JP6017055B2 - Data linkage support device and data linkage support method - Google Patents

Data linkage support device and data linkage support method Download PDF

Info

Publication number
JP6017055B2
JP6017055B2 JP2015541381A JP2015541381A JP6017055B2 JP 6017055 B2 JP6017055 B2 JP 6017055B2 JP 2015541381 A JP2015541381 A JP 2015541381A JP 2015541381 A JP2015541381 A JP 2015541381A JP 6017055 B2 JP6017055 B2 JP 6017055B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
table
information
unit
tables
column
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2015541381A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPWO2015052812A1 (en )
Inventor
光輝 柴
光輝 柴
光義 山足
光義 山足
範之 熊沢
範之 熊沢
Original Assignee
三菱電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F17/00Digital computing or data processing equipment or methods, specially adapted for specific functions
    • G06F17/30Information retrieval; Database structures therefor ; File system structures therefor
    • G06F17/30286Information retrieval; Database structures therefor ; File system structures therefor in structured data stores
    • G06F17/30386Retrieval requests
    • G06F17/30424Query processing
    • G06F17/30477Query execution
    • G06F17/30483Query execution of query operations
    • G06F17/30495Binary matching operations

Description

本発明は、データ連携支援装置及びデータ連携支援方法に関するものである。 The present invention relates to a data linkage support apparatus and a data linkage support process.

システム間の連携、あるいは、システム同士の統合に伴って、システム別のデータベース間のデータ連携、あるいは、同じデータベース内の別々のテーブル間のデータ連携が必要となる。 Cooperation between systems, or, with the integration of the system with each other, the data links between system-specific database, or data links between different tables in the same database is required. データ連携では、連携先となるテーブル(即ち、連携先テーブル)のカラムに格納するデータを、どのテーブル(即ち、連携元テーブル)のカラムから抽出すればよいかというデータ連携関係を定義する必要がある。 The data linkage, cooperation destination become table (i.e., cooperation destination table) data to be stored in the column of which table (i.e., cooperation source table) it is necessary to define a data linkage relationship or may be extracted from the column of is there.

データ連携関係を定義するためには、テーブル間のカラムの対応関係を何らかの手段で検出する必要がある。 To define the data linkage relationship needs to be detected by some means the correspondence between the columns between the tables. さらに、連携元テーブルから連携先テーブルのカラムの組み合わせであるテーブルレイアウトがテーブル操作によって作成できる必要がある。 Furthermore, it is necessary to be made by a table layout table operating a combination of columns in the cooperation destination table from the cooperation source table. このようなデータ構造の変換が実施できないと、連携先テーブルにデータを格納することができない。 When the conversion of such data structures can not be performed, it is impossible to store data in cooperation destination table. 連携先テーブルとレイアウトが一致する連携元テーブルがなく、2つ以上の連携元テーブルからデータを集めて連携先テーブルを作成する場合には、テーブル間のカラムの類似性によって対応関係を判断するだけでは不十分である。 No cooperation source table cooperator tables and layout matches, when creating a cooperation destination table to collect data from two or more cooperation source table, only determines a correspondence relation by analogy to the column between the tables in insufficient. 実際にそれら2つ以上の連携元テーブルに対して結合(例えば、JOIN)操作を実施できることが必要である。 In fact bind to the two or more cooperation source table (e.g., JOIN) it is necessary to be able to perform operations. 結合される連携元テーブルは、それぞれ結合操作のための共通カラム(即ち、結合キー)を持つ必要がある。 Collaboration source table to be joined, common columns for each binding operation (i.e., binding key) should have.

データ連携関係の定義は、一般的に、人間が各システムのデータベースのテーブル定義書に記述されたテーブル定義情報等を参照して作成する。 Defining data linkage relationship is generally human created with reference to the described table definition information such as a table definition document database of each system. その作業は、データベース技術と業務内容を理解した高度な技術者が労働集約的に実施する必要があった。 Its operation is advanced technology who understand the database technology and business content had to be carried out labor-intensive.

データ連携関係を自動抽出する技術として、データベースのテーブルのレコード(即ち、実データ)を利用する技術が存在する(例えば、特許文献1参照)。 Data linkage relationship as a technique for automatically extracting, records of a database table (i.e., actual data) techniques exist to utilize (e.g., see Patent Document 1).

特許文献1では、連携元テーブルと連携先テーブルの全て又はサンプリングしたレコードのデータを取り込む。 In Patent Document 1, it captures the data of all or sampled record of the cooperation destination table with cooperation source table. データの内容を解析し、対応関係を推測しながら、連携元テーブルのレコードから連携先テーブルのレコードを作成する。 It analyzes the contents of the data, while guess the correspondence relationship, to create a record of cooperation destination table from the record of cooperation based on the table. ただし、テーブル定義情報の利用は限定的である。 However, use of table definition information is limited.

類似するカラムの対応関係を自動抽出する技術として、いわゆるスキーママッチング技術が存在する(例えば、非特許文献1参照)。 As a technique for automatically extracting the correspondence between the column similar to the so-called schema matching techniques exist (e.g., see Non-Patent Document 1).

スキーママッチング技術では、例えば、2つのテーブル、あるいは、それぞれテーブルの集合体である2つのスキーマの構造に関するテーブル定義情報を入力として受け取る。 The schema matching technique, for example, two tables or receive table definition information about the structure of the two schema is a collection of respective table as input. テーブルのカラムの名称及びデータ型、テーブル間の関係等から、カラムの類似度を判断する。 Name and data type of the columns in the table, from the relationship, etc. between tables, to determine the similarity of the column. これにより、異なるテーブルのカラム間の対応関係を抽出する。 Thus, it extracts the correspondence between columns of different tables.

スキーママッチング技術では、主にテーブル定義情報を利用する。 The schema matching technology, mainly to use the table definition information. レコード(即ち、実データ)を利用する場合もあるが、利用は限定的である。 Record (i.e., actual data), but in some cases to use the usage is limited. 一般的に、レコードから年月日のデータが「YYMMDD」なのか「YYYY/MM/DD」なのかというようなカラムのフォーマット情報を抽出し、メタデータとして利用する。 Generally, it extracts format information of the column, such as that one date data "YYMMDD" of the or "YYYY / MM / DD" of the from the record is used as the metadata. ここで、「Y」は年の1桁数値、「M」は月の1桁数値、「D」は日の1桁数値である。 Here, the "Y" single-digit numeric value of the year, "M" is 1-digit numeric value of the month, "D" is a single-digit numeric value of the day. 例えば、2013年4月1日は「YYYY/MM/DD」のフォーマットで表すと「2013/04/01」となる。 For example, when the April 1, 2013 represented in the format of "YYYY / MM / DD" becomes "2013/04/01".

スキーママッチング技術では、類似度の判断基準としてカラムの名称が最もよく利用されてきた。 The schema matching technique, column names have been most often used as a criterion of similarity. システム間ではカラムの命名規則が異なることが多いため、スキーママッチング技術は、システム間のデータ連携関係を自動抽出する処理には向かないと考えられてきた。 Since often the naming conventions of the column are different between systems, the schema matching technique has been considered not suitable for the process of automatically extracting data linkage relationships between systems. しかし、命名規則の差異を吸収するためのデータ項目辞書の整備により、命名規則が異なるシステム間で類似するカラムの抽出が可能となっている。 However, the development of the data item dictionary for absorbing the difference in naming conventions, and can be extracted column naming convention is similar between different systems. データ項目辞書の整備は、以前は人手で行われていたが、近年は辞書の自動生成技術が発展してきている。 The development of a data item dictionary, previously was done by hand, in recent years, automatic generation technology of the dictionary has been developed. そのため、データ連携関係の自動抽出のような分野でも、スキーママッチング技術の利用が可能になってきている。 Therefore, in the field, such as the automatic extraction of data linkage relationships, it has become possible to use the schema matching technology.

米国特許第8082243号明細書 US Pat. No. 8082243

特許文献1では、連携元テーブルと連携先テーブルのレコードを利用してデータ連携関係を自動抽出する。 In Patent Document 1, for automatically extracting the data linkage relationships using the record of cooperation destination table with cooperation source table. データ連携関係の抽出精度を高めるためには、全てのレコードを利用することが必要である。 To increase the extraction accuracy of the data linkage relationship, it is necessary to use all records. その場合、大量のレコードに対する処理が必要となる。 In that case, it is necessary to process for the large number of records. そのような処理を大規模なシステムに対して実行した場合、処理時間が実用的な時間に収まらない可能性が高い。 When you perform such processing on large systems, it is likely that the processing time is not within a practical time. 必然的に処理の対象とするシステムを絞り込まざるを得ない。 Inevitably narrowed the system as a target of naturally processed. その結果、自動抽出されるデータ連携関係は局所的な解となり、全体的な視点で見直した場合、不要なデータ連携が発見されることになる。 As a result, data linkage relationships are automatically extracted becomes local solutions, when reviewing the whole point of view, so that the unnecessary data linkage is found.

利用するレコードの数を減らすためにサンプリング技術を活用することも可能である。 It is also possible to use sampling techniques to reduce the number of usage records. しかし、テーブル間の参照関係を考慮しながらサンプリングを行うことは困難である。 However, it is difficult to perform sampling while taking into account the reference relationship between tables. サンプリングの結果、本来は参照関係のあるテーブルが、参照関係のないように見えてしまう可能性がある。 Sampling results, originally tables with reference relationship, there is a possibility that looks like no reference relationship.

以上のように、特許文献1のようなレコードの利用が必須となる技術は、レコードの量によって適用できるシステムの範囲が制限されるという課題がある。 As described above, a technique utilizing the record, such as in Patent Document 1 is required, there is a problem that a range of systems which can be applied by the amount of records is limited.

また、特許文献1のような技術では、事前にレコードの準備が必須であるという課題がある。 In addition, in the technique, such as described in Patent Document 1, preparation of the record in advance there is a problem that is essential. 例えば、連携先テーブルが新規に作成するテーブルであるとすると、利用できるレコードが存在しないため、データ連携関係を自動抽出できない。 For example, the cooperation destination table and a table for the newly created, because the record available does not exist, can not be automatically extracted data linkage relationship.

非特許文献1のようなスキーママッチング技術では、レコードの準備は必須ではない。 The schema matching techniques such as Non-Patent Document 1, preparation of records is not essential. テーブル定義情報のようなメタデータのみから、類似するカラムの対応関係を抽出できる。 Only the metadata such as a table definition information can be extracted correspondence between columns similar. そのため、レコードを利用する技術と比較すると、扱うデータ量が少なくて済むという利点がある。 Therefore, when compared with the technique that uses the records, there is an advantage that fewer data amount to be handled. 大規模なシステム全体を処理の対象とすることができる。 It can be the subject of processing the entire large-scale system.

しかし、スキーママッチング技術は、類似するカラムを見つけ出す技術である。 However, the schema matching technique is a technique for finding a column similar. そのため、データ連携関係のみではなく、テーブル間の参照整合性制約及び意味的な参照関係も区別なしに抽出してしまうという課題がある。 Therefore, rather than data linkage relationships but also referential integrity constraints and semantic reference relationship between tables there is a problem arises in that the extraction without distinction. 特に、データベース内に同義のカラムが多数存在する場合、スキーママッチング技術の観点からは正しい対応関係であっても、データ連携関係ではない対応関係が多数検出されてしまう。 In particular, if the column synonymous in the database there are many, even correct matches in view of the schema matching technique, not a data linkage relationship relationship from being detected number.

また、スキーママッチング技術では、データ連携を行うために連携元テーブルから連携先テーブルのレイアウトをテーブル操作によって作成する必要がある点について考慮されていないという課題がある。 Further, the schema matching technique, there is a problem that no consideration is given that there is a need to create the layout table operation of the cooperation destination table from the cooperation source table to perform data linkage.

本発明は、例えば、データ連携において、連携先となるテーブルのカラムに格納するデータを、どのテーブルのカラムから抽出すればよいかを、効率よく、的確に判断することを目的とする。 The present invention is, for example, in data linkage, the data to be stored in the column of the table as a cooperation destination, whether it be extracted from the column of which table, efficiently, and an object thereof is to accurately determine.

本発明の一の態様に係るデータ連携支援装置は、 The data linkage support apparatus according to one aspect of the present invention,
複数のテーブルを有するデータベースのデータ連携を支援する装置であり、 An apparatus for supporting data linkage database having a plurality of tables,
前記複数のテーブルのそれぞれに含まれる複数のカラムのそれぞれが主キーになっているかどうかを示す主キー情報と、前記複数のテーブルのそれぞれに含まれる複数のカラムのそれぞれに格納されるデータの属性を示す属性情報と、前記複数のテーブル間の参照関係を示す参照関係情報とを記憶する情報記憶部と、 And primary key information that indicates whether each has the primary key of a plurality of columns included in each of said plurality of tables, data attributes to be stored in each of the plurality of columns included in each of said plurality of tables and attribute information that indicates an information storage unit for storing the reference relation information indicating a reference relationship between the plurality of tables,
前記複数のテーブルから、主キーになっている2つ以上のカラムを含みデータ連携の連携先となる1つのテーブルを選択するテーブル選択部と、 From said plurality of tables, the table selection unit for selecting one of the tables comprises a cooperation destination of the data linkage of two or more columns that is a primary key,
前記情報記憶部に記憶された主キー情報に基づき、前記テーブル選択部により選択されたテーブルに含まれる複数のカラムから、前記2つ以上のカラムを特定するカラム特定部と、 Based on the primary key information stored in the information storage unit, a plurality of columns contained in the selected table by the table selection unit, and a column specifying unit for specifying the two or more columns,
前記情報記憶部に記憶された主キー情報と属性情報と参照関係情報とに基づき、前記複数のテーブルのうち前記テーブル選択部により選択されたテーブル以外のテーブルから、参照関係によって結ばれた2つ以上のテーブルの組み合わせであって、前記カラム特定部により特定されたカラムと対応するカラムが当該2つ以上のテーブルに分かれて各テーブルの主キーとして存在する組み合わせを抽出するテーブル抽出部と、 Based on the stored primary key information and attribute information and the reference relation in the information storage unit, from the table other than the selected table by the table selection unit among the plurality of tables, two tied by reference relation a combination of the above table, a table extraction unit for extracting a combination where the column corresponding columns with specified column by the specific unit is present as a primary key for each divided into the two or more tables tables,
前記テーブル抽出部により抽出された組み合わせに含まれるテーブルを結合して1つのテーブルを作成するテーブル結合部と、 A table coupling unit for creating a single table by combining the tables included in the combination extracted by the table extracting unit,
前記テーブル選択部により選択されたテーブルと前記テーブル結合部により作成されたテーブルとのスキーママッチングを行い、スキーママッチングの結果に基づき、前記テーブル抽出部により抽出された組み合わせを、前記テーブル選択部により選択されたテーブルのデータ連携に利用することを推奨するかどうか判断する推奨判断部とを備える。 Perform schema matching the table created with the table selected by the table selection unit by the table coupling portion, based on the result of the schema matching, the combination extracted by the table extracting unit, selected by the table selection unit and a recommendation determination unit for determining whether to recommend using the data linkage table.

本発明の一の態様によれば、データ連携支援装置が、データ連携において、連携先となるテーブルのカラムに格納するデータを、どのテーブルのカラムから抽出すればよいかを、効率よく、的確に判断することができる。 According to one aspect of the present invention, the data linkage support apparatus, in the data linkage, whether the data to be stored in the column of the table as a cooperation destination, it may be extracted from the column of which table efficiently, accurately it can be determined.

実施の形態1に係るデータ連携支援装置の構成を示すブロック図。 Block diagram showing the configuration of a data linkage support apparatus according to the first embodiment. 実施の形態1に係る入力情報の例を示す表。 Table showing an example of input information according to the first embodiment. 実施の形態1に係る入力情報と参照関係情報とが合成された情報の例を示す表。 Table showing an example of information input information and the reference relation is synthesized according to a first embodiment. 実施の形態1に係るデータ連携支援装置の動作の例を示すフローチャート。 Flow chart illustrating an example of the operation of the data linkage support apparatus according to the first embodiment. 実施の形態1に係る連携元情報と参照関係情報とが合成された情報と、暫定仮想テーブル情報との例を示す表。 Table showing the information and cooperation source information according to the first embodiment and the reference relation is synthesized, an example of the provisional virtual table information. 実施の形態1に係る連携元情報と参照関係情報とが合成された情報の別の例を示す表。 Table illustrating another example of information cooperation source information and the reference relation is synthesized according to a first embodiment. 実施の形態1に係る連携元情報と参照関係情報とが合成された情報と、暫定仮想テーブル情報との別の例を示す表。 Table showing the information and cooperation source information according to the first embodiment and the reference relation is synthesized, another example of the provisional virtual table information. 実施の形態1に係るデータ連携支援装置の動作の例を示すフローチャート。 Flow chart illustrating an example of the operation of the data linkage support apparatus according to the first embodiment. 実施の形態1に係る仮想テーブルと目標テーブルとのスキーママッチングを示す概念図。 Conceptual view illustrating a schema matching between the virtual table and the target table according to the first embodiment. 実施の形態1に係るデータ連携支援装置の動作の例を示すフローチャート。 Flow chart illustrating an example of the operation of the data linkage support apparatus according to the first embodiment. 実施の形態1に係る連携元テーブルと目標テーブルとのスキーママッチングを示す概念図。 Conceptual view illustrating a schema matching the cooperation source table and the target table according to the first embodiment. 実施の形態1に係る連携元テーブルと仮想テーブルとのスキーママッチングを示す概念図。 Conceptual view illustrating a schema matching the cooperation source table and the virtual table according to the first embodiment. 実施の形態1に係るデータ連携支援装置のハードウェア構成の一例を示す図。 It illustrates an example of a hardware configuration of the data linkage support apparatus according to the first embodiment.

以下、本発明の実施の形態について、図を用いて説明する。 Hereinafter, embodiments of the present invention will be described with reference to FIG.

実施の形態1. The first embodiment.
図1は、本実施の形態に係るデータ連携支援装置100の構成を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing a configuration of a data linkage support apparatus 100 according to this embodiment.

図1において、データ連携支援装置100は、複数のテーブルを有するデータベースのデータ連携を支援する装置である。 In Figure 1, the data linkage support apparatus 100 is an apparatus for supporting data linkage database having a plurality of tables. データ連携支援装置100により支援されるデータ連携は、データベースの異なるインスタンス間のデータ連携であってもよいし、同じインスタンスの異なるスキーマ間のデータ連携であってもよいし、同じスキーマの異なるテーブル間のデータ連携であってもよい。 Data linkage assisted by data linkage support apparatus 100 may be a data cooperation between different instances of the database may be data links between different schemas of the same instance, different tables of the same schema it may be a data cooperation.

データ連携支援装置100は、情報記憶部101、テーブル選択部102、カラム特定部103、テーブル抽出部104、テーブル結合部105、推奨判断部106を備える。 Data linkage support apparatus 100 includes an information storage unit 101, the table selection unit 102, the column specifying unit 103, the table extraction unit 104, a table coupling portion 105, and a recommendation determination unit 106.

図1には示していないが、データ連携支援装置100は、処理装置、記憶装置、入力装置、出力装置等のハードウェアを備える。 Although not shown in FIG. 1, the data linkage support apparatus 100 includes a processing unit, memory device, input device, and a hardware output device. ハードウェアはデータ連携支援装置100の各部によって利用される。 Hardware is used by each unit of the data linkage support apparatus 100. 例えば、処理装置は、データ連携支援装置100の各部でデータ又は情報の演算、加工、読み取り、書き込み等を行うために利用される。 For example, processing device, computing data or information in each unit of the data linkage support apparatus 100, processing is utilized reading, for writing, and the like. 記憶装置は、そのデータ又は情報を記憶するために利用される。 Storage device is utilized to store the data or information. 入力装置は、そのデータ又は情報を入力するために利用される。 Input device utilized to input the data or information. 出力装置は、そのデータ又は情報を出力するために利用される。 The output device is used for outputting the data or information.

情報記憶部101は、連携元情報111、連携先情報112、参照関係情報113、入力情報114を、記憶装置を利用して記憶する。 Information storage unit 101, cooperation source information 111, cooperation destination information 112, reference relation information 113, input information 114, and stores using the storage device.

連携元情報111は、データ連携の連携元となるデータベース(即ち、連携元データベース)の複数のテーブル(即ち、連携元テーブル)を定義する情報である。 Cooperation source information 111, cooperation source and comprising database data linkage (i.e., cooperation source database) more tables (i.e., cooperation source table) is information that defines a. 連携元情報111には、連携元データベースの主キー情報及び属性情報が含まれる。 The cooperation source information 111 includes a primary key information and attribute information of the cooperation source database. 連携元データベースの主キー情報とは、複数の連携元テーブルのそれぞれに含まれる複数のカラムのそれぞれが主キーになっているかどうかを示す情報である。 Cooperation with the primary key information of the original database is information indicating whether each of a plurality of columns included in each of the plurality of cooperation source table is the primary key. 連携元データベースの属性情報とは、複数の連携元テーブルのそれぞれに含まれる複数のカラムのそれぞれに格納されるデータの属性(例えば、カラム名、データ型)を示す情報である。 The cooperation source database attribute information is information indicating a plurality of data attributes to be stored in each column included in each of the plurality of cooperation source table (e.g., column name, data type).

連携先情報112は、データ連携の連携先となるデータベース(即ち、連携先データベース)の複数のテーブル(即ち、連携先テーブル)を、前述したデータ連携関係が既に与えられた範囲内で定義する情報である。 Cooperation destination information 112, information defining the cooperation destination to become database data linkage (i.e., cooperation destination database) a plurality of tables (i.e., cooperation destination table), to the extent that the above-mentioned data linkage relationship already given it is. 1つの連携先テーブルの各カラムに格納するデータを、どのテーブル(即ち、連携元テーブル、他の連携先テーブル、あるいは、これらのテーブルの組み合わせ)のカラムから抽出すればよいかが既に決まっている場合、その連携先テーブルは、データ連携関係が既に与えられた連携先テーブルとなる。 The data stored in each column in one cooperation destination table, which table (i.e., cooperation source table, other cooperation destination table or a combination of these tables) when either may be extracted from the column has already been determined , the cooperation destination table, a cooperation destination table data linkage relationship already given. 連携先情報112には、連携先データベースの主キー情報及び属性情報のうち、データ連携関係が既に与えられた連携先テーブルの主キー情報及び属性情報が含まれる。 The cooperation destination information 112 of the primary key information and the attribute information of the cooperation destination database contains the primary key information and the attribute information of the cooperation-destination table data linkage relationship already given. 連携先データベースの主キー情報とは、複数の連携先テーブルのそれぞれに含まれる複数のカラムのそれぞれが主キーになっているかどうかを示す情報である。 The primary key information cooperation destination database is information indicating whether each of a plurality of columns included in each of the plurality of cooperation destination table is the primary key. 連携先データベースの属性情報とは、複数の連携先テーブルのそれぞれに含まれる複数のカラムのそれぞれに格納されるデータの属性(例えば、カラム名、データ型)を示す情報である。 The attribute information of the cooperation destination database is information indicating a plurality of data attributes to be stored in each column included in each of the plurality of cooperation destination table (e.g., column name, data type).

参照関係情報113は、テーブル間の参照関係を示す情報である。 Reference relation 113 is information indicating a reference relationship between tables. 本実施の形態では、テーブル間の参照整合性制約だけでなく、意味的な参照関係も「参照関係」とみなすものとする。 In this embodiment, not only the referential integrity constraints between tables, semantic reference relationships are also intended to be regarded as "reference relation". 2つのテーブルのうち一方のテーブルに含まれるカラムが他方のテーブルに含まれるカラムに対応しており、当該一方のテーブルのカラムが外部キーに設定されている場合、参照整合性制約があることになる。 Columns in the one table of two tables correspond to the columns in the other table, if the column of the one of the table is set to the foreign key, in that there is a referential integrity constraint Become. 2つのテーブルのうち一方のテーブルに含まれるカラムが他方のテーブルに含まれるカラムに対応しているが、当該一方のテーブルのカラムが外部キーに設定されていない場合、意味的な参照関係があることになる。 Although columns included in one of the tables of the two tables correspond to the columns in the other table, if the column of the one of the table is not set in the external key, semantic reference relationship It will be. 参照関係情報113は、任意の方法で作成することができる。 Reference relation 113 may be made in any way.

入力情報114は、クライアント装置200(例えば、パーソナルコンピュータ)のユーザにより手動で作成されるか、あるいは、クライアント装置200で実行されるクライアントプログラムにより自動的に作成される。 Input information 114, the client device 200 (e.g., a personal computer) either manually created by the user, alternatively, are created automatically by a client program executed by the client device 200. 入力情報114は、クライアント装置200から入力装置を介して入力される。 Input information 114 is input via the input device from the client device 200. 入力情報114は、データ連携関係が未だ与えられていない連携先テーブル(即ち、目標テーブル)を定義する情報である。 Input information 114 is information that defines a cooperation destination table data linkage relationship has not been given yet (i.e., the target table). 入力情報114には、目標テーブルの主キー情報及び属性情報が含まれる。 The input information 114 includes a primary key information and attribute information of the target table.

テーブル選択部102は、情報記憶部101に記憶された入力情報114を読み取る。 The table selection unit 102 reads the input information 114 which is stored in the information storage unit 101. テーブル選択部102は、読み取った入力情報114により定義された目標テーブルを選択する。 The table selection unit 102 selects a target table defined by the input information 114 read. 本実施の形態では、目標テーブルに含まれる複数のカラムのうち、2つ以上のカラムが主キーになっているものとする。 In this embodiment, among the plurality of columns in the target table, it is assumed that two or more columns is the primary key. よって、テーブル選択部102は、連携元データベース及び連携先データベースの複数のテーブルから、主キーになっている2つ以上のカラムを含みデータ連携の連携先となる1つのテーブルを選択することになる。 Therefore, the table selection unit 102, so that the plurality of tables of cooperation source database and the cooperation destination database, selects one table which is a cooperation-destination data linkage comprises two or more columns that is a primary key .

カラム特定部103は、テーブル選択部102により読み取られた入力情報114に含まれる主キー情報に基づき、テーブル選択部102により選択された目標テーブルに含まれる複数のカラムから、主キーになっているカラム(即ち、前述した2つ以上のカラム)を特定する。 Column specifying unit 103, based on the primary key information included in the input information 114 read by the table selection unit 102, a plurality of columns in the target table selected by the table selection unit 102, which is the primary key column (i.e., two or more columns described above) to identify.

テーブル抽出部104は、情報記憶部101に記憶された連携元情報111と連携先情報112と参照関係情報113とを読み取る。 Table extraction unit 104, reads the a cooperation source information 111 stored in the information storage unit 101 and the linkage destination information 112 and the reference relation 113. テーブル抽出部104は、読み取った連携元情報111及び連携先情報112に含まれる主キー情報及び属性情報と、読み取った参照関係情報113とに基づき、連携元データベース及び連携先データベースの複数のテーブルのうちテーブル選択部102により選択された目標テーブル以外のテーブルから、以下の(1)及び(2)の条件を満たす2つ以上のテーブルの組み合わせを抽出する。 Table extraction unit 104, the primary key information and the attribute information included in the cooperation source information 111 and the cooperation destination information 112 read, based on the reference relation information 113 read, cooperation based on a database and a plurality of tables of a cooperation destination database from the table other than the target table selected by the inner table selecting unit 102 extracts a combination of satisfying two or more tables of the following (1) and (2).
(1)当該2つ以上のテーブルが参照関係によって結ばれている。 (1) the two or more tables are linked by reference relation. 例えば、3つのテーブルのうち1つ目のテーブルが2つ目のテーブルを参照し、当該2つ目のテーブルが3つ目のテーブルを参照しているとき、当該3つのテーブルは参照関係によって結ばれていることになる。 For example, first table of the three tables with reference to the second table, when the second table refers to a third table, the three tables linked by reference relation It would have been.
(2)カラム特定部103により特定されたカラムと対応するカラムが当該2つ以上のテーブルに分かれて各テーブルの主キーとして存在する。 (2) the corresponding column and identified column by column specifying unit 103 is present as a primary key for each table is divided into the two or more tables. 例えば、2つのカラムがカラム特定部103により特定され、2つのテーブルの一方に、当該2つのカラムの一方と類似するカラムが主キーとして存在し、当該2つのテーブルの他方に、当該2つのカラムの他方と類似するカラムが主キーとして存在しているとき、当該2つのカラムと対応するカラムが当該2つのテーブルに分かれて各テーブルの主キーとして存在していることになる。 For example, two columns are specified by the column specifying unit 103, to one of the two tables, columns similar to one of the two columns are present as the primary key, the other of the two tables, the two column when the other a similar column is present as the primary key, so that the column corresponding to the two columns is present as the primary key for each table is divided into the two tables.

テーブル結合部105は、テーブル抽出部104により抽出された組み合わせに含まれるテーブルを結合して1つのテーブル(即ち、仮想テーブル)を作成する。 Table coupling portion 105, a single table by combining the tables included in the combination extracted by the table extraction unit 104 (i.e., virtual table) to create a.

推奨判断部106は、テーブル選択部102により選択された目標テーブルとテーブル結合部105により作成された仮想テーブルとのスキーママッチングを行う。 Recommended determination unit 106 performs schema matching the virtual table created by the target tables and coupling portions 105 selected by the table selection unit 102. 推奨判断部106は、そのスキーママッチングの結果に基づき、テーブル抽出部104により抽出された組み合わせを、テーブル選択部102により選択された目標テーブルのデータ連携に利用することを推奨すべきかどうか判断する。 Recommended determination unit 106, based on the result of the schema matching, the combination extracted by the table extracting unit 104 determines whether to recommend using the data linkage of the target table selected by the table selection unit 102. 「推奨すべき」場合、推奨判断部106は、テーブル抽出部104により抽出された組み合わせを、テーブル選択部102により選択された目標テーブルのデータ連携に利用することを推奨する推奨情報161を、出力装置を介してクライアント装置200へ出力する。 If "to be recommended" recommended determination unit 106, the combination extracted by the table extraction unit 104, the recommendation information 161 recommends the use in data linkage of the target table selected by the table selection unit 102, the output via the device output to the client device 200. 「推奨すべきでない」場合、推奨判断部106は、テーブル選択部102により選択された目標テーブルのデータ連携に利用できるテーブルがない旨、あるいは、テーブル抽出部104により抽出された組み合わせを、テーブル選択部102により選択された目標テーブルのデータ連携に利用することを推奨しない旨を示す情報を、出力装置を介してクライアント装置200へ出力する。 When "not to be recommended" recommended determination unit 106 that there is no table available data linkage of the target table selected by the table selection unit 102, or a combination extracted by the table extraction unit 104, table selection the information indicating that no recommended to use the data linkage of the target table selected by section 102, and outputs it to the client apparatus 200 via the output device.

本実施の形態において、テーブル抽出部104により2つ以上の組み合わせが抽出された場合、テーブル結合部105は、テーブル抽出部104により抽出された組み合わせごとに、組み合わせに含まれるテーブルを結合して仮想テーブルを作成する。 In this embodiment, if more than one combination by the table extraction unit 104 is extracted, the table coupling unit 105, each combination extracted by the table extraction unit 104 combines the tables included in the combination virtual to create a table. 推奨判断部106は、テーブル抽出部104により抽出された組み合わせごとに、テーブル選択部102により選択された目標テーブルとテーブル結合部105により作成された仮想テーブルとのスキーママッチングを行う。 Recommended determination unit 106 performs each combination extracted by the table extraction unit 104, the schema matching the virtual table created by the target tables and coupling portions 105 selected by the table selection unit 102. 推奨判断部106は、そのスキーママッチングの結果に基づき、テーブル抽出部104により抽出された組み合わせのうち1つの組み合わせを、テーブル選択部102により選択された目標テーブルのデータ連携に利用することを推奨する推奨情報161を出力する。 Recommended determination unit 106, based on the result of the schema matching, one combination among the combinations extracted by the table extraction unit 104, it is recommended to use the data linkage of the target table selected by the table selection unit 102 and it outputs the recommendation information 161.

本実施の形態において、推奨判断部106は、テーブル抽出部104により抽出された組み合わせを、テーブル選択部102により選択された目標テーブルのデータ連携に利用することを推奨する場合、テーブル選択部102により選択された目標テーブルに含まれる複数のカラムから、テーブル結合部105により作成された仮想テーブルに、対応するカラムが存在しないカラムを抽出する。 In the present embodiment, the recommended decision unit 106, the combination extracted by the table extraction unit 104, if it is recommended to use the data linkage of the target table selected by the table selection unit 102, the table selection unit 102 a plurality of columns in the selected target table, a virtual table created by the table coupling unit 105, and extracts a column corresponding column does not exist. 推奨判断部106は、そのようなカラムを抽出した場合、連携元データベース及び連携先データベースの複数のテーブルのうちテーブル選択部102により選択された目標テーブル以外のテーブルから、抽出したカラムと対応するカラムを含み、テーブル結合部105により作成された仮想テーブルに結合可能なテーブルを検出する。 Recommended determination unit 106, when extracting such a column, the corresponding cooperation from the original database and a plurality of tables except selected target table by the table selection unit 102 of the table in cooperation destination database, extracted columns and column It hints, to detect a possible binding table in the virtual table created by the table coupling portion 105. 具体的には、推奨判断部106は、情報記憶部101に記憶された連携元情報111と連携先情報112とを読み取る。 Specifically, the recommended decision unit 106 reads the a cooperation source information 111 stored in the information storage unit 101 and the linkage destination information 112. 推奨判断部106は、読み取った連携元情報111及び連携先情報112に含まれる主キー情報及び属性情報に基づき、連携元データベース及び連携先データベースの複数のテーブルのうちテーブル選択部102により選択された目標テーブル以外のテーブルから、抽出したカラムと対応するカラムを含むテーブルを検出する。 Recommended determination unit 106, based on the primary key information and attribute information included in the cooperation source information 111 and the cooperation destination information 112 read, selected by the table selection unit 102 among the plurality of tables of cooperation source database and the cooperation destination database from a non-target table table, detecting a table containing the corresponding column and extracted column. 推奨判断部106は、そのようなテーブルを検出した場合、検出したテーブルとテーブル結合部105により作成された仮想テーブルとが結合できるかどうか判断する。 Recommended determination unit 106, when detecting such a table, a virtual table created by the detected tables and coupling portion 105 determines whether binding. 「結合できる」場合、推奨判断部106は、検出したテーブルを、テーブル抽出部104により抽出された組み合わせに追加した上で、推奨情報161を出力する。 If "capable of binding" recommended determination unit 106, the detected table, after adding to the combination extracted by the table extraction unit 104, and outputs the recommendation information 161. 「結合できない」場合、推奨判断部106は、検出したテーブルを無視して、推奨情報161を出力する。 If the "not able to bind" recommended determination unit 106 ignores the detected table, and outputs the recommendation information 161. 即ち、推奨判断部106は、抽出したカラムと対応するカラムを含み、テーブル結合部105により作成された仮想テーブルに結合可能なテーブルを検出した場合、検出したテーブルとテーブル抽出部104により抽出されたテーブルとの組み合わせを、テーブル選択部102により選択された目標テーブルのデータ連携に利用することを推奨する推奨情報161を出力する。 That is, the recommendation determination unit 106, extracted column and includes a corresponding column, when detecting that can bind table to the virtual table created by the table coupling unit 105, extracted by the detected tables and extraction unit 104 the combination of the table, and outputs the recommendation information 161 recommends the use in data linkage of the target table selected by the table selection unit 102.

本実施の形態において、推奨判断部106のスキーママッチングを行う部分には、従来のスキーママッチング技術を実装することができる。 In this embodiment, the unit for performing the schema matching Recommended determination unit 106 may implement conventional schema matching techniques.

前述したように、本実施の形態では、入力情報114により定義された目標テーブルに含まれる複数のカラムのうち、2つ以上のカラムが主キーになっている。 As described above, in this embodiment, among the plurality of columns in the target table defined by the input information 114, two or more columns is the primary key. 目標テーブルに含まれる複数のカラムのうち、1つのカラムのみが主キーになっている場合、その目標テーブルについては、任意の方法を用いてデータ連携関係を抽出することができる。 Among the plurality of columns in the target table, if only one column is the primary key for its target table, it is possible to extract the data linkage relationships using any method.

以下では、データ連携支援装置100の動作(即ち、本実施の形態に係るデータ連携支援方法)の例を説明する。 Hereinafter, an example of a data linkage support apparatus 100 of the operation (i.e., data linkage support method according to the present embodiment).

図2は、入力情報114の例を示す表である。 Figure 2 is a table showing an example of input information 114.

図2において、入力情報114には、カラム名、データ型、主/外部キーの情報(即ち、属性情報及び主キー情報)が含まれる。 In Figure 2, the input information 114, column name, data type, information of the main / foreign key (i.e., attribute information and the primary key information) is included. 前述したように、入力情報114は、目標テーブルを定義する情報である。 As described above, the input information 114 is information that defines the target table. 例えば、入力情報114では、目標テーブルの「会社コード」、「注文詳細ID」、「注文ID」カラムが主キーであることが示されている。 For example, the input information 114, "company code" of the target table, "Order Details ID", "Order ID" column has been shown to be the primary key.

図2に示した入力情報114がクライアント装置200によって入力され、情報記憶部101に記憶されると、テーブル選択部102は、その入力情報114を読み取る。 Input information 114 shown in FIG. 2 is input by the client device 200, and stored in the information storage unit 101, the table selection unit 102 reads the input information 114. テーブル選択部102は、読み取った入力情報114により定義された目標テーブルを選択する。 The table selection unit 102 selects a target table defined by the input information 114 read.

図3は、入力情報114と参照関係情報113とが合成された情報の例を示す表である。 Figure 3 is a table showing an example of information and input information 114 and the reference relation information 113 has been synthesized.

図3において、入力情報114に含まれる主/外部キーの情報は、目標テーブルの参照関係情報113でもある。 3, information of the main / foreign key included in the input information 114 is also reference relation information 113 of the target table. 前述したように、参照関係情報113は、テーブル間の参照関係を示す情報である。 As described above, the reference relation information 113 is information indicating a reference relationship between tables. 例えば、参照関係情報113では、目標テーブルの主キーである「会社コード」、「注文詳細ID」、「注文ID」カラムが外部キーでもあることが示されている。 For example, in reference relation information 113, which is the main key of the target table "company code", "Order Details ID", "Order ID" column has been shown that there is also a foreign key. 参照関係情報113では、「店舗ID」、「商品コード」、「ブランドID」カラムも外部キーであることが示されている。 In reference relation information 113, "store ID", "product code", has been shown to be "brand ID" column is also a foreign key.

図3で黒塗りされている項目は、外部キーの参照先のテーブルに、対応するカラムが存在するカラムである。 Items that are black in FIG. 3, the referenced table foreign key is a column corresponding column exists. 例えば、「店舗ID」カラムの参照先のテーブルには、「店舗名」、「店舗住所」、「店長_社員ID」、「店長名」カラムに対応するカラムが存在する。 For example, the "shop ID" column of the referenced table, "store name", "store address", "store manager _ employee ID" column corresponding to the "manager name" column is present.

参照関係情報113は、前述したように、任意の方法で作成することができる。 Reference relation 113, as described above, can be created in any way. 例えば、カラム特定部103に、参照関係情報113を作成する機能を実装することができる。 For example, it is possible to implement a function to create a column specifying unit 103, a reference relation 113. その場合、カラム特定部103は、図2に示した入力情報114に基づき、テーブル選択部102により選択された目標テーブルに含まれる複数のカラムのそれぞれについて、他のテーブルのカラムを参照できるかどうか判断する。 In that case, the column specifying unit 103, based on the input information 114 shown in FIG. 2, for each of a plurality of columns in the target table selected by the table selection unit 102, whether reference columns in other tables to decide. 例えば、カラム特定部103は、目標テーブルと他のテーブルとのスキーママッチングを行う。 For example, the column specifying unit 103 performs the schema matching between the target table and other tables. スキーママッチングの結果、「店舗ID」カラムと対応するカラムを主キーとして含み、かつ、「店舗名」、「店舗住所」、「店長_社員ID」、「店長名」カラムと対応するカラムを非主キーとして含むテーブルが抽出されると、カラム特定部103は、「店舗ID」、「店舗名」、「店舗住所」、「店長_社員ID」、「店長名」カラムについて、参照関係情報113を作成又は更新する。 The results of the schema matching, including the column corresponding to the "store ID" column as the primary key, and, "store name", "store address", "store manager _ Employee ID", the column corresponding to the "manager name" column non When a table, including as a primary key is extracted, the column specifying unit 103, "store ID", "store name", "store address", "store manager _ employee ID", the "manager name" column, reference relationship information 113 to create or update. 参照関係情報113では、「店舗ID」カラムが外部キーに設定される。 In reference relation information 113, "store ID" column is set to the external key. 参照関係情報113では、「店舗名」、「店舗住所」、「店長_社員ID」、「店長名」カラムが「店舗ID」カラムに紐付けられる。 In reference relation information 113, "store name", "store address", "store manager _ Employee ID", "manager name" column is linked to the "shop ID" column.

図4は、データ連携支援装置100の動作の例を示すフローチャートである。 Figure 4 is a flowchart showing an example of the operation of the data linkage support apparatus 100. 図5は、連携元情報111と参照関係情報113とが合成された情報と、後述する暫定仮想テーブル情報301との例を示す表である。 Figure 5 is a table showing the cooperation source information 111 and reference relation information 113 and the information synthesized, Examples of the interim virtual table information 301 to be described later.

ステップS11において、カラム特定部103は、入力情報114に含まれる主/外部キーの情報(即ち、目標テーブルの主キー情報)を参照する。 In step S11, the column specifying unit 103 refers to the information of the main / foreign key included in the input information 114 (i.e., primary key information of the target table). カラム特定部103は、参照した情報に基づき、テーブル選択部102により選択された目標テーブルの主キーになっているカラムを特定する。 Column specifying unit 103, based on the referenced information, identifies the column that is a primary key of the target table selected by the table selection unit 102. カラム特定部103は、特定したカラムの一覧を示すキー項目情報302を生成する。 Column specifying unit 103 generates a key item information 302 indicating a list of the identified column.

例えば、カラム特定部103は、図3に示した入力情報114に含まれる主/外部キーの情報から、図5に示すようなキー項目情報302を生成する。 For example, the column specifying unit 103, the information of the main / foreign key included in the input information 114 shown in FIG. 3, to generate a key item information 302 as shown in FIG. キー項目情報302では、目標テーブルの「会社コード」、「注文詳細ID」、「注文ID」カラムが主キーであることが示されている。 In the key item information 302, "company code" of the target table, "Order Details ID", "Order ID" column has been shown to be the primary key.

ステップS12において、テーブル抽出部104は、情報記憶部101から連携元情報111と連携先情報112と参照関係情報113とを取得する。 In step S12, the table extraction unit 104 acquires the cooperation source information 111 and the cooperation destination information 112 and the reference relation information 113 from the information storage unit 101. また、テーブル抽出部104は、カラム特定部103からキー項目情報302を取得する。 The table extraction unit 104 obtains the key item information 302 from the column specifying unit 103.

例えば、テーブル抽出部104は、図5に示すような連携元情報111と参照関係情報113とが合成された情報を取得する。 For example, the table extraction unit 104, a cooperation source information 111 as shown in FIG. 5 and reference relation information 113 to acquire information synthesized. 連携元情報111は、図3に示した入力情報114と同様の形式で、各連携元テーブルを定義する情報である。 Cooperation source information 111, in the same format as the input information 114 shown in FIG. 3, it is information that defines each collaboration source table. 参照関係情報113は、図3に示した参照関係情報113と同様の形式で、テーブル間の参照関係を示す情報である。 Reference relation 113, in the same format as the reference relation information 113 shown in FIG. 3 is information indicating a reference relationship between tables. 注文テーブルの連携元情報111では、注文テーブルの「注文ID」カラムが主キーであることが示されている。 In cooperation source information 111 of the order table, "Order ID" column of the order table has been shown to be the primary key. 注文テーブルの参照関係情報113では、注文テーブルの「会社コード」カラムが外部キーであることが示されている。 In reference relationship information 113 of the order table, it has been shown that "company code" column of the order table is a foreign key. 注文テーブルの参照関係情報113には、注文テーブルの「会社コード」カラムが会社テーブルの「会社コード」カラムを参照することを示す参照関係レコード303が含まれている。 In reference relationship information 113 of the order table, it contains a reference relationship record 303 which indicates that the "company code" column of the order table to refer to the "company code" column of the company table. 会社テーブルの連携元情報111では、会社テーブルの「会社コード」カラムが主キーであることが示されている。 In cooperation source information 111 of the company table, "company code" column of the company table has been shown to be the primary key. 会社テーブルの参照関係情報113では、会社テーブルに外部キーがないことが示されている。 In reference relationship information 113 of the company table, it has been shown that there is no foreign key to the company table. 注文詳細テーブルの連携元情報111では、注文詳細テーブルの「注文詳細ID」、「注文ID」カラムが主キーであることが示されている。 In cooperation source information 111 of the order details table, "Order Details ID" Order Details table, "order ID" column is shown to be the primary key. 注文詳細テーブルの参照関係情報113では、注文詳細テーブルの「注文ID」、「店舗ID」カラムが外部キーであることが示されている。 In reference relationship information 113 of the Order Details table, "Order ID" of the Order Details table, has been shown to be "shop ID" column is a foreign key. 注文詳細テーブルの参照関係情報113には、注文詳細テーブルの「注文ID」カラムが注文テーブルの「注文ID」カラムを参照することを示す参照関係レコード304が含まれている。 The reference relation 113 the order details table contains a reference relationship record 304 to indicate that the "Order ID" column of the order details table refers to "order ID" column of the order table.

ステップS13において、テーブル抽出部104は、ステップS12で取得した連携元情報111と連携先情報112とキー項目情報302とを参照して、目標テーブルの主キーになっているカラムの全て又は一部と対応するカラムが含まれるテーブルを選択する。 In step S13, the table extraction unit 104, the acquired conjunction with reference to the cooperation destination information 112 and the key item information 302 and source information 111 in step S12, all or part of the columns that is a primary key of the target table selecting a table that contains the corresponding column with. テーブル抽出部104は、選択したテーブルを現時点の仮想テーブルとみなす。 Table extraction unit 104, regarded as the present time in the virtual table the selected table.

例えば、テーブル抽出部104は、キー項目情報302で示されている「注文ID」カラムと、注文テーブルの連携元情報111で示されている「注文ID」カラムとが類似すると判定し、注文テーブルを選択する。 For example, the table extraction unit 104 determines the "Order ID" column shown in the key item information 302, the "Order ID" column, shown in cooperation source information 111 of the order table and are similar, the order table to select. テーブル抽出部104は、注文テーブルを現時点の仮想テーブルとみなす。 Table extraction unit 104, the order table is regarded as the moment of the virtual table. この例では、注文テーブルは、連携元テーブルの1つであるが、目標テーブルとは異なる連携先テーブルの1つであってもよい。 In this example, the order table is one of the cooperation source table may be one of different cooperation destination table from the target table.

ステップS14において、テーブル抽出部104は、ステップS12で取得した連携元情報111と連携先情報112とキー項目情報302とを参照して、目標テーブルの主キーになっているカラムのうち、現時点の仮想テーブルに含まれていないカラムがあるかどうか判定する。 In step S14, the table extraction unit 104, with reference to the the cooperation source information 111 acquired with cooperation destination information 112 and the key item information 302 in step S12, among the column that is a primary key of the target table, the current and it determines whether there is a column that is not included in the virtual table. テーブル抽出部104は、現時点の仮想テーブルに含まれていないカラムがあれば、ステップS15に進む。 Table extraction unit 104, if any columns that are not included in the virtual table the current, the flow proceeds to step S15. テーブル抽出部104は、目標テーブルの主キーになっているカラムの全てが現時点の仮想テーブルに含まれていれば、ステップS17に進む。 Table extraction unit 104, if all the columns which is the primary key of the target table is included in the virtual table the current, the flow proceeds to step S17.

例えば、テーブル抽出部104は、キー項目情報302で示されている「会社コード」、「注文詳細ID」カラムが現時点の仮想テーブルに含まれていないと判定する。 For example, the table extraction unit 104, "company code" shown in the key item information 302 and determines that "Order Details ID" column is not included in the virtual table of current.

ステップS15において、テーブル抽出部104は、ステップS12で取得した連携元情報111と連携先情報112と参照関係情報113とキー項目情報302とを参照して、ステップS13で選択したテーブルと直接あるいは間接的に(即ち、他の選択済のテーブルを介して)参照関係によって結ばれており、かつ、現時点の仮想テーブルに含まれていないカラムと対応するカラムが含まれるテーブルがあるかどうか判定する。 In step S15, the table extraction unit 104, the acquired conjunction with reference to source information 111 and the cooperation destination information 112 and the reference relation information 113 and the key item information 302 in step S12, directly or indirectly with the selected table in step S13 manner (i.e., via the other of selected tables) are connected by reference relationship, and determines whether there is a table that includes a column corresponding to the column that is not included in the virtual table of current. テーブル抽出部104は、そのようなテーブルがあれば、そのテーブルを選択し、ステップS16に進む。 Table extraction unit 104, if there is such a table, select the table, the process proceeds to step S16. テーブル抽出部104は、そのようなテーブルがなければ、現時点の仮想テーブルをキャンセルして、ステップS18に進む。 Table extraction unit 104, if there is no such a table, to cancel the virtual tables present, the process proceeds to step S18.

例えば、テーブル抽出部104は、参照関係レコード303で注文テーブルの参照先として示されている会社テーブルの連携元情報111を参照する。 For example, the table extraction unit 104 refers to the cooperation source information 111 of the company table with reference relationship records 303 are shown as references to the order table. テーブル抽出部104は、キー項目情報302で示されている「会社コード」カラムと、会社テーブルの連携元情報111で示されている「会社コード」カラムとが類似すると判定し、会社テーブルを選択する。 Table extraction unit 104 determines the "company code" column indicated by the key item information 302, "company code" linkage indicated by the original information 111 company table columns and to have similar, Select the company table to. この例では、会社テーブルは、連携元テーブルの1つであるが、目標テーブルとは異なる連携先テーブルの1つであってもよい。 In this example, the company table is one of the cooperation source table may be one of different cooperation destination table from the target table.

ステップS16において、テーブル結合部105は、現時点の仮想テーブルとステップS15で選択されたテーブルとを結合して1つのテーブルを作成する。 In step S16, the table coupling portion 105, to create a single table by combining the table selected in the virtual table and step S15 in the present time. テーブル結合部105は、作成したテーブルを現時点の仮想テーブルとみなし(即ち、現時点の仮想テーブルを更新し)、ステップS14に戻る。 Table coupling unit 105 regards the table created and current virtual table (i.e., updates the virtual table of current), the flow returns to step S14.

例えば、テーブル結合部105は、注文テーブルである現時点の仮想テーブルと会社テーブルとを結合して、新たに現時点の仮想テーブルを作成する。 For example, the table combining unit 105 combines the virtual table and the company table at the present time is an order table, new to create a virtual table at the present time. その後のステップS14において、テーブル抽出部104は、キー項目情報302で示されている「注文詳細ID」カラムが現時点の仮想テーブルに含まれていないと判定する。 In a subsequent step S14, the table extraction unit 104 determines that indicated by the key item information 302 "Order Details ID" column is not included in the virtual table of current. ステップS15において、テーブル抽出部104は、参照関係レコード304で注文テーブルの参照元として示されている注文詳細テーブルの連携元情報111を参照する。 In step S15, the table extraction unit 104 refers to the cooperation source information 111 of the Order Details table in reference relationship records 304 are shown as a reference source of the order table. テーブル抽出部104は、キー項目情報302で示されている「注文詳細ID」カラムと、注文詳細テーブルの連携元情報111で示されている「注文詳細ID」カラムとが類似すると判定し、注文詳細テーブルを選択する。 Table extraction unit 104 determines the "Order Details ID" column shown in the key item information 302, and the "Order Details ID" column, shown in cooperation source information 111 of the order details table is similar, the order to select a detail table. ステップS16において、テーブル結合部105は、注文テーブルと会社テーブルとを結合して得られた現時点の仮想テーブルと注文詳細テーブルとを結合して、新たに現時点の仮想テーブルを作成する。 In step S16, the table coupling unit 105 couples the virtual table and order detail table the current obtained by combining the order table and the company table newly creates a virtual table of the current. さらに、その後のステップS14において、テーブル抽出部104は、キー項目情報302で示されているカラムの全てが現時点の仮想テーブルに含まれていると判定し、ステップS17に進む。 Further, in the subsequent step S14, the table extraction unit 104 determines that all the columns indicated by the key item information 302 is included in the virtual table the current, the flow proceeds to step S17.

ステップS17において、テーブル結合部105は、暫定仮想テーブル情報301を作成する。 In step S17, the table coupling portion 105, to create a provisional virtual table information 301. 暫定仮想テーブル情報301は、現時点の仮想テーブルを定義する情報である。 Preliminary virtual table information 301 is information that defines a virtual table of the current. 暫定仮想テーブル情報301には、仮想テーブルの主キー情報と属性情報と参照関係情報が含まれる。 Preliminary to the virtual table information 301 includes reference relation between the primary key information and attribute information of the virtual table. 仮想テーブルの主キー情報とは、仮想テーブルに含まれる複数のカラムのそれぞれが主キーになっているかどうかを示す情報である。 The primary key information of the virtual table is information indicating whether each of a plurality of columns in the virtual table is the primary key. 仮想テーブルの主キー情報は、目標テーブルの主キー情報と一致していなければならない。 Primary key information of the virtual table, must be consistent with the primary key information of the target table. 仮想テーブルの属性情報とは、仮想テーブルに含まれる複数のカラムのそれぞれに格納されるデータの属性(例えば、カラム名、データ型)を示す情報である。 The attribute information of the virtual table is information indicating the attributes of data stored in each of the plurality of columns in the virtual table (e.g., column name, data type). 仮想テーブルの参照関係情報とは、仮想テーブルと他のテーブルとの間の参照関係を示す情報である。 The reference relation of the virtual table is information showing a reference relationship between the virtual table and other tables.

例えば、テーブル結合部105は、図5に示すような暫定仮想テーブル情報301を作成する。 For example, a table combining unit 105 creates a tentative virtual table information 301 shown in FIG. 暫定仮想テーブル情報301は、図5に示した連携元情報111と参照関係情報113とが合成された情報と同様の形式で、仮想テーブルを定義する情報である。 Preliminary virtual table information 301, in the same format as the information and cooperation source information 111 and reference relation information 113 shown in FIG. 5 has been synthesized, which is information that defines a virtual table. 暫定仮想テーブル情報301では、仮想テーブルの「会社コード」、「注文詳細ID」、「注文ID」カラムが主キーであることが示されている。 In the interim virtual table information 301, "company code" of the virtual table, "Order Details ID", "Order ID" column has been shown to be the primary key. 暫定仮想テーブル情報301では、仮想テーブルの「注文ID」カラムが外部キーであることが示されている。 In the interim virtual table information 301, has been shown to be "order ID" column of the virtual table is a foreign key.

ステップS18において、テーブル抽出部104は、ステップS13で選択したテーブルを含むテーブルの組み合わせの全てについて、ステップS14〜S17の処理が完了したかどうか判定する。 In step S18, the table extraction unit 104, for all combinations of the table containing the table selected in step S13, determines whether the processing in step S14~S17 is completed. テーブル抽出部104は、処理が完了していれば、ステップS19に進む。 Table extraction unit 104, if the process is complete, the process proceeds to step S19. テーブル抽出部104は、処理が完了していなければ、ステップS13で選択したテーブルを新たに現時点の仮想テーブルとみなし、ステップS14に戻る。 Table extraction unit 104, if the processing has not been completed, it is considered that new current virtual table the selected table in step S13, the flow returns to step S14. テーブル結合部105は、ステップS17の処理が実行される度に、新たに(即ち、仮想テーブルごとに)暫定仮想テーブル情報301を作成する。 Table coupling unit 105, every time the processing of step S17 is executed, a new (i.e., for each virtual table) to create an interim virtual table information 301.

ステップS19において、テーブル抽出部104は、ステップS13で他に選択可能なテーブルがあるかどうか判定する。 In step S19, the table extraction unit 104 determines whether there is another selectable table in step S13. テーブル抽出部104は、そのようなテーブルがあれば、ステップS13に戻る。 Table extraction unit 104, if there is such a table, the flow returns to step S13. テーブル抽出部104は、そのようなテーブルがなければ、処理を終了する。 Table extraction unit 104, if there is no such a table, the process ends.

以下では、スコープという概念について説明する。 In the following, a description will be given of the concept of scope.

図5の例では、結合されるテーブル群が同一データベース(即ち、同一インスタンス)の同一スキーマに属することを想定している。 In the example of FIG. 5, table group is the same database that is coupled (i.e., the same instance) is assumed to belong to the same schema. しかし、通常、データ連携は複数のシステム間で行われる。 However, usually, data linkage is performed between a plurality of systems. そのため、異なるスキーマ間の参照関係、あるいは、異なるデータベース間の参照関係も考慮する必要がある。 Therefore, reference relationship between different schemas, or it is necessary to consider reference relationship between different databases.

図6は、連携元情報111と参照関係情報113とが合成された情報の別の例を示す表である。 Figure 6 is a table showing another example of information that the cooperation source information 111 and reference relation information 113 has been synthesized.

図6の例では、図5の例と同様のテーブルが複数のスキーマ、あるいは、複数のデータベースに分かれて存在している。 In the example of FIG. 6, the same table as the example of FIG. 5 is a plurality of schemas or are present is divided into a plurality of databases. DB−1というデータベースのスキーマAには、図5の例と同様の注文テーブル及び注文詳細テーブルが存在する。 The schema A database called DB-1, there are similar order table and Order Details table in the example of FIG. 5. 同じデータベースのスキーマBには、図5の例と同様の会社テーブルが存在する。 Schema B of the same database, there is a similar company table in the example of FIG. 5. DB−2という別のデータベースのスキーマ1には、別の会社テーブルが存在する。 The schema 1 of another database called DB-2, another company table exists.

注文テーブルの参照関係情報113には、注文テーブルの「会社コード」カラムがDB−1のスキーマBに属する会社テーブルの「会社コード」カラムを参照することを示す参照関係レコード303が含まれている。 The reference relation 113 orders table contains a reference relationship records 303 indicating a reference to the "Company Code" column of company tables "company code" column in the order table belongs to the schema B of DB-1 . 注文テーブルの参照関係情報113には、さらに、注文テーブルの「会社コード」カラムがDB−2のスキーマ1に属する会社テーブルの「会社コード」カラムを参照することを示す参照関係レコード305が含まれている。 The reference relation 113 of order table further includes references relationship records 305 indicating "company code" column in the order table refers to "Company Code" column of company tables under the schema 1 of the DB-2 ing.

参照関係レコード303,304,305には、スコープに関する情報が含まれている。 The reference relationship record 303, 304, 305, contains information on the scope. ステップS15において、テーブル抽出部104は、この情報に基づいて、テーブルを抽出する。 In step S15, the table extraction unit 104, based on this information, it extracts the table. 即ち、テーブル抽出部104は、選択済のテーブルとの参照関係を有するテーブルを、そのテーブルが選択済のテーブルと同一スキーマ内に存在するのか、同一データベース内に存在するのか、異なるデータベースに属するのかを区別しながら、抽出する。 That is, the table extraction unit 104, a table having a reference relationship with the Selected table, whether the table exists in the table the same schema Selected, whether present in the same database, or belong to different databases while distinguishing, to extract.

図7は、連携元情報111と参照関係情報113とが合成された情報と、暫定仮想テーブル情報301との別の例を示す表である。 Figure 7 is a table showing the information and cooperation source information 111 and reference relation information 113 has been synthesized, another example of the provisional virtual table information 301.

ステップS15において、テーブル抽出部104は、参照関係レコード305で注文テーブルの参照先として示されている別のデータベースに属する会社テーブルの連携元情報111を参照することができる。 In step S15, the table extraction unit 104 can refer to the cooperation source information 111 of the company table belonging to another database by the reference relationship records 305 are shown as references to the order table. テーブル抽出部104は、キー項目情報302で示されている「会社コード」カラムと、DB−2のスキーマ1に属する会社テーブルの連携元情報111で示されている「会社コード」カラムとが類似すると判定し、この会社テーブルを選択する。 Table extraction unit 104, and a "company code" column indicated by the key item information 302, and a "company code" column, shown in cooperation source information 111 of the company table belonging to Schema 1 of DB-2 analogs then the judgment, to select the company table.

ステップS17において、テーブル結合部105は、図5に示した暫定仮想テーブル情報301とは別に、図7に示すような暫定仮想テーブル情報301を作成することができる。 In step S17, the table coupling unit 105, the provisional virtual table information 301 shown in FIG. 5 separately, it is possible to create a provisional virtual table information 301 shown in FIG. 図7の例における仮想テーブルは、図5の例における仮想テーブルと比べて、「ブランドID」カラムが追加されている。 Virtual table in the example of FIG. 7, compared with the virtual table in the example of FIG. 5, "Brand ID" column is added. 図3に示した入力情報114では、目標テーブルに「ブランドID」カラムが含まれることが示されている。 The input information 114 shown in FIG. 3, it is shown that includes "brand ID" column to the target table. よって、図7の例における仮想テーブルは、図5の例における仮想テーブルと比べて、目標テーブルに対応するカラム数が多いという点で優っている。 Therefore, virtual table in the example of FIG. 7, compared with the virtual table in the example of FIG. 5, are superior in terms of the number of columns corresponding to the target table is large.

ステップS15では、スコープ(例えば、同一データベース内、同一スキーマ内)が指定されてもよい。 In step S15, the scope (e.g., within the same database, in the same schema) may be specified. その場合、テーブル抽出部104は、指定されたスコープ内でテーブルを抽出する。 In that case, the table extraction unit 104 extracts a table within the specified scope.

図4の動作により、目標テーブルと主キーのカラムが類似する複数の仮想テーブルが作成された場合、これら複数の仮想テーブルの中で、目標テーブルとなるべく多くの非主キーのカラムが類似する仮想テーブルがデータ連携に適している。 The operation of FIG. 4, when a plurality of virtual tables columns of the target table and the main key is similar is created, among the plurality of virtual tables, columns as many non-primary key target table is similar virtual table is suitable for data linkage. そのような仮想テーブルを検出するために、スキーママッチング技術を利用することができる。 To detect such a virtual table, it is possible to utilize the schema matching techniques.

図8は、図4の動作の後におけるデータ連携支援装置100の動作の例を示すフローチャートである。 Figure 8 is a flowchart showing an example of the operation of the data linkage support apparatus 100 in the following operation of FIG. 図9は、仮想テーブルと目標テーブルとのスキーママッチングを示す概念図である。 Figure 9 is a conceptual diagram illustrating the schema matching between the virtual table and the target table.

ステップS21において、推奨判断部106は、情報記憶部101から入力情報114と、ステップS17で作成された暫定仮想テーブル情報301とを取得する。 In step S21, the recommended determination unit 106 includes an input information 114 from the information storage unit 101, obtains the provisional virtual table information 301 generated in step S17.

例えば、推奨判断部106は、図9に示すように、図3に示した情報(即ち、入力情報114と参照関係情報113とが合成された情報)と、図7に示した暫定仮想テーブル情報301とを取得する。 For example, the recommended decision unit 106, as shown in FIG. 9, the information shown in FIG. 3 (i.e., information in which the input information 114 and the reference relation information 113 has been synthesized), provisional virtual table information shown in FIG. 7 and acquires the 301.

ステップS22において、推奨判断部106は、ステップS21で取得した入力情報114により定義された目標テーブルと、ステップS21で取得した暫定仮想テーブル情報301により定義された仮想テーブルとのスキーママッチングを行う。 In step S22, the recommended determination unit 106 performs the target table defined by the input information 114 acquired in step S21, the schema matching the virtual table defined by provisional virtual table information 301 acquired in step S21. 目標テーブルと仮想テーブルとの間で主キーは可能な限り一致している。 The target table primary key in between the virtual table is consistent as much as possible. そのため、非主キーのカラムの類似性が確認される。 Therefore, the similarity of the non-primary key column is confirmed. カラムの類似性を判断するために、既存のスキーママッチング技術が活用できる。 To determine the similarity of the column, the existing schema matching techniques can be utilized.

例えば、推奨判断部106は、図3に示した情報により定義された目標テーブルと、図7に示した暫定仮想テーブル情報301により定義された仮想テーブルとのスキーママッチングを行う。 For example, the recommended determination unit 106 performs the target table defined by the information shown in FIG. 3, the schema matching the virtual table defined by provisional virtual table information 301 shown in FIG. 前述したように、図3で黒塗りされている項目は、他のテーブルを参照すれば取得できるカラムである。 As described above, items that are black in FIG. 3 is a column that can be acquired by referring to other tables. よって、これらのカラムについてのスキーママッチングの結果は無視される。 Therefore, the result of the schema matching for these columns will be ignored. あるいは、これらのカラムについてはスキーママッチングが省略される。 Alternatively, the schema matching is omitted for these columns.

ステップS23において、推奨判断部106は、ステップS22で行ったスキーママッチングの結果(即ち、マッチングスコア)を集計し、仮想テーブルのいずれのカラムが、目標テーブルの非主キーのカラムと類似するか判断する。 In step S23, the recommended decision unit 106, the result of the schema matching performed in step S22 (i.e., the matching score) aggregates, one column of virtual tables, determine whether similar column of non-primary key of the target table to.

例えば、推奨判断部106は、スキーママッチングの結果に基づき、仮想テーブルの「顧客コード」、「店舗ID」、「ブランドID」カラムが、それぞれ目標テーブルの同名のカラムと類似すると判断する。 For example, the recommended determination unit 106, based on the results of the schema matching, "customer code" in the virtual table, "shop ID", "Brand ID" column, it is determined that each similar to the same column name of the target table.

図4の動作により複数の仮想テーブルが作成されている場合は、ステップS21〜S23の処理が仮想テーブルごとに実行される。 If multiple virtual tables have been created by the operation of FIG. 4, the processing of steps S21~S23 are executed for each virtual table.

図10は、図8の動作の後におけるデータ連携支援装置100の動作の例を示すフローチャートである。 Figure 10 is a flowchart showing an example of the operation of the data linkage support apparatus 100 in the following operation of FIG. 図11は、連携元テーブルと目標テーブルとのスキーママッチングを示す概念図である。 Figure 11 is a conceptual diagram illustrating the schema matching the cooperation source table and the target table. 図12は、連携元テーブルと仮想テーブルとのスキーママッチングを示す概念図である。 Figure 12 is a conceptual diagram illustrating the schema matching between virtual tables and cooperation source table.

ステップS31において、推奨判断部106は、情報記憶部101から連携元情報111と連携先情報112と参照関係情報113とを取得する。 In step S31, the recommended determination unit 106 acquires the a cooperation source information 111 and the cooperation destination information 112 and the reference relation information 113 from the information storage unit 101.

例えば、推奨判断部106は、図11に示すような連携元情報111と参照関係情報113とが合成された情報を取得する。 For example, the recommended determination unit 106, a cooperation source information 111 as shown in FIG. 11 and reference relation information 113 to acquire information synthesized. 注文テーブルの連携元情報111では、社員テーブルの「社員ID」カラムが主キーであることが示されている。 In cooperation source information 111 of the order table, "employee ID" column of the employee table has been shown to be the primary key. 社員テーブルの参照関係情報113では、社員テーブルに外部キーがないことが示されている。 In reference relationship information 113 of the employees table, it has been shown that there is no foreign key to the Employees table. ディスカウントテーブルの連携元情報111では、ディスカウントテーブルの「注文詳細ID」、「注文ID」カラムが主キーであることが示されている。 In cooperation source information 111 of the discount table, "Order Details ID" of the discount table, "Order ID" column has been shown to be the primary key. ディスカウントテーブルの参照関係情報113では、ディスカウントテーブルの「注文ID」、「店舗ID」、「商品コード」カラムが外部キーであることが示されている。 In reference relationship information 113 of the discount table, "Order ID" in the discount table, "store ID", has been shown to be "product code" column is a foreign key.

ステップS32において、推奨判断部106は、ステップS21で取得した入力情報114により定義された目標テーブルに含まれる複数のカラムから、ステップS21で取得した暫定仮想テーブル情報301により定義された仮想テーブルに、対応するカラムが存在しないカラムを抽出する。 In step S32, the recommended determination unit 106, a plurality of columns in the target table defined by the input information 114 acquired in step S21, the virtual table defined by provisional virtual table information 301 acquired in step S21, extracting a column corresponding column does not exist. 即ち、推奨判断部106は、目標テーブルの非主キーのカラムのうち、ステップS23で仮想テーブルのカラムと類似すると判断したカラム以外のカラムを抽出する。 That is, the recommendation determination unit 106, among the non-primary key of the target table column, extracting the columns other than the column is determined to be similar to the column of the virtual table at step S23.

図11で黒塗りされている項目は、主キーになっているカラムと、外部キーの参照先のテーブルと仮想テーブルとのいずれかに、対応するカラムが存在するカラムである。 Items that are black in FIG. 11, a column that is a primary key, to one of the referenced table and the virtual table of a foreign key is a column corresponding column exists.

ステップS33において、推奨判断部106は、ステップS32で抽出したカラムと、ステップS31で取得した情報により定義された連携元テーブル及び連携先テーブルとのスキーママッチングを行う。 In step S33, the recommended decision unit 106 performs a column extracted in step S32, the schema matching the cooperation source table and the cooperation destination table defined by the information acquired in step S31.

例えば、推奨判断部106は、図3に示した情報により定義された目標テーブルと、図11に示した情報により定義された社員テーブル及びディスカウントテーブルとのスキーママッチングを行う。 For example, the recommended determination unit 106 performs the target table defined by the information shown in FIG. 3, the schema matching the Employees table and discounts table defined by the information shown in FIG. 11. 前述したように、図11で黒塗りされている項目は、主キーのカラム、あるいは、他のテーブルを参照すれば取得できるカラムである。 As described above, items that are black in FIG. 11, the primary key columns, or a column that can be acquired by referring to other tables. よって、これらのカラムについてのスキーママッチングの結果は無視される。 Therefore, the result of the schema matching for these columns will be ignored. あるいは、これらのカラムについてはスキーママッチングが省略される。 Alternatively, the schema matching is omitted for these columns.

ステップS34において、推奨判断部106は、ステップS33で行ったスキーママッチングの結果(即ち、マッチングスコア)を集計し、いずれかの連携元テーブル又はいずれかの連携先テーブルのいずれのカラムが、目標テーブルの残りのカラムと類似するか判断する。 In step S34, the recommended decision unit 106, the result of the schema matching performed in step S33 (i.e., the matching score) aggregates, any column of any of the cooperation source table or any cooperation destination table, the target table to determine whether similar to the rest of the column of.

例えば、推奨判断部106は、スキーママッチングの結果に基づき、社員テーブルの「社員名」カラムが、目標テーブルの「担当営業」カラムと類似すると判断する。 For example, the recommended decision unit 106, based on the results of the schema matching, "employee name" column of the employee table, it is determined to be similar to the "sales representative" column of the target table. 推奨判断部106は、ディスカウントテーブルの「ディスカウント」、「商品コード」カラムが、目標テーブルの同名のカラムと類似すると判断する。 Recommended decision unit 106, "discount" in the discount table, "product code" column, it is determined to be similar with the same name of the column of the target table.

ステップS35において、推奨判断部106は、ステップS34で目標テーブルの残りのカラムと類似すると判断したカラムを含む連携元テーブル又は連携先テーブルと、ステップS21で取得した暫定仮想テーブル情報301により定義された仮想テーブルとのスキーママッチングを行う。 In step S35, the recommendation determination unit 106, a cooperation source table or cooperator table contains a column determined to be similar to the rest of the columns in the target table in step S34, which is defined by the provisional virtual table information 301 acquired in step S21 perform the schema matching of the virtual table.

例えば、推奨判断部106は、図12に示すように、図11に示した情報により定義された社員テーブル及びディスカウントテーブルと、図9に示した暫定仮想テーブル情報301により定義された仮想テーブルとのスキーママッチングを行う。 For example, the recommended decision unit 106, as shown in FIG. 12, the Employees table and discounts table defined by the information shown in FIG. 11, the virtual table defined by provisional virtual table information 301 shown in FIG. 9 perform the schema matching.

ステップS36において、推奨判断部106は、ステップS35で行ったスキーママッチングの結果(即ち、マッチングスコア)を集計し、ステップS34で目標テーブルの残りのカラムと類似すると判断したカラムを含む連携元テーブル又は連携先テーブルと、ステップS21で取得した暫定仮想テーブル情報301により定義された仮想テーブルとが結合できるかどうか判断する。 In step S36, the recommendation determination unit 106, the result of the schema matching performed in step S35 (i.e., the matching score) aggregates the, collaboration source table or a column is determined to be similar to the rest of the columns in the target table in step S34 a cooperation destination table, and a virtual table defined by provisional virtual table information 301 acquired in step S21 to determine whether it can bind. 推奨判断部106は、両テーブルが結合できる場合、ステップS37に進む。 Recommended determination unit 106, if both tables can bind, the process proceeds to step S37. 推奨判断部106は、両テーブルが結合できない場合、ステップS21で取得した暫定仮想テーブル情報301により定義された仮想テーブルを最終的な仮想テーブルとみなし、ステップS38に進む。 Recommended determination unit 106, if both tables can not bind, consider a virtual table defined by provisional virtual table information 301 acquired in step S21 and the final virtual table, the process proceeds to step S38. ただし、推奨判断部106は、最終的な仮想テーブルから、対応するカラムが目標テーブルにないカラムを除外する。 However, the recommended determination unit 106 excludes from the final virtual table, a column corresponding column is not in the target table.

ステップS37において、推奨判断部106は、ステップS34で目標テーブルの残りのカラムと類似すると判断したカラムを含む連携元テーブル又は連携先テーブルと、ステップS21で取得した暫定仮想テーブル情報301により定義された仮想テーブルとを結合して1つのテーブルを作成する。 In step S37, the recommendation determination unit 106, a cooperation source table or cooperator table contains a column determined to be similar to the rest of the columns in the target table in step S34, which is defined by the provisional virtual table information 301 acquired in step S21 by combining the virtual table to create a single table. 推奨判断部106は、作成したテーブルを最終的な仮想テーブルとみなし、ステップS38に進む。 Recommended determining unit 106 considers the final virtual table table created, the process proceeds to step S38. ただし、推奨判断部106は、最終的な仮想テーブルから、対応するカラムが目標テーブルにないカラムを除外する。 However, the recommended determination unit 106 excludes from the final virtual table, a column corresponding column is not in the target table.

例えば、推奨判断部106は、図12に示した暫定仮想テーブル情報301により定義された仮想テーブルと、図12に示した情報により定義された社員テーブル及びディスカウントテーブルとを結合して、最終的な仮想テーブルを作成する。 For example, the recommended determination unit 106 combines the virtual table defined by provisional virtual table information 301 shown in FIG. 12, the Employees table and discounts table defined by the information shown in FIG. 12, final to create a virtual table.

ステップS38において、推奨判断部106は、最終的な仮想テーブルの基になったテーブルの組み合わせを、目標テーブルのデータ連携に利用することを推奨する推奨情報161を、出力装置を介してクライアント装置200へ出力する。 In step S38, the recommendation determination unit 106, a combination of the table was based the final virtual table, recommendation information 161 recommends the use in data linkage of the target table, via the output device client 200 to output to.

図4の動作により複数の仮想テーブルが作成されている場合は、ステップS31〜S37の処理が仮想テーブルごとに実行される。 If multiple virtual tables have been created by the operation of FIG. 4, the processing of steps S31~S37 are executed for each virtual table. ステップS38において、推奨判断部106は、仮想テーブルごとに、目標テーブルと最終的な仮想テーブルとのスキーママッチングを行う。 In step S38, the recommendation determination unit 106, for each virtual table, it performs schema matching between the target table and the final virtual tables. 推奨判断部106は、そのスキーママッチングのスコアが最も高い(又はそのスキーママッチングのスコアが上位n番目(n>1)までの)最終的な仮想テーブルを選択する。 Recommended determination unit 106 selects the score schema matching the highest (or higher n-th score for the schema matching up (n> 1)) final virtual tables. 推奨判断部106は、選択した最終的な仮想テーブルの基になったテーブルの組み合わせを、目標テーブルのデータ連携に利用することを推奨する推奨情報161を、出力装置を介してクライアント装置200へ出力する。 Recommended determination unit 106 outputs the combination of was based the final virtual table selection table, the recommendation information 161 recommends the use in data linkage of the target table, via the output device to the client device 200 to.

目標テーブルの一部のカラムと対応するカラムが最終的な仮想テーブルに含まれないことがある。 Sometimes the column corresponding to the portion of the column of the target table is not included in the final virtual tables. 即ち、目標テーブルが既存のテーブルのみを利用したデータ連携では実現できないことがある。 That is, it may not be realized in the data linkage target table using only the existing table. そのような場合、仮想テーブルと連携元テーブルを結合するための情報を関連テーブルとして手動で作成することが考えられる。 In such a case, it is conceivable to manually create information for coupling the linkage source table and the virtual table as a related table. この場合、どのような関連テーブルを作成すればよいか調査する必要があるが、推奨情報161をクライアント装置200へ提供することにより、調査量の削減に寄与することができる。 In this case, what related tables it is necessary to investigate whether it is sufficient to create, but by providing a recommendation information 161 to the client device 200, can contribute to the reduction of the survey volume.

本実施の形態では、データ連携関係の自動推奨にあたってレコードデータが必須ではなく、テーブル定義情報等のメタデータのみあればよい。 In this embodiment, not essential record data when auto-suggested data linkage relationship, it is sufficient only the metadata such as the table definition information. そのため、データ連携関係を探索するシステムの範囲を広く設定できる。 Therefore, it is possible to set a wide range of systems for searching a data linkage relationship. その結果として、システム全体を考慮したデータ連携関係の全体最適解を見つけ出すことが可能となる。 As a result, it is possible to find the global optimal solutions of the data linkage relationship in consideration of the entire system. つまり、本実施の形態によれば、データ連携において、連携先となるテーブルのカラムに格納するデータを、どのテーブルのカラムから抽出すればよいかを、効率よく、的確に判断することができる。 That is, according to this embodiment, the data linkage, the data to be stored in the column of the table as a cooperation destination, whether it be extracted from the column of which table, efficiently, can be accurately determined.

本実施の形態では、システム全体という広いスコープでデータ連携関係を探索することができるため、検出漏れを最小限にできるという効果が得られる。 In this embodiment, it is possible to search the data linkage relationship in a broad scope of the entire system, there is an advantage that it minimizes false negative.

データ連携関係の自動推奨では、探索スコープが狭くなると、本来連携元とすべきテーブルが排除される可能性がある。 Automatic recommended data linkage relationship, the search scope is narrowed, there is a possibility that the table should be originally cooperation source is eliminated. 本来連携元とすべきテーブルのコピーあるいは変形を連携元として誤検出してしまう可能性がある。 There is a possibility that erroneous detection copies or deformation of the table should be originally cooperation source as a cooperation source. そのような誤検出があると、定義したデータ連携関係において、本来連携元とすべきテーブルからそのコピーあるいは変形を作成する別のデータ連携処理との依存関係が生じてしまう。 If there is such a false detection, the defined data linkage relationships, dependencies and other data linkage process of creating a copy or deformed from the table should be originally cooperation source occurs. 本実施の形態によれば、そのように本来必要のないデータ連携関係が定義されてしまう事態(即ち、部分最適解)を回避することができる According to this embodiment, it is possible to avoid so situation that unnecessary data linkage relationship originally from being defined (i.e., optimal solution) to

本実施の形態では、データ連携関係の自動推奨という目的に固有の要件である、連携先テーブルのレコードレイアウトを連携元テーブル群から結合操作等により再現できるという要件に対応するために、仮想テーブルを作成して、仮想テーブルと連携先テーブルに対してスキーママッチング技術を適用する。 In this embodiment, the purpose of auto-suggested data linkage relationship is an inherent requirement in order to meet the requirements of a record layout of the cooperation destination table can be reproduced by binding operation or the like from the cooperation source table group, the virtual table create and apply schema matching techniques against cooperation destination table and the virtual table. このため、データ連携に使用できない対応関係は自動的に出力から省かれる。 Therefore, the correspondence can not be used in the data linkage is omitted from automatically output. 本実施の形態では、通常のスキーママッチング技術で大量に発生するデータ連携関係の候補の中からデータ連携に使用できるカラム間の対応関係のみを抽出して提供する。 In this embodiment, provided by extracting only correspondence between the columns available for data coordination among the candidates of the data linkage relationships that generate a large amount in a conventional schema matching techniques. このため、自動推奨結果が人間により確認される際に、人間の作業量が大幅に削減される。 Therefore, when the auto-suggested result is confirmed by a human, the human workload is greatly reduced.

さらに、本実施の形態では、スコープを広げるだけではなく、データベーススキーマ内、データベース内、データベース外のように複数のスコープを明示的に分けて、それぞれについて仮想テーブルを作成する。 Further, in this embodiment, not only widen the scope, in the database schema, the database explicitly divided multiple scopes as outside the database, to create a virtual table for each. このため、データ連携関係の候補をスコープ別に確認することが可能である。 Therefore, it is possible to check the candidate data linkage relationship by scope. 例えば、データベーススキーマ内では取得することができないデータ項目についてデータベース外までスコープを広げると取得できることが確認できる。 For example, it can be confirmed that can be acquired to extend the scope to outside of the database for the data item that can not be acquired in the database schema. よって、データベース外とのデータ連携コストとデータベーススキーマ内のデータ連携コストとを比較しながら、状況に応じたデータ連携関係を定義することが可能となる。 Therefore, it is possible to define a data linkage while comparing the data linkage cost cost and the database schema, data linkage relationship in accordance with the condition of the outside of the database.

図13は、本実施の形態に係るデータ連携支援装置100のハードウェア構成の一例を示す図である。 Figure 13 is a diagram showing an example of a hardware configuration of the data linkage support apparatus 100 according to this embodiment.

図13において、データ連携支援装置100は、コンピュータであり、LCD901(Liquid・Crystal・Display)、キーボード902(K/B)、マウス903、FDD904(Flexible・Disk・Drive)、CDD905(Compact・Disc・Drive)、プリンタ906といったハードウェアデバイスを備えている。 13, the data linkage support apparatus 100 is a computer, LCD901 (Liquid · Crystal · Display), a keyboard 902 (K / B), a mouse 903, FDD904 (Flexible · Disk · Drive), CDD905 (Compact · Disc · Drive), and a hardware device such as a printer 906. これらのハードウェアデバイスはケーブルや信号線で接続されている。 These hardware devices are connected with cables or signal lines. LCD901の代わりに、CRT(Cathode・Ray・Tube)、あるいは、その他の表示装置が用いられてもよい。 Instead of LCD901, CRT (Cathode · Ray · Tube), or other display device may be used. マウス903の代わりに、タッチパネル、タッチパッド、トラックボール、ペンタブレット、あるいは、その他のポインティングデバイスが用いられてもよい。 Instead of the mouse 903, a touch panel, a touch pad, a track ball, a pen tablet or other pointing device may be used.

データ連携支援装置100は、プログラムを実行するCPU911(Central・Processing・Unit)を備えている。 Data linkage support apparatus 100 includes a CPU911 (Central · Processing · Unit) that executes the program. CPU911は、処理装置の一例である。 CPU911 is an example of the processing apparatus. CPU911は、バス912を介してROM913(Read・Only・Memory)、RAM914(Random・Access・Memory)、通信ボード915、LCD901、キーボード902、マウス903、FDD904、CDD905、プリンタ906、HDD920(Hard・Disk・Drive)と接続され、これらのハードウェアデバイスを制御する。 CPU911 is, ROM 913 via a bus 912 (Read · Only · Memory), RAM914 (Random · Access · Memory), communication board 915, LCD 901, keyboard 902, mouse 903, FDD 904, CDD 905, the printer 906, HDD920 (Hard · Disk · Drive) is connected to, and controls these hardware devices. HDD920の代わりに、フラッシュメモリ、光ディスク装置、メモリカードリーダライタ、あるいは、その他の記録媒体が用いられてもよい。 Instead of HDD920, flash memory, an optical disk device, a memory card reader-writer or other recording medium may be used.

RAM914は、揮発性メモリの一例である。 RAM914 is an example of a volatile memory. ROM913、FDD904、CDD905、HDD920は、不揮発性メモリの一例である。 ROM913, FDD904, CDD905, HDD920 is an example of a non-volatile memory. これらは、記憶装置の一例である。 These are examples of storage devices. 通信ボード915、キーボード902、マウス903、FDD904、CDD905は、入力装置の一例である。 Communication board 915, keyboard 902, mouse 903, FDD 904, CDD 905 is an example of an input device. また、通信ボード915、LCD901、プリンタ906は、出力装置の一例である。 The communication board 915, LCD 901, the printer 906 is an example of an output device.

通信ボード915は、LAN(Local・Area・Network)等に接続されている。 Communication board 915 is connected to a LAN (Local · Area · Network) or the like. 通信ボード915は、LANに限らず、IP−VPN(Internet・Protocol・Virtual・Private・Network)、広域LAN、ATM(Asynchronous・Transfer・Mode)ネットワークといったWAN(Wide・Area・Network)、あるいは、インターネットに接続されていても構わない。 Communication board 915 is not limited to a LAN, IP-VPN (Internet · Protocol · Virtual · Private · Network), wide area LAN, ATM WAN such as (Asynchronous · Transfer · Mode) network (Wide · Area · Network), or the Internet it may be connected to. LAN、WAN、インターネットは、ネットワークの一例である。 LAN, WAN, the Internet is an example of a network.

HDD920には、オペレーティングシステム921(OS)、ウィンドウシステム922、プログラム群923、ファイル群924が記憶されている。 The HDD920, operating system 921 (OS), a window system 922, programs 923, file group 924 are stored. プログラム群923のプログラムは、CPU911、オペレーティングシステム921、ウィンドウシステム922により実行される。 Program Program 923, CPU 911, operating system 921 is executed by the window system 922. プログラム群923には、本発明の実施の形態の説明において「〜部」として説明する機能を実行するプログラムが含まれている。 The program 923 includes a program for executing the function described as a "section" in the description of the embodiments of the present invention. プログラムは、CPU911により読み出され実行される。 The programs are read and executed by the CPU 911. ファイル群924には、本発明の実施の形態の説明において、「〜データ」、「〜情報」、「〜ID(識別子)」、「〜フラグ」、「〜結果」として説明するデータや情報や信号値や変数値やパラメータが、「〜ファイル」や「〜データベース」や「〜テーブル」の各項目として含まれている。 The file group 924, in the embodiment of the present description, "through data", "- information", "~ID (identifier)", "- flag", Ya data and information described as "~ result" signal values, variable values, and parameters are included as each item of "- file" or "- database" and "~ table". 「〜ファイル」や「〜データベース」や「〜テーブル」は、RAM914やHDD920等の記録媒体に記憶される。 "~ File" or "- database" and "~ table" are stored in a recording medium such as RAM914 and HDD920. RAM914やHDD920等の記録媒体に記憶されたデータや情報や信号値や変数値やパラメータは、読み書き回路を介してCPU911によりメインメモリやキャッシュメモリに読み出され、抽出、検索、参照、比較、演算、計算、制御、出力、印刷、表示といったCPU911の処理(動作)に用いられる。 RAM914 and HDD920 data and information, signal values, variable values, and parameters stored in a recording medium or the like, to a main memory or a cache memory by CPU911 via the write circuit, extraction, search, reference, comparison, computation , calculation, control, output, printing, used in processing of CPU911 such display (operation). 抽出、検索、参照、比較、演算、計算、制御、出力、印刷、表示といったCPU911の処理中、データや情報や信号値や変数値やパラメータは、メインメモリやキャッシュメモリやバッファメモリに一時的に記憶される。 Extraction, search, reference, comparison, computation, calculation, control, output, printing, during the processing of CPU911 such display, data and information, signal values, variable values, and parameters are temporarily in the main memory, the cache memory or a buffer memory It is stored.

本発明の実施の形態の説明において用いるブロック図やフローチャートの矢印の部分は主としてデータや信号の入出力を示す。 Portion indicated in the block diagram and flow chart for use in explanation of the embodiments of the present invention is mainly showing the input and output of data or signals. データや信号は、RAM914等のメモリ、FDD904のフレキシブルディスク(FD)、CDD905のコンパクトディスク(CD)、HDD920の磁気ディスク、光ディスク、DVD(Digital・Versatile・Disc)、あるいは、その他の記録媒体に記録される。 Data and signals, a memory such as a RAM 914, FDD 904 of the flexible disk (FD), a compact disk of CDD905 (CD), HDD920 of the magnetic disk, optical disk, DVD (Digital · Versatile · Disc), or recorded on other recording medium It is. また、データや信号は、バス912、信号線、ケーブル、あるいは、その他の伝送媒体により伝送される。 The data and signals, a bus 912, signal lines, cables or are transmitted by other transmission media.

本発明の実施の形態の説明において「〜部」として説明するものは、「〜回路」、「〜装置」、「〜機器」であってもよく、また、「〜ステップ」、「〜工程」、「〜手順」、「〜処理」であってもよい。 Those described as "... unit" in the embodiment of the description of the present invention, "~ circuit", "- device" may be "- equipment", also "- step", "step" "procedure", may be a "process". 即ち、「〜部」として説明するものは、ROM913に記憶されたファームウェアで実現されていても構わない。 That, what is described as "... unit" may be implemented by firmware stored in the ROM 913. あるいは、「〜部」として説明するものは、ソフトウェアのみ、あるいは、素子、デバイス、基板、配線といったハードウェアのみで実現されていても構わない。 Alternatively, what is described as "... unit", the software only, or may element, device, substrate, be realized only by hardware such as wiring. あるいは、「〜部」として説明するものは、ソフトウェアとハードウェアとの組み合わせ、あるいは、ソフトウェアとハードウェアとファームウェアとの組み合わせで実現されていても構わない。 Alternatively, what is described as "... unit" is a combination of software and hardware, or may be realized by a combination of software and hardware and firmware. ファームウェアとソフトウェアは、プログラムとして、フレキシブルディスク、コンパクトディスク、磁気ディスク、光ディスク、DVD等の記録媒体に記憶される。 Firmware and software as a program, a flexible disk, a compact disk, a magnetic disk, an optical disk, is stored in a recording medium such as a DVD. プログラムはCPU911により読み出され、CPU911により実行される。 Programs are read by the CPU 911, it is executed by the CPU 911. 即ち、プログラムは、本発明の実施の形態の説明で述べる「〜部」としてコンピュータを機能させるものである。 That is, the programs are to function a computer as "- unit" described in explanation of the embodiments of the present invention. あるいは、プログラムは、本発明の実施の形態の説明で述べる「〜部」の手順や方法をコンピュータに実行させるものである。 Alternatively, the program is intended to execute the procedure or method of a "section" described in explanation of the embodiments of the present invention on the computer.

以上、本発明の実施の形態について説明したが、本発明は、この実施の形態に限定されるものではなく、必要に応じて種々の変更が可能である。 Having described embodiments of the present invention, the present invention is not limited to this embodiment, and various modifications are possible as necessary.

100 データ連携支援装置、101 情報記憶部、102 テーブル選択部、103 カラム特定部、104 テーブル抽出部、105 テーブル結合部、106 推奨判断部、111 連携元情報、112 連携先情報、113 参照関係情報、114 入力情報、161 推奨情報、200 クライアント装置、301 暫定仮想テーブル情報、302 キー項目情報、303,304,305 参照関係レコード、901 LCD、902 キーボード、903 マウス、904 FDD、905 CDD、906 プリンタ、911 CPU、912 バス、913 ROM、914 RAM、915 通信ボード、920 HDD、921 オペレーティングシステム、922 ウィンドウシステム、923 プログラム群、924 ファイル群。 100 data linkage support apparatus, 101 information storage unit, 102 table selection unit, 103 a column specifying unit, 104 table extraction unit, 105 table join unit, 106 recommendation determination unit, 111 cooperation source information, 112 cooperation destination information, 113 reference relation , 114 input information 161 recommendation information, 200 a client device, 301 provisional virtual table information 302 key item information, 303, 304, 305 reference relation record, 901 LCD, 902 keyboard, 903 mouse, 904 FDD, 905 CDD, 906 printer , 911 CPU, 912 bus, 913 ROM, 914 RAM, 915 communication board, 920 HDD, 921 operating system, 922 window system, 923 program group, 924 file group.

Claims (4)

  1. 複数のテーブルを有するデータベースのデータ連携を支援するデータ連携支援装置において、 The data linkage support apparatus for supporting data linkage database having a plurality of tables,
    前記複数のテーブルのそれぞれに含まれる複数のカラムのそれぞれが主キーになっているかどうかを示す主キー情報と、前記複数のテーブルのそれぞれに含まれる複数のカラムのそれぞれに格納されるデータの属性を示す属性情報と、前記複数のテーブル間の参照関係を示す参照関係情報とを記憶する情報記憶部と、 And primary key information that indicates whether each has the primary key of a plurality of columns included in each of said plurality of tables, data attributes to be stored in each of the plurality of columns included in each of said plurality of tables and attribute information that indicates an information storage unit for storing the reference relation information indicating a reference relationship between the plurality of tables,
    前記複数のテーブルから、主キーになっている2つ以上のカラムを含みデータ連携の連携先となる1つのテーブルを選択するテーブル選択部と、 From said plurality of tables, the table selection unit for selecting one of the tables comprises a cooperation destination of the data linkage of two or more columns that is a primary key,
    前記情報記憶部に記憶された主キー情報に基づき、前記テーブル選択部により選択されたテーブルに含まれる複数のカラムから、前記2つ以上のカラムを特定するカラム特定部と、 Based on the primary key information stored in the information storage unit, a plurality of columns contained in the selected table by the table selection unit, and a column specifying unit for specifying the two or more columns,
    前記情報記憶部に記憶された主キー情報と属性情報と参照関係情報とに基づき、前記複数のテーブルのうち前記テーブル選択部により選択されたテーブル以外のテーブルから、参照関係によって結ばれた2つ以上のテーブルの組み合わせであって、前記カラム特定部により特定されたカラムと対応するカラムが当該2つ以上のテーブルに分かれて各テーブルの主キーとして存在する組み合わせを抽出するテーブル抽出部と、 Based on the stored primary key information and attribute information and the reference relation in the information storage unit, from the table other than the selected table by the table selection unit among the plurality of tables, two tied by reference relation a combination of the above table, a table extraction unit for extracting a combination where the column corresponding columns with specified column by the specific unit is present as a primary key for each divided into the two or more tables tables,
    前記テーブル抽出部により抽出された組み合わせに含まれるテーブルを結合して1つのテーブルを作成するテーブル結合部と、 A table coupling unit for creating a single table by combining the tables included in the combination extracted by the table extracting unit,
    前記テーブル選択部により選択されたテーブルと前記テーブル結合部により作成されたテーブルとのスキーママッチングを行い、スキーママッチングの結果に基づき、前記テーブル抽出部により抽出された組み合わせを、前記テーブル選択部により選択されたテーブルのデータ連携に利用することを推奨するかどうか判断する推奨判断部とを備えることを特徴とするデータ連携支援装置。 Perform schema matching the table created with the table selected by the table selection unit by the table coupling portion, based on the result of the schema matching, the combination extracted by the table extracting unit, selected by the table selection unit data linkage support device, characterized in that it comprises a recommendation determination unit for determining whether to recommend using the data linkage table.
  2. 前記テーブル抽出部により2つ以上の組み合わせが抽出された場合、 If two or more combinations are extracted by the table extracting unit,
    前記テーブル結合部は、前記テーブル抽出部により抽出された組み合わせごとに、組み合わせに含まれるテーブルを結合して1つのテーブルを作成し、 It said table coupling unit, each combination extracted by the table extracting unit combines the tables included in the combination creates one table,
    前記推奨判断部は、前記テーブル抽出部により抽出された組み合わせごとに、前記テーブル選択部により選択されたテーブルと前記テーブル結合部により作成されたテーブルとのスキーママッチングを行い、 The recommended decision unit, for each combination extracted by the table extracting portion performs schema matching the table created with the table selected by the table selection unit by the table coupling portion,
    前記推奨判断部は、スキーママッチングの結果に基づき、前記テーブル抽出部により抽出された組み合わせのうち1つの組み合わせを、前記テーブル選択部により選択されたテーブルのデータ連携に利用することを推奨する推奨情報を出力することを特徴とする請求項1のデータ連携支援装置。 The recommended decision unit, recommendation information for recommending that based on the results of the schema matching utilizes one combination among the combinations extracted by the table extracting unit, a data linkage table selected by the table selection unit data linkage support apparatus according to claim 1, characterized in that the output.
  3. 前記推奨判断部は、前記テーブル抽出部により抽出された組み合わせを、前記テーブル選択部により選択されたテーブルのデータ連携に利用することを推奨する場合、前記テーブル選択部により選択されたテーブルに含まれる複数のカラムから、前記テーブル結合部により作成されたテーブルに、対応するカラムが存在しないカラムを抽出し、前記複数のテーブルのうち前記テーブル選択部により選択されたテーブル以外のテーブルから、抽出したカラムと対応するカラムを含み、前記テーブル結合部により作成されたテーブルに結合可能なテーブルを検出し、検出したテーブルを、前記テーブル抽出部により抽出された組み合わせに追加することを特徴とする請求項1のデータ連携支援装置。 The recommended determination unit, a combination extracted by the table extracting unit, if it is recommended to use the data linkage table selected by the table selection unit, included in the table selected by the table selection unit a plurality of columns, the table created by the table coupling unit, extracts a column corresponding column does not exist from the table other than the selected table by the table selection unit among the plurality of tables, the extracted column It includes the corresponding column with claim 1, wherein detecting a possible table coupled to the table made by the table coupling portion, the detected table, characterized by adding to the combination extracted by the table extraction unit data linkage support apparatus.
  4. 複数のテーブルを有するデータベースのデータ連携を支援するデータ連携支援方法において、 The data linkage support method for supporting data linkage database having a plurality of tables,
    前記複数のテーブルのそれぞれに含まれる複数のカラムのそれぞれが主キーになっているかどうかを示す主キー情報と、前記複数のテーブルのそれぞれに含まれる複数のカラムのそれぞれに格納されるデータの属性を示す属性情報と、前記複数のテーブル間の参照関係を示す参照関係情報とを記憶する情報記憶部を備えるコンピュータを用いて、 And primary key information that indicates whether each has the primary key of a plurality of columns included in each of said plurality of tables, data attributes to be stored in each of the plurality of columns included in each of said plurality of tables and attribute information indicating, using a computer comprising an information storage unit for storing the reference relation information indicating a reference relationship between the plurality of tables,
    前記複数のテーブルから、主キーになっている2つ以上のカラムを含みデータ連携の連携先となる1つのテーブルを選択し、 Wherein a plurality of tables, selects one of the tables comprises a cooperation destination of the data linkage of two or more columns that is a primary key,
    前記情報記憶部に記憶された主キー情報に基づき、前記選択により選択されたテーブルに含まれる複数のカラムから、前記2つ以上のカラムを特定し、 Based on said information storage primary key information stored in the unit, a plurality of columns contained in the selected table by the selection, and identify the two or more columns,
    前記情報記憶部に記憶された主キー情報と属性情報と参照関係情報とに基づき、前記複数のテーブルのうち前記選択により選択されたテーブル以外のテーブルから、参照関係によって結ばれた2つ以上のテーブルの組み合わせであって、前記特定により特定されたカラムと対応するカラムが当該2つ以上のテーブルに分かれて各テーブルの主キーとして存在する組み合わせを抽出し、 Based on said stored in the information storage unit and the primary key information and attribute information and the reference relation, the table other than the selected table by the selected one of said plurality of tables, two or more tied by reference relation a combination of a table, and extracts a combination of columns corresponding to the column specified by the specifying is present as the primary key for each table is divided into the two or more tables,
    前記抽出により抽出された組み合わせに含まれるテーブルを結合して1つのテーブルを作成し、 By combining the tables included in the combination extracted by the extraction creates one table,
    前記選択により選択されたテーブルと前記結合により作成されたテーブルとのスキーママッチングを行い、スキーママッチングの結果に基づき、前記抽出により抽出された組み合わせを、前記選択により選択されたテーブルのデータ連携に利用することを推奨するかどうか判断することを特徴とするデータ連携支援方法。 Perform schema matching the table created by the binding with the selected table by the selection, based on the results of the schema matching, utilizes a combination extracted by the extraction, the data linkage table selected by the selection data linkage support method which is characterized in that to determine whether or not to recommend to.
JP2015541381A 2013-10-10 2013-10-10 Data linkage support device and data linkage support method Active JP6017055B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/JP2013/077628 WO2015052812A1 (en) 2013-10-10 2013-10-10 Data-linking support device and data-linking support method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP6017055B2 true JP6017055B2 (en) 2016-10-26
JPWO2015052812A1 true JPWO2015052812A1 (en) 2017-03-09

Family

ID=52812659

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015541381A Active JP6017055B2 (en) 2013-10-10 2013-10-10 Data linkage support device and data linkage support method

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP6017055B2 (en)
WO (1) WO2015052812A1 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6181250B1 (en) * 2016-07-11 2017-08-16 株式会社東芝 Database integration device, method database integration, and database integration program

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005063261A (en) * 2003-08-18 2005-03-10 Ntt Comware Corp Data cooperation rule generation system and method, and computer program
US20090094274A1 (en) * 2003-09-10 2009-04-09 Exeros, Inc. Method and apparatus for semantic discovery and mapping between data sources

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005063261A (en) * 2003-08-18 2005-03-10 Ntt Comware Corp Data cooperation rule generation system and method, and computer program
US20090094274A1 (en) * 2003-09-10 2009-04-09 Exeros, Inc. Method and apparatus for semantic discovery and mapping between data sources

Non-Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Title
JPN6013057760; Ronald Fagin, Laura M. Haas, Mauricio Hernandez1,Renee J. Miller, Lucian Popa, and Yannis Velegrakis: 'Clio: Schema Mapping Creation and DataExchange' [online] [検索日2013.10.28],インターネット, 2009, 1-40 *

Also Published As

Publication number Publication date Type
WO2015052812A1 (en) 2015-04-16 application
JPWO2015052812A1 (en) 2017-03-09 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7720856B2 (en) Cross-language searching
US20090274384A1 (en) Methods, computer program products, apparatuses, and systems to accommodate decision support and reference case management for diagnostic imaging
US20030120655A1 (en) Document processing apparatus
US7783637B2 (en) Label system-translation of text and multi-language support at runtime and design
US20100161499A1 (en) Centralized Rights Management System for Digital Media
US20070061296A1 (en) Annotating documents in a collaborative application with data in disparate information systems
US20100049731A1 (en) Extensible attributes model for business applications
CN101685449A (en) Method and system for connecting tables in a plurality of heterogeneous distributed databases
JP2012032859A (en) Forensic system, forensic method and forensic program
Leaf et al. Recovery time as a measure of degree of conditioned suppression
US20060074987A1 (en) Term database extension for label system
US20090248710A1 (en) Database Part Table Junctioning
US9158843B1 (en) Addressing mechanism for data at world wide scale
US20080027899A1 (en) Systems and Methods for Integrating from Data Sources to Data Target Locations
WO2011111532A1 (en) Database system
CN101436962A (en) Log management method and system
US20090070701A1 (en) Multiple ui paradigms within a single application
Humphreys Differences between correlations in a single sample: A correction and amplification
US20080154854A1 (en) Automatic data determination
US20110296321A1 (en) Automated Report Generation System and Method
US20140181137A1 (en) Presenting data in response to an incomplete query
US20140025645A1 (en) Resolving Database Integration Conflicts Using Data Provenance
US20120290284A1 (en) Creating and implementing language-dependent string pluralizations
US20090204889A1 (en) Adaptive sampling of web pages for extraction
US20140348396A1 (en) Extracting data from semi-structured electronic documents

Legal Events

Date Code Title Description
TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160830

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160927

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6017055

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150