JP4821534B2 - File management system, file management method and program - Google Patents

File management system, file management method and program Download PDF

Info

Publication number
JP4821534B2
JP4821534B2 JP2006256606A JP2006256606A JP4821534B2 JP 4821534 B2 JP4821534 B2 JP 4821534B2 JP 2006256606 A JP2006256606 A JP 2006256606A JP 2006256606 A JP2006256606 A JP 2006256606A JP 4821534 B2 JP4821534 B2 JP 4821534B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
file
file name
name
music
user
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2006256606A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2008077778A (en )
Inventor
博仁 小俣
Original Assignee
株式会社ケンウッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、記憶装置内の楽曲ファイル等の再生ファイルを管理するファイル管理装置、ファイル管理方法及びプログラムに関し、特にファイル名を再生ファイルの管理に利用するファイル管理装置、ファイル管理方法及びプログラムに関するものである。 The present invention, the file management apparatus for managing reproduction files such as music files in the storage device, a file management method and a program, file management apparatus particularly using the file name in the management of the reproduction file, relates the file management method and program it is.

PC(パーソナルコンピュータ)にインストールされるオーディオ編集ソフトでは、リッピングによりCD−DA(Compact Disc Digital Audio)の楽曲についての楽曲ファイルをPCのHD(ハードディスク)等の記憶装置に生成する場合には、例えば、「半角スペース-半角スペース(” - ”)」を区切り子に使って、ファイル名を複数の区分に区分化し、「”トラック番号” - ”アーティスト名” - ”楽曲名” - ”アルバム名”」のように、各区分に楽曲情報を記入したファイル名を各楽曲ファイルに付与する。 In the audio editing software that is installed on the PC (personal computer), to generate a music file for the music of the CD-DA (Compact Disc Digital Audio) in a storage device such as a PC of the HD (hard disk) by ripping is, for example, , "spaces - spaces (" - ")" using the delimiter, and to partition the file name in a plurality of sections, "" track number "-" Artist name "-" music name "-" album name " as in ", to give the name of the file to fill the music information to each segment in each music file. そして、後のアルバム再生時では、ファイル名の各区分の情報を再生順や表示情報として利用する。 And, at the time of the album regeneration after, to use the information of each section of the file name as the playback order and display information.

なお、アーティスト名や楽曲名等はCDテキストや、インターネットのCDDB(CDデータベース)サーバ等から入手したものであり、今回のリッピング対象のCD−DAがCDテキストを有しておらず、また、CDDBにも該当の楽曲情報がない場合やCDDBが利用できない場合には、ファイル名の対応区分はブランク(null)となり、後に、ユーザが適宜、手作業で楽曲情報を入力することになる。 It should be noted, artist name or song name, and the like are those that were obtained and CD text, from the Internet CDDB (CD database) server, or the like, CD-DA of this ripping target does not have a CD text, also, CDDB even if the case or CDDB no music information of the can is not available, the corresponding segment blank (null) next to the file name, after the user appropriately, will enter music information manually to.

特許文献1は、リッピングにより生成したMP3(MPEG Audio Layer-3)ファイルをCD−Rに1階層(特許文献1の図4)又は複数階層(特許文献1の図6)で格納している場合のディスプレイにおける楽曲一覧の表示例(特許文献1の図5、図7及び図8)を開示している。 If Patent Document 1, which is stored in a MP3 generated by ripping (Figure 6 of Patent Document 1) (MPEG Audio Layer-3) 1 hierarchy file to CD-R (Patent 4 literature 1) or a plurality of layers display examples of the music list in the display (Fig. 5 of Patent Document 1, 7 and 8) discloses a. さらに、全楽曲数が多過ぎて、全楽曲の一覧が一画面に表示できなかったり、一部の楽曲について楽曲名が長過ぎて、画面からはみ出るような場合には、スクロールやカーソル操作により(特許文献1の段落0034、0036)、非表示部分を適宜画面内へ移動、表示することも開示する。 In addition, all the music number is too many, or not be displayed in the list is one screen of all the music, some of the music name is too long for the music, in the case, such as to extend to the outside of the screen, by scrolling and cursor operation ( paragraph 0034,0036 of Patent Document 1), move the non-display portion to appropriately screen also discloses displaying.

特許文献2は、MP3ファイルのヘッダに記憶可能となっているID3−TAG情報を利用して、楽曲名やアーティスト名を記録することを開示する(特許文献2の段落0003)。 Patent Document 2 utilizes the ID3-TAG information and can store the MP3 file header, discloses the recording of music title and artist name (paragraph 0003 of Patent Document 2). そして、MP3ファイル再生時では、再生対象のMP3ファイルにおけるID3−TAG情報内のテキストデータの有無を判定し(特許文献2の図6のS62)、有れば、該テキストデータを表示し(特許文献2の図6のS63)、無ければ、テキストデータの代わりにファイル名を表示するようにしている(特許文献2の図6のS64)。 Then, during MP3 file playback, to determine the presence or absence of the text data in the ID3-TAG information in MP3 file to be played back (S62 in FIG. 6 of Patent Document 2), if any, to display the text data (patent S63 in FIG. 6 literature 2). if no, the operator displays the file name instead of the text data (S64 of FIG. 6 of Patent Document 2).

一方、WindowsXP(登録商標)等では、記憶装置に記憶するファイルに対し、ショートファイルネーム(本体文字数8バイト以下でかつ拡張子文字数3バイト以下)又はロングファイルネーム(=ショートファイルネーム以外のファイル名)を付与するようになっている。 On the other hand, WindowsXP in (registered trademark), to a file stored in the storage device, the short filename (body number 8 bytes or less and the extension number 3 bytes or less) or long file name (= non-short filename Filename ) it is adapted to impart.
特開2002−343067号公報 JP 2002-343067 JP 特開2005−251287号公報 JP 2005-251287 JP

ファイル名に追い番や楽曲名の情報を含ませるようになっている楽曲ファイルに対して、ユーザが手入力により、さらには、オーディオ装置自身が自動的にファイル名を変更することがある。 Against music file adapted to include information numbers follow the filename or music title, the user manually inputs, and further, it is possible to automatically change the file name audio device itself. 従来のオーディオ装置では、ファイル名の変更になんらの制限が付けられていない。 In conventional audio device, it is not attached any restrictions on the change of the file name. したがって、例えばファイル名内の追い番や区切り子まで変更されてしまうと、ファイル名変更後のアルバム再生時に、アルバム内の各楽曲が正しい順番で再生できなくなる。 Thus, for example, would be changed to follow numbered and delimiter in the file name, the time of the album playback after the file name change, will not be able to play each song in the album is in the correct order.

特許文献1は、リッピング後の記憶装置内のオーディオファイルの楽曲名等の一覧を画面に表示する場合の改善案について説明するものの、ユーザによるファイル名書き換えに伴う再生ファイル管理上の問題についてはなんら言及していない。 Patent Document 1, although described improvement idea in the case of displaying a list of music names etc. of the audio files in the storage device after ripping the screen, no for reproduction file administrative problems associated with the file name rewriting by the user It referred to the not. 特許文献2は、MP3ファイルの情報表示について、ID3−TAG情報としてテキストデータをもつか否かにより表示情報源をID3−TAG情報かテキストテーブルかに使い分けているものの(特許文献2の図6のS62〜S64)、ユーザがファイル名を書き換える時の問題点への対処についてはなんら言及していない。 Patent Document 2, the information display MP3 files, ID3-TAG information as though a display information source by whether with text data is selectively used to either ID3-TAG information or text table (Patent Document 2 in FIG. 6 S62~S64), the user is not any mention about the deal with the problem of when to rewrite the file name.

本発明の目的は、記憶装置内のファイルの管理にファイル名を利用するファイル管理装置、ファイル管理方法及びプログラムにおいて、管理に支障を起こすことなく、ユーザ等によるファイル名の変更を保証することである。 An object of the present invention, the file management system utilizing the file name in the management file in the storage device, the file management method and a program, management without causing trouble, by ensuring a change in the file name by the user, etc. is there.

本発明のファイル管理装置によれば、各再生ファイルに対して複数の系統のファイル名を付与する。 According to the file management apparatus of the present invention, it imparts the file name of the plurality of systems for each reproduction file. 各系統のファイル名は、それぞれ別の管理系統における管理データとして利用される。 File name of each line are respectively utilized as the management data in specific administration system. ファイル名の書き換えが管理に支障を与える系統のファイル名については変更を制限する。 To limit the change is for the file name of the system that rewriting of the file name is give a hindrance to the management. ファイル名の書き換えが管理に支障のない系統のファイル名については変更を許容する。 To allow for the changes for the file name of the system rewrite is not interfering with the management of the file name.

本発明のファイル管理装置は、コンテンツ情報を再生するための再生ファイルを記録する再生ファイル記録手段と、再生ファイル記録手段により記録された各再生ファイルに対し第1及び第2のファイル名を付与するファイル名付与手段と、を有している。 File management apparatus of the present invention, imparts a reproduction file recording means for recording the reproduction file for reproducing the content information, the first and second file name for each reproduction file recorded by reproduction file recording means has a file name applying means, the. 第1のファイル名は、連続的な記載を含む名称とされるとともに、変更を制限されるものとなっている。 The first file name, while being a name that includes a continuous description, which is intended to be limited to changes. 第2のファイル名は、再生ファイルの属性に関連付けられた記載を含む名称とされ、変更を許容されるものとなっている。 Second file name is a name which includes a description associated with the attribute of the reproduction file, which is assumed to be allowed to change.

本発明のファイル管理方法は次のステップを有している。 File management method of the present invention has the following steps.
コンテンツ情報を再生するための再生ファイルを記憶装置に記録するステップ、 Recording the reproduction file for reproducing the content information in the storage device,
記憶装置に記録された各再生ファイルに対し、連続的な記載を含む第1のファイル名と、再生ファイルの属性に関連付けられた記載を含む第2のファイル名とを付与するステップ、及び ファイル名の変更要求に対して、それが第1のファイル名であるならば、変更を制限し、また、第2のファイル名であるならば、許容するステップ。 For each reproduction file recorded on the storage device, the step of imparting a first file name including the continuous description, a second file name that contains the description associated with the attribute of the reproduction file, and the file name relative change request, if it is the first file name, limiting the change, also, if a second file name, the step of acceptable.

本発明のプログラムは、本発明のファイル管理装置の各手段としてコンピュータを機能させる。 Program of the present invention causes a computer to function as each means of the file management apparatus of the present invention.

本発明によれば、1個の再生ファイルに対してそれぞれ別種の第1及び第2のファイル名が付与され、第1及び第2のファイル名は変更をそれぞれ制限及び許容される。 According to the present invention, the first and second file names different kind each is assigned to one of the reproduction file, the first and second file names are limited and allowed each change. 結果、所定の管理への支障を回避しつつ、ユーザ等によるファイル名の変更を確保できる。 The results, while avoiding the disruption to a predetermined management, can ensure a change of the file name by the user or the like.

図1はAV(Audio & Visual)ファイルのファイル名管理ソフトを実装する各種装置及び連携関係を示している。 Figure 1 illustrates various devices and cooperative relationships implement a filename management software AV (Audio & Visual) file. AVファイルには、MP3規格やWAV規格のようなオーディオファイル、JPEG規格のような画像ファイル、及びMPEG規格のような動画ファイルが含まれる。 The AV files, audio files like MP3 standard or WAV standards, image files such as JPEG standard, and a moving image file such as MPEG standards. 以下、説明の簡略上、AVファイルはオーディオファイルの一種である楽曲ファイルを想定する。 Hereinafter, for simplicity of explanation, AV file is assumed the music file is a kind of audio file.

再生機器としてのデジタルオーディオプレーヤ10、据え置き型オーディオ装置11及びPC12は、ハードディスクやフラッシュメモリ等の記憶装置を内蔵し、該記憶装置内に楽曲ファイルを記憶する。 Digital audio player 10 as a reproduction device, stationary audio device 11 and PC12 has a built-in storage device such as a hard disk or a flash memory, and stores the music file in the storage device. デジタルオーディオプレーヤ10、据え置き型オーディオ装置11及びPC12は、記憶装置内の楽曲ファイルを適宜、読み出して、それらの楽曲再生音を自機のスピーカやイヤホンから出力自在としているとともに、記憶装置内の楽曲ファイルに対してファイル名変更等の編集を自機で適宜実施できるようにしている。 Digital audio player 10, stationary audio device 11 and PC12 are appropriately music files in the storage device, reads out, their music reproduced sound with are freely outputted from the own apparatus of speakers or earphones, music in the storage device It is to be appropriately carried out by the own apparatus to edit, such as file name change to the file.

据え置き型オーディオ装置11及びPC12は、自機のハードディスク装置に記憶されている楽曲ファイルをSDメモリカードのような着脱自在のフラッシュメモリへコピー又は移動し、該着脱式フラッシュメモリをデジタルオーディオプレーヤ10に装着して、デジタルオーディオプレーヤ10で該着脱式フラッシュメモリ内の楽曲を再生することもできる。 Stationary audio device 11 and PC12 are music files stored in the hard disk device of its own removable copy or move to freely flash memory such as an SD memory card, the removable flash memory to the digital audio player 10 wearing, the digital audio player 10 can reproduce music of the removable in flash memory. さらに、着脱式フラッシュメモリ内の楽曲ファイルについてはファイル名等の編集を据え置き型オーディオ装置11及びPC12において行なうことができるようになっている。 Furthermore, the musical composition file in the removable flash memory and is capable of performing editing such as file name in stationary audio device 11 and PC12.

デジタルオーディオプレーヤ10及び据え置き型オーディオ装置11はケーブル15を介して相互に接続されるようになっている。 Digital audio player 10 and the stationary audio device 11 is adapted to be connected to each other through a cable 15. ケーブル15による接続状態では、据え置き型オーディオ装置11の記憶装置内の楽曲ファイルを暗号化してから、デジタルオーディオプレーヤ10の記憶装置へ格納したり、ユーザがデジタルオーディオプレーヤ10の記憶装置内の楽曲ファイルを据え置き型オーディオ装置11において編集したり、ユーザがデジタルオーディオプレーヤ10の記憶装置内の楽曲ファイルの楽曲再生音を据え置き型オーディオ装置11のスピーカから出力したりすることが可能になっている。 In the connected state by the cable 15, the music files in the storage device of the stationary audio device 11 encrypts, and stores in the storage device of the digital audio player 10, the music file users in the storage unit of the digital audio player 10 edit the stationary audio device 11, which enables the user and outputs the music playback sound of the music files in the storage device of the digital audio player 10 from the speaker of the stationary audio device 11.

同様に、デジタルオーディオプレーヤ10及びPC12はUSBケーブルのようなケーブル16を介して相互に接続されるようになっている。 Similarly, the digital audio player 10 and PC12 is adapted to be connected to each other via the cable 16, such as a USB cable. ケーブル16による接続状態では、PC12の記憶装置内の楽曲ファイルを暗号化してから、デジタルオーディオプレーヤ10の記憶装置へ格納したり、ユーザがデジタルオーディオプレーヤ10の記憶装置内の楽曲ファイルをPC12において編集したりすることが可能である。 In the connected state by the cable 16, edit the music files in the storage device of PC12 from encrypts, and stores in the storage device of the digital audio player 10, the user music files in the storage device of the digital audio player 10 in PC12 it is possible to or.

同様に、据え置き型オーディオ装置11及びPC12はUSBケーブルのようなケーブル17を介して相互に接続されるようになっている。 Similarly, stationary audio device 11 and PC12 is adapted to be connected to each other via the cable 17, such as a USB cable. ケーブル17による接続状態では、据え置き型オーディオ装置11−PC12間で楽曲ファイルを相互に転送し合ったり、ユーザが据え置き型オーディオ装置11の記憶装置内の楽曲ファイルをPC12において編集したりすることが可能である。 In the connected state by the cable 17, or each other to transfer music files to each other between stationary audio device 11-PC12, user music files in the storage device of the stationary audio device 11 can be edited or in PC12 it is.

図2はCDテキスト無しCD−DAの楽曲についてリッピング及びその後にユーザによるネーム編集作業が実施される場合のファイル名の変更過程を示している。 Figure 2 shows the file name of the change process in the case of name editing by the user rip and then to the music of the CD text without the CD-DA is carried out. CD−DAからのリッピングは、デジタルオーディオプレーヤ10、据え置き型オーディオ装置11及びPC12のどれにおいても行なわれてもよいが、以降では、説明の便宜上、代表して、デジタルオーディオプレーヤ10を選択して、デジタルオーディオプレーヤ10の場合について説明する。 Ripped from CD-DA, the digital audio player 10, it may be also performed in any of the stationary audio device 11 and PC12, but later, for convenience of explanation, as a representative, and select the digital audio player 10 It will be described for the case of the digital audio player 10. デジタルオーディオプレーヤ10では、記憶装置内のファイルをツリー構造で管理する。 In the digital audio player 10, to manage files in the storage device in a tree structure.

リッピング前の記憶装置内には、図2(a)に示すように、名前が”ABCD”であるフォルダが1個存在し、かつ該フォルダ内には、ABC. Ripping the front of the storage device, as shown in FIG. 2 (a), the name folder is "ABCD" is present one, and the said folder, ABC. mp3,efg. mp3, efg. wma,HIJ. wma, HIJ. docの3個のファイルが格納されているものと仮定する。 It is assumed that the three files of the doc are stored. なお、ファイル名の拡張子について、mp3はオーディオのMP3規格のファイルであることを示し、wmaはオーディオのwma(Windows Media Audio)規格のファイルであることを示し、docはマイクロソフト社のワープロソフトのWordファイルであることを示している。 It should be noted that, for the extension of the file name, mp3 indicates that it is a file of the MP3 standard for audio, wma indicates that it is a file of wma (Windows Media Audio) standard of audio, doc is Microsoft's word processing software It shows that it is a Word file.

CD−DAの楽曲のリッピングに伴い、デジタルオーディオプレーヤ10の記憶装置内には、図2(b)に示すように、フォルダ名”Album001”のフォルダが、フォルダ名”Special”のフォルダの下の階層として作成される。 With the ripping CD-DA of the music, in the storage device of the digital audio player 10, as shown in FIG. 2 (b), the folder of the folder name "Album001" is, the folder name under the folder of "Special" It is created as a hierarchy. フォルダ名”Album001”は、デジタルオーディオプレーヤ10がCD−DAからのリッピング時にフォルダのデフォルト名として付けたフォルダ名であり、もし今回のCD−DAがCDテキスト付きである場合には、典型的には、”Album001”の代わりに、CD−DAのアルバム名がフォルダ名となる。 Folder name "Album001" is a folder name digital audio player 10 gave as the default name for the folder when ripping from CD-DA, in the case if the current CD-DA is equipped with CD text, typically , instead of "Album001", the album name of the CD-DA is the folder name. なお、フォルダ名”Special”のフォルダは、デジタルオーディオプレーヤ10において記憶装置内に特別のフォルダとして設定しているものとし、デジタルオーディオプレーヤ10は、楽曲ファイルに係る編集要求や再生要求をユーザから指示されると、最初に、”Special”のフォルダにアクセスし、該フォルダから該当の楽曲ファイルを探索するように仕向けられている。 Incidentally, the folder for folder name "Special", and assumed to be set as a special folder in the storage device in the digital audio player 10, digital audio player 10, instructs the edit request or a reproduction request of the music files from the user When, initially, to access the folder "Special", it is directed to search for appropriate music file from the folder.

フォルダの各楽曲のデータは、この例では、wma規格の楽曲ファイルに変換されて、フォルダ”Album001”の中に格納される。 Data for each song in the folder, in this example, are converted into music files wma standards, are stored in a folder "Album001". 各楽曲ファイルは、CD−DAにおけるトラック順を数値として含むファイル名(TR001.wma,TR002.wma,・・・)がショートファイルネームで付与される。 Each music file, the file name that contains the track order in the CD-DA as a numerical value (TR001.wma, TR002.wma, ···) is granted in the short file name. ショートファイルネームは、パソコンOSのWindows(登録商標)に合わせて、例えば本体文字数8バイト以下でかつ拡張子文字数3バイト以下のファイル名とされ、ロングファイルネームは、例えば本体文字数9バイト以上であるか又は拡張子文字数4バイト以上のファイル名とされる。 Short file name is, according to the PC OS Windows (registered trademark), for example, and less than or equal to the main characters 8 bytes is with the following file name extension 3 characters bytes, long file name is, for example, in the body of the number of characters 9 bytes or more or is the extension length of four or more bytes of the file name. ただし、デジタルオーディオプレーヤ10では、ショートファイルネーム及びロングファイルネームは、相互に独立に付与され、すなわち、採用するネーム規格では、ロングファイルネームの先頭8桁までのテキストがショートファイルネームとなるような依存関係はない規格とする。 However, in the digital audio player 10, the short file names and long file name is given independently of one another, ie, in the name standard to adopt, such as the text of up to 8 digits beginning of the long file name is the short file name dependency relationship is not the standard. また、該ネーム規格では、ショートファイルネームは必須であるのに対し、ロングファイルネームはnull、すなわちなくてもよいことにする。 In addition, in the name standard, short file name whereas it is essential, long file name is null, that is not to be may be.

デジタルオーディオプレーヤ10では、ショートファイルネームに含まれる数値は追い番の管理データとして再生順管理に使用される。 In the digital audio player 10, the numerical values ​​included in the short filename is used to play order management as follow number management data. また、図2(b)の段階では、各楽曲ファイルのロングファイルネームはnull(空)となっている。 Further, at the stage of FIG. 2 (b), long filenames of each song file has a null (empty). 図2(b)及び(c)並びに後述の図3(b)及び(c)では、各wmaの楽曲ファイルについて、ショートファイルネーム及びロングファイルネームをそれぞれ”:”の左側及び右側に示している。 In FIG. 2 (b) and (c) as well as in later FIGS. 3 (b) and 3 (c), the music file for each wma, each short file name and long file name ":" are shown on the left and right .

CDテキスト無しCD−DAに基づくリッピングは、図2(b)のファイル名状態で終了する。 Ripping based on the CD text without CD-DA ends with the file name the state shown in FIG. 2 (b). デジタルオーディオプレーヤ10は、フォルダ”Album001”について全曲再生又は連続再生のユーザ指示を受付けると、該フォルダ内の楽曲ファイルのショートファイルネームに含まれる追い番に係る数値を検出し、追い番順に各楽曲ファイルの楽曲を再生していく。 Digital audio player 10, upon receiving the user instruction of songs reproduced or continuous play for folder "Album001", to detect a numeric value of the follow number contained in the short file name of the music files in the folder, each song in the chase number order continue to play the music file. 各楽曲ファイルの楽曲再生中、デジタルオーディオプレーヤ10のディスプレイには、ロングファイルネームに基づき再生楽曲の楽曲名等のテキスト情報が表示されることになっているが、ロングファイルネームは図2(b)の状態ではnullであるため、このデジタルオーディオプレーヤ10は、それら情報の代わりに、ショートファイルネームをディスプレイに表示するようになっている(図6のS44で後述する。)。 During song playback of each music file, the display of the digital audio player 10, but the text information of the music name etc. of the reproducing music on the basis of the long file name is to be displayed, long filenames FIG 2 (b since the state of) a null, then this digital audio player 10, in place of such information will be described later in short file name in S44 in so as to display on the display (Fig.).

ユーザは、リッピング後、各楽曲ファイルの楽曲の再生中に、適切な楽曲情報をディスプレイに表示させるために、ファイル名を自ら編集する。 The user, after ripping, during the playback of the music of each song files, in order to display the appropriate music information on the display, edit themselves the file name. なお、デジタルオーディオプレーヤ10をインターネットを介してCDDBのサーバへ接続して、該CDDBから楽曲情報をダウンロードすることにより、ユーザ入力に代えて、自動的に入力することもできる。 Incidentally, the digital audio player 10 connected to the CDDB server via the Internet, by downloading the music information from the CDDB, may be in place of the user inputs, it entered automatically. ユーザによるファイル名の編集は、ショートファイルネームについては禁止され、ロングファイルネームが対象となる。 Edit the file name by the user, for the short file name is prohibited, long file name is the target. 図2(c)はユーザがフォルダ”Album001”内の追い番1〜3の楽曲ファイルについてそのファイル名を変更した状態を示している。 FIG. 2 (c) shows a state the user who changed the file name for the follow-numbered 1-3 of the music files in the folder "Album001".

図2(c)では、追い番1〜3の楽曲ファイルは、そのショートファイルネームについては無変更のままとされつつ、そのロングファイルネームについてはそれぞれ”kakikukeko.wma”,”sasisuseso.wma”,”tatituteto.wma”へ変更された。 In FIG. 2 (c), the music file follow numbered 1-3, while the the short file name is left unchanged, respectively for the long file name "kakikukeko.wma", "sasisuseso.wma", It has been changed to "tatituteto.wma". 結果、ロングファイルネームの変更後も、フォルダ”Album001”について全曲再生又は連続再生のユーザ指示を受付けた場合には、該フォルダ内の楽曲ファイルのショートファイルネームに含まれる数値から各ファイルの追い番を判断し、追い番順に各楽曲ファイルの楽曲を支障なく再生することができる。 A result, after the change of the long file name is also the folder in the case of accepting the user instruction of songs playback or continuous play for "Album001" is, to follow numbering of each file from the numeric value that is included in the short file name of the music files of the folder the judges, can be reproduced without any trouble the music of each song file to follow number order. また、追い番1〜3の楽曲の再生時には、デジタルオーディオプレーヤ10のディスプレイには、ロングファイルネームの本体部分(=拡張子部分を除いたロングファイルネーム部分)”kakikukeko”,”sasisuseso”,”tatituteto”が再生楽曲情報としてそれぞれ表示されることになる。 Further, at the time of reproduction of the follow-numbered 1-3 songs, the display of the digital audio player 10, (long file name portion excluding = extension portion) body portion of the long file name "kakikukeko", "sasisuseso", " tatituteto "is to be displayed each as a playback music information.

ユーザにより入力される各楽曲ファイルのロングファイルネームの”kakikukeko”等は、典型的には、各ファイルについてアーティスト名、楽曲名及びアルバム名を、所定の区切り子で区切りながら、所定の順番で入力したものとなっている。 "Kakikukeko" or the like of the long file name of each music file that is input by the user, typically, each file about the artist name, song name and album name, while separated by a given delimiter, input in a predetermined order It has become a thing that was. 入力作業を能率化させるために、ユーザがタブキーを1回、押下すれば、区切り子が自動的に入力されるようになっていてもよい。 To streamline input operation, the user once the tab key, if depressed, may be adapted delimiter is automatically entered. デジタルオーディオプレーヤ10は、楽曲ファイルの再生時には、該ファイルのロングファイルネームの各区分より楽曲名及びアーティスト名等の楽曲情報を抽出し、ディスプレイに表示する。 Digital audio player 10, when reproducing the music file, extracts the music information of the music name and artist name, etc. from each section of the long file name of the file, is displayed on the display.

図3はCDテキスト付きCD−DAについてリッピングを実施した場合のファイル名の変更過程を示している。 Figure 3 shows the change process of the file name if you were carried out ripping the CD text with CD-DA. 図3(a)及び(b)はそれぞれ図2(a)及び(b)と同一である。 3 (a) and (b) are the same as each view 2 (a) and (b). CDテキスト無しCD−DAのリッピングの場合には、図2(b)のファイル名状態でリッピングが終了した。 In the case of the ripping of the CD text without the CD-DA is, ripping has been finished with the file name the state shown in FIG. 2 (b). これに対して、CDテキスト付きCD−DAについてのリッピングでは、図3(b)の後、さらに処理が続行されて、デジタルオーディオプレーヤ10は、自動的に、各楽曲ファイルのロングファイルネームをCDテキストに基づき編集して、図3(c)のファイル名状態に至る。 In contrast, in the ripping of CD text with CD-DA, after in FIG. 3 (b), further processing is continued, the digital audio player 10 automatically, the long filenames of each song file CD edit based on the text, leading to the file name the state shown in FIG. 3 (c).

図3(c)では、各楽曲ファイルのロングファイルネームは追い番順に”kakikukeko.wma”,”sasisuseso.wma”,”tatituteto.wma”. In Figure 3 (c), "kakikukeko.wma" long file name is to follow numbering order of each music file, "sasisuseso.wma", "tatituteto.wma". ”naninuneno.wma”,”hahihuheho.wma”となっている。 It has become a "naninuneno.wma", "hahihuheho.wma". ロングファイルネームは、デジタルオーディオプレーヤ10がCD−DAのCDテキストに基づき自動的に入力されるので、図2(c)の手間のかかる手作業入力が省略される。 Long filenames, since the digital audio player 10 is automatically entered based on the CD text CD-DA, manual entry time-consuming shown in FIG. 2 (c) is omitted.

図4はユーザによるファイル名変更の作業画面を例示している。 Figure 4 illustrates the work screen file name change by the user. デジタルオーディオプレーヤ10のディスプレイ23におけるファイル名称表示用ウィンドウ24には、ユーザがファイルネームの変更対象として呼び出した楽曲ファイルの名称が表示される。 The file name display window 24 on the display 23 of the digital audio player 10, the user the name of the calling sound file as a change target file name is displayed. 図4は、例えば、ショートファイルネームが”TR001.wma”である楽曲ファイルの名称を呼び出している。 Figure 4, for example, short file name is calling the name of the music file, which is a "TR001.wma".

呼び出した楽曲ファイルにロングファイルネームがすでに付与されている場合には、ファイル名称表示用ウィンドウ24にロングファイルネームが表示される。 If the call was long file name in the music file has already been granted, long file name is displayed in the file name display window 24. 図4(a)は該楽曲ファイルに、「kakakakaka.wma」のロングファイルネームがすでに付与されている場合のファイル名称表示用ウィンドウ24を示している。 FIG. 4 (a) to the musical composition file, shows the file name display window 24 in the case of long file name of "kakakakaka.wma" has already been granted.

呼び出した楽曲ファイルにロングファイルネームが付与されていない場合、すなわち、ロングファイルネームがnullである場合には、ファイル名称表示用ウィンドウ24に該楽曲ファイルのショートファイルネームが表示される。 If you call the music file is not long file name is given, that is, if the long file name is null, short file name of the music piece file in the file name display window 24 is displayed. 図4(b)は該楽曲ファイルのロングファイルネームがnullである場合に、ショートファイルネームの”TR001.wma”がファイル名称表示用ウィンドウ24に表示されている状態を示している。 FIG. 4 (b) in the case long file name of the music piece file is null, shows a state in which the short file name "TR001.wma" is displayed in the file name display window 24. なお、ファイル名称表示用ウィンドウ24には、ショートファイルネーム及びロングファイルネームの全部を表示することなく、拡張子は表示から省くようにすることもできる。 It is to be noted that the file name display window 24, without having to display all of the short file name and long file name, extension can also be so omitted from the display.

ユーザは、ファイル名称表示用ウィンドウ24を用い、表示されているファイル名称を編集する。 The user, using the file name display window 24, to edit the file name that is displayed. 図4(c)はファイル名称として「kakekuke」まで入力し終わった時のファイル名称表示用ウィンドウ24を示している。 FIG. 4 (c) shows the file name display window 24 at the time of finished entering to "kakekuke" as the file name. ファイル名称表示用ウィンドウ24にロングファイルネームが表示されている場合に、ユーザが編集操作を行ったときは、ユーザによって編集されたファイル名称はその楽曲ファイルのロングファイルネームとして登録される。 In the case where in the file name display window 24 has long file name is displayed, when the user performs an editing operation, a file name that has been edited by the user is registered as a long file name of the song file. ファイル名称表示用ウィンドウ24にショートファイルネームが表示されている場合にユーザが編集操作を行ったときは、ユーザによって編集されたファイル名称は、その楽曲ファイルのロングファイルネームとして登録される。 When the user performs an editing operation if the short file name in the file name display window 24 is displayed, the file name that has been edited by the user is registered as a long file name of the song file. ショートファイルネームは、ロングファイルネームの編集終了後も、編集前と同一の名称を保持する。 Short file name is, after editing the end of the long file name also, to retain the same name and before editing.

また、典型的なデジタルオーディオプレーヤ10では、ファイル名称表示用ウィンドウ24に拡張子”wma”も表示するようになっている場合、該拡張子についてユーザによる変更や新規入力を禁止することが通常である。 Also, the typical digital audio player 10, if the file name display window 24 so that the extension "wma" also displayed, to prohibit changes or new input from the user for the enlarged papier is a normal is there. 拡張子については、デジタルオーディオプレーヤ10が所定のものを付与するようになっている。 For extension, a digital audio player 10 is adapted to apply a predetermined one.

ユーザは、デジタルオーディオプレーヤ10内の楽曲ファイルを使い込むに連れて、不要な楽曲ファイルを記憶装置から削除することがある。 The user, as the wear music files of the digital audio player 10, it is possible to remove unwanted music files from the storage device. 図2及び図3で説明したショートファイルネームでは、追い番に係る名前部分は001,002,・・・というように、3桁の数値となっているので、追い番は最大999までしか割り振ることができない。 In the short file name as described in FIGS. 2 and 3, the name part of the follow-numbered 001, 002, and so on ..., so has a three-digit number, that the follow-numbered allocate only up to a maximum of 999 can not. 削除された楽曲ファイルの追い番は欠番となり、このような欠番が増えると、記憶装置内の楽曲ファイルの個数が、追い番最大値999以内であるにもかかわらず、後ろの方の楽曲ファイルに追い番を割り振ることができなくなる。 Chase number of the deleted music files becomes a missing number, if such a missing number is increased, the number of music files in the storage device, even though it is within chase number maximum value 999, the music file of the person behind it is not possible to allocate the chase number.

デジタルオーディオプレーヤ10では、これに対処するため、最後の追い番が最大値近辺になると、適宜、追い番の付け直し(「リフレッシュ」とも呼ばれる。)が、ユーザ指示に基づき又は自動的に行なわれるようになっている。 In the digital audio player 10, to deal with this, the last follow number is near the maximum value, as appropriate, Replacing the follow number (., Also referred to as "refresh") is based on a user instruction or automatically performed It has become way. 追い番の付け直し処理期間は、当然に、ショートファイルネームの変更制限が解除される。 With re-processing period of follow-numbered, naturally, of the short file name change restriction is released. そして、記憶装置に残っているファイルについて、追い番の順番が維持されつつ、かつ追い番が連続するように、各楽曲ファイルのショートファイルネームの追い番部分が変更される。 Then, the files that remain in the storage device, the order of the follow-numbered as being maintained, and follow numbered consecutive follow-numbered portion of the short filename for each song file is changed. これにより、追い番の欠落は解消される。 As a result, the lack of follow number is eliminated.

フォルダに対してもフォルダ名をショートファイルネーム及びロングファイルネームの複数、付与することができる。 Plurality of short file names and long file name of the folder name is also on a folder, he is possible to impart. 例えば、フォルダのショートファイルネームとして追い番に係る数値を含む名前とし、フォルダのロングファイルネームとして、アルバム名やアーティスト名を含む名前とし、ロングファイルネームはユーザによる変更を許可し、ショートファイルネームはユーザによる変更を禁止する措置をとる。 For example, a name that contains a numerical value according to the number to follow as a folder short file name of, as a folder long file names, a name that includes the album name and artist name, the long file name is to allow the changes made by the user, the short file name is take measures to prohibit the changes made by the user. これにより、複数のフォルダを一気に再生する場合には、フォルダの再生順を保持することができる。 Thus, when a stroke play multiple folders can hold the playback order of folders.

図5はリッピング処理のフローチャートである。 Figure 5 is a flowchart of ripping process. 該リッピング処理は図2及び図3のファイル名変更過程に対応している。 The ripping process corresponds to a file name change process of FIGS. S35では、追い番に係る数値を含むショートファイルネームを各楽曲ファイルに付与する。 In S35, to impart a short file name including the numerical values ​​according to the chase number to each music file. S35において、Tr01,Tr02,・・・は、CD−DAにおける各楽曲のトラック番号を示し、TR001,TR002,・・・はショートファイルネームを示している。 In S35, Tr01, Tr02, ··· indicates the track number of each song in the CD-DA, TR001, TR002, ··· shows the short file name.

S36では、デジタルオーディオプレーヤ10におけるCDテキストのコピー機能がONになっているか否かを判定する。 In S36, it determines whether the copy function CD text in the digital audio player 10 is ON. ユーザは、CDテキストのコピー機能のON,OFFを選択することができる。 The user is able to select the CD text ON of the copy function, the OFF. S36における判定が正であれば、S37へ進み、否であれば、リッピング処理を終了する。 If positive at the determination in S36, the process proceeds to S37, if not, it terminates the ripping process.

S37では、今回のCD−DAがCDテキスト付きであるか否かを判定し、正であれば、S38へ進み、否であれば、リッピング処理を終了する。 In S37, the current CD-DA, it is determined whether or not it is with CD text, if it is positive, the process proceeds to S38, if it is not, to end the ripping process. S38では、各楽曲ファイルに、対応するCDテキストを含むロングファイルネームを付与する。 In S38, to each music file, to impart a long file name containing the corresponding CD text.

図6はファイル名表示処理のフローチャートである。 6 is a flowchart of the file name display process. ファイル名表示処理は、例えば、デジタルオーディオプレーヤ10において楽曲ファイルを再生開始する時とか、ユーザがファイル名の編集作業開始する時とかに起動する。 File name display processing is, for example, Toka when you start playing the music files in the digital audio player 10, you start to Toka when the user is editing the beginning of the file name.

S42では、ファイル名表示処理対象の楽曲がロングファイルネームをもつか否かを判定し、判定結果が正であれは、S43へ進み、否であれば、S44へ進む。 In S42, the music of the file name display processing target is determined whether or not with a long file name, is there a determination result is positive, the process proceeds to S43, if it is not, the process proceeds to S44. S43では、ロングファイルネームをデジタルオーディオプレーヤ10のディスプレイに表示する。 In S43, the display the long file name on the display of the digital audio player 10. S44では、ショートファイルネームをデジタルオーディオプレーヤ10のディスプレイに表示する。 In S44, to display the short file name on the display of the digital audio player 10.

図7はファイル管理装置50のブロック図である。 Figure 7 is a block diagram of a file management apparatus 50. 図1のデジタルオーディオプレーヤ10、据え置き型オーディオ装置11及びPC12はファイル管理装置50の具体例である。 Digital audio player 10 of FIG. 1, a stationary type audio device 11 and PC12 is a specific example of a file management apparatus 50. ファイル管理装置50の処理は図2〜図4で説明した処理を包摂するものである。 Process of the file management apparatus 50 is intended to subsume processing described in FIGS.

ファイル管理装置50は再生ファイル記録手段51及びファイル名付与手段52を有している。 File management apparatus 50 has a reproduction file recording means 51 and the file name assigning means 52. 再生ファイル記録手段51は、コンテンツ情報を再生するための再生ファイル58を記憶装置59に記録する。 Reproduction file recording means 51 records the playback file 58 for reproducing the content information in the storage device 59. ファイル名付与手段52は、再生ファイル記録手段51により記録された各再生ファイル58に対して第1及び第2のファイル名を付与する。 File name assigning means 52 assigns a first and second file name for each playback file 58 recorded by the reproduction file recording means 51.

第1のファイル名は、連続的な記載を含む名称とされるとともに、変更を制限されるものとされる。 The first file name, while being a name that includes a continuous description, is intended to be limited to changes. 第2のファイル名は、再生ファイルの属性に関連付けられた記載を含む名称とされるとともに、変更を許容されるものとされる。 Second file name, while being a name that includes a description associated with the attribute of the reproduction file, are intended to be allowed to change.

再生ファイル58には、少なくとも、楽曲ファイル、画像ファイル及び動画ファイルが含まれる。 Playback file 58, at least, include music files, image files and video files. 第2のファイル名について、再生ファイルの属性に関連付けられた記載とは、例えば、CDテキストに含まれる楽曲名や、アルバム名や、アーティスト名である。 For the second file name, and the description associated with the attributes of the playback file, for example, the song name and that is included in the CD text, and album name, an artist name. ユーザが、各再生ファイルに対して自分専用のメモを付けたいときに、第2のファイル名を利用することも可能である。 The user, when you want to give a note of their own for each playback file, it is also possible to use a second file name.

第1及び第2のファイル名は、図2等で説明したショートファイルネーム及びロングファイルネームであってもよい。 The first and second file names may be a short file name and long file name described in FIG. 2 or the like. すなわち、第1及び第2のファイル名は、例えば、文字数がそれぞれ所定値未満及び以上のバイト数の名前となっているものとすることができる。 That is, the first and second file names may be, for example, assumed that the number of characters is in the name of each number and more bytes than the predetermined value. なお、第1及び第2のファイル名は、相互に独立の名前とすることができ、第2のファイル名は初期的には、nullであってもよいとする。 The first and second file names may be a name of mutually independent, the second filename Initially, the may be null.

第1のファイル名がその名称に含む連続的な記載とは、例えば、連続する数値(例:001,002,003,・・・)、連続する文字(例1:a,b,c,・・・。例2:あ、い、う、・・・)、及びそれらの混在(例:a01,a02,・・・,a99,b01,b02,・・・b99,c01,・・・)である。 The first file name continuous further comprising in its name, for example, the sequence of numeric values ​​(e.g. 001, 002, 003, ...), consecutive characters (Example 1: a, b, c, · ... example 2:. Oh, stomach, cormorants, ...), and a mix of them (for example: a01, a02, ···, a99, b01, b02, ··· b99, c01, in ...) is there.

典型的には、第1のファイル名における連続的な記載とは、複数の再生ファイルについての所定の処理順番に係る記載である。 Typically, the continuous description of the first file name is described according to a predetermined processing order of a plurality of playback files. 所定の処理順番とは、例えば、CD−DAからのリッピングの際、ユーザがリッピング順を未指定としたときのデフォルトのリッピング順、すなわちCD−DAにおけるトラック番号順や、ユーザがリッピング順を指定したときのその指定順、記憶装置59への再生ファイル58の記録順(該記録順は、通常は、リッピング順と同一である。)である。 The predetermined processing order, for example, when ripping from CD-DA, specify default ripping order, that is, the track number order or in the CD-DA, the user rips order when the user has an unspecified ripped order the designated order when the recording order of the reproduction file 58 to the storage device 59 (the recording order is typically the same as ripping order.) is.

第1のファイル名は、例えば、複数の再生ファイル58についてのソートの管理データとして使用される。 The first file name, for example, is used as the sort of management data for a plurality of playback files 58. ソート管理データとして例えば楽曲の再生順を規定する追い番がある。 There is a chase number to be defined as a sort management data, for example, the playback order of the music.

第2のファイル名は、例えば、再生ファイル58のコンテンツ情報のテキストデータとされる。 The second file name, for example, is a text data of the content information of the playback file 58. このようなテキストデータの具体例には、CDテキストに含まれる楽曲名、アーティスト名及びアルバム名がある。 Specific examples of such text data, music name that is included in the CD text, there is an artist name and album name. さらに、ユーザによるコンテンツのメモ書きを第2のファイル名の本体部分(=拡張子を除く部分)の全体又は部分としてもよい。 Furthermore, it may be a memo of content by the user as a whole or portion of the body portion of the second file name (= portion excluding the extension).

ユーザは不要な再生ファイルを適宜削除することがある。 The user may be appropriately delete unnecessary playback files. これに伴い、リッピング当初は、第1のファイル名について、記載が連続的となっていたにもかかわらず、部分的に欠落した不連続なものとなる。 Accordingly, initially ripped, the first file name, despite described has been a continuous, a discontinuous those partially missing. また、第1のファイル名についての文字数の制約から、連続的な記載には最大値の制限があり、再生ファイル58に付与する第1のファイル名が枯渇することが起こり得る。 Further, the number of constraints for the first file name, the continuous description is limited to a maximum value, the first file name assigned to the play file 58 can occur be depleted.

これに対処し、第1のファイル名について、連続的な記載の欠落が適当に大きくなった時点で、不連続を解消するべく、第1のファイル名を再付与することが望まれる。 This addressed, for the first file name, when the lack of continuous description becomes suitably large, in order to eliminate the discontinuity, it is desired to re-impart the first file name. 好ましくは、ファイル名付与手段52は、再生ファイル58の一部削除に伴って生じる第1のファイル名に係る記載の不連続性に対し、第1のファイル名の変更の制限を解除してから、非削除の再生ファイルの第1のファイル名について連続的な記載に戻す。 Preferably, the file name assigning means 52 to discontinuity described according to the first file name that occurs with the partial deletion of the playback file 58, after releasing the restriction of the change of the first file name back to the continuous described for the first file name of a non-deletion of the reproduction file. なお、追い番等は、記憶装置59内のフォルダごとに独立に設定してもよいし、記憶装置59全体で通しの追い番を設定してもよい。 Incidentally, the follow numbers etc., may be set independently for each folder in the storage device 59, storage device 59 may set the follow-numbered throughout the whole.

ファイル名付与手段52は、再生ファイル58へのファイル名付与に代えて、再生ファイル58を少なくとも1以上含むフォルダへのフォルダ名付与を行なう手段として適用されてもよい。 File name assigning means 52, instead of the file name applied to a playback file 58 may be applied as a means for performing a folder name application of the playback file 58 to the folder that contains at least 1 or more.

ファイル管理方法70について、図8及び図9のフローチャートに基づき説明する。 About file management method 70 will be described with reference to flowcharts of FIGS. 図8はファイル管理方法70における再生ファイル記録ルーチンのフローチャート、図9はファイル管理方法70におけるファイル名変更要求ルーチンのフローチャートである。 Figure 8 is a flow chart of the reproduction file recorded routine in file management method 70, Fig. 9 is a flowchart of a file name change request routine in file management method 70. 再生ファイルルーチン(図8)は、例えばリッピング時のように、記憶装置59へ新規の再生ファイル58を記録する時に起動する。 Reproduction file routine (FIG. 8), as during example ripping start the storage device 59 when recording the new playback file 58.

ファイル名変更要求ルーチン(図9)は、例えば、CDテキスト付きCD−DAからリッピングを行なう場合に、CDテキストをファイル名に含ませる時とか、リッピング後に、ユーザがファイル名のリネームを行なう時とかに起動する。 File name change request routine (FIG. 9), for example, in the case of ripping from CD text with CD-DA, Toka when the inclusion of a CD text in the file name, after ripping, Toka when the user performs the renaming of the file name to start. 前述した図2(b)→図2(c)の過程は後者の例であり、図3(b)→図3(c)は前者の例である。 Process of the aforementioned FIG. 2 (b) → Fig. 2 (c) is an example of the latter, FIG. 3 (b) → FIG. 3 (c) is an example of the former.

再生ファイル記録ルーチン(図8)において、S71では、コンテンツ情報を再生するための再生ファイル58を記憶装置59に記録する。 In reproduction file recorded routine (FIG. 8), in S71, recording a reproduction file 58 for reproducing the content information in the storage device 59. S72では、記憶装置59に記録された各再生ファイル58に対し、連続的な記載を含む第1のファイル名と、再生ファイルの属性に関連付けられた記載を含む第2のファイル名とを付与する。 In S72, for each playback file 58 recorded in storage 59, to impart a first file name including the continuous description, a second file name that contains the description associated with the attribute of the reproduction file .

ファイル名変更要求ルーチン(図9)は、ファイル名の変更要求に対して、それが第1のファイル名であるならば、変更を制限し、また、第2のファイル名であるならば、許容する。 File name change request routine (FIG. 9) is, the file name change request, if it is the first file name, limiting the change, also, if a second file name, acceptable to.

すなわち、S76では、今回のファイル名変更要求が第1のファイル名についてのものであるか否かを判定し、判定が正であれば、S77へ進み、否であれば、S78へ進む。 That is, in S76, determines whether the current file name change request is for the first file name, if the decision is positive, the process proceeds to S77, If not, the process proceeds to S78. S77では、第1のファイル名の変更を制限する。 In S77, to limit the change of the first file name. 第1のファイル名の変更の制限とは、例えば、変更の禁止である。 The restriction of the first file name of change, for example, is the prohibition of the change. 第1のファイル名について、全面的な変更制限とせずに、追い番等の連続的記載以外の部分については変更を許容する部分的な変更制限にしてもよい。 For the first file name, without overall change limits, may be partial changes limit to allow changes to the portion other than the continuous description of the follow-numbered like.

S78では、今回のファイル名変更要求が第2のファイル名についてのものであるか否かを判定し、判定が正であれば、S79へ進み、否であれば、該ルーチンを終了する。 In S78, it is determined whether or not this file name change request is for a second file name, determination if positive, proceed to S79, if not, terminates the routine. S79では、第2のファイル名の変更を許容する。 In S79, to allow the change of the second file name.

本発明を適用したプログラムは、コンピュータをファイル管理装置50の各手段として機能させる。 Program according to the present invention causes a computer to function as each means of the file management apparatus 50. 本発明を適用した別のプログラムは、ファイル管理方法70の各ステップをコンピュータに実行させる。 Another program according to the present invention, to perform the steps of the file management method 70 to the computer.

本発明を各種具体的形態について説明したが、本発明は、これに限定されるものではなく、発明の要旨を逸脱しない範囲で、各種具体的形態における各構成要素を変形(削除も含む。)して具体化できる。 While the invention has been described various specific embodiments, the present invention is not limited thereto, without departing from the scope of the invention, deformation of the respective components in various specific forms (including deleted.) It can be embodied in. また、各種具体的形態間において、構成要素を置換したり、各種具体的形態の複数の構成要素を組み合わせたりすることにより、種々の発明を形成することもできる。 Further, among various specific embodiments, or replace the components, by or combination of a plurality of components of various specific embodiments, it is also possible to form various inventions.

AVファイルのファイル名管理ソフトを実装する各種装置及び連携関係を示す図である。 Is a diagram showing various device and cooperative relationships implement a filename management software AV file. CDテキスト無しCD−DAの楽曲についてリッピング及びその後にユーザによるネーム編集作業が実施される場合のファイル名の変更過程を示す図である。 Name editing by the user rip and then to the music of the CD text without the CD-DA is a diagram showing the change process of the file name of the case to be performed. CDテキスト付きCD−DAについてリッピングを実施した場合のファイル名の変更過程を示す図である。 It is a diagram showing the change process of the file name if you were carried out ripping the CD text with CD-DA. ユーザによるファイル名変更の作業画面を例示す図である。 It is a diagram to illustrate the work screen of the file name change by the user. リッピング処理のフローチャートである。 Is a flowchart of ripping process.

ファイル名表示処理のフローチャートである。 It is a flow chart of the file name display processing. ファイル管理装置のブロック図である。 It is a block diagram of a file management apparatus. ファイル管理方法における再生ファイル記録ルーチンのフローチャートである。 Is a flowchart of a reproduction file recorded routine in file management method. ファイル管理方法70におけるファイル名変更要求ルーチンのフローチャートである。 It is a flowchart of a file name change request routine in file management method 70.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

50:ファイル管理装置、51:再生ファイル記録手段、52:ファイル名付与手段、58:再生ファイル、59:記憶装置、70:ファイル管理方法。 50: file management apparatus, 51: Play the file recording means, 52: file name assigning means, 58: reproduction file, 59: storage device, 70: file management method.

Claims (6)

  1. 第1の記録媒体に記録された複数のファイルまたはフォルダよりなる複数のコンテンツをリッピングして第2の記録媒体に記録するリッピング手段と、 Ripping means for recording in the second recording medium to rip a plurality of contents consisting of a plurality of files or folders that are recorded on the first recording medium,
    前記リッピング手段によってリッピングされたそれぞれのコンテンツを前記第2の記録媒体に記録するに際して、前記それぞれのコンテンツに対して第1の文字数よりなる第1の名前を付与する第1の付与手段と、 A first providing means for providing the time, the first name consisting of the first character number with respect to the respective content records each content that is ripped to said second recording medium by the ripping means,
    前記リッピング手段によってリッピングされたそれぞれのコンテンツに対して、前記第1の文字数より長い第2の文字数よりなる第2の名前を付与する第2の付与手段と、 Each the content, and second applying means for applying a second name consisting of a long second character number than the first number of characters ripped by the ripping means,
    を備え、 Equipped with a,
    前記第1の付与手段は、前記第1の名前として、前記リッピング手段によるリッピングの順に連続的な数値または文字よりなる名前を付与し、 It said first application means, as the first name, and giving a name to the order of ripping by the ripping means consisting sequential numbers or letters,
    前記第1の付与手段が付与した前記第1の名前は、その変更が制限されている The first the first name imparting means has granted, the change is limited
    ことを特徴とするファイル管理装置。 File management apparatus, characterized in that.
  2. 前記第2の記録媒体に記録されている複数のコンテンツの内の一部のコンテンツが削除された場合に、削除されたコンテンツを除く複数のコンテンツに対して付与された前記第1の名前が連続的な数値または文字となるように前記第1の名前を変更する変更手段を備えることを特徴とする請求項1記載のファイル管理装置。 If the part of the content of the plurality of content recorded on the second recording medium is deleted, the granted to a plurality of contents first name continuous except the deleted content the file management apparatus according to claim 1, characterized in that it comprises a changing means for changing the first name to be a numerical or character.
  3. 前記変更手段は、前記第1の名前の連続的な数値または文字が所定数になった場合に、前記第1の名前を変更することを特徴とする請求項に記載のファイル管理装置。 The changing unit, when sequential numbers or letters of the first name has reached a predetermined number, the file management apparatus according to claim 2, wherein changing the first name.
  4. 第1の記録媒体に記録された複数のファイルまたはフォルダよりなる複数のコンテンツをリッピングして第2の記録媒体に記録するリッピングステップと、 And ripping step of recording the second recording medium to rip a plurality of contents consisting of a plurality of files or folders that are recorded on the first recording medium,
    前記リッピングステップにてリッピングされたそれぞれのコンテンツを前記第2の記録媒体に記録するに際して、前記それぞれのコンテンツに対して第1の文字数よりなる第1の名前を付与する第1の付与ステップと、 In recording the respective content ripped by the ripping step to the second recording medium, and a first allocating step for imparting a first name consisting of the first character number with respect to the respective content,
    前記第1の付与ステップの後、前記リッピングステップにてリッピングされたそれぞれのコンテンツに対して、前記第1の文字数より長い第2の文字数よりなる第2の名前を付与する第2の付与ステップと、 After said first applying step, for each of the content ripped by the ripping step, a second allocating step for imparting a second name consisting of a long second character number than the first number of characters ,
    を含み、 It includes,
    前記第1の付与ステップは、前記第1の名前として、前記リッピングステップによるリッピングの順に連続的な数値または文字よりなる名前を付与し、 Said first applying step, as the first name, and giving a name consisting of sequential numbers or letters in the order of ripping by the ripping step,
    前記第1の付与ステップにて付与した前記第1の名前は、その変更が制限されている The first of said first name assigned by imparting step, the change is limited
    ことを特徴とするファイル管理方法。 File management method, characterized in that.
  5. 前記第2の記録媒体に記録されている複数のコンテンツの内の一部のコンテンツが削除された場合に、削除されたコンテンツを除く複数のコンテンツに対して付与された前記第1の名前が連続的な数値または文字となるように前記第1の名前を変更する変更ステップを含むことを特徴とする請求項4記載のファイル管理方法。 If the part of the content of the plurality of content recorded on the second recording medium is deleted, the granted to a plurality of contents first name continuous except the deleted content the file management method according to claim 4, characterized in that it comprises a changing step of changing the first name to be a numerical or character.
  6. 前記変更ステップは、前記第1の名前の連続的な数値または文字が所定数になった場合に、前記第1の名前を変更することを特徴とする請求項5に記載のファイル管理方法。 The changing step, when the sequential numbers or letters of the first name has reached a predetermined number, the file management method according to claim 5, characterized in that changing the first name.
JP2006256606A 2006-09-22 2006-09-22 File management system, file management method and program Active JP4821534B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006256606A JP4821534B2 (en) 2006-09-22 2006-09-22 File management system, file management method and program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006256606A JP4821534B2 (en) 2006-09-22 2006-09-22 File management system, file management method and program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008077778A true JP2008077778A (en) 2008-04-03
JP4821534B2 true JP4821534B2 (en) 2011-11-24

Family

ID=39349667

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006256606A Active JP4821534B2 (en) 2006-09-22 2006-09-22 File management system, file management method and program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4821534B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011150714A (en) * 2011-03-03 2011-08-04 Kenwood Corp Apparatus and method for file management

Family Cites Families (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11110264A (en) * 1997-09-30 1999-04-23 Canon Inc Information processing device and method
JP4434379B2 (en) * 1999-09-28 2010-03-17 キヤノン株式会社 Information processing apparatus and method, a recording medium
JP2003228502A (en) * 2001-11-30 2003-08-15 Mitsubishi Electric Corp Mobile information terminal
JP2004021996A (en) * 2002-06-12 2004-01-22 Sony Corp Recording device, server, recording method, program, and storage medium
JP2004246936A (en) * 2003-02-12 2004-09-02 Alpine Electronics Inc Audio playback unit
JP4321088B2 (en) * 2003-03-20 2009-08-26 富士ゼロックス株式会社 Document filing apparatus
JP2005157615A (en) * 2003-11-25 2005-06-16 Konica Minolta Photo Imaging Inc Imaging device, image processor and image processing program
JP4230963B2 (en) * 2004-06-07 2009-02-25 株式会社ケンウッド Reproducing apparatus
JP4239940B2 (en) * 2004-09-22 2009-03-18 セイコーエプソン株式会社 File management program, and file management apparatus

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011150714A (en) * 2011-03-03 2011-08-04 Kenwood Corp Apparatus and method for file management

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2008077778A (en) 2008-04-03 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6647496B1 (en) Semiconductor memory card
US20060288044A1 (en) File management device, file management method, file management method program, and recording medium the file management method program
US5633472A (en) Method and system using pathnames to specify and access audio data at fidelity levels other than the level at which the data is stored
US20040027931A1 (en) Information processing apparatus and method
US20060026634A1 (en) Creating standardized playlists and maintaining coherency
US20040098533A1 (en) Use of a media cache for subsequent copying acceleration
US7600224B2 (en) Information processing apparatus including storage
US20060051062A1 (en) Intergrated video data file intergration device and method therefor and intergrated video data file reproduction device and method
US20030182471A1 (en) Methods and systems for burning compact discs
US20090132075A1 (en) interactive multimedia apparatus
JPH08315551A (en) Data recorder/reproducer
JPH10154380A (en) Storage medium, reproducing device of storage medium and reproducing method thereof
JP2005507130A (en) Intelligent synchronous operation for the media player
JPH11341350A (en) Multimedia information editing and reproducing device, recording medium with multimedia information reproduction program and recording medium with sequence information respectively recorded on them
US20050021497A1 (en) Apparatus and method for restoring data
JP2003084902A (en) Device and method for processing information, and program
JPH0836519A (en) Method for processing information and device therefor
US20020085461A1 (en) Digital-audio-signal recording apparatus
JP2004133984A (en) Recording/reproducing device
CN1303094A (en) Recording medium recorded with data structure and recording / reproducing method and equipment
US20050083794A1 (en) Semiconductor memory card, playback apparatus, recording apparatus, playback method, recording method, and a computer-readable storage medium
JP2002175680A (en) Recording device, reproducing device, recording method, reproducing method and storage medium
JP2001142472A (en) Method and device for processing data having copyright
US7539698B2 (en) File name generating unit
JPH08306124A (en) Automatic identification device of storage medium, method and device for automatic identification of music cd and method and device for reproducing storage medium

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090901

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20101220

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110111

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110309

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110809

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110822

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140916

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140916

Year of fee payment: 3

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140916

Year of fee payment: 3