JP5183449B2 - Pattern forming method using the resist composition for negative development - Google Patents

Pattern forming method using the resist composition for negative development Download PDF

Info

Publication number
JP5183449B2
JP5183449B2 JP2008318989A JP2008318989A JP5183449B2 JP 5183449 B2 JP5183449 B2 JP 5183449B2 JP 2008318989 A JP2008318989 A JP 2008318989A JP 2008318989 A JP2008318989 A JP 2008318989A JP 5183449 B2 JP5183449 B2 JP 5183449B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
group
preferably
exposure
developer
resin
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2008318989A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2010139996A5 (en
JP2010139996A (en
Inventor
聡 上村
晋司 樽谷
Original Assignee
富士フイルム株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 富士フイルム株式会社 filed Critical 富士フイルム株式会社
Priority to JP2008318989A priority Critical patent/JP5183449B2/en
Publication of JP2010139996A publication Critical patent/JP2010139996A/en
Publication of JP2010139996A5 publication Critical patent/JP2010139996A5/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5183449B2 publication Critical patent/JP5183449B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、IC等の半導体製造工程、液晶、サーマルヘッド等の回路基板の製造、さらにはその他のフォトファブリケーションのリソグラフィー工程に使用される、ネガ型現像用レジスト組成物及びこれを用いたパターン形成方法に関するものである。 Pattern The present invention relates to a semiconductor manufacturing process such as IC, a liquid crystal, in the production of a circuit board such as a thermal head, which further are used for other photo-fabrication lithography process, in which a negative development resist composition and using the same the present invention relates to method of forming. 特に、波長が300nm以下の遠紫外線光を光源とするArF露光装置及び液浸式投影露光装置で露光するために好適な、ネガ型現像用レジスト組成物及びこれを用いたパターン形成方法に関するものである。 In particular, the present invention relates patterning process using suitable, for negative development resist composition and this to wavelength exposure with ArF exposure apparatus and an immersion-type projection exposure apparatus as a light source the following far ultraviolet light 300nm is there.

KrFエキシマレーザー(248nm)用レジスト以降、光吸収による感度低下を補うためにレジストの画像形成方法として化学増幅という画像形成方法が用いられている。 KrF excimer laser (248 nm) resist for subsequent image forming method called chemical amplification is used as a resist image forming method to compensate for sensitivity reduction caused by light absorption. ポジ型の化学増幅の画像形成方法を例に挙げ説明すると、露光で露光部の酸発生剤が分解し酸を生成させ、露光後のベーク(PEB:Post Exposure Bake)でその発生酸を反応触媒として利用してアルカリ不溶の基をアルカリ可溶基に変化させ、アルカリ現像により露光部を除去する画像形成方法である。 When the image forming method of positive chemical amplification is an example, exposure to generate an acid generator is decomposed acid in the exposed area, the bake after exposure (PEB: Post Exposure Bake) the acid generated by the reaction catalyst alkali-insoluble group into an alkali-soluble group by using as an image forming and removing the exposed area by alkali development.

半導体素子の微細化に伴い露光光源の短波長化と投影レンズの高開口数(高NA)化が進み、現在では193nm波長を有するArFエキシマレーザーを光源とする露光機が開発されている。 A shorter wavelength of the exposure light source with miniaturization of semiconductor elements and high numerical aperture of the projection lens (high NA) has progressed, the exposure apparatus as a light source an ArF excimer laser having a 193nm wavelength is currently being developed. これらは一般によく知れている様に次式で表すことができる。 These can be as commonly well known, expressed by the following equation.
(解像力)=k 1・(λ/NA) (Resolving power) = k 1 · (λ / NA)
(焦点深度)=±k 2・λ/NA 2 (Depth of focus) = ± k 2 · λ / NA 2
ここでλは露光光源の波長、NAは投影レンズの開口数、k 1及びk 2はプロセスに関係する係数である。 Here λ is the wavelength of the exposure light source, NA is the numerical aperture of the projection lens, k 1 and k 2 are coefficients related to the process.

解像力を高める技術として、従来から投影レンズと試料の間に高屈折率の液体(以下、「液浸液」ともいう)で満たす、所謂、液浸法が提唱されている。 As a technique for enhancing the resolving power, high refractive-index liquid between a conventional projection lens and a sample (hereinafter also referred to as "immersion liquid") so-called immersion method of filling a has been proposed.
この「液浸の効果」はλ 0を露光光の空気中での波長とし、nを空気に対する液浸液の屈折率、θを光線の収束半角としNA 0 =sinθとすると、液浸した場合、前述の解像力及び焦点深度は次式で表すことができる。 The "effect of immersion", assuming that the wavelength of exposure light in air lambda 0, the refractive index of the immersion liquid to air is n, the convergence half-angle of beam and θ When NA 0 = sin [theta, when immersion , the foregoing resolution and depth of focus can be expressed by the following equation.
(解像力)=k 1・(λ 0 /n)/NA 0 (Resolving power) = k 1 · (λ 0 / n) / NA 0
(焦点深度)=±k 2・(λ 0 /n)/NA 0 2 (Depth of focus) = ± k 2 · (λ 0 / n) / NA 0 2
すなわち、液浸の効果は波長が1/nの露光波長を使用するのと等価である。 That is, the effect of immersion is equivalent to wavelength using the exposure wavelength of 1 / n. 言い換えれば、同じNAの投影光学系の場合、液浸により、焦点深度をn倍にすることができる。 In other words, when the projection optical system of the same NA, liquid immersion, depth of focus can be n times. これは、あらゆるパターン形状に対して有効であり、更に、現在検討されている位相シフト法、変形照明法などの超解像技術と組み合わせることが可能である。 This is effective for all pattern profiles and can be combined current phase shift method being considered, with super resolution techniques such as modified illumination method.

更に解像力を高める技術として、2重露光技術(DoubleExposureTechnogy)や2重パターニング技術(DoublePatterningTechnogy)が提唱されている。 Furthermore, as a technique for increasing the resolution, double exposure technique (DoubleExposureTechnogy) and double patterning technology (DoublePatterningTechnogy) it has been proposed. これは、前述の解像力の式において、k 1を小さくすることであり、解像力を高める技術として位置付けられている。 This, in the preceding formulas of the resolving power is to reduce k 1, is positioned as a technique for enhancing the resolving power.

従来、半導体素子等の電子デバイスのパターン形成は、形成したいパターンサイズを4−5倍に拡大したマスク又はレチクルのパターンを、縮小投影露光装置を用いて、ウェハ等の被露光物体に縮小転写していた。 Conventionally, patterning of electronic devices such as semiconductor devices, an enlarged pattern of the mask or reticle formed pattern to the size 4-5 times, using a reduction projection exposure apparatus, and reduced and transferred to an exposure target such as wafer which was.
ところが、寸法の微細化に伴い、従来の露光方式では、近接するパターンに照射された光が相互に干渉し光学コントラストが減じてしまう、という問題点が生じるので、これらの技術では、露光マスクのデザインを2つ以上に分割し、それぞれのマスクを独立に露光し、イメージを合成する、という工夫を行っている。 However, with the miniaturization of the dimensions, in the conventional exposure system, the light emitted to the pattern neighboring resulting in reduced optical contrast interfere with each other, since the problem of point occurs, in these techniques, the exposure mask dividing the design into two or more, and exposing each of the mask independently synthesized image is performed devised called. これらの2重露光方式では、露光マスクのデザインを分割し、そのデザインを被露光物体(ウエハー)上、再度イメージの合成をする必要があり、レチクル上のパターンが、被露光物体上に忠実に再現するようにマスクのデザインの分割を工夫する必要がある。 In these double exposure systems, to divide the design of the exposure mask, on an exposure target (wafer) and the design, it is necessary to the synthesis of side image, the pattern on the reticle is faithfully on an exposure target it is necessary to devise a division of the design of the mask so as to reproduce.
これらの2重露光方式の効果を半導体素子の微細画像パターンの転写に検討した例が、特許文献1等にて紹介されている。 Example discussed the transfer of a fine image pattern of a semiconductor device the effect of these double exposure systems have been introduced in Patent Document 1 or the like.

しかしながら、従来のレジスト組成物を、単純に従来のレジストプロセスに適用しパターン形成を行うのでは、これらの2重露光方式においてはレジストの解像限界付近でパターン形成を行う必要があるため、十分な露光マージンや焦点深度が得られない、という点が問題になる。 However, since the conventional resist composition, simply than performing applying patterning to the conventional resist process, in these double exposure method it is necessary to form a pattern in the vicinity of the resolution limit of the resist, sufficient not obtained do exposure margin or depth of focus, that is problematic.

現在、g線、i線、KrF、ArF、EB、EUVリソグラフィー用の現像液としては、種々のものが提案されているが、2.38質量%TMAH(テトラメチルアンモニウムヒドロキシド)の水系アルカリ現像液が汎用的に用いられている。 Currently, g-line, i-line, KrF, ArF, EB, as the developing solution for EUV lithography, although various types have been proposed, an aqueous alkali developer of 2.38 mass% TMAH (tetramethylammonium hydroxide) is It is used for general purposes.
しかしながら、性能が総合的に良好なパターンを形成することが望ましいのはもちろんであるが、そのために必要な、レジスト組成物、現像液、リンス液等の適切な組み合わせを見い出すことが極めて困難であるのが実情であり、改良が求められていた。 However, it is of course desirable in the performance to form the overall good pattern, necessary for the resist composition, the developer, it is very difficult to find an appropriate combination of the rinsing liquid, such as the is the actual situation, improvement has been demanded. 特に、レジストの解像線幅が微細化するにつれて、ラインパターンのラインエッジラフネス性能の改良やパターン寸法の面内均一性の改良が求められていた。 In particular, as the resolution line width of the resist becomes finer, improved in-plane uniformity improvements and pattern size of the line edge roughness performance of a line pattern have been required.

また、従来のレジスト組成物及び現像液の組み合わせでは、特定のレジスト組成物を、高極性のアルカリ現像液もしくは、低極性の有機溶剤を含む現像液と組み合わせ、パターンを形成するシステムを供しているにすぎない。 Further, the combination of the conventional resist compositions and the developing solution, the specific resist composition, highly polar alkaline developer or, are subjected to a system for forming a developer and combination patterns comprising a low polarity organic solvent only. 即ち、図1に示すように、ポジ型システム(レジスト組成物とポジ型現像液の組み合わせ)においては、光学像の空間周波数のうち、光照射強度の強い領域を選択的に溶解・除去し、パターン形成を行う材料が提供されているにすぎない。 That is, as shown in FIG. 1, in a positive system (a combination of a resist composition and a positive tone developer), among the spatial frequency of the optical image, by selectively dissolving and removing the strong areas of the light irradiation intensity, material forming a pattern is merely provided. 反対に、ネガ型システム(レジスト組成物とネガ型現像液)の組み合わせにおいては、光照射強度の弱い領域を選択的に溶解・除去し、パターン形成を行う材料システムが提供されているにすぎない。 Conversely, in the combination of a negative system (a resist composition and a negative developer), a region having a weak light irradiation intensity by selectively dissolving and removing only the material system of performing pattern formation is provided .
ここで、ポジ型現像液とは、図1に実線で表した所定の閾値以上の露光部を選択的に溶解・除去させる現像液であり、ネガ型現像液とは、該所定の閾値以下の露光部を選択的に溶解・除去させる現像液のことである。 Here, the positive developing solution, a developing solution which selectively dissolves and removes the exposed portion of the above predetermined threshold value expressed by the solid line in FIG. 1, the negative developer, following the predetermined threshold value is that of the developer that selectively dissolves and removes the exposed area. ポジ型現像液を用いた現像工程のことをポジ型現像(ポジ型現像工程ともいう)と呼び、ネガ型現像液を用いた現像工程のことをネガ型現像(ネガ型現像工程ともいう)と呼ぶ。 Referred to as a possible positive development the development process using a positive developer (also referred to as a positive development step), the negative development of the developing process using a negative developer (also referred to as a negative development step) call.

一方、解像力を高める2重パターニング技術としての2重現像技術が特許文献2に記載されている。 On the other hand, a double development technology as the double patterning technology for improving the resolution is described in Patent Document 2. この例では、一般的な化学増幅の画像形成方法を利用しており、露光によってレジスト組成物中の樹脂の極性が、光強度の高い領域では高極性に、光強度の低い領域では低極性になることを利用して、特定のレジスト膜の高露光領域を高極性の現像液に溶解させポジ型現像を行い、低露光領域を低極性の現像液に溶解させてネガ型現像を行っている。 In this example, using a general chemical amplification image forming method, the polarity of a resin in a resist composition by exposure, at a high light intensity region to the high polarity, a low light intensity region to a low polarity by utilizing the fact that become performs high exposure region highly polar developing solution dissolved positive development of particular resist film, and performing negative development to dissolve the low exposure area in a developing solution having a low polarity . 具体的には、図2に示すように照射光1の露光量E2以上の領域をアルカリ水溶液をポジ型現像液として用いて溶解させ、露光量E1以下の領域を特定の有機溶剤をネガ型現像液として用いて溶解させている。 Specifically, a region of more than the exposure amount E2 of irradiation light 1 is dissolved with an alkaline aqueous solution as a positive developing solution as shown in FIG. 2, negative development specific organic solvent exposure amount E1 following areas and lysed using a liquid. これにより、図2に示すように、中間露光量(E2−E1)の領域が現像されずに残り、露光用マスク2の半ピッチを有するL/Sのパターン3をウェハ4上に形成している。 Thus, as shown in FIG. 2, remain without regions of intermediate exposure (E2-E1) is developed, a pattern 3 of L / S having a half pitch of the exposure mask 2 is formed on the wafer 4 there.
しかしながら、レジスト組成物とネガ型の現像液の最適な組み合わせを選択するのは非常に困難で、上述の例に於いては、ネガ型現像液を使用した際の現像性が悪化してしまうという問題があった。 However, to select an optimal combination of a resist composition and a negative tone developer is very difficult, is In the above example, that developability when using a negative developer is deteriorated there was a problem.
さらに、2重現像により微細パターンを形成する際には、単にネガ型現像液あるいはポジ型現像液を単独で用いた際の解像力が良いだけでは不十分で、ネガ型現像液及びポジ型現像液のいずれに対しても、良好なパターン解像性を示すことが求められていた。 Further, in forming a fine pattern by double development it is simply is not sufficient resolution is good when using a negative developer or positive developer alone, negative developer and positive developer for any, it has been demanded to exhibit good pattern resolution.

上記の問題点を鑑み、2重現像技術において、活性光線又は放射線の照射により、ポジ型現像液に対する溶解度が増大し、ネガ型現像液に対する溶解度が減少するポジ型レジスト組成物を使用するパターン形成方法が特許文献3で提案されている。 In view of the above problems, in a double development technique, exposed to actinic rays or radiation, patterning the solubility positive developer increases, using a positive resist composition less soluble in a negative developer methods have been proposed in Patent Document 3. この技術によれば、高精度な微細パターンが安定的に得られるとされている。 According to this technique, high-precision fine pattern is to be obtained stably.
しかしながら、線幅バラツキ(LWR)、露光ラチチュード(EL)及びフォーカス余裕度(DOF)に優れることにより、より高精度な微細パターンが安定的に得られることが求められている。 However, line width variation (LWR), by excellent exposure latitude (EL) and focus latitude (DOF), more accurate fine patterns are required to be obtained stably.

特開2006−156422号公報 JP 2006-156422 JP 特開2000−199953号公報 JP 2000-199953 JP 米国特許出願公開2008/0187860号明細書 US Patent Application Publication 2008/0187860 Pat.

本発明は、上記課題を解決し、高集積かつ高精度な電子デバイスを製造するための高精度な微細パターンをより安定的に形成するために、線幅バラツキ(LWR)、露光ラチチュード(EL)及びフォーカス余裕度(DOF)に優れるネガ型現像用レジスト組成物、及びこれを用いたパターン形成方法を提供することを目的としている。 The present invention, in order to solve the above problems, to form a highly precise fine pattern for manufacturing highly integrated and highly accurate electronic device more stable, line width variation (LWR), exposure latitude (EL) It aims and resist composition for negative development excellent focus latitude (DOF), and a patterning method using the same.

本発明は、下記の構成であり、これにより本発明の上記目的が達成される。 The present invention has the following configurations, the above-described object of the present invention are achieved by.
〔1〕 [1]
(ア)ネガ型現像用レジスト組成物により膜を形成する工程と、 A step of forming a film by (A) resist composition for negative development,
(イ)露光工程と、 (Ii) an exposure step,
(エ)有機溶剤を含有するネガ型現像液を用いて現像する工程と (D) a step of developing using a negative developing solution containing an organic solvent
を含むパターン形成方法であって、前記ネガ型現像用レジスト組成物が、(A)下記一般式(1)で表されるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位を含み、酸の作用により極性が増大して前記ネガ型現像液に対する溶解度が減少する樹脂を含有することを特徴とするパターン形成方法。 A pattern forming method comprising, the negative development resist composition, the polarity by comprising repeating units, the action of an acid containing a group having a lactone structure represented by (A) the following general formula (1) pattern forming method which is characterized by containing a resin whose solubility is reduced with respect to the negative developer increases.

一般式(1)に於いて、 In the general formula (1),
は、それぞれ独立に、鎖状または環状アルキレン基を表す。 R 2 each independently represent a chain or cyclic alkylene groups. が複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良い。 If the R 2 there is a plurality may be different and the same.
は、それぞれ独立に、アルキル基またはシクロアルキル基を表す。 R 3 each independently represent an alkyl group or a cycloalkyl group. が複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良く、2つのR が結合し、環を形成していてもよい。 When the R 3 there is a plurality may be different even in the same, two R 3 may be bonded to form a ring.
Xは、アルキレン基、酸素原子または硫黄原子を表す。 X represents an alkylene group, an oxygen atom or a sulfur atom.
Yは、それぞれ独立に、電子求引性基を表す。 Y each independently represents an electron withdrawing group. Yが複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良い。 Y is when a plurality may be different and the same.
Zは、それぞれ独立に、単結合、エーテル結合、エステル結合、アミド結合、ウレタン結合またはウレア結合を表す。 Z independently represents a single bond, an ether bond, an ester bond, an amide bond, a urethane bond or a urea bond. Zが複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良い。 Z is when a plurality may be different and the same.
kは、置換基数であって、0〜7の整数を表す。 k is the number of substituents, represents an integer of 0-7.
nは、繰り返し数を表し、1〜5の整数を表す。 n is the number of repetitions represents an integer of 1 to 5.
mは、置換基数であって、1〜7の整数を表す。 m is the number of substituents, represents an integer of 1-7.
〔2〕 [2]
前記一般式(1)で表されるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位が、下記一般式(2)で表されるラクトン構造を有する繰り返し単位であることを特徴とする上記〔1〕に記載のパターン形成方法。 Repeating unit having a group having a lactone structure represented by the general formula (1) is described in [1], wherein a is a repeating unit having a lactone structure represented by the following general formula (2) the pattern forming method.

一般式(2)に於いて、 In the general formula (2),
1 は、水素原子、アルキル基またはハロゲン原子を表す。 R 1 represents a hydrogen atom, an alkyl group or a halogen atom.
、R 、X、Y、Z、k、n、mは、各々、一般式(1)に於ける、R 、R 、X、Y、Z、k、n、mと同義である。 R 2, R 3, X, Y, Z, k, n, m are each, in general formula (1) in, R 2, R 3, X , Y, Z, k, n, in m synonymous is there.
〔3〕 [3]
前記ネガ型現像液が、ケトン系溶剤、エステル系溶剤、アルコール系溶剤、アミド系溶剤及びエーテル系溶剤から選択される少なくとも1種類の溶剤を含有する現像液であることを特徴とする上記〔1〕又は〔2〕に記載のパターン形成方法。 The negative developer is, ketone solvents, [1, characterized ester solvents, alcohol solvents, that it is a developer containing at least one kind of a solvent selected from amide-based solvent and ether-based solvents the pattern forming method according to] or [2].
〔4〕 [4]
前記ネガ型現像液を用いて現像する工程の後に、有機溶剤を含むネガ型現像用リンス液を用いて洗浄する工程を含む、上記〔1〕〜〔3〕のいずれか1項に記載のパターン形成方法。 After the step of development with the negative developer pattern according to any one of including the step of washing with rinse liquid for negative development contains an organic solvent, the above-mentioned [1] to [3] forming method.
〔5〕 [5]
前記ネガ型現像用リンス液が、前記有機溶剤としてアルコール系溶剤を含有する、上記〔4〕に記載のパターン形成方法。 The rinse liquid for negative development is, contains an alcohol-based solvent as the organic solvent, a pattern forming method according to [4].
〔6〕 [6]
前記樹脂は、酸の作用により極性が増大して、アルカリ現像液であるポジ型現像液に対する溶解度が増大する樹脂であり、 The resin, increasing the polarity by the action of an acid is a resin whose solubility is increased with respect to positive developer is an alkaline developer,
(ウ)前記ポジ型現像液を用いて現像する工程を更に含むことを特徴とする上記〔1〕〜〔5〕のいずれか1項に記載のパターン形成方法。 (C) The pattern forming method as described in item 1 any one of [1] to [5] above, further comprising a step of developing by using the positive developing solution.
〔7〕 [7]
前記露光工程における露光が、液浸露光であることを特徴とする上記〔1〕〜〔6〕のいずれか1項に記載のパターン形成方法。 The exposure in the exposure step, the pattern forming method according to any one of [1] to [6], which is a liquid immersion exposure.
本発明は、上記〔1〕〜〔7〕に係る発明であるが、以下、他の事項も含めて記載している。 The present invention is an invention according to the above [1] to [7], the following describes, including other things.

(1) (A)下記一般式(1)で表されるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位を含み、酸の作用により極性が増大してネガ現像液に対する溶解度が減少する樹脂を含有することを特徴とするネガ型現像用レジスト組成物。 (1) (A) comprises a repeating unit having a group having a lactone structure represented by the following general formula (1), which contains a resin whose solubility decreases against negative developer increasing the polarity by the action of an acid resist composition for negative development according to claim.

一般式(1)に於いて、 In the general formula (1),
2は、それぞれ独立に、鎖状または環状アルキレン基を表す。 R 2 each independently represent a chain or cyclic alkylene groups. 2が複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良い。 If the R 2 there is a plurality may be different and the same.
3は、それぞれ独立に、アルキル基またはシクロアルキル基を表す。 R 3 each independently represent an alkyl group or a cycloalkyl group. 3が複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良く、2つのR 3が結合し、環を形成していてもよい。 When the R 3 there is a plurality may be different even in the same, two R 3 may be bonded to form a ring.
Xは、アルキレン基、酸素原子または硫黄原子を表す。 X represents an alkylene group, an oxygen atom or a sulfur atom.
Yは、それぞれ独立に、電子求引性基を表す。 Y each independently represents an electron withdrawing group. Yが複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良い。 Y is when a plurality may be different and the same.
Zは、それぞれ独立に、単結合、エーテル結合、エステル結合、アミド結合、ウレタン結合またはウレア結合を表す。 Z independently represents a single bond, an ether bond, an ester bond, an amide bond, a urethane bond or a urea bond. Zが複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良い。 Z is when a plurality may be different and the same.
kは、置換基数であって、0〜7の整数を表す。 k is the number of substituents, represents an integer of 0-7.
nは、繰り返し数を表し、1〜5の整数を表す。 n is the number of repetitions represents an integer of 1 to 5.
mは、置換基数であって、1〜7の整数を表す。 m is the number of substituents, represents an integer of 1-7.

(2) 前記一般式(1)で表されるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位が、下記一般式(2)で表されるラクトン構造を有する繰り返し単位であることを特徴とする(1)に記載のネガ型現像用レジスト組成物。 (2) repeating units having a group having a lactone structure represented by the general formula (1), characterized in that a repeating unit having a lactone structure represented by the following general formula (2) (1) resist composition for negative development according to.

一般式(2)に於いて、 In the general formula (2),
1は、水素原子、アルキル基またはハロゲン原子を表す。 R 1 represents a hydrogen atom, an alkyl group or a halogen atom.
、R 、X、Y、Z、k、n、mは、各々、一般式(1)に於ける、R 、R 、X、Y、Z、k、n、mと同義である。 R 2, R 3, X, Y, Z, k, n, m are each, in general formula (1) in, R 2, R 3, X , Y, Z, k, n, in m synonymous is there.

(3) (ア)(1)または(2)に記載のネガ型現像用レジスト組成物により膜を形成する工程と、(イ)露光工程と、(エ)ネガ型現像液を用いて現像する工程とを含むことを特徴とするパターン形成方法。 (3) a step of forming a film by resist composition for negative development as described in (A) (1) or (2), and (b) an exposure step, developing with (d) a negative developer pattern forming method which comprises a step.

(4) 前記ネガ型現像液が、ケトン系溶剤、エステル系溶剤、アルコール系溶剤、アミド系溶剤及びエーテル系溶剤から選択される少なくとも1種類の溶剤を含有する現像液であることを特徴とする(3)に記載のパターン形成方法。 (4) the negative developer is characterized in that it is a developer containing at least one kind of solvent selected from a ketone solvent, an ester solvent, alcohol solvents, amide solvents and ether solvents the pattern forming method according to (3).

(5) 前記樹脂は、酸の作用により極性が増大してポジ型現像液に対する溶解度が増大する樹脂であり、(ウ)ポジ型現像液を用いて現像する工程を更に含むことを特徴とする(3)または(4)に記載のパターン形成方法。 (5) the resin is a resin whose solubility is increased with respect to positive developer increasing the polarity by the action of an acid, characterized in that it further comprises a step of developing with (iii) a positive developer (3) or pattern forming method as described in (4).

本発明により、線幅バラツキ(LWR)、露光ラチチュード(EL)、フォーカス余裕度(DOF)、に優れるネガ型現像用レジスト組成物、及びこれを用いたパターン形成方法を提供することができる。 The present invention, line width variation (LWR), exposure latitude (EL), focus latitude (DOF), resist composition for negative development excellent, and it is possible to provide a pattern forming method using the same.

以下、本発明を実施するための最良の形態について説明する。 The following describes the best mode for carrying out the present invention.
尚、本明細書に於ける基(原子団)の表記に於いて、置換及び無置換を記していない表記は、置換基を有さないものと共に置換基を有するものをも包含するものである。 Incidentally, in the notation in groups herein (atomic group) is denoted without specifying whether substituted or unsubstituted, is intended to encompass those having a substituent with those having no substituent . 例えば、「アルキル基」とは、置換基を有さないアルキル基(無置換アルキル基)のみならず、置換基を有するアルキル基(置換アルキル基)をも包含するものである。 For example, an "alkyl group" includes not only an alkyl group having no substituent (unsubstituted alkyl group) but also an alkyl group (substituted alkyl group) having a substituent group.

まず、本明細書で用いられる用語について説明する。 First, a description will be given terms used herein. パターンを形成する方式としては、ポジ型とネガ型があり、何れも、光照射を契機とした化学反応によって、レジスト膜の現像液に対する溶解性が変化することを利用しているが、光照射部が現像液に溶解する場合をポジ型方式、非照射部が現像液に溶解する場合をネガ型方式と呼ぶ。 As a method for forming a pattern, there are positive and negative, both by chemical reactions triggered by light irradiation, although solubility in a developing solution of the resist film is by utilizing the change, irradiation positive scheme if part is dissolved in the developer, the case where the non-irradiated portion is dissolved in the developer is called a negative-working manner. その場合に用いる現像液としては、ポジ型現像液とネガ型現像液の2つがある。 There are two of As the developer, a positive developer and a negative type developing solution used in that case. ポジ型現像液とは、図1に実線で示す所定の閾値以上の露光部を選択的に溶解・除去させる現像液であり、ネガ型現像液とは、前記所定の閾値以下の露光部を選択的に溶解・除去させる現像液のことである。 The positive tone developer is a developer that selectively dissolves and removes the exposed portion of the above predetermined threshold value shown by a solid line in FIG. 1, the negative developer, selecting said predetermined threshold value or less in the exposed area is that of the developer to dissolve and remove. ポジ型現像液を用いた現像工程のことをポジ型現像(ポジ型現像工程ともいう)と呼び、ネガ型現像液を用いた現像工程のことをネガ型現像(ネガ型現像工程ともいう)と呼ぶ。 Referred to as a possible positive development the development process using a positive developer (also referred to as a positive development step), the negative development of the developing process using a negative developer (also referred to as a negative development step) call. 多重現像(多重現像工程ともいう)とは、上記ポジ型現像液を用いた現像工程と上記ネガ型現像液を用いた現像工程とを組み合わせた現像方式のことである。 The multiple development (also referred to as a multiple development step), is that of developing type which combines a development step using a developing step and the negative developing solution using the above positive developer. 本発明ではネガ型現像に用いるレジスト組成物のことをネガ型現像用レジスト組成物と呼び、多重現像に用いるレジスト組成物のことを多重現像用レジスト組成物と呼ぶ。 In the present invention referred to as a resist composition for negative development to a resist composition used in negative development is referred to a resist composition used in multiple development with a resist composition for multiple development. 以下、単にレジスト組成物と記載されている場合は、ネガ型現像用レジスト組成物のことを示す。 Hereinafter, if it is simply described as the resist composition shows that the resist composition for negative development. ネガ型現像用リンス液とは、ネガ型現像工程の後の洗浄工程に用いられる、有機溶剤を含むリンス液のことを表す。 The rinse liquid for negative development used in the cleaning step after the negative development process, indicating that the rinse liquid containing an organic solvent.

本発明では、解像力を高める技術として、図3に示すように、所定の閾値(b)以下の露光部を選択的に溶解・除去させる現像液(ネガ型現像液)と、酸の作用により極性が増大する樹脂を含有し、活性光線又は放射線の照射により、ポジ型現像液(好ましくはアルカリ現像液)に対する溶解度が増大し、ネガ型現像液(好ましくは有機系現像液)に対する溶解度が減少する膜を形成するネガ型現像用レジスト組成物とを組合わせた、新しいパターン形成方法を提示する。 Polarity in the present invention, as a technique for increasing the resolution, as shown in FIG. 3, a developer that selectively dissolves and removes the following exposure portion predetermined threshold (b) and (negative developer), by the action of an acid There containing increasing resin by irradiation of actinic ray or radiation, a positive developer (preferably an alkali developer) to increase solubility, a negative developer (preferably an organic developer) decreases the solubility a combination of a resist composition for negative development to form a film, presenting a new pattern forming method.

本発明のネガ型現像用レジスト組成物は、所定の閾値(a)以上の露光部を選択的に溶解・除去させる現像液(ポジ型現像液)に対しても優れた現像特性を示し、所定の閾値(a)以上の露光部を選択的に溶解・除去させる現像液(ポジ型現像液)と所定の閾値(b)以下の露光部を選択的に溶解・除去させる現像液(ネガ型現像液)、及びネガ型現像用レジスト組成物を組合わせることで、多重現像によるパターン形成が可能である。 Resist composition for negative development of the present invention exhibits excellent development characteristics with respect to the developer that selectively dissolves and removes the more exposed portions predetermined threshold (a) (positive developer), a predetermined developer (positive developer) with a predetermined threshold value (b) the following developer that selectively dissolves and removes the exposed area to the threshold (a) or of the exposed portion is selectively dissolved and removed (negative development liquid), and by combining the resist composition for negative development, it is possible to pattern formation by multiple development.
即ち、図3に示すように、露光マスク上のパターン要素を、光照射によって、ウエハー上に投影したときに、光照射強度の強い領域(所定の閾値(a)以上の露光部)を、ポジ型現像液を用いて溶解・除去し、光照射強度の弱い領域(所定の閾値(b)以下の露光部)を、ネガ型現像液を用いて溶解・除去することにより、光学空間像(光強度分布)の周波数の2倍の解像度のパターンを得ることができる。 That is, as shown in FIG. 3, the pattern elements on an exposure mask, by light irradiation, when projected onto the wafer, the strong areas of light irradiation intensity (the predetermined threshold value (a) or more exposed portions), positive with a mold developer was dissolved and removed, areas of weak light irradiation intensity (a predetermined threshold value (b) less than the exposed area), by dissolving and removing using a negative developer, spatial image (light it is possible to obtain twice the resolution of the pattern of the frequency of the intensity distribution).

従って、本発明のネガ型現像用レジスト組成物は多重現像用レジスト組成物としても好適に使用することができる。 Therefore, resist composition for negative development of the present invention can be suitably used as a resist composition for multiple development.

本発明を実施するのに、必要なパターン形成プロセスは、以下の工程を含む。 For carrying out the present invention, the patterning process required includes the following steps.
(ア)(A)一般式(1)(後に詳述する)で表されるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位を含み、酸の作用により極性が増大してネガ現像液に対する溶解度が減少する樹脂を含有することを特徴とするネガ型現像用レジスト組成物により膜を形成する工程と、 Includes a repeating unit having a group having a lactone structure represented by (A) (A) the general formula (1) (described in detail later), the solubility is decreased with respect to the negative developer increasing the polarity by the action of an acid a step of forming a film by negative development resist composition characterized by containing a resin,
(イ)露光工程と、 (Ii) an exposure step,
(エ)ネガ型現像液を用いて現像する工程とを含むことを特徴とするパターン形成方法。 (D) The pattern forming method which comprises the step of development with a negative developer.

本発明のパターン形成方法は、前記ネガ型現像液が、ケトン系溶剤、エステル系溶剤、アルコール系溶剤、アミド系溶剤及びエーテル系溶剤から選択される少なくとも1種類の溶剤を含有する現像液であることが好ましい。 The pattern forming method of the present invention, the negative developer is is the developer containing at least one type of solvent a ketone solvent, an ester solvent, an alcohol solvent, an amide-based solvent and ether-based solvents are selected it is preferable.

本発明のパターン形成方法は、前記樹脂が、酸の作用により極性が増大してポジ型現像液に対する溶解度が増大し、(ウ)ポジ型現像液を用いて現像する工程を更に含むことが好ましい。 The pattern forming method of the present invention, the resin is solubility in a positive developer increasing the polarity is increased by the action of an acid, preferably further comprising the step of developing with (iii) a positive developer .

本発明のパターン形成方法は、更に、(カ)有機溶剤を含むリンス液を用いて洗浄する工程を含むことが好ましい。 The pattern forming method of the present invention preferably further comprises a step of washing with a rinse liquid containing (f) an organic solvent.

本発明のパターン形成方法は、(イ)露光工程の後に、(オ)加熱工程を有することが好ましい。 The pattern forming method of the present invention, after the exposure step (ii) preferably has a heating step (v).

本発明のパターン形成方法は、(イ)露光工程を、複数回有することができる。 The pattern forming method of the present invention, the exposure step (ii) may be performed a plurality of times.

本発明のパターン形成方法は、(オ)加熱工程を、複数回有することができる。 The pattern forming method of the present invention, the heating step (v) may be performed a plurality of times.

本発明を実施するには、(A)一般式(1)(後に詳述する)で表されるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位を含み、酸の作用により極性が増大してネガ現像液に対する溶解度が減少する樹脂を含有することを特徴とするネガ型現像用レジスト組成物、及び、(Ab)ネガ型現像液(好ましくは有機系現像液)が必要である。 In practicing the present invention, (A) includes formula (1) repeating unit having a group having a lactone structure represented by (elaborating later), negative developer increasing the polarity by the action of an acid resist composition for negative development which is characterized in that the solubility contains a decreasing resin to, and is required (Ab) a negative developer (preferably an organic developer).
本発明を実施するには、更に、(Ac)ポジ型現像液(好ましくはアルカリ現像液)を使用することが好ましい。 In practicing the present invention, further, it is preferred to use (Ac) a positive developer (preferably an alkali developer).
本発明を実施するには、更に、(Ad)有機溶剤を含むネガ型現像用リンス液を使用することが好ましい。 In practicing the present invention, further, it is preferable to use a rinse liquid for negative development containing (Ad) an organic solvent.

ポジ型現像液、ネガ型現像液の2種類の現像液を用いたパターン形成プロセスを行う場合、その現像の順序は特に限定されないが、1回目の露光を行った後、ポジ型現像液もしくはネガ型現像液を用いて現像を行い、次に、最初の現像とは異なる現像液にて、ネガ型もしくはポジ型の現像を行うことが好ましい。 Positive developing solution, if a pattern forming process using two kinds of developers of negative developer, but the order of the development is not particularly limited, after first exposure, a positive developer or a negative and developed with a mold developer, then at a different developer from the first developer, it is preferable to perform development of negative-working or positive-working. 更に、ネガ型の現像を行った後には、有機溶剤を含むネガ型現像用リンス液を用いて洗浄することが好ましい。 Furthermore, after the negative development, it is preferably washed with rinse liquid for negative development contains an organic solvent.

パターンを形成する方式としては、(a)極性変換等の化学反応を利用する方式と、(b)架橋反応や重合反応等の分子間の結合生成を利用する方式が挙げられる。 As a method for forming a pattern, include (a) a method using a chemical reaction of the polar conversion, etc., a method using a coupling product between (b) molecules, such as crosslinking reaction or polymerization reaction.
架橋反応や重合反応等の分子間の結合により、樹脂の分子量が増大するレジスト材料系では、一つのレジスト材料が、ある現像液に対してはポジ型に、また、別の現像液に対してはネガ型に作用する様な系を構築するのが難しかった。 The binding between molecules, such as crosslinking reaction or polymerization reaction, the resist material systems the molecular weight of the resin is increased, a resist material, a positive type for a developer, also for another developer it has been difficult is to build a system, such as to act on the negative type.

本発明によれば、ひとつのレジスト組成物が、同時に、ポジ型現像液に対してはポジ型として作用し、また、ネガ型現像液に対してはネガ型として作用することが可能である。 According to the present invention, one of the resist composition, simultaneously, for a positive developer acts as a positive, also for the negative developing solution can act as a negative.
本発明では、ポジ型現像液として、アルカリ現像液(水系)を、ネガ型現像液として、有機溶剤を含む有機系現像液を用いることができる。 In the present invention, as a positive developer, an alkali developing solution (aqueous), as a negative type developing solution may be an organic developer containing an organic solvent.
また、レジスト組成物は、「酸の作用により極性が増大する樹脂を含有し、活性光線又は放射線の照射により、ネガ型現像液に対する溶解度が減少するとともに、ポジ型現像液に対する溶解度が増大する膜を形成する樹脂組成物」である。 The resist composition contains a resin that exhibits increased polarity by the action of "acid upon irradiation with actinic rays or radiation, with the solubility decreases with respect to a negative developer, film solubility positive developer increases a resin composition "be formed.
本発明に於けるレジスト組成物によれば、酸の作用により極性が増大する樹脂を含有し、活性光線又は放射線の照射により、ネガ型現像液に対する溶解性が低減するだけでなく、特に、アルカリ現像液に対する溶解度の増大と、有機溶剤を含む現像液に対する溶解度の減少を同時にもたらすことが可能になる。 According to in the resist composition of the present invention contains a resin having polarity is increased by the action of an acid upon irradiation with an actinic ray or radiation, not only the solubility is reduced for a negative developer, in particular, alkali an increase of solubility in a developing solution, it is possible to result in a decrease in the solubility for an organic solvent-containing developer simultaneously.

本発明に於いて、重要なのは、露光量の「閾値」(光照射領域の中で、膜が現像液に可溶化、あるいは不溶化する露光量)を制御することである。 In the present invention, importantly, (in the light irradiation region, membrane exposure to solubilize or insolubilize, the developer) exposure of the "threshold" is to control the. 即ち、パターン形成を行うに際し、所望の線幅が得られるように、ポジ型現像液に対し可溶化する最小の露光量、および、ネガ型現像液対し不溶化する最小の露光量、が「閾値」である。 That is, when performing the pattern formation, as desired line width is obtained, the minimum exposure dose for solubilizing relative positive developer and the minimum exposure amount necessary for insolubilization against a negative developer but "threshold" it is.
「閾値」は、以下の様にして求めることが出来る。 "Threshold" can be determined in the following manner.
即ち、パターン形成を行うに際し、所望の線幅が得られるように、ポジ型現像液に対し可溶化する最小の露光量、および、ネガ型現像液対し不溶化する最小の露光量、が閾値である。 That is, when performing the pattern formation, as desired line width is obtained, the minimum exposure dose for solubilizing relative positive developer and the minimum exposure amount necessary for insolubilization against a negative developer but are threshold .
より厳密には、閾値は、以下の様に定義される。 More precisely, the threshold is defined as follows.
レジスト膜の露光量に対する残膜率を測定した時に、図4にあるように、ポジ型現像液に対し、残膜率が0%となる露光量を、閾値(a)と、ネガ型現像液に対し、残膜率が100%となる露光量を、閾値(b)とする。 When measured residual film ratio for the exposure of the resist film, as in FIG. 4, with respect to positive developer, the exposure dose giving a residual film ratio of 0%, and threshold value (a), negative developer respect, the exposure dose giving a residual film ratio of 100%, the threshold value (b).
例えば、図5に示すように、ポジ型現像液に対し可溶化する露光量の閾値(a)を、ネガ型現像液対し可溶化する露光量の閾値(b)より、高くすることにより、1回の露光で、パターン形成が可能となる。 For example, as shown in FIG. 5, the exposure amount of the threshold solubilizing relative positive developing solution (a), from negative developer against solubilization to exposure threshold (b), by increasing, 1 in times of exposure, thereby enabling pattern formation. 即ち、図6に示すように、まずレジストをウェハに塗布し、露光を行い、まずポジ型現像液で露光量の閾値(a)以上を溶解し、続いてネガ型現像液で露光量の閾値(b)以下を溶解することで、1回の露光でパターン形成が可能になる。 That is, as shown in FIG. 6, a resist was applied to the wafer, exposure, first dissolving with positive developer or exposure threshold (a), followed by negative developer exposure threshold (b) by dissolving the following, it is possible to pattern formed by one exposure. この場合の、ポジ型現像液による現像とネガ型現像液による現像の順序はどちらが先でも良い。 In this case, either the order of the development by the developing and negative developing solution by the positive developing solution may be previously. ネガ型現像の後、有機溶剤を含むリンス液を用いて洗浄すると、より良好なパターン形成が可能になる。 After negative development, and washed with a rinse liquid containing an organic solvent, allowing a better pattern formation.

閾値を制御する方法としては、レジスト組成物および現像液の材料関連パラメータや、プロセスと関連するパラメータを制御する方法がある。 As a method for controlling the threshold value, the resist composition and and material-related parameters of the developer, there is a method of controlling the parameters associated with the process.
材料関連パラメータとしては、レジスト組成物の現像液、及び、有機溶剤に対する溶解性と関連する様々な物性値、即ち、SP値(溶解度パラメータ)、LogP値、等の制御が有効である。 The material-related parameters, the developer of the resist composition, and various physical property values ​​associated with solubility in an organic solvent, i.e., SP value (solubility parameter), LogP value, the control and the like is effective. 具体的には、レジスト組成物に含まれる、ポリマーの重量平均分子量、分子量分散度、モノマー組成比、モノマーの極性、モノマーシーケンス、ポリマーブレンド、低分子添加剤の添加、また、現像液については、現像液濃度、低分子添加剤の添加、界面活性剤の添加、等がある。 Specifically, included in the resist composition, the weight average molecular weight of the polymer, the molecular weight dispersity, the monomer compositional ratio, the polarity of a monomer, the monomer sequence, the polymer blend, the addition of low molecular additive and also the developing solution, developer concentration, the addition of low molecular additive, the addition of a surfactant, and the like.
また、プロセス関連パラメータとしては、製膜温度、製膜時間、露光後後加熱時の温度、時間、現像時の温度、現像時間、現像装置のノズル方式(液盛り方法)、現像後のリンス方法等が挙げられる。 As the process-related parameters, deposition temperature, deposition time, temperature at the time of post-heating after exposure, time, temperature during development, the development time, the nozzle system (puddle method) of developing apparatus, rinsing method after development etc. the.
従って、ネガ型現像を用いたパターン形成方法及びネガ型現像とポジ型現像を併用した多重現像によるパターン形成方法に於いて、良好なパターンを得るためには、上記材料関連パラメータやプロセスパラメータを適切に制御し、それらを組み合わせることが重要である。 Thus, in the pattern forming method by multiple development in combination a pattern forming method and a negative development and positive development using a negative tone development, in order to obtain a good pattern, suitable for the material-related parameters and process parameters controlled to, it is important to combine them.

ポジ型現像液、ネガ型現像液の2種類の現像液を用いたパターン形成プロセスは、上記の様に1回の露光でおこなってもよいし、2回以上の露光を行うプロセスで行ってもよい。 Positive developer, a pattern forming process using two kinds of developers of negative tone developer may be performed by one exposure as described above, be carried out in the process of performing at least two exposures good. 即ち、1回目の露光を行った後、ポジ型現像液もしくはネガ型現像液を用いて現像を行い、次に、2回目の露光を行った後、最初の現像とは異なる現像液にて、ネガ型もしくはポジ型の現像を行う。 That is, after the first exposure, development is performed using a positive developer or a negative developer, then after the second exposure, at different developer as the first development, performing development of negative-working or positive-working.

露光を2回以上行うメリットとしては、1回目の露光後の現像における閾値の制御と、2回目の露光後の現像における閾値の制御の自由度が増大する、というメリットがある。 The benefits of performing exposure twice or more, and the threshold control of the first development after the exposure, the degree of freedom of control of the threshold in the second development after exposure is increased, there is a merit that. 2回以上露光を行う場合、2回目の露光量を1回目の露光量より大きくすることが望ましい。 When performing exposure twice or more, it is preferable that the second exposure amount larger than the first exposure dose. 図7に示すように、2回目の現像においては、1回目および2回目の露光量の履歴が加算された量を基に、閾値が決定されるが、2回目の露光量が1回目の露光量より十分大きい場合、1回目の露光量の影響は小さくなり、場合によっては無視できるからである。 As shown in FIG. 7, in the second development, based on the amount of first and second exposure amount of history is added, but the threshold is determined, the exposure amount of the second is the first exposure If sufficiently larger than the amount, the effect of the first exposure dose is reduced, because in some cases negligible.
1回目の露光を行う工程における露光量(Eo1[mJ/cm 2 ])は、2回目の露光を行う工程における露光量(Eo2[mJ/cm 2 ])より、5[mJ/cm 2 ]以上小さい方が望ましい。 Exposure at the first step of performing exposure (Eo1 [mJ / cm 2] ) , the exposure amount in the step of performing the second exposure (Eo2 [mJ / cm 2] ) than, 5 [mJ / cm 2] or more smaller is desirable. これは、1回目の露光の履歴の影響が、2回目の露光によりパターン形成を行う過程に及ぼす影響を小さくすることができる。 This effect of the first exposure history, it is possible to reduce the influence on the process of performing pattern formation by the second exposure.

1回目の露光量と2回目の露光量を変更するには、前述の材料・プロセスの様々なパラメータを調整する方法が有効であるが、特に、1回目の加熱をする工程の温度と、2回目の加熱をする工程の温度を制御することが有効である。 To change the first exposure dose and the second exposure dose, and the temperature of the process it is effective method for adjusting various parameters of the above materials and processes, which in particular, first heating, 2 it is effective to control the temperature of the step of the times th heating. 即ち、1回目の露光量を2回目の露光量より小さくするには、1回目の加熱をする工程の温度を2回目の加熱をする工程の温度より高くすることが有効である。 That is, in the first exposure amount smaller than the second exposure dose, it is effective to increase the temperature of the process of the temperature second heating step of the first heating.

ポジ型現像に於ける、閾値(a)は、実際のリソグラフィ工程においては、以下の様に対応する。 In the positive development, threshold value (a) is in the actual lithography process, corresponds as follows.
基板上に、活性光線又は放射線の照射により、ポジ型現像液に対する溶解度が増大し、ネガ型現像液に対する溶解度が減少する、レジスト組成物による膜を形成した後、所望の照明条件で、所望のパターンサイズのフォトマスクを介して露光を行う。 On a substrate, exposed to actinic rays or radiation, the solubility is increased with respect to positive developer and less soluble relative to negative developer after film is formed of a resist composition, a desired illumination condition, the desired exposure is performed through a photo mask of the pattern size. この時、露光の焦点(フォーカス)を0.05[μm]、露光量を0.5[mJ/cm 2 ]刻みで振りながら、露光を行う。 At this time, the focus of exposure (focus) the 0.05 [[mu] m], waving the exposure amount in 0.5 [mJ / cm 2] increments, performs exposure. 露光後、所望の温度で、所望時間加熱を行い、所望の濃度のアルカリ現像液で、所望時間現像を行う。 After exposure, at a desired temperature, performing heat desired time, in an alkaline developing solution desired concentration for a desired time development. 現像後、パターンの線幅を、CD−SEMを用いて計測し、所望の線幅を形成する露光量A[mJ/cm 2 ]、フォーカス位置を決定する。 After the development, the line width of the pattern is measured using CD-SEM, exposure to form the desired line width A [mJ / cm 2], determines the focus position. 次に、特定露光量A[mJ/cm 2 ]、特定フォーカス位置で、先のフォトマスクを照射した時の光学像の強度分布を計算する。 Next, a specific exposure dose A [mJ / cm 2], in particular focus position, to calculate the intensity distribution of an optical image when irradiated with previous photomask. 計算は、シミュレーションソフトウエア(KLA社製Prolith ver.9.2.0.15)を用いて行うことができる。 Calculations can be performed using a simulation software (KLA Co. Prolith ver.9.2.0.15). 計算方法の詳細は、Inside PROLITH(Chris.A.Mack著、FINLE Technologies,Inc. , Cahpter2 Aerial Image Formation)に記載されている。 Details of the calculation method, Inside PROLITH (Chris.A.Mack Author, FINLE Technologies, Inc., Cahpter2 Aerial Image Formation) are described.
計算結果の一例として、図8に示す様な光学像の空間強度分布が得られる。 An example of a calculation result, the spatial intensity distribution of an optical image, such as shown in FIG. 8 is obtained.

ここで、図9に示すように、光学像の空間強度分布の極小値から、得られたパターン線幅の1/2の分だけ空間位置をずらした位置における光強度が、閾値(a)に対応する。 Here, as shown in FIG. 9, the minimum value of the spatial intensity distribution of an optical image, the light intensity at an amount corresponding position shifted spatial position of 1/2 of the obtained pattern line width, the threshold (a) corresponding.

ネガ型現像に於ける、閾値(b)は、実際のリソグラフィ工程においては、以下の様に対応する。 In the negative development, threshold value (b) is in the actual lithography process, corresponds as follows.
基板上に、酸の作用により極性が増大する樹脂を含有し、活性光線又は放射線の照射により、ポジ型現像液に対する溶解度が増大し、ネガ型現像液に対する溶解度が減少する、レジスト組成物による膜を形成した後、所望の照明条件で、所望のパターンサイズのフォトマスクを介して露光を行う。 On a substrate, and contains a resin increasing the polarity by the action of an acid upon irradiation with actinic rays or radiation, the solubility is increased with respect to positive developer and less soluble relative to a negative developer, the film of a resist composition after forming the at desired illumination conditions, exposure is performed through a photomask having a desired pattern size. この時、露光の焦点(フォーカス)を0.05[μm]、露光量を0.5[mJ/cm 2 ]刻みで振りながら、露光を行う。 At this time, the focus of exposure (focus) the 0.05 [[mu] m], waving the exposure amount in 0.5 [mJ / cm 2] increments, performs exposure. 露光後、所望の温度で、所望時間加熱を行い、所望の濃度の有機系現像液で、所望時間現像を行う。 After exposure, at a desired temperature, performing heat desired time, in the organic developer in the desired concentration for a desired time development. 現像後、パターンの線幅を、CD−SEMを用いて計測し、所望の線幅を形成する露光量A[mJ/cm 2 ]、フォーカス位置を決定する。 After the development, the line width of the pattern is measured using CD-SEM, exposure to form the desired line width A [mJ / cm 2], determines the focus position. 次に、特定露光量A[mJ/cm 2 ]、特定フォーカス位置で、先のフォトマスクを照射した時の光学像の強度分布を計算する。 Next, a specific exposure dose A [mJ / cm 2], in particular focus position, to calculate the intensity distribution of an optical image when irradiated with previous photomask. 計算はシミュレーションソフトウエア(KLA社製Prolith)を用いて行う。 The calculation is performed using the simulation software (KLA Co., Ltd. Prolith).
例えば、図10に示す様な光学像の空間強度分布が得られる。 For example, the spatial intensity distribution of an optical image, such as shown in FIG. 10 is obtained.

ここで、図11に示すように、光学像の空間強度分布の極大値から、得られたパターン線幅の1/2の分だけ空間位置をずらした位置における光強度を閾値(b)とする。 Here, as shown in FIG. 11, the maximum value of the spatial intensity distribution of an optical image, the light intensity at an amount corresponding position shifted spatial position of 1/2 of the obtained pattern line width and threshold (b) .

閾値(a) は、0.1〜100[mJ/cm 2 ]が好ましく、より好ましくは、0.5〜50[mJ/cm 2 ]であり、更に好ましくは、1〜30[mJ/cm 2 ]である。 Threshold (a) is preferably 0.1~100 [mJ / cm 2], more preferably at 0.5~50 [mJ / cm 2], still more preferably 1~30 [mJ / cm 2]. 閾値(b) は、0.1〜100[mJ/cm 2 ]が好ましく、より好ましくは、0.5〜50[mJ/cm 2 ]であり、更に好ましくは、1〜30[mJ/cm 2 ]である。 Threshold (b) is preferably from 0.1~100 [mJ / cm 2], more preferably at 0.5~50 [mJ / cm 2], still more preferably 1~30 [mJ / cm 2]. 閾値(a)と(b)との差は、0.1〜80[mJ/cm 2 ]が好ましく、より好ましくは、0.5〜50[mJ/cm 2 ]であり、更に好ましくは、1〜30[mJ/cm 2 ]である。 Difference threshold (a) and (b) is preferably 0.1~80 [mJ / cm 2], more preferably at 0.5~50 [mJ / cm 2], more preferably, 1 to 30 [mJ / cm 2] it is.

本発明に於いて、基板上に形成する膜は、(A)一般式(1)(後に詳述する)で表されるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位を含み、酸の作用により極性が増大してネガ現像液に対する溶解度が減少する樹脂を含有することを特徴とするネガ型現像用レジスト組成物を塗布することにより形成される膜である。 In the present invention, a film formed on the substrate, the polarity by repeating units include, action of an acid having a group having a lactone structure represented by (A) the general formula (1) (described later in detail) Augmented is a film formed by it to apply a negative-development resist composition characterized contains a resin whose solubility decreases against negative developer.
以下、本発明で使用し得るレジスト組成物について説明する。 The following describes a resist composition which can be used in the present invention.

(A)一般式(1)で表されるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位を有し、酸の作用により極性が増大してネガ現像液に対する溶解度が減少する樹脂 本発明のレジスト組成物に用いられる、酸の作用により極性が増大してネガ現像液に対する溶解度が減少する樹脂は、下記一般式(1)で表されるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位を有する。 A repeating unit having a group having a lactone structure represented by (A) the general formula (1), the resist composition of the resin present invention solubility in a negative developer increasing the polarity is reduced by the action of an acid used, the resin solubility decreases against negative developer of increasing the polarity by the action of an acid, a repeating unit having a group having a lactone structure represented by the following general formula (1).

一般式(1)に於いて、 In the general formula (1),
2は、それぞれ独立に、鎖状または環状アルキレン基を表す。 R 2 each independently represent a chain or cyclic alkylene groups. 2が複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良い。 If the R 2 there is a plurality may be different and the same.
3は、それぞれ独立に、アルキル基またはシクロアルキル基を表す。 R 3 each independently represent an alkyl group or a cycloalkyl group. 3が複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良く、2つのR 3が結合し、環を形成していてもよい。 When the R 3 there is a plurality may be different even in the same, two R 3 may be bonded to form a ring.
Xは、アルキレン基、酸素原子または硫黄原子を表す。 X represents an alkylene group, an oxygen atom or a sulfur atom.
Yは、それぞれ独立に、電子求引性基を表す。 Y each independently represents an electron withdrawing group. Yが複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良い。 Y is when a plurality may be different and the same.
Zは、それぞれ独立に、単結合、エーテル結合、エステル結合、アミド結合、ウレタン結合またはウレア結合を表す。 Z independently represents a single bond, an ether bond, an ester bond, an amide bond, a urethane bond or a urea bond. Zが複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良い。 Z is when a plurality may be different and the same.
kは、置換基数であって、0〜7の整数を表す。 k is the number of substituents, represents an integer of 0-7.
nは、繰り返し数を表し、1〜5の整数を表す。 n is the number of repetitions represents an integer of 1 to 5.
mは、置換基数であって、1〜7の整数を表す。 m is the number of substituents, represents an integer of 1-7.

2で表される基としては、鎖状アルキレン基または環状アルキレン基であれば特に限定はされないが、好ましい鎖状アルキレン基としては炭素数が1〜10の鎖状のアルキレンが好ましく、より好ましくは炭素数1〜5であり、例えば、メチレン基、エチレン基、プロピレン基等が挙げられる。 The group represented by R 2, is not particularly limited as long as it is a chain alkylene group, or a cyclic alkylene group, preferably an alkylene chain having 1 to 10 carbon atoms is preferred chain alkylene group, more preferably is 1-5 carbon atoms, e.g., methylene, ethylene, propylene, and the like. 好ましい環状アルキレンとしては、炭素数1〜20の環状アルキレンであり、例えば、シクロヘキシレン、シクロペンチレン、ノルボルニレン、アダマンチレン等が挙げられる。 Preferred cyclic alkylene, cyclic alkylene having 1 to 20 carbon atoms, for example, cyclohexylene, cyclopentylene, norbornylene, adamantylene or the like. で表される基として好ましくは鎖状アルキレンである。 Preferably a group represented by R 2 is a linear alkylene. 鎖状アルキレン基、環状アルキレン基は特に限定されず置換基を有することができる。 Chain alkylene group, cyclic alkylene group may particularly have a limited without substituents. 鎖状アルキレン基、環状アルキレン基上の置換基として、例えば、フッ素原子、塩素原子、臭素原子等のハロゲン原子やメルカプト基、ヒドロキシ基、メトキシ基、エトキシ基、イソプロポキシ基、t−ブトキシ基、ベンジルオキシ基等のアルコキシ基、メチル基、エチル基、プロピル基、イソプロピル基、ブチル基、sec-ブチル基、t−ブチル基、ペンチル基、ヘキシル基等のアルキル基、シクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシル基、シクロヘプチル基等のシクロアルキル基、およびシアノ基、ニトロ基、スルホニル基、シリル基、エステル基、アシル基、ビニル基、アリール基等が挙げられる。 Chain alkylene group, as a substituent on a cyclic alkylene group, for example, a fluorine atom, a chlorine atom, a halogen atom or a mercapto group such as a bromine atom, a hydroxy group, a methoxy group, an ethoxy group, an isopropoxy group, t-butoxy group, an alkoxy group such as a benzyl group, a methyl group, an ethyl group, a propyl group, an isopropyl group, butyl group, sec- butyl group, t- butyl group, a pentyl group, an alkyl group such as hexyl, cyclopropyl, cyclobutyl, cyclopentyl, cyclohexyl group, a cycloalkyl group such as cycloheptyl group, and a cyano group, a nitro group, a sulfonyl group, a silyl group, an ester group, an acyl group, a vinyl group, and an aryl group. 前記nが2以上の場合はR で表される基は、それぞれ独立に同一であっても異なっていてもよい。 Group wherein when n is 2 or more, represented by R 2 may be independently identical or different independently.

で表されるアルキル基としては、好ましくは炭素数1〜30であり、より好ましくは炭素数1〜15の直鎖状アルキル基、分岐状アルキル基である。 The alkyl group represented by R 3, preferably 1 to 30 carbon atoms, more preferably a linear alkyl group, branched alkyl group having 1 to 15 carbon atoms. 具体的にはメチル基、エチル基、n−プロピル基、n−ブチル基、n−ペンチル基、n−ヘキシル基、n−オクチル基、n−ドデシル基、n−テトラデシル基、n−オクタデシル基などの直鎖アルキル基、イソプロピル基、イソブチル基、t−ブチル基、ネオペンチル基、2−エチルヘキシル基などの分岐アルキル基を挙げることができる。 A methyl group, an ethyl group, n- propyl group, n- butyl group, n- pentyl group, n- hexyl, n- octyl group, n- dodecyl group, n- tetradecyl, n- octadecyl, etc. linear alkyl group, an isopropyl group, an isobutyl group, t- butyl group, a neopentyl group, and a branched alkyl group such as a 2-ethylhexyl group.
としてのシクロアルキル基は、好ましくは炭素数3〜20のシクロアルキル基であり、多環でもよく、環内に酸素原子を有していてもよい。 The cycloalkyl group as R 3 is preferably a cycloalkyl group having 3 to 20 carbon atoms, it may be a polycyclic, and may have an oxygen atom in the ring. 具体的には、シクロプロピル基、シクロペンチル基、シクロヘキシル基、ノルボルニル基、アダマンチル基などを挙げることができる。 Specifically, there can be mentioned a cyclopropyl group, a cyclopentyl group, a cyclohexyl group, a norbornyl group, an adamantyl group.
のアルキル基、シクロアルキル基は、置換基を有していてもよい。 Alkyl groups R 3, cycloalkyl groups may have a substituent. アルキル基、シクロアルキル基上の置換基としては、例えば、フッ素原子、塩素原子、臭素原子等のハロゲン原子やメルカプト基、ヒドロキシ基、メトキシ基、エトキシ基、イソプロポキシ基、t−ブトキシ基、ベンジルオキシ基等のアルコキシ基、メチル基、エチル基、プロピル基、イソプロピル基、ブチル基、sec-ブチル基、t−ブチル基、ペンチル基、ヘキシル基等のアルキル基、シクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシル基、シクロヘプチル基等のシクロアルキル基、およびシアノ基、ニトロ基、スルホニル基、シリル基、エステル基、アシル基、ビニル基、アリール基等が挙げられる。 Alkyl group, the substituent on the cycloalkyl group, for example, a fluorine atom, a chlorine atom, a halogen atom or a mercapto group such as a bromine atom, a hydroxy group, a methoxy group, an ethoxy group, an isopropoxy group, t-butoxy group, benzyl an alkoxy group such as a group, a methyl group, an ethyl group, a propyl group, an isopropyl group, butyl group, sec- butyl group, t- butyl group, a pentyl group, an alkyl group such as hexyl, cyclopropyl, cyclobutyl, cyclopentyl, cyclohexyl group, a cycloalkyl group such as cycloheptyl group, and a cyano group, a nitro group, a sulfonyl group, a silyl group, an ester group, an acyl group, a vinyl group, and an aryl group. また複数個ある場合に、2つのR 3が結合して環(好ましくはシクロアルキレン基)を形成していてもよい。 Also when a plurality, two R 3 bond to ring (preferably a cycloalkylene group) may form a.

Xは、アルキレン基、酸素原子または硫黄原子を表す。 X represents an alkylene group, an oxygen atom or a sulfur atom. アルキレン基としては、炭素数1〜2のアルキレン基が好ましく、メチレン基、エチレン基等が挙げられる。 The alkylene group, preferably an alkylene group having 1 to 2 carbon atoms, a methylene group, an ethylene group, and the like. また、アルキレン基は置換基を有してもよく、そのような置換基としては、例えば、フッ素原子、塩素原子、臭素原子等のハロゲン原子やメルカプト基、ヒドロキシ基、メトキシ基、エトキシ基、イソプロポキシ基、t−ブトキシ基、ベンジルオキシ基等のアルコキシ基、メチル基、エチル基、プロピル基、イソプロピル基、ブチル基、sec-ブチル基、t−ブチル基、ペンチル基、ヘキシル基等のアルキル基、シクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシル基、シクロヘプチル基等のシクロアルキル基、およびシアノ基、ニトロ基、スルホニル基、シリル基、エステル基、アシル基、ビニル基、アリール基等が挙げられる。 Further, the alkylene group may have a substituent, and examples of the substituent include a fluorine atom, a chlorine atom, a halogen atom or a mercapto group such as a bromine atom, a hydroxy group, a methoxy group, an ethoxy group, iso propoxy, t-butoxy group, an alkoxy group such as a benzyl group, a methyl group, an ethyl group, a propyl group, an isopropyl group, butyl group, sec- butyl group, t- butyl group, a pentyl group, an alkyl group such as hexyl , cyclopropyl, cyclobutyl, cyclopentyl, cyclohexyl, cycloalkyl groups such as cycloheptyl group and a cyano group, a nitro group, a sulfonyl group, a silyl group, an ester group, an acyl group, a vinyl group, and an aryl group.

Yの電子求引性基としては、例えば、シアノ基、ニトロ基、カルボキシル基、ヒドロキシ基またはアルコキシ基、アルコキシカルボニル基、ハロゲン化アルキル基を挙げることができる。 As the electron-withdrawing group Y, for example, a cyano group, a nitro group, a carboxyl group, a hydroxyl group or an alkoxy group, an alkoxycarbonyl group, and a halogenated alkyl group. アルコキシ基及びアルコキシカルボニル基におけるアルコキシ基は、炭素数1〜10のアルコキシ基が好ましく、例えば、メトキシ基、エトキシ基、イソプロポキシ基、t−ブトキシ基、ベンジルオキシ基、シクロヘキサンオキシ等が挙げられる。 Alkoxy group in the alkoxy group and alkoxycarbonyl group is preferably an alkoxy group having 1 to 10 carbon atoms, such as methoxy group, ethoxy group, isopropoxy group, t-butoxy group, a benzyloxy group, a cyclohexane-oxy and the like. アルコキシ基及びアルコキシカルボニル基は置換基を有してもよく、そのような置換基としては、例えば、フッ素原子、塩素原子、臭素原子等のハロゲン原子やメルカプト基、ヒドロキシ基、メトキシ基、エトキシ基、イソプロポキシ基、t−ブトキシ基、ベンジルオキシ基等のアルコキシ基、メチル基、エチル基、プロピル基、イソプロピル基、ブチル基、sec-ブチル基、t−ブチル基、ペンチル基、ヘキシル基等のアルキル基、シクロプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、シクロヘキシル基、シクロヘプチル基等のシクロアルキル基、およびシアノ基、ニトロ基、スルホニル基、シリル基、エステル基、アシル基、ビニル基、アリール基等が挙げられる。 Alkoxy group and alkoxycarbonyl group may have a substituent, and examples of the substituent include a fluorine atom, a chlorine atom, a halogen atom or a mercapto group such as a bromine atom, a hydroxy group, a methoxy group, an ethoxy group , isopropoxy, t-butoxy group, an alkoxy group such as a benzyl group, a methyl group, an ethyl group, a propyl group, an isopropyl group, butyl group, sec- butyl group, t- butyl group, a pentyl group, a hexyl group alkyl group, cyclopropyl, cyclobutyl, cyclopentyl, cyclohexyl, cycloalkyl groups such as cycloheptyl group, and a cyano group, a nitro group, a sulfonyl group, a silyl group, an ester group, an acyl group, a vinyl group, and an aryl group and . 好ましいYとしては、シアノ基、ニトロ基、ヒドロキシ基、ハロゲン化アルキル基、特に好ましいYとしては、シアノ基が挙げられる。 Preferred Y, cyano group, nitro group, hydroxy group, halogenated alkyl group, particularly preferred Y, and a cyano group.

Zで表される基としては、単結合、エーテル結合、エステル結合、アミド結合、ウレタン結合またはウレア結合が挙げられるが、より好ましくは、単結合、エーテル結合、エステル結合が挙げられ、特に好ましくはエステル結合である。 The group represented by Z, a single bond, an ether bond, an ester bond, an amide bond, but a urethane bond or a urea bond, more preferably a single bond, an ether bond, an ester bond. Particularly preferred an ester linkage. Zは、ノルボルナン骨格のエンド側、エキソ側のいずれに位置していても良い。 Z is an end side of the norbornane skeleton may be located in any exo side.

kは置換基数であって、0〜7の整数を表し、より好ましくは0〜5特に好ましくは0〜3である。 k is a number of substituents, represents an integer of 0 to 7, more preferably 0-5 and particularly preferably 0-3. nは繰り返し数を表し、1〜5の整数を表し、より好ましくは1〜2である。 n represents the number of repetitions represents an integer of 1 to 5, more preferably 1-2. mは置換基数であって、1〜7の整数を表す。 m is number of substituents, being an integer of 1-7. より好ましくは1〜5、特に好ましくは1〜3である。 More preferably 1-5, particularly preferably 1-3.

一般式(1)で表されるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位は、下記一般式(2)で表される繰り返し単位であることが好ましい。 Repeating unit having a group having a lactone structure represented by the general formula (1) is preferably a repeating unit represented by the following general formula (2).

一般式(2)に於いて、 In the general formula (2),
1は、水素原子、アルキル基またはハロゲン原子を表す。 R 1 represents a hydrogen atom, an alkyl group or a halogen atom.
2は、それぞれ独立に、鎖状または環状アルキレン基を表す。 R 2 each independently represent a chain or cyclic alkylene groups. 2が複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良い。 If the R 2 there is a plurality may be different and the same.
3は、それぞれ独立に、アルキル基またはシクロアルキル基を表す。 R 3 each independently represent an alkyl group or a cycloalkyl group. 3が複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良く、2つのR 3が結合し、環を形成していてもよい。 When the R 3 there is a plurality may be different even in the same, two R 3 may be bonded to form a ring.
Xは、アルキレン基、酸素原子または硫黄原子を表す。 X represents an alkylene group, an oxygen atom or a sulfur atom.
Yは、それぞれ独立に、電子求引性基を表す。 Y each independently represents an electron withdrawing group. Yが複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良い。 Y is when a plurality may be different and the same.
Zは、それぞれ独立に、単結合、エーテル結合、エステル結合、アミド結合、ウレタン結合またはウレア結合を表す。 Z independently represents a single bond, an ether bond, an ester bond, an amide bond, a urethane bond or a urea bond. Zが複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良い。 Z is when a plurality may be different and the same.
kは、置換基数であって、0〜7の整数を表す。 k is the number of substituents, represents an integer of 0-7.
nは、繰り返し数を表し、1〜5の整数を表す。 n is the number of repetitions represents an integer of 1 to 5.
mは、置換基数であって、1〜7の整数を表す。 m is the number of substituents, represents an integer of 1-7.

一般式(2)に於ける、R 、R 、X、Y、Z、k、n、mは、一般式(1)に於ける、R 、R 、X、Y、Z、k、n、mと同義である。 In the general formula (2), R 2, R 3, X, Y, Z, k, n, m are in the general formula (1), R 2, R 3, X, Y, Z, k , n, it is synonymous with m.
のアルキル基としては、炭素数1〜5のアルキル基が好ましく、より好ましくはメチル基である。 The alkyl group of R 1, preferably an alkyl group having 1 to 5 carbon atoms, more preferably a methyl group. アルキル基は、置換基を有していてもよい。 Alkyl group may have a substituent. 好ましいアルキル基上の置換基としては、ハロゲン原子、ヒドロキシル基、メトキシ基、エトキシ基、イソプロポキシ基、t−ブトキシ基、ベンジルオキシ基等のアルコキシ基等が挙げられる。 The substituent on preferred alkyl group, a halogen atom, a hydroxyl group, a methoxy group, an ethoxy group, an isopropoxy group, t-butoxy group, and an alkoxy group such as a benzyloxy group. として特に好ましい基としては、水素原子、メチル基、ヒドロキメチル基、トリフルオロメチル基である。 Particularly preferred groups as R 1, a hydrogen atom, a methyl group, a hydroxymethyl group, a trifluoromethyl group.

一般式(1)で表されるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位は、下記一般式(3)で表される繰り返し単位であることがより好ましい。 Repeating unit having a group having a lactone structure represented by the general formula (1) is preferably a repeating unit represented by the following general formula (3).

一般式(3)に於いて、 In the general formula (3),
1aは、水素原子またはアルキル基を表す。 R 1a represents a hydrogen atom or an alkyl group.
1aがアルキル基(好ましくは炭素数1〜10)である場合、置換基を有していてもよく、置換基としてはフッ素原子、塩素原子、臭素原子等のハロゲン原子、ヒドロキシ基などが挙げられる。 If R 1a is an alkyl group (preferably having 1 to 10 carbon atoms) is, may have a substituent, a fluorine atom, a chlorine atom, a halogen atom such as a bromine atom, etc. hydroxy group exemplified as a substituent It is.
3は、それぞれ独立に、アルキル基またはシクロアルキル基を表す。 R 3 each independently represent an alkyl group or a cycloalkyl group. 3が複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良く、2つのR 3が結合し、環を形成していてもよい。 When the R 3 there is a plurality may be different even in the same, two R 3 may be bonded to form a ring.
Xは、アルキレン基、酸素原子または硫黄原子を表す。 X represents an alkylene group, an oxygen atom or a sulfur atom.
kは、置換基数であって、0〜7の整数を表す。 k is the number of substituents, represents an integer of 0-7.
lは、繰り返し数を表し、1〜5の整数を表す。 l is the number of repetitions, representing an integer of 1 to 5.
nは、繰り返し数を表し、1〜5の整数を表す。 n is the number of repetitions represents an integer of 1 to 5.
mは、置換基数であって、1〜7の整数を表す。 m is the number of substituents, represents an integer of 1-7.

一般式(3)に於ける、R 、X、k、n、mは、一般式(1)に於ける、R 、X、k、n、mと同義である。 In formula (3), R 3, X , k, n, m are in the general formula (1), R 3, X , k, n, is synonymous with m.
1aがハロゲン化メチル基である場合は、トリフルオロメチル基であることが好ましい。 If R 1a is a halogenated methyl group is preferably a trifluoromethyl group.
1aとして特に好ましい基としては、水素原子、メチル基、ヒドロキメチル基、トリフルオロメチル基である。 Particularly preferred groups as R 1a, a hydrogen atom, a methyl group, a hydroxymethyl group, a trifluoromethyl group.
lはメチレン基の繰り返し数であり、1〜5の整数を表し、より好ましくは1〜3の整数である。 l is the number of repetitions of the methylene group, represents an integer of 1 to 5, more preferably an integer of 1 to 3.

一般式(1)で表されるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位の含有量は、樹脂中の全繰り返し単位に対し、15〜70mol%が好ましく、より好ましくは20〜50mol%、更に好ましくは30〜50mol%である。 The content of the repeating unit having a group having a lactone structure represented by the general formula (1) based on all the repeating units in the resin, preferably from 15~70Mol%, more preferably 20 to 50 mol%, more preferably it is a 30~50mol%.
ラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位は、後述する酸分解性繰り返し単位のモル比率(モル%)の±20モル%であることが現像性の観点から特に好ましい。 Repeating unit having a group having a lactone structure is particularly preferable from the viewpoint of developability is ± 20 mole% of the molar ratio to be described later acid-decomposable repeating units (mol%).

以下に一般式(1)で表されるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位の具体例を示すが、本発明はこれに限定されるものではない。 Specific examples of the repeating units having groups with a lactone structure represented by the general formula (1) below, the present invention is not limited thereto.

下記具体例中、R は、水素原子、アルキル基またはハロゲン原子を表し、好ましくは、水素原子、メチル基、ヒドロキシメチル基、トリフルオロメチル基又はハロゲン原子を表す。 In specific examples, R 1 represents a hydrogen atom, an alkyl group or a halogen atom, preferably a hydrogen atom, a methyl group, a hydroxymethyl group, a trifluoromethyl group or a halogen atom.

一般式(1)で表されるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位としては、一般式(1)の構造を有する(メタ)アクリル酸エステル誘導体、(メタ)アクリルアミド誘導体、ビニルエーテル誘導体、オレフィン誘導体、スチレン誘導体などを有する繰り返し単位が挙げられ、好ましくは一般式(I)の構造を有する(メタ)アクリル酸エステル誘導体を有する繰り返し単位である。 The repeating unit having a group having a lactone structure represented by the general formula (1), having a structure of formula (1) (meth) acrylic acid ester derivatives, (meth) acrylamide derivatives, vinyl ether derivatives, olefin derivatives, It includes repeating units having a styrene derivative, a repeating unit having preferably has the structure of formula (I) with (meth) acrylic acid ester derivative.

(A)成分の樹脂は、一般式(1)で表されるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位以外に、さらに一般式(1)で表されるラクトン構造を有する基とは異なるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位を有していても良い。 The resin of component (A), in addition to the repeating units having groups with a lactone structure represented by the general formula (1), a lactone structure different from the groups further having a lactone structure represented by the general formula (1) it may have a repeating unit having a group having. ラクトン構造としては、ラクトン構造を有していればいずれでも用いることができるが、好ましくは5〜7員環ラクトン構造であり、5〜7員環ラクトン構造にビシクロ構造、スピロ構造を形成する形で他の環構造が縮環しているものが好ましい。 As for the lactone structure, it may be used any one as long as it has a lactone structure, and preferably a 5- to 7-membered ring lactone structure, bicyclo structure a 5- to 7-membered ring lactone structure, form a spiro structure form in which another ring structure is condensed is preferable. 下記一般式(LC1−1)〜(LC1−16)のいずれかで表されるラクトン構造を有する繰り返し単位を有することがより好ましい。 It is more preferred to contain a repeating unit having a lactone structure represented by any one of the following formulas (LC1-1) ~ (LC1-16). また、ラクトン構造が主鎖に直接結合していてもよい。 The lactone structure may be directly bonded to the main chain. 好ましいラクトン構造としては(LC1−1)、(LC1−4)、(LC1−5)、(LC1−6)、(LC1−13)、(LC1−14)である。 Preferred lactone structures are (LC1-1), (LC1-4), a (LC1-5), (LC1-6), (LC1-13), (LC1-14).

ラクトン構造部分は、置換基(Rb 2 )を有していても有していなくてもよい。 The lactone structure moiety may or may not have have a substituent (Rb 2). 好ましい置換基(Rb 2 )としては、炭素数1〜8のアルキル基、炭素数4〜7のシクロアルキル基、炭素数1〜8のアルコキシ基、炭素数1〜8のアルコキシカルボニル基、カルボキシル基、ハロゲン原子、水酸基、シアノ基、酸分解性基などが挙げられる。 Preferred examples of the substituent (Rb 2), alkyl group having 1 to 8 carbon atoms, cycloalkyl group having 4 to 7 carbon atoms, an alkoxy group having 1 to 8 carbon atoms, an alkoxycarbonyl group having 1 to 8 carbon atoms, a carboxyl group a halogen atom, a hydroxyl group, a cyano group, and an acid-decomposable group. より好ましくは炭素数1〜4のアルキル基、シアノ基、酸分解性基である。 More preferably an alkyl group having 1 to 4 carbon atoms, a cyano group and an acid-decomposable group. 2は、0〜4の整数を表す。 n 2 represents an integer of 0-4. 2が2以上の時、複数存在する置換基(Rb 2 )は、同一でも異なっていてもよく、また、複数存在する置換基(Rb 2 )同士が結合して環を形成してもよい。 When n 2 is 2 or more, plurality of substituents (Rb 2) may be the same or different or may be bonded to form a ring substituent (Rb 2) between the plurality of .

一般式(LC1−1)〜(LC1−16)のいずれかで表されるラクトン構造を有する繰り返し単位としては、下記一般式(AI)で表される繰り返し単位を挙げることができる。 The repeating unit having a lactone structure represented by any one of formulas (LC1-1) ~ (LC1-16), there can be mentioned the repeating units represented by the following formula (AI).

一般式(AI)中、 In the general formula (AI),
Rb 0は、水素原子、ハロゲン原子又はアルキル基(好ましくは炭素数1〜4)を表す。 Rb 0 represents a hydrogen atom, a halogen atom or an alkyl group (preferably having from 1 to 4 carbon atoms). Rb 0のアルキル基が有していてもよい好ましい置換基としては、水酸基、ハロゲン原子が挙げられる。 As the preferred substituents that the alkyl group have the rb 0, hydroxyl group and a halogen atom. Rb 0のハロゲン原子としては、フッ素原子、塩素原子、臭素原子、沃素原子を挙げることができる。 As the halogen atom represented by Rb 0, there can be mentioned a fluorine atom, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom. Rb 0は、水素原子又はメチル基が好ましい。 Rb 0 is a hydrogen atom or a methyl group is preferable.
Abは、単結合、アルキレン基、単環若しくは多環の脂環炭化水素構造を有する2価の連結基、エーテル基、エステル基、カルボニル基又はこれらを組み合わせた2価の連結基を表す。 Ab represents a single bond, an alkylene group, a divalent linking group having a monocyclic or polycyclic alicyclic hydrocarbon structure, an ether group, an ester group, a carbonyl group or a divalent linking group comprising a combination thereof. 好ましくは、単結合、−Ab 1 −CO 2 −で表される2価の連結基である。 Preferably a single bond, -Ab 1 -CO 2 - is a divalent linking group represented by. Ab 1は、直鎖若しくは分岐状アルキレン基、単環若しくは多環のシクロアルキレン基であり、好ましくはメチレン基、エチレン基、シクロヘキシレン基、アダマンチレン基、ノルボルニレン基である。 Ab 1 represents a linear or branched alkylene group, a cycloalkylene group monocyclic or polycyclic, preferably a methylene group, an ethylene group, a cyclohexylene group, an adamantylene group, norbornylene group.
Vは、一般式(LC1−1)〜(LC1−16)の内のいずれかで示される構造を有する基を表す。 V represents a group having a structure represented by any one of formulas (LC1-1) ~ (LC1-16).

ラクトン構造を有する繰り返し単位は、通常光学異性体が存在するが、いずれの光学異性体を用いてもよい。 Repeating unit having a lactone structure usually has an optical isomer, it may be any of optical isomers. また、1種の光学異性体を単独で用いても、複数の光学異性体混合して用いてもよい。 Moreover, even with a single type of optical isomer alone and to use a mixture of plural optical isomers. 1種の光学異性体を主に用いる場合、その光学純度(ee)が90以上のものが好ましく、より好ましくは95以上である。 When one kind of optical isomer is mainly used, the optical purity (ee) thereof is preferably 90 or more, more preferably 95 or more.

他のラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位の含有量は、樹脂中の全繰り返し単位に対し、15〜60mol%が好ましく、より好ましくは20〜50mol%、更に好ましくは30〜50mol%である。 The content of the repeating unit having a group having other lactone structure, based on all repeating units in the resin, preferably from 15 to 60 mol%, more preferably 20 to 50 mol%, more preferably from 30 to 50 mol%.

他のラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位の具体例を以下に挙げるが、本発明はこれらに限定されない。 Specific examples of the repeating unit having a group having other lactone structure are shown below, but the invention is not limited thereto. 具体例中、RxはH,CH ,CH OH,またはCF を表す。 In the formulas, Rx represents H, CH 3, CH 2 OH or CF 3,.

本発明のレジスト組成物に用いられる、酸の作用により極性が増大してネガ型現像液に対する溶解度が減少する樹脂としては、一般式(1)で表されるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位とともに、例えば、樹脂の主鎖又は側鎖、あるいは、主鎖及び側鎖の両方に、酸の作用により分解し、アルカリ可溶性基を生じる基(以下、「酸分解性基」ともいう)を有する樹脂(以下、「酸分解性樹脂」又は「樹脂(A)」ともいう)を挙げることができ、なお、この樹脂は、酸の作用により極性が増大し、ポジ型現像液に対する溶解度が増大する樹脂でもある。 Used in the resist composition of the present invention, the resin soluble in a negative developer increasing the polarity is reduced by the action of an acid, repeating units having a group having a lactone structure represented by the general formula (1) and having, for example, the main or side chain of the resin, or in both the main chain and the side chain is decomposed by the action of an acid, groups that produce an alkali-soluble group (hereinafter also referred to as "acid-decomposable group") resin (hereinafter, also referred to as an "acid-decomposable resin" or "resin (a)") can be cited, in addition, the resin, increasing the polarity by the action of an acid, the solubility is increased with respect to positive developer It is also a resin.

アルカリ可溶性基としては、フェノール性水酸基、カルボキシル基、フッ素化アルコール基、スルホン酸基、スルホンアミド基、スルホニルイミド基、(アルキルスルホニル)(アルキルカルボニル)メチレン基、(アルキルスルホニル)(アルキルカルボニル)イミド基、ビス(アルキルカルボニル)メチレン基、ビス(アルキルカルボニル)イミド基、ビス(アルキルスルホニル)メチレン基、ビス(アルキルスルホニル)イミド基、トリス(アルキルカルボニル)メチレン基、トリス(アルキルスルホニル)メチレン基等が挙げられる。 The alkali-soluble group include a phenolic hydroxyl group, a carboxyl group, a fluorinated alcohol group, a sulfonic acid group, a sulfonamide group, a sulfonylimide group, an (alkylsulfonyl) (alkylcarbonyl) methylene group, an (alkylsulfonyl) (alkylcarbonyl) imide group, bis (alkylcarbonyl) methylene group, bis (alkylcarbonyl) imide group, a bis (alkylsulfonyl) methylene group, bis (alkylsulfonyl) imide group, a tris (alkylcarbonyl) methylene group, a tris (alkylsulfonyl) methylene group and the like.
好ましいアルカリ可溶性基としては、カルボキシル基、フッ素化アルコール基(好ましくはヘキサフルオロイソプロパノール)、スルホン酸基が挙げられる。 As preferred alkali soluble groups, a carboxyl group, a fluoroalcohol group (preferably hexafluoroisopropanol) and a sulfonic acid group.
酸分解性基として好ましい基は、これらのアルカリ可溶性基の水素原子を酸で脱離する基で置換した基である。 The group preferred as the acid-decomposable group is a group obtained by substituting a hydrogen atom of the alkali-soluble groups with an acid eliminable group.
酸で脱離する基としては、例えば、−C(R 36 )(R 37 )(R 38 )、−C(R 36 )(R 37 )(OR 39 )、−C(R 01 )(R 02 )(OR 39 )等を挙げることができる。 As the acid eliminable group, there can be, for example, -C (R 36) (R 37) (R 38), - C (R 36) (R 37) (OR 39), - C (R 01) (R 02 ) (can be exemplified OR 39) or the like.
式中、R 36 〜R 39は、各々独立に、アルキル基、シクロアルキル基、アリール基、アラルキル基又はアルケニル基表す。 Wherein, R 36 to R 39 each independently represents an alkyl group, a cycloalkyl group, an aryl group, an aralkyl group or an alkenyl group. 36とR 37とは、互いに結合して環を形成してもよい。 R 36 and R 37, may be bonded to each other to form a ring.
01 〜R 02は、各々独立に、水素原子、アルキル基、シクロアルキル基、アリール基、アラルキル基又はアルケニル基を表す。 R 01 to R 02 each independently represents a hydrogen atom, an alkyl group, a cycloalkyl group, an aryl group, an aralkyl group or an alkenyl group.
酸分解性基としては好ましくは、クミルエステル基、エノールエステル基、アセタールエステル基、第3級のアルキルエステル基等である。 Preferably, the acid-decomposable group is a cumyl ester group, an enol ester group, an acetal ester group, a tertiary alkyl ester group or the like. 更に好ましくは、第3級アルキルエステル基である。 More preferably, a tertiary alkyl ester group.

樹脂(A)は、酸分解性基を有する繰り返し単位を有する。 Resin (A) has a repeating unit having an acid-decomposable group. 酸分解性基を有する繰り返し単位としては下記一般式(A)で表される繰り返し単位が好ましい。 Repeating unit represented by the following general formula (A) is preferably a repeating unit having an acid-decomposable group.

一般式(A)に於いて、 In the general formula (A),
Xa 1は、水素原子、メチル基、トリフルオロメチル基又はヒドロキシメチル基を表す。 Xa 1 represents a hydrogen atom, a methyl group, a trifluoromethyl group or a hydroxymethyl group.
Tは、単結合又は2価の連結基を表す。 T represents a single bond or a divalent linking group.
Rx 1 〜Rx 3は、それぞれ独立に、アルキル基(直鎖若しくは分岐)又はシクロアルキル基(単環若しくは多環)を表す。 Rx 1 to Rx 3 each independently represents an alkyl group (linear or branched) or a cycloalkyl group (monocyclic or polycyclic).
Rx 1 〜Rx 3の少なくとも2つが結合して、シクロアルキル基(単環若しくは多環)を形成してもよい。 At least two binding of rx 1 to Rx 3, may form a cycloalkyl group (monocyclic or polycyclic).

Tの2価の連結基としては、アルキレン基、−COO−Rt−基、−O−Rt−基等が挙げられる。 Examples of the divalent linking group T, then the alkylene group, -COO-Rt- group, -O-Rt- group and the like. 式中、Rtは、アルキレン基又はシクロアルキレン基を表す。 In the formulas, Rt represents an alkylene group or a cycloalkylene group.
Tは、単結合又は−COO−Rt−基が好ましい。 T represents a single bond or a group of the formula -COO-Rt- preferred. Rtは、炭素数1〜5のアルキレン基が好ましく、−CH 2 −基、−(CH 23 −基がより好ましい。 Rt is preferably an alkylene group having 1 to 5 carbon atoms, -CH 2 - group, - (CH 2) 3 - group are more preferable.
Rx 1 〜Rx 3のアルキル基としては、メチル基、エチル基、n−プロピル基、イソプロピル基、n−ブチル基、イソブチル基、t−ブチル基などの炭素数1〜4のものが好ましい。 Examples of the alkyl group rx 1 to Rx 3, methyl, ethyl, n- propyl group, an isopropyl group, n- butyl group, an isobutyl group, those having 1 to 4 carbon atoms such as t- butyl group.
Rx 1 〜Rx 3のシクロアルキル基としては、シクロペンチル基、シクロヘキシル基などの単環のシクロアルキル基、ノルボルニル基、テトラシクロデカニル基、テトラシクロドデカニル基、アダマンチル基などの多環のシクロアルキル基が好ましい。 The cycloalkyl group rx 1 to Rx 3, cyclopentyl group, a monocyclic cycloalkyl group such as cyclohexyl group, norbornyl group, tetra tricyclodecanyl group, tetracyclododecanyl group, polycyclic cycloalkyl such as adamantyl group group is preferred.
Rx 1 〜Rx 3の少なくとも2つが結合して形成されるシクロアルキル基としては、シクロペンチル基、シクロヘキシル基などの単環のシクロアルキル基、ノルボルニル基、テトラシクロデカニル基、テトラシクロドデカニル基、アダマンチル基などの多環のシクロアルキル基が好ましい。 The cycloalkyl group where at least 2 of rx 1 to Rx 3 is formed by bonding, a cyclopentyl group, a monocyclic cycloalkyl group such as cyclohexyl group, norbornyl group, tetra tricyclodecanyl group, tetracyclododecanyl group, polycyclic cycloalkyl group such as adamantyl group.
Rx 1がメチル基またはエチル基であり、Rx 2とRx 3とが結合して上述のシクロアルキル基を形成している様態が好ましい。 Rx 1 is a methyl group or an ethyl group, manner of combining and the Rx 2 and Rx 3 form any of the above-mentioned cycloalkyl groups.

酸分解性基を有する繰り返し単位の含有量は、樹脂中の全繰り返し単位に対し、20〜50mol%が好ましく、より好ましくは25〜45mol%である。 The content of the repeating unit having an acid-decomposable group based on all the repeating units in the resin, preferably from 20 to 50 mol%, more preferably 25 to 45 mol%.

好ましい酸分解性基を有する繰り返し単位の具体例を以下に示すが、本発明は、これに限定されるものではない。 Specific examples of the repeating unit having an acid decomposable group are set forth below, but the present invention is not limited thereto.

(A)成分の樹脂は、水酸基又はシアノ基を有する繰り返し単位を有することが好ましい。 The resin of Component (A) preferably has a repeating unit having a hydroxyl group or a cyano group. これにより基板密着性、現像液親和性が向上する。 Thus adhesion to substrate, the affinity for developer are enhanced. 水酸基又はシアノ基を有する繰り返し単位は、水酸基又はシアノ基で置換された脂環炭化水素構造を有する繰り返し単位であることが好ましい。 The repeating unit having a hydroxyl group or a cyano group is preferably a repeating unit having an alicyclic hydrocarbon structure substituted by a hydroxyl group or a cyano group. 水酸基又はシアノ基で置換された脂環炭化水素構造に於ける、脂環炭化水素構造としては、アダマンチル基、ジアマンチル基、ノルボルナン基が好ましい。 In the alicyclic hydrocarbon structure substituted with a hydroxyl group or a cyano group, the alicyclic hydrocarbon structure, an adamantyl group, a diamantyl group or a norbornane group. 好ましい水酸基又はシアノ基で置換された脂環炭化水素構造としては、下記一般式(VIIa)〜(VIId)で表される部分構造が好ましい。 The alicyclic hydrocarbon structure substituted with a preferred hydroxyl group or a cyano group, a partial structure represented by the following general formula (VIIa) ~ (VIId) are preferred.

一般式(VIIa)〜(VIIc)に於いて、 In the general formula (VIIa) ~ (VIIc),
2 c〜R 4 cは、各々独立に、水素原子、水酸基又はシアノ基を表す。 R 2 c to R 4 c are each independently a hydrogen atom, a hydroxyl group or a cyano group. ただし、R 2 c〜R 4 cの内の少なくとも1つは、水酸基又はシアノ基を表す。 Provided that at least one of R 2 c to R 4 c represents a hydroxyl group or a cyano group. 好ましくは、R 2 c〜R 4 cの内の1つ又は2つが、水酸基で、残りが水素原子である。 Preferably, one or two of the R 2 c to R 4 c, a hydroxyl group with the remaining being a hydrogen atom. 一般式(VIIa)に於いて、更に好ましくは、R 2 c〜R 4 cの内の2つが、水酸基で、残りが水素原子である。 In the general formula (VIIa), more preferably, two of the R 2 c to R 4 c, a hydroxyl group with the remaining being a hydrogen atom.

一般式(VIIa)〜(VIId)で表される部分構造を有する繰り返し単位としては、下記一般式(AIIa)〜(AIId)で表される繰り返し単位を挙げることができる。 The repeating unit having a partial structure represented by the general formula (VIIa) ~ (VIId), there can be mentioned the repeating unit represented by the following formula (AIIa) ~ (AIId).

一般式(AIIa)〜(AIId)に於いて、 In the general formula (AIIa) ~ (AIId),
1 cは、水素原子、メチル基、トリフロロメチル基又はヒドロキメチル基を表す。 R 1 c represents a hydrogen atom, a methyl group, a trifluoromethyl group or a hydroxymethyl group.
2 c〜R 4 cは、一般式(VIIa)〜(VIIc)に於ける、R 2 c〜R 4 cと同義である。 R 2 c to R 4 c are in the general formula (VIIa) ~ (VIIc), same meanings as R 2 c~R 4 c.

水酸基又はシアノ基で置換された脂環炭化水素構造を有する繰り返し単位の含有量は、ポリマー中の全繰り返し単位に対し、5〜40mol%が好ましく、より好ましくは5〜30mol%、更に好ましくは10〜25mol%である。 The content of the repeating unit having an alicyclic hydrocarbon structure substituted by a hydroxyl group or a cyano group based on all the repeating units in the polymer, preferably from 5 to 40 mol%, more preferably 5 to 30 mol%, more preferably 10 it is a ~25mol%.

水酸基又はシアノ基を有する繰り返し単位の具体例を以下に挙げるが、本発明はこれらに限定されない。 Specific examples of the repeating unit having a hydroxyl group or a cyano group are illustrated below, but the present invention is not limited thereto.

(A)成分の樹脂は、アルカリ可溶性基を有する繰り返し単位を有することが好ましい。 The resin of Component (A) preferably has a repeating unit having an alkali-soluble group. アルカリ可溶性基としてはカルボキシル基、スルホンアミド基、スルホニルイミド基、ビスルスルホニルイミド基、α位が電子求引性基で置換された脂肪族アルコール(例えばヘキサフロロイソプロパノール基)が挙げられ、カルボキシル基を有する繰り返し単位を有することがより好ましい。 The alkali-soluble group includes a carboxyl group, a sulfonamide group, a sulfonylimide group, bis Le sulfonyl imide groups, alpha-position substituted aliphatic alcohols (for example, hexafluoroisopropanol group) include an electron withdrawing group, a carboxyl group it is more preferred to contain a repeating unit having. アルカリ可溶性基を有する繰り返し単位を含有することによりコンタクトホール用途での解像性が増す。 Resolution increases in the usage of forming contact holes by containing a repeating unit having an alkali-soluble group. アルカリ可溶性基を有する繰り返し単位としては、アクリル酸、メタクリル酸による繰り返し単位のような樹脂の主鎖に直接アルカリ可溶性基が結合している繰り返し単位、あるいは連結基を介して樹脂の主鎖にアルカリ可溶性基が結合している繰り返し単位、さらにはアルカリ可溶性基を有する重合開始剤や連鎖移動剤を重合時に用いてポリマー鎖の末端に導入、のいずれも好ましく、連結基は単環または多環の環状炭化水素構造を有していてもよい。 The repeating unit having an alkali-soluble group include acrylic acid, alkali through the repeating unit or linking group, the main chain directly to an alkali-soluble groups of the resin, such as repeating unit by methacrylic acid is bonded to the main chain of the resin repeating units soluble group is bonded, is introduced into the polymer chain terminal by using a polymerization initiator or chain transfer agent having an alkali-soluble group, any of preferably, the linking group of the monocyclic or polycyclic it may have a cyclic hydrocarbon structure. 特に好ましくはアクリル酸、メタクリル酸による繰り返し単位である。 Particularly preferably a repeating unit by acrylic acid or methacrylic acid.

アルカリ可溶性基を有する繰り返し単位の含有量は、ポリマー中の全繰り返し単位に対し、0〜20mol%が好ましく、より好ましくは3〜15mol%、更に好ましくは5〜10mol%である。 The content of the repeating unit having an alkali-soluble group based on all the repeating units in the polymer, preferably from 0 to 20 mol%, more preferably 3 to 15 mol%, more preferably from 5 to 10 mol%.

アルカリ可溶性基を有する繰り返し単位の具体例を以下に示すが、本発明は、これに限定されるものではない。 Are shown below Specific examples of the repeating unit having an alkali-soluble group, the present invention is not limited thereto.

(A)成分の樹脂は、更に、脂環炭化水素構造を有し、酸分解性を示さない繰り返し単位を有してもよい。 The resin of component (A) further has an alicyclic hydrocarbon structure may have a repeating unit not exhibiting acid decomposability. これにより液浸露光時にレジスト膜から液浸液への低分子成分の溶出が低減できる。 Thus of low molecular components from the resist film into the immersion liquid eluting at the immersion exposure can be reduced.
具体的には、脂環炭化水素系酸分解性樹脂は、更に、水酸基及びシアノ基のいずれも有さない、一般式(III)で表される繰り返し単位を含有していることが好ましい。 Specifically, the alicyclic hydrocarbon-based acid-decomposable resin further having neither a hydroxyl group nor a cyano group, preferably contains a repeating unit represented by formula (III).

一般式(III)中、R は少なくとも一つの環状構造を有し、水酸基及びシアノ基のいずれも有さない炭化水素基を表す。 In the general formula (III), R 5 is having at least one cyclic structure represents a hydrocarbon group having neither a hydroxyl group nor a cyano group.
Raは水素原子、アルキル基又は−CH 2 −O−Ra 2基を表す。 Ra represents a hydrogen atom, an alkyl group or -CH 2 -O-Ra 2 group. 式中、Ra 2は、水素原子、アルキル基又はアシル基を表す。 Wherein, Ra 2 represents a hydrogen atom, an alkyl group or an acyl group. Raとして、例えば、水素原子、メチル基、トリフルオロメチル基又はヒドロキシメチル基等が挙げられる。 As Ra, for example, a hydrogen atom, a methyl group, a trifluoromethyl group or a hydroxymethyl group, and the like.

が有する環状構造には、単環式炭化水素基及び多環式炭化水素基が含まれる。 The cyclic structures contained in R 5 include a monocyclic hydrocarbon group and a polycyclic hydrocarbon group. 単環式炭化水素基としては、たとえば、シクロペンチル基、シクロヘキシル基、シクロへプチル基、シクロオクチル基などの炭素数3から12のシクロアルキル基、シクロへキセニル基など炭素数3から12のシクロアルケニル基が挙げられる。 Examples of the monocyclic hydrocarbon group, for example, a cyclopentyl group, a cyclohexyl group, heptyl group cycloalkyl, cycloalkyl group having 3 to 12 carbon atoms, such as cyclooctyl group, cycloalkenyl of 3 to 12 carbons, such as cyclohexenyl group cycloheteroalkyl group, and the like. 好ましい単環式炭化水素基としては、炭素数3から7の単環式炭化水素基であり、より好ましくは、シクロペンチル基、シクロヘキシル基が挙げられる。 Preferably, the monocyclic hydrocarbon group, a monocyclic hydrocarbon group having 3 to 7 carbon atoms, more preferably a cyclopentyl group, a cyclohexyl group.

多環式炭化水素基には環集合炭化水素基、架橋環式炭化水素基が含まれ、環集合炭化水素基の例としては、ビシクロヘキシル基、パーヒドロナフタレニル基などが含まれる。 Polycyclic hydrocarbon based ring-assembly hydrocarbon groups include a crosslinked cyclic hydrocarbon group, examples of the ring-assembly hydrocarbon groups include a bicyclohexyl group and perhydronaphthalenyl group. 架橋環式炭化水素環として、例えば、ピナン、ボルナン、ノルピナン、ノルボルナン、ビシクロオクタン環(ビシクロ[2.2.2]オクタン環、ビシクロ[3.2.1]オクタン環等)などの2環式炭化水素環及び、ホモブレダン、アダマンタン、トリシクロ[5.2.1.0 2,6 ]デカン、トリシクロ[4.3.1.1 2,5 ]ウンデカン環などの3環式炭化水素環、テトラシクロ[4.4.0.1 2,5 Examples of the crosslinked cyclic hydrocarbon ring, such as pinane, bornane, norpinane, norbornane, bicyclo octane ring (bicyclo [2.2.2] octane ring, bicyclo [3.2.1] octane ring) bicyclic, such as hydrocarbon ring and, homobledane ring, adamantane, tricyclo [5.2.1.0 2,6] decane, tricyclo [4.3.1.1 2, 5] 3-cyclic hydrocarbon ring such as undecane ring, and tetracyclo [ 4.4.0.1 2,5. 7,10 ]ドデカン、パーヒドロ−1,4−メタノ−5,8−メタノナフタレン環などの4環式炭化水素環などが挙げられる。 1 7,10] dodecane, etc. 4 ring and perhydro-1,4-methano-5,8 ring. また、架橋環式炭化水素環には、縮合環式炭化水素環、例えば、パーヒドロナフタレン(デカリン)、パーヒドロアントラセン、パーヒドロフェナントレン、パーヒドロアセナフテン、パーヒドロフルオレン、パーヒドロインデン、パーヒドロフェナレン環などの5〜8員シクロアルカン環が複数個縮合した縮合環も含まれる。 Further, the crosslinked-ring hydrocarbon rings include condensed-ring hydrocarbon rings, for example, perhydronaphthalene (decalin), perhydroanthracene, perhydro-phenanthrene, perhydro acenaphthene, perhydrofluorene, perhydroindene, perhydro fused ring 5-8 membered cycloalkane ring such as phenalene ring is condensation of multiple also included.

好ましい架橋環式炭化水素環として、ノルボルニル基、アダマンチル基、ビシクロオクタニル基、トリシクロ[5、2、1、0 2,6 ]デカニル基、などが挙げられる。 As preferred crosslinked-ring hydrocarbon rings, a norbornyl group, an adamantyl group, a bicyclooctanyl group, a tricyclo [5,2,1,0 2,6] decanyl group, and the like. より好ましい架橋環式炭化水素環としてノルボニル基、アダマンチル基が挙げられる。 More preferred crosslinked-ring hydrocarbon rings, a norbornyl group and an adamantyl group.

これらの脂環式炭化水素基は置換基を有していても良く、好ましい置換基としてはハロゲン原子、アルキル基、保護基で保護されたヒドロキシル基、保護基で保護されたアミノ基などが挙げられる。 These alicyclic hydrocarbon groups may have a substituent, preferred examples of the substituent include a halogen atom, an alkyl group, a hydroxyl group protected by a protective group, such as protected amino group mentioned protecting group It is. 好ましいハロゲン原子としては臭素、塩素、フッ素原子、好ましいアルキル基としてはメチル、エチル、ブチル、t−ブチル基が挙げられる。 Preferred halogen atom bromine, chlorine, fluorine atom, alkyl group is preferably methyl, ethyl, butyl, t- butyl group. 上記のアルキル基はさらに置換基を有していても良く、更に有していてもよい置換基としては、ハロゲン原子、アルキル基、保護基で保護されたヒドロキシル基、保護基で保護されたアミノ基を挙げることができる。 The alkyl group may further have a substituent, further Examples of the substituent that may have, a halogen atom, an alkyl group, a hydroxyl group protected by a protective group, is protected with a protecting group-amino it can be given to the group.

保護基としては、たとえばアルキル基、シクロアルキル基、アラルキル基、置換メチル基、置換エチル基、アルコキシカルボニル基、アラルキルオキシカルボニル基が挙げられる。 As the protective group, for example an alkyl group, a cycloalkyl group, an aralkyl group, a substituted methyl group, a substituted ethyl group, an alkoxycarbonyl group, an aralkyloxycarbonyl group. 好ましいアルキル基としては、炭素数1〜4のアルキル基、好ましい置換メチル基としてはメトキシメチル、メトキシチオメチル、ベンジルオキシメチル、t−ブトキシメチル、2−メトキシエトキシメチル基、好ましい置換エチル基としては、1−エトキシエチル、1−メチル−1−メトキシエチル、好ましいアシル基としては、ホルミル、アセチル、プロピオニル、ブチリル、イソブチリル、バレリル、ピバロイル基などの炭素数1〜6の脂肪族アシル基、アルコキシカルボニル基としては炭素数1〜4のアルコキシカルボニル基などが挙げられる。 The alkyl group is preferably an alkyl group having 1 to 4 carbon atoms, methoxymethyl substituent is preferably a methyl group, a methoxy thiomethyl, benzyloxymethyl, t-butoxymethyl, 2-methoxyethoxymethyl group, preferred examples of the substituent ethyl group is , 1-ethoxyethyl, 1-methyl-1-methoxyethyl, preferred acyl groups include formyl, acetyl, propionyl, butyryl, isobutyryl, valeryl, aliphatic acyl group having 1 to 6 carbon atoms, such as pivaloyl group, alkoxycarbonyl Examples of the group include an alkoxycarbonyl group having 1 to 4 carbon atoms.

水酸基及びシアノ基のいずれも有さない、一般式(III)で表される繰り返し単位の含有率は、樹脂(A)中の全繰り返し単位に対し、0〜40モル%が好ましく、より好ましくは0〜20モル%である。 Neither a hydroxyl group nor a cyano group, content of the repeating unit represented by formula (III) based on all the repeating units of the resin (A), is preferably 0 to 40 mol%, more preferably from 0 to 20 mol%.
一般式(III)で表される繰り返し単位の具体例を以下に挙げるが、本発明はこれらに限定されない。 Specific examples of the repeating unit represented by formula (III) are set forth below, but the present invention is not limited thereto.

(A)成分の樹脂は、上記の繰り返し構造単位以外に、ドライエッチング耐性や標準現像液適性、基板密着性、レジストプロファイル、さらにレジストの一般的な必要な特性である解像力、耐熱性、感度等を調節する目的で様々な繰り返し構造単位を有することができる。 The resin of component (A), in addition to the above-dry etching resistance, standard developing solution aptitude, adhesion to substrate, resist profile, resolution, heat resistance is more general required properties of the resist, such as sensitivity it can have various repeating structural units for the purpose of regulating the.

このような繰り返し構造単位としては、下記の単量体に相当する繰り返し構造単位を挙げることができるが、これらに限定されるものではない。 As these repeating structural units include repeating structural units corresponding to the monomers described below, but the invention is not limited thereto.

これにより、(A)成分の樹脂に要求される性能、特に、 Accordingly, the performance required of the resin of component (A), in particular,
(1)塗布溶剤に対する溶解性、 (1) solubility in a coating solvent,
(2)製膜性(ガラス転移点)、 (2) film-forming property (glass transition point),
(3)アルカリ現像性、 (3) alkali developability,
(4)膜べり(親疎水性、アルカリ可溶性基選択)、 (4) film loss (hydrophilic, hydrophobic or alkali-soluble group selection),
(5)未露光部の基板への密着性、 (5) adhesion of unexposed area to substrate,
(6)ドライエッチング耐性、 (6) dry etching resistance,
等の微調整が可能となる。 It is possible to fine-tune the like.

このような単量体として、例えばアクリル酸エステル類、メタクリル酸エステル類、アクリルアミド類、メタクリルアミド類、アリル化合物、ビニルエーテル類、ビニルエステル類等から選ばれる付加重合性不飽和結合を1個有する化合物等を挙げることができる。 As such monomers, such as acrylic acid esters, methacrylic acid esters, acrylamides, methacrylamides, allyl compounds, vinyl ethers, compounds having one addition polymerizable unsaturated bond selected from vinyl esters and the like can be given.

その他にも、上記種々の繰り返し構造単位に相当する単量体と共重合可能である付加重合性の不飽和化合物であれば、共重合されていてもよい。 Other than these, unsaturated compound monomers copolymerizable with addition polymerizable corresponding to the above-described various repeating structural units may be copolymerized.

(A)成分の樹脂において、各繰り返し構造単位の含有モル比はレジストのドライエッチング耐性や標準現像液適性、基板密着性、レジストプロファイル、さらにはレジストの一般的な必要性能である解像力、耐熱性、感度等を調節するために適宜設定される。 In the component (A) of the resin, the molar ratio of respective repeating structural units to adjust dry etching resistance, standard developer suitability of substrate adhesion, resist profile and resolution is a common requisite characteristics of the resist, heat resistance It is appropriately set in order to adjust the sensitivity.

本発明のレジスト組成物が、ArF露光用であるとき、ArF光への透明性の点から(A)成分の樹脂は芳香族基を有さないことが好ましい。 The resist composition of the present invention, when it is used for ArF exposure, the resin of component (A) from the viewpoint of transparency to ArF light preferably has no aromatic group.

(A)成分の樹脂は、常法に従って(例えばラジカル重合)合成することができる。 The resin of component (A) can be synthesized (for example, radical polymerization) in a conventional manner. 例えば、一般的合成方法としては、モノマー種および開始剤を溶剤に溶解させ、加熱することにより重合を行う一括重合法、加熱溶剤にモノマー種と開始剤の溶液を1〜10時間かけて滴下して加える滴下重合法などが挙げられ、滴下重合法が好ましい。 For example, as ordinary methods, a monomer species and an initiator are dissolved in a solvent, bulk polymerization method in which polymerization is carried out by heating a solution of monomer species and an initiator was added dropwise over 1 to 10 hours in heated solvent such as dropping polymerization method of adding Te, and the like, dropping polymerization method is preferred. 反応溶媒としては、例えばテトラヒドロフラン、1,4−ジオキサン、ジイソプロピルエーテルなどのエーテル類やメチルエチルケトン、メチルイソブチルケトンのようなケトン類、酢酸エチルのようなエステル溶媒、ジメチルホルムアミド、ジメチルアセトアミドなどのアミド溶剤、さらには後述のプロピレングリコールモノメチルエーテルアセテート、プロピレングリコールモノメチルエーテル、シクロヘキサノンのような本発明の組成物を溶解する溶媒が挙げられる。 Examples of the reaction solvent include tetrahydrofuran, 1,4-dioxane, ethers or methyl ethyl ketone, such as diisopropyl ether, ketones such as methyl isobutyl ketone, ester solvents such as ethyl acetate, dimethyl formamide, amide solvents such as dimethylacetamide, further propylene glycol monomethyl ether acetate described later, propylene glycol monomethyl ether, a solvent capable of dissolving the composition of the present invention, such as cyclohexanone. より好ましくは本発明のポジ型感光性組成物に用いられる溶剤と同一の溶剤を用いて重合することが好ましい。 It is preferred to perform the polymerization using the same solvent as the solvent used in the positive photosensitive composition of the present invention. これにより保存時のパーティクルの発生が抑制できる。 Thus, generation of particles during storage can be suppressed.
重合反応は窒素やアルゴンなど不活性ガス雰囲気下で行われることが好ましい。 The polymerization reaction is preferably performed in an inert gas atmosphere such as nitrogen or argon. 重合開始剤としては市販のラジカル開始剤(アゾ系開始剤、パーオキサイドなど)を用いて重合を開始させる。 Commercially available radical initiator as a polymerization initiator (azo initiator, peroxide, etc.) is used to initiate the polymerization. ラジカル開始剤としてはアゾ系開始剤が好ましく、エステル基、シアノ基、カルボキシル基を有するアゾ系開始剤が好ましい。 Azo initiators are preferred as the radical initiator, an ester group, a cyano group, an azo initiator having a carboxyl group is preferable. 好ましい開始剤としては、アゾビスイソブチロニトリル、アゾビスジメチルバレロニトリル、ジメチル2,2'−アゾビス(2−メチルプロピオネート)などが挙げられる。 Preferred initiators, azobisisobutyronitrile, azobisdimethylvaleronitrile, dimethyl 2,2'-azobis (2-methyl propionate) and the like. 所望により開始剤を追加、あるいは分割で添加し、反応終了後、溶剤に投入して粉体あるいは固形回収等の方法で所望のポリマーを回収する。 If desired, the initiator is added additionally or in parts, after completion of the reaction, is charged into a solvent and the desired polymer is recovered powder or solid recovery method. 反応の濃度は5〜50質量%であり、好ましくは10〜30質量%である。 The reaction concentration is from 5 to 50 wt%, preferably from 10 to 30 mass%. 反応温度は、通常10℃〜150℃であり、好ましくは30℃〜120℃、さらに好ましくは60〜100℃である。 The reaction temperature is usually 10 ° C. to 150 DEG ° C., preferably from 30 ° C. to 120 ° C., more preferably from 60 to 100 [° C..

(A)成分の樹脂の重量平均分子量は、GPC法によりポリスチレン換算値として、好ましくは1,000〜200,000であり、より好ましくは2,000〜20,000、更により好ましくは3,000〜15,000、特に好ましくは3,000〜10,000である。 (A) The weight average molecular weight of the resin component, in terms of polystyrene measured by GPC is preferably 1,000 to 200,000, more preferably 2,000 to 20,000, even more preferably 3,000 15,000, particularly preferably 3,000 to 10,000. 重量平均分子量を、1,000〜200,000とすることにより、耐熱性やドライエッチング耐性の劣化を防ぐことができ、且つ現像性が劣化したり、粘度が高くなって製膜性が劣化することを防ぐことができる。 The weight average molecular weight is from 1,000 to 200,000, it is possible to prevent deterioration of heat resistance, dry etching resistance and or developability is deteriorated, that film-forming property higher viscosity deteriorates it is possible to prevent that.
分散度(分子量分布)は、通常1〜3であり、好ましくは1〜2.6、更に好ましくは1〜2、特に好ましくは1.4〜1.7の範囲のものが使用される。 Polydispersity (molecular weight distribution) is usually from 1 to 3, preferably 1 to 2.6, more preferably 1 to 2, and especially preferably in the range of 1.4 to 1.7. 分子量分布の小さいものほど、解像度、レジスト形状が優れ、且つレジストパターンの側壁がスムーズであり、ラフネス性に優れる。 The lower the molecular weight distribution, excellent resolution, resist profile, side wall of the resist pattern is smoother, and the roughness property.

本発明のレジスト組成物において、(A)成分の樹脂の組成物全体中の配合量は、全固形分中50〜99.99質量%が好ましく、より好ましくは60〜99.0質量%である。 In the resist composition of the present invention, (A) the amount in the entire composition of the resin component, the total solid content from 50 to 99.99 wt% by weight, more preferably from 60 to 99.0 wt% .
また、本発明において、(A)成分の樹脂は、1種で使用してもよいし、複数併用してもよい。 Further, in the present invention, (A) component of the resins may be used alone, or in combination.

(B)活性光線又は放射線の照射により酸を発生する化合物 本発明のレジスト組成物は活性光線又は放射線の照射により酸を発生する化合物(「光酸発生剤」又は「(B)成分」ともいう)を含有する。 (B) an actinic ray or resist composition of the compounds present invention that generates an acid upon irradiation of radiation referred to as a compound capable of generating an acid upon irradiation with actinic rays or radiation ( "photoacid generator" or "component (B)" ) containing.
そのような光酸発生剤としては、光カチオン重合の光開始剤、光ラジカル重合の光開始剤、色素類の光消色剤、光変色剤、あるいはマイクロレジスト等に使用されている活性光線又は放射線の照射により酸を発生する公知の化合物及びそれらの混合物を適宜に選択して使用することができる。 Such photoacid generator, a photoinitiator for cationic polymerization, a photoinitiator for photoradical polymerization, photo-decoloring agents of dyes, photochromic agents, or active light is used in micro-resists and the like, or known compounds capable of generating an acid upon irradiation with radiation, and mixtures thereof are appropriately selected to be used.

たとえば、ジアゾニウム塩、ホスホニウム塩、スルホニウム塩、ヨードニウム塩、イミドスルホネート、オキシムスルホネート、ジアゾジスルホン、ジスルホン、o−ニトロベンジルスルホネートを挙げることができる。 For example, mention may be made of diazonium salts, phosphonium salts, sulfonium salts, iodonium salts, imide sulfonate, oxime sulfonate, diazodisulfone, disulfone, the o- nitrobenzyl sulfonate.

また、これらの活性光線又は放射線の照射により酸を発生する基、あるいは化合物をポリマーの主鎖又は側鎖に導入した化合物、たとえば、米国特許第3,849,137号、独国特許第3914407号、特開昭63−26653号、特開昭55−164824号、特開昭62−69263号、特開昭63−146038号、特開昭63−163452号、特開昭62−153853号、特開昭63−146029号等に記載の化合物を用いることができる。 Further, an actinic ray or radiation group generating an acid upon irradiation or compound a compound in the main chain or side chain of the polymer, for example, U.S. Pat. No. 3,849,137, German Patent 3,914,407 , JP-A-63-26653, JP-A-55-164824, JP-A-62-69263, JP-A-63-146038, JP-A-63-163452, JP-A-62-153853, JP it can be used compounds described in HirakiAkira 63-146029 Patent like.

さらに米国特許第3,779,778号、欧州特許第126,712号等に記載の光により酸を発生する化合物も使用することができる。 Can also be used further U.S. Patent No. 3,779,778, European compounds generating an acid by light described in Patent No. 126,712.

活性光線又は放射線の照射により分解して酸を発生する化合物の内で好ましい化合物として、下記一般式(ZI)、(ZII)、(ZIII)で表される化合物を挙げることができる。 As preferred compounds among the active ray or compounds capable of generating an acid upon irradiation with radiation, the following formulas (ZI), (ZII), may be mentioned compounds represented by (ZIII).

上記一般式(ZI)において、R 201 、R 202及びR 203は、各々独立に有機基を表す。 In formula (ZI), R 201, R 202 and R 203 each independently represents an organic group.
-は、非求核性アニオンを表し、好ましくはスルホン酸アニオン、カルボン酸アニオン、ビス(アルキルスルホニル)アミドアニオン、トリス(アルキルスルホニル)メチドアニオン、BF 4 - 、PF 6 - 、SbF 6 -などが挙げられ、好ましくは炭素原子を含有する有機アニオンである。 X - represents a non-nucleophilic anion, preferably a sulfonic acid anion, a carboxylate anion, bis (alkylsulfonyl) amide anion, tris (alkylsulfonyl) methide anion, BF 4 -, PF 6 - , SbF 6 - , etc. the like, preferably an organic anion containing a carbon atom.

好ましい有機アニオンとしては下式に示す有機アニオンが挙げられる。 Preferred include organic anions represented by the following formula as the organic anion.

式中、 In the formula,
Rc 1は、有機基を表す。 Rc 1 represents an organic group.
Rc 1における有機基として炭素数1〜30のものが挙げられ、好ましくは置換していてもよいアルキル基、アリール基、またはこれらの複数が、単結合、−O−、−CO 2 −、−S−、−SO 3 −、−SO 2 N(Rd 1 )−などの連結基で連結された基を挙げることができる。 It includes those having 1 to 30 carbon atoms as an organic group in rc 1, preferably substituted with optionally also an alkyl group, an aryl group, or a plurality of these, a single bond, -O -, - CO 2 - , - S -, - SO 3 -, - SO 2 N (Rd 1) - can be exemplified linked group a linking group such as. Rd 1は水素原子、アルキル基を表す。 Rd 1 represents a hydrogen atom, an alkyl group.
Rc 3 、Rc 4 、Rc 5は、各々独立に、有機基を表す。 Rc 3, Rc 4, Rc 5 each independently represents an organic group. Rc 3 、Rc 4 、Rc 5の有機基として好ましくはRc 1における好ましい有機基と同じものを挙げることができ、最も好ましくは炭素数1〜4のパーフロロアルキル基である。 Rc 3, as preferred organic groups Rc 4, Rc 5 may be mentioned the same as the preferred organic groups in Rc 1, and most preferably a perfluoroalkyl group having 1 to 4 carbon atoms.
Rc 3とRc 4が結合して環を形成していてもよい。 Rc 3 and Rc 4 may be bonded to form a ring. Rc 3とRc 4が結合して形成される基としてはアルキレン基、アリーレン基が挙げられる。 The group Rc 3 and Rc 4 are formed by combining an alkylene group, an arylene group. 好ましくは炭素数2〜4のパーフロロアルキレン基である。 Preferably a perfluoroalkylene group having 2 to 4 carbon atoms.
Rc 1 、Rc 3 〜Rc 5の有機基として特に好ましくは1位がフッ素原子またはフロロアアルキル基で置換されたアルキル基、フッ素原子またはフロロアルキル基で置換されたフェニル基である。 Rc 1, particularly preferably as an organic group Rc 3 to Rc 5 is a 1-position fluorine atom or a fluoroalkyl-substituted alkyl group, phenyl group substituted with a fluorine atom or a fluoroalkyl group. フッ素原子またはフロロアルキル基を有することにより、光照射によって発生した酸の酸性度が上がり、感度が向上する。 By having a fluorine atom or a fluoroalkyl group, the acidity of the acid generated by light irradiation increases and the sensitivity is enhanced. また、Rc 3とRc 4が結合して環を形成することにより光照射によって発生した酸の酸性度が上がり、感度が向上する。 Furthermore, the acidity of the acid generated by light irradiation increases by Rc 3 and Rc 4 are combined to form a ring, the sensitivity is enhanced.

201 、R 202及びR 203としての有機基の炭素数は、一般的に1〜30、好ましくは1〜20である。 The carbon number of the organic group as R 201, R 202 and R 203 is generally from 1 to 30, preferably 1 to 20.
また、R 201 〜R 203のうち2つが結合して環構造を形成してもよく、環内に酸素原子、硫黄原子、エステル結合、アミド結合、カルボニル基を含んでいてもよい。 It is also possible to form the two members ring structure of R 201 to R 203, an oxygen atom, a sulfur atom, an ester bond, an amide bond, or a carbonyl group. 201 〜R 203の内の2つが結合して形成する基としては、アルキレン基(例えば、ブチレン基、ペンチレン基)を挙げることができる。 The two of the group formed by bonding of the R 201 to R 203, there can be mentioned an alkylene group (e.g., butylene, pentylene).
201 、R 202及びR 203としての有機基の具体例としては、後述する化合物(ZI−1)、(ZI−2)、(ZI−3)における対応する基を挙げることができる。 Specific examples of the organic group as R 201, R 202 and R 203 include corresponding groups in the compounds (ZI-1), (ZI -2), it can be exemplified corresponding groups in (ZI-3).

尚、一般式(ZI)で表される構造を複数有する化合物であってもよい。 Incidentally, the structure may be a compound having a plurality represented by formula (ZI). 例えば、一般式(ZI)で表される化合物のR 201 〜R 203の少なくともひとつが、一般式(ZI)で表されるもうひとつの化合物のR 201 〜R 203の少なくともひとつと結合した構造を有する化合物であってもよい。 For example, the general formula at least one of R 201 to R 203 of a compound represented by (ZI) is, at least one bond with structure of R 201 to R 203 of another compound represented by formula (ZI) it may be a compound having.

更に好ましい(ZI)成分として、以下に説明する化合物(ZI−1)、(ZI−2)、及び(ZI−3)を挙げることができる。 Further preferred (ZI) components, there can be mentioned the following compounds (ZI-1), can be exemplified (ZI-2), and (ZI-3).

化合物(ZI−1)は、上記一般式(ZI)のR 201 〜R 203の少なくとも1つがアリール基である、アリールスルホニム化合物、即ち、アリールスルホニウムをカチオンとする化合物である。 The compound (ZI-1) is at least one of the aryl groups R 201 to R 203 in formula (ZI), arylsulfonium compound, i.e., a compound having arylsulfonium as a cation.
アリールスルホニウム化合物は、R 201 〜R 203の全てがアリール基でもよいし、R 201 〜R 203の一部がアリール基で、残りがアルキル基、シクロアルキル基でもよい。 Arylsulfonium compound, all of R 201 to R 203 may be an aryl group or a part of R 201 to R 203 is an aryl group with the remaining being an alkyl group or a cycloalkyl group.
アリールスルホニウム化合物としては、例えば、トリアリールスルホニウム化合物、ジアリールアルキルスルホニウム化合物、アリールジアルキルスルホニウム化合物、ジアリールシクロアルキルスルホニウム化合物、アリールジシクロアルキルスルホニウム化合物を挙げることができる。 As the arylsulfonium compounds, e.g., a triarylsulfonium compound, a diaryl alkyl sulfonium compounds, diarylcycloalkylsulfonium compounds, diarylalkylsulfonium compounds, can be an aryldicycloalkylsulfonium compound.
アリールスルホニウム化合物のアリール基としてはフェニル基、ナフチル基などのアリール基、インドール残基、ピロール残基、などのヘテロアリール基が好ましく、更に好ましくはフェニル基、インドール残基である。 As the aryl group include phenyl group in the arylsulfonium compound, an aryl group such as a naphthyl group, a heteroaryl group pyrrole residues, such as more preferably a phenyl group or an indole residue. アリールスルホニム化合物が2つ以上のアリール基を有する場合に、2つ以上あるアリール基は同一であっても異なっていてもよい。 When the arylsulfonium compound has two or more aryl groups, these two or more aryl groups may be be the same or different.
アリールスルホニウム化合物が必要に応じて有しているアルキル基は、炭素数1〜15の直鎖又は分岐状アルキル基が好ましく、例えば、メチル基、エチル基、プロピル基、n−ブチル基、sec−ブチル基、t−ブチル基等を挙げることができる。 The alkyl group that the arylsulfonium compound has according to necessity is preferably a straight-chain or branched alkyl group having 1 to 15 carbon atoms, e.g., methyl group, ethyl group, propyl group, n- butyl group, sec- butyl group, t- butyl group and the like.
アリールスルホニウム化合物が必要に応じて有しているシクロアルキル基は、炭素数3〜15のシクロアルキル基が好ましく、例えば、シクロプロピル基、シクロブチル基、シクロヘキシル基等を挙げることができる。 The cycloalkyl group that the arylsulfonium compound has according to necessity is preferably a cycloalkyl group having 3 to 15 carbon atoms, for example, a cyclopropyl group, a cyclobutyl group, a cyclohexyl group.
201 〜R 203のアリール基、アルキル基、シクロアルキル基は、アルキル基(例えば炭素数1〜15)、シクロアルキル基(例えば炭素数3〜15)、アリール基(例えば炭素数6〜14)、アルコキシ基(例えば炭素数1〜15)、ハロゲン原子、水酸基、フェニルチオ基を置換基として有してもよい。 Aryl group, alkyl group of R 201 to R 203, cycloalkyl group, an alkyl group (for example, 1 to 15 carbon atoms), a cycloalkyl group (for example, 3 to 15 carbon atoms), an aryl group (for example, 6 to 14 carbon atoms) , an alkoxy group (for example, 1 to 15 carbon atoms), a halogen atom, a hydroxyl group or a phenylthio group. 好ましい置換基としては、炭素数1〜12の直鎖又は分岐状アルキル基、炭素数3〜12のシクロアルキル基、炭素数1〜12の直鎖、分岐又は環状のアルコキシ基であり、特に好ましくは炭素数1〜4のアルキル基、炭素数1〜4のアルコキシ基である。 Preferred substituents, a linear or branched alkyl group, a cycloalkyl group having 3 to 12 carbon atoms, straight-chain having 1 to 12 carbon atoms, branched or cyclic alkoxy group having 1 to 12 carbon atoms, particularly preferably is an alkyl group, an alkoxy group having 1 to 4 carbon atoms having 1 to 4 carbon atoms. 置換基は、3つのR 201 〜R 203のうちのいずれか1つに置換していてもよいし、3つ全てに置換していてもよい。 The substituent may be substituted on any one of three R 201 to R 203, or may be substituted on all three. また、R 201 〜R 203がアリール基の場合に、置換基はアリール基のp−位に置換していることが好ましい。 Further, when R 201 to R 203 are aryl groups, it is preferred that the substituent be substituted on the p- position of the aryl group.

次に、化合物(ZI−2)について説明する。 Next, a description for compound (ZI-2). 化合物(ZI−2)は、式(ZI)におけるR 201 〜R 203が、各々独立に、芳香環を含有しない有機基を表す場合の化合物である。 The compound (ZI-2) is, R 201 to R 203 in formula (ZI) each independently is a compound when it represents an organic group having no aromatic ring. ここで芳香環とは、ヘテロ原子を含有する芳香族環も包含するものである。 The aromatic ring here, but also includes an aromatic ring containing a hetero atom.
201 〜R 203としての芳香環を含有しない有機基は、一般的に炭素数1〜30、好ましくは炭素数1〜20である。 The organic group having no aromatic ring as R 201 to R 203 generally has 1 to 30 carbon atoms, preferably 1 to 20 carbon atoms.
201 〜R 203は、各々独立に、好ましくはアルキル基、シクロアルキル基、アリル基、ビニル基であり、更に好ましくは直鎖、分岐、環状2−オキソアルキル基、アルコキシカルボニルメチル基、特に好ましくは直鎖、分岐2−オキソアルキル基である。 R 201 to R 203 each independently, preferably an alkyl group, a cycloalkyl group, an allyl group, a vinyl group, more preferably a linear, branched or cyclic 2-oxoalkyl group, an alkoxycarbonylmethyl group, particularly preferably is a linear, branched 2-oxoalkyl group.

201 〜R 203としてのアルキル基は、直鎖状、分岐状のいずれであってもよく、好ましくは、炭素数1〜10の直鎖又は分岐アルキル基(例えば、メチル基、エチル基、プロピル基、ブチル基、ペンチル基)を挙げることができる。 The alkyl group as R 201 to R 203 may be linear, it may be either branched, preferably a straight-chain or branched alkyl group (e.g., methyl group having 1 to 10 carbon atoms, an ethyl group, a propyl it can be exemplified group, butyl group, a pentyl group). 201 〜R 203としてのアルキル基は、直鎖若しくは分岐状2−オキソアルキル基、アルコキシカルボニルメチル基であることが好ましい。 The alkyl group as R 201 to R 203 is a straight-chain or branched 2-oxoalkyl group is preferably an alkoxycarbonyl methyl group.
201 〜R 203としてのシクロアルキル基は、好ましくは、炭素数3〜10のシクロアルキル基(シクロペンチル基、シクロヘキシル基、ノルボニル基)を挙げることができる。 The cycloalkyl group as R 201 to R 203 is preferably, and a cycloalkyl group having 3 to 10 carbon atoms (e.g., cyclopentyl, cyclohexyl, norbornyl).
201 〜R 203としてのシクロアルキル基は、環状2−オキソアルキル基であることが好ましい。 The cycloalkyl group as R 201 to R 203 is preferably a cyclic 2-oxoalkyl group.
201 〜R 203としての直鎖、分岐、環状の2−オキソアルキル基は、好ましくは、上記のアルキル基、シクロアルキル基の2位に>C=Oを有する基を挙げることができる。 Linear as R 201 to R 203, branched or cyclic 2-oxoalkyl group may preferably be a group having a 2-position> C = O in the above-described alkyl or cycloalkyl group.
201 〜R 203としてのアルコキシカルボニルメチル基におけるアルコキシ基としては、好ましくは炭素数1〜5のアルコキシ基(メトキシ基、エトキシ基、プロポキシ基、ブトキシ基、ペントキシ基)を挙げることができる。 The alkoxy group in the alkoxycarbonylmethyl group as R 201 to R 203, preferably may be mentioned alkoxy groups having 1 to 5 carbon atoms (a methoxy group, an ethoxy group, a propoxy group, a butoxy group, a pentoxy group).
201 〜R 203は、ハロゲン原子、アルコキシ基(例えば炭素数1〜5)、水酸基、シアノ基、ニトロ基によって更に置換されていてもよい。 R 201 to R 203 is a halogen atom, an alkoxy group (for example, 1 to 5 carbon atoms), a hydroxyl group, a cyano group, or a nitro group.

化合物(ZI−3)とは、以下の一般式(ZI−3)で表される化合物であり、フェナシルスルフォニウム塩構造を有する化合物である。 Compound (ZI-3) is a compound represented by the following formula (ZI-3), a compound having a phenacyl sulfonium salt structure.

一般式(ZI−3)に於いて、 In the general formula (ZI-3),
1c 〜R 5cは、各々独立に、水素原子、アルキル基、シクロアルキル基、アルコキシ基、又はハロゲン原子を表す。 R 1c to R 5c each independently represents a hydrogen atom, an alkyl group, a cycloalkyl group, an alkoxy group, or a halogen atom.
6c及びR 7cは、各々独立に、水素原子、アルキル基又はシクロアルキル基を表す。 R 6c and R 7c each independently represent a hydrogen atom, an alkyl group or a cycloalkyl group.
Rx及びRyは、各々独立に、アルキル基、シクロアルキル基、アリル基、又はビニル基を表す。 Rx and Ry each independently represents an alkyl group, a cycloalkyl group, an allyl group, or a vinyl group.
1c 〜R 7c中のいずれか2つ以上、及びR xとR yは、それぞれ結合して環構造を形成しても良く、この環構造は、酸素原子、硫黄原子、エステル結合、アミド結合を含んでいてもよい。 Any two or more of R 1c to R 7c, and R x and R y may be bonded to each other to form a ring structure, the ring structure may contain an oxygen atom, a sulfur atom, an ester bond, an amide bond it may contain a. 1c 〜R 7c中のいずれか2つ以上、及びR xとR yが結合して形成する基としては、ブチレン基、ペンチレン基等を挙げることができる。 Any two or more of R 1c to R 7c, and as the group R x and R y are formed by combined include a butylene group and a pentylene group.
-は、非求核性アニオンを表し、一般式(ZI)に於けるX -の非求核性アニオンと同様のものを挙げることができる。 X - represents a non-nucleophilic anion, in the general formula (ZI) X - can be the same as the non-nucleophilic anion.

1c 〜R 7cとしてのアルキル基は、直鎖状、分岐状のいずれであってもよく、例えば、炭素数1〜20個の直鎖又は分岐状アルキル基、好ましくは炭素数1〜12個の直鎖又は分岐状アルキル基(例えば、メチル基、エチル基、直鎖又は分岐プロピル基、直鎖又は分岐ブチル基、直鎖又は分岐ペンチル基)を挙げることができる。 The alkyl group as R 1c to R 7c may be linear, it may be either branched, for example, 1-20C straight-chain or branched alkyl group having a carbon, preferably 1 to 12 carbon atoms a linear or branched alkyl group (e.g., methyl group, ethyl group, linear or branched propyl group, straight-chain or branched butyl group, a linear or branched pentyl group) can be exemplified.
1c 〜R 7cとしてのシクロアルキル基は、好ましくは炭素数3〜8個のシクロアルキル基(例えば、シクロペンチル基、シクロヘキシル基)を挙げることができる。 The cycloalkyl group as R 1c to R 7c may preferably be mentioned cycloalkyl group having 3 to 8 carbon atoms (e.g., cyclopentyl, cyclohexyl).
1c 〜R 5cとしてのアルコキシ基は、直鎖、分岐、環状のいずれであってもよく、例えば炭素数1〜10のアルコキシ基、好ましくは、炭素数1〜5の直鎖及び分岐アルコキシ基(例えば、メトキシ基、エトキシ基、直鎖又は分岐プロポキシ基、直鎖又は分岐ブトキシ基、直鎖又は分岐ペントキシ基)、炭素数3〜8の環状アルコキシ基(例えば、シクロペンチルオキシ基、シクロヘキシルオキシ基)を挙げることができる。 The alkoxy group as R 1c to R 5c may be linear, branched, or cyclic, for example, an alkoxy group having 1 to 10 carbon atoms, preferably a linear or branched alkoxy group having 1 to 5 carbon atoms (e.g., methoxy, ethoxy, linear or branched propoxy, linear or branched butoxy, linear or branched pentoxy group), a cyclic alkoxy group having 3 to 8 carbon atoms (e.g., cyclopentyloxy group, cyclohexyloxy group ) can be mentioned.
好ましくはR 1c 〜R 5cのうちいずれかが直鎖又は分岐状アルキル基、シクロアルキル基又は直鎖、分岐、環状アルコキシ基であり、更に好ましくはR 1c 〜R 5cの炭素数の和が2〜15である。 Preferably either a linear or branched alkyl group of R 1c to R 5c, a cycloalkyl group or a linear, branched or cyclic alkoxy group, more preferably the sum of carbon numbers of R 1c to R 5c 2 it is 15. これにより、より溶剤溶解性が向上し、保存時にパーティクルの発生が抑制される。 Thus, the solvent solubility is more enhanced and generation of particles during storage is suppressed.

x及びR yとしてのアルキル基は、R 1c 〜R 7cとしてのアルキル基と同様のものを挙げることができる。 Alkyl group as R x and R y may be the same as those of the alkyl group as R 1c to R 7c. x及びR yとしてのアルキル基は、直鎖又は分岐状2−オキソアルキル基、アルコキシカルボニルメチル基であることが好ましい。 Alkyl group as R x and R y represents a linear or branched 2-oxoalkyl group is preferably an alkoxycarbonyl methyl group.
x及びR yとしてのシクロアルキル基は、R 1c 〜R 7cとしてのシクロアルキル基と同様のものを挙げることができる。 The cycloalkyl group as R x and R y may be the same as the cycloalkyl group as R 1c to R 7c. x及びR yとしてのシクロアルキル基は、環状2−オキソアルキル基であることが好ましい。 The cycloalkyl group as R x and R y is preferably a cyclic 2-oxoalkyl group.
直鎖、分岐、環状2−オキソアルキル基は、R 1c 〜R 7cとしてのアルキル基、シクロアルキル基の2位に>C=Oを有する基を挙げることができる。 Linear, branched or cyclic 2-oxoalkyl group include an alkyl group, 2-position group having> C = O at the cycloalkyl group as R 1c to R 7c.
アルコキシカルボニルメチル基におけるアルコキシ基については、R 1c 〜R 5cとしてのアルコキシ基と同様のものを挙げることができる。 The alkoxy group in the alkoxycarbonylmethyl group may be the same as the alkoxy group as R 1c to R 5c.
x 、R yは、好ましくは炭素数4個以上のアルキル基であり、より好ましくは6個以上、更に好ましくは8個以上のアルキル基である。 R x, R y is preferably a number of 4 or more alkyl groups atoms, more preferably 6 or more, still more preferably 8 or more alkyl groups.

一般式(ZII)、(ZIII)中、 In the general formula (ZII), (ZIII),
204 〜R 207は、各々独立に、アリール基、アルキル基又はシクロアルキル基を表す。 R 204 to R 207 each independently represents an aryl group, an alkyl group or a cycloalkyl group.
204 〜R 207のアリール基としてはフェニル基、ナフチル基が好ましく、更に好ましくはフェニル基である。 Phenyl group and a naphthyl group are preferred as the aryl group of R 204 to R 207, more preferably a phenyl group.
204 〜R 207としてのアルキル基は、直鎖状、分岐状のいずれであってもよく、好ましくは、炭素数1〜10の直鎖又は分岐アルキル基(例えば、メチル基、エチル基、プロピル基、ブチル基、ペンチル基)を挙げることができる。 The alkyl group as R 204 to R 207 may be linear, it may be either branched, preferably a straight-chain or branched alkyl group (e.g., methyl group having 1 to 10 carbon atoms, an ethyl group, a propyl it can be exemplified group, butyl group, a pentyl group).
204 〜R 207としてのシクロアルキル基は、好ましくは、炭素数3〜10のシクロアルキル基(シクロペンチル基、シクロヘキシル基、ノルボニル基)を挙げることができる。 The cycloalkyl group as R 204 to R 207 is preferably, and a cycloalkyl group having 3 to 10 carbon atoms (e.g., cyclopentyl, cyclohexyl, norbornyl).
204 〜R 207は、置換基を有していてもよい。 R 204 to R 207 may have a substituent. 204 〜R 207が有していてもよい置換基としては、例えば、アルキル基(例えば炭素数1〜15)、シクロアルキル基(例えば炭素数3〜15)、アリール基(例えば炭素数6〜15)、アルコキシ基(例えば炭素数1〜15)、ハロゲン原子、水酸基、フェニルチオ基等を挙げることができる。 The R 204 to R 207 are substituents which may have, for example, an alkyl group (for example, 1 to 15 carbon atoms), a cycloalkyl group (for example, 3 to 15 carbon atoms), an aryl group (e.g., 6 carbon atoms 15), an alkoxy group (for example, 1 to 15 carbon atoms), a halogen atom, a hydroxyl group and a phenylthio group.
-は、非求核性アニオンを表し、一般式(ZI)に於けるX -の非求核性アニオンと同様のものを挙げることができる。 X - represents a non-nucleophilic anion, in the general formula (ZI) X - can be the same as the non-nucleophilic anion.

活性光線又は放射線の照射により酸を発生する化合物の内で好ましい化合物として、更に、下記一般式(ZIV)、(ZV)、(ZVI)で表される化合物を挙げることができる。 As preferred compounds among the active ray or a compound which generates an acid when exposed to radiation, compounds represented by the following formulas (ZIV), (ZV), may be mentioned compounds represented by (ZVI).

一般式(ZIV)〜(ZVI)中、 In the general formula (ZIV) ~ (ZVI),
Ar 3及びAr 4は、各々独立に、アリール基を表す。 Ar 3 and Ar 4 each independently represents an aryl group.
206は、アルキル基又はアリール基を表す。 R 206 represents an alkyl group or an aryl group.
207及びR 208は、各々独立に、アルキル基、アリール基または電子求引性基を表す。 R 207 and R 208 each independently represents an alkyl group, an aryl group or an electron withdrawing group. 207は、好ましくはアリール基である。 R 207 is preferably an aryl group.
208は、好ましくは電子求引性基であり、より好ましくはシアノ基、フロロアルキル基である。 R 208 is preferably an electron withdrawing group, more preferably a cyano group or a fluoroalkyl group.
Aは、アルキレン基、アルケニレン基又はアリーレン基を表す。 A represents an alkylene group, an alkenylene group or an arylene group.

活性光線又は放射線の照射により酸を発生する化合物として、一般式(ZI)〜(ZIII)で表される化合物が好ましい。 The compound capable of generating an acid upon irradiation with actinic rays or radiation, the compounds represented by formula (ZI) ~ (ZIII) are preferred.

化合物(B)は、活性光線または放射線の照射によりフッ素原子を有する脂肪族スルホン酸又はフッ素原子を有するベンゼンスルホン酸を発生する化合物であることが好ましい。 Compound (B) is preferably a compound capable of generating a benzenesulfonic acid having an aliphatic sulfonic acid or a fluorine atom having a fluorine atom upon irradiation with actinic rays or radiation.

化合物(B)は、トリフェニルスルホニウム構造を有することが好ましい。 Compound (B) preferably has a triphenylsulfonium structure.

化合物(B)は、カチオン部にフッ素置換されていないアルキル基若しくはシクロアルキル基を有するトリフェニルスルホニウム塩化合物であることが好ましい。 Compound (B) is preferably a triphenylsulfonium salt compound having an alkyl group or a cycloalkyl group not substituted with fluorine in the cation moiety.

活性光線又は放射線の照射により酸を発生する化合物の中で、特に好ましいものの例を以下に挙げる。 Among the active ray or a compound which generates an acid when exposed to radiation, particularly preferred examples are set forth below.

光酸発生剤は、1種単独で又は2種以上を組み合わせて使用することができる。 Photoacid generators may be used in combination either singly or in combination. 2種以上を組み合わせて使用する際には、水素原子を除く全原子数が2以上異なる2種の有機酸を発生する化合物を組み合わせることが好ましい。 When used in combination of two or more, it is preferable to combine compounds which the total number of atoms excluding hydrogen atoms is generated more than two different organic acids.
光酸発生剤の含量は、ポジ型レジスト組成物の全固形分を基準として、0.1〜20質量%が好ましく、より好ましくは0.5〜10質量%、更に好ましくは1〜7質量%である。 The content of the photoacid generator, based on the entire solid content of the positive resist composition, preferably from 0.1 to 20 wt%, more preferably from 0.5 to 10 mass%, more preferably from 1 to 7 mass% it is.

また、光酸発生剤として、活性光線又は放射線の照射により、logP値が1.5以上12.0以下の酸を発生する化合物(B')が好ましい。 Further, as the photoacid generator upon irradiation with an actinic ray or radiation, compounds logP value to generate a 1.5 to 12.0 acids (B ') is preferable.
本発明において、活性光線又は放射線の照射により酸を発生する化合物が発生する酸のlogP値は、1.5以上12.0以下であり、好ましくは2.0以上11.0以下、更に好ましくは2.5以上10.5以下である。 In the present invention, logP value of the acid compound capable of generating an acid upon irradiation with actinic rays or radiation is generated is 1.5 to 12.0, preferably 2.0 to 11.0 or less, more preferably 2.5 or more and 10.5 or less.
logP値を1.5以上12.0以下とすることで、ネガ型現像液(好ましくは有機溶剤)を用いたネガ型現像によるパターン形成に於いて、ラインエッジラフネスが良好で、線幅の面内均一性及びブリッジマージンに優れたパターンを得ることができる。 The logP value by 1.5 to 12.0, a negative developer (preferably an organic solvent) In the pattern formation by negative tone development using a line edge roughness is good, the surface of the linewidth it is possible to obtain an excellent pattern in the inner homogeneity and the bridge margin. その理由は明らかではないが、logP値を前記範囲とすることで、ネガ型現像液に対する発生酸及び光酸発生剤の溶解がより均一かつスムーズに進行したことが要因であると推定される。 The reason is not clear, by the logP value and the range, the solubility of the generated acid and photo-acid generator for a negative developer has progressed to more uniform and smoother is estimated to be a factor. すなわち、logP値を12.0以下とすることで、発生酸及び光酸発生剤のアニオン部の疎水性が適切な範囲に最適化され、その結果、ネガ型現像工程に於いて、発生酸及び光酸発生剤同士の疎水凝集が抑制され、均一に現像が進行し、前記の良好な性能が得られたと考えられる。 That is, by setting the logP value of 12.0 or less, is optimized hydrophobic appropriate range of the anion moiety of the generated acid and a photoacid generator, as a result, in the negative tone development step, the generated acid and hydrophobic aggregation of photoacid generator is suppressed, uniform development proceeds, the good performance of it is considered to have been obtained. 一方、logP値を1.5以上とすることで、発生酸及び光酸発生剤がネガ型現像液に十分に溶解するようになり、その結果、不溶物が析出してしまうのを抑制し、前記の良好な性能が得られたと考えられる。 On the other hand, by setting the logP value of 1.5 or more, the generated acid and photo-acid generating agent would be sufficiently soluble in a negative developer, as a result, to prevent the insoluble matter will be deposited, the good performance of it is considered to have been obtained. 更には、logP値を1.5以上12.0以下とすることで、ブリッジマージンが良好なパターンを得ることができるが、その一因としては、現像均一性が向上したことで、ラインパターンが膨潤しにくくなり、その結果として、パターン同士の繋がり(ブリッジ)が低減し、ブリッジマージンが向上したものと推定される。 Furthermore, by setting the logP value of 1.5 to 12.0, but the bridge margin can be obtained good pattern, as a part because, by developing uniformity is improved, the line pattern swell hardly, as a result, to reduce connection between patterns (bridge) is the bridge margin is presumed to have improved.
ポジ型現像液(通常はアルカリ水溶液)を用いたパターン形成方法に於いても、ラインエッジラフネスや線幅の面内均一性の問題が同様に指摘されていたが、これらはレジスト組成物の現像時の溶解性に大きく影響を受ける性能であり、ネガ型現像液(好ましくは有機溶剤)を用いた場合には、当然、レジスト組成物として好適に用いられる光酸発生剤の最適範囲も変化するものと考えられる。 It is positive developer (usually an alkaline aqueous solution) In the pattern forming method using a, but in-plane uniformity of the problems of the line edge roughness or line width has been pointed out in the same manner, development of the resist composition a performance greatly affected by the solubility of the case, a negative developer (preferably an organic solvent) in the case of using, of course, also changes the optimum range of suitably photoacid generator used as a resist composition it is considered that.
ここで、logP値とは、オクタノール/ 水の分配係数の対数値であり、分子の親疎水性を表す重要なパラメータとして知られている。 Here, the logP value is a logarithm of octanol / water partition coefficient, known as an important parameter indicative of the hydrophilicity and hydrophobicity of the molecule. 化合物のlogP値を求める方法としては、大別すると、実験的に実測して求める方法と、計算により求める方法とが知られている。 As a method for determining the logP value of the compound is roughly divided into a method of obtaining actually measured experimentally, it is known a method of obtaining by calculation.
以下、logP値の算出方法について説明する。 Hereinafter, the method for calculating the logP value. logP値を実測する場合、下記文献に記載の方法により、実測して求めることができる。 When actually measuring the logP values ​​by the method described in the following literature can be obtained by actual measurement. また、計算によりlogP値を算出する場合、計算により算出したlogP値(CLogP値という)は下記の文献記載のフラグメント法、又は下記市販のソフトウェアパッケージ1及び2を用いて計算により求めることができる。 Also, when calculating the logP value by calculation, logP value calculated by the calculation (referred CLogP value) can be obtained by calculation using a fragment method described in the literature below, or the following commercially available software packages 1 and 2. 本明細書においては、logP値を議論するときはいつでも、このCLogP値のことを指し、明細書中に記載したlogP値の数値は下記ソフトウェアパッケージ2を用いて計算した「ClogP値」の数値である。 In the present specification, whenever discussing logP value, a numerical value of the CLogP refers to the value, the numerical value of logP values ​​given in the specification was calculated using the following software packages 2 "ClogP value" is there.
文献:C. Literature: C. HanschおよびA. Hansch and A. Leo、“Substituent Constants for Correlation Analysis in Chemistry and Biology (John Wiley & Sons, New York, 1969) Leo, "Substituent Constants for Correlation Analysis in Chemistry and Biology (John Wiley & Sons, New York, 1969)
ソフトウェアパッケージ1:MedChem Software (Release 3.54,1991年8月、Medicinal Chemistry Project, Pomona College,Claremont,CA) Software Package 1: MedChem Software (Release 3.54, 8 May 1991, Medicinal Chemistry Project, Pomona College, Claremont, CA)
ソフトウェアパッケージ2:Chem Draw Ultra ver. Software Package 2: Chem Draw Ultra ver. 8.0. 8.0. (2003年4月、CambridgeSoft Corporation,USA) (April 2003, CambridgeSoft Corporation, USA)

logP値が1.5以上12.0以下の酸を発生する化合物としては、そのアニオン構造中に炭素数2以上のフッ素置換されていない炭化水素骨格を有する基を有する化合物であることが好ましい。 The compound logP value to generate a 1.5 to 12.0 of acid is preferably a compound having a group having a hydrocarbon backbone that is not a fluorine-substituted 2 or more carbon atoms in its anion structure. これにより、ネガ型現像液(好ましくは有機溶剤)を用いたネガ型現像によるパターン形成に於いて、ラインエッジラフネスがより良好になり、線幅の面内均一性及びブリッジマージンも更に良好になる。 Thus, a negative developer (preferably an organic solvent) In the pattern formation by negative tone development using a, becomes more favorable line edge roughness also becomes better in-plane uniformity and the bridge margin line width . 前記化合物としてより好ましくは、そのアニオン構造中に炭素数3以上のフッ素置換されていない炭化水素骨格を有する基を有する化合物が挙げられ、特に好ましくは、そのアニオン構造中に炭素数4以上のフッ素置換されていない炭化水素骨格を有する基を有する化合物が挙げられる。 More preferable the compound, the compound having a group having a hydrocarbon backbone that is not a fluorine-substituted 3 or more carbon atoms in the anion structure. Particularly preferably, the number 4 or more fluorine atoms in its anion structure compounds having a group having a hydrocarbon backbone which is not substituted and the like.

炭素数2以上のフッ素置換されていない炭化水素骨格を有する基としては、例えば、炭素数2以上のフッ素置換されていない炭化水素骨格を有する、直鎖、分岐若しくは環状アルキル基、アルコキシ基、アルコキシカルボニル基、アルキルチオ基、アシルアミノ基、オキソアルキル基、アルキルスルホニルオキシ基、アルキルスルホニル基、アルキルスルホニルアミノ基、アルキルアミノスルホニル基などを挙げることができる。 Examples of the group having a hydrocarbon backbone that is not a fluorine-substituted 2 or more carbon atoms, for example, have a hydrocarbon backbone that is not a fluorine-substituted 2 or more carbon atoms, straight-chain, branched or cyclic alkyl group, an alkoxy group, an alkoxy carbonyl group, an alkylthio group, an acylamino group, an oxoalkyl group, an alkylsulfonyloxy group, an alkylsulfonyl group, an alkylsulfonylamino group, and the like alkylaminosulfonyl radicals. また、炭素数2以上のフッ素置換されていない炭化水素骨格を有する、2価若しくは3価の連結基であってもよい。 Also, having a hydrocarbon backbone that is not a fluorine-substituted 2 or more carbon atoms, may be a divalent or trivalent linking group.
炭素数2以上のフッ素置換されていない炭化水素骨格を有する基として、好ましくは、フッ素置換されていない、エチル基、イソプロピル基、n−ブチル基、イソブチル基、t−ブチル基、n−ペンチル基、シクロペンチル基、ネオペンチル基、t−アミル基、n−ヘキシル基、シクロヘキシル基、n−オクチル基、n−ドデシル基、n−ヘキサデシル基、n−オクタデシル基、2−エチルヘキシル基、アダマンチル基、ノルボルニル基、メンチル基、アダマンチルメチル基、アダマンチルエチル基、シクロヘキシルエチル基などのアルキル基、 As group having a hydrocarbon backbone that is not a fluorine-substituted 2 or more carbon atoms, preferably fluorine unsubstituted, ethyl group, isopropyl group, n- butyl group, an isobutyl group, t- butyl group, n- pentyl group , cyclopentyl group, neopentyl group, t-amyl group, n- hexyl group, a cyclohexyl group, n- octyl group, n- dodecyl group, n- hexadecyl group, n- octadecyl, 2-ethylhexyl group, an adamantyl group, a norbornyl group , menthyl group, an adamantylmethyl group, adamantylethyl group, an alkyl group such as a cyclohexyl ethyl group,
フッ素置換されていない、エトキシ基、イソプロポキシ基、n−ブトキシ基、イソブトキシ基、t−ブトキシ基、n−ペンチルオキシ基、シクロペンチルオキシ基、ネオペンチルオキシ基、t−アミルオキシ基、n−ヘキシルオキシ基、シクロヘキシルオキシ基、n-−オクチルオキシ基、n−ドデシルオキシ基、n−ヘキサデシルオキシ基、n−オクタデシルオキシ基、2−エチルヘキシルオキシ基、アダマンチルオキシ基、ノルボルニルオキシ基、メンチルオキシ基、アダマンチルメトキシ基、アダマンチルエトキシ基、シクロヘキシルエトキシ基などのアルコキシ基、 Non-fluorinated, ethoxy group, isopropoxy group, n- butoxy group, isobutoxy group, t-butoxy group, n- pentyloxy group, cyclopentyloxy group, neopentyl group, t-amyloxy group, n- hexyloxy group, cyclohexyloxy group, n-- octyloxy group, n- dodecyloxy group, n- hexadecyl group, n- octadecyl group, 2-ethylhexyl group, adamantyl group, norbornyl group, menthyloxy group, adamantyl methoxy, adamantyl ethoxy group, an alkoxy group such as a cyclohexyl ethoxy group,
上記アルコキシ基がカルボニル基と連結したアルコキシカルボニル基、 Alkoxycarbonyl groups in which the alkoxy group linked to a carbonyl group,
上記アルコキシ基の酸素原子を硫黄原子に置き換えたアルキルチオ基、 Alkylthio groups substituted for the oxygen atom of the alkoxy group to a sulfur atom,
上記アルキル基の任意の位置にオキソ基が置換したオキソアルキル基、 Oxoalkyl group oxo group is substituted at any position of the alkyl group,
上記アルキル基が−C(=O)N(Rx )−基と連結したアシルアミノ基(式中、Rx は、水素原子又は、アルキル基を表す)、 The alkyl group is -C (= O) N (Rx 1) - acylamino group linked with group (wherein, Rx 1 represents a hydrogen atom or an alkyl group),
上記アルキル基が−SO O−基と連結したアルキルスルホニルオキシ基、 Alkylsulfonyloxy group which the alkyl group is linked to -SO 2 O-group,
上記アルキル基が−SO −基と連結したアルキルスルホニル基、 The alkyl group is -SO 2 - alkylsulfonyl group linked with groups,
上記アルキル基が−SO N(Rx )−基と連結したアルキルスルホニルアミノ基、 The alkyl group is -SO 2 N (Rx 1) - alkylsulfonylamino group linked with groups,
(Rx )(Rx )NSO −で表されるアルキルアミノスルホニル基(式中、Rx 2は、炭素数2以上のフッ素置換されていないアルキル基を表し、Rx とRx が結合して、単環若しくは多環の、炭素数2以上のフッ素置換されていない炭化水素骨格を有する環構造を形成してもよい)などを挙げることができる。 (Rx 1) (Rx 2) NSO 2 - alkylaminosulfonyl group represented by (wherein, Rx 2 represents an alkyl group not substituted with fluorine carbon number of 2 or more, Rx 1 and Rx 2 are bonded Te, monocyclic or polycyclic, and the like ring structure may be formed) having a hydrocarbon backbone that is not a fluorine-substituted 2 or more carbon atoms.

炭素数2以上のフッ素置換されていない炭化水素骨格は、分子中のいずれの位置に有していても良いが、分子末端に有する方が好ましい。 Hydrocarbon backbone non-fluorinated carbon number of 2 or more may have at any position in the molecule, but who has a molecular end is preferred.

そのアニオン構造中に炭素数2以上のフッ素置換されていない炭化水素骨格を有する基を有する、logP値が1.5以上12.0以下の酸を発生する化合物としては、下記に示す酸を発生する化合物が挙げられるが、本発明はこれらに限定されない。 A group having a hydrocarbon backbone that is not a fluorine-substituted 2 or more carbon atoms in its anion structure, as the compound logP value to generate a 1.5 to 12.0 of acid, generating an acid shown below compounds that may be mentioned, but the present invention is not limited thereto.

logP値が1.5以上12.0以下の酸を発生する化合物(B')の好ましい別の形態としては、下記一般式(I)又は(I')で表されるスルホン酸を発生する化合物が挙げられる。 Compound logP value to generate a 1.5 to 12.0 acids 'as another preferred form of the following general formula (I) or (I (B)') generating a sulfonic acid represented by compounds and the like.

一般式(I)及び(I')において、 In the general formula (I) and (I '),
1は2価の連結基を表す。 A 1 represents a divalent linking group.
2及びA 3は、各々独立に、単結合、酸素原子又は−N(Rxb)−を表す。 A 2 and A 3 independently represents a single bond, an oxygen atom or -N (Rxb) - represents a.
Rxbは水素原子、アリール基、アルキル基又はシクロアルキル基を表す。 Rxb represents a hydrogen atom, an aryl group, an alkyl group or a cycloalkyl group.
4は単結合又は−C(=O)−を表す。 A 4 represents a single bond or -C (= O) - represents a.
Raは水素原子又は有機基を表す。 Ra represents a hydrogen atom or an organic group.
nは2又は3を表す。 n represents 2 or 3.
Rbはn価の連結基を表す。 Rb represents an n-valent linking group.
3が−N(Rxb)−の時、RaとRxb又はRbとRxbが結合して環を形成してもよい。 A 3 is -N (Rxb) - When, may form a ring by bonding Ra and Rxb or Rb and Rxb.

1としての2価の連結基は、好ましくは炭素数1〜20の有機基であり、より好ましくはアルキレン基(好ましくは炭素数1〜10、より好ましくは炭素数2〜6、更に好ましくは炭素数3〜4)である。 The divalent linking group as A 1 is preferably an organic group having 1 to 20 carbon atoms, more preferably an alkylene group (preferably having from 1 to 10 carbon atoms, more preferably 2 to 6 carbon atoms, more preferably it is a number 3-4) carbon. アルキレン鎖中に酸素原子、硫黄原子、−C(=O)−基、エステル基などの連結基を有していてもよい。 Oxygen atoms in the alkylene chain, a sulfur atom, -C (= O) - group, may contain a linking group such as an ester group.
1としての2価の連結基は、更に好ましくはフッ素原子で置換されたアルキレン基であり、特に水素原子数の30〜100%がフッ素原子で置換されたアルキレン基が好ましい。 The divalent linking group as A 1 is more preferably an alkylene group substituted with a fluorine atom, an alkylene group is particularly preferable 30% to 100% of the number of hydrogen atoms are substituted with fluorine atoms. フッ素原子で置換されたアルキレン基の場合、−SO 3 H基と結合した炭素原子がフッ素原子を有することが好ましい。 For the alkylene group substituted with a fluorine atom, it is preferred that the carbon atom bound to -SO 3 H groups having a fluorine atom. 更にはパーフルオロアルキレン基が好ましく、パーフロロエチレン基、パーフロロプロピレン基、パーフロロブチレン基が最も好ましい。 Further preferably a perfluoroalkylene group, perfluoro ethylene, perfluoro propylene, perfluorobutylene group are most preferred.

Rxbにおけるアリール基としては、置換基を有していてもよく、好ましくは炭素数6〜14のアリール基であり、例えばフェニル基、ナフチル基などが挙げられる。 The aryl group in Rxb, may have a substituent, preferably an aryl group having 6 to 14 carbon atoms, such as phenyl group, and a naphthyl group.

Rxbとしてのアルキル基は、置換基を有していてもよく、好ましくは炭素数1〜20の直鎖及び分岐アルキル基であり、アルキル鎖中に酸素原子を有していてもよい。 The alkyl group as Rxb may have a substituent, preferably a linear or branched alkyl group having 1 to 20 carbon atoms, may contain an oxygen atom in the alkyl chain. 具体的にはメチル基、エチル基、n−プロピル基、n−ブチル基、n−ペンチル基、n−ヘキシル基、n−オクチル基、n−ドデシル基、n−テトラデシル基、n−オクタデシル基などの直鎖アルキル基、イソプロピル基、イソブチル基、t−ブチル基、ネオペンチル基、2−エチルヘキシル基などの分岐アルキル基を挙げることができる。 A methyl group, an ethyl group, n- propyl group, n- butyl group, n- pentyl group, n- hexyl, n- octyl group, n- dodecyl group, n- tetradecyl, n- octadecyl, etc. linear alkyl group, an isopropyl group, an isobutyl group, t- butyl group, a neopentyl group, and a branched alkyl group such as a 2-ethylhexyl group.

なお、置換基を有するアルキル基として、特に直鎖又は分岐アルキル基にシクロアルキル基が置換した基(例えば、アダマンチルメチル基、アダマンチルエチル基、シクロヘキシルエチル基、カンファー残基など)を挙げることができる。 Incidentally, there may be mentioned the alkyl group having a substituent, particularly a linear or branched alkyl group a group where a cycloalkyl group is substituted (e.g., adamantylmethyl group, adamantylethyl group, cyclohexylethyl group, a camphor residue) .

Rxbとしてのシクロアルキル基は、置換基を有していてもよく、好ましくは炭素数3〜20のシクロアルキル基であり、環内に酸素原子を有していてもよい。 The cycloalkyl group as Rxb may have a substituent, preferably a cycloalkyl group having 3 to 20 carbon atoms, may contain an oxygen atom in the ring. 具体的には、シクロプロピル基、シクロペンチル基、シクロヘキシル基、ノルボルニル基、アダマンチル基などを挙げることができる。 Specifically, there can be mentioned a cyclopropyl group, a cyclopentyl group, a cyclohexyl group, a norbornyl group, an adamantyl group.

Raは水素原子又は1価の有機基を表す。 Ra represents a hydrogen atom or a monovalent organic group.
Raとしての1価の有機基は、好ましくは炭素数1〜20であり、例えば、アルキル基、シクロアルキル基、アリール基、アラルキル基、アルケニル基などを挙げることができる。 Monovalent organic group as Ra is preferably from 1 to 20 carbon atoms, for example, an alkyl group, a cycloalkyl group, an aryl group, an aralkyl group, and an alkenyl group.

Raとしてのアルキル基、シクロアルキル基又はアリール基は、Rxbとして挙げたものと同様である。 Alkyl group, a cycloalkyl group or an aryl group as Ra are the same as those of the Rxb.

Raとしてのアラルキル基は、好ましくは炭素数7〜20のアラルキル基が挙げられ、例えば、ベンジル基、フェネチル基、ナフチルメチル基、ナフチルエチル基が挙げられる。 Aralkyl group as Ra is preferably an aralkyl group having 7 to 20 carbon atoms, for example, benzyl group, phenethyl group, a naphthylmethyl group and a naphthylethyl group.

Raとしてのアルケニル基は、Rxbとして挙げたアルキル基の任意の位置に2重結合を有する基が挙げられる。 Alkenyl group as Ra include groups having a double bond at an arbitrary position of the alkyl group described as Rxb.

Rbとしてのn価の連結基は、好ましくは炭素数1〜20である。 n-valent linking group as Rb are preferably 1 to 20 carbon atoms. 一般式(I')においてn=2である場合の、Rbとしての2価の連結基は、例えば、アルキレン基(好ましくは炭素数1〜20)、アリーレン基(好ましくは炭素数6〜10)、アラルキレン基(好ましくは炭素数7〜13)、アルケニレン基(好ましくは炭素数2〜12)が挙げられる。 General formula (I ') when it is n = 2 in the divalent linking group as Rb is, for example, an alkylene group (preferably having 1 to 20 carbon atoms), an arylene group (preferably having 6 to 10 carbon atoms) , aralkylene groups (preferably 7 to 13 carbon atoms), an alkenylene group (preferably having from 2 to 12 carbon atoms) are exemplified. これらは置換基を有していてもよい。 These may have a substituent.
n=3である場合のRbとしての3価の連結基は、上記2価の連結基の任意の水素原子を除いた3価の基を挙げることができる。 n = 3 valent linking group as Rb when it is 3, there can be mentioned trivalent group by removing an optional hydrogen atom of the divalent linking group.

3が−N(Rxb)−の時、RaとRxb又はRbとRxbが結合して形成する環としては、窒素原子を含む炭素数4〜10の環が好ましく、単環でも多環でもよい。 A 3 is -N (Rxb) - when, as the ring Ra and Rxb or Rb and Rxb is formed by combining, preferably ring having 4 to 10 carbon atoms containing a nitrogen atom, may be monocyclic or polycyclic . また、環内に酸素原子を有していてもよい。 And it may have an oxygen atom in the ring.

上記各基が有してもよい置換基としては、例えば、ハロゲン原子、水酸基、ニトロ基、シアノ基、カルボキシ基、シクロアルキル基(好ましくは炭素数3〜20)、アリール基(好ましくは炭素数6〜14)、アルコキシ基(好ましくは炭素数1〜20)、アシル基(好ましくは炭素数2〜20)、アシルオキシ基(好ましくは炭素数2〜20)などが挙げられる。 Examples of the substituent which may be possessed by each group, for example, a halogen atom, a hydroxyl group, a nitro group, a cyano group, a carboxy group, a cycloalkyl group (preferably having 3 to 20 carbon atoms), an aryl group (preferably a carbon number 6-14), alkoxy groups (preferably having 1 to 20 carbon atoms), an acyl group (preferably having from 2 to 20 carbon atoms), an acyloxy group (preferably the like 2 to 20 carbon atoms). アリール基、シクロアルキル基などにおける環状構造については、置換基としては更にアルキル基(好ましくは炭素数1〜20)を挙げることができる。 The cyclic structure in the aryl group, such as cycloalkyl groups, as (preferably having from 1 to 20 carbon atoms) by alkyl substituent can be exemplified.

一般式(I)及び(I')のスルホン酸は、下記一般式(IA)〜(IC)及び(I'A)〜(I'C)で表されるスルホン酸であることが好ましい。 Sulfonic acids of general formula (I) and (I ') is preferably a sulfonic acid represented by the following general formula (IA) ~ (IC) and (I'A) ~ (I'C).

一般式(IA)〜(IC)及び(I'A)〜(I'C)中、 In the general formula (IA) ~ (IC) and (I'A) ~ (I'C),
Ra'は一般式(I)におけるRaと同義である。 Ra 'has the same meaning as Ra in formula (I).
Rb及びnは、一般式(I')におけるRb及びnと同義である。 Rb and n have the same meanings as Rb and n in general formula (I ').
Ra”はアルキル基、アリール基、アラルキル基又はアルケニル基を表す。 Ra "represents an alkyl group, an aryl group, an aralkyl group or an alkenyl group.
Rx'は一般式(I)及び(I')におけるRxbと同義である。 Rx 'the general formula (I) and (I' the same meaning as Rxb in).
n1は1〜10の整数を表す。 n1 represents an integer of 1 to 10.
n2は0〜10の整数を表す。 n2 represents an integer of 0 to 10.
5は、単結合、−O−、アルキレン基、シクロアルキレン基又はアリーレン基を表す。 A 5 represents a single bond, -O-, alkylene group, cycloalkylene group or an arylene group.

5としてのアルキレン基、シクロアルキレン基は、フッ素置換されていない、アルキレン基、シクロアルキレン基が好ましい。 The alkylene group as A 5, cycloalkylene group, non-fluorinated alkylene group, a cycloalkylene group.
一般式(IA)においてRa'とRx'が結合して環を形成していることが好ましい。 It is preferable that in the general formula (IA) Ra 'and Rx' are joined to form a ring. 環構造を形成することによって、安定性が向上し、これを用いた組成物の保存安定性が向上する。 By forming a ring structure, the stability is enhanced, the storage stability of the composition is improved using the same. 形成される環としては、炭素数4〜20が好ましく、単環式でも多環式でもよく、環内に酸素原子を含んでいてもよい。 Examples of the ring formed, 4 to 20 carbon atoms are preferred, it may be either monocyclic or polycyclic, may contain an oxygen atom in the ring.
Ra”としてのアルキル基、アリール基、アラルキル基又はアルケニル基は、Raとしてのアルキル基、アリール基、アラルキル基又はアルケニル基と同様のものが挙げられる。 Alkyl group as Ra ", an aryl group, an aralkyl group or an alkenyl group, an alkyl group as Ra, an aryl group, include the same aralkyl group or an alkenyl group.
n1+n2は2〜8が好ましく、更に好ましくは2〜6である。 n1 + n2 is preferably 2 to 8, more preferably from 2 to 6.

一般式(I)又は(I')で表されるスルホン酸の好ましい具体例を以下に挙げるが、本発明はこれらに限定されない。 Specific preferred examples of the general formula (I) or a sulfonic acid represented by (I ') shown below, but the invention is not limited thereto.

これらの中でも、そのアニオン構造中に炭素数2以上のフッ素置換されていない炭化水素骨格を有する化合物がより好ましい。 Among these, compounds having a hydrocarbon backbone that is not a fluorine-substituted 2 or more carbon atoms in its anion structure is more preferable.

logP値が1.5以上12.0以下の酸を発生する化合物(B')の好ましいさらに別の形態としては、下記一般式(II)で表されるスルホン酸を発生する化合物が挙げられる。 As yet another preferred form of the compound (B ') the logP value to generate a 1.5 to 12.0 acids include compounds capable of generating a sulfonic acid represented by the following general formula (II).

一般式(II)に於いて、 In the general formula (II),
Rfは、フッ素原子又はフッ素原子を有する有機基を表す。 Rf represents an organic group having a fluorine atom or a fluorine atom.
a1及びR b1は、各々独立に、有機基を表す。 R a1 and R b1 each independently represents an organic group.
Arは、芳香族基を表す。 Ar represents an aromatic group.
Xは、−SO−、−SO −、−S−又は−O−を表す。 X is, -SO -, - SO 2 - , - S- or an -O-.
l'は、0〜6の整数を表す。 l 'represents an integer of 0 to 6.
m'は、0〜5の整数を表す。 m 'represents an integer of 0 to 5.
n'は、0〜5の整数を表す。 n 'represents an integer of 0 to 5.

一般式(II)において、R a1及びR b1の有機基としては、例えば、アルキル基、アリール基、シクロアルキル基、アルコキシ基、アリールオキシ基、アラルキル基、アラルキルオキシ基、シクロアルコキシ基、アルコキシカルボニル基、アリールオキシカルボニル基、アシルオキシ基、アルキルチオ基、アリールチオ基、アシル基、アシルアミノ基、アルケニル基、アルケニルオキシ基、アリールカルボニルオキシ基、アルキルカルボニルオキシ基、アルキルアミノカルボニル基、アルキルカルボニルアミノ基、アルキルシリルオキシ基、シアノ基等を挙げることができる。 In general formula (II), the organic group R a1 and R b1, for example, an alkyl group, an aryl group, a cycloalkyl group, an alkoxy group, an aryloxy group, an aralkyl group, an aralkyloxy group, cycloalkoxy group, alkoxycarbonyl group, an aryloxycarbonyl group, an acyloxy group, an alkylthio group, an arylthio group, an acyl group, an acylamino group, an alkenyl group, an alkenyloxy group, an arylcarbonyloxy group, an alkylcarbonyloxy group, alkylaminocarbonyl group, alkylcarbonylamino group, the alkyl silyloxy group, and a cyano group. これら有機基は、複数が単結合、エーテル結合、エステル結合、アミド結合、スルフィド結合、ウレア結合等で連結されていてもよい。 These organic groups are more single bond, an ether bond, an ester bond, an amide bond, sulfide bond, may be linked by urea bond or the like. a1及びR b1の有機基は、好ましくは炭素数2〜30であり、より好ましくは炭素数4〜30であり、更により好ましくは炭素数6〜30であり、特に好ましくは炭素数8〜24である。 The organic group of R a1 and R b1 is preferably 2 to 30 carbon atoms, more preferably from 4 to 30 carbon atoms, still more preferably from 6 to 30 carbon atoms, particularly preferably 8 to carbon atoms it is 24.

a1及びR b1の有機基に於けるアルキル基は、炭素数1〜30の直鎖又は分岐状アルキル基が好ましく、例えば、メチル基、エチル基、プロピル基、イソプロピル基、n-ブチル基、sec-ブチル基、t-ブチル基、ヘキシル基、ヘプチル基、オクチル基、ノニル基、デシル基、ウンデシル基、ドデシル基等を挙げることができる。 In the alkyl group in the organic group of R a1 and R b1, is preferably a linear or branched alkyl group having 1 to 30 carbon atoms, e.g., methyl group, ethyl group, propyl group, isopropyl group, n- butyl group, sec- butyl, t- butyl, hexyl, heptyl, octyl, nonyl, decyl, undecyl group, and dodecyl group. アルキル基は、置換基を有していてもよい。 Alkyl group may have a substituent. アルキル基の好ましい置換基としては、例えば、アルコキシ基、シクロアルキル基、アシル基、アシロキシ基、塩素原子、臭素原子、ヨウ素原子、水酸基、カルボキシル基等を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the alkyl group include an alkoxy group, a cycloalkyl group, an acyl group, an acyloxy group, a chlorine atom, a bromine atom, may be mentioned iodine atom, a hydroxyl group and a carboxyl group.

a1及びR b1の有機基に於けるアリール基としては、フェニル基、トリル基、メシチル基、ナフチル基などが挙げられる。 The in the aryl group in the organic group of R a1 and R b1, a phenyl group, a tolyl group, a mesityl group, and naphthyl group. アリール基の好ましい置換基としては例えば、アルキル基、シクロアルキル基、アルコキシ基、アシロキシ基、アシル基、ホルミル基、ニトロ基、アシルアミノ基、スルホニルアミノ基、ハロゲン原子、アリール基、アルコキシカルボニル基、塩素原子、臭素原子、ヨウ素原子、水酸基、カルボキシル基、シアノ基が挙げられる。 A preferable substituent of the aryl group include an alkyl group, a cycloalkyl group, an alkoxy group, an acyloxy group, an acyl group, a formyl group, a nitro group, an acylamino group, a sulfonylamino group, a halogen atom, an aryl group, an alkoxycarbonyl group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, a hydroxyl group, a carboxyl group, a cyano group.

a1及びR b1の有機基に於けるシクロアルキル基は、炭素数3〜30の単環又は多環のシクロアルキル基が好ましく、例えば、シクロプロピル基、シクロブチル基、シクロペンチル基、シクロヘキシル基、ノルボニル基、アダマンチル基等を挙げることができる。 In cycloalkyl groups in the organic group of R a1 and R b1, preferably a cycloalkyl group having a monocyclic or polycyclic 3 to 30 carbon atoms, such as cyclopropyl group, cyclobutyl group, cyclopentyl group, cyclohexyl group, norbornyl it can be exemplified group, an adamantyl group, and the like. シクロアルキル基は、置換基を有していてもよい。 Cycloalkyl groups may have a substituent. シクロアルキル基の好ましい置換基としては、例えば、アルキル基、アルコキシ基、アシル基、アシロキシ基、塩素原子、臭素原子、ヨウ素原子、水酸基、カルボキシル基等を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the cycloalkyl group, for example, an alkyl group, an alkoxy group, an acyl group, an acyloxy group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, a hydroxyl group, a carboxyl group or the like.

a1及びR b1の有機基に於けるアルコキシ基は、炭素数1〜30の直鎖又は分岐状アルコキシ基が好ましく、例えば、メトキシ基、エトキシ基、プロポキシ基、イソプロポキシ基、n-ブトキシ基、イソブトキシ基、sec-ブトキシ基、t-ブトキシ基、ヘキシルオキシ基、ヘプチルオキシ基、オクチルオキシ基、ノニルオキシ基、デシルオキシ基、ウンデシルオキシ基、ドデシルオキシ基等を挙げることができる。 In alkoxy group in the organic group of R a1 and R b1, it is preferably a linear or branched alkoxy group having 1 to 30 carbon atoms, such as methoxy group, ethoxy group, propoxy group, isopropoxy group, n- butoxy group , isobutoxy group, sec- butoxy group, t-butoxy group, hexyloxy group, heptyloxy group, octyloxy group, nonyloxy group, decyloxy group, undecyloxy group, a dodecyloxy group. アルコキシ基は、置換基を有していてもよい。 Alkoxy group may have a substituent. アルコキシ基の好ましい置換基としては、例えば、アルコキシ基、アリール基、アシル基、アシロキシ基、塩素原子、臭素原子、ヨウ素原子、シクロアルキル基、シクロアルコキシ基、シロキサン基、水酸基、カルボキシル基等を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the alkoxy group, for example, include an alkoxy group, an aryl group, an acyl group, an acyloxy group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, a cycloalkyl group, a cycloalkoxy group, a siloxane group, a hydroxyl group, a carboxyl group, etc. be able to.

a1及びR b1の有機基に於けるアリールオキシ基は、炭素数6〜20のアリールオキシ基が好ましく、例えば、フェノキシ基等を挙げることができる。 In an aryloxy group in the organic group of R a1 and R b1 is preferably an aryloxy group having 6 to 20 carbon atoms, and examples thereof include a phenoxy group and the like. アリールオキシ基は、置換基を有していてもよい。 Aryloxy group may have a substituent. アリールオキシ基の好ましい置換基としては、例えば、アルキル基、シクロアルキル基、アルコキシ基、アシル基、ホルミル基、ニトロ基、アシルアミノ基、スルホニルアミノ基、塩素原子、臭素原子、沃素原子、アルコキシカルボニル基、シアノ基、水酸基、カルボキシル基を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the aryloxy group include an alkyl group, a cycloalkyl group, an alkoxy group, an acyl group, a formyl group, a nitro group, an acylamino group, a sulfonylamino group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, an alkoxycarbonyl group , it can be exemplified cyano group, a hydroxyl group, a carboxyl group.

a1及びR b1の有機基に於けるアラルキル基は、炭素数7〜12のアラルキル基が好ましく、例えば、ベンジル基もしくはフェネチル基のような等を挙げることができる。 In the aralkyl group in the organic group of R a1 and R b1 is preferably an aralkyl group having 7 to 12 carbon atoms, for example, can be cited such as benzyl or phenethyl. アラルキル基は、置換基を有していてもよい。 Aralkyl group may have a substituent. アラルキル基の好ましい置換基としては、例えば、アルキル基、シクロアルキル基、アルコキシ基、アシル基、ホルミル基、ニトロ基、アシルアミノ基、スルホニルアミノ基、塩素原子、臭素原子、沃素原子、アルコキシカルボニル基、シアノ基、水酸基、カルボキシル基を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the aralkyl group include an alkyl group, a cycloalkyl group, an alkoxy group, an acyl group, a formyl group, a nitro group, an acylamino group, a sulfonylamino group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, an alkoxycarbonyl group, it can be mentioned cyano group, a hydroxyl group, a carboxyl group.

アラルキルオキシ基は、炭素数6〜20のアラルキルオキシ基が好ましく、例えば、ベンジルオキシ基、フェネチル基のようなアラルキルオキシ基が挙げられる。 Aralkyloxy group is preferably an aralkyloxy group having 6 to 20 carbon atoms, for example, benzyloxy group and an aralkyloxycarbonyl group such as a phenethyl group. アラルキルオキシ基は、置換基を有していてもよい。 Aralkyloxy group may have a substituent. アラルキルオキシ基の好ましい置換基としては、例えば、アルキル基、シクロアルキル基、アルコキシ基、アシル基、ホルミル基、ニトロ基、アシルアミノ基、スルホニルアミノ基、塩素原子、臭素原子、沃素原子、アルコキシカルボニル基、シアノ基、水酸基、カルボキシル基を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the aralkyloxy group include an alkyl group, a cycloalkyl group, an alkoxy group, an acyl group, a formyl group, a nitro group, an acylamino group, a sulfonylamino group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, an alkoxycarbonyl group , it can be exemplified cyano group, a hydroxyl group, a carboxyl group.

a1及びR b1の有機基に於けるシクロアルコキシ基は、炭素数3〜30の単環又は多環のシクロアルコキシ基が好ましく、例えば、シクロプロポキシ基、シクロブトキシ基、シクロペンチルオキシ基、シクロヘキシルオキシ基、ノルボニルオキシ基、メンチルオキシ基、アダマンチルオキシ基等を挙げることができる。 In cycloalkoxy group in the organic group of R a1 and R b1 is preferably a cycloalkoxy group having a monocyclic or polycyclic 3 to 30 carbon atoms, for example, cyclopropoxy group, cyclobutoxy group, cyclopentyloxy group, cyclohexyloxy it can be exemplified group, Noruboniruokishi group, menthyloxy group, adamantyl group and the like. シクロアルコキシ基は、置換基を有していてもよい。 Cycloalkoxy group may have a substituent. シクロアルコキシ基の好ましい置換基としては、例えば、アルキル基、アルコキシ基、アシル基、アシロキシ基、塩素原子、臭素原子、沃素原子、水酸基、カルボキシル基等を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the cycloalkoxy group include an alkyl group, an alkoxy group, an acyl group, an acyloxy group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, a hydroxyl group, a carboxyl group or the like.

a1及びR b1の有機基に於けるアルコキシカルボニル基は、炭素数1〜30のアルコキシカルボニル基が好ましく、例えば、メトキシカルボニル基、エトキシカルボニル基、ブトキシカルボニル基、オクチルオキシカルボニル基、ドデシルオキシカルボニル基等を挙げることができる。 In alkoxycarbonyl group in the organic group of R a1 and R b1, preferably an alkoxycarbonyl group having 1 to 30 carbon atoms, for example, methoxycarbonyl group, ethoxycarbonyl group, butoxycarbonyl group, octyloxy group, dodecyloxy carbonyl mention may be made of the group, and the like. アルコキシカルボニル基は、置換基を有してもよい。 Alkoxycarbonyl group may have a substituent. アルコキシカルボニル基の好ましい置換基としては、例えば、アルコキシ基、アシル基、アシロキシ基、シクロアルキル基、塩素原子、臭素原子、ヨウ素原子、水酸基、カルボキシル基等を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the alkoxycarbonyl group, for example, an alkoxy group, an acyl group, an acyloxy group, a cycloalkyl group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, a hydroxyl group, a carboxyl group or the like.

a1及びR b1の有機基に於けるアリールオキシカルボニル基は、炭素数6〜20のアリールオキシカルボニル基が好ましく、例えば、フェノキシカルボニル基等を挙げることができる。 In aryloxycarbonyl group in the organic group of R a1 and R b1 is preferably an aryloxycarbonyl group having 6 to 20 carbon atoms, for example, a phenoxycarbonyl group and the like. アリールオキシカルボニル基は、置換基を有していてもよい。 Aryloxycarbonyl group may have a substituent. アリールオキシカルボニル基の好ましい置換基としては、例えば、アルキル基、シクロアルキル基、アルコキシ基、アシル基、ホルミル基、ニトロ基、アシルアミノ基、スルホニルアミノ基、塩素原子、臭素原子、沃素原子、水酸基、カルボキシル基、アルコキシカルボニル基、シアノ基を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the aryloxycarbonyl group include an alkyl group, a cycloalkyl group, an alkoxy group, an acyl group, a formyl group, a nitro group, an acylamino group, a sulfonylamino group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, a hydroxyl group, carboxyl group, an alkoxycarbonyl group, and a cyano group.

a1及びR b1の有機基に於けるアシルオキシ基は、炭素数1〜30のアシルオキシ基が好ましく、例えば、アセトキシ基、メチルブチノイルオキシ基、メチルデシノイルオキシ基、プロピオニルオキシ基、ブチリルオキシ基、バレリルオキシ基、パルミトイルオキシ基、ベンゾイルオキシ基等を挙げることができる。 In acyloxy group in the organic group of R a1 and R b1, preferably an acyloxy group having 1 to 30 carbon atoms, e.g., acetoxy, methyl butyrate alkanoyloxy group, methyl deci alkanoyloxy group, propionyloxy group, butyryloxy group, valeryloxy group, palmitoyl group, may be mentioned benzoyl group and the like. アシルオキシ基は、置換基を有していてもよい。 Acyloxy group may have a substituent. アシルオキシ基の好ましい置換基としては、例えば、アルキル基、シクロアルキル基、アルコキシ基、アシル基、ホルミル基、ニトロ基、アシルアミノ基、スルホニルアミノ基、塩素原子、臭素原子、沃素原子、水酸基、カルボキシル基、アルコキシカルボニル基、シアノ基を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the acyloxy group include an alkyl group, a cycloalkyl group, an alkoxy group, an acyl group, a formyl group, a nitro group, an acylamino group, a sulfonylamino group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, a hydroxyl group, a carboxyl group , it may be mentioned an alkoxycarbonyl group, a cyano group.

a1及びR b1の有機基に於けるアルキルチオ基は、炭素数1〜30のアルキルチオ基が好ましく、例えば、メチルチオ基、エチルチオ基、プロピルチオ基、イソプロピルチオ基、n-ブチルチオ基、sec-ブチルチオ基、t-ブチルチオ基、ヘキシルチオ基、ヘプチルチオ基、オクチルチオ基、ノニルチオ基、デシルチオ基、ウンデシルチオ基、ドデシルチオ基等を挙げることができる。 In alkylthio group in the organic group of R a1 and R b1, preferably an alkylthio group having 1 to 30 carbon atoms, such as methylthio group, ethylthio group, propylthio group, isopropylthio group, n- butylthio group, sec- butylthio , t-butylthio group, a hexylthio group, octylthio group, nonylthio group, undecylthio group and a dodecylthio group. アルキルチオ基は、置換基を有していてもよい。 Alkylthio group may have a substituent. アルキルチオ基の好ましい置換基としては、例えば、アルコキシ基、アシル基、アシロキシ基、シクロアルキル基、塩素原子、臭素原子、ヨウ素原子、水酸基、カルボキシル基等を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the alkylthio group include an alkoxy group, an acyl group, an acyloxy group, a cycloalkyl group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, a hydroxyl group, a carboxyl group or the like.

a1及びR b1の有機基に於けるアリールチオ基は、炭素数6〜20のアリールチオ基が好ましく、例えば、フェニルチオ基等を挙げることができる。 In an arylthio group in the organic group of R a1 and R b1 is preferably an arylthio group having 6 to 20 carbon atoms, such as a phenylthio group. アリールチオ基は、置換基を有していてもよい。 The arylthio group may have a substituent. アリールチオ基の好ましい置換基としては、例えば、アルキル基、シクロアルキル基、アルコキシ基、アシル基、ホルミル基、ニトロ基、アシルアミノ基、スルホニルアミノ基、塩素原子、臭素原子、沃素原子、水酸基、カルボキシル基、アルコキシカルボニル基、シアノ基等を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the arylthio group include an alkyl group, a cycloalkyl group, an alkoxy group, an acyl group, a formyl group, a nitro group, an acylamino group, a sulfonylamino group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, a hydroxyl group, a carboxyl group , it may be mentioned an alkoxycarbonyl group, a cyano group or the like.

a1及びR b1の有機基に於けるアシル基は、炭素数1〜30のアシル基が好ましく、例えば、アセチル基、プロピオニル基、ピバロイル基、ブチリル基、バレリル基、パルミトイル基、ベンゾイル基等を挙げることができる。 In the acyl group in the organic group of R a1 and R b1, preferably an acyl group having 1 to 30 carbon atoms, such as an acetyl group, a propionyl group, a pivaloyl group, a butyryl group, a valeryl group, a palmitoyl group, a benzoyl group, etc. it can be mentioned. アシル基は、置換基を有していてもよい。 Acyl groups may have a substituent. アシル基の好ましい置換基としては、例えば、アルキル基、シクロアルキル基、アルコキシ基、アシル基、ホルミル基、ニトロ基、アシルアミノ基、スルホニルアミノ基、塩素原子、臭素原子、沃素原子、水酸基、カルボキシル基、アルコキシカルボニル基、シアノ基を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the acyl group, for example, an alkyl group, a cycloalkyl group, an alkoxy group, an acyl group, a formyl group, a nitro group, an acylamino group, a sulfonylamino group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, a hydroxyl group, a carboxyl group , it may be mentioned an alkoxycarbonyl group, a cyano group.

a1及びR b1の有機基に於けるアシルアミノ基は、炭素数1〜30のアシルアミノ基が好ましく、例えば、アセチルアミノ基、プロピオニルアミノ基、ピバロイルアミノ基、ブチリルアミノ基、ベンゾイルアミノ基等を挙げることができる。 In acylamino group in the organic group of R a1 and R b1, preferably an acylamino group having 1 to 30 carbon atoms, e.g., acetylamino group, propionylamino group, a pivaloylamino group, butyrylamino group, and the like benzoylamino group it can. アシルアミノ基は、置換基を有していてもよい。 Acylamino group may have a substituent. アシルアミノ基の好ましい置換基としては、例えば、アルキル基、シクロアルキル基、アルコキシ基、アシル基、ホルミル基、ニトロ基、アシルアミノ基、スルホニルアミノ基、塩素原子、臭素原子、沃素原子、水酸基、カルボキシル基、アルコキシカルボニル基、シアノ基を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the acylamino group include an alkyl group, a cycloalkyl group, an alkoxy group, an acyl group, a formyl group, a nitro group, an acylamino group, a sulfonylamino group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, a hydroxyl group, a carboxyl group , it may be mentioned an alkoxycarbonyl group, a cyano group.

a1及びR b1の有機基に於けるアルケニル基は、炭素数1〜30のアルケニル基が好ましく、例えば、ビニル基、プロペニル基、ブテニル基等を挙げることができる。 In the alkenyl group in the organic group of R a1 and R b1 is preferably an alkenyl group having 1 to 30 carbon atoms, and examples thereof include a vinyl group, a propenyl group, a butenyl group and the like. アルケニル基は、置換基を有していてもよい。 The alkenyl group may have a substituent. アルケニル基の好ましい置換基としては、例えば、アルコキシ基、アシル基、アシロキシ基、シクロアルキル基、塩素原子、臭素原子、沃素原子、水酸基、カルボキシル基等を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the alkenyl group include an alkoxy group, an acyl group, an acyloxy group, a cycloalkyl group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, a hydroxyl group, a carboxyl group or the like.

a1及びR b1の有機基に於けるアルケニルオキシ基は、炭素数1〜30のアルケニルオキシ基が好ましく、例えば、ビニルオキシ基、プロペニルオキシ基、ブテニルオキシ基等を挙げることができる。 In alkenyloxy group in the organic group of R a1 and R b1 is preferably an alkenyloxy group having 1 to 30 carbon atoms, and examples thereof include vinyloxy group, propenyloxy group, a butenyloxy group. アルケニルオキシ基は、置換基を有していてもよい。 Alkenyloxy group may have a substituent. アルケニルオキシ基の好ましい置換基としては、例えば、アルコキシ基、アシル基、アシロキシ基、シクロアルキル基、塩素原子、臭素原子、沃素原子、水酸基、カルボキシル基等を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the alkenyloxy group include an alkoxy group, an acyl group, an acyloxy group, a cycloalkyl group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, a hydroxyl group, a carboxyl group or the like.

a1及びR b1の有機基に於けるアリールカルボニルオキシ基は、炭素数6〜20のアリールカルボニルオキシ基が好ましく、例えば、フェニルカルボニルオキシ基等を挙げることができる。 In arylcarbonyloxy group in the organic group of R a1 and R b1 is preferably an arylcarbonyloxy group having 6 to 20 carbon atoms, for example, include a phenyl carbonyloxy group. アリールカルボニルオキシ基は、置換基を有していてもよい。 Arylcarbonyloxy group may have a substituent. アリールカルボニルオキシ基の好ましい置換基としては、例えば、アルキル基、シクロアルキル基、アルコキシ基、アシル基、ホルミル基、ニトロ基、アシルアミノ基、スルホニルアミノ基、アルコキシカルボニル基、シアノ基、塩素原子、臭素原子、沃素原子、水酸基、カルボキシル基等を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the arylcarbonyloxy group include an alkyl group, a cycloalkyl group, an alkoxy group, an acyl group, a formyl group, a nitro group, an acylamino group, a sulfonylamino group, an alkoxycarbonyl group, a cyano group, a chlorine atom, a bromine atom, iodine atom, a hydroxyl group, a carboxyl group or the like.

a1及びR b1の有機基に於けるアルキルカルボニルオキシ基は、炭素数1〜30のアルキルカルボニルオキシ基が好ましく、例えば、メチルカルボニルオキシ基、エチルカルボニルオキシ基、プロピルカルボニルオキシ基、ブチルカルボニルオキシ基等を挙げることができる。 In alkylcarbonyloxy group in the organic group of R a1 and R b1, preferably an alkylcarbonyloxy group having 1 to 30 carbon atoms, such as methyl carbonyloxy group, ethyl carbonyloxy, propyl carbonyloxy group, butylcarbonyloxy mention may be made of the group, and the like. アルキルカルボニルオキシ基は、置換基を有していてもよい。 Alkylcarbonyloxy group may have a substituent. アルキルカルボニルオキシ基の好ましい置換基としては、例えば、アルコキシ基、アシル基、アシロキシ基、シクロアルキル基、塩素原子、臭素原子、沃素原子、水酸基、カルボキシル基等を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the alkylcarbonyloxy group include an alkoxy group, an acyl group, an acyloxy group, a cycloalkyl group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, a hydroxyl group, a carboxyl group or the like.

a1及びR b1の有機基に於けるアルキルアミノカルボニル基は、炭素数1〜30のアルキルアミノカルボニル基が好ましく、例えば、メチルアミノカルボニル基、エチルアミノカルボニル基、プロピルアミノカルボニル基、ブチルアミノカルボニル基等を挙げることができる。 In alkylaminocarbonyl group in the organic group of R a1 and R b1 is preferably an alkylaminocarbonyl group having 1 to 30 carbon atoms, for example, methylaminocarbonyl group, ethylaminocarbonyl group, propylamino group, butylamino carbonyl mention may be made of the group, and the like. アルキルアミノカルボニル基は、置換基を有していてもよい。 Alkylaminocarbonyl group may have a substituent. アルキルアミノカルボニル基の好ましい置換基としては、例えば、アルコキシ基、アシル基、アシロキシ基、シクロアルキル基、塩素原子、臭素原子、沃素原子、水酸基、カルボキシル基等を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the alkylaminocarbonyl group include an alkoxy group, an acyl group, an acyloxy group, a cycloalkyl group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, a hydroxyl group, a carboxyl group or the like.

a1及びR b1の有機基に於けるアルキルカルボニルアミノ基は、炭素数1〜30のアルキルカルボニルアミノ基が好ましく、例えば、メチルカルボニルアミノ基、エチルカルボニルアミノ基、プロピルカルボニルアミノ基、ブチルカルボニルアミノ基等を挙げることができる。 In alkylcarbonylamino group in the organic group of R a1 and R b1, preferably an alkyl carbonyl amino group having 1 to 30 carbon atoms, e.g., methyl group, an ethylcarbonylamino group, propyl carbonyl group, butyl carbonyl amino mention may be made of the group, and the like. アルキルカルボニルアミノ基は、置換基を有していてもよい。 Alkylcarbonylamino group may have a substituent. アルキルカルボニルアミノ基の好ましい置換基としては、例えば、アルコキシ基、アシル基、アシロキシ基、シクロアルキル基、塩素原子、臭素原子、沃素原子、水酸基、カルボキシル基等を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the alkylcarbonylamino group include an alkoxy group, an acyl group, an acyloxy group, a cycloalkyl group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, a hydroxyl group, a carboxyl group or the like.

a1及びR b1の有機基に於けるアルキルシリルオキシ基は、炭素数1〜30のアルキルシリルオキシ基が好ましく、例えば、トリメチルシリルオキシ基、t−ブチルジメチルシリルオキシ基等を挙げることができる。 In alkylsilyloxy group in the organic group of R a1 and R b1 is preferably an alkyl silyl group having 1 to 30 carbon atoms, for example, can be exemplified a trimethylsilyloxy group, a t- butyldimethylsilyl group and the like. アルキルシリルオキシ基は、置換基を有していてもよい。 Alkyl silyl group may have a substituent. アルキルシリルオキシ基の好ましい置換基としては、例えば、アルコキシ基、アシル基、アシロキシ基、シクロアルキル基、塩素原子、臭素原子、沃素原子、水酸基、カルボキシル基等を挙げることができる。 Preferred examples of the substituent for the alkylsilyloxy group include an alkoxy group, an acyl group, an acyloxy group, a cycloalkyl group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, a hydroxyl group, a carboxyl group or the like.

これらアルキル基、シクロアルキル基、及びアルコキシ基、アラルキルオキシ基、シクロアルコキシ基、アルコキシカルボニル基、アシルオキシ基、アルキルチオ基、アシル基、アシルアミノ基が有するアルキル基、シクロアルキル基は、アルキル鎖中、シクロアルキル鎖中に、酸素原子、硫黄原子、エステル基などの連結基を一つまたは複数有していてもよい。 These alkyl group, cycloalkyl group and alkoxy group, aralkyloxy group, cycloalkoxy group, an alkoxycarbonyl group, an acyloxy group, an alkylthio group, an acyl group, an alkyl group, a cycloalkyl group having an acylamino group, in the alkyl chain, cycloalkyl in the alkyl chain, an oxygen atom, a sulfur atom, which may have one or more linking groups such as ester groups.

好ましいR a1及びR b1としては、アルキル基、アリール基、シクロアルキル基、アルコキシ基、アリールオキシ基、アラルキル基、アラルキルオキシ基、シクロアルコキシ基、アルキルチオ基、アリールチオ基、アシル基、アシルアミノ基、アルケニル基、アルケニルオキシ基、アリールカルボニルオキシ基、アルキルカルボニルオキシ基、アルキルカルボニルアミノ基、アルキルシリルオキシ基、が挙げられる。 Preferred R a1 and R b1, an alkyl group, an aryl group, a cycloalkyl group, an alkoxy group, an aryloxy group, an aralkyl group, an aralkyloxy group, a cycloalkoxy group, an alkylthio group, an arylthio group, an acyl group, an acylamino group, an alkenyl group, alkenyloxy group, an arylcarbonyloxy group, an alkylcarbonyloxy group, alkylcarbonylamino group, an alkylsilyl group, and the like. より好ましいR a1及びR b1としては、アルキル基、アリール基、シクロアルキル基、アルコキシ基、アリールオキシ基、アラルキル基、アラルキルオキシ基、シクロアルコキシ基、アルキルチオ基、アリールチオ基、アシル基、アシルアミノ基、アルケニル基、アルケニルオキシ基、アリールカルボニルオキシ基、アルキルカルボニルアミノ基であり、更に好ましくはアルキル基、アリール基、シクロアルキル基、アルコキシ基、アリールオキシ基、アラルキル基、アラルキルオキシ基、シクロアルコキシ基、アシルアミノ基、アルケニル基、アルケニルオキシ基、アリールカルボニルオキシ基、アルキルカルボニルアミノ基である。 More preferred R a1 and R b1, an alkyl group, an aryl group, a cycloalkyl group, an alkoxy group, an aryloxy group, an aralkyl group, an aralkyloxy group, a cycloalkoxy group, an alkylthio group, an arylthio group, an acyl group, an acylamino group, alkenyl group, alkenyloxy group, an arylcarbonyloxy group, an alkylcarbonylamino group, more preferably an alkyl group, an aryl group, a cycloalkyl group, an alkoxy group, an aryloxy group, an aralkyl group, an aralkyloxy group, cycloalkoxy group, acylamino group, an alkenyl group, an alkenyloxy group, an arylcarbonyloxy group, an alkylcarbonylamino group.

l'及びn'が2以上の整数の場合に、複数のR a1及びR b1は、同一でも異なっていてもよい。 If l 'and n' is an integer of 2 or more, plural R a1 and R b1 may be the same or different.

Rfはフッ素原子又はフッ素原子を有する有機基を表し、フッソ原子を有する有機基は、R a1及びR b1に於ける有機基の水素原子の一部若しくは全てがフッソ原子によって置換されたものが挙げられる。 Rf represents an organic group having a fluorine atom or a fluorine atom, an organic group having a fluorine atom, include those in which all or part of the hydrogen atoms of at organic group R a1 and R b1 are substituted by fluorine atoms It is. m'が2以上の整数の場合に、複数のRfは、同一でも異なっていてもよい。 When m 'is an integer of 2 or more, a plurality of Rf may be the same or different.

RfとR a1及びR b1の炭素数の和は、好ましくは炭素数4〜34であり、より好ましくは炭素数6〜30であり、更により好ましくは炭素数8〜24である。 And the sum of the carbon atoms in Rf and R a1 and R b1 is preferably 4 to 34 carbon atoms, more preferably from 6 to 30 carbon atoms, still more preferably from 8 to 24 carbon atoms. RfとR a1及びR b1の炭素数を調整することによって酸の拡散性を調整することができ、解像力が向上する。 It is possible to adjust the diffusion of acid by adjusting the number of carbon atoms in Rf and R a1 and R b1, the resolution is enhanced.

Arの芳香族基は、炭素数6〜20の芳香族基が好ましく、例えば、フェニル基、ナフチル基等を挙げることができる。 Aromatic group Ar is preferably an aromatic group having 6 to 20 carbon atoms, and examples thereof include a phenyl group, a naphthyl group. 芳香族基は、更に、置換基を有していてもよい。 The aromatic group may further have a substituent. 芳香族基の好ましい更なる置換基としては、例えば、ニトロ基、スルホニルアミノ基、塩素原子、臭素原子、沃素原子、カルボキシル基等を挙げることができる。 Preferred further substituents of the aromatic groups include, for example, a nitro group, a sulfonylamino group, a chlorine atom, a bromine atom, an iodine atom, a carboxyl group.

l'は、好ましくは0〜3であり、より好ましくは0〜2であり、更に好ましくは1又は2である。 l 'is preferably 0-3, more preferably 0-2, more preferably 1 or 2.
n'は、好ましくは0〜3であり、より好ましくは0〜2であり、更に好ましくは0又は1である。 n 'is preferably 0-3, more preferably 0-2, more preferably 0 or 1.
m'は、好ましくは2〜5であり、より好ましくは3又は4であり、更に好ましくは4である。 m 'is preferably 2-5, more preferably 3 or 4, more preferably from 4.

一般式(II)で表されるスルホン酸は、下記一般式(IIa)で表されることが好ましく、一般式(IIb)で表されることがより好ましく、一般式(IIc)で表されることが更により好ましい。 Sulfonic acid represented by formula (II) is represented by is preferably represented by the following general formula (IIa), is more preferably represented by the general formula (IIb), formula (IIc) it is even more preferred. ここで、R a1 、Rf、X、l'、m'、n'は、一般式(II)に於けるR a1 、Rf、X、l'、m'、n'と同義である。 Wherein, R a1, Rf, X, l ', m', n ' is in the general formula (II) R a1, Rf, X, l', m ', n' is synonymous with. RはR a1と同様のものである。 R is the same as the R a1.

以下、一般式(II)で表されるスルホン酸の好ましい具体例を挙げるが本発明はこれに限定されるものではない。 Preferred specific examples of the sulfonic acid represented by the general formula (II) is present invention is not limited thereto.

これらの中でも、そのアニオン構造中に炭素数2以上のフッ素置換されていない炭化水素骨格を有する化合物がより好ましい。 Among these, compounds having a hydrocarbon backbone that is not a fluorine-substituted 2 or more carbon atoms in its anion structure is more preferable.

活性光線または放射線の照射により一般式(I)、(I')又は(II)で表されるスルホン酸を発生する化合物としては、一般式(I)、(I')又は(II)で表されるスルホン酸のスルホニウム塩化合物またはヨードニウム塩化合物から選ばれる1種、若しくは(I)、(I')又は(II)で表されるスルホン酸のエステル化合物から選ばれる1種が好ましく、更に好ましくは一般式(B1)〜(B5)で表される化合物である。 Table by formula upon irradiation with actinic rays or radiation (I), (I ') or a compound capable of generating a sulfonic acid represented by (II), the general formula (I), (I') or (II) one, or (I), one is preferably selected from (I ') or ester compounds of the sulfonic acid represented by (II) is selected from the sulfonium salt compound of the sulfonic acid or an iodonium salt compound, more preferably is a compound represented by the general formula (B1) ~ (B5).

一般式(B1)において、R 201 、R 202及びR 203は、各々独立に、有機基を表す。 In the general formula (B1), R 201, R 202 and R 203 independently represents an organic group.
は、一般式(I)、(I')又は(II)のスルホン酸(−SO H)の水素原子がとれたスルホン酸アニオンを表す。 X - is the general formula (I), it represents a hydrogen atom rounded sulfonate anion (I ') or sulfonic acid (II) (-SO 3 H) .
201 、R 202及びR 203としての有機基の具体例は、前記一般式(ZI)におけるR 201 、R 202及びR 203のアリール基、アルキル基又はシクロアルキル基として説明したものと同様である。 Specific examples of the organic group as R 201, R 202 and R 203 are the same as those described above in the general formula (ZI) aryl group of R 201, R 202 and R 203, exemplary alkyl group or a cycloalkyl group .

前記一般式(B2)中、R 204及びR 205は、各々独立に、アリール基、アルキル基又はシクロアルキル基を表す。 In the general formula (B2), R 204 and R 205 each independently represents an aryl group, an alkyl group or a cycloalkyl group.
は、一般式(I)、(I')又は(II)のスルホン酸(−SO H)の水素原子がとれたスルホン酸アニオンを表す。 X - is the general formula (I), it represents a hydrogen atom rounded sulfonate anion (I ') or sulfonic acid (II) (-SO 3 H) .

一般式(B2)に於ける、R 204及びR 205としては、前記一般式(ZII)におけるR 204及びR 205として説明したものと同様である。 In formula (B2), as R 204 and R 205 are the same as those described as R 204 and R 205 in formula (ZII).

前記一般式(B3)中、Aは、置換若しくは未置換の、アルキレン基、アルケニレン基又はアリーレン基を表す。 In the general formula (B3), A is a substituted or unsubstituted, an alkylene group, an alkenylene group or an arylene group.
1は、一般式(I)、(I')又は(II)のスルホン酸(−SO H)の水素原子がとれた1価の基を表す。 X 1 in general formula (I), the represents a monovalent group resulting from removal of the hydrogen atom of (I ') or sulfonic acid (II) (-SO 3 H) .

前記一般式(B4)中、R 208は、置換若しくは未置換の、アルキル基、シクロアルキル基又はアリール基を表す。 In the general formula (B4), R 208 represents a substituted or unsubstituted, alkyl group, cycloalkyl group or aryl group.
209は、アルキル基、シアノ基、オキソアルキル基、アルコキシカルボニル基を表し、好ましくはハロゲン置換アルキル基、シアノ基である。 R 209 represents an alkyl group, a cyano group, oxoalkyl group, an alkoxycarbonyl group, preferably a halogen-substituted alkyl group, a cyano group.
1は、一般式(I)、(I')又は(II)のスルホン酸(−SO H)の水素原子がとれた1価の基を表す。 X 1 in general formula (I), the represents a monovalent group resulting from removal of the hydrogen atom of (I ') or sulfonic acid (II) (-SO 3 H) .

前記一般式(B5)中、R 210及びR 211は、各々独立に、水素原子、アルキル基、シアノ基、ニトロ基又はアルコキシカルボニル基を表し、好ましくはハロゲン置換アルキル基、ニトロ基、シアノ基である。 In the general formula (B5), R 210 R 211 and each independently represents a hydrogen atom, an alkyl group, a cyano group, a nitro group or an alkoxycarbonyl group, preferably a halogen-substituted alkyl group, a nitro group, a cyano group is there.
212は、水素原子、アルキル基、シアノ基又はアルコキシカルボニル基を表す。 R 212 represents a hydrogen atom, an alkyl group, a cyano group or an alkoxycarbonyl group.
1は、一般式(I)、(I')又は(II)のスルホン酸(−SO H)の水素原子がとれた1価の基を表す。 X 1 in general formula (I), the represents a monovalent group resulting from removal of the hydrogen atom of (I ') or sulfonic acid (II) (-SO 3 H) .

好ましくは、一般式(B1)で表される化合物であり、更に好ましくは化合物(B1a)〜(B1c)である。 Preferably, a compound represented by the general formula (B1), it is more preferably compound (B1a) ~ (B1c).

化合物(B)は、トリフェニルスルホニウム構造を有することが好ましい。 Compound (B) preferably has a triphenylsulfonium structure.

化合物(B)は、カチオン部にフッ素置換されていないアルキル基若しくはシクロアルキル基を有するトリフェニルスルホニウム塩化合物であることが好ましい。 Compound (B) is preferably a triphenylsulfonium salt compound having an alkyl group or a cycloalkyl group not substituted with fluorine in the cation moiety.

活性光線又は放射線の照射により、logP値が1.5以上12.0以下である酸を発生する化合物(B′)の中で、好ましいものの例を以下に挙げるが、本発明は、これに限定されるものではない。 Upon irradiation with an actinic ray or radiation, among the compounds logP value of generating an acid is 1.5 to 12.0 (B '), but give an example of a preferred below, the present invention is limited to not intended to be.

2種以上を組み合わせて使用する際に、化合物(B')とその他の酸発生剤を併用しても良い。 When used in combination of two or more compounds (B ') and may be used in combination other acid generator.
2種以上を併用した場合の酸発生剤の使用量は、モル比(化合物(B')/その他の酸発生剤)で、通常99/1〜20/80、好ましくは99/1〜40/60、更に好ましくは99/1〜50/50である。 The amount of the acid generator in the case of combination of two or more in molar ratio (compound (B ') / other acid generator), usually 99 / 1-20 / 80, preferably 99 / 1-40 / 60, more preferably from 99 / 1-50 / 50.

そのような併用可能な酸発生剤としては、光カチオン重合の光開始剤、光ラジカル重合の光開始剤、色素類の光消色剤、光変色剤、あるいはマイクロレジスト等に使用されている活性光線又は放射線の照射により酸を発生する公知の化合物及びそれらの混合物を適宜に選択して使用することができる。 Such combination can be acid generator, a photoinitiator for photo cationic polymerization, a photoinitiator for photoradical polymerization, photo-decoloring agents of dyes, are used in photochromic agent, microresists or the like activity it can be appropriately selected and used known compounds, and mixtures thereof capable of generating an acid upon irradiation with light or radiation.

(C)溶剤 前記各成分を溶解させてレジスト組成物を調製する際に使用することができる溶剤としては、例えば、アルキレングリコールモノアルキルエーテルカルボキシレート、アルキレングリコールモノアルキルエーテル、乳酸アルキルエステル、アルコキシプロピオン酸アルキル、環状ラクトン(好ましくは炭素数4〜10)、環を有しても良いモノケトン化合物(好ましくは炭素数4〜10)、アルキレンカーボネート、アルコキシ酢酸アルキル、ピルビン酸アルキル等の有機溶剤を挙げることができる。 (C) by dissolving the solvent the components as the solvent which can be used in preparing the resist composition, for example, alkylene glycol monoalkyl ether carboxylate, alkylene glycol monoalkyl ether, an alkyl lactate, alkoxypropionaldehyde acid alkyl, cyclic lactone (preferably having 4 to 10 carbon atoms), may monoketone compound which may have a ring (preferably having 4 to 10 carbon atoms), cited alkylene carbonate, alkoxy alkyl acetate, the organic solvent an alkyl pyruvate be able to.
これらの溶剤の具体例は、米国特許出願公開2008/0187860号明細書[0441]〜[0455]に記載のものを挙げることができる。 Specific examples of these solvents include those described in U.S. Patent Application Publication 2008/0187860 Pat [0441] to [0455].

溶剤は、プロピレングリコールモノメチルエーテルアセテートを含有する2種類以上の混合溶剤であることが好ましい。 The solvent is preferably a mixed solvent of two or more species including propylene glycol monomethyl ether acetate.

(D)フッ素原子及び珪素原子の少なくともいずれかを有する樹脂 本発明のレジスト組成物は、フッ素原子及び珪素原子の少なくともいずれかを有する樹脂(D)を含有することが好ましい。 The resist composition of the resin present invention having at least one of (D) a fluorine atom and a silicon atom preferably contains a resin having at least either a fluorine atom or a silicon atom (D).
樹脂(D)におけるフッ素原子又は珪素原子は、樹脂の主鎖中に有していても、側鎖に置換していてもよい。 Fluorine atom or a silicon atom in the resin (D), have in the main chain of the resin or may be substituted in the side chain.

樹脂(D)は、フッ素原子を有する部分構造として、フッ素原子を有するアルキル基、フッ素原子を有するシクロアルキル基又はフッ素原子を有するアリール基を有する樹脂であることが好ましい。 Resin (D) having, as the fluorine atom, an alkyl group having a fluorine atom is preferably a resin having an aryl group having a cycloalkyl group or a fluorine atom having a fluorine atom.
フッ素原子を有するアルキル基(好ましくは炭素数1〜10、より好ましくは炭素数1〜4)は、少なくとも1つの水素原子がフッ素原子で置換された直鎖若しくは分岐アルキル基であり、さらに他の置換基を有していてもよい。 Alkyl group having a fluorine atom (preferably having from 1 to 10 carbon atoms, more carbon number of 1 to 4 and preferably) is a linear or branched alkyl group having at least one hydrogen atom is substituted with a fluorine atom, still other it may have a substituent.
フッ素原子を有するシクロアルキル基は、少なくとも1つの水素原子がフッ素原子で置換された単環若しくは多環のシクロアルキル基であり、さらに他の置換基を有していてもよい。 A cycloalkyl group having a fluorine atom is a monocyclic or polycyclic cycloalkyl group with at least one hydrogen atom is substituted with a fluorine atom and may further have other substituents.
フッ素原子を有するアリール基としては、フェニル基、ナフチル基などのアリール基の少なくとも1つの水素原子がフッ素原子で置換されたものが挙げられ、さらに他の置換基を有していてもよい。 Examples of the aryl group having a fluorine atom, a phenyl group, at least one hydrogen atom of the aryl group such as naphthyl group include those substituted with a fluorine atom and may further have other substituents.

フッ素原子を有するアルキル基、フッ素原子を有するシクロアルキル基又はフッ素原子を有するアリール基の具体例を以下に示すが、本発明は、これに限定されるものではない。 Alkyl group having a fluorine atom, specific examples of the aryl group having a cycloalkyl group or a fluorine atom having a fluorine atom are set forth below, but the present invention is not limited thereto.

一般式(F2)〜(F4)中、 In formula (F2) ~ (F4),
57 〜R 68は、それぞれ独立に、水素原子、フッ素原子又はアルキル基を表す。 R 57 to R 68 each independently represent a hydrogen atom, a fluorine atom or an alkyl group. 但し、R 57 〜R 61の内の少なくとも1つ、R 62 〜R 64の内の少なくとも1つ及びR 65 〜R 68の内の少なくとも1つは、フッ素原子又は少なくとも1つの水素原子がフッ素原子で置換されたアルキル基(好ましくは炭素数1〜4)を表す。 Provided that at least one of R 57 to R 61, at least one of the at least one and R 65 to R 68 of the R 62 to R 64 is a fluorine atom or at least one hydrogen atom is a fluorine atom in substituted alkyl group (preferably having from 1 to 4 carbon atoms). 57 〜R 61及びR 65 〜R 67は、全てがフッ素原子であることが好ましい。 R 57 to R 61 and R 65 to R 67, it is preferred that all are a fluorine atom. 62 、R 63及びR 68は、少なくとも1つの水素原子がフッ素原子で置換されたアルキル基(好ましくは炭素数1〜4)が好ましく、炭素数1〜4のパーフルオロアルキル基であることがさらに好ましい。 R 62, R 63 and R 68 are, be at least one hydrogen atom (preferably having from 1 to 4 carbon atoms) alkyl group substituted with a fluorine atom is a perfluoroalkyl group having 1 to 4 are preferred, carbon atoms A further preferred. 62とR 63は、互いに連結して環を形成してもよい。 R 62 and R 63 may be bonded to each other to form a ring.

一般式(F2)で表される基の具体例としては、例えば、p−フルオロフェニル基、ペンタフルオロフェニル基、3,5-ジ(トリフルオロメチル)フェニル基等が挙げられる。 Specific examples of the group represented by the general formula (F2), for example, p- fluorophenyl group, pentafluorophenyl group, 3,5-di (trifluoromethyl) phenyl group.
一般式(F3)で表される基の具体例としては、トリフルオロエチル基、ペンタフルオロプロピル基、ペンタフルオロエチル基、ヘプタフルオロブチル基、ヘキサフルオロイソプロピル基、ヘプタフルオロイソプロピル基、ヘキサフルオロ(2−メチル)イソプロピル基、ノナフルオロブチル基、オクタフルオロイソブチル基、ノナフルオロヘキシル基、ノナフルオロ−t−ブチル基、パーフルオロイソペンチル基、パーフルオロオクチル基、 Specific examples of the group represented by formula (F3), trifluoroethyl group, pentafluoropropyl group, pentafluoroethyl group, heptafluorobutyl group, hexafluoroisopropyl group, heptafluoroisopropyl group, hexafluoro (2 - methyl) isopropyl group, nonafluorobutyl group, octafluoroisobutyl group, nonafluorohexyl group, nonafluoro -t- butyl group, perfluoroisopentyl group, perfluorooctyl group,
パーフルオロ(トリメチル)ヘキシル基、2,2,3,3-テトラフルオロシクロブチル基、パーフルオロシクロヘキシル基などが挙げられる。 Perfluoro (trimethyl) hexyl group, 2,2,3,3-tetrafluorocyclobutyl group and perfluorocyclohexyl group. ヘキサフルオロイソプロピル基、ヘプタフルオロイソプロピル基、ヘキサフルオロ(2−メチル)イソプロピル基、オクタフルオロイソブチル基、ノナフルオロ−t−ブチル基、パーフルオロイソペンチル基が好ましく、ヘキサフルオロイソプロピル基、ヘプタフルオロイソプロピル基が更に好ましい。 Hexafluoroisopropyl group, heptafluoroisopropyl group, hexafluoro (2-methyl) isopropyl group, octafluoroisobutyl group, nonafluoro -t- butyl group, perfluoroisopentyl group are preferred, and hexafluoroisopropyl group and a heptafluoroisopropyl group A further preferred.
一般式(F4)で表される基の具体例としては、例えば、−C(CF 32 OH、−C(C 252 OH、−C(CF 3 )(CH 3 )OH、−CH(CF 3 )OH等が挙げられ、−C(CF 32 OHが好ましい。 Specific examples of the group represented by the general formula (F4), for example, -C (CF 3) 2 OH , -C (C 2 F 5) 2 OH, -C (CF 3) (CH 3) OH, -CH (CF 3) OH and the like, -C (CF 3) 2 OH is preferred.

樹脂(D)は、珪素原子を有する部分構造として、アルキルシリル構造(好ましくはトリアルキルシリル基)又は環状シロキサン構造を有する樹脂であることが好ましい。 Resin (D), as a partial structure having a silicon atom is preferably an alkylsilyl structure (preferably a trialkylsilyl group) is a resin having a cyclic siloxane structure.
アルキルシリル構造又は環状シロキサン構造としては、具体的には、下記一般式(CS−1)〜(CS−3)で表される基などが挙げられる。 As the alkylsilyl structure or a cyclic siloxane structure, and specific examples thereof include a group represented by the following general formula (CS-1) ~ (CS-3).

一般式(CS−1)〜(CS−3)に於いて、 In the general formula (CS-1) ~ (CS-3),
12 〜R 26は、各々独立に、直鎖アルキル基(好ましくは炭素数1〜20)、又は分岐アルキル基若しくはシクロアルキル基(好ましくは炭素数3〜20)を表す。 R 12 to R 26 each independently represents a linear alkyl group (preferably having 1 to 20 carbon atoms), or (preferably C3-20) branched alkyl or cycloalkyl group represents a.
3 〜L 5は、単結合又は2価の連結基を表す。 L 3 ~L 5 represents a single bond or a divalent linking group. 2価の連結基としては、アルキレン基、フェニレン基、エーテル基、チオエーテル基、カルボニル基、エステル基、アミド基、ウレイレン基又はウレア基よりなる群から選択される単独或いは2つ以上の基の組み合わせを挙げられる。 Examples of the divalent linking group include an alkylene group, a phenylene group, an ether group, a thioether group, a carbonyl group, an ester group, an amide group, thioether or two or more groups selected from the group consisting of ureylene group or urea group like the.
nは、1〜5の整数を表す。 n represents an integer of 1 to 5.

樹脂(D)として、下記一般式(C−I)〜(C−V)で示される繰り返し単位の群から選択される少なくとも1種を有する樹脂が挙げられる。 As the resin (D), resins having at least one member selected from the group consisting of repeating units represented by the following general formula (C-I) ~ (C-V).

一般式(C−I)〜(C−V)中、 In the general formula (C-I) ~ (C-V),
1 〜R 3は、各々独立に、水素原子、フッ素原子、直鎖若しくは分岐状アルキル基(好ましくは炭素数1〜4個)又は直鎖若しくは分岐状フッ素化アルキル基(好ましくは炭素数1〜4個)を表す。 R 1 to R 3 each independently represents a hydrogen atom, a fluorine atom, a linear or branched alkyl group (preferably having from 1 to 4 carbon atoms), or a linear or branched fluorinated alkyl group (preferably having a carbon number of 1 representing a to four).
1 〜W 2は、フッ素原子及び珪素原子の少なくともいずれかを有する有機基を表す。 W 1 to W-2 represents an organic group having at least either a fluorine atom or a silicon atom.
4 〜R 7は、各々独立に、水素原子、フッ素原子、直鎖もしくは分岐状アルキル基(好ましくは炭素数1〜4個)又は直鎖若しくは分岐状フッ素化アルキル基(好ましくは炭素数1〜4個)を表す。 R 4 to R 7 each independently represents a hydrogen atom, a fluorine atom, a linear or branched alkyl group (preferably having from 1 to 4 carbon atoms), or a linear or branched fluorinated alkyl group (preferably having a carbon number of 1 representing a to four). ただし、R 4 〜R 7の少なくとも1つはフッ素原子を表す。 However, representative of at least one fluorine atom of R 4 to R 7. 4とR 5若しくはR 6とR 7は環を形成していてもよい。 R 4 and R 5 or R 6 and R 7 may form a ring.
8は、水素原子又は直鎖若しくは分岐状アルキル基(好ましくは炭素数1〜4個)を表す。 R 8 represents a hydrogen atom or a linear or branched alkyl group (preferably having from 1 to 4 carbon atoms).
9は、直鎖若しくは分岐状アルキル基(好ましくは炭素数1〜4個)又は直鎖若しくは分岐状フッ素化アルキル基(好ましくは炭素数1〜4個)を表す。 R 9 represents a linear or branched alkyl group (preferably having from 1 to 4 carbon atoms), or a linear or branched fluorinated alkyl group (preferably having from 1 to 4 carbon atoms).
1 〜L 2は、単結合又は2価の連結基を表し、上記L 3 〜L 5と同様のものである。 L 1 ~L 2 represents a single bond or a divalent linking group, is the same as the aforementioned L 3 ~L 5.
Qは、単環若しくは多環の環状脂肪族基を表す。 Q represents a monocyclic or polycyclic aliphatic group. すなわち、結合した2つの炭素原子(C−C)を含み、脂環式構造を形成するための原子団を表す。 That is, containing two bonded carbon atoms (C-C), it represents an atomic group for forming an alicyclic structure.
30及びR 31は、各々独立に、水素又はフッ素原子を表す。 R 30 and R 31 each independently represents a hydrogen or fluorine atom.
32及びR 33は、各々独立に、アルキル基、シクロアルキル基、フッ素化アルキル基又はフッ素化シクロアルキル基を表す。 R 32 and R 33 each independently represents an alkyl group, a cycloalkyl group, a fluorinated alkyl group or a fluorinated cycloalkyl group.
但し、一般式(C−V)で表される繰り返し単位は、R 30 、R 31 、R 32及びR 33の内の少なくとも1つに、少なくとも1つのフッ素原子を有する。 However, the repeating unit represented by formula (C-V) is in at least one of R 30, R 31, R 32 and R 33, with at least one fluorine atom.

樹脂(D)は、一般式(C−I)で表される繰り返し単位を有することが好ましく、下記一般式(C−Ia)〜(C−Id)で表される繰り返し単位を有することが更に好ましい。 Resin (D) preferably has a repeating unit represented by the general formula (C-I), have a repeating unit represented by the following general formula (C-Ia) ~ (C-Id) further preferable.

一般式(C−Ia)〜(C−Id)に於いて、 In formula (C-Ia) ~ (C-Id),
10及びR 11は、水素原子、フッ素原子、直鎖若しくは分岐状アルキル基(好ましくは炭素数1〜4個)又は直鎖若しくは分岐状フッ素化アルキル基(好ましくは炭素数1〜4個)を表す。 R 10 and R 11 are hydrogen atom, a fluorine atom, a linear or branched alkyl group (preferably 1 to 4 carbon atoms), or a linear or branched fluorinated alkyl group (preferably having from 1 to 4 carbon atoms) a representative.
3 〜W 6は、フッ素原子及び珪素原子の少なくともいずれかを1つ以上有する有機基を表す。 W 3 to W-6 represents an organic group having at least one of one or more fluorine atom and a silicon atom.

1 〜W 6が、フッ素原子を有する有機基であるとき、フッ素化された直鎖若しくは分岐状アルキル基(好ましくは炭素数1〜20)、フッ素化されたシクロアルキル基(好ましくは炭素数3〜20)又はフッ素化された直鎖、分岐若しくは環状のアルキルエーテル基(好ましくは炭素数1〜20)であることが好ましい。 W 1 to W-6 is, when an organic group having a fluorine atom, fluorinated linear or branched alkyl group (preferably having 1 to 20 carbon atoms), fluorinated cycloalkyl group (preferably a carbon number 3-20) or fluorinated linear, it is preferred that the branched or cyclic alkyl ether group (preferably a number of 1 to 20) carbon atoms.

1 〜W 6のフッ素化アルキル基としては、トリフルオロエチル基、ペンタフルオロプロピル基、ヘキサフルオロイソプロピル基、ヘキサフルオロ(2−メチル)イソプロピル基、ヘプタフルオロブチル基、ヘプタフルオロイソプロピル基、オクタフルオロイソブチル基、ノナフルオロヘキシル基、ノナフルオロ−t−ブチル基、パーフルオロイソペンチル基、パーフルオロオクチル基、パーフルオロ(トリメチル)ヘキシル基などが挙げられる。 Examples of the fluorinated alkyl group of W 1 to W-6, trifluoroethyl group, pentafluoropropyl group, a hexafluoroisopropyl group, a hexafluoro (2-methyl) isopropyl group, a heptafluorobutyl group, a heptafluoroisopropyl group, octafluoro isobutyl, nonafluorohexyl group, nonafluoro -t- butyl group, perfluoroisopentyl group, perfluorooctyl group, etc. perfluoro (trimethyl) hexyl group.

1 〜W 6が、珪素原子を有する有機基であるとき、アルキルシリル構造又は環状シロキサン構造を有する基であることが好ましい。 W 1 to W-6 is, when an organic group having a silicon atom is preferably a group having an alkylsilyl structure or a cyclic siloxane structure. 具体的には、前記一般式(CS−1)〜(CS−3)で表される基などが挙げられる。 Specifically, a group represented by the general formula (CS-1) ~ (CS-3) can be mentioned.

以下、一般式(C−I)で表される繰り返し単位の具体例を示すが、本発明は、これに限定されるものではない。 Hereinafter, specific examples of the repeating unit represented by the general formula (C-I), the present invention is not limited thereto. 式中、Xは、水素原子、−CH 3 、−F又は−CF 3を表す。 Wherein, X represents a hydrogen atom, -CH 3, -F or -CF 3.

樹脂(D)は、下記の(D−1)〜(D−6)から選ばれるいずれかの樹脂であることが好ましい。 Resin (D) is preferably any resin selected from the following (D-1) ~ (D-6).
(D−1)フルオロアルキル基(好ましくは炭素数1〜4)を有する繰り返し単位(a)を有する樹脂、より好ましくは繰り返し単位(a)のみを有する樹脂。 (D-1) fluoroalkyl group (preferably having from 1 to 4 carbon atoms) resin having a repeating unit (a) having, more preferably a resin having a repeating unit (a).
(D−2)トリアルキルシリル基又は環状シロキサン構造を有する基を有する繰り返し単位(b)を有する樹脂、より好ましくは繰り返し単位(b)のみを有する樹脂。 (D-2) a resin having a repeating unit (b) having a group having a trialkylsilyl group or a cyclic siloxane structure, more preferably repeating units (b) a resin having only.
(D−3)フルオロアルキル基(好ましくは炭素数1〜4)を有する繰り返し単位(a)と、分岐状アルキル基(好ましくは炭素数4〜20)、シクロアルキル基(好ましくは炭素数4〜20)、分岐状アルケニル基(好ましくは炭素数4〜20)、シクロアルケニル基(好ましくは炭素数4〜20)又はアリール基(好ましくは炭素数4〜20)を有する繰り返し単位(c)とを有する樹脂、より好ましくは繰り返し単位(a)及び繰り返し単位(c)の共重合樹脂。 (D-3) fluoroalkyl group (preferably having from 1 to 4 carbon atoms) and the repeating unit (a) having a branched alkyl group (preferably having 4 to 20 carbon atoms), a cycloalkyl group (preferably 4 carbon 20), a branched alkenyl group (preferably having 4 to 20 carbon atoms), cycloalkenyl groups (preferably a repeating unit (c) having a number 4-20) or an aryl group having a carbon (preferably having 4 to 20 carbon atoms) a resin, and more preferably repeating units (a) and repeating units (c) of the copolymer resin.
(D−4)トリアルキルシリル基又は環状シロキサン構造を有する基を有する繰り返し単位(b)と、分岐状アルキル基(好ましくは炭素数4〜20)、シクロアルキル基(好ましくは炭素数4〜20)、分岐状アルケニル基(好ましくは炭素数4〜20)、シクロアルケニル基(好ましくは炭素数4〜20)又はアリール基(好ましくは炭素数4〜20)を有する繰り返し単位(c)とを有する樹脂、より好ましくは繰り返し単位(b)及び繰り返し単位(c)の共重合樹脂。 (D-4) and repeating units (b) having a group having a trialkylsilyl group or a cyclic siloxane structure, a branched alkyl group (preferably having 4 to 20 carbon atoms), a cycloalkyl group (preferably having 4 to 20 carbon atoms ), branched alkenyl groups (preferably having 4 to 20 carbon atoms), cycloalkenyl groups (preferably having a repeating unit (c) having a number 4-20) or an aryl group having a carbon (preferably having 4 to 20 carbon atoms) resin, and more preferably repeating units (b) and repeating units (c) of the copolymer resin.
(D−5)フルオロアルキル基(好ましくは炭素数1〜4)を有する繰り返し単位(a)と、トリアルキルシリル基又は環状シロキサン構造を有する基を有する繰り返し単位(b)とを有する樹脂、より好ましくは繰り返し単位(a)及び繰り返し単位(b)の共重合樹脂。 (D-5) fluoroalkyl group (preferably having from 1 to 4 carbon atoms) and the repeating unit (a) having a resin having a repeating unit (b) having a group having a trialkylsilyl group or a cyclic siloxane structure, more preferably recurring units (a) and the repeating unit (b) of the copolymer resin.
(D−6)フルオロアルキル基(好ましくは炭素数1〜4)を有する繰り返し単位(a)と、トリアルキルシリル基又は環状シロキサン構造を有する基を有する繰り返し単位(b)と、分岐状アルキル基(好ましくは炭素数4〜20)、シクロアルキル基(好ましくは炭素数4〜20)、分岐状アルケニル基(好ましくは炭素数4〜20)、シクロアルケニル基(好ましくは炭素数4〜20)又はアリール基(好ましくは炭素数4〜20)を有する繰り返し単位(c)とを有する樹脂、より好ましくは繰り返し単位(a)、繰り返し単位(b)及び繰り返し単位(c)の共重合樹脂。 (D-6) fluoroalkyl group (preferably having from 1 to 4 carbon atoms) and the repeating unit (a) having a repeating unit (b) having a group having a trialkylsilyl group or a cyclic siloxane structure, a branched alkyl group (preferably having 4 to 20 carbon atoms), a cycloalkyl group (preferably having 4 to 20 carbon atoms), a branched alkenyl group (preferably having 4 to 20 carbon atoms), a cycloalkenyl group (preferably having 4 to 20 carbon atoms), or resin having a repeating unit (c) having an aryl group (preferably having 4 to 20 carbon atoms), more preferably repeating units (a), repeating units (b) and the repeating copolymer resin unit (c).
樹脂(D−3)、(D−4)、(D−6)における、分岐状アルキル基、シクロアルキル基、分岐状アルケニル基、シクロアルケニル基、またはアリール基を有する繰り返し単位(c)としては、親疎水性、相互作用性などを考慮し、適当な官能基を導入することができるが、液浸液追随性、後退接触角の観点から、極性基を有さない官能基である方が好ましい。 Resin (D-3), in (D-4), (D-6), branched alkyl group, a cycloalkyl group, a branched alkenyl group, cycloalkenyl group or the repeating unit (c) having an aryl group, the , hydrophilicity and hydrophobicity, considering the interacting, may be introducing appropriate functional groups, followability of immersion liquid, from the viewpoint of the receding contact angle, preferably towards a functional group having no polar group .
樹脂(D−3)、(D−4)、(D−6)において、フルオロアルキル基を有する繰り返し単位(a)、及び/又は、トリアルキルシリル基又は環状シロキサン構造を有する基を有する繰り返し単位(b)は、20〜99モル%であることが好ましい。 Resin (D-3), (D-4), (D-6) in the repeating unit having a fluoroalkyl group (a), and / or, the repeating unit having a trialkylsilyl group or a cyclic siloxane structure (b) is preferably 20 to 99 mol%.

樹脂(D)は、下記一般式(Ia)で表される繰り返し単位を有する樹脂であることが好ましい。 Resin (D) is preferably a resin having a repeating unit represented by the following general formula (Ia).

一般式(Ia)に於いて、 In formula (Ia),
Rfは、フッ素原子又は少なくとも1つの水素原子がフッ素原子で置換されたアルキル基を表す。 Rf represents a fluorine atom or an alkyl group at least one hydrogen atom is substituted with a fluorine atom.
1は、アルキル基を表す。 R 1 represents an alkyl group.
2は、水素原子又はアルキル基を表す。 R 2 represents a hydrogen atom or an alkyl group.

一般式(Ia)に於ける、Rfの少なくとも1つの水素原子がフッ素原子で置換されたアルキル基は、炭素数1〜3であることが好ましく、トリフルオロメチル基がより好ましい。 In formula (Ia), the alkyl group in which at least one hydrogen atom is substituted with a fluorine atom Rf is preferably 1 to 3 carbon atoms, more preferably a trifluoromethyl group.
1のアルキル基は、炭素数3〜10の直鎖若しくは分岐状アルキル基が好ましく、炭素数3〜10の分岐状アルキル基がより好ましい。 The alkyl group of R 1 is preferably a straight-chain or branched alkyl group having 3 to 10 carbon atoms, more preferably a branched alkyl group having 3 to 10 carbon atoms.
2は、炭素数1〜10の直鎖若しくは分岐状アルキル基が好ましく、炭素数3〜10の直鎖若しくは分岐状アルキル基がより好ましい。 R 2 is preferably a linear or branched alkyl group having 1 to 10 carbon atoms, more preferably a linear or branched alkyl group having 3 to 10 carbon atoms.

以下、一般式(Ia)で表される繰り返し単位の具体例を挙げるが、本発明は、これに限定されるものではない。 Hereinafter, specific examples of the repeating unit represented by the general formula (Ia) is, the present invention is not limited thereto.

一般式(Ia)で表される繰り返し単位は、下記一般式(If)で表される化合物を重合させることにより形成させることができる。 Repeating unit represented by formula (Ia), it can be formed by polymerizing the compound represented by the following general formula (the If).

一般式(If)に於いて、 In the general formula (If),
Rfは、フッ素原子又は少なくとも1つの水素原子がフッ素原子で置換されたアルキル基を表す。 Rf represents a fluorine atom or an alkyl group at least one hydrogen atom is substituted with a fluorine atom.
1は、アルキル基を表す。 R 1 represents an alkyl group.
2は、水素原子又はアルキル基を表す。 R 2 represents a hydrogen atom or an alkyl group.

一般式(If)に於ける、Rf、R 1及びR 2は、一般式(Ia)に於ける、Rf、R 1及びR 2と同義である。 In the general formula (the If), Rf, R 1 and R 2 are in the general formula (Ia), Rf, R 1 and R 2 synonymous.
一般式(If)で表される化合物は、市販品を使用してもよいし、合成したものを使用してもよい。 Formula (If) the compound represented by may be a commercially available product may be used one synthesized. 合成する場合は、2−トリフルオロメチルメタクリル酸を酸クロリド化後、エステル化することにより得ることができる。 If the synthesis after the acid chloride of 2-trifluoromethyl methacrylic acid, can be obtained by esterification.

一般式(Ia)で表される繰り返し単位を有する樹脂(D)は、更に、下記一般式(IIIF)で表される繰り返し単位を有することが好ましい。 Resin having a repeating unit represented by the general formula (Ia) (D) preferably further has a repeating unit represented by the following general formula (IIIF).

一般式(IIIF)に於いて、 In the general formula (IIIF),
4は、アルキル基、シクロアルキル基、アルケニル基、シクロアルケニル基、トリアルキルシリル基又は環状シロキサン構造を有する基を表す。 R 4 represents an alkyl group, a cycloalkyl group, an alkenyl group, a cycloalkenyl group, a group having a trialkylsilyl group or a cyclic siloxane structure.
6は、単結合又は2価の連結基を表す。 L 6 represents a single bond or a divalent linking group.

一般式(IIIF)に於ける、R 4のアルキル基は、炭素数3〜20の直鎖若しくは分岐状アルキル基が好ましい。 In formula (IIIF), the alkyl group of R 4 is preferably a linear or branched alkyl group having 3 to 20 carbon atoms.
シクロアルキル基は、炭素数3〜20のシクロアルキル基が好ましい。 The cycloalkyl group is preferably a cycloalkyl group having 3 to 20 carbon atoms.
アルケニル基は、炭素数3〜20のアルケニル基が好ましい。 The alkenyl group is preferably an alkenyl group having 3 to 20 carbon atoms.
シクロアルケニル基は、炭素数3〜20のシクロアルケニル基が好ましい。 The cycloalkenyl group is preferably a cycloalkenyl group having 3 to 20 carbon atoms.
トリアルキルシリル基は、炭素数3〜20のトリアルキルシリル基が好ましい。 Trialkylsilyl group is preferably a trialkylsilyl group having 3 to 20 carbon atoms.
環状シロキサン構造を有する基は、炭素数3〜20の環状シロキサン構造を有する基が好ましい。 Group having a cyclic siloxane structure is preferably a group having a cyclic siloxane structure having 3 to 20 carbon atoms.
6の2価の連結基は、アルキレン基(好ましくは炭素数1〜5)、オキシ基が好ましい。 The divalent linking group of L 6 is preferably an alkylene group (preferably having from 1 to 5 carbon atoms) or an oxy group.

以下、一般式(Ia)で表される繰り返し単位を有する樹脂(D)の具体例を挙げるが、本発明は、これに限定されるものではない。 Hereinafter, specific examples of the resin (D) having a repeating unit represented by the general formula (Ia) is, the present invention is not limited thereto.

樹脂(D)は、下記一般式(IIF)で表される繰り返し単位及び下記一般式(IIIF)で表される繰り返し単位を有する樹脂であることが好ましい。 Resin (D) is preferably a resin having a repeating unit represented by the following general formula and a repeating unit represented by the following general formula represented by (IIF) (IIIF).

一般式(IIF)及び(IIIF)に於いて、 In the general formula (IIF) and (IIIF),
Rfは、フッ素原子又は少なくとも1つの水素原子がフッ素原子で置換されたアルキル基を表す。 Rf represents a fluorine atom or an alkyl group at least one hydrogen atom is substituted with a fluorine atom.
3は、アルキル基、シクロアルキル基、アルケニル基若しくはシクロアルケニル基又はこれらの2つ以上が結合して形成される基を表す。 R 3 represents an alkyl group, a cycloalkyl group, an alkenyl group or cycloalkenyl group, or the two or more groups formed by bonding.
4は、アルキル基、シクロアルキル基、アルケニル基、シクロアルケニル基、トリアルキルシリル基若しくは環状シロキサン構造を有する基又はこれらの2つ以上が結合して形成される基を表す。 R 4 represents an alkyl group, a cycloalkyl group, an alkenyl group, a cycloalkenyl group, a group or two groups or these with a trialkylsilyl group or a cyclic siloxane structure is formed by bonding.
6は、単結合又は2価の連結基を表す。 L 6 represents a single bond or a divalent linking group.
m及びnは、繰り返し単位の比率を表し、0<m<100、0<n<100である。 m and n represent the ratio of repeating units is 0 <m <100,0 <n <100.

一般式(IIF)に於ける、Rfは、一般式(Ia)に於ける、Rfと同様のものである。 In formula (IIF), Rf is in formula (Ia) in, the same Rf.
3及びR 4のアルキル基は、炭素数3〜20の直鎖若しくは分岐状アルキル基が好ましい。 Alkyl groups R 3 and R 4 is preferably a linear or branched alkyl group having 3 to 20 carbon atoms.
シクロアルキル基は、炭素数3〜20のシクロアルキル基が好ましい。 The cycloalkyl group is preferably a cycloalkyl group having 3 to 20 carbon atoms.
アルケニル基は、炭素数3〜20のアルケニル基が好ましい。 The alkenyl group is preferably an alkenyl group having 3 to 20 carbon atoms.
シクロアルケニル基は、炭素数3〜20のシクロアルケニル基が好ましい。 The cycloalkenyl group is preferably a cycloalkenyl group having 3 to 20 carbon atoms.
4のトリアルキルシリル基は、炭素数3〜20のトリアルキルシリル基が好ましい。 Trialkylsilyl group of R 4 is preferably a trialkylsilyl group having 3 to 20 carbon atoms.
環状シロキサン構造を有する基は、炭素数3〜20の環状シロキサン構造を有する基が好ましい。 Group having a cyclic siloxane structure is preferably a group having a cyclic siloxane structure having 3 to 20 carbon atoms.
3及びR 4のアルキル基、シクロアルキル基、アルケニル基、シクロアルケニル基、トリアルキルシリル基は、官能基を導入することができるが、液浸液追随性の観点から、極性基を有さない官能基である方が好ましく、無置換であることがより好ましい。 Alkyl group of R 3 and R 4, cycloalkyl group, alkenyl group, cycloalkenyl group, a trialkylsilyl group can be introduced functional groups, in view of followability of immersion liquid, it has a polar group preferably towards a free functional group, more preferably unsubstituted.
6は、単結合、メチレン基、エチレン基、エーテル基が好ましい。 L 6 represents a single bond, a methylene group, an ethylene group, an ether group.
m=30〜70、n=30〜70であることが好ましく、m=40〜60、n=40〜60であることがより好ましい。 m = 30 to 70, is preferably n = 30~70, m = 40~60, and more preferably n = 40 to 60.

以下、一般式(IIF)で表される繰り返し単位及び一般式(IIIF)で表される繰り返し単位を有する樹脂(D)の具体例を挙げるが、本発明は、これに限定されるものではない。 Hereinafter, specific examples of the general formula resin having a repeating unit represented by the repeating units and represented by general formula (IIF) (IIIF) (D) but the invention is not limited thereto .

樹脂(D)は、下記一般式(VIII)で表される繰り返し単位を有してもよい。 Resin (D) may contain a repeating unit represented by the following general formula (VIII).

一般式(VIII)に於いて、 In the general formula (VIII),
2は、−O−又は−N(R 41 )−を表す。 Z 2 is, -O- or -N (R 41) - represents a. 41は、水素原子、水酸基、アルキル基、又は−OSO 2 −R 42を表す。 R 41 is a hydrogen atom, a hydroxyl group, an alkyl group, or -OSO 2 -R 42. 42は、アルキル基、シクロアルキル基又は樟脳残基を表す。 R 42 represents an alkyl group, a cycloalkyl group or a camphor residue. 41及びR 42のアルキル基は、ハロゲン原子(好ましくはフッ素原子)等で置換されていてもよい。 Alkyl groups R 41 and R 42, a halogen atom (preferably fluorine atom) may be substituted by like.

樹脂(D)は、常温(25℃)において、固体あることが好ましい。 Resin (D), at room temperature (25 ° C.), it is preferable that a solid. 更に、ガラス転移温度(Tg)が50〜200℃であることが好ましく、80〜160℃がより好ましい。 Furthermore, it is preferable that the glass transition temperature (Tg) of 50 to 200 ° C., more preferably from 80 to 160 ° C..

25℃において固体であるとは、融点が25℃以上であることをいう。 To be a solid at 25 ° C., it means that the melting point is 25 ° C. or higher.
ガラス転移温度(Tg)は、走査カロリメトリー(Differential Scanning Calorimeter)により測定することができ、例えば、試料を一度昇温、冷却後、再度5℃/分にて昇温したときの比容積が変化した値を解析することにより測定することができる。 Glass transition temperature (Tg) can be measured by a scanning calorimeter (Differential Scanning Calorimeter), for example, a sample once heating, after cooling, the specific volume when heated is changed again at 5 ° C. / min it can be determined by analyzing the values.

樹脂(D)は、酸に対して安定で、アルカリ現像液に不溶であることが好ましい。 Resin (D) is stable with respect to acids is preferably insoluble in an alkali developer.

樹脂(D)は、(x)アルカリ可溶性基、(y)アルカリ(アルカリ現像液)の作用により分解し、アルカリ現像液中での溶解度が増大する基及び(z)酸の作用により分解し、現像液に対する溶解度が増大する基を有さない方が、液浸液の追随性の点で好ましい。 Resin (D) decomposes by the action of the (x) alkali-soluble group, (y) decomposing by the action of an alkali (alkali developer), group to increase the solubility in an alkali developer and (z) acid, If you do not have a group whose solubility in a developing solution is increased is preferable in view of followability of immersion liquid.
樹脂(D)中のアルカリ可溶性基又は酸やアルカリの作用により現像液に対する溶解度が増大する基を有する繰り返し単位の総量は、好ましくは、樹脂(D)を構成する全繰り返し単位に対して、20モル%以下、より好ましくは0〜10モル%、更により好ましくは0〜5モル%である。 The total amount of the repeating unit having a group solubility increases in a developer under the action of an alkali-soluble group or an acid or alkali in the resin (D), relative Preferably the total repeating units constituting the resin (D), 20 hereinafter mol%, more preferably 0 to 10 mol%, still more preferably from 0 to 5 mol%.
また、樹脂(D)は、一般にレジストで使用される界面活性剤とは異なり、イオン結合や(ポリ(オキシアルキレン))基等の親水基を有さない。 Further, resin (D), unlike a surfactant generally used in the resist, ionic bond or (poly (oxyalkylene)) no hydrophilic groups such as. 樹脂(D)が親水的な極性基を有すると、液浸水の追随性が低下する傾向があるため、水酸基、アルキレングリコール類、スルホン基から選択される極性基を有さない方がより好ましい。 If the resin (D) has a hydrophilic polar group, since the followability of immersion water tends to decrease, hydroxyl, alkylene glycols, it is more preferable that no polar group selected from a sulfonic group. また、主鎖の炭素原子に連結基を介して結合したエーテル基は親水性が増大し液浸液追随性が劣化するため、有さない方が好ましい。 Also, an ether group bonded through a linking group to the carbon atom of the main chain to deteriorate the followability of immersion liquid hydrophilic increases, who has no preferred. 一方で、上記一般式(IIIF)で示されるように主鎖の炭素原子に直接結合したエーテル基は疎水基を発現できる場合があるので好ましい。 On the other hand, it preferred because ether group bonded directly to a carbon atom of the main chain as represented by the general formula (IIIF) may be able to express the hydrophobic group.

(x)アルカリ可溶性基としては、たとえば、フェノール性水酸基、カルボキシル基、フッ素化アルコール基、スルホン酸基、スルホンアミド基、スルホニルイミド基、(アルキルスルホニル)(アルキルカルボニル)メチレン基、(アルキルスルホニル)(アルキルカルボニル)イミド基、ビス(アルキルカルボニル)メチレン基、ビス(アルキルカルボニル)イミド基、ビス(アルキルスルホニル)メチレン基、ビス(アルキルスルホニル)イミド基、トリス(アルキルカルボニル)メチレン基、トリス(アルキルスルホニル)メチレン基を有する基等が挙げられる。 The (x) an alkali-soluble group, for example, a phenolic hydroxyl group, a carboxyl group, a fluorinated alcohol group, a sulfonic acid group, a sulfonamide group, a sulfonylimide group, an (alkylsulfonyl) (alkylcarbonyl) methylene group, an (alkylsulfonyl) (alkylcarbonyl) imide group, a bis (alkylcarbonyl) methylene group, bis (alkylcarbonyl) imide group, a bis (alkylsulfonyl) methylene group, bis (alkylsulfonyl) imide group, a tris (alkylcarbonyl) methylene group, a tris (alkyl group having sulfonyl) methylene group.

(y)アルカリ(アルカリ現像液)の作用により分解し、アルカリ現像液中での溶解度が増大する基としては、例えば、ラクトン基、エステル基、スルホンアミド基、酸無水物、酸イミド基などが挙げられる。 (Y) decomposing by the action of an alkali (alkali developer), the group solubility is increased in an alkali developer include a lactone group, an ester group, a sulfonamido group, an acid anhydride, an acid imide group and the like.

(z)酸の作用により分解し、現像液に対する溶解度が増大する基としては、樹脂(A)における酸分解性基と同様の基が挙げられる。 Decomposing by the action of the (z) acid, the group solubility in a developing solution is increased, include the same groups as the acid-decomposable group in the resin (A).

ただし、下記一般式(pA−c)で表される繰り返し単位は、樹脂(A)の酸分解性基と比較して酸の作用による分解性が無いかまたは極めて小さく、実質的に非酸分解性と同等と見なす。 However, the repeating unit represented by the following general formula (pA-c), the resin (A) is no or very low degradability by comparison to the action of an acid and acid-decomposable groups, substantially degrade non-acid regarded as equivalent to sex.

一般式(pA−c)に於いて、 In the general formula (pA-c),
Rp 2は、式中の酸素原子に結合している3級炭素原子を有する炭化水素基を表す。 Rp 2 represents a hydrocarbon group having a tertiary carbon atom bonded to the oxygen atom in the formula.

樹脂(D)が珪素原子を有する場合、珪素原子の含有量は、樹脂(D)の分子量に対し、2〜50質量%であることが好ましく、2〜30質量%であることがより好ましい。 If the resin (D) contains a silicon atom, the silicon atom content based on the molecular weight of the resin (D), preferably from 2 to 50 mass%, more preferably from 2 to 30 wt%. また、珪素原子を含む繰り返し単位が、樹脂(D)中10〜100質量%であることが好ましく、20〜100質量%であることがより好ましい。 The repeating unit containing a silicon atom is preferably from 10 to 100 wt% in the resin (D), and more preferably 20 to 100 wt%.

樹脂(D)がフッ素原子を有する場合、フッ素原子の含有量は、樹脂(D)の分子量に対し、5〜80質量%であることが好ましく、10〜80質量%であることがより好ましい。 If the resin (D) contains a fluorine atom, the content of fluorine atoms based on the molecular weight of the resin (D), preferably from 5 to 80 mass%, more preferably 10 to 80 wt%. また、フッ素原子を含む繰り返し単位が、樹脂(D)中10〜100質量%であることが好ましく、30〜100質量%であることがより好ましい。 Also, the fluorine atom-containing repeating unit is preferably from 10 to 100 wt% in the resin (D), and more preferably 30 to 100 wt%.

樹脂(D)の標準ポリスチレン換算の重量平均分子量は、好ましくは1,000〜100,000で、より好ましくは1,000〜50,000、更により好ましくは2,000〜15,000、特に好ましくは3,000〜15,000である。 The standard polystyrene-reduced weight average molecular of the resin (D) is preferably from 1,000 to 100,000, more preferably 1,000 to 50,000, still more preferably 2,000 to 15,000, particularly preferably it is 3,000 to 15,000.

樹脂(D)は、残存モノマー量が0〜10質量%であることが好ましく、より好ましくは0〜5質量%、0〜1質量%が更により好ましい。 Resin (D) preferably has the amount of residual monomer is 0 to 10 mass%, more preferably from 0 to 5 mass%, still more preferably from 0 to 1 mass%. また、解像度、レジスト形状、レジストパターンの側壁、ラフネスなどの点から、分子量分布(Mw/Mn、分散度ともいう)は、1〜5が好ましく、より好ましくは1〜3、更により好ましくは1〜1.5の範囲である。 Further, the resolution, resist profile, side wall of resist pattern, roughness and the like (also referred to as Mw / Mn, polydispersity) molecular weight distribution, 1 to 5, more preferably 1 to 3, even more preferably 1 it is in the range of 1.5.

レジスト組成物中の樹脂(D)の添加量は、レジスト組成物の全固形分を基準として、0.1〜20質量%であることが好ましく、0.1〜10質量%であることがより好ましい。 The addition amount of the resin in the resist composition (D), based on the total solids of the resist composition, more that preferably 0.1 to 20 mass%, 0.1 to 10 wt% preferable. 更には、0.1〜5質量%であることが好ましく、より好ましくは0.2〜3.0質量%であり、更により好ましくは0.3〜2.0質量%である。 More preferably from 0.1 to 5 mass%, more preferably from 0.2 to 3.0 wt%, still more preferably from 0.3 to 2.0 wt%.

樹脂(D)は、樹脂(A)と同様に、金属等の不純物が少ないのは当然のことながら、残留単量体やオリゴマー成分が既定値以下、例えばHPLCで0.1質量%等であることが好ましく、それによりレジストとしての感度、解像度、プロセス安定性、パターン形状等を更に改善することができるだけでなく、液中異物や感度等の経時変化のないレジストが得られる。 Resin (D), similarly to the resin (A), the while the natural that impurities such as metal is small, residual monomers or oligomer components is less defaults, for example, is 0.1 wt% or the like by HPLC it is preferred, whereby the sensitivity of the resist, resolution, process stability, not only can further improve the pattern shape or the like, there is no resist change with aging, such as in-liquid foreign matter, sensitivity is obtained.

樹脂(D)は、各種市販品を利用することもできるし、常法に従って(例えばラジカル重合)合成することができる。 Resin (D), can either be used various commercially available products, can be synthesized (for example, radical polymerization) in a conventional manner. 例えば、一般的合成方法としては、モノマー種及び重合開始剤を溶剤に溶解させ、加熱することにより重合を行う一括重合法、加熱溶剤にモノマー種と重合開始剤の溶液を1〜10時間かけて滴下して加える滴下重合法などが挙げられ、滴下重合法が好ましい。 For example, as ordinary methods, a monomer seed and a polymerization initiator are dissolved in a solvent, bulk polymerization method in which polymerization is carried out by heating a solution of monomer species and initiator over a period of 1 to 10 hours in heated solvent It is like dropping polymerization method dropwise addition, dropping polymerization method is preferred. 反応溶媒としては、例えば、テトラヒドロフラン、1,4−ジオキサン、ジイソプロピルエーテルなどのエーテル類やメチルエチルケトン、メチルイソブチルケトンのようなケトン類、酢酸エチルのようなエステル溶媒、ジメチルホルムアミド、ジメチルアセトアミドなどのアミド溶剤、さらには後述のプロピレングリコールモノメチルエーテルアセテート、プロピレングリコールモノメチルエーテル、シクロヘキサノンのような本発明の組成物を溶解する溶媒が挙げられる。 As the reaction solvent, such as tetrahydrofuran, 1,4-dioxane, ethers or methyl ethyl ketone, such as diisopropyl ether, ketones such as methyl isobutyl ketone, ester solvents such as ethyl acetate, dimethyl formamide, amide solvents such as dimethylacetamide , more propylene glycol monomethyl ether acetate described later, propylene glycol monomethyl ether, a solvent capable of dissolving the composition of the present invention, such as cyclohexanone. より好ましくは本発明のレジスト組成物に用いられる溶剤と同一の溶剤を用いて重合することが好ましい。 The polymerization is preferably performed by using the same solvent as the solvent used in the resist composition of the present invention. これにより保存時のパーティクルの発生が抑制できる。 Thus, generation of particles during storage can be suppressed.

重合反応は、窒素やアルゴンなど不活性ガス雰囲気下で行われることが好ましい。 The polymerization reaction is preferably performed in an inert gas atmosphere such as nitrogen or argon. 重合開始剤としては市販のラジカル開始剤(アゾ系開始剤、パーオキサイドなど)を用いて重合を開始させる。 Commercially available radical initiator as a polymerization initiator (azo initiator, peroxide, etc.) is used to initiate the polymerization. ラジカル開始剤としてはアゾ系開始剤が好ましく、エステル基、シアノ基、カルボキシル基を有するアゾ系開始剤が好ましい。 Azo initiators are preferred as the radical initiator, an ester group, a cyano group, an azo initiator having a carboxyl group is preferable. 好ましい重合開始剤としては、アゾビスイソブチロニトリル、アゾビスジメチルバレロニトリル、ジメチル2,2'−アゾビス(2−メチルプロピオネート)などが挙げられる。 Preferred polymerization initiators, azobisisobutyronitrile, azobisdimethylvaleronitrile, dimethyl 2,2'-azobis (2-methyl propionate) and the like. 必要に応じて連鎖移動剤を使用することもできる。 It is also possible to use a chain transfer agent as required. 反応液中のモノマー、重合開始剤、連鎖移動剤等の溶質の濃度は、通常5〜50質量%であり、好ましくは20〜50質量%、より好ましくは30〜50質量%である。 Monomers in the reaction mixture, the polymerization initiator, the concentration of the solute, such as a chain transfer agent is usually from 5 to 50 wt%, preferably 20 to 50 wt%, more preferably 30 to 50 wt%. 反応温度は、通常10℃〜150℃であり、好ましくは30℃〜120℃、更に好ましくは60〜100℃である。 The reaction temperature is usually 10 ° C. to 150 DEG ° C., preferably from 30 ° C. to 120 ° C., more preferably 60 to 100 [° C..

反応終了後、室温まで放冷し、精製する。 After completion of the reaction, allowed to cool to room temperature and purified. 精製は、水洗や適切な溶媒を組み合わせることにより残留単量体やオリゴマー成分を除去する液々抽出法、特定の分子量以下のもののみを抽出除去する限外ろ過等の溶液状態での精製方法や、樹脂溶液を貧溶媒へ滴下することで樹脂を貧溶媒中に凝固させることにより残留単量体等を除去する再沈澱法やろ別した樹脂スラリーを貧溶媒で洗浄する等の固体状態での精製方法等の通常の方法を適用できる。 Purification liquid-liquid extraction method for removing residual monomers or oligomer components by combining water washing with an appropriate solvent, Ya purification method in a solution sate, such as ultrafiltration of extracting and removing only the following specific molecular weight purification of the re-precipitation method or filtered resin slurry to remove residual monomers and the like by solidifying the resin by dripping the resin solution into a poor solvent to the poor solvent in the solid state such as washing with a poor solvent the usual methods such as the method can be applied. たとえば、上記樹脂が難溶あるいは不溶の溶媒(貧溶媒)を、該反応溶液の10倍以下の体積量、好ましくは10〜5倍の体積量で、接触させることにより樹脂を固体として析出させる。 For example, the solvent of the resin is sparingly soluble or insoluble (the poor solvent), 10 times the volume of the reaction solution, preferably in a volume of 10 to 5 times, the resin is precipitated as a solid by contacting.

ポリマー溶液からの沈殿又は再沈殿操作の際に用いる溶媒(沈殿又は再沈殿溶媒)としては、該ポリマーの貧溶媒であればよく、ポリマーの種類に応じて、例えば、炭化水素(ペンタン、ヘキサン、ヘプタン、オクタンなどの脂肪族炭化水素;シクロヘキサン、メチルシクロヘキサンなどの脂環式炭化水素;ベンゼン、トルエン、キシレンなどの芳香族炭化水素)、ハロゲン化炭化水素(塩化メチレン、クロロホルム、四塩化炭素などのハロゲン化脂肪族炭化水素;クロロベンゼン、ジクロロベンゼンなどのハロゲン化芳香族炭化水素など)、ニトロ化合物(ニトロメタン、ニトロエタンなど)、ニトリル(アセトニトリル、ベンゾニトリルなど)、エーテル(ジエチルエーテル、ジイソプロピルエーテル、ジメトキシエタンなどの鎖状エー As the solvent (precipitation or reprecipitation solvent) used for the operation of precipitation or reprecipitation from the polymer solution may be a poor solvent for the polymer, depending on the type of polymer, for example, hydrocarbons (pentane, hexane, heptane, aliphatic hydrocarbons such as octane; alicyclic hydrocarbons such as methylcyclohexane; aromatic hydrocarbons), halogenated hydrocarbons (methylene chloride, such as benzene, toluene, xylene, chloroform, carbon tetrachloride, and the like halogenated aliphatic hydrocarbons; chlorobenzene, and halogenated aromatic hydrocarbons such as dichlorobenzene), nitro compounds (nitromethane, etc. nitroethane), nitriles (acetonitrile, benzonitrile), ethers (diethyl ether, diisopropyl ether, dimethoxyethane chain er, such as ル;テトラヒドロフラン、ジオキサンなどの環状エーテル)、ケトン(アセトン、メチルエチルケトン、ジイソブチルケトンなど)、エステル(酢酸エチル、酢酸ブチルなど)、カーボネート(ジメチルカーボネート、ジエチルカーボネート、エチレンカーボネート、プロピレンカーボネートなど)、アルコール(メタノール、エタノール、プロパノール、イソプロピルアルコール、ブタノールなど)、カルボン酸(酢酸など)、水、これらの溶媒を含む混合溶媒等の中から適宜選択して使用できる。 Le; tetrahydrofuran, cyclic ethers), ketones (acetone, such as dioxane, methyl ethyl ketone, diisobutyl ketone), esters (ethyl acetate, butyl acetate), carbonate (dimethyl carbonate, diethyl carbonate, ethylene carbonate, propylene carbonate), alcohols ( methanol, ethanol, propanol, isopropyl alcohol, butanol), a carboxylic acid (acetic acid), water, and mixed solvents containing these solvents can be used. これらの中でも、沈殿又は再沈殿溶媒として、少なくともアルコール(特に、メタノールなど)または水を含む溶媒が好ましい。 Among these, the precipitation or reprecipitation solvent, at least an alcohol (particularly, methanol, etc.) solvent containing or water is preferred. このような少なくともアルコールを含む溶媒において、アルコール(特に、メタノールなど)と他の溶媒(例えば、酢酸エチルなどのエステル、テトラヒドロフランなどのエーテル類等)との比率は、例えば前者/後者(体積比;25℃)=10/90〜99/1、好ましくは前者/後者(体積比;25℃)=30/70〜98/2、さらに好ましくは前者/後者(体積比;25℃)=50/50〜97/3程度である。 In such a solvent containing at least an alcohol, an alcohol (particularly, methanol, etc.) and other solvents (e.g., esters such as ethyl acetate, ethers such as tetrahydrofuran) ratio of, for example the former / the latter (volume ratio; 25 ℃) = 10 / 90~99 / 1, preferably the former / the latter (volume ratio; 25 ℃) = 30 / 70~98 / 2, more preferably the former / the latter (volume ratio; 25 ℃) = 50/50 97/3 is about.

沈殿又は再沈殿溶媒の使用量は、効率や収率等を考慮して適宜選択できるが、一般には、ポリマー溶液100質量部に対して、100〜10000質量部、好ましくは200〜2000質量部、さらに好ましくは300〜1000質量部である。 The amount of the precipitation or reprecipitation solvent used may be appropriately selected by taking into consideration the efficiency, yield and the like, generally, 100 to 10,000 parts by mass, 100 to 10,000 parts by weight, preferably 200 to 2000 parts by weight, more preferably 300 to 1,000 parts by weight.

ポリマー溶液を沈殿又は再沈殿溶媒(貧溶媒)中に供給する際のノズルの口径は、好ましくは4mmφ以下(例えば0.2〜4mmφ)である。 Diameter of the nozzle in supplying a polymer solution into a precipitation or reprecipitation solvent (poor solvent) is preferably 4mmφ less (e.g. 0.2~4Mmfai). また、ポリマー溶液の貧溶媒中への供給速度(滴下速度)は、線速度として、例えば0.1〜10m/秒、好ましくは0.3〜5m/秒程度である。 Further, feed rate to the polymer solution a poor solvent (dropping rate) as the linear velocity, for example, 0.1 to 10 m / sec, preferably about 0.3 to 5 m / sec.

沈殿又は再沈殿操作は攪拌下で行うのが好ましい。 The precipitation or reprecipitation operation is preferably carried out under stirring. 攪拌に用いる攪拌翼として、例えば、デスクタービン、ファンタービン(パドルを含む)、湾曲羽根タービン、矢羽根タービン、ファウドラー型、ブルマージン型、角度付き羽根ファンタービン、プロペラ、多段型、アンカー型(又は馬蹄型)、ゲート型、二重リボン、スクリューなどを使用できる。 As stirring vanes to be used for stirring, for example, (including paddles) desk turbine, a fan turbine, curved blade turbine, arrow feather turbine, Pfaudler type, Bull margin type, an angled vane fan turbine, a propeller, a multistage type, an anchor type (or horseshoe-shaped), gate type, double ribbon, screw or the like can be used. 攪拌は、ポリマー溶液の供給終了後も、さらに10分以上、特に20分以上行うのが好ましい。 Agitation after the completion of feeding of the polymer solution may also further 10 minutes or more, particularly preferably performed 20 minutes or more. 攪拌時間が少ない場合には、ポリマー粒子中のモノマー含有量を充分低減できない場合が生じる。 If the stirring time is small, resulting may not be sufficiently reduced monomer content in the polymer particles. また、攪拌翼の代わりにラインミキサーを用いてポリマー溶液と貧溶媒とを混合攪拌することもできる。 It is also possible to mix stirring with the polymer solution and the poor solvent using a line mixer instead of the stirring blade.

沈殿又は再沈殿する際の温度としては、効率や操作性を考慮して適宜選択できるが、通常0〜50℃程度、好ましくは室温付近(例えば20〜35℃程度)である。 The temperature at the precipitation or reprecipitation may be appropriately selected by taking into consideration the efficiency or operability, usually 0 to 50 ° C. approximately, preferably around room temperature (e.g. 20 to 35 about ° C.). 沈殿又は再沈殿操作は、攪拌槽などの慣用の混合容器を用い、バッチ式、連続式等の公知の方法により行うことができる。 The operation of precipitation or re-precipitation using a commonly employed mixing vessel such as stirring tank, batch, can be carried out by a known method continuous like.

沈殿又は再沈殿した粒子状ポリマーは、通常、濾過、遠心分離等の慣用の固液分離に付し、乾燥して使用に供される。 The precipitated or reprecipitated particulate polymer is usually filtered, subjected to conventional solid-liquid separation such as centrifugation, then dried and used. 濾過は、耐溶剤性の濾材を用い、好ましくは加圧下で行われる。 Filtration, using a solvent-resistant filter element preferably under pressure. 乾燥は、常圧又は減圧下(好ましくは減圧下)、30〜100℃程度、好ましくは30〜50℃程度の温度で行われる。 Drying is performed under atmospheric pressure or reduced pressure (preferably under reduced pressure), about 30 to 100 ° C., preferably carried out at about 30 to 50 ° C. temperature.

尚、一度、樹脂を析出させて、分離した後に、再び溶媒に溶解させ、該樹脂が難溶あるいは不溶の溶媒と接触させてもよい。 Incidentally, after the resin precipitation and separation, after separation, was again dissolved in a solvent, the resin may be contacted with a solvent sparingly soluble or insoluble.
即ち、上記ラジカル重合反応終了後、該ポリマーが難溶あるいは不溶の溶媒を接触させ、樹脂を析出させ(工程a)、樹脂を溶液から分離し(工程b)、改めて溶媒に溶解させ樹脂溶液Aを調製(工程c)、その後、該樹脂溶液Aに、該樹脂が難溶あるいは不溶の溶媒を、樹脂溶液Aの10倍未満の体積量(好ましくは5倍以下の体積量)で、接触させることにより樹脂固体を析出させ(工程d)、析出した樹脂を分離する(工程e)ことを含む方法でもよい。 That is, after the completion of the radical polymerization reaction, the polymer is brought into contact with a solvent sparingly soluble or insoluble, to precipitate a resin (step a), separating the resin from the solution (step b), anew dissolving the solvent the resin solution A preparation (a) (step c), thereafter bringing the resin solution a, a solvent for the resin is sparingly soluble or insoluble in a volume of less than 10 times the resin solution a (preferably 5 times or less of the volume quantity), contacting the resin solids precipitated by (step d), and the precipitated resin is separated (step e) comprising the.
樹脂溶液Aの調製に際し使用する溶媒は、重合反応に際しモノマーを溶解させる溶媒と同様の溶媒を使用することができ、重合反応に際し使用した溶媒と同一であっても異なっていてもよい。 The solvent to be used upon preparation of the resin solution A, can be used the same solvent as the solvent for dissolving the monomer upon polymerization reaction, it may be the same or different and solvent used upon the polymerization reaction.

(E)塩基性化合物 本発明のレジスト組成物は、露光から加熱までの経時による性能変化を低減するために、(E)塩基性化合物を含有することが好ましい。 (E) The resist composition of the basic compound present invention, in order to reduce the change of performance in aging from exposure to heating, preferably contains (E) a basic compound.
塩基性化合物としては、好ましくは、下記式(A)〜(E)で示される構造を有する化合物を挙げることができる。 The basic compound can preferably be a compound having a structure represented by the following formula (A) ~ (E).

一般式(A)と(E)において、 In general formula (A) (E),
200 、R 201及びR 202は、同一でも異なってもよく、水素原子、アルキル基(好ましくは炭素数1〜20)、シクロアルキル基(好ましくは炭素数3〜20)又はアリール基(炭素数6〜20)を表し、ここで、R 201とR 202は、互いに結合して環を形成してもよい。 R 200, R 201 and R 202, which may be the same or different, a hydrogen atom, an alkyl group (preferably having 1 to 20 carbon atoms), a cycloalkyl group (preferably having 3 to 20 carbon atoms) or an aryl group (carbon number It represents 6 to 20), wherein, R 201 and R 202 may be bonded to each other to form a ring. 203 、R 204 、R 205及びR 206は、同一でも異なってもよく、炭素数1〜20個のアルキル基を表す。 R 203, R 204, R 205 and R 206, which may be the same or different, each represents a alkyl group having 1 to 20 carbon atoms.
上記アルキル基について、置換基を有するアルキル基としては、炭素数1〜20のアミノアルキル基、炭素数1〜20のヒドロキシアルキル基又は炭素数1〜20のシアノアルキル基が好ましい。 As for the alkyl group, the alkyl group having a substituent, an aminoalkyl group having 1 to 20 carbon atoms or a hydroxyalkyl group or a cyanoalkyl group having 1 to 20 carbon atoms having 1 to 20 carbon atoms preferably.
これら一般式(A)と(E)中のアルキル基は、無置換であることがより好ましい。 Alkyl group in formulas and (A) (E) is more preferably unsubstituted.

好ましい化合物として、グアニジン、アミノピロリジン、ピラゾール、ピラゾリン、ピペラジン、アミノモルホリン、アミノアルキルモルフォリン、ピペリジン等を挙げることができ、更に好ましい化合物として、イミダゾール構造、ジアザビシクロ構造、オニウムヒドロキシド構造、オニウムカルボキシレート構造、トリアルキルアミン構造、アニリン構造又はピリジン構造を有する化合物、水酸基及び/又はエーテル結合を有するアルキルアミン誘導体、水酸基及び/又はエーテル結合を有するアニリン誘導体等を挙げることができる。 Preferred examples of the compound include guanidine, aminopyrrolidine, pyrazole, pyrazoline, piperazine, aminomorpholine, aminoalkylmorpholine, can be mentioned piperidine, further preferred compounds, imidazole structure, a diazabicyclo structure, an onium hydroxide structure, an onium carboxylate structure, a trialkylamine structure, a compound having an aniline structure or a pyridine structure, alkylamine derivatives having a hydroxyl group and / or an ether bond, and a hydroxyl group and / or an aniline derivative having an ether bond.

イミダゾール構造を有する化合物としては、イミダゾール、2、4、5−トリフェニルイミダゾール、ベンズイミダゾール等が挙げられる。 Examples of the compound having an imidazole structure, imidazole, 2,4,5-triphenyl imidazole, benzimidazole, and the like. ジアザビシクロ構造を有する化合物としては、1、4−ジアザビシクロ[2,2,2]オクタン、1、5−ジアザビシクロ[4,3,0]ノナ−5−エン、1、8−ジアザビシクロ[5,4,0]ウンデカー7−エン等が挙げられる。 Examples of the compound having a diazabicyclo structure, 1,4-diazabicyclo [2,2,2] octane, 1,5-diazabicyclo [4,3,0] non-5-ene, 1,8-diazabicyclo [5,4, 0] undec-7-ene and the like. オニウムヒドロキシド構造を有する化合物としては、トリアリールスルホニウムヒドロキシド、フェナシルスルホニウムヒドロキシド、2−オキソアルキル基を有するスルホニウムヒドロキシド、具体的にはトリフェニルスルホニウムヒドロキシド、トリス(t−ブチルフェニル)スルホニウムヒドロキシド、ビス(t−ブチルフェニル)ヨードニウムヒドロキシド、フェナシルチオフェニウムヒドロキシド、2−オキソプロピルチオフェニウムヒドロキシド等が挙げられる。 Examples of the compound having an onium hydroxide structure, triarylsulfonium hydroxide, phenacyl sulfonium hydroxide, 2-oxo-alkyl groups having sulfonium hydroxide, specifically triphenylsulfonium hydroxide, tris (t-butylphenyl) sulfonium hydroxide, bis (t-butylphenyl) iodonium hydroxide, phenacylthiophenium hydroxide, 2-oxopropyl thiophenium onium hydroxide and the like. オニウムカルボキシレート構造を有する化合物としては、オニウムヒドロキシド構造を有する化合物のアニオン部がカルボキシレートになったものであり、例えばアセテート、アダマンタンー1−カルボキシレート、パーフロロアルキルカルボキシレート等が挙げられる。 The compound having an onium carboxylate structure, the anion portion of the compound having an onium hydroxide structure is intended to become a carboxylate, such as acetate, adamantane-1-carboxylate and perfluoroalkyl carboxylate are exemplified. トリアルキルアミン構造を有する化合物としては、トリ(n−ブチル)アミン、トリ(n−オクチル)アミン等を挙げることができる。 Examples of the compound having a trialkylamine structure include tri (n- butyl) amine, tri (n- octyl) amine. アニリン構造を有する化合物としては、2,6−ジイソプロピルアニリン、N,N−ジメチルアニリン、N,N−ジブチルアニリン、N,N−ジヘキシルアニリン等を挙げることができる。 Examples of the compound having an aniline structure, 2,6-diisopropylaniline, N, N- dimethylaniline, N, may be mentioned N- dibutyl aniline, N, the N- dihexyl aniline. 水酸基及び/又はエーテル結合を有するアルキルアミン誘導体としては、エタノールアミン、ジエタノールアミン、トリエタノールアミン、トリス(メトキシエトキシエチル)アミン等を挙げることができる。 Examples of the alkylamine derivative having a hydroxyl group and / or an ether bond, ethanolamine, diethanolamine, triethanolamine, may be mentioned tris (methoxyethoxyethyl) amine. 水酸基及び/又はエーテル結合を有するアニリン誘導体としては、N,N−ビス(ヒドロキシエチル)アニリン等を挙げることができる。 As the aniline derivative having a hydroxyl group and / or an ether bond include N, N- bis (hydroxyethyl) aniline.

好ましい塩基性化合物として、更に、フェノキシ基を有するアミン化合物、フェノキシ基を有するアンモニウム塩化合物、スルホン酸エステル基を有するアミン化合物及びスルホン酸エステル基を有するアンモニウム塩化合物を挙げることができる。 As preferred basic compounds, an amine compound having a phenoxy group, an ammonium salt compound having a phenoxy group, and an ammonium salt compound having an amine compound and a sulfonic ester group having a sulfonic acid ester group.
前記フェノキシ基を有するアミン化合物、フェノキシ基を有するアンモニウム塩化合物、スルホン酸エステル基を有するアミン化合物及びスルホン酸エステル基を有するアンモニウム塩化合物は、少なくとも1つのアルキル基が窒素原子に結合していることが好ましい。 Amine compound having a phenoxy group, an ammonium salt compound having a phenoxy group, an amine compound having a sulfonic acid ester group and ammonium salt compound having a sulfonic acid ester group is at least one alkyl group bonded to the nitrogen atom It is preferred. また、前記アルキル鎖中に、酸素原子を有し、オキシアルキレン基が形成されていることが好ましい。 Further, in the alkyl chain, an oxygen atom, it is preferable that an oxyalkylene group is formed. オキシアルキレン基の数は、分子内に1つ以上、好ましくは3〜9個、さらに好ましくは4〜6個である。 The number of oxyalkylene groups within the molecule is 1 or more, preferably 3 to 9, more preferably from 4 to 6. オキシアルキレン基の中でも−CH 2 CH 2 O−、−CH(CH 3 )CH 2 O−もしくは−CH 2 CH 2 CH 2 O−の構造が好ましい。 -CH 2 CH 2 O Among the oxyalkylene group -, - CH (CH 3) CH 2 O- or -CH 2 CH 2 CH 2 O- structure is preferred.
前記フェノキシ基を有するアミン化合物、フェノキシ基を有するアンモニウム塩化合物、スルホン酸エステル基を有するアミン化合物及びスルホン酸エステル基を有するアンモニウム塩化合物の具体例としては、米国特許出願公開2007/0224539号明細書の[0066]に例示されている化合物(C1-1)〜(C3-3)が挙げられるが、これらに限定されるものではない。 Amine compound having a phenoxy group, an ammonium salt compound having a phenoxy group, Specific examples of the ammonium salt compound having an amine compound and a sulfonic ester group having a sulfonic acid ester group, U.S. Patent Application Publication 2007/0224539 Pat the [0066] compounds exemplified in (C1-1) ~ (C3-3) including without being limited thereto.
これらの塩基性化合物は、単独であるいは2種以上一緒に用いられる。 These basic compounds are used individually or in combination of two or more.

塩基性化合物の使用量は、レジスト組成物の固形分を基準として、通常、0.001〜10質量%、好ましくは0.01〜5質量%である。 The amount of the basic compound, based on the solid content of the resist composition, usually from 0.001 to 10 wt%, preferably from 0.01 to 5 mass%.

酸発生剤と塩基性化合物の組成物中の使用割合は、酸発生剤/塩基性化合物(モル比)=2.5〜300であることが好ましい。 The ratio of the acid generator in the composition and the basic compound, acid generator / basic compound (molar ratio) = is preferably from 2.5 to 300.. 即ち、感度、解像度の点からモル比が2.5以上が好ましく、露光後加熱処理までの経時でのレジストパターンの太りによる解像度の低下抑制の点から300以下が好ましい。 That is, the sensitivity, the molar ratio is preferably 2.5 or more in terms of resolution and preferably 300 or less from the viewpoint of suppressing the reduction in resolution due to thickening of the resist pattern with aging after exposure until heat treatment. 酸発生剤/塩基性化合物(モル比)は、より好ましくは5.0〜200、更に好ましくは7.0〜150である。 The acid generator / basic compound (molar ratio), more preferably from 5.0 to 200, still more preferably from 7.0 to 150.

(F)界面活性剤 本発明のレジスト組成物は、更に界面活性剤を含有することが好ましく、フッ素及び/又はシリコン系界面活性剤(フッ素系界面活性剤、シリコン系界面活性剤、フッ素原子と珪素原子の両方を有する界面活性剤)のいずれか、あるいは2種以上を含有することがより好ましい。 (F) Surfactant The resist composition of the present invention preferably further contains a surfactant, fluorine and / or silicon surfactants (a fluorine-based surfactant, silicon based surfactant, and a fluorine atom any surfactant) having both a silicon atom, or more preferably contains two or more.

本発明のレジスト組成物が界面活性剤を含有することにより、250nm以下、特に220nm以下の露光光源の使用時に、良好な感度及び解像度で、密着性及び現像欠陥の少ないレジストパターンを与えることが可能となる。 By the resist composition of the present invention contains the surfactant, 250 nm or less, particularly when using the following exposure light source 220 nm, with good sensitivity, resolution, can provide a resist pattern with less adhesion and development defects to become.
このような界面活性剤は、米国特許出願公開2008/0187860号明細書[0598]〜[0602]に記載のものを挙げることができる。 Such surfactants are described in U.S. Patent Application Publication 2008/0187860 Pat [0598] can be exemplified those described in ~ [0602].

これらの界面活性剤は単独で使用してもよいし、また、いくつかの組み合わせで使用してもよい。 These surfactants may be used alone or may be used in some combination.

界面活性剤の使用量は、レジスト組成物全量(溶剤を除く)に対して、好ましくは0.01〜10質量%、より好ましくは0.1〜5質量%である。 The amount of surfactant, the resist composition the total amount (excluding the solvent), preferably from 0.01 to 10 mass%, more preferably 0.1 to 5 mass%.

(G)カルボン酸オニウム塩 本発明におけるレジスト組成物は、カルボン酸オニウム塩を含有しても良い。 (G) The resist composition in the carboxylic acid onium salt present invention may contain an onium carboxylate. このようなカルボン酸オニウム塩は、米国特許出願公開2008/0187860号明細書[0605]〜[0606]に記載のものを挙げることができる。 Such onium carboxylate include those described in U.S. Patent Application Publication 2008/0187860 Pat [0605] ~ [0606].

これらのカルボン酸オニウム塩は、スルホニウムヒドロキシド、ヨードニウムヒドロキシド、アンモニウムヒドロキシドとカルボン酸を適当な溶剤中酸化銀と反応させることによって合成できる。 These onium carboxylates can be synthesized by reacting sulfonium hydroxide, iodonium hydroxide or ammonium hydroxide and carboxylic acid with silver oxide in an appropriate solvent.

カルボン酸オニウム塩の組成物中の含量は、組成物の全固形分に対し、一般的には0.1〜20質量%、好ましくは0.5〜10質量%、更に好ましくは1〜7質量%である。 Content in the composition of the carboxylic acid onium salt, based on the entire solid content of the composition is generally from 0.1 to 20 mass%, preferably from 0.5 to 10 mass%, more preferably from 1 to 7 mass it is%.

(H)その他の添加剤 本発明のレジスト組成物には、必要に応じてさらに染料、可塑剤、光増感剤、光吸収剤、アルカリ可溶性樹脂、溶解阻止剤及び現像液に対する溶解性を促進させる化合物(例えば、分子量1000以下のフェノール化合物、カルボキシル基を有する脂環族、又は脂肪族化合物)等を含有させることができる。 (H) in the resist composition of other additives present invention, further dye, plasticizer, photosensitizer, a light absorber, promotes solubility in an alkali-soluble resin, a dissolution inhibitor and a developer is causing compounds (e.g., phenolic compound of 1000 or less molecular weight, alicyclic having a carboxyl group, or an aliphatic compound), may be contained.

このような分子量1000以下のフェノール化合物は、例えば、特開平4−122938号、特開平2−28531号、米国特許第4,916,210、欧州特許第219294等に記載の方法を参考にして、当業者において容易に合成することができる。 Such phenolic compound of 1000 or less molecular weight, for example, JP-A-can be easily synthesized, JP-A-2-28531, U.S. Patent No. 4,916,210, European and the method described in Reference Patent No. 219,294, etc., it can be easily synthesized by those skilled in the art.
カルボキシル基を有する脂環族、又は脂肪族化合物の具体例としてはコール酸、デオキシコール酸、リトコール酸などのステロイド構造を有するカルボン酸誘導体、アダマンタンカルボン酸誘導体、アダマンタンジカルボン酸、シクロヘキサンカルボン酸、シクロヘキサンジカルボン酸などが挙げられるがこれらに限定されるものではない。 Alicyclic having a carboxyl group, or 219294. Specific examples of the aliphatic compounds, deoxycholate, carboxylic acid derivatives having a steroid structure, such as lithocholic acid, adamantane carboxylic acid derivative, adamantane dicarboxylic acid, cyclohexane carboxylic acid, cyclohexane Although such dicarboxylic acids are not limited thereto.

本発明のレジスト組成物の固形分濃度は、通常1.0〜10質量%であり、好ましくは、2.0〜5.7質量%、更に好ましくは2.0〜5.3質量%である。 The solid content of the resist composition of the present invention is usually from 1.0 to 10 wt%, preferably from 2.0 to 5.7 wt%, more preferably 2.0 to 5.3 mass% . 固形分濃度を前記範囲とすることで、レジスト溶液を基板上に均一に塗布することができ、更にはラインエッジラフネスに優れたレジストパターンを形成することが可能になる。 The solids concentration to the range, the resist solution can be uniformly coated on a substrate, and further it is possible to form a resist pattern improved in the line edge roughness. その理由は明らかではないが、恐らく、固形分濃度を10質量%以下、好ましくは5.7質量%以下とすることで、レジスト溶液中での素材、特には光酸発生剤の凝集が抑制され、その結果として、均一なレジスト膜が形成できたものと考えられる。 The reason is not clear, presumably, the solid content concentration of 10 mass% or less, preferably 5.7 mass% or less, the resist solution in the material, especially the aggregation of the photoacid generator is suppressed , as a result, a uniform resist film can be formed.
固形分濃度とは、レジスト組成物の総重量に対する、溶剤を除く他のレジスト成分の重量の重量百分率である。 The solids concentration, relative to the total weight of the resist composition, the weight percentage of the weight of resist components except solvent.

本発明のパターン形成方法に於いて、活性光線又は放射線の照射によりネガ型現像液に対する溶解度が減少する樹脂組成物による膜を基板上に形成する工程、膜を露光する工程、加熱する工程及びポジ型現像する工程は、一般的に知られている方法により行うことができる。 In the pattern forming method of the present invention, the step of forming a film of a resin composition less soluble in a negative developer on the substrate by irradiation with actinic rays or radiation, the step of exposing the film, a step of heating and positive a step of mold development can be carried out by methods which are generally known.

本発明における露光装置に用いられる光源波長に制限は無いが、KrFエキシマレーザー波長(248nm)、ArFエキシマレーザー波長(193nm)とF 2エキシマレーザー波長(157nm)等を適用できる。 The light source wavelength limit is not used for the exposure apparatus in the present invention, KrF excimer laser wavelength (248 nm), ArF excimer laser wavelength and (193 nm) F 2 can be applied to excimer laser wavelength (157 nm) or the like.

また、本発明の露光を行う工程においては液浸露光方法を適用することができる。 In the step of performing exposure of the present invention can be applied to an immersion exposure method.
液浸露光方法とは、解像力を高める技術として、投影レンズと試料の間に高屈折率の液体(以下、「液浸液」ともいう)で満たし露光する技術である。 The immersion exposure method, as a technique for enhancing the resolving power, the projection lens and the liquid having a high refractive index between the sample (hereinafter also referred to as "immersion liquid") is a technology that meets the exposure at.
この「液浸の効果」はλ 0を露光光の空気中での波長とし、nを空気に対する液浸液の屈折率、θを光線の収束半角としNA 0 =sinθとすると、液浸した場合、解像力及び焦点深度は次式で表すことができる。 The "effect of immersion", assuming that the wavelength of exposure light in air lambda 0, the refractive index of the immersion liquid to air is n, the convergence half-angle of beam and θ When NA 0 = sin [theta, when immersion , resolution and depth of focus can be expressed by the following equation.
(解像力)=k 1・(λ 0 /n)/NA 0 (Resolving power) = k 1 · (λ 0 / n) / NA 0
(焦点深度)=±k 2・(λ 0 /n)/NA 0 2 (Depth of focus) = ± k 2 · (λ 0 / n) / NA 0 2
すなわち、液浸の効果は波長が1/nの露光波長を使用するのと等価である。 That is, the effect of immersion is equivalent to wavelength using the exposure wavelength of 1 / n. 言い換えれば、同じNAの投影光学系の場合、液浸により、焦点深度をn倍にすることができる。 In other words, when the projection optical system of the same NA, liquid immersion, depth of focus can be n times. これは、あらゆるパターン形状に対して有効であり、更に、現在検討されている位相シフト法、変形照明法などの超解像技術と組み合わせることが可能である。 This is effective for all pattern profiles and can be combined current phase shift method being considered, with super resolution techniques such as modified illumination method.

液浸露光を行う場合には、(1)基板上に膜を形成した後、露光する工程の前に、及び/又は(2)液浸液を介して膜に露光する工程の後、膜を加熱する工程の前に、膜の表面を水系の薬液で洗浄する工程を実施してもよい。 When performing immersion exposure, after the step of exposure (1) forming a film on a substrate, before the step of exposing, and / or (2) the film on a substrate, the film prior to the step of heating may be performed a step of cleaning the surface of the membrane with chemical water.

液浸液は、露光波長に対して透明であり、かつ膜上に投影される光学像の歪みを最小限に留めるよう、屈折率の温度係数ができる限り小さい液体が好ましいが、特に露光光源がArFエキシマレーザー(波長;193nm)である場合には、上述の観点に加えて、入手の容易さ、取り扱いのし易さといった点から水を用いるのが好ましい。 The immersion liquid is transparent to the exposure wavelength, and so to minimize the distortion of an optical image projected on the film, but is preferably less liquid as possible the temperature coefficient of the refractive index, especially exposure light source ArF excimer laser (wavelength; 193 nm) when it is, in addition to the above viewpoint, easy availability, water is preferably used in terms such as to the easy handling.

水を用いる場合、水の表面張力を減少させるとともに、界面活性力を増大させる添加剤(液体)を僅かな割合で添加しても良い。 When water is used, to reduce the surface tension of water, additives to increase the surface activity of the (liquid) may be added in a small ratio. この添加剤はウエハー上のレジスト層を溶解させず、且つレンズ素子の下面の光学コートに対する影響が無視できるものが好ましい。 This additive does not dissolve the resist layer on the wafer, and effect on the optical coat at the undersurface of the lens element is preferable negligible.
このような添加剤としては、例えば、水とほぼ等しい屈折率を有する脂肪族系のアルコールが好ましく、具体的にはメチルアルコール、エチルアルコール、イソプロピルアルコール等が挙げられる。 As such a additive, for example, preferably an aliphatic alcohol having a refractive index approximately equal to that of water, for example, methyl alcohol, ethyl alcohol, isopropyl alcohol and the like. 水とほぼ等しい屈折率を有するアルコールを添加することにより、水中のアルコール成分が蒸発して含有濃度が変化しても、液体全体としての屈折率変化を極めて小さくできるといった利点が得られる。 By adding an alcohol having a refractive index nearly equal to that of water, the content concentration the alcohol component in water is evaporated even changed, the change of refractive index of the liquid as a whole it can be made extremely small.

一方で、193nm光に対して不透明な物質や屈折率が水と大きく異なる不純物が混入した場合、レジスト上に投影される光学像の歪みを招くため、使用する水としては、蒸留水が好ましい。 On the other hand, when a substance being opaque and the refractive index with respect to 193nm light was significantly different impurities is mixed with water, the mixing would invite a distortion of optical image projected on the resist, the water used is preferably distilled water. 更にイオン交換フィルター等を通して濾過を行った純水を用いてもよい。 Furthermore, use may be made of pure water filtered through an ion exchange filter or the like.

本発明において膜を形成する基板は特に限定されるものではなく、シリコン、SiN、SiO 2やSiN等の無機基板、SOG等の塗布系無機基板等、IC等の半導体製造工程、液晶、サーマルヘッド等の回路基板の製造工程、さらにはその他のフォトファブリケーションのリソグラフィー工程で一般的に用いられる基板を用いることができる。 Substrate to form a film in the present invention is not particularly limited, inorganic substrate such as silicon, SiN, SiO 2 and SiN, a coating-type inorganic substrate such as such as SOG, a semiconductor manufacturing process such as IC, a liquid crystal, thermal head manufacturing process of a circuit board etc., and further it is possible to use a substrate generally used in the other photo-fabrication lithography process. 更に、必要に応じて有機反射防止膜を膜と基板の間に形成させても良い。 Furthermore, it may be an organic antireflective film is formed between the film and the substrate as needed.

ポジ型現像を行う際には、アルカリ現像液を使用することが好ましい。 In performing positive tone development, it is preferable to use an alkali developer.
ポジ型現像を行う際に使用するアルカリ現像液としては、例えば、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、炭酸ナトリウム、ケイ酸ナトリウム、メタケイ酸ナトリウム、アンモニア水等の無機アルカリ類、エチルアミン、n−プロピルアミン等の第一アミン類、ジエチルアミン、ジ−n−ブチルアミン等の第二アミン類、トリエチルアミン、メチルジエチルアミン等の第三アミン類、ジメチルエタノールアミン、トリエタノールアミン等のアルコールアミン類、テトラメチルアンモニウムヒドロキシド、テトラエチルアンモニウムヒドロキシド等の第四級アンモニウム塩、ピロール、ピヘリジン等の環状アミン類等のアルカリ性水溶液を使用することができる。 The alkali developer used in performing positive tone development, for example, sodium hydroxide, potassium hydroxide, sodium carbonate, sodium silicate, sodium metasilicate, inorganic alkalis such as ammonia water, ethylamine, n- propylamine primary amines etc., diethylamine, secondary amines such as di -n- butylamine, triethylamine, tertiary amines such as diethylamine, dimethylethanolamine, alcohol amines such as triethanolamine, tetramethylammonium hydroxide , quaternary ammonium salts such as tetraethyl ammonium hydroxide, pyrrole, an alkaline aqueous solution such as cyclic amines such as piperidine, can be used.
さらに、上記アルカリ性水溶液にアルコール類、界面活性剤を適当量添加して使用することもできる。 Further, alcohols of the above alkaline aqueous solution, after adding thereto a surfactant in an appropriate amount may be used.
アルカリ現像液のアルカリ濃度は、通常0.1〜20質量%である。 The alkali concentration of the alkali developer is usually from 0.1 to 20 mass%.
アルカリ現像液のpHは、通常10.0〜15.0である。 The pH of the alkali developer is usually from 10.0 to 15.0.
特に、テトラメチルアンモニウムヒドロキシドの2.38%の水溶液が望ましい。 In particular, 2.38% aqueous solution of tetramethylammonium hydroxide is preferable.

ポジ型現像の後に行うリンス処理におけるリンス液としては、純水を使用し、界面活性剤を適当量添加して使用することもできる。 As for the rinsing solution in the rinsing treatment performed after the positive development, pure water is used, after adding thereto a surfactant in an appropriate amount may be used.

ネガ型現像を行う際には、有機溶剤を含有する有機系現像液を使用することが好ましい。 When performing negative development, it is preferable to use an organic developing solution containing an organic solvent.
ネガ型現像を行う際に使用し得る有機系現像液としては、ケトン系溶剤、エステル系溶剤、アルコール系溶剤、アミド系溶剤、エーテル系溶剤等の極性溶剤及び炭化水素系溶剤を用いることができる。 As for the organic developer which can be used in performing negative development, it is possible to use a ketone solvent, an ester solvent, alcohol solvents, amide solvents, polar solvents and hydrocarbon solvents such as ether solvents .
ケトン系溶剤としては、例えば、1-オクタノン、2-オクタノン、1-ノナノン、2-ノナノン、アセトン、4-ヘプタノン、1-ヘキサノン、2−ヘキサノン、ジイソブチルケトン、シクロヘキサノン、メチルシクロヘキサノン、フェニルアセトン、メチルエチルケトン、メチルイソブチルケトン、アセチルアセトン、アセトニルアセトン、イオノン、ジアセトニルアルコール、アセチルカービノール、アセトフェノン、メチルナフチルケトン、イソホロン、プロピレンカーボネート等を挙げることができる。 Examples of the ketone-based solvent include 1-octanone, 2-octanone, 2-nonanone, acetone, 4-heptanone, 2-hexanone, diisobutyl ketone, cyclohexanone, methyl cyclohexanone, phenyl acetone, methyl ethyl ketone , methyl isobutyl ketone, acetylacetone, acetonylacetone, ionone, diacetonyl alcohol, acetyl carbinol, acetophenone, methyl naphthyl ketone, isophorone and propylene carbonate.
エステル系溶剤としては、例えば、酢酸メチル、酢酸ブチル、酢酸エチル、酢酸イソプロピル、酢酸アミル、プロピレングリコールモノメチルエーテルアセテート、エチレングリコールモノエチルエーテルアセテート、ジエチレングリコールモノブチルエーテルアセテート、ジエチレングリコールモノエチルエーテルアセテート、エチルー3−エトキシプロピオネート、3-メトキシブチルアセテート、3-メチル-3-メトキシブチルアセテート、蟻酸メチル、蟻酸エチル、蟻酸ブチル、蟻酸プロピル、乳酸エチル、乳酸ブチル、乳酸プロピル等を挙げることができる。 Examples of the ester solvents include methyl acetate, butyl acetate, ethyl acetate, isopropyl acetate, amyl acetate, propylene glycol monomethyl ether acetate, ethylene glycol monoethyl ether acetate, diethylene glycol monobutyl ether acetate, diethylene glycol monoethyl ether acetate, ethyl-3- ethoxypropionate, 3- methoxybutyl acetate, 3-methyl-3-methoxybutyl acetate, methyl formate, ethyl formate, butyl formate, propyl formate, ethyl lactate, butyl lactate, can be mentioned propyl lactate.
アルコール系溶剤としては、例えば、メチルアルコール、エチルアルコール、n−プロピルアルコール、イソプロピルアルコール、n−ブチルアルコール、sec−ブチルアルコール、tert−ブチルアルコール、イソブチルアルコール、n-ヘキシルアルコール、n-ヘプチルアルコール、n-オクチルアルコール、n-デカノール等のアルコールや、エチレングリコール、ジエチレングリコール、トリエチレングリコール等のグリコール系溶剤や、エチレングリコールモノメチルエーテル、プロピレングリコールモノメチルエーテル、エチレングリコールモノエチルエーテル、プロピレングリコールモノエチルエーテル、ジエチレングリコールモノメチルエーテル、トリエチレングリコールモノエチルエーテル、メトキシメチルブタノール等のグ As the alcohol solvent, e.g., methyl alcohol, ethyl alcohol, n- propyl alcohol, isopropyl alcohol, n- butyl alcohol, sec- butyl alcohol, tert- butyl alcohol, isobutyl alcohol, n- hexyl alcohol, n- heptyl alcohol, n- octyl alcohol, and alcohol n- decanol, ethylene glycol, diethylene glycol, and glycol-based solvent such as triethylene glycol, ethylene glycol monomethyl ether, propylene glycol monomethyl ether, ethylene glycol monoethyl ether, propylene glycol monoethyl ether, diethylene glycol monomethyl ether, triethylene glycol monoethyl ether, grayed and methoxymethyl butanol コールエーテル系溶剤等を挙げることができる。 It can be mentioned call ether solvents or the like.
エーテル系溶剤としては、例えば、上記グリコールエーテル系溶剤の他、ジオキサン、テトラヒドロフラン等が挙げられる。 Examples of the ether-based solvent include, in addition to the glycol ether solvents, dioxane, tetrahydrofuran and the like.
アミド系溶剤としては、例えば、N−メチル−2−ピロリドン、N,N−ジメチルアセトアミド、N,N−ジメチルホルムアミド、ヘキサメチルホスホリックトリアミド、1,3−ジメチル−2−イミダゾリジノン等が使用できる。 Examples of the amide solvents, e.g., N- methyl-2-pyrrolidone, N, N- dimethylacetamide, N, N- dimethylformamide, hexamethylphosphoric triamide, 1,3-dimethyl-2-imidazolidinone It can be used.
炭化水素系系溶剤としては、例えば、トルエン、キシレン等の芳香族炭化水素系溶剤、ペンタン、ヘキサン、オクタン、デカン等の脂肪族炭化水素系溶剤が挙げられる。 Examples of the hydrocarbon-based solvent, such as toluene, aromatic hydrocarbon solvents such as xylene, pentane, hexane, octane, aliphatic hydrocarbon solvents decane.
上記の溶剤は、複数混合してもよいし、上記以外の溶剤や水と混合し使用してもよい。 The above solvents may be a mixture of a plurality may be used mixed with a solvent or water other than those described above.
特に、ネガ型現像液は、ケトン系溶剤、エステル系溶剤、アルコール系溶剤、アミド系溶剤及びエーテル系溶剤から選択される少なくとも1種類の溶剤を含有する現像液であるのが好ましい。 In particular, a negative developing solution, ketone solvents, ester solvents, alcohol solvents, that is a developer containing at least one kind of a solvent selected from amide-based solvent and ether-based solvents preferred. これらの溶剤は、酸の作用による本願の樹脂の極性変化に対応して、溶解コントラストを発生するのに好適な溶剤である。 These solvents, corresponding to the polarity change of this application of the resin by the action of an acid, a suitable solvent to generate the dissolution contrast.

ネガ型現像液の蒸気圧は、20℃に於いて、5kPa以下が好ましく、3kPa以下が更に好ましく、2kPa以下が特に好ましい。 Vapor pressure of the negative tone developer is, in the 20 ° C., is preferably from 5 kPa, more preferably less 3 kPa, and particularly preferably equal to or less than 2 kPa. ネガ型現像液の蒸気圧を5kPa以下にすることにより、現像液の基板上あるいは現像カップ内での蒸発が抑制され、ウェハ面内の温度均一性が向上し、結果としてウェハ面内の寸法均一性が良化する。 By setting the vapor pressure of a negative developer below 5 kPa, evaporated suppression on the substrate of the developer or the developer cups, improved temperature uniformity in the wafer plane is, the dimensions in the wafer plane uniformity as a result sex is improved.
5kPa以下の蒸気圧を有する具体的な例としては、1-オクタノン、2-オクタノン、1-ノナノン、2-ノナノン、4-ヘプタノン、2−ヘキサノン、ジイソブチルケトン、シクロヘキサノン、メチルシクロヘキサノン、フェニルアセトン、メチルイソブチルケトン等のケトン系溶剤、酢酸ブチル、酢酸アミル、プロピレングリコールモノメチルエーテルアセテート、エチレングリコールモノエチルエーテルアセテート、ジエチレングリコールモノブチルエーテルアセテート、ジエチレングリコールモノエチルエーテルアセテート、エチル−3−エトキシプロピオネート、3-メトキシブチルアセテート、3-メチル-3-メトキシブチルアセテート、蟻酸ブチル、蟻酸プロピル、乳酸エチル、乳酸ブチル、乳酸プロピル等のエステル系溶剤、n−プロピル Specific examples having a vapor pressure below 5 kPa, 1-octanone, 2-octanone, 2-nonanone, 4-heptanone, 2-hexanone, diisobutyl ketone, cyclohexanone, methyl cyclohexanone, phenyl acetone, methyl ketone solvents such as isobutyl ketone, butyl acetate, amyl acetate, propylene glycol monomethyl ether acetate, ethylene glycol monoethyl ether acetate, diethylene glycol monobutyl ether acetate, diethylene glycol monoethyl ether acetate, ethyl 3-ethoxypropionate, 3-methoxy butyl acetate, 3-methyl-3-methoxybutyl acetate, butyl formate, propyl formate, ethyl lactate, butyl ester solvents, n- propyl, such as lactic acid propyl ルコール、イソプロピルアルコール、n−ブチルアルコール、sec−ブチルアルコール、tert−ブチルアルコール、イソブチルアルコール、n-ヘキシルアルコール、n-ヘプチルアルコール、n-オクチルアルコール、n-デカノール等のアルコール系溶剤、エチレングリコール、ジエチレングリコール、トリエチレングリコール等のグリコール系溶剤や、エチレングリコールモノメチルエーテル、プロピレングリコールモノメチルエーテル、エチレングリコールモノエチルエーテル、プロピレングリコールモノエチルエーテル、ジエチレングリコールモノメチルエーテル、トリエチレングリコールモノエチルエーテル、メトキシメチルブタノール等のグリコールエーテル系溶剤、テトラヒドロフラン等のエーテル系溶剤、N−メチル−2−ピ Alcohol, isopropyl alcohol, n- butyl alcohol, sec- butyl alcohol, tert- butyl alcohol, isobutyl alcohol, n- hexyl alcohol, n- heptyl alcohol, n- octyl alcohol, alcohol solvents n- decanol, ethylene glycol, diethylene glycol, and glycol-based solvent such as triethylene glycol, ethylene glycol monomethyl ether, propylene glycol monomethyl ether, ethylene glycol monoethyl ether, propylene glycol monoethyl ether, diethylene glycol monomethyl ether, triethylene glycol monoethyl ether, and methoxymethyl butanol glycol ether-based solvents, ether such as tetrahydrofuran-based solvent, N- methyl-2-Hoon リドン、N,N−ジメチルアセトアミド、N,N−ジメチルホルムアミドのアミド系溶剤、トルエン、キシレン等の芳香族炭化水素系溶剤、オクタン、デカン等の脂肪族炭化水素系溶剤が挙げられる。 Pyrrolidone, N, N- dimethylacetamide, N, N-dimethylformamide amide solvents, toluene, aromatic hydrocarbon solvents such as xylene, octane, aliphatic hydrocarbon solvents decane.
特に好ましい範囲である2kPa以下の蒸気圧を有する具体的な例としては、1-オクタノン、2-オクタノン、1-ノナノン、2-ノナノン、4-ヘプタノン、2−ヘキサノン、ジイソブチルケトン、シクロヘキサノン、メチルシクロヘキサノン、フェニルアセトン等のケトン系溶剤、酢酸ブチル、酢酸アミル、プロピレングリコールモノメチルエーテルアセテート、エチレングリコールモノエチルエーテルアセテート、ジエチレングリコールモノブチルエーテルアセテート、ジエチレングリコールモノエチルエーテルアセテート、エチル−3−エトキシプロピオネート、3-メトキシブチルアセテート、3-メチル-3-メトキシブチルアセテート、乳酸エチル、乳酸ブチル、乳酸プロピル等のエステル系溶剤、n−ブチルアルコール、sec−ブチルアル Specific examples having 2kPa vapor pressure below are particularly preferred range, 1-octanone, 2-octanone, 2-nonanone, 4-heptanone, 2-hexanone, diisobutyl ketone, cyclohexanone, methylcyclohexanone , ketone solvents, acetic acid butyl and phenyl acetone, amyl acetate, propylene glycol monomethyl ether acetate, ethylene glycol monoethyl ether acetate, diethylene glycol monobutyl ether acetate, diethylene glycol monoethyl ether acetate, ethyl 3-ethoxypropionate, 3- methoxybutyl acetate, 3-methyl-3-methoxybutyl acetate, ethyl lactate, butyl lactate, ester solvents such as lactate, propyl, n- butyl alcohol, sec- Buchiruaru ール、tert−ブチルアルコール、イソブチルアルコール、n-ヘキシルアルコール、n-ヘプチルアルコール、n-オクチルアルコール、n-デカノール等のアルコール系溶剤、エチレングリコール、ジエチレングリコール、トリエチレングリコール等のグリコール系溶剤や、エチレングリコールモノメチルエーテル、プロピレングリコールモノメチルエーテル、エチレングリコールモノエチルエーテル、プロピレングリコールモノエチルエーテル、ジエチレングリコールモノメチルエーテル、トリエチレングリコールモノエチルエーテル、メトキシメチルブタノール等のグリコールエーテル系溶剤、N−メチル−2−ピロリドン、N,N−ジメチルアセトアミド、N,N−ジメチルホルムアミドのアミド系溶剤、キシレン等の芳香族炭化水素系溶 Lumpur, tert- butyl alcohol, isobutyl alcohol, n- hexyl alcohol, n- heptyl alcohol, n- octyl alcohol, alcohol solvents n- decanol such as ethylene glycol, diethylene glycol, and glycol-based solvent such as triethylene glycol, ethylene glycol monomethyl ether, propylene glycol monomethyl ether, ethylene glycol monoethyl ether, propylene glycol monoethyl ether, diethylene glycol monomethyl ether, triethylene glycol monoethyl ether, triethylene glycol monoethyl ether and methoxymethyl butanol, N- methyl-2-pyrrolidone , N, N- dimethylacetamide, N, N-dimethylformamide amide solvent, an aromatic hydrocarbon solvent such as xylene 、オクタン、デカン等の脂肪族炭化水素系溶剤が挙げられる。 , Octane, aliphatic hydrocarbon solvents decane.

ネガ型現像を行う際に使用しうる現像液には、必要に応じて界面活性剤を適当量添加することができる。 The developing solution which can be used when performing negative development, can be added in an appropriate amount of a surfactant as required.
界面活性剤としては特に限定されないが、例えば、イオン性や非イオン性のフッ素系及び/又はシリコン系界面活性剤等を用いることができる。 No particular limitation is imposed on the surfactant, for example, can be used such as ionic or nonionic fluorine-containing and / or silicon surfactants. これらのフッ素及び/又はシリコン系界面活性剤として、例えば特開昭62−36663号公報、特開昭61−226746号公報、特開昭61−226745号公報、特開昭62−170950号公報、特開昭63−34540号公報、特開平7−230165号公報、特開平8−62834号公報、特開平9−54432号公報、特開平9−5988号公報、米国特許第5405720号明細書、同5360692号明細書、同5529881号明細書、同5296330号明細書、同5436098号明細書、同5576143号明細書、同5294511号明細書、同5824451号明細書記載の界面活性剤を挙げることができ、好ましくは、非イオン性の界面活性剤である。 These fluorine and / or silicon surfactants, for example, JP 62-36663, JP-Sho 61-226746, JP-Sho 61-226745, JP-Sho 62-170950, JP- JP 63-34540, JP-a No. 7-230165, JP-a No. 8-62834, JP-a No. 9-54432, JP-a No. 9-5988, JP-U.S. Patent 5,405,720, the 5360692 Pat, specification Nos. 5529881, specification Nos. 5296330, the 5436098 Pat, specification Nos. 5576143, specification Nos. 5294511, can be mentioned surfactants of the same 5824451 Pat wherein is preferably a non-ionic surfactant. 非イオン性の界面活性剤としては特に限定されないが、フッ素系界面活性剤又はシリコン系界面活性剤を用いることが更に好ましい。 No particular limitation is imposed on the nonionic surface active agent, it is more preferable to use a fluorine-based surfactant or a silicon-based surfactant.
界面活性剤の使用量は現像液の全量に対して、通常0.001〜5質量%、好ましくは0.005〜2質量%、更に好ましくは0.01〜0.5質量%である。 The amount of surfactant based on the total amount of the developer is generally 0.001 to 5% by weight, preferably from 0.005 to 2 mass%, more preferably from 0.01 to 0.5 wt%.

現像方法としては、たとえば、現像液が満たされた槽中に基板を一定時間浸漬する方法(ディップ法)、基板表面に現像液を表面張力によって盛り上げて一定時間静止することで現像する方法(パドル法)、基板表面に現像液を噴霧する方法(スプレー法)、一定速度で回転している基板上に一定速度で現像液塗出ノズルをスキャンしながら現像液を塗出しつづける方法(ダイナミックディスペンス法)などを適用することができる。 As a developing method, for example, a method of immersing the substrate a predetermined time in a tank filled with a developer (dip method), a method of developing in it still for a fixed time, raised by surface tension the developer on the substrate surface (puddle law), a method of spraying the developer on a substrate surface (spray method), a method (dynamic dispense method continues out coating the developer while the developer coating exits scan nozzle at a constant speed over the spinning substrate at a constant speed ) or the like can be used.

また、ネガ型現像を行う工程の後に、他の溶媒に置換しながら、現像を停止する工程を実施してもよい。 After the step of performing negative development, by replacement with another solvent may be carried a step of stopping the development.

ネガ型現像の後には、有機溶剤を含むネガ型現像用リンス液を用いて洗浄する工程を含むことが好ましい。 After negative development preferably includes the step of washing with rinse liquid for negative development contains an organic solvent.

ネガ型現像後のリンス工程に用いるリンス液としては、レジストパターンを溶解しなければ特に制限はなく、一般的な有機溶剤を含む溶液を使用することができる。 The rinsing solution used in the rinsing step after negative tone development is not particularly limited as long as it does not dissolve the resist pattern, the solution can be used, including common organic solvents. 前記リンス液としては、炭化水素系溶剤、ケトン系溶剤、エステル系溶剤、アルコール系溶剤、アミド系溶剤及びエーテル系溶剤から選択される少なくとも1種類の有機溶剤を含有するリンス液を用いることが好ましい。 As the rinsing liquid, hydrocarbon solvents, ketone solvents, ester solvents, alcohol solvents, the use of rinsing solution containing at least one organic solvent selected from an amide-based solvent and an ether- . より好ましくは、ネガ型現像の後に、ケトン系溶剤、エステル系溶剤、アルコール系溶剤、アミド系溶剤から選択される少なくとも1種類の有機溶剤を含有するリンス液を用いて洗浄する工程を行う。 More preferably, performed after negative development, ketone solvents, ester solvents, alcohol solvents, at least one rinsing with a rinse liquid containing an organic solvent selected from amide-based solvents. 更により好ましくは、ネガ型現像の後に、アルコール系溶剤又はエステル系溶剤を含有するリンス液を用いて洗浄する工程を行う。 Even more preferably, after negative development, a step of cleaning with a rinse liquid containing an alcohol solvent or an ester solvent. 特に好ましくは、ネガ型現像の後に、1価アルコールを含有するリンス液を用いて洗浄する工程を行う。 Particularly preferably, after negative development, a step of washing with a rinsing solution containing a monohydric alcohol. ここで、ネガ型現像後のリンス工程で用いられる1価アルコールとしては、直鎖状、分岐状、環状の1価アルコールが挙げられ、具体的には、1−ブタノール、2−ブタノール、3−メチル−1−ブタノール、tert―ブチルアルコール、1−ペンタノール、2−ペンタノール、1−ヘキサノール、1−ヘプタノール、1−オクタノール、2−ヘキサノール、2−ヘプタノール、2−オクタノール、3−ヘキサノール、3−ヘプタノール、3−オクタノール、4−オクタノールなどを用いることができ、好ましくは、1−ヘキサノール、2−ヘキサノール、1−ペンタノール、3−メチル−1−ブタノールである。 The monovalent alcohol used in the rinsing step after negative development, a linear, branched, include monohydric alcohol which, specifically, 1-butanol, 2-butanol, 3- methyl-1-butanol, tert- butyl alcohol, 1-pentanol, 2-pentanol, 1-hexanol, 1-heptanol, 1-octanol, 2-hexanol, 2-heptanol, 2-octanol, 3-hexanol, 3 - heptanol, 3-octanol, 4-octanol or the like can be used, preferably, 1-hexanol, 2-hexanol, 1-pentanol, 3-methyl-1-butanol.

前記各成分は、複数混合してもよいし、上記以外の有機溶剤と混合し使用してもよい。 The respective components may be a mixture of a plurality may be used mixed with other organic solvents.

リンス液中の含水率は、10質量%以下が好ましく、より好ましくは5質量%以下、特に好ましくは3質量%以下である。 The water content in the rinsing solution is preferably 10 mass% or less, more preferably 5 mass% or less, particularly preferably 3 mass% or less. 含水率を10質量%以下にすることで、良好な現像特性を得ることができる。 The water content to 10 mass% or less, it is possible to obtain a good development properties.

ネガ型現像後に用いるリンス液の蒸気圧は、20℃に於いて0.05kPa以上、5kPa以下が好ましく、0.1kPa以上、5kPa以下が更に好ましく、0.12kPa以上、3kPa以下が最も好ましい。 The vapor pressure of the rinse liquid used after negative development, 20 ° C. to at by 0.05kPa or more, is preferably from 5 kPa, 0.1 kPa or higher, more preferably less 5 kPa, more 0.12 kPa, most preferably at most 3 kPa. リンス液の蒸気圧を0.05kPa以上、5kPa以下にすることにより、ウェハ面内の温度均一性が向上し、更にはリンス液の浸透に起因した膨潤が抑制され、ウェハ面内の寸法均一性が良化する。 Above 0.05kPa vapor pressure of the rinse liquid, by the following 5 kPa, improved temperature uniformity in the wafer plane is, is more suppressed swelling due to penetration of the rinse liquid, the dimensional uniformity in the wafer plane but it improved.

リンス液には、界面活性剤を適当量添加して使用することもできる。 The rinsing solution, after adding thereto a surfactant in an appropriate amount may be used.

リンス工程においては、ネガ型の現像を行ったウェハを前記の有機溶剤を含むリンス液を用いて洗浄処理する。 In the rinsing step, the cleaning with a rinse liquid containing a wafer after negative development of the organic solvent. 洗浄処理の方法は特に限定されないが、たとえば、一定速度で回転している基板上にリンス液を塗出しつづける方法(回転塗布法)、リンス液が満たされた槽中に基板を一定時間浸漬する方法(ディップ法)、基板表面にリンス液を噴霧する方法(スプレー法)、などを適用することができ、この中でも回転塗布方法で洗浄処理を行い、洗浄後に基板を2000rpm〜4000rpmの回転数で回転させ、リンス液を基板上から除去することが好ましい。 Although the method of washing treatment is not particularly limited, for example, a method (spin coating method) continue out coating the rinse liquid on the substrate spinning at a constant speed, the substrate is immersed a predetermined time in a tank filled with the rinse liquid the method (dipping method), a method of spraying the rinsing solution on a substrate surface (spraying method), etc. can be applied, perform the rinsing treatment by the spin coating method among these, in revolutions 2000rpm~4000rpm the substrate after cleaning rotate the rinsing liquid is preferably removed from the substrate.

以下、実施例により本発明を説明するが、本発明は、これらに限定されるものではない。 The present invention will be described below by referring to Examples, but the present invention is not limited thereto.

合成例1(樹脂(1)の合成) Synthesis Example 1 (Synthesis of Resin (1))
窒素気流下、プロピレングリコールモノメチルエーテルアセテート、プロピレングリコールモノメチルエーテルの6/4(質量比)の混合溶剤20gを3つ口フラスコに入れ、これを80℃に加熱した(溶剤1)。 Under a nitrogen stream, propylene glycol monomethyl ether acetate, putting propylene glycol monomethyl ether 6/4 mixed solvent 20g of (mass ratio) in a three-necked flask and heated at 80 ° C. (solvent 1). 下記化合物(1a)、下記化合物(1b)及び下記化合物(1c)をモル比40/10/50の割合でプロピレングリコールモノメチルエーテルアセテート、プロピレングリコールモノメチルエーテルの6/4(質量比)の混合溶剤に溶解し、22質量%のモノマー溶液(200g)を調製した。 The following compound (1a), in a mixed solvent of the following compound (1b) and the following compounds of propylene glycol monomethyl ether acetate (1c) at a molar ratio of 40/10/50, 6/4 (mass ratio) of propylene glycol monomethyl ether dissolved to prepare 22 wt% of the monomer solution (200 g). 更に、重合開始剤V−601(和光純薬工業製)をモノマーに対し8mol%を加え、溶解させた溶液を、上記溶剤1に対して6時間かけて滴下した。 Further, polymerization initiator V-601 8 mol% relative to monomer (manufactured by Wako Pure Chemical Industries) was added, the solution prepared by dissolving, was added dropwise over 6 hours with respect to the first solvent. 滴下終了後、さらに80℃で2時間反応させた。 After the addition, the mixture was allowed to react for 2 hours at further 80 ° C.. 反応液を放冷後ヘキサン1800ml/酢酸エチル200mlに注ぎ、析出した紛体をろ取、乾燥すると、樹脂(1)が37g得られた。 The reaction solution was allowed to cool and then poured hexane 1800 ml / ethyl acetate 200 ml, the powder precipitated was collected by filtration, and dried, the resin (1) was obtained 37 g. 得られた樹脂(1)の重量平均分子量は、10000、分散度(Mw/Mn)は、1.3であった。 The weight average molecular weight of the resin (1) is 10000, polydispersity (Mw / Mn) was 1.3.

各繰り返し単位に対応するモノマーを、所望の組成比(モル比)となるように使用した以外は、上記合成例1と同様にして、樹脂(2)〜(73)、(1R)、(2R)及び疎水性樹脂(1a)〜(4b)を合成した。 The monomers corresponding to respective repeating units, except for using as a desired composition ratio (molar ratio), in the same manner as in Synthesis Example 1, the resin (2) ~ (73), (1R), (2R ) and hydrophobic resin (1a) was synthesized ~ a (4b). ここで、疎水性樹脂(1a)〜(4b)は、上記樹脂(D)に対応する。 Here, the hydrophobic resin (1a) ~ (4b) corresponds to the resin (D).

以下、樹脂(2)〜(73)、(1R)、(2R)及び樹脂(1a)〜(4b)の構造を示す。 Hereinafter, the resin (2) - (73) shows the structure of (1R), (2R) and the resin (1a) - (4b). また、上記した樹脂(1)も含めて、樹脂(2)〜(73)、(1R)、(2R)及び樹脂(1a)〜(4b)の組成比(モル比)、重量平均分子量、分散度を、表1及び表2に示す。 Further, the resin (1) be included, the resin (2) ~ (73), (1R), (2R) and the composition ratio of the resin (1a) ~ (4b) (molar ratio), weight average molecular weight, dispersion degrees are shown in Table 1 and Table 2.

合成例2(化合物(PAG−1)の合成) Synthesis Example 2 (Compound (PAG-1) Synthesis of)
化合物(PAG−1)は、特開2007−161707号公報の[0108]〜[0110]に準じて合成した。 Compound (PAG-1) was synthesized according to [0108] ~ [0110] of JP 2007-161707.

化合物(PAG−2)〜(PAG−6),(PAG−8)〜(PAG−9)も同様の手法に準じて合成した。 Compound (PAG-2) ~ (PAG-6), (PAG-8) ~ (PAG-9) were also synthesized according to the same method. なお、化合物(PAG−7)は、CGI*1907(チバ・スペシャルティ・ケミカルズ製)を使用した。 The compound (PAG-7) was used the CGI * 1907 (manufactured by Ciba Specialty Chemicals).

以下、化合物(PAG−1)〜(PAG−9)の構造を示す。 Hereinafter, the structure of the compound (PAG-1) ~ (PAG-9).

<レジスト組成物の調製> <Preparation of Resist Composition>
下記表3及び表4に示す成分を表3及び表4に示す溶剤に溶解させ、固形分濃度4質量%の溶液を調製し、それぞれを0.03μmのポアサイズを有するポリエチレンフィルターでろ過してレジスト組成物Ar−1〜Ar−74,Ar−1R及びAr−2Rを調製した。 The components shown in Table 3 and Table 4 were dissolved in the solvent shown in Tables 3 and 4, the solid content of 4 wt% solution was prepared, filtered through a polyethylene filter having a pore size of 0.03μm to resist the composition Ar-1~Ar-74, Ar-1R and Ar-2R were prepared.

表3及び表4における略号は、次の通りである。 Abbreviations in Tables 3 and 4 are as follows.

B−1〜B−8:各々下記化合物を示す。 B-1~B-8: shows the respective following compounds.

W−1: メガファックF176(大日本インキ化学工業(株)製)(フッ素系) W-1: (produced by Dainippon Ink & Chemicals Co., Ltd.), Megafac F176 (fluorine-containing)
W−2: メガファックR08(大日本インキ化学工業(株)製)(フッ素及びシリコン系) W-2: (produced by Dainippon Ink & Chemicals Co., Ltd.), Megafac R08 (fluorine and silicon-based)
W−3: ポリシロキサンポリマーKP−341(信越化学工業(株)製)(シリコン系) W-3: (manufactured by Shin-Etsu Chemical Co., Ltd.) polysiloxane polymer KP-341 (silicon-based)

A1: プロピレングリコールモノメチルエーテルアセテート(PGMEA) A1: Propylene glycol monomethyl ether acetate (PGMEA)
A2: γ−ブチロラクトン A3: シクロヘキサノン B1: プロピレングリコールモノメチルエーテル(PGME) A2: .gamma.-butyrolactone A3: Cyclohexanone B1: Propylene glycol monomethyl ether (PGME)
B2: 乳酸エチル B2: ethyl lactate

調製したレジスト組成物を用い、下記の方法でレジストパターンを形成した。 Using the prepared resist composition, a resist pattern was formed by the following method.

実施例1(1回露光→ネガ現像:略号EBN) Example 1 (once exposure → negative development: abbreviation EBN)
シリコンウエハー上に有機反射防止膜ARC29A(日産化学社製)を塗布し、205℃で、60秒間ベークを行い、膜厚86nmの反射防止膜を形成した。 An organic antireflection film, ARC29A (produced by Nissan Chemical Industries, Ltd.) was coated on a silicon wafer and baked at 205 ° C., for 60 seconds to form an antireflection film having a film thickness of 86 nm. その上にレジスト組成物Ar−01を塗布し、115℃で、60秒間ベークを行い、膜厚100nmのレジスト膜を形成した。 Moreover the resist composition Ar-01 was applied, at 115 ° C., subjected to 60 seconds to form a resist film having a film thickness of 100 nm. 得られたウェハーをArFエキシマレーザースキャナー(NA0.75)を用い、露光マスク(ライン/スペース=1/1)を使用して、パターン露光を行った。 The resulting wafer using an ArF excimer laser scanner (NA: 0.75), using an exposure mask (line / space = 1/1) was subjected to pattern exposure. その後105℃で、60秒間加熱した後、ネガ型現像液で30秒間現像(ネガ型現像)し、リンス液でリンスした後、4000rpmの回転数で30秒間ウェハーを回転させることにより、100nm(1:1)のラインアンドスペースのレジストパターンを得た。 Thereafter 105 ° C. After heating for 60 seconds, 30 seconds developing a negative type developing solution (negative development), rinsed with rinsing liquid by rotating for 30 seconds wafers in revolutions 4000 rpm, 100 nm (1 : to obtain a resist pattern of line and space of 1).

実施例2〜74及び比較例1〜2 Examples 2-74 and Comparative Examples 1-2
表5及び表6に記載のレジスト及び条件を採用した以外は、実施例1の方法と同様にして、100nm(1:1)のラインアンドスペースのレジストパターンを得た。 Table 5 and except employing the resist and conditions described in Table 6, in the same manner as in Example 1, 100 nm: to obtain a resist pattern of line and space (1 1).

実施例75(1回露光→ポジ現像→ネガ現像:略号EBPN) Example 75 (single exposure → positive development → negative development: abbreviation EBPN)
シリコンウエハー上に有機反射防止膜ARC29A(日産化学社製)を塗布し、205℃で、60秒間ベークを行い、膜厚86nmの反射防止膜を形成した。 An organic antireflection film, ARC29A (produced by Nissan Chemical Industries, Ltd.) was coated on a silicon wafer and baked at 205 ° C., for 60 seconds to form an antireflection film having a film thickness of 86 nm. その上にレジスト組成物Ar−01を塗布し、115℃で、60秒間ベークを行い、膜厚100nmのレジスト膜を形成した。 Moreover the resist composition Ar-01 was applied, at 115 ° C., subjected to 60 seconds to form a resist film having a film thickness of 100 nm. 得られたウェハをArFエキシマレーザースキャナー(NA0.75)を用い、露光マスク(ライン/スペース=1/1)を介して、パターン露光を行った。 The resulting wafer using an ArF excimer laser scanner (NA: 0.75), through an exposure mask (line / space = 1/1) was subjected to pattern exposure. その後105℃で、60秒間加熱した後、テトラメチルアンモニウムハイドロオキサイド水溶液(2.38質量%)(ポジ型現像液)で30秒間現像(ポジ型現像)し、純水でリンスし、ピッチ480nm、線幅360nmのパターンを得た。 Thereafter 105 ° C., after heating for 60 seconds, developed with an aqueous tetramethylammonium hydroxide solution (2.38 mass%) and (positive developer) for 30 seconds (positive development), and rinsed with pure water, pitch 480 nm, to obtain a line width 360nm pattern. 次に、ネガ型現像液で30秒間現像(ネガ型現像)し、リンス液でリンスした後、4000rpmの回転数で30秒間ウェハを回転させることにより、100nm(1:1)のラインアンドスペースのレジストパターンを得た。 Then, 30 seconds developing a negative type developing solution (negative development), rinsed with rinsing liquid by rotating the 30 seconds the wafer at a rotational speed of 4000 rpm, 100 nm (1: 1) line-and-space to obtain a resist pattern.

比較例3 Comparative Example 3
表6に記載のレジスト及び条件を採用した以外は、実施例75の方法と同様にして、100nm(1:1)のラインアンドスペースのレジストパターンを得た。 Except employing the resist and conditions described in Table 6, in the same manner as in Example 75, 100nm (1: 1) to obtain a resist pattern of line and space of.

実施例76(1回露光→ネガ現像→ポジ現像:略号EBNP) Example 76 (single exposure → negative development → positive development: abbreviation EBNP)
シリコンウエハー上に有機反射防止膜ARC29A(日産化学社製)を塗布し、205℃で、60秒間ベークを行い、膜厚86nmの反射防止膜を形成した。 An organic antireflection film, ARC29A (produced by Nissan Chemical Industries, Ltd.) was coated on a silicon wafer and baked at 205 ° C., for 60 seconds to form an antireflection film having a film thickness of 86 nm. その上にレジスト組成物Ar−01を塗布し、115℃で、60秒間ベークを行い、膜厚150nmのレジスト膜を形成した。 Moreover the resist composition Ar-01 was applied, at 115 ° C., subjected to 60 seconds to form a resist film having a film thickness of 150 nm. 得られたウェハをArFエキシマレーザースキャナー(NA0.75)を用い、露光マスク(ライン/スペース=1/1)を介して、パターン露光を行った。 The resulting wafer using an ArF excimer laser scanner (NA: 0.75), through an exposure mask (line / space = 1/1) was subjected to pattern exposure. その後105℃で、60秒間加熱した後、ネガ型現像液で30秒間現像(ネガ型現像)し、リンス液でリンスした後、4000rpmの回転数で30秒間ウェハを回転させることにより、ピッチ400nm、線幅300nmのパターンを得た。 Thereafter 105 ° C. After heating for 60 seconds, in a negative developer for 30 seconds (negative development), rinsed with rinsing liquid by rotating the 30 seconds the wafer at a rotational speed of 4000 rpm, pitch 400 nm, to obtain a pattern having a line width of 300nm. 次に、テトラメチルアンモニウムハイドロオキサイド水溶液(2.38質量%)(ポジ型現像液)で30秒間現像(ポジ型現像)し、純水でリンスして、100nm(1:1)のラインアンドスペースのレジストパターンを得た。 Then, an aqueous tetramethylammonium hydroxide solution (2.38 mass%) (positive developer) for 30 seconds and (positive development), and rinsed with pure water, 100 nm (1: 1) line-and-space to obtain a resist pattern.

比較例4 Comparative Example 4
表6に記載のレジスト及び条件を採用した以外は、実施例76の方法と同様にして、100nm(1:1)のラインアンドスペースのレジストパターンを得た。 Except employing the resist and conditions described in Table 6, in the same manner as in Example 76, 100nm (1: 1) to obtain a resist pattern of line and space of.

実施例77(2回露光→ネガ現像:略号EEBN) Example 77 (2 times the exposure → negative development: abbreviation EEBN)
シリコンウエハー上に有機反射防止膜ARC29A(日産化学社製)を塗布し、205℃で、60秒間ベークを行い、膜厚86nmの反射防止膜を形成した。 An organic antireflection film, ARC29A (produced by Nissan Chemical Industries, Ltd.) was coated on a silicon wafer and baked at 205 ° C., for 60 seconds to form an antireflection film having a film thickness of 86 nm. その上にレジスト組成物Ar−01を塗布し、115℃で、60秒間ベークを行い、膜厚150nmのレジスト膜を形成した。 Moreover the resist composition Ar-01 was applied, at 115 ° C., subjected to 60 seconds to form a resist film having a film thickness of 150 nm. 得られたウェハをArFエキシマレーザースキャナー(NA0.75)を用い、露光マスク(ライン/スペース=1/1)を介して、第1のパターン露光を行った。 The resulting wafer using an ArF excimer laser scanner (NA: 0.75), through an exposure mask (line / space = 1/1), was first pattern exposure. 次いで、同マスクを、第1の露光と直交する方向に回転し、これを介して、第2のパターン露光を行った。 Then, the same mask, rotates in the direction perpendicular to the first exposure, through which were second pattern exposure. その後105℃で、60秒間加熱した後、ネガ型現像液で30秒間現像(ネガ型現像)し、リンス液でリンスした後、4000rpmの回転数で30秒間ウェハを回転させることにより、ピッチ200nm、孔径100nmのホールパターンを得た。 Thereafter 105 ° C. After heating for 60 seconds, in a negative developer for 30 seconds (negative development), rinsed with rinsing liquid by rotating the 30 seconds the wafer at a rotational speed of 4000 rpm, pitch 200 nm, to obtain a hole pattern with a pore size of 100nm.

実施例78(1回露光→ベーク→ポジ現像→ベーク→ネガ現像:略号EBPBN) Example 78 (single exposure → baking → positive development → baking → negative development: abbreviation EBPBN)
シリコンウエハー上に有機反射防止膜ARC29A(日産化学社製)を塗布し、205℃で、60秒間ベークを行い、膜厚86nmの反射防止膜を形成した。 An organic antireflection film, ARC29A (produced by Nissan Chemical Industries, Ltd.) was coated on a silicon wafer and baked at 205 ° C., for 60 seconds to form an antireflection film having a film thickness of 86 nm. その上にレジスト組成物Ar−05を塗布し115℃で、60秒間ベークを行い、膜厚150nmのレジスト膜を形成した。 Moreover the resist composition Ar-05 in the coating were 115 ° C. to perform a 60 seconds to form a resist film having a film thickness of 150 nm. 得られたウェハをArFエキシマレーザースキャナー(NA0.75)を用い、露光マスク(ライン/スペース=1/1)を介して、第1のパターン露光を行った。 The resulting wafer using an ArF excimer laser scanner (NA: 0.75), through an exposure mask (line / space = 1/1), was first pattern exposure. その後95℃で、60秒間加熱した後、テトラメチルアンモニウムハイドロオキサイド水溶液(2.38質量%)(ポジ型現像液)で30秒間現像(ポジ型現像)し、純水でリンスし、ピッチ400nm、線幅300nmのパターンを得た。 Thereafter 95 ° C., after heating for 60 seconds, developed with an aqueous tetramethylammonium hydroxide solution (2.38 mass%) and (positive developer) for 30 seconds (positive development), and rinsed with pure water, pitch 400 nm, to obtain a pattern having a line width of 300nm. 次に、105℃で、60秒間加熱した後、ネガ型現像液で30秒間現像(ネガ型現像)し、リンス液でリンスした後、4000rpmの回転数で30秒間ウェハを回転させることにより、100nm(1:1)のラインアンドスペースのレジストパターンを得た。 Next, at 105 ° C. After heating for 60 seconds, 30 seconds developing a negative type developing solution (negative development), rinsed with rinsing liquid by rotating the 30 seconds the wafer at a rotational speed of 4000 rpm, 100 nm (1: 1) to obtain a resist pattern of line-and-space.

実施例79(1回露光→ベーク→ネガ現像→ベーク→ポジ現像:略号EBNBP) Example 79 (single exposure → baking → negative development → baking → positive development: abbreviation EBNBP)
シリコンウエハー上に有機反射防止膜ARC29A(日産化学社製)を塗布し、205℃で、60秒間ベークを行い、膜厚86nmの反射防止膜を形成した。 An organic antireflection film, ARC29A (produced by Nissan Chemical Industries, Ltd.) was coated on a silicon wafer and baked at 205 ° C., for 60 seconds to form an antireflection film having a film thickness of 86 nm. その上にレジスト組成物Ar−06を塗布し115℃で、60秒間ベークを行い、膜厚150nmのレジスト膜を形成した。 Moreover the resist composition Ar-06 in the coating were 115 ° C. to perform a 60 seconds to form a resist film having a film thickness of 150 nm. 得られたウェハをArFエキシマレーザースキャナー(NA0.75)を用い、露光マスク(ライン/スペース=1/1)を介して、第1のパターン露光を行った。 The resulting wafer using an ArF excimer laser scanner (NA: 0.75), through an exposure mask (line / space = 1/1), was first pattern exposure. その後95℃で、60秒間加熱した後、ネガ型現像液で30秒間現像(ネガ型現像)し、純水でリンスし、ピッチ400nm、線幅300nmのパターンを得た。 Thereafter 95 ° C., after heating for 60 seconds, 30 seconds developing a negative type developing solution (negative development), and rinsed with pure water to obtain a pitch 400 nm, the pattern having a line width of 300 nm. 次に、105℃で、60秒間加熱した後、テトラメチルアンモニウムハイドロオキサイド水溶液(2.38質量%)(ポジ型現像液)で30秒間現像(ポジ型現像)し、リンス液でリンスした後、4000rpmの回転数で30秒間ウェハを回転させることにより、100nm(1:1)のラインアンドスペースのレジストパターンを得た。 Next, at 105 ° C., after heating for 60 seconds, developed with an aqueous tetramethylammonium hydroxide solution (2.38 mass%) after (positive developer) for 30 seconds and (positive development), and rinsed with rinsing liquid, by rotating the 30 seconds the wafer at a rotational speed of 4000 rpm, 100 nm: to obtain a resist pattern of line and space (1 1).

実施例80(1回液浸露光→ネガ現像:略号iE-BN) Example 80 (single immersion exposure → negative development: abbreviation iE-BN)
シリコンウエハー上に有機反射防止膜ARC29SR(日産化学社製)を塗布し、205℃で、60秒間ベークを行い、膜厚95nmの反射防止膜を形成した。 The organic antireflective film ARC29SR (produced by Nissan Chemical Industries, Ltd.) was coated on a silicon wafer and baked at 205 ° C., for 60 seconds to form an antireflection film having a film thickness of 95 nm. その上にレジスト組成物Ar−01を塗布し、115℃で、60秒間ベークを行い、膜厚150nmのレジスト膜を形成した。 Moreover the resist composition Ar-01 was applied, at 115 ° C., subjected to 60 seconds to form a resist film having a film thickness of 150 nm. 得られたウェハをArFエキシマレーザー液浸スキャナー(NA1.20)を用い、露光マスク(ライン/スペース=1/1)を介して、パターン露光を行った。 The resulting wafer using an ArF excimer laser immersion scanner (NA1.20), through an exposure mask (line / space = 1/1) was subjected to pattern exposure. その後105℃で、60秒間加熱した後、ネガ型現像液で30秒間現像(ネガ型現像)し、リンス液でリンスした後、4000rpmの回転数で30秒間ウェハを回転させることにより、ピッチ110nm、線幅55nmのパターンを得た。 Thereafter 105 ° C. After heating for 60 seconds, in a negative developer for 30 seconds (negative development), rinsed with rinsing liquid by rotating the 30 seconds the wafer at a rotational speed of 4000 rpm, pitch 110 nm, to obtain a line width 55nm patterns.

表5及び表6において、PBは露光前の加熱を、PEBは露光後の加熱を意味する。 In Tables 5 and 6, PB is the heating before exposure, PEB denotes the post-exposure heating. また、PB、第1PEB及び第2PEBの欄において、例えば“115C60s”は、115℃,60秒間の加熱を意味する。 Further, PB, in the column of the 1PEB and second 2PEB, for example "115C60s" is, 115 ° C., refers to heating of 60 seconds. ネガ型現像液のA1、A3及びB1は、前記した溶剤を表す。 A1, A3 and B1 of negative developer is representative of the the solvent. “ネガ現像液比(1)/(2)”及び“リンス液比(1)/(2)”は、いずれも重量比である。 "Negative developer ratio (1) / (2)" and "rinsing liquid ratio (1) / (2)" are all by weight.

<評価方法> <Evaluation Method>
〔ラインウィドスラフネス(LWR)〕 [Line WE dos roughness (LWR)]
100nm(1:1)のラインアンドスペース(ただし、実施例80に関しては、55nm(1:1)のラインアンドスペース)のレジストパターンを測長走査型電子顕微鏡(SEM(株)日立製作所S−9380II)を使用して観察し、スペースパターンの長手方向2μmの範囲を等間隔で50点線幅を測定し、その標準偏差から3σを算出することで測定した。 100 nm (1: 1) line-and-space (although for Example 80, 55 nm (1: 1 line and space)) of the resist pattern critical dimension scanning electron microscope (SEM (Ltd.) Hitachi S-9380II ) was observed using a range of longitudinal 2μm space pattern was measured 50 dotted width at regular intervals was measured by calculating the 3σ from its standard deviation. 値が小さいほど良好な性能であることを示す(なお、実施例77に関しては、LWRの評価に代えて、以下のHRの評価を行った)。 A smaller value indicates a better performance (With respect to the Example 77, instead of the evaluation of the LWR, were evaluated for the following HR).

〔ホールラフネス(HR)〕 [Hall roughness (HR)]
実施例77で得られたホールパターンを測長走査型電子顕微鏡(SEM(株)日立製作所S−9380II)を使用して観察し、ホールパターンの直径の標準偏差から3σを算出することで測定した。 A hole pattern obtained in Example 77 was observed using a critical dimension scanning electron microscope (SEM (Ltd.) Hitachi S-9380II), it was determined by calculating the 3σ standard deviation of the diameter of the hole pattern . 値が小さいほど良好な性能であることを示す。 A smaller value indicates a better performance.

〔露光ラチチュード(EL)〕 [Exposure latitude (EL)]
100nm(1:1)のラインアンドスペース(ただし、実施例77に関してはピッチ200nm、孔径100nmのホールパターン、実施例80に関しては55nm(1:1)のラインアンドスペース)のレジストパターンを形成する露光量を最適露光量(多重現像の場合は、最終的に多重現像を経た後に、上記ラインアンドスペースのレジストパターンを形成する露光量を意味し、多重現像の場合は、上記ラインアンドスペースのレジストパターンを形成するための第1回目の露光量を意味する)とし、露光量を変化させた際にパターンサイズが100nm±10%を許容する露光量幅を求め、この値を最適露光量で割って百分率表示した。 100nm (1: 1) line-and-space (where hole pattern pitch 200 nm, pore size 100nm is for Example 77, 55 nm is for Example 80 (1: 1) line-and-space) exposure to form a resist pattern of If the amount of optimum exposure (multiple development, finally after being subjected to a multiple development means the exposure amount for forming a resist pattern of the line-and-space, in the case of multiple development, the resist pattern of the line-and-space and means for) the first-time exposure for forming a pattern size when changing the exposure amount determined exposure amount width allowing 100 nm ± 10%, by dividing this value by the optimal exposure amount percentage displayed. 値が大きいほど露光量変化による性能変化が小さく、露光ラチチュード(EL)が良好である。 Less the change of performance by exposure amount changes higher the value, the exposure latitude (EL) is good.

〔デフォーカス余裕度(DOF)〕 [Defocus latitude (DOF)]
100nm(1:1)のラインアンドスペース(ただし、実施例77に関してはピッチ200nm、孔径100nmのホールパターン、実施例80に関しては55nm(1:1)のラインアンドスペース)のレジストパターンを形成する露光量、フォーカスをそれぞれ最適露光量(多重現像の場合は、最終的に多重現像を経た後に、上記ラインアンドスペースのレジストパターンを形成する露光量を意味し、多重現像の場合は、上記ラインアンドスペースのレジストパターンを形成するための第1回目の露光量を意味する)、最適フォーカスとし、露光量を最適露光量としたまま、フォーカスを変化(デフォーカス)させた際に、パターンサイズが100nm±10%を許容するフォーカスの幅を求めた。 100nm (1: 1) line-and-space (where hole pattern pitch 200 nm, pore size 100nm is for Example 77, 55 nm is for Example 80 (1: 1) line-and-space) exposure to form a resist pattern of the amount, if the focus of optimum exposure (multiple development, respectively, eventually after passing through a multiple development means the exposure amount for forming a resist pattern of the line-and-space, in the case of multiple development, the line and space resist means the first exposure dose for forming a pattern), the optimum focus, while the the exposure dose, when changing the focus (defocused), the pattern size is 100 nm ± It was determined width of the focus that allows 10%. 値が大きいほどフォーカス変化による性能変化が小さく、デフォーカス余裕度(DOF)が良好である。 The less the change of performance due to focus variation higher the value, the defocus latitude (DOF) is good.

表7及び表8から、本発明のネガ型現像用レジスト組成物により、ラインウィズスラフネス、露光ラチチュード及びデフォーカス余裕度に関して優れた、高精度な微細パターンを安定的に形成できることは明らかである。 Table 7 and Table 8, the resist composition for negative development of the present invention, was excellent with respect to the line width roughness, exposure latitude and the defocus latitude, will be obvious that the same may be stably form a high-precision fine pattern .

従来の方法に於ける、ポジ型現像、ネガ型現像と、露光量との関連を示す模式図である。 In the conventional method, positive tone development is a schematic diagram showing a negative tone development, the relationship between the exposure amount. ポジ型現像とネガ型現像を併用したパターン形成方法を示す模式図である。 Is a schematic view showing a combination pattern formation method a positive development and negative development. ポジ型現像、ネガ型現像と、露光量との関連を示す模式図である。 Positive tone development, which is a schematic diagram showing a negative tone development, the relationship between the exposure amount. ポジ型現像液又はネガ型現像液を用いた場合の露光量と残膜曲線の関連を示したグラフである。 It is a graph showing the relationship of the exposure amount and the residual film curve when using a positive tone developer or a negative developer. 本発明の方法に於ける、ポジ型現像、ネガ型現像と、露光量との関連を示す模式図である。 In the method of the present invention, positive tone development is a schematic diagram showing a negative tone development, the relationship between the exposure amount. 本発明の方法に於ける、ポジ型現像、ネガ型現像と、露光量との関連を示す模式図である。 In the method of the present invention, positive tone development is a schematic diagram showing a negative tone development, the relationship between the exposure amount. 本発明の方法に於ける、ポジ型現像、ネガ型現像と、露光量との関連を示す模式図である。 In the method of the present invention, positive tone development is a schematic diagram showing a negative tone development, the relationship between the exposure amount. 光学像の空間強度分布を示す図面である。 Is a drawing showing the spatial intensity distribution of an optical image. ポジ型現像、閾値(a)、光強度の関連を示す模式図である。 Positive development, threshold value (a), is a schematic diagram showing the relationship of light intensity. 光学像の空間強度分布を示す模式図である。 It is a schematic view showing the spatial intensity distribution of an optical image. ネガ型現像、閾値(b)、光強度の関連を示す模式図である。 Negative development, threshold value (b), is a schematic diagram showing the relationship of light intensity.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 照射光 2 露光マスク 3 パターン 4 ウェハ 1 irradiation light 2 exposure mask 3 pattern 4 wafer

Claims (7)

  1. (ア)ネガ型現像用レジスト組成物により膜を形成する工程と、 A step of forming a film by (A) resist composition for negative development,
    (イ)露光工程と、 (Ii) an exposure step,
    (エ)有機溶剤を含有するネガ型現像液を用いて現像する工程と (D) a step of developing using a negative developing solution containing an organic solvent
    を含むパターン形成方法であって、前記ネガ型現像用レジスト組成物が、 (A)下記一般式(1)で表されるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位を含み、酸の作用により極性が増大して前記ネガ現像液に対する溶解度が減少する樹脂を含有することを特徴とするパターン形成方法 A pattern forming method comprising, the negative development resist composition, the polarity by comprising repeating units, the action of an acid containing a group having a lactone structure represented by (A) the following general formula (1) pattern forming method which is characterized by containing a resin whose solubility is reduced with respect to the negative developer increases.

    一般式(1)に於いて、 In the general formula (1),
    は、それぞれ独立に、鎖状または環状アルキレン基を表す。 R 2 each independently represent a chain or cyclic alkylene groups. が複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良い。 If the R 2 there is a plurality may be different and the same.
    は、それぞれ独立に、アルキル基またはシクロアルキル基を表す。 R 3 each independently represent an alkyl group or a cycloalkyl group. が複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良く、2つのR が結合し、環を形成していてもよい。 When the R 3 there is a plurality may be different even in the same, two R 3 may be bonded to form a ring.
    Xは、アルキレン基、酸素原子または硫黄原子を表す。 X represents an alkylene group, an oxygen atom or a sulfur atom.
    Yは、それぞれ独立に、電子求引性基を表す。 Y each independently represents an electron withdrawing group. Yが複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良い。 Y is when a plurality may be different and the same.
    Zは、それぞれ独立に、単結合、エーテル結合、エステル結合、アミド結合、ウレタン結合またはウレア結合を表す。 Z independently represents a single bond, an ether bond, an ester bond, an amide bond, a urethane bond or a urea bond. Zが複数個ある場合には、同じであっても異なっていても良い。 Z is when a plurality may be different and the same.
    kは、置換基数であって、0〜7の整数を表す。 k is the number of substituents, represents an integer of 0-7.
    nは、繰り返し数を表し、1〜5の整数を表す。 n is the number of repetitions represents an integer of 1 to 5.
    mは、置換基数であって、1〜7の整数を表す。 m is the number of substituents, represents an integer of 1-7.
  2. 前記一般式(1)で表されるラクトン構造を有する基を有する繰り返し単位が、下記一般式(2)で表されるラクトン構造を有する繰り返し単位であることを特徴とする請求項1に記載のパターン形成方法 Repeating unit having a group having a lactone structure represented by the general formula (1) is, according to claim 1, characterized in that the repeating unit having a lactone structure represented by the following general formula (2) The pattern forming method.

    一般式(2)に於いて、 In the general formula (2),
    1は、水素原子、アルキル基またはハロゲン原子を表す。 R 1 represents a hydrogen atom, an alkyl group or a halogen atom.
    、R 、X、Y、Z、k、n、mは、各々、一般式(1)に於ける、R 、R 、X、Y、Z、k、n、mと同義である。 R 2, R 3, X, Y, Z, k, n, m are each, in general formula (1) in, R 2, R 3, X , Y, Z, k, n, in m synonymous is there.
  3. 前記ネガ型現像液が、ケトン系溶剤、エステル系溶剤、アルコール系溶剤、アミド系溶剤及びエーテル系溶剤から選択される少なくとも1種類の溶剤を含有する現像液であることを特徴とする請求項1又は2に記載のパターン形成方法。 Claim 1, wherein the negative developer is characterized in that it is a developer containing at least one kind of a solvent a ketone solvent, an ester solvent, an alcohol solvent, an amide-based solvent and ether-based solvents are selected or second pattern formation method according to.
  4. 前記ネガ型現像液を用いて現像する工程の後に、有機溶剤を含むネガ型現像用リンス液を用いて洗浄する工程を含む、請求項1〜3のいずれか1項に記載のパターン形成方法。 Wherein after the step of development with a negative developer, comprising the step of washing with rinse liquid for negative development contains an organic solvent, a pattern forming method according to any one of claims 1 to 3.
  5. 前記ネガ型現像用リンス液が、前記有機溶剤としてアルコール系溶剤を含有する、請求項4に記載のパターン形成方法。 The rinse liquid for negative development is, contains an alcohol-based solvent as the organic solvent, a pattern forming method according to claim 4.
  6. 前記樹脂は、酸の作用により極性が増大して、アルカリ現像液であるポジ型現像液に対する溶解度が増大する樹脂であり、 The resin, increasing the polarity by the action of an acid is a resin whose solubility is increased with respect to positive developer is an alkaline developer,
    (ウ) 前記ポジ型現像液を用いて現像する工程を更に含むことを特徴とする請求項1〜5のいずれか1項に記載のパターン形成方法。 (C) The pattern forming method according to claim 1, wherein the further comprising the step of development with a positive developer.
  7. 前記露光工程における露光が、液浸露光であることを特徴とする請求項1〜6のいずれか1項に記載のパターン形成方法。 The pattern forming method according to any one of claims 1 to 6, wherein the exposure in the exposure step, an immersion exposure.
JP2008318989A 2008-12-15 2008-12-15 Pattern forming method using the resist composition for negative development Active JP5183449B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008318989A JP5183449B2 (en) 2008-12-15 2008-12-15 Pattern forming method using the resist composition for negative development

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008318989A JP5183449B2 (en) 2008-12-15 2008-12-15 Pattern forming method using the resist composition for negative development

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2010139996A JP2010139996A (en) 2010-06-24
JP2010139996A5 JP2010139996A5 (en) 2011-09-15
JP5183449B2 true JP5183449B2 (en) 2013-04-17

Family

ID=42350162

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008318989A Active JP5183449B2 (en) 2008-12-15 2008-12-15 Pattern forming method using the resist composition for negative development

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5183449B2 (en)

Families Citing this family (33)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5401126B2 (en) * 2008-06-11 2014-01-29 東京応化工業株式会社 The resist composition and a resist pattern forming method using the same
JP5329211B2 (en) * 2008-12-26 2013-10-30 株式会社ダイセル Polymer compounds and photoresist compositions that comprise a lactone skeleton
JP5608492B2 (en) * 2009-09-18 2014-10-15 富士フイルム株式会社 The actinic ray-sensitive or radiation-sensitive resin composition, and a pattern forming method using the same
JPWO2011158687A1 (en) * 2010-06-14 2013-08-19 Jsr株式会社 The pattern forming method and a radiation-sensitive resin composition
JP5557621B2 (en) * 2010-06-29 2014-07-23 富士フイルム株式会社 The pattern formation method, a chemical amplification type resist composition, and a resist film
JP5588289B2 (en) * 2010-09-28 2014-09-10 株式会社クラレ Method for producing a dicarboxylic acid monoester derivatives and acrylic ester derivatives
KR101848955B1 (en) 2010-10-04 2018-04-13 제이에스알 가부시끼가이샤 Pattern forming method and radiation-sensitive resin composition
WO2012046543A1 (en) * 2010-10-04 2012-04-12 Jsr株式会社 Resist pattern formation method and radiation-sensitive resin composition
KR101843601B1 (en) 2010-10-15 2018-03-29 제이에스알 가부시끼가이샤 Method for forming resist pattern and radiation-sensitive resin composition
KR101393197B1 (en) * 2010-10-19 2014-05-08 제이에스알 가부시끼가이샤 A resist pattern forming method and the radiation-sensitive resin composition
KR101907705B1 (en) 2010-10-22 2018-10-12 제이에스알 가부시끼가이샤 Pattern-forming method and radiation-sensitive composition
WO2012077433A1 (en) * 2010-12-07 2012-06-14 Jsr株式会社 Pattern forming method and radiation-sensitive resin composition
JP5663338B2 (en) * 2011-02-14 2015-02-04 東京応化工業株式会社 A resist pattern forming method
JP5629610B2 (en) * 2011-02-28 2014-11-26 富士フイルム株式会社 Negative pattern forming method, the actinic ray-sensitive or radiation-sensitive resin composition and a resist film
JP5715852B2 (en) * 2011-02-28 2015-05-13 富士フイルム株式会社 The pattern formation method, the actinic ray-sensitive or radiation-sensitive resin composition and a resist film
JP6084157B2 (en) 2011-03-08 2017-02-22 東京応化工業株式会社 A resist pattern forming method
JP5873250B2 (en) * 2011-04-27 2016-03-01 東京応化工業株式会社 A resist pattern forming method
JP5817650B2 (en) * 2011-06-13 2015-11-18 信越化学工業株式会社 Pattern forming method and the resist composition
JP5298217B2 (en) * 2011-06-29 2013-09-25 富士フイルム株式会社 Pattern forming method, a manufacturing method of an electronic device using the same, and an electronic device
JP5618958B2 (en) 2011-09-22 2014-11-05 富士フイルム株式会社 The pattern formation method, the actinic ray-sensitive or radiation-sensitive resin composition, the resist film, manufacturing method, and electronic device of the electronic device
JP6209307B2 (en) 2011-09-30 2017-10-04 富士フイルム株式会社 Pattern forming method, and a method of manufacturing an electronic device using the same
JP5758263B2 (en) 2011-10-11 2015-08-05 メルク、パテント、ゲゼルシャフト、ミット、ベシュレンクテル、ハフツングMerck Patent GmbH Fine resist pattern-forming composition and pattern forming method using the same
JP5798964B2 (en) 2012-03-27 2015-10-21 富士フイルム株式会社 Pattern forming method, and a method for manufacturing an electronic device using these
JP5953158B2 (en) 2012-07-26 2016-07-20 富士フイルム株式会社 The actinic ray-sensitive or radiation-sensitive resin composition for use in the pattern forming method and the method
JP6190595B2 (en) * 2012-11-27 2017-08-30 東京応化工業株式会社 A resist pattern forming method
JP6181945B2 (en) * 2012-11-27 2017-08-16 東京応化工業株式会社 Resist composition, a resist pattern forming method
JP6014507B2 (en) 2013-02-05 2016-10-25 富士フイルム株式会社 The actinic ray-sensitive or radiation-sensitive resin composition, the actinic ray-sensitive or radiation-sensitive film, a pattern forming method and a manufacturing method of an electronic device
JP6002705B2 (en) 2013-03-01 2016-10-05 富士フイルム株式会社 The pattern formation method, the actinic ray-sensitive or radiation-sensitive resin composition, the resist film, and method of manufacturing an electronic device
JP6140487B2 (en) * 2013-03-14 2017-05-31 富士フイルム株式会社 Pattern forming method, and a manufacturing method of an electronic device
JP6126878B2 (en) 2013-03-15 2017-05-10 富士フイルム株式会社 The pattern formation method, the actinic ray-sensitive or radiation-sensitive resin composition, the actinic ray-sensitive or radiation-sensitive film and a manufacturing method of an electronic device
KR20160146881A (en) * 2014-06-13 2016-12-21 후지필름 가부시키가이샤 Pattern forming method, active light sensitive or radiation sensitive resin composition, active light sensitive or radiation sensitive film, method for manufacturing electronic device, and electronic device
WO2016027546A1 (en) 2014-08-22 2016-02-25 富士フイルム株式会社 Active light sensitive or radiation sensitive resin composition, active light sensitive or radiation sensitive film, pattern forming method, method for manufacturing electronic device, and electronic device
WO2018042956A1 (en) * 2016-08-30 2018-03-08 富士フイルム株式会社 Pattern forming method, active light sensitive or radiation sensitive resin composition, active light sensitive or radiation sensitive film and method for manufacturing electronic device

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4554665B2 (en) * 2006-12-25 2010-09-29 富士フイルム株式会社 The pattern formation method, for multiple development used in the pattern forming method The positive resist composition, the pattern negative development for developer used in the forming method and the pattern forming negative development rinse solution used in the method
JP2008299069A (en) * 2007-05-31 2008-12-11 Shin Etsu Chem Co Ltd Resist material containing novel photoacid generator and method for forming pattern

Also Published As

Publication number Publication date
JP2010139996A (en) 2010-06-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4861767B2 (en) The positive resist composition and pattern forming method using the same
US8017304B2 (en) Pattern forming method, and resist composition, developer and rinsing solution used in the pattern forming method
JP4881687B2 (en) The positive resist composition and pattern forming method using the same
KR101401514B1 (en) Pattern forming method
EP2157477B1 (en) Use of a resist composition for negative working-type development, and method for pattern formation using the resist composition
CN102906642B (en) The method of forming a patterned, actinic ray-sensitive or radiation-sensitive resin composition and a resist film
EP2157479A1 (en) Resist composition for negative development and method of forming pattern therewith
KR101536597B1 (en) Pattern forming method using developer containing organic solvent and rinsing solution for use in the pattern forming method
JP5542043B2 (en) The pattern formation method, the actinic ray-sensitive or radiation-sensitive resin composition, and a resist film
CN103649833B (en) The method of forming a pattern, a multilayer resist pattern, the organic solvent is developed with a multilayer film, the resist composition, a method for manufacturing an electronic device and an electronic device
JP5520590B2 (en) The pattern formation method, a chemical amplification type resist composition and a resist film
JP4621754B2 (en) The positive resist composition and pattern forming method
JP4617337B2 (en) The pattern forming method
KR101522910B1 (en) Method of forming pattern using actinic-ray- or radiation-sensitive resin composition, and pattern
JP4558064B2 (en) The pattern forming method
JP4590431B2 (en) The pattern forming method
JP5002360B2 (en) The pattern forming method
JP4554665B2 (en) The pattern formation method, for multiple development used in the pattern forming method The positive resist composition, the pattern negative development for developer used in the forming method and the pattern forming negative development rinse solution used in the method
KR101811255B1 (en) Pattern forming method, chemical amplification resist composition and resist film
JP5011018B2 (en) The pattern forming method
JP5560115B2 (en) The pattern formation method, a chemical amplification type resist composition, and a resist film
JP2012027438A (en) Pattern forming method and resist composition
JP5002379B2 (en) The pattern forming method
JP5572375B2 (en) Resist composition for negative development, a pattern forming method using the resist film, and pattern
JP2009053688A (en) Positive resist composition and pattern forming method

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110801

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110801

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20110805

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20111216

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20120914

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20121004

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20121206

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20121218

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130115

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160125

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250