JP3983682B2 - Credit card system - Google Patents

Credit card system Download PDF

Info

Publication number
JP3983682B2
JP3983682B2 JP2003007905A JP2003007905A JP3983682B2 JP 3983682 B2 JP3983682 B2 JP 3983682B2 JP 2003007905 A JP2003007905 A JP 2003007905A JP 2003007905 A JP2003007905 A JP 2003007905A JP 3983682 B2 JP3983682 B2 JP 3983682B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
points
point
store
memory area
credit card
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2003007905A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2004220394A (en
Inventor
敬司 高倉
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Honda Motor Co Ltd
Original Assignee
Honda Motor Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Honda Motor Co Ltd filed Critical Honda Motor Co Ltd
Priority to JP2003007905A priority Critical patent/JP3983682B2/en
Publication of JP2004220394A publication Critical patent/JP2004220394A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3983682B2 publication Critical patent/JP3983682B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
この発明は、店舗の種類に応じてポイントの蓄積および使用が異なる形態に適合されたクレジットカードを利用するシステムに関する。
【0002】
【従来の技術】
通常、ある会社によって発行されたクレジットカードは、該会社に関連する店舗で商品またはサービスの購入に利用されると、購入代金に応じたポイントが該クレジットカードに付与される。
【0003】
ポイントに関する情報および提携会社のID情報等を格納するクレジットカードが提案されている(たとえば、特許文献1参照)。顧客がクレジットカードを利用するとき、加盟店の端末によって該クレジットカードに記憶された提携会社のID情報が読み出され、該端末が正規の加盟店端末であるかどうかが判断される。商品の購入によって発生したポイントは、クレジットカードに記憶されたポイントに加算される。商品の購入に使用されたポイントは、クレジットカードに記憶されたポイントから減算される。
【0004】
また、複数の企業間におけるポイント交換システムが提案されている(たとえば、特許文献2参照)。管理センターには、企業ごとに発行ポイントを集計する発行ポイント集計ファイルと、企業ごとに利用ポイントを集計する利用ポイント集計ファイルが設けられている。これらのファイルに基づいて、企業ごとにポイントの収支を算出し、各企業に対して回収または支払いを行う。
【0005】
【特許文献1】
特開2002―157430号公報
【0006】
【特許文献2】
特開2002−42251号公報
【0007】
【発明が解決しようとする課題】
ある会社によって発行されたクレジットカードが、該会社の直営店だけでなく、該会社と提携している提携店で利用される形態が普及している。このように異なる種類の店舗でのクレジットカードの使用を可能にすることにより、顧客の該クレジットカードの利用を促進している。
【0008】
しかしながら、このようなクレジットカードの使用形態であっても、従来、クレジットカードに付与されるポイントは一種類のみであり、通常、直営店でのみ使用可能なポイントとして蓄積される。提携店用のポイントが設けられていないので、提携店による顧客獲得が困難となっている。また、店舗(または店舗の種類)に応じてポイントの蓄積および使用が異なる形態に適合したシステムが確立されていないので、店舗(または店舗の種類)ごとに、ポイントによってサービスを差別化することも困難となっている。
【0009】
ポイントは、顧客のクレジットカードの利用状況の指標となりうるものである。従来の手法では、クレジットカードからポイントの累計を参照することはできるが、各店舗における顧客のクレジットカードの利用状況までを把握することはできなかった。特に、提携店は、クレジットカード会社に設けられたシステムへのアクセス制限を受けることが多く、よって該店舗における顧客のクレジットカードの詳細な利用状況を簡単に参照することが困難となっている。
【0010】
したがって、ポイントの蓄積および使用が店舗の種類に応じて異なる形態に適合されたクレジットカードを利用するシステムが必要とされている。また、各店舗において、クレジットカードに記憶されたポイントに関する情報から、顧客のクレジットカードの利用状況を容易に把握することのできるシステムが必要とされている。
【0011】
【課題を解決するための手段】
この発明の一つの側面によると、第1のグループに属する店舗用に割り当てられた第1のメモリ領域と、第2のグループに属する店舗用に割り当てられた第2のメモリ領域とを有するクレジットカードを利用したシステムが提供される。該システムは、第1のグループに属する店舗のそれぞれに設置された第1の端末および第2のグループに属する店舗のそれぞれに設置された第2の端末とネットワークを介して通信するサーバを備える。第1の端末および第2の端末は、クレジットカードを読み書きする機能を備えている。サーバは、第1のグループに属する店舗用の第1のポイントプログラムと、第2のグループに属する店舗用の第2のポイントプログラムを備えている。第1のポイントプログラムは、(a)第1の端末にクレジットカードが挿入または提示されたことに応答して、該第1のグループに属する店舗で使用可能なポイントとして、第1のメモリ領域に記憶されたポイントと第2のメモリ領域に記憶されたポイントの合計を顧客に提示するステップと、(b)第1の端末に入力された購入代金および使用ポイントに応じて、第1のメモリ領域および第2のメモリ領域に記憶されたポイントを書き換えるステップと、を第1の端末装置に実行させるよう構成される。第2のポイントプログラムは、(c)第2の端末にクレジットカードが挿入または提示されたことに応答して、該第2のグループに属する店舗で使用可能なポイントとして、第2のメモリ領域に記憶されたポイントを顧客に提示するステップと、(d)第2の端末に入力された購入代金および使用ポイントに応じて、第2のメモリ領域に記憶されたポイントを書き換えるステップと、を前記第2の端末装置に実行させるよう構成される。
【0012】
この発明によれば、第1のグループの店舗および第2のグループの店舗で、ポイントの蓄積および使用形態を変えることができる。これにより、第1と第2のグループの店舗の両方にポイントによる特典を与えつつ、第1と第2のグループの店舗間でサービスの差別化を図ることができる。また、クレジットカードから、顧客および店員は、第1と第2のグループの店舗で使用可能なポイントを知ることができる。
【0013】
この発明の一実施形態によると、クレジットカードは、第1のグループに属する店舗で使用可能なポイントして、第1のメモリ領域に記憶されたポイントと第2のメモリ領域に記憶されたポイントの合計を記憶する第3のメモリ領域をさらに有する。この発明によれば、演算を要することなく、第1のグループに属する店舗で使用可能なポイントをクレジットカードから取得することができる。
【0014】
この発明の他の側面によれば、第1のメモリ領域は、第1のグループに属する店舗のそれぞれについて、店舗コードを格納する店舗コードフィールドとポイントを格納するポイントフィールドを有するレコードを含む。第2のメモリ領域は、第2のグループに属する店舗のそれぞれについて、店舗コードを格納する店舗コードフィールドとポイントを格納するポイントフィールドを有するレコードを含む。第1のポイントプログラムは、(a)第1の端末にクレジットカードが挿入または提示されたことに応答して、第1のメモリ領域のすべてのレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントの第1の合計と、第2のメモリ領域のすべてのレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントの第2の合計との和を顧客に提示するステップと、(b)第1の端末に入力された購入代金および使用ポイントに応じて、第1のメモリ領域のレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントおよび第2のメモリ領域のレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントを書き換えるステップと、を第1の端末に実行させるよう構成される。第2のポイントプログラムは、(c)第2の端末にクレジットカードが挿入または提示されたことに応答して、該店舗で使用可能なポイントとして、該店舗の店舗コードを持つレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントを顧客に提示するステップと、(d)第2の端末に入力された購入代金および使用ポイントに応じて、該店舗の店舗コードを持つレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントを書き換えるステップと、を第2の端末装置に実行させるよう構成される。この発明によれば、各店舗ごとにポイントの蓄積および使用形態を変化させることができる。クレジットカードから、顧客および店員は、第1のグループの任意の店舗で使用可能なポイント、および第2のグループの店舗のそれぞれで使用可能なポイントを知ることができる。
【0015】
この発明の一実施形態によると、第1および第2のメモリ領域のレコードは、該レコードの店舗コードに対応する店舗で顧客が購入した商品またはサービスの実績を示すデータを格納するフィールドをさらに有する。これにより、店舗のそれぞれにおいて、顧客のクレジットカードの利用状況を該カードから取得することができる。
【0016】
この発明の他の実施形態によると、第1のメモリ領域は、上記第1の合計を記憶するフィールドを含み、第2のメモリ領域は、上記第2の合計を記憶するフィールドを含む。さらに、クレジットカードは、第1の合計と第2の合計の和を記憶する第3のメモリ領域を含むことができる。第3のメモリ領域によって示されるポイントは、第1のグループに属する店舗で使用可能なポイントである。これらのフィールドを設けることにより、クレジットカードから、速やかに第1のグループに属する店舗で使用可能なポイントを取得することができる。
【0017】
この発明の他の実施形態によれば、第1のポイントプログラムによって実行される上記ステップ(b)は、(b1)店舗における商品またはサービスの購入がクレジット決済される指示が第1の端末に発行されたとき、該店舗の店舗コードを持つレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントに、該クレジット決済される金額に対応するポイントを加算するステップと、(b2)店舗における商品またはサービスがポイントを使用することによって購入される指示が第1の端末に発行されたとき、(b21)第1の合計が使用ポイント以上ならば、該第1の合計から該使用するポイント数を減算することによって得られたポイントを、第1のメモリ領域に含まれるレコードのポイントフィールドに分配するステップと、(b22)第1の合計が使用ポイントより小さければ、第1のメモリ領域のレコードのポイントフィールドをゼロに更新し、該第1の合計と該使用ポイントの差を第2の合計から減算することによって得られるポイントを、第2のメモリ領域に含まれるレコードのポイントフィールドに分配するステップと、を含む。この発明によると、第1のグループに属する店舗でのポイント使用は、第1のグループの店舗で蓄積されたポイントから優先して使用される。これにより、第2のグループの店舗で蓄積されたポイントが保存されやすくなる。
【0018】
この発明の他の実施形態によれば、第1のポイントプログラムによって実行される上記ステップ(b21)は、第2の合計が使用ポイント以上ならば、該第2の合計から該使用するポイント数を減算することによって得られたポイントを、第2のメモリ領域に含まれるレコードのポイントフィールドに分配するステップであり、上記ステップ(b22)は、第2の合計が使用ポイントより小さければ、第2のメモリ領域のレコードのポイントフィールドをゼロに更新し、該第2の合計と該使用ポイントの差を第1の合計から減算することによって得られるポイントを、第1のメモリ領域に含まれるレコードのポイントフィールドに分配するステップである。この発明によると、第1のグループに属する店舗でのポイント使用は、第2のグループの店舗で蓄積されたポイントから優先して使用される。これにより、第1のグループの店舗で蓄積されたポイントが保存されやすくなり、第1のグループの店舗への顧客の誘導をより強めることができる。
【0019】
この発明の他の側面によると、クレジットカードは、少なくとも第1のグループに属する店舗および第2のグループに属する店舗で使用可能なキャッシュ金額を記憶する第4のメモリ領域をさらに有する。クレジットカードが電子マネー機能を有するので、該カードの汎用性を向上させることができる。一実施形態では、上記ステップ(b)は、さらに、購入代金から、使用ポイントに対応する金額を減算して、該カードで決済される金額を算出するステップと、該カード決済額の所定の割合を、第4のメモリ領域に記憶されたキャッシュ金額に加算するステップとを含む。該所定の割合は、第1および第2のグループに属する店舗のそれぞれについて異なるように設定可能である。カード決済額の一部が電子マネーとしてキャッシュバックされるので、カードの利便性を高めることができる。
【0020】
この発明の他の側面によると、第1および第2のポイントプログラムは、第1および第2の端末にそれぞれ設けられる。書き換えられたクレジットカードの第1および第2のメモリ領域の内容は、サーバに送信される。この発明によれば、サーバとの通信に要するコストを節約することができる。
【0021】
この発明の他の側面によると、上記のクレジットカードシステムで使用されるクレジットカードは、ICカードである。
【0022】
【発明の実施の形態】
次に図面を参照して、この発明の実施の形態を説明する。図1は、この発明の一実施例に従うクレジットカード・コンピュータ・システムの全体的なブロック図である。クレジットカードを発行する会社Xのサーバ2は、ネットワーク1に接続されている。クレジットカードは、ICカードによって実現される。
【0023】
サーバ2の記憶装置(外部記憶装置でもよいし、メモリでもよい)上には、顧客データベース4および店舗データベース5が設けられている。顧客データベース4は、それぞれの顧客についての基本情報(名前、年齢、住所等)と、クレジットカードに関する信用情報および利用実績情報を記憶する。顧客データベース4は、クレジットカードに格納されている情報のマスター・データベースである。
【0024】
店舗データベース5は、会社Xの直営店に関する情報および会社Xと提携している提携店に関する情報を含む。直営店および提携店に関する情報は、それぞれの店舗について、該店舗を識別する店舗コード、該店舗が位置する地域を識別する地域コード、該店舗に適用される換算係数を含む。
【0025】
換算係数は、ポイントを金額に換算するための第1の係数と、金額をポイントに換算するための第2の係数を含む。本実施例では、すべての直営店について、直営店用の第1および第2の換算計数が適用され、すべての提携店について、提携店用の第1および第の換算係数が適用される。直営店用の第1および第2の換算係数は、提携店用の第1および第2の換算係数とはそれぞれ異なるように設定されている。代替的に、店舗ごとに異なる換算係数を設定してもよい。
【0026】
ネットワーク1には、直営店に設置された端末装置7および提携店に設置された端末装置9が接続されている。端末装置7および9は、ICカードであるクレジットカードを読み書きすることのできる機能を備える。端末装置7および9は、CPUおよびメモリを備えた、パーソナルコンピュータ、POS端末、ICカード専用のリードライト装置等を含む任意の端末装置であることができる。
【0027】
直営端末装置7には、該直営店におけるクレジットカードの利用に関連する処理を実施する直営店エンジン8が搭載されている。提携端末装置9には、該提携店でのクレジットカードの利用に関連する処理を実施する提携店エンジン10が搭載されている。これらのエンジンは、典型的にはコンピュータプログラムによって実現される。これらのエンジンを、クレジットサーバ2からダウンロードすることができる。代替的に、これらのエンジンをサーバ2に設けてもよい。
【0028】
図2の(a)は、クレジットカード11の概略的な構造を示す。クレジットカード11には、磁気ストライプ12が設けられている。磁気ストライプ12には、クレジットカードの利用に必要な情報(カード番号および有効期限等)が記憶されている。
【0029】
クレジットカード11には、さらに、ICチップ13が内蔵されている。図2の(b)に、ICチップ13の概略的な構造を示す。ICチップ13は、典型的にはマイクロプロセッサ14およびメモリ15を備える。メモリ15は、たとえば書き込み可能なEEPROMによって実現される。
【0030】
上記のクレジットカードの利用に必要な情報を、ICチップ13内のメモリに設けてもよい。
【0031】
クレジットカード11には、接点(図示せず)が設けられている。クレジットカード11を、ICカードの読み書き機能を備えた端末7または9に挿入すると、クレジットカード11は、該接点を介して該端末7または9と通信する。
【0032】
代替的に、上記のような接触式ICカードに代えて、非接触式ICカードを用いてもよい。非接触式ICカードはアンテナを内蔵しており、端末7または9が発生する電波を利用してデータを送受信する。非接触式ICカードの場合、端末にカードを提示することにより、該カードは端末7または9と通信することができる。
【0033】
図3は、本発明の第1の実施例に従う、ICチップ13内のメモリ15に記憶されるデータ構造を概念的に示す。図3は、データの物理的な構造を示したものではなく、データの論理的な構造を示したものであることに注意されたい(このことは、図4、図5および図15にもあてはまる)。
【0034】
メモリ15は、第1のメモリ領域16と第2のメモリ領域17とを含む。第1および第2の領域16および17は、物理的なメモリ領域の分離を示すものではなく、論理的な分離を示すにすぎないことに注意されたい(このことは、図4、図5および図15にもあてはまる)。
【0035】
第1のメモリ領域16は直営店合計フィールドを含み、第2のメモリ領域17は、提携店合計フィールドを含む。ある直営店において、商品またはサービスの購入がクレジット決済されると、該クレジット決済に応じたポイントが直営店合計フィールドの値(以下、直営店合計ポイントと呼ぶ)に加算される。一方、ある提携店において、商品またはサービスの購入がクレジット決済されると、該クレジット決済に応じたポイントが提携店合計フィールドの値(以下、提携店合計ポイントと呼ぶ)に加算される。
【0036】
さらに、メモリ15は、第3のメモリ領域18に総計フィールドを含む。総計フィールドには、直営店合計ポイントと提携店合計ポイントの和(以下、総計ポイントと呼ぶ)が記憶される。総計フィールドを設ける代わりに、必要に応じて、直営店合計ポイントおよび提携店合計ポイントの和を算出するようにしてもよい。算出は、ICカードに内蔵されたマイクロプロセッサ14または他のプロセッサ(たとえば、端末7、9またはサーバ2)によって実施されることができる。
【0037】
任意の直営店で使用可能なポイントは、総計ポイントによって示される。ある直営店において商品またはサービスの購入にポイントが使用されるとき、直営店合計ポイントから使用される。直営店合計ポイントでは足りない場合には、不足するポイントが、提携店合計ポイントから使用される。
【0038】
任意の提携店で使用可能なポイントは、提携店合計ポイントによって示される。ある提携店において、商品またはサービスの購入にポイントが使用されるとき、提携店合計ポイントから使用される。
【0039】
このように、本実施例においては、直営店でのクレジットカードの利用が提携店での利用よりも有利になるように、提携店で取得されたポイントは、直営店でも使用することができる。
【0040】
代替的に、直営店でのポイントの使用を、まず提携店合計ポイントから使用し、不足した場合に直営店合計ポイントから使用してもよい。この場合には、直営店への顧客の誘導がより強化される。
【0041】
このように、店舗の種類に応じてポイントの蓄積および使用が異なる形態に適合したクレジットカードが実現される。
【0042】
図4は、本発明の第2の実施例に従う、メモリ15に記憶される概略的なデータ構造を示す。第1のメモリ領域16は、直営店合計フィールドを有し、これは、図3の直営店合計フィールドと同じものである。
【0043】
第2のメモリ領域17は、それぞれの提携店について1つのレコードを有する。レコードは、店舗コード、地域コード、現ポイント、累積ポイントおよび評価のフィールドを含む。店舗コードフィールドは、提携店を識別するためのコードを記憶する。地域コードフィールドは、該提携店が位置する地域を識別するコードを記憶する。代替的に、店舗コードに地域を識別するコードを含めてもよい。
【0044】
現ポイントフィールドは、該提携店で使用可能なポイントを記憶する。現ポイントは、クレジット決済の金額に応じて加算され、使用ポイントに応じて減算される。累積ポイントフィールドは、該提携店で過去に取得されたポイントの累計を記憶する。累積ポイントは、該提携店での顧客の過去の購入実績を示すものであり、ポイントが使用されても減算されない。
【0045】
評価フィールドは、該提携店の顧客に対する評価を記憶する。評価は、該提携店の担当者によって設定される。たとえば、累積ポイントが所定値以上の場合には、頻繁に該店舗の商品またはサービスを購入する顧客であることを示す。この場合、評価フィールドには、高い評価を示す「A」が設定される。代替的に、累積ポイントフィールドおよび評価フィールドのいずれか一方のみをレコードに設けて、顧客の利用状況を把握するようにしてもよい。
【0046】
提携店合計フィールドは、図3の提携店合計フィールドと同じものである。提携店合計フィールドには、第2のメモリ領域のすべてのレコードの現ポイントフィールドに記憶された値の合計が記憶される。提携店合計フィールドを設ける代わりに、必要に応じて、該すべてのレコードの現ポイントフィールドに記憶された値の合計を算出するようにしてもよい。第3のメモリ領域18に含まれる総計フィールドは、図3の総計フィールドと同じものである。
【0047】
任意の直営店で使用可能なポイントは、総計ポイントによって示される。ある直営店において、商品またはサービスの購入にポイントが使用されるとき、直営店合計ポイントから使用される。直営店合計ポイントでは足りない場合には、不足するポイントが、提携店合計ポイントから使用される。提携店合計ポイントが使用された場合には、残った提携店合計ポイントが提携店間に再分配される。該再分配に応じて、各提携店レコードの現ポイントフィールド値が更新される。
【0048】
再分配には、任意の手法を採用することができる。本実施例では、ポイントを有していた(すなわち、現ポイントフィールドが0より大きい値を有していた)提携店間で、該現ポイントの値に応じて再分配される。具体的な手法は、後述される。代替的に、提携店間で平均的に分配する手法を用いてもよい。
【0049】
この第2の実施例においては、ある特定の提携店で使用可能なポイントは、該提携店レコードの現ポイントフィールドの値によって示される。すなわち、ある特定の提携店で使用可能なポイントは、該提携店で取得されたポイントに制限される。代替的に、第1の実施例のように、提携店合計ポイントを、任意の提携店で使用可能なようにしてもよい。
【0050】
このクレジットカードは、直営店については複数の店舗についてのポイントがまとめてカウントされ、提携店については店舗ごとにポイントがカウントされる形態に適用されることができる。また、このクレジットカードから、各提携店または所定の地域における顧客の利用状況を、累積ポイントフィールドおよび(または)評価フィールドから取得することができる。
【0051】
図5は、本発明の第3の実施例に従う、ICチップ13内のメモリ15に記憶される概略的なデータ構造を示す。第2の実施例と異なる点は、第1のメモリ領域16に示されるように、直営店についてのデータ構造が、提携店と同様の形態を有していることである。第1のメモリ領域16は、それぞれの直営店について1つのレコードを有する。レコードの構成は、図4を参照して説明した提携店レコードと同じである。
【0052】
直営店合計フィールドは、図3の直営店合計フィールドと同じものである。直営店合計フィールドには、第1のメモリ領域のすべてのレコードの現ポイントフィールドに記憶された値の合計が記憶される。直営店合計フィールドを設ける代わりに、必要に応じて、該すべてのレコードの現ポイントフィールドに記憶された値の合計を算出するようにしてもよい。第3のメモリ領域18に含まれる総計フィールドは、図3の総計フィールドと同じものである。
【0053】
任意の直営店で使用可能なポイントは、総計ポイントによって示される。ある直営店において、商品またはサービスの購入にポイントが使用されるとき、直営店合計ポイントから使用される。その結果、直営店合計ポイントが残った場合には、該残った直営店合計ポイントが直営店間で再分配される。一方、使用するポイントが直営店合計ポイントでは足りない場合には、不足するポイントが、提携店合計ポイントから使用される。その結果、提携店合計ポイントが残った場合には、該残った提携点合計ポイントが提携店間で再分配される。これらの再分配の手法は、第2の実施例で説明した再分配の手法と同様であり、詳細は後述される。
【0054】
第2の実施例と同様に、ある特定の提携店で使用可能なポイントは、該提携店の現ポイントフィールドの値によって示される。
【0055】
このクレジットカードは、直営店および提携について店舗ごとにポイントがカウントされる形態に適用されることができる。また、このクレジットカードからは、各店舗における顧客の利用状況を、累積ポイントフィールドおよび(または)評価フィールドから取得することができる。
【0056】
図4および図5において、顧客にクレジットカードが発行されるとき、第1および第2のメモリ領域に予めレコードを格納しておくことができる。たとえば、該顧客の住所および(または)勤務先が属する地域の直営店および提携店のレコードを予め記憶しておくことができる。
【0057】
ある店舗においてクレジットカードが利用されたとき、該店舗についてのレコードがメモリ15に含まれない場合には、該レコードをサーバ2の店舗データベース5からメモリ15にロードすることができる。このロード時にメモリ15が満杯ならば、該カードが利用されていない店舗についてのレコードを該メモリ15から削除することができる。ロードおよび削除は、カード11のマイクロプロセッサ14によって実行されてもよいし、端末7、9またはサーバ2によって実行されてもよい。
【0058】
図6は、本発明の一実施形態に従う、ポイントの蓄積および使用を具体的に説明するための図である。図5に示されるメモリ形態が採用される。上記の「現ポイント」フィールドには、初期値としてゼロがセットされていると仮定する。
【0059】
取引1において、顧客は、直営店Aにおいて20ポイントに相当する商品を購入する。これにより、第1のメモリ領域の直営店A(店舗コード=0001)の現ポイントフィールドに「20」が記憶される。直営店合計フィールドには「20」が記憶され、提携店合計フィールドはゼロのままである。総計フィールドには、直営店合計ポイントと提携店合計ポイントの和(20=20+0)が記憶される。
【0060】
取引2において、顧客は、提携店Bにおいて30ポイントに相当する商品を購入する。これにより、第2のメモリ領域の提携店B(店舗コード=1001)の現ポイントフィールドに「30」が記憶される。提携店合計フィールドには「30」が記憶される。総計フィールドは「50」に更新される。
【0061】
取引3において、顧客は、提携店Cにおいて20ポイントに相当するサービスを購入する。これにより、第2のメモリ領域の提携店C(店舗コード=2001)の現ポイントフィールドに「20」が記憶される。提携店合計フィールドは「50」に更新される。総計フィールドは「70」に更新される。
【0062】
取引4において、顧客は、直営店Dにおいて商品の購入に30ポイントを使用する。前述したように、総計フィールドによって示される70ポイントが、任意の直営店で使用可能である。顧客は、そのうちの30ポイントを使用する。
【0063】
まず、直営店合計ポイントから使用されるので、直営店合計フィールドはゼロに更新される。不足する10ポイントは、提携店合計ポイントから使用される。その結果、提携店合計フィールドは「40」に更新される。その後、提携店合計ポイント「40」が、提携店間で再配分される。取引4の開始時点において、提携店Bと提携店Cの現ポイントの割合は3:2である。したがって、24ポイントを提携店Bに分配し、16ポイントを提携店Cに分配する。
【0064】
取引5に進み、顧客は、提携店Cにおいて商品の購入に5ポイントを使用する。前述したように、顧客が提携店Cにおいて使用できるポイントは、店舗コード2001の現ポイントフィールドによって示される16ポイントに制限される。5ポイントを使用した結果、該現ポイントフィールドは「11」に更新される。提携店合計フィールドは「35」に更新され、総計フィールドは「35」に更新される。
【0065】
図7〜図10は、直営店でクレジットカード11により商品またはサービスを購入するときに実施される処理のフローチャートである。該処理は、直営店端末7の直営店エンジン8によって実施される。ここで、上記の第3の実施例のクレジットカードが用いられる。
【0066】
該ルーチンは、直営店端末7においてカード決済リクエストが発行されたときに開始する(S11)。該リクエストの発行は、例えば、直営店端末7にカードが挿入または提示されたことに応答して、または直営店の店員によるキー操作またはメニュー選択に応答して発行されることができる。
【0067】
ステップS12において、店員による操作(キー、商品のバーコード読み取り等)により、購入商品(またはサービス、以下同じ)の情報および金額が読み込まれる。購入商品の情報は、例えば、商品名、商品の種類等を含むことができる。
【0068】
ステップS13において、クレジットカード11の磁気ストライプ12(またはメモリ15)に記憶されているカード情報を、直営店端末7のメモリにロードする。ステップS14において、該ロードしたカード情報に基づいて、該購入商品のクレジット決済が可能かどうかを判断する。該判断は、必要に応じて、サーバ2にアクセスすることを含んでもよい。該判断は、カードの有効性および与信限度額のチェックを含む。
【0069】
クレジット決済が不可能と判断されたならば、カード決済が拒否される旨を表示する(S15)。クレジット決済が可能と判断されたならば、ステップS16に進む。
【0070】
ステップS16において、直営店端末7の記憶装置(メモリまたは外部記憶装置)から、または店員の操作により、該直営店の店舗コードと地域コードを読み込む。ステップS17において、カード11のメモリ15に記憶された店舗コードと地域コードを、直営店端末7のメモリにロードする。
【0071】
ステップS18において、ステップS16で読み込まれた店舗コードと地域コードが、ステップS17でロードされた店舗コードと地域コードに含まれるかどうかを判断する。含まれなければ、該直営店の店舗コードおよび地域コードを店舗データベース5からダウンロードし、カード11のメモリ15に書き込む(S19)。これは、第1のメモリ領域に1つのレコードが追加されることを示す。
【0072】
図8のステップS21およびS22に進み、店舗データベース5から、直営店用の第1および第2の換算係数と、提携店用の第1および第2の換算係数を、直営店端末7のメモリにダウンロードする。代替的に、直営店エンジン8において、これらの換算係数を予め設定しておいてもよい。ステップS23において、カード11の第1〜第3のメモリ領域16〜18に記憶されたデータを、直営店端末7のメモリにロードする。
【0073】
ステップS24において、直営店合計フィールドの値に直営店用の第1の換算係数を乗算して、直営店合計ポイントの換算金額を算出する。
【0074】
代替的に、各直営店レコードの「現ポイント」フィールドの値に、該直営店の第1の換算係数を乗算することにより、該現ポイントに対応する金額を算出してもよい。この場合、直営店合計ポイントの換算金額は、各レコードについて算出された金額の合計である。
【0075】
ステップS25において、提携店合計フィールドの値に提携店用の第1の換算係数を乗算して、提携店合計ポイントの換算金額を算出する。
【0076】
代替的に、各提携店レコードの「現ポイント」フィールドの値に、該提携店の第1の換算係数を乗算することにより、該現ポイントに対応する金額を算出してもよい。この場合、提携店合計ポイントの換算金額は、各レコードについて算出された金額の合計である。
【0077】
ステップS26において、ステップS24で算出された直営店合計ポイントの換算金額とステップS25で算出された提携店合計ポイントの換算金額とを合計する。算出された直営店用金額は、任意の直営店で使用可能なポイント数に対応する金額を示す。
【0078】
ステップS27において、総計フィールドによって示される総計ポイントと、ステップS26において算出された直営店用金額を、直営店端末7のディスプレイに表示する。これにより、顧客と店員は、該直営店で使用可能なポイント数と、該ポイントに対応する金額を知ることができる。
【0079】
ステップS27では、直営店合計ポイントおよび提携店合計ポイントをそれぞれ表示してもよい。また、各直営店の現ポイントとその換算金額、および各提携店の現ポイントとその換算金額を表示してもよい。
【0080】
さらに、ステップS27では、それぞれの直営店およびそれぞれの提携店の累積ポイントフィールおよび(または)評価フィールドの値を、直営店端末7のディスプレイに表示することができる。これにより、直営店の店員は、該顧客のカードの詳細な利用状況を知ることができる。
【0081】
図9のステップS31に進み、顧客からの指示に従い、直営店の店員によって、決済にポイントを使用するかどうかが直営店端末7に指示される。例えば、使用するポイント数をキー入力することにより、該指示を端末7に与えることができる。ポイントを使用する指示が発行されなければ、カード決済額に、購入した商品の代金(以下、購入代金と呼ぶ)をセットし(S32)、使用ポイントにゼロをセットする(S33)。
【0082】
ステップS34に進み、カード決済額を求める。ポイントを使用しないので、カード決済額は購入代金と同じである。ステップS35において、カード決済額に直営店用の第2の換算係数を乗算することにより、加算されるべきポイントを求める。ステップS36において、該直営店の店舗コードを有するレコードの現ポイントと累積ポイントに、それぞれ、算出された加算ポイントを加算する。これに応じて、直営店合計ポイントおよび総計ポイントにも、それぞれ加算ポイントが加えられる。
【0083】
ステップS31において、ポイントを使用する場合にはステップS51に進み、使用するポイント数を読み込む。顧客の指示に従い、店員は、使用ポイント数を直営店端末7に入力することができる。使用するポイント数に対応する金額を直営店端末7上で計算して顧客に呈示できるようにするのが好ましい。ステップS52において、使用するポイント数を、図8のステップS24〜S26と同様の手法で、金額に換算する。
【0084】
本実施例では、図6を参照して説明したように、直営店合計ポイントが優先して使用される。直営店合計ポイントでは不足する場合に、提携店合計ポイントが使用される。代替的に、顧客が、使用する直営店合計ポイントと提携店合計ポイントをそれぞれ決定するようにしてもよい。
【0085】
ステップS53において、ステップS52で算出された使用ポイントの換算金額と購入代金を比較する。使用ポイントの換算金額が購入代金より少なければ、顧客は、不足している金額を支払う必要がある。ステップS34において、購入代金から、使用ポイントの換算金額を減算して、カード決済額を算出する。その後、ステップS35およびS36が、前述したように実施される。
【0086】
ステップS5において、使用ポイントの換算金額が購入代金以上ならば、カード決済額はゼロである(図10のS61)。ステップS62において、直営店合計ポイントと使用ポイントを比較する。直営店合計ポイントが使用ポイント以上ならば、該直営店合計ポイントから使用ポイントを減算する(S63)。提携店合計ポイントは変化しない。総計ポイントは、更新された直営店合計ポイントと提携店合計ポイントの和に更新される(S64)。
【0087】
ステップS65において、ステップS63で算出された直営店合計ポイントを、直営店間で再分配する。前述したように、今回の取引の開始時の現ポイントの比率に応じて、該直営店合計ポイントを直営店間に分配することができる。各直営店の現ポイントは、分配されたポイントに更新される。
【0088】
直営店合計ポイントが使用ポイントより少なければ、使用ポイントから直営店合計ポイントを減算する。結果として得られる不足ポイント数は、提携店合計ポイントによって補う必要がある。該不足ポイント数を、提携店合計ポイントから減算する(S67)。
【0089】
ステップS68において、直営店合計ポイントはゼロに更新される。総計ポイントは、更新された直営店合計ポイントと更新された提携店合計ポイントとの和に更新される(S69)。ステップS70において、ステップS67で算出された提携店合計ポイントを、提携店間で再分配する。前述したように、今回の取引の開始時の現ポイントの比率に応じて、提携店合計ポイントを提携店間に分配することができる。各提携店の現ポイントは、分配されたポイントに更新される。
【0090】
ステップS71において、上記のようにして更新されたフィールド値で、カード11のメモリ15を更新する。また、これらのフィールド値は、サーバ2に送信され、顧客データベース4を更新する(S72)。ステップS73において、従来のクレジットカードの決済処理が実施される。決済処理では、カード決済額およびその明細(店舗名、商品名等)がサーバ2に送信される。
【0091】
ステップS74において、店員によるキー操作またはメニュー選択により、カード11のメモリ15の更新された内容を、直営店端末7の記憶装置に格納することができる。格納されたカード11のメモリ15の内容は、その後の顧客の分析に用いることができる。
【0092】
図11〜図14は、提携店においてクレジットカード11により商品またはサービスを購入するときに実施される処理のフローチャートである。該処理は、提携店端末9の提携店エンジン10によって実施される。提携店ルーチンは、図7〜図10に示される直営店ルーチンとほぼ同じ処理を実行するので、異なる部分についてのみ説明する。
【0093】
図11に示されるステップS111〜S119は、図7に示されるステップS11〜S19と同じである。図12のステップS122に進み、店舗データベース5から、該提携店用の第1および第2の換算係数を読み出す。代替的に、該提携店用の第1および第2の換算係数を、提携店エンジン10に設定しておいてもよい。ステップS123において、第2のメモリ領域に記憶された該提携店のレコードに含まれるデータを、提携店端末9のメモリにロードする。
【0094】
ステップS125において、該提携店レコードの現ポイントに、該提携店用の第1の換算係数を乗算することにより、該現ポイントの換算金額を算出する。ステップS127において、該提携店の現ポイントとその換算金額を、提携店端末9のディスプレイに表示する。これにより、顧客と店員は、該提携店で使用可能なポイント数と、該ポイントで購入できる商品およびサービスを知ることができる。
【0095】
ステップS127では、さらに、該提携店レコードの累積ポイントおよび(または)評価の値を、提携店端末9のディスプレイに表示することができる。これにより、提携店の店員は、該顧客のカードの詳細な利用状況を把握することができる。
【0096】
本実施例では、提携店の店員は、該提携店に関する情報のみを取得できる。代替的に、他の提携店または直営店に関する情報もクレジットカード11から読み出して表示できるようにしてもよい。
【0097】
図13に示される処理は、図9に示される処理と同様である。ポイントを使用しない場合、カード決済額に相当するポイント数が、該提携店の現ポイントおよび累積ポイントに加算される(S136)。それに応じて、提携店合計ポイントおよび総計ポイントも更新される。
【0098】
ポイントを使用する場合、使用ポイントの換算金額が購入代金より少なければ(S153)、該使用ポイントの換算金額と購入代金の差額に相当するポイント数が、加算ポイントとして算出される(S134、S135)。加算ポイントは、該提携店レコードの現ポイントおよび累積ポイントに加算される。それに応じて、提携店合計ポイントおよび総計ポイントも更新される。
【0099】
ステップS153において、使用ポイントの換算金額が購入代金以上ならば、カード決済額はゼロである(図14のS161)。ステップS163において、提携店の現ポイントから、使用ポイントが減算される。該現ポイントの更新に応じて、提携店合計ポイントおよび総計ポイントが更新される(S164)。
【0100】
ステップS171において、上記のようにして更新された提携店レコードのフィールド値で、カード11のメモリ15を更新する。また、これらのフィールド値は、サーバ2に送信され、顧客データベース4を更新する(S172)。ステップS173において、クレジットカードの決済処理が実施される。ステップS174において、店員によるキー操作またはメニュー選択により、提携店レコードの更新された内容を、提携店端末9の記憶装置に格納することができる。格納された提携店レコードの内容は、その後の顧客の分析に用いることができる。
【0101】
図15は、本発明の第4の実施例に従う、ICチップ13内のメモリ15に記憶される概略的なデータ構造を示す。第3の実施例(図5)と異なる点は、第4のメモリ領域19に電子マネーフィールドが設けられていることである。電子マネーフィールドは、汎用的に使用できるキャッシュ金額を格納する。該キャッシュ金額は、直営店、提携店、および指定された他の店舗で使用されることができる。カードの所有者は、所望の金額を支払うことにより、該金額を電子マネーフィールドに登録することができる。この作業は、所定の端末装置(任意の店舗および駅等に配置されることができる)を介して実施されることができる。
【0102】
顧客が直営店または提携店で該クレジットカードにより決済すると、該決済された金額の所定の割合(以下、キャッシュバック率と呼ぶ)が、キャッシュとして電子マネーフィールドに加算される。本実施例では、キャッシュバック率に関し、直営店用の値と提携店用の値が準備されており、直営店用の値の方が提携店用の値よりも高いように設定されている。代替的に、キャッシュバック率を店舗ごとに設定してもよい。各店舗に適用されるキャッシュバック率は、店舗データベース5に格納される。
【0103】
図15に示されるクレジットカードを用いて、直営店において商品またはサービスを購入するときに実施される処理のフローチャートは、図9が図16に置き換えられる点を除き、前述した直営店ルーチンとほぼ同じである。しかしながら、図8のステップS21に、直営店用のキャッシュバック率をダウンロードすることが追加される点、およびステップS23に、第4のメモリ領域のデータをロードすることが追加される点に注意されたい。
【0104】
図16を参照すると、ステップS231〜S234は、ステップS31〜S34と同じである。ステップS251〜S253は、ステップS51〜S53と同じである。ステップS235において、電子マネーを使用するかどうかを判断する。使用しなければ、ステップS238に進む。使用するならば、使用する電子マネー金額を減算することによって、カード決済額を算出する(S236)。ステップS237において、電子マネーフィールドから、使用する電子マネー金額を減算する。
【0105】
ステップS238およびS239において、カード決済額に対応するポイントの所定の割合が、キャッシュ金額に換算され、該キャッシュ金額が電子マネーフィールドに加算される。ステップS240およびS241において、カード決済額に対応するポイントの残りの割合が加算ポイントとして算出され、該直営店の現ポイントおよび累積ポイントフィールドに加算される。
【0106】
たとえば、キャッシュバック率を20%とし、カード決済額に対応するポイント数が100ならば、20ポイントがキャッシュに変換され、変換されたキャッシュ金額が電子マネーフィールドに加算される。残りの80ポイントは、加算ポイントとして算出される。
【0107】
図15に示されるクレジットカードを用いて、提携店において商品またはサービスを購入するときに実施される処理のフローチャートは、図13が図17に置き換えられる点を除き、ほぼ同じである。しかしながら、図12のステップS122に、提携店用のキャッシュバック率をダウンロードすることが追加される点、およびステップS123に、第4のメモリ領域のデータをロードすることが追加される点に注意されたい。
【0108】
ステップS331〜S334は、ステップS131〜S134と同じである。ステップS351〜S353は、ステップS151〜S153と同じである。ステップS335において、電子マネーを使用するかどうかを判断する。使用しなければ、ステップS338に進む。使用するならば、使用する電子マネー金額を減算することによって、カード決済額を算出する(S336)。ステップS337において、電子マネーフィールドから、使用する電子マネー金額を減算する。
【0109】
ステップS338およびS339において、カード決済額に対応するポイントの所定の割合が、キャッシュ金額に換算され、該キャッシュ金額が電子マネーフィールドに加算される。ステップS340およびS341において、カード決済額に対応するポイントの残りの割合が加算ポイントとして算出され、該提携店の現ポイントおよび累積ポイントフィールドに加算される。
【0110】
たとえば、キャッシュバック率を10%とし、カード決済額に対応するポイント数が100ならば、10ポイントがキャッシュに変換され、変換されたキャッシュ金額が電子マネーフィールドに加算される。残りの90ポイントは、加算ポイントとして算出される。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明の一実施例のシステムの全体的な構成を示すブロック図。
【図2】この発明の一実施例における、クレジットカードの構造を示す図。
【図3】この発明の第1の実施例における、ICメモリのデータ構造を示す図。
【図4】この発明の第2の実施例における、ICメモリのデータ構造を示す図。
【図5】この発明の第3の実施例における、ICメモリのデータ構造を示す図。
【図6】この発明の一実施例における、ポイント付与の一例を示す図。
【図7】この発明の一実施例における、直営店ルーチンを示す図。
【図8】この発明の一実施例における、直営店ルーチンを示す図。
【図9】この発明の一実施例における、直営店ルーチンを示す図。
【図10】この発明の一実施例における、直営店ルーチンを示す図。
【図11】この発明の一実施例における、提携店ルーチンを示す図。
【図12】この発明の一実施例における、提携店ルーチンを示す図。
【図13】この発明の一実施例における、提携店ルーチンを示す図。
【図14】この発明の一実施例における、提携店ルーチンを示す図。
【図15】この発明の第4の実施例における、ICメモリのデータ構造を示す図。
【図16】この発明の第4の実施例のカードを用いた場合の直営店ルーチンを示す図。
【図17】この発明の第4の実施例のカードを用いた場合の提携店ルーチンを示す図。
【符号の説明】
2 クレジットサーバ
4 顧客データベース
5 店舗データベース
7 直営店端末
8 直営店エンジン
9 提携店端末
10 提携店エンジン
[0001]
BACKGROUND OF THE INVENTION
The present invention relates to a system that uses a credit card adapted to a form in which the accumulation and use of points differ depending on the type of store.
[0002]
[Prior art]
Usually, when a credit card issued by a company is used for purchasing goods or services at a store related to the company, points corresponding to the purchase price are given to the credit card.
[0003]
A credit card that stores information on points, ID information of partner companies, and the like has been proposed (see, for example, Patent Document 1). When a customer uses a credit card, the ID information of the affiliated company stored in the credit card is read by the terminal of the member store, and it is determined whether or not the terminal is a legitimate member store terminal. The points generated by purchasing the product are added to the points stored in the credit card. The points used to purchase the item are subtracted from the points stored on the credit card.
[0004]
Further, a point exchange system between a plurality of companies has been proposed (see, for example, Patent Document 2). The management center is provided with an issuance point totaling file for totaling the issuance points for each company and a usage point totaling file for totaling the usage points for each company. Based on these files, the balance of points is calculated for each company, and collection or payment is made to each company.
[0005]
[Patent Document 1]
JP 2002-157430 A
[0006]
[Patent Document 2]
Japanese Patent Laid-Open No. 2002-42251
[0007]
[Problems to be solved by the invention]
A form in which a credit card issued by a company is used not only in a directly managed store of the company but also in a partner store affiliated with the company. In this way, the use of the credit card is promoted by enabling the use of the credit card at different types of stores.
[0008]
However, even with such a usage pattern of a credit card, conventionally, there is only one type of points given to a credit card, and the points are usually accumulated as points that can be used only at directly managed stores. Since there are no points for affiliated stores, it is difficult to acquire customers from affiliated stores. In addition, since no system has been established that is suitable for different types of store and use of points depending on the store (or store type), services may be differentiated by points for each store (or store type). It has become difficult.
[0009]
Points can be used as an indicator of customer credit card usage. In the conventional method, the accumulated points can be referred from the credit card, but it is impossible to grasp the usage status of the customer's credit card in each store. In particular, affiliated stores are often restricted in access to a system provided by a credit card company, and thus it is difficult to easily refer to the detailed usage status of a customer's credit card in the store.
[0010]
Therefore, there is a need for a system that uses a credit card adapted to different forms for storing and using points depending on the type of store. Further, in each store, there is a need for a system that can easily grasp the usage status of a customer's credit card from information about points stored in the credit card.
[0011]
[Means for Solving the Problems]
According to one aspect of the present invention, a credit card having a first memory area allocated for a store belonging to the first group and a second memory area allocated for a store belonging to the second group. A system using the system is provided. The system includes a server that communicates via a network with a first terminal installed in each store belonging to the first group and a second terminal installed in each store belonging to the second group. The first terminal and the second terminal have a function of reading and writing a credit card. The server includes a first point program for stores belonging to the first group and a second point program for stores belonging to the second group. In response to the insertion or presentation of a credit card to the first terminal, the first point program stores, in the first memory area, points that can be used at stores belonging to the first group. Presenting the sum of the stored points and the points stored in the second memory area to the customer; and (b) the first memory area depending on the purchase price and the used points input to the first terminal. And rewriting the points stored in the second memory area, and causing the first terminal device to execute. In response to the insertion or presentation of a credit card to the second terminal, the second point program is stored in the second memory area as a point that can be used at a store belonging to the second group. Presenting the stored points to the customer; and (d) rewriting the points stored in the second memory area in accordance with the purchase price and use points input to the second terminal. The second terminal device is configured to be executed.
[0012]
According to this invention, it is possible to change the point accumulation and usage mode at the first group store and the second group store. Accordingly, it is possible to differentiate services between the stores of the first and second groups while giving a privilege by points to both the stores of the first and second groups. Further, from the credit card, the customer and the store clerk can know the points that can be used at the stores of the first and second groups.
[0013]
According to one embodiment of the present invention, the credit card can be used at a store belonging to the first group as a point stored in the first memory area and a point stored in the second memory area. It further has a third memory area for storing the total. According to the present invention, points that can be used at the stores belonging to the first group can be acquired from the credit card without requiring computation.
[0014]
According to another aspect of the present invention, the first memory area includes a record having a store code field for storing a store code and a point field for storing a point for each of the stores belonging to the first group. The second memory area includes a record having a store code field for storing a store code and a point field for storing points for each store belonging to the second group. The first point program (a) in response to the insertion or presentation of a credit card at the first terminal, the first of the points stored in the point field of all records in the first memory area Presenting to the customer the sum of the sum and the second sum of the points stored in the point field of all records in the second memory area; and (b) the purchase price entered at the first terminal and Rewriting the point stored in the point field of the record in the first memory area and the point stored in the point field of the record in the second memory area according to the use point, and causing the first terminal to execute It is configured as follows. In response to the insertion or presentation of a credit card in the second terminal, (c) the second point program is stored in the point field of the record having the store code of the store as a point usable at the store. A step of presenting the stored points to the customer; and (d) rewriting the points stored in the point field of the record having the store code of the store according to the purchase price and the use points input to the second terminal. And causing the second terminal device to execute the step. According to this invention, it is possible to change the point accumulation and usage pattern for each store. From the credit card, the customer and the store clerk can know the points that can be used at any store of the first group and the points that can be used at each of the stores of the second group.
[0015]
According to one embodiment of the present invention, the records in the first and second memory areas further have a field for storing data indicating the results of goods or services purchased by the customer at the store corresponding to the store code of the record. . Thereby, in each store, the usage status of the customer's credit card can be acquired from the card.
[0016]
According to another embodiment of the present invention, the first memory area includes a field for storing the first total, and the second memory area includes a field for storing the second total. Further, the credit card can include a third memory area that stores a sum of the first sum and the second sum. The points indicated by the third memory area are points that can be used at the stores belonging to the first group. By providing these fields, points that can be used at stores belonging to the first group can be quickly acquired from the credit card.
[0017]
According to another embodiment of the present invention, the above step (b) executed by the first point program issues (b1) an instruction for credit settlement of the purchase of goods or services at the store to the first terminal. A point corresponding to the amount of the credit settlement is added to the point stored in the point field of the record having the store code of the store, and (b2) the product or service at the store uses the point. When an instruction to be purchased is issued to the first terminal, (b21) if the first total is equal to or greater than the used points, the number is obtained by subtracting the number of used points from the first total. Distributing the distributed points to the point field of the record included in the first memory area; (b22) first If the sum is less than the use point, the point obtained by updating the point field of the record in the first memory area to zero and subtracting the difference between the first sum and the use point from the second sum, Distributing to the point fields of the records contained in the second memory area. According to the present invention, the point use at the stores belonging to the first group is used with priority over the points accumulated at the stores of the first group. As a result, the points accumulated at the stores of the second group are easily stored.
[0018]
According to another embodiment of the present invention, in the step (b21) executed by the first point program, if the second total is equal to or more than the used points, the number of points to be used is calculated from the second total. Distributing the points obtained by subtraction to the point field of the record included in the second memory area, and the step (b22) is performed when the second sum is smaller than the used points. The point obtained by updating the point field of the record in the memory area to zero and subtracting the difference between the second sum and the used point from the first sum is the point of the record contained in the first memory area. This is the step of distributing to the field. According to the present invention, the use of points at the stores belonging to the first group is used preferentially over the points accumulated at the stores of the second group. Thereby, the points accumulated at the stores of the first group can be easily stored, and the customer's guidance to the stores of the first group can be further strengthened.
[0019]
According to another aspect of the present invention, the credit card further includes a fourth memory area for storing a cash amount that can be used at least in a store belonging to the first group and in a store belonging to the second group. Since the credit card has an electronic money function, the versatility of the card can be improved. In one embodiment, the step (b) further includes the step of subtracting the amount corresponding to the point of use from the purchase price to calculate the amount to be settled with the card, and a predetermined percentage of the card settlement amount To the cash amount stored in the fourth memory area. The predetermined ratio can be set differently for each of the stores belonging to the first and second groups. Since a part of the card payment amount is cashed back as electronic money, the convenience of the card can be improved.
[0020]
According to another aspect of the present invention, the first and second point programs are provided in the first and second terminals, respectively. The contents of the first and second memory areas of the rewritten credit card are transmitted to the server. According to the present invention, the cost required for communication with the server can be saved.
[0021]
According to another aspect of the present invention, the credit card used in the credit card system is an IC card.
[0022]
DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
Next, an embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings. FIG. 1 is an overall block diagram of a credit card computer system according to one embodiment of the present invention. The server 2 of the company X that issues a credit card is connected to the network 1. The credit card is realized by an IC card.
[0023]
On the storage device of the server 2 (which may be an external storage device or a memory), a customer database 4 and a store database 5 are provided. The customer database 4 stores basic information (name, age, address, etc.) for each customer, credit information about credit cards, and usage record information. The customer database 4 is a master database of information stored in the credit card.
[0024]
The store database 5 includes information on directly managed stores of the company X and information on partner stores affiliated with the company X. Information on directly managed stores and affiliated stores includes, for each store, a store code that identifies the store, a region code that identifies the region in which the store is located, and a conversion coefficient applied to the store.
[0025]
The conversion coefficient includes a first coefficient for converting points into money and a second coefficient for converting money into points. In the present embodiment, the first and second conversion counts for directly managed stores are applied to all directly managed stores, and the first and second conversion factors for partner stores are applied to all the affiliated stores. The first and second conversion factors for directly managed stores are set to be different from the first and second conversion factors for partner stores. Alternatively, a different conversion factor may be set for each store.
[0026]
Connected to the network 1 are a terminal device 7 installed in a directly managed store and a terminal device 9 installed in a partner store. The terminal devices 7 and 9 have a function capable of reading and writing a credit card which is an IC card. The terminal devices 7 and 9 can be arbitrary terminal devices including a personal computer, a POS terminal, a read / write device dedicated to an IC card, etc., each having a CPU and a memory.
[0027]
The directly managed terminal device 7 is equipped with a directly managed store engine 8 that performs processing related to the use of a credit card in the directly managed store. The affiliated terminal device 9 is equipped with an affiliated store engine 10 that performs processing related to the use of a credit card at the affiliated store. These engines are typically realized by computer programs. These engines can be downloaded from the credit server 2. Alternatively, these engines may be provided in the server 2.
[0028]
FIG. 2A shows a schematic structure of the credit card 11. The credit card 11 is provided with a magnetic stripe 12. The magnetic stripe 12 stores information (such as a card number and an expiration date) necessary for using a credit card.
[0029]
The credit card 11 further incorporates an IC chip 13. FIG. 2B shows a schematic structure of the IC chip 13. The IC chip 13 typically includes a microprocessor 14 and a memory 15. The memory 15 is realized by, for example, a writable EEPROM.
[0030]
Information necessary for using the credit card may be provided in a memory in the IC chip 13.
[0031]
The credit card 11 is provided with a contact (not shown). When the credit card 11 is inserted into a terminal 7 or 9 having an IC card read / write function, the credit card 11 communicates with the terminal 7 or 9 through the contact.
[0032]
Alternatively, a contactless IC card may be used instead of the contact IC card as described above. The non-contact IC card has a built-in antenna, and transmits and receives data using radio waves generated by the terminal 7 or 9. In the case of a contactless IC card, the card can communicate with the terminal 7 or 9 by presenting the card to the terminal.
[0033]
FIG. 3 conceptually shows a data structure stored in the memory 15 in the IC chip 13 according to the first embodiment of the present invention. Note that FIG. 3 does not show the physical structure of the data, but the logical structure of the data (this also applies to FIGS. 4, 5 and 15). ).
[0034]
The memory 15 includes a first memory area 16 and a second memory area 17. Note that the first and second regions 16 and 17 do not represent physical memory region separation, but only logical separation (this is illustrated in FIGS. 4, 5 and 5). This also applies to FIG.
[0035]
The first memory area 16 includes a directly managed store total field, and the second memory area 17 includes a partner store total field. When a purchase of a product or service is credit settled at a directly managed store, points corresponding to the credit settlement are added to the value of the directly managed store total field (hereinafter referred to as directly managed store total points). On the other hand, when the purchase of a product or service is credited at a certain affiliated store, points corresponding to the credit settlement are added to the value of the affiliated store total field (hereinafter referred to as the affiliated store total point).
[0036]
Further, the memory 15 includes a total field in the third memory area 18. The total field stores the sum of directly managed store total points and partner store total points (hereinafter referred to as total points). Instead of providing the total field, the sum of directly managed store total points and partner store total points may be calculated as necessary. The calculation can be performed by the microprocessor 14 or other processor (for example, the terminal 7, 9 or the server 2) built in the IC card.
[0037]
The points that can be used at any directly managed store are indicated by the total points. When points are used to purchase goods or services at a directly managed store, the points are used from the total points of the directly managed store. When the directly managed store total points are insufficient, the insufficient points are used from the partner store total points.
[0038]
The points available at any partner store are indicated by the partner store total points. When points are used to purchase goods or services at a partner store, the points are used from the partner store total points.
[0039]
Thus, in the present embodiment, the points acquired at the affiliated store can be used at the directly managed store so that the use of the credit card at the directly managed store is more advantageous than the use at the affiliated store.
[0040]
Alternatively, the use of points at directly managed stores may be used first from the partner store total points, and if the shortage is insufficient, the points may be used from the directly managed store total points. In this case, customer guidance to directly managed stores is further strengthened.
[0041]
In this way, a credit card suitable for a form in which points are accumulated and used depending on the type of store is realized.
[0042]
FIG. 4 shows a schematic data structure stored in the memory 15 according to the second embodiment of the present invention. The first memory area 16 has a directly managed store total field, which is the same as the directly managed store total field of FIG.
[0043]
The second memory area 17 has one record for each partner store. The record includes store code, region code, current point, cumulative point and rating fields. The store code field stores a code for identifying a partner store. The region code field stores a code for identifying a region where the affiliated store is located. Alternatively, a code identifying the area may be included in the store code.
[0044]
The current point field stores points that can be used at the partner store. The current point is added according to the amount of credit settlement, and subtracted according to the used point. The accumulated point field stores the total number of points acquired in the past at the partner store. The accumulated point indicates the past purchase record of the customer at the partner store, and is not subtracted even if the point is used.
[0045]
The evaluation field stores an evaluation of the partner store customer. The evaluation is set by the person in charge of the partner store. For example, when the accumulated point is equal to or greater than a predetermined value, it indicates that the customer frequently purchases goods or services of the store. In this case, “A” indicating a high evaluation is set in the evaluation field. Alternatively, only one of the cumulative point field and the evaluation field may be provided in the record so as to grasp the usage status of the customer.
[0046]
The partner store total field is the same as the partner store total field of FIG. The total of the values stored in the current point field of all the records in the second memory area is stored in the partner store total field. Instead of providing the partner store total field, the total of the values stored in the current point field of all the records may be calculated as necessary. The total field included in the third memory area 18 is the same as the total field in FIG.
[0047]
The points that can be used at any directly managed store are indicated by the total points. When a point is used to purchase goods or services at a directly managed store, it is used from the directly managed store total points. When the directly managed store total points are insufficient, the insufficient points are used from the partner store total points. When the partner store total points are used, the remaining partner store total points are redistributed among the partner stores. In response to the redistribution, the current point field value of each partner store record is updated.
[0048]
Arbitrary methods can be adopted for redistribution. In the present embodiment, redistribution is performed between partner stores that have points (that is, the current point field has a value greater than 0) according to the value of the current point. A specific method will be described later. Alternatively, an average distribution method between partner stores may be used.
[0049]
In this second embodiment, the points available at a particular affiliate store are indicated by the value of the current point field of the affiliate store record. That is, the points that can be used at a specific affiliated store are limited to the points acquired at the affiliated store. Alternatively, as in the first embodiment, the partner store total points may be used at any partner store.
[0050]
This credit card can be applied to a form in which points for a plurality of stores are directly counted for directly managed stores and points are counted for each store for affiliated stores. Further, from this credit card, the usage status of customers in each partner store or a predetermined area can be acquired from the accumulated point field and / or the evaluation field.
[0051]
FIG. 5 shows a schematic data structure stored in the memory 15 in the IC chip 13 according to the third embodiment of the present invention. The difference from the second embodiment is that, as shown in the first memory area 16, the data structure of the directly managed store has the same form as that of the affiliated store. The first memory area 16 has one record for each directly managed store. The structure of the record is the same as the affiliated store record described with reference to FIG.
[0052]
The directly managed store total field is the same as the directly managed store total field in FIG. The total number of values stored in the current point field of all records in the first memory area is stored in the directly managed store total field. Instead of providing the directly managed store total field, the total of the values stored in the current point field of all the records may be calculated as necessary. The total field included in the third memory area 18 is the same as the total field in FIG.
[0053]
The points that can be used at any directly managed store are indicated by the total points. When a point is used to purchase goods or services at a directly managed store, it is used from the directly managed store total points. As a result, when the directly managed store total points remain, the remaining directly managed store total points are redistributed among the directly managed stores. On the other hand, when the points used are not enough for the total points of directly managed stores, the insufficient points are used from the total points of partner stores. As a result, when the partner store total points remain, the remaining partner point total points are redistributed among the partner stores. These redistribution methods are the same as the redistribution method described in the second embodiment, and details will be described later.
[0054]
As in the second embodiment, the points that can be used at a specific affiliated store are indicated by the value of the current point field of the affiliated store.
[0055]
This credit card can be applied to a form in which points are counted for each store for directly managed stores and partnerships. Further, from this credit card, the usage status of customers at each store can be acquired from the accumulated point field and / or the evaluation field.
[0056]
4 and 5, when a credit card is issued to a customer, records can be stored in advance in the first and second memory areas. For example, the customer's address and / or records of directly managed stores and affiliated stores in the area to which the company belongs can be stored in advance.
[0057]
When a credit card is used at a certain store, if the record about the store is not included in the memory 15, the record can be loaded from the store database 5 of the server 2 into the memory 15. If the memory 15 is full at the time of loading, a record for a store where the card is not used can be deleted from the memory 15. Loading and deletion may be performed by the microprocessor 14 of the card 11, or may be performed by the terminal 7, 9 or the server 2.
[0058]
FIG. 6 is a diagram for specifically explaining accumulation and use of points according to an embodiment of the present invention. The memory form shown in FIG. 5 is adopted. It is assumed that the above “current point” field is set to zero as an initial value.
[0059]
In transaction 1, a customer purchases a product corresponding to 20 points at a directly managed store A. As a result, “20” is stored in the current point field of the directly managed store A (store code = 0001) in the first memory area. “20” is stored in the directly managed store total field, and the partner store total field remains zero. The total field stores the sum (20 = 20 + 0) of the directly managed store total points and the partner store total points.
[0060]
In transaction 2, the customer purchases a product corresponding to 30 points at partner store B. As a result, “30” is stored in the current point field of the partner store B (store code = 1001) in the second memory area. “30” is stored in the partner store total field. The total field is updated to “50”.
[0061]
In transaction 3, the customer purchases a service corresponding to 20 points at partner store C. As a result, “20” is stored in the current point field of the partner store C (store code = 2001) in the second memory area. The partner store total field is updated to “50”. The total field is updated to “70”.
[0062]
In transaction 4, the customer uses 30 points for purchase of goods at the directly managed store D. As described above, the 70 points indicated by the grand total field can be used at any directly managed store. The customer uses 30 points.
[0063]
First, since the direct store total points are used, the direct store total field is updated to zero. The lacking 10 points are used from the partner store total points. As a result, the partner store total field is updated to “40”. Thereafter, the partner store total point “40” is redistributed among the partner stores. At the start of transaction 4, the ratio of the current points of partner store B and partner store C is 3: 2. Therefore, 24 points are distributed to partner store B and 16 points are distributed to partner store C.
[0064]
Proceeding to transaction 5, the customer uses 5 points to purchase a product at partner store C. As described above, the points that the customer can use at the affiliated store C are limited to 16 points indicated by the current point field of the store code 2001. As a result of using 5 points, the current point field is updated to “11”. The partner store total field is updated to “35”, and the total field is updated to “35”.
[0065]
7 to 10 are flowcharts of processing executed when purchasing goods or services with the credit card 11 at a directly managed store. This process is performed by the directly managed store engine 8 of the directly managed store terminal 7. Here, the credit card of the third embodiment is used.
[0066]
The routine starts when a card payment request is issued at the directly managed store terminal 7 (S11). The request can be issued, for example, in response to a card inserted or presented in the directly managed store terminal 7, or in response to a key operation or menu selection by a store clerk of the directly managed store.
[0067]
In step S12, the information and the amount of the purchased product (or service, the same applies hereinafter) are read by the operation of the store clerk (reading the barcode of the product, etc.). The information on the purchased product can include, for example, a product name, a product type, and the like.
[0068]
In step S13, the card information stored in the magnetic stripe 12 (or memory 15) of the credit card 11 is loaded into the memory of the directly managed store terminal 7. In step S14, based on the loaded card information, it is determined whether credit payment of the purchased product is possible. The determination may include accessing the server 2 as necessary. The determination includes checking card validity and credit limits.
[0069]
If it is determined that credit payment is not possible, a message that card payment is rejected is displayed (S15). If it is determined that credit settlement is possible, the process proceeds to step S16.
[0070]
In step S16, the store code and the region code of the directly managed store are read from the storage device (memory or external storage device) of the directly managed store terminal 7 or by the operation of the store clerk. In step S17, the store code and the area code stored in the memory 15 of the card 11 are loaded into the memory of the directly managed store terminal 7.
[0071]
In step S18, it is determined whether or not the store code and region code read in step S16 are included in the store code and region code loaded in step S17. If not included, the store code and the region code of the directly managed store are downloaded from the store database 5 and written in the memory 15 of the card 11 (S19). This indicates that one record is added to the first memory area.
[0072]
Proceeding to steps S21 and S22 in FIG. 8, the first and second conversion factors for the directly managed store and the first and second conversion factors for the affiliated store are stored in the memory of the directly managed store terminal 7 from the store database 5. to download. Alternatively, these conversion factors may be set in advance in the directly-managed store engine 8. In step S23, the data stored in the first to third memory areas 16 to 18 of the card 11 are loaded into the memory of the directly managed store terminal 7.
[0073]
In step S24, the value of the directly managed store total field is multiplied by the first conversion coefficient for the directly managed store to calculate the converted amount of the directly managed store total point.
[0074]
Alternatively, the amount corresponding to the current point may be calculated by multiplying the value of the “current point” field of each directly managed store record by the first conversion coefficient of the directly managed store. In this case, the converted amount of the directly managed store total points is the sum of the amounts calculated for each record.
[0075]
In step S25, the value of the affiliated store total field is multiplied by the first conversion coefficient for the affiliated store to calculate the converted amount of the affiliated store total points.
[0076]
Alternatively, the amount corresponding to the current point may be calculated by multiplying the value of the “current point” field of each affiliated store record by the first conversion coefficient of the affiliated store. In this case, the converted amount of the partner store total points is the sum of the amounts calculated for each record.
[0077]
In step S26, the converted amount of the directly managed store total points calculated in step S24 and the converted amount of the partner store total points calculated in step S25 are summed. The calculated amount for directly managed stores indicates the amount corresponding to the number of points that can be used at any directly managed store.
[0078]
In step S27, the total points indicated by the total field and the directly managed store amount calculated in step S26 are displayed on the display of the directly managed store terminal 7. Thereby, the customer and the store clerk can know the number of points that can be used in the directly managed store and the amount corresponding to the points.
[0079]
In step S27, the directly managed store total points and the affiliated store total points may be displayed. Further, the current point of each directly managed store and its converted amount, and the current point of each partner store and its converted amount may be displayed.
[0080]
Furthermore, in step S27, the cumulative point field and / or evaluation field value of each directly managed store and each partner store can be displayed on the display of the directly managed store terminal 7. Thereby, the store clerk of the directly managed store can know the detailed usage status of the customer's card.
[0081]
Proceeding to step S31 in FIG. 9, according to an instruction from the customer, the store staff of the directly managed store instructs the directly managed store terminal 7 whether or not to use points for settlement. For example, the instruction can be given to the terminal 7 by key-in the number of points to be used. If an instruction to use points is not issued, the price of the purchased product (hereinafter referred to as purchase price) is set as the card settlement amount (S32), and zero is set as the point of use (S33).
[0082]
Proceeding to step S34, the card settlement amount is obtained. Since no points are used, the card settlement amount is the same as the purchase price. In step S35, a point to be added is obtained by multiplying the card settlement amount by the second conversion coefficient for the directly-managed store. In step S36, the calculated addition point is added to the current point and the accumulated point of the record having the store code of the directly managed store. In response to this, an additional point is also added to the directly managed store total points and the total points.
[0083]
In step S31, when using points, it progresses to step S51 and the number of points to be used is read. According to the customer's instruction, the store clerk can input the number of points used to the directly managed store terminal 7. It is preferable that the amount corresponding to the number of points used is calculated on the directly managed store terminal 7 and presented to the customer. In step S52, the number of points to be used is converted into a monetary amount using the same method as in steps S24 to S26 in FIG.
[0084]
In the present embodiment, as described with reference to FIG. 6, the directly managed store total points are preferentially used. If the directly managed store total points are insufficient, the partner store total points are used. Alternatively, the customer may determine the directly managed store total points and partner store total points to be used.
[0085]
In step S53, the converted amount of the used points calculated in step S52 is compared with the purchase price. If the converted amount of usage points is less than the purchase price, the customer needs to pay the missing amount. In step S34, the card settlement amount is calculated by subtracting the converted amount of the used points from the purchase price. Thereafter, steps S35 and S36 are performed as described above.
[0086]
Step S5 3 In FIG. 10, if the converted amount of the used points is equal to or greater than the purchase price, the card settlement amount is zero (S61 in FIG. 10). In step S62, the directly managed store total points and the used points are compared. If the directly managed store total point is equal to or greater than the use point, the use point is subtracted from the directly managed store total point (S63). Partner store total points do not change. The total points are updated to the sum of the updated directly managed store total points and partner store total points (S64).
[0087]
In step S65, the directly managed store total points calculated in step S63 are redistributed among the directly managed stores. As described above, the directly managed store total points can be distributed among the directly managed stores according to the ratio of the current points at the start of the current transaction. The current point of each directly managed store is updated to the distributed point.
[0088]
If the directly managed store total points are less than the used points, the directly managed store total points are subtracted from the used points. The resulting shortage points need to be compensated by the partner store total points. The shortage point number is subtracted from the partner store total points (S67).
[0089]
In step S68, the directly managed store total points are updated to zero. The total points are updated to the sum of the updated directly managed store total points and the updated partner store total points (S69). In step S70, the affiliated store total points calculated in step S67 are redistributed among the affiliated stores. As described above, the total number of partner stores can be distributed among the partner stores according to the ratio of the current points at the start of the current transaction. The current point of each partner store is updated to the distributed point.
[0090]
In step S71, the memory 15 of the card 11 is updated with the field value updated as described above. Further, these field values are transmitted to the server 2 to update the customer database 4 (S72). In step S73, a conventional credit card settlement process is performed. In the payment process, the card payment amount and its details (store name, product name, etc.) are transmitted to the server 2.
[0091]
In step S74, the updated content of the memory 15 of the card 11 can be stored in the storage device of the directly managed store terminal 7 by a key operation or menu selection by the store clerk. The stored contents of the memory 15 of the card 11 can be used for subsequent customer analysis.
[0092]
FIGS. 11-14 is a flowchart of the process implemented when purchasing goods or service with the credit card 11 in a partner store. This process is performed by the affiliated store engine 10 of the affiliated store terminal 9. Since the affiliated store routine executes almost the same processing as the directly managed store routine shown in FIGS. 7 to 10, only different parts will be described.
[0093]
Steps S111 to S119 shown in FIG. 11 are the same as steps S11 to S19 shown in FIG. Proceeding to step S122 in FIG. 12, the first and second conversion coefficients for the affiliated store are read from the store database 5. Alternatively, the first and second conversion factors for the affiliated store may be set in the affiliated store engine 10. In step S123, the data included in the record of the affiliated store stored in the second memory area is loaded into the memory of the affiliated store terminal 9.
[0094]
In step S125, the current point of the affiliated store record is multiplied by the first conversion coefficient for the affiliated store to calculate the converted amount of the current point. In step S127, the current point of the affiliated store and its converted amount are displayed on the display of the affiliated store terminal 9. Thereby, the customer and the store clerk can know the number of points that can be used at the partner store and the products and services that can be purchased at the points.
[0095]
In step S127, the accumulated point and / or evaluation value of the affiliated store record can be further displayed on the display of the affiliated store terminal 9. Thereby, the clerk of the affiliated store can grasp the detailed usage status of the customer's card.
[0096]
In the present embodiment, the clerk of the affiliated store can acquire only information related to the affiliated store. Alternatively, information related to other affiliated stores or directly managed stores may be read from the credit card 11 and displayed.
[0097]
The process shown in FIG. 13 is the same as the process shown in FIG. When the points are not used, the number of points corresponding to the card settlement amount is added to the current points and accumulated points of the partner store (S136). Accordingly, the partner store total points and the total points are also updated.
[0098]
When using points, if the converted amount of the used points is less than the purchase price (S153), the number of points corresponding to the difference between the converted amount of the used points and the purchase price is calculated as an additional point (S134, S135). . The addition point is added to the current point and the accumulated point of the partner store record. Accordingly, the partner store total points and the total points are also updated.
[0099]
In step S153, if the converted amount of used points is equal to or greater than the purchase price, the card settlement amount is zero (S161 in FIG. 14). In step S163, the use point is subtracted from the current point of the partner store. In accordance with the update of the current point, the partner store total point and the total point are updated (S164).
[0100]
In step S171, the memory 15 of the card 11 is updated with the field value of the affiliated store record updated as described above. Further, these field values are transmitted to the server 2 to update the customer database 4 (S172). In step S173, a credit card settlement process is performed. In step S174, the updated contents of the affiliated store record can be stored in the storage device of the affiliated store terminal 9 by a key operation or menu selection by the store clerk. The contents of the stored partner store record can be used for subsequent customer analysis.
[0101]
FIG. 15 shows a schematic data structure stored in the memory 15 in the IC chip 13 according to the fourth embodiment of the present invention. The difference from the third embodiment (FIG. 5) is that an electronic money field is provided in the fourth memory area 19. The electronic money field stores a cash amount that can be used for general purposes. The cash amount can be used at directly managed stores, affiliated stores, and other designated stores. The cardholder can register the amount in the electronic money field by paying the desired amount. This operation can be performed via a predetermined terminal device (which can be arranged at any store, station, etc.).
[0102]
When a customer makes a payment with the credit card at a directly managed store or a partner store, a predetermined ratio (hereinafter referred to as a cash back rate) of the settled amount is added to the electronic money field as cash. In this embodiment, with respect to the cashback rate, a value for a directly managed store and a value for a partner store are prepared, and the value for a directly managed store is set to be higher than the value for a partner store. Alternatively, the cash back rate may be set for each store. The cashback rate applied to each store is stored in the store database 5.
[0103]
The flowchart of processing performed when purchasing goods or services at a directly managed store using the credit card shown in FIG. 15 is almost the same as the directly managed store routine described above except that FIG. 9 is replaced with FIG. It is. However, it is noted that downloading a cashback rate for a directly-managed store is added to step S21 of FIG. 8, and loading of data in the fourth memory area is added to step S23. I want.
[0104]
Referring to FIG. 16, steps S231 to S234 are the same as steps S31 to S34. Steps S251 to S253 are the same as steps S51 to S53. In step S235, it is determined whether to use electronic money. If not used, the process proceeds to step S238. If used, the card payment amount is calculated by subtracting the electronic money amount to be used (S236). In step S237, the electronic money amount to be used is subtracted from the electronic money field.
[0105]
In steps S238 and S239, a predetermined percentage of points corresponding to the card settlement amount is converted into a cash amount, and the cash amount is added to the electronic money field. In steps S240 and S241, the remaining percentage of points corresponding to the card payment amount is calculated as an addition point and added to the current point and accumulated point fields of the directly managed store.
[0106]
For example, if the cashback rate is 20% and the number of points corresponding to the card payment amount is 100, 20 points are converted into cash, and the converted cash amount is added to the electronic money field. The remaining 80 points are calculated as addition points.
[0107]
The flowchart of the process performed when purchasing goods or services at a partner store using the credit card shown in FIG. 15 is almost the same except that FIG. 13 is replaced with FIG. However, it is noted that downloading a cashback rate for the affiliated store is added to step S122 of FIG. 12, and loading of data in the fourth memory area is added to step S123. I want.
[0108]
Steps S331 to S334 are the same as steps S131 to S134. Steps S351 to S353 are the same as steps S151 to S153. In step S335, it is determined whether to use electronic money. If not used, the process proceeds to step S338. If used, the card payment amount is calculated by subtracting the electronic money amount to be used (S336). In step S337, the electronic money amount to be used is subtracted from the electronic money field.
[0109]
In steps S338 and S339, a predetermined percentage of points corresponding to the card settlement amount is converted into a cash amount, and the cash amount is added to the electronic money field. In steps S340 and S341, the remaining percentage of points corresponding to the card payment amount is calculated as an addition point and added to the current point and accumulated point fields of the partner store.
[0110]
For example, if the cashback rate is 10% and the number of points corresponding to the card payment amount is 100, 10 points are converted into cash, and the converted cash amount is added to the electronic money field. The remaining 90 points are calculated as addition points.
[Brief description of the drawings]
FIG. 1 is a block diagram showing the overall configuration of a system according to an embodiment of the present invention.
FIG. 2 is a diagram showing the structure of a credit card in one embodiment of the present invention.
FIG. 3 is a diagram showing a data structure of an IC memory in the first embodiment of the present invention.
FIG. 4 is a diagram showing a data structure of an IC memory in a second embodiment of the present invention.
FIG. 5 is a diagram showing a data structure of an IC memory in a third embodiment of the present invention.
FIG. 6 is a diagram showing an example of giving points in one embodiment of the present invention.
FIG. 7 is a diagram showing a directly managed store routine in one embodiment of the present invention.
FIG. 8 is a diagram showing a directly-managed store routine in one embodiment of the present invention.
FIG. 9 is a diagram showing a directly-managed store routine in one embodiment of the present invention.
FIG. 10 is a diagram showing a directly-managed store routine in one embodiment of the present invention.
FIG. 11 is a diagram showing a partner store routine in one embodiment of the present invention.
FIG. 12 is a diagram showing a partner store routine in one embodiment of the present invention.
FIG. 13 is a diagram showing a partner store routine in one embodiment of the present invention.
FIG. 14 is a diagram showing a partner store routine in one embodiment of the present invention.
FIG. 15 is a diagram showing a data structure of an IC memory in a fourth embodiment of the invention.
FIG. 16 is a diagram showing a directly-managed store routine when the card according to the fourth embodiment of the present invention is used.
FIG. 17 is a diagram showing a partner store routine when the card according to the fourth embodiment of the present invention is used;
[Explanation of symbols]
2 credit server
4 Customer database
5 store database
7 Retail store terminals
8 Store engine
9 Partner store terminals
10 Partner store engine

Claims (21)

第1のグループに属する店舗用に割り当てられた第1のメモリ領域と、第2のグループに属する店舗用に割り当てられた第2のメモリ領域とを有するクレジットカードを利用したシステムであって、
該システムは、前記第1のグループに属する店舗のそれぞれに設置された第1の端末および前記第2のグループに属する店舗のそれぞれに設置された第2の端末とネットワークを介して通信するサーバを備えており、
前記第1の端末および第2の端末は、前記クレジットカードを読み書きする機能を備えており、
前記第2のメモリ領域は、前記第2のグループに属する店舗のそれぞれについて、店舗コードを格納する店舗コードフィールドおよびポイントを格納するポイントフィールドを有するレコードを含んでおり、
商品またはサービスの購入代金の支払いは、ポイントを使用することなくクレジット決済により支払われる第1の形態、および、ポイントを使用して支払われる第2の形態のいずれかで行われ、
前記サーバは、前記第1のグループに属する店舗用の第1のポイントプログラムと、前記第2のグループに属する店舗用の第2のポイントプログラムを備えており、
前記第1のポイントプログラムは、
(a)前記第1の端末に前記クレジットカードが挿入または提示されたことに応答して、該第1のグループに属する店舗で使用可能なポイントとして前記第1のメモリ領域に記憶されたポイントと、前記第2のメモリ領域のすべてのレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントの第2の合計との和を顧客に提示するステップと、
(b)前記第1の端末に入力された購入代金および使用ポイントに応じて、ポイントを使用することなくクレジット決済される該購入代金の金額に応じたポイントの加算および該使用ポイントに応じたポイントの減算となるように、前記第1のメモリ領域に記憶されたポイントおよび前記第2のメモリ領域のレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントを書き換えるステップと、を前記第1の端末装置に実行させるよう構成され、
前記第2のポイントプログラムは、
(c)前記第2の端末に前記クレジットカードが挿入または提示されたことに応答して、該店舗で使用可能なポイントとして該店舗の店舗コードを持つレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントを顧客に提示するステップと、
(d)前記第2の端末に入力された購入代金および使用ポイントに応じて、ポイントを使用することなくクレジット決済される該購入代金の金額に応じたポイントの加算および該使用ポイントに応じたポイントの減算となるように、該店舗の店舗コードを持つレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントを書き換えるステップと、を前記第2の端末装置に実行させるよう構成され、
前記第1のポイントプログラムによって実行される前記ステップ(b)は、さらに、
(b1)該店舗における商品またはサービスの購入代金の支払いを前記第1の形態で行う指示が該第1の端末に入力されたとき、前記第1のメモリ領域に記憶されたポイントに、前記クレジット決済される該購入代金の金額に応じたポイントを加算するステップと、
(b2)該店舗における商品またはサービスの購入代金の支払いを前記第2の形態で行う指示が前記第1の端末に入力されたとき、
(b21)前記第1のメモリ領域に記憶されたポイントが前記使用ポイント以上ならば、該第1のメモリ領域に記憶されたポイントから該使用ポイントを減算するステップと、
(b22)前記第1のメモリ領域に記憶されたポイントが前記使用ポイントより小さければ、前記第1のメモリ領域のポイントをゼロに更新し、該第1のメモリ領域のポイントと該使用ポイントの差を前記第2の合計から減算することによって得られるポイントを、前記第2のメモリ領域に含まれるレコードのポイントフィールドに分配するステップと、
を前記第1の端末装置に実行させるよう構成される、クレジットカードシステム。
A system using a credit card having a first memory area allocated for a store belonging to a first group and a second memory area allocated for a store belonging to a second group,
The system includes a server that communicates via a network with a first terminal installed in each store belonging to the first group and a second terminal installed in each store belonging to the second group. Has
The first terminal and the second terminal have a function of reading and writing the credit card,
The second memory area includes a record having a store code field for storing a store code and a point field for storing a point for each of the stores belonging to the second group,
Payment of the purchase price of goods or services is made either in a first form paid by credit payment without using points, or in a second form paid using points,
The server includes a first point program for stores belonging to the first group and a second point program for stores belonging to the second group;
The first point program is:
(A) a point stored in the first memory area as a point that can be used at a store belonging to the first group in response to the credit card being inserted or presented to the first terminal; Presenting the customer with the sum of the second sum of the points stored in the point field of all records in the second memory area;
(B) In accordance with the purchase price and use points input to the first terminal, the addition of points according to the amount of the purchase price that is credit-paid without using points, and the points according to the use points so that the subtraction is executed a step of rewriting the first point stored in the memory area and the second memory area records points stored in the point field of, to the first terminal device Configured and
The second point program is
(C) In response to the insertion or presentation of the credit card to the second terminal, the customer stores the points stored in the point field of the record having the store code of the store as points that can be used at the store The steps presented to
(D) In accordance with the purchase price and use points input to the second terminal, points are added according to the amount of the purchase price that is credited without using points, and points according to the use points as the subtraction, it is configured to execute the steps of rewriting the points stored in the point field of the record with the shop code of the shop, to the second terminal device,
The step (b) executed by the first point program further includes:
(B1) When an instruction to pay for the purchase price of goods or services in the store in the first form is input to the first terminal, the credit stored at the point stored in the first memory area Adding points according to the amount of the purchase price to be settled;
(B2) When an instruction to pay for the purchase price of goods or services in the store in the second form is input to the first terminal,
(B21) if said first memory area to the stored point is the point of use or, and subtracting the said use point from the points stored in the memory area of the first,
(B22) the Invite first memory area to the stored point is less than the use point, the point in the first memory region is updated to zero, the difference between the points and said use point of the first memory area Distributing the points obtained by subtracting from the second sum to the point fields of records contained in the second memory area;
A credit card system configured to cause the first terminal device to execute.
さらに、前記ステップ(b22)の分配は、該店舗におけるポイントの使用の際に前記第2のメモリ領域に含まれるレコードのポイントフィールドに記憶されていたポイントの比率に従って行われる、請求項1に記載のクレジットカードシステム。The distribution of the step (b22) is further performed according to a ratio of points stored in a point field of a record included in the second memory area when the points are used in the store. Credit card system. 第1のグループに属する店舗用に割り当てられた第1のメモリ領域と、第2のグループに属する店舗用に割り当てられた第2のメモリ領域とを有するクレジットカードを利用したシステムであって、
該システムは、前記第1のグループに属する店舗のそれぞれに設置された第1の端末および前記第2のグループに属する店舗のそれぞれに設置された第2の端末とネットワークを介して通信するサーバを備えており、
前記第1の端末および第2の端末は、前記クレジットカードを読み書きする機能を備えており、
前記第2のメモリ領域は、前記第2のグループに属する店舗のそれぞれについて、店舗コードを格納する店舗コードフィールドおよびポイントを格納するポイントフィールドを有するレコードを含んでおり、
商品またはサービスの購入代金の支払いは、ポイントを使用することなくクレジット決済により支払われる第1の形態、および、ポイントを使用して支払われる第2の形態のいずれかで行われ、
前記サーバは、前記第1のグループに属する店舗用の第1のポイントプログラムと、前記第2のグループに属する店舗用の第2のポイントプログラムを備えており、
前記第1のポイントプログラムは、
(a)前記第1の端末に前記クレジットカードが挿入または提示されたことに応答して、該第1のグループに属する店舗で使用可能なポイントとして前記第1のメモリ領域に記憶されたポイントと、前記第2のメモリ領域のすべてのレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントの第2の合計との和を顧客に提示するステップと、
(b)前記第1の端末に入力された購入代金および使用ポイントに応じて、ポイントを使用することなくクレジット決済される該購入代金の金額に応じたポイントの加算および該使用ポイントに応じたポイントの減算となるように、前記第1のメモリ領域に記憶されたポイントおよび前記第2のメモリ領域のレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントを書き換えるステップと、を前記第1の端末装置に実行させるよう構成され、
前記第2のポイントプログラムは、
(c)前記第2の端末に前記クレジットカードが挿入または提示されたことに応答して、該店舗で使用可能なポイントとして該店舗の店舗コードを持つレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントを顧客に提示するステップと、
(d)前記第2の端末に入力された購入代金および使用ポイントに応じて、ポイントを使用することなくクレジット決済される該購入代金の金額に応じたポイントの加算および該使用ポイントに応じたポイントの減算となるように、該店舗の店舗コードを持つレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントを書き換えるステップと、を前記第2の端末装置に実行させるよう構成され、
前記第1のポイントプログラムによって実行される前記ステップ(b)は、さらに、
(b1)該店舗における商品またはサービスの購入代金の支払いを前記第1の形態で行う指示が該第1の端末に入力されたとき、前記第1のメモリ領域に記憶されたポイントに、前記クレジット決済される該購入代金の金額に応じたポイントを加算するステップと、
(b2)該店舗における商品またはサービスの購入代金の支払いを前記第2の形態で行う指示が前記第1の端末に入力されたとき、
(b21)前記第2の合計が前記使用ポイント以上ならば、該第2の合計から該使用ポイントを減算することによって得られるポイントを、前記第2のメモリ領域に含まれるレコードのポイントフィールドに分配するステップと、
(b22)前記第2の合計が前記使用ポイントより小さければ、前記第2のメモリ領域のレコードのポイントフィールドをゼロに更新し、該第2の合計と該使用ポイントの差を前記第1の合計から減算することによって得られるポイントを、前記第1のメモリ領域に記憶するステップと、
を前記第1の端末装置に実行させるよう構成される、クレジットカードシステム。
A system using a credit card having a first memory area allocated for a store belonging to a first group and a second memory area allocated for a store belonging to a second group,
The system includes a server that communicates via a network with a first terminal installed in each store belonging to the first group and a second terminal installed in each store belonging to the second group. Has
The first terminal and the second terminal have a function of reading and writing the credit card,
The second memory area includes a record having a store code field for storing a store code and a point field for storing a point for each of the stores belonging to the second group,
Payment of the purchase price of goods or services is made either in a first form paid by credit payment without using points, or in a second form paid using points,
The server includes a first point program for stores belonging to the first group and a second point program for stores belonging to the second group;
The first point program is:
(A) a point stored in the first memory area as a point that can be used at a store belonging to the first group in response to the credit card being inserted or presented to the first terminal; Presenting the customer with the sum of the second sum of the points stored in the point field of all records in the second memory area;
(B) In accordance with the purchase price and use points input to the first terminal, the addition of points according to the amount of the purchase price that is credit-paid without using points, and the points according to the use points so that the subtraction is executed a step of rewriting the first point stored in the memory area and the second memory area records points stored in the point field of, to the first terminal device Configured and
The second point program is
(C) In response to the insertion or presentation of the credit card to the second terminal, the customer stores the points stored in the point field of the record having the store code of the store as points that can be used at the store The steps presented to
(D) In accordance with the purchase price and use points input to the second terminal, points are added according to the amount of the purchase price that is credited without using points, and points according to the use points as the subtraction, it is configured to execute the steps of rewriting the points stored in the point field of the record with the shop code of the shop, to the second terminal device,
The step (b) executed by the first point program further includes:
(B1) When an instruction to pay for the purchase price of goods or services in the store in the first form is input to the first terminal, the credit stored at the point stored in the first memory area Adding points according to the amount of the purchase price to be settled;
(B2) When an instruction to pay for the purchase price of goods or services in the store in the second form is input to the first terminal,
(B21) if the second sum is the use over point, a point obtained by subtracting the said use point from the sum of the second, distribution point field of the record contained in the second memory area And steps to
(B22) the Invite second sum is smaller than the use point, said point field of the record of the second memory area is updated to zero, the sum of the difference between the total and said use point of said second said first Storing the points obtained by subtracting from the first memory area;
A credit card system configured to cause the first terminal device to execute.
さらに、前記ステップ(b21)の分配は、該店舗におけるポイントの使用の際に前記第2のメモリ領域に含まれるレコードのポイントフィールドに記憶されていたポイントの比率に従って行われる、請求項3に記載のクレジットカードシステム。The distribution of the step (b21) is further performed according to a ratio of points stored in a point field of a record included in the second memory area when the points are used in the store. Credit card system. 前記クレジットカードは、前記第1のグループに属する店舗で使用可能なポイントとして、前記第1のメモリ領域に記憶されたポイントと前記第2の合計との合計を記憶する第3のメモリ領域をさらに有する、請求項1または3に記載のクレジットカードシステム。The credit card further includes a third memory area for storing a sum of the points stored in the first memory area and the second total as points that can be used at the store belonging to the first group. The credit card system according to claim 1 or 3, comprising: 前記クレジットカードは、少なくとも前記第1のグループに属する店舗および前記第2のグループに属する店舗で使用可能なキャッシュ金額を記憶する第4のメモリ領域をさらに有する、請求項1または請求項3に記載のクレジットカードシステム。The said credit card further has a 4th memory area which memorize | stores the cash amount which can be used at least the store which belongs to the said 1st group, and the store which belongs to the said 2nd group. Credit card system. 前記ステップ(b)は、さらに、
前記購入代金から、前記使用ポイントに対応する金額を減算して、前記クレジットカードで決済される金額を算出するステップと、
前記カード決済額の所定の割合を、前記第4のメモリ領域に記憶されたキャッシュ金額に加算するステップと、
を含む、請求項6に記載のクレジットカードシステム。
The step (b) further comprises:
Subtracting the amount corresponding to the point of use from the purchase price to calculate the amount to be settled with the credit card;
Adding a predetermined percentage of the card payment amount to a cash amount stored in the fourth memory area;
The credit card system according to claim 6, comprising:
前記第1および第2のポイントプログラムは、前記第1および第2の端末にそれぞれ設けられ、
前記ステップ(b)および(d)で書き換えられたクレジットカードの前記第1および第2のメモリ領域の内容は、前記サーバに送信される、請求項1から請求項7のいずれかに記載のクレジットカードシステム。
The first and second point programs are provided in the first and second terminals, respectively.
The credit according to any one of claims 1 to 7, wherein contents of the first and second memory areas of the credit card rewritten in the steps (b) and (d) are transmitted to the server. Card system.
請求項1から請求項8のいずれかに記載のクレジットカードシステムで使用されるクレジットカードであって、ICカードであるクレジットカード。A credit card used in the credit card system according to claim 1, wherein the credit card is an IC card. 第1のグループに属する店舗用に割り当てられた第1のメモリ領域と、第2のグループに属する店舗用に割り当てられた第2のメモリ領域とを有するクレジットカードを利用したシステムであって、
該システムは、前記第1のグループに属する店舗のそれぞれに設置された第1の端末および前記第2のグループに属する店舗のそれぞれに設置された第2の端末とネットワークを介して通信するサーバを備えており、
前記第1の端末および第2の端末は、前記クレジットカードを読み書きする機能を備えており、
前記第1のメモリ領域は、前記第1のグループに属する店舗のそれぞれについて、店舗コードを格納する店舗コードフィールドおよびポイントを格納するポイントフィールドを有するレコードを含んでおり、
前記第2のメモリ領域は、前記第2のグループに属する店舗のそれぞれについて、店舗コードを格納する店舗コードフィールドおよびポイントを格納するポイントフィールドを有するレコードを含んでおり、
商品またはサービスの購入代金の支払いは、ポイントを使用することなくクレジット決済により支払われる第1の形態、および、ポイントを使用して支払われる第2の形態のいずれかで行われ、
前記サーバは、前記第1のグループに属する店舗用の第1のポイントプログラムと、前記第2のグループに属する店舗用の第2のポイントプログラムを備えており、
前記第1のポイントプログラムは、
(a)前記第1の端末に前記クレジットカードが挿入または提示されたことに応答して、該第1のグループに属する店舗で使用可能なポイントとして、前記第1のメモリ領域のすべてのレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントの第1の合計と、前記第2のメモリ領域のすべてのレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントの第2の合計との和を顧客に提示するステップと、
(b)前記第1の端末に入力された購入代金および使用ポイントに応じて、ポイントを使用することなくクレジット決済される該購入代金の金額に応じたポイントの加算および該使用ポイントに応じたポイントの減算となるように、前記第1のメモリ領域のレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントおよび前記第2のメモリ領域のレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントを書き換えるステップと、を前記第1の端末装置に実行させるよう構成され、
前記第2のポイントプログラムは、
(c)前記第2の端末に前記クレジットカードが挿入または提示されたことに応答して、該店舗で使用可能なポイントとして、該店舗の店舗コードを持つレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントを顧客に提示するステップと、
(d)前記第2の端末に入力された購入代金および使用ポイントに応じて、ポイントを使用することなくクレジット決済される該購入代金の金額に応じたポイントの加算および該使用ポイントに応じたポイントの減算となるように、該店舗の店舗コードを持つレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントを書き換えるステップと、を前記第2の端末装置に実行させるよう構成され、
前記第1のポイントプログラムによって実行される前記ステップ(b)は、さらに、
(b1)該店舗における商品またはサービスの購入代金の支払いを前記第1の形態で行う指示が該第1の端末に入力されたとき、前記第1のメモリ領域に記憶されたポイントに、前記クレジット決済される該購入代金の金額に応じたポイントを加算するステップと、
(b2)該店舗における商品またはサービスの購入代金の支払いを前記第2の形態で行う指示が前記第1の端末に入力されたとき、
(b21)前記第1の合計が前記使用ポイント以上ならば、該第1の合計から該使用ポイントを減算することによって得られるポイントを、前記第1のメモリ領域に含まれるレコードのポイントフィールドに分配するステップと、
(b22)前記第1の合計が前記使用ポイントより小さければ、前記第1のメモリ領域のレコードのポイントフィールドをゼロに更新し、該第1の合計と該使用ポイントの差を前記第2の合計から減算することによって得られるポイントを、前記第2のメモリ領域に含まれるレコードのポイントフィールドに分配するステップと、
を前記第1の端末装置に実行させるよう構成される、クレジットカードシステム。
A system using a credit card having a first memory area allocated for a store belonging to a first group and a second memory area allocated for a store belonging to a second group,
The system includes a server that communicates via a network with a first terminal installed in each store belonging to the first group and a second terminal installed in each store belonging to the second group. Has
The first terminal and the second terminal have a function of reading and writing the credit card,
The first memory area includes a record having a store code field for storing a store code and a point field for storing a point for each of the stores belonging to the first group,
The second memory area includes a record having a store code field for storing a store code and a point field for storing a point for each of the stores belonging to the second group,
Payment of the purchase price of goods or services is made either in a first form paid by credit payment without using points, or in a second form paid using points,
The server includes a first point program for stores belonging to the first group and a second point program for stores belonging to the second group;
The first point program is:
(A) In response to the insertion or presentation of the credit card to the first terminal, all the records in the first memory area are used as points that can be used at stores belonging to the first group. Presenting to the customer a sum of a first sum of points stored in the point field and a second sum of points stored in the point field of all records of the second memory area;
(B) In accordance with the purchase price and use points input to the first terminal, the addition of points according to the amount of the purchase price that is credit-paid without using points, and the points according to the use points Rewriting the point stored in the point field of the record in the first memory area and the point stored in the point field of the record in the second memory area so as to subtract Configured to run on a terminal device,
The second point program is
(C) In response to the insertion or presentation of the credit card to the second terminal, the points stored in the point field of the record having the store code of the store are used as points that can be used in the store. Presenting it to the customer;
(D) In accordance with the purchase price and use points input to the second terminal, points are added according to the amount of the purchase price that is credit-paid without using points, and points according to the use points as the subtraction, it is configured to execute the steps of rewriting the points stored in the point field of the record with the shop code of the shop, to the second terminal device,
The step (b) executed by the first point program further includes:
(B1) When an instruction to pay for the purchase price of goods or services in the store in the first form is input to the first terminal, the credit stored at the point stored in the first memory area Adding points according to the amount of the purchase price to be settled;
(B2) When an instruction to pay for the purchase price of goods or services in the store in the second form is input to the first terminal,
(B21) if the first sum is the use over point, a point obtained by subtracting the said use point from the sum of the first distribution point field of records included in the first memory area And steps to
(B22) the Invite first sum is smaller than the use point, said point field of the record of the first memory area is updated to zero, the sum of the second difference of the sum and said use point of the first Distributing the points obtained by subtracting from the points field of the records contained in the second memory area;
A credit card system configured to cause the first terminal device to execute.
さらに、前記ステップ(b21)の分配は、該店舗におけるポイントの使用の際に、前記第1のメモリ領域に含まれるレコードのポイントフィールドに記憶されていたポイントの比率に従って行われ、前記ステップ(b22)の分配は、該店舗におけるポイントの使用の際に、前記第2のメモリ領域に含まれるレコードのポイントフィールドに記憶されていたポイントの比率に従って行われる、請求項10に記載のクレジットカードシステム。Further, the distribution of the step (b21) is performed according to the ratio of the points stored in the point field of the record included in the first memory area when the points are used in the store, and the step (b22) is performed. The credit card system according to claim 10, wherein distribution of points is performed according to a ratio of points stored in a point field of a record included in the second memory area when points are used in the store. 第1のグループに属する店舗用に割り当てられた第1のメモリ領域と、第2のグループに属する店舗用に割り当てられた第2のメモリ領域とを有するクレジットカードを利用したシステムであって、
該システムは、前記第1のグループに属する店舗のそれぞれに設置された第1の端末および前記第2のグループに属する店舗のそれぞれに設置された第2の端末とネットワークを介して通信するサーバを備えており、
前記第1の端末および第2の端末は、前記クレジットカードを読み書きする機能を備えており、
前記第1のメモリ領域は、前記第1のグループに属する店舗のそれぞれについて、店舗コードを格納する店舗コードフィールドおよびポイントを格納するポイントフィールドを有するレコードを含んでおり、
前記第2のメモリ領域は、前記第2のグループに属する店舗のそれぞれについて、店舗コードを格納する店舗コードフィールドおよびポイントを格納するポイントフィールドを有するレコードを含んでおり、
商品またはサービスの購入代金の支払いは、ポイントを使用することなくクレジット決済により支払われる第1の形態、および、ポイントを使用して支払われる第2の形態のいずれかで行われ、
前記サーバは、前記第1のグループに属する店舗用の第1のポイントプログラムと、前記第2のグループに属する店舗用の第2のポイントプログラムを備えており、
前記第1のポイントプログラムは、
(a)前記第1の端末に前記クレジットカードが挿入または提示されたことに応答して、該第1のグループに属する店舗で使用可能なポイントとして、前記第1のメモリ領域のすべてのレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントの第1の合計と、前記第2のメモリ領域のすべてのレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントの第2の合計との和を顧客に提示するステップと、
(b)前記第1の端末に入力された購入代金および使用ポイントに応じて、ポイントを使用することなくクレジット決済される該購入代金の金額に応じたポイントの加算および該使用ポイントに応じたポイントの減算となるように、前記第1のメモリ領域のレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントおよび前記第2のメモリ領域のレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントを書き換えるステップと、を前記第1の端末装置に実行させるよう構成され、
前記第2のポイントプログラムは、
(c)前記第2の端末に前記クレジットカードが挿入または提示されたことに応答して、該店舗で使用可能なポイントとして、該店舗の店舗コードを持つレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントを顧客に提示するステップと、
(d)前記第2の端末に入力された購入代金および使用ポイントに応じて、ポイントを使用することなくクレジット決済される該購入代金の金額に応じたポイントの加算および該使用ポイントに応じたポイントの減算となるように、該店舗の店舗コードを持つレコードのポイントフィールドに記憶されたポイントを書き換えるステップと、を前記第2の端末装置に実行させるよう構成され、
前記第1のポイントプログラムによって実行される前記ステップ(b)は、さらに、
(b1)該店舗における商品またはサービスの購入代金の支払いを前記第1の形態で行う指示が該第1の端末に入力されたとき、前記第1のメモリ領域に記憶されたポイントに、前記クレジット決済される該購入代金の金額に応じたポイントを加算するステップと、
(b2)該店舗における商品またはサービスの購入代金の支払いを前記第2の形態で行う指示が前記第1の端末に入力されたとき、
(b21)前記第2の合計が前記使用ポイント以上ならば、該第2の合計から該使用ポイントを減算することによって得られるポイントを、前記第2のメモリ領域に含まれるレコードのポイントフィールドに分配するステップと、
(b22)前記第2の合計が前記使用ポイントより小さければ、前記第2のメモリ領域のレコードのポイントフィールドをゼロに更新し、該第2の合計と該使用ポイントの差を前記第1の合計から減算することによって得られるポイントを、前記第1のメモリ領域に含まれるレコードのポイントフィールドに分配するステップと、
を前記第1の端末装置に実行させるよう構成される、クレジットカードシステム。
A system using a credit card having a first memory area allocated for a store belonging to a first group and a second memory area allocated for a store belonging to a second group,
The system includes a server that communicates via a network with a first terminal installed in each store belonging to the first group and a second terminal installed in each store belonging to the second group. Has
The first terminal and the second terminal have a function of reading and writing the credit card,
The first memory area includes a record having a store code field for storing a store code and a point field for storing a point for each of the stores belonging to the first group,
The second memory area includes a record having a store code field for storing a store code and a point field for storing a point for each of the stores belonging to the second group,
Payment of the purchase price of goods or services is made either in a first form paid by credit payment without using points, or in a second form paid using points,
The server includes a first point program for stores belonging to the first group and a second point program for stores belonging to the second group;
The first point program is:
(A) In response to the insertion or presentation of the credit card to the first terminal, all the records in the first memory area are used as points that can be used at stores belonging to the first group. Presenting to the customer a sum of a first sum of points stored in the point field and a second sum of points stored in the point field of all records of the second memory area;
(B) In accordance with the purchase price and use points input to the first terminal, the addition of points according to the amount of the purchase price that is credit-paid without using points, and the points according to the use points Rewriting the point stored in the point field of the record in the first memory area and the point stored in the point field of the record in the second memory area so as to subtract Configured to run on a terminal device,
The second point program is
(C) In response to the insertion or presentation of the credit card to the second terminal, the points stored in the point field of the record having the store code of the store are used as points that can be used in the store. Presenting it to the customer;
(D) In accordance with the purchase price and use points input to the second terminal, points are added according to the amount of the purchase price that is credit-paid without using points, and points according to the use points as the subtraction, it is configured to execute the steps of rewriting the points stored in the point field of the record with the shop code of the shop, to the second terminal device,
The step (b) executed by the first point program further includes:
(B1) When an instruction to pay for the purchase price of goods or services in the store in the first form is input to the first terminal, the credit stored at the point stored in the first memory area Adding points according to the amount of the purchase price to be settled;
(B2) When an instruction to pay for the purchase price of goods or services in the store in the second form is input to the first terminal,
(B21) if the second sum is the use over point, a point obtained by subtracting the said use point from the sum of the second, distribution point field of the record contained in the second memory area And steps to
(B22) the Invite second sum is smaller than the use point, said point field of the record of the second memory area is updated to zero, the sum of the difference between the total and said use point of said second said first Distributing the points obtained by subtracting from the points field of the records contained in the first memory area;
A credit card system configured to cause the first terminal device to execute.
さらに、前記ステップ(b21)の分配は、該店舗におけるポイントの使用の際に、前記第2のメモリ領域に含まれるレコードのポイントフィールドに記憶されていたポイントの比率に従って行われ、前記ステップ(b22)の分配は、該店舗におけるポイントの使用の際に、前記第1のメモリ領域に含まれるレコードのポイントフィールドに記憶されていたポイントの比率に従って行われる、請求項11に記載のクレジットカードシステム。Further, the distribution in the step (b21) is performed according to the ratio of the points stored in the point field of the record included in the second memory area when the points are used in the store, and the step (b22) is performed. The credit card system according to claim 11, wherein distribution of points is performed according to a ratio of points stored in a point field of a record included in the first memory area when points are used in the store. 前記第1および第2のメモリ領域のレコードは、該レコードの店舗コードに対応する店舗で顧客が購入した商品またはサービスの実績を示すデータを格納するフィールドをさらに有する、請求項10または請求項12に記載のクレジットカードシステム。The record of the said 1st and 2nd memory area further has the field which stores the data which shows the track record of the goods or service which the customer purchased in the store corresponding to the store code of this record. The credit card system described in. 前記第1のメモリ領域は、前記第1の合計を記憶する第1の合計フィールドをさらに含み、前記第2のメモリ領域は、前記第2の合計を記憶する第2の合計フィールドをさらに含む、
請求項10または請求項12に記載のクレジットカードシステム。
The first memory area further includes a first sum field storing the first sum, and the second memory area further includes a second sum field storing the second sum.
The credit card system according to claim 10 or 12.
前記クレジットカードは、前記第1のグループに属する店舗で使用可能なポイントして、前記第1の合計フィールドに記憶されたポイントと前記第2の合計フィールドに記憶されたポイントとの和を記憶する第3のメモリ領域をさらに有する、
請求項15に記載のクレジットカードシステム。
The credit card stores the sum of the points stored in the first total field and the points stored in the second total field as points that can be used at the stores belonging to the first group. A third memory area;
The credit card system according to claim 15.
前記クレジットカードは、少なくとも前記第1のグループに属する店舗および前記第2のグループに属する店舗で使用可能なキャッシュ金額を記憶する第4のメモリ領域をさらに有する、
請求項10または請求項11のいずれかに記載のクレジットカードシステム。
The credit card further includes a fourth memory area for storing a cash amount that can be used at least in stores belonging to the first group and stores belonging to the second group.
The credit card system according to claim 10 or 11.
前記ステップ(b)は、さらに、前記購入代金から、前記使用ポイントに対応する金額を減算して、前記クレジットカードで決済される金額を算出するステップと、
前記カード決済額の所定の割合を、前記第4のメモリ領域に記憶されたキャッシュ金額に加算するステップと、
を含む、請求項17に記載のクレジットカードシステム。
The step (b) further includes subtracting an amount corresponding to the use point from the purchase price to calculate an amount to be settled with the credit card;
Adding a predetermined percentage of the card payment amount to a cash amount stored in the fourth memory area;
The credit card system according to claim 17, comprising:
前記所定の割合は、前記第1および第2のグループに属する店舗のそれぞれについて異なるように設定可能である、
請求項18に記載のクレジットカードシステム。
The predetermined ratio can be set differently for each of the stores belonging to the first and second groups.
The credit card system according to claim 18.
前記第1および第2のポイントプログラムは、前記第1および第2の端末にそれぞれ設けられ、
前記ステップ(b)および(d)で書き換えられたクレジットカードの前記第1および第2のメモリ領域の内容は、前記サーバに送信される、
請求項10または請求項12に記載のクレジットカードシステム。
The first and second point programs are provided in the first and second terminals, respectively.
The contents of the first and second memory areas of the credit card rewritten in steps (b) and (d) are transmitted to the server.
The credit card system according to claim 10 or 12.
請求項10から請求項20のいずれかに記載のクレジットカードシステムで使用されるクレジットカードであって、ICカードであるクレジットカード。21. A credit card used in the credit card system according to claim 10, wherein the credit card is an IC card.
JP2003007905A 2003-01-16 2003-01-16 Credit card system Expired - Fee Related JP3983682B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003007905A JP3983682B2 (en) 2003-01-16 2003-01-16 Credit card system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003007905A JP3983682B2 (en) 2003-01-16 2003-01-16 Credit card system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004220394A JP2004220394A (en) 2004-08-05
JP3983682B2 true JP3983682B2 (en) 2007-09-26

Family

ID=32897863

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003007905A Expired - Fee Related JP3983682B2 (en) 2003-01-16 2003-01-16 Credit card system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3983682B2 (en)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006195921A (en) * 2005-01-17 2006-07-27 Junko Suginaka Electronic money issuing system
JP4827425B2 (en) * 2005-03-23 2011-11-30 三井住友カード株式会社 Point processing system, method and program
JP2007156740A (en) * 2005-12-02 2007-06-21 Softbank Human Capital Corp Point management system and point management method
JP2007219959A (en) * 2006-02-18 2007-08-30 Sii Data Service Kk Order settlement system, order settlement method, and mobile terminal having order settlement function
JP5762056B2 (en) * 2011-03-07 2015-08-12 株式会社日本総合研究所 Card usage management system
JP6213962B2 (en) * 2014-02-10 2017-10-18 東芝テック株式会社 Payment terminal and program

Also Published As

Publication number Publication date
JP2004220394A (en) 2004-08-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US11861611B2 (en) E-Coupon settlement and clearing process
US8498898B1 (en) System and method for point of use reward determination
US20130317987A1 (en) Transaction management system
JPH11312273A (en) Customer service device, method, card and computer-readable recording medium in which customer service processing program is recorded
JP2003132431A (en) Ic card, customer information analysis system, and customer information analytic result provision method
JP2002529023A (en) System and method for using a prepaid card
US20100250354A1 (en) Systems, devices and methods for incentive-based transactions
MX2008011465A (en) Electronic payment instrument system and method.
JP2002352152A (en) Method and system for processing contribution to npo
JP3983682B2 (en) Credit card system
JP2009193558A (en) Sales system using non-contact prepaid card
JP2010524117A (en) Discriminatory payment system and method
JP2002334254A (en) Electronic coupon utilization system
JP2005317040A (en) Ic card, and electronic money receiving system
JP2005189938A (en) Credit settlement processing system and method using usage point of credit as electronic money
JP2003521045A (en) Apparatus and method for processing and displaying coded information stored on a smart card
JP2002099966A (en) Point bank system and point-issuing terminal
JP4077547B2 (en) Reward point management method
JP4068430B2 (en) Vending machine system
JP2004199601A (en) Point management method, point management program, and recording medium
JP2007072619A (en) Point system and its method
KR20010113307A (en) Electronic money charging system using the dummy terminal connected with personal computer and a commercial transaction method using it
KR100363204B1 (en) System for exchange the items of an account use for vending machine and Method for exchange the items of an account
JP2005038446A (en) Ic card and electronic money deposit system
JP2956678B2 (en) Product purchase amount output method and system

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20051012

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20051115

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060111

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060815

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061012

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20070703

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20070704

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100713

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100713

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110713

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110713

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120713

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120713

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130713

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140713

Year of fee payment: 7

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees