JP4437076B2 - How to promote the instrument through shape lockable devices and unsupported anatomy. - Google Patents

How to promote the instrument through shape lockable devices and unsupported anatomy. Download PDF

Info

Publication number
JP4437076B2
JP4437076B2 JP2004512587A JP2004512587A JP4437076B2 JP 4437076 B2 JP4437076 B2 JP 4437076B2 JP 2004512587 A JP2004512587 A JP 2004512587A JP 2004512587 A JP2004512587 A JP 2004512587A JP 4437076 B2 JP4437076 B2 JP 4437076B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
overtube
tension
proximal
distal
wire
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2004512587A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2006512935A (en
Inventor
リチャード シー. エウァーズ,
バヒッド サーダット,
Original Assignee
ユーエスジーアイ メディカル, インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US10/173,238 priority Critical patent/US6837847B2/en
Priority to US10/173,203 priority patent/US7128708B2/en
Priority to US10/173,227 priority patent/US6790173B2/en
Priority to US10/173,220 priority patent/US6783491B2/en
Priority to US10/281,461 priority patent/US6942613B2/en
Priority to US10/281,426 priority patent/US6960162B2/en
Priority to US10/281,462 priority patent/US6960163B2/en
Priority to PCT/US2003/018891 priority patent/WO2003105671A2/en
Application filed by ユーエスジーアイ メディカル, インコーポレイテッド filed Critical ユーエスジーアイ メディカル, インコーポレイテッド
Publication of JP2006512935A publication Critical patent/JP2006512935A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4437076B2 publication Critical patent/JP4437076B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B1/00Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor
    • A61B1/00147Holding or positioning arrangements
    • A61B1/00154Holding or positioning arrangements using guide tubes
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B1/00Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor
    • A61B1/00064Constructional details of the endoscope body
    • A61B1/00071Insertion part of the endoscope body
    • A61B1/00078Insertion part of the endoscope body with stiffening means
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B1/00Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor
    • A61B1/00064Constructional details of the endoscope body
    • A61B1/00071Insertion part of the endoscope body
    • A61B1/0008Insertion part of the endoscope body characterised by distal tip features
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B1/00Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor
    • A61B1/00064Constructional details of the endoscope body
    • A61B1/00071Insertion part of the endoscope body
    • A61B1/0008Insertion part of the endoscope body characterised by distal tip features
    • A61B1/00082Balloons
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B1/00Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor
    • A61B1/00064Constructional details of the endoscope body
    • A61B1/00105Constructional details of the endoscope body characterised by modular construction
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B1/00Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor
    • A61B1/00131Accessories for endoscopes
    • A61B1/00135Oversleeves
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B1/00Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor
    • A61B1/005Flexible endoscopes
    • A61B1/0051Flexible endoscopes with controlled bending of insertion part
    • A61B1/0052Constructional details of control elements, e.g. handles
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B1/00Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor
    • A61B1/005Flexible endoscopes
    • A61B1/0051Flexible endoscopes with controlled bending of insertion part
    • A61B1/0055Constructional details of insertion parts, e.g. vertebral elements
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B1/00Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor
    • A61B1/005Flexible endoscopes
    • A61B1/0051Flexible endoscopes with controlled bending of insertion part
    • A61B1/0057Constructional details of force transmission elements, e.g. control wires
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B1/00Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor
    • A61B1/31Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor for the rectum, e.g. proctoscopes, sigmoidoscopes, colonoscopes
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B1/00Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor
    • A61B1/005Flexible endoscopes
    • A61B1/0058Flexible endoscopes using shape-memory elements
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B1/00Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor
    • A61B1/005Flexible endoscopes
    • A61B1/008Articulations
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B1/00Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor
    • A61B1/32Devices for opening or enlarging the visual field, e.g. of a tube of the body

Description

(発明の分野) (Field of the Invention)
本発明は、非支持構造の中空器官に、診断器具または治療器具を配置し、進めるが、患者の不快および傷害の危険性を減少させるための装置および方法に関する。 The present invention relates to a hollow organ of a non-support structure, placing a diagnostic or therapeutic instrument, advancing it relates to an apparatus and method for reducing the risk of discomfort and injury of the patient.

(発明の背景) (Background of the Invention)
大腸または結腸の内側を検査するための結腸内視鏡の使用は、周知である。 The use of the colonoscope for examining the inside of the large intestine or colon are known. 一般に、結腸の検査または処置を実施する医師は、肛門に結腸内視鏡を挿入し、次いで結腸に結腸内視鏡を進める。 Generally, the physician carrying out the examination or treatment of colon, anus insert a colonoscope, then advance the colonoscope into the colon. 完全な検査は、医師が結腸内視鏡を肛門に進め、S字結腸、盲腸までの左右の結腸曲を操縦することを必要とする。 Complete testing the physician advances the colonoscope into the anus, requires the pilot S-colon, hepatic flexure of the right and left to the cecum. 結腸内視鏡の前進は、一般に、結腸内視鏡の可動型先端部の操作によって達成される。 Advancement of the colonoscope is typically achieved by manipulation of the movable die tip of the colonoscope. この結腸内視鏡の可動性先端部は、顕微鏡をトルクを与えて前方に進めるか、または後方に引くことに加えて、医師によって装置の近位末端で制御される。 The movable front end portion of the colonoscope, in addition to pulling the microscope should proceed forward torquing or backwards, controlled by the proximal end of the device by the physician.

しかし、結腸内視鏡が結腸曲(例えば、S字結腸および左右の結腸曲)を通って進む場合、一様に問題が生じる。 However, colonoscope colic flexure (e.g., S-shaped colon and right and left colic flexure) when traveling through, a problem occurs in uniform. 結腸は、柔軟でありかつ体腔内諸器に予測できない固着点を有し、そして容易に膨張し得るので、これらの問題は生じる。 Colon has a fixation point unpredictable flexible and and body cavity various vessels, and so can be readily expanded, these problems occur. 従って、結腸内視鏡の可動型先端部が結腸の新しい領域に入るように湾曲された後、患者の結腸にそのデバイスの近位末端を駆動する、医師によって加えられた力の主な方向は、可動型先端部の方向ではない。 Thus, after the movable mold tip of the colonoscope is curved to enter into a new area of ​​the colon, to drive the proximal end of the device to the patient's colon, the main direction of the force applied by the physician , not the direction of the movable die tip. そのかわり、この力は、先の屈曲に向かう結腸内視鏡の軸に沿って方向付けられ、結腸壁の変形または位置ずれが生じる。 Instead, the force is directed along the axis of the colonoscope towards the tip of the bending, deformation or positional deviation of the colon wall occurs.

結腸壁上で結腸内視鏡によって課される負荷は、無数の起こり得る効果(結腸の断続的な痙攣様収縮に対する不快から起こり得る結腸の貫通または切開の範囲)を有し得る。 Load imposed by the colonoscope on the colon wall can have a myriad of possible effect (intermittent range of penetration or dissection of the colon that can occur from discomfort against convulsions like contractions of the colon). 従って、結腸内視鏡は、全症例の1/6までにおいて、盲腸の所まで進むことができない。 Therefore, colonoscope, in up to 1/6 of all cases, can not proceed as far as the cecum.

これらの困難性のいくつかを解消するために、結腸内視鏡が直腸を通って進むことを可能にするガイドチューブを使用することが知られている。 To overcome some of these difficulties, the colonoscope has been known to use a guide tube that allows travel through the rectum. 1つのこのようなデバイスは、Changらに対する米国特許第5,779,624に記載されている。 One such device is described in U.S. Patent No. 5,779,624 for Chang et al. 結腸内視鏡を曲がった領域を通して挿入するための代替的なアプローチが必要とされ、Chikamaに対する米国特許第4,601,283号に記載されるように、曲がった領域においてこのデバイスの一部分を機械的に作動させてまっすぐにさせる。 An alternative approach for insertion through curved regions colonoscope is a need, as described in U.S. Patent No. 4,601,283 for Chikama, mechanical part of the device in the bent region make it straight to actuate.

多くの患者が、このような以前から知られているデバイスの操作を不快に感じている。 Many patients have felt uncomfortable the operation of devices that are known from such earlier. なぜなら、結腸のS字部分は、ガイドチューブによってほぼ直線的な形状になっているからである。 This is because, S-shaped portion of the colon is because nearly linear configuration by the guide tube. このガイドチューブの剛性に起因して、ガイドチューブの不注意な操作により、結腸傷害の危険性が生じる。 Due to the stiffness of the guide tube, by inadvertent operation of the guide tube, the risk of colon damage occurs.

他の以前から知られている装置および方法は、可変性の高度を有するオーバーチューブを使用し、その結果、このオーバーチューブは、可撓状態で曲がった構造を通って挿入され得、次いでオーバーチューブによって結腸内視鏡を通過させることによって生じた屈曲力に対して選択的に強化される。 Devices and methods known from other prior uses overtube with variable high degree such that the overtube may be inserted through the bent structure flexible state and then overtube selectively be reinforced against bending forces generated by passing the colonoscope by. このようなデバイスの1つの例は、Bauerfiendに対する米国特許第5,337,733号に記載されている。 One example of such a device is described in U.S. Patent No. 5,337,733 for Bauerfiend. このデバイスは、患者が、空気で膨らんだ輪から間隔を空けて配置された反対のリブを有する内部壁および外部壁を含むことが記載される。 This device, the patient is described that includes an internal wall and an external wall having ribs opposite which are spaced from wheel inflated with air. これらのリブは、互いにかみ合うように選択的に引き出され、この輪を取り除くことによって剛性構造を形成する。 These ribs selectively withdrawn to mesh with one another to form a rigid structure by removing the wheel.

中空器官または血管内で動脈瘤クリップを送達するための、別の以前から知られている内視鏡デバイスは、Crockardに対する米国特許5,174,276に記載されている。 Hollow organ or to deliver an aneurysm clip in a blood vessel, an endoscope device known from another prior are described in U.S. Patent 5,174,276 for Crockard. このデバイスは、患者が、互いに関連して各形成し得る複数の要素から形成された導管を含み、張力を受けた場合に剛性になることが記載されている。 This device, the patient comprises a conduit formed from a plurality of elements that may each form relative to each other, it has been described that become rigid when under tension. このデバイスは、神経外科手術において特に有用であるとして記載されており、このデバイスの可変性の剛性は、神経外科手術(例えば、動脈瘤をとめること)について安定なプラットホームを提供するために有用である。 The device, in neurosurgery is described as being particularly useful, variability of stiffness of the device, neurosurgery (e.g., to stop the aneurysm) useful for providing a stable platform for is there.

以前から知られている装置および方法は、身体器官を容易に膨張させ得る診断器具または治療器具を前進させる際に直面する困難性を解決するためのいくつかの示唆を提供するが、市販のデバイスはほとんどない。 Devices and methods known from the past, which provide some suggestions for solving the difficulties encountered in advancing a diagnostic or therapeutic instrument capable of easily expanding the body organs, commercially available devices little. この成功に乏しい正確な理由は定かではないが、以前から知られているデバイスはいくつかの問題を起こしていたようだ。 Poor exact reason for this success is not clear, but the device known from the previously seems to have caused some of the problems.

例えば、Bauerfiend特許およびCrockard特許に記載されているデバイスは、内視鏡が移動される場合、内視鏡/結腸内視鏡とオーバーチューブまたは導管の遠位末端との間で組織をつかむか、または挟む危険性を生じるようだ。 For example, the devices described in Bauerfiend patents and Crockard patents, if the endoscope is moved, grasping tissue between the distal end of the endoscope / colonoscope overtube or conduits, or it seems to produce the risk of pinching. いずれのデバイスもまた、操縦性の任意の程度を提供せず、そして予め配置された顕微鏡に沿って進行されなければならない。 Both devices also do not provide any degree of maneuverability, and must proceed along the preplaced microscope. さらに、Crockardに記載される近位引張りシステムのバルクは、内視鏡の操作と干渉するすると予測される。 Further, proximal pull the bulk of the system described in Crockard is expected to interfere with the operation of the endoscope. 他の以前から知られたデバイスの他の欠点は、このようなデバイスの複雑性またはコストあるいは適切な材料の欠如に関連され得る。 Another disadvantage of the device known from other previously may be related to the lack of complexity or cost, or suitable materials for such devices. いずれの場合も、この内視鏡および結腸内視鏡の分野において長い間の問題を解決する、デバイスに対するまだ対処されていない必要性が存在する。 In either case, to solve the problem of long in the field of the endoscope and colonoscope, still there is a need not addressed to the device.

上記の点から、容易に膨張可能な中空身体器官(例えば、食道または結腸)内への、診断器具または治療器具の配置を容易にする装置および方法を提供することが所望される。 In view of the above, readily expandable hollow body organ (for example, esophagus or colon) into, it is desirable to provide an apparatus and method for facilitating the placement of diagnostic or therapeutic instrument.

診断デバイスまたは治療デバイスが中空身体器官に前進することを可能にする装置および方法を提供し、そして既に横切った器官の通路をまっすぐにする必要なしに、曲がった構造を通ってデバイスが通過することを可能にすることが、さらに所望される。 Provides an apparatus and method that allows the diagnostic or therapeutic device is advanced into the hollow body organ, and straight without the need for the already across organs of the passage, the device passes through the bent structure enabling is further desirable.

容易に膨張し得る中空身体器官内への診断器具または治療器具の配置を容易にする装置および方法を提供することもまた所望される。 It is also desirable to provide apparatus and methods that facilitate placement of easily diagnosed or therapeutic instrument into the hollow body organ which may expand. これは、組織が、診断器具もしくは治療器具が中空身体器官を通って操作される場合に、装置と前方器具もしくは後方器具との間に不注意に挟まれる危険性、または引っかかる危険性を減少させるための手段を備える。 This organization, if the diagnostic instrument or treatment instrument is operated through the hollow body organ, reducing the risk or caught risk sandwiched inadvertently between the device and the front instrument or rearward instrument comprising means for.

なおさらに、中空身体器官に診断器具または治療器具を挿入するための、低コストで単回使用の、容易に操作可能なガイドを提供する装置および方法を提供することが所望される。 Still further, for inserting a diagnostic or therapeutic instrument in a hollow body organ, single use at a low cost, it is desirable to provide an apparatus and method for providing a readily steerable guide.

なおさらに、中空身体器官に診断器具または治療器具を挿入するための、低コストで容易に操作可能なガイドを提供する装置および方法を提供することが所望される。 Still further, for inserting a diagnostic or therapeutic instrument in a hollow body organ, to provide an apparatus and method for providing a readily steerable guide at a low cost it is desired. ここで、この装置の一部は、単回使用後に使い捨てられ、このデバイスの残りの部分は再利用される。 Here, a part of the device is disposable is after a single use, the remainder of the device is reused.

なおさらに、中空身体器官に診断器具または治療器具を挿入するための選択的な固定形状を有するデバイスを提供することが所望され、これは、診断器具または治療器具の近位末端の操作を容易にする。 Still further, it is desirable to provide a device having a selective fixed shape for insertion of the diagnostic or therapeutic instrument in a hollow body organ, which, facilitate manipulation of the proximal end of the diagnostic or therapeutic instrument to.

複数の診断デバイスまたは治療デバイスを、中空の非支持器官に配置させ得ることがさらに所望され、その結果、このデバイスの少なくとも1つは、他のデバイスが定位置に保持されている間に、回収および再配置され得る。 A plurality of diagnostic or therapeutic device, which is further desired which can be arranged in a non-support organs of the hollow, so that at least one of the device, while the other devices are held in place, the recovery and it may be re-arranged.

容易に膨張可能な中空身体器官内での診断器具または治療器具の配置を容易にする装置および方法を提供することがさらに所望され、このデバイスの失敗した事象におけるこの装置の再構成の危険性を減少させる。 Easily possible to provide an apparatus and method for facilitating the placement of diagnostic or therapeutic instrument in the inflatable hollow body organ is further desired, the risk of re-arrangement of the apparatus in the failed event of the device decrease.

容易に膨張可能な中空身体器官内への診断器具または治療器具の配置を容易にする装置および方法が提供されることが、なおさらに所望され、この装置の軸長を実質的に維持する。 The apparatus and method for facilitating the placement of easily diagnosed or therapeutic instrument into the inflatable hollow body organ is provided, is desired even further, to substantially maintain the axial length of the device.

(発明の要旨) Summary of the Invention
上記観点から、本発明の目的は、診断器具または治療器具の、容易に膨張可能であるかまたは予測不可能に支持される中空身体器官(例えば、食道または結腸)内への配置を容易にするための、装置および方法を提供することである。 In view of the above, an object of the present invention, the diagnostic or therapeutic instrument, easily expandable as or hollow body organ to be unpredictably support (e.g., esophagus or colon) to facilitate placement into the for, it is to provide a device and method.

本発明のさらなる目的は、診断デバイスまたは治療デバイスが、中空身体器官内に進められることを可能にし、そしてすでに横断した器官通路をまっすぐにする必要なく、このデバイスの、蛇行した解剖学的構造体を通る通過を容易にする、装置および方法を提供することである。 A further object of the present invention, the diagnostic or therapeutic device is it possible to proceed to the hollow body organ, and already without the need to straighten the transverse organs passage of the device, tortuous anatomical structure to facilitate passage through the is to provide an apparatus and method.

また、本発明の目的は、診断器具または治療器具の、容易に膨張可能な中空身体器官内での配置を容易にするための、装置および方法を提供することであり、この器具は、この診断器具または治療器具が中空身体器官を通して操作されるにつれて、組織が不注意で穿刺または捕捉される危険を減少させるための手段を備える。 Another object of the present invention, the diagnosis of or therapeutic instrument, easily expandable hollow body organ arranged for facilitating the is to provide an apparatus and method, this instrument, this diagnostic as or therapeutic instrument is operated through the hollow body organ, comprising means for reducing the risk of tissue is punctured or capture inadvertently.

本発明のなおさらなる目的は、診断器具または治療器具を中空身体器官に挿入するための、低費用の、単回使用の、容易に製造可能なガイドを提供する、装置および方法を提供することである。 A still further object of the present invention, for inserting a diagnostic or therapeutic instrument in a hollow body organ, the low cost, single use, provides a readily manufacturable guide, to provide an apparatus and method is there.

本発明の別の目的は、診断器具または治療器具を中空身体器官に挿入するための、低費用の、容易に製造可能なガイドを提供する装置および方法を提供することであり、ここで、この装置の一部分は、単回使用の後に処分可能であり、そしてこのデバイスの残りの部分は、再使用可能である。 Another object of the present invention is to provide for inserting a diagnostic or therapeutic instrument in a hollow body organ, the low cost, an apparatus and method for providing a readily manufacturable guide, wherein this a portion of the apparatus can disposed of after a single use, and the remaining portion of the device is reusable.

なおさらに、本発明の目的は、診断器具または治療器具を中空身体器官に挿入するためのデバイスであるが、この診断器具または治療器具の近位端の操作を容易にする、選択的に固定する形状を有するデバイスを提供することである。 Still further, an object of the present invention is a device for inserting a diagnostic or therapeutic instrument in a hollow body organ, to facilitate manipulation of the proximal end of the diagnostic or therapeutic instrument, selectively securing to provide a device having a shape.

本発明のなお別の目的は、複数の診断デバイスまたは治療デバイスが、他のデバイスが適所に残されながら、これらのデバイスのうちの少なくとも1つが引き抜かれ得、そして構造変化され得るように、中空の支持されていない器官に配置されることを可能にすることである。 Yet another object of the present invention, as a plurality of diagnostic or therapeutic device is, while other devices are left in place, at least one pulled obtained of these devices, and may be structural changes, hollow it is to enable it to be placed on organs which are not of the support.

本発明のさらなる目的は、デバイスの故障の場合に、装置の構造変化の危険を減少させる、診断器具または治療器具の、容易に膨張可能な中空身体器官内での配置を容易にするための、装置および方法を提供することである。 A further object of the present invention, in the event of a failure of the device, reducing the risk of structural changes of the apparatus, the diagnostic or therapeutic instrument, easily an expandable hollow body organ arranged to facilitate the, it is to provide an apparatus and method.

本発明のなおさらなる目的は、装置の軸方向長さを実質的に維持する、診断器具または治療器具の、容易に膨張可能な中空身体器官内での配置を容易にするための装置および方法を提供することである。 A still further object of the present invention substantially maintains the axial length of the device, the diagnostic or therapeutic instrument, an apparatus and method for facilitating easy placement of an expandable hollow body organ it is to provide.

本発明のこれらおよび他の目的は、近位ハンドル、この近位ハンドルに結合され、そして遠位領域を有するオーバーチューブ、この遠位領域に配置された非外傷性先端、およびオーバーチューブの形状を選択的に固定して、1つ以上の診断器具または治療器具が中空身体器官の蛇行したかまたは支持されない解剖学的構造体を、この器官の壁を膨張させずに通り抜けることを補助するための機構を備える装置を提供することによって、達成される。 These and other objects of the present invention includes a proximal handle coupled to the proximal handle, and an overtube having a distal region, atraumatic tip disposed in this distal region and the overtube shape and selectively fixed, one or more diagnostic or therapeutic instrument is not or supported serpentine hollow body organ anatomical structure, to assist in passing through the wall of the organ without expansion by providing an apparatus comprising a mechanism is achieved. この装置は、ハンドル、オーバーチューブおよび非外傷性先端の間に延びる、主要管腔を備え、この主要管腔を通して、診断器具または治療器具(例えば、内視鏡または結腸鏡)が移動し得る。 The apparatus includes a handle, extending between the overtube and atraumatic tip comprises a main lumen, through the main lumen, the diagnostic or therapeutic instrument (e.g., an endoscope or colonoscope) can move.

このハンドルは、患者から、例えば、口または肛門(ここで、このハンドルは、医師によって操作され得る)を通って延びる。 This handle is from the patient, for example, the mouth or anus (where the handle may be manipulated by the physician) extending through the. 近位ハンドルは、単回使用の使い捨て装置の一部分を形成し得るか、またはオーバーチューブから分離され得て、再使用可能であり得る。 Proximal handle can either may form part of a disposable device for single use, or could be separated from the overtube may be reusable. あるいは、オーバーチューブは、使い捨ての単回使用カバーを備え得、このカバーは、再使用可能な構造体の上にフィットする。 Alternatively, overtube may comprise a single use cover disposable, the cover is fit over the reusable structure. このオーバーチューブは、ハンドルの作業軸に対して角度をつけられ得、その結果、このハンドルは、このオーバーチューブを通して挿入された診断器具または治療器具の操作を妨害しない。 The overtube resulting angled with respect to the working axis of the handle such that the handle does not interfere with operation of the inserted diagnostic or therapeutic instrument through the overtube.

本発明の原理に従って構築されるオーバーチューブは、複数の入れ子式要素を備え得、これらの要素は、つめ車、空気式機構、または形状記憶材料の作動によって、選択的に引っ張り可能である。 Overtube constructed in accordance with the principles of the present invention may comprise a plurality of nestable elements, these elements, ratchet, by operation of the pneumatic mechanism or a shape memory material, and can pull selective. あるいは、オーバーチューブは、選択的に作動可能なクランプ機構によって囲まれた、一連の相互接続されたリンク、可変デュロメータを有する材料から形成され、そしてクランプ機構によって囲まれた、複数の螺旋状リンクを備える管状部材、熱応答性のポリマーまたは合金、電気活性ポリマーから形成される細長い可撓性チューブ、あるいは形状記憶材料から作製される、重なっているかまたは入れ子式の一連のリンクを備え得る。 Alternatively, overtube, surrounded by selectively actuable clamp mechanism, a series of interconnected links, formed from a material having a variable durometer, and surrounded by a clamping mechanism, a plurality of spiral link tubular member comprising, a thermally responsive polymer or alloy, are made from an elongated flexible tube or shape memory material, is formed from an electroactive polymer may include a series of links or telescopic overlap. このオーバーチューブは、診断器具または治療器具の、主要管腔(潤滑ライナー、レールまたはローラを備える)を通る通過を容易にするための、多数の補助具のいずれかを備え得る。 The overtube of diagnostic or therapeutic instrument, the main lumen to facilitate passage through the (lubricating liner, comprising a rail or roller) may comprise any of a number of aids.

張力システムは、機構の故障の場合に、オーバーチューブの構造変化の危険を減少させる、フェールセーフ(fail safe)モードを提供し得る。 Tension system, in the event of a failure of the mechanism, reducing the risk of structural changes of the overtube can provide a fail-safe (fail safe) mode. フェールセーフモードは、オーバーチューブが剛性化される場合にオーバーチューブに付与される圧縮クランプ負荷を等しくし得、そして遠位領域の実質的な近位への移動なしでオーバーチューブを剛性化させるように構成され得る。 Fail-safe mode, the overtube so as to stiffen without movement to substantial proximal equal compressive clamping load applied to the overtube when obtained and distal region, the overtube is rigidized It may be configured.

ライナーは、薄い、可撓性の材料から作製され得るか、親水性コーティングを有し得るか、ねじれ耐性コイルを備え得るか、またはこれらの組み合わせであり得る。 Liner, thin, or can be made from a flexible material, or can have a hydrophilic coating, or may comprise a torsion-resistant coils, or a combination thereof. あるいは、ライナーは、オーバーチューブから取り外されて、オーバーチューブの内部の構造体の再使用を可能にし得る、使い捨てシースであり得る。 Alternatively, the liner is removed from the overtube may enable re-use of the internal structures of the overtube can be a disposable sheath.

本発明の非外傷性先端は、好ましくは、オーバーチューブと、このオーバーチューブを通して選択的に移動する診断器具または治療器具との間に組織を捕捉するかまたは挟む危険を低下させるように、構成される。 Atraumatic tip of the present invention, preferably, the overtube, to lower the or pinching hazard to capture tissue between the apparatus and methods for selectively moving through the overtube is configured that. このことは、好ましくは、半径方向外側に向く負荷を、診断器具または治療器具が装置から出る遠位領域の近くで、中空身体器官の壁に付与する、外傷性先端によって達成される。 This is preferably a load directed radially outward, the diagnostic or therapeutic instrument is near the distal region exiting the device, imparts to the wall of the hollow body organ is accomplished by traumatic tip.

さらに、オーバーチューブの遠位領域は、好ましくは、遠位領域内に配置された診断デバイスまたは治療デバイスの操縦可能な先端が、オーバーチューブの遠位領域を所望の方向に偏向させることを可能にする、可撓性部分を備える。 Further, the distal region of the overtube is preferably possible that the steerable tip of diagnostic or therapeutic device disposed in the distal region is to deflect the distal region of the overtube in the desired direction to comprise a flexible portion. このことは、オーバーチューブが、診断デバイスまたは治療デバイスの操縦可能な先端と一緒に容易に進められることを可能にする。 This overtube allows the readily proceed with steerable tip of diagnostic or therapeutic device.

本発明のさらなる特徴、その性質および種々の利点は、添付の図面および以下の好ましい実施形態の詳細な説明から、より明らかになる。 Further features, its nature and various advantages of the present invention, a detailed description of the accompanying drawings and the following preferred embodiments will become more apparent.

(発明の詳細な説明) (Detailed Description of the Invention)
図1を参照すると、診断器具または治療器具を、蛇行したかまたは支持されていない解剖学的構造を有する中空身体器官(例示的には、患者の結腸C)内に挿入し、そして進めるための、以前から公知の装置および方法に付随する問題が記載されている。 Referring to FIG. 1, a diagnostic or therapeutic instrument (illustratively, colon C of the patient) a hollow body organ having an anatomy that is not or supported meanders inserted into, and to proceed It discloses a problem associated with known devices and methods previously. 結腸Cは、肛門Aと直腸Rとの間に位置する、括約筋SMを備える。 Colon C is located between the anus A and rectum R, it comprises a sphincter SM. 直腸Rは、S状結腸直腸連結部RJを介して、S状結腸SCに結合する。 Rectal R via the S-shaped colorectal connecting unit RJ, binds to S-shaped colon SC. S状結腸SCは、下行結腸DCに接続し、この下行結腸DCは、次に、左結腸曲LCFを介して横行結腸TCに結合する。 S-shaped colon SC is connected to the descending colon DC, the descending colon, DC, then binds to the transverse colon TC via the splenic flexure LCF. 横行結腸TCはまた、右結腸曲RCFによって、上行結腸ACおよび盲腸CEに結合され、盲腸は、老廃生成物を小腸から受け取る。 Transverse colon TC also by the right colic flexure RCF, coupled to the ascending colon AC and cecum CE, cecum receives waste products from the small intestine.

図1に示されるように、操縦可能な遠位先端11を有する結腸鏡10は、代表的に、肛門Aを介して直腸Rに挿入され、次いで、S状結腸直腸連結部RJを介して、S状結腸SC内へと操縦される。 As shown in FIG. 1, colonoscope 10 having a distal tip 11 steerable is typically inserted into the rectum R through the anus A, then through the S-shaped colorectal connecting portion RJ, It is steered into the S-shaped colon SC. 図1に示されるように、結腸鏡10の遠位先端11は、S状結腸SCを通して進められ、そして下行結腸DC内に偏向される。 As shown in FIG. 1, the distal tip 11 of the colonoscope 10 is advanced through the S-shaped colon SC, and is deflected into the descending colon DC. 医師によって、結腸鏡をさらに推進することによって、図1において点線12'およびRJ'によって示されるように、結腸鏡の領域12がS状結腸直腸連結部RJに負荷され、そしてS状結腸直腸連結部の移動を引き起こし得る。 By the physician, by further promoting colonoscope, as indicated by the dashed lines 12 'and RJ' in FIG. 1, the region 12 of the colonoscope is loaded into S-shaped colorectal connecting portion RJ, and S-shaped colorectal connected It can cause moving parts.

このような膨張は、患者の不快または痙攣を生じ得、そして気付かれない場合、結腸への損傷を生じ得る。 Such expansion, if result in discomfort or spasm of the patient, and unnoticed, may cause damage to the colon. 結腸鏡の移動が、膨張、不快または痙攣を引き起こす可能性はまた、結腸鏡が左結腸曲LCFおよび右結腸曲RCFを通り抜けなければならない場合に、大きく、そしてその結果として、このような試験の大部分が、医師が遠位先端11を盲腸CEまで進め得る前に、終結する。 Movement of the colonoscope, expansion, also possible cause discomfort or spasm, if the colonoscope must pass through the splenic flexure LCF and right colic flexure RCF, large and as a result, such a test mostly, before the physician can advance the distal tip 11 to cecum CE, it terminates.

本発明は、器官の膨張または損傷の危険を減少させながら、診断器具または治療器具を、中空身体器官(例えば、食道または結腸)の蛇行したかまたは予測不可能に支持された解剖学的構造体を通して配置するための、装置および方法を提供する。 The present invention, while reducing the risk of expansion or organ damage, diagnostic instrument or a therapeutic instrument, a hollow body organ (for example, esophagus or colon) serpentine or unpredictably supported anatomical structure for placing through, it provides an apparatus and method. 本発明に従って構成される装置は、組織がオーバーチューブとスコープとの間に捕捉されるかまたは挟まれることを防止しながら、装置のオーバーチューブ部分を選択的に形状固定することによって、内視鏡または結腸鏡が、患者の蛇行したかまたは支持されない解剖学的構造体内に容易に進められることを可能にする。 Apparatus constructed in accordance with the present invention, by tissue while preventing be or pinched trapped between the overtube and a scope, selectively shaped fixing the overtube portion of the apparatus, the endoscope or colonoscope allows the readily advanced to the anatomical structure which is not or supported serpentine patient.

ここで図2を参照すると、本発明の装置20が記載されている。 Referring now to FIG. 2, it describes an apparatus 20 of the present invention. 装置20は、ハンドル21、オーバーチューブ22、および非外傷性先端24を有する遠位領域23を備える。 Device 20 includes a distal region 23 having a handle 21, the overtube 22 and atraumatic tip 24,. ハンドル21は、管腔25を備え、この管腔は、Toughy−Borst弁26から、オーバーチューブ22、遠位領域23および非外傷性先端24を通って延びる。 The handle 21 is provided with a lumen 25, this lumen from Toughy-Borst valve 26, overtube 22 extends through the distal region 23 and the atraumatic tip 24. 管腔25は、そこを通しての市販の標準的な結腸鏡(例えば、結腸鏡10)の通過を容易にするように構成される。 Lumen 25, a commercially available standard colonoscope therethrough (e.g., colonoscope 10) configured to facilitate passage of. Toughy−Borst弁26は、結腸鏡10が管腔25内に挿入される場合に、結腸鏡10を装置20に解放可能にロックするように作動され得る。 Toughy-Borst valve 26, when the colonoscope 10 is inserted into the lumen 25, may be activated to releasably locking colonoscope 10 in the apparatus 20. 本明細書中以下に記載されるように、オーバーチューブ22は、ハンドル21に配置されたアクチュエータ27によって、可撓性状態と剛性の形状固定された状態との間で選択的に移行され得るように、構成される。 As described herein below, the over-tube 22, by an actuator 27 disposed on the handle 21, as may be selectively transition between form-locking state of the flexible state and rigid to, and.

図3Aにおいて、オーバーチューブ22の例示的な実施形態は、多数の入れ子式要素30を備える。 In Figure 3A, an exemplary embodiment of the overtube 22 it is provided with a plurality of nestable elements 30. 例示目的のために、入れ子式要素30は、間隔を空けて示されているが、この要素30は、1つの要素30の遠位表面31が隣接する要素の近位表面32を覆うように配置されることが理解されるべきである。 For illustrative purposes, nestable elements 30 are shown spaced apart, this element 30 is arranged such that the distal surface 31 of one element 30 covers a proximal surface 32 of the adjacent elements is the it should be understood. 入れ子式要素30の各々は、結腸鏡10を収容するための中心孔33、好ましくは2つ以上の張力ワイヤ孔35を有する。 Each telescopic element 30, the center hole 33 for accommodating the colonoscope 10, preferably two or more tension wires hole 35. 図2に示されるように組み立てられる場合、入れ子式要素30は、この張力ワイヤ孔35によって規定される張力ワイヤ管腔28を通って延びる複数の張力ワイヤ36により接触した様式で配置される遠位表面31および近位表面32で留められる。 When assembled as shown in FIG. 2, nestable elements 30, distal arranged in a manner in contact with a plurality of tension wires 36 extending through the tension wire lumen 28 defined by the tension wires hole 35 fastened on the surface 31 and proximal surface 32. 張力ワイヤ36は、好ましくは、超弾性材料(例えば、ニッケルチタン合金)から作製されて、可撓性、屈曲耐性、および張力ワイヤの張力ワイヤ孔35を通る滑らかな動きを提供する。 Tension wires 36 are preferably superelastic material (e.g., nickel-titanium alloy) is produced from flexible, to provide a smooth movement through the tension wire hole 35 of the bending-resistant and tension wires. あるいは、この張力ワイヤは、編み組ステンレス鋼、単一ステンレス鋼ワイヤ、Kevlar、高張力モノフィラメントスレッド、またはそれらの組み合わせから作製され得る。 Alternatively, the tension wire, braided stainless steel, single stainless steel wire, Kevlar, may be made from high tensile monofilament thread or a combination thereof. これらの材料は、例示目的のためのみに提供され、いずれの様式でも制限されると解釈されるべきではない。 These materials are provided for illustrative purposes only and should not be construed as limited in any way.

好ましい実施形態において、張力ワイヤ36の直径 対 張力ワイヤ孔35の直径の比は、およそ、1/2〜2/3の範囲である。 In a preferred embodiment, the ratio of the diameter of the diameter to the tension wires hole 35 of the tension wires 36 is approximately in the range of 1/2 to 2/3. 本出願人は、このことが、オーバーチューブ22が反り返った場合でさえも、張力ワイヤと入れ子式要素との間の滑らかな相対運動を提供することを観察した。 The Applicant, this is, overtube 22 even if warped, was observed to provide a smooth relative movement between the tension wires and nestable elements. 比が大きくなるほど望ましいが、このような構成により、張力ワイヤ孔35が張力ワイヤ36に食い込み得、それにより張力ワイヤ孔を通る張力ワイヤの移動が制限される。 Although desirable as the specific increases, such a configuration, the tension wire hole 35 is obtained bite into tension wires 36, whereby the movement of the tension wires passing through the tension wire hole is limited. 逆に、本出願人らは、より小さい比がさらにより滑らかな相対移動を提供すると企図するが、結果として生じる各入れ子式要素30の壁34の厚さの増加は望ましくない。 Conversely, the present applicants is contemplated a smaller ratio further provides a smoother relative movement, increase in the thickness of the wall 34 of each telescopic element 30 resulting undesirable.

好ましい実施形態において、各入れ子式要素30の隣接表面31および32は、次の隣接要素と嵌合し、その結果、張力ワイヤ33が緩む場合、表面31および32は互いに対して回転し得る。 In a preferred embodiment, adjacent surfaces 31 and 32 of each telescopic element 30 mates with the next adjacent element, so that if the tension wires 33 are loosened, the surface 31 and 32 may rotate relative to each other. 張力ワイヤ36は、遠位端において、オーバーチューブ22の遠位端に、そして近位端において、ハンドル21内に配置される張力メカニズムに固定して連結される。 Tension wires 36 at the distal end, the distal end of the overtube 22, and at the proximal end, is fixedly connected to the tension mechanism disposed within the handle 21. アクチュエータ27により作動される場合、張力ワイヤ36は、入れ子式要素30の遠位表面31と近位表面32とを一緒に現時点の相対配向で留める負荷を与え、それによりオーバーチューブ22の形状を固定する。 When actuated by the actuator 27, the tension wire 36, gives load to remain in the relative orientation of the current with a proximal surface 32 and distal surface 31 of the nestable elements 30, thereby fixing the shape of overtube 22 to.

張力ワイヤ36における負荷が解放される場合、張力ワイヤ36は、入れ子式要素30の間の相対角運動を提供する。 When the load in tension wires 36 is released, the tension wire 36, provides a relative angular movement between the telescopic elements 30. 次いで、これは、オーバーチューブ22を、腸を通る蛇行状通路を曲がるのに十分可撓性にする。 Then, this overtube 22, a sufficiently flexible to bend a tortuous path through the intestines. しかし、張力メカニズムが作動される場合、張力ワイヤ36は近位方向に引っ込められて、クランプ負荷をこの入れ子式要素に付与する。 However, when the tension mechanism is actuated, the tension wire 36 is retracted proximally, to impart a clamping load to the nestable elements. この負荷は、隣接要素30の間のさらなる相対運動を防止し、そしてオーバーチューブ22を硬くし、その結果、結腸鏡10に付与される任意の遠位方向の力は、オーバーチューブ22を結腸の壁に対して当接させるのではなく、遠位先端部11を結腸内に向かってさらに進める。 This load, prevent further relative movement between the adjacent elements 30, and to stiffen the overtube 22, as a result, any distal force applied to the colonoscope 10, the overtube 22 colon instead of being abut against the wall, further advances toward the distal tip 11 into the colon. 形状が固定されたオーバーチューブは、ベクトル力を吸収しそして分散させ、結腸壁を遮蔽する。 Overtube shape is fixed, is absorbed by and dispersed vector forces, shielding the colon wall.

好ましい実施形態において、近位表面32の曲率半径は、遠位表面31の曲率半径とほぼ同じである。 In a preferred embodiment, the radius of curvature of the proximal surface 32 is substantially the same as the radius of curvature of the distal surface 31. 特に、近位表面32の曲率半径に対する遠位表面31の曲率半径の比は、約0.9〜1.0である。 In particular, the radius of curvature of the ratio of the distal surface 31 for the radius of curvature of the proximal surface 32 is about 0.9 to 1.0. さらに、遠位表面と近位表面との間の静止摩擦係数は、好ましくは、約0.2〜1.4の範囲である(ASTM標準D1894に基づく)。 Furthermore, the static friction coefficient between the distal surface and the proximal surface preferably, (based on ASTM Standard D1894) in the range of about 0.2 to 1.4. この構造は、オーバーチューブ22が硬くなった場合、隣接要素の間の相対運動を防止するのに十分な摩擦力をこれらの表面の間で発生させるようである。 This structure, if the overtube 22 has hardened, a sufficient frictional force to prevent relative movement between adjacent elements seem to occur between these surfaces.

入れ子式要素30は、増加高さ(growth height)の関数であるオーバーチューブ22の積層を提供するように構成され得る。 Nestable elements 30 may be configured to provide a stack of overtube 22 which is a function of the increasing height (growth height). 図3Bで規定されるように、増加高さHは、1つの入れ子式要素30が別の入れ子式要素30内に入れ子にされる場合、オーバーチューブ22の長手軸方向長さの増分である。 As defined in Figure 3B, increase the height H, when one of nestable elements 30 are nested into another nestable elements 30, which is incremented in the longitudinal length of the overtube 22. 市販の標準的な結腸鏡によって得られ得る曲率半径を収容するために、増加高さHは、好ましくは、約0.31インチ以下、より好ましくは約0.16インチである。 To accommodate the curvature radius can be obtained by a commercially available standard colonoscope, increasing the height H is preferably from about 0.31 inches or less, more preferably about 0.16 inches. このことは、約0.95インチ以下の曲率半径をとるのに十分な可撓性を有するオーバーチューブ22を提供する。 This provides an overtube 22 having sufficient flexibility to take a radius of curvature of less than about 0.95 inches. オーバーチューブ22が、より大きいかまたは小さいサイズであり、そして/または異なる曲率半径をとり得る他の内視鏡または医療機器を収容する必要がある場合、またはこのオーバーチューブがより密な解剖学的制約を収容する必要がある場合、本出願人は、増加高さHがオーバーチューブ22の寸法の変化に対して正比例または反比例し得ることを企図する。 Overtube 22 is a larger or smaller size, and / or different if the curvature is required to accommodate the other endoscopic or medical devices that can take a radius, or the overtube histological tighter anatomy If you need to accommodate the constraints, the applicant contemplates that increasing the height H may be directly proportional or inversely proportional to the change in the dimensions of the overtube 22. 本出願人は、入れ子式要素30の先の幾何学的特徴(例示目的のために図3Bから省略されている)が、張力ワイヤ孔に対する材料の干渉や影響の原因となっていないことに注目する。 The Applicant has noted that the previous geometrical characteristics of nestable elements 30 (omitted from FIG. 3B for illustrative purposes) is not causing interference or influence of a material to tension wires hole to.

好ましくは、入れ子式要素30は、ガラス繊維、炭素繊維またはそれらの組合せを充填したポリマーから成形される。 Preferably, nestable elements 30 are molded from glass fiber, polymer filled with carbon fibers or a combination thereof. 特に有用な実施形態において、入れ子式要素30は、20〜40容量%のガラス繊維、20〜40容量%の炭素繊維、または20〜40容量%のガラス繊維と炭素繊維を充填されたポリウレタンから成形される。 In a particularly useful embodiment, nestable elements 30 are molded from 20-40% by volume of glass fibers, 20 to 40% by volume of carbon fibers or 20 to 40 volume% of glass fiber and a polyurethane filled with carbon fibers, It is. 一例は、イソプラスト2540であり、これは、Dow Chemicals,Midland,MIから入手可能である。 One example is Isopurasuto 2540, which is available Dow Chemicals, Midland, from MI. 本出願人は、このような材料が隣接要素間の摩擦を増大し、このことが、オーバーチューブ22が硬くなった場合に、これらの隣接要素間の相対角運動の危険性を有利に減少させ、従って、その形状が固定された状態におけるオーバーチューブ22の所望でない再構成の危険性を減少させることを観察した。 The Applicant has such materials increases the friction between adjacent elements, this is, when the overtube 22 is hardened, advantageously reduces the risk of relative angular movement between these adjacent elements , therefore, it was observed to reduce the risk of re-configuration not the desired overtube 22 in a state in which the shape is fixed. ガラス繊維および/または炭素繊維の量が多いほど望ましいが、このような材料は、入れ子式要素の構造完全性を低下させるようである。 Greater the amount of glass fibers and / or carbon fibers desirable, such materials are to lower the structural integrity of the nestable elements.

さらに、繊維包埋ポリマーは、入れ子式要素30の剛性を増大し、その結果、オーバーチューブ22の長手軸方向の収縮は、オーバーチューブが硬くなった場合、有意に減少される。 Furthermore, the fibers embedded polymer increases the stiffness of the telescopic elements 30, as a result, longitudinal shrinkage of the overtube 22, when the overtube has hardened, is significantly reduced. 張力ワイヤ36が、圧縮クランプ負荷をオーバーチューブ22に付与するように作動される場合、長手軸方向の収縮が生じる。 Tension wires 36, when actuated so as to impart a compressive clamping load to the overtube 22, the longitudinal shrinkage occurs. この生じる圧力は、隣接要素30の間の任意の溝部を排除し、そして各入れ子式要素の近位部分を半径方向外向きに反らせる。 The resulting pressure eliminates any grooves between adjacent elements 30, and deflect the proximal portion of each telescopic element radially outwardly. このことは、各要素を長手軸方向に短くし、その結果、オーバーチューブ22は軸方向長さにおいて収縮する。 This shortens each element longitudinally, as a result, the over-tube 22 is contracted in the axial length.

代表的には、ガラス繊維および/または炭素繊維を含まないポリマー製入れ子式要素から作製されたオーバーチューブは、約30lbの圧縮力が付与された場合、その長手軸方向において約8〜12%収縮する。 Typically, the over-tube made from polymeric telescopic element that does not contain glass fibers and / or carbon fibers, if compressive force of approximately 30lb is assigned, about 8% to 12% shrinkage in the longitudinal direction to. 比較すると、30lbの圧縮負荷がガラス繊維および/または炭素繊維が包埋されたポリマーから作製された入れ子式要素に付与される場合、本発明の好ましい実施形態におけるように、このオーバーチューブは約4%しか収縮しない。 By comparison, if the compressive load of 30lb is applied to nestable elements which glass fibers and / or carbon fibers are produced from the embedded polymer, as in the preferred embodiment of the present invention, the overtube about 4 % only it does not shrink. 有利には、これは、本発明の使用の間により高い精度(これはデリケートな手順において特に重要である)を提供することによって、患者に対する外傷を減少させる。 Advantageously, this high accuracy during use of the present invention (which is particularly important in delicate procedures) by providing, reducing trauma to the patient. ガラス充填ポリマーおよび/または炭素充填ポリマーに加えて、入れ子式要素30はまた、他のポリマーおよび/または金属(例えば、ポリウレタン、ポリ塩化ビニル、ポリカーボネート、ナイロン、チタン、タングステン、ステンレス鋼、アルミニウムまたはそれらの組み合わせ)から成形または機械加工され得ることが当業者に明らかである。 In addition to glass-filled polymer and / or carbon-filled polymers, nestable elements 30 may also include other polymers and / or metals (e.g., polyurethane, polyvinyl chloride, polycarbonate, nylon, titanium, tungsten, stainless steel, aluminum or their it will be apparent to those skilled in the art that a combination of) can be molded or machined. 実際に、金属製の入れ子式要素30は、繊維包埋ポリマーにより受けるよりも小さい長手軸方向の収縮を受ける。 Indeed, nestable elements 30 made of metal is subjected to small longitudinal shrinkage than experienced by fibers embedded polymer. これらの材料は、例示目的のためのみに提供され、当業者は、本発明の装置と共に使用するのに適切な多数のさらなる材料を理解する。 These materials are provided for illustrative purposes only, those skilled in the art will appreciate numerous further materials suitable for use with the apparatus of the present invention.

ここで図4を参照すると、遠位領域23および非外傷性先端部24の例示的な実施形態が記載される。 Referring to Figure 4, an exemplary embodiment of the distal region 23 and atraumatic tip 24 is described. 遠位領域23は、可撓性層42中にカプセル化された可撓性の屈曲耐性コイル41を備える。 The distal region 23 includes a bending resistance coil 41 of the encapsulated flexible in the flexible layer 42. 層42は、好ましくは、軟らかい弾性の親水性被覆材料(例えば、シリコンまたは剛性ゴム)を含み、非外傷性先端部24を形成する細長部分44における遠位端で終わる。 Layer 42 is preferably, soft elastic hydrophilic coating material (e.g., silicone or rigid rubber), wherein the end with the distal end of the elongated portion 44 to form an atraumatic tip 24. 近位端において、層42は、入れ子式要素30の孔33を通ってハンドル21まで延びるライナー43と連結するか、またはこのライナー43と一体的に形成されている。 At the proximal end, the layer 42 is either connected to the liner 43 that extends to the handle 21 through the bore 33 of nestable elements 30, or the liner 43 and are integrally formed. 好ましい実施形態において、ライナー43は、薄い可撓性の材料から作製され、必要に応じてその中に包埋された可撓性の屈曲耐性コイル29を有する。 In a preferred embodiment, the liner 43 is made of a thin flexible material, has a bent resistance coil 29 of flexible, which is embedded therein as necessary. ライナー43の材料は、好ましくは、30〜80Dの範囲内の高いデュロメーターを有するが、より低いかまたはより高いデュロメーターを有していてもよい。 Material of the liner 43 preferably has a high durometer within the range of 30~80D, it may have a lower or higher durometer.

層42は、好ましくは、可撓性の弾性スキン45と連結するかまたはこれと一体的に形成されて、シース48を形成し、このシーツ48は、環状チャンバ46中に入れ子式要素30をカプセル化する。 Layer 42 is preferably flexible elastic is skin 45 integrally or with which coupling with the formation of, to form a sheath 48, the sheets 48, the capsule telescoping element 30 in annular chamber 46 the reduction. スキン45は、オーバーチューブ22に比較的滑らかな外側表面を提供し、そして隣接する入れ子式要素30の相対回転の間に、組織が捕獲されたりつままれたりするのを防止する。 Skin 45 provides a relatively smooth outer surface to the overtube 22, and during relative rotation of the telescopic elements 30 adjacent the tissue to prevent the or pinched or captured. 好ましい実施形態において、スキン45、入れ子式要素30およびライナー43の総厚Tは、約2.5mm以下、より好ましくは1mm以下である。 In a preferred embodiment, the skin 45, the total thickness T of the nestable elements 30 and liner 43 is about 2.5mm or less, more preferably 1mm or less. 例えば、スキン45は、0.13mm、またはより好ましくは0.1mmの厚みを有し得、要素30は、1.9mm、より好ましくは0.7mmの厚みを有し得、そしてライナー43は、0.38インチ、より好ましくは0.15mmの厚みを有し得る。 For example, the skin 45 is 0.13 mm or more preferably obtained, element 30 has a thickness of 0.1 mm, is 1.9 mm, and more preferably have a thickness of 0.7 mm, and the liner 43, 0.38 inches, more preferably have a thickness of 0.15 mm.

本発明の1つの局面によると、結腸鏡10は、その遠位先端部11が遠位領域23に配置されるように配置され得、その結果、操縦可能な遠位先端部11の偏向は、遠位領域23および非外傷性先端部24に対する角偏向を与える。 According to one aspect of the present invention, colonoscope 10 may be arranged so that its distal tip 11 is disposed in the distal region 23, resulting in deflection of the steerable distal tip 11, It gives the angular deflection relative to the distal region 23 and the atraumatic tip 24. 結腸鏡10と装置20との間に大きな相対運動が存在しないことを保証するために、Toughy−Borstバルブ26が締められて、装置20を結腸鏡に係合させる。 To ensure that a large relative movement between the colonoscope 10 and the device 20 is not present, Toughy-Borst valve 26 is tightened to engage the device 20 to the colonoscope. このように、結腸鏡10および遠位領域23は、結腸を通して同時に進められ得、ここでこの結腸鏡の遠位先端部は装置20に対する操縦能力を提供する。 Thus, colonoscope 10 and distal region 23, resulting advanced simultaneously through the colon, the distal tip of where the colonoscope to provide steering capability for the device 20. 従って、装置20は、オーバーチューブ22が可撓性状態にある場合、結腸鏡10と共に有利に進められ、装置20と結腸鏡10との間の相対運動を、オーバーチューブ22が形状固定されて結腸の膨張を防止するべき距離まで減少させる。 Therefore, device 20, when the overtube 22 is in the flexible state, advantageously proceed with colonoscope 10, the relative movement between the device 20 and the colonoscope 10, the overtube 22 is shaped fixed colon reducing the expansion to a distance to be prevented.

なお図4を参照すると、張力ワイヤの終結部47が記載される。 Still referring to FIG. 4, the termination portion 47 of the tension wires is described. 終結部47は、例示的に、張力ワイヤ36の端部に溶接または成形されたボールを備え、これはこの張力ワイヤが最も遠位の入れ子式要素30の張力ワイヤ孔35を通って引っ張られ得ないことを保証する。 Termination section 47 includes, for example, includes an end welded or molded ball portion of the tension wires 36, which is pulled through the tension wire hole 35 of nestable elements 30 of the tension wires is most distal to give to ensure that there is no. これは、この入れ子式要素が、オーバーチューブ22が患者内に配置された場合、緩み得ないことを保証する。 This is the telescopic elements, if overtube 22 is positioned within the patient, ensuring that it can not loosen.

あるいは、終結部47は、張力ワイヤ36の端部に形成されたナット、またはこの張力ワイヤが最も遠位の入れ子式要素の張力ワイヤ孔を通して引き出されるのを防止する任意の適切なファスナーを備え得る。 Alternatively, termination unit 47 may comprise any suitable fastener to prevent the tension wire 36 ends the formed nut or the tension wire is pulled through the tension wire holes in the most distal telescoping elements . 有利には、スキン45は、張力ワイヤの故障という起こりそうにない場合に、入れ子式要素30の全てが患者の結腸から安全に回収され得るというさらなる保証を提供する。 Advantageously, the skin 45, if unlikely that the failure of the tension wires, all telescopic element 30 provides further assurance that can be safely recovered from a patient's colon.

ここで図2および5を参照すると、オーバーチューブ33、ライナー43、および管腔25内の張力ワイヤ36は、遠位領域23からオーバーチューブ22を通ってハンドル21まで延びる。 2 and 5, where the overtube 33, the tension wire 36 of the liner 43, and lumen 25 extends from the distal region 23 to the handle 21 through the overtube 22. ハンドル21内で、各張力ワイヤ36は、ハンドル21に固定して取り付けられたワイヤロックリリース51、およびスライドブロック53上に配置されたワイヤロック52を通過する。 The handle within 21, the tension wires 36, pass through the wire lock release 51 and the wire lock 52 arranged on the slide block 53, fixedly attached to the handle 21. 各張力ワイヤ36は、ワイヤ引張りバネ54で終結し、このバネは、オーバーチューブ22が可撓性状態にある場合でさえ、張力ワイヤ36を軽い引張り状態に維持する。 Each tension wires 36, terminating in a wire tension spring 54, the spring even when overtube 22 is in the flexible state, to maintain the tension wire 36 to a light tension state. ワイヤ引張りばね54によって提供される引張りの程度は、隣接する入れ子式要素30を一緒に留めるには十分ではないが、他方では、隣接する入れ子式要素の間で溝部を形成せず、オーバーチューブ22が種々の屈曲を形成する場合に締まるかまたは緩む、張力ワイヤを管理するのを助ける。 The degree of tension provided by the wire tension spring 54 is not sufficient to keep the telescopic element 30 adjacent together, on the other hand, does not form a groove between adjacent nestable elements, overtube 22 There loosen or tighten when forming the various bend, help manage the tension wire.

スライドブロック53は、制限ブロック56と57との間に配置されるレール55に沿ってスライドするように調整され、そしてレール55が延びる孔を有する剛性ブロック、および多数の張力ワイヤ36が用いられるために必要なさらなる数の孔を備える。 Slide block 53 is adjusted so as to slide along the rail 55 which is disposed between the limiting block 56 and 57, and since the rigidity blocks and a number of tension wires 36, has a hole for rail 55 extends are used comprising a further number of holes required. ラックギア58は、スライドブロック53に固定して連結される。 Rack gear 58 is fixedly coupled to the slide block 53. ラック58は、ピニオンギア59と嵌合し、これは次いで、アクチュエータ27に連結された双方向歯止め60によって駆動される。 Rack 58 is engaged with the pinion gear 59, which in turn is driven by a bidirectional pawl 60 connected to the actuator 27. ピニオンギア59は、セレクタースイッチ63の位置に依存して、双方向歯止め60の先端61または62のいずれかによって選択的に係合され得る。 Pinion gear 59, depending on the position of the selector switch 63 can selectively engaged by either the tip 61 or 62 of the two-way pawl 60.

先端61がピニオンギア59と係合させるために選択される場合、アクチュエータ27に適用される圧迫作用(例示的には、ハンドグリップ64)は、ラック53を図5の方向Dで動かし、それにより伸張を張力ワイヤ36に適用する。 If the tip 61 is selected to engage a pinion gear 59, the compression effect is applied to the actuator 27 (illustratively, hand grip 64) moves the rack 53 in the direction D in FIG. 5, whereby applying a stretch in the tension wires 36. ハンドグリップ64の反復作用は、スライドフック53を、次第にさらに方向Dで動かし、それにより入れ子式要素30に増加するクランプ負荷を適用する。 Repeated action of the handgrip 64, the slide hook 53, gradually move further in the direction D, thereby applying the clamping load to increase the nestable elements 30. スライドブロック53の下で延びる張力ワイヤ36の任意のゆるみ長さ(slack length)は、ワイヤ伸張ばね54によって締められる。 Any loose length of tension wires 36 extending under the slide block 53 (slack length) is tightened by wire stretching spring 54. 図6に関して以下でより詳細に考察されるように、ワイヤロック52(これはスライドブロック53に取り付けられている)は、スライドブロック53の方向Dの運動と同時に張力ワイヤ36と係合し、この張力ワイヤ36を引っ込める。 As discussed in more detail below with respect to FIG. 6, (which is attached to the slide block 53) the wire lock 52, simultaneously tension wires 36 and engages the motion direction D of the slide block 53, this retract the tension wire 36.

代わりに、先端62がセレクタースイッチ63によって選択されて、ピニオンギア59と係合する場合、ハンドグリップ64の反復作動は、スライドブロック53を方向Uに動かし、それにより張力ワイヤ36によって入れ子式要素30に適用される伸張負荷を緩める。 Instead, the selected tip 62 by selector switch 63, to engage the pinion gear 59, repeated operation of the hand grip 64, moves the slide block 53 in direction U, nestable elements whereby the tension wires 36 30 loosen the applied stretching load to. ハンドグリップ64の反復作動は、ワイヤロックリリース51がワイヤロック52と係合するまで、スライドブロック53を方向Uで進め、ワイヤ伸張ばね54により提供される以外の全ての伸張を張力ワイヤ36から解放する。 Repeated operation of the hand grip 64 is released until the wire lock release 51 is engaged with the wire lock 52, advances the slide block 53 in direction U, all extension other than that provided by the wire extension spring 54 from the tension wire 36 to. この作用は、入れ子式要素30に及ぼされる係留力を次第に減少させ、そして、ワイヤロックリリース51がワイヤロック52と係合する場合、オーバーチューブがその最も可撓性の状態に戻るまで、オーバーチューブ22を次第により可撓性にする。 This effect gradually decreases the mooring forces exerted on the telescopic element 30, and, if the wire lock release 51 is engaged with the wire lock 52, until the over tube is returned to its most flexible state, the overtube 22 to flexible progressively to.

図6を参照すると、ワイヤロック52およびロックリリース51がより詳細に記載される。 Referring to FIG. 6, the wire lock 52 and lock release 51 is described in more detail. ワイヤロック52は、コレット66内に配置されるジョー65を備える。 Wire lock 52 includes a jaw 65 that is disposed within the collet 66. コレット66は、テーパー状の円錐形の孔67を備える。 Collet 66 is provided with a tapered conical hole 67. ジョー65は、傾斜した外側表面68および歯部69を有し、バネ70によりテーパー状の円錐形の孔によって形成される表面に対して付勢される。 Joe 65 has an outer surface 68 and the tooth portion 69 which is inclined, is biased against the surface formed by the tapered conical hole by a spring 70. 歯部69は、バネ70の付勢力下で、張力ワイヤ36と係合するように構成される。 Teeth 69, under the biasing force of the spring 70, configured to engage the tension wires 36. スライドブロック53が方向Dに動かされる場合(図5を参照のこと)、ジョー65は、張力ワイヤ36と係合し、そしてこの張力ワイヤ36を把持し、そしてこの張力ワイヤを方向Dに引っ込める。 When the slide block 53 is moved in the direction D (see FIG. 5), the jaw 65 is engaged with the tension wires 36, and grasping the tension wires 36, and retract the tension wires in the direction D.

張力ワイヤ36から歯部69を取り外すために、例えば、オーバーチューブ22を可撓性状態に戻すことが所望される場合、スライドブロック53が、先に記載されるようにして作動されて、方向Uに動かされる。 To remove the teeth 69 from the tension wire 36, for example, if it is desired to return the overtube 22 to the flexible state, the sliding block 53, is operated as described above, the direction U It is moved to. スライドブロック53の制限ブロックおよびワイヤロックリリース51へのさらなる作動は、ワイヤロックリリース51をテーパー状の円錐形の孔67に向かって延ばし、そしてジョー65をバネ70の付勢に対して後ろ向きに押す。 A further actuation of the limit block and the wire lock release 51 of the slide block 53 is extended toward the wire lock release 51 into the hole 67 of the tapered conical, and pushes backward the jaw 65 against the bias of the spring 70 . 一旦、張力ワイヤ36がジョー65から解放されると、オーバーチューブ22はその最も可撓性の状態に戻る。 Once the tension wires 36 is released from the jaw 65, the overtube 22 is returned to its most flexible state.

図7A〜7Cを参照すると、装置20を使用する方法が記載される。 Referring to FIG. 7A-7C, it is described a method of using the apparatus 20. 結腸鏡10およびオーバーチューブ22は、同時に、または初めにオーバーチューブを結腸鏡にバックロードすることによってのいずれかで、患者に挿入され得る。 Colonoscope 10 and overtube 22, simultaneously or in either by back loading the overtube colonoscope initially can be inserted into the patient. 同時挿入を実施するために、結腸鏡10は、結腸鏡の遠位先端部11が遠位領域23に配置されるまで、ハンドル21の管腔25中に導入される。 To carry out the simultaneous insertion, colonoscope 10 until the distal tip 11 of the colonoscope is located in the distal region 23, it is introduced into the lumen 25 of the handle 21. Toughy−Borstバルブ26が作動されて、装置20を結腸鏡10にロックする。 Toughy-Borst valve 26 is actuated to lock the device 20 to the colonoscope 10. 1つのユニットとして、結腸鏡10およびオーバーチューブ22が、患者の直腸Rに挿入され、そしてS状結腸直腸連結部RJの周りで操縦される。 As a unit, colonoscope 10 and overtube 22 is inserted into the rectum R of the patient, and is steered around the S-shaped colorectal connecting part RJ. 先に考察されたように、操縦可能遠位先端部11は、可撓性先端部24に角偏向を与え、蛇行状湾曲部(例えば、S状結腸直腸連結部RJ)の周りで先端部24を連結するために使用され得る。 As previously discussed, the steerable distal tip 11, the flexible tip 24 given angular deflection, meandering curved part (e.g., S-shaped colorectal connecting portion RJ) tip around 24 It may be used to connect the. 一旦、遠位先端部11および先端部24が、S状結腸直腸連結部RJを通過すると、オーバーチューブ22の現時点の形状は、上で考察された様式でロックされて、結腸鏡10が、S状結腸直腸連結部RJを広げることなく結腸中でさらに進められえる剛性チャネルを提供する。 Once the distal tip 11 and the distal portion 24, passes through the S-shaped colorectal connecting portion RJ, current shape of overtube 22 is locked in the manner discussed above, colonoscope 10, S providing further forwarded can rigid channel in the colon without increasing the Jo colorectal coupling unit RJ. 一旦、結腸鏡10の遠位先端部11が、S状結腸SCを通過すると、オーバーチューブ22は、その剛性状態から解放され、そしてS状結腸SCを横断するまで、結腸鏡10に沿って進められる。 Once the distal tip 11 of the colonoscope 10, passes through the S-shaped colon SC, overtube 22 is released from its rigid state, and until crossing the S-shaped colon SC, advanced along the colonoscope 10 It is. 再び、オーバーチューブ22の現時点の形状はロックされて、結腸鏡10の前進のための剛性チャネルを提供する。 Again, this time in the shape of overtube 22 is locked, to provide rigidity channels for advancement of colonoscope 10. 残りの結腸(例えば、左結腸曲LCFおよび右結腸曲RCF)を通過するために、前述の工程が繰り返され得る。 The remaining colon (e.g., splenic flexure LCF and right colic flexure RCF) to pass, the foregoing steps may be repeated. このように、結腸鏡10およびオーバーチューブ22は、結腸を広げることなく、それにより不快感、痙攣または外傷を引き起こすことなく、結腸の蛇行状の湾曲部を通過し得る。 Thus, colonoscope 10 and overtube 22, without widening the colon, whereby discomfort, cramping or without causing trauma, can pass through the tortuous curvature of the colon.

あるいは、結腸鏡10およびオーバーチューブ22の両方を患者に同時に挿入するのではなく、装置20が初めに結腸鏡にバックロードされ得る。 Alternatively, rather than both the colonoscope 10 and overtube 22 of inserting the patient simultaneously, device 20 can be back loaded into the colonoscope first. 第1に、オーバーチューブ22が、結腸鏡10につながれ、そして図8に示されるように、遠位先端部11の近位に配置される。 First, the overtube 22 is connected to the colonoscope 10, and as shown in FIG. 8, disposed proximal of the distal tip 11. 次いで、結腸鏡10が患者の直腸Rに挿入され、そしてS状結腸直腸連結部RJの周りに進められる。 Then, colonoscope 10 is inserted into the rectum R of the patient and advanced around the S-shaped colorectal connecting part RJ. オーバーチューブ22は、結腸鏡10をS状結腸直腸連結部RJを通過するためのガイドレールとして使用して、結腸鏡10に沿って、患者の直腸Rまで進められる。 Overtube 22, a colonoscope 10 using as a guide rail for passing the S-shaped colorectal connecting part RJ, along the colonoscope 10 is advanced to the rectum R of the patient. 一旦、オーバーチューブ22がS状結腸直腸連結部RJを横断して図7Aに示される位置に至ると、オーバーチューブ22の形状はロックされて、結腸鏡10が結腸に向かってさらに進められ得る剛性チャネルを提供する。 Once reaching the position overtube 22 is shown in Figure 7A across the S-shaped colorectal connecting portion RJ, the shape of the overtube 22 is locked, stiffness colonoscope 10 may further advanced toward the colon to provide a channel. 残りの結腸を通過するために、図7B〜7Cに関して考察される工程が実施され得る。 To pass the remainder of the colon, steps discussed with respect to FIG 7B~7C may be implemented.

図9を参照すると、ハンドル21の代替の実施形態が記載される。 Referring to FIG. 9, an alternate embodiment of the handle 21 are described. 図5のハンドル21と同様に、ハンドル71もまた、ラチェット型張力メカニズムを具体化するが、この実施形態において、オーバーチューブ22はハンドル71から隔離され得、それにより、ハンドル71が繰り返し使用のために滅菌され得る。 Similar to the handle 21 of Figure 5, the handle 71 also has embodies a ratchet-type tensioning mechanism, in this embodiment, resulting overtube 22 is isolated from the handle 71, whereby the handle 71 is repeated for use It can be sterilized. ハンドル71は、ロッド75の長さに沿って配置される歯部74と係合するアクチュエータ73を有するハウジング72を備え、これはハンドル71の作業軸Wを規定する。 Handle 71 includes a housing 72 having an actuator 73 that engages with teeth 74 disposed along the length of the rod 75, which defines the working axis W of the handle 71. プッシュノブ76は、ロッド75の近位端に取り付けられ、その結果、歯止め77が解放される場合、ロッド75は遠位方向に押され得る。 Push knob 76 is attached to the proximal end of the rod 75, so that if the pawl 77 is released, the rod 75 may be pushed distally. 歯止め77は、ロッド75の歯部74と係合して、ロッド75の遠位方向の移動を防止する。 Pawl 77 engages the teeth 74 of the rod 75, preventing the distal movement of the rod 75. バネ78はロッド75の歯部74に対して歯止め77を付勢し、アクチュエータ73が係留られる場合、一方向ラチェット効果を提供する。 The spring 78 is a pawl 77 urges against the teeth 74 of the rod 75, when the actuator 73 is anchored to provide a one-way ratchet effect.

図5の実施形態におけるように、張力ワイヤ36は、ワイヤロックリリース79、ワイヤロック80を通って延び、そしてワイヤ張力ばね81に連結される。 As in the embodiment of FIG. 5, tension wires 36, the wire lock release 79, extends through the wire lock 80 and is connected to the wire tension spring 81. ワイヤロック80は、ブロック82に取り付けられ、これはロッド75の移動に応答して、ハウジング72内を移動する。 Wire lock 80 is attached to the block 82, which in response to movement of the rod 75, moves within the housing 72. ワイヤロック80およびワイヤロックリリース79は、図6関して記載されるのと同じ様式で作動する。 Wire lock 80 and the wire lock release 79 operates in the same manner as described with respect FIG.

作動中、係留アクチュエータ73(例示的には、ハンドグリップ)により、フォーク83はロッド75を近位方向に動かし、その結果、歯止め77が次の最も遠位の歯部74を捕獲する。 In operation, (illustratively hand grip) mooring actuator 73, the fork 83 moves the rod 75 in the proximal direction, as a result, pawl 77 is to capture the most distal tooth 74 below. また、この運動により、ワイヤロック80が張力ワイヤ36と係合しそしてこの張力ワイヤ36を把持し得、そして張力ワイヤを近位方向に引っ込め得る。 Further, by this movement, the wire lock 80 can retract the tension wire 36 engages and the resulting gripping the tension wires 36, and the tension wires in a proximal direction. アクチュエータ73のさらなる作動により、オーバーチューブ22は上記の様式で硬くなり得る。 According to a further operation of the actuator 73, the overtube 22 can be stiff in the manner described above. バネ78は、歯止め77を、歯部74と連続係合した状態で維持し、それにより、ロッド75が遠位方向に移動するのを防止する。 The spring 78, the pawl 77 is maintained in a state of combined continuous engagement with the teeth portion 74, thereby preventing the rod 75 is moved in a distal direction.

オーバーチューブ22をより可撓性にすることが所望される場合、歯止め77は解放され、そしてノブ76は遠位方向に押され、その結果、ワイヤロック80がワイヤロックリリース79と係合する。 If it is desired to overtube 22 more flexible, pawl 77 is released, and the knob 76 is pushed in the distal direction, as a result, the wire lock 80 is engaged with the wire lock release 79. 上記のように、これは、張力ワイヤ36をワイヤロック80から解放し、そしてオーバーチューブがその最も可撓性の状態をとることを可能にする。 As described above, this releases the tension wires 36 from the wire lock 80 and the overtube is it possible to take its most flexible state.

本発明の1つの局面によると、図9の実施形態のオーバーチューブ22は、ハンドル71のヨーク84から交換可能に取り外され得る。 According to one aspect of the present invention, the over-tube 22 of the embodiment of FIG. 9 may be interchangeably detached from the yoke 84 of the handle 71. さらに、張力ワイヤ36は、張力ワイヤが取り外されることを可能にするコネクタ85をさらに備え得る。 Furthermore, tension wires 36 may further comprise a connector 85 which allows the tension wires is removed. このような構成により、一回の使用の後に、オーバーチューブが取り外され得、廃棄され得、一方、ハンドルは滅菌されそして再使用され得る。 With such a configuration, after a single use, the overtube is removed to give, give discarded, while the handle may be sterilized and reused.

ヨーク84はまた、オーバーチューブの長手軸Lが、作業軸Wから所定の角度βだけ角度がずれるように、オーバーチューブ22を位置決めするように構成される。 Yoke 84 is also the longitudinal axis L of the overtube, so as to shift the angle from the working axis W by a predetermined angle beta, configured to position the overtube 22. この配置は、ハンドル71が、結腸鏡10の管腔25へ進行を妨害することを防止する。 This arrangement, handle 71 is prevented from interfering with the progression to lumen 25 of the colonoscope 10.

本発明のさらに別の局面によると、オーバーチューブ22は、軟らかい発泡体様の材料を含む非外傷性先端部86を含む。 According to yet another aspect of the present invention, overtube 22 includes atraumatic tip 86 which includes a soft foam-like material. 非外傷性先端部86は、蛇行状の身体構造の通過において、オーバーチューブ22の前進を用意にするだけでなく、図14Aに関して本明細書中以下で記載されるように、器官壁を、開口部(この開口部を通して、結腸鏡は、器官壁をこの先端部付近で半径方向に拡大することにより往復運動する)から安全な距離に維持するのを助ける。 Atraumatic tip 86, the passage of tortuous anatomy, not only providing the advancement of overtube 22, as described hereinbelow with respect to FIG. 14A, the organ wall, an opening part (through the opening, colonoscope reciprocates by expanding the organ wall radially around the tip portion) helps maintain a safe distance from. 従って、非外傷性先端部86は、結腸鏡が操作される場合、組織が管腔25に捕獲されるかまたははさまれる可能性を小さくする。 Therefore, atraumatic tip 86, when the colonoscope is manipulated, tissue to reduce the likelihood sandwiched or trapped in the lumen 25.

ここで図10〜16を参照すると、代替の張力メカニズムが記載され、ここで、この張力メカニズムは、張力メカニズムが故障した場合、オーバーチューブの所望でない再構成の危険性を減少するフェールセーフモードを提供し得る。 Referring now to FIG. 10-16, it describes an alternative tension mechanism, wherein the tension mechanism, if the tension mechanism has failed, provides a fail-safe mode to reduce the risk of re-configuration not the desired overtube It can be. オーバーチューブ22が剛性状態にある場合、以下の張力メカニズムが、多数の入れ子式要素に適用される圧縮負荷を自己均一化するように構成され、その結果、例えば、張力ワイヤが壊れた場合、このオーバーチューブは軟らかくなって可撓性状態になるか、またはその形状が固定された状態を維持するかのいずれかである。 If overtube 22 is in the rigid state, when less tension mechanism is configured compressive load to be applied to a number of nestable elements to self equalizing, so that, for example, the tension wires is broken, the overtube become flexible state become soft, or at either the shape is maintained to be fixed.

図10Aは、近位張力ワイヤ88を介して作動的に連結された複数の遠位滑車87を有する大腿の張力メカニズムの第1の実施形態の構成要素を概略的に示す。 Figure 10A illustrates the components of a first embodiment of a tension mechanism of the femur with a plurality of distal pulleys 87 operatively connected via a proximal tension wires 88 schematically. 近位張力ワイヤ88は、近位滑車89内にスライド可能に配置される。 The proximal tension wires 88 is slidably disposed within the proximal pulley 89. 各張力ワイヤ90は、隣接する張力ワイヤ管腔28を、それぞれの遠位滑車87を介して連結する。 Each tension wires 90, adjacent tension wire lumen 28, is connected via a respective distal pulleys 87. 例えば、図10Aに示されるように、4つの張力ワイヤ管腔28a〜28dが提供される場合、第1の張力ワイヤ90aは、張力ワイヤ管腔28aから、第1の遠位滑車87aを通って、隣接する張力ワイヤ管腔28bまで延びる。 For example, as shown in FIG. 10A, if four tension wire lumen 28a~28d are provided, the first tension wires 90a from the tension wire lumen 28a, through the first distal pulley 87a , it extends to adjacent the tension wire lumen 28b. 同様に、第2の張力ワイヤ90bは、張力ワイヤ管腔28cから、第2の遠位滑車87bを通って、隣接する張力ワイヤ管腔28dまで延びる。 Similarly, the second tension wires 90b from the tension wire lumen 28c, through the second distal pulleys 87b, extends to adjacent the tension wire lumen 28d.

この構成は、張力ワイヤ90内の張力を均等化し、その結果、近位滑車89に付与される近位方向の力Fは、張力ワイヤ90を通して均一に分布する。 This arrangement equalizes the tension in the tension wire 90, as a result, the force F in the proximal direction applied to the proximal pulley 89 is uniformly distributed throughout the tension wires 90. 張力ワイヤの1つが壊れた場合、この構成によって、オーバーチューブ22は軟らかくなってその可撓性状態になる。 If one of the tension wires broken, by this configuration, the over-tube 22 is softened to its flexible state. なぜなら、張力ワイヤのいずれかにおける張力の喪失が、滑車システムを通して残りの張力ワイヤに伝達されるからである。 This is because the loss of tension in any of the tension wires is transmitted to the rest of the tension wire through pulley system.

張力ワイヤ90aおよび90bが2つの別個の長さのワイヤ、または単一の長さのワイヤ(これは最も遠位の入れ子式要素30を通過した後に後方に巻き付けられる)のいずれかを含み得ることが当業者に明らかである。 Tension wires 90a and 90b are two separate lengths of wire or a single length of wire that (this is the most distal telescoping elements 30 after passing wrapped backwards) may include any of, There is obvious to those skilled in the art. さらに、図10Aは隣接する張力ワイヤ管腔28を通って延びる張力ワイヤ90を示すが、この張力ワイヤは、代わりに、図10Bに示されるように、互いに正反対に配置されたワイヤ管腔を通って延び得る。 Further, although FIG. 10A shows the tension wires 90 extending through the tension wire lumen 28 adjacent, the tension wires may alternatively, as shown in FIG. 10B, through the wire lumen which is diametrically opposite to each other It may extend Te. 張力ワイヤ90は、好ましくは、超弾性材料(例えば、ニッケルチタン合金)から作製され得るが、編組ステンレス鋼、単一ステンレス鋼ワイヤ、Kevlar、高張力モノフィラメントスレッド、またはそれらの組み合わせから作製され得る。 Tension wires 90 are preferably superelastic material (e.g., nickel-titanium alloy), but may be made from braided stainless steel, single stainless steel wire, Kevlar, may be made from high tensile monofilament thread or a combination thereof. これらの材料は、例示目的のためのみに提供され、いずれの様式でも制限されると解釈されるべきではない。 These materials are provided for illustrative purposes only and should not be construed as limited in any way.

図10Cで示される代替の実施形態において、近位滑車89は排除され、そして遠位滑車87が、例えば、溶接によって互いに固定され、その結果、1つの滑車マニフォールドが形成される。 In an alternative embodiment shown in Figure 10C, the proximal pulley 89 is eliminated and the distal pulley 87, for example, are fixed to each other by welding, as a result, one pulley manifold is formed. この滑車マニフォールドに付与される近位方向の力Fは、オーバーチューブ22内に対向して配置された張力ワイヤ管腔28から、それぞれの遠位滑車87を通って延びる張力ワイヤ90を通して均一に分布する。 The proximal force F applied to the pulley manifold from the tension wire lumen 28 which is disposed opposite to the overtube 22, uniformly distributed throughout the tension wires 90 extending through the respective distal pulleys 87 to. 張力ワイヤ90が2つの別個の長さのワイヤを含む場合、オーバーチューブが再構成する危険性は、これらのワイヤの1つが壊れた場合に減少する。 If tension wires 90 comprises two separate length of wire, the risk of over-tube to reconstruction, one of these wires is reduced when broken. なぜなら、オーバーチューブ22内の張力は、壊れていない張力ワイヤにより規定されるように、対称的にバランスが保たれているからである。 This is because the tension in the overtube 22, as defined by the tension wire is not broken, because symmetrically balance is maintained. 残りの張力ワイヤが壊れた場合、この張力ワイヤは緩んで、その可撓性状態になる。 If the remaining tension wires is broken, the tension wires are loose, it becomes its flexibility state. 張力ワイヤ90が、壊れた1つの長さのワイヤを含む場合、オーバーチューブは直ちに緩んで、その可撓性状態になり、それによりまた、張力システムが故障した場合でさえ、このオーバーチューブの望まない構成の危険性を減少させる。 If tension wires 90, which includes a broken one length of wire, loose overtube immediately becomes its flexible state, thus also, even if the tension system fails, desired of the overtube reduce the risk of no configuration.

さらに、本出願人は、本発明の装置はまた、正反対に配置された張力ワイヤ管腔28を通して配置された1つの張力ワイヤ90を介してオーバーチューブ22に連結されたわずか1つの遠位滑車87を含み得ることを観察した。 Moreover, the Applicant, the device of the present invention also includes diametrically disposed tension wire lumen 28 only one of which is connected to the overtube 22 via one of the tension wires 90 disposed through the distal pulley 87 It observed that may include. 近位方向の力が1つの遠位滑車に付与される場合、この力は、1つの張力ワイヤを通して分布し、オーバーチューブの形状を固定するのに十分な対照的な圧縮クランプ負荷を、このオーバーチューブ22に及ぼす。 If the proximal force is applied to one distal pulleys, this force is distributed through one of the tension wires, sufficient contrasting compression clamp load to fix the shape of the overtube, the over on the tube 22. 張力ワイヤ90が壊れた場合、オーバーチューブ22は直ちにその可撓性状態まで軟らかくなり、それにより、張力システムが故障した場合でさえ、オーバーチューブの望まない再構成の危険性を減少させる。 If tension wires 90 is broken, it overtube 22 is soft immediately to its flexible state, whereby even if the tension system fails, to reduce the risk of re-configuration that unwanted overtube.

ここで図11を参照すると、オーバーチューブ22内の管腔25および張力ワイヤ90は、この装置の遠位領域から、オーバーチューブ22を通って、ハンドル91まで延びる。 Referring now to FIG. 11, the lumen 25 and the tension wire 90 in the overtube 22 from the distal region of the device, through the overtube 22, extends until the handle 91. ハンドル91において、この張力ワイヤは、遠位滑車87とスライド可能に連結し、これは次いで、近位滑車89とスライド可能に連結する。 In the handle 91, the tension wire, distal pulleys 87 and slidably coupled, which in turn connects slidably proximal pulley 89. 近位滑車89は、スライドブロック92と連結され、このスライドブロック92を動かし、このスライドブロック92は、ハウジング94内に配置される通路93に沿って移動するように調節される。 The proximal pulley 89 is connected to the slide block 92 to move the slide block 92, the slide block 92 is adjusted to move along a path 93 which is disposed within the housing 94. プランジャ95は、近位端で、スライドブロック92に回転可能に取り付けられ、そして遠位端で、プランジャーハウジング内にスライド可能に配置される。 The plunger 95 is at the proximal end rotatably attached to the slide block 92 and at the distal end, is slidably disposed plunger housing.

プランジャハウジング96が、アクチュエータ27(例としてハンドグリップ97)に旋回可能に取り付けられる。 The plunger housing 96 is pivotally mounted to the actuator 27 (hand grip 97 as an example). ハンドグリップ97を作動に対して傾けるために、外部から力を供給することなく圧縮バネ98が、プランジャ95の周囲に同軸に配置される。 The hand grip 97 to tilt with respect to operation, the compression spring 98 without supplying external force is arranged coaxially around the plunger 95. 圧縮バネ98は、張力メカニズムがクランプ負荷(clamping load)を押し付けるように作動される場合、張力ワイヤ90を一定の張力に維持する。 Compression spring 98, when the tension mechanism is actuated so as to press the clamp load (a clamping load), to maintain the tension wire 90 at a constant tension. 有利なことには、オーバーチューブ22の形状が固定されているときに、近接する入れ子式要素(入れ子式要素)がわずかに動く場合、圧縮バネ98の近位偏向が直ちにスライドブロック92を近位の方向に進めて、張力ワイヤ90内で比較的一定の張力負荷を維持し、それによって、そうでなければ、圧縮バネ98が働かない場合に生じ得る可撓性状態に戻るオーバーチューブの再構成のリスクを減らす。 Advantageously, when the shape of the overtube 22 is fixed, if the move nestable elements (nestable elements) slightly to close, the proximal deflection slide block 92 immediately compression spring 98 proximally proceed in direction, maintaining a relatively constant tension load tension wires 90 within, thereby otherwise, reconfiguration of the overtube back to the flexible state that can occur when the compression spring 98 does not work reduce the risk.

ハンドグリップ27はまた、歯止め99を備え、歯止め99は、歯100をラチェットバー101上に係合するように配置され、スライドブロック92の遠位方向の動きを妨げる。 Hand grip 27 also includes a pawl 99, pawl 99 is positioned to engage the teeth 100 on the ratchet bar 101 prevents distal movement of the slide block 92. ラチェットバー101は、バネ(示さず)によってハウジング94内に旋回可能に設置されており、このバネは、圧縮バネ98の助けにより、歯止め99をラチェットバー101の歯100に対して傾け、ハンドグリップ97が強く握られる場合に、一方向のラチェット効果を提供する。 Ratchet bar 101 is spring (shown not) are installed pivotally in the housing 94 by this spring, with the aid of the compression spring 98, tilting the pawl 99 against the teeth 100 of the ratchet bar 101, the handgrip If the 97 is squeezed, to provide a one-way ratchet effect.

操作の際に、ハンドグリップ97を強く握ることにより、歯止め99が隣接する最も近位の歯100を捕捉する。 In operation, by squeezing the hand grip 97, pawl 99 captures the teeth 100 of the proximal-most adjacent. この動きはまた、スライドブロック92に伝わる、圧縮力を圧縮バネ98に供給する。 This movement also supplies transmitted to the slide block 92, a compressive force to the compression spring 98. 圧縮力の近位方向の成分は、スライドブロック92を通路93に沿って移動させて、近位に張力ワイヤ90を縮め、その結果、クランプ負荷が、オーバーチューブ22内の入れ子式要素上に押し付けられる。 Proximal direction component of the compressive force, is moved along the slide block 92 to the passage 93, shortening the tension wire 90 proximally, so that the clamping load is pressed onto nestable elements within overtube 22 It is. ハンドグリップ97のさらなる作動により、オーバーチューブ22が、上記の様式で次第に固くなる。 According to a further actuation of the hand grip 97, the overtube 22, gradually it becomes hard in the manner described above.

有利なことには、最も近位の歯100aは、所定の近位においてラチェットバー101上に配置され、その可撓性状態から形状が固定された状態へとオーバーチューブ22を完全に移動させる、ハンドグリップ97の単一の作動を可能にする。 Advantageously, the most proximal tooth 100a is disposed on the ratchet bar 101 in a predetermined proximal to completely move the overtube 22 from its flexible state to a state where the shape is fixed, to enable a single operation of the hand grip 97. さらに、歯止め99がハンドグリップ97をハウジング94に近づけて進めるので、ハンドグリップの作動の機構的な利点が増す。 Further, since the pawl 99 advances close the hand grip 97 to the housing 94, mechanical advantage of the actuation of the handgrip increases. より具体的には、ハンドグリップ97は、次第に水平になるので、圧縮バネ98により伝わる力の近位方向の成分は、その大きさが増す。 More specifically, the hand grip 97, so gradually becomes horizontal, proximal direction component of the force transmitted by the compression spring 98, its size increases. 従って、より多くの力が伝えられ、張力ワイヤ90内の張力が増し、従って、適用されるクランプ負荷が増して、オーバーチューブ22を固くする。 Therefore, more force is transmitted, increases the tension in the tension wires 90, thus, increasing the applied clamping load, stiffen the overtube 22.

オーバーチューブ22を可撓性状態にすることが好ましい場合、ラチェットバー101を近位方向に回転させることによって、歯止め99が歯100との係合から解放される。 If it is preferable that the overtube 22 to the flexible state, by rotating the ratchet bar 101 in the proximal direction, pawl 99 is released from engagement with the teeth 100. 圧縮バネ98に適用される圧縮負荷の解放により、ハンドグリップ97が遠位方向に回転し、スライドブロック92が遠位方向に縮まる。 Upon release of the compressive load applied to the compression spring 98, the hand grip 97 is rotated in the distal direction, the slide block 92 is shortened in the distal direction. このことにより張力ワイヤ90が十分に緩み、その結果、張力ワイヤはほとんど張力を保持しないか全く張力がなくなり、それによって、オーバーチューブ22が最も可撓性な状態になることを可能にする。 This loose enough tension wires 90, the result, tension wires are eliminated completely tension or hardly carry tension, thereby allowing the overtube 22 is most flexible state.

ここで図12A〜12Dを参照して、フェールセーフ張力メカニズムの代替的な実施形態が記載され、ここで、以前の実施形態の複数の滑車が、単一の滑車マニフォールドに置き換えられている。 Referring now to FIG. 12A-12D, it is described an alternative embodiment of a failsafe tension mechanism, wherein a plurality of pulleys of the previous embodiment is replaced by a single pulley manifold. 図12Aにおいて、滑車マニフォールドの第1の実施形態が記載される。 In Figure 12A, it is described first embodiment of the pulley manifold. 滑車マニフォールド110は、本体111と、第1の溝113aおよび第2の溝113bと、ヨーク(yoke)115とを備え、本体111は、結腸10を収容する中心孔112を有し、第1の溝113aおよび第2の溝113bは、各々が張力ワイヤを受容し、本体111の側表面114に圧延されるか、または成形されており、そして、ヨーク115は、滑車マニフォールド110をアクチュエータ(示さず)に結合するように構成されている。 Pulley manifold 110 includes a main body 111 includes a first groove 113a and second groove 113b, and a yoke (yoke) 115, the body 111 has a central bore 112 for accommodating the colon 10, the first grooves 113a and the second groove 113b, each receiving the tension wire, either rolled to the side surface 114 of the body 111, or is molded and the yoke 115, a pulley manifold 110 actuator (shown not and it is configured to couple to).

第1の溝113は、遠位表面117とは互いに正反対に配置される第1の遠位端部116aにおいて終結する湾曲した通路を備える。 The first groove 113 includes a curved passageway that terminates at a first distal end portion 116a which is diametrically opposed to each other with the distal surface 117. 第2の溝113bもまた、交差点118において第1の溝113aを横切り、第2の遠位端部116bで終結する湾曲した通路を備える。 The second groove 113b also cross the first groove 113a at the intersection 118, and a curved passage terminating at a second distal end portion 116 b. 第2の遠位端部116bは、第1の遠位端部116aとは互いに正反対(好ましくは45°)の遠位表面117に配置される。 The second distal end portion 116b is disposed on the distal surface 117 of the diametrically opposite each other and the first distal end portion 116a (preferably 45 °). 図10Bの遠位滑車87と同様に、各溝は、直径方向に配置された張力ワイヤを通って、管腔をオーバーチューブ22内に延ばす張力ワイヤを受容する。 Like the distal pulley 87 in FIG. 10B, each groove through the tension wire positioned diametrically, to receive a tension wire extending the lumen overtube 22. 交差点118における張力ワイヤ90aと90bとの間の摩擦を減らすために、第1の溝113aは、第2の溝113bよりも深い深さを有し得るか、または、その逆の場合もあり得る。 To reduce the friction between the tension wires 90a and 90b at an intersection 118, the first groove 113a, either may have a depth greater than the second groove 113b, or may be vice versa . 張力ワイヤ90が溝113から外れるのを防ぐために、スリーブ(示さず)が、滑車マニフォールド110の周囲に配置され得る。 To tension wires 90 prevents the out of the groove 113, the sleeve (not shown) may be placed around the pulley manifold 110.

張力ワイヤ90が2つの別個の長さのワイヤを備える場合、ワイヤのうちの一つが壊れる場合のオーバーチューブ22の再構成のリスクは減る。 If tension wires 90 comprises two separate length of wire, the risk of re-configuration of the overtube 22 when one of the wires breaks is reduced. なぜならば、壊れていない張力ワイヤにより規定されるように、オーバーチューブ内の張力は、対称的につり合っているためである。 Because, as defined by the tension wires unbroken, tension within the overtube is because the balanced symmetrically. 残りの張力ワイヤが壊れると、オーバーチューブが緩んで可撓性状態になる。 When the remaining tension wire breaks, the flexible state loose overtube. 張力ワイヤ90が単一の長さのワイヤを備える場合、単一のワイヤが壊れると、オーバーチューブは、直ちに可撓性状態へと緩む。 If tension wires 90 comprises a single length of wire, the single wire breaks, overtube, loosen to immediately flexible state. 従って、滑車マニフォールド110は、オーバーチューブ22に、張力メカニズムが失敗する事象においてオーバーチューブの再構成のリスクを減少する、フェールセーフモードを提供する。 Thus, pulley manifold 110, the overtube 22, to reduce the risk of re-configuration of the overtube in the event that the tension mechanism fails to provide a fail-safe mode.

図12Bは、ヨークが第3の溝120により置き換えられている滑車マニフォールド110を示す。 Figure 12B shows a pulley manifold 110 which yoke is replaced by a third groove 120. 第3の溝120は、側表面114に圧延されるかまたは成形され、アクチュエータ27に結合され得る追加の張力ワイヤ121を受容する(図2を参照のこと)。 Third groove 120 is or shaped is rolled to the side surface 114, for receiving the additional tension wires 121 may be coupled to an actuator 27 (see FIG. 2). 近位方向の力Fが張力ワイヤ121に適用される場合、この力は、張力ワイヤ90に張力を与える。 If the proximal force F is applied to the tension wires 121, this force, tension the tension wires 90. 第3の溝120は、第3の遠位端部122で終結する湾曲した通路を備え、これは、好ましくは、滑車マニフォールド110の近位表面123において互いに正反対に配置される。 Third groove 120 includes a curved passageway that terminates at a third distal end 122, which is preferably diametrically opposed to each other in the proximal surface 123 of the pulley manifold 110.

図12Aおよび12Bに関して、滑車マニフォールドの代替的な実施形態が記載される。 With respect to FIGS. 12A and 12B, is described an alternative embodiment of the pulley manifold. 滑車マニフォールドの側表面に配置される溝を有するのではなく、滑車マニフォールド130は、本体133を通して配置される張力ワイヤ孔132において終結する第1の溝131aおよび第2の溝131bを組み込む。 Rather than having a groove disposed on the side surface of the pulley manifold, pulley manifold 130 incorporates a first groove 131a and second groove 131b which terminates in a tension wire holes 132 disposed through the body 133. 好ましくは、張力ワイヤ孔132は、近位表面136に等距離かつ円周に配置される。 Preferably, the tension wire holes 132 are arranged equidistantly and circumferentially proximal surface 136. 滑車マニフォールド130はまた、結腸10を収容する中心孔134と、滑車マニフォールド130をアクチュエータ27に結合するヨーク135とを組み込む(図2を参照のこと)。 Pulley manifold 130 also includes a central bore 134 for accommodating the colon 10 incorporates a yoke 135 that couples pulley manifold 130 to the actuator 27 (see FIG. 2).

図12Cにおいて、第1の溝131aおよび第2の溝131bは、重なり合う様式で圧延または成形される、溝の重なり合う部分に配置される張力ワイヤ間の摩擦を減らすために、第1の溝131aは、第2の溝131bよりも深い深さを有し得るか、または、逆の場合もあり得る。 In Figure 12C, the first groove 131a and second groove 131b is rolled or molded in overlapping fashion, in order to reduce friction between the tension wires disposed in overlapping portions of the groove, the first groove 131a is , or it may have a depth greater than the second groove 131b, or may be vice versa. 図12Dにおいて、第1および第2の溝は重ならず、第1の溝131aは、第2の溝131bよりも小さい半径の湾曲を有する。 In Figure 12D, the first and second grooves do not overlap, the first groove 131a has a smaller radius of curvature than the second groove 131b.

出願人はまた、図12A〜12Dの滑車マニフォールドの第1または第2の溝のいずれかが、そこに適用される近位力Fが、直径方向に配置された張力ワイヤ管腔を通って延びる単一の長さの張力ワイヤ90を介して、オーバーチューブ22に対称的な圧縮クランプ力を与えるように排除され得ることを意図する。 Applicants have also either first or second groove in the pulley manifold of FIG 12A~12D is proximal force F applied thereto extends through the tension wire lumen which is arranged in the diametrical direction through the tension wire 90 of a single length, intended to be excluded to provide symmetrical compressive clamping force overtube 22. 従って、張力ワイヤ90もしくは121が壊れるか、ヨーク115が機能しなくなる場合、オーバーチューブが緩んでその可撓性状態に戻り、それによって、オーバーチューブの望ましくない再構成のリスクを減らす。 Therefore, if the tension wire 90 or 121 is broken, if the yoke 115 to stop functioning, loose overtube returns to its flexibility state, thereby reducing the risk of reconfiguration undesirable overtube.

ここで図13Aおよび13Bを参照して、図12Bの滑車マニフォールド110を採用するハンドル21が記載される。 Referring now to FIGS. 13A and 13B, handle 21 employing the pulley manifold 110 of FIG. 12B is described. オーバ−チューブ22内の張力ワイヤ90、皮膚45、ライナー(例示の目的のためには示さず)、および、遠位領域23(図2を参照のこと)からオーバーチューブ22を通って、ハンドル140まで延びる管腔25(好ましくは、5インチ未満かまたは5インチに等しい寸法)は、本明細書中に記載される他のハンドルの実施形態と類似する。 Over - tension wires 90 in the tube 22, the skin 45, (not shown for illustrative purposes) liners, and, through the overtube 22 from the distal region 23 (see FIG. 2), the handle 140 lumen 25 extending to (preferably equal dimensions 5 inches below either or 5 inches) is similar to the embodiment of the other handle described herein. ハンドル140内において、張力ワイヤは、滑車マニフォールド110にスライド可能に結合され、これは、円筒状の拡張部分(cylindrical extension)141およびシリンダー142内にまたがる。 In the handle 140, the tension wire is slidably coupled to the pulley manifold 110, which spans the cylindrical extension (cylindrical extension) 141 and cylinder 142. 円筒状の拡張部分141は、ハウジング143と一体的に製造され得、患者の直腸へと挿入されるように構成される。 Cylindrical extension 141 may be manufactured integrally with the housing 143, configured to be inserted into the patient's rectum. 円筒状の拡張部分141と同軸性の、シリンダー142は、ハンドル140内に配置される管腔25の近位部分を規定する。 Cylindrical extension 141 coaxial with the cylinder 142 defines a proximal portion of the lumen 25 which is disposed on the handle 140.

追加の張力ワイヤ121を介して、滑車マニフォールド110は、スライドブロック92に結合され、通路93を移動するように適合されている。 Via an additional tension wires 121, pulley manifold 110 is coupled to the slide block 92 is adapted to move the passage 93. 図11のハンドル91のように、プランジャ95は、近位端部においてスライドブロック92に旋回可能に結合され、遠位端部においてプランジャハウジング96内にスライド可能に配置される。 As the handle 91 of Figure 11, the plunger 95 is pivotally coupled to the slide block 92 at the proximal end, it is slidably disposed in the plunger housing 96 at the distal end. プランジャ95の周囲に同軸に配置されると、圧縮バネ98は、外部から力が適用されることなく、ハンドグリップ97を作動状態から傾ける。 Once coaxially disposed around the plunger 95, compression spring 98, without an external force is applied, tilting the hand grip 97 from the operating state. 図11においてのように、圧縮バネ98は、オーバーチューブ22が剛性状態であるときに、近接する入れ子式要素がわずかに移動する場合、張力ワイヤ90内の張力レベルを維持し、それによって、オーバーチューブの可撓性状態に戻る再構成のリスクを減らす。 As in FIG. 11, the compression spring 98, when the overtube 22 is rigid state, if nestable elements adjacent to slightly move, keeping the level of tension in the tension wires 90, whereby, over reduce the risk of re-arrangement to return to the flexible state of the tube.

ハンドグリップ97はまた、ラチェットバー145の歯144を係合して、スライドブロック92の遠位方向の移動を防ぐように構成される歯止め99を備える。 Hand grip 97 also engages the teeth 144 of the ratchet bar 145 includes a configured pawl 99 to prevent distal movement of the slide block 92. 歯144は、オーバーチューブ22を、その可撓性状態から形状が固定された状態へと完全に移動させる、ハンドグリップ97の単一の作動を可能にするよう、所定の近位位置においてラチェットバー145上に配置される。 Teeth 144, the overtube 22, to completely move from its flexible state to a state where the shape is fixed, to allow a single actuation of the handgrip 97, the ratchet bar at a predetermined proximal position It is disposed on the 145. ラチェットバー145は、バネ(示さず)でハウジング143内に旋回可能に取り付けられ、このバネは、圧縮バネ98の助けにより、歯止め99を歯144に対して傾ける。 Ratchet bar 145 is pivotally mounted within the housing 143 by a spring (not shown), the spring, with the aid of the compression spring 98, tilting the pawl 99 against the teeth 144. 張力ワイヤ90から張力を解放するために、歯止め99は、ラチェットバー145を近位方向に回転させることによって、歯144との係合から解放され得る。 To release the tension from the tension wires 90, pawl 99, by rotating the ratchet bar 145 in the proximal direction, it may be released from engagement with the teeth 144. このことにより張力ワイヤ90を十分に緩め、その結果、張力ワイヤは、張力をほとんど保持しないか、または張力がなくなり、それによって、オーバーチューブ22がその最も可撓性な状態になることを可能にする。 This sufficiently loosen the tension wires 90, the result, tension wire, or hardly carry tension, or eliminates tension, thereby to allow the overtube 22 is in its most flexible state to.

ハンドル140はまた、その遠位端部に結合されたシールド146を有する。 The handle 140 also has a shield 146 coupled to its distal end. シールド146は、ハンドル140がその近位において患者の直腸に不注意に挿入されることを防ぐ。 Shield 146 prevents the handle 140 is inadvertently inserted into the patient's rectum at its proximal. ハンドル140はまた、臨床医にオーバーチューブ22の固さについての情報を提供するインジケータ147(図13B)を組み込む。 The handle 140 also incorporates an indicator 147 that provides information about the hardness of the overtube 22 to the clinician (FIG. 13B). インジケータ147は、ハウジング143の壁を通って配置されるスロット148と、スロット148を通って配置されるポインタ149と、スロット148に近接してハウジング143の外部表面に配置される目盛り150とを備える。 Indicator 147 is provided with a slot 148 disposed through the wall of the housing 143, a pointer 149 disposed through the slot 148, and a scale 150 disposed on the outer surface of the housing 143 adjacent to the slot 148 . ポインタ149は、近位マニフォールド110の移動と連動しており、その結果、マニフォールドと共に移動する。 Pointer 149 is interlocked with the movement of the proximal manifold 110, as a result, move with the manifold. 目盛り150は、オーバーチューブ22の固さを示す色のグラデーションまたは印(示さず)を組み込む。 Scale 150 incorporates color gradient or mark indicating hardness of the overtube 22 (not shown). もちろん、ポインタ149が、アクチュエータ27が作動する場合に動く、ハンドル140内の任意の構造(例えば、スライドブロック92または歯止め99)と連動し得ることは、当業者に明らかである。 Of course, the pointer 149 moves when the actuator 27 is actuated, any structure of a handle 140 (e.g., a slide block 92 or pawl 99) that can work with will be apparent to those skilled in the art. あるいは、ハンドル140は、通路93の遠位端部とスライドブロック92との間に結合される力センサを備え得る。 Alternatively, handle 140 may comprise a force sensor coupled between the distal end and the slide block 92 of the passageway 93.

本明細書中に記載される任意のハンドルの実施形態がまた、患者の直腸に挿入するための円筒状の拡張部分141、オーバーチューブをアクチュエータ27の単一の作動により可撓性状態から剛性状態へと変えるためのラチェットバー上の1つの歯144、患者の直腸へのハンドルの挿入を防ぐためのシールド146、オーバーチューブの固さについての情報を臨床医に提供するためのインジケータ147、および、これらの組み合わせを組み込み得ることがまた、当業者に明らかである。 Any embodiment of the handle is also cylindrical extension 141 for insertion into the patient's rectum, single rigid state from a flexible condition by the operation of the overtube actuator 27 described herein one tooth 144 on the ratchet bar to change to, and the shield 146 to prevent insertion of the handle into the patient's rectum, the indicator 147 to provide information about the hardness of the overtube clinician, You may incorporate these combinations also will be apparent to those skilled in the art.

ここで図14A〜14Cを参照して、本発明の装置との使用に適した張力メカニズムのなお別の代替的な実施形態が記載される。 Referring now to FIG. 14A to 14C, yet another alternative embodiment of the tensioning mechanism suitable for use with the apparatus of the present invention is described. ハンドル160は、アクチュエータ27の連続的な作動により、その可撓性状態と剛性状態との間でオーバーチューブを再構成するように適合される。 The handle 160 is by successive actuation of the actuator 27 is adapted to reconstruct the overtube between its flexible state and a rigid state. ハンドル160は、ハウジング161の内側円筒状チャンバー163の周りに円周状かつ方位角状に配置される、複数の固定された柱162を含むハウジング161を有する。 The handle 160 has a housing 161 which includes a post 162 that is disposed circumferentially and azimuth shape, having a plurality of fixed around the inner cylindrical chamber 163 of the housing 161. 固定された柱162の各々は、近接する面取りを施したアーム165の近位端部に配置される、面取りを施した陥凹部164を有する。 Each fixed column 162 is disposed at the proximal end of the arm 165 is chamfered adjacent, it has a recess 164 which has been subjected to chamfering. チャネル166が、近接する柱162の間に配置される。 Channel 166 is disposed between the adjacent pillars 162.

ハンドル160はまた、複数の柱162に対して、旋回可能に取り付けられたマニフォールド168を傾けるように、近位に配置された圧縮バネ167を組み込む。 The handle 160 also for a plurality of posts 162, to tilt the manifold 168 pivotally mounted, incorporates a compression spring 167 disposed proximally. マニフォールド168は、面取りを施した遠位端部170を有し、面取りを施した凹部164および面取りを施した165のもの適合する取付角を有する、複数の遠位に突き出しているポスト169を組み込む。 Manifold 168 has a distal end 170 which has been subjected to chamfering, having a compatible mounting angle intended 165 subjected to recess 164 and chamfer beveled, incorporating post 169 that protrudes into a plurality of distal . 従って、面取りを施した遠位端部170が面取りを施した凹部164に強く係合される場合、ポスト169により付与される力の要素は、面取りを施したアーム165の存在なしに、マニフォールド168を旋回させる。 Therefore, when the distal end portion 170 which has been subjected to chamfering is engaged strongly engaged with the concave portion 164 chamfered, elements of the force applied by the post 169, without the presence of arms 165 which has been subjected to chamfering, manifold 168 turning the. 同様に、面取りを施した遠位端部が、面取りを施したアーム165と係合される場合、ポスト169により付与される力の成分は、マニフォールドを旋回させ、その結果、柱162がチャネル166の近位端部に配置される。 Similarly, distal end chamfered is, when engaged with the arm 165 is chamfered, component of the force applied by the post 169, pivots the manifold, so that the pillar 162 is channel 166 disposed at the proximal end of the.

また、テンションバネ171がマニフォールド168に装着され、今度は、これが、好ましくは、図10A〜10Cまたは12A〜12Dの滑車システムの1つに連結されている。 Further, a tension spring 171 is attached to the manifold 168, in turn, this is preferably coupled to one of the pulley system of Figure 10A~10C or 12A-12D. オーバーチューブが堅くされるときに、オーバーチューブ内に配置される入れ子式要素がわずかに移動する場合、テンションバネ171は、一定の張力で張力ワイヤ90を維持する。 When the overtube is stiff, if nestable elements disposed within the overtube is moved slightly, the tension spring 171 maintains tension wire 90 at a constant tension. 従って、これは、そうでなければ、テンションバネ171の不在下で生じる、オーバーチューブの可撓性状態への再構成のリスクを減少する。 Therefore, it is otherwise occur in the absence of the tension spring 171, to reduce the risk of re-configuration of the flexible state of the overtube.

ハンドル160はさらに、近位に突き出している歯173を有する移動可能な円筒状のカラー172を含む。 The handle 160 further includes a movable cylindrical collar 172 having teeth 173 which protrude proximally. 各歯は、マニフォールド168の面取りを施した遠位端部170のものと実質的に等価である取付角を有する。 Each tooth has a setting angle that is substantially equivalent to that of the distal end portion 170 which has been subjected to chamfering of manifold 168. 従って、歯173が面取りを施した遠位端部170に強く係合される場合、歯により付与される力の成分は、マニフォールドを旋回させる。 Therefore, if the tooth 173 is engaged strongly engaged to the distal end portion 170 which has been subjected to chamfering, component of the force exerted by the teeth, turning the manifold. また、アクチュエータ27(例示的には、移動可能なハンドグリップ174)がカラー172に連結され、これらは、静置ハンドグリップ175に対して強く握られ、カラー172を近位方向に縮め、マニフォールド168の面取りを施した遠位端部170に接触する。 Further, (illustratively movable hand grip 174) actuator 27 is coupled to the collar 172, they are squeezed against stationary hand grip 175, shrink the collar 172 in the proximal direction, manifold 168 contacting the distal end portion 170 which has been subjected to chamfering.

図14Bは、そこに連結されたオーバーチューブが剛性状態にあるときの、ハンドル160の構成を示す。 14B shows there when linked overtube is in rigid state, the configuration of the handle 160. マニフォールド168の面取りを施した遠位端部170は、柱162の凹部164内に係合される。 The distal end portion 170 which has been subjected to chamfering of the manifold 168 is engaged in the recess 164 of the column 162. オーバーチューブをその可撓性状態に再構成することが望ましい場合、移動可能なハンドグリップ174が、静置ハンドグリップ175に対して強く握られる。 If it is desired to reconfigure the overtube to its flexible state, the movable hand grip 174 is squeezed against the left hand grip 175. この作用は、カラー172を近位方向に移動する。 This action moves the collar 172 in the proximal direction. 歯173が、面取りを施した遠位端部170を係合する場合、移動可能なハンドグリップ174の連続的な近位の前進により、カラーが、マニフォールド168を圧縮バネ167に対して近位方向に押す。 If the teeth 173, which engage the distal end 170 which has been subjected to chamfering, the advancement of the continuous proximal movable hand grip 174, collar proximal direction manifold 168 against compression spring 167 press to. 面取りを施した遠位端部170が面取りを施したアーム165を取り除く場合、歯173により面取りを施した遠位端部に付与される力は、図14Bに示されるように、マニフォールド168を旋回し、その結果、面取りを施した遠位端部170が面取りを施したアーム165に係合される。 When the distal end portion 170 which has been subjected to chamfering removes the arm 165 is chamfered, the force applied to the distal end chamfered by teeth 173, as shown in FIG. 14B, turning the manifold 168 and, as a result, distal end 170 which has been subjected to chamfering is engaged to an arm 165 which is chamfered.

カラー172の引き込みは、マニフォールド168から歯173を解放する。 Color 172 retraction of the releases the tooth 173 from the manifold 168. 面取りを施したアーム165により面取りを施した遠位端部に付与される力は、面取りを施した遠位端部が、柱162を取り除くまで、マニフォールド168を旋回させる。 Force applied to the distal end portion chamfered by an arm 165 which is chamfered, the distal end portion chamfered is, until removed pillars 162, pivoting the manifold 168. その後、圧縮バネ167のバイアスが、複数のポスト169をチャネル166に進める。 Thereafter, the bias of the compression spring 167 advances the plurality of posts 169 into the channel 166. 図14Cは、オーバーチューブがその可撓性状態にある構成を示す。 14C shows a structure in which the overtube is in its flexible state.

オーバーチューブをその剛性状態に戻して再構成するために、移動可能なハンドグリップ174が再び、静置ハンドグリップ175に対して強く握られる。 The overtube to reconstruct back to its rigid state, the movable hand grip 174 again, are squeezed against the left hand grip 175. これは、歯173がポスト169の面取りを施した遠位端部170に接触するまで、カラー172を近位に進める。 This until it contacts the distal end 170 of the tooth 173 is chamfered post 169 advances the collar 172 proximally. 移動可能なハンドグリップ174の連続的な近位の作動により、カラー172がチャネル166の外へとポスト169を押す。 By the operation of the continuous proximal to the movable hand grip 174, color 172 pushes the post 169 to the outside of the channel 166. 面取りを施した遠位端部170が柱162を取り除く場合、歯173により面取りを施した遠位端部170に付与される力は、マニフォールド168を旋回させる。 When the distal end portion 170 which has been subjected to chamfering removes the pillars 162, the force applied to the distal end portion 170 which has been subjected to chamfering by teeth 173 to pivot manifold 168. カラー172の遠位の引き込みは、歯173をマニフォールド168から解放し、圧縮バネ167のバイアスが、面取りを施した遠位端部170が完全に凹部164を係合するまで、マニフォールド168を進める。 Retraction of the distal collar 172 to release the tooth 173 from the manifold 168, the bias of the compression spring 167 until the distal end 170 of beveled engages completely recess 164 advances the manifold 168.

ここで図15を参照して、本発明の装置と共に用いるのに適したハンドル21のさらに別の代替的な実施形態が記載される。 Referring now to FIG. 15, yet another alternative embodiment of the handle 21 suitable for use with the apparatus of the present invention is described. ハンドル180は、オーバーチューブの管腔25を含むハウジング181を含む。 The handle 180 includes a housing 181 which includes a lumen 25 of the overtube. ハンドル180はさらに、ピストンハウジング183内に移動可能に配置されるピストン182を備え、これは、ポート184および圧力源(示さず)を備えるチューブ185を介して空気連絡して連結されている。 The handle 180 further includes a piston 182 movably disposed within the piston housing 183, which is connected to the air communication through a tube 185 having port 184 and a pressure source (not shown). 滑車187がピストン軸186に装着され、この周りに、近位の張力ワイヤ188が配置される。 Pulley 187 is mounted on the piston shaft 186, to the surroundings, it is disposed tension wires 188 proximal. 近位の張力ワイヤ188は、その近位端部189でハウジング181に、そして、その遠位端部でテンションバネ190に固定されている。 Tension wires 188 proximal to the housing 181 at its proximal end 189, and are fixed to the tension spring 190 at its distal end. 好ましくは、テンションバネ190は、図10A〜10Cまたは12A〜12Dの滑車システムの1つと遠位に連結される。 Preferably, the tension spring 190 is connected to one distal pulley system of Figure 10A~10C or 12A-12D. 図14A〜14Cのテンションバネ171ならびに図11および図13の圧縮バネ98と同様に、テンションバネ190は、オーバーチューブが形状を固定された状態である場合、張力ワイヤを一定の張力に維持する。 Similar to the compression spring 98 of the tension spring 171 and 11 and 13 in FIG. 14A to 14C, a tension spring 190, if a state in which the overtube is fixed shape, to keep the tension wires in constant tension. これは、その内部に配置された入れ子式要素が、隣接する入れ子式要素に対してわずかに移動する場合、オーバーチューブのその可撓性状態への再構成のリスクを減少する。 This is nestable elements disposed therein is, if slightly move relative to adjacent nestable elements, reducing the risk of re-arrangement to its flexible state of the overtube.

オーバーチューブを堅くするために、圧力源がピストンハウジング183に加圧された空気を注入し、ピストン182を近位に進めるように作動され得る。 To stiffen the overtube, injecting air pressure source is pressurized to a piston housing 183, the piston 182 may be actuated to advance proximally. これは次いで、滑車187を近位方向に進め、その結果、緊張が近位の張力ワイヤ188に適用される。 It then advances the pulley 187 in a proximal direction, as a result, tension is applied to tension wire 188 proximal. その緊張は、テンションバネ190を介してオーバーチューブ内に配置される張力ワイヤに伝達され、それにより、圧縮クランプ負荷を、オーバーチューブ内に配置される隣接する入れ子式要素に押し付ける。 As tension is transmitted to the tension wires disposed within the overtube via the tension spring 190, thereby the compression clamp load, pressing telescopically elements adjacent disposed within the overtube. 形状を固定されたオーバーチューブを可撓性状態に移すために、圧力源が作動され、ピストンハウジング183から空気を取り除き得る。 To transfer the fixed overtube shape the flexible state, the pressure source is actuated, it may remove air from the piston housing 183. これは、ピストン182および滑車183を遠位方向に引き込み、それによって、オーバーチューブに適用される圧縮クランプ負荷を解放する。 This draws the piston 182 and pulley 183 in a distal direction, thereby releasing the compressive clamping load applied to the overtube.

本発明の別の局面に従って、テンションバネ190は、当該分野で本質的に公知のダンパーと置き換えられ得る。 According to another aspect of the present invention, the tension spring 190 can essentially replaced the known damper in the art. テンションバネにより提供される利点に加え、ダンパーは、近位の張力ワイヤ188内の緊張を可能にし、従って、オーバーチューブ内に配置される張力ワイヤが、ゆっくりと解放される。 In addition to the advantages provided by the tension spring, the damper allows the tension in the tension wires 188 proximal, therefore, tension wires disposed within the overtube is released slowly. 出願人は、ダンパーが、本明細書中に記載される圧縮バネおよびテンションバネのいずれかを置き換え得ることを意図する。 Applicants damper is intended to be replaced with one of the compression springs and tension springs are described herein.

ここで図16を参照して、装置20は、実質的に遠位領域23の近位の移動を伴わない、可撓性状態と剛性状態との間のオーバーチューブ22の移行に対して選択的に作動可能である、張力メカニズムを備え付けられ得る(図2を参照のこと)。 Referring now to FIG. 16, the device 20, selective to substantially without movement of the proximal distal region 23, the transition overtube 22 between the flexible and rigid states it is operable, may be equipped with a tension mechanism (see FIG. 2). 図16において、張力ワイヤ196および、管腔25は、遠位領域23から、オーバーチューブ22を通って、ハンドル195まで延びる。 16, tension wires 196 and the lumen 25 from the distal region 23, through the overtube 22, extends until the handle 195. ハンドル195内において、張力ワイヤ196は、滑車マニフォールド197とスライド可能に連結され、これは、ハンドルの遠位端部に堅固にか、または、旋回可能に固定されている。 In the handle 195, tension wires 196 may be slidably coupled to the pulley manifold 197, which is firmly or the distal end of the handle, or are pivotally secured. 滑車マニフォールド197は、好ましくは、直交性に配置されている第1のチャネル199aおよび第2のチャネル199bを備える。 Pulley manifold 197 preferably includes a first channel 199a and a second channel 199b disposed on the orthogonality. 図16は、1つの張力ワイヤのみを示すが、第2の張力ワイヤが、好ましくは、第2のチャネル199bと入れ子式要素30を介して配置されることが理解されるべきである。 Figure 16 shows only one tension wires, the second tension wires should preferably be disposed through the second channel 199b and nestable elements 30 are understood.

図12A〜12Dおよび13の張力メカニズムと同様に、本発明の張力メカニズムはまた、フェールセーフモードを備えるオーバーチューブ22を提供する。 Similar to FIG 12A~12D and 13 tension mechanism, tension mechanism of the present invention also provides a overtube 22 with a fail-safe mode. チャネル199を通って配置される張力ワイヤが、2つの独立したワイヤを備える場合、オーバーチューブ22内の負荷は、ワイヤの1つが壊れたときに、対称に分散したままである。 Tension wires disposed through the channel 199, when provided with two separate wire, the load in the overtube 22, when one of the wires is broken, remain dispersed symmetrically. 従って、オーバーチューブ22の再構成のリスクが減少する。 Thus, the risk of re-configuration of the overtube 22 is reduced. これらの張力ワイヤが単一の長さのワイヤを備える場合、オーバーチューブ22は、単一の長さのワイヤが壊れる場合の可撓性状態に弛緩する。 If these tension wires comprises a single length of wire, overtube 22, it relaxes the flexible state when a single length of wire breaks.

滑車197と入れ子式要素30との間で、張力ワイヤ196はまた、カラー200を通って延び、カラー200は、最も近位の入れ子式要素30の近位表面32と嵌合するように対抗している遠位表面201を有する。 Between the pulley 197 and the nestable elements 30, tension wires 196 also extends through the collar 200, collar 200 opposes to mate with proximal surface 32 of the nestable elements 30 most proximal and having a distal surface 201. カラー200は、ハウジング202内を移動するように配置され、その結果、カラー200が、遠位方向に進められるときに、入れ子式要素30の近位表面32を係合する。 Collar 200 is arranged to move within the housing 202, as a result, collar 200 is, when it is advanced distally to engage the proximal surface 32 of the nestable elements 30.

カラー200は、プランジャ95に旋回可能に接続され、これは、プランジャハウジング96にスライド可能に配置されている。 Collar 200 is pivotally connected to the plunger 95, which is slidably disposed on the plunger housing 96. 次いで、プランジャハウジング96がアクチュエータ27(例示的にはハンドグリップ97)に旋回可能に取り付けられる。 Then, the plunger housing 96 is pivotally mounted (hand grip 97 Exemplary) actuator 27. ハンドグリップ97を、外から適用される力がない作動に対して傾けるため、そして、オーバーチューブ22が硬くなる場合に張力ワイヤ196内に一定の緊張を維持するために、圧縮バネ98がプランジャ95の周りに、同軸に配置されるように提供される。 The hand grip 97, for tilting with respect to operation no force is applied from outside, and, in order to maintain a constant tension in the tension wires 196 when the overtube 22 is hardened, the compression spring 98 the plunger 95 around, it is provided so as to be disposed coaxially.

ハンドグリップ97はまた、歯止め99を備え、これは、ラチェットバー101上の歯100を係合して、カラー200の近位方向の移動を防止するように配置される。 Hand grip 97 also includes a pawl 99, which engages the teeth 100 on the ratchet bar 101 is positioned to prevent proximal movement of the collar 200. ラチェットバー101は、バネ(示さず)にてハウジング202内に旋回可能に取り付けられ、このバネは、圧縮バネ98の助けにより、歯止め99をラチェットバー101の歯100に対して傾ける。 Ratchet bar 101 is pivotally mounted at a spring (not shown) within the housing 202, the spring, with the aid of the compression spring 98, tilting the pawl 99 against the teeth 100 of the ratchet bar 101. ハンドル195はまた、環状の拡張部分203を組み込み得、これは、カラー200を取り囲んで配置され、患者の直腸内へと挿入され得る。 The handle 195 also can incorporate an annular extension 203, which is disposed surrounding the collar 200 may be inserted into the rectum of a patient.

図11のハンドル91の操作と同様に、ハンドグリップ97が強く握られる場合、歯止め99は、隣接する最も遠位の歯100を係合する。 As with operation of the handle 91 in FIG. 11, when the hand grip 97 is squeezed, the pawl 99 engages the most distal tooth 100 adjacent. この作用はまた、圧縮バネ98を介して力を伝達し、カラー200を最も近位の入れ子式要素と係合状態に押す。 This action also forces transmitted via the compression spring 98, pushing the telescopic elements and engagement of the most proximal the collar 200. ハンドグリップ97の連続的な作動は、カラー200に入れ子式要素30に対して、漸増する圧縮クランプ負荷を発揮させ、オーバーチューブ22をその形状を固定された状態へと硬くさせる。 Continuous operation of the handgrip 97, to the nestable elements 30 to collar 200, to exert a compressive clamping load is gradually increased, thereby stiffen the overtube 22 and its shape to the fixed state.

有利なことには、この配置は、オーバーチューブ22が、オーバーチューブの遠位端部の実質的に近位の移動なしに可撓性状態と剛性状態との間で再構成することを可能にする。 Advantageously, this arrangement overtube 22, to allow for the reconfiguration between a substantially flexible state and a rigid state without movement of the proximal of the distal end of the overtube to. 以前の実施形態において、入れ子式要素30は、オーバーチューブ22が硬くなる場合に、近位方向に進められ、隣接する入れ子式要素の圧縮に起因して、オーバーチューブ22はその長さを短くする。 In the previous embodiments, telescopic element 30, when the overtube 22 is hardened, advanced in the proximal direction, due to the compression of the adjacent telescoping element, overtube 22 to shorten its length . 対照的に、本発明の実施形態が、入れ子式要素を遠位方向に進める場合、隣接する入れ子式要素の圧縮にも関わらず、オーバーチューブ22は、その長さを維持する。 In contrast, embodiments of the present invention, when advancing the telescopic elements in the distal direction, despite the compression of the adjacent telescoping element, overtube 22 maintains its length. これは、オーバーチューブの長さは、張力ワイヤ196の長さにより実質的に制限されるからである。 This is the length of the overtube is because is substantially limited by the length of the tension wires 196. このことは、本発明の装置を使用する場合に、よりよい精度を提供し、そして、繊細な手順において特に有用である。 This means that, when using the apparatus of the present invention, provides better accuracy, and is particularly useful in delicate procedures.

図13を参照して記載される張力メカニズムと同様に、ラチェットバー101が、1つの歯のみを備えられ得ることが当業者に明らかである。 Like the tension mechanism to be described with reference to FIG. 13, the ratchet bar 101, it will be apparent to those skilled in the art that may be provided with only one tooth. あるいは、当業者に明白なわずかな改変を伴って、図14A〜14Cの張力システムは、カラー200に連結されて、アクチュエータ27の連続的な作動により可撓性状態と剛性状態との間でオーバーチューブ22を移動させ得るか、または、図15を参照して記載されるピストン機構が、カラー200に連結されてその移動を駆動し得る。 Alternatively, with a slight apparent modifications to those skilled in the art, the tension system of FIG 14A~14C is coupled to collar 200, over between a flexible state and a rigid state by the continuous operation of the actuator 27 or it may move the tube 22, or the piston mechanism described with reference to FIG. 15, may drive the movement is coupled to the collar 200. より具体的には、プランジャ95に旋回可能に連結されるのではなく、その代わりにカラー200が、カラー200の長手軸に沿う動きを提供するように配置されるピストンに固定され得る。 More specifically, rather than being pivotally connected to the plunger 95, collar 200 instead can be fixed to the piston that is arranged to provide movement along the longitudinal axis of the collar 200. さらに、第2のチャネル199bは、滑車マニフォールド197から除外されて、その結果、単一の張力ワイヤが第1のチャネル199aを通って移動可能に延び得、そして、カラー200および入れ子式要素30の中に配置される張力ワイヤ孔を対向して配置し得る。 Further, the second channel 199b is excluded from pulley manifold 197, as a result, may extend movably single tension wire through the first channel 199a, and, the collar 200 and nestable elements 30 It may be arranged to face the tension wire holes disposed in a. 単一の張力ワイヤが壊れる場合、オーバーチューブは即座に可撓性状態に弛緩し、それによって、オーバーチューブの所望でない再構成のリスクを減らすフェールセーフモードを提供する。 If a single tension wire breaks, overtube relaxes immediately flexible state, thereby providing a fail-safe mode to reduce the risk of re-configuration not the desired overtube.

図17Aおよび17Bに関して、オーバーチューブ22の管腔25内の結腸の移動を容易にするための代替的な構造が記載される。 With respect to FIGS. 17A and 17B, an alternative structure to facilitate movement of the colon in the lumen 25 of the overtube 22 is described. 特に、図4に図示されるような内側ライニング43を用いる代わりに、いくつかまたは全ての入れ子式要素30は、入れ子式要素30内に形成されるインセット206内に受容される、ローラーベアリング205を備え得る。 In particular, instead of using the inner lining 43, as shown in Figure 4, some or all of the nestable elements 30 is received in inset 206 formed in nestable elements 30, roller bearings 205 It may comprise a. ベアリング205は、リング207上に配置されて、デバイスの組立てを容易にし得る。 Bearing 205 is disposed on the ring 207 may facilitate the assembly of the device.

図18Aおよび18Bは、さらなる代替的な実施形態を図示し、ここで、潤滑可撓性レール208が、入れ子式要素30の孔33内に配置される。 18A and 18B, illustrate a further alternative embodiment, wherein the lubricating flexible rail 208 is positioned in the bore 33 of nestable elements 30. レール208は、管腔25の長さにわたり、結腸とオーバーチューブの内側との間の接触を減らし、それによって、オーバーチューブを通る結腸の動きを促進する。 Rails 208, over the length of the lumen 25 to reduce the contact between the inner colonic overtube, thereby facilitating the movement of the colon through the overtube.

図19および20において、オーバーチューブ22の管腔25内の結腸の動きを促進するための、なおさらなる代替的な構造が記載される。 19 and 20, to facilitate movement of the colon in the lumen 25 of the overtube 22, is described alternative structure still further. より具体的には、図4に示されるライナー43を用いるのではなく、いくつかまたは全ての入れ子式要素30が、疎水性コーティングされたポリマー層209を組み込み得、これは、孔33の遠位部分210を取り囲んで配置され得る。 More specifically, rather than using the liner 43 shown in FIG. 4, some or all of the telescopic element 30, resulting incorporate polymer layer 209 which is a hydrophobic coating, which is distal of the holes 33 It may be disposed surrounding the portion 210.

あるいは、図20Aおよび20Bに記載されるように、オーバーチューブ22は、複数の円錐台(frustoconical)要素215を備え、これは、入れ子にされた場合、滑らかな内側管腔を地供して、別々のライナーを必要とすることなく、結腸10を収容する。 Alternatively, as described in FIGS. 20A and 20B, overtube 22 is provided with a plurality of truncated cone (frustoconical) element 215, which, when nested, and Chikyo smooth inner lumen, separate without the need for a liner, for accommodating the colon 10. 各円錐台要素215は、中心孔216、および少なくとも2つ以上の張力ワイヤ孔217を備える。 Each frustoconical element 215 has a central hole 216, and at least two or more tension wires hole 217. 中心孔216は、円柱状の遠位の内側表面218により規定され、これは、実質的に一定の直径および、遠位の内側表面218と連続的な近位の内側表面219を有する。 Center hole 216 is defined by a cylindrical distal inner surface 218, which is substantially constant diameter and has an inner surface 219 of the continuous proximal and distal inner surface 218.

近位の内側表面219は、半径方向外向きの方向にわずかに湾曲しており、その結果、張力ワイヤ36が弛緩している場合、近位の内側表面219が隣接する要素の外側表面220に関して旋回し得る。 Inner surface 219 of the proximal is slightly curved in a radially outward direction, as a result, if the tension wires 36 are relaxed, with respect to the outer surface 220 of the element adjacent the inner surface 219 of the proximal It can pivot. 各円錐台要素の外側表面220は、直線状または輪郭に沿って、近位の内側表面219の形状に合っており、そして、遠位端部221が、近位端部222の外周よりも小さいように、各要素をテーパーする。 Outer surface 220 of the frustoconical element, along a straight or contour, which fits the shape of the inner surface 219 of the proximal and distal end 221 is smaller than the outer periphery of the proximal end portion 222 as to taper each element. 円錐台要素215が一緒に入れ子にされる場合、各円錐台要素の遠位の内側表面218は、隣接している円錐台要素の遠位の内側表面に隣接して配置される。 If frustoconical element 215 is nested with the inner surface 218 of the distal of each frustoconical element is disposed adjacent a distal inner surface of the frustoconical element adjacent.

有利なことには、本発明の構成は、実質的に連続したプロフィールを有する管腔25を提供する。 Advantageously, the configuration of the present invention provides a lumen 25 having a substantially profile continuous. このことは、そこを通る結腸10の滑らかな進行を可能にし、それによって、管腔25内に別々のライナーを配置する必要性を排除する。 This allows a smooth progression of colon 10 therethrough, thereby eliminating the need to place a separate liner within the lumen 25. 結腸の進行をさらに容易にするための、潤滑経路を提供するために、各円錐台要素は、必要に応じて、前出の図19の実施形態に関して記載されるような、一体となったポリマーライニングを組み込み得るか、または、親水性コーティングを有する薄くて可撓性のライニングが管腔25を通って配置され得る。 To further facilitate the progress of the colon, in order to provide a lubricating path, each frustoconical element, as required, as described with respect to the embodiment of FIG. 19 supra, polymers together or it may incorporate lining or thin flexible lining having a hydrophilic coating may be disposed through the lumen 25.

図21A〜21Cにおいて、なお別の代替的な構造が記載され、ここで、圧縮クランプ負荷がオーバーチューブ22に適用される場合、各入れ子式要素の遠位表面31が、巨視的に織り目を付けて、隣接する入れ子式要素30間の摩擦を増やされる。 In FIG. 21A to 21C, yet another alternative structure is described, wherein, when the compression clamp load is applied to the overtube 22, the distal surface 31 of the nestable elements, macroscopically with a textured Te, which increase the friction between the nestable elements 30 adjacent to each other. 例示的に、各要素30は、遠位表面31上に配置される複数のディボット225および歯226を組み込み得、この歯226は、近位縁227に隣接する近位表面32上に配置される。 Illustratively, each element 30, resulting incorporate multiple divots 225 and teeth 226 disposed on the distal surface 31, the tooth 226 is disposed on the proximal surface 32 adjacent to the proximal edge 227 . 歯226は、隣接する要素に配置された複数のディボットと嵌合するように輪郭に合わせられる。 Teeth 226 is contoured to mate with a plurality disposed in adjacent elements divot. 従って、オーバーチューブ22に張力がかけられる場合、張力ワイヤ36の引き込み(図3を参照のこと)が、要素30へとクランプ負荷を適用し、これが、各要素の歯226に、隣接する要素のディボット225を強く係合させる。 Therefore, if the tension is applied to the overtube 22, retraction of the tension wire 36 (see FIG. 3) to apply the clamping load to the element 30, which is, the teeth 226 of the elements, the adjacent elements engaged strongly engaged the divots 225. このことは、オーバーチューブ22が形状を固定される場合に、隣接する入れ子式要素30間の相対的な角移動の危険性を減少し、次いで、オーバーチューブの所望でない再構成のリスクを減少する。 This means that if the overtube 22 is fixed shape, reduces the relative risk of angular movement between the telescopic elements 30 adjacent, then, to reduce the risk of re-configuration not the desired overtube .

ディボット225および歯226が係合することを防止するため、従って、隣接する要素30間の滑らかな各異動を提供するために、オーバーチューブ22が可撓性状態である場合、1つ以上の板バネ228が、近位表面32と一体成形され得る。 Since the divots 225 and teeth 226 is prevented from engaging and therefore, in order to provide a smooth each change between adjacent elements 30, when the overtube 22 is flexible state, one or more plates spring 228 may be integrally formed with the proximal surface 32. 従って、張力ワイヤ36により適用される圧縮クランプ負荷なしに、オーバーチューブ22が硬くなり、各要素30の板バネ228が隣接する要素の遠位表面と接触して、近位表面32および遠位表面31の強制(coaction)を防止し、これが、歯226のディボット225との係合を防止する。 Thus, no compression clamp load applied by tension wires 36, the overtube 22 is hardened, the plate spring 228 of each element 30 is in contact with the distal surface of the adjacent elements, proximal surface 32 and distal surface 31 force of the (coaction) prevented, which prevents engagement of the divots 225 of teeth 226.

あるいは、板バネを有するのではなく、入れ子式要素30は、1つ以上の片持ちバネ229を備えられ得、これは、壁34から切り取らされ、入れ子式要素30の孔33内に可塑的に曲げられる。 Alternatively, rather than having a leaf spring, telescopic element 30, resulting includes one or more cantilevered spring 229, which is cut from the wall 34, plastically into the bore 33 of nestable elements 30 It is bent. 板バネ228と同様に、片持ちバネ229は、遠位表面31と近位表面32との間の強制を防止し、その結果、歯226は、圧縮クランプ負荷の不在下にてディボット225と係合しない。 Similar to the leaf spring 228, the cantilever spring 229 prevents forced between the distal surface 31 and the proximal surface 32, so that the teeth 226, engage the divots 225 in the absence of compressive clamping load not if. 片持ちバネ229は、図21Bに示されるように、入れ子式要素30の長手軸と整列され得、そして/または、図21Cに示されるように、入れ子式要素30の外周と整列され得る。 Cantilevered spring 229, as shown in FIG. 21B, resulting aligned with the longitudinal axis of the telescopic elements 30, and / or, as shown in FIG 21C, may be aligned with the outer periphery of the telescopic elements 30. 出願人はまた、歯226が、遠位表面31上に配置され得、かつ、ディボット225が、近位表面32上に配置され得ることを企図する。 Applicant has also teeth 226 may be disposed on the distal surface 31 and, divots 225, contemplates that may be placed on the proximal surface 32. 当業者は、隣接する要素30の遠位表面と近位表面との間の摩擦を増す、さらなる巨視的な織り目を認識する。 Those skilled in the art, increases the friction between the distal surface and the proximal surfaces of adjacent elements 30, appreciate further macroscopic texture.

一方で、入れ子式要素30と一体になった片持ちバネのリーフを提供する代わりに、薄い可撓性のディスク232(図21D)が、隣接する入れ子式要素30間に配置されて、ディボット225(図21A〜21Cを参照のこと)および隣接する要素の歯226が、圧縮クランプ負荷の不在下にて係合することを防止し得る。 On the other hand, instead of providing a leaf cantilever spring is integrated with the nestable elements 30, thin flexible disc 232 (FIG. 21D) is disposed between the telescopic elements 30 adjacent, divots 225 (Figure see 21A to 21C) and the adjacent elements teeth 226, it is possible to prevent the engaging in the absence of the compression clamp load. 各ディスク232は、結腸を収容する中心孔233を組み込み、そして、エラストマー材料から作製される。 Each disk 232 incorporates a central hole 233 for housing the colon, and is made from an elastomeric material. 例示の目的について、入れ子式要素30およびディスク232は、間隔を空けて示されているが、この要素およびディスクは、1つの要素30の遠位表面31および隣接する要素の近位表面32がディスク232(これらの間に配置される)と接触するように配置されることが理解されるはずである。 For illustrative purposes, nestable elements 30 and the disc 232 are shown spaced apart, the elements and discs, one distal surface 31 and proximal surface 32 of the adjacent elements of the element 30 is a disk 232 should be placed in contact with (as arranged between them) is understood. 各入れ子式要素30がまた、張力ワイヤ孔を備え、これは、例示の目的のために、図21A〜21Dには示されていないことがまた、理解されるはずである。 Each telescopic element 30 Kamata, comprising a tension wire holes, which, for illustrative purposes, it should be not shown in FIG 21A~21D also understood.

本発明の1つの局面に従って、入れ子式要素30はまた、近位縁227に遠位に隣接して配置されるバンド231を組み込み得る。 In accordance with one aspect of the present invention, nestable elements 30 may also incorporate a band 231 which is disposed adjacent a distal to proximal edge 227. バンド231は、壁34の近位部分の暑さを増やして、適用される圧縮クランプ負荷を、大きな断面積にわたって分散させ、それによって、壁34の半径方向に外向きの曲げたわみを減少する。 Band 231, increase the heat of the proximal portion of the wall 34, the applied compressive clamping load is dispersed over a large cross-sectional area, thereby reducing the outward bending deflection in the radial direction of the wall 34. 次いで、これは、オーバーチューブ22の長手軸方向の収縮を減らす。 This in turn reduces the longitudinal contraction of the overtube 22. バンド231は、好ましくは、金属から作製されて、壁34に良好な構造一体性を提供するが、また、それとも一体であり得る。 Band 231 is preferably made from a metal, provides a good structural integrity to the wall 34, also, or may be integrally.

本発明の別の局面に従って、管腔25の直径は、その中を通る、1つ以上の診断機器または治療機器の同時の通過を容易にするように構成される。 According to another aspect of the present invention, the diameter of the lumen 25 therethrough and is configured to facilitate one or more simultaneous passage of the diagnostic device or treatment device. 図22に示すように、管腔25は、補助デバイスAD(例えば、吸入のため、生検のため、または、さらなる照明のため)を結腸10と平行して進ませること可能にするように寸法決めされ得る。 As shown in FIG. 22, the lumen 25, the auxiliary device AD ​​(e.g., for inhalation, for biopsy, or for further illumination) dimensioned to the make it possible to advance in parallel with the colon 10 It may be decided. 例えば、管腔25が13mmの直径を有し、かつ、結腸10が10mmの外周を有する場合、3F〜9Fの間の直径を有する補助デバイスAD(例えば、カテーテル)が、管腔25の残りの空間を通って進められ得る。 For example, lumen 25 has a diameter of 13 mm, and, if the colon 10 has a periphery of 10 mm, the auxiliary device AD ​​(e.g., a catheter) having a diameter of between 3F~9F it is, lumen 25 remaining It may be advanced through the space. 有利なことには、このことは、補助デバイスADが、患者の結腸内に連続的に配置されて、結腸10およびオーバーチューブ22をそこから取り除く必要なく、さらなる診断手順または治療手順を実施することを可能にする。 Advantageously, this can assist device AD ​​may be continuously arranged in the colon of a patient, without the need to remove the colon 10 and overtube 22 therefrom, to perform further diagnostic procedures or therapeutic procedures to enable the.

図23を参照して、本発明のオーバーチューブにおける使用に適した遠位領域の代替的な実施形態が記載される。 Referring to FIG. 23, an alternative embodiment of the distal region suitable for use in the overtube of the present invention is described. 遠位領域235は、図4の実施形態の遠位領域23と同様の構築であるが、エラストマー層237の近位部分のみに包埋される可撓性コイル236を有する。 The distal region 235 is similar in construction as the distal region 23 of the embodiment of FIG. 4, a flexible coil 236 which is embedded only in the proximal portion of the elastomeric layer 237. 遠位領域235の遠位端部における非外傷性先端部238は、結腸の操縦可能な先端部がその中に配置される場合に、オーバーチューブ22の操縦性をさらに高め得る。 Atraumatic tip 238 at the distal end of the distal region 235, when the steerable distal portion of the colon is placed therein, may further enhance the maneuverability of the overtube 22.

図24〜28は、中空の身体器官の壁の「テンティング」を生じるのに適した非外傷性先端部のさらなる配置を図示する。 Figure 24-28 illustrates a further arrangement of the atraumatic tip suitable for causing "tenting" of the hollow body organ wall. 本明細書中で使用される場合、テンティングとは、オーバーチューブの先端部の近傍で半径方向外向きに偏向される、非外傷性先端部の傾向をいう。 As used herein, a tenting is deflected radially outward in the vicinity of the distal end portion of the overtube, it refers to the tendency of the atraumatic tip. これは、器官の壁が、結腸が、オーバーチューブ内に縮められる場合ときに、結腸とオーバーチューブ22の入口との間にピンチされるか、または、引っかかるという危険性を減少する。 This wall organs, colon, when when it is retracted into the overtube, either pinched between the inlet of the colon and overtube 22, or reduces the risk of getting caught.

図24Aは、オーバーチューブ22に遠位領域23に固定された、膨張可能なドーナツ型のバルーン240の形状の非外傷性先端部24を示す。 Figure 24A shows the overtube 22 is fixed to the distal region 23, the atraumatic tip 24 of the shape of the inflatable toroidal balloon 240. 膨張管腔241は、オーバーチューブ22を通ってハンドルから延びて、バルーン240と膨張源(例えば、シリンジ(示さず))との間の液体連絡を提供する。 Inflation lumen 241 extends from the handle through the overtube 22, the balloon 240 and inflation source (e.g., a syringe (not shown)) to provide liquid communication between. 図24Bに図示するように、バルーン240が膨張する場合、結腸の壁は、バルーン240の周りに半径方向に偏向する。 As shown in FIG. 24B, when the balloon 240 is inflated, the colon wall is deflected radially around the balloon 240. 従って、結腸10が、管腔25内に縮められる場合、結腸の壁が、オーバーチューブ22と結腸との間にピンチされるか、強く切り裂かれる傾向は少ない。 Therefore, colon 10, when it is retracted into the lumen 25, the wall of the colon, either pinched between the overtube 22 and the colon, tend to be torn strongly less. さらに、膨張すると、バルーン240は、オーバーチューブ22の壁と結腸10との間に配置される環状ギャップ242を閉鎖して、体液および他の物質が、管腔25に入るのを防止する。 Further, when inflated, the balloon 240, closes the annular gap 242 is disposed between the wall and the colon 10 of the overtube 22, bodily fluids and other materials, from entering into the lumen 25. 有利なことには、バルーン240は、結腸10の周りに特別のフィットを提供する。 Advantageously, the balloon 240 provides a special fit around the colon 10.

図25は、形状記憶合金ペタル246を覆う軟質膜245を備える、非外傷性先端部24のさらなる代替的な実施形態を図示する。 Figure 25 includes a soft layer 245 which covers the shape memory alloy petals 246, illustrates a further alternative embodiment of the atraumatic tip 24. ペタル246は、好ましくは、形状記憶合金ワイヤ(例えば、ニッケルチタン合金)のループを備え、かつ、管腔25内へと、遠位開口部の近くの近位方向に半径方向外向きに延び、その結果、ペタルを覆う膜の近位端部が、本明細書中上記の「テンティング」効果を生じる。 Petals 246, preferably, the shape memory alloy wire (e.g., nickel-titanium alloy) with a loop of, and into lumen 25, extending radially outward near the proximal direction of the distal opening, As a result, the proximal end portion of the film covering the petals, produces a "tenting" effect hereinabove. この形状記憶合金は、体温に暴露される場合、予め形成された形状を取り入れるように活性化され得、オーバーチューブ22を冷水または空気で勢いよく流すことによって、縮めた状態に戻され得る。 The shape memory alloy, when exposed to body temperature, can be activated so as to incorporate a preformed shape by flowing vigorously overtube 22 with cold water or air, it may be returned to the state contracted with. あるいは、ペタル246は、機械的に延ばされ得るか、もしくは縮められ得、または、自己膨張し得る。 Alternatively, it petals 246, or may be mechanically extended or retracted obtained or may self-expand.

図26は、非外傷性先端部24のさらなる代替的な実施形態を図示する。 Figure 26 illustrates a further alternative embodiment of the atraumatic tip 24. 図26の実施形態において、軟質性のエラストマー膜251により覆われたペタル250は、遠位領域23から遠位に延びて、漏斗形状の要素252を形成する。 In the embodiment of FIG. 26, the petals 250 covered by a soft elastomeric film 251, the distal region 23 extending distally to form an element 252 of the funnel-shaped. 非外傷性先端部24は、前出の実施形態について記載したものと同じテンティング効果を提供する。 Atraumatic tip 24 provides the same tenting effect as those described for the previous embodiments.

図27〜28は、図9の実施形態の非外傷性先端部86についてのさらなる代替的な構成を提供する。 Figure 27-28 provides an additional alternative configurations for atraumatic tip 86 of the embodiment of FIG. 先端部255は、好ましくは、発泡エラストマーまたは軟質性エラストマーを備え、適切な生体適合性接着剤を用いて、オーバーチューブ22の遠位領域23に固定され得る。 Tip 255 preferably comprises a foamed elastomeric or soft elastomer, using a suitable biocompatible adhesive may be secured to the distal region 23 of the overtube 22. 図28は、発泡エラストマーバンパーまたは軟質性エラストマーバンパー260についての代替的な形状を図示し、これは、近位に延びるフランジ261を備える。 Figure 28 illustrates an alternative shape for the foam elastomer bumpers or soft elastomer bumper 260, which has a flange 261 extending proximally. もちろん、当業者は、本発明の原理に従って他の構成を用いて、結腸壁の局所的なテンティングを生じる非外傷性先端部を形成し得ること、および、これらの非外傷性先端部が、図4および23の実施形態の受動的に操縦可能な遠位領域と共に使用され得ることを認識する。 Of course, those skilled in the art, using other configurations in accordance with the principles of the present invention, can form an atraumatic tip resulting localized tenting of the colon wall, and that these atraumatic tip, recognize that that may be used with passively steerable distal region of the embodiment of FIG. 4 and 23.

ここで図29および30を参照すると、オーバーチューブの代替の実施形態が記載される。 Referring to FIGS. 29 and 30, an alternative embodiment of the overtube is described. 機械的メカニズムが多数の入れ子式要素にクランプ負荷を与えるように作動される先に記載された実施形態のオーバーチューブ22とは異なり、図29および30の実施形態は、代替の張力メカニズムを使用する。 Unlike overtube 22 of the embodiments described above which are activated to mechanically mechanism provides a clamping load to a number of nestable elements, the embodiment of FIGS. 29 and 30, use alternative tensioning mechanism . 特に、以下の実施形態は、圧縮クランプ負荷が形状記憶材料の収縮によって付与され得る多数の連結部を備える。 In particular, the following embodiment comprises a plurality of connecting portions compressive clamping load may be applied by the contraction of the shape memory material.

図29において、本発明のオーバーチューブの第1の代替の実施形態が記載される。 29, a first alternative embodiment of the overtube of the present invention is described. オーバーチューブ270は、上記のものと同じ多数の入れ子式要素30を備える。 Overtube 270 comprises the same number of nestable elements 30 as described above. 例示目的のために、入れ子式要素30は、間隔を空けて示されているが、この要素30は、各要素30の遠位表面31が隣接要素の近位表面32を覆うように配置されることが理解されるべきである。 For illustrative purposes, nestable elements 30 are shown spaced apart, this element 30, the distal surface 31 of each element 30 is disposed so as to cover the proximal surface 32 of the adjacent elements it should be understood. 入れ子式要素30の各々は、結腸鏡10を収容するための中心孔33、好ましくは2つ以上の張力ワイヤ孔35を有する。 Each telescopic element 30, the center hole 33 for accommodating the colonoscope 10, preferably two or more tension wires hole 35. 図29に示されるように組み立てられる場合、入れ子式要素30は、張力ワイヤ孔35を通って延びる複数の張力ワイヤ271によって接触した様式で配置される遠位表面31および近位表面32で留められる。 When assembled as shown in Figure 29, nestable elements 30 are fastened at the distal surface 31 and proximal surface 32 is arranged in a manner in contact with a plurality of tension wires 271 extending through the tension wire holes 35 .

先の実施形態のオーバーチューブ22とは対照的に、本発明のオーバーチューブの張力ワイヤ271は、当該分野で公知の形状記憶材料(例えば、ニッケルチタン合金または電気活性ポリマー)から作製される。 In contrast to the overtube 22 of the previous embodiment, the tension wire 271 of the overtube of the present invention is produced from a known shape memory material in the art (e.g., nickel titanium alloy or an electroactive polymer). 張力ワイヤ271は、その遠位端でオーバーチューブ270の遠位端と固定して連結され、そしてその近位端でハンドル21に固定して連結される。 Tension wires 271 are fixedly coupled to the distal end of the overtube 270 at its distal end, and is fixedly coupled to the handle 21 at its proximal end. 電流が張力ワイヤ271を通過する場合、このワイヤの長さは収縮し、圧縮クランプ負荷を及ぼし、この負荷は入れ子式要素30の遠位表面31および近位表面32を一緒に、現時点の相対配向で係留し、それによりオーバーチューブ270の形状を固定する。 If current is passed through the tension wire 271, the length of the wire contracts and exerts a compressive clamping load, the load together distal surface 31 and proximal surface 32 of the nestable elements 30, the relative orientation of the current in mooring, thereby fixing the shape of overtube 270. 電気エネルギーの付与が中断された場合、張力ワイヤ271は、その長さにおいて再び伸張して、入れ子式要素30の間の相対角運動を提供する。 If application of electric energy is interrupted, the tension wire 271 is again stretched in its length, to provide a relative angular movement between the telescopic elements 30. これは次いで、オーバーチューブ270を、結腸を通る蛇行状通路を通過するのに十分に可撓性にする。 Then overtube 270 is sufficiently flexible to pass through the tortuous path through the colon.

張力メカニズムが故障した場合、オーバーチューブの望まない再構成の危険性を減少させるフェールセーフモードをオーバーチューブ270に提供するために、正反対に配置された張力ワイヤ271が直列回路で連結され得る。 If the tension mechanism has failed, in order to provide a fail-safe mode to reduce the risk of re-configuration that unwanted overtube overtube 270, tension wires 271 diametrically opposed may be connected in series circuit. 従って、1つのワイヤが故障した場合、正反対に配置されたワイヤもまた、再び伸張して、オーバーチューブ270内の対照的なクランプ負荷を維持する。 Thus, if one wire fails, diametrically also arranged wires also stretched again, maintaining the contrasting clamp load of the overtube 270. あるいは、全ての張力ワイヤ271が、直列電気回路において電気的に連結され得る。 Alternatively, all of the tension wires 271 may be electrically coupled in series electrical circuit. 従って、張力ワイヤのうちの1つが故障した場合、オーバーチューブ270が可撓性状態に戻る。 Therefore, one of the tension wires when failure, overtube 270 is returned to the flexible state.

本明細書中上記のものと類似の張力バネ(図示せず)またはダンパー(図示せず)が、張力ワイヤ271の近位端とハンドル21との間で連結され得ることが理解されるべきである(図2を参照のこと)。 Should those hereinabove similar tension spring (not shown) or damper (not shown), that can be connected is understood between the proximal end and the handle 21 of the tension wires 271 there (see Figure 2). とりわけ、これは、オーバーチューブが形状固定状態にある場合、一定の張力で張力ワイヤを維持し、それにより、その中に配置された入れ子式要素が隣接する入れ子式要素に対してわずかに移動した場合、このオーバーチューブがその可撓性状態に再構成する危険性を減少させる。 Among other things, this, if the overtube is in form-locking state, maintaining the tension wires in constant tension, thereby slightly move relative telescopic elements nestable elements disposed therein adjacent If, to reduce the risk of this overtube is reconstituted to its flexible state.

あるいは、図30に示されるように、オーバーチューブ280は、先の実施形態と類似の多数の入れ子式要素281を備え得る。 Alternatively, as shown in FIG. 30, the overtube 280 may comprise a number of nestable elements 281 similar to the previous embodiment. 例示目的のために、入れ子式要素281は、間隔を空けて示されているが、要素281は、各要素280の遠位表面282が隣接要素の近位表面283を覆うように配置されることが理解されるべきである。 For illustrative purposes, nestable elements 281 are shown spaced apart, element 281, the distal surface 282 of each element 280 is disposed so as to cover the proximal surface 283 of the adjacent elements There is to be understood. 入れ子式要素280の各々は、結腸鏡10を収容するための中心孔284を有する。 Each telescopic element 280 has a central hole 284 for housing the colonoscope 10.

図30に示されるように組み立てられる場合、入れ子式要素280は、入れ子式架橋要素286に固定して連結された複数の薄い張力リボン285によって接触した様式で配置される遠位表面282および近位表面283で留められる。 When assembled as shown in Figure 30, nestable elements 280, distal surface 282 and proximal are arranged in a manner in contact with a plurality of thin tension ribbon 285 which is fixedly connected to telescopic bridging element 286 It is fastened on the surface 283. 張力リボン285は、形状記憶材料(例えば、ニッケルチタン合金または電気活性ポリマー)から作製され、そして電流がこれを通った場合、平衡長から収縮長まで移行し得る。 Tension ribbon 285, the shape memory material (e.g., nickel titanium alloy or an electroactive polymer) is made from, and when a current through it may transition from the equilibrium length to contracted length.

入れ子式架橋要素286は、所定の数の入れ子式要素281の間のオーバーチューブ280内に配置される。 Nestable bridging element 286 is arranged in overtube 280 during a given number of nestable elements 281. 入れ子式要素281と同様に、架橋要素286はまた、結腸鏡10を収容する中心孔287、遠位に隣接した入れ子式要素の近位表面283と接触する遠位表面288、および近位に隣接した入れ子式要素281の遠位表面282と接触する近位表面289を備える。 Like the nestable elements 281, also the bridging element 286, a center hole 287 for accommodating the colonoscope 10, the distal surface 288 contacts the proximal surface 283 of the nestable elements adjacent the distal and adjacent to the proximal comprises a proximal surface 289 that contacts the distal surface 282 of the nestable elements 281 and. 各架橋要素はまた、複数の伝導性要素290を組み込み、この伝導性要素は、中心孔287の周りに方位角によって配置され、そして好ましくは、オーバーチューブ280内の同じ角周辺位置を直列電気回路で占める張力リボン285を連結する。 Each bridge element also incorporates a plurality of conductive elements 290, the conductive element is disposed azimuthally around the center hole 287, and preferably, the series electric circuit of the same angular peripheral position of the overtube 280 to connect the tension ribbon 285 occupied by.

電流が張力リボン285を通過する場合、このリボンの長さは収縮し、現時点の相対配向で、隣接する入れ子式要素の遠位表面および近位表面を一緒に係留る圧縮負荷を与え、それによりオーバーチューブ280の形状を固定する。 If current is passed through the tension ribbon 285, the length of the ribbon will contract, with the relative orientation of the current, giving a mooring Ru compressive load along a distal and proximal surfaces of adjacent telescopic elements, whereby fixing the shape of overtube 280. エネルギー源が電気の供給を中断した場合、張力リボン285は、再び伸張してその平衡長になり、入れ子式要素の間の相対角運動を提供する。 If the energy source is interrupted the supply of electricity, tension the ribbon 285 will become its equilibrium length stretched again, provides a relative angular movement between the telescopic elements. このことは次いで、オーバーチューブ280を、結腸を通る蛇行状の経路を通過するのに十分可撓性にする。 This is then the overtube 280, a sufficiently flexible to pass through the tortuous path through the colon.

本発明の別の局面によると、周囲の位置に正反対に配置される張力リボン285は、直列回路で電気的に連結され得る。 According to another aspect of the present invention, the tension the ribbon 285 that is diametrically opposed about the position may be electrically connected in series circuit. 有利には、この構成は、張力リボンを通して確立された電気回路の1つに電力が供給されない場合、オーバーチューブの望まない再構成の危険性を減少させるフェールセーフモードをオーバーチューブ280に提供する。 Advantageously, this arrangement, if one of the electrical circuit established through tension ribbons not receiving power, to provide a fail-safe mode to reduce the risk of re-configuration that unwanted overtube overtube 280.

例えば、図30のオーバーチューブ280は、90°間隔で等距離に配置された4セットの張力リボンを備え得る。 For example, overtube 280 in FIG. 30 may be provided with tension ribbon four sets arranged equidistantly at intervals of 90 °. 張力リボンT に電力が供給されない場合、すなわち、張力リボンT と、その反対側に配置された張力リボンT との間に電気的連絡がない場合、オーバーチューブ280は、自然に新たな硬い形状に再構成する。 When power to the tension ribbons T a is not supplied, i.e., the tension ribbons T a, when there is no electrical contact between the tension ribbons T c disposed on the opposite side, the overtube 280 is naturally a new to reconfigure the hard shape. なぜなら、オーバーチューブ内の張力はもはや、対称的にバランスが保たれていないからである。 This is because the tension in the overtube longer, because symmetrically balance is not maintained. このオーバーチューブ280の新たな形状は、結腸の蛇行状の経路を複製せず、従って、患者に対する実質的な害を引き起こし得ない。 New shape of the overtube 280, without duplicating tortuous path of the colon, therefore, not cause substantial harm to the patient.

有利には、本発明は、好ましくは、正反対に配置された張力リボンを直列回路で電気的に連結することによって、望まない再構成の危険性を減少させ得る。 Advantageously, the present invention may preferably by electrically connecting a series circuit tension ribbons diametrically opposed, reduces the risk of re-configuration not desired. 張力リボンT に電力が供給されない場合、張力リボンT もまた電力を供給されず、オーバーチューブ280に対照的な張力を提供し、張力ワイヤT およびその正反対に配置された張力ワイヤにも同様に対照的な張力を提供する(図示せず)。 When power to the tension ribbons T a is not supplied, the tension ribbons T c is also not supplied power, providing contrasting tension overtube 280, to tension wires T b and tension wires arranged in the opposite Similarly to provide a contrasting tension (not shown). このように、オーバーチューブは、張力メカニズムが作動した場合、その所望の剛性形状を維持する。 Thus, the overtube, when the tension mechanism is activated, maintains its desired stiffness shape. どの張力リボンにも電力が供給されない場合、オーバーチューブ280を直ちにその可撓性状態に戻すために、全てのリボン285は直列回路で電気的に連結され得る。 If no in tension the ribbon is not powered, in order to return the overtube 280 immediately to its flexible state, all of the ribbon 285 may be electrically connected in series circuit.

代替の実施形態において、張力リボン285は、オーバーチューブの残部を硬くすることなく、オーバーチューブの選択された領域を硬くするために、電気的に接続され得る。 In an alternative embodiment, the tension the ribbon 285 without hardening the remainder of the overtube, in order to harden the selected region of the overtube can be electrically connected. 例示的に、これは、長手軸方向に隣接する張力リボンを並列回路で、そして周辺方向に隣接する張力リボンを直列回路で連結することによって、達成され得る。 Illustratively, this is a parallel circuit tension ribbon adjacent longitudinally, and by concatenating the tension ribbon adjacent to the peripheral direction in the series circuit can be achieved.

もちろん、図30は中心孔284および287内に配置される張力リボン285を示すが、張力リボンはまた、入れ子式要素281および286の隣接する外側面292に配置され得ることが当業者に明らかである。 Of course, Figure 30 shows a tension ribbon 285 disposed in the center hole 284 and the 287, tension ribbons It is apparent to those skilled in the art that may be disposed on the outer surface 292 adjacent telescopic elements 281 and 286 is there. あるいは、張力リボンは、入れ子式要素281の遠位表面および近位表面を通って延び得る張力リボン孔(図示せず)を通って延び、そして入れ子式架橋要素286に取り付けられ得る。 Alternatively, tension the ribbon extends through tension ribbon bore may extend through the distal and proximal surfaces of nestable elements 281 (not shown), and may be attached telescopically bridging element 286.

図31〜37に関して、オーバーチューブ22の代替の実施形態が記載される。 With respect to Figure 31-37, an alternative embodiment of the overtube 22 is described. 複数の張力ワイヤまたはリボンで留められる多数の入れ子式要素を含む上記の実施形態のオーバーチューブ22とは異なり、図31〜37の実施形態は、代替の張力メカニズムを使用する。 Unlike overtube 22 of the above embodiments including multiple nestable elements which are fastened by a plurality of tension wires or ribbons, the embodiment of FIG. 31 to 37, use alternative tension mechanism. 特に、以下の実施形態は、オーバーチューブの長さに沿って配置された個々のリンクを含む圧縮スリーブの使用によって硬くされ得る複数のリンクを含む。 In particular, the following embodiments includes a plurality of links may be hard by the use of a compression sleeve comprising individual links positioned along the length of the overtube.

ここで図31A〜31Cを参照すると、本発明のオーバーチューブの第4の代替の実施形態が記載される。 Referring now to FIG. 31A through 31C, an embodiment of a fourth alternative of the overtube of the present invention is described. オーバーチューブ300は、多数のスプールリンク301とクランプリンク302を交互に備える。 Overtube 300 comprises a number of spool links 301 and the clamp link 302 alternately. スプールリンク301およびクランプリンク302の各々は、標準的な結腸鏡を収容するようにこの中を通して配置された孔を有する。 Each spool link 301 and the clamp link 302 has a disposed holes through therein to accommodate a standard colonoscope. スプールリンク301は、その遠位端および近位端に配置された丸い端部303を備え、これらの遠位端および近位端は、クランプリンク302の孔の中に配置されるような輪郭にされた2つの溝部304のうちの1つとの制限された回転可能な係合を可能にするような輪郭にされている。 Spool link 301 is provided with a rounded end 303 disposed at a distal end and a proximal end, these distal and proximal ends, contoured be placed in the bore of the clamp link 302 It is contoured to enable one of limited rotation engagement of the two grooves 304. 従って、クランプリンク302は、スプールリンク301よりも大きい外径を備える。 Thus, clamp link 302 has a larger outer diameter than the spool link 301. 各クランプリンク302はまた、本明細書中以下で考察されるように、このクランプリンクが、圧縮された場合、クランプリンク302の直径の減少を可能にするように長手軸方向に配置された貫通壁スプールリンク305を有する。 Each clamp link 302 may also comprise, as discussed herein below through this clamp link, if it is compressed, arranged longitudinally so as to permit a reduction in the diameter of the clamp link 302 have walls spool link 305.

さらに図31A〜31Cを参照すると、圧縮スリーブの第1の実施形態は、第1の圧縮部分311および第2の圧縮部分312を有する拡張可能スリーブ310を備える。 Still referring to FIG. 31A through 31C, a first embodiment of a compression sleeve is provided with an expandable sleeve 310 having a first compression part 311 and the second compression part 312. スリーブ310は、スリーブ310が拡張された場合、第2の圧縮部分312の内径が第1の圧縮部分311の内径よりも小さくなるように構成される。 The sleeve 310 when the sleeve 310 is expanded, and as the inner diameter of the second compression portion 312 is smaller than the inner diameter of the first compression portion 311. 第2の圧縮部分312は、クランプリンク302と係合するように配置され得る。 The second compression part 312 may be positioned to engage the clamp link 302. 従って、拡張可能スリーブ310がハンドルと連結された拡張源(図示せず)によって拡張される場合、第2の圧縮部分312は、クランプリンク202を圧縮して、形状の固定されたオーバーチューブ300にする。 Therefore, when the expandable sleeve 310 is expanded by the expansion source coupled to the handle (not shown), the second compression part 312 compresses the clamp link 202, the fixed overtube 300 shapes to. 図31Bおよび31Cにおいて、第1の圧縮部分311および第2の圧縮部分312の断面図は、それぞれ、スリーブ310がその拡張状態にある場合で示されている。 In Figure 31B and 31C, cross-sectional view of a first compressed portion 311 and the second compression part 312, respectively, are shown in the case where the sleeve 310 is in its expanded state.

図32は、拡張可能な袋も備える圧縮スリーブの代替の実施形態を示す。 Figure 32 shows an alternative embodiment of a compression sleeve also comprises expandable bladder. 図31A〜31Cの拡張可能な袋とは異なり、らせん状の袋320は一定の内径を有する。 Unlike expandable bag of FIG. 31A through 31C, helical bag 320 has a constant inner diameter. らせん状の袋320は、好ましくは、オーバーチューブの周りにらせん状に配置される。 Spiral bag 320 is preferably arranged in a spiral around the overtube. 従って、袋320が拡張された場合、クランプリンク302は、スプールリンク301に対して圧縮されて、このオーバーチューブを硬くする。 Therefore, when the bag 320 is extended, clamp link 302 is compressed against the spool link 301, to harden the overtube.

図33は、圧縮スリーブ330のさらなる実施形態し、これは形状記憶合金(例えば、ニッケルチタン合金)から作製された不連続フープ331を備える。 Figure 33 a further embodiment of a compression sleeve 330, which comprises a discontinuous hoops 331 made of shape memory alloy (e.g., nickel-titanium alloy). 各フープ331は、溝部332を含み、この溝部332はバネ333によって架橋されている。 Each hoop 331 includes a groove 332, the groove portion 332 are bridged by the spring 333. 各フープ331は、絶縁ワイヤ334を介して隣のフープ331に電気的に連結され、その結果、直列電気回路が確立される。 Each hoop 331 may be electrically connected to the adjacent hoops 331 via an insulating wire 334, as a result, the series electrical circuit is established. フープ331に電力が供給された場合、これらのフープは、相転移を受け、この相転移によって、このフープは、電力を供給されていない形状よりも寸法が小さい予備形成形状に収縮し得る。 If power is supplied to the hoop 331, these hoop, undergo a phase transition, the phase transition, the hoop may be contracted in preformed shape dimension smaller than the shape that is not receiving power. フープ331は、クランプリンク302の周りに配置され得るので、フープ331の収縮は、リンク302をスプールリンク301に向かって圧縮するクランプ負荷を付与して、オーバーチューブを硬くするために使用され得る。 Hoops 331, because it can be placed around the clamp link 302, shrinkage of the hoop 331, by applying a clamp load to compress toward the link 302 to the spool link 301, it may be used to stiffen the overtube.

フープ331が電力を供給されていない状態にある場合、バネ333は構造完全性に寄与する。 If the hoop 331 is in a state of not receiving power, spring 333 contributes to the structural integrity. 電力を供給し、それによりフープ331を収縮させるために、電流がワイヤ334を流れ得る。 Supplies power, thereby to contract the hoops 331, current can flow through the wire 334. フープ331をその非収縮状態に戻し、それによりオーバーチューブをその可撓性状態に戻すために、フープ331に冷水または冷風が流され得る。 Return the hoop 331 in its uncontracted state, thereby to return the overtube to its flexible state, may cold or cool air is passed through the hoop 331. もちろん、当業者は、フープ331がまた、別々に電力供給され、従って並列回路を必要とすることを理解する。 Of course, those skilled in the art, Kamata hoops 331, is separately powered and therefore understand the need for parallel circuit.

図34A〜34Bに関して、本発明における使用に適切なオーバーチューブのなおさらなる代替の実施形態が記載される。 With respect to FIG. 34A~34B, still further alternative embodiment of an overtube suitable for use in the present invention are described. この実施形態は、異なるデュロメーターの領域(例えば、剛性材料342および軟質材料343)を有する一体型ストリップ341から形成される螺旋状リンク340を備える。 This embodiment comprises a spiral link 340 which is formed from a unitary strip 341 having regions of different durometer (e.g., rigid material 342 and flexible material 343). ストリップ341が螺旋状に巻かれる場合、剛性部分344および軟質部分345を有する螺旋状リンク340が形成される。 If the strip 341 is helically wound, spiral link 340 having a rigid portion 344 and soft portion 345 is formed. 剛性部分344は、オーバーチューブに構造的完全性を提供し、一方、軟質部分345は、可撓性を提供する。 Rigid portion 344 provides structural integrity to the overtube while the soft portion 345 provides flexibility.

螺旋状リンク340は、圧縮スリーブ346内に配置され、これは、第1の圧縮部分347および第2の圧縮部分348を備える。 Spiral link 340 is disposed within the compression sleeve 346, which includes a first compression part 347 and the second compression part 348. 圧縮スリーブ346は、第2の圧縮部分348が螺旋状リンク340の剛性部分344と整列し、この剛性部分344に係留力を付与していること以外は、図31A〜31Cに記載されるものと、構造および作動が同じである。 Compression sleeve 346, the second compression part 348 is aligned with the rigid portion 344 of the spiral link 340, except that it grants mooring force to the rigid portion 344, as described in FIG 31A~31C , the structure and operation are the same. もちろん、本発明の原理に従うオーバーチューブは、螺旋状リンク340を使用して、図32および33に関して記載される係留システムのいずれかから代替的に形成され得ることが理解される。 Of course, the overtube according to the principles of the present invention uses a spiral link 340, it is understood that may alternatively be formed from any of mooring systems described with respect to FIGS. 32 and 33.

ここで図35を参照すると、オーバーチューブの別の代替の実施形態が記載され、ここで、各Grecianリンク350は、可撓性本体353の長手軸方向に対向する端部に配置された剛性の第1のリム351および第2のリム352を備える。 Referring now to FIG. 35, it describes another alternative embodiment of an overtube, wherein each Grecian links 350, longitudinal to the opposite rigid located at the end of the flexible body 353 comprising a first rim 351 and second rim 352. 第1のリム351は、チャネル355および開口部356を規定するU字形のアーム354を備える。 The first rim 351 is provided with an arm 354 of the U-shaped to define a channel 355 and the opening 356. 第2のリム352は、反転アーム357を備え、この反転アーム357は、隣接する第1のリム351と係合した場合、開口部356を通してU字形アーム354のチャネル355内に配置され、その結果、U字形アーム354および反転アーム357は、係合し、そしてオーバーチューブの長手軸に沿って重なる。 The second rim 352 is provided with a reversing arm 357, the inverting arms 357, when engaged with the first rim 351 adjacent, is disposed within the channel 355 of the U-shaped arm 354 through the opening 356, as a result , U-arm 354 and the inverting arms 357 overlaps along the longitudinal axis of the engagement, and the overtube.

Grecianリンク350は、圧縮スリーブ358内に配置され、これは第1の圧縮部分359および第2の圧縮部分360を備える。 Grecian links 350 are disposed within the compression sleeve 358, which includes a first compression part 359 and the second compression part 360. 圧縮スリーブ358は、第2の圧縮部分360が第1および第2のリムの上に重なったU字型アーム354および反転アーム357と整列し、これらのアームに係留力を付与していること以外は、図31Aおよび34Aに記載されるものと、構造および作動が同じである。 Compression sleeve 358, except that the second compression part 360 is aligned with the first and second U-shaped arm 354 and the inverting arms 357 overlying the rim imparts anchoring forces to the arms includes those described in FIGS. 31A and 34A, the structure and operation are the same. もちろん、本発明の原理に従うオーバーチューブは、Grecianリンク350を使用して、図32および33に関して記載される係留システムのいずれかから代替的に形成されることが理解される。 Of course, the overtube according to the principles of the present invention uses the Grecian links 350, it is understood that alternatively be formed from any of mooring systems described with respect to FIGS. 32 and 33.

ここで図36を参照すると、本発明において使用するために適切なオーバーチューブのなお別の代替の実施形態が記載される。 Referring now to FIG. 36, yet another alternative embodiment of an overtube suitable for use in the present invention are described. この実施形態は、接合リンク370を備え、この接合リンク370は、可撓性本体373の長手軸方向に対向する端部に配置されたボール371およびソケット372を備える。 This embodiment includes a joint link 370, the joint link 370 is provided with a ball 371 and socket 372 disposed at opposite ends in the longitudinal axis direction of the flexible body 373. 隣接する接合リンク370が係合される場合、1つのリンクのボール371は、隣接リンクのソケット372内に配置される。 If joining link 370 adjacent are engaged, the ball 371 of one link is positioned within the socket 372 of the adjacent link. オーバーチューブが曲げられる場合、ボール371は、ソケット372と接触し、オーバーチューブの関節部を提供する。 If the overtube is bent, the ball 371 is in contact with the socket 372, providing a joint portion of the overtube.

接合リンク370は、圧縮スリーブ374内に配置され、この圧縮スリーブ374は、第1の圧縮部分375および第2の圧縮部分376を備える。 Joint link 370 is disposed within the compression sleeve 374, the compression sleeve 374 includes a first compression part 375 and the second compression part 376. 圧縮スリーブ374は、第2の圧縮部分376が、隣接リンクのボール371が内部に配置されているソケット372と整列し、このソケット372に係留力を付与していること以外は、図31A、34Aおよび35に記載のものと、構造および作動が同じである。 Compression sleeve 374, the second compression section 376, except that the ball 371 of the adjacent link are aligned with the socket 372 disposed in the interior, has granted mooring forces to the socket 372, Fig. 31A, 34A to those described and 35, the structure and operation are the same. もちろん、本発明の原理に従うオーバーチューブは、接合リンク370を使用して、図32および33に関して記載される係留システムのいずれかから代替的に形成され得ることが理解される。 Of course, the overtube according to the principles of the present invention uses a junction link 370, it is understood that may alternatively be formed from any of mooring systems described with respect to FIGS. 32 and 33.

図37に関して、本発明の装置において使用するのに適切なオーバーチューブのなおさらなる実施形態が記載される。 With respect to Figure 37, a still further embodiment of an overtube suitable for use in the apparatus of the present invention is described. オーバーチューブ380は、その中に包埋されたワイヤ382を有する熱軟化ポリマー層381(例えば、Thermedics Polymer Products,Woburn,Maから入手可能な独自のウレタンベースのポリマーである、Carbothane(登録商標))を含む。 Overtube 380 is heat-softenable polymer layer 381 having a wire 382 which is embedded therein (e.g., a Thermedics Polymer Products, Woburn, proprietary urethane based polymer available from Ma, Carbothane (R)) including. ワイヤ382は、ハンドルにおいて、エネルギー源に連結され、その結果、電流をワイヤ382に流すことによって、ポリマー層381を軟化させるために十分な抵抗加熱が起こり、このポリマー層を、蛇行状または支持されていない解剖学的構造を通過するのに十分な可撓性にする。 Wire 382, ​​the handle is connected to the energy source, as a result, by passing a current through the wire 382, ​​occurs sufficient resistance heating to soften the polymeric layer 381, the polymer layer, it is meander-shaped or supporting the anatomy is not a sufficiently flexible to pass through. 電気エネルギーがワイヤ382に供給されない場合、ワイヤの抵抗加熱もポリマー層の抵抗加熱も生じず、その代わり、オーバーチューブが冷え、硬くなる。 If the electrical energy is not supplied to wire 382, ​​the resistance heating wire nor not cause resistance heating of the polymer layer, and instead, cold overtube, becomes hard. ワイヤ382は、ねじれ耐性および電気加熱を提供するという2つの目的を果たす。 Wire 382 serves the dual purpose of providing kink resistance and electric heating.

なお図37を参照すると、本発明における使用に適切なオーバーチューブのさらに別の代替の実施形態は、層381中に埋め込まれた形状記憶合金ワイヤ382を有する軟質弾性ポリマー層381を含む。 Still referring to FIG. 37, yet another alternative embodiment of an overtube suitable for use in the present invention include a soft elastic polymer layer 381 having a shape memory alloy wire 382 embedded in the layer 381. この実施形態において、形状記憶合金は、体温より高いマルテンサイト転移温度を有するように選択される。 In this embodiment, the shape memory alloy is selected to have a high martensitic transition temperature above body temperature. 例えば、この合金に電流を流すことによって、体温より上の温度まで加熱され、このワイヤはオーステナイト相に転移し、そしてより硬くなり、それによりこのオーバーチューブを形状固定する。 For example, by applying an electric current to the alloy is heated to a temperature above body temperature, the wire is transferred to the austenite phase, and becomes harder, thereby form-locking the overtube. 電流の適用が止められた場合、ワイヤ382は冷えてマルテンサイト相に戻り、このオーバーチューブを可撓性にする。 If the application of current is stopped, the wire 382 will return to the martensitic phase cools and the overtube flexible.

ここで図38A〜38Cを参照すると、本発明と共に使用するために適切なオーバーチューブのさらなる代替の実施形態が記載される。 Referring to FIG. 38A~38C where further alternative embodiment of an overtube suitable for use with the present invention is described. オーバーチューブ390は、結腸鏡10を収容する中心管腔392を有する細長本体391、および円柱状ワイヤ管腔表面394によって規定されるワイヤ管腔393を備える。 Overtube 390 is provided with a wire lumen 393 defined by the elongate body 391 and a cylindrical wire luminal surface 394, having a central lumen 392 to accommodate the colonoscope 10. 各ワイヤ管腔393内に、この細長本体の長さに延びるワイヤ395が配置される。 Each wire lumen 393, a wire 395 extending the length of the elongate body is disposed. 細長本体391は、当該分野で公知の電気活性ポリマーから作製され、この電気活性ポリマーによって、ワイヤ管腔393は、電力供給に応答してその直径を変え得る。 Elongate body 391 is made from known electroactive polymer in the art, by the electroactive polymer, the wire lumen 393 may change its diameter in response to a power supply.

特に、電流が細長本体391を流れる場合、各ワイヤ管腔393の直径は減少し、その結果、このワイヤ管腔は、それぞれのワイヤ395の周りを締める。 In particular, when the current flows through the elongate body 391, the diameter of each wire lumen 393 is reduced such that the wire lumen is tightened around the respective wires 395. 好ましくは、ワイヤ395およびワイヤ管腔表面394の両方が、それらの間の摩擦を増大するためにテクスチャー加工される。 Preferably, both the wire 395 and wire luminal surface 394 is textured to increase friction between them. これは、細長本体391とワイヤ395との間のさらなる相対運動を妨げ、そしてオーバーチューブ390を硬くする。 This prevents further relative movement between the elongate body 391 and the wire 395, and to harden the overtube 390. 電流の付与が止められた場合、ワイヤ管腔393の直径は増加し、ワイヤ395を解放し、その結果、細長本体391はワイヤ395に対して移動し得る。 If application of current is stopped, the diameter of the wire lumen 393 increases, release the wire 395, as a result, the elongated body 391 may move relative to the wire 395. これは次いで、オーバーチューブ390を、結腸を通る蛇行状の経路を通過するのに十分に可撓性にする。 Then overtube 390, a sufficiently flexible to pass through the tortuous path through the colon.

図39に関して、オーバーチューブのさらに別の代替の実施形態が記載される。 With respect to Figure 39, yet another alternative embodiment of the overtube is described. オーバーチューブ400は、多数の剛性リンク402の周りで重なった様式で配置された多数の可変直径のリンク401を含み、これはオーバーチューブの構造的完全性を提供する。 Overtube 400 includes a number of variable diameter links 401 arranged in overlapping fashion around the number of rigid links 402, which provides the structural integrity of the overtube. 各リンクは、中心孔を備え、この中心孔は、オーバーチューブの管腔25を規定し、そして標準的な市販の結腸鏡を収容する。 Each link is provided with a central hole, the center hole defines a lumen 25 of the overtube, and accommodates the standard commercial colonoscope. 可変直径のリンク401は、好ましくは、電気活性ポリマーまたは形状記憶合金(これらは電力を供給された場合に、直径を収縮する)から製造される。 Variable diameter links 401 are preferably electroactive polymer or a shape memory alloy (these when supplied with electric power, to contract the diameter) is produced from. 可変直径のリンク401が電気的に活性化された場合、この可変直径のリンクは、剛性リンク402の周りで締められ、オーバーチューブ400を形状固定状態に移行させる。 If variable diameter links 401 is electrically activated, the link of the variable diameter, tightened around the rigid links 402 shifts the overtube 400 to the form-locking state. この可変直径のリンクが電気的に不活性化された場合、この可変直径のリンクは、オーバーチューブ400をその可撓性状態に戻すのに十分に軟化される。 If this link variable diameter is electrically inactivated link the variable diameter is sufficiently softened to return the overtube 400 in its flexible state.

好ましい実施形態において、可変直径のリンク401および剛性リンク402は、それぞれの材料ストリップから形成され、これらは重なった様式で螺旋状に巻かれてオーバーチューブ400を形成する。 In a preferred embodiment, links 401 and rigid links 402 of variable diameter is formed from a respective material strip, which forms the overtube 400 is spirally wound in a superimposed manner. あるいは、各リンクは、別々に形成されて、重なった様式で配置され得る。 Alternatively, each link being formed separately, can be arranged in overlapping fashion.

図40A〜40Bにおいて、本発明の装置と共に使用するのに適切なオーバーチューブのさらに別の代替の実施形態が、概略的に示される。 In FIG. 40A to 40B, yet another alternative embodiment of an overtube suitable for use with the apparatus of the present invention is schematically illustrated. オーバーチューブ405は、多数のくびれた入れ子式要素406を備え、これらのくびれた入れ子式要素406は、好ましくは、電気活性ポリマーまたは形状記憶合金から製造され、そして各々が、首部409により連結された球状の遠位部分407および近位部分408を有する。 Overtube 405 comprises a number of constricted nestable elements 406, nestable elements 406 constricted These are preferably made from an electroactive polymer or a shape memory alloy, and each of which is connected by neck 409 having a distal portion 407 and proximal portion 408 of the spherical shape. 首部409の直径は、遠位部分407の最大直径よりも小さく、これはまた同様に、近位部分408の最大直径よりも小さい。 The diameter of the neck 409 is smaller than the maximum diameter of the distal portion 407, which is the also similarly smaller than the maximum diameter of the proximal portion 408. 各くびれた要素406の外面410の遠位部分は、遠位に隣接するくびれた要素の内面411の近位部分と協働するような外形にされる。 The distal portion of the outer surface 410 of the waisted element 406 is profiled so cooperates with a proximal portion of the inner surface 411 of the constriction elements adjacent the distal. 従って、多数のくびれた要素が一緒に入れ子にされて、オーバーチューブ405を形成する場合、隣接要素406は、このオーバーチューブが可撓性状態にある場合、互いにより関連して動き得る。 Therefore, a number of constricted elements are nested together, the case of forming the overtube 405, the adjacent element 406, if the overtube is in flexible state, may move in relation from one another.

隣接要素間の相対運動の間の隣接要素間の摩擦を減少するために、近位部分408は、近位縁部413と隣接して配置された複数のスリット412を備える。 To reduce the friction between adjacent elements during relative movement between adjacent elements, the proximal portion 408 is provided with a plurality of slits 412 disposed adjacent the proximal edge 413. スリット412はまた、隣接要素の遠位部分407の周りでの各要素の近位部分408の収縮を容易にする。 Slit 412 also facilitates contraction of proximal portion 408 of each element around the distal portion 407 of an adjacent element. 各くびれた要素406はまた、結腸鏡10を収容する中心孔414を有する(図1を参照のこと)。 Each constriction element 406 also has a central hole 414 for housing the colonoscope 10 (see FIG. 1).

電流が、多数のくびれた入れ子式要素406に付与される場合、各要素の近位部分408は、隣接要素の遠位部分407の周りでその直径を収縮する。 Current, if applied to a number of constricted nestable elements 406, proximal portion 408 of each element, it contracts its diameter around the distal portion 407 of an adjacent element. これに付与される圧縮係留力は、隣接要素間の相対運動を防止し、それにより、オーバーチューブを形状固定する。 Compressive mooring force applied thereto, to prevent relative movement between adjacent elements, thereby form-locking overtube. 入れ子式要素への電流供給が止められると、近位部分408は、隣接する入れ子式要素406の間の相対運動を可能にするのに十分に緩み、従って、オーバーチューブ405が蛇行状の湾曲部を通過するのを可能にする。 When the current supply to the nestable elements is stopped, the proximal portion 408 is sufficiently slack to allow relative movement between adjacent nestable elements 406, therefore, the overtube 405 is meandering curved wall It makes it possible to pass through. 例示目的のために、本願の図面は、電解媒体、電極、および連結されて、本明細書中に記載される電気活性ポリマーのイオン化、従って収縮を促進する絶縁ワイヤを示さないかもしれないことが理解されるべきである。 For illustrative purposes, the drawings of the present application, the electrolytic medium, electrodes, and are connected, ionization of electroactive polymers described herein, thus it may not exhibit the insulated wire to promote shrinkage it should be understood.

本発明の別の局面によると、本発明のオーバーチューブは、オーバーチューブ22の長さに延び得、かつそこから取り外され得る、使い捨てシース420を備え得る。 According to another aspect of the present invention, the overtube of the present invention may extend the length of the overtube 22, and can be removed therefrom, may comprise a disposable sheath 420. 図4に関して本明細書中上記で記載されるシースのように、図41のシース420はまた、遠位に配置された非外傷性先端部421、および可撓性層423中にカプセル化された可撓性のねじれ耐性コイル422を組込み得る。 As the sheath described hereinabove with respect to Figure 4, the sheath 420 of FIG. 41 is also atraumatic tip 421 is disposed distally, and encapsulated in a flexible layer 423 a flexible kink resistance coil 422 may incorporate. その近位端において、層423は、接合するか、または管腔425を規定する潤滑性ライナー424および可撓性の弾性スキン427と一体的に形成される。 At its proximal end, the layer 423 is either joined or integral with the lubricious liner 424 and the flexible elastic skin 427 defines a lumen 425 to be formed. ライナー424は、任意の可撓性のねじれ耐性コイル429を組み込み得、薄い可撓性の材料から作製され得、そして/またはこの上に、図4に関して記載されるものと類似の親水性コーティングを有し得る。 The liner 424 may obtain the embedded torsional resistance coil 429 of any flexible, resulting made from thin, flexible material, and / or on this, similar hydrophilic coating to those described with respect to FIG. 4 It may have. ライナー424とスキン247との間に、環状チャンバ428が配置され、この中に、入れ子式要素30が挿入され得る。 Between the liner 424 and skin 247, it is disposed an annular chamber 428 into which, nestable elements 30 can be inserted. シース420は、入れ子式要素30のカラム上にスライドし、かつこのカラムから取り出されるように構成され、その結果、このシースは、1回の使用後に廃棄され得、一方、入れ子式要素およびハンドルは、滅菌されて、再利用され得る。 The sheath 420 slides onto a column of nestable elements 30, and is configured to be withdrawn from the column, as a result, the sheath may be discarded after a single use, whereas, nestable elements and handle , are sterile, it can be reused. 有利には、かなりのコストの軽減が実現され得る。 Advantageously be realized significant cost reduction.

本発明の別の局面によると、装置20は、装置20および結腸鏡10を患者に挿入する前に、結腸鏡10を装置20に固定するためのデバイスをさらに備え得る。 According to another aspect of the present invention, device 20, the device 20 and colonoscope 10 prior to insertion into a patient, it may further comprise a device for fixing to the colonoscope 10 device 20. 図42は、装置20のハンドル21に遠位に、そして結腸鏡10の近位部分13に近位に固定され得るストラップ430を示す。 Figure 42 is distally into the handle 21 of the device 20, and illustrates a strap 430 which may be secured to the proximal a proximal portion 13 of the colonoscope 10. ストラップ430は、好ましくは、結腸鏡がオーバーチューブ内に配置された後に、結腸鏡10が装置20から外れるのを防止する長さを有する。 Strap 430, preferably, after the colonoscope is placed in the overtube, colonoscope 10 has a length to prevent the out of the device 20. 例示的に、ストラップ430は、延性ワイヤまたはVelcroから作製され得る。 Illustratively, the strap 430 may be made of ductile wire or Velcro. ストラップ430が延性ワイヤから作製される場合、このストラップは、それぞれ、ハンドル21および結腸鏡10上に配置されたアンカー431および432に固定され得る。 If the strap 430 is made of ductile wires, the strap may be secured respectively to the anchor 431 and 432 disposed on the handle 21 and colonoscope 10. アンカー432は、結腸鏡10と一体的であっても、結腸鏡10の適用のために適切な接着剤を含んでいてもよい。 Anchor 432 may be a colonoscope 10 integrally, it may include a suitable adhesive for the application of colonoscope 10.

上記の説明は下部胃腸管における装置20の使用、特に、結腸鏡検査の実施を強調しているが、本発明の装置はまた、上部胃腸管、および腹腔鏡検査手順において、操縦可能な腹腔内視鏡またはツールが進められ得る可変の剛性のトロカールとして使用され得ることが当業者に明らかである。 Using the above description apparatus in the lower gastrointestinal tract 20, in particular, but emphasizes the implementation of colonoscopy, apparatus of the present invention also includes an upper gastrointestinal tract, and in laparoscopic procedures, steerable intraperitoneally it will be apparent to those skilled in the art that endoscope or tool may be used as a variable stiffness trocars may be advanced. 装置20はまた、泌尿器科内視鏡検査手順において使用するために、サイズを縮小され得る。 Device 20 also for use in urological endoscopy procedure, may be reduced in size. 例えば、小型化オーバーチューブは、腎臓の下側の器官にアクセスするために、操縦可能な腎臓鏡と共に、患者の尿管を通して腎臓まで進められ得る。 For example, downsizing the overtube, in order to access the underside of the organs of kidney, with steerable kidney mirrors, it may be advanced to the kidneys through the ureters of the patient.

本発明の好ましい例示的な実施形態が上に記載されているが、種々の変更および改変が、本発明から逸脱することなくなされ得ることが当業者に明らかである。 While preferred illustrative embodiments of the present invention have been described above, various changes and modifications It will be apparent to those skilled in the art that may be made without departing from the present invention. 添付の特許請求の範囲は、本発明の真の精神および範囲に含まれるこのような変更および改変の全てを網羅することを意図する。 The appended claims are intended to cover all such changes and modifications as fall within the true spirit and scope of the invention.

図1は、S字状の結腸を超えて結腸鏡を進める際に遭遇する通常の困難を示す、ヒト結腸の概略図である。 Figure 1 shows a typical difficulty encountered in advancing the colonoscope beyond S-shaped colon, is a schematic view of a human colon. 図2は、本発明の例示的な装置の側面図である。 Figure 2 is a side view of an exemplary device of the present invention. 図3Aは、図2の装置において使用するために適切な、オーバーチューブの第一の実施形態の入れ子式要素の側面断面分解図である。 Figure 3A is suitable for use in the apparatus of FIG. 2 is a side cross-sectional exploded view of the telescopic elements of the first embodiment of the overtube. 図3Bは、一緒に入れ子状にされた、図3Aの入れ子式要素の2つの側面図である。 Figure 3B were nested together, are two side views of a telescoping element of Figure 3A. 図4は、本発明の原理に従って構築された、図2の装置の遠位領域の側面断面図である。 Figure 4 is constructed in accordance with the principles of the present invention, it is a side cross-sectional view of the distal region of the device of FIG. 図5は、図2の装置のハンドルにおいて使用するために適切な機構の代表的な配置の側面断面図である。 Figure 5 is a side sectional view of an exemplary arrangement suitable mechanism for use in the handle of the apparatus of FIG. 図6は、図5のハンドルにおいて使用するために適切なワイヤクランプシステムの詳細の、側面断面図である。 6, details of the appropriate wire clamp system for use in the handle of FIG. 5 is a side sectional view. 図7Aは、本発明の装置を使用する方法の概略図である。 Figure 7A is a schematic diagram of a method of using the apparatus of the present invention. 図7Bは、本発明の装置を使用する方法の概略図である。 Figure 7B is a schematic diagram of a method of using the apparatus of the present invention. 図7Cは、本発明の装置を使用する方法の概略図である。 Figure 7C is a schematic diagram of a method of using the apparatus of the present invention. 図8は、本発明の装置を使用する方法における代替の工程の概略図である。 Figure 8 is a schematic view of an alternative step in the method of using the apparatus of the present invention. 図9は、本発明の装置の代替の実施形態の側面図である。 Figure 9 is a side view of an alternative embodiment of the apparatus of the present invention. 図10Aは、構成要素がフェールセーフモードを提供する、本発明のオーバーチューブを剛性化するために適切な張力メカニズムの構成要素の概略図である。 Figure 10A is a component to provide a fail-safe mode is a schematic diagram of the components of a suitable tensioning mechanisms to stiffen the overtube of the present invention. 図10Bは、構成要素がフェールセーフモードを提供する、本発明のオーバーチューブを剛性化するために適切な張力メカニズムの構成要素の概略図である。 10B is a component to provide a fail-safe mode is a schematic diagram of the components of a suitable tensioning mechanisms to stiffen the overtube of the present invention. 図10Cは、構成要素がフェールセーフモードを提供する、本発明のオーバーチューブを剛性化するために適切な張力メカニズムの構成要素の概略図である。 10C is a component to provide a fail-safe mode is a schematic diagram of the components of a suitable tensioning mechanisms to stiffen the overtube of the present invention. 図11は、図2の装置のハンドル内の、図10Aおよび10Bの構成要素を組み込む、張力メカニズムの切取側面図である。 11, in the handle of the apparatus of FIG. 2, incorporating the components of FIG. 10A and 10B, a cutaway side view of a tensioning mechanism. 図12Aは、各々がフェールセーフモードを提供する張力メカニズムの代替の構成要素の概略斜視図である。 Figure 12A is a schematic perspective view of an alternative component of the tension mechanism, each of which provides a fail-safe mode. 図12Bは、各々がフェールセーフモードを提供する張力メカニズムの代替の構成要素の概略斜視図である。 Figure 12B is a schematic perspective view of an alternative component of the tension mechanism, each of which provides a fail-safe mode. 図12Cは、各々がフェールセーフモードを提供する張力メカニズムの代替の構成要素の概略斜視図である。 Figure 12C is a schematic perspective view of an alternative component of the tension mechanism, each of which provides a fail-safe mode. 図12Dは、各々がフェールセーフモードを提供する張力メカニズムの代替の構成要素の概略斜視図である。 Figure 12D is a schematic perspective view of an alternative component of the tension mechanism, each of which provides a fail-safe mode. 図13Aは、図2の装置のハンドル内に、図12Bの滑車マニホルドを組み込む張力メカニズムの側面断面図である。 Figure 13A is within the handle of the apparatus of FIG. 2 is a side sectional view of a tensioning mechanism incorporating pulleys manifold of Figure 12B. 図13Bは、オーバーチューブの状態を表示する指示器である。 13B is a indicator that displays the status of the overtube. 図14Aは、本発明のオーバーチューブを、可撓性状態と剛性状態との間で、連続的な作動で移行させる、代替の張力メカニズムの切取側面図である。 Figure 14A overtube of the present invention, between a flexible state and a rigid state, shifts in a continuous operation, a side cut-away view of an alternative tensioning mechanism. 図14Bは、本発明のオーバーチューブを、可撓性状態と剛性状態との間で、連続的な作動で移行させる、代替の張力メカニズムの切取側面図である。 Figure 14B overtube of the present invention, between a flexible state and a rigid state, shifts in a continuous operation, a side cut-away view of an alternative tensioning mechanism. 図14Cは、本発明のオーバーチューブを、可撓性状態と剛性状態との間で、連続的な作動で移行させる、代替の張力メカニズムの切取側面図である。 Figure 14C, the overtube of the present invention, between a flexible state and a rigid state, shifts in a continuous operation, a side cut-away view of an alternative tensioning mechanism. 図15は、空気式作動を使用する、なお別の代替の張力メカニズムの側面断面図である。 Figure 15 uses the pneumatic actuation, still a side cross-sectional view of a tensioning mechanism of another alternative. 図16は、本発明のオーバーチューブを、このオーバーチューブの遠位端の実質的な移動なしで、可撓性状態から剛性状態へと移行させる、さらなる代替の張力システムの側面断面図である。 Figure 16 is an over-tube of the present invention, substantial no movement of the distal end of the overtube, shifts from a flexible state to a rigid state, a side cross-sectional view of a tensioning system further alternative. 図17Aは、図2のオーバーチューブにおいて使用するために適切な代替の要素の側面断面図である。 Figure 17A is a side sectional view of a suitable alternative element for use in the overtube of FIG. 図17Bは、図17Aの要素とともに使用するために適切なローラ要素である。 Figure 17B is a suitable roller element for use with the element of FIG. 17A. 図18Aは、主要管腔を通しての診断デバイスまたは治療デバイスの通過を容易にするための、図2または図9の装置のオーバーチューブ内の潤滑レールの使用を示す。 Figure 18A shows for facilitating the passage of a diagnostic or therapeutic device through the main lumen, the use of lubricating rails in the overtube of the apparatus of FIG. 2 or FIG. 図18Bは、主要管腔を通しての診断デバイスまたは治療デバイスの通過を容易にするための、図2または図9の装置のオーバーチューブ内の潤滑レールの使用を示す。 Figure 18B shows for facilitating the passage of a diagnostic or therapeutic device through the main lumen, the use of lubricating rails in the overtube of the apparatus of FIG. 2 or FIG. 図19は、一体的な潤滑ライニングを有する、代替の入れ子式要素の側面断面図である。 19, having an integral lubrication lining is a side sectional view of the nestable elements alternate. 図20Aは、一緒に入れ子状にされる場合に平滑な内部管腔を形成する、代替の入れ子式要素の側面断面図である。 Figure 20A is together to form a smooth inner lumen when it is nested in a side cross-sectional view of the nestable elements alternate. 図20Bは、一緒に入れ子状にされる場合に平滑な内部管腔を形成する、代替の入れ子式要素の側面断面図である。 20B is together to form a smooth inner lumen when it is nested in a side cross-sectional view of the nestable elements alternate. 図21Aは、入れ子式要素が、摩擦を増強するために巨視的にテクスチャー加工されている、図3の入れ子式要素のなおさらなる代替の実施形態である。 Figure 21A is a telescoping elements are macroscopically textured to enhance frictional, a still further alternative embodiment of nestable elements of FIG. 図21Bは、入れ子式要素が、摩擦を増強するために巨視的にテクスチャー加工されている、図3の入れ子式要素のなおさらなる代替の実施形態である。 21B is telescopic elements are macroscopically textured to enhance frictional, a still further alternative embodiment of nestable elements of FIG. 図21Cは、入れ子式要素が、摩擦を増強するために巨視的にテクスチャー加工されている、図3の入れ子式要素のなおさらなる代替の実施形態である。 Figure 21C is a telescopic elements are macroscopically textured to enhance frictional, a still further alternative embodiment of nestable elements of FIG. 図21Dは、入れ子式要素が、摩擦を増強するために巨視的にテクスチャー加工されている、図3の入れ子式要素のなおさらなる代替の実施形態である。 Figure 21D is a telescopic elements are macroscopically textured to enhance frictional, a still further alternative embodiment of nestable elements of FIG. 図22は、複数のデバイスの使用を示す、本発明のオーバーチューブの管腔の概略図である。 Figure 22 shows the use of a plurality of devices is a schematic view of the overtube lumen of the present invention. 図23は、本発明に従って構成された非外傷性先端の代替の実施形態の側面断面図を示す。 Figure 23 shows a side cross-sectional view of an embodiment of an atraumatic tip of the alternative constructed in accordance with the present invention. 図24は、本発明に従って構成された非外傷性先端の代替の実施形態の側面断面図を示す。 Figure 24 shows a side cross-sectional view of an embodiment of an atraumatic tip of the alternative constructed in accordance with the present invention. 図25は、本発明に従って構成された非外傷性先端の代替の実施形態の側面断面図を示す。 Figure 25 shows a side cross-sectional view of an embodiment of an atraumatic tip of the alternative constructed in accordance with the present invention. 図26は、本発明に従って構成された非外傷性先端の代替の実施形態の側面断面図を示す。 Figure 26 shows a side cross-sectional view of an embodiment of an atraumatic tip of the alternative constructed in accordance with the present invention. 図27は、本発明に従って構成された非外傷性先端の代替の実施形態の側面断面図を示す。 Figure 27 shows a side cross-sectional view of an embodiment of an atraumatic tip of the alternative constructed in accordance with the present invention. 図28は、本発明に従って構成された非外傷性先端の代替の実施形態の側面断面図を示す。 Figure 28 shows a side cross-sectional view of an embodiment of an atraumatic tip of the alternative constructed in accordance with the present invention. 図29は、形状記憶材料を使用する張力システムを有する、本発明のオーバーチューブの代替の実施形態である。 Figure 29 has a tension system that uses a shape memory material, which is an alternative embodiment of the overtube of the present invention. 図30は、形状記憶材料を使用する張力システムを有する、本発明のオーバーチューブの代替の実施形態である。 Figure 30 has a tension system that uses a shape memory material, which is an alternative embodiment of the overtube of the present invention. 図31Aは、クランプスリーブによって囲まれた複数の相互接続されたリンクを有する、本発明において使用するために適切なオーバーチューブの代替の実施形態の側面断面図である。 Figure 31A includes a plurality of interconnected links surrounded by a clamping sleeve is a side sectional view of an alternative embodiment of an overtube suitable for use in the present invention. 図31Bは、スリーブの一部分の断面図である。 Figure 31B is a cross-sectional view of a portion of the sleeve. 図31Cは、スリーブの一部分の断面図である。 Figure 31C is a cross-sectional view of a portion of the sleeve. 図32は、クランプリンクを作動させるための螺旋状ブラダーを有する、本発明に従って構成されたオーバーチューブのさらなる代替の実施形態の側面断面図である。 Figure 32 has a spiral bladder to actuate the clamping link is a side sectional view of a further alternative embodiment of the overtube constructed in accordance with the present invention. 図33は、熱的に作動可能なバンドを有する、本発明のオーバーチューブの別の代替の実施形態の側面断面図である。 Figure 33 has a thermally actuable band is a side cross-sectional view of another alternative embodiment of the overtube of the present invention. 図34Aは、異なるデュロメータの領域を有する一連の螺旋状リンクを備える、本発明のオーバーチューブのなおさらなる代替の実施形態の側面断面図である。 Figure 34A comprises a series of helical links having regions of different durometer is a side sectional view of a still further alternative embodiment of the overtube of the present invention. 図34Bは、異なるデュロメータの領域を有する一連の螺旋状リンクを備える、本発明のオーバーチューブのなおさらなる代替の実施形態の側面断面図である。 Figure 34B is provided with a series of helical links having regions of different durometer is a side sectional view of a still further alternative embodiment of the overtube of the present invention. 図35は、インターロックする近位リムおよび遠位リムを有する一連のリンクを備える、本発明と共に使用するために適切なオーバーチューブのなおさらなる代替の実施形態の側面断面図である。 Figure 35 comprises a series of links having a proximal rim and a distal rim interlocking is a side sectional view of a still further alternative embodiment of an overtube suitable for use with the present invention. 図36は、協働継手を形成する一連のリンクを備える、本発明の別の代替の実施形態の側面断面図である。 Figure 36 is co 働継 comprises a series of links forming a hand, a side cross-sectional view of another alternative embodiment of the present invention. 図37は、熱的に調節される剛性を有するオーバーチューブのなお別の代替の実施形態の側面断面図である。 Figure 37 is a side cross-sectional view of an embodiment of a thermally overtube having adjusted the rigid yet another alternative. 図38Aは、オーバーチューブを通って延びる張力ワイヤ管腔の直径が、電気エネルギー付与に応答して変化する、本発明と共に使用するために適切なオーバーチューブのなお別の代替の実施形態の概略図である。 Figure 38A, the diameter of the tension wire lumen extending through the overtube is changed in response to electrical energy applied, schematic view of an embodiment of yet another alternate overtube suitable for use with the present invention it is. 図38Bは、オーバーチューブを通って延びる張力ワイヤ管腔の直径が、電気エネルギー付与に応答して変化する、本発明と共に使用するために適切なオーバーチューブのなお別の代替の実施形態の概略図である。 Figure 38B, the diameter of the tension wire lumen extending through the overtube is changed in response to electrical energy applied, schematic view of an embodiment of yet another alternate overtube suitable for use with the present invention it is. 図38Cは、オーバーチューブを通って延びる張力ワイヤ管腔の直径が、電気エネルギー付与に応答して変化する、本発明と共に使用するために適切なオーバーチューブのなお別の代替の実施形態の概略図である。 Figure 38C, the diameter of the tension wire lumen extending through the overtube is changed in response to electrical energy applied, schematic view of an embodiment of yet another alternate overtube suitable for use with the present invention it is. 図39は、一連の剛性リンクの周りで重なる様式で配置された、電気的に作動される一連のリンクを有するオーバーチューブの、なお別の代替の実施形態の側面断面図である。 Figure 39 is arranged in a manner overlapping around a series of rigid links, a series of overtube having links that are electrically actuated, still a side cross-sectional view of another alternative embodiment. 図40Aは、電気的に作動される入れ子式リンクの側面断面図である。 Figure 40A is a side sectional view of the telescoping links that are electrically actuated. 図40Bは、一緒に入れ子状にされて本発明の装置と共に使用するために適切なオーバーチューブを形成した、図40Aの電気的に作動される複数の入れ子式リンクの側面断面図である。 Figure 40B formed a proper overtube for use with the apparatus of the present invention are nested together, it is a side cross-sectional view of a plurality of telescoping links that are electrically actuated in FIG 40A. 図41は、本発明のオーバーチューブと共に使用するための、使い捨てシースの側面断面図である。 Figure 41 is for use with the overtube of the present invention, is a side cross-sectional view of the disposable sheath. 図42は、本発明の装置を結腸鏡に結合するストラップの概略側面図である。 Figure 42 is a schematic side view of a strap binding colonoscope the apparatus of the present invention.

Claims (7)

  1. 第1の診断機器または治療機器を支持されていない解剖構造の中空身体器官に前進させるための装置であって、以下: An apparatus for advancing a hollow body organ anatomy that are not supporting the first diagnostic device or treatment device, the following:
    ハンドル;および 該ハンドルに取り付けられたオーバーチューブであって: Handle; and a overtube attached to the handle:
    近位端および遠位端、 The proximal end and a distal end,
    外部表面、 External surface,
    該近位端と該遠位端との間に延びる、該第1の診断機器または治療機器の通過を可能にする管腔を規定する内部表面を有するオーバーチューブを備え、ここで、該オーバーチューブが、中空身体器官への該オーバーチューブの挿入を容易にする可撓性状態、および該オーバーチューブが該管腔を通じた該第1の診断機器または治療機器の挿入または引き抜きの間に該内部表面に対して加えられる屈曲力に抵抗する剛性状態を有するオーバーチューブ;および 該内部表面と該第1の診断機器または治療機器との間に障壁を提供するよう該管腔の全長を通して延びる第1部分、および該外部表面の全長上を延びる第2部分を有する使い捨て可能なシース、を備える、装置。 Extending between the proximal and distal ends, comprises an over tube having an inner surface defining a lumen to allow passage of the diagnostic device or treatment device of the first, wherein said overtube but flexible state, and insertion or internal surfaces during withdrawal of the diagnostic device or treatment device of the first to the overtube through the lumen to facilitate insertion of the overtube into the hollow body organ the first portion extending throughout the length of the lumen to provide a barrier between the and internal surface and the first diagnostic device or treatment device; overtube having a rigid state to resist bending forces exerted on and disposable sheath having a second portion extending over the entire length of the external surface, comprising a device.
  2. 前記使い捨て可能なシースが疎水性材料を含む、請求項1に記載の装置。 The disposable sheath comprises a hydrophobic material, according to claim 1.
  3. 前記使い捨て可能なシースが非ねじれコイルを備える、請求項1に記載の装置。 The disposable sheath comprises a non-twisted coil apparatus according to claim 1.
  4. 前記第1部分が、薄い可撓性の材料を含む、請求項1に記載の装置。 Wherein the first portion comprises a thin flexible material, according to claim 1.
  5. 前記オーバーチューブが、各々が側壁を有する、複数の入れ子式リンクを備える、請求項1から4のいずれかに記載の装置。 The overtube, each having a side wall, comprises a plurality of telescoping links An apparatus according to any one of claims 1 to 4.
  6. 請求項5に記載の装置であって、さらに: The apparatus of claim 5, further comprising:
    前記複数の入れ子式リンクの各々の側壁を通って延びる、複数の張力ワイヤ孔;および 該複数の張力ワイヤ孔の1つ以上を通して移動可能に配置された少なくとも1つの張力ワイヤ、を備える、装置。 The plurality of extending through each side wall of the telescoping link, a plurality of tension wires hole; provided and the plurality of the at least one tension wires movably disposed through one or more tension wires hole, the apparatus.
  7. 前記可撓性状態と前記剛性状態との間でオーバーチューブを移行させるよう選択的に操作可能な張力メカニズムをさらに備える、請求項6に記載の装置。 Further comprising a selectively operable tensioning mechanism so as to shift the overtube between said rigid with said flexible state, The apparatus of claim 6.
JP2004512587A 2002-06-13 2003-06-13 How to promote the instrument through shape lockable devices and unsupported anatomy. Active JP4437076B2 (en)

Priority Applications (8)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US10/173,238 US6837847B2 (en) 2002-06-13 2002-06-13 Shape lockable apparatus and method for advancing an instrument through unsupported anatomy
US10/173,203 US7128708B2 (en) 2002-06-13 2002-06-13 Shape lockable apparatus and method for advancing an instrument through unsupported anatomy
US10/173,227 US6790173B2 (en) 2002-06-13 2002-06-13 Shape lockable apparatus and method for advancing an instrument through unsupported anatomy
US10/173,220 US6783491B2 (en) 2002-06-13 2002-06-13 Shape lockable apparatus and method for advancing an instrument through unsupported anatomy
US10/281,462 US6960163B2 (en) 2002-06-13 2002-10-25 Shape lockable apparatus and method for advancing an instrument through unsupported anatomy
US10/281,426 US6960162B2 (en) 2002-06-13 2002-10-25 Shape lockable apparatus and method for advancing an instrument through unsupported anatomy
US10/281,461 US6942613B2 (en) 2002-06-13 2002-10-25 Shape lockable apparatus and method for advancing an instrument through unsupported anatomy
PCT/US2003/018891 WO2003105671A2 (en) 2002-06-13 2003-06-13 Shape lockable apparatus and mehtod for advancing an instrument through unsupported anatomy

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006512935A JP2006512935A (en) 2006-04-20
JP4437076B2 true JP4437076B2 (en) 2010-03-24

Family

ID=29741227

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004512587A Active JP4437076B2 (en) 2002-06-13 2003-06-13 How to promote the instrument through shape lockable devices and unsupported anatomy.

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP1583462A4 (en)
JP (1) JP4437076B2 (en)
AU (1) AU2003251528A1 (en)
WO (1) WO2003105671A2 (en)

Families Citing this family (39)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7033373B2 (en) 2000-11-03 2006-04-25 Satiety, Inc. Method and device for use in minimally invasive placement of space-occupying intragastric devices
US7083629B2 (en) 2001-05-30 2006-08-01 Satiety, Inc. Overtube apparatus for insertion into a body
US6558400B2 (en) 2001-05-30 2003-05-06 Satiety, Inc. Obesity treatment tools and methods
US6746460B2 (en) 2002-08-07 2004-06-08 Satiety, Inc. Intra-gastric fastening devices
US7033384B2 (en) 2002-08-30 2006-04-25 Satiety, Inc. Stented anchoring of gastric space-occupying devices
US7214233B2 (en) 2002-08-30 2007-05-08 Satiety, Inc. Methods and devices for maintaining a space occupying device in a relatively fixed location within a stomach
US7220237B2 (en) 2002-10-23 2007-05-22 Satiety, Inc. Method and device for use in endoscopic organ procedures
US7175638B2 (en) 2003-04-16 2007-02-13 Satiety, Inc. Method and devices for modifying the function of a body organ
US7097650B2 (en) 2003-10-14 2006-08-29 Satiety, Inc. System for tissue approximation and fixation
US7914543B2 (en) 2003-10-14 2011-03-29 Satiety, Inc. Single fold device for tissue fixation
US20050177176A1 (en) 2004-02-05 2005-08-11 Craig Gerbi Single-fold system for tissue approximation and fixation
EP1713402B1 (en) 2004-02-13 2018-07-04 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Device for reducing stomach volume
WO2005084592A2 (en) 2004-02-27 2005-09-15 Satiety, Inc. Methods and devices for reducing hollow organ volume
US8449560B2 (en) 2004-03-09 2013-05-28 Satiety, Inc. Devices and methods for placement of partitions within a hollow body organ
US8628547B2 (en) 2004-03-09 2014-01-14 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Devices and methods for placement of partitions within a hollow body organ
US9028511B2 (en) 2004-03-09 2015-05-12 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Devices and methods for placement of partitions within a hollow body organ
US8252009B2 (en) 2004-03-09 2012-08-28 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Devices and methods for placement of partitions within a hollow body organ
EP1750627B1 (en) 2004-03-26 2018-10-10 Ethicon Endo-Surgery, Inc. System for reducing stomach volume
US8512229B2 (en) 2004-04-14 2013-08-20 Usgi Medical Inc. Method and apparatus for obtaining endoluminal access
US8562516B2 (en) 2004-04-14 2013-10-22 Usgi Medical Inc. Methods and apparatus for obtaining endoluminal access
US8277373B2 (en) 2004-04-14 2012-10-02 Usgi Medical, Inc. Methods and apparaus for off-axis visualization
JP4499479B2 (en) * 2004-05-28 2010-07-07 オリンパス株式会社 Overtube and small intestine endoscope system for endoscopic
US7931661B2 (en) * 2004-06-14 2011-04-26 Usgi Medical, Inc. Apparatus and methods for performing transluminal gastrointestinal procedures
US20060106288A1 (en) 2004-11-17 2006-05-18 Roth Alex T Remote tissue retraction device
US20070038224A1 (en) * 2005-07-28 2007-02-15 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Electroactive polymer-based flexing access port
US7927305B2 (en) 2006-04-21 2011-04-19 Abbott Laboratories Systems, methods, and devices for injecting media contrast
EP2037995A2 (en) * 2006-04-21 2009-03-25 Abbott Laboratories Stiffening support catheter
US20090062606A1 (en) 2007-08-31 2009-03-05 Hoya Corporation Endoscope guiding tube device
JP5097614B2 (en) * 2008-05-09 2012-12-12 Hoya株式会社 Endoscope
JP5258626B2 (en) * 2009-02-27 2013-08-07 Hoya株式会社 The endoscope guide tube device
JP5258625B2 (en) * 2009-02-27 2013-08-07 Hoya株式会社 The endoscope guide tube device
JP5179413B2 (en) * 2009-03-09 2013-04-10 Hoya株式会社 The endoscope guide tube device
JP5235773B2 (en) * 2009-04-30 2013-07-10 Hoya株式会社 Flexible endoscope
JP5235772B2 (en) * 2009-04-30 2013-07-10 Hoya株式会社 The endoscope guide tube device
JP5253689B1 (en) * 2011-07-15 2013-07-31 オリンパスメディカルシステムズ株式会社 Insertion equipment
JP5669690B2 (en) * 2011-08-04 2015-02-12 オリンパスメディカルシステムズ株式会社 Endoscope
JP2015156879A (en) * 2012-06-11 2015-09-03 テルモ株式会社 Medical device
JP6133594B2 (en) * 2012-12-27 2017-05-24 三星電子株式会社Samsung Electronics Co.,Ltd. Medical tubing and flexible variable mechanism
JP6010267B1 (en) * 2015-01-21 2016-10-19 オリンパス株式会社 The endoscope insertion portion and endoscopic

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5005558A (en) * 1988-05-16 1991-04-09 Kabushiki Kaisha Toshiba Endoscope
US5251611A (en) 1991-05-07 1993-10-12 Zehel Wendell E Method and apparatus for conducting exploratory procedures
US5482029A (en) * 1992-06-26 1996-01-09 Kabushiki Kaisha Toshiba Variable flexibility endoscope system
DE4305376C1 (en) * 1993-02-22 1994-09-29 Wolf Gmbh Richard Shaft for medical instruments
DE29507905U1 (en) * 1995-05-12 1996-09-12 Werner Wolfgang Dr Med Endoscope, in particular for intubation
US5916147A (en) * 1997-09-22 1999-06-29 Boury; Harb N. Selectively manipulable catheter
JP4096325B2 (en) * 1998-12-14 2008-06-04 正喜 江刺 Active capillary and manufacturing method thereof
US6837846B2 (en) * 2000-04-03 2005-01-04 Neo Guide Systems, Inc. Endoscope having a guide tube

Also Published As

Publication number Publication date
EP1583462A4 (en) 2008-04-02
AU2003251528A8 (en) 2003-12-31
AU2003251528A1 (en) 2003-12-31
EP1583462A2 (en) 2005-10-12
WO2003105671A2 (en) 2003-12-24
JP2006512935A (en) 2006-04-20
WO2003105671A3 (en) 2005-07-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4331496B2 (en) Guide tube
AU2005228956B2 (en) In-vivo visualization system
JP3238152B2 (en) Apparatus for performing a medical examination
US6517477B1 (en) Catheter introducer system for exploration of body cavities
JP4459047B2 (en) A system for advancing an endoscope through a tortuous path
CA2566694C (en) Guidewire structure
US6423087B1 (en) Internal organ walls joining instrument for an endoscope
JP4680917B2 (en) Joint mechanism for remote manipulation of surgical instruments and diagnostic instrument
US8361090B2 (en) Apparatus and method for endoscopic colectomy
US7172552B2 (en) Catheter introducer system for exploration of body cavities
EP2596742A1 (en) Articulating mechanism with flex-hinged links
US8118774B2 (en) Toposcopic access and delivery devices
US6482221B1 (en) Manipulatable delivery catheter for occlusive devices (II)
US7828791B2 (en) Medical instrument having a guidewire and articulated catheter
EP1426073B1 (en) Catheter with extendable track
US7708687B2 (en) Endoscope propulsion system and method
CN1861010B (en) Medical devices for use with endoscope
EP1257199B1 (en) A vessel and lumen expander attachment for use with an electromechanical driver device
US20040199088A1 (en) Guide wire having bending segment
JP5091229B2 (en) Translumenal surgical system
AU657798B2 (en) Controller for manipulation of instruments within a catheter
US20090012356A1 (en) Endoscopic delivery devices and methods
JP4938668B2 (en) Expandable transluminal sheath
US8696639B2 (en) Variably flexible insertion device and method for variably flexing an insertion device
CN101938933B (en) Steerable tube

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060512

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060512

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090326

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090619

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20091217

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100104

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130108

Year of fee payment: 3

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20100817

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R3D03

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130108

Year of fee payment: 3

A072 Dismissal of procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A072

Effective date: 20101214

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R3D04

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130108

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20160108

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250