JP5343633B2 - Toner manufacturing a nozzle plate, the toner production method and a toner production apparatus - Google Patents

Toner manufacturing a nozzle plate, the toner production method and a toner production apparatus Download PDF

Info

Publication number
JP5343633B2
JP5343633B2 JP2009050697A JP2009050697A JP5343633B2 JP 5343633 B2 JP5343633 B2 JP 5343633B2 JP 2009050697 A JP2009050697 A JP 2009050697A JP 2009050697 A JP2009050697 A JP 2009050697A JP 5343633 B2 JP5343633 B2 JP 5343633B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
toner
liquid
nozzle plate
nozzle
manufacturing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2009050697A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2010204449A (en )
Inventor
傑 大垣
義浩 法兼
慎司 青木
ムルワアンドゥルームワニキ
Original Assignee
株式会社リコー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a nozzle plate that improves production efficiency of toner and can stably give the toner having a greatly reduced width of variation in fluidity or charging characteristics by forming uniform droplets, and to provide a method for manufacturing the toner and an apparatus for manufacturing the toner using the nozzle plate. <P>SOLUTION: The nozzle plate has nozzles formed therein and is disposed in a liquid reservoir section to store a toner material liquid prepared by dispersing or dissolving a toner composition containing a resin and a colorant. The nozzle plate is characterized in that the liquid reservoir sections where the nozzles are disposed, and flow passages to feed the toner material liquid to the liquid reservoir sections or to remove gas from the toner material liquid are integrally molded by using a composite material having a layer of silicon or silicon and silicon oxide. <P>COPYRIGHT: (C)2010,JPO&amp;INPIT

Description

本発明はトナー製造用ノズルプレート、トナー製造方法、トナー製造装置に関し、特に噴射造粒法によってトナーを製造するためのトナー製造用ノズルプレート、トナー製造方法およびトナーの製造装置に関する。 The present invention is a toner for producing a nozzle plate, the method producing a toner, relates toner production apparatus, particularly a toner manufacturing nozzle plates for producing a toner by prilling method, apparatus for producing a toner production method and a toner.

電子写真、静電記録、静電印刷等の静電荷像を現像するための現像剤に使用されるトナーとしては、いわゆる粉砕型トナー、懸濁重合法、乳化重合凝集法などの重合型トナーが知られている。 Electrophotography, electrostatic recording, as the toner used in developer for developing an electrostatic charge image of electrostatic printing or the like, so-called pulverized toner, suspension polymerization method, the polymerization toners such as emulsion aggregation Are known. この他に重合型トナーとして、ポリマー溶解懸濁法も知られている(特許文献1参照)。 As the polymerization toners In addition, it is also known polymer dissolution suspension method (see Patent Document 1). このポリマー溶解懸濁法はトナー材料を低沸点有機溶媒などの揮発性溶剤に分散、溶解させ、これを分散剤の存在する水系媒体中で乳化、液滴化した後に揮発性溶剤を除去してトナーを製造するものである。 The polymer dissolution suspension method is dispersing the toner material in a volatile solvent such as a low boiling organic solvent, lysed, emulsified in an aqueous medium in the presence of dispersing agents which, by removing the volatile solvent after the liquid droplets it is intended to produce a toner. この方法によるトナーは、懸濁重合法、乳化重合凝集法と異なり、用いることのできる樹脂に汎用性が広く、特に透明性や定着後の画像部の平滑性が要求されるフルカラープロセスに有用なポリエステル樹脂を用いることができる点で優れている。 Toner by the method, suspension polymerization method, unlike the emulsion polymerization aggregation method, useful for full color process versatility widely resin, in particular the smoothness of the image portion after transparency and fixing are required which can be used it is superior in that it can be used a polyester resin.

しかしながら、上記の重合型トナーにおいては、水系媒体中で分散剤を使用することを前提としているために、トナーの帯電特性を損なう分散剤がトナー表面に残存する問題がある。 However, in the above polymerization type toner, because it is assumed to use the dispersing agent in an aqueous medium, there is a problem of dispersing agent impairing the charge property of toner remains on the toner surface. またこの分散剤により環境安定性が損なわれるなどの不具合が発生したり、分散剤を除去するために大量の洗浄水を必要とするなど、問題がある。 The problem may occur, such as environmental stability is impaired by the dispersant, etc. require a large amount of washing water in order to remove the dispersing agent, there is a problem.

一方、水系媒体を用いないトナーの製造方法として、噴霧造粒法が知られている(特許文献2参照)。 On the other hand, as a method for producing a toner without using an aqueous medium, spray granulation method is known (see Patent Document 2). これはトナーの溶融液又は溶解液を、アトマイザを用いて微粒子化して放出し、乾燥させてトナー粒子を得る方法である。 This molten solution or solution of the toner, and released into fine particles using the atomizer, a method of obtaining toner particles by drying. このため、この製造方法は水系媒体を用いることによる不具合は生じない。 Therefore, this production method does not occur inconvenience by using an aqueous medium.

しかしながら、従来の噴霧造粒法により得られるトナー粒子は比較的粗く大きなものであり、また、粒度分布も広いため、トナーそのものの特性を劣化させる原因となっている。 However, toner particles obtained by the conventional spray granulation methods are in large relatively coarse, also, since larger particle size distribution, which is a cause of deteriorating the properties of the toner itself.

そこで、これに代わるトナーの製造方法として、圧電パルスを利用して微小液滴を形成し、さらにこれを乾燥固化してトナー化する方法が知られ、またその製造装置も提案されている(特許文献3参照)。 Therefore, as a method for producing a toner alternative to this, the fine droplets formed using a piezoelectric pulse, further is known a method of toner by being dried and solidified it, also been proposed a manufacturing apparatus (Patent references 3). 更に、ノズル内の熱膨張を利用して微小液滴を形成し、これを造粒空間において乾燥固化してトナー化する工法が提案されている(特許文献4参照)。 Further, method of the toner by being dried and solidified is proposed in microdroplets formed using the thermal expansion in a nozzle, granulating space it (see Patent Document 4).

しかしながら、上述した特許文献3、4に記載のトナーの製造方法及び装置の発明では、一つの圧電体を用い一つのノズルからの液滴吐出を行うので、単位時間当たりに吐出できる液滴数が少なく、トナーの生産性が悪いという問題がある。 However, in the invention of toner production method and apparatus described in Patent Documents 3 and 4 described above, since the droplet ejection from one nozzle using one piezoelectric, the number of droplets that can be ejected per unit time less, the toner productivity is poor.

その他のトナーの製造方法として、トナー溶融液または溶解液を貯留する液貯留部を加圧してノズル部から液柱を発生させ、微弱な超音波振動によってこの液柱を分断し、液滴化し、これを乾燥固化して、トナーを製造する方法及び装置が提案されている(特許文献5参照)。 As a method for producing other toners, the liquid storage portion for storing the toner melt or solution pressurized to generate liquid column from the nozzle unit, to divide the liquid column by weak ultrasonic vibration, and the liquid droplets, This was dried and solidified, a method and apparatus for producing a toner has been proposed (see Patent Document 5).

しかしながら、上述した特許文献5に記載のトナーの製造方法及び装置は、トナー溶融液または溶解液が常にノズル排出方向に一方的に加圧され、着色材(顔料)や離型材などの超微粒子がノズルを閉塞するというトナー製造に特有の問題がある。 However, the method and apparatus for producing a toner described in Patent Document 5 mentioned above, the toner melt or solution is always pressed unilaterally pressurized to the nozzle discharge direction, the ultrafine particles such as colorant (pigment) and the release material there are inherent problems in toner production of blocking the nozzle.

トナーの生産性を増大するにはノズルの数を多く設定することが望ましいが、そのためには液貯留部及び薄膜状ノズルプレートの寸法を、従前の特許技術3又は4に記載のトナーの製造装置よりも極めて大きくする必要がある。 Although it is desirable to increase the toner productivity is set greater number of nozzles, the size of the order in the liquid reservoir and the thin film-like nozzle plate, the toner manufacturing apparatus according to prior patented 3 or 4 there needs to be much larger than. またこれらに加え、液共振現象を効率的に液貯留部内で発生するために、前記液貯留部を構成する構成部材、特に前記した複数のノズルを有する薄膜の剛性を高く保つ必要がある。 In addition to these, in order to generate a liquid resonance phenomenon in efficient liquid storage portion, components constituting the liquid reservoir, it is necessary to maintain high rigidity of the thin film having a plurality of nozzles, particularly mentioned above.
さらに、ノズルと液貯留部が別体で構成されている場合、これらを接合するため位置決め工程が必要で、歩留まりが低下し、接合部からの漏れ、接着剤の溶出等、不安定要因を増加させている。 Furthermore, when the nozzle and liquid storage portion are configured separately, they require positioning step for joining the yield is decreased, increased leakage from the joint, such as elution of an adhesive, the instability It is made to.

さらに、上述した特許文献3〜4に記載の発明では、液のしみだしや気泡巻き込みにより安定な液滴吐出が阻害されるため、トナーの生産性が上がらないという問題点がある。 Furthermore, in the invention described in Patent Document 3-4 described above, since the stable droplet discharge by entrainment oozing and bubbles in the liquid is inhibited, there is a problem that the toner productivity is not increased.

本発明は上記した従来技術が有する課題に鑑みてなされたものであり、トナーの生産効率を向上し、更に流動性や帯電特性といったトナーに求められる多くの特性値において、従前の製造方法にみられた粒子に比較して変動の幅が極めて少ないトナーを安定的に得ることを目的とする。 The present invention has been made in view of the problems with the prior art described above, to improve production efficiency of the toner, further in many characteristic values ​​required for the toner such as flowability and charging characteristics, found in conventional manufacturing methods width compared to vary the obtained particles and an object thereof is to obtain a very small toner stably.

本発明者らは、液貯留部におけるノズルの配置数を増大しても均一な液滴の形成を実現できるようなノズル構成などについて鋭意検討し、本発明の完成に至った。 The present inventors have intensively studied, such as the nozzle configuration can realize formation of uniform droplets also increases the number of arranged nozzles in the liquid reservoir, thereby completing the present invention.
本発明の上記課題は、以下のような解決手段により解決される。 The above object of the present invention is solved by the following such a solution.

(1)樹脂及び着色剤を含むトナー組成物の分散液ないし溶解液であるトナー材料液を貯留する液貯留部に設けられノズルが形成されたトナー製造用ノズルプレートであって、 (1) A resin and dispersions or solution toner material liquid toner manufacturing a nozzle plate in which the nozzles provided in the liquid storage portion for storing is formed to a toner composition comprising a colorant,
前記ノズルプレートは、前記ノズルが設けられた前記液貯留部に前記トナー材料液の送液または前記トナー材料液中のガス抜きをするための流路がシリコンまたはシリコンとその酸化物の層を有する複合体を用いて前記ノズルと一体に形成されたことを特徴とする。 The nozzle plate, a flow path for the feeding or venting of the toner material liquid in the toner material liquid in the liquid storage portion in which the nozzle is provided with a layer of silicon or silicon and its oxide characterized in that it is formed integrally with the nozzle with a complex.
(2)前記(1)に記載のトナー製造用ノズルプレートにおいて、前記複合体はSOI(Silicon on insulator)ウエハーであり、前記シリコンまたは前記SOIウエハーの第1の面に前記ノズルが形成され、第2の面に前記流路が形成されることを特徴とする。 (2) In the toner produced nozzle plate according to (1), wherein the complex is SOI (Silicon on Insulator) wafer, the nozzles are formed on a first surface of the silicon or the SOI wafer, the the flow path in the second plane, characterized in that is formed.
(3)前記(2)に記載のトナー製造用ノズルプレートにおいて、前記第1の面にシリコン酸化膜が形成され、さらにそのシリコン酸化膜上にフッ素系材料膜が形成されていることを特徴とする。 (3) In the above toner preparation nozzle plate according to (2), and wherein the first formed silicon oxide film on the surface, and further a fluorine-containing material film on the silicon oxide film is formed to.
(4)前記(2)又は(3)に記載のトナー製造用ノズルプレートにおいて、前記第2の面にシリコン酸化膜が形成されていることを特徴とする。 (4) the (2) or in the toner manufacturing nozzle plate according to (3), characterized in that the silicon oxide film is formed on the second surface.
(5)前記(1)〜(4)のいずれかに記載のトナー製造用ノズルプレートにおいて、前記トナー材料液を貯留する液溜からノズルへ、径が縮径していることを特徴とする。 (5) wherein (1) a toner for producing a nozzle plate according to any one of the - (4), to the nozzle from the liquid reservoir for storing the toner material liquid, wherein the diameter is reduced in diameter.
(6)前記(1)〜(5)のいずれかに記載のトナー製造用ノズルプレートにおいて、前記液貯留部はノズルを有する液室部に隣接して流路が配設されることを特徴とする。 (6) the (1) in the toner manufacturing nozzle plate according to any of the - (5), wherein the liquid reservoir has a feature that the flow channel is disposed adjacent to the liquid chamber portion having a nozzle to.
(7)前記(1)〜(6)のいずれかに記載のトナーの製造用ノズルプレートにおいて、前記ノズルが設けられる液室部が前記流路の液供給用流路と連結され、前記液室と前記液供給用流路が交互に配設されることを特徴とする。 (7) the (1) In manufacturing the nozzle plate of the toner according to any one of the - (6), a liquid chamber portion to which the nozzle is provided is connected to the liquid supply flow channel of the flow path, the liquid chamber the liquid supply flow channel, characterized in that it is arranged alternately with.
(8)前記(1)〜(7)のいずれかに記載のトナー製造用ノズルプレートを用い、前記ノズルプレートに設けられたノズルのサイズが4〜15μmであり、前記ノズルプレートに振動発生手段により20kHz以上2.0MHz未満の振動周波数を印加して前記ノズルプレートの各前記ノズルから少なくとも樹脂及び着色剤を含有するトナー材料を分散ないし溶解させた前記トナー材料液を液滴化し、前記液滴化したトナー材料液を乾燥させてトナー粒子を形成することによりトナーを製造することを特徴とするトナーの製造方法。 (8) using the toner manufacturing nozzle plate according to any one of (1) to (7), the size of the nozzles provided in the nozzle plate is that a range of 4-15 .mu.m, the vibration generating means to the nozzle plate at least a resin and the toner material liquid toner material is dispersed or dissolved, containing a colorant and applying a vibration frequency of less than 2.0MHz or 20kHz from each of said nozzles of said nozzle plate and the liquid droplets, the liquid droplets method for producing a toner, wherein the toner is produced by the toner material liquid is dried to form toner particles.
(9)前記(8)に記載のトナーの製造方法において、前記トナー材料液を貯留する液貯留部ごとに設けられるノズルの数は、100ないし40,000個であることを特徴とする。 (9) In the method for producing a toner according to (8), the number of nozzles provided for each liquid reservoir for storing the toner material liquid is characterized by 100 to 40,000 pieces.
(10)前記(1)〜(7)のいずれかに記載のトナー製造用ノズルプレートと、前記ノズルプレートに振動を印加させて液滴を形成する振動印加手段と、前記液滴を放出させた空間で液滴を乾燥させて固化する固化部とを有するトナー製造装置。 (10) wherein the toner manufacturing nozzle plate according to any one of (1) to (7), a vibration applying means for forming a liquid droplet by applying a vibration to the nozzle plate, to release the droplets toner production apparatus and a solidifying unit for solidifying the droplets dried in the space.

本発明に係るノズルプレート、このノズルプレートを有するトナーの製造方法およびトナーの製造装置によれば、硬質部材からなるノズルを有する複数の液貯留部と前記液貯留部同士を接続し、またはトナー材料液を送液するための流路が一体に形成されたノズルプレートからトナー材料液を液滴化して放出させるようにしたので、ガス抜きされた液滴を均一なサイズで安定的に形成することが大面積において可能となり、これによってトナーを効率よく生産することができ、更にこれまでにない粒度の単一分散性を有したトナーを得ることができる。 A nozzle plate according to the present invention, according to the manufacturing method and the toner manufacturing apparatus of the toner having the nozzle plate, and connecting the liquid storage portions a plurality of liquid reservoir having a nozzle made of a hard member or the toner material, since the flow path for feeding a liquid is to be released by the liquid droplets of the toner material liquid from a nozzle plate formed integrally be formed stably droplets are degassed uniform size There it is possible in a large area, whereby it is possible to efficiently produce toner, it is possible to obtain a further toner having a free size single dispersibility so far.
また、本発明のトナーの製造方法および装置によれば、製造されるトナーは、流動性や帯電特性などのトナーに求められる特性値において粒子間の変動の幅が極めて少ないので、トナー粒子間の特性がほぼ均一なトナーが得られる。 Further, according to the manufacturing method and apparatus of the toner of the present invention, the toner to be produced, since the very small width of variation among the particles in the characteristic values ​​required for the toner such as flowability and charging characteristics, among the toner particles characteristic substantially uniform toner is obtained.

本発明のトナー製造装置の1例を示す模式図である。 Is a schematic view showing an example of a toner production apparatus of the present invention. 図1に示したトナー製造装置に用いられる液滴吐出ユニットを示す図である。 It is a diagram illustrating a droplet discharge unit for use in a toner production apparatus shown in FIG. 本発明のノズルプレートを製造する製造過程を説明するための図である。 It is a diagram for explaining a manufacturing process for manufacturing the nozzle plate of the present invention. 本発明のノズルプレートにおけるノズルを有する液室の4つの構成例を示す図である。 It shows four exemplary structure of a liquid chamber having a nozzle in the nozzle plate of the present invention. 本発明のノズルプレートにおけるノズルを有する液室をテーパ状に形成した構成例を示す図である。 A liquid chamber having a nozzle in the nozzle plate of the present invention is a diagram showing an example configuration in which tapered. 本発明のノズルプレートにおけるノズルを有する液室に流路214または215を形成した構成例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example configuration in which a flow path 214 or 215 to the liquid chamber having a nozzle in the nozzle plate of the present invention. 本発明のノズルプレートにおけるノズルを有する液室を流路214および流路215により連結して構成した例を示す図である。 It is a diagram showing an example in which by connecting the liquid chamber having a nozzle through the passage 214 and the passage 215 in the nozzle plate of the present invention. 本発明のノズルプレートにおけるノズルを有する液室を流路214および流路215により連結したノズル列と、流路列216とを設けた構成例を示す図であり、(A)はその平面図、(B)はその斜視図である。 Is a diagram showing a nozzle array coupled by the channel 214 and the channel 215 of the liquid chamber having a nozzle in a nozzle plate, an example configuration in which the flow path column 216 of the present invention, (A) is a plan view, (B) is a perspective view thereof. 図2の振動印加部材13を示す斜視図である。 It is a perspective view showing a vibration applying member 13 of FIG. 超音波ホーンの3例の形状を示す断面図である。 It is a sectional view showing the shape of three examples of the ultrasonic horn. 図1の液滴吐出ユニットが複数個からなる液滴吐出ユニットが乾燥塔に保持されている構成を示す断面図である。 Droplet discharge units 1 is a sectional view showing the configuration of the droplet discharge units comprising a plurality held in a drying tower. 液滴吐出ユニットで液滴が形成されるメカニズムを示す断面図である。 Is a cross-sectional view showing the mechanism of droplet by a droplet discharging unit is formed. 図1に示したトナー製造装置に用いられる別の液滴吐出ユニットを示す断面図である。 It is a sectional view showing another droplet discharge unit for use in a toner production apparatus shown in FIG. 図13に示す液滴吐出ユニットが複数個、乾燥塔に保持されている構成を示す断面図である。 The droplet discharge unit shown in FIG. 13 is a sectional view showing a plurality, a configuration that is held in the drying tower.

以下、本発明を実施するための形態により、添付図面を参照して説明する。 Hereinafter, the embodiments of the present invention will be described with reference to the accompanying drawings. まず、本発明に係るトナーの製造装置について、図1に示す例を参照して説明する。 First, the toner manufacturing apparatus according to the present invention will be described with reference to the example shown in FIG.

図1に示すトナー製造装置1は、液滴吐出ユニット2と、粒子形成部3と、トナー捕集部4と、チューブ(トナー貯留配管チューブ)5と、トナー貯留部6とを有して構成される。 Toner production apparatus 1 shown in FIG. 1, the droplet discharge unit 2, a particle forming portion 3, a toner collecting unit 4, a tube (toner reservoir pipe tube) 5, and a toner storage portion 6 configured It is. 液滴吐出ユニット2は、少なくとも樹脂及び着色剤を有するトナー材料液10を液滴化して放出する液滴化手段としての機能を有している。 The droplet discharge unit 2 has a function as a dropletizer means for releasing to the liquid droplets of the toner material liquid 10 having at least a resin and a colorant. この液滴吐出ユニット2はトナー製造装置1の上方に配置されている。 The droplet discharge units 2 is disposed above the toner manufacturing apparatus 1. 液滴吐出ユニット2から放出されたトナー材料液の液滴は、この液滴を粒子化手段としての粒子形成部3で固化してトナー粒子Tを形成する。 Droplets of the toner material liquid discharged from the droplet discharge unit 2 to form toner particles T by solidifying the droplet by the particle forming portion 3 of the particle means. 形成されたトナー粒子Tはトナー捕集部4で捕集され、このトナー粒子Tがチューブ5を介して移送される。 Toner particles T formed is collected by the toner collecting unit 4, the toner particles T is transported through the tube 5. 移送されたトナー粒子Tはトナー貯留手段としてのトナー貯留部6で貯留される。 Transferring toner particles T are stored in the toner storage portion 6 of the toner storing means. また、トナー製造装置1は、トナー材料液10を収容する原料収容部(トナー材料液収容タンク)7と、この原料収容部7内から液滴吐出ユニット2に対してトナー組成液10を送液する配管(送液管)8−1と、稼動時などにトナー材料液10を圧送供給するためのポンプ(トナー材料液供給手段)9と、液滴吐出ユニット2からの過剰なトナー組成液を原料収容部7に回収する配管(回収管)8−2を備えている。 The toner production apparatus 1 includes feeding raw material accommodating portion for accommodating the toner material liquid 10 (toner material liquid containing tank) 7, a toner composition liquid 10 to the liquid droplet discharge units 2 from the raw material accommodating part inside 7 a pipe (liquid feed pipe) 8-1, a pump (toner material solution supplying means) 9 for pumping supply toner material liquid 10, such as during operation, the excess toner composition liquid from the droplet discharge unit 2 pipe for recovering the raw material accommodating part 7 (recovery pipe) and a 8-2.

原料収容部7から前記したトナー材料液10が、液滴吐出ユニット2による液滴化により自給的に液滴吐出ユニット2に供給される。 Toner material liquid 10 from the raw material accommodating part 7 described above is subsistence supplied to the droplet discharge unit 2 by a droplet of by the droplet discharge unit 2. トナー材料液10は、装置稼働時等に、上述したように補助的にポンプ9を用いて液滴吐出ユニット2に液供給が行われる構成としている。 Toner material liquid 10, device operation or the like, is supplementarily liquid supplied to the droplet discharge units 2 by means of a pump 9 as described above are configured to be performed. なお、トナー材料液10は、少なくとも樹脂及び着色剤を含有するトナー組成物を、溶剤に溶解又は分散した溶液または分散液である。 The toner material liquid 10 is at least a resin and a toner composition containing a colorant, a solution or dispersion dissolved or dispersed in a solvent. トナー材料液10については後述する。 It will be described later toner material liquid 10. このようなトナー材料液10を、図示してあるように、原料収容部7からポンプ9により配管8−1を通って液滴吐出ユニット2に送液し、余剰のトナー材料液10は配管8−2を通って原料収容部7に至る循環系を構築することが最も好ましい。 Such toner liquid material 10, as is shown, from the raw material accommodating part 7 through a pipe 8-1 by the pump 9 was fed to the droplet discharge unit 2, the excess toner liquid material 10 of the pipe 8 it is most preferable to construct the circulatory system leading to the raw material accommodating part 7 through -2.
以下に、トナー製造装置の液滴吐出ユニットを含む各構成を、個々に説明する。 Hereinafter, each component including the droplet discharge units of the toner production apparatus will be described individually.

<液滴吐出ユニット> <Droplet discharge unit>
1全体構成 まず液滴吐出ユニット2について図2、図8〜9を参照して説明する。 1 overall construction first droplet discharge units 2 on FIG. 2 will be described with reference to FIG 8-9. 図2(A)は液滴吐出ユニット2の概略断面図であり、(B)は(A)に示す液滴吐出ユニット2の各部を用いた組立図である。 2 (A) is a schematic sectional view of a droplet discharge unit 2, (B) is an assembly view with each section of the droplet discharge units 2 shown in (A).

液滴吐出ユニット2は、図2に示すように、複数のノズル(吐出口)11が形成された薄膜状のノズルプレート12を有し、トナー材料液10を貯留する貯留部材111と、貯留部材111と、ノズルプレート12に所定の周波数の超音波振動を印加する振動手段13と、ノズルプレート12と振動手段13との間にトナー材料液10を供給する貯留部14を備えている。 The droplet discharge unit 2, as shown in FIG. 2, has a plurality of nozzles (ejection ports) 11 thin-film nozzle plate 12 is formed, a storage member 111 for storing the toner material liquid 10, storage member and 111, a vibration unit 13 for applying ultrasonic vibration of a predetermined frequency in a nozzle plate 12, a reservoir 14 for supplying a toner material liquid 10 between the nozzle plate 12 and the vibration unit 13.

振動手段13と貯留部壁との間には、図7などに示すように、振動を伝達させないための、振動分離部材116bにより位置を固定されている構成が望ましい。 Between the the vibration means 13 reservoir wall, as shown in FIG. 7 and the like, for not to transmit the vibrations, the desired configuration being fixed in position by the vibration isolation member 116 b. また図2に示すように、振動手段の振動振幅の小さい節の部分17を介して壁に直接固定する形態を採用してもよい。 Further, as shown in FIG. 2, it may take the form of fixing directly on the wall through the portion 17 of the small section of the vibration amplitude of the vibrating means. 液貯留部14には、液供給、及び液循環に用いる配管18(18−1、18−2)によりトナー材料液10が供給され、また排出される。 The liquid reservoir 14, liquid supply, and toner material liquid 10 is supplied by a pipe 18 (18-1 and 18-2) used in the liquid circulation, also be discharged. 液貯留領域19は複数の液貯留壁部14により分割されている。 Liquid reservoir region 19 is divided into a plurality of liquid storage wall 14.

2−1:ノズルを有する薄膜 複数のノズルを有する薄膜であるノズルプレート12は、トナー材料液10に溶解しない樹脂によって貯留部材111に接合固定される。 2-1: The nozzle plate 12 is a thin film having a thin plurality of nozzles having a nozzle is joined and fixed to the storage member 111 by the resin which does not dissolve in the toner material liquid 10. このノズルプレート12の材質には、Niもしくはシリコン、シリコンとシリコン酸化物を含む複合体(SOIを含む)などを挙げることができる。 The material of the nozzle plate 12, (including SOI) complex containing Ni or silicon, and silicon oxide and the like. Si系材料を用いることにより、既存の半導体プロセスを用いて形状精度が高く、アスペクト比の大きいノズルを形成することが可能となる。 The use of Si-based materials, shape accuracy is high, it is possible to form a large nozzle aspect ratio using existing semiconductor processes. 具体的には、ノズルプレート12は、厚さが10〜600μm、吐出口の開口径が4〜15μmである。 Specifically, the nozzle plate 12 has a thickness of 10~600Myuemu, the opening diameter of the discharge port is a range of 4-15 .mu.m. これにより、吐出口から均一な液滴Lを発生させることができる。 Thus, it is possible to generate a uniform droplet L from the discharge port.

厚さが10μm未満であると、剛性が小さくなって、ノズルプレート12の共振周波数が小さくなることがあり、600μmを超えると、液滴Lを吐出するためのノズル製作等を行うためのシリコンプロセスにおいて製造に時間を要することがある。 When the thickness is less than 10 [mu] m, the rigidity is decreased, there is the resonance frequency of the nozzle plate 12 is small, when it exceeds 600 .mu.m, silicon process for performing nozzle fabrication or the like for discharging droplets L it may take time to manufacture the. また、ノズルの開口径が4μm未満であると、トナー材料液に含まれる着色剤が吐出口に沈着して、安定的に液滴Lを吐出し続けることが困難になることがあり、15μmを超えると粉体粒子形成効率が落ちる。 Further, when the opening diameter of the nozzle is less than 4 [mu] m, the colorant contained in the toner material liquid is deposited on the discharge port stably it may be difficult to continue ejecting droplets L, and 15μm weight, the powder particles forming efficiency is lowered. なお、前記ノズルの開口径は、真円であれば直径を意味し、楕円であれば短径を意味する。 Incidentally, the opening diameter of the nozzle means a diameter when a perfect circle, means a minor if elliptical.

このようなシリコンプロセスとしては、以下のようなノズルの断面形状を2段型とする形成方法を採用することにより、形成することができる。 Such silicon processes, by adopting a forming method of the cross-sectional shape of the nozzle, such as following a two-stage, can be formed. このような方法を実施するために用いられる材料として、シリコン基板、特にSOI(Silicon on Insulator)基板を用いることが最も望ましい。 As material used for carrying out such a method, a silicon substrate, in particular it is most desirable to use an SOI (Silicon on Insulator) substrate. この方法を図3により、説明する。 The Figure 3 this method will be described.
前記した基板(好ましくはSOI基板)210の両面にレジスト220をコートする(図3の(A))。 Wherein the substrate (preferably SOI substrate) coating the resist 220 on both sides of 210 (in Figure 3 (A)). SOI基板210として、例えばシリコン層(支持層)211上に誘電体層(SiO 2 )212と活性層213を有する基板を用い、この基板の両面にレジスト層220をコートしたものを用意する。 As the SOI substrate 210, for example, a silicon layer (support layer) 211 dielectric layer over a substrate having a (SiO 2) 212 and the active layer 213, a resist layer 220 is prepared as coated on both surfaces of the substrate. 次いでレジスト層220がコートされたSi支持層面211上にノズルパターンが形成されたフォトマスクで覆い、紫外線で露光し、レジスト層220をノズルパターンとして形成する(図3(B))。 Then covered with a photo mask the resist layer 220 is a nozzle pattern on the Si support layer surface 211 coated been formed is exposed to ultraviolet rays, to form a resist layer 220 as a nozzle pattern (FIG. 3 (B)). このノズルパターンが形成されたレジスト層220の面側である支持層112の面側からICP(Induced Coupled Plasma)放電を用いた異方性ドライエッチングを行い、第1のノズル孔211aを形成し、同様な手法を用いて、レジスト層220が設けられた活性層213の面側を同様の異方性ドライエッチングを行って第2のノズル213aを活性層213に形成する(図3(C))。 By anisotropic dry etching using ICP (Induced Coupled Plasma) discharge from the surface side of the surface side is the support layer 112 of resist layer 220 which the nozzle pattern is formed, to form a first nozzle hole 211a, using a similar approach, the second nozzle 213a a surface side by performing the same anisotropic dry etching of the active layer 213 on which the resist layer 220 is provided is formed on the active layer 213 (FIG. 3 (C)) . 最後に誘電体層212の露出部(支持層211と活性層213とが誘電体層113を介して接合している部分を除く部分)を、たとえばフッ酸系エッチング液によりエッチング処理して取り除き、2段の貫通孔(211aと213aの2段構造を有するノズル)を得る(図3(D))。 Finally the exposed portions of the dielectric layer 212 (a portion where the supporting layer 211 and the active layer 213 except for the portions that are joined via a dielectric layer 113), for example removed by etching treatment with hydrofluoric acid etching solution, obtaining a two-step through-hole (nozzle having a two-stage structure of 211a and 213a) (FIG. 3 (D)). このような方法を採用することによって、深堀りノズル形状を均等に形成できるので、最も好ましい。 By adopting this method, it is possible to uniformly form the deep nozzle shape, most preferred. なおエッチングされて形成される211側を液室側とし、活性層213側をノズルの外側と言うことにする。 Note the 211 side is etched to form the liquid chamber side, it will be referred to the active layer 213 side and outside of the nozzle.

また、上記したSOI基板の代わりに、シリコン基板を用いても、同様にして、複数のノズルが形成された薄膜であるノズルプレート12を製造することができる。 Further, instead of the SOI substrate described above, even when using a silicon substrate, similarly, it is possible to produce the nozzle plate 12 is a thin film in which a plurality of nozzles are formed. この場合、エッチング時間を調整することにより、開口部の深さt を調整することができる。 In this case, by adjusting the etching time, it is possible to adjust the depth t L of the opening. このようにして得られたシリコン薄膜も剛性が大きいので、ノズルプレート12の共振周波数が大きくなる。 Since the silicon thin film is also high rigidity obtained in the resonance frequency of the nozzle plate 12 increases. なお、一般に、薄膜の剛性を大きくするためには、ノズルプレート12の厚さを大きくし、表面積を小さくすることが好ましい。 In general, in order to increase the rigidity of the thin film by increasing the thickness of the nozzle plate 12, it is preferable to reduce the surface area.

貯留隔壁部111bは、トナー材料液10に用いられる溶剤に対して、耐溶剤性を有する樹脂等により、ノズルプレート12に接合されている。 Reservoir partition wall 111b, to the solvent used in the toner material liquid 10, a resin having solvent resistance, is joined to the nozzle plate 12. 貯留隔壁部111bの材質としては、トナー材料液10に用いられる溶剤に対して、耐溶剤性を有するものであれば、特に限定されないが、金属、セラミックス、プラスチック等が挙げられる。 The material of the reservoir partition wall 111b, with respect to the solvent used in the toner material liquid 10, as long as it has solvent resistance, but are not limited to, metals, ceramics, plastics and the like.

一つの液室ごとの構造を、図4を用いて説明する。 The structure of each one of the liquid chamber will be described with reference to FIG.
図4(A)は基本的な形状であり、φ Lは液室(ノズル液室)211aとなる構造体の径でかつ液室(液貯留部)211aの深さt Lの1/2〜1/15であり、φ (ノズル径)は4〜15μmであり、この時のt (ノズル部の厚さ)は10〜30μmが望ましい。 4 (A) is a basic shape, phi L is the liquid chamber (nozzle liquid chamber) 211a to become and liquid chamber with the diameter of the structure 1/2 of the depth t L of the (liquid reservoir) 211a is 1/15, phi S (nozzle diameter) is a range of 4-15 .mu.m, (the thickness of the nozzle portion) t S at this time 10~30μm is desirable. 図4(B)は撥液剤(吐出液の撥液剤)300をノズル面に塗布もしくは蒸着により形成した例を示す。 FIG. 4 (B) shows an example in which the 300 (repellent agent ejection liquid) repellent agent is formed by coating or vapor deposition on the nozzle face. また図4(C)はドライエッチングにより、活性層213を除去し、ノズル表面側の誘電体層であるSiO 2層の酸化膜212を残した上に撥液剤300をノズル面に塗布もしくは蒸着により形成した例を示す。 The addition Figure 4 (C) is dry-etched, to remove the active layer 213, by coating or depositing a repellent agent 300 to the nozzle surface on leaving the oxide film 212 of SiO 2 layer is a dielectric layer of the nozzle surface side It shows the formed example. 212はSiO 2層の酸化膜212に形成されたノズルである。 212 is a nozzle formed in the oxide film 212 of SiO 2 layer. 図4(D)は、裏面部(シリコン211上)にシリコン酸化膜(SiO 2膜)400をデポジットして形成した構成を示している。 FIG. 4 (D) has a silicon oxide film (SiO 2 film) 400 on the rear surface portion (upper silicon 211) shows a structure formed by deposit.

また、図5は、エッチング条件を調整することにより、液室211aのφ L部をテーパー状に設けた例であり、より詳細には、ノズル213aに向かって径が狭くなるように構成した例を示す。 Further, FIG. 5, by adjusting the etching conditions, an example in which phi L portion of the liquid chamber 211a in a tapered shape, and more particularly, configured such that the diameter toward the nozzle 213a is narrowed Example It is shown. 前記エッチング条件の調整は、たとえばエッチング液の温度を徐々に高く(あるいは徐々に低く)していくことによってエッチング速度を変化させたり、エッチングとデポの時間比を変えることによって制御したり、後述するハーフエッチングを行う手法を用いることによって形成することができる。 Adjustment of the etching conditions, for example to control by changing or varying the etch rate, the time ratio of the etch and deposition by going the temperature of the etching solution was gradually increased (or gradually decreased), described later it can be formed by using a method of performing half-etching. このように、本発明では、液室211aを円錐台のように、円錐台に形成された液室211aの側壁をテーパー状に形成して液室を設けることができる。 Thus, in the present invention can be a liquid chamber 211a as a truncated cone, provided the liquid chamber forms a side wall of the liquid chamber 211a formed in a truncated cone tapered.

なお、シリコン酸化膜(SiO 2膜)をデポジットして形成した後にあるいは誘電体層であるSiO2層212を残した場合に、これらのSiO 2層またはSiO 2膜上にCVDによりフッ素膜を設けたり、フッ素樹脂を用いてフッ素系材料で層を容易に形成することもできる。 Incidentally, when leaving the silicon oxide film SiO2 layer 212 is after forming by deposit (SiO 2 film) or a dielectric layer, may be provided a fluorine film by CVD on these SiO 2 layer or SiO 2 film , it can also be easily forming a layer with a fluorine-based material using a fluorine resin. このようなフッ素を用いた材料を形成させることでノズル表面は表面自由エネルギーが低下させることができるので、ノズル表面に沁み出しが発生しにくく、気泡の巻き込みも抑制できる。 Since such fluorine material nozzle surface by causing the formation using the surface free energy can be reduced, out stain on the nozzle surface hardly occurs, winding can be suppressed bubble. このため、このようなノズルプレートを用いるトナー製造装置によって、安定的にトナー材料液の吐出を続行することができ、トナー製造の歩留まりを向上することができる。 Therefore, by the toner manufacturing apparatus using such a nozzle plate, stably can continue the discharge of the toner material solution, it is possible to improve the yield of toner production.

2−2:ノズルと流路と液室との一体形成 図6は液室壁面にハーフエッチングを施して流路214(215)を構成した例を示している。 2-2: integrally forming Figure 6 between the nozzle and the flow path and the liquid chamber indicates the example in which the flow path 214 (215) is subjected to half-etching liquid chamber wall. 図7はこのようなハーフエッチングにより形成した流路を配置した一例を流路側から見た図であり、紙面左からトナー材料液を供給し(図7中の液室211aへ流入する矢印参照)、中央部の流路215を形成することにより気泡の排出効率が上がる。 Figure 7 is a view seen from the roadside flow of an example of arranging the flow passage formed by such a half etching, supplies toner material liquid from the paper left (see arrows flowing into the liquid chamber 211a in FIG. 7) discharge efficiency of the bubbles is increased by forming a flow path 215 of the central portion. 図8(A)はノズルプレート12の全体像を液室面からみた平面図、図8(B)はその斜視図であり、液流路214、215とノズル211a列が交互に配置されている。 Figure 8 (A) is a plan view of the whole picture of the nozzle plate 12 from the liquid chamber side, and FIG. 8 (B) is a perspective view thereof, the liquid flow path 214 and 215 and the nozzle 211a rows are arranged alternately . また図8では2段に形成されたノズル構造(液室211aとノズル213aとから構成されるノズル構造)の列と流路216との列が、交互に配置された例を示している。 The columns of the column and the flow path 216 of the nozzle structure formed in two stages in FIG. 8 (nozzle structure composed of a liquid chamber 211a and nozzle 213a) is shows an example in which are arranged alternately. このようなノズルプレート12は、流路も一体に形成され、余分な接合部を省略できるため、トナー製造における歩留まりの向上を図ることができる。 Such nozzle plate 12 has a passage also formed integrally, it is possible to omit the extra joint, it is possible to improve the yield in the toner production.

1つの液貯留部14に配置されるノズル213aは、1,000ないし40,000個とすることで、コンパクトな構成で、生産量を十分に確保することができる。 Nozzles 213a disposed in one liquid reservoir 14, by a 40,000 to 1,000, with a compact construction, it is possible to secure a sufficient production. なお、本発明のノズルプレートを用いたトナー製造装置により、得られるトナーの粒度分布(重量平均粒径/数平均粒径)が1.00〜1.15の範囲にあることが好ましく、トナーの重量平均粒径が1〜20μmの範囲にあることが好ましい。 Incidentally, the toner production apparatus using the nozzle plate of the present invention, it is preferred that the particle size distribution of the obtained toner (weight-average particle diameter / number average particle diameter) is in the range of 1.00 to 1.15, the toner it is preferred that the weight average particle size in the range of 1 to 20 [mu] m.

[振動手段] [Vibration means]
振動手段13は、例えば積層型PZT(Lead Zirconium Titanate:チタン酸-ジルコン酸鉛)や、後述する超音波振動子と超音波ホーンを組み合わせたものなど、高い振幅において機械的超音波振動を液に与えることができるものであればどのようなものでも構わない。 Vibrating means 13, for example, multilayer PZT (Lead Zirconium Titanate: titanate - lead zirconate titanate) or the like a combination of ultrasonic vibrator and an ultrasonic horn to be described later, the liquid mechanical ultrasonic vibrations at high amplitude may be any as long as it can give.

図2に示すように、例えば、振動を発生する振動発生手段21と、この振動発生手段21で発生した振動を増幅する振動増幅手段22とで構成され、駆動回路(駆動信号発生源)23から所要周波数の駆動電圧(駆動信号)が振動発生手段21の電極21a、21b間に印加されることによって、振動発生手段21に振動が励起され、この振動が振動増幅手段22で増幅され、ノズルプレート12と平行に配置される振動面13aが周期的に振動し、この振動面13aの振動による貯留部液の周期的な圧力振動を行う。 As shown in FIG. 2, for example, a vibration generating unit 21 for generating vibrations, is constituted by the vibration amplifying means 22 for amplifying the vibration generated by the vibration generating means 21, from the drive circuit (drive signal generation source) 23 the drive voltage (drive signal) electrodes 21a of the vibration generating means 21 of the required frequency, by being applied between 21b, vibration is excited in the vibration generating means 21, the vibration is amplified by the vibration amplifying means 22, a nozzle plate 12 vibrating surface 13a disposed parallel to periodically vibrate, perform periodic pressure oscillations in reservoir liquid by the vibration of the vibrating surface 13a.

ここで、振動手段13は、図9に示すように、振動発生手段21と振動増幅手段22とを結合する結合面13bの面積よりも振動増幅手段22の結合面13bと反対側の面である振動面13aの面積を広く形成している。 Here, the vibration unit 13, as shown in FIG. 9 is the surface opposite to the bonding surface 13b of the vibration amplifying means 22 than the area of ​​the bonding surface 13b that couples the vibration generating means 21 and the vibration amplifying means 22 widely form the area of ​​the vibrating surface 13a. また、振動面13aは、矩形状(ここでは「長方形」)としている。 The vibration surface 13a is rectangular (here, "rectangular") is set to. この場合、振動面113aの短辺aと長辺bの比(長辺b/短辺a)が大きいほど振動面積が大きくなる。 This vibration area higher ratio short sides a and long b (long side b / short side a) large vibration plane 113a increases. したがって、生産性の観点から、(長辺b/短辺a)>2.0の関係で形成することが好ましい。 Therefore, from the viewpoint of productivity, it is preferable to form the relationship of (the long side b / short side a)> 2.0.

[振動発生手段] [Vibration generating means]
図10に示すように、振動発生手段21を構成する圧電体21Aとしては、例えば、チタン酸ジルコン酸鉛(PZT)等の圧電セラミックスが挙げられるが、一般に変位量が小さい為、積層して使用されることが多い。 As shown in FIG. 10, used as the piezoelectric 21A constituting the vibration generating means 21, for example, there may be mentioned piezoelectric ceramics such as lead zirconate titanate (PZT), since generally the amount of displacement is small, laminated it is often. この他にも、圧電体21Aとして、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)等の圧電高分子や、水晶、LiNbO 、LiTaO 、KNbO 等の単結晶、などが挙げられる。 In addition to this, as the piezoelectric 21A, or a piezoelectric polymer such as polyvinylidene fluoride (PVDF), quartz, LiNbO 3, LiTaO 3, KNbO 3 , etc. of a single crystal, and the like.

この振動発生手段21としては、液貯留部14内トナー材料液に対して確実な縦振動を一定の周波数で与えることができるものであれば特に制限はなく、適宜選択して使用することができるが、低電圧で大面積の振動面13aを励振させることから、振動発生手段21には圧電体21Aが好ましい。 As the vibration generating means 21 is not particularly limited as long as it can provide a reliable longitudinal vibration to the liquid reservoir 14 in the toner material liquid at a constant frequency can be appropriately selected and used but since to excite the vibrating surface 13a of the large-area low-voltage piezoelectric 21A is preferred for the vibration generating means 21.
圧電体21Aは、電気的エネルギーを機械的エネルギーに変換する機能を有する。 Piezoelectric 21A has a function of converting electrical energy into mechanical energy.

また、振動発生手段21としては、特に高強度なボルト締めランジュバン型振動子を用いることがより好ましい。 As the vibration generating means 21, it is more preferable to use particularly high-strength bolted Langevin type transducer. このボルト締めランジュバン型振動子は圧電体が機械的に結合されており、高振幅励振時に破損することがない。 The Langevin type transducer is piezoelectric body is mechanically coupled, is not damaged during high amplitude excitation. このような振動発生手段21で発生させるその振動周波数が、20kHz以上2.0MHz未満であることによって、トナー材料液内部の分散微粒子(例えば顔料微粒子)がノズル部213aに沈着することがないため好ましい。 The vibration frequency to be generated by such a vibration generating means 21, by less than than 20 kHz 2.0 MHz, preferably for never toner material liquid inside the fine particle (e.g., pigment fine particles) is deposited on the nozzle portion 213a .

[振動増幅手段] Vibration amplifying means]
上述したような振動発生手段21と結合される振動増幅手段22としては、例えばホーン型振動増幅子を用いることができる。 The vibration amplifying means 22 is coupled to the vibration generating means 21 as described above can be used, for example horn vibration amplifying element. ホーン型振動子は、圧電素子などの振動発生手段21により発生させた振幅を振動増幅手段22としてのホーン22Aで増幅することができるため、機械的振動を発生する振動発生手段21自体による振動は小さな振動でよく、機械的負荷が軽減できるため、長寿命化につながる。 Horn vibrator, it is possible to amplify the amplitude which is generated by the vibration generating means 21 such as a piezoelectric element in the horn 22A of the oscillation amplification unit 22, the vibration by the vibration generating means 21 itself generates a mechanical vibration well a small vibration, the mechanical load can be reduced, leading to longer life.

ここで、ホーン型振動子としては、公知の代表的なホーン形状でよく、例えば図10(a)に示すようなステップ型、図10(b)に示すようなエクスポネンシャル型、図10(c)に示すようなコニカル型などを挙げることができる。 Here, as the horn type oscillator, well known representative horn shape, for example, FIG. 10 (a) to indicate such stepped, exponential type as shown in FIG. 10 (b), FIG. 10 ( such as conical type as shown in c) can be exemplified. これらのホーン型振動子は、ホーン22Aの面積の大きい面に圧電体21Aが配置され、圧電体21Aは縦振動を利用し、ホーン22Aの効率的な振動を誘起し、ホーン22Aに面積の小さい面を振動面13aとして、この振動面13aが最大振動面となるように設計されている。 These horn vibrator, piezoelectric 21A is arranged on a large surface area of ​​the horn 22A, piezoelectric 21A utilizes longitudinal vibration, induces an efficient vibration of the horn 22A, small area horn 22A plane as the vibrating surface 13a, are designed to the vibrating surface 13a is greatest vibration plane.

[液貯留部及び液貯留領域] [Liquid reservoir and the liquid reservoir region]
液貯留部の隔壁を構成する部材は金属やセラミックス、プラスチックなど一般的な材質のうち、噴霧液(トナー組成液)に溶解しない、かつ噴霧液の変性を起こさないようなもので構成される。 Member metal or ceramics constituting the partition wall of the liquid reservoir, among the common materials such as plastic, does not dissolve in the spray liquid (toner constituent liquid), and consists of such things as not to cause denaturation of the spray liquid. また、液貯留部14は複数の隔壁111bによって、複数の液貯留領域14に分割される。 The liquid reservoir 14 by a plurality of partition walls 111b, is divided into a plurality of fluid accumulation region 14.

[流路部] [Channel portion]
流路部15には液貯留部14にトナー材料液を供給する液供給チューブ18−1及び気泡排出用の気泡排出チューブ(又は液循環用チューブ)18−2がそれぞれ少なくとも1箇所に接続されている。 And bubble discharge tube (or a liquid circulation tube) 18-2 for liquid supply tube 18-1 and the bubble discharge supplying the toner material liquid in the liquid reservoir 14 is connected to at least one location each of the channel portion 15 there. この流路部材13に取付けた図示しない支持部材によって液滴吐出ユニット2が粒子形成部3の天面部に設置保持されている。 Droplet discharge units 2 are disposed held by the top surface of the particle forming portion 3 by a support member (not shown) attached to the channel member 13. なお、ここでは図1に示すように、粒子形成部3の天面部に液滴吐出ユニット2を配置している例で説明するが、場合によっては粒子形成部3となる乾燥部側面壁などに液滴噴射ユニット2を設置する構成とすることもできる。 Here, as shown in FIG. 1, although described in the example are arranged droplet discharge unit 2 to the top surface of the particle forming portion 3, in some cases such as the drying unit side walls comprising a particle forming portion 3 It may be configured to place the liquid droplet jetting unit 2.

[ユニット全体構成(連結)] [Unit overall configuration (connection)
上記の説明では、液滴吐出ユニット2が1個だけ粒子形成部3に取付けられている例を図1で示している。 In the above description, an example in which the droplet discharge unit 2 is attached to only one particle formation part 3 in FIG. また図11及び図14に示すように、複数個(4個であるが、その個数は例示であり、複数であればよい)を、液滴吐出ユニット2を粒子形成部3(乾燥塔)上部に並列に設けることが、生産性向上の観点から好ましく、その個数は100〜1,000個の範囲であることが、制御性の観点から好ましい。 In addition, as shown in FIG. 11 and FIG. 14, (although there are four, the number is exemplary, more and as long) a plurality of droplet discharge units 2 particle formation part 3 (drying tower) upper it is provided in parallel, preferably in view of productivity improvement and that the number is 100 to 1,000 pieces of the range, from the viewpoint of controllability. この場合、液滴吐出ユニット2の各液貯留部14には配管8を介して原料収容部(共通液溜め)7に通じ、トナー材料液10が供給される構成とする(図1参照)。 In this case, each liquid reservoir 14 of the droplet discharge unit 2 through the pipe 8 (reservoir common liquid) raw material accommodating portion through 7, a structure in which the toner material liquid 10 is supplied (see FIG. 1). トナー材料液10は、液滴化に伴って自給的に供給される構成とすることもできるし、また、装置稼働時等、補助的にポンプ9を用いて液循環を行う構成とすることもできる。 Toner material liquid 10 can either be configured to be self-sufficient supply with the droplet. In addition, operation of the apparatus or the like, also supplementarily be by means of a pump 9 configured to perform liquid circulation it can.

(動作メカニズム) (Operating mechanism)
次に、この液滴化手段としての液滴吐出ユニット2による液滴形成のメカニズムについて図12を参照して説明する。 Next, with reference to FIG. 12 illustrating the mechanism of droplet formation by droplet discharge units 2 as the droplet forming unit. 振動手段により振動面13aに発生した振動は貯留部内の液に伝達し、貯留部内の液は液共振現象を起こす。 Vibration generated in the vibration surface 13a by the vibration means is transmitted to the liquid in the reservoir, the liquid in the reservoir is causing the liquid resonance phenomenon. ノズルプレート12に設けられた複数のノズルにおいて、液は均質に加圧された状態で気体側(粒子形成部3(乾燥塔))に放出される。 A plurality of nozzles provided in the nozzle plate 12, the liquid is uniformly discharged to the gas side in pressurized state (particle forming section 3 (drying tower)). この液全体の共振の作用によって、全てのノズル11から均等に液が所定の大きさの範囲で噴出され、更には、トナー材料液に多く含有される、分散微粒子が前記薄膜の貯留部面に沈着することなく貯留部を浮遊するため、安定的に液を噴射しつづけることができる構成となっている。 By the action of the liquid across the resonance, is equally liquid from all the nozzles 11 is ejected in a predetermined size range, is further contained many in the toner material liquid, the reservoir surface of the fine particle is the thin film to float the reservoir without deposition, and has a configuration which can stably keep the injection liquid.

[粒子形成部] [Particle forming section]
次に、図1に戻り、トナー材料液10の液滴31を固化してトナー粒子Tを形成する粒子形成部3について説明する。 Next, returning to FIG. 1, the particle forming portion 3 for forming a toner particle T is described by solidifying the droplets 31 of the toner constituent liquid 10. ここでは、トナー材料液10として、前述したように、少なくとも樹脂及び着色剤を含有するトナー組成物を溶剤に溶解又は分散した溶液あるいは分散液を用いて液滴31を得ている。 Here, as the toner material liquid 10, as described above, to obtain a droplet 31 with a solution or dispersion and the toner composition containing at least a resin and a colorant dissolved or dispersed in a solvent. この液滴31を乾燥して固化することでトナー粒子Tを形成している。 To form a toner particle T by solidifying the liquid droplets 31 are dried. つまり、この実施形態では、粒子形成部3は液滴31の溶媒を除去することによって液滴から溶媒を発散させて固化してトナー粒子Tを形成する溶媒除去部としている(以下では、粒子形成部3を「溶媒除去部」あるいは「乾燥部」とも称する。)。 That is, in a to have (hereinafter particle forming portion 3 includes solvent removal unit that forms a toner particle T by solidifying the solvent was divergent from the droplets by removing the solvent of the droplets 31 this embodiment, the particles formed the section 3 also referred to as "solvent removal section" or "drying section".).

具体的には、この粒子形成部3は、液滴吐出ユニット2の複数のノズル11から放出される液滴31を、この液滴31の飛翔方向と同方向に流れる乾燥した気体(乾燥気体)35によって搬送することで、液滴31の溶媒を除去してトナー粒子Tを形成する。 Specifically, the particle forming portion 3, a droplet 31 ejected from the nozzles 11 of the droplet discharge unit 2, and dried flows in flying in the same direction as the direction of the droplet 31 gas (dry gas) by transporting by 35, to form toner particles T by removing the solvent of the droplets 31. なお、乾燥気体35とは、大気圧下の露点温度が−10℃以下の状態の気体を意味する。 Incidentally, the dry gas 35, dew-point temperature under atmospheric pressure means -10 ° C. gas of the following conditions. このような乾燥気体35としては、液滴31を乾燥可能な気体であればよく、例えば、空気、窒素などを用いることができる。 As such dry gas 35 may be any liquid droplets 31 and dryable gas, for example, it can be used air, nitrogen and the like.

次に、この粒子形成部3で形成されたトナー粒子Tを捕集するトナー捕集手段としてのトナー捕集部4について説明する。 Next, the toner collecting unit 4 as a toner collecting means for collecting toner particles T formed in the particle forming portion 3 will be described. このトナー捕集部4は、粒子形成部3の粒子飛翔方向下流側に粒子形成部3に連続して設けられ、開口径が入口側(液体吐出ユニット2側)から出口側に向けて漸次縮小するテーパ面41を有している。 The toner collecting unit 4, gradually diminished toward the provided continuously to the particle forming section 3 in the particles flying direction downstream side of the particle forming portion 3, an opening diameter inlet side (liquid discharge unit 2 side) to the outlet side It has a tapered surface 41. そして、例えば、図示しない吸引ポンプなどでトナー捕集部4内から吸引を行うことによってトナー捕集部4内に下流側に向かう渦流である気流42を発生させ、この気流42によってトナー粒子Tを捕集するようにしている。 Then, for example, to generate a stream 42 which is vortex toward the downstream side in the toner collecting unit 4 by performing suction from the toner collecting unit within 4 like a suction pump, not shown, the toner particles T by the air stream 42 It is to be collected. このように渦流(気流42)によって遠心力を発生させてトナー粒子Tを捕集することで確実にトナー粒子Tを捕集して下流側のトナー貯留部6に移送することができる。 Thus it is possible to transfer the toner storage section 6 on the downstream side was collected reliably toner particles T by collecting the toner particles T by generating a centrifugal force by vortex flow (air flow 42).

このトナー捕集部4で捕集されたトナー粒子Tは、渦流(気流42)によってそのままチューブ5を介してトナー貯留部6に移送されて貯留される。 The toner collecting unit toner particles T trapped in 4 is stored is transferred to the toner storage section 6 through the tube 5 as it is by the eddy current (airflow 42). この場合、トナー捕集部4、チューブ5、トナー貯留部6を導電性の材料で形成し、これらが接地されている(アースに接続されている)ことが好ましい。 In this case, the toner collecting unit 4, the tube 5, to form a toner reservoir 6 of a conductive material, these (connected to ground) is grounded is preferred. なお、トナー製造装置1は全体が防爆仕様であることが好ましい。 It is preferable the entire toner manufacturing apparatus 1 is explosion-proof. また、トナー捕集部4からトナー粒子Tをトナー貯留部6に向けて圧送したり、あるいは、トナー貯留部6側からトナー粒子Tを吸い込む構成とすることもできる。 You can also pumped toward the toner collecting unit 4 to the toner particles T in the toner storage section 6, or may be configured to suck the toner particles T from the toner storage section 6 side.

(トナーの製造方法) (Method of manufacturing a toner)
次に、このように構成したトナー製造装置1を用いて本発明に係るトナーの製造方法について説明する。 Next, a method of manufacturing the toner according to the present invention will be described by using the toner manufacturing apparatus 1 thus constructed. 前述したように液滴吐出ユニット2の液貯留部14に少なくとも樹脂及び着色剤を含有するトナー組成物を分散ないし溶解させたトナー材料液10を液貯留部14に供給した状態で、振動発生手段21に所要の駆動周波数の駆動信号を印加することによって、振動発生手段21に振動が発生し、この振動が振動増幅手段22によって増幅されて液貯留部14内のトナー材料液が共振する。 While supplying the toner material liquid 10 to the toner composition is dispersed or dissolved, containing at least a resin and a colorant to the liquid reservoir 14 to the liquid reservoir 14 of the droplet discharge unit 2 as described above, the vibration generating means by applying a driving signal of a required drive frequency to 21, vibration occurs in the vibration generating means 21, the vibration resonates toner material liquid in which amplified the liquid reservoir 14 by the vibration amplifying means 22.
この振動手段13の振動面13aの振動が液貯留部14内のトナー材料液10に伝播されて周期的圧力変動を発生し、これによって複数のノズル11から加圧時にトナー材料液が周期的に液滴化されて液滴31として溶媒除去部としての粒子形成部3(図1参照)内に放出される。 The vibration of the vibrating surface 13a of the oscillator 13 is propagated to the toner material liquid 10 in the liquid reservoir 14 to generate a periodic pressure fluctuations, whereby the toner material liquid is periodically upon pressurization from a plurality of nozzles 11 is dropletized is released into the particle formation part 3 serving as the solvent removal unit as droplets 31 (see Figure 1).

そして、粒子形成部3内に放出された液滴31は、粒子形成部3内で液滴31の飛翔方向と同方向に流れる乾燥気体35によって搬送される過程で、溶媒が揮発して除去され、トナー粒子Tが形成される。 Then, the droplets 31 discharged into the particle forming portion 3, in the process of being transported by the flight direction and dry gas 35 flowing in the same direction of the droplet 31 in the particle forming section 3, it is removed solvent volatilizes , the toner particles T are formed. この粒子形成部3にて形成されたトナー粒子Tは下流側のトナー捕集部4にて気流42にて捕集され、チューブ5を介してトナー貯留部6に送られて貯留される。 Toner particles T formed in the particle forming portion 3 is collected by an air 42 at the toner trapping part 4 on the downstream side, it is stored is sent to the toner storage section 6 via the tube 5.

なお、この実施形態では、トナー材料液10として、少なくとも樹脂及び着色剤を含有するトナー組成物を溶剤に溶解又は分散した溶液あるいは分散液を用いて、液滴を固化する手段として、液滴に含まれる有機溶媒を溶媒除去部(粒子化手段)において乾燥気体中へ蒸発させ、乾燥による収縮固化を行ってトナー粒子を形成しているが、これに限られるものではない。 In this embodiment, as the toner material liquid 10, at least a resin and a toner composition containing a colorant with a dissolved or dispersed solution or dispersion in a solvent, as a means for solidifying the droplets, the droplets the organic solvent contained is evaporated into the drying gas in the solvent removal unit (particle means), it performs a contraction solidified by drying to form a toner particle, but is not limited to this.

例えば、加熱した貯留部内にトナー組成物を溶融し液状化してトナー材料液とし、これを液滴として吐出、放出した後、この液滴を冷却固化してトナー粒子を形成する構成とすることもできる。 For example, by melting and liquefying the toner composition to a heated reservoir portion and a toner material liquid, discharge it as droplets, after release, may be configured to form toner particles of the droplets was cooled and solidified it can. また、熱硬化性物質を含むトナー組成液を使用して、液滴として放出させた後、加熱し硬化反応させて固化してトナー粒子を形成する構成とすることもできる。 Further, by using the toner composition liquid containing a thermosetting material, after being discharged as droplets and solidified heated to curing reaction it can also be configured to form toner particles.

更に、図13を参照して液滴吐出ユニットに、液滴分散用の気流を供給する気流路を設けた例を説明する。 Further, the droplet discharge units with reference to FIG. 13, an example in which a air flow path for supplying the air flow for droplet dispersion. なお、図13は同液滴吐出ユニットの模式的断面説明図である。 Incidentally, FIG. 13 is a schematic cross-sectional view of the droplet discharge units. この液滴吐出ユニットは、前述した例と同様に、ホーン型振動子を振動発生手段13に用いて、この振動発生手段13の周囲を囲んでトナー材料液10を供給する流路部材15を配置し、振動発生手段13のホーン22にノズルプレート12と対向する部分に液貯留部14を形成している。 The droplet discharge units, as in the example described above, the horn-type vibrator with the vibration generating means 13, arranged flow path member 15 for supplying the toner constituent liquid 10 surrounds the periphery of the vibration generating means 13 and, forming a liquid reservoir 14 at a portion facing the nozzle plate 12 to the horn 22 of the vibration generating means 13. さらに、流路部材15の周囲に所要の間隔を置いて気流35を流す気流路37を形成する気流路形成部材36を配置している。 Further arranged airflow duct forming member 36 to form the air flow path 37 for flowing the air stream 35 at a predetermined interval around the channel member 15. なお、図示を簡略化するため、ノズルプレート12のノズル11は1個で示しているが、前述したように複数個設けられている。 In order to simplify the illustration, the nozzle 11 of the nozzle plate 12 is shown by one, are provided with a plurality, as described above.

また、図14に示すように、気流路を設けたユニットにおいて、複数並べることが生産性の観点から望ましい。 Further, as shown in FIG. 14, in the unit provided with the air flow path, it is desirable from the viewpoint of productivity that a plurality arranged. そして、好ましくは例えば制御性の観点からは1,000〜10,000個のこの液滴吐出ユニット2を、粒子形成部3を構成する乾燥塔貯留部に並べて配置する。 Then, preferably, for example, from the viewpoint of controllability of 1,000 to 10,000 pieces of the droplet discharge unit 2, side by side in a drying tower reservoir that constitutes the particle forming portion 3 arranged. これにより、より生産性の向上が図れる。 As a result, thereby more improvement of productivity.

このように、液滴吐出ユニット2には複数のノズル11が設けられているので、同時に複数の液滴化されたトナー材料液の液滴31が連続的に多数放出されることから、トナーの生産効率が飛躍的に向上する。 Thus, since a plurality of nozzles 11 in the droplet discharge unit 2 is provided, since the liquid droplets 31 of the toner material solution in which a plurality of liquid droplets at the same time is continuously multiple release, toner production efficiency is dramatically improved. ノズルプレート12内の領域に複数のノズル11を配置することによって一度に多くの液滴31を放出することができ、液貯留部内の液が振動によってトナー材料液に存在する分散微粒子の沈着を防ぎ、ノズル11の目詰まりが発生することなく安定して効率的なトナー製造が可能になる。 It is possible to release a large number of droplets 31 at a time by arranging a plurality of nozzles 11 in the region of the nozzle plate 12 to prevent deposition of dispersed particles liquid in the liquid reservoir is present in the toner material liquid by vibration allows for efficient toner produced stably without clogging of the nozzle 11 occurs. さらに、これまでにない粒度の単一分散性を有したトナーを得ることができるようになることが確認された。 Further, it was confirmed that it is possible to obtain a toner having a free size single dispersibility so far.

次に、本発明で使用できるトナー材料であるトナー組成物について説明する。 Next, a description will be given toner composition is a toner material that can be used in the present invention.
トナー組成物としては、従来の電子写真用トナーと全く同じ物が使用できる。 The toner composition, exactly the same as the conventional electrophotographic toner can be used. すなわち、スチレンアクリル系樹脂、ポリエステル系樹脂、ポリオール系樹脂、エポキシ系樹脂、等の樹脂(トナーバインダー)と、着色剤とを少なくとも有し、さらにし、離型剤などのトナー材料であるトナー組成物を有機溶剤に溶解または分散させてトナー材料液とし、前記したトナー製造方法により微小液滴をノズル11から粒子形成部3に吐出し、乾燥固化させることで、目的とするトナー粒子を作製することが可能である。 That is, styrene-acrylic resins, polyester resins, polyol resins, epoxy resins, and resin etc. (toner binder), and a colorant at least further, the toner composition is a toner material such as a release agent objects to be dissolved or dispersed in an organic solvent a toner material liquid, the fine droplets by the toner manufacturing method described above is ejected from the nozzle 11 to the particle forming section 3, and dried and solidified to prepare toner particles of interest It is possible. また、上記トナー材料を熱溶融して混練し、得られた混練物を各種溶媒に一度溶解乃至分散してトナー材料液とし、このトナー材料液を前記トナー製造方法により微小液滴とし乾燥固化させることで、目的のトナーを得ることも可能である。 Further, the toner material is kneaded with heat melting the resulting kneaded product was once dissolved or dispersed in various solvents and toner material liquid, thereby dried and solidified with fine droplets by the toner material solution The toner production method it is, it is possible to obtain a toner of interest.

〔トナー組成物(トナー材料)〕 Toner composition (toner material)]
前記トナー組成物としては、少なくとも樹脂と着色剤とを含有し、必要に応じて、キャリア、ワックス等のその他の成分を含有する。 As the toner composition contains at least a resin and a colorant, optionally containing a carrier, other ingredients such as wax.

(樹脂) (resin)
トナー材料に用いられる樹脂としては、少なくとも結着樹脂が挙げられる。 The resin used in the toner materials include at least a binder resin.
前記結着樹脂としては、特に制限はなく、通常使用される樹脂を適宜選択して使用することができるが、例えば、スチレン系単量体、アクリル系単量体、メタクリル系単量体等を重合したビニル重合体、これらの単量体の2種類以上を重合した共重合体、ポリエステル系重合体、ポリオール樹脂、フェノール樹脂、シリコーン樹脂、ポリウレタン樹脂、ポリアミド樹脂、フラン樹脂、エポキシ樹脂、キシレン樹脂、テルペン樹脂、クマロンインデン樹脂、ポリカーボネート樹脂、石油系樹脂、などが挙げられる。 As the binder resin is not particularly limited and may be suitably selected and used resins commonly used, for example, styrene monomer, acrylic monomer, methacrylic monomer, etc. vinyl polymer polymerized, copolymer obtained by polymerizing two or more kinds of these monomers, polyester polymers, polyol resins, phenol resins, silicone resins, polyurethane resins, polyamide resins, furan resins, epoxy resins, xylene resins , terpene resins, coumarone-indene resins, polycarbonate resins, petroleum resins, and the like.

スチレン系単量体としては、例えば、スチレン、o−メチルスチレン、m−メチルスチレン、p−メチルスチレン、p−フェニルスチレン、p−エチルスチレン、2,4−ジメチルスチレン、p−n−アミルスチレン、p−tert−ブチルスチレン、p−n−へキシルスチレン、p−n−オクチルスチレン、p−n−ノニルスチレン、p−n−デシルスチレン、p−n−ドデシルスチレン、p−メトキシスチレン、p−クロルスチレン、3,4−ジクロロスチレン、m−ニトロスチレン、o−ニトロスチレン、p−ニトロスチレン等のスチレン、又はその誘導体、などが挙げられる。 Examples of the styrene monomer include styrene, o- methyl styrene, m- methyl styrene, p- methyl styrene, p- phenyl styrene, p- ethyl styrene, 2,4-dimethylstyrene, p-n-amyl styrene , p-tert-butylstyrene, p-n-hexyl styrene, p-n-octyl styrene, p-n-nonyl styrene, p-n-decyl styrene, p-n-dodecyl styrene, p- methoxy styrene, p - chlorostyrene, 3,4-dichloro styrene, m- nitro styrene, o- nitro styrene, p- nitro styrene, such as styrene, or a derivative thereof, and the like.

アクリル系単量体としては、例えば、アクリル酸、あるいはアクリル酸メチル、アクリル酸エチル、アクリル酸プロピル、アクリル酸n−ブチル、アクリル酸イソブチル、アクリル酸n−オクチル、アクリル酸n−ドデシル、アクリル酸2−エチルへキシル、アクリル酸ステアリル、アクリル酸2−クロルエチル、アクリル酸フェニル等のアクリル酸、又はそのエステル類、などが挙げられる。 Examples of the acrylic monomer, e.g., acrylic acid or methyl acrylate, ethyl acrylate, propyl acrylate, n- butyl acrylate, isobutyl acrylate, n- octyl, acrylic acid n- dodecyl, acrylic acid 2-ethylhexyl, stearyl acrylate, 2-chloroethyl, acrylic acid phenyl acrylate, or esters thereof, and the like.

メタクリル系単量体としては、例えば、メタクリル酸、メタクリル酸メチル、メタクリル酸エチル、メタクリル酸プロピル、メタクリル酸n−ブチル、メタクリル酸イソブチル、メタクリル酸n−オクチル、メタクリル酸n−ドデシル、メタクリル酸2−エチルへキシル、メタクリル酸ステアリル、メタクリル酸フェニル、メタクリル酸ジメチルアミノエチル、メタクリル酸ジエチルアミノエチル等のメタクリル酸又はそのエステル類、などが挙げられる。 The methacrylic monomers, such as methacrylic acid, methyl methacrylate, ethyl methacrylate, propyl methacrylate, n- butyl methacrylate, isobutyl methacrylate, n- octyl, methacrylic acid n- dodecyl, methacrylic acid 2 - ethylhexyl, stearyl methacrylate, phenyl methacrylate, dimethylaminoethyl methacrylate, methacrylic acid or an ester such as diethylaminoethyl methacrylate, and the like.

前記ビニル重合体、又は共重合体を形成するのに用いられる他のモノマーの例としては、以下の(1)〜(18)が挙げられる。 The vinyl polymer or Examples of other monomers used to form the copolymer, of (1) to (18) include the following. (1)エチレン、プロピレン、ブチレン、イソブチレン等のモノオレフィン類;(2)ブタジエン、イソプレン等のポリエン類;(3)塩化ビニル、塩化ビニリデン、臭化ビニル、フッ化ビニル等のハロゲン化ビニル類;(4)酢酸ビニル、プロピオン酸ビニル、安息香酸ビニル等のビニルエステル類;(5)ビニルメチルエーテル、ビニルエチルエーテル、ビニルイソブチルエーテル等のビニルエーテル類;(6)ビニルメチルケトン、ビニルヘキシルケトン、メチルイソプロペニルケトン等のビニルケトン類;(7)N−ビニルピロール、N−ビニルカルバゾール、N−ビニルインドール、N−ビニルピロリドン等のN−ビニル化合物;(8)、ビニルナフタリン類;(9)アクリロニトリル、メタクリロニトリル、アクリルアミド等の (1) ethylene, propylene, butylene, monoolefins such as isobutylene (2) butadiene, polyenes and isoprene; (3) a vinyl chloride, vinylidene chloride, vinyl bromide, vinyl halides such as vinyl fluoride; (4) vinyl acetate, vinyl propionate, vinyl esters such as vinyl benzoate and the like; (5) vinyl methyl ether, vinyl ethyl ether, vinyl ethers such as vinyl isobutyl ether; (6) vinyl methyl ketone, vinyl hexyl ketone, methyl vinyl ketones such as isopropenyl ketone; (7) N- vinyl pyrrole, N- vinyl carbazole, N- vinyl indole, N- vinyl compounds such as N- vinylpyrrolidone; (8), vinyl naphthalenes; (9) acrylonitrile, methacrylonitrile, acrylamide, etc. クリル酸若しくはメタクリル酸誘導体等;(10)マレイン酸、シトラコン酸、イタコン酸、アルケニルコハク酸、フマル酸、メサコン酸の如き不飽和二塩基酸;(11)マレイン酸無水物、シトラコン酸無水物、イタコン酸無水物、アルケニルコハク酸無水物などの不飽和二塩基酸無水物;(12)マレイン酸モノメチルエステル、マレイン酸モノエチルエステル、マレイン酸モノブチルエステル、シトラコン酸モノメチルエステル、シトラコン酸モノエチルエステル、シトラコン酸モノブチルエステル、イタコン酸モノメチルエステル、アルケニルコハク酸モノメチルエステル、フマル酸モノメチルエステル、メサコン酸モノメチルエステルなどの不飽和二塩基酸のモノエステル;(13)ジメチルマレイン酸、ジメチルフマル酸など Acrylic acid or methacrylic acid derivatives; (10) maleic acid, citraconic acid, itaconic acid, alkenylsuccinic acid, fumaric acid, such unsaturated dibasic acids mesaconic acid; (11) maleic anhydride, citraconic anhydride, itaconic anhydride, unsaturated dibasic acid anhydrides such as alkenyl succinic anhydride, (12) maleic acid monomethyl ester, maleic acid monoethyl ester, maleic acid monobutyl ester, citraconic acid monomethyl ester, citraconic acid monoethyl ester , citraconic acid monobutyl ester, itaconic acid monomethyl ester, alkenylsuccinic acid monomethyl ester, fumaric acid monomethyl ester, monoesters of unsaturated dibasic acids, such as mesaconic acid monomethyl ester; (13) dimethyl maleate, dimethyl fumarate, etc. 不飽和二塩基酸エステル;(14)クロトン酸、ケイヒ酸などのα,β−不飽和酸;(15)クロトン酸無水物、ケイヒ酸無水物などのα,β−不飽和酸無水物;(16)該α,β−不飽和酸と低級脂肪酸との無水物、アルケニルマロン酸、アルケニルグルタル酸、アルケニルアジピン酸、これらの酸無水物及びこれらのモノエステルなどのカルボキシル基を有するモノマー;(17)2−ヒドロキシエチルアクリレート、2−ヒドロキシエチルメタクリレート、2−ヒドロキシプロピルメタクリレート等のアクリル酸又はメタクリル酸ヒドロキシアルキルエステル類;(18)4−(1−ヒドロキシ−1−メチルブチル)スチレン、4−(1−ヒドロキシ−1−メチルへキシル)スチレンなどのヒドロキシ基を有するモノマー。 Unsaturated dibasic acid esters; (14) crotonic acid, alpha such as cinnamic acid, beta-unsaturated acid; (15) crotonic acid anhydride, alpha, such as cinnamic acid anhydrides, beta-unsaturated anhydride; ( 16) the alpha, beta-anhydride of an unsaturated acid and lower fatty acids, alkenyl malonic acids, alkenyl glutaric acid, alkenyl adipic acid, monomers having a carboxyl group such as acid anhydrides thereof and their monoesters; (17 ) 2-hydroxyethyl acrylate, 2-hydroxyethyl methacrylate, 2-hydroxypropyl methacrylate acrylic acid or methacrylic acid hydroxyalkyl esters such as; (18) 4- (1-hydroxy-1-methylbutyl) styrene, 4- (1 - hydroxy-1-cyclohexyl methyl) monomers having a hydroxy group such as styrene.

本発明に係るトナーにおいて、結着樹脂に用いられるビニル重合体、又は共重合体は、ビニル基を2個以上有する架橋剤で架橋された架橋構造を有していてもよい。 In the toner according to the present invention, the vinyl polymer used in the binder resin, or copolymer may have a crosslinked structure crosslinked with a crosslinking agent having two or more vinyl groups. この場合に用いられる架橋剤としては、以下のものが挙げられる。 The crosslinking agent used in this case include the following. ジビニルベンゼン、ジビニルナフタレンなどの芳香族ジビニル化合物、エチレングリコールジアクリレート、1,3−ブチレングリコールジアクリレート、1,4−ブタンジオールジアクリレート、1,5−ペンタンジオールジアクリレート、1,6へキサンジオールジアクリレート、ネオペンチルグリコールジアクリレート、これらの化合物のアクリレートをメタクリレートに代えたものなどのアルキル鎖で結ばれたジアクリレート化合物類、ジエチレングリコールジアクリレート、トリエチレングリコールジアクリレート、テトラエチレングリコールジアクリレート、ポリエチレングリコール#400ジアクリレート、ポリエチレングリコール#600ジアクリレート、ジプロピレングリコールジアクリレート、これらの化合物のアクリ Divinylbenzene, aromatic divinyl compounds such as divinyl naphthalene, ethylene glycol diacrylate, 1,3-butylene glycol diacrylate, 1,4-butanediol diacrylate, 1,5-pentanediol diacrylate, hexanediol 1,6 diacrylate, neopentyl glycol diacrylate, diacrylate compounds linked with an alkyl chain such as those replaced with methacrylate acrylate of these compounds, diethylene glycol diacrylate, triethylene glycol diacrylate, tetraethylene glycol diacrylate, polyethylene glycol # 400 diacrylate, polyethylene glycol # 600 diacrylate, dipropylene glycol diacrylate, acrylate of these compounds ートをメタアクリレートに代えたものなどのエーテル結合を含むアルキル鎖で結ばれたジアクリレート化合物類。 Diacrylate compounds connected with an alkyl chain containing an ether bond, such as those substituted for over preparative to methacrylate.

その他、芳香族基及びエーテル結合を含む鎖で結ばれたジアクリレート化合物またはジメタクリレート化合物も挙げられる。 Other also include diacrylate compounds or dimethacrylate compounds linked with a chain containing an aromatic group and an ether bond. さらに、商品名MANDA(日本化薬社製)などのポリエステル型ジアクリレート類も挙げられる。 In addition, also include polyester type diacrylates such as product name MANDA (manufactured by Nippon Kayaku Co., Ltd.).

多官能の架橋剤としては、ペンタエリスリトールトリアクリレート、トリメチロールエタントリアクリレート、トリメチロールプロパントリアクリレート、テトラメチロールメタンテトラアクリレート、オリゴエステルアクリレート及び以上の化合物のトリアクリレートをトリメタクリレート、トリアリルシアヌレートまたはトリアリルトリメリテートに代えたものが挙げられる。 Polyfunctional crosslinking agents include pentaerythritol triacrylate, trimethylolethane triacrylate, trimethylolpropane triacrylate, tetramethylolmethane tetraacrylate, triacrylate trimethacrylate oligoester acrylate and the above compounds, triallyl cyanurate or include those instead triallyl trimellitate.

これらの架橋剤は、他のモノマー成分100質量部に対して、0.01〜10質量部用いることが好ましく、0.03〜5質量部用いることがより好ましい。 These crosslinking agents with respect to 100 parts by mass of other monomer components, it is preferable to use 0.01 to 10 parts by mass, it is more preferable to use 0.03 to 5 parts by weight. これらの架橋剤のうち、トナー用樹脂に定着性、耐オフセット性を上げる観点から、芳香族ジビニル化合物(特にジビニルベンゼン)、芳香族基及びエーテル結合を1つ含む結合鎖で結ばれたジアクリレート化合物類が好適に挙げられる。 Among these crosslinking agents, fixing property to the toner resin, from the viewpoint of increasing the offset resistance, aromatic divinyl compounds (especially divinylbenzene), aromatic group and diacrylate tied ether bonds in one including binding chain compounds are preferably exemplified. これらの中でも、スチレン系共重合体、スチレン−アクリル系共重合体となるようなモノマーの組み合わせが好ましい。 Among these, styrene copolymer, styrene - combination of monomers such that the acrylic copolymer.

本発明のトナーに使用される結着樹脂においてビニル重合体又は共重合体の製造に用いられる重合開始剤としては、例えば、2,2'−アゾビスイソブチロニトリル、2,2'−アゾビス(4−メトキシ−2,4−ジメチルバレロニトリル)、2,2'−アゾビス(2,4−ジメチルバレロニトリル)、2,2'−アゾビス(2−メチルブチロニトリル)、ジメチル−2,2'−アゾビスイソブチレート、1,1'−アゾビス(1−シクロへキサンカルボニトリル)、2−(カルバモイルアゾ)−イソブチロニトリル、2,2'−アゾビス(2,4,4−トリメチルペンタン)、2−フェニルアゾ−2',4'−ジメチル−4'−メトキシバレロニトリル、2,2'−アゾビス(2−メチルプロパン)、メチルエチルケトンパ−オキサイド、アセチルアセト As the polymerization initiator used in the production of the vinyl polymer or copolymer in the binder resin used in the toner of the present invention, for example, 2,2'-azobisisobutyronitrile, 2,2'-azobis (4-methoxy-2,4-dimethylvaleronitrile), 2,2'-azobis (2,4-dimethylvaleronitrile), 2,2'-azobis (2-methylbutyronitrile), dimethyl-2,2 '- azobisisobutyrate, (hexane-carbonitrile 1-cyclohexane) 1,1'-azobis 2- (carbamoylazo) - isobutyronitrile, 2,2'-azobis (2,4,4-trimethyl pentane), 2-phenylazo-2 ', 4'-dimethyl-4'-methoxy valeronitrile, 2,2'-azobis (2-methylpropane), methyl ethyl ketone Pa - peroxide, acetyl acetonate パーオキサイド、シクロへキサノンパーオキサイド等のケトンパーオキサイド類、2,2−ビス(tert−ブチルパーオキシ)ブタン、tert−ブチルハイドロパーオキサイド、クメンハイドロパーオキサイド、1,1,3,3−テトラメチルブチルハイドロパーオキサイド、ジ−tert−ブチルパーオキサイド、tert−ブチルクミルパーオキサイド、ジークミルパーオキサイド、α−(tert−ブチルパーオキシ)イソプロピルべンゼン、イソブチルパーオキサイド、オクタノイルパーオキサイド、デカノイルパーオキサイド、ラウロイルパーオキサイド、3,5,5−トリメチルヘキサノイルパーオキサイド、ベンゾイルパーオキサイド、m−トリルパーオキサイド、ジ−イソプロピルパーオキシジカーボネート、ジ−2− Peroxide, ketone peroxides such as hexa non peroxide cyclohexane, 2,2-bis (tert- butylperoxy) butane, tert- butyl hydroperoxide, cumene hydroperoxide, 1,1,3,3 tetramethylbutyl hydroperoxide, di -tert- butyl peroxide, tert- butyl cumyl peroxide, Sieg mill peroxide, alpha-(tert-butylperoxy) isopropyl base benzene, isobutyl peroxide, octanoyl peroxide, deca noil peroxide, lauroyl peroxide, 3,5,5-trimethyl hexanoyl peroxide, benzoyl peroxide, m- tolyl peroxide, di - isopropyl peroxydicarbonate, di-2 チルへキシルパーオキシジカーボネート、ジ−n−プロピルパーオキシジカーボネート、ジ−2−エトキシエチルパーオキシカーボネート、ジ−エトキシイソプロピルパーオキシジカーボネート、ジ(3−メチル−3−メトキシブチル)パーオキシカーボネート、アセチルシクロへキシルスルホニルパーオキサイド、tert−ブチルパーオキシアセテート、tert−ブチルパーオキシイソブチレート、tert−ブチルパーオキシ−2−エチルへキサレート、tert−ブチルパーオキシラウレート、tert−ブチルオキシベンゾエ−ト、tert−ブチルパーオキシイソプロピルカーボネート、ジ−tert−ブチルパーオキシイソフタレート、tert−ブチルパーオキアリルカーボネート、イソアミルパーオキシ−2−エチル Hexyl chill peroxydicarbonate, di -n- propyl peroxydicarbonate, di-2-ethoxyethyl peroxydicarbonate, di - ethoxy isopropyl peroxy dicarbonate, di (3-methyl-3-methoxybutyl) peroxy carbonate, cyclohexyl sulfonyl peroxide to acetylcyclopentanone, tert- butylperoxy acetate, tert- butylperoxy isobutyrate, Kisareto to tert- butyl peroxy-2-ethyl, tert- butylperoxy laurate, tert- butyloxy benzoate - DOO, tert- butylperoxy isopropyl carbonate, di -tert- butyl peroxy isophthalate, tert- butyl peroxide Oki allyl carbonate, isoamyl peroxy-2-ethyl キサノエート、ジ−tert−ブチルパーオキシへキサハイドロテレフタレート、tert−ブチルパーオキシアゼレート、などが挙げられる。 Hexanoate, di -tert- butyl peroxy the hexa hydro terephthalate, tert- butylperoxy azelate, and the like.

結着樹脂がスチレン−アクリル系樹脂の場合、樹脂成分のテトラヒドロフラン(THF)に可溶分のGPC(Gel Permeation Chromatography)による分子量分布で、分子量3千〜5万(数平均分子量換算)の領域に少なくとも1つのピークが存在し、分子量10万以上の領域に少なくとも1つのピークが存在する樹脂が、定着性、オフセット性、保存性の点で好ましい。 The binder resin is a styrene - For acrylic resin, a molecular weight distribution by tetrahydrofuran (THF) in the soluble component of the GPC (Gel Permeation Chromatography) resin component, in the region of molecular weight of from 3 1000 to 50000 (number average molecular weight basis) there are at least one peak, the resin at least one peak in the molecular weight of 100,000 or more regions, fixability, offset resistance and storage stability of the resultant toner. また、THF可溶分としては、分子量分布10万以下の成分が50〜90重量%となるような結着樹脂が好ましく、分子量5千〜3万の領域にメインピークを有する結着樹脂がより好ましく、5千〜2万の領域にメインピークを有する結着樹脂が最も好ましい。 As the THF-soluble matter, a binder resin such that the molecular weight distribution of 100,000 or less component is 50 to 90 wt%, more is a binder resin having a main peak in a molecular weight region of 5 1000 to 30000 , and most preferably a binder resin having a main peak in 5,000 to 20,000 region.

本発明のトナーに用いられる結着樹脂及び結着樹脂を含む組成物は、トナー保存性の観点から、ガラス転移温度(Tg)が35〜80℃であるのが好ましく、40〜75℃であるのがより好ましい。 Composition comprising a binder resin and a binder resin used in the toner of the present invention, from the viewpoint of toner storability, is preferably a glass transition temperature (Tg) of 35 to 80 ° C., is 40 to 75 ° C. and more preferable. Tgが35℃より低いと高温雰囲気下でトナーが劣化しやすく、また定着時にオフセットが発生しやすくなることがある。 Tg toner tends to deteriorate under high temperature atmosphere is lower than 35 ° C., also offset may easily occur during fixing. また、Tgが80℃を超えると、定着性が低下することがある。 When the Tg is higher than 80 ° C., the fixing property may be lowered.

本発明のトナーは、磁性トナーであるか非磁性トナーであり、磁性トナーの場合は磁性体が含有されている。 The toner of the present invention is a non-magnetic toner or a magnetic toner, if the magnetic toner is contained in the magnetic material.
使用できる磁性体としては、例えば、(1)マグネタイト、マグヘマイト、フェライトの如き磁性酸化鉄、及び他の金属酸化物を含む酸化鉄、(2)鉄、コバルト、ニッケル等の金属、又は、これらの金属とアルミニウム、コバルト、銅、鉛、マグネシウム、錫、亜鉛、アンチモン、ベリリウム、ビスマス、カドミウム、カルシウム、マンガン、セレン、チタン、タングステン、バナジウム等の金属との合金。 The magnetic material can be used, for example, (1) magnetite, maghemite, ferrite such as magnetite iron oxide, and iron oxide containing other metal oxides, (2) iron, cobalt, nickel or the like metals, or of metal and aluminum, cobalt, copper, lead, magnesium, tin, zinc, antimony, beryllium, bismuth, cadmium, calcium, manganese, selenium, titanium, tungsten and vanadium, and the like. (3)及びこれらの混合物、などが用いられる。 (3) and mixtures thereof, it is used like.

磁性体として具体的に例示すると、Fe 4 、γ−Fe 、ZnFe 、Y Fe 12 、CdFe 、Gd Fe 12 、CuFe 、PbFe 12 O、NiFe 、NdFe O、BaFe 1219 、MgFe 、MnFe 、LaFeO 、鉄粉、コバルト粉、ニッケル粉、などが挙げられる。 Specific examples of the magnetic material, Fe 3 O 4, γ- Fe 2 O 3, ZnFe 2 O 4, Y 3 Fe 5 O 12, CdFe 2 O 4, Gd 3 Fe 5 O 12, CuFe 2 O 4, PbFe 12 O, NiFe 2 O 4 , NdFe 2 O, BaFe 12 O 19, MgFe 2 O 4, MnFe 2 O 4, LaFeO 3, iron powder, cobalt powder, nickel powder, and the like. これらは、1種単独で使用してもよいし、2種以上を組み合わせて使用してもよい。 These may be used singly or may be used in combination of two or more thereof. これらの中でも特に、四三酸化鉄、γ−三二酸化鉄の微粉末が好適に挙げられる。 Among these, triiron tetroxide, fine powders of γ- ferric oxide are preferably exemplified.

また、異種元素を含有するマグネタイト、マグヘマイト、フェライト等の磁性酸化鉄、又はその混合物も使用できる。 Further, magnetite containing different element, maghemite, magnetic iron oxide such as ferrite, or a mixture thereof can be used. 異種元素を例示すると、例えば、リチウム、ベリリウム、ホウ素、マグネシウム、アルミニウム、ケイ素、リン、ゲルマニウム、ジルコニウム、錫、イオウ、カルシウム、スカンジウム、チタン、バナジウム、クロム、マンガン、コバルト、ニッケル、銅、亜鉛、ガリウム、などが挙げられる。 To illustrate the different element include lithium, beryllium, boron, magnesium, aluminum, silicon, phosphorus, germanium, zirconium, tin, sulfur, calcium, scandium, titanium, vanadium, chromium, manganese, cobalt, nickel, copper, zinc, gallium, and the like. 好ましい異種元素としては、マグネシウム、アルミニウム、ケイ素、リン、又はジルコニウムから選択される。 Preferred heterogeneous element, magnesium, aluminum, silicon, phosphorus, and zirconium. 異種元素は、酸化鉄結晶格子の中に取り込まれていてもよいし、酸化物として酸化鉄中に取り込まれていてもよいし、又は表面に酸化物あるいは水酸化物として存在していてもよいが、酸化物として含有されているのが好ましい。 Different element, may also be incorporated into the iron oxide crystal lattice, it may also be incorporated into the oxide in the iron as an oxide, or the surface may be present as an oxide or hydroxide but preferably it contained as an oxide.

前記異種元素は、磁性体生成時にそれぞれの異種元素の塩を混在させ、pH調整により、粒子中に取り込むことができる。 The different elements are mixed salts of each dissimilar elements upon magnetic product, by pH adjustment, it can be incorporated in the particle. また、磁性体粒子生成後にpH調整、あるいは各々の元素の塩を添加しpH調整することにより、粒子表面に析出することができる。 Further, pH adjusted after magnetic particles produced, or by adding a salt of respective elements for pH adjustment, it can be deposited on the particle surface.

前記磁性体の使用量としては、結着樹脂100質量部に対して、磁性体10〜200質量部が好ましく、20〜150質量部がより好ましい。 As the amount of the magnetic substance, 100 parts by weight of the binder resin preferably has magnetic 10 to 200 parts by weight, more preferably from 20 to 150 parts by weight. これらの磁性体の個数平均粒径としては、0.1〜2μmが好ましく、0.1〜0.5μmがより好ましい。 The number average particle diameter of these magnetic, preferably 0.1-2 .mu.m, 0.1 to 0.5 [mu] m is more preferable. 前記個数平均径は、透過電子顕微鏡により拡大撮影した写真をデジタイザー等で測定することにより求めることができる。 The number average diameter, the enlarged photograph of taken by a transmission electron microscope can be determined by measuring with digitizer.

また、磁性体の磁気特性としては、10Kエルステッド印加での磁気特性がそれぞれ、抗磁力20〜150エルステッド、飽和磁化50〜200emu/g、残留磁化2〜20emu/gのものが好ましい。 As the magnetic properties of the magnetic material, each magnetic properties at 10K oersted is applied, the coercivity 20-150 Oe, saturation magnetization 50 to 200 / g, are preferred for the residual magnetization 2~20emu / g.
前記磁性体は、着色剤としても使用することができる。 The magnetic material can also be used as a colorant.

(着色剤) (Coloring agent)
トナー用材料として用いられる着色剤としては、特に制限はなく、通常使用される樹脂を適宜選択して使用することができるが、例えば、カーボンブラック、ニグロシン染料、鉄黒、ナフトールイエローS、ハンザイエロー(10G、5G、G)、カドミウムイエロー、黄色酸化鉄、黄土、黄鉛、チタン黄、ポリアゾイエロー、オイルイエロー、ハンザイエロー(GR、A、RN、R)、ピグメントイエローL、ベンジジンイエロー(G、GR)、パーマネントイエロー(NCG)、バルカンファストイエロー(5G、R)、タートラジンレーキ、キノリンイエローレーキ、アンスラザンイエローBGL、イソインドリノンイエロー、ベンガラ、鉛丹、鉛朱、カドミウムレッド、カドミウムマーキュリレッド、アンチモン朱、パーマネントレ The colorant used as a toner material is not particularly limited and may be appropriately selected and used resins commonly used, for example, carbon black, nigrosine dye, iron black, Naphthol Yellow S, Hansa Yellow (10G, 5G, G), cadmium yellow, yellow iron oxide, ocher, chrome yellow, titanium yellow, polyazo yellow, oil yellow, Hansa yellow (GR, A, RN, R), Pigment yellow L, benzidine yellow (G , GR), permanent yellow (NCG), Vulcan Fast yellow (5G, R), tartrazine lake, quinoline yellow lake, Anse La Giang yellow BGL, isoindolinone yellow, red iron oxide, red lead, Namarishu, cadmium red, cadmium Ma Curie Red, antimony Zhu, permanent record ド4R、パラレッド、ファイセーレッド、パラクロルオルトニトロアニリンレッド、リソールファストスカーレットG、ブリリアントファストスカーレット、ブリリアントカーンミンBS、パーマネントレッド(F2R、F4R、FRL、FRLL、F4RH)、ファストスカーレットVD、ベルカンファストルビンB、ブリリアントスカーレットG、リソールルビンGX、パーマネントレッドF5R、ブリリアントカーミン6B、ポグメントスカーレット3B、ボルドー5B、トルイジンマルーン、パーマネントボルドーF2K、ヘリオボルドーBL、ボルドー10B、ボンマルーンライト、ボンマルーンメジアム、エオシンレーキ、ローダミンレーキB、ローダミンレーキY、アリザリンレーキ、チオインジゴレッドB、チオインジゴ De 4R, Para Red, phi Se Red, para chloro ortho nitro aniline red, Lithol Fast Scarlet G, Brilliant Fast Scarlet, Brilliant Khan Min BS, permanent red (F2R, F4R, FRL, FRLL, F4RH), Fast Scarlet VD, Bell cans Belfast Rubin B, Brilliant Scarlet G, Lithol Rubine GX, permanent Red F5R, Brilliant Carmine 6B, Po segment Scarlet 3B, Bordeaux 5B, toluidine Maroon, permanent Bordeaux F2k, Helio Bordeaux BL, Bordeaux 10B, Bon Maroon light, Bon Maroon main Newseum, eosin lake, rhodamine lake B, rhodamine lake Y, alizarin lake, thioindigo red B, thioindigo ルーン、オイルレッド、キナクリドンレッド、ピラゾロンレッド、ポリアゾレッド、クロームバーミリオン、ベンジジンオレンジ、ペリノンオレンジ、オイルオレンジ、コバルトブルー、セルリアンブルー、アルカリブルーレーキ、ピーコックブルーレーキ、ビクトリアブルーレーキ、無金属フタロシアニンブルー、フタロシアニンブルー、ファストスカイブルー、インダンスレンブルー(RS、BC)、インジゴ、群青、紺青、アントラキノンブルー、ファストバイオレットB、メチルバイオレットレーキ、コバルト紫、マンガン紫、ジオキサンバイオレット、アントラキノンバイオレット、クロムグリーン、ジンクグリーン、酸化クロム、ピリジアン、エメラルドグリーン、ピグメントグリーンB、ナフトールグリーンB、グリーンゴー Rune, oil red, quinacridone red, pyrazolone red, polyazo red, chrome vermilion, benzidine orange, perinone orange, oil orange, cobalt blue, cerulean blue, alkali blue lake, peacock blue lake, Victoria Blue Lake, metal-free phthalocyanine blue, phthalocyanine blue, fast sky blue, Indanethrene Blue (RS, BC), indigo, ultramarine blue, Prussian blue, anthraquinone blue, fast violet B, methyl violet lake, cobalt violet, manganese violet, dioxane violet, anthraquinone violet, chrome green, zinc Green, chromium oxide, viridian, emerald green, Pigment Green B, naphthol Green B, Green Go ルド、アシッドグリーンレーキ、マラカイトグリーンレーキ、フタロシアニングリーン、アントラキノングリーン、酸化チタン、亜鉛華、リトボン及びこれらの混合物、などが挙げられる。 Field, Acid Green Lake, Malachite Green Lake, Phthalocyanine Green, anthraquinone green, titanium oxide, zinc white, lithopone and mixtures thereof, and the like.

前記着色剤の含有量としては、トナー材料(固形分換算)に対して1〜15質量%が好ましく、3〜10質量%がより好ましい。 The content of the colorant is preferably 1 to 15% by weight of the toner material (solid basis), more preferably from 3 to 10% by weight.

本発明に係るトナーで用いる着色剤は、樹脂と複合化されたマスターバッチの形態で用いることもできる。 Colorant used in the toner according to the present invention can also be used in the form of a resin with a masterbatch obtained by combining with. マスターバッチの製造またはマスターバッチとともに混練されるバインダー樹脂としては、先にあげた変性、未変性ポリエステル樹脂の他に、例えば、ポリスチレン、ポリp−クロロスチレン、ポリビニルトルエンなどのスチレン及びその置換体の重合体;スチレン−p−クロロスチレン共重合体、スチレン−プロピレン共重合体、スチレン−ビニルトルエン共重合体、スチレン−ビニルナフタリン共重合体、スチレン−アクリル酸メチル共重合体、スチレン−アクリル酸エチル共重合体、スチレン−アクリル酸ブチル共重合体、スチレン−アクリル酸オクチル共重合体、スチレン−メタクリル酸メチル共重合体、スチレン−メタクリル酸エチル共重合体、スチレン−メタクリル酸ブチル共重合体、スチレン−α−クロルメタクリル酸メチル As the binder resin to be kneaded with the master batch, modified mentioned earlier, in addition to the unmodified polyester resins, for example, polystyrene, poly p- chlorostyrene, styrene and derivatives thereof such as polyvinyl toluene polymer; styrene -p- chlorostyrene copolymer, styrene - propylene copolymer, styrene - vinyltoluene copolymer, styrene - vinyl naphthalene copolymer, a styrene - methyl acrylate copolymer, styrene - ethyl acrylate copolymer, styrene - butyl acrylate copolymer, styrene - octyl acrylate copolymer, styrene - methyl methacrylate copolymer, styrene - ethyl methacrylate copolymer, styrene - butyl methacrylate copolymer, a styrene -α- chloromethyl methacrylate 重合体、スチレン−アクリロニトリル共重合体、スチレン−ビニルメチルケトン共重合体、スチレン−ブタジエン共重合体、スチレン−イソプレン共重合体、スチレン−アクリロニトリル−インデン共重合体、スチレン−マレイン酸共重合体、スチレン−マレイン酸エステル共重合体などのスチレン系共重合体;ポリメチルメタクリレート、ポリブチルメタクリレート、ポリ塩化ビニル、ポリ酢酸ビニル、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリエステル、エポキシ樹脂、エポキシポリオール樹脂、ポリウレタン、ポリアミド、ポリビニルブチラール、ポリアクリル酸樹脂、ロジン、変性ロジン、テルペン樹脂、脂肪族叉は脂環族炭化水素樹脂、などが挙げられる。 Polymers, styrene - acrylonitrile copolymer, styrene - vinyl methyl ketone copolymer, styrene - butadiene copolymer, styrene - isoprene copolymer, styrene - acrylonitrile - indene copolymer, styrene - maleic acid copolymer, styrene - styrene copolymer and maleic acid ester copolymers; polymethyl methacrylate, polybutyl methacrylate, polyvinyl chloride, polyvinyl acetate, polyethylene, polypropylene, polyester, epoxy resins, epoxy polyol resins, polyurethanes, polyamides, polyvinyl butyral, polyacrylic acid resin, rosin, modified rosin, terpene resins, aliphatic or alicyclic hydrocarbon resins, and the like. これらは、1種単独で使用してもよいし、2種以上を混合して使用してもよい。 These may be used singly or may be used by mixing two or more kinds.

前記マスターバッチは、マスターバッチ用の樹脂と着色剤とを高せん断力をかけて混合、混練して得ることができる。 The masterbatch can be mixed with a colorant with a resin for the master batch while applying a high shearing force, obtained by kneading. この際、着色剤と樹脂の相互作用を高めるために、有機溶剤を用いることができる。 At this time, in order to enhance the interaction between the colorant and the resin, an organic solvent may be used. また、いわゆるフラッシング法と呼ばれる着色剤の水を含んだ水性ペーストを、樹脂と有機溶剤とともに混合混練し、着色剤を樹脂側に移行させ、水分と有機溶剤成分を除去する方法により作成されるマスターバッチも、着色剤のウエットケーキをそのまま用いる事ができるため、乾燥する必要がなく、好適に使用される。 Further, an aqueous paste containing a colorant so-called flashing method, mixed and kneaded with a resin and an organic solvent to transfer the colorant to the resin side, the master created by the method of removing water and organic solvent component batches, since it is possible to use a wet cake of the colorant as it is, there is no need to drying, is preferably used. 混合混練するには、3本ロールミル等の高せん断分散装置が好適に使用される。 In the mixing and kneading, a high shear dispersion device such as a three roll mill is preferably used.

前記マスターバッチの使用量としては、結着樹脂100質量部に対して、0.1〜20質量部が好ましい。 The amount of the master batch, relative to 100 parts by mass of the binder resin, preferably 0.1 to 20 parts by weight.

また、前記マスターバッチ用の樹脂は、酸価が30mgKOH/g以下、アミン価が1〜100mgKOH/gで、着色剤を分散させて使用することが好ましく、酸価が20mgKOH/g以下、アミン価が10〜50mgKOH/gで、着色剤を分散させて使用することがより好ましい。 The resin for the master batch has an acid value of 30 mgKOH / g or less, an amine value of 1~100mgKOH / g, it is preferable to use a colorant is dispersed, acid value 20 mgKOH / g or less, an amine value There at 10 to 50 mgKOH / g, it is more preferable to use a coloring agent is dispersed. 酸価が30mgKOH/gを超えると、高湿下での帯電性が低下し、顔料分散性も不十分となることがある。 When the acid value exceeds 30 mgKOH / g, reduced chargeability under high humidity, there is the pigment dispersibility becomes insufficient. また、アミン価が1mgKOH/g未満であるとき、及び、アミン価が100mgKOH/gを超えるときにも、顔料分散性が不十分となることがある。 Also, when the amine value is less than 1 mgKOH / g, and, even when the amine value exceeds 100 mg KOH / g, sometimes the pigment dispersibility may become insufficient. なお、酸価はJIS K0070に記載の方法により測定することができ、アミン価はJIS K7237に記載の方法により測定することができる。 The acid value can be measured by the method described in JIS K0070, the amine value can be measured by the method described in JIS K7237.

(分散剤) (Dispersant)
またトナー用材料に、分散剤を用いることができ、このような分散剤としては、顔料分散性の点で、結着樹脂との相溶性が高いことが好ましく、具体的な市販品としては、「アジスパーPB821」、「アジスパーPB822」(味の素ファインテクノ社製)、「Disperbyk−2001」(ビックケミー社製)、「EFKA−4010」(EFKA社製)、などが挙げられる。 Also to the toner materials, can be used a dispersing agent, as such dispersants, in terms of pigment dispersibility, it is preferable compatibility with the binder resin is high, as a specific commercial products, "AJISPER PB821", "AJISPER PB822" (manufactured by Ajinomoto Fine-Techno Co., Inc.), "Disperbyk-2001" (manufactured by BYK-Chemie GmbH), "EFKA-4010" (EFKA Co., Ltd.), and the like.

前記分散剤は、トナー中に、着色剤に対して0.1〜10質量%の割合で配合することが好ましい。 The dispersant, in the toner, it is preferably added in a proportion of 0.1 to 10 mass% with respect to the colorant. 配合割合が0.1質量%未満であると、顔料分散性が不十分となることがあり、10質量%より多いと、高湿度下での帯電性が低下することがある。 When the amount is less than 0.1% by mass, the pigment dispersibility may become insufficient, when it is more than 10% by mass, the chargeability under high humidity decreases.

前記分散剤の重量平均分子量は、GPCにおけるスチレン換算分子量における、メインピークの分子量で、500〜100000が好ましく、顔料分散性の観点から、3000〜100000がより好ましい。 The weight average molecular weight of the dispersant, the molecular weight in terms of styrene of GPC, the molecular weight of the main peak is preferably 500 to 100,000, from the viewpoint of pigment dispersibility, 3,000 to 100,000 is more preferable. 特に、5000〜50000が好ましく、5000〜30000が最も好ましい。 Particularly preferably 5,000 to 50,000, most preferably 5,000 to 30,000. 分子量が500未満であると、極性が高くなり、着色剤の分散性が低下することがあり、分子量が100000を超えると、溶剤との親和性が高くなり、着色剤の分散性が低下することがある。 If the molecular weight is less than 500, the polarity becomes high, there is the dispersion of the coloring agent is reduced, when the molecular weight exceeds 100,000, the higher the affinity for the solvent, the dispersibility of the colorant is reduced there is.

〔その他の成分〕 [Other Components]
<キャリア> <Carrier>
本発明に係るトナーは、キャリアと混合して2成分現像剤として使用してもよい。 The toner according to the present invention may be used as a two component developer by mixing with a carrier. 前記キャリアとしては、通常のフェライト、マグネタイト等のキャリアも樹脂コートキャリアも使用することができる。 As the carrier, may be conventional ferrite, Carrier also resin-coated carrier of magnetite used.
前記樹脂コートキャリアは、キャリアコア粒子とキャリアコア粒子表面を被覆(コート)する樹脂である被覆材からなる。 The resin-coated carrier is formed of a coating material is a resin carrier core particles and carrier core particle surface covering (coating).

該被覆材に使用する樹脂としては、スチレン−アクリル酸エステル共重合体、スチレン−メタクリル酸エステル共重合体等のスチレン−アクリル系樹脂、アクリル酸エステル共重合体、メタクリル酸エステル共重合体等のアクリル系樹脂、ポリテトラフルオロエチレン、モノクロロトリフルオロエチレン重合体、ポリフッ化ビニリデン等のフッ素含有樹脂、シリコーン樹脂、ポリエステル樹脂、ポリアミド樹脂、ポリビニルブチラール、アミノアクリレート樹脂が好適に挙げられる。 The resin used for the coating material, a styrene - acrylic ester copolymer, styrene - such as methacrylic acid ester copolymer styrene - acrylic resin, acrylic acid ester copolymers, such as methacrylic acid ester copolymer acrylic resins, polytetrafluoroethylene, monochlorotrifluoroethylene tetrafluoroethylene polymer, fluorine-containing resins such as polyvinylidene fluoride, silicone resins, polyester resins, polyamide resins, polyvinyl butyral, aminoacrylate resins are preferably exemplified. この他にも、アイオモノマー樹脂、ポリフェニレンサルファイド樹脂等のキャリアの被覆(コート)材として使用できる樹脂が挙げられる。 In addition to this, iodide monomer resins, coating of carrier such as polyphenylene sulfide resin resins which can be used as (coating) material and the like. これらの樹脂は、1種単独で使用してもよいし、2種以上を組み合わせて使用してもよい。 These resins may be used singly or may be used in combination of two or more thereof. また、樹脂中に磁性粉が分散されたバインダー型のキャリアコアも用いることができる。 It can also be used a binder type carrier core in which magnetic powder is dispersed in a resin.

樹脂コートキャリアにおいて、キャリアコアの表面を少なくとも樹脂被覆剤で被覆する方法としては、樹脂を溶剤中に溶解若しくは懸濁せしめて塗布したキャリアコアに付着せしめる方法、あるいは単に粉体状態で混合する方法が適用できる。 In the resin-coated carrier, as a method for coating the surface of the carrier core at least a resin coating agent, the method allowed to adhere to the resin to the carrier core coated dissolved or suspended allowed in the solvent or a method simply mixed in a powder state, There can be applied.

前記樹脂コートキャリアに対する樹脂被覆材の割合としては、適宜決定すればよいが、樹脂コートキャリアに対し0.01〜5質量%が好ましく、0.1〜1質量%がより好ましい。 As the proportion of the resin coating material to the resin coated carrier may be suitably determined, but 0.01 to 5 wt% are preferred with respect to resin-coated carrier, and more preferably from 0.1 to 1% by weight.

2種以上の混合物の被覆(コート)剤で磁性体を被覆する使用例としては、(1)酸化チタン微粉体100質量部に対してジメチルジクロロシランとジメチルシリコーンオイル(質量比1:5)の混合物12質量部で処理したもの、(2)シリカ微粉体100質量部に対してジメチルジクロロシランとジメチルシリコーンオイル(質量比1:5)の混合物20質量部で処理したものが挙げられる。 Examples used to coat the magnetic material with a coating (coat) agent of two or more thereof, (1) dimethyldichlorosilane and dimethyl silicone oil with respect to the titanium oxide fine powder 100 parts by (mass ratio 1: 5) mixture 12 those treated with mass parts, (2) fine silica powder 100 parts by mass of dimethyl dichlorosilane and dimethyl silicone oil (mass ratio 1: 5) to the unit include those treated with a mixture 20 parts by weight of.

前記樹脂中、スチレン−メタクリル酸メチル共重合体、含フッ素樹脂とスチレン系共重合体との混合物、シリコーン樹脂が好適に使用され、特にシリコーン樹脂が好ましい。 The resin, a styrene - methyl methacrylate copolymer, a mixture of a fluorocarbon resin and a styrene copolymer, a silicone resin is preferably used, in particular a silicone resin is preferable.
含フッ素樹脂とスチレン系共重合体との混合物としては、例えば、ポリフッ化ビニリデンとスチレン−メタクリ酸メチル共重合体との混合物、ポリテトラフルオロエチレンとスチレン−メタクリル酸メチル共重合体との混合物、フッ化ビニリデン−テトラフルオロエチレン共重合(共重合体質量比10:90〜90:10)とスチレン−アクリル酸2−エチルヘキシル共重合体(共重合質量比10:90〜90:10)とスチレン−アクリル酸2−エチルヘキシル−メタクリル酸メチル共重合体(共重合体質量比20〜60:5〜30:10:50)との混合物が挙げられる。 The mixture of a fluorine-containing resin and a styrene copolymer, for example, polyvinylidene fluoride and styrene - a mixture of methyl methacrylate copolymer, polytetrafluoroethylene and styrene - mixture of methyl methacrylate copolymer, vinylidene fluoride - tetrafluoroethylene copolymer (copolymerization mass ratio of 10: 90 to 90: 10) and styrene - 2-ethylhexyl acrylate copolymer (copolymerization weight ratio of 10: 90 to 90: 10) and styrene - 2-ethylhexyl acrylate - methyl methacrylate copolymer (copolymerization mass ratio 20-60: 5-30: 10: 50) include a mixture of.

シリコーン樹脂としては、含窒素シリコーン樹脂及び含窒素シランカップリング剤と、シリコーン樹脂とが反応することにより生成された、変性シリコーン樹脂が挙げられる。 As the silicone resin, a nitrogen-containing silicone resin and nitrogen-containing silane coupling agent, a silicone resin is produced by reacting, include modified silicone resins.
キャリアコアの磁性材料としては、例えば、フェライト、鉄過剰型フェライト、マグネタイト、γ−酸化鉄等の酸化物や、鉄、コバルト、ニッケルのような金属、又はこれらの合金を用いることができる。 The magnetic material of the carrier core, for example, can be used ferrite, iron excess ferrite, magnetite, and oxides such as γ- iron oxide, iron, cobalt, metals such as nickel, or an alloy thereof.

また、これらの磁性材料に含まれる元素としては、鉄、コバルト、ニッケル、アルミニウム、銅、鉛、マグネシウム、スズ、亜鉛、アンチモン、ベリリウム、ビスマス、カルシウム、マンガン、セレン、チタン、タングステン、バナジウムが挙げられる。 As the elements contained in these magnetic materials include iron, cobalt, nickel, aluminum, copper, lead, magnesium, tin, zinc, antimony, beryllium, bismuth, calcium, manganese, selenium, titanium, tungsten, vanadium like It is. これらの中でも特に、銅、亜鉛、及び鉄成分を主成分とする銅−亜鉛−鉄系フェライト、マンガン、マグネシウム及び鉄成分を主成分とするマンガン−マグネシウム−鉄系フェライトが好適に挙げられる。 Among these, copper, zinc, and copper as a main component iron component - zinc - magnesium - - ferrous ferrite, manganese, manganese mainly of magnesium and iron components iron ferrites suitably.

前記キャリアの抵抗値としては、キャリアの表面の凹凸度合い、被覆する樹脂の量を調整して10 〜10 10 Ω・cmにするのがよい。 As the resistance value of the carrier, the roughness of the surface of the carrier, it is preferable to adjust the amount of resin 10 6 ~10 10 Ω · cm covering.

前記キャリアの粒径としては、4〜200μmのものが使用できるが、10〜150μmが好ましく、20〜100μmがより好ましい。 As the particle size of the carrier, it can be used those 4~200Myuemu, preferably 10 to 150 m, 20 to 100 [mu] m is more preferable. 特に、樹脂コートキャリアは、50%粒径が20〜70μmであることが好ましい。 In particular, the resin-coated carrier preferably has a 50% particle diameter is 20 to 70 m.

2成分系現像剤では、キャリア100質量部に対して、本発明のトナー1〜200質量部で使用することが好ましく、キャリア100質量部に対して、トナー2〜50質量部で使用するのがより好ましい。 The two-component developer, the carrier 100 parts by weight, is preferably used in the toner 1 to 200 parts by mass of the present invention, the carrier 100 parts by weight, for use in the toner 2 to 50 parts by weight more preferable.

<ワックス> <Wax>
また、本発明では、結着樹脂、着色剤とともに離型剤として、ワックスを含有させることもできる。 In the present invention, a binder resin, a releasing agent with coloring agents, may also contain a wax.
ワックスとしては、特に制限はなく、通常使用されるものを適宜選択して使用することができるが、例えば、低分子量ポリエチレン、低分子量ポリプロピレン、ポリオレフィンワックス、マイクロクリスタリンワックス、パラフィンワックス、サゾールワックス等の脂肪族炭化水素系ワックス、酸化ポリエチレンワックス等の脂肪族炭化水素系ワックスの酸化物又はそれらのブロック共重合体、キャンデリラワックス、カルナウバワックス、木ろう、ホホバろう等の植物系ワックス、みつろう、ラノリン、鯨ろう等の動物系ワックス、オゾケライト、セレシン、ペテロラタム等の鉱物系ワックス、モンタン酸エステルワックス、カスターワックスの等の脂肪酸エステルを主成分とするワックス類。 The wax is not particularly limited and can be appropriately selected and used those conventionally used, for example, low molecular weight polyethylene, low molecular weight polypropylene, polyolefin wax, microcrystalline wax, paraffin wax, Sasol wax, etc. aliphatic hydrocarbon-based waxes, aliphatic oxides hydrocarbon waxes or their block copolymers such as oxidized polyethylene wax, candelilla wax, carnauba wax, Japan wax, vegetable wax and jojoba wax such as beeswax waxes mainly composed lanolin, animal waxes spermaceti such as ozokerite, ceresin, mineral waxes such as petrolatum, montan acid ester waxes, fatty acid esters such as castor wax. 脱酸カルナウバワックスの等の脂肪酸エステルを一部又は全部を脱酸化したもの、などが挙げられる。 Those deoxidizing a part or all of fatty acid esters such as deoxidation carnauba wax, and the like.

前記ワックスの例としては、更に、パルミチン酸、ステアリン酸、モンタン酸、あるいは更に直鎖のアルキル基を有する直鎖アルキルカルボン酸類等の飽和直鎖脂肪酸、プランジン酸、エレオステアリン酸、バリナリン酸等の不飽和脂肪酸、ステアリルアルコール、エイコシルアルコール、ベヘニルアルコール、カルナウピルアルコール、セリルアルコール、メシリルアルコール、あるいは長鎖アルキルアルコール等の飽和アルコール、ソルビトール等の多価アルコール、リノール酸アミド、オレフィン酸アミド、ラウリン酸アミド等の脂肪酸アミド、メチレンビスカプリン酸アミド、エチレンビスラウリン酸アミド、ヘキサメチレンビスステアリン酸アミド等の飽和脂肪酸ビスアミド、エチレンビスオレイン酸アミド、ヘキサメチレンビス Examples of the wax further palmitic acid, stearic acid, montanic acid, saturated straight chain fatty acids such as straight-chain alkyl carboxylic acids having alkyl groups of straight-chain, Prandin acid, eleostearic acid, parinaric acid unsaturated fatty acids and the like, stearyl alcohol, eicosyl alcohol, behenyl alcohol, carnaubyl pills alcohol, ceryl alcohol, main silyl alcohol or long-chain saturated alcohols of alkyl alcohol, a polyhydric alcohol, linoleic acid amides such as sorbitol, olefinic acids amides, fatty acid amides such as lauric acid amide, methylene capric acid amide, ethylenebis lauric acid amide, unsaturated fatty acid such as hexamethylene-bis-stearic acid amide bisamide, ethylene bis-oleic acid amide, hexamethylene bis レイン酸アミド、N,N'−ジオレイルアジピン酸アミド、N,N'−ジオレイルセパシン酸アミド等の不飽和脂肪酸アミド類、m−キシレンビスステアリン酸アミド、N,N−ジステアリルイソフタル酸アミド等の芳香族系ビスアミド、ステアリン酸カルシウム、ラウリン酸カルシウム、ステアリン酸亜鉛、ステアリン酸マグネシウム等の脂肪酸金属塩、脂肪族炭化水素系ワックスにスチレンやアクリル酸等のビニル系モノマーを用いてグラフト化させたワックス、ベヘニン酸モノグリセリド等の脂肪酸と多価アルコールの部分エステル化合物、植物性油脂を水素添加することによって得られるヒドロキシル基を有するメチルエステル化合物が挙げられる。 Maleic acid amide, N, N'- dioleyl adipic acid amide, N, unsaturated fatty acid amides such as N'- dioleyl cepa Shin acid amide, m- xylene bis-stearic acid amide, N, N-distearyl isophthalic acid aromatic bisamides of amides, calcium stearate, calcium laurate, zinc stearate, fatty acid metal salts such as magnesium stearate, were grafted with vinyl monomers such as styrene or acrylic acid to aliphatic hydrocarbon waxes waxes, partial ester compound of a fatty acid and a polyhydric alcohol such as behenic acid monoglyceride, and methyl ester compounds having a hydroxyl group obtained by hydrogenating plant fats.

より好適な離型剤の例としては、オレフィンを高圧下でラジカル重合したポリオレフィン、高分子量ポリオレフィン重合時に得られる低分子量副生成物を精製したポリオレフィン、低圧下でチーグラー触媒、メタロセン触媒の如き触媒を用いて重合したポリオレフィン、放射線、電磁波又は光を利用して重合したポリオレフィン、高分子量ポリオレフィンを熱分解して得られる低分子量ポリオレフィン、パラフィンワックス、マイクロクリスタリンワックス、フィッシャートロプシュワックス、ジントール法、ヒドロコール法、アーゲ法等により合成される合成炭化水素ワックス、炭素数1個の化合物をモノマーとする合成ワックス、水酸基又はカルボキシル基の如き官能基を有する炭化水素系ワックス、炭化水素系ワックスと官能基を有す More Examples of suitable mold release agents, polyolefins radical polymerization of olefins under high pressure, a polyolefin purified low molecular weight by-product obtained during high molecular weight polyolefin polymerization, Ziegler catalyst under a low pressure, a catalyst such as metallocene catalyst polyolefin polymerized using radiation, electromagnetic wave or polyolefins polymerized by using light, low molecular weight polyolefin obtained by the high molecular weight polyolefin by thermal decomposition, paraffin wax, microcrystalline wax, Fischer-Tropsch wax, Jintoru method, hydro call method , organic synthetic hydrocarbon waxes synthesized by Arge method, or the like, synthetic wax several one compound carbon monomer, hydrocarbon wax having a functional group such as hydroxyl group or carboxyl group, a hydrocarbon wax and a functional group to 炭化水素系ワックスとの混合物、これらのワックスを母体としてスチレン、マレイン酸エステル、アクリレート、メタクリレート、無水マレイン酸の如きビニルモノマーでグラフト変性したワックスが挙げられる。 Mixture of hydrocarbon wax, styrene these waxes as a matrix, maleic acid ester, acrylate, methacrylate, graft-modified wax with such vinyl monomers of maleic acid.

また、これらのワックスを、プレス発汗法、溶剤法、再結晶法、真空蒸留法、超臨界ガス抽出法又は溶液晶析法を用いて分子量分布をシャープにしたもの(分子量分布の狭いもの)や、低分子量固形脂肪酸、低分子量固形アルコール、低分子量固形化合物、その他の不純物を除去したものも好ましく用いられる。 Further, these waxes, the press sweating method, solvent method, recrystallization method, vacuum distillation method, those sharp molecular weight distribution by using supercritical gas extraction method or solution crystallization method (having a narrow molecular weight distribution) Ya , low molecular weight solid fatty acid, low molecular weight solid alcohol, low molecular weight solid compound, obtained by removal of other impurities are also preferably used.

前記ワックス(離型剤)の融点としては、定着性と耐オフセット性のバランスを取るために、70〜140℃であることが好ましく、70〜120℃であることがより好ましい。 As the melting point of the wax (release agent), to balance the fixability and offset resistance, preferably from 70 to 140 ° C., and more preferably 70 to 120 ° C.. 70℃未満では耐ブロッキング性が低下することがあり、140℃を超えると耐オフセット効果が発現しにくくなることがある。 At less than 70 ° C. may blocking resistance is lowered, which may offset resistance exceeds 140 ° C. is hardly expressed.

また、2種以上の異なる種類のワックスを併用することにより、ワックスの作用である可塑化作用と離型作用を同時に発現させることができる。 Further, the combined use of two or more different types of waxes may be used to express plasticizing action and the release action is the action of waxes simultaneously.

可塑化作用を有するワックスの種類としては、例えば、融点の低いワックス、分子の構造上に分岐のあるものや極性基を有する構造のもの、などが挙げられる。 The type of wax having a plasticizing effect, for example, low melting point waxes, a structure having a certain thing or polar groups branching on the structure of the molecule, and the like.

離型作用を有するワックスとしては、融点の高いワックスが挙げられ、その分子の構造としては、直鎖構造のものや、官能基を有さない無極性のものが挙げられる。 Waxes having a releasing effect, include high melting point wax, as the structure of the molecule, one or a straight-chain structure, include the non-polar having no functional group. 使用例としては、2種以上の異なるワックスの融点の差が10℃〜100℃のものの組み合わせや、ポリオレフィンとグラフト変性ポリオレフィンの組み合わせ、などが挙げられる。 As an example use, the difference between the melting points of two or more different waxes and combinations of the 10 ° C. to 100 ° C., a combination of polyolefin and graft-modified polyolefin.

2種のワックスを選択する際には、同様構造のワックスの場合は、相対的に、融点の低いワックスが可塑化作用を発揮し、融点の高いワックスが離型作用を発揮する。 When selecting two kinds of waxes, in the case of wax similar structures, relatively low melting wax exerts a plasticizing effect, high melting point wax exhibits mold release effect. この時、融点の差が10〜100℃の場合に、機能分離が効果的に発現する。 At this time, the difference in melting point in the case of 10 to 100 ° C., functional separation is effectively expressed. 10℃未満では機能分離効果が表れにくいことがあり、100℃を超える場合には相互作用による機能の強調が行われにくいことがある。 At less than 10 ° C. it may be difficult appear functional separation effect, in the case of more than 100 ° C. may be difficult to made enhancement function by interaction. このとき、機能分離効果を発揮しやすくなる傾向があることから、少なくとも一方のワックスの融点が70〜120℃であることが好ましく、70〜100℃であることがより好ましい。 At this time, since there is a tendency that easily exhibits the function separation effect, it is preferable that a melting point of 70 to 120 ° C. of at least one wax, and more preferably 70 to 100 ° C..

前記ワックスは、相対的に、枝分かれ構造のものや官能基などの極性基を有するものや主成分と異なる成分で変性されたものが可塑作用を発揮し、より直鎖構造のものや官能基を有さない無極性のものや未変性のストレートなものが離型作用を発揮する。 The wax is relatively, those modified with one or a main component different from component having a polar group, such as or a functional group of the branched structure exhibits a plasticizing effect, more ones or a functional group of the linear structure ones nonpolar straight or unmodified ones without exerts a releasing action. 好ましい組み合わせとしては、エチレンを主成分とするポリエチレンホモポリマー又はコポリマーとエチレン以外のオレフィンを主成分とするポリオレフィンホモポリマー又はコポリマーの組み合わせ、ポリオレフィンとグラフト変成ポリオレフィンの組み合わせ、アルコールワックス、脂肪酸ワックス又はエステルワックスと炭化水素系ワックスの組み合わせ、フィッシャートロプシュワックス又はポリオレフィンワックスとパラフィンワックス又はマイクロクリスタルワックスの組み合わせ、フィッシャートロプシュワックスとポリオレフィンワックスの組み合わせ、パラフィンワックスとマイクロクリスタルワックスの組み合わせ、カルナウバワックス、キャンデリラワックス、ライスワックス又はモンタンワックスと炭化水素系ワッ Preferred combinations, polyolefin homopolymer or a combination of the copolymer and polyethylene homopolymer or copolymer and the main component an olefin other than ethylene as a main component of ethylene, the polyolefin and graft-modified polyolefin combination, alcohol wax, fatty acid wax or ester wax a combination of hydrocarbon wax, Fischer-Tropsch wax or polyolefin wax and paraffin wax or a combination of microcrystalline wax, a combination of Fischer-Tropsch wax and polyolefin wax, a combination of paraffin wax and microcrystalline wax, carnauba wax, candelilla wax, rice wax or montan wax and a hydrocarbon-based wax スの組み合わせが挙げられる。 The combination of the scan and the like.

いずれの場合においても、トナー保存性と定着性のバランスをとりやすくなることから、トナーのDSC測定において観測される吸熱ピークにおいて、70〜110℃の領域に最大ピークのピークトップ温度があることが好ましく、70〜110℃の領域に最大ピークを有しているのがより好ましい。 In any case, since the easily balance the toner storage stability and the fixing property, in the endothermic peak observed in the DSC measurement of the toner, that there is a peak top temperature of the maximum peak in the region of 70 to 110 ° C. preferably, more preferably it has a maximum peak in the region of 70 to 110 ° C..

前記ワックスの総含有量としては、結着樹脂100質量部に対し、0.2〜20質量部が好ましく、0.5〜10質量部がより好ましい。 The total content of the wax, 100 parts by mass of the binder resin is preferably 0.2 to 20 parts by weight, 0.5 to 10 parts by mass is more preferable.

本発明では、DSC(Differential Scanning Calorimetry)において測定されるワックスの吸熱ピークの最大ピークのピークトップの温度をもってワックスの融点とする。 In the present invention, with a DSC (Differential Scanning Calorimetry) peak top temperature of the maximum peak of the endothermic peak of the wax measured at the melting point of the wax.

前記ワックス又はトナーのDSC測定機器としては、高精度の内熱式入力補償型の示差走査熱量計で測定することが好ましい。 The DSC measurement instrument of the wax or toner is preferably measured with a differential scanning calorimeter of inner heat input compensation type high precision. 測定方法としては、ASTM D3418−82に準じて行う。 The measurement method is based on ASTM D3418-82. 本発明に用いられるDSC曲線は、1回昇温、降温させ前履歴を取った後、温度速度10℃/minで、昇温させた時に測定されるものを用いる。 DSC curve used in the present invention, 1 KaiNoboru temperature, after taking a history before the temperature is lowered at a temperature rate of 10 ° C. / min, using what is measured when raising the temperature.

<流動性向上剤> <Flow improver>
本発明に係るトナーには、流動性向上剤を添加してもよい。 The toner according to the present invention may be added a flowability improver. 該流動性向上剤は、トナー表面に添加することにより、トナーの流動性を改善(流動しやすく)するものである。 Flowable improving agent, by adding to the toner surface, is intended to improve the fluidity of the toner (liable to flow).

前記流動性向上剤としては、例えば、カーボンブラック、フッ化ビニリデン微粉末、ポリテトラフルオロエチレン微粉末の如きフッ素系樹脂粉末、湿式製法シリカ、乾式製法シリカの如き微粉末シリカ、微粉未酸化チタン、微粉未アルミナ、それらをシランカップリング剤、チタンカップリング剤若しくはシリコーンオイルにより表面処理を施した処理シリカ,処理酸化チタン,処理アルミナ、などが挙げられる。 Examples of the flowability improver include carbon black, vinylidene fluoride fine powder, such as fluorine-based resin powder of the fine polytetrafluoroethylene fine powder, wet process silica, such as finely divided silica of dry-process silica, fine unoxidized titanium, fines and alumina, a silane coupling agent, treated silica surface-treated with a titanium coupling agent or silicone oil, treated titanium oxide, treated alumina, and the like. これらの中でも、微粉末シリカ、微粉未酸化チタン、微粉未アルミナが好ましい。 Of these, fine silica powder, fine unoxidized titanium, fine and alumina are preferred. また、これらをシランカップリング剤やシリコーンオイルにより表面処理を施した処理シリカが更に好ましい。 These were subjected to a surface treatment with a silane coupling agent or silicone oil-treated silica is more preferable.

前記流動性向上剤の粒径としては、平均一次粒径として、0.001〜2μmであることが好ましく、0.002〜0.2μmであることがより好ましい。 As the particle diameter of the fluidity improving agent, as an average primary particle size is preferably 0.001 to 2 m, and more preferably 0.002~0.2Myuemu.

前記微粉末シリカは、ケイ素ハロゲン化含物の気相酸化により生成された微粉体であり、いわゆる乾式法シリカ又はヒュームドシリカと称されるものである。 The fine powder silica is a fine powder produced by vapor phase oxidation of a silicon halide compound, are those called dry process silica or fumed silica.

ケイ素ハロゲン化合物の気相酸化により生成された市販のシリカ微粉体としては、例えば、AEROSIL(日本アエロジル社商品名、以下同じ)−130、−300、−380、−TT600、−MOX170、−MOX80、−COK84:Ca−O−SiL(CABOT社商品名、以下同じ)−M−5、−MS−7、−MS−75、−HS−5、−EH−5、Wacker HDK(WACKER−CHEMIE社商品名、以下同じ)−N20 V15、−N20E、−T30、−T40:D−CFineSi1ica(ダウコーニング社商品名):Franso1(Fransi1社商品名)、などが挙げられる。 Commercially available silica fine powder produced by vapor phase oxidation of silicon halide, e.g., AEROSIL (Nippon Aerosil Co. trade name, hereinafter the same) -130, -300, -380, -TT600, -MOX170, -MOX80, -COK84: Ca-O-SiL (CABOT Co. trade name, hereinafter the same) -M-5, -MS-7, -MS-75, -HS-5, -EH-5, Wacker HDK (WACKER-CHEMIE Co. product name, hereinafter the same) -N20 V15, -N20E, -T30, -T40: D-CFineSi1ica (Dow Corning product name): Franso1 (Fransi1 companies trade name), and the like.

さらに、ケイ素ハロゲン化合物の気相酸化により生成されたシリカ微粉体を疎水化処理した処理シリカ微粉体がより好ましい。 Further, treated silica fine powder vapor silica fine powder produced by oxidation of a silicon halide compound hydrophobized is more preferable. 処理シリカ微粉体において、メタノール滴定試験によって測定された疎水化度が好ましくは30〜80%の値を示すシリカ微粉体を処理したものが特に好ましい。 In treated silica fine powder, preferably hydrophobicity as measured by methanol titration test is particularly preferably those treated silica fine powder shows a value of 30% to 80%. 疎水化は、シリカ微粉体と反応あるいは物理吸着する有機ケイ素化合物等で化学的あるいは物理的に処理することによって付与される。 Hydrophobization is imparted by treating chemically or physically with an organic silicon compound that reacts with or physically adsorbing the fine silica powder. 好ましい方法としては、ケイ素ハロゲン化合物の気相酸化により生成されたシリカ微粉体を有機ケイ素化合物で処理する方法がよい。 Preferred method may method of processing gas phase silica fine powder produced by the oxidation of silicon halide with an organic silicon compound.

有機ケイ素化合物としては、ヒドロキシプロピルトリメトキシシラン、フェニルトリメトキシシラン、n−ヘキサデシルトリメトキシシラン、n−オクタデシルトリメトキシシラン、ビニルメトキシシラン、ビニルトリエトキシシラン、ビニルトリアセトキシシラン、ジメチルビニルクロロシラン、ジビニルクロロシラン、γ−メタクリルオキシプロピルトリメトキシシラン、へキサメチルジシラン、トリメチルシラン、トリメチルクロロシラン、ジメチルジクロロシラン、メチルトリクロロシラン、アリルジメチルクロロシラン、アリルフェニルジクロロシラン、ベンジルジメチルクロロシラン、ブロモメチルジメチルクロロシラン、α−クロルエチルトリクロロシラン、β−クロロエチルトリクロロシラン、クロロメチルジメチルクロロシ The organic silicon compound, hydroxypropyl trimethoxysilane, phenyltrimethoxysilane, n- hexadecyl trimethoxysilane, n- octadecyl trimethoxysilane, vinyl methoxysilane, vinyl triethoxysilane, vinyl triacetoxy silane, dimethylvinyl chlorosilane, divinyl chlorosilane, .gamma.-methacryloxypropyltrimethoxysilane, to hexa disilane, trimethylsilane, trimethylchlorosilane, dimethyldichlorosilane, methyltrichlorosilane, allyl dimethyl chlorosilane, allyl phenyl dichlorosilane, benzyl dimethyl chlorosilane, bromomethyl dimethyl chlorosilane, alpha - chloroethyl trichlorosilane, beta-chloroethyl trichlorosilane, chloromethyl dimethyl chlorosilane Shi ン、トリオルガノシリルメルカプタン、トリメチルシリルメルカプタン、トリオルガノシリルアクリレート、ビニルジメチルアセトキシシラン、ジメチルエトキシシラン、トリメチルエトキシシラン、トリメチルメトキシシラン、メチルトリエトキシシラン、イソブチルトリメトキシシラン、ジメチルジメトキシシラン、ジフェニルジエトキシシラン、へキサメチルジシロキサン、1,3−ジビニルテトラメチルジシロキサン、1,3−ジフェニルテトラメチルジシロキサン及び1分子当り2から12個のシロキサン単位を有し、未端に位置する単位にそれぞれSiに結合した水酸基を0〜1個含有するジメチルポリシロキサン等が挙げられる。 Emissions, triorganosilyl mercaptan, trimethylsilyl mercaptan, triorganosilyl acrylate, vinyl dimethyl acetoxysilane, dimethyl ethoxysilane, trimethyl ethoxysilane, trimethyl methoxysilane, methyl triethoxysilane, isobutyl trimethoxysilane, dimethyl dimethoxysilane, diphenyl diethoxy silane , to hexamethyldisiloxane, 1,3-divinyltetramethyldisiloxane, a 1,3-diphenyl tetramethyl disiloxane and one molecule per 2 to 12 siloxane units, respectively the unit located in the non-edge Si dimethylpolysiloxane and the like containing 0-1 bound hydroxyl groups to. 更に、ジメチルシリコーンオイルの如きシリコーンオイルが挙げられる。 Further, silicone oils such as dimethyl silicone oil. これらは1種単独で使用してもよいし、2種以上を混合して使用してもよい。 These may be used singly or may be used by mixing two or more kinds.

流動性向上剤の個数平均粒径としては、5〜100nmになるものが好ましく、5〜50nmになるものがより好ましい。 The number average particle diameter of the fluidity improving agent preferably has to be 5 to 100 nm, it is more preferable to be 5 to 50 nm.

BET法で測定した窒素吸着による比表面積としては、30m /g以上が好ましく、60〜400m /gがより好ましい。 The specific surface area by measuring nitrogen adsorption by the BET method, preferably at least 30m 2 / g, 60~400m 2 / g is more preferable.
表面処理された微粉体としては、20m /g以上が好ましく、40〜300m /gがより好ましい。 The surface-treated fine powder, preferably at least 20m 2 / g, 40~300m 2 / g is more preferable.

これらの微粉体の適用量としては、トナー粒子100質量部に対して0.03〜8質量部が好ましい。 The dosage of these fine powders, from 0.03 to 8 parts by mass relative to 100 parts by weight of the toner particles is preferred.

本発明に係るトナーには、他の添加剤として、静電潜像担持体・キャリアの保護、クリーニング性の向上、熱特性・電気特性・物理特性の調整、抵抗調整、軟化点調整、定着率向上等を目的として、各種金属石けん、フッ素系界面活性剤、フタル酸ジオクチルや、導電性付与剤として酸化スズ、酸化亜鉛、カーボンブラック、酸化アンチモン等や、酸化チタン、酸化アルミニウム、アルミナ等の無機微粉体などを必要に応じて添加することができる。 The toner according to the present invention, as other additives, protection of electrostatic latent image bearing member carrier, improving cleanability, adjusting thermal properties and electrical characteristics and physical properties, resistance adjustment, softening point adjustment, fixing rate for the purpose of improvement, various metal soaps, fluorine surfactants and dioctyl phthalate, tin oxide as a conductive agent, zinc oxide, carbon black, and antimony oxide, titanium oxide, aluminum oxide, inorganic alumina and fine powder may be added as needed. これらの無機微粉体は、必要に応じて疎水化してもよい。 These inorganic fine powders may be hydrophobized, if necessary. また、ポリテトラフルオロエチレン、ステアリン酸亜鉛、ポリフッ化ビニリデン等の滑剤、酸化セシウム、炭化ケイ素、チタン酸ストロンチウム等の研磨剤、ケーキング防止剤、更に、トナー粒子と逆極性の白色微粒子及び黒色微粒子とを、現像性向上剤として少量用いることもできる。 Further, polytetrafluoroethylene, zinc stearate, a lubricant such as polyvinylidene fluoride, cesium oxide, silicon carbide, abrasives such as strontium titanate, an anti-caking agent, further, the white fine particles and black toner particles and opposite polarity the can also be used a small amount as a developability improver.
これらの添加剤は、帯電量コントロール等の目的でシリコーンワニス、各種変性シリコーンワニス、シリコーンオイル、各種変性シリコーンオイル、シランカップリング剤、官能基を有するシランカップリング剤、その他の有機ケイ素化合物等の処理剤、又は種々の処理剤で処理することも好ましい。 These additives, silicone varnish for the purpose of charge control, various modified silicone varnishes, silicone oil, various modified silicone oil, silane coupling agent, a silane coupling agent having a functional group, such as other organic silicon compounds treatment agent, or it is also preferable to treat a variety of treating agents.

現像剤を調製する際には、現像剤の流動性や保存性、現像性、転写性を高めるために、先に挙げた疎水性シリカ微粉末等の無機微粒子などを外添剤として添加混合してもよい。 In preparing the developer, the fluidity and storage stability of the developer, developing property, in order to improve transferability, adding and mixing inorganic fine particles such as hydrophobic silica fine powder mentioned above as an external additive it may be. このような外添剤の混合は、一般の粉体の混合機を適宜選択して使用することができるが、ジャケット等を装備して、内部の温度を調節できるもので混合することが好ましい。 Mixing of such external additives is generally of powder mixer of may be appropriately selected and used, equipped with a jacket or the like, is preferably mixed with it can adjust the internal temperature. 外添剤に与える負荷の履歴を変えるには、途中でまたは漸次、外添剤を加えていけばよいし、混合機の回転数、転動速度、時間、温度などを変化させてもよく、はじめに強い負荷を、次に比較的弱い負荷を与えても良いし、その逆でも良い。 To change the history of the load applied to the external additive, the middle or gradually, it may be added in the external additive, the rotational speed of the mixer, rolling speed, time, may be changed such as temperature, Introduction to strong load, to then may be given a relatively weak load, or vice versa.

使用できる混合機の例としては、例えば、V型混合機、ロッキングミキサー、レーディゲミキサー、ナウターミキサー、ヘンシェルミキサー、などが挙げられる。 Examples of mixers which may be used, eg, V-shaped mixer, rocking mixer, Loedige mixer, Nauta mixer, Henschel mixer, and the like.

使用するトナーの形状をさらに調節する方法としては、特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができる。 As a method of further adjusting the shape of the toner to be used is not particularly limited and may be appropriately selected depending on the intended purpose. 例えば、ハイブリタイザー、メカノフュージョン等を用いて、機械的にトナーの形状を球形化する方法などが挙げられる。 For example, Hybridizer, using mechanofusion, etc., and a method of sphering the mechanically toner shape.

前記外添剤としては、無機微粒子を好ましく用いることができる。 As the external additive, it can be preferably used inorganic fine particles.
前記無機微粒子としては、例えば、シリカ、アルミナ、酸化チタン、チタン酸バリウム、チタン酸マグネシウム、チタン酸カルシウム、チタン酸ストロンチウム、酸化亜鉛、酸化スズ、ケイ砂、クレー、雲母、ケイ灰石、ケイソウ土、酸化クロム、酸化セリウム、ベンガラ、三酸化アンチモン、酸化マグネシウム、酸化ジルコニウム、硫酸バリウム、炭酸バリウム、炭酸カルシウム、炭化ケイ素、窒化ケイ素、などを挙げることができる。 Examples of the inorganic fine particles include silica, alumina, titanium oxide, barium titanate, magnesium titanate, calcium titanate, strontium titanate, zinc oxide, tin oxide, silica sand, clay, mica, wollastonite, diatomaceous earth , chromium oxide, cerium oxide, red iron oxide, antimony trioxide, magnesium oxide, zirconium oxide, barium sulfate, barium carbonate, calcium carbonate, and silicon carbide, silicon nitride, and the like.
前記無機微粒子の一次粒子径は、5nm〜2μmであることが好ましく、5nm〜500nmであることがより好ましい。 The primary particle diameter of the inorganic fine particles is preferably 5 nm to 2 [mu] m, and more preferably 5 nm to 500 nm.

前記BET法による比表面積は、20〜500m /gであることが好ましい。 The specific surface area by the BET method is preferably 20 to 500 m 2 / g.

前記無機微粒子の使用割合は、トナーの0.01〜5質量%であることが好ましく、0.01〜2.0質量%であることがより好ましい。 The proportion of the inorganic fine particles is preferably from 0.01 to 5 wt% of the toner, and more preferably 0.01 to 2.0 wt%.

この他、高分子系微粒子たとえばソープフリー乳化重合や懸濁重合、分散重合によって得られるポリスチレン、メタクリル酸エステルやアクリル酸エステル共重合体やシリコーン、ベンゾグアナミン、ナイロンなどの重縮合系、熱硬化性樹脂による重合体粒子が挙げられる。 In addition, polymeric microparticles for example soap-free emulsion polymerization or suspension polymerization, polystyrene obtained by dispersion polymerization, ester copolymers, silicone methacrylate and acrylic acid, benzoguanamine, polycondensation system such as nylon, thermosetting resin like polymer particles by the.

このような外添剤は、表面処理剤により、疎水性を上げ、高湿度下においても外添剤自身の劣化を防止することができる。 Such external additive, the surface treatment agent, increase hydrophobicity, it is possible to prevent the deterioration of the external additive itself even under high humidity.

前記表面処理剤としては、例えば、シランカップリング剤、シリル化剤、フッ化アルキル基を有するシランカップリング剤、有機チタネート系カップリング剤、アルミニウム系のカップリング剤、シリコーンオイル、変性シリコーンオイル、などが好適に挙げられる。 As the surface treatment agent, for example, silane coupling agents, silylation agents, silane coupling agents having a fluorinated alkyl group, organic titanate coupling agents, aluminum coupling agents, silicone oil, modified silicone oil, and the like preferably.

前記無機微粒子の一次粒子径としては、5nm〜2μmであることが好ましく、5nm〜500nmであることがより好ましい。 The primary particle diameter of the inorganic fine particles is preferably 5 nm to 2 [mu] m, and more preferably 5 nm to 500 nm. また、BET法による比表面積としては、20〜500m2/gであることが好ましい。 As the specific surface area by BET method is preferably 20~500m2 / g. この無機微粒子の使用割合としては、トナーの0.01〜5重量%であることが好ましく、0.01〜2.0重量%であることがより好ましい。 The proportion of the inorganic fine particles is preferably from 0.01 to 5% by weight of the toner, and more preferably 0.01 to 2.0 wt%.

静電潜像担持体や一次転写媒体に残存する転写後の現像剤を除去するためのクリーニング性向上剤としては、例えば、ステアリン酸亜鉛、ステアリン酸カルシウム、ステアリン酸等の脂肪酸金属塩、ポリメチルメタクリレート微粒子、ポリスチレン微粒子等のソープフリー乳化重合によって製造されたポリマー微粒子、などを挙げることかできる。 The cleanability improver for removing a developer after transfer remaining on the electrostatic latent image bearing member or a primary transfer medium, for example, zinc stearate, calcium stearate, fatty acid metal salts such as stearic acid, polymethyl methacrylate particles can either be mentioned polymer fine particles produced by soap-free emulsion polymerization such as polystyrene particles, and the like. ポリマー微粒子は比較的粒度分布が狭く、体積平均粒径が0.01から1μmのものが好ましい。 The polymer particles comparatively narrow particle size distribution and a volume average particle diameter is preferably of from 0.01 to 1 [mu] m.

本発明におけるトナーを用いた現像方法は、従来の電子写真法に使用する静電潜像担持体が全て使用できるが、例えば、有機静電潜像担持体、非晶質シリカ静電潜像担持体、セレン静電潜像担持体、酸化亜鉛静電潜像担持体、などが好適に使用可能である。 Developing method using the toner of the present invention is an electrostatic latent image bearing member to be used in conventional electrophotography can be used all, for example, organic electrostatic latent image bearing member, an amorphous silica electrostatic latent image bearing body, selenium electrostatic latent image bearing member, zinc oxide latent electrostatic image bearing member, is such that suitably used.

以下、実施例により本発明について詳細に説明するが、本発明は、下記実施例に何ら限定されるものではない。 Hereinafter, although the present invention is explained in detail by examples, the present invention is not intended to be limited to the following examples.

〔実施例1〕 Example 1
−着色剤分散液の調製− - Preparation of Colorant Dispersion -
先ず、着色剤としての、カーボンブラックの分散液を調製した。 First, as a coloring agent, a dispersion of carbon black was prepared.
カーボンブラック(Regal400;Cabot社製)17質量部と、顔料分散剤3質量部を、酢酸エチル80質量部に、攪拌羽を有するミキサーを使用し、一次分散させた。 Carbon black; and (Regal 1400 from Cabot Corp.) 17 parts by mass, the pigment dispersant 3 parts by weight, to 80 parts by mass of ethyl acetate, using a mixer having a stirring blade were primarily dispersed. 該顔料分散剤として、アジスパーPB821(味の素ファインテクノ社製)を使用した。 As a pigment dispersing agent, it was used AJISPER PB821 (manufactured by Ajinomoto Fine-Techno Co., Inc.). 得られた一次分散液を、ダイノーミルを用いて強力なせん断力により細かく分散し、5μm以上の凝集体を完全に除去した二次分散液である着色剤分散液を調製した。 The resulting primary dispersion liquid was finely dispersed with higher shearing strength by a dyno-mill to prepare a colorant dispersion is a secondary dispersion completely remove 5μm or more aggregates.

−ワックス分散液の調整− - adjustment of the wax dispersion -
次にワックス分散液を以下のように調整した。 Next a wax dispersion was prepared as follows.
カルナウバワックス18質量部と、ワックス分散剤2質量部を、酢酸エチル80質量部に攪拌羽を有するミキサーを使用し、一次分散させた。 And carnauba wax 18 parts by weight, the wax dispersant 2 parts, using a mixer having a stirring blade 80 parts by mass of ethyl acetate were primarily dispersed. この一次分散液を攪拌しながら80℃まで昇温しカルナウバワックスを溶解した後、室温まで液温を下げ最大径が3μm以下となるようワックス粒子を析出させた。 After the primary dispersion was dissolved with stirring the temperature was raised carnauba wax to 80 ° C., to precipitate wax particles having a maximum diameter lower the liquid temperature to room temperature is 3μm or less. ワックス分散剤として、ポリエチレンワックスにスチレン−アクリル酸ブチル共重合体をグラフト化したものを使用した。 As a wax dispersing agent, styrene polyethylene wax - was used grafted butyl acrylate copolymer. 得られた分散液を、更にダイノーミルを用いて強力なせん断力により細かく分散し、最大径が2μm以下になるようワックス分散液を調整した。 The resulting dispersion was further finely dispersed with higher shearing strength by a dyno mill, maximum diameter was adjusted wax dispersion so as to be 2μm or less.

−トナー組成物分散液(トナー材料液)の調製− - toner composition dispersion liquid of (toner material liquid) Preparation -
次に、結着樹脂としての樹脂、上記着色剤分散液及び上記ワックス分散液を添加した下記組成からなるトナー組成分散液を調製した。 Next, a resin as a binder resin, the colorant dispersion and the toner composition dispersion liquid having the following composition added with the wax dispersion was prepared.
結着樹脂としてのポリエステル樹脂100質量部と、前記着色剤分散液30質量部と、ワックス分散液30質量部を、酢酸エチル840質量部に、攪拌羽を有するミキサーを使用して10分間攪拌を行い、均一に分散させた。 A polyester resin 100 parts by weight of the binder resin, and the colorant dispersion 30 parts by weight, the wax dispersion 30 parts by mass, 840 parts by mass of ethyl acetate, stirred for 10 minutes using a mixer having a stirring blade performed, they were uniformly dispersed. 溶媒希釈によるショックで顔料やワックス粒子が凝集することはなかった。 Pigment and wax particles in shock due to solvent dilution was not be aggregated. なお、このトナー組成物分散液の電気伝導度は1.8×10 −7 S/mであった。 The electric conductivity of the toner composition dispersion liquid was 1.8 × 10 -7 S / m.

−トナーの作製− - Production of Toner -
得られたトナー組成物分散液(トナー組成液)を、前述したトナーの製造装置の液滴吐出ユニット2に供給した。 The resulting toner composition dispersion (toner composition liquid) was supplied to the droplet discharge units 2 of the toner manufacturing apparatus described above. 上述の方法により500μm厚のSOI基板に、図3(D)に示す2段形状(凸形状)のものとして形成し、開口部213aの直径が8.5μmとし、開口部213aの直径を100μmとし、開口部213aを液が放出される側として用いた。 The SOI substrate 500μm thick by the method described above, formed as a two-step shape shown in FIG. 3 (D) (convex shape), the diameter of the opening 213a is set to 8.5 .mu.m, the diameter of the opening 213a and 100μm , it was used an opening 213a as a side where the liquid is released. 各吐出孔間の距離が100μmとなるように千鳥格子状にノズルを設けた。 The distance between the discharge holes are provided nozzles in a staggered lattice shape such that 100 [mu] m. 液貯留部は均等分割された液貯留領域で構成されているものを用いた。 Liquid reservoir used had configured in equally divided liquid reservoir region. 本実施例で用いた加振周波数及び液貯留部の構成を以下に示す。 The structure of the vibration frequency and a liquid reservoir used in this example are shown below. 尚、振動手段に与えた電圧波形は全てサイン波であった。 Incidentally, it was all the voltage waveform applied to the vibration means sine wave. また、図2に示した液滴吐出ユニットは、1つのみ設けたものを用い、評価を行なった。 Further, the droplet discharge unit shown in FIG. 2, using the one provided only one, was evaluated.
<液貯留部構成及び駆動周波数> <Configuration of storage part and drive frequency>
加振周波数:32.7kHz Vibration frequency: 32.7kHz
液貯留部分割数(液貯留領域の個数(液室の個数)):6 Liquid reservoir division number (the number of the liquid reservoir region (the number of liquid chambers)): 6
液貯留部長手方向寸法A:8mm Liquid reservoir the longitudinal direction of the dimension A: 8mm
液貯留部短手方向寸法B:8mm Liquid reservoir shorter dimension B: 8 mm
1の液貯留領域当りのノズル数:480 The number of nozzles per liquid reservoir region: 480
気流路より供給される気流の流量:ノズル近傍における平均線速度 Average linear velocity in the vicinity of the nozzles: the air flow supplied from the air passage flow rate
20m/s 20m / s

トナー組成物分散液調製後、装置内乾燥窒素ガスを30.0L/分とした条件で液滴を吐出させた後、該液滴を乾燥固化することにより、トナー母体粒子を作製した。 After the toner composition dispersion liquid preparation, after ejecting droplets condition the device in a dry nitrogen gas was 30.0 L / min, and dried and solidified the droplets, to thereby produce toner base particles.
乾燥固化したトナー母体粒子は、サイクロン捕集した後、疎水性シリカ(H2000、クラリアントジャパン社製)1.0質量%をヘンシェルミキサー(三井鉱山社製)を用いて外添処理を行い、ブラックトナーを得た。 Dried and solidified toner base particles after the cyclone collected, subjected to an external addition treatment using a hydrophobic silica (H2000, manufactured by Clariant Japan Co.) (manufactured by Mitsui Mining Co., Ltd.) 1.0 mass% Henschel mixer, a black toner It was obtained.
トナー粒子を捕集し、このトナー粒子の粒度分布をフロー式粒子像解析装置(FPIA−2000)で下記に示す測定条件において測定した。 Collecting the toner particles were measured according to measurement conditions shown below in flow-type particle image analyzer The particle size distribution of the toner particles (FPIA-2000). その結果、重量平均粒径(D4)は5.3μm、個数平均粒径(Dn)が5.1μmであった。 As a result, the weight average particle diameter (D4) 5.3 .mu.m, the number average particle diameter (Dn) of 5.1 .mu.m. また、1時間の運転で得られたトナー粒子の量は9.8gであった。 Further, it was 9.8g amount of the toner particles obtained in the operation of 1 hour.

−トナーの評価− - of the toner evaluation -
得られたトナーについて、以下の評価を行った。 The obtained toner was evaluated as follows. 結果を表1に示す。 The results are shown in Table 1.
<粒度分布> <Particle size distribution>
フロー式粒子像分析装置(Flow Particle Image Analyzer)を使用した測定方法に関して以下に説明する。 It described below with respect to measuring method using a flow-type particle image analyzer (Flow Particle Image Analyzer).
トナー、トナー粒子及び外添剤のフロー式粒子像分析装置による測定は、例えば、東亜医用電子社製のフロー式粒子像分析装置FPIA−2000を用いて測定することができる。 Toner, measured by a flow type particle image analyzer of a toner particle and an external additive, for example, can be measured with a flow type particle image analyzer FPIA-2000 of Toa Medical Electronics Co., Ltd..
測定は、フィルターを通して微細なごみを取り除き、その結果として10 −3 cm の水中に測定範囲(例えば、円相当径0.60μm以上159.21μm未満)の粒子数が20個以下の水10ml中にノニオン系界面活性剤(和光純薬社製、コンタミノンN)を数滴加え、更に、測定試料を5mg加え、超音波分散器(STM社製、UH−50)で20kHz、50W/10cm の条件で1分間分散処理を行い、さらに、合計5分間の分散処理を行い測定試料の粒子濃度が4000〜8000個/10 −3 cm (測定円相当径範囲の粒子を対象として)の試料分散液を用いて、0.60μm以上159.21μm未満の円相当径を有する粒子の粒度分布を測定する。 Measurements removes the fine dust through a filter, as a result 10 -3 cm 3 measuring range in water (e.g., a circle less than a corresponding diameter 0.60μm or 159.21Myuemu) number of particles is in the 20 or less water 10ml nonionic surfactant (manufactured by Wako Pure Chemical Industries, Ltd., Contaminon N) few drops added, further, a measurement sample was added 5 mg, ultrasonic disperser (STM Co., UH-50) at 20 kHz, the 50 W / 10 cm 3 for 1 minute dispersion treatment under conditions, further, the total sample dispersion particle concentration of the measurement sample was dispersed for 5 minutes from 4000 to 8000 pieces / 10 -3 cm 3 (as the target particles measuring circle equivalent diameter range) by a liquid, measuring the particle size distribution of particles having a circle equivalent diameter of less than 0.60μm 159.21μm.
試料分散液は、フラットで偏平な透明フローセル(厚み約200μm)の流路(流れ方向に沿って広がっている)を通過させる。 Sample dispersion is passed through a flow path of a flat transparent flow cell (thickness about 200 [mu] m) (extends along the flow direction). フローセルの厚みに対して交差して通過する光路を形成するために、ストロボとCCDカメラがフローセルを挟むように、このフローセルに対して、相互に反対側に位置するように装着される。 To form an optical path passing across the thickness of the flow cell, as a strobe and a CCD camera sandwiching the flow cell, with respect to the flow cell, is mounted so as to be positioned opposite to each other. 試料分散液が流れている間に、ストロボ光が1/30秒間隔で照射され、その結果、フローセルを流れているそれぞれの粒子は、フローセルに平行な一定範囲(の面積)を有する2次元画像として撮影される。 While the sample dispersion is flowing, the strobe is flashed at intervals of 1/30 second, as a result, each particle flowing through the flow cell, two-dimensional image having a certain area parallel to the flow cell (area) It is taken as. それぞれの粒子の2次元画像の面積から、同一の面積を有する円の直径を円相当径として算出する。 From the area of ​​the two-dimensional image of each particle, calculating the diameter of a circle having the same area as the circle equivalent diameter.
上記した方法により、約1分間で、1200個以上の粒子の円相当径を測定することができ、円相当径分布に基づく数及び規定された円相当径を有する粒子の割合(個数%)を測定できる。 The method described above, with about 1 minute, it is possible to measure the equivalent circle diameter of 1200 or more particles, the proportion of particles having a number and defined circle equivalent diameter based on the equivalent circle diameter distribution of (% by number) It can be measured. 結果(頻度%及び累積%)は、表1に示す通り、0.06−400μmの範囲を226チャンネル(1オクターブに対し30チャンネルに分割)に分割して得ることができる。 Results (frequency% and cumulative%) can be obtained by dividing as shown in Table 1, the range of 0.06-400Myuemu 226 channels (divided for one octave 30 channels). 実際の測定では、円相当径が0.60μm以上159.21μm未満の範囲で粒子の測定を行う。 In actual measurement, a circle equivalent diameter of the measurement of particles in a range of less than or 0.60μm 159.21μm.

<細線再現性> <Fine line reproducibility>
現像剤を、市販の複写機(イマジオネオ271;リコー社製)の現像器部分を改良した改造機に入れ、画像占有率7%の印字率でリコー社製6000ペーパーを用いてランニングを実施した。 The developer, commercially available copying machine; placed in (Imajioneo 271 manufactured by Ricoh Co., Ltd.) in the developing device portion was improved was modified machine was carried out running with Ricoh Co. 6000 paper with an image occupancy ratio of 7% printing rate. そのときの初期10枚目の画像と3万枚目の画像の細線部を原稿と比較し、光学顕微鏡を用い100倍で拡大観察し、ラインの抜けの状態を段階見本と比較しながら4段階(◎、○、△および×)で評価した。 Comparing the fine line portion of the early 10 th image and 30,000 th image at that time the document was observed under magnification 100 times using an optical microscope, four steps while the state of omission of the line compared to the phase samples It was evaluated by the (◎, ○, △ and ×).
◎>○>△>×の順に画像品質が高い。 ◎> ○> △> image quality is high in the order of ×. 特に「×」の評価は製品として採用できないレベルである。 In particular, the evaluation of "×" is a level which can not be employed as a product.
負帯電極性のトナーの場合には有機静電潜像担持体を使用し、正帯電極性のトナーの場合には非晶質シリコーン静電潜像担持体を使用した。 In the case of negatively charged toner polarity using organic electrostatic latent image bearing member, in the case of positive charging polarity of the toner was used amorphous silicone electrostatic latent image bearing member.

現像方法において、現像剤としてトナーとキャリアからなる2成分現像剤を用いた。 In the developing method, using a two-component developer comprising a toner and a carrier as a developer. すなわち、この現像剤の搬送手段であるキャリアとして、従来の電子写真で使用される樹脂コートキャリアを使用した。 That is, the carrier is a conveying means for the developer and a resin-coated carrier used in conventional electrophotography. キャリアとしては以下のものを用いた。 The carrier used was the following.
〔キャリア〕 [Carrier]
芯材:平均粒径50μmの球形フェライト粒子 コート材構成材料:シリコーン樹脂 シリコーン樹脂をトルエンに分散した分散液を調整後、加温状態にて上記芯材にこの分散液をスプレーコートし、焼成、冷却後、平均コート樹脂膜の厚みが0.2μmのキャリア粒子を作成した。 Core material: average particle size 50μm spherical ferrite particles coating material constituent materials: After adjusting the dispersion of the silicone resin silicone resin was dispersed in toluene, was spray-coated with this dispersion in the core material in a heated state, baked, after cooling, the thickness of the average coating resin film creates a carrier particle of 0.2 [mu] m.

〔実施例2〕 Example 2
実施例1において、ノズルを100μmピッチで格子状に配置し、1の液貯留領域あたりのノズルの数を6,400とした以外はすべて実施例1と同じ条件で目的トナーを得た。 In Example 1, to place the nozzle in a grid at 100μm pitch, to give the desired toner the number of per liquid reservoir region nozzle under the same conditions as in Example 1 except for using 6,400.

実施例1と同様にしてトナー粒子の粒度分布を測定したところ、重量平均粒径(D4)は5.4μm、個数平均粒径(Dn)が5.2μmであった。 Measurement of the particle size distribution of the toner particles in the same manner as in Example 1, a weight average particle diameter (D4) 5.4 [mu] m, number average particle diameter (Dn) of 5.2 .mu.m. また、1時間当たりに生産されたトナーの量は320gであった。 Further, the amount of toner produced in 1 hour was 320 g.

〔実施例3〕 Example 3
実施例1において、ノズルを100μmピッチで千鳥状配置し、1の液貯留領域あたりのノズルの数を7,390とした以外はすべて実施例1と同じ条件で目的トナーを得た。 In Example 1, staggered arranged nozzle at 100μm pitch, to give the desired toner the number of nozzles per liquid reservoir region under the same conditions as in Example 1 except for using 7,390.
<液貯留部構成及び駆動周波数> <Configuration of storage part and drive frequency>
加振周波数:32.7kHz Vibration frequency: 32.7kHz
液貯留部分割数(液貯留領域の個数(液室の個数?)):6 Liquid reservoir division number (the number of the liquid reservoir region (the number of liquid chambers)?): 6
液貯留部長手方向寸法A:8mm Liquid reservoir the longitudinal direction of the dimension A: 8mm
液貯留部短手方向寸法B:8mm Liquid reservoir shorter dimension B: 8 mm
1の液貯留領域当りのノズル数:7,390 The number of nozzles per liquid reservoir region: 7,390
気流路より供給される気流の流量:ノズル近傍における平均線速度 Average linear velocity in the vicinity of the nozzles: the air flow supplied from the air passage flow rate
20m/s 20m / s

実施例1と同様にしてトナー粒子の粒度分布を測定したところ、重量平均粒径(D4)は5.4μm、個数平均粒径(Dn)が5.2μmであった。 Measurement of the particle size distribution of the toner particles in the same manner as in Example 1, a weight average particle diameter (D4) 5.4 [mu] m, number average particle diameter (Dn) of 5.2 .mu.m. また、1時間当たりに生産されたトナーの量は382gであった。 Further, the amount of toner produced in 1 hour was 382 g.

〔実施例4〕 Example 4
実施例3において、加振周波数を40.2kHzとした以外はすべて実施例3と同じ条件で目的トナーを得た。 In Example 3, to obtain the desired toner under the same conditions as in Example 3 except that the vibration frequency as 40.2KHz.

実施例1と同様にしてトナー粒子の粒度分布を測定したところ、重量平均粒径(D4)は5.2μm、個数平均粒径(Dn)が5.0μmであった。 Measurement of the particle size distribution of the toner particles in the same manner as in Example 1, a weight average particle diameter (D4) 5.2 .mu.m, number average particle diameter (Dn) of 5.0 .mu.m. また、1時間当たりに生産されたトナーの量は465gであった。 Further, the amount of toner produced in 1 hour was 465 g.

〔実施例5〕 [Example 5]
実施例3において、加振周波数を57.3kHzとした以外はすべて実施例3と同じ条件で目的トナーを得た。 In Example 3, to obtain the desired toner under the same conditions as in Example 3 except that the vibration frequency as 57.3KHz.

実施例1と同様にしてトナー粒子の粒度分布を測定したところ、重量平均粒径(D4)は5.2μm、個数平均粒径(Dn)が5.0μmであった。 Measurement of the particle size distribution of the toner particles in the same manner as in Example 1, a weight average particle diameter (D4) 5.2 .mu.m, number average particle diameter (Dn) of 5.0 .mu.m. また、1時間当たりに生産されたトナーの量は668gであった。 Further, the amount of toner produced in 1 hour was 668 g.

〔比較例1〕 Comparative Example 1
実施例3において、ノズルプレートを、ノズル出口径がΦ10μmとなるように電鋳法により形成した50μm厚さのニッケルとし、加振周波数を60kHzとした以外はすべて実施例3と同じ条件で目的トナーを得た。 In Example 3, the purpose toner nozzle plate, the nozzle outlet diameter is between 50μm thickness of nickel was formed by electroforming so as to Fai10myuemu, the vibration frequency at the same conditions as in Example 3 except for using 60kHz It was obtained.

実施例1と同様に、トナー粒子の粒度分布を測定したところ、重量平均粒径(D4)は5.6μm、個数平均粒径(Dn)が5.0μmであった。 As in Example 1, was measured particle size distribution of the toner particles, the weight average particle diameter (D4) 5.6 [mu] m, number average particle diameter (Dn) of 5.0 .mu.m. また、1時間当たりに生産されたトナーの量は227gであった。 Further, the amount of toner produced in 1 hour was 227 g.

表1に示すように、本発明により効率よくトナー化することが可能となり、またそのトナー特性も極めて良好なことが判った。 As shown in Table 1, it is possible to efficiently toner by the invention, also the toner characteristics were found to be very good.
比較例1においては、実施例3と同じノズル数を、極めて薄いニッケル製のノズルに形成したが、ニッケル製の薄膜が振動モードを持ち、まばらな液吐出となってしまっただけでなく、液滴のサイズもばらつきを持った。 In Comparative Example 1, the same number of nozzles as in Example 3, not only was formed on the extremely thin nickel nozzle, nickel thin film having a vibration mode, became a sparse liquid discharge, the liquid the size of the droplets also have a variation. その結果、粒度分布が悪化したものと考えられる。 As a result, it is believed that the particle size distribution has worsened.

本発明で作製したトナーを用いて現像を行い得られた画像は、静電潜像に忠実な極めて画像品質に優れたものであった。 Image obtained then developed with a toner produced with the present invention, was excellent in fidelity very image quality to the electrostatic latent image.
本発明のトナーの製造方法は、トナーを効率よく生産することができ、更に製造されたトナーは、これまでにない粒度の単一分散性を有した粒子であることにより、流動性や帯電特性などのトナーに求められる多くの特性値において、これまでの製造方法にみられた粒子による変動の幅が全くないか、非常に少ない、電子写真、静電記録、静電印刷等における静電荷像を現像するための現像剤に使用可能である。 Method for producing a toner of the present invention, the toner can be efficiently produced, by further toner produced is a particle having a free size single dispersibility so far, fluidity and charging characteristics in many characteristic values ​​required for the toner such as one previous variation due observed particles to the production process width is no, very little, electrophotography, electrostatic recording, electrostatic image in electrostatic printing and the like the usable in the developer for developing.

1 トナー製造装置 2 液滴吐出ユニット 3 粒子形成部(乾燥塔) 1 toner production apparatus 2 droplet discharge unit 3 particle formation unit (drying tower)
4 トナー捕集部 5 トナー貯留配管チューブ 6 トナー貯留部 7 トナー材料液貯留タンク 8 配管 8−1 配管(入力側配管) 4 toner trapping part 5 toner reservoir pipe tube 6 toner storage 7 toner material liquid storage tank 8 pipe 8-1 pipe (input side pipe)
8−2 配管(排出側配管) 8-2 piping (discharge side piping)
9 トナー材料液供給手段(ポンプ) 9 toner liquid material supply means (pump)
10 トナー材料液 11 ノズル 12 ノズルプレート 13 振動手段 13a 振動面 13b 結合面 14 液貯留部 15 流路部 17 節 18 配管 18−1 入力側配管 18−2 排出側配管 19 貯留部 21 振動発生手段(超音波振動子) 10 Toner material solution 11 nozzle 12 nozzle plate 13 vibrating means 13a vibration surface 13b coupling surface 14 liquid storing portion 15 channel portion 17 Section 18 pipe 18-1 input pipe 18-2 discharge side pipe 19 reservoir 21 vibration generating means ( ultrasonic vibrator)
22 超音波ホーン 23 超音波用電源部 31 液滴 35 乾燥気体 36 固定部材 37 気流路 111 貯留部材 111b 貯留隔壁部 113 振動分離部材 114 固定部材 210 SOI基板 211 支持層 211a 液室(ノズル液室) 22 ultrasonic horn 23 ultrasonic power supply unit 31 droplets 35 dry gas 36 fixing member 37 airflow duct 111 storage member 111b reservoir partition wall 113 the vibration isolation member 114 fixing member 210 SOI substrate 211 supporting layer 211a liquid chamber (nozzle liquid chamber)
212 誘電体層 213 活性層 213a 開口部(ノズル) 212 dielectric layer 213 active layer 213a opening (nozzle)
214、215、216 流路 300 撥液剤 400 シリコン酸化膜 T トナー母体粒子 214, 215, 216 flow path 300 liquid repellent 400 silicon oxide film T toner base particles

特開平7−152202号公報 JP-7-152202 discloses 特開昭54−80752号公報 JP-A-54-80752 JP 特許第3786034号公報 Patent No. 3786034 Publication 特許第3786035号公報 Patent No. 3786035 Publication 特開2007−199463号公報 JP 2007-199463 JP

Claims (10)

  1. 樹脂及び着色剤を含むトナー組成物の分散液ないし溶解液であるトナー材料液を貯留する液貯留部に設けられノズルが形成されたトナー製造用ノズルプレートであって、 A dispersion or solution toner material liquid toner manufacturing a nozzle plate in which the nozzles provided in the liquid storage portion for storing is formed to a toner composition comprising a resin and a colorant,
    前記ノズルプレートは、前記ノズルが設けられた前記液貯留部に前記トナー材料液の送液または前記トナー材料液中のガス抜きをするための流路がシリコンまたはシリコンとその酸化物の層を有する複合体を用いて前記ノズルと一体に形成されたことを特徴とするトナー製造用ノズルプレート。 The nozzle plate, a flow path for the feeding or venting of the toner material liquid in the toner material liquid in the liquid storage portion in which the nozzle is provided with a layer of silicon or silicon and its oxide toner manufacturing a nozzle plate, characterized in that it is formed integrally with the nozzle with a complex.
  2. 請求項1に記載のトナー製造用ノズルプレートにおいて、前記複合体はSOI(Silicon on insulator)ウエハーであり、前記シリコンまたは前記SOIウエハーの第1の面に前記ノズルが形成され、第2の面に前記流路が形成されることを特徴とするトナー製造用ノズルプレート。 In producing a toner for the nozzle plate according to claim 1, wherein the complex is SOI (Silicon on insulator) wafer, the nozzles are formed on a first surface of the silicon or the SOI wafer, the second surface toner manufacturing a nozzle plate, wherein the flow path is formed.
  3. 請求項2に記載のトナー製造用ノズルプレートにおいて、前記第1の面にシリコン酸化膜が形成され、さらにそのシリコン酸化膜上にフッ素系材料膜が形成されていることを特徴とするトナー製造用ノズルプレート。 In producing a toner for the nozzle plate of claim 2, wherein the silicon oxide film is formed on the first surface, for further producing a toner, wherein the fluorine-based material film is formed on the silicon oxide film nozzle plate.
  4. 請求項2又は3に記載のトナー製造用ノズルプレートにおいて、前記第2の面にシリコン酸化膜が形成されていることを特徴とするトナー製造用ノズルプレート。 In producing a toner for the nozzle plate according to claim 2 or 3, wherein the second toner manufacturing a nozzle plate, wherein a silicon oxide film is formed on the surface.
  5. 請求項1ないし4のいずれかに記載のトナー製造用ノズルプレートにおいて、前記トナー材料液を貯留する液溜からノズルへ、径が縮径していることを特徴とするトナー製造用ノズルプレート。 In claims 1 to toner preparation for the nozzle plate according to any of 4, from said liquid reservoir to a nozzle for storing the toner material liquid, toner manufacturing nozzle plate, wherein the diameter is reduced in diameter.
  6. 請求項1ないし5のいずれかに記載のトナー製造用ノズルプレートにおいて、前記液貯留部はノズルを有する液室部に隣接して流路が配設されることを特徴とするトナー製造用ノズルプレート。 In claims 1 to toner preparation for the nozzle plate according to any of 5, the liquid reservoir is a toner manufacturing nozzle plate, wherein the flow channel is disposed adjacent to the liquid chamber portion having a nozzle .
  7. 請求項1ないし6のいずれかに記載のトナーの製造用ノズルプレートにおいて、前記ノズルが設けられる液室部が前記流路の液供給用流路と連結され、前記液室と前記液供給用流路が交互に配設されることを特徴とするトナー製造用ノズルプレート。 In claims 1 to manufacture a nozzle plate of the toner according to any one of 6, the nozzle liquid chamber provided is connected to the flow path of the liquid supply flow path, the liquid supply flow and the liquid chamber toner manufacturing a nozzle plate, wherein the road are alternately arranged.
  8. 請求項1ないし7のいずれかに記載のトナー製造用ノズルプレートを用い、前記ノズルプレートに設けられたノズルのサイズが4〜15μmであり、前記ノズルプレートに振動発生手段により20kHz以上2.0MHz未満の振動周波数を印加して前記ノズルプレートの各前記ノズルから少なくとも樹脂及び着色剤を含有するトナー材料を分散ないし溶解させた前記トナー材料液を液滴化し、前記液滴化したトナー材料液を乾燥させてトナー粒子を形成することによりトナーを製造することを特徴とするトナーの製造方法。 With claims 1 to toner preparation for the nozzle plate according to 7 or of the size of the nozzle provided in the nozzle plate is a range of 4-15 .mu.m, 2.0 MHz lower than 20kHz or more by the vibration generating means to the nozzle plate at least a resin and the toner material liquid toner material is dispersed or dissolved, containing a colorant into droplets, drying the toner material liquid was the liquid droplets by applying vibration frequency from each of said nozzles of said nozzle plate method for producing a toner, wherein the toner is produced by forming a is allowed to toner particles.
  9. 請求項8のトナーの製造方法において、前記トナー材料液を貯留する液貯留部ごとに設けられるノズルの数は、100ないし40,000個であることを特徴とするトナーの製造方法。 The method of manufacturing a toner according to claim 8, the number of nozzles provided for each liquid reservoir for storing the toner material solution, method for producing a toner, characterized in that 100 to 40,000 units.
  10. 請求項1ないし7のいずれかに記載のトナー製造用ノズルプレートと、前記ノズルプレートに振動を印加させて液滴を形成する振動印加手段と、前記液滴を放出させた空間で液滴を乾燥させて固化する固化部とを有することを特徴とするトナー製造装置。 Drying and claims 1 to 7 Toner Production nozzle plate according to any one of the vibration applying means for forming a liquid droplet by applying a vibration to the nozzle plate, the droplets to release space the droplets toner production apparatus characterized by having a coated portion which solidified by.
JP2009050697A 2009-03-04 2009-03-04 Toner manufacturing a nozzle plate, the toner production method and a toner production apparatus Expired - Fee Related JP5343633B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009050697A JP5343633B2 (en) 2009-03-04 2009-03-04 Toner manufacturing a nozzle plate, the toner production method and a toner production apparatus

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009050697A JP5343633B2 (en) 2009-03-04 2009-03-04 Toner manufacturing a nozzle plate, the toner production method and a toner production apparatus

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010204449A true JP2010204449A (en) 2010-09-16
JP5343633B2 true JP5343633B2 (en) 2013-11-13

Family

ID=42965989

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009050697A Expired - Fee Related JP5343633B2 (en) 2009-03-04 2009-03-04 Toner manufacturing a nozzle plate, the toner production method and a toner production apparatus

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5343633B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5962910A (en) 1995-10-04 1999-10-05 Actel Corporation Metal-to-metal via-type antifuse

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5754225B2 (en) 2011-04-19 2015-07-29 株式会社リコー Toner manufacturing method and the toner manufacturing apparatus
KR101672784B1 (en) * 2016-04-15 2016-11-04 이종주 Nozzle unit and coating apparatus using thereof

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH1044406A (en) * 1996-08-01 1998-02-17 Ricoh Co Ltd Ink jet head and its production
JP2005195957A (en) * 2004-01-08 2005-07-21 Seiko Epson Corp Method for manufacturing toner and toner
JP5090786B2 (en) * 2007-04-05 2012-12-05 株式会社リコー Method for producing a toner, the toner manufacturing apparatus
JP5229606B2 (en) * 2007-05-16 2013-07-03 株式会社リコー Toner manufacturing method and the toner manufacturing apparatus
JP5014015B2 (en) * 2007-08-07 2012-08-29 株式会社リコー Electrophotographic toner and a method of manufacturing the same

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5962910A (en) 1995-10-04 1999-10-05 Actel Corporation Metal-to-metal via-type antifuse

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2010204449A (en) 2010-09-16 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6467871B1 (en) Ballistic aerosol marking process employing marking material comprising vinyl resin and poly (3,4-ethylenedioxypyrrole)
US6521297B2 (en) Marking material and ballistic aerosol marking process for the use thereof
US20080292985A1 (en) Electrophotographic toner and method for producing the electrophotographic toner
US20090117486A1 (en) Method of preparing toner and the toner, and developer and image forming method using the toner
US20060210909A1 (en) Method for producing a toner, and toner
US20090239170A1 (en) Method for producing toner, and toner
US20100021209A1 (en) Toner, developer, and image forming apparatus
US20080248416A1 (en) Toner preparation method and apparatus, and toner prepared thereby
US20080227011A1 (en) Toner, developer, and image forming apparatus
US20100003613A1 (en) Toner, method of producing toner, and image forming method
US20090170018A1 (en) Toner for developing latent electrostatic image, method for producing the same and apparatus for producing the same, and developer, toner container, process cartridge, image forming method and image forming apparatus
US20080286679A1 (en) Toner preparation method and apparatus, and toner prepared thereby
US20060240354A1 (en) Toner, method of preparing the toner and apparatus for preparing the toner
US20080063971A1 (en) Method for manufacturing toner and toner
US20090325100A1 (en) Toner, and method for producing the same
US20080286680A1 (en) Method and apparatus for manufacturing toner and toner manufactured by the apparatus and method
US20110305987A1 (en) Method for manufacturing toner and toner
US20120070777A1 (en) Method and apparatus for producing toner
US20120264049A1 (en) Method of manufacturing toner
US20100227267A1 (en) Method for producing toner and toner
JP2006297325A (en) Particle production apparatus, production method of particle group, and particle group and receiving body
JP2007108731A (en) Toner for developing electrostatic charge image, method and apparatus for manufacturing same, developer, container with toner, process cartridge, image forming method, and image forming apparatus
JP2004086224A (en) Monoazo iron complex compound, charge controlling agent using same, and toner
JP2007199463A (en) Method for manufacturing particle, particularly toner particle, apparatus for manufacturing toner particle, and toner
US20080241727A1 (en) Method and apparatus for manufacturing toner, and electrophotographic toner manufactured by the method

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120228

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20120229

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120706

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130709

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130716

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130729

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees