JP4639887B2 - Droplet discharge head and a droplet discharging device - Google Patents

Droplet discharge head and a droplet discharging device Download PDF

Info

Publication number
JP4639887B2
JP4639887B2 JP2005087313A JP2005087313A JP4639887B2 JP 4639887 B2 JP4639887 B2 JP 4639887B2 JP 2005087313 A JP2005087313 A JP 2005087313A JP 2005087313 A JP2005087313 A JP 2005087313A JP 4639887 B2 JP4639887 B2 JP 4639887B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
head
nozzle
head unit
overlap region
arranged
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2005087313A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2006264188A (en )
Inventor
真一 奥田
信二 瀬戸
Original Assignee
富士ゼロックス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、液滴吐出ヘッド及び液滴吐出装置に関する。 The present invention relates to a droplet ejection head and a droplet discharging device.

インクジェット記録装置に代表される液滴吐出装置では、高画質な画像を高速で記録することが求められている。 A droplet discharging apparatus represented by an ink jet recording apparatus, it is required to record high-quality images at high speed. このため、ノズルを二次元的に平面配置(マトリクス配置)した複数のヘッドユニットを千鳥状に2列配置したインクジェット記録ヘッドが提案されている(特許文献1〜3等参照)。 Therefore, two-dimensionally planar arrangement the nozzle (matrix arrangement) ink jet recording head a plurality of head units are arranged two rows in a zigzag pattern that has been proposed (see Patent Documents 1 to 3).

このように複数のヘッドユニットを千鳥配置したインクジェット記録ヘッドでは、たとえば、いわゆるθズレ(あるいは用紙の斜行等)が発生すると、得られる記録画像に白スジや黒スジ等が発生し、画質が低下することがある。 In this ink jet recording head a plurality of head units were staggered so, for example, the so-called θ deviation (or skew of the sheet or the like) is generated, white stripes or black stripes or the like occurs in the recorded image resulting image quality it may be reduced. これは、インクジェット記録ヘッドの長手方向に隣接するヘッドユニット間において、繋ぎ目部分のノズルがインクジェット記録ヘッドの幅方向に離れていると、θズレによって、これらのノズルで形成されるインク滴のドットが用紙の幅方向にも大きく離れてしまうためである。 This is between the head unit adjacent to the longitudinal direction of the ink jet recording head, the nozzle of the joint portions are spaced apart in the width direction of the ink jet recording head, the θ deviation of the ink droplets formed by these nozzles dots There is because thus far apart in the width direction of the paper.
特開2003−127363号公報 JP 2003-127363 JP

本発明は上記事実を考慮し、ヘッドユニットにθズレ等が発生しても白スジ/黒スジ等による画質の低下を抑制できる液滴吐出ヘッドと、この液滴吐出ヘッドを備えた液滴吐出装置を得ることを課題とする。 SUMMARY OF THE INVENTION In view of the above, the droplet ejection or the like θ deviation in head unit comprising a liquid droplet ejection head which can suppress deterioration in image quality due to the white streak / black stripe or the like even if it occurs, the droplet discharge head it is an object to obtain a device.

請求項1に記載の発明では、液滴を吐出する複数のノズルが二次元的に平面配列されたヘッドユニットを複数列に千鳥配列した長尺型の液滴吐出ヘッドであって、 前記ノズルの前記液滴吐出ヘッドの長手方向と直交する幅方向の位置が、前記ヘッドユニットの長手方向で周期的に異なるように配置され、この液滴吐出ヘッドの長手方向で隣接する前記ヘッドユニットの繋ぎ目部分において、ヘッドユニットの長手方向両端にあるノズルが、前記幅方向で、隣接するヘッドユニット側にあることを特徴とする。 The invention according to claim 1, a plurality of droplet ejection heads of the nozzles long type in which staggered head units which are plane arranged two-dimensionally in a plurality of columns for discharging droplets, the nozzles longitudinal and widthwise position orthogonal to the droplet discharge head, the periodic to be arranged differently in the longitudinal direction of the head unit, the joint of the head units adjacent in the longitudinal direction of the droplet discharge head in part, the nozzle in the longitudinal ends of the head unit, in the width direction, characterized in that the head unit side adjacent.

このように、隣接するヘッドユニットの繋ぎ目において、ヘッドユニットの長手方向両端にあるノズルが、幅方向で隣接するヘッドユニット側にあると、ノズルを幅方向に離間して配置した構成と比較して、θズレや被吐出部材の斜行等(以下、これらをまとめて単に「θズレ」という)が発生した場合でも、被吐出部材の幅方向での液滴のドット位置の変化(ズレ)が少なくなる。 Thus, in the joint of the head unit adjacent nozzles in the longitudinal ends of the head unit, to be in the head unit side adjacent in the width direction, compared with the configuration in which spaced nozzles in the width direction Te, skew, etc. θ deviation and the ejection member even if (hereinafter simply collectively "θ deviation") occurs, the change in the dot position of the liquid droplets in the width direction of the discharge member (deviation) It is reduced. このため、θズレが発生しても、画質の低下を防止できる。 Therefore, even if θ shift occurs, it is possible to prevent deterioration of image quality.

請求項2に記載の発明では、請求項1に記載の液滴吐出ヘッドであって、この液滴吐出ヘッドの長手方向で隣接するヘッドユニット間において、幅方向に見てノズルがオーバーラップするオーバーラップ領域が構成されるようにヘッドユニットが配置されていることを特徴とする。 In the invention according to claim 2, a droplet discharge head according to claim 1, between the head units adjacent in the longitudinal direction of the droplet discharge head, a nozzle as viewed in the width direction overlap over wherein the head unit is arranged such lap area is configured.

隣接するヘッドユニット間で幅方向にノズルをオーバーラップさせると、オーバーラップ領域に対応する2つのヘッドユニットのいずれかに不具合が発生しても、画質に及ぼす影響を少なくすることが可能になる。 When to overlap nozzles in the width direction between the adjacent head units, failure in either of the two head units corresponding to the overlap region be generated, it is possible to reduce the influence on the image quality.

請求項3に記載の発明では、請求項2に記載の発明において、前記オーバーラップ領域の端部のノズルが、このオーバーラップ領域を含むヘッドユニット内のオーバーラップ領域に隣接するノズルと、幅方向で近接するように配置されていることを特徴とする。 In the invention described in claim 3, in the invention described in claim 2, the nozzle end of the overlap region, the nozzles adjacent to the overlap region in the head unit including the overlap region, the width direction in it characterized in that it is arranged to close.

このように、オーバーラップ領域の端部のノズルを、このオーバーラップ領域を含むヘッドユニット内のオーバーラップ領域に隣接するノズルと幅方向に近接して配置することで、オーバーラップ領域の端部において、θズレによる白スジや黒スジを小さく抑制できる。 Thus, the nozzle end of the overlap region, placing in proximity to the nozzle in the width direction adjacent to the overlap region in the head unit including the overlapping area at the end of the overlap region It can be reduced suppress white stripes or black stripes by θ deviation.

請求項4に記載の発明では、請求項2又は請求項3に記載の発明において、前記オーバーラップ領域の端部のノズルが、このオーバーラップ領域に隣接するヘッドユニット内のオーバーラップ領域に隣接するノズルと、幅方向で近接するように配置されていることを特徴とする。 The invention according to claim 4, in the invention of claim 2 or claim 3, the nozzle end of the overlap region, adjacent to the overlapping region of the head unit adjacent to the overlap region a nozzle, characterized in that it is arranged adjacent in the width direction.

このように、オーバーラップ領域の端部のノズルを、オーバーラップ領域に隣接するヘッドユニット内のオーバーラップ領域に隣接するノズルと幅方向に近接して配置することで、オーバーラップ領域の端部において、θズレによる白スジや黒スジを小さく抑制できる。 Thus, the nozzle end of the overlap region, placing in proximity to the nozzle in the width direction adjacent to the overlapping region of the head unit adjacent the overlap region, the end of the overlap region It can be reduced suppress white stripes or black stripes by θ deviation.

なお、ヘッドユニット内のノズルの配置等に応じて、請求項3又は請求項4のいずれか一方の条件が満たされるようにノズルをオーバーラップさせてヘッドユニットを配置することができ、さらに、請求項2及び請求項3の双方の条件が満たされるように、ノズルをオーバーラップさせてヘッドユニットを配置することもできる。 Incidentally, depending on the arrangement of nozzles in the head units can be overlapped nozzles as one of the conditions of claim 3 or claim 4 is met to place the head units, further wherein as both conditions of claim 2 and claim 3 are satisfied, it is also possible to arrange the head unit nozzles are overlapped. 後者の場合には、請求項3において近接するノズル間の距離と、請求項4において近接するノズル間の距離の双方が、最小となるようにノズルをオーバーラップさせてヘッドユニットを配置することが好ましい。 In the latter case, the distance between adjacent nozzles in claim 3, that both the distance between adjacent nozzles in claim 4, to place the head unit nozzles are overlapped so as to minimize preferable.

請求項5に記載の発明では、 請求項2に記載の発明において、前記オーバーラップ領域に隣接するノズルの幅方向の位置が、このオーバーラップ領域を含むヘッドユニットのオーバーラップ領域内での隣接ノズルと、このオーバーラップ領域に隣接するヘッドユニットの隣接ノズルと、の間となるようにヘッドユニットが配置されていることを特徴とする。 In the invention described in claim 5, in the invention described in claim 2, the position in the width direction of the nozzle adjacent the leading SL overlapping area, adjacent the overlap region of the head unit including the overlap region a nozzle, wherein the head unit is arranged such that adjacent nozzles of the head unit adjacent to the overlapping region, is between.

このように、オーバーラップ領域に隣接するノズルの幅方向の位置が、このオーバーラップ領域を含むヘッドユニットのオーバーラップ領域内での隣接ノズルと、このオーバーラップ領域に隣接するヘッドユニットの隣接ノズルと、の間とすることで、θズレ等が発生した場合でも、白スジや黒スジを小さく抑制し、画質の低下を防止できる。 Thus, the width direction position of the nozzles adjacent the overlap region, and adjacent nozzles in the overlap region of the head unit including the overlap region, and adjacent nozzles of the head unit adjacent to the overlap region , with between, even if the θ deviation or the like occurs, the white stripes and black stripes less suppressed, thereby preventing deterioration of image quality.

請求項6に記載の発明では、請求項2〜請求項5のいずれか1項に記載の発明において、前記オーバーラップ領域内において、このオーバーラップ領域の端部側でオーバーラップするノズル間距離が、オーバーラップ領域の中央側でオーバーラップするノズル間距離よりも小さくなるようにヘッドユニットが配置されていることを特徴とする。 The invention according to claim 6, the invention according to any one of claims 2 to 5, in the overlap region, the distance between nozzles to overlap the end side of the overlap region characterized in that the head unit so as to be smaller than the distance between the nozzles to overlap the center side of the overlap region is disposed.

これにより、オーバーラップ領域の端部において、2つのノズルがθズレによる長手方向での位置ズレを受けにくい配置となるので、白スジや黒スジを小さく抑制できる。 Thus, at the end of the overlap region, the two nozzles is located less susceptible to misalignment in the longitudinal direction by the θ deviation can be reduced suppress white stripes and black stripes.

本発明において、前記ヘッドユニットの繋ぎ目において幅方向で近接するように配列されたノズルの距離は、たとえば、請求項7に記載のように、ヘッドユニットの幅以下とすることができる。 In the present invention, the distance of nozzles arranged so as to be adjacent in the width direction at the joint of the head unit, for example, as described in claim 7, can be less than the width of the head unit.

請求項8に記載の発明では、請求項1〜請求項7のいずれか1項に記載の発明において、前記ヘッドユニットと幅方向に分割して分割部を構成したときに、それぞれの分割部のノズルから吐出した液滴のドットが被吐出部材上で均等に並ぶように配置されていることを特徴とする。 In the invention described in claim 8, the invention according to any one of claims 1 to 7, when constituting the dividing unit divides the head unit in the width direction, of each of the divided portions wherein the dots of the liquid droplets ejected from the nozzles are arranged so as to line up evenly on the ejection member.

すなわち、1本の液滴吐出ヘッドが、幅方向、すなわち被記録部材の移動方向に分割されているので、異なる液体の吐出、たとえば複数色の画像記録に1本の液滴吐出ヘッドで対応することが可能になる。 That is, one droplet ejection head, a width direction, that is, are divided in the moving direction of the recording member, corresponding with one of the droplet discharge head different ejection liquid, for example, a plurality of colors of the image recording it becomes possible.

請求項9に記載の発明では、請求項1〜請求項8のいずれか1項に記載の発明において、前記ヘッドユニット内において、長手方向中心線から遠いノズルと近いノズルとから吐出した液滴のドットが被吐出部材上で混在して並ぶようにノズルが配置されていることを特徴とする。 In the invention described in claim 9, the invention according to any one of claims 1 to 8, within the head unit, the droplet ejected from the distant nozzle and close to the nozzle from the longitudinal center line dots, characterized in that the nozzle is arranged so as to line up a mix on the ejection member.

これにより、インクジェット記録ヘッドにθズレが発生しても、ヘッドユニット内において、被記録部材の幅方向でドット位置ズレが分散的に生じ、画像欠陥として認識されにくくなり、画質の低下を防止できる。 Thus, even if θ deviation occurs in the ink jet recording head, in the head unit, the dot positional deviation occurs in a distributed manner in the width direction of the recording member, less likely to be recognized as an image defect, it is possible to prevent deterioration of image quality .

請求項10に記載の発明では、前記請求項1〜請求項9のいずれか1項に記載の液滴吐出ヘッドを備えたことを特徴とする。 In the invention according to claim 10, characterized by comprising the liquid droplet ejection head according to any one of the claims 1 to 9.

請求項1〜請求項7のいずれか1項に記載の液滴吐出ヘッドを備えているので、液滴吐出ヘッドにθズレが発生しても、画質の低下を防止できる。 It is provided with the liquid droplet ejection head according to any one of claims 1 to 7, even if θ shift occurs to the droplet discharge head, it is possible to prevent deterioration of image quality.

なお、本発明の液滴吐出ヘッドでは、ノズルから液滴を吐出する複数のイジェクタに対し共通で液体を供給する共通流路が、隣接する2つのイジェクタ列の間に配置されるとともに、前記共通流路の天面又は底面の少なくとも一方が、可撓性を有するダンパとされている構成としてもよい。 In the liquid droplet ejection head of the present invention, together with a common flow path for supplying the liquid in common to a plurality of ejectors for ejecting droplets from the nozzle is arranged between two adjacent ejector column, the common At least one of the top or bottom of the channel, flexibility may be configured to be a damper having a.

この構成では、共通流路は、隣接する2つのイジェクタ列の間において、これらイジェクタ列にまたがるように配置されるため、共通流路の幅を大きく設定することができる。 In this configuration, the common channel, between two adjacent ejector columns, for placement to span these ejector column, it is possible to set a large width of the common flow path. このため、共通流路の天面又は底面の少なくとも一方を構成するダンパに十分な音響容量を確保できる。 Therefore, it is possible to ensure a sufficient sound volume to the damper constituting at least one of the top or bottom of the common flow path.

また、共通流路を、隣接する2つのイジェクタ列を構成するイジェクタに重ねて配置することが可能であるため、イジェクタの配列密度、すなわちノズル密度を高くしても、上記のように共通流路の幅を大きく設定して、十分な音響容量を確保できる。 Also, the common channel, since it can be arranged to overlap the ejector constituting two ejectors adjacent columns, array density of ejectors, i.e., by increasing the nozzle density, the common channel as described above set the width increases, it is possible to ensure a sufficient sound volume. すなわち、高いノズル密度と、共通流路での十分な音響容量を両立することができる。 That is, it is possible to achieve both a high nozzle density, a sufficient sound volume of a common channel.

さらにこの液滴吐出ヘッドにおいて、前記共通流路から液体が供給される2つのイジェクタ列のノズルが、共通流路の中心線から見て外側になるように配置されていてもよい。 Further, in the droplet ejection head, nozzles of the two ejector columns which liquid is supplied from the common flow path may be arranged such that the outward viewed from the center line of the common flow path.

この構成では、2つのイジェクタ列のノズルの間隔が大きくなるので、これらのノズルの間で共通流路の幅を広く確保できる。 In this arrangement, the spacing of the nozzles of the two ejector columns increases the width of the common flow path can be widely ensured between these nozzles.

さらにこの液滴吐出ヘッドにおいて、前記共通流路から前記イジェクタへと液体を供給する液体供給路が、隣接する前記2つのイジェクタ列の間に配置される構成としてもよい。 Further, in the droplet discharge head, the common flow channel the liquid supply path for supplying liquid to said ejector from may be configured to be disposed between the two ejector columns adjacent.

この構成では、共通流路は液体供給路とも重ねて配置されるので、イジェクタの配列密度を低下させることなく、共通流路の幅をより広く確保できる。 In this configuration, the common flow path because it is arranged also overlaid with liquid supply channel, without decreasing the array density of the ejector can more widely ensured width of the common flow path.

さらにこの液滴吐出ヘッドにおいて、前記イジェクタが、液体を貯留する圧力室と、電圧印加によって液体にエネルギーを作用させて液滴を吐出するアクチュエータと、前記アクチュエータに電圧を印加するための電極パッドと、を有し、前記電極パッドが、隣接する前記2つのイジェクタ列の間に配置されている構成としてもよい。 Further, in the droplet discharge head, wherein the ejector comprises a pressure chamber for storing the liquid, an actuator for discharging liquid droplets by applying energy to the liquid by the voltage application, the electrode pad for applying a voltage to the actuator the a, the electrode pad may be configured to be arranged between the two ejector columns adjacent.

この液滴吐出ヘッドでは、電圧印加されたアクチュエータが、圧力室に貯留された液体にエネルギーを作用させてノズルから液滴を吐出させる。 In the liquid droplet ejection head, an actuator which is a voltage applied to eject droplets from a nozzle by the action of energy to the liquid stored in the pressure chamber.

共通流路は電極パッドとも重ねて配置されるので、イジェクタの配列密度を低下させることなく、共通流路の幅をより広く確保できる。 Since the common flow path is arranged also overlapping the electrode pads, without reducing the arrangement density of the ejector can more widely ensured width of the common flow path.

さらにこの液滴吐出ヘッドにおいて、前記共通流路が、前記ノズルを回避した位置では共通流路の中心線から見てノズルよりも外側に膨出する形状とされていることを特徴とする。 Further, in the droplet discharge head, the common flow path, at a position that avoids the nozzle, characterized in that it is shaped to bulge outside the nozzle as viewed from the center line of the common flow path.

すなわち、共通流路は、ノズルを回避した位置において、より広い幅を確保できる。 That is, the common flow path at a position avoiding the nozzle can be secured wider. このため、共通流路の音響容量をさらに大きくすることができる。 Therefore, it is possible to further increase the acoustic capacitance of the common flow path.

さらにこの液滴吐出ヘッドにおいて、前記ダンパが樹脂フィルムで構成されていてもよい。 Further, in the droplet discharge head, the damper may be a resin film.

これにより、共通流路にさらに大きな音響容量を確保することが可能になる。 Thus, it is possible to secure a larger sound volume to a common channel.

さらにこの液滴吐出ヘッドにおいて、前記ノズルが形成されたノズルプレート、を備え、前記ダンパが前記ノズルプレートを兼ねていることを特徴とする。 Further, in the droplet discharge head, a nozzle plate, said nozzle is formed, the damper is characterized in that it also serves as the nozzle plate.

これにより、ノズルプレートとダンパとを別部材とした構成と比較して、イジェクタを構成するプレートの数が少なくなるので、液滴吐出ヘッドの製造コストを低減することが可能となる。 Accordingly, the nozzle plate and the damper as compared to another member with the structure and, the number of plates constituting the ejector is reduced, it is possible to reduce the manufacturing cost of the liquid droplet ejection head.

さらにこの液滴吐出ヘッドにおいて、複数のイジェクタで構成されるイジェクタ群に対し、このイジェクタ群の、液滴吐出ヘッド長手方向の両端部外側に上流側流路を配置し、前記共通流路を、この上流側流路に接続されるとともに、前記ヘッドユニットの長手方向(すなわち液滴吐出ヘッドの長手方向)に沿って、且つ前記イジェクタ群の中央部で分割されるように複数設けてもよい。 Further, in the droplet discharge head, to the ejector group composed of a plurality of ejectors, the ejector group, an upstream side passage located on both end portions outside of the droplet discharge head longitudinal direction, said common channel, is connected to the upstream flow path along said longitudinal direction of the head unit (i.e. the longitudinal direction of the droplet discharge head), may be multiply provided to and is divided at the central portion of the ejector group.

この構成では、イジェクタ群を備えたヘッドユニットが複数列に千鳥配置されており、イジェクタ群の両端部の外側に上流側流路が配置されている。 In this configuration, the head unit having a ejector groups are staggered in a plurality of rows, the upstream-side flow path to the outside of both ends of the ejector groups are arranged. そして、両端部の上流側流路に複数の共通流路が接続され、複数の共通流路がヘッドユニットの長手方向に沿って配置されてイジェクタ群の中央部で分割されている。 A plurality of the common flow path on the upstream side passage of the end portions are connected, are divided in the middle of the ejector group are arranged a plurality of the common flow path is along the longitudinal direction of the head unit. これにより、長尺型の液滴吐出ヘッドの平面積に対してスペースの大きい上流側流路と複数の共通流路を記録ヘッドのサイズを増加することなく効率的に配置することが可能となる。 Thus, it is possible to efficiently arranged without increasing the size of the recording head larger upstream passage and a plurality of common channel space with respect to the plane area of ​​the long type of droplet discharge heads . このため、長尺型の液滴吐出ヘッドの幅(長手方向と直交する方向の幅)を小さくすることができ、小型化を実現できる。 Therefore, it is possible to reduce the long-type liquid droplet ejection head width (width in the direction perpendicular to the longitudinal direction) can be downsized. また、共通流路はイジェクタ群の中央部で分割されているので、共通流路が長くなるのを防止できる。 The common flow path because it is divided in the middle of the ejector group, it is possible to prevent the common flow path becomes longer. このため、共通流路の流路抵抗を低減することができ、各イジェクタに高い吐出安定性及び周波数特性を確保することが可能となる。 Therefore, it is possible to reduce the flow path resistance of the common flow path, it is possible to secure a high ejection stability and frequency characteristics to each ejector.

さらにこの液滴吐出ヘッドにおいて、前記イジェクタ群の両端部の外側に、前記ヘッドユニットを構成する構成プレートを積層して吸着するための吸着穴、又は位置出し用のアライメントマークが配設されていてもよい。 Further, in the droplet discharge head, to the outside of both ends of the ejector group, said suction holes for sucking by laminating structure plate constituting the head unit, or the alignment marks for positioning are being arranged it may be.

この構成では、イジェクタ群の両端部の外側に、ヘッドユニットを構成する構成プレートを積層して吸着するための吸着穴、又は位置出し用のアライメントマークを配設することで、長尺型の液滴吐出ヘッドの平面積に対して最も効率的に吸着穴又はアライメントマークを配置することができる。 In this configuration, the outside of both ends of the ejector groups, by disposing the alignment marks for the suction holes, or positioning for constituting plates are stacked to adsorb constituting the head unit, a long-type liquid it can be arranged most efficiently adsorbing holes or alignment mark with respect to the planar area of ​​the droplet ejection head. このため、長尺型の液滴吐出ヘッドの幅を一層小さくすることが可能となる。 Therefore, it is possible to further reduce the width of the long type droplet discharge head.

さらにこの液滴吐出ヘッドにおいて、前記上流側流路が、前記イジェクタ群の両端部の外側に複数に分割されて配置されて構成としてもよい。 Further, in the droplet discharge head, the upstream channel may be configured to be arranged is divided into a plurality of outer ends of the ejector group.

この構成では、上流側流路がイジェクタ群の両端部の外側に複数に分割して配置されており、分割された上流側流路にぞれぞれ別の種類の液体(例えばインク)を充填することで、1本の液滴吐出ヘッドで多色の記録を実現することが可能となる。 In this configuration, the upstream channel are arranged in a plurality on the outside of both ends of the ejector groups, filled with, respectively, respectively in the divided upstream channel different type of liquid (e.g., ink) doing, it is possible to realize the multi-color recording by a single droplet discharge head.

さらにこの液滴吐出ヘッドにおいて、前記ヘッドユニットに配設された前記共通流路の長さが異なる構成としてもよい。 Further, in the droplet discharge head, the length of the common channel disposed in the head unit may be configured differently.

この構成では、共通流路の長さが異なるので、共通流路の末端部が記録媒体上の同じ位置にくることが少なく、長尺型の液滴吐出ヘッドの長手方向に沿った濃度むらの発生を一層低減することが可能となる。 In this configuration, since the length of the common flow path is different, the distal end of the common flow path is small that come to the same position on the recording medium, the length of the long type droplet ejection head longitudinally of uneven density along it is possible to further reduce the occurrence.

さらにこの液滴吐出ヘッドにおいて、前記ヘッドユニットの長手方向と直交する幅方向に電気配線を引き出し、幅方向で隣接する他のヘッドユニットの列と重なり合う部分で前記電気配線が折り曲げられている構成としてもよい。 Further, in the droplet discharge head, pull the electrical wiring in a width direction orthogonal to the longitudinal direction of the head unit, a configuration that is bent said electric wiring portion overlapping with the column of another head unit adjacent in the width direction it may be.

この構成では、各ヘッドユニットの長手方向と直交する幅方向に沿って電気配線を引き出し、幅方向で隣接する他のヘッドユニットの列と重なり合う部分で電気配線を折り曲げることにより、各ヘッドユニットの電気配線を効率よく配置できる。 In this configuration, pull the electric wire along the width direction perpendicular to the longitudinal direction of each head unit, by bending the electric wire in a portion overlapping with the column of another head unit adjacent in the width direction, electrical of each head unit wiring can be arranged efficiently. このため、ヘッドユニットの幅をさらに一層小さくすることが可能となる。 Therefore, further it is possible to further reduce the width of the head unit.

さらにこの液滴吐出ヘッドにおいて、前記ヘッドユニットの形状を略長方形又は略平行四辺形としてもよい。 Further, in the droplet discharge head, the shape of the head unit may be substantially rectangular or parallelogram.

この構成では、ヘッドユニットの形状を略長方形又は略平行四辺形とすることで、千鳥配置したヘッドユニットの両端部(イジェクタ群の両端部の外側)に上流側流路や吸着穴又はアライメントマークを効率よく配置することができ、ヘッドユニットの幅をさらに一層小さくすることが可能となる。 In this configuration, by making the shape of the head unit with a substantially rectangular or substantially parallelogram, both end portions of the head unit in which staggered upstream passage and the suction holes or alignment marks (outside of both ends of the ejector group) It can be disposed efficiently, further it is possible to further reduce the width of the head unit.

さらにこの液滴吐出ヘッドにおいて、前記ヘッドユニット内に配列されるノズル列の数を2のべき乗に設定してもよい。 Further, in the droplet discharge head, the number of nozzle rows arranged in the head unit may be set to a power of 2.

この構成では、ヘッドユニット内に配列されるノズル列の数を2のべき乗に設定することにより、コントローラのデータ処理を単純化することができ、コントローラのコストを低減することが可能となる。 In this configuration, by setting the number of nozzle rows arranged in the head unit to a power of 2, it is possible to simplify the data processing in the controller, it is possible to reduce the cost of the controller.

さらにこの液滴吐出ヘッドにおいて、前記ヘッドユニット内で駆動されるイジェクタの数を2のべき乗に設定することを特徴としている。 Further, in the droplet discharge head is characterized by setting the number of ejectors that are driven within the head unit to a power of 2.

この構成では、ヘッドユニット内で駆動されるイジェクタの数を2のべき乗に設定することにより、コントローラのデータ処理を単純化することができ、コントローラのコストを低減することが可能となる。 In this configuration, by setting the number of ejectors driven by the head unit to a power of 2, it is possible to simplify the data processing in the controller, it is possible to reduce the cost of the controller.

さらにこの液滴吐出ヘッドにおいて、前記ヘッドユニットがそれぞれ完全に分離されててもよい。 Further, in the droplet discharge head, wherein the head unit may be completely separated, respectively.

この構成では、ヘッドユニットがそれぞれ完全に分離されているので、各ヘッドユニットごとに交換が可能であり、メンテナンスが容易となる。 In this configuration, since the head unit is completely separated respectively, it can be replaced for each head unit, thereby facilitating the maintenance.

さらにこの液滴吐出ヘッドにおいて、前記ヘッドユニットを構成する一部の構成プレートが一体のバー構造である構成としてもよい。 Further, in the droplet discharge head, a part of the configuration plate constituting the head unit may be configured as a bar structure integrally.

この構成では、ヘッドユニットを構成する一部の構成プレートが一体のバー構造であるので、ヘッドユニットの位置決め及び組立てが容易となる。 In this configuration, since a part of the construction plate constituting the head unit is a bar integral structure, thereby facilitating the positioning and assembly of the head unit.

本発明は上記構成としたので、ヘッドユニットにθズレ等が発生しても白スジ/黒スジ等による画質の低下を抑制できる。 Since the present invention has the above structure, even if θ deviation or the like occurs in the head unit it is possible to suppress the deterioration in the image quality due to the white streak / black stripes like.

図25には、本発明の第1実施形態のインクジェット記録装置112が示されている。 Figure 25 is shown an ink jet recording apparatus 112 of the first embodiment of the present invention. インクジェット記録装置112の筐体114内の下部には給紙トレイ116が備えられており、給紙トレイ116内に積層された用紙Pをピックアップロール118で1枚ずつ取り出すことができる。 The lower portion of the housing 114 of the ink jet recording apparatus 112 is provided with a paper feed tray 116, it is possible to take out the paper P stacked in the sheet feeding tray 116 one by one by a pickup roller 118. 取り出された用紙Pは、所定の搬送経路122を構成する複数の搬送ローラ対120で搬送される。 Paper P taken out is conveyed by plural conveyance roller pairs 120 which constitute a predetermined conveyance path 122. 以下、単に「搬送方向」というときは、記録媒体である用紙Pの搬送方向をいい、「上流」、「下流」というときはそれぞれ、搬送方向の上流及び下流を意味するものとする。 Hereinafter, when simply referred to as a "feeding direction" refers to the transport direction of the sheet P as a recording medium, respectively, the term "upstream", "downstream" shall mean upstream and downstream in the conveying direction.

給紙トレイ116の上方には、駆動ロール124及び従動ロール126に張架された無端状の搬送ベルト128が配置されている。 Above the sheet feeding tray 116, driving roller 124 and the endless conveyor belt 128 which is stretched around a driven roll 126 is arranged. 搬送ベルト128の上方には記録ヘッドアレイ130が配置されており、搬送ベルト128の平坦部分128Fに対向している。 Above the conveyor belt 128 is disposed a recording head array 130, and faces the flat portion 128F of the conveyance belt 128. この対向した領域が、記録ヘッドアレイ130からインク滴が吐出される吐出領域SEとなっている。 The opposing area, the ink droplet is in the ejection region SE ejected from the recording head array 130. 搬送経路122を搬送された用紙Pは、搬送ベルト128で保持されてこの吐出領域SEに至り、記録ヘッドアレイ130に対向した状態で、記録ヘッドアレイ130から画像情報に応じたインク滴が付着される。 The sheet P conveyed on the conveying path 122 is held by the transfer belt 128 reaches to the ejection region SE, while facing the recording head array 130, ink droplets corresponding from the recording head array 130 to image information is attached that.

そして、用紙Pを搬送ベルト128で保持した状態で周回させることで、吐出領域SE内に複数回通過させて、いわゆるマルチパスによる画像記録を行うことも可能となっている。 Then, by circulating while holding the sheet P by the conveying belt 128 is passed through a plurality of times within the discharge region SE, and also capable of performing image recording by the so-called multipath. もちろん、用紙Pを吐出領域SE内に1回のみ通過させて、いわゆる1パスで画像記録を行っても良い。 Of course, by passing only once the sheet P ejection region SE, it may perform image recording in so-called one pass.

なお、搬送ベルト128は、一例として、半導電性ポリイミド材(表面抵抗値10 10 〜10 13 Ω/□、体積抵抗値10 9 〜10 12 Ω・cm)を、厚さ75μm、幅380mm、周長1000mmに成形したものを使用できる。 The transport belt 128, as an example, semi-conductive polyimide material (surface resistance 10 10 ~10 13 Ω / □, volume resistivity 10 9 ~10 12 Ω · cm) , a thickness of 75 [mu] m, width 380 mm, circumferential It can be used after molded into long 1000 mm. また、駆動ロール124及び従動ロール126としては、一例として、φ50mmのSUSロールを使用できる。 As the drive roll 124 and driven roll 126, as an example, it can be used SUS roll 50 mm diameter.

なお、搬送ベルト128に代えて、たとえば円筒状あるいは円柱状に形成された搬送ローラの外周に、記録媒体(用紙P)を吸着保持して回転させる構成でもよい。 Instead of the conveyor belt 128, for example, on the outer circumference of the transport roller which is formed in a cylindrical shape or columnar shape, a recording medium (sheet P) may be configured for holding and rotating suction. ただし、本実施形態のように搬送ベルト128を使用すると平坦部分128Fが構成されるので、この平坦部分128Fに対応させて記録ヘッドアレイ130を配置でき、好ましい。 However, since by using the conveyor belt 128 flat part 128F is configured as in this embodiment, to place the recording head array 130 in correspondence with the flat portion 128F, preferred.

記録ヘッドアレイ130は、本実施形態では、有効な記録領域が用紙Pの幅(搬送方向と直交する方向の長さ)以上とされた長尺状で、いわゆるFWA(Full Width Array)となっている。 Recording head array 130, in this embodiment, an effective recording area (length in the direction perpendicular to the conveying direction) width of the paper P over a length elongated, so-called FWA (Full Width Array) there. 記録ヘッドアレイ130内には、イエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)、及びブラック(K)の4色それぞれに対応した4つのインクジェット記録ヘッド34が搬送方向に沿って配置されており、フルカラーの画像を記録可能になっている。 The recording head array 130, yellow (Y), magenta (M), cyan (C), and four inkjet recording heads 34 corresponding to four colors of black (K) are arranged along the conveying direction cage, have become capable of recording a full-color image. それぞれのインクジェット記録ヘッド34は、後述するように複数のヘッドユニット12を千鳥配置することで構成されている。 Each of the ink jet recording head 34 is constructed by zigzag arranging a plurality of head units 12 as described later. なお、ヘッドユニット12においてインク滴を吐出する方法は特に限定されず、いわゆるサーマル方式や圧電方式等、公知のものを適用できるが、本実施形態では、圧電方式としている。 A method for ejecting ink droplets in the head unit 12 is not particularly limited, so-called thermal type or a piezoelectric method, or the like, can be applied to a known, in the present embodiment, a piezoelectric method.

各ヘッドユニット12は、図示しない記録ヘッド制御手段によって制御されるようになっている。 Each head unit 12 is adapted to be controlled by the recording head control means (not shown). 記録ヘッド制御手段は、たとえば、画像情報に応じてインク滴の吐出タイミングや使用するインク吐出口(ノズル)を決め、駆動信号をヘッドユニット12に送る。 Printhead control means, for example, decide the ink discharge port for discharging the timing and usage of the ink droplets in accordance with image information (nozzle), and sends a drive signal to the head unit 12.

また、記録ヘッドアレイ130は、搬送方向と直交する方向に不動とされていてもよいが、必要に応じて移動するように構成しておくと、マルチパスによる画像記録で、より解像度の高い画像を記録したり、ヘッドユニット12の不具合を記録結果に反映させないようにしたりできる。 The recording head array 130 may be immovable in the direction perpendicular to the conveying direction, but when kept configured to move as required, the image recording by the multi-pass, higher resolution image to record, and the failure of the head unit 12 can be or should not be reflected on the recording result.

記録ヘッドアレイ130の近傍(本実施形態では搬送方向の両側)には、それぞれのインクジェット記録ヘッド34に対応した4つのメンテナンスユニット134が配置されている。 In the vicinity of the recording head array 130 (on both sides in the conveying direction in this embodiment), four of the maintenance unit 134 corresponding to each of the ink jet recording head 34 is disposed. インクジェット記録ヘッド34に対してメンテナンスを行う場合には、図2に示すように、記録ヘッドアレイ130が上方へ移動し、搬送ベルト128との間に構成された間隙にメンテナンスユニット134が移動して入り込む。 When performing maintenance for the ink-jet recording head 34, as shown in FIG. 2, the recording head array 130 is moved upward, by moving the maintenance unit 134 is in the gap comprised between the transport belt 128 penetrate. そして、ノズル面(図3参照)に対向した状態で、所定のメンテナンス動作(バキューム、ダミージェット、ワイピング、キャッピング等)を行う。 Then, while facing the nozzle face (see FIG. 3), it performs a predetermined maintenance operation (vacuum, dummy jetting, wiping, capping, etc.).

なお、本実施形態では、4つのメンテナンスユニット134を2つずつの2組に分割し、記録ヘッドアレイ130、画像記録時には記録ヘッドアレイ130の上流側及び下流側にそれぞれ配置されるようにしている。 In the present embodiment, by dividing the four maintenance unit 134 two by two in two sets, the recording head array 130, at the time of image recording is to be placed respectively upstream and downstream of the recording head array 130 .

記録ヘッドアレイ130の上流側には、図示しない電源が接続された帯電ロール136が配置されている。 The upstream side of the recording head array 130, a charging roll 136 is arranged that a power source (not shown) is connected. 帯電ロール136は、従動ロール126との間で搬送ベルト128及び用紙Pを挟みつつ従動し、用紙Pを搬送ベルト128に押圧する押圧位置と、搬送ベルト128から離間した離間位置との間を移動可能とされている。 Charging roll 136, moves driven while sandwiching the conveyor belt 128 and the paper P between the driven roll 126, and a pressing position for pressing the sheet P to the conveying belt 128, between the spaced apart position from the conveyor belt 128 It is possible. 押圧位置では、接地された従動ロール126との間に所定の電位差が生じるため、用紙Pに電荷を与えて搬送ベルト128に静電吸着させることができる。 In pressing position, since the predetermined potential difference between the driven roller 126 which is grounded occurs, it can be electrostatically attracted to the conveyor belt 128 by applying a charge to the sheet P.

帯電ロール136としては、例えば、シリコーンゴムの表面に導電性カーボンを被覆し、体積抵抗値10 6 〜10 7 Ω・cm程度に調整したφ14mmのロールを使用することができる。 The charging roll 136, for example, can be coated with a conductive carbon on the surface of the silicone rubber, using a roll of φ14mm adjusted to approximately volume resistivity 10 6 ~10 7 Ω · cm.

また、電源は、用紙Pを所定電位に帯電させることが可能であれば、直流電源でも交流電源でもよい。 The power supply may be charged a sheet P to a predetermined potential is possible, it may be an AC power source in the DC power supply.

なお、帯電ロール136よりもさらに上流側には、図示しないレジロールが設けられており、用紙Pが搬送ベルト128と帯電ロール136との間に至る前に位置合わせされる。 Incidentally, the more upstream side of the charging roll 136, the registration roll (not shown) is provided with the sheet P is aligned before reaching between the transport belt 128 and the charging roll 136.

記録ヘッドアレイ130の下流側には、剥離プレート140が配置されており、用紙Pを搬送ベルト128から剥離することができる。 On the downstream side of the recording head array 130, the separation plate 140 is disposed, it is possible to peel off the sheet P from the conveying belt 128. 剥離プレート140としては、たとえば、厚さ0.5mm、幅3130mm、長さ100mmのアルミプレートを使用することができる。 The separation plate 140, for example, can be used thickness 0.5 mm, width 3130 mm, the aluminum plate length 100 mm.

剥離された用紙Pは、剥離プレート140の下流側で排出経路144を構成する複数の排出ローラ対142で搬送され、筐体114の上部に設けられた排紙トレイ146に排出される。 Peeled sheet P is peeled at a downstream side of the plate 140 is conveyed by a plurality of discharge roller pair 142 which constitutes a discharge path 144 is discharged to the paper discharge tray 146 provided on the upper portion of the casing 114.

剥離プレート140の下方には、駆動ロール124との間で搬送ベルト128を挟持可能なクリーニングロール148が配置されており、搬送ベルト128の表面をクリーニングするようになっている。 Below the separation plate 140, the conveyor belt 128 is nipped possible cleaning roll 148 is arranged between the drive roll 124, so as to clean the surface of the conveyor belt 128.

給紙トレイ116と搬送ベルト128の間には、複数の反転用ローラ対150で構成された反転経路152が設けられており、片面に画像記録された用紙Pを反転させて搬送ベルト128に保持させることで、用紙Pの両面への画像記録を容易に行えるようになっている。 During the sheet feeding tray 116 and the conveyance belt 128, holding the plurality of inverter paths 152 composed of a reversing roller pair 150 is provided, the conveying belt 128 by reversing the image recording sheet P on one side It is to have become allow the image recording on both sides of the paper P easily.

搬送ベルト128と排紙トレイ146の間には、4色の各インクをそれぞれ貯留するインクタンク154が設けられている。 Between the conveyance belt 128 and the paper discharge tray 146, the ink tank 154 is provided for storing four color inks of, respectively. インクタンク154のインクは、図示しないインク供給配管によって、記録ヘッドアレイ130に供給される。 Ink in the ink tank 154, by the ink supply piping (not shown), and is supplied to the recording head array 130. インクとしては、水性インク、油性インク、溶剤系インク等、公知の各種インクを使用できる。 The ink, aqueous ink, oil-based ink, solvent ink or the like, various known ink can be used.

図1には、本発明の第1実施形態のインクジェット記録ヘッド34の概略構成が示されており、また図2には、このインクジェット記録ヘッド34が斜視図にて示されている。 FIG 1 is shown a schematic configuration of an ink jet recording head 34 of the first embodiment of the present invention it is, also in FIG. 2, the inkjet recording head 34 in a perspective view. さらに図3には、インクジェット記録ヘッド34を構成するヘッドユニット12が部分的に拡大して示されている。 Further in Figure 3, the head unit 12 constituting the ink jet recording head 34 is shown enlarged partially.

図2に示すように、インクジェット記録ヘッド34は、記録媒体としての用紙Pの最大幅よりも長くされている。 As shown in FIG. 2, the inkjet recording head 34 is longer than the maximum width of the paper P as a recording medium. このインクジェット記録ヘッド34は複数の長方形状のヘッドユニット12で構成されており、各ヘッドユニット12は、搬送される用紙P(図1参照)の上流側と下流側とで半ピッチずらして、千鳥状に2列配置されている。 The ink-jet recording head 34 is composed of a plurality of rectangular head unit 12, the head unit 12 is shifted by a half pitch between the upstream side and the downstream side of the paper is transported P (see FIG. 1), staggered It is arranged two rows Jo. なお、以下では、単に「長手方向」、「幅方向」というときは、長尺型ヘッド34の長手方向及び幅方向を意味するものとする。 In the following, simply "longitudinal", the term "width direction" is intended to mean the longitudinal direction and the width direction of the long head 34.

図1及び図2に示すように、ヘッドユニット12には、複数のイジェクタが配列された長方形状のイジェクタ領域(イジェクタ群の配列部)14が形成されている。 As shown in FIGS. 1 and 2, the head unit 12, a plurality of ejectors are arranged rectangular ejector region (SEQ part of ejector group) 14 is formed. イジェクタ領域14には、イジェクタ毎にノズル16(図3、図4〜図6参照)が形成されている。 The ejector area 14, a nozzle 16 (FIG. 3, see FIG. 4 to FIG. 6) for each ejector is formed.

この記録ヘッドアレイ130が搭載されたインクジェット記録装置112では、図1に示すように、ヘッドユニット12のイジェクタ領域14との対向部に用紙Pが所定ピッチで矢印方向に搬送され、ノズル16から画像情報に応じたインク滴が吐出される。 In the recording head array 130 is an ink jet recording apparatus 112 is mounted, as shown in FIG. 1, the sheet P to the portion facing the ejector area 14 of the head unit 12 is conveyed in the arrow direction at a predetermined pitch, an image from the nozzle 16 ink droplets corresponding to the information is ejected. したがって、画像記録が完了した用紙P上では、記録ヘッドアレイ130の用紙搬送方向上流側に位置するイジェクタ領域14Aによって記録された領域と、記録ヘッドアレイ130の用紙搬送方向下流側に位置するイジェクタ領域14Bによって記録された領域とが、用紙Pの幅方向に沿って交互に並ぶこととなる。 Thus, on the sheet P on which the image recording has been completed, a recorded area by the ejector region 14A located in the sheet conveyance direction upstream side of the recording head array 130, the ejector region located downstream in the sheet conveying direction of the recording head array 130 a recorded area by 14B is, so that the arranged alternately along the width direction of the paper P. ここで、搬送される用紙Pの幅方向で隣り合うヘッドユニット12同士では、イジェクタ領域14A、14Bの端部が紙送り方向に見て互いに接する(若しくはオーバーラップする)ように配置されており、印字領域内で印字できない領域が発生しないようにしている。 Here, the head unit 12 adjacent to each other in the width direction of the paper P conveyed, are arranged so as to be in contact with each other (or overlap) the ejector region 14A, the ends of 14B is viewed in the paper feeding direction, areas not printed in the print area is not to occur. なお、第1実施形態は、イジェクタ領域14A、14Bの端部が紙送り方向に見て互いに接する例であり、後述する第2〜第5実施形態は、 これらがオーバーラップする例である。 The first embodiment is an example in which the ejector region 14A, the ends of 14B are in contact with each other as viewed in the paper feeding direction, the second to fifth embodiments described below are examples in which they overlap.

このように、複数のヘッドユニット12を用紙Pの幅方向に沿って並べ、印字領域を構成することで、記録ヘッドアレイ130は用紙Pの幅方向に沿って移動する必要はなく、用紙Pの移動によって用紙Pの全面に画像が形成されるため、高い生産性を得ることができる。 Thus, side by side along a plurality of head units 12 in the width direction of the sheet P, by configuring the print area, the recording head array 130 need not be moved along the width direction of the sheet P, the sheet P since an image is formed on the entire surface of the sheet P by the movement, it is possible to obtain a high productivity. なお、多色画像を形成する際には、図25にも示すように、異なる色のインクが収容された複数のインクジェット記録ヘッド34を用紙Pの搬送方向に並べて配置すればよい。 In forming a multicolor image, as shown in FIG. 25, it may be arranged a plurality of ink-jet recording head 34 in which ink of different colors are contained in the transport direction of the sheet P.

また、図2に示すように、ヘッドユニット12のイジェクタ領域14A、14Bの反対側には、ヘッドユニット12を固定するベース板18が配設されている。 Further, as shown in FIG. 2, the ejector region 14A of the head unit 12, on the opposite side of the 14B, the base plate 18 for fixing the head unit 12 is disposed. このベース板18には、2列のヘッドユニット12へそれぞれインクを供給する2本のインク流路20が形成されている。 The base plate 18 supplies each to the 2 row head unit 12 of the ink 2 in the ink flow path 20 is formed. ベース板18の背面側両端部には2枚の放熱板22が取り付けられており、この放熱板22に記録ヘッドアレイ130の駆動を制御するコントローラである回路基板24が配設されている。 The rear side end portions of the base plate 18 and two sheets of the radiator plate 22 is mounted, the circuit board 24 is disposed a controller for controlling the driving of the recording head array 130 to the heat radiating plate 22. また、各ヘッドユニット12(図2の前方側)と回路基板24とを接続する電気配線26がベース板18の側部に支持されており、電気配線26にはスイッチIC28が設けられている。 Further, each head unit 12 and electric wiring 26 which connects (front side in FIG. 2) and the circuit board 24 is supported on the side of the base plate 18, the switch IC28 is provided in the electrical wiring 26. なお、図示を省略するが、図2の奥側にも同様に、各ヘッドユニット12(図2の後方側)と接続される電気配線26、スイッチIC28、回路基板24が設けられている。 Although not shown, similarly to the back side of FIG. 2, the electric wires 26, switch IC 28, the circuit board 24 is provided which is connected to the head unit 12 (the rear side in FIG. 2).

図1に示すように、ヘッドユニット12の長手方向両端部には、イジェクタ領域14の両端部(ヘッドユニット12の長手方向の両端部)の外側に上流側流路30A、30Bが配設されている。 As shown in FIG. 1, the longitudinal ends of the head unit 12, and the upstream side flow passage 30A to the outside of both ends of the ejector area 14 (longitudinal ends of the head unit 12), 30B are disposed there. 上流側流路30A、30Bはインク流路20(図2参照)と接続されており、インク流路20から上流側流路30A、30Bを通してヘッドユニット12にインクが供給されるようになっている。 Upstream passage 30A, 30B is connected to the ink flow path 20 (see FIG. 2), the ink flow path 20 from the upstream side flow path 30A, the ink in the head unit 12 is adapted to be supplied through 30B . また、上流側流路30A、30Bには、イジェクタ領域14に配列された各イジェクタにインクを供給する複数の共通流路32がそれぞれ接続されている。 Further, the upstream-side flow path 30A, the 30B, the common channel 32 a plurality of supplying ink to respective ejectors arranged in the ejector area 14 are connected. 複数の共通流路32はヘッドユニット12の両端部から長手方向に沿って延びており、共通流路32はイジェクタ領域14の中央部で分割されている。 A plurality of common channel 32 extends along the longitudinal direction from both ends of the head unit 12, the common flow path 32 is divided at the central portion of the ejector area 14. すなわち、共通流路32の末端部はヘッドユニット12の中央部付近に位置している。 That is, the end portion of the common flow path 32 is located near the center of the head unit 12. なお、図1では、分かり易くするために上流側流路30A、30Bに4本の共通流路32が接続され模式的に示されているが、実際には、後述するようにノズル数は例えば600npiであり、多数の共通流路32が接続される構成となっている。 In FIG. 1, the upstream-side flow path 30A for clarity, although the common flow channel 32 of four to 30B is shown to schematically connected, in practice, the number of nozzles as will be described later, for example a 600 npi, has a configuration in which a number of the common flow path 32 is connected.

図3及び図4に示すように、ヘッドユニット12は、マトリックス状に複数開けられたインク滴を吐出するノズル16と、インクを加圧することによって連通するノズル16からインク滴を吐出する圧力室36と、先述の共通流路32(図1参照)とを備えている。 As shown in FIGS. 3 and 4, the head unit 12 includes a nozzle 16 for ejecting a plurality drilled ink droplets in a matrix, a pressure chamber for ejecting ink droplets from the nozzle 16 which communicates by pressurizing ink 36 When, and a common channel 32 described previously (see Figure 1). そして、ノズル16と圧力室36とを連通するノズル連通室38と、共通流路32の開口部40と圧力室36とを連通するインク供給路42とを備えており、これらノズル16、圧力室36と、ノズル連通室38、インク供給路42とによって、イジェクタ60が構成されている。 Then, a nozzle communicating chamber 38 which communicates the nozzle 16 and the pressure chamber 36 provided with an ink supply path 42 which communicates the opening 40 and the pressure chamber 36 of the common flow path 32, the nozzles 16, pressure chambers 36, the nozzle communication chamber 38, by an ink supply path 42, the ejector 60 is formed.

また、ヘッドユニット12は、ノズル16が形成されたノズルプレート44と、ノズル連通室38と共通流路32が形成されたインクプールプレート46、48と、ノズル連通室38と開口部40が形成されたスループレート50と、インク供給路42が形成されたインク供給路プレート52と、圧力室36が形成された圧力室プレート54とが位置合わせして積層され、接着剤などの接合手段によって接合されている。 The head unit 12 includes a nozzle plate 44 in which the nozzles 16 are formed, an ink pool plate 46, 48 common channel 32 is formed with a nozzle communicating chamber 38, the nozzle communication chamber 38 and the opening 40 is formed and a through plate 50, an ink supply channel plate 52 where the ink supply path 42 is formed, and the pressure chamber plate 54 in which the pressure chambers 36 are formed are stacked aligned, joined by joining means such as an adhesive ing.

さらに、圧力室プレート54には、複数の圧力室36の上面を覆うように振動板57が接着され、振動板57の上面には各圧力室36に対応して圧電素子58が接着されている。 Further, the pressure chamber plate 54, the vibration plate 57 so as to cover the upper surface of the plurality of pressure chambers 36 is bonded, the upper surface of the vibration plate 57 piezoelectric element 58 corresponding to the pressure chambers 36 are bonded . 圧電素子58には電極パッド59を介して電気配線26(図2参照)が接続される。 Electrical wiring 26 via the electrode pads 59 (see FIG. 2) is connected to the piezoelectric element 58.

なお図4では、インクジェット記録ヘッド12の断面に合わせて、圧電素子58及び電極パッド59の向きを、実際のものから変更しているが、実際は図3に示すように、中心線CLに対して傾斜している。 In FIG. 4, in accordance with the cross section of the ink jet recording head 12, the orientation of the piezoelectric element 58 and the electrode pad 59, but is changed from the actual ones, actually as shown in FIG. 3, with respect to the center line CL inclination to have.

ノズルプレート44は、可撓性を有する樹脂材料によってフィルム状(薄膜状)に形成されており、図4からも分かるように、共通流路32の1つの面(図4では底面)を構成している。 The nozzle plate 44 is flexible and is formed into a film (thin film) of a resin material having, as can be seen from FIG. 4, to constitute one surface of the common flow path 32 (in FIG. 4 bottom) ing. したがって、ノズルプレート44のうち、共通流路32を構成している部分は、共通流路32のダンパ44Dとして機能しており、ノズルプレート44はダンパ44Dを兼ねていることになる。 Therefore, of the nozzle plate 44, the portion constituting the common channel 32 is to function as a damper 44D of the common flow path 32, the nozzle plate 44 serves also as the damper 44D.

なお、ノズルプレート44のインク滴の吐出側には、ノズル16の周囲を保護する保護プレートを必要に応じて接合してもよい。 Note that the discharge side of the ink droplets of the nozzle plate 44 may be bonded as required protective plate for protecting the periphery of the nozzle 16.

図5に示すように、ノズル16は、ヘッドユニット12のそれぞれにおいて、二次元的に平面配列(マトリックス配列)されている。 As shown in FIG. 5, the nozzles 16 in each of the head units 12 are two-dimensionally planar array (matrix array). そして、各ヘッドユニット12の長手方向中心線CL−1から遠い位置にあるノズル16A、16Bから吐出されるインク滴のドットと、近い位置にあるノズル16C、16Dから吐出されるインク滴のドットとが、インクジェット記録ヘッド34の長手方向に見て用紙P上で混在して並ぶようにノズル16が配置されている。 The nozzle 16A is located far from the longitudinal center line CL-1 of each head unit 12, and the ink droplets ejected from 16B dots, nozzles 16C in close, and the ink droplets ejected from 16D dot but nozzle 16 so as to line up a mix on the paper P as viewed in the longitudinal direction of the ink jet recording head 34 is disposed.

また、インクジェット記録ヘッド34の長手方向に隣接するヘッドユニット12間において、この繋ぎ目13に位置するノズル16が、幅方向に近接するように、ぞれぞれのヘッドユニット12内でノズル16が配置されている。 Further, between the head unit 12 adjacent to the longitudinal direction of the ink jet recording head 34, a nozzle 16 is positioned in the joint 13, so as to approach the width direction, the nozzles 16 in the head unit 12 of Zorezore It is located. たとえばヘッドユニット12Aとヘッドユニット12Bの間では、これらの繋ぎ目13に位置するヘッドユニット12Aのノズル16Bとヘッドユニット12Bのノズル16Aとは、幅方向に近接している。 For example, in between the head unit 12A and head unit 12B, and the nozzle 16A of the nozzle 16B and the head unit 12B of the head unit 12A located in these joints 13, it is close in the width direction.

図3に示すように、イジェクタ60は、隣接する2列ずつで組とされ、組内の中央、すなわち、ぞれぞれの列の間に共通流路32が配置されている。 As shown in FIG. 3, the ejector 60 is paired with each adjacent two rows, the center in the set, i.e., common channel 32 between the rows of Zorezore are arranged. したがって、共通流路32は、2列のイジェクタ列に共通で備えられていることになる。 Therefore, the common channel 32 would have been provided in common to the ejector two rows.

このように、共通流路32を2列のイジェクタ列の間に配置したことで、図6に示すように1列のイジェクタ列のそれぞれに対応して共通流路32'を配置した構成と比較して、その幅を広くすることが可能になっている。 Comparison In this way, by disposing the common flow path 32 between two rows ejector columns of the configuration of arranging the common channel 32 'corresponding to each of the ejector columns of one row as shown in FIG. 6 and, it has been possible to increase the width.

また、イジェクタ60のそれぞれのノズル16は、共通流路32の中心線CLから見て、外側、すなわち中心線CLから離れた位置になるように配置されている。 Also, each nozzle 16 of the ejector 60 is viewed from the center line CL of the common flow path 32, it is arranged such that the outer, i.e. in a position away from the center line CL. したがって、たとえばノズル16を中心線CLの近傍に配置した例と比較して、対象列間でのノズル16の間隔が広くあいている。 Thus, for example, as compared with the example in which the nozzle 16 in the vicinity of the center line CL, nozzle spacing 16 between the target sequence is free widely. 一般に、共通流路32はノズル16を回避して形成する必要があるが、本実施形態では、ノズル16の間隔が広いので、これらノズル16の間の共通流路32を、より幅広とすることができる。 In general, the common flow channel 32 should be formed to avoid the nozzle 16, in this embodiment, the spacing of the nozzle 16 is wide, that the common channel 32 between the nozzles 16, the wider can.

ここで、ヘッドユニット12のインク滴が吐出する方向を垂直方向とすると、この垂直方向に見たとき(すなわち図3 示すように平面視したとき)、共通流路32がインク供給路42と重なって配置されている。 Here, the direction in which ink droplets of the head unit 12 is discharged to the vertical direction (when viewed in plan as shown in i.e. Figure 3) when viewed in the vertical direction, the common flow channel 32 and the ink supply path 42 It is arranged to overlap. したがって、共通流路32をインク供給路42と重ならないように配置した構成と比較して、イジェクタ60の配置密度を低下させることなく、共通流路32の幅を広く確保することが可能になっている。 Therefore, the common channel 32 compared to the configuration that is arranged so as not to overlap with the ink supply path 42, without reducing the arrangement density of the ejector 60, it is possible to secure the width of the common flow path 32 ing.

さらに、共通流路32は、電極パッド59とも重なるように配置されている。 Furthermore, common channel 32 is arranged so as to be overlapped with the electrode pads 59. したがって、共通流路32を電極パッド59と重ならないように配置した構成と比較して、イジェクタ60の配置密度を低下させることなく、共通流路32の幅を広く確保することが可能になっている。 Therefore, in comparison with a structure arranged so as not to overlap the common flow path 32 and the electrode pad 59, without reducing the arrangement density of the ejector 60, it made it possible to ensure a wide width of the common flow path 32 there.

また、このヘッドユニット12では、イジェクタ領域14に配列されるノズル16の列数が2のべき乗に設定されている。 Further, in the head unit 12, the number of columns of nozzles 16 arranged in the ejector area 14 is set to a power of 2. また、イジェクタの数を2のべき乗に設定してもよい。 It is also possible to set the number of ejectors to a power of 2. これにより、ヘッドユニット12を駆動する回路基板(コントローラ)24のデータ処理を単純化することができ、回路基板24のコストを低減することができる。 Thus, the circuit board for driving the head unit 12 (controller) can simplify the data processing 24, it is possible to reduce the cost of the circuit board 24.

また、各ヘッドユニット12は、完全に分離されており、ヘッドユニット12ごとに交換可能に構成されている。 Each head unit 12 is completely separated, and is replaceably configured for each head unit 12. このため、メンテナンスが容易となっている。 For this reason, it has become easy maintenance.

次に、本実施形態のインクジェット記録装置112及び記録ヘッドアレイ130の作用について説明する。 Next, the operation of the ink jet recording apparatus 112 and the recording head array 130 of the present embodiment.

本実施形態のインクジェット記録装置112では、上記したように、給紙トレイ116から取り出された用紙Pが搬送され、搬送ベルト128に至る。 In the inkjet recording apparatus 112 of the present embodiment, as described above, the sheet P taken out from the paper feed tray 116 is conveyed, it reaches the conveyor belt 128. そして、帯電ロール136によって搬送ベルト128に押し付けられると共に、帯電ロール136からの印加電圧によって搬送ベルト128に吸着(密着)して保持される。 Then, the pressed against the conveyor belt 128 by the charging roller 136 is held by suction (adhesion) to the conveying belt 128 by the voltage applied from the charging roller 136.

一方、図1に示すように、記録ヘッドアレイ130のインクジェット記録ヘッド34を構成しているそれぞれのヘッドユニット12では、その両端部に設けられた上流側流路30A、30Bから複数の共通流路32にインクが供給される。 On the other hand, as shown in FIG. 1, the respective head units 12 constitute the ink-jet recording head 34 of the recording head array 130, the upstream-side flow path 30A provided at both ends thereof, a plurality of the common flow path from 30B 32 the ink is supplied to the. 共通流路32に貯留されたインクはイジェクタ領域14の各イジェクタ60に供給され、図3に示すように、開口部40及びインク供給路42を経て圧力室36内に充填される。 The ink stored in the common flow channel 32 is supplied to the ejector 60 of the ejector area 14, as shown in FIG. 3, it is filled in the pressure chamber 36 through the opening 40 and the ink supply passage 42. そして、回路基板24(図2参照)から各圧電素子58に駆動電圧を印加すると、圧電素子58とともに振動板57が撓み変形し、圧力室36を膨張又は圧縮させる。 When a drive voltage is applied to the piezoelectric elements 58 from the circuit board 24 (see FIG. 2), the vibration plate 57 resiliently deformed together with the piezoelectric element 58, thereby expanding or compressing the pressure chamber 36. これによって圧力室36に体積変化が生じると、圧力室36内に圧力波が発生する。 Thus the volume change in the pressure chamber 36 occurs, the pressure wave is generated in the pressure chamber 36. この圧力波の作用によってインクが運動し、ノズル16から外部へインク滴が吐出される。 The ink is moved by the action of the pressure wave, the ink droplets are ejected from the nozzle 16 to the outside.

そして、搬送ベルト128の循環によって用紙Pが吐出領域SEを通過しつつ、記録ヘッドアレイ130から上記のようにインク滴が吐出されて、用紙P上に画像が記録される。 Then, the paper P by the circulation of the conveyor belt 128 while passing through the discharge region SE, ink droplets as described above is discharged from the recording head array 130, an image is recorded on the sheet P. 1パスのみで画像記録する場合には、剥離プレート140で用紙Pを搬送ベルト128から剥離し、排出ローラ対142で搬送して排紙トレイ146に排出する。 When image recording is only one path, with the separation plate 140 separating the sheet P from the conveying belt 128, it is discharged to the discharge tray 146 are transported by a discharge roller pair 142. これに対し、マルチパスで画像記録を行う場合には、必要な回数に達するまで用紙Pを周回させて吐出領域SEを通過させた後、剥離プレート140で用紙Pを搬送ベルト128から剥離し、排出ローラ対142で搬送して排紙トレイ146に排出する。 In contrast, when an image is recorded by multi-path, peeled after passing through the discharge area SE by circulating the sheet P to reach the required number of times, the paper P by the separation plate 140 from the conveyor belt 128, are transported by a discharge roller pair 142 is discharged to the discharge tray 146.

ここで、図5に示すように、本実施形態のインクジェット記録ヘッド34では、隣接するヘッドユニット12の繋ぎ目13に位置するノズル16が幅方向に近接するように、ぞれそれのヘッドユニット12内でノズル16が配置されている。 Here, as shown in FIG. 5, the inkjet recording head 34 of the present embodiment, as the nozzle 16 is located in the joint 13 of the head unit 12 adjacent to close in the width direction, respectively it head unit 12 nozzle 16 is disposed at the inner. このため、インクジェット記録ヘッド34にθズレが発生した場合でも、これに起因する画質の低下が防止されることになる。 Therefore, even if the θ deviation in the ink jet recording head 34 occurs, so that the deterioration of image quality caused thereby can be prevented.

図7には、比較のために、本発明に該当しないインクジェット記録ヘッド172が示されている。 Figure 7 shows, for comparison, an ink jet recording head 172 is shown which does not correspond to the present invention. この比較例1のインクジェット記録ヘッド172のヘッドユニット174内では、ノズル176が、長手方向(図7では左から右)に向かうに従って順に下側から上側へと移動(176D→176C→176B→176A)し、最上のノズル176Aに至ると、最下のノズル176Dに移行する規則的なノズル配置とされている。 Within the head unit 174 of the ink jet recording head 172 of this comparative example 1, the moving nozzle 176, and from the bottom side in this order toward the longitudinal direction (from left to right in FIG. 7) to the upper (176D → 176C → 176B → 176A) and, when reaching the top of the nozzle 176A, there is a regular nozzle arrangement to migrate to the bottom of the nozzle 176D. そして、隣接するヘッドユニット174の繋ぎ目173では、ノズル176の間隔が幅方向に広くあいてしまっている。 Then, the joint 173 of the adjacent head units 174, the distance between the nozzles 176 is gone Ai widely in the width direction.

比較例1のインクジェット記録ヘッド172においてθズレが発生すると、繋ぎ目173では、ヘッドユニット174間のドット位置ズレが大きくなる。 When θ deviation occurs in the ink jet recording head 172 of Comparative Example 1, the joint 173, the dot positional deviation between the head unit 174 increases. 一般には、θズレの傾き角θが十分小さいため、このドット位置ズレのズレ量δは、ノズル間距離をyとして、 In general, since the inclination angle of θ deviation θ is sufficiently small, the deviation amount δ of the dot misalignment, the distance between nozzles as y,
δ=y・sinθ δ = y · sinθ
で近似できる。 In can be approximated. たとえば傾き角θが0.05度のときを考えると、比較例1では繋ぎ目173でのノズル間距離yが70mm程度であるため、ズレ量δも60μm程度となり、いわゆる白スジ/黒スジ等として視認されることがある。 For example, if the inclination angle θ is considered when the 0.05 degree, for the inter-nozzle distance y at joint 173 in Comparative Example 1 is about 70 mm, also it becomes about 60μm deviation amount [delta], the so-called white stripe / black stripes or the like it is viewed as being that there is.

これに対し、本実施形態では、繋ぎ目13でのノズル間距離yが15mm程度と比較例1より小さいので、同様の傾き角のθズレが発生しても、ズレ量δは13μm程度に収めることが可能となり、上記の白スジ/黒スジ等による画質の低下を防止することができる。 In contrast, in the present embodiment, since the distance between nozzles y at joint 13 is smaller than that of Comparative Example 1 and about 15 mm, the same even if θ deviation of tilt angle is generated, the deviation amount δ fit about 13μm it becomes possible, it is possible to prevent deterioration in image quality due to the above white streak / black stripes like. 特に、本発明のインクジェット記録装置112において、マルチパスではなく1パスで画像記録を行っても、画質の低下を防止できる。 Particularly, in the ink jet recording apparatus 112 of the present invention, even if the image recording in one pass instead of multipath, the deterioration of the image quality can be prevented. しかも、1パスなので、高速で画像記録できる。 In addition, since a one-pass, image can be recorded at high speed.

なお、本発明において、ヘッドユニット12の繋ぎ目13でノズル16が「近接」しているとは、少なくとも、図7に示した比較例1のような、2つのノズル176が幅方向に最も離れた位置にある構成を除く趣旨である。 In the present invention, the nozzle 16 at the joint 13 of the head unit 12 is "near", at least, such as in Comparative Example 1 shown in FIG. 7, the most distant two nozzles 176 in the width direction It was a purpose other than the configuration at position. すななち、この要件を満たすノズル配置であれば、本発明における「近接」の概念に広く含まれる。 Sunanachi, if nozzle arrangement that meets this requirement, broadly include the concept of "proximity" in the present invention. ただし、上記したように、θズレに起因するドット位置ズレのズレ量δを小さくする観点からは、少なくともヘッドユニット12の幅よりも小さいことが好ましく、ノズル間の距離yが30mm以下とされていることがより好ましい。 However, as described above, from the viewpoint of reducing the shift amount δ of dot misalignment caused by θ shift is preferably smaller than the width of at least the head unit 12, the distance y between the nozzle is a 30mm or less it is more preferable to have.

また、比較例1では上記したように、ノズル176をヘッドユニット174内で規則的な配置としたため、ヘッドユニット174内で隣接するノズル176間の距離にも、図7(B)に示すように規則的な変化が存在している。 Further, as described above in Comparative Example 1, due to the regular arrangement of the nozzles 176 in the head unit 174, also the distance between the nozzles 176 that are adjacent in the head unit 174, as shown in FIG. 7 (B) rule changes are present. したがって、インクジェット記録ヘッド172にθズレが生じた場合の、隣接するドット間での位置ズレ量δは、たとえば隣接ノズル間距離yが30mm、傾き角θが0.05度の場合で26μmとなる。 Therefore, when you encounter θ deviation in the ink jet recording head 172, the positional deviation amount δ between adjacent dots, for example a 26μm when adjacent nozzle distance y is 30 mm, the inclination angle θ of 0.05 ° . この値は、繋ぎ目17でのドット位置ズレのズレ量δ(60μm程度)と比較して小さいが、これが、周期的に繰り返されるため、場合によっては、人間の目に視認しやすい画像結果となることもあり、わずかに画質を低下させる要因となる。 This value is small compared to the amount of deviation of dot position misalignment in the joint 17 [delta] (approximately 60 [mu] m), which, because it is periodically repeated, in some cases, a visual and easy image results to the human eye made Sometimes it is a factor to slightly reduce the image quality.

これに対し、本実施形態では、ヘッドユニット12内において、長手方向中心線CL−1から遠い位置にあるノズル16A、16Bのドットと、近い位置にあるノズル16C、16Dのドットとが、混在して並ぶようにノズル16が配置されており、ヘッドユニット12内で隣接するノズル16間の距離の規則性が、図5(B)に示すように緩和されている。 In contrast, in the present embodiment, the head unit 12, the nozzle 16A located far from the longitudinal center line CL-1, and 16B of the dots, the nozzle 16C is in close, and the 16D dots coexist nozzle 16 are arranged to line up Te, regularity of the distance between the nozzles 16 adjacent the head unit within 12 is relaxed as shown in FIG. 5 (B). このため、インクジェット記録ヘッド34がθズレを生じた場合でも、上記したドット位置ズレが分散的に生じるため、画像欠陥として認識されにくくなり、画質の低下を抑制することができる。 Therefore, even if the ink jet recording head 34 is caused to θ deviation, since the dot positional deviation described above may occur in a distributed manner, less likely to be recognized as an image defect, it is possible to suppress a decrease in image quality.

なお、本実施形態において、ヘッドユニット14の繋ぎ目13の部分のみ、シングリング処理を施してもよい。 In the present embodiment, only a portion of the joint 13 of the head unit 14 may be subjected to a shingling process. これにより、ヘッドユニット間のアライメントずれに対するロバスト性を向上させることができ、インクジェット記録ヘッド34の製造歩留まりを向上させることが可能となる。 Thus, it is possible to improve robustness against misalignment between the head unit, it becomes possible to improve the manufacturing yield of the ink jet recording head 34.

また、図3に示すように、本実施形態の共通流路32は、2つのインクジェッタ列の間で、これら2列のイジェクタ列のそれぞれのイジェクタ60に共通で配置されている。 Further, as shown in FIG. 3, the common channel 32 of the present embodiment, between the two ink Jetta columns, they are arranged in common to each of the ejectors 60 of the ejector columns in these two columns. 1列のイジェクタ列のそれぞれに対応して共通流路を配置した構成(図6の共通流路32'を参照)と比較して、その幅が広くなっており、音響容量も大きくなっているので、イジェクタ60間でもクロストークをより確実に防止できると共に、圧力室36へのインク供給(リフィル)をより円滑に短時間で行うことが可能となり、優れた吐出安定性を得ることができる。 Compared to a row configuration of arranging the common channel corresponding to each of the ejector columns (see common channel 32 'in FIG. 6), has become the wider, it is also increased acoustic capacitance since, it is possible more reliably prevent crosstalk between the ejector 60, it is possible to perform the ink supply to the pressure chamber 36 (refill) more smoothly in a short time, it is possible to obtain an excellent discharge stability.

特に、本実施形態では、ノズルプレート44の一部がダンパ44Dとして機能するが、一般に、共通流路32の音響容量は、ダンパ44Dの幅の6乗に比例する。 In particular, in the present embodiment, a part of the nozzle plate 44 functions as a damper 44D, generally, the acoustic capacitance of the common flow path 32 is proportional to the sixth power of the width of the damper 44D. このため、共通流路32を幅広とすることで、結果的にダンパ44Dも幅広とした本実施形態では、共通流路32に大きな音響容量を確保できる。 Therefore, the common channel 32 by a wide, the result in this embodiment the damper 44D were also wider, it can secure a large sound volume in the common flow path 32.

そして、このように、2列のイジェクタ列の間に幅広の共通流路32を配置したことで、1列のイジェクタ列に、本実施形態と同様の幅を有する共通流路を配置した構成と比較して、イジェクタ60、すなわちノズル16をより高密度に配置することが可能になっている。 And thus, by between two rows ejector columns of arranged wide common channel 32, the ejector columns of one row, configurations and disposing the common flow path having a width similar to the embodiment in comparison, ejector 60, i.e. it has been possible to arrange the nozzles 16 at a higher density. すなわち、共通流路32に十分な音響容量を確保しつつ、ノズル16を高密度に二次元配列して、高画質な画像を高速で記録することが可能になっている。 That is, while securing a sufficient sound volume in the common flow channel 32, a nozzle 16 with high density two dimensional array, it becomes possible to record a high-quality image at high speed.

また、本実施形態のヘッドユニット12では、図1に示すように、ヘッドユニット12の両端部の上流側流路30A、30Bに複数の共通流路32が接続され、長手方向に沿って配置されているので、インクジェット記録ヘッド34の平面積に対してスペースの大きい上流側流路30A、30Bと共通流路32を記録ヘッドアレイ130のサイズを増加することなく効率的に配置することができる。 Further, the head unit 12 of this embodiment, as shown in FIG. 1, the upstream-side flow path 30A at both ends of the head unit 12, a plurality of common channel 32 is connected to 30B, it is disposed along the longitudinal direction since it is, the planar area relative to the space large upstream passage 30A of the ink jet recording head 34 can be efficiently arranged without 30B and the common flow path 32 to increase the size of the recording head array 130. しかも、本実施形態では上記したように、共通流路32に十分な音響容量を確保しつつ、ノズル16を高密度配置することが可能なので、この点においても、ヘッドユニット12の幅を小さくすることができる。 Moreover, as described above in the present embodiment, while ensuring a sufficient sound volume in the common flow channel 32, so that can a nozzle 16 for high-density arrangement, also in this respect, to reduce the width of the head unit 12 be able to. このため、インクジェット記録ヘッド34、さらには記録ヘッドアレイ130のヘッド幅(W H )を小さくすることができ、記録ヘッドアレイ130の小型化を実現できる。 Therefore, the ink jet recording head 34, it is possible to further reduce the head width of the recording head array 130 (W H), while implementing downsizing of the recording head array 130. これにより、複数色のヘッドユニット12間(インクジェット記録ヘッド34間)での色ずれ等の発生を防止できると共に、インクジェット記録装置112全体の小型化を図ることができる。 Thus, it is possible to between plural colors head unit 12 along with the occurrence of color shift in (inkjet between recording heads 34) can be prevented, the ink jet recording apparatus 112 overall downsizing.

また、上流側流路30A、30Bに接続された共通流路32はイジェクタ領域14の中央部で分割されており、共通流路32が長くなるのを防止できる。 Further, the upstream-side flow path 30A, the common flow channel 32 connected to the 30B is divided in the middle of the ejector area 14, from the common flow channel 32 is increased can be prevented. このため、共通流路32の流路抵抗を低減することができ、各イジェクタ60に高い吐出安定性及び周波数特性を確保することができる。 Therefore, it is possible to reduce the flow path resistance of the common flow path 32, it is possible to secure a high ejection stability and frequency characteristics in each ejector 60.

次に、本発明の第2実施形態のインクジェット記録ヘッド312について説明する。 It will now be described an ink jet recording head 312 of the second embodiment of the present invention. なお、以降の各実施形態では、第1実施形態と比較して、ノズルの配置が異なっているが、インクジェット記録ヘッド及びインクジェット記録装置の全体構成は略同一とされているので、説明を省略する。 In the embodiments of the later, as compared with the first embodiment, the arrangement of the nozzles are different, since the overall structure of the ink jet recording head and an ink jet recording apparatus is substantially the same, the description thereof is omitted .

図9にも示すように、第2実施形態では、ヘッドユニット314内においてノズル316が、長手方向(図9では左から右)に向かうに従って順に下側から上側へと移動し、最上のノズル316に至ると、最下のノズル316に移行する規則的なノズル配置とされている As shown in FIG. 9, in the second embodiment, the nozzle 316 in the head unit 314 is moved from the lower side to the upper side in this order toward the longitudinal direction (from left to right in FIG. 9), the top nozzle 316 reaches the, there is a regular nozzle arrangement to migrate to the bottom of the nozzle 316.
また、第2実施形態では、図8(A)に示すように、隣接するヘッドユニット314の繋ぎ目に、幅方向に見たときにノズル316がオーバーラップするオーバーラップ領域318が構成されている(オーバーラップ領域を構成するノズルを、図面上では網点を付して表示している)。 In the second embodiment, as shown in FIG. 8 (A), the joint of the adjacent head units 314, the overlap area 318 where the nozzles 316 are overlapped is formed when viewed in the width direction (the nozzles constituting the overlapping area, are displayed are designated by the dot in the drawing). このため、オーバーラップ領域318を構成しているノズル316に不具合が発生しても、同じくオーバーラップ領域318を構成すると共に不具合が発生していない別のノズル316を使用することで、不具合の影響を無くす(若しくは少なくする)ことが可能になる。 Therefore, even when trouble occurs in the nozzle 316 constituting the overlap region 318, that defect with similarly constituting the overlap region 318 to use a different nozzle 316 does not occur, malfunction of impact it is possible to the eliminated (or reduced).

さらに、第2実施形態では、特定のヘッドユニット314に着目したとき、オーバーラップ領域318に隣接するノズル316Aが、オーバーラップ領域318の端部に位置するノズル316Bと幅方向に近接した位置となるようにオーバーラップ量を調整して、各ヘッドユニット314が配置されている。 Furthermore, in the second embodiment, when attention is paid to the specific head unit 314, the nozzle 316A adjacent the overlap region 318, a position close to the nozzle 316B and the width direction located on an end portion of the overlap region 318 by adjusting the overlap amount as, the head units 314 are arranged.

このため、θズレが発生したときに、オーバーラップ領域318の境界部分で発生する白スジや黒スジ等を抑制し、高画質の画像を得ることができる。 Therefore, when the θ deviation occurs, to suppress white stripes and black stripes or the like generated at the boundary of the overlap region 318, it is possible to obtain a high-quality image.

また、一般にヘッドユニットの取り付け精度が低い場合には、オーバーラップ領域の境界部分において、隣接するヘッドユニット314間でインク滴の噴射特性差が影響すると、白スジや黒スジが発生しやすくなる。 Further, in the general case the mounting accuracy of the head unit is low, at the boundary of the overlap region, the injection characteristic difference of the ink droplets between adjacent head units 314 is affected, white stripes and black stripes are likely to occur. しかし、本実施形態では、このような場合であっても、オーバーラップ領域318の境界部分での、白スジや黒スジの発生を小さく押されることができる。 However, in the present embodiment, even in such a case, at the boundary of the overlap region 318 can be pushed reduce the occurrence of white streaks or black streaks.

なお、図8(B)には比較のために、図8(A)と同様のヘッドユニット314を使用しているが、オーバーラップ領域318に隣接するノズル316Cが、オーバーラップ領域318の端部に位置するノズル316Dと幅方向に離間している例が示されている。 Incidentally, for comparison in FIG. 8 (B), but using a similar head unit 314 and FIG. 8 (A), the nozzle 316C adjacent to the overlapping region 318, the ends of the overlap region 318 examples are spaced nozzle 316D and the width direction which is located are the shown. この比較例2では、θズレが発生したときに、オーバーラップ領域318の境界部分で発生する白スジや黒スジ等を抑制することは困難となる。 In Comparative Example 2, when the θ deviation occurs, it becomes difficult to suppress white stripes or black stripes or the like generated at the boundary of the overlap region 318.

次に、本発明の第3実施形態のインクジェット記録ヘッド322について説明する。 It will now be described an ink jet recording head 322 of the third embodiment of the present invention.

図10に示すように、第3実施形態においても、隣接するヘッドユニット324でオーバーラップ領域328が構成されるようにヘッドユニット324が配置されている。 As shown in FIG. 10, in the third embodiment, the head unit 324 is disposed so as overlap region 328 in the head unit 324 adjacent is configured.

また、図11に示すように、第3実施形態では、図9に示した第2実施形態のノズル配置に加えて、長手方向の一端且つ幅方向の一端にもノズル326Bが形成された配置とされている。 Further, as shown in FIG. 11, in the third embodiment, in addition to the nozzle arrangement of the second embodiment shown in FIG. 9, the arrangement of the nozzles 326B are formed in one longitudinal end and the width direction end It is.

そして、ヘッドユニット324が、交互に180度反転されながら長手方向に沿って千鳥配置され、インクジェット記録ヘッド322が構成されている。 Then, the head unit 324, while being alternately rotated 180 degrees are staggered along the longitudinal direction, an ink jet recording head 322 is constituted.

また、オーバーラップ領域328内において、このオーバーラップ領域328の端部でオーバーラップしているノズルどうし(図10のノズル326Aとノズル326B)の幅方向の距離L1が、同一のオーバーラップ領域328において、これらよりも内側でオーバーラップしているノズルどうし(ノズル326Cとノズル326D)の幅方向の距離L2よりも小さくなるようにオーバーラップされている。 Further, in the overlap region 328, the width direction of the distance L1 of each other nozzles which overlaps with the end of the overlap region 328 (the nozzle 326A and the nozzle 326B in FIG. 10) is, in the same overlap region 328 It is overlapped so as to be smaller than the width direction of the distance L2 of the nozzle to each other are overlapped on the inside than these (nozzle 326C and the nozzle 326D).

このように、第3実施形態では、オーバーラップ領域328の端部(境界部分)において、隣接するヘッドユニット324でオーバーラップするノズル326A、326Bの距離が小さくなっており、これらノズル326A、326Bが、ヘッドユニット取付時の位置ズレ(とくにθズレ)による影響を受けにくい配置になっている。 Thus, in the third embodiment, the ends of the overlap region 328 in (boundary portion), adjacent nozzles 326A to overlap the head unit 324, the distance 326B are smaller, these nozzles 326A, the 326B , it has become less prone place the influence of positional deviation during the head unit mounting (especially θ deviation). このため、インクジェット記録ヘッド322全体としても、オーバーラップ領域328の端部(境界部分)での白スジ/黒スジ等の発生を抑制しやすくなる。 Therefore, as a whole ink jet recording head 322, it becomes easy to suppress the occurrence of white streak / black stripes or the like at the end of the overlap region 328 (boundary portion).

次に、本発明の第4実施形態のインクジェット記録ヘッド332について説明する。 It will now be described an ink jet recording head 332 of the fourth embodiment of the present invention. なお、第4実施形態での、ヘッドユニット334内のノズル配置は第3実施形態と同一とされている。 Incidentally, in the fourth embodiment, the nozzle arrangement in the head unit 334 is the same as the third embodiment. また、隣接するヘッドユニット334でオーバーラップ領域338が構成されており、オーバーラップ領域338の端部のノズル336と、隣接するヘッドユニット334内でオーバーラップ領域338に隣接するノズル336とが近接している(たとえば図12(A)の例では、ノズル336Dとノズル336Eとが近接している)。 Also, is constituted overlap region 338 in the head unit 334 adjacent an end of the nozzle 336 of the overlap region 338, a nozzle 336 adjacent the overlap region 338 in the head unit 334 adjacent proximity and which (e.g. FIG. 12 (in the example of a), the nozzle 336D and nozzle 336E are in close proximity).

したがって、第4実施形態においても、第3実施形態と同様に、オーバーラップ領域338の端部(境界部分)でノズル336D、336Eの幅方向の距離が小さくなっているので、白スジ/黒スジ等の発生を抑制しやすくなる。 Therefore, also in the fourth embodiment, like the third embodiment, the ends of the overlap region 338 (boundary portion) in the nozzle 336D, the distance in the width direction of 336E is small, white stripe / black stripe It tends to suppress the occurrence of an equal.

さらに第4実施形態では、図12(B)に示すように、オーバーラップ領域338に隣接するノズル336Cが、このノズル336Cと同一のヘッドユニット334B内での、オーバーラップ領域338の端部のノズル336B及び、隣接するヘッドユニット334A内でのオーバーラップ領域338の端部のノズル336Aの間(幅方向に見たときの間)に位置している。 Further in the fourth embodiment, as shown in FIG. 12 (B), the nozzle 336C adjacent to the overlapping region 338, in the head unit 334B identical to the nozzle 336C, the end of the overlap region 338 nozzles 336B and is located between the nozzle 336A of the end of the overlap region 338 in the adjacent head unit 334A (between when viewed in the width direction). そして、ノズル336Cとノズル336Aとの幅方向の距離L2と、ノズル336Cとノズル336Bとの幅方向の距離L3とが略等しくなるように、ヘッドユニット334が配置されている。 Then, with the width direction of the distance L2 between the nozzle 336C and the nozzle 336A, so that the distance L3 in the width direction of the nozzle 336C and the nozzle 336B are substantially equal, the head unit 334 is disposed.

このため、第4実施形態では、図12(C)に示すように、θズレによってノズル16の位置が全体的にすれた場合でも、オーバーラップ領域338の境界において、ノズル336Cとノズル336Bとの長手方向の距離L5と、ノズル336Cとノズル336Aとの長手方向の距離L4の平均が、これらの本来の距離(θズレが発生していない状態での距離)に近くなる。 Therefore, in the fourth embodiment, as shown in FIG. 12 (C), even when the position of the nozzle 16 has them totally by θ offset at the boundary of the overlap region 338, the nozzle 336C and the nozzle 336B a longitudinal distance L5, the average longitudinal distance L4 between the nozzle 336C and the nozzle 336A is closer to the original distance of (theta distance in a state where displacement is not generated). したがって、ノズル336A、336Bで構成されるドットのラインと、ノズル336Cで構成されるドットのラインの間に発生する白スジ/黒スジ等が軽減される。 Thus, the nozzle 336A, and a line of dots composed of 336B, the white streak / black stripes or the like generated between the line formed dots nozzle 336C is reduced.

なお、第4実施形態において、少なくとも、ノズル336Cが、幅方向に見てノズル336Aとノズル336Bの間にあれば、たとえば、ノズル336Dとノズル336Eとが近接していない構成であっても、上記の効果は発揮される。 In the fourth embodiment, at least, the nozzle 336C is, if during the nozzle 336A and the nozzle 336B as viewed in the width direction, for example, be configured such that the nozzle 336D and nozzle 336E is not close, the the effect is exhibited. しかしながら、ノズル336A、336Bでのドットのラインと、ノズル336Cでのドットのラインの間に発生する白スジ/黒スジ等をより確実に軽減させるためには、上記の距離L2と距離L3とが略等しいこと、たとえば、0.8<L2/L3<1.2の範囲内にあることが好ましい。 However, the nozzle 336A, and the dot line in 336B, in order to more reliably reduce the white streak / black stripes or the like generated between the dot lines at the nozzle 336C, it and the distance L2 and the distance L3 substantially equal, for example, is preferably in the range of 0.8 <L2 / L3 <1.2.

次に、本発明の第5実施形態のインクジェット記録ヘッド342について説明する。 It will now be described an ink jet recording head 342 of the fifth embodiment of the present invention.

図14に示すように、第5実施形態に係るヘッドユニット344では、第1実施形態と同様、長手方向中心線CL−1から遠い位置にあるノズル326A、326Bから吐出されるインク滴のドットと、近い位置にあるノズル346C、346Dから吐出されるインク滴のドットとが、インクジェット記録ヘッド34の長手方向に見て用紙P上で混在して並ぶようにノズル346が配置されている。 As shown in FIG. 14, the head unit 344 according to the fifth embodiment, similarly to the first embodiment, the nozzle 326A is farther from the longitudinal center line CL-1, the ink droplets ejected from 326B dot , the nozzle 346C is in close, and the dots of ink droplets ejected from the 346D, the nozzle 346 so as to line up a mix on the paper P as viewed in the longitudinal direction of the ink jet recording head 34 is disposed.

また、図13(A)に示すように、第3実施形態や第4実施形態と同様、隣接するヘッドユニット344でオーバーラップ領域348が構成されており、オーバーラップ領域348の端部において、ノズル(図13(A)のノズル346Cとノズル346D)とが近接するように、ヘッドユニット344が配置されている。 Further, as shown in FIG. 13 (A), as in the third embodiment and the fourth embodiment, the overlap area 348 in the head unit 344 adjacent is configured at the end of the overlap region 348, the nozzle as (FIG. 13 (nozzle 346C and the nozzle 346D of a)) and are in close proximity, the head unit 344 is disposed.

したがって、第5実施形態においても、第1実施形態と同様に、インクジェット記録ヘッド342がθズレを生じた場合に、ドット位置ズレが分散的に生じ、画像欠陥として認識されにくくなるので、画質の低下を抑制することができる。 Therefore, also in the fifth embodiment, like the first embodiment, when the ink jet recording head 342 is caused to θ deviation, dot misalignment occurs in a distributed manner, so less likely to be recognized as an image defect, the image quality it is possible to suppress a decrease.

また、第3実施形態や第4実施形態と同様に、オーバーラップ領域348の端部(境界部分)でノズル346C、346D間の距離が小さくなっているので、白スジ/黒スジ等の発生を抑制しやすくなる。 As in the third embodiment and the fourth embodiment, the ends of the overlap region 348 (boundary portion) in the nozzle 346C, the distance between 346D is reduced, the occurrence of white streak / black stripes or the like suppressing likely.

なお、図13(B)には、比較のために、第5実施形態と同様のヘッドユニット344を使用しているが、本発明には該当しない例が示されている。 Incidentally, in FIG. 13 (B), for comparison, the use of the fifth embodiment similar to the head unit 344, are examples not applicable shown in the present invention. この比較例3では、オーバーラップ領域348の境界において、ノズル346A'、346B'が幅方向に離れている。 In Comparative Example 3, the boundary of the overlap region 348, the nozzles 346A ', 346B' are spaced apart in the width direction. このため、図13(A)に示した例と異なり、白スジ/黒スジ等の発生を抑制することが難しい。 Therefore, unlike the example shown in FIG. 13 (A), it is difficult to suppress the occurrence of white streak / black stripes like.

なお、上記各実施形態において、ダンパの材質としては、共通流路32で大きな音響容量を得る観点から、たとえば樹脂フィルムで構成することが好ましい。 In each of the above embodiments, the material of the damper is preferably configured from the viewpoint of obtaining large acoustic volume in the common flow path 32, for example, a resin film.

また、本発明に係るダンパとして、ノズルプレート44の一部がダンパを兼ねているものを例に挙げたが、ノズルプレート44とは別体のダンパを設けてもよい。 Further, as the damper according to the present invention, a part of the nozzle plate 44 is an example of what also serves as a damper, the nozzle plate 44 may be provided with separate damper. いずれにしても、共通流路の天面又は底面の少なくとも一方がダンパとされていると、共通流路の音響容量を確実に大きくすることができる。 In any event, when at least one of the top or bottom of the common flow path is a damper, it is possible to reliably increase the acoustic capacitance of the common flow path.

また、上記実施形態のように、ノズルプレート44がダンパを兼ねるようにすると、イジェクタ60を構成するために必要なプレート数が少なくなるので、ヘッドユニットの製造コストを低減でき、好ましい。 Also, as in the above embodiment, the nozzle plate 44 also serves as a damper, so the number of plates required to configure the ejector 60 is reduced, it is possible to reduce the manufacturing cost of the head unit, preferably. この場合には、ノズルプレート44自体を樹脂フィルムで構成すれば、共通流路での十分な音響容量の確保と、上記したプレート数の削減とを両立でき、特に好ましい。 In this case, if constructing the nozzle plate 44 itself with a resin film, it is compatible and secure a sufficient sound volume in the common flow path, and a reduction in the number of plates as described above, particularly preferred.

つぎに、以下において、本発明での各種変形例を説明する。 Next, the following describes the various modifications of the present invention. いずれの変形例においても、ヘッドユニット間でのノズルの繋ぎ目あるいはオーバーラップ領域近傍において、θズレによる白スジ/黒スジ等による画質低下を防止した点は上記各実施形態と同様であり、第1〜第3実施形態の任意の構造を採用することができるが、共通流路や上流側流路の構成が、図1、図3及び図4等に示したものとは異なっている。 In either modification, the joint or overlap region near the nozzle between the head unit, that to prevent degradation in image quality due to the white streak / black streaks due θ offset is the same as the above embodiments, the can be employed any structure of the third embodiment, the configuration of the common flow path and the upstream side flow passage, FIG. 1, is different from that shown in FIGS. 3 and 4 or the like. 以下では、上記各実施形態と同一の部材には同一の符号を付し、重複した説明は省略する。 Hereinafter, the same members as in the above embodiment are denoted by the same reference numerals, duplicate explanation will be omitted.

図15には、第1変形例のヘッドユニット62が部分的に拡大して示されている。 15, the head unit 62 of the first modification is shown enlarged partially.

第1変形例に係る共通流路64は、平面視したときにノズル16を回避する位置では、第1実施形態の共通流路32と比較して、さらに中心線CLから外側に膨出して、ノズル16よりも外側に位置するように形成されており、全体として、ノズル16の近傍部分で局所的にくびれた形状となっている。 Common flow path 64 according to the first modification, the position to avoid nozzle 16 when viewed in plan, as compared with the common flow path 32 of the first embodiment, bulges outwardly from further center line CL, than the nozzle 16 is formed so as to be positioned outside, as a whole, and has a locally constricted shape in the vicinity portion of the nozzle 16.

したがって、第1変形例では、上記各実施形態と比較して、ノズル16を回避した位置において、共通流路64の幅がより広くなっている。 Thus, in the first modification, as compared with the above-described embodiments, in a position that avoids the nozzle 16, the width of the common flow path 64 becomes wider. このため、第1変形例では、さらに大きな音響容量を確保することができる。 Therefore, in the first modification, it is possible to further ensure a large sound volume.

図16には、本発明の第2変形例のヘッドユニット66が部分的に拡大して示されている。 Figure 16 is a head unit 66 of the second modification of the present invention is shown enlarged partially. 第2変形例では、第1実施形態と比較して、共通流路32から圧力室36へとインクを供給する部分の構造のみが異なっているが、他はすべて同一構成とされているので、第1実施形態と同一の部材には同一の符号を付し、重複した説明は省略する。 In the second modification, as compared with the first embodiment, only the structure of a portion for supplying the ink to the pressure chamber 36 from the common flow channel 32 is different, since all others are the same configuration, the same components as the first embodiment are denoted by the same reference numerals, duplicate explanation will be omitted.

図16に示すように、第2変形例では、第1実施形態のインク供給路42に代えて、共通流路32と圧力室36とをヘッドユニットの厚み方向に連通するインク供給孔68が形成されている。 As shown in FIG. 16, in the second modification, the ink supply hole 68 in place of the ink supply path 42 of the first embodiment, communicates the common channel 32 and the pressure chamber 36 in the thickness direction of the head unit is formed It is. インク供給孔68は、平面視したときにインク供給路42のような広がり(長さ)をもたないので、さらにヘッドユニットを小型化することが可能になる。 The ink supply hole 68, since no spreading (length), such as an ink supply path 42 in a plan view, it is possible to further downsize the head unit.

なお、図16に示した例では、第2変形例の共通流路として、第1実施形態と同一形状の共通流路32を挙げたが、たとえば、第1変形例と同一形状の共通流路64でもよい。 In the example shown in FIG. 16, as the common flow path of the second modification, cited common channel 32 of the same shape as the first embodiment, for example, the common flow path of the first modification of the same shape It may be 64.

図17には、第3変形例のインクジェット記録ヘッド70が示されている。 Figure 17 is an ink jet recording head 70 of the third modification is shown. このインクジェット記録ヘッド70では、ヘッドユニット12のそれぞれの長手方向両端部のイジェクタ領域14の外側に、2つに分割された上流側流路72A、74A、及び上流側流路72B、74Bが配設されている。 In the inkjet recording head 70, on the outside of the ejector area 14 of each of the longitudinal ends of the head unit 12, two to split the upstream side channel 72A, 74A, and the upstream passage 72B, 74B are disposed It is. また、イジェクタ群14もヘッドユニット12内で実質的に分割され、分割領域14−1、14−2が構成されている。 Further, the ejector group 14 is also substantially divided by the head unit 12. Particularly, divided regions 14-1 and 14-2 are configured. そして、上流側流路72A、74A、及び上流側流路72B、74Bには、それぞれ各イジェクタ60にインクを供給する複数の共通流路32が接続されている。 Then, the upstream-side passage 72A, 74A, and the upstream passage 72B, the 74B, the common channel 32 a plurality of supplying ink to the ejectors 60 are connected respectively.

このようなインクジェット記録ヘッド70では、ヘッドユニット12の両端部に2つに分割された上流側流路72A、74A及び上流側流路72B、74Bが配置されているので、上流側流路72A、72Bと上流側流路74A、74Bに別の種類のインクを充填することで、1本のインクジェット記録ヘッド70で2色の記録を実現することができる。 In such an ink jet recording head 70, upstream passage 72A which is divided into two at both ends of the head unit 12, 74A and the upstream side flow passage 72B, since 74B are disposed upstream passage 72A, 72B and the upstream side flow path 74A, by filling the different types of ink to 74B, it is possible to realize the two-color recording with a single ink jet recording head 70.

この構成では、特に、ノズル16を図5に示す配置とすれば、それぞれの分割領域でノズル16からのインク滴のドットが等間隔に並ぶので、好ましい。 In this configuration, in particular, if the arrangement showing the nozzle 16 in Figure 5, the dots of ink droplets from the nozzles 16 in each of the divided regions are arranged at equal intervals, preferred. たとえば、分割領域14−1を構成するノズル16B、16Dと、分割領域14−2を構成するノズル16A、16Bとは、いずれも長手方向には等間隔になっている。 For example, the nozzle 16B constituting the divided region 14-1, and 16D, the nozzle 16A constituting the divided region 14-2, and 16B, any have become equal intervals in the longitudinal direction. したがって、このようにイジェクタ群14を2つに分割すると、たとえば全体で600npiのノズル密度を有するヘッドユニット12の場合には、各色ごとに300npiのノズル密度になる。 Thus, splitting in this manner the ejector group 14 into two, when the head unit 12 having a nozzle density of 600npi throughout example will nozzle density of 300npi for each color.

なお、図17では、2つに分割された上流側流路72A、74A及び上流側流路72B、74Bが配置されているが、3つ以上に分割して配置してもよい。 In FIG. 17, two in the divided upstream side channel 72A, 74A and the upstream side flow path 72B, although 74B are arranged, may be arranged by dividing into three or more. これにより、1本の記録ヘッドで、より多くの色による画像記録を実現することができる。 Thus, it is possible in one recording head, to realize an image recording by more colors.

図18には、第4変形例に係るヘッドユニット12を備えたインクジェット記録ヘッド80が示されている。 Figure 18 is an ink jet recording head 80 is shown having a head unit 12 according to a fourth modification. このインクジェット記録ヘッド80では、ヘッドユニット12の両端部の上流側流路30A、30Bに、長手方向に沿って長い共通流路82と短い共通流路84とが交互に接続されている。 In the inkjet recording head 80, upstream channel 30A at both ends of the head unit 12, the 30B, a long common channel 82 along a longitudinal direction and a short common flow channel 84 is connected alternately. このため共通流路82、84の末端部がヘッドユニット12の長手方向中央部で不均一な位置となっている。 Thus the distal end of the common passage 82 and 84 is not uniform position in the longitudinal direction central portion of the head unit 12.

このようなインクジェット記録ヘッド80では、共通流路82、84の長さが異なることで、共通流路82、84の末端部が用紙の幅方向で同じ位置となることが少ない。 In such an ink jet recording head 80, by the length of the common flow path 82 and 84 are different, it is less distal portion of the common flow path 82, 84 have the same position in the width direction of the paper. このため、ヘッドユニット12の長手方向に沿った濃度むらの発生を低減することができる。 Therefore, it is possible to reduce the occurrence of uneven density in the longitudinal direction of the head unit 12.

図19には、本発明の第5変形例に係るヘッドユニット12を備えたインクジェット記録ヘッド90が示されている。 Figure 19 is an ink jet recording head 90 having the head unit 12 according to a fifth modification of the present invention is shown. このインクジェット記録ヘッド90では、ヘッドユニット12のイジェクタ領域14の長手方向外側に、2つに分割された上流側流路72A、74A、及び上流側流路72B、74Bが配置されており、これらの上流側流路72A、74A、及び上流側流路72B、74Bのさらに外側に、ヘッド構成要素である複数の吸着穴92とアライメントマーク94、96が配設されている。 In the inkjet recording head 90, in the longitudinal direction outside the ejector area 14 of the head unit 12, two to split the upstream side channel 72A, 74A, and the upstream passage 72B, and 74B are arranged, these upstream passage 72A, 74A, and the upstream passage 72B, further outside of the 74B, a plurality of suction holes 92 and the alignment marks 94 and 96 is disposed a head component. 吸着穴92はインクジェット記録ヘッド90を製造する際にノズルプレート44やインクプールプレート46などのヘッドユニット12の構成プレートを積層して吸着するために使用される。 Suction holes 92 are used to adsorb by laminating structure plate of the head unit 12, such as the nozzle plate 44 and the ink pool plate 46 when manufacturing the inkjet recording head 90. また、アライメントマーク94、96はインクジェット記録ヘッド90を製造する際にヘッドユニット12の位置出し用に使用される。 Further, the alignment marks 94 and 96 are used for positioning of the head unit 12 when manufacturing the inkjet recording head 90.

このようなインクジェット記録ヘッド90では、吸着穴92とアライメントマーク94、96を上流側流路72A、74A、及び上流側流路72B、74Bの外側に配設することで、長尺のインクジェット記録ヘッド90の平面積に対して最も効率的に吸着穴92とアライメントマーク94、96を配置することができる。 In such an ink jet recording head 90, the suction holes 92 and the alignment marks 94 and 96 upstream passage 72A, 74A, and the upstream passage 72B, by disposing the outer 74B, the ink jet recording head of a long it can be most efficiently arrange the suction holes 92 and the alignment mark 94, 96 relative to the planar area of ​​90. このため、インクジェット記録ヘッド90のヘッド幅(W H )を一層小さくすることができる。 Therefore, the head width of the ink jet recording head 90 (W H) can be further reduced.

また、複数のヘッドユニット12は、一部の構成プレート(例えばノズルプレート44)を一体に構成したバー構造としてもよい。 Further, a plurality of head units 12 may be part of the configuration plates (e.g. the nozzle plate 44) as a bar structure integrally configured. これにより、インクジェット記録ヘッド90の製造が容易となる。 This facilitates manufacture of the ink jet recording head 90.

図20には、本発明の第6変形例に係るヘッドユニット102を備えたインクジェット記録ヘッド100が示されている。 Figure 20 is shown an ink jet recording head 100 with a head unit 102 according to a sixth modification of the present invention. このインクジェット記録ヘッド100では、複数のヘッドユニット102が千鳥状に配置されており、各ヘッドユニット102には、長手方向と直交する幅方向で隣接する他のヘッドユニット102の間に延設された支持部104が備えられている。 In the ink jet recording head 100, a plurality of head units 102 are arranged in a zigzag pattern, and each head unit 102, is extended between the other head unit 102 adjacent in the width direction orthogonal to the longitudinal direction support portion 104 is provided. また、各ヘッドユニット102には、長手方向と直交する幅方向(千鳥配置された他の列側)に電気配線106が引き出されており、電気配線106は支持部104に支持されている。 In each head unit 102, and the electric wires 106 is drawn in the width direction perpendicular to the longitudinal direction (zigzag arranged other column-side), the electrical wiring 106 is supported by the supporting portion 104. この電気配線106は、支持部104の上方部、すなわち長手方向と直交する幅方向で隣接する他のヘッドユニット102と重なり合う部分で上方に折り曲げられ、折り曲げ部106Aが構成されている。 The electrical wiring 106, the upper portion of the support portion 104, i.e. bent upward at a portion overlapping the other of the head unit 102 adjacent in the width direction perpendicular to the longitudinal direction, the bent portion 106A is formed.

このように各ヘッドユニット102では、千鳥配置された他の列のヘッドユニット102の間の支持部104に電気配線106が引き出され、この支持部104の上方部で電気配線106が折り曲げられることで、電気配線106を効率よく配置することができる。 Thus the head units 102, the electric wires 106 are drawn out to the supporting portion 104 between the head unit 102 of the zigzag arranged other columns, by electrical wires 106 are bent at the upper portion of the support portion 104 , it is possible to arrange the electrical wires 106 efficiently. このため、インクジェット記録ヘッド100のヘッド幅(W H )をさらに一層小さくすることができる。 Therefore, it is possible to further more reduce the head width of the ink jet recording head 100 (W H).

以上、いずれの実施形態及び変形例においても、小型化、生産性、吐出安定性、濃度むらの低減、ロバスト性、イジェクタ利用率、コントローラコスト、及び多色対応など、記録ヘッドに求められる特性(要求事項)を高い次元で満たすことができる。 Above, in any of the embodiments and modifications, size reduction, productivity, ejection stability, reduce the density unevenness, robustness, ejector utilization controllers cost, and multi-color such as characteristics required to the recording head ( requirement) can be satisfied at a high level.

表1には、本発明のインクジェット記録ヘッド34、70、80、90、100、及び、後述する比較例4〜6の記録ヘッドについて、小型化、生産性、吐出安定性、濃度むらの低減、ロバスト性、イジェクタ利用率、コントローラコスト、及び多色対応など、記録ヘッドに求められる特性(要求事項)を評価した結果が示されている。 Table 1, the ink jet recording head 34,70,80,90,100 of the present invention and a recording head of the comparative example 4-6 to be described later, downsizing, productivity, ejection stability, reduce the density unevenness, robustness, ejector utilization, such as a controller cost, and multi-color, characteristics required for recording head (requirements) result of evaluating are shown.

表1の評価において、本発明とは、上記した本発明の第1〜第5実施形態及び第1〜第6変形例のいずれをも含むものである。 In the evaluation in Table 1, the present invention is intended to include any of the first to fifth embodiments and the first through sixth modified example of the present invention described above.

また、比較例4は用紙Pの幅方向全体を一体に構成した長尺のヘッドユニット、比較例5は図21に示す台形状のヘッドユニットを配列したインクジェット記録ヘッド、比較例6は図22に示すインクジェット記録ヘッドを用いている。 The head unit of elongated Comparative Example 4 which constitutes the entire width direction of the paper P together, Comparative Example 5 is an ink jet recording head having an array of trapezoidal head unit shown in FIG. 21, Comparative Example 6 in FIG. 22 and using an ink jet recording head shown. また、比較例7は図24に示すように、長方形のヘッドユニット252を斜め方向に複数配列したインクジェット記録ヘッド250を用いている。 In Comparative Example 7, as shown in FIG. 24, by using an ink jet recording head 250 is formed by arranging plural rectangular head unit 252 in an oblique direction. 各ヘッドユニット252には長方形のイジェクタ領域254が形成されている。 Rectangular ejector region 254 is formed in each head unit 252.

表1の評価は4段階で行い、「◎」は極めて良好、「○」は良好、「△」はあまり満足できない、「×」は全く満足できないことを示している。 Evaluation of Table 1 is carried out in four stages, "◎" indicates very good, "○" is good, "△" is not very satisfactory, "×" is that which can not be satisfied at all.

表1の評価において、イジェクタ利用率は、ヘッドバーの端部で使用不可となるイジェクタ数が少ないかどうか、コントローラコストは、データ処理の容易性を示している。 In the evaluation in Table 1, the ejector utilization, whether ejectors number becomes unusable at the ends of the head bar is small, the controller cost represents the ease of data processing.

表1から、比較例4〜6のヘッドユニットでは、いずれかの特性(要求事項)で「×」又は「△」があり、満足できない評価であるのに対し、本発明第ヘッドユニットでは、すべての要求事項が「◎」又は「○」であり、優れた評価であることが分かる。 From Table 1, the head unit of the comparative example 4-6, there are "×" or "△" in either characteristic (requirement), whereas it is not satisfactory evaluation, in the present invention the head unit, all is of requirements "◎" or "○", it is understood that the evaluation was excellent. 特に、吐出安定性、イジェクタ利用率、及び多色対応性が非常に優れている。 In particular, the ejection stability, the ejector utilization, and multi-color property is excellent. 従って、本発明のヘッドユニットでは満足できる各種特性を得ることができる。 Accordingly, the head unit of the present invention can be obtained various properties satisfactory.

なお、上記各実施形態では、本発明の液滴吐出装置として、ブラック、イエロー、マゼンタ、シアンの各色のインク滴を吐出するヘッドユニットを備えたインクジェット記録装置を挙げたが、本発明の液滴吐出ヘッド及び液滴吐出装置は、記録用紙P上へ画像(文字を含む)を記録するものに限定されない。 In the above embodiments, as the droplet ejection apparatus of the present invention, black, yellow, magenta, it has been given the ink jet recording apparatus having a head unit for ejecting ink droplets of each color of cyan, droplets of the present invention ejection head and a droplet ejection apparatus is not limited to recording the image (including characters) on the recording sheet P. すなわち、記録媒体は紙に限定されるものでなく、また、吐出する液体もインクに限定されるものではない。 That is, the recording medium is not limited to paper, and the liquid is not limited to inks to ejection. 例えば、高分子フィルムやガラス上にインクを吐出してディスプレイ用カラーフィルターを作成したり、溶接状態の半田を基板上に吐出して部品実装用のバンプを形成したりする等、工業用に用いられる液滴吐出装置全般が広く含まれる。 For example, to create a color filter for a display by ejecting ink on a polymer film or glass, etc. or to form bumps for component mounting solder welding state by ejecting onto a substrate, using an industrial droplet discharge device which is broadly include.

また、これらの液滴吐出装置では、FWAに限らず、主走査機構と副走査機構を有するPartial Width Array(PWA)に本発明を適用してもよい。 Further, in these droplet ejection apparatus is not limited to the FWA, the present invention may be applied to the Partial Width Array (PWA) having a main scanning mechanism and the sub-scanning mechanism. さらに、マルチパスタイプではなく、1パスタイプであってもよい。 Further, instead of the multi-path type, or it may be a one-pass type.

本発明の第1実施形態のヘッドユニットを備えたインクジェット記録ヘッドを示す構成図である。 The ink jet recording head having a head unit of the first embodiment of the present invention is a configuration diagram showing. 本発明の第1実施形態のヘッドユニットを備えたインクジェット記録ヘッドを示す斜視図である。 The ink jet recording head having a head unit of the first embodiment of the present invention is a perspective view showing. 本発明の第1実施形態のヘッドユニットのイジェクタ及び共通流路の配置を示す説明図である。 Is an explanatory view showing an arrangement of the ejector and the common flow path of the head unit of the first embodiment of the present invention. 本発明の第1実施形態のヘッドユニットのイジェクタ及び共通流路を示す断面図と、この断面図に併せて圧電素子部分を示す説明図である。 And a cross-sectional view showing the ejector and the common flow path of the head unit of the first embodiment of the present invention, is an explanatory view showing a piezoelectric element portion in conjunction with the cross-sectional view. (A)は、本発明の第1実施形態のインクジェット記録ヘッドにおけるノズル配置を示す説明図であり、(B)は、このインクジェット記録ヘッドでのノズル間距離を示すグラフである。 (A) is an explanatory diagram showing a nozzle arrangement in the ink jet recording head of the first embodiment of the present invention, (B) is a graph showing the distance between nozzles in the ink jet recording head. 本発明には該当しないヘッドユニットのイジェクタ及び共通流路の配置を比較のために示す説明図である。 The present invention is an explanatory diagram showing for comparison the arrangement of the ejector and the common flow path of the head unit not applicable. (A)は、比較例1のインクジェット記録ヘッドにおけるノズル配置を示す説明図であり、(B)は、このインクジェット記録ヘッドでのノズル間距離を示すグラフである。 (A) is an explanatory diagram showing a nozzle arrangement in the ink jet recording head of Comparative Example 1, (B) is a graph showing the distance between nozzles in the ink jet recording head. (A)は、本発明の第2実施形態のインクジェット記録ヘッドにおけるノズル配置を示す説明図であり、(B)は、比較例2のインクジェット記録ヘッドにおけるノズル配置を示す説明図である。 (A) is an explanatory diagram showing a nozzle arrangement in the ink jet recording head according to a second embodiment of the present invention, (B) is an explanatory diagram showing a nozzle arrangement in the ink jet recording head of Comparative Example 2. 本発明の第2実施形態のヘッドユニットにおけるノズル配置を示す説明図である。 It is an explanatory diagram showing a nozzle arrangement in the head unit of the second embodiment of the present invention. 本発明の第3実施形態のインクジェット記録ヘッドにおけるノズル配置を示す説明図である。 It is an explanatory diagram showing a nozzle arrangement in the ink jet recording head of the third embodiment of the present invention. 本発明の第3実施形態のヘッドユニットにおけるノズル配置を示す説明図である。 It is an explanatory diagram showing a nozzle arrangement in the head unit of the third embodiment of the present invention. (A)は、本発明の第4実施形態のインクジェット記録ヘッドにおけるノズル配置を示す説明図であり、(B)は、θズレが生じていない状態でのノズル間距離を示す説明図、(C)は、θズレが生じている状態でのノズル間距離を示す説明図である。 (A) is an explanatory diagram showing a nozzle arrangement in the ink jet recording head of the fourth embodiment of the present invention, (B) is an explanatory view showing a distance between nozzles in a state where θ deviation does not occur, (C ) is an explanatory view showing a distance between nozzles in a state where θ shift occurs. (A)は、本発明の第5実施形態のインクジェット記録ヘッドにおけるノズル配置を示す説明図であり、(B)は、比較例3のインクジェット記録ヘッドにおけるノズル配置を示す説明図である。 (A) is an explanatory diagram showing a nozzle arrangement in the ink jet recording head of the fifth embodiment of the present invention, (B) is an explanatory diagram showing a nozzle arrangement in the ink jet recording head of Comparative Example 3. 本発明の第5実施形態のヘッドユニットにおけるノズル配置を示す説明図である。 It is an explanatory diagram showing a nozzle arrangement in the head unit of the fifth embodiment of the present invention. 本発明の第2実施形態のヘッドユニットのイジェクタ及び共通流路の配置を示す説明図である。 Is an explanatory view showing an arrangement of the ejector and the common flow path of the head unit of the second embodiment of the present invention. 本発明の第3実施形態のヘッドユニットのイジェクタ及び共通流路の配置を示す説明図である。 Is an explanatory view showing an arrangement of the ejector and the common flow path of the head unit of the third embodiment of the present invention. 本発明の第3変形例のヘッドユニットを備えたインクジェット記録ヘッドを示す構成図である。 The ink jet recording head having a head unit of the third modification of the present invention is a configuration diagram showing. 本発明の第4変形例のヘッドユニットを備えたインクジェット記録ヘッドを示す構成図である。 The ink jet recording head having a head unit of the fourth modification of the present invention is a configuration diagram showing. 本発明の第5変形例のヘッドユニットを備えたインクジェット記録ヘッドを示す構成図である。 The ink jet recording head having a head unit of the fifth modification of the present invention is a configuration diagram showing. 本発明の第6変形例のヘッドユニットを備えたインクジェット記録ヘッドを示す構成図である。 Is a block diagram showing an ink jet recording head having a head unit of the sixth modification of the present invention. 比較例4のヘッドユニットを備えたインクジェット記録ヘッドを示す構成図である。 Is a block diagram showing an ink jet recording head having a head unit of Comparative Example 4. 比較例5のヘッドユニットを備えたインクジェット記録ヘッドを示す構成図である。 Is a block diagram showing an ink jet recording head having a head unit of Comparative Example 5. 比較例6のヘッドユニットを備えたインクジェット記録ヘッドを示す構成図である。 Is a block diagram showing an ink jet recording head having a head unit of Comparative Example 6. 比較例7のヘッドユニットを備えたインクジェット記録ヘッドを示す構成図である。 Is a block diagram showing an ink jet recording head having a head unit of Comparative Example 7. 本発明のインクジェット記録装置の全体構成を示す概略図である。 It is a schematic diagram showing the overall configuration of the inkjet recording apparatus of the present invention.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

12 ヘッドユニット14 イジェクタ領域14A イジェクタ領域14B イジェクタ領域16 ノズル18 ベース板20 インク流路22 放熱板24 回路基板26 電気配線28 スイッチIC 12 head unit 14 the ejector regions 14A ejector region 14B ejector area 16 nozzle 18 base plate 20 ink passage 22 radiator plate 24 circuit board 26 electrical wiring 28 switch IC
30A 上流側流路30B 上流側流路32 共通流路34 インクジェット記録ヘッド36 圧力室38 ノズル連通室40 開口部42 インク供給路44 ノズルプレート44D ダンパ46 インクプールプレート50 スループレート52 インク供給路プレート54 圧力室プレート57 振動板58 圧電素子62 ヘッドユニット64 共通流路66 ヘッドユニット68 インク供給孔70 インクジェット記録ヘッド72A 上流側流路72B 上流側流路80 インクジェット記録ヘッド82 共通流路84 共通流路90 インクジェット記録ヘッド92 吸着穴94 アライメントマーク100 インクジェット記録ヘッド102 ヘッドユニット104 支持部106 電気配線106A 折り曲げ部112 インクジェット記録装置114 筐体116 給紙トレ 30A upstream passage 30B upstream passage 32 common flow channel 34 inkjet recording head 36 pressure chamber 38 nozzle communicating chamber 40 opening 42 the ink supply path 44 nozzle plate 44D damper 46 ink pool plate 50 through plate 52 ink supply path plate 54 The pressure chamber plate 57 diaphragm 58 piezoelectric element 62 the head unit 64 the common flow path 66 head unit 68 the ink supply hole 70 ink jet recording heads 72A upstream passage 72B upstream passage 80 ink jet recording head 82 common channel 84 common flow channel 90 an ink jet recording head 92 the suction holes 94 alignment marks 100 ink jet recording head 102 head unit 104 support 106 electric wiring 106A bent portion 112 inkjet recording apparatus 114 housing 116 paper feed tray イ118 ピックアップロール120 搬送ローラ対122 搬送経路124 駆動ロール126 従動ロール128 搬送ベルト128F 平坦部分130 記録ヘッドアレイ134 メンテナンスユニット136 帯電ロール140 剥離プレート142 排出ローラ対144 排出経路146 排紙トレイ148 クリーニングロール150 反転用ローラ対152 反転経路154 インクタンク312 インクジェット記録ヘッド314 ヘッドユニット316 ノズル316 ノズル318 オーバーラップ領域322 インクジェット記録ヘッド324 ヘッドユニット326 ノズル328 オーバーラップ領域332 インクジェット記録ヘッド334 ヘッドユニット336 ノズル338 オーバーラップ領域342 インクジェット記録ヘッド344 ヘッドユニ Lee 118 pickup roller 120 transport roller pair 122 transport path 124 drive roll 126 a driven roll 128 conveyor belt 128F flat portion 130 recording head array 134 maintenance unit 136 charging roll 140 peel plate 142 discharge roller pair 144 discharge path 146 discharge tray 148 cleaning roll 150 reversing rollers 152 reverse path 154 ink tank 312 jet recording head 314 head unit 316 nozzles 316 nozzles 318 overlap region 322 ink jet recording head 324 head unit 326 nozzles 328 overlap region 332 ink jet recording head 334 head unit 336 nozzles 338 over overlapped region 342 ink jet recording head 344 Heddoyuni ト346 ノズル348 オーバーラップ領域P 用紙SE 吐出領域 Doo 346 nozzle 348 overlap region P paper SE discharge area

Claims (10)

  1. 液滴を吐出する複数のノズルが二次元的に平面配列されたヘッドユニットを複数列に千鳥配列した長尺型の液滴吐出ヘッドであって、 A plurality of droplet ejection heads of the nozzles long type in which staggered head units which are plane arranged two-dimensionally in a plurality of columns for discharging droplets,
    前記ノズルの前記液滴吐出ヘッドの長手方向と直交する幅方向の位置が、前記ヘッドユニットの長手方向で周期的に異なるように配置され、 Longitudinal and widthwise position orthogonal to the liquid drop ejecting head of the nozzle, periodically to be arranged differently in the longitudinal direction of the head unit,
    この液滴吐出ヘッドの長手方向で隣接する前記ヘッドユニットの繋ぎ目部分において、ヘッドユニットの長手方向両端にあるノズルが、前記幅方向で、隣接するヘッドユニット側にあることを特徴とする液滴吐出ヘッド。 Droplets in the joint portion of the head units adjacent in the longitudinal direction of the droplet discharge head, a nozzle in the longitudinal ends of the head unit, in the width direction, characterized in that the head unit side adjacent discharge head.
  2. 請求項1に記載の液滴吐出ヘッドであって、 A droplet discharge head according to claim 1,
    この液滴吐出ヘッドの長手方向で隣接するヘッドユニット間において、幅方向に見てノズルがオーバーラップするオーバーラップ領域が構成されるようにヘッドユニットが配置されていることを特徴とする液滴吐出ヘッド。 Between head units adjacent in the longitudinal direction of the droplet discharge head, a droplet discharge, characterized in that the head unit is arranged such overlap region where the nozzles are overlapped as viewed in the width direction is configured head.
  3. 前記オーバーラップ領域の端部のノズルが、このオーバーラップ領域を含むヘッドユニット内のオーバーラップ領域に隣接するノズルと、幅方向で近接するように配置されていることを特徴とする請求項2に記載の液滴吐出ヘッド。 Nozzle end of the overlap region, the nozzles adjacent to the overlap region in the head unit including the overlap region, to claim 2, characterized in that it is arranged adjacent in the width direction droplet ejection head according.
  4. 前記オーバーラップ領域の端部のノズルが、このオーバーラップ領域に隣接するヘッドユニット内のオーバーラップ領域に隣接するノズルと、幅方向で近接するように配置されていることを特徴とする請求項2又は請求項3に記載の液滴吐出ヘッド。 Claim 2 nozzle end of the overlap region, wherein the nozzle adjacent the overlap region in the head unit adjacent to the overlap region, that are arranged adjacent in the width direction or droplet discharge head according to claim 3.
  5. 記オーバーラップ領域に隣接するノズルの幅方向の位置が、このオーバーラップ領域を含むヘッドユニットのオーバーラップ領域内での隣接ノズルと、このオーバーラップ領域に隣接するヘッドユニットの隣接ノズルと、の間となるようにヘッドユニットが配置されていることを特徴とする請求項2に記載の液滴吐出ヘッド。 Widthwise position of the nozzle adjacent the leading SL overlap region, and adjacent nozzles in the overlap region of the head unit including the overlap region, and adjacent nozzles of the head unit adjacent to the overlap region, the droplet discharge head according to claim 2, characterized in that the head unit is arranged so as to be between.
  6. 前記オーバーラップ領域内において、このオーバーラップ領域の端部側でオーバーラップするノズル間距離が、オーバーラップ領域の中央側でオーバーラップするノズル間距離よりも小さくなるようにヘッドユニットが配置されていることを特徴とする請求項2〜請求項5のいずれか1項に記載の液滴吐出ヘッド。 In the overlap region, the distance between nozzles to overlap the end side of the overlap region, the head unit is arranged so as to be smaller than the distance between the nozzles to overlap the center side of the overlap region droplet ejection head according to any one of claims 2 to 5, characterized in that.
  7. 前記ヘッドユニットの繋ぎ目において幅方向で近接するように配列されたノズルの距離が、ヘッドユニットの幅以下とされていることを特徴とする請求項1〜請求項6のいずれか1項に記載の液滴吐出ヘッド。 Distance nozzles arranged so as to be adjacent in the width direction at the joint of the head unit, according to any one of claims 1 to 6, characterized in that there is a less than or equal to the width of the head unit liquid droplet ejection head of.
  8. 前記ヘッドユニットと幅方向に分割して分割部を構成したときに、それぞれの分割部のノズルから吐出した液滴のドットが被吐出部材上で均等に並ぶように配置されていることを特徴とする請求項1〜請求項7のいずれか1項に記載の液滴吐出ヘッド。 When configuring the dividing unit divides the head unit in the width direction, and characterized in that the dots of the droplets ejected from the nozzle of each of the divided portions are arranged so as to line up evenly on the ejection member droplet ejection head according to any one of claims 1 to 7.
  9. 前記ヘッドユニット内において、長手方向中心線から遠いノズルと近いノズルとから吐出した液滴のドットが被吐出部材上で混在して並ぶようにノズルが配置されていることを特徴とする請求項1〜請求項8のいずれか1項に記載の液滴吐出ヘッド。 Within the head unit, according to claim 1, characterized in that the liquid droplets ejected from the distant nozzle and close to the nozzle from the longitudinal centerline dots are arranged nozzle in alignment mixed on the ejection member droplet ejection head according to any one of-claims 8.
  10. 前記請求項1〜請求項9のいずれか1項に記載の液滴吐出ヘッドを備えたことを特徴とする液滴吐出装置。 Droplet discharge apparatus comprising the droplet discharging head according to any one of the claims 1 to 9.
JP2005087313A 2005-03-24 2005-03-24 Droplet discharge head and a droplet discharging device Active JP4639887B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005087313A JP4639887B2 (en) 2005-03-24 2005-03-24 Droplet discharge head and a droplet discharging device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005087313A JP4639887B2 (en) 2005-03-24 2005-03-24 Droplet discharge head and a droplet discharging device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006264188A true JP2006264188A (en) 2006-10-05
JP4639887B2 true JP4639887B2 (en) 2011-02-23

Family

ID=37200643

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005087313A Active JP4639887B2 (en) 2005-03-24 2005-03-24 Droplet discharge head and a droplet discharging device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4639887B2 (en)

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4950628B2 (en) * 2006-11-15 2012-06-13 キヤノン株式会社 Liquid discharge head
JP4557027B2 (en) 2008-03-13 2010-10-06 ブラザー工業株式会社 Recording device
JP5383099B2 (en) 2008-06-20 2014-01-08 キヤノン株式会社 Manufacturing method and a recording head of the recording head
JP5637031B2 (en) * 2011-03-24 2014-12-10 ブラザー工業株式会社 Liquid discharge head
JP6056134B2 (en) * 2011-11-30 2017-01-11 ブラザー工業株式会社 An ink jet recording apparatus
WO2015129544A1 (en) * 2014-02-28 2015-09-03 コニカミノルタ株式会社 Inkjet recording device
JP2016135559A (en) * 2015-01-23 2016-07-28 株式会社Screenホールディングス Ink-jet printer
CN108139707A (en) * 2015-09-30 2018-06-08 兄弟工业株式会社 Fixing device

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002273868A (en) * 2001-01-15 2002-09-25 Seiko Epson Corp Device and method for discharging material, apparatus and method for manufacturing color filter, apparatus and method for manufacturing liquid crystal device, apparatus and method for manufacturing el device, and electronic device to be manufactured by the methods
JP2002361871A (en) * 2001-06-04 2002-12-18 Canon Inc Control device for liquid jet recording head
JP2003305853A (en) * 2002-04-12 2003-10-28 Canon Inc Recording head, and recorder equipped with the same

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002273868A (en) * 2001-01-15 2002-09-25 Seiko Epson Corp Device and method for discharging material, apparatus and method for manufacturing color filter, apparatus and method for manufacturing liquid crystal device, apparatus and method for manufacturing el device, and electronic device to be manufactured by the methods
JP2002361871A (en) * 2001-06-04 2002-12-18 Canon Inc Control device for liquid jet recording head
JP2003305853A (en) * 2002-04-12 2003-10-28 Canon Inc Recording head, and recorder equipped with the same

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2006264188A (en) 2006-10-05 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20030156157A1 (en) Ink-jet head and ink-jet printer having the ink-jet head
JP2003305852A (en) Inkjet head and inkjet printer having the same
US20060066678A1 (en) Ink jet recording head and ink jet recording apparatus
JP2011025663A (en) Liquid injection head, liquid droplet discharging device, and image forming apparatus
US20040095404A1 (en) Inkjet printing apparatus and actuator controller and actuator controlling method used in inkjet printing apparatus
JP2003311953A (en) Inkjet head and inkjet printer comprising it
JP2003311954A (en) Inkjet head and inkjet printer comprising it
US20080218556A1 (en) Liquid droplet ejection head, liquid droplet ejection device, and image forming apparatus
US7008048B2 (en) Ink-jet head and ink-jet printer having ink-jet head
JP2006175845A (en) Liquid discharge head, liquid discharge apparatus, and image forming apparatus
US20070285448A1 (en) Liquid drop expelling head and image forming device provided therewith
US20060061633A1 (en) Ink-jet head
JP2003311958A (en) Ink jet head, its manufacturing method, and ink jet printer comprising ink jet head
US20090167815A1 (en) Inkjet recording apparatus and method for controlling an inkjet recording apparatus
US20070132815A1 (en) Inkjet head, inkjet head subassembly, inkjet head assembly and inkjet printer
JP2009262544A (en) Liquid droplet jetting apparatus
US20040114004A1 (en) Ink-jet head
JP2004167802A (en) Ink jet recording head and ink jet printer
US20060214986A1 (en) Liquid droplet ejecting head bar, liquid droplet ejecting device, and liquid droplet ejecting head bar manufacturing method
US20070222822A1 (en) Ink-jet head
US7213911B2 (en) Ink-jet head
JP2004160967A (en) Ink jet head and ink jet printer
JP2002225265A (en) Ink-jet head and ink-jet recorder
JP2010125598A (en) Liquid-droplet jetting apparatus
JP2006248112A (en) Liquid droplet ejecting head and liquid droplet ejector

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080221

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100810

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101001

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20101102

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20101115

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131210

Year of fee payment: 3