JP5471300B2 - Mark forming method of an optical glass member, manufacturing method, and marked optical glass members marked optical glass member - Google Patents

Mark forming method of an optical glass member, manufacturing method, and marked optical glass members marked optical glass member

Info

Publication number
JP5471300B2
JP5471300B2 JP2009246381A JP2009246381A JP5471300B2 JP 5471300 B2 JP5471300 B2 JP 5471300B2 JP 2009246381 A JP2009246381 A JP 2009246381A JP 2009246381 A JP2009246381 A JP 2009246381A JP 5471300 B2 JP5471300 B2 JP 5471300B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009246381A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2011093718A (en )
Inventor
純児 鈴木
俊二 渡辺
翔平 小泉
Original Assignee
株式会社ニコン
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02PCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN THE PRODUCTION OR PROCESSING OF GOODS
    • Y02P40/00Technologies relating to the processing of minerals
    • Y02P40/50Glass production
    • Y02P40/57Reduction of reject rates; Improving the yield

Description

本発明は、光学ガラス部材のマーク形成方法、マーク付き光学ガラス部材の製造方法及びマーク付き光学ガラス部材に関する。 The present invention, mark forming method of an optical glass member, a manufacturing method and a marked optical glass members marked optical glass member.

製品管理や意匠の目的で、ガラス部材上へマークを施すことがある。 In product management and design purposes, it may apply a mark on the glass member. マークを形成する方法としては、スキャニングレーザによるダイレクトマーキングなどが広く用いられる。 As a method for forming a mark, such as direct marking is widely used by the scanning laser. ここで、ダイレクトマーキングとは、マーキング対象の部材の表面にレーザビームを走査して、レーザアブレーションさせることで当該部材にマークを施すことである。 Here, the direct marking, by scanning the laser beam on the surface of the marking target member is to apply a mark to the member by causing laser ablation.

ダイレクトマーキング以外に次のようなマーク形成方法が知られている。 Mark forming the following methods have been known in addition to direct marking. 金属粉体及び/又は無機顔料を着色源としてペースト中に混練した着色ペーストをガラス面に塗布する。 The kneaded color paste is applied to the glass surface in the paste as a coloring source metal powder and / or inorganic pigments. 着色ペーストが塗布されたガラス面を所定パターンでレーザ走査することで、ペーストが硬化したパターンを形成する。 The glass surface of the color paste is applied by laser scanning in a predetermined pattern to form a pattern the paste is hardened. 次いで、未硬化の着色ペーストを有機溶剤に溶解させて除去した後、焼成することで、焼成パターンをガラス表面上に形成させる(特許文献1参照)。 After removing by dissolving the uncured colored paste in an organic solvent, by calcination, to the firing pattern formed on the glass surface (see Patent Document 1).

一方、光学ガラス部材にマークを形成する場合、マークの形成は光学ガラス部材を製品形状に成形した後に、最終工程として実施される。 On the other hand, when forming a mark on the optical glass member, forming marks after molding an optical glass element to the product shape, it is carried out as a final step. 光学ガラス部材の中には、複雑な表面形状を有する非球面レンズ等、製造工程にプレス工程を有するものがある。 Some of the optical glass element is an aspherical lens or the like having a complex surface shapes, those having a pressing step to the manufacturing process. このようなプレス工程を有する光学ガラス部材の製造においても、マークの形成は、プレス工程の後に行われている。 Also in the production of optical glass member having such a pressing process, the formation of the mark is performed after the pressing process. それ故、形成されたマークは製品としての光学ガラス部材から突出していることがある。 Therefore, marks formed is sometimes protrudes from the optical glass member as a product.

特開2004−351746号公報 JP 2004-351746 JP

光学ガラス部材にマークを施す場合、形成されたマークによる光の散乱や反射を抑制する必要がある。 When applying a mark on an optical glass member, it is necessary to suppress the scattering and reflection of light by a mark formed. 光の散乱や反射が大きいと、たとえマークが光学有効径外に形成されていたとしても、フレアやゴーストが発生することがあるからである。 If scattering and reflection of light is large, even if the mark is formed in the optical effective diameter, since it may flare or ghost may occur. また、光学ガラス部材の用途によっては、マークは光学ガラス部材の表面において目立たない(視認できない)方が良いことがある。 Also, depending on the application of the optical glass member, the marks inconspicuous at the surface of the optical glass member (not visible) it is sometimes good.

フレアやゴーストを抑制するためには、透光性の高いマークを形成することが考えられる。 In order to suppress flare or ghost images, it is conceivable to form the high light-transmitting property mark. 透光性の高いマークは、マークが目立たない方が良い用途においても好適である。 High light-transmitting property mark is also suitable in a good application who marks inconspicuous. そのような透光性の高いマークを形成する方法としては、ガラス粒子をレーザにより融着させてマークを形成することが考えられる。 As a method for forming such a high light-transmitting property mark, it is conceivable to form the mark by fusing the glass particles by laser. しかし、ガラス粒子の融着により形成されたマークは、融着ガラスが数ミクロン程度凸状に盛り上がり、マークのエッジで光が散乱、反射される。 However, the mark formed by the fusion of glass particles, swelling the fused glass is several microns approximately convex, light at the edge of the mark is scattered and reflected. 特に、レンズ検査工程で使用されるような明るい光源では、フレアやゴーストが生じる。 In particular, in the bright light source such as those used in the lens inspection process, flare and ghost occurs.

そこで、本発明の態様は、マークエッジ部分での光の散乱、反射を防ぐことにより、マークの視認性を低下させ、光学ガラス部材の光学特性に影響を与えないマークを形成することを目的とする。 Accordingly, aspects of the present invention, by preventing light scattering at mark edges, reflection, and intended to form reduces the visibility of the mark, the mark does not affect the optical properties of the optical glass member to.

本発明の第1の態様に従えば、光学ガラス部材のマーク形成方法であって、ガラスプリフォームを用意することと、ガラス粒子を含む被膜を前記ガラスプリフォームの表面に形成することと、前記被膜の所定の領域にレーザ光を照射することで、前記ガラス粒子を前記ガラスプリフォームの表面に融着させて融着膜を形成することと、前記融着膜が形成されたガラスプリフォームをプレス成形することと、前記プレス成形の後、前記光学ガラス部材のマークが形成された部分を研磨することを含む光学ガラス部材のマーク形成方法が提供される。 According to a first aspect of the present invention, there is provided a mark forming method of an optical glass member, the method comprising providing a glass preform, and forming a coating comprising glass particles on the surface of the glass preform, wherein by irradiating the laser beam in a predetermined area of ​​the coating, and that the glass particles to form a fused allowed to melt-deposit on the surface of the glass preform, the glass preform in which the fusion-deposit is formed the method comprising press molding, after the press molding, the mark forming method of an optical glass element which comprises polishing the mark of the optical glass element is formed portion is provided.

本発明の第2の態様に従えば、第1の態様の光学ガラス部材のマーク形成方法を含む光学ガラス部材の製造方法が提供される。 According to a second aspect of the present invention, a method of manufacturing an optical glass element comprising a mark forming method of an optical glass member of the first aspect is provided.

本発明の第3の態様に従えば、第1の態様の光学ガラス部材のマーク形成方法によりマークが形成された光学ガラス部材、および、第2の態様の製造方法により製造された光学ガラス部材が提供される。 According to a third aspect of the present invention, a first aspect of the optical glass element of the mark forming optical glass member having marks formed by the method, and, an optical glass member manufactured by the manufacturing method of the second aspect It is provided.

本発明の態様によれば、ガラスプリフォームにガラス粒子の融着膜を形成した後にプレスを施すので、得られるマークは光学ガラス部材の表面に埋没し、光学ガラス部材の表面から突出しない。 According to an aspect of the present invention, since performing press after formation of the fusion-deposit glass particles on the glass preform, the resulting mark is embedded in the surface of the optical glass member does not protrude from the surface of the optical glass member. それに加え、マークエッジにおける光の反射、散乱等が抑制される。 Additionally, the reflection of light at the mark edge, scattering and the like can be suppressed. よって、マークは光学ガラス部材の表面で目立たず(視認しにくく)、かつ光学ガラス部材の光学特性に与える影響(フレアやゴースト)が低減される。 Therefore, marks are not conspicuous at the surface of the optical glass member (difficult viewing), and influence on the optical properties of the optical glass element (flare and ghost) can be reduced.

(a)〜(f)は本発明の第1の実施形態における光学ガラス部材のマーク形成方法を示す模式図である。 (A) ~ (f) is a schematic diagram showing a mark forming method of the optical glass member in the first embodiment of the present invention. 本発明の第1の実施形態における光学ガラス部材のマーク形成方法を示すフローチャートである。 Is a flow chart illustrating a mark forming method of the optical glass member in the first embodiment of the present invention. (a)〜(c)は本発明の第1の実施形態におけるマーク部分を拡大した模式図である。 (A) ~ (c) is an enlarged schematic view of a mark part in the first embodiment of the present invention. (a)及び(b)は本発明の第2の実施形態におけるプレス工程前の融着膜の形状とプレス工程後のマークの形状を示す模式図である。 (A) and (b) is a schematic view showing the shape of the mark after the shape and pressing step fusion-deposit before pressing step in the second embodiment of the present invention. 本発明の第2の実施形態における光学ガラス部材のマーク形成方法を示すフローチャートである。 Is a flow chart illustrating a mark forming method of the optical glass member in the second embodiment of the present invention. 実施例における金型を用いてプレス工程を行うための金型の配置を示す断面図である。 It is a cross sectional view showing the arrangement of a mold for performing the pressing process using a mold in the embodiment. 実施例における成形機を用いてプレス工程を行うための成形装置の構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of a molding apparatus for carrying out the pressing step using a molding machine in the embodiment.

以下、図面を参照して、本発明の好適な実施形態について説明する。 Hereinafter, with reference to the accompanying drawings, a description will be given of a preferred embodiment of the present invention.

本発明の第1の実施形態として、光学ガラス部材にマークを形成する方法、およびマーク付き光学ガラス部材の製造方法について図1及び図2を参照しながら説明する。 As a first embodiment of the present invention, a method of forming a mark on the optical glass member, and a method for manufacturing the mark with the optical glass member with reference to FIG. 1 and FIG.

まず、図1(a)に示すように、ガラスブロックを研削、研磨することにより、ガラスプリフォーム1を作製する(ステップS1)。 First, as shown in FIG. 1 (a), grinding the glass block, by polishing, to produce a glass preform 1 (step S1). ガラス粒子4をバインダおよび溶媒からなる媒体に分散させた分散物(被膜材料)を調製する。 Dispersions glass particles 4 are dispersed in a medium consisting of binder and solvent (coating material) is prepared. この分散物をガラスプリフォーム1上に塗布し、乾燥させることにより揮発成分を除去して、図1(b)に示すような被膜2を形成する(ステップS2)。 This dispersion was applied onto a glass preform 1, and the volatiles removed by drying to form a coating film 2 as shown in FIG. 1 (b) (step S2).

次いで、図1(c)に示すように、被膜2に、レーザ光源10によりレーザ光11を所定パターンで照射し、被膜2に含まれるガラス粒子4をガラスプリフォーム1に融着(溶融および固着)させ、ガラスプリフォーム1上に融着膜3を形成する(ステップS3)。 Then, as shown in FIG. 1 (c), the film 2, the laser beam 11 is irradiated in a predetermined pattern by the laser light source 10, fusing (melting and fixing the glass particles 4 contained in the film 2 on the glass preform 1 ) is allowed to form a fused film 3 on the glass preform 1 (step S3).

マーク3を形成した後、図1(d)に示すように、水洗等により未融着の被膜2を除去する(ステップS4)。 After forming the marks 3, as shown in FIG. 1 (d), to remove the coating 2 of the unfused by washing with water (step S4).

次に、図1(e)に示すように、融着膜3が形成されたガラスプリフォーム1を下金型12および上金型13でプレスする(ステップS4)。 Next, as shown in FIG. 1 (e), pressing glass preform 1 Toruchakumaku 3 is formed in the lower mold 12 and upper mold 13 (step S4). このプレス工程により、ガラスプリフォーム1から所望の表面形状を有する光学ガラス部材101が得られる。 This pressing step, the optical glass member 101 having a desired surface shape from a glass preform 1 is obtained. プレス工程において、融着膜3もガラスプリフォーム1と同時にプレスされるため光学ガラス部材101内に埋め込まれ、マーク103として、光学ガラス部材101の表面に露出する。 In the pressing process, Toruchakumaku 3 also embedded in the glass preform 1 at the same time as the optical glass member 101 to be pressed, as a mark 103, exposed on the surface of the optical glass member 101.

プレス工程の後、図1(f)に示すように、下金型12および上金型13からガラスプリフォーム1を取り出し、マーク103およびその周辺部分を研磨する(ステップS5)。 After the pressing process, as shown in FIG. 1 (f), taken out glass preform 1 from the lower mold 12 and upper mold 13, to polish the mark 103 and the periphery thereof (step S5). 研磨によりマーク103部分の視認性を更に低くし、同時に光学ガラス部材101の光学特性へのマークの影響を小さくすることができる。 Further lowering the visibility of the mark 103 part by polishing, it is possible to reduce the influence of the marks on the optical properties of the optical glass member 101 simultaneously. 以上のようなステップを経て、マーク103付き光学ガラス部材101(光学部材1000)が得られる。 Through the steps as described above, the optical glass member 101 (optical member 1000) is obtained marked 103.

[マークの形状] [Shape of the mark]
本実施形態では、ガラスプリフォーム1にガラス粒子4を融着させ融着膜3を形成した後、プレス工程を施す。 In the present embodiment, after forming the fused film 3 by fusing the glass particles 4 in the glass preform 1 is subjected to a pressing step. したがって、プレス工程により、マーク103は光学ガラス部材101表面に埋没しており、光学ガラス部材101表面から突出していないので、マークのエッジからの光の反射、散乱等が少ない。 Therefore, the pressing process, the mark 103 is buried in the optical glass member 101 surface, since not protrude from the optical glass member 101 surface, reflection of light from the mark edges is small scattering like. その結果、マーク103は、視認しにくく、マークが目立たない用途に好適である。 As a result, the mark 103 is hardly visible, is suitable for applications in which the mark is not noticeable. また、マークによるフレアやゴーストが抑制される。 In addition, flare and ghost can be suppressed by the mark. このような効果を奏する本実施形態のマーク103の断面形状として、図3に示す103a〜103cの3種類の形状が存在する。 As the cross-sectional shape of the mark 103 of the present embodiment exhibits such an effect, there are three types of shapes of 103a~103c shown in FIG. マーク103の断面形状の相違は、ガラスプリフォームおよびガラス粒子のガラス転移温度の関係、プレス成形の条件、研磨工程の有無によるものである。 Difference in the cross-sectional shape of the mark 103 are those relationships glass transition temperature of the glass preform and the glass particles, the press-forming conditions, with or without polishing. 以下、それぞれのマークについて説明する。 The following describes each of the mark.

図3(a)に示したように、マーク103aと光学ガラス部材(母材)101の境界部分に窪み(隙間)104が生じる場合がある。 As shown in FIG. 3 (a), there is a case where the mark 103a and the optical glass member (base material) recess 101 boundary portion (gap) 104 is generated. これは、例えば、製造に用いたガラス粒子4のガラス転移温度が、プリフォーム1のガラス転移温度より高いとき、あるいは、プレス条件により起こりうる。 This, for example, the glass transition temperature of the glass particles 4 used for the production, is higher than the glass transition temperature of the preform 1, or may occur by press conditions. 窪み104から光の散乱、反射等が生じるためマーク103aは視認され易くなるが、マークの表面は光学ガラス部材101の表面と面一なので、マークによるフレアやゴーストは生じにくい。 Scattering from recess 104 light, although the mark 103a for the reflection or the like occurs easily be visually recognized, the surface of the mark so flush with the surface of the optical glass member 101, flare and ghost hardly occurs due to the mark. マークを目立たせる用途においては、窪み104の存在が有効となり、またマーク103aの位置の確認手段として窪み104を利用することもできる。 In applications to highlight a mark, may also be present in the recesses 104 is enabled and also utilizes the recess 104 as a confirmation means the position of the mark 103a.

図3(b)に示したマーク103bは、図3(a)に示すマーク103aおよびその周辺を研磨したものある。 Mark 103b as shown in FIG. 3 (b), some were polished marks 103a and its vicinity shown in FIG. 3 (a). 研磨によって、窪み104は除去され、マーク103bは周辺の光学ガラス部材(母材)101の表面と面一となる。 By grinding, recesses 104 is removed, mark 103b around the optical glass member (base material) becomes 101 surface and flush. マーク103bは、マーク103aと比較して視認されにくく、マークが目立たない方が良い用途において好適である。 Mark 103b is less visible compared to the marks 103a, it is preferable in good applications who marks inconspicuous. また、マーク103aと比較して、マークによるフレアやゴーストは、より生じにくい。 In addition, in comparison with the mark 103a, flare and ghost caused by mark it is, less likely to occur.

図3(c)に示したマーク103cは、プレス成形時に融着膜3が流動し変形したマークである。 Figure 3 (c) to the mark 103c shown are fused film 3 is marked deformed to flow at the time of press molding. これは、例えば、ガラス粒子4のガラス転移温度が、プリフォーム1のガラス転移温度より低いとき、あるいは、プレス条件により、プレス時に融着膜3が流動する場合が起こりうる。 This, for example, a glass transition temperature of the glass particles 4, is lower than the glass transition temperature of the preform 1, or by pressing conditions, fusing film 3 during pressing may occur when the flow. その結果、窪み104は形成されない。 As a result, recesses 104 are not formed. マーク103cは、研磨工程を経ることなく、周辺の光学ガラス部材(母材)101の表面と面一となり、マーク103aと比較して、視認されにくく、マークが目立たない方が良い用途において好適である。 Mark 103c, without going through the polishing step, the surface and flush with the peripheral optical glass member (base material) of 101, as compared with the marks 103a, less visible, preferably in a good application who marks inconspicuous is there. また、マーク103aと比較して、マークによるフレアやゴーストは、より生じにくい。 In addition, in comparison with the mark 103a, flare and ghost caused by mark it is, less likely to occur.

[ガラス粒子] [Glass particles]
本実施形態で用いるガラス粒子は、ガラスを粉砕して作製することができる。 Glass particles used in the present embodiment can be produced by grinding glass. 粒径は1μm程度であることが好ましい。 It is preferred particle size is about 1 [mu] m. また、ガラス粒子4は、その組成および熱膨張率において、ガラスプリフォーム1と同等又は類似していることが好ましい。 The glass particles 4, in its composition and thermal expansion coefficient, it is preferable that the equivalent or similar to the glass preform 1. 組成および熱膨張率が同等であると、互いに固着しやすいからである。 When the composition and thermal expansion coefficient are equal, because easily fixed to each other.

ガラス粒子のガラス転移温度は、ガラスプリフォーム1のガラス転移温度よりも低いことが好ましい。 The glass transition temperature of the glass particles is preferably lower than the glass transition temperature of the glass preform 1. そのようなガラス粒子4を用いて作製したガラス融着膜は、プレス工程において流動し変形する。 Such glass fusion-deposit the glass particles 4 was used to prepare, the flow in the pressing process variations. したがって、マークはその周囲の光学ガラス部材101の表面と面一となり(図3(c)参照)、マークによるフレアやゴーストは生じにくい。 Accordingly, the mark (see FIG. 3 (c)) surface flush with the optical glass member 101 surrounding the flare and ghost hardly occurs due to the mark. また、図3(a)に示すような窪み104が生じないので研磨も不要である。 The polishing is not necessary because the depression 104 as shown in FIG. 3 (a) does not occur.

ガラス粒子は、ガラスプリフォーム1の内部透過率が99.9%/cm以上となる波長の光において、0.1%/cm以上(好ましくは0.5%/cm以上)の吸収を有することが好ましい。 Glass particles, having an absorption of the light of the wavelength internal transmittance of the glass preform 1 is 99.9% / cm or more, 0.1% / cm or more (preferably 0.5% / cm or higher) It is preferred. 理由として、以下のことが挙げられる。 As reason is the following. このような波長のレーザ光を照射すると、ガラス粒子はレーザ光を吸収し、発熱、溶融してガラスプリフォーム1表面に固着する。 Upon irradiation with laser light of such a wavelength, the glass particles absorb the laser light to generate heat, sticking to the molten glass preform 1 surface. 一方、上記レーザ光は、ガラスプリフォーム1にはほとんど吸収されないため、光学ガラス部材101へのクラックの発生などを防止できる。 On the other hand, the laser light, since the glass preform 1 is hardly absorbed, can prevent a crack generation in the optical glass member 101.

本実施形態で用いるガラス粒子は紫外線カットガラスにしてよく、この場合、波長587.56nmにおける光学ガラス部材と紫外線カットガラスとの屈折率差の絶対値が、0.1以下にし得る。 Glass particles used in the present embodiment may be a UV cut glass, in this case, the absolute value of the refractive index difference between the optical glass member and the UV-cutting glass at a wavelength of 587.56nm, may be 0.1 or less. また、ガラス粒子は、蛍光ガラスにしてよく、この場合、光学ガラス部材と蛍光ガラスとの屈折率差の絶対値が波長587.56nmにおいて0.1以下にし得る。 The glass particles may be a fluorescent glass, in this case, the absolute value of the refractive index difference between the optical glass member and the fluorescent glass capable of 0.1 or less at a wavelength of 587.56 nm.

ガラス粒子4に、紫外線カットガラス、又は蛍光ガラスを用いた場合、マーク103は紫外線照射により読取ることができる。 The glass particles 4, the case of using the ultraviolet cut glass, or a fluorescent glass, marks 103 can be read by UV irradiation. 紫外線カットガラスを用いたマーク103は照射した紫外線を吸収するため、マーク部分のみが暗く認識される。 Marks 103 using a UV-cut glass to absorb ultraviolet rays irradiated, only the mark part is recognized dark. したがって、マークを影文字のようにして読出すことができる。 Therefore, it is possible to read as shadow character mark. 一方、蛍光ガラスを用いたマーク103は紫外線照射により発光して認識される。 On the other hand, the mark 103 using the fluorescent glass is recognized emission by ultraviolet irradiation.

このように、マーク103が、紫外線照射により読取れる(認識される)場合、可視光域ではマークを認識する必要はない。 Thus, the mark 103 is read by UV irradiation (recognized) case, it is not necessary to recognize the mark in the visible light region. したがって、これらのガラス粒子4と光学ガラス部材101との屈折率差の絶対値は、波長587.56nmにおいて0.1以下にし得る。 Therefore, the absolute value of the refractive index difference between these glass particles 4 and an optical glass member 101 may be 0.1 or less at a wavelength of 587.56 nm. ガラス粒子4と光学ガラス部材101との屈折率差の絶対値を波長587.56nmにおいて0.1以下の範囲とすることで、可視波長域全体にわたって、マーク103と光学ガラス部材101との界面での光反射が十分に小さくなり、マーク103を目立たないものとすることができる。 With the range of 0.1 or less at a wavelength of 587.56nm the absolute value of the refractive index difference between the glass particles 4 and an optical glass member 101, across the entire visible wavelength region, at the interface between the mark 103 and the optical glass member 101 can light reflection is sufficiently small, and shall not conspicuous mark 103. すなわち、マーク103によるフレアやゴーストは生じにくい。 In other words, flare and ghost due to mark 103 is less likely to occur. ガラス粒子に、このような特性の紫外線カットガラス、または蛍光ガラスを用いることにより、光学ガラス部材の光学性能への影響が小さく、かつ読出しが容易なマーク103を形成することができる。 The glass particles by using an ultraviolet cut glass or fluorescent glass, of such characteristics, it is possible to influence on the optical performance of the optical glass element less, and read to form an easy mark 103. 特に、図3(b)、(c)に示した形状のマークにおいては、肉眼によりマークの存在を殆ど認識出来なくなるが、紫外線を照射してマークを良好に読出すことができる。 In particular, FIG. 3 (b), in the mark shape shown (c), the but hardly able to recognize the existence of the mark by the naked eye, may issue satisfactorily read the mark by irradiating ultraviolet rays. 尚、マークを更に目立たないものとするためには、ガラス粒子4と光学ガラス部材101との屈折率差の絶対値を0.05以下(更には、0.02以下)とすることが好ましい。 In order to shall not further noticeable marks, the absolute value of the refractive index difference between the glass particles 4 and an optical glass member 101 0.05 or less (further, 0.02 or less) is preferably set to.

ガラス粒子に用いる紫外線カットガラス粒子としては、紫外光を吸収するものであれば特に制限無く用いることができるが、その吸収端波長が365nm(i線)〜436nm(g線)であることが好ましい。 The ultraviolet cut glass particles used in the glass particles, can be used without particular limitations as long as it absorbs ultraviolet light, it is preferable that the absorption edge wavelength of 365 nm (i line) ~436nm (g line) . このような吸収波長を有する紫外線カットガラスを用いることでマークの読出しが容易になる。 Such mark reading in the use of ultraviolet cut glass having an absorption wavelength is facilitated. また、吸収短波長が436nm以上であると、可視光を吸収するようになるため、光学部材の使用領域においてもマークが目立つようになる傾向がある。 Further, the absorption short wavelength If it is more than 436 nm, to become to absorb visible light, tend to become marked even in the use region of the optical member is conspicuous.

紫外線カットガラス粒子は、TeO を重量比で40%以上含有する紫外線カットガラスから形成されていてもよい。 UV cut glass particles may be formed from an ultraviolet-cutting glass containing more than 40% TeO 2 by weight. 紫外線カットガラス粒子をこのような紫外線カットガラスから形成させることで、厚さ1〜10μm程度のごく薄い層でも十分な紫外線カット効果が得られ、かつ可視光での不可視性に優れたものとなる。 The UV cut glass particles that is formed from such UV cut glass, a satisfactory UV protective effect can be obtained even in very thin layers having a thickness of about 1 to 10 [mu] m, and becomes excellent in invisibility in the visible . この場合、TeO の含有量は60〜90%であるとより好ましく、70〜80%であると更に好ましい。 In this case, the content of TeO 2 is more preferably a 60 to 90%, more preferably to be 70-80%.

紫外線カットガラス粒子は、また、TiO を重量比で3%以上含有する紫外線カットガラスから形成されていてもよい。 UV cut glass particles may also be formed from an ultraviolet-cutting glass containing at least 3% of TiO 2 by weight. 紫外線カットガラス粒子をこのような紫外線カットガラスで形成することで、厚さ1〜10μm程度のごく薄い層でも十分な紫外線カット効果が得られ、かつ可視光での不可視性に優れたものとなる。 The UV cut glass particles by forming in such a UV cut glass, a satisfactory UV protective effect can be obtained even in very thin layers having a thickness of about 1 to 10 [mu] m, and becomes excellent in invisibility in the visible . この場合、TiO の含有量は3〜15%であるとより好ましい。 In this case, the content of TiO 2 is more preferably a 3 to 15%.

紫外線カットガラス粒子はさらに、CeO を重量比で0.5%以上含有した紫外線カットガラスから形成されていてもよい。 UV cut glass particles may further be formed from an ultraviolet-cutting glass containing more than 0.5% CeO 2 by weight. 紫外線カットガラス粒子をこのような紫外線カットガラスで形成することで、厚さ1〜10μm程度のごく薄い層でも十分な紫外線カット効果が得られ、かつ可視光での不可視性に優れたものとなる。 The UV cut glass particles by forming in such a UV cut glass, a satisfactory UV protective effect can be obtained even in very thin layers having a thickness of about 1 to 10 [mu] m, and becomes excellent in invisibility in the visible . この場合、CeO の含有量は1〜3%であるとより好ましい。 In this case, the content of CeO 2 is more preferable to be 1-3%.

紫外線カットガラスとして用いるのに好適なガラスとしては、例えば、光学ガラスとして市販されているガラスであって吸収端波長が365nm〜436nmである、HOYA社製FF8、M−FD60などが挙げられる。 Suitable glass for use as UV cut glass, for example, the absorption edge wavelength a glass which is commercially available as an optical glass is 365Nm~436nm, and the like manufactured by HOYA Corporation FF8, M-FD60.

なお、紫外線カットガラス粒子は、例えば、530nmの光に対して0.1〜10%/cmの光吸収率にし得る。 Incidentally, the ultraviolet cut glass particles may, for example, the light absorption rate of 0.1 to 10% / cm for light of 530 nm. このような紫外線カットガラスを用いると、光学ガラス部材上にマークを形成した際の、光学ガラス部材の性能の低下を抑制することができる。 The use of such a UV cut glass, it is possible to suppress the time of forming the mark on the optical glass member, a reduction in the performance of an optical glass member.

ガラス粒子として蛍光ガラス粒子を用いる場合、430〜650nmの可視光の照射では蛍光を発せず、430nm以下の紫外光の照射により蛍光を発するものであることが好ましい。 When using a fluorescent glass particles as glass particles, does not emit fluorescence upon irradiation with visible light 430~650Nm, it is preferable that emits fluorescence by irradiation of the following ultraviolet light 430 nm. 通常、光学部材は可視光領域で使用するため、この領域の光の照射で蛍光を発するマークが光学部材上に形成されると、光学部材の光学性能が低下する傾向にある。 Normally, since the optical members for use in the visible light region, the mark that fluoresces upon irradiation with light in this region is formed on the optical member, the optical performance of the optical member tends to decrease. この場合、蛍光ガラス粒子は、Pr、Nd、Sm、Eu、Tb、Dy、Er、Yb及びSbからなる群より選ばれる少なくとも1種の元素を含有する蛍光ガラスから形成されることが好ましい。 In this case, the fluorescent glass particles, Pr, Nd, Sm, Eu, Tb, Dy, Er, be formed from the fluorescent glass containing at least one element selected from the group consisting of Yb and Sb preferred. このような元素を含有する蛍光ガラスは、紫外線の照射により強い蛍光を発するため、マークの読出しが容易になる。 Fluorescent glasses containing such elements, to emit strong fluorescence by irradiation of ultraviolet light, it is easy to read the mark. これらの元素のうち、蛍光強度が大きく読出しが容易であるので、EuおよびTbが好ましい。 Among these elements, since the fluorescent intensity is easy to increase reading, Eu and Tb is preferred.

蛍光ガラス粒子の総量に対する、Pr、Nd、Sm、Eu、Tb、Dy、Er、Yb及びSbからなる群より選ばれる少なくとも1種の元素の含有割合は、0.1〜10重量%であることが好ましく、0.5〜5重量%であることがより好ましい。 To the total amount of the fluorescent glass particles that, the Pr, Nd, Sm, Eu, Tb, Dy, Er, content of at least one element selected from the group consisting of Yb and Sb, 0.1 to 10 wt% preferably, and more preferably 0.5 to 5 wt%.

蛍光ガラス粒子として用いるのに好適なガラスとしては、例えば、蛍光ガラスとして市販されている(株)住田光学ガラス製のルミラス−G9、ルミラス−R7、ルミラス−Bなどが挙げられる。 Suitable glass for use as a fluorescent glass particles, for example, fluorescence is commercially available as a glass Co. Sumita Optical Glass manufactured Rumirasu -G9, Rumirasu -R7, and the like Rumirasu -B.

[分散物(被膜材料)] [Dispersion (film material)
分散物(被膜材料)は、上述のように、ガラス粒子4を、バインダおよび溶媒を含む媒体内に分散させたものである。 Dispersion (coating material), as described above, in which the glass particles 4 were dispersed in a medium containing a binder and a solvent. バインダおよび溶媒は、水で洗浄できるものが好ましい。 Binder and solvent, which can be washed with water. 上述の未融着の被膜2を除去する工程(図2のステップS4)を水洗浄で実施できるからである。 Removing the coating 2 of the non-fusion of the above-described (step S4 in FIG. 2) is because it carried with water washing. バインダとしては、水溶性高分子である、デンプン、ゼラチン、セルロース誘導体(ヒドロキシエチルセルロース、カルボキシルメチルセルロース、メチルセルロース、等)、ポリビニルアルコール(PVA)、ポリアクリル酸、ポリアクリルアミド、ポリエチレンオキシド等が挙げられる。 As the binder, a water-soluble polymer, starch, gelatin, cellulose derivatives (hydroxyethyl cellulose, carboxymethyl cellulose, methyl cellulose, etc.), polyvinyl alcohol (PVA), polyacrylic acid, polyacrylamide, polyethylene oxide, and the like. 中でも、PVA、ヒドロキシエチルセルロースは、通常700℃以上で燃焼し、除去されるのでレーザ照射後に残渣として残らないため、好適である。 Of these, PVA, hydroxyethyl cellulose, burned in the usual 700 ° C. or higher, because since it is removed does not remain as a residue after the laser irradiation, is preferred. 溶媒としては、水又は、メタノール、エタノール等のアルコール類が挙げられる。 As the solvent, water or alcohols such as methanol, ethanol and the like. 溶媒に水を用いる場合、メタノール、エタノール等のアルコールを添加すると、ガラス粒子4の分散性の向上および消泡の効果が得られる。 When water is used as a solvent, methanol, is added an alcohol such as ethanol, the effect of improving and defoaming of the dispersibility of the glass particles 4 is obtained.

本実施形態の分散物(被膜材料)は、カーボンブラック等のガラス粒子4の融着を促進する可燃物質を含むことが好ましい。 Dispersions of the present embodiment (coating material) preferably contains a combustible material that promotes fusion of the glass particles 4 such as carbon black. 可燃物質は、照射されたレーザ光を吸収することで加熱、燃焼する物質であり、そのような物質は、燃焼により被膜2から消失する。 Combustible material is heated by absorption of laser light irradiated is a substance which burns, such substances disappears from the coating 2 by combustion. 尚、被膜2から消失するとは、燃焼により可燃物が別の物質に変化、気化等して、別の物質として被膜中に残る場合も含む。 Note that the disappears from the coating 2, the change combustibles within another substance by combustion, vaporizes the like, including the case remain in the coating during another substance. 被膜2に可燃物質を含有することで、レーザ光エネルギーを効率的に熱エネルギーに変換でき、被膜2の温度を上昇させる。 By containing the combustible material to the film 2, the laser beam energy can be efficiently converted into heat energy, raising the temperature of the film 2. その結果、ガラス粒子4の溶融が促進され、ガラス粒子4は十分な量および強度でガラスプリフォーム1に融着し、融着膜3を形成する。 As a result, melting of the glass particles 4 is accelerated, glass particles 4 is fused to the glass preform 1 in sufficient quantity and strength to form Toruchakumaku 3. 可燃物質を用いることにより、レーザ光の吸収が小さいガラス粒子をガラスプリフォーム1に容易に融着できる。 The use of combustible material, the glass particles low absorption of the laser light can readily be fused to the glass preform 1. よって、そのようなガラス粒子からなる透光性の高いマークを光学ガラス部材に形成することが可能となる。 Therefore, it is possible to form a high mark of translucent consisting of such glass particles in the optical glass member. また、カーボンブラック等の可燃物質自体は燃焼し消失するので、マーク103の視認性および光学部材の光学特性に影響を与えない。 Further, since the combustible material itself such as carbon black disappeared was burned, it does not affect the optical characteristics of visibility and the optical member of the mark 103.

分散物(被膜材料)の合計重量に対する、ガラス粒子4の含有量は、70〜90重量%であることが好ましく、80〜85重量%であることが更に好ましい。 To the total weight of the dispersion (coating material), the content of the glass particles 4 is preferably 70 to 90 wt%, more preferably 80 to 85 wt%. バインダポリマーの含有量は、5〜15重量%であることが好ましく、8〜10重量%であることが更に好ましい。 The content of the binder polymer is preferably from 5 to 15 wt%, more preferably 8-10 wt%. 添加物の含有量は、3〜20重量%であることが好ましく、8〜20重量%であることが更に好ましい。 The content of the additive is more preferably preferably from 3 to 20 wt%, 8 to 20 wt%.

[塗布方法] [Coating Method]
分散物(被膜材料)のガラスプリフォーム1上への塗布方法に特に制限は無いが、例えば、エアブラシによる噴霧、筆およびスタンプなどを用いた塗布、ディップコーティング、スピンコーティングが挙げられる。 There is no particular limitation on the dispersion method of applying to the glass preform 1 above (film material), for example, spraying by airbrush coating using, for example, brush, and stamping, dip coating, spin coating. また、塗布は、乾燥後の厚み、すなわち被膜の厚みが、5〜50μm、更には5〜20μmであることが好ましい。 The coating has a thickness after drying, i.e. the thickness of the coating, 5 to 50 [mu] m, it is preferred even at 5 to 20 [mu] m. 被膜の厚みが50μmより大きいと、レーザ光による融着が困難になる傾向があり、5μmより小さいと、マークが読みだしにくくなる傾向がある。 And 50μm greater than the thickness of the coating, tend to fuse by the laser beam is difficult, it tends to be difficult to read and 5μm smaller than mark.

[ガラスプリフォーム] [Glass preform]
ガラスプリフォーム1を形成するガラス材料としては、例えば、ホウ珪酸系ガラス、ホウ酸ランタン系ガラスおよびフッ化物リン酸系ガラスなど、光学ガラスとして市販されている材料を使用することができる。 The glass material forming the glass preform 1, for example, can be used borosilicate glass, such as lanthanum borate type glass and fluoride phosphate glass, the material sold as optical glass. 具体的には、ショット社製BK7、HOYA社製LAC8、FCD1及びFC5などが挙げられる。 Specifically, like shot Co. BK7, HOYA Corporation LAC8, FCD1 and FC5. ガラスプリフォームは、ガラスブロック等を研削研磨等することにより作製することができる。 Glass preform can be manufactured by grinding and polishing such as a glass block or the like.

[レーザ光の照射] [Irradiation of the laser beam]
被膜の溶融および固着に用いられるレーザ光としては、例えばYAGレーザ、YVO レーザ、CO レーザが挙げられる。 As the laser beam used to melt and sticking of the coating, for example a YAG laser, YVO 4 laser, CO 2 laser and the like. レーザを照射する波長は、YAGレーザ、YVO レーザの基本波長(1064nm)、第二高調波(532nm)、第三高調波(355nm)を用い得る。 Wavelength of irradiating the laser, YAG laser, YVO 4 laser fundamental wavelength of (1064 nm), second harmonic (532 nm), may use the third harmonic (355 nm).

レーザ光の照射は、大気雰囲気又は酸素雰囲気等、酸素を含有する雰囲気で行うことが好ましい。 Laser light irradiation, an air atmosphere or an oxygen atmosphere or the like is preferably carried out in an atmosphere containing oxygen. カーボンブラック等の可燃物質を用いた場合、その燃焼を効率的に行うためである。 When using combustible materials such as carbon black, in order to perform its combustion efficiently. 尚、レーザ光11の走査をバーコード形状、文字形状とすることにより、マーク103の形状をバーコード形状、文字形状とすることもできる。 Incidentally, by the scanning of the laser beam 11 bar code shape, a character shape, it is also possible to the shape of the mark 103 bar code shape, a character shape. また、ドット状の文字を形成することもでき、この場合、融着ガラス部位を最小限にすることができ、スループットを向上できるので好ましい。 It is also possible to form the dot-like character, in this case, it is possible to minimize the fused glass portions, it is possible to improve the throughput preferred.

[プレス工程] [Press Step]
プレス工程は、光学モールドガラスのプレス方法として知られた任意の技術を用いることができ、例えば特開平10−139453に記載されているような方法を用い得る。 Pressing step may be any technique known as a press method of an optical mold glass, using methods such as are described, for example, JP-A-10-139453. プレス工程は、非球面レンズ等の複雑な表面形状を有する光学ガラス部材の大量生産に適しており、同様に、本実施形態のマーク形成方法も複雑な表面形状を有する光学ガラス部材の大量生産に有効である。 Pressing process is suitable for mass production of optical glass member having a complicated surface shape, such as aspherical lenses, similarly, the mass production of optical glass member having a mark forming method is also complicated surface shape of the present embodiment It is valid.

[研磨工程] [Polishing]
本実施形態において、少なくともマーク103およびその周辺部を研磨してもよい。 In the present embodiment, it may be polished at least mark 103 and its peripheral portion. マーク103の周辺の凹凸を研磨することで、光の散乱、反射を減少させ、マークを目立たなくし、更に、マークによるフレアおよびゴーストを低減できる。 By polishing the uneven around the mark 103, the scattering of light, reduces reflections, inconspicuous marks can be further reduced flare and ghost by the mark.

[光学ガラス部材] [Optical glass member]
本実施形態で製造するマーク付き光学ガラス部材(光学部材)1000は、本実施形態の効果を発揮する限りにおいて如何なる光学ガラスを用いた光学部材にも適応できる。 Marked optical glass member prepared in the present embodiment (optical member) 1000 is adaptable to an optical member using any optical glass as long as they exhibit the effect of the present embodiment. このような光学部材としては、回折格子、フレネルレンズなどの回折光学素子、フライアイレンズなどが挙げられる。 Examples of such an optical element, a diffraction grating, a diffractive optical element such as a Fresnel lens, such as a fly-eye lens and the like.

本発明の第2の実施形態は、第1の実施形態のマーク形成方法により、第1の光学ガラス部材にテストパターンのマークを形成することと、第1の光学ガラス部材において、プレス前のテストパターンの融着膜の形状と、プレス後のテストパターンのマークの形状の変化率を求めることと、求めた変化率に基づき、第1の実施形態のマーク形成方法により、第2の光学ガラス部材にマークを形成することを含む光学ガラス部材のマーク形成方法である。 Second embodiment of the present invention, the mark forming method of the first embodiment, and forming a mark of the test pattern to the first optical glass member, the first optical glass member, before pressing Test the shape of the fusing film pattern, and determining the rate of change of the shape of the mark of the test pattern after pressing based on the calculated rate of change, the mark forming method of the first embodiment, the second optical glass member a mark forming method of an optical glass element comprising forming a mark.

本実施形態では、テストピース(第1のガラスプリフォーム)に第1の実施形態のマーク形成方法により、テストパターンのマークを形成し、テストパターンのマークの融着膜からの変化率(例えば、伸び方向)を求め、その結果をフィードバックして、第2のガラスプリフォームの融着膜の形状を決定する。 In the present embodiment, the first mark forming method embodiment to the test piece (first glass preform), forming a mark of the test pattern, rate of change of the fusing film mark of the test pattern (e.g., determine the elongation direction), by feeding back the result to determine the shape of the fused film of the second glass preform. 発明者の実験によると、ガラスプリフォームに形成した融着膜はその後のプレスにより変形するために、意図した形状のマークが得られない事があることに気づいた。 According to our experiments, was formed on the glass preform melt-deposit is to deform by the subsequent pressing, I noticed that sometimes not obtained mark of the intended shape. しかし、本実施形態によれば、プレス工程によって、融着膜の形状が意図した形状とは異なる形状に変形しても、その変形率を考慮した融着膜をガラスプリフォーム上に形成することで、所望の形状のマークを得ることができる。 However, according to this embodiment, the pressing step, be modified to a shape different from a shape shape intended by the fused film, the fused film considering its deformation rate is formed on the glass preform in, it is possible to obtain a mark of a desired shape.

以下、図4および図5に基づき、本実施形態について説明する。 Hereinafter, based on FIGS. 4 and 5, the present embodiment will be described. まず、図4(a)に示すように、第1の実施形態のマーク形成方法により、第1の光学ガラス部材(テストピース)にテストパターンのマークを形成する(ステップSS1)。 First, as shown in FIG. 4 (a), the mark forming method of the first embodiment, to form the mark of the test pattern to the first optical glass member (test piece) (step SS1). ここでは、アルファベットの「F」の形状のマークを形成するものとする。 Here, it is assumed that forms a mark in the shape of "F" in the alphabet. Fの字の横方向をX方向、縦方向をY方向とする。 The lateral shape of the F to the X direction, the vertical direction as the Y direction. テストパターンのマークの溶融膜3aは最終的に形成したいマークの形状であり、このY方向の長さをAとする。 Melt film 3a of the mark of the test pattern is in the form of a mark to be finally formed, the length of the Y-direction and A. プレス工程後のマーク103aのY方向の長さを測定する。 Measuring the length of the Y-direction of the mark 103a after the pressing process. 例えば、マーク103aのY方向の長さがa・Aであると、Y方向にa倍変形(拡大)していると求められる(ステップS7)。 For example, when the length in the Y-direction of the mark 103a is a a · A, determined to be a times deform (expand) in the Y direction (step S7). 次に、求めた変化率に基づき、第2の光学ガラス部材に設ける融着膜の形状を計算する。 Then, based on the calculated rate of change, it computes the shape of the fused film provided on the second optical glass member. この場合、プレス工程によりY方向にa倍変形するので、融着膜「F」のY方向の長さを(1/a)・Aと修正すればよい(ステップS8)。 In this case, since a multiplication deformed in the Y direction by the pressing step may be modifying the length of the Y direction Toruchakumaku "F" and (1 / a) · A (step S8). この計算結果に基づいて修正された長さで融着膜を形成して、第2の光学ガラス部材にマークを形成する(ステップSS2)。 The calculation result to form a melt-deposit length which is modified based, to form a mark on the second optical glass element (step SS2). すなわち、図4(b)に示すように、Y方向に(1/a)・Aの長さを有する融着膜3bを形成する。 That is, as shown in FIG. 4 (b), to form a fused film 3b having a length of the Y direction (1 / a) · A. 次いで、融着膜3bをプレスするとY方向にa倍変形し、その結果、Y方向にAの長さを有する所望の形状のマーク103bが得られる。 Then, multiplied by a deformation in the Y direction when pressed Toruchakumaku 3b, as a result, the mark 103b having a desired shape in the Y-direction has a length of A is obtained.

本実施形態は、多数の光学ガラス部材にマークを形成する場合において特に有効である。 This embodiment is particularly effective in the case of forming a mark on a large number of optical glass member. まず、テストピース(第1の光学ガラス部材)において、マークの変化率を求め、それをフィードバックして、多数の第2の光学ガラス部材に所望の形状のマークを形成することができる。 First, the test piece (first optical glass member), rate of change in the mark, and feeds it back, it is possible to form a mark having a desired shape to a number of the second optical glass member. 本実施形態は、文字のみならず、バーコードや二次元コードにも適応できる。 This embodiment is applicable not only characters, can be adapted to a bar code or two-dimensional code.

本実施形態においては、Y方向のみに変形(拡大)したマークの例について説明した。 In the present embodiment has described an example of a mark deformed (expanded) only in the Y direction. マークの変形は2次元平面における拡大、縮小、平行移動、回転が考えられ、どのような変形であっても本実施形態の方法を適用することができる。 Expansion in the modified two-dimensional plane of the mark, reduction, translation, rotation is considered, can be any even modified to apply the method of this embodiment.

本発明の第3の実施形態は、上述の第1および第2の実施形態によりマークが形成された、光学ガラス部材(光学部材)1000である。 Third embodiment of the present invention, marked by the first and second embodiments described above is formed, it is an optical glass member (optical member) 1000. 本実施形態のマーク103は視認性が低く、マークによるフレアおよびゴーストを低減できる。 Mark 103 of this embodiment has low visibility, it can be reduced flare and ghost by the mark. 一方、マーク103を形成する材料を紫外線カットガラス又は、蛍光ガラスとすることによって、視認性が低い(可視光領域において透光性が高い)にもかかわらず、紫外線照射により確実にマークを読取ることができる。 On the other hand, the material forming the mark 103 or UV cut glass, by the fluorescent glass, low visibility (high light transmittance in the visible light region) despite reliably reading the mark by ultraviolet irradiation can.

[分散物(被膜材料)の調製] [Preparation of Dispersion (film material)
紫外線カットガラスの組成及び作製方法を下記に示す。 The composition and manufacturing methods of the UV cut glass below.

ガラス転移温度564℃、波長587.56nmにおける屈折率1.766のランタンフリント系光学ガラスを用意し、これを粉砕したもの100重量%に対し、ZnOを15重量%、TiO を3.7重量%、CeO を1.6重量%混合し、850℃で20分溶融させた後、300℃程度に加熱した定盤の上にキャストして板状の紫外線カットガラスを得た。 Glass transition temperature 564 ° C., to prepare lanthanum flint optical glass having a refractive index 1.766 at a wavelength of 587.56 nm, relative to 100 wt% obtained by pulverizing this, the ZnO 15 wt%, the TiO 2 3.7 wt %, and CeO 2 were mixed 1.6 wt%, was melted for 20 minutes at 850 ° C., to obtain a plate-shaped UV cut glass was cast on a surface plate heated to about 300 ° C.. 得られた紫外線カットガラスのガラス転移温度は533℃であり、紫外光の吸収端は382nmであった。 The glass transition temperature of the obtained ultraviolet cut glass is 533 ° C., the absorption edge of the UV light was 382 nm.

準備した紫外線カットガラスを平均粒径1μm程度まで細かく粉砕して、ガラス粒子(粉体)とした。 The prepared ultraviolet-cutting glass finely pulverized to an average particle size of about 1 [mu] m, and the glass particles (powder). さらに、ガラス粒子1gに、溶媒としての純水4gおよびメタノール1g、可燃物質としてカーボンブラック0.1g、さらにバインダとしてのヒドロキシエチルセルロース0.1gを混合して、分散物を調製した。 Further, the glass particles 1g, pure water 4g and methanol 1g as solvent, carbon black 0.1g as combustible material was further mixed hydroxyethyl cellulose 0.1g as a binder, to prepare a dispersion.

[ガラスプリフォーム上への融着膜の形成] [Formation of the fused film on the glass preform]
光学レンズ用のガラスプリフォームとして、前述のランタンフリント系光学ガラスからなるプリフォームを用意した。 As a glass preform for optical lenses, were prepared preforms comprised of the above-described lanthanum flint optical glass. 分散物をエアブラシを用いてガラスプリフォーム上に塗布した後、乾燥させ、厚みが約15μmの被膜が形成されたガラスプリフォームを得た。 After the dispersion using an airbrush was coated on a glass preform, dried, thickness to obtain a glass preform coating formed about 15 [mu] m.

次に、大気中(酸素を含有する雰囲気)において、ガラスプリフォーム上に形成された被膜に、レーザ光を被膜に対して相対移動(走査)させることで、所定のマークパターンでレーザ光を照射した。 Then, irradiation in the atmosphere (an atmosphere containing oxygen), the coating formed on the glass preform, by relatively moving the laser beam relative to the film (scan), the laser beam at a predetermined mark pattern did. レーザ光の照射により、ガラス粒子はガラスプリフォーム上に融着した。 By laser light irradiation, the glass particles were fused onto the glass preform. レーザ光源としてはYVO レーザの第二高調波を光源とするレーザマーカー(ミヤチテクノス社製、ML−9001A、波長532nm)を用いて行った。 Laser markers as a light source of the second harmonic of the YVO 4 laser as a laser light source was performed using (Miyachi Technos, ML-9001A, wavelength 532 nm) a. マークパターンは、ガラスプリフォームの外周から1mmの位置に、高さ0.5mmの文字として描いた。 Mark pattern, the position of 1mm from the periphery of the glass preform was drawn as a character height 0.5 mm. レーザ光源は、電流15AでCW発振させ、50μmのスポットサイズ、0.38Wのパワーで照射した。 Laser light source, is CW operation at a current 15A, 50 [mu] m spot size, was irradiated with a power of 0.38 W. 被膜に対するレーザ光の走査速度は0.2mm/sであった。 Scanning speed of the laser beam relative to the film was 0.2 mm / s.

なお、上記レーザ波長のレーザ光に対して、ガラスプリフォームの内部透過率は99.9%/cm以上であり、紫外線カットガラスの吸収は2.5%/cmであった。 Incidentally, the laser light of the laser wavelength, the internal transmittance of the glass preform is at 99.9% / cm or more, the absorption of UV cut glass was 2.5% / cm.

レーザによる走査後、被膜の一部が固着したガラスプリフォームを水槽に入れ、超音波洗浄機で洗浄した後、純水で水洗した。 After scanning with a laser, placed glass preform part of the film is stuck to the water tank, washed by an ultrasonic cleaner, and washed with pure water. 洗浄後、ガラスプリフォームを乾燥させた。 After washing, it was dried glass preform. こうして、レーザ走査部のみに、紫外線カットガラスからなる融着膜が形成されたガラスプリフォームを得た。 Thus, only the laser scanning unit, to obtain a glass preform melt-deposit is formed made of an ultraviolet-cutting glass.

[プレス工程] [Press Step]
図6に示すように、スリーブ14の内で移動可能な下金型12と上金型13の間に、上述のガラスプリフォーム1を配置してワーク20とする。 As shown in FIG. 6, between a lower mold 12 movable upper die 13 within the sleeve 14, the workpiece 20 by placing a glass preform 1 above. ワーク20を図7のプレス装置500の中の載置台21の上に配置する。 Placing the workpiece 20 on the table 21 in the press apparatus 500 of FIG. プレス装置500は、ワーク20内のガラスプリフォームを制御された圧力及び温度で加圧することができる。 Press apparatus 500 can be pressurized with a pressure and temperature controlled glass preform in the work 20. バルブ31を開き油回転ポンプ27によりチャンバー26を粗引きする。 The chamber 26 is roughing by open oil rotary pump 27 and valve 31. 粗引き後、バルブ31を閉じ、バルブ30及びバルブ29を開き、油拡散ポンプ28にてチャンバー26を本引きする。 After roughing, closing the valve 31, opening the valve 30 and valve 29 to the pull chamber 26 in an oil diffusion pump 28. チャンバー26内の圧力を示す真空計33の真空度が所定値以下になったら、ヒーター23によりチャンバー26内を加熱し、チャンバー26内の温度を成形温度まで上昇させ、10分間その温度で保持した。 When the vacuum gauge 33 the degree of vacuum that indicates the pressure in the chamber 26 falls below the predetermined value, heating the chamber 26 by the heater 23 increases the temperature in the chamber 26 to the forming temperature, and held at that temperature for 10 minutes . その後10分間、ピストン25を作動させて、ピストン25に連動した上型軸22によりワーク20内のガラスプリフォーム1を加圧する。 Then 10 minutes, the piston 25 is actuated to pressurize the glass preform 1 in the work 20 by the upper mold shaft 22 interlocked with the piston 25. 加圧開始後5分間でヒーター23による加熱を終了し、温度を降下させる。 Exit heated by the heater 23 in a pressurized start after 5 minutes, the temperature is reduced. その後放冷し、室温になったらバルブ30を閉じ、リークバルブ32を開き大気を導入する。 Then allowed to cool, closing the valve 30 Once turned to room temperature, air is introduced to open the leak valve 32. 大気導入後ワーク20を取り出し、下金型12および上金型13からガラスプリフォームを取り出す。 Removed air introduced after the work 20 is taken out of the glass preform from the lower mold 12 and upper mold 13. こうして、マークが形成された光学レンズを得た。 Thus, to obtain an optical lens mark is formed.

本実施例において、紫外線カットガラス及び光学レンズの波長587.56nmにおける屈折率は、それぞれ、1.773及び1.766であった。 In this embodiment, the refractive index at a wavelength of 587.56nm UV cut glass and the optical lenses, respectively, were 1.773 and 1.766. よって、波長587.56nmにおける紫外線カットガラスと光学レンズとの屈折率差は、0.007であった。 Therefore, the refractive index difference between the UV cut glass and the optical lens at the wavelength 587.56nm was 0.007.

[マークの読出し] [Mark reading of]
作製した光学レンズのマークが形成された面を上面とし、上面と反対側の面を下面とする。 The surface marks of the produced optical lens is formed is an upper surface, the surface of the upper surface opposite the lower surface. 光学レンズの下面から波長365nmのいわゆるブラックライトを照射し、マークをその透過光で観察した。 Irradiating the so-called black light having a wavelength of 365nm from the lower surface of the optical lens, it was observed in transmitted light the mark. マークの部分だけ光が透過せず、影文字のように明瞭に文字を視認できた。 Light does not pass through only the part of the mark was visible to clearly character like a shadow character.

[マークの観察、評価] [Mark of observation, evaluation]
光学レンズに形成したマークを光学顕微鏡により観察した。 The marks formed on the optical lens was observed with an optical microscope. マークの形状は、図3(c)に示すように、光学レンズ表面に埋没して表面は平坦であり、可視光下ではほとんど目立たないものであった。 The shape of the mark, as shown in FIG. 3 (c), the surface and buried in the optical lens surface is flat, were those barely noticeable under visible light. さらに、光の反射、散乱ともに光学レンズの光学性能に悪影響を与えない水準のものであった。 Further, reflection of light, were those levels that do not adversely affect the optical performance of the optical lens to scatter both. 本実施例において、ガラス粒子のガラス転移温度は533℃、ガラスプリフォームのガラス転移温度は564℃であり、ガラス粒子のガラス転移温度の方が低い。 In this embodiment, the glass transition temperature of the glass particles 533 ° C., a glass transition temperature of the glass preform is 564 ° C., the lower the glass transition temperature of the glass particles. 図3(a)にあるような窪み104は形成されなかったため、形成されたマークはプレス工程において流動したものと考えられる。 Because it was not formed recess 104 as in FIG. 3 (a), a mark formed is considered to have fluidity in the pressing step. 本実施例では研磨を行わなかった。 It was not polished in this embodiment.

[分散物(被膜材料)の調製] [Preparation of Dispersion (film material)
原料ガラスとして実施例1と同一のランタンフリント系光学ガラスを用意した。 As starting glass was prepared by the same lanthanum flint optical glass as in Example 1. 用意した原料ガラスを平均粒径1〜5μm程度に粉砕した。 The prepared raw material glass was ground to an average particle size of about 1 to 5 [mu] m. 粉砕した原料ガラス粉末体に、TiO 粉末を添加し、充分に撹拌した。 The crushed raw glass powder body was added TiO 2 powder was thoroughly stirred. TiO 粉末の添加量は、原料ガラス粉末体とTiO 粉末の合計量に対して、3.6重量%とした。 The addition amount of TiO 2 powder, based on the total amount of the raw material glass powder body and the TiO 2 powder was 3.6 wt%. さらにTiO 粉末を添加した原料ガラス粉末体を白金坩堝に入れ、1400℃で30分間溶解し、撹拌、清澄を行った後、400℃に加熱した金属製型上にキャストし、固化させた。 Further put raw glass powder body with the addition of TiO 2 powder in a platinum crucible, melted at 1400 ° C. 30 minutes, stirring, after refining, was cast on a metal mold heated to 400 ° C., and allowed to solidify. その後徐冷して、板状の紫外線カットガラスを得た。 And then slowly cooled to obtain a plate-shaped UV cut glass. 得られた紫外線カットガラスのガラス転移温度は554℃であり、紫外光の吸収端は330nmであった。 The glass transition temperature of the obtained ultraviolet cut glass is 554 ° C., the absorption edge of the UV light was 330 nm.

この紫外線カットガラスを平均粒径1μm程度まで細かく粉砕して、ガラス粒子(粉体)とした。 The UV cut glass and finely pulverized to an average particle size of about 1 [mu] m, and the glass particles (powder). さらに、ガラス粒子1gに対して、溶媒としての純水4gおよびメタノール1g、可燃物質としてカーボンブラック0.1g、さらにバインダとしてのヒドロキシエチルセルロース0.1gを混合して、分散物を調製した。 Further, the glass particles 1g, pure water 4g and methanol 1g as solvent, carbon black 0.1g as combustible material was further mixed hydroxyethyl cellulose 0.1g as a binder, to prepare a dispersion.

[マークの形成] [Formation of the mark]
実施例1と同一のガラスプリフォームを用意し、分散物を、エアブラシを用いてガラスプリフォームに噴霧した後、自然乾燥し、厚みが約15μmの被膜が形成された光学プリフォームを得た。 Providing a same glass preform and Example 1, the dispersion was sprayed into a glass preform using an airbrush, and air dried to give the thickness of about 15μm of the coating formed optical preform.

以下、実施例1と同様の条件で、レーザ光を被膜に照射してガラスプリフォーム上に融着膜を形成し、プレス工程を経て、マークが形成された光学レンズを得た。 Hereinafter, in the same conditions as in Example 1, by irradiating a laser beam to the coating fused film formed on the glass preform, through a press process, to obtain an optical lens mark is formed. 尚、被膜に照射したレーザ波長のレーザ光に対して、ガラスプリフォームの内部透過率は99.9%/cm以上であり、紫外線カットガラスの吸収は0.6%/cmであった。 Incidentally, the laser light of the laser wavelength irradiated onto the film, the internal transmittance of the glass preform is at 99.9% / cm or more, the absorption of UV cut glass was 0.6% / cm.

更に、本実施例においては、プレス工程の後、マークおよびその周辺をCeO 研磨剤により研磨した。 Further, in this embodiment, after the pressing step, it was polished by CeO 2 abrasive marks and its vicinity.

本実施例において、紫外線カットガラス及び光学レンズの波長587.56nmにおける屈折率は、それぞれ、1.769及び1.766であった。 In this embodiment, the refractive index at a wavelength of 587.56nm UV cut glass and the optical lenses, respectively, were 1.769 and 1.766. すなわち、波長587.56nmにおける紫外線カットガラスと光学レンズとの屈折率差は、0.003であった。 That is, the refractive index difference between the UV cut glass and the optical lens at the wavelength 587.56nm was 0.003.

[マークの読出し] [Mark reading of]
作製した光学レンズのマークが形成された面を上面とし、上面と反対側の面を下面とする。 The surface marks of the produced optical lens is formed is an upper surface, the surface of the upper surface opposite the lower surface. 作製した光学レンズの下面から波長365nmのいわゆるブラックライトを照射して、マークをその透過光で観察した。 Fabricated by irradiating the so-called black light from a lower surface of the wavelength 365nm optical lenses were observed with transmitted light the mark. マークだけ光が透過せず、影文字のように明瞭に文字を視認できた。 Mark only the light does not pass through, we were able to visually recognize the clearly character like a shadow character.

[マークの観察、評価] [Mark of observation, evaluation]
光学レンズに形成したマークを光学顕微鏡により観察した。 The marks formed on the optical lens was observed with an optical microscope. 光学顕微鏡の観察は、研磨工程の前のマークと、研磨工程の後のマークの両方について行った。 Observation of the optical microscope, the previous mark polishing process was performed on both the mark after the polishing step. 研磨工程の前のマークは、光学レンズ表面に埋没して表面は平坦であり、そのマークのエッジに図3(a)に示すような窪み104が形成されていた。 Mark of the previous polishing step, the surface buried in the optical lens surface is flat, the depression 104 as shown in FIG. 3 (a) is formed in the edge of the mark. 研磨工程前のマークは多少の視認性を有するが、光の反射、散乱ともに光学レンズの光学性能に悪影響を与えない程度のものであった。 Although mark before polishing process has some visibility, reflection of light, it was of a degree that does not adversely affect the optical performance of the optical lens to scatter both. 研磨工程後のマークでは、窪み104は消失していた。 The mark after the polishing step, the recess 104 had disappeared. 研磨工程後のマークは、可視光下ではほとんど目立たないものであった。 Mark after the polishing process were those barely noticeable under visible light. また、研磨工程後のマークからの光の反射、散乱は、光学レンズの光学性能に悪影響を与えない程度であり、研磨工程前のマークと比較してマークからの光の反射、散乱は更に低くなっていた。 The reflection of light from the mark after the polishing step, the scattering is a degree that does not adversely affect the optical performance of the optical lens, the reflection of light from the mark compared to mark before polishing step, scattering even lower it is had.

本実施例において、ガラス粒子のガラス転移温度は554℃、ガラスプリフォームのガラス転移温度は564℃であり、ガラス粒子のガラス転移温度の方が僅かに低い。 In this embodiment, the glass transition temperature of the glass particles 554 ° C., a glass transition temperature of the glass preform is 564 ° C., slightly lower better glass transition temperature of the glass particles. よって、プレス時における溶融したガラス粒子は流動しなかったか、または流動が殆ど起こらなかったため、研磨工程前のマークでは窪み104が生じたものと考えられる。 Thus, glass particles melted during pressing because did not flow, or flow is hardly occurred, is considered to be caused is 104 recess the mark before polishing step. 研磨工程により、窪み104は消去し、より視認性の低いマークを得られることが確認できた。 The polishing process recesses 104 erases, it was confirmed that the resulting lower visibility mark.

[分散物(被膜材料)の調製] [Preparation of Dispersion (film material)
実施例1と同一のランタンフリント系光学ガラスの粉砕物からなる原料粉末体に、CeO 粉末を添加し、充分に撹拌した。 The raw material powder body made of pulverized same lanthanum flint optical glass as in Example 1, was added to CeO 2 powder was thoroughly stirred. CeO 粉末の添加量は、原料粉末体とCeO 粉末の合計量に対して、1.6重量%とした。 The addition amount of CeO 2 powder, the raw material powder bodies and the total amount of CeO 2 powder was 1.6 wt%. さらにCeO 粉末を添加した原料粉末体を白金坩堝に入れ、1350℃で30分間溶解し、撹拌、清澄を行った後、400℃に加熱した金属製型上にキャストし、固化させた。 Further put raw powder material with the addition of CeO 2 powder in a platinum crucible, melted at 1350 ° C. 30 minutes, stirring, after refining, was cast on a metal mold heated to 400 ° C., and allowed to solidify. そしてその後徐冷して、板状の紫外線カットガラスを得た。 And afterwards slowly cooled to obtain a plate-shaped UV cut glass. 得られた紫外線カットガラスのガラス転移温度は、568℃であり、紫外線の吸収端は372nmであった。 The glass transition temperature of the obtained ultraviolet cut glass is 568 ° C., the absorption edge of the UV was 372 nm.

このように作製した紫外線カットガラスを、平均粒径1μm程度まで細かく粉砕して、ガラス粒子(粉体)とした。 Such a UV cut glass prepared, the finely pulverized to an average particle size of about 1 [mu] m, and the glass particles (powder). さらに、ガラス粒子1gに、溶媒としての純水4gおよびメタノール1g、可燃物質としてカーボンブラック0.1g、さらにバインダとしてのヒドロキシエチルセルロース0.1gを混合して、分散物を調製した。 Further, the glass particles 1g, pure water 4g and methanol 1g as solvent, carbon black 0.1g as combustible material was further mixed hydroxyethyl cellulose 0.1g as a binder, to prepare a dispersion.

[マークの形成] [Formation of the mark]
実施例1と同一のガラスプリフォームを用意した。 It was prepared by the same glass preform and Example 1. 分散物を、エアブラシを用いてガラスプリフォームに噴霧した後、乾燥し、厚みが約15μmの被膜が形成されたガラスプリフォームを得た。 The dispersion was sprayed onto a glass preform using an airbrush and dried to obtain a glass preform having a thickness of about 15μm of the coating formed.

以下、実施例1と同様の条件で、レーザ光を被膜に照射してガラスプリフォーム上に融着膜を形成し、プレス工程を経て、マークが形成された光学レンズを得た。 Hereinafter, in the same conditions as in Example 1, by irradiating a laser beam to the coating fused film formed on the glass preform, through a press process, to obtain an optical lens mark is formed. 更に、本実施例では、プレス工程の後、実施例2と同様の条件でマークおよびその周辺を研磨した。 Further, in this embodiment, after the pressing step, polishing the mark and its vicinity under the same conditions as in Example 2. 被膜に照射した波長のレーザ光に対して、ガラスプリフォームの内部透過率は99.9%/cm以上であり、紫外線カットガラスの吸収は0.5%/cmであった。 The laser beam having a wavelength which is irradiated to the film, the internal transmittance of the glass preform is at 99.9% / cm or more, the absorption of UV cut glass was 0.5% / cm.

本実施例において、紫外線カットガラス及び光学レンズの波長587.56nmにおける屈折率は、それぞれ、1.769及び1.766であった。 In this embodiment, the refractive index at a wavelength of 587.56nm UV cut glass and the optical lenses, respectively, were 1.769 and 1.766. すなわち、紫外線カットガラスと光学レンズとの波長587.56nmにおける屈折率差は0.003であった。 That is, the refractive index difference at a wavelength of 587.56nm the UV cut glass and the optical lens was 0.003.

[マークの読出し] [Mark reading of]
作製した光学レンズのマークが形成された面を上面とし、上面と反対側の面を下面とする。 The surface marks of the produced optical lens is formed is an upper surface, the surface of the upper surface opposite the lower surface. 作製した光学レンズの下面から波長365nmのいわゆるブラックライトを照射して、マークをその透過光で観察した。 Fabricated by irradiating the so-called black light from a lower surface of the wavelength 365nm optical lenses were observed with transmitted light the mark. マークだけ光が透過せず、影文字のように明瞭に文字を視認できた。 Mark only the light does not pass through, we were able to visually recognize the clearly character like a shadow character.

[マークの観察、評価] [Mark of observation, evaluation]
光学レンズに形成したマークを光学顕微鏡により観察した。 The marks formed on the optical lens was observed with an optical microscope. 光学顕微鏡の観察は、研磨工程の前のマークと、研磨工程の後のマークの両方について行った。 Observation of the optical microscope, the previous mark polishing process was performed on both the mark after the polishing step. 研磨工程の前のマークは、光学レンズ表面に埋没して表面は平坦であり、そのマークのエッジに図3(a)に示すような窪み104が形成されていた。 Mark of the previous polishing step, the surface buried in the optical lens surface is flat, the depression 104 as shown in FIG. 3 (a) is formed in the edge of the mark. 研磨工程前のマークは多少の視認性を有するが、光の反射、散乱ともに光学レンズの光学性能に悪影響を与えない程度のものであった。 Although mark before polishing process has some visibility, reflection of light, it was of a degree that does not adversely affect the optical performance of the optical lens to scatter both. 研磨工程後のマークでは、窪み104は消失していた。 The mark after the polishing step, the recess 104 had disappeared. 研磨工程後のマークは、可視光下ではほとんど目立たないものであった。 Mark after the polishing process were those barely noticeable under visible light. また、研磨工程後のマークからの光の反射、散乱は、光学レンズの光学性能に悪影響を与えない程度であり、研磨工程前のマークと比較してマークからの光の反射、散乱は更に低くなっていた。 The reflection of light from the mark after the polishing step, the scattering is a degree that does not adversely affect the optical performance of the optical lens, the reflection of light from the mark compared to mark before polishing step, scattering even lower it is had.

本実施例において、ガラス粒子のガラス転移温度は568℃、ガラスプリフォームのガラス転移温度は564℃であり、ガラス粒子のガラス転移温度の方が僅かに高い。 In this embodiment, the glass transition temperature of the glass particles 568 ° C., a glass transition temperature of the glass preform is 564 ° C., slightly higher in glass transition temperature of the glass particles. よって、プレス時における溶融したガラス粒子は流動しなかったか、または流動が殆ど起きなかったため、研磨工程前のマークでは窪み104が生じたものと考えられる。 Thus, glass particles melted during pressing because did not flow, or flow did not occur hardly believed that occurred 104 recess the mark before polishing step. 研磨工程により、窪み104は消去し、より視認性の低いマークを得られることが確認できた。 The polishing process recesses 104 erases, it was confirmed that the resulting lower visibility mark.

以上の各実施例で示したガラス転移温度は、示差熱測定装置(DTA)を用い、昇温速度3℃/分で測定した値である。 Above the glass transition temperature shown in each example, using a differential thermal measurement device (DTA), is a value measured at a heating rate 3 ° C. / min.

尚、実施例2及び3においては、プレス工程の後、マークおよびその周辺の研磨を行っているが、研磨は光学ガラス部材の使用用途によっては不要である。 In Examples 2 and 3, after the pressing process, is performed to polish the mark and its periphery, the polishing is not required by the intended use of the optical glass member. 実施例2及び3における研磨前のマークは、そのマークエッジ部に窪みを有しており、窪みによる視認性自体をマークとして活用可能であり、またマークの位置の確認手段として利用することもできる。 Mark before polishing in Examples 2 and 3 may be the mark has a depression in an edge portion, which is capable of utilizing the visibility itself by depression as a mark, also used as a means of confirming the position of the mark .

尚、本実施例1〜3においては、被膜にレーザを照射した後、ガラスプリフォームを洗浄し、未融着の被膜をガラスプリフォームの表面から除去しているが、場合によっては洗浄工程は不要である。 In this embodiment 1-3, after irradiation with the laser the film, washing the glass preform, but a coating of unfused are removed from the surface of the glass preform, the washing step optionally is not required. 例えば、ガラスプリフォーム上の被膜をマークのパターンとして形成し、形成した被膜全てをガラスプリフォーム上に融着させる場合には、レーザを照射した後の光学レンズの洗浄は不要である。 For example, to form a coating on the glass preform as a pattern of the mark, all the formed film when fusing on glass preforms, cleaning of optical lenses after the irradiation of laser is not required.

1 ガラスプリフォーム 2 被膜 3 融着膜 4 ガラス粒子 1 glass preform 2 coat 3 Toruchakumaku 4 glass particles

101 光学ガラス部材103 マーク104 窪み1000 マーク付き光学ガラス部材(光学部材) 101 optical glass member 103 mark 104 recess 1000 marked optical glass member (optical member)

10 レーザ光源 11 レーザ光 12 下金型 13 上金型 14 スリーブ 20 ワーク 21 載置台 22 上型軸 23 ヒーター 25 ピストン 26 チャンバー 27 油回転ポンプ 28 油拡散ポンプ 29、30、31 バルブ 32 リークバルブ 33 真空計 500 プレス装置 10 laser light source 11 a laser beam 12 lower mold 13 upper die 14 sleeve 20 on the work 21 table 22 type shaft 23 heater 25 piston 26 chamber 27 oil rotary pump 28 an oil diffusion pump 29, 30, 31 valve 32 leak valve 33 vacuum a total of 500 press apparatus

Claims (10)

  1. 光学ガラス部材のマーク形成方法であって、 A mark forming method of an optical glass member,
    ガラスプリフォームを用意することと、 And providing a glass preform,
    ガラス粒子を含む被膜を前記ガラスプリフォームの表面に形成することと、 Forming a coating comprising glass particles on the surface of the glass preform,
    前記被膜の所定の領域にレーザ光を照射することで、前記ガラス粒子を前記ガラスプリフォームの表面に融着させて融着膜を形成することと、 And forming a predetermined by irradiating a laser beam to the region, the glass particles are fused to the surface of the glass preform melt-deposit of said coating,
    前記融着膜が形成されたガラスプリフォームをプレス成形することと、 The method comprising press molding the glass preform, wherein the fusion-deposit is formed,
    前記プレス成形の後、前記光学ガラス部材のマークが形成された部分を研磨することを含む光学ガラス部材のマーク形成方法。 After the press molding, the mark forming method of an optical glass element which comprises polishing the mark of the optical glass element is formed partially.
  2. 前記ガラス粒子のガラス転移温度が、前記ガラスプリフォームのガラス転移温度よりも低い請求項1記載の光学ガラス部材のマーク形成方法。 The glass transition temperature of the glass particles, the mark forming method of an optical glass member lower claim 1, wherein the glass transition temperature of the glass preform.
  3. 前記融着膜の形成後、更に、融着しなかったガラス粒子を含む被膜を前記ガラスプリフォームの表面から除去することを含む請求項1または2に記載の光学ガラス部材のマーク形成方法。 The fusion after formation of the film deposition, further, the mark forming method of an optical glass member according to claim 1 or 2 a coating containing glass particles not fused and removing from the surface of the glass preform.
  4. 前記ガラス粒子は、紫外線カットガラスであり、波長587.56nmにおける前記光学ガラス部材と前記紫外線カットガラスとの屈折率差の絶対値が0.1以下である請求項1〜3のいずれか一項に記載の光学ガラス部材のマーク形成方法。 The glass particles are UV cut glass, any one of claims 1 to 3 absolute value of the refractive index difference between the ultraviolet-cutting glass as the optical glass element at a wavelength of 587.56nm is 0.1 or less mark forming method of an optical glass member according to.
  5. 前記ガラス粒子は、蛍光ガラスであり、波長587.56nmにおける前記光学ガラス部材と前記蛍光ガラスとの屈折率差の絶対値が0.1以下である請求項1〜3のいずれか一項に記載の光学ガラス部材のマーク形成方法。 The glass particles are fluorescent glass according to any one of claims 1 to 3 absolute value of the refractive index difference between the fluorescent glass and the optical glass member at a wavelength of 587.56nm is 0.1 or less mark method for forming an optical glass member.
  6. 請求項1〜5のいずれか一項に記載のマーク形成方法により、第1の光学ガラス部材にテストパターンのマークを形成することと、 The mark forming method according to any one of claims 1 to 5, and forming a mark of the test pattern to the first optical glass member,
    前記第1の光学ガラス部材において、プレス前のテストパターンの融着膜の形状に対するプレス後のテストパターンのマークの形状の変化率を求めることと、 In the first optical glass member, and determining the rate of change of the shape of the mark of the test pattern after pressing on the shape of the fused film before pressing the test pattern,
    前記求められた変化率に基づいて融着膜を形成することを含む、請求項1〜5のいずれか一項に記載のマーク形成方法により、第2の光学ガラス部材にマークを形成することを含む光学ガラス部材のマーク形成方法。 Includes forming a fused film on the basis of the determined change rate, the mark forming method according to any one of claims 1-5, forming a mark in the second optical glass member mark forming method of an optical glass element comprising.
  7. 請求項1〜6のいずれか一項に記載の光学ガラス部材のマーク形成方法を含む光学ガラス部材の製造方法。 Method of producing an optical glass element comprising a mark forming method of an optical glass member according to any one of claims 1 to 6.
  8. 請求項1〜6のいずれか一項に記載の光学ガラス部材のマーク形成方法によりマークが形成された光学ガラス部材。 Optical glass member having marks formed by the mark forming method of an optical glass member according to any one of claims 1 to 6.
  9. 前記マークの表面と前記光学部材の表面とが、面一である請求項8に記載の光学ガラス部材。 Wherein the surface of the mark and the surface of the optical member, optical glass member according to claim 8 which is flush.
  10. 請求項7に記載の製造方法により製造された光学ガラス部材。 Optical glass member manufactured by the manufacturing method according to claim 7.
JP2009246381A 2009-10-27 2009-10-27 Mark forming method of an optical glass member, manufacturing method, and marked optical glass members marked optical glass member Active JP5471300B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009246381A JP5471300B2 (en) 2009-10-27 2009-10-27 Mark forming method of an optical glass member, manufacturing method, and marked optical glass members marked optical glass member

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009246381A JP5471300B2 (en) 2009-10-27 2009-10-27 Mark forming method of an optical glass member, manufacturing method, and marked optical glass members marked optical glass member

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011093718A true JP2011093718A (en) 2011-05-12
JP5471300B2 true JP5471300B2 (en) 2014-04-16

Family

ID=44111087

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009246381A Active JP5471300B2 (en) 2009-10-27 2009-10-27 Mark forming method of an optical glass member, manufacturing method, and marked optical glass members marked optical glass member

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5471300B2 (en)

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6075223A (en) * 1997-09-08 2000-06-13 Thermark, Llc High contrast surface marking
JP4072496B2 (en) * 2003-01-09 2008-04-09 Hoya株式会社 Method of manufacturing a glass optical element

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2011093718A (en) 2011-05-12 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5397686A (en) Laser marking system and method for temporarily marking a surface
Lowdermilk et al. Laser-induced surface and coating damage
US6313436B1 (en) High contrast surface marking using metal oxides
Fischer et al. Three‐dimensional optical laser lithography beyond the diffraction limit
Temple et al. Carbon dioxide laser polishing of fused silica surfaces for increased laser-damage resistance at 1064 nm
US5376308A (en) Coating solution for forming transparent conductive coating and process for preparing same
US5576097A (en) High brightness durable retro-reflecting microspheres and method of making the same
US6444068B1 (en) Use of a laser-sensitive coating for the production of a laser-inscribable sheet of glass
US20010028390A1 (en) Method for making marks in a transparent material by using a laser
US6204971B1 (en) Glass microspheres for use in films and projection screen displays and methods
Petrov et al. Reflection Z‐scan technique for measurements of optical properties of surfaces
US5851335A (en) Method and compositions for laser imprinting AND articles imprinted using such methods and compositions
US3846011A (en) Chalkboard usable as a rear projection screen
US20040247935A1 (en) Read-out device and procedure for its manufacture
US4600630A (en) Method for making a protective coating on a machine-readable marking and the product thereof
US6670576B2 (en) Method for producing images containing laser-induced color centers and laser-induced damages
Miyamoto et al. Local melting of glass material and its application to direct fusion welding by ps-laser pulses
JP2006306063A (en) Recording method for contactless rewriteable thermal label
Bellec et al. Beat the diffraction limit in 3D direct laser writing in photosensitive glass
US6664501B1 (en) Method for creating laser-induced color images within three-dimensional transparent media
US4670295A (en) Method for making a protective coating on a machine-readable marking
JPH09311237A (en) Optical waveguide and its manufacture
US6969695B2 (en) Information recording-displaying card, image processing method using same, and image processor
JP2006309143A (en) Manufacturing method of mask blank glass substrate, manufacturing method of mask blank, mask blank glass substrate, and mask blank
US20050269301A1 (en) Method and laser sytem for production of laser-induced images inside and on the surface of transparent material

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20121024

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20131031

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20131105

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20131209

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140107

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140120

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250