JP4689099B2 - The surgical clip applier - Google Patents

The surgical clip applier Download PDF

Info

Publication number
JP4689099B2
JP4689099B2 JP2001223661A JP2001223661A JP4689099B2 JP 4689099 B2 JP4689099 B2 JP 4689099B2 JP 2001223661 A JP2001223661 A JP 2001223661A JP 2001223661 A JP2001223661 A JP 2001223661A JP 4689099 B2 JP4689099 B2 JP 4689099B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
clip
portion
shaft portion
carry
member
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2001223661A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2003033361A (en
Inventor
勝悟 糸永
Original Assignee
株式会社トップ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社トップ filed Critical 株式会社トップ
Priority to JP2001223661A priority Critical patent/JP4689099B2/en
Priority claimed from CN 02140382 external-priority patent/CN1397256A/en
Publication of JP2003033361A publication Critical patent/JP2003033361A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4689099B2 publication Critical patent/JP4689099B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、外科治療において身体組織にクリップを付与する外科用クリップ付与装置に関する。 The present invention relates to a surgical clip applier that applies a clip to body tissue in surgery.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
例えば、内視鏡手術において、腹部に小さな切開を施し、その切開口に体内と体外とのガイドとなる細長いチューブやカニューレなどの医療用具を挿入し、それらを通して外科用クリップ付与装置を挿通させ、この外科用クリップ付与装置によって、体内の例えば、気管、血管、ダクト、それ以外の身体組織にクリップを付与し、止血することなどが行われている。 For example, in endoscopic surgery, subjected to a small incision in the abdomen and inserting a medical device, such as an elongated tube or cannula comprising a guide between the body and the outside to the incision, is inserted through a surgical clip applier through them, this surgical clip applier, the body for example, trachea, blood vessels, ducts, the clip is given to other body tissues, it has been made such as by hemostasis.
【0003】 [0003]
この種の外科用クリップ付与装置として、例えば、特開平10−118083号公報に記載されたものが知られている。 As this type of surgical clip applier, for example, it is known those described in JP-A-10-118083.
【0004】 [0004]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
しかしながら、上記公報に記載された外科用クリップ付与装置は、多数の部品点数を要し、構成が複雑で、その組立が困難であり、結果として製造コストが高くなるという問題を有している。 However, surgical clip applier described in the above publication requires a large number of parts, construction is complicated, the assembling is difficult and has a problem that as a result the manufacturing cost becomes high.
【0005】 [0005]
本発明は、かかる従来の課題に鑑みなされたもので、部品点数を減少させ、その構成を簡単にして、製造コストを低減することができる外科用クリップ付与装置を提供することをその目的とする。 The present invention has been made in view of such conventional problems, reduce the number of parts, to simplify its construction, and its object is to provide a surgical clip applier which can reduce the manufacturing cost .
【0006】 [0006]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
前述した目的を達成するために、請求項1記載の発明は、ハンドル部と、ハンドル部から先端側に延びるシャフト部と、前記シャフト部内に固定されて、シャフト部内に直列に配置された複数のクリップを軸方向に誘導する誘導機構と、該シャフト部の先端部近傍に配置され離間位置と近接位置との間を移動可能となった一対のジョー要素を備えたジョーと、シャフト部内を伸びて前記ハンドル部の操作に応じて軸方向に移動可能となったプッシュロッドと、プッシュロッドの軸方向の移動に応じて前記ジョーのジョー要素を近接位置に移動させるためのジョー閉鎖部材と、シャフト部内に配設されて、前記ジョーの一対のジョー要素間に前記クリップを1個ずつ順番に押し込むクリップ供給機構と、を備え、身体組織にクリップを付与する To achieve the above object, a first aspect of the present invention, a handle portion, the handle portion and a shaft portion extending distally and secured within the shaft portion, a plurality of which are disposed in series in the shaft portion extending an induction mechanism for inducing the clip in the axial direction, and the jaw having a pair of jaws element is movable between a close position and disposed spaced positioned in the vicinity of the distal end portion of the shaft portion, the shaft portion a push rod movable in the axial direction in response to operation of the handle portion, a jaw closure member for moving the jaw elements of the jaws to close position in response to axial movement of the push rod, the shaft portion is disposed, and a clip feed mechanism which pushes the clip between the pair of jaws elements of the jaws in order one by one, to impart a clip to body tissue 科用クリップ付与装置であって、前記クリップ供給機構は、シャフト部内を伸びて前記ジョー要素間にクリップを供給するクリップキャリーと、クリップキャリーを軸方向後方へと付勢する付勢手段と、プッシュロッドに取り付けられると共にクリップキャリーに係止する方向へ自己の弾性力によって弾発された係止部を有する弾性変形可能な係止部材と、前記係止部材より前方でシャフト部内で固定されて前記係止部材の係止部をクリップキャリーとの非係止位置へと移動させるリセット部材と、からなり、前記誘導機構は、クリップケースと該クリップケースの上側に被されるクリップケースカバーとから構成され、クリップケースとクリップケースカバーとが結合されてクリップケース内部空間を画成しており、クリップケース内部 A clip applier for family, the clip feed mechanism includes a clip carry supplying clip between the jaw elements extending the shaft portion, and urging means for urging the clips carry the axially rearward push a locking member which is elastically deformable with a locking portion which is elastic by its own elastic force in a direction to lock the clip carry with attached to the rod, said fixed within the shaft portion in front of the locking member from a reset member for moving the engaging portion of the locking member into the unlocked position of the clip carry, Tona is, the induction mechanism, the Hisareru clip case cover side of the clip case and the clip casing It is constructed, and defines a clip case inner space clip case and the clip case cover is coupled, inside the clip case 間内には、クリップを前方へと付勢するクリップスプリングが配設され、該クリップスプリングの後端からのバネ力を、クリップケースとクリップケースカバーとのいずれか一方で受けると共に、該クリップケースとクリップケースカバーとは、前記クリップケースとクリップケースカバーとのうちの前記クリップスプリングの後端からのバネ力を受ける側のものを他方に対して相対的に後方へスライドさせることにより、結合され、前記クリップケースとクリップケースカバーとのうちの前記前記クリップスプリングの後端からのバネ力を受ける側のものを他方に対して相対的に前方へスライドさせることにより、結合が外れることを特徴とする。 Within between the clip spring is arranged for biasing the clip forward, the spring force from the rear end of the clip spring, with receiving at one of the clip case and the clip case cover, the clip case and clip case cover, by the slide receives a spring force from the rear end of the clip spring things side to relatively rearward with respect to the other of said clip case and the clip case cover is coupled , by the said slide subjected to spring force from the rear end of the clip spring things side to forward relative the other of the said clip case and the clip case cover, and characterized in that the coupling is disengaged to.
【0007】 [0007]
ハンドル部を操作して、プッシュロッドをシャフト部内で前進させると、プッシュロッドに取り付けられたクリップ供給機構の係止部材が一体的に前進する。 By operating the handle portion, when advancing the push rod in the shaft portion, the locking member of the clip feed mechanism attached to the push rod is advanced integrally. 係止部材の係止部は、クリップキャリーに係止しているために、クリップキャリーも前記付勢手段に抗して前進する。 Engaging portion of the locking member, in order to have engaged the clip carry clips carry also advances against the biasing means. そして、クリップキャリーは、誘導機構によって誘導されたクリップをジョー要素間に押し込む。 Then, the clip Carey, push the clips induced by induction mechanism between the jaw elements. 次いで、シャフト部内をプッシュロッドと共に前進していた係止部材が、前方でシャフト部内に固定されたリセット部材の所まで達する。 Then, the locking member which has been advanced through the shaft portion with the push rod, reaches as far as the reset member fixed to the shaft portion at the front. すると、リセット部材が弾性変形可能となった係止部材を変形させてその係止部を前記クリップキャリーとの非係止位置へと移動させるために、クリップキャリーは、係止部材から解放されて、付勢手段によって後方へと戻る。 Then, in order to move the locking portion by deforming the locking member the reset member becomes elastically deformed to unlocked position of the clip carry, clip Carrie, it is released from the locking member , Back to the rear by the biasing means. さらに、ハンドル部の操作を続けると、プッシュロッドの移動に応じてジョー閉鎖部材がジョーのジョー要素を近接位置へと移動させるために、クリップキャリーによってジョー要素間に押し込まれていたクリップがジョー要素間で圧し潰されて、身体組織に付与される。 Moreover, continuing the operation of the handle unit, for jaw closure member in response to movement of the push rod is moved to the close position jaw elements of the jaws, the clip having been pressed between the jaws elements by clip carry jaw elements It is pressed crushed between, is applied to the body tissue.
【0008】 [0008]
係止部材自身を弾性変形可能な部材で構成するために、別部品としてのバネなどの構成部品を省略することができて、少ない部品で構成を簡単にすることができ、製造コストを低減することができる To construct the locking member itself elastically deformable member, it is possible to omit components such as a spring as a separate part, it is possible to simplify the construction with fewer parts, reduces manufacturing costs it is possible.
また、クリップケースとクリップケースカバーを結合するときには、クリップケースとクリップケースカバーのいずれか一方を他方に対して後方へスライドさせることによって行う。 Further, when joining clip case and the clip case cover is performed by sliding backwards either the clip case and the clip case cover with respect to the other. 結合した後は、クリップスプリングからの後方へのスプリング力を受けるクリップケースとクリップケースカバーのいずれか一方が、そのスプリング力によって後方へスライドしようとしても、結合が外れることはない。 After the bound, either the clip case and the clip case cover which receives the spring force to the rear of the clip spring, attempting to slide backward by the spring force, does not bind is out. こうして、クリップスプリングのスプリング力で、不用意にクリップケースとクリップケースカバーとの結合が外れることを防止することができる。 Thus, a spring force of the clip spring, it is possible to prevent the outside is inadvertently coupling the clip case and the clip cover.
【0009】 [0009]
請求項2記載の発明は、請求項1記載の前記係止部材が、「へ」字状をなしており、その頂上部に前記クリップキャリーに係止する係止部が設けられ、一方の辺部に前記プッシュロッドに枢着される枢着部が設けられ、他方の辺部に板バネ部が設けられ、前記リセット部材は、前記係止部材に作用して前記係止部を下方方向へと押圧するカム面を有することを特徴とする。 According to a second aspect of the invention, the locking member according to claim 1, wherein is has no "To" shaped engaging portion is provided for locking the clip carry on its top part, one side pivot portion is provided to be pivotally connected to the push rod part, the plate spring portion is provided on the other side portion, the reset member, the locking portion to act on the locking member downward direction and having a cam surface for pressing the.
【0010】 [0010]
係止部材の頂上部に形成された係止部が、前記クリップキャリーに常時は係止されているが、リセット部材が係止部材によって作用することによって、係止部が下方方向へと押圧されて、係止部をクリップキャリーからの非係止位置へと移動させることができる。 Engaging portion formed on the top portion of the locking member, wherein at clip always provided a carry is locked by resetting member acts by the locking member, the locking portion is pressed downward direction Te, it is possible to move the locking portion to the non-locking position from the clip carry.
【0011】 [0011]
請求項3記載の発明は、請求項1記載の前記係止部材が、 自己の弾性力によって前記プッシュロッドの軸方向に平行な姿勢になるように付勢された平板状の板バネからなると共に、上下方向に起立した姿勢で左右方向に揺動可能に前記プッシュロッドに取り付けられており、その頂上部に前記クリップキャリーに係止する係止部が設けられ、前記リセット部材は、前記係止部材に作用して前記係止部を左または右方向へ押圧するカム面を有することを特徴とする。 According to a third aspect of the invention, the locking member according to claim 1 wherein, together with consists biased plate-shaped plate spring so as to be parallel posture to the axial direction of the push rod by the elastic force of the self , vertically mounted on the push rod swingably in the horizontal direction in a standing posture, the locking portion is provided for locking the clip carry on its top portion, the reset member, the locking and having a cam surface which acts on the member for pressing the locking portion to the left or right direction.
【0012】 [0012]
係止部材の頂上部に形成された係止部が、前記クリップキャリーに常時は係止されているが、リセット部材が板バネによって作用することによって、係止部が左または右方向へと押圧されて、係止部をクリップキャリーからの非係止位置へと移動させることができる Engaging portion formed on the top portion of the locking member, wherein at clip always provided a carry is locked by resetting member acts by the leaf spring, the locking portion is to the left or right direction pressing is, it is possible to move the locking portion to the non-locking position from the clip carry.
また、請求項4記載の発明は、ハンドル部と、ハンドル部から先端側に延びるシャフト部と、前記シャフト部内に固定されて、シャフト部内に直列に配置された複数のクリップを軸方向に誘導する誘導機構と、該シャフト部の先端部近傍に配置され離間位置と近接位置との間を移動可能となった一対のジョー要素を備えたジョーと、シャフト部内を伸びて前記ハンドル部の操作に応じて軸方向に移動可能となったプッシュロッドと、プッシュロッドの軸方向の移動に応じて前記ジョーのジョー要素を近接位置に移動させるためのジョー閉鎖部材と、シャフト部内に配設されて、前記ジョーの一対のジョー要素間に前記クリップを1個ずつ順番に押し込むクリップ供給機構と、を備え、身体組織にクリップを付与する外科用クリップ付与装置で The invention of claim 4, wherein includes a handle portion, a shaft portion extending distally from the handle portion, is secured within the shaft portion, to induce a plurality of clips arranged in series in the shaft portion in the axial direction an induction mechanism, the jaw having a pair of jaws element is movable between a close position and disposed spaced positioned in the vicinity of the distal end portion of the shaft portion, according to the operation of the handle portion extending shaft portion a push rod movable in the axial direction Te, and the jaw closure member for moving the jaw elements of the jaws to close position in response to axial movement of the push rod, disposed within the shaft portion, wherein It includes a clip feed mechanism for pushing the clip between the pair of jaws elements jaw one by one, a, a surgical clip applier that applies a clip to body tissue って、前記クリップ供給機構は、シャフト部内を伸びて前記ジョー要素間にクリップを供給するクリップキャリーと、クリップキャリーを軸方向後方へと付勢する付勢手段と、プッシュロッドに取り付けられると共にクリップキャリーに係止する方向へ自己の弾性力によって弾発された係止部を有する弾性変形可能な係止部材と、前記係止部材より前方でシャフト部内で固定されて前記係止部材の係止部をクリップキャリーとの非係止位置へと移動させるリセット部材と、からなり、前記係止部材は、自己の弾性力によって前記プッシュロッドの軸方向に平行な姿勢になるように付勢hされた平板状の板バネからなると共に、上下方向に起立した姿勢で左右方向に揺動可能に前記プッシュロッドに取り付けられており、その頂上部に前記ク Clip I, the clip feed mechanism includes a clip carry supplying clip between the jaw elements extending the shaft portion, and urging means for urging the clips carry the axially rearward with attached to a push rod a locking member which is elastically deformable with a locking portion which is elastic by the elastic force of the self-direction to lock the carry, the locking member is secured within the shaft portion than in the front catch of the locking member a reset member for parts to move to the unlocked position of the clip carrying the consist, the locking member is biased h so that the posture parallel to the axial direction of the push rod by the elastic force of the self were together consisting of a flat leaf spring, in a standing posture in the vertical direction is attached to the swingable said push rod in the lateral direction, the click on the top of ップキャリーに係止する係止部が設けられ、前記リセット部材は、前記係止部材に作用して前記係止部を左または右方向へ押圧するカム面を有することを特徴とする。 Locking portion for locking is provided on Ppukyari, the reset member is characterized by having a cam surface for pressing the locking portion by acting on the locking member to the left or right direction.
ハンドル部を操作して、プッシュロッドをシャフト部内で前進させると、プッシュロッドに取り付けられたクリップ供給機構の係止部材が一体的に前進する。 By operating the handle portion, when advancing the push rod in the shaft portion, the locking member of the clip feed mechanism attached to the push rod is advanced integrally. 係止部材の係止部は、クリップキャリーに係止しているために、クリップキャリーも前記付勢手段に抗して前進する。 Engaging portion of the locking member, in order to have engaged the clip carry clips carry also advances against the biasing means. そして、クリップキャリーは、誘導機構によって誘導されたクリップをジョー要素間に押し込む。 Then, the clip Carey, push the clips induced by induction mechanism between the jaw elements. 次いで、シャフト部内をプッシュロッドと共に前進していた係止部材が、前方でシャフト部内に固定されたリセット部材の所まで達する。 Then, the locking member which has been advanced through the shaft portion with the push rod, reaches as far as the reset member fixed to the shaft portion at the front. すると、リセット部材が弾性変形可能となった係止部材を変形させてその係止部を前記クリップキャリーとの非係止位置へと移動させるために、クリップキャリーは、係止部材から解放されて、付勢手段によって後方へと戻る。 Then, in order to move the locking portion by deforming the locking member the reset member becomes elastically deformed to unlocked position of the clip carry, clip Carrie, it is released from the locking member , Back to the rear by the biasing means. さらに、ハンドル部の操作を続けると、プッシュロッドの移動に応じてジョー閉鎖部材がジョーのジョー要素を近接位置へと移動させるために、クリップキャリーによってジョー要素間に押し込まれていたクリップがジョー要素間で圧し潰されて、身体組織に付与される。 Moreover, continuing the operation of the handle unit, for jaw closure member in response to movement of the push rod is moved to the close position jaw elements of the jaws, the clip having been pressed between the jaws elements by clip carry jaw elements It is pressed crushed between, is applied to the body tissue.
係止部材自身を弾性変形可能な部材で構成するために、別部品としてのバネなどの構成部品を省略することができて、少ない部品で構成を簡単にすることができ、製造コストを低減することができる。 To construct the locking member itself elastically deformable member, it is possible to omit components such as a spring as a separate part, it is possible to simplify the construction with fewer parts, reduces manufacturing costs be able to.
また、係止部材の頂上部に形成された係止部が、前記クリップキャリーに常時は係止されているが、リセット部材が板バネによって作用することによって、係止部が左または右方向へと押圧されて、係止部をクリップキャリーからの非係止位置へと移動させることができる。 Further, the engaging portion formed on the top portion of the locking member, wherein at clip always provided a carry is locked by resetting member acts by the plate spring, the locking portion is to the left or right it is pressed and the engaging portion can be moved to unlatched position from the clip carry.
【0013】 [0013]
請求項5記載の発明は、 請求項1〜4のいずれか1項に記載の前記誘導機構内に、最後のクリップがクリップキャリーによってジョー要素間に押し込まれると、クリップキャリーの後退を阻止する阻止手段が備えられており、クリップキャリーの後端には、前記プッシュロッドの後退を阻止するストッパー片部が形成されることを特徴とする。 Invention of claim 5, in said guide mechanism according to any one of claims 1 to 4, last clip prevents the pushed between the jaws elements by clips carry, retraction clips carry blocking means are provided, at the rear end of the clip carry, characterized in that the stopper piece for preventing the retraction of the push rod is formed.
【0014】 [0014]
最後のクリップをクリップキャリーがジョー要素間に押し込むと、阻止手段によってクリップキャリーの後退が阻止されるために、クリップキャリーの後端に形成されたストッパー片部によってプッシュロッドの後退を阻止させることができる。 When the last clip clips carry pushed between the jaws elements, in order to retreat of the clip carry is blocked by the blocking means, it is prevented retraction of the push rod by the stopper piece formed at the rear end of the clip Carry it can. このような動きによって、操作者にすべてのクリップを使ったことを知らしめることができる。 Such a movement, it is possible to notify the fact that with all the clips to the operator. クリップキャリーが直接プッシュロッドの後退を阻止させるために、少ない部品で構成を簡単にすることができ、製造コストを低減することができる。 For clip carry to prevent retraction of the direct push rod, it is possible to simplify the construction with fewer parts, it is possible to reduce the manufacturing cost.
【0015】 [0015]
請求項6記載の発明は、 請求項1〜5のいずれか1項に記載の前記ジョー閉鎖部材が、前記プッシュロッドに一体的に連結されることを特徴とする。 According to a sixth aspect of the invention, the jaw closure member according to any one of claims 1 to 5, characterized in that it is integrally connected to the push rod. または、ジョー閉鎖部材は、プッシュロッドと一体に形成することも可能である。 Or, the jaw closure member can be formed integrally with the push rod.
【0017】 [0017]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下、図面を用いて本発明の実施の形態を説明する。 Hereinafter, an embodiment of the present invention with reference to the drawings. 尚、以下の実施形態は本発明を限定するものではない。 The following embodiments are not intended to limit the present invention.
【0018】 [0018]
図1は本発明に係る外科用クリップ付与装置の全体斜視図である。 Figure 1 is an overall perspective view of the surgical clip applier according to the present invention. この外科用クリップ付与装置10は、全体として、ハンドル部12と、ハンドル部12から先端側に延びるシャフト部14と、シャフト部14内に配設される誘導機構16と、シャフト部14の先端部近傍に配置されたジョー18と、シャフト部14内を伸びて前記ハンドル部12の操作に応じて軸方向に移動可能となったプッシュロッド20と、プッシュロッド20の軸方向の移動に応じて前記ジョー18のジョー要素を近接位置に移動させるためのジョー閉鎖部材22と、シャフト部14内に配設されて、前記ジョー18の一対のジョー要素間にクリップを1個ずつ順番にセットするクリップ供給機構24と、を備えている。 The surgical clip applier 10, as a whole, a handle portion 12, a shaft portion 14 extending distally from the handle portion 12, a guide mechanism 16 disposed within the shaft portion 14, the distal end portion of the shaft portion 14 Joe 18 arranged near a push rod 20 which is movable in the axial direction in response to operation of the handle portion 12 extends through the shaft portion 14, in response to said axial movement of the push rod 20 a jaw closure member 22 for moving the jaw elements of the jaws 18 to close position, disposed within the shaft portion 14, the clip supply to be set one by one clip between a pair of jaws elements of the jaws 18 It is provided with a mechanism 24, a. 以下に、各部の詳細説明を行う。 Hereinafter, a detailed description of each part.
【0019】 [0019]
[1]ハンドル部12 [1] The handle portion 12
図1に示したように、ハンドル部12は、グリップ右ケース121とグリップ左ケース122とを有しており、これらのグリップ右ケース121とグリップ左ケース122とで、グリップケース124を構成して、その内部にケース内部空間を画成している。 As shown in FIG. 1, the handle portion 12 has a grip right case 121 and grip the left case 122, in these grips right case 121 and grip the left case 122, to constitute a grip casing 124 , it defines a case interior space in its interior. グリップケース124には、操作者が握るのに適した握り部124aが形成される。 The grip casing 124, grip 124a that is suitable for gripping by the operator is formed. 図2に示したように、ケース内部空間には、トリガ123が軸着されており、トリガ123のピン貫通孔123aをグリップケース124のケース内部空間に突設されたピン124bが貫通している。 As shown in FIG. 2, the case interior, triggering 123 are axially mounted, the pin 124b extends through the projecting pins through holes 123a of the trigger 123 to the case inner space of the grip casing 124 . トリガ123の下端部は、グリップケース124から突出して、握り部124aに対して接近・離反可能に揺動運動するようになっている。 The lower end of the trigger 123, and protrudes from the grip casing 124 is adapted to swing motion possible toward and away from the grip portion 124a. 握り部124aを握った操作者は、トリガ123を引く操作によって、後述のように、クリップCをジョー18にセットし、クリップCを締付けて、身体組織の所望部位に付与する一連の動作を行うことができる。 Operator gripping the grip portion 124a is by the operation of pulling the trigger 123, as described below, sets a clip C to the jaw 18, by tightening the clip C, a series of operations to be applied to a desired site in the body tissue be able to.
【0020】 [0020]
図2に示したように、トリガ123の上端部は、前記シャフト部14と同一線上に配置されるプッシュバー126に形成された突起126aに係合している。 As shown in FIG. 2, the upper end portion of the trigger 123 is engaged with the projection 126a formed on the push bar 126 is disposed on the shaft portion 14 and the same line. プッシュバー126は、ケース内部空間において、シャフト部14の軸方向に移動可能に配設されており、トリガ123の揺動運動が、プッシュバー126のシャフト部14軸方向の移動に変換される。 Push bar 126, in the case the internal space, are arranged to be movable in the axial direction of the shaft portion 14, the oscillating movement of the trigger 123 is converted to movement of the shaft portion 14 axially push bar 126. 図3に示したように、プッシュバー126の後端部には、下方に膨出した部分が形成されており、この膨出部分の下面にラチェット歯126bが形成されている。 As shown in FIG. 3, the rear end of the push bar 126 is formed with a bulged portion downwardly, ratchet teeth 126b are formed on the lower surface of the bulging portion. このラチェット歯126bの各歯は、直角二等辺三角形の形状をしている。 Each tooth of the ratchet teeth 126b has the shape of right-angled isosceles triangle. ラチェット歯126bが形成された膨出部分の前側と後側は、逃げ部126c、126dとなっている。 Front and rear sides of the bulging portion ratchet teeth 126b are formed, the relief portion 126c, has become 126d. プッシュバー126の先端部は軸部126eが伸びており、その先端には、後述のプッシュロッド20のプッシュロッド・リア202の後端の被受部202aを回転可能に収容する受部126fが形成されている。 Tip of the push bar 126 extends the shaft portion 126 e, the its tip receiving portion 126f rotatably accommodate the receiving portion 202a of the rear end of the push rod and rear 202 of the push rod 20 described later is formed It is. 受部126fは、筒形の一部周面が切り欠かれた形状となっている。 Receiving 126f, a portion peripheral surface of the cylindrical-shaped and has a notched shape.
【0021】 [0021]
さらに、ケース内部空間には、ラチェット部材128が軸着されており、ラチェット部材128のピン貫通孔128aをグリップケース124のケース内部空間に突設されたピン124cが貫通している。 Furthermore, the case interior, the ratchet member 128 are axially mounted, the pin 124c of the pin holes 128a projecting from the casing inner space of the grip casing 124 of the ratchet member 128 penetrates. ラチェット部材128は、図4に示したように、その先端頭部が山形状に形成されて、その山形の両斜面にそれぞれラチェット歯128b、128cが形成されている。 The ratchet member 128, as shown in FIG. 4, the tip head portion is formed in a mountain shape, the chevron of each ratchet teeth 128b on both slopes, 128c are formed. これらのラチェット歯128b、128cは、前記プッシュバー126のラチェット歯126bと噛合い可能となるべく、直角二等辺三角形の形状をしている。 These ratchet teeth 128b, 128c is, as much as possible allows have ratchet teeth 126b meshes with the push bar 126, in the shape of a right-angled isosceles triangle. ラチェット部材128の下部は、可撓性を有する薄板状の板バネ部128dとなっている。 The lower portion of the ratchet member 128 has a thin plate-like leaf spring portion 128d having flexibility. ラチェット部材128の板バネ部128dは、グリップケース124のケース内部空間に形成されたゲート124d内を通過しており、このゲート124d内に板バネ部128dが存在する範囲で、ラチェット部材128は前記ピン124cを中心として回動可能となっている。 Leaf spring portion 128d of the ratchet member 128 is passed through the gate 124d formed in the case the internal space of the grip casing 124, to the extent that there is a leaf spring portion 128d in the gate 124d, the ratchet member 128 is the It is turnable about the pin 124c.
【0022】 [0022]
グリップケース124の先端口には、回転コマ130が回転可能に配設される。 The distal end opening of the grip casing 124, the rotation frame 130 is rotatably arranged. 回転コマ130は、図5に示すように、ケース内部空間に配置される基部130aを有している。 Rotary top 130, as shown in FIG. 5, and has a base portion 130a disposed on the case interior. 前記基部130aには、外径方向に伸びる複数のリブ130bが形成されており、これらのリブ130bの間に、グリップ右ケース121とグリップ左ケース122のケース面にそれぞれ切り起こしにより形成された弾性片121aと、122a(122aのみ図1に示す)とが噛合うことが可能となっている。 Resilient to the base 130a, a plurality of ribs 130b extending radially outward are formed, which between these ribs 130b, which is formed by cutting and raising each case faces the grip right case 121 and grip the left case 122 and pieces 121a, 122a (122a only shown in FIG. 1) and is made possible to mate. また、回転コマ130の基部130aよりも先端側には、ネジ部130cが形成されている。 Further, the distal end side than the base portion 130a of the rotating frame 130, the threaded portion 130c is formed.
【0023】 [0023]
前記プッシュバー126の軸部126eの外周には、リターンスプリング132が巻回されており、リターンスプリング132の先端は、前記回転コマ130の内部に形成された段部130d(図5(b))に当接している。 The outer periphery of the shaft portion 126e of the push bar 126, return spring 132 is wound, the tip of the return spring 132 is formed inside the stepped portion 130d of the rotating element 130 (FIG. 5 (b)) in contact with. また、リターンスプリング132の後端は、プッシュバー126の段部126gに当接しており、プッシュバー126は、リターンスプリング132によって、常時後退する方向に付勢されている。 The rear end of the return spring 132 is in contact with the stepped portion 126g of the push bar 126, the push bar 126, by a return spring 132 is biased in a direction to retreat at all times. また、前記プッシュバー126の受部126f及び軸部126eの先端は、プッシュバー126をリターンスプリング132の付勢力に抗して前進させると、前記回転コマ130を挿通してハンドル部12から突出可能となっている。 The tip of the receiving part 126f and the shaft portion 126e of the push bar 126 is advanced against the push bar 126 to the urging force of the return spring 132, it can protrude from the handle portion 12 by inserting the rotating element 130 It has become.
【0024】 [0024]
以上のように構成されるハンドル部12のみの作用をまず説明する。 First a description will be given of the operation of the formed handle portion 12 only as described above. 操作者が前記握り部124aを握り、トリガ123を引いて握り部124aに接近させると、トリガ123の上端がプッシュバー126の突起126aに係合していることから、プッシュバー126は、前進即ち、シャフト部14の方へと移動する。 Operator grasping the grip portion 124a, when brought close to the grip portion 124a by pulling the trigger 123, since the upper end of the trigger 123 is engaged with the protrusion 126a of the push bar 126, the push bar 126 is advanced i.e. , to move toward the shaft portion 14. これにより、ラチェット部材128の先端頭部は、プッシュバー126のラチェット歯126bに当たり、図6に示すように、その先端頭部が前側、即ちシャフト部14側へと押し倒される。 Thus, the tip head portion of the ratchet member 128 hits the ratchet teeth 126b of the push bar 126, as shown in FIG. 6, the tip head front, that is pushed down into the shaft section 14 side. そして、ラチェット歯128bがプッシュバー126のラチェット歯126bと噛合う。 Then, the ratchet teeth 128b are intends ratchet teeth 126b meshes with the push bar 126. 同時に、板バネ部128dはゲート124dの図6中右端にある柱に当たりつつ、図6中、右に凸となるように曲げられる。 At the same time, the plate spring portion 128d while hit the pillar is in Figure 6 the right edge of the gate 124d, in FIG. 6, is bent to form a projection on the right. この板バネ部128dのバネ力によって、ラチェット部材128の先端頭部は、プッシュバー126のラチェット歯126bの方へ押し付けられ、特に図6の右上方へと押し付けられる。 By the spring force of the plate spring portion 128d, the tip head portion of the ratchet member 128 is pressed toward the ratchet teeth 126b of the push bar 126 is pressed especially to the upper right of FIG. プッシュバー126の前進を続けると、ラチェット部材128の先端頭部が、図6の右上方と左下方との間を揺動して、そのラチェット歯128bがラチェット歯126bから適宜逃げながら、ラチェット歯126bに対して相対移動する。 Continuing advancement of push bar 126, the tip head portion of the ratchet member 128, swings between the upper right and lower left in FIG. 6, the ratchet teeth 128b is while escaping appropriately from the ratchet teeth 126b, the ratchet teeth moves relative to 126b. トリガ123の揺動運動を停止して、プッシュバー126の前進運動が停止すると、ラチェット部材128の先端頭部が右上方に向けてラチェット歯126bの方へと押圧されて、ラチェット歯128bとラチェット歯126bとの間の噛み合いが確保され、プッシュバー126の停止が保持される。 Stop the rocking motion of the trigger 123, the forward movement of the push bar 126 is stopped, the tip head portion of the ratchet member 128 is pressed toward the ratchet teeth 126b toward the upper right, the ratchet teeth 128b and the ratchet engagement between the teeth 126b is secured, stopping the push bar 126 is maintained. このとき、プッシュバー126には、リターンスプリング132の付勢力によって、プッシュバー126を後退させようとする力が作用するが、ラチェット歯128bとラチェット歯126bとが噛み合っており、ラチェット歯128bは、プッシュバー126の後退を許容する方向に逃げることができないために、プッシュバー126の後退は禁止される。 At this time, the push bar 126 by the biasing force of the return spring 132, a force which tends to retract the push bar 126 is applied, the ratchet teeth 128b and the ratchet teeth 126b are meshed, the ratchet teeth 128b are because they can not escape in a direction to permit retraction of the push bar 126, retraction of the push bar 126 is prohibited.
【0025】 [0025]
トリガ123をさらに引いて、プッシュバー126がさらに前進すると、図7に示すように、ラチェット部材128のラチェット歯128bとプッシュバー126のラチェット歯126bとの噛み合いがはずれ、ラチェット部材128の先端頭部は、逃げ部126dの所に入る。 Further pulling the trigger 123, the push bar 126 advances further, as shown in FIG. 7, the meshing is disengaged with the ratchet teeth 126b of the ratchet teeth 128b and the push bar 126 of the ratchet member 128, the tip of the ratchet member 128 head enters at the relief portion 126d. こうして、プッシュバー126は、ラチェット部材128から解放される。 Thus, push bar 126 is released from the ratchet member 128.
【0026】 [0026]
トリガ123への力を解除すると、リターンスプリング132の付勢力によって、プッシュバー126は後退する。 When releasing the force on the trigger 123 by the biasing force of the return spring 132, the push bar 126 is retracted. このとき、ラチェット部材128の先端頭部は、プッシュバー126のラチェット歯126bに当たり、図8に示すように、その先端頭部が後側、即ち反シャフト14側へと押し倒される。 At this time, the tip head portion of the ratchet member 128 hits the ratchet teeth 126b of the push bar 126, as shown in FIG. 8, the rear side is the tip head portion, i.e. pushed down into the counter shaft 14 side. そして、ラチェット歯128cがプッシュバー126のラチェット歯126bと噛合う。 Then, the ratchet teeth 128c are intends ratchet teeth 126b meshes with the push bar 126. 同時に板バネ部128dはゲート124dの図8中左端にある柱に当たりつつ、図8中、左に凸となるように曲げられる。 While simultaneously per leaf spring portion 128d is the pillar that is in 8 leftmost gate 124d, in FIG. 8, it is bent to be convex to the left. この板バネ部128dのバネ力によって、ラチェット部材128の先端頭部は、プッシュバー126のラチェット歯126bの方へ押し付けられ、特に図8の左上方へと押し付けられる。 By the spring force of the plate spring portion 128d, the tip head portion of the ratchet member 128 is pressed toward the ratchet teeth 126b of the push bar 126 is pressed especially to the upper left in FIG. 8. プッシュバー126の後退を続けると、ラチェット部材128の先端頭部が、図8の左上方と右下方との間を揺動して、そのラチェット歯128cがラチェット歯126bから適宜逃げながら、ラチェット歯126bに対して相対移動する。 Continuing the retraction of the push bar 126, the tip head portion of the ratchet member 128, swings between the upper left and lower right in FIG. 8, the ratchet teeth 128c is while escaping appropriately from the ratchet teeth 126b, the ratchet teeth moves relative to 126b. 仮に、図8のような途中状態で、再びトリガ123を引いて、プッシュバー126を前進させようとすると、ラチェット歯128cとラチェット歯126bとが噛み合っており、ラチェット歯128cは、プッシュバー126の前進を許容する方向に逃げることができないために、プッシュバー126の前進は禁止される。 If, in the course the state of FIG. 8, by pulling the trigger 123 again, if it is attempted to advance the push bar 126, engages ratchet teeth 128c and the ratchet teeth 126b are ratchet teeth 128c is the push bar 126 because they can not escape in a direction to allow forward movement, advancement of the push bar 126 is prohibited.
【0027】 [0027]
そして、プッシュバー126がさらに後退すると、図2の状態に戻り、ラチェット部材128のラチェット歯128cとプッシュバー126のラチェット歯126bとの噛み合いがはずれ、ラチェット部材128の先端頭部は、逃げ部126cの所に入る。 When retracted push bars 126 further returns to the state shown in FIG. 2, the meshing is disengaged with the ratchet teeth 126b of the ratchet teeth 128c and the push bar 126 of the ratchet member 128, the tip head portion of the ratchet member 128, the relief portion 126c enter the place of. こうして、プッシュバー126は、ラチェット部材128から解放される。 Thus, push bar 126 is released from the ratchet member 128.
【0028】 [0028]
以上のプッシュバー126とラチェット部材128との作用によって、トリガ123の完全な引き動作と完全な解除動作とからなる一サイクルの動作が確実に行われるようにして、中途半端な動作は阻止し、後述のようにクリップCの付与と次のクリップCの準備とが確実に行われるようにしている。 By the action of the above push bar 126 and the ratchet member 128, making the complete pulling operation as a complete release operation as one cycle consisting of the trigger 123 is reliably performed, halfway operation prevents, clip C grant and the following preparations clip C is to be reliably performed as described below.
【0029】 [0029]
このハンドル部12においては、ラチェット部材128自身が板バネ部128dを備えているために、別途のバネ部材を省略することができて、部品点数を低減させることができる。 In the handle portion 12, in order to ratchet member 128 itself is provided with a leaf spring portion 128d, and it is possible to omit the separate spring member, it is possible to reduce the number of parts.
【0030】 [0030]
尚、この実施形態のハンドル部12は、リターンスプリング132を除き、すべてプラスチック製となっており、使用後は、リターンスプリング132を取り除くことで、分別処分が可能となっている。 Incidentally, the handle portion 12 of this embodiment, except for the return spring 132, all of which become plastic, after use, by removing the return spring 132, and can sensible disposal.
【0031】 [0031]
[2]シャフト部14 [2] shaft portion 14
次に、シャフト部14は、図1に示すように、回転ノブ142と、ガイドパイプ144とから構成される。 Next, the shaft portion 14, as shown in FIG. 1, a rotating knob 142, and a guide pipe 144..
【0032】 [0032]
図9に示すように、回転ノブ142は、その内周面に前記ハンドル部12の回転コマ130のネジ部130cに螺合するネジ部142bが形成されている。 As shown in FIG. 9, rotation knob 142 is threaded portion 142b screwed to the screw portion 130c of the rotating element 130 of the handle portion 12 on an inner peripheral surface thereof is formed. また、ガイドパイプ144の後端に形成された鍔部144aが、回転コマ130の先端面と、回転ノブ142の内周面に形成された段部142aとの間に挟着される。 Further, a flange portion 144a formed at the rear end of the guide pipe 144, and the distal end surface of the rotary frame 130 is sandwiched between the stepped portion 142a formed on the inner peripheral surface of the rotary knob 142. これで、回転ノブ142、ガイドパイプ144及び回転コマ130は一体的に結合される。 This rotation knob 142, the guide pipe 144 and the rotating frame 130 are integrally connected. 従って、操作者が、回転ノブ142を回転することにより、ガイドパイプ144及び回転コマ130が一体に回転し、ガイドパイプ144内に配設される以下に説明する部品も一体に回転する。 Thus, the operator, by rotating the rotation knob 142 rotates the guide pipe 144 and the rotating frame 130 is integrally components described below which is disposed within the guide pipe 144 also rotates integrally. よって、操作者がクリップCを付与する向きを回転させたい場合には、回転ノブ142を回転することにより、適宜調整することができる。 Therefore, when it is desired to rotate the orientation of the operator to impart a clip C, by rotating the rotary knob 142 can be appropriately adjusted.
【0033】 [0033]
[3]誘導機構16 [3] induction mechanism 16
次に、誘導機構16は、シャフト部14のガイドパイプ144の前方部分で且つ、ガイドパイプ144の円形横断面内において、そのほぼ上半分を占有しており、クリップケース162と、クリップケースカバー164とから構成される。 Next, the induction mechanism 16, and the front portion of the guide pipe 144 of the shaft portion 14, in a circular cross-section of the guide pipe 144, which occupies almost the upper half thereof, the clip case 162, the clip case cover 164 composed of a.
【0034】 [0034]
図10及び図11に示したように、クリップケース162は、複数のクリップCが直列に載置される底面162aと、該底面162aの両側に形成された側部162bとを有しており、側部162bの上端は底面162aとほぼ平行になるように屈曲されて、側部162bは、クリップCの側部を包み込んでいる。 As shown in FIGS. 10 and 11, the clip case 162 has a bottom surface 162a in which a plurality of clips C is placed in series, and a side portion 162b formed on both sides of the bottom surface 162a, the upper end of the side 162b is being bent to be substantially parallel to the bottom surface 162a, the side 162b is wrapped the sides of the clip C. クリップケースカバー164は、クリップケース162の上側に被されて、クリップケース162と共に、クリップケース内部空間を画成する。 Clip case cover 164 Kabusare above the clip case 162, with the clip case 162 to define a clip case interior.
【0035】 [0035]
このクリップケース内部空間内には、複数のクリップCと、最後部のクリップCよりも後方にあってクリップCを押圧するクリップ押出しバー166と、クリップ押出しバー166を前方方向に付勢するクリップスプリング168とが収容される。 The clip case interior space, a clip spring biasing a plurality of clips C, a clip extruding bar 166 for pressing the clip C In the rear than the clip C of the last portion, the clip extruded bar 166 in a forward direction 168 and is housed. クリップCは、略U字形状をなしており、その基端部を後方に向けてクリップケース162の底面162aに並べられる。 Clip C has a substantially U-shaped, are arranged in the bottom surface 162a of the clip case 162 toward the base end portion to the rear.
【0036】 [0036]
また、クリップケース162の側面162bには、軸方向に離間して、略逆L字状をした係止片部162cが複数形成されている。 Further, the side surface 162b of the clip case 162, spaced axially, the locking piece portion 162c is formed with a plurality of the substantially inverted L-shape. この略逆L字状の係止片部162cは、上方に伸びる垂直部162c1と、垂直部162c1から直角に曲がって後方へと軸方向に伸びる平行部162c2とから構成される。 The substantially inverted L-shaped engaging piece portion 162c is composed of a vertical portion 162c1 extending upwardly, parallel portion 162c2 Metropolitan axially extending from the vertical portion 162c1 rearward bent at a right angle.
【0037】 [0037]
クリップケースカバー164の側縁端には、前記係止片部162cに対応して、軸方向に離間して複数の切欠部164aと、この切欠部164aに隣接して他の部分よりも低くなった支持面164bが形成されている。 The side edges of the clip case cover 164, corresponding to the locking piece 162c, and a plurality of cutout portions 164a are spaced axially, is lower than other portions adjacent to the notch 164a support surface 164b is formed.
【0038】 [0038]
クリップケース162とクリップケースカバー164とを結合するには、図12に示したように、クリップケース162の係止片部162cの位置をクリップケースカバー164の切欠部164aの位置に合わせて、係止片部162cを切欠部164aに挿入する(図12(a))。 To couple the clip case 162 and a clip case cover 164, as shown in FIG. 12, by aligning the engaging piece portion 162c of the clip case 162 to the position of the notch 164a of the clip case cover 164, the engagement inserting the Tomehen portion 162c into the notch 164a (FIG. 12 (a)). 次に、クリップケースカバー164をクリップケース162に対して前方へスライドさせて(図12(a)の矢印方向)、クリップケース162の係止片部162cの平行部162c2が、クリップケースカバー164の支持面164b上にくるようにする。 Next, the clip case cover 164 is slid forward relative to the clip case 162 (FIG. 12 (a) the direction of the arrow), the parallel portion 162c2 of the locking piece portion 162c of the clip case 162, the clip case cover 164 to come in on the support surface 164b. これにより、支持面164bに係止片部162cが支持されて、クリップケース162とクリップケースカバー164とが一体化される。 Thus, the locking piece portion 162c to the support surface 164b is supported, a clip case 162 and a clip case cover 164 are integrated.
【0039】 [0039]
クリップスプリング168の後端は、後述のクリップケース162の後端に連結されるリセットバー248に当接されるため、クリップスプリング168のスプリング力は、クリップケース162を相対的にクリップケースカバー164に対して後方へ押し出す力となって、クリップケース162に作用する。 The rear end of the clip spring 168 to be abutted on the reset bar 248 which is connected to the rear end of the clip case 162 will be described later, the spring force of the clip spring 168, the clip case 162 relatively clip case cover 164 become a force to push out to the rear for, acting on the clip case 162. このような力をクリップケース162が受けたとしても、クリップケース162は、クリップケースカバー164に対して相対的に前進しなければ、クリップケース162とクリップケースカバー164との間の結合は外れないために、不用意にクリップケース162とクリップケースカバー164との結合が外れることはない。 Also such forces as a clip case 162 receives the clip case 162, unless advances relative clip case cover 164, coupling between the clip case 162 and a clip case cover 164 is not disengaged for, it does not come off inadvertently coupling the clip case 162 and a clip case cover 164.
【0040】 [0040]
図10に戻り、クリップケースカバー164の先端部には、後述のクリップ供給機構24のクリップキャリー242の先端が進入するための長孔164cが形成されている。 Returning to Figure 10, the distal end of the clip case cover 164, the long hole 164c of the tip of the clip carry 242 of the clip feed mechanism 24 described later enters is formed. また、クリップケース162には、このクリップケースカバー164の長孔164cに対応した部分に、先頭のクリップCの基端部を抑えて、クリップCが不用意に飛び出さないようにする爪部162eが形成されている。 Further, the clip case 162, the portion corresponding to the long hole 164c of the clip case cover 164, to suppress the proximal end portion of the head of the clip C, the claw portion 162e which clip C is prevented jump out inadvertently There has been formed.
【0041】 [0041]
さらに、クリップケース162の爪部162eよりも若干後方位置には、底面162aから切り起こされた弾性片162fが形成されている。 Furthermore, slightly rearward position than the claw portion 162e of the clip case 162, the elastic piece 162f which is cut and raised from the bottom face 162a is formed. 弾性片162fは、前記クリップ押出しバー166の底面に形成された凹部と係合可能となっている。 Elastic piece 162f has a engageable with the clip recess formed on the bottom surface of the extrusion bar 166. この弾性片162fとクリップ押出しバー166とで、後述のように、最後のクリップCがジョー18へと押し出されたときに、後述のクリップ供給機構24のクリップキャリー242の後退を阻止する阻止手段として機能する。 In this elastic piece 162f and clip extruding bar 166, as described below, when the last clip C is pushed into jaws 18, as blocking means for preventing retraction of the clip carry 242 of the clip feed mechanism 24 described later Function.
【0042】 [0042]
さらに、クリップケース162の後端には、後述のクリップ供給機構24のリセットバー248と係合するための係合孔162dが形成されている。 Further, the rear end of the clip case 162, engagement hole 162d for engaging the reset bar 248 of the clip feed mechanism 24 described later is formed.
【0043】 [0043]
[4]ジョー18 [4] Joe 18
次に、ジョー18は、前記クリップケース162の下面にレーザー溶着などで一体に結合される。 Next, jaws 18 are coupled together in such lower surface to the laser welding of the clip case 162. 図13及び図14に示すように、ジョー18の先端部は、二股状に割れており、それぞれが、クリップCを挟み付ける一対のジョー要素18a、18aとなる。 As shown in FIGS. 13 and 14, the distal end portion of the jaw 18 is cracked bifurcated, respectively, a pair of jaw elements 18a, sandwiching the clip C, the 18a. これらのジョー要素18a、18aは、その弾性を利用して、離間位置と互いに接近した接近位置との間を移動可能となっている。 These jaw elements 18a, 18a, utilizing its elasticity and is movable between a close position close to each other and spaced apart positions. ジョー要素18a、18aの上面側には、クリップCを受け入れるための誘導傾斜面18bが形成される。 Jaw elements 18a, on the upper surface of 18a, induction inclined surface 18b for receiving the clip C is formed. 一方、ジョー要素18a、18aの下面側には、それぞれカム面18c、18cが形成される(図14(c))。 On the other hand, the jaw elements 18a, the lower surface side of the 18a, the cam surfaces 18c, respectively, 18c is formed (FIG. 14 (c)). カム面18c、18cは、先端側に向かうに従って、互いの距離が離反するような傾斜面となっている。 Cam surfaces 18c, 18c is toward the distal end side, has an inclined surface such as a distance from each other away. このカム面18c、18cは、後述のジョー閉鎖部材22のカム面22cと関わり合うためのものである。 The cam surface 18c, 18c are for mutual relationship between the cam surface 22c of the jaw closure member 22 to be described later.
【0044】 [0044]
ジョー18の後部側面には、複数の突起18d、18dが形成されており、これらの突起18d、18dは、シャフト部14のガイドパイプ144に形成された開口144b(図1及び図9参照)に嵌め込まれる。 At the rear side of the jaw 18, a plurality of projections 18 d, 18 d are formed, these projections 18 d, 18 d is in the opening formed in the guide pipe 144 of the shaft portion 14 144b (see FIGS. 1 and 9) It is fitted. こうして、シャフト部14のガイドパイプ144にジョー18及び前記誘導機構16が固定される。 Thus, the jaws 18 and the guide mechanism 16 to the guide pipe 144 of the shaft portion 14 is fixed.
【0045】 [0045]
ジョー18の中央下面には、位置決め突起18e、18eが形成され、後述のジョー閉鎖部材22の誘導溝22b内に嵌め込まれる。 The central lower surface of the jaw 18, the positioning protrusions 18e, 18e are formed and fitted into the guide groove 22b of the jaw closure member 22 to be described later.
【0046】 [0046]
[5]プッシュロッド20 [5] push rod 20
次に、プッシュロッド20は、シャフト部14のガイドパイプ144の円形横断面内において、そのほぼ下半分に配置されており、図15に示したように、プッシュロッド・リア202と、プッシュロッド・フロント204と、から構成される。 Then, the push rod 20, within the circular cross-section of the guide pipe 144 of the shaft portion 14, the are substantially arranged in the lower half, as shown in FIG. 15, the push rod rear 202, push rod a front 204, consists of. これらのプッシュロッド・リア202とプッシュロッド・フロント204は、一体品で成形することにより、部品点数をより低減してもよく、または、この実施形態のように、成形性を優先させて別部品としてもよい。 These push rod rear 202 and the push rod front 204, by molding in one piece, may be further reduced number of components, or, as in this embodiment, separate components give priority to formability it may be.
【0047】 [0047]
プッシュロッド・リア202の後端には、前記プッシュバー126の受部126fに回転可能に嵌合可能となった円柱形の被受部202aが形成されている。 The rear end of the push rod and rear 202, the receiving portion 202a of the cylindrical made possible to be fitted rotated in receiving portion 126f of the push bar 126 is formed. また、プッシュロッド・リア202の前端部には、軸方向に伸びる長孔202bが形成されており、該長孔202bには、後述の係止部材246が枢着される。 Further, the front end of the push rod and rear 202 are long holes 202b extending in the axial direction is formed, the said long hole 202b, the locking member 246 will be described later, is pivotally mounted. このため、係止部材246の軸部246aが嵌め込むための軸受凹部202dが長孔202bの側面に形成されている(図16(b)参照)。 Therefore, bearing recess 202d for fitting the shaft portion 246a of the engaging member 246 is formed on the side surface of the long hole 202b (see FIG. 16 (b)). また、長孔202bの側面には、前記係止部材246の第2軸部246cを受け入れるための凹部202gが形成されている。 Further, the side surface of the long hole 202b, a concave portion 202g for receiving the second shaft portion 246c of the locking member 246 is formed.
【0048】 [0048]
また、プッシュロッド・リア202の後部を軸方向に伸びる軸部202eは、断面十字形状をなしており、軸部202eと長孔202bとの間には、軸部202eの前端を規定する段部202fが形成されている。 The shaft portion 202e which extends the rear portion of the push rod and rear 202 in the axial direction is formed in a sectional cross-shaped, between the shaft portion 202e and the long hole 202b is stepped portion defining a front end of the shaft portion 202e 202f are formed.
【0049】 [0049]
プッシュロッド・リア202の前端部には、プッシュロッド・フロント204と連結するための凹凸形状の鉤部202cが形成されており、一方、プッシュロッド・フロント204には、プッシュロッド・リア202の鉤部202cと嵌合する凹凸形状の鉤部204aが形成されている。 The front end of the push rod and rear 202, pushrod front 204 are hook 202c is formed of a concavo-convex shape for coupling with the other hand, the pushrod front 204, hooks of the push rod and rear 202 hook 204a parts 202c and mating uneven shape is formed. また、プッシュロッド・フロント204の先端には、次のジョー閉鎖部材22に係合する鉤部204bが形成されている。 Further, the tip of the push rod front 204, hook 204b to engage the next jaw closure member 22 is formed.
【0050】 [0050]
[6]ジョー閉鎖部材22 [6] of jaw closure member 22
ジョー閉鎖部材22は、前記プッシュロッド20に連結されて、前記ジョー18の下側に配設される。 Jaw closing member 22 is coupled to the push rod 20 is disposed on the lower side of the jaw 18. ジョー閉鎖部材22は、前述のプッシュロッド20と一体に形成することも可能であるが、この実施形態では、ジョー18のジョー要素18a、18aを確実に閉鎖させるために、プッシュロッド20とは別部品にして金属製の板材としている。 Jaw closure member 22, but can also be formed integrally with the push rod 20 described above, in this embodiment, in order to ensure the closing jaw elements 18a of the jaw 18, the 18a, independent of the push rod 20 in the parts are made of metal plate material.
【0051】 [0051]
図17及び図18に示したように、ジョー閉鎖部材22の中央部には、係合孔22aが形成されており、この係合孔22aに前記プッシュロッド・フロント204の先端に形成された鉤部204bが係合される。 As shown in FIGS. 17 and 18, hooks in the central portion of the jaw closure member 22, which is formed has an engaging hole 22a is formed at the tip of the push rod front 204 to the engaging hole 22a part 204b is engaged. また、その中央部の上面には、2条の誘導溝22bが形成されており、この誘導溝22b内には、前記ジョー18の位置決め突起18eが挿入される。 On the upper surface of the central portion, are formed guide grooves 22b of the two rows are, within the guide groove 22b, the positioning protrusion 18e of the jaw 18 is inserted. この誘導溝22bに沿って前記ジョー18の位置決め突起18eが相対的にスライドすることにより、ジョー閉鎖部材22は、ジョー18に対して直線的に移動する。 By positioning projections 18e of the jaw 18 along the guide groove 22b is relatively slid, jaw closure member 22 moves linearly relative to the jaw 18. そして、ジョー閉鎖部材22の先端部には、前記ジョー要素18a、18aを閉鎖する方向へと移動させるためにジョー要素18aのカム面18cと摺接するカム面22cが形成されている。 Then, the distal end portion of the jaw closure member 22, the jaw elements 18a, the cam surface 18c of the jaw elements 18a to move in the direction of closing the 18a sliding contact with the cam surface 22c is formed.
【0052】 [0052]
図19は、ジョー18とジョー閉鎖部材22との関係を表した図である。 Figure 19 is a diagram showing a relationship between jaw 18 and the jaw closure member 22. 図19(a)は、ジョー閉鎖部材22のカム面22cがジョー18のジョー要素18aのカム面18cよりも後方にある状態を表しており、図19(b)は、プッシュロッド20(プッシュロッド・フロント204)の前進と共にジョー閉鎖部材22が前進して、ジョー閉鎖部材22のカム面22cとジョー要素18aのカム面18cとが関わり合って、ジョー要素18a、18aを接近した位置へと移動させた状態を表している。 FIG. 19 (a), the cam surface 22c of the jaw closure member 22 represents a state in which the rear than the cam surface 18c of the jaw elements 18a of the jaw 18, FIG. 19 (b), the push rod 20 (the push rod front 204) forward jaw closure member 22 is advanced together with the movement, to each other relationship with the cam surface 18c of the cam surfaces 22c and the jaw elements 18a of the jaw closure member 22, the jaw elements 18a, to a position in close proximity to 18a it represents the state of being.
【0053】 [0053]
[7]クリップ供給機構24 [7] clip feed mechanism 24
クリップ供給機構24は、主として、図20及び図21に示すように、シャフト部14の軸方向に伸びるクリップキャリー242と、クリップキャリー242を軸方向後方へと付勢するリセットスプリング244(付勢手段)と、リセットスプリング244がその周面に巻回されたスプリング軸245と、プッシュロッド・リア202の長孔202bに形成された軸受凹部202dにその軸部246aが嵌め込まれて、その軸部246aを中心として揺動可能となった係止部材246と、前記クリップケース162の後端に形成された係合孔162dに係合するリセットバー248と、から構成される。 Clip feed mechanism 24 is mainly, as shown in FIGS. 20 and 21, a clip carry 242 extending in the axial direction of the shaft portion 14, a reset spring 244 (urging means for urging the axially rearward clip carry 242 and), a spring shaft 245 reset spring 244 is wound on the circumferential surface thereof, and the shaft portion 246a is fitted into the bearing recess 202d formed in the long hole 202b of the push rod and rear 202, the shaft portion 246a configured to a locking member 246 swingable around a reset bar 248 to be engaged with the engaging hole 162d formed at the rear end of the clip case 162, from.
【0054】 [0054]
クリップキャリー242は、シャフト部14のガイドパイプ144の円形横断面内においてそのほぼ上半分を占有する誘導機構16のさらに上側において、シャフト部14の軸方向に伸びている(図13参照)。 Clip carry 242 in yet upper guide mechanism 16 that occupies the upper half thereof approximately in a circular cross-section of the guide pipe 144 of the shaft portion 14 and extends in the axial direction of the shaft portion 14 (see FIG. 13). そして、その先端は、図22に示したように、前記誘導機構16のクリップケースカバー164に形成された長孔164c内へと進入しており、その先端の両側部に、誘導機構16のクリップケース内部空間にある先頭のクリップCをジョー18へと押し出すための誘導片部242aが形成されている。 Then, the tip thereof, as shown in FIG. 22, and enters into the guide mechanism 16 of the clip case cover 164 formed long hole 164c, on both sides of the tip, the clip guide mechanism 16 induction piece 242a for pushing the clip C of the head in the case interior to the jaw 18 is formed. また、図20に示したように、クリップキャリー242の中央後部には、垂直下方に切り起こされた切り起こし部242bが形成されており、切り起こし部242bは、前記リセットバー248に形成された軸方向に伸びる開口248aを通り、スプリング軸245の後端に形成されたスリットを通りスプリング軸245の後端に係止されている。 Further, as shown in FIG. 20, in the center rear of the clip carry 242, cut-and-raised portion 242b that is cut and raised vertically downward is formed, cut-and-raised portion 242b is formed on the reset bar 248 through an opening 248a extending in the axial direction is locked a slit formed in the rear end of the spring shaft 245 on the rear end of the street spring shaft 245. また、クリップキャリー242の後部には、係止部材246が係止するための係止孔242cが形成されている。 Also, the rear portion of the clip carry 242, locking holes 242c for the locking member 246 is locked is formed. さらに、クリップキャリー242の後端の両端部には、前記プッシュロッド・リア202の前記横断面十字形状をなした軸部202eを摺動するストッパー片部242dが形成されている(図23参照)。 Further, at both end portions of the rear end of the clip carry 242, the stopper piece 242d which slides a shaft portion 202e which forms the said transverse plane cross shape of the push rod and rear 202 is formed (see FIG. 23) .
【0055】 [0055]
スプリング軸245は、前述のようにその後端にクリップキャリー242の切り起こし部242bが係止されると共に、その先端が、リセットバー248の先端部に形成された筒部248bの内部に挿入されている。 Spring shaft 245, together with the cut-and-raised portion 242b of the clip carry 242 is locked to the rear end as described above, the tip is inserted into the inside of the cylinder portion 248b formed at the tip portion of the reset bar 248 there. そして、スプリング軸245の周囲に巻回されたリセットスプリング244は、前記リセットバー248の筒部248bと、クリップキャリー242の切り起こし部242bとに間に介挿されて、両者を常時離反する方向に付勢している。 The reset spring 244 wound around the spring shaft 245, the a cylindrical portion 248b of the reset bar 248, is interposed between the the cut-and-raised portion 242b of the clip carry 242, a direction away both constantly It urges to. クリップキャリー242の切り起こし部242bは、リセットスプリング244を圧縮しつつ、リセットバー248の開口248a内を軸方向に前進可能となっている。 Cut-and-raised portion 242b of the clip carry 242 while compressing the reset spring 244, and can advance within the opening 248a of the reset bar 248 in the axial direction.
【0056】 [0056]
また、リセットバー248の筒部248bは、前記クリップケース162とクリップケースカバー164によって形成されるクリップケース内部空間の後端部に挿入されて、その筒部248bの先端は、前記クリップスプリング168を受けている。 Further, the cylindrical portion 248b of the reset bar 248 is inserted into the rear end of the clip casing inner space formed by the clip case 162 and a clip case cover 164, the tip of the cylindrical portion 248b has the clip spring 168 is recieving. さらに、筒部248bの近傍には、クリップケース162の係合孔162dに係合する係合突起248cが形成されている。 Further, in the vicinity of the cylindrical portion 248 b, the engaging projections 248c to be engaged with the engaging hole 162d of the clip case 162 is formed. 従って、リセットバー248は、誘導機構16に固定される。 Therefore, the reset bar 248 is secured to the induction mechanism 16.
【0057】 [0057]
次に、係止部材246は、プラスチック等からなり、図24に示したように、側面から見て「へ」字状形状をなしており、前述のように、その一方の辺部の端部において、横方向に突出する軸部246aがプッシュロッド・リア202の長孔202bに形成された軸受凹部202dに嵌め込まれている。 Then, the locking member 246 is made of plastic or the like, as shown in FIG. 24, as viewed from the side and without a "to" shape configuration, as described above, the end portion of the side portion of the one in the shaft portion 246a which projects laterally it is fitted into the bearing recess 202d formed in the long hole 202b of the push rod rear 202. 係止部材246には、その頂上部に、プッシュロッド・リア202からその上方へと張り出した張り出し部(係止部)246bが形成され、他方の辺部には、張り出し部246bの下方にあって、側方に突出する第2軸部246cと、第2軸部246cから下方へと伸びる板バネ部246dと、板バネ部246dの下端にある下端部246eとが形成されている。 The locking member 246, its top part, projecting portion which projects from the push rod rear 202 to its upper (engagement portion) 246b is formed on the other side portion, disposed below the projecting portion 246b Te, a second shaft portion 246c which projects laterally, a leaf spring portion 246d extending downward from the second shaft portion 246c, and a lower end 246e at the lower end of the plate spring portion 246d is formed. 下端部246eは、ガイドパイプ144の内周面に当接している。 Lower portion 246e is in contact with the inner peripheral surface of the guide pipe 144. 板バネ部246dによって、係止部材246は、それ自身で弾性を有しており、図21または図23に示すように、張り出し部246bは常時上方へ張り出す方向、即ち、前記クリップキャリー242の方へと付勢されている。 The plate spring portion 246d, the locking member 246 is resilient in itself, as shown in FIG. 21 or 23, overhang 246b is the direction which projects upward at all times, i.e., the clip carry 242 It is biased towards. そして、通常時において、前記係止部材246の張り出し部246bは、クリップキャリー242の前記係止孔242cの中へと進入するように位置決めされている。 Then, during a normal, overhang 246b of the locking member 246 is positioned so as to enter and into the locking hole 242c of the clip carry 242.
【0058】 [0058]
また、リセットバー248の後端には、前方に向かうに従って下方へと下がるカム面248dが形成されている。 Further, the rear end of the reset bar 248, the cam surface 248d to drop downward is formed toward the front. このカム面248dは、前記係止部材246と関わり合って、係止部材246の張り出し部246bを下方へと引き込ませて、クリップキャリー242を後退させる役割を果たすものである。 The cam surface 248d is each other relationship with the locking member 246, the projecting portion 246b of the locking member 246 retract downwards, plays a role to retract the clip carry 242.
【0059】 [0059]
[8]全体作用次に、クリップ付与装置10の全体動作を説明する。 [8] the whole action will now be described the overall operation of the clip applier 10. まず、クリップを付与したい身体組織の部位へジョー18のジョー要素18a、18aを位置決めする。 First of all, to position the jaw elements 18a, 18a of the jaws 18 to the site of body tissue you want to grant the clip. 次いで、ハンドル部12のトリガ123を引く操作を行う。 Then, it performs an operation of pulling the trigger 123 of the handle portion 12. 既に[1]ハンドル部12の項で説明したように、この操作により前記プッシュバー126がリターンスプリング132の付勢力に抗して前進する。 As already described in the section [1] handle portion 12, the push bar 126 by this operation is advanced against the urging force of the return spring 132. これにより、プッシュバー126に連結されたプッシュロッド20、即ち、プッシュロッド・リア202とプッシュロッド・フロント204とは、共にシャフト部14内を前進する。 Thus, the push rod 20 is connected to the push bar 126, i.e., a push rod rear 202 and the push rod front 204 is advanced through the shaft portion 14 together.
【0060】 [0060]
プッシュロッド・リア202の前進に伴い、プッシュロッド・リア202にその軸部246aが軸着されている係止部材246が前進する。 With the advancement of the push rod and rear 202, locking member 246 to which the shaft portion 246a to the push rod and rear 202 is pivotally mounted to move forward. 係止部材246の張り出し部246bが、クリップキャリー242の係止孔242cに進入して係止していることから(図21参照)、クリップキャリー242も共に前進する。 Overhang 246b of the locking member 246 (see FIG. 21) since it is locked enters the locking hole 242c of the clip carry 242, clips carry 242 also moves forward together. クリップキャリー242が前進すると、図25に示したように、誘導機構16のクリップケース内部空間に進入したクリップキャリー242の先端がクリップケース内部空間を前進する。 When the clip carry 242 is advanced, as shown in FIG. 25, the distal end of the clip carry 242 which enters the clip casing inner space of the guide mechanism 16 is advanced a clip case interior. これにより、クリップキャリー242の先端の誘導片部242aが、クリップケース内部空間の先頭のクリップCを押し出して、前方のジョー18のジョー要素18a、18aの間へと誘導する。 Thus, the induction piece 242a of the distal end of the clip carry 242, push the clip C in the beginning of the clip case interior, induces the jaw elements 18a of the front of the jaw 18, to between 18a.
【0061】 [0061]
さらに、トリガ123を引く操作を継続すると、プッシュバー126に連結されたプッシュロッド20及び係止部材246がさらに前進し、係止部材246の第2軸部246cが、図26及び図27に示すように、前記誘導機構16の後端に連結されたリセットバー248の後端にあるカム面248dと干渉する。 Further, when continuing the operation of pulling the trigger 123, further advances the push rod 20 and the locking member 246 coupled to the push bar 126, the second shaft portion 246c of the locking member 246, shown in FIGS. 26 and 27 as such, interference with the cam surface 248d at the rear end of the reset bar 248 connected to the rear end of the guide mechanism 16. このカム面248dによって係止部材246は下方へと押し下げられて、係止部材246の張り出し部246bは、クリップキャリー242の係止孔242cから退却する。 The locking member 246 by the cam surface 248d is pushed downward, overhang 246b of the locking member 246 is retracted from the locking hole 242c of the clip carry 242. これにより、クリップキャリー242は、係止部材246から解放されるために、リセットスプリング244の付勢力により、後退する。 Thus, the clip carry 242 to be released from the locking member 246, by the urging force of the reset spring 244, it retracts.
【0062】 [0062]
さらに、トリガ123を引く操作を継続すると、プッシュロッド20に連結されているジョー閉鎖部材22のカム面22cが、ジョー18のジョー要素18a、18aのカム面18cと関わり合って、ジョー要素18a、18aを互いに接近した接近位置へと移動させる(図19(b))参照。 Further, when continuing the operation of pulling the trigger 123, the cam surface 22c of the jaw closing member 22 connected to the push rod 20, the jaw elements 18a of the jaw 18, with each other involved the cam surface 18c of the 18a, the jaw elements 18a, 18a is moved to the approximated approximated position to each other (FIG. 19 (b)) reference. これにより、ジョー要素18a、18aは、先にクリップキャリー242によって誘導されたクリップCを挟み付けて、クリップCの付与作業は完了する。 Thus, the jaw elements 18a, 18a is clamped clips C induced by the clip carry 242 above, application work of the clip C is completed.
【0063】 [0063]
次いで、トリガ123へ加える力を弱めると、前記プッシュバー126がリターンスプリング132の付勢力によって後退し、これに従い、プッシュバー126に連結されたプッシュロッド・リア202、プッシュロッド・フロント204、さらにはプッシュロッド・フロント204に連結されたジョー閉鎖部材22が後退する。 Then, the weakened force applied to the trigger 123, the push bar 126 is retracted by the urging force of the return spring 132, which in accordance with the push rod and rear 202 coupled to the push bar 126, the push rod front 204, more jaw closing member 22 coupled to the push rod front 204 is retracted. また、プッシュロッド・リア202に軸着された係止部材246も後退して、既に前に後退しているクリップキャリー242の係止孔242cに再び、係止部材246の張り出し部246bが係止する。 The push locking member 246 which is pivotally attached to the rod and rear 202 also retracts and again already engaging hole 242c of the clip carry 242 are retracted before the overhanging portion 246b of the locking member 246 engaging to.
【0064】 [0064]
また、クリップケース内部空間では、クリップスプリング168によって次の先頭となったクリップCがクリップケース内部空間の先端へと押し出される。 Further, in the clip case interior, a clip C which was the next start by the clip spring 168 is pushed into the distal end of the clip case interior. 尚、この先頭のクリップCは、クリップケース162の先端部に形成された爪部162eに保持される。 Incidentally, the clip C of the head is held in the formed claw portion 162e at the tip of the clip case 162. また、クリップキャリー242の誘導片部242aは、先頭のクリップCの基端部の後方に位置づけられて、この先頭のクリップCの押し出しを待機している。 Further, guide strip portion 242a of the clip carry 242 positioned behind the base end of the head of the clip C, and waiting for extrusion of the beginning of the clip C.
【0065】 [0065]
クリップケース内部空間内にある最後のクリップCをクリップキャリー242がジョー要素18a、18aの間に押し出すと、クリップCを押圧していたクリップ押出しバー166が、前記クリップケース162の底面162aの先端に形成された弾性片162fに係合して、クリップ押出しバー166は前進も後退もすることができなくなり、その位置で停止する。 The last clip C in the clip casing interior space clips carry 242 jaw elements 18a, when pushed out during 18a, clip extruded bar 166 which has been pressed a clip C is, the tip of the bottom surface 162a of the clip case 162 engages the formed elastic pieces 162f, clip extruded bar 166 will not be able to be also retracted forward, and stops at that position. これにより、クリップ押出しバー166は、クリップケース内部空間先端部を占有するために、最後のクリップCをジョー要素18a、18aの間に押し出したクリップキャリー242の頭部が、クリップ押出しバー166とクリップケースカバー164の先端部との間に挟まれて、後方へと戻ることができなくなる。 Thus, a clip extruding bar 166 to occupy the clip casing interior tip end of the clip C jaw elements 18a, the head of the clip carry 242 extruded during 18a is clip extruded bar 166 and clip is sandwiched between the distal end portion of the case cover 164, it can not be returned to the rear. そして、最後のクリップCを身体組織に付与した後、トリガ123の力を弱めると、前述のように、プッシュロッド・リア202が後退しようとするが、前記クリップキャリー242が後方へと戻っていないために、前記クリップキャリー242のストッパー片部242dにプッシュロッド・リア202の段部202fが当接して、それ以上プッシュロッド・リアも後退することができなくなる。 Then, after applying the last clip C to body tissue, the weakened force of the trigger 123, as described above, although the push rod rear 202 attempts to retract, the clip carry 242 has not returned to the rear for step portion 202f of the push rod and rear 202 to the stopper piece 242d of the clip carry 242 abuts, it can not be more pushrod rear also retracted. これによって、トリガ123は引いた状態で維持されて、もはやトリガ123を操作することはできなくなる。 Thus, the trigger 123 is maintained in a state of pulling, not possible anymore to operate the trigger 123.
【0066】 [0066]
本発明によるクリップ付与装置は、各所において、部品の低減が図られており、その最も特徴的な部分は、クリップ供給機構24の係止部材246である。 Clip applier according to the invention, in each place, the reduction of parts has been achieved, the most characteristic portion thereof is a locking member 246 of the clip feed mechanism 24. 板バネ部246dを有する係止部材246を使用することによって、従来品のように、バネを多用することなく、少ない部品で構成することができる。 By using the engaging member 246 having a leaf spring portion 246d, as in the conventional product, without intensive spring it can be configured with fewer components.
【0067】 [0067]
また、本発明においては、部品の低減が図られており、構成が簡素化されているために、その組立性、特に非常に細いシャフト部14内へ、誘導機構16、ジョー18、プッシュロッド20、ジョー閉鎖部材22及びクリップ供給機構24の各部品を収容するのに優位性を有している。 In the present invention, the reduction of parts has been achieved, since the configuration is simplified, to the assembly property, especially very thin shaft portion 14, guide mechanism 16, the jaws 18, the push rod 20 has an advantage to accommodate the components of the jaw closure member 22 and the clip feeding mechanism 24. 次にその組立手順について説明する。 Next, a description will be given of the assembly procedure.
【0068】 [0068]
[9]組立手順まず、シャフト部14内のガイドパイプ144内に部品を挿入する前に、予め、ジョー18が溶着されたクリップケース162の内部に複数のクリップC、クリップ押出しバー166、クリップスプリング168をセットし、クリップケース162とクリップケースカバー164とを、既に説明したような図12の手順で結合しておき、誘導機構16を組み立てる。 [9] the assembly procedure First, before inserting the parts into the guide pipe 144 in the shaft portion 14, in advance, a plurality of clips C to the inside of the clip casing 162 jaw 18 is welded, clipped extruded bar 166, the clip spring 168 sets, and a clip case 162 and a clip case cover 164 in advance already bound by the procedure of FIG. 12 as described, assembled guide mechanism 16. さらに、クリップキャリー242の切り起こし部242bを、リセットバー248の開口248aに通して、スプリング軸245の後端のスリットに挿入し、スプリング軸245の外周にリセットスプリング244を配置して、スプリング軸245の先端をリセットバー248の筒部248b内に挿入し、これらクリップキャリー242、リセットスプリング244、スプリング軸245、リセットバー248を一体的に組み付けておく。 Further, the cut and raised portion 242b of the clip carry 242, through the opening 248a of the reset bar 248 is inserted into the rear end of the slit of the spring shaft 245, by placing the reset spring 244 to the outer periphery of the spring shaft 245, a spring shaft 245 tip of inserted into the cylinder portion 248b of the reset bar 248, these clips carry 242, reset spring 244, a spring shaft 245, previously assembled integrally reset bar 248. そして、さらにリセットバー248の筒部248bを、前記誘導機構16の後端に挿入する。 Then, further the cylindrical portion 248b of the reset bar 248 is inserted into the rear end of the guide mechanism 16.
【0069】 [0069]
また、プッシュロッド・リア202の長孔202bの軸受凹部202dには、係止部材246の軸部246aを嵌め込んでおく。 Further, the bearing recess 202d of the long hole 202b of the push rod and rear 202, Prefer fitting the shaft portion 246a of the locking member 246.
【0070】 [0070]
次に、プッシュロッド・リア202をその後端から、ガイドパイプ144に挿入する。 Next, a push rod rear 202 from its rear end, is inserted into the guide pipe 144. ある程度、プッシュロッド・リア202をガイドパイプ144内に挿入したところで、クリップキャリー242、前記誘導機構16等と一体的に組み付けられたクリップキャリー242の後端をプッシュロッド・リア202の先端に上から被せる。 To some extent, the push rod rear 202 was inserted into the guide pipe 144, the upper clip carry 242, the rear end of the guide mechanism 16 such as a clip carry 242 assembled integrally with the distal end of the push rod rear 202 cover. このとき、クリップキャリー242の係止孔242cに、係止部材246の張り出し部246bが係止するように注意する。 In this case, the locking hole 242c of the clip carry 242, overhanging portions 246b of the locking member 246 is careful to lock. そして、プッシュロッド・リア202をクリップキャリー242と共にガイドパイプ144内へと挿入し、プッシュロッド・リア202がほとんどガイドパイプ144内に挿入されたところで、プッシュロッド・リア202とプッシュロッド・フロント204とを結合して、プッシュロッド・フロント204も一緒に、挿入する。 Then, insert the push rod rear 202 into the guide pipe 144 together with the clip carry 242, where the push rod and rear 202 is inserted into the most guide pipe 144, a push rod rear 202 and the push rod Front 204 bonded to the push rod front 204 together, insert. また、クリップキャリー242と共に、予め一体に組み付けられたスプリング軸245、リセットスプリング244、リセットバー248、誘導機構16及びジョー18も一緒にガイドパイプ144内へと挿入する。 Further, the clip carry 242 is inserted into the pre-integrated with the assembled spring shaft 245, reset spring 244, a reset bar 248, guide mechanism 16 and the jaw 18 also together with the guide pipe 144. そして、プッシュロッド・フロント204がほとんどガイドパイプ144内に挿入されたところで、前記ジョー閉鎖部材22をプッシュロッド・フロント204に連結して、ガイドパイプ144内へと挿入する。 Then, when the push rod front 204 is inserted into the most guide pipe 144, and connecting the jaw closure member 22 to the push rod front 204 is inserted into the guide pipe 144. そして、ジョー18の突起18d、18dをガイドパイプ144の開口144bに押し込んで固定する。 Then, fixed by pushing projection 18d of the jaws 18, the 18d to opening 144b of the guide pipe 144. ガイドパイプ144の後端からは、最初に挿入したプッシュロッド・リア202の被受部202aが突出する。 From the rear end of the guide pipe 144, the receiving portion 202a of the push rod rear 202 inserted initially it protrudes.
【0071】 [0071]
以上のようにして、ガイドパイプ144内への挿入が簡単に終了する。 As described above, the insertion into the guide pipe 144 is terminated easily. 次いで、予め組み立てておいたハンドル部12のトリガ123を引いて、プッシュバー126を前進させて、その受部126fをハンドル部12の先端開口よりも突出させる。 Then, by pulling the trigger 123 of the handle portion 12 which has been pre-assembled, by advancing the push bar 126, also protrudes from the distal end opening of the handle portion 12 and the receiving portion 126 f. そして、前記ガイドパイプ144の後端から突出したプッシュロッド・リア202の被受部202aを、プッシュバー126の受部126fに連結して、トリガ123を解除すると、プッシュバー126と共に、プッシュロッド・リア202の後端が、ハンドル部12内へと引き込まれる。 Then, the receiving portion 202a of the push rod rear 202 projecting from the rear end of the guide pipe 144, coupled to the receiving portion 126f of the push bar 126, when releasing the trigger 123, the push bar 126, the push rod the rear end of the rear 202 is drawn into the handle portion 12. 最後に回転ノブ142をガイドパイプ144の前端から通して、前記ハンドル部12の回転コマ130に螺合して、ガイドパイプ144の後端の鍔部144aを回転コマ130と回転ノブ142とで挟着することで、完全にハンドル部12とシャフト部14とが連結される。 Finally, through the rotation knob 142 from the front end of the guide pipe 144, screwed to the rotation frame 130 of the handle portion 12, clamping the rear end of the flange portion 144a of the guide pipe 144 in the rotating frame 130 and the rotation knob 142 by wearing, complete with handle portion 12 and the shaft portion 14 is connected to. 以上の作業で、組立が終了する。 In the above work, the assembly is completed.
【0072】 [0072]
このように、従来品に比べて、部品点数が低減されており、さらに、小さなバネ部品などを削減して、構成を簡略化しているために、組立が非常に簡単となっている。 Thus, as compared with the conventional product, the number of components and can be reduced, further, reduce and small spring components, in order to have a simplified configuration, the assembly becomes very simple.
【0073】 [0073]
[10]クリップ供給機構の変形例図27は、クリップ供給機構34の別の構成を表す図である。 [10] Modification of the clip feed mechanism Figure 27 is a diagram showing another configuration of a clip feed mechanism 34. この変形例におけるクリップ供給機構34は、シャフト部14の軸方向に伸びるクリップキャリー342と、クリップキャリー342を軸方向後方へと付勢するリセットスプリング244(付勢手段)と、リセットスプリング244がその周面に巻回されたスプリング軸245と、プッシュロッド・リア202に嵌め込まれて横方向即ち左右方向に揺動可能となった係止部材346と、前記クリップケース162の後端に形成された係合孔162dに係合するリセットバー348と、から構成される。 Clip feed mechanism 34 in this modification, the clip carry 342 extending in the axial direction of the shaft portion 14, the clips carry 342 and a reset spring 244 for biasing the axially rearward (biasing means), a reset spring 244 that a spring shaft 245 wound around the peripheral surface, a locking member 346 swingable in the lateral or transverse direction is fitted to the push rod rear 202, formed at the rear end of the clip case 162 a reset bar 348 that engages the engaging hole 162d, composed. 尚、前述の構成と同一の部材は、同一の符号を付している。 Incidentally, the same members as the above-mentioned configuration are denoted by the same reference numerals.
【0074】 [0074]
クリップキャリー342のクリップキャリー242と異なる点は、係止孔242cではなく、側部が切り欠かれた切欠孔342cが形成されている点である。 Clip carry 242 differs from the clip carry 342 in the locking hole 242c rather, is that the side is cut out notch hole 342c is formed. 切欠孔342cは、後部にあってクリップキャリー342の左右方向の中心線よりも大きく切り欠かれた第1切欠孔342c1と、第1切欠孔342c1よりは、前方にあって、左右方向の中心線よりも小さく切り欠かれた第2切欠孔342c2とからなる。 Notch hole 342c has a first notch hole 342C1 was cut larger than the left-right direction of the center line of the clip carry 342 In the rear, from the first notch hole 342C1, be in front of the left-right direction center line and a second notch hole 342c2 Metropolitan was cut smaller than. その他の点では、クリップキャリー242とほぼ同様である。 In other respects, it is substantially the same as the clip carry 242.
【0075】 [0075]
係止部材346は、金属からなる板バネであり、プッシュロッド・リア202の長孔202bに嵌め込まれており、一端がプッシュロッド・リア202の長孔202bに取り付けられている。 The locking member 346 is a plate spring made of metal, is fitted into the long hole 202b of the push rod and rear 202, one end is attached to the long hole 202b of the push rod rear 202. また、頂上部には、長孔202bから突出する係止部346bが形成され、該係止部346bは、長孔202bの範囲内で前記取付点を中心として左右方向に揺動可能となっている。 Further, the top portion, the engaging portion 346b is formed to protrude from the long hole 202b, locking portion 346b is allowed to oscillate in the lateral direction around the attachment point in the range of the long hole 202b there. 係止部材346は、その板バネの弾性によって、常時は、長孔202b内で軸方向に平行になるように付勢されており、前記係止部346bが、前記クリップキャリー342の切欠孔342cの第1切欠孔342c1に係止している。 The locking member 346, by the elasticity of the plate spring, normally is biased so as to be parallel to the axial direction within the long hole 202b, the locking portion 346b is, notch hole 342c of the clip carry 342 We are engaged with the first notch hole 342c1 of.
【0076】 [0076]
また、リセットバー348の後端には、前方に向かうに従って、左右方向に広がるカム面348dが形成されている。 Further, the rear end of the reset bar 348, toward the front, the cam surface 348d extending in the lateral direction is formed. このカム面348dは、前記係止部材346と関わり合って、係止部材346の係止部346bを横方向、即ち左右方向へと移動させて、クリップキャリー342を後退させる役割を果たすものである。 The cam surface 348d is each other relationship with the locking member 346, laterally engaging portion 346b of the engaging member 346, i.e., is moved to the left-right direction, but serve to retract the clip carry 342 .
【0077】 [0077]
以上のように構成されるクリップ供給機構34においても、クリップ供給機構24と同様に作用する。 Also in the clip feed mechanism 34 constructed as described above, it acts similarly to a clip feed mechanism 24. 即ち、プッシュロッド・リア202が前進すると、係止部材346が共に前進し、係止部材346の係止部346bがクリップキャリー342の第1切欠孔342c1に係止していることから、クリップキャリー342も共に前進する。 That is, when the push rod and rear 202 is advanced, since the engaging member 346 are both advanced locking portion 346b of the engaging member 346 is engaged with the first notch hole 342c1 clips carry 342, clip Carry 342 also to move forward together. クリップキャリー342が前進して、その先端が先頭のクリップCを押し出してジョー18のジョー要素18a、18aの間へと誘導するのは、図25に示した通りである。 Clip Carry 342 is advanced, the jaw elements 18a of the jaw 18 the tip of extruding the beginning of the clip C, to induce into between 18a is as shown in FIG. 25. 次いで、係止部材346の係止部346bがリセットバー348の後端にあるカム面348dと干渉する。 Then, the engaging portion 346b of the locking member 346 interferes with the cam surface 348d at the rear end of the reset bar 348. 図29に示すように、このカム面348dによって、係止部材346は左右方向へと揺動されて、係止部材346の係止部346bは、クリップキャリー342の第1切欠孔342c1から退却する。 As shown in FIG. 29, by the cam surface 348d, the locking member 346 is swung to the left-right direction, the engaging portion 346b of the locking member 346 is retracted from the first notch hole 342c1 clips carry 342 . これにより、クリップキャリー342は、係止部材346から解放されるために、リセットスプリング244の付勢力により、後退する。 Thus, the clip carry 342, in order to be released from the locking member 346, by the urging force of the reset spring 244, it retracts.
【0078】 [0078]
また、クリップCの付与作業が完了して、プッシュロッド・リア202が後退すると、係止部材346も後退して、その係止部346bが、クリップキャリー342の第2切欠孔342c2を通過して、既に前に後退しているクリップキャリー342の第1切欠孔342c1に再び係止する。 Further, the application work of the clip C is completed, the push rod and rear 202 is retracted, the locking member 346 also retracts and the engaging portion 346b will pass through the second notch hole 342c2 clips carry 342 again locked to the already first notch hole 342c1 clips carry 342 is retracted before.
【0079】 [0079]
こうして、クリップ供給機構24と同様に、板バネからなる係止部材346を使用してクリップ供給機構34を構成することもできる。 Thus, similar to the clip feed mechanism 24, it is also possible to configure the clip feed mechanism 34 using a locking member 346 formed of a leaf spring.
【0080】 [0080]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上説明したように本発明によれば、部品点数が少なくても済み、構成が簡単となり、組立も容易に行うことができる。 According to the present invention described above, it requires even fewer parts, construction is simplified, the assembling can be easily performed.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明のクリップ付与装置の全体斜視図である。 1 is an overall perspective view of the clip applier of the present invention.
【図2】ハンドル部のグリップ左ケースを取り除いて見た内部構成を表す図である。 2 is a diagram showing the internal configuration seen by removing the grip left case of the handle portion.
【図3】ハンドル部のプッシュバーの側面図である。 3 is a side view of the handle portion push bar.
【図4】ハンドル部のラチェット部材の側面図である。 4 is a side view of the ratchet member of the handle portion.
【図5】ハンドル部の回転コマの(a)は斜視図、(b)は半縦断面図である。 [5] of the rotating element of the handle portion (a) is a perspective view, (b) is a half longitudinal sectional view.
【図6】(a)はハンドル部のグリップ左ケースを取り除いて見たトリガを引いている途中の内部構成を表す図であり、(b)はプッシュバーのラチェット歯とラチェット部材のラチェット歯の拡大図である。 6 (a) is a diagram showing the internal structure of the middle of pulling the trigger is viewed by removing the grip left case of the handle portion, (b) the ratchet teeth of the ratchet teeth and the ratchet member of the push bar is an enlarged view.
【図7】ハンドル部のグリップ左ケースを取り除いて見たトリガを完全に引いた状態を表す内部構成を表す図である。 7 is a diagram showing an internal structure that represents the state of the trigger was fully drawn viewed by removing the grip left case of the handle portion.
【図8】(a)はハンドル部のグリップ左ケースを取り除いて見たトリガを戻す途中の内部構成を表す図であり、(b)はプッシュバーのラチェット歯とラチェット部材のラチェット歯の拡大図である。 8 (a) is a diagram showing the internal structure of the course of returning the trigger seen by removing the grip left case of the handle portion, (b) is an enlarged view of the ratchet teeth of the ratchet teeth and the ratchet member of the push bar it is.
【図9】回転コマと、シャフト部の縦断面図である。 [9] and the rotation piece is a longitudinal sectional view of the shaft portion.
【図10】誘導機構の分解の斜視図である。 10 is a perspective view of the decomposition of the guide mechanism.
【図11】誘導機構の横断面図である。 11 is a cross-sectional view of a guide mechanism.
【図12】(a)はクリップケースカバーとクリップケースとを結合する前、(b)はクリップケースカバーとクリップケースとを結合した状態を表す斜視図である。 [12] (a) Prior to combining the clip case cover and the clip case is a perspective view showing a coupling state of the (b) the clip case cover and the clip case.
【図13】誘導機構、ジョー及びクリップキャリーの斜視図である。 [13] guide mechanism is a perspective view of the jaws and the clip carry.
【図14】ジョーの(a)は平面図、(b)は側面図、(c)は底面図である。 [14] Joe (a) is a plan view, (b) is a side view, (c) is a bottom view.
【図15】プッシュロッドの分解斜視図である。 15 is an exploded perspective view of the push rod.
【図16】プッシュロッド・リアの(a)は平面図、(b)は縦断面図である。 [16] of the push rod rear (a) is a plan view and (b) is a longitudinal sectional view.
【図17】ジョー閉鎖部材の斜視図である。 17 is a perspective view of the jaw closing member.
【図18】ジョー閉鎖部材の(a)は平面図、(b)は縦断面図である。 [18] (a) is a plan view of the jaw closing member, (b) is a longitudinal sectional view.
【図19】ジョーとジョー閉鎖部材との関係を表した図であり、(a)はジョー閉鎖部材のカム面がジョーのジョー要素のカム面よりも後方にある状態を表し、(b)はジョー閉鎖部材のカム面がジョーのジョー要素のカム面と関わり合った状態を表している。 [Figure 19] is a diagram showing a relationship between Joe and the jaw closure member, (a) shows the cam surfaces of the jaw closure member represents a state at the back than the cam surfaces of the jaw elements of the jaws, (b) is the cam surface of the jaw closure member represents the state of each other relationship with the cam surface of the jaw element of the jaw.
【図20】クリップ供給機構の一部の縦断面図である。 20 is a longitudinal sectional view of a portion of the clip feed mechanism.
【図21】クリップ供給機構の一部の拡大縦断面図である。 21 is an enlarged longitudinal sectional view of a portion of the clip feed mechanism.
【図22】クリップキャリー、誘導機構及びジョーの先端付近を表す斜視図である。 [22] clip Carry is a perspective view showing the vicinity of the tip of the guide mechanism and the jaw.
【図23】クリップキャリーの後端付近を表す斜視図である。 23 is a perspective view showing the vicinity of the rear end of the clip carry.
【図24】係止部材の(a)は平面図、(b)は側面図である。 [Figure 24] of the locking member (a) is a plan view, (b) is a side view.
【図25】クリップキャリー、誘導機構及びジョーの先端付近を表す斜視図であり、クリップキャリーが前進した状態を表す。 [Figure 25] clip Carry is a perspective view showing the vicinity of the tip of the guide mechanism and the jaw, represent a state where the clip carry has been advanced.
【図26】クリップ供給機構の一部の拡大縦断面図であり、リセットバーのカム面に係止部材が干渉した状態を表す。 Figure 26 is an enlarged longitudinal sectional view of a portion of the clip feed mechanism, illustrating a state in which the locking member interferes with the cam surface of the reset bar.
【図27】クリップキャリーの後端付近を表す斜視図であり、リセットバーのカム面に係止部材が干渉した状態を表す。 Figure 27 is a perspective view showing the vicinity of the rear end of the clip carrying represents the state in which the locking member interferes with the cam surface of the reset bar.
【図28】クリップ供給機構の変形例を表す要部斜視図である。 28 is a partial perspective view showing a modification of the clip feed mechanism.
【図29】クリップ供給機構の変形例のクリップキャリーの後端付近を表す斜視図であり、リセットバーのカム面に係止部材が干渉した状態を表す。 Figure 29 is a perspective view showing the vicinity of the rear end of the clip carry modification of the clip feed mechanism, illustrating a state in which the locking member interferes with the cam surface of the reset bar.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
12 ハンドル部14 シャフト部16 誘導機構162 クリップケース164 クリップケースカバー162f 弾性片(阻止手段) 12 handle portion 14 the shaft portion 16 guide mechanism 162 clip case 164 clip case cover 162f elastic piece (blocking means)
166 クリップ押出しバー(阻止手段) 166 clip extruded bar (blocking means)
168 クリップスプリング18 ジョー20 プッシュロッド22 ジョー閉鎖部材24 クリップ供給機構242 クリップキャリー242d ストッパー片部244 リセットスプリング(付勢手段) 168 clip spring 18 the jaws 20 push rod 22 of jaw closure member 24 clip feed mechanism 242 clips carry 242d stopper piece 244 reset spring (biasing means)
246 係止部材246a 軸部(枢着部) 246 engagement member 246a shaft portion (pivot portion)
246b 張り出し部(係止部) 246b overhang (the lock portions)
246d 板バネ部248 リセット部材248d カム面34 クリップ供給機構342 クリップキャリー346 係止部材346b 係止部348 リセット部材348d カム面 246d plate spring portion 248 reset member 248d cam surface 34 clip feed mechanism 342 clips carry 346 engaging member 346b engaging portion 348 resets member 348d cam surface

Claims (6)

  1. ハンドル部と、ハンドル部から先端側に延びるシャフト部と、前記シャフト部内に固定されて、シャフト部内に直列に配置された複数のクリップを軸方向に誘導する誘導機構と、該シャフト部の先端部近傍に配置され離間位置と近接位置との間を移動可能となった一対のジョー要素を備えたジョーと、シャフト部内を伸びて前記ハンドル部の操作に応じて軸方向に移動可能となったプッシュロッドと、プッシュロッドの軸方向の移動に応じて前記ジョーのジョー要素を近接位置に移動させるためのジョー閉鎖部材と、シャフト部内に配設されて、前記ジョーの一対のジョー要素間に前記クリップを1個ずつ順番に押し込むクリップ供給機構と、を備え、身体組織にクリップを付与する外科用クリップ付与装置であって、 A handle portion, a shaft portion extending distally from the handle portion, is secured within the shaft portion, and a guide mechanism for guiding a plurality of clips arranged in series in the shaft portion in the axial direction, the shaft portion of the distal portion a jaw comprising a pair of jaws element is movable between a close position and is arranged near the separated position, the push which is movable in the axial direction in response to operation of the handle portion extending shaft portion a rod, and the jaw closure member for moving the jaw elements of the jaws to close position in response to axial movement of the push rod, disposed within the shaft portion, the clip between the pair of jaws elements of the jaw the and a clip feed mechanism which pushes one by one, a surgical clip applier that applies a clip to body tissue,
    前記クリップ供給機構は、シャフト部内を伸びて前記ジョー要素間にクリップを供給するクリップキャリーと、クリップキャリーを軸方向後方へと付勢する付勢手段と、プッシュロッドに取り付けられると共にクリップキャリーに係止する方向へ自己の弾性力によって弾発された係止部を有する弾性変形可能な係止部材と、前記係止部材より前方でシャフト部内で固定されて前記係止部材の係止部をクリップキャリーとの非係止位置へと移動させるリセット部材と、からなり、 Said clip feed mechanism is engaged with the clip carrying supplies clip between the jaw elements extending the shaft portion, and urging means for urging the clips carry the axially rearward clip carry with attached to a push rod clip and elastically deformable locking member, the locking portion of the locking member the locking at the front than the stop member is fixed in a shaft portion having a locking portion which is elastic by its own elastic force in a direction to stop a reset member for moving into the unlocked position with the carry, Ri Tona,
    前記誘導機構は、クリップケースと該クリップケースの上側に被されるクリップケースカバーとから構成され、クリップケースとクリップケースカバーとが結合されてクリップケース内部空間を画成しており、クリップケース内部空間内には、クリップを前方へと付勢するクリップスプリングが配設され、該クリップスプリングの後端からのバネ力を、クリップケースとクリップケースカバーとのいずれか一方で受けると共に、該クリップケースとクリップケースカバーとは、前記クリップケースとクリップケースカバーとのうちの前記クリップスプリングの後端からのバネ力を受ける側のものを他方に対して相対的に後方へスライドさせることにより、結合され、前記クリップケースとクリップケースカバーとのうちの前記クリップスプリ The guide mechanism is configured on the upper side of the clip case and the clip casing and a Hisareru clip case cover, coupled clip case and the clip case cover are defining a clip case interior, internal clip case the space, the clip spring is arranged for biasing the clip forward, the spring force from the rear end of the clip spring, with receiving at one of the clip case and the clip case cover, the clip case and clip case cover, by the slide receives a spring force from the rear end of the clip spring things side to relatively rearward with respect to the other of said clip case and the clip case cover is coupled , the Crips pre-out of the clip case and a clip case cover グの後端からのバネ力を受ける側のものを他方に対して相対的に前方へスライドさせることにより、結合が外れることを特徴とする外科用クリップ付与装置。 By sliding the one side which receives the spring force from the rear end of the grayed to relatively forward with respect to the other, a surgical clip applier, wherein the coupling is disengaged.
  2. 前記係止部材は、「へ」字状をなしており、その頂上部に前記クリップキャリーに係止する係止部が設けられ、一方の辺部に前記プッシュロッドに枢着される枢着部が設けられ、他方の辺部に板バネ部が設けられ、前記リセット部材は、前記係止部材に作用して前記係止部を下方方向へと押圧するカム面を有することを特徴とする請求項1記載の外科用クリップ付与装置。 The locking member is formed in a "to" shape, the engaging portion is provided for locking the clip carry on its top portion, pivot portion which is pivotally connected to the push rod at one side portion is provided, the plate spring portion is provided on the other side portion, the reset member, claims and having a cam surface for pressing the said locking unit acts downward direction with the locking member the surgical clip applier of claim 1, wherein.
  3. 前記係止部材は、 自己の弾性力によって前記プッシュロッドの軸方向に平行な姿勢になるように付勢された平板状の板バネからなると共に、上下方向に起立した姿勢で左右方向に揺動可能に前記プッシュロッドに取り付けられており、その頂上部に前記クリップキャリーに係止する係止部が設けられ、前記リセット部材は、前記係止部材に作用して前記係止部を左または右方向へ押圧するカム面を有することを特徴とする請求項1記載の外科用クリップ付与装置。 The locking member is swung together consist biased plate-shaped plate spring so as to be parallel posture to the axial direction of the push rod by the elastic force of the self, the lateral direction in a standing posture in the vertical direction capable and mounted in the push rod, the locking portion is provided for locking the clip carry on its top portion, the reset member, left or right the locking unit to act on the locking member the surgical clip applier according to claim 1, characterized in that it has a cam surface for pressing direction.
  4. ハンドル部と、ハンドル部から先端側に延びるシャフト部と、前記シャフト部内に固定されて、シャフト部内に直列に配置された複数のクリップを軸方向に誘導する誘導機構と、該シャフト部の先端部近傍に配置され離間位置と近接位置との間を移動可能となった一対のジョー要素を備えたジョーと、シャフト部内を伸びて前記ハンドル部の操作に応じて軸方向に移動可能となったプッシュロッドと、プッシュロッドの軸方向の移動に応じて前記ジョーのジョー要素を近接位置に移動させるためのジョー閉鎖部材と、シャフト部内に配設されて、前記ジョーの一対のジョー要素間に前記クリップを1個ずつ順番に押し込むクリップ供給機構と、を備え、身体組織にクリップを付与する外科用クリップ付与装置であって、 A handle portion, a shaft portion extending distally from the handle portion, is secured within the shaft portion, and a guide mechanism for guiding a plurality of clips arranged in series in the shaft portion in the axial direction, the shaft portion of the distal portion a jaw comprising a pair of jaws element is movable between a close position and is arranged near the separated position, the push which is movable in the axial direction in response to operation of the handle portion extending shaft portion a rod, and the jaw closure member for moving the jaw elements of the jaws to close position in response to axial movement of the push rod, disposed within the shaft portion, the clip between the pair of jaws elements of the jaw the and a clip feed mechanism which pushes one by one, a surgical clip applier that applies a clip to body tissue,
    前記クリップ供給機構は、シャフト部内を伸びて前記ジョー要素間にクリップを供給するクリップキャリーと、クリップキャリーを軸方向後方へと付勢する付勢手段と、プッシュロッドに取り付けられると共にクリップキャリーに係止する方向へ自己の弾性力によって弾発された係止部を有する弾性変形可能な係止部材と、前記係止部材より前方でシャフト部内で固定されて前記係止部材の係止部をクリップキャリーとの非係止位置へと移動させるリセット部材と、からなり、 Said clip feed mechanism is engaged with the clip carrying supplies clip between the jaw elements extending the shaft portion, and urging means for urging the clips carry the axially rearward clip carry with attached to a push rod clip and elastically deformable locking member, the locking portion of the locking member the locking at the front than the stop member is fixed in a shaft portion having a locking portion which is elastic by its own elastic force in a direction to stop a reset member for moving into the unlocked position with the carry, Ri Tona,
    前記係止部材は、自己の弾性力によって前記プッシュロッドの軸方向に平行な姿勢になるように付勢された平板状の板バネからなると共に、上下方向に起立した姿勢で左右方向に揺動可能に前記プッシュロッドに取り付けられており、その頂上部に前記クリップキャリーに係止する係止部が設けられ、前記リセット部材は、前記係止部材に作用して前記係止部を左または右方向へ押圧するカム面を有することを特徴とする外科用クリップ付与装置。 The locking member is swung together consist biased plate-shaped plate spring so as to be parallel posture to the axial direction of the push rod by the elastic force of the self, the lateral direction in a standing posture in the vertical direction capable and mounted in the push rod, the locking portion is provided for locking the clip carry on its top portion, the reset member, left or right the locking unit to act on the locking member the surgical clip applier, characterized in that it comprises a cam surface for pressing direction.
  5. 前記誘導機構内には、最後のクリップがクリップキャリーによってジョー要素間に押し込まれると、クリップキャリーの後退を阻止する阻止手段が備えられており、クリップキャリーの後端には、前記プッシュロッドの後退を阻止するストッパー片部が形成されることを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載の外科用クリップ付与装置。 Within the induction mechanism, when the last clip is pushed into between the jaw elements by clip carry, is provided with blocking means for preventing retraction of the clip carrying the rear end of the clip Carey, retraction of the push rod the stopper piece to prevent is formed surgical clip applier according to any one of claims 1 to 4, characterized in.
  6. 前記ジョー閉鎖部材は、前記プッシュロッドに一体的に連結されることを特徴とする請求項1〜5のいずれか1項に記載の外科用クリップ付与装置。 The jaw closure member, surgical clip applier according to any one of claims 1 to 5, characterized in that it is integrally connected to the push rod.
JP2001223661A 2001-07-24 2001-07-24 The surgical clip applier Active JP4689099B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001223661A JP4689099B2 (en) 2001-07-24 2001-07-24 The surgical clip applier

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001223661A JP4689099B2 (en) 2001-07-24 2001-07-24 The surgical clip applier
CN 02140382 CN1397256A (en) 2001-07-02 2002-07-02 Clip applicator for surgery

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003033361A JP2003033361A (en) 2003-02-04
JP4689099B2 true JP4689099B2 (en) 2011-05-25

Family

ID=19056959

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001223661A Active JP4689099B2 (en) 2001-07-24 2001-07-24 The surgical clip applier

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4689099B2 (en)

Families Citing this family (36)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2006042084A2 (en) 2004-10-08 2006-04-20 Tyco Healthcare Group, Lp Endoscopic surgical clip applier
US8409222B2 (en) 2004-10-08 2013-04-02 Covidien Lp Endoscopic surgical clip applier
WO2006042110A2 (en) 2004-10-08 2006-04-20 Tyco Healthcare Group, Lp Apparatus for applying surgical clips
US7819886B2 (en) 2004-10-08 2010-10-26 Tyco Healthcare Group Lp Endoscopic surgical clip applier
US9763668B2 (en) 2004-10-08 2017-09-19 Covidien Lp Endoscopic surgical clip applier
US7261724B2 (en) * 2005-04-14 2007-08-28 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Surgical clip advancement mechanism
CA2605135C (en) 2006-10-17 2014-12-30 Tyco Healthcare Group Lp Apparatus for applying surgical clips
AU2008230841B2 (en) 2007-03-26 2013-09-12 Covidien Lp Endoscopic surgical clip applier
CN102327136B (en) 2007-04-11 2014-04-23 柯惠Lp公司 Surgical clip applier
US8465502B2 (en) 2008-08-25 2013-06-18 Covidien Lp Surgical clip applier and method of assembly
US8056565B2 (en) 2008-08-25 2011-11-15 Tyco Healthcare Group Lp Surgical clip applier and method of assembly
US9358015B2 (en) 2008-08-29 2016-06-07 Covidien Lp Endoscopic surgical clip applier with wedge plate
US8409223B2 (en) 2008-08-29 2013-04-02 Covidien Lp Endoscopic surgical clip applier with clip retention
US8585717B2 (en) 2008-08-29 2013-11-19 Covidien Lp Single stroke endoscopic surgical clip applier
US8267944B2 (en) 2008-08-29 2012-09-18 Tyco Healthcare Group Lp Endoscopic surgical clip applier with lock out
US8430892B2 (en) 2009-10-06 2013-04-30 Covidien Lp Surgical clip applier having a wireless clip counter
US8734469B2 (en) 2009-10-13 2014-05-27 Covidien Lp Suture clip applier
US9186136B2 (en) 2009-12-09 2015-11-17 Covidien Lp Surgical clip applier
US8545486B2 (en) 2009-12-15 2013-10-01 Covidien Lp Surgical clip applier
US20110208212A1 (en) 2010-02-19 2011-08-25 Zergiebel Earl M Surgical clip applier
US8403945B2 (en) 2010-02-25 2013-03-26 Covidien Lp Articulating endoscopic surgical clip applier
US8968337B2 (en) 2010-07-28 2015-03-03 Covidien Lp Articulating clip applier
US8403946B2 (en) 2010-07-28 2013-03-26 Covidien Lp Articulating clip applier cartridge
US9011464B2 (en) 2010-11-02 2015-04-21 Covidien Lp Self-centering clip and jaw
US9186153B2 (en) 2011-01-31 2015-11-17 Covidien Lp Locking cam driver and jaw assembly for clip applier
US9775623B2 (en) 2011-04-29 2017-10-03 Covidien Lp Surgical clip applier including clip relief feature
US9364239B2 (en) 2011-12-19 2016-06-14 Covidien Lp Jaw closure mechanism for a surgical clip applier
US9364216B2 (en) 2011-12-29 2016-06-14 Covidien Lp Surgical clip applier with integrated clip counter
US9408610B2 (en) 2012-05-04 2016-08-09 Covidien Lp Surgical clip applier with dissector
US9532787B2 (en) 2012-05-31 2017-01-03 Covidien Lp Endoscopic clip applier
US9968362B2 (en) 2013-01-08 2018-05-15 Covidien Lp Surgical clip applier
US9113892B2 (en) 2013-01-08 2015-08-25 Covidien Lp Surgical clip applier
US9750500B2 (en) 2013-01-18 2017-09-05 Covidien Lp Surgical clip applier
US9775624B2 (en) 2013-08-27 2017-10-03 Covidien Lp Surgical clip applier
US9931124B2 (en) 2015-01-07 2018-04-03 Covidien Lp Reposable clip applier
US10159491B2 (en) 2015-03-10 2018-12-25 Covidien Lp Endoscopic reposable surgical clip applier

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6313725Y2 (en) * 1983-02-22 1988-04-18
US5171249A (en) * 1991-04-04 1992-12-15 Ethicon, Inc. Endoscopic multiple ligating clip applier
US5700271A (en) * 1995-10-20 1997-12-23 United States Surgical Corporation Apparatus for applying surgical clips
US5833696A (en) * 1996-10-03 1998-11-10 United States Surgical Corporation Apparatus for applying surgical clips

Also Published As

Publication number Publication date
JP2003033361A (en) 2003-02-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA1235035A (en) Surgical stapling instrument
DE69737192T2 (en) attached to fingertips tool for minimally invasive surgery
JP4799929B2 (en) Surgical stapling instrument equipped with a non-uniform multi-stroke type firing mechanism including a rotary transmission
JP4783372B2 (en) Apparatus for applying a surgical clip
US5573541A (en) Apparatus and method for subcuticular stapling of body tissue
JP4028071B2 (en) Skin stapler with a multi-directional release mechanism
US5626587A (en) Method for operating a surgical instrument
US5634584A (en) Surgical instrument
DE69723627T2 (en) Cartridge with a preliminarily lockable cap for an injection device
AU2006201316B2 (en) Surgical clip applier methods
JP5042571B2 (en) Clip applier structure for preventing the falling of the clip
US10004502B2 (en) Surgical clip applier
DE60113940T2 (en) A surgical instrument having a rotatable locking mechanism
JP3782135B2 (en) Loading unit for use in a surgical suturing device
US8057431B2 (en) Hinged cap for needle device
US8087563B2 (en) Surgical stapling apparatus
EP1324707B1 (en) Surgical stapling device
CN102688074B (en) Seize the clamp mechanism
CA2543466C (en) Surgical clip advancement mechanism
CA2013054C (en) Apparatus and method for placing staples in laparoscopic or endoscopic procedures
EP1712188B1 (en) Surgical clip applier
JP5143361B2 (en) Surgical stapling instrument incorporating many stroke firing mechanism by the spring rotates manual retraction system return
US8961542B2 (en) Articulating clip applier cartridge
US9737310B2 (en) Articulating clip applier
FI80205B (en) Faestanordning Foer saorhakar. and an saorhaka.

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080612

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20101102

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20101104

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101228

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110125

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110216

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140225

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250