情報を、メモリーカード3に書き込むことができる。 Furthermore, injection device 1 of this embodiment can be written type of information of the user's state, the injection result information and time information, the memory card 3. これにより、医師は詳細な臨床データを取得することができ、使用者にとってより適切な注入プロトコルの作成にデータが利用される。 Thus, the physician is able to obtain detailed clinical data, the data is used to create a more appropriate injection protocol for the user.

また、本実施形態の注入装置1は、環境の変化に応じて、薬液の注入プロトコルを切り替えることもできる。 Moreover, the injection device 1 of this embodiment, in response to changes in the environment, it is also possible to switch the injection protocol of the drug solution. 続いて、昼から夜へと環境が変化した場合について説明する。 Next, a description will be given if the environment changes from day to night. 所定の環境の変化が生じた場合、使用者は、注入装置1の本体10の確認スイッチ121を押して、変化後の環境の種類を選択する(S41)。 If changes in the predetermined environment has occurred, the user, by pressing the confirmation switch 121 of the main body 10 of the injection device 1, to select the type of post-environmental changes (S41). すなわち、夜になった場合、使用者は、注入装置1の本体10の確認スイッチ121を押して「夜間」を選択する。 In other words, when it becomes night, the user, by pressing the confirmation switch 121 of the main body 10 of the injection device 1 to select the "night". 表示部14には、確認スイッチ121を押す毎に「昼間」又は「夜間」等が表示される。 On the display unit 14, such as "day" or "night" is displayed for each presses the confirmation switch 121. そして、使用者は、現在の環境に対応した種類が表示されるまで確認スイッチ121を複数回押す。 Then, the user can press multiple times to confirm switch 121 to the type that corresponds to the current environment is displayed. 適切な種類が表示されたならば、使用者は確認スイッチ121を押すことを止める。 If appropriate type is displayed, the user stops pressing the confirmation switch 121.

確認スイッチ121が押され、特定の環境の種類が選択された状態で所定時間が経過した場合、操作部12は制御部100へ環境の種類に対応した変更信号を出力する(S42)。 Confirmation switch 121 is pressed, if a predetermined time in a state in which a specific type of environment is selected has elapsed, the operation unit 12 outputs a change signal corresponding to the type of environment to the control unit 100 (S42). 変更信号が入力された制御部100は、記憶部101から変更後の状態に対応する薬液の注入プロトコルを読み込む(S43)。 Controller 100 changes signal is input, reads the injection protocol of the chemical corresponding to the state after the change from the storage unit 101 (S43). そして、制御部100は、読み込んだ注入プロトコルに従ってモーター17を制御する(S44)。 Then, the control unit 100 controls the motor 17 according to the read injection protocol (S44). すなわち、環境の種類として「夜間」が選択された場合、操作部12は、環境の種類が「夜間」へ変更された旨の変更信号を出力する。 That is, if the "night" is selected as the type of environment, the operation unit 12 outputs a change signal indicating the type of environment is changed to "night". そして、制御部100は、「夜間」に対応する注入プロトコルを読み込む。 Then, the control unit 100 reads the injection protocol corresponding to the "night". その後、読み込んだ注入プロトコルに従い、制御部100がモーター17の駆動を開始し、薬液の注入が開始される。 Thereafter, in accordance with the read injection protocol, the control unit 100 starts driving the motor 17, the injection of the liquid medicine is started.

また、制御部100は、環境の種類の情報、注入結果の情報及び時間情報を、それぞれ関連付けて記憶部101へ出力する(S45)。 Furthermore, the control unit 100, the type of environmental information, the injection result information and time information, and outputs each associated with the storage unit 101 (S45). これらの情報が入力された記憶部101は、情報を記憶する(S46)。 Storage unit 101 the information is input, stores information (S46). すなわち、「夜間」を示す環境の種類の情報、環境の種類が変化された時刻を示す時間情報、環境の種類が変更された後の注入量を示す注入結果の情報が、記憶部101に入力及び記憶される。 That is, the type of environmental information indicating "evening", the time information indicating the time when the kind of environment has been changed, the information of the implantation results showing injection amount after the type of environment is changed, the input to the storage unit 101 and it is stored. そして、制御部100は、所定のタイミングで読込部102を制御し、読込部102は記憶部101が記憶している情報をメモリーカード3に書き込む(S47)。 Then, the control unit 100 controls the reading unit 102 at a predetermined timing, the reading unit 102 writes the information storage unit 101 is stored in the memory card 3 (S47).

なお、環境が「夜間」から「昼間」に変更した場合も、制御部100が同様の制御を行う。 It should be noted that, even if you change the environment from the "night" to "daytime", the control unit 100 performs the same control. すなわち、使用者は、再び確認スイッチ121を押して環境の種類の「昼間」を選択する。 In other words, the user selects the "day" of the kind of environment by pressing the confirmation switch 121 again. すると、操作部12は制御部100へ環境の種類に対応した変更信号を出力する。 Then, the operation unit 12 outputs a change signal corresponding to the type of environment to the control unit 100. そして、変更信号が入力された制御部100は、記憶部101から変更後の状態に対応する薬液の注入プロトコルを読み込む。 Then, the control unit 100 a change signal is input, reads the injection protocol of the chemical corresponding to the state after the change from the storage unit 101. そして、制御部100は、読み込んだ注入プロトコルに従ってモーター17を制御する。 Then, the control unit 100 controls the motor 17 according to the read injection protocol. すなわち、制御部100は、「昼間」に対応する注入プロトコルを読み込む。 That is, the control unit 100 reads the injection protocol corresponding to "day". そして、制御部100はモーター17の駆動を停止し、薬液の注入が停止される。 Then, the control unit 100 stops driving the motor 17, the injection of the drug solution is stopped.

このように、本実施形態の注入装置1は、使用者がおかれた環境の変化に応じて薬液の注入プロトコルを切り替えることができる。 Thus, the injection device 1 of the present embodiment can switch the infusion protocol of the drug solution in response to changes in the environment the user is placed. そして、注入装置1は、環境の種類の情報、注入結果の情報及び時間情報を、メモリーカード3に書き込むことができる。 The injection device 1 is able to write the type of environmental information, the injection result information and time information, the memory card 3. これにより、医師は詳細な臨床データを取得することができ、使用者にとってより適切な薬液の注入プロトコルの作成にデータを利用できる。 Thus, the physician is able to obtain detailed clinical data, the data available to create a more appropriate chemical injection protocol for the user.

なお、本実施形態において、注入結果の情報は、注入プロトコルとしてメモリーカード3に書き込むこともできる。 In the present embodiment, information of the injection results can also be written to the memory card 3 as injection protocol. 例えば、13時に状態の種類を「食事」へと変更して薬液の注入を停止した場合、13時に薬液の注入を停止する注入プロトコルとしてメモリーカード3に書き込むことができる。 For example, if you stop the injection of by changing the type of state to "meal" chemical o'clock 13 can be written into the memory card 3 as an injection protocol to stop the injection of 13 at the drug solution. また、22時に環境の種類を「夜間」へと変更して薬液の注入を開始した場合、22時に薬液の注入を開始する注入プロトコルとしてメモリーカード3に書き込むことができる。 Also, the type of 22 at environment when starting the injection of liquid medicine to change to "night" can be written into the memory card 3 as an infusion protocol for starting the injection of at chemical 22. このように書き込まれた注入プロトコルは、そのまま次回の薬液注入に使用できる。 Thus written injection protocol may be used as it is next liquid injection. これにより、使用者の生活習慣又は生活環境に合わせた注入プロトコルを作成できる。 This makes it possible to create an injection protocol tailored to the lifestyle or living environment of the user. そのため、使用者に応じて適切な注入プロトコルを作成及び使用できる。 Therefore, creating and can use the appropriate injection protocol in response to the user. なお、医師等は、注入装置1から取り出したメモリーカード3を用いて、注入プロトコルを保存又は修正できる。 Incidentally, the doctor or the like uses the memory card 3 taken out from the injection device 1 can be stored or modify the injection protocol.

また、本実施形態の注入装置1の本体10には、状態又は環境を選択する選択スイッチ、例えば、「通常」、「食事」、「睡眠」、「昼間」及び「夜間」に対応する独立した選択スイッチを設けることもできる。 Further, the main body 10 of the injection device 1 of this embodiment, selection switch for selecting the condition or environment, for example, "normal", "meal", "sleep", independent corresponding to "daytime" and "nighttime" It can also be provided with a selection switch. この場合は、確認スイッチ121を押す代わりに、使用者は状態又は環境の種類に対応する選択スイッチを押す。 In this case, instead of pressing the confirmation switch 121, the user presses a selection switch corresponding to the type of condition or environment.

[第5実施形態] Fifth Embodiment
第5実施形態の注入装置1の制御部100は、外部センサー4から入力された検知情報に応じて、所定の制御を行うことができる。 Control unit 100 of the injection device 1 of the fifth embodiment may be in accordance with the detection information input from the external sensor 4 performs predetermined control. また、読込部102は、メモリーカード3に情報を書き込み可能である。 Further, the reading unit 102 can write information to the memory card 3. なお、本実施形態の注入装置1は、図6に示された第2実施形態と同様の構成を備える。 Incidentally, the injection device 1 of this embodiment has the same configuration as the second embodiment shown in FIG. すなわち、注入装置1の本体10には、操作部12、表示部14、モーター17、制御部100、記憶部101、読込部102、電源103及びタイマー104が設けられており、外部センサー4が接続されている。 That is, the main body 10 of the injection device 1, the operation unit 12, display unit 14, the motor 17, the control unit 100, storage unit 101, the reading unit 102, and a power supply 103 and the timer 104 are provided, the external sensor 4 is connected It is. よって、第2実施形態と重複する部分の説明は省略する。 Therefore, a description of parts common to those of the second embodiment is omitted.

本実施形態の注入装置1は、外部センサー4から入力された検知情報に応じて、制御部100が使用者の状態の変化又は環境の変化を判断する。 Injection device 1 of this embodiment, in accordance with the detection information input from the external sensor 4, the control unit 100 determines the change or changes in environmental conditions of the user. そして、制御部100は、判断結果に応じてモーター17を制御し、薬液の注入量を変化させる。 Then, the control unit 100 controls the motor 17 according to the judgment result, changing the injection amount of the liquid medicine.

まず、外部センサー4として体温を検知する生体センサーを用いて、使用者の状態が「覚醒」から「睡眠」に変更される場合について説明する。 First, using the biometric sensor that detects the temperature as the external sensor 4 will be described a case where the state of the user is changed from the "awake" to "sleep". 外部センサー4は所定のタイミングで、検知情報を制御部100に出力する(S51)。 External sensor 4 at a predetermined timing, and outputs the detection information to the control unit 100 (S51). 制御部100は、検知情報が状態の種類の変更条件を満たすか否か判断する(S52)。 Control unit 100, the detection information to determine whether the state of the type of change condition is satisfied (S52). そして、変更条件を満たさない場合(S52でNO)、制御部100は再び検知情報が入力されるまで待機する。 When not satisfying the change condition (NO in S52), the control unit 100 waits until the detection information is input again.

一方、所定の変更条件を満たす場合(S52でYES)、制御部100は状態の種類が変更されたと判断し、記憶部101から変更後の薬液の注入プロトコルを読み込む(S53)。 On the other hand, if the predetermined change condition is satisfied (YES in S52), the control unit 100 determines the type of state changes, reads infusion protocol of the drug solution after the change from the storage unit 101 (S53). そして、制御部100は、読み込んだ注入プロトコルに従ってモーター17を制御する(S54)。 Then, the control unit 100 controls the motor 17 according to the read injection protocol (S54). すなわち、外部センサー4は、使用者の体温を制御部100に出力する。 That is, the external sensor 4 outputs body temperature of the user to the control unit 100. そして、制御部100は、予め記憶部101に記憶されている情報と比較して、使用者の体温が所定値よりも低いか否かを判断する。 Then, the control unit 100 compares the information stored in advance in the storage unit 101, the body temperature of the user to determine or lower than a predetermined value. 使用者の体温が所定値よりも低い場合、制御部100は使用者が眠ったと判断し、「睡眠」に対応する注入プロトコルを読み込む。 When the body temperature of the user is lower than the predetermined value, the control unit 100 determines that the user is asleep, reads injection protocol corresponding to "sleep". そして、制御部100は、読み込んだ注入プロトコルに従ってモーター17を加速し、薬液の注入量を増加させる。 Then, the control unit 100, the motor 17 accelerates according loaded injection protocol, increasing the injection amount of the liquid medicine. この場合、状態の種類の変更条件は、体温が所定値よりも低いか否かである。 In this case, the type of change condition state, body temperature is whether lower than a predetermined value.

その後、制御部100は、変更後の状態の種類の情報、注入結果の情報及び時間情報を、それぞれ関連付けて記憶部101へ出力する(S55)。 Thereafter, the control unit 100, the type of information of the state after the change, the injection result information and time information, and outputs each associated with the storage unit 101 (S55). これらの情報が入力された記憶部101は、情報を記憶する(S56)。 Storage unit 101 the information is input, stores information (S56). すなわち、「睡眠」を示す状態の種類の情報、状態の種類が変更された時刻を示す時間情報、変更後の注入量を示す注入結果の情報が、記憶部101に記憶される。 That is, the type of state information indicating "sleep", the time information indicating the time when the kind of state changes, the information of the implantation results showing injection amount after the change is stored in the storage unit 101. そして、制御部100は所定のタイミングで読込部102を制御し、読込部102は記憶部101が記憶している情報をメモリーカード3に書き込む(S57)。 Then, the control unit 100 controls the reading unit 102 at a predetermined timing, the reading unit 102 writes the information storage unit 101 is stored in the memory card 3 (S57).

その後も同様に、外部センサー4は検知を継続し、所定のタイミングで検知情報を制御部100に出力する。 Similarly thereafter, the external sensor 4 continues the detection, and outputs the detection information to the control unit 100 at a predetermined timing. 制御部100は、入力された検知情報が状態の種類の変更件を満たすか否か判断する。 Control unit 100, the detection information entered to determine whether they meet the changes condition kinds of states. そして、所定の変更条件を満たす場合、制御部100は状態の種類が再び変更されたと判断し、記憶部101から変更後の薬液の注入プロトコルを読み込む。 Then, when the predetermined change condition is satisfied, the control unit 100 determines the type of state is changed again, read infusion protocol of the drug solution after the change from the storage unit 101. そして、制御部100は、読み込んだ注入プロトコルに従ってモーター17を制御する。 Then, the control unit 100 controls the motor 17 according to the read injection protocol.

つまり、「睡眠」から「覚醒」への変化を判断する場合も、制御部100が同様の制御を行う。 That is, when determining a change from "sleep" to "awake", the control unit 100 performs the same control. すなわち、外部センサー4は使用者の体温を制御部100に出力する。 That is, the external sensor 4 outputs body temperature of the user to the control unit 100. そして、制御部100は、予め記憶部101に記憶されている情報と比較して、使用者の体温が所定値よりも高いか否かを判断する。 Then, the control unit 100 compares the information stored in advance in the storage unit 101, the body temperature of the user to determine whether higher than a predetermined value. 使用者の体温が所定値よりも高い場合、制御部100は使用者が覚醒したと判断し、「覚醒」に対応する薬液の注入プロトコルを読み込む。 When the body temperature of the user is higher than a predetermined value, the control unit 100 determines that the user has awakened, read infusion protocol of the chemical liquid corresponding to "wake". そして、制御部100は、読み込んだ注入プロトコルに従ってモーター17に減速信号を出力し、薬液の注入量を減少させる。 Then, the control unit 100 outputs a deceleration signal to the motor 17 in accordance with the read injection protocol to decrease the injection amount of the liquid medicine. この場合、状態の種類の変更条件は、体温が所定値よりも高いか否かである。 In this case, the type of change condition state, body temperature is whether higher than a predetermined value.

このように、本実施形態の注入装置1は、外部センサー4から入力された検知情報に基づき、使用者の状態の変化を判断し、薬液の注入プロトコルを切り替えることができる。 Thus, the injection device 1 of this embodiment can be based on the detection information input from the external sensor 4 determines the change of the user's state, switches the injection protocol of the drug solution. そのため、使用者が操作部12から状態の変更を入力する手間を省くことができる。 Therefore, it is possible to save the trouble of user inputs a change of state from the operation unit 12. さらに、本実施形態の注入装置1は、使用者の状態の種類の情報、注入結果の情報及び時間情報を、メモリーカード3に書き込むことができる。 Furthermore, injection device 1 of this embodiment can be written type of information of the user's state, the injection result information and time information, the memory card 3. これにより、医師は詳細な臨床データを取得することができ、使用者にとってより適切な注入プロトコルの作成にデータが利用される。 Thus, the physician is able to obtain detailed clinical data, the data is used to create a more appropriate injection protocol for the user.

次に、外部センサー4として照度を検知する環境センサーを用いて、環境の種類が「昼間」から「夜間」へと変更される場合について説明する。 Next, using an environmental sensor for detecting an illuminance as the external sensor 4, the case where the type of environment is changed to "night" from the "day". 外部センサー4は所定のタイミングで、検知情報を制御部100に出力する(S51)。 External sensor 4 at a predetermined timing, and outputs the detection information to the control unit 100 (S51). 制御部100は、検知情報が環境の種類の変更条件を満たすか否か判断する(S52)。 Control unit 100, detection information determines whether changes satisfy different environment (S52). そして、変更条件を満たさない場合(S52でNO)、制御部100は再び検知情報が入力されるまで待機する。 When not satisfying the change condition (NO in S52), the control unit 100 waits until the detection information is input again. 一方、所定の変更条件を満たす場合(S52でYES)、制御部100は環境の種類が変更されたと判断し、記憶部101から変更後の薬液の注入プロトコルを読み込む(S53)。 On the other hand, if the predetermined change condition is satisfied (YES in S52), the control unit 100 determines the type of environment is changed, read infusion protocol of the drug solution after the change from the storage unit 101 (S53). そして、制御部100は、読み込んだ注入プロトコルに従ってモーター17を制御する(S54)。 Then, the control unit 100 controls the motor 17 according to the read injection protocol (S54).

すなわち、「昼間」から「夜間」への環境の変更を判断する場合、外部センサー4は注入装置1が置かれた環境の照度を制御部100に出力する。 That is, when determining the change of environment from the "day" to "night", the external sensor 4 outputs the illuminance of the injection device 1 is placed environment control unit 100. そして、制御部100は、予め記憶部101に記憶されている情報と比較して、照度が所定値よりも低いか否かを判断する。 Then, the control unit 100 compares the information stored in advance in the storage unit 101, illuminance is determined whether lower than a predetermined value. 照度が所定値よりも低い場合、制御部100は夜になったと判断し、「夜間」に対応する薬液の注入プロトコルを読み込む。 If the illuminance is lower than a predetermined value, the control unit 100 determines that at night, read infusion protocol of the chemical liquid corresponding to "night". そして、制御部100は、読み込んだ注入プロトコルに従ってモーター17の駆動を開始し、薬液の注入を開始させる。 Then, the control unit 100, the driving of the motor 17 is started according to the read injection protocol, to initiate the injection of liquid medicine. この場合、環境の種類の変更条件は、照度が所定値よりも低いか否かである。 In this case, the type of change condition of environment, the illuminance is whether lower than a predetermined value.

その後、制御部100は、変更後の環境の種類の情報、注入結果の情報及び時間情報を、それぞれ関連付けて記憶部101へ出力する(S55)。 Thereafter, the control unit 100, the type of environmental information after the change, the injection result information and time information, and outputs each associated with the storage unit 101 (S55). 情報が入力された記憶部101は、これらの情報を記憶する(S56)。 Storage unit 101 in which information is input, stores the information (S56). そして、制御部100は、所定のタイミングで読込部102を制御し、読込部102は記憶部101が記憶している情報をメモリーカード3に書き込む(S57)。 Then, the control unit 100 controls the reading unit 102 at a predetermined timing, the reading unit 102 writes the information storage unit 101 is stored in the memory card 3 (S57). すなわち、「夜間」を示す環境の種類の情報、環境の種類が変更された時刻を示す時間情報、変更後の注入量を示す注入結果の情報が、記憶部101に記憶される。 That is, the type of environmental information indicating "evening", the time information indicating the time when the type of the environment has changed, the information of the implantation results showing injection amount after the change is stored in the storage unit 101. 読込部102は、記憶部101に記憶された情報をメモリーカード3に書き込む。 Reading unit 102 writes the information stored in the storage unit 101 in the memory card 3.

その後も同様に、外部センサー4は検知を継続し、検知情報を制御部100に出力する。 Similarly thereafter, the external sensor 4 continues the detection, and outputs the detection information to the control unit 100. 制御部100は、検知情報が環境の種類の変更条件を満たすか否か判断する。 Control unit 100, the detection information to determine whether the change condition is satisfied or type of environment. そして、所定の変更条件を満たす場合、制御部100は環境の種類が再び変更されたと判断し、記憶部101から変更後の薬液の注入プロトコルを読み込む。 Then, when the predetermined change condition is satisfied, the control unit 100 determines the type of environment is changed again, read infusion protocol of the drug solution after the change from the storage unit 101. そして、制御部100は、読み込んだ注入プロトコルに従ってモーター17を制御する。 Then, the control unit 100 controls the motor 17 according to the read injection protocol.

つまり、「夜間」から「昼間」への変更を判断する場合も、制御部100が同様の制御を行う。 In other words, even if it is determined the change from the "night" to "daytime", the control unit 100 performs the same control. すなわち、外部センサー4が検知情報として照度を制御部100に出力する。 That is, the external sensor 4 outputs an illuminance as the detection information to the control unit 100. そして、制御部100は、予め記憶部101に記憶されている情報と比較して、照度が所定値よりも高いか否かを判断する。 Then, the control unit 100 compares the information stored in advance in the storage unit 101, illuminance is determined whether higher than a predetermined value. 照度が所定値よりも高い場合、制御部100は昼になったと判断し、「昼間」に対応する注入プロトコルを読み込む。 If the illuminance is higher than a predetermined value, the control unit 100 determines that became noon, read injection protocol corresponding to "day". この場合、環境の種類の変更条件は、照度が所定値よりも高いか否かである。 In this case, the type of change condition of environment, the illuminance is whether higher than a predetermined value. そして、制御部100は、読み込んだ注入プロトコルに従ってモーター17の駆動を停止し、薬液の注入を停止させる。 Then, the control unit 100, the driving motor 17 stops according to the read injection protocol, to stop the injection of liquid medicine.

このように、本実施形態の注入装置1は、外部センサー4から入力された検知情報に基づき、環境の変化を判断し、薬液の注入プロトコルを切り替えることができる。 Thus, the injection device 1 of this embodiment, based on the detection information input from the external sensor 4 determines the change of environment, it is possible to switch the injection protocol of the drug solution. そのため、使用者が環境の変化を入力する手間を省くことができる。 Therefore, it is possible to save labor for the user to enter a change in the environment. さらに、本実施形態の注入装置1は、環境の種類の情報、注入結果の情報及び時間情報を、メモリーカード3に書き込むことができる。 Furthermore, injection device 1 of this embodiment can be written type of environmental information, the injection result information and time information, the memory card 3. これにより、医師は詳細な臨床データを取得することができ、使用者にとってより適切な薬液の注入プロトコルの作成にデータが利用される。 Thus, the physician is able to obtain detailed clinical data, the data is used to create a more appropriate chemical injection protocol for the user.

本実施形態において、注入結果の情報は、薬液の注入プロトコルとしてメモリーカード3に書き込むこともできる。 In the present embodiment, information of the injection results can also be written to the memory card 3 as an infusion protocol of the drug solution. 例えば、22時に状態の種類が「睡眠」へと変更され薬液の注入を開始した場合、22時に薬液の注入を開始する薬液の注入プロトコルとしてメモリーカード3に書き込むことができる。 For example, when the type of condition at 22 starts the injection of the drug solution is changed to "sleep" may be written into the memory card 3 as injection protocol of the chemical liquid to start the injection of 22 at the drug solution. このように書き込まれた薬液の注入プロトコルは、そのまま次回の薬液注入に使用できる。 Thus written infusion protocol of the chemical can be used as the next liquid injection. これにより、使用者の生活習慣又は生活環境に合わせた薬液の注入プロトコルを作成できる。 This makes it possible to create an injection protocol of the chemical solution tailored to the lifestyle or living environment of the user. そのため、使用者に応じて適切な注入プロトコルを作成及び使用できる。 Therefore, creating and can use the appropriate injection protocol in response to the user.

[第6実施形態] Sixth Embodiment
図12は、本発明の携帯型注入装置1を収容するバッグ5を示す。 Figure 12 shows the bag 5 accommodating a portable injection device 1 of the present invention. このバッグ5は、肩に掛けて用いられる肩掛けバッグであり、第1〜第5実施形態において説明した注入装置1を収容できる。 The bag 5 is a shoulder bag for use over the shoulder, to accommodate the injection device 1 described in the first through fifth embodiments. また、バッグ5は、肩に掛ける際に用いられるベルト部51と、携帯型注入装置1を収容するバッグ本体52とを有する。 Further, the bag 5 has a belt unit 51 used when hanging the shoulder, and a bag body 52 which houses a portable injection device 1. バッグ本体52の側面には、チューブ23をバッグ5の外側に延在させるための穴53が形成されている。 The side surface of the bag body 52, holes 53 for extending the tube 23 to the outside of the bag 5 is formed. そして、この穴53を通って、携帯型注入装置1のシリンジ21に接続されたチューブ23が不図示のカテーテル又は薬液バッグ等に接続される。 Then, the through hole 53, a portable infusion device tube 23 connected to a syringe 21 1 is connected to the catheter or medical bag (not shown) or the like. また、バッグ本体52に、携帯型注入装置1と共に薬液バッグを収容することもできる。 Furthermore, the bag body 52, it is also possible to accommodate a drug solution bag with portable injection device 1. なお、本発明の携帯型注入装置1を収容する構成は、肩掛けバッグには限られず、ウエストポーチ又は収容部を有するジャケットを用いることもできる。 Note that the structure housing the portable injection device 1 of the present invention is not limited to shoulder bags, it is also possible to use a jacket having a waist pouch, or housing unit.

[変形形態] [Variant]
以上説明した各実施形態では、1つの注入ポンプが装着される注入装置について説明した。 In the embodiments described above, it has been described injection device in which one of the infusion pump is mounted. しかし、本発明の注入装置はこれに限られず、2つ以上の注入ポンプを装着可能であるように構成しても良い。 However, the injection device of the present invention is not limited thereto, may be configured of two or more infusion pump to be mounted. 具体的に本発明の注入装置は、装着部11に加えて追加装着部をさらに設け、当該追加装着部に追加注入ポンプを装着させるように構成できる。 An injection device specifically the present invention may further include an additional mounting portion in addition to the mounting portion 11, it can be configured to install an additional infusion pump to the additional attachment part. この場合、追加注入ポンプのプランジャーは、注入ポンプ2のプランジャー22と同様に進退させる。 In this case, the plunger of the additional infusion pump to advance and retreat in the same manner as plunger 22 of the injection pump 2. すなわち、ネジ部16及びプーリー部171を介して、駆動部であるモーター17により追加注入ポンプのプランジャーを進退させる。 That is, through the threaded portion 16 and the pulley portion 171, advancing and retreating the plunger additional infusion pump by a motor 17 which is a drive unit. また、追加ネジ部、追加プーリー部及び追加駆動部をさらに設けることも可能である。 Also, additional threaded portion, it is also possible to further provide an additional pulley portion and accessory drive. この場合、追加注入ポンプのプランジャーは、追加ネジ部及び追加プーリー部を介して、追加駆動部により進退させることができる。 In this case, the plunger of the additional infusion pump may be via an additional threaded portion and the additional pulley portion, advancing and retracting the accessory drive. また、追加注入ポンプのシリンジの先端には、追加薬液が充填された薬液バッグ、注入用のチューブ及びカテーテル等が接続される。 Further, the distal end of the additional infusion pump syringes, medical bag additional drug solution filled, tubes and catheters for infusion is connected. なお、注入ポンプ2からの薬液注入と追加注入ポンプからの薬液注入とは、同時に行うことも、別々に行うこともできる。 Incidentally, the liquid injection from the injection pump 2 and liquid injection from additional infusion pump, also be carried out simultaneously, it can be performed separately.

また、本変形形態においては、操作部12に追加薬液用注入ボタンをさらに設けることができる。 Also, in this variation, it is possible to further provide a injection button for additional drug solution on the operation unit 12. この追加薬液用注入ボタンを使用者が押すことにより、追加注入ポンプから追加薬液が注入される。 By this additional chemical liquid injection button the user presses, additional chemical is injected from the additional infusion pump. また、本変形形態の注入装置においても、第3実施形態と同様に、読込部102を介してメモリーカード3に追加薬液の注入結果の情報を書き込むことができる。 Also in the injection device of this modification, similarly to the third embodiment, it is possible to write information of the injection results in additional chemical in the memory card 3 via the read section 102.

このような本変形形態の注入装置によれば、使用者が痛みを感じた場合等に、鎮痛剤などの追加薬液を注入することが可能となる。 According to the injection apparatus of the present modified embodiment, such as when the user feels pain, it is possible to inject additional liquid medicine such as an analgesic. このような追加薬液としては、一例としてモルヒネが考えられる。 Such additional chemical, morphine is considered as an example. モルヒネは抗がん剤を注入している間に持続的に皮下注射(筋肉注射)され、例えば、1時間毎に1mlの注入量で24時間、合計24mlのモルヒネが使用者に注入される。 Morphine is continuously injected subcutaneously while injecting anti-cancer agent (intramuscular injection), for example, 24 hours injection volume of 1ml per hour, morphine total 24ml is injected into the user.

なお、本変形形態の追加注入ポンプは、薬液が予め充填されたプレフィルドシリンジを使用しても良い。 Note that additional infusion pump of this variant, the chemical liquid may be used prefilled prefilled syringe. 具体的には、追加薬液が予め充填されたプレフィルドシリンジを使用し、例えば、ワンショット1時間分として、1ml又は0.5mlの追加薬液を注入することができる。 Specifically, using a pre-filled syringe additional chemical pre-filled, e.g., as a 1 hour shot can be injected additional liquid medicine 1ml or 0.5 ml. この場合、抗がん剤を注入している間に痛みを感じたときに、使用者が追加薬液用の注入ボタンを押して追加薬液を注入する。 In this case, when you feel the pain while injecting the anti-cancer agent, to inject additional liquid chemical user presses the injection button for additional chemicals.

また、以上説明した各実施形態では、2つの薬液バッグを使用した注入装置1について説明したが、本発明はこれに限られない。 Also, more than in the embodiments described, has been described injection device 1 using the two medical bag, the present invention is not limited thereto. 抗がん剤と、ブドウ糖液又は生理食塩水との混合薬液が充填された1つの薬液バッグのみを使用することも可能である。 An anti-cancer agent, mixing the drug solution with a glucose solution or saline is also possible to use only one chemical solution bag filled. また、抗がん剤、ブドウ糖液又は生理食塩水に代えて、高カロリー液を注入することもできる。 Moreover, anticancer agents, instead of the glucose solution or physiological saline, can be injected with high-calorie liquid.

さらに、注入量が少ない場合は、予めシリンジ21内に所定量の薬液を充填することも可能である。 Further, if the injection amount is small, it is also possible to fill a predetermined amount of liquid medicine in advance the syringe 21. そして、シリンジ21内に予め充填された薬液は、メモリーカード3に記憶された薬液の注入プロトコルに従って使用者に注入される。 Then, pre-filled drug solution in the syringe 21 is injected into the user according to the injection protocol of the stored liquid medicine in the memory card 3. この場合、薬液バッグと、シリンジ21と薬液バッグとを接続するチューブとが不要になるという利点がある。 In this case, there is an advantage that the drug solution bag, and a tube for connecting the syringe 21 and medical bag becomes unnecessary.

また、上記実施形態では、シリンジポンプを備えた注入装置1について説明したが、本発明はこれに限られない。 In the above embodiment has been described injection device 1 with a syringe pump, the present invention is not limited thereto. シリンジポンプに代えて、ぜん動注入ポンプ、スクリュー又は羽根を用いた注入ポンプを使用することもできる。 Instead of a syringe pump, peristaltic infusion pump, an infusion pump using a screw or vane can be used.

また、本発明の携帯型注入装置は、警報装置、GPS又は無線通信装置等の付属機器を備えていても良い。 In addition, the portable infusion device of the present invention, the alarm device may be provided with ancillary equipment such as GPS or wireless communication device. 例えば、無線通信装置を備えた注入装置の場合、外部のスキャナー又はICタグリーダーから送信されたデータを無線通信装置に受信させることができる。 For example, if the injection device having a wireless communication device, it is possible to receive data transmitted from an external scanner or IC tag reader to the wireless communication device. 医師等の操作者は、注入準備の段階でスキャナー又はICタグリーダーを使ってデータを注入装置に送信する。 Operator such as a doctor, to transmit the data to the infusion device with a scanner or IC tag reader at the stage of injection preparations. このスキャナーは、使用者が身に付けたリストバンド又は薬液バッグの表面に記録された磁気ストライプ、二次元コード又はバーコード等からデータを取得し、無線通信装置に送信する。 The scanner, magnetic stripe user is recorded on the surface of the wristband or medical bag dons, it acquires data from the two-dimensional code or a bar code or the like, to the wireless communication device. また、ICタグリーダーは、リストバンドや薬液バッグのICタグからデータを読み出し、無線通信装置に送信する。 Further, the IC tag reader reads the data from the IC tag of the wristband or medical bag, to the wireless communication device. 無線通信装置に送信されるデータには、薬液の種類の情報又は使用者の情報が含まれる。 The data to be transmitted to the wireless communication device includes information of the chemical type of information or the user.

その後、無線通信装置は、受信したデータを本体10の制御部100に出力する。 After that, the wireless communication apparatus, outputs the received data to the control unit 100 of the main body 10. 制御部100は、入力されたデータの情報と、メモリーカード3に記憶された薬液の種類の情報又は使用者の情報とを比較する。 Control unit 100 compares the information of the input data, the chemical liquid stored in the memory card 3 types of the information or the user information. そして、比較した情報が一致しない場合、制御部100は表示部14にエラー表示を表示させる。 When the compared pieces of information do not match, the control unit 100 displays an error display on the display unit 14. このように、注入準備の段階で薬液の種類又は使用者の比較確認が行われることにより、誤った薬液の注入又は使用者である患者の取り違えを確実に防止できる。 Thus, by comparing confirmation of the chemical type or user is performed at the stage of injection preparation, can be reliably prevented misidentification of the patient is injected or user of wrong chemical.

なお、上述の各実施形態及び変形形態は、本発明の内容を実質的に変化しない範囲で、適宜組み合わせることができる。 Note that the embodiments and variations described above, substantially no variation range the content of the present invention can be combined as appropriate.

1:携帯型注入装置2:注入ポンプ3:記憶媒体10:本体11:装着部17:駆動部31:スロット100:制御部102:読込部 1: portable injection device 2: infusion pump 3: storage medium 10: body 11: mounting section 17: driving section 31: Slot 100: The control unit 102: reading unit

Claims (8)

  1. 薬液を注入する注入ポンプが装着可能であると共に、記憶媒体から前記薬液の注入時間、注入速度及び注入量を含む注入プロトコルを読み込み可能である携帯型注入装置であって、 With infusion pump for injecting the liquid medicine can be mounted, a injection time of the chemical from the storage medium, it is possible to read an injection protocol comprising injection speed and the injection amount portable infusion device,
    前記注入ポンプを装着する装着部と、 A mounting portion for mounting the infusion pump,
    前記記憶媒体を挿入するスロットと、 A slot for inserting the storage medium,
    前記注入ポンプに接続される駆動部と、 A drive section connected to the injection pump,
    前記注入プロトコルを前記記憶媒体から読み込む読込部と、 A reading unit for reading the infusion protocol from the storage medium,
    前記駆動部及び前記読込部を制御する制御部と、 A control unit for controlling the drive unit and the reading unit,
    使用者の行動による状態の変化又は使用者がおかれた環境の変化を示す情報を複数の種類の中から選択して入力するための操作部であって、前記選択された情報が入力された場合に、前記制御部へ前記選択された情報に対応した変更信号を出力する操作部とを備え、 A manipulation unit for inputting and selecting information indicating the changes in the environment changes or the user of the state by action of the user is placed from a plurality of types, the selected information is input case, and an operation section for outputting a change signal corresponding to said selected information to said control unit,
    前記制御部は、前記注入プロトコルに従って前記薬液の注入量又は注入速度を変更するように、前記駆動部を制御すると共に、前記変更信号が入力されると、変更後の状態又は変更後の環境に対応する注入プロトコルを読み込み、前記読み込んだ注入プロトコルに従って前記薬液の注入量を変更するように前記駆動部を制御することを特徴とする携帯型注入装置。 The control unit is to change the injection volume or injection rate of the liquid medicine in accordance with the infusion protocol, controls the driving portion, when the change signal is input, the environment after the state or change after change Load the corresponding injection protocol, a portable infusion device, characterized in that for controlling the drive unit to change the injection quantity of the liquid medicine according to the read injection protocol.
  2. 前記駆動部に接続されたネジ部を備え、 Includes a threaded portion that is connected to the drive unit,
    前記装着部には、シリンジ及びプランジャーを有するシリンジポンプが装着可能であり、 It said mounting portion is a syringe pump can be fitted with a syringe and plunger,
    前記駆動部は、前記ネジ部に回転力を加え、 The drive unit, the rotational force to the screw portion,
    前記ネジ部は、前記回転力により摺動すると共に、前記プランジャーを前進及び後進させることを特徴とする請求項1に記載の携帯型注入装置。 The threaded portion is configured to slide by the rotation force, a portable injection device according to claim 1, wherein the advancing and reverse the plunger.
  3. 前記携帯型注入装置には、外部センサーが接続可能であり、 The portable infusion device is an external sensor can be connected,
    前記制御部は、前記外部センサーから入力された検知情報に基づいて、前記薬液の注入量又は注入速度を変更するように前記駆動部を制御することを特徴とする請求項1又は2に記載の携帯型注入装置。 Wherein, based on the detection information input from the external sensor, according to claim 1 or 2, wherein said controlling the driving unit to change the injection volume or injection rate of the chemical portable infusion device.
  4. 前記読込部は、前記記憶媒体に情報を書き込み可能であり、 The reading unit is capable of writing information to the storage medium,
    前記制御部は、前記検知情報を前記記憶媒体に書き込むように前記読込部を制御することを特徴とする請求項3に記載の携帯型注入装置。 Wherein the control unit, a portable infusion device according to the detection information to Claim 3, wherein the controller controls the reading unit to write to the storage medium.
  5. 前記読込部は、前記記憶媒体に情報を書き込み可能であり、 The reading unit is capable of writing information to the storage medium,
    前記制御部は、前記薬液の注入結果の情報を前記記憶媒体に書き込むように前記読込部を制御することを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1項に記載の携帯型注入装置。 Wherein the control unit, a portable infusion device according to any one of claims 1 to 4, wherein the controller controls the reading unit to write the information of the injection results in the storage medium of the chemical.
  6. 追加注入ポンプを装着する追加装着部をさらに備えることを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1項に記載の携帯型注入装置。 Portable infusion device according to any one of claims 1 to 5, further comprising an additional attachment part for attaching an additional infusion pump.
  7. 薬液を注入する注入ポンプを装着する装着部と、記憶媒体を挿入するスロットと、前記注入ポンプに接続される駆動部と、前記薬液の注入時間、注入速度及び注入量を含む注入プロトコルを前記記憶媒体から読み込む読込部と、前記駆動部及び前記読込部を制御する制御部と、使用者の行動による状態の変化又は使用者がおかれた環境の変化を示す情報を複数の種類の中から選択して入力するための操作部とを備えた携帯型注入装置の制御方法であって、 A mounting portion for mounting the infusion pump for injecting a drug solution, and a slot for inserting a storage medium, a drive unit connected to said injection pump, injection time of the chemical solution, the storage injection protocol comprising injection rate and injection volume selecting and reading unit, a control unit for controlling the drive unit and the reading unit, information indicating the changes in the environment changes or the user of the state by action of the user is placed among a plurality of types to be read from the medium a method of controlling a portable infusion device that includes an operation section for to enter,
    前記記憶媒体から、前記読込部が前記注入プロトコルを読み込み、 From the storage medium, the reading unit reads the injection protocol,
    前記注入プロトコルに従って前記薬液の注入量又は注入速度を変更するように、前記制御部が前記駆動部を制御し、 To change the injection volume or injection rate of the liquid medicine in accordance with the infusion protocol, the control unit controls the driving unit,
    使用者が前記情報を複数の種類の中から選択して入力した場合、前記操作部は前記制御部へ前記選択された情報に対応した変更信号を出力し、 If the user has selected and input the information from the plurality of types, the operation unit outputs a change signal corresponding to said selected information to said control unit,
    前記変更信号が入力されると、前記制御部は、変更後の状態又は変更後の環境に対応する注入プロトコルを読み込み、前記読み込んだ注入プロトコルに従って前記薬液の注入量を変更するように前記駆動部を制御することを特徴とする携帯型注入装置の制御方法。 When the change signal is input, the control unit reads the injection protocol corresponding to the environment after the state or change after change, the to change the injection quantity of the liquid medicine according to the read injection protocol driver control method for a portable infusion device, characterized in that to control the.
  8. 前記読込部は、前記記憶媒体に情報を書き込み可能であり、 The reading unit is capable of writing information to the storage medium,
    所定の情報を前記記憶媒体に書き込むように、前記制御部が前記読込部を制御することを特徴とする請求項7に記載の携帯型注入装置の制御方法。 To write predetermined information into the storage medium, control method for a portable injection device according to claim 7, wherein the control unit and controls the reading unit.
JP2010175094A 2010-08-04 2010-08-04 Control method for a portable injection device and a portable injection device Active JP6058873B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010175094A JP6058873B2 (en) 2010-08-04 2010-08-04 Control method for a portable injection device and a portable injection device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010175094A JP6058873B2 (en) 2010-08-04 2010-08-04 Control method for a portable injection device and a portable injection device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012034729A JP2012034729A (en) 2012-02-23
JP6058873B2 true JP6058873B2 (en) 2017-01-11

Family

ID=45847431

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010175094A Active JP6058873B2 (en) 2010-08-04 2010-08-04 Control method for a portable injection device and a portable injection device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6058873B2 (en)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6240090B2 (en) * 2012-12-13 2017-11-29 パナソニックヘルスケアホールディングス株式会社 Drug injection device
CN102974007B (en) * 2012-12-24 2015-05-20 冯筠荪 Micro peristaltic infusion device
SG11201507747RA (en) * 2013-03-19 2015-10-29 Jms Co Ltd Syringe pump
EP3132820A4 (en) * 2014-04-14 2017-12-13 Multidimension Technology Co., Ltd. Micro guiding screw pump using magnetic resistance sensor and manufacturing method therefor

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6544229B1 (en) * 2000-05-01 2003-04-08 Baxter International Inc Linearly motile infusion pump
JP4559150B2 (en) * 2004-07-28 2010-10-06 テルモ株式会社 Syringe pump
WO2008004670A1 (en) * 2006-07-06 2008-01-10 Nemoto Kyorindo Co., Ltd. Chemical liquid loading and injection system, and chemical liquid loading device
US8025634B1 (en) * 2006-09-18 2011-09-27 Baxter International Inc. Method and system for controlled infusion of therapeutic substances

Also Published As

Publication number Publication date
JP2012034729A (en) 2012-02-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7935105B2 (en) Data storage for an infusion pump system
EP0497041B1 (en) Automated infusion pump with replaceable memory cartridges
US8894628B2 (en) Activity sensing techniques for an infusion pump system
CA2215368C (en) Modular patient care system
US8641670B2 (en) Portable infusion device with means for monitoring and controlling fluid delivery
JP5390378B2 (en) System and method for optimizing control of Pca and pcea system
DK2044544T3 (en) Fluidindgivelsesanordning and methods of use thereof
AU713132B2 (en) Medical infusion pump
US8317752B2 (en) Touch screen system and navigation and programming methods for an infusion pump
CA2455978C (en) Apparatuses and methods for titrating drug delivery
US8747348B2 (en) Detachable portable infusion device
CA2561370C (en) Apparatus and method for therapeutic delivery of medication
EP1948268B1 (en) External infusion device with programmable capabilities to time-shift basal insulin
US7927313B2 (en) Medical device configuration based on recognition of identification information
US5795327A (en) Infusion pump with historical data recording
JP3845857B2 (en) Simple chemical liquid injector
US6468242B1 (en) Medical apparatus with patient data recording
EP1069921B1 (en) Apparatus for automatically controlling the level of medication
JP5284644B2 (en) Improvement of power head control of the automatic injection system
AU2005249903B2 (en) Identification information recognition system for a medical device
KR101506230B1 (en) Self-administration injection apparatus
JP5465712B2 (en) Fluid connector
EP0801578B1 (en) Medicinal fluid pump having multiple stored protocols
US8905965B2 (en) Infusion pump methods and systems
US20040260233A1 (en) Data collection assembly for patient infusion system

Legal Events

Date Code Title Description
RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20120710

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130610

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20140324

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140403

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140526

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20141104

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150116

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20150123

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20150313

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160722

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160926

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20161208

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6058873

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150