JP3994242B2 - keyboard - Google Patents

keyboard Download PDF

Info

Publication number
JP3994242B2
JP3994242B2 JP20563198A JP20563198A JP3994242B2 JP 3994242 B2 JP3994242 B2 JP 3994242B2 JP 20563198 A JP20563198 A JP 20563198A JP 20563198 A JP20563198 A JP 20563198A JP 3994242 B2 JP3994242 B2 JP 3994242B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
key
restoring force
keys
keyboard
input
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP20563198A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2000035849A (en
Inventor
幸二 西村
Original Assignee
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ソニー株式会社 filed Critical ソニー株式会社
Priority to JP20563198A priority Critical patent/JP3994242B2/en
Publication of JP2000035849A publication Critical patent/JP2000035849A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3994242B2 publication Critical patent/JP3994242B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明はキーボードに係り、とくに複数のキーを配列して成り、指で押圧操作することによって入力動作を行なうようにしたキーボードに関する。 The present invention relates to a keyboard, made with particular arranging a plurality of keys, to keyboard to perform an input operation by pressing with a finger.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
コンピュータやワードプロセッサ等においては、入力手段としてキーボードを備えている。 In computers and word processors, etc., and a keyboard as input means. キーボードは入力キー、機能キー、表示機能キー、テンキー等の各種のキーをそれぞれ所定の位置に配列したものである。 Keyboard input keys, function keys, display function key is various keys such as ten keys that respectively arranged at predetermined positions. そして所定のキーを押すと、対応する接点が閉じて所定の入力信号が発生される。 And pressing a predetermined key, corresponding contacts are predetermined input signal is generated to close. このような入力信号がコンピュータあるいはワードプロセッサの入力部に入力され、これによってコンピュータあるいはワードプロセッサが対応する動作を行なうようにしている。 Such input signal is input to the input unit of the computer or word processor, thereby so that a computer or word processor performs a corresponding operation.
【0003】 [0003]
キーボードはキーを配列したケース内にラバーシートを配し、このラバーシートにそれぞれのキーに対応して設けられているドーム部の弾性復元力によってキーを弾性的に支持するようにしている。 Keyboard arranged rubber sheet in a case where an array of keys, and to support the key elastically by the elastic restoring force of the dome portion provided corresponding to each key on the rubber sheet. キーが押されると上記ドーム部が変形し、これによってその下側のシートが変形し、接点パターンが短絡されるようになっている。 When the key is pressed the dome portion is deformed, whereby the sheet is deformed in its lower, so that the contact pattern is short-circuited. なお弾性復元力を与えるために、ドーム部を有するラバーシートに代えて、ばね等を用いたものもある。 Note to provide elastic restoring force, in place of the rubber sheet having a dome portion, some of which with a spring or the like.
【0004】 [0004]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
従来のこの種のキーボードは、ラバーシートに形成されるドーム部によって発生される弾性復元力がほぼ同じ値に設定されていた。 This type of conventional keyboard, the elastic restoring force generated by a dome portion formed in the rubber sheet is set to substantially the same value. これは各キーに応じたドーム部の寸法および肉厚を原則として同じ値に設定していたことによる。 This is because it had been set to the same value the size and thickness of the dome portion corresponding to each key principle.
【0005】 [0005]
ところがキーボードは通常左右の総ての指を用いて操作するようになされており、総ての指の押圧操作力が必ずしも一定ではなく、むしろ大きな差がある。 But keyboards typically have been made to operate with all the fingers of the left and right, rather than the constant pressing force of all the fingers necessarily, there is a large difference rather. とくに左右両端側の入力キーを操作するための小指はあまり大きな力を発生することができない。 In particular, little finger for operating the input key of the left and right end side is not able to generate a very large force. 従って長時間にわたって入力操作を行なうと、腕あるいは肩に負担がかかる可能性がある。 Therefore when performing an input operation for a long time, it may take a burden on the arm or shoulder.
【0006】 [0006]
そこで各キーに付与される弾性復元力を弱く設定すると、キーボード上にホームポジションの状態で手を置いたときに、各指と対応するキーが押され、これによって誤動作あるいは誤入力を行なう可能性がある。 Therefore Setting weak elastic restoring force applied to each key, when placing the hand in the state of the home position on the keyboard, the corresponding keys and each finger is pressed, possibility of performing erroneous operation or erroneous input by this there is.
【0007】 [0007]
本発明はこのような問題点に鑑みてなされたものであって、特定の指に負担がかかったり、あるいはまた入力操作や誤動作が起らないようにしたキーボードを提供すること目的とする。 The present invention was made in view of such problems, and an object is to provide a keyboard which is adapted it takes the burden to a particular finger, or alternatively the input operation or malfunction does not occur.
【0008】 [0008]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明は、複数のキーを配列して成り、指で押圧操作することによって入力動作を行なうようにしたキーボードにおいて、 The present invention is made by arranging a plurality of keys, in keyboard to perform an input operation by pressing with a finger,
小指で押圧操作される位置にあるキーの内の小指のホームポジションと対応する位置にあるキー以外のキーの復元力を他の指で押圧操作される位置にあるキーの復元力よりも弱く設定したことを特徴とするキーボードに関するものである。 Set weaker than the restoring force of the keys in the restoring force of the keys other than the home position and the corresponding position of the little finger of the key in the position to be pressed by the little finger in position to be pressed by the other fingers relates keyboard, characterized in that the. なおここで復元力とはキーの操作荷重(Operating force)を言う。 It should be noted that refers to the operation load of the key (Operating force) is here by the restoring force.
【0011】 [0011]
標準の復元力が55±15gfであるのに対し、弱い復元力のキーは該標準の復元力に対して少なくとも10%以上、好ましくは20%以上復元力を弱く設定してよい。 To standard restoring force that is 55 ± 15 gf, a weak restoring force of the key at least 10% or more with respect to the restoring force of the standard, preferably set weak resilience of 20% or more. また標準の復元力と弱い復元力との差を6〜15gfの範囲内、より好ましくは8〜12gfの範囲内、例えば10gf前後としてよい。 Also within the difference between the standard resiliency and weak restoring force of 6~15Gf, more preferably in the range of 8~12Gf, for example, it is a longitudinal 10 gf.
【0013】 [0013]
内側に配されるラバーシートのドームの部分の肉厚を変えることにより対応するキーの復元力を変化させるようにしてよい It may be so as to vary the restoring force of the corresponding key by changing the thickness of the portion of the dome of the rubber sheet is disposed inside.
【0014】 [0014]
本発明の好ましい態様は、コンピュータやワードプロセッサ等の入力装置としてのキーボードにおいて、ブラインドタイピングによって操作される入力キーの内の、とくに小指によって操作されるキーの一部または総てのキーの復元力をその他のキーの復元力よりも弱くしたものである。 A preferred embodiment of the present invention, in the keyboard as an input device such as a computer or word processor, among the input keys operated by blind typing, particularly the resilience of some or all of the keys of the key operated by the little finger one in which was weaker than the restoring force of the other keys. このようなキーボードによれば、とくに小指の負担を軽減することができ、コンピュータやワードプロセッサの入力操作の作業効率の向上につながるようになる。 According to this keyboard, in particular it is possible to reduce the burden of the little finger, so leads to improved work efficiency of the input operation of computers and word processors.
【0015】 [0015]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
図1は本発明の一実施の形態に係るコンピュータ用のキーボードの全体の構成を示すものである。 Figure 1 shows an overall configuration of a keyboard for a computer according to an embodiment of the present invention. このキーボード10は横長の矩形状の形状をなし、その上には入力キー11、機能キー12、表示機能キー13、テンキー14がそれぞれ配列されている。 The keyboard 10 is a rectangular shape of horizontally long, the input keys 11 thereon, function keys 12, display function key 13, ten keys 14 are arranged, respectively. とくに領域15で囲まれた部分に入力キー11が配列されるようになっている。 In particular input key 11 in the portion surrounded by the region 15 is adapted to be arranged.
【0016】 [0016]
図2はとくに領域15の部分の入力キーの配列を示している。 Figure 2 is particularly shows an arrangement of the input keys of the partial region 15. 入力キーは数字、アルファベット等に対応しており、そのキーが押されると対応する数字やアルファベットの文字が入力されるようになっている。 Input key numbers, so that correspond to the alphabet, etc., numbers and letters of the alphabet corresponding to that key is pressed is input. ここでとくに下から3段目の横に配列されたキーであって斜線を施したキーがホームポジションのキーを構成している。 Here in particular a key arranged next to the third stage from the bottom key hatched constitute the key home position.
【0017】 [0017]
ホームポジションのキーは、キーボード上に左右の手をそれぞれホームポジションで置いたときに、左右の手の指がそれぞれ接触するキーである。 Home position of the key, when placing the hand of the left and right on the keyboard each home position, a key for left and right hand fingers are in contact, respectively.
【0018】 [0018]
すなわち左右の手をホームポジションに置いたときに、右側の人差指がJのキー上に位置し、同中指がKのキー上に位置し、同薬指がLのキー上に位置し、同小指がLの右側のキー上に位置する。 That is, when placing the left and right hands to the home position, located on the right side of the index finger of the J key, located on the same middle finger of K keys, located on the same ring finger is L key, is the little finger L located on the right side of the key.
【0019】 [0019]
またホームポジションにおいて左側の人差指はFのキー上に、同中指はDのキー上に、同薬指はSのキー上に、同小指はAのキー上にそれぞれ位置することになる。 The left index finger on the key of F at the home position, on the same middle finger of D key on the same ring finger of S keys, the little finger will be located respectively on the key A. そしてこのようなホームポジションから、それぞれの指を斜め上方または斜め下方に移動させながらキー入力を行なうようにしており、これによってブラインドタイピングを可能にしている。 And from this home position, while moving the respective finger obliquely upward or obliquely downward and to perform the key input, thereby which enables blind typing.
【0020】 [0020]
図3〜図5はこのような入力キーの内部構造を示すものであって、それぞれの入力キー11はトップケース20に設けられている筒状ガイド21によってほぼ上下方向に摺動可能に保持されている。 3-5, there is shown an internal structure of the input keys, each of the input keys 11 is slidably held in the substantially vertical direction by cylindrical guide 21 provided on the top case 20 ing. そして入力キー11の下側にはラバーシート22が配され、このラバーシート22に一体に連設されている円錐台状のドーム23によって弾性復元力が付与されるようになっている。 And on the lower side of the input keys 11 rubber sheet 22 is disposed, so that the elastic restoring force is applied to the rubber sheet 22 by a truncated cone-shaped dome 23, which is integrally connected to.
【0021】 [0021]
ラバーシート22の下側には上側のシート27と下側のシート28とが配され、これら上下のシート27、28間にスペーサシート29が挿入されている。 Below the rubber sheet 22 and upper sheet 27 and lower sheet 28 is arranged, the spacer sheet 29 between the upper and lower sheets 27, 28 are inserted. そしてスペーサシート29には円形の開口30が形成されている。 And the spacer sheet 29 are circular opening 30 is formed. そしてこのようなスペーサシート29の円形の開口30を介して、上下に対向するように、上側のシート27の下面には接点パターン31が、下側のシート28の上面には接点パターン32がそれぞれ形成されている。 And through a circular opening 30 having such a spacer sheet 29, so as to face vertically, the contact pattern 31 on the lower surface of the upper sheet 27, the contact pattern 32 on the upper surface of the lower sheet 28, respectively It is formed. そしてこれらのシート22、27、29、28を支えるようにボトムケース35が配されている。 And the bottom case 35 is arranged so as to support these sheets 22,27,29,28.
【0022】 [0022]
従ってキー11が押されると、このキー11の下端部がラバーシート22のドーム23を弾性変形させながらトップケース20の筒状ガイド21によって案内されて下降する。 Thus the key 11 is pressed, the lower end portion of the key 11 is lowered while being guided by the cylindrical guide 21 of the top case 20 while elastically deforming the dome 23 of the rubber sheet 22. そしてキー11の下端部がドーム23を介して上側のシート27を押圧して変形させる。 The lower end portion of the key 11 deforms to press the upper sheet 27 through the dome 23. するとこのシート27の下面に形成されている接点パターン31が下側のシート28の接点パターン32に接触して短絡される。 Then contact pattern 31 is formed on the lower surface of the sheet 27 is shorted in contact with the contact pattern 32 of the lower sheet 28. これによって入力信号が発生する。 This input signal is generated. キー11から指を離すと、キー11はドーム23の弾性復元力によって元の位置へ復帰するとともに、上側のシート27は元の状態に復帰し、接点パターン31が下側のシート28の接点パターン32から離間する。 Releasing the key 11, the key 11 with return to the original position by the elastic restoring force of the dome 23, the upper sheet 27 is restored to the original state, the contact pattern 31 of the lower sheet 28 contact pattern 32 away from.
【0023】 [0023]
ここでとくに本キーボード10においては、図4に示すように、ラバーシート22に形成されているドーム23のスカート部24の寸法が大きな値t 1になっているキーと、図5に示すように、ドーム23のスカート部24の厚さt 2が小さな値になっている入力キー11とがそれぞれ混在している。 In particular, the present keyboard 10 Here, as shown in FIG. 4, the key dimensions of the skirt portion 24 of the dome 23 formed in the rubber sheet 22 becomes a large value t 1, as shown in FIG. 5 an input key 11 thickness t 2 of the skirt portion 24 of the dome 23 becomes a small value are mixed, respectively.
【0024】 [0024]
図4に示すようにラバーシート22のドーム23のスカート部24の厚さが大きな値t 1に設定されている入力キー11は、このようなドーム23によって大きな復元力が与えられる。 Input keys 11 the thickness of the skirt portion 24 is set to a value t 1 of the dome 23 of the rubber sheet 22 as shown in FIG. 4, a large restoring force is applied by such a dome 23. なおこの復元力はほぼ標準値であって、例えば55gfの値である。 Incidentally, this restoring force is a substantially standard value, for example, a value of 55Gf.
【0025】 [0025]
これに対して図5に示すように、ドーム23のスカート部24の肉厚が小さな値t 2に設定されている入力キーは、このような薄いスカート部24を有するドーム23によって小さな復元力が与えられる。 On the other hand, as shown in FIG. 5, an input key thickness of the skirt portion 24 of the dome 23 is set to a small value t 2, a small restoring force by a dome 23 having such a thin skirt 24 Given. この復元力は、上記の標準の復元力よりも小さな例えば42gfの値に設定されている。 The restoring force is set to a value smaller eg 42gf than restoring force of the standard. なおラバーシート22のドーム23のスカート部24の肉厚を任意に調整することにより、入力キー11に付与される復元力を任意に調整できる。 Note by arbitrarily adjusting the thickness of the skirt portion 24 of the dome 23 of the rubber sheet 22, it can be arbitrarily adjusted restoring force applied to the input keys 11.
【0026】 [0026]
次にこのような標準の復元力の入力キー11と弱い復元力の入力キー11の配列について図6により説明する。 It will now be described by FIG. 6, the sequence of input keys 11 of the weak restoring force and input keys 11 of the resilience of such standards. 図6において斜線を施して示したキーは図5に示すような弱い復元力を与えるようになっており、それ以外のキーは図4に示すような標準の復元力を与えるように設定されている。 The keys shown diagonally shaded in FIG. 6 is adapted to provide a weak restoring force as shown in FIG. 5, and the other keys are set to provide the standard restoring force as shown in FIG. 4 there.
【0027】 [0027]
ここで弱い復元力が与えられるキーは、左右の小指で操作されるキーであって、しかもキーの表面積が狭いキーである。 Here weak key restoring force is given to a key operated by the left and right little finger, yet the surface area of ​​the key is a small key. 小指で操作されるキーであっても、寸法が大きく表面積の広いキーについては、標準寸法のキーに比べて重いためにドーム23のスカート部24の肉厚を小さくすると、自重で誤動作するために、このようなキーについては標準の復元力としている。 Even keys operated by the little finger, for wide key of large surface area dimensions, reducing the thickness of the skirt portion 24 of the dome 23 for heavier than the standard size keys, to malfunction by its own weight , for such key is the standard of the restoring force.
【0028】 [0028]
図6に示すように、ブラインドタイピングによって入力操作を行なう際に、小指によってタイピングされるキーであって標準の寸法のキーを他の標準の寸法のキーよりも復元力を弱く設定している。 As shown in FIG. 6, when performing an input operation by a blind typing, are set weaker restoring force than the key size of the key is a by keys of a standard dimension of other standards that are typed by the little finger. このような構成によれば、とくに力の弱い小指の負担を軽減することが可能になり、コンピュータやワードプロセッサの入力の作業効率の改善につながることになる。 According to this structure, in particular it is possible to reduce the force weak little finger burden will lead to improvement of the work efficiency of the input of the computer or a word processor.
【0029】 [0029]
図7は、左右の小指で操作される標準寸法のキーの内、ホームポジションにおいて小指がその上に置かれるキーを除いたキーのみの設定復元力を弱くしたものである。 7, of the key of a standard size which is operated by the left and right little finger, in which the little finger is weak setting the restoring force of only keys except the key to be placed thereon at the home position.
【0030】 [0030]
ホームポジションにおいて小指が接するキーを通常の復元力に設定した理由は、ホームポジションに置いたときに誤って対応するキーが押されることを防止するためである。 The reason for setting the key the little finger is in contact at the home position to the normal resiliency is to prevent that the corresponding key by mistake when placed in the home position is pressed.
【0031】 [0031]
図8は復元力の弱いキーの数を増やすとともに、その配置の範囲を拡大したものである。 8 with increasing the number of weak resilient key is obtained by expanding the range of its disposition. すなわち図8において斜線で示す領域のキーであって、標準寸法のキーは総てその復元力を図5に示すように小さな値に設定している。 That a key region indicated by hatching in FIG. 8, the key of the standard size is set to its restoring force all to a small value as shown in FIG. このキー配置は、図6に示す復元力の弱いキーの配置を左右に拡大したものに相当する。 The key arrangement corresponds to an enlarged arrangement of weak keys resilient shown in FIG. 6 to the left and right. なおここで面積の大きなキーについては、標準の復元力にしているために、誤動作を行なうことがない。 Note here for a large key area, in order to have a standard restoring force, never perform erroneous operation.
【0032】 [0032]
図9は図7に示すキー配置を左右にさらに拡大したものに相当し、小指によって操作されるキーであってホームポジションにおいて小指が接する以外のキーとその左右の領域のキーについて復元力を弱く設定するようにしたものである。 Figure 9 corresponds to that further expand the key disposed on the left and right of FIG. 7, weakens the restoring force for the keys of the left and right areas thereof other than the little finger touches the key a A to the home position to be operated by the little finger in which it was to be set. なおここでも標準のキーについては復元力を弱く設定するものの、寸法の大きなキーについては大きな復元力に設定している。 Note again but for the standard key set weak restoring force, set with a restoring force for the large key size.
【0033】 [0033]
図10に示す構成は、ホームポジションにある左右の手の指がそれぞれ接する以外のキーの復元力を総て弱くしたものである。 The configuration shown in FIG. 10 is a finger of the left and right hand of the user in the home position has weakened all the restoring force of the key other than that in contact with. すなわち標準寸法のキーにおいて、左右の4本の指がそれぞれホームポジションで接する8個のキー以外は総て弱い復元力に設定するようにしている。 That is, in the key of standard dimensions, except eight keys four fingers of the right and left in contact with the home position respectively is possible to set the all weak restoring force. なおここでも面積の大きなキーについては通常の復元力に設定される。 Note the large key area here is set to normal restoring force.
【0034】 [0034]
このような構成によれば、各指への負担を軽減するとともに、ホームポジションにゆったりと手を置いても誤動作が起ることが防止される。 According to such a configuration, while reducing the burden on each finger, it is possible to prevent the erroneous operation even at a leisurely hand home position occurs.
【0035】 [0035]
図11に示す構成は、図10に示す構成を変形させ、左右の手がホームポジションにあるときに小指が接するキーの復元力を小さな値に設定したものである。 Configuration shown in Figure 11, deforms the configuration shown in FIG. 10, left and right hands are those set to a small value resiliency key the little finger is in contact when in the home position. すなわちキーボード上に左右の手をホームポジションに置いたときに、左右の人差指、中指、および薬指がそれぞれ接する6個のキーについては標準の復元力に設定するとともに、それ以外の標準キーについては総て弱い復元力に設定したものである。 That is, when placing the hand of the left and right on the keyboard to the home position, the left and right index finger, middle finger, and for the ring finger six keys in contact with and sets the standard restoring force, the total in the case of other standard keys it is those set in the weak restoring force Te. これによってさらに小指の負担が軽減される。 This addition of the little finger burden is reduced.
【0036】 [0036]
以上本発明を実施の形態によって説明したが、本発明はこのような実施の形態に限定されることなく、本発明の技術的思想の範囲内において各種の変更が可能である。 The present invention has been described by the embodiments above, this invention is not limited to such an embodiment, it is possible that various changes in within the scope of the technical idea of ​​the present invention.
【0037】 [0037]
すなわち上記実施の形態においては、総てのキーは2種類の復元力の内の何れかの復元力を与えられるようになっているが、何段階もの復元力を設定するようにし、それぞれのキーの配置位置や入力される際に用いる指に応じてそれぞれ適切な復元力が付与されるようにしてよい。 That is, in the above embodiment, all of the keys are adapted to be given any of the restoring force of the two restoring force, so as to set the restoring force of several stages, each key it may be as appropriate restoring force is applied, respectively in response to a finger for use in the arrangement positions and the input.
【0038】 [0038]
また上記実施例においては、ラバーシート22のドーム23のスカート部24の肉厚を変えることによってキーの復元力を変えるようにしているが、このような構成に代えて、部分的に材質または形状の異なるラバーシートを用いて復元力に差をつけるようにしてもよい。 In the above embodiment, so that changing the restoring force of the key by changing the thickness of the skirt portion 24 of the dome 23 of the rubber sheet 22, in place of this configuration, partially material or shape it may be to differentiate the restoring force using different rubber sheet.
【0039】 [0039]
また上記実施の形態においては、キーはラバーシート22のドーム23のスカート部24の部分の弾性復元力を利用して復元力が与えられるようになっているが、必ずしもラバーシート22のドーム23による復元力ではなく、それ以外の付勢手段を用いたキーボードにも広く適用可能である。 Also in the above-described embodiment, the key is adapted to the restoring force is applied by utilizing the elastic restoring force of the portion of the skirt portion 24 of the dome 23 of the rubber sheet 22, but not necessarily due to the dome 23 of the rubber sheet 22 rather than restoring force, it is widely applicable to keyboard with biasing means otherwise.
【0040】 [0040]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上のように本発明は、複数のキーを配列して成り、指で押圧操作することによって入力動作を行なうようにしたキーボードにおいて、小指で押圧操作される位置にあるキーの内の小指のホームポジションと対応する位置にあるキー以外のキーの復元力を他の指で押圧操作される位置にあるキーの復元力よりも弱く設定したものである。 The present invention as described above is made by arranging a plurality of keys, in keyboard to perform an input operation by pressing with a finger, a little finger of the key in the position to be pressed by the little finger home it is obtained by set weaker than the restoring force of the keys in the restoring force of the key other than the key in the position and the position corresponding to the position to be pressed by the other fingers.
【0041】 [0041]
従ってこのような構成によれば、入力動作の際における小指の負担を軽減することが可能になる。 Therefore, according to such a configuration, it is possible to reduce the burden of the little finger at the time of input operation.
【0043】 [0043]
しかも小指で押圧操作される位置にあるキーの内の小指のホームポジションと対応する位置にあるもの以外のキーの復元力を他のキーの復元力よりも弱く設定しているために 、ホームポジションに置いたときに小指が接するキーが誤入力されることが防止される。 Moreover To is set weaker than the restoring force of the keys other keys resiliency other than those in a position corresponding to the little finger of the home position of the key in the position to be pressed by the little finger, the home position that the key little finger contact is erroneous input can be prevented when placed on.
【0047】 [0047]
標準の復元力が55±15gfであるのに対し、弱い復元力のキーは該標準の復元力に対して10%以上復元力を弱く設定した構成によれば、適正な復元力を設定することが可能になる。 To standard restoring force that is 55 ± 15 gf, the key weak restoring force according to the configuration set weak resilience of 10% or more with respect to the restoring force of the standard, by setting the proper resiliency It becomes possible.
【0048】 [0048]
標準の復元力と弱い復元力との差を6〜15gfの範囲内とした構成によれば、標準のキーの復元力と弱いキーの復元力との間に適切な復元力の差異を設定できる。 According to the difference between the standard resiliency and weak restoring force to the configurations in the range of 6~15Gf, you can set the difference in appropriate restoring force between the restoring force and restoring force of the weak keys of a standard key .
【0050】 [0050]
内側に配されるラバーシートのドームの部分の肉厚を変えることにより対応するキーの復元力を変化させるようにした構成によれば、肉厚の変化のみによって対応するキーに対して適切な復元力を付与することが可能になる。 According to the configuration so as to vary the restoring force of the corresponding key by changing the thickness of the portion of the dome of the rubber sheet is disposed inside, suitable restoration for the corresponding key by the change in thickness only it is possible to apply a force.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】キーボードの平面図である。 FIG. 1 is a plan view of the keyboard.
【図2】入力キーの配置を示す平面図である。 2 is a plan view showing the arrangement of input keys.
【図3】入力キーのスイッチング機構を示す分解斜視図である。 3 is an exploded perspective view showing the switching mechanism of the input keys.
【図4】同組立てた状態における縦断面図である。 4 is a longitudinal sectional view of the assembled state.
【図5】小さな復元力を設定したキーの組立てた状態の縦断面図である。 5 is a longitudinal sectional view of the assembled state of the key set small restoring force.
【図6】入力キーの配列を示す平面図である。 6 is a plan view showing an arrangement of the input keys.
【図7】別の実施の形態の入力キーの配置を示す平面図である。 Is a plan view showing the arrangement of input keys 7 another embodiment.
【図8】さらに別の実施の形態の入力キーの配置を示す平面図である。 8 is a plan view showing the arrangement of another embodiment of the input keys.
【図9】さらに別の実施の形態の入力キーの配置を示す平面図である。 9 is a plan view showing further the arrangement of another embodiment of the input keys.
【図10】さらに別の実施の形態の入力キーの配置を示す平面図である。 10 is a plan view showing the arrangement of another embodiment of the input keys.
【図11】さらに別の実施の形態の入力キーの配置を示す平面図である。 11 is a plan view showing the arrangement of another embodiment of the input keys.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
10‥‥キーボード、11‥‥入力キー、12‥‥機能キー、13‥‥表示機能キー、14‥‥テンキー、15‥‥領域、20‥‥トップケース、21‥‥筒状ガイド、22‥‥ラバーシート、23‥‥ドーム、24‥‥スカート部、27‥‥上側シート、28‥‥下側シート、29‥‥スペーサシート、30‥‥円形の開口、31、32‥‥接点パターン、35‥‥ボトムケース 10 ‥‥ keyboard, 11 ‥‥ input keys, 12 ‥‥ function keys, 13 ‥‥ display function keys, 14 ‥‥ numeric keypad, 15 ‥‥ region, 20 ‥‥ top case, 21 ‥‥ tubular guide, 22 ‥‥ rubber sheet, 23 ‥‥ dome, 24 ‥‥ skirt portion, 27 ‥‥ top sheet, 28 ‥‥ lower sheet, 29 ‥‥ spacer sheet, 30 ‥‥ circular opening, 31 and 32 ‥‥ contact patterns, 35 ‥ ‥ bottom case

Claims (4)

  1. 複数のキーを配列して成り、指で押圧操作することによって入力動作を行なうようにしたキーボードにおいて、 Made by arranging a plurality of keys, in keyboard to perform an input operation by pressing with a finger,
    小指で押圧操作される位置にあるキーの内の小指のホームポジションと対応する位置にあるキー以外のキーの復元力を他の指で押圧操作される位置にあるキーの復元力よりも弱く設定したことを特徴とするキーボード。 Set weaker than the restoring force of the keys in the restoring force of the keys other than the home position and the corresponding position of the little finger of the key in the position to be pressed by the little finger in position to be pressed by the other fingers keyboard, characterized in that the.
  2. 標準の復元力が55±15gfであるのに対し、弱い復元力のキーは該標準の復元力に対して10%以上復元力を弱く設定したことを特徴とする請求項1に記載のキーボード。 Keyboard according to claim 1 standard resilience whereas a 55 ± 15 gf, the key weak restoring force, characterized in that the set weak resilience of 10% or more with respect to the restoring force of the standard.
  3. 標準の復元力と弱い復元力との差を6〜15gfの範囲内としたことを特徴とする請求項1または請求項に記載のキーボード。 Keyboard according to claim 1 or claim 2, characterized in that the difference between the standard resiliency and weak restoring force in the range of 6~15Gf.
  4. 内側に配されるラバーシートのドームの部分の肉厚を変えることにより対応するキーの復元力を変化させるようにしたことを特徴とする請求項1に記載のキーボード。 Keyboard according to claim 1, characterized in that so as to vary the restoring force of the corresponding key by changing the thickness of the portion of the dome of the rubber sheet is disposed inside.
JP20563198A 1998-07-21 1998-07-21 keyboard Expired - Fee Related JP3994242B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP20563198A JP3994242B2 (en) 1998-07-21 1998-07-21 keyboard

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP20563198A JP3994242B2 (en) 1998-07-21 1998-07-21 keyboard

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000035849A JP2000035849A (en) 2000-02-02
JP3994242B2 true JP3994242B2 (en) 2007-10-17

Family

ID=16510097

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP20563198A Expired - Fee Related JP3994242B2 (en) 1998-07-21 1998-07-21 keyboard

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3994242B2 (en)

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4640304B2 (en) * 2006-09-29 2011-03-02 サクサ株式会社 Pushbutton switch structure
US9075566B2 (en) 2012-03-02 2015-07-07 Microsoft Technoogy Licensing, LLC Flexible hinge spine
US9706089B2 (en) 2012-03-02 2017-07-11 Microsoft Technology Licensing, Llc Shifted lens camera for mobile computing devices
US9460029B2 (en) 2012-03-02 2016-10-04 Microsoft Technology Licensing, Llc Pressure sensitive keys
US9870066B2 (en) 2012-03-02 2018-01-16 Microsoft Technology Licensing, Llc Method of manufacturing an input device
US9064654B2 (en) 2012-03-02 2015-06-23 Microsoft Technology Licensing, Llc Method of manufacturing an input device
US20130300590A1 (en) 2012-05-14 2013-11-14 Paul Henry Dietz Audio Feedback
US10031556B2 (en) 2012-06-08 2018-07-24 Microsoft Technology Licensing, Llc User experience adaptation

Also Published As

Publication number Publication date
JP2000035849A (en) 2000-02-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9012795B2 (en) Stacked metal and elastomeric dome for key switch
US5973621A (en) Compact keyed input device
US6876312B2 (en) Keyboard with multi-function keys
US7106306B2 (en) Keyboard assembly optimized for a mobile device
US7378991B2 (en) Condensed keyboard for electronic devices
US20050244208A1 (en) Modified-qwerty letter layout for rapid data entry
CN1296803C (en) Input key and input apparatus
US5564560A (en) Dual function button
EP0489792B1 (en) One-handed keyboard
US5894117A (en) Keyboard switch for notebook type computer or the like
US5278371A (en) Keyswitch assembly with support mechanism coupled to support plate beneath printed circuit board
KR100645239B1 (en) Input key and input device
US3584162A (en) Electrical keyboard switch mechanism with improved resilient diaphragm contact actuator
EP1280173B1 (en) Multi stage and multi direction key and multi stage and multi direction key switch using the same
EP0120667A1 (en) Elastomeric switch control device
CN103928257B (en) Narrow key switch
US4190748A (en) Keyboard switch assembly
JP3261407B2 (en) Folding keyboard
US6172868B1 (en) Keyboard device and personal computer using the same
KR20040008164A (en) Touch-type key input apparatus
US5612690A (en) Compact keypad system and method
CA2536392C (en) Keyboard and keys
KR20000064556A (en) Key input device
CA2077184A1 (en) Multi-status multi-functional data processing key and key array
JP2005302018A (en) Keyboard with elevated key

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050301

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070412

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070418

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070615

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20070704

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20070717

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100810

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100810

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees