JP4321284B2 - Streaming data transmission apparatus, and information distribution system - Google Patents

Streaming data transmission apparatus, and information distribution system Download PDF

Info

Publication number
JP4321284B2
JP4321284B2 JP2004026975A JP2004026975A JP4321284B2 JP 4321284 B2 JP4321284 B2 JP 4321284B2 JP 2004026975 A JP2004026975 A JP 2004026975A JP 2004026975 A JP2004026975 A JP 2004026975A JP 4321284 B2 JP4321284 B2 JP 4321284B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
data
buffering
fec
streaming
transmission
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2004026975A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2005223433A (en )
Inventor
松ヶ谷  和沖
Original Assignee
株式会社デンソー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、ストリーミングデータ送信装置および情報配信システムに関する。 The present invention is, streaming data transmission apparatus, and an information distribution system.

従来、データ送信において、受信側の確認応答(ACK)の手順を経ずにデータ送信を実行する方式がある。 Conventionally, in data transmission, there is a method to perform data transmission without following the procedure of the receiving acknowledgment (ACK). IP(Inteernet Protocol)上で用いられるUDP(User Datagram Protocol)が、このような方式の典型例である。 UDP used on IP (Inteernet Protocol) (User Datagram Protocol) is a typical example of such a scheme. このような確認応答のないデータ送信においては、送信されるデータの欠落の有無を送信側も受信側も検出できないので、データ通信の信頼性に欠けるという問題がある。 In free data transmission such acknowledgment, since the existence of the missing data to be transmitted can not be detected even transmitting side receiving side, there is a problem of lack of reliability of data communication.

そこで、送信するデータそのものに配信の信頼性を高めるための加工を施す方法が考えられている。 Therefore, a method for performing processing for increasing the reliability of the distribution data itself to be transmitted is considered. 例えば特許文献1では、送信するデータにFEC(Forward Error Correction)処理を施すことで送信データの冗長性を高め、受信側が一部の送信データを受信できなくとも、残りの受信データから元のデータを復元する技術が開示されている。 For example, Patent Document 1 increases the redundancy of the transmitted data by performing FEC (Forward Error Correction) processing data to be transmitted, even receiver can not receive a portion of the transmitted data, the original data from the remaining received data technology to restore is disclosed.
特開平2000―78191号公報 JP 2000-78191 JP

しかし、上記の技術では、あらかじめ決められた長さのデータをFEC処理するようになっているため、送信できるデータの長さがそのあらかじめ決められた長さを越えることができない。 However, in the above technique, since that is the length of the data to a predetermined so that FEC processing, can not be the length of data that can be sent exceeds the length which is determined its advance. したがって、ストリーミングデータのような、送信するデータの長さがあらかじめわからないデータを送信することができず、上記特許文献1にもそれを解決する方法についての記載がない。 Therefore, such as streaming data, can not be the length of the data to be transmitted transmits the data not known in advance, there is no description of how to resolve it in the Patent Document 1.

本発明は上記点に鑑み、FEC処理が施されたデータが送信されるデータ配信システムにおいて、ストリーミングデータを送信できるようにすることを目的とする。 The present invention has been made in view of the above point, in the data distribution system in which data FEC process has been performed is transmitted, and an object thereof is to be able to send streaming data.

上記のような課題を解決するための本発明の第1の特徴は、ストリーミングデータ送信装置が、ストリーミングデータを複数送信単位分バッファリングし、そのバッファリングデータに対してFEC処理を施し、その結果のFEC化データを送信することである A first aspect of the present invention to solve the problems as described above, streaming data transmission apparatus, the streaming data to multiple transmission unit of buffering, subjected to FEC processing on the buffered data, the result and to the transmission of the FEC data.
また、送信を行う送信手段は複数あり、それら複数の送信手段のそれぞれは、FEC化データの送信を、次に自らが送信するFEC化データの元となるバッファリングデータのバッファリングが完了するまで続け、それら複数の送信手段は順番に、同じストリーミングデータの異なる部分についてのFEC化データを送信するようになっている。 Also, there are a plurality of transmission means for transmitting, each of the plurality of transmission means, the transmission of the FEC data, until the next itself buffering buffering data to be the source of the FEC data is completed to send Subsequently, the plurality of transmission means in turn, is adapted to transmit the FEC data for the different portions of the same streaming data.

このようになっているので、FEC処理が施されたデータが送信されるデータ配信システムにおいて、ストリーミングデータが複数送信単位分バッファリングされ、そのバッファリングデータ毎にFEC処理が施されるので、ストリーミングデータをFEC処理して送信できるようになる。 Since like this, in the data distribution system in which data FEC process has been performed is transmitted, because the streaming data is more transmitted unit of buffering, FEC process is performed for respective buffering data, streaming the data will be sent to the FEC processor.

なお、「送信単位」とは、例えばフレーム、パケット等のデータ伝送の単位をいう。 Here, the "transmission unit" refers to for example a frame, a unit of data transmission, such as packet.

また、「複数送信単位分バッファリングする」とは、複数単位分たまるまで記憶することをいう。 Further, the "plurality transmission unit of buffering" refers to storing up to accumulate multiple units fraction.

また、データの送信を無線により行うことを考慮すると、例えば最終的に受信側にデータを送出する無線基地局の通信可能範囲が離散的に配置されている場合等、受信側が連続的に送信データを受信することができない場合がある。 The transmission data transmission considering that performed by wireless, for example, when the communication range of the radio base station transmits a final data to the receiving side are discretely arranged such, receiver continuously data it may not be possible to receive. このような場合にも、ストリーミングデータのような時系列的な連続性のあるデータをとぎれなく再生したいという要請がある。 Thus even if such, there is a demand for reproducing seamless data with series continuity such time as the streaming data.

本発明の第2の特徴は、ストリーミングデータ送信装置が、FEC化データを、このFEC化データの元となるバッファリングデータのデータレートより高い伝送容量で無線送信することであり、これによって、受信側が連続的に送信データを受信できないような環境でもストリーミングデータの途切れがない再生を行える場合がある。 A second aspect of the present invention, the streaming data transmission device, the FEC data is to wirelessly transmitted at a higher transmission capacity than the data rate of the buffering data which is the source of the FEC data, thereby receiving side there is a case that allows the play uninterrupted streaming data even in an environment that can not be continuously receives transmitted data.

なお、「FEC化データの元となるバッファリングデータ」とは、当該FEC化データがFEC処理される前のバッファリングデータをいう。 Note that "the underlying buffering data of the FEC data" refers to buffering data before the FEC data is FEC processing.

また、データレートとは、バッファリングデータの単位時間の再生のために用いるデータのビット数をいう。 Moreover, the data rate refers to the number of bits of data used for reproduction unit time buffering data.

また、本発明の第3の特徴は、送信手段は、それぞれ異なるバッファリングデータを元とする複数のFEC化データを同時に送信することである。 The third aspect of the present invention, the transmission means is to transmit the original different buffering data each of the plurality of the FEC data at the same time. ここで、「バッファリングデータを元とするFEC化データ」とは、「そのバッファリングデータを前記処理手段がFEC処理を施した結果であるFEC化データ」という意味である。 Here, "FEC data for the original buffering data" means "FEC data that buffering data the processing means is a result of performing the FEC processing".

このようになっていることで、一度に1つのバッファリングデータを元とするFEC化データのみを送信するような場合に比べ、1つのバッファリングデータを元とするFEC化データを送信できる期間を長くすることができる。 By being like this, compared to the case so as to transmit only the FEC data to the original one buffering data at a time, a time can send FEC data for the original one buffering data it can be lengthened.

また、本発明の第4の特徴は、送信手段は、ストリーミングデータ受信装置を搭載した車両の走行路に沿った複数の無線セルを構成し、この複数の無線セルから同じFEC化データを同時に送信し、車両が複数の無線セルのうち1つの無線セルを出てから隣の無線セルに入るまでの期間が、1つのバッファリングデータを元とするFEC化データを送信し続ける期間から、ストリーミングデータ受信装置が当該バッファリングデータを復元するためのFEC化データの受信にかかる期間を減算した期間より短いことである。 The fourth aspect of the present invention, the transmission means transmits constitute a plurality of radio cells in which along the travel path of the vehicle equipped with the streaming data receiving apparatus, the same FEC data from the plurality of radio cells simultaneously from then, the vehicle is a period from exiting the single radio cell of the plurality of radio cells to enter the neighboring radio cell continues to transmit the FEC data to the original one buffering data period, the streaming data receiving device is shorter than the period obtained by subtracting such a period in the reception of the FEC data to recover the buffering data.

このようになっているので、車両が無線セルと無線セルの間を走行しているうちにバッファリングデータを復元するのに必要なFEC化データの受信機会を逃すことを防ぐことができる。 Since like this, the vehicle can be prevented that miss the reception opportunities for FEC data required to restore the buffered data in the meantime between the wireless cell and the wireless cell. なお、「車両が複数の無線セルのうち1つの無線セルを出てから隣の無線セルに入るまでの期間」については、例えば車両の特定の道路における平均速度、あるいは予想最低速度を用いて算出することができる。 Note that "the period until the vehicle enters the next radio cell from exiting the single radio cell of the plurality of radio cells", for example by using the average speed or the lowest expected velocity, in particular road vehicle calculated can do.

また、ストリーミングデータは、動画または音楽のストリーミングデータであってもよいし、繰り返し撮影された静止画が連続するストリーミングデータであってもよい。 Moreover, streaming data may be streaming data of a moving or music, it may be a streaming data repeatedly photographed still images are continuous. 繰り返し撮影された静止画が連続するストリーミングデータの場合、記憶媒体は、ストリーミングデータを静止画の所定枚数分バッファリングするようになっていると区切りがよい。 For streaming data repeatedly photographed still images are continuous, the storage medium may breaks when streaming data is adapted to a predetermined number of sheets buffering of the still image.

また、本発明の第5の特徴は、FEC化データに、バッファリングされる順に循環的にバッファリングデータに割り当てられる循環識別符号のうち、当該FEC化データの元となるバッファリングデータに割り当てられた循環識別符号が付与されて送信されることである。 The fifth aspect of the present invention, the FEC data, among the circulating identification code assigned to cyclically buffered data in the order in which they are buffered, allocated to buffering data which is the source of the FEC data circulation identification code is to be transmitted is assigned.

このように循環識別符号を用いることで、識別符号は循環的に繰り返し用いられるので、識別符号の枯渇やの識別符号のデータ量の増大によるデータ伝送効率の低下を防ぐことができる。 By using such circulation identification code, the identification code so used repeatedly cyclically, it is possible to prevent a decrease in data transmission efficiency due to the increase in the data amount of depletion and of the identification code of the identification code.

また、循環識別符号は、複数回進むと元の符号に戻るような循環識別符号において、この複数回は、送信手段が同時送信するFEC化データの元となるバッファリングデータの数の2倍よりも多くてもよい。 Also, circulating identification code, in the circulatory identification code such as return to the original code Proceeding multiple times, the plurality of times, from twice the number of buffered data transmitting means is a source of FEC data to be transmitted simultaneously it may be many.

また、バッファリングデータに循環的に割り当てられる循環識別符号の組は、当該FEC化データの元となるストリーミングデータの種類毎に異なっていてもよい。 Further, the set of circulating identification code assigned cyclically buffering data may be different for each type of streaming data which is the source of the FEC data.

また、本発明の第6の特徴は、ストリーミングデータ受信装置が、上記したようなストリーミングデータ送信装置から送信されたFEC化データを受信する受信手段と、この受信したFEC化データから当該FEC化データの元となるバッファリングデータを復元する復元手段と、この復元したバッファリングデータのデータレートに基づいて、当該バッファリングデータから成るストリーミングデータを再生するための処理を行う再生制御手段と、を備えることである。 The sixth feature of the present invention, the streaming data receiver, receiving means for receiving FEC data transmitted from the streaming data transmission device as described above, the FEC data from the received FEC data comprising of a restoration means for restoring the underlying buffering data, based on the data rate of the restored buffered data, and a reproduction control unit that performs a process for reproducing the streaming data composed of the buffering data it is.

このようなストリーミングデータ受信装置が、上記したようなストリーミングデータ送信装置からのFEC化データを受信、復元して再生のための処理を行うので、FEC処理が施されたデータが送信されるデータ配信システムにおいて、トリーミングデータをFEC処理して送信できるようになる。 Such streaming data receiver, receiving the FEC data from the streaming data transmission device as described above, since the restore performs processing for playback, data distribution data FEC process has been performed is transmitted in the system, comprising the streaming data to be sent to the FEC processor.

また、復元手段は、FEC化データに付与された循環識別符号に基づいて、受信したFEC化データからFEC化データの元となるバッファリングデータを復元するようになっていてもよい。 Also, restoration means, based on the circulating identification code attached to the FEC data may consist of the received FEC data so as to restore the buffering data which is the source of the FEC data.

また、復元手段は、並列的に複数の異なるバッファリングデータを復元するため、1度に1つのバッファリングデータを復元する個別復元手段を複数有し、受信したFEC化データに付与された循環識別符号に基づいて、当該FEC化データを前記個別復元手段のいずれか1つに復元させるようになっていてもよい。 Also, restoration means to restore the parallel buffering data in which a plurality of different, have a plurality of discrete restoring means for restoring one buffering data at a time, granted circulated identified FEC data received based on the code may be adapted to be restored to the FEC data any one of the individual restoring means.

また、個別復元手段は、復元したバッファリングデータを共通の記憶媒体に記憶させ、 再生制御手段は、共通の記憶媒体に記憶されたバッファリングデータに記述された時間情報に基づいて、バッファリングデータから成るストリーミングデータを再生するための処理を行うようになっていてもよい。 Moreover, individual restoring means stores the restored buffered data to a common storage medium, the reproduction control means, based on the time information described in the buffering data stored in a common storage medium, buffered data streaming data composed of may be adapted to perform processing for reproducing.

また、復元手段は、個別復元手段をM個有しており、前記個別復元手段のそれぞれが復元しているバッファリングデータに割り当てられた循環識別符号が、それぞれ循環識別符号Xないし循環識別符号XからM−1個先の循環識別符号であるとき、前記循環識別符号XからM個以上先であり、かつ前記循環識別符号XからM個前よりも前である識別符号が付与されたFEC化データを受信手段が受信したとき、循環識別符号Xが割り当てられたバッファリングデータの復元を行う個別復元手段の処理をキャンセルさせるようになっていてもよい。 Also, restoration means, separate recovery means has M number of, the circulating identification codes, each assigned to the buffering data being restored individual restoration means, circulates identify each code X or circulating identification code X when the a M-1 single destination circulating identification code, the circulating identification code X from an M or more before, and FEC of the identification code is earlier than M pieces before the circulating identification code X is assigned when the data receiving means has received, it may be adapted to cancel the processing of the individual recovery means for performing recovery of buffering data circulating identification code X is assigned.

このようにすることで、上記したように先に進んだバッファリングデータを元とするFEC化データを受信することで、現在のバッファリングデータのFEC化データを受信することができないとして、その復元をキャンセルすることで、もはや受信できなくなったFEC化データの復元を個別復元手段が続けてしまうことを防止できる。 In this way, by receiving the FEC data to the original buffering data that go ahead as described above, as it is impossible to receive the FEC data of the current buffering data, the restoration the by canceling, it is possible to prevent continued separate restoring means no longer restore the FEC data that can not be received.

また、1度に1つのバッファリングデータを復元するようなストリーミングデータ受信装置においては、受信手段が受信したFEC化データに付与されている循環識別符号のうち、最も先の循環識別符号が割り当てられたバッファリングデータを復元するようになっていてもよい。 Further, the streaming data receiver device to restore the single buffering data at a time, among the circulating identification code receiving means is applied to the FEC data received, earliest of circulating identification code assigned buffering data may be adapted to restore. このようにすることで、ストリーミングデータ受信装置は、その時の最も最新の、すなわちその時以降の送信期間が最も長い可能性の高いバッファリングデータを元とするFEC化データを復元することができる。 By doing so, the streaming data receiver, most recent at that time, that is, to restore the FEC data transmission period after that time is the longest likely based buffering data.

また、復元手段は、個別復元手段のバッファリングデータの復元を開始してから規定時間経過しても当該バッファリングデータの復元を完了しないとき、当該バッファリングデータを有するストリーミングデータの復元をリセットしてもよい。 Also, restoration means, when not complete restoration of the buffered data be passed predetermined time from the start of the restoration of buffering data of the individual restoration means resets the restoration of streaming data having the buffering data it may be. この規定時間は、ストリーミングデータ送信装置において用いられる循環識別符号が一巡する時間から余裕時間を減算した時間であり、余裕時間は、ストリーミングデータ送信装置において1つのIDが用いられてから次のIDが用いられるまでの時間の平均値に、個別復号手段の数の2倍を乗算したものである。 The specified time is the time circulating identification code obtained by subtracting a margin time from the time to cycle used in the streaming data transmission device, the allowance time, the next ID after the used one ID in the streaming data transmission system the average value of the time to be used, is obtained by multiplying double the number of individual decoding means.

このようにすることで、個別復元手段が、循環識別符号が一巡してしまうことで別個のバッファリングデータを元とする同じ循環符号が付与されたFEC化データを、同じバッファリングデータを元とするFEC化データであるかのように復元しようとすることを防ぐことができる。 In this way, the individual recovery means, the FEC data to the same circulation parts have been given to the original separate buffering data by circulating identification code would run its course, the basis of the same buffer data trying to restore as if it were FEC data that can be prevented.

(第1実施形態) (First Embodiment)
図1に、本発明の第1実施形態に係る情報配信システム100の構成図を示す。 Figure 1 shows a block diagram of the information distribution system 100 according to the first embodiment of the present invention. 情報配信システム100は、ストリーミングサーバ1、符号化サーバ2、無線LANアクセスポイント4〜6、車両10に搭載されるストリーミングデータ受信装置11を有している。 Information distribution system 100, a streaming server 1, the encoding server 2, a wireless LAN access point 4 to 6, and a streaming data receiver device 11 mounted on a vehicle 10.

ストリーミングサーバ1によって生成された音楽、画像等のストリーミングデータは、符号化サーバ2によってFEC処理を施された後、インターネット等の広域ネットワーク3を介して無線LANアクセスポイント4〜6からFEC化データとして送信される。 Music generated by the streaming server 1, the streaming data such as an image is subjected to the FEC process by the encoding server 2, as the FEC data from the wireless LAN access point 4-6 via a wide area network 3 such as the Internet It is sent. そして、無線LANアクセスポイント4〜6の形成する円錐形の無線セル7〜9のいずれかに車両10が進入すると、ストリーミングデータ受信装置11は対応する無線LANアクセスポイントから当該FEC化データを受信し、受信したデータを元にストリーミングデータを復元し、そのストリーミングデータを再生する。 When the vehicle 10 to one of the conical radio cells 7-9 to form a wireless LAN access point 4-6 enters, streaming data receiver 11 receives the FEC data from the corresponding wireless LAN access point restores the streaming data based on the received data, to reproduce the streaming data.

図2に、ストリーミングサーバ1、符号化サーバ2、ストリーミングデータ受信装置11等の構成図を示す。 Figure 2 shows a streaming server 1, the encoding server 2, a block diagram of such streaming data receiver 11.

ストリーミングサーバ1は、カメラ12、マイク13等から継続的に入力され時間的に変化する映像、音楽等の信号を受け、その信号をストリーミングデータに変換し、イーサネット(登録商標)回線51を介して符号化サーバ2に出力する。 Streaming server 1 includes a camera 12, a video which changes continuously inputted temporally from the microphone 13 or the like, receives a signal such as music, and converts the signal to the streaming data, via the Ethernet (registered trademark) line 51 and outputs to the encoding server 2. ストリーミングデータは、特に送信データのサイズが決められないまま連続的に送出されるデータをいう。 Streaming data refers to data transmitted in particular continuously remains size of the transmission data can not be determined. ストリーミングデータは、例えばMPEG2、リアルオーディオ(登録商標)等の形式で送信されることが多い。 Streaming data, for example MPEG2, are often transmitted in the form of such real audio (registered trademark). 本実施形態においては、ストリーミングサーバ1としては、イーサネット(登録商標)回線を通じてインターネットにストリーミングデータを送信する、既存のワークステーション、パーソナルコンピュータで実行されるストリーミングエンコーダを用いることができる。 In the present embodiment, the streaming server 1 transmits the streaming data to the Internet through the Ethernet (registered trademark) line, existing work stations, it is possible to use a streaming encoder executed by the personal computer.

符号化サーバ2は、ストリーミングサーバ1から受けたストリーミングデータを所定時間分バッファリングし、そのバッファリングしたデータ毎に順次まとめて符号化を行い、その符号化したデータをUDPパケット化し、それを無線LANアクセスポイント4〜6を介して無線セル7〜9内に送出する。 Encoding server 2, a predetermined time period buffering streaming data received from the streaming server 1 performs encoding sequentially grouped by data that buffered, and UDP packet of the encoded data, wirelessly it through the LAN access point 4-6 and sends it to the radio cell 7-9.

このような符号化サーバ2は、受信インターフェース(図2中では受信I/Fと記す)21、CPU22、RAM23(特許請求の範囲の記憶媒体に相当する)、ROM24および送信インターフェース(図2中では送信I/Fと記す)25を有している。 Such encoding server 2, the receiving interface (referred to as reception I / F is in FIG. 2) 21, CPU 22, RAM 23 (corresponding to the storage medium of the claims), ROM 24 and transmission interface (in FIG. 2 referred to as transmission I / F) has a 25.

受信インターフェース21は、ストリーミングサーバ1が符号化サーバ2に対して出力したストリーミングデータを受信し、それをCPU22が認識できる形式に変換してCPU22に出力する。 Receiving interface 21, the streaming server 1 receives the streaming data outputted to the encoding server 2, it CPU22 outputs the CPU22 is converted into a format that can be recognized. このような機能により、CPU22は、受信インターフェース21を介してストリーミングサーバ1からデータを受けることができる。 These features, CPU 22 can receive data from the streaming server 1 via the reception interface 21.

送信インターフェース25は、CPU22から受けたデータを、広域ネットワーク3の通信プロトコルに適合するように加工し、この加工したデータを無線LANアクセスポイント4〜6に送信する。 Transmission interface 25, the data received from the CPU 22, processed to fit the communication protocol of the wide area network 3 and transmits the processed data to the wireless LAN access point 4-6. このような機能により、CPU22は、送信インターフェース25にデータを出力することで、送信インターフェース25を介して無線LANアクセスポイント4〜6にデータを送信することができる。 These features, CPU 22, by outputting the data to the transmission interface 25 can transmit data to the wireless LAN access point 4-6 through the transmission interface 25.

CPU22は、ROM24からプログラムを読み出して実行し、そのプログラムに記述された処理内容に基づいて動作し、その動作において、RAM23およびROM24から情報を読み出し、RAM23に情報を書き込む。 CPU22 reads out and executes a program from the ROM 24, and operates based on the processing contents described in the program, in operation, reads information from the RAM 23 and ROM 24, and writes the information to the RAM 23. またCPU22は、その動作中に受信インターフェース21を介してストリーミングサーバ1からのストリーミングデータを受け、またこのストリーミングデータを処理した後のUDPパケットを送信インターフェース25を介して無線LANアクセスポイント4〜6に送信する。 The CPU22 receives streaming data from the streaming server 1 via the reception interface 21 during its operation, also in the wireless LAN access point 4-6 UDP packets after processing the streaming data through the transmission interface 25 Send.

無線LANアクセスポイント4〜6は、符号化サーバ2から受けたUDPパケットを無線LANの規格に従って無線送信する公知の送信装置である。 Wireless LAN access point 4-6 is a known transmitter for wirelessly transmitting a UDP packet received from the encoding server 2 according to the standard of the wireless LAN. アクセスポイント4〜6は、それぞれが形成する無線セル(送信可能範囲)7〜9が離散的になるよう、道路沿いに配置されている。 The access point 4-6, to a radio cell (transmission range) 7-9, each of which formed is a discrete, are arranged along the road.

ストリーミングデータ受信装置11は、復号クライアント14およびプレーヤ15を有している。 Streaming data receiving apparatus 11 has a decoding client 14 and player 15.

復号クライアント14は、符号化サーバ2から送信されたUDPパケットを無線LANアクセスポイント4〜6を介して受信し、受信したUDPパケットから元のストリーミングデータを復元し、復元したストリーミングデータをイーサネット(登録商標)回線52を介してプレーヤ15に出力する。 Decoding client 14, a UDP packet transmitted from the encoding server 2 receives via the wireless LAN access point 4-6, to restore the original streaming data from the UDP packet received, the restored streaming data Ethernet (registered TM) to the player 15 via a line 52.

このような復号クライアント14は、無線LANインターフェース(図2中では無線LANI/Fと記す)41、CPU42、RAM43、ROM44および送信インターフェース(図2中では送信I/Fと記す)45を有している。 Such decoding client 14 (referred to as wireless LAN I / F is in FIG. 2) the wireless LAN interface 41, CPU 42, (referred to as transmission I / F is in FIG. 2) RAM 43, ROM 44 and transmission interface has a 45 there.

無線LANインターフェース41は、無線LANアクセスポイント4〜6から送信されたUDPパケットを図示しないアンテナを介して受信し、それをCP42が認識できる形式に変換してCPU42に出力する。 Wireless LAN interface 41 receives via an antenna (not shown) UDP packet transmitted from the wireless LAN access point 4-6, and outputs it to the CPU42 is converted into a format that CP42 can recognize. このような機能により、CPU42は、無線LANインターフェース41を介して無線LANアクセスポイント4〜6からデータを受けることができる。 These features, CPU 42 can receive data from the wireless LAN access point 4-6 via the wireless LAN interface 41.

送信インターフェース45は、CPU42から受けたデータを、インターネットのプロトコルに適合するように加工し、この加工したデータをプレーヤ15に送信する。 Transmission interface 45, the data received from the CPU 42, processed to fit the Internet protocol, and transmits the processed data to the player 15. このような機能により、CPU42は、送信インターフェース45にデータを出力することで、送信インターフェース45を介してプレーヤ15にデータを送信することができる。 These features, CPU 42, by outputting the data to the transmission interface 45 can transmit data to the player 15 via the transmission interface 45.

CPU42は、ROM44からプログラムを読み出して実行し、そのプログラムに記述された処理内容に基づいて動作し、その動作において、RAM43およびROM44から情報を読み出し、RAM43に情報を書き込む。 CPU42 reads out and executes a program from the ROM 44, and operates based on the processing contents described in the program, in operation, reads information from the RAM 43 and ROM 44, and writes the information to the RAM 43. またCPU42は、その動作中に無線LANインターフェース41を介して無線LANアクセスポイント4〜6からのUDPパケットを受け、またこのUDPパケットを復元した後のストリーミングデータを送信インターフェース45を介してプレーヤ15に送信する。 The CPU42 receives a UDP packet from the wireless LAN access point 4-6 via the wireless LAN interface 41 during its operation, also in the player 15 the streaming data after restoring the UDP packet through the transmission interface 45 Send.

プレーヤ15は、復号クライアント14の送信インターフェース45からのストリーミングデータを受け、そのストリーミングデータの再生、すなわちストリーミングデータに記述された映像や音のユーザへの表示を行う。 Player 15 receives the streaming data from the transmission interface 45 of the decoding client 14 performs the reproduction of the streaming data, that is displayed to the user of the described video and sound streaming data. プレーヤ15としては、インターネット回線を介して受けたストリーミングデータを再生するパーソナルコンピュータ、ワークステーションで実行されるムービープレーヤ等を用いることができる。 The player 15, a personal computer for reproducing the streaming data received via the Internet, can be used movie player or the like to be executed by the workstation.

図3は、このような構成の情報配信システム100におけるデータの流れを示す図である。 Figure 3 is a diagram showing the flow of data in the information distribution system 100 having such a configuration. この図を用いて符号化サーバ2のCPU22の作動について説明する。 Illustrating the operation of the CPU22 of the encoding server 2 with reference to FIG.

まず、ストリーミングサーバ1は、カメラ12またはマイク13から連続的に受けている映像、音楽のデータをMPEG等のフォーマットにエンコードする(ステップ110)。 First, the streaming server 1 encodes video from the camera 12 or the microphone 13 are received continuously, the music data into a format such as MPEG (step 110). そしてエンコードされたデータをストリーミングデータとし(ステップ120)、符号化サーバ2に出力する。 Then the encoded data and the streaming data (step 120), and outputs to the encoding server 2.

符号化サーバ2のCPU22は、受信インターフェース21を介してストリーミングデータを受けると、RAM23にそのデータをバッファリングする。 CPU22 encoding server 2 receives the streaming data through the reception interface 21, which buffers the data into RAM 23. バッファリングとは、受信したストリーミングデータを、それがあるデータ量に達するまで追記的にRAM23に記憶させることをいう。 The buffering streaming data received refers to a write-once manner be stored in RAM23 until it reaches a certain amount of data. ここで、あるデータ量とは、複数パケット分である。 Here, the certain amount of data, a plurality of packets min. 複数パケット分とは、ストリーミングデータを後にUDPデータとして送信するときに、そのUDPデータが複数となるような、ストリーミングデータの量である。 The plurality packet of, when transmitting a UDP data after the streaming data, such as the UDP data is more, the amount of the streaming data.

より詳細には、あるデータ量とは、ストリーミングデータの一定時間分である。 More particularly, the certain data amount is constant time period of the streaming data. 一定時間分とは、ストリーミングデータが再生されるときの時間が一定となるようなデータ量をいう。 The fixed time period refers to a data amount that time is constant when the streaming data is reproduced. 従って、ストリーミングデータのビットレートが可変である場合、一定時間分のストリーミングデータのデータサイズ自体は一定でない。 Therefore, when the bit rate of the streaming data is variable, the data size per se of the streaming data over time period is not constant. なお、ストリーミングデータには、ストリーミングデータのどの部分をどのタイミングで再生するかを指定するタイムスタンプ(特許請求の範囲の時間情報に相当する)が含まれており、そのタイムスタンプに基づいてストリーミングデータの時間を特定することができる。 Note that the streaming data (corresponding to the time information of the claims) timestamp that specifies whether to play at any time which part of the streaming data includes the streaming data based on the time stamp it is possible to identify a time. なお、本明細書では、バッファリングされたデータをバッファリングデータと記す。 In this specification, the buffered data referred to as buffering data.

CPU22は、上記した所定時間分のデータのバッファリングが完了すると、そのバッファリングデータの1まとまりに対して分割・符号化(FEC)・符号化パケット生成の処理を施す(ステップ220)。 CPU22, when the buffering of data for a predetermined time period as described above is completed, the process of dividing and coding (FEC) and coding a packet generated for 1 group of the buffering data subjected (step 220).

そして、CPU22は、上記処理が施されたデータを、複数のUDPパケットにまとめ(ステップ230)、更にそのUDPパケットを送信インターフェース25を介して送信する(ステップ240)。 Then, CPU 22 is the above-described processing has been performed data collectively (step 230) into a plurality of UDP packets, further transmits the UDP packet through the transmission interface 25 (step 240).

なお、分割・符号化(FEC)・符号化パケット生成の処理の間にも、CPU22は並行して新たに受信データのバッファリングを行うようになっており、そのバッファリングが完了すれば当該バッファリングデータについてステップ220、230、240の処理を行う。 Incidentally, even during the split-coding (FEC) and coding a packet generation process, CPU 22 is adapted to perform buffering newly received data in parallel, the buffer if the buffer is completed the process of step 220, 230 and 240 for ring data.

図4に、このようなCPU22のステップ220および230の処理を説明する図を示す。 Figure 4 is a diagram for explaining the process of steps 220 and 230 of such CPU 22. 図4中の各矩形310〜350は、それぞれCPU22で処理されるデータを表している。 Each rectangle 310 to 350 in FIG. 4 represents the data to be processed by each CPU 22. ステップ210の処理によりRAM23に記憶された所定時間分のバッファリングデータ310は、ステップ220の処理によって複数の分割データ311〜318に等分割される。 Buffering data 310 processed by the predetermined time stored in the RAM23 in step 210 is equally divided into a plurality of divided data 311-318 by the process of step 220. 1つのバッファリングデータ310を何個に分割するかは、バッファリングデータのデータサイズに関わらず、あらかじめ決められている。 Or dividing one buffering data 310 to any number, regardless of the data size of the buffer data, it is predetermined.

そして、更にステップ220の処理により、この分割データ311〜318に対して符号化処理が施される。 By further processing of step 220, the encoding processing is applied to the divided data 311-318. 具体的には、分割データ311〜318のそれぞれを要素とするデータ列に対してReed−Solomon符号化行列、Tornado符号化行列、LDPC符号化行列等の公知の符号化行列を作用させる。 Specifically, Reed-Solomon encoding matrix each divided data 311-318 to the data string composed of the elements, Tornado encoding matrix, to apply a known coding matrix such as LDPC coding matrix. すると、その結果として符号化パケット320〜335が生成される。 Then, the encoding packets 320-335 is generated as a result. このようにして生成された符号化パケット320〜335は、元となるバッファリングデータ310よりもデータ量が多くなっている。 Such encoded packet 320 to 335 generated in the has become much data amount than buffering data 310 as the source. すなわち、バッファリングデータ310は符号化によって冗長化されている。 That is, the buffering data 310 is redundant by coding. このように符号化により冗長化された符号化パケット320〜335は、その全てを受信せずとも、そのパケットのうち必要な量だけ任意のパケットを受信できれば、受信した符号化パケット320〜335からそのバッファリングデータ310を復元することができる。 Such encoded by redundant coded packets 320-335 are without receiving all its, if receiving any packets required amount of the packet from the encoded packets 320-335 received it is possible to restore the buffering data 310. このような復元のできる冗長化をメタパケット化ともいう。 Redundancy that can Such recovery also referred to as meta-packetization.

そして、ステップ230の処理により、符号化パケット320〜335のいくつかをまとめて1つのUDPパケットとする。 Then, the processing of step 230, a single UDP packet together several encoded packets 320-335. 図4においては、例として2つのUDPパケット340、350を示すが、実際にはもっと多数のUDPパケットが生成される。 In Figure 4, shows two UDP packets 340, 350 as an example, actually be generated many more UDP packets. 生成される多数のUDPパケットは、符号化パケット320〜335のうち例えばランダムに選んだものを含むようになっていればよい。 Multiple UDP packets to be generated, it is sufficient that include those randomly chosen example of the encoding packets 320-335. CPU22はUDPパケット340、UDPパケット350を生成する際、それぞれに、符号化パケットに加え、その先頭部分にID341、351、および通し番号342、352の情報を付加する。 CPU22 when generating a UDP packet 340, the UDP packet 350 are each, in addition to the encoded packet, adds ID341,351, and the information of the serial number 342, 352 at the head portion. 通し番号342、352は、元となるバッファリングデータ310が同じUDPパケット間で同じ値とならないように、当該UDPパケットの生成時に付与される番号である。 Serial number 342, 352, as buffered data 310 to be the source does not become the same value between the same UDP packet is a number assigned when generating the UDP packet. ID341、342は、元となるバッファリングデータ310を識別することができる符号である。 ID341,342 is a code that can identify the buffering data 310 as the source. したがって、同じバッファリングデータを元とするUDPパケットは同じIDを有している。 Therefore, UDP packet to based on the same buffering data have the same ID. そして、UDPパケットが生成される元となるバッファリングデータが新しいものとなる度に、その生成されるUDPパケットに付与されるIDも更新される。 Each time the buffered data from which UDP packets are generated is new, ID given to UDP packets the generated also updated.

このIDの更新の順序の具体例を図5に示す。 Specific examples of the order of updating of the ID shown in FIG. 図5に円状に配置された丸印のそれぞれが1つのIDを表している。 Each arranged circle in FIG. 5 circularly shaped represents a single ID. 各IDに対応する具体的な値は、当該丸印の近傍に記載された番号である。 Specific values ​​corresponding to each ID is a number described in the vicinity of the circle. 例えば丸印61はその値が10のIDである。 For example circles 61 the value is ID of 10. バッファリングデータが新しいものとなる度に、ID番号はこの図中の矢印に示されるような時計回りに更新される。 Each time the buffered data is new, ID number is updated in the clockwise as indicated by arrows in FIG. すなわち、IDとして10がUDPデータに付与されている場合、次にバッファリングデータが新しくなると、当該バッファリングデータから生成されるUDPパケットにはIDとして11が付与される。 That is, 10 as the ID may have been given to the UDP data, the next buffering data is new, the UDP packet generated from the buffering data 11 as an ID is assigned. このようにIDはバッファリングデータが更新されると共に10→11→12→・・・→19と更新され、19の次にはまた10にもどる。 Thus ID is updated as 10 → 11 → 12 → ··· → 19 with buffering data is updated, the flow returns to the next Additional 10 19. このように、付与されるIDは循環的な性質を有する循環識別符号である。 Thus, ID applied is a circular identification code has a cyclic nature.

このような循環識別符号をIDに用いると、ストリーミングデータをストリーミングサーバ1から次々に受信し、バッファリングデータが次々に更新されても、IDは循環的に繰り返し用いられるので、IDの枯渇やIDの桁数の増大によるデータ伝送効率の低下を防ぐことができる。 With such a circulating identification code ID, receives one after another the streaming data from the streaming server 1, be updated buffered data one after another, since ID is used repeatedly cyclically, depletion of ID and ID can by increment of the digit number of preventing a decrease in data transmission efficiency.

また、付与するIDの組は、送信するストリーミングデータの内容のカテゴリ毎に異なるようになっていてもよい。 In addition, a set of grant to ID may be made different in every category of the contents of the streaming data to be transmitted. 図6にIDの組と、ストリーミングデータの内容のカテゴリとの対応の一例を示す。 Figure 6 shows a set of ID, and an example of the correspondence between the category of the contents of the streaming data. この図によれば、時事ニュースのカテゴリに対応するストリーミングデータについては、10から19までのIDの組を用い、スポーツには20〜29のIDの組を用い、渋滞情報には30〜39のIDの組を用い、天気予報には40〜49のIDの組を用いるようになっている。 According to this figure, the streaming data corresponding to the current news of the category, using a set of ID from 10 to 19, using a set of ID of 20 to 29 in the sport, the congestion information of 30 to 39 using a set of ID, the weather forecast is made to use a set of ID of 40 to 49. このように、IDの組毎にストリーミングデータの内容のカテゴリが異なると、データの受信側は、特定のカテゴリのストリーミングデータを再生したいとき、そのカテゴリに対応したIDのUDPパケットを選択的に受信すればよいということになる。 Thus, the category of the contents of the streaming data for each ID set is different, the receiving side of the data, if you want to play streaming data of a particular category, selectively receives UDP packet ID corresponding to the category it comes to it is sufficient.

なお、符号化サーバ2のCPUは、UDPパケットとして送信するストリーミングデータの内容がどのカテゴリのものであるかは、ストリーミングデータ内にその情報が埋め込まれており、その埋め込まれた情報を読み出すことで特定するようになっていてもよいし、ストリーミングサーバ1から別途その情報を受けるようになっていてもよい。 Incidentally, CPU encoding server 2 are either those of which category the contents of the streaming data to be transmitted as a UDP packet, the information in the streaming data is embedded, by reading the embedded information may be adapted to the particular, it may be adapted to separately receive the information from the streaming server 1.

図7に、以上のようなCPU22の作動によりストリーミングサーバ1からストリーミングデータを受信してUDPパケットを送信する符号化サーバ2、の処理のタイミングを示す。 Figure 7 shows the timing of processing of the encoding server 2, which transmits a UDP packet received streaming data from the streaming server 1 by the operation of the CPU22, as described above. 図中、下向きが時間の向きに相当する。 In the figure, the downward corresponds to the time direction.

この図においては、ストリーミングサーバ1が1つのストリーミングデータの一部を成す単位である、再生時間の等しいデータS 〜S を、順次連続に送信する。 In this figure, a unit of streaming server 1 forms a part of one of the streaming data and transmits the same data S 1 to S 7 of the playing time, the successive. 符号化サーバ2はそれを受信し、図3のステップ210に相当するCPU22のバッファリングにより、この2単位(例えばS とS )を一定時間分としてRAM23に記憶すると、その時点62〜64でステップ220、230に相当する符号化、UDPパケット化等の処理を開始し、その処理が終了した時点65〜67でステップ240の処理によりUDPパケットを送信し始める。 Encoding server 2 receives it, by buffering CPU22 corresponding to step 210 of FIG. 3, when storing the two units (e.g. S 1 and S 2) to the RAM23 as a fixed time period, which time 62 to 64 in encoding corresponding to step 220 and 230, it starts processing such as UDP packetization starts transmitting a UDP packet by the process of step 240 at the time 65 to 67 in which the processing is terminated.

そして、次のバッファリングが終了する時点63、64、68まで、当該UDPパケットの送信を繰り返し続ける。 Then, to the point 63,64,68 the next buffering is completed, keep repeating transmission of the UDP packet. 従って、1つのバッファリングデータを元とするUDPパケットの送信期間は、範囲69に示すように、符号化、あるバッファリングデータについてのUDPパケット化が終了してから、次のバッファリングデータのバッファリングが終了するまでの期間である。 Accordingly, the transmission period of UDP packet to the original one buffering data, as shown in range 69, coding, since UDP packetization is completed for a certain buffering data, buffer of the next buffering data ring is the period until the end.

次に、ストリーミングデータ受信装置11がこの符号化サーバ2によって送信されたUDPパケットを受信して以後の作動について説明する。 Then, the streaming data receiver 11 will be described operation subsequent to receiving the UDP packet transmitted by the encoding server 2. 図3のデータの流れに示すように、復号クライアント14においては、符号化サーバ2が送信したUDPパケットが受信され(ステップ410)、受信したUDPパケットから符号化パケットが抽出され(ステップ420)、更にその符号化パケットから分割データ、バッファリングデータが復元され(ステップ430)、さらにそのバッファリングデータがストリーミングデータとしてプレーヤ15に出力される。 As shown in the data flow of FIG. 3, the decoding client 14, the encoding server 2 is received UDP packet transmitted (step 410), the encoded packet is extracted from the received UDP packet (step 420), subdivided data from the coded packet, buffering the data is restored (step 430), further the buffering data is output to the player 15 as streaming data.

更にプレーヤ15では、復号クライアント14から出力されたデータの、MPEG等のデコードが行われ(ステップ510)、そのデコードの結果の動画データ、音楽データ等が再生される(ステップ520)。 In addition the player 15, the data output from the decoding client 14, decodes the MPEG or the like is performed (step 510), the result of the moving image data of the decoded music data or the like is reproduced (step 520).

以上のようなデータの流れを実現するために復号クライアント14のCPU42が実行するプログラムの構成を図8に示す。 Figure 8 shows the structure of a program CPU42 executes the decoding client 14 in order to realize a data flow as described above. なお、以下に示すプログラム間では、RAM43やCPU42中のレジスタを介してデータの授受が行えるようになっている。 In the inter-program shown below, it is able to perform the data exchange via the registers in the RAM43 and CPU 42.

CPU42は、受信プログラム805、2つの個別復元プログラム810、820、バッファリングプログラム830、ストリーム再生プログラム840を並列的に実行する。 CPU42 is receiving program 805,2 one individual restoration program 810, buffering the program 830 executes a stream reproduction program 840 in parallel.

受信プログラム805は、符号化サーバ2から送信されたUDPパケットを受信し、受信したUDPパケットを適宜個別復元プログラム810、個別復元プログラム820に渡し、さらに個別復元プログラム810、個別復元プログラム820の作動を制御するためのプログラムである。 Receiving program 805 receives the UDP packet transmitted from the encoding server 2, the UDP packet appropriate individual restoration program 810 received, pass it to the individual restore program 820, further individual restoration program 810, the operation of the individual restoration program 820 is a program for control. この受信プログラム805の具体的な作動については後述する。 The specific operation of the receiver program 805 will be described later.

個別復元プログラム810は、CPU42によってそれぞれ並列的に実行されるタイマ−プログラム811、符号化パケット抽出プログラム812、復号・データ復元プログラム813を含んでいる。 Individual restoration program 810, the timer is performed in parallel respectively by the CPU 42 - include program 811, coded packet extraction program 812, the decoded data restoration program 813.

タイマ−プログラム811を実行することにより、CPU42は、その実行開始からの経過時間を計測し、その計測時間が所定の満了時間(特許請求の範囲の規定時間に相当する)に達すると、タイムアウトイベント発生を示すデータを受信プログラム805に渡す。 Timer - by executing a program 811, CPU 42 measures the elapsed time from the execution start, when the measured time reaches the predetermined expiration time (corresponding to the specified time of the claims), timeout event passes data indicative of the occurrence to the receiving program 805.

図9に、符号化パケット抽出プログラム812および復号・データ復元プログラム813の処理を説明する図を示す。 Figure 9 shows a diagram illustrating processing of encoded packets extraction program 812 and decoding data restoration program 813. 図9中の各矩形310〜350は、それぞれCPU42で処理されるデータを表しており、各矩形に割り当てられた番号は図4において同じ番号が割り振られた矩形と同じものである。 Each rectangle 310 to 350 in FIG. 9 represents the data to be processed by the CPU42 respectively, number assigned to each rectangle is the same as the rectangle same number is assigned in FIG. ただし、受信されるUDPパケット340、350および符号化パケット320〜335の数は、図4の処理において生成された符号化パケットよりも少なくてよい。 However, the number of UDP packets 340, 350 and coded packets 320-335 is received may be less than the encoding packets generated in the processing of FIG.

符号化パケット抽出プログラム812を実行することにより、CPU42は、受信プログラム805から渡されたUDPパケット(図9のUDPパケット340、350に相当する)からID、通し番号等を除去し、符号化パケット(図9の符号化パケット320〜335に相当する)を抽出し、その抽出した符号化パケットを符号化パケット抽出プログラム812に渡す。 By executing the coded packet extraction program 812, CPU 42 is, ID from UDP packet passed from the reception program 805 (corresponding to UDP packets 340, 350 in FIG. 9) to remove the serial number or the like, encoded packet ( corresponding to the encoding packets 320-335 in FIG. 9) to extract, and transfers the extracted coded packet into encoded packets extraction program 812.

復号・データ復元プログラム813を実行することにより、CPU42は、符号化パケット抽出プログラム812から符号化パケットを受け、受けた符号化パケットがあらかじめ定められた必要な量に達すると、それらの符号化パケットを復号する。 By performing the decoding data restoration program 813, CPU 42 receives the encoded packet from encoder packet extraction program 812, the received coded packet reaches the amount necessary to predetermined, their encoded packet to decrypt the. 復号は、具体的には、必要量の符号化パケットのそれぞれを要素とするデータ列に、そのデータ列に対応した逆符号化行列を作用させる。 Decoding is specifically a data string composed of the elements of each of the required amount of encoded packets, the action of the inverse encoding matrix corresponding to the data string. すると、その結果として復号データ(図9の分割データ311〜318に相当する)が生成される。 Then, the result as decoded data (corresponding to the divided data 311-318 in FIG. 9) is generated. そして、この復号データを結合してバッファリングデータ(図9のバッファリングデータ310に相当する)を生成する。 Then, to generate the buffered data by combining the decoded data (corresponding to the buffering data 310 in FIG. 9). さらに、生成したバッファリングデータをバッファリングプログラム830に渡し、復号完了イベント発生を示すデータを受信プログラム805に渡し、個別復元プログラム810の実行を終了する。 Moreover, passing the resulting buffered data buffering program 830 passes the data indicating the completion of decoding event occurrence to the receiving program 805 ends the execution of the individual restoration program 810.

なお、CPU42は、受信プログラム805の実行において、特定のIDを有するUDPパケットの復号予約の処理を行うことに基づいて、個別復元プログラム810の実行を開始し、それと同時にタイマ−プログラム811、符号化パケット抽出プログラム812、復号・データ復元プログラム813の実行を開始する。 Incidentally, CPU 42 is in the execution of the reception program 805, based on performing decoding processing reservation UDP packet having a specific ID, starts execution of the individual restoration program 810, at the same time the timer - program 811, coded packet extraction program 812 starts the execution of the decoded data restoration program 813. そして、受信プログラム805が予約キャンセルの旨のデータを個別復元プログラム810に渡すと、CPU42は、個別復元プログラム810がこのデータを受けたことに基づいて、タイマ−プログラム811、符号化パケット抽出プログラム812および復号・データ復元プログラム813の実行を、個別復元プログラム810と共に終了する。 Then, when the receiving program 805 passes the effect of data for reservation cancellations individual restoration program 810, CPU 42, based on the individual restoration program 810 receives this data, timer - program 811, coded packet extractor 812 and the execution of the decoded data restoration program 813, and ends with individual restoration program 810.

個別復元プログラム820、タイマ−プログラム821、符号化パケット抽出プログラム822、復号・データ復元プログラム823の処理の内容は、それぞれ個別復元プログラム810、タイマ−プログラム811、タイマ−プログラム821および符号化パケット抽出プログラム822と同等である。 Individual restoration program 820, timer - program 821, coded packet extraction program 822, the content of the processing of the decoded data restoration program 823, individually restoration program 810, timer - program 811, timer - program 821 and encoded packets extractor 822 to be equivalent. ただし、個別復元プログラム810、個別復元プログラム820は、それぞれ異なるIDを有するUDPパケットの復元を行うようになっている。 However, individual restoration program 810, the individual recovery program 820 is configured to restore the UDP packets having different ID.

なお、図2においては、個別復元プログラムは2つ示されているが、2つ以上の個別復元プログラムがそれぞれ異なるIDのUDPパケットを復号するようになっていてもよい。 In FIG. 2, the individual restoration program is shown two, but two or more separate restoration program may be adapted to decode the UDP packet of different ID. なお、同時に実行する個別復元プログラムの数は予め決まっている。 Note that previously determined number of individual restoration program to be executed concurrently.

バッファリングプログラム830を実行することで、CPU42は、個別復元プログラム810、個別復元プログラム820等の、複数の個別復元プログラムから渡された複数のバッファリングデータを、RAM43の共通の領域、すなわちバッファに保存する。 By executing the buffered program 830, CPU 42 is separately restoration program 810, such as individual restoration program 820, a plurality of buffering data transferred from a plurality of individual restoration program, a common region of the RAM 43, i.e., the buffer save.

ストリーム再生プログラム840を実行することで、CPU42は、上記したバッファに保存された複数のバッファリングデータを読み出し、このバッファリングデータに記述された再生のためのタイムスタンプに基づいたタイミングで、当該バッファリングデータを送信インターフェース45を介してプレーヤ15に出力する。 By executing the stream reproduction program 840, CPU 42 reads out a plurality of buffering data stored in the buffer as described above, at a timing based on the time stamps for reproduction described in this buffering data, the buffer the ring data through the transmission interface 45 outputs to the player 15.

ここで、個別復元プログラム810、個別復元プログラム820を制御する受信プログラム805の処理について具体的に説明する。 Here, the individual restoration program 810, will be described in detail the processing of the reception program 805 for controlling the individual restoration program 820. 図10に、受信プログラム805のフローチャートを示す。 10 shows a flowchart of a receiving program 805. なお、CPU42は、復号クライアント14の起動後すぐにこの受信プログラム805を実行する。 Incidentally, CPU 42 executes the received program 805 starts immediately after the decoding client 14.

CPU42は受信プログラム805の実行を開始すると、まずステップ910で変数Frの値を“false”に設定する。 CPU42 when starting the execution of the reception program 805 first sets to "false" value of the variable Fr in step 910. この変数Frは、上述した個別復元プログラムが1つも実行されていない場合は“false”に、1つでも実行されている場合は“true”になるように設けられた変数である。 This variable Fr, if individual recovery program described above is not executed one to "false", when being executed even one is a variable that is provided so as to be "true".

次にステップ915で、無線LANインターフェース41を介してUDPパケットを1つ受信する。 Next, in step 915, it receives one UDP packet through the wireless LAN interface 41. なお、図10においてステップ910以外の処理はループ状になっているが、このループの繰り返しによって、順次UDPパケットを受信することができる。 The processing other than step 910 in FIG. 10 has been looped, by repeating this loop, it is possible to receive a sequential UDP packet.

次にステップ920で、変数Frが“true”であるか否か、すなわち個別復元プログラムが少なくとも1つ実行されているか否かを判定する。 In step 920, whether or not the variable Fr is "true", i.e. the individual restoration program determines whether it is performed at least one.

Frが“false”の場合、続いてステップ925の処理を実行し、予め定められた数だけ個別復元プログラムの予約の処理を行う。 If Fr is "false", then executing the processing of step 925, only a predetermined number performs processing reservations individual restoration program. この際、予め定められた数をM個とすると、用いるIDの組のうち、受信したパケットのIDから順にM個のIDを、予約するM個の個別復元プログラムのそれぞれに割り当てる。 At this time, allocating the predetermined number when the M pieces, out of the pair of ID to be used, the M ID in order from the ID of the received packet, to each of the M individual restoration program to be reserved. これによって、M個の個別復元プログラムの実行が始まる。 As a result, the execution of the M-number of individual restoration program begins.

ステップ925に続いてはステップ930で、変数Frの値を“true”に設定する。 Subsequently to step 925 in step 930, the value of the variable Fr is set to "true".

ステップ920の判定でFrが“true”の場合、続いてステップ935で、受信したUDPパケットのIDを読み出し、このIDが新規に受信すべきIDであるか否かを判定する。 If it is determined in step 920 Fr is "true", followed by step 935, reads the ID of the received UDP packet and determines whether the ID is the ID to be newly received. 受信したUDPパケットのIDが新規に受信すべきIDであるか否かについては、各個別復元プログラムが復元しているバッファリングデータに割り当てられたIDが、それぞれXないしXからM−1個先のIDであるとすると、受信したUDPパケットのIDが、XからM個以上先であり、かつXからM個前よりも前のIDである場合、新規に受信すべきIDであると判定し、それ以外の場合には新規に受信すべきIDでないと判定する。 The ID of the received UDP packet is whether the ID to be received newly, each individual restoration program is assigned to the buffering data being restored ID is, M-1 or away from to no X, respectively X when an ID, the ID of the received UDP packet is a M or more first from X, and if the ID of the prior M-previous from X, is determined that the ID to be newly received determines ID not equal to be received newly otherwise.

図11に、この新規に受信すべきIDであるか否かの判定について説明する図を示す。 Figure 11 is a diagram illustrating the determination of whether the ID to be received in the new. この図11において円状に配置された丸印は、図5に記載した丸印と同様の、循環識別符号としてのIDを示しており、そのIDの更新順は、図11の実線矢印の示す通り時計回りである。 Circle circularly arranged in Fig. 11, similar to the circle described in FIG. 5 shows the ID of a circular identification code, updates the order of the ID indicates the solid arrow in FIG. 11 as it is clockwise.

図11においては、M、すなわち、個別復元プログラムの数は2である。 In Figure 11, M, i.e., the number of individual restoration program is two. この図は、ステップ935の時点で個別復元プログラムがM=2個実行されており、それぞれに図11中の2重丸印71、72で示されるID(値12および値13)が割り当てられている場合を示している。 This figure, individual restoration program at step 935 are M = 2 units run by ID indicated by the double circles 71 and 72 in FIG. 11, respectively (the values ​​12 and value 13) is assigned It shows a case where you are. この時点で、既にIDが10、11のバッファリングデータの復元は終了しているものとする。 At this point, already buffering data ID is 10, 11 restore assumed to be terminated.

この時点で、符号化サーバ2からIDが12または13のUDPパケットを受信している限りは、そのまま当該UDPパケットを該当するIDが割り当てられた個別復元プログラムに復元させるようにすればよい。 At this point, as long as the ID from the encoding server 2 has received the UDP packet of 12 or 13 may be caused to be as it restores the UDP packet to the appropriate individual restoration program ID is assigned. しかし、図11中の点線矢印73で示す範囲の14〜19のID、すなわち12(Xに相当する)のIDからM=2個先のID以上先であり、かつ12のIDからM+1=3個前のID以前であるという条件を満たすIDが届いた場合、現在復元しているバッファリングデータの復元を中止して、それよりも先のバッファリングデータを復元することができる。 However, Figure 11 14-19 of ID in the range indicated by the dotted arrow 73 in, namely 12 (corresponding to X) is a ID from M = 2 pieces destination ID or previous, and M + 1 = 3 from ID of 12 If you received satisfies the condition ID of pieces is before the ID previously, to cancel the restoration of buffering data currently restored can be restored buffering data prior than that.

なお、同時送信数がMの場合においては、XのIDから上記したような新規に受信すべきIDのUDPパケットが送信された場合には、既にXおよびXのM−1個先のIDのUDPパケットの送信は既に終了していると考えられる。 Incidentally, when the simultaneous transmission number is M, when the UDP packet of the ID to be received from the ID of X new as described above is transmitted, already X and X of M-1 single destination ID the transmission of the UDP packet is already considered to be the end. したがって、このような場合に上記の通りXのIDのUDPパケットの復元を中止して新たなIDのUDPパケットを復元すれば、もはや送信されないUDPパケットを待ち続けて事実上個別復元プログラムの処理がハングアップしてしまうことを防げる。 Therefore, if restoring the UDP packet of a new ID to cancel the restoration of UDP packets ID of the street X in such a case, longer processing of the transmitted virtually waited UDP packets are not individually restore program possible to prevent the hang-up.

ステップ935で新規に受信すべきIDであると判定した場合、続いてステップ940で、現在復号している個別復元プログラムの1つ、より具体的には、当該個別復元プログラムのうち、最も古いIDのバッファリングデータを復元しているプログラムにもとづく復元処理を中止させる。 If it is determined that the ID to be newly received in step 935, then in step 940, one of the individual restoration program that is currently decoding, and more specifically, among the individual restoration program, the oldest ID restoration process stops the based on program restoring the buffering data. 具体的には、その1つの個別復元プログラムに、予約キャンセルの旨のデータを渡す。 Specifically, one individual restoration program that passes fact data of the reservation cancellation. これにより、当該データを受けた個別復元プログラムの実行が終了する。 Thus, execution of the individual restoration program which has received the data is completed.

ステップ935で新規に受信すべきIDでないと判定した場合、およびステップ930、940に続いては、ステップ945で、イベント発生のデータを個別復元プログラムから渡されているかを確認する。 If judged not to be ID to be newly received in step 935, and the following step 930, 940, at step 945, checks whether the data of the event occurrence has passed from individual restoration program. 具体的には、前回のループにおけるステップ945の処理の後に個別復元プログラムから受けたタイムアウトイベント、復号完了イベントの有無を確認する。 Specifically, timeout event received from individual restoration program after the process of step 945 in the previous loop to check for completion of decoding event.

復号完了イベントを受けている場合は、続いてステップ950で、次の予約を行う。 If undergoing decoding completion event is followed by step 950, the following reservation. 具体的には、復号完了イベントを渡した個別復元プログラム、および現在実行している個別復元プログラムに割り当てられているIDのうち、最も新しいIDの次のIDのUDPパケットの復号予約の処理を行う。 Specifically, the individual restoration program pass decoding completion event, and among the ID assigned to the individual restoration program currently running, the process of decoding booking UDP packet of the next ID of the newest ID .

タイムアウトイベントを受けている場合は、続いてステップ955で、現在実行している全ての個別復元プログラムの実行をリセット(中断)させる。 If undergoing timeout event, then at step 955, it causes the reset execution of all the individual restoration program that is currently running (suspended). 具体的には、予約キャンセルの旨のデータを現在実行している個別復元プログラム全てに渡す。 Specifically, it passed to all individual restoration programs that are running to the effect that the data of the reservation cancellation current. すなわち、当該タイムアウトイベントを渡した個別復元プログラムに割り当てられたIDのバッファリングデータを有するストリーミングデータ全体の復元をリセットする。 That resets the recovery of entire streaming data having the buffering data ID assigned to the individual restoration program passed the timeout event. そして更にステップ960で、変数Frの値を“false”にセットする。 And further in step 960, the value of the variable Fr is set to "false".

また、復号完了イベントもタイムアウトイベントも受けていない場合、およびステップ950、960に続いては、ループの最初であるステップ915の処理を実行する。 Also, if the decoding completion event is also not a timeout event also received, and the following step 950 and 960, it performs the process of first using a step 915 of the loop.

なお、複数のタイムアウトイベント、復号完了イベントを一度に受けている場合は、それぞれについて、対応するステップ950、955、960の処理を並列的に行ってもよい。 In the case where receiving a plurality of time-out events, a decoding completion event at a time, for each, may be subjected to a treatment of the corresponding steps 950,955,960 in parallel.

なお、受信プログラム805の処理として、CPU42は、この図10のフローチャートに記載された処理と並行して、符号化サーバ2から受信したUDPパケットのIDを特定し、そのIDに割り当てられた個別復元プログラムにそのUDPパケットを渡すようになっている。 Incidentally, as a process of the reception program 805, CPU 42 is in parallel with the process described in the flowchart of FIG. 10, identifies the ID of the received UDP packet from the encoding server 2, individual restoration assigned to that ID It is adapted to pass the UDP packet to the program. このようになっていることで、個別復元プログラムは、自己に割り当てられたIDのUDPパケットを受けて復元処理に用いることができる。 Thus since in that that the individual restoration program can be used in the restoration process receives UDP packets ID assigned thereto.

ここで、個別復元プログラムのタイマープログラムにおける所定の満了時間について説明する。 Here it will be described the predetermined expiration time in the individual restoration program timer program. 所定の満了時間は、符号化サーバ2において用いられる識別符号が一巡する時間から余裕時間を引いた時間である。 Predetermined expiration time is the time the identification codes used in the encoding server 2 by subtracting a margin time from the time to cycle.

IDが一巡する時間とは、符号化サーバ2において、あるバッファリングデータにXのIDが割り当てられてそのIDを有するUDPパケットが送信され始めた時点から、そのバッファリングデータを元とするUDPパケットの送信が終了し、次以降のバッファリングデータに割り当てられるIDが更新されていき、当該XのIDが再度バッファリングデータに割り当てられ、そのIDを有するUDPパケットが送信され始める時までの時間をいう。 Time is the ID is round, UDP packets in the encoding server 2, from the time the UDP packet having the ID began sent ID of X is assigned to a buffering data, and based on the buffered data transmission is finished, will ID assigned to the next subsequent buffering data is updated, ID of the X is assigned to buffer data again, the time until when the UDP packet having the ID starts to be transmitted Say.

また、余裕時間とは、符号化サーバ2において1つのIDが用いられてから次のIDが用いられるまでの時間の平均値に、予め定められた個別復元プログラムの同時実行数の2倍を乗算した時間である。 The time and afford, after used one ID in the encoding server 2 to the average value of the time until the next ID is used, multiplied by twice the number of concurrent individual restoration program a predetermined is the time. 1つのIDが用いられてから次のIDが用いられるまでの時間とは、あるバッファリングデータにXのIDが割り当てられてそのIDを有するUDPパケットが送信され始めた時点から、次のバッファリングデータにXの次のIDが割り当てられ、そのIDを有するUDPパケットが送信され始めた時点までの時間をいう。 One after the ID is used until the next ID is used time is of from the time the UDP packet having the ID with the ID of X is assigned to a buffered data is started to be transmitted, the next buffering next ID X is assigned to the data, UDP packets having that ID refers to the time up to the point of beginning to be transmitted.

このようになっていることで、ストリーミングデータ受信装置11の搭載車両が無線セル7〜9の範囲を大きく外れる等、復号クライアント14が何らかの原因で符号化サーバ2からのUDPパケットを一切受信できなくなった場合においても、上記した満了時間の経過後に、個別復元プログラムの実行をリセットできる。 By being like this, such a vehicle equipped with the streaming data receiver 11 deviates greatly from the scope of the radio cell 7-9, it is decoded client 14 can not receive any UDP packets from the encoding server 2 for some reason even if, after a expiration time described above, it resets the execution of the individual restoration program. そして、上記したようにIDが一巡する前に満了時間に到達するので、受信が再度可能となった場合に、同一のIDで異なるバッファリングデータを元とするUDPパケットを受信する恐れがなくなる。 Since reaches the expiration time before the ID as described above is round, when the reception becomes possible again, possibly it receives a UDP packet to based on the different buffering data at the same ID eliminated.

以上のような受信プログラム805の処理により、CPU42は、順次受信したUDPパケットを適宜個別復元プログラム810、個別復元プログラム820に渡すことで同時に複数のバッファリングデータの復元を行わせる(ステップ925)。 The process of the reception program 805 as described above, CPU 42 is a UDP packet appropriate individual restoration program 810 sequentially receives, causes the simultaneous recovery of a plurality of buffered data by passing the individual restoration program 820 (step 925). そして、そのUDPパケットが新規に受信すべきIDを有している場合(ステップ935)、最も古い復号処理を中止し、当該UDPパケットによる復号を開始する(ステップ940)。 Then, when the UDP packet has an ID to be newly received (step 935), stops the oldest decoding processing, decoding is started by the UDP packet (step 940).

そして、タイムアウトイベントが発生すると、当該ストリーミングデータの復元をリセットし(ステップ955)、復号完了イベントが発生すると、次のIDのバッファリングデータの復号を予約を行う(ステップ950)。 When the time-out event occurs, to reset the restoration of the streaming data (step 955), it performs the decoding completion event occurs, the reserved decoding buffering data for the next ID (step 950).

また、タイムアウトイベントが発生するまで、受信したUDPパケットを、そのUDPパケットのIDが割り当てられた個別復元プログラムに渡して復号させ続ける。 Moreover, until the time-out event occurs, the UDP packet received, it continues to decode and pass to the individual restore program ID of the UDP packet is assigned.

上記のようなデータ配信システムの作動により、符号化サーバ2が、ストリーミングデータを複数パケット分バッファリングし、そのバッファリングデータに対して符号化を施し、その結果のUDPパケットを送信することである。 By the operation of data distribution system as described above, the encoding server 2, the streaming data to multiple packet of buffered performs encoding on the buffered data, and to send a UDP packet resulting . このようになっているので、符号化処理が施されたデータが送信されるデータ配信システムにおいて、ストリーミングデータが複数パケット分バッファリングされ、そのバッファリングデータ毎に符号化処理が施されるので、ストリーミングデータを符号化処理して送信できるようになる。 Since like this, in the data distribution system to which encoding processing is applied data is transmitted, because the streaming data is more packet of buffering, encoding process is performed for respective buffering data, comprising streaming data to be sent by encoding processing.

なお、符号化サーバ2におけるUDPパケットの送信容量(単位時間あたりの送信データ量)および無線LANアクセスポイント4〜6におけるUDPパケットの送信容量を、このUDPパケットの元となるバッファリングデータのデータレートより高い値となっていてもよい。 The transmission capacity (transmission data amount per unit time) of a UDP packet in the coding server 2 and the transmission capacity of the UDP packet in the wireless LAN access point 4-6, data rate buffering data which is the source of the UDP packet it may become a higher value. これによって、ストリーミングデータ受信装置11では、バッファリングデータ自体の再生にかかる時間よりも短い時間で、当該バッファリングデータのUDPパケットを受信することが可能になる。 Thus, the streaming data receiving apparatus 11, in a shorter time than the time for reproducing the buffered data itself, it is possible to receive the UDP packet of the buffered data. したがって、例えば無線セル7〜9が離散的に廃されている場合等、受信側が連続的に送信データを受信できないような環境でもストリーミングデータの途切れがない再生を行える場合がある。 Thus, for example, a radio cell 7-9 is sometimes capable of performing reproduction and the like if it is discretely waste, receiver uninterrupted streaming data even in an environment that can not be continuously receives transmitted data.

(第2施形態) (The second facilities form)
次に、本発明の第2実施形態について説明する。 Next, a description of a second embodiment of the present invention. 本発明が第1実施形態と異なるのは、符号化サーバ2が複数存在することである。 The present invention differs from the first embodiment is that the encoding server 2 there are a plurality.

2つの符号化サーバは、それぞれ同じストリーミングサーバ1から同じストリーミングデータを受信し、受信したデータに対して第1実施形態と同等の処理を行う。 Two encoding server, each receiving the same streaming data from the same streaming server 1, a first embodiment the same processing on the received data. ただし、各々の符号化サーバ2は、同じストリーミングデータの異なる部分について、バッファリング、符号化、UDPパケット化、送信等を行う。 However, each of the encoding server 2, for different portions of the same streaming data, performs buffering, encoding, UDP packetization and transmission, and the like. 具体的には、同じストリーミングデータの、そのデータサイズで等分した各部分に対して、それぞれの符号化サーバ2が順番にバッファリング、符号化、UDPパケット化、送信等の処理を行う。 Specifically, the same streaming data is performed for each part obtained by equally dividing by the data size thereof, each of the encoded buffering server 2 in order, coding, UDP packetization, the process of transmission, and the like.

例えば、符号化サーバ2が2つある場合、1つのストリーミングデータを、そのデータサイズで等分し、その等分した各部を交互に処理する。 For example, if the encoding server 2 are two, one streaming data, aliquoted in its data size, process the equally divided respective units alternately. 具体的には、このストリーミングデータの各部を時間順にS 、S 、S 、S 、S 、S ・・・とすると、第1の符号化サーバ2はS 、S 、S に対して処理を行い、第2の符号化サーバ2はS 、S 、S に対して処理を行う。 Specifically, S 1 and each part of the streaming data in chronological order, S 2, S 3, S 4, S 5, S 6 When ..., first encoding server 2 S 1, S 3, then process S 5, a second encoding server 2 performs processing to S 2, S 4, S 6 . このようなストリーミングデータの割り振りは予め定められており、各符号化サーバ2はその定めに従って、どの部分を処理するかを判断し、ストリーミングデータの不要な部分は受信しない、または受信しても捨てるようになっている。 Such is allocation of streaming data is determined in advance, according to the encoding server 2 has established that, to determine whether to process which portion, unnecessary portions of the streaming data is not received, or discarded even if received It has become way. なお、ストリーミングデータの部分の分割は、上記したようにデータサイズで等分されていてもよいし、ストリーミングデータに記録された再生時間のタイムスタンプに基づいて再生時間で等分されてもよい。 Incidentally, the divided portions of the streaming data may be equally divided by the data size as described above, it may be equally divided by the reproduction time based on the time stamp of the playback time that is recorded in the streaming data.

図12に、本実施形態において、ストリーミングサーバ1からストリーミングデータを受信してUDPパケットを送信する2つの符号化サーバ2、の処理のタイミングを示すタイミングチャートである。 12, in this embodiment, is a timing chart showing the two timings of the encoding server 2, the process of transmitting the UDP packet received streaming data from the streaming server 1. 表示の形式は図7と同僚である。 Display format diagrams 7 and colleagues. 以下、第1の符号化サーバ2を符号化サーバ#1、第2の符号化サーバ2を符号化サーバ#2と記す。 Hereinafter, the first encoding server 2 referred encoding server # 1, a second encoding server 2 and the encoding server # 2.

図12においては、ストリーミングサーバ1から、1つのストリーミングデータの等サイズの単位部分であるデータS 、S 、S 、S 、S 、S 、S ・・・がこの順に送信されている。 Figure In 12, transmitted from the streaming server 1, the data S 1 is a unit part of the equal size of a single streaming data, S 2, S 3, S 4, S 5, S 6, S 7 ··· are in this order It is. 符号化サーバ#1および符号化サーバ#2は、このストリーミングデータの2単位部分毎に交互に処理するようにあらかじめ定められている。 Encoding server # 1 and encoding server # 2 is predetermined to process alternately every two unit portions of the streaming data. 具体的には、符号化サーバ#1はS およびS のデータを受信し、これらをまとめてバッファリングして図3のステップ210〜240に示した通りの符号化、UDPパケット化、送信等の処理を行い、次にS およびS に対して同じ符号化、UDPパケット化、送信等の処理を行う。 Specifically, the encoding server # 1 receives the data of the S 1 and S 2, encoding of collectively as shown in step 210 to 240 in FIG. 3 and buffers, UDP packetized transmission performs processing etc., then the same reference numerals with respect to S 5 and S 6, UDP packetization, the process of the transmission are performed. また、符号化サーバ#2は、S およびS のデータを受信し、これらをまとめてバッファリングして図3のステップ210〜240に示した通りの符号化、UDPパケット化、送信等の処理を行う。 The encoding server # 2 receives the data of the S 1 and S 2, encoding as shown and buffered collectively to steps 210-240 in FIG. 3, UDP packetization, such as transmission processing is carried out.

なお、第1実施形態において図7を用いて説明した通り、符号化サーバ2は、バッファリングデータの符号化、UDPパケット化が終了してから、次のバッファリングデータのバッファリングが完了するまで、そのUDPパケットを何度も送信し続ける。 Incidentally, as described with reference to FIG. 7 in the first embodiment, the encoding server 2, encoding the buffered data, since the UDP packetization is completed, until the buffers of the next buffering data is completed , it continues to send the UDP packet over and over again. 本実施形態においては、符号化サーバ#1と符号化サーバ#2とで交互に処理を行うので、1つのバッファリングデータについてのUDPパケットの送信時間が2倍となる。 In the present embodiment, since the treatment alternately and coding server # 1 and encoding server # 2, transmission time of the UDP packet for one buffering data is doubled. 具体的には、符号化サーバ#1においては、タイミング75からタイミング76までの間、S およびS のバッファリングデータについてのUDPパケットを送信することになる。 Specifically, in the encoding server # 1, between the timing 75 to the timing 76, and transmits the UDP packet for buffering data of S 1 and S 2. また、符号化サーバ#2においては、タイミング77からタイミング78までの間、S およびS のバッファリングデータについてのUDPパケットを送信することになる。 In the encoding server # 2, between the timing 77 to the timing 78, and transmits the UDP packet for buffering data of S 3 and S 4.

仮に1つの符号化サーバ#1でストリーミングデータの全てを処理したなら、符号化サーバ#1においてS3およびS4から成るバッファリングデータのバッファリング、符号化、送信処理も行わなければいけなくなり、1つのバッファリングデータについてのUDPパケットの送信時間は半分となってしまう。 If If processing all the streaming data in one encoding server # 1, buffering buffering data comprising encoding server # 1 in S3 and S4, encoding, no longer do be done also transmission process, one transmission time of UDP packets for buffering data becomes half.

このように、複数の符号化サーバが順番に異なるバッファリングデータを送信するようになっているので、1つの符号化サーバにおいては、1つのバッファリングデータについてのUDPパケットを送信し始めてから次のバッファリングデータのバッファリングが完了するまでの時間が延びることになる。 Thus, since the plurality of encoding the server is adapted to transmit the buffered data different in sequence, in one encoding server, from the start of transmitting a UDP packet for one buffering data of the next so that the buffering of buffering data extends the time to complete.

一方、このように複数の符号化サーバの送信データを全て同じ通信路の無線LANアクセスポイント4〜6に送信すると、その無線LANアクセスポイント4〜6における伝送効率が低下する。 On the other hand, when transmitting in this way to the wireless LAN access point 4 to 6 of all the transmission data of a plurality of coded server same communication channel, it decreases the transmission efficiency in the wireless LAN access point 4-6. しかし、使用する通信路の容量が、ストリーミングデータのデータレート(すなわち単位時間のストリーミングデータの再生のために用いるデータのビット数)に比べて充分大きい場合、この低下はあまり問題とならない。 However, the capacity of the communication channel to be used, if sufficiently large compared to the data rate of the streaming data (i.e., the number of bits of data used for reproduction of the streaming data in a unit time), this reduction is not a serious problem.

以下に、簡単な試算により、この効果を説明する。 Hereinafter, by simple calculations, illustrate this effect. なお、以下の試算では、簡単のために、符号化処理に伴ってバッファリングデータより符号化データの量が増大するという冗長性については考慮しないものとする。 In the following calculations, for simplicity, the redundancy that the amount of encoded data from the buffer data with the encoding process is increased is not considered.

例えば、ストリーミングデータのデータレートが160kbit/s、バッファリングデータのデータ容量が100kbyteの場合、ひとつのバッファリングデータには、5秒分のデータが保持される。 For example, the data rate of the streaming data may 160kbit / s, the data capacity of buffering data 100 Kbytes, the one buffering data, data of 5 seconds is maintained. これを、伝送路の容量が8Mbit/sの通信路で送信する場合、符号化サーバを単独で用いた場合、ひとつのバッファリングデータを受信するために0.1秒かかるが、符号化サーバを2台並列で動作させた本実施形態の場合、0.2秒の時間に伸びる。 This, when the capacity of the transmission path is transmitted in a communication channel 8 Mbit / s, when using a coding server alone, in order to receive one buffering data it takes 0.1 seconds, the encoding server for this embodiment was operated at two parallel, extending 0.2 seconds. 一方、各々のバッファのデータが送信され続ける時間は、前者の場合Tm=5秒であるのに対し、後者の場合はTm'=10秒間となる。 Meanwhile, the time the data of each of the buffer continues to be transmitted, while the case of the former Tm = 5 seconds, in the latter case the Tm '= 10 seconds.

以上の試算をまとめると、符号化サーバを単独で用いる場合、受信者は5秒の間に0.1秒間UDPパケットの受信を行う必要があり、本実施形態では、10秒の間に0.2秒間のUDPパケットの受信を行えばよい。 Summarizing the above calculations, when using the encoding server alone, the recipient must perform the reception of 0.1 seconds UDP packets between 5 seconds in this embodiment, 0 during 10 seconds. it may be performed to receive the UDP packet of 2 seconds.

このように、1つのバッファリングデータについてのUDPパケットの送信時間が延びると、無線LANアクセスポイント6〜8間を走行する車両10のストリーミングデータ受信装置11において、ストリーミングデータの再生の欠落の可能性が低減される。 Thus, the transmission time of the UDP packet for one buffering data extends, in the streaming data receiver 11 of the vehicle 10 running between the wireless LAN access point 6-8, possible loss of streaming data reproduction There is reduced. 図13および図14に、UDPパケットの送信時間が延びることがストリーミングデータの再生の途絶の可能性に与える影響を説明する図を示す。 13 and 14 shows a diagram that the transmission time of the UDP packet extends to explain the influence of the potential for disruption of the streaming data reproduction.

図13は、符号化サーバが単独で処理を行う場合における、車両10の走行とUDPパケットの送信時間との関係を示す図である。 13, in a case where the encoding server performs alone process is a diagram showing the relationship between the transmission time of traveling and UDP packets of the vehicle 10. また図14は、本実施形態のように符号化サーバが複数ある場合の車両10の走行とUDPパケットの送信時間との関係を示す図である。 The Figure 14 is a diagram showing the relationship between the transmission time of traveling and UDP packets of the vehicle 10 when the coding have multiple servers as in the present embodiment.

無線LANアクセスポイント4と無線LANアクセスポイント5とを連続的に通過する、ストリーミングデータ受信装置11を搭載した車両10は、無線セル7、無線セル8に入っている間に、必要な数のUDPパケットを受信する必要がある。 And a wireless LAN access point 4 and the wireless LAN access point 5 is continuously passed, the vehicle 10 equipped with the streaming data receiver 11, wireless cell 7, while entering the radio cell 8, the number of required UDP it is necessary to receive the packet. 一方、1つのバッファリングデータについてのUDPパケットが送信されるのは、図13の場合においてはTm秒であり、図14の場合においてはTm秒より長いTm'秒である。 On the other hand, the UDP packet for one buffering data is transmitted, in the case of FIG. 13 is a Tm seconds, a long Tm 's from Tm seconds in the case of FIG. 14.

例えば、図13のように、車両10が無線セル7を出たときにあるバッファリングデータのUDPパケットの送信が始まり、Tm秒内に車両10は次の無線セル8に入れない場合、ストリーミングデータ受信装置11は当該バッファリングデータを受信することができず、ストリーミングデータのその部分の再生が欠落してしまう。 For example, as shown in FIG. 13, when the transmission the vehicle 10 is UDP packet buffering data in when exiting the radio cell 7 starts, the vehicle 10 in Tm seconds can not enter the next radio cell 8, the streaming data receiver 11 can not receive the buffered data, the reproduction of that portion of the streaming data may be missing. しかし、そのバッファリングデータの送信時間が図14のTm'のように長い場合、その間に車両10が無線セル7または無線セル8に入っている可能性は高くなり、もし無線セル7を出てから無線セル8に入るまでの時間よりTm'が長い場合、車両10はこのT'mの時間内に少なくとも1度は無線セルの中に入る。 However, if the buffer transmission time of the ring data is long as in the Tm of 14 ', the more likely that the vehicle 10 therebetween is in the radio cell 7 or radio cell 8, if out of the radio cell 7 If from Tm 'a long time to enter the radio cell 8 from the vehicle 10 at least once within a time of the T'm enters into radio cells. そして、その無線セルの中にいる間、車両10が必要なUDPパケットを受信するのに必要な時間200以上当該バッファリングデータのUDPパケットが送信され続ければ、当該バッファリングデータの復元および再生が可能となり、ストリーミングデータの連続受信が可能となる。 Then, while being in the radio cell, if you keep the UDP packet of the buffering data time 200 than necessary to receive UDP packets requiring the vehicle 10 is transmitted, restoration of the buffering data and reproduced possible and will, it is possible to continuous reception of streaming data.

このように、符号化サーバを増やして同時に異なるバッファリングデータを送信させるようにすれば、無線セルが離散的な配置になっていても、車両が複数の無線セルのうち1つの無線セルを出てから隣の無線セルに入るまでの期間、すなわち無線セル間の時間が、1つのバッファリングデータを元とするUDPパケットを送信し続ける期間から、復号クライアント14が当該バッファリングデータを復元するためのUDPパケットの受信にかかる期間を減算した期間より短いようになっていれば、車両10が無線セルと無線セルの間を走行しているうちにバッファリングデータを復元するのに必要なUDPパケットの受信機会を逃すことを防ぐことができる。 Thus, if as to transmit simultaneously different buffering data to increase the encoding server, even if the radio cell has become a discrete arrangement, the vehicle leaves the single radio cell of the plurality of radio cells time to enter the next radio cell from, i.e. the time between the radio cells, the time period continues to send UDP packets to the original one buffering data, since the decoding client 14 restores the buffering data if so the this period to the reception of a UDP packet to be shorter than the period obtained by subtracting, UDP packets required to restore the buffered data within the vehicle 10 is traveling between the wireless cell and the wireless cell it is possible to prevent the miss of reception opportunities.

なお、このように、ストリーミングデータの再生の欠落の可能性を離散的な無線セルの間隔を調整することによって低減する事も可能である。 In this way, it is possible to reduce by adjusting the spacing of the discrete radio cell the possible loss of streaming data reproduction. すなわち、1つの無線セルから次の無線セルに入るまでの時間内にあるバッファリングデータについてのUDPパケットの送信開始、送信終了が送信が終わってしまわないような距離に、無線LANアクセスポイントを配置すればよい。 That is, the start of transmission of UDP packets for buffering data from one radio cell within the time to enter the next radio cell, the distance that the transmission end is not Shimawa finished transmission, placing the wireless LAN access point do it.

なお、上記した無線セル間の時間を特定するには、無線セル間の受信不能な領域の距離、および車両の走行速度を特定する必要があるが、一般的な走行車両について再生の欠落を防ぐようにするなら、上記車両の走行速度としては、その道路における車両の平均速度を用いればよいし、また、信頼性を上げ、大半の車両に欠落のない再生を保証するのであれば、その道路において想定される最低の走行速度を用いればよい。 Note that in order to identify the time between the radio cells, the distance of the received non region between radio cells, and it is necessary to specify the driving speed of the vehicle, for general vehicles prevent loss of reproduction if you way, as the running speed of the vehicle, may be used the average speed of the vehicle in the road, also increases the reliability, if guarantee without lack played most of the vehicle, the road it may be used minimum speed envisaged in.

なお、本実施形態の効果が発揮されるためには、上記したように符号化サーバ2が複数存在する必要は必ずしも無く、例えば1つの符号化サーバ2のCPU42において、図3のステップ210〜240の処理を複数分並列的に行うことで、本実施形態と同等の効果が発揮される。 In order to effect of this embodiment can be exhibited is required to encode the server 2 as described above there are a plurality of not necessarily, for example, in one CPU42 encoding server 2, the steps of FIG. 3 210-240 by performing the process in parallel multiple content, the same effect as this embodiment can be exhibited. すなわち、それぞれ異なるバッファリングデータを元とするUDPパケットを同時に送信するようになっていればよい。 That is, it is sufficient that to send UDP packets to the original different buffering data respectively at the same time.

また、本実施形態においては、UDPパケットに付与するIDの組としては、少なくとも、符号化サーバ#1、#2が同時送信するバッファリングデータの数の2倍よりも多い回数進むと元に戻るような循環識別符号を用いる。 In the present embodiment, the pair of ID given to the UDP packet, at least, the encoding server # 1, # 2 is returned to the original Proceeding number greater than 2 times the number of buffered data to be transmitted simultaneously using a circulating identification code such as.

(第3実施形態) (Third Embodiment)
次に、本発明の第3実施形態について説明する。 Next, a description of a third embodiment of the present invention. 本実施形態が第2実施形態と異なるのは、符号化サーバ2から送信されるストリーミングデータが動画像や音楽ではなく、連続制止画像であることである。 This embodiment differs from the second embodiment, rather than streaming data moving images and music to be transmitted from the encoding server 2, is that a continuous stop image. ここで、連続静止画像とは、1つのバッファリングデータには1つまたは複数の静止画像のデータが含まれるようになっているストリーミングデータをいう。 Here, a continuous still image on one buffering data refers to streaming data that is to include the data of one or more still images. 本実施形態においては、1つのバッファリングデータには1つの静止画像のデータが含まれている。 In the present embodiment, the single buffering data includes data for one still picture.

また、本実施形態においては、符号化サーバは2つではなく3つあり、それぞれが順番にバッファリングデータとしての1つの静止画像に対してバッファリング、符号化、UDPパケット化、送信等の処理を行う。 In the present embodiment, 2 Tsude encoding server There are three rather than buffering for one still image as buffering data in the order each encoded, UDP packetization process of transmission, etc. I do.

図15に、このような3つの符号化サーバのUDPパケットの送信タイミングを示す。 Figure 15 shows the transmission timing of the UDP packet of such three encoding server. 図中下向きが時間の流れの向きであり、各実線81、82、83が、それぞれ第1、第2、第3の符号化サーバのUDPパケットの送信タイミングを示している。 A direction of the drawing downward time flows, each solid line 81, 82 and 83, first, second, shows the transmission timing of the UDP packet of the third encoded server. また、各実線上の黒丸が、1つのバッファリングデータについてのUDPパケットの送信開始および送信終了のタイミングを示している。 Also, a black circle on each solid line indicates the timing of the transmission start and end of transmission of the UDP packet for one buffering data.

例えば黒丸84のタイミングでは、第1の符号化サーバが1のIDのバッファリングデータを元とするUDPパケットの繰り返し送信を開始し、黒丸85のタイミングでは、当該UDPパケットの送信を終了する。 For example, in the timing of the black dots 84, the repeated transmission of UDP packets first encoding server as the original buffering data of the first ID to start, the timing of the black dots 85, and ends the transmission of the UDP packet. また、黒丸86のタイミングでは、第2の符号化サーバが5のIDのバッファリングデータを元とするUDPパケットの繰り返し送信を開始し、黒丸87のタイミングでは、当該UDPパケットの送信を終了する。 Further, at the timing of the black dots 86, the repeated transmission of UDP packets second encoding server as the original buffering data of the fifth ID started, at the timing of the black dots 87, and ends the transmission of the UDP packet. また、黒丸88のタイミングでは、第3の符号化サーバが3のIDのバッファリングデータを元とするUDPパケットの繰り返し送信を開始し、黒丸89のタイミングでは、当該UDPパケットの送信を終了する。 Further, at the timing of the black dots 88, the repeated transmission of UDP packets third coding server and based on buffering data of ID 3 starts, the timing of the black dots 89, and ends the transmission of the UDP packet. なお、本実施形態では、IDの組として、1、2、・・・、9が循環的に用いられる。 In the present embodiment, as a set of ID, 1, 2, · · ·, 9 are used cyclically.

ここで、1つのバッファリングデータについてのUDPパケットの送信が開始されてから、同じ符号化サーバにおいて別のバッファリングデータについてのUDPパケットの送信が開始されるまでの時間Tlは、データの受信、復号、再生等の処理が低速なストリーミングデータ受信装置11が当該バッファリングデータの受信・復号にかかる最長時間となるように、符号化サーバの処理速度、送信タイミング等を設定する。 Here, the transmission is started in the UDP packet for one buffering data, the time Tl to the transmission of UDP packets for another buffering data is started in the same encoding server, receiving data, decoding processing such as reproduction is so slow streaming data receiving apparatus 11 is the longest time required for receiving and decoding of the buffering data, sets the processing speed of the encoding server, the transmission timing and the like. なお、この最長時間とは、ストリーミングデータ受信装置11が故障している場合等における受信・復号にかかる時間を含めた中での最長時間をいうのではなく、ストリーミングデータ受信装置11の正常動作において受信・復号にかかる時間のゆれ幅の中の最長時間をいう。 Note that this maximum time, the maximum rather than refers to the time in, including the time required for receiving and decoding in such a case the streaming data receiving apparatus 11 has failed, in normal operation of the streaming data receiver 11 It refers to the longest time in the swing width of the time it takes to receive and decode.

このようにすることで、低速なストリーミングデータ受信装置11でも、少なくとも3枚に1枚の静止画像を再生することができる。 In this way, even slower streaming data receiver 11 can reproduce one still image at least three. なお、低速なクライアントの作動については後述する。 It will be described later operation of slow clients.

また、1つのバッファリングデータについてのUDPパケットの送信が開始されてから、次のIDのバッファリングデータについてのUDPパケットが他の符号化サーバから送信が開始されるまでの時間Thは、データの受信、復号、再生等の処理が高速なストリーミングデータ受信装置11が当該バッファリングデータの受信・復号にかかる最長時間となるように、符号化サーバの処理速度、送信タイミング等を設定する。 Further, the transmission is started in the UDP packet for one buffering data, the time Th to UDP packets for buffering data of the next ID is transmitted from the other coding server is started, the data receiving, decoding, processing such as reproduction is so fast streaming data receiving apparatus 11 is the longest time required for receiving and decoding of the buffering data, sets the processing speed of the encoding server, the transmission timing and the like. このようにすることで、高速なストリーミングデータ受信装置11は、全ての静止画像を再生することができる。 In this way, high-speed streaming data receiver 11 can reproduce all of the still images. なお、高速なストリーミングデータ受信装置11としては、第1実施形態に示したような、複数の個別復元プログラムを並列で実行する復号クライアント14を有するストリーミングデータ受信装置11が考えられる。 As the high-speed streaming data receiving apparatus 11, as shown in the first embodiment, the streaming data receiver 11 having a decoding client 14 to perform a plurality of individual restoration program in parallel is considered.

ただし、このUDPパケットの送信路である無線LANアクセスポイント4〜6は、これら同時期に送信されているUDPパケットを、時分割による細かい送信タイミングの割り振りで無線セル7〜9に送出する。 However, a wireless LAN access point 4-6 is a transmission path of the UDP packet, and sends the UDP packets that are sent to these same time, in the allocation of the fine transmission timing by time division into radio cells 7-9. 図16に、時分割による実際の無線LANアクセスポイント4〜6におけるUDPパケットの送出タイミングを示す。 Figure 16 shows the timing of sending the UDP packet in the actual wireless LAN access point 4-6 by time division.

図16においては、図中下向きが時間の向きを示している。 In FIG. 16, downwardly in the figure indicates the time direction. 中央の縦に繋がった矩形91〜102のぞれぞれは、図15におけるThの期間を示している。 , Respectively, respectively rectangular 91-102 which led to vertical center indicates the period Th in FIG. そして、それぞれの矩形91〜102に対応づけられた番号付き矩形は、その期間における時分割の時間スロットであり、その矩形に付された番号は、その時間スロットにおいて送信されるUDPパケットに含まれるIDの値である。 The association was numbered rectangles correspond to respective rectangular 91-102, the time slots of the time division in the period, the number assigned to the rectangle, is included in the UDP packets sent in that time slot is the value of the ID.

例えば、矩形91の期間は、図15において第1の符号化サーバからIDが1のUDPパケットのみが送信される期間に対応しているので、無線LANアクセスポイント4〜6において全ての時間スロットでIDが1のUDPパケットが送出される。 For example, period of the square 91, since the ID from the first encoding server 15 corresponds to a period in which only one of the UDP packet is transmitted, in all time slots in the wireless LAN access point 4-6 ID is UDP packet 1 is sent.

また、矩形92の期間は、図15において第1の符号化サーバからIDが1のUDPパケットが送信され、第2の符号化サーバからIDが2のUDPパケットが送信される期間に対応しているので、時間スロットの半分でIDが1のUDPパケットが送出され、残りの半分でIDが2のUDPパケットが送出される。 Also, the period of the rectangular 92, ID from the first encoding server 1 of the UDP packet transmitted in FIG. 15, the ID from the second encoding server 2 of the UDP packet corresponds to a period to be transmitted because there are sent the UDP packet half ID is 1 time slot, the ID in the other half UDP packet 2 is sent.

また、矩形93の期間は、図15において第1の符号化サーバからIDが1のUDPパケットが送信され、第2の符号化サーバからIDが2のUDPパケットが送信され、第3の符号化サーバからIDが3のUDPパケットが送信される期間に対応しているので、時間スロットの1/3でIDが1のUDPパケットが送出され、同じく1/3でIDが2のUDPパケットが送出され、また同じく1/3でIDが3のUDPパケットが送出される。 Also, the period of the rectangular 93, ID from the first encoding server 1 of the UDP packet transmitted in FIG. 15, ID from the second encoding server UDP packet 2 is transmitted, the third coding since UDP packet ID from the server 3 corresponds to a period to be transmitted is 1/3 ID is transmitted is one UDP packet time slots, also 1/3 ID is UDP packets 2 at delivery are also similarly ID in 1/3 UDP packet 3 is sent. また、送出順は図16のようにIDの順になっていてもよい。 Further, the transmission order may be made in the order of ID as shown in Figure 16.

このように、同時期に複数のIDについてのUDPパケットが無線LANアクセスポイント4〜6送出される場合、それぞれを同じ頻度で時分割送出する。 Thus, if the UDP packet is a wireless LAN access point 4-6 delivery for a plurality of ID at the same time, to time division sends each at the same frequency.

次に、上記した低速なストリーミングデータ受信装置11の例として、復号クライアント14においてCPU42が実行する個別復元プログラムの同時実行数が1であるような復号クライアント14の作動について説明する。 Next, as an example of a low-speed streaming data receiving apparatus 11 described above, the decoding client 14 CPU 42 is concurrent execution of the individual restoration program to be executed will be described operation of the decoding client 14 such that 1. この低速の復号クライアント14が第1実施形態の復号クライアント14と異なるのは、上記した通り、CPU42が実行する個別復元プログラムの同時実行数が1であること、そして受信プログラム805が図15のフローチャートに示すようなものであることである。 Flowchart decoding client 14 of the low speed is different from the decoding client 14 of the first embodiment, as described above, that the number of concurrent execution of the individual recovery program CPU42 executes is 1, and the receiving program 805 of FIG. 15 is that is as shown in. 以下、図15のフローチャートを実行するCPU42の作動について説明する。 The following describes the operation of the CPU42 that performs the flowchart of FIG. 15.

なお、図15と図10において同一の符号が付されたステップは、図10の場合には複数の個別復元プログラムに対する処理であり、図15においては1つの個別復元プログラムに対する処理であることを除き、互いに同一の処理を行うものであり、ここではその詳細についての説明は省略する。 Note that steps the same reference numerals are attached in FIG. 15 and FIG. 10, in the case of FIG. 10 is a process as to a plurality of individual restoration program, except that the process for one individual recovery program 15 , which performs the same processing to each other, it will not be described here again the detail here.

ステップ920Frが“false”であると判定した場合、すなわち個別復元プログラムの復号の処理が行われていない場合、続いてステップ525の処理を実行する。 If step 920Fr is determined to be "false", i.e. if not goes through a decoding of individual restoration program, subsequently performs the process of step 525. ステップ525では、UDPパケットを無線LANインターフェース41を介してm個受信する。 In step 525, the m pieces receive UDP packets via the wireless LAN interface 41. ここでm個とは、最新のUDPパケットがどのIDのパケットであるかを調べるために受信するサンプル数であり、複数のIDのUDPパケットの同時送信数(本実施形態では3)以上の値である。 Here the m and is the number of samples received to determine the packet of which ID is the latest UDP packet, (in this embodiment 3) simultaneous transmission number of the UDP packet of the plurality of ID or more values it is.

次にステップ530で、受信したUDPパケットの中で最も新しいIDを有するものについて、復号予約の処理を行う。 In step 530, the one having the most recent ID in the received UDP packet, performs decoding processing reservation. これにより、当該IDが割り当てられた個別復元プログラムの実行が開始され、その実行により、受信プログラム805から渡された当該IDを有するUDPパケットが必要量に達したときに、復号、復元等の処理を行う。 Thus, execution of the individual restoration program to which the ID is assigned is started by the execution, when a UDP packet having the ID passed from the receiving program 805 has reached the required amount, decoding, restoration process such as I do.

次にステップ535で、変数Frを“true”に設定する。 Next, at step 535, it is set to "true" variable Fr.

ステップ920で変数Frが“true”の場合、およびステップ535の次に、ステップ545では、イベント発生のデータを個別復元プログラムから渡されているかを確認する。 For variables Fr is "true" in step 920, and next to step 535, in step 545, checks whether the data of the event occurrence has passed from individual restoration program. 具体的には、前回のステップ920〜960のループにおけるステップ545の処理の後に個別復元プログラムから受けたタイムアウトイベント、復号完了イベントの有無を確認する。 Specifically, timeout event received from individual restoration program after the process of step 545 in the loop of the previous step 920-960, to confirm the presence or absence of decoding completion event.

復号完了イベントを受けている場合は、続いてステップ960で、変数Frの値を“false”とする。 If undergoing decoding completion event is followed by step 960, a "false" value of the variable Fr.

タイムアウトイベントを受けている場合は、図10の場合と同様、復号処理をリセットし、変数Frを“false”にセットする。 If undergoing timeout event, as in the case of FIG. 10, reset the decoding process is set to "false" variable Fr.

また、復号完了イベントもタイムアウトイベントも受けていない場合、およびステップ960に続いては、ループの最初であるステップ910の処理を実行する。 Also, if the decoding completion event is also not a timeout event also received, and the following step 960, it performs a process of first using a step 910 of the loop.

このような本実施形態の受信プログラム805の処理を実行することで、CPU42は、復号が完了した場合、および復号がタイムアウトとなった場合、ステップ960でFrを“false”とすることで、再度ステップ525〜535で、現在受信できるものから最も新しいUDPパケットについて復号、復元の処理を行うことができる。 By executing the processing of the reception program 805 of the present embodiment described above, CPU 42, when the decoding is completed, and if decoding timed out, that the "false" to Fr at step 960, again in step 525 to 535, decoding the newest UDP packet from what can be currently received can be processed in recovery.

なお、受信プログラム805の処理として、CPU42は、この図15のフローチャートに記載された処理と並行して、符号化サーバ2からUDPパケットを受信し、その受信したUDPパケットのIDを特定し、そのIDが現在個別復元プログラムに割り当てられたものなら、個別復元プログラムにそのUDPパケットを渡すようになっている。 Incidentally, as a process of the reception program 805, CPU 42 is in parallel with the process described in the flowchart of FIG. 15, receives a UDP packet from the encoding server 2 identifies the ID of the UDP packet that received, the If that ID is currently assigned to the individual restore program is adapted to pass the UDP packet to the individual restoration program. このようになっていることで、個別復元プログラムは、自己に割り当てられたIDのUDPパケットを受けて復元処理に用いることができる。 Thus since in that that the individual restoration program can be used in the restoration process receives UDP packets ID assigned thereto.

図16に、このような、復号が完了またはタイムアウトした場合に次の最も新しいUDPパケットの復号を始める低速なストリーミングデータ受信装置11が、図15、図16に示すような送信を行う符号化サーバからの復元するUDPパケットの順番の一例を示す。 16, such a low-speed streaming data receiving apparatus 11 to start the decoding of the next most recent UDP packet if decoding is completed or a timeout, the encoding server for transmission as shown in FIG. 15, FIG. 16 restore from that shows an example of the order of the UDP packet. 図16中の各丸印が1つのIDに対応する。 Each circle in FIG. 16 corresponds to one ID. この図の例においては、低速なストリーミングデータ受信装置11は、1、4、7と、2つ飛ばしでバッファリングデータを受信して復号、復元することになる。 In the example of this figure, the low-speed streaming data receiver 11, a 1,4,7, two skip decoding receives buffered data will be restored. 従って、再生される静止画像は、2画像飛ばしとなる。 Accordingly, the still image to be reproduced, a skip 2 images.

なお、上記した各実施形態において、符号化サーバ2(第2実施形態においては符号化サーバ#1および#2)、無線LANアクセスポイント4〜6がストリーミングデータ送信装置を構成する。 In each embodiment described above, (coded servers # 1 and # 2 in the second embodiment) encoding server 2, a wireless LAN access point 4-6 constitute the streaming data transmission system. しかし、無線LANアクセスポイント4〜6は必ずしもストリーミングデータ送信装置の構成要素となる必要はなく、符号化サーバ2のみがストリーミングデータ送信装置を構成しているような実施形態があってもよい。 However, a wireless LAN access point 4-6 is not necessarily a component of the streaming data transmission system, there may be embodiments where only coding server 2 constitute the streaming data transmission system.

また、符号化サーバ2のCPU22が、図2のステップ220、230の処理を実行することで、処理手段として機能する。 Further, CPU 22 of the encoding server 2 executes the processing of steps 220 and 230 in FIG. 2, which functions as a processing unit.

また、UDPパケットが、FEC化データに相当する。 Also, UDP packet corresponds to the FEC data. ただし、FEC化データとしては、UDPパケットである必要はなく。 However, as the FEC data, you need not be UDP packets. FEC処理が実行された後のデータであればどのようなものでもよい。 What may be one if the data after the FEC process is performed.

また、符号化サーバ2(第2実施形態においては符号化サーバ#1および#2)の送信インターフェース25および無線LANアクセスポイント4〜6が送信手段に相当する。 The encoding server 2 (in the second embodiment the encoding server # 1 and # 2) transmission interface 25 and the wireless LAN access point 4-6 is equivalent to the transmission means.

また、復号クライアント14の無線LANインターフェース41が受信手段に相当する。 Further, the wireless LAN interface 41 of the decoding client 14 corresponds to the receiving means.

また、復号クライアント14のCPU42が、受信プログラム805、個別復元プログラム810、820、およびバッファリングプログラム830を実行することで、復元手段として機能する。 Further, the CPU42 of decoding the client 14, the receiving program 805, by executing the individual restoration program 810, 820 and buffering program 830, functions as a restoring means.

また、復号クライアント14のCPU42が、ストリーム再生プログラム840を実行することで、再生制御手段として機能する。 Further, CPU 42 of decoding the client 14, by executing the stream reproduction program 840, which functions as a regeneration control means.

また、復号クライアント14のCPU42が、個別復元プログラム810、820のそれぞれを実行することで、それぞれの個別復元手段として機能する。 Further, CPU 42 of decoding the client 14 by executing each individual restoration program 810 and 820 to function as respective separate restoring means.

また、上記した実施形態においては、復号クライアント14とプレーヤ15とが別体となっているが、復号クライアント14とプレーヤ15とが一体となっており、復号クライアント14およびプレーヤ15の処理が同一のCPUにおいて実現されるようになっていてもよい。 Further, in the above embodiment, although the decoding client 14 and the player 15 is in the separate, it has become a decoding client 14 and the player 15 integrated process of decoding the client 14 and the player 15 are the same it may be adapted to be implemented in CPU.

また、復号クライアント14のRAM43が、特許請求の範囲の「共通の記憶媒体」に相当する。 Further, RAM 43 of decoding the client 14 corresponds to the "common storage medium" in the claims.

本発明の第1実施形態に係る情報配信システムの構成図である。 It is a configuration diagram of an information distribution system according to a first embodiment of the present invention. ストリーミングサーバ1、符号化サーバ2、ストリーミングデータ受信装置11等の構成図である。 Streaming server 1, the encoding server 2, a block diagram of such streaming data receiver 11. このような情報配信システム100におけるデータの流れを示す図である。 Is a diagram showing the flow of data in such an information distribution system 100. CPU22のステップ220および230の処理を説明する図である。 It is a diagram for explaining the process of steps 220 and 230 of the CPU 22. UDPパケットに付与されるIDの更新順の一例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of the update order ID that is assigned to the UDP packet. IDの組と、ストリーミングデータの内容のカテゴリとの対応を示す図表である。 And the ID of the set, is a table showing the correspondence between the category of the contents of the streaming data. ストリーミングサーバ1からストリーミングデータを受信してUDPパケットを送信する符号化サーバ2の処理のタイミングを示すタイミングチャートである。 Is a timing chart showing the timing of processing of the encoding server 2 to send a UDP packet to receive streaming data from the streaming server 1. 復号クライアント14のCPU42が実行するプログラムの構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of a program CPU42 executes the decoding client 14. 符号化パケット抽出プログラム812、復号・データ復元プログラム813の処理を説明する図である。 Coded packet extraction program 812 is a diagram for explaining a process of decoding data restoration program 813. 受信プログラム805の処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a process of receiving program 805. 受信したUDPパケットのIDが新規に受信すべきIDであるか否かの判定について説明する図である。 ID of the received UDP packet is a diagram for explaining determination of whether the ID should be newly received. ストリーミングサーバ1からストリーミングデータを受信してUDPパケットを送信する2つの符号化サーバ#1、符号化サーバ#2の処理のタイミングを示すタイミングチャートである。 Two encoded server # 1 to send a UDP packet to receive streaming data from the streaming server 1 is a timing chart showing the timing of processing of the encoding server # 2. 符号化サーバが単独で処理を行う場合における、車両10の走行とUDPパケットの送信時間との関係を示す図である。 In a case where the encoding server performs alone process is a diagram showing the relationship between the transmission time of traveling and UDP packets of the vehicle 10. 符号化サーバが複数ある場合の車両10の走行とUDPパケットの送信時間との関係を示す図である。 Is a diagram showing the relationship between the transmission time of traveling and UDP packets of the vehicle 10 when the coding have multiple servers. 第3実施形態における3つの符号化サーバのUDPパケットの送信タイミングを示す図である。 3 is a diagram showing the transmission timing of the UDP packet of the three encoding server in the embodiment. 時分割による実際の無線LANアクセスポイント4〜6におけるUDPパケットの送出タイミングを示す図である。 It is a diagram showing the transmission timing of the UDP packet actual in the wireless LAN access point 4-6 by time division. 低速なストリーミングデータ受信装置11の受信プログラム805の処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a process of receiving program 805 of the low-speed streaming data receiver 11. 低速なストリーミングデータ受信装置11において受信、復号、復元するバッファリングデータのIDの順番の一例を示す図である。 Received at the low-speed streaming data receiver 11, decoding is a diagram showing an example of the order of ID buffering data to be restored.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1…ストリーミングサーバ、2…符号化サーバ、3…広域ネットワーク、 1 ... streaming server, 2 ... encoding server, 3 ... wide area network,
4〜6…無線LANアクセスポイント、7〜9…無線セル、10…車両、 4-6 ... wireless LAN access point, 7-9 ... radio cell, 10 ... vehicle,
11…ストリーミングデータ受信装置、12…カメラ、13…マイク、 11 ... streaming data receiving apparatus, 12 ... camera, 13 ... microphone,
14…復号クライアント、15…プレーヤ、21…受信インターフェース、 14 ... decoding client, 15 ... player, 21 ... receiving interface,
22…CPU、23…RAM、24…ROM、25…送信インターフェース、 22 ... CPU, 23 ... RAM, 24 ... ROM, 25 ... transmission interface,
41…無線LANインターフェース、42…CPU、43…RAM、44…ROM、 41 ... wireless LAN interface, 42 ... CPU, 43 ... RAM, 44 ... ROM,
45…送信インターフェース、51…イーサネット(登録商標)回線、52…イーサネット(登録商標)回線、 45 ... transmission interface, 51 ... Ethernet line, 52 ... Ethernet line,
100…情報配信システム、310…バッファリングデータ、 100 ... information distribution system, 310 ... buffering data,
311〜318…分割データ、320〜335…符号化パケット、 311-318 ... division data, 320-335 ... coded packet,
340、350…UDPパケット、341、351…ID、 340,350 ... UDP packet, 341,351 ... ID,
342、352…通し番号、805…受信プログラム、810…個別復元プログラム、 342, 352 ... serial number, 805 ... receiving program, 810 ... individual restoration program,
811…タイマ−プログラム、812…符号化パケット抽出プログラム、 811 ... timer - program, 812 ... encoded packet extraction program,
813…復号・データ復元プログラム、820…個別復元プログラム、 813 ... decoding and data restoration program, 820 ... individual restoration program,
821…タイマ−プログラム。 821 ... timer - program.

Claims (8)

  1. ストリーミングデータを複数送信単位分バッファリングする記憶媒体と、 A plurality transmission unit of buffering for storing media streaming data,
    前記記憶媒体が前記バッファリングした複数送信単位分のバッファリングデータに対してFEC(Forward Error Correction)処理を施す処理手段と、 And processing means for performing FEC (Forward Error Correction) processing on the buffered data of a plurality transmission unit of said storage medium has the buffering,
    前記処理手段が前記FEC処理を施した結果のFEC化データを、受信したFEC化データからバッファリングデータを復元するストリーミングデータ受信装置が受信できるよう、送信する送信手段と、を備え、 The FEC data as a result of said processing means is subjected to the FEC process, so that from the received FEC data can be received streaming data receiver for restoring the buffering data, and a transmitting means for transmitting,
    前記送信手段は複数あり、 Wherein the transmission means is a plurality,
    前記複数の送信手段のそれぞれは、FEC化データの送信を、次に自らが送信するFEC化データの元となるバッファリングデータのバッファリングが完了するまで続け、 Wherein each of the transmission means, continues to send FEC data, until the next itself buffering buffering data to be the source of the FEC data is completed to transmit,
    前記複数の送信手段は順番に、同じストリーミングデータの異なる部分についてのFEC化データを送信することを特徴とするストリーミングデータ送信装置。 It said plurality of transmission means in turn, streaming data transmission device and transmits the FEC data for the different portions of the same streaming data.
  2. 前記送信手段は、無線によって前記FEC化データを送信し、その送信の伝送容量は、当該FEC化データの元となるストリーミングデータのデータレートより大きいことを特徴とする請求項1に記載のストリーミングデータ送信装置。 Said transmitting means transmits the FEC data by radio, the transmission capacity of the transmission, the streaming data according to claim 1, wherein the greater than the data rate of the streaming data which is the source of the FEC data the transmission device.
  3. 前記ストリーミングデータは、動画または音楽のストリーミングデータであることを特徴とする請求項1または2に記載のストリーミングデータ送信装置。 The streaming data, streaming data transmission system according to claim 1 or 2, characterized in that the streaming data of a moving or music.
  4. 前記ストリーミングデータは、繰り返し撮影された静止画が連続するストリーミングデータであり、 The streaming data is streaming data repeatedly photographed still picture continues,
    前記記憶媒体は、前記ストリーミングデータを前記静止画の所定枚数分バッファリングすることを特徴とする請求項1ないし3のいずれか1つに記載のストリーミングデータ送信装置。 The storage medium, the streaming data transmission device according to any one of claims 1 to 3, characterized in that the streaming data to a predetermined number of sheets buffering of the still image.
  5. 前記処理手段は、前記FEC化データに、バッファリングされる順に循環的にバッファリングデータに割り当てられる循環識別符号のうち、当該FEC化データの元となるバッファリングデータに割り当てられた循環識別符号を付与し、 The processing means, wherein the FEC data, among the circulating identification code assigned to cyclically buffered data in the order in which they are buffered, the circulating identification code assigned to buffering data which is the source of the FEC data grant and,
    前記送信手段は、前記循環識別符号が付与されたFEC化データを送信することを特徴とする請求項1ないし4のいずれか1つに記載のストリーミングデータ送信装置。 The transmission unit, streaming data transmission device according to any one of claims 1 to 4, characterized in that transmitting the FEC data to the circulating identification code is assigned.
  6. 前記循環識別符号は、複数回進むと元の符号に戻るような循環識別符号であり、この複数回は、前記送信手段が同時送信するFEC化データの元となるバッファリングデータの数の2倍よりも多い回数であることを特徴とする請求項5に記載のストリーミングデータ送信装置。 The circulation identification code is a cyclic identification code such as return to the original code Proceeding multiple times, the plurality of times is 2 times the number of buffered data to which the transmission means is a source of FEC data to be transmitted simultaneously streaming data transmission device according to claim 5, characterized in that the more times than.
  7. 前記バッファリングデータに循環的に割り当てられる循環識別符号の組は、当該FEC化データの元となるストリーミングデータの種類毎に異なることを特徴とする請求項5または6に記載のストリーミングデータ送信装置。 Set of circulating identification code is cyclically allocated to the buffering data, streaming data transmission system according to claim 5 or 6, wherein different for each type of the streaming data which is the source of the FEC data.
  8. ストリーミングデータ送信装置およびストリーミングデータ受信装置を備えた情報配信システムであって、 An information distribution system comprising a streaming data transmission device and the streaming data receiver device,
    前記ストリーミングデータ送信装置は、 The streaming data transmission system,
    ストリーミングデータを複数送信単位分バッファリングする記憶媒体と、 A plurality transmission unit of buffering for storing media streaming data,
    前記記憶媒体が前記バッファリングした複数送信単位分のバッファリングデータに対してFEC(Forward Error Correction)処理を施す処理手段と、 And processing means for performing FEC (Forward Error Correction) processing on the buffered data of a plurality transmission unit of said storage medium has the buffering,
    前記処理手段が前記FEC処理を施した結果のFEC化データを、受信したFEC化データからバッファリングデータを復元するストリーミングデータ受信装置が受信できるよう、送信する送信手段と、を備え、 The FEC data as a result of said processing means is subjected to the FEC process, so that from the received FEC data can be received streaming data receiver for restoring the buffering data, and a transmitting means for transmitting,
    前記送信手段は複数あり、 Wherein the transmission means is a plurality,
    前記複数の送信手段のそれぞれは、FEC化データの送信を、次に自らが送信するFEC化データの元となるバッファリングデータのバッファリングが完了するまで続け、 Wherein each of the transmission means, continues to send FEC data, until the next itself buffering buffering data to be the source of the FEC data is completed to transmit,
    前記複数の送信手段は、同じストリーミングデータの異なる部分についてのFEC化データを順番に送信し、 It said plurality of transmitting means transmits the FEC data for different parts of the same streaming data sequentially,
    前記ストリーミングデータ受信装置は、前記ストリーミングデータ送信装置から送信されたFEC化データを受信する受信手段と、 The streaming data receiving apparatus includes receiving means for receiving the FEC data transmitted from the streaming data transmission device,
    前記受信手段が受信したFEC化データから前記FEC化データの元となるバッファリングデータを復元する復元手段と、 And restoring means for restoring the buffering data to be the source of the FEC data from the FEC data received by the receiving unit,
    前記復元手段が復元したバッファリングデータのデータレートに基づいて、前記バッファリングデータから成るストリーミングデータを再生するための処理を行う再生制御手段と、を備えたことを特徴とする情報配信システム。 The restoring means on the basis of the data rate of the buffered data restored, the information distribution system characterized by comprising: a reproduction control means for performing processing for reproducing the streaming data composed of the buffering data.
JP2004026975A 2004-02-03 2004-02-03 Streaming data transmission apparatus, and information distribution system Active JP4321284B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004026975A JP4321284B2 (en) 2004-02-03 2004-02-03 Streaming data transmission apparatus, and information distribution system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004026975A JP4321284B2 (en) 2004-02-03 2004-02-03 Streaming data transmission apparatus, and information distribution system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005223433A true JP2005223433A (en) 2005-08-18
JP4321284B2 true JP4321284B2 (en) 2009-08-26

Family

ID=34998760

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004026975A Active JP4321284B2 (en) 2004-02-03 2004-02-03 Streaming data transmission apparatus, and information distribution system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4321284B2 (en)

Families Citing this family (29)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6307487B1 (en) 1998-09-23 2001-10-23 Digital Fountain, Inc. Information additive code generator and decoder for communication systems
US7068729B2 (en) 2001-12-21 2006-06-27 Digital Fountain, Inc. Multi-stage code generator and decoder for communication systems
US9419749B2 (en) 2009-08-19 2016-08-16 Qualcomm Incorporated Methods and apparatus employing FEC codes with permanent inactivation of symbols for encoding and decoding processes
US9240810B2 (en) 2002-06-11 2016-01-19 Digital Fountain, Inc. Systems and processes for decoding chain reaction codes through inactivation
US9288010B2 (en) 2009-08-19 2016-03-15 Qualcomm Incorporated Universal file delivery methods for providing unequal error protection and bundled file delivery services
WO2004034589A9 (en) 2002-10-05 2004-07-15 Digital Fountain Inc Systematic encoding and decoding of chain reaction codes
CN1954501B (en) 2003-10-06 2010-06-16 数字方敦股份有限公司 Method for receving data transmitted from a source by communication channel
KR101161193B1 (en) 2004-05-07 2012-07-02 디지털 파운튼, 인크. File download and streaming system
US9386064B2 (en) 2006-06-09 2016-07-05 Qualcomm Incorporated Enhanced block-request streaming using URL templates and construction rules
US9380096B2 (en) 2006-06-09 2016-06-28 Qualcomm Incorporated Enhanced block-request streaming system for handling low-latency streaming
US9209934B2 (en) 2006-06-09 2015-12-08 Qualcomm Incorporated Enhanced block-request streaming using cooperative parallel HTTP and forward error correction
US9432433B2 (en) 2006-06-09 2016-08-30 Qualcomm Incorporated Enhanced block-request streaming system using signaling or block creation
US9178535B2 (en) * 2006-06-09 2015-11-03 Digital Fountain, Inc. Dynamic stream interleaving and sub-stream based delivery
EP1985021A4 (en) * 2006-02-13 2013-05-29 Digital Fountain Inc Streaming and buffering using variable fec overhead and protection periods
US9270414B2 (en) 2006-02-21 2016-02-23 Digital Fountain, Inc. Multiple-field based code generator and decoder for communications systems
WO2007134196A3 (en) 2006-05-10 2008-03-06 Digital Fountain Inc Code generator and decoder using hybrid codes
JP5075536B2 (en) * 2007-09-03 2012-11-21 株式会社東芝 Fec transmission processing apparatus and method and program for fec transmission process
JP5027305B2 (en) 2007-09-12 2012-09-19 デジタル ファウンテン, インコーポレイテッド Generation and transmission of the source identification information for enabling reliable communication
JP5204006B2 (en) * 2009-02-27 2013-06-05 株式会社東芝 Apparatus for transmitting data, method, and program
US9281847B2 (en) 2009-02-27 2016-03-08 Qualcomm Incorporated Mobile reception of digital video broadcasting—terrestrial services
US9917874B2 (en) 2009-09-22 2018-03-13 Qualcomm Incorporated Enhanced block-request streaming using block partitioning or request controls for improved client-side handling
WO2011039874A1 (en) * 2009-09-30 2011-04-07 富士通株式会社 Data transmitting apparatus, data generating program and data transmitting/receiving method
US9596447B2 (en) 2010-07-21 2017-03-14 Qualcomm Incorporated Providing frame packing type information for video coding
US8806050B2 (en) 2010-08-10 2014-08-12 Qualcomm Incorporated Manifest file updates for network streaming of coded multimedia data
US8958375B2 (en) 2011-02-11 2015-02-17 Qualcomm Incorporated Framing for an improved radio link protocol including FEC
US9270299B2 (en) 2011-02-11 2016-02-23 Qualcomm Incorporated Encoding and decoding using elastic codes with flexible source block mapping
US9253233B2 (en) 2011-08-31 2016-02-02 Qualcomm Incorporated Switch signaling methods providing improved switching between representations for adaptive HTTP streaming
US9843844B2 (en) 2011-10-05 2017-12-12 Qualcomm Incorporated Network streaming of media data
US9294226B2 (en) 2012-03-26 2016-03-22 Qualcomm Incorporated Universal object delivery and template-based file delivery

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2005223433A (en) 2005-08-18 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7751324B2 (en) Packet stream arrangement in multimedia transmission
US7747921B2 (en) Systems and methods for transmitting data over lossy networks
US7320099B2 (en) Method and apparatus for generating error correction data, and a computer-readable recording medium recording an error correction data generating program thereon
US20030112822A1 (en) System and method for streaming multimedia over packet networks
US20090319845A1 (en) Seamless Handover of Multicast Sessions in Internet Protocol Based Wireless Networks Using Staggercasting
US20060291475A1 (en) Selective forward error correction
JP2006033722A (en) Image quality control method and image quality control system
JP2004165922A (en) Apparatus, method, and program for information processing
KR20030071815A (en) Method and system for buffering streamed data
JP2004289621A (en) Data transmission server
JP2001045098A (en) Data communication system, data communication unit, data communication method and storage medium
JPH11225161A (en) Data processing method and its device
US20070127437A1 (en) Medium signal transmission method, reception method, transmission/reception method, and device
US20100017686A1 (en) Fast channel zapping and high quality streaming protection over a broadcast channel
JP2003179580A (en) Data communication system, data transmission equipment, data reception equipment and method, and computer program
JP2003092564A (en) Negotiated/dynamic error correction for streamed media
JP2000228676A (en) Data transmission method
US20060291468A1 (en) Selective re-transmission of lost multi-media data packets
WO2008131023A1 (en) Dynamic stream interleaving and sub-stream based delivery
US7539925B2 (en) Transmission apparatus and method, reception apparatus and method, storage medium, and program
JP2005012753A (en) Packet relay device and method thereof, packet reception device and method thereof, packet relay program and recording medium recording program, and packet reception program and recording medium recording program
US20070019551A1 (en) Apparatus and method for transmitting a multimedia data stream
WO2002017637A1 (en) Data transmission method and data relay method
JP2003324733A (en) System and method for moving picture transmission/ reception
JPH11177623A (en) Data sending device, data reception equipment and data transmission equipment

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060316

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080509

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080520

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080714

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081111

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20081223

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090512

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090525

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120612

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120612

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130612

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140612

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250