JP3885220B2 - Coordinate reader - Google Patents

Coordinate reader Download PDF

Info

Publication number
JP3885220B2
JP3885220B2 JP21539299A JP21539299A JP3885220B2 JP 3885220 B2 JP3885220 B2 JP 3885220B2 JP 21539299 A JP21539299 A JP 21539299A JP 21539299 A JP21539299 A JP 21539299A JP 3885220 B2 JP3885220 B2 JP 3885220B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
coordinate
coil
magnetic field
alternating magnetic
annular conductor
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP21539299A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2001043006A (en
Inventor
勉 大橋
Original Assignee
ブラザー工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ブラザー工業株式会社 filed Critical ブラザー工業株式会社
Priority to JP21539299A priority Critical patent/JP3885220B2/en
Priority claimed from US09/628,724 external-priority patent/US6784876B1/en
Priority claimed from US09/634,322 external-priority patent/US6639585B1/en
Publication of JP2001043006A publication Critical patent/JP2001043006A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3885220B2 publication Critical patent/JP3885220B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
この発明は、交番磁界発生手段から発生した交番磁界により、座標入力シートに敷設された複数の矩形状の導線に発生した信号に基づいて上記交番磁界発生手段の位置座標を読み取る座標読取装置に関し、詳しくは、交番磁界発生手段が導線の端部に存在する場合に導線の端部に発生する信号の影響による座標読取誤差を補正することができる座標読取装置に関する。 The present invention, by an alternating magnetic field generated from the alternating magnetic field generating means, relates the coordinate reading device for reading the position coordinates of the alternating magnetic field generating means on the basis of a signal generated in a plurality of rectangular conductors laid in the coordinate input sheet, more particularly, to a coordinate reading apparatus capable of correcting the coordinate reading error due to the influence of the signal generated in the end portions of the conductor when the alternating magnetic field generating means present at the end of the conductor.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
従来、上記座標読取装置として、たとえば、図15に示すものが知られている(特公昭58−16507号公報)。 Conventionally, as the coordinate reading device, for example, has been known one shown in FIG. 15 (JP-B 58-16507 Patent Publication).
図15は、上記従来の座標読取装置のタブレット(座標入力シート)に設けられたセンスループ(導線)およびペン(交番磁界発生手段)に備えられた励磁コイルを示す説明図である。 Figure 15 is an explanatory view showing the excitation coil provided in the conventional coordinate reading device of the tablet sensing loop provided (coordinate input sheet) (conductor) and pen (alternating magnetic field generating means).
図15に示すように、一定の周期で方形状に設けられたセンスループ91の周囲に補正用センスループ92が設けられている。 As shown in FIG. 15, the correction sense loop 92 around the sense loop 91 provided in a square shape with a constant period are provided. そして、励磁コイル90との磁気結合によりセンスループ91に発生する誘導信号のうち、センスループ91の周辺部の影響を受ける部分が、補正用ループ92に発生する誘導信号によって打ち消され、周辺部における位置座標の誤差が補正される。 Of the induction signal generated in the sense loop 91 by magnetic coupling between the excitation coil 90, the affected parts of the peripheral portion of the sense loop 91, is canceled by the induction signal generated in the correction loop 92, in the peripheral portion error coordinates are corrected.
また、導線の出力から得られるパルス数に基づいて指示装置の位置座標を演算し、指示装置の位置が端部にある場合は、上記パルス数に対して所定のパルス数を加減算することにより位置座標を補正するものが知られている(特開平2−190919号公報)。 Further, by calculating the position coordinates of the pointing device based on the number of pulses obtained from the output of the lead, if the position of the pointing device is in the end position by adding or subtracting a predetermined number of pulses to the pulse number It corrects the coordinates are known (JP-a-2-190919).
【0003】 [0003]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
しかし、上記前者の従来の座標読取装置は、座標入力シートにセンスループ91を設ける作業の他にセンスループ91の周囲に補正用ループ92を設ける作業が必要であるため、座標入力シートの製造効率が低くなるという問題がある。 However, the conventional coordinate reading apparatus of the former, since it is necessary to work to provide a correction loop 92 around the sense loop 91 to another work providing a sense loop 91 to the coordinate input sheet, the coordinate input sheet production efficiency there is a problem that is low.
しかも、センスループ91の周囲に補正用ループ92を設けるため、補正用ループ92を設ける分、座標入力シートの面積が無駄になってしまうという問題がある。 Moreover, for providing a correction loop 92 around the sense loop 91, minutes to provide a correction loop 92, there is a problem that the area of ​​the coordinate input sheet is wasted.
また、後者の従来の座標読取装置は、パルス数を計数したり、加減算するための回路が必要であるという問題がある。 Further, the conventional coordinate latter reader, or counting the number of pulses, there is a problem that the circuit for addition and subtraction are required.
【0004】 [0004]
そこで、この発明は、上記諸問題を解決するためになされたものであり、補正用ループを設けたり、あるいは、導線の出力から得られるパルス数を計数したりしなくても、交番磁界発生手段が座標入力シートの端部に存在する場合の交番磁界発生手段の位置座標を補正することができる座標読取装置を実現することを目的とする。 Accordingly, the present invention has been made to solve the above problems, or providing the correction loop, or may not or counting the number of pulses obtained from the output conductors, alternating magnetic field generating means there is an object to realize a coordinate reading apparatus capable of correcting the position coordinates of the alternating magnetic field generating means when present at the end of the coordinate input sheet.
【0005】 [0005]
【課題を解決するための手段、作用および発明の効果】 Means for solving the problems, the effect of action and the Invention
この発明は、上記目的を達成するため、請求項1ないし請求項5に記載の発明では、交番磁界を発生する交番磁界発生手段と、第1の軸方向に所定のピッチで配された複数の第1の環状導線および前記第1の軸方向に直交する第2の軸方向に所定のピッチで配された複数の第2の環状導線を有する座標入力シートと、前記交番磁界発生手段から発生する交番磁界との磁気結合により、前記第1の環状導線および前記第2の環状導線に発生する信号のレベルを検出する信号レベル検出手段と、この信号レベル検出手段により検出された信号レベルに基づいて、前記座標入力シート上の前記交番磁界発生手段の位置座標を読取る座標読取装置において、 The present invention, in order to achieve the above object, the invention described in claims 1 to 5, and alternating magnetic field generating means for generating an alternating magnetic field, a plurality of arranged at a predetermined pitch in a first axial direction a coordinate input sheet having a first annular conductor and said plurality of second annular conductors arranged at a predetermined pitch in a second axis direction orthogonal to the first axis direction, generated from the alternating magnetic field generating means the magnetic coupling with the alternating magnetic field, the signal level detecting means for detecting the level of a signal generated in said first annular conductor and the second annular conductor, based on the signal level detected by the signal level detection means , in a coordinate reading device for reading the position coordinates of the alternating magnetic field generating means on the coordinate input sheet,
前記交番磁界発生手段が、最縁端の前記第1の環状導線内であって、その環状導線に隣接する環状導線以外の最縁端領域に存在するか否かを判定する判定手段と、この判定手段により、前記交番磁界発生手段が前記最縁端領域に存在すると判定された場合には、前記第2の軸方向の位置座標を、前記第1の軸方向の位置座標に対応する補正値に基づいて補正する補正手段と、を備えたという技術的手段を用いる。 The alternating magnetic field generating means, a in the first annular conductor of the uppermost edge, determining means for determining whether or not in the top edge region other than the annular conductor adjacent to the annular conductor, this the determination unit, when the alternating magnetic field generating means is determined to exist in the outermost edge region, the position coordinates of the second axial correction value corresponding to the position coordinates of the first axial the technical means of the and a correcting means for correcting, based on the use.
【0006】 [0006]
判定手段は、交番磁界発生手段が、最縁端の第1の環状導線内であって、その導線に隣接する矩形状の導線以外の最縁端領域に存在するか否かを判定する。 Determining means, an alternating magnetic field generating means, be in the first annular conductor of the uppermost edge, determines whether or not in the top edge region other than rectangular wire adjacent to the wire.
つまり、たとえば、後述する発明の実施の形態において図5に示すように、X軸方向にX1〜Xmの第1の環状導線たるコイル幅P1のXコイルがP1/2ピッチで配置されている場合に、判定手段は、ペン60の位置G1が最縁端の第1の環状導線たるXコイルX1内であって、そのXコイルX1に隣接する環状導線たるXコイルX2以外の最縁端領域J1(図5(A)においてハッチングを施した部分)に存在するか否かを判定する。 That is, for example, as shown in FIG. 5 in the embodiment of the invention described below, if the first annular conductor serving X coil of the coil width P1 of X1~Xm the X-axis direction are arranged at P1 / 2 Pitch , the determining means, the position G1 of the pen 60 is a first annular conductor serving within the X coil X1 of the top edge, the top edge region other than the annular conductor serving X coil X2 adjacent to the X coils X1 J1 determines whether there the (hatched portions in FIG. 5 (a)).
【0007】 [0007]
そして、補正手段は、判定手段により、交番磁界発生手段が最縁端領域に存在すると判定された場合には、第2の軸方向の位置座標を、第1の軸方向の位置座標に対応する補正値に基づいて補正する。 The correction means, the determination means, an alternating magnetic field generating means when it is determined that in the top edge region, the position coordinates of the second axis direction corresponding to the position coordinates of the first axial It is corrected based on the correction value.
つまり、たとえば、図10(A)に示すように、ペン60がXコイルX1内の最縁端領域J1内の位置G1に存在する場合、位置G1のY座標を検出するための基準となる長辺部分Y3bから発生する信号は、短辺部分Y3aから発生する信号の影響を受けるため、その影響による誤差を補正する必要がある。 That is, for example, as shown in FIG. 10 (A), if the pen 60 is located at a position G1 of the lowest edge region J1 in X coils X1, serving as a reference for detecting the Y coordinate of the position G1 length signal generated from the side portions Y3b is affected by the signal generated from the shorter side portion Y3a, it is necessary to correct the error due to the influence. また、その影響の度合いは、図8に示すように短辺部分に近づくにつれて大きくなる。 Also, the degree of the influence is increased toward the short side portion as shown in FIG.
【0008】 [0008]
ところで、図10(A)に示すように、YコイルY3の短辺部分Y3aから位置G1までの距離L1は、位置G1のX座標に対応する。 Meanwhile, as shown in FIG. 10 (A), the distance L1 from the short side portion Y3a to the position G1 of the Y coil Y3 corresponds to the X coordinate of the position G1.
そこで、図9に示すように、補正係数と端部からの距離とを対応付けた補正テーブル58bを作成してROM58(図11(B))に記憶しておき、第2の軸方向の位置座標たるY軸座標を、第1の軸方向の位置座標たるX軸座標(端部からの距離)に対応する補正値(補正係数)に基づいて補正する。 Therefore, as shown in FIG. 9, ROM 58 and a correction table 58b that associates the distance from the correction coefficient and the end portion is stored in (FIG. 11 (B)), the position of the second axial coordinate serving Y-axis coordinate is corrected based on the position coordinates serving X-axis coordinate of the first axial correction value corresponding to (distance from the end) (correction coefficient).
また、上述した例では、X座標がX軸方向の端部である場合を説明したが、図10(B)に示すように、Y座標がY軸方向の端部である場合は、求めたX軸座標をY座標、つまりXコイルの端部(短辺部分)からの距離に対応する補正係数に基づいて補正する。 Further, in the example described above, a case has been described X coordinate is the end of the X-axis direction, as shown in FIG. 10 (B), when the Y coordinate is the end of the Y-axis direction was obtained the X-axis coordinate Y coordinate, that is corrected based on the correction coefficient corresponding to the distance from the end of the X coil (short side portion).
【0009】 [0009]
以上のように、請求項1ないし請求項5に記載の発明によれば、第1および第2の軸方向の位置座標の一方の座標を用いて他方の座標の誤差を補正することができるため、従来のような補正用の導線(補正用ループ)を設ける必要がない。 As described above, according to the invention described in claims 1 to 5, it is possible to correct an error of the other coordinates using one of the coordinates of the position coordinates of the first and second axial , it is not necessary to provide a conventional such correction conductors (correction loop). したがって、座標入力シートの製造効率を高めることができるとともに、座標入力シートの面積の無駄をなくすことができる。 Therefore, it is possible to increase the production efficiency of the coordinate input sheet, it is possible to eliminate the waste of the area of ​​the coordinate input sheet. また、座標入力シートの面積の無駄をなくすことができる分、装置の小型化を図ることができる。 Also, the minute that can eliminate the waste of the area of ​​the coordinate input sheet, it is possible to reduce the size of the apparatus.
【0010】 [0010]
請求項2に記載の発明では、請求項1に記載の座標読取装置において、前記第1の軸方向の位置座標は、前記第1の環状導線に発生する信号レベルに対応する値であるという技術的手段を用いる。 In the invention described in claim 2, in the coordinate reading apparatus according to claim 1, wherein the position coordinates of the first axis direction is technology called a value corresponding to the signal level generated in said first annular conductor use of the means.
つまり、第1の軸方向の位置座標は、第1の環状導線に発生する信号レベルに基づいて求めることができるため、従来のように、導線の出力から得られるパルス数を計数することにより、位置座標を演算したり、計数されたパルス数に対して所定のパルス数を加減算することにより、位置座標を補正するための回路構成が不要である。 That is, the position coordinates of the first axis direction, because it can be determined based on the signal level generated in the first annular conductor, as in the prior art, by counting the number of pulses obtained from the output conductor, or calculates the position coordinates, by adding or subtracting a predetermined number of pulses to count number of pulses, it is unnecessary circuit configuration for correcting the position coordinates.
【0011】 [0011]
請求項3に記載の発明では、請求項1または請求項2に記載の座標読取装置において、前記判定手段は、前記交番磁界発生手段が前記第1の環状導線の前記最端縁領域であって、かつ前記第2の環状導線の前記最縁端領域に存在するか否かを判定し、前記補正手段は、前記判定手段により、前記交番磁界発生手段が前記第1の環状導線の前記最縁端領域であって、かつ前記第2の環状導線の前記最縁端領域に存在すると判定された場合には、前記位置座標を、前記第1の環状導線に発生する信号レベルおよび前記第2の環状導線に発生する信号レベルに対応する補正値に基づいて繰り返し補正するという技術的手段を用いる。 In the invention described in claim 3, in the coordinate reading apparatus according to claim 1 or claim 2, wherein the determining means is a said outermost edge region of the alternating magnetic field generating means said first annular conductor and wherein said second annular conductor determines whether in the top edge region, said correction means, by the determination unit, the top edge of said alternating magnetic field generating means said first annular conductor a the end regions, and wherein the second annular conductor when it is determined that in the top edge region, the position coordinates, the signal level and the second generated in the first annular conductor using technical means that repeatedly corrected based on the correction value corresponding to the signal level generated in the annular conductor.
【0012】 [0012]
つまり、交番磁界発生手段が第1および第2の最縁端領域の双方に属する範囲に存在する場合は、第1および第2の環状導線の双方の端部の影響を受けるため、位置座標を、第1の環状導線に発生する信号レベルおよび第2の環状導線に発生する信号レベルに対応する補正値に基づいて繰り返し補正する。 That is, since an alternating magnetic field generating means when present in a range belonging to both the first and second top edge region, affected by the ends of both the first and second annular conductor, the position coordinates repeatedly corrected based on the correction value corresponding to the signal level occurring in the signal level and the second annular conductor generated in the first annular conductor.
たとえば、後述する発明の実施の形態において図10(C)に示すように、ペン60が位置G3に存在する場合は、XコイルX1の長辺部分X1bに発生する信号およびYコイルYnの長辺部分Ynbに発生する信号と、XコイルX1の短辺部分X1aに発生する信号およびYコイルYnの短辺部分Ynaに発生する信号とが加算されて検出されるため、位置G3のY軸座標をX軸座標(短辺部分Ynaからの距離)に対応する補正値に基づいて補正し、X軸座標をY軸座標(短辺部分X1aからの距離)に対応する補正値に基づいて補正する。 For example, as shown in FIG. 10 (C) In the embodiment of the invention described below, when the pen 60 is located at a position G3 is the long sides of the signal and the Y coil Yn generated in a long side portion X1b of X coils X1 a signal generated in the portion Ynb, since signal are detected are summed to generate the shorter side portion Yna of the signal and the Y coil Yn generated short side portion X1a of X coils X1, Y-axis coordinate position G3 based on a correction value corresponding to the X-axis coordinate (distance from short side portions Yna), it is corrected based on the X-axis coordinate correction value corresponding to the Y-axis coordinate (distance from short side portions X1a).
これにより、第1および第2の環状導線の双方の端部の影響による誤差を補正することができる。 Thus, it is possible to correct the error due to the influence of the end of both the first and second annular conductor.
【0013】 [0013]
請求項4に記載の発明では、請求項3に記載の座標読取装置において、前記補正手段は、前記補正を繰り返し、前回補正された位置座標と今回補正された位置座標との差が所定値以下になった場合には、前記補正を終了するという技術的手段を用いる。 The invention according to claim 4, in the coordinate reading apparatus according to claim 3, wherein the correcting means repeatedly the correction, the difference between the previous corrected position coordinates and the current corrected position coordinates is equal to or smaller than a predetermined value if it becomes employs technical means of terminating the correction.
【0014】 [0014]
つまり、第1および第2の軸方向の座標のうち、一方の座標に対応する補正値に基づいて他方の座標を補正し、その補正された他方の座標によって一方の座標を補正することを繰り返すことにより、誤差を小さくして行くことができる。 That is, of the coordinates of the first and second axial, based on the correction value corresponding to one of the coordinate correcting the other coordinate is repeated to correct the one coordinate by the corrected other coordinates it makes it possible to continue to reduce the error.
また、前回補正された位置座標と今回補正された位置座標との差が所定値以下になった場合には、補正を終了することができるため、処理の高速化に役立つ。 Further, when the difference between the previous corrected position coordinates and the current corrected position coordinates is equal to or less than a predetermined value, it is possible to terminate the correction, it helps speed up the processing. また、補正された座標がある所定値に収束しないで振動してしまい、補正のルーチンが終了しないという事態を回避できる。 Also, will vibrate without converges to a predetermined value is corrected coordinates, a situation that the correction routine is not finished can be avoided.
【0015】 [0015]
請求項5に記載の発明では、請求項1ないし請求項4のいずれか1つに記載の座標読取装置において、前記交番磁界の出力レベルに対応して前記位置座標の誤差を補正する出力レベル対応補正手段を備えたという技術的手段を用いる。 In the invention described in claim 5, in the coordinate reading apparatus according to any one of claims 1 to 4, the output level corresponding to correct the error of the position coordinates corresponding to the output level of the alternating magnetic field using technical means that with a correction means.
【0016】 [0016]
つまり、交番磁界の出力レベルが変化すると、第1および第2の環状導線に発生する信号のレベルも変化するため、その信号レベルに基づいて読取る交番磁界発生手段の位置座標も変化するので、その位置座標に対応する補正値も変化する。 That is, when the output level of the alternating magnetic field changes, since the level of the signal generated in the first and second annular conductor also changes, since changes position coordinates of the alternating magnetic field generating means for reading on the basis of the signal level, the also it changes the correction value corresponding to the position coordinates.
そこで、出力レベル対応補正手段によって交番磁界の出力レベルに対応して位置座標の誤差を補正することにより、補正値の変化をなくすことができるため、補正の精度を高めることができる。 Therefore, by correcting the error of position coordinates corresponding to the output level of the alternating magnetic field by an output level corresponding correction means, it is possible to eliminate the change in the correction value, it is possible to improve the accuracy of correction.
なお、上記座標入力シートには、可撓性を有していないシート状または板状のもの、あるいは可撓性を有するシート状または板状のものを含む。 Note that the coordinate input sheet includes no flexible sheet-like or plate-like, or sheet-like flexible or those plate-shaped.
【0017】 [0017]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
[第1実施形態] First Embodiment
以下、この発明に係る座標読取装置の第1実施形態について図を参照して説明する。 Hereinafter, will be described with reference to the drawings a first embodiment of the coordinate reading apparatus according to the present invention.
なお、以下に述べる各実施形態では、この発明に係る座標読取装置として、座標入力シート上に描かれる手書き文字や図形などを電気的に読み取る、いわゆる電子黒板を例に挙げて説明する。 In the embodiments described below, as a coordinate reading apparatus according to the present invention, read like the electrically handwritten characters and figures drawn on the coordinate input sheet, it will be described by taking a so-called electronic blackboard as an example.
[主要構成] [Major components]
最初に、第1実施形態に係る電子黒板の主要構成について図1および図2を参照して説明する。 First, with reference to FIGS. 1 and 2 will be described main structure of the electronic blackboard according to the first embodiment.
図1は、電子黒板の主要構成を示す外観斜視説明図であり、図2は、図1に示す電子黒板にパーソナルコンピュータ(以下、PCと略称する)およびプリンタを接続した状態を示す説明図である。 Figure 1 is an external perspective view showing a main configuration of an electronic blackboard, 2, a personal computer (hereinafter, abbreviated as PC) to an electronic blackboard shown in FIG. 1 with explanatory view showing a state of connecting a and printer is there.
【0018】 [0018]
電子黒板1には、筆記パネル10と、筆記面21aに筆記を行うためのペン60と、筆記された軌跡およびその軌跡を示すデータを消去するためのイレーサ40とが備えられている。 The electronic blackboard 1, a writing panel 10, a pen 60 for performing writing on writing surface 21a, and eraser 40 for erasing data indicating the written trajectory and the trajectory are provided. 筆記パネル10には、枠状のフレーム11が備えられており、そのフレーム11には、筆記パネル本体20が組み込まれている。 The writing panel 10 is provided with a frame-shaped frame 11, and its frame 11, the writing panel body 20 is incorporated. フレーム11の前面下端には、その下端に沿って板状の台12が前面に張り出す形で取り付けられている。 The front lower end of the frame 11, plate-like base 12 is attached in a manner projecting to the front along the bottom. 台12の上面には、ペン60を収容するための断面半円形状の凹部12aが形成されており、その凹部12aの右側には、イレーサ40などを置くための平面部12bが形成されている。 On the upper surface of the base 12, the recess 12a of a semicircular cross-section for accommodating the pen 60 is formed on the right side of the recess 12a, the planar portion 12b for placing the like eraser 40 is formed .
【0019】 [0019]
フレーム11の前面右側には、操作部30が設けられている。 The right front of the frame 11, the operation unit 30 is provided. 操作部30には、操作音や警告音などの音を再生するスピーカ31と、筆記面21aに筆記された内容を示すデータ(以下、筆記データと略称する)を記憶したページ数を7セグメントのLEDによって表示するページ数表示LED32と、押すごとに1ページずつ戻るページ戻りボタン33と、押すごとに1ページずつ送るページ送りボタン34と、記憶されている筆記データを押すごとに1ページずつ消去する消去ボタン35と、記憶されている筆記データをプリンタ200(図2)へ出力するために押すプリンタ出力ボタン36と、記憶されている筆記データをPC100(図2)へ出力するために押すPC出力ボタン37と、この電子黒板1を起動するために押す電源ボタン38とが設けられている。 The operation unit 30, a speaker 31 for reproducing sound such as an operation sound and alarm sound, data indicating the contents written on the writing surface 21a (hereafter referred to abbreviated as handwriting data) number of 7-segment pages stored erasing the page number display LED32 be displayed by LED, a page backward button 33 back one page in each press, the page feed button 34 for sending a page at each press, one page at each press of writing data stored and erase button 35, pressing the handwriting data stored with the printer output button 36 to press to output printer 200 (FIG. 2), the writing data stored for output to the PC 100 (FIG. 2) PC to an output button 37, a power button 38 to press to start the electronic blackboard 1 is provided.
【0020】 [0020]
フレーム11の前面下部には、この電子黒板1の電源となる単2乾電池14aを4本収容するバッテリケース14が設けられており、そのバッテリケース14の前面には、蓋14bが開閉可能に取付けられている。 The lower front of the frame 11 has a battery case 14 is provided with four accommodating a single 2 batteries 14a serving as a power source of the electronic blackboard 1, the front surface of the battery case 14, mounted for opening and closing the lid 14b is It is. バッテリケース14の右側には、スピーカ31のボリュームを調節するボリューム調節つまみ13cが設けられており、その右側には、コネクタ13b、13aが設けられている。 To the right of the battery case 14, and volume control knob 13c is provided to adjust the volume of the speaker 31, the right side thereof, the connector 13b, 13a are provided. 図2に示すように、コネクタ13bには、プリンタ200と接続された接続ケーブル201のプラグ202が接続され、コネクタ13aには、PC100と接続された接続ケーブル101のプラグ102が接続される。 As shown in FIG. 2, the connector 13b, the plug 202 of the connecting cable 201 which is connected to a printer 200 are connected to the connector 13a, the plug 102 of the connecting cable 101 which is connected to the PC100 is connected.
つまり、電子黒板1の筆記面21aに筆記された内容を示す筆記データをPC100へ出力し、PC100に備えられたモニタ103により、電子黒板1に筆記された内容を見ることができる。 That is, the handwriting data indicating the contents written on the writing surface 21a of the electronic blackboard 1 outputs to the PC 100, a monitor 103 provided in the PC 100, can see what is written on the electronic blackboard 1. また、筆記データをプリンタ200へ出力し、電子黒板1に筆記された内容を印刷用紙203に印刷することもできる。 Also, the handwritten data is output to the printer 200, the scribed contents on the electronic blackboard 1 can be printed on the printing paper 203.
【0021】 [0021]
また、フレーム11の裏面上端の両端部には、この電子黒板1を壁に掛けるための金具15、15が取付けられている。 Further, at both end portions of the back upper end of the frame 11, brackets 15, 15 for hanging the electronic blackboard 1 to the wall is attached.
この第1実施形態では、筆記面21aの高さH1は900mmであり、幅W1は600mmである。 In the first embodiment, the height H1 of the input plane 21a is 900 mm, the width W1 is 600 mm. また、フレーム11および台12は、ポリプロピレンなどの合成樹脂により軽量に形成されており、電子黒板1の総重量は10kg以下である。 The frame 11 and pedestal 12 is formed in a lightweight synthetic resin such as polypropylene, the total weight of the electronic blackboard 1 is less than 10 kg.
【0022】 [0022]
[ネットワークの構成] [Configuration of the network]
次に、電子黒板1と他の電子黒板1との間でデータの通信を行う場合のネットワークの構成について、それをブロックで示す図3を参照して説明する。 Next, the network configuration in the case of performing data communication between the electronic blackboard 1 and another electronic blackboard 1, explain it with reference to FIG. 3 shown by block.
なお、ここでは、企業内において電子黒板1を備えた複数の部屋間、あるいは、企業間で通信を行う場合を例に挙げて説明する。 Here, among a plurality of chambers having an electronic blackboard 1 in the enterprise, or be described as an example when communication is performed between companies.
企業2内の部屋3には、電子黒板1と、この電子黒板1と接続されたPC100と、このPC100と接続されたLANボード103とが備えられており、部屋4には、電子黒板1と、この電子黒板1と接続されたPC100と、このPC100と接続されたモデム108とが備えられている。 The room 3 in the enterprise 2, the electronic blackboard 1, the PC100 connected with the electronic blackboard 1, is provided with a LAN board 103 connected to the PC100, the room 4, the electronic blackboard 1 , a PC100 that this is connected with the electronic blackboard 1, a modem 108 connected to the PC100 is provided. 各部屋3に備えられたLANボード103は、LANケーブル104によりHUB105に接続されている。 LAN board 103 provided in each room 3 is connected to HUB105 by LAN cable 104. また、HUB105は、サーバ106に接続されており、サーバ106は、インターネット300を介して他の企業5に接続可能になっている。 Further, HUB105 is connected to a server 106, server 106, and is connectable to other companies 5 via the Internet 300. また、部屋4に備えられたモデム108は、電話回線109から公衆通信交換網301を介して他の企業5に接続可能になっている。 Also, modem 108 provided in the room 4, and is connectable to other companies 5 through the public communication switched network 301 from the telephone line 109.
なお、図示しないが、他の企業5内には、企業2内と同様に、PCを介して通信可能な電子黒板1が備えられている。 Although not shown, in the other companies 5, as with the enterprise 2, the electronic blackboard 1 can communicate via a PC is provided.
【0023】 [0023]
ここで、上記ネットワークにおけるデータの流れについて説明する。 Here, a description is given of the flow of data in the network.
ある部屋3に備えられた電子黒板1に記憶された筆記データは、PC100からLANボード103およびHUB105を介して指定された部屋3のPC100へ送信される。 There handwritten data stored in the electronic blackboard 1 provided in the room 3 is transmitted to the PC100 room 3 designated through the LAN board 103 and HUB105 from PC100. そして、そのデータを受信した者は、PC100に備えられたモニタ103に受信データを表示することにより(図2)、あるいは、受信データをPC100に接続されたプリンタ200により用紙203に印刷することにより(図2)、受信データの内容を見ることができる。 Then, the person who receives the data, (2 figures) by displaying the received data on the monitor 103 provided in the PC100, or by the printer 200 connected to receive data in the PC100 by printing on paper 203 (FIG. 2), it is possible to see the contents of the received data.
また、筆記データを、たとえばTIFF(Tag Image File Format)形式で電子メールに画像ファイルとして添付し、サーバ106からインターネット300を介して他の企業5へ送信することもできる。 Further, the handwriting data, for example, attached as TIFF (Tag Image File Format) image file to an e-mail format, it can also be transmitted from the server 106 to other companies 5 via the Internet 300. これにより、他の企業5は、企業2から送信された電子メールに添付されている画像ファイルをデコードすることにより、筆記データの内容を見ることができる。 Accordingly, other companies 5 by decoding the image file attached to e-mail sent from the enterprise 2, can see the contents of the handwritten data.
【0024】 [0024]
[筆記パネル本体20の構造] [Structure of the writing panel body 20]
次に、筆記パネル本体20の構造について図4を参照して説明する。 Will now be described with reference to FIG. 4 the structure of the writing panel body 20.
図4は、筆記パネル本体20の各構成部材を示す説明図である。 Figure 4 is an explanatory view showing each constituent member of the writing panel body 20.
筆記パネル本体20は、筆記面21aを有する筆記シート21と、板状のパネル22と、センスコイル23が敷設された枠形状の取付パネル24と、板状のバックパネル25とを順に積層した構造である。 Writing panel body 20 includes a writing sheet 21 having a writing surface 21a, a plate-shaped panel 22, the mounting panel 24 of the frame-shaped sensor coil 23 is laid, by laminating a plate-shaped back panel 25 in the order structure it is.
この実施形態では、筆記シート21は、貼り合わされたPET(ポリエチレンテレフタラート)フィルムにより厚さ0.1mmに形成されており、パネル22は、アクリル樹脂、ABS(アクリロニトリル−ブタジエン−スチレン共重合体)、PC(ポリカーボネート)などにより厚さ3.0mmに形成されている。 In this embodiment, writing sheet 21 was bonded PET is formed to a thickness of 0.1mm by (polyethylene terephthalate) film, panel 22, acrylic resin, ABS (acrylonitrile - butadiene - styrene copolymer) , has a thickness of 3.0mm by such PC (polycarbonate). また、取付パネル24は、発泡スチロールなどの発泡樹脂製材料により厚さ40mmに形成されており、バックパネル25は、アルミニウムなどの導電性材料により厚さ1.0mmに形成されている。 The mounting panel 24, by a foam material such as expanded polystyrene is formed to a thickness of 40 mm, the back panel 25 is formed to a thickness of 1.0mm by a conductive material such as aluminum. さらに、筆記パネル本体20の各端部を挾持するフレーム11の全体の厚さは50mmである。 Further, the total thickness of the frame 11 for clamping the ends of the writing panel body 20 is 50 mm.
【0025】 [0025]
[センスコイル23の構成] [Configuration of the sense coil 23]
次に、センスコイル23の構成について図5を参照して説明する。 Will now be described with reference to FIG. 5 the configuration of the sense coil 23.
図5(A)は、図4に示すセンスコイル23の構成を一部を省略して示す説明図であり、図5(B)は、図5(A)に示すセンスコイル23の幅および重ねピッチを示す説明図である。 5 (A) is an explanatory view showing a partially omitted configuration of a sense coil 23 shown in FIG. 4, the width and superimposed in FIG. 5 (B), the sense coils 23 shown in FIG. 5 (A) is an explanatory view showing the pitch.
なお、以下の説明では、センスコイル23のうちX軸方向に配列されたセンスコイルをXコイルと称し、Y軸方向に配列されたセンスコイルをYコイルと称する。 In the following description, the sense coils arranged in the X-axis direction in the sense coil 23 is referred to as a X coil, the sense coils arranged in the Y-axis direction is referred to as the Y coil.
図5(A)に示すように、X軸方向には、ペン60およびイレーサ40の(X,Y)座標のX座標を検出するためのX1〜XmのXコイルがm本配置されており、Y軸方向には、Y座標を検出するためのY1〜YnのYコイルがXコイルと直交してn本配置されている。 As shown in FIG. 5 (A), the X-axis direction, (X, Y) of the pen 60 and eraser 40 X coil X1~Xm for detecting X-coordinate of the coordinate are arranged the m, the Y-axis direction, Y coils Y1~Yn for detecting Y-coordinate is the n arranged orthogonally to the X coil. XコイルおよびYコイルは、それぞれ略矩形状に形成されており、矩形部分の長辺の長さはP2である。 X coils and Y coils are formed in a substantially rectangular shape respectively, the length of the long side of the rectangular portion is P2.
【0026】 [0026]
図5(B)に示すように、Xコイルは、それぞれ幅(矩形部分の短辺の長さ)P1に形成されており、隣接するXコイルは、P1/2のピッチでそれぞれ重ねられている。 As shown in FIG. 5 (B), X coils are formed (the short length of the side of the rectangular portion) P1 respectively width, X coils adjacent are superimposed each at a pitch of P1 / 2 . 各Yコイルもそれぞれ幅P1に形成されており、隣接するYコイルは、P1/2のピッチでそれぞれ重ねられている。 Each Y coil is also formed in a width P1 respectively, adjacent Y coil are superimposed each at a pitch of P1 / 2. また、Xコイルの各端子23aは、Xコイル切替え回路50aに接続されており、Yコイルの各端子23bは、Yコイル切替え回路50bに接続されている(図11(B))。 Further, the terminals 23a of the X coil is connected to the X coil switching circuit 50a, Y each terminal 23b of the coil is connected to the Y coil switching circuit 50b (FIG. 11 (B)).
この第1実施形態では、P1=50mmであり、P2=900mmである。 In the first embodiment, a P1 = 50 mm, is P2 = 900 mm. また、m=23であり、n=34である。 Further, an m = 23, is n = 34. さらに、XコイルおよびYコイルは、共に表面に絶縁被膜層(たとえば、ニクロム層やエナメル層)を有する直径0.35mmの銅線により形成されている。 Furthermore, X coils and Y coils are both insulating coating layer on the surface (e.g., nichrome layer and the enamel layer) is formed of copper wire having a diameter of 0.35mm with.
なお、図5(A)では、コイルの配置を分かり易くするために各コイルの辺が重ならないように描かれているが、実際には、たとえばXコイルX1の長辺部には各YコイルY1,Y2,Y3・・・の短辺部が重なって配置されている。 Incidentally, in FIG. 5 (A), are illustrated as sides of the coil do not overlap in order to facilitate understanding of the arrangement of coils, in fact, for example, the Y coil is the long sides of the X coil X1 Y1, Y2, short sides of Y3 · · · are arranged to overlap. また、端子23a,23bは、その間隔を最小として構成されている。 The terminal 23a, 23b is configured the interval as the minimum.
【0027】 [0027]
[位置座標テーブル] [Position coordinates table]
次に、筆記面21a上のペン60の位置座標を検出するための位置座標テーブルについて図6および図7を参照して説明する。 Will now be described with reference to FIGS. 6 and 7 position coordinate table for detecting the position coordinates of the pen 60 on writing surface 21a.
図6(A)はXコイルX1〜X3の一部を示す説明図であり、図6(B)は図6(A)に示すXコイルX1〜X3に発生する電圧と幅方向の距離との関係を示すグラフであり、図6(C)は図6(A)に示すXコイルX1〜X3の相互に隣接するセンスコイル間の電圧差を示すグラフである。 6 (A) is an explanatory view showing part of the X coil X1 to X3, FIG 6 (B) is the distance between the voltage and the width direction generated in the X coils X1 to X3 shown in FIG. 6 (A) is a graph showing the relationship, FIG. 6 (C) is a graph showing the voltage difference between the sensing coils adjacent to each other in the X coil X1~X3 shown in FIG. 6 (a). 図7は位置座標テーブルを示す説明図である。 Figure 7 is an explanatory view showing a positional coordinate table.
図6においてXコイルX1,X2,X3の中心線をそれぞれC1,C2,C3とし、XコイルX1,X2,X3に発生する電圧をそれぞれex1,ex2,ex3とする。 X coils X1, X2, X3 of the center line and respectively C1, C2, C3 in FIG. 6, ex1 a voltage generated in the X coils X1, X2, X3 respectively, ex2, and ex3. 図6(B)に示すように、電圧ex1〜ex3は、それぞれセンスコイルの中心C1〜C3において最大となり、長手方向の端部に近づくにつれて小さくなる単峰性を示す。 As shown in FIG. 6 (B), the voltage ex1~ex3 respectively become maximum at the center C1~C3 sense coils, indicating a smaller becomes unimodal closer to the end portion in the longitudinal direction. なお、各コイルは、自己のヌル点が隣接するコイルの中心の外側となるようにP1/2で重ねられる。 Each coil is null point of the self is overlapped by way P1 / 2 becomes the outside of the centers of adjacent coils.
【0028】 [0028]
また、図6(C)に示すようにXコイルX1〜X3の相互に隣接するセンスコイル間の電圧差は、センスコイルの中心C1〜C3上にそれぞれ最大値を有し、センスコイルの中心とセンスコイルの長辺部分との中間点、つまり隣接するセンスコイルが重なった部分の中間点に最小値を有するグラフとなる。 Further, the voltage difference between the sensing coils adjacent to each other in the X coil X1~X3 as shown in FIG. 6 (C) has a maximum value, respectively on the center C1~C3 the sense coils, the center of the sense coil midpoint between the long side portions of the sense coils, a graph having a minimum value that is the midpoint of the portion overlapping the adjacent sense coils.
たとえば、図6(C)において(ex1−ex2)を示すグラフの右半分(実線で示す部分)は、XコイルX1の中心C1から、XコイルX2が重ねられた部分の中間点Q1までの距離(重ねピッチの1/2、つまりP1/4)と(ex1−ex2)との関係を示す。 For example, the right half (indicated by a solid line) in the graph illustrating the (ex1-ex2) in FIG. 6 (C), the distance from the center C1 of the X coil X1, to an intermediate point Q1 of the portion X coil X2 are stacked shows the relationship (1/2 lap pitch, i.e. P1 / 4) and (ex1-ex2). 今、仮にペン60が点Q2に存在する場合、(ex1−ex2)を検出すれば中心C1からQ2点までの距離ΔX1を検出できるため、Q2点のX座標を求めることができる。 Now, assuming the case where the pen 60 exists in a point Q2, (ex1-ex2) allows detection distance ΔX1 from the center C1 by detecting until Q2 point, it can be determined X-coordinate of the point Q2.
この実施形態では、コイル幅P1が50mmであるから、P1/4=12.5mmである。 In this embodiment, since the coil width P1 is 50 mm, a P1 / 4 = 12.5 mm. センスコイル23から検出した電圧exを8bitのデジタルデータに変換すると、上記実線部分は図7に示す位置座標テーブル58aになる。 When converting a voltage ex detected from the sense coil 23 into digital data of 8bit, the solid line is a position coordinate table 58a shown in FIG. この位置座標テーブル58aはROM58(図11(B))などに記憶され、ペン60の位置座標の演算に用いられる。 The position coordinate table 58a is stored like ROM 58 (FIG. 11 (B)), is used in the calculation of the position coordinates of the pen 60.
【0029】 [0029]
[センスコイルの端部の影響] [Effect of the end of the sense coil]
本発明者は、XコイルおよびYコイルの短辺部分が検出電圧に与える影響について実験を行った。 The present inventor has short side portions of the X coil and the Y coil is conducted experiments on impact on the detection voltage. 図8(A)はYコイルの短辺部分からの距離についてYコイルY3,Y4を例に挙げて示す説明図であり、図8(B)は図7に示した位置座標テーブル58aを端部からの距離を変化させて作成した結果を示すグラフである。 Figure 8 (A) is a diagram showing an example of the Y coil Y3, Y4 for the distance from the short side portion of the Y coil, FIG. 8 (B) end position coordinates table 58a shown in FIG. 7 the distance by changing the from is a graph showing the results of creating.
本発明者は、図8(A)に示すように、ペン60の位置G1をYコイルY3の短辺部分Y3aから長辺部分Y3bに沿って1cm刻みに移動し、その移動した位置において位置G1を矢印で示す方向へΔX移動させたときのYコイルY3,Y4間の電圧差を測定する作業を1サイクルとし、図7に示した位置座標テーブル58aを作成した。 The present inventors, as shown in FIG. 8 (A), the position G1 of the pen 60 moves from short side portions Y3a of Y coils Y3 to 1cm increments along the long side portion Y3b, position G1 in its moved position was a Y coil Y3, Y4 between work cycle for measuring the voltage difference obtained while ΔX moved in the direction indicated by the arrow, to create a position coordinate table 58a shown in FIG. この作業を1cmから13cmまで計13サイクル行った。 This work was carried out a total of 13 cycles from 1cm to 13cm. その結果、図8(B)に示すグラフを得た。 As a result, to obtain a graph shown in FIG. 8 (B). 図8(B)に示すように、短辺部分Y3aに近づくにつれてグラフの傾きが小さくなり、YコイルY3,Y4間の電圧差が低下することが分かった。 As shown in FIG. 8 (B), the smaller the inclination of the graph as it approaches the shorter side portion Y3a, the voltage difference between the Y coil Y3, Y4 was found to be reduced.
【0030】 [0030]
つまり、ペン60の位置G1がYコイルY3の短辺部分Y3aに近づくにつれて短辺部分Y3aから発生する電圧の影響が大きくなるため、位置座標を求めるための電圧差が低下するので正確な位置座標を検出できないことが分かった。 That is, since the influence of the voltage position G1 of the pen 60 is generated from the short side portion Y3a toward the shorter side portion Y3a of Y coils Y3 becomes large, the exact position coordinates since the voltage difference for determining the position coordinates decreases it has been found that can not be detected.
そこで、本発明者は、ペン60がセンスコイルの短辺部分の近傍に存在する場合の位置座標の誤差を補正するため、図8(B)に示す実験結果に基づいて、短辺部分からの距離に対応してどのような補正を行えば、図7に示す特性に近づけることができるかを検討した。 The present inventors have, for correcting the position error of the coordinates when the pen 60 is present in the vicinity of a shorter side portion of the sense coils, based on the experimental results shown in FIG. 8 (B), from the shorter side portion by performing what correction distance corresponds, it was investigated whether it is possible to approach the characteristic shown in FIG. その結果、図9に示すように、センスコイルの短辺部分からの距離と補正係数とを対応付けた補正テーブル58bを作成した。 As a result, as shown in FIG. 9, and a correction table 58b that associates the distance and the correction factor from the shorter side portion of the sense coil. そして、ペン60の位置がコイルの端部であると判定された場合に、検出電圧に対してコイルの短辺部分からの距離に対応する補正係数を乗算することにより、位置座標の誤差を補正できることが分かった。 Then, when the position of the pen 60 is determined to be the end of the coil, by multiplying the correction coefficient corresponding to the distance from the short side portion of the coil with respect to the detected voltage, correcting the error of the position coordinates it has been found that it is possible to.
【0031】 [0031]
[端部の態様および補正の態様] [Aspect end and correction aspects of]
次に、端部の態様について図10を参照して説明する。 It will now be described with reference to FIG. 10 embodiment of the end portion.
図10(A)はペン60がXコイルの最縁端のXコイルX1に存在する場合を示す説明図であり、図10(B)はペン60がYコイルの最縁端のYコイルYnに存在する場合を示す説明図であり、図10(C)はペン60がXコイルX1およびYコイルYnが重なった部分に存在する場合を示す説明図である。 Figure 10 (A) is a diagram showing a case where the pen 60 is present in the X coil X1 of the top edge of the X coil, FIG. 10 (B) pen 60 is in the Y coil Yn of the top edge of the Y coil is an explanatory view showing the case where present, FIG. 10 (C) is an explanatory view showing the case that exists in part the pen 60 is overlapped X coils X1 and Y coils Yn.
ペン60がセンスコイル23の端部に存在する態様としては3つあり、第1の態様は、ペン60がXコイルの最縁端のXコイルX1内またはXコイルXm内に存在する場合である。 There are three as aspects pen 60 is present at the end of the sense coil 23, the first embodiment, the X coil X1 within or the outermost edge of the pen 60 is X coils are when present in X coil Xm . その中でペン60がXコイルX1内に存在する態様を例に挙げると、図10(A)に示すように、XコイルX1内であって、そのXコイルX1に隣接するXコイルX2以外の最縁端領域J1、つまりXコイルX1内であってXコイルX2の重なり部分を除く最縁端領域J1にペン60の位置G1が存在する態様である。 Taking as an example the manner in which the pen 60 is present in the X coils X1 therein, as shown in FIG. 10 (A), an inner X coils X1, other than the X coil X2 adjacent to the X coils X1 outermost edge region J1, i.e. a within X coils X1 to Scientific end region J1 except the overlapping portion of the X coil X2 is an aspect that the position G1 of the pen 60 is present.
この第1の態様の場合は、位置G1に存在するペン60は、前述の実験において説明したように、YコイルY3の短辺部分Y3aによる影響を受けるため、位置G1のY座標を正確に検出できないので、Y座標の誤差を補正する必要がある。 Pen 60 The case of the first embodiment, at the position G1, as described in the foregoing experiments, since it is affected by the shorter side portion Y3a of Y coils Y3, accurately detect the Y coordinate of the position G1 can not, it is necessary to correct the error in the Y coordinate. この場合、短辺部分Y3aから位置G1までの距離L1は、位置G1のX座標に対応するため、図9に示した補正テーブル58bを用いて検出電圧に補正係数を乗算することにより、Y座標の誤差を補正できる。 In this case, the distance L1 from the short side portion Y3a to the position G1, in order to correspond to the X coordinate of the position G1, by multiplying the correction coefficient to the detection voltage by using the correction table 58b shown in FIG. 9, Y-coordinate error can be corrected for.
【0032】 [0032]
第2の態様は、ペン60が最縁端のYコイルY1内またはYコイルYn内に存在する場合である。 The second aspect, Y coils Y1 within or pen 60 is uppermost edge is when present in the Y coil Yn. その中でペン60がYコイルYn内に存在する態様を例に挙げると、図10(B)に示すように、YコイルYn内であって、そのYコイルYnに隣接するYコイルY(n−1)以外の最縁端領域J2、つまりYコイルYn内であってYコイルY(n−1)の重なり部分を除く最縁端領域J2にペン60の位置G2が存在する態様である。 When in the pen 60 is given as an example embodiment present in the Y coils Yn, as shown in FIG. 10 (B), be in the Y coils Yn, Y coil Y (n adjacent to the Y coil Yn -1) outermost edge region J2 other than a i.e. Y aspect positions G2 of a the coil Yn Y coil Y (pen 60 in Scientific end region J2 except n-1) overlapping portions are present.
この第2の態様の場合は、位置G2に存在するペン60は、XコイルX3の短辺部分X3aによる影響を受けるため、位置G2のX座標を正確に検出できないので、X座標の誤差を補正する必要がある。 Pen 60 The case of the second embodiment, at the position G2 is affected by short side portions X3a of X coils X3, can not accurately detect the X coordinate of the position G2, corrects the error of the X-coordinate There is a need to. この場合、短辺部分X3aから位置G2までの距離L2は、位置G2のY座標に基づいて求めることができるため、図9に示した補正テーブル58bを用いて検出電圧に補正係数を乗算することにより、X座標の誤差を補正できる。 In this case, the distance L2 from the short side portion X3a to the position G2, since it is possible to determine on the basis of the Y coordinate of the position G2, multiplying the correction coefficient to the detection voltage by using the correction table 58b shown in FIG. 9 allows correct an error of the X coordinate.
【0033】 [0033]
第3の態様は、ペン60がセンスコイル23の4つの角部のいずれかに存在する場合である。 The third aspect is when the pen 60 exists in any of the four corners of the sense coil 23. つまり、ペン60が最縁端のXコイルX1内であり、かつYコイルYn内に存在する場合と、XコイルX1内であり、かつYコイルY1内に存在する場合と、XコイルXm内であり、かつYコイルYn内に存在する場合と、XコイルXm内であり、かつYコイルY1内に存在する場合の4つの場合である。 That is pen 60 within the X coil X1 of the top edge, and in the case of existing in the Y coil Yn is within X coil X1, and the case that exist in the Y coils Y1, in the X coil Xm There, and in the case of existing in the Y coil Yn, it is in the X coil Xm, and the case of the four cases that exist in the Y coils Y1. その中でペン60がXコイルX1内であり、かつYコイルYn内に存在する場合を例に挙げると、図10(C)に示すように、XコイルX1内であって、そのXコイルX1に重なったXコイルX2の重なり部分を除く領域J1と、YコイルYn内であって、そのYコイルYnに重なったYコイルY(n−1)の重なり部分を除く領域J2とが重なった部分(角部)にペン60の位置G3が存在する態様である。 When in the pen 60 is within X coils X1, and given as an example when present in the Y coils Yn, as shown in FIG. 10 (C), a within X coils X1, the X coils X1 an area J1 except the overlapping portion of the overlapping X coil X2 to, Y a in the coil Yn, a portion overlapped with a region J2 excluding the overlapping portions of the Y coil Yn in overlapping Y coil Y (n-1) (the corner) is a mode in which the position of the pen 60 G3 exists.
【0034】 [0034]
この第3の態様の場合は、位置G3に存在するペン60は、YコイルYnの短辺部分YnaおよびXコイルX1の短辺部分X1aの双方の影響を受けるため、位置G3のX座標およびY座標を正確に検出できないので、X座標およびY座標双方の誤差を補正する必要がある。 For this third aspect, the pen 60 at the position G3 is, Y to receive both the impact of the shorter side portion X1a coil shorter side portion of Yn Yna and X coils X1, X coordinate of the position G3 and Y can not accurately detect the coordinates, it is necessary to correct the errors of both X and Y coordinates. この場合、短辺部分Ynaから位置G3までの距離L1は、位置G3のX座標に基づいて求めることができるため、図9に示した補正テーブル58bを用いて検出電圧に補正係数を乗算することにより、Y座標の誤差を補正できる。 In this case, the distance L1 from the short side portion Yna to the position G3, since it is possible to determine on the basis of the X coordinate of the position G3, multiplying the correction coefficient to the detection voltage by using the correction table 58b shown in FIG. 9 allows correct an error of the Y coordinate. また、短辺部分X1aから位置G3までの距離L2は、位置G3の上記補正したY座標に基づいて求めることができるため、図9に示した補正テーブル58bを用いて検出電圧に補正係数を乗算することにより、X座標の誤差を補正できる。 The distance L2 from the short side portion X1a to the position G3, since it is possible to determine based on the corrected Y-coordinate of the position G3, multiplied by the correction coefficient to the detection voltage by using the correction table 58b shown in FIG. 9 by, you can correct an error of the X coordinate.
【0035】 [0035]
[ペン60の主要構成] [Main structure of a pen 60]
次に、ペン60の主要構成について、それを示す図11(A)を参照して説明する。 Next, the main structure of the pen 60 is described with reference to FIGS. 11 (A) indicative thereof.
ペン60には円筒形状の胴体部61aと、この胴体部61aの後端に着脱可能に取付けられた蓋61cとが備えられている。 A body portion 61a of the cylindrical shape to a pen 60, and a cover 61c which is detachably attached to the rear end of the body portion 61a is provided. 胴体部61aの内部には、コイルL1と、矢印F2で示す方向へ取り出し可能なインクカートリッジ63と、このインクカートリッジ63に挿入されたペン先62と、コイルL1から交番磁界を発生させるための発振回路などが実装された回路基板69と、この回路基板69に電源を供給する電池70とが設けられている。 Inside the body portion 61a, and the coil L1, the ink cartridge 63 can be taken out in the direction indicated by the arrow F2, the nib 62 is inserted into the ink cartridge 63, the oscillation for generating an alternating magnetic field from the coil L1 a circuit board 69 such as a circuit is mounted, and a battery 70 is provided for supplying power to the circuit board 69.
また、インクカートリッジ63と回路基板69との間には、上記発振回路などへの電源の供給および遮断を行うための押しボタン式のスイッチ67が設けられている。 Between the ink cartridge 63 and the circuit board 69, push button type switch 67 for supplying power and interruption of the like the oscillation circuit is provided. スイッチ67は、ペン先62を筆記面21a(図1)に押し付け、インクカートリッジ63が矢印F1で示す方向へ移動するとONし、矢印F2で示す方向へ戻るとOFFする。 Switch 67, the nib 62 pressed against the writing surface 21a (FIG. 1), the ink cartridge 63 is turned ON when moving in the direction indicated by arrow F1, to OFF Returning the direction indicated by the arrow F2. つまり、ペン先62の押圧によりコイルL1から交番磁界が発生する。 In other words, the alternating magnetic field from the coil L1 is generated by the pressing of the nib 62.
なお、イレーサ40には交番磁界を発生するコイル、発振回路および電池などが内蔵されている。 Note that the eraser 40 coil that generates an alternating magnetic field, such as an oscillation circuit and a battery are built.
【0036】 [0036]
[電子黒板1の電気的構成および主な制御内容] [Electrical Configuration and main control contents of the electronic blackboard 1]
次に、電子黒板1の電気的構成および主な制御内容について図11(B)および図12を参照して説明する。 Next, referring to FIG. 11 (B) and FIG. 12 will be described the electrical configuration and the main control contents of the electronic blackboard 1.
図11(B)は電子黒板1の電気的構成をブロックで示す説明図であり、図12は図11(B)に示すCPU56による主な制御内容を示すフローチャートである。 Figure 11 (B) is an explanatory view showing in block an electrical configuration of the electronic blackboard 1, FIG. 12 is a flowchart showing a main control by CPU56 shown in FIG. 11 (B).
図11(B)に示すように、電子黒板1に内蔵された制御装置50には、トランジスタなどのスイッチング素子(たとえば、MOS FET)により、XコイルをX1〜Xmまで順に切替えるXコイル切替え回路50aと、YコイルをY1〜Ynまで順に切替えるYコイル切替え回路50bとが備えられている。 As shown in FIG. 11 (B), the control device 50 incorporated in the electronic blackboard 1, a switching element such as a transistor (e.g., MOS FET) by, X coil switching circuit 50a for switching sequentially the X coil to X1~Xm If, and the Y coil switching circuit 50b for switching sequentially the Y coil to Y1~Yn are provided. また、ROM58には、CPU56が実行する各種制御プログラム、電圧値と位置座標とを対応付けた位置座標テーブル58a、位置座標補正テーブル58bなどが記憶されている。 Further, the ROM 58, various control programs CPU56 executes, the position coordinates table 58a associating the position coordinates and the voltage value, such as the position coordinate correction table 58b is stored.
【0037】 [0037]
図12に示すように、CPU56は、電源ボタン38(図1)が押されて電源がONしたことを検出すると(ステップ(以下、Sと略す)100)、初期設定を行い(S200)、座標読取処理を行う(S300)。 As shown in FIG. 12, CPU 56, when power button 38 (FIG. 1) is pushed detects that the power is ON (step (hereinafter, abbreviated as S) 100), Initialize (S200), the coordinates the reading process is performed (S300).
[座標読取処理] [Coordinate reading process]
ここで座標読取処理について、その流れを示す図13のフローチャートを参照して説明する。 For this case the coordinate read processing will be described with reference to the flowchart of FIG. 13 showing the flow.
CPU56は、Xコイル切替え回路50aおよびYコイル切替え回路50bを動作させてXコイルおよびYコイルのスキャンを行う(S302)。 CPU56 performs a scan of the X coil and the Y coil by operating the X coil switching circuit 50a and the Y coil switching circuit 50b (S302). このとき、筆記面21a上に置かれたペン60から発生する交番磁界と、XコイルおよびYコイルとの磁気結合により各コイルに発生した信号は、増幅器50cによって増幅され、その増幅された信号は、振幅検波回路51によって振幅検波される。 In this case, the alternating magnetic field generated from the pen 60 placed on the input plane 21a, a signal generated in the coils by the magnetic coupling between the X coil and the Y coil is amplified by the amplifier 50c, the amplified signal , it is amplitude detected by the amplitude detection circuit 51. 続いてその振幅検波された信号は、A/D変換回路52によって振幅、つまり電圧値に対応したデジタル信号に変換され、I/O回路53を介してCPU56に入力され、CPU56はペン60を検出したと判定する(S304:Yes)。 Then the amplitude-detected signal is converted amplitude by A / D conversion circuit 52, that is, a digital signal corresponding to the voltage value is inputted to the CPU 56 via the I / O circuit 53, CPU 56 may detect the pen 60 determines that the (S304: Yes).
【0038】 [0038]
CPU56は、XコイルX1〜Xmをスキャンして入力されたデジタル信号によって示される電圧値e(1)〜e(m)をRAM59に順次格納して行く。 CPU56 is successively stored voltage value indicated by the digital signal input by scanning the X coil X1 to Xm e a (1) ~e (m) in RAM 59. そして全Xコイルの走査が一巡すると、CPU56は、RAM59に格納されている電圧値e(1)〜e(m)の中で最大の電圧値e(max)を選択し、その電圧値e(max)を発生したXコイルのコイル番号(以下、maxと称する)をRAM59に記憶する。 When the scanning of all the X coil is round, CPU 56 selects the maximum voltage value e (max) among the voltage values ​​stored in the RAM59 e (1) ~e (m), the voltage value e ( coil number of X coils generate max) (hereinafter, referred to as max) to be stored in the RAM 59.
たとえば、図6に示すように、ペン60は位置Q3に存在し、図6(B)に示すように、XコイルX1,X2,X3からそれぞれ電圧e1,e2,e3が検出されたとすると、最大の電圧値e2を選択し、その電圧値e2を発生したXコイルのコイル番号2をmaxとしてRAM59に記憶する。 For example, as shown in FIG. 6, the pen 60 is located at a position Q3, as shown in FIG. 6 (B), when the X coil X1, X2, respectively, from X3 voltages e1, e2, e3 is detected, the maximum select the voltage value e2, storing coil number 2 of X coils generate the voltage value e2 in RAM59 as max.
【0039】 [0039]
そして、CPU56はe(max)の両隣の電圧値e(max±1)のうち大きい方を決定し、その決定した電圧値を発生したXコイルのコイル番号(以下、max2と称する)をRAM59に記憶する。 Then, CPU 56 may e who determines the larger of the voltage value of both sides of (max) e (max ± 1), the determined voltage value generated was X-coil number of the coil (hereinafter, referred to as max2) of the RAM59 Remember. 図6に示す例では、e2の両隣の電圧値e3,e1のうち大きい方のe3を決定し、そのe3を発生したXコイルのコイル番号3をmax2としてRAM59に記憶する。 In the example shown in FIG. 6, to determine the e3 larger one of the voltage value e3, e1 of both sides of e2, storing coil number 3 of X coils generate their e3 as max2 in RAM 59.
続いてCPU56は、RAM59に記憶されたコイル番号maxおよびmax2を比較して、コイル番号max2はコイル番号maxからX軸の+方向または−方向のどちらに存在しているかを判定する。 Subsequently CPU56 compares the coil number max and max2 stored in RAM 59, the coil number max2 from coil number max of X-axis + direction or - determining whether the present in either direction. そして、max2≧maxである場合は、変数SIDEを1に設定し、max2<maxである場合は、変数SIDEを−1に設定する。 When a max2 ≧ max, set the variable SIDE 1, when a max2 <max sets a variable SIDE to -1. 図6に示す例では、max=2でmax2=3であるから、max2>maxとなり、変数SIDEを1に設定する。 In the example shown in FIG. 6, because at max = 2 max2 = a 3, set max2> max, and the variable SIDE 1.
続いてCPU56は、 Then CPU56 is,
【0040】 [0040]
DIFF=e(max)−e(max2)・・・(1) DIFF = e (max) -e (max2) ··· (1)
【0041】 [0041]
を演算し、その演算されたDIFFに最も近い位置座標をROM58に記憶されている位置座標テーブル58aから読出し、それをOFFSETとする。 Computes, read from the position coordinates table 58a stored closest position coordinates in the computed DIFF in ROM 58, to it and OFFSET. 続いてCPU56は、 Then CPU56 is,
【0042】 [0042]
X1=(P1/2)×max+OFFSET×SIDE・・・(2) X1 = (P1 / 2) × max + OFFSET × SIDE ··· (2)
【0043】 [0043]
を演算し、X座標X1を求める(S306)。 It calculates the calculates the X-coordinate X1 (S306). ここで、(P1/2)×maxは、コイル番号maxの中心のX座標を示す。 Here, (P1 / 2) × max indicates the X-coordinate of the center of the coil number max. 図6に示す例では、(2)式は、X=(P1/2)×2+(e2−e1)×1となり、位置Q3のX座標は、XコイルX2の中心線C2からX軸の+方向に(e2−e1)に対応する距離、たとえばΔX2離れた座標となる。 In the example shown in FIG. 6, equation (2), X = (P1 / 2) × 2 + (e2-e1) × 1 becomes, X-coordinate of the position Q3 is from the center line C2 of the X coil X2 in the X-axis + a distance corresponding to (e2-e1) in the direction, for example ΔX2 distant coordinates.
そして、CPU56は、求めたX座標が、X軸の端部を示すX座標であるか否かを判定し(S308)、X軸の端部を示す座標である場合は(S308:Yes)、X軸の端部であることを示すX軸端部フラグを立てる(S310)。 Then, CPU 56, if X coordinates required, it is determined whether or not X coordinates indicating the end of the X-axis (S308), a coordinate showing the end portion of the X-axis (S308: Yes), make a X shaft end flag indicating the end of the X-axis (S310). 続いてCPU56は、補正テーブル58b(図9)を参照し、上記求めたX座標(短辺部分からの距離)に対応付けられている補正係数Kを抽出する(S312)。 Subsequently CPU56 refers to the correction table 58b (FIG. 9), and extracts a correction coefficient K associated with the above obtained X-coordinate (Distance from short side portions) (S312).
【0044】 [0044]
次にCPU56は、Yコイルのスキャンを実行し(S314)、X軸端部フラグが立っている場合は(S316:Yes)、各Yコイルの検出値に補正係数Kを乗算し(S318)、Y座標を演算する(S320)。 Then CPU56 performs a scan of the Y coil (S314), when the X axial end portion flag is set (S316: Yes), multiplied by the correction coefficient K on the detected value of the Y coil (S318), calculates the Y-coordinate (S320). 続いてCPU56は、演算したY座標がY軸の端部を示すY座標であるか否かを判定する(S322)。 Subsequently CPU56 determines whether the calculated Y-coordinate is the Y coordinate showing the end portion of the Y-axis (S322). ここで、図10(A)に示すようにX軸の端部であるがY軸の端部でない場合は(S322:No)、S338へスキップし、前回のスキャンでペン60を検出している場合は(S338:Yes)、前回求めた座標との差分を演算し、その差分をRAM59に記憶する(S340)。 Here, if it is an end of the X-axis as shown in FIG. 10 (A) is not the end of the Y-axis (S322: No), then skips to S338, and detects the pen 60 in the previous scan If (S338: Yes), then calculates the difference between the last calculated coordinates, and stores the difference in RAM 59 (S340). また、前回のスキャンでペン60を検出していない場合は(S338:No)、S306で演算したX座標およびS320で演算したY座標をRAM59に記憶する(S342)。 Also, if not detected pen 60 in the previous scan (S338: No), it stores the Y coordinate calculated by the X-coordinate and S320 calculated in S306 to the RAM 59 (S342).
【0045】 [0045]
またCPU56は、図10(B)に示すように演算したY座標がY軸端部を示す場合は(S322:Yes)、Y軸の端部であることを示すY軸端部フラグを立て(S324)、補正テーブル58b(図9)を参照し、上記求めたY座標(端部からの距離)に対応付けられている補正係数Kを抽出する(S326)。 The CPU56 is, if the calculated Y-coordinate as shown in FIG. 10 (B) shows a Y-axis end (S322: Yes), sets a Y shaft end flag indicating the end of the Y-axis ( S324), corrected by referring to the table 58b (FIG. 9), extracting the correction factor K that is associated with the obtained Y-coordinate (distance from the end) (S326). 続いてCPU56は、S306で検出した検出値に補正係数Kを乗算し、X座標を再演算する(S328)。 Subsequently CPU56 multiplies the correction coefficient K on the detected value detected by the S306, the recalculated X-coordinate (S328). 続いてCPU56は、X軸端部フラグおよびY軸端部フラグが共に立っているか否か、つまりペン60の位置が、たとえば図10(C)においてG3で示す位置であるか否かを判定する(S330)。 Subsequently CPU56 determines whether X shaft end flag and Y axial end portion flag is set together, that the position of the pen 60, it is determined whether or not the position indicated by G3 example in FIG. 10 (C) (S330).
【0046】 [0046]
そしてCPU56は、X軸端部フラグおよびY軸端部フラグが共に立っている場合は(S330:Yes)、S328で再演算したX座標に対応付けられている補正係数Kを再抽出し、S314におけるスキャンによる検出値に補正係数Kを乗算することにより、Y座標を再演算する(S332)。 The CPU56, if the X axial end portion flag and Y axial end portion flag is set together (S330: Yes), then re-extracted correction coefficient K associated with the re-computed X-coordinate at S328, S314 by multiplying the correction coefficient K on the value detected by scanning in, re-calculates the Y-coordinate (S332). 続いてCPU56は、その再演算されたY座標に対応付けられている補正係数Kを補正テーブル58bから再抽出し、S302におけるスキャンによる検出値に補正係数Kを乗算することにより、X座標を再演算する(S334)。 Subsequently CPU56, by the correction coefficient K associated with the re-computed Y coordinate reextracted from the correction table 58b, is multiplied by the correction coefficient K on the value detected by the scanning in S302, re the X coordinate It is calculated (S334).
つまり、前述したように、ペン60が図10(C)においてG3で示すようなセンスコイル23の角部に存在する場合には、スキャンによる検出値はXコイルの短辺部分およびYコイルの短辺部分の双方の影響を受けるため、S306において演算されたX座標およびS320において演算されたY座標は、誤差を含んだ値なので、再演算して誤差の小さいX座標およびY座標を求める。 That is, as described above, when the pen 60 is present in the corners of the sense coil 23, as shown in G3 in FIG. 10 (C) values ​​detected by the scan of the shorter side portion and Y coil of the X coil short due to the influence of both side portions, the Y-coordinate computed in X coordinate and S320 computed in S306, since including an error value, re-calculation to obtain the small X and Y coordinates of the error.
【0047】 [0047]
続いてCPU56は、今回再演算したX座標Xiと前回演算したX座標Xjとの差(Xi−Xj)を2乗した値(Xi−Xj) 2と、今回再演算したY座標Yiと前回演算したY座標Yjとの差(Yi−Yj)を2乗した値(Yi−Yj) 2とを加算した値が予め設定されている設定値Cより小さいか否かを判定し(S336)、設定値Cより小さいと判定されるまでY座標およびX座標の再演算を繰り返す。 Subsequently CPU56 has the value (Xi-Xj) 2 a difference of (Xi-Xj) 2 squared between the current re-computed X-coordinate Xi and the previously calculated X coordinate Xj, then recalculated current Y-coordinate Yi and previously calculated the difference (Yi-Yj) the squared value of the Y coordinate Yj (Yi-Yj) value obtained by adding the 2 determines whether the setting value C is smaller than or not, which is set in advance (S336), sets repeated recalculation of Y-coordinate and X-coordinate until it is determined that the value C smaller.
つまり、座標の再演算を繰り返すことにより、より誤差の小さい正確な座標値を求める。 That is, by repeating the re-calculation of the coordinates, obtains a more small error accurate coordinate values. また、再演算の結果によっては、ある所定値に収束しないで振動してしまうことが考えられるため、今回再演算した座標と前回演算した座標との差が、設定値Cより小さくなった時点で再演算を終了する(S336:Yes)。 Further, depending on the result of recalculation, when it is considered that the result in vibration without converges to a certain predetermined value, the difference between the current re-computed coordinates and previously calculated coordinates, which is smaller than the set value C ends recalculation (S336: Yes). 続いてCPU56は、前回のスキャンでペン60を検出している場合は(S338:Yes)、今回演算された座標と前回演算された座標との差分を演算し、それをRAM59に記憶する(S342)。 Subsequently CPU56, if you are detecting the pen 60 in the previous scan (S338: Yes), then calculates the difference between the currently computed coordinates and previously calculated coordinates, and stores it in the RAM 59 (S342 ). また、前回のスキャンでペン60を検出していない場合は(S338:No)、S332で再演算したY座標およびS334で再演算したX座標をRAM59に記憶する(S342)。 Also, if not detected pen 60 in the previous scan (S338: No), and stores the re-calculated X coordinate in RAM59 in Y coordinate and S334 that recalculation in S332 (S342).
【0048】 [0048]
ここで図12の説明に戻り、また、CPU56は、ページ戻りボタン33、ページ送りボタン34および消去ボタン35が押されたときに、記憶されている筆記データのページ単位での戻し、送り、あるいは消去などのページ処理を行う(S400)。 Returning now to the description of FIG. 12, also, CPU 56, the page backward button 33, when the page feed button 34 and erase button 35 is pressed, the return of a page unit of writing data stored, feed, or perform the page processing, such as erasing (S400). さらに、CPU56は、操作部30に設けられた各種ボタン(図1)の操作により発生するスイッチング信号をI/F回路57(図11(B))を介して取り込み、RAM59に格納されている位置座標データを記憶するページをページ単位で送ったり、戻したり、あるいは位置座標データをページ単位で消去するなどのページ処理を実行する(S400)。 Further, CPU 56 takes over the switching signal the I / F circuit 57 generated by the operation of various buttons provided in the operation section 30 (FIG. 1) (FIG. 11 (B)), a position that is stored in the RAM59 or send a page unit pages for storing coordinate data, back or, or executes the page processing such as erasing the position data in units of pages (S400). また、CPU56は、RAM59に格納されている位置座標データのうち、目的のページの位置座標データを適当なフォーマットに変換してPC100やプリンタ200(図2)へ出力するデータ出力処理を実行する(S500)。 Further, CPU 56, among the position coordinate data stored in the RAM 59, executes a data output process for converting the position coordinate data of the target page in the appropriate format to the PC100 or printer 200 (FIG. 2) ( S500).
【0049】 [0049]
さらに、CPU56は、各種ボタンが押された際に発生するスイッチング信号に基づいて音声回路31aを動作させてスピーカ31から「ピー」、「ピッ」などの操作音を発生する音声出力処理を実行する(S600)。 Further, CPU 56 executes the audio output processing for generating operation sounds, such as "copy", "beep" from a speaker 31 to operate the audio circuit 31a based on a switching signal generated when the various buttons is pressed (S600). またCPU56は、イレーサ40に内蔵されたコイルから発生する交番磁界によってXコイルおよびYコイルに発生する電圧に基づいてイレーサ40の払拭軌跡を演算し、その演算した払拭軌跡内の位置座標データをRAM59(図11(B))から消去するイレーサ処理を実行する(S700)。 The CPU 56 RAM 59 calculates the wiping trajectory of the eraser 40 based on the voltage generated in the X coil and the Y coil by an alternating magnetic field generated from the coil incorporated in the eraser 40, the position coordinate data of the wiping the trajectory and the calculated executing the eraser process of erasing (FIG 11 (B)) (S700).
【0050】 [0050]
以上のように、第1実施形態の電子黒板1を使用すれば、X座標およびY座標の少なくとも一方を利用して他方または双方の座標を補正することができるため、従来のような補正用ループを設ける必要がない。 As described above, by using the electronic blackboard 1 of the first embodiment, it is possible to correct the other or both of the coordinates by using at least one of X and Y coordinates, as in the prior art correction loop there is no need to provide a.
したがって、筆記パネル本体に補正用ループを設ける作業が不要である分、筆記パネル本体の製造効率を高めることができる。 Therefore, the partial task of providing the correction loop writing panel body is not necessary, it is possible to increase the production efficiency of the writing panel body.
しかも、補正用ループを設けない分、筆記パネル本体の有効面積を広げることができる。 Moreover, minute without the correction loop, it is possible to widen the effective area of ​​the writing panel body. また、補正用ループを設けない分、装置を小型化することができる。 Furthermore, minute without the correction loop, it is possible to miniaturize the apparatus. さらに、センスコイル23に発生する信号のレベルに基づいて座標を演算し、あるいは座標を補正できるため、従来のようなパルスを計数したり、その計数されたパルス数を加減算するための回路構成が不要である。 Furthermore, it calculates the coordinates based on the level of the signal generated in the sense coil 23, or because it can correct the coordinates, or by counting the pulses, such as conventional circuit configuration for subtracting the number of pulses the count is not required.
【0051】 [0051]
[第2実施形態] Second Embodiment
次に、この発明の第2実施形態について図14を参照して説明する。 It will now be described with reference to FIG. 14 for the second embodiment of the present invention.
この第2実施形態の電子黒板は、ペン60から発生する交番磁界の出力レベルが低下した場合であっても、その低下した出力レベルに対応して位置座標テーブル58aおよび補正テーブル58bを更新することにより、位置座標の演算および補正を正確に行うことができることを特徴とする。 Electronic blackboard of the second embodiment, even when the output level of the alternating magnetic field generated from the pen 60 is decreased, it updates the position coordinate table 58a and the correction table 58b corresponding to the output level thereof drops Accordingly, characterized in that it is possible to accurately perform calculation and correction coordinates.
なお、CPU56が実行する処理の一部を除く他の構成および機能は、前述の第1実施形態の電子黒板1と同じであるため、その同じ部分の説明を省略し、CPU56が実行する座標読取処理についてのみ、その一部を省略して示す図14のフローチャートを参照して説明する。 Incidentally, other configurations and functions except part of the processing CPU56 executes is the same as the electronic blackboard 1 of the first embodiment described above, it will not be described in that same section, reading coordinate CPU56 executes processing for only explained with reference to the flowchart of FIG. 14 showing a partially omitted.
【0052】 [0052]
CPU56は、Xコイルをスキャンし(S350)、ペン60を検出すると(S352:Yes)、RAM59に記憶されている電圧値e(1)〜e(m)について最大値dを示すコイルe(max)を検出し、そのコイルe(max)の両隣のコイルのうち、コイルe(max)と同じ電圧値を示すコイルe(max2)が存在するか否かを判定する(S354)。 CPU56 scans the X coil (S350), upon detecting the pen 60 (S352: Yes), the coil e (max indicating the maximum value d the voltage value e stored in the RAM59 (1) ~e (m) ) detects, among the both sides of the coil of the coil e (max), it determines whether the coil e (max2) is present indicating the same voltage value as the coil e (max) (S354). 続いてCPU56は、コイルe(max)と同じ電圧値を示すコイルe(max2)が存在する場合は(S354:Yes)、ROM58に記憶されている位置座標テーブル58aおよび補正テーブル58bをRAM59のワークエリアに再ロードし(S356)、S354において検出された最大値dと、予めROM58に記憶されている記憶値gとの比rを演算する(S356)。 Subsequently CPU56, when the coil e show the same voltage value as the coil e (max) to (max2) is present (S354: Yes), the work of RAM59 position coordinates table 58a and the correction table 58b stored in the ROM58 reload the area (S356), and the maximum value d detected in S354, and calculates a ratio r between the stored value g stored in advance in ROM 58 (S356). 記憶値gは、ペン60の電池が未使用であり、電圧が低下していないときにペン60から発生する交番磁界によってセンスコイル23に発生する信号の電圧値に基づいて設定する。 Stored value g is unused batteries pen 60 is set based on the voltage value of the signal generated in the sense coil 23 by alternating magnetic field generated from the pen 60 when the voltage does not drop. この条件が成立するときのペン60の位置座標は、ペン60から発生する交番磁界の出力レベルの大きさにかかわらず一定(隣り合うコイルの中間点)であるので、最大値dと記憶値gとの比rは、ペン60から発生する交番磁界の出力レベルの低下の度合いを示す。 The position coordinates of the pen 60 when this condition is satisfied is constant regardless of the magnitude of the output level of the alternating magnetic field generated from the pen 60 (the midpoint of the adjacent coils), the maximum value d and stored value g the ratio r between indicates the degree of reduction in the output level of the alternating magnetic field generated from the pen 60.
【0053】 [0053]
続いてCPU56は、RAM59のワークエリアに再ロードされている位置座標テーブル58aおよび補正テーブル58bの各値に比rを乗算する(S360)。 Subsequently CPU56 multiplies the ratio r to the value of the position coordinate table 58a and the correction table 58b are reloaded into the work area of ​​the RAM 59 (S360). これにより、位置座標テーブル58aおよび補正テーブル58bは、ペン60の出力レベルに対応した値に更新される。 Accordingly, the position coordinates table 58a and the correction table 58b is updated to a value corresponding to the output level of the pen 60. そしてCPU56は、その更新された位置座標テーブル58aおよび補正テーブル58bに基づいてX座標を演算し(S362)、図13に示したS308〜S342の処理を行う。 The CPU56 performs its updated position on the basis of the coordinate table 58a and the correction table 58b calculates the X-coordinate (S362), the processing of S308~S342 of FIG 13.
以上のように、第2実施形態の電子黒板を使用すれば、ペン60から発生する交番磁界の出力レベルが低下した場合であっても、その低下した出力レベルに対応して位置座標テーブル58aおよび補正テーブル58bを更新することができるため、位置座標の演算および補正を正確に行うことができる。 As described above, by using the electronic blackboard according to the second embodiment, even if the output level of the alternating magnetic field generated from the pen 60 is decreased, the position coordinates table 58a and corresponds to the output levels that decreased it is possible to update the correction table 58b, it is possible to perform the calculation and correction of position coordinates accurately.
【0054】 [0054]
ところで、ペン60がこの発明の交番磁界発生手段に対応し、筆記パネル本体20が座標入力シートに対応する。 Meanwhile, the pen 60 corresponds to the alternating magnetic field generating means of the present invention, writing panel body 20 corresponds to the coordinate input sheet. また、CPU56が実行するS302およびS314がこの発明の信号レベル検出手段として機能し、S308およびS322が判定手段として機能し、S318、S328、S332およびS334が補正手段として機能する。 Also, S302 and S314 that CPU56 executes functions as a signal level detecting means of the present invention, S308 and S322 functions as a determination means, S318, S328, S332 and S334 functions as the correction means. さらに、CPU56が実行する図14に示すS354〜S360が、出力レベル対応補正手段として機能する。 In addition, S354~S360 of FIG. 14, CPU56 executes, functions as an output level corresponding correcting means.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】この発明の実施形態に係る電子黒板の主要構成を示す外観斜視説明図である。 1 is an external perspective view showing a main configuration of an electronic blackboard according to the embodiment of the present invention.
【図2】図1に示す電子黒板にPCおよびプリンタを接続した状態を示す説明図である。 FIG. 2 is an explanatory diagram showing a state of connecting the PC and the printer to the electronic blackboard shown in Fig.
【図3】電子黒板1と他の電子黒板1との間でデータの通信を行う場合のネットワークの構成をブロックで示す説明図である。 3 is an explanatory view showing in block network configuration for performing data communication between the electronic blackboard 1 and another electronic blackboard 1.
【図4】筆記パネル本体20の各構成部材を示す説明図である。 4 is an explanatory view showing each constituent member of the writing panel body 20.
【図5】図5(A)は図5に示すセンスコイル23の構成を一部を省略して示す説明図であり、図5(B)は図5(A)に示すセンスコイル23の幅および重ねピッチを示す説明図である。 [5] 5 (A) is an explanatory view showing a partially omitted configuration of a sense coil 23 shown in FIG. 5, FIG. 5 (B) the width of the sense coils 23 shown in FIG. 5 (A) and is an explanatory diagram showing a lap pitch.
【図6】図6(A)はXコイルX1〜X3の一部を示す説明図であり、図6(B)は図6(A)に示すXコイルX1〜X3に発生する電圧と幅方向の距離との関係を示すグラフであり、図6(C)は図6(A)に示すXコイルX1〜X3の相互に隣接するセンスコイル間の電圧差を示すグラフである。 [6] 6 (A) is an explanatory view showing part of the X coil X1 to X3, FIG 6 (B) are voltage and width direction generated in the X coils X1 to X3 shown in FIG. 6 (A) is a graph showing the relationship between the distance, FIG. 6 (C) is a graph showing the voltage difference between the sensing coils adjacent to each other in the X coil X1~X3 shown in FIG. 6 (a).
【図7】位置座標テーブルを示す説明図である。 7 is an explanatory view showing a positional coordinate table.
【図8】図8(A)はYコイルの短辺部分からの距離についてYコイルY3,Y4を例に挙げて示す説明図であり、図8(B)は図7に示した位置座標テーブル58aを端部からの距離を変化させて作成した結果を示すグラフである。 [8] FIG. 8 (A) is a diagram showing an example of the Y coil Y3, Y4 for the distance from the short side portion of the Y coil, the position coordinates table shown in FIG. 8 (B) FIG. 7 58a to change the distance from the end of and is a graph showing the results of creating.
【図9】補正テーブルを示す説明図である。 9 is an explanatory diagram showing a correction table.
【図10】図10(A)はペン60がXコイルの最縁端のXコイルX1に存在する場合を示す説明図であり、図10(B)はペン60がYコイルの最縁端のYコイルYnに存在する場合を示す説明図であり、図10(C)はペン60がXコイルX1およびYコイルYnが重なった部分に存在する場合を示す説明図である。 [10] FIG. 10 (A) is a diagram showing a case where the pen 60 is present in the X coil X1 of the top edge of the X coil, FIG. 10 (B) pen 60 is the outermost edge of the Y coil is an explanatory view showing the case that exists in Y coil Yn, FIG 10 (C) is an explanatory view showing the case that exists in part the pen 60 is overlapped X coils X1 and Y coils Yn.
【図11】図11(A)はペン60の主要構成を示す説明図であり、図11(B)は電子黒板1の電気的構成をブロックで示す説明図である。 [11] FIG. 11 (A) is an explanatory diagram showing the main configuration of the pen 60, FIG. 11 (B) is an explanatory view showing in block an electrical configuration of the electronic blackboard 1.
【図12】CPU56による主な制御内容を示すフローチャートである。 12 is a flowchart showing a main control by CPU 56.
【図13】CPU56が実行する座標読取処理の流れを示すフローチャートである。 13 is a flowchart showing a flow of a coordinate reading processing CPU56 performs.
【図14】第2実施形態においてCPU56が実行する座標読取処理の流れを一部を省略して示すフローチャートである。 14 is a flowchart showing a partially omitted a flow of coordinate reading processing CPU56 executes in the second embodiment.
【図15】従来の座標読取装置のタブレット(座標入力シート)に設けられたセンスループ(導線)およびペン(交番磁界発生手段)に備えられた励磁コイルを示す説明図である。 15 is an explanatory diagram showing an exciting coil provided in the sense loop (conductor) and pen (alternating magnetic field generating means) provided in the tablet (coordinate input sheet) of a conventional coordinate reading apparatus.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1 電子黒板(座標読取装置) 1 electronic blackboard (coordinate reading device)
20 筆記パネル本体(座標入力シート) 20 writing panel body (coordinate input sheet)
21a 筆記面23 センスコイル(導線) 21a writing surface 23 sense coil (conductor)
24 取付パネル30 操作部56 CPU 24 attachment panel 30 operation unit 56 CPU
58a 位置座標テーブル58b 補正テーブル60 ペン(交番磁界発生手段) 58a position coordinate table 58b correction table 60 pens (alternating magnetic field generating means)

Claims (5)

  1. 交番磁界を発生する交番磁界発生手段と、 And the alternating magnetic field generating means for generating an alternating magnetic field,
    第1の軸方向に所定のピッチで配された複数の第1の環状導線および前記第1の軸方向に直交する第2の軸方向に所定のピッチで配された複数の第2の環状導線を有する座標入力シートと、 The first plurality of first arranged at a predetermined pitch in the axial direction of the annular conductors and said first second plurality of second annular conductors arranged in the axial direction at a predetermined pitch perpendicular to the axial direction of the and coordinate input sheet having a,
    前記交番磁界発生手段から発生する交番磁界との磁気結合により、前記第1の環状導線および前記第2の環状導線に発生する信号のレベルを検出する信号レベル検出手段と、 The magnetic coupling with the alternating magnetic field generated from the alternating magnetic field generating means, a signal level detecting means for detecting the level of a signal generated in said first annular conductor and the second annular conductor,
    この信号レベル検出手段により検出された信号レベルに基づいて、前記座標入力シート上の前記交番磁界発生手段の位置座標を読取る座標読取装置において、 Based on the signal level detected by the signal level detecting means, in a coordinate reading device for reading the position coordinates of the alternating magnetic field generating means on the coordinate input sheet,
    前記交番磁界発生手段が、最縁端の前記第1の環状導線内であって、その環状導線に隣接する環状導線以外の最縁端領域に存在するか否かを判定する判定手段と、 The alternating magnetic field generating means, a in the first annular conductor of the uppermost edge, determining means for determining whether or not in the top edge region other than the annular conductor adjacent to the annular conductor,
    この判定手段により、前記交番磁界発生手段が前記最縁端領域に存在すると判定された場合には、前記第2の軸方向の位置座標を前記第1の軸方向の位置座標に対応する補正値に基づいて補正する補正手段と、 The determining means, when the alternating magnetic field generating means is determined to exist in the outermost edge region, correction values ​​corresponding to the position coordinates of the second axis direction position coordinate of said first axial and correcting means for correcting, based on,
    を備えたことを特徴とする座標読取装置。 Coordinate reading apparatus characterized by comprising a.
  2. 前記第1の軸方向の位置座標は、前記第1の環状導線に発生する信号レベルに対応する値であることを特徴とする請求項1に記載の座標読取装置。 The position coordinates of the first axis direction, the coordinate reading apparatus according to claim 1, characterized in that a value corresponding to the signal level generated in said first annular conductor.
  3. 前記判定手段は、前記交番磁界発生手段が前記第1の環状導線の前記最端縁領域であって、かつ前記第2の環状導線の前記最縁端領域に存在するか否かを判定し、 The determination means is the above outermost edge region of the alternating magnetic field generating means said first annular conductor, and determines whether present in the outermost edge region of the second annular conductor,
    前記補正手段は、前記判定手段により、前記交番磁界発生手段が前記第1の環状導線の前記最縁端領域であって、かつ前記第2の環状導線の前記最縁端領域に存在すると判定された場合には、前記位置座標を、前記第1の環状導線に発生する信号レベルおよび前記第2の環状導線に発生する信号レベルに対応する補正値に基づいて繰り返し補正することを特徴とする請求項1または請求項2に記載の座標読取装置。 It said correcting means, by the determination means, it is determined that the alternating magnetic field generating means is a said outermost edge region of the first annular conductor, and present in the outermost edge region of the second annular conductor when the can, wherein said position coordinates, wherein the repeatedly corrected based on the correction value corresponding to the signal level generated in the first signal level and said second annular conductor occurs in the annular conductor coordinate reading apparatus according to claim 1 or claim 2.
  4. 前記補正手段は、前記補正を繰り返し、前回補正された位置座標と今回補正された位置座標との差が所定値以下になった場合には、前記補正を終了することを特徴とする請求項3に記載の座標読取装置。 Said correcting means repeatedly the correction, when the difference between the previous corrected position coordinates and the current corrected position coordinates is equal to or less than a predetermined value, according to claim 3, characterized in that to terminate the correction coordinate reading apparatus according to.
  5. 前記交番磁界の出力レベルに対応して前記位置座標の誤差を補正する出力レベル対応補正手段を備えたことを特徴とする請求項1ないし請求項4のいずれか1つに記載の座標読取装置。 Coordinate reading apparatus according to any one of claims 1 to 4, characterized in that an output level corresponding correction means for correcting an error of the position coordinates corresponding to the output level of the alternating magnetic field.
JP21539299A 1999-07-29 1999-07-29 Coordinate reader Expired - Fee Related JP3885220B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP21539299A JP3885220B2 (en) 1999-07-29 1999-07-29 Coordinate reader

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP21539299A JP3885220B2 (en) 1999-07-29 1999-07-29 Coordinate reader
US09/628,724 US6784876B1 (en) 1999-07-29 2000-07-28 Coordinate reading device
US09/634,322 US6639585B1 (en) 1999-07-29 2000-08-07 Coordinate reading device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001043006A JP2001043006A (en) 2001-02-16
JP3885220B2 true JP3885220B2 (en) 2007-02-21

Family

ID=16671565

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP21539299A Expired - Fee Related JP3885220B2 (en) 1999-07-29 1999-07-29 Coordinate reader

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3885220B2 (en)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5626962B2 (en) * 2010-03-25 2014-11-19 株式会社ワコム Position detection device and position input device
CN102236499B (en) * 2011-04-13 2016-04-06 北京南昊科技股份有限公司 Electromagnetic winding method reticle whiteboard
KR101913817B1 (en) * 2012-08-29 2018-10-31 삼성전자주식회사 Method and device for processing touch screen input
US20160062532A1 (en) 2013-10-21 2016-03-03 Newcom Techno Inc. Specified position detection device
CN105051655A (en) * 2014-02-18 2015-11-11 智通科技有限公司 Pointed-to position detection device

Also Published As

Publication number Publication date
JP2001043006A (en) 2001-02-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5563996A (en) Computer note pad including gesture based note division tools and method
US7634136B2 (en) Touch input program and touch input device
US8154525B2 (en) Position detecting device and position detecting method
US7525415B2 (en) Tactile presenting device
US7109979B2 (en) System and method for recording writing performed on a surface
EP0740271A2 (en) Image processors
CN101325637B (en) Image-selecting device and method
EP0187372B1 (en) Position detecting device
JP2730018B2 (en) Digitizer and position detection method
EP0414565B1 (en) Portable graphic computer apparatus
US4577057A (en) Digitizing tablet system having stylus tilt correction
CA2521418C (en) Auto-aligning touch system and method
CN101582008B (en) Information processing device and display information editing method of information processing device
KR100473515B1 (en) Coordinate input device detecting touch on board associated with liquid crystal display, and electronic device therefor
JP4590114B2 (en) Coordinate input apparatus and its control method, a recording medium
JP4006290B2 (en) Coordinate input apparatus, a control method for a coordinate input device, the program
US6882338B2 (en) Electrographic position location apparatus
CN1284070C (en) Device for generating feedback
KR920006327B1 (en) System for sensing spacial coordinates
EP0574887B1 (en) Information processing apparatus for physically-handicapped users
US20030016210A1 (en) Three dimensional interactive system
AU622824B2 (en) Portable graphic computer apparatus
US6507342B1 (en) Information processing apparatus
USRE35329E (en) Electronic blackboard and accessories such as writing tools
CN105892568B (en) Mobile terminal

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050113

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20051207

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20061018

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20061030

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20061112

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091201

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101201

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111201

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121201

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131201

Year of fee payment: 7

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees