JP5360257B2 - Frame relay device, the path learning program, and a route learning method - Google Patents

Frame relay device, the path learning program, and a route learning method Download PDF

Info

Publication number
JP5360257B2
JP5360257B2 JP2012083209A JP2012083209A JP5360257B2 JP 5360257 B2 JP5360257 B2 JP 5360257B2 JP 2012083209 A JP2012083209 A JP 2012083209A JP 2012083209 A JP2012083209 A JP 2012083209A JP 5360257 B2 JP5360257 B2 JP 5360257B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
frame
subnet
flag
output port
port
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2012083209A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2012130084A (en )
Inventor
雅美 関戸
Original Assignee
富士通株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To discriminate between communication in a subnet and communication between subnets while suppressing increase in cost required for configuring a network. <P>SOLUTION: A flooding processing part 131 adds a flag '0' to a frame to be flooded in the same subnet as a transmission source of the frame, and adds a flag '1' to a frame to be flooded beyond the subnet. A flag determination part 132 outputs the frame with the flag '0' to a transmission source registration part 126-1, and outputs the frame with the flag '1' to a band controller 124-2. The transmission source registration part 126-1 makes a learning table 127-1 learn the correspondence between a transmission source address of the frame and an input port together with the flag '0'. A transmission source registration part 126-2 makes a learning table 127-2 learn the correspondence between a transmission source address of the frame after band control by the band controller 124-2 and an input port together with the flag '1'. <P>COPYRIGHT: (C)2012,JPO&amp;INPIT

Description

本発明は、フレーム中継装置、経路学習プログラム、および経路学習方法に関し、特に、ネットワークの構成に要するコストの増大を抑制しつつ、サブネット内の通信とサブネット間の通信とを区別することができるフレーム中継装置、経路学習プログラム、および経路学習方法に関する。 Frame invention, the frame relay apparatus, the path learning program, and to a route learning method, in particular, while suppressing an increase in cost of construction of the network, it is possible to distinguish between communication between communication and subnets in the subnet relay device, path learning program, and a route learning method.

近年、例えば企業などに設置された複数の通信端末装置は、互いに通信可能に接続されLAN(Local Area Network)を構成するのが一般的である。 Recently, for example, a plurality of communication terminal apparatuses that are installed in a company, it is common to configure a LAN connected to be communicable with each other (Local Area Network). さらに、LANを構成する通信端末装置が物理的な接続状況に関わらず論理的にグループ化され、LANの中に複数のVLAN(Virtual LAN)が形成されることもある。 Furthermore, the communication terminal apparatus constituting the LAN are logically grouped regardless of physical connection status, sometimes more than one VLAN in the LAN (Virtual LAN) is formed. VLANが形成されることにより、同一のVLANに属する通信端末装置は、1つのLANに属する通信端末装置のように相互に通信することができるとともに、異なるVLANに属する通信端末装置は、物理的な接続状態とは無関係に互いを区別することができる。 By VLAN is formed, the communication terminal devices belonging to the same VLAN, it is possible to communicate with each other as communication terminal devices belonging to one LAN, the communication terminal devices belonging to different VLAN, physical regardless of the connection state can be distinguished from each other.

このようなVLANを構成する際、例えば特許文献1においては、各VLAN内で独自に使用されるプライベートIPアドレスとVLANの外部で共通して使用されるグローバルIPアドレスとを変換するアドレス変換装置を設けることにより、VLAN内およびVLAN間で効率的にフレームをルーティングすることが開示されている。 When forming such a VLAN, for example, in Patent Document 1, an address converter for converting the global IP address used commonly outside the private IP address and the VLAN used independently in the respective VLAN by providing, it is disclosed to route efficiently frames between VLAN within and VLAN. 特に、特許文献1においては、VLANごとにアドレス変換に用いるテーブルを切り替えることにより、1つのアドレス変換装置によって複数のVLANに対応するアドレス変換が可能となる。 In particular, in Patent Document 1, by switching the table used for address translation for each VLAN, it is possible to address translation corresponding to a plurality of VLAN by a single address translation device.

ところで、VLAN内では、さらに通信端末装置を論理的にグループ化し、複数のサブネットを構成することが可能である。 Meanwhile, within the VLAN, it is possible to further communication terminals logically grouped to form a plurality of subnets. そして、これらのサブネットは、L2スイッチ(レイヤ2スイッチ)を介して接続されることがある。 Then, these subnets may be connected via the L2 switch (layer 2 switch). すなわち、例えば図6に示すように、VLANがサブネット#1およびサブネット#2に分割され、サブネット#1にL2スイッチ10が配置され、サブネット#2にL2スイッチ20が配置されている場合、L2スイッチ10とL2スイッチ20とを互いに接続することにより、サブネット#1とサブネット#2が接続される。 For example, as shown in FIG. 6, VLAN is divided into a subnet # 1 and the subnet # 2, are disposed L2 switch 10 to the subnet # 1, if the subnet # 2 to the L2 switch 20 is disposed, the L2 switch by connecting the 10 and L2 switch 20 to one another, the subnet # 1 and the subnet # 2 are connected.

図6に示すVLAN構成では、サブネット#1に属する通信端末装置がサブネット#2に属する通信端末装置へフレームを送信する場合、このフレームは、L2スイッチ10およびL2スイッチ20によって中継されることになる。 The VLAN configuration shown in FIG. 6, when the communication terminal devices belonging to the subnet # 1 transmits a frame to the communication terminals belonging to the subnet # 2, this frame will be relayed by the L2 switch 10 and the L2 switch 20 . このように、サブネットを跨ぐフレームは、必ずL2スイッチ10とL2スイッチ20の間の経路を伝送されることになるため、例えばサブネット内の通信とサブネット間の通信とに異なる料金体系が適用される場合などは、フレームがL2スイッチ10とL2スイッチ20の間の経路を伝送されたか否かにより、サブネット内の通信とサブネット間の通信とを区別することが可能となる。 Thus, the frame between the subnets are to become to be always transmitting path between the L2 switches 10 and 20, for example, different pricing to the communication between the communication and subnets in the subnet application such as when a frame is by whether it is transmitting path between the L2 switches 10 and 20, it is possible to distinguish between communication between communication and subnets in the subnet.

特開2005−20170号公報 JP 2005-20170 JP

しかしながら、複数のサブネットそれぞれにL2スイッチを配置する場合には、各サブネットに配置されたL2スイッチを互いに接続するためにそれぞれのL2スイッチのポートが消費されてしまい、限られた数のポートを浪費してしまうという問題がある。 However, when placing the L2 switch to a plurality of subnets, would be the port of each of the L2 switch are consumed in order to connect the L2 switches arranged in each subnet to each other, wasting a limited number of ports there is a problem that to become.

具体的には、図6に示したVLAN構成において、L2スイッチ10とL2スイッチ20とが互いに接続されているため、一方のL2スイッチは、他方のL2スイッチと接続するためのポートを1つ確保しなければならない。 Specifically, in the VLAN configuration shown in FIG. 6, L2 since the switch 10 and the L2 switch 20 are connected to each other, one of L2 switches, one port for connecting to the other of the L2 switch securing Must. このため、サブネット内の通信端末装置に接続可能なポートが1つ浪費され、多くの通信端末装置と接続するポートを確保するためには、1つのサブネット内により多くのL2スイッチを配置する必要が生じる。 Thus, connectable port to the communication terminals in a subnet is wasted one, in order to ensure a port for connecting a number of the communication terminal apparatus, it is necessary to place more L2 switches by a single subnet occur. 結果として、VLANを構成するためのコストが増大してしまう。 As a result, the cost for constructing the VLAN increases.

また、図6に示したVLAN構成においては、サブネットごとにL2スイッチが配置されるため、サブネットの数が増大すれば、必要となるL2スイッチの数も増大し、VLANを構成するためのコストがさらに増大してしまう。 In the VLAN configuration shown in FIG. 6, since the L2 switch for each subnet is placed, An increase in the number of subnets, also increases the number of L2 switches required, the cost for configuring the VLAN resulting in further increases.

一方で、複数のサブネットが1つのL2スイッチを介して接続されるVLAN構成とすれば、L2スイッチのポートの浪費やL2スイッチ数の増大によるコストの増大を抑制することができるものの、フレームの伝送経路によってサブネット内の通信とサブネット間の通信とを区別することができない。 On the other hand, if the VLAN configuration in which a plurality of subnets are connected via a single L2 switch, although it is possible to suppress an increase in cost due to the L2 switch ports wasted and L2 switches increase in the number of transmission frames it is impossible to distinguish between communication between communication and subnets in the subnet by the path. すなわち、図6に示したVLAN構成においては、L2スイッチ10とL2スイッチ20の間の経路におけるフレームの伝送の有無により、通信の種別を判断することが可能であるが、2つのサブネット間に1つのL2スイッチが配置される構成では、サブネット内の通信においてもサブネット間の通信においてもフレームがL2スイッチによって中継されることになり、両者を区別することができない。 That is, in the VLAN configuration shown in FIG. 6, by the presence or absence of a transmission frame in the path between the L2 switches 10 and 20, it is possible to determine the type of communication, between two subnets 1 One of the configurations L2 switch is disposed, the frame is to be relayed by the L2 switch both in communication between subnets in communication in the subnet, it is impossible to distinguish between the two.

本発明はかかる点に鑑みてなされたものであり、ネットワークの構成に要するコストの増大を抑制しつつ、サブネット内の通信とサブネット間の通信とを区別することができるフレーム中継装置、経路学習プログラム、および経路学習方法を提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of the foregoing, while suppressing an increase in cost required for configuration of the network, a frame relay apparatus which is capable of distinguishing between a communication between the communication and subnets in the subnet, the path learning program , and an object of the invention to provide a route learning method.

上記課題を解決するために、本発明に係るフレーム中継装置は、第1のサブネットに接続する入力ポートからフレームを取得する取得手段と、前記取得手段によって取得されたフレームの宛先に対応する出力ポートを設定する設定手段と、前記設定手段によって設定されたフレームの出力ポートが第1のサブネットに接続する場合に、出力ポートを介してフレームを第1のサブネットへ伝送する第1の伝送手段と、前記設定手段によって設定されたフレームの出力ポートが第1のサブネットとは異なる第2のサブネットに接続する場合に、出力ポートを介してフレームを第2のサブネットへ伝送する第2の伝送手段とを有する構成を採る。 In order to solve the above problems, the frame relay apparatus according to the present invention includes an acquisition means for acquiring a frame from an input port connected to a first subnet, the output port corresponding to the destination of the frame acquired by the acquisition means setting means for setting and a first transmission means for transmitting when the output port of the frame set by the setting means is connected to the first subnet, the frame via the output port to the first subnet, If the output port of the frame set by the setting means is connected to a different second subnet from the first subnet, and a second transmission means for transmitting the frame through the output port to the second subnet a configuration with.

この構成によれば、同一サブネット内におけるフレームの伝送とサブネットを跨いだフレームの伝送とがフレーム中継装置内の異なる経路を経由して行われるため、2つのサブネットを1つのフレーム中継装置によって接続しても、サブネット内の通信とサブネット間の通信とを区別することができる。 According to this arrangement, since the transmission of a frame straddling the transmission and subnet of a frame in the same subnet is performed via different routes within the frame relay apparatus, to connect the two subnets by a single frame relay apparatus also, it is possible to distinguish between communication between communication and subnets in the subnet. 換言すれば、ネットワークの構成に要するコストの増大を抑制しつつ、サブネット内の通信とサブネット間の通信とを区別することができる。 In other words, while suppressing an increase in cost required for configuration of the network, it is possible to distinguish between communication between communication and subnets in the subnet.

また、本発明に係るフレーム中継装置は、第1のサブネットに接続する入力ポートからフレームを取得する取得手段と、前記取得手段によって取得されたフレームの宛先に対応する出力ポートを設定する設定手段と、前記設定手段によって設定されたフレームの出力ポートが第1のサブネットとは異なる第2のサブネットに接続するか否かを示すフラグをフレームに付加する付加手段と、前記取得手段によって取得されたフレームの送信元アドレスおよび入力ポートとともに前記付加手段によってフレームに付加されたフラグを、アドレスおよびポートの対応関係を記憶する学習テーブルに登録する登録手段とを有する構成を採る。 The frame relay apparatus according to the present invention includes an acquisition means for acquiring a frame from an input port connected to a first subnet, and setting means for setting an output port corresponding to the destination of the frame acquired by the acquisition means and adding means for adding a flag output port of the frame set by the setting unit indicates whether to connect to different second subnet from the first subnet to the frame, the frame acquired by the acquisition unit flag assigned to the frame by said adding means together with the transmission source address and the input port of a, a configuration and a registration means for registering in the learning table storing correspondence between the address and port.

この構成によれば、同一サブネット内におけるフレームの伝送経路とサブネットを跨いだフレームの伝送経路とを区別するフラグをアドレスとポートの対応関係とともに学習テーブルに登録するため、以後、学習テーブルを参照して新たにフレームの出力ポートを決定する際には、このフレームがサブネットを跨いで伝送されるか否かを出力ポートに対応して登録されたフラグから判別することができる。 According to this structure, for registering a frame flag to distinguish the transmission path of a frame straddling the transmission path and subnets within the same subnet address and port with the corresponding relation of the learning table, hereinafter, with reference to the learning table in determining the output port of the newly frame Te may be the frame is determined from the flag registered corresponding to the output port whether transmitted between the subnets. したがって、2つのサブネットを1つのフレーム中継装置によって接続しても、サブネット内の通信とサブネット間の通信とを区別することができる。 Therefore, even when connecting two subnets by a single frame relay apparatus, it is possible to distinguish between communication between communication and subnets in the subnet. 換言すれば、ネットワークの構成に要するコストの増大を抑制しつつ、サブネット内の通信とサブネット間の通信とを区別することができる。 In other words, while suppressing an increase in cost required for configuration of the network, it is possible to distinguish between communication between communication and subnets in the subnet.

また、本発明に係るフレーム中継装置は、上記構成において、前記設定手段は、フレームの宛先アドレスが前記登録手段によって学習テーブルに登録済みである場合に、学習テーブルにおいてフレームの宛先アドレスに対応するポートをフレームの出力ポートとして設定する構成を採る。 Further, the frame relay apparatus according to the present invention, in the above configuration, the setting means, if the destination address of the frame is registered in the learning table by said registering means, corresponding to the destination address of the frame in the learning table port the employs a configuration to set as an output port of the frame.

この構成によれば、フレームの宛先アドレスが学習済みである場合に、学習済みのポートを出力ポートとするため、すべてのポートからフレームを出力するフラッディングを行うことなく、所望の宛先アドレスへフレームを伝送することができる。 According to this configuration, if the destination address of the frame has already been learned, for the learned port and the output port, without flooding of outputting the frame from all the ports, the frame to the desired destination address it can be transmitted.

また、本発明に係るフレーム中継装置は、上記構成において、前記付加手段は、前記設定手段によって設定された出力ポートに対応して学習テーブルに記憶されているフラグをフレームに付加する構成を採る。 The frame relay apparatus according to the present invention having the above structure, the adding device, a configuration for adding a flag in response to the set output port is stored in the learning table by said setting means to the frame.

この構成によれば、アドレスおよびポートの対応関係の学習時に記憶されたフラグをフレームに付加するため、フレームがサブネットを跨いで伝送されるか否かをフラグに付加されたフラグから容易に区別することができる。 According to this arrangement, for adding a flag stored in learning the correspondence between the address and port in the frame, easily distinguish from the flag a frame is added whether transmitted between the subnets in the flag be able to.

また、本発明に係るフレーム中継装置は、上記構成において、前記設定手段は、フレームの宛先アドレスが前記登録手段によって学習テーブルに未登録である場合に、フレームの入力ポート以外の全ポートを出力ポートとして設定する構成を採る。 Further, the frame relay apparatus according to the present invention, in the above configuration, the setting means, if the destination address of the frame is not registered in the learning table by said registration means, outputs all ports other than the input port of the frame port a configuration that you want to set as.

この構成によれば、フレームの宛先アドレスが未学習である場合に、すべてのポートからフレームを出力するフラッディングを行うため、確実にフレームを宛先アドレスへ伝送することができる。 According to this configuration, if the destination address of the frame has not been learned, for performing flooding of outputting the frame from all the ports, it is possible to reliably transmit the frame to the destination address.

また、本発明に係るフレーム中継装置は、上記構成において、前記付加手段は、前記設定手段によって設定された出力ポートに応じてフレームを複製し、得られた複数の複製フレームのうち、第1のサブネットに対応する出力ポートが設定された複製フレームには第1のサブネットに接続することを示すフラグを付加し、第2のサブネットに対応する出力ポートが設定された複製フレームには第2のサブネットに接続することを示すフラグを付加する構成を採る。 The frame relay apparatus according to the present invention having the above structure, the adding means duplicates the frame in accordance with the output port set by said setting means, among the plurality of duplicate frames obtained, first the replication frames output port corresponding to the subnet is set by adding a flag indicating that the connection to the first subnet, the duplicate frames the output port is set corresponding to the second subnet second subnet a configuration for adding a flag indicating that the connection to.

この構成によれば、フラッディング時の出力ポートが対応するサブネットに応じたフラグをフレームに付加するため、フレームがサブネットを跨いで伝送されるか否かをフラグに付加されたフラグから容易に区別することができる。 According to this arrangement, for adding a flag output ports in flooding according to the corresponding subnet to the frame, easily distinguish from the flag a frame is added whether transmitted between the subnets in the flag be able to. 結果として、フレームの送信元アドレスへ向かう伝送経路がサブネットを跨ぐか否かを学習することができる。 As a result, it is possible to transmit route toward the source address of the frame to learn whether between the subnets.

また、本発明に係るフレーム中継装置は、前記付加手段によってフレームに付加されたフラグがフレームの出力ポートが第2のサブネットに接続することを示す場合に、フレームの帯域を第2のサブネットに適した帯域に制御する帯域制御手段と、前記帯域制御手段によって帯域が制御されたフレームを出力ポートから出力する出力手段とをさらに有する構成を採る。 The frame relay apparatus according to the present invention, the adding unit flag assigned to the frame by the to indicate that the output port of the frame is connected to the second subnet, suitable for bandwidth of the frame to the second subnet take the a band control means for controlling the bandwidth, the more a configuration and output means band is outputted from the output port a control frame by said bandwidth control means.

この構成によれば、異なるサブネットへ伝送されるフレームに対しては、帯域制御を行ってから出力するため、フレームがサブネットを跨いで伝送される場合に、出力ポートに接続されるサブネットに適合した帯域のフレームを出力することができる。 According to this arrangement, with respect to the frame to be transmitted to a different subnet, for output after performing bandwidth control, when a frame is transmitted between the subnets, adapted to the subnet connected to the output port it is possible to output a band of the frame.

また、本発明に係る経路学習プログラムは、コンピュータによって実行される経路学習プログラムであって、前記コンピュータに、第1のサブネットに接続する入力ポートからフレームを取得する取得ステップと、前記取得ステップにて取得されたフレームの宛先に対応する出力ポートを設定する設定ステップと、前記設定ステップにて設定されたフレームの出力ポートが第1のサブネットとは異なる第2のサブネットに接続するか否かを示すフラグをフレームに付加する付加ステップと、前記取得ステップにて取得されたフレームの送信元アドレスおよび入力ポートとともに前記付加ステップにてフレームに付加されたフラグを、アドレスおよびポートの対応関係を記憶する学習テーブルに登録する登録ステップとを実行させる。 The route learning program according to the present invention, there is provided a path learning program executed by a computer, an acquisition step of acquiring a frame from an input port connected to a first subnet, in the obtaining step indicates whether to connect to different second subnet and setting step for setting an output port corresponding to the destination of the acquired frame, the output port of the frame set by the setting step and the first subnet an adding step of adding a flag to the frame, the flag assigned to the frame at the additional step together with the transmission source address and the input port of the frame acquired in the acquisition step, learning for storing a correspondence relationship between addresses and ports executing a registration step of registering in the table.

また、本発明に係る経路学習方法は、第1のサブネットに接続する入力ポートからフレームを取得する取得ステップと、前記取得ステップにて取得されたフレームの宛先に対応する出力ポートを設定する設定ステップと、前記設定ステップにて設定されたフレームの出力ポートが第1のサブネットとは異なる第2のサブネットに接続するか否かを示すフラグをフレームに付加する付加ステップと、前記取得ステップにて取得されたフレームの送信元アドレスおよび入力ポートとともに前記付加ステップにてフレームに付加されたフラグを、アドレスおよびポートの対応関係を記憶する学習テーブルに登録する登録ステップとを有するようにした。 The route learning method according to the present invention, setting steps of setting an acquisition step of acquiring a frame from an input port connected to a first subnet, the output port corresponding to the destination of the frame acquired in the acquisition step When the adding step of adding a flag output port of the frame set by the setting step indicates whether to connect to different second subnet from the first subnet to the frame, acquired in the acquiring step It is the frame source address and with the input port flag assigned to the frame at the additional step of, was to have a registration step of registering the learning table for storing a correspondence relationship between addresses and ports.

これらによれば、同一サブネット内におけるフレームの伝送経路とサブネットを跨いだフレームの伝送経路とを区別するフラグをアドレスとポートの対応関係とともに学習テーブルに登録するため、以後、学習テーブルを参照して新たにフレームの出力ポートを決定する際には、このフレームがサブネットを跨いで伝送されるか否かを出力ポートに対応して登録されたフラグから判別することができる。 According to these, to register the flag to distinguish the transmission path of a frame straddling the transmission path of the frame and the subnet within the same subnet address and port with the corresponding relation of the learning table, hereinafter, with reference to the learning table in determining the output port of the newly frame can be the frame is determined from the flag registered corresponding to the output port whether transmitted between the subnets. したがって、2つのサブネットを1つのフレーム中継装置によって接続しても、サブネット内の通信とサブネット間の通信とを区別することができる。 Therefore, even when connecting two subnets by a single frame relay apparatus, it is possible to distinguish between communication between communication and subnets in the subnet. 換言すれば、ネットワークの構成に要するコストの増大を抑制しつつ、サブネット内の通信とサブネット間の通信とを区別することができる。 In other words, while suppressing an increase in cost required for configuration of the network, it is possible to distinguish between communication between communication and subnets in the subnet.

本明細書に開示されたフレーム中継装置、経路学習プログラム、および経路学習方法によれば、ネットワークの構成に要するコストの増大を抑制しつつ、サブネット内の通信とサブネット間の通信とを区別することができる。 Frame relay devices disclosed herein, according to the path learning program, and a route learning method, while suppressing an increase in cost required for configuration of the network, to distinguish between communication between communication and subnets in the subnet can.

一実施の形態に係るVLAN構成の一例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a VLAN configuration in accordance with an embodiment. 一実施の形態に係るL2スイッチの要部構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing a main configuration of the L2 switch according to one embodiment. 一実施の形態に係るポートテーブルの一例を示す図である。 Is a diagram showing an example of a port table according to the embodiment. 一実施の形態に係る学習テーブルの一例を示す図である。 Is a diagram showing an example of the learning table according to the embodiment. 一実施の形態に係るL2スイッチの動作を示すフロー図である。 Is a flow diagram illustrating the operation of the L2 switch according to one embodiment. VLAN構成の一例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a VLAN configuration.

本発明の一実施の形態においては、フレームを中継するフレーム中継装置は、宛先アドレスに対応するポートが未学習であるフレームについて、このフレームがフラッディングされる際、各ポートから出力されるフレームがサブネットを跨いでフラッディングされるものであるか否かを示すフラグをフレームに付与し、フレームに付与されたフラグを含めて宛先アドレスに対応するポートを学習する。 In one embodiment of the present invention, the frame relay apparatus for relaying a frame, the frame port corresponding to the destination address is not learned, when this frame is flooded, frame subnets output from each port across a flag indicating whether or not to be flooded imparted to the frame, including the flag assigned to the frame to learn the port corresponding to the destination address. 以下、本発明の一実施の形態について、図面を参照して詳細に説明する。 Hereinafter, an embodiment of the present invention will be described in detail with reference to the drawings. なお、以下においては、フレーム中継装置の一例としてL2スイッチを挙げながら説明する。 In the following description citing the L2 switch as an example of a frame relay apparatus.

図1は、本発明の一実施の形態に係るVLAN構成の一例を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing an example of a VLAN configuration in accordance with an embodiment of the present invention. 同図に示すように、本実施の形態においては、VLANがサブネット#1およびサブネット#2に分割されており、これらの2つのサブネットがL2スイッチ100のみを介して接続されている。 As shown in the figure, in this embodiment, VLAN is divided into a subnet # 1 and the subnet # 2, these two subnets are connected via only the L2 switch 100. したがって、サブネット#1に属する通信端末装置から送信されたフレームは、宛先アドレスがサブネット#1内のアドレスであるかサブネット#2内のアドレスであるかに関わらず、必ずL2スイッチ100を経由して転送されることになる。 Thus, the frame transmitted from the communication terminal device belonging to a subnet # 1, the destination address whether the address of the subnet # 2 is the address of the subnet # 1, always via the L2 switch 100 It will be transferred. 同様に、サブネット#2に属する通信端末装置から送信されたフレームも、必ずL2スイッチ100を経由して転送される。 Similarly, frames transmitted from the communication terminals belonging to the subnet # 2 is always transferred via the L2 switch 100.

図2は、本実施の形態に係るL2スイッチ100の要部構成を示すブロック図である。 Figure 2 is a block diagram showing a main configuration of the L2 switch 100 according to this embodiment. 同図に示すL2スイッチ100は、大きく分けてサブネット#1およびサブネット#2のそれぞれに対応する入出力ポート部110−1、110−2、ドメイン処理部120−1、120−2、および転送部130−1、130−2を有している。 L2 switch 100 shown in the figure, roughly the subnet # 1 and the subnet # 2 input-output port unit 110-2 corresponding to each domain processing units 120-1 and 120-2, and the transfer unit It has a 130-1, 130-2. 入出力ポート部110−2、ドメイン処理部120−2、および転送部130−2は、対応するサブネットがサブネット#2である点以外は、それぞれ入出力ポート部110−1、ドメイン処理部120−1、および転送部130−1と同様であるため、以下においては、サブネット#1に対応する入出力ポート部110−1、ドメイン処理部120−1、および転送部130−1のみについて説明する。 Output port unit 110-2, domain processing unit 120-2, and the transfer unit 130-2, except the corresponding subnet is a subnet # 2, respectively output port 110-1, domain processing unit 120- for 1, and is similar to the transfer unit 130-1, in the following, input-output ports 110-1 corresponding to the subnet # 1, domain processing unit 120-1, and a transfer unit 130-1 only described.

入出力ポート部110−1は、例えば複数のポートを備えており、それぞれのポートを介してサブネット#1に属する通信端末装置と接続する。 Output port 110-1 includes, for example, a plurality of ports, connected to the communication terminals belonging to the subnet # 1 via the respective port. そして、入出力ポート部110−1は、サブネット#1に属する通信端末装置から送信されたフレームをポートからL2スイッチ100へ入力したり、L2スイッチ100が中継するフレームをポートからサブネット#1に属する通信端末装置へ出力したりする。 The input and output ports 110-1 belong to input the frame transmitted from the communication terminal device belonging to a subnet # 1 from the port to the L2 switch 100, the frame L2 switch 100 relays the port to the subnet # 1 and outputs to the communication terminal apparatus. なお、サブネット#1に属する個々の通信端末装置には、独自のMAC(Medium Access Control)アドレスが割り当てられており、入出力ポート部110−1の各ポートは、接続先の通信端末装置に割り当てられたMACアドレスに対応していることになる。 Note that the individual communication terminals belonging to the subnet # 1 is assigned a unique MAC (Medium Access Control) address, each port of the input and output ports 110-1, assigned to the connected communication terminal device It was made that correspond to the MAC address. また、各ポートにおいて入出力されるフレームには、送信元の通信端末装置のMACアドレス(以下、単に「送信元アドレス」という)と宛先の通信端末装置のMACアドレス(以下、単に「宛先アドレス」という)が含まれている。 Also, the frames that are output at each port, MAC address of the transmission source communication terminal apparatus (hereinafter, simply referred to as "source address") MAC address of the destination of the communication terminal apparatus (hereinafter, simply "Destination Address" ) it is included in that.

ドメイン処理部120−1は、サブネット#1から入力されたフレームに対する入力時の処理や、サブネット#1へ出力されるフレームに対する出力時の処理を実行する。 Domain processing unit 120-1, the subnet # processing and at the time of input to frame input from 1 executes processing at the output for the frame to be output to the subnet # 1. 具体的には、ドメイン処理部120−1は、ドメインID付与部121−1、宛先判定部122−1、ポートテーブル123−1、帯域制御部124−1、ID変換部125−1、送信元登録部126−1、および学習テーブル127−1を有している。 Specifically, domain processing unit 120-1, the domain ID assignment unit 121-1, the destination determination unit 122-1, the port table 123-1, band control unit 124-1, ID conversion unit 125-1, the transmission source It has registration unit 126-1, and the learning table 127-1.

ドメインID付与部121−1は、入出力ポート部110−1から入力されたフレームに対して、サブネット#1に対応する固有のドメインIDを付与する。 Domain ID assigning unit 121-1, the frame which is input from the input-output port unit 110-1, it imparts a unique domain ID corresponding to the subnet # 1. すなわち、ドメインID付与部121−1は、フレームの送信元が属するサブネットに固有のドメインIDをフレームに付与する。 That is, the domain ID assignment unit 121-1 is applied to the frame a unique domain ID to the subnet where the source of the frame belongs. ドメインIDは、L2スイッチ100内でフレームの送信元のサブネットを識別するため使用される。 Domain ID is used to identify the source subnet frame in the L2 switch 100.

宛先判定部122−1は、学習テーブル127−1を参照して、フレームに付与されたドメインIDおよびフレームに含まれる宛先アドレスに対応する出力ポートを検索する。 Destination determination unit 122-1 refers to the learning table 127-1, searches the output port corresponding to the destination address included in the domain ID and the frame is applied to the frame. この結果、ドメインIDおよび宛先アドレスに対応する出力ポートが学習テーブル127−1において学習済みであれば、宛先判定部122−1は、出力ポートとともに学習テーブル127−1に記憶されているフラグをフレームに付加した上で、このフレームが検索された出力ポートから出力されるように設定し、転送部130−1へ出力する。 As a result, if the learned at the output port learning table 127-1 corresponding to the domain ID and the destination address, the destination determination unit 122-1, a frame a flag with the output port are stored in the learning table 127-1 on appended to, set to the frame is output from the output port is searched, and outputs to the transfer unit 130-1. また、ドメインIDおよび宛先アドレスに対応する出力ポートが学習テーブル127−1において未学習であれば、宛先判定部122−1は、このフレームをポートテーブル123−1へ出力する。 Further, if the unlearned output port corresponding to the domain ID and the destination address in the learning table 127-1, the destination determination unit 122-1, and outputs the frame to the port table 123-1.

ポートテーブル123−1は、サブネットと入出力ポート部110−1、110−2におけるポートとの対応関係を記憶している。 Port table 123-1 stores the correspondence between the port in the input-output port unit 110-1 and 110-2 as a subnet. すなわち、ポートテーブル123−1は、例えば図3に示すように、サブネットごとに固有のドメインIDと各ポートのポート番号とを対応付けて記憶している。 That is, the port table 123-1, for example, as shown in FIG. 3, are stored in association with the port number of unique domain ID and the port for each subnet. 図3に示す例では、サブネット#1に対応するドメインID「sub1」に1〜7番のポートが対応付けられており、サブネット#2に対応するドメインID「sub2」に8〜14番のポートが対応付けられている。 In the example shown in FIG. 3, the subnet # 1 and 1-7 on port is associated with the domain ID "sub1" corresponding to the subnet # 8-14 number to the domain ID "sub2" corresponding to 2-port It is associated with. これは、入出力ポート部110−1が1〜7番のポートを備えており、入出力ポート部110−2が8〜14番のポートを備えていることを意味している。 It is provided with a port of the input-output port unit 110-1 1-7 No. means that the input-output port unit 110-2 and a 8-14 port of.

そして、ポートテーブル123−1は、出力ポートが未学習のフレームが宛先判定部122−1から入力されると、フレームを転送部130−1へ出力するとともに、このフレームの入力ポート以外のすべてのポートをフレームのフラッディング対象のフラッディングポートとして、フラッディングポートのポート番号を転送部130−1へ通知する。 The port table 123-1, the output port frame not been learned is input from the destination determining unit 122-1, and outputs the frame to the transfer unit 130-1, all except the input port of the frame the port as flooding subject flooding port of the frame, and notifies the port number of the flooding ports to transfer unit 130-1. このとき、ポートテーブル123−1は、それぞれのフラッディングポートに対応するドメインIDも併せて転送部130−1へ通知する。 At this time, the port table 123-1, the domain ID corresponding to each of the flooding ports also together notifies the transfer unit 130-1.

帯域制御部124−1は、サブネット#2に対応する転送部130−2から出力されるフレームについて帯域制御を実行し、サブネット#1に対応するフレームに変換する。 Band control unit 124-1 performs bandwidth control for a frame that is output from the transfer unit 130-2 corresponding to the subnet # 2, into a frame corresponding to the subnet # 1. すなわち、サブネット#1およびサブネット#2では、一般的に要求されるフレームのサービス品質(QoS:Quality of Service)が異なるため、帯域制御部124−1は、サブネット#2からサブネット#1へ伝送されるフレームに対して、サブネット#1に対応したサービス品質となるように帯域制御を実行する。 That is, in the subnet # 1 and the subnet # 2, generally required frame quality of service (QoS: Quality of Service) for the different bandwidth control unit 124-1 is transmitted from the subnet # 2 to the subnet # 1 respect that frame, executes band control so that the quality of service corresponding to the subnet # 1.

ID変換部125−1は、帯域制御部124−1によって帯域制御されたフレームに付与されたドメインIDをサブネット#1に固有のドメインIDに変換する。 ID converter 125-1 converts the unique domain ID the domain ID assigned to bandwidth control frame to the subnet # 1 by the band control unit 124-1. そして、ID変換部125−1は、ドメインID変換後のフレームを送信元登録部126−1へ出力する。 Then, the ID conversion unit 125-1, and outputs the frame after domain ID conversion into source registration unit 126-1.

送信元登録部126−1は、サブネット#2からのID変換部125−1経由のフレーム、またはサブネット#1からの転送部130−1経由のフレームが入力されると、フレームの送信元アドレスを取得し、新たな宛先アドレスと出力ポートの対応関係を学習テーブル127−1に学習させる。 Source registration unit 126-1, the frame of the ID via the conversion unit 125-1 from the subnet # 2 or frame via the transfer unit 130-1 from the subnet # 1, is input, the source address of the frame acquired, to learn the correspondence between the new destination address and the output port in the learning table 127-1. すなわち、送信元登録部126−1は、フレームの送信元アドレスを取得するとともに、このフレームが入力された入力ポートを検知し、送信元アドレスおよび入力ポートをそれぞれ宛先アドレスおよび出力ポートとして学習テーブル127−1に登録する。 That is, source registration unit 126-1 acquires the source address of the frame, and detects an input port that this frame is input, the learning table 127 the source address and the input port as a destination address and an output port respectively to register to -1.

ここで、フレームの送信元アドレスが示す通信端末装置は、フレームの入力ポートに接続されているため、この入力ポートからフレームを出力すれば、フレームは上記の通信端末装置に届くことになる。 Here, the communication terminal device indicated by the source address of the frame, because it is connected to an input port of the frame, by outputting the frame from the input port, the frame will be delivered to the communication terminal device. したがって、送信元登録部126−1は、入力されたフレームの送信元アドレスと入力ポートをそれぞれ宛先アドレスと出力ポートとして学習テーブル127−1に登録する。 Thus, source registration unit 126-1 is registered in the learning table 127-1 and the source address of the frame input to the input port respectively as the destination address output port. このとき、送信元登録部126−1は、フレームに付加されているフラグおよびドメインIDを同時に学習テーブル127−1に登録する。 At this time, source registration unit 126-1 registers simultaneously in the learning table 127-1 flags and domain ID is added to the frame. ここで登録されるフラグは、後述するように、フレームがサブネットを跨って伝送されるか否かを示すフラグである。 Here flag registered in, as described later, the frame is a flag indicating whether or not transmitted between the subnets.

学習テーブル127−1は、フレームの宛先アドレスと出力ポートの対応関係を記憶する。 Learning table 127-1 stores the correspondence between the destination address and the output port of the frame. すなわち、学習テーブル127−1は、L2スイッチ100に入力されたフレームの送信元アドレスと入力ポートの対応関係を宛先アドレスと出力ポートの対応関係として学習する。 That is, the learning table 127-1 learns a correspondence relationship between the input port and the source address of the frame input to the L2 switch 100 as correspondence between a destination address and an output port. また、学習テーブル127−1は、宛先アドレスと出力ポートの対応関係の学習の際に参照されたフレームが、サブネットを跨って伝送されるものであるか否かを示す識別情報を、フラグとして記憶する。 Further, the learning table 127-1 stores frames referred to when learning correspondence between a destination address and an output port, the identification information indicating whether or not to be transmitted between the subnets, a flag to.

具体的には、学習テーブル127−1は、例えば図4に示すように、宛先アドレス、送信元アドレス、ドメインID、出力ポート、およびフラグを記憶している。 Specifically, the learning table 127-1, for example, as shown in FIG. 4, the destination address, source address, domain ID, stores an output port, and a flag. 宛先アドレスは、既にL2スイッチ100によって中継されたフレームの送信元アドレスに一致し、送信元アドレスは、このフレームの宛先アドレスに一致する。 The destination address is already matches the source address of the frame relayed by the L2 switch 100, the source address corresponds to the destination address of the frame.

また、ドメインIDは、サブネット#1内で転送されるフレームについては、サブネット#1に対応するドメインID付与部121−1によって付与されたドメインIDがそのまま登録されるため、サブネット#1に固有のドメインID「sub1」となる。 Further, the domain ID is for the frame to be transferred in the subnet # within 1, since the subnets # Domain ID assigned by domain ID assignment unit 121-1 corresponding to 1 is registered as it is, unique to the subnet # 1 the domain ID "sub1". 一方、サブネット#2からサブネット#1へ転送されるフレームについては、サブネット#2に対応するドメインID付与部121−2によって付与されたドメインIDがID変換部125−1によって変換され、得られたドメインIDが登録されるため、ドメインIDは、やはりサブネット#1に固有のドメインID「sub1」となる。 On the other hand, the frame transferred from the subnet # 2 to the subnet # 1, the domain ID assigned by the domain ID assignment unit 121-2 corresponding to the subnet # 2 is converted by the ID converter 125-1, resulting since the domain ID is registered, the domain ID is a unique domain ID "sub1" also to the subnet # 1.

さらに、出力ポートは、サブネット#1内で転送されるフレームについては、入力ポートが入出力ポート部110−1に含まれるため、入出力ポート部110−1に備えられたポートのポート番号になるのに対し、サブネット#2からサブネット#1へ転送されるフレームについては、入力ポートが入出力ポート部110−2に含まれるため、入出力ポート部110−2に備えられたポートのポート番号となる。 Further, the output port for the frame to be transferred in the subnet # within 1, the input port is included in the input and output ports 110-1, the port number of the port provided in the input and output ports 110-1 whereas, for the frame to be transferred from the subnet # 2 to the subnet # 1, the input port is included in the input-output port unit 110-2, and the port number of the port provided in the input-output port unit 110-2 Become. そして、サブネット#1内を転送されたフレームに応じたエントリにはフラグ「0」が記憶され、サブネットを跨いで転送されたフレームに応じたエントリにはフラグ「1」が記憶される。 Then, the entry corresponding to the frame transferred to the subnet # 1 flag "0" is stored, the entry corresponding to the frame transferred between the subnets flag "1" is stored.

転送部130−1は、ポートテーブル123−1から入力されるフレームをフラッディングする一方、宛先判定部122−1から直接入力されるフレームを設定された出力ポートに対応するドメイン処理部120−1またはドメイン処理部120−2へ出力する。 Transfer unit 130-1, while flooding the frame inputted from the port table 123-1, domain processing unit 120-1 corresponding to the output port set a frame input directly from the destination determining unit 122-1 or and outputs it to the domain processing unit 120-2. 具体的には、転送部130−1は、フラッディング処理部131およびフラグ判定部132を有している。 Specifically, the transfer unit 130-1 has a flooding processing unit 131 and the flag determination unit 132.

フラッディング処理部131は、ポートテーブル123−1から出力されたフレームの出力ポートを、ポートテーブル123−1から通知されたすべてのフラッディングポートとするフラッディング処理を行う。 Flooding processing unit 131, an output port of the frame output from the port table 123-1 performs flooding process to all the flood ports notified from the port table 123-1. すなわち、フラッディング処理部131は、宛先アドレスに対応する出力ポートが未学習のフレームがポートテーブル123−1から出力されるため、このフレームがフレームの入力ポート以外のポートすべてから出力されるようにフラッディング処理を実行する。 In other words, flooding processing unit 131, the output port corresponding to the destination address frame not been learned is output from the port table 123-1, flooding as the frame is output from all ports other than the input port of the frame process to run.

このとき、フラッディング処理部131は、それぞれのフラッディングポートから出力されるフレームを、該当するフレームを複製することにより生成し、それぞれのフレームの出力ポートをフラッディングポートに設定する。 In this case, flooding processing unit 131, a frame output from each of the flooding ports, generated by duplicating the appropriate frame, sets the output port of each frame in the flooding ports. そして、フラッディング処理部131は、ポートテーブル123−1から通知されるフラッディングポートとドメインIDの対応関係を参照し、出力ポートがフレーム送信元と同一のサブネットに接続するポートである場合は、フレームにフラグ「0」を付加し、出力ポートがフレーム送信元と異なるサブネットに接続するポートである場合は、フレームにフラグ「1」を付加する。 The flooding processing unit 131 refers to the correspondence between the flood ports and domain ID sent from the port table 123-1, if the output port is a port connected to the same subnet as the frame transmission source, the frame adding a flag "0", when the output port is a port connected to a different subnet as the frame transmission source adds a flag "1" to the frame. 換言すれば、フラッディング処理部131は、フレームの送信元と同一サブネット内にフラッディングされるフレームにはフラグ「0」を付加し、サブネットを跨いでフラッディングされるフレームにはフラグ「1」を付加する。 In other words, flooding processing unit 131, the frame is flooded to the source and in the same subnet frame adds a flag "0", the frame is flooded across the subnet adds a flag "1" .

フラグ判定部132は、フレームに付加されたフラグが「0」であるか「1」であるかを判定し、フラグ「0」が付加されたフレームをドメイン処理部120−1の送信元登録部126−1へ出力し、フラグ「1」が付加されたフレームをドメイン処理部120−2の帯域制御部124−2へ出力する。 Flag determination unit 132, a flag added to the frame to determine whether it is "0" at which either "1" transmits a frame flag "0" is added domain processing unit 120-1 based registration unit output to 126-1, and outputs the frame to the flag "1" is added to the band control section 124-2 of the domain processing unit 120-2. 具体的には、フラグ判定部132は、宛先アドレスに対応する出力ポートが学習済みのフレームが宛先判定部122−1から入力されると、宛先判定部122−1によってフレームに付加されたフラグを参照し、フラグ「0」が付加されていればフレームを送信元登録部126−1へ出力し、フラグ「1」が付加されていればフレームをドメイン処理部120−2の帯域制御部124−2へ出力する。 Specifically, the flag determination unit 132, the output port corresponding to the destination address is learned frame is input from the destination determining unit 122-1, the flag assigned to the frame by the destination determination unit 122-1 Referring to the flag "0" frame if it is added to the output to the source registration unit 126-1, the flag "1" is the bandwidth controller of the domain processing unit 120-2 frames if it is added 124- and outputs it to the 2. また、フラグ判定部132は、宛先アドレスに対応する出力ポートが未学習のフレームの複製がフラッディング処理部131から入力されると、フラグ「0」が付加されたフレームの複製を送信元登録部126−1へ出力し、フラグ「1」が付加されたフレームの複製をドメイン処理部120−2の帯域制御部124−2へ出力する。 Further, the flag determination unit 132, the output port corresponding to the destination address of replication unlearned frame is input from the flooding processing unit 131, transmits a duplicate of frame flag "0" is added based on the registration unit 126 output to -1, and outputs a copy of the frame to the flag "1" is added to the band control section 124-2 of the domain processing unit 120-2.

次いで、上記のように構成されたL2スイッチ100の動作について、図5に示すフロー図を参照しながら説明する。 Next, the operation of the L2 switch 100 configured as described above will be described with reference to a flowchart shown in FIG. 以下においては、サブネット#1から送信されたフレームがL2スイッチ100に入力された場合の動作を具体的に示しながら説明するが、サブネット#2から送信されたフレームがL2スイッチ100に入力された場合も、各処理を実行する処理部の参照符号以外は同様の動作となる。 In the following, when the frame transmitted from the subnet # 1 is specifically shown it will be described the operation when the input to the L2 switch 100, the frame transmitted from the subnet # 2 is input to the L2 switch 100 also, it is the same operation except the reference numerals of the processing unit that executes each processing.

まず、サブネット#1から送信されたフレームが入出力ポート部110−1に備えられたいずれかのポートから入力されると(ステップS101)、ドメインID付与部121−1によって、サブネット#1に固有のドメインID(例えば「sub1」)がフレームに付与される(ステップS102)。 First, when the frame transmitted from the subnet # 1 is input from one of the ports provided in the input and output ports 110-1 (step S101), by the domain ID assignment unit 121-1, specific to the subnet # 1 domain ID (e.g. "sub1") is applied to the frame (step S102). そして、宛先判定部122−1によって、フレームに含まれる宛先アドレスおよびフレームに付与されたドメインIDに対応する出力ポートが学習テーブル127−1に学習済みであるか否かが判断される(ステップS103)。 Then, the destination determination unit 122-1, an output port corresponding to the domain ID that is assigned to the destination address and the frame included in the frame is equal to or been learned in the learning table 127-1 is determined (step S103 ).

この判断の結果、出力ポートが学習済みであれば(ステップS103Yes)、宛先判定部122−1によって、宛先アドレスおよびドメインIDに対応する出力ポートおよびフラグが学習テーブル127−1から取得され(ステップS104)、フレームにフラグが付加された上で、フレームの出力ポートが学習テーブル127−1から取得された出力ポートに設定され、転送部130−1のフラグ判定部132へ出力される。 The result of this determination, if the output port is learned (step S103Yes), the destination determination unit 122-1, an output port and flags corresponding to the destination address and domain ID is acquired from the learning table 127-1 (Step S104 ), on which the flag is added to the frame, is set to the output port of the output port of the frame has been acquired from the learning table 127-1, it is outputted to the flag determination unit 132 of the transfer unit 130-1.

ここで、フレームにフラグが付加されることにより、出力ポートが学習済みのフレームについては、このフレームがサブネットを跨って転送されるか否かを判断することが可能となる。 Here, by the flag is added to the frame, an output port for learned frame, this frame it is possible to determine whether the transfer between the subnets. 具体的には、フレームにフラグ「0」が付加されれば、このフレームはサブネット#1内で転送されることを意味しており、フレームにフラグ「1」が付加されれば、このフレームはサブネット#1からサブネット#2へ転送されることを意味している。 Specifically, if it is assigned a flag "0" in the frame, the frame is meant to be transferred within the subnet # 1, if it is assigned a flag "1" to the frame, the frame It is meant to be transferred from the subnet # 1 to the subnet # 2. これは、学習テーブル127−1における学習時に、フレームがサブネット内で転送されたものであれば宛先アドレスと出力ポートの対応関係とともにフラグ「0」が記憶されており、フレームがサブネットを跨いで転送されたものであれば宛先アドレスと出力ポートの対応関係とともにフラグ「1」が記憶されているためである。 This is transferred to the learning in the learning table 127-1, the frame is stored a flag "0" with the correspondence between a destination address and an output port as long as it is transferred in the subnet, the frame between the subnets as long as it is because along with the correspondence between a destination address and an output port flag "1" is stored.

一方、宛先アドレスおよびドメインIDに対応する出力ポートが学習テーブル127−1において未学習であれば(ステップS103No)、フレームがポートテーブル123−1を経由して、転送部130−1のフラッディング処理部131へ出力される。 On the other hand, if not learned output port corresponding to the destination address and the domain ID in the learning table 127-1 (Step S103No), frame by way of the port table 123-1, flooding processing unit of the transfer unit 130-1 is output to 131. 同時に、ポートテーブル123−1からフラッディング処理部131へフレームの入力ポート以外のすべてのポート(フラッディングポート)と各フラッディングポートに対応するドメインIDとが通知され、フラッディング処理部131によって、フレームをフラッディングする対象となるフラッディングポートが取得される(ステップS105)。 At the same time, all ports other than the input port of the frame from the port table 123-1 to the flooding processing unit 131 (the flooding ports) and domain ID for each flooding port is notified, by flooding processing unit 131, which floods the frame flooding port is acquired as a target (step S105).

そして、フラッディング処理部131によって、フレームが複製され、それぞれのフレームの複製の出力ポートがフラッディングポートに設定されるとともに、出力ポートがサブネット#1に対応する入出力ポート部110−1のポートであればフラグ「0」が付加され、出力ポートがサブネット#2に対応する入出力ポート部110−2のポートであればフラグ「1」が付加される(ステップS106)。 Then, there by flooding processing unit 131, the frame will be duplicated, together with copy of the output port of each frame is set to flood the port, the output port is a port of the input and output ports 110-1 corresponding to the subnet # 1 if the flag "0" is added, the output port is assigned a flag "1" if the port of the input-output port unit 110-2 corresponding to the subnet # 2 (step S106). こうして出力ポートおよびフラグが設定されたフレームの複製は、それぞれフラグ判定部132へ出力される。 Thus replication of frames output port and flag set are outputted to the flag determination unit 132.

ここで、フレームの複製にフラグが付加されることにより、出力ポートが未学習のフレームについては、このフレームの複製それぞれがサブネットを跨ってフラッディングされる複製であるか否かを判断することが可能となる。 Here, by the flag is added to the replication of the frame, for the output port has not been learned frame, can each copy of the frame to determine whether the replica is flooded across subnets to become. 具体的には、フレームの複製にフラグ「0」が付加されれば、この複製はサブネット#1内にフラッディングされることを意味しており、フレームの複製にフラグ「1」が付加されれば、この複製はサブネット#1からサブネット#2へフラッディングされることを意味している。 Specifically, if it is assigned a flag "0" for the replication of the frame, this duplication is meant to be flooded to the subnet # 1, if it is assigned a flag "1" to the copy of the frame this duplication is meant to be flooded from the subnet # 1 to the subnet # 2. なお、フレームの複製は、それぞれ出力ポートおよびフラグが異なるものの、格納する情報自体は宛先アドレスおよび送信元アドレスを含めて同一であるため、以下においては特にフレームとフレームの複製とを区別することなく、両方をまとめて「フレーム」という。 Incidentally, replication of the frame, although each output port and flag are different, since the information itself is stored is the same, including the destination address and source address, without distinguishing between replication particular frame and the frame in the following , collectively both referred to as "frame".

宛先判定部122−1またはフラッディング処理部131からフレームがフラグ判定部132へ出力されると、フラグ判定部132によって、フレームに付加されたフラグが「1」であるか否かが判定される(ステップS107)。 When the destination determining unit 122-1 or the flooding processing unit 131 frame is output to the flag determination unit 132, the flag determination unit 132, a flag added to the frame whether or not "1" is determined ( step S107). 換言すれば、フラグ判定部132によって、フレームがサブネットを跨って転送されるものであるか否かが判定される。 In other words, the flag determination unit 132, the frame is equal to or intended to be transferred between the subnets is determined.

この判定の結果、フレームにフラグ「1」が付加されていれば(ステップS107Yes)、フラグ判定部132によって、フレームがドメイン処理部120−2の帯域制御部124−2へ出力される。 As a result of the determination, if it is assigned a flag "1" in the frame (step S107Yes), the flag determination unit 132, the frame is outputted to the band control unit 124-2 of the domain processing unit 120-2. そして、帯域制御部124−2によって、フレームの帯域がサブネット#2に適合する帯域に制御され(ステップS108)、ID変換部125−2によって、フレームに付加されたドメインID(例えば「sub1」)がサブネット#2に固有のドメインID(例えば「sub2」)に変換される(ステップS109)。 Then, the band control unit 124-2, the band of the frame is controlled to band conforming to the subnet # 2 (step S108), the ID conversion portion 125-2, the domain ID added to the frame (e.g., "sub1") There are converted into unique domain ID (e.g. "sub2") to the subnet # 2 (step S109).

そして、送信元登録部126−2によって、フレームの送信元アドレスと入力ポートの対応関係が宛先アドレスと出力ポートの対応関係として学習テーブル127−2に登録される(ステップS110)。 Then, the source registration unit 126-2, the correspondence between the input and the source address of the frame port is registered in the learning table 127-2 as correspondence between a destination address and an output port (step S110). このとき、送信元登録部126−2によって、フレームに付加されたドメインIDおよびフラグも同時に学習テーブル127−2に記憶される。 At this time, the source registration unit 126-2, the domain ID and flag assigned to the frame is also stored in the learning table 127-2 simultaneously. したがって、ここでは、ドメインIDが変換済みであるため、サブネット#2に固有のドメインID(例えば「sub2」)とフラグ「1」とが学習テーブル127−2に記憶される。 Thus, here, since the domain ID is converted, the subnet # 2 unique domain ID (e.g. "sub2") and the flag "1" is stored in the learning table 127-2.

このように、学習テーブル127−2に宛先アドレスと出力ポートの対応関係が学習される際にフレームに付加されたフラグが同時に記憶されるため、この宛先アドレスに対するフレームの中継において、フレームがサブネットを跨いで転送されるか否かも同時に記憶されたことになる。 Since the flag in the learning table 127-2 is correspondence between the destination address and the output port is added to the frame as it is learned is stored simultaneously, in the relay frame for the destination address, the frame is a subnet across at whether also transferred so that the stored simultaneously. すなわち、上記のようにフラグ「1」が記憶された場合には、同時に学習された宛先アドレスに対するフレームの中継はサブネットを跨ぐことを示している。 That is, when as the flag "1" is stored, the relay of the frame for the destination address learned simultaneously shows that between the subnets. これは、学習された宛先アドレスがサブネット#1から送信されたフレームの送信元アドレスに一致しているため、この宛先アドレスへサブネット#2から転送されるフレームは、サブネットを跨ぐことに合致している。 This is because the learned destination address matches the source address of the frame transmitted from the subnet # 1, frame to be transferred to the destination address from the subnet # 2 is consistent with that between the subnets there.

送信元登録部126−2による学習テーブル127−2への登録後、フレームは、入出力ポート部110−2に備えられたポートのうちフレームに設定された出力ポートから出力される(ステップS111)。 After registration in the learning table 127-2 by source registration unit 126-2, the frame is output from the output port set in the frame of the ports provided in the input-output port unit 110-2 (Step S111) . こうしてフレームが出力されることにより、フレームの宛先アドレスに対応する出力ポートが学習済みであれば、宛先アドレスに対応する通信端末装置がフレームの出力ポートに接続しているため、フレームが所望の通信端末装置によって受信されることになる。 By frame is output in this way, if the output port is learned corresponding to the destination address of the frame, since the communication terminal apparatus corresponding to the destination address is connected to the output port of the frame, the communication frames is desired It will be received by the terminal device. また、フレームの宛先アドレスに対応する出力ポートが未学習であれば、宛先アドレスに対応する通信端末装置がフレームの出力ポートに接続しているとは限らないが、接続している場合にはフレームが正しく受信された旨の応答フレームが再びL2スイッチ100によって中継されることにより、新たにアドレスとポートの対応関係が学習されるのに対し、接続していない場合には応答がなく、誤ったアドレスとポートの対応関係が学習されることがない。 The frame when the output port corresponding to the destination address of the frame is equal unlearned, the communication terminal device corresponding to the destination address is not necessarily connected to the output port of the frame, which are connected by the response frame indicating received correctly is relayed by the L2 switch 100 again, newly whereas correspondence between the address and port is learned, no response if not connected, incorrect address and port of the corresponding relationship is not be learned.

一方、フラグ判定部132におけるフラグの判定の結果、フレームにフラグ「0」が付加されていれば(ステップS107No)、フラグ判定部132によって、フレームがドメイン処理部120−1の送信元登録部126−1へ出力される。 On the other hand, the result of the determination of the flag in the flag determination unit 132, if it is assigned a flag "0" in the frame (step S107No), the flag determination unit 132, the source registers of the frame domain processing unit 120-1 126 is output to -1. そして、送信元登録部126−1によって、フレームの送信元アドレスと入力ポートの対応関係が宛先アドレスと出力ポートの対応関係として学習テーブル127−1に登録される(ステップS110)。 Then, the source registration unit 126-1, the correspondence between the input and the source address of the frame port is registered in the learning table 127-1 as correspondence between a destination address and an output port (step S110). このとき、送信元登録部126−1によって、フレームに付加されたドメインIDおよびフラグも同意に学習テーブル127−1に記憶される。 At this time, the source registration unit 126-1, the domain ID and flag assigned to the frame is also stored in the agreement in the learning table 127-1. したがって、ここでは、ドメインIDがドメインID付与部121−1によって付与されたままであるため、サブネット#1に固有のドメインID(例えば「sub1」)とフラグ「0」とが学習テーブル127−1に記憶される。 Thus, here, since the domain ID remains granted by the domain ID assignment unit 121-1, a unique domain ID to the subnet # 1 (e.g., "sub1") and the flag "0" and the learning table 127-1 It is stored.

このように、学習テーブル127−1に宛先アドレスと出力ポートの対応関係が学習される際にフレームに付加されたフラグが同時に記憶されるため、この宛先アドレスに対するフレームの中継において、フレームがサブネットを跨いで転送されるか否かも同時に記憶されたことになる。 Since the flag in the learning table 127-1 correspondence between a destination address and an output port is added to the frame as it is learned is stored simultaneously, in the relay frame for the destination address, the frame is a subnet across at whether also transferred so that the stored simultaneously. すなわち、上記のようにフラグ「0」が記憶された場合には、同時に学習された宛先アドレスに対するフレームの中継はサブネットを跨がないことを示している。 That is, when as the flag "0" is stored, the relay of the frame for the destination address learned simultaneously shows that does not cross the subnet. これは、学習された宛先アドレスがサブネット#1から送信されたフレームの送信元アドレスに一致しているため、この宛先アドレスへサブネット#1から転送されるフレームは、サブネットを跨がないことに合致している。 This is because the learned destination address matches the source address of the frame transmitted from the subnet # 1, frame to be transferred to the destination address from the subnet # 1, if that does not cross the subnet and I will.

送信元登録部126−1による学習テーブル127−1への登録後、フレームは、入出力ポート部110−1に備えられえたポートのうちフレームに設定された出力ポートから出力される(ステップS111)。 After registration in the learning table 127-1 by source registration unit 126-1, the frame is output from the output port set in the frame of the port E provided in the input and output ports 110-1 (Step S111) .

このように、本実施の形態においては、フラッディングを含めたフレームの中継時にフレームがサブネットを跨いで転送されるか否かを示すフラグを付加し、このフラグを含めて宛先アドレスに対応する出力ポートを学習テーブル127−1、127−2に学習させる。 Thus, the output ports in this embodiment, the frame adds a flag indicating whether the transferred between the subnets when relaying frames, including flooding, corresponding to the destination address including the flag the be learned in the learning table 127-1 and 127-2. したがって、フレームの宛先アドレスに対応する出力ポートが学習済みである場合、学習テーブル127−1、127−2によって学習されたフラグを参照すれば、フレームがサブネットを跨いで転送されるか否かを容易に判断することができる。 Therefore, when the output port corresponding to the destination address of the frame has already been learned, referring to flag learned by the learning table 127-1 and 127-2, whether frames are transferred between the subnets it can be easily determined. つまり、例えばサブネット内の通信とサブネット間の通信とで料金体系などが異なる場合でも、学習テーブル127−1、127−2から取得されてフレームに付加されるフラグを参照することにより、サブネット内の通信とサブネット間の通信を区別することができる。 That is, for example, even if in the communication between the communication and subnets in the subnet, such as pricing is different, by referring to the flag which is added to the frame is obtained from the learning table 127-1 and 127-2, in a subnet it can distinguish communication between the communication and subnets.

また、本実施の形態においては、サブネット#1およびサブネット#2がL2スイッチ100のみを介して接続されているため、2つのサブネットを接続するのに1つのL2スイッチのみで足りるとともに、すべてのポートを各サブネットに属する通信端末装置との接続に使用できる。 Further, in this embodiment, since the subnets # 1 and the subnet # 2 are connected only through the L2 switch 100, along with sufficient in only one L2 switches to connect the two subnets, all ports It can be used to connect the communication terminal device belonging to each subnet. 結果として、ネットワークの構成に要するコストの増大を抑制することができる。 As a result, an increase in the cost of construction of the network can be suppressed.

以上のように、本実施の形態によれば、フレームがサブネットを跨いで転送されるか否かのフラグを宛先アドレスと出力ポートの対応関係と同時に学習テーブルに記憶させるため、後に、学習テーブルに学習済みの宛先アドレスへフレームが中継される際には、このフレームがサブネットを跨いで転送されるか否かを容易に判断することができる。 As described above, according to this embodiment, since the frame is stored in the correspondence relationship at the same time learning table whether the flag and the destination address output port is transferred between the subnets, later, in the learning table when a frame is relayed to the learned destination address may be the frame is easily determined whether the transferred between the subnets. つまり、1つのL2スイッチ内でサブネットを跨ぐ中継か否かを区別することができ、ネットワークの構成に要するコストの増大を抑制しつつ、サブネット内の通信とサブネット間の通信とを区別することができる。 In other words, one L2 subnets can distinguish whether the relay or not to cross the in the switch, while suppressing an increase in cost required for configuration of the network, is possible to distinguish between communication between communication and subnets in the subnet it can.

なお、上記一実施の形態においては、送信元登録部126−1、126−2は、フレームが中継されるたびに学習テーブル127−1、127−2における学習を実行するものとしたが、フレームの送信元アドレスが既に宛先アドレスとして学習テーブル127−1、127−2に登録されている場合には、このフレームの送信元アドレスおよび入力ポートを改めて学習テーブル127−1、127−2に登録しなくても良い。 Incidentally, in the above embodiment, the source registration unit 126-1,126-2 is frame is assumed to perform the learning in the learning table 127-1 and 127-2 each time it is relayed, the frame If the source address of is already registered in the learning table 127-1 and 127-2 as the destination address registers the source address and the input port of the frame again in the learning table 127-1 and 127-2 may or may not. ただし、上記一実施の形態のように、フレームが中継されるたびに学習を実行することにより、学習テーブル127−1、127−2を常に最新の状態に保つことができる。 However, as the above embodiment, by a frame to perform the learning time to be relayed, it is possible to keep the learning table 127-1 and 127-2 always up to date.

また、上記一実施の形態においては、学習テーブル127−1、127−2をそれぞれ別々のドメイン処理部120−1、120−2に設けるものとしたが、これらの2つのテーブルを統合して1つの学習テーブルを用いるようにしても良い。 Further, in the above embodiment, although the learning table 127-1 and 127-2 was assumed that each provided in separate domains processing units 120-1 and 120-2, and integrates these two tables 1 One of may be used to the learning table. 学習テーブルを統合したとしても、学習テーブルに記憶されているドメインIDによって、参照すべき出力ポートが学習済みであるか否かを判断することは可能である。 Even with integrated learning table, the domain ID stored in the learning table, the output ports to be referred to is possible to determine whether a learned. すなわち、サブネット#1から送信されたフレームに関しては、サブネット#1に対応するドメインIDが対応付けて記憶された出力ポートを検索し、サブネット#2から送信されたフレームに関しては、サブネット#2に対応するドメインIDが対応付けて記憶された出力ポートを検索すれば良い。 That is, for the frame transmitted from the subnet # 1, searches the output port domain ID corresponding to the subnet # 1 is stored in association with respect to a frame transmitted from the subnet # 2, corresponding to the subnet # 2 domain ID to may be searched for stored output port in association. 同様に、ポートテーブル123−1、123−2を統合して1つのポートテーブルを用いるようにしても良い。 Likewise, by integrating the port table 123-1 and 123-2 may be used a single port table.

さらに、上記一実施の形態においては、L2スイッチ100におけるフレームの経路学習方法について説明したが、この経路学習方法をコンピュータが読み取り可能な経路学習プログラムとして記述し、経路学習プログラムをコンピュータに実行させることにより、上記一実施の形態と同様の作用効果を得ることも可能である。 Further, in the above embodiment is, L2 has been described route learning method of the frame in the switch 100, that this route learning method was described as a computer-readable path learning program, to execute the path learning program in the computer Accordingly, it is also possible to obtain the same effect as the above embodiment.

以上の実施の形態に関し、さらに以下の付記を開示する。 Relates the above embodiment, the following additional statements are further disclosed.

(付記1)第1のサブネットに接続する入力ポートからフレームを取得する取得手段と、 (Supplementary Note 1) obtaining means for obtaining a frame from an input port connected to a first subnet,
前記取得手段によって取得されたフレームの宛先に対応する出力ポートを設定する設定手段と、 Setting means for setting an output port corresponding to the destination of the frame obtained by the obtaining means,
前記設定手段によって設定されたフレームの出力ポートが第1のサブネットに接続する場合に、出力ポートを介してフレームを第1のサブネットへ伝送する第1の伝送手段と、 If the output port of the frame set by the setting means is connected to a first subnet, a first transmission means for transmitting the frame to the first subnet via the output port,
前記設定手段によって設定されたフレームの出力ポートが第1のサブネットとは異なる第2のサブネットに接続する場合に、出力ポートを介してフレームを第2のサブネットへ伝送する第2の伝送手段と を有することを特徴とするフレーム中継装置。 If the output port of the frame set by the setting means is connected to a different second subnet from the first subnet, and a second transmission means for transmitting the frame through the output port to the second subnet frame relay device characterized in that it comprises.

(付記2)第1のサブネットに接続する入力ポートからフレームを取得する取得手段と、 An acquisition unit (note 2) to obtain a frame from the input port connected to the first subnet,
前記取得手段によって取得されたフレームの宛先に対応する出力ポートを設定する設定手段と、 Setting means for setting an output port corresponding to the destination of the frame obtained by the obtaining means,
前記設定手段によって設定されたフレームの出力ポートが第1のサブネットとは異なる第2のサブネットに接続するか否かを示すフラグをフレームに付加する付加手段と、 And adding means for adding a flag output port of the frame set by the setting unit indicates whether to connect to different second subnet from the first subnet to the frame,
前記取得手段によって取得されたフレームの送信元アドレスおよび入力ポートとともに前記付加手段によってフレームに付加されたフラグを、アドレスおよびポートの対応関係を記憶する学習テーブルに登録する登録手段と を有することを特徴とするフレーム中継装置。 Characterized in that it has a registration unit for registering a flag assigned to the frame by said adding means transmitted along with the source address and the input port of the frame acquired by the acquisition unit, the learning table for storing a correspondence relationship between addresses and ports frame relay device to.

(付記3)前記設定手段は、 (Supplementary Note 3) the setting means,
フレームの宛先アドレスが前記登録手段によって学習テーブルに登録済みである場合に、学習テーブルにおいてフレームの宛先アドレスに対応するポートをフレームの出力ポートとして設定することを特徴とする付記2記載のフレーム中継装置。 If the destination address of the frame is registered in the learning table by said registering means, the frame relay apparatus according to Note 2, wherein the setting the port corresponding to the destination address of the frame in the learning table as the output port of the frame .

(付記4)前記付加手段は、 (Supplementary Note 4) The adding unit,
前記設定手段によって設定された出力ポートに対応して学習テーブルに記憶されているフラグをフレームに付加することを特徴とする付記3記載のフレーム中継装置。 Frame relay device according to Supplementary Note 4, wherein adding a flag in response to the set output port is stored in the learning table by said setting means to the frame.

(付記5)前記設定手段は、 (Supplementary Note 5) the setting means,
フレームの宛先アドレスが前記登録手段によって学習テーブルに未登録である場合に、フレームの入力ポート以外の全ポートを出力ポートとして設定することを特徴とする付記2記載のフレーム中継装置。 If the destination address of the frame is not registered in the learning table by said registering means, the frame relay apparatus according to Note 2, wherein the setting all ports other than the input port of the frame as an output port.

(付記6)前記付加手段は、 (Supplementary Note 6) The adding unit,
前記設定手段によって設定された出力ポートに応じてフレームを複製し、得られた複数の複製フレームのうち、第1のサブネットに対応する出力ポートが設定された複製フレームには第1のサブネットに接続することを示すフラグを付加し、第2のサブネットに対応する出力ポートが設定された複製フレームには第2のサブネットに接続することを示すフラグを付加することを特徴とする付記5記載のフレーム中継装置。 The duplicate the frame in accordance with the output port set by the setting means, among the plurality of duplicate frames obtained in duplicate frame output port is set corresponding to the first subnet connected to the first subnet adding a flag indicating that, in duplicate frame output port is set corresponding to the second subnet frame of Appendix 5, wherein adding a flag indicating that the connection to the second subnet the relay device.

(付記7)前記付加手段によってフレームに付加されたフラグがフレームの出力ポートが第2のサブネットに接続することを示す場合に、フレームの帯域を第2のサブネットに適した帯域に制御する帯域制御手段と、 (Supplementary Note 7) when the output port of the flag assigned to the frame by said adding means is a frame indicating that connected to the second subnet, the band control for controlling the band suitable band of the frame to the second subnet and means,
前記帯域制御手段によって帯域が制御されたフレームを出力ポートから出力する出力手段と をさらに有することを特徴とする付記2記載のフレーム中継装置。 Frame relay device according to Note 2, wherein further comprising an output unit that band is outputted from the output port a control frame by said bandwidth control means.

(付記8)コンピュータによって実行される経路学習プログラムであって、前記コンピュータに、 A path learning program to be executed by (Supplementary Note 8) a computer,
第1のサブネットに接続する入力ポートからフレームを取得する取得ステップと、 An acquisition step of acquiring a frame from an input port connected to a first subnet,
前記取得ステップにて取得されたフレームの宛先に対応する出力ポートを設定する設定ステップと、 A setting step of setting an output port corresponding to the destination of the frame acquired in the acquisition step,
前記設定ステップにて設定されたフレームの出力ポートが第1のサブネットとは異なる第2のサブネットに接続するか否かを示すフラグをフレームに付加する付加ステップと、 An adding step of adding a flag output port of the frame set by the setting step indicates whether to connect to different second subnet from the first subnet to the frame,
前記取得ステップにて取得されたフレームの送信元アドレスおよび入力ポートとともに前記付加ステップにてフレームに付加されたフラグを、アドレスおよびポートの対応関係を記憶する学習テーブルに登録する登録ステップと を実行させることを特徴とする経路学習プログラム。 The flag assigned to the frame at the additional step together with the transmission source address and the input port of the frame acquired in the acquisition step to execute a registration step of registering the learning table for storing a correspondence relationship between addresses and ports path learning program, characterized in that.

(付記9)第1のサブネットに接続する入力ポートからフレームを取得する取得ステップと、 An acquisition step (Supplementary Note 9) acquires the frame from an input port connected to the first subnet,
前記取得ステップにて取得されたフレームの宛先に対応する出力ポートを設定する設定ステップと、 A setting step of setting an output port corresponding to the destination of the frame acquired in the acquisition step,
前記設定ステップにて設定されたフレームの出力ポートが第1のサブネットとは異なる第2のサブネットに接続するか否かを示すフラグをフレームに付加する付加ステップと、 An adding step of adding a flag output port of the frame set by the setting step indicates whether to connect to different second subnet from the first subnet to the frame,
前記取得ステップにて取得されたフレームの送信元アドレスおよび入力ポートとともに前記付加ステップにてフレームに付加されたフラグを、アドレスおよびポートの対応関係を記憶する学習テーブルに登録する登録ステップと を有することを特徴とする経路学習方法。 To have a registration step of registering a flag assigned to the frame by the transmission the additional step with the original address and the input port of the frame acquired in the acquisition step, the learning table for storing a correspondence relationship between addresses and ports route learning method according to claim.

本発明は、ネットワークの構成に要するコストの増大を抑制しつつ、サブネット内の通信とサブネット間の通信とを区別する場合に適用することができる。 The present invention, while suppressing an increase in cost required for configuration of the network, can be applied to a case of distinguishing between communication between communication and subnets in the subnet.

110−1、110−2 入出力ポート部 120−1、120−2 ドメイン処理部 121−1、121−2 ドメインID付与部 122−1、122−2 宛先判定部 123−1、123−2 ポートテーブル 124−1、124−2 帯域制御部 125−1、125−2 ID変換部 126−1、126−2 送信元登録部 127−1、127−2 学習テーブル 130−1、130−2 転送部 131 フラッディング処理部 132 フラグ判定部 110-1, 110-2 output port units 120-1 and 120-2 domain processing unit 121-1 and 121-2 domain ID assigning unit 122-1 and 122-2 destination decision unit 123-1 and 123-2 ports table 124-1 and 124-2 band control unit 125-1 and 125-2 ID converting unit 126-1,126-2 source registration unit 127-1 and 127-2 learning table 130-1, 130-2 transfer unit 131 flooding processing unit 132 flag determination unit

Claims (7)

  1. 第1のサブネットに接続する入力ポートからフレームを取得する第1の取得手段と、 A first acquisition means for acquiring a frame from an input port connected to the first subnet,
    前記第1の取得手段によって取得されたフレームの宛先に対応する出力ポートを、学習テーブルに基づいて設定する第1の設定手段と、 An output port corresponding to the destination of the frame acquired by the first acquisition unit, a first setting means for setting, based on the learning table,
    第2のサブネットに接続する入力ポートからフレームを取得する第2の取得手段と、 A second acquisition means for acquiring a frame from an input port connected to the second subnet,
    前記第2の取得手段によって取得されたフレームの宛先に対応する出力ポートを設定する第2の設定手段と、 A second setting means for setting an output port corresponding to the destination of the frame acquired by said second acquisition means,
    前記第2の設定手段によって設定されたフレームの出力ポートが前記のサブネットに接続するか否かを示すフラグをフレームに付加する付加手段と、 And adding means for adding a flag output port of the frame set by the second setting means indicates whether connecting to the first subnet to the frame,
    前記付加手段によってフレームに付加されたフラグと共に、前記第2の取得手段によって取得されたフレームの送信元アドレスおよび入力ポートを送信宛先アドレス及び出力ポートとして、前記学習テーブルに登録する登録手段と を有することを特徴とするフレーム中継装置。 With a flag added to the frame by said adding means, the source address and the input port of the frame acquired by the second acquisition means as the transmission destination address and an output port, and a registration means for registering in said learning table frame relay and wherein the.
  2. 前記第1の設定手段は、 Said first setting means,
    フレームの宛先アドレスが前記登録手段によって学習テーブルに登録済みである場合に、学習テーブルにおいてフレームの宛先アドレスに対応するポートをフレームの出力ポートとして設定することを特徴とする請求項1記載のフレーム中継装置。 If the destination address of the frame is registered in the learning table by said registration means, frame relay according to claim 1, wherein the setting the port corresponding to the destination address of the frame in the learning table as the output port of the frame apparatus.
  3. 前記第1の設定手段は、 Said first setting means,
    フレームの宛先アドレスが前記登録手段によって学習テーブルに未登録である場合に、フレームの入力ポート以外の全ポートを出力ポートとして設定することを特徴とする請求項1記載のフレーム中継装置。 If the destination address of the frame is not registered in the learning table by said registering means, the frame relay apparatus of claim 1, wherein the setting all ports other than the input port of the frame as an output port.
  4. 前記付加手段は、 It said additional means,
    前記第2の設定手段によって設定された出力ポートに応じてフレームを複製し、得られた複数の複製フレームのうち、第1のサブネットに対応する出力ポートが設定された複製フレームには第1のサブネットに接続することを示すフラグを付加し、第2のサブネットに対応する出力ポートが設定された複製フレームには第2のサブネットに接続することを示すフラグを付加することを特徴とする請求項3記載のフレーム中継装置。 The duplicate the frame in accordance with the output port that is set by the second setting means, among the plurality of duplicate frames obtained, the duplicate frames the output port is set corresponding to the first subnet first adding a flag indicating that the connection to the subnet, the duplicate frames the output port is set corresponding to the second subnet claims, characterized in adding a flag indicating that the connection to the second subnet 3 the frame relay apparatus according.
  5. 前記付加手段によってフレームに付加されたフラグがフレームの出力ポートが第2のサブネットに接続することを示す場合に、フレームの帯域を第2のサブネットに適した帯域に制御する帯域制御手段と、 And bandwidth control means for controlling to indicate that a flag assigned to the frame is the output port of the frame is connected to the second subnet, the band suitable band of the frame to the second subnet by said adding means,
    前記帯域制御手段によって帯域が制御されたフレームを出力ポートから出力する出力手段と をさらに有することを特徴とする請求項1記載のフレーム中継装置。 Frame relay device according to claim 1, further comprising an output unit that band is outputted from the output port a control frame by said bandwidth control means.
  6. コンピュータによって実行される経路学習プログラムであって、前記コンピュータに、 A path learning program executed by a computer,
    第1のサブネットに接続する入力ポートからフレームを取得する第1の取得ステップと、 A first acquisition step of acquiring a frame from an input port connected to the first subnet,
    前記第1の取得ステップにて取得されたフレームの宛先に対応する出力ポートを、学習テーブルに基づいて設定する第1の設定ステップと、 An output port corresponding to the destination of the frame acquired by the first acquisition step, a first setting step of setting, based on the learning table,
    第2のサブネットに接続する入力ポートからフレームを取得する第2の取得ステップと、 A second acquisition step of acquiring a frame from an input port connected to the second subnet,
    前記第2の取得ステップによって取得されたフレームの宛先に対応する出力ポートを設定する第2の設定ステップと、 A second setting step of setting an output port corresponding to the second destination of the frame obtained by the obtaining step,
    前記第2の設定ステップにて設定されたフレームの出力ポートが前記のサブネットに接続するか否かを示すフラグをフレームに付加する付加ステップと、 An adding step of adding a flag output port of the frame set by the second setting step indicates whether to connect to the first subnet to the frame,
    前記付加ステップによってフレームに付加されたフラグと共に、前記第2の取得ステップにて取得されたフレームの送信元アドレスおよび入力ポートを送信宛先アドレス及び出力ポートとして、前記学習テーブルに登録する登録ステップと を実行させることを特徴とする経路学習プログラム。 With a flag added to the frame by the additional step, the source address and the input port of the frame captured at the second acquisition step as the transmission destination address and the output port, and a registration step of registering the learning table path learning program for causing executed.
  7. 第1のサブネットに接続する入力ポートからフレームを取得する第1の取得ステップと、 A first acquisition step of acquiring a frame from an input port connected to the first subnet,
    前記第1の取得ステップにて取得されたフレームの宛先に対応する出力ポートを、学習テーブルに基づいて設定する第1の設定ステップと、 An output port corresponding to the destination of the frame acquired by the first acquisition step, a first setting step of setting, based on the learning table,
    第2のサブネットに接続する入力ポートからフレームを取得する第2の取得ステップと、 A second acquisition step of acquiring a frame from an input port connected to the second subnet,
    前記第2の取得ステップによって取得されたフレームの宛先に対応する出力ポートを設定する第2の設定ステップと、 A second setting step of setting an output port corresponding to the second destination of the frame obtained by the obtaining step,
    前記第2の設定ステップにて設定されたフレームの出力ポートが第のサブネットに接続するか否かを示すフラグをフレームに付加する付加ステップと、 An adding step of adding a flag indicating whether the output port of the frame set by the second setting step is connected to the first subnet to the frame,
    前記付加ステップによってフレームに付加されたフラグと共に、前記第2の取得ステップにて取得されたフレームの送信元アドレスおよび入力ポートを送信宛先アドレス及び出力ポートとして、前記学習テーブルに登録する登録ステップと を有することを特徴とする経路学習方法。 With a flag added to the frame by the additional step, the source address and the input port of the frame captured at the second acquisition step as the transmission destination address and the output port, and a registration step of registering the learning table route learning method characterized in that it comprises.
JP2012083209A 2012-03-30 2012-03-30 Frame relay device, the path learning program, and a route learning method Expired - Fee Related JP5360257B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012083209A JP5360257B2 (en) 2012-03-30 2012-03-30 Frame relay device, the path learning program, and a route learning method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012083209A JP5360257B2 (en) 2012-03-30 2012-03-30 Frame relay device, the path learning program, and a route learning method

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008034501 Division 2008-02-15

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012130084A true JP2012130084A (en) 2012-07-05
JP5360257B2 true JP5360257B2 (en) 2013-12-04

Family

ID=46646513

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012083209A Expired - Fee Related JP5360257B2 (en) 2012-03-30 2012-03-30 Frame relay device, the path learning program, and a route learning method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5360257B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6036525B2 (en) 2013-04-30 2016-11-30 日立金属株式会社 Network relay device
JP5954248B2 (en) 2013-04-30 2016-07-20 日立金属株式会社 Network relay device

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09233110A (en) * 1996-02-26 1997-09-05 Hitachi Cable Ltd Multi-port bridge with virtual lan function
JPH1032597A (en) * 1996-07-17 1998-02-03 Nec Corp Inter-lan connection device
JP2004304371A (en) * 2003-03-28 2004-10-28 Fujitsu Ltd Switch device of layer 2
JP2005217715A (en) * 2004-01-29 2005-08-11 Fujitsu Access Ltd Layer 2 switch having vlan inter segment transfer function
JP2007288748A (en) * 2006-04-20 2007-11-01 Yamaha Corp Switching hub, router and virtual lan system

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2012130084A (en) 2012-07-05 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8194674B1 (en) System and method for aggregating communications and for translating between overlapping internal network addresses and unique external network addresses
US6578086B1 (en) Dynamically managing the topology of a data network
US7881208B1 (en) Gateway load balancing protocol
US8995272B2 (en) Link aggregation in software-defined networks
US6515969B1 (en) Virtual local area network membership registration protocol for multiple spanning tree network environments
US20110019676A1 (en) Extended subnets
US6931452B1 (en) Router monitoring
US7593320B1 (en) Failover scheme for stackable network switches
US20070014231A1 (en) Router and method for protocol process migration
US20050013260A1 (en) System and method for multiple spanning tree protocol domains in a virtual local area network
US20130195111A1 (en) Shortest Path Bridging in a Multi-Area Network
US20120163164A1 (en) Method and system for remote load balancing in high-availability networks
US20140122683A1 (en) System and Method for Virtual Network Abstraction and Switching
US20150016300A1 (en) Support for virtual extensible local area network segments across multiple data center sites
US9019814B1 (en) Fast failover in multi-homed ethernet virtual private networks
US20110235523A1 (en) Method and system for extending routing domain to non-routing end stations
US20060092832A1 (en) Stack manager protocol with automatic set up mechanism
US20060092849A1 (en) Stack manager protocol with automatic set up mechanism
US20080080535A1 (en) Method and system for transmitting packet
CN101827009A (en) Routing frames in a trill network using service vlan identifiers
US20140177639A1 (en) Routing controlled by subnet managers
US20110110370A1 (en) Compressed virtual routing and forwarding in a communications network
US20040252634A1 (en) Extensions to the spanning tree protocol
US20120307828A1 (en) Method and System of Frame Forwarding with Link Aggregation in Distributed Ethernet Bridges
CN102368727A (en) Crossed IP network TRILL network communication method, system thereof and devices

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120330

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130510

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130514

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130712

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130806

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130819

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees