JP5891180B2 - Portable high-frequency air pulse delivery device - Google Patents

Portable high-frequency air pulse delivery device Download PDF

Info

Publication number
JP5891180B2
JP5891180B2 JP2012555508A JP2012555508A JP5891180B2 JP 5891180 B2 JP5891180 B2 JP 5891180B2 JP 2012555508 A JP2012555508 A JP 2012555508A JP 2012555508 A JP2012555508 A JP 2012555508A JP 5891180 B2 JP5891180 B2 JP 5891180B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
delivery device
housing
pulse delivery
air
air pulse
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2012555508A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2013521038A (en )
Inventor
マイケル ナッタール,
マイケル ナッタール,
ブライアン フィンリー,
ブライアン フィンリー,
ルース, イー. マーティン,
ルース, イー. マーティン,
ジュリー ソーラー,
ジュリー ソーラー,
バート ノワック,
バート ノワック,
ジョン ゼハー,
ジョン ゼハー,
Original Assignee
トルーデル メディカル インターナショナル
トルーデル メディカル インターナショナル
ザ ユニヴァーシティ オブ ウェスタン オンタリオ
ザ ユニヴァーシティ オブ ウェスタン オンタリオ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M16/00Devices for influencing the respiratory system of patients by gas treatment, e.g. mouth-to-mouth respiration; Tracheal tubes
    • A61M16/0057Pumps therefor
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M16/00Devices for influencing the respiratory system of patients by gas treatment, e.g. mouth-to-mouth respiration; Tracheal tubes
    • A61M16/0003Accessories therefor, e.g. sensors, vibrators, negative pressure
    • A61M16/0006Accessories therefor, e.g. sensors, vibrators, negative pressure with means for creating vibrations in patients' airways
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M16/00Devices for influencing the respiratory system of patients by gas treatment, e.g. mouth-to-mouth respiration; Tracheal tubes
    • A61M16/0057Pumps therefor
    • A61M16/0063Compressors
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M16/00Devices for influencing the respiratory system of patients by gas treatment, e.g. mouth-to-mouth respiration; Tracheal tubes
    • A61M16/04Tracheal tubes
    • A61M16/0488Mouthpieces; Means for guiding, securing or introducing the tubes
    • A61M16/049Mouthpieces
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M16/00Devices for influencing the respiratory system of patients by gas treatment, e.g. mouth-to-mouth respiration; Tracheal tubes
    • A61M16/06Respiratory or anaesthetic masks
    • A61M16/0666Nasal cannulas or tubing
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M15/00Inhalators
    • A61M15/08Inhaling devices inserted into the nose
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M16/00Devices for influencing the respiratory system of patients by gas treatment, e.g. mouth-to-mouth respiration; Tracheal tubes
    • A61M16/10Preparation of respiratory gases or vapours
    • A61M16/105Filters
    • A61M16/106Filters in a path
    • A61M16/107Filters in a path in the inspiratory path
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M2205/00General characteristics of the apparatus
    • A61M2205/33Controlling, regulating or measuring
    • A61M2205/3375Acoustical, e.g. ultrasonic, measuring means
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M2205/00General characteristics of the apparatus
    • A61M2205/82Internal energy supply devices
    • A61M2205/8206Internal energy supply devices battery-operated
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M2209/00Ancillary equipment
    • A61M2209/08Supports for equipment
    • A61M2209/088Supports for equipment on the body
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M2210/00Anatomical parts of the body
    • A61M2210/06Head
    • A61M2210/0625Mouth

Description

(関連出願) RELATED APPLICATIONS
本願は、2010年3月4日に出願された米国特許出願第61/310,590号に基づく優先権を主張している。 This application claims priority based on US patent application Ser. No. 61 / 310,590, filed on March 4, 2010. 該米国特許出願の全開示内容は、これに言及することによって本明細書に参考として組み入れられている。 The entire disclosure of said US patent applications are incorporated herein by reference by reference thereto.

本願は、概して人間又は動物への刺激を管理して所望の生理学的応答を喚起し且つ/又は補助するための空気パルス給送器具に関し、特に、物質を人間又は動物に送り込んで嚥下又はその他の感覚運動現象を開始させ喚起し且つ/又は容易にするためにマウスピースに結合される携帯型の空気パルス給送器具、及びその使用方法に関する。 The present application relates generally to air pulse delivery device for managing irritation to human or animal to evoke desired physiological responses and / or to assist, in particular, swallowing or other by feeding material to humans or animals sensorimotor behavior was initiated evoked by and / or to facilitate the portable coupled to the mouthpiece air pulse delivery device, and methods of use thereof.

嚥下障害は、唾液、飲料及び食品を、口から胃への送り込みが正常に機能しないことを特徴とする嚥下が困難な人の状態である。 Dysphagia, saliva, beverages and food, is the state of a person swallowing is difficult, characterized in that the feed from the mouth to the stomach does not function properly. 嚥下障害は、嚥下を生じさせる神経構造及び/又は気道消化管構造に対する疾患又は損傷によって生じる。 Dysphagia, caused by disease or injury to the nervous structures and / or aerodigestive tract structures cause swallowing. 嚥下障害は、脳卒中患者、その他の急性の神経的異常状態にある患者、パーキンソン病又はその他の神経変性疾患、脳性麻痺又は慢性閉塞性肺疾患(COPD)、及び/又は種々の癌治療に対する反応において存在する場合が多く、この障害によって患者は嚥下が困難で且つ又は嚥下によって痛みを受ける。 Dysphagia, stroke patients, patients in neurological abnormal state of other acute, Parkinson's disease or other neurodegenerative diseases, cerebral palsy or chronic obstructive pulmonary disease (COPD), and / or in response to various cancer treatments If there are many, subjected to pain by and or swallowing difficult patient swallowing by this disorder. 同様に、他の患者は、種々の嚥下障害、会話障害、唾液及び/又は口腔感覚障害を呈するかも知れない。 Similarly, other patients might exhibit various dysphagia, speech disorders, saliva and / or oral sensory disorders. 嚥下障害は、結果的な合併症、最も一般的には唾液又は食物が肺へ入ること、脱水症、及び栄養失調に対する二次的な吸引による肺炎によって健康上の問題を大きくする。 Dysphagia, the resulting complications, most commonly the saliva or food enters the lungs, dehydration, and increased health problems by pneumonia due to secondary aspiration for malnutrition. 従って、発作に帰する幾つかの死亡は、実際には、嚥下障害及び肺炎の結果的な複雑化によって惹き起される。 Therefore, death some attributable to seizure is actually caused by the resulting complexity of dysphagia and pneumonia. これらの合併症はまた、長期の入院、緊急処置室での受診、再入院、長期に亘る施設内医療、並びに費用のかかる呼吸及び栄養の支援にもつながる。 These complications can also be prolonged hospitalization, visits in emergency room, readmission, institutional medical long-term, as well as leading to such respiratory and support nutrient cost.

これに応えて、嚥下を誘発又は刺激するための種々の技術及び治療方法が開発されて来ており、これらは患者又はユーザーに種々の治療上の利点を付与することができる。 In response, a variety of techniques and therapeutic methods for inducing or stimulating swallowing have been developed, but these can impart benefits various therapeutic to the patient or user. 例えば、患者に嚥下を誘発させるための種々の器具及び方法としては、1以上の気体パルスを口及び/又は喉の中の所定の領域へ送り込む方法がある。 For example, a variety of instruments and methods for inducing swallowing to the patient, there is a method of feeding one or more gas pulse into the mouth and / or a predetermined area within the throat. しかしながら、このような器具は所望の周波数でパルス列を形成することができず、比較的高い圧力で作動し、圧力、継続時間、及び周波数に関する種々の入力を必要とし且つ/又は携帯できない場合が多い。 However, such devices can not form a pulse train at a desired frequency, operating at relatively high pressure, the pressure is often duration, and can not be and / or mobile requires various inputs related to the frequency . 他の器具は、喉頭筋を覆っている首部に電気的な刺激を加える。 Other instruments, applying electrical stimulation to the neck covering the laryngeal muscles.

本発明は、特許請求の範囲によって規定されており、この節における何ものも特許請求の範囲に対する限定と考えられるべきではない。 The present invention is defined by the claims, should not nothing also considered as limitations on the scope of the claims in this section.

第一の特徴においては、携帯型の空気パルス給送器具の一実施形態は、ハウジングと、該ハウジング内に設けられているモーターを備えているエアーコンプレッサとを備えている。 In a first aspect, an embodiment of a portable air pulse delivery device is provided with an air compressor includes a housing, a motor provided in the housing. 前記のモーターは、1200〜4800rpmの回転速度で作動することができる。 The motor can be operated at a rotational speed of 1200~4800Rpm. 前記のエアーコンプレッサは空気入口と空気出口とを備えている。 Wherein the air compressor includes an air inlet and an air outlet. 無ケーブル式電源(線で繋がれていない電源)が前記のハウジング内に配置されており、該電源はモーターに作動可能形態で接続されている。 No cable type power supply (power supply not connected with a line) is disposed within the housing, the power supply is connected operably form a motor. 吸い込みフィルタがハウジング内に設けられており、該フィルタはエアーコンプレッサの空気入口と流体連通している。 Suction filter is provided in the housing, the filter is in fluid air inlet in fluid communication with the air compressor. エアーコンプレッサの空気出口に出口ポートが接続されており、該出口ポートはハウジングの外部と連通している。 Outlet port to the air outlet of the air compressor is connected, the outlet port communicates with the outside of the housing. マウスピースは、出口ポートに結合される入口と、気体出口ポートを備えている出口とを備えている。 Mouthpiece comprises an inlet coupled to the outlet port, and an outlet and a gas outlet port. エアーコンプレッサは、気体出口ポートに約20Hz〜80Hzの脈動周波数で約2〜3リットル/分の平均気体流速を生じさせるように作動する。 Air compressor operates to produce an average gas flow rate of about 2-3 liters / minute at a pulse frequency of approximately 20Hz~80Hz the gas outlet port.

もう一つ別の特徴において、空気パルスをユーザーの口の中へ送り込む方法は、ハウジングと該ハウジングに結合されたマウスピースとを備えている無ケーブル式の携帯型空気パルス給送器具を準備するステップと、前記マウスピースをユーザーの口の中へ挿入するステップと、を含んでいる。 In another aspect, a method for feeding air pulses into the mouth of the user prepares the portable air pulse delivery device free cable type and a mouthpiece coupled to the housing and the housing and step includes the steps of inserting the mouthpiece into the user's mouth. 該方法は、前記ハウジング上の電源スイッチを入れてハウジング内に配置されているコンプレッサモーターを所定の時間間隔の所定のタイムシーケースでオンとオフとに自動的に切り換えるステップを更に含んでいる。 The method is further comprising automatically switching step the compressor motor powering switch is disposed in the housing on and off and a predetermined time Sea case a predetermined time interval on said housing. 該コンプレッサモーターは、オンに切り換えられたときに1200〜4800rpmの回転速度で作動し、気体出口ポートに約2〜3リットル/分の空気の平均気体流速を約20Hz〜80Hzの脈動周波数で生じさせる。 The compressor motor operates at a rotational speed of 1200~4800rpm when switched on, causes the average gas flow rate of about 2-3 liters / min of air to the gas outlet port pulsation frequency of about 20Hz~80Hz .

該種々の特徴及び実施形態は、従来の公知の器具に対して著しい利点を提供する。 The various features and embodiments provide significant advantages over prior known devices. 特に、該給送器具は、嚥下を誘発させるための最適の筋肉の刺激範囲内に含まれる20〜80Hzの周波数でパルスの列を発生させることができる。 In particular, fed-delivery device can generate a train of pulses at a frequency of 20~80Hz contained within stimuli range of optimal muscle to induce swallowing. これと同時に、該器具は低圧の空気パルスを提供し、これは、例えばペースメーカーが埋め込まれている患者における電気的刺激に関連する種々のリスク及び/又は高圧システムに関連する潜在的なリスク及び損傷を避ける。 At the same time, instrument provides a low-pressure air pulse, which is potential risk and damage associated with various risk and / or high pressure systems associated with electrical stimulation in patients for example a pacemaker is embedded to say. 該装置はまた、一つの実施形態においては、ユーザーからの入力を何ら必要としないように最適化されて来た。 The apparatus also, in one embodiment, came optimized so as not to require any input from the user. ユーザーはむしろ、器具を、所定の周波数、継続時間、及び圧力で管理投与される空気パルス列の所定のシーケンスで単にオンに切り換えるだけである。 Users rather, an instrument, a predetermined frequency, only switch merely turned in a predetermined sequence of air pulses that are managed administered in duration, and pressure. 該システムは次いで、ユーザーからの何らの入力もなく自動的に電源が切れる。 The system then automatically turn off without any input from the user. このようにして、該器具は、不正使用又は誤使用を許さず、且つ継続時間、圧力、又は周波数についての択一的な入力についての過大な訓練又は知識を必要としない。 In this way, the instrument may not allow unauthorized or misuse, and duration, pressure, or do not require alternative excessive training or knowledge of the input of the frequency. 従って、該器具は、例えば、家庭、オフィス、又は日常環境における使用を含む患者介護施設外での使用に特に好適である。 Thus, the instrument is, for example, home, office, or is particularly suitable for use in patient care facility outside including use in everyday environments.

該装置はまた真に携帯型として設計されており、その結果、種々の実施形態が、ユーザーのポケット例えばシャツ内に収まり且つ/又は掛け紐によってユーザーの首に固定され、又は例えばストラップ上のクリップ又はフック・アンド・ループ(例えばベルクロ)ファスナによって衣類品に固定され、又はレール若しくはフックのような他の固定部材に固定される。 The apparatus also is designed as a truly portable, as a result, the various embodiments, is secured by and / or the strap fits in the user's pocket such as a shirt on the user's neck, or for example a clip on the strap or it is fixed to the article of clothing by the hook-and-loop (e.g., Velcro) fasteners, or is fixed to the other fixing member such as a rail or hook. 小さなサイズ及び無ケーブル式電源により、ユーザーは、日常生活動作で歩き回る際に電線に繋がれた状態ではなく且つハンズフリー状態で治療を受けることができる。 The small size and non-cabled supply, the user can receive and treated in a hands-free state rather than a state of being connected to the wire when walking around in daily life operation.

上の文節は、一般的な導入部として提供されており且つ特許請求の範囲を限定することを意図されたものではない。 Clause above is not intended to limit the scope of the provided by and and claimed as a general introduction. 更なる利点と共に種々の好ましい実施形態は、図面と組み合わせてなされる以下の詳細な説明を参照することによって更に良く理解できるであろう。 Various preferred embodiments together with further advantages will be better understood by reference to the following detailed description taken in conjunction with the drawings.

図1は、携帯型空気パルス給送器具の一実施形態の前方斜視図である。 Figure 1 is a front perspective view of an embodiment of a portable air pulse delivery device.

図2は、図1に示されている携帯型空気パルス給送器具の後方斜視図である。 Figure 2 is a rear perspective view of the portable air pulse delivery device shown in Figure 1.

図3は、バッテリーカバーが取り外された状態の図1に示されている携帯型空気パルス給送器具の後方斜視図である。 Figure 3 is a rear perspective view of the portable air pulse delivery device for battery cover is shown in Figure 1 of the state of being removed.

図4は、図1に示されている携帯型空気パルス給送器具の前方内視図である。 Figure 4 is a front inside view of a portable air pulse delivery device shown in Figure 1.

図5は、図4の線5に沿った電源スイッチの拡大部分図である。 Figure 5 is an enlarged partial view of the power switch taken along line 5 of Figure 4.

図6は、図4に示されているフィルタハウジングの拡大部分内視図である。 Figure 6 is in the plan view an enlarged portion of the filter housing shown in FIG.

図7は、図1の実施形態において使用されているコンプレッサモーターを制御し且つ電力を供給するために使用されている回路の論理回路図である。 Figure 7 is a logic circuit diagram of a circuit used to supply and power controls the compressor motor used in the embodiment of FIG.

図8はマウスピースの一実施形態の平面図である。 Figure 8 is a plan view of one embodiment of the mouthpiece.

図9は、ユーザーに適用された図8のマウスピースの前面図である。 Figure 9 is a front view of the mouthpiece of Figure 8 applied to the user.

図10は、ユーザーの口の中に配置されているマウスピースの一実施形態の部分斜視図である。 Figure 10 is a partial perspective view of one embodiment of a mouthpiece which is placed in the user's mouth.

図11は、携帯型空気パルス給送器具のもう一つ別の実施形態の前方斜視図である。 Figure 11 is a front perspective view of another embodiment of a portable air pulse delivery device.

図12は、図11に示されている携帯型空気パルス給送器具の後方斜視図である。 Figure 12 is a rear perspective view of the portable air pulse delivery device shown in Figure 11.

図13は、支持構造の斜視図である。 Figure 13 is a perspective view of the support structure.

図14は、前面カバーが取り外された状態の図11に示されている携帯型空気パルス給送器具の前方内視図である。 Figure 14 is a front inside view of a portable air pulse delivery device shown in Figure 11 in a state where the front cover removed.

図15は、プリント回路基板を示している図11に示されている携帯型空気パルス給送器具の後方内視図である。 Figure 15 is a rear inside view of a portable air pulse delivery device shown in Figure 11, which shows a printed circuit board.

図16は、図11に示されている実施形態のコンプレッサモーターを制御し且つ電力を供給するために使用されている回路のための論理回路図である。 Figure 16 is a logic circuit diagram for a circuit used to supply and power controls the compressor motor of the embodiment shown in Figure 11.

図17は、携帯型空気パルス給送器具の代替実施形態の分解斜視図である。 Figure 17 is an exploded perspective view of an alternative embodiment of a portable air pulse delivery device.

“頂部”、“底部”、“上方”及び“下方”という用語は、器具をユーザーの視野で見た場合の方向を指すものとして意図されている。 The term "top", "bottom", "upper" and "lower" is intended to refer to directions when viewed instrument in the user's field of view. 本明細書で使用されている“横断方向”という用語は、例えば、側方から側方に向かって配置され、向けられ、又は延びていることを意味しており、ユーザーの口の片側からもう一方の側までという限定は無い。 The term is used "transverse" herein, for example, is disposed toward the side from the side, it indicates that directed or extend, the other from one side of the user's mouth limitation that until one side is not. 本明細書で使用されている“複数”という用語は、2以上を意味していることは理解されるべきである。 The term is used, "plurality" herein, is that they are meant two or more is to be understood. 本明細書で使用されている“長手方向”という用語は、長さ又は長手方向の意味又はそれに関する意味である。 The term is used "longitudinal" herein is meant or meaning of its length or longitudinal direction. “結合されている”という用語は、直接的であるか又は例えば介在部材による間接的であるかに関わらず、結合されるか又は係合されるという意味であり、係合は、固定され即ち永久的取り付けであるかも知れないけれども固定され即ち永久的取り付けである必要はなく且つ機械的結合及び電気的接続との両方を包含している。 The term "coupled", whether indirect by or for example intervening member is direct, and means that are engaged or engaged is coupled, the engagement is fixed or encompasses both the and mechanical coupling need not be a fixed permanently attached i.e. although it may be a permanent attachment and electrical connection. 本明細書において使用されている“物質”という用語は、限定的ではないが、気体、液体、又はこれらの組み合わせ(限定的ではないが、エーロゾル化された液体を含む)のような流体、及び/又は限定的ではないが流体内に飛沫同伴されている粒子を含む粉末、又はこれらの組み合わせを包含していることは理解されるべきである。 Term and is "substance" as used herein include, but are not limited to, gas, liquid, or fluid, such as a combination thereof (but not limited to, including aerosolized liquid), and / or limiting never encompasses the combination powder, or these containing particles are entrained in the fluid is to be understood.

本明細書に開示されている方法及び装置は、人間か動物かに拘わらず、ユーザーの口又は首の中に空気パルスの列を送り込み又は印加するために提供されており、(1)対象者に、嚥下、発話、唾液分泌、又は口腔若しくは中咽頭の感覚運動現象を開始させ、喚起し、又は補助すること、(2)対象者の口腔、中咽頭、及び咽頭の潤滑性を増大させること、(3)対象者の口腔又は中咽頭又は咽頭の不快感を減らすこと、(4)口腔用器具の繰り返しの使用によって筋肉の強化もたらし得る、唇、口、頬部位、舌、顎、軟口蓋、咽頭、喉頭の筋力を収縮させること、(5)嚥下前の口腔通過運動及び嚥下前の咀嚼状運動を含む喉頭の持ち上げを含む、唇、口、頬部位、舌、顎、軟口蓋、咽頭、喉頭を動かすこと、及び/又は(6)体感覚、温 The methods and apparatus disclosed herein, whether human or animal, are provided in order to feed or apply a column of air pulses into the user's mouth or neck, (1) Target in, swallowing, speech, salivation, or to start the sensorimotor behavior of the oral cavity or oropharynx, that evoked by, or auxiliary, (2) the subject's mouth, increasing the oropharynx, and lubricity of the pharyngeal , it, repeatedly brought may, lips, mouth, cheek site, tongue, jaw, soft palate, strengthening of muscles by the use of (4) oral appliances to reduce the discomfort of (3) the subject of the oral cavity or oropharynx or pharynx pharynx, thereby contracting the muscle of the larynx, (5) swallow including lifting the larynx, including the previous oral passing movement and swallowing before chewing like motion, the lips, mouth, buccal sites, tongue, jaw, soft palate, pharynx, larynx moving, and / or (6) somatic sensation, temperature 感覚、又は味覚を含む感覚を、口腔又は中咽頭に形成すること、を目的としている。 Sensation, or the sensation including taste, be formed into oral or oropharynx is an object.

該携帯型空気パルス給送器具の一つの実施形態は、個別の空気−パルス列又はエーロゾル・パルス列の連続したものを、人の口蓋、中咽頭、又は咽頭へ送り込む手段を提供する。 The one embodiment of a portable air pulse delivery instrument, separate air - providing means for feeding to a material obtained by continuous pulse train or aerosol pulse train, human palate, oropharynx, or pharynx. ここで列は、一連の少なくとも1つのパルスとして規定されている。 Here column is defined as a sequence of at least one pulse. 個々の空気−パルス列は、パルスの継続時間、パルスの振幅、パルスの周波数、及び列の継続時間のようなパラメータが変化しても良い。 Individual air - pulse train, pulse duration, pulse amplitude, pulse frequency, and parameters such as the duration of the row may vary. 一つの実施形態においては、空気−パルス列は、個々に且つ全体として所定の順序で提供される。 In one embodiment, the air - the pulse train is provided in a predetermined order as a whole individually and.

図1〜7、11〜15、及び17を参照すると、携帯型空気パルス給送器具120,220,420が示されている。 Referring to FIG. 1~7,11~15, and 17, a portable air pulse delivery device 120,220,420 are shown. ここで使用されている“携帯型”という用語は、ケーブル式電源が無い状態で作動することができること、及びホイール付き運搬具のような運搬器具無しで手で運ぶことができることを意味している。 The term is used "portable" in the means that can carry by hand without the delivery device, such as being able to operate in a state the cable type power supply is not, and wheeled vehicles . “ハンズフリー”という用語は、器具がユーザーによって保持されるか若しくは保留される必要が無いように、ユーザーの体に又は隣接支持構造に結合させるか又は固定させることができる器具を指している。 The term "hands-free" refers to an instrument capable of instruments such need not be either, or hold is held by the user, to or fixed is attached to the body in or adjacent the support structure of the user.

図1〜4、11〜15、及び17を参照すると、該給送器具は、ハウジング122,222,422を備えており、該ハウジングは、ある実施形態においては、前方及び後方のハウジング構成要素124,126,224,226,424,426によって形成されており、これらの構成要素は、例えばスナップ嵌合、ファスナ、接着剤、タブ、及びこれらに類似の取り付け構成要素を単独で又は組み合わせることにより、相互に結合されている。 Referring to FIG. 1~4,11~15, and 17, fed-delivery device comprises a housing 122,222,422, the housing may, in certain embodiments, the front and rear housing components 124 are formed by 126,224,226,424,426, these components, for example a snap-fit, fasteners, adhesives, tab, and by alone or combined that similar mounting components to, They are connected to each other. 該ハウジングは、前面128、後面130、頂面132、底面134、及び対向した側壁136を備えている。 The housing has a front 128, rear 130, top surface 132, bottom surface 134 and opposing sidewalls 136,. もちろん、該ハウジングは、他の形状及び形態で形成することができ、ここに開示されている矩形の平行六面体形状に限られない。 Of course, the housing may be formed in other shapes and forms, not limited to the parallelepiped shape of rectangular disclosed herein. 該ハウジングは、適度な衝撃抵抗を有する耐久性のある材料、例えばABSによって作られている。 The housing is made of a material durable with moderate impact resistance, for example, ABS. 該ハウジングは比較的小さく、その結果、例えばユーザーのシャツ又はパンツのポケット140に入れるか、そうでなければ、図9に示されているように、例えば、掛け紐142又はクリップによってハンズフリーな状態でユーザーによって又はユーザー上に支持される。 The housing is relatively small, as a result, for example, or placed in the user's shirt or pants pocket 140, otherwise, as shown in FIG. 9, for example, the hands by the strap 142 or clip free state in is supported by the user or on the user. ハウジングの全容積は、種々の実施形態において、約1,000cm 未満、約600cm 未満、又は約200cm 未満とされる。 The total volume of the housing, in various embodiments, less than about 1,000 cm 3, less than about 600 cm 3, or is less than about 200 cm 3. 例えば、図1〜4に示されている一つの実施形態においては、ハウジングは、146mm×75mm×46mmの寸法であり、すなわち約500cm の容積である。 For example, in one embodiment shown in FIGS. 1-4, housing is dimensioned for 146 mm × 75 mm × 46 mm, i.e. a volume of about 500 cm 3. 別の実施形態においては、ハウジングは、100mm×35mm×55mmの寸法であり、すなわち約193cm の容積である。 In another embodiment, the housing is dimensioned for 100 mm × 35 mm × 55 mm, i.e. a volume of about 193 cm 3. 図11〜15に示されている実施形態においては、ハウジングは、寸法が135mm×81mm×46mmであり、容積が約503cm である。 In the embodiment shown in Figure 11-15, the housing, the size is 135mm × 81mm × 46mm, the volume of about 503cm 3. もう一つ別の実施形態においては、ハウジングは、寸法が141mm×80mm×46mmであり、重さが約350gである。 In another embodiment, the housing, the dimensions are 141 mm × 80 mm × 46 mm, and weighs about 350 g. 該器具のコンパクト性により、ハウジング並びに該ハウジング内に設けられているコンプレッサ160、コントローラ170,270、及びバッテリ180,280を含む器具全体の質量は約600g未満となり、一つの実施形態においては300gもの軽さとなる。 The compactness of the instrument, the compressor 160 provided in the housing and in the housing, the controller 170 and 270, and the mass of the entire instrument including a battery 180 and 280 becomes less than about 600 g, 300 g stuff in one embodiment the lightness.

図17に示されている一つの実施形態においては、ブラシレスモータを組み込み且つバッテリを排除することによって、ハウジングは、70mm×70mm×45mmの寸法すなわち約221cm の容積となり、重量は約215gとなる。 In one embodiment shown in Figure 17, by eliminating and battery incorporates a brushless motor, the housing becomes a dimension of 70 mm × 70 mm × 45 mm i.e. about 221cm 3 volume, weight is about 215g . 別の方法として、器具のコストを低減できるブラシ付きのモーターを使用した場合には、該ハウジングの寸法は、90mm×90mm×47mmで重量は約285gである。 Alternatively, when using the motor with a brush that can reduce the cost of the instrument, the dimensions of the housing, the weight at 90 mm × 90 mm × 47 mm is about 285 g.

図1,12,17に示されているように、空気吸い込みポート144,244,444は、各々、ハウジングの側壁136又は後面カバー226のうちの一つに配置されている。 As shown in FIG. 1,12,17, air suction ports 144,244,444 are each are arranged in one of the side wall 136 or the rear cover 226 of housing. エアーフィルタ146が吸い込みポートに隣接してハウジングに配置されていて、該吸い込みポートに入る空気がエアーフィルタを通過するようになされている。 It is arranged in the housing an air filter 146 is adjacent to the suction port, air entering the suction port is adapted to pass through the air filter. 該エア−フィルタは、50μmより大きい浮遊微粒子を取り除くことができるのが好ましい。 The air - filter is preferably capable of removing 50μm larger suspended particles. 一つの実施形態においては、フィルタは、図6に示されているように取り外し可能なモジュール145として形成されており、この場合には、該モジュールはフィルタハウジングを形成しているソケット内に収納されている。 In one embodiment, the filter is formed as a detachable module 145 as shown in FIG. 6, in this case, the module is housed in a socket forming the filter housing ing. 通常の作動状態において、空気パルス給送器具を毎日使用する場合、該エアーフィルタは年1回の交換を保証する。 In normal operating conditions, when using air pulse delivery device every day, the air filter to guarantee the replacement once a year. 該エアーフィルタ媒体は、USPクラスVIの要件を満たす材料によって作られるのが好ましく、このような材料としては、例えば限定的ではないが、Sefar Medifab(登録商標)モノフィラメント・ポリアミド,6−6ナイロンがある。 The air filter medium is preferably made of a material that meets the requirements of USP Class VI, as such materials, for example, but not limited, Sefar Medifab (R) monofilament polyamide, 6-6 Nylon is there. 該フィルタは、該フィルタを通して引き込まれる空気に香りを付加する芳香剤が組み込まれても良い。 The filter, fragrances for adding fragrance to the air drawn through the filter may be incorporated. エアーフィルタ内に香味(香り)を組み込むことについて、芳香剤の劣化を最少にするためには低融点材料が好ましく、このような材料としては、例えば低密度ポリエチレンがある。 For the incorporation of flavor (smell) in the air filter, a low-melting material is preferably to the deterioration of the fragrance to a minimum, as such a material, for example, a low density polyethylene. 有益な芳香としてはレモン及びミントの香りがある。 The beneficial aroma there is a scent of lemon and mint. 種々の長期間(100時間以上)続く食品グレード(USPクラスVI)の芳香含浸ポリマー(例えば、Schulman,Inc.から入手可能なPolyFlav(登録商標)材料を有孔プラグ部材として形成することができる。他の実施形態においては、フィルタメッシュ上に芳香コーティングが施され、これは比較的短期間に亘る所望の香りを生じさせることができる。 Various long-term (more than 100 hours) followed fragrance impregnated polymer food grade (USP class VI) (e.g., can be formed Schulman, possible PolyFlav (registered trademark) material available from Inc. As perforated plug member. in other embodiments, the aromatic coating is applied on the filter mesh, which can produce a desired scent over a relatively short period of time.

図1〜5,11〜15を参照すると、電源ボタン148と空気出口ポート150とがハウジング頂面に配置されている。 Referring to FIG. 1~5,11~15, a power button 148 and an air outlet port 150 is disposed on the housing top surface. もちろん、空気吸い込みポート144、空気出口ポート150、及び電源ボタン148は、最も適切だと考えられるハウジング上のどこにでも配置することができることは理解できるはずである。 Of course, the air suction port 144, an air outlet port 150 and the power button 148, should it can be understood that it can be located anywhere on the housing which is considered the most suitable. ハウジングはまた、ループ又は穴152を備えており、該穴に掛け紐142を結合させることができる。 The housing also includes a loop or hole 152 may be attached to strap 142 hung on the hole. 掛け紐142をユーザーの首に掛けることで、該器具をハンズフリーで使用できるようにすることができる。 The hanging strap 142 by multiplying the user's neck, it is possible to be able to use the instrument in the hands-free. 該器具はまた、ユーザーのベルト又はポケット、縁等のような衣服の他の構造要素に取り外し可能に係合することができるクリップを作り付けることもできる。 The instrument can also be applied to make a clip which can be removably engage other structural elements of the garment, such as a user's belt or pocket, edges or the like. 同様に、例えばストラップ上のフック・アンド・ループ又はベルクロファスナをリテーナアタッチメント152に取り付け、次いで、該ベルクロファスナのストラップを使用して、ユーザー上(例えば、ベルト)又はベッドのレール、チェアアーム、若しくは他の一般的なレール、フック、若しくは近くの支持構造上に該器具をハンズフリー状態に支持することができる。 Similarly, for example, attaching a hook-and-loop or Velcro fasteners on the straps to the retainer attachment 152, then, using a strap of the velcro fastener, the user (e.g., a belt) or bed rail, chair arm, or other common rail, hook, or the instrument in the vicinity of the support structure can be supported in a hands-free state.

図2及び3参照すると、取り外し可能なパネル154がハウジングの後面に取り外し可能形態で取り付けられて該ハウジングの後面の一部分を形成している。 Referring FIGS. 2 and 3, it forms part of the rear surface of the housing a removable panel 154 is attached in a possible embodiment removably to the rear surface of the housing. 例えば、弾性タブ155がハウジングに解除可能に係合している。 For example, the elastic tabs 155 engages releasably in the housing. 電源180が該パネルの後方の空間内に配置されている。 Power 180 is disposed in the space behind the panel. 一つの実施形態においては、電源は、一対の9Vバッテリで構成されている。 In one embodiment, the power source is constituted by a pair of 9V battery. バッテリは、設置されるとバッテリ接点182の対応する対と係合する。 Battery, when placed to engage the corresponding pair of battery contacts 182. 単一のバッテリで足りることもあり、またバッテリは例えば12〜24Vの範囲の種々のサイズで形成することができ、更に使い捨て又は再充電可能とすることができることは、理解できるはずである。 Sometimes suffice with a single battery, also the battery may be formed in a variety of sizes, for example, in the range of 12 to 24V, it can further be disposable or rechargeable, it should be understood. 複数のパッド156例えばラバーが、カバー154を含むハウジングの後面に配置されており、衝撃吸収性をもたらすと共に表面で滑ることを防止するための滑り防止接触面がハウジングに付与されている。 A plurality of pads 156 for example rubber is, are arranged on the rear surface of the housing including a cover 154, anti-slip contact surface for preventing slipping on the surface with resulting in shock absorbing property is imparted to the housing.

図11〜16の実施形態を参照すると、固定の再充電可能なバッテリ280が組み込まれており且つバッテリコネクタ281に接続されている。 Referring to the embodiment of FIG. 11 to 16, rechargeable battery 280 is connected to and and the battery connector 281 is built fixed. 一つの適切な実施形態は、一対の9VdcのNiMH再充電型バッテリを使用している。 One suitable embodiment uses a NiMH rechargeable battery pair of 9VDC. この実施形態においては、バッテリへのアクセスを提供している取り外し可能なパネルは省略しても良い。 In this embodiment, a removable panel that provides access to the battery may be omitted. バッテリを再充電している最中にバッテリ充電器を装置に電力を供給するために使用しても良く、この場合には、該充電器は、図11及び17に示されているようにDC入力283に接続される。 May be used to power equipment battery charger while re charge the battery, in this case, the charger, as shown in FIGS. 11 and 17 DC It is connected to the input 283. バッテリは、再充電のために現場で取り外すか又は保留されていても良い。 Battery, may be whether or hold removed in the field for re-charging. 別の方法として、密閉されたコンプレッサ装置とその制御回路とが、図17に示されているように(バッテリ無しの)比較的小さなケース内に密閉されており、これらは、代わりにモーターと制御回路とを駆動するために必須のdc電圧を提供する115Vac電源変圧器によって電力が供給される。 Alternatively, a sealed compressor unit and its control circuit, as shown in Figure 17 are enclosed in a (battery without the) relatively small case, these are, motor and control in place powered by 115Vac power transformer to provide the required dc voltage to drive the circuit. 図17に示されているように、電源ボタン148とその下方に配置されているスイッチ482とは器具の頂部上に配置されている。 As shown in Figure 17, it is placed on top of the instrument and switch 482 are disposed a power button 148 thereunder. 図11〜16を参照すると、出力ジャック281は1Vdc信号を提供し、該信号は、空気の脈動期間を、嚥下変換器、喉当てマイクロフォン及び呼吸変換器からの相補性の記録と同調させるために使用される。 Referring to FIG. 11 to 16, output jack 281 provides 1Vdc signal, the signal is a pulsating period of the air, swallowing converter, in order to tune the complementarity of the recording from the throat against the microphone and respiratory transducer used. 図13及び14を参照すると、ブラケット構造290が、例えば複数の取り付け部材によってハウジング内に配置され且つハウジングに固定されている。 Referring to FIGS. 13 and 14, the bracket structure 290, for example, is fixed to and housing disposed within the housing by a plurality of attachment members. ブラケット構造290はプレート構造300を備えており、該プレート構造は、バッテリ280を定位置に保持すると共にプリント回路基板270のための一対の固定用突出部306として形成されている取り付け構成要素304を提供しており、取り付け構成要素304は、電源ボタン148、LEDライトとして形成されているバッテリ出力インジケータ271、信号出力281、マウスピース用コネクタ150、のための一連の穴292、294,296,298を備えている。 Bracket structure 290 has a plate structure 300, the plate structure, the mounting components 304 are formed as a pair of fixing protrusions 306 for the printed circuit board 270 holds the battery 280 in place offers, attachment component 304, the battery output indicator 271 is formed as a power button 148, LED lights, signal output 281, mouthpiece connector 150, a series of holes for 292,294,296,298 It is equipped with a. バッテリ出力インジケータ271は、再充電可能なバッテリ270の出力が低い場合の指示を提供する。 Battery output indicator 271 provides an indication of when the output of the rechargeable battery 270 is low. 取り付け構成要素304は、図11に示されているように、前面カバーと後面カバーとの端部によって形成されている穴と同面で該穴内に収納されている。 Mounting component 304, as shown in Figure 11, it is housed in a bore in the hole and the plane formed by the ends of the rear cover and the front cover.

図4及び14〜15を参照すると、コンプレッサ140はモーター162とポンプ164とを備えており、これらはハウジング内に配置されている。 Referring to FIGS. 4 and 14-15, the compressor 140 is provided with a motor 162 and a pump 164, which are disposed within the housing. 該コンプレッサはポンプへの空気入口166を備えている。 The compressor is provided with an air inlet 166 to the pump. 空気入口166は、吸い込みフィルタを介して、例えば導管168(図14及び15には図示されていない)と流体連通している。 Air inlet 166, through the suction filter, for example (in FIG. 14 and 15 not shown) conduits 168 and in fluid communication. 該コンプレッサは更に空気出口172を備えており、該空気出口は、例えば導管174(図14及び15には図示されていない)を介して出口ポート150に接続され且つ出口ポート150と流体連通している。 The compressor further comprises an air outlet 172, the air outlet, for example, the conduit 174 and in fluid communication with the outlet port 150 is connected to the outlet port 150 via the (not shown in FIGS. 14 and 15) there. 内側導管168,174はUSPクラスVI(ISO 10993−1)のものであり、例えば限定的ではないが、シリコーンラバー、PVC、又はポリウレタンによって作られている。 Inner conduit 168 and 174 is of the USP Class VI (ISO 10993-1), for example, but not limited, made silicone rubber, PVC, or the polyurethane. 一つの実施形態においては、これらの材料はDEHP可塑剤を含んでいない。 In one embodiment, these materials do not contain DEHP plasticizer. コンプレッサ160は、時間が制御された低圧の空気パルスを20〜80Hzの範囲内の周波数で供給する構造とされている。 Compressor 160 is structured to supply air pulses of the low-pressure time is controlled at a frequency within the range of 20~80Hz. 例えば、モーター162は、約1,200〜4,800rpmの回転速度で回転するように作動でき、これによって歯車装置を必要とすることなく所望の周波数に対応している。 For example, motor 162 may be actuated to rotate at a rotational speed of about 1,200~4,800Rpm, thereby corresponds to the desired frequency without the need for gearing. 例えば一つの実施形態においては、該モーターは、オンに切り換えられると約2,400rpmの回転速度でコントローラによって作動される。 For example, in one embodiment, the motor is operated by the controller at a speed of approximately 2,400rpm is switched on.

ポンプ164はモーター162に結合されている。 Pump 164 is coupled to the motor 162. 一つの適切なポンプはダイアフラムポンプであり、該ポンプはダイアフラムピストンによって構成されており且つ約1ミリリットルの適切な排気量を有している。 One suitable pump is a diaphragm pump, the pump has a proper amount of exhaust and about 1 ml is constituted by a diaphragm piston. 一つの例示的なポンプは、ノースカロライナ州ムーアズヴィルにあるHargraves Technology Corp. One exemplary pump, Hargraves Technology Corp. in Charlotte, NC Mooresville ,から入手可能であるHargraves BTCダイアフラムポンプである。 , Is a Hargraves BTC diaphragm pump is available from. このようなポンプにおいては、空気は、該ポンプの如何なる可動部品とも接触することなく送り込まれる。 In such a pump, the air is fed without contact with any moving parts of the pump. 空気と接触状態にあるポンプの部品は、ベクトラ(Vectra;液晶ポリマー)によって作ることができ、一方、ダイアフラムはEPDM(エチレン・プロピレン・ジエン・モノマー)によって作ることができる。 Parts of the pump which is in contact with air, Vectra; can be made by (Vectra liquid crystal polymer), while the diaphragm can be made by EPDM (ethylene propylene diene monomer). 該ポンプはまた電磁駆動ポンプとして作られても良い。 The pump also may be made as an electromagnetic driven pump. 呼吸された空気と接触する状態にある該ポンプの部分は、生体適合性であり且つ意に沿わない香りをその中を循環する空気の中に導入しない。 Portion of the pump in a state in contact with the breathing air is biocompatible and does not introduce fragrance do not meet in the midst of the air circulating therein.

マウスピース2は、(標準の温度及び圧力(STP)において測定して)約2〜3リットル/分の空気の流速が得られるサイズ及び構造とされている。 Mouthpiece 2 is the (measured at standard temperature and pressure (STP)) about 2 to 3 liters / minute size and structure of the flow velocity of the air is obtained. 例えば、2,400rpm(40Hzの脈動)で作動するときに、約1ミリリットルの排気量を有するポンプ164は、内径が1.5mmで長さが1mのマウスピースチューブ内に平均2.5リットル/分の流速を提供することができる。 For example, 2,400 rpm when operating in (pulsation of 40 Hz), a pump 164 having exhaust amount of about 1 milliliter, average inner diameter mouthpiece in the tube of 1m length at 1.5 mm 2.5 liters / it can provide a flow rate. このような装置においては、マウスピースを出て行く空気は雰囲気圧での運動エネルギを有している。 In such devices, the air exiting the mouthpiece has a kinetic energy at ambient pressure. 2.5リットル/分の流速によってマウスピースの出口ポートから1〜8mmの位置の表面で最終的に得られる運動によって発生される圧力は1.5〜2mmHgの範囲内である、ということが試験によって示された。 2.5 liters / pressure generated by the finally obtained motion at the surface of the position of 1~8mm from the outlet port of the minute mouthpiece by the flow rate of in the range of 1.5~2MmHg, that test It was shown by. 種々の好ましい実施形態においては、圧力は約2.25mmHg未満である。 In various preferred embodiments, the pressure is less than about 2.25MmHg.

図4,5,7,15,16,17を参照すると、コントローラ170,270,470が、ハウジング内に配置され且つ電源180及び電源スイッチ182に接続されている。 Referring to FIG. 4,5,7,15,16,17, controller 170,270,470 are connected to be arranged in the housing and the power supply 180 and the power switch 182. 一つの実施形態においては、コントローラは、回路基板上に組み込まれている制御回路として形成されている。 In one embodiment, the controller is formed as a control circuit is incorporated on a circuit board. 図7及び16を参照すると、該制御回路は、コンプレッサモーター162とポンプ164とを所定の時間間隔シーケンスでオンとオフの間を循環させる配置及び構造とされている。 7 and 16, the control circuit is an arrangement and structure that circulates between the on and off the compressor motor 162 and the pump 164 at a predetermined time interval sequence. ハードウエア及びソフトウエアの他の配置もまた適切であることがわかるはずである。 Other arrangements of hardware and software should also prove to be suitable. 例えば、コントローラはソフトウエアを動作させるプロセッサを備えている。 For example, the controller includes a processor to operate the software. 該器具は、モータースピード、オン/オフ期間の継続時間、動作全体の時間を変更することができる構造とされている。 The instrument, motor speed, the duration of the on / off period, there is a structure capable of changing the overall operation time.

脈動する空気パルスの炸裂は、実質的に通常の呼吸サイクルと干渉しないのが好ましい。 Bursts of pulsating air pulses preferably does not interfere with the substantially normal breathing cycle. 例えば普通の大人は1分間に15回呼吸し、その際の吸気は3秒である。 For example a normal adult breathes 15 times per minute, the intake of that time is 3 seconds. 従って、一つの実施形態においては、コントローラ170,270は、モーター162に、X秒間オンし且つY秒間オフする(X:Y)ように電圧を印加する。 Accordingly, in one embodiment, the controller 170 and 270 is a motor 162, X seconds turned on and Y seconds off (X: Y) for applying a voltage so. 嚥下障害患者のリハビリのための一つの実施形態においては、所定のX:Yシーケンスが、所定の時間例えば20分間繰り返され、この場合に治療は例えば毎日3回繰り返される。 In one embodiment for the rehabilitation of patients with dysphagia, the predetermined X: Y sequence is repeated a predetermined time, for example 20 minutes, the treatment in this case is repeated three times for example daily.

空気パルスの列はマウスピース2を介して咽頭へ送り込まれるが、このマウスピース2は、クイックロック型のコネクタ18によって出口ポートに取り外し可能形態で結合される入力端部も備えている(例えば、図8及び9を参照のこと)。 Although columns of air pulses are fed through the mouthpiece 2 to the pharynx, the mouthpiece 2 is also provided with an input end which is coupled can form removable outlet port by a quick lock type of connector 18 (e.g., see Figures 8 and 9). 図10に示されている一つの実施形態においては、マウスピースの部分38は、歯と頬との間の口腔前庭内に配置される。 In one embodiment shown in FIG. 10, part 38 of the mouthpiece is placed in the mouth vestibule between the teeth and cheek. この実施形態においては、患者が自分の上の歯114と下の歯116とを咬合状態に維持することができるように、上の歯と下の歯との間にマウスピースの材料が存在しない。 In this embodiment, as the patient can be maintained and the teeth 116 of the lower teeth 114 on their occlusal state, no material of the mouthpiece is between teeth of the lower upper . このことは、咽頭期嚥下中に上の歯と下の歯とが咬合面に沿って位置決めされることを示しているので好ましい。 This is preferable because the teeth of the lower upper in pharyngeal phase swallowing indicates that it is positioned along the occlusal plane. 該マウスピースは明らかに、対象者の安静位の口、舌、中咽頭、及び顔の位置での影響が比較的小さい。 The mouthpiece clearly rest position of the mouth of the subject, the tongue, is relatively small influence on the position of the oropharynx, and face. 例えば、安静位にある舌はマウスピースと接触しない。 For example, the tongue in rest position does not contact the mouthpiece. マウスピースは薄いので、対象者は唇同士を閉じ合わせることができる。 Because the mouthpiece is thin, the subject can be aligned close to each other lips. 該マウスピースは舌下領域内又は歯の舌側面に沿って溜まった唾液に接する状態とならない。 The mouthpiece is not a state in contact with the accumulated saliva along the lingual side of the sublingual region or teeth. 該マウスピースは、上頬又は下頬領域内に位置決めされているので、マウスピースが定位置にある間に患者が食べ物を受け入れ且つ咀嚼したり飲んだりすることが本質的に可能である。 The mouthpiece, because it is positioned in the upper cheek or lower cheek area, it is essentially possible that the mouthpiece by the patient is drinking to and chewing accept food while in place.

図8及び9に示されている一つの実施形態においては、マウスピース2は口腔用カニューレとして作られている。 In one embodiment shown in FIGS. 8 and 9, the mouthpiece 2 is made as an oral cannula. 該口腔用カニューレは一対の可撓性のチューブ4,6を備えており、これらの可撓性のチューブはユーザーの顔の両側部に配置される構造とされている。 The oral cannula includes a tube 4, 6 of the pair of flexible, these flexible tube is configured to be positioned on both sides of the user's face. もちろん、該口腔用カニューレは、ユーザーの顔の一方の側部に配置された唯一つのチューブを備えていても良いこともわかるはずである。 Of course, the oral cannula should apparent may include only arranged on one side of the user's face one tube that. 該口腔用カニューレはまた2つのチューブによって構成されていても良いが、幾つかの所望の治療法においては、気体はチューブのうちの一方のみの中を通して送り込まれる。 The oral cannula may also be constituted by two tubes, but in some desired therapeutic methods, the gas is fed through the inside of only one of the tubes. 可撓性のチューブ4,6は熱成形されたチューブによって作られても良く、このチューブは、特別な形状及び構造に成形されるがユーザーの顔及び口に合致するための何らかの可撓性及び機能を有している。 Flexible tube 4, 6 may be made by a tube which is thermoformed, the tube is formed into a particular shape and structure some flexibility and to meet the user's face and mouth It has a function. 一つの適切な実施形態においては、該可撓性のチューブは、ポリウレタン、ポリエチレン、PVC、その他の適当で生体適合性の材料、及び/又はこれらの組合せによって作られている。 In one suitable embodiment, the flexible tube is made polyurethane, polyethylene, PVC, by any other suitable biocompatible material, and / or combinations thereof. 該チューブは、外径が1/8インチ(3.18ミリメートル)で管腔を形成している内径が1/16インチ(1.59ミリメートル)である。 The tube has an inner diameter having an outer diameter forms a lumen in 1/8 inch (3.18 mm) is 1/16 inch (1.59 millimeters). もちろん、他のサイズのチューブもまた適しており、断面形状は円形としても良いし又は他の幾何学的形状としても良い。 Of course, other sizes of tubes are also suitable cross-sectional shape may be may be circular or other geometric shapes. 該チューブは、透明すなわち透き通ったものとするか、半透明とするか、着色するか若しくは不透明なものとするか、且つ/又はこれらの組合せとすることができ、その場合には、例えば1以上の窓を提供するためにチューブの長さに沿って異なる光学的特徴を有している。 The tube, or it is assumed that the transparent i.e. clear, or translucent, or whether or opaque coloring, and / or can be a combination thereof, in this case, for example, 1 or more It has optical characteristics which differ along the length of the tube to provide a window. 各チューブにはまた、例えば限定的ではないが、エーロゾル化された液体の給送を含む、光、センサー、流体の給送等のような付加的な特徴を可能にする複数の管腔又は溝もまた形成されていても良い。 Also to each tube, for example, but not limited, includes a feeding of aerosolized liquid, light, sensors, a plurality of tubes that allow additional features, such as feeding or the like of the fluid cavity or groove it may have also been formed. このような実施形態においては、管腔は、互いに平行に延び且つ例えば限定的ではないが第一の内側管腔と該内側管腔の周囲に形成された第二の外側管腔とを備えていても良く、又は別の方法として並列に延びている2以上の管腔を備えていても良い。 In such embodiments, the lumen is provided with a second outer lumen is not and for example, limited extend parallel to each other which is formed around the first inner lumen and the inner lumen At best, or alternatively may comprise 2 or more lumens extending in parallel. もちろん、該複数の管腔には2以上の管腔が含まれる。 Of course, the lumen of said plurality of includes two or more lumens.

一つの実施形態においては、可撓性のチューブ4,6の少なくとも一部分の長さに沿ってワイヤが延びていても良い。 In one embodiment, the wire at least along the length of the portion of the flexible tube 4, 6 may extend. 該ワイヤは該可撓性のチューブに形状記憶を付与する。 The wire imparts a shape memory to the flexible tube. 該ワイヤは、チューブと共に同時押出し成形されても良く、又は成形、溶着、接着等、若しくはこれらの組合せによってチューブに結合されても良い。 The wire may be co-extruded with the tube, or forming, welding, bonding or the like, or may be coupled to the tube by a combination thereof. 該チューブはまた、別のポリマーをオーバーモールディングすることによって整形されても良く、又はチューブの真っ直ぐな部分に連続して取り付けられる形成された複数の湾曲区分によって整形されても良い。 The tube also may be shaped by overmolding a different polymer, or a plurality of curved sections by may be shaped formed is mounted in succession in a straight portion of the tube.

図8及び9を参照すると、可撓性のチューブ4,6は、限定的ではないが、ユーザーにとって気持ちが良く且つ嚥下を補助する、果物(例えばレモン)かメントールか又はミントの香りを含む芳香剤によって作るか、該芳香剤を含浸させるか又はコーティングされている。 8 and 9, aroma flexible tube 4 and 6, but not limited to, for assisting the feeling well and swallow for users, including fruits (e.g. lemon) or menthol or mint or made by agents, it is or coated impregnating the aromatic agent. 該チューブはまた、帯電防止材料若しくは別の方法として導電性材料によって作るか、これらを含浸させるか又はコーティングしても良い。 The tube also make or a conductive material as an antistatic material or another method may or coated impregnated them. 帯電防止材料は、約10E10オーム/スクエア〜約10E12オーム/スクエアの表面抵抗を有している。 Antistatic material has a surface resistivity of about 10E10 ohms / square to about 10E12 ohms / square. 静電気散逸性材料は、約10E6オーム/スクエア〜約10E12オーム/スクエアの表面抵抗を有している。 Electrostatic dissipative material has a surface resistivity of about 10E6 ohm / square to about 10E12 ohms / square. 導電性材料は、約10E1オーム/スクエア〜約10E6オーム/スクエアの表面抵抗を有している。 Conductive material has a surface resistivity of about 10E1 ohm / square to about 10E6 ohm / square. 金属は、典型的には約10E1オーム/スクエア〜約10E5オーム/スクエアの表面抵抗を有している。 Metal is typically has a surface resistivity of about 10E1 ohm / square to about 10E5 ohm / square. ここに記載した表面抵抗は、ASTM試験D257に準じて測定されたものである。 Surface resistance described herein are those measured according to ASTM Test D257. 該チューブはまた、抗菌性材料によって作られるか又は該抗菌性材料をコーティングされていても良い。 The tube may also be coated with or antibacterial material made by antibacterial material. 例えば、銀を含浸させることによって抗菌性が付与される。 For example, the antimicrobial property is imparted by impregnating silver.

可撓性チューブ4,6の各々は入口部分10を備えており、該入口部分10は細長く且つユーザーの首部から耳まで延びているのが好ましい。 Each of the flexible tube 4, 6 is provided with an inlet portion 10 preferably extends from the inlet portion 10 is elongated and the neck of the user portion to the ear. 該入口部分はアダプタ(例えば、Y型アダプタ)14に接続されている入口端部12を備えており、該アダプタはその反対側の端部に接続されている給送チューブ16を備えている。 Inlet portion adapters (e.g., Y-type adapter) includes an inlet end 12 connected to 14, the adapter is provided with a feed tube 16 which is connected at its opposite end. 一つの実施形態においてはスリーブとして形成されている摺動可能なコネクタ20が、チューブの入口部分10の外周に配置されて該入口部分を摺動可能形態で収容している。 Slidable connector 20 in one embodiment are formed as a sleeve is disposed on the outer periphery of the inlet portion 10 of the tube housing the inlet portion slidably form. コネクタ20は、チューブの入口部分10の長さの一部に沿って前後に動いて端部12を伸ばして、チューブがユーザーの顎の下に固定されるか又は端部12を短くして心地良さ又は取り外しのためにチューブを緩めることができる。 Connector 20 is stretched the ends 12 move back and forth along a portion of the length of the inlet portion 10 of the tube, feeling by shortening the or ends 12 the tube is secured under the user's chin good or to loosen the removable tube for.

上に説明したように、給送チューブ16は出口ポートに接続される構造とされており、該出口ポートは、例えば限定的ではないが戻り止めのような解除可能な部品を備えているクイックコネクタ18を介して空気を供給する。 As described above, the quick connector feed tube 16 that includes being configured to be connected to the outlet port, said outlet port, for example, a releasable component, such as but not exclusively detents 18 for supplying the air through. Oral Device(口腔用器具)という名称の米国特許出願公開第2006/0282010 A1号及び2009年4月15日に出願されたSwallowing Air Pulse Therapy Mouthpiece and Methods for the Use Thereof(空気パルスによる嚥下治療用ハウジング及びその使用方法)という名称の米国特許出願第12/424,191号には、種々の例示的なマウスピース及び制御装置が示され且つ開示されている。 Swallowing Air Pulse Therapy Mouthpiece and Methods for the Use Thereof (housing for swallowing treatment with air pulse, which was filed on Oral Device named (oral appliance) US Patent Application Publication No. 2006/0282010 A1 and April 15, 2009 and U.S. Patent application No. 12 / 424,191, entitled its use), are disclosed various exemplary mouthpiece and control device is shown and. これらの公報は、これらに言及することにより、その全内容が参考として本明細書に組み込まれている。 These publications is incorporated by reference thereto, the entire contents of which are incorporated herein by reference.

図8及び9を参照すると、一対のチューブ4,6は、互いに鏡像であり、すなわち長手軸線24に沿って一方を地方の上に折り重ねることができる。 8 and 9, a pair of tubes 4, 6 are mirror images of each other, namely one along the longitudinal axis 24 can be folded over the region. 該チューブの種々の部分は平面内に形成されるか又は位置決めされているけれども、使用中は、チューブ4,6は、ユーザーの顔28と合致し且つ顔の上及び口30の中にそれ自体が支持され、このことは、ユーザー及び/又は介護者が自分の手、唇、舌、歯、及び/又はその他の器具によってチューブを保持し又は位置決めする必要がないことを意味している。 While various portions of the tube is or positioning is formed in a plane, in use, tubes 4 and 6 is itself in the top of the match the user's face 28 and the face and mouth 30 There is supported, this user and / or caregiver is meant that there is no need to hold or position the tubes by their hands, lips, tongue, teeth, and / or other instruments.

チューブ4,6の各々は、入口部分10に結合されている耳用ループを形成している湾曲部分32を備えている。 Each tube 4, 6 is provided with a curved portion 32 forming the ear loop coupled to the inlet portion 10. 一つの実施形態においては、耳用ループ32は、発泡材のようなパッド材40によって保護され又は覆われており、該パッド材はユーザーに更に大きな心地良さを提供する。 In one embodiment, the ear loop 32 is protected or covered by the pad member 40 such as a foam, the pad material provides greater comfort to the user. もちろん、ユーザーの顔に沿って延びている部分42のようなチューブの他の部分もまた、心地良さを改良するためにパッドのような介在材料によって覆われ又は固定されていても良い。 Of course, other parts of the tube, such as portion 42 which extends along the user's face may also may be in or secured covered by an intervening material, such as a pad for improving the comfort.

別の湾曲部分34は唇用湾曲部を形成している。 Another curved portion 34 forms a curved portion lip. 湾曲部分34は、ユーザーの顔又は頬に沿って延びている細長い部分42によって湾曲部分32に結合されている。 Curved portion 34 is coupled to the curved portion 32 by an elongated portion 42 that extends along the user's face or cheeks. 湾曲部分34は湾曲部分32の曲率より小さく、このことは、この実施形態においては湾曲部分32の半径は第二の湾曲部分34の半径よりも大きいことを意味している。 The curved portion 34 is smaller than the curvature of the curved portion 32, which is the radius of the curved portion 32 in this embodiment means that greater than the radius of the second curved portion 34. 一つの適切な実施形態においては、湾曲部分34の曲率は約0.25インチ(6.35ミリメートル)である。 In one suitable embodiment, the curvature of the curved portion 34 is about 0.25 inches (6.35 mm). 該湾曲部は四分円のような半円以外であっても良く、例えば、曲線をなすか又は多角形(すなわち、複数の別個の直線区分によって形成されている)であっても良いことはわかるはずである。 The curved portion may be other than semicircular, such as a quadrant, for example, or polygonal curvilinear (i.e., a plurality of formed by a separate straight section) may be a thing it should be seen. “曲率”という用語は、第一のベクトルを規定している第一の部分と第二のベクトルを規定している第二の部分とを備えているチューブであって、これらのベクトルが同一平面内にあるが同じではない(これらは、異なる角度又は向き(例えば、平行であるが反対方向に向けられている))チューブを指している。 The term "curvature" is a tube and a second portion that defines a first portion defining a first vector and a second vector, these vectors are coplanar it is within but not the same (they are different angles or orientations (e.g., which is parallel oppositely directed)) pointing to the tube. 湾曲部分は、例えば、一つの面内に1つの湾曲を有し且つ別の面内にもう一つ別の湾曲を有している多数の湾曲を有していることはわかるはずである。 Curved portion, for example, that has a number of curved having another alternative curved in and another side has one curved in one plane should be seen. 例えば、湾曲部分34すなわち唇用湾曲部は、一つの面内に第一の湾曲を有し且つ湾曲部34が前記の面にほぼ直角な面内に一つの湾曲を有している出口部分36へ移る際にその一部分に第二の湾曲を有している複数の湾曲を有している。 For example, the bending portion for the curved portion 34 i.e. lips outlet portion first and the curved portion 34 has a curvature in one plane has a single curved substantially perpendicular plane to the surface 36 and a plurality of curved having a second curved portion thereof when moving to. これらの湾曲は互いに直角でも平行でもない多数の面内に形成することができることは理解できるはずである。 It should be understood that it is possible to form even without multiple plane parallel even these curved at right angles to each other. 湾曲部32,34は互いに正反対の第一及び第二の方向50,52に開口している。 Curved portions 32 and 34 is open to the first and second directions 50, 52 opposite each other.

出口部分42は、湾曲した部分32から延びて気体出口部分54を備えている端部38において終端している。 Outlet portion 42 terminates at an end portion 38 which has a gas outlet portion 54 extends from the curved portion 32. 出口部分42は、面26に対して30°の角度βを形成している第一及び第二のベクトル44,46によって規定されている湾曲を有している。 Outlet portion 42 has a curved as defined by the first and second vectors 44, 46 form an angle β of 30 ° to the plane 26. 一つの実施形態においては、該出口部分の長さ(L1)は、湾曲部分32から端部38の終端までが、約1.6インチ(±0.2インチ)(40.64ミリメートル(±5.08ミリメートル))又は1.760インチ(±0.2インチ)(44.7ミリメートル(±5.08ミリメートル))であり、この場合に、該端部は第一の面の下方に延びている。 In one embodiment, the length of the outlet portion (L1) from the curved portion 32 to the end of the end portion 38 is about 1.6 inches (± 0.2 inch) (40.64 mm (± 5 .08 mm)) and, or 1.760 inches (± 0.2 inches) (44.7 mm (± 5.08 mm)), in this case, said end portion extending below the first surface there. 端部38はまた湾曲部分として形成されても良い。 End 38 also may be formed as a curved portion.

図10に示されている出口部分36は、ユーザーの口30の中へ延び且つユーザーの上歯の列の側部(好ましくは歯肉線の上方)とユーザーの頬の内面との間に配置されるように湾曲している。 Outlet portion 36 shown in FIG. 10, the and on the user dentition extends into the mouth of the user 30 side (preferably above the gum line) is disposed between the inner surface of the user's cheek It is curved so that. もちろん、該構造及び形状は、下の歯の側部又は咬合面にも沿った似た位置への配置に適合するように変えることができることはわかるはずである。 Of course, the structure and shape, it should appreciated that can be varied to match the arrangement of the position similar along to side or occlusal surfaces of the lower teeth. 端部38又は湾曲部は、ユーザーの口30及び喉の後方の目標とされている領域において横断方向内方へ向けられている。 End 38 or the curved portion is directed transversely inwardly in the region which is the rear of the target user's mouth 30 and throat. 該端部には気体出口ポート54が形成されている。 Gas outlet port 54 is formed in the end portion. このようにして、ユーザーの上の歯と下の歯との間又はユーザーの舌と口蓋(口の蓋部分)との間には、チューブの如何なる部分も配置されない。 In this way, Mamata the teeth of teeth and below the top of the user between the user's tongue and palate (lid portion of the mouth) is not arranged any portion of the tube. 従って、該チューブは、通常の会話、飲食、嚥下等を邪魔せず、例えば、食塊が口蓋に接触したときに、舌が持ち上がり且つ該食塊を後方へ動かすことを可能にしており、また、該チューブはユーザーの歯の上又は歯と歯の間の定位置に保持される必要がない。 Thus, the tube is normal conversation, food, without disturbing the swallowing and the like, for example, when the bolus is in contact with the palate, which make it possible to move the tongue is lifted and the food chunks backward, also , the tube need not be held in position between the upper or teeth of the user's teeth. 一つの実施形態においては、入口部分、耳用ループ、唇用屈曲部、及び出口部分の各々は、チューブの単一部片によって一体に形成される。 In one embodiment, each of the inlet portion, the ear loops, the bent portion lip, and the outlet portion are integrally formed by a single piece of tubing.

作動時に、ユーザーまたは介護者は、マウスピースの一部分例えば可撓性のチューブ及び特に出口ポート38,408,410を、(上又は下の)歯列114,116の外側側面と頬の内側面との間に配置する。 In operation, the user or caregiver, a portion for example a flexible tube and in particular the outlet port 38,408,410 of the mouthpiece, and the inner side surface of the (upper or lower) outer side surface and cheek teeth 114, 116 located between the. 一つの実施形態においては、これらのチューブは口の両側に配置される。 In one embodiment, the tubes are arranged on both sides of the mouth. これらのチューブは、出口ポート54が口の後方領域に位置決めされ、この場合に、該可撓性チューブのどの部分もユーザーの上の歯と下の歯との間に配置されず、その結果、上の歯と下の歯とが相対的に閉じることができ、又は該可撓性チューブのどの部分もユーザーの舌と口蓋上との間に配置されず、その結果、舌が口蓋に自由に接触できる。 These tubes, outlet port 54 is positioned in the rear region of the mouth, in this case, any portion not arranged between the teeth of the teeth and under the top of the user of said flexible tube, as a result, upper teeth and the lower teeth can be relatively closed, or which parts of the flexible tube is also not disposed between the user's tongue and palate, resulting free tongue palate It can be contacted. 耳用ループ32はユーザーの耳100の周りに配置され、この状態で、口/唇湾曲部が唇102の周り/上に位置決めされ且つチューブの出口部分が上記したように歯の側部に沿って位置決めされる。 Ear loop 32 is placed around the user's ear 100. In this state, the mouth / lip curved portion along the sides of the teeth as the outlet portion of and positioned around / above the lip 102 tube above It is positioned Te. 次いで、コネクタ20の位置を調整してカニューレをユーザーに更に固定することができる。 Then the cannula to adjust the position of the connector 20 can be further secured to the user. ここに開示されているマウスピースは例示的なものであり、他のマウスピースもまた該空気パルス給送器具と共に使用することができることは理解できるはずである。 Mouthpiece disclosed herein are exemplary and should is understandable that other mouthpiece can also be used with air pulse delivery device.

これらの実施形態のいずれにおいても、マウスピースの給送チューブ16はハウジング122の出口ポートに結合される。 In any of these embodiments, the feed tube 16 of the mouthpiece is coupled to the outlet port of the housing 122. 正しいサイズのチューブが小型のコンプレッサと共に使用されるようにするために、マウスピースとハウジングとの間の結合は、特別な構造のかみ合いを可能にするためにカスタマイズすることができる。 To correct size of the tube to be used with small compressors, coupled between the mouthpiece and the housing can be customized to allow engagement of special construction. 別の方法として、無線周波数識別すなわちRFIDタグを使用して、マウスピースと携帯用の空気パルス供給器具との適切な組み合わせを確保し、この状態で、該装置は適正なRFIDによってのみ起動させることができるようにすることができる。 Alternatively, it uses the radio frequency identification i.e. RFID tag, to ensure proper combination of the air pulse supply device for mobile mouthpiece, in this state, where the device is activated only by the appropriate RFID it is possible to be able to. 該装置は、代替的には、メモリチップ及び直接的な電気接続を組み込んでいても良い。 The apparatus may alternatively, may incorporate a memory chip and a direct electrical connection.

該器具が適正に作られ且つマウスピース2を装填したあとに、電源ボタン148が押されると、電源スイッチ182がON位置へ動き、緑のLEDライトが点灯し、そしてコントローラ170が入力信号を受け取る。 After the instrument has loaded made and the mouthpiece 2 in the proper, the power button 148 is pressed, the motion power switch 182 to the ON position, the green LED light is lit, and the controller 170 receives an input signal . LEDライトはボタン148内に設けられるか又はハウジング上の別の位置に設けられる。 LED lights are provided in a different location on or housing provided in the button 148. 約1秒後に、空気−パルスの自動化されたシーケンスが開始され、脈動空気がマウスピースのポート54を介して対象者の口の中の後方へ送り込まれる。 After about one second, air - pulse automated sequence is initiated, the pulsating air is fed backward in the subject's mouth through the port 54 of the mouthpiece. 脈動の、周波数、継続時間、又は圧力を制御するために、治療されている人又は介護者による調整は必要とされない。 Pulsation frequency, in order to control the duration, or pressure, adjusted by a person or caregiver being treated is not required. コンプレッサ160が停止する前に、空気パルスは2〜3秒間(又は何らかの他の所望時間)続く。 Before the compressor 160 is stopped, the air pulses for 2-3 seconds (or some other desired time) followed. 第二の所定時間(例えば、17秒又は20秒又はその他の何らかの所望の且つ制御された時間)の後に、コンプレッサは、別の所定時間例えば2〜3秒間に亘って空気パルスを再開する。 Second predetermined time (e.g., 17 seconds or 20 seconds or any desired and controlled time the other) after the compressor resumes air pulses over another predetermined time, for example 2-3 seconds. この所定のX:Yシーケンス例えば2〜3秒間のオンと17秒又は20秒間のオフが、それより前に手動によってオフに切り換えられない限り、所定時間例えば20分間に亘って続く。 The predetermined X: Y sequence e.g. 2-3 seconds on and 17 seconds or 20 seconds off, unless switched off manually before it continues for a predetermined time, for example, 20 minutes. 該器具を更に使用するためには、ユニットがオフに切り換えられ、次いで再びオンに切り換えられる必要がある。 In order to further use the instrument, the unit is switched off, then it is necessary to be switched on again. 別の方法として、該器具は、自動的にオフに切り換わり、この状態ではLEDライトはもはや電源の指示を表示しない。 Alternatively, the instrument is automatically switched off, LED light no longer display the indication of the power in this state. 一対の2つの9Vバッッテリを電源180として使用することによって、該器具は、20分間の治療を12回すなわち約4時間の作動を提供することができる。 By using a pair of two 9V Battteri as a power supply 180, the instrument is a treatment of 20 minutes can provide the operation of 12 times or about 4 hours. 該器具は、バッテリが変換又は再充電を必要としているときにLEDライト271が点灯する構造とされている。 The instrument, LED light 271 is structured to light up when the battery is in need of conversion or recharging.

もう一つ別の実施形態においては、給送器具120は外部のパルス適用装置に接続される。 In another embodiment, the delivery device 120 is connected to an external pulse application device. 特に、内径が約18mmで深さが4mmのカップが、手又はストラップによってユーザーの首190に保持される。 In particular, an inner diameter and a depth of about 18mm is the 4mm cup, is held in the neck of the user 190 by the hand or strap. 該カップはユーザーの皮膚がカップを充填するのを避ける形状及び構造とされている。 The cup has a shape and structure to avoid the user's skin to fill the cup. 該器具は、次いで、首の外側の皮膚に空気パルスを付与して、更に複雑な電子−機械装置によってなされる方法と同じ方法で嚥下を喚起するように作動される。 The instrument may then impart air pulses on the outside of the skin of the neck, more complex electronic - are operated so as to evoke swallowing in the same way as is done by the mechanical device.

以上、本発明を好ましい実施形態に関して説明したけれども、当業者は、本発明の精神及び範囲から逸脱することなく、形状及び細部を変更することができることがわかるであろう。 Above, although described with respect to preferred embodiments of the invention, those skilled in the art without departing from the spirit and scope of the present invention, it will be seen that it is possible to change the shape and detail. 従って、上記の詳細な説明は、限定ではなく例示とみなされることが意図されており、本発明の範囲を規定することを意図されているのは、すべての等価物を含む特許請求の範囲である。 Accordingly, the foregoing detailed description, illustration and are intended to be be considered rather than limiting, what is intended to define the scope of the present invention, in the appended claims, including all equivalents is there.

2 マウスピース、 4 可撓性チューブ、 2 mouthpiece 4 flexible tube,
6 可撓性チューブ、 10 入口部分、 6 the flexible tube, 10 the inlet portion,
12 入口端部、 14 アダプタ、 12 inlet end 14 adapter,
16 給送チューブ、 18 クイック型コネクタ、 16 feeding tube, 18 quick-type connector,
20 摺動可能なコネクタ、 24 長手軸線、 20 slidable connectors, 24 longitudinal axis,
28 顔、 30 口、 28 face, 30-neck,
32 湾曲部分、 34 第二の湾曲部分、 32 curved portion, 34 second curved portion,
36 出口部分、 38 マウスピースの部分、 36 outlet portion, 38 parts of the mouthpiece,
40 パッド材、 42 細長い部分、 40 pad material, 42 elongate portion,
50 第一の方向、 52 第二の方向、 50 first direction, 52 a second direction,
54 気体出口部分、 100 耳、 54 gas outlet portion, 100 ear,
102 唇、 114 上の歯、 102 lips, teeth on the 114,
116 下の歯、 120 携帯型空気パルス給送器具、 116 the lower teeth, 120 portable air pulse delivery device,
122 ハウジング、 124 ハウジング構成要素、 122 housing, 124 housing component,
126 ハウジング構成要素、 128 前面、 126 housing component 128 front,
130 後面、 132 頂面、 130 rear surface 132 top surface,
134 底面、 136 側壁、 134 bottom, 136 side wall,
140 ポケット、 142 掛け紐、 140 pocket, 142-seat straps,
144 空気吸い込みポート、 144 air suction port,
145 取り外し可能なフィルタモジュール、 145 removable filter module,
146 エアーフィルタ、 148 電源ボタン、 146 air filter, 148 power button,
150 空気出口ポート、 152 穴、 150 air outlet port, 152 holes,
154 パネル、 155 弾性タブ、 154 panel, 155 elastic tab,
156 パッド、 160 コンプレッサ、 156 pad, 160 a compressor,
162 モーター、 164 ポンプ、 162 motor, 164 pump,
166 空気出口、 168 導管、 166 air outlet, 168 conduit,
170 コントローラ、 172 空気出口、 170 controller, 172 an air outlet,
174 導管、 180 バッテリ、 174 conduit, 180 battery,
182 バッテリ接点、 190 首、 182 battery contacts, 190 neck,
220 空気パルス給送器具、 222 ハウジング、 220 air pulse delivery device, 222 a housing,
224 ハウジング構成要素、 224 housing component,
226 ハウジング構成要素、後面カバー、 226 housing component, rear cover,
244 空気吸い込みポート、 270 プリント回路基板、 244 air suction port, 270 printed circuit board,
271 バッテリ出力インジケータ、 280 バッテリ、 271 battery output indicator, 280 battery,
281 信号出力、バッテリコネクタ、 283 DC入力、 281 signal output, battery connector, 283 DC input,
290 ブラケット構造、 292 穴、 290 bracket structure, 292 holes,
294 穴、 296 穴、 294 holes, 296 holes,
298 穴、 300 プレート構造、 298-well, 300 plate structure,
304 取り付け構成要素、 306 固定用突出部、 304 mounting components, 306 securing lug,
420 空気パルス給送器具、 424 ハウジング構成要素、 420 air pulse delivery device, 424 housing component,
426 ハウジング構成要素、 444 空気吸い込みポート、 426 housing component, 444 air suction port,
470 コントローラ、 482 スイッチ 470 controller, 482 switch

Claims (13)

  1. 空気パルスを受け入れる入口及び嚥下を開始させ喚起し又は容易にするため該空気パルスをユーザーの口腔又は中咽頭又は咽頭に供給する出口を有するマウスピースに、前記空気パルスを給送するための携帯型の空気パルス給送器具であって、 A mouthpiece having an outlet for supplying air pulses to a user's mouth or oropharynx or pharynx to the aroused to initiate an inlet and swallowing receiving air pulse or readily portable for feeding the air pulse an air pulse delivery device,
    ハウジングと、 And housing,
    該ハウジング内に設けられたエアーコンプレッサであって、1200〜4800rpmの回転速度で作動することができるモーター、空気入口、及び空気出口を備えているエアーコンプレッサと、 A air compressor disposed in the housing, and the air compressor has a motor, air inlet and an air outlet which can be operated at a rotational speed of 1200~4800Rpm,
    前記ハウジング内に設けられ、前記モーターに作動可能な形態で接続されている無ケーブル式電源と、 Provided in the housing, and no cable-type power supply connected in a possible operating configuration to said motor,
    前記ハウジング内に設けられ、前記エアーコンプレッサの前記空気入口と流体連通する吸い込みフィルタと、 Provided in the housing, a suction filter to the air inlet in fluid communication with the air compressor,
    前記エアーコンプレッサの前記空気出口に結合され且つ前記ハウジングの外部と連通している出口ポートであって、前記マウスピースの前記入口に流体連結される出口ポートと、 Wherein a coupled to said air outlet and an outlet port communicates with the outside of the housing of the air compressor, and an outlet port fluidly connected to the inlet of the mouthpiece,
    を備えており、 Equipped with a,
    前記エアーコンプレッサは、前記出口において、約2〜3リットル/分の平均気体流速で、約20Hz〜80Hzの間の所定の脈動周波数とされた空気パルス列を複数 、ユーザーの通常の呼吸サイクルに干渉しないように所定の時間間隔シーケンスで提供するようにされている、 The air compressor, at the outlet, the average gas flow rate of about 2-3 liters / minute, does not interfere with the air pulse train with a predetermined pulse frequency between about 20Hz~80Hz plurality, the user's normal respiratory cycle is adapted to provide a predetermined time interval sequence as,
    ことを特徴とする携帯型空気パルス給送器具。 Portable air pulse delivery device, characterized in that.
  2. 前記マウスピースが前記出口ポートに取り外し可能に結合される、ことを特徴とする請求項1に記載の携帯型空気パルス給送器具。 Portable air pulse delivery device of claim 1, wherein the mouthpiece is detachably coupled to said outlet port, it is characterized.
  3. 前記ハウジングに結合されているハンズフリー支持部材を更に備えている、ことを特徴とする請求項1に記載の携帯型空気パルス給送器具。 Portable air pulse delivery device according to claim 1, characterized in further comprising in that, handsfree support member coupled to said housing.
  4. 前記ハウジングの容積が約193cm 〜約1000cm の範囲とされているである、ことを特徴とする請求項1に記載の携帯型空気パルス給送器具。 Portable air pulse delivery device of claim 1 in which the volume of the housing is being in the range of from about 193 cm 3 ~ about 1000 cm 3, characterized in that.
  5. 前記ハウジングの容積が約193cm 〜約600cm の範囲とされている 、ことを特徴とする請求項1に記載の携帯型空気パルス給送器具。 Portable air pulse delivery device of claim 1 in which the volume of the housing is in the range of from about 193 cm 3 ~ about 600 cm 3, it is characterized.
  6. 前記ハウジングの容積が約193cm 〜約200cm の範囲とされている 、ことを特徴とする請求項1に記載の携帯型空気パルス給送器具。 Portable air pulse delivery device of claim 1 in which the volume of the housing is in the range of from about 193 cm 3 ~ about 200 cm 3, it is characterized.
  7. 前記モーターに作動可能に結合され、所定の時間間隔シーケンスで前記モーターのオンとオフとを繰り返すようにされたコントローラを更に備えている、ことを特徴とする請求項1に記載の携帯型空気パルス給送器具。 The motor operably coupled to, a portable air pulses according to claim 1, wherein said further controller which is adapted to repeat the motor on and off is provided, that at a predetermined time interval sequence delivery device.
  8. 前記無ケーブル式電源が少なくとも1つの9Vバッテリからなる、ことを特徴とする請求項1に記載の携帯型空気パルス給送器具。 The free cable type power supply consists of at least one 9V battery, portable air pulse delivery device according to claim 1, characterized in that.
  9. 前記フィルタが香り付けされた部材を含んでいる、ことを特徴とする請求項1に記載の携帯型空気パルス給送器具。 Portable air pulse delivery device of claim 1, wherein the filter contains a flavored member, it is characterized.
  10. 前記ハンズフリー支持部材が掛け紐である、ことを特徴とする請求項3に記載の携帯型空気パルス給送器具。 The hands-free support member is string hanging it portable air pulse delivery device according to claim 3, characterized in.
  11. 前記ハンズフリー支持部材がフック・アンド・ループ式のストラップである、ことを特徴とする請求項3に記載の携帯型空気パルス給送器具。 The hands-free support member is a hook-and-loop straps, portable air pulse delivery device according to claim 3, characterized in that.
  12. 前記エアーコンプレッサが作動しているときに信号を送る出力を更に備えている、ことを特徴とする請求項1に記載の携帯型空気パルス給送器具。 Portable air pulse delivery device according to claim 1, characterized in further comprising in that, it outputs to send a signal when the air compressor is operating.
  13. 前記複数の空気パルス列がエーロゾル化された液体を含んでいる請求項1に記載の携帯型空気パルス給送器具。 Portable air pulse delivery device of claim 1, wherein the plurality of air pulses contains the aerosolized liquid.
JP2012555508A 2010-03-04 2011-03-04 Portable high-frequency air pulse delivery device Active JP5891180B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US31059010 true 2010-03-04 2010-03-04
US61/310,590 2010-03-04
PCT/IB2011/000443 WO2011107860A1 (en) 2010-03-04 2011-03-04 Portable high frequency air pulse delivery device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2013521038A true JP2013521038A (en) 2013-06-10
JP5891180B2 true JP5891180B2 (en) 2016-03-22

Family

ID=44541696

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012555508A Active JP5891180B2 (en) 2010-03-04 2011-03-04 Portable high-frequency air pulse delivery device

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP2542288A4 (en)
JP (1) JP5891180B2 (en)
CA (1) CA2792024A1 (en)
WO (1) WO2011107860A1 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2491507A1 (en) * 2009-10-22 2012-08-29 Koninklijke Philips Electronics N.V. System and method for treating dysphagia
WO2015119588A1 (en) * 2014-02-10 2015-08-13 Gama Araştirma Patent Tasarim Ve Endüstriyel Ürünler San. Tic. Ltd.Şti. Wearable nebulizer

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5515860A (en) * 1993-04-16 1996-05-14 The Trustees Of Columbia University In The City Of New York Apparatus and method to objectively measure sensory discrimination thresholds in the upper aero digestive tract
US5918596A (en) * 1997-04-22 1999-07-06 Instrumentarium Corp. Special gas dose delivery apparatus for respiration equipment
US6705314B1 (en) * 1998-11-06 2004-03-16 Caradyne (R&D) Limited Apparatus and method for relieving dyspnoea
FR2824723B1 (en) * 2001-05-15 2003-08-15 Univ Joseph Fourier intended tip has a sensitivity of the evaluation device of the pharynx, comprising the device and method of use
CA2807044C (en) * 2005-05-03 2014-06-10 The University Of Western Ontario An oral device and kit for use in association therewith
JP2009178427A (en) * 2008-01-31 2009-08-13 Ikiken:Kk Oxygen concentrator
EP2271300A4 (en) * 2008-04-15 2017-12-13 Trudell Medical International Swallowing air pulse therapy mouthpiece and method for the use thereof

Also Published As

Publication number Publication date Type
EP2542288A4 (en) 2017-07-05 application
WO2011107860A1 (en) 2011-09-09 application
EP2542288A1 (en) 2013-01-09 application
CA2792024A1 (en) 2011-09-09 application
JP2013521038A (en) 2013-06-10 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5649540A (en) Tongue positioning device for medical procedures
US20090048647A1 (en) Oral Device
US6595207B1 (en) Oxygen diffuser for patient oxygen delivery system
US4715367A (en) Multifunctional behavioral modification device for snoring, bruxism, and apnea
US5190053A (en) Method and apparatus for electrical sublingual stimulation
US5395301A (en) Kinesthetic system for promoting rhythmic breathing by tactile stimulation
US20090082831A1 (en) Vestibular Stimulation System
US6240316B1 (en) Implantable microstimulation system for treatment of sleep apnea
US7575005B2 (en) Mask assembly with integrated sensors
US7065401B2 (en) Method of applying electrical signals to a patient and automatic wearable external defibrillator
US6837238B2 (en) Lightweight oxygen delivery device for patients
US20040177852A1 (en) Dental appliance for improving airflow through nasal-pharyngeal airway
US20030015198A1 (en) Method and device for addressing sleep apnea and related breathing disorders
US20050150504A1 (en) Method and device for addressing sleep apnea and related breathing disorders
US6675796B2 (en) Lightweight oxygen delivery device for patients
US6591140B2 (en) Apparatus and system for stimulating mouth muscles
US20050066976A1 (en) Method and device for non-invasive ventilation with nasal interface
US20140135868A1 (en) Non-invasive intraoral electrical stimulator system and method for treatment of obstructive sleep apnea (osa)
US20110071444A1 (en) Discontinuous Positive Airway Pressure Device And Method Of Reducing Sleep Disordered Breathing Events
US20120234323A1 (en) Energy-harvesting respiratory method and device
US20040211430A1 (en) Breathing normalizer apparatus
US20070000493A1 (en) Apparatus for maintaining airway patency
US20090281433A1 (en) Systems and methods for pulmonary monitoring and treatment
US20110180076A1 (en) Wearable tissue retention device
US20090014012A1 (en) Method And Device For The Treatment Of Obstructive Sleep Apnea And Snoring

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20140303

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20141222

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150114

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20150414

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150514

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150609

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20150909

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20151109

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20151209

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160126

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160222

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5891180

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150